5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

基幹バスの推進と郊外規制で車社会を終わらせよう

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/13(土) 20:49:58 ID:gsbzMejt0
まず市街地の主要道路に基幹バスを整備する。
LRTなどの鉄道との接続点にトランジットセンターを整備し、
鉄道とバスとの乗換え利便性を向上させる。

そもそも、マイカー(笑)なんてのは時代遅れであり、
走る喜び(笑)なんてものは必要ないのである。

鉄道とバスは昔から密接な関係にあった。
今こそ手を組み、お互いを救いあい、ともに発展していこう。

●姉妹スレ●
LRTの推進と郊外規制で車社会を終わらせよう
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/trafficpolicy/1192095899/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 10:14:30 ID:jjWKwDC80
そう遠くない将来、間違いなく公共交通が復権する時代が到来する。
理由は電気自動車の普及。

電気自動車の航続距離は短い。現状ではせいぜい半径数十km程度が実用距離。
先日無充電で東京-大阪間を走破して世界新記録を達成した舘内端も
「クルマに電池をめいっぱい積んだからこのような記録が出せたが、これは現実的な電気自動車じゃない」
と発言してる。

この先電池の技術が進歩したとしても、ガソリンエンジン並みに航続距離を延ばすことはほぼ不可能。
逆に言えば、それくらいガソリンというのは容積比で内包しているエネルギーが大きいということ。
わかりやすく言えば、
単3電池1本で模型飛行機を飛ばそうとしたらなかなか大変なことだが、同じ容量のガソリンがあればどうということはない。
たとえ電池の能力が5倍(電圧も充電容量も)になったとしても、まだまだガソリンには追いつけなさそうなのは、容易に想像がつくだろう。



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 10:21:13 ID:jjWKwDC80
電気自動車が普及した将来の、お盆の帰省ラッシュの想像したくないがありえそうな風景。
S.AやP.A.に設置された充電器を求めて長蛇の列が出来、電池が切れて手押しするハメになるクルマが続出し、
中には電池節約のためエアコンを切ったクルマの中で熱射病にかかる子供達が。

そういうわけだから、このまま電気自動車の普及が進むと、クルマの役割は大きく変わる。
短距離移動はクルマ、中・長距離は公共交通機関という住み分けが必然的に出来る。



・・・問題は、そんな時代まで公共交通機関が果たして生き残れるかどうか、ってこった。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)