5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●日本人だけど、日本のここが嫌い●18ヶ所目

1 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 19:35:55 ID:???
日本に生まれ、育ってきた、もしくは、昔は日本に住んでいた人などが
日本のこんな所がいやだ、 嫌いだ、という点について話すスレです。
日本人からみてもおかしいと思う、日本人、日本社会の悪いところを
語ってみましょう。

私? 集団主義で個人を大事にせず組織などを優先するところかな?
組織とかは個人の幸福のためにあるべきで、組織の下に個人が
団子のように固まって仕えている日本はおかしいと思う。
周りの雰囲気に合わせて固まっていて、自分の意見を言う人を
村八分にするところもイヤだな。
 もっと自分の本当の意見を一人一人が言えるようでなければ
ダメだと思う。目上、目下とかの上下関係もいらないね。
もっと平等、フラット、フランクでオープンになるべきだよね。

前スレ
●日本人だけど、日本のここが嫌い●17ヶ所目
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1260971754/

980になったら、次スレ立てを検討すること。
次スレ立った報告が来るまでは、スレ消費を控えること。

2 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 19:45:23 ID:???
2Get

>>1

3 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:15:22 ID:5+iyYSBP
>>1

1000 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 19:23:51 ID:???
取り敢えず、日本の女性優遇なところが一番嫌いと言うことで、おしまい。

それでは、↑ここからのスタートということで。

4 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:16:28 ID:???
いちおつ

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100109-00000068-jij-soci
日本の未来について、新成人の8割が「暗い」とする一方、自身の未来は6割が「明るい」と思っていることが9日、
インターネット調査会社「マクロミル」(東京)の調べで分かった。
同社は昨年も新成人への意識調査を行っているが、数字はほぼ同じだった。
調査は昨年12月下旬、今年成人式を迎える男女を対象に実施。男女半数ずつの計516人の有効回答を分析した。

日本の未来に関しては、17.8%が「暗い」、61.4%が「どちらかといえば暗い」と回答。
理由としては「景気が悪くなる一方で、年金問題などの解決のめどが立たない」や
「政権交代でも、特に大きな変化がない」などの声が寄せられた。

一方、自分の未来については「明るい」が8.9%、「どちらかといえば明るい」も51.4%を占め、
全体の6割が楽観的な見通しを示した。
理由として挙げられたのは、「これから何でもでき、可能性がいっぱいある」「明確な目標がある」などだった。 

5 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:38:48 ID:???
女性優遇って言うか、正確には男性性の封じ込めだと思うよ。
防御こそ最大の攻撃の、ルサンチマン社会。
間接的な暴力が野放しにされてる。

日本人男性の自殺者が多いのは、
行き場を失くした暴力性が内側に向かうからという面もある。
銃社会のアメリカのように、もっと直接的な暴力が有り得る、他殺型の社会に切り替えるべき。
他殺は経済や法律でかなり数を減らせるが、自殺には、システムをごそっと入れ替える以外の有効な薬がない。

6 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:40:01 ID:5+iyYSBP
そうだね。何がしかの暴力だね。女性自身の奔放な陰口もすさまじいね。

7 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:46:16 ID:5+iyYSBP
他殺型社会のするより、個人内部の価値観をずらしたほうが生命倫理に反さない
洗脳を解脱する手段が流布されるようになれば、ネット社会でもあるし希望はある

8 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 20:51:18 ID:5+iyYSBP
弱いものを助けよ
結局はこの価値観ではないか。そもそも先進国の豊かさは収奪された後進国の犠牲で
なりたってる。小泉以降の自民党で酷い価値観が幅をきかせた。反省が必要。

9 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 21:16:00 ID:???
>>3
むしろ、その前の

999 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 19:23:31 ID:???
無理やりお見合いで結婚したような家庭、
どんなに不幸か目に見えてる。
負の連鎖(父から子へ)は、立ち切った方がいいんだよ。
女を誠実に愛せないような男は、結婚なんかしない方が社会のためだ。

↑から始めた方がいいように思うが

10 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 21:20:04 ID:5+iyYSBP
>女を誠実に愛せないような男は、結婚なんかしない方が社会のためだ。

こりゃおかしいな。
これは男にも女にも言えることだ。こういう中途半端なこというのは間違いなく女。
類は友を呼ぶってのが、結婚の基本。


11 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 21:53:52 ID:lAqA5FJk
>>9
お見合い結婚が必ずしも不幸とは限らないんだよ。
恋愛も傷ついたり妥協したりで最後はお互いが釣り合うぐらいの相手に落ち着く。
お見合いはその面倒くさいプロセスを簡略短縮したシステムなんだよ。
結局その結果を「愛」って呼んでるだけで本質は同じ。

男女が求めるのは自己の延長である子供、金、楽、安定、世間体であって
そのエゴを誤魔化すために愛って幻想が必要なんだよ。

12 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 22:17:30 ID:vW2jEUwn
日本は女大国ならぬ婆大国w
50歳以下は男性の方が多いがそれ以上になると女性が多くなる
つまり婆共が贅(税)を尽くしてんのよ
高齢化社会ならぬ婆化社会ってやつ

13 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 00:45:00 ID:???
【世界の常識 vs 日本の常識】

世界の常識:過労死するくらいなら抗議したほうがいい
日本人:抗議するくらいなら黙って自殺したほうがいい

世界の常識:悪政に苦しむくらいなら革命するほうがいい
日本人:革命するくらいなら悪政に苦しむほうがいい

世界の常識:我々を搾取する奴がいるなんて許せない!
日本人:我々の中に搾取されてない奴がいるなんて許せない!

世界の常識:汚職を批判しないのは真の社会人ではない
日本人:汚職を批判するのは真の社会人ではない

世界の常識:責任ある行動をとるのが大人というものだ
日本人:責任を逃れる行動をとるのが大人というものだ

世界の常識:普段は競争していても、危機が迫れば手を組む
日本人:普段は群れていても、危機が迫れば足を引っぱり合う

世界の常識:物事がうまくいかないなら、うまくいくよう改善しよう
日本人:物事はどうせうまくいかないし、もう少し悪くなってもいいや

14 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 01:08:19 ID:I0gZbzEI
>>10 同意。
だいたい、似たような気質の男女が結婚するもの。
就職試験なども同様に。
世の中、神様仏様が、そうしているように見える。

15 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 01:30:44 ID:???
な〜んか集団行動ばかりで、連れション、集団いじめ、皆と同じが良いという考えが強いよな。
マスコミに流されやすい、やたら血液型に拘る、人の顔色ばかり伺うのが日本人。

その他、肝心なときに頼りにならない、ナヨナヨ、チャラチャラしていて情けない。
日本人をNGだという外国人は結構多い。

16 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 01:41:16 ID:9f5Sr+AS
そもそも日本人が好かれる国なんてあるの?w

17 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 02:38:08 ID:zQ/XVkJe
自然保護政策や概念の浸透度がまだ足りないのが気になるとこかな。
ある地域で個体数が増えればすぐ駆除となるが、それを個体資源と
とらえて既に絶滅した地域に移獣して生態系を取り戻すような試みがない。
アフリカやアメリカや欧州での移獣は頻繁におこなわれている。

動物園も種保護よりエンターテイメントを目指してしまう。
しかも既存の展示種は雑種だから、ネームバリューがある純血亜種に
わざわざ入れ替えるとか、いかにも商業主義的な感性から抜け出せない。

18 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 04:03:50 ID:???
若年層の批判は娯楽のようなもの。若年層は叩かれるために存在する。

ttp://www.city.himeji.lg.jp/s115/2812561.html
ttp://www.city.himeji.lg.jp/s115/2812561/_9368/_19847/_20793.html

19 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 08:58:38 ID:???
>>10>>11

前スレでは>>9の前に、
幼稚で自己中で救いようなくネガティブな男でも、
昔は無理やり見合い結婚できたっていう、スレの流れがあったんだよ

20 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:21:26 ID:???
>>14
必ずしもそうとは言えない

21 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:30:20 ID:???
>>19
だから、そうやって「モテない男」だの「情けない男」だの
決まって男ばかりを問題にする風潮がおかしいということじゃないの

22 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:33:25 ID:???
ttp://d.hatena.ne.jp/elm200/20100109/1263042636
> 日本の大学を卒業しても、専門知識はろくに身につかない。
> 大学3年生のときから、「就活」という世にもくだらない非生産的な活動にエネルギーを注がなければならないからだ。
> 激しい競争を潜り抜けて、大企業に就職できても、それは約束の地などではない。
> 日本の大企業は中高年によって支配されていて、若者の意見は黙殺される。
> それでも、中高年の社員が賢ければいいかもしれない。
> 実際のところ、彼らは論理的思考力を欠いている。考えてみてほしい。
> 彼らは、日本の経済がまだ繁栄していたころに就職した人たちだ。当時の大学はレジャーランドだった。
> 真面目に勉強するやつは「堅物」と敬遠され、下手をすると変人扱い。
> 先輩のやり方を模倣するだけで、自分の頭で物事など一度も考えたことがない連中だ。
> 歳を取り、腹に贅肉がついて、見た目は立派になったが、中身は空っぽである。
> こんな連中についていっても、未来などない。

> 起業は理想的なシナリオだ。しかし、日本社会は起業に対して非常に冷たい。
> いまの状況では叩き潰されるのが関の山だ。

> 一言で言えば、日本に希望なんかない。日本を変えていくしかない。

23 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:43:59 ID:???
>>19 これだな

988 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 17:20:19 ID:???
大抵、表面的にはいい人を気取っている割に、
実は面倒なことやリスクから逃げて、自分が必死になりたくないだけで、
自分の限界や実力が露呈することを恐れて、自分を取り繕うことだけを考えている。
自分から女に話しかけたり誘いをかけるわけでもなく、待っているだけの態度で、
同性にすら、自分が仏頂面をしていても優しく扱われることを一人で期待していて
グループ行動ができず、かといって一人でも一匹狼ではなく群れからはぐれた羊。
自分から企画をしたり、決断をするわけでもなくすべて人に任せるだけで、
問題が起きれば自分は関係ない顔をして逃げたり、
迷惑そうないやな顔をするだけで、当然ながら仲間からの信頼がゼロに近く、
そういう評判にも敏感な女からは敬遠される。
当事者として経験を積むことがなく、年齢の割には顔つきが非常に幼く、
そのくせ、ろくな運動や食事をしていないのか、肌や体つきがかなり老けていて、
そのアンバランスさが全体的にエイリアンっぽくて、童貞の匂いがプンプンしてくる。
会話の内容がテレビやネットを通じた他人の話ばかりで、行動力のなさが窺え、
知識自慢で相手を退屈させ、相手の話には必ず否定的な説教をして
自分を偉く見せ、話を膨らませるより遮断させることが得意で、
ネガティブなオーラが顔をますます暗くする。

994 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 18:37:09 ID:lAqA5FJk
たしかにネガティブなんだけど解釈しだいでは日本人の美徳にも転換できる。
昔はこんな人間でも無理やりお見合いで結婚できたし子供も家庭も築けたんだよ。

997 :名無しさんの主張:2010/01/09(土) 19:03:31 ID:lAqA5FJk
自分を表現しているようで実は自分の父親を投影しているとも解釈できる。
こんな父親でも結婚して家庭築いて自分を生んでるのに
今の日本じゃその真似もできない。俺は終わってるってね。

24 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:45:51 ID:???
女は選ぶ側、お客様目線てのが間違い

25 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:48:42 ID:???
>>23の続きが>>9

26 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:51:09 ID:???
自己中モンスター女もどうにかしてくれ

27 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:53:28 ID:???
>>24
間違いじゃないよ
それで傲慢になるなら、もちろんいかんが


28 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 09:54:43 ID:???
>>27
選ぶ、選ばれるはお互い様だよ。

29 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 10:52:15 ID:???
>>28
男女間の恋愛はそうかも知れんが、
自然科学的に、♀は命を産み育てる性だから、
遺伝子に組み込まれた選ぶことへの真剣さは、♂の比じゃあるまい

30 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 10:58:21 ID:???
>>29
自然のまま、旧来の秩序のままにしておけば問題なかったのに、
男女平等だのなんだので実質女性利権がふくれあがり、
女が特権化してどこまでも付けあがった現代が問題だと言うこと。

女性を優遇した結果、衰退してしまった企業・業界
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1246824048/l50

31 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 11:02:56 ID:???
>>27のように傲慢はいけない、みたいな意見をたびたび目にするけど
どんな原理・原則・考え方・価値観に照らして」傲慢なのはいけないと思うの?

たんに嫌いだからとか、宗教上の目的に反するから、とか?
別に他人が傲慢でそれゆえに何かに失敗するとしても、そりゃそうだ、
としか思わないけど。関わらなければいいわけで。
どうしてそんなにお節介なのかよくわからないな。

あと日本は傲慢はダメ、絶対ダメ!というタブーが強すぎて
逆に自己卑下や自信喪失や言葉狩り(〜の癖にエラソウ!!)が
あまりにも蔓延ってて生きやすさを損なってると思うんだ。
女性的すぎる叩きの価値観はバランスとして間違ってるのではと。

32 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 11:36:28 ID:???
>>30
こういう問題を目にするたびに思い出すのが叔父のお見合い。
10年間に30回以上見合いして、ようやく40過ぎて結婚した。
その最後の結婚相手に巡り合う少し前に祖母が愚痴ってくれた言葉が印象的。
「(叔父と見合いした相手が)いまだに誰も結婚していない」
叔父は高学歴で自分で事務所を構えて、けっこう高収入。
だからお見合いの話が回ってくるらしいんだけど、
高収入でも公務員でも正社員でもないからという理由で断られ続けたそうだ。

これって、叔父に問題があるのか?
それとも女性たちの分をわきまえない高望みが原因?
それよりも高望みする女性ばかり見合い相手に持ってくる祖母に問題があるのだろうか?

33 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 11:42:41 ID:???
個人的な事例は何とも断定できないでしょう。
おじさんは相手は誰でもよいと思っている、というかのような前提もおかしい。
おじさんも高望みだったのかも知れないし。
女性がおじさんの気に入らなかったのかも知れないし。

34 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 12:18:36 ID:???
>高収入でも公務員でも正社員でもないからという理由で断られ続けた

土地柄の要素もかかれていないしなあ。
たとえば日本一の保守王国(富山福井新潟…)などでは
成金より高学歴よりも家・土地付きの地元の役所勤めが人気とか。
いくら金持ちでもヨソ者はNG。高級マンションより平屋の持ち家。

ちなみに保守王国の生活評価指数調査は日本最高峰だよ。
平均収入、進学率、貯蓄額、持ち家率、自民党支持率、いずれも高い。
良くも悪しくもこういう真性保守層が典型的な日本人だと私は思いますが。

35 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 12:56:02 ID:???
>>33,34の書き込みが、自己正当化しようとする女性の書き込みに思えてワロタw
まあ、ケースバイケースだけど、高望みをする女性に自分の売りを尋ねると
だいたいキレるのが最近のお約束だからなあw
何をか言わんや

36 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 13:25:30 ID:???
>>34は男性の精神科医です。

37 :32:2010/01/10(日) 13:32:03 ID:???
>>33-34
なるほど。そういう情報も必要なのね。
場所は神奈川。
叔父に言わせるとお見合いの一回だけで判断するのは難しいだそうだけど、
すべて1回会っただけで断られてきたそうだ。

38 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 13:46:56 ID:???
もう個人相談室はいいよ。まあ言えるのは、
勤め人ではないということは、最初から分かっていた筈なのに
それを理由に断るというのは、礼儀として欠けると思う。

39 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 13:56:08 ID:Y00ObfSo
>>32
本人に問題あるよ
そもそも見合いに期待するような女はすべてとはいわんが、怠惰で創造性がない
本人も誰でもいい感があるんじゃないの?断る理由も角が立たないものを選ぶだろうし
女は自分で動いて狩りに行かない限り、紹介された特殊な女に文句は言えねえぜ

40 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 14:35:03 ID:Fo/vtm1c





  侵略者の台湾ゴキブリはとっとと日本から出ていけ!


   http://www.youtube.com/watch?v=f7LXG9gqzbo






41 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 16:13:45 ID:HYBjIbYv
>>21
>>だから、そうやって「モテない男」だの「情けない男」だの
>>決まって男ばかりを問題にする風潮がおかしいということじゃないの

選ぶ、選ばれるはお互い様とか男女平等ってのは幻想で無理があるんだよ。
真面目な議論で低俗な表現はしたくないんだけど
「フレッシュなマンコ」と「フレッシュなチンポ」は平等じゃないんだよ。
前者は神聖視され後者は馬鹿にされる。
新鮮なマンコを維持している間は「もてない女」「情けない女」は問題にすらならない。

42 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 16:41:21 ID:???
「新鮮な万個」はもはや幻想。
にもかかわらずのさばる雌豚共。
これが現状。

43 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 17:30:17 ID:MiwaJ0fb
学歴、収入、正社員or事業主…
(男性で派遣やフリーターだと厳しいかもしれないけど(男性差別な風潮からいって))

結婚は基本的には上に挙げた要因より性格が合うかの問題なのでは?
低学歴低収入で幸せに暮らしてる人もいればその逆もある訳で
自分と釣り合った、性格の合う人を探すマーケティングみたいなものだと思う
そのマーケティングを行うだけの時間と金も無いのはキツイと思うけどね・・・

44 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 18:34:43 ID:HYBjIbYv
>>42
「新鮮な万個」の価値を維持するために宗教の貞操観念がある。
イスラム教なんか未婚でレイプされても処女奪われた女の方が悪いって処刑して守るぐらい大切な幻想なんだよ。

でも日本文化で貞操って概念がはたしてあったのかが問題なんだよ。
「新鮮な万個」はみんなの共有財産って意識が根底にあるのかもしれない。
満員電車の痴漢行為がこれだけ社会問題でも
平気で女が乗り込んでくるのが日本文化だとしたら説明がつく。

45 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 18:37:05 ID:???
女性バブルの崩壊

先日、夫と兄弟とで集まる機会があり、その席でのお話です。

弟(30代・独身)がいまだ結婚の話ひとつ無いことに対してこう反論したんです。
「今はもう女性バブルは崩壊したんだよ」

女性バブル?
耳慣れない言葉に説明を求めたところこういう説明が。
「つまりね、かつて女性の価値はバブル期の不動産並みに資産価値があったんだけど、
今のご時世、その価値は急落しているんだよ。
だって、経済的な面から見ても昔みたいにお金は使えないでしょ?」
弟曰く、女性というものの価値がかつては社会的に高かったが、
その価値はバブル経済と同じで不自然に上昇したものだったそうです。
バブルであれば当然いつかそれははじけるもので、
現在はバブルがはじけた状態だというのです。
ただ、それは女性自体はいまだ気がつかない人も多く、
いつかは値上がりするだろう、と借金をして土地を買い占めた資本家が破産していったように、
女性も破産(どういう状態を言っているのかは知りませんが)していくだろうと弟は言ってました。
しかも夫もそれは否定していないのです。

ttp://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0701/249024.htm?g=04
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1246583752/l50

売れ残ったら普通バーゲンセールする。
それでも売れなかったら廃棄処分。
それなのに毒女は、逆に値上げしてるw
そりゃー即廃棄処分するしかないだろ・・・
展示スペースもったいないから早く撤去せねば。

46 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 19:07:58 ID:wn5GyVnO
日本のアニメが殆ど美男女だから
そのお陰で不細工共が一層売れ残ってしまう

47 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 19:11:51 ID:???
女をクリスマスケーキに例える理論も>>45のコピペと似てるよねw

48 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 19:13:43 ID:???
>>47
せめて年越しそばにw

49 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 19:17:56 ID:???
日本で戦後ここまで二次元が流行ったのは、
三次元の質の低下にあるのにね。
女性が二次元作品を観て感じる感想は
「キモい」じゃなくて、本来は「すみませんでした」であるべきなのに。

50 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 19:54:27 ID:HYBjIbYv
>>45
女もしたたかで馬鹿じゃなく現実を直視してるから
この右肩下がりの日本を生き残るために大幅な値下げ合戦が始まるんだよ。
結婚市場のデフレスパイラルなんだけど、これって貧乏で低学歴な男には
一見歓迎されるべき状況なんだけど重大な落とし穴がある。

今までは年収、学歴、公務員、大企業が判断基準で相手にされなくても諦めがついた。
今度は男の内面にある魅力や性格が問われるかもしれない。
それがある男には希望があるんだけど無い男には人間性までも否定され本当に絶望するしかない。
まあ結論は男女双方が妥協して落ち着くとこに堕ちつけば幸せなんだよw

51 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 20:51:05 ID:???
>>50
もうかなりの段階まで価値観はシフトしているじゃないの。
収入から容姿に。

その証拠に、ここ数十年で男の容姿への投資は激増してるよ。
男がこぞって美容院に行くようになったから、床屋がガンガン潰れてる。

そして、男性の価値指標が、
これから容姿から内面に降りてくることは短期的には考えづらいな。

内面は個の分野で、わかりやすい価値尺度がないから。
つまり、性格のいい旦那なんて自己満で、周囲に自慢できないんだよね。

先進国一自立していないと言われる日本の女性が、
自分の尺度で男性を選び取れるようになるには、まだまだ時間がかかるかもね。

52 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 21:59:32 ID:???
イケメンがモテルから不細工もイケメン風に繕うんだよ。
素でカッコいい奴からしたら滑稽だろ。

53 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 22:22:51 ID:HYBjIbYv
>>51
男の容姿への投資は二極化してるな。高い美容院か千円カットで満足するかで。
その中間の床屋は見事に無くなった。
つまり「グダグダ世間話なんてしないでサッサと髪切ればいいんだよ」とね。

これと同じことが結婚市場でも起きるんじゃないのかな。
周囲に自慢するとか世間体なんか気にせず「サッサと子供作ってたまにセックスして飯喰えればそれでいいじゃん」ってw
つまり床屋や結婚の機能や目的に特化すれば魅力とか性格すら二の次になるはず。
まあ今の男女が本当にそこまで割り切れるかはわからんが。

54 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 22:42:39 ID:Y00ObfSo
>>53
床屋行ってますよ。
髪質が固すぎて美容院の技術じゃ無理なんです☆

55 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 22:47:09 ID:HYBjIbYv
>>51なんだが男には割り切れても女には無理かもしれんなw
どんなに貧乏でも千円カットの床屋を利用する女なんか見たことないもんな。
この説は破綻してるわw

56 :55:2010/01/10(日) 22:53:25 ID:HYBjIbYv
ゴメン>>51じゃなく>>53

57 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 23:14:56 ID:???
しかしここまで女をボロクソに書いて、反論らしい反論も受けないとなると、
このスレ及び社会・世評板の住人は男だらけだってことだな。
となると、日本社会に不満を感じているのも男ばかりだということになる。

レディースデーどころじゃなくて、
日本はレディースネーションなんじゃないか。

58 :名無しさんの主張:2010/01/10(日) 23:23:15 ID:???
日本人って神社と寺の区別が曖昧な奴がけっこう居るよな?
初詣なんか行くくせに「神道」という言葉をしらない奴も居る。
まぁ俺も高校の頃までそうだったが・・・

59 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 00:25:58 ID:c9RH2sKl
>>57
バランスをとるために反論したいんだが
どう考えても現実の日本社会は女が有利なんだよ。
>>58
日本人の本当の宗教は人間関係なんだよ。
濃厚な人間関係の潤滑剤には曖昧で意味も実態も無い適当な信仰が丁度いいんだよ。
ここに唯一絶対神や仏教への絶対的帰依なんて言い出したら相手が「そんな宗教じゃなくもっと俺に注目しろ」って
文句言い出して大切な人間関係が壊れてしまう。これを日本人は一番恐れるんだよ。

60 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:03:49 ID:yUJhh3lL
つまり、、大方の日本人は構ってチャンってことかな

61 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:05:00 ID:???
GHQが神道を教育から奪ったんだろうな。
おれなんかつい最近まで天皇陛下が神道の司祭だって知らなかった。
日本の占領工作の一環として宗教の結びつきを壊そうとしたんじゃないか?

今 宗教 なんて言ったら、「オウム真理教」「統一教会」「創価学会」だとか、朝鮮系カルト宗教が真っ先に思い浮かぶ
日本人が大半だろう。

62 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:06:22 ID:???
在日朝鮮人が日本人の悪口を言うスレなのかな?ここ

たしかに「日本で生まれ育った人」ではあるけど…ヒトモドキだろ?アレ。

63 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:10:37 ID:???
いつもお疲れ様です。日本と韓国がけんかをすると得をする勢力の方。
お元気ですか?

64 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:11:23 ID:???
                           /: : : : ./.l / | / | /,/ } ハ: : : : ,: ヽ: : : :゙i
                           |: : : : : l .|/ |/ .|// / / |: /|/: ゙: : l: : :゙i
                           |: : |--――‐ /  ――--.|: : : l: l : : |
  ∬  ウェー、ハッハッハ              |: : ヽニ----、   ------、|: : : /: .l: :|
  ..∫    ∧_,._∧                !: : .゙! {   ,!    {  ,!   |: : : : /:__l
    ~━⊂<. `∀´,>つ-、            ! !/}  ̄  、    ̄u   i_/!/ l '
     ///  ./_/::::::/             .゙ ' .l             _/
     |:::|/⊂ヽノ|:::| /」          .       ヽ、 __  ⊃   __,./出て行って
  ../ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄/|                   /  ̄ ̄/ / ヽ くれませんか?
 イルボン住み易いニダ!                  /l | / /    ゙ヽ
                               /  | |/  /      \
在日韓国朝鮮人 問題

戦前、日本は朝鮮半島を併合していました。(1910〜1945)
日本が敗戦すると突然、朝鮮人は、暴徒化し強姦・殺人・略奪などを始めました。
アメリカ進駐軍GHQも、占拠工作として、朝鮮人の乱行を促しました。
そして現在、日本に在住する韓国・朝鮮人はおよそ65万人。その殆どが密入国者。

在日特権【特別永住資格/通名/生活保護/etc】

在日特権。在日韓国朝鮮人にのみ与えられた特権です。犯罪をおかしても国外退去されません。
通名・通り名を自由に変更できます。生活保護で遊んで暮らせます。掛け金を納めずに年金受給できます。

なぜなにザイコちゃん http://www.zaitok ukai.com/modules/zaiko/01.html 挿絵 山野車輪

65 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:13:57 ID:73bs98mf
キチガイ社会、敬礼。

66 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:14:55 ID:???
>>64
分かったから専門のスレでやってくれ

67 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:43:36 ID:???
分かったから日本から出てけよw
お前ら在日がいると日本がクソ臭くなるだろうが

68 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:45:30 ID:???
第二次大戦中に将校(当時の役人)の学校に通ってた坊ちゃんの爺さん達が未だに生きてて、なんと年に一回同窓会なんて開いてること。20世紀で皆んな消えて欲しかった。

69 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:50:43 ID:???
>>67
カス うせろ

70 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:55:21 ID:???
日本および日本人に対し尋常ならぬ嫉妬、憧憬、羨望を抱きながらも、
決して日本人になることができない。
己の屈辱感と劣等感に苛まれ続け、四六時中PCに張り付いて
日本人に成り済まし反日の妄言を吐く。

朝鮮ヒトモドキとして正々堂々と発言することが決してできない腰抜け最劣等生物は、
その不甲斐なさを慰めるために必死に日本人を貶めようと嘘八百を喚き散らす。
底なしの無能さと愚劣さを丸出しにした戯言で恥の上塗りをするのみで、
その度に日本人から虚仮にされる忌まわしい運命から決して逃れることができない。

■朝 鮮 ヒ ト モ ド キ■
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1257655334/

71 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 01:57:14 ID:???
いつもお疲れ様です。日本と韓国がけんかをすると得をする勢力の方。
お元気ですか?


72 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 02:00:58 ID:???
やーい、チョッパリ!
 ウリはオマエのことが、だーい嫌いニダー!
    ..∧_,,∧
 ((  ∩*`∀´>  )) ウェハッハ
    〉     つ
    (<⌒)ノ
     ヽ,_,フ     〃∩ ∧_∧  あっそ。
            ⊂⌒(∀`  )  ボクもキミのこと
             `ヽ_っ⌒/⌒c  嫌いだから構わんモナー
                ⌒ ⌒



 ウワァアアアアンン!!!!
    ..∧_,,∧
   <;`Д⊂ヽ
   (    ノ            
   ム_)_)    〃∩ ∧_∧
            ⊂⌒(  ´∀`)
             `ヽ_っ⌒/⌒c
                ⌒ ⌒

73 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 05:45:12 ID:c9RH2sKl
なんか神道の話題になると急に荒れるんだな。
>>61
神道は教典や教義も無いからそもそも宗教ですら無い。
貶してるんじゃなく、これは島国で思考停止して平和に暮らすための日本オリジナルの素晴らしい知恵なんだよ。
一神教や仏教と違って神道は内容が無いから誰も内容について意見の対立も喧嘩もできないし、争うという発想がそもそも不可能。

でもその日本独特の究極の知恵をあたかも宗教のように絶対化したとき悲劇が起こった。
内容が無いから何でも有りだし歯止めも無ければ当然責任も無いので絶対化という権威だけが暴走する。

現代の日本人はそれでも意味もわからず(意味なんか無いんだが)神社で拝んだり天皇に敬愛の念を抱いてるんだから
そりゃ朝鮮人が誤解して不気味がるのもしょうがない。

74 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 06:32:24 ID:???
>>73
国家神道について言えば、一神教を基にして神道を再構成した形跡がある

最近Wikipediaでイランの長大な歴史を調べていたんだが、"King Of Kings"「王の中の王」という概念があって、ユダヤ教が影響を受けている
ユダヤ教には「エル」という神がいたのだが(これはイスラムのイラーフと同じ語源)"God Of Gods" を作り出すために、中東に移住後に「ヤハウェ」という名前に変えている
これが一神教の始まりとされる
古代の天皇のありかたと明治時代のありかたは明らかに違っていて、明治のほうはこの価値観を踏襲している
具体的な暴力である軍隊と仮想的な圧力である宗教の権力を集中させている
さらに「アマテラス」なる神話上の神のひとつを絶対化している

もうひとつが、「新プラトン主義」で、中世にユダヤ教・キリスト教・シーア派イスラム教に影響を与えている
これはプラトンの「イデア理論」を踏襲するもので、「集団で価値を共有して、その仮想世界の中に住み着く」という形に解釈された
ここが日本人に今でも残っている「暴力的・革命的背景なしに意識だけで社会が支えられる」というような考え方とよく似ている
これは、「ブルジョワ」とか「平和ボケ」とも言われている部分で、ストライキもボイコットもしない従属的メンタリティにつながっている

意識だけで圧力がかけられる利点があるが(「いじめ」や「世間体」の元ともいえる)、恥知らずな輩がそれを無視し始めると機能しなくなる
なんだか暴力に甘い社会構造とも関係がある気がする


75 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 08:25:24 ID:c9RH2sKl
>>74
学者なんですか?すごく勉強になるんだが。
「意識だけで社会を支えられる」能力が日本人の宗教の正体だと思うんだがその実態は何だと思いますか?

敗戦で国家神道が否定され天皇は人間宣言したが日本人は何をいまさらって感じで無関心だったのはなぜなんだろう?
現人神が実はただのオッサンだとばれたらまともな信者ならパニックになるよね。
質問ばかりでスマン。

76 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 09:27:41 ID:???
別スレで書かれていたことだが、日本の男は他の先進国だったらセクハラになる
ようなことを平気で女に言うとあった。確かにそれはあるだろうな。酒の席なんか
はもっと酷い。女が酌をするのが当たり前みたいにもなっているし、その点、欧米
はおろか、中国・韓国あたりより酷いのではないかと思う。
電車では痴漢が多い。うっかり気を抜いて通勤も出来ない。女性専用車両を作れば
それにすら反対意見が男から出る始末。

たまには女が叩かれるばかりではない書き込みもしてみた。

77 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 10:45:04 ID:???
>>57
このスレにも女はいるよ。
ただ、愚かしい流れに呆れて参加しないだけだと思う。
賢い女大嫌いな男が、狂ったように攻撃するだろうからね。
俺は賢い女、男にないものを教えてくれるから好きだ。
傲慢な女は嫌いだが。

78 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 11:31:40 ID:???
仮に男が叩かれていたとしてそれにムキになって反論してくる男はいるだろうか?
ここは日本人嫌いスレだから全くだと同意して反論してこないケースだってあるんじゃないか。
今回はそれが特に女についてだったというだけのこと。
男については特に男という言葉を使わないだけで存分に語られているはずだ。
それに村社会を形成してる連中には違いないんだから特に区別する必要もあるまい。

79 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 11:40:28 ID:???
>>77
賢い女は叩かれませんよ。愚かしい女が批判されると言うだけ。
きわめて自然なこと。

80 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 11:45:24 ID:hBPncFoN
GHQか?
ニホンザルの研究と観察からこの国に民族性を○○してというが
不思議だな、お猿さんと全く同じ社会システムに驚いたそうだ。


81 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 11:48:33 ID:???
猿山の猿と似ている面はあろうな。
精神年齢12歳だそうだから、
12歳のガキ大将とその子分達・・といった序列がそのまま
社会の構造として組み込まれているのだろう。

82 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:20:37 ID:c9RH2sKl
>>81
その猿山の精神年齢12歳が成人式という行動をするから興味深いよな。
まともな人類は理解してるんだが、ある一定の年齢に達したら自動的に
権利を与えられるってシステムの意味が日本猿は理解できないらしい。

だから派手なイベントをして脳に刺激を与えるんだけど覚えたことは酒とタバコだけ。
この猿山で責任と権利が空虚であること隠蔽(証明?)するかのように外見だけは着飾る。

83 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:33:39 ID:???
   〜川の流れのように〜
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/kawano_nagareno_youni_w.htm
(歌詞のみ。音は出ません)

この歌は、日本人の人生観、死生観を見事にまとめ上げている。
道とは人生のことであり、川とは世間のこと。
気になるのは、”終わりのないこの道”という部分。
輪廻転生がくっきり見える。
現世不利益の全肯定なんだよな、日本教って。
それでいて、イスラムのように天国で報いがあるわけでもない。
ただ、川の流れに身を任せるだけ。
この辺に信仰心がないと、日本人をやるのは辛い。
このスレにいるような人は、特にそうだろうと思う。

84 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:33:44 ID:???
>>73
内容はありますよ 絶対化が良くないのは同意ですが。。
どんな宗教も拝んでる対象(神または仏)があります
八百万の神とはいっても主要な神様は存在(概念上ではない
どんな宗教も神を人間の想像上のものとはしていない)
ははっきりとあり、個々の神様の性格づけやお役割などもあります
教義はないというよりシンプルだとはいえないでしょうか

85 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:40:11 ID:???
>>83
輪廻転生は仏教で論理化されていますが
因果応報とは、善い事をつづけていれば、階層的にむくわれていきますってことです
輪廻とは人間にとって六道のなかの動きだからです
六道(地獄〜人間界・天界の六階層)
天界までいけば寿命は長く苦痛もほとんどない(少ない)とあります
仏教の教義は宗派ごとに主要なものが変わるので
空海さんの真言宗や密教をしらべると最も具体的な現世的利益観念の体系
に触れられると思います 浄土系(阿弥陀信仰)はやや抽象的でしょうか

86 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:44:25 ID:???
また
中国・台湾の仏教寺院では日本以上に現世利益当然の信仰があります
同じ仏教とは言っても、お金を儲けさせてくれるのが信仰と思ってます
日本でも密教寺院ではたとえば心願成就などのように、現世ご利益が入っている割合は
本で読むよりはるかに多いのが実態です 密教の場合は願望を肯定し、心を浄化していくことによって
悟りに近づける考えです

87 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 14:55:14 ID:???
般若心経の空の考えが良く誤解されるのですが
(般若心経=日本の仏教でよく唱えられるお経)
この空は空しいという意味ではありません
むしろ、仏の偉大なる智慧をあらわしています
漢訳されたお経の中で、空を空しいという言葉として使う
場合もある(意味が二つある)ところがややこしいところですが。。


88 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 15:04:57 ID:???
>>85
ということは…
現世で階層的にむくわれている人にとっては、
前世で善いことをしたから当然だという理屈が成り立つよね。
今、年功序列ピラミッドのトップにいる人たちが傲慢で慈悲がないのも、
体育会系のような屁理屈を軸にした縦社会がまかり通るのも、
このことが大きく関係しているんじゃないかと思う。
戦後まもなくのような、みんなが飢えて貧乏しているような時には効くが、
社会が物質的に豊かになってくると、逆進性を生むね。

89 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 15:19:06 ID:???
>現世で階層的にむくわれている人にとっては、
>前世で善いことをしたから当然だという理屈が成り立つよね。

これは違います
そう解釈する人が出ても不思議はないとは思いますが。。
稲盛和夫(京セラ)と瀬戸内寂聴さんが週間ポストで対談していますが、
この中で、寂聴さんが悪い人ばかり儲けてリッチになって真面目に仕事する人ほど
苦しんでる、と嘆いています
これに対して稲盛さんはたしかにそういうことをたくさん見てきた
でも長期的にはそういう人はかならずだめになってる、と語っています
私としては、今立場が高く慈悲がない人はおおまかにいって2パターンだと思います
1 前世および今の人生の過去で善い事 も やった
  (一部の善い事と頭脳プレーを組み合わせた)
2 慈悲は薄く自己中だが行動力・意志力・前進力は旺盛であった
  いわゆる善人よりも意志で勝った
いずれにしろ悪人が短期間とはいえ、成功するもちろんあるのが現実と言う認識は
正しいと思います
いずれにしろ、人間の尺度で言えば 長い 期間と感じるかもしれませんが
もっと長い視点で見れば行った悪行のつけはかならず因果の法則でもたらされ
仮に現世はのりきったとしても来世で帳消しになり、苦しい立場でうまれます
はっきりしていることは善人だからと言って、苦労の期間を免除されるわけではないと
いう現実です
また今の世の中の荒れ具合は人類史上でもかなりのものと考えますが
私もこういう一見不公平な世の中の現実には悩んでき人間ですが、
これは神仏の叱咤激励、善人こそ悪人に屈するな、己を鍛えて臨め、と
受け取っています リーダーというより一人ひとりの善人が小さい力を合わせることに
よってしか全世界的に見ても腐敗している世の中は変わらないと思います




90 :89:2010/01/11(月) 15:48:42 ID:???
私は有る程度日本人が虚無的になってしまう理由を学校の中身に求めます
決まった知識、競争、勝った者はそれなりの立場に(ただし少数)
こういう決まりごとの中で
マルクス主義的価値観(実は資本家が保証した幻想)、きれいごと、文字重視
その他、アフターではテレビ、コマーシャルに
洗脳されていきます
簡単にいえば日本は全体が学校型(日本の)洗脳コマーシャル社会、だと思います
軸がないから虚無に簡単に沈みます

91 :89:2010/01/11(月) 15:56:28 ID:???
つまり、力を持たない日本の善人は資本・コマーシャル・洗脳目的のきれいごと情報
に方位されきっている、とも言えます
私はこういう中で素直な喜びを大切にして生きていきたい、その上で
ゆがんだ社会機構を正すには、という視点ははずせませんね でも力がない人の方法論、
(言ってみれば墨家的な)
小国が大国の狭間で生き残る戦略とは、という発想を元にしか現実無理ってほど
現実は酷いと思います 私自身の小学校からの友人の境遇も包囲されまくってますから

92 :89:2010/01/11(月) 16:03:10 ID:???
ただ百年に一度の大不況と言われますが
日本の経済の衰退も不況も、前向きなリセットと捉えることは
チャンスだし可能と思います
必要なものと不必要なものを慈悲の視点から厳しく分け、より人間的な社会に(世界に)
するまたとないチャンスと思います 生き方も変わるんでしょうね

93 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 16:08:19 ID:???
>>89のような思想が
仏教の本来の意味であり、目指すところでもあるんだろうが、
残念ながら、
「因果応報、いつかヒーローが現れるのだから、それまでは悪に屈しろ。」
が、現代日本のコンセンサスになってるよね。
これに対抗するためには、「それは本道ではありません。」と説法したところで無力な気がするんだが。
だからどうしろと言われたら対案も出せないし、それ自体が日本の閉塞感になっている。
その状況をそのまま受け入れることが肝要で、今は耐えるべき時代です。と言われると、
納得はするんだけど、同時に絶望しちゃうんだよ、現世に。
だから自殺が増えてるし止まらない。
それすらも因果として認めてしまうのであれば、宗教は存在する意味がないと思うし、救いがないと思う。
人間に希望を与える、プロテスタントな動きを期待しちゃうんだよね。

94 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 16:12:58 ID:c9RH2sKl
>>84
教義は神や仏の言葉を聖書や経典にまとめた物なんだけど人間が勝手に書き換えるなんて絶対不可能。
その教義を守れば救われるし破れば罰せられるルールや戒律みたいなもの。

神道は教義が無いゆえに人間が好きなように教義(のようなモノ)をつくれる。
その教義のようなモノの正体が日本人がよく使う「空気」なんだよ。

八百万の神の個々の神様の性格づけやお役割は内容があるんじゃなくて
物体や現象の原理を難しく追求しないための思考停止の手段。
液晶TVやパソコンの作動原理は中で小さい人が頑張ってるだと思うのと同じ。

95 :89:2010/01/11(月) 16:16:00 ID:???
>>93
全文理解できます
本当にその通りでこんなくだらない状況にずっと耐えろというのか、って
思う人が多いのではないでしょうか
これは、自分の立場を冷静に見て、
自分の立場で実はできることの中から、単調な忍耐→工夫による興味化や突破のための調査
という作業や個人個人の知恵の交換をやっていくしかないと思います
人としての軸と言う意味では日本には神道や仏教がありながら
高度に論理化された知恵の結晶である仏教の方法論を一般の人があまり知りたがらないのは
気になります インターネットの調査プラス一般の解説本だけでも相当知識は広がります
ただ仏教の場合はあくまでも実践道なのでたとえば自分で坐禅をやってみるとか、
なにがしかの行動を取る必要はあるでしょう 僧侶に聞いて、僧侶のレベルを自分で評価してみるのも
修行の一形態かもしれません

96 :89:2010/01/11(月) 16:17:56 ID:???
>>94
ちょっと考えが違いますね
私はそもそも多くの日本人は神道を勉強してないと思っています
ほとんどな世間教で神道の精神とは違います

97 :89:2010/01/11(月) 16:29:39 ID:???
>>93
私が強調したいのは
耐えることが仏教的、と考えることもできるし、善をもたらすための積極的な内面的闘争、
と考える仏教も当然ありだということです
帝釈天は仏教に組み込まれていますが、勧善懲悪の神です
現在のインド仏教はヒンドゥーやキリストの教えをかなり露骨に問題あり、としています
差別的な面をはっきり否定しているのです


98 :89:2010/01/11(月) 16:32:55 ID:???
つまり今の日本の資本家にとっては状況を固定したい、階層化をできるだけかためて
長期的な利益をよりたしかなものとしたい
意識的かそうでないかは別としてまあそう考えるのが当然です
仏教になにを求めるかは実はひとによって全然違います 変化や行動をもたらす勇気も
仏教に学べることは幅広く知っていけば誰でも平等にわかることと思います

99 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 17:25:26 ID:c9RH2sKl
>>89
仏教は最初から「個人」の内面を対象としているからハードルが高いんだよ。
なぜなら日本人に個人が存在しない。集団に所属して初めて人間扱いされる。
いくら座禅組んで己を鍛えても集団に潰され息も出来ない。
ならいっそ狂信的に広宣流布しちまえになってしまう。

個人が確立した欧米人にこそ仏教はふさわしいんじゃないの。

100 :89:2010/01/11(月) 17:33:49 ID:???
>>99
ハードルの高さはありますね
でもそれも結局は興味を持つかどうか。。
歴史をさらっとやるだけで、易道が用意されてることが
わかります
仏教・神道とことさら考えなくても、瞑想や呼吸法、
中村天風に興味を持つとか、宗教でない技術論から入っても
いいと思いますね スポーツヨガでも心の柔軟性は学べると
思いますし いずれにしろこれからは主体的な選択はまともに
生きようとしたらはずせませんね

101 :89:2010/01/11(月) 17:37:08 ID:???
ただ、欧米人に仏教徒が増えて欲しいのはたしかですが
言葉そのものの難しさを考えるとお経の意味を理解するだけで
圧倒的に日本人は有利ですよ 完成度の高いあらゆる宗教テキストが
与えられてるのが日本 でも興味を持って 応用 問題として
自分の人生を解かないと、宝の持ち腐れになりまよね

102 :89:2010/01/11(月) 17:43:56 ID:???
教義=命令みたいに考えると考えるとややこしく、やりにくくなります
戒律っていいますが、とりあえずは戒だと思います
やってはいけないことを把握する必要はありますが、教義にはどこまでも解釈の問題がつくんです
教団に加盟する必要はないですよ 悟りたいのは自分の行動方向で悟りたいってことですから。。
いきすぎないように戒があるんです

103 :89:2010/01/11(月) 17:53:44 ID:???
>集団に所属して初めて人間扱いされる。
>いくら座禅組んで己を鍛えても集団に潰され息も出来ない。

こういう現実と問題意識は日本には事実多いと思います
これのはマイナスの発展形がいじめとか陰湿な陰口・陥れとか。。
でも、日本の問題の核心は極論するとここだけにしぼれらてきてると思います
坐禅の果実もいろいろに使うわけです そういう息苦しい組織内部ではストレスが極大化しますから
空いた時間に何らかの浄化が必要なんです
浄化して、また耐えるw まあ一見不毛ですが、なんもしないよりはるかに発見があります
転職とか自己の課題の発見や過去の反省・トラウマの解消にも坐禅瞑想と一連の意識と身体のゆるめは有効ですよ



104 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 20:26:58 ID:???
最近、いじめはネット上でやられるらしいからな
ますます実態が見えにくくなっている

105 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 20:56:50 ID:???
スレ違いかもしれないが
なぜネットスラングは下品なものが多いんだろうか。

106 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 21:02:21 ID:???
みんなレールから踏み外さないよう必死。

107 :89:2010/01/11(月) 21:38:13 ID:???
>>99
>仏教は最初から「個人」の内面を対象としているからハードルが高いんだよ。

正確に言うと、私自身は仏教が特別内面的な教えだとは思いません
日本の仏教に関しては、ほぼ大乗仏教ですのでテキストはやや理屈っぽいかもしれません
ただ、私個人の考えとしては仏を拝む(たとえば家の近くのお地蔵さんを拝む)
こっから入っていくものだと思います、それプラス、悪をなさなければ充分仏教だと思います
ただきっかけの多さは大事で、私の場合は、教科書の平安仏教の話とか、手塚治虫の「ブッダ」とか
修学旅行で比叡山とか、いろいろありましたが、結局は学校で仏教哲理をちゃんとやらないので
頻度が小さく、もったいないことになっている(たとえば、江戸時代には自然に寺院に触れる機会が
多かったのではないでしょうか)



108 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 21:39:47 ID:???
>>105
ネットスラングが下品なのではなく
あなたの周辺に下品な人がいないだけかもしれないよ
ネットはまずリアルでは知り合えないような人たちと一緒に書き込んでるから
あなたには「なぜ?」という書き込みでも、書いた人たちには日常なんだよ

と、昔いた職場の天下り上司が口にした猥語の連発ぶりを思い出しながら書き込む
あれに比べりゃ、2ちゃんもけっこう上品だw

109 :89:2010/01/11(月) 21:45:33 ID:???
今の世相を見ると、2ちゃんが格別下品とも言えなくなってきてるからおそろしいね

110 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 21:50:02 ID:???
品性下劣な天下り上司・・・なんか猛烈な怒りが湧いてくるな

111 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 22:46:46 ID:???
このスレ読むと日本人がいかに酷く情けないという事がよくわかる。

112 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 22:52:02 ID:???
>>106
レールに乗ってて当たり前、と思ってる人も多いな。
それ以外はもはや人間扱いされないというか。

113 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 22:58:25 ID:???
日本人って怖いね。

114 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 23:13:22 ID:c9RH2sKl
>>108
日本人の職場や近所での世間話の基本は他人の悪口だからな。
あいつは仕事が遅い、要領が悪い、挨拶が無い・・とにかくムカつくと。
たいてい悪口が大好きな人物が中心で周囲は自分がターゲットに成りたくないから大人しくヘラヘラ黙ってるだけ。
その中心が席を外せば今度は周囲がその中心をネタに「他人の悪口ばかりの最低人間だ」と悪口を言うw
このエンドレスな構造でまともな議論や会話なんか成り立たない。

それに比べれば2ちゃんの「朝鮮人氏ね」ぐらいスルーできる余裕があれば
ネットのほうがはるかに健全に議論ができる。ネットが無い昔なんか最悪だったよ。

115 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 23:23:50 ID:???
形はどうあれ、やっとそれなりの議論形式がありうる時代になったんだね、日本も。。

116 :名無しさんの主張:2010/01/11(月) 23:26:31 ID:???
分かるなー、ほとんどの人が二言目には愚痴か文句。
それ聞いてるだけで気が滅入るし嫌になる。
余裕がない人が多すぎるんだよな。

117 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 00:20:47 ID:6FQ5L+0M
>>96
神道を勉強しても単なる趣味の世界になっちゃうんだよ。
八百万の神の性格や役割は内容をいくら調べてもそれは
水木しげるの妖怪大百科や特撮モノに出てくる妖怪や怪獣全部言えますと同じ。
凄い世界観なんだけど、なぜ日本人はそれを拝んだり畏怖の念を抱くのか
そして支配されるのか、その説明がまったくできていない。

118 :89:2010/01/12(火) 00:53:43 ID:fKR4sUgY
>>117
ああ、その気持ちは分かるよ
ぶっちゃけ、知識は大事だけど
信心とは別だねえ
直観(霊感とも書くがこう書くとオカルトっぽいのでねえ)
を使わないと、存在を感じ取れないよ
おれは密教から入ったけど、意識レベルをあげないといけないんだけど
まず祈って、感謝をささげる てとっから。。
知識上の勉強とは違うんだよ そこらへんのおばさんが願い事するだろ
それと同じようなのを真剣にやって意識の向け方を覚えるんだよ
ただし、自分の都合だけだと通らないから、人の幸福も祈るんだよ
まあこれは勉強型の人だとまず信じてくれないから、信じろとは言わないけど


119 :89:2010/01/12(火) 00:59:13 ID:fKR4sUgY
>>117
なんか、へんな表現だけど、
>そして支配されるのか
別に支配されるようになるわけじゃない、信心が深まったとしても。。
神仏は人間の行為の規制はかけないんだよ だから、神仏は人が人を傷つける
行為は絶対嫌うけど、その行為自体はとめないわけ だから戦争も有る
戦争起こしたりすれば暴力ふるってれば地獄行きになるよ 信じなくてもいいけど
神仏は人間がどこまでどうやって成長するか見てるわけ
ただし、悪念を抱けば、すべて見通されるから、騙して、拝むふりしても
一切通らない
正しい念は最低必要だね


120 :89:2010/01/12(火) 01:04:31 ID:fKR4sUgY
職業別の日本の神様もけっこういるから別に難しいことじゃない
たとえば神様でも一柱だけ真剣に拝むところからはじめればいい
ビジネスなら恵比寿様を拝むのでもいい 名前以上に強力な神様なんだよ


121 :89:2010/01/12(火) 01:09:35 ID:fKR4sUgY
>なぜ日本人はそれを拝んだり畏怖の念を抱くのか
>そして支配されるのか、その説明がまったくできていない。

これは日本だけの話じゃなく、信仰心があるのはむしろ世界的には
普通のことなんだよ まず拝むだけでも心の安定になるわけ
その上で正しい努力をかさねれば結果につながってくる
普通のことだよ ただね、拝んでいながら、目に見えないものだから
感じ取れない人も多いわけ これは生まれもった資質もあるけど、個人的には
覚悟と努力の問題 自分も昔はまったく分からない世界だったから


122 :89:2010/01/12(火) 01:15:10 ID:fKR4sUgY
>その説明がまったくできていない。

これは立派な教師に近いかもしれない、人間よりははるか上の存在だけど
説明といっても、手を合わせてすがって、日常にリードしてもらうところからはじめる
わけ ただ、すがりすぎてもまずいわけ 自律できなくなるから
それは人間の教師でも同じ あくまでも自分の人生をつくるのを上から補助してもらうわけ


123 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 01:28:42 ID:???
宗教に関して日本人が陥ってる欺瞞があって、、
それは信じるか、信じないかを自己選択できる、しかも自分は常に選択できているという欺瞞。
生まれた時点、生まれる前から人間は信じることから始まっていて、
(それは母親父親の愛について)
信じないなんてことはできないようになっている。
人間が信じないと呼んでいるものは、「信じないと信じる」ものでしかない。
日本人論っていうか哲学の範疇かもしれんが、
今の日本人には「自分は信じていないと信じる」似非無宗教が蔓延しているといえる。

信じる、それは愛することだから、
日本人はもっと愛すればいいと思う。
そういう意味じゃ、俺はオタクが大好きだ。

124 :89:2010/01/12(火) 01:35:12 ID:fKR4sUgY
>>123
難しいとこだね
これは一説によると、神仏は仮に無心論者でも構わない、ただし
愛の有る人間になってほしい、と思ってるらしい(結果的に神仏の願いに沿うから)
太古はもっと普通に神仏と交流してたんじゃないかな
密教では大日如来と言って宇宙そのものであり、法や叡智そのもの
なんだよね

125 :89:2010/01/12(火) 01:36:18 ID:fKR4sUgY
○無神論者でも

126 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 01:58:37 ID:???
>>124
結構根が深い問題だなと思うんだよ。
例えば自分の周囲では、
「宗教なんていらない。なぜなら俺は(私は)自分で宗教を作ったからね。」
なんて言う人が後をたたない。
よくよく話を聴いてみると、
努力はやっぱ大事だとか、自由が大切だとか、J-POPの歌詞にあるようなことしか出てこない。
もちろん、己でそう気づけたことには価値があると思うけど、
このへんの覚りって、三大宗教からしたら初歩の初歩の初歩の…なんだよな。
変に無宗教に拘りを持って、歴史の叡智から力を借りないのは、本当に勿体ないと思う。
ちなみに自分は特定の宗教にはコミットしていない、自称科学主義者wなんだけど
科学的に見て、宗教はまだ相対的に合理性があるんだよね。

127 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 02:48:20 ID:6FQ5L+0M
>>119
カラオケ店がヤクザにみかじめ料払って守ってもらう。
信者が神仏に供え物を捧げて御利益を願う。
宗教は強者が弱者を支配する構造そのものだよ。
そして人は人を支配するために神の権威を代理する。
その究極が神自身(現人神)になることだよ。
>>126
ある意味、科学も宗教も目的は同じだよね。森羅万象をとにかく合理的に説明できりゃいいんだから。
ビッグバンは神様が「エイヤッ」て一撃加えましたで十分納得できるw

128 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 11:08:14 ID:???
JAL再建問題は日本人の考え方がどのようなものかがよくわかる

129 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 13:01:17 ID:???
日本人て底意地が悪くね?
ネットだと誰だかわからないから、それが全開で恐ろしいことがある。
普段から口に出していればそんなことないと思うよ。
意地悪さを口に出すというより
思ったことを口にするということ。
それをしないんだよな。してはいけないのかな。

130 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 14:19:44 ID:???
確かに匿名掲示板だから荒れやすいという話もあるけど
外国の匿名掲示板もそうなんだろうか。

131 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 14:43:36 ID:???
>>129
同意
序列型社会だから、下から上へは口が裂けても言えないことが多過ぎ
その憤まんが積もりに積もって、ネットで顔も知らない相手へとぶちまける
ネットは本来、意見交換の場のはずなのに
勝手に醜い感情のゴミ捨て場にされては困る

132 :89:2010/01/12(火) 14:57:14 ID:fKR4sUgY
>>127
>>119
>カラオケ店がヤクザにみかじめ料払って守ってもらう。
>信者が神仏に供え物を捧げて御利益を願う。
>宗教は強者が弱者を支配する構造そのものだよ。
>そして人は人を支配するために神の権威を代理する。
>その究極が神自身(現人神)になることだよ。

これは区別しなきゃいけない部分を含むよ
教団や宗教組織に関して言えば、多かれ少なかれそういう部分はある
だけど、人間が主催してる 組織 と正しいレベルの神仏は区別しなきゃ
いけないわけ 正しい神仏は人間レベルよりはるかに知恵も慈悲も上だから
だから、問題があるとしたら、宗教組織内分の人間の問題なんだよ
その宗教組織を見て、神が悪いから〜っていうのは本末転倒になっちゃうわけ
だから、そういう問題点に目が行く人は組織に入る必要はまったくないし、
神仏もそれを特に求めてるわけでもないんだよ



133 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 16:20:15 ID:???
自己主張が悪であるような考えだから2ちゃんのような場で
えげつない事を平気で書き込めるんだろ。


134 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 16:20:55 ID:6FQ5L+0M
>>132
支配されることの結果である、秩序と安定を人は求めるんだよ。
だから支配は悪い意味じゃないんだけど戦争や殺し合いの原因にもなる。
私は神仏の支配が悪いんじゃなく、その解釈をめぐって争う人間は悪いよ。
あなたがなぜ神仏の支配と人間の支配を区別するのか分からない。

でもお釈迦様はその支配から解脱したからその教えはどんな宗教より革新的なのは確かだよね。
ただし今の仏教は完全に形骸化して既存の宗教と同じ、人を支配するための道具になっちゃった。
そうゆう意味で区分するんなら話はわかるよ。

135 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 16:23:18 ID:???
>>131
鬼女の恐ろしさ醜悪さは異常。
いくら全開にしてもここまで恐ろしく醜悪になれるか、という感じ。
他人を傷つけることに命をかけてる感じ。
そんなことできる?
やっぱり日本人は普通じゃないように思う。
>>130
外国の掲示板はそんなことないよ。少なくともフランスの掲示板は。
面白く皮肉をきかせて書こうと必死という感じ。

136 :89:2010/01/12(火) 16:28:12 ID:fKR4sUgY
>>134
まあだいたいそうだよ
支配といっても、意味の範囲によるよね
だから、おれがいいたいのは簡単
自分・・教団または師匠・・釈迦如来
こういう関係を作った場合、教団または師匠の解釈にあやまりがある可能性がある
自分・・釈迦如来
直であれば少なくともその種の誤りはない
ただこれだけだよ

137 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 18:11:40 ID:6FQ5L+0M
>>136
西洋は神の支配と人間の支配を区別するために法の支配、科学、啓蒙思想、近代的政治制度を編み出した。
日本は区別する過程をすっ飛ばして近代化するため西洋のソレを無理やり導入した。
でも日本は依然、神の支配と人間の支配の区別が曖昧でゴチャゴチャだから
当然うまく機能するはず訳がない。
それがここで話題になってる日本の問題点の根本原因だと思うんだが。

それを浮き彫りにしたいんだが言葉や文字に表すのが難しい。
こんなに神社や寺があふれてるのに日本人は自称「無宗教」なんだから訳が分からないw

138 :89:2010/01/12(火) 18:36:00 ID:fKR4sUgY
>それを浮き彫りにしたいんだが言葉や文字に表すのが難しい。

まあ、日本人に限らず
神の意図を理解する、といいながら
他人を支配するための都合のいいルールをつくってしまう人間は
後をたたないわけで、
すべての人が直で神仏と交流できれば、問題ないわけ
ただ、神仏につながる技術としてのあるいはそのほんとの秘訣を伝えることは
悪いこととも言い切れないわけ
なぜ、今の人間が直でつながれない人が多いかと言うと、総合的な学習の進み具合が
遅れてる(つながるには充分でない)からで
言ってみれば釈尊はインドに生まれて悟って、
つながれるための基本的構えとか法とかを教えてくれてるわけ(人でありながら
悟ることによって)
でも目に見えない世界のことだから、物質文明のほうが押し出しがあるもんだから
価値がねじれがちで、とりあえずは便利な生活だよね、と言いながら
神仏への帰依、というか感覚的交流をスルーしたり、教団が示す文字をテキストとしてみて
これさえ知ってればいいんだ、と解釈しちゃう人も多いわけ



139 :89:2010/01/12(火) 18:47:06 ID:fKR4sUgY
総合的な学習の進み具合が
遅れてる(つながるには充分でない)
とは書いたけど、これは考え方の問題で、
社会の構造の問題そのものと関係させすぎるのも実は問題で、
たとえば日本には神社・仏閣はたくさんあるけど、なぜ真面目な教徒が
少数派なのかって疑問があるわけだけど、
そこにはいろんな原因が絡んで、結果的に神社仏閣と一般人の距離ができてるわけ
でも、こういう距離の出来方は社会の構造の仕方は日本と西洋で違っても乖離している
と言う点では共通性があるわけ
で、個人レベルで自分のことを考えると乖離させた神社仏閣の問題点だけに焦点をしぼると
分かってない、というか、自分自身の核の問題を見落とすことになるわけ
だから、信仰と言うものを世俗の評価に関係なく1回自分で作る必要はあるかもしれない
その方法論はいろいろあるけど、私自身の歴史で言えば日本史からまず覚者というものを総覧して
その人の言ってることの内容を自分で検討してみることから始めたわけ
その際、現存する寺院のホームページや僧の言ってることもあわせて評価してみたわけ


140 :89:2010/01/12(火) 18:52:32 ID:fKR4sUgY
最終的にこれだっていう瞬間は理屈ではないわけ
中学校の教科書を読めば平安仏教・鎌倉仏教いろいろ出てきて
文字でしかわからないわけ
ただ、どの神仏にも効能書きがあって、わかりやすいところから
普通は入るわけ
病気だから、とか 商売を立て直したい、とか
そういう意味では幸福でしょうがないのに真剣に神仏に心を寄せるきっかけを
持とうとする人は少ないわけ
で、いざと言うとき、自分が弱ってようがないとき、法然さんでも、空海さんでも
道元さんでも、間違いない人が取った手段を自分でやってみれば理屈ではなく
ああ、これが仏の波動か。。って感じながら分かってついには存在を知るわけ

141 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 20:57:15 ID:aYUT3MPJ
賽銭盗んだ人を警察に通報した坊さんには愕然とした。
敷地内にカメラを設置するまでは、まぁ良いとしても、
まず説き伏せて欲しかったもんだ

142 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 21:08:04 ID:???
>>141
昨年末、諭してた坊さんが刺された事件があったからなあ。

143 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 21:37:41 ID:zhBzgKXO
日本の寺にも懺悔室のような小部屋があって罪を償える場があれば
いいけど無いんだよなそういうのが。
汚い大人である事が当たり前で皆しかたないと思ってるから性質が悪い。

144 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 21:47:32 ID:???
日本が嫌いとかとはずれるが、集団ストーカーや電磁波等犯罪を国がスル―してるところ
とかその組織?を法的規制しないところです

145 :名無しさんの主張:2010/01/12(火) 22:15:34 ID:Zs8b8Kh9
生きる為には何が悪で何が善かなんて関係ないんだけどね
変な駆け引きをしてるのは恐らく人間だけだよ
知恵あるものだけが生き残れる
地球がそういう環境を仕向けてるんだからしょうがないのに
…とユダヤ人は思っている件について

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 22:31:33 ID:xbO9YdhK
国民の命より、アメリカとの友情が大事なわけ?

147 :89:2010/01/12(火) 22:45:04 ID:fKR4sUgY
今年はいろんなことが起こるね
いいことも起こりうるね
http://www.kleinpeterdairy.com/Main.aspx
アメリカでハート模様がついた子牛が名前を募集中なんだけど。。
たしかちょっと前にも額に十字がついた牛が生まれたってニュースを
見た気がしたんだよね コネチカット州だったか。。
だれか覚えてる人いますか?

148 :89:2010/01/12(火) 22:47:56 ID:fKR4sUgY
いや額じゃなくて胸だったかな?

149 :89:2010/01/12(火) 23:00:39 ID:fKR4sUgY
>>143
寺院には懺悔質室はたしかにないけど、
良心的な寺院=良心的な住職は結構いっぱいいるよ
こういうのは近所のお寺行くより、本かホームページを見たほうが
的中率が高いと思う
ネットなら お寺 相談 と検索するとか
本の場合だと良い素人向けの本を書いていて、相談連絡先も
のせていれば、それほどのはずれではないと思う
こういう相談ではお金は普通取らないと思うね
でも、その場合にはいくらかのお布施をわたしたほうがいいかも、
だけど

150 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 00:53:54 ID:36ZNVi2t
>>141
説き伏せるどころか本当は賽銭を無条件に泥棒に与えるぐらいしないと。
諭すって難解な説法始めたら、そりゃ刺されるわw
派遣村とかで坊さんや信者が率先して炊き出しする光景も無い。
ヤクザが市民の子供にお年玉ばら撒くのと対照的だよな。

151 :89:2010/01/13(水) 01:00:11 ID:b/8G56yF
そういうレベルで言ったらそうかもしれない
ただ、日本の坊さんは二極化してるかもしれない
お勤めしかやらない真面目な(有る意味普通すぎてサラリーマン風)な人と
ほんとに救ってる人
ほんとに救ってる人は医者から見離された重病人を救ったり、いじめで深刻に悩んでる子供を救ったり
両極端かもしれない こっちの人は個々で手一杯だから
一般レベルでの救いは期待できないかもね 
そういう意味でも一般人が動かないとこの日本社会は救われないってはあるよ
問題だらけだから 宗教者のせいにばかりもできない

152 :89:2010/01/13(水) 01:07:07 ID:b/8G56yF
宗教者に嘆く気持ちはわかるけどね
じゃあほかの業界はどうなの?他の職業の人はちゃんとその分野で救えてるの?
っていう話になったときに少なくともおれは自身がないね
それほどいい商品やサービスが多いとも思えない
日本の産業や職業の質全体の問題だと思うね
ただ、こういう苦境のときに、宗教者の知恵に期待する気持ちは理解できるが
上の事情で自分からネットで調べたりアクセスするしかないのが現状だね

153 :89:2010/01/13(水) 01:14:01 ID:b/8G56yF
いずれにしろ
日本の今の仏教の形態はそれなりにはハードルの高さがある
少なくともお坊さんが自分で救いに行くスタイルは取ってない
でもこれはインドでも基本は同じだと思うよ
入門しないと誰もバーとも言わない 現実人を心の問題で救うのって
めちゃくちゃレベルが高く、適当な修行レベルでは追いつくものじゃないんだよ
だから自分は自分で救う そのためのアドバイス先をつかむしかない

154 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 05:07:51 ID:hAGTR7Sj
一言書かせてくれ、スレチだと。

155 :150:2010/01/13(水) 06:09:32 ID:36ZNVi2t
>>153
そのとおりだな。俺もついキリスト教と勘違いして比べて仏教を誤解してしまう。
本当は立場が逆で、坊さんが救われるべき存在の代表で在家から施しや寄付をもらう立場なんだよな。

でもサラリーマン化して安定した日本の坊さんに仏教の救いや教えが本当に必要なのか?
ホームレスやその一歩手前の人たちこそ仏教の教えで救われるにふさわしい立場だよね。
彼らはその自覚が無いから欲望に忠実で貰った金を酒タバコギャンブルに使って叩かれるけど。
でもそれは日本の戒律無視する坊さんと何が違うんだと。

あと日本人は生活保護とかの施しを受けるのを恥だと考えるよね。
3大宗教の世界でこの考えは独特だよな。だからみんな自殺するのか?

156 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 07:18:10 ID:36ZNVi2t
>>154
ごめんな。本当は宗教板で聞きたいんだけどチラッと覗いたら住人の話題が専門すぎてついていけないw
俺も大多数の日本人と同じ自称「無宗教」で知識も無いし書いてる事も恥ずかしいぐらい適当。
でもここで話題の日本人の集団主義や上下関係の弊害は自称「無宗教」な日本人の宗教的支配が関係してると思うんだよ。
だからここで議論する価値があると思うし、みなさんも宗教の話だとバカにせずツッコミ入れてくれるとありがたいけど
目障りならスルーしてください。

だから>>89も難解な言い回しじゃなく日本の嫌なとこ悪いとこを絡めて原因をわかりやすく分析してほしい。
みんなが釈迦のように悟れれば苦労しないんだけど現実はできないから宗派が乱立して混乱する。
変な指図してみなさんゴメンナサイ。

157 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 07:58:13 ID:???
宗教の自由って、誰の思惑にも束縛されず、
自分の価値観で人生を生きてくださいっていうことで、
本当はとてつもなく素晴らしいことだと思う。
戦後の憲法でそれを保証されたわけだけど、実は
日本に課せられた、人類の実験だったのかも知れない。
残念ながらその結果が、今のバラバラで自己中、
なのに集団主義の仮面集団・日本。

158 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 08:10:23 ID:???
宗教にすがるのではなく、やっぱり個人をよりよく確立させることが大切。





159 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 09:02:02 ID:???
>>156
スルーできないほど大量なんだけど?
仏教の話、それも素人のする
量だけ膨大な話なんて誰も読まないよ。

160 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 09:02:07 ID:???
religionの語源は「束縛」。
「宗教の自由」という表現は実は矛盾している。
強いて自由があるとすれば、宗派や信心対象を選ぶ自由だろう。
でも、選んだあとは、それによって拘束支配される。
国家や企業や親からの支配を脱する代わりに、
神や宗旨に被支配対象を替えるのみ。


161 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 10:32:50 ID:???
religionは無論ラテン語からきた言葉で
ラテン語のreligio、
その意味はattention scrupuleuse(細心の注意)、veneration(尊敬)と
フランスの広辞苑Le Petit Robertに書いてある。
束縛って、どこから拾ってきたの?
だから日本は怖いのよ。めちゃくちゃ言ってもわからないんだから。

162 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 11:28:19 ID:???
>>161
念のため、ウィキぺディア。
「英語 Religion はラテン語のreligioから派生したものである。
religioは「ふたたび」という意味の接頭辞reと「結びつける」という意味のligareの組み合わせであり、
「再び結びつける」という意味で、」

ラテン語「ligo」には、尊敬だの細心の注意だのという原意はない。
なぜ仏蘭西の広辞苑なんかに頼るの? 後世の意訳なのに。

>だから日本は怖いのよ。めちゃくちゃ言ってもわからないんだから。

どっちが(笑)


そこから、神と人を再び結びつけること、と理解されていた

163 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 11:59:44 ID:???
ウィキみたいなインチキ辞書を根拠にされてもねw

それじゃ仕方ないからフランスのウィキ

http://fr.wikipedia.org/wiki/Religion

エチモロジーというところを読んでご覧。
あのさあ、日本のインチキウィキが何を言ってるか知らないけど
religionというのはヨーロッパ語で、
日本のインチキウィキのほうが正しいなんて言うのは頭がおかしいw

>なぜ仏蘭西の広辞苑なんかに頼るの? 後世の意訳なのに。
何を言ってるのかわからない。日本のインチキウィキに頼ればいいわけ?w



164 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 12:09:22 ID:???
wikiといえば、最近歴史関係が変な感じに書き換えられてるね。
中でも東アジア関連が妙な感じに「韓国マンセー」的な記述に。
朝鮮出兵では1600人の日本軍に対して3500人で攻め込んで4万人を殺したぞーとかなw
しかも日本軍の生き残り700人は次の戦いに出てるし。
他にも12000本の矢で2万人の軍を全滅させたとか。
もうムチャクチャw

165 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 13:25:29 ID:???
だから知識自慢の上に、他人見下しは止めてくれとあれほど(ry

166 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 14:05:25 ID:???
バカなことを言って偉そうに威張りかえっていれば
見下されてあざ笑われるのは当然。
違いますか?
自分に知識がないと
他人の知識に嫉妬してあいつは自慢してると騒ぐ。
そんな暇があったら自分も勉強すればいいのに。
ほんと
日本ですねえ。
これじゃいつまでたっても日本は駄目ですよ。

167 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 14:11:05 ID:???
>>166
はいはいあなたが一番賢い。
あなたが一番わかってる。
あなたの言うことが全て正しい。
完敗です。
なので、もうこのスレへの書き込みは結構です。

168 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 14:19:03 ID:???
あなたにそんなことをいう権利があるのですか?w
あなたみたいな人が近くにいたらいやだろうなあ。
出鱈目を言いまくって、それは違うだろうというと
発狂して、ここに来るなって。自分の家みたいに。

ここはあなたみたいな日本人が嫌だというスレッドですが?w
わたしはわたしが一番賢いとか、わたしのいうことがすべて正しいなんてひとことも言ってない。
あなたはなんだかヒステリーを起こしたおばさんみたいですね。
話ができなくて。
あなたは女の人ですか?

169 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 14:33:55 ID:???
>>168
>わたしはわたしが一番賢いとか、わたしのいうことがすべて正しいなんてひとことも言ってない。
確かに、直接そういう表現はないですよ。
だけど私はそのように受け取りました。
議論において発信者と受容者は対等ですので、互いに歩み寄る必要があります。
あなたは私に譲歩しましたか?

渋谷109のギャルファッションについて、あなたはどれだけご存知ですか?
世の中には色々な専門の人がいますよ。
そして、あなたの専門はこのスレではスレチだと思います。
ですので、お引き取り頂いたほうがよいかと思います。

170 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 14:56:05 ID:???
あなたはほんとに頭がおかしいのかな?
2ちゃんにはたくさんいますから。

わたしはreligionについてめちゃくちゃ言ってる人(あなたじゃないのかな)に
それは違うと言っただけで
それが専門でも何でもありません。

このスレッドは「日本人だけど日本のここが嫌い」というものです。
わかりますか?

渋谷109のギャルファッション(死語w)も、ここのスレッドには関係ありませんよ。
わかりますか?

171 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 15:01:23 ID:???
それからあのreligionについて出鱈目言っている人も
わたしのことをてんからバカにして
議論になんかなりませんでした。
だいたい議論なんかする必要ないでしょ。
正しいか正しくないかどちらかなんだから。
あの人は自分が正しいと狂的に信じていましたから。
それが正しくないことが分かると、発狂してしまったのです。
やっぱりあなただな。

172 :89:2010/01/13(水) 15:07:55 ID:b/8G56yF
>>154
スレチではないと思うよ
>>156で言われてる通りで、神社仏閣板とかも
専門的過ぎるし、むしろ既得権化してなかなか核心のことは語れない
社会との絡みで言えば、どうしても宗教の核になるごまかしてはいけない部分を
語らないと話が進まない。宗教が社会的なものでないと考える思想の人にはそうだろうが、
寛容さがなかったら住みやすい社会もないよ

173 :89:2010/01/13(水) 15:16:43 ID:b/8G56yF
>>156
>だから>>89も難解な言い回しじゃなく日本の嫌なとこ悪いとこを絡めて原因をわかりやすく分析してほしい。

難解に書いてる書いてるつもりはまったくないんだが。。
ことの核心は、説明する側が仏や仏教またはそれが社会や人に及ぼす影響のことを
語るときに生じる状況で、、
見えないものを信じない戦後的な人からすれば(当然自分のほうが普通と思ってるから)
神(仏)は見えないから存在してないじゃん、いるっていうならどこにいるの?
ていう質問に対して 彼らが納得するように 答えなければいけないってことなんだよ
キリスト教徒の間でもこういう問題は増えてると思うよ
でも、それをまともに正直に語れば語るほど 彼らからすれば オカルト(だめなもの)になっちゃうんだよ
だから、神社仏閣板では坊さんは、素人は当然理解できないものとして、はじめから諦めて
専門用語でしか語らない(語れなくなってる側面もある)のが普通なんだよ


174 :89:2010/01/13(水) 15:21:12 ID:b/8G56yF
>>159
こういう上から目線の人が結果的に既得権を保護するんだよw

175 :89:2010/01/13(水) 15:26:52 ID:b/8G56yF
社会的な金銭を流れを伴った一般的な支配と、神による戒律上の支配は別だよ
腐った教団ほど、一致させるんだよ


176 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 15:34:54 ID:???
上から目線って、(多分)日本にしかない言葉。
きくたびにぞっとする。
だいたい159のどこが「上から目線」なの?
単に89さんをウザい、ここの住人は嫌がってるといっただけでしょ。


177 :89:2010/01/13(水) 15:36:52 ID:b/8G56yF
>>176
あんたもうざいよq

178 :89:2010/01/13(水) 15:37:39 ID:b/8G56yF
>>176
上から目線って言われて、びっくりしてもおれは構わないし、
スルーすればいいじゃん

179 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 15:42:27 ID:???
そんなのぜんぜん答えになってないわね。
日本人らしいわw
あなたのウザさはちょっと異常でしょ。
このスレを占領しちゃうみたいだったから。
図々しいというか。
またやりたければどうぞ。
別にとめませんよ。
誰も読まないだけ。

180 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 15:47:18 ID:???
ゴジラVSキングギドラw

181 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 16:02:40 ID:???
>>180
禿同!

182 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 16:19:32 ID:???
他人の意見は、叩くためではなく、
「あぁそういう見方もあるのか。世の中様々だなぁ」
と、感心するためにあるのだと思います。
間違った箇所を発見したら
「これだから馬鹿はw」みたいなつっかかり方では、あなたの品性が疑われます。
「ここは、この方が正しいと思うが」みたいなやんわりした指摘で。
逆につっかかられた場合は、どんな精神状態にある相手か軽く想像し、
受け流せばいい。
冷静で聡明な読者なら、ちゃんと正しく読み取ってくれる。
そうでなかったら不運と諦める。
・・・・・2chで言い争って勝ったって、空しいだけですよ。

183 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 16:53:25 ID:???
他人の意見や批判を「世の中にはそういう人もいる」と素直に受け流せず
ファビョって執着し、反論し続けるのも典型的な日本人って感じ。
アンチスレとかにわざわざ反レスしに行く人なんかもそうだよね。
大人数の人が自分の意見に賛同してくれないと気が済まないというか、
個人主義という概念が持てないというか。

自分は、とにかく海外マンセー日本人が苦手。同じ日本人として恥ずかしくなる。

184 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 17:07:32 ID:???
>>163
俺が本物の>>160>>161ですがね。

で、お勧めの仏蘭西ウィキを早速読んでみたよ。

どこにも「尊敬」や「細心の注意」という釈義は書かれていない。
というか、語源学的には「不確かで論争中」となっており、
その中に、俺の言う「束縛」に繋がる釈義も当然出て来ている。

それを、後世のキリスト教御用学者や言語学者・哲学者たちが、
自分たちに都合のよいように拡大解釈して、
あなたにとっても都合のよい意味が追加されることになった。

尤も、「束縛」そのものを悪い意味で取る必要もないだろう。
「紐帯」くらいの日本語でよいかもしれないし。
ただ、もともとそれは、社会への関係と切り離せず、別に聖なる意味ではなく、
多少あったとしても、良心の呵責、超自然的な力への恐れのようなネガティブな方向にあったことを、
無視してはいけないちゅーことだ。

そのように宗教には、もともと恐怖政治や自虐思想に通ずるものがあり、
それらから宗教の正の側面を切り出して意味を純化したい場合も、
以上のような危険が原初的に付きまとっているということを忘れてはならないだろう。
それを忘れた宗教者こそが、却って恐怖のカルト信者になる。

185 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 18:35:13 ID:???
>>179
あんたみたいな粘着ばかにやられたら、誰でも困惑すると思うがな
まあ少し冷静になれ

186 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 19:19:22 ID:???
だからゴジラVSキングギドラなんだって
どちらも迷惑

187 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 19:24:24 ID:???
おまえもしつこいぞw

188 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 22:07:29 ID:???
日本人の多くは最初からすぐ感情的になって議論できない。外人も感情的にはなるけどそれはヒートアップしたらの話。

>>183
>とにかく海外マンセー日本人が苦手。同じ日本人として恥ずかしくなる。

俺も思う。いいところももちろんあるんだけど、やたらマンセーするのはよっぽど自信がないんじゃないのか?と。

189 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:35:18 ID:???
感情的以前に、話し合う前に結論を決めてから議論に臨むから、
互いの求める結論が食い違えば感情論でぶつかり合うしかない。
海外マンセーくんは本当に海外をマンセーしてるんじゃなくて、
自分の妄想を海外にあることにするのが問題なんだよな。

ドイツが省エネ&環境先進国? ウソを流すな!
日本よりもゴミの排出量も石油エネルギー消費量も2〜3割多いっての!
……って感じね。

190 :189:2010/01/13(水) 23:36:43 ID:???
あ、クリックしてから一つ間違いに気付いた。
石油エネルギーじゃなくて、化石燃料エネルギーね。
ドイツは石炭の消費が多いから。

191 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:38:18 ID:???
>>189
結論が違って普通だよ 個人個人別の考えでいいって開き直れないから
感情的に噛み付くんじゃないの?

192 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:39:43 ID:???
アメリカ人なら冷静に反論する人が多いんじゃないかな。
BUT こういう視点もある、、とか言って。

193 :189:2010/01/13(水) 23:46:33 ID:???
>>191
あのぅ、同じこと言ってない?

194 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:52:05 ID:???
>>193
何と?

195 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:52:27 ID:???
>>188-189
けれど、このスレで散々挙げられてきたような日本社会の問題点を、「良いんだよ、それが
外国人には分からない日本の美点なんだから!(キリッ」と正当化しようとする姿勢も、それは
それでどうかと思うけどねぇ。
一頃の反動なのか、最近はどうもそういう意見がネットでも既存メディアでも目立つように
なってきて、何だかなぁ・・・という気がする。
あと、「○○国はこんな感じ」と外国を引き合いに出しつつ、その実は日本の権威主義や精神
主義、保守的な風潮を擁護してるだけのような論調も、見てて「・・・」と思ってしまうな。

196 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:53:11 ID:???
ああ、そういう意味ね
議題を提起する側の結論が決まってるのは、そういう場合もあるし、しょうがないと思うが。

197 :名無しさんの主張:2010/01/13(水) 23:55:00 ID:???
反論する側の問題が大きいと思うな。
最低限の礼儀っていうか、たとえばこの理由でこう思うからこの点に反対とか
そこまでは言って欲しいね。

198 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 02:54:53 ID:7+VUnxyE
>>197

しょせん日本人は東朝鮮人だから、
そこまで期待するのは可哀そうだよ。
ケダモノ以下になってしまった日本人を自分は憂えている・・・。

199 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 03:46:25 ID:z444vENE
東京一極主義で政治、経済、情報も偏りすぎている
平壌以上でうんざりする

200 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 07:19:08 ID:???
序列型社会だから、とにかく上にいたいのな
たとえ議論とか話し合いの場であっても
もう、相手をやっつけることしか頭にない

本来、話し合いというのは、お互いの主張を聞き合って、
折れあったりして、認め合うためにあると思うんだが

201 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 11:35:30 ID:???
>>200
相手をやっつけようとするという点で
日本が際立っているとは思えん

むしろ論理的思考能力が弱いという話しだろう
それと、相手も自分と同じ考えを持つはずだ
という変な思い込み


202 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:16:44 ID:???
相手の知識レベルが自分と同等という前提でしか話や議論が出来ない奴、か・・・・・

言われてみればヲタに限らず確かにそんな感じのが多いよな・・・・・・

203 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:19:34 ID:G4p5Hved
電線が嫌い
景観的に

204 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:19:34 ID:???
>>201
>相手も自分と同じ考えを持つはずだ
>という変な思い込み
それに加えて日本語が主語を落としても会話が成り立つために、
主語を抜かしてコロコロと話題を変えて議論を引っ掻き回すヤツや、
主語を聞き落として一人変な議論をする常習犯もよく見かけるw

205 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:22:13 ID:???
>>203
景観的には同感
でも土に埋めると電気の性質上、送電ロスが大きくなるからなあ
地上や建物から離して配線するのは省エネ的には妥当なのが何とも

206 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:30:31 ID:USDBo0rq
よし、送電ロスの無い電線開発しよう!
じゃ、後よろしく。

そんな大人になりたくないです。

207 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:44:21 ID:???
とにかく他人をレッテル張りしてクズ呼ばわりしたがる人間が多くて嫌になる
女は〜派遣労働者は〜土方は〜朝鮮人は〜高卒は〜
その人達が実際に何も迷惑を掛けていなくても「その立場」であるだけで叩くからね
日本の足を引っ張りやがって!と「愛国」の大義名分をもって自身の行為を正当化するが
ただ他人を見下し優越感に浸りたいが為に感情的に叩いているだけだろうからね

208 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 13:56:57 ID:???
ttp://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090508/194129/?P=1


209 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 20:00:58 ID:???
>>217
そういう貴方もしっかり、レッテル貼りしてますね。

210 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 20:30:16 ID:???
未来に向かってレッテル貼りですか?

211 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 20:43:22 ID:???
592 : ◆GuTbk9G1MQ :2009/11/15(日) 23:14:56 ID:AhuOaNNx ?2BP(131)
メディアリテラシーを学んでいない日本人だけが知らない事実
マ ス コ ミ を 信 用 し て る の は 日 本 人 だ け
諸外国、特に先進国ほどマスコミは信用されていない。
マスコミを信用してる国民の割合
日本     70.2% ←←←←アホ?
フィリピン  69.5%
韓国     64.9%
中国     64.3%
ナイジェリア 62.8%
インド    59.7%
オランダ   55.7%
スウェーデン 46.2%
カナダ    35.7%
ドイツ    35.6%
フランス   35.2%
イタリア   34.4%
イラン    31.5%
ロシア    29.4%
アメリカ   26.3%
イギリス   14.7%
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5215.html(電通総研調べ)

212 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 20:46:49 ID:???
上から目線の知識自慢は嫌な人、あなたは一年に何冊くらい本を読みますか?


213 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 21:14:27 ID:???
メディアリテラシー以前に、悲しいかな個人の確立がな…

214 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 22:04:00 ID:???
>>211
誤解の無い様に電通の社員である俺が間違いを指摘してあげよう
そもそもこのアンケートの趣旨は「自分の国で信頼出来る組織は?」である
マスメディアをどれだけ信頼出来るか?では無い
マスコミのパーセンテージだけを抜き取り勝手な解釈を付け加えただけのデタラメである
コピペで貼りまくるのも結構だがもう少し知的な内容物を表示してくれ

215 :156:2010/01/14(木) 22:24:14 ID:A3c34l9L
>>173
返事が遅くなってすまない。アクセス規制されたw
イスラムVSユダヤ、キリストの対立に日本人は無宗教を美徳だと考えるから
「目に見えない神様に支配されて馬鹿じゃねーのwプゲラ」って見方しかできない。
実は宗教的なモノに一番支配されてるのは日本人なのにそれに目を背けてるだけ。

流れを無視してまた素人の宗教談義かとみなさんウンザリするかもしれないけど思ったこと書き込んでね。
専門家の人も「知識自慢」は歓迎だけど「知識合戦」は控えてね。
こんなこといちいち書くのもスレの空気を必死に読む俺が日本人の典型だからなんだけどw
>>184
なるほど。宗教は束縛するものだと定義すると
日本人も何かに束縛され支配されてるよね。それが何なのか?
聖書、コーラン、経典みたいに教義が文字で表現されてないから難しいよな。

216 :マスゴミ!:2010/01/14(木) 22:28:15 ID:???
マスゴミ!
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1259280100/l50

217 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 22:40:01 ID:???
>>214
■2ch 検索 電通
http://find.2ch.net/?STR=%C5%C5%C4%CC

「AKBに電通が絡んでる」ではなく「AKBの正体が電通」な件
電通が韓流ブームを捏造
【電通TBS】ピットクルー(株)【プロ工作員】
電通の「韓国ブーム捏造」の奥に潜む本当の怖さ
電通や博報堂はなぜメディアの取材を受けないの?
電通は反日企業
大本営GHQの後継者】電通【広告は宗教の孫
電通は反日広告代理店
【電通】韓国に広告枠購入会社設立[12/22]
犯罪組織としての電通
(株)電通は六代目山口組の企業舎弟

218 :名無しさんの主張:2010/01/14(木) 23:48:27 ID:A3c34l9L
天下のいわゆるマスゴミ代表の読売新聞の記事を読んでたんだが
ネットのブログとかが炎上する最大の原因は「上から目線」だと分析してた。
ネットの無い昔は知識人やマスコミが無知な大衆を情報で支配できたが
今はみんなウィキ(嘘も多いらしいが)とかで情報収集して対等意識があるからそれが成り立たないと。
だからマスコミがネットに介入する時は「上から目線」だけは絶対するなと、いつもの「上から目線」で評論してたw。

でもなぜ日本人が上から目線の上下関係で支配したり、逆に支配されたがるのか肝心な事は書いてない。

219 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 00:03:05 ID:YEEiS6iP
>>212
知識自慢がいやではないけど、バカなくせに自覚がなくその上、上から目線の
やつは最低だね

220 :89:2010/01/15(金) 00:11:17 ID:YEEiS6iP
>>215
きみみたいな人がいて助かるよ。
中途半端にしかものを知らない人間で、知識量だけで人を支配したがるってやつの中で
自分の意見をはっきりさせないで主張が違うってだけで叩いて、偽りの知識量で他人を支配したがる人間ってのは
議論をぶち壊す。 おれはそんなやつがいてもまったく気にしないけどね。
こういう連中は「おれがおまえは無知だと認定したのだから、おまえはなにも語る資格がない」って
言うんだけど、自分の主張をはっきりさせて述べる自信はないんだよね。叩くだけ。

221 :89:2010/01/15(金) 00:29:40 ID:YEEiS6iP
>>215
悪徳資本家とか新興宗教とか(新興のすべてが悪いとは思わないが)
この連中は支配・・被支配の関係に一般人に疑問を持って欲しくないんだよ。
神と一般人を直にしたくない。
こういう支配肯定的な思想がとことんいやになったらジッドゥ・クリシュナムルティを読むといい
特定に神に依存しない神秘主義者みたいなものかな。
こういう連中の特徴は小泉みたいなもの。かならず白か黒か、絶対〜とか言う。なにが絶対だ。あほか。

222 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 01:38:46 ID:???
>>218
劣等感がある人間は(その相手に同意できない場合には)
どんな文脈だろうが瑣末な語尾の切り方を過剰にゆがめて
「軽んじられた」「上から目線だ」「偉そう」と取るでしょう。
だから女の井戸端会議みたいに常に「すいません」「恐縮です」
「ありがたい」「わたしのような者がいうのも恥ずかしいのですが…」
などと必要以上に過剰な防衛線を張らなくてはならないね。

なぜかというと散々このスレで書いてきたように日本語には敬語特性と
明治以来の儒教的管理教育の流れがあるからです。新聞はそこを書かない。
いや、そもそもわかってないのかもしれないですね。

223 :89:2010/01/15(金) 01:55:15 ID:YEEiS6iP
明確に意見を書けば、まずそういう風には取られんよw

224 :89:2010/01/15(金) 01:56:26 ID:YEEiS6iP
要は意見らしきものがまったくないのにただこき下ろすために反論する
それと、まともな理屈をともなった意見をごっちゃにしちゃいかんよw

225 :89:2010/01/15(金) 01:59:08 ID:YEEiS6iP
上から目線がすべていけないのではないよ。
自分の知識・見識のレベルを開示することもなく
ただ、気に食わない、だの素人だ、だの、感情的な上から目線は
そりゃ軽蔑されるワナ。

226 :89:2010/01/15(金) 02:10:26 ID:YEEiS6iP
恐縮ですが、、とか必要ないんだよ。
まあ丁寧にするなら、この部分は同意できるが、ここはこの理由で反対。とやる。
あるいは、ちょっと言い方を丁寧にする。たったこれだけだよ。
人間だから誰でも反論されるのはそんなに好きじゃない。これは日本人に限ったことではない。
ちょっと考えれば、ややおさえめに反論し始めるかって普通は思うけどね。


227 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 02:26:40 ID:+XY6oqvb
>>220
日本人は相手を「支配」するための手段として議論を道具にしてるだけで
議論や知識の内容自体は実はどうでもいいんだよな。
でも相手を「支配」するという生易しい問題じゃないと思うんだ。

そもそも議論には意見の対立って前提があるんだけど
日本文化の横並びの集団主義で出る杭は打つの世界観で「意見の対立」という存在自体が許されない異物なんだな。
だから存在を否定するには意見の内容を叩くのでは無く、必然的に相手の人格を叩かなければならない。

議論の本質は叩き合うことで結果的に負けた相手を自分の意見で「支配」するのは実は正しいんだよ。
でも日本人は支配どころか相手の存在や人格を抹殺しようとするから恐ろしい・・(大げさかw)

228 :89:2010/01/15(金) 02:33:07 ID:YEEiS6iP
>「意見の対立」という存在自体が許されない異物なんだな。
>だから存在を否定するには意見の内容を叩くのでは無く、必然的に相手の人格を叩かなければならない。

まあ、そうだね。全部の日本人ってわけではないんだけどね。
もうこれは日本ではしょうがないのかもしれない。つーかここを論点にすると疲れるんだよね。
相手の人格。知識の量(叩く側は、当然量も多いし主張が社会的にw正しいという前提)、プロか素人か、とか
まあこの場で空気が読めてるか、とかもね。まあ空気読むのは必要だけどね。


229 :89:2010/01/15(金) 02:36:01 ID:YEEiS6iP
ちょっと気になるのは、日本人で、知識と思想の区別が分からない人が結構いるんだよね。
思想なんていらないっていうことが、無意識の前提なのかもしれないけど。

230 :89:2010/01/15(金) 02:40:53 ID:YEEiS6iP
思想とか産業とか商売とかがなんとなく分かってる人って「素人だからおまえは〜」とか安易には言わないんだよね。
その人の思想が独自のものであれば、それをもとに産業化して新しいプロにもなりうるわけでwまあ起業家そのものが日本ではあまり身近じゃないけどね。
発想がお役所的になっちゃって村化しちゃうんだよね。



231 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 02:49:15 ID:???
>>223
女や女々しい匿名の他者にアナタの明快な説を十分説教してごらんなさいw
明確な意見であろうが筋が通っていようが、感情的な反発を食らうでしょう。


232 :89:2010/01/15(金) 02:53:18 ID:YEEiS6iP
>>231
マスコミの場合と個人では対応は違うね。
へりくだって反論すれば、聞き入れてくれるもんじゃないね。
劣等感があって、外面上威張ってる人は、要するに他人の意見を聞きたくないんだよ。
だから、偉そうかどうかは関係ない。要は聞かない。

233 :89:2010/01/15(金) 02:55:57 ID:YEEiS6iP
>>231
女の場合は、でも偉そうに理論的に語ったほうがまだ聞くよ。強いものには弱く、弱いものには徹底して強い。
良く理解できないからw
謙虚に情緒的になったら日本の女はまずなめてくる。

234 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 03:20:17 ID:+XY6oqvb
ネットスラングと定義していいのか知らんが
「w」の使い方がポイントなんだよ。
自分を自虐的に表現するのに使うのはOKなんだが
それ以外の「w」は猛反発される。
まあ真面目な議論で「w」なんて低レベルな表現は使わない方が賢明なんだがw

235 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 04:35:27 ID:+XY6oqvb
>>222
なるほど「劣等感」は重要なキーワードだよな。
日本人は儒教的な管理された「上から目線」の序列は素直に受け入れて、その序列を補強するのが敬語なんだね。

管理された序列こそが平等なんだという日本人の平等意識の矛盾。
矛盾であるがゆえ些細な言葉尻だけで容易に「劣等感」が刺激され、いっきに安定した秩序が崩壊する。
だから敬語ができない人間や年下のタメグチに過剰に敏感なんだよね。
ネットの上から目線も同じ構造なんだな。

でも儒教なんて意識して勉強したことないのに、なんでこんな強力なんだ?
論語も孔子も名前しか知らねーのに・・

236 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 09:40:37 ID:???
自民党が政権を握っていた時代から
何か政策を決めるときの閣僚同士の意見の対立を閣内不一致とかいっている奴がいたな

237 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 11:00:57 ID:???
>>235
「劣等感」もあるけど、古代からある優秀な人への恐れが信仰化したままじゃないかな?
エジプト時代だと医者や技術者は奴隷がやるもので、知識人はやるべきことじゃなかった。
初期のキリスト教では医者も学者も技術者も悪魔の手先として忌み嫌ってたし、(中でも数学者は「極悪人」扱いw)
東洋では中国が毎年国内にいる一番優秀な技術者を処刑するなんて変な風習があった。
こういう馬鹿な風習や考えは時代とともに消えていったけど、
日本では徳川幕府が発明を御法度にしたあたりから先祖返りが始まったんじゃないかな?
で、その名残が、心のどこかに「優秀な人=悪」という口に出さないまでも思い込みがあって、
それが昨今の平等という名を借りた歪んだ解釈を生み出してるんじゃないかと。

つまり、優秀なヤツは「悪」だから、我々に指図するな、物言うなって感じで。
でも、世間が認めた人になると、うかつに口にできないし、
むしろ反発するのは身のためにならないしで……

238 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 11:23:05 ID:???
知識が豊かであることは、素晴らしいことだよ。
でもだからといって、知識が乏しい人を蔑む、というのはどうかな。
知識や知性を価値観のトップに感じる人は、性格分析学によると、
全人類の9分の1に過ぎないらしい。
他の人々は、愛情・調和・独自性・楽しさ・成功・潔さ・安定感など、
知性以上に価値を感じるものをそれぞれ持っていて、
全体がお互いの長所短所を補完し合って、人間社会が形成されているらしい。

現実社会で生きていて、実感しないかい?
人生というものは、チームプレーなんだと。

239 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 11:25:56 ID:RyqmhxYd
見えないが焚書坑儒が行われている。
庶民には下手な知識を持ってもらいたくないのが資本家や政治家の本音だ。


240 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 11:35:44 ID:???
自分を持って生きるということが難しい
信念のないほうが生き易いことに疑問を感じる

241 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 12:22:58 ID:???
>>238
>でもだからといって、知識が乏しい人を蔑む、というのはどうかな。
その意見は一見すると正しいが、怠惰で知識が乏しい人を蔑むのは当然じゃないかな?
そう言って努力しない人を甘やかすから、今の日本はどんどんおかしくなってると思うよ。
もちろん、努力したつもりになってるだけの人、努力の方向が間違ってる人もね。

242 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 12:31:51 ID:TWBmZkMJ
【社説】「雇用の調整弁では人間の尊厳も生活の安心もない」 労働者派遣法改正で労働者に安心と尊厳を…毎日新聞
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263317987/l50

243 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 14:52:56 ID:+XY6oqvb
>>236
意見の対立こそが民主主義の根幹なのにね。
閣内不一致はただ単に首相が大臣を議論で論破する能力が無いだけ、つまり無能を曝け出してるだけ。
そもそも意見の対立する大臣をクビにできる絶大な権限を首相が持ってるんだから議論にすらならない。

民主主義は対立する意見を権力と多数派の数の力で押さえ込んで支配するシステムにほかならないのに。
でも日本人は対立する意見の存在そのものが「悪」って前提。
議論して相手を論破しようとすれば「上から目線」だの「人格否定」だの叩かれる。
だから権力の行使も「悪」、多数派の数の力も少数派を切り捨てるから「悪」。

こんなんで国の意見なんてまとめられる訳がない。
そりゃ米国には呆れられ中国韓国に舐められるのは当然。

244 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 15:37:53 ID:+XY6oqvb
ファシズムやドイツのナチズム、共産主義の一党独裁体制を
民主主義の対極だと俺は思ってたんだけど調べたら違うらしいな。
ああいう全体主義こそがある意味、民主主義の究極の形態らしい。

んで民主主義の本当の対極は神や宗教による支配「神政政治」らしい。
日本全体はいまだ正体不明の宗教による「神政」で支配されてると思うんだが。

俺が調べて勝手に結論だしたけど自信が無いんで、みなさんの知識でツッコミや補強お願いします。
>>237
なんで宗教は「優秀な人間」=恐れ、悪なんだろうね?
外国人は馬鹿な風習と捨てたのに、なぜ日本人だけ?
歴史がキーワードなんだけど素人の俺じゃまとめ切れない・・

245 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 15:54:57 ID:???
民主主義の対極は、封建主義だろ

246 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 16:00:00 ID:???
>>241
きみこそ怠惰だろ
正しく>>238を読解していないw

247 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 16:08:40 ID:RyqmhxYd
キリスト教もイスラム教も優秀な人が悪であるなんて定義は
もともとないでしょ。
後の権力者、支配層が都合のいいように宗教を利用していただけだ。
日本は言葉で宗教と教えていないだけで宗教でがんじがらめ。
そういう世界だと魔女狩りのような生け贄行為が横行してしまうのだよ。
まともな人は気づくがほとんどの人は気が付かないか気付いていても
自己保身の為に馬鹿な行為に加担してしまっている。
能力ある人間がその能力を発揮するどころか抑えてしまっているから
もったいない事この上ない。

248 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 16:42:03 ID:+XY6oqvb
>>245
ここでは悪名高いウィキペディアを覗いてみたんだが
封建主義と封建制は意味が違うし西洋と中国の封建制も意味が違うらしい。
主従関係の意味で政治体制とは違うらしいな。
てか読解力が無いんで俺には現代の地方分権と封建制の違いがわからなかった。
もう少し説明たのむ。

249 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 16:59:57 ID:+XY6oqvb
>>237>>247
両方とも言いたいことは理解できるんだが
能力のある異端者は弾圧されるが共通の認識なんだよな?
でもそれだとなぜ日本が急激な経済発展で先進国(?)に成れたのか説明できないような。
優秀な奴が生まれる土壌が育たないだから平和なんだけど世界最貧国のままだったはず。

250 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 17:14:56 ID:???
相変わらず暇を持て余している馬鹿か

毎日2ちゃんで一人会話ゴッコって虚しくならないか?

251 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 18:44:34 ID:???
ジャップのタチの悪いところは
マイナーなうちは異端者として「何でそこまで?」ってぐらいに嫌悪・迫害するくせに
ノーベル賞だのとったりした途端「日本の誇りだ!≒俺たちの成果だ!」とかいいだすところだ。

何も支援してねぇどころか邪魔するくせに、おいしいところだけとっていきやがる。
せめて自分に害が及ばない限り無視するくらいできんのか、反吐がでるわクズが

252 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 18:51:30 ID:???
やはり朝鮮族の日本語は拙い
まさか・・・その程度の語学力で日本で日本語の教育を受けた・・・なんて・・無茶は言わないよね?

253 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 19:20:08 ID:???
図星を突かれた時の、稚拙な反論が嫌い。(語彙力がない分、いらっとする)
自分では意見を言わず、揚げ足取りだけの馬鹿が多い。(人を見下すことが目的なのか?)

254 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 19:40:21 ID:???
日本批判する奴は朝鮮人って事にしてメンタリティを保とうとするのが
正しいと思って書き込んでるんだろ?
恥ずかしいとも思わないのかよ。
本当に卑しい民族だなぁ。

255 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 19:56:21 ID:???
だからレッテル貼りはやめr(ry

256 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 20:04:58 ID:???
>>251
それ考えると韓国のウリナラ起源連発を笑えないよな・・・・・・

257 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 21:00:15 ID:???
>>256
あれはアホみたいな屁理屈を繰り出してくるが、みんなしてやってるだけマシ。

日本には「能力のある人間は人格も高貴であるべき」みたいなのがあるが
あれは文句を言わせないで自分の成果みたいに振舞う為の策じゃあないのかと変にかんぐってしまう。

青色LEDを発明したやつは偉いが、俺はパートの底辺。
「俺は青色LEDを発明したやつもいる日本人なんだ!」って威張ったところで現実はなんにもかわんないよ。

258 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 21:18:57 ID:???
なにを言ってるのかわからんな。
そんなお国自慢はとりたてて特別でもなんでもない。どこの国にもあるだろう。

259 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 21:25:12 ID:+XY6oqvb
>>254
そういえば派遣村叩きと当時の朝鮮併合時代の朝鮮系日本人差別の構造は似てるよな?
どちらも同じ日本人なのに「派遣」「朝鮮人」ってレッテルで2級市民の扱い。
でも法律上はどちらも日本国籍を有して基本的人権もある。
なのに生かしてやってんだから感謝しろ、内地で日本人と同等に働かせてるんだから感謝しろって
「感謝するのが当然だ」を強要される。
同じ日本人なんだから生きる権利も働く権利も平等なのにね。
そりゃ派遣の人は屈辱を感じるし朝鮮人も日本を恨むよ。

260 :マスゴミ!:2010/01/15(金) 21:42:46 ID:???
どうなってるんだ!!!
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1259280100/l50



261 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 21:59:45 ID:???
ヤレヤレ
また拙い日本語もどきを使って下層民がぞ自己不満を転換し国政不備に入れ替えているのか
こういう底辺がいるからコッパハッパなんて捌け口が作られた事実も知らないのだろうね
当然吠えるだけの犬畜生風情じゃそれが精一杯の反抗手段なんだろうね
誰も気にしないし誰も相手にしない
無知で無教養の存在しなくても一向に構わない社会の底辺の塵蟲が唯々便所の落画きで無駄な時間を潰すだけのクソスレも
こんな下衆には必要なのかもしれないね

262 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 22:07:25 ID:???
まあ結局日本人は相手が誰であれいじめ大好きなんだな。
相手が分かりやすくレッテル張りに適していれば尚更ってわけだ。
いじめ大好きだからこそ、強いものは弱く、弱いものには強い。
強いものには疑問を持たずに従う。下手に疑問を持っちゃうと
自分が強い側にいるんだっていう自信を崩すことになると言う恐怖感が
あるんだね。

263 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 22:09:43 ID:???
>>261
どれのこと言ってるんだ?誤爆してますよ。

264 :名無しさんの主張:2010/01/15(金) 23:05:32 ID:???
>>259
現在資本が入っている途上国の話もね。(ジュビリー2000あたりで比べると特に)

265 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 01:21:17 ID:???
>>235 儒教なんて意識して勉強したことないのに、なんでこんな強力なんだ?

ウンチクになって恐縮なのですが(←防衛線張りの作法w)
構造主義のミシェル・フーコー(の解釈本)で有名な例に
「国家による身体操作」という概念があるんですよ。

日本の場合は天皇中心の富国強兵政策ってのを思い出してみてください。
明治6年に山形有朋が国民皆兵を提唱し、農民を軍事組織化した。
明治19年に文部大臣・森有礼が軍隊用の「兵式体操」を学校教育に導入。
朝礼や体育をしつこく意図的に繰り返していきます。
それ以前は武士も農民も「ナンバ歩き」だったそうですよ。

これら「管理教育」を推進したのが儒教×国家神道だったわけですね。
(仏教は廃仏毀釈により力を削がれてますので)
だから、、、、本来の論語や学問としての儒学はあまり関係ない。
もっと恐ろしい話で、上下関係や従順や忍耐を体に刻み込んだわけです。

ところで、朝礼、校長の訓話、体育座りの導入、不良化を防ぐための
体育会系部活動の強化…という流れは戦後も一貫してます。
授業でも指名されたらハイッ!と元気よく起立することが求められる。
体育祭行進はナチスドイツのベルリン五輪の模倣らしいですが。

266 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 02:04:50 ID:T8KvF1ec
なぜ朝鮮人は日本人を嫌うのか?
それは日本人の「平等」の考え方が異質だからである。
「神の下でみんな平等、だからみんな神様に従いましょう」
「法の下でみんな平等、だからみんな法律に従いましょう」

これと同じ論理で朝鮮人に

「日本人の下でみんな平等、だからみんな日本人に従いましょう」を
何の疑問も矛盾も感じず、しかも無意識に当たり前のように強要(強要の意識すら無い)する。

ゆえに「神様に感謝せよ」「法律に感謝せよ」が成り立つんだから
当然「日本人に感謝せよ」も成り立つ。

たぶんこんな世界最強な理屈を受け入れるのは大和民族だけ。
朝鮮人も最初、意味もわからず混乱反発したらしいけど結局屈してしまった。
おかげで精神が破壊され今はファビョるとか火病とかいう精神病に侵されたらしい。
もしこの説が正しいのだとしたら
韓国、朝鮮の方、迷惑(じゃすまんな)かけてゴメンな。

267 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 02:21:33 ID:???
ある意味、朝鮮人は幸せだったんじゃないのかな?
台湾も戦後すぐの頃は日本を憎んでたけど、その後大陸から来た中国人と接して、
日本の占領時代にはなかった大虐殺を経験した結果、
反対に日本を尊敬して大好きになる人たちを生み出してるんだよな。
朝鮮戦争が表向きの南北朝鮮の戦いではなく表立ったソ連や中国の侵攻だったら、
朝鮮人も同じように日本大好きっ子になってた可能性はある。
そうならなかったのは、やはり幸せだったんだよ。

268 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 04:32:54 ID:T8KvF1ec
>>265
>>だから、、、、本来の論語や学問としての儒学はあまり関係ない。
>>もっと恐ろしい話で、上下関係や従順や忍耐を体に刻み込んだわけです。

なるほど、それを教義として体系化したのが天皇の教育勅語 (よく知らんがw)だよね。
西洋も騎士や傭兵だけじゃ戦力足りないから農民を大量動員した。
結果的にそれが中世から近代と国民国家への先駆けだと。
その時西洋も農民を軍事組織化するために後の日本と同じように
農民に上下関係や従順や忍耐を体に刻み込んだはず。
その内容が天皇の教育勅語みたいな国家への忠誠や国民である事の自覚なんだろうね。

ということは日本を支配してる宗教は「天皇制」でいいのか?
なんか安易というか簡単すぎるというか、この答えでいいのかな?

269 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 06:02:16 ID:???
借金漬け日本
自民も民主も政治連盟や支持団体ばかり向いているから
莫大な財政赤字が累増し、いい政治ができない。
たとえばエコ家電、エコカー、地デジ、高速1000円ETC車載器
などすべて経団連の大企業に利益を誘導したもの。
子供手当てを富裕層までに配ることに固執するはとぽっぽは教育界への
利益誘導、これでは借金三昧で近く破綻である。
ここは理念の人
みんなの党か福島弁護士しかいない。

270 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 06:58:26 ID:K1Ag3QXY
古代からある国と納税という制度
国が崩壊する原因で最も多いののひとつが
その制度に対して国民が反旗を翻すパターン
アジアの国は上の権力に弱い傾向があり
それが故に長い歴史を持った国が多く存在しているといえる
そういう意味では日本も典型的なアジアの国の一つにすぎない
いかにして強大な権力の恩恵を得られるかを競う国民性は
自ら主体的になり個々が権利を勝ち取った歴史を持つ
欧米のそれとは全く異なる。

もし太平洋戦争でアメリカに負けてなかったら
未だに「天皇陛下万歳!」と高らかに叫ぶなかで
軍部や閣僚が酒池肉林を楽しむ時代が続いていてもおかしくない国
それが糞日本だ

北朝鮮をみてみろ。あれはとても日本に似た国だと思わんかね。
先進国として正式に認識される様になっただけで本来
俗にいう民主主義と権力の分立を兼ねそろえた先進国とは
似ても似つかないのが日本なのだ

ほんの65年前の戦争の写真をみれば
現在の北朝鮮顔負けの超全体主義キチガイ国家だったのが解るだろう
その頃のメンタリティは今だ健在だ

271 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 07:33:35 ID:T8KvF1ec
>>267
台湾人の日本大好きは大陸中国への「当て付け」だからなw
それを日本の馬鹿なネトウヨが曲解と拡大解釈で
「ほら見ろ、日本人は台湾人に感謝されてるんだ。感謝しない朝鮮人はおかしい」だもん。
おかしいのは日本人の矛盾を矛盾と感じない思考回路なんだよ。

・・実は俺も今日までネトウヨみたいな考えだったんだが
論理的に考えたら破綻してんだよな・・恥ずかしい。

272 :マスゴミ!:2010/01/16(土) 08:45:01 ID:???
国民を洗脳するな!偏向報道するな!
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1259280100/l50













273 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 12:20:40 ID:Cr1rAfbN
>271
まあそういう面もあるんだろうけど、
後から考えたら、いい面もけっこうあったっていう素直な感想じゃないかな。
そういう日本好きな台湾人が評価していたのは戦前・戦中の素直で実直な日本人だと思う。
決して今の日本人ではない。
戦前・戦中の日本人に学べることはあると思うよ。

274 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 12:22:31 ID:Cr1rAfbN
というのも、今の日本人は直接的な戦争はしていないけど、
お金や利益・その他での別の戦争をしているよ。悪い意味での個人主義と
明治かた続く全体主義の負の影響が受験教育で。。決して良くはなってない。

275 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 12:23:29 ID:Cr1rAfbN
○明治から

276 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 12:31:51 ID:Cr1rAfbN
>>265
戦後の学校教育の特徴として4つを考えてみた
以下は生徒個人からみた場合の個人的エネルギーの押さえ込みの原因となる主要因です。

乱読(広い意味での)
憎しみ(管理への)
創造・自発の制限(決まりきった内容)
行動の制限(身体的・時間的)

277 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 12:40:20 ID:???
制限に関してはGHQの作戦勝ちかな
日本統治の手段として指示は「〜してはいけない」を心掛けたそうだ
理由はそれを繰り返すと心理的に何もできない人が増えるから
「勉強しなさい」より「ゲームをやめろ」の方がやる気がそがれるしねw

278 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 13:47:04 ID:T8KvF1ec
>>270
おおむね同意なんだが疑問も出てくる。
>>アジアの国は上の権力に弱い傾向があり

これはやはり中国の儒教文化なんですかね。
それとも日本人には最初からその気風があるから儒教に飛び付いた?

>>もし太平洋戦争でアメリカに負けてなかったら

その糞日本に国民が嫌気さしてブチキレて
日本版「宗教改革」日本版「市民革命」みたいなのが起こるかも?


>>北朝鮮をみてみろ。あれはとても日本に似た国だと思わんかね。

似てるどころか鏡の裏表だね。でもそれだと北朝鮮も日本みたいな経済大国(?)に成長しないとおかしい。

>>その頃のメンタリティは今だ健在だ

今の自称保守は当時のいわゆる超全体主義キチガイ国家の良い面を懐かしがってるよな。
それが現代の日本に無いのはなぜなんだろうか?

279 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 14:11:22 ID:T8KvF1ec
>>273
そうだね。台湾人、朝鮮人の心の中なんて日本人の俺が勝手に想像してるだけだし。
本当の所どう思ってるのかわからない。

戦前戦中の日本人に学ぶ良い面とは?
素直で実直だからこそ戦争に反対意見も言えなかったのでは?
>>274
ということは現代の日本と戦前戦中の日本は何も変ってないことになるよね。
あと悪い意味での個人主義とは何かな?
俺は日本に個人は存在しないと思ってるんで。

280 :273:2010/01/16(土) 14:16:21 ID:Cr1rAfbN
>素直で実直だからこそ戦争に反対意見も言えなかったのでは?

つまりマイナス面とブラス面を見る必要があるといいたくてね。
戦争へつっこんだのは明らかにマイナス面だよ。
修身とつっこんだ個人的探求的学問の二つの可能性があると思ってる。
修身は良かったんだよ。ただ、疑問を持つとか、いい意味でひねくれた根性が不足していた。
ひねくれすぎてもだめなんだよ。今みたいに人間不信になり活力が低下する。

281 :273:2010/01/16(土) 14:18:08 ID:Cr1rAfbN
>悪い意味での個人主義とは

あなたが言ってるのとだいたい同じ意味と思う。個人になり切れてないお子様個人主義っていうか。
個人になるには、社会への希望が埋め込まれてないとだめだ。

282 :273:2010/01/16(土) 14:21:16 ID:Cr1rAfbN
修身とつっこんだ個人的探求的学問のふたつが完備されれば自立的個人にはじめて成ると、言いたいんだよ。

283 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 14:21:57 ID:???
>>279
>ということは現代の日本と戦前戦中の日本は何も変ってないことになるよね。
大正時代はまさに今と世相も考え方もそっくりだよ。
共産主義のフィルターはあるけど、だから『蟹工船』の本が若者の共感を得たわけだし、
言葉こそ違えニート、オタク、フリーター、派遣労働が日常化した時代なんだよな。

>あと悪い意味での個人主義とは何かな?
利己主義でしょ。
他人の自由は認めないくせに自分の自由だけは厚顔無恥に訴える利己主義そのもの。
これで他人の自由も認めたら、理想とされる個人主義だけど、
今の日本人は相手の自由は認めないけど黙認はしてるって感じかな。

284 :273:2010/01/16(土) 14:27:42 ID:Cr1rAfbN
支配者や教師が自信を持ちすぎた文化では個は衰退していくと思うよ。
石原新太郎とかは勇ましいことを言って。若者にもっと強くなれ、とか言ってるが・・
つまりね。強くなってほしいのは誰でもそうだよ。だけど権力者や教師がそんな風だとますます個人が育たず
弱弱しい大人が出てくると言う現実の矛盾に石原新太郎は気づいてないんだよ。
教師や権力者は可能性の種類に対して謙虚でなければならず、自分の経験則に自信を持ちすぎてはいけないなんだよ。

285 :273:2010/01/16(土) 14:28:55 ID:Cr1rAfbN
スマソ。○石原慎太郎。

286 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 14:30:57 ID:???
>>277
ゲド戦記っていう糞つまらん映画を思い出す。
「〜するな」「〜してはダメだ」的な禁止命令ばっかりw


287 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 14:53:13 ID:???
>>283
横槍だけど個人主義の胎盤は利己主義だと思いますよ。
ホッブズ曰く万人の万人による戦争状態が大前提でして
力で他を制圧したものが王となり貴族となる。
日本でいう武士と貴族を掛け合わせたような完全なる強者。
文化や思想や騎士道精神や道徳を広めるのも彼ら強者。
中間層以下は不平不満や利己主義がふつうなんですよ。

まあこの辺の議論は西洋のエゴと矛盾に深く悩んだ
漱石のような天才がいるのでそれを読むと面白いです。
漱石の最終境地は則天去私とされてますよね。
儒教的な倫理観、東洋的美意識に裏打ちされたLet it be。

免疫としての知識・教養があれば、
そう単純に日本人劣等論に飛びつけないと思いますけどねえ。

288 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:00:32 ID:???
ごめん、つながりが全然わからない。

289 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:01:38 ID:???
横槍だけど個人主義の胎盤は利己主義だと思いますよ。 って、、利己主義に基づけば今の社会みたいになるだけだろ。


290 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:04:56 ID:???
>中間層以下は不平不満や利己主義がふつうなんですよ。

まあそうだとしても、上の教導レベルが低すぎれば全体的な堕落降下をもたらすわけで。
ふつうってのはあいまいだけど、普通なりにレベルアップしたいもんだよね。

291 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:31:02 ID:T8KvF1ec
>>287
流れに関係ないけど
知識を書いただけなのになぜか自慢するなって感じで叩かれるよね。
俺は専門的な用語や歴史知らないから勉強になるし知識自慢(失礼)は大歓迎なんだけど。

なぜ西洋で個人主義が生まれ日本はいつまでたっても個人のコの字も無いんだろ?
中国人、韓国人にも個人の概念はあるのか?
利己主義を個人主義に成長?させるには何が必要なのか?
やはり宗教、キリスト教が関係してるんですかね。

292 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:35:48 ID:???
>>291
横レスだが、日本にも個の時代はあった。
ただ、和の思想(全体主義)の観点からは、疎ましい存在だったんじゃないかな。
和を重んじた質量分析器の某氏はフェローになって、個人主義のN氏は敗訴してアメリカに行ってしまった。


293 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:37:09 ID:???
>>291
>知識を書いただけなのになぜか自慢するなって感じで叩かれるよね。
いるね。「知識自慢だ」「知ったかぶりだ」と言いだすヤツ。
そんなに知的コンプレックスをさらすなと言いたいんだけど。

294 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:50:32 ID:???
>>291
戦後の復興時、個人主義を利己主義と勘違いしてしまったんじゃないか?
食べること、豊かになることが第一でさ
個人の自由には責任が伴うという西洋では当たり前の規範が根付かなかった
日本人はまだ個人主義を本当の意味で理解していない
そもそも西洋人でない日本人に西洋のままの個人主義はあわないんじゃないか?
今は利己的な集団主義になっていて個人がエゴをぶつけ合ってる一方、
集団の枠組みから離れるものはよしとしない精神があるような
個人主義は自分が自由である代わり、相手にも自由を認める精神があると思うんだが、
日本は多数が勝つ、もしくは強いものにつくという精神が占めていて、マイノリティは排除される
精神の根底が集団主義だから

295 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:53:27 ID:T8KvF1ec
>>293
真面目に議論してたのに突然「偉そうだ」と人格攻撃になるんだよな。
まあ俺もついついヤッちゃうんだけどw
これ見ると日本人に議論は不可能なんだよ。
対立する意見を論破するのが目的じゃなく、対立する相手の存在自体を抹殺する。
個人を尊重してはじめて議論が成り立つ。
日本で個人主義が成立しない理由がわかったわw

296 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 15:54:23 ID:???
知識を書いただけなら、叩かれないよ
むしろ「勉強になった」って感謝されるだろう
叩かれてるのは、知識とくっつけて「そんなことも知らないのかバカめ」
と、他人を見下す態度だよ
叩かれて当然だと思うけどね

297 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:11:57 ID:???
>>295
そうだよね。知識があるのはいいことだし、叩かれる理由はない。
それを逆手にとってただの知識の断片をさもすごい知識化のように誤解して
こんなことも知らないのかばかめって言ったりするやつは論外だけどね。

298 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:21:12 ID:???
思うに知識はただの知識で、それを現代に生かすには
前提としてその知識に対する何らかの解釈がひつようだろうね。
だから知識と解釈を当然のセットとして、知識を前面にだしちゃうと
意味が通じなくなる。この事実(または知識)をおれはこう解釈する。
だから今の状況で言うとこうだと思う。っていえば誤解が少ない。知識と価値観は
別だからね。

299 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:21:57 ID:T8KvF1ec
>>287
>>漱石の最終境地は則天去私とされてますよね。
>>儒教的な倫理観、東洋的美意識に裏打ちされたLet it be

つまり天(支配者)のためなら個人を捨てろって考え方ですよね。
それが根底にあるから御国のため会社のためで急激な発展が可能だったと。
個人主義とは対極だけど悪い意味では無いと、経済発展という結果も出てるしね。

俺は日本人が劣等とは思わないんだが発展という目的を達成して
これから下り坂の日本に「則天去私」はもう合わないんじゃないかと思うんだが。

300 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:25:22 ID:???
則天去私ってのは白髪三千丈みたいなもんで、おおげさにいえばって感じかな。。
仏教の高僧を見ると、人間の個性というものはどれだけたくさん修行をつんでもなくなる
ものではない。
個性を活かしながら、社会につくるっていうのが今風というかこれからのスタイルな気がするが。

301 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:26:20 ID:???
○個性を活かしながら、社会につくす

302 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:54:03 ID:???
>>288 
つながりはなく連想だったのでアンカーはなかったことに。

303 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 16:59:23 ID:???
>>295
朝まで生テレビとかの討論番組見てるとそんな傾向が強いのが本当によく分かる。

ってか反論するにしても相手の話を遮ってギャースカギャースカやるもんだから
いっつもgdgd&殺伐とした雰囲気になっちまってるし。

異論反論唱えるなら相手の話を最後まで聞いてからにしろっての。
(ってか毎回そういうgdgd状態になって話が見えなくなるから馬鹿らしくなって見なくなったし)

304 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 17:10:29 ID:???
>>303
それはgdgdが面白いと思ってる製作側のマスゴミのせいもある

305 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 17:10:51 ID:???
「個人主義は○だけど利己主義は×」というのは間違いらしい。

「良いとされる洗練された個人主義」にも
日本人にはエゴ・悪・冷淡・不自然…と感じるものが含まれてる。
だから漱石のような天才が個人主義を否定したのはそのため。

あと個人主義と利己主義は必ずセットだってこと。
社会の上澄みエリートに近いほど洗練された個人主義になる。
でもエリートでも個人主義の裏に利己主義エゴが最後までドンと座っている。
最悪の場合には腕力・喧嘩・実力・戦争で叩きのめすしかないと思ってる。

そこまで行かないための前提として
「迷惑と感じる水準」を上げて大らか・寛容・鈍感になるのと、
コトバによるプロレス演技に慣れないと、
自由を認め合うのは苦しいと思うんだけど。

あと「義務を果たさないのに権利ばかり主張して…」
こういう発想は日本独特の曲解ですよね?
誰がいいだしたんですか?

306 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 17:34:08 ID:???
大らか・寛容・鈍感っていうのは外国人の特徴だね
日本人はその代わりに謙譲語や丁寧語で最初から怒らさないような話し方をしてきた
そのへんの手腕、プロセスが違うな
比較としては面白いな

307 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 17:45:09 ID:T8KvF1ec
>>305
>>個人主義と利己主義は必ずセット

セットであり、むしろ表裏一体のモノだと思うんだが。
個人主義者であるものは同時に利己主義者でなければならない。

つまり日本人には個人主義者の芽である「利己主義者」すら最初から存在していなかった。
漱石はそのことを見抜いて個人主義の導入を否定したんじゃなく諦めただけなんだよ。(さすが天才だ)

出る杭は打つの村社会でエゴ(利己主義)なんか許されないんだから当然だよな。
でも近代化するためなら手段を選ぶ余裕がないから
しょうがないから「則天去私」で日本人の集団主義を利用するしかなかった。

日本人の行動は利己主義に見えるようで実は全然違うものなんだよ。


308 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 17:54:29 ID:???
>つまり日本人には個人主義者の芽である「利己主義者」すら最初から存在していなかった。
個人主義社会は意外と家族の絆が強い。まあ、血のつながりしか頼るものがないから当然だな。
でも、日本には「遠くの親戚より近くの他人」という言葉に代表されるように、
コミュニティ第一で個人主義的な性格は持ち合わせていない。

だけど今の日本はコミュニティも壊れて家族の絆も壊れた孤立主義なんだよなあ。

309 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 19:07:57 ID:T8KvF1ec
>>292
日本でも個人の時代。たとえば戦国時代の武将とかかな?
戦乱の弱肉強食で共同体が崩壊するからな。近代の国家間の戦争とは違うのかな。
>>294
いわゆる戦後民主主義(この表現も意味がわからんw)かな。
そうだよな。個人のエゴが利己主義なんだから
個人の存在しない日本人の集団の一つ(個人じゃないから物体だなw)のエゴは
なんと表現していいんだろうね?わがまま?子供の駄々かw


310 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 19:38:44 ID:???
個人主義=利己主義(裏表の関係)と思えばそうなるし
別の概念だと思えば違うってだけの話
そもそも個人に関わることだけに個人主義って言葉の定義は難しいよ。
ニュアンスの問題にどうしてもなる。

311 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 19:42:08 ID:???
まあでもアメリカの最近の例は、日本の戦国との類似性を感じるわけだが。。
結局個人の関心と利益を極大化すれば、一将功成って万骨枯る、って状況に
どうしてもなるよね。だって偉い個人が社会のルールをつくってしまうわけだから。

312 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 19:43:55 ID:???
>>309
鳴かぬなら(ryの後に続く言葉の違いでも、武将の考え方の違いはあった。
信玄や秀吉なんかは全体主義だし、近年の個の時代はフリーターとかバブル全盛の頃。
女性の社会進出も、ある意味個の確立だっただろう。


313 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 19:49:48 ID:???
個が確立していけばいい社会に
るのであれば、普通に考えると個にとっていい社会になるはずだが、
資本主義の原理で金持ち個人だけが個を発揮すると、彼らは中流以下を
個にしたくないからどうしても矛盾が生じるんだよね。

314 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:09:57 ID:???
>>313
そうそう。管理主義はどう転んでも支配層に都合がいい。
トップが幕府だろうが天皇だろうが官僚だろうが
資本主義だろうが共産主義だろうが、意のままに操れる利点は同じ。

315 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:36:27 ID:???
何かこう精神革命のような事はおこらないのか?

316 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:42:40 ID:???
日本壊滅ってくらいの大地震が起こったら変わるかもね

317 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:46:23 ID:???
言いたくはないが、戦争待望論とか首都壊滅待望論はあるだろうね。
東のエデンなんかもそうだったし。

318 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:53:49 ID:T8KvF1ec
西洋では個人主義者とか利己主義者のレッテルは近代に入ってから考案されたのでは?
また素人の宗教談話になって恐縮なんだが
中世以前はキリスト教の神が直接・間接的に人間を支配してて個人の概念が無かった。
近代になって神の支配と人間の支配を分離したとき初めて
神に支配される者=「人間」 人間に支配される者=「個人」になったんだよ。

日本にはそんな歴史が無いし、構造も全然違うから個人なんて生まれようがないよな。
古代から現代まで「則天去私」で一貫してる。逆に下手にいじらない方が良いかも。

319 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 20:59:39 ID:???
>>318
ちょっと聞きたいんだけど
則天去私ってどういう意味?

320 :319:2010/01/16(土) 21:02:45 ID:???
私も素人解釈だが、、
夏目漱石は晩年胃潰瘍に苦しんだとか。。
胃潰瘍になる人が則天去私っていうイメージがわかないんだよね。
実際、漱石の文章を読むと頭はいいと思うが、知に立ちすぎている印象は
まぬがれない。考えすぎのような気もするんだよね。スパッといく明るさがないっていうか。
あくまで個人の感想だけど。

321 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 21:07:10 ID:T8KvF1ec
>>319
夏目漱石先生が最後に辿り着いた境地とか
天があれば私の存在はいらん、かな?

てか漱石の本なんて「我輩は猫である」の最初の一行しか知らねーよw
恥かきたくないから専門家の人助けてくれw

322 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 21:11:31 ID:???
悟りみたいなものだね。
俺も胃潰瘍で死にかけた事があるが、潰瘍の出血多量で死ぬ前の悟りみたいな臨死体験はした事があるよ。
ttp://www.sanabo.com/words/archives/2001/09/post_700.html


323 :319:2010/01/16(土) 21:14:16 ID:???
これも個人の感想だけど
則天去私=無我・・法との一体感
って表現できると思う。
老子なんかを読むと、無為自然って感じだけど、、ただ
中国人の無為自然って無欲ってんじゃなくほどほどに楽しく食って
歌ってありのままに、なんだよね。彼らは欲望をまったく否定しない。
いきなり無我とか、欲望をなくしてっていうと悲壮感がある。
理想的にはそうであっても現実にはそうならない。
欲望を満たしながらも天や法に従うって言う方がリアリティがあるんだよね。

324 :319:2010/01/16(土) 21:17:55 ID:???
>>322
ありがとう。なんとなくわかりました。

325 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 21:27:02 ID:T8KvF1ec
>>323
なるほどね。中国人と日本人の価値観は違うんだよな。
でも俺もそうなんだけど日本と西洋はよく比較するのに
中国とは比較したがらないよな。同じ儒教文化圏なのにな。
てか儒教の中身知らなくても日常生活困らないんだから何がなんだか。

326 :319:2010/01/16(土) 21:31:49 ID:???
>>325
漢籍=儒教、儒学って捉えないで
老子・荘子、十八史略、秦漢帝国、三国志
かなり素人的な読み方だけど、中国史からのインスピレーションは多いね。
儒教ってあくまで 難しい理想
中国人は儒教プラス道教(建前プラス本音)ってよく言われるよね。
でもいい人から悪い人までいっぱいいそう。。中国は広いから思想的には
はかりしれないよ。

327 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 21:58:46 ID:???
>>318
西洋で個人主義が生まれたのは、12〜13世紀のペスト禍の影響だそうだよ。
だから、それ以前には個人主義的な考えは色濃くない。

で、ペストで個人主義が生まれたというのは2つの考えがあって、
病気になった家族を隔離したり追い出して自分だけが逃げた後ろめたさから生まれたというものと、
助け合おうとした人たちはペストにやられて、利己的な人だけが残ったというものがある。
まあ、どちらにしてもわずか1週間で人生観が様変わりしたらしいね。
ペストの流行はヨーロッパ全体では何十年もかかってるけど、
一つの町や村だけを見れば発生から終息まで1週間だったそうだ。

328 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 22:23:21 ID:???
中国人は昔から物質的だそうです。
気ですらも物質の延長で考えてる。
雰囲気とか空気とかの抽象や情緒とは対極。
文法にも過去形や未来形がないのでは…?
だから即物的で乾いた発想がなじみやすい。
あと中国人の起源の研究はわざと放置してるのか
イキナリ始祖が大陸中央に出現したことにしてるw

329 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:25:57 ID:T8KvF1ec
>>326>>328
頭痛くなるぐらい思想思想思想だもんな(しかも全部漢字w)
何千年もかけてみんなのエゴを思想で何とかしようとしてたんだな。
なら中国人に民主主義なんか必要ないのも何となくワカルなw

議論もできず機能しない、意味もわからず有難がる日本の「民主主義」より
中国人の「民主化?イラネーヨ、エゴは力で抑え込む」(思想なのか?)のほうが
割り切ってるというか、現実的というか、自分を解ってるというか
日本人よりマトモなんじゃねーか?

330 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:28:04 ID:ALQktxft
明治・大正あたりの庶民は、夏目さんが何言ったか知らんが、
「人様に迷惑かけるな」「自分より弱いものは助けろ」と言う考えと、
利己に偏れば叩かれる程度の、全体と個人のバランスがあったと
モレは思うがなぁ。
じっちゃんばっちゃん計4人が無宗教でそういう教えだったし。

明治に入る前の庶民なんて、もっと個人に偏って、でもうまくいってたん
じゃないか思う。ソースはないけどぬ。

高家名家しか歴史に残らんからな。庶民にしたら今の日本はクズだよ。
ソースは100近いばっちゃん。

331 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:29:44 ID:???
>>329
もう少し勉強しな。簡単な本でいいから。やってみな。

332 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:39:41 ID:???
さっきTBS見たが、案の定たけし、渡辺が自己責任論振りかざし
実況板が自己責任論のオンパレード。

333 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:43:32 ID:???
たけし、、まだ自己責任と言ってんのか、、
なんつーか勝ち組ばっかりだな、自己責任論者は。

334 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:51:18 ID:???
>>329-330
中国は、指導者変わったら教科書から変わる国だから。
為政者の洗脳教育。

日本は理想を教えながら、実社会に出れば理想は脆く現実とのギャップが激しい。

ttp://www.jcp.or.jp/akahata/akahata_80th/200802_80th-taidan2.html
ttp://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001580
ttp://www.jinzai-bank.net/careerlab/info.cfm/tm/144/
ttp://mainichi.jp/select/biz/katsuma/crosstalk/2009/11/post-30.html

335 :名無しさんの主張:2010/01/16(土) 23:57:37 ID:???
マアそれは既得権益を守るために自然ですけど
最悪なのは中間層以下が彼らを批判せずに
黙って(たしかにそうですね)と応ずる所
卑下のパターンが刷り込まれてる
このカードを切られたらうまく言い返せない

> 自業自得 社会人の癖に 常識 義務を果たさずに権利ばかり

336 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:01:33 ID:???
いや、切り返せばいいと思うよ。
自己責任論者糾弾スレとか。自己責任ってよりはほんとは弱い民は協力を
覚えなきゃいけないんだよ。

337 :生活全般板より:2010/01/17(日) 00:02:47 ID:???
739 ::2010/01/16(土) 19:42:11 ID:oMMLg0N9
でも、テレビなど多くのマスコミが廃れてきた今になっては、
「価値観の多様化」というと聞こえはいいのだが、実は他人に対して
関心をまったくもたない人が増たのだと思う。
というか、誰が、何をやっていても、どうでもいいみたいな。
だが、それだと「総中流意識」の中に仕組まれていた消費のからくり
が完全に解かれてしまうので、同時に商品やサービスも売れない状態
になってしまっている。もう、みんな人の目を気にしてバカみたいに
高い車や洗濯機を買う必要がない。わざわざ高い披露宴挙げる必要も
ない。飲みにもいかない。

だから、このまま進めば、まず確実にそれまで、そこで利益を得てい
たような巨大な企業が大打撃をうけて縮小したり、倒産していく。
自動車会社、ビール会社、服飾業界、家電メーカー、ぜんぶヤバイ。
いまどんなに良くても、ヤバイ。
これらが相次いで倒産していくと、そのうち大企業に対しての信頼
がなくなっていき、本来の意味での学歴の効果も今よりもさらに薄れ
ていき、情報やコネだけが一部の上層階級への雲の糸の状態になって
いき、のこる大勢の下民は、それなりに豊かなその日暮らしを続けて
結婚や出産も“趣味”のうちの一つのようになっていく。


338 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:15:49 ID:???
>>335
散々努力や自己責任を煽ってきた勝間さんでさえ、一番下のリンクでそれが危険だと悟っているんだがな。
結果として自らの首を絞めているのだから、国が倒れてからでは遅いんだよ。


339 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:19:21 ID:???
自己責任論にすがる自称勝ち組こそ大本営発表の相似形だよ。
たけしの仕事はどんどん劣化してる。あの人自分の考えってあるのかね?

340 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:24:03 ID:???
>>339
劣化というより、周囲を上手く動かしているんだろうな。
自分が動けなくなった時の事を考えて、軍団には月収30万以上になったら5万納金するよう契約しているらしいし。
多分プレイヤーから監督側に回ってしまったのだと思う。

341 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:26:10 ID:???
要するに普通の資本家になったわけか。変に弱い者を叩いても何も出てこないのにね。
叩くと売れるから、弱者叩きを商売にするおじさんおばさんが多いんだね。

342 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:31:09 ID:???
たけしは以前は「夢を持て」と言ってたくせに
さっきのテレビでは「夢見る前に働け」だとさ。

343 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:32:14 ID:8j4cyun7
>>327
なるほど、ペストが個人主義を生んだのか・・盲点だった。
たしかに人口に3分の2が死んだら相当のトラウマだわな。
今までの価値観が崩壊するのも納得できる。

西洋の村社会がペストで崩壊したから
個人の信仰にすがるしかなかった、の解釈でいいのかな。

だとしたら日本の村社会が崩壊したとき、どんな新しい価値観が生まれるんだろうね。

344 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:33:39 ID:???
>>339
自分の考えなんてない。たけしも松本人志も太田光も勝ち馬に乗るのが大好きな勝ち組様でございます。


345 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 00:43:57 ID:???
たけしが自己責任論ぶちまげるならそれはそれでいいさ。
貧乏人やフリーターや派遣や失業者の問題は社会が悪いのではなく、個人の努力根性がないせいなんだな。

だとしたら、たけしは自分が幼いとき貧乏暮らししていたのはたけしの親が努力や根性がなかったらだと言えばいい。

346 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 01:02:45 ID:jvFvRte8
>>345
じーさんよ。おまえらの直接の後輩である年代の連中が経済を伸ばせないのはこれはどういうことか?説明してもらおうか。

347 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 01:03:32 ID:jvFvRte8
失礼。誤爆。

348 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 01:45:50 ID:???
また自己責任厨浜松様が御降臨か。

349 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 03:41:44 ID:8j4cyun7
>>331
日本の民主主義を否定して中国共産党を肯定する
俺の意見はたしかに無知だな。

なら勉強のため、あなたの知識でなぜ日本の民主主義を肯定され中国共産党は否定されるべきなのか
その理由を知りたいんだが。

いかん。俺は無知だと言われ感情的になってるなw
俺は議論がしたいだけなんだ。

350 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 04:11:45 ID:8j4cyun7
>>340
たけしの仕事は劣化しつつ周囲も上手く動かざるおえないように
強制されてるのが見てて痛いんだよ。

>>多分プレイヤーから監督側に回ってしまったのだと思う

そんな生易しい状況ではなく、すでに人間では無く神格化されてる証拠なんだと思うんだが。
芸能界では神なんだから誰も批判できない。
どんなに芸やトークがつまらなくても笑わないといけないよう「強制」される。
いったん神の支配が形成されると存在だけが意味になり内容が無くなる。

そういう神格化による神の支配が容易になったのも戦後の特徴だと思うんだが。

351 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 04:12:28 ID:ezqGYdFs
皆さん、検察、官僚、マスコミ、自民党にだまされるな!!
東京地検、検察は、暴挙である。検察は間違った権力者である。

国民の皆さん、検察にだまされるな。検察からマスコミに情報リーク。
マスコミは、踊らされて、面白おかしく、誇大報道をしている。

検察、自民党、官僚、保守の重鎮、マスコミはグルである。ニュースの裏を読め。
民主党はまだ3ヶ月過ぎた所、これから、政権交代、政治改革を始めようとしている。
4年間で、本当の日本の民主、国民の政治を確立させましょう。

マスコミは、また月曜日には、世論調査と称して、民主党下落、を報道するでしょう。
戦後、60年やっと政治改革、政権交代が始まったのです。
日本の将来を考えたら、小沢、民主党下ろしは歴史上の汚点になります。
どうか、検察の暴挙、マスコミの報道に迷わされないで考えてほしい。
来る参議院選挙は、どうしても民主党中心の現政権を支持しよう。


352 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 04:17:48 ID:8j4cyun7
ちなみに昔のたけしは大好きだったよ。
出てるTV番組は全部見てて腹抱えて笑ってたし
雑誌や本の世評なんかもスゲエ面白かった。

今はもうたけしがTV出てるだけで気分が悪くなってNHKにチャンネル変えるw

353 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 05:59:04 ID:8j4cyun7
連続投稿してウザくてごめん。考えると夜も寝れないんだw
>>332-333
責任って言葉に日本人はわざわざ自己って付けるのが陰湿なんだよ。

日本人は個人の責任は認めず集団の中の連帯責任しか認めない。
つまり意見を言う行為自体が集団を否定し集団の保護を拒否する自殺行為なんだよ。
だから自分の意見を主張した瞬間、集団から排除され存在を抹消される。
よって自殺しか道がなくなる。それを恐れるから誰も意見を言えない。

日本の自殺率が高い原因は日本人の自己責任の思想で説明がつく。
切腹という自殺行為を儀式化する文化なんて世界中さがしても例が無いよね。
これは日本人は集団主義で個人が存在しないことを如実に証明してるよな。

354 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 06:56:56 ID:flKZk4JD
切腹の儀式なんて、権力側の人間の話じゃまいか。
もし切腹が庶民下々まで浸透していたなら、狂ってるとは思うけど。
権力には大きな責任が伴う、という庶民から見たら素晴らしい思想だと
思うふ。
外国はよく知らんが、外国で権力が覆る時って、見せしめ処刑だろ?
野蛮さを語れば、処刑の方が野蛮に見えるが。。

355 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 07:56:18 ID:???
>>336
そうだね
自己責任っていうのは上に立つ人に必要な論理だとおもう
統治する者には自分に厳しく利己に傾かないように全体で物を考えることが必要
昔からの裕福層は躾が厳しいが上に立つものとしての教育(帝王学)だったんだとおもう
庶民にいらないってわけではないけれど、不遇の環境をすべて自己責任とするのは無理がある
誰しもが能力も違い、生まれ持った環境も違う
足りないところは補い合い助け合うことのほうが有益だ

356 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 07:57:35 ID:8j4cyun7
>>354
切腹という権力側の儀式が自己責任を一手に引き受けてくれたおかげで
庶民下々は無責任でも気楽で安定してて、おおらかだったんだよ。
だからこそ武士は切腹を真似できない庶民から見たら素晴らしいし尊敬された。
逆に考えれば武士は庶民に尊敬されるため、武士階級を維持するため切腹が必要だった。

問題なのは現代の方で、武士階級が崩壊したのに自己責任の切腹行為だけが
今度は本当に我々庶民下々までに浸透してしまったことなんだよ。

これこそが、まさに狂ってるんだよ。
外国の見せしめ処刑も狂ってるが、はたしてどちらが健全(?)かな?

357 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 08:44:35 ID:8j4cyun7
>>355
自己責任は上に立つ人に必要なのでは無く個人に必要なんだよ。
個人の集団から選ばれた統治者は自己責任が「重く」なるだけ。
責任が重いからこそ躾やエリート教育(帝王学)が必要。

日本の庶民は個人じゃない集団なんだから自己責任は存在しない。
不遇な環境は「我慢」するしかない。
「不満」を言うことは集団から脱走して主張するしかないから
必然的にその「不満」は居場所が無くなり存在できない。
つまり日本流の自己責任「切腹」しか手段がない。

つまり日本人の「自己責任」は「死ね」と同じなんだよ。
この論理は恐ろしいと思わないか?

358 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 08:55:10 ID:???
「個人」にこそ自己責任かその通りだね
つまり日本は「個人」と「集団」と二つの論理が必要なんだね
今は集団であるのに個人の論理を適用するからおかしくなってるのか

359 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 09:00:23 ID:???
アメリカ的な能力主義を取り入れるなら個人主義も一緒に取り入れないといけなかった
しかし、ものの考え方というのはそうそう変えられない
能力主義と集団主義があわさるとできないものは集団にいることは許されないとなる
と連想した

360 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 09:23:08 ID:8j4cyun7
>>358
俺は書きながら心底恐ろしくなってきたんだよ。だから今日はまだ寝てないw

責任=自由なんだよね。
だから責任が無い者は自由が無い。つまり奴隷や家畜なんだよ。
日本人は個人じゃないから自己責任はない。あるのは集団の連帯責任だけ。
つまり日本人は奴隷や家畜。

こんなことは日本人である俺もみんなも内心うすうす感じてたんだよ。
この日本の狂った構造を自己責任論者に聞かせても
どうせ負け組み乙プゲラwみたいな反応しかしないんだよ。絶望。

361 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 09:52:24 ID:???
>>360
寝れないのは辛いよなぁ。。モレもたまにあるです。
スレ違いすまん

362 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 10:07:22 ID:???
>>360
集団の連帯責任と奴隷や家畜を一緒にするのは早計な気もするぞ
とりあえず体の為に寝ような
起きたらまた議論しよう

363 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 11:15:02 ID:???
話豚切って悪いが、検察、確かに疑問感じる。
昨年のスマップ草g事件と同じ、スタンドプレイっぽくないか?

364 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 11:19:32 ID:???
小沢も怪しいが検察もたしかに怪しい。

365 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 11:57:42 ID:???
事業仕分けで警察関係の何かが却下されたんじゃないの?
その嫌がらせとかw

366 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 12:18:31 ID:jvFvRte8
>>349
いや、そうじゃなくてさ。
関係ない話題をいきなり持ってきても、中国で全部ひとくくりにされても
って話で。中国人の一般的な考え方に話と、政治とか共産党の話は区別してよ。

367 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 12:22:36 ID:jvFvRte8
>>349
共産党の話でいえば、別に否定はしないよ個人的には。経済運営とかの面もね。
ただ、歴史的に宗教に厳しかったこと、人権部分で罪人に厳しすぎること、
思想統制、チベット抑圧、この点はやっぱり同意できない。

368 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 12:32:33 ID:jvFvRte8
>>349
日本といえば、何千年も日本・日本人(劣化はあっても)だけど。
中国では王朝政権・その政権の思想がころころ変わるからね。一般の中国人自体は
他民族とはいえそんなに変わらなくても、政治の考え方が極端にころころ変わる。
大所帯だから、あなたが言うように全人民を抑えるのに極端な政策もどうしても入るのかもしれないし。

369 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 13:44:07 ID:???
>>368
>中国では王朝政権・その政権の思想がころころ変わるからね。
でも、庶民と権力者の間にいる地方役人はまったく変わってない。
だから、王朝や政府が変わって表向きの思想が変わったとしても、
いつまでも賄賂を要求するような腐敗した権力構造が正されずにいる。

370 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 13:56:09 ID:jvFvRte8
>>369
中国の政治家に腐敗はつきものだからね。
正そうとしても無理だし、おれは中国政府と人民を別に考えてる。
一般の人にはいい人が多いんだよ。

371 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 13:59:54 ID:???
>>370
逆に言えばそこまで手を汚さないと
権力を手にできないんだよな

372 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 14:01:35 ID:jvFvRte8
そう、まあ日本でも腐敗はあるわけだからあれだけど。
とにかくアジア・日本、政治の腐敗は普通のことだよね。
で、中国は巨大な国だから恐怖感があるわけだけど、
上で述べたように、中国人の思想・宗教思想・言語操作能力はさせうが漢字の国だけに
かなり優れていると思う。簡単に言えば革命的発想が出て来る可能性が大きい。その
出てくる思想の中で合理的で平和的なものも必ず出てくると思うんだよね。
根拠ってほどのものはないけど中国人の哲学能力の深さからそう思う。
愚公山を動かす、とかね。

373 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 14:02:58 ID:jvFvRte8
○さすが漢字の国だけに

374 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 14:20:04 ID:jvFvRte8
日本人から見て、中国人がエゴだけ、っていう批判はおかしいと思う理由がある。
中国政府がエゴって言う批判はありだけど。。ただ国際政治はエゴの中でバランスを取ることでしょ、と思うわけだが。
たしかに中国人は即物的である程度快楽志向だけど、極端に走ることが少ない(個人個人では、政治では
いろいろあっても)年配を敬う、家族との一体感、適度な儒教精神。日本人が学ぶところは、
政治以外の分野ならいくらでもあると思うね。


375 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 15:05:06 ID:MIKbIasM
>でも、庶民と権力者の間にいる地方役人はまったく変わってない。
>だから、王朝や政府が変わって表向きの思想が変わったとしても、
>いつまでも賄賂を要求するような腐敗した権力構造が正されずにいる。
文化大革命も視点を変えて見ると評価できる部分もあるってことか

376 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 15:33:38 ID:???
むしろ諸子百家を輩出した頃の中国とは別物のように考えてしまうけどね。
今は、巨大な一個の闇。ウェコムンドみたいなものw

377 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 18:36:35 ID:bM0ovvBs
>>362
ひょっとしたら日本では連帯責任すらまともに機能してないかもしれない。
連帯責任は自己責任を自覚した個人が集団で軍隊とかを効率的に機能させるために必要だからな。

奴隷は人間の尊厳を取り戻すために反乱や闘争するから日本人と比べるのも失礼かも。

実際はペットやサーカスの動物に躾や罰を与えるのに近いから
日本人は家畜かもしれない。

378 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 18:54:15 ID:???
まさに家畜人ヤプー、ってか・・・・・

379 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 18:57:43 ID:???
奴隷は奴隷である事を自覚してるし屈辱を感じているから
反乱を起こす。
奴隷である事にすら気が付かない今の日本人より余程人間らしい。
この国の人間は羊飼いについて歩く羊の群れだよ。
またそれを屈辱に感じていない。

380 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 19:25:33 ID:???
「自己責任」とさかんに叫ぶ割にはちゃんとした「自己責任」というのを誰も理解出来ていないんだな。そう言っている人なんか特に。だって小泉すら自分のケツを誰よりも拭いてないんだもの。
「自己責任」が無理なら「連帯責任」とらせる、なんて思考に行きそうだが、それも当て付けのようなものでまともに機能出来ていない。だって当の本人が理解できていないんだからw(日本人という名の奴隷集団に最適の責任の方法ではある)
その間違った連帯責任とらされた人も、集団大好きな日本人には上手くマッチしてるものである故にその間違った責任のとり方を「正しいやり方」だと思い込んでしまい、体育会系人間なんかは社会人(笑)になってもそういうことをする。

日本人は責任を取るというのは本当に切腹することだと考えていそうだ。それも集団に反した責任として。

381 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 19:32:31 ID:???
ところで話は変わってしまうが、週刊朝日の今週号に載っていた、東浩紀と宇野常寛の
対談を読んだ人はいる?
俺は何気にこのスレのテーマに合致してる気がしたが。

382 :349:2010/01/17(日) 19:57:22 ID:bM0ovvBs
>>366
区別する理由がわからないんだが?
むしろひとくくりにしないと、なぜ中国人が共産党を受け入れるのか理由がわからないのでは?
>>367
俺も同意だよ。チベットとかウイグルへの弾圧はホント腹ワタが煮えくり返る。
でも自称単一民族の日本と比較するため、その問題はあえて棚上げしないか?
>>368
それは全人民のエゴを力で抑えつけてもいいんだと解釈していいのかな。
本当は民主主義で責任感持った代表が議論すべきなんだけど、自己主張しかしないエゴイストの
中国人ばっかりだから民主化なんか程遠いよね。

これは中国人を中傷してるんじゃないよ。
俺は堂々とうるさいぐらい自己主張する中国人のほうが陰湿な日本人より立派だと思うから。

383 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 20:02:41 ID:???
テレビ番組では芸能人が欝の仮眠具アウトや失敗談や挫折談など
弱い部分をアピールしてそれさえも商売の売りにしているけど
一般人でそれやると周囲に馬鹿にされたりされるから不思議。

384 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 20:14:13 ID:???
>>75
遅レス申し訳ない

もう一つ申し訳ないのがさすがにそこまではよくわからない
いろんな勢力がこのメカニズムを悪用して世の中を動かそうとするものの動くときとそうでないときがあるけど基準は不明
バンドワゴン効果に意識的に乗っかることを好むメンタリティというか

実を言うと、ちょっと最近仕入れた知識を書いてみたかったというのもあった

2ちゃんアク禁されてたから暇つぶしに読んでたら面白くてしょうがなかった
シルクロードも含めて意外と日本も古代から外国と接点があることがわかったってワケよ


385 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 20:15:10 ID:jvFvRte8
>>382
>区別する理由がわからないんだが?
>むしろひとくくりにしないと、なぜ中国人が共産党を受け入れるのか理由がわからないのでは?

区別しなくてもいいけど、会話としては唐突だろう?
なんで三国志とか気の話から共産党になるんだっていう。。
積極的に受け入れてるってより、しょうがないことだと思ってるんだと思うが。


386 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 20:18:15 ID:jvFvRte8
>それは全人民のエゴを力で抑えつけてもいいんだと解釈していいのかな。

良くはないよね。
ただ理想を言っても変わらないって認識と、他国のことだからって
思うね。もちろん変わってほしいけど、日本人としてはまず日本の暗部からだね。


387 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 20:27:06 ID:jvFvRte8
>>382
>中国人の「民主化?イラネーヨ、エゴは力で抑え込む」(思想なのか?)のほうが
>割り切ってるというか、現実的というか、自分を解ってるというか
>日本人よりマトモなんじゃねーか?

これがあなたのレスかわからないけど、混乱状況が大きいときにエゴを力で
押さえ込もうとすることはどこの政治家でも程度の問題はあってもやってると思う。
ただ中華思想の場合は他文化に非寛容な側面があるのが実際で、日本の村八分を国家・文化・思想レベルで
やるのかもしれない。




388 :349:2010/01/17(日) 21:19:39 ID:bM0ovvBs
>>385
唐突だったのはすまん、アンカーを適当に中国の話題に付けた自分が悪いんだ。
しかも俺は中国の歴史思想の中身は無知なんだ。だから参考にしたい(実はパクリたいだけなんだが)
ただ詳しい人の話に便乗して自分の意見で議論したいだけなんだよ。
不愉快な気分をさせるかも知れないが素人として大目にみてください。

三国志も内乱、共産党も内乱を勝ち抜いてきた。しかも軍閥もあってカオス。共通点はないか?
気の話も共産党は気孔集団を執拗に弾圧したよね。
だから共産主義でも中身は古代中国と変わらないんじゃないかと。
詳しい人、補足説明お願いします。助けてください。

389 :385:2010/01/17(日) 21:27:32 ID:jvFvRte8
>>388
>だから共産主義でも中身は古代中国と変わらないんじゃないかと。

うーん、ここまで言われると、おれもそんなに最近中国ものを調べてるわけではないので。。
昔は結構中国関連の本を読んでいたのだけど、しばらくは仏教本に浸ってたので。。
最近日本が民主党になったこととか、アメリカ経済に陰りが見えてきたこととかあって、もともと
アジアに興味があるので、また中国を調べたくはなってきたんだけど。
正直おれの中国勉強も素人レベルだから、、思想とか細く知ってるわけでもないし。
ただ、カオスを制する術、みたいなものは中国史の一貫したテーマかもしれないね。
おれは専門的に興味があるテーマがベトナムで、ベトナムも儒教的な社会制度だけど、日本人に
似たところは、権力者に対しては中国人に比べておとなしいかもね。



390 :385:2010/01/17(日) 21:31:06 ID:jvFvRte8
>>389
ただ、おれ個人のスタンスとしては学問的に知りたいってよりは
仕事関係でアジア各国とつながりを持ちたいというのがあるので、
これから旅行とか調査にいろいろ行くつもり。やっぱり見ないと分からない
ことって多いよね。

391 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 21:58:50 ID:flKZk4JD
>>357
納得しちまった。
政治には興味なかったけど、企業通じて味わったからなぁ。
(かっこつけるけど、働くって「端を楽させる」って事ですよね?
ってのが受け入れられなかった。)
いい人はいるけどね。賢い家畜でなきゃ生きられないからね。難しいよね。

外国の事はよく知らんが、ウイグルやチベットの事は、なんで
こんなに遅くまで報道されなかったんだろうね。
かわいそすぎだぜチベットとウイグル。

100近いばっちゃん曰く「どうしてこんな世になったんだがな〜涙」
今日はモレが寝れなくなりそうだな。。

392 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 21:59:45 ID:L543pfo8
世界各国の会社の夏休み

・オーストラリア・・・1ヵ月半
・スペイン・・・1ヶ月
・スウェーデン・・・年齢に応じて25日から32日
・オーストリア・・・35日
・フランス・・・5週間+労働時間が半分になる日が2週間
・ポーランド・・・46日 ※10年以上働いてる人は+10日
・ドイツ・・・最低33日・最大37日
・イタリア・・・最低32日・最大42日
・ノルウェー・・・平日だけで25日












・日本・・・5日www ←注目www

393 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:02:08 ID:???
>>391
イヤ分かるよ、本当にね。
俺も最近、いつも思うもの。「こんな時代のこんな国に生まれたくなかった。もっと良い時代の
良い国に生まれたかった」とね・・・。

394 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:09:20 ID:???
中国かぁ。身近な人に中国人がいれば話は早いんだけどなぁ。(留学した身内はいるけど、日本で中国語を教えたいといいながら現実は仕方なくバイトしてるみたい…でもちょっと聞く気にはなれんw)

ただ、インターネットが発達してる現代は海外の人のブログとか見れるから検索してみればなにか見つかるかもしれない。インターネットが普及して人間の陰湿さが見えるようになった反面、世界にも目を向けれるだけあって視野が広くなれた気がする。(あくまでも気がする)

395 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:14:08 ID:75bkgyEz
搾取されたり虐げられたりしても我慢することこそが美徳だと無意識のうちに思ってる日本人。
反抗もせず、文句や愚痴も内側に抱え込むことを当然のように思っている。 そしてそれをネットという
空間で2chのような掲示板に愚痴や文句を書き込むことが日本人のいう「反抗」なのだろう。
まあ所詮俺もそういう日本人の一部なんだけどな。 ただ思ったことを書くとこうなる。
日本人は常に「社会」を絶対視している。 子供のころから社会に出ることは大変〜だの
大人になることは責任が〜というように常に教育という段階、すなわち義務教育という名の洗脳期間を国が設け、
子供に強制し、子供が余計な夢を持たないように洗脳する。 日本の教育は常にネガティブだ。
もうこの洗脳にそまってしまったら普通の「人」には戻れない。 つまり日本を本気で変えようと
思うのなら教育を変えるしかないと私は思う。 教育が悲惨な国の未来は暗い。
国が気にしている少子化問題も単純に子供の数だけ。 子供がどうとか教育とかそんなものは念頭にない。
文科省が最も懸念しているのは公務員である公立の教師が職を失うこと。 公務員は法律で身分が国によって保障されている
以上国が面倒見なければならないからだ。 なので子供が必要。 子供の将来だのそんなものはどうでもいいのだ。
もっと言えば子供は将来の税収になる。 だから必要。 この国は確実に終末に向かっている。
なんでもかんでもうやむやにしてきたツケがようやくまわってきたんだ。 一体政府は次は何のせいにするんだろうね?
次は何に責任転嫁するんだろうね。 また今の若い人のせいにするのかな?w


396 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:27:24 ID:flKZk4JD
>>395
おい、まじ寝れなくなっちゃうだろw

397 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 22:35:52 ID:???
>>395
そうそう。そうやって横並び教育して社会の奴隷になってゆくし一石二鳥だよね!

398 :349:2010/01/17(日) 22:38:40 ID:bM0ovvBs
>>387
俺のレスだよwネラー特有の痛い表現でしかも晒されてるみたいで恥ずかしいなw反省する。
>>387
俺のレスだよwネラー特有の痛い表現でしかも晒されてるみたいで恥ずかしいなw反省する。

まじめに書けば、あなたの言うとおり人民のエゴを国家が抑圧するのは中国に限らず万国共通。
問題なのは前レスでも話題になったけど、その人民のエゴ(利己主義)が日本人に存在しないんだよ。
もちろん他人レベルや友人レベルではエゴ丸出しの日本人はそこらじゅうに溢れてる。
でもそれが集団レベルになると、とたんに日本人のエゴが抑圧され自己主張できなくなる。

エゴ利己主義の前提があって、それが洗練され個人主義になると聞いたんだが。
だから自己中のエゴ丸出しの中国人も教育して磨けば立派な個人主義者になる可能性があるってこと。
集団主義で自己主張のできない日本人に、その可能性は絶対無い(悲しいが)

どちらが民主主義にふさわしい人材なんだろうかっていう話なんだよ。

399 :349:2010/01/17(日) 22:41:15 ID:???
2重カキコ意味なし無視してくれ・・イタイわ

400 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 23:13:16 ID:4OF3uoef
日本って、神道に仏教に儒教に道教(これ結構大事)が入り混じった国だから、
これといった思想的に一貫した「筋」とか「統一性」というものがないんだよね。
各種文化の融合、っていうよりはむしろ部分部分が『均等』に切り貼り・継ぎ接ぎされて
日本人の概念として形作られている感じがする。

だから逆に言うと、日本人は思想的にとりとめが無くてある意味自然なのかもしれない。
どれかひとつが思想的に柱・根底となっているわけではなく、基本的にはどの思想も
同じぐらいのウェイトを占めているから。

401 :名無しさんの主張:2010/01/17(日) 23:18:38 ID:NRUECUAp
>>395
>子供に強制し、子供が余計な夢を持たないように洗脳する。 日本の教育は常にネガティブだ。

少なくとも自民党清和会文教族(安倍晋三、中山成彬、山谷えり子ら)のゆとり教育批判は
そうした教育のあり方を再徹底させるためのものであるからな。
子供自身のモチベーションの問題などははじめから彼らの頭の中にはない。

402 :参政権得た在日パワーによる易姓革命で糞天皇制日本をぶっ壊せ!:2010/01/17(日) 23:43:00 ID:???
そもそも 在日コリアンなどの日本の外国人に参政権を付与することを最初に提言公約したのは 創価学会であるよ
大先生が日本国王になるためにも コリアンなどの外国人に参政権付与で権勢拡大 
民主が政権を獲得したので 外国人参政権付与は確実 そして次は易姓革命だ
もう既に 中華 韓国は 要人の訪日にて先生に必ずお会いする程 日王として承認済みです♪ 
全世界が 第二次世界大戦下の 連合軍捕虜虐待 南京大虐殺 731部隊 強制連行=奴隷 従軍慰安婦=性奴隷 神風=自殺攻撃強制 沖縄住民自決強制などの
日本軍蛮行の元凶であるS級戦犯の裕仁(ヒロヒトナチ)系王朝が消え去るのを 希望しているよ
第二次世界大戦での惨敗のみならず 従軍慰安婦などの無数の戦争犯罪を引き起こした天皇と自称する王朝は 徳を失って天からとっくに見限られている
そんな腐った王朝が現在も続いているからこそ 我々民は幸福を益々感じられない 閉塞感 易姓革命が起きるべき状況であるよ
そこで 類のない素晴らしい人徳の上に世界平和貢献により 世界中から賞賛されている先生こそが と考えたそうだ
別にあの先生が日王になら無くとも 易姓革命が起これば 誰でも 在日コリアンでも この国の国家元首になれるチャンスがあるよ♪ おまえらも然り♪
だからこそ 社民 共産 民主 自民 朝日 日教組 賢い人々は外国人参政権付与が天皇制廃止の無血革命になるのを認識しているから確信犯的に大賛成♪
政財界 法曹 学術教育 芸能マスメディアと仲間は多いが 在日コリアンなどの外国人参政権付与で力を持つ仲間をもっとさらに増やすことで
やっと 日本で易姓革命が起きるよ♪ 天皇という王朝はアジアの平和にとって邪魔であるよ 中華思想の冊封体制こそが アジアに真の恒久的平和をもたらす♪  
欧米諸国も 第二次世界大戦のS級戦犯の裕仁(ヒロヒトナチ)系王朝の廃止を 好意的に受け入れるよ♪
もう既に 易姓革命の準備として 学術教育マスメディアで 戦争犯罪を教材に 今の裕仁系王朝の正当性を否定する啓蒙活動を鋭意実行中♪ 
今や全世界中に拡大し 効果は凄いある♪ 
何が「日本は天皇を中心とする神の国」だよ 参政権を得たコリアンやチャイナさん達が 天皇制というタブーをぶっ壊してくれる 楽しみだ♪
なお 易姓革命後 前王朝の王族達は 庶民になるよ

403 :349:2010/01/17(日) 23:59:15 ID:bM0ovvBs
>>387
>中国人の「民主化?イラネーヨ、エゴは力で抑え込む」(思想なのか?)のほうが
>割り切ってるというか、現実的というか、自分を解ってるというか
>日本人よりマトモなんじゃねーか?

書き直すと、今の中国で敗戦後の日本のような戦後民主主義教育のような
民主化教育(共産党独裁の否定)は絶対できないのでエゴ中国人を人民から市民に教育するのは不可能。

でも台湾の国民党(今、違うのか?)がもし大陸反攻して大陸本土の政権を奪還できれば
民主化教育で日本よりまともな民主国家に成るんじゃないのか?
ほとんど妄想だけど、思考実験としてね。


404 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:00:30 ID:???
>>395
アレだな。若者に元気がないと言われるようになって久しいけど、その原因は案外こんなところに
あるのかもな。学校教育に限らず、小さいうちから「現実は厳しいんだぞ」とひたすら刷り込む姿勢。
まだネトウヨが我が世の春を謳歌してた頃、彼らをいち早く取り上げた何処かの学者が、
「イデオロギーの対立が見られなくなって、若者の間では『現実主義の1人勝ち』状態。議論を
していても、現実と合わないものは『ハイハイ理想理想』と見向きもされない」と言ってたっけ。

あと、よく「現代は価値観多様化の時代だ」と言われるけど、俺は「本当にそうか?」と思わずにはいられない。
ココ10年ほど、多様化どころかむしろ一極化・硬直化・平板化してはいないか、とどうしても思ってしまう。
明文化されてるわけでもないが、至る所にある「無言の価値観の押し付け」みたいなものには
つくづく閉口させられるな。

「良い学校を出て良い企業に入らない奴は糞」
「人並みに知識教養や社会経験のない奴は糞」
「人並みにコミュニケーションを取れない奴は糞」
「人並みに酒や煙草やギャンブルやSEXをできない奴は糞」
「地に足が付かず非現実的な夢ばかり追ってる奴は糞」
「理想と称してキレイゴトを言うような奴は糞」
「社会の『こうあるべき』というレールを走れない奴は糞」
「社会の荒波にもまれていない奴は糞」
「上に不条理なことを言われ(され)ても黙って耐えられない奴は糞」
「キモオタは糞」「ニートは糞」「引きこもりは糞」「ゆとりは糞」etc...

一頃はそういうのが批判されて、ゆとりや個性尊重が唱えられたりしたけど、今はその反動か、
どんどん時計の針が逆戻りさせられていってるような・・・。

405 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:00:31 ID:???
>>400
一神教ですよみたいな巨大な洗脳に比較すれば
モザイク的でいい加減だけど超絶最先端なのかもなw
ただし、起立礼着席・朝礼・校長の訓話・制服・体育会系…はダメ。
何がダメって選択の余地なくガキの身体に刷り込む洗脳だからな。
しかもそれが儒教・軍隊教育の名残だというラベル説明は隠し通す。
何事も、説明できることは可視化・説明・選択権を与えないとね。

406 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:11:37 ID:y+EWFCzQ
>>404
ネットの普及でいろんな人間のいろんな考え・意見に触れられるようになったのに、
社会全体ではむしろ「硬直化」・「均質化(平板化?)」が進んでいる一面は確かにあるよね。

407 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:17:15 ID:???
>>405
いいとこ取りをしようとして、そういう複雑な思考回路になったんだと思う。
だけど短期間でごちゃ混ぜにして、おまけに議論自体を評価・是認しない
閉塞的な言語空間を作り上げてしまったから、今となってはどれが本質で
どれが主軸なのか、みんな分かりにくくなってしまったんじゃないかな。

世間という考え方に近いのは道教に一部見られるけど、日本の「世間教」は
道教ほど柔軟性や一貫性が強くないのが違い。

408 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:36:24 ID:???
近くにまともな国が無いとか最悪w

409 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:38:18 ID:???
>>395
じゃあどういう教育を施せばいいの?

410 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:42:20 ID:???
>>408
類は友を呼ぶというじゃないか

411 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 00:54:22 ID:cO0t1Nh/
>>404
そうした傾向に歯止めをかけたい一心で「純ちゃん助けて!」とばかりに
小泉を総理にしたところ
歯止めどころが逆に加速されてしまいましたとさw

412 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 01:03:16 ID:???
結局、問題の先送りが一番悪くて弱者切捨ての恐怖政治で底辺ぶち壊しているからこんな事になる。
下が減って搾取を強化した所で、何の解決にもならない。
その辺を企業のCSR活動と絡めて、問題提起していくしかないんだろう。
亀井大臣の経団連批判を支援すべきみたいな・・・


413 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 01:26:47 ID:???
>>411
そして更に、そうした傾向に歯止めをかけたい一心で「民主党さん、小沢さん助けて!」と
ばかりに政権交代したところ、(ry

414 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 04:21:07 ID:WNHwtsRU
なんか俺の意見を主張しても押し付けてる印象与えると叩かれるんで。
てか俺の意見は他人のレスの知識の断片をつなげただけだなw
ここで感謝の意味をパクらせて頂いた意見を勝手にまとめる。

>>74「意識だけで社会を支えるモノ」日本の問題の原点を教えてくれた。
>>83山本七平の「日本教」からも俺はパクッた。学者からは叩かれてるらしいが。
>>123「自分は信じていないと信じる」似非無宗教...その矛盾を矛盾と感じないのがすべての元凶だな。

>>151宗教者のせいじゃないんだよな。でも日本人の行動が宗教的という矛盾を知った。
>>160-184貶し合いだけど全部勉強になった。日本人を束縛してる正体を考えるきっかけ。

>>222劣等感は日本人を歪ませる重要な要素だな。もっと考察したいね。
>>265あなたの知識は頂いた>>270北朝鮮は日本と比較するためもっと注目すべきだよな。
続く

415 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 04:22:51 ID:WNHwtsRU
続き

>>283>>287>>294>>305利己主義と個人主義の違いは俺には衝撃だった。これで日本の歪みをすべて説明できるぐらい。
>>319西洋じゃなく中国と日本を比較すべきなんだよな。俺が勘違いしてた。

>>327個人主義の起源を教えてくれ衝撃をうけた。ウィキを頼りすぎの俺は駄目だな。
>>338>>339自己責任こそ日本の病根だよな。「氏ね」「自殺しろ」と同義語だよ。放送禁止用語にすべき(解決にならんか)

その他全部勉強になった。もっとみんな知識自慢や意見カキコしてくれ。パクるから。
スレチだが、このスレのせいで不眠症なんだが。なんでこんな歪んだ国でみんな安眠できるのか不思議だ。

416 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 05:56:49 ID:c0vUSIbg
>>414>>415
あなたみたいな人は藤原正彦とか養老孟司とかの
偽知識人とかに騙されるかもしれないから気をつけてくれ

プロパガンダと真実を見抜いてくれよ 頼むぜ

417 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 07:56:37 ID:???
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/part/1260230578/

418 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 12:55:33 ID:WNHwtsRU
>>393
>>「こんな時代のこんな国に生まれたくなかった。もっと良い時代の
良い国に生まれたかった」とね・・・

今、坂本竜馬がブームなのも日本人全体がこんな気持ちだからかな。
たぶん日本で個人主義者が誕生するのは共同体の集団が解体する時なんだよ。
武士階級という集団が存続の危機に立たされた時、竜馬みたいな「個人」の英雄が活躍して
古い秩序をブッ壊して新しい秩序を作ってしまう。
こうゆう所は日本のカッコイイ所なんだけどね。

でも、なぜか日本では時間とともに新しい秩序や価値観が形骸化して機能しなくなる。
国民国家なのに個人が存在しないから結局ただの集団主義になってしまう。
これじゃ江戸時代と何が違うんだと。
外見は近代化されてるけど、中身は江戸時代の悪い部分が更に強化されてるだけという。

419 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 12:58:53 ID:???
ペストが個人主義の起源になる??
ペストがヨーロッパで猛威を振るった後も魔女狩りは続いた。
魔女狩りは異端排除や国家公認の今の日本のイジメのようなもんだから
しばらくはヨーロッパも集団主義だったんだぞ。
子供のイジメはともかく当時は大人が幼稚で魔女狩りはガス抜き政策の
一環だったのだと思う。
今の日本も大人がイジメをして楽しんでるようなとこがあるがこの
現代社会ではあるまじき事だ。
大人の意識をもっと高めなければこの国の未来は暗黒だ。
子は大人(親)を見て育つ。
家でも親が悪口や差別的な事ばかり言っていれば子もそういう大人になる。


420 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 13:10:38 ID:???
>>419
ほほう。つまり魔女裁判は1834年が最後だから、
それ以前のヨーロッパは、まだ個人主義ではなかったと言いたいのですねw

421 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 13:14:26 ID:???
誰かが日本は200年遅れてるといったけなぁ。

422 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 14:07:07 ID:WNHwtsRU
>>389
>>ベトナムも儒教的な社会制度だけど、日本人に
>>似たところは、権力者に対しては中国人に比べておとなしいかもね。

ベトナム人と日本人を比較するのも面白いね。
ベトナム戦争で実際に本土決戦して米軍を追い出したんだからスゲエよ。
軍事板で聞きたいんだが住人は兵器の性能や戦術の話題しか興味ないもんな。
ベトナム人と日本人の違い聞いても「スレ違い」の一言で終わりそうだw

423 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 14:23:59 ID:WNHwtsRU
>>419>>420
起源というよりペストは「きっかけ」だと俺は思うんだが。

中世のペストは現代にたとえると全面核戦争(大げさかw)ぐらいのインパクトだったのでは?
北斗の拳のカオスな世界で何にすがって生きるかって状態に全員追い込まれたのかも。

424 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 14:37:34 ID:???
>>421
経済は追いついたけれど心はまだまだなのかもしれないね
まあでも西洋のものさしでばかり測ってもフェアじゃない気もするけれど

日本って結構個性は受け入れて尊重する文化だったとおもうんだよ
最近になってやたら「こうでならなければならない」が増えた気がする
戦争の時代を除いては昭和まではもっとおおらかだった
「個人の責任」って言葉は個人主義のようで実は全体主義なんじゃないか?
西洋の徹底した利己主義の上になりたった個人主義(洗練された利己主義)
をもともと利己とは無縁だった日本で広めることに無理がある
歴史の根底が全体主義な日本では「個人の責任」は「全体の責任」として
しか作用しないんじゃないか?

425 :418:2010/01/18(月) 15:02:59 ID:WNHwtsRU
>>418の補足なんだが

どうやら勘違いしてた。
考えたら坂本竜馬とか幕末の英雄は「個人主義」じゃないよな。
集団の危機を救う単なるヒーローにすぎないんだよ。

利己を抑えて他人を尊重するのが個人なら古い秩序なんか壊せないもんな。
だから「個人」って概念は西洋の近代からしか生まれない?

426 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 15:25:08 ID:???
>「個人」って概念は西洋の近代からしか生まれない?
わからないけれど「個人」ってのは西洋で生まれたのは確かだよ
東洋は土地の支配であり村社会の農耕民族であり集団主義だしそこから個が生まれる
ことはなかったんじゃないか?
日本が鎖国から西洋大国にとりこまれず奴隷化されなかったのは
まるまる西洋の考えを取り入れて付け焼刃でも急激な西洋化を図ったからだろ?
今も対抗するためにその方針を貫いてるけれど、
もう世界1位になったことだしそろそろ自国のやり方に戻していいんじゃないか?

424の続きでちょっと飛躍しすぎなんだけれど、
責任を負ってしまうとその社会(会社)にいられなくなることだから
責任を負いたくないという心理が働く
責任のなすりあい押し付け合いが起こる
個人主義の個人の責任というのは自由であることへの代償で
日本は最初から集団で自由はないし責任も個には発生しない
責任というと全てをかぶることだと受け取りがち
個人に責任を被せるという発想にしかならないならすっぱり個人主義なんてことは
忘れるべきなんだ
集団で足並みそろえながらも個々の個性を尊重しようってなるのが本来の日本のやり方で
日本人には合っている

427 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 15:29:51 ID:qGoKAulN
>個人に責任を被せるという発想にしかならないならすっぱり個人主義なんてことは
>忘れるべきなんだ
>集団で足並みそろえながらも個々の個性を尊重しようってなるのが本来の日本のやり方で
>日本人には合っている

ほんとこれにつきる。
自国のやり方に戻す際に、それを覚えてるのか?と言う問題があるけど
やるしかないね。


428 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 15:30:43 ID:WNHwtsRU
>>424
同意、その通りなんだけど

>>「個人の責任」って言葉は個人主義のようで実は全体主義なんじゃないか?

イタリア、ドイツの全体主義と日本の集団主義は似て非なるモノだと思うよ。
個人の意見を議論するのが民主主義、個人の意見を無視するのが全体主義(大雑把でスマン)だと思う。

日本では個人の意見が存在しない、集団の意見しかないので「集団主義」だけ。
戦時中の日本は全体主義とか呼んでナチと同類にしてるけど間違いなんだよ。

戦前、戦中、戦後、下手したら古代から現代まで日本は「集団主義」で一貫している。
なんか怖くなってきた・・

429 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 16:07:32 ID:???
たぶん短期視野的な勝ち組至上主義なんだろうね。
長期視野に立てば、自己責任論はとっくに破綻している。
今コストをケチっても、将来的により高いコストがかかる。
自己責任論はそれを先送りにしているに過ぎない


参考文献:ジョン・メイナード・ケインズ『自己責任主義の終わり』

430 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 16:16:53 ID:WNHwtsRU
>>428続き

俺も今まで混乱してたんだけど
民主主義と全体主義を区別するから日本人は混乱するんだな。

両者は「個人の意見」を議論するか無視するかの違いしかない。
多数決は少数派の意見を無視するんだから全体主義と何が違うんだと。
普通選挙の有無なんか民主主義の定義に無いんだよ(自信は無いが断言する)

だから共産国家が国名に「民主」って言葉いれても全然矛盾しない。
朝鮮民主主義人民共和国も立派な民主国家なんだよ(個人の意見があればの話だが)

で、個人の意見が無い日本はどうなんだ・・

431 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 16:54:13 ID:???
日本は限りある資源を育てて利用してってのを昔からしてきた
いまでこそエコエコ言ってるけれど日本では昔からやってきたことで
江戸時代なんかはかなり大成されてた
今の繁栄の影にあらゆる昔の知恵を捨ててきてしまってる
短期視野ばかりの政策で人を育てることすら止めてしまった
ほんと、覚えているのか?大丈夫か?って感じだ

今の状態を維持することや成長を続けることが必要だ幸せだって言ってるけれど
そういった社会の仕組みではダメなんじゃないかとおもう
国の利益の追求を進めて皆が皆先進国のような生活水準を保つのはどうやって
も地球の資源からいったら人口が減らない限り不可能で、
でも、そこを突き詰めると、
日本は西洋的でない新たな社会モデルを作れる可能性はあるんじゃないかとおもってる
今はぐどぐどだけれど
物まねばかりが得意ではなくその前はかなりの独自性がある文化だった
洗練もされている
どうにかならないかにっぽん
がんばれにっぽん

432 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 17:05:19 ID:???
いや、違うな
西洋と東洋の良いとこ取りのようなモデル社会
それこそなんでも取り入れてきた日本だからできることじゃないかなぁ

433 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 17:06:07 ID:???
>>431
オイルショックみたいな時代でも、「公害撲滅」って目標があったから数百億の内部留保を自動車会社が使って立て直した時代があったんだよ。
今度も資本家や企業が社会的責任を負うべきで、雇用や投資の時期に移動してきている。
明確な目標があれば、人はそこに向かえると思うのだが・・・

434 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 17:07:37 ID:???
かつてヨーロッパがギリシア、ローマ文化を異端として見ていたのと
同じような状態だ。
ローマ文化を引き継いだのはイスラム世界。
だからイスラムはある時期までヨーロッパを凌いでいられた。
日本も江戸文化を見直す時期に来ているんだよ。

435 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 17:31:08 ID:???
そうな明確な目標がないんだ
他国を見習いつつも、ちょっと軽んじてた自国にも目を向けたら
良いところ沢山あるんだけれど、今のトップの人らってなんかアメリカ被れ
アメリカ信者なんだよねTVでみててだけれどさ
アメリカ留学者が多いからかな

明治維新に自国の文化を潔いほどに捨て去ることができたのだから、
今しがみついてるものもすぱっと切り離せれば新しい風が吹くかもしれない
短期的な痛みはあっても長期的にうまくいくことのほうが良いわけで
一度できたならもう一度できるかもしれないと楽観的に言ってみる

436 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 17:53:39 ID:WNHwtsRU
>>400
>>日本って、神道に仏教に儒教に道教(これ結構大事)が入り混じった国だから、
>>これといった思想的に一貫した「筋」とか「統一性」というものがないんだよね。

逆説的に考えれば神道、仏教、儒教、道教という
これといった思想的に一貫してない物を節操なく断片的に導入した目的は
日本人の 一貫した「筋」とか「統一性」から必然的に陥る「矛盾」を
隠蔽してカモフラージュするためだったのでは?

437 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 18:04:52 ID:???
>>436
私は芯がしっかりしてるから衣を換えても日本人でいられるんじゃないかと思う。
反対に西洋人は宗教を変えると人格まで変わると恐れてるんじゃないかな?

これは日本人の中にも考え方が変わると人格まで変わるんじゃないかと恐れて、
(怠惰ではなく確信的に)勉強しない人を見てて思うんだけどね。
怖いから批判本を読みたくないという感じの……。

438 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 18:19:07 ID:WNHwtsRU
>>405
>>一神教ですよみたいな巨大な洗脳に比較すれば
>>モザイク的でいい加減だけど超絶最先端なのかもな

例えが非常に不謹慎で反発を買うのを覚悟であえて言う。
神道、仏教、儒教、道教、その他の思想はその名のとおり
アダルトビデオのモザイクと同じ機能なのでは?

日本人の本質、一番隠したい核となる思想を隠すためのモザイクなんだよ。
>>437
だからその衣は芯をかくすための単なる衣装にすぎないんだよな。

439 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 18:37:25 ID:WNHwtsRU
>>438の続き
神道、仏教、儒教、道教を侮辱するつもりは毛頭無い。
神道以外の宗教は外国で精神的支柱なんだよね。

今まで神道、仏教、儒教、道教の内容をいくら分析しても
日本人の本質が見えなかった。

ならいっそのこと神道、仏教、儒教、道教を
日本人の本当の精神的支柱を隠すためのモザイクと考えた方がスッキリしないか?
問題は、なぜモザイクで隠蔽しないといけないのか?なんだよ。

440 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 18:55:31 ID:???
>>431>>435
同感だな
世界でも、日本にしかできないことがあり、そしてできる力があると思う
ここは嫌いなところを挙げるスレではあるけれど、
良いところは良いと言わないと、あまりにも雰囲気が暗くなっちゃうよ

441 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 19:28:54 ID:???
>>439
自分はなにも知らない素人だけれど、
日本人の心のよりどころは元からある神道じゃないかな
自然を敬い自然の中にある全てに神が宿るとした多神教
それが日本人の心の原点
人間の力の及ばない大いなる存在というものを自然から感じて敬ってきた

必要に迫られて神に救いを求めるのとは違って、あるがままの自然なかに
自分の力の及ばないものがあるということを感じ取ってきたのが日本人
則天去私って言葉をここで知ったけれどなんか通じるものがあるような

大地と共にあるというか自然の驚異というか農耕民だから当たり前かもしれないけれど
土着の自然信仰なんだよね
ウィキによると、日本人が日本民族を強く意識したのは明治の近代国家形成時の列強諸国と対抗した時らしい
日本人事態が日本というものをほとんど意識しないままだからみえにくいんじゃないか?
海に囲まれ攻められることがあまりなく隣国の脅威に晒されなかったから
精神的支柱自体がいらなかったともいえるかも
>神道以外の宗教は外国で精神的支柱なんだよね。
って言葉でぴんときた

442 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 19:35:48 ID:WNHwtsRU
>>437
>>反対に西洋人は宗教を変えると人格まで変わると恐れてるんじゃないかな?

なら言い方を変えてみよう。
西洋人は宗教を変えると人格まで変わると恐れてるので他宗教を攻撃した。

同じように日本人も宗教を変えると人格まで変わると恐れてるので神道、仏教、儒教、道教で防護した。

でいいだろうか?
日本人は何の宗教を守ろうとしたんだろうね?

443 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 19:44:40 ID:kUSUUjZG
俺の心では、誠の旗が英雄だけどな。

444 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 19:49:56 ID:???
でたでた。。。
マスコミ牽制球。。。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1263809735/l50

445 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 20:07:26 ID:???
>責任を負ってしまうとその社会(会社)にいられなくなることだから
>責任を負いたくないという心理が働く
>責任のなすりあい押し付け合いが起こる
集団主義や自己責任を少しでも緩和するには雇用の流動化をしてそれをしやすくするように
ベーシックインカムとかでカバーすればいい。
1つの会社でしかいられない状況だから責任も取りづらいし、部下とかに対して「俺は〜できたのになぜお前は〜できないんだ」ときつく当たってしまう。
単線化している日本社会を個人がいろいろできる複線化した社会にしたほうが望ましい。

446 :443:2010/01/18(月) 20:11:42 ID:???
物凄い遅レスすまん。
坂本竜馬が美化されすぎなのは、ちょっと許せなくてな。
時代背景上、否定はしないがな。

447 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 20:32:09 ID:???
>>446
これか…

明治維新の黒幕はフリーメーソン
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1199792597/

448 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 20:40:08 ID:WNHwtsRU
>>443>>446>>447
>>坂本竜馬が美化されすぎなのは、ちょっと許せなくてな。

俺もなんで武士階級を解体させた幕末の志士たちを日本人が美化するのか不思議なんだよな。
武士の切腹のような自己責任の取り方する現代の日本人と完全に矛盾する。
俺なんか映画「ラストサムライ」に自分を重ね合わせて感動して涙流すしw
どう考えても矛盾してんだよ。

実は歴史の教科書は間違いで
武士階級が解体して侍が庶民に成ったんじゃなく
庶民が解体して庶民が武士化したんじゃないのか?

そう考えれば現代の日本人の矛盾や自己責任の問題もうまく説明できるような。


449 :443:2010/01/18(月) 20:43:28 ID:???
>>447
フリーメーソンとか言われてんのか?w

450 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 21:01:51 ID:???
ベンジャミン・フルフォードとリチャードコシミズ
彼らは民主党支持のようだが。。

451 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 21:05:11 ID:WNHwtsRU
>>441
>>自然を敬い自然の中にある全てに神が宿るとした多神教
>>それが日本人の心の原点
>>人間の力の及ばない大いなる存在というものを自然から感じて敬ってきた

その通りだな。やっぱり結論はそうなるよな。
俺は隠蔽とか訳のわからん勘繰りのしすぎだった。

漱石先生の「則天去私」が日本人の宗教というと語弊があるが
精神の中心と考えていいと思う。
それを見抜いてた漱石はやっぱ天才だな。


452 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 23:28:17 ID:???
>>451
実はその手の思想が西洋にもある。
ケルト文化一般と北欧の土着神話などに見られる自然崇拝。
スコットランドのバグパイプを使った哀愁を帯びた音色(アニーローリーや故郷の空)や
伝統民謡をモチーフに作られたスウェーデンの国歌は、どことなく日本の和楽を髣髴とさせる。
実際、この辺の地域は個人貴重の共同体主義って感じがする。政治的にも文化的にも。

スウェーデン国歌→ http://www.youtube.com/watch?v=vvkIKECju_w
スコットランド民謡→ http://www.youtube.com/watch?v=e0gblOW1fCs

453 :名無しさんの主張:2010/01/18(月) 23:37:03 ID:???
>>452一部訂正
和楽×→民謡○

454 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 00:12:10 ID:FlDWwj5y
>>452
人間の力の及ばない大いなる存在=則天去私=日本人の精神的支柱

でもそれを文字に書いて表現できないから仏教、儒教、道教を利用して
教義化、体系化させようとした。

これが日本人の宗教の正体である。
これが議論の最終的な答えでいいのかな?
正しいのならスッキリして安眠できるんだが。

455 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 00:34:06 ID:???
>>454
自分が言いたかったのは、自然を人智の及ばざる崇高な広域として讃える文化は
日本だけではないよ、ってことだけ。
ただその表現方法が、日本は仏教や神道でケルト圏や北欧は神話・童謡だったって
違いがあるけどね。

そう考えると、日本は特異な所もあるけど割りと世界各地と似通った点も多々ある
意外にありふれた(というよりはそれほど隔絶的なでない)国とも言えるんじゃない?
ただその特異な所がまた結構ややこしいんだけど。

456 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 03:12:42 ID:FlDWwj5y
>>455
>>自然を人智の及ばざる崇高な広域として讃える文化は
>>日本だけではない

そうだよな。外国のアニミズムや多神教は本質においては日本の神道と同じだな。
だから、俺はシンプルに勝手に断言する。

日本人の精神的支柱である宗教は「神道」である。

でも日本人がこの事実を認めたがらないのも畏れや畏敬の念があるからでは?
比較するのも変だがユダヤ教徒は神の名前を語るのをタブーにしすぎて
神の名前の本名を忘れたぐらいだし。
日本人は自分の宗教を「神道」と認めること自体がタブーなんだよ。
だからモザイクのように仏教、儒教、道教とかで神道を覆い隠す。

なんか勝手にスッキリしたけど、みなさんホントにこれが答えでいいですか?

457 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 03:41:07 ID:FlDWwj5y
>>456続き
まとめると

神の名を語るのをタブーにしすぎて神の名を忘れたのがユダヤ人。

信じてる宗教を語るのをタブーにしすぎて宗教の名を忘れたのが日本人。

458 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 06:50:54 ID:???
なんやおもろいけど性急なお人やw
図書館でいろいろ漁るとええと思うがな。
エリアーデとか井筒俊彦とか岩波系を。
まあ2012年までちょっとしかあらへんけどな。

459 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 07:39:26 ID:???
日本人はいつも「“誰”が言ったか」あるいは「“誰”がやったか」にこだわってばかりで、「言った内容」「やった内容」はあまり肝心でないようだ。
以前、若者を年配の酔っぱらいが殴る事件があった。その時のSNSコメントが加害者擁護で溢れていたときは恐ろしくなったよ。それも、若者が道を妨害してたからだろ、とか加害者に暴言吐いたからだろ、みたいな半ば推測で叩いてるようだった。「ざまぁ」とかも。
俺はその意見も汲み取った上で「どっちもどっちだろ」と書いたけど、結局集中攻撃された。それよりも恐ろしかったのが同じ年代の若者が皆揃ってそう言っていたこと。

なお、加害者は殴ったことを認めていた。

460 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:02:49 ID:???
>>459
なるほど、自業自得という感情ロンがそこにあるね。
まず否定しよう、裏をとろう、背後に回ろう、性急に決めつけよう、とする。
2ちゃんねるも全体的に否定がすごーく強いけどさ。

461 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:25:23 ID:BVeXjGEU
>>447
なあ、お前は何がしたいんだ?
市民による自由を勝ち取った革命を全部それのせいにしたいのか?

それとも何か?その団体のネガキャン・プロパガンダをして
その団体に属する人物をネガキャンしようって言う奴なのか?
要するに鳩山だが
陰謀論のプロパガンダ工作活動をしてるネトウヨなのか?
おまえ前のスレにもいたよな?
前のスレで自演してたよな
自作自演バレてるぞ

言っておくが、その団体のネガキャンのおおもとはレイシストのヒトラーだぞ
シオン賢者の議定書な

462 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:28:21 ID:BVeXjGEU
>>447
それとも独裁制や絶対王政による恐怖政治を肯定する国粋主義者なのか?
おまえは色んなスレで自作自演してまで何がしたいの?

463 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:31:11 ID:BVeXjGEU
自作自演を繰り返してるってことは
例の浜松って奴か?


464 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 08:40:34 ID:???
■やはりCIAの手先だったのね→岸、笹川、児玉、暴力団、創価、統一教会、マスゴミ、自民党員

秘密のファイル CIAの対日工作 春名 幹男著
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0453-9
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0454-7

文藝春秋|CIA秘録 (ティム・ワイナー)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/80/9784163708003.shtml
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/81/9784163708102.shtml

米公文書館の膨大な資料や関係者への30年にわたる直接取材による裏付け。
昨年度の米図書賞受賞、CIAはHPで異例の必死な反論w
洗脳、管理を意図的に企てる支配者層とその手先が
多数存在するというのはどうやら事実ですな。

465 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 09:21:55 ID:???
>>445
ベーシックインカム(最低限所得保障)導入されれば今の生活の不安感はある程度解消されるだろうね
ドイツかどこかが導入しようとしているんだったっけ?
不安が払拭されて生活が安定されれば消費も増えるし良い案だよね
あと、非正規雇用の保険適用も実現して欲しい
人材の流動を考えるなら外せないところでしょう
やろうとしても阻止されてばかりでいっこうに進まない制度の改革
狭い視野で自分の利得権益ばかりを守ろうとしているやからのせいだとおもうと腹が立つ

466 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:12:24 ID:FlDWwj5y
>>458
確かに性急すぎるなw反省する。
エリアーデと井筒俊彦をウィキで知ったんだが二人とも凄まじい天才だな。
たぶん図書館で読んでも難解すぎて俺には理解できない。
でも学者は学問的に正確に論証しないといけないから難解にならざるおえないし、それが知識人の仕事だな。

素人の思い上がりだが、物事の本質を理解するのに知識なんか必要なのかね?
知識より議論することの方が大事だと思うのだが?
議論した素人の結論を学者が知識で正しいか、間違いか証明すればいいだけの話。
でも日本人は素人が議論することを許さない。
知識が無い奴は議論するなって空気はおかしいよな?

467 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:22:03 ID:???
>>466
ソクラテスの「無知の知」って言葉もあるのにな・・・・・・

知らないからこそ単刀直入に本質を衝くって事もあったりするだろうに。

468 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:32:37 ID:8zBnuB0k
>>466
空気の無い奴が議論するなって言う空気はやばいよ。
だけど「知識が無いから私は語りません」っていう恥を隠そうとする
人まで否定しちゃ駄目よね。

何が言いたいかっていうと、大事なのは個人の尊重で、
今は昔より個人の尊重がないんでない?ってことでふ。

モレでも真面目に議論に参加できるなんて、2chってそんな所
だったけ?w いや悪くは無いんですがね

469 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:49:35 ID:???
>>456-457
>そうだよな。外国のアニミズムや多神教は本質においては日本の神道と同じだな。
>だから、俺はシンプルに勝手に断言する。
>
>日本人の精神的支柱である宗教は「神道」である。

西洋人旅行家が日本に来て地方の自然に囲まれた神社をめぐると、
キリスト教徒なのに聖地を巡礼した時以上の感動を覚える人が多いそうだ。
中でも高千穂神社から受ける感銘が強いらしい。

だから海外の一神教徒でも、根底では自然崇拝のアニミズムが根強く残ってるんだろうね。

それをすっかり忘れて語ることすらタブーにする日本人って……。

470 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:55:20 ID:???
今、テレ朝見てて思った。
「カルガモ走法」のコメント。
可愛い名前だからなくならない。もっとイヤな名前にしろ。


これが高学歴エリート日本人の思考力です。orz

471 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 12:56:02 ID:???
俺はランス大聖堂を見たとき震えるほどの感動を覚えたけどな。

472 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 13:00:34 ID:???
>>465
それいいね。
健康保険や厚生年金適用外の場合、全額自己負担って絶対おかしいと思うんだよね。
企業で負担するのが難しいなら国や自治体で折半すべきだと思う。
そういうのが実現されれば増税も反対はしない。

473 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 13:41:46 ID:FlDWwj5y
>>467-471
俺は天皇崇拝するネトウヨや街宣右翼を馬鹿にしてた。天皇もただのオッサンだと思ってた。
でも天皇や右翼を面と向かって批判できない畏怖を感じてた。
その理由を素人の論理wで考えたら、俺自身が「神道」の思想に一番「支配」されてることに気付いた。
それに俺自身がショックを受けてるんだが。
でもいいや。日本人の宗教の話はタブーとして棚上げするわw
それを日本の美徳として、この歪んだ国をどうするかの議論の方が建設的だな。
>>472
生活保護で施しされるのを恥って考える思想を日本人は持ってるから無理では?

474 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 15:37:04 ID:FlDWwj5y
>>473しつこいようだが続き
今までの流れから

日本=神道=天皇→則天去私→集団主義

で日本は成り立ってるんだから
天皇を批判する「個人」は日本の集団で存在することは許されない。
ゆえに天皇を批判すれば刺されるか「切腹」するしかない。

論理的に考えれば絶対こうなるよな。
そりゃ世界最強のタブーだわ。これ以上の深入りはヤバスギル。
みんな忘れろ。

475 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 16:03:59 ID:???
本質は北と同じなのよ。
北も将軍様を馬鹿にしたような発言をすれば間違いなく死刑か投獄だろ。


476 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 17:01:57 ID:???
それじゃあ戦中戦前と変わらんじゃないか
戦後、与えられたにしろ何にしろ、せっかく民主主義を手中にしたのに、
自ら委縮していっては情けなさ過ぎ
もっと前向きな発想できんのか

477 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 17:14:24 ID:???
ああ、そうか
与えられた民主主義だからうまくいかないんだ
思想が借り物なんだ

478 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 17:14:31 ID:FlDWwj5y
>>475
あんまり深入りはしたくないんだがw

たしかに北朝鮮と日本は似てるんだけど本質的に違うんだよ。
朝鮮の歴史(よく知らんが)に日本の神道のような宗教は無い。
だから朝鮮の風土に則天去私みたいな集団主義は無い。
でも30年間日本に統治され皇民化教育されたので集団主義化した可能性はある。
でも内心、反発してたらしいから集団主義も日本のように完全では無いかも。

金日成は皇室典範をパクって建国したらしいから大日本帝国の完全コピー国家であるのは間違いない。
でも北朝鮮人が日本人のように無意識に天皇崇拝するように金ナンチャラを崇拝してるんなら当分、北朝鮮も安泰だな。
千代に八千代に永遠に体制は永続するよw

479 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 17:39:38 ID:FlDWwj5y
>>478続き

なら日本は経済発展したのに北朝鮮は停滞したままなのか。
経済システムや貿易体制の違いはあるけど
やっぱり日本人みたいな集団主義が不完全だからだと思う。
日本人のように自ら率先して集団に帰属するのと
共産主義で強制的に集団に帰属させるのでは意味が違うし
そもそも「やる気」が出ない。

日本が人類史上、最も共産主義が成功したと言われているのは
裏をかえせば集団主義は日本以外で成立できない、ともいえるな。

これも世界で唯一、日本独自の宗教「神道」を現在まで守ったおかげだな。

480 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 18:05:40 ID:???
>>479
それ、的を得てるとおもう
ただ、共産主義も民主主義と同じでフランス革命から発祥した近代市民主義を母体と
しているもので日本の集団主義とは似てるけれど違うみたいだよ

481 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 18:58:35 ID:FlDWwj5y
>>480
そうそう。共産主義の前提は私有財産の廃止だよな。
全員労働者階級にして、要はみんなで平等(貧乏)になりましょうだからな。
つまり個人のエゴを極限まで抑えた究極の「個人主義」社会だな。

日本は個人のエゴが「存在」してはいけない社会で世界唯一の「集団主義」社会だもんな。
だから日本は共産主義と、まるで対極なんだけど。

でも集団に積極的に帰属してるのを見て左翼は羨ましかったから「日本はまるで共産国」って表現したんだと思うよ。
昔の右肩上がりの日本は誰も疑問にも思わなかったが、今の日本の現状見てみんなどっかおかしいって思ってる。

482 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:04:34 ID:???
無意識の内に洗脳されてるわけか。
確かに社会を維持していく上では間違いなく好都合だわな、現に2000年続いたわけだし。

で、結局崇拝してるようにしみせながら政治利用とかするような
神をも恐れない連中がいるわけだ、そりゃあ成功するわな。

483 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:12:08 ID:???
バスの運転手は、狭い道を歩行者に気を付けながら、
しばしば駐車している車を数センチのスレスレで神業とも言える技術で毎日精神をすり減らしながら、
運賃を受け取り、客の乗り降りに気を配り、停留所を間違えない様に時刻通りに走らせている。
これと旅客機の運ちゃんの飛行中は自動操縦に任せ、世間話に花を咲かせ、
時には、話に夢中になって飛行場を行き過ぎてしまう勤務実態とを比較した場合、明らかにバスの運転手の方が上等な仕事だ。
客室乗務員についても、ただの仲居さんだろ。それも可也楽な方。
バスガイドは各地の名所の説明を暗記しなければならない上、客あしらいも大変。
これもどう見ても客室乗務員より上等な仕事だ。

日航は何故潰れたか?
従業員に何千万円ものバカバカしい給料を払っていたからだ。
会社の実力以上の給料を払い続けていたことが原因。
つまり、日航を潰したのは従業員の法外な給料だ。
だから、借金の返済は、年金資金からまず払え。
税金に集るんじゃねぇよ!


484 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:17:57 ID:FlDWwj5y
>>482
ウィキで調べたら「洗脳」と「マインドコントロール」は違うらしい。
「洗脳」は暴力や脅迫で行動を支配するから、「洗脳」を解けば開放される。

「マインドコントロール」は自ら積極的に行動することで、解くのは困難(不可能)
イスラム教徒は改宗すると死刑にされるのと同じようなもん。神の支配からは原則的に逃れられない。

つまり日本人は「マインドコントロール」されてるんだよ。
「洗脳」なんて生易しいもんじゃない。

485 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:21:16 ID:???
>>481
個人の利己(エゴ)を洗練したのが民主主義で極限まで抑えたのが共産主義か
わかりやすいな

>>482
一部の人間だけでなく、
自然を恐れることを忘れてしまい集団に帰属することだけが意識に残った日本人像が浮かんできた

486 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:36:00 ID:FlDWwj5y
>>482
>>で、結局崇拝してるようにしみせながら政治利用とかするような
>>神をも恐れない連中がいるわけだ、そりゃあ成功するわな。

崇拝してる「つもり」に、政治「利用してるつもり」、みたいに本人が自覚してるんなら良いんだよ。

政治家は本当に崇拝してるし、政治利用の自覚も無く「利用」してる。
これが「マインドコントロール」の怖さ。
当事者じゃないから俺は馬鹿にしてるけど、たぶん天皇を目の前にしたら頭空っぽになって思考停止する。
だって目の前に「神」がいるんだぜ?

487 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:36:02 ID:???
日本人の心は「神の道」で神(自然)とともに生きることだったわけだ
個というものはそれほど日本人にとっては重要ではない
どこかに属していることが大事
そこから追いだされることは日本人にとっては死ぬほど耐え難いこと
川の流れのようにの歌のように自分で立つことよりはなにかに身を任せていたいんだな
そりゃ責任なんてとるのは無理だ
必死で逃げ道を探すのが日本人

488 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 19:54:10 ID:???
a

489 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 20:31:05 ID:???
外国の美しい街並み
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=226971&page=23

490 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 20:46:56 ID:???
利益率の高い仕事を蔑視する人間が多いところ。
白人はブランド物で、ユダヤは金融で、チョンはパチンコで簡単に儲けてるのに
ジャップは製造業でヒーヒー言ってる哀れな奴隷民族w

491 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 23:16:33 ID:???
日本のブランドもいいけどな。白人のブランドは没落すんじゃね?

492 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 23:17:48 ID:???
>>479
ただ、誰かが「よく『日本は世界で最も成功した社会主義国』などと言われるが、個人的には
北欧諸国の方がよっぽど『成功した社会主義国』に思える」と書いてたのも事実だけどね・・・。
俺も、「ああ、言われてみればその通りかも」と思ったわ。

493 :名無しさんの主張:2010/01/19(火) 23:53:18 ID:FlDWwj5y
>>492
洗練された個人主義者が集まった北欧型「集団主義」

神道の精神で個人主義者の存在を許さない日本型「集団主義」

学者や知識人が2つの「集団主義」をごちゃ混ぜにしてるから混乱するかも。
なんか調べたら日本以外でもロシア、インド、中国、南米とかにも独自の「集団主義」の定義があるらしい。

でも日本独特の「神道」という宗教による精神の支配はやっぱ世界でも異質だな。
しかも日本人がそれに気付かないぐらい強力なタブーも働いてるし。

494 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 00:07:09 ID:OduJhNGA
>>479一部訂正しとこうw

>>日本が人類史上、最も共産主義が成功したと言われているのは
>>裏をかえせば集団主義は日本以外で成立できない、ともいえるな。

日本が人類史上、最も共産主義が成功したと言われているのは
裏をかえせば「日本独特」の集団主義は日本以外で成立できない、ともいえるな。

495 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 00:20:57 ID:???
畏るべきはカンナガラ(随神)の道、という事か

496 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 00:44:13 ID:OduJhNGA
>>305
遅レスだが俺も疑問だった。

>>あと「義務を果たさないのに権利ばかり主張して…」
>>こういう発想は日本独特の曲解ですよね?
>>誰がいいだしたんですか?

これも日本人の自己責任の曲解と構造が同じだな。

つまり日本人の権利の定義=集団に対する不平不満なんだよ。
だから権利(不平不満)を主張するなら集団から排除されるしかない。
しかし集団以外に日本人の居場所は存在しない。
よって切腹(義務)を果たすしかない。

江戸時代のサムライと現代人の何がちがうんだ?

497 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 04:50:35 ID:OduJhNGA
>>495
神道=かんながら(随神)の道なんだな。
平安神宮のホームページで解説してた。以下抜粋してみる。

「神々とともに」「神のご意志のままに」という意味で、日常生活を送るわたしたちの根っことなる感覚を表しています。

ものごとに対する見方や価値観がさまざまにあって、特に個の"権利"や"自由"ということには大きな価値が認められています。
 価値観の多様化ということは素晴らしいことですが、それが「自分のためだけ」に向いていることに問題の根の深さがあります。自分個人の主張ばかりがまかり通り、誰もがかたく信じて共有できる"動じない信念"を持ち得ていない、つまり心の根っこに鍵があるのです。
以上抜粋終わり。

498 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 05:09:52 ID:OduJhNGA
>>497続き

なかなか素晴らしいことを書いてるよね。
西洋の利己主義を否定して個人のエゴを否定する。
誰もがかたく信じて共有できる"動じない信念"とは何だろうね?

これは「個人の価値を否定して集団の価値を信じる」と解釈していいんだろうか。
つまり集団主義の思想だと思うんだが、みなさん、どう思う?

499 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 06:30:00 ID:v2/APTWU
>>498
「人様に迷惑かけない」(他様に害がなければ何やってもOK)
「自分より弱いものは助けろ」(自分が落ち無い程度におおらかであれ)

以上の節度を持って、個人は否定される物だと思います。
集団はより大きな集団へ奉仕する義務があったのだと思います。
現代はただの守銭奴根性で成り立ってます。

500 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 06:54:28 ID:???
>>484コピペだけど

奴隷の鎖自慢。そんなこと言ったってお前の給料は上がらんぞ。批判するならたかってる老害連中だ。従業員を一括りにするな。

501 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 07:05:02 ID:???
日本人は自覚がないのが問題だな。そして冷酷だ。

人間はみな利己主義。そしてお互い様。もちろん犯罪とかはいけない。

502 :499:2010/01/20(水) 09:40:29 ID:v2/APTWU
>499に追記
庶民に責任はあるのか?
庶民はそうならざるを得なかった部分もあるかと。

黒船を私は恨みます。それを仕方ないとするなら、
以後の戦前戦後の政治を恨みます。思慮が足らんのだと

503 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 10:04:31 ID:OduJhNGA
>>468
>>だけど「知識が無いから私は語りません」っていう恥を隠そうとする
>>人まで否定しちゃ駄目よね。

あなたの言うことは正しい。
日本人は議論する時、相手の個人の意見を攻撃するのでは無く、相手の個人の人格を「お前は無知だ」と攻撃する。
つまり自分が無知であることがバレるのが怖い。だから恥ずかしくて議論から逃げて沈黙してる人は尊重しないといけない。

>>何が言いたいかっていうと、大事なのは個人の尊重で、
>>今は昔より個人の尊重がないんでない?ってことでふ。

これは矛盾していないか?
日本人が議論する時に個人を尊重するんなら人格否定は許されないはず。
だから無知だから恥ずかしいと議論から逃げて沈黙するのは許されないことになる。

日本人の「恥」って概念は個人を尊重するためでは無く、個人を否定するために存在してるんだよ。

504 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 10:58:40 ID:???
>>503
>日本人が議論する時に個人を尊重するんなら人格否定は許されないはず。
人格否定はギリシャ時代からある論法の一つだよ。
ギリシャ時代の指南書には相手を人前で怒らせて信用を落とせとまで書いてある。
日本特有ではなく、人類共通のやり口だ。
それに個人の尊重と人格否定&攻撃は矛盾しないんじゃないのかな?
俺は人格攻撃は自分の負けを認めたような気分になるからやらないけど、
今現在も国会や法廷で当然のように繰り広げられてる戦法だよ。
日本に限らず、アメリカでも、西欧諸国でも、当然、他の国でも。

505 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 11:18:00 ID:OduJhNGA
>>504
たしかに、そのとおりだよな。人格攻撃は議論するときの人類共通の論法だな。
でもそれだと余計おかしくないか?
なぜ日本人だけ(だと思う)「お前は無知だ」と人格攻撃されるのを「恥」だと思うのか。
議論を放棄して沈黙してしまうのか?
その理由の説明ができないのでは?

506 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 11:34:09 ID:???
>>505
議論に慣れてないだけでしょ。または相手の出方を知ってるか。
慣れてない人は人格攻撃を食らっただけで言い返せなくなる。
怒りで言葉が出てこなくなる人もいる。
これを「恥」で済ますのは思考放棄も大概にしろと思う。
相手が裏で手を回すと知っていて、言い返すのを我慢する人もいる。
残念ながら日本は根回しの先進国だからね。それで包囲網を築かれたら堪らん。
それだけの話じゃないの?

507 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 11:35:33 ID:???
>怒りで言葉が出てこなくなる人もいる。
ここは議論中の精神コントロールができない未熟者って意味ね。

508 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 12:00:13 ID:OduJhNGA
>>506
>>これを「恥」で済ますのは思考放棄も大概にしろと思う。

俺が知りたいのはなぜ議論で負けるのを日本人は「恥」と思うのか?なんだよ。
なぜ堂々と議論して負けることを日本人は素直に受け入れないのか?
なぜ堂々と議論することを避け日本人は「根回し」をするのか?
精神コントロールができないのは日本人が議論をできない証拠なのでは?

それを議論したいだけで思考放棄してるつもりは無いんだが。

509 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 12:24:46 ID:OduJhNGA
ギリシャ人もローマ人も中国人もアメリカ人も
議論で相手に人格否定されても「個人」は否定されない。
だから議論に負けても平気(腹は立つだろうが)

日本人は議論で相手に人格否定されたら「個人」が否定される。
だから議論に負けたら居場所が無くなる(自分の存在が否定される)

それが「恥」の正体では?

510 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 12:42:39 ID:???
欧米なんかは失敗はあって当然の社会だけど、
日本は失敗はあってはならないという観念の強い社会。
だから失敗や議論の負けを「悔しい」ではなく「恥」と感じるんじゃないの?

511 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 12:43:10 ID:???
日本人は妥協するより堂々と戦って結果負けてもいいという道を選ぶような気もするが。
そうじゃなかったら太平洋戦争なんかやっていない。

512 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 13:10:17 ID:OduJhNGA
>>511
太平洋戦争は日本が米国と「議論」ができなかった証拠だよ。
ハルノート突きつけられても選択の余地はいくらでもあった。

米国との「議論」に「負けた」のを認めたくないから「発狂」したんだよ。
負けたら自分の存在を否定されるんだから、キレて相手を刺しただけ。
しかも議論で妥協するのですら「負けた」と勝手に解釈するんだから終わってる。

そりゃ日本人は議論ができないんだから国家も他国とまともに議論できない。
今の日本も同じだよな?

513 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 13:16:16 ID:???
>>511
今でもよくいるでしょ。
まったく議論に参加せず、いきなりキレるバカ。
叱られて注意されてる間は黙ってるくせに、相手が背中を向けた瞬間に蹴飛ばして逃げるとか。
議論以前に話し合う習慣がないから、身勝手な実力行使に出るんだよ。
破れかぶれとか、窮鼠猫を噛むとか言っても、言い訳でしかない。

514 :499:2010/01/20(水) 13:22:29 ID:v2/APTWU
>>503
ごめん。良く分からん。
否定されるから恥じゃなくて、恥を知るってことで。。ん、良く分からん。
まぁ、そのうちレスするとおもう。

515 :499:2010/01/20(水) 13:39:57 ID:???
しかしまぁ、勉強になるスレだ

516 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 13:55:04 ID:OduJhNGA
>>512続き
いちいち北朝鮮と比べるのも腹が立つんだがw

北朝鮮は米国と「まとも」に「議論」をしている。
(中国の後ろ盾があるけど今はもう完全に見捨てられてるな)
米国とまともに議論して体制の存続を維持している北朝鮮を日本人は「狂ってる」と言うが
ならば米国とまともな議論もできず大日本帝国を崩壊させた日本人は

北朝鮮以上に「狂ってる」ことになるよな?

517 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 14:04:19 ID:???
だって戦争を起こそうとしている国と議論はできんよ。
もっと策をたくさん使うべきだったな。

518 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 14:35:30 ID:???
戦前日本の硬直性はやはり天皇制にあるような。
天皇個人がどうこうではなく勢力がある者に、天皇陛下が、と持ち出されてしまうと
他は何も言えなくなってしまう。

519 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 14:57:34 ID:OduJhNGA
今までのレスの流れを勝手にまとめた。

日本・・・個人の否定(恥)→集団(相手)から抹殺→自己責任(切腹)

外国・・・個人の否定→物理的に相手を殺すか、殺されるか

外国の場合、日本の自己責任のような方法は騎士や軍人の名誉が傷ついた場合に限られる。
しかも騎士の場合、相手がいればその相手と決闘する。

日本の武士も決闘の文化があったのか?
疑問も多いが、みんなの意見もっとください。

なんか・・覚醒してきたw本当の日本の姿が見えてきた・・

520 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 15:31:38 ID:???
>>518 だよね
天皇は太古から象徴。
日本国憲法で明文化されただけだしな
最高実力者だった時代の方が希だしね。だからこそ存続し続けられたのだろうけど。
鉄人28号のようなもの。使い方次第で大きな戦力(今なら外国に対して。外交かな)
歴史が長すぎて実はいないと困る。ただし鉄人の唄の通り

敵に渡すな大事なリモコン〜♪

日本国憲法では、建前上最高権力は国民が持ってる。
故に日本人は天皇を誰にも渡してはならないし。その扱いにはデリケートになるべき。
現在の日本人の大半はあまりにも粗末に考え、あまつさえ粗末に扱う国民の代表すら
いる始末。
鉄人のいない正太郎君の焦りを知るべき。

521 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 15:55:59 ID:WiKrc+we
参考・在日韓国人が参政権をほしがる理由
http://d.hatena.ne.jp/hidekopon/20091123/1258974145

522 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 16:10:53 ID:OduJhNGA
>>520だな。そうだよなw

日本人にとって仏教、儒教、道教は日本人の精神的支柱「神道」を
守護して補強するための道具だったんだよ。
でもあまりにも補強しすぎて精神的支柱の実態を忘れたw

単なる道具である仏教や儒教が目立ちすぎて神道が埋もれてしまった。
それは天皇が日陰者みたいに目立たなかった時期と一致する。
でも天皇の権威が弱まったんじゃなくて、存在を忘れてただけw

幕末で集団の危機になって初めて天皇の権威が強化されたんじゃなくて
凄まじい強力な権威が天皇にあることを思い出しただけなんだよ。

まさに「鉄人28号」だよ、否「ウルトラマン」?「ゴジラ」?
つまり日本の巨大ヒーローや巨大怪獣は天皇の象徴なんだよ!
こりゃスゲエ発見、新説だ・・・



523 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 17:09:06 ID:OduJhNGA
>>522を逆説的に説明すれば、もっとスッキリ説明できる。

中国の脅威に対抗するため建国の守護神「天皇」という
「巨大兵器」「巨大ヒーロー」「巨大怪獣」(なんでもいい)を日本人は創りあげた。

しかしその正体不明の力は人間の日本人には制御不能だった。(だって正体は神だから)
その力を抑え付け拘束するために急遽、海外から仏教+道教を輸入してがんじがらめに縛った。
それでしばらく安定していた。
モンゴルの侵略も水際で食い止めたので天皇の本当の力は使用せずにすんだ。
しかしこれに脅威を感じた武士は儒教を急遽輸入して天皇を拘束した。
鎖国して安心していたが突如アメリカ帝国主義(凶悪な宇宙人)が来襲。
もはやここまでと思った武士は天皇の封印を解いた。

その威力は絶大で近代化、日清日露戦争の勝利、日本人は天皇の力に溺れ、自らを慢心した・・

524 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 17:18:09 ID:???
>>522 そしてもう一つ忘れてはならないこと
ある時は正義の味方♪ある時は悪魔の手先♪
権威はあっても権力のない天皇は、その時代の権力者によって様々な力にもなるってこと。
良くも悪くも。

さらにもう一つ権力は金と力で得られても、天皇のもつ権威は永い永い時間が日本人と共
に作り上げられたもの。一度なくせばそう簡単には戻らないって事も忘れてはならない。

実は俺も純粋無垢な小さい子に説明出来ない「天皇」という色んな意味で差別された御方
を否定する人間だった。

だけど良いい悪いか色んなしがらみと加齢と共に付いてしまった。日本人にとっての天皇っ
て何かを。
理屈じゃない。日ごろはくらい倉庫で眠ってるが、日本民族がピンチになったとき、煙突から
びゅーーんと飛んでくるんだよね。日本人の心に。
そういう意味では天皇が粗末にされる時代ってある意味日本人が幸せな時代化も知れない。


525 :524:2010/01/20(水) 17:29:15 ID:???
あまりにも誤字脱字だらけだったんで一部訂正w

だけど良いか悪いか、色んなしがらみと加齢と共に気付いてしまった。日本人にとっての天皇っ
て何かを。
理屈じゃない。日ごろはくらい倉庫で眠ってるが、日本民族がピンチになったとき、煙突から
びゅーーんと飛んでくるんだよね。日本人の心に。
そういう意味では天皇が粗末にされる時代ってある意味日本人が幸せな時代かも知れない。

526 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 17:47:57 ID:???
別に飛んでこないよ。日頃から支えてる国民がいるわけで。
象徴と言うよりは族長でしょう。

527 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 19:00:44 ID:OduJhNGA
>>525
天皇の存在を「理屈じゃない」と考えるのは非常に危険だと思うよ。
天皇は現実に存在しているし、理由も意味もある。
神道の内容や神社とか鳥居とかの建造物は意味が無いし、単なる記号にすぎない。
それを「理屈じゃない」と考えるのは正しいよ。
でも「天皇」は「理屈」として存在してるし、日本人の精神を強力に支配している。

それを理屈じゃないと目をそむけて逃げる「日本人」が「天皇」よりもっと恐ろしいんだよ。
>>526
飛んでこないよ。
ただし象徴でもないし、まして族長とかいう権力者でもない。
日本人の精神、行動、思考を支配する「もの」なんだよ。
しかも日本人の誰もそれを意識していない。だから恐ろしいんだよ。

528 :499:2010/01/20(水) 19:18:33 ID:???
>>503
>>日本人の「恥」って概念は個人を尊重するためでは無く、個人を否定するために存在してるんだよ。
モレには恥が個人を否定するためにあるっていう感覚が無いらしい。
己に対してのみ向けられる言葉って感じかな。
「知識が無いから私は語りません」って人を責める気にはまったく
モレはならん。そんな人にどうしても意見して貰いたいなら、誠意でもって
説明なりお願いするな。

ってか遅レスすまん

529 :499:2010/01/20(水) 19:27:50 ID:???
ああ、すまん。個人って他人って意味じゃないな、レス読む限り。
そっか、自分(個人)を否定してるな。確かに。

でも、個人を他人として考えているのですよ、>>468は。
499=468です(書き込み慣れてなくて本当にごめんなさい

530 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 19:42:47 ID:SS4AMerE
宗教は板違い

531 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 19:57:26 ID:OduJhNGA
>>529
自分を否定されると日本人は居場所がなくなるんだよ。
議論に負けて論破されていく過程は着てる服を一枚一枚脱がされるようなもんだ。
最後は素っ裸にされ集団から放り出される。
そんな恥ずかしい思いするぐらいなら切腹するしかないんだよ。

>>「知識が無いから私は語りません」って人を責める気にはまったく
>>モレはならん。そんな人にどうしても意見して貰いたいなら、誠意でもって
>>説明なりお願いするな。

ボディービルダーと筋肉自慢するガリにお前は脱ぐなって忠告する。
それとも脱ぐよう説得するか。無理やりガリの服脱がすかの違いだな。

外国人は最初から素っ裸なんだよ。それが恥ずかしいとも思ってない。最強w

532 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 20:01:39 ID:OduJhNGA
>>530
スマン。そろそろ結論言うから待ってくれ。
てかこの話題は宗教か?てか今までの俺の主張は正しいのか?
不安なんだが

533 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 20:42:21 ID:OduJhNGA
勝手に俺の結論出すよ。

神道=神=天皇  神道=集団主義=日本人

ゆえに現代の日本人は全員「天皇」である。

無茶苦茶で支離滅裂なんだけど
俺の論理では、どう考えてもこうなる。
発狂しそうなんだが、みんな助けてくれ。

534 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 21:45:13 ID:OduJhNGA
スレチだが、みんな反応が無いな。呆れてるのか?
検証してくれると嬉しいんだが。
俺も自分の結論に衝撃うけてどうしていいのかわからんのだが。

国民総天皇化したのは敗戦後の天皇の人間宣言後だと思う。
タレントやスポーツ選手が神格化されたのは、国民総天皇化の表れではないかと。

535 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 22:34:38 ID:???
なるほど、日本国民はみんな「神」か
だからああまで足を引っ張り合うのかな、俺が「神」だ!俺が法で正義で善だ!
っていう前提でいるからもう話し合いにもなりゃあしねぇ。

イスラムやキリストは絶対的な「神」がいるからそこらへんは上手くまとまるんだろう。

536 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 22:51:30 ID:WiKrc+we
自由を至上の価値にしてしまうと、意見がまとまらなくなり、結果として民の力が削がれ、支配側の思う坪となる。アメリカも日本も同じ。バブルからアメリカ流の洗脳が加わり本来の日本人とはチト違ってる

537 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 22:54:04 ID:OduJhNGA
>>535
返事くれてありがと。無視されたら基地外扱いされるんじゃないかと怖かったよw

そもそもアニミズムの神道は根本的な「矛盾」を抱えてるんだよ。
すべての万物には神が宿ってるんだから
当然、すべての人間にも神が宿ってないといけない。
そこには差別なんかあってはならない。
でも人間は必然的に能力で序列化されるから現実と矛盾してしまう。
だから必然的に神様の代表を作って序列化して、人間もそれに合わせらるから矛盾も解消される。

538 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:05:36 ID:OduJhNGA
>>537続き
でも権力者は偉大なナンチャラ神の化身で神格化されるからいいけど
その他、大多数の庶民の神様は細かく序列化できないから困る。
全員、神様で平等と現実の序列は永遠に解決されない。
古代の話だけど、この矛盾は現代まで続いてるんだよ。

すごくねーかw日本てw


539 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:07:06 ID:???
日本の神様はそこまで威張りくさってたかな?
あまてら(rが一応一番偉いけど、なんだかぐだぐだやってたようなお話だったような。

今の日本人は「俺が唯一神だ!」みたいな態度の奴が妙に一杯いるような気がするが。

540 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:32:49 ID:???
謙虚なのが日本の神の特徴。
日本人が謙虚でなくなったから、ごり押しの邪神を引き入れた。

541 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:47:18 ID:OduJhNGA
>>539
その話題は専門家にまかせる。構造的な問題だからな。
神様の起源、名前、役割は意味が無いんだよ(たぶんw)
俺、神道なんか全然興味無いし内心馬鹿にしてた。
でもその平等と序列の矛盾に完全に支配されてたのが衝撃だった。

その矛盾を解決するために日本人は仏教や儒教を輸入したんだな。
仏教の思想は神道の矛盾からの解脱をめざす。

儒教は逆に人間を序列化させて神道の矛盾を解決させようとした。
それが日本人のこまかくて煩い「礼儀」「敬語」を生んだ。

でもそれは所詮枝葉で根幹は神道で支配者は天皇。
しかも天皇は最高権力者と同時に神なんだから唯一絶対神みたいな性格になるのは必然なんだよ。

アニミズムで多神教で唯一絶対神を同時に併せ持つ宗教って世界に存在するのか?

542 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:56:22 ID:???
>神様の起源、名前、役割は意味が無いんだよ(たぶんw)

まあそういう人も多いけどね。どんなことからも学べると思うな。

543 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:58:56 ID:???
初めて書くが参戦させてね。
>>534
非常に鋭いね
猪瀬直樹の『ミカドの肖像』には似たような理論が見られる。
高度成長期、皇太子と美智子妃殿下が軽井沢でテニスに興じていたことが、
よくメディアで報じられたよね。
それを見た当時の貧乏臭い日本大衆は、
彼らを或る意味で遠い存在と知りつつ、他方で自分自身もそうなりたいと密かに望んだ、と。
で、実際その後、大衆が普通に軽井沢で遊んだり、テニスに興じられるようになった。
そこで猪瀬氏は、日本における天皇家は、確かに神だけど、
大衆の雲の上にいる神ではなく、
今風にいうセレブに相当する存在として大衆消費社会を先導するインセンティブだったと論じている。

これは、ちょうどウェーバーの理論で、神聖なプロテスタンティズムが
資本蓄積主義を助長したのと似ていて、
神聖なはずの天皇家を、経済成長の原動力として考える理論だと言える。

しかし、「一億層中流化」してしまえば、天皇家だけが特別の存在ではなくなる。
むしろ、あなたが言うとおり、スポーツ選手や芸能人が、
天皇家と同じような役割を演じることが出来るようになるわけだ。

そして、翻って、たとえば眞子とか加子(?)とかの
結構可愛い子が、アイドル視されるようにもなる
雅子さんもかもしれないが。

こうなると、もう「聖と俗」の境界線が曖昧になる。

日本人にとって、聖なる存在とは、西欧風の絶対的で不可侵のものではなく、
どこか俗っぽい曖昧な憧れの対象のように思える。

マリア様は処女のまま出産したが、日本の聖母は子を孕むために、陵辱されなければならない。

544 :名無しさんの主張:2010/01/20(水) 23:59:36 ID:???
<続き>

異常なばかりにアニミズム化された日本のフェティシズムにも、以上の傾向を見て取れないか?
巫女、シスター、尼さん、制服女学生、ナース、
あれらはみんなアマテラスだ。でも、女神だからといって、
マリアさんみたいに処女性を崇められるわけではない。
やがては、犯される性的対象と看做されている。
性的ゆえに、聖的。
猥褻ゆえに、憧れられる。

神と人間のあいだの距離が近く、
人間は、神を犯す(侵す)ことで、自らも神となれると妄想できる、
というアニミズムがあるのかも。

あるいは、こうも言えるかな?
聖を侵すことで自分も聖域に踏み込める、
それか、聖を侵すことで、あらゆる聖を自分同様俗に貶められる、
という希望。
つまり、あの忌まわしき横並び主義と悪平等主義の根源がここにあるのかもしれない。
「アニミズム」といえば、聞こえはよいけれども、
実態は、やっぱり足の引っ張り合いなのかもしれないね。


545 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 00:23:44 ID:stGXi7et
>>543-544
すげえ俺がなんとなく思ってたこと全部代弁してくれた。
やっぱ最後は知識だなw
雅子サマが精神おかしくなったのも人間なのに人間扱いしてくれない。
神様なのに神様扱いしてくれない。
この矛盾に心を病んだんだよ。
もう心理学や精神分析の世界だな。

日本の歴史の教科書や評論家や学者はこの真実に目を背けてたのか。欺瞞か?
なんか最初怖かったけど腹が立ってきたw
もっと検証してください。お願いします。

546 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 01:06:13 ID:stGXi7et
俺は「武士」の存在が重要なキーワードだと思うんだが。
武士の起源は天皇を守護する者が始まりなんだろ?
だから庶民との差別化をしないといけない。
最初は武装の有無なんだけど精神的な差別化が必要なんじゃないかと。
それが「切腹」だと思うんだが。

前レスでも同じこと書いたんだが誰も反応してくれなかったんだけどw
明治維新は武士階級が解体したんじゃなく、庶民が解体した。
つまり庶民が総武士化したんだよ。
明治政府は新軍隊で農民を軍人に教育するとき「武士道」を利用したらしい。
臣民を意識的に武士化するんじゃなく「無意識」に武士化させた。
オウム真理教以上に神道のマインドコントロールが強力なんで意識もできなかった。

これが武士のみに許された自己責任の作法が日本人全体に拡大された原因だと思う。
じゃないと現代の日本人の異常な自殺率を説明できないw

547 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 01:18:06 ID:???
>>544
なんかもののけ姫みたいな話だな。
神様殺してるし。

んでその足の引っ張り合いの大好きな国民性だから誰かが何かを成し得ようとすると
周囲から猛烈に足引っ張られてとても大変な目にあうわけだ。
だから日本では何をやるにも敷居が高くて閉塞感がすごいのか。
じゃあ今は不況だなんだと言われているがこんなときでも国民同士は協力しないで
いがみ合うから更に負のスパイラルに陥るって予想できるな。

548 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 02:37:01 ID:???
>>541 ギリシャ神話かな

549 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 02:44:48 ID:???
>>541
天皇は神の子孫であるから、神のほうが上だよ。
天皇は神官の長みたいなもの。

550 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 03:00:25 ID:???
>>547
現在の状況は、宗教の衰退が、絶望すなわち自殺の件数にに直結してるのでは。
自分が「神」ならなおのこと、絶望感が大きいな。

天皇の役割は本音も建前も超越して日本人の心の支えになってたことは事実。
そして20後半から21世紀の日本人は本気で心からその支えを外してしまって
たのかもね。


551 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 03:44:36 ID:stGXi7et
今までの世界観が破壊されるようで俺は寝れない。
>>549
それは物理的な世界では天皇は人間なんだから神官の長(ただのオッサン)にすぎない。
でも神道の精神世界では天皇は「神」なんだよ。
しかもアニミズムなんだから万物にも神が宿る。
ゆえにすべての人間にも神が宿る。
しかも人間の序列のように神も序列化されてる。
しかも序列化した神の頂点も存在する。

アニミズム・多神教・唯一絶対神が同時に存在している。
つまり平等・序列・服従の矛盾どころか三つ巴の世界観なんだよ。

それが物理世界では無く日本人の精神世界を「無意識」に支配している。

日本人の行動が「平等主義」で「序列主義」で「絶対服従」なのは、この「神道」の精神支配が原因なんだよ。


552 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 08:22:13 ID:???
日本人は謙虚でなくなったってよくいうけど、そうだったら暴動はどうして起こらないの?どうして過労自殺するの?

日本人の言う「モンスター」は昔からいたと思うよ。単にテレビでよく取り上げられるようになっただけで。それでもというなら、逆に海外じゃそういう人はいないのか?

553 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 08:54:20 ID:2mKrewtu
日本人は精神障害者

554 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 08:59:01 ID:???
そういえば阪神淡路大震災の時、大災害に見舞われていつのに秩序正しく行動する日本人
のことをアメリカでは、「気持ち悪いって」「褒めてたね」w

やはりアメリカ人の感覚では、感心するより先に気持ち悪かったみたいだ。あんな状況で秩
序正しくする人たちを。これってみんなはどう思ってる?日本向きでは「気持ち悪い」を「感心
した」換えられていたらしいけど。
オレにとって「気持ち悪い」は、この件に関しては日本にとってホント褒め言葉と思うけど。
例え彼らがどう思おうと。
でも、大災害時に秩序を保てる裏に潜む日本人のイヤな何かがある?このスレ的には?



555 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 09:00:40 ID:2mKrewtu
http://diamond.jp/series/siliconvalley/10027/

556 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 11:39:36 ID:stGXi7et
>>554
素人の俺が断言するのも何だが、人類共通の宗教の原点はアニミズムらしい。
万物は神様なんだから必然的にすべての人間は「神」、よって全員平等。
「原始共産制」ってアニミズムの意味だったんだな。

でもそれだと人間の現実社会の序列と矛盾してしまう。
まともな人類はアニミズムを卒業して「多神教」に移行するんだけど
神の序列化と人間の序列化は共存するようで結局、矛盾してしまう。
支配階級は神なんだから序列は矛盾しないんだけど
その他多数の被支配者は人間(神)に服従するしかない。
その不合理、不満を根本的に解決するには人間を超越した
唯一絶対神の存在は「絶対」に必要で、つまり唯一「絶対神」の存在は必然なんだよ。

557 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 11:52:38 ID:stGXi7et
>>556続き

それが人類の古代から現代までの歴史なんだけど
人類の中で唯一の例外が「日本人」なんだよ。

アメリカ人、ヨーロッパ人、イスラム教徒、ユダヤ人は
人間を超越した「唯一絶対神」に絶対服従するから
秩序正しく行動できる。
だから自称「無宗教」の日本人が秩序正しく行動するのを「理解」できない。


558 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 12:16:59 ID:???
>>557
日本人の秩序正しさは世間教からきてるんだろうね。他人の目が抑止力っていうか。
ひとけのない所ではレイプとか頻発してたってなんかに書いてあったな。いつも
神が見てるから他人が見ているいないに関わらず悪いことはしてはいけない、という
キリスト教とはまったく違う。
他人の目によって行動基準が決まるって、これも原始宗教的な考え方なのかな?


559 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 12:32:15 ID:???
>>558
そう確かに暴行もレイプも盗難もあったらしい。あるのが普通だろうな。
だが大規模な暴動、集団の暴走はなかった。
ましてや先の事件を起こしたのは被災者以外、追い込まれた人以外だったと言う事も付け
加えておく。
ここで意外なことに気付く逆境におかれればおかれるほど秩序正しいって、日本人の何が
そうさせるのだろう?

560 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 13:32:38 ID:???
それは格差問題に思える。社会の底辺にいる人々の鬱屈したルサンチマンの大放出。
阪神大震災のころはまだ今ほど社会状況は悪くなかった。今大地震が起きたら
結構違うかもね。


561 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 13:33:34 ID:stGXi7et
>>558
俺も今まで日本人を無知なりに「日本教」「世間教」「集団主義」「原始共産制」「アニミズム」「神道の精神」
とか呼んで定義しようとした。
実はどれも本質的には同じなんだよ。
俺もそこで思考放棄しようと思ったんだけど素人なりに論理的に考えたんだよ。
そしたら人間の思考で「定義」できないってモノが一番恐ろしいんだよ。
たぶん日本人の根底は人類が触れてはならない究極のタブーがある。

言葉や文字で定義できない恐怖に人類は耐えられないから
文化や文明を築き上げたんだけど
その唯一絶対的な「例外」が日本人なんだよ。

俺は結論を自分なりに出して戦慄してんだけど。
思い出しただけで「発狂」したくなる日本人の「闇」なんだが。
マジで怖い。だからみんなで議論したいんだよ。
今まで笑いごとだったけど、マジでみんな発狂するよ・・・

562 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 13:47:13 ID:???
>>561
よしわかった!
俺を発狂させるようなレス待ってるぜ!

563 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 13:49:47 ID:nSkMSJcx
>アメリカ人、ヨーロッパ人、イスラム教徒、ユダヤ人は
>人間を超越した「唯一絶対神」に絶対服従するから
>秩序正しく行動できる。

表向きはそうだろうけど、裏では何やってるかわからんだろw
イスラム、キリストなんて特にそうだし

564 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 14:11:23 ID:stGXi7et
>>563
裏で何やってもいいんだよ。
敬虔なクリスチャンでも裏で快楽セックスしてるし
イスラム教徒も裏で酒飲みまくってるし。

重要なのはその行為によって「宗教的」な「罪の意識」を感じることなんだよ。

問題は、日本人が乱交、痴漢、盗撮、麻薬、窃盗、殺人などの犯罪をした場合の
日本人の「宗教的」な「罪の意識」とは「何か?」なんだよ。

それが「集団からの排除」=(恥)なんだよ。日本人は排除されれば自分の居場所が無い。
よってそれは自己責任なんだから義務(切腹)するしか道は無い。

みんなどんどん返事くれ。不安だから。

565 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 14:19:28 ID:stGXi7et
>>564続き

つまり日本人は「集団」が殺人を肯定すれば
その集団の意思に反する行為は(恥)なんだから
集団から排除されたくなかったら積極的に殺人をしなければならない。

論理的に考えると日本人はヤバすぎるだろ。
だから不安なんだよ。

566 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 14:34:37 ID:???
>>565
だんだんファンタジーみたいになってきてるが、おもしろいよ。

ミクロな目でみれば、いじめ集団に入っている場合、そこに属していたかったら
みんなといっしょに、誰かをいじめる行為を行うってことだな。それが、大きく
なれば、殺しもか。ま、法律で縛らなければあるだろうね。キリスト教だと、
神っていう超法規が、とりあえず殺人はいかんと言ってるわけだから、無法状況でも
歯止めはある。


567 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 14:43:51 ID:stGXi7et
オカルト板なんか話にならないぐらい「洒落にならないほど怖い話」なんだよ。

人類が幽霊、精霊、神、宗教、文学、科学、民主主義とか発明したのは
日本人の根底に流れる「思想」から必死に逃げて戦うためだったんだよ。

日本人も同じように古代から自分のこの「思想」から逃げたり、戦ったりした。
そのあがきが仏教や儒教とかの外国の思想なんだよ。
でも無理だった。この「思想」を潰すことは日本人にはできなかった。

その古代からの「思想」が現代でも文明国で唯一温存された国。
それが日本国だ。こえーヨ・・・涙目

568 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 14:57:08 ID:nSkMSJcx
>問題は、日本人が乱交、痴漢、盗撮、麻薬、窃盗、殺人などの犯罪をした場合の
>日本人の「宗教的」な「罪の意識」とは「何か?」なんだよ。

殺人を犯す奴に罪の意識なんてものは存在しない
だから自殺する奴の殆どがルサンチマンなんだろうし
そいつらは人間という一つの種族になぜこれほどまでの
格差が生まれるのか疑問に思っちゃうんだろうよ

市橋を羨む奴等は自殺する可能性が高いと思うね

569 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:03:36 ID:???
怖いっちゃ怖いな。所属している集団のためならなんでもやるし、
やらされるわけだから。

ラッシュ時に飛び込み自殺した人に対して、自分と自分の属する集団との
関係にしか頭がいかず、自分が遅刻するから迷惑だとしか考えない
冷酷さも、怖さの一例かな。


570 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:08:01 ID:x8LHS3Qs
>>551
同意できる部分もあるけど
平等で絶対服従とまでは思わないね、暮らしてて。
平等に価値ありとは思ってる人が多い。
変な支配構造はアメリカの秩序に長い間組み込まれたから。
これから自由発想が増える流れだ。

571 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:09:57 ID:NCO4dzkZ
たとえ日本が誰もが恐怖する世界であっても、私は飲まれないでしょう。
なぜならバランスを追求する者でありたいからです。

悪があるなら容認するでしょう。行き過ぎない程度に。
善があるなら容認するでしょう。持ち上げるように。
全てを否定することもあるでしょう。自身が自身であるために。
私に武器はありません。あるのは魂ただひとつです。
絶つか絶たれるか、首を洗い、切腹刀を研ぐでしょう。
日本と言う国をただ思いこがれながら。

「ともぞう、心の句」

572 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:19:33 ID:x8LHS3Qs
>>569
それについては市民社会がまだ成り立ってないんだと思う
西洋的なものとはちょっと違うけど。
アメリカの一般市民と同じレベルで1からやり直しだと思う

573 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:23:27 ID:stGXi7et
>>566
俺もこれがファンタジーであってほしい。でも現実だから怖いんだ。

>>法律で縛らなければあるだろうね

驚愕の事実なんだけど日本人に法律は「必要無い」んだよ。

集団からの排除こそ日本人にとって最大の刑罰。
集団こそが立法、行政、司法なんだよ。
集団にバレず、第3者の警察にもバレなければ何してもいいんだよ。
レイプ、泥棒、万引き、殺人なんでもやり放題。超フリーダムでパラダイス。

でも結局運悪く警察に捕まっても日本人の罪悪感は「集団にバレたら俺の居場所は無い」しか「ありえない」だよ。

「罪の意識」はあっても「法律を犯した」意識は「絶対」に無い。

つまり日本人に法律なんか不要ってこと。

574 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 15:26:43 ID:x8LHS3Qs
意識が結実したのが法律だから、思いは違っても
法律はさすがに必要だろう。警察権力も法律あって正当化されるものだ。

575 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 16:13:31 ID:stGXi7et
>>574
日本人にも「罪の意識」(恥)は絶対ある。
問題なのは「法律を無視した」意識が絶対無いこと。
この2つを無意識に混同してるから日本人は怖いんだよ。

現実に法律は存在してても日本人には、それが「ルールブック」にしか見えない。
野球やサッカーのルールと法律の違いを大学とかで勉強して理解したつもりでいる。
(すまん、俺もその違いを厳密に区別できんw詳しい人助けて)

でもそんなのどうでもよくて、日本社会で現実に生活していく上で
集団の掟と法律を意識的に区別できないのが問題なんだよ。

576 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 16:16:08 ID:???
なんか話がすごい事になってるけど、恥とか集団からの排除とかからなる日本社会は
すみやすいからぜんぜんオレ的にはOK
逆に他国の方が恐ろしいと思う。法律以外に抑止できる精神構造と社会システムってい
いじゃない。日本人にしか無理なのかそういうの。日本人で良かったよ。
それと

>集団にバレず、第3者の警察にもバレなければ何してもいいんだよ。
>レイプ、泥棒、万引き、殺人なんでもやり放題。超フリーダムでパラダイス。
これは日本だけじゃないと思う。さらに実際の法律に触れなければも加わるだろう。
これが法律以外でも抑止できるなんていいことだと思うけど。法律に触れなくても
悪いことは抑止できるって事だろ。今の日本みてるとそうでなくなりつつあって悲しいけど

577 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 16:50:55 ID:stGXi7et
>>575続き

日本人に法律は「必要ない」って言ったけど、間違いだった。
俺の論理wでは、どう考えても
日本にはルールブックは存在するけど、それは法律では無いとしか結論できない。

つまり「日本には法律が無い」

・・この事実だけでも発狂したいんだけど、俺、もう慣れたからw

578 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 16:53:02 ID:???
大日本帝国憲法ってどんなんなのか興味がわくな。純粋に日本製なわけ
だろ。


579 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:05:54 ID:NCO4dzkZ
モレは怖い。
法律以外の抑止が無くなった時の日本が。
もう元には戻らないかもしれない。
政治・地域・企業の順に、その心は否定されるのだから。
もう深くまで浸透しているのだから。

580 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:05:57 ID:???
大日本帝国憲法は実質的にドイツ製。

581 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:18:56 ID:???
>>579
というより法律で決められていても、ほとんどの法律には罰則規定がないのが日本の法律。
性善説で作られてるから、法律を決めれば守るだろうっていうお上意識の現われだ。
でも、お上の力が失せた今となっては企業も個人も守る気がないのは当然じゃないかな?
中には自分に都合の良い俺解釈で無理難題をふっかける馬鹿野郎も多いし。
そういう連中に守らせるには裁判に訴えて慰謝料をふんだくること。
そうすれば判例ができるので、ようやく法律として機能し始める。
だけどその前に弁護士が判例になるのを嫌って和解を求めてくるのも日本的。
なんだかなあ。

582 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:25:17 ID:???
>>578
読んだことが無い人は読んでみればいい。当時なら決して悪法ではないと思われる。
ちゃんと国民(臣民)の権利も謳われている。天皇 軍隊 を除けば今の憲法と同じよう
なことが書かれた部分も多い。
基本的に世の中の安寧を保つことが書かれ、天皇は臣民が安寧に暮らせるように悪
政を布かぬ様戒め、臣民は国家の安寧を乱さぬように戒めている。その中での権利も
認められている。


583 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:38:15 ID:NCO4dzkZ
>>581
納得。やっぱり恐怖だ。

584 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:46:21 ID:???
>>582
ちらりとウィキペディアで概要を読みました。1990年ごろに公布か。どんだけ
法律の歴史が浅いんだろと思ったよ。日本て昔から、なんでもかんでも他所の国から
持ってきたものを加工してんだな。そして、翻訳すると別ものになって
そのものの背景とか本質がなおざりにされ、勝手な解釈が一人歩き始める。
俺にとっては、日本語がある意味怖い。本質をフィルタリングするろ過装置だ。


585 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:50:36 ID:2mKrewtu
>>554
日本はいい意味でも悪い意味でも世界の非常識がはびこってるのかもしれない。人間は皆利己的なものなんだから荒れるに決まってるし、誰かが文句をいうわけでもなくただひたすら自分のために物を取りにいく。自然的なことだよ。

>>573
確かに日本に法律はいらないな。「集団」でなんとかなるんだものw

586 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 17:58:57 ID:???
強者社会の弱者→自殺
弱者社会の強者→殺人

日本は自殺が多いから強者社会
米は殺人が多いから弱者社会

つまりだよ集団社会でも自分の理想的な団体を見つけるのが一番なのだよ

587 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 18:55:46 ID:stGXi7et
>>576
>>逆に他国の方が恐ろしいと思う。

俺は最初から勘違いしてたんだよ。
日本と外国を比べるから余計に日本の本質が見えなかった。
日本と外国は最初は区別ができなかったんだよ。
たぶん数万年単位の年月の昔は人類しかいなかった。
それが何故こんなカオスな状態になったのかを考えるべきだった。
そのカオスな状態がどこに向かうのか、目的があるのかを考えるべき。
それがが現代の日本人を支配してる正体なんだと思う。

やべえ、俺発狂してんのかな?つじつま合ってるよな?

588 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 19:51:15 ID:stGXi7et
みんな引きまくってるのかなw
話題を現実に戻そう。

秋葉原の加藤くんの気持ちがわかるよな。
現実に俺を迫害した奴を刺せば、自分の負けを認めたことになる。

「だれでもよかった」

あたりまえの答えだよな。
個人の名前を特定すれば、そいつに負けたと認めてしまう。
だって本当に恨みのある人間の個人名を法廷で証言すれば
恥ずかしくて生きていけない。自殺するしかない。アレ?

589 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 20:11:20 ID:stGXi7et
>>588続き
日本のルサンチマンは、当然、加藤君の気持ちはわかるはず。
外国人はつなぎを隠した犯人を刺す。
でも加藤君はつなぎを隠した犯人刺せば自分が「負けたこと」を認めることになるから
「恥ずかしくて」刺せないんだよ。

外国人の無差別銃乱射は犯人が「無差別」の自覚があれば本当に無差別。
でも日本人の無差別は本当に無差別なのかどうか区別できない。

俺の言ってること変かな?前はこんな発想できなかったな。

590 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 20:24:00 ID:???
世界各国の会社の夏休み

・オーストラリア・・・1ヵ月半
・スペイン・・・1ヶ月
・スウェーデン・・・年齢に応じて25日から32日
・オーストリア・・・35日
・フランス・・・5週間+労働時間が半分になる日が2週間
・ポーランド・・・46日 ※10年以上働いてる人は+10日
・ドイツ・・・最低33日・最大37日
・イタリア・・・最低32日・最大42日
・ノルウェー・・・平日だけで25日



















・日本・・・5日www ←注目www

591 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 20:32:28 ID:NCO4dzkZ
いいタイミングのコピペ。もしかしたら過労によって
思考停止を超え、混乱から無差別殺人をしたのかも。

>>588
そうかもな〜って思いましたが、やっぱりちょっと性急

592 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 21:26:16 ID:???
>>589
全米で300人以上を殺した連続殺人犯であるヘンリー・リー・ルーカスはこう言っている。
「俺は人を殺すために今まで生きてきたんだ。誰でも良かったが、人間じゃなきゃ駄目だ。
人を殺すことは、俺にとって何でもなかった」

一方、秋葉原の加藤容疑者や池田小事件の宅間死刑囚はそれぞれ同じ事を言っている。
「死刑になるのは当然だと思う。ただむしゃくしゃしていたんだ。相手は『何でも』良かった。
人を殺すことは、どうしようもなかった」

日本の単独連続殺人犯って、目的意識や明確なターゲット意識の強い人間が少ないと思う。
戦前の津山事件が注目されたのは、「自分に冷たく接してきた地元の人間に復讐する&
『村の人間であれば』誰でも良い」という感じで、上記の2意識が強烈だったからじゃない?

593 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 21:35:33 ID:stGXi7et
>>591
たぶん、あなたは負け組みじゃないな。
でも日本人は負け組みであると自分の精神が認めるまで絶対負け組みじゃないんだよ。
客観的にはどう見ても負け組みでも自分が認めなければ自分の「精神」は絶対、負け組みでは無い。

じゃ、その日本人の精神って何だろうと。
それを日本人は「自尊心、誇り、気力、意気」とか難しく分類して呼ぶけど
なんでもっとシンプルに考えないんだろうね。
俺はもっと大胆に考えるよ。

日本人の精神は文字通り「神」なんだよ。

ふざけてるように見えるけど俺は本気なんだよ。
だってアニミズムの神道に日本人の精神は支配されてるんだぜ。
どう論理的に考えても、そう結論するしかない。よな?

594 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 21:42:16 ID:NCO4dzkZ
>>593
いえ、負け組みです。ごめんなさい。

595 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:11:49 ID:???
日本全土が落胆した日
それが2006/06/21

未だに尾を引いてる感が漂っている日本

596 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:16:11 ID:NCO4dzkZ
>>593
>>客観的にはどう見ても負け組みでも自分が認めなければ自分の「精神」は絶対、負け組みでは無い。
まったくその通り。その意味では負け組みじゃない。

>>日本人の精神は文字通り「神」なんだよ。
モレの考える神は、別の言葉に当てはめるなら、理想。
支配されるっていう表現より、共にあるって感覚。
大胆に言えば、結局、支配されてるって表現になるかも。

結論をモレから言うなら、もちっと勉強させて?
外国のことは良く知らんし、日本についても、じっちゃんばっちゃんしか
教えてくれなかった事なのですよ。
考え続けることに意味があるのかもしれんしなぁ。

597 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:16:19 ID:???
なぜ人殺しをしてはいけないのか?という疑問に一般の日本人
は答えられない。サザエさんも教えてはくれない。


598 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:33:58 ID:stGXi7et
>>592
宅間さん(←あえて、さん付けする。義務を果たしたんだから)は
勝手な想像だけど明らかにターゲットは親父だな。
でも殺した時点で親父に負けるのが確定するし
しかも父親が最低の人間であればあるほど負けたらそれ以下に落ちるんだから。
そりゃ恥ずかしくて絶対親父は殺せない。小学校狙った理由も色々あるんだろうけど省く。

で、日本人の精神が「神」なら当然反対の肉体は「現実の自分」だよな。
そこでまた驚愕の真実?なんだけど日本人の、この「神」と「自分」が分離してるんだよ。

もちろん見た目にはわからない。超常現象でもない。オカルトでもない。
ファンタジーであってほしいと俺も思ってるんだけど「現実」なんだよ。

統合失調症でも発症したのかも知れないが、みんなと会話が成り立ってるよな?
それが不安だからこうしてるんだが。反応してくれ。俺は正常か?

599 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:47:41 ID:???
>>598
仮に仮想ターゲットが実父であっとしても、実際に宅間死刑囚殺傷したのは
初対面で血縁関係もない赤の他人である小学生たちばかりだったわけで、
そういう事を考えると「真のターゲット」はいなかったんじゃないかと思う。
ひょっとしたら、心理学用語で言うところの「投影」が働いたのかもしれないけどね。

思うに、日本人は「仮想敵」と「現実の宿敵」の区別が曖昧なんじゃないかな。
日本語は主語が曖昧でも成り立つ言語だけど、そういった言語文化が生み出すのは
『誰が』という第一前提・主語があまりとやかく言われない社会・風土だと思う。
逆にそれが問われる時は、集団社会の中の規律を保つ時ぐらい。
宅間の場合はある意味内心の葛藤において、自分自身とは何とか向き合えても
周囲の中に責任を見出す際に不都合があったんじゃないかねえ。
内心の葛藤だから、周囲には誰もいない。まさに自分だけ、「個人だけ」の世界。

日本でも東京・板橋区で父親が息子をバットで殴り殺したり、京都郊外で女子中学生が
就寝中の父親をナイフでめった刺しにする事件があるんだけど、こういう類の事件は
別に海外にも普通にあるし、共通点や犯人の精神的特徴も結構相通じるものがある。
でも日本の連続殺人って仮想敵も現実の宿敵?も漠然とし過ぎている印象があるなあ。

うまくまとめられなくてすいません。

600 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 22:59:08 ID:???
まあどんなに恐ろしい精神性を持った人種だとしてもそれが永遠に続くなんてありえないよ。
昨今の街を見てみろ。日本にも外国人が多くなってきたじゃないか。
外人には日本人特有の価値観なんか持ち合わせちゃいないし持つ気もないだろう。
日本人もこれから外国に行く人は増えていくだろうし様々な価値観を持つ人が増えていく。
だから今話されているような日本特有の考えをもった人間は段々いなくなると思うよ。
もっとも、人口は減少傾向にあるわけだしね。

>>593
自分が「神」だから惨めな状況に晒された時に「神である自分がこんな目にあうことはありえない!」
といって自己を否定した結果が自殺というわけか。なるほど。

601 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 23:02:21 ID:???
ああ、別に今話してる事が無駄だと言ってるわけじゃないからな。
ただそれに対して過度に恐れているならそれは考えすぎじゃないかという事だ。

602 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 23:04:51 ID:stGXi7et
>>596
あとこの問題を片付けておくべきなんだけど。
俺が勝手に導いた結論に神道の神の名前、役割、起源は一切関係ない。
アニミズム=神道=万物は神
このキーワードでいいと思う。神道を冒涜していると思うが
重要なのは太古から現代まで一貫して神道に日本人の精神を支配されていること。
もちろん「支配」という言葉は適切ではないが
現実に日本人の思考、行動を動かしてるのは事実なんだよ。
日本人は自称「無宗教」といわれるぐらい宗教に無頓着。
裏をかえせば、そのこと自体が「神道」の支配を意識することが許されない
強烈なタブーであることを証明してる。

なぜタブーなのか驚愕の理由もあとで紹介する。

603 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 23:08:18 ID:o06W54mX
stGXi7etの考えは反グローバリズムのなにものでもない

604 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 23:22:27 ID:6l3lI2GK
どーでもいいけどブラックサンダーアイスうめえww

605 :名無しさんの主張:2010/01/21(木) 23:36:40 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=ZcxhcMyn8rU

606 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 00:00:10 ID:VSlyV4/S
>>599
>>父親が息子をバットで殴り殺したり、京都郊外で女子中学生が
>>就寝中の父親をナイフでめった刺しにする事件があるんだけど

これも支離滅裂で共通点も無い事件だが、これも日本人の集団主義の公式?をあてはめると
ある共通点が見えてこないか?
集団=家庭内では子供は父親に従わなければならない。「序列型」「服従型」の精神だな。
その立場が逆転して父親が子供に服従している。
もうこの時点で父親が負けてるんだから自殺するしかないんだけど
でも逆に子供をバットで殴り殺せば父親は「勝つ」んだよ。
刑務所で臭い飯とかどうでもいいんだよ。
とにかく精神の中で父親と息子の本来あるべき立場に立てれば良いんだから。

この場合、絶対殺さないといけないんで、中途半端に生かしておけば
息子に負けた親父として永遠に集団(家族)で居場所がない。
つまり集団で負けても、相手を殺せば勝つ場合がある。
女子中学生は親父を殺して勝つことで集団(家族)の序列の頂点に昇ったんだな。

日本社会を「平等型」「序列型」「服従型」に分けて集団主義の公式を当てはめたら、全部納得できるような。
つまり相手を殺して勝つことで「序列」が逆転するんだよ。

すげえ単純な話なんだけど
なんか戦国時代の下克上の世界だよ。この国はみんな武士なのか?

607 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 00:09:37 ID:???
>>606
下の身分の者が上に成り上がる図式自体は海外にも結構ある。
中世の欧州や近代の東南アジアあたりなんかがいい例。だけど
日本はその中でも結構独特ではあるんだよねえ、これがまた。

人口学者のトッドは、日本やドイツは父親の権威が強く血縁への拘りも大きい
父権社会だと主張して、こういう社会は政権交代が比較的少なくて安定した
集団社会・全体主義を希求する傾向にあると唱えたが、>>606の途中にある
「序列」「服従」というのがおそらくキーワードなのかもしれない。
あのヒトラー(オーストリア生まれだがオーストリアも父権社会)も、そんな典型的な権威主義の
父親への反発からぐれて非行少年化し、WW1で軍隊に飛び込んで更には政治家に化けていく。

ドイツでは第二次大戦後病的な権威依存は緩和されたそうだが、日本や朝鮮では
今でも形を変えてそれが残っているんだろう。でも巧妙に分かりにくく社会の中に
組み込まれているせいで、多くの人々はそれに気がついていないんだろうと思う。

608 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 00:23:58 ID:VSlyV4/S
あれ?なら宅間さんはなぜ親父を殺さなかったんだろ?
宅間さんは成人してるから「序列型」の集団から「平等型」の集団に変化してたんだな。
だから現実では宅間さんと親父の関係は「平等型」
父親を殺しても「平等型」なんだから「序列型」みたいな逆転が起きなかったのか?

俺の言ってることは屁理屈なのか?ただの詭弁?

609 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 01:24:51 ID:???
>>590
日本人だからかどうか解らないがオレの場合、あんまり長い休暇はもてあますと言うより、
長く職場を空けることは不安の対象になる。

610 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 03:29:11 ID:VSlyV4/S
>>591
>>もしかしたら過労によって
>>思考停止を超え、混乱から無差別殺人をしたのかも。

前レスで日本人は「議論」ができないって書いたんだけど
議論で論破されると負け確定で「平等型」の集団から排除される。
つまり相手から「無知」の烙印を押され、その烙印は永遠(たぶん)に取れない。
これじゃ相手と平等な関係は築けないし、第一「死ぬほど恥ずかしい」よな。
だから最初から議論を避けるか、途中で逃げるか、負けたことを「思考停止」するか

「発狂」するしかない。

議論と同じ構造で、加藤君もつなぎ隠され「無能」の烙印を押された。
会社という「平等」「序列」「服従」の集団から排除されたわけだ。
でも加藤君は負けたことを「思考停止」せず「発狂」したんだけど。

でも普通、会社を首にされたぐらいで無差別殺人なんかしないよね。
もっと強烈な「何か」が必要なんだよ。

その「何か」なんだけど、精神=「神」の定義を超えた、超「トンデモ」論理なんだけど。
みなさん想像できますか?話せば絶対基地外扱いされるのは間違いないんだけど
「結論」を出すためには必要(でもないか)なんだよ。覚悟してくれ。

611 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 07:39:18 ID:VSlyV4/S
>>607
このスレでもよく話題になるけど日本と外国を比較しても矛盾ばかりで辻褄が全然合わない。
それはなぜなんだと一生懸命考えてみた。
外国と日本人は根本的な違いとは何か?

つまり「アニミズム」=万物は神の思想は日本人にしか発想できなかったが、全ての原点なんだよ。
俺は今まで「精霊崇拝」と「万物は神」をごちゃ混ぜにしてたのが間違いだった。

精霊崇拝こそが世界共通の宗教で日本だけが例外なんだ。

あと日本人に「個人」が存在しないのはわかった。
このスレでもクドイぐらい個人個人個人を連呼してたけど個人の起源はいつか?

日本以外の外国で「個人」はいつ成立したのか?
このスレでも話題だったけど、ペストも宗教も民主主義も戦争も「個人」の成立には全然、関係なかった。
利己が洗練されて個人が生まれたのも根本的にちがう。

個人の起源=人類の起源なんだよ。

考えたら当然だよね。
アレ?俺、いたって普通のこと言ってるよね。お返事ください。

612 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 07:40:02 ID:u30LtntB
>>609
知らないうちに洗脳されてるね。仕事がすべてだって。

>>610
いつも最後の一文で自虐的になるキミが好きだ。だが、真面目に自虐的になっているのならそれは集団(このスレ)から異端視されるのを恐れている証拠でもある。日本人は本当にそういうやつが多い。だからみんな暗いんだよ。
っと、すまないことをした。

俺も加藤くんにはやったことは悪いことだけど理由には同情するよ。彼は日本の狭いレールに翻弄されて発狂したいい例だからね。自殺するくらいなら、と恨み晴らしにやるのが人間らしいところ。(もちろんやったことは犯罪だけど)「どうせ死刑になるし」からもそれがわかる。
こういった犯罪を起こしてしまう人の気持ちも分かってあげないと今後こういうのはさらに増えると思う。
でも自殺対策すら精神論で片付けてしまう日本、自殺は一種の泣き寝入りにしかならないから怒ったらどんどん殺ってほしいと思っている。とても不謹慎だけどね。そうでもしないとクレイジー大国である日本は変わらないかもしれないから。

613 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 07:43:41 ID:u30LtntB
逆に言えば日本の治安が良いのは自殺者のおかげと言える。ならそれも歓迎するべきだけど、みんな「弱い」「迷惑だ」っていう。それもおかしな話だ。

日本人は「ほどほど」が分からない。仕事なんかもそう。ニートになれば収入がなくて苦しくなるし、かといって働けば低賃金長時間労働。とにかく0か100でしか考えられない。

自殺ダメ殺人ダメ、じゃ何すればいいの?我慢すること?アホらしい…

614 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 07:46:03 ID:u30LtntB
あ、

>仕事なんかもそう。ニートになれば収入がなくて苦しくなるし、かといって働けば低賃金長時間労働。とにかく0か100でしか考えられない。

これじゃ俺が0か100でしか考えてないようにも見えるから追記しておく。言いたいことはほどほどの「真ん中」がなぜできないのか?あるいは否定するのか?って話。

615 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 07:53:23 ID:u30LtntB
ほどほどの真ん中である「ワークライフバランス」という考えがなかなか浸透してない。

やっぱりワークライフバランスなんて怠け者のryなんて考えが有るのかな?これこそ人間の原点なのに。日本人は考えることを放棄しているようにも見える。
議論が下手だといわれる所以でもあるだろう。その曖昧な考え方は何から来てるのだろうか?宗教も曖昧(そのくせ深く心に刻まれているようだw)
だってみんな「俺は無神だ」というんだから曖昧なのもうなずける。寛大というよりは深い意味を求めてなく、表で漠然とした考えで宗教を受け入れているにすぎない。

交代勤務だったから寝る。実は俺も議論するのが怖くてな…。(んまぁネットでは日常茶飯事の誹謗中傷が面倒というのもある)
誹謗中傷して議論を放棄する連中に飽々して議論しなくなったから俺の脳が退化しておる。すまないな。

616 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 09:06:27 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100122-00000002-maip-soci

617 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 09:32:42 ID:y2TkkqTL
>>616
ばかやろう。県文化財保護審議会。
公共の場における未成年の飲酒を否定するってのは
大人が子供の責任持てませんって言ってるようなもんだぞ。
情けない大人を公表するような記事だ。

ばかやろう。動物愛護団体。
絶対に肉食うなよ。食いたいとも言うな。いっぺん飢餓味わってから
物言え。

618 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 10:35:01 ID:???
平等社会=キリスト風
実力社会=ユダヤ風
自由社会=イスラム風

586でも言ったけど日本は自殺が多いから恐らく実力社会が多数なんだろうけど
その中で平等だの自由だのを求める声が出てしまう所が問題
例えば倒産寸前の会社が大手に合併話を持ちかけて合併する行為も
単に平等社会が実力社会を利用してるに過ぎない
しかし殆どの先進国はこういった平等+実力社会が基本なのである
つまり巨大な組織を構成していかないと文化は発展しないのである
現時点での日本は正にこれの極みと言っていいだろう

619 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 12:16:03 ID:ZqGEaD79

女の大半は化粧がないと悲惨だじょ〜⊂( ^ω^)⊃
整形も今や韓国の次に多い日本〜
ttp://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/imepita.jp/20091225/444420
天然で素顔が可愛いこは化粧薄い方がかわいいよ〜
気合の入ったメイクして美人に見える女は大半ブスだよ〜
化粧栄えするブスも多いですからねぇ〜
ttp://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/imepita.jp/20091225/444720
日本人の女の顔はほんと悲惨だね〜
でも整形もしてない素顔天然美人はいいよ〜
ttp://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/imepita.jp/20091225/445100
おまけ
ttp://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/imepita.jp/20091225/445020

・日本人女に見られる特徴
ヒラメ顔、のっぺり顔、地黒、平面目元、一重、横幅のない目、脂肪瞼、顔脂肪、下向き睫毛、直毛薄睫毛、薄眉、鼻筋なし、鼻より高い頬骨、だんご鼻、出っ歯、八重歯、口ゴボ、巨顔、絶壁、なで肩、黒乳首、鳩胸で形の悪い無駄な巨乳、貧尻、
垂れ尻、扁平尻、ピーマン尻、胴長、短足、短腕、O脚、内股、でか膝、チビ、不健康なガリ、デブ、ぶといふくらはぎ、
短い膝下、グロい色したアソコ、化粧落とすとカオナシ顔、似合いもしないブランド嗜好、勘違いナルシスト、マグロ、
妬みやすい粘着質な性格、普通至上主義、恥ずかしがり、文句タラタラ理屈ぽい性格、気が強くても可愛げが出ない、
自ら小悪魔目指す、無駄なキメポーズがある、身の程知らず、自分より美しく可愛いものが嫌い、周りに合わせる、個性がない


620 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 12:21:06 ID:VSlyV4/S
>>618
キリスト、ユダヤ、イスラムは本質的には全て同じなんだよ。
その唯一絶対神の思想をパクッたり、派生した宗教、信仰宗教、インチキ宗教も
日本人以外の人類が発明した宗教は全部、本質が同じ。

ましてや、平等、実力、自由社会とも関係ない、むしろ対極の思想なんだよ。
多神教があるじゃないかと思うだろうが、インドのバラモンやカースト制度の思想も
基本的に唯一絶対神アブラハムの宗教と本質は同じ。

つまり学者?とかが一神教と多神教を区別するからこんがらがって逆に理解できないんだよ。
ギリシャ神話やギリシャ彫刻も多神教とは全然関係ない。
素人で無知の俺はもっと大胆に整理wするよ。

俺たちが今まで多神教と読んでたモノは宗教なんかじゃなく
昔の人が今で言う現代アートと同じもの、つまり単なる?「芸術作品」にすぎない。

俺は狂ってるんじゃなく単なるアホなのか?
今は当たり前のよに思うんだが、同じようなこと主張した人いるのか?


621 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 12:43:29 ID:VSlyV4/S
その日本人以外の人類が発明した宗教でも「例外」がある。
それがお釈迦様の「仏教」と中国人の「思想」なんだよ。
ウィキ調べたりしたけど学者も知識人も「仏教」と中国人の「思想」が
宗教なのか学問なのか科学なのか悩んで論争している。

仕方ないから無知の俺が断言してやる。あれは「宗教」では無い、と。

そもそも何でこんなに日本人以外の人類は「宗教」の定義に混乱したりわざわざ悩んだりするのか。
日本人はそんなこと最初から解りきってるから気にしない。
日本人が宗教に無頓着で自称「無宗教」なのはこのためだ。その理由を無意識で「知ってる」から。

なら。なぜ日本人以外の人類は悩み、論争し、喧嘩するのか?

622 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 12:44:01 ID:???
俺からしてみれば一神教だの多神教だのっていうのは
あくまでもうわべだけの表現に過ぎないと思う
人間の本質はやはり、平等、実力、自由であって
それが分かり易く表に現れたのがキリスト、ユダヤ、イスラムだと思う

永遠と続くであろう中東とG8近辺の争いってのも自由VS平等なんだろうし

623 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 12:49:44 ID:???
しかし何だかんだ言っても世の中にある宗教の上位だからなあ
 仏教〜勢力第3位(世界宗教) 勢力=公称信者数
 道教〜勢力第5位(民族宗教)
 神道〜勢力第6位(民族宗教)
最近知って、神道の意外な大きさに驚いたw

>621
神がいない宗教は宗教ではないというのは西洋人風の考えだねw

624 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 13:43:29 ID:VSlyV4/S
>>612
返事忘れてた。つい自分の世界に入り込んでた。
最初は本当に怖かったんだよwマジで発狂しかけたんだよ。
正気をとりもどすために、2ちゃんの「世評板」にすがった。

ある意味、おれの「結論」見て発狂する住人が出るかもしれない。
自分の思い違い、誇大妄想であってほしいと自分でも思うよ。
だから自分は発狂しないと自信のある人だけみてね。

古いけど映画「マトリックス」があっただろ?
目覚めたら全身プラグに繋がれて機械の養分にされてた。
あれと同じ状態だよ。「神道」というプラグが全身毛穴の隅々まで繋がってるんだよ。
しかも日本人はそれを自ら無意識に自分に繋ぐんだよ。
親、家庭、学校、友達、会社そして自分、すべてがグルで被害者であり、加害者。

今まで話したのはまだ序の口で本当の「恐怖」はこれから話す。

あと「神道」は決して「洗脳」では絶対無い。
そもそも外国人の発想する「宗教」とは完全に別物なんだよ。

625 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 14:25:53 ID:???
古代文明=多神教(宗教では無い?)
近代文明=一神教

と考えたほうが分かり易いのかな
で一神教の代表であるユダヤ教の過去、古代イスラエルももちろん多神教みたいなものだった
ではなぜ一神教が生まれたのか
それは正にVSlyV4/Sのような考えを持った人間が少なからず存在したからだ
今の日本は神道、つまり多神教(宗教では無い?)であるから
古代文明と同じ文化なんだよ
一神教を取り入れる理由、それは種類(考え)の違う人間を分けて
社会を創ることにある
そうすれば幸せになれる人間が増えると思ったのだろう

626 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 15:19:43 ID:VSlyV4/S
>>622
なぜ一神教と多神教を曖昧にするのか
うわべだけと言うなら、そのうわべを引っ剥がした下には何があるのか?
平等、実力、自由が理想なのに。なぜ現実は序列、無能、抑圧するのか(うまく対義語になってる?)
そもそもキリスト、ユダヤ、イスラムは分裂してるのに、なぜ最終目的が同じなのか?
てか何で自由VS平等で争うの?なんで自由と平等が現実世界で「矛盾」するのか?

その「なぜ」の答えはたったひとつしかない。

日本人を基地外みたいに書いたけど、まったく同じ構造で外国人の宗教の教祖と信者も狂ってる。
日本人を映画「マトリックス」に喩えたけど、外国人も一緒に繋がってんだよ。
しかも同じ世界を共有してんだけど、たぶん設計者のデータミスで最初のボタンキーを押し間違えたんだよ。
しかも間違えたのは日本人だけ。
その何千年、何万年前か知らんがその間違い?が現代を「支配」してんだよ。

これマジだぜ。俺は書いてるうちに落ち着いた。多分もう発狂しないw

627 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 15:52:11 ID:VSlyV4/S
>>626続き
大事なことを忘れてた。俺の勝手な妄想なんだけどw
お釈迦様は映画「マトリックス」のキアヌ・リーブスなんだよw
ネオになったその後の「仏陀」の活躍は映画見てくれ。
てか「マトリックス」のオチ忘れたなw

で、問題は中国人なんだよ。
中国人は最初からマトリックスに繋がれてない。
最初から覚醒してんだよ。すごくねえか?マジで。

628 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 16:21:29 ID:???
自由民主党が自由+平等社会だとすると
民主党は平等社会となる

つまり日本はキリスト教の道を選んだのだ
となると自由派の人間はこの先険しい道になるだろう

629 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 16:24:49 ID:VSlyV4/S
>>623
>>神がいない宗教は宗教ではないというのは西洋人風の考えだねw

その文章自体が人類の戦争や貧困、いわゆる「苦しみ」を生んでる究極の「矛盾」なんだよ。

日本人は精神=「神」であることを絶対意識できないよう究極のタブーにした。

西洋人のキリスト教を筆頭にあらゆる宗教というは「神」の存在を絶対として
その存在を否定するのを絶対意識できないよう究極のタブーにした。

でも本当は

「神は存在しない」

たぶん西洋人、宗教を本気で信じてる人は、この「事実」を「自覚」したら
マジで発狂すんじゃね?

でも俺はそんなにビックリしなかったな。へぇ〜みたいな。

逆に俺は最初に結論出したこっちの真実に発狂しかけたわw
俺は「神」なんか信じてないし、天皇や宗教を馬鹿にしてた自称「無宗教」。
でも現実は

すべての日本人=「神」(天皇)

この事実にショックを受けて発狂しかけたんだよ。みんな大丈夫か?

630 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 16:42:12 ID:???
いや、ぶっちゃけ知覚できる人と知覚できない人がいるだけだよ。
仏教は簡単にいえば仏(という実在、ただし目には見えない、ある方法で見える人は見える)
に近づく方法。仏の教えでは慈悲と智慧が基本課題。よって慈悲がない人生観の人には直観的な知覚感覚が開かない
仕組みになってる。

631 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 16:44:19 ID:???
学問的、あるいは観念として神・仏を想定する人は上位の存在を理解してない。
仏といってもそれは、ある種類の神を仏と呼んでいるということ。神の1種。

632 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 17:06:29 ID:???
いやだから宗教意識ってのはあくまで表面上の話なんだよ
現代でいうと国みたいなもんであって敷居みたいなもん
日本人からしてみればイスラムもキリストも神にすがってるように
見えるけど実際はそうじゃなくてみんな黙認してる訳よ
でなきゃ自爆テロなんてしないだろ?
多神教の崇拝と一神教の崇拝は同じ意識のものなんだよ

633 :632:2010/01/22(金) 17:17:20 ID:???
特にキリスト、イスラムってのは規模があまりにも多きいから
国のようにある特定の人物が指揮を執るのは危険過ぎるから
神という名前を身代わりにしてるだけなんだよ
それ位一神教ってのは人類最大規模の分裂なんだよ

634 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 17:40:01 ID:VSlyV4/S
まだ日本人(神)以外に「神は存在しない」の証明は性急すぎるかな。

キーワードは「個人」だな。
俺は現代に究極の「個人は存在するのか捜したんだが見つからない。
つまり究極の個人は利己を抑えた人間じゃなく「利己」そのものが存在しない。
金銭欲も名誉も学歴も容姿も気にしない、コンプレックスが無い。

てか「究極の個人」にそんな概念も無いし言葉で説明しても絶対理解できない。
現代にそんな人間は絶対存在しない。
(アマゾンの奥には最近まで居たらしいが今は携帯使ってるなw)

そんな究極の個人が存在した時代は原始時代しか考えられない。
つまり個人の起源は「サル」が自分を「個人」だと自覚した瞬間なんだよ。
個人を自覚したサル=人類誕生だなw

あれ、俺変なこと言ってるかな。人類学の常識だよな・・?

635 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 18:12:45 ID:VSlyV4/S
前レスで利己を極限まで抑えた個人主義=共産主義って勝手に定義したんだけど。
でも旧ソ連や東欧みんなモノの見事に崩壊した。
利己の存在をいくら強制的に抑え込んでも絶対利己は消滅しない。
抑え付けられた利己(不満)は一気に爆発する。そりゃ崩壊するわw

つまり究極の個人じゃないと共産主義は成立しない。
あ、てことは人類誕生した時点で共産主義が成立してるじゃねえかw
すべての人類は究極の個人しか存在してなかったんだから当然だよな。

あれ?昔の人類は原始共産制=アニミズムの世界じゃなかったの?
てかアニミズムは日本にしか存在しないってのが俺の主張じゃねえか。
なら日本は太古から現代まで一貫して原始共産制ってこと?

歴史教科書は正しいのは当たり前。素人が疑うのは馬鹿無知無謀だよな。
てか俺の主張は歴史を根本から破壊してしまうんだが?
みんな、いいのか?

636 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 18:14:30 ID:y2TkkqTL
>>634
おっとそれは違うと思うぞ。

「神は存在しない」のではなく
「そうか〜おめぇんところには、そんな立派な神様がおるだか〜」だ。
人それぞれなんだろうが、モレのような人間もいる。

637 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 18:24:48 ID:???
>>625
>古代文明=多神教(宗教では無い?)
>近代文明=一神教
>
>と考えたほうが分かり易いのかな
それは少なくともインドを例外にしないといけないな。
インドはバラモン教という一神教では宗派対立が激しくなって危険だということで、
神をなくした仏教や三神を中心にするヒンドゥー教が生まれるに至った。
近代文明が一神教だと言うなら、インドは更に25〜30世紀も先行した未来宗教の国になるw

638 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 18:29:37 ID:y2TkkqTL
>>635
>>日本は太古から現代まで一貫して原始共産制ってこと?
モレは学が低いから歴史教科書は良く知らんが、日本の歴史の細かい事柄
だけを見て想像していると、今の政治家とは比較にならんくらい
領主は良心の塊で、庶民は利己なんて考える必要なかったんだろうと思う。
そうじゃなきゃ成り立たんだろ?っておもう。

なので黒船を恨みます。国は変わらなきゃならんかった。
そして庶民も変わらなきゃならんかった。
もう戻れないのだろうとも思う。

639 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 18:59:48 ID:VSlyV4/S
スレチだが、さっき風呂に入ってたんだよ。
ほんで、肝心の「唯一絶対神」って発想はどうして出てきたのか考えた。
そしたら結論が出た。

俺はキリスト教もアラーも理解できないけど
泣いてしまった、涙が溢れた。
発狂しそうになった。
あまりにも人類がみじめすぎるわ・・なんだよこれ
全部 「欺瞞」なんだよ。
理解した人 返事くれ。おれは孤独だ

640 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 19:00:11 ID:???
仏教ってのは多神教の逆でしょ
つまり神を構成しないタイプの方
無神教?になるのか?
まあどっちにしろ一神教以外は神の名前を大々的に使うことは無いし
その必要も無いからね

641 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 19:28:13 ID:VSlyV4/S
これだけは断言する。

俺も今まで半信半疑だった。

でもどうやっても俺の論理ではこの「結論」になる。

「真理」って言葉は大嫌いだが

全ての宗教の「神」

日本人=神

この2つは同じものだ。

いる、いないの問題では無い。
どちらも存在しない(と思いたい)
意味だけは同じなんだよ

642 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 19:52:52 ID:VSlyV4/S
最後に疑問がひとつだけ残るんだが。

なぜ日本人だけ日本語をしゃべるのか

なぜ日本人の起源が不明なのか

日本列島の位置と関係あるのか

全部俺の杞憂で終わってほしいんだが。

直感だが、これこそが究極のタブーだと思う。

643 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 20:05:30 ID:VSlyV4/S
今なら宅間さんの気持ちがよくわかる。
宅間さんは小学校からもう一度やり直したかっただけだ。
だから周りの小学生はみんなライバルだ。
でもおっさんなんだから門前払いだよね。

「なんで自分は無理なんだ」と小学生と議論して負けたんだよ。

644 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 20:38:48 ID:VSlyV4/S
あと「神」の意味を書いておくの忘れてた。
個人の反対語

つまり「利己」そのものだな。

唯一絶対神は、みんなの「利己」を一つにまとめただけだ。

日本人は神、まとまってない「利己」ただそれだけのことだ。

単純だろwみんな呆れてるのか?さびしいんだがw

645 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 20:39:28 ID:???
2chをずーっとやってて思ったんだけど、社会から疎外されてるようなオタのほうが人間としてまともだわ。
連中は自分なりのこだわりがあるから、他人のこだわりにも尊重の意を示すのか
あるいは他人とかかわること自体が嫌いなのかそれはわからねぇが、こっちから虐めない限りはむこうも手を出してくることは無い。

一般人面してる奴らのほうがよっぽどタチが悪い、大半は他の誰かに流されてるだけのくせに「俺たちが正道、模範的な日本人」みたな態度でつっかかってくる。
結局そんな奴が大多数だから、文句を言ったところでいい的になるだけ。


646 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 20:48:45 ID:???
>>644
少々飽きたな。寺嶋さんの意見でも読んでみたらどう?けっこうおもしろいよ。
   www11.ocn.ne.jp/~noga1213/sub4.htm

>>645
おれもそれにはまったく同意見。体制派は自分の既得権を守るのにやっきだからな。
彼らは、話してもみんな同じような返事しか返ってこないから話してもつまらない。


647 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 20:52:33 ID:VSlyV4/S
>>日本人は神、まとまってない「利己」ただそれだけのことだ

すまん、これは違うわ。勘違いした。全然意味が違うな。

日本人は神=唯一絶対の「利己」だな

648 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:05:07 ID:VSlyV4/S
>>日本人は神、まとまってない「利己」ただそれだけのことだ

中国人は、まとまってない「利己」ただそれだけのことだ

これが正しいな。すべてがスッキリ解決した気分なんだが。
>>646
飽きたか・・すまんな。
もう何も浮かばねえw

649 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:11:49 ID:tnYBR4jU
日本人は多信教。自然崇拝。山川草木悉有仏性。精霊信仰。神仏混淆。
まあいいじゃん。それでね。



650 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:15:51 ID:???
>>648
万物に神がやどるなら、自分たちにも神がやどってる、っていうのはおもしろい
ていうか、そういわれりゃそうなるわな。あー、俺は神だったのかぁって…
思わないってw



651 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:18:50 ID:VSlyV4/S
うーん、やっぱこっちが真理かな?

唯一絶対神=みんなの利己の集合体

日本人(神)=唯一絶対の利己

中国人=本当の個人主義者

マジかよ・・・これが本当の答えか?

652 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:19:14 ID:???
ちょっとブラックサンダーアイス買ってきてみる

653 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:27:10 ID:???
多神教の地域は人間の仕分けがまだな地域といっても良いんじゃない?
キリストとイスラムが分裂して未だに統合していない事と
これらの宗教に終末論が存在するという事から推測すると
分裂は正しい事という解釈にならざるおえないし
多神教が平和かどうかは日本や中国をみれば分かる事だろうし

wikiでアブラハムの宗教分布を見れば良く分かる

654 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 21:39:57 ID:VSlyV4/S
>>653
俺の中で多神教は存在しないんだけど。

つまり自然崇拝(芸術)=多神教なんだよ。

ここから唯一絶対神の発想が生まれたんだよ。
これ以上話すと人類の歴史や価値観がマジで崩壊する。
これも究極のタブーのひとつだ。
思い出しただけで涙が出る。が、もう慣れたよw

655 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 22:10:55 ID:VSlyV4/S
なぜ唯一絶対神の宗教が「偶像崇拝」をタブーにしてるのか?

「人間」を「神」に似せて創造したってのは完全な欺瞞なんだよ。

本当は

「神」を「人間」に似せて創造したのが歴史的に正しいんだよ。

でも唯一絶対神の信者はこの発想は絶対タブーなんだよ。
日本人が自分が「神」と自覚するのがタブーと同じ構造だな。

つまり個人を美化するために個人の偶像をつくったろうと

思った「瞬間」が「利己」の誕生なんだよ。

たぶん泉の水面に写った自分に恋をした。
その水面に写った自分がすなわち「神」利己そのものだな。
なんか俺カッコイイナw

656 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 22:14:44 ID:Q6a2eI+X
日本は、海に囲まれているから原始宗教がそのまま残って
しまったのかも。その後、キリスト教が入ってこようと
したが、侵略される恐怖から排除した。


657 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 22:32:48 ID:???
656の発言はかなり間違ってた。
つまり日本はガラパゴス島と同じってことを言いたいわけだ。
ていうか、なんでこんな話してんだかわからん。

658 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 22:37:21 ID:???
なぜ多神教が文明開化に優位なのか
それは神(人間界の掟みたいなもん)というルールを
基盤にしていないからなんだろうね
だから文明を築くためなら人類をも犠牲にしてしまう
しかしそれじゃ人類のためにならないという事で神という
ルールを創造したら、意見が真っ二つに分かれた
それが自由と平等なんだよ

多神教や無神教という宗教(人間界の掟の信仰)とは無縁の世界というのは
過去の産物に過ぎないのかもしれない
一神教こそが人類の求めてる本当の理想社会なのかもしれない

659 :658:2010/01/22(金) 23:09:53 ID:???
というかよく考えたら人間界の掟ってのは聖書の事かもw
で神ってのはその聖書を信仰させる言わばシンボルみたいなものなのかも

660 :名無しさんの主張:2010/01/22(金) 23:20:47 ID:VSlyV4/S
>>655続き
最初に自分で自分を「愛した」人間は全人類でたった一人なんだよ。
だって周りは究極の個人主義ばっかりだったんだから
自分を愛すって発想なんか絶対生まれないよなw
そいつは今で言う「統合失調症」なんだよ。
今なら完全な基地外扱いなんだけど、そんな大昔に精神科医なんか存在しなかった。
だから周りから「ネ申」扱いだよね。

つまり最初の利己主義者が「唯一絶対神」そのものなんだよ。

でも「自然崇拝」って考えたら究極の純粋の芸術なんだよな。
今の人間に究極の個人なんて存在しないから歴史の教科書に載ってる芸術作品や現代アートは
すべて人間の利己が投影されてんだからな。

661 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 00:15:58 ID:90VBOmPA
俺はもう落ち着いた。たぶん俺の話を本気で「自覚」すれば
「発狂」って感覚の意味がわかると思う。
俺は精神障害者の気持ちがわかる。彼らは自分を「神」と自覚したんだよ。
それは絶対「正しい」んだよ。しかし残念ながら絶対「間違い」なんだよ。
つまり「神」は言葉や文字で絶対定義できない唯一絶対の「モノ」なんだよ。
その恐怖に耐えられないから人類は言葉、文字、文化、科学を創造したんだよ。

今なら確信できる。「俺の主張は絶対正しい」とね。
この信念がある限り俺は絶対に発狂しない。
俺はここで思考停止したいんだが。
明らかに人類はある「目的」に向かってる。
たぶんこの真理を自覚した人はわかるよね。
俺はどうすればいいんだ?

662 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 00:19:02 ID:???
多神教はいいよ。精神が安定するよ。

663 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 02:12:23 ID:90VBOmPA
>>662
今まで書いたレスをざっと見たけど俺の主張は断片的でキモイなw

パニクッてたんだよ。落ち着こう。
思い切って今から直感で書くわ。
最初の「利己」は自愛、ナルシズムだよな。
そいつが最初に自分の偶像を作ったんだよ。
その行為そのものが周りの究極の個人に感染した。
今まで「自然崇拝」だった人類が自分の姿を自分で崇める「偶像崇拝」に移行したんだよ。
これこそが「多神教」の正体なんだよ。

偶像崇拝=多神教

一人一体の偶像に自分の利己(神)を拝むんだよ。
つまりマリア像や仏像とかの偶像を拝む行為と同じなんだよ。
違うのは自分で自分の偶像(神)を拝んでるところ。
しかも自分の偶像(神)=唯一絶対神なんだよな。

もう無茶苦茶だよ。狂ってるんだよ。全人類がそれぞ唯一絶対神拝んでるんだから。

664 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 02:28:26 ID:???
利己とか自己とか言ってみても
それは自分の内面の利己心から純粋な慈悲心まで(たとえ未開発でも)
いろいろ含んでるわけだよ
その意味で一神教といっても1の中に多神があってそれが1の中に統合されてるわけだ
多神教と言っても、光り輝く中心の1がある 本質なんら変わらないんだよ
ただ西洋人にしろ日本人にしろ中心をずらして故意にゆがんで自己を解釈すれば
邪教の信仰に落ちちゃうわけだ それが区別心であり差別心と言える。そうならないよう
気をつければ本質同じだとわかるんだよ。

665 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 02:39:54 ID:90VBOmPA
>>今まで「自然崇拝」だった人類が自分の姿を自分で崇める「偶像崇拝」に移行したんだよ。

間違えたな。本当は
今まで「唯一絶対神」だった人類が自分の姿を自分で崇める「偶像崇拝」に移行したんだよ。

だな。
アレ?歴史の教科書と逆じゃねえか?
しかもこの現象は唯一絶対神のユダヤ教が成立する前だぜ 。
教科書に載ってないのに何で無知な俺にわかるんだよwおかしいよな。

人類が住む所、自分の唯一絶対神だらけだったんだよ。
どんな社会だったんだろ。
おれの直感だが、「偶像崇拝」まさに「現代社会」そのものだったんだよ。

666 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 03:08:05 ID:90VBOmPA
>>654のは訂正しとく

つまり自然崇拝(芸術)=「芸術作品」究極のアートなんだよ。

だな。
「多神教」=「現代社会」って意味なんだよ。
過去の歴史からの警告なんだよ。

俺も混乱してんだよ。自分の主張を論理的に突き進めたら
いつの間にか人類の歴史を説明してんだから。
無知で高卒の俺がありえねえwこれが全能感ってものなのか。
>>664
俺の主張の前提を説明してなかった。

とにかく今までの知識を全部捨てて人間がサルだったころを思い出すんだよ。
サルが人類に進化して知識もって現代なんだよ。
サルの気持ちを理解するには自分がサルにならないと駄目だな。
これが「絶対」の前提なんだよ。

これを俺が先に言ってなかったから理解されないんだな。
日本人の「恥」の心を捨てないと絶対理解できない。
たぶん本物の「神」が存在するならこれを理解させるために
日本人を特別に選んだんだよ。
恥を捨てるって日本語で死ねって意味だから
死ぬ覚悟があれば理解できるんだよ。
(あまり本気にしないでね)



667 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 04:15:33 ID:90VBOmPA
ウィキでチラッとユダヤ教の内容除いてみたんだが。
俺の勝手な論理(妄想?)をユダヤ教に当てはめたら衝撃的な「事実」が判明した。

いわゆる我々の常識で見ている「ユダヤ教」は「ユダヤ教」では無い。
ユダヤ教は「宗教」では無い。俺はふざけてるんじゃないんだよ。
マジなんだよマジ。今、気付いた。吹いたぜw

じゃあキリスト教って・・もしクリスチャンがこの住人にいたら発狂するぜ。
この論理を世界が「自覚」したら世界がひっくりかえるぜ。

なんか興奮してきた。俺とうとう頭逝っちゃったのか。

668 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 04:45:46 ID:90VBOmPA
ユダヤ人は神の名を唱えるのが絶対的タブー。
これこそが俺の言いたいことなんだよ。答えが目の前にあったんだよ。
俺も最初勘違いして文字通り神様の名前が本当は存在するんだと思ってた。
そもそもなんで人間みたいに神様にまで名前が必要なんだよ。

そのまま考えりゃいいんだよ。神様=人間の名前ってな。
ユダヤ「人」が成立したのは「無神論者」だからなんだよ。
ただひとつ問題なの
ユダヤ人は神が「存在しない」を忘れたんだな。
日本人は逆パターンで神が「存在する」の忘れた。
なんか必死に暗号解読みたいにユダヤ人が神の名前捜してるらしいけど止めたほうがいいかも。
真実を知ると本気で神様信じてる人は確実に発狂する。

669 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 05:00:05 ID:90VBOmPA
「神」を定義する論理がわかったぜ!

「無」の世界から人類は誕生した。

「言葉」を人類はしゃべる。

「言葉」をサルはしゃべれない。

よってサルは「無」である。  これを「自覚」するしかない。

670 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 06:35:05 ID:???
おはよう!ブラックサンダーアイスうめえw

671 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 06:56:16 ID:9x3N+sOi
歴史上の日本国内紛争、明治維新、大東亜戦争から這いつくばってでも
逃れた良民はこう言います。
「他国の教え?聞かせてくれ。良い部分は真似致します。」
「絶対神などいるのかい?いないねぇ。誰かが操作してんだろ?」
「日本にゃ天皇っていう偉い人がいるんだ。もう一人偉い人が増えるって
こたぁ、課税も倍かい?たまんねぇなw」

日本はその程度の考え方で十分でした。利己も大きくありません。
何せ「偉い人」には自由など無いのですから。
良民が苦しめば、切腹が当然だったのですから。

672 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 06:57:47 ID:???
宗教関連の話は飽きてきた。理解はしてるけど。けど深い。
宗教が根付いてるのが原因だとすれば日本を変えるってのはさらに難しくなるな。200年どころか1000年掛かりそうだw


日本人の精神年齢は12才ってのはあながち間違ってない。だって社会問題は明らかに構造的な問題なのに個人の精神論で片付けるんだもんね。

あと外国人は良く日本人を褒めるけど、あれは高度な皮肉だよ。技術者といった個人は心から褒めてるけどね。そして日本に生まれなくてよかったと思っている。観光としてはスゴクいいところだけど。

673 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 07:03:00 ID:90VBOmPA
みんな聞いてくれ。朗報だ
寝ないで考えたんだが、これが「結果」だ。

神を「自分の全知全能の心」として定義してくれ。

日本人の場合、自分が「神」に支配(議論)されていると「自覚」(勝つ)したときが
「集団主義」から開放され究極の個人になる。

一神教の場合、「神」の存在が否定されたら確実に人間は発狂する(世界最終戦争)

俺の勝手な最終的な結論

日本人が神に議論で勝てればハルマゲドン(善と悪の最終決戦)を勝ち残れる。

マジかよ?かっこええwww俺映画の見すぎかなw

674 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 07:37:37 ID:90VBOmPA
俺は完全に勘違いしてた。

「究極の個人」は太古から現代の日本に脈々と受け継がれてきたんだよ。

天皇陛下の正体は「神」じゃなく「究極の個人」だった。

本物の「人間」なんだよ。

だからみんな憧れてたんだよ。それに気付かず俺は馬鹿にしてた。
俺が散々叩いて分析した「平等主義」は究極の人間になるための日本人への試練なんだよ。

俺の予言?正しいのかな。

675 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 07:47:27 ID:90VBOmPA
>>674訂正
スマン
「平等主義」じゃなく「集団主義」な
んじゃ ねる

676 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 08:05:12 ID:9x3N+sOi
おう、次はもうちょっと角度を変えてくれたら
楽しいんだがなぁ、期待してるぜ。

モレなんかの為にも祈ってくれてる天皇にはあんまり触れんなよ。
切腹刀も武器に変わるぞ。

677 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 09:46:16 ID:90VBOmPA
>>676
日本人が「自己否定の論理」(恥)を捨てない限り

日本人は永遠に「神」ではなく「絶対悪」のままなんだよ。

俺の妄想なんだが天皇陛下自信に(恥)の感情は無いと思う。
不敬wなんだが天皇を物理的に素っ裸にして日本人の公衆の面前に放り出しても
天皇自身は「恥ずかしい」って感情は沸かないな。

なぜなら、それを見た俺たちは自分が服を着ているのが恥ずかしくなって
絶対自ら服を脱がなければいけない感情が出るから。

その人類唯一の感情こそが「自己否定の論理」(恥)の正体なんだよ。

アメリカは日本が戦争に負けた時、直感で無意識で「それ」を見抜いた。

もし天皇を殺せば日本人と本物の最終戦争(ハルマゲドン)をしなくてはならない。
たぶんベトナム戦争やアフガン戦争よりも悲惨な本土決戦になるはず。

だってブチキレた日本人は本物の聖戦士に変貌して本気で最後の一人まで戦うから。
戦時中の「一億玉砕」はプロパガンダじゃなかったんだよ。
マジだったんだ。だから日本人はある意味本気でヤバイ。

678 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 10:10:11 ID:9x3N+sOi
>>677
自身の沸点の低さ、恥ずかしいです。まずごめんなさい。

それと、モレは学が低いからか、結論だすには躊躇しちゃうんだけど、
生きて見た限り、今の日本人はそんなに強くなれんよ。
昔はすさまじく強くなれた人が大半だったろうねぇ。

でも性急。戦争反対する者はいたんだ。ソースは亡くなったが。
国民のために自分なりに思考し、戦争は反対。しかし、
国民の大半が戦争承認の流れを知り、恥じて口を結んだんだ。
まだ生きてたら、色々聞きたかったなぁ。

679 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 10:11:51 ID:90VBOmPA
あとこれだけは絶対に断言する。

加藤君や宅間さんの行動は戦時中の日本人の「神風特攻」や「一億玉砕」と

まったく全てにおいてに絶対的に「同じ」なんだよ。

これを理解するんじゃなく「自覚」するとき日本人は「神」に勝つんだよ。

あと絶対に勘違いしてはいけないのは、日本人は「神」を否定しても肯定しても絶対いけない。
否定すれば発狂(殺人、自殺)するしかない。
肯定すれば発狂(殺人、自殺)するしかない。
今までは「忘れてた」(無意識)思考停止してただけなんだ。(だから議論が不可能)

「自覚」するだけでいいんだ。
日本人はたったそれだけで神に勝てる。

680 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 10:28:23 ID:9x3N+sOi
>>679
加藤さんや宅間さんの心理状態とか状況とか、ぐぐってみます。
いっぺん経験しないと分からん心境だったのかもなぁ。
感じたものを話す場はなかったのだろうか。無かったなら辛いなぁ。
無かったのかもなぁ、探しても中々見つからんしなぁ。

681 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 11:25:16 ID:90VBOmPA
今まで俺が主張した内容は「日本人」に「だけ」こっそりと
流通させて浸透させるべきだと思う。

俺の誇大妄想かもしれんが、一神教の人間にとって俺の主張は核兵器より
恐ろしい思想だもんなw
日本人は「自覚」だけでいいんだよ。
一神教は自己否定しかできない。100%全員「発狂」するしかない。

外国人には誰にも言うなよ。俺たち日本人だけの秘密だぞw

聖書の終末思想=無神論なんだよ。

それを自覚した時点で発狂するんだよ。
だから日本人と一神教の精神障害者の患者の本質は違うと思うんだ。
日本人は「俺は神だ」(100%神)、一神教は「俺は神だ」(100人間)なんだよ。

でも見た目には絶対区別できない。精神科医にも絶対区別できない。

あと日本人だけが持つ超能力があるんだよ。
「神と議論する能力」だよ。マジだぜw
「自己否定の論理」(恥)は自分の神と議論しても絶対に負けるから生まれるんだよ。
神=全知全能なんだから現実の自分が神と議論しても絶対、勝てない。不可能なんだよ。
でも日本人は相手と議論して負けたら居場所が無いんだから「自殺」するしかない。
神に勝つには自分が神になるしかない。「俺が神だ」(100%神)つまり発狂だよ。

682 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 11:56:33 ID:90VBOmPA
日本人はどうすれば自分の神に「勝つ」ことができるのか?

日本社会は「集団社会」だよな。これこそ日本人の神が創造した「試練」なんだよ。
日本の「集団社会」そのものが日本人の唯一絶対的な「宗教」なんだよ。
自称仏教でも神道でも信仰宗教でもクリスチャンでも「絶対」関係ない。
日本人であることを自覚し、日本社会で生きていれば「集団主義」こそが本物の宗教なんだよ。

でも絶対それを自覚させない。なぜなら「自覚」させないのが日本の神の絶対的「目的」、試練はそれを自覚する、この一点しかない。

だから「自覚」するだけでいい。神との議論で今度は「神」のほう「論破」され恥ずかしくて居場所がなくなるw

683 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 12:58:48 ID:90VBOmPA
俺は今から「究極の個人」は長いから「超人」wと呼ばしてもらう。

俺は今、やっと理解した。天皇陛下の意味を。

天皇は日本人では無い。なぜなら超人だから国境の発想ができない。
天皇は天皇では無い。なぜなら超人だから肩書きの意味がない。
天皇はただのおっさんでは無い。なぜなら超人だから。
天皇は神ではない。なぜなら人類最後の超人の生き残りだから(絶滅寸前)

つまり天皇は無神論者である。神道の祭事は俗世間での暇潰しのバイトに過ぎない。

なぜオバマ大統領や世界中の国家指導者が天皇を畏怖するのか。

そりゃ目の前に「超人」が居るんだから焦るわw
俺たちが天皇(超人)の前では思考停止するのとまるで同じ構造で外国人も天皇を見てる。
しかも肩書きは「現人神」だぜ?

一神教の人間からみたらそれこそ最初の超人=唯一絶対神なんだよ。

つまりサルから人類に進化した「最初の人間」=「超人」=「唯一絶対神」なんだよ。
そりゃ世界中がひれ伏すわw

684 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 15:13:20 ID:???
全員こんな人ではないと思うのだが、しかし・・・
ttp://hamusoku.com/archives/2384804.html


685 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 15:23:17 ID:???
流石に頭に来る。んまぁいいや。

日本では30までに死ぬのが一番幸せだ。

686 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 16:03:09 ID:90VBOmPA
>>685
俺は頭に来るより絶望というか人間のみじめさにマジで発狂しかけたんだよ。
つまり現代の一神教は根本的に「矛盾」してんだよ。

俺は大胆に書くけど本物のクリスチャン(一神教徒)は確実に「発狂」するから。
でも大丈夫だろうな。日本語を理解するのは日本人だけだろうから。

このスレ読んでる日本語のわかる外国人で本物の一神教徒は、これ以上読むな。
日本人なら「フーン、で?」でも本物の一神教徒は、その事実を「自覚」した時点で絶対「発狂」する。

散々こうして俺が警告したんだから世界が崩壊しても俺は知らねーからな。
それこそ後は自己責任でたのむぜ。

687 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 16:31:21 ID:90VBOmPA
なんか俺はドキドキしてきたぜ。興奮してきたぜ。
もし俺の誇大妄想が真実なら、俺の思想で世界を変えられるんだからなw
世界中の一神教徒が今から「発狂」して自殺したり人を殺しまくっても(もうしてるかw)

くどいようだが俺は悪くないぞw「真実」を語っただけだから。勝手に「自覚」したお宅の自己責任だからな。
いいか、書くぞ。
無知で高卒の俺の妄想なんだから相手にしたお前が悪いんだぞ。

「聖書」は「聖書」ではない。ただの「思想書」「歴史書」である。

しかも内容の根幹は「無神論」である。

「無神論」自体が現代の一神教の唯一絶対神の「正体」である。

どうよ。みんな?どう思いますか?感想教えてくれ。
いっとくけど俺はマジだぜ?「ダビンチコード」とか教会とか全部、崩壊するんだが。

688 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 16:33:08 ID:9x3N+sOi
婚活ビジネスなんて知った時点で詐欺認定だろw

689 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 17:44:58 ID:???
>>687
おもしろい
自分も真理という言葉はきらいだけど
あなたが言わんとしてることはなんだか真理に近い気がしてならない

場違いかもしれないけど、詳しく話がしたくなったのでもし気が向いたらメールを送ってほしいw


690 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 19:16:11 ID:9x3N+sOi
>>687
モレも無知で高卒20代ですよw馬鹿になんかするかいw

しかし、共に発狂はできないな。
旧約聖書も新約も読んだんだ。そんで分家(?)の聖書も読んで、
説明書も読んだ。どれも内容違って、感想は「こりゃひどい」だった。
良い事言ってる部分もあるが、何せ内容が行ったり来たりする感じ。
あげくにゃ暗号やらミステリーかよwと。教えには、ならんw

これに「あなたは知識が足りない」って言うなら、
「おおw良く分かったなw逆にあんたはうさんくさい」って言うだけ。

おっと宗教の自由に反するな。俺が信じるとすれば仏だけだぜ。

691 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 19:18:20 ID:???
スレタイよく読め。宗教に逝けよw

692 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 19:28:07 ID:???
だいぶ深入りしたなw
俺は板なりに原点に戻って実力、自由、平等について語る
この3つが何故人間社会で矛盾を生み出すのか
それは単純に考えると、平等の世界からしてみれば実力=自由なのである
多神教(実力社会)に神が無数に存在するのは何故か
その理由は実力者、つまり強者達が挙って自分の概念を確立する為に
神という独自の組織を創り上げたんだよ
分かり易く言うと現代人が自分独自の会社を立ち上げるのとほぼ同じ意識
だから実力社会には無数の神つまり組織があり、無数のルールがあるんだよ

組織ってのは代表者と組員で構成されてるもの
つまりこの時点でこの世界は平等ではない訳

693 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 20:26:10 ID:9x3N+sOi
でも、いざ問題があった場合は、一神教なら、紛争も分派数程度に限られ、
収集も早いだろうが、多神教はそうはいかないわけか。
一神教も良い部分はありそうだ。
でも平等歌いながら平等でない矛盾にモレは耐えられんな。

やっぱり日本は正常。少なくとも維新前までは。維新前が誇るべき
精神で満たされていたというソースは無いが、黒船憎し。
って事でこのスレから引退します。ありがとうございました。

694 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 20:54:35 ID:90VBOmPA
>>467
>>ソクラテスの「無知の知」って言葉もあるのにな・・・・・・

>>知らないからこそ単刀直入に本質を衝くって事もあったりするだろうに。

遅レスだがこの人の言葉を紹介してくれなかったら、この発想はなかった。
あなたに感謝する。
>>690
無知の妄想ならいいんだが、欺瞞を隠すために知識が発明されたと仮定したとして
その事実すら本当の知識を知るための手段ではないか。
あまりにもうまく仕組まれすぎてるのが逆に気持ち悪いんだよ。
>>691
宗教板は本当に宗教について語ってるのか疑問なんだが。
社会そのものが宗教だったんだよ。それに俺はショックなんだ。
>>692
その原点が人類と動物の違いなんだよ。
自然こそ実力、自由、平等と考えたほうが自然じゃないか?
>>693
多神教という知識がある事実を隠蔽してたんだよ。偶像崇拝=多神教なんだよ。
しかもその偶像は全部、自分の分身だとしたら?

明治維新という用語はいつ発明されたのか、のほうが重要だと思う。

695 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 22:11:00 ID:???
では平等社会とは何か?
それは正しく「代表者のいない組織」である
つまり実力社会無くして平等社会は生まれないのである
多神教から一神教が派生した原理が正にこれなんだよね

無数にあるルールの中じゃ平等は生まれない
ある一つのルールの中でじゃないと…

古代イスラエルという実力社会が極限までに陥って
その淵から誕生したのが平等社会であるユダヤ教
しかしそれは真の平等ではなく、実力者が影を潜めていただけに過ぎなかったんだよね
そこで新たに完璧な平等社会を創るべく誕生したのがキリスト教なんだよ

696 :695:2010/01/23(土) 22:54:59 ID:???
とここで疑問に思うでしょ?
キリスト教はイエス・キリストが代表者な訳なんだけど
じゃあそれって実力社会なんじゃないの?ってw
この素朴な疑問に怒りをあらわにしたのが他でもないムハンマド本人なんだよ
つまり彼はキリスト教は平等という名の仮面を被った組織に過ぎないと思ったんだね
だからそれに対抗すべくイスラム教という間逆の組織を創ったんだよ
ここで言う間逆ってのは実力というより自由の方が正しいかも

697 :名無しさんの主張:2010/01/23(土) 23:23:37 ID:90VBOmPA
また、いまさら映画「マトリックス」シリーズかよwプゲラwって思われそうだが
公開当時見た俺の感想は「キアヌ、カッチョええ」「銃撃戦が凄い」ぐらいで
第一作のインパクトが強すぎて後はマンネリ、続編の宿命だなと思ってた。
今思えば続編の内容こそが「本物」だった。ま、いいんだ。ちょっと思い出しただけだ。
>>695
また俺の論理(人間=神)で一神教の誕生を当てはめたんだけど、どうも歴史と俺論は辻褄が合わん。
多神教から代表が選ばれて一神教になったんじゃなく、多神教(偶像)は全て跡形も無く「破壊」された。
多神教(偶像)が完全に消滅したから「こそ」、一神教が誕生した、になる。
俺の論理じゃ「人間=神」なんだ。
日本人と同じ構造なんだけど外国人は何故か発想が違うんだな。
日本人の精神=神なんだけど外国人は個人=分身(神)なんだよね。
「神=全知全能の神」しか宇宙にはありえないよね。
つまり10万人の偶像が存在すれば10万人の(全知全能の神)が存在するんだよ。
たぶん何千年も前の話で俺なんか生きてる訳から見たことないけど。

俺の「人間=神」の論理を外国人に当てはめたら絶対こうなるよな?
日本人には通用するけど外国人に駄目って理由にならんしな。
同じ人間なんだから当然そうなる。日本人との違いは「偶像」があるか、ないかだよ。

698 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 00:33:39 ID:???
ざっと読んだが残念ながら俺には理解も発狂もできなかったよ。

699 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 00:45:48 ID:???
日本社会そのものが宗教っていうのは、当たってるかもな。例えば、いろいろな
作法だのなんだのはすべて宗教的な行動なんだと思える。多分、昔は神主とか、坊主
の作法だったものが庶民に広まった。それを今は宗教っていう言葉を外して出所を
隠してしまった。ただ、昔からそういうことになってるっていう言い方でごまかして
きた。だから、日本人の行動規範はもともと宗教ってこと。ま、神道だろうね。

それと、言っておくけどおれクリスチャン。アンチ日本教。


700 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 01:02:24 ID:FQi5/GIA
「偶像崇拝」って何なんだろ。俺はパッと思いついたのが「プラモデル」なんだけど。
男なら「ガンプラ」とか作ったろ?俺はそんな拘りないから素組みしてニヤニヤして満足だった。
でもプロのモデラーは違うんだよ。自分の理想があるんだよ。
つまり「現実世界」で本物のジオン軍の「ザク」が地球連邦軍の「ガンダム」と実際に戦闘してるんだよ。
それを現実世界に再現するために汚れとか戦闘のダメージや塗装に拘る。
俺みたいに自室に飾って満足してりゃ素組みで良いんだけど
プロのモデラーは他のプロと競争してんだよ。コンテストとかしてる。
そこへ俺の素組みの「ザク」持ち込んでも「ゴミ」扱いだよな。
だからプロはゴミ扱いされないよう他人のモデラーの理想まで再現させようとする。
よって異常に情熱を注ぐし他人が思いつかないような技法も発明しないといけない。
それを全国規模でやって頂点を目指してる。
その頂点こそが全てのモデラーの理想、そのガンプラは彼らにとっては本物のモビルスーツが現実に、そこに存在しているに等しい。
それを作った人間はまさにモデラー界の「唯一絶対の神」になるんだよ。
だって全国のモデラーの理想を現実化させるんだから、まさに全知全能の「神」そのもの。
まさにモデラー界の「現人神」だよw

701 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 02:13:04 ID:FQi5/GIA
>>700
あれ、おれ「偶像崇拝」の話してるのに、なんで最後は「唯一絶対神」になるんだよw
古代の人間も同じことやってたんだよ。
違うのは「ガンプラ」ではなく「自分の分身」(神)でやるんだよ。
しかもテーマがアニメの空想じゃなく俺の考える全知全能の神だぜ。
俺の素組みの「ザク」みたいなしょぼい偶像なんて作れないよな。
プラモなんて玩具(モデラーさん失礼)だし、あんま興味もないし情熱もないし
そもそも面倒くさいから素組みで満足してんだよ。馬鹿にされても気にしない。
でも自分=偶像(神)は違うんだよ。だって俺の分身=神なんだから全知全能。
「俺」が「俺」を「俺」の理想で作った偶像(神)を他人に「ゴミ」扱いされたら「発狂」もんでしょw
だって俺=偶像(神)を傷つける事は俺の理想(神)を傷つけるんだから当然作った人間は傷つくよな。
でも中には器用で彫刻の芸術的才能持った人間がいるんだよな。
まさに偶像(神)を作るプロなんだから全人類のプロと競争しないといけない。
だって少しでも他人と劣れば俺=偶像(神)が傷つくんだから。
その頂点を極めた偶像こそが全人類の唯一絶対神、だって全人類の神の中から選ばれた神だぜ。
現在残ってるギリシャ彫刻なんか現代の彫刻と比べて気合や迫力が違うもんな。
絶対今の人間には真似できない。だって偶像(神)=俺の世界観なんだから。

702 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 02:21:30 ID:???
議論を否定するわけじゃないがもうスレ違いだし、
改めて新規にスレ立てたほうがいい

703 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 03:50:58 ID:???
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1256572020/l50

704 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 05:57:24 ID:FQi5/GIA
>>702
スマン、これだけはわかってほしいんだ。
否定するとか、肯定するの問題じゃないんだ。「自覚」してほしいんだ。
日本人だけに。
しかも一日も早くな。それは今、俺の中で確信した。
今から書くことは「衝撃的な事実」なんだが、理解するには「自覚」しかないんだ。

「社会、世評」=「偶像崇拝」(多神教)
「現代社会」=「偶像崇拝」(多神教)
「美人コンテスト」=「偶像崇拝」(多神教)
「ノーベル賞」=「偶像崇拝」(多神教)
「民主主義」=「偶像崇拝」(多神教)
「資本主義」=「偶像崇拝」(多神教)
「自由主義」=「偶像崇拝」(多神教)・・・・

俺の書いてることは基地外に見えるだろ?発狂したくなるだろ?

でも日本人だけは「発狂」しないんだ。ちょっと「パニック」になるだけだ。
落ち着いて冷静に考えてくれ。
俺の論理は「人間=神」(全知全能)、キーワードは、ただこれだけなんだ。


705 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 07:27:29 ID:FQi5/GIA
あと日本人のクリスチャン(が大多数と思う)の方も冷静になってくれ。
確かにあなたの信じていたものは崩壊するが、あなたは日本人だ。

日本語で理解し日本語を喋り日本の集団でも違和感は感じるが生活できる。
なぜなら無意識に日本人の「集団主義」にマインドコントロールされてるからだ。

あなたの信じている一神教は、日本人であるあなたの土台に被せてるだけだ。

山本七平もクリスチャンで「日本教」の概念を30年以上前に発想していたが
本質的には俺と同じことを言ってる。俺がパクッただけなんだw

山本七平は元帝国軍人の将校だから無意識に気を使ってたんだよ。
だって俺みたいな無知が、全ての日本人=天皇(神)なんて主張したら
戦前なら不敬罪で社会から抹殺だよな。
山本七平もビビッて断言できなかった。俺はその日本教を天皇教にしただけだw
馬鹿は無知ゆえに大胆だからな。

だからクリスチャンも日本人なら判るだろ?この違和感が?

706 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 08:25:40 ID:???
心に神があったなら、安易に他の心を否定できるだろうか。
心に神があったなら、安易に他の心を貶められるだろうか。
対立あれど、貶め尽くすなどあろうはずもない。
ああ、日本人それぞれ持っていたはずの心の神は、どこに姿、
隠されてしまったのだろう。

そんな民へも揺ぎ無く信じ祈られる陛下の御心は、到底真似など
できませぬ。ただ、ご心配申し上げるだけでございます。
陛下の御心に住まわれる神まで隠されてしまわぬ事を。

707 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 08:48:21 ID:FQi5/GIA
>>706
あんた、目を覚ましてくれ。てか落ち着けやw完全な誤解なんだよ。すべては。
いや。その誤解や勘違いすら、最初から仕組まれたもんかもなw

>>心に神があったなら、安易に他の心を否定できるだろうか。

心に神じゃなく「神そのもの」なんだよ。

あと絶対に神を「否定」も「肯定」もするな。マジで「発狂」するぞ。
これだけは俺もマジで警告する。ビビッた?w>>706
あんた、目を覚ましてくれ。てか落ち着けやw完全な誤解なんだよ。すべては。
いや。その誤解や勘違いすら、最初から仕組まれたもんかもなw

>>心に神があったなら、安易に他の心を否定できるだろうか。

心に神じゃなく「神そのもの」なんだよ。
「神」って呼ぶから誤解されるんだよ。
「無」でも「有」でも「宇宙」でも「大自然」でも何でもいいんだよw
どうせ神なんて言葉で定義できねえんだからw
問題はそいつと肉体が「議論」することなんだよ。

しかも日本人にだけ許された特殊能力だぜw
アメコミのヒーローなんざ超越してるわw

708 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 09:08:27 ID:FQi5/GIA
また2重書き子したなw俺もテンパってんだよ。

もう一度整理する。

日本人の精神=神←否定も肯定もしてはいけない。
ただ「自覚」すれば集団主義から開放される。

しかもその自覚は日本人にしか不可能。
あと天皇陛下は最初から日本人の「集団主義」から解脱してるからw

本物のいわゆる「神」なんて言葉や文字で定義できない。

709 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 09:28:05 ID:FQi5/GIA
「社会、世評」=「偶像崇拝」(唯一絶対神)
「現代社会」=「偶像崇拝」 (唯一絶対神)
「美人コンテスト」=「偶像崇拝」 (唯一絶対神)
「ノーベル賞」=「偶像崇拝」(唯一絶対神)
「民主主義」=「偶像崇拝」(唯一絶対神)
「資本主義」=「偶像崇拝」 (唯一絶対神)
「自由主義」=「偶像崇拝」(唯一絶対神)・・・

うーん、こっちが実態かもな。

710 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 09:48:57 ID:FQi5/GIA
話題がつまんねえなwなら世評っぽくいこう。

あと俺の勝手な妄想なんだけど

日本の検察には日本人以外?の意思が感じるんだが
鳩山総理は「指揮権発動」して小沢一郎を守るべきじゃね?

それが日本の民主主義を守ることだと思うんだが。
てか、それが総理大臣に許された特権だろ?

議論もできず権力も行使できない。
これが民主主義まのかよ?おかしくね?

711 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 10:02:52 ID:FQi5/GIA
てか政治家は国民の利益、国益のためなら法律を無視していいんだよ。

賄賂も貰っていいんだよ。「国益」のためなら手段を選ばず不正をして金集めていいんだよ。

それが結局、国民の利益になるんだから。
だから政治家には不逮捕特権がある。でも日本で機能していない。

鳩山総理は指揮権発動したいのに、それができない。
誰がさせないのか。それに気づくのも日本人の試練だよな。

712 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 10:14:36 ID:FQi5/GIA
鳩山総理が「検察と戦います」の発言のどこがおかしいんだ?
てか、そんな発言する前に法務大臣に指示して捜査中止にさせるだろ普通。

問題にすら話題にすらならないよな。こんなたかが3億4億の金wはした金だよw
てか、政治家は年間何兆円の予算動かしてんだよw

小沢幹事長のたかがお小遣い帳の記入漏れが、なんで問題になるのか。

つまり日本の最高権力者は総理大臣ではなく日本の「検察」である。

見てて当たりめーじゃねえかw
あなたたちは何も感じないのか?選挙の意味は?政権交代の意味は?

713 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 10:25:11 ID:FQi5/GIA
マスコミも完全にグルだな。

総理大臣たるものが指揮権発動とは何事かってw

あたりめえだろ。指揮任命権が総理の権利で仕事なんだよw
政治家は法律を作るのが仕事なんだから無視するのも仕事なんだよw

マスコミこそ法律の意味を 権力の意味を 民主主義の意味を一番理解していない。
なぜなら「集団主義」だもん。

「絶対」に「議論」を許さないんだもんwこれも試練かw

714 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 10:59:49 ID:???
「私の購入した土地は国民の皆様のためです。必ず日本万民に
利益をもたらす事になるでしょう、その内訳、想像される結果は…」
とでも説明してくれたら俺は納得だがな。

庶民は企業から「どんだけ頑張っても誰も幸せになってねーじゃねーかw」
って思いをさせられ、ニュース等から企業と地域・政治は絡んでるという
情報を知らされてるんだから、政治バッシングは当然の事。

715 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 11:32:25 ID:FQi5/GIA
>>本物のいわゆる「神」なんて言葉や文字で定義できない。

自分で言うのもなんだけど、頭ボーッとして、食欲も睡眠欲も性欲も
無くなったんだよ。
これって人間として超ヤバイよなw
こんなんじゃ人類が滅びるしかないもん。

で人間の考える「神」じゃなく、言葉でも文字でも定義できない「神」のようなもの。

実は俺、さっき頭に「文字」と「言葉」として思いついたんだよ。
ヤバくねえかw大丈夫かな。言っていいのかな。コレ。単純すぎんだよw

716 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 11:53:28 ID:FQi5/GIA
あと鳩山総理!ここ見てるかW
見てなかったら誰か鳩山に教えてやれw

無知で高卒の意見なんだが、本気であなたが日本を変えるなら

「小沢一郎を指揮権発動して守ってやれ!」w

俺はマジだぜ。とりあえず日本の民主主義を機能させるため
検察を裏で操るやつらに日本人の最高権力者は誰か教えてやれ。

鳩山総理!あんたが権力なんだよ。神から与えられたパワーは躊躇無く自分の意思で使え。

こんなん書いてる俺マジでキモイなw


717 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 12:57:17 ID:???
引かない女・小島慶子
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm8263334

718 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 13:13:12 ID:???
>ID:FQi5/GIA
IDからして神懸かってんなw取り敢えず病院に逝け。
単にスレを陳腐化したいだけなら、手前がとっとと冥土へ逝くがいいさ。

719 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 13:21:39 ID:???
>>718
まあ、いいたいことは理解できるんだが
ここで深く突っ込んでやるような話でもないような気がするな

ID:FQi5/GIAには
それに気がついている奴は大勢居るんだということを
述べておくことにしよう

720 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 14:59:33 ID:???
政治家でさえ一貫性がない。国民はもっとない。マスゴミは故意でやってるからタチが悪い。

721 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 17:58:56 ID:3dbEW8a5
■自殺の典型的モデルは

事故・病気→失業→経済的困窮→家族・地域・会社関係の破綻(孤立)→鬱病→自殺

自殺の原因1位の病気や不況などは見かけの「引き金」要因。
実際には労働環境の粗悪さ、セイフティーネット・保障の脆弱さ、
地域共同体・家族友人関係の弱さが隠れた要因となっている。

その証拠に、被雇用者の自殺率1位は豊田市。以下、工業都市が続く。

秋田では独居老人より家族のある老人のほうが自殺している。
つまり、独り暮らしより辛い機能破綻家族・地域に問題がある。
そんな秋田も、声かけ・相談などの防止活動で自殺率が低下した。

722 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 21:11:34 ID:2neTIL2p
>>721
>その証拠に、被雇用者の自殺率1位は豊田市。以下、工業都市が続く。

「悲観的にならずに、頑張って」とだけコメントしたあの人は、経団連とベッタリでしたね。

723 :名無しさんの主張:2010/01/24(日) 22:26:53 ID:???
>>609
>長く職場を空けることは不安の対象になる。
ものの見事に、ハシゴを外される事への恐怖症を植え付けられてるね。
イス取りゲームの心理とでも例えるべきかな?

欧米型の長期休暇制には、実は裏の側面があって、雇用側にとってのそれは、
1.休暇中の人物が不在であっても、組織の活動に支障が無い事を監査する機会
2.休暇中の人物の不正・背信行為の有無を調査する機会   …でもあるんだ。

ある意味、自転車操業が常態となってる、マチ工場や個人商店に毛が生えた程度の
自称「中小企業」には逆立ちしても出来ない事だね。だから裏社会との癒着や
デスマーチ勤務なんかが横行するんだ。

724 :695:2010/01/24(日) 22:59:05 ID:???
>>697
>多神教から代表が選ばれて一神教になったんじゃなく、多神教(偶像)は全て跡形も無く「破壊」された。
>多神教(偶像)が完全に消滅したから「こそ」、一神教が誕生した、になる。
おいおい一神教でウィキれば即出だろw
古代イスラエルとユダヤ教の宗教は連続してるし神の名前も同じなんだよ
古代イスラエルってのは多神教なんだけどその中でも
ヤハウェという神(組織)だけが特化してたんだよね(俗にいう拝一神教ってやつ)
このヤハウェが次期のユダヤ教、キリスト教の核になったんだよ

>俺の論理じゃ「人間=神」なんだ。
この意識が存在するのは実力者つまり強者だけなんだよ
ユダヤ教の影に実力者が潜んでたって話しただろ?
それが選民っていう集団なんだけどそいつらが正に人間=神なんだよ


何故一神教だけが神を大々的に取り上げるのかって事なんだけど
これは自由と平等の概念がそうさせているからなんだよね
この二つというのは決して実力に囚われてはならないんだよ
というか概念からしても不可能なんだよ
だからイエスとムハンマドってのは
代表者でありながらも、代表者であってはならないんだよ
勿論大衆の前ではあくまでも神の子なり、神の預言者なりって言ってるんだけど
そんなまやかしが通用するはずは無いんだよ

たが、キリスト教は通用したんだよ…
極限まで追い詰められた人々に対する
平等という名の希望と、憐れみの心で

725 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 00:03:28 ID:???
興味深い議論だからあまりこういうことは言いたくないんだけど、宗教論はそろそろ新スレ
でも立てて、そっちでやってもらえないかねぇ・・・。
前はしょっちゅうレスしてたのに、宗教論の話題になってからというもの、どうもとっつきにくく
なってしまってねぇ。

726 :695:2010/01/25(月) 00:20:19 ID:???
日本人同士で貶し合っている今だからこそ
俺は分かり易くアドバイスしてるつもりなんだけどね
それこそ宗教云々のスレを立てたって誰も見やしないと思うよ

727 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 01:39:31 ID:???
日本だと宗教ってどうみても怪しい壷売ってくる団体にしか見えない
2ちゃんねるも表紙に壷あるけどw

728 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 02:23:48 ID:???
いつのまにかバカウヨが布教活動しているクソスレになってしまったな

ずいぶん前に余計なことを書き込んだのを反省しているよ

イカレポンチを刺激してしまったようだ

729 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 02:44:19 ID:???
>>727
だから騙される。

日本は宗教を超えた隠れ統一思想をキチンと利用してきた。
あなたも覚えがあるでしょう、年端もいかぬ6歳から
起立礼着席!朝礼、校長の訓話、指名されたらハイッ!
丸坊主、制服&ジャージ、校門チェック、体育の推奨、一方的授業。

こんなマインドコントロールを教育とよぶ国は日本と朝鮮しかない。
こんな全体主義、管理を教育と嘯いてるお粗末な先進国は日本しかない。
ベースは儒教の独自解釈だから、ほとんど思想宗教のレベルなんです。

その結果、どうなったか?
世間≒会社≒社会に年功序列で奉仕して、家庭参加と政治参加を奪われた。
不満を抱けば社会人のくせに〜世間では〜自業自得でしょ!…と封じられた。
日本一の大企業がブラック労働で自殺問題が深刻なのにみなさんスルー>>721

働き蜂、蟻のよう、鰯の群れ、経済動物などと皮肉られながらも
その意味するところを直視せず、じつに都合よく操作されてきた。
あなたのような愚直なかたが大勢いてくださるからですよw

730 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 05:22:41 ID:Inu5ANuJ
やあみんな、おはよう。「人間 =神」論理でこのスレを占領した主だ。
散々暴れまわってみなさんを不快にさせてわるかった。
だから少し落ち着いて真面目に書こうと思う。
>>718
ほんと病院逝けだよなwこの話は後でする。
>>719
みんなが内心思ってもそれを表で堂々と「議論」できない。「なぜか」だよ。
>>720鳩山も最初「一貫性」でやるつもりだったんだ。
で、いざ政権を取って当事者になると、その「一貫性」が絶対できない。
なぜか?当然「集団主義」の論理にがんじがらめになるんだよ。
日本人なんだからあたりまえだよねw
>>721
俺の論理では日本で武士階級は解体していない。
全員武士なんだから集団内の居場所を失えば切腹するのは必然なんだ。
>>722
リストラ=集団からの排除だから自殺増えるのは必然だな。
>>723
>>欧米型の長期休暇制には、実は裏の側面があって、雇用側にとってのそれは、
>>1.休暇中の人物が不在であっても、組織の活動に支障が無い事を監査する機会
>>2.休暇中の人物の不正・背信行為の有無を調査する機会   …でもあるんだ。

欧米の労働者は雇用主がそれをするのを当然の権利だと思ってる。
だから我々も労働者の権利だからだと堂々と休むんだよ。

でもに日本人の集団主義でそれやられると日本人なら「発狂」する。
休めといわれても休めない構造なんだよ。

731 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 06:52:34 ID:???
日本人の集団主義は百害あって一利なしだな。なにかピンチになっても「お前も不幸になれ」って足引っ張り合うだろうし。

732 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 07:11:04 ID:Inu5ANuJ
>>731
あとこれだけは断言しておく。
誤解されてる人もいるかもしれんが
俺は宗教はおろか、既存の宗教を否定してる新興宗教も信じていない。

もちろん俺が教祖になって新宗教wつくろうなんて意図は毛頭ないw

でも断言する。本当の「神」は存在する。

それこそ日本の古代からの「自然崇拝」なんだよ。
だから「神道」は正しい。あ、言っとくけど、俺、「右翼」では絶対無いから安心してw
だから今は天皇を「神」じゃなく「超人」として崇拝するわw

その意味では「集団主義」は必要かもな。

俺は確信したぜw。
日本人は「天皇」を中心とした「新しい集団主義」を構築する必要がある、とね。

733 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 07:42:23 ID:Inu5ANuJ
俺は「集団主義」を否定しない。
でも俺はこのスレで散々日本人の「集団主義」を分析、糾弾してきた。

でも今のままでは日本人は結局「集団主義」の中でしか生きていくことできない。
このままでは永遠に自殺いじめ、集団の狂気=日本軍の問題を解決できない。

それを解決するには天皇と対等の関係=究極の個人主義者=「超人」に
日本人全員がなるしかない。
だからこそ万世一系を守った(建前だよwホントは怪しいが、そこは思考停止しろw)を
天皇を頂点にした集団主義体制(なんかこの表現怖いなw)を構築するしかない。

ま、理想は天皇を頂点にした本物の民主主義社会だ。
俺の主張は狂ってんのか?きわめてマトモだよなw

734 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 09:22:53 ID:Inu5ANuJ
またスレを独り占めして恐縮なんだがw

「神道」の「自然崇拝」は日本が誇る素晴らしい思想だよ。
自分の目で見るそのものの姿、山や木や川や石を動物を愛そうだもんな。
そしたら必然的に他人を愛しましょう、だよな。
自分を愛せなんて一言も言ってないw

この思想ってさ、イエス・キリストの言ってることと同じだよなw
「汝の隣人を愛せ」「何故なら、あなたも愛されてるから」だよな。

「神様」を愛せとか、「神様」に愛されてるなんて、たぶん言ってないと思うよw

でも「神道」はひとつ重大な決定的な間違い?を犯したんだよ。
「万物は神」なんだよ。全部神様なら必然的に人間は全員「神様」になっちまう。
これが日本人の「集団主義」を生んでしまった根本的な原因だと思う。

「自然崇拝」と「万物は神」は、まったく異質な、繋がりのない思想だと思うんだ。
この2つの思想が合体して現代の日本を「支配」してる。

「自然崇拝」はいいんだよwワンコやぬこは可愛いし、日本はペット天国だもんな。
でも「万物は神」の思想が生んだ「集団主義」がいじめや自殺などの歪みを生んだのも事実。

でも日本人は「神道」の「自然崇拝」だけで完璧に機能するんだよwこれこそ究極の個人主義社会だw


735 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 09:59:36 ID:Inu5ANuJ
また占領するぞw

「神道」は神への道って意味なんだけど、その意味は何だ?
それこそ人間の目で見えるもの全て「自然」だよな。
でも日本人は人間だけを神様にして絶対化した。その「原因」は何か?

俺はそれが「中国」の脅威だと思うんだが。
だって、あいつら神様信じてないんだぜw正体不明の武器「思想」の塊なんだよw
現代に例えれば映画「インデペンデイス・デイ」の超巨大UFOや「宇宙戦争」のエイリアン軍団が地球に攻めて来たもんだw

「自然崇拝」で平和的に牧歌的に暮らしてた日本人はパニック(発狂状態)になったんだよ。
このままでは日本は潰される、ならばこの危機を乗り切り打開するには「自然崇拝」だけでは駄目だと痛感した。

その結論とは、つまり自然を超越した力「神様」に全員が成って一つにまとまるしかない、とね。
それが世界で唯一特異な「万物は神」、(天皇誕生)神を中心にした集団国家体制の始まりの起源だと思う。

736 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 10:44:46 ID:Inu5ANuJ
ガンガン飛ばすぜw

たぶん人類の歴史には日本人以外にも「万物は神」の論理で危機を乗り切ろうとした
民族や集団はあったと思うし、その残骸が残ってるかもな。
でも全部潰された(中国人にって意味じゃないぜw)というより吸収されたんだな。
そりゃ大陸国で地続きだもんな。徒歩や馬の移動で簡単に征服できる。
考える暇を与えないんだよ。征服者はw猶予を与えず攻める時は一瞬で攻める、瞬殺が基本だな。

でも日本列島は島国だからな。周囲が海という鉄壁?の防護、城壁が最初から考える猶予があった。
で、中国人にどうやって対抗するかマジで死ぬ気で「議論」したんだよw

たぶん日本人が日本人と自覚して最初にして最後の本物の「議論」をした。
だって中国に征服されたら明日から俺たち自称「中国人」になるんだぜ?w

で、その究極の結論が
「俺たち日本人は全員神様だ。だからお前ら中国人より偉い。
よって神の中の神である天皇はお前らの中国人の頂点の皇帝より偉いんだw」とね。

それ聞いた中国人は「えっ?」って完全に固まったと思うよwだってそんな論理は中国の歴史に無いからなw

737 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 11:19:27 ID:Inu5ANuJ
いいのかよ。俺みたいな素人が日本の歴史(妄想?)を得々と語ってもw
これは俺の勝手な解釈だからな。怒るなよ?
あと俺は無知なんだから、細かい部分は適当だ。でも、あらすじだけでいいんだよ。

なんか日本の歴史語るのも飽きてきたな。
>>724
一神教の起源にこれ以上踏み込むのはマジでヤバいんだよ。
あなたは日本語をしゃべり日本語を話す日本人だ。だから安心なんだよ。
いいか。俺も日本人だ。
つまり集団主義を教義とする「日本教」の信者だな。
俺は「日本教」を今も信じているし「集団主義」は必要だし、本当の「神様」を信じてる。

俺は今日から本気でマジで「神道」に帰依したからなwもちろん純粋な「自然崇拝」だ。
だから宗教にも無神経に書けるんだ。

いいか?人間は宗教がないと、信じるものがないと「発狂」するんだよ。
その覚悟がないと俺のスレ見ちゃ駄目だ。
いかんな。俺は調子に乗ってるな。統合失調症の典型的なパターンだろ?
でも、それを自覚するか、しないかは、天と地も違う。

だから聞く。みなさん日本人の「神道」を信じますか?日本人として聞いてるんだよ?

738 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 11:36:25 ID:???
>>737訂正だな
>>あなたは日本語をしゃべり日本語を話す日本人だ。だから安心なんだよ。


あなたは日本語で「考え」、日本語を話す日本人だ。だから安心なんだよ。

だな。あぶねえ。基地外みたいな文章になるところだぜ。





739 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 11:43:25 ID:???
人が救われるには死ぬか宗教か発狂するしかない
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1264272484/l50

こっちに移動しな。まあスレの無効化を狙うプロ固定だと思うがね。
読まれたくない弱みがこのスレに書かれてるんだろうけどなw
・・・ひとりごと♪ひとりごと♪

740 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 12:36:22 ID:???
多神教を基点に物事を考えても所詮たどり着くのは個々のルールに過ぎないんだよ

宗教が人間の心だとすると、社会は人間の体に値する

まず教育が存在する国全てが平等を基礎に置いてる社会って言えるんだけど
現代の先進国の殆どはこの基礎を利用した実力社会になっている
日本社会もこれに相当するんだけど、他国以上に意識が極端であると言える
その理由は日本人の心つまり宗教が無数に存在し、他を寄せ付けない意識が
社会全体に混然とし、競争心が日々芽生えてるからである
このスレで毎回取り上げられる責任ってのも競争心からくる他への圧力なんだよ

では何故競争心が生まれるのか?
それは実力者が平等というルールの中に囚われているからなんだよ
つまり本来の実力社会であれば競い合うのではなく、ぶつかり合うものなんだけど
ルールによって制御されちゃってるんだよね
だから日本の義務教育なんかは正に修羅場のように思えた人も少なからずいたはず

741 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 16:16:52 ID:Inu5ANuJ
おい、これじゃ俺がスレを完全に占領してるみたいじゃねえかw
誰か俺にツッコミ入れてくれよ。マジで。
基地外扱いされてるみたいで不安になるわ。寂しいんだよ俺w
>>739
おれ自身も完全に勘違いしてたんだよ。
俺も宗教を馬鹿にしてた。でも人間は宗教無しでは生きていけない。

だから俺は宗教を「絶対」に信じると自分(心)に決めた。
人間は「信じる心」=自分を無くしたらマジで「発狂」するんだよ。

だから宗教を舐めてはいけないし、絶対に他人の宗教を馬鹿にしては、いけない。
このスレに来る前は宗教を完全にコケにしてた。
一神教も神道も天皇陛下も、俺は見下していた。それを今恥じてる。

なぜ馬鹿にしてる唯のオッサンの天皇に畏怖してたのか。
それは無意識で集団主義の力で支配されてたんだが。
それに気付き支配から開放されたと喜んだら大間違いなんだよ。

今まで自分が当たり前だったモノが崩壊したとき、自分自身も崩壊する。
つまり「発狂」だよ。
俺は自分が発狂するのが怖いから、「神道」にすがるしかないと決めた。
神道でも「万物は神」の考えは俺は完全に「否定」する。

でも「自然崇拝」はいいんだよ。元はといえば全人類共通の宗教だよなw
俺は思うんだが、ユダヤ、キリスト、イスラム、その他いわゆる「まとも」な宗教の
根幹は、実は全部いっしょで、無神論の「自然崇拝」だと思うんだよw

それを時の権力者のエゴで、好き勝手塗るかえられたんじゃね?


742 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 16:32:40 ID:???
  ワケ     ワカ      ラン     ワケ       デモ     ナイ♪
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧    (⌒)(⌒)
 ( ´∀`)  ( ´∀`)   ( ´∀`)  (  ´∀)    (∀`  ) 彡│ || |
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ  ( ○  つ   ⊂ ○ )   (∧_∧⊃
 < < <    ) ) )     (_)|   \\ \   / //    ( ´∀`)
 (_(_)  (__)_)    彡(__)   (_(__)  (_(_)     ∪

743 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 16:44:28 ID:Inu5ANuJ
>>740
日本語の「責任」って意味でいう責任は、日本人には絶対無い。
日本人にあるのは自己責任のみ、つまり存在の抹消(死ね)だよ。

当然だよな集団しか認めない。
個人が存在しないんだから責任も無い。

「責任」の文字は存在するんだけど、その文字を「たらいまわし」するだけ。
たまたま回ってきた責任を「個人」が引き受けて、一緒に死ぬだけ。
まさに「真相は墓場まで持っていく」は、このことだったんだよ。

こんなんで原因や真相解明の「議論」なんて成り立たない。
なぜ「議論」させないか?「集団主義」がバレルからだ。

集団主義の崩壊=日本人の崩壊=発狂だよ。ナニコレwチョー怖いんですけどww

744 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 16:58:35 ID:???
神社庁発表の日本の信者数は97,299,259人。ほとんどの日本人は生まれたら
強制的に神道信者ってことw


745 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 17:12:47 ID:Inu5ANuJ
>>740
すまん。論点がずれたな。
自由、平等、博愛が成り立つのは「自然界」だけだよな。

それを人間界で成り立たせようとするから「矛盾」ができ無理がある。
なぜなら人間には「利己」=欲望(自己愛)があるからだ。
自分が誰よりも可愛いから、他人を踏みつける。

俺は大胆に断言しちゃうよw
その欲望を克服するには「自然崇拝」しか、ないw

つまり自然を自分より上位の存在と考え、人間を自然より劣る存在にするんだよ。
そうすれば自愛による利己主義な行動=欲望の感情が抑制されるんだよ。

つまり人間の欲望=全知全能の大自然に挑戦なんだよw
でも「自然崇拝」が絶対的wな宗教なんだから自分は自然に勝てないわな。
「大自然」と「議論」しても絶対俺は勝てないw

つまり「自然崇拝」の宗教でしか自由、平等、博愛は、成り立たないんだよ。
いつもの通り、俺の意見は性急かなwどうよw


746 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/25(月) 17:20:24 ID:F0KdxkG9
【常識を】 封建・集団主義こそ格差の原因 【疑え】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1264344496/

格差の原因って、公平な競争の結果ではなくて、すべて肩書きによる「差別」だったんだよ。
人種、年齢、性別、宗教、文化。これも人間が勝手に作った「肩書き」なんだよね。

肩書きを全部捨てて、人は見た目と実力だけで裸で勝負できるようにすれば、
それほど格差なんて生まれない筈だ。

例えば、性別のよる差別だってただの人間の思い込みなんだよ。
男と女で能力にそれほど差異なんてないんだからさ。

747 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 17:29:33 ID:???
         ノコッタノコタ
        __________
      //: . :∧∧. :∧∧ . : . /\
     / /. : ( ,,・д)(д・,, ): . . ./  \
   /  /: .( : (┳っ⊂┳):): . ./    /
   /  / .  ヽ______ノ. . /    /
  /  /: . : . : . :  . : : ./    /
  / / ̄ ̄ ̄ ̄lニニl ̄ ̄ ̄ ̄\   /
  /        lニニl        \/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

748 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 17:31:05 ID:Inu5ANuJ
今日は飛ばすぜw

天皇陛下の「神格」を俺は完全に否定すべきだと断言する。
1%でも神格化は許すべきではないし、俺が許さないw。

「超人」でいいんだよ。なぜなら俺たちも努力すれば「超人」になれるんだからな。
その条件は今の日本独特の「集団主義」を克服すればいい。(不可能かもなwでもやるしかない)

将来、日本人全員が「超人」の自覚を持てば
天皇は本当に万世一系の人間の「王様」wになるんだよ。

やべwまた俺の誇大妄想かよ。誰か突っ込んでくれ止めてくれw

749 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 17:50:38 ID:Inu5ANuJ
>>746
肩書きによる「差別」も天皇の存在で解決するんだよ。

「自然崇拝」は競争を否定していない。
なぜなら動物の世界は弱肉強食なんだから人間も当然そうあるべきだな。

しかし歯止めが絶対必要なんだよ。利己(欲望)=地位や名誉は無限大だからな。
それを「天皇」の存在で抑え付けるんだよ。
つまり天皇より上位の地位や名誉は絶対に存在しないんだからなw

社長も大金持ちも高学歴も自分の地位や名誉を絶対視できない。
なぜなら天皇と地位や名誉自慢の「議論」しても絶対自分が負けるから。
逆に永遠の劣等感で絶望するぜw

イガラシさんも俺たちと同じ日本人だろ。神道の「自然崇拝」に帰依しないか?

750 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/25(月) 18:23:47 ID:F0KdxkG9
神道は自然崇拝ではない。自然崇拝のくせに、どうして大東亜戦争をしでかしたものなのか?

神道はエセ自然崇拝なんだよ。本物の自然崇拝とは、ネイティブアメリカンやマヤやインカの非暴力と共生に基づくものだ。

そして天皇は税金の無駄遣いだから廃止すべき。

大統領制をしいて、日本は共和国になるべきだ。

751 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 18:26:31 ID:???
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

752 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 19:07:56 ID:Inu5ANuJ
>>自然崇拝のくせに、どうして大東亜戦争をしでかしたものなのか?

「自然崇拝」と「万物は神」の思想は水と油、まったく別モノなんだよ。
俺も今まで混ぜてたから日本人の本質が見えなかった。
「大東亜戦争」は「万物は神」の思想が生んだ「日本人の狂気」なんだ。
原因は話せば長くなる。

「万物は神」の思想は絶対に「否定」すべき、が俺の主張なんだ。
そのためには「万物は神」から生まれた日本独特の「集団主義」を解脱して日本人は究極の個人主義者「超人」になるしかない。

>>ネイティブアメリカンやマヤやインカの非暴力と共生に基づくものだ。

大陸であるがゆえ一神教に完全に駆逐、改宗させられた。
日本は島国であるが故「自然崇拝」が残ったし、「万物は神」故に
一神教(キリスト教)を頑なに拒絶した。
まさに奇跡の国なんだよ。最初から意図的に狙ってたんなら「神道」考えた奴は天才(神)だよw

753 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 19:09:02 ID:Inu5ANuJ
続き

>>そして天皇は税金の無駄遣いだから廃止すべき。

日本人の精神を支配してるし、俺の論理では日本人=天皇(神)なんだぜ。
しかも「序列型」「服従型」の日本社会の頂点なんだから税金使うのは当然。
てゆうか日本人は天皇を養ってる感覚自体がないんだよ。
神社の賽銭箱に万札を突っ込んでる感覚なんだよ。

>>大統領制をしいて、日本は共和国になるべきだ。

アメリカは最初、本気でそうしようと考えたんだよ。
でも日本人よりはるかに、奴らしたたかだから費用対効果を考えた。

天皇を廃位したら、たぶん今でも戦後は終わってないな。マジで。
天皇の存在を巡って内戦状態になるし、もし天皇殺せば日本人は絶対「発狂」する。
大日本愛国党(仮名)の「兵士」が今でも在日米軍基地で自爆テロしてるぜ。

なぜなら日本人=天皇(神)だから。
それでも天皇制を無くしたいのか?

754 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 19:39:47 ID:???
天皇を議論の俎上にのせる時点で粗暴。
日本の問題は政府で執り行われるべき。
他国が天皇を否定するなら、それは日本人支配を断念すると同義。
自国民が天皇を否定するなら、人に害なす獣と同義。

755 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 19:42:47 ID:???
      ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,(´-ω-)(-ω-`)∧,,∧
  ( ´-ω)旦o) (o旦o(ω-` )
  (_  o[(  ´-) (-`  )]o _)
  └'ー-(_   )][(   _)ー'┘
      'ー'^ー'   'ー'^ー'

756 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 20:05:20 ID:Inu5ANuJ
日本人は肝心な絶対的な、根本的な本質的な「違い」に目をそらしてる。

今日の俺は飛ばすからな。でも変なクスリはやってないゾw

「大日本帝国憲法」と「日本国憲法」の違いを
学者も日本人も政治かも「議論」しないから絶対タブーで断言できない。

俺は怖いもの知らずだから平気で言うよ。
前レスで日本には法律が存在しないと俺は主張したよな。

戦前と戦後では民法も刑法も憲法も、日本人には内容なんかどうでもいいんだよ。
法律と学校の校則の区別ができない、法律なんか煩いルールブックって感覚しかない。
なぜなら集団の論理(掟)が日本人の絶対的「法」だから。

でも戦前と戦後は決定的な日本人の「掟」がたった一つだけ違うんだよ。

それは天皇陛下が「神」か「人間」かの違いだ。

天皇の起源から一貫して「神」だった神が、1945年の敗戦で「人間宣言」した。
これこそ日本史の「革命」にして絶対のタブーなんだけど。

俺、熱くなってる?誰か俺を止めろよw

757 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 21:28:16 ID:???
宗教は人を救うこともあるが人を馬鹿にすることもある。

>>745
俺は自然が好きで山でよく遊んでいるが、自然界における「集団」の方がとても健全であることを知った。食物連鎖という強制的にも思える「序列」がある。しかし上位の者ほど立場をわきまえている。なぜなら自分が好き放題捕食していたら自滅するからだ。
捉え様によってはまるで「生かさず殺さず」みたいな感じがするかもしれないが、そうではない。その下の者も下を捕食したり上に捕食されたりすることでバランスを取っている。自然界というのは生物の相互関係によって成り立っているんだ。すべてが相互関係だ。
(オオカミなんかは高い知能で見事にコントロールして健全な生態系を維持する役割を果たしている。興味があったらぜひ調べてみて欲しい。)

逆に言えば下位の者は上位の者のおかげで生きることができ繁栄していると言える。

例えば何かでバランスが崩れて餌の取り合い(勝手な人間はこれをイジメとか淘汰というが)になって死んでも、それは分解者や腐肉食の生物によって生きる糧となり繁栄のきっかけとなる。決して無駄死でもないし死んだ者が弱かったわけでもない。

これらは食物連鎖がなせる素晴らしい技だ。

だから彼らは意識せずとも見事に助けあって生きている。人間みたいに己のエゴだけで好き放題やっているわけではない。人間界でいう「弱肉強食」=搾取とは、生きるためではないからな。
また、彼ら野生動物は生まれながらにして食物連鎖のどこに位置するか決まってるから道を選ぶことはできないが、自然界において役目を全うしている。そしてそれはお互い様。
(彼らは意識してないし本能的なものだけどそれが一番幸せだ。人間みたく無駄に知能が発達して感性があるとやっかいだからな)

人間は猿に戻った方が幸せだよ。自然破壊して自滅してしまうこともないしw

758 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 22:00:11 ID:/yNxtJ7D
■みんな仲良くCIAの手先じゃん
→岸、笹川、児玉、草加、暴力団、統一教会、マスゴミ、自民党員

国としてオワットル・・・いや始まってもいないw

秘密のファイル CIAの対日工作 春名 幹男著
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0453-9
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0454-7

文藝春秋|CIA秘録 (ティム・ワイナー)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/80/9784163708003.shtml
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/81/9784163708102.shtml

そこらのトンデモ本とは違いますよ。歴代CIA長官はじめ関係者数百人への
直接取材でかいてる歴史書だから。CIAはHPで必死な反論だってw
全米図書賞受賞か。読んで、事実をひとりでも多くのひとに広めましょう。

759 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 22:01:57 ID:???
          ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜     
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)  
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'

760 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 22:05:20 ID:???
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´-ω-) (-ω-`) ∧∧
( ´-ω) U) ( つと ノ(ω-` )  zzz...
| U (  ´-) (-`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

761 :名無しさんの主張:2010/01/25(月) 22:44:05 ID:???
何かこのところ、スレが変な方向に向かっているな。
結局日本の現状を是認したいのか甘受したいのか追従したいのか、一体どうなんだろう。

今の日本に足りないのは、「日本独自のやり方を見つけよう」ってよりも
「その時代・その環境における『ベターな』概念・価値観を発見・選択していく」
ことにあるんじゃないの?その積み重ねの中から結果的に残ったものが新たな日本の文化・伝統・概念となる。
「外国のやり方が全てじゃない」けど、かといって「日本独自」ってものにそれほど囚われ過ぎるのもどうかと。
でもって、そういうものをやたら過去から必死に探し出そうとするのもまたどうかと思う。
参考程度なら良いけど、行き過ぎればそれこそ別の意味での「硬直化」だよ。

正直言って、戦後(いやひょっとしたら明治期以降?)の日本人は気負いすぎだよ。そんなに気張ることなのかな。
仮に江戸時代の人間を参考にするなら、もっと鷹揚に構えていたその態度や心意気こそ参考にするべきかもね。
それこそ経済も生活水準も成熟してきた今こそ、本当の意味での心の余裕や精神の包容力を発揮すべき時では。
カリカリし過ぎてもどうしようもない時はどうしようもない。もっと柔軟にいこうじゃないか。


何か取り留めのない文章になってしまった。どうもすみません・・・(´・ω・`)

762 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 00:01:53 ID:???
>>761
何気に同意だなぁ。
外国だと、サミットにも入ってないし経済も(日本やアメリカに比べれば)大したことはないけど、
取り敢えず日々食っていくものや仕事にはあまり困らず、何より明るい国民性でマターリ生きてる
「1.5流国」のような国も多いわけで、そういうのを見聞きすると、「何で日本はそんなに『大国』で
いなきゃ気がすまないのよ」と思うことは多いねぇ。

763 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 00:12:47 ID:???
>>761
同意できるね。必死さを卒業できたら
日本も楽しい国なってくね。

764 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 00:28:12 ID:???
>>763
いろんなスレを見てると
誰かが雑学っぽいことを書き込むと必死に粗探ししたり
そいつを無知扱いしようと必死におかしな展開に持ち込んだりと
とにかく必死な人たちが数多くいるしねw

765 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 02:21:32 ID:QuJqQpYB
>>761
>その時代・その環境における『ベターな』概念・価値観を発見・選択
>日本の現状を是認したいのか甘受したいのか追従したいのか

要するに民主党に×をつけるなってことか、おもろい人だw

たしかに突き詰めれば民主党に○をだすか×を出すかってことになるね。
でも結局、自民は米国支配で、民主は中韓支配。
うんこ味のカレーか、カレー味のうんこか?という話なんだよ。
だから知識のあるひとほど日本や大衆をシニカルに嗤うしかない。
違うの?

766 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 02:36:41 ID:???
>>765
別に民主党を否定するなとは毛頭言わないけども、でも正直なところ、
民主党を選択せざるを得ない状況に追い込まれた?って感じはする。
ほとんどの人間も、「マシ(≒ベター)」として選んでいるだけじゃない?

知識人が俗世間や大衆を皮肉るのは別に構わないよ。日本に限った
話でもないし、そういう人はそういう人なりの見方がまたあるんだしさ。

767 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/01/26(火) 02:43:52 ID:cbZ9n9IF
中韓が日本人を支配するって言うのは、アメリカが日本人を支配するのと違う。

後者の場合は『経済的な支配』であり、貧富の差を拡大させ、貧困を増やす。
しかし、前者の場合は、あくまでも『精神的な支配』だ。

日本人のメンタリティーがどんどん中国人化していくってことだ。

つまり、自己主張と権利意識が強くなり、欧米と対等に付き合える力を持てるということだ。

好ましいことではないのか?

768 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 04:25:28 ID:mgyxWYCs
みんな、おはよう。

「人間=神」論理で本当の神を信じる「自然崇拝者」の俺だw
>>761-767
これから、全ての日本人が発狂wするような大胆な提言(預言w)をしようと思う。

いいか?これは全部、俺の直感だ。
「人間=神」の論理を突き詰めると人類の歴史が読めるしw
それが、どんな目的に向かって進んでるのかわかるんだ。

狂ってるだろ?でもマジなんだぜ。覚悟しろよ。

1、西洋文明は世界最終戦争で滅ぶ(トリガーはユダヤ人)

2、日本人と中国人が同盟して東洋が世界を征服する。

3、その鍵は日本の民主党

な?滅茶苦茶だろ?頭大丈夫か俺・・

言っとくが俺は民主党員じゃないし、政治に興味ないんだぜ。
しかも生涯に一度の投票は、無理やり投票所に連れて行かされて投票したのが最後だ。
ルサンチマンだから適当に共産党の候補に投票したぐらいだw

だから政治には興味が無い。でも見えるんだ。
このままではヤバくねえか。日本の将来?

769 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 06:39:42 ID:???
>>768
君はちょっと必死すぎるよ。もう少し肩の力を抜いたらどうだ?

770 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 07:04:42 ID:mx0fq2tD
当たり前のことにさぞかし立派な理由をつけて金をふんだくるのが得意な国
自動車免許はアメリカで2日で5000円で免許取れてたのに唖然としたし
ドイツなどで大学が実質無料に近いのにも唖然としたし
公立大学で現地住民ならオーストラリアやアメリカでも日本の半額以下
米や食料、石油に至るまで海外で価格が安いことに唖然とした経験も多い
家賃やインフラ関係もいうまでもない
購買力の低い国と比べてなら仕方がない気もするが先進国水準で明らかに異常

771 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 07:12:04 ID:???
自動車関連はたしかに金かかりすぎ。自動車本体は別にいいけど。

772 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 07:43:35 ID:???
↓日本の嫌なところは就職活動にも凝縮されておるな
ttp://d.hatena.ne.jp/elm200/20100125/1264407374

>>768
君の主張はわかるんだが
書き込みの連投はやめてくれw
せめて>>768のように1レスくらいで頼むわw

773 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 08:23:57 ID:mgyxWYCs
>>769
スマン。これでも本当に落ち着いて冷静に書き込みしてるんだ。
でも内容がどうしても狂った内容になってしまうw
「必死」=発狂なんだよ。だから俺の書いてることの内容は「必死」だなw

でも今は「平常心」「冷静」なんだよ。でも書いてる内容は「必死」w

でも俺は最初は自分自身が「必死」だったのは確か。
最初の方の俺のレスは必死でマジでキモイもんなw不安がらせてスマンw
>>770-771
なぜか日本と外国を比べると矛盾してしまう。なぜかわかるかな?
日本の大学が「理系」と「文系」に分裂している「意味」を知ってるか?
あ、ちなみに俺は高卒だからwヤベぇな、俺、完全に思い上がってるわw
>>772
これは本当に反省している。連投は完全に俺が「必死」だった証拠だなw
「必死」な内容にみんな完全に引きまくってるのが分かるわw
そりゃ俺のレスの占領になるわ。
それに気付かないのが「基地外」。気付いた俺は「正常」だよね?

774 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 08:57:04 ID:???
|∧∧
|・ω・`) そ〜〜・・・
|o旦o
|―u'


| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ
|―u' 旦 <コトッ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


| ミ  ピャッ!
|    旦

775 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 10:17:29 ID:???
>>767
ほんとその通り。民主ならアジアの国に支配されるわけでもない。
ちょっと各国と結びつきがよくなって儲かるだけ。

776 :自然崇拝者:2010/01/26(火) 12:25:36 ID:mgyxWYCs
今から俺の名を「自然崇拝者」と勝手に名乗らせてもらうぜw

コテハンって2ちゃんで嫌われてるようだがwかままねえぜwww

>>767>>775
セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆あなたの言うことは正しい。
俺が言いたいのは、あくまで「日本」と「中国」が対等に同盟することだ。

相互に「支配」する関係=「戦争」に必然的になる。
それは絶対に阻止しなければならない。

そのためには、どうするか?

中国人は「中国共産党独裁政権の打倒」

日本人は「万物は神の思想が生んだ集団主義の否定」

この2つが絶対の条件と思うのだが、みなさんの意見を聞きたい。

777 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 12:35:42 ID:???
>>775
経済なんか支配されても逆転はあるけど、メンタル支配されたらもう逆転はない
今時の日本人は金(経済で)でく魂まで売るのか?
アジアの母は体は回復したが、、精神がいかれたのか?嘆かわしい。
極端な天皇信奉者が現れるはずだ。「日本」の防衛機能が作動寸前かもな。

778 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 13:01:03 ID:6EYiGoBg
こんなキモイヤツがのさばって逮捕されない日本は終わりだ
http://venus.bbspink.com/cherryboy/

779 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 16:48:36 ID:???
              \   ∩─ー、
                \/ ● 、_ `ヽ
                / \( ●  ● |つ
                |   X_入__ノ   ミ 俺は釣られないクマ ・・・
                 、 (_/   ノ
                 \___ノ゙
                 / 丶' ⌒ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::

780 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 17:30:00 ID:???
宗教 religion
re:再び ligion:結びつける て意味らしい



781 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 18:28:04 ID:uV7oPZoV
>>77
メンタル支配ってのがわからない
たとえばEUでそんなことありうえうるか?

782 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 18:30:41 ID:???
街で60歳前後の奴等が談笑していると殺意を覚える

783 :自然崇拝者:2010/01/26(火) 18:35:50 ID:mgyxWYCs
>>757>>764
日本人と外国人は「大自然」に対する見方が根本的に違うような気がするんだ。
日本人の自然保護は「上から目線」
外国人の自然保護は「人間と同列」か「下から目線」が基本だと思うんだが?

これが日本人が、物事(ネットの意見)を自分の「上から目線」でしか見れない原因と断言すると、また俺が性急だからかw
>>758
俺は何でもかんでも陰謀論に結びつけるのを馬鹿にしてた。
何も考えず条件反射で、いつも「CIA」?「ユダヤ」?プゲラwwなんだよw
なぜ陰謀論を本気で検証できないのか。それ自体に意味があるのでは・・?
>>761
たぶん俺のせいだw最初からブッ飛ばしすぎたからなw反省してる。

江戸時代の庶民と、明治時代の庶民では同じ日本人なのに、明らかに「人間」が違うよな。
しかし戦前と戦後では違いがあるのか?俺はそれが不安なんだ。

784 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 19:15:53 ID:???
>>783
30分ネットサーフィンした限りでは、人を納得させうるソースは
ないな。明治以前の庶民の心持を探るのは本当に難しい。

785 :自然崇拝中道派:2010/01/26(火) 20:03:13 ID:mgyxWYCs
いちいちコテハンをコロコロ変えるがスマナイ。
俺は影響されやすい人間なんだw

「仏教」の中道の思想は、やっぱ偉大だよ。
物事を否定してはいけない。かといって肯定してもいけない。
>>774
毎度AAで反応してくれてありがとなw茶がウメエぜ。
生物は水分採らないと死ぬからな。

今からセニョール君を「自然崇拝中道派」に転向させるために
「社会・世評」板を乗っ取るからなw


786 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 20:05:56 ID:???
>>782
殺意は恐ろしいが、
確かに日本社会は、報酬分配がおかしいとは思う。

自分が50歳に近づいて実感するのは、
心身のキレが一番充実していて社会の働き頭であるのは、
やっぱり45歳まで。
それ以降は、記憶力・発想力・柔軟性・瞬発力全て鈍り、
頑迷になったり保守的になったりしてくる。
45歳に収入のピークが来るような仕組みが、一番自然ではなかろうか。
60歳まで働かそうとすることが無理であり、
社会全体の疲労を呼んでいるような気がする。

787 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 20:44:28 ID:???
ざっと読んで、行き着いた先。
それは、見事に問題が定義され、向かうべき精神が見つかったとしても
今ある既得権、つまり権力者には歯向かえない現状に潰されるだろうと
いうことです。
多くの人が、言葉にせずとも分かっているのでしょう。
大義を潰される痛みを知る人が多いとも言えるかもしれません。

少なくとも私には変えることはできません。自身を嘆き、過去の
志に涙しながら自刃するのでしょう。

       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_)
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック..



       ∩ ∧ ∧
     ⊂⌒( *‘ω‘*) <ちんぽっぽ
       `ヽ_つ ⊂ノ

788 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 21:17:00 ID:???
>>783
そらそうだ。大多数の日本人が企業の謳う「エコ」に踊らされてるからな。あれなんてまさに上から目線の環境保護だ。

「自分たちは自然のおかげで生きている」という考えは昔までは普通にあった。君の好きな自然崇拝だ。だからこそ里山といった共存や自然に対する畏れからきた多くの祭礼が日本にはある。
ほとんどの神社には狛犬の像があるが、昔の日本人は動物までもを神として崇めた。時には食料として捕獲されるが、最低限にとどめた。そうでないと神から罰が与えられるからな。
シカやイノシシは害にも益にもなるが、無理やり捕ったら生態系が崩れて狼がいなくなる事も知っていたのかもしれない。自然崇拝は実によく出来てたんだよ。
ちなみに狛犬のモデルは狼だといわれてる。さらに狼は畑を荒らすものを追い払ってくれる益獣でもあったんだ。逆に言えば猪を人間が採りつくしてしまったら狼はいなくなる。畑を守ってくれない。それにも気づく鋭い洞察力があったのかもしれない。

また、地元にある伝説に、捕らえたシカをケヤキの木につないでおいたら木に雷が落ちて天が鹿を逃がしたというのがある。そしてその雷が落ちて千切れた木は御神木になっている。こういった伝説は数多くある。それも昔の日本人をよく表している。
さらに獣と人間の住処を区別するために山の神を祀った。山と里の境界にはたいてい祠がある。これを見ると、昔の人々は動物を排除するのではなく、住み分けをすることで共存してきたことが伺える。
今みたいにやたらめったに山を荒らして駆除する、なんて愚かで野蛮なことはしなかった。

石見銀山は一見山を荒らしているように見えるが、一方で山の保全のために植林も同時に行ってきたことがわかっている。屋久島でも伐採した屋久杉の大木を祀ることがあった。自然を犠牲にしつつ深く感謝している。今の日本人はそんなことしないw

789 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 21:20:15 ID:???
>>788続き

だが、最近になって自己満足で成長してきて経済的に豊かになった日本人は「そんな考えしなくても結構」と思ったのか、自然を破壊しまくって自然に対して上から目線で見るようになった。
企業はそれを逆手にとって商売にした。今になってようやく過ちに気づき始めた人も出てきたが、時すでに遅し。自分も豊かさに溺れているからな(もちろん俺も)そんな身勝手な人間の一員として生まれたことに俺は深く後悔している。

しかし精神的にはとても辛い国だ。そんな時こそ大自然の中で空気を吸ってもらいたいと思うものだ…。

余談、『もののけ姫』なんかはよく下調べしてあるなと俺は思ったよ。

790 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 22:33:55 ID:???
>>788
なるほど非論理的に見えて実に合理的だったわけだ。
科学なんて存在しなかった時代にもかかわらず。

まぁ日本人のいうエコなんてハナっからうさんくさいけどさ。
自分のとこの社員の労働基準法すら守らないくせにやれ自然がどうだ社会がどうだとほざく。
自然は弱いから俺たち人間様が犠牲になって守ってやらなきゃいけないんだってか?

商売にしろ利権があるにしろ、欧米のほうがマシだね、一応社員をちゃんと食わせた上でのエコ発言だからな。

791 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 22:40:38 ID:???
手弱女の発想「知的嫌悪」(情緒的防衛機制の暴走)
ttp://mb101bold.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_9aea.html

この病理を超克し、益荒男としての自閉症型モヒカン族の更なる奮起を促すべし

792 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 22:57:08 ID:???
        ∧||∧ ∧||∧…
   ∧||∧ (´・ω・)(´・ω・)∧,,∧
  ( ´・ω)(∧||∧) (∧||∧(ω・` ) エ…
   l U l (  ´・) (  ´・)l と ノ
   .u-u (   l). (l   ) u-u'
        `u-u'   `u-u…

793 :名無しさんの主張:2010/01/26(火) 23:52:11 ID:???
もののけ姫の話が出てるからついでに。
宮崎アニメには、自然と人工が食い合って、一つの有機体を構成するキャラクターが多く出てくると思う。
千と千尋の顔なしとか。ハウルの動く城とか。
あれ自体が日本人=自然=神を表現してるんだろうな、と思う。
俺はあんまり詳しくないけど、ガンダムやエヴァもかなりそういう匂いはあると思う。

日本は世界ダントツのアニメ大国だけど、
語源を辿れば、アニミズムは当然、アニメイズムなのよね。
日本はアニメーションを通して、世界にアニミズムを輸出してるんじゃないだろか。
最近このスレ見てなかったから、この話既出だったらごめん。

794 :自然崇拝中道派:2010/01/27(水) 00:11:08 ID:gfCGuL2x
>>782
まて、その考えは危険だ。
なぜ自分が60歳前後の人たちに殺意を覚えるか冷静に自己分析しろ。
俺の勝手な妄想だが、お前の親との関係に問題ありだな。

俺も親父と冷え切った関係だったが「自然崇拝中道派」に帰依して見事に和解したぜ。
前は自分以外の全人類を憎んでたんだがw
>>784
妄想するしかないなw
江戸時代の庶民に切腹は存在しなかった。
つまり現代の自己責任の思想が存在しなかった。

無責任でも「お互い様」で笑って許してくれたんだよ。
当然、自殺なんて発想はなかったはず。武士のみだよ。自殺は。

795 :名無しさんの主張:2010/01/27(水) 06:55:28 ID:???
>>782
いや、俺はわかるぞ。年寄りは若者の血と汗の結晶を搾取してまったり。言う事にも殺意を覚える。自分たちの残した負の遺産を下の世代に丸投げしておいて「俺たちが豊かにしたんだから感謝しろ」ってね。そら殺意覚えるわな。

間接的に若者を殺してるんだよ。

ただ、定年以上にも自殺者が多い点からすれば一概には言えないが…。

796 :自然崇拝中道派:2010/01/27(水) 13:29:09 ID:gfCGuL2x
>>782
また懲りずに俺流の「集団主義と自己否定」の論理を使わせてもらうぜw
「集団型」「序列型」「服従型」の日本社会のシステムを自分に当てはめろ。

現在成人してるなら、あなたと親父の関係は「平等型」だ。親父に反抗しても殺しても序列が変わらない。
でも今の関係は、あなたは親父に頭が上がらない。「屈辱」劣等感で恥ずかしいんだ。

だから親父と同じ世代をすべて親父と同一視して「殺意」が沸いてしまう。
これを解決するには親父ととことん「議論」して「勝つ」しかない。

でも絶対に親父を殺すなよ!殺せばお前の「負け」だ。
「不満」を文字通り「議論」すればいいんだ。親父を論破すれば、お前は勝つ。

そのためには自分の「恥」を捨てるしかない。
「恥」を捨てれば日本人は死んだと同じだ。何も恐れるものはない。

以上、全部、俺の妄想かもなw 好きにしてくれ。

797 :自然崇拝中道派:2010/01/27(水) 13:32:21 ID:???
>>796間違えた。訂正

>>「集団型」「序列型」「服従型」の日本社会のシステム ×

>>「平等型」「序列型」「服従型」の日本社会のシステム ○
落ち着け俺w


798 :名無しさんの主張:2010/01/27(水) 23:02:52 ID:???
年寄りが若者を見殺しにしてきたのだからそれに恨みを持った若者が
仕返しを企んでいることだろうよ

799 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 11:06:01 ID:???
「他人の不幸は蜜の味」「メシウマ」
人が殺されて喜ぶ国民性

800 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 13:52:56 ID:YolynedH
敬語使えってうるさい


ほんとやめて

801 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 15:22:23 ID:???
下手に経済力付けちゃったから大事な物が疎かな社会になってるよね。


802 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 15:50:55 ID:???
経済力をつけるのは別に問題ないんだよ。
ただ経済だけを発展させたから、他のものが歪んじゃったんだよね。
社会制度の整備は昭和30年頃がピークで、以降悪化してるものが多いし。
それを日本の伝統だと思い込んでる人が多いのも悪化させたまま放置される遠因だし。

803 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 16:45:29 ID:???
成長を急ぎすぎたというのはあるだろうな。
家庭参加も政治参加も差し置いて
バブルめがけて突っ込んだんだから。

それは国民性だけでもなく政治だけでもなく
米国のATMとして飼育された宿命的条件もあるから
歴史をやり直したとしても煮たような結果かもね。

804 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 18:40:34 ID:???
>>802
かねかねかねかねかねかねかねかねかねかね!!!!!!!!!
金をいっぱい貯めたけど、ろくに使えない。
文化を育む時間と金はたっぷりあったはずだよね。

経済力以外すっからかんで、そして今経済力すら削がれようとしている。

805 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 18:47:27 ID:???
バブル経済が、まさにそのもの
お金はあるけど使い方がわからないから土地を買ってみる
その結果が地価高騰のバブル経済
100万円のドンペリ、チケット14万円のクラシックコンサート
マンションも狭い2DKで4000万円なり
そんなバブルが崩壊してもお金の使い方をまだ学習しない
とにかく貯め込むだけ
当然経済が回らないから今度はデフレスパイラル
なんだかなあ

806 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 19:32:11 ID:???
100万円のドンペリ→お酒に目覚めた、人脈が広がった
チケット14万のクラシックコンサート→クラシックにはまった、自分でも始めてみた。
狭いマンションですんでみた→田舎暮らしもやってみた→やっぱり狭くても都会がいいと帰ってきた

これならいいよね、ところが現実は「みんなやってたから」「流行だったから」
で、何も得られないままでこれですよ。

807 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 19:34:46 ID:???
>>802
> それを日本の伝統だと思い込んでる人が多いのも悪化させたまま放置される遠因だし。

「厳しいことは良いことだ」的な考えが、ますますそれを助長してるね。
90年代辺りの一時期は「もうそういう考えはやめにしましょう」て雰囲気だったのに、最近は
またぞろ時計の針が逆戻りしていってる気がする。
20代の俺が2chに出入りするようになってかなり経つけど、至る所で俺より年上と思われる
人たちの、「俺たちはこれだけいろいろなものに耐えてきたのに、お前らは・・・」みたいな
ルサンチマンを感じて、どう対応していいか戸惑う。

808 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 20:06:17 ID:???
>>807
一流の人間いがいは思考スタイルが硬化する一方だから
まともに相手にしてもムダなんだよね。
反論しても数倍の感情的な反発を食らうだけ。
まあ自分も年齢を重ねれば似た様になるかもしれない。

809 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 20:17:31 ID:???
ムダだね確かに。
自分が攻撃するときは俺がルールブックみたいな態度
それに反論すると「お前の価値観を押し付けんなクズ」

こんあダブルスタンダードでのらりくらいやってるのが大半なんだから。

810 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 21:32:54 ID:???
>>807
>「俺たちはこれだけいろいろなものに耐えてきたのに、お前らは・・・」みたいな
>ルサンチマンを感じて、どう対応していいか戸惑う。

あなたの主張はまったく正しいが
残念ながら、30代の人間も上の世代に対してまったく同じように
感じてるんだよ まあこの世代諦めに入ってる人も多いと思うが。。


811 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 22:05:57 ID:???
我慢の美徳、苦労の美徳…ああ

812 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 23:16:19 ID:???
test

813 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 23:34:11 ID:???
>>807
>「俺たちはこれだけいろいろなものに耐えてきたのに、お前らは・・・」みたいな
>ルサンチマンを感じて、どう対応していいか戸惑う。

40代からに言わせてもらうと「耐えてる」と言ってる人は、実は無能な場合が多いんだよ。
上がいるから出世できないんじゃなくて、下でも40になれば優秀ならどんどん出世してくる。
それに独立して活躍してる人もいるしね。
それができない人が「耐えてる」を言い訳にしてるだけなんだとつくづく思う。
で、それを下の世代にも押し付けるな、賛同や共感を求めるなと。

814 :名無しさんの主張:2010/01/28(木) 23:41:25 ID:???
>813
>それができない人が「耐えてる」を言い訳にしてるだけなんだとつくづく思う。
>で、それを下の世代にも押し付けるな、賛同や共感を求めるなと。

まさしく奴隷の道徳の実践者だね。そんなのは我々の代でお終いにしたいね。

815 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 00:17:05 ID:???
悪い意味でのリアリストが増えたかな。
先日も某板でちょっと口論になったんだが、「あなたの理想は素晴らしいけど、そんなの現実的
じゃない。どんなに素晴らしい理想を持ってたってまず目の前の現実を克服しなきゃ意味がないし、
そのためにはたとえ不満でも決まった方法に従うしかないんだよ」とひたすら言い立てるばかりで、
かなり閉口した。
俺は「本当にその決まった方法でなければ現実を克服できないのか?」と思ったし、俺に
言わせればそいつの主張は現実の克服どころか、際限ない現実への妥協、ぶっちゃけ「現実への
埋没」としか思えなかったが・・・。

数年前、何処かの学者が「イデオロギーの対立もなくなり、若者の間では『現実主義の1人勝ち』
状態。議論をしていても、少し非現実的なことを言うと『ハイハイ理想理想』と見向きもしない」と
語ってたのを思い出す。

何か抽象的な内容になっちまったね・・・すまんかった。

816 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 00:44:31 ID:???
>>815
>現実主義の1人勝ち
内田樹が『下流志向』で書いた一節だね。

若者文化でもリアルな物が受けていて、
例えば流行歌や小説も、「友達」「彼氏彼女」を扱ったものばかり。
ばかりなのは昔からかもしれないけど、今はそれ“しか”なくなってきている。

だから、「友達」も「彼女」もいない彼は発狂してトラックで突っ込んだ。
彼が夢や理想を持てたなら、あんな馬鹿なことしようなんて思わなかっただろう。

リアリストと言えば聞こえはいいが、実態はただの視野狭窄さ。
頭が固いのをリアリストだなんて、擁護してる社会は息苦しいよ。

817 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 00:46:50 ID:???
まあなんだな。。
理想主義も現実主義も超現実主義にはかなわないな。

818 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 01:04:21 ID:???
>>816
俺が見たのは確か北田暁大だったと思うんだが・・・内田樹も書いてたのか。
何と言うか現代日本人って、夢や理想をバカにする対象としか見てないんじゃないか、と
思うことは多いねぇ。
そういう態度が「大人」「カッコいい」「洞察力があって賢い」って感じかな。
今でもそうなのか知らないけど、テレビでも何でも「キレイゴトばかり言いやがって、この
偽善者め!m9(^Д^)プギャーッ」みたいなものが昔からやたらと受けるしね。

819 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 01:33:54 ID:???
>>816
そうなの?じゃあ内田樹が引用して書いた部分だったかも知れない。

たまに夢を掲げるようなやつも、努力もしないで、仲間内で慣れ合ってるだけなのが多いからね。
そういうのを見て、さらに理想を持つことがバカにされるという悪循環が起こってるんじゃないかと。

努力努力と言う割には、努力することの価値が異常に低いんだよね、この国は。
もちろん、努力は単に忍耐することや奴属することとは全然違って、
自分の理想のためにモチベーションをもって、苦労をいとわないということ。
これは教育や宗教の影響がかなりでかいと思う。

820 :819:2010/01/29(金) 01:39:04 ID:???
レスアンカ間違ってるね
>>818宛てです。

821 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 01:40:30 ID:???
>>816 『現実主義の1人勝ち』

別にファンではないが、たしか宮台も内田も書いてた気がする。
知識や教養や希望のない状態で現実主義に落ちたら最悪の現状肯定だね。
欧州のような長い長い文化的精神的停滞に入るのかな。
>>818
たぶん現代に始まったことではないと思うんだ。
現状肯定で享楽的なのは室町あたりから…だったかな。
たけしが何でもかんでも、風俗の姉ちゃんが…近所の親父が…と
卑俗的なものに置き換えて茶化すのもそうした庶民感覚に近いかも。
マルクス主義に変わる思想もないしな。
女のほうはスピリチュアルとか信じられる分、希望があるんだよ。

822 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 01:42:09 ID:???
「キレイゴトばかり言いやがって」と言ってそんなのありえないと
思考停止してしまうのは愚かだな。


ようやく普通の流れになってきたかな

823 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 01:46:42 ID:???
>>819
日本は今も昔も学歴主義がなかったからね。
昔から社会的階層の反映としての学歴だった。
けれど一応、東大法を頂点とする出世主義はあった。
今はそれも崩壊して、ダメなやつは学歴つけてもダメ。
それどころか一流企業でも公務員でも安泰とは限らない。

824 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 02:22:36 ID:???
>>823
お受験とか、学歴の形骸化も甚だしいわな。
入園試験みたいなただのくじ引きで人生決まるなんて。
しかもそれで学歴手に入れたとしても、大したメリットでもない。

これじゃあ、子どもたちは何か理想を持ったり、それに向けて頑張る気なんて起こらないよね。
よく大人たちが「ハングリーじゃない」ことで若者を叩くけど、
それは満ち足りてるからじゃなくて、そもそも食べ物なんてものを見たことがないせいで、食欲ってものがあることすら知らないからなんだよね。
でも実際には空っぽで、空虚だ。
本当に、彼らが大人になった時が心配。

825 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 06:32:59 ID:???
>>821
>マルクス主義に代わる思想

プラウト主義はどうだろう?
俺はすごく良いと思うのだが…支持者が少ない

826 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 06:41:38 ID:???
>>795
わかるぞ
奴等がやってきたのは俺等の名義で借金してきただけだよな
奴等が残したものは膨大な借金だけ
違うっていうならまずは借金チャラにしてみろよって思う

827 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 07:27:34 ID:???
>>824
そのくせ2chでは相変わらず学歴厨が多いよな

828 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 11:11:12 ID:fY+i3fDO
ミーハーすぎる
他人を気にしすぎ
表向きよくて陰でぐちぐち言うところ
個性=変人扱い
ロリコン

829 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 12:08:31 ID:Kw1/rVfj
妬みの感情がスゴク強い!と思うンだケド・・・・。

830 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 12:20:54 ID:???
【調査】 "ニートになる原因は?" 5割超が「不況」と回答…就職してない理由は「求人がない」「自分にあった仕事ない」が4割
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1264730118/

831 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 12:56:20 ID:???
>>827
社会にでて学歴学歴と本気でいい続けてるやつは少ない。
要は仕事ができるか、モテるか、親の資産はetcという
現実的な多角的要素に目覚めるからだと思うんだが。
でも案外、こころの片隅には傷を飼い続けてるのかもしれないな。
>>824
逆に和田秀樹とかどう思う。受験は子供を救うとか、いかれてるぜ。
70年代以降、青少年犯罪が減った理由が受験勉強と言い放つからなw

832 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 12:59:52 ID:???
犯罪を減らすには雇用を確保するのがいいらしいね

833 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 13:23:24 ID:???
>>806
ブームが終わると閑古鳥だからな
日本人ってイナゴの一種かなんかかもなw
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1390261.html
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/b/0/b02d6d89.jpg

834 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 13:50:17 ID:???
>>831
受験競争推奨派は、現行の教育制度ありきでしか考えてないから、
和田秀樹みたいな過激な発言も出てくるんだろうな。

義務教育から連なる日本の学校制度は軍隊の模倣で、
従順性と仮想敵への憎悪を高めることが目的だから、
受験競争は、現行の教育制度を正当化するために非常に都合がいいんだよね。

戦争と安保闘争に敗れて失った鬼畜米英という敵を、偏差値という敵に転嫁したんだけど、
形としてはすごくいびつだよね。
もう敵はいないんだから、軍事教育の方を止めればいいのに。

835 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 14:21:21 ID:???
>>834
あーそうそう。たしか和田サンも櫻井良子とか
チャンネル桜(統一教会?)の保守にも利用されてたし。

836 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 14:29:32 ID:???
ゆとり教育は理念の部分は立派なんだが
性急で絶対に失敗するのがわかってて敢行したのがな…
わざと失敗を折込済みでやってんじゃないのか
教育は100年の計だぞ
政治でも教育でも基盤を作るのが本当に下手
唯一経済は米国の裏援助で社会主義的なものを一度は完成させたw

837 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 19:00:24 ID:s+wl3gfq
>>590金融危機でアメリカ以上に懐事情がかなりヤバい欧州が、
このようなことをいつまでも続けられるとは思えないがな。

838 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 20:44:36 ID:DEI5QRo5
強いものに徹底的に弱く、弱いものに徹底的に強い
都合のよい相手ばかり狙う検察の様な精神性
その癖に、「日本は助け合いの文化だ」とか「人を大事にする日本式経営」
とか「弱肉強食の欧米に比べて日本は素晴らしい」とか「和の精神で皆仲よく」とか
そんなこと言ってる連中に限ってTHE日本人って感じな奴が多く、とにかく気持ち悪い

839 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 20:48:44 ID:???
うむ。

840 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 21:16:23 ID:???
日本は矛盾が多すぎる。キリがない部分もあるけどね。

841 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 22:00:41 ID:???
http://diamond.jp/series/yuuai/10009/

やいやいどんどん出て行け。沈みゆく国に無理に留まる必要はない。

842 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 22:15:42 ID:???
これって脱北ならぬ脱日現象だな。


843 :名無しさんの主張:2010/01/29(金) 22:47:38 ID:0wFZlcid
働きすぎ
休み少ない

844 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 01:11:44 ID:???
「マスコミは派遣村に過保護」〜派遣切り自己責任シリーズ
http://www.youtube.com/watch?v=v85CFHuSaDM


845 :815:2010/01/30(土) 03:12:19 ID:???
>>819
> たまに夢を掲げるようなやつも、努力もしないで、仲間内で慣れ合ってるだけなのが多いからね。

あなたが何を念頭に置いたのかはちょっと分からないけど、多分そうなってしまう理由の1つは、
「組織というのは軍隊式体育会系じゃなきゃ動くわけがない!鬼コーチみたいな奴がビシバシ
鍛えないと結果なんか出ないんだよ! ワイワイ楽しく仲良しサークルみたいな感じで上手く行く
もんかい!」みたいな考えが、あまりに支配的すぎるせいもあるんじゃないかな。
それに反発しようとすると、どうしても・・・という感じなのかも知れない。

奇しくも俺が某板で口論になったのも、「本当にそうでなきゃダメなの?」と疑問を持ったことが
きっかけなものでね・・・。

846 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 04:20:15 ID:???
そこまで行かなくても、
「何かにならねばならない」「やり遂げるのが本当は一番いい」
っていう直線的志向性の遺物がどこか念頭にあると
(それは馴れ合いに過ぎない)(あんまかっこよくない)
という否定的な昭和的発想が湧いてくるのかもしれないなw
男は組織作りとか目標設定が好きだってのもあるし。

女だと仲間内でワイワイ馴れ合う姿そのものを全肯定できるでしょ??
男もマア別にそれでいい。今や人間関係のつながりがズタズタだから、
縦横にゆるいネットワークを張っていくことがまず必要なんだと思う。
たとえば、体調崩したり何かあったとき「どうしたの〜?」って
電話やメールをくれる人が複数いることがますます大切だと思う。

そうでないと、孤立者、自殺者が大勢出るよ。もう出てるけど。

847 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 10:48:40 ID:???
>>844
なぜマスコミは僅か数百人程度の、元派遣でもない浮浪者が多数混じっていると思われる
(自称)派遣村の怠惰な人間を非正規雇用のステレオタイプであるとして印象付けようとしているのだろう
雇用問題なら定義の曖昧な努力不足、自己責任の前に
空求人や不当な給与天引きや有給休暇を取らせない、サービス残業など
先に議論するべきことがあるだろう

848 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 12:04:56 ID:???
>>847
それは俺も思った。なんかごく一部の人を取り上げて非正規=怠け者みたいな印象付けしてる。
給付金の持ち逃げは無理にでも返してもらえば済む話なのに、大げさに扱ってる。システムそのものがおかしい証拠でもあったけどね。

叩くのが早すぎると感じた。

849 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 12:49:13 ID:???
>>847
ネットカフェ難民についても同じ
ホントは家に縛られたくなくて貯金があるのに寝泊まりしてる浮浪者を
あたかも仕事がなくてホームレスしてる風に報道してる
しかも、そういう出演者を募集するサイトの出演料がいつのまにやら5万とか10万とか
それだけ高騰するってことは実際には取材できるほど数がいないんだろうね
金目当てにカメラの前でだけホームレスするやつらもいるんだろうなあ

850 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 13:58:55 ID:???
>>845
主語が書いてないから、ちょっと意味を判別できなかったけど、
俺自身は体育会系嫌いだよ。
むしろ、体育会系の論理なんて馴れ合いそのもの。
日本人は個性的になったとか、多様化したとか言われるけど、
実際には体育会系がゆるくなっただけで、構造そのものは変わってないんじゃないかと思う。
軍隊式体育会系もワイワイ楽しく仲良しサークルも、没個性化と全体主義という意味で、
同じ「体育会系」の範疇だよ。

それが俺が例に出した、自称夢追い人の群れね。
没個性化してたら、当然人より抜きん出ることなんてできないんだから、
理想を主張し合う人たちが、集団で群れてる姿は矛盾以外の何ものでもない。
本音は持ってる理想を「キャラ」として、友達づくりをしたいだけなんだろうね。
mixiのコミュニティみたいな感覚で。

まあ、すごく日本人的だなと思う。

851 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 15:21:51 ID:???
出るくいは打たれる、は日本だけで通用する

852 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 16:38:24 ID:???
ネットをしていると
結構両親が嫌い(どっちかが嫌いなのも含めて)な奴って多いよな
過去されたことを根に持つとか、性格が合わないとか理由は色々なのだが

ちなみに俺は
自立するまでそだててもらったことには感謝している
けど、そこまでだな

853 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 16:59:02 ID:???
>>851
たぶんね。アメリカでも中国でも成功してるやつにむしろタカる。
嫉妬したって利益にはならないし、キリスト教圏では嫉妬は悪の種。
幼少時にそう教え込まれるから。

854 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 17:14:21 ID:???
>>851
そう言うフザケた文化だから
「対人恐怖症」「赤面恐怖症」という日本固有の心身症を生み出すんだよなあ
こういう恐怖症って、10歳までの子供には見られないらしいぞ

855 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 17:17:41 ID:???
>>844
冒頭のワタミ社長をなんとかしろw

一私人の感想としては別に問題ないとは思う。薄っぺらだが仕方がない。
ところがこの人は公教育とか政治に携わってる公人なわけだから
私人としての感想を政治・教育というマクロにスライドさせると間違いだ。
もちろん、その論調を肯定的に拡散させてるTBS?は最悪きわまるね。

856 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 17:21:03 ID:???
俺(日本人)が一言。
はっきり自己主張しない女はいやだ。それが日本人女性のだめな点だ。
「どっちでもいいよ」じゃねえんだよ!
「はい」「いいえ」はっきりしろ!
女だけじゃなく男もな!他人に貰った喰いもんをまずくても巧いって嘘付くんじゃねえよ!
人間なんでも巧い理由ないだろ!こっちは正直な答えを求めてんだよ!

あとな!他人がまずいって言って切れる奴、そいつのことが嫌いになる奴に一言。
まずいから「まずい」って言ってんだよ!
普通の人は他人に正直な答えを求める。
だから巧かったら「巧かった」、まずかったら「まずかった」って言ってほしい。
だが変な奴は自分があげたものはなんでも相手が「巧かった」と言わないと怒る。
そういうのがいるから日本人は相手に気を使ってまずいのに「巧い」「独特の味」とごまかす。
それが広まってしまい日本の男はYes,Noはっきりした女は嫌いと女たちが思い込んでる状態になってしまっている。
俺はYes,Noはっきりしない奴は腹立つんだよ!

あとな!女共な!高くて甘ったるい声出すんじゃねえ!
特に店員。
低いかっこいい声出せ!
なよなよした高い声は腹立つんだよ!
日本女「日本男は女々しいからぶりっこ声を好むのよw」
俺「勝手に決めつけるな!テレビに洗脳されてるんだよ。」
俺が立てたスレhttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/karaok/1264495574/

857 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 17:30:55 ID:???
>>853
向こうは羨望の気持ちが先に来ると思うんだ

858 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 17:45:49 ID:???
素直に「羨ましい」と言えないのが日本人。

859 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 18:00:44 ID:???
>>856
日本人は「何を」やったかじゃなくて「誰が」やったかで評価するからね。

仮に、社長の作ったくそまずい手料理食わされても、
「やばいっす。まじ5つ星、いや星とかいう次元超えちゃってますよ。」
って言わないとリストラ候補。

860 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 19:28:37 ID:M4iHVf6P
人物重視・コミュ能力重視:上に行くのはチャラチャラした連中
空気読め:まともな人間は邪魔者
音楽:DQNや馬鹿女に媚びた下品な歌ばかり→まともな層は見向きもしない
テレビ:下品でつまらない内容→まともな層は見向きもしない

結果としてまともな層ほど生きづらくなっている。

今や余程のエリート以外は不良化するか引きこもるしか方法が無い。
そのせいか知らんが普通の人間までゴロツキやキャバ嬢まがいの格好する。

一方親世代や教師は点数や学歴でどうにかなれたので異常性に気付かないでいる。

861 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 19:43:34 ID:???
報道の自由:ニュースは捏造、都合だけで改編
ペンは剣よりも強し:気に入らないヤツはウソ書いてでも叩く

862 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 19:59:02 ID:???
>>856
君のようなスーパー男性やアスペルガーの今後の更なる活躍に期待する
閉塞状況に風穴を開けてやれ!

863 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 20:46:07 ID:mpZirZcN
エロビデオの規制もこの国の特徴をよく反映している
人権保護、犯罪防止の為に海外がレイプなどの表現を禁止するが
日本はしない。代わりにモザイクを掛ける。意味不明で論理的に解明不能
めちゃくちゃな道路交通法や乱立するパチンコ店
英会話教室が乱立する癖に多文化を認めない
過労死が問題化しても労働局は仕事せず
少子化が問題化しても少子化対策せず

非論理的でなお且つチラチラと見え隠れする悪意が気持ち悪くて仕方がない
そんな気持ちになる事象があちこちに散乱するカオス国家

864 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 20:53:59 ID:???
日本人は真面目というけど実際は真面目じゃないのかもね。ある特定のもの(仕事とか)にはすごく真面目になるけどw

865 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 21:00:31 ID:???
真面目なんじゃなくてパラノイア的な執着だろうね。

866 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 21:07:21 ID:Ev5MGmue
>>849
それってマジ?
ソースとかある?

867 :名無しさんの主張:2010/01/30(土) 21:14:40 ID:???
>>860
音楽やテレビ番組等のカルチャーは、アメリカのがもっとひどく下品になってるけど、
ビジネスとは切り離してるから、まだ救いようがある。
日本は仕事と文化が不可分で、下品なやつほど出世してしまうから困る。

根回しや陰湿ないじめが上手いやつ、でかい声でどなり散らすやつ、DQNの天下。
真面目だとか、誠実な人は一方的に損をする社会だよね。
だからって不真面目に傾く安易なやつが多いのも嫌になる。

868 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 09:20:29 ID:???
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312269043
>>もし失業して、どんなに生活に困っても、絶対、二度と親元に帰りたくはありません。

>それはあなたが本当の苦労をしたことがないからそう思えるのです。
>私の書いている事の意味がわからないうちは、あなたは苦労知らずのお嬢さんです。


「親が嫌い」って質問する奴がいると大体こういう答えがあるよな
この質問者が本気で嫌いかもしれないのに

869 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 10:52:38 ID:???
>>868
本人の何を知ってるんだろうね。「甘い」とか相談になってない余計なお世話だ。

日本人は精神論が大大好きだな〜

870 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 11:21:11 ID:ImZlFgzu
経済ばかりに拘り人心人生を蔑ろにしたツケが廻りまわってきてるな
いい社会の方向性見直さんと潰れるぞ

…まぁ大半のジャップは国畜化してるから無駄か

871 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 11:24:13 ID:???
>>863
下手物レベルのAV風俗雑誌は野放しするが虹アニメゲーム系ははトコトン規制規制
臭い物には蓋のジャップの悪い癖

872 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 15:06:30 ID:???
税金を搾り取るだけ取っておいて、いざ生活に困窮して生活保護や
社会保障を申請しようとすると追い返される。
きちんと納税しているにも関わらず。

何のための税金??


873 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 15:26:56 ID:clu+0qWc
日本って世界で空気読めてる?

874 :名無しさんの主張:2010/01/31(日) 18:32:42 ID:???
日本て国は米国の愛人稼業してた箱入りババア。
周囲の海と日本語の壁(国民が英語で情報を吸収しない)
に守られてるうえにマスコミ洗脳フィルター完備。
さらに隣国がトンデモだから空気もクソもない。
しかし鳩山はフリーメーソンだから世界の保守本流だと思うw

875 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 01:05:33 ID:???
>>868
そもそもこんなかつてないほどの不況になったことなんてねぇしな
昔にひと財産築いて余力だけで老後まで生きていける奴ほどこういうこというよね
昔からやってる中小企業だってどれだけ気合があるんだか知らないけど
みんなブッ潰れてるじゃんなw
まあ、それすら自己責任なんでしょうけどw

876 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 01:16:49 ID:???
同族ながら本当に気持ち悪い民族だなぁ〜

877 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 03:25:48 ID:???
>>868
あのさ、甘いとかいう人には「親を尊敬するのがあるべき姿」という
いわば忠孝、恩愛の儒教的倫理が根っこにどっしりあるわけだ。
儒教はバリエーション(独自解釈)の幅が広いから
思想であるか宗教であるかは微妙なところだけど、
無前提に「理屈抜きにこう」と思い込んでる人は宗教レベル。
だがこの問題は難しい。人間関係と感情の問題として捉えられて、
「それは儒教ですね」と誰も知的に相対化できない状況だからだ。
「それは儒教ですね」「信仰がおありですか」まず話はここから。

878 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 14:02:55 ID:qST5UgbA
>>869
精神論では戦争には勝てないぜw


879 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 16:46:27 ID:???
まさか日清・日露戦争のこといってんのか?

880 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:10:36 ID:???
日本人っていうのは・・・
日本人ときたら・・・

でひとまとめにして括っても、そんなに違和感がないってどんだけ薄っぺらい人間が多いんだろう。
ほんとにアリの社会みてぇだな。

881 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:30:50 ID:iyyD3yCA
日本人=虫って考える欧米の人もいるぐらいだしなぁ。
薄っぺらいというより気持ち悪く感じるのだろう。

882 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 22:40:40 ID:k/jw50zT
武道に共通する精神論は、実は芸術や快楽の対極にある。

「柔道、剣道、相模」などに共通する武道の考え方は廃止し、
芸術として認定すべきである。

すべてのスポーツは芸術論・快楽原則論に従わなければいけない。

それでは、上記の文章の間違いを指摘してくださいね。

883 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 22:45:06 ID:???
>>882
あれだね。。
武道も芸術の一種類だね。

884 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 22:50:43 ID:???
武道に共通する体育会系の精神論が日本人から芸術性を失わせ、

日本を味も素っ気もない技術立国にしてしまったわけですけどね。

885 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:14:07 ID:???
技術にも芸術性を生かすことはできるとおもうがな。
工業デザイナーなんて仕事があるくらいだし。

886 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:34:35 ID:???
>>882
相撲はもともと神道にまつわる伝統行事。つまり「神事」。

887 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:38:46 ID:???
test

888 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:40:02 ID:???
神道と儒教が日本を後進国にしてるってイメージがある。

889 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:47:39 ID:cfPOPM9g
結局、精神論が様々な問題や矛盾の元凶である場合があると仮定して
精神論とは一体どこから来たのだろう

江戸時代より前から存在したのか
明治維新後の発展期に生まれたのか
第二次世界大戦時に生まれたのか
高度経済成長期にはすでに存在していた様だが…
精神論が発症した原因や事情を探ることで問題の本質に近づけるのだろうか

890 :セニョール・ニューエイジ・イガラシ ◆40WnEtzSeY :2010/02/01(月) 23:48:39 ID:???
>>885
世界から相対的に見れば日本は芸術性やデザイン性、視覚美をあまり追求していない国
なんですよ。

日本が落ちぶれている原因はまさにコレ。技術なんていうものは結局は世界に伝播すれば
誰でも習得できるものにすぎない。どんな先端技術だって、最終的には知識でしかなく、
知識なんてどんなに馬鹿でも詰め込めば持つことができる。
日本車の安全性にしても性能の良さにしても、所詮技術力によって克服できてしまう。
だから、中国やインドが発展すれば、日本で開発する意味がなくなるよね。

一方、西洋の文化は歴史的に美に重点を置いて生産してきたため、ブランド文化というものが根付いてきた。
服飾にしても車にしても、基本機能にさらに美をプラスしてきたわけだ。
産業の原点ってここにあると思うんだよ。
生活のためだけに産業があるわけではない。
これからの世界は、いかに美を訴えかけ、人々に精神的な快楽を齎すかが鍵となるでしょ。

アイディア性や独自性なくして、日本は先進国としてのステータスを維持できなくなるよ。

891 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:50:07 ID:???
886だけど、昨今の朝青龍事件や貴乃花親方問題などを見るにつけ、
相撲の立ち位置・あり方をもう一回抜本的に見直すべきなんじゃないかって思う。

>>884
俺の地元・愛知県の北部にある犬山市は昔からからくり人形の生産で有名だけど、
ああいう自然な面白さと隠れた高度な緻密さ、技巧に対する素朴な情熱と遊び心こそ、
現代に復活させるべきものづくりなんじゃないのかなあ・・・。
スイスや北イタリア、バイエルンの職人の生き様や価値観にも
結構相通ずるものがあるように思う。

892 :名無しさんの主張:2010/02/01(月) 23:52:57 ID:???
セニョさん、あんたって単なるバナナ野郎のエセ毛唐じゃなくて、
本当に核心を突いた分析ができるんだね。
これからも思うままに暴れ回ってくれ。自分も適当に何かするから。

893 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:01:07 ID:???
>>890
「人はパンのみを求めて生きるにあらず」の欧州文化圏(アメリカ・南米も基本同じ)と、
「働かざるもの食うべからず」の日本文化の違いかもしれない。
東南アジアやアフリカの先住民による土着文化などを見ても、日本ほど日常生活に
それほど強い求道的・禁欲的な価値観は持ち込んでいないしね。

ちなみにドイツ南部や北米のニューイングランド地方の一部にはユグノーが
今も禁欲的で昔ながらの生活を送っているけど、これはあくまでごく一部。

894 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:06:16 ID:???
質素さを美徳としてきた結果、心まで貧しくなってしまったのかもしれないよな。

895 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:07:42 ID:???
働かざるもの食うべからず
はもともと聖書の言葉で、西洋思想。

896 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:16:12 ID:HmCi1bBW
働かざるもの食うべからずって確か日本が欧州から輸入した言葉だよね
日本には楽をしてはいけないっていう根性論というか
宗教じみた捻くれた考え方があるね

しかし風俗店もパチンコ店も乱立する日本社会には
禁欲的な価値観はあまり感じないな
特に東京なんて欲望の坩堝といっていい
だが依然として個人には禁欲を求める変な空気が存在する
そのギャップが全体主義的な様相を色濃くしていると感じる

897 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:17:57 ID:BzQQgbc+
ローマ時代の言葉じゃなかったっけ?
でもローマ人は1日実質1〜2時間働けばいい方だったろ(w
支えてたのは奴隷の労働者という事は奴隷に向けた言葉だったんじゃないか?
労働は神の罰なんだよ。



898 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:20:15 ID:???
うーん。
日本人は美をないがしろにしてるというよりも、
汚いものに心底魅かれている可能性もあるんじゃないかと思う。
パチンコ屋のネオン、車内広告、ポルノ、無機質な高層ビル街。
いや、俺は好きじゃないよ。

けど、かなりの人たちからはむしろ支持を得ている、
もしくは一時的に得ていたから、存在するのだと思う。
そうやって流行に乗ることを、昔の人は風流と呼んでいたみたいだし。

芸術や美はねえ…どれだけ庶民の間にその感覚があるか。
作りだす力以前に捉える感性が、民族の歴史的に不足してると思うんだよね。
だからまあ、ガラパゴス化するしかないのかもよ。

899 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:35:06 ID:???
>>891
さっきの報ステで貴乃花親方のニュースをやった時、現代の相撲の歴史を紹介したVTRの後、
杉山だかいう相撲ライターが「物があふれて日本の子どもはひ弱になった。肥満児は多くても
ハングリー精神のない人ばかり」的なコメントをしてるのを観て、俺はため息が出てチャンネルを
変えたよ・・・。
イヤまぁ、想像できなかったことじゃない、とは言えね。

>>893
この間のNHKでさだまさしが、「ハッピーマンデー法で『成人の日』がくるくる変わるようになって
分かりにくい」という話題からで、「土日に祝日・・・日本人は休みすぎですよ。そりゃ景気回復
しないはずですよ。昔の人なんてアレだけ世界中から『日本人は働きすぎだ』などといわれ
ながらこれだけの繁栄を築いたわけじゃないですかぁ」とか言ってたね。
これもあの人のことだから、そういう意見が出てもおかしくないとは言え、「これだけワープアだ
派遣切りだと騒がれているご時世に言う言葉かね」とは思ったな。

900 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:38:02 ID:???
>>899
今更昔ながらの詰め込み第一の教育とか戦前のような軍隊式の管理教育に戻しても、
実際には何も良くならないとしみじみ思うけどなあ・・・。
俺は管理教育のメッカだった愛知県出身だし、その頃(管理教育が厳しかった時代の
終わり)を学生として過ごしたから良く分かる。

901 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:45:47 ID:???
これだけの繁栄ってほど繁栄シテネンダヨナコレガ

902 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:48:12 ID:???
>>900
最近常々思うんだけど、ココ4〜5年ほどの政治や社会状況って、地味に日本社会に悪い
影響を与えたな、という気がする。
反新自由主義者の俺はあまりこんなことは言いたくないけど、新自由主義の失敗によって、
「新しいものなんて所詮つまらないし使えない、思考でも方法でも昔から既にあるものが一番」
みたいな考えが完全に定着してしまったというか・・・。

日本人は何か新しい物事が失敗すると、別の新しい物事を模索するよりも、直ぐにそれまでの
古い物事に戻してしまおうとする傾向が強くないかな。
時代の変化とかを無視して、「今まではこれで上手く行ってたんだから・・・」みたいな感じでね。

>>901
高度成長〜バブルの頃辺りを念頭に置いてるんだろうね。

903 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 00:57:40 ID:???
>>902
(新自由主義の)終わり方、というか終わらせ方がまずかったんだよ。
新自由主義への疑問・欺瞞が大きくなった頃から、それまで以上に
精神論とか昔ながらの管理教育、過去の歴史の自己満足的解釈?が
マスコミも含めて目立つようになったと思う(特にネットと書籍)。

今の日本は「羹に懲りて膾を吹く」を地で行ってる。昔を振り返りすぎって感じ。
温故知新は大事だが、何か現代社会やその延長には相応しくない旧来の価値観や
手法を無理やり評価しようとしすぎてる。
特に江戸時代(プラスアルファ戦国時代)の、ここ数年の評価とかがそれに近いと思う。

904 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 01:23:15 ID:???
>>903
これって、一貫してアイデンティティ・クライシスの問題なんだよな。
戦争をするために、近代国家としての日本を無理矢理立ち上げたんだけど、
敗戦して、存在意義が一旦なくなってしまった。
だからそれをごまかすために、経済戦争に積極的に参加することでなんとかアイデンティティを保ってきたのだが、
次第に社会主義的な戦略が通用しなくなってきた。

そこで、さあどうするってのが現代なんだけど、
そもそもそのアイデンティティのつまずきっていうのが、近代国家を立ち上げた段階でのつまずきなんだよね。
だから、参照しようとすると近代以前の江戸になってしまう。

最近テレビで龍馬がよく取り上げられてるけど、あれは日本人の深層心理の表れだね。
日本人は、もう一度明治維新からやり直したいんだと思う。

905 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 03:05:46 ID:???
>>900
今の愛知県の公教育はどうなってます?
昔に比べて正常化したというか
学級崩壊、ゆとりなど別の意味で管理教育が崩れた?
トヨタのお膝元で豊田市に労働力を供給してるはずなので
どうなってるか気になるところです。
>>903
日本人の歴史的興味って、戦国と江戸(元禄・幕末)と明治だけだよね。
やっぱり司馬良太郎の独自な歴史観が大きく作用してるのナ。
あと企業人=戦国武将的な見立てと、コーエイのゲーム。
>>904
おれはまた、鳩山がメーソンだから電通が気を利かせてるのかとばかりw

906 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 03:20:43 ID:UCsScIuf
人のいい所より、悪い所にフォーカスして人間を評価するところ。
「型」をつくってそれにハマってるかどうかを判断する、「ふるいにかける」試験

907 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 03:55:01 ID:IQu7PkId
>>906
それ大人になって気づいてくるな、
お互いに首を絞めあってる感じ、碌なもんじゃない。
年々、生きてると不快になってくる。

908 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 03:57:16 ID:???
「働かざるもの食うべからず」
これ、余裕がなくなって国民を奮起させるために
いいだした戦時中にできた言葉だろ

909 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 06:58:51 ID:0yd/XXL+
>>900
5年前のドラマ『女王の教室』なんて
安倍ちゃんあたりが日テレに圧力をかけて
清和会が目指す教育(≒愛知の管理教育)の素晴らしさを国民に浸透させる目的で
放映されたんじゃないのかと個人的に勘ぐっているんだが。

今も安倍ちゃんは、天海祐希を教育再生会議委員にできなかったことを
本気で悔やんでそうw

910 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 07:20:53 ID:0yd/XXL+
>>891
クルマの製造に例えれば、それまでの日本全体の政治・経済・社会の在り方すら左右してきた
トヨタのやり方に対抗すべく、富山の光岡自動車あたりのスタンスを大事にすべきってこと?

ただあの会社、輸入車ディーラー事業や中古車販売事業での利益が大部分で
自前での自動車開発での利益は総売上の7%しかないんだそうだ。

http://www.mitsuoka-motor.com/index_jp.php

911 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 07:48:05 ID:???
「働かざるもの食うべからず」に劣悪環境で長時間労働しろという意味はまったく含まれていない。

912 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 07:55:02 ID:???
>>890
日本の技術や芸術って外国からのパクリなんだよなほとんどが。日本オリジナルは浮世絵(起源はよく知らんが)とかそれくらいなんじゃないか。江戸時代で進歩が止まっている。

パクったものを少しイジってるだけだよ。

>>911自己レス
しかし、日本人に多い社畜は何故か「我慢の美徳」=(劣悪労働環境でも我慢しろ)とすり替えるんだよな。ようわからん。

913 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 11:03:30 ID:???
>>899
そのさだまさしの意見って発展している他国が日本以上に働いていて
日本以上に働いていない他国が日本以下の繁栄でないと意味を持たないよね

914 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 11:37:42 ID:???
>>912
戦争で英国にパクられ負けた原因になったレーダー感知装置とか
目の前のパソコンの指ポインター、フラッシュとかは日本の技術者だ。

自国の評価を得る前に海外で先に評価されることも多い。>>906
総合力ではトヨタもマツシタもパクリ三昧なのはその通り。

915 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 11:53:06 ID:???
過労死か無職か、なんて勤労システムは絶対おかしい。
みんな一日8時間労働・年間150日休日にするべきだ。
家庭持ちや希望者には、短時間労働(もちろんそれなりの減給)も認めるべき。
成熟した勤労システムとはそういうものだろう。
今の日本は壊れているとしか思えない。

916 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 12:00:11 ID:???
>>915
>過労死か無職か

どうしてそうなっちゃうかというと、厚生年金や企業年金の関係
本当に、年金は諸悪の根源

年金ある限り、日本は壊れたまま進むんだろうな

917 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 12:18:03 ID:???
ほどほどの暮らしが出来ればいいです=精いっぱい頑張らない、競争を下りてる
という働き方は、雇う方からすれば好ましくない。バリバリ働いてバリバリ稼ぎたい
という人間の方が使いたい。というのがある。
でも最近の新入社員はほどほど主義が多いらしい。だから無気力とか評価されるんだろうな。

918 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 12:42:05 ID:BzQQgbc+
スペインのように昼寝の時間があってもいいだろ。

919 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 12:44:08 ID:???
>>918
それなら食事回数もスペインに倣って1日5食にするか?

920 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 13:13:26 ID:/P2VLT/S
宗教観、死生観は池に浮かぶ薄い氷、人生観、社会的価値観は、非常に狭い道
を脱線しないように怯えながら渡るような心象風景が、現代日本人の特徴ではないか。
些細な事でも不安視しすぐ回避する傾向、極端な臆病さ、非常に脆く破綻しやすい
人間関係・・・
しかし、いまさら戦国時代に戻って、出直すのもなあ。
この人間性の歪さは改善の余地は大いにあるが、島国文化からの影響は絶対に
避けられない。日本の繁栄は、栄枯盛衰の中ですでに衰の過程にあるが、
過去にしがみつかず、日本の状況を共有し今を風のように生きるのも一つだ。

921 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 14:20:00 ID:???
そうそう。戦後の社会保障、社会の変容があまりに性急すぎた。
高度経済成長→バブル→崩壊→失われた20年と生き急いだ。
この時期をアクセク駆けた人の日々を走馬灯のように早回しすれば
ジャン=リュック・ゴダールの作品のように仕上がるだろう。
まったく狂っている、一体なんだったんだ…というわけだw

非婚問題も自殺問題も、もっと根本を直視しないといけいないよな。
だって豊田市の被雇用者自殺率が1位で工業団地が続くんだから。
なんというか人間性を改造するには移民で大阪化するしかないわ。
まあ個人的には中韓なんか日本以上に歪で醜いから嫌いだから
ロシアやブラジルから移民をして祭り状態にしたほうがいい。

922 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 14:22:06 ID:???
年金システムやめてほしいな。 なんでもこの国は自己責任になるんだから自己管理でいいじゃん。
そうすりゃ下らない責任の押し付け合いも起きないし、消えた年金とか国民を馬鹿にしてるとしか
思えない事件も起きない。 こういうゴミ同然のシステムなんていらないから自分で管理できることや
自分でやれることは全部国民一人ひとりに任せればいいじゃん。 そうすれば日本のお偉いさんが大好きな
「自己責任」を連呼できるだろ? この国は国民に干渉しすぎなんだよ。 もう放任主義でいいから関わってくるな。
人の財産を取るな。 寄生虫国家が。 相続税とか本当に狂ってるなこの国。 どれだけ国民の金をむしり取りたいんだよ。
親が子に金やるのになんで国が仲介に入るんだよ。 害虫が。 死ね。

923 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 14:40:03 ID:???
>>922
日本の年金システムは糞だが、それを持って社会保障が糞ってことにしちゃあまずいぜ。
相続税もある程度取らないと、格差が固定してこの世が地獄になる。
国民はそれを小泉改革で思い知った。

問題は社会保障の理念じゃなくて、それを動かす仕組みの方だよ。
マスコミは糞システムに蓋をしたくて(既得権益の保護のため)
論点をずらして、社会保障の理念そのものを攻撃してるから、
騙されないように注意しなきゃね。

924 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 17:13:01 ID:???
>>922はきっと無頼派なんだよ。アメリカにもいるだろ、
てめえの身と財産はてめえで守る、政府なんて信頼するかボケと、
おもに退役軍人が砂漠に集まり勝手に軍隊訓練してるという。
名前なんだっけな。そういう変わり者がいてもいいと思うよ。

925 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 17:51:06 ID:???
>>922
みたいな考えの人が多い方が日本うまく行く気がする。でも「自己責任」って他人に向かって言うことではないよね。

926 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 18:37:23 ID:???
>>925
そういう考えの人が実際多くてキャッシュを溜めこんじゃうから、
今の不況があるみたいよ…。
個人の一つのライフスタイルのあり方としては歓迎だけど、
いわゆる既得権益層にやられるとヒジョーに困る。

927 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 18:47:23 ID:???
>>925
>>922みたいな考えの人は口では大層なことを言ってるが
困ると平気で生活保護を受けるんだぜ
で、国民年金の3倍の生活保護もらって、また大口をたたくんだ

928 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 20:12:32 ID:???
>>900
受験戦争、受験教育、偏差値教育という20世紀の遺物を今も尚続けているあたり、
学力低下以前に民度が中国、韓国と同レベル。
(つまり途上国並みだがややマシなくらいか?)

韓国やシンガポールの受験戦争は日本よりも激しいが、出生率は
日本より低くて少子化は日本以上に進んでいる。

929 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 20:15:59 ID:???
何度も言われてるけど年金システムは持続不能だから変える必要があるのは明白
相続税はグローバル化が進んでいる以上他国の平均水準に合わせるしかないと思う
いきなり無くしたりしても国際問題に発展しかねないのでは?

930 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 21:19:56 ID:???
>>928
詰込教育って要するに支配者層の価値観の押付けだよな
犬が部屋でシッコしたら殴ってしつけるのと同レベル。正解は初めから決められた物しかない。

そんな中でグローバル化だかなんだかで新しい価値観にぶちあたっちゃったもんだから大混乱。
とりあえず外人のいうことが全部おかしい、日本(に押し付けられた思想)がいつも正しい!ってファビョるしかない。

そりゃ無個性で排他的にもなるわな。

歴史を振り返ると、日本は新しい価値観に出会うたびに、それを受け入れてうまくアレンジしてやってきたはずなんだけどな。

931 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 22:16:15 ID:???
>>930
エリート教育と大衆教育は区別しないといけないけどね。
ロシアとかユダヤ系のエリートの基盤は幼少時からの詰め込みのようだよ。
ただしユダヤ教のトーラーとか聖書教育では世界の構造とか目的について
はっきりさせる。そこで概念や理由付けの習慣を鍛える。さらに
この教説については何年に誰々師が、何年に誰々師がこんな新解釈を…
と何重にもぐるぐる巻いていく眩暈のするような読み物だそうだ。
それにプラスして家庭や学校で論理や伝達も重視するのだと思う。
が、もちろんこれはエリート層の話だけどね。中間層未満の管理教育は
日本のほうが「ある意味で」優れていた。トヨタ方式が効率的という意味でw

932 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 22:21:15 ID:???
>>927
>>922だがお前は一体何だ? 預言者か何か?w 受けるんだぜ〜とかよく断言できるな。
頭大丈夫か? 何が俺みたいな考えの人は〜だよwww憶測で物を言うなよゴミ 

933 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 22:37:36 ID:???
憶測でモノをいうゴミが日本民族
日本人辞めたいな

934 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:20:41 ID:???
おまえ、余裕ないな…



o(T□T)o"ヽ(・ω・; ) ソンナニナカナイデ

935 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:26:01 ID:???
最近すぐ「お前の代わりなどいくらでもいる」とか抜かしてくる社畜増えた気がする
気に入らない目下の人間は人としてみなさないとか鬼畜も甚だしい

国民までもトチ狂って国畜化してやがる
いい加減脱出するか

936 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:28:20 ID:0yd/XXL+
>>891
「犬山の教育改革」は日本社会全体がネオリベ、ネオコン化への道を突っ走っている最中に
当時の市長がそれとは真逆の方向の教育政策をあえて推進したために
「今時ガキを甘やかしてウツケにしてどうするのか」といった類の非難に絶えず晒されてきたんだがな。

ただあそこは、愛知県内にしてはトヨタの影響力が希薄な地域でもある。

937 :名無しさんの主張:2010/02/02(火) 23:58:48 ID:???
>>935
教育、犬山市といえば最近の俺の中ではこれ。
面白いのは旦那は一応権威のひとりなのに
疑似科学(独自解釈)の神経神話を広めた点。

おばあちゃんの超英才教育(1/4)
http://www.youtube.com/watch?v=VCT1TvO0HUo

938 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 00:13:32 ID:???
トヨタのリコール問題だけど、あの品の悪いニュー速+が
自己責任ザマアwwwwみたいな煽り大合唱がずっと少ないね。
やっぱり右翼−自民党−経団連側の工作員が大勢いるんだろうね。
もちろん、朝日新聞も書いてたとは思うけどさw

939 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 00:39:59 ID:???
今、失業して実家に帰っているんだけどオカンに明日は節分で
あんたは厄男だから金を三叉路に置いてこいとか言われた
自分はそういう行事に疎かったために
意味が解らなかったので嫌だと言ったが
家全体の役払いにもなるのでやれと言われた

それでネットで調べて、詳しくは解らないが地域によっては
確かにそういう節分の習慣みたいのが続いてる様で置くものは
メザシやらヒイラギをごちゃごちゃやったものを置くのが本来の姿らしい

でも、うちのオカンが言うにはお金を置いておくことで誰かにお金を拾ってもらい
厄を他の人に移すことで厄払いができるとの話だった

伝統行事?と現代の方法の間に違いが生じている様だ(少なくとも自分の地域では)
その違いが生まれたプロセスがどの様なものだったかは別として
人に厄を持っていってもらうという考えがいかにも現代日本らしいと感じて気持ちが悪くなった
それって要するに他者が厄を受けることでこっちは救われるっていう考え方
本来の考え方だと鬼を追い払う為のものだったはずなのだが…
それとメザシやらヒイラギではなくてお金というのも気持ちが悪い

小学生の頃、建前という大工が家が建った際に餅やお菓子を家の屋根から投げる行事が盛んで
よく参加していたがその際もお金が落とされてたのを思い出す

まあ、このスレとあんま関係ないかもしれないんだけど
俺としてはそういう何事も行事にお金を使いたがる習慣みたいのが凄く嫌いで
例えば、落とし玉とかもそうだし。なんか卑しいものを感じるんだよね
お金が全てのものの代役を務められるという考え方というか
お金で人を釣る考え方というか、そういうのを伝統行事やらに組み込んで
あたかも有難がる風習というか、俺の国語力じゃ言葉で表現するのが難しいのだが
なんかすごい違和感を感じるし俺にとっては結構気分の悪いものなのだけど…

940 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 00:57:35 ID:???
転職板のブラックスレとのマルポスになっちまうけど
今週の週刊現代の↓の記事を立ち読みで見て激しく突っ込み入れたくなったよ。
ttp://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/100201/top_04_01.html

日本人をここまで劣化させたのは何処の誰だか
こんな与太記事書いた(たぶん)団塊前後の世代のお前等が
胸に手を当ててよく考えてみやがれと。

ホントTV・新聞・週刊誌(特に文春現代新潮)は
ピンボケと言うか的外れと言うか本質見てないような記事・主張が多いな。

941 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 02:10:45 ID:???
NHKの無縁社会〜(再)を見終わった。

・「家族機能崩壊と地域社会の崩壊が自殺の最大要因」という最新統計分析結果
・「変死者含めれば自殺10万人超!?」という2ちゃんのコピペ
・ベストセラーの「遺品が語る真実」…あたりを狙ってる。

ちなみに秋田県の自殺調査では、独居老人よりも家族もち老人が自殺してる。
で、自殺防止の相談とかネットワークを作ったら自殺率が低下した。
つまり、家族が機能してないんだ。

942 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 07:49:41 ID:???
>>939
充分伝わった
押し付けてありがたがらせる、しかも周り全体で強制するって気持ち悪いよな

943 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 07:52:09 ID:???
>>939
お年玉はかつては丸い餅だったと聞いた事がある。

それで思い出した。お賽銭に札を入れる人w

944 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 07:53:26 ID:???
>>941
家族が、見栄や体裁を優先しちゃうと悲劇だよな

945 :900:2010/02/03(水) 12:40:31 ID:???
>>905
一時期よりは結構緩和されてきた、とは聞くけどね・・・。
地元を離れて久しいので詳しい内情は良く分からないけど、昔ほど
内申点重視ではなくなりつつあるのが幸い、って気がする。

愛知県のいじめの発生件数は確認できる限り東京都+大阪府より多い(数年前だが・・・)。
まあ東京大阪は私学が多いから一概には比較できないだろうけど、発生率もまた
全国最悪クラスだというから、やはり愛知の教育には少なからず問題があると思う。

日本人が好きな時代って、えてして戦国時代末期か幕末あたりに集中しそう。
やっぱり力がものを言うパワフルな時代に憧れているのかな。

946 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 12:49:38 ID:???
>日本人が好きな時代って、えてして戦国時代末期か幕末あたりに集中しそう

パワフルかも知れないが、しょせんは内向きな覇権争い
俺は、外敵と戦いながら自国の開発を目指した“明治”が断然好き

947 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 12:54:36 ID:???
内向きな覇権争い=序列意識の強さ

正しい者が通るのではなく、上の者しか通さないという発想が、
日本の一番嫌いなところ

948 :900:2010/02/03(水) 12:56:21 ID:???
>>936-937
犬山市はトヨタ系の工場とかほとんどないからねえ。隣の大口町とか春日井市にはあるけど。
まあ県内では珍しい観光都市+名古屋のベッドタウンという組み合わせの町だから、
工業色はそれほど濃くはない。だからああいう独自の教育ができたのかもしれない。
自分が学生だった頃、豊田市や西尾市、知立市、旧愛知郡一帯といえば教師が
一番赴任したがらない地域の常連だったよ(最近はどうか知らないけど)。

そう思うと、安倍政権があのまま続いて管理教育が再強化されていたら・・・と思うとゾッとする。
その時点で反発する子供が多いことより、中途半端に順応したがために社会人となってから
今まで学校で教えられたことや価値観と現実とのギャップ・不公平に精神が翻弄されて結局
落ちこぼれたり自分で動けなくなったりすることのほうが結局社会にとって損失じゃないか・・・?。

949 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:02:45 ID:wNpoCVSi
>>941
人間関係が濃密なはずの地方で、家族もちの高齢者が自殺するというのが
あまりにもショックだよなあ。
アメリカや北欧、フランスだと独居老人の自殺が多いけど、この辺は日本よりも
もっと個人主義・自己裁量の考えが強い分人間関係ももっとドライだし、何となく
理由はすっきり分かる。

でも日本の場合は中途半端なんだよな。昔ほど濃くはないけど、いろいろな面で
まだまだ中途半端にベタベタしたり外に向けて見栄を張ったりしなければならない。
その際に、家族がかえって身近な圧迫感に感じられてしまうんだろうね。


950 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:07:52 ID:???
>>945
昔、名古屋学という軽い本を読んだことがあるんだが、
その中で筆者が「名古屋は日本中の日本」と言っていた。
名古屋人の、日本全体から見た地域性としての特徴を挙げていくと、
それは世界から見た日本の特徴と、ことごとく一致するんだと。

東京は愛知出身の家康が幕府を作って栄えた街だから、
実質、日本人のメンタルを牛耳ってるのは愛知的な価値観なのかも。
それは東京文化だとか言われて、上方の京都や大阪からは嫌われてるしね。

951 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:21:54 ID:wNpoCVSi
>>950
今の愛知県を牛耳っているのは「三河的」価値観だよ。
隣国同士でありながら、西の尾張と東の三河は昔から価値観も住民性も正反対に近かった。
目立ちたがり屋で冒険心旺盛&派手好みの尾張人(加藤清正、前田利家、イチロー、盛田昭夫、黒川紀章など)、
集団主義で貯金好きで強固な縦社会好きの三河人(本多忠勝、榊原康政、本多光太郎、松平健、岩瀬仁紀など)。

三河人の家康によって、西日本的要素の濃かった尾張も三河的なものにすっかり覆われて変質しまった。
名古屋は家康によって築かれたも同然の町だから、まあもともと尾張地方の中でも異質な存在だと言える。
でも面白いことに、そんな名古屋が管理教育全盛期には例外的に県内でも「ヌルい」地域だったのは皮肉。

管理教育は工業化の進行していた愛知県や、均質化された一定水準のまとまった数の労働力を
確保する必要があった時代、という意味では時代の要請として不可避だったとは思う。
でも個性・差異性を強調していかなければならないこれからの時代に、果たして再び必要になるのか?
という疑問もまたある。

952 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:23:44 ID:???
>>950
家康は、愛知出身といっても、三河だから名古屋とは違うよ
三河と尾張の気質の差は、月とスッポンというか、質が別物
それを明治以来『愛知県』と一括りにされちゃったんだが

何?日本人のメンタルを牛耳ってるのは愛知的な価値観かもって…

953 :952:2010/02/03(水) 13:26:14 ID:???
すまん、>>951と被ったようだ

954 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:35:52 ID:???
>>946
まあそれまでにない開放感や躍動感に満ち溢れた時代だからねえ。
最近幕末・明治期の歴史書や小説が地味に注目を集めているのも、現状の
ありとあらゆる所に広がる閉塞感・手詰まり意識を何とかして吹き飛ばしたい・・・
という思いが少なからずあるんだろう。
やっぱり日本は島国だな。

英国病時代、同じ島国のイギリスはロックミュージックが盛んになったり前衛的な
芸術・社会学が勃興して後々のクール・ブリタニアに繋がったが、今の日本だと
どこにその手のパワーが行き着くのか関心がある。
・・・ひょっとしてメイド喫茶やアニメ&漫画?


>>952
文化的には「愛知」で括るより、やっぱり「尾張・名古屋」と「三河」で分けたほうがいいと思う。
同じ愛知出身でも、信長秀吉一派と家康一派では明らかに考え方や行動パターンが正反対。

955 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:44:07 ID:???
>>951-952
そうか、そんなに違うのか。
俺自身は尾張と三河の合いの子で、
境川周辺で生まれ育ったからごっちゃになってたみたいだw
そこまで歴史的な経緯は知らなかったよ。
確かに名古屋の学校に通ってる時はぬるかったな。

三河ってすごいんだな。
尾張を落とし、江戸を落とし。
一時期はジャパンアズナンバーワンとか言われてたしな。

956 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 13:56:01 ID:???
>>955
いや、合いの子の意見も貴重だよw

江戸時代の封建制度は三河人が作り、それが日本中のDNAに染み込んじゃったんだから、
日本人のメンタルを牛耳っているというのは、間違いじゃあるまい

957 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 14:02:46 ID:???
>>955-956
俺は矢作川のほとりで生まれ育ったよ(家康の地元西三河)。

まあ日本人のメンタリティに、少なからず江戸時代、ひいては
その江戸時代を築いた家康をはじめ三河人の影響が大きいのは
間違いないと思う。

個人的には、今求められているのは博多人的な反骨精神とか広島人的な粘り強さ、
近江人的な機知の鋭さあたりかな・・・って思う。

958 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 14:13:37 ID:???
問題は、徳川300年の間にDNAに染み込んだ、
百姓根性と序列意識の強さだろう

959 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 16:19:39 ID:???
>>958
ルイセンコ学説は否定されてるので
後天的な形質がDNAに刻まれるってのは比喩ですけどね。

960 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 17:03:22 ID:???
>>939
それは情報も知恵も発達してなかった時代なりの
一種のコミュニケーションゲームの名残なんだろうね。
具体的に意味があるのではなく、そのような決め事に従い
家族で「よかったよかった〜安心じゃよ〜」と思い出したように
盛り上がるためのネタ。祭りとかお祝い事とかも、地域や家族の
維持・ガス抜き・話題として機能する。神道だか何かが裏にあれば
遠まわしでは国家へ繋がる感じ、天皇崇拝なども維持される。
そんなのムダ、ただの迷信、意味ないよ、共有する話題(ネタ)もなく…
家族や地域は簡単に破綻しちゃうんだ。だからあえてネタに意味を持たせる。

961 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 17:47:29 ID:???
>>940
週間現代情けないね。
結局は若者たたきに焦点をあわせ、ネオコン路線。
終わってるな。叩いたりボタン押せばなにかが出てくると思ってる。

962 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 17:52:04 ID:???
社会学の初歩に「交換」の話がある。
南洋諸島のある国で「すごい宝物」が村から村へと運ばれる行事があった。
でもその宝物に価値があるわけではなく、その行事で村人同士の緊密感や
隣村との経済関係がうまく維持されることが真の価値だった。
交換する行為が価値を生むわけで、逆ではないよってオハナシ。

武家で他国から嫁をもらう価値は縁戚関係で、嫁自身ではない。
環境問題は虚構ネタだけど、排出権売買やエコ製品は有効需要を生み出す。
女はコトバ、情報のコミュニケートの関係の価値に気付いている。
最終的に人と心を癒しうるのは、物金より関係だと悟っているから>無縁社会。

963 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 18:00:25 ID:???
で、こういうヤリトリ、コミュニケーションの伝統を
そんなの本質的ないーみ、なーい、じゃーんと小利口に述べたのが
たとえば前期・村上春樹作品だと思うんだよね。
デタッチメント、人間関係の拒絶、自分自身や社会への無関心。

でもそれが都市部中心に蔓延した今となってはもはや古い。
古いどころか有害ですらあることが実感的に証明されつつある。
こういう状況で、思想を転向した彼の本が売れることに興味があるね。

964 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 18:05:44 ID:???
知ったかの無知め
大名間における婚姻関係とは『友好』では無く『人質』として『人身御供』として差し出された『物』だ
直、藩士の婚姻に到っては基本『同藩内』が原則
何故なら他藩人と身内になれば『情』『身内』問題で問題が起こる可能性がある
それでも中には他藩の者と婚姻を遂げた者達もいる
極限られた理由で婚姻を許された極僅かな者達と『脱藩』して駆け落ちした者達だ


965 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 18:11:52 ID:???
だからさ、要点は「交換」だってのを読んでくださいよw
具体例をおおざっぱに一行ずつ3連荘してる文脈なんだから。
スグサマ否定的にコミュニケーションを切断にかかるのは変なんですよ。
ま、実際にどんな人格してるのかは窺い知れないけど
コミュニケーションはおそらく相当下手なんじゃないですか?

966 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 18:56:16 ID:???
読み干すに値する文章か?
無駄で無意味な文筆と的を得ない文章力
長々と意味の無い羅刹から受け取れだと?
論説に欠けた無教養さと構文能力に欠いた思考を露実の物語っているよな
『猿』と『人間』は対等ではないのだよ
明かに劣った『猿』とcultural exchangeを取る趣味は無いな

967 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:15:43 ID:???
これはそうとうヒドイw

968 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:18:13 ID:???
■2ch 検索 電通
http://find.2ch.net/?STR=%C5%C5%C4%CC

「AKBに電通が絡んでる」ではなく「AKBの正体が電通」な件
電通が韓流ブームを捏造
【電通TBS】ピットクルー(株)【プロ工作員】
電通の「韓国ブーム捏造」の奥に潜む本当の怖さ
電通や博報堂はなぜメディアの取材を受けないの?
電通は反日企業
大本営GHQの後継者】電通【広告は宗教の孫
電通は反日広告代理店
【電通】韓国に広告枠購入会社設立[12/22]
犯罪組織としての電通
(株)電通は六代目山口組の企業舎弟

969 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:21:32 ID:???
まじで、労働は美徳の考えはなんとかなんないかなぁ。
俺フリーターなんだけど、今時珍しく自由を求めてという本来的な意味でこの方向を選んだ。
まあ覚悟はしちゃいたが、案の定周囲から全く理解してもらえないw

ニート・フリーター問題も、なぜか全て正社員化することで解決するように言われてるけど、
俺に言わせてみればそれはない。
だって俺のような変人フリーター含め、ニートとか、根本的に働きたくないやつらなんだから。

だから、パートタイム労働者の待遇を他先進国並みに引き上げて、
「短時間労働でも、まあ贅沢はできないけど暮らせまっせ」なライフスタイルを解放すれば、
彼らの社会参加が容易になるし、暇が増えるんだったら当然芸能・芸術が発展して、
劇的に世の中明るくなるんじゃないかと思う。

でも、できない。
なぜなら労働は美徳で、暇は不道徳だから。
ほんと、食うに困らない先進国なのに、もったいない話だと思うよ。

970 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:24:09 ID:???
>>966
2ちゃんねるで書き込んでる時点で同等なんですよ。同じ猿です。
ムリに気取ってないで>>962>>963を真正面から批判したらいいんです。
それができないから、揚げ足取りとブチキレを書きなぐることになる。

971 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:34:55 ID:???
>>969
ここに1000万あるとして
暇が美徳のお前に 給与を200万。労働が美徳の仕事バカに 給与を800万。
これで社会はやっていけるはずなんだがな、

だめだだめだ!均等に500万ずつだ!っていってたのが世界一成功した社会主義国の日本という国

だめだだめだ!均等に300万ずつだ!残りの400万は俺がもらっといてやるよwwwwwwwあ、でも仕事量は昔の倍なwwwwww
とかいうのが今の日本。


972 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 19:43:47 ID:???
その例なら最低限の保障200万。あとは仕事量に比例してプラスするってのが良さそう。
贅沢できなくても働きたくないって奴は200万のまま。
普通でいいって奴は少し働いて400万。
ちょっと遊びたい、良い暮らししたい、ちょっと見栄を張りたいって奴はそこそこ働いて600万。
暇など要らない。稼げるだけ稼ぎたいって奴は800万。
みたいな感じで。

973 :969:2010/02/03(水) 19:53:52 ID:???
>>971
200万もくれるのか。頑張れば2年持つなw

最後の例、400万持ってくやつは論外として、
300万もらったって俺は200万しかいらない訳だから、100万余る。
逆に、400万欲しかったやつは100万足りない。

俺は100万を無駄なことに使う。もしくは使い道がなくて貯金する。
400万のやつは全額使う。かと思いきや、貯金する。
なぜなら、100万足りないのを埋めようとして、100万円分手元に置こうとする心理が働くから。

よって、約200万円分の現金が貯蓄にまわされ、経済活動は停滞する、と。
こんな風に考えてみたんですけどいかがでしょう?

974 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 20:26:35 ID:1hC60AYo
・個人主義じゃなくて家族主義
・論理より情感
・学校至上主義
・腰の軽いレッテル貼り

【社会】 「学校行くのが嫌なら、一緒に死のうか」 祖父、学校休みがちな中3孫に空砲の銃突きつけ→孫が通報→殺人未遂で逮捕…兵庫★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1265155062/

このスレに行くと気分悪くなるほどにまざまざと見せつけられる。

975 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 21:56:00 ID:wDAjK4na
>>961
政治的経済的社会的苦境に対するガス抜きとして
「俗流若者論」が永らくその役目を果たしてもきたんだよな。

つか今日のこのスレ、「愛知県人会」と化していて面白すぎwww


976 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 22:25:14 ID:???
さっきテレビをつけたら、ハイチ地震の救援で「We Are The World」が新しく収録された・・・
というニュースをやってた(観たのは途中からだったけど)。
何と言うか、日本だったらあの手のはすぐ「キレイゴトww」「偽善ww」とコケにされてばかり
だけど、ああいう運動を素直に集まってできるアメリカという国が、少し何気にうらやましいと
思った。
まぁアメリカにだって↑のような意見の持ち主は少なくないだろうし、過去にやらかしたことを
考えるととても好感の持てる国とは言えないけど。

977 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 22:45:19 ID:???
ひとつの視点として、その国の権力者、俳優による演出イメージと
中間層以下のふつうの人々を区別しないといけないと思う。

アメリカにしても中国にしても韓国にしても。

978 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 23:44:24 ID:???
やる偽善よりやらない偽善。
やらないどころか助けようとしてるやつの足ひっぱるようなどこぞの民族よりはよっぽどマシ

たとえその行為が利権や発言力の増大を狙うような裏の意図があったとしてもね。

979 :名無しさんの主張:2010/02/03(水) 23:46:17 ID:???
というか、アメリカでは偽善は金持ちの義務。
ポーズでも見せておかないと嫉妬した貧乏人を敵に回すことになる

980 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 00:01:47 ID:???
馬の耳に念仏
日本人に理論

981 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 01:05:56 ID:???
>>940>>961>>975
昔の現代は新潮や文春とかと違って、出版社系の中では割とリベラル志向で、俺も一目
置いてたのに、何ともまぁねぇ・・・。
まぁ日刊の方も、時々この手の保守的というか俗流若者論臭い記事が見受けられるけど
(そんなに買わないんでよく分からん)。

この手の俗流若者論って、思想の左右はあまり関係ないんだろうな・・・という気がする。
有名人でも一般人でも、「反戦平和」「反差別」「反自民」などと唱えた同じ口で「全く今の若い
連中は」とか言い出す人って結構少なくなくて、俺も何度か「ああ、結局この人もこうなのか・・・」
などと幻滅してきたし。
案外こういうところに左派が支持を失ったり、ネトウヨなんかの台頭を招いてしまった原因が
あるのかなぁ・・・などとチラホラ思う。

982 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 02:24:43 ID:V6f/weV0
中国共産党驚愕の知られてはいけない真実
http://www.youtube.com/watch?v=hTKNENM2WoQ
http://www.youtube.com/watch?v=DVoId7oRMWc
http://www.youtube.com/watch?v=Ch7Xdm5isS4
http://www.youtube.com/watch?v=PLABnHbNqX4

民主党が勝ったら下記リンクのような世界になる (戦後日本内戦の史実)
http://www.youtube.com/watch?v=yirYWYqxGBk

983 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 04:19:00 ID:???
>日本人だけど、日本のここが嫌い
小沢・亀井


984 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 11:16:45 ID:???
>>972
そういうのがいいな

985 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 11:18:44 ID:???
次スレは誰が立てるんですか? >>990

986 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 11:33:46 ID:???
暗黙の了解では>>980が立てると決めてる板やスレが多いけどね
昔は950だったけど

987 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 15:48:12 ID:???
>>980はもう過ぎちゃったので、今回は
>>990が立てることにしよう

で、次のテンプレに>>980が次スレ立てることを明記すればいい

988 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 21:57:54 ID:rt7YRrmC
>>948
安倍、山谷をはじめとした自民党清和会ウヨ文教族は
野党に転落しても教育政策においてやけに自信満々だねえ。
児童生徒に対して「厳しく指導してくれる」ことを望む国民が
近い将来自分たちを見直してくれると思っているらしい。

989 :名無しさんの主張:2010/02/04(木) 23:25:22 ID:???
>>979
エサさえやっとけば暴動は起こさないだろうってことだな。
エサもやらないのにしっぽふるようなお人よしの集まりだから、日本人は損ばっかりしてるのかもな。

990 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 01:04:32 ID:???
日本人はもやはゴミだな。

991 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 02:31:33 ID:???
頼みの製造業がやばくなったら日本は日本でなくなる。


992 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 07:04:04 ID:???
>>990
次スレ立てたか、立てられなかったか報告しろ

993 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 09:15:52 ID:???
>>955
三河武士ってろくなもんじゃないな
嫌いになったわ

994 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 10:55:13 ID:???
>>990は、ただ自分の憤まんを吐き捨てに来ただけで、
スレのことなんて考えていないらしいな

俺が次スレ立てに行ってみようか

995 :994:2010/02/05(金) 11:06:58 ID:???
すまん↓だった 誰か次スレ立てお願いします
  
ERROR:新このホストでは、しばらくスレッドが立てられません。
またの機会にどうぞ。。。

996 :994:2010/02/05(金) 11:13:32 ID:???
良かったらテンプレ、コピペして使ってくれ
(使わなくても構わないが)

      ↓↓↓

日本に生まれ、育ってきた、もしくは、昔は日本に住んでいた人などが
日本のこんな所がいやだ、 嫌いだ、という点について話すスレです。
日本人からみてもおかしいと思う、日本人、日本社会の悪いところを
語ってみましょう。

私? 集団主義で個人を大事にせず組織などを優先するところかな?
組織とかは個人の幸福のためにあるべきで、組織の下に個人が
団子のように固まって仕えている日本はおかしいと思う。
周りの雰囲気に合わせて固まっていて、自分の意見を言う人を
村八分にするところもイヤだな。
 もっと自分の本当の意見を一人一人が言えるようでなければ
ダメだと思う。目上、目下とかの上下関係もいらないね。
もっと平等、フラット、フランクでオープンになるべきだよね。

前スレ
●日本人だけど、日本のここが嫌い●18ヶ所目
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1263033355/

 ※ >>980が、責任をもって次スレを立てること。
   立てられない場合は、その旨を申告すること。
   次スレ立った報告が来るまでは、スレ消費を控えること。

997 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 11:28:29 ID:???
じゃあ俺が立ててみるよ。

998 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 11:30:51 ID:???
ダメだ無理だった・・・・・誰か後を頼む・・・・・

999 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 13:23:41 ID:ECT5MuzZ
立てられたぜ。

●日本人だけど、日本のここが嫌い●19ヶ所目
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1265343675/

いつも通りなテンプレで。
補足あれば>>2以降でよろ

1000 :名無しさんの主張:2010/02/05(金) 13:29:56 ID:???
>>999
以降は次スレで。

そして1000Getで糞政治屋&ブラック企業&税金泥棒公務員粉砕実現

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

449 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)