5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家族へのアプローチ方法@

1 :hiro:2010/04/18(日) 11:29:25 ID:ti/1vRM3
小規模多機能型居宅介護施設で管理者(ケアマネージャー兼務)
をしているものです。施設利用者のご家族に利用者の今後について
の話し合いをするのに、事前に口頭で無く手紙にして施設としての
考えを伝えたのですが、それが法人内の他の施設(老健)の幹部職員
に伝わり「利用者のご家族には口頭で伝えるべき、市町村に知れた
ら問題になる」と厳しく注意されました。「利用者のご家族に何かを
伝える時は口頭でなければならない」「『職員の目を盗んで』という言
葉は差別的でまずい」と言われました。私としてはキーパーソンと
なる家族(長男)となかなか会う機会が無く、口頭より文章の方が家族
(長男)に話が正確に伝わるし丁寧だと考えて、夜勤の職員に夜に洗濯
物を取りに来る家族(長男の嫁)に以下の内容の手紙を渡しました。
私の行動は間違っていたでしょうか?


2 :hiro:2010/04/18(日) 11:35:56 ID:ti/1vRM3
A様のご家族様

本日、午後より、A様の自立歩行訓練を開始しました。今後は、
午前中はシルバーカー、午後は自立歩行(職員付き添い)で生活して
頂きます。(車椅子は使いません)自立歩行は慣れないせいか本人も
不安な点もありますが、手すりを使った伝い歩きや職員が手を持っ
ての介助の必要が無く、自力で安定した歩行が出来る状態です
(本人が不安がるので転倒した場合に備えて職員が横に付き添って
います)。今後、本人の心肺機能に負担がなければ一日を通してシル
バーカーを使わず自立歩行生活して頂くように考えています。今の
本人の状態から見て、施設の「泊まりサービス」から、在宅に戻って
の「通いサービス」にサービス内容を変更した方が本人の為と思います。
施設としては「泊まりサービス」の利用を希望している他の利用者も
おりますので、○○○○様は今月いっぱいで自宅に戻られ、来月からは
「通いサービス」の利用をと考えています。本人・御家族も不安な点も
あると思いますので、来週ぐらいに自宅への一泊の外泊をお勧めします。
(ポータブルトイレもお貸しします)そうすれば、本人の不安が解消され
ると思います。
早急と思われると思いますが、先月中旬前から本人にリハビリの目標を
持たせる為に「在宅復帰」については何度もお話ししていますし、
何度か自力歩行訓練を行って安定した歩行が出来るのを確認して
おります。しかし、本人は御家族に自分は歩けないと伝え、
夜中は職員の目を盗んで自室で歩きまわっていたことが多かった
みたいです。本人が歩くのに不安があるようなので、シルバーカー
のお試しレンタル等、こちらも一カ月弱、ゆっくり本人の気持ちを
考えての対応しておりましたが、注意しても本人が職員の目を盗ん
で動いている危険性やせっかく本人が歩けるように機能が回復して
いるのに周りが本人のレベルに合わせた生活を送らせてあげないと
もったいないと思い、自立歩行をしてもらうようにしました。
施設にいる間は出来るだけ歩行させます。そうすれば、本人も自分が
自立歩行出来ることを自覚すると思います。在宅復帰後は伝い歩き・
シルバーカーなら自力で出来ると思います。努力すれば家の中ぐらい
なら自立歩行も可能だと思います。(但し、Aさんのうっかりな性格、
物忘れ、無茶をするところが少し心配です)

上記についてご了承、ご検討頂きますようお願いいたします。
平成22年4月10日
                小規模多機能施設○○○○
                管理者 ○○○○


3 :hiro:2010/04/18(日) 11:39:54 ID:ti/1vRM3
【補足説明】
○Aさんは長男家族と生活されており、日中は家族が仕事で不在なので
杖歩行で家で留守番をしながら生活をしていた。体調を崩され病院に
入院されベッド上で長く生活していた為、下肢筋力が低下して歩けなく
なる。病院から退院を迫られ、直接在宅は無理なので施設入所を考える。
孫(長女の娘)がデイケアに勤務する老健への入所も考えたが、「老健だと
入所まで時間が掛かる。Aさんが性格的に集団生活に不向きなので大規
模施設より小規模施設が良い。孫が老健のデイケアの職員。Aさんのケ
アマネを老健の居宅支援事業所がやっている。」と言う理由で同法人の
当施設の入所の話になる。「数日の内に入所したい。介護度も更新申請
中(旧介護度1)。ロングの泊まり希望なので利用定員的にも調整が必要」
といった検討しなければならないことがあったが、家族から「たとえ一
ヶ月でもいいから」とお願いされ、孫が老健に勤務しているので老健施
設の幹部職員にどうしても便宜を図ってくれと頼まれ緊急入所となる。
本人・家族とも「車椅子でなく以前のように杖歩行が出来るようになっ
たら家に帰りたい。ほんのしばらく泊まりサービスを利用して、その後
は通いサービスをと考えたい」と希望されており。本人のアセスメント
でも「早く家に帰りたい」と言う言葉が多く出てきた。
○当初は、病院ではベット上のみで生活していた為に車椅子を使うのも
初めて、ベットへの移乗も膝・腰痛の為に介助しても時間が掛かりうま
く出来ない。しかし機能訓練や生活リハのおかげで短期間で排泄・移乗
等ADL全般も回復自立して、少しなら独歩も出来るようになる。本人・
家族に「ずっと車椅子の生活と諦めていた、奇跡的に良くなった。無理
を聞いてもらい小規模を利用させてもらってよかった。施設に感謝して
います。特に体を動けるように親身になって指導してくれた管理者さん
にはお礼の言いようがありません」と言われました。二ヶ月もせず、
以前の家で生活していたレベルまで機能が向上していたので、毎日機能
訓練や時間がある時に「Aさんが頑張ったので良くなれた。後は外泊・
外出を何度かすれば家に帰れるよ」と本人に話をし、本人から家族に伝え
てもらったし、直接それを家族(長男の嫁)に伝えましたが、家族は
「心臓が悪いので無理をさせられない。本人がまだ在宅は不安がる。
車椅子が無いと自分ひとりだと動けないと本人が言っている」と信じて
おり、職員の目が届かない夜間帯に居室で動きまわったり、通常のAD
L活動をしている時は息切れがほとんど見られないが、職員が見ていない
居室等で無理して動いて息切する。本人に話をすると「私は歩けない、
独歩もしたことが無い。夜間帯部屋で独りで動いたことが無い。私はこの
施設が気に入っているので、まだ、施設にいたい。杖歩行出来るように
なったら家に帰りたい」と言う(認知症の症状【短期記憶の消失や夜間せ
ん妄】がたまに現れる)。本人に自信を持ってもらう為の外出・外泊も
家族は消極的。ここ一ヶ月は無理をせず歩行はさせず、在宅復帰のス
テップとして本人が安心して歩行が出来るように室内用のシルバーカー
のレンタル、帰宅後のポータブルトイレの購入の検討等ケアマネ(私意
外にもう一人いる)に家族と話をして実施してきました。順を追って今頃
は自立歩行で生活して頂く約束なのに未だに車椅子やシルバーカーで生
活し、外出・外泊も出来ていません。


4 :takasi:2010/04/18(日) 12:56:55 ID:DhF7WfqF
老人保健施設で相談員をしています。hiroさんは間違っていないと思います。
Aさんの御家族や老健施設の方のやっていることの方が市町村に知れたら問題に
なると思います。きちんと間違いを正すべきです。Aさんを受入れてもらい、
機能回復までさせてもらったのにそういった対応をしたのは酷いと思います。
「家族への話は手紙でなく、口頭でなければならない」というのは一方的な考え
だと思います。私も重要なことは電話でなくお手紙や直接会って伝えます。手紙
なら正確に伝わるし、お互いに忙しい者には有効だと思います。hiroさんは
手紙を渡してAさんを強引に家に戻そうとしたのでなく、Aさんの在宅復帰につ
いて家族に真剣に考えた欲しかったんだと思います。私の施設でも自分勝手な利
用者や御家族はいますが、今回のケースは驚きました。私の施設は老健なので長
期の入所でなく三ヶ月や半年で退所してもらい、他の施設を経由して再入所して
いる利用者が多いです。家族や本人が施設にずっといたい気持ちや機能が回復し
ていない等の理由より、順番で退所のお話をしなければいけません。入退所判定
会議での施設のトップの決定も配慮しなければなりません。そんな私に比べhi
roやスタッフのみなさんはAさんのことを考えて行動していると思います。
Aさんの長男にも問題がありますが、老健に勤めてる孫や副施設長や居宅の所長は
福祉の仕事をしているのに非常識だと思います。Aさんを施設にもうしばらく置い
て欲しいなら、長男にきちんとhiroさんに相談するように助言すべきです。
もし関わるなら、きちんと頭を下げて頼むべきです。圧力を掛けて自分達の思い通
りにしようなんて幼稚です。デイに勤務する孫は自分の職場にプライベートを持ち
込むべきじゃなかったし、副施設長は孫に注意すべきだし、叔父さんとして正しい
ことをしているhiroさんの立場を考えた行動を取るべきです。居宅の所長は自
分のところが抱えていた利用者でも、小規模の代表者という立場ならhiroさん
達の味方をするべきです。名前だけの代表者より常勤でいる老健や居宅が大切なら
代表者を退くべきです。私が思うに老健の言うことを小規模に従わせる為に代表者
になったのでは?と思います。3人とも人間のクズだし辞めるべき。私が理事長か
施設長ならクビですね。
私が管理者ならAさん家族や老健の方々が反省して謝罪をしない限り、早めに
Aさんとの契約を解除します。在宅に戻れる状態なのだからAさんも困らないと
思います。もし在宅が無理なら、お孫さんがいる老健に職員の身内としてずっと
入所させてあげて下さい。      
その老健の実名を教えてくれれば、厚生労働省や県・市長村に通報してやります。
他人事ながら頭にきます。介護保険を理解していない施設や職員が福祉業界をダメ
にしていると思います。hiroさんははっきり自分は正しいと主張すべきです。
もし言いづらいのなら、このサイトの画面を見せてあげて、常識が無いのはどちら
か分からせてあげて下さい。hiroさんはこんなことにめげずに利用者や一生懸
命やっている施設の職員の為に頑張って下さい。



5 :ななしのフクちゃん:2010/04/18(日) 17:57:34 ID:f7oI+CI5
老健医師(事実上の施設長、ケアマネ資格あり)ですが、

>「利用者のご家族に何かを伝える時は口頭でなければならない」
という方針は明白な間違いで、非常に危険な事です。

本来、口頭での説明は誤解を招きやすく、すべてを文書にした方が良いのですが、
現実にはすべてを文書で知らせる余裕がないので口頭での説明しかできない、
というのが実状であって、
口頭で説明しなければいけない、という方針はリスクマネージメント上、看過できない
重大な危険をはらんでいます。

老健だと医師・ケアマネ・リハビリ責任者とのカンファレンスを経てから、方針を決定し、
会議結果を踏まえて文書化して控えを取った後、郵送するという手続きをしますが、
グループホームでは、控えさえ取っていれば、管理者兼ケアマネが文書郵送するのに何ら問題はありません。

運用方針そのものが即リスクマネージメント上対応すべきリスクとなっている場合、
たいていは、もっと重大なリスクが潜んでいるものです。
例えば、
法令上違法な事が日常的に行われているためサービス内容を詳しく書かれるとマズい
とか、後から事実関係を塗り替えるためとか、
誤解によるトラブルは口頭で説明した担当者の責任にしてしまうためとか。
無知で無能な人物が法人の幹部職員になっているためとか、
いろいろ有ります。

6 :hiro:2010/04/18(日) 18:20:33 ID:ti/1vRM3
takasiさん、ななしのフクちゃんさんありがとうございます。これで少しは自信を持って仕事が出来るような気がします。

7 :ななしのフクちゃん:2010/04/19(月) 10:25:50 ID:ODux/Rdt
全体に丁寧に対応してらっしゃる点は良いと思いますが
唯一引っかかったのがAさんを「本人」と呼び捨てにしているところです。
「本人」と呼び捨てていいのは家族側ではないでしょうか。
施設側からはあくまでもお客様ですから
正確には「御本人様」というのがよいのでは?
あと「職員の目を盗んで」とか「本人のうっかりした性格」とか
家族からしたら不快な表現に少し気配りが欲しいかなと思いましたが。

8 :ななしのフクちゃん:2010/04/19(月) 12:51:28 ID:207QnPNL
すごいヘンテコな手紙渡しちゃって…

トラブったとき責任取れるならいいんじゃない〜

9 :ななしのフクちゃん:2010/04/22(木) 21:16:03 ID:j+Uv6tsy
>>1さんに悪気はないのかもしれないけど、
どこまで分ってやっているのか分らないので、心配になってしまいます。
まず第一に、これって2ちゃんに書いて良いのかと。
事例検討会でも、匿名にした上で、書類は回収するのが最近の主流ですよね?
それと、「口頭」と「面接」の違いは分っているのでしょうか?
大切なことは面接して伝えるのが対人援助職の基本だと思います。
その上で合意を形成して必要なら文書に残すのがセオリーでしょう。
合意が形成できなくても、経緯を記録に残すのは当然ですが。
つまり、対人援助職は、面接という対人援助技術を持ってる訳です。
面接の中で、相手が考えをまとめたり、感情を整理するのを手助けしながら、
その時に必要な分だけ適切に情報提供する、これが出来るから専門職なんです。
とはいえ、>>1さんは、なかなかキーパーソンと会えず、また、この先に
直接話し合う段階があることを分かった上で、その前情報として、
手紙を書かれたということは分ります。
しかし、>>2の文面だけでは、それが伝わってきません。
「直接お会いしてお伝えするのが本来とは思いますが、
今回は書面にて失礼します」とか「お忙しいとは存じますが、
大切なことですので、お時間お取り頂けないでしょうか?」
とか書いて、次のステップに誘うような工夫が必要ではないかと。
ここに書かなかっただけで、実際の手紙にはあるのなら良いのですが。
それから、他の方も指摘されていますが、表現に配慮を欠いた部分が
あるという気はします。私が特に気になるのは「もったいない」という
部分です。援助者の主観で「もったいない」からではなく、介護保険の
趣旨に則ってと言った方が良いのでは?
全体的な印象としては、申し訳ないけど、危なっかしいです。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)