5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゆとり教育が貧困層を生み出す

1 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 17:00:00 ID:Mr1JCxgi
若者の貧困問題を見ていると、
ゆとり教育の弊害も出てきているのではないか。

ゆとり教育の弊害は、単に学力低下にだけあるのではない。
また「競争は良くない」とか言うけど、
社会に出ると、どの業種・会社に就職しようが、
現実は競争社会であり、仕事の出来る人が重宝されるわけだ。
基礎学力や思考力もなく、敬語も使えない、競争も知らないようでは、
当然いい職には就けず、ニート・フリーターになるしかない。

ゆとり教育が格差社会をつくり、社会全体を貧困化しているのだ。
子どもたちが社会に出たときに、資本家から搾取されないためにも
ゆとり教育はきっぱりとやめるべきだ。

2 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 17:04:31 ID:RveGUGmQ
学校は会社の始まりであることを自覚。


3 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 17:09:46 ID:???
ゆるみ教育に言い直した方がいい

4 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 18:13:37 ID:G01dUvYs
>>1
頭が悪いのか?

デフレ不況とゆとり教育とどうつながりがあるんだ?

5 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 19:30:51 ID:???
>>1の主張にはちょっと賛成できない部分もあるがある意味当たっているとも言える。
ゆとり教育の世代は個人の能力差が大きいと思う。
我々の世代もゆとり世代もできる奴はできる、問題はできない奴だ。
無能ながらに努力する奴はそれなりに活躍できる場があるけど、無能な上に向上心もない
ような連中は社会には居場所がないのは当然、今の格差社会はゆとり教育が生み出した
個人の能力格差に起因する部分も大きいのではないか?

6 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 19:36:46 ID:???
和田秀樹先生が、著書「「反貧困」の勉強法」の中で
派遣切りの問題で、ゆとり教育の弊害も出ていると言っている。

すでにゆとり世代は、競争も知らずに高校を卒業して社会に出ていて、
挫折しているのが現状だ。


7 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 19:58:01 ID:???
一流大学出たって、ワーキングプアの人はたくさんいる。
そのことを和田秀樹先生はどう考えているのかな?

学力がないことが問題ではない。
私自身も勉強は出来なかったが、
今は上場企業で管理職をやっている。
問題なのは、競争も知らずに甘やかされて、社会に出てくることだ。

私の会社にも、すでにゆとり世代が高卒で
入社しているが、本当に使えない。
自分で、物事を考えようとしないんだよ。


8 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 21:50:22 ID:CnoTHsnU
ゆとり教育の失敗で日本は「失われた50年」を迎えることになるだろう。

9 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 22:11:29 ID:ULatlL+t
>>7
確かにゆとり世代って、すぐ辞めて使い物にならんわ。

10 :計子庁 ネタ字件を出しまくる。必死だなw:2010/01/12(火) 22:14:56 ID:fwZ7BKDT
ちがうだろーーーー   団塊以上の世代のバカ政事家の与党が なにもかんがえないで、、

国操縦したのが  原因だろ?      たとえば、、環境環境って今やることなの?

企業はずいぶん前からこの系統の技術に力入れてるよね。。 年金年金って 今さわぐことなの?

無知なわたちでも15年前には 変えたほうがいいときずいたけどね。。。 とりあえず、、、

明守がんばれ。。。 与党のいすをわたすな

11 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 22:28:04 ID:z46MNwh0
>>1
ゆとりでは「社会に出たときに資本家から搾取」・・・。

一般のリーマンじゃ所詮「被搾取階級」にすぎんでしょうが。
世の中エライ人なんて一握りだけなんだから。
まあ代わりの人もたくさんいるわけで。

12 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 12:18:41 ID:???
>>7
取り引き先を怒らせても、まったく悪怯れないんだよね。
理由を聞いたら自分の無知が原因なのに、必要なら教えない方が悪いとか。
ホントに使えないよなあ。

なのに昨年、そいつの自分は有能△△みたいなブログを見付けてあきれたよ。
こいつはノウハウ以前に仕事がわかってない。

13 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 16:10:45 ID:???
ゆとり教育を推進した張本人は、自分の子を私学に入学させている。

14 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 16:14:24 ID:i31llTCw
いつの時代も、年寄りと若者は不仲だな

15 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/13(水) 17:29:48 ID:w5Ku+FBX
アンケート結果(10段階)
1「競争は、人に働く気を起こさせ、新しいアイデアを生み出すので、好ましい」

10「競争は、人間の悪い面を引き出すので、有害である」

http://www.kisc.meiji.ac.jp/cgi-isc/cgiwrap/~kenjisuz/table.cgi?LG=j&TP=va74-02&RG=2&FL=

OECD加盟国
1 フランス 5.03
2 ポーランド 4.89
3 オランダ 4.69
4 イタリア 4.42
5 日本 4.30
6 スペイン 4.20
6 トルコ 4.20
8 イギリス 4.18
9 フィンランド 4.04
10 ドイツ 3.94
11 韓国 3.88
12 カナダ 3.84
13 スイス 3.79
14 オーストラリア 3.77
15 ノルウェー 3.49
16 アメリカ合衆国 3.43
17 スウェーデン 3.38
18 ニュージーランド 3.27
19 メキシコ 3.22

上位ほど競争を否定する社会、下位ほど競争を肯定する社会である。

スウェーデンやニュージーランドは社会福祉が整っているので、競争することに躊躇しないためと
思われる。

16 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 18:17:34 ID:???
>>15
フランス、オランダ、イタリア、ついでにドイツに限れば、
競争がいやという人でも底辺ながら人並みの暮らしができる社会になっている。
日本は学校や世の中が競争を否定しながら、実態は激しい競争社会ってのが問題だよな。

17 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 18:21:19 ID:???
ゆとりバカ造は犠牲者なのか?

18 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/13(水) 18:43:36 ID:w5Ku+FBX
>>16
日本はなぜ競争社会になってしまったのかというと、日本では、そもそも能力差がそれほどない
複数の人間を細かい点で差別化し、「勝ち組みと負け組み」を過剰に意識させる「格差病社会」になったからです。

「格差病社会」では、個人の能力に対する公平な評価が行われず、見た目や印象、年齢差、
性別など、経済活動に直接影響しない部分で人を差別する文化が生まれます。

日本は格差社会といっても、アメリカのような能力による格差社会とは異なり、
差別によって固定化される格差社会なのです。

格差病社会は、家柄や親の職業や年収で、経済格差が決まってしまう格差社会を作っていくのです。

日本人の過剰な平等意識が、過剰な格差意識(周りを過剰に意識する)を作り出し、
それがかえって格差を生んでいるという皮肉な状態なのです。

個人主義の定着と共に直系家族によって経済的充実を保つことは難しくなっている今こそ、
日本は「社会が個人を守る」ためのセイフティーネットを確立すべきなのです。

19 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 19:23:47 ID:???
>>18
>日本はなぜ競争社会になってしまったのかというと、日本では、そもそも能力差がそれほどない
おまいはアホか。自分の頭の中だけのイメージで書くな。
日本人の能力や個人の考え方の多様性は、欧米の社会学者が驚くほどバラエティに富んでいる。
それを学校教育が強引に横並びにしようとして、そこから出た人間を排除してるだけだ。
むしろ個人差が大きな社会だからこそ、差を縮めようと努力していたのかもしれない。
そういう社会だから、アメリカと同じことをやって簡単に格差社会が生まれたわけだよ。
他国で、わずか10年で大きな格差社会が生まれた例があるなら出してごらん?

20 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/13(水) 22:53:19 ID:w5Ku+FBX
>>19
今の日本は、学校教育でおちこぼれた人間が低収入の貧困層になるわけでもなし、
優秀な大学を出た人間が高収入になるとも限らない。

実際に社会に出れば、学校時代の成績が収入に比例しているなんていう考えは
「世間知らず」もいいところ。

そこで、日本人が都合よく人を差別しようとして考えた言葉が、
「コミュニケーション能力」という言葉。

これが、能力があっても考え方の違う人間を徹底的に排除しようとする不公平な
格差を生んでいる。

企業でも全く同じで、マスコミの横並び主義についてもまったく同じ原理だ。

異質なものを排除しようとする集団主義的な文化こそが、日本の格差の原因。

21 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 03:22:44 ID:IpznlZd2
いまの時代、本当に実力と自信のある人間しか幸福になれない。
別に、戦争をしているわけじゃないので、
負けたからといって、命を奪われるわけじゃなく、
負け組としてしっかりと生きられる。
別に人生は仕事だけじゃないさ。
仕事で夢を見ることはやめて、プライベートで夢を探すのがいいよ。


22 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/14(木) 19:00:16 ID:soqwd3kN
>いまの時代、本当に実力と自信のある人間しか幸福になれない。

時代が悪いのではなく、戦後の国策が悪いのだ。

23 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:39:30 ID:u1xnThS7
潰れていく“学者の卵”たち―― “高学歴ワーキングプア”が急増中!
「官製資格ビジネス」に乗せられた博士たちの悲痛
ttp://diamond.jp/series/yuuai/10008/

“高学歴ワーキングプア”が急増中だ。最高学歴を獲得した人々が、生活保護受給者や
無保険者になっていく――。この奇妙な逆転現象の発端は、20年前に国が始めた
“官製資格ビジネス”構想にあった。


24 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:15:29 ID:y0oO6oOH
全くいい加減にして欲しい。
欧州より多くの税金を徴収しておきながら
日本にはセーフティーネットと呼べるものは無い。
公務員や官僚どもの小遣いになっているんだろうなぁ・・・

25 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:47:29 ID:???
>>24
日本は労働者の半分が無税だよ。だから消費税だけ。
欧州よりと言うなら、税金、年金、健康保険で40%以上払ってるか?

26 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 06:22:07 ID:???
まあ税金もろくに払ってない連中に限って、税金の使い道に文句をたれるのが世の常ってものか

27 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/18(月) 19:03:41 ID:+fDJLV4G
誰が何と言おうと、官僚が人間のクズであることにはかわりがない。

28 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:53:41 ID:???
>>26
要は税金払ってないのが許せない!

>>18
日本はとりあえずホームレスでも生きていけるけど、彼らをクズ呼ばわりする人がいるね。自分に害があるわけでもないのに。それでも叩くのはそういう横並び教育を受けたからなんだと思う。つまり叩きの本質は「俺“たち”より下だからお前はクズ。」

29 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 17:46:43 ID:???
>>5
就職時は企業側の採用担当の腕が問われるかもな。
たくさんふるいに掛けて引っかかった奴が一人もいないじゃあしゃれにならんし。

実際、派遣会社はろくでなしをたくさん抱えてプロ意識のかけらもない奴を遣す、と。

30 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 19:34:28 ID:aZAc5vWj
NHKの番組見たけど、至ってまともな若者に職がないという現状は異常だ。
OECDの勧告を受け入れよ。


OECD(経済協力開発機構)は日本における労働市場の二極化について、度々、これを是正するよう求めている。

2006年の対日審査報告書では、「格差問題」に一章が費やされている。日本は従来、所得の不平等度が少ない社会と見られてきたが、
「最近は所得格差が拡大している」と警告している。その理由として、日本は解雇に関する法制が未整備で、
正社員の解雇が困難な点をあげている。「正規雇用への保護が手厚すぎる」がために、企業は非正規雇用への依存を強める結果となり、
「所得の低い非正規雇用者の増大から、所得格差が拡大した」と指摘した。「日本はもはや平等な国ではない」と締めくくっている[2]。

以降も連年、同様の指摘が行われているが、その骨子は「日本はOECD加盟国のなかで実質的には最も解雇規制がきびしい国の一つである」
「正社員の解雇規制が強すぎる、すなわち一度雇ったら解雇や賃下げが困難であるがゆえに、企業に正規雇用のインセンティブを失わせている」というものである。

2008年には、特に若年層における失業や貧困の拡大を問題視し、「Japan could do more to help young people find stable jobs
(日本は若者が安定した仕事につけるよう、もっとやれることがある)」と題した報告書を発表。
その中で「正規・非正規間の保護のギャップを埋めて、賃金や手当の格差を是正せよ。
すなわち、有期、パート、派遣労働者の雇用保護と社会保障適用を強化するとともに、正規雇用の雇用保護を緩和せよ」と勧告を行っている[3]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AE%E8%A7%A3%E9%9B%87%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%B7%A9%E5%92%8C%E8%AB%96

同一労働同一賃金

たとえば竹中平蔵は、著書の中で「安倍晋三内閣で同一労働同一賃金の法制化を行おうとしたが、
既得権益を失う労働組合や、保険や年金の負担増を嫌う財界の反対で頓挫した」と述べ、
社会正義のためにも改革が急務であると主張している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E4%B8%80%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%90%8C%E4%B8%80%E8%B3%83%E9%87%91

31 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 21:11:30 ID:/uj0UZlc
近年、大学・院卒フリーターが問題になっている。
これは、景気が悪いというのもあるけど、
政府が大学・大学院の数を増やしすぎたことにも問題がある。

民間企業に大学・院卒者をすべて受け入れる需要が、
あれば別だけど、ないにもかかわらずこういうことを
したわけだから、職にあぶれる人が多数出てきて当然である。

そしてさらに不幸なことは、親が相変わらず
大学進学に拘りすぎ、勉強も出来ないバカ息子を
大学に進学させていることだ。

そして今、中国でも同じ問題が発生している。

大学・大学院の数は大幅に減らしたほうがいい。
偏差値40の大学なんて言語道断だ。

日本に773校(短大は除く)も大学は要らない。

32 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 21:57:54 ID:???
>>31
センター試験で全教科合計600点未満は大学へ進めない
と決めればいいんだよ

第一、理数ができない文系や、国社が苦手な理系を大学へ入れること自体が間違ってる

33 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 15:23:40 ID:hHRuGLq7
>>32に賛成

親も教師も、子どもの適正を考えずに「とりあえず大学」は止めるべき。
大学なんかに行くよりも、高卒で就職するほうが良い場合だってあるのに。

34 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 16:31:00 ID:???
まあ大学生という、暇も金もそこそこ自由にできる若者層の存在というのが
現代日本の経済や文化に多少なりとも貢献しているという現実からすれば
この層を減らしてしまえばいいというものではない。

35 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 17:37:45 ID:???
>>34
三流私大に行って、ニート・フリーターになるほうが、
はるかに日本経済にとって打撃だ。

民主党は私学助成を事業仕分けで大幅に縮小して、
センター試験で一定基準以上の点数を取れない者を
大学に入れないようにするべきだ。
もうフリーター養成所は廃止すべきだ。

下流大学が日本を滅ぼす!

36 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 09:18:51 ID:???
俺は5流の理工系(馬鹿系ともいう)私大卒だけど、俺が卒業した時点で事実上用無し状態…。
俺が出た学科はすでにつぶされており、大学名も変わってる。
今は定員に達しているか心配。
あんなバブル期にようやく土地が確保できたような山の上の校舎に通う物好きはいない。
条件が悪いとすぐ突っぱねるゆとり世代なら尚更。

37 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 11:14:47 ID:???
それ帝京科学大学だろw
(かつての西東京科学大学)

38 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 13:07:20 ID:???
ばれたか。
ま、当時だからまだマシだったけど、今だったら進学の選択肢にならんな。

39 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 16:16:22 ID:QB5HNovX
そもそも皆が言う今現在の「競争社会」が間違えてたらどうする
新自由主義だの神の手だの、その原理、根本思想が間違ってたらどうする
派遣切りもそうだが、雇用の調整弁とか
要するに、ピンチになったときに速やかに離脱できるように
身代わりを用意していた。という事だろ
そういう兵法だろ。戦法だろ。古くからあるむごたらしい消耗合戦だろ
それを平時にもかかわらず経済でやったということ。
それが現実と言いながらどこの企業も非正規雇用増やしてただろ
根本的な思考回路が戦争なんだよ、しかも生の命のやり取りじゃないのでゲーム感覚
法律をゲームのルールに見立て
誰が一番スレスレ、ギリギリに立ちまわれるかの勝負になっている
それがより出来る奴をみんなで、すごい、かっこいい、
サポートすれば良く気がきく人、仲間意識で助け合って
やってることはチキンレース、ゲームだ
実社会でそういうゲームをするのを嫌がると単純に軟弱扱い
モチベーション?やる気?湧きませんよ
そんなにゲームがやりたければスポーツでもしろよ
野球でもサッカーでも将棋でもチェスでもカーリングでもそっちの世界でやれよ
それならそれで思う存分やれ公認してるよ
分別も付けずに実社会をゲーム社会にしたければ
小学校から軍事教育で兵法を教科書にすればよろし
そうすればお前らの言う「競争社会」とやらに勝ち残れるだろう
俺はそんな社会まっぴら御免だから反対するけどね




40 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 19:02:07 ID:4rGyNDNn
>>39の考え方は新しい風を感じるな。
しかし現実問題今の日本、ひいては先進国の経済原理は
競争ありきだという事がある。

それをいきなり「やりたい奴だけ競争しろ」って言っても「競争反対派」の居場所なんか現状存在しないね。

俺も>>39と同じように「やりたい奴だけ競争すればいい」と思うが、
実際競争しない=社会的不遇に直結するのが現代日本。

誰かも言うように競争離脱者の為のセーフティネットが無いから完全な脱競争主義は成立しない。

今から変えなきゃな。

41 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 01:36:14 ID:6TsrYBYe
>>39
貴殿の言う通り過去も現代も基本は戦争だ。
そして小学校から兵法を学ぶのが一番合理的なのも事実。

この新自由資本主義は戦争大国の経済原理だ。いまや我々日本も含めてな。

そしてその潜在的な凶暴性を徹底的に隠し、建て前では民主的な原理だと主張し、
学校では知識だけつめこみ目眩ましをしている。
それが資本主義社会だ。

そして資本主義社会において人間は二階級しか存在しない。

資本家階級と労働者階級だ。

なのに学校や社会では高学歴を皆が目指す。
少しでも頭が回ればそれは資本家階級に都合よく組み立てられた錯覚にしかすぎないと気付ける。

しかし今それが限界どん詰まりに来ている。
今のやり方ではバブル>不況の連鎖でしか前に進めない。

今求められているのは0か100かではなく100の行動ができるが敢えて60点あたりを狙う方法だ。

それがそなたの言う事に限り無く近い、競争しすぎない持続的に穏やかな成長ができる経済原理となろう。
しかしそれにはモラルがもっと世界的に必要だ。

42 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 14:17:07 ID:???
社会主義国にも競争はあるぞ。

43 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 14:43:49 ID:???
増え始めた「ニューリッチ」とゆとり教育の犠牲者たち
http://moneyzine.jp/article/detail/33662

1995年に日経連(日本経済団体連合会)が出した報告書
「新時代の『日本的経営』―挑戦すべき方向とその具体策」

1. 長期蓄積能力活用型グループ…将来的に会社を背負う幹部候補エリートたち
2. 高度専門能力活用型グループ…高度な専門知識を有する技術系職人集団
3. 雇用柔軟型グループ…短期単純作業など会社の都合に応じて柔軟に雇用できる者たち

「1.」と「2.」は会社経営の根幹を成すグループなので、時間と費用をかけて育てる必要があるが、
「3.」は専門の知識は必要なく、いつでも「使い捨て」できる労働力として認識されている。
仕事中でも決して名前で呼ばれることはなく、せいぜい“派遣さん”とか“人材さん”
とかいわれる、顔のない労働者たちである。

 実はこれからの日本の国際競争力を保っていくためには、この3のグループをいかに
臨機応変に活用していくかが問われるのである。そのためには、まさに
「3.」の雇用柔軟型には、ゆとり教育から生まれた「 元気のよいバカ」が、
そのニーズに見事に応えているのである。学力は最低でも文句はいわず、
低賃金で従順に働く彼らは、企業にとっては「救世主」になる。

 寺脇氏をはじめとする文部官僚は、この産業界のニーズに応えるべく、
ゆとり教育を実施ことによって、産官共同で教育格差を作り上げた張本人
だといえるだろう。このように、教育格差は社会的な格差を固定化する
大きな要因になっていく。あるひと握りの人たちだけが豊かになり、
その他すべてが下流に落ち込んでいくというルーズソックス現象は、
これからもますます続いていくと考えられる。


44 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 16:08:33 ID:???
塾に行かなくてもいい様にしないと、親の収入によって、教育格差が生じる。
そしてそれが、将来の所得格差につながる。
また夜遅くまで塾通いしなければならないから、却ってゆとりがなくなっている現状だ。


45 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 21:54:28 ID:???
ま、N能研みたいに学習のことにしか神経が行かない器の小さいお子様は大人になって絶望感を覚えるんだろうな。
あいつらの電車内での態度は評判が芳しくない。
普通は能力を人に知らしめる前に態度や礼儀を評価されるから。

46 :名無しさんの主張:2010/01/27(水) 23:53:47 ID:SIAcuAkO
ゆとりあげ

47 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 09:09:41 ID:Diu8C8Al
金持ちは、地位を不動のものにするために、何年も前から政治に働きかけ、準備してきた。ゆるく団結し、常に努力している。
ゆとり教育もその一貫。

48 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 11:48:49 ID:???
自分の子供の頃(昭和40〜50年代)の方が今の子供よりはるかにゆとりがあった気がする。
遊びも勉強も伸び伸びやっていた。今の子は常に何かに追い立てられているかのようだ。

49 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 12:39:56 ID:4o88VVAy
>>47
そして清和会文教族はかつて自分たちが推進した
「ゆとり教育」への国民的反発を利用して
二昔前の「愛知県立東郷高校」に代表されるような締め付けシバキ主義教育を本格化させたいのさw

50 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 19:15:33 ID:???
>>47
商売相手がジリ貧ばっかりになるんじゃあどうしょうもないけどな。

>>48
少なくとも俺は小学生の頃は塾なんか行かなかったしな。
そろばん塾は行った事があるけど期間が短かった。

51 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 21:04:28 ID:5ds1vTVr
【書評】モノと距離をおきはじめたイマドキの若者〜『欲しがらない若者たち』[10/01/27]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1264603173/l50


52 :計札工作員 さぁこづくり待機所ではげめ サブ:2010/01/28(木) 21:56:05 ID:aiUTr8Hq
>1 ちがうだろ?    親から子への ?・?・?継承が問題だろ?


「 パパー ぼくもパパみたいに  計札完了なりたいからコネおねがい」

     ↑
なんて感じの?

53 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 23:07:31 ID:???
日本よりも受験戦争が過酷な韓国やシンガポールは日本よりも出生率が低い。
受験戦争の激化は少子化を招く。

54 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 23:12:05 ID:???
受験戦争が加熱しているのはみんな本質を見据えていないからさ。
将来の不安を学歴のみで解消できるほど甘くない。

55 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 13:58:25 ID:???
>>49
自民党や財界にとっては、ゆとり教育の方がいいんだよ。
バカが多い方が、派遣やパートとして安く使えるからよ。


これ↓がゆとり教育の結果だ。

152 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 21:27:31 ID:T0dvAS8w
>>151
今、僕は就職支援の仕事をしているけど、
20歳前後の若者に志望動機や自己PRを書かせると、
まともな日本語になっていない人が多いね。
そして面接の特訓をすると、敬語もまともに使えない人が多いわ。
これでは、どこも正社員として採用してくれんわ。
まさにゆとり世代は犠牲者ですわ。

戦前のようなスパルタ教育に反対だけど、
子どもは鍛えてやった方がいいですよ。


56 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 14:26:33 ID:???
ゆとりの俺から言わせて貰うと、ゆとり教育そのものよりも、それを悪用する教師の方が悪。
消防の時の話だが、例の総合学習の時間には日本軍がどうだとか朝鮮がどうだとか、そんな話しかしてなかった記憶がある。

勉強しなくちゃいけない大事な時にそんな糞の役にも立たんこと教えてるようじゃアホにもなるわ

57 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 21:08:15 ID:???
>>56
ゆとり教育は、日教組がラクしたいために導入されたんだろ

58 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 21:54:57 ID:???
>>55
俺、入社13年目の永遠の平社員だけど後輩が一人もいない。
ゆとりでも後輩がいたほうが励みになるのかな?
それともゆとりの後輩なんて社員の士気を乱し、手がかかるだけかな?

59 :49:2010/01/29(金) 22:10:50 ID:M++9ivIq
>>55
いわゆるひとつの「管理教育」で
ゆとりとは別の意味でのお馬鹿さんを粗製乱造させたいのよ。
すでに愛知県あたりじゃあの手の教育が再評価されているって話も聞くね。

60 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 22:23:13 ID:3I+P3dTV
>>58
モンスター社員続出で右往左往する現場
http://president.jp.reuters.com/article/2009/10/24/BA8D7BF0-BA29-11DE-A839-21F13E99CD51.php

61 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 22:34:37 ID:???
大卒
2008 非ゆとり
2009 非ゆとり
-------------- ←今ここ
2010 ゆとり
2011 ゆとり

大卒のゆとりは今年の4月から現れる
多分5月ぐらいになると大卒社会人ゆとりのことがわかり出すだろう

62 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 23:12:19 ID:3f8sVeb/
親から競争原理とか自分の価値観を執拗に押し付けられず伸び伸びと
育っているから、団塊ジュニアよりはある意味幸せだと思うけどね。

63 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 23:19:29 ID:???
兄弟が少ない世代だから競争意識が低いんだろうな。
おやつを弟に食われる心配もないし。

64 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/30(土) 23:30:14 ID:+uGkytId
日本社会ではいくら競争原理を教えられても、日本には公平な競争は
存在し得ないんだから、無駄無駄。

日本の格差は、すべてが人為的な「差別」によるもの。
性別差別や年齢差別、シングル差別、オタク差別など、キリがない。
そして差別によって不当な格差が生み出されるね。
収入面ではなく、タイムプアについても同様。

どんなに能力があっても、差別によって貧困層に転落する国、それが日本。

それならいっそ、日本にも貴族階級を認定制度として作って、貴族として登録
されたセレブには、サラリーマン階級以下への福祉支援を義務付けるようにする。

当然地方公務員もサラリーマン階級以下と認定する。

サラリーマン階級以下が貴族になるためには、教養試験をパスさせるようにする。
そしてサラリーマン階級以下は最高でも年収500万とする。
(これは税金制度改革)

この方式でいいんじゃないの?

65 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 08:58:34 ID:???
シングル差別なんて無いだろ。
結婚は人生の墓場と言い古されているくらいだし。

俺は年収500万あれば充分だな。
去年の源泉徴収票を見て愕然とした。
おととしより70万円も年収が減ってた。
それでも別に生活には不自由していないがな。

66 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 11:41:45 ID:???
シングルなら年収300万でもやっていけるが、結婚、子どもで必要な年収が格段に上がる。

結婚と子作りは高額なお金を払って幸せを得ることであり、
結婚や子どもに興味がないのなら、結婚や子作りは高額なお金を一生どぶに捨て続けるという行為と等しい。

67 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 12:48:27 ID:???
シングル差別
男で40近いのに結婚してない人って仮に仕事が出来たとしてもどこか奇異に見られるし
仕事もどこか本気で身が入ってない感じがします。仕事に熱中のあまり独身という感じではない。
反社会的というほどではなく非社会的というか、一般社会からちょっと距離を置いたところに
自分を位置づけてる気がする。
そういう人とはどうも心底からうち解けづらい。
サラリーマンの場合ですが。

68 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 13:18:06 ID:???
生涯未婚率の推移(http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1540.html)

年/男/女
1980年/2.6%/4.5%
1985年/3.9%/4.3%
1990年/5.6%/4.3%
1995年/9.0%/5.1%
2000年/12.6%/5.8%
2005年/15.4%/6.8%

69 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 13:43:01 ID:???
>>67
希薄な人間関係、関係性の構築否定、内面にも無関心−−
てな感じの前期・村上春樹的なデタッチメントを生きてるんだよ。
自分も社会も世界も本心では認めていないモラトリアム宙吊り状態だな。
ま、端的に東京の30歳は半数が未婚だから少数派でもなんでもない。
結婚すると家庭とくにガキへの愛情と奥さんへの愛憎が
精神生活の中心になるので、打ち解けられないのもムリはないね。

さらにいえば、シングル差別が明らかなのは男性より女性なんだが。
とくにシングルマザー率にかんして日本の低さは異常なくらいだ。

ところで、村上自身はもうデタッチメントから正反対なんだがねw
脱構築、遁走、戯れての浅田彰だって逆に関係を繋ぐことが大切といいだしたw

70 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 17:05:10 ID:???
テレビに出てる政治評論家の連中が小沢擁護ばっかりな理由が判明しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1136103956

71 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 17:20:14 ID:???
>性別差別や年齢差別、シングル差別、オタク差別
これは突き詰めれば少数者差別であり、その集団の中の少数派が差別されるということ。
男社会で女が、とか一人だけ年取った人がとか。
オタクばかりの中ではオタクは差別されない。

72 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 17:55:41 ID:k/jw50zT
>>70
>テレビに出てる政治評論家の連中が小沢擁護ばっかりな理由が判明しました。

だから君は結局何が言いたいの?
つまり、小沢擁護したらあかんと?

僕は小沢擁護しますけどね。

73 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 18:24:24 ID:???
あぎだのいながもんにぃゆわれるごどじゃねぇべ
おまえははずろうがだのしぇぱいだげしでだらいがんべな

74 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 19:19:02 ID:???
>>72
何で擁護するの?

75 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 20:19:16 ID:???
>>67
男の場合シングル差別ではなく、経済差別の方が多い。

>>68
男は経済力がなければ結婚ができない。

>>69
たしかに女の方がシングル差別が強い。だから、婚活に必死。

76 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 22:11:12 ID:k/jw50zT
>>75
>男は経済力がなければ結婚ができない

その現実を覆そうとしているのが民主党です。

女性の自立が進めば、「金があっても男としての魅力がない男」は結婚できない社会になる。
そういう社会のほうが健全な社会だと思いますね。

77 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:11:57 ID:???
>>75
△男は経済力がなければ結婚ができない。
○日本では(諸外国と違い)男は経済力がなければ結婚しない。

同棲したほうが安上がりのはず。
その延長で籍を入れればいいのにね。
経済合理性の不足、儒教観念の蔓延。

78 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 22:15:34 ID:k/jw50zT
>>77

>その延長で籍を入れればいいのにね。
別に籍なんて入れる必要ないじゃん。

事実婚でハワイあたりに行って子供を産んで、子供をアメリカ国籍にしてあげたほうが
子供の将来のためになるね。

79 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:24:54 ID:???
根本的なこと>>1をいうと、
ゆとり教育推進派はどちらかというと左だったんだが。
文部科学官僚を輩出してる東大教育学部が左だから
「ゆとり教育の理念」はあくまで平等主義だった。
新自由主義的な文脈で格差社会を生んだとしてもそれは結果論。

ただし、ゆとり教育は現実的に施行するには難問が多すぎた。
具体的には、飛び級制度、教師の教育、家庭階層の考慮、
カリフォルニアでの授業時間削減による失敗など。

その辺を考えず、失敗が目に見えてるのに推進した。
その非は大いに問われるべきだと思うけどね、宮台とかも。

80 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:28:26 ID:???
>>78
…絆だから…(綾波レイ)

81 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 22:42:23 ID:???
絆だからこそ、法的な絆は必要ないと思いますが。

精神的な絆があれば結婚に拘る必要もないと思いますよ。

said 中田英寿

82 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:53:14 ID:???
経済力がなくても、経済力がないほどかえって容易に結婚してるような気もする。
貧乏人の子だくさんというのは今でも一面の真実だろう。

83 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:06:52 ID:???
>>81
籍を入れ結婚したほうがたぶん絆は一時的には深まるし破綻も防ぐ。
子供をもうけたときのホームベースとしても安定感があると思う。
ないと易々と家庭破綻して子供の不利益があまりにも大きい。
連れ子同士の家庭内セックスとか人格障害とかいろいろね。
人類も日本人も成熟してないのでいろいろ不測の事態を招く。
そこは一見面倒な手続きや伝統の縛りを今スグ全廃すべきではない。

84 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:24:16 ID:???
セニョが>>74の質問に答えるのを待っているんだけど…。

85 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:31:26 ID:???
公務員ムダ論--不況時代の公務員のあり方
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200907000067

公務員人件費35兆円

86 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 11:15:35 ID:???
http://www.garbagenews.net/archives/683267.html

配偶者のいる割合(35-39歳)
〜99万:15.4%
100〜199万:37.8%
200〜299万:48.2%
300〜499万:63.9%
500〜699万:75.9%
700万〜:85.0%

87 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 15:40:14 ID:???
>>86
正相関があるといっても因果関係は保証されない。
極端な話、コウノトリの生息数と出生率は正相関したことがあるw
あなたの老化(髪の毛の本数)と日本の景気は相関度が高いだろうw

昔は収入に関係なくほとんどが結婚してたし、
高収入の都市部より低収入の田舎のほうが結婚する。
実際、結婚したほうが生活費その他が安上がりだ。
だから他の条件をキッチリ揃えて比較対照しないと
実態に即した相関係数は浮かび上がらない。

88 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 16:37:25 ID:???
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai08/toukei9.html
婚姻率
1位 7.3 東京
2位 6.5 神奈川、沖縄、愛知
5位 6.1 大阪

42位 4.6 山形、青森、高地
45位 4.5 岩手
46位 4.3 島根
47位 4.1 秋田

89 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 16:47:15 ID:???
なんなのこのスレ?

ゆとり 全く関係なくなってるし

新しくスレを作ればいいのに…

90 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 17:08:42 ID:omBSYKK2
【女】男は結婚するべきではない part309【発狂】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1264561625/l50

91 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 20:05:04 ID:???
>>89
よく見ろ。差別という共通因子があるから無関係ではない。
貧困というワードがあるからそれに釣られて拡散するんだ。

それに>>1は立場を最初から結論を先取りしてるし、
なにかイデオロギーにも混乱があるので上手に展開できない。

>ゆとり教育が格差社会をつくり、社会全体を貧困化しているのだ。
>子どもたちが社会に出たときに、資本家から搾取されないためにも

いかにも左翼(反体制)ぽい語り口だけど、1行目は誇張しすぎ。
ひとつの促進要因を根本要因のように語っている。

ゆとり教育を推進した官僚は平等主義に基く左翼。
結果としてこのように失敗してしまった、というだけ。
別に新自由主義者がゆとり教育を扇動したわけではない。

92 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 20:31:22 ID:aWfAX1An
学校で競争もない、怒られもしない子供たちははっきり言って可哀そうだと思うよ。
社会人になった時にそおゆう訓練を受けてないから、いきなり競争社会で生きていけない。
アホな親がたくさんいるのも事実だが、もっと子供たちに厳しくできないものか…
まあ今更手遅れだけど、グローバルな見えない競争相手にやられてしまうだろうな。

93 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 20:35:03 ID:???
「経済コラムマガジン」
ttp://www.adpweb.com/eco/

貧困を生み出すのは財務省の間違った経済政策です

94 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 21:30:56 ID:0yd/XXL+
>>92
広田照幸という教育社会学の先生によると、
日本の親は「昔から」子育てには甘かったという話だ。

つかかつての日本以上の激しい受験戦争が続いている韓国が
日本以上に少子化が深刻化しているそうだな。
ついでながら韓国も日本以上に子どもをベタベタに甘やかして育てるお国柄ゆえ
「キムチの食べられない子ども」が今社会問題化しているらしいw


95 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 21:58:59 ID:???
日本とユダヤがいちばん甘いみたいな話を読んだことがあるな。
韓国は学歴競争だけは本物だったんじゃないのかね?
日本は人口の増大で競争はあったけど階層内の競争だった。
70年代とかの東大でも親は結局、上場企業の管理職とかだもの。
今以上に偏ってたと思うよ。
>>92
生きていけないかどうかはその後を見ないとね。
日本で厳しくというと、感情的にやけに冷たいとか、
身体的管理(体育会系)に傾くんだよね。
言葉や理筋や伝達が下手だから、バランスが非常に悪い。

あと平等主義が過剰だから、潜在的エリートが潰される。
結局、塾・寺子屋→もっと広い意味での塾予備校で
高い階層の人たちに本当に良質な教育を施せばいい。
実際、金持ち・エリート・天才は海外有名大しかない状況でしょう。
自前のシステムで一級品を育てられない。
そういう意味で教育体制も甘いと思う。

96 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 22:26:52 ID:???
>>94
朝鮮は儒教国家で親の威信は絶対であり、子はそれに逆らうことが出来なかったと聞いている。
時代が変わったのかな…。
こりゃ日本が朝鮮に負けるわけ無いわ
…って低レベルな安心だがw

>>95
学歴競争とは言うけど、それを盲信している社会のおかげで本質が見えていないような気もする。

97 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:01:26 ID:???
>>96
でも、現代で教育の 本 質 とは、何なの?

産業革命以前の欧州ではキリスト教の権威の確立のために
修道士を図書館に集めて神学・哲学を研究させた。
産業革命以降は、エリートは資本家・支配者としての常識や
教養を身につけるための学問であり大学だった。
宗教と支配のための大学であり教育だった。

98 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:09:06 ID:???
教育が大衆化してからは、識字率を上げて高度な産業に従事させたり
研究させてなるべく国家間の戦争・競争に勝つための教育だった。
それが日本だと明治の富国強兵政策あたりでしょう。

今もその路線は基本的に変更はないと思うけどね。
産業界、政財界にとって都合のよい人材が育成できればいい。
大衆のほうは少しでも社会的地位と稼ぎと見栄えのいい仕事に就く
確率を上げるために(≒公務員になるために?)擬似競争する。

肝心の上層の教育を放置してるのは意味がわからない。
既得権益層・金持ち層が親族・コネで回るからかも知れない。
下手に有能、天才的な人間を育てると我が身が危うくなるからだろう。
ただ、中間層以下に最低限の教育と従順になる躾を与えて
トヨタのように酷使して搾取するという面は日本では機能してるよ。

99 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 00:33:37 ID:???
>>97-98
日本もバカチョンも大して変わらんと思うけど、大学を出たなりの能力やら人格やらがそいつに備わっていないことが多い。
就職難にあえいでいる奴を見れば大して修学してこなかったと思える惨状。
企業が人材登用を渋っている状況を加味しても、だ。

とはいえ、仮に今俺が就職活動していたらそんな状況になっていたかもしれんがな。

100 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 02:50:42 ID:???
日本の大学は8割がFランク大学なのでいわば高校の延長だね。
モラトリアムと旧文部省の利権がらみで大学や院を増やしたんだよ。
たしか60年代の5倍くらいの大学生がいるんじゃないかな?
また教育というよりも教官のアカデミックポストとして必要なんだ。
だから、バカが多いのは承知だけど、いまさら利権を手放せない。
真のエリートはもう東大を経由せずに海外の有名大学に直接いくよね。

101 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 11:58:35 ID:???
中国のエリート層は戦前日本のエリート層以上のエリート層だろう。
金銭的にも社会階級的にも学力学閥等でも。

102 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 12:14:06 ID:vfd3Fuui
ゆとり 教師のためのもの
子供にとって百害のみ !!

103 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 12:16:42 ID:vfd3Fuui
ゆとり 教師のためのもの
子供と親にとって百害のみ
教師の高笑いが聞こえる!! 

104 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 12:33:25 ID:???
>>101
中国やロシアのエリートの中には、
各学校で成績優秀だった子を集めて教える学校があって、
そこで更に優秀な子を中央に集めて学ばせている。
それを公立というか国費で行っているわけだから、
金銭で地位を買ったエリートと同じに扱うのはどうかと思う。

ま、表に出てくるのは金で育てられたエリートの方だけど。
それに日本の公立校で優秀な子を集めてレベルに合った特別授業を行おうとすると、
差別だ平等じゃないと言い出す吉外連中が騒ぎ出すのはどういうことかと。

105 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 14:08:25 ID:Ty0f0D9M
苦労して、一流大学を卒業しても、新卒一括採用で失敗すると終わりだぜ。
就職の選択肢が幅広いというのは、新卒の時だけ。
俺が身をもって、経験したからな。

106 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 14:20:49 ID:DWxUPlnR
>>105
それはあるな。
就職浪人っていうのは企業側の受けも悪い。
厳しいが新卒で有名企業に就職できたかどうかで、
その後の仕事人生を左右するのは間違いない。


107 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 15:49:03 ID:Wq7MNl1d
>>99
まるで今の中年や老人が「大学を出たなりの能力やら人格」が備わってるような物言いだな

108 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 16:17:32 ID:???
ははは

109 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:50:25 ID:???
>>103
今の子どもって教師を尊敬していない奴が多いらしいじゃないか。
今の教師って誇りを持てる職業なのかね?
実力行使(ゲンコツなど)すると父兄から文句言われるし。

110 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 20:54:45 ID:???
>>109
厳密にはその親が教師を尊敬していない
それがモンスターペアレントであり、
モンスターペアレントの影響でモンスターチルドレンが出現した

モンスターペアレントは学生時代に校内暴力が起こった時代で、教師を軽蔑しており、
さらに就職期にはバブルで、教師なんかはどこにも就職できなかったような奴らだと認識している。
その上、その後のバブル崩壊で生活が苦しくなったのに、無能だと思っていた教師が
安定した暮らしをしているのことが腹立たしく思っている。

モンスターチルドレンは、親から教師の悪口を吹き込まれ、
さらに、教師は子どもに逆らえないことを理解しているため、教師に従う気がない。
しかも、受験産業など、勉強に関しては教師以上の人間がまわりにたくさんいるため
別に教師の頭がいいとは思っておらず、教師を尊敬するための理由を持っていない。

111 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 23:06:45 ID:???
確かに、尊敬に値する人物は減ってきた罠w
ただし、自分(ゆとり世代)と比較して軽蔑できるまでには至らんだろ。
こういうのは身の程をわきまえていないという。
それに、自分も尊重されない。
ま、尊重されなくてもいいって言うならそれでもかまわんけど。

112 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 16:00:03 ID:vMX0I9HP
>>105
いっぺんに大量採用するようなところはそうだけど、横並びが重んじられるけど
そうでもない所はそこまでシビアでもないよ。

113 :名無しさんの主張:2010/02/06(土) 00:26:31 ID:qVW4zFsD
>>110
>モンスターペアレントは学生時代に校内暴力が起こった時代で、教師を軽蔑しており、
>さらに就職期にはバブルで、教師なんかはどこにも就職できなかったような奴らだと認識している。
>その上、その後のバブル崩壊で生活が苦しくなったのに、無能だと思っていた教師が
>安定した暮らしをしているのことが腹立たしく思っている。

それは嘘だろ。公務員が安定してるのは昔も今も一緒でバカにしてるなんて言いすぎ
だろ。バブル世代がそんなに馬鹿とは思えないし。


114 :名無しさんの主張:2010/02/06(土) 00:36:34 ID:???
>>113
否定する前に「でもしか教師」をググってみれば?
校内暴力とでもしか教師の時代にはズレがあるけど
間の世代としてはあながち間違いではないと思う

115 :名無しさんの主張:2010/02/06(土) 18:33:37 ID:???
>その上、その後のバブル崩壊で生活が苦しくなったのに、無能だと思っていた教師が
>安定した暮らしをしているのことが腹立たしく思っている。
教師の安定した暮らしってのは信じがたい。(収入面以外の事ね)
教師の立場と職場環境をキチガイ父兄とキチガイ児童が脅かしているからw
ただ、本当に無能な教師の存在も否定できないが。
学校崩壊は教育の尊さを誰も感じていないことが原因だと思う。
そこへ来て高校の無料化だ。
キチガイ父兄とキチガイ生徒どもは益々付け上がる。

116 :名無しさんの主張:2010/02/06(土) 19:30:19 ID:???
>>115
キチガイ父兄児童が増えたから安定した暮らしじゃなくなったんじゃないの?

そういえば最近教師の倍率がかなり減ってるらしい。
将来は、介護関係と同じぐらい売り手市場になるかも

117 :名無しさんの主張:2010/02/06(土) 23:27:12 ID:???
まあ、そういうことだ。
収入が約束されてもその収入を得るための職業で精神疲弊させられることになるんじゃあ本末転倒。
図太い奴なら職業を全うせず適当にやるんだろうけどな。

ただ、無料化で基地害父兄は案外減るかもよ。
なにしろ、「授業料を払ってるんだから」と権利意識があったのが無償化で薄れるから。
そこまで基地ガイドもが殊勝とは思えんけどね。

118 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 09:47:29 ID:???
日本教育は教師不足により崩壊する。
塾に行く子は大丈夫だが、
行かない子の学力は今以上に極端に落ちる。
そして教育格差が拡大する。

119 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 12:26:22 ID:CKr3RJNc
今はDVDやらPCが普及してるから教師なんていなくても大丈夫だろ

120 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 13:29:45 ID:???
>>119
その通り
ゆとり教育が学力低下を招くだとか、学力格差が広がるだとか
ゆとり教育のせいにしているようだが
今はDVDやらPCが普及してるから教育のせいではなく教師のせいでもなく
個人個人、家庭の問題であり
脱ゆとり教育も、教員免許更新制も無意味
学力低下、学力格差は続く

121 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 13:42:03 ID:CKr3RJNc
>>119
そういうことじゃなくて、>>118の言うような
「教員部足による教育崩壊」はあり得ないと言ってる。
今はまだ教員が居座ってるからDVDやらPCが活用されていない。

122 :ひまだろ計札工作員 暴走行為の時間だよ。:2010/02/07(日) 14:12:21 ID:j6JQXEGT
計札裏金で   ↑は うはってるよな。

いちがいにいえんよ>1

123 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 15:45:51 ID:???
>>1
「競争はよくない」という風潮は「男女平等」などと同じ。
単なる思想で、直接的にゆとり教育は関係しているわけではない。
だから、ゆとり教育がなくなっても思想が残れば変わらない。

124 :名無しさんの主張:2010/02/07(日) 18:06:54 ID:???
今の時代いろいろな教材や塾があふれているのだから、
ゆとり教育から脱ゆとり教育にするのではなく
さらにゆとり教育を加速させても大丈夫だ。

学校を午前だけ、学校週3日程度にして、
教師を大幅に削減して、あとは教材や塾におまかせ。

これで教師や国の影響力が小さくなり、
勉強できないのは自己責任の社会になる。

125 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/07(日) 23:29:52 ID:Iz7oVY3t
>>123
男女の機会不平等が、公平な競争を妨げているんだろ。

126 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 12:09:46 ID:EAmOuJxH
>>124
これだから教師はクズとか揶揄されるんだろ。この御時世に塾代が
中流以下の家庭にどれ程負担になっているか分かる?
ある程度詰込み教育に戻すなど学校内での学習だけでそれなりの
学力が付き、余計な教育投資をしなくて済むよう配慮してやるのが
文部科学省の責任だろうが。

127 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 12:40:34 ID:JzUWOYe1
保守右派層が絶賛する愛知の管理教育だって、特に裕福でない層の子弟が
「オール3でも国立に入れる」ほどの詰め込み教育ということだけなら
それなりに評価はされるんだがな。

ただし、それ以上に、失うものは多いがw

http://blueberry.ichiya-boshi.net/togo/

128 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 12:43:25 ID:???
>>126
同感。学習塾に週4回通わせると、私立校へ通わせるのと同じ額の月謝が必要になる。
そういう金銭感覚がないからクズなんだろうなあ。

129 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 13:04:29 ID:r0Vd0O56
日狂組がさぼって高給貪ってるんだからしょうがない。

130 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 13:13:44 ID:PKMuZtZh
>>126
学校を自習室として開放し、
塾に負けない学習コンテンツを貸与すればよい

131 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 17:43:06 ID:???
小学校でも、必修と選択に分けて、単位制にすればいいのに。

必修は学校らしさのある授業で、学校の機能を持たせ、
選択が塾らしさのある授業で、個別の学力ごとに自由に学ぶことができる。

132 :名無しさんの主張:2010/02/08(月) 18:04:55 ID:???
>>125
男女の機会不平等になるのはそういう男女についての思想があるからでしょ。


思想を教師が子どもたちに教えて、思想を受け継がせたり、
マスコミが視聴者に訴えかけて、思想を広めたりして、
社会がその思想寄りになり、弊害が起きる。
伝える側の思想が変わらない限り、思想は広がるわけだから、
単純に教育を変えるだけでは、「競争は良くない」という思想は消えない。

133 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 00:52:13 ID:???
ゆとり世代に該当するか分からんけど
ttp://www.asahi.com/sports/update/0212/TKY201002120171.html
国保選手の服装問題賛否両論。
服装の乱れを非常識ではないと受け止める人が増えているのか?

リンク先文中の
>自らの高校では、男子生徒の3分の2が「腰パン」。今どきの子には当たり前の格好で、
>注意しても何が悪いのか分からず、きょとんとされるという。だが、
>就職活動の前には「相手が何を求めているか考える力をつけて」と指導する。
>「頭ごなしに注意してはかえって信頼関係を失う」
これも家庭内での教育の欠如なんだろうな…。

>「社会全体に寛容さが消え、服装や言動など競技以外でも厳しくチェックされる時代になった。
>以前は、もう少し長い目で見てもらえた」とも話す。
以前は服装も言動も最低限見苦しくないのが当たり前だっただろうに…。

134 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 04:55:38 ID:fu8LugbH
詰め込みをサンドバックの練習とすると
考える力をつける教育はスパーリングや実戦形式の練習だろう
答えはどっちも大事
サンドバックでいい音鳴らしても必ずしも強いとは限らない
実戦がいきなり強い奴はそうはいない
いたとしても基準で扱うべきじゃない
試合に上がらせるため挑発でサンドバックの練習を馬鹿にしたりするが
それはあくまでも挑発であって、その練習がやってはいけない間違った練習とはならない
野球選手がトスバッティングや素振りが大事というように
サッカー選手がリフティングの練習するように
実戦形式の練習と同じぐらい基礎の反復練習を重要視している
だが教育界に至ってはアホかと思うぐらい極端に偏る
まるで「右利きだから左手はいらないだろちょん切ってしまえ」
みたいな話で本当に切るような感じになる
詰め込みは悪だと言ってゆとり
ゆとりは悪だと言って詰め込みだけやっとれみたいな
ちょうどいい湯加減というのを知らないのか


135 :田中一郎:2010/02/15(月) 16:26:54 ID:???
「つめこみ」という言葉がすでに、悪役として登場してますネ。

136 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 16:36:44 ID:2UGZh1hy
貧困から子ども守ろう
全教大会閉幕 憲法生かす教育へ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-02-15/2010021508_01_0.html

 最悪といわれる高校生の就職難。打開に行動する報告も相次ぎました。
岡山高教組や宮城高教組は、求人を狭める企業などに雇用拡大を要請したと発言。
全教滋賀は、「高校生を就職浪人にしないため、大企業の内部留保を還元させる
たたかいをすすめる」としました。



ゆとり教育なんかやっているから、高校生は就職できなくなるんだよ。


137 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 16:38:01 ID:RqqTFpfR
ゆとり教育っていうのはおバカさんも居ないと困るよねっていうことだな。
裕福な家庭は自費で学習塾でもなんでもやって一流大学行けばよいと。
みんな学業優秀で官僚目指したり大企業を目指す奴ばかりになったら、いわゆる3Kと言われる仕事は
誰がやるんだっていう話になる。
だからこんな国で子どもつくるなら裕福じゃないと、生まれてくる子どもがかわいそうって思っちゃう。


138 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 17:10:25 ID:???
たけしのTVタックルでやっていたけど、
オランダやフィンランドでは、小学校でも原級留置がある。
小学生レベルの国語や算数が分からなければ、
社会に出た時、苦労するから、原級留置は権利としてある。
日本もやったほうがいいでしょうね。

今、歯医者から帰ってきたけど、20歳前後の受付の女が、
釣銭の計算の際、1000−850を電卓で計算していて、
それを見ていた歯科医師に「そんなもん、いちいち電卓で計算するなよ」
と怒られていた。その先生は、「最近の若い人は、簡単な読み書き計算も
できないのか」と嘆いていた。


139 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 17:51:43 ID:ZSHcWF+D
ゆとり教育をもう20年もやってしまったから今30歳以下はもう使いものにならない。アーメン

140 :田中一郎:2010/02/15(月) 18:54:16 ID:???
問題はゆとり教育云々ではなく、絶対評価にある。だれでも、卒業するとき、金メダルをもらいます。でも、金メダルは1人だけじゃないですか?
すべての人間に金メダルを。競争は悪。勉強は悪。憶えてもだめ。勉強しなかった人が傷つくから。みんな、一斉に、ゴールです。競争は絶対ダメ。

141 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 19:32:35 ID:Jhwi9u16
ゆとり教育は悪くない。

逆に詰め込み教育をして、全員が優秀になって、
ホワイトカラー志向、高給志向になったら、
誰が介護や解体業などの3Kの職を引き受けるの?

ある程度、安月給でも働いてくれる、
読み書き計算の出来ないバカがいないと、
この国の底辺を支えることが出来ないじゃないか。

142 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/15(月) 21:47:45 ID:TLnJto8u
>>141
介護とか底辺の仕事は公務員がやればいいんでしょ。
それが本当の福祉政策。

成功した北欧諸国はゆとり教育なのか?

143 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 23:14:47 ID:???
たまにはいい事言うな。
賛成w

144 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 23:19:02 ID:???
>>142
10年以上前まではそうだった。
それを小泉がすべてぶち壊して民営化だ介護保険だとやってきた。
そして、それを公務員削減だと喜んで投票した老人どもを介護してやる義務がどこにある!

145 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 23:48:38 ID:???
>>144

過去の構造改革は必要だったと思いますよ。だって2000年代初頭の日本は
閉塞感が漂ってましたし、あの時期なにもしなければ、日本はまったく変化
できなかったでしょう。ただ、構造改革がしっかり定着するまえに機運が
薄れてしまった感があります。

146 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 23:53:00 ID:???
いちばん大きな変化(それがゆとり教育の影響なのかわかりませんが)は、
若い人たちの文字がヘタになったこと。すごく字体が幼稚で汚くなりました。
むかしは米国人が書く文字は汚いヘタだと言われましたが、まさに日本もヘタ。

あとは、漢字がよめない若者がたくさんいる。よめても意味が理解できない。
漢語がまったくわかっていない。ちょっと難しい熟語になると、意味を履き違えて
捉える。漢語教育はしっかりしてほしい。せめて大学卒業者はある程度の漢籍素養
をもつくらいの習熟度を達成しないと、社会の愚衆化となってしまう。

147 :名無しさんの主張:2010/02/15(月) 23:58:20 ID:???
我儘の横行、他社不在、協調性の欠如とか。
あとは集団での陰口や女々しさで憂さ晴らしのような卑屈さ。

自分で責任をとる男らしさ、貫徹できる孤高の男が少なくなった。
社会人や会社人がどんどん矮小になっている。

女を甘やかしすぎ、男を虚勢させたような社会構造では
国際競争の中できちんとした振る舞いや成長ができない。


148 :名無しさんの主張:2010/02/16(火) 00:03:44 ID:???
驚愕させらるのが旧正月が華人社会の行事と同一視されてることだ。
学校教育も社会も学識低下だ。著名なエリート養成校や新学校でも
教えないのだろうか。社会で支える教育費とはなんなのか。

旧正月はもともと日本のほんらいの暦だ。日本が有史2000年の歴史
で太陰暦を使用し、旧正月こそ、正月であることを何故教えないのか
不可解だ。農村では旧正月の伝統を維持する地域もあるというのに。

149 :名無しさんの主張:2010/02/16(火) 00:13:48 ID:???

日本人の漢盲現象も無視できなくなっている。
教育再生というのは道徳教育も含めすすめるべき。

150 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/16(火) 00:59:34 ID:uQM5lwc9
>>144
結局、「公務員削減」という言葉は、国民を騙す聞こえのよい甘い誘惑だったにすぎない。

自分が公務員じゃない奴は、公務員を削減するのに無意識的に賛成してしまう。

しかし、よく考えてみると、公務員を削減することは、失業者を増やすことに繋がり
それだけ求人倍率を引き下げる結果をまねくわけだ。

公務員削減に賛成していた奴も、よく考えれば、公務員は削減しないほうが良かった
と初めて知る。

反対に、公務員を増加させれば、民間から公務員への転職の機会も生まれる。
日本政府は、公務員を増加させ、公務員への転職の年齢制限を撤廃すべきなのだ。

151 :名無しさんの主張:2010/02/16(火) 08:35:58 ID:???
>>150
大意では同感。公務員は人口比15%まで増やすべきだと思う。
少なくとも福祉、保育関係は公立で行なうべきだ。

それに数が減れば権力は集中する。不況になると財務省の発言権が大きくなる。
減らすのは公務員じゃなくて政治家なんだよ。
国会議員は両院合わせて500人を超えちゃいけないと思うんだ。
これで議員給与が上がっても、それだけの働きをしてくれれば構わないと思う。
反対に県議会レベルの議員給与は高すぎじゃないかな?
今の政治体制では、ただの中央への陳情団に過ぎないでしょ。
あと公務員の身分保障も不要だ。ダメな公務員は雇い主である市民がやめさせる道を作るべき。
最近は減ったみたいだけど、役人面して威張り散らすおかしな人はまだまだ多いからね。
それで裏金作って税金で豪遊して、で、バレて自殺した人が近所にいたけど。

152 :田中一郎:2010/02/16(火) 11:37:33 ID:???
公務員の数がもし、これでよいと言うのであれば、それでも、給料が高すぎますネ。民間平均より少し低めで
よいですね。景気に左右されず安全であるという分も給与に換算すべき。その分だけ、民間平均より下げるべきです。

153 :名無しさんの主張:2010/02/16(火) 21:33:19 ID:???
>>150
大丈夫。
公務員削減で失職したものは所詮能無しだから転職・再就職市場を食い荒らすまでには至らん。
自然に淘汰されるだろう。

>>151
それは良い考えだな。公務員の身分を保証する代わりに不人気の介護事業に従事させるべき。

>>152
当然、公務員ってのは利益追求者じゃないから賃金を高く出来ること自体がおかしい。

154 :名無しさんの主張:2010/02/22(月) 03:07:54 ID:n9y8teqe
もっとも悲劇的なニート・・・・・。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1182619589/

155 :田中一郎:2010/02/25(木) 12:37:16 ID:???
超ゆとり教育は悪くない、という意見がありますが、本当ですか。

156 :名無しさんの主張:2010/02/25(木) 12:44:22 ID:???
向上心のある人にはゆとり教育は福音です
国際的に問題となっていた日本の画一化教育によって個性を潰されないからです
でも世の中の圧倒的多数を占める怠惰な人たちには害悪でしかありませんでしたw
(怠惰=言われた努力しかできない人も含む)

157 :名無しさんの主張:2010/02/25(木) 13:22:07 ID:???
相手を野放しにしてどう対応するかでゆとり脳かどうか判別できるかも。
実際にそういうテストをしている企業などがあるんじゃないの?

158 :名無しさんの主張:2010/02/25(木) 14:45:04 ID:???
>>157
面接会場に簡単なブースを設けてそこで実演させて
即戦力になるかを見るという試験を行ってたのをテレビで見たことがある

159 :名無しさんの主張:2010/02/25(木) 20:20:22 ID:???
>>1
教育で貧困になるのは教育費が高くつくからだろ。

160 :名無しさんの主張:2010/02/27(土) 15:12:52 ID:lq7g12xT
「共同討議 アーキテクチャと思考の場所」 (『思想地図』 vol. 3)

宮台真司(50−51頁)

湯浅誠さんが陣頭に立った年越し派遣村の狙いは、 厚労省の横に陣取ることで、
派遣規制や解雇規制をさせることでした。しかし社会科学をやっている人間がみんな知るように、
資本移動の自由があるなかで雇用リスクが上がれば、 国内労働市場は必ず縮小します。
雇用リスクの高いところで企業は人を雇わないので、 解雇規制を要求すると、
必ず自分の首を絞めることになるわけです


161 :田中一郎:2010/03/01(月) 08:50:23 ID:???
共産主義では、教育は横一線で、努力しても、しなくても、平等だから、
出る杭は打たれるし、「ゆとり」のみんなは共産主義国家をめざしたほうが
よい。すべては平等にすべき。問題は、社会は資本主義だのに、学校は共産
主義ということ。「詰め込み」とは、学校も資本主義ということ。

162 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/03/03(水) 00:13:01 ID:j1uAsgqg
>>161
機会や人権の平等と、結果の平等は異なります。

国民全員が貧困層で平等収入の国と、
格差はあっても最貧層が中の下ぐらいの生活レベルを維持している国と

どちらが理想的ですか?

妬み深い人間は前者を理想と考えるようですけどね。

163 :名無しさんの主張:2010/03/03(水) 08:44:34 ID:???
>>162
>妬み深い人間は前者を理想と考えるようですけどね。
文明が生まれた頃から、人間にとっては不変の考え方だろうね。
エジプト時代、優秀な医者や建築技術者、芸術家は奴隷の扱い。
中世のキリスト教でも医者、学者、技師、資産家は悪魔の手先。
そして共産主義でも……。

164 :名無しさんの主張:2010/03/03(水) 17:03:16 ID:???
>>159
頭の悪い親ほどそれに陥りそうな気がする。

165 :名無しさんの主張:2010/03/04(木) 23:07:46 ID:???
中国で「蟻族」と言われている高学歴ワーキングプア急増中!
今夜のTV東京のWBSで放送されるよ。

166 :ねぼけ猫:2010/03/21(日) 19:58:53 ID:Ic4jH4M6
最近の大学生の質が非常に低下している。中には大卒でも昔の中学生並み程度の場合がある。
これがゆとり教育の大きな成果。企業も採用しかねている。採用するに当たって
は国立大卒が優先、次に有名私立大学、余裕があればその他の大学。これが標準
的な姿勢。大学卒は将来の幹部候補生としての資質が期待されるからであって、
この観点が無難だからに過ぎない。
最近の企業は大卒でも、従来と違った雑多な業務に使う目的で、少なくともよりましな人材として、
採用する傾向があると思う。すなわち学歴のインフレです。
このような社会状況では高学歴でもワーキングプアが発生するのも仕方が無いと思う。
本来の意味で、大卒の価値を高めるには、全国の大学の数を1/3程度に
削減する必要がある。せっかくの人生を有意義に過ごすためにも
意味のある高等教育機関が望まれる。今の遊園地大学は不要です。お金の無駄、時間の無駄そのもの。
安易な大学より意味ある質高い専門学校の存在が必要だと思う。

大学の数が減れば、ゆとり教育などやってられなくなり、自然と競争が生まれ、
クダラナイ日教組教育など意味がなくなります。



167 :ねぼけ猫:2010/03/21(日) 20:09:37 ID:Ic4jH4M6
平等というのは競争を否定します。教育の世界では、平等が意味することは
「みんなでバカになりましょう!」ということ。社会では、「みんなで貧しくなりましょう!」
ということ。本来、自由と平等は相反する考え方です。
平等を主張する世の中は必然的に自由の無い世の中になってしまいます。
みなさん、よく勉強しましょう。よく働きましょう。稼いだ金で楽しみましょう。
これが人間です。働かざるもの食うべからず。
これらの人間の社会を維持するために、民主国家が必要です。税金が必要です。国防も必要です。
法律も必要です。警察も必要です。学校も必要です。などなど。不法入国の外国人は不要です。

168 :名無しさんの主張:2010/03/21(日) 20:18:31 ID:???
平等などどうでもいい
全体主義管理・暗記教育が国力を弱めた

169 :名無しさんの主張:2010/03/21(日) 20:25:22 ID:wFxl4hT6
>>168
安倍晋三、山谷えり子、中山成彬らは、「全体主義管理・暗記教育」を徹底させることで
アメリカ様の国力を(ry

170 :名無しさんの主張:2010/03/21(日) 22:40:13 ID:GkjK7726
今年就職のゆとりちゃんが30代になる頃・・・日本完全に凋落
            40代になる頃・・・日本完全に崩壊

ゆとりちゃん、たぶんこれから先の人生地獄だから。www

171 :セニョール・旋風児・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/03/21(日) 22:49:42 ID:6RBltZrQ
安倍は言っていることに一貫性がない。

政策に掲げている「中高年の再チャレンジ」と「全体主義」という大きな矛盾

172 :名無しさんの主張:2010/03/22(月) 04:40:37 ID:qO3WQEYx
>>171
安倍・山谷一派は今以上に自分たちには従順なだけの
精神的に萎縮した若者が欲しいだけ。

173 :名無しさんの主張:2010/03/22(月) 09:43:22 ID:???
20-30年後に社会がどれだけ崩壊してるかが楽しみ。
今30後半の第二次ベビーブーム世代が年金を貰う頃。
ムチャクチャに多い老人と、ムチャクチャに少ない勤労層。
どう考えても成立するわけが無いw

174 :名無しさんの主張:2010/03/24(水) 11:02:50 ID:???
第二次ベビーブームって言ったって団塊より少ないんだぜ。
しかも、団塊と比べて自殺などが原因で生存率が下がってる。

175 :名無しさんの主張:2010/03/25(木) 16:09:10 ID:???
問題は団塊に貢がせた時代の年金を変な目的で使って一切合財無駄にしたことだ。

年金とは関係ないけど「私のしごと館」みたいな無駄なものをたくさん造ってきたんじゃないの?
造るだけでも無駄なのに造った後の維持費でさらに無駄にするというdでもない認識の甘さ。

176 :名無しさんの主張:2010/03/25(木) 20:19:15 ID:???
公的年金流用問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%9A%84%E5%B9%B4%E9%87%91%E6%B5%81%E7%94%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C


177 :名無しさんの主張:2010/04/21(水) 22:52:17 ID:gWn7ZYBO
テレビ東京のWBSで放送されていたけど、
企業の人事担当者は、ゆとり世代の採用にかなり慎重になっている。

今、就職氷河期とか言われているけど、10年前に比べたら、
まだはるかに楽なほうだ。10年前の新卒有効求人倍率は1.0倍で、
今年は、1.4倍前後にも関わらず、大卒内定率は過去最低だ。

思いっきり、ゆとり教育の弊害が出ていますね。

178 :名無しさんの主張:2010/04/22(木) 00:34:06 ID:GFMN508K
求人数は余り参考になりませんよ。だって、求人を出しても実際には
採用しない場合がままあるわけで。それが厳選採用とか言うわけだが、
どれだけ厳選かも内定率に効いてくる。
内定率は、厳選の程度と学生の質の2つで決まるわけだから、内定率
の低さを全て学生の質に帰するのは間違い。

179 :名無しさんの主張:2010/04/22(木) 00:38:45 ID:GFMN508K
それに有効求人倍率は職安のデータだろ?これが参考になるかも気になる。

180 :名無しさんの主張:2010/04/22(木) 00:44:19 ID:GFMN508K
>>175
マスゴミはそう言うが、間違い。
ムダな箱物はたしかに問題だが、全てあわせても10兆円程度で、年間50兆円
規模の年金会計を思えば些細な額。年金問題の本質は、給付の過剰に尽きる。
これはデータに裏付けられている。
老人達の強欲と、団塊の自分の代まで給付が続くという強欲で浅はかな思い込み。
それが年金問題の本質だ。

181 :名無しさんの主張:2010/04/22(木) 05:36:08 ID:???
社会保険庁という組織自体にかかるコスト。
地元の土建屋に金を回すために、グリーンピアとか言う施設を作りまくったコスト。

責任者は、私財を全額返金してもらいたい。
まったく。

182 :名無しさんの主張:2010/04/22(木) 08:50:39 ID:???
>>181
不良官僚には国家転覆罪や反逆罪を適用してもらいたい。

183 :名無しさんの主張:2010/04/24(土) 09:15:20 ID:BoBZoWZt
>>181
相互式コミュニケーションは放棄ですか?

>>182
マスゴミに煽られて盲動する、オヤジ版のゆとりだな。官僚は無駄遣いも
したが、アメリカ本位のグローバリズムから日本の経済を守ってきたという
実績もある。年金制度だってそうだ。アメリカを見ろ。日本のほうが良いだろ。

184 :名無しさんの主張:2010/04/24(土) 13:42:55 ID:???
就職内定率の推移(大卒)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3160.html

185 :名無しさんの主張:2010/04/24(土) 20:29:37 ID:5WQzy2X6
文教族と文部官僚は裏で日教組と繋がっている。


186 :名無しさんの主張:2010/04/24(土) 20:53:17 ID:GFlyBe9u
どっちにしろ企業の立場は強く
普通の人もしくは愚人は搾取されるんだから
ゆとりでも何でも同じだろ。

187 :名無しさんの主張:2010/04/24(土) 22:01:04 ID:???
そろそろユトリ世代が新入社員として入社して来る時期になった。

果たしてどういう人種なのか、興味半分不安半分。

188 :名無しさんの主張:2010/04/25(日) 07:50:10 ID:???
>>187
そろそろではなくすでに来ている。
そしてそれに関連するようなスレにも来ているようだ

【ゆとり】おい!今年度の新入社員やばくないか!?
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/employee/1239888705/l50
ゆとり教育・学力低下総合スレPart16
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/edu/1266906827/l50

4月以降の荒れっぷりはひどい

189 :名無しさんの主張:2010/04/26(月) 09:40:55 ID:qKVR0nMa
面接官がゆとりになって
できる人間を見分けできなくなった

190 :名無しさんの主張:2010/04/27(火) 08:47:44 ID:???
>>189
面接官が高卒上がりの3年目で大卒見込み者の面接官ってことも十分ありうるな。
俺が33歳のときに派遣登録したときの面接官はどう見ても二十歳そこそこの人だった。
面接って言っても派遣業に関する説明をしただけ。
登録されたけど環境がよくないから拒否した。
現在より待遇が著しく劣るところに転職する物好きはいない。

191 :働けない主夫 ◆D0x3gjOu9s :2010/04/27(火) 14:54:31 ID:ToxaerFh
>>190
教育制度だけにたよってはだめ。
小学校からの英語教育を導入しろ!
英語ができれば、国際感覚が見につくし、
海外の情報を自分で仕入れて勉強する。


192 :名無しさんの主張:2010/04/27(火) 15:29:07 ID:pPlxD1gp
馬鹿を大学に入学させても授業が成立しないの多いんだよね。
何も身に付かないまま4年が過ぎて卒業。
就職先が無いから大学院へ そしてニートよくてワーキングプア
金儲けのために馬鹿を大学に入れるのはいかがなものか。
定員を半分にしろ 


193 :名無しさんの主張:2010/04/27(火) 20:19:13 ID:???
そのうちに淘汰されるだろう
大学は。

194 :名無しさんの主張:2010/04/27(火) 20:47:49 ID:???
私立法学部が乱立して弁護士があふれかえり
私立薬学部が乱立して薬剤師があふれかえり…

そして私立大学は時代の希望に沿って学部を変えて乱立させ、
試験に受かるためだけの授業を行う。
そのため、すぐに学部が変えられるようにプレハブの教室であるところも少なくない。

195 :名無しさんの主張:2010/04/28(水) 10:55:43 ID:???
>>192
半分を自衛隊にぶち込めばよいと思う。
規律や社会常識が学べると思う。

ただ、自衛隊にも新入りをたくさん囲う予算は無いと思うが…。

196 :名無しさんの主張:2010/04/28(水) 20:00:35 ID:???
自衛隊は今結構倍率が高かったりする

197 :名無しさんの主張:2010/05/01(土) 14:54:05 ID:???
でも、入隊して幹部候補以外は一定期間で除隊させられるんじゃないの?
自衛隊は公務員の身分保障ってあるのかな?

俺の兄貴も自衛隊経由だったが、バブル期に難なく転職できた。
でも油まみれの機械修理屋。

198 :名無しさんの主張:2010/05/02(日) 02:36:34 ID:???
>>195
高卒でバカなのに、労働組合に守られながら若者叩きですか?恥ずかしく
ないですか?

199 :セニョール・旋風児・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/05/02(日) 21:35:50 ID:???
社会規範とかいっているやつがいるから、日本は抑圧社会で自殺率が高いんだよw

by ケビン・クローンのクローン


200 :名無しさんの主張:2010/05/03(月) 01:57:44 ID:Yz+niF7l
【芸能】『BIG3』“たけし”のひとり勝ち現象が起きている ギャラは1時間500万円
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1238375933

201 :ねぼけ猫:2010/06/04(金) 19:04:27 ID:ardszfFf
日本では大学の数が多すぎる。また、大学の質も劣化している。ほとんどの
大学が遊園地化している。しかも、文系の学科に多いが、左翼の活動家養成
課程の教師がのさばっている。もともとゆとり教育で劣化した学生が、大学
でさらに劣化してしまう。こんな教育をうけた大卒を企業が採用すると思う
か。たいていが大学・学科名を確認し、面接だけで決定する。
大学は出たけれど、ホームレス。これはある意味で当然の帰結。
これからの大学生は独学で勉強することを勧める。たまには大学へ通うこと
を勧めるが。


202 :名無しさんの主張:2010/06/04(金) 23:54:36 ID:???
どうしてフランスやドイツみたいに職業訓練高(実技や実習のみ)を徹底しない
のかね?実際読み書き四則演算を徹底させれば職業訓練可能だぜ。
日本の工業や商業は中途半端すぎるよ。朝から晩まで実務教育のみで何が
悪いのかね?クラブ活動なんかやりたい奴だけにしろよ。

203 :名無しさんの主張:2010/06/06(日) 00:48:50 ID:???
日本では、いろんなことに手を出した器用貧乏なタイプが職にありつけない。
例えばパソコン初心者から見ればプロだけど、システムエンジニアとしてはまだまだ未熟なプログラマレベルとか、
法律に関しては一般人よりは遥かに知識あるけれど、社労士や司法書士レベルのプロには至っていない、というような例ね。





204 :名無しさんの主張:2010/06/06(日) 09:38:37 ID:???
器用貧乏は日本に限らず、どこでも仕事に就けないタイプだよ。
なまじやればできる子だから、一つのことに集中できない中途半端だから。

でも、日本的な意味での器用貧乏は突出してない程度に優秀な人かな。
便利に使われるせいで出世街道からはずれがちになり、
自分よりも劣った奴らにこき使われる結果になる。
日本では中間より少し上ぐらいの能力の人が、組織の中では一番出世できるらしいね。

205 :↓ブックマーク推奨:2010/06/06(日) 13:14:35 ID:ctxCzFSs


NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?19
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1273991231/







206 :名無しさんの主張:2010/06/08(火) 10:54:35 ID:???
>>204
自分でやろうとせず、人にやらせるのが上手い奴が出世するってことだろうな。
勤務先のお偉いさんを見ているとそうとしか思えん。
「ええい!じれったい!へたくそ!貸せ!俺がやる!」みたいな奴は駄目だろう。

207 :名無しさんの主張:2010/06/10(木) 23:05:08 ID:???
優秀な人間
It's not my business.

ダメな人間
May I help you?

208 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 13:20:42 ID:w0XH72bd
2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英教授は
「今の教育というのは、考えない子どもを一生懸命つくっている。
ゆとりを与えなきゃいかんというのはナンセンスだと」と、
現在のゆとり教育には反対の立場を表明しました。

209 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 13:38:14 ID:???
>>201
1991年、文部省が規制緩和の立場から大学設置基準
(教員の資格、収容定員、教育課程、施設・設備など)を緩和

2003年度からは「構造改革特別区域法」に基づいて、株式会社による大学が設立される



210 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 13:42:48 ID:???
寺脇も宮台も、90年代当時の若者に甘いこと言っておきながら
格差容認論者だったことは確か。

211 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 16:54:30 ID:???
>>201
三流私大に行かすくらいなら、専門学校で特殊技能を身につけさせた方がいいのに、
なんで親は無理して、子どもを三流私大に行かすのだろうか。
行っても、新卒の就職活動で、大学名で足きりされるだけなのに。

212 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 18:32:27 ID:12P4IEV9
ゆとり教育なんかより、ちゃんと知識を身につけさせた方がいい。

213 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 22:37:14 ID:???
大学数・学生数の推移
http://www.nui.or.jp/machidukuri_info/databook/2-1-3.pdf

バブルの頃の大学生の数は200万人前後なのに、
今は、人口が減っているのにもかかわらず、300万人近くまで増えている。
しかも大学の数は、1991年には514校だったのが、
2006年には774校にまで増えている。

今、就職ができない大学生・大学院生が問題になっているけど、
これは、不景気が原因であるという理由もあるけど、
大学生・大学院生の数が増えすぎたことにも原因がある。
需要(企業の新卒採用)は限られているのに、
これだけ供給(学生数)が過剰になれば、
職にあぶれる学生が出てきて当然である。
因みに中国でも同じ問題が起きている。

事業仕分けで私学助成はやめるべきである。

214 :名無しさんの主張:2010/08/01(日) 23:28:53 ID:???
「選挙行っても 何ももらえないんでしょ」

これシャレだと思ってたら、 あいつらマジでいうから。

215 :名無しさんの主張:2010/08/02(月) 00:21:13 ID:q/wd98AC
>>213

需要過少、供給過多の典型例ですね。

216 :名無しさんの主張:2010/08/02(月) 00:44:07 ID:k/ZIafqh
20年前団塊はゆとり教育には反対したはずなのにバカ造が時の自民党政権にノーを
突きつけなかったから強行された。あれが日本転落のはじまりだった。もう止めようがないほど
人材不足で日本全体が悲鳴をあげている。

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)