5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●日本人だけど、日本のここが嫌い●15ヶ所目

1 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 20:33:29 ID:???
日本に生まれ、育ってきた、もしくは、昔は日本に住んでいた人などが
日本のこんな所がいやだ、 嫌いだ、という点について話すスレです。
日本人からみてもおかしいと思う、日本人、日本社会の悪いところを
語ってみましょう。

私? 集団主義で個人を大事にせず組織などを優先するところかな?
組織とかは個人の幸福のためにあるべきで、組織の下に個人が
団子のように固まって仕えている日本はおかしいと思う。
周りの雰囲気に合わせて固まっていて、自分の意見を言う人を
村八分にするところもイヤだな。
 もっと自分の本当の意見を一人一人が言えるようでなければ
ダメだと思う。目上、目下とかの上下関係もいらないね。
もっと平等、フラット、フランクでオープンになるべきだよね。



2 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 20:34:16 ID:???
前スレ
●日本人だけど、日本のここが嫌い●14ヶ所目
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1255310073/


3 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 20:40:12 ID:2b4gwUMM
1乙華麗様☆

4 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 20:50:53 ID:???
1乙。

ガイドラインとして、このサイトをテンプレにしてもいいかなと思った↓
社会、世評@2chまとめブログ
http://konzyou.blogspot.com/

社会世評板とは言ってるが、ほとんどがこのスレ含む日本人論のログまとめ

5 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 21:09:23 ID:g99GbhxU
もう一度議論を煮詰めようよ。義務教育の悪玉論。義務教育自体が、もとが
軍隊の前段階の過程になっているため、国民はこれによって、本来身に着けて
いる国際性とか、創造性をそがれてしまう。外国人ともまっとうに交際すら
いや会話すらしり込みする惨めさは、将来の日本外交にも大きな足枷となって
帰ってくる。義務教育こそが、日本を再度軍国主義にも似たような危険な
方向への牽引車だ。

6 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 21:17:03 ID:2b4gwUMM
まあ教育と会社ってほとんど同じ雰囲気だけど
とにかく日本人って穴倉的な生活してないか?
女だけ消費のために甘やかしてマスコミ洗脳かけてるけど

7 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 21:19:06 ID:2b4gwUMM
日本では社会そのものがいじめな気がする 社会=いじめ
普通に人間として振舞うことはなぜか許されない
とことんロボットとしての行動リズムというかスピードを要求される

8 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:03:48 ID:???
社会になんとも言えない閉塞感がある。新自由主義はこのスレでは批判されている
ようだが、ある意味、日本的な閉塞感を打ち破ろうとして導入された面もあると思う。
結果はあれだが……

中韓と違って、もう追い上げる時期は過ぎてしまいって停滞期に入りそこからの脱出方法が
見えない。アメリカンドリームのような国全体で共有出来る夢は作れず、だからといって欧州
のように福祉が充実しているわけでもない。
一体なんなんだろうな、これは。

9 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:04:38 ID:???
「しまいって」ってなんだw 「しまって」だw

10 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:12:20 ID:???
一度チップを埋め込まれたら、もう人間には戻れないのかも知れないね。
埋め込みを拒否した人間はサイボーグに殺される。
まさに21世紀。

11 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:13:47 ID:2b4gwUMM
>>8
>一体なんなんだろうな、これは。

まさにこれだな。
たしかに米も欧もそれぞれに歴史に裏付けられた武器がある
日本はいまのところ・・・ない
なぜだ?と思うが地球的規模の危機に直面してる今
日本が最初にブレイクスルーしろ、という風に捉えるしかない

12 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:19:50 ID:SF76jsBL
やっぱり歴史だな、革命成功したことないし。

13 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 22:53:22 ID:???
閉塞感なんて甘ったれの言うこと。日本の輸出産業の優位性が落ちてきて昔の貧乏国に戻りつつあるというだけ。

昔の栄光を捨てきれず身を粉にして働らかなければ食えないということが理解できないのだ。

14 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:01:49 ID:SF76jsBL
栄光なんて見たことも感じたこともないから捨てることも出来ません。
いつだって不景気でした。

15 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:03:08 ID:???
あら、
「実は日本って国自体がブラックなんじゃね」スレ
からのお客さんだね。
この人は半年以上こういう煽りを続けてるいわゆる荒らし。
構うと損するよ。
まあ、このスレの住人はこんな低俗な書き込みに釣られない思うが

16 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:03:44 ID:???
>>12
明治維新は革命の内に入らないんだろうな、やっぱりw
閉塞感を打破したいという気持ちが、かつての小泉改革支持や、現在の民主党支持に
人々を走らせたが。あんまり芳しくないような気がするw
やはり、前スレでも言われていたとおり、教育の問題かね。

17 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:04:41 ID:???
カンフー映画の吹き替えかよw
釣られないと思うが

18 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:07:06 ID:SF76jsBL
明治維新って、頭は変わってないよな。

19 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/18(水) 23:11:27 ID:zfKkVk5B
前スレ>>995
俺が大嫌いで大嫌いで仕方ない義家某をはじめ
「俗流若者論」を支持するすべての連中に
↓の映像でも見てからご高説垂れてくれと思う。

合唱・「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」
http://www.youtube.com/watch?v=C5ceI4uvNlQ&feature=related

20 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:13:22 ID:???
日本人はもっと働かなければいけない。基準労働月250時間は当然だろう。

21 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:14:13 ID:???
え・・・それってポップ歌手のアンジェラさんの曲ですか

22 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:18:28 ID:???
転職板に飽き足らず今度は社会・世評板にも進出か・・・・・ホント暇な奴だな浜松の糞ガキは。

23 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:19:28 ID:???
教育が原因なのは間違いないが、その教育を原因にしているさらに原因がある。
それは日本の統治機構そのもの。
それは政府なのか官僚なのかアメリカなのか、もしかしたら文化的ななにかなのかか。
だとすればそれはいつの時代から始まったものなのか。
まず国の成り立ちと、憲法を疑わねばならない。

だから日本にいる以上、情報が何もない。
すべては、日本という国のアイデンティティの問題なんだよ。
もちろん、それを安易にナショナリズムで解決しようとする態度は論外だ。

>>19
いい歌だね

24 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:33:40 ID:SF76jsBL
>>19
いい歌なんだけど、歌はいいんだけど、
映像で学生の手拍子があまりに統制が取れているから
気味が悪い、不気味な感じがする。
個人的に気持ちが悪いと思ってしまった。

25 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/18(水) 23:39:12 ID:pDDpwAtc
日本社会の本質は、国民に高度な期待をかけ過ぎていること。

モラルに対して異常に厳しい社会は、人間に対する理解力の不足を示している。

日本は抑圧社会だから、自殺率も高い。

日本人は臆病者の集まりなので、高リスクを異常に嫌い、個人が未経験の分野に挑戦する
ことを阻もうとする。

「お前には無理だ」「自分がわかっていない」「失敗したらどうする」

日本はこんなことばかり言っている臆病者ばかりの社会だから、起業家も育たないし、
新しいビジネスも生まれない。

そして、歳をとると、40歳代ぐらいで頭脳的・体力的に十分可能なことであっても、社会が挑戦を
認めないようになる。

26 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/18(水) 23:39:44 ID:zfKkVk5B
>>24
統制が取れているから気味が悪い、不気味な感じがする、か…
俺が生まれてから小学校3年までいた町で小学校の運動会で必ず踊られていた
「若い力」を不意に思い出したよw
(さあ、俺の生まれ故郷はどこでしょう?)


27 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:41:36 ID:???
外国人が日本人を見て和む瞬間が多数挙げられる
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1258550472/


日本人は精神的に追い詰められてる気がするんだが大丈夫か?



28 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:43:22 ID:???
>>24
合唱って、強制じゃなくて自分たちに「歌いたい!」ってモチベーションがあるとすごく良くなるのよ。
経験あるかも知れないけど。
気持ち悪いってかパワーを生むから怖さは感じるかもね。
しかし、人種差別問題の時の黒人のデモなんかは、一種の合唱よ。
キング牧師はソロパートって感じ

29 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:45:41 ID:SF76jsBL
>>26
もう一回見たらそうでもなかったです。
すみません

30 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:50:38 ID:SF76jsBL
数百の人間が同じ制服を着て同じことをしているから、
びびって気味が悪く見えたんだと思います。

31 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:50:43 ID:???
そんな良い曲と思わない自分は完全に話題に乗り遅れた

32 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:53:17 ID:???
日本人の内側「だけ」に原因を求めるのもおかしいと思うけど。

たとえば日本人の自信を根本的に砕き操作したのはGHQの情報戦略だよ。
ウォーギルト・インフォーメーション・プログラム。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

また早稲田大学メディア論教授の有馬哲夫氏はいかに
CIAが日本のメディアと原発に関与してきたかを
米国議会図書館の一次資料できちんと裏付けている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E9%A6%AC%E5%93%B2%E5%A4%AB%E6%9C%9B%E6%9B%B8

33 :名無しさんの主張:2009/11/18(水) 23:55:12 ID:SF76jsBL
>>25
そのモラルの基準がとっくに死んだ人間のその人間の常識で作ったものだから
現状とかみ合わないんだよ。

34 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/18(水) 23:56:12 ID:zfKkVk5B
>>30
まさにそこから始めなきゃいけない問題だよね、教育の問題って。


35 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:01:08 ID:???
日本の根幹を左右する法案の多くが米国から来てる。
しかもその事実を主要メディアが見事にスルーしている。
また米国の「下請け」「スパイ」をやってる連中も大勢いるわけだ。

日本の現在を考えるためには敗戦と米国の圧力まで視野に入れるのが当然。
そこを問わずして「日本人は〜」などと言っても何の説得力もない。

 年次改革要望書
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81

1997年 独占禁止法改正・持株会社の解禁
1998年 大規模小売店舗法廃止、大規模小売店舗立地法成立(平成12年(2000年)施行)、建築基準法改正
1999年 労働者派遣法の改正、人材派遣の自由化
2002年 健康保険において本人3割負担を導入
2003年 郵政事業庁廃止、日本郵政公社成立
2004年 法科大学院の設置と司法試験制度変更
2005年 日本道路公団解散、分割民営化、新会社法成立
2007年 新会社法の中の三角合併制度が施行

これを指摘するのは共産党の赤旗だよ。あとは真性右翼の論客。
右も左も指摘しているのだから、イデオロギーの対立を超えた 事 実 だ。

36 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:05:29 ID:???
【教育か】大学教員専用スレ【研究か】18限
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/edu/1254395148/


37 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:11:09 ID:???
>>35
ダメだ…敵が強すぎる
気づいた人から順に本土(北アメリカ連邦)に脱出した方が賢明かもな

ただ、突っぱねて、「ゴメン俺ら小さな島国に戻るわ」って言えば意外とすんなり行くのかも
冷戦も終わったし、経済的には中国が台頭してきて日本に拘る意味もなくなってきたしな

38 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:13:45 ID:w82ibVgq
同じ服が問題ではない。わけがわからない坊主のお経を中心とする葬儀に、
意義や意味、疑問、本質をはっきりさせることもなく、周囲への同調圧力や
強迫感から形だけ合わせていることが、法事ごと以外のあらゆる場面でも
日常茶飯事になっていることが問題。
島国風土の村八分恐怖感を醸成し、保身的な欺瞞と体裁が幅を利かせて、
自滅街道を走っている。それの自覚と克服には果たして何が必要なのか。

39 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:33:00 ID:???
わけがわからないってのは重要かもね。
なんでもかんでも断片的でどこにつながってるかわからない。人も物も事も。
昔はある種の手応えとか感触みたいなものがあったのかもしれないけど今はホントに形だけ。
日本人は日本人としてのしっかりした生き方の原理、宗教観ももってなくて流されやすいからもうほんとぺらっぺら。
アメリカ的でもない。日本的でもない。ここはどこなんだろう?

40 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 00:41:58 ID:0VxbXxy2
>>39
キリスト教世界が政教分離を果たし、欧米になんちゃってクリスチャン、あるいは無宗教
、無神論、ニューエイジが非常に増えつつある。

だから日本人が無宗教というのは、ある意味誇れることだと俺は思うね。

で、日本人は拝金主義になってしまったわけだけど、その拝金主義や経済成長至上主義
を捨てて、悦楽至上主義の社会にさえなれば真の人間的な社会に近付くだろう。

日本人は無宗教の探究者、哲学の放浪者であることを誇りとするべきですよ。

世界は日本人が考えているほど進んでいるものです。

41 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:43:04 ID:???
>>39
男の価値観には、宗教も哲学も文化も思想も必要だ。
だが女の価値観には、シュウキョウもテツガクもシソウもない。
わけがわからなくても流れに身を任せてラクであればいい。
自然主義、受身、無抵抗、無能。
日本はそういう女性的な原理を選んでる国なのさ。

42 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:44:53 ID:???
>>41
女をうまく扱えないのも問題だと思うけどね


43 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 00:48:07 ID:???
>>39
そのわけがわからない感じを、社会学者の宮台真司は社会の底が抜けた状態と表現してるね。
まさに現代日本のホットトピックス。
でもそこから先は、各自が考えるしかないみたい…

44 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 05:02:45 ID:???
何と言うか2chやネットの中でも外の世界でも、「虎の威を借るキツネ」みたいな連中ばかり
増えたなぁ・・・という気はするな。
まぁ、昔でもこんなものだったろうけど。
それでいて、ひとかどの人であっても、あまり権威を振り回さず上から目線でない人に対しては
露骨に小バカにしてかかったりね・・・。

45 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 06:05:31 ID:eVEXOayy
明治維新をやり直せばいいだろう
アメリカはやめてどの欧州国を参考にするのかはっきりすべし

46 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 07:44:00 ID:36ixQoAS
>>45
オランダですね。

日本は『蘭学』といってオランダから科学技術や医療を取り入れていました。

社会もオランダをそのまま模倣していればよかったのです。



47 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 08:29:21 ID:???
石原都知事「年越し派遣村の求職者は就職世話しても嫌だ嫌だ、生活保護の方が楽だ、そういう価値観」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1258547154/

日本は変えられないな

48 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 09:08:43 ID:Zn9pa/yD
日本の女の頭の中は

お金 28%
イケメン 21%
ファッション 25%
セックス 26%

49 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 09:19:45 ID:36ixQoAS
>>47
石原に派遣村民を批判する資格ない。
石原はブラジルのスラムにでも行け。

石原を支持している都民は死ね


50 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 10:10:08 ID:???
FM横浜DJ「WBCは韓国を応援」
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1237473998/

51 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 10:10:27 ID:???
今の日本って人間の成長期でいう青年期みたいなもんじゃない?!
こどものように無自覚に何かを信じれる時代はもう過ぎたが、自立した大人にはまだなれない。
自意識と試行錯誤の青年時代。

52 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 10:12:38 ID:w82ibVgq
性欲等の欲望が強い西洋人の猿真似は、最悪の選択だと思うがな。
欲望を前面に出して日本人が破壊されたのだ。都合が悪い、
臭いもの、めんどうなものには蓋。
めんどうで苦しい思考は避けて、手っ取り早く金で済ます。
そして臆病な拝金信者になった。
全員が消毒されてしかるべきだが、それは起こらない。
天罰でのゴミ一掃はなさそうだから、毒汚染の人間の知恵で自浄化し、
自力蘇生しないといけない、そのような流れだよ。

53 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 10:38:46 ID:36ixQoAS
>>52
僕は普通の西洋人より性欲が強いですけど、こういう場合はどうすればいいの?

54 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 12:29:59 ID:w82ibVgq
>>53
金は天下のまわりものとして、そちらの産業の経済貢献を正々堂々と
したほうがいい。

55 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 12:38:54 ID:???
問題なのは、日本は官僚制で全体主義の国なのに、プロパガンダによって国民に個人主義の国だと思いこませているところ。
これは、北朝鮮が国名に民主主義共和国と掲げ、国民に世界一平和で自由な国だと洗脳するのと同じ構造。

さらに、個人主義は悪であるという道徳も埋め込んであるため、
マスメディアは何か問題が起こると個人主義が行き過ぎたせいだと喧伝する。
(個人主義は包括的な概念なので多いとか少ないという解釈はありえないのだが…)
結果、官僚制は責任を免れ改善できないまま維持される。

また、官僚という役職者や組織には批判は行くが官僚制そのものには行かない。
政治主導の官僚制も十分ありえ、それはナチズムと呼ばれる。

これが日本人の閉塞感の原因です。
羽をもがれてるのに飛べると信じ込まされてるから。

56 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 12:41:26 ID:???
「自分らしく」「自分の考え」といったときの「自分」ってのがわからない。
他者に同調することがルールの日本に「自分」なんて概念が受け入れられるはずがない。
それでも世間は自立しろ!自分をもて!という。
これも世界、取り分けアメリカの力。

57 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 12:45:30 ID:8+bvuuYm
ダブルバインドだな。
ダブルバインドは統合失調症の原因になるって聞いたけど。

58 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:10:40 ID:???
皆さんのおっしゃるまさにその矛盾性、二重拘束が日本の本質。
聖徳太子の神道を守りつつ仏教をも受容した融和政策は酷い矛盾。
土地の所有者と年貢の取立権利者が異なる中世の二重システム。
太平洋戦争の責任、天皇責任があるのかどうかを曖昧に放置。
儒教的な管理教育は奴隷育成プログラムなのに個性が大切と連呼。
官僚統制&談合の社会主義なのに都合のいいとこだけ自由競争の論理。
嘘嘘嘘、嘘だらけの偽装国家ですよ日本は。

まあアメリカよりはずっとマシかも知れませんが。

59 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:22:32 ID:???
>>56
そこをわからない段階で就職活動で「自己分析をしろ」って言われてもねえ

60 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:39:29 ID:???
就活やったやつはリクルートのおかしさ(キチガイさ)に気づかないとおかしい。

またグルメサイト作ったらしくて山手線車両使っての宣伝・・・

で、俳優の食べ方がきたねーんだよ
家や学校でマナー教えてもあんな汚い食べ方を真似するやつが出てくるんだからほんと
終わってるわ。
日本は金儲けする企業が一番偉くて倫理とか道徳が弱すぎる

食に関してはイギリスに似てきてしまってるし

61 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:40:44 ID:EnE4kb7X
日本でそれなら、アメリカはどんな人外魔境なんだよ。

62 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:42:45 ID:n04nF6i5
食のイギリス化、か。。危険すぐる

63 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 16:54:04 ID:???
>>60
甘えるなよ。企業が金を儲けなければ社員に給料を払えないだろう。

64 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 17:06:28 ID:36ixQoAS
>>63
企業を国営化して、さらに利益を上げるためには出稼ぎ移民を安く使えばいいでしょ。



65 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:08:04 ID:???
>>63

出たw就活=歳若いって判断しての上から目線か?

66 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:16:33 ID:???
>>64
ダメだ。国営化は世界中で失敗の連続。人間は本質的に怠ける動物だ。

67 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:21:00 ID:OVeJlIKp
>>63
こらこら、甘えた時間に2ちゃんやってる場合じゃないだろう

68 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:22:16 ID:???
>>67
こらこら人を簡単に判断してはいかん。

69 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:22:48 ID:???
>>63
2ちゃんねるは甘え。

70 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:26:12 ID:???
>>60
そもそもリクルートって汚職やってんだよな。
なんでそんなブラックが今でも就職人気ランキングに載ってんだか。
日本は自浄能力がマジでない。
いつの間にか世の中真っ黒だ。

71 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:34:06 ID:???
基本的に競争のない社会のほうが日本人にあってるきがする。
闘争本能の少ない人が多いし。

72 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:37:53 ID:UtK5rNxy
競争は降りることが出来ない。

73 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:38:04 ID:MZobsiPF
>>71
相見積もり競合がダンピングの価格競争をさせる要因なのだけどな。
競争がないと技術革新(製品技術の向上)がみこめません。

74 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:41:18 ID:???
>>71
競争するときに「はい、全員で競争しますよ、良いですか!」ってなるのを辞めてほしい。

したいやつだけしてれば良い

75 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 17:44:24 ID:YizOoy1M
義務教育がおかしいんだよ。このまま続けていくと百害あって一利なしだ。
ニートやフリーターをみろよ。どうしてこのご大層な義務教育を終えて
仕事が見つからないんだよ。こういうのを見たっていかに義務教育が機能
していないかわかるだろう。


76 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/19(木) 17:49:09 ID:36ixQoAS
『子供たちよ、競争しろと言われたら、あえて逆走するような子供になれ。

そして四方八方バラバラに好き勝手に走り出そう。

森の中で三叉路に出会ったら、あえて遠回りの道を選ぼうではないか

今を生きろ。sEiZe tHe dAy!』




77 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:03:29 ID:???
>>76
労働と納税の義務を忌避するなら権利も放棄しろよ。

78 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:06:00 ID:UtK5rNxy
それが国民の義務なら、国の義務はどこかな?。

79 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:12:58 ID:???
競争させて稼いだ金でモノをしこたま買わせるのが今までのやり方。
それに国民も乗せられてきたが、これからはどうなることやら

80 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:20:58 ID:???
起業家や経営者のお役に立ちなさいみたいな信仰があるところ。
言ってみりゃカルトだよ。経営者と教祖、単語が入れ替わってるだけ。
日本人は資本家やハゲタカを喜ばせるために存在してるんじゃないんだよ。

81 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:24:26 ID:???
>競争しろと言われたら、あえて逆走する

面白いな
誰も裸の王様の命令をきかない世界、となると
本物のリーダーが自然選択的に見つかるんじゃないか?

82 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:30:08 ID:???
日本を批判的、あるいは肯定的に考えられる人はいいが。
なにも考えてなくて流されるだけのやつが1番嫌い。
そしてこの国にはそんな人たちが幅をきかしている。

83 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:33:49 ID:CJ0A1tao
>競争しろと言われたら、あえて逆走する

面白いな
これからの標語だな
実はこのスレは受験勉強に必死になる前の子供に読んでほしいな

84 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:35:04 ID:CJ0A1tao
しかしセニョは学歴主義肯定してなかったっけ?矛盾に思えるな。。

85 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:35:39 ID:???
>>82
同意。
流されてるだけなのに大多数の意見だから正しいとやたら自信がある

86 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 18:40:01 ID:???
>>80
誰かが書いてたねぇ。
「新自由主義のせいで個人のエゴが際限なく肯定される社会になってしまったとよく言われるが、
それは新自由主義の一面でしかない。むしろ新自由主義には『組織のために個人はいくらでも
駒にされ使い捨てられ、犠牲になって当然』という側面もあるのに、これを指摘する人があまり
いないのが不思議だ」とね・・・。

87 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 19:06:02 ID:???
>>86
自分もそれ読んだ記憶があるぞ


88 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 19:10:09 ID:???
不登校とか社会問題視されるが逆になぜほとんどのこどもが学校に通うのか?って思うよ。
あんな息苦しいところに詰め込まれて疑問をもたないってどうかしてる。
その話をそのまま社会人にもいえる。
ニートは問題視されるのに毎日満員電車につめこまれロボット労働させられることは疑問視されない。
ニートや不登校者には腐った社会への静なる反逆者として頑張ってほしいと思う。

89 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 19:19:16 ID:???
私は、東京巣鴨にあるディアスというビリヤード場のマスター
の紹介でフィリピン在住の森という人間にXカスタムというキュー
を発注しました。
数ヶ月待って、オーダーと別な物、しかも破損しているキュー
が送られてきたのでその旨を森氏に告げると「返送してくれ」
とのことでフィリピンまでそのまま返送しました。
すると、森氏は連絡を絶ち、行方をくらましてしまいました。
支払済みの10万円近い代金はそのまま返金もされません。

私は紹介元の巣鴨ディアスの渡部というマスターに事情を説明
して森氏と連絡を取ってもらえないかと頼みました。
渡部氏によると「毎日、森さんとはメールのやりとりをしている」
「フィリピンの森さん宛に私が日本から材料を送っている」との
ことだったからです。
しかし、渡部氏は「森の行方は知らない。ご自分でフィリピン
に連絡とったらどうか」と、森氏とは友人だと言っていたのに急に
まるで自分は関係者ではないかのような対応をし始めました。
フィリピンに連絡が取れないから「友人」との触れ込みで森氏を
紹介した渡部氏に尋ねているのにラチが明きません。

そればかりか、渡部氏はこの取り込み詐欺の一件以降、
自分が関与していたからか、私を避けるようになりました。
私の友人でもあるBuddy藤田氏のお弟子さんとの触れ込みで
仕事をしていたので、彼が手がけたキューのリペア等について
問い合わせをすると「私でなくBuddyさんに頼んで下さい。
あなたの依頼はもう受けません」との対応でした。

訴訟準備、疎明資料準備等でフィリピン在住の森氏と
tadao cueおよびディアスの渡部忠雄氏との関係について
資料が欲しい方、また、私同様被害に遭った方は、撞球会
吉本までご連絡下さい。メールのやりとり等すべての情報を
開示いたします。

90 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 19:32:50 ID:GyoKbsYb
日本の自殺率が高いのは仕事に年齢制限があるから
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/job/1243888471/853

853 :名無しさん@引く手あまた:2009/10/27(火) 09:44:22 ID:S6Ed0CnAO
田舎のせいか年寄りが多いのだが、70過ぎても会社のドライバーやってる人ざらにいる。
何というか年輩者が仕事を若者に譲らない。長々と居座ってる。たいてい癇癪持ちだから気に入らないことがあると喚く。
そのくせ、20くらいの娘っ子には甘やかしている。
彼女たちも仕方なしに愛想を振りまく。
なんだかんだ、年寄り主導の町という気がする。


91 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 20:11:25 ID:???
>>88
あなたの推察は正しいと思う。おそらく北朝鮮ほどではないにしても
日本が(プチ)カルト的な社会主義で、敗戦後の情報戦にも負け続け、
何がなんだかサッパリわからない絶望状況なのは疑いがない。

日本で引きこもりに相当する人間は諸外国では犯罪を犯す層なので
その特殊性を肯定的に見直そうという声があがっている。

大都市とくに東京への過密・一極集中は自然な現象ではなく
経済成長を目論む国家官僚の計画どおりだったことが明らかにされている。

92 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:22:56 ID:???
一極集中ゆえに人口密度が凄まじい事になってるし
何かしらの災害やテロが起これば即機能停止に陥るリスクも孕んでるから
首都機能移転でリスクヘッジを図ろうとしたんだろうけど反対勢力がゴネまくってるからなー・・・・・

そーいやアメリカは政治がワシントンD.C.、経済がNYに分散してるし
ドイツはベルリンとボンで首都機能分散させてたような・・・・・

93 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:29:45 ID:???
まだまだ都心に呼ぼうとしてるからな。
あれだけすし詰めなのにまだやるのかって感じだよな。
結局利権のためにそういうことは無視されるんだよ。

東武東上線沿いなんかかふじみ野や若葉の方までベットタウンに仕立てるみたいだぞ?
TJライナーとか走らせてさ
もう良いよって感じだよ

94 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:35:18 ID:eVEXOayy
小田原あたりに首都移転すればどうかな?

95 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:37:06 ID:???
ほんとに。こちら町田だが、このあたりにまだ色濃く残る里山の風景は
もうそっとしておいて欲しい。

96 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:45:45 ID:eVEXOayy
なんでも経済優先にしてかえって循環に支障を
きたしてるのが今の日社会と都市、教育だね

97 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 21:46:36 ID:eVEXOayy
○今の日本社会と都市、教育だね


98 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 22:01:56 ID:vXLfr+iH
遷都といえばサントリー佐治社長の東北熊襲発言

「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど(中略)
東北は 熊 襲 の産地。文化的程度も極めて低い」と述べて不買運動に発展。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E7%86%8A%E8%A5%B2%E7%99%BA%E8%A8%80

99 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 22:04:42 ID:???
もぅ経済の枠組みからは逃れられないのだろうか…
なんでも金のためになるのはやだな…

100 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 22:07:13 ID:eVEXOayy
もうみんなが驚く処にすればいいんじゃない?
那覇遷都
京都遷都
鎌倉遷都
佐渡遷都
伊豆大島遷都
八王子遷都

101 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 22:12:23 ID:???
沖縄はそっとしていてあげてって感じがするw
京都も観光都市だし鎌倉も

八王子とかが良いんじゃね?

それか静岡あたり

102 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 23:13:15 ID:???
大学の就活が宗教みたいで気持ち悪い。
自己PRを捏造してまで会社に媚びを売りたくない。

103 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 23:27:15 ID:UU1VHG7C
それは甘えだ、これだからゆとりは、社会人失格、社会不適合者、
人格異常者、犯罪予備軍、モラトリアム人間、シュガー社員、
と赤の他人から言われます。

104 :名無しさんの主張:2009/11/19(木) 23:42:25 ID:anxFfczS
人が多すぎる

105 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 00:40:34 ID:???
>>102
それが人として普通の思いだ

自分も就活があんな宗教じみたクソな儀式だと知っていたら、
専門学校行ってたよ

文学を勉強したいからって大学行ったのが間違いだった・・・

106 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 01:06:16 ID:???
就活ってある種のイニシエーションなのかもね。
うまく偽装ができるようになるためのね。

107 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 01:09:07 ID:???
就職活動って、モロ「活動」だもんな
なんだよ活動ってw
もうわかりやすく社畜オークションとかでいいだろ

で、そんなことを考えていただろう、ある芸術家の絵をどうしても貼りたい
http://www.tetsuyaishida.jp/gallery/displayimage.php?album=4&pos=0
微グロ注意ね

108 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 01:12:15 ID:5H4BAUo4
日本では真人間はいらないらしいです。

109 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 02:51:31 ID:uEyz6Tg1
小池栄子が、カンブリア宮殿で、就活特集やってた時に個性を見てもらいたいのに、スーツはおかしいって言ってるのを見て、
その通りだと思った。
嘘つきで狡猾な人程評価されるのは残念だなぁ。

110 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 03:25:57 ID:???
>>106
ああ、その通りだな・・・
日本人は勝間でなく勝谷の偽装国家日本を読むべきだよw

111 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 06:08:24 ID:???
格差脱出研究所
http://finalrich.com/

112 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 07:34:07 ID:3T9SE9G7
>>109
そんな見た目で個性を判断するとかおかしいだろ(笑)
内容で勝負しろよ

113 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/20(金) 08:07:43 ID:1Q30/Dns
>>112
日本人の「没個性」ぶりを批判する連中もそれでいいんじゃないのかと思う連中も
「人は見た目が9割」の呪縛に囚われてるのさw

114 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 09:39:10 ID:???
「右翼団体に韓国・朝鮮人が多い理由を聞いてみた」  【在日】
http://yy58.kakiko.com/test/read.cgi/onori/1252143526/

115 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:10:15 ID:???
>>113
個性と言う奴に限って、都合の良い個性とか理想でしか語らず、
自分の理解できない個性(天才肌)を嫌うのがすっごい矛盾に思う。

116 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:14:39 ID:42HT6xhK
日本で個性なんて発揮したらいじめ、いやがらせ、無視、村八分のはじまりです。

117 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:19:30 ID:???
出る杭は打って曲げてペチャンコにする
それが日本の社会

叩かれても潰されない杭になれなんて正論ぶった馬鹿が言ってるけど
潰れるか殺すまでやめないのは言ってる張本人

118 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:21:23 ID:42HT6xhK
日本でいう個性ってなんなんだ、わけがわからん。

119 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:51:46 ID:L2VNt+lH
まあ現状、村社会的未開社会の日本で
個性が要求される、でも発揮すると無視される
つまり個性を持って、政治的に村特徴のない社会をつくれ、
つくってくれ、ということですよ 本人は毒されて無理だから

120 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 13:55:40 ID:42HT6xhK
すごい曲芸だな。

121 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:12:07 ID:L2VNt+lH
個性をつぶしたがる人間って獲物を探してるです
発揮したら精神的につぶして追いつめて、そういう理想社会の
実現の必要性に結果的に気付いてほしい まあ潜在意識的にですが
これに対する対処は、しっかり牽制することです 気づく側を相手に
振り替えるために、逆に相手を巧妙に追いつめるんです 純粋に技術ですね

122 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:17:59 ID:42HT6xhK
要求レベルがべらぼうに高いなー。こっちは一般人やりたいだけなのに。
勇者に試練でも与えてるつもりかよ。

123 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:23:16 ID:L2VNt+lH
まあまだ幸せだということですね
おれはそういう地獄を生きてきたので

124 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:24:12 ID:???
全構成員がまったく同じ思想を持つ集団って普通はカルト以外あり得ない。
つまり日本は国自体がカルト。

125 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:31:20 ID:???
>>119
現実的には異質が交じり合う土壌と年月をかけてはじめて可能かと。
いろんな国からの移民を受け入れて武力や言論でバトり続ければ、
いずれ安定して多様性を認めざるを得ないわけです。
ところが、個性を認める代わりに人種や階級による区別や差別は残る。
北米でもヨーロッパでもそう。移民による都市荒廃と排斥運動が起こる。
どっちがマシかというと…今のほうがマシだと大勢の日本人と政府は
判断するでしょうね。わたしは国がめちゃくちゃになろうとも移民歓迎ですが。

126 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:32:37 ID:42HT6xhK
>>123
おれはID:L2VNt+lHさんのレスの中の人物像に言ってるんだよ。

127 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 14:42:46 ID:???
>>100
遷都なら

松本遷都
岐阜遷都
大津遷都
飛騨高山遷都
甲府遷都
金沢遷都

あたりがいい。

128 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 15:02:53 ID:42HT6xhK
>>125
それだと、今の現役世代じゃ多様性を認める社会は時間的に実現不可能だな。
移民の流入、日本人の流出も止まるわけないし、きついなー。

129 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 15:25:05 ID:???
ある年齢以上なら管理職経験してて当然だろ的な風潮も嫌いだな俺は。

出世に興味なくて現場一筋の方がいいってベテランもいるだろうに。

あと大手企業の工場では管理職候補者は社内試験を受けて合格しないと
管理職にはなれないって実例もあるので
業績云々でエスカレータ式に昇進出来てた時代と違うんだよ・・・・・


130 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 15:26:08 ID:???
愛知県の有名な外国人街。
トヨタ奥田が移民政策を支持しているので
警察は事を荒立てないように「配慮」してるかもね。

ある移民受け入れ後の日常風景
http://www.youtube.com/watch?v=JUGp5mwTRIM

131 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 16:01:58 ID:???
英語のchallengeやchanceはchから始まってるだろ?
これはchristmasのch、キリストのchで、神から与えられた神聖なものということ。
childrenがそうだと考えるとわかりやすいね。

でもって、キリスト教の影響が薄い日本には元々チャンスもチャレンジもない。
character(特徴、個性)ももちろんないよ。

だけど、社会システムは欧米流。
そりゃ疲れるよ。
chase(狩り)だけはしなきゃいけないんだから

132 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/20(金) 16:23:37 ID:2RUV91rB
>>131
英語、フランス語、ドイツ語でキリストはchで始まるが、スペイン語ではCristoになる。

じゃあ英語でチキンはchickenだがスペイン語ではpollo、フランス語ではpouletだ。

子供はスペイン語ではnin~o(a)s、フランス語ではenfants

同じキリスト教圏でもこれだけ違いがある。
どうやって説明する?



133 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 16:24:28 ID:???
これじゃあ有能な奴がどんどん海外に流れるわな。
田舎住まいだけど周り中視野の狭いどうしようもない人間だらけで嫌になる。
男らしさなんて物は全くない。


134 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 16:38:18 ID:42HT6xhK
>>132
ちょっといい話で済ませればいいんじゃん。

135 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 16:45:47 ID:???
>>132
絶対そういうツッコミするやついると思ったよw
俺は言語学者ではないので細かいことはわからないので、
"すべての"キリスト教ではないっていうのを前提に入れるよ。
これで論理的には通る。
クリスチャンだったら悪かったな。

136 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 17:17:55 ID:???
ttp://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111201000558.html
                   ↓
            〜結局こうなりますた〜
                   ↓
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091118-OYT1T00759.htm

人種問わず労働者を奴隷扱いする国家だから移民も裸足で逃げ出して
欧米中東ASEAN各国で「ニッポンでは働くな!!!」が合言葉になったりしてなw

137 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 17:24:10 ID:42HT6xhK
白人様以外は家畜だからな。

138 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 17:47:07 ID:Tz0zjZpp
昭和と平成じゃ日本社会がしがいますねん。。
昭和は国民全体をゆたかに ! 平成は一部の利権のある人間以外・・
あとはおまいらゴミだクズだ! 飢えようが死のうが関係ない !
こんなんで「子育て支援 借金延長 etc・・」笑わせまんねん。。。

139 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 18:00:15 ID:???
自分一人の意見がかなり広い範囲で通じると信じている 。
そして通じないと傷つく。傷つかないように防御する。
小さな小さな自分だけの世界のできあがり。

140 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 18:07:52 ID:???
>>115
全く最近は無個性な人やものが多すぎる、もっと創造性にあふれた個性的な人や物は
ないのか、などと言ってる割に、実際に個性的な人や物が出てくると、やれパクリだ劣化
コピーだ、何処が個性的なんだ・・・などとよってたかって潰しにかかったりね。
前に↑こういう意見が横行してた某スレで、俺がそのことを指摘すると「当たり前だろ?みんな
そういう言葉を上からぶつけられて、それを乗り越えてきたんじゃないか」と反論されたよ。
┐('〜`)┌


141 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 18:14:45 ID:42HT6xhK
ダブルバインドそのものだな。
言ってる本人は自己矛盾に気づいているのか。

142 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/20(金) 18:46:51 ID:0VnKpzj5
日本はあらゆる面で、門が狭く、新たな挑戦者を受け付けない社会だ。
そして、挑戦者を躊躇させる社会的圧力が強すぎる。

「お前には無理だ」、やってみてもないことに対して「能力がない」、
「世の中は厳しい」、「勝ち目のない勝負」

これって実は既得権を守ろうとして新参者を受け入れないようにするため
の言い回しでもある。だから、日本は社会的流動性が少ない閉鎖的な社会なのだ。

そもそも、30代〜40代のまだまだ知的、体力的、性的には十分元気にも関わらず、
一からやり直せない社会は合理的ではない。

そりゃやり直しだから初めは給料安くてもいい。

せめて還暦までは自分探しができる社会を作るべきだ。

そのまんま東さんのように、40過ぎても新しいことにチャレンジでき、還暦あたりを人生の
ピークに持っていけるような社会が理想なのです。

143 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 18:59:04 ID:L2VNt+lH
お、いいね
自分探しができる社会 これだな
せめてアメリカ並みには自分探しができないといけない
いまは小さい檻の集合体みたいになってる社会
スタートレックのボーグみたいに一人称がない社会になってるんだ

144 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 19:01:56 ID:???
一人一人が自分はダメだ。と思いこまされてるからな。
実は社会システムの奴隷であり、またそのシステムをつくっている勝手な搾取者の奴隷であることの自覚はない。

145 :例えばこれですが・・:2009/11/20(金) 20:55:44 ID:6pQkFnB9
>坂本龍一インタビュー
>森と地球の未来やいかに?

>他の記事を見る
>予想以上に早い段階で深刻化するかもしれない温暖化問題を、
>“未熟な”人類は乗り越えることができるだろうか。
>反戦から環境問題までラディカルな社会活動を続けてきた
>世界的ミュージシャン、坂本龍一とともに、地球の未来と
>サステナブルなライフスタイルについて今一度考えてみよう。

少なくともおれには文章の意味がわからない
自国語できっちり書けない・書かない国って文明として問題あると思う

146 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 21:48:13 ID:???
てか、今思い出したけど日本の憲法ってアメリカが作ってんじゃん。
そういや俺植民地の奴隷だったわ。
おk理解した。
もう悩まないことにしたわ。

147 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 21:53:47 ID:???
米にとっては現状の閉塞社会・日本が都合良いだろうしね。

148 :146:2009/11/20(金) 22:16:50 ID:???
しかもそれ以前に日本にあった政権も全部軍事独裁政権じゃねーか。
まじでこんなんで自由民主主義とか洗脳されてんのかよw
もう日本について語ること全てが馬鹿らしいわ。
後はこのまま奴隷として生きるか、海外に行き移民として差別されて生きるかを考えようかな。

149 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 22:52:42 ID:???
もう何も考えないで猿のようにSEXの事を考えながら消費奴隷として
働かされるしかない人がほとんど。


150 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 22:58:02 ID:6pQkFnB9
解けたあ

消費→生産
これを逆転にセットするだけでよかったんだ・・
さあ、なにつくろうかな??

151 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 23:44:20 ID:???
まぁ良い生産者はクォリティの高い消費をしてるよな。

結局アホがアホを大量消化してる世の中なんだよねぇ

152 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 23:46:49 ID:KTAOlK6F
一人当たり労働生産性(2008年、単位はドル)
http://www.conference-board.org/economics/downloads/ted09I.xls

*1位  36.88  アメリカ
*2位  36.38  ノルウェー
*3位  35.01  フランス
*4位  34.84  ルクセンブルク
*5位  34.22  ベルギー
*6位  33.69  オランダ 
*7位  32.43  トリニダード・トバゴ
*8位  32.10  イギリス
*9位  31.78  オーストリア
10位  30.28  アイルランド
11位  30.13  スウェーデン
12位  29.74  ドイツ
13位  29.27  フィンランド
14位  29.25  デンマーク
15位  29.14  イタリア
16位  28.55  オーストラリア
17位  27.85  カナダ
18位  27.13  スイス
19位  25.63  香港特別区
20位  25.56  日本(´・ω・`)
21位  25.29  アイスランド
22位  23.24  スペイン
23位  21.53  台湾

153 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 23:49:05 ID:???
香港特別区に負けとる

154 :名無しさんの主張:2009/11/20(金) 23:50:06 ID:???
さぁクリスマスが来るよ。プレゼント!恋人!いい男!いい女!
とか必死になる前に、家族との時間を大切にすればいいのにね。

155 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:04:09 ID:???
ね。なんかズレてるよね。日本人って。


156 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:15:20 ID:???
>>152
学力低下にはキチガイみたいに大騒ぎするのに、これについては誰も何も言わないのな。
一人当たり労働生産性こそ、真の頭の良さだろうに。

157 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:20:36 ID:???
>>156
上司に気兼ねして強いられる残業とか、「不況はサービス残業で乗り切ろう」とか、
「タイムカードは残業する1時間前に必ず押しておけよ!」とか、まだまだこの国の
労働環境は発展途上もいいところだからねえ。

158 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:40:16 ID:???
アメリカは医者だけに限らずエリート層は
22歳で大学でて、30歳前後でロースクール、ビジネススクール
メディカルスクールなどに入るのがパターン

アメリカの中央銀の議長だったアラン・グリーンスパンなんて元は音大でサックスならっていた

つーかアメリカに限らずアングロサクソン国家は以外に人生やり直しと方向転換が利く
アングロサクソンが繁栄してるのはシステムがいい加減で人材の流動性が激しいからって論があるくらい


159 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:58:53 ID:???
どっかの田舎に共同体とか自治区とか作る運動って何て言うんだっけ?
ドミニオン?コミュー?
そういうのやってもすぐ「奴隷の嫉妬」と「汚い権力」で潰されるんだろうな

160 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 00:58:58 ID:???
>>158
アングロサクソン人の社会っていうのは極めて原始的で単刀直入的だからなあ。
子供は親元を離れて自立し、自分の価値観や財産を親とは別に持って当たり前、
しかも親の財産は相続できなくても当然or相続するのは個人の意思(遺言状)に
従うっていう、動物の巣立ちや親が育てる子供を選ぶために子供同士にさせる
生存競争とかに良く似てる。

その点、日本人の社会は極めて複雑で摩訶不思議な迷路のように入り組んで
形成されている分、当の日本人自体がそのシステムの本質や仕組みを十分に
理解できていなかったりする。

161 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:01:13 ID:???
>>160続き

で、日本が新卒歓迎や年齢制限や院卒敬遠に代表されるように
やり直しの利かない社会or若さに極端にこだわる社会っていうのは
つくづく感じる。

世界一寿命の長い国なのに、なぜここまで若さに執着するのかなあ。
そりゃモー娘だのAKBだの何だの流行るはずだわな。

162 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:07:09 ID:???
日本や中国などは腐敗官僚国家だからな。

人生の回り道をせずに、テスト勉強や体育会系部活に
青春をひたすら費やしてきた人間が、その見返りに
エリート街道を走り続け多少の事は許されなければおかしい、
と自分たちに都合良いように作り上げてきた社会だからなぁ。

163 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:12:54 ID:???
>>162
東アジアや旧共産圏なんていうのは、それこそ社会全体がどこか
ぎこちないというか硬直化した印象が拭えないのはそこなのかもね。
一見表立った階級・格差は感じにくそうでいて、実は巧妙に社会の
至る所に張り巡らされていて、しかも誰しもが嫌でも直面してしまう。
そのたびに硬直した感覚を引き起こされる。

164 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:14:18 ID:???
つうか、逆に30歳くらいにならなきゃ自分が何に向いてるかなんて
判断できないだろ

自分が大人と見せたいのか知らんが
かっこつけて18くらいで判断できるなんていうやつが多いこと多いこと

165 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:18:54 ID:???
>>164
ビートたけしの本でも出てくるんだけど、北米や豪州、英仏、北欧あたりの
スポーツ選手というのは基本的に20歳前後までは平均して5種類ぐらいの
スポーツを習うらしい。そして成人する頃に本格的にひとつの分野に絞って
専念するようになるんだとか。

マイケル・ジョーダンはバスケの神様みたいに言われているけれど、実は
野球も上手くて大リーグのスカウトを何度も受けていたほどなんだよね。
F1選手の中にも、ゴルフやテニス、格闘技なんかを得意とする人は多い。
だから日本の甲子園児の生き方なんかを聞いてびっくりされるケースが
少なくない。

166 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:23:57 ID:???
ファッションといい音楽といい中途半端な海外の物まね文化ばっかだな。
純粋性なんてあったもんじゃない

167 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:28:54 ID:???
>>160
日本でやり直しがきかないのは、やり直す必要なんかほとんどなかったからさ。
元々は落ちぶれる前にお互いに引っ張り合う仕組みがあった。
今でいうキモオタだって、近所の世話焼きおばさんに仲介してもらって結婚できた。
まだその感覚でいる人が多いんだろうね。
上世代で当たり前だった幸せが下世代は享受できないから、必然的に親不孝者が増えてしまうよ。

168 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:52:12 ID:???
>>167
正確な統計を忘れたけど今50代〜くらいの96%くらい?は
少なくとも1度は結婚したことがあるんじゃなかったかな。
これって不自然なほど高いよな。いろんな病気とか超ブスとかいるのに
90%を余裕に越えてる。今の東京の30歳前後は半数が独身だぞ…

169 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 01:56:01 ID:???
>>165
米国のプロレスラーのほとんどは大卒だし(レベルはともかく)
米大リーグなんかには選手引退後に医者や弁護士や起業するような
才能豊かな人たちも多いよな。日本ではJリーガーがひとり
弁護士になったので、こういうのが続けばいいと思うんだけど。

170 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:17:14 ID:???
>>161
日本人ってそんなに若さに固執してるかねぇ。
むしろ若年層の意見は端から「ろくに人生経験もない奴の言うことなど聞くに値しない」「どうせ
つまらないに決まってる、学ぶべきものなど何もない」みたいな思考に満ち満ちているじゃない。
「新卒歓迎や年齢制限や院卒敬遠」というのも、変に教養や経験を身につけているせいでプライドも
高くなり、しかもある程度の歳もいってるから無碍に扱うことはできない、だったらそういうのの
身についてない奴だけ雇ってみっちり洗脳しちゃおうぜ、ってことでしょ。

>>165
いわゆる「求道の精神」って奴の悪弊なんだろうねぇ。
上の方で誰か「勇者に試練でも与えてるつもりかよ」と書いてたけど、アレを見て「イヤ〜俺も
マヂでそう思うわ」と思いつつも、笑おうに笑えなかったなぁ・・・。

171 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:25:45 ID:???
>>168
いろんな病気とか超ブスは結婚できねーのかよw

その他の人の幸せとか考えられねーんだなw

172 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:27:05 ID:???
25、26歳でオッサンババア扱いされるしな。意味分からん。

173 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:29:05 ID:???
>>172
若さ信仰のせいだろ

ロリコンもようは洗脳しやすそうな扱い易さを求めてるんだろ?
だから性の低年齢化が進むと、さらに歳の若いのに目が行ってる


174 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:42:11 ID:8JPcw0FR
>>171
そうじゃなくて、上の世代の不自然なまでの結婚経験率の高さを言っているんだよ。
これは、制度、慣習的に強いられなきゃ実現できないよ。

175 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:50:45 ID:???
でも日本に限った話じゃないでしょ
結婚率が高いっていうのは

176 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 02:52:00 ID:???
白人社会は昔は障害者はアジア人などの異民族としか結婚できなかった
これ豆な

177 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 03:03:57 ID:8JPcw0FR
日本式の制度、慣習が崩れたからこその今の世代の独身率の高さ。
これから結婚する、できる人たちは限られてくるでしょう。

178 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 03:32:31 ID:???
そうだね。
高学歴高収入より低学歴低収入のほうが気楽に結婚するし
もうける子供の数も多いんだそうな。

179 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 03:43:56 ID:8JPcw0FR
崩れたからこそ、賢い人は結婚に慎重になっているのかな。

180 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 03:48:00 ID:???
今の社会をとてもいいという人はあまりいないんじゃない?
妥協してるか我慢してるかが大半で。

181 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 05:04:29 ID:IXctMdAZ
今まで&これからの日本の失政と急速な衰退は今後の世界中の経済の論文や歴史の教科書で語り継がれるだろう
全体主義の疑似民主主義国家は衰退するという裏付けとなるJapan Modelとして…

182 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 05:47:01 ID:???
ローマ帝国衰亡史みたいに後世の歴史家、
好事家の研究の種になるのかなw
その渦中というか最前列の切符を手に入れてるのは
ある意味おもしろいかもしれんよ。

183 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 08:00:09 ID:???
>>47
切られた社員はボロクソに叩くのに切った会社は叩かない。保守と呼ばれる奴らの十八番。

184 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 08:47:25 ID:???
>>168
男性の生涯独身率は、2000年に8人に1人、2005年には6人に1人。
現在、絶賛急上昇中!

185 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 11:34:45 ID:o9qfuGBf
なんつーのか
人に勇気を与えるアメリカっていうのはあるが
人に勇気を与える日本っていう包括的概念はないのかね?

186 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 12:05:20 ID:dKA/CQ9L
他人のこと気にしすぎ

187 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 12:07:09 ID:???
ない

188 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 13:12:17 ID:???
多分日本人は未知なことに弱いんだろう。
だから挑戦とか変化とかいう積極的な概念は生まれにくい。

189 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 13:45:50 ID:???
日本人は不安遺伝子の割合が大きいんだっけ

190 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 13:52:17 ID:???
>>189
日本人は本来好奇心が強くて未知のことが大好き
新しい物好きな国民性がそれを証明してる

ただ実践の抜けた座学だけで勉強すると保守的になるのは万国共通
「未知なるもの=自分の知識ベースの否定」になるんだとさ
そういう意味で教育の失敗じゃないのかな?
昔から「無能が無知に無用を教える」なんて言われてるし

191 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 13:55:46 ID:???
なんか新スレになってから低レベルな書き込みが増えたな
ネトウヨみたいなやつも出てきたし


192 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 14:39:29 ID:???
>>191
上がりもしないし下がりもしない。
ネトウヨが嫌いならその書き込みを批判すれば
相手に恥をかかせ自分は優越感をもてるだろうに。
それをしないのはその能力がないからだろ。

193 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 14:44:34 ID:???
かのマッカーサーも
「ジャップの精神年齢は12歳レヴェル」とか言ってたしな

今はむしろ低年齢化してる気がする。8〜9歳レヴェルかそれ以下。
明らかな悪事働いて権力盾に居直ったり、極悪犯罪者を変に擁護したり。

最早この国に正義など微塵もない。殴る蹴るのない北斗の拳の世界同然

194 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 14:54:44 ID:X7v3XJd/
北斗の拳の世界でも、力こそが正義でいちおう一貫性がある。

195 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 15:36:58 ID:???
人間がどうしようもねーからな。
田舎に行くと良くわかる。


196 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:11:19 ID:???
謙虚で、和を重んじるというのはいいことなんだが、もう少し自分に自信を持ったり、
アグレッシヴな生き方を認める方向にシフトしてもいいのではないかな、と思う。

197 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:35:36 ID:PU+QmLIB
謙虚だとは確かに聞く。でも実際のところは
上には従順のくせに逆らってこない人に対しては傲慢。

「日本人は行動しない、怒らない」と言う割には接客業や取引先への
偉そうで自分勝手な態度は何だ。こんなの日本の外じゃ有り得ない。

198 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:44:36 ID:X7v3XJd/
常日ごろからの組織への服従、忍従、盲従の副作用です。

199 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:48:04 ID:???
井の中の蛙、大海を知らず

自分の思考だけが全て正しいと思ってる事 世界を全く知らない内弁慶

俺がそう言うのだから絶対に正しい 反論は認めない!

このスレの住人は半島の血統を持つ外国籍の肩ばかりなんですねw

200 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:53:29 ID:9txpCCr3

【韓国ブログ】なぜ韓国を嫌う?日本人の偏見と劣等感
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1121&f=national_1121_015.shtml

 どの国にも他国に対して批判的な考えを持つ人がいるように、
当然日本にも政治的、歴史的な観点から見て反米、反中、反韓の態度を取る人たちはいる。
韓国人ブロガーの「アスカ」氏は、韓国にも日本や中国を嫌う人たちがいるとした上で、
ネット上を中心とした一部の日本人が韓国を激しく嫌う理由について考察している。

 「韓国を嫌う日本人たち」と題した文章には、一部の日本人が韓国に対して持つ偏見と、
偏見が生まれる原因となる日本人の劣等感、
そしてそのほかの原因となるものを、ブロガーの目線から幾つか挙げている。

 まず日本人が韓国に対して持つ偏見について、
1.韓国の食事はなんでも辛い。
2.韓国人は皆整形をしている。
3.韓国は強姦が多い、という3つを挙げられるという。


201 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:53:32 ID:???
外国籍の肩ばかりなんですねw
国籍の肩ばかりなんですねw
肩ばかりなんですねw


202 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:55:56 ID:???
日本に限った話じゃないと思うけど、肩書きを非常に重要視する社会だよね。
しかも肩書きが後からついてくるものじゃなくて、狙って手に入れるっていうか、それが当たり前になってるような。
差別がキツすぎて、みんな差別する側になろうとしてる感じ。

203 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 16:56:27 ID:???
>自分の思考だけが全て正しいと思ってる事 世界を全く知らない内弁慶

これってまんま工作員とネトウヨの姿ww

204 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 17:21:21 ID:PU+QmLIB
>>198
そうか…
弱い奴に八つ当たり。
なんて卑しい国民性だ。

205 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 18:12:28 ID:???
ま、テレビからの受け売りでなんなんだけど、この前みた番組で死ぬ前に後悔する
25のことってのがあった。その中で、自分は地位を得るためなら他人を
蹴落とすことは当たり前、他人に対してはいつも厳しい態度で接してきたとか
いうおっさんがいた。で、ガンで余命いくらもなくなったときに、もっと他人に
やさしくすべきだったと後悔してる、だって。そういう自分さえよければいい
と考えている確信犯がいっぱいいるんだな、と思った。


206 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 20:53:24 ID:o9qfuGBf
>>202
たしかにそれはある
精神的にはかなり異常な状態かもね。

207 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 20:58:23 ID:???
>>189-190
ほれ
http://www.care-design.net/report/07001_2.html
>>193
その話はそこで終わりでないだろ。
マッカーサーは最初は欧米の通念からそう考えていたが、
日本史と文化を勉強するうちに誤りだったと気付いた。
天皇が潔く「私はどうなってもいいから国民は助けてくれ」と
懇願にいったときも西洋の常識と正反対だったので深く感じ入った。
このように右翼の肩をもつからといって私は右翼ではなく、
長年共産党に票を入れ続けている人間だ。

208 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 21:13:43 ID:X7v3XJd/
昔話だろ。

209 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 21:23:07 ID:???
相手の肩書き次第で態度を露骨に変える人間多すぎ。反吐が出らあ。

210 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 21:29:16 ID:???
たまにさ、井戸がなくて遠くまで水を汲みに行く黒人の子どもとか、
お金がなくて学校に行けない中国奥地に住む子どもを映して、
可哀そうがって気持ち良くなる糞番組あるじゃん。
あれが本当に嫌い。
国の恥だよ。

211 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 21:47:59 ID:???
>>210
心理的な抑圧作戦かもね。
あんなに貧しい子供たちががんばってるのだから〜
いまの日本人としての幸福を噛み締めなきゃね〜的な。

先進国でいちばん搾取・洗脳がきつい事実から目を逸らすんだな。
なんせ単純なバカが多いからな。

212 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 22:05:52 ID:mEtV4h0s
>>211

まあ、単純にそういう心理だろうな。白痴番組垂れ流しでも罪は問われず、
超高給のテレビ局員への攻撃も背けられる。フリーターやニートの存在とか
、年収200万以下の世帯とか、平均以上の給与をもらっている平民の自尊心を
維持する獲物として存在してもらわないといけない。これも同じ心理構造だ。
エゴの醜さはきりがない。

213 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 22:06:34 ID:flGYl0nc
>>193
小学生に失礼だ
あいつらでも日本人の成人以上に問題意識は持つし、モラルを正そうとするだろう

214 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 22:25:11 ID:o9qfuGBf
>>210
そういう番組でそういう現場を撮ること自体はいいのだが
やっぱり日本で学校いける人は恵まれてるっていうつなげ方を
されるとたまったもんではないな
単純にいって、いじめや洗脳管理教育が多い日本の学校現場より
そういう国のこの方が幸せかもしれん

215 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 22:47:17 ID:???
人知れず、爆発しそうな不満や閉塞感、絶望感の捌け口にされている
途上国の人々の立場って何なのだろう。
単なる日本バカマスゴミの餌食でしかないのか。

216 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:11:52 ID:???
久しぶりにテレビをつけてみた(今年トータル10時間もみてないw)。
そしたらゴミ屋敷の主人が全財産これだけです…その凄絶な人生顛末記!
みたいなどーでもいー番組をやってたよん。
要するに下には下がいるからお前ら安心しろっていう製作意図なんだろう。

217 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:30:11 ID:qvyVuRcY
>>209
と、高卒が申しておりますwwww

218 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:38:48 ID:c3OXasBJ
日本はサービスを提供する側とされる側が入れ替わりながら交互に首を絞め合う社会w
お客様wとして過度なサービスを求めるから、働く側になった時に過度に働かなくてはならないという罠w

結局のところ、過度のサービスとクソ労働環境は表裏一体って事。

サービスを提供する側とされる側が入れ替わりながら交互に首を絞め合う社会w
マジで誰が得すんの?って感じだな、これw

「仕事の神聖化」とか「奴隷型顧客満足第一主義」なんて美徳でもなんでもないんだから、
程々で満足して早く楽になってくれよ、マジで。

219 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:40:25 ID:IaWzOyqY
日本人と聞くと鈍感でのろまを思い浮かべる。
まあ日本人のようなヘロヘロ体型じゃ世界では通用するわけがないわw

220 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:43:08 ID:???
>>217
お前が何卒だろうかどうでも良いが、そうゆう世の中、何とも思わんかね?

221 :名無しさんの主張:2009/11/21(土) 23:44:10 ID:???
>>219
更にヘロヘロのバカチョンは引っ込んでろ!

222 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 00:04:28 ID:???
>>214
何となく同意だなぁ。
このスレにも多いだろうけど、俺も子どもの頃はよく親や教師から、「途上国の貧しい子ども
たちを見ろ!お前たちが如何に恵まれているか(ry」「じいちゃんやばあちゃんが若い頃、戦中
戦後の混乱期に比べれば(ry」みたいなことを言われまくって大きくなったものなぁ。

ついでに言うと特に右翼的でもない、むしろ「戦争はいかん。平和が一番。差別はするな」などと
言った同じ口で、↑のようなことを言いまくる人も多いんだよねぇ。
一体戦争や貧困を否定したいのか、それとも肯定したいのか。
戦争や貧困の体験って、人をバカにするための道具じゃないと思うんだが、俺としては
「そんなに今の日本が嫌なら、経済成長などしなければ良かったんじゃないですか?」と
嫌味の1つも言いたくなる。

223 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 00:55:08 ID:???
「日本人は男性はキモイ」と外国から言われているようですww


>「彼女は、日本人男性のことを、気味が悪いと思ったようです。
>不適切なジェスチャーや、性的な発 言をする人もいました」
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1175171437/l50

日本人wwwwwwwwwww

224 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 01:11:54 ID:EszclFW5
思春期の、男女間のコミュニケーション不足が原因かな。

225 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 01:46:39 ID:???
発展途上国の現状とかの報道って恣意的だよな。
だいたい「こんな酷い環境で頑張る笑顔なこどもたち」って見せ方をする。
日本人が好きそうな物語だと思う。

226 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 05:29:16 ID:gih1dd8+
>>218
本当に同感。

日本人の意識改革が必要だと本気で思う。
行き過ぎた顧客第一が日本人のモラルを低下させる。

海外旅行でモンスターカスタマーとなって顰蹙を買う日本人が多くて
日本人の特に中年層は外国では煙たがられてる(外資系航空会社の社員の話)。

「客を選ぶ権利はある」「売ってやる側が偉い」が世界標準だとも知らずに。

業種問わず、度を超えた顧客第一は、ますます酷くなるだろう。
馬鹿な国民だ。

227 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 08:48:47 ID:???
2ちゃんが吐き捨てだとわかっているけど
日本の良いところを書くと右翼認定する馬鹿が湧いてくるところ
あの馬鹿たちの性根はどうなってるのか?

228 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 13:24:07 ID:???
>>226
行った先が欧米だったら、ちょっと気に入らないことがあると、「人種差別だ!」って
騒ぎそうだな、そういう奴らw

229 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 14:04:15 ID:???
>>227
ネトウヨや酷使様と呼ばれる排外主義的な人間に都合良く利用された
書き込みがここ6〜7年続いているから、そういう意図もなくただ普通に
書き込んだだけでもそうやって邪推されてしまうんだろうな。
もっとも、その手の安易な在日認定だの右翼認定だのが可笑しい事は
当然ではあるけど。



230 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 14:19:50 ID:uZOWjbES
>>218
日本は「常に客の立場でいられる人間」しか優雅に過ごせない国だよな。
当てはまるのは高収入の旦那とくっついてる専業主婦や年金老人、後は
親からの仕送りで自適に過ごせるボンボンくらいか。

客からサービスの提供者、つまり従業員の立場になったら途端に過剰な
サービス提供に心身ともに悩まされる。ほどほどの状態・ラインというのが
この国には根付いていないor弱い気がする。
上にも書かれているけど、海外は店が客を選んだり、客側に相応の店との
相性を近づけるための努力というものが求められたり、「お客様は神様」だ
なんて思想はあまり強くないんだよな。大体値段とサービス・財は比例する
関係にある。

日本は「おもてなし」という、価格以上の待遇・サービスを提供する精神が
あってこれはこれで日本の良い所のひとつだとは思うけど、逆に現在は
これが当たり前になりすぎて、客側の要求がどんどんエスカレートしてる。
モンスターペアレントだのモンスタークライアントだの、みんなこの手の類。

231 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 14:31:12 ID:???
>>221
ネットの中だけ威勢のいい馬鹿のお前は黙ってろ!

232 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 15:12:11 ID:Tl40X0c6
手を動かさずに口を動かしてばかりで、客は二の次て考えでも勤まれる外国の店員。
口を動かしてなくて手を動かしてるのに、さらにその手の動きを早くして、お客様第一て考えないと勤まれない日本の店員。

233 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 15:25:18 ID:???
作り笑いとかされてもそれがサービスだとは思わないな。
マニュアルっぽい嘘くささを感じるし。
お客様ってある意味見知らぬ他人だから、日本人にとって恐怖の対象なんだろうな。
お客様第一主義じゃなくてお客様とは対立したくないから遜りましょう主義だな。

234 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 15:41:48 ID:uZOWjbES
>>233
「北斗の拳」に出てくる善人村の人間たちも引きつった作り笑いをして
ラオウを出迎えていたっけ。それでラオウがキレて村長を殴り殺した
挙句、村民たちに向かって「お前たちはその笑顔とは逆に(心の)中は
醜いんだぞ」っていうシーンがあった(アニメか漫画かどちらかだったと
思うけど忘れた)。

235 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 16:13:19 ID:???
今yahoo newsトップに「京大が授業で社会常識教育」ってのが
あるんだけど、案の定、関連スレではゆとり叩きが横行してる。
あまりにも近視眼的で不愉快だね。ゆとりはむしろ犠牲者。
60年代の団塊世代のほうが公共物破壊、殺人、安田講堂事件、
その後の思想転換、社畜化、非常識モラルなし、と酷いんだけどね。
例の少年犯罪データベースを貼ってやったら少しは理解するのかな?

236 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 16:16:35 ID:gih1dd8+
そういえば
「接偶」という奇妙な理屈を唱え、「歯を見せろ!」「笑え!」と怒鳴り散らす
研修の鬼講師なる人間が何かの番組で特集されてた。
ああいうのが日本人を堕落させるのだと思うと、見てて胸糞悪くなった。

まさに上の書き込みの通り、モンスターペアレントの登場などで
社会問題と繋がっているのにマスメディアは何を黙っているのだ。

237 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 16:51:30 ID:thIzziqN
軍隊の新兵のしごきそのままだな。

238 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 16:51:59 ID:SlGECBQc
モンスター教育を放置した末路、かもしれんな。。

239 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 17:29:01 ID:???
ttp://d.hatena.ne.jp/fujipon/20091121#p1
> 公立中学から、それなりの進学校経由で大学に行き、資格を取って就職した僕は、
> いわゆる「底辺高校」を、「勉強しないで遊んだり暴力ふるってばっかりのバカとヤンキーの集まり」だと
> 内心嘲っていたのです。将来困っても、自分の努力が足りなかったのだから、「自業自得」だよ、と。
> どんな「恵まれない環境」に生まれた人も、いまの日本なら、「努力すればなんとかなる」はずなんだから……
> しかしながら、この新書に書かれている日本の「現実」に、僕はすっかり打ちのめされてしまいました。
> これは、少なくとも子ども自身の努力で、どうにかなるような生易しいものじゃない。

日本の衰退はもう目に見えているのだよ




240 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 17:37:02 ID:OX9u1cJn
日本の年賀状文化なんか社交辞令的で全然暖かさを感じない
中身がスカスカなやり取りして楽しいか

241 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:01:01 ID:???
>>230-234
このあたりのことも個人商店・個人経営の飲食店が大多数のときは
ほとんど問題にならなかったのでは。
気に入らない客なら普通に追い返していたし、顔なじみなら色を付けてくれたりというのはごく普通だった。
大型チェーン店が乱立するようになってから完全におかしくなった。
マニュアル化というのはつまるところ人間をグループ化して個別性を排除することに
他ならないから、買い物にコミュニケーションの要素がないんだわ。
だから限度が分からずにモンスター化する。

もう今の日本はこういうのばっか。
それだけマニュアルが好きなら人間の店員なんか置かず、ロボットにでもすればいい。
効率化・自動化・機械化、そういったことばかりやって人間はこの国には要らなくなりました。
だからどんどん自殺します。子供も産みません。居場所がないのが分かるからね。
世紀末の地獄を見ているようだ。



242 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:02:18 ID:OX9u1cJn
冠婚葬祭すら機械作業になってるからねw
何のためにやってるか意味不明

243 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:05:25 ID:SlGECBQc
市場原理主義や大型店舗化・偽装IT化による勝ち組の特権化は
日本になにももたらさなかった。。

244 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:06:26 ID:SlGECBQc
というより、閉塞感や国の衰退だけをもたらした

245 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:06:33 ID:???
本当のこの国はアフガンと同じ貧・病・争三拍子揃った環境だと思う
宗教が跋扈しやすい環境だね

246 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:14:04 ID:???
この国のギットギトしたいつキレルかわからないような雰囲気がダイッキライ

247 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:22:38 ID:???
アフガンだって悪いところばかり映して報道するけど国全体が
そうな訳ではないもんな。
体裁と肩書きで人の目ばかり気にしている窮屈な日本の閉鎖感の方が
人間らしくないような気もする。
宗教は実質、世間教で臆病な人程この宗教にすがり付いている。

248 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:23:34 ID:???
>>242
でも葬儀費用の合計は全国平均231万円などといわれてるね。
外国じゃせいぜい30万円とかだよ。ほんとに意味がない。
俺は親に鳥葬を強制選択させようと思ってるがw

249 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/22(日) 18:28:21 ID:ObrbQaAZ
アフガンも、ゲルマン系諸国も、ラテン系諸国も、

世界中のほぼすべての国の社会において、

『日本と非常に類似している点と、全く正反対の点が混在する』

ということに注目すべきだね。

250 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 18:55:24 ID:8n6VJ2FL
へー。

251 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 19:01:11 ID:SlGECBQc
>>246
ギトついてギラついてるね
落ち着きがなく、完璧主義・叩き志向
おさまるのかな日本人のコレ??

252 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 19:09:44 ID:8n6VJ2FL
日本では、子供を学校にいるときは常にいそがしくせわしなく行動させるようなスケジュールを組み、
学校外でも宿題、課題を負わせて子供に休む時間、自由な時間を与えないようにする。
その結果、常に何かに追い立てられて落ち着きがなく休むことに罪悪感を持つ仕事人間が生まれる。
完璧主義・叩き志向は子供の頃からの減点主義の連帯責任の影響だろう。

253 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 19:21:48 ID:???
おれ87年生まれだけど、生まれてこのかた希望ある日本ってみたことないんだけど。
暗い事件と不況ばっかみてきた気がする。
多分ここらの世代はそれ以前の世代よりも希望とか夢を信じられないと思う。

254 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 20:11:25 ID:???
日本社会のやることって人として間違ってることばっかりだよね 日本で社会に出るってことは人間捨てることだと思う
こんなんで夢や希望なんかなんか描けるわけないし

255 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/22(日) 20:24:41 ID:cvDPg+Yw
>>232
ここ数年の清和会政治が理想としてきた教育のマンセー本。
(舞台は、山谷えり子、稲田朋美ら
国士様の間で人気の高い極右政治家を輩出してきた清和会王国福井県)
多分ここの住民なら、読んで気分が悪くなること請け合いなのでは?

http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32333896


256 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/22(日) 20:26:41 ID:cvDPg+Yw
アンカーミス訂正
>>232>>252

257 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:11:26 ID:???
日本にはまともな人間は皆無だ。

258 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:25:43 ID:???
「集団主義で個人を大事にせず組織などを優先」っていうわりに
ほんとうに企業組織、故郷の発展、国の安全保障を考える人
いなくなってしまった。

正義や大義のまえに、単純に仲間はずれにされたくない、
異端を徹底的に仲間はずれにして自己保身を図るような
器の小さい人間ばかり輩出している。

企業組織にしても責任をだれがとるかで意思決定がすすまない。
会議をするだけしながらなにも進展がないのは典型例。
若手に失敗していいからといいつつ、失敗したら徹底的に追い込む。
仕事をしてるフリをしながら、なにも進まずなのがいまの日本の企業
社会も国旗はダメ、国家もダメ、なんてのはおかしい
経済にしたって再開発も道路も進まない。費用でなく地権でまとまらない。

259 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:27:38 ID:ZNK4N+xJ
>若手に失敗していいからといいつつ、失敗したら徹底的に追い込む。

だなあ やヴぁいね


260 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:29:23 ID:ZNK4N+xJ
個人の動きを制約する働きが明らかに古い日本人にはあるね

若手の動きを認めたら自分が損するって確実に潜在意識的に思ってる

器が小さい人が多い

261 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:51:24 ID:2ttTfwRW
やっぱ日本全体を占めている減点主義の連帯責任の影響でしょー。
高ポイントの評価を得るためには、すでに決まっている評価方法のやりかたで
上に逆らわず、おとなしく、指示を間違えず、余計なことをせず、
評価基準以外の分野で優れている部分がある人間がいても決して評価されず
連帯責任だから、評価基準で劣っている人間は、周りの人間から叩かれていじめられて
突出している人間も叩かれるか無視される。

262 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:54:09 ID:ZNK4N+xJ
>すでに決まっている評価方法のやりかたで
>上に逆らわず、おとなしく、指示を間違えず、余計なことをせず、

だあね 完璧にこれだね
これがつくってきた日本なのだから
日本を愛そう 愛国無罪


263 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 21:57:25 ID:ZNK4N+xJ
困ったことにその 上 ってやつが変に横同士競争させるでしょう?
小さい競争を。。
だから余計ミスができない環境ががっちがっちにつくられて固まって固まって。。

264 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:00:35 ID:2ttTfwRW
減点主義の連帯責任はその組織の管理者の責任が問われにくいんだよ。
責任はその組織や団体の下に下に流れる、その組織の立場の弱い人間に。
学校でも会社でも公務員でもどこでも。

265 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:03:26 ID:ZNK4N+xJ
日本型の組織ってものがいじめ構造を持ってるんだね
下を叩いて、責任を回避する
逆に責任を回避できなければ、自分が致命的な傷を負う可能性もあり
それもまた結果的に自分の責任が果たせなくなる

266 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:04:54 ID:2ttTfwRW
それを小学生以前からやっているんだよなー。

267 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/22(日) 22:07:23 ID:ObrbQaAZ
>>264
良い例が、貧困層の貧困は国のトップ(糞官僚)の責任であるということ。

268 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:08:48 ID:???
>>257
君と余だ! 君と余だ!

269 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:13:40 ID:2ttTfwRW
幼い頃から年齢、性別で隔離して凶育してくるから、
世代を越えてのコミュニケーションも難しく、
その狂育プラス大人になっての年功序列で世代を越えての団結も難しい。

270 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:15:02 ID:uZOWjbES
>>264
日本の社会システムって、実は「雇われ社長」あたりのポストが実は
一番得をしそうな印象がある。あとは専務・常務〜部長クラスかなあ。

でもって大概はまったくのヒラもしくは入社4年目あたり〜係長クラスの
あたりが一番割を食ってそう。

271 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:16:03 ID:ZNK4N+xJ
この狂育なんとかならんのかなあ
もんすたーぺあれんととか言ってる場合じゃないんだけどな
モンスターみたいな人間を育ててなに寝言ほざいてんだろ

272 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:20:23 ID:???
日本にいて幸せなやつって日本の常識を疑いもなく信じられる視野の狭いやつだけだろ。
ちょっと世界を見ればそれが絶対的な常識でないことは馬鹿でもわかる。
まぁ流されちゃったほうが楽〜とかいう単純思考なんだろうが、そういう人間が多数派な社会って危ないと思うょ。

273 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/22(日) 22:23:05 ID:ObrbQaAZ
楽して金を儲けて適当に怠けて幸せに生きることが悪いと考えている連中がいまだにいます。

日本をダメにしているのはまさに70過ぎの年寄りではないか。

労働はもともと罰だから、少ないほうがいい。

274 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:25:26 ID:2ttTfwRW
自己責任連呼、フェミの女性優遇、年功序列、民間と公務員、フリーターと正社員、ニートもかな?
日本では国民に責任転嫁できて分断統治も大成功だな。

275 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:26:14 ID:2ttTfwRW
ほかにどんな方法で連携、連帯をぶった切ってるんだ?

276 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:27:03 ID:uZOWjbES
>>273
高度成長期やバブル期の頃の呪縛から抜け出せていない指導者は
政官財問わず各界に結構多くいる気がするよ、本当に。

>>271
モンスターペアレントだって子供時代はあるわけだもんね。
その子供時代に教育を施した世代っていうと昭和ヒトケタ〜戦中生まれあたりか。
実はこの辺の世代、少年期の犯罪発生率が高かったはず。

277 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:27:54 ID:2ttTfwRW
もしかして生活保護もかっ!!
なにもかも疑わしいなーーー。

278 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:31:17 ID:???
>>248でも葬儀費用の合計は全国平均231万円などといわれてるね。
外国じゃせいぜい30万円とかだよ。ほんとに意味がない。

禿同 マジで禿げ上がるほど同意した
アメリカの葬式とかはすごいって思ったのが
とある死んだ人は 明朗快活な人で
そんな人が葬式で悲しんでるのをみたら
きっと「なにやってんだ!(なにしけてんだ)」みたいにいうだろうから

明るく朗らかに送ってやろうぜ っていうのがあって
それすげえなって思ったよ

アジアじゃ形式だけにとらわれて本質が見えてないのかもな
中国じゃ泣き女とかいるしw

279 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:41:20 ID:2ttTfwRW
宗教、迷信、上の言葉を信じ込みやすい国民性だからマスコミ様の影響力は偉大です。

280 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:41:34 ID:???
今の労働はもう人間じゃなくてもいいようなシステム操作ばっかだろ?
そんなくだらない労働に丹精こめる必要など全くない。
むしろテキトーにやったほうが人間のため。
希望もない社会を支えるために進んでロボット化する人間の気心が知れない。
ただのマゾだろ。日本人って。

281 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:43:35 ID:???
>>278
泣き女は韓国だった気がするがそれはさておき
くっだらない檀家制度とか坊主丸儲けとか辞めろと思うね。
墓石販売とか印鑑とか方角とか卒塔婆の戒名の文字数で値段が…とか。

べつに糞ビジネスで儲けるやつがいても法に触れなきゃいいが、
国民の多くがそれを当たり前の正統文化であるかのように
従ってるのはおかしくてタマラン。

282 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:45:10 ID:2ttTfwRW
>>280
幼い頃から休むことに罪悪感持たせるように育てられてきたからね。


283 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:50:49 ID:???
ほんと馬鹿みたいに働いて馬鹿な金の使い方してるよな。
それもこれも「他人と違わないため」というただ一点の動機によって。
どこまで他人様が大好きなんだよ。

284 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:52:05 ID:2ttTfwRW
恐いんだよ。

285 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:52:48 ID:???
>>273
で、あと35年(生きていたらだけど)したら、おまえは何の芸もない
役立たずのクソ年寄りになってるってわけか。
まあ、せいぜい産業廃棄物への道を着実に歩んでくれ。


286 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:56:09 ID:???
頑張れ社畜!!
海外支店の日本企業もサビ残やらされるのは日本人ばかりらしい(w

287 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 22:57:10 ID:???
え?日本人ってなにをめざしてるんだっけ?

288 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:09:34 ID:???
日本は、資本主義に浸り過ぎた。
欧米人のように少々バカだったら良かったんだが、頭が切れ過ぎた。

欧米人なみにのろまな進化をしていたら、こんなに早い破綻にはならなかったと
思うが、進歩、発展を急ぎ過ぎ、またそれに耐え得る技術を身につけてしまった。
いつまでも右肩上がりの成長を望むこと自体が困難であることに早く気付くべき
なのだ。
あと、お人好し過ぎて、中国なんぞ支援したり、向上移転したり、そんなこと
してる場合じゃないのにこぞってやってるのが気に食わない。
いずれにしても、国としてポリシーとビジョンを持って欲しい。それだけだ。


289 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:10:07 ID:2ttTfwRW
やっぱり日本人って………面白っ!

290 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:10:58 ID:???
288訂正

×向上
○工場


291 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:12:16 ID:???
>>288


292 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:13:37 ID:???
>>288
ポジティブだな。

293 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:46:31 ID:cMKQ5eEW
日本人が失いつつある美徳って、本当にそんなものあるのか、といつも疑問です。「謙虚さ」「思いやり」「礼儀正しさ」って、いったいどこにあるのか? それを言うなら、「思考停止」「気弱さ」「大人しさ」の間違いじゃないかと。

特に礼儀正しさは嘘っぱち。まともに挨拶もできない、ぶつかってもすみませんの一言もないどころが無視、
老人や妊婦を見ても平気で突き飛ばして我先に座ろうとする車内のリーマン。電車の中を見れば一目瞭然。
座ってるのはリーマンや若い男ばかり。それのどこが「思いやり」のある民族なんだ? 
日本人が取り入れたくないと思っている文化の国(欧米)の人たちはそんなことはない。
老人を見れば譲るし、重い荷物やバギーを抱えた女性を見れば男性は手伝うし、
ドアを開けるときは常に後ろから来る人を確認して誰かいるか気を付けるし、こんなことは10歳の子供でもやってること。
日本じゃイイ年した年配者ですらぶつかっても謝らないどころか舌打ちするバアサンとかいる。

上司や経営者、権力者に対してのみ大人しく無抵抗、言いなり、おべっか、気弱、というのを「礼儀正しさ」や「謙虚さ」という美辞麗句に並べ替えてるだけ。



294 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/22(日) 23:54:16 ID:ObrbQaAZ
>>293
まずは、見知らぬ人間にも「ハーイ」と挨拶して、積極的に広く浅い友達になろうとする習慣をつけろ。

295 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:54:46 ID:???
日本人はまじめに資本主義をやりすぎて
利益追求にかまけてたから進化できなかったんだよ

296 :名無しさんの主張:2009/11/22(日) 23:56:05 ID:???
>>294
浮くことになるぞ。

297 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 00:07:25 ID:???
そして叩かれるんですね

298 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 00:08:00 ID:???
>>295
いや、経済というものは急激に進化してはいけないんだよ。
日本は進化してしまった。
ある意味、それは人間としての退化につながるかも知れない。

「経済」や「技術」を優先して、人間の「幸福」をなおざりにした
ことがいけない。
断っておくが、俺は無神論者に近い。創価学会やその他の
新興宗教も信じてるやつがいることが信じられない。

人は便利過ぎることが幸せなんじゃない。贅沢過ぎる暮らし
が幸せなんじゃない。だから、発展し続けることが人間の
幸せを追求することではない。そう思う。


299 :295:2009/11/23(月) 00:13:40 ID:???
>>298
有る程度同意できるがおれはちょっと角度が違う
ちなみにおれはばりばりの仏教徒
「真の」進化とは各分野バランスのとれたものでなければいけない
それは全生命や地球に対する責務でもある
>「経済」や「技術」を優先して、人間の「幸福」をなおざりにした
>ことがいけない。
ここは100%同意



300 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 00:18:47 ID:???
>>293
いや、それはさすがに言いすぎだと思うけどね。
日本といいつつ、大都市というか東京の一部しかみてないだろう。
地方都市の人間関係はそこまで乾き切ってはいないよ。
もちろん地方までサツバツ風の都市化を遂げるのは時間の問題だろうけど。

それにイライラした東京人は仮に地方都市にいっても短所を誇大視する。
サービスが悪い、すべてが遅い、バカばかり、陰湿で干渉的、というだろうw

301 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 00:42:13 ID:???
つまるところ、日本人って真面目すぎるんじゃね?
一つの変化があるとそっちに急激に傾倒して過去を消そうとする。
が、急激すぎるがゆえ無理が生じる。
結果過去(今までの道)と未来(これからの道)の板挟み。現在はつねに矛盾に苦しんでる。
過去も肯定しつつ徐々に変化していこうってぐらいのテキトーさが必要じゃないか。

302 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 00:55:33 ID:Yfp0l0Kv
真面目じゃなくて、一貫性と節操の無さと頑迷さだよ。
真面目なのは、上の立場の指示、命令に対してだけ。

303 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:01:37 ID:???
一貫性と節操のなさって矛盾してね?
あ、節操のなさを一貫するということか。
日本人ってホントに奇妙だね。論理で測っちゃいけないきがしてきたよ。

304 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 01:02:19 ID:NiVkbP9o
>>301
真面目なのではなくて、日本人は「真面目な人間を馬鹿にし、要領の良い人間を
おだてあげる」文化があるのです。

ルールや原則に生真面目なのは、ドイツ人です。

日本人は働くため、働かせるためには簡単にルールを破ります。

日本人とドイツ人、どちらが真面目だと思いますか?

305 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:05:14 ID:Yfp0l0Kv
>>303
悪い、どう矛盾するんだ?皮肉抜きで

306 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:09:12 ID:???
え、一貫性って「ただひとつ」でしょ。節操のなさは見境なく「あれもこれも」でしょ。

307 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:09:29 ID:4LBDMjwT
俺も「真面目」は嘘だと思うな。

308 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:13:46 ID:Yfp0l0Kv
その「ただひとつ」の主義、主張がなくて
上の命令で「あれもこれも」するってことだよ。

309 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:15:27 ID:Yfp0l0Kv
何を一貫するか書いてなかったな、悪い。

310 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:17:50 ID:???
だったら一貫性のなさ。って書くべきだよ。
あくまで矛盾しないようにかくなら。

311 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:19:50 ID:Yfp0l0Kv
まあ、真面目ではないよと。

312 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:28:54 ID:???
最初「真面目」の言葉を使った者だが、たぶん真面目じゃないって人とは言葉の意味あいが違っているきがする。
俺は主体性をうしなってまで一生懸命変化に対応しようとする日本人の態度に真面目さを感じてしまうんだ。
法律とかの決められたルールを守ることが真面目の意味なら日本人は真面目じゃないかもしれない。

313 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 01:36:49 ID:Yfp0l0Kv
ルール、法律を守るってことは、
その人と同じ立場の人間の、立場や権利も守ることだから。

314 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 01:41:38 ID:???
日本では、真面目な人間は生きにくいのです。

日本は、知的レベルが低くても、空気を読めて同調性がある人間がもてはやされる社会です。

日本では、真面目で頭の良い人間は、中学生時代にいじめられます。

なぜって、僕も真面目で頭良かったですからね。

315 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 02:29:24 ID:???
>>301
一般的な通念より複雑なことを言いたい場合には、
まず具体例をハッキリ描くのをおすすめする。

イタリアの経済学者グループを日本に招聘したとき
おれのダチの研究者が観光案内を引き受けたが
小学生並にいうことを訊いてくれないって愚痴ってた。
トイレは後にしてください、何時に集合してください、が
ぜーーーんぜん守れずにまるで中学生の引率だったそうだ。

まあイタリアは欧州の韓国とバカにされるくらいの民度なので
そのまま個人主義の参考例にはならないだろうけど、
個人主義が日本人のいう利己主義を伴うのは確実ですよ。
社会的上層である学者ですらこんなんだもんw

316 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 02:37:49 ID:4LBDMjwT
他人をコントロールするものと考えてる日本人のほうがおかしいんじゃないの?
それはイタリア人のほうがまともだと思う。
日本人は堅苦しくしつけられてるだけで、別に民度か高いという事ではないよ。
学者が子どもっぽいっていいじゃないか。子どもっぽさを否定する日本はクソ。

317 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 02:41:47 ID:Yfp0l0Kv
真面目さというより統制、統率のしやすさだな。

318 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 03:55:48 ID:???
個人主義が悪い、集団主義が悪いっていってんじゃないよな。
どっちも長所短所あるけど、日本では集団主義が過ぎるから変えていこうぜって話であって。

319 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 07:27:43 ID:???
人生を楽しまない日本人
http://www.sky-net.or.jp/masahiro/japanese.htm


320 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 07:48:14 ID:???
>>314
>僕も真面目で頭良かったですからね。

真面目で頭の良い人間はこんなこと言わないものさ。
せっかく304で、珍しくかなりまともなこと言ってたのに台無しだ。


321 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 09:06:47 ID:5iI2sRYf
>>316
そうだね
イタリア人もそんなに性格いいとは思わないけど
日本人が馬鹿にするのは無理があるよ
ただおとなしいだけ

322 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 09:12:16 ID:5iI2sRYf
セニョの言ってることもわかるね
真面目より調子のいい人間がもてはやされる
っていうより真面目は排除されるw
物事をななめに見て生きることがカッコイイと思ってるんだよ
そのくせ自主性・主体性が薄く権威主義 ほんとはカッコワルイんだよね

323 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 09:16:26 ID:5iI2sRYf
○他国の文化も尊重できるようになって

○村的・井の中の蛙的権威主義・統制主義が薄まれば

日本はよくなると思うよ  

その村で立場が強くなると個人の話をきかなくなるってのが
いちばんよくない 女を甘やかして好き勝手させるのが正義って言う
今の風潮もよくない

324 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 10:22:44 ID:mrpYxZPd
正確に言うと、日本が何かと拘束を最重要視して、個人の持つ能力を
軽視する方向へと誘導することに特徴がある。特にこういうのを
幼少期から推進しているのが、日本の義務教育だ。もともとこういう
義務教育というのは、国民を軍隊としての序列をつけるという作業を
容易にさせるための道具だ。戦後直後の日本は、軍隊のかわりに企業
へとそうした洗脳人間を送り込むことで成功したが、今となっては
そのような成果など期待すらできない。義務教育の存在価値もないし
その意味すら見出せない。むしろ弊害のほうが大きくて、ニートや
フリーターの増発など負の連鎖反応が発生している。ここでも何度も
意見が出ているが、今一度国民が真剣になって義務教育の廃止論を
声高ににていいのではないのか。


325 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 10:30:55 ID:???
>>323
おまえが井の中の蛙のようだな
外に出ろ

326 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 10:37:15 ID:mrpYxZPd
義務教育を金科玉条のごとくあがめている人が多いが、はたして
それが正しいことなのか考えてみよう。義務教育には致命的な
欠陥が多すぎる。まずは軍隊の前段階だということ。だからこそ
幼少期から国民を全体主義へと染めてしまう。その全体主義と
いってもいい方向へは向かっていない。ニートフリーターの増加
などは義務教育の失態の最たる例だ。人間を30人前後で拘束
すること自体が、まさに軍隊と相違はない。これでは兵隊の
養成所だ。
次にこういう学級編成とは名ばかりで、拘束することによって、
幼少期から別世界からの隔離に貢献しているともいえる。本当は
この幼少期ほど国際性を培うには重要な時期はない。こうして
国民は国際性を完全に殺がれてしまう。これこそ、今のグローバル
な労働市場には適応できない若者を増産してしまう。こういう
階層が労働市場からも弾き出されてしまう。
実は今のニートやフリーターの親たちは、こういうことに気がつく
べきだった。それを誰かに責任転嫁することに汲々としている。


327 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 10:54:05 ID:???
>>326
それは役人が義務教育を「受ける義務」と勝手に解釈してるせいだな
本来は親や国、自治体に課した「受けさせる義務」なんだよな
だから国連の「子供の権利条約」を批准しておきながら
出身国(ないし地方)の言語、文化を教える義務という文言を無視して
画一化教育したり、アメリカンスクールなどを正規ではない各種学校扱いにしてしまう
箱は用意したからって発想なのが見え見え
そして箱の中では……

328 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/23(月) 12:42:16 ID:???
>>327
そもそも「子どもの権利条約」なんて
脱退すら視野に入ってたくらいだから>清和会系文教族
「児童虐待防止法」の改正さえ、学校で体罰が容易に振るえなくなって
馬鹿ガキどもが付け上がる遠因になるとの理由で
渋ってたなんて話もあったんじゃないかな、うろ覚えだけど。

329 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 12:47:37 ID:???
海外の悪いところばかり猿真似して良いところは絶対に見習わないところ

330 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 12:54:49 ID:???
人間に対してもそうだな
欠点ばかり探してる

331 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 13:10:38 ID:???
インフルが人為的に創られた可能性
(エイドリアン・ギブス:オーストラリア国立大学名誉教授 タミフル開発者)
http://www.youtube.com/watch?v=r7YVGZj1Jfk

ケムトレイルとは何か
http://www.youtube.com/watch?v=70iBeck35nI

米国だけだと思う?いえいえ、あなたの上空にも飛来してますよ。
SF小説並の現実がずっと前から進行しているが日本は丸腰無抵抗w

332 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 13:42:53 ID:???
>>302-303
一貫性というより、『「頑迷さ」とか「柔軟性のなさ」が延々と惰性で続いている』って感じだな。
一貫性というのは筋を通すとか原理原則・物事の本質をきちんと把握した上でのものだが、
日本の場合そういうのはあまり多くないと思う。

>>304
少し屈折した感じだけど、要領はそこそこ良くて世渡り上手な人間がウケる時代だよな。
キムタクとかその手のキャラを良くドラマで演じているけど、その影響もあるのかねえ。

333 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:05:02 ID:x1hHk/i1
そういえば日本人って、心のどこかで「自分たちは完全無欠だ」とか
「自分たちの欠点は他人に指摘されたくない」とか思っている人が
結構いると思う。
俺なんか最たる例で、親の忠告とか散々シカトして人生を半分
棒に振っちゃったような人間だし、周りを見ていてもそういう人間が
性別年齢問わずゴロゴロしてる。

やっぱり心の余裕が足りないのかねえ。包容力とかも含めて。

334 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:05:59 ID:JElkrBZY
>>325
だまってろやカス

335 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:10:45 ID:QKorsx8W
>>328
また「体罰が出来ないなんて今の先生は大変だ」とかいう奴がいまだにいる。
というか体罰未だにある、高校生で殴られたって話まだ耳にするもん。

体罰やった教師は即刑務所行きでいいんだよ。ただの虐待なんだから。
戸塚ヨットとかまだあるんだぜ? 東京都のヤクザ知事が支援してる有様だ。
なんだこの国は。

336 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:13:59 ID:x1hHk/i1
>>335
戸塚ヨットスクールの校長って、俺と同じ愛知県(名古屋)出身なんだよな。
愛知県といえば、今剣道家崩れの元タレント知事がいる千葉県と並んで
管理教育の牙城だったところ。今でもイジメや不登校が本当に多い。
児童虐待の通報・認知件数が、一時期全国の6分の1近くを占めたことも
あったらしい(愛知県の全国に占める人口比はせいぜい5%台)。

337 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:19:28 ID:???
管理教育に染まってる教師連中って
それが日本の文化・日本のやり方とか思ってるからたちが悪い
外人様には恥ずかしくてみせられねーぜ

338 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:32:44 ID:???
最近2chだけじゃなくて、他のブログとかサイトを見ても
外国蔑視の書き込みや記事が増えた気がする。

変な幻想がなくなって実態を掴めるようになったのなら
それは結構だけど、何となく見ていると自分達の自信や
誇りを何とか持とうとして結果的に排外的・攻撃的に
なっている気がしてならない。
youtubeのコメント欄も最近は日本人が英文だったり
日本語だったりでその手のコメントを書くようになったし。

時代は変わったよ、本当に。

339 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:35:57 ID:???
管理教育も体罰も、教師に威厳があって尊敬できる存在でなければ成り立たないもの
今の教師は威厳もなけりゃ尊敬できると言える人も少ない
理想と現実のギャップが大きすぎる上に
そのギャップを埋めるのが自分たちでなく子供たちと考えてる節がぷんぷん臭ってくる

340 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:38:16 ID:???
>そのギャップを埋めるのが自分たちでなく子供たちと考えてる節がぷんぷん臭ってくる

だよな
厳しさが足りないとか言ってな。。
厳しさを知らんのは教師だというのに ドイツとかベルギーでも行って
現場を勉強してほしい


341 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:40:24 ID:???
>>339-340
子供のほうもニュースで教師の不祥事とか犯罪とかいろいろ知ってるし、
本能的に最近の教師の性格とか考えてることとか察知しているから、もう
完全にそこの辺が教師対子供じゃなくて生産者対消費者みたいな間柄に
なっちゃってるんだよな。

尊敬できる人間関係とか教える慕われる関係とかじゃなくて、淡白で
相互一方通行的な感じ。

342 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:40:26 ID:???
何の独創性も人生哲学もないままに来た人間が教師をやって学力をつけさせるために自分勝手な奮闘をする
国にとってこれほどの悲劇はない

343 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:42:21 ID:???
>>338
>最近2chだけじゃなくて、他のブログとかサイトを見ても
>外国蔑視の書き込みや記事が増えた気がする。
ストレス社会の典型じゃないかな?
ストレスが強くなると、事実の拒絶、開き直り、攻撃、自虐、抑鬱、迎合の順におかしくなるんだっけ?
それまで自虐的な書き込みをしてた人たちが抑鬱状態へ悪化して書き込みが減り、
それで新しい人たちが目立ってきただけではないかとw

344 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:44:49 ID:???
>>342
大学出たばかりの若い人間が教師にすぐなれるっていうのも考えものだな。
昔は苦学生とか戦争中を行きぬいたとか、何らかの社会的陶冶・生活苦を
経験した人間が少なからずいたけど、今は世の中豊かで平穏になって
強靭な精神力とかなかなか育ちにくいからねえ。

345 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 14:54:01 ID:???
>>344
逆に大学出たばかりの若い人間でないとなれないしな。

346 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:03:18 ID:???
>>344
最近の教師物マンガ(GTOとかごくせん)を思い出したわ。
彼らは暴力団とかバックにいるから信念を貫いて教育できるけど、
現実は、どんな立派な教育哲学や生徒への愛があっても現場で潰される宿命。
そもそも苦労してる人間とか、やる気のあるやつは採用の時点でハネる。
生徒のことより、職員室の空気が大事なんだろうね。

347 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:18:31 ID:???
>>343
それは…死を告知された患者の辿る心理過程の話で
エリザベス・キュブラー・ロスの死の五段階とやらなんだけど。
この人は精神医学会のビッグネームであり
日本の医師国家試験にも名前が登場するくらいだが
後半生は霊魂とか宇宙人との交流まで行き付いた。
彼女の晩年、立花隆とも対談してる。

348 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:22:43 ID:???
>>346
に付け足しで、
教育現場に限った話じゃないなぁと思う。
企業の採用基準も、どれだけ利益をあげてくれるかではなくて、どれだけ職場に馴染むだろうか。
こうなったら何のためにその組織があるのか、本末転倒な訳で。
仲良しごっこをするために、日本人は働いているのかと。

349 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:22:45 ID:???
今は女性のほうが生きやすいかもしれない。
その場のノリで見た目取り繕うことは女性の得意技。中身スカスカだけど。。。頑固でサムライみたいな男性は時代にとりのこされそう…

350 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:22:58 ID:+4aZrbeo
死に近づいているってことか。

351 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:24:52 ID:+4aZrbeo
>>350
>>348あてに

352 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:39:49 ID:+4aZrbeo
>>350
>>347さんあてにでした。

353 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 15:47:36 ID:zq1r17Zy
教育の目的とは『学問を通じて人生を楽しむ知恵を教えること』にあり、苦労を正当化することではない。


354 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:49:49 ID:???
>>345-346
だから子供を教えながら自分も育っていかないといけないんだけど、
今は教師への信頼自体が薄らいでいるのに保護者からの「依存心」は
強いまんまだから、新人教師への負担が大きいんだよね。
そりゅあ欝になってもおかしくないよ。モンスターペアレントって学校よりは
家庭のしつけでなる要素・要因が大きいと思うんだけど・・・

355 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 15:50:47 ID:+4aZrbeo
日本の教育は学問じゃないもん。

356 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:04:09 ID:???
>>355
そういえば、日本の教育は「管理」だって以前フランスの教育学者に指摘されたんだよな。
管理するんだから、基本的には「育てる」んじゃなくて「手なずける」ことに意義があるってさ。
今まではそれで何とかやってこれただろうけど、でもそのうち今以上に世の中があれこれと
機械化・ロボット化していったら、日本人には何が残って何が求められるんだろうな。
今はできる限り『人間がロボットのほうに』近づくことを求められているようなもんだから、
そのうち冗談抜きに映画「アイ・ロボット」や「ロボコップ」のような社会が到来するのかも。

あと上にも書いたけど、最近ネット上や一部のエコノミスト・ジャーナリストが盛んに
江戸時代や戦国時代を振り返って「昔のいいところを見習おう!」とか「武士道を
見直そう」とか言っているけど、何か現代に取り入れたらまずいようなものまで
遮二無二再発見しようとかいう斜め上の方向に突き進んでる気がするんだが・・・
2ch上で、やたら日本の過去・歴史を完璧なものと捉えようという書き込みが
増えているのも、そういう流れの中から出てきたのかねえ。

357 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:17:54 ID:???
>>346
反町隆史のGTOも仲間由紀恵のごくせんも、結局背後にそういった
バックヤードを持っているからああいう行動に出られるんだ、っていう
いい例だよな。「力なき正義じゃ無力」とは良く言ったものだよ。

2000年に名古屋で五千万円恐喝事件っていう事件があったんだけれど、
この事件、実はなんと警察も教育委員会も当初事実関係やら何やらを
完全に黙殺しようとしたんだよな。PTAまで関わっていたと言われている。
けど最終的には事件が明るみになって、不良グループは全員逮捕された。
なぜかというと、イジメで大怪我をして入院していた少年と相部屋になった
暴力団の息子が、彼を気の毒に思って親(三次団体組長クラス)と一緒に
教育委員会や警察に直談判して地元マスコミにも情報を流したから。

このニュースを知って、GTOや後のごくせんを思い出したのはひょっとしたら
自分だけじゃないのでは・・・?

358 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:18:55 ID:???
>>356
たしかにな
そのふたつの流れは意外と近いかも
なんか日本人は極端な発想しかできないのかね
ふつうに適度に幸せにまわしていく社会をつくる能力がないっていうのか
なんか発想がロボット的で物理的なんだよな

359 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:25:17 ID:+4aZrbeo
日本人は発想が二元論的で多元論でないと。

360 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:30:54 ID:+4aZrbeo
>>357
黙殺、日本人の得意技で伝統芸能だな。
隠蔽されて死んでいった人間も多いんだろう。

361 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:32:11 ID:???
デジタル化が進んでる

362 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 16:35:25 ID:???
>>360
埼玉県本庄市や福岡県筑前町のイジメ自殺事件も、
当初は町ぐるみで隠蔽を図ろうとしていたらしいね。
今回発覚した沖縄のリンチ事件とか、まだ表沙汰に
なった分マシなのかもしれない。

363 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 17:20:54 ID:???
>>349
>頑固でサムライみたいな男性は時代にとりのこされそう…

マディソン郡の橋っていう作品が昔あってだな…
こんな無骨なセクシー男に犯されたいと日本女は色めきたった
マディソン郡旅行ツアーも組まれたw

364 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 17:23:47 ID:???
それが今は韓流オバサンになったと。。

365 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 17:24:40 ID:+4aZrbeo
はやりに流されやすいと。

366 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 18:07:58 ID:???
流行に流されやすいのとブランドに弱いのは昔からだもんなー。

CPUだってIntel絶対盲信でAMDやVIAは完全に埒外だし。

367 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 18:24:08 ID:???
日本人がロボットもどきならアメリカ人はまんまロボットだな。
あいつらの嘘くささったらねえよ。

368 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 18:31:12 ID:+4aZrbeo
日本はアメリカの跡を追尾しているからな。

369 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 18:54:00 ID:???
ロボットにも色々あるぞ。
欧米人はCPUを積んだメカ。性能は別とするが。

日本は自動車だな。

370 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 18:57:40 ID:+4aZrbeo
その心は?

371 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 19:09:15 ID:???
>>370
単体での稼働が期待されているかいないか。

自動車はそれ自体が交通というシステムの一部。例外を除いて、道路や信号なしでは使えない。
なんて考えてみた。粗はあるだろね。

372 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 19:39:30 ID:???
よく電車飛び込みで「迷惑だ」なんて声を聞くけど、もう人間じゃないと思った。「迷惑だ」なんて一言しか言えないのかと。せめて「なんで自殺しちゃったんだろう?」くらいは言ってあげて良いんじゃないか。
他人事だからといってありゃ冷たすぎるだろ…なんて場面が多い。一番有名なので言えばイラクの拉致事件とか。あれなんか国を挙げて「自己責任」なんて言葉を投げたんだぜ?

もう日本人の多くは人間じゃないよ。おまけにロボット化されかけてるしw

>>360
あの沖縄のイジメなんか悪質極まりないのに黙殺してるんだもんな。ありゃ無いよ。


もう日本人が気持ち悪い。同じ日本人として恥ずかしい。

373 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 20:26:20 ID:bFRd3iOo
義務教育なんていうから聞こえがいいけども、結局は戦前から
ある国民の軍民化への道具に過ぎないんだよな。本当の意味で
いえば教育ではなくて管理なんだよな。
でも今後の国際化社会にはそんなものは通用しない。こんな
管理を強要して失敗しているのが、今のニートにフリーターじゃ
ないか。もう今の義務教育には利点はない。学校の崩壊は必然。
弊害ばかりで、予算だって10兆円規模で垂れ流しだろう。
しかも親にしてみれば、子供を色々な危険に晒しているような
無用の長物だろう。もう義務教育こそ国民の意見で廃止に追い込め
ないだろうか。別に日本人には義務教育がなくても、江戸時代
から自発的に教育をしているから、別に問題はないだろう。
義務教育の廃止こそ国民の国際化への第一歩だろう。


374 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 20:39:49 ID:Uoz4Srtq
義務教育は廃止でいいけど、教育はなくしちゃまずいよ。

375 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 20:57:57 ID:???
勉強ではなく勉学にするべき。


376 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:04:32 ID:Uoz4Srtq
スタディでいいや。

377 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:06:41 ID:G/4aOs+N
>>372

どうしてそのようになってしまったのか、そこに焦点をあてて洞察し、
いろいろな機会を通じて改心していくしかないのだ。
機会といっても、自由意志でどうにかなるものでもないが。

80歳の独居老人が、自給自足している番組があった。その老人のやりたい
こと。都会から自分ところにふらっときて、自然にしたがって適度に暮らし、
やがて去っていく。本心からの喜びを他人と分かち合いたい。
そういう機会を増やしたいとお金をためていた。
そのお金を困った知人に貸したがお金は期限を過ぎても返って来なかった。
自給自足の田舎の一人暮らしで、気を揉んで夜も寝られなかった。
それでもやがて気をとりもどした。
番組では、自給自足の独居老人ののんびり風景や笑顔だけに焦点をあてて、
犯罪的な行為の知人については、事実だけほんの一瞬触れただけだった。
番組担当の気分で報道される。その番組をつくる担当者の価値観は、
多くの国民の価値観を繁栄している。その価値観はテレビやインターネット
ですぐ伝播する。
人間性にかかわる生涯教育が、コミュニケーションや事実認識において、
きわめて重要な意味をもつ時代だ。逆に人間性が未熟のまま、それをお互いが
かばいあっている状況では、革命異変か、国外脱出するしか妙案が見つからない

378 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:12:39 ID:5iI2sRYf
>>377
その番組に出てくる人の話で思うけど、
今、日本人の人間性や自主性、そしてそれから導かれる幸福感が
問題になってるんだと思う
それで、日本人の場合は自然や自然の中での暮らしとどういう距離感を持つかってのが
人間性の復興に関係してるのではないか、と思う


379 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:28:25 ID:???
にほんじんのこうげき

どれいのくさりじまん
じこせきにんをとなえる
みんなでおどる
がまんする

380 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 21:33:21 ID:NiVkbP9o
別にダメな人間はそのままでいいし、個性的な人間もそのままでいいんです。
ダメな人間だって、ダメなことが個性なんだから。

戸塚ヨットスクールは外圧でぶっ潰し、ゆとり教育と選択科目性を見直すべき時代だ。

by 受験戦争を体験した団塊ジュニア

381 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:37:47 ID:5iI2sRYf
セニョールさん、しかしあなたは学歴を誇ることを肯定してますよね
矛盾してませんか?競争や暗記受験戦争を肯定するのかしないのか、どっちなの?

382 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 21:43:56 ID:NiVkbP9o
競争も暗記受験戦争も肯定なんてしていませんよ。

僕の受験戦争時代は、たしかに詰め込み教育が横行していまして、
これからの世代の人間に同じ思いはさせたくないと思いますが、

『学問』としての受験勉強は残すべきだと考えます。

理系の場合は暗記だけでは受験に受かりません。
応用力が必要になります。

そして、それなりの大学を卒業した人間の実績は、社会が認める
必要があると考えます。

僕は、より自由な教育を理想と考えていますので、受講科目の選択制の
重要性を認識しています。

383 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/23(月) 21:45:38 ID:???
そもそも、勉強、学問とは、自分が興味を持つ分野を率先してやるべきであり、
そこに「人生を楽しむ意義」が隠されています。

勉強が嫌いな人や学問が嫌いな人に、勉強や学問の楽しさを教えたいですね。

384 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 21:58:27 ID:???
>>236
亀ですまんが、この間政権交代を果たした、某政党の新人研修もそんな感じなんだってね。
俺みたいに、日本社会のそういう傾向が嫌だから政権交代を望んでいたものにとっては、
「そんなので良いのかよ」というか、何ともやり切れんわ・・・。

385 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 22:34:49 ID:???
>>359
昔は「一神教が基本で二元論的なキリスト教・イスラム教文明と違い、日本は八百万の神々を
認め、多様性を認める仏教の国」なんてよく言われたものだけど、結局アレもウソだったって
ことだろうかねぇ。
イヤまぁ、昔は確かにそうだったのかも知れないけど、少なくとも今の日本社会を見る限り、
とてもとても・・・。

386 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 22:45:16 ID:OYA3YSps
富国強兵からはじまって、経済最優先になったからじゃね。

387 :名無しさんの主張:2009/11/23(月) 22:55:01 ID:5yngnsRX
極悪詐欺師の女房 佐々木久子の宿命 小太り老け顔で不細工
http://www.wordsjunction.net/words/%E6%A5%B5%E6%82%AA%E8%A9%90%E6%AC%BA%E5%B8%AB%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%88%BF%20%E5%B0%8F%E5%A4%AA%E3%82%8A%E8%80%81%E3%81%91%E9%A1%94%E3%81%A7%E4%B8%8D%E7%B4%B0%E5%B7%A5


388 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 00:03:38 ID:???
なんか形式的な場面での挨拶とか偉い人の話とかつまんなすぎ。例えば校長の挨拶とか。
形だけのなにも伝わってこない話をクドクドと…
あれを建前ながら真剣に聞いているというポーズをみんなとってるのが変に思えてくる。

389 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 00:44:17 ID:Tt+boUDo
そういう人も若いときは理想に燃えてたときがあったのかもね
生暖かい目で見守ってあげましょう

390 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 00:50:49 ID:???
日本って世界的に知られた偉人が少ない気がする。
野口英世くらい?
葛飾北斎は有名なのかな。
芸術家、哲学者、科学者の類いは日本じゃ生き辛いだろうねぇ

391 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 00:59:23 ID:RuqALHtS
>>343
mixiを見ている限りだと病んでいる人が実感できるね。 ('A`)

392 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:01:27 ID:DJ7qsY6Y
メジャーリーグを目指す野球選手に文句をつける
(サッカーは海外目指すのに文句言わないんだよな)

393 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:01:29 ID:???
>>380
ダメっていうか、一見ダメに見えても潜在的な多様性が大事だしな。
極端な例でいえば、平和時には有能でも緊急時や戦時下では無能がいる。
逆に平和時には怠惰かつ無能でも、緊急時や戦時下では勇敢な英雄もいる。
荘子だったか、筋目の通らない使いものにならない木は伐採されずに助かる。
仮に死刑囚であろうとも永山の「無知の涙」のような作品を削りだせたら
他の犯罪者や一般人の胸を抉る。凡庸な公務員より影響力と価値を生んでいる。
無駄とか駄目とか無能なんていうのは相対的・皮相的な価値判断だから、
神じゃあるまいし、そう軽々に決め付けることはできないと思うんだが。

394 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:02:56 ID:A2+cWEGl
■新しい戦争。その名も「乗っ取り戦争」
●精神侵略→人口侵略→軍事侵略の流れについて

 第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
 第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
 第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
 第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
 第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」
 最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」

395 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:08:11 ID:???
>>356
江戸時代や戦国時代までさかのぼらずとも、60〜70年代の高度成長期についても同じことが
言えるよね。
昔は「懐かしのテレビ特集」「思い出のヒット曲」てな特番があれば、ビデオに録ったりして何度も
何度も観てたものだけど、最近はめっきり観なくなっちまった。
動画サイトやCD、DVDで手軽に観たり聴いたりできるというのもあるだろうけど・・・何と言うか
あまりにも後ろ向きすぎる姿勢に、いささか病的なものを感じてしまってねぇ。

396 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:16:31 ID:???
これからどんどん格差が広がるっていうけど、それが固定化してしまわないか不安。
経済力がない人も家族で癒されたり、夢と希望をもって働けるならいい。
でもこの国は経済力がなかったら結婚もできず、自尊心も保てなくなるくらいボロボロに働かされるだけじゃないか。
そんな格差の中で逆転も望めないようになかったらもう終わりだと思う。

397 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:18:32 ID:mG/VQWOP
固定化って、もうできあがってるんじゃないの?

398 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:25:49 ID:???
>>396
もう終わり、となった時、人間はどういう行動を取るか。
第二次世界大戦が第一次の敗戦国ドイツから起こったように、
次の大戦は日本発かもね

399 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:28:16 ID:???
まぁ出来上がってるかは見方によるだろうけど、日本の場合、負け組でもお上には絶対逆らわないって人が多いから格差も徹底的になりそうでコワイナ。

400 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/24(火) 01:29:53 ID:rjzALoYi
>>396
>でもこの国は経済力がなかったら結婚もできず、自尊心も保てなくなるくらいボロボロに働かされるだけじゃないか。

でもその原因は、男女雇用機会やジェンダーフリー思想に反対する2ちゃんねらーの皆さんなんだけどね。

女性の社会進出が高い欧米では、経済力がなくても『男として魅力があれば』結婚できる。
そんな社会は最高だよね。

401 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:31:29 ID:???
>>396
目に見える格差や階級がないのに、実は社会のある決まった一定の
レールから外れてしまうとものすごく息苦しい・生き辛い社会だもんね。
もっというと格差自体は広がること以上に固定化する方向が一番
社会の発展に影響が出る。

>>395
自分は一連の回顧主義的現象を個人的には「プロジェクトX症候群」って
呼んでます(笑)
何か後ろ向きというか、変に時代の針が逆回りになってきている分野が
多くなっているよなあ。

402 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:36:14 ID:mG/VQWOP
アイデンティティの揺らぎって奴ですかね、回顧主義。

403 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:37:10 ID:???
>>400
最高だね!
「私の彼、貧乏だけど、そんじょそこらの男じゃないわよ」
なんて言われたら男も女に惚れざるを得ない。
いい循環が生まれてるんだね

404 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:39:37 ID:70MMaGLr
>>402
まあアイデンティティというか、もともと日本人の精神的支柱が
歴史的に見ても一定してないから、この手の過渡期的混乱が
今現在も再び発生しているってことなんじゃないかなあ。
おそらく、同じようなことは過去にも何度かあったんじゃないか。
明治初期に廃仏毀釈運動とかまさにそうだよ。

405 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:43:21 ID:???
支配―被支配という関係はあって当然だ。
しかしそれは人間みな平等。という前提ありき。
支配者側が不当に搾取していいことにはならない。
日本人は責務じゃなく権利のほうにもっと敏感になるべき。

406 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:47:06 ID:mG/VQWOP
権利、法律、ルールに無頓着

407 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:56:12 ID:nYR/viU8
日本人は道徳に欠けている。
たまたまぶつかった人に”失礼”位の声をかけてるやつの少ないこと少ないこと。。。
N.Y.でももっといるねw 暗すぎる。

アメリカに長いこと住んでいたがあいつらのほうがよっぽど生きてて楽しそうだ
修行でもしてるのかw

宗教じみた事は言いたくないがある程度ああいう”教え”みたいなのは必要だと思う
基本、無宗教だもんな。 だからダメなんじゃないかと。。

アメ人はキリスト教の影響が普段の生活に完全に入り込んでる。
良いか悪いかは別としても道徳心のようなものはあいつらの方が上

408 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 01:58:17 ID:???
>>405 に加えて。
権利を主張するということは決してクレーマーやモンスターペアレンツになることではない。
そこら辺勘違いした輩がますます日本のバランスをおかしくしている。

409 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:01:00 ID:70MMaGLr
以前、税金とはどういうものかを各国の市民に尋ねたら、おおよそこういう回答になったらしい。

日「国に捕られるもの」
米「国家に支払うもの」
英「政府に納めるべきもの」
独「政府に支払わなければならないもの」
仏「国に遣わせる為のもの」
伊「国が遣うもの」
蘭「国に遣って貰うもの」(オランダ)
瑞「国家に預けるもの」(スウェーデン)

これは自分が高校の時(もう10年以上も前かなあ)公民の授業でとある資料集を
使って教えられたものなんだけど、確かにそれぞれのお国柄が表れてると思った。

410 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:04:17 ID:nYR/viU8
こんな 古いジョーク知ってますかねー
 「この世に存在しない4人 それは
    アメリカ人の哲学者 ドイツ人のコメディアン イギリス人の音楽家
    そして 日本人のプレイボーイ」
それぞれの国民性を表わした ナショナリティー・ジョークですね
こんなのもありますよ
 沈みかけた船 救命ボートは足りない 海に飛び込んで泳いで欲しい時
 イギリス人には 「紳士の方からどうぞ」 アメリカ人には「ヒーローになれるぞ!」
 ドイツ人には 「これがルールなんでね」 日本人には 「皆さん 先に行かれましたよ」
もう一つ 
 笑い話を聞いた時 
 アメリカ人は 膝を叩いて笑う イギリス人はクスっと笑う
 ドイツ人は 翌朝になってから意味がわかって笑う
 日本人は わからなくても とりあえず笑っておく・・・・


411 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:05:45 ID:???
>>404
加藤周一による宗教観の概説を読んだことがあるけど
日本はアニミズム、自然宗教、神道系のうえに
仏教と儒教が(変容した形で)展開した。
本来の形は拒絶したわけで、自然宗教こそ本質だそうだ。

で、室町、江戸以降は処世哲学を含んだ儒教が強まり
明治期以降は富国強兵の都合や廃仏毀釈運動などにより、
また敗戦以降は増大する人口の管理と経済成長の都合から、
完全に儒教が優勢になっているようだね。

だからここ100年の日本は、まあ、過渡期であり特殊だね。

412 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:10:32 ID:70MMaGLr
>>411
儒教は儒教でも、朱子学的なものと陽明学的なものだね。
自然宗教というか、道教の一種が日本には古くからあったんじゃないか。
神道も道教の亜種と言われるね。

413 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:13:02 ID:mG/VQWOP
一神教はわかりやすくてうらやましい。

414 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:17:36 ID:???
>>410
いい出来だとは思うが、最初のジョークを作った人はそこまで日本を知らなかったようだな。
日本人はサラリーマン〓労働奴隷 以外ほとんど存在しないぞ。

415 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:22:05 ID:???
>>407
NYにしても東京にしても悪徳蔓延る魔窟みたいなものなので
経時的定点観測としての意味はあるけどその国の代表点として適切かどうか。
日本らしい日本といえば東京でも大阪でもなく、福井とか富山のような、
豊かさ指数MAXとされている保守王国のような気がするんだけど。

地方だと小学校低学年が「こんにちはッ!」って挨拶してくるよ?
東京だと塾帰りのメガネ君が「…失礼ッ」とかねw

416 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:27:42 ID:???
日本人は感情とか内面をもっていても(もっているゆえ?)言葉や身体で表現できないところに弱点があるね。
アメリカ人みたいなオーバーリアクションは間違ってもできない。

417 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:28:41 ID:D9Ua++NO
>地方だと小学校低学年が「こんにちはッ!」って挨拶してくるよ?
東京だと塾帰りのメガネ君が「…失礼ッ」とかねw

小学生はするんだよw 問題は大人w 子供にさせてる癖にww

まあ、確かに東京は日本の中でも特殊だわなw


418 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:29:01 ID:???
>>415
東京でも奥多摩まで行くとヘルメット被った小中学生が挨拶してくれるよー。
都心で荒んでしまった俺は反応できなかった…。
自然の有る無しってのが結構ポイントかもね。
新宿とか東京駅周辺とか異常だわ。

419 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:34:42 ID:mG/VQWOP
>>416
あっちは自分の感情と意見をわかりやすくはっきり伝えることが大人の礼儀と誠意だから。

420 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 02:56:24 ID:D9Ua++NO
日本人の足りないもの。。オリジナリティー。
今まではそれでもよかったのかもしれないけど、これからは。。

日本が右肩上がりで行ってるとき、アメリカは苦しんでた。
今の日本はあの時期のアメ、なわけ。

アメは金融工学、IT
などを生み出して(発明して
復活した。

過去のw話だが日本にも出来ないことは無いはず。
出来るはず。

猿まねではもうだめなんだ。もう。 

421 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 03:15:49 ID:D9Ua++NO
今の所はロボット、電気自動車辺りだろうなあ。
日本は。。ちと弱いが。。

422 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 03:18:49 ID:???
足の引っ張り合いの平等もおかしいが自己中心的な人間が上にいて何も言わない下をおしつける格差もおかしいな。
日本人の関係っていつも一方的なんだよ。
全責任を負うやつとそれに全てを任せるやつ。
なぜ個人個人がその人分の責任と自由をもとうとしないんだ?
一人一人に分散させれば日本人の大嫌いな責任も軽くなるのに。

423 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 03:25:18 ID:mG/VQWOP
ルールが明確じゃないから。

424 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 03:27:12 ID:mG/VQWOP
あと、対等という概念が希薄だから。

425 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 04:07:02 ID:???
上の人間がどんな最悪の屑野郎であっても絶対に逆らえない・逆らわないってメンタリティは
封建時代の上意下達絶対主義も関係してるんじゃねーかと思うんだがどうだろうか?

426 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 04:13:35 ID:mG/VQWOP
年功序列と体育会系のコラボでしょー。
体育会系の源流はしらない。

427 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 05:06:18 ID:???
韓国は身内であっても年配には敬語を使うのだよ。
偏狭な儒教が社会を支配しているからね。
答えはおのずと明らかだろ?
儒教なんだよ儒教。儒教の変形。
明治以降は天皇中心の富国強兵のために
政策的にこれを強めた。その残滓が抜けない。
右翼はこれを固定したいし、左翼も中国系思想と
全体主義が好きだからこれを改革する意図をもたない。
なにより日本語と敬語との相性が良すぎるからな。
ちょっぴり語尾を砕いただけで、偉そう、とか何様?などと
思うくらい、語尾に感情を左右されているのではありますまいか。

428 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 06:59:33 ID:Tt+boUDo
>>408
まあしかしモンスター教育こそが
道徳心のない人間を輩出してるんだがな

429 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 07:03:08 ID:Tt+boUDo
>>412
>神道も道教の亜種と言われるね。

間違ってはないが、道教を取り入れたのはあくまで形式部分
本来拝んでる対象からして違う


430 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 07:20:41 ID:mG/VQWOP
拝む対象があいまいだから、モノ、ヒト、カネを拝むことになる。

431 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 08:51:22 ID:hoKb0LXi
拝むのは天皇陛下、そして女性の皇祖神のアマテラスオオノカミ、豊作の供給源
である太陽の神だったのが、いきなり自分の命や矮小な自己愛のみに急転。
おだて、甘やかし、もたれあい、かばいあい、エゴの自尊心擁護の過剰な侮辱意識
やそれを保護する法律の乱造。
利益共有や善悪・葛藤逃避のお互い様意識、偽り中心の利己的同調行為(これを現代の
集団主義といっているのかな?)、化けの皮がはがれても、すぐ逃げてなんとか
未熟な自尊心や生命を保てるための最大の守護神がお金。
どうなるかわからないときの決断や決心はどうやったら育まれるか?
宗教心や死生観が未熟な日本にあっては、エゴの擁護からは
決して育まれるものではない。
逆に宗教心や死生観から広範囲な自己愛に変わり、
決断・勇気が生まれる。欧米人が寛容なのは、二つの要因がある。
一つはエゴがらみの人種差別意識。もう一つは神仏の愛を基底において、
エゴを制定する宗教観だ。
だが、資本主義ではどうしてもエゴが優位に立ちやすい。だから、欧米の白人
も自分が有色人種よりみじめだったら、どんなに横暴で、
残酷になるかわかったものではない。

432 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 09:02:08 ID:Tt+boUDo
むき出しのエゴってやつか
社会の秩序意識をつくった儒教でさえも
エゴを満たすための道具と成り果てる

433 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 09:11:51 ID:Tt+boUDo
ここでも語られてるように
日本はルールが常にあいまいだし
また、アメリカ人的な寛容さ・陽気さがないw
だから、自分はここだけが誇りですっていう人が多い
東大出てます、医者です、学歴はこうです、社長です
そこを他人から否定・もしくはスルーされると、劣化のごとく怒り
不満顔になる
自我が小さく固く、折れやすいw

434 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 09:12:59 ID:Tt+boUDo
○烈火のごとく

435 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 09:21:10 ID:mG/VQWOP
他者との共通認識、前提が崩れたからこそ所属にこだわりすがる訳だ。

436 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 09:23:19 ID:???
昨今の一連の公務員叩きは経営者側の思う壺だ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1258963783/
公務員の給与削減、賞与&退職金カットは国民の総意4
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1255782053/


437 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 13:04:20 ID:???
マイケルムーアのSickoって映画でフランス在住のアメリカ人が
両国を比較して言ったセリフ

フランスは政府が国民を恐れているから至れり尽くせり
アメリカは国民が政府を恐れているからやりたい放題

アメリカのほう、まさに日本と同じだなと思った。
アメリカ人のほうがまだ権利を主張するからアメリカ以下か。

438 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 13:16:00 ID:???
まさに奴隷国家だよな・・・・
外国人が日本の実態を知ったら絶対そんな感想漏らすだろうよ・・・・・

439 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 13:27:55 ID:???
信じてるものと目の前で起きてる現実に乖離があるよな。
他人とわかりあえると信じてる半面、現実では他人との差異を感じさせられることばかり。
そのとき空気という偽の共同体に溶け込もうとする人間とひたすら自己を肯定し他者を無視する人間にわかれる。
日本は前者が圧倒的に多い。自己を肯定しながら他人も認める(アイムオッケーユーアーオッケーの精神)は自己肯定の基盤がない日本では難しい。

440 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 13:28:05 ID:D9Ua++NO
怒らないからなんだよ。
民主主義は英語でデモクラシー。。 デモの語源だ。 恥ずかしがるなw日本人
そう教育(押さえつけられている)されてるだけだ。

441 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 13:35:13 ID:???
鳩山より先に小沢か 水谷建設元会長「1億を小沢氏側へ渡した」と地検に供述 現議員の元秘書も同席
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1258995635/

442 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:22:20 ID:???
>>395
バブルが崩壊してから20年近く日本はのたうち回っていたけれど、
いつの間にか死んでたんだよ。今の日本はゾンビか悪霊みたいなものさ。
もう死んでるから前向きな話は一切出てこないじゃない。
どう既得権を守るかとか、そういう話ばかりだけど人々の意識が過去に行ってるんだよ。
死人には過去しかないから。

今の日本は惨憺たる状況だけど、ものすごく静かじゃない。
デモとか暴動とかの話もあまり出てこない。
勿論管理教育が凄まじかったというのもあるけれど、日本社会が既に死んでいるから
当然と言えば当然の話なんだよね。
自殺者がいくら増えても、安楽死法案を作れと言い出すあたりが端的に
日本も日本人も既に死んでいることを象徴している。

もはや今必要なのは「おまえは既に死んでいる」という事実を突きつけて
死亡確認を取ることしかない。一旦死んでいることが分かってゾンビや悪霊が
死後の世界に還ってしまえば、また新しい世の中が生まれてくる。
まあそういったゾンビ・悪霊は150年間の怨念を引きずっているから、
なかなか成仏できないだろうけどね。

443 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:25:44 ID:Tt+boUDo
>>439
>>442

そうだよなあ。
もう精神的には死んでるんだよな。
この辺きっちり認識して対策立てないとなあ。

444 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:27:32 ID:Tt+boUDo
変な話だけど
今の停滞したこの社会では
まず忘れる能力って大事だよな
過去の怨念をかかえたままでいるとなにも生まれない

445 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:33:10 ID:RuqALHtS
昭和の回顧録にすがりつく日本

マスゴミも昭和マンセーやw

446 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:45:04 ID:ymu6z7A/
北海道の学生が就活くたばれデモやってる。俺も大学生だけど、新卒至上主義はおかしいと思う。
企業は完璧なロボットを求め過ぎ。

447 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 14:56:58 ID:???
442にもう少し付け足すと、まともな人も死んだパッケージの中に置かれると死んでしまう。
例えが古くて申し訳ないが、キョンシーに攻撃されるとやられた側もキョンシー化するという感じだ。
だから今必要なメッセージは、とにもかくにも「逃げなさい」ということになる。
ゾンビ社会と闘っても勝てないし、無意味。
それは欧米の民主主義概念が日本にないという次元の話ではなく、
生命力が抜けきったシステムにはもう変化するだけの能力がそもそもない。

448 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 15:00:26 ID:tAtNRWY/
いまの回顧主義的な動きは、走馬灯をみているようなものかも。

449 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 15:10:18 ID:Tt+boUDo
たしかに小泉の悪政はひどかったが
こうしてみると死期を早めて再スタートへの覚悟を
早めに国民に自覚させるという皮肉な効果があったな。。

450 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 15:40:26 ID:+kHHeZ8k
過去の栄光を捨てきれない未練がましい国民ばかり。

451 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 17:26:54 ID:kFgwkKqk
統治されている側同士での、小さな差異による相互排斥が多すぎる
ネットを介して簡単に擬似的に近い境遇の人が集まれるようになったことの弊害かな
実際の合戦こそないが、心情的には戦国時代なのかもしれない
国民全体で共有できるビジョンが何かしらあればよいのだけれど

452 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 17:46:49 ID:???
自由平等、民主主義、男女平等、掲げてる看板はすばらしく理想的だが内実は幼稚なムラ社会。
先進国なんて嘘もいいとこ。
こんな矛盾した国で生きるには人格殺すしかないな。

453 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 17:54:55 ID:Tt+boUDo
>>451
私は遅れてきた春秋戦国時代と読んでおります
諸子百家が出てないのは嘆かわしいですが。。

454 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:04:19 ID:+kHHeZ8k
日本人は年収100万円でも豊かな精神性を持てる国民にならないと永遠に幸せになれない。

455 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:06:33 ID:???
粉飾国家とか偽装先進国とかエセ民主主義国家とかそんな言葉がよく似合うよな、今のニッポン・・・・・

456 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:10:56 ID:JIbae5P6
>>454
物価が安く、税金が少なければ可能だな。

457 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:20:45 ID:+kHHeZ8k
テレビや冷蔵庫やクーラーや車も無理だけどな。

458 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:46:38 ID:???
日本人って気持ち悪いよな。

459 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 18:59:44 ID:???
もはや未来はなく、現在の自分自身の利権を守るという卑近な欲だけ満たそうとしてるんだから余裕も寛容さもなくなるよな。

460 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 19:34:05 ID:lUvPJouP
世の中、恐るべき陰謀が進行してるからな。
市民とマスコミが政府批判しないといけないのだが。

インフルが人為的に創られた可能性
(エイドリアン・ギブス:オーストラリア国立大学名誉教授 タミフル開発者)
http://www.youtube.com/watch?v=r7YVGZj1Jfk

ケムトレイルとは何か
http://www.youtube.com/watch?v=70iBeck35nI

461 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 19:41:06 ID:???
>>455
その上、自浄作用が無い。
他の国の粗を探しては自慰の繰り返し。

462 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 19:43:33 ID:???
2ちゃんに限らず、匿名のコミュニティなどで話し合ってると
決まって心無い書き込みで場を荒らそうとするヤツが出てくる
ま、mixiのような名前がわかるところでもやる人がいるから
精神的に幼い人が多いんだろうね

463 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 19:50:42 ID:???
もう疲れた。仕事ばかりの人生に。仕事が無くなったら社会のゴミ扱い。ま、高卒ブルーワーカーの時点で俺はゴミだけどね。

学生の時みたいに帰宅したら釣りに行けるような日々を送りたい物だ…

464 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:18:55 ID:???
世間教やめたら楽になった

465 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:21:15 ID:???
「厳しい(苦しい)ことは良いことだ」と考えてる人が未だに多いよね・・・。
さっきも娯楽系の某スレで、別のサイトからの孫引きだが「99%の厳しさの中に優しさが1%
あるからこそ、優しさには価値がある」などと鼻息荒く書いてる奴を見たし('A`)

>>455
さしずめ「経済『だけ』大国」ってところかな。
一応先進国の一員としてサミットとか出てるけど、実際は一昔前の韓国や台湾やインドネシア、
最近だとシンガポールや中国に似たような感じなんだよね。
経済だけはそれなりだが、自由も人権もない、軍事政権や与党の独裁が横行する非民主国家・・・。

466 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:25:35 ID:70MMaGLr
>>439
集団主義とはいうけど、いざ誰かが困った時には集団内の
誰もが結構頼りにならなかったりすることが良くあるよね。
みんなだいたい同じような返事しかしないから、気休めするのも
まさに一苦労。

467 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:29:18 ID:???
>>445>>448
昔を振り返って、そこでお仕舞いなんだよな。
偉人を参考にするにしても、自分たちがそういった偉人のような
性格や価値観をもって社会や組織を変えていこうという風には
なかなかならない。

「こういう人間が過去に(日本にも)いたんだから、きっと今後の日本の未来は
暗いばかりじゃない、我々も捨てたもんじゃない」と単に自己満足して終わり。
これって下品な言い方だがオナニーそのものじゃない?

468 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:32:25 ID:???
企業の利益のために国民は死ねという国

469 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:33:56 ID:fA3kgMlD
牽引自動車最大車長規制(16.5m)うぜえええええ
ロードトレイン走らせるようにしろwwwwwwww

470 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:36:48 ID:???
目に見えない物を肯定しすぎて余計に見えなくなってる感じがるす。

471 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:45:00 ID:???
>>465
日本独自の「『道』教」のせいだろうなあ。
老荘思想由来の「道教」じゃなくて、「道(みち)」を軸にした「『道』教」。
人間誰しもが求道家として苦境の中を歩みながら試練を重ねて
日々を生きることが最上だみたいな思想。

早い話、国民誰しもが修験者か修行僧みたいになれっていう意味。
だけどそういう人は本来経済観念とか世俗からは離れて生きている
ある意味別世界・別次元の人たちだから、もともとそういう心配は
ほとんどいらないわけ。

だけどほとんどの一般人は俗世間を生きている分経済的な心配も
あるし、やはり娯楽や余暇や憩いを求めるものだから上にあるような
生き方は逆に心身をすり減らすだけで苦痛にしかすぎなくなる。無論、
そういう生き方で成功した実業家とか学者とかいるだろうけど、でも
そもそも万民向きじゃないんだよな。

472 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:50:21 ID:70MMaGLr
数学者の森毅博士はこう言っている。
「学問に王道なしというが、もし『正攻法がひとつしかない、ただコツコツとやることだけだ』と
いう意味合いで言われているとしたら、それは違うと思う。
もしそんな意味合いから起こった言葉だとしたら、先人の驕りじゃないのか。そもそも本当に
そんなことを言っていたのか。何にせよ自分はそう思わない。
そもそも人それぞれ、顔も違えば考え方も違う。大体学問ひとつとったって、その人にあった
勉強法というものは無数に存在する。だから私はこう言いたい。
『万人に万人の(学問の)王道がある』と」って。

でも日本だとまさに「学問に王道なし」という言葉を「楽な方法なんかないんだ、ただ歯を
食いしばってガムシャラにやれ!」という風にしか教えないんだろうな。
理系の場合、それだとますます学問自体への興味とか薄れそうだ。

数学とか物理って、実は日常で疑問に思ったこととか「どうやったら謎が分かるのか、
どう考えれば答えが出るのか」という風に常に問題意識を持ったり理数の世界自体に
いろいろ興味を持たせて学ばせると花が開くんだけど、日本だと学校教育の時の
テストの赤点だの数式を見ているだけで吐き気がするだのといった、嫌な思い出しか
残っていない人も多いんじゃない?

そういう意味じゃ、米村でんじろう先生とか秋山仁先生には頑張ってほしいよ。

473 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 20:59:15 ID:???
今思ったけど、ヤンデレって日本だからこそ生まれるものでは?
考えようによっちゃ日本人自体が総じてヤンデレだとも思えるよ。

ちなみに今の日本の世相や日本人の心理をうまくついてそうな曲↓
http://www.youtube.com/watch?v=5aWHg-vOlYQ
http://www.youtube.com/watch?v=Nd7cuHeFw5s

474 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 21:29:52 ID:???
勉強を(無理やり)させれば成績よくなる優秀な人になると思い込んでいる親は多い。そうじゃなくて子供がいかに関心意欲を持つかだと思うんだよね。学べる環境を子に与えるのが教育ってもんだと思う。決して無理やり学ばせる物じゃない。

でも実際は我慢が美徳とされてるからか、無理やりさせるのは正しいことだと思われてるようだ。

475 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 21:31:52 ID:Tt+boUDo
>>470
!

476 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 21:35:43 ID:???
まじめな日本人ほど
極まったら ゆるめる みたいな
こういうことを実践で覚えたほうがいい

477 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:01:21 ID:???
>>464
それを本来の意味で出世と呼ぶ。
会社で昇進することではない。

仏教は世間体から脱出することを最大の徳とするロックな宗教。
だから政府は国家神道を国教として導入し、仏教を弾圧した。
日本は無宗教国家なんかじゃない。
国民が宗教の自由を放棄してるだけ。
みんな無宗教"教"に洗脳されている。

478 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:05:43 ID:???
出世間の時代か。。

479 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:17:40 ID:???
>>472
数学がどうしても苦手だった俺が言っても説得力はないだろうけどw、中学時代の数学の
先生が言ってたっけ。
「数学というのは『とにかく楽をしたがる』学問なんだ。もっと簡単な解き方があるんじゃないか、
こうすればもっと楽して答えが出せるんじゃないか・・・と、そういう風に考えるのが数学という
学問の本質だ。だから数学を難しく考える必要なんかない」みたいなことをね・・・。

480 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:22:54 ID:ZkMoeDdl
>>218

日本人が3年連続「ベストツーリスト」、ワースト1はフランス人
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2619720/4347501

日本人がうるさいのは国内限定でだろ
外国じゃおとなしいよ

日本国内じゃ100円ショップの商品が壊れたと文句いい
電車が数分遅れただけで抗議する民族w

外人が日本の電車がぴったりくることにおどろくけど
これもどれだけの社員の犠牲はらってやってんだろうなw
まあ、前の事件で日勤教育なんてのがでてきたけど

481 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:31:31 ID:???
内弁慶民族だからな

482 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:33:04 ID:???
>>477
国民は無宗教だと思い込まされているけど、実際は儒教的なものを刷り込まれて
るよね。他人は自分に対して上か下かにしか見れないように刷り込んじゃうんだから
すげーな、日本の教育は。だいたい日本語がもう完全な儒教語みたいなもんだしな。


483 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 22:55:50 ID:???
世間という匿名の集合体とケンカするには、こっちも匿名じゃないとフェアじゃなく勝ち目もないのに、
一つデモをやるにしても国家権力に実名を把握されてしまう。
日本人は主張できない国民性では決してなく、主張できないシステムに組み込まれてしまっているだけ。
日本人にはデモができないと嘆く人、
2ちゃんねるのこのスレのたくさんの書き込みは、
匿名だったり形式はいくらか逸脱するが、発生しているメカニズムはデモそのものじゃないか?

484 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:04:21 ID:???
この日本という国・・
来年あたり、性格が明るく
才能が豊かな人間がたくさん出そうだな・・フフ・・

485 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:16:24 ID:???
>>482
その通りです。日本の教育の本質は(儒教的)管理。
思考パターンに手枷足枷を嵌めるだけ。
これを弁護する論点があるとすれば、
戦中・戦後の日本の荒廃(犯罪激増)への対処、
戦後の急速な人口増への管理的対処、
敗戦の焦土から国民一丸となり復興を遂げる、
・・・のための一時的措置であり必要悪ではあった。

実際に、経済復興は順調であったし、60年代ごろまでは
学生運動などの安保・政府批判というカウンターも働いた。
70年代は管理教育があたかも当然の如くまかり通り
80年代はその反作用として学校の不良化が吹き荒れたけれど
右翼も左翼も結局は全体主義だから、事なかれで原因から目を背けた。

その後も儒教管理教育は是正されることはなかったが、
下手なゆとり教育と躾けの甘さから学級崩壊、義務教育崩壊という形で自己融解。

486 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:18:54 ID:???
>>480
>>218ではないがそれはホテル限定の話だろ。
ブランドショップ店員は日本人こそがワースト客だと言ってる。
あと海外旅行から帰ってきた日本人が「差別された」とファビョることが多いけど
それも大半はわがままが通らなかったという理由だったりする。

487 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:24:17 ID:PJ9H1nM2
場所、人によって態度を変えてくる多面性がいやだ。
けっして多様性じゃない。

488 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:24:51 ID:???
>>472
森毅サンか、古本屋に80年代刊行の中公新書とかたまに見かけるよね。
理系とくに数物系は一人の若い天才・才能が既存の学説を引っくり返すような
ラディカルさがあるから学生に対するリスペクトも一応あるんだろうね。
ただあの教授はリベラル以上。窓から答案を投げて遠くに飛んだから合格とか、
じぶんも論文一本もなしで京大数学科の教授の椅子に何十年も居座ったときく。

489 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:25:44 ID:???
>>485
同じ儒教教育といっても、それこそ理想に近い徳のある人格の実例が
示されればそれもまたいいのだが
どういうわけか日本の学校現場ではまず起こらない

490 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:29:18 ID:???
>>486
日本人はホテルとかレストランとか博物館では滅多に姿勢を悪くしないのに、逆に
ブランド店や空港や美術館ではなぜか態度が急に悪くなる特徴があると言われる。

博物館と美術館の違いがはじめ良く分からなかったけど、
美術館で何でもかんでも携帯の写メールや簡易カメラで
撮りたがる癖なんかはまだ健在だ、と自分の会社と同じビルに
入居している某旅行代理店のおっさん社員から言われて閉口。

491 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:31:05 ID:???
○儒教ロックを音楽の授業で必須にする
○反体制の正当性について場合ごとに討論する
○孔子から日本の江戸時代まで正しくて明るい儒教精神をケーススタディする
この3つで呪縛から離れられる!

492 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:32:38 ID:PJ9H1nM2
場所の匿名性とかじゃね?

493 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:32:57 ID:70MMaGLr
>>488
日本の数学者は森毅先生(京大名誉教授)だけでなく、
これまた「変人」と名高い岡潔先生(文化勲章受賞者)や
秋山仁先生、広中平祐先生(フィールズ賞受賞者)など
結構型破りの異才が多いね。

こういう人こそ、視点といい思考の柔軟性といい日本の
教育や政治に必要なのかも。
・・・もっとも、今の首相も米国帰りの元数学者なんだが(笑)

494 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:34:52 ID:???
答えを粘着して追求しようとする姿勢はやはり技術分野で
政治・起業には向かないだろうな

495 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:39:40 ID:???
>>492
それ、案外あるかもなあ。
ネット上での日本人のマナーなんて2chやミクシィや各種ブログや
掲示板のコメント欄なんかを見ても明らか。かなりガタガタな状態。
やっぱり他人の目を気にしないところや、金に糸目をつけたい時に
行きたいような場所では図々しくなるのかねえ。

496 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:42:17 ID:???
>>485
時系列で儒教的管理がまとめられていてわかりやすいね。

儒教は自己融解していくが国は管理を弱めるわけにはいかない。
そこで新自由主義的なエゴが全ての考えを導入。
こうすれば国民は互いに疑心暗鬼になり、蹴落とし合うため、国家はよりコントロールしやすくなる。
ところが、エゴが全ての考えは下手したら年長者を蹴落としてしまい、従来の儒教管理とは矛盾する。
結果これがダブルバインドとなり、日本社会には答えがなくなった。
答えがないってことは正義がないってことで、正義がないってことは基準がない。
基準がないと、人間は心を病むようにできている。
それは不幸だ。

497 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:50:00 ID:???
いや、むしろ戦後の早い段階でエゴ>儒教倫理
となっていたのでは?
それが極まったのが小泉の市場原理主義
そしてエゴのバブルがはじけた。。

498 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:51:32 ID:PJ9H1nM2
>>490
人が多い、人の行き来が激しい場所だと態度が悪くなるのかな、
空港とかその近くのブランド店とか。
博物館と美術館の違いがよくわからない。

499 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:52:19 ID:???
>>485
確かに管理の行き過ぎで反発を招いてる状況なのは自明の理なんだろうが、
そこ(管理教育の廃止)には絶対に話が動いていかないのは、やはり管理
しやすい日本人をほしがる魔物が、日本の中枢に巣食っているということ
なんだろう。勉強量を増減させてもなんの意味もない。


500 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:55:32 ID:???
管理主義自体は学校だけのものでなく、日本全体の病だとすれば
自己増殖が止まらない、惰性状態なんだろうね
やっぱり資源の少なさと関係してるのかな? 資源がなんとか足りてるうちは
国内の管理ロボット化、足りなくなると外へ向かう(日中・大東亜戦争)

501 :名無しさんの主張:2009/11/24(火) 23:58:45 ID:???
ちょっと精神論っぽくなるけど
足りないっていう意識の持ち方が他者を管理する方向へ向かうってのか。。
ネトウヨなんかもネオナチと同じで貧しく不足感情が強い だから規律・体育会系
儒教精神を求める

502 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:05:11 ID:???
>>499
しかしなあ、管理を正当化する訳ではないが、
倫理=論理 になってしまっている現状の日本人を解放してしまったら、戦国時代突入間違いなしってのも自明。
この状況を変えるためにはまず日本人の倫理観を育てなければ。
自由社会を目指すならベースとなる抽象的理念も同時に要るだろうなと思う。

503 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:08:15 ID:???
>>496
昔から、国は国民をどうやっててなづけてコントロールしようか
と策を練ってきた。町内会で、すみずみまで互いに監視させたり。

日本にはもともと法律を超越するような絶対的な正義ははなかった。
でも、なんとなくうまくいってたのは、経済的にまあまあ反映してた
からなんじゃないのかな。それがなくなったいまは、もう動物の本能
みたいな恣意(エゴ)が蔓延する混沌とした世界だ。


504 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:09:18 ID:???
そういえば「旅の恥はかき捨て」って言葉は日本独自のものなのか?
海外にも同様の言葉ってあるのかな?

505 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:13:10 ID:???
儒教的管理教育と偽装資本主義≒日本型社会主義は相関してる。
戦後日本は官僚統制、護送船団方式、公務員天国、累進課税、米国依存…
という形を保って長足の進歩を遂げたわけだよね。

もっとも体制寄り(従順)かつ優秀な人間が
東大法学部→大蔵官僚を頂点とする黄金コースに乗ったんだ。
起業するより金持ちになるよ大蔵官僚の名誉のほうが上だった。
政権中枢のある関東の勢力圏ではずっとそういう価値観だった。
戦前から金持ちが一番エライかった関西のほうが世界標準に実は近いけど。

で、小泉竹中政権は世界標準(ユダヤ国際標準)への揺り戻しだったんだな。
堀江とか村上とかが出て、東大卒も一部は官僚でなく外資系へ流れ出した。
官僚になり中枢に入るのが当たり前、という風潮は一時的に薄まった。

506 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:15:20 ID:???
>>504
おれ自身は 人生の恥はかき捨て だと思ってるがなw

507 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:19:31 ID:???
>>503
そうだね、答えが必要だって考え自体、西洋的なものの見方だもんね。

色即是空が元々の日本人の生き方なのかも。
エゴは日本人にとって最近始めたばっかのものだから、使いこなせないんだろうね。

508 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:22:50 ID:???
でも蘇我氏の専横とか、昔から類するものはあるんじゃないかな
人間の本質は結構かわらない気がする

509 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:30:44 ID:Q1OOn+US
無能なクセに日本が嫌いなんて言うなよ。1割のエリートなら許されるけど2ちゃんねらーは単なるバカだろ。

510 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:32:47 ID:???
学歴板と既婚女性板は2ちゃんの極北だと個人的に思ってるけど、
火種は要するに序列意識。俺の序列のほうが上、お前は下、見下す、
世間では、〜のくせに、という文字がおおぜいダンスしてるんだなw

これは俺にいわせれば儒教的な序列感覚でしょう。
とくに関東人、東京人の悪口によく反映されてると思うよ。
>>509 こういうのもあからさまにそうだね。

511 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:35:48 ID:???
>>508
難しいね。
「歴史を、できるだけ歴史の中から見られるように努めるのが歴史学者だ。」
みたいなことを言う偉い人もいるからさ。
自分の場合は、蘇我さんまでいくと、歴史の外から歴史に意味づけせざるを得なくなるから、あまり積極的にはやらないかな。
戦争って基本、お互いが信じる、人間の本質同士のぶつかり合いだからね。

512 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:37:53 ID:0jnBNan8
エリートなら許されるってのがなー。

513 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:44:56 ID:???
国民の9割は無能というか、納税額より受益額のほうが多いぶらさがりだからな。

514 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:46:02 ID:???
>>505
東大法学部っていうのは、官僚と官僚ワナビーのお見合い場所だよね。
東大法学部に行くってことは、私は最強体制派ですっていう証明みたいな
もんだから、そこにいると官僚がお召し上げてくれるって感じか。
ま、変態な世界ってことだな。


515 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 00:49:03 ID:???
>>510
そうそう序列思考。おもしろいぐらいみんなうまく洗脳されてる。


516 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 01:14:55 ID:???
>>515
前にも書いたけど、何と言うか「虎の威を借る狐」みたいな人がやたら増えた気がするね。
昔でもそうだったのかも知れないけど。
「上からどんなに不条理なことをされ(言われ)ても、下の者は黙って従えやヴォケ」
「お前らはどうせ無能でつまらねぇんだから上に逆らうなやヴォケ」
「イヤ〜やっぱり○○さんは偉大だなぁ。オイお前ら、大人しく彼について行けやヴォケ」
etc...

俺の行くスレだけなのかも知れんが、最近こういうレスがやたら目立つ。

517 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 01:51:07 ID:???
本当テキトーな事いう奴多くなったよな〜
表現の敷居が低くなったという点ではいいが、明らかな嘘とか思慮の浅い発言は聞いてて不快だ。

518 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 05:58:03 ID:???
鳩山一郎(祖父)
・フリーメイソン初代グランドマスター(Degree Masons)
・1955年、ソ連海軍情報部スパイ、ドムニツキーと私邸で接触
 翌1956年、日ソ共同宣言で北方領土をソ連へ売り渡す

鳩山由紀夫
・関連が疑われている団体・組織
 フリーメイソン、真光教、統一協会

鳩山幸(妻)
・中国出身
・サイエントロジー信者

鳩山紀一郎(息子)
・現在モスクワ大学勤務(ロシアに獲得されている)

519 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 10:12:48 ID:???
まあ自分個人がやってることに自身がないから他人を叩いたり序列妄想で安心したがるんだね

520 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 11:01:13 ID:Np0a8P6Q
固定資産税の見直しが3年らしい
マジ死ねクズ自民

521 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 11:01:56 ID:???
>>509みたいな朝鮮人障害者がいるんだよなあ
自殺しとけよ私生児が

522 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 11:22:27 ID:???
労働問題を甘えなどといって批判する奴は
いつのまにか経営者側の視点でものをいっているという矛盾

523 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 11:45:09 ID:lhHMiOri
教育の成果ですよ。

524 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 11:45:58 ID:SMiOTo0f
もはや日本の未来は絶望的ともいえる。
現在の日本は40年前と違い誰もが夢をみることができなくなったからだ。
日本の戦後の発展は日本国民が描いた日本の夢が原動力だった。
一方現在の日本の未来は一部の人間に頼らざるを得ない状況にある。
そして一部の人間に甘え、自分達が日本の未来を作るという感覚が日本国民にはない。
与えられたの生活が目標となり、与えられた水準に満たされる。
大部分の人間がこういった感覚では日本の発展は望めない。
夢を抱くことさえ格差の一部になってしまったのだ。
今の需要飽和状態にある日本で国民が日本の未来を描けるシステム構築が必要とは言えないだろうか。


525 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 13:04:53 ID:???
>>523
ほんとによくできた教育だと思う。
考えた人すごいわ

526 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 15:27:36 ID:???
日本人は「常識」という枠組みの中であまりに多くの個別的差異を排除している。
その枠組みに安住できる人間はかなり無個性な人間に限られる。
しかしその無個性な人間が多すぎるため常識という枠組みはさらに強化される。
よってとてつもなく偏狭な「常識」ができあがる。

527 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 17:46:40 ID:???
>>526
間違ってはいないし、きれいに書かれてるんだけど
そんな感じの抽象論を周囲に雑談として話しても
あーたしかにそうだよね、で終っちゃうんだよね。
その「常識」や「空気」の正体を具体的に語ることが大切だと思う。
その正体とは儒教や軍国主義の流れを受け継ぐ管理教育だった。
日本はその特性からして語尾に過剰な注意を必要とする。
また高度経済成長期は社会を知らない母親が「そんなの常識でしょ!」と
感情的な否定教育や女の人生観・社会観・世間観をたっぷり吹き込んだ。
そのへんを語るほうが変える力につながる。

528 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 17:58:55 ID:???
>>526
欧米人の視点から見た日本人は、かなり多様で個性的だそうだ。
だけど各自が個性的に生きながら、社会がそれを否定するように読み取れるそうだ。
ま、日本人の何に個性とか多様性とかを感じてるのかはわからんけど。

529 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 18:36:54 ID:???
なんかやたら優越感を得たがってるというか下を見下せないと気が済まない感じがする。地位とか階級ならまだしも、同じ人同士でもやってるんだから本当に気持ち悪い。だから不満は上に行くことなく下や横に行く。

典型的なのは派遣叩きとか学歴厨。

530 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 18:40:35 ID:xRiX6Sqm
ただ自由とかを欲しがってもね。 蟻は一生、蟻なんだよ。
それで80年代まではやっていけた。

外人から見るとこの蟻のような無個性の集団は怖いらしいぞ。(脅威)

あいつらは一匹、一匹でライオンとか馬、ゴリラとかの役をやってるわけだ。
日本人は蟻。 巣(日本、会社など)で一匹と数えるやり方でやってきたんだ。

外国出ればひとりであいつらと喧嘩しようって思う日本人は少ないだろう。
実際大抵は負けるw 明治時代に外に出て解ったんだよ。集団でなければ
勝てないってw だから蟻にする教育をしたわけ。

でも蟻は強いぞ。 それを捨てる必要はない。 強みは残すべき。





531 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 18:48:01 ID:svBXxjRI
経営者、管理者目線の意見だな。

532 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:18:12 ID:???
>>528
アキハバラでしょう。
わざわざ日本に来る留学生の念頭にあるのは。

533 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:20:17 ID:???
>>530
てめぇが勝手に蟻やってろ

534 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:22:13 ID:xRiX6Sqm
いやいや、いいとこは残すべき
悪いとこは直すべきと言っている

言葉足らずですまんね。 

535 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:26:23 ID:svBXxjRI
蟻なんかになりたくないよ。

536 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:29:17 ID:xRiX6Sqm
なってるんだよwもうw

でも一人じゃ身長2M 体重100Kgでピストルもってる奴と
喧嘩はしないだろ? でもしなければ親、子供、女皆殺しだったら
どうする?

537 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 19:55:41 ID:QWhSuO74
わけのわからない反例をいうなよ。

538 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:06:32 ID:8FFkBsBl
2次大戦そうやって戦ったろ?

539 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:15:23 ID:QWhSuO74
戦争経験者ですか?

540 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:16:04 ID:8FFkBsBl
ちがいますww

541 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:19:29 ID:8FFkBsBl
バブル崩壊までで2度目の敗戦だったんだよ。
日本のやり方(蟻作戦)では経済戦争でも勝てなかった。

だから、これからどうする?って君らに問いかけてるわけだ。

542 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:38:10 ID:???
じゃあ敗戦の責任者は責任をとるべきじゃないのか。そういう総括なしで
新しいことなんか始められるわけないと思うけど。

543 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:41:37 ID:QWhSuO74
組織の責任の所在をはっきりさせるわけか。

544 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:48:17 ID:8FFkBsBl
蟻作戦を始めたのは、幕末の坂本竜馬とか伊藤博文とかw
そんな奴らだぞw もうとっくにあの世だよw 富国強兵って奴だ


545 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:53:13 ID:QWhSuO74
たしかに今までのやり方じゃあ駄目なのは間違いないから、
これ以上失敗しないように、制度の問題、欠陥を洗い出し
今の惨状の責任を追及しないと。

546 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 20:55:48 ID:8FFkBsBl
江戸時代のままだったらもっと人生は楽しんでるかもしれないけど
0成長。ずっと貧乏。で欧米の植民地だったろうな。
ECOかもしれないけどw

明治維新が悪かったんだ。今の日本が嫌いな奴は

でも貧乏のままでいいのか?
って選択だったんだと思う



547 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:32:18 ID:SwGO+J/b
その誰が悪いって言う発想自体が負け組なんだよ。
誰が悪いんじゃないよ。おまえ自身だって何かしら責任があるんだ。
他人に責任を求めるんじゃないよ。


548 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:39:40 ID:???
自分も含めてなにかが悪い
負け組とか、なにかというとすぐ使うのも毒されてるよ

549 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:40:10 ID:???
そもそも自覚なく洗脳されてるのが問題だな。やれやれ。

550 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/25(水) 21:41:08 ID:i7ry49g0
>>547
このスレは、「日本の嫌いなところ」を見つけるスレであるから、
あえて欧米と比較することにしよう。

>その誰が悪いって言う発想自体が負け組なんだよ。
>誰が悪いんじゃないよ。おまえ自身だって何かしら責任があるんだ。
>他人に責任を求めるんじゃないよ。

欧米にはそういう考えの人間は少ない。
貧困も、失業も、機会の不平等も、「社会のせい」だと考える人が多い。
だからこそ、欧米社会は改善され、進歩し、良くなるのだ。

551 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:45:14 ID:QWhSuO74
蟻の親玉の責任はどうしようか?

552 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:47:06 ID:1FUdy08i
> 誰が悪いんじゃないよ。おまえ自身だって何かしら責任があるんだ。
> 他人に責任を求めるんじゃないよ

全体主義だな。


553 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:50:44 ID:SwGO+J/b
江戸時代がいいなんていうのならば、いつまでも人口を一定に維持しないと
できないことだよな。徳川吉宗も松平定信も人口増加に対処できなかった。
本当のことを言えば、江戸中期から余剰人口をアメリカなりシベリアなり
東南アジアにでも送り込んでいればよかったんだよ。そうすれば歴史だって
かわったはずなんだよ。日本の諸問題の根源は、この過剰人口をどうして
対処していくかということができなかったということなんだ。本当は今でも
外国へ新天地を求めてでていく日本人が多ければ、多くの諸問題は解決する。


554 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 21:50:50 ID:QWhSuO74
減点主義で連帯責任で全体主義だ。
最高にたちが悪い。

555 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/25(水) 21:54:08 ID:i7ry49g0
>>553

>外国へ新天地を求めてでていく日本人が多ければ、多くの諸問題は解決する。

しかし、日本の場合は、過去に政府に騙されて海外に捨てられた棄民がいるということ。
そういう歴史があるのだ。自民党は引退する前にそれを認める必要があったね。

556 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:02:59 ID:SwGO+J/b
じゃあいっておくが、戦争責任は世界全体の責任だよ。
責任の多寡はあるものの、国民が戦争の継続を選んだんだ。
本当に戦争に反対だったら、徴兵に応じる前にどこかへ
逃げることだってできたはずだ。戦争の責任者は、参戦国
全員の責任だ。
では何で国民を戦争に駆り立てたのかということだが、
よくみると人口増加しか要因が見当たらない。そういう
環境におかれると、人間は異常な行動に一斉に走るという
現象に陥るのかもしれない。いわゆる集団自殺だ。まだ
このことは科学では証明されていない。でも生命体の現象
として、人間以外でもこういうことが起こってもいるようだ。
ネズミの個体数の増加で集団で自滅を選ぶことも知れている。
おそらくはこういう現象が現れたのが世界大戦だろう。


557 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:03:56 ID:???
欲望だよ戦争は

558 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:06:03 ID:QWhSuO74
問題の責任を取るからこその高い待遇と地位だろ。

559 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:07:52 ID:QWhSuO74
一見関係ありそうで関係ない話を始める。

560 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:10:34 ID:???
そうそう、蟻の話から戦争の話に移って、今度はニセ科学の話。


561 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:12:06 ID:8bJzdWlQ
俺はしてないぜw

562 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:13:12 ID:SwGO+J/b
俺は中南米に行ったことがある。そこでは日系人の世話になった。
確かに彼らは入植当時には棄民といわれた。だが、彼らは自力で
開拓を続けて今ではその国でも重要なポストにまでついている。
知られざるもうひとつの日本の高度成長を日系人は果たしたんだ。
移民資料館では日系一世の初老の館長が俺に教えてくれた。こう
いう先人がいるんだ。ニートフリーターどもを、日系人に預けて
修行させたらどうなんだ。
まあかつては棄民だったが、今では這い上がって富裕層になった。
だから日本人にできないことはない。先人がいるから、まったくの
未開地でないから、ニートを預けても問題はなさそうだ。


563 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:17:26 ID:???
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091125-00000023-dal-base

日本にはこのコメント欄みたいな人がいっぱいいる。「たかが若者の夢」にそういう圧力かけるから日本は成長しないのだ。

564 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:20:41 ID:???
>>563
>引退後って、まだプロになっても無いのに何言ってるんだ?

とか言ってる奴がいるが、訊かれたから答えただけだよなw


565 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:26:26 ID:???
ゆとり教育が実施されていた頃、それに対する批判として、インドなどの発展途上国
の子どもがものすごい詰め込み・暗記教育をされていて、このままでは日本は追い抜かれて
しまう!! みたいに警告していた。

でもこれから発展していこうとする国と、すでにある程度発展してしまって(経済的にはね)
成熟期に入ってゆく国とでは、当然のことながら必要とされる教育のあり方は違ってくると
思うんだ。

ひたすらアメリカの真似をしていればよかった時代は、上から教えられることをただ覚える
だけの教育でよかった。むしろその方がよかった。実際それは成功した。
でもこれからは違うと思う。
誰もゆとり教育批判に対して、そんな風に反論しなかったんだろうか?自分が知らないだけ?

566 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:26:54 ID:SwGO+J/b
まだ戦争に国民が賛同することには科学の解明はないが、こういう
集団狂気には何か異常な現象が関係しているようだな。日清戦争も
日露戦争も二度の世界大戦も、その背景には人口増加という現象が
現れている。実は江戸時代にも人口増加に対処できずに、家族間で
殺し合いが行われている。明治以降の戦争はこの家族殺しの延長線
とみてもいいのではないのか。
でも江戸中期にはまだロシアもオホーツク海の領有をしていなかった
から、日本の余剰人口を送り込むことでカムチャッカや樺太くらいは
今頃日本の領土だったかもしれない。そうすれば江戸時代の負の歴史
英児殺しや老人追放はなかったかもしれない。当時の日本には収穫の
多いジャガイモもあったんだから、東シベリアでも余剰人口を維持
できたはずだ。
そうすれば歴史も変わったはずだ。


567 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:28:15 ID:GzTniO8d
まあそうだね
だけど、書き込んだ人の名誉のために言っとくと
彼が卒業した早稲田実業はばりばりの管理・暗記教育でしたよ
思想も押さえつける
彼は優秀な人だと思うが、もしかすると犠牲者かもしれない


568 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:30:04 ID:GzTniO8d
567→563

569 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:33:03 ID:GzTniO8d
もうちょっと分かりやすく言うと
まず暗記教育・学校の宣伝意識がひどい
何様か?という書き込みがあったけど
私自身はそれほど変なキャラクターとは思わんけど
たしかにあの高校では野球部は宣伝部隊として大切に
される傾向はある 私立の管理教育って醜いね

570 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:36:36 ID:GzTniO8d
大学に行くと特権意識は通用しない まったく
その辺慶応で下から上がった場合と違うかもしれない
結構精神的にやられたかもね 今酷いからあの大学もね

571 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/25(水) 22:41:30 ID:i7ry49g0
>>565
もともとインド・中国・韓国・シンガポールなどの国は、全体主義国家で、日本が絶対にまねをしてはいけない国。
反面教師だ。

確かに経済的には発展しているけれど、それらの国の国民が幸福かどうか問題にする奴が
一人もいない。

結論を言えば、上記のような国の国民は、欧米諸国の国民に比べれば明らかに『不幸』なのだ。

不幸な国をまねても何も良いことはない。

572 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:51:48 ID:SwGO+J/b
学校教育の限界だな。もう一度ここで皆で義務教育の弊害を
議論したいな。義務教育には集団性という美辞麗句があるが、
実態は国家が国民を幼少期から洗脳する過程といえる。
国民に序列化を強要して、幼少期からの潜在的な能力を圧殺
することを目的としている。成熟した資本主義には無用の
長物だ。学校崩壊が始まって30年たつ。未だに解決など
見えない。実は義務教育自体が、ブラックでもあり、軍隊
との共生動物なんだ。


573 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:55:59 ID:QWhSuO74
>>571
同じアジアなんだからしょうがない。

574 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 22:56:57 ID:???
【政治】ノーベル賞受賞者を含む5人の科学者が"事業仕分け"を厳しく批判 「取り返しがつかない事態に陥る」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259152565/

お前らはこの人らの共同声明ってみた?
政治家と学者の立場の違いと溝を感じたね

575 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:02:58 ID:???
悪い、責任がある、問題がある、原因がある・・・
なんていう語彙の近辺の研究と使い分けが熟してないと思う。

何かというとスグに「○○が悪い」と軽々しく言い切る。
もちろん原因が認められる、という風に脳内変換してはいるが、
深層心理的には 悪 人 という強烈な印象を反芻するだろう。
感情的な善悪論に摩り替わってしまうと建設的な討論にならない。

576 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:07:09 ID:GzTniO8d
悪いものは悪い
でも、個人の批判は慎重に
でいいと思う
根本的な 科学的 真理としての 原因は
所詮わからないからね

577 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:12:07 ID:???
>>563
甘くない、勘違い、天狗になってる、何様?、実るほど頭を垂れる稲穂かな…

最初の数レスだけでもこの通り謙虚を押し売りするものばかり。
妬ましさと本心と両方があると思うけど気味悪いほど画一的な反発だ。
マスゴミがちょっと情報を隠すだけで容易に人心を掻き乱せるよね。

578 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:19:20 ID:???
マスコミの影響力にたまげる

579 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:21:15 ID:GzTniO8d
ただ、こういう書き込みは日本人の幼さを示してはいるけど
彼も幼いよ
そこを見抜いて叩きたいんでしょう
日本は隅から隅まであら探しシステム とくに教育がね

580 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:36:14 ID:???
記事の内容を見た限りでは、彼は大口叩くだけじゃなく、それなりに努力もしている
みたいだし、やはり叩く側が過剰反応なんじゃないかという気がしてならない。

581 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:37:44 ID:???
>>578
それに関係するけど、俺が最近つらつら思うのは、こういうのって案外、ドラマや漫画やアニメ、
バラエティなんかの影響なんかも案外大きいんじゃないのかな・・・ということ。
俺は>>465だけど、あそこで挙げた「99%の厳しさに〜」という言葉、実は某有名スポ根アニメを
誰かが称賛して書いたものなんだよね。
まぁ俺はあの作品を知らない世代だし、スポ根ものとかさして興味もなかったけど、あそこまで
極端でなくとも、子どもの頃から方々のテレビやら本やら見てて、「宿題を忘れた」「テストの
点が悪い」などと言っては立たせたり怒鳴り上げたり、二言目には「遊んでばかりいるな、勉強
しろ」と言いまくる親や教師なんかが登場すると、心底嫌悪感を抱いたからねぇ。
俺が筋金入りのアンチ体育会系・ゆとり教育論者になっちまったのも、案外こんなところに
理由があるのかも知れないw

582 :580:2009/11/25(水) 23:42:54 ID:???
まあ、こういうタイプは政治家になる前に早々にメジャーに行っちゃうかもね。
こうして、ちょっと「出る杭」になってしまっただけの優秀な人間が、どんどん
海外に流出しちゃうんだよなあ。

583 :名無しさんの主張:2009/11/25(水) 23:43:01 ID:???
これほど典型的な反応が返ってくるのには驚かされる。こういう画一的な反応するって
いうことがわかってるんだから、逆に言えば全員を簡単に騙せるっていうことも言えるのかも。
つまり、本心は隠して優等生的な態度だけ見せておけばいいわけで。要領がよければ
足を引っ張られずに泳いでいけるってこともまた真なりか。


584 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 00:10:25 ID:???
>>583
そうだね。
偏見かもしれないがそのように保身を最優先させ
口先と腹の中が思いっっっきり乖離してるのは主婦かもね。
既婚女性板のしつこい醜い煽りっぷりは、異常。
で、こいつらが子供にどんな教育を施すかってことですよ。

585 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 00:16:56 ID:tHYqRLOZ
野球の能力が大学でトップクラスかつ政治にも興味を示しているというのはそんなに非難すべきこと?
むしろ野球しか知らない人間よりも視野が拡がっていると思う

586 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 10:42:30 ID:LCDCarqE
批判すべきことではないが、日本社会をよく知らないな、とは思う
純粋培養的な感じはする
がんばってほしいけどね

587 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 10:44:18 ID:LCDCarqE
まあみんないろんな分野にチャレンジすることはこれから重要だよね
ただ、時期を考えないで自分の方針を発表するのは日本では損だとは思う
ただやったほうが余計なトラブルを生まない

588 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 12:13:03 ID:H6I30Q9D
自殺者3万人
生活困窮者が山ほどいる世の中で
予算仕分けの最中に
ノーベル賞をとったかなんか知らないけど
「命よりも科学技術を優先しろ」という偉いお方
こんな人がノーベル賞???



589 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 12:17:19 ID:H6I30Q9D

今は科学より人の生存権のが重要

スパコンなんて2番目で十分過ぎて、おつりがくる。

導入すべきは    ベーシックインカム




590 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 12:32:17 ID:???
>>588
>ノーベル賞をとったかなんか知らないけど
>「命よりも科学技術を優先しろ」という偉いお方
>こんな人がノーベル賞???
残念ながら、すべての国がその方針で発展してきた。
欧米に限らず中国もそれでGNPで日本を抜き、北朝鮮もそれを真似ている。
困窮者救済などという偽善は現在も宗教任せだよ。日本にはそういう慈善団体がないだけ。

591 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 12:42:58 ID:???
どっちも必要だ

592 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 12:52:09 ID:???
無駄遣いも不況も、すべては公務員を減らしたせいじゃないかと思う
予算を公務員が人口の16%だった時代のまま使っているのが問題だが
10%を切った今、その6%分(郵政を除くと何%だ?)がそのまま貧困者を増やしただけに思う
だいたい公務員が多いって言い出したのはどこの馬鹿だ
減らす前の時点ですら国際的に少ないアメリカよりも少ないだろうが!

593 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 15:46:07 ID:???
人数よりも、国家公務員の権力や権限が大き過ぎたのが問題だったのかもな。

594 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 16:08:00 ID:???
公務員が解雇されないのがおかしい
ヨーロッパの中には役人の半数が35歳までに不適格でやめさせられる国があるのに
ただし公務員になれる人は優秀なので、役人としては不適格でも企業から引っ張りだこらしいけど

595 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 19:10:00 ID:???
未だに昔の栄光に囚われてるよね年寄りの連中は。そのノーベル賞の人も年寄りばっかり。

もう成長しきった日本は衰えて二流国家になるだけだ。あ、いやもう二流国家か。大東亜戦争では米軍より遙かに劣る技術で大敗北、終戦後は欧米の技術を輸入して発展してきた。やっと経済大国になれたかというと、今度は生活面で負けてきた。
制度や社会保障から教育まで欧米より下である。なんとかしようと、それも欧米から輸入してみた。成功した。が、しかし実は成功したように見えているだけだw

596 :名無しさんの主張:2009/11/26(木) 19:35:57 ID:???
社会全体で助け合おうという風潮が薄れつつある。
自分が良ければそれでよしという考えの奴ばかり出世する。
それだけ余裕もないということかもしれないけど・・・。

597 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 02:26:34 ID:???
■広瀬 隆 著  私 物 国 家  日本の黒幕の系図
http://members.at.infoseek.co.jp/saitatochi/index.html

598 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 16:46:49 ID:???
>>596
助け合おうという考えが偽善だという人がいるから。
例えばボランティアとかNPOに対する目は厳しい。


特にドラマ、漫画、アニメなんかはいいことをしている人とかを「偽善者」だとレッテル貼りする描写が多い。


599 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/27(金) 21:58:13 ID:T7GdRKIB
>>596
そのように、自分が良ければそれで良しという考えの奴を非難する奴がいるが、

人間なんて所詮皆『自己中』で『欲が深い』生き物なんです。
『人間は皆自己中なのだ』ということを社会が認める必要があるのです。

つまり、言葉を換えれば、人間はもともと『下衆』であり『聖人でも仙人でもない』
ということを開き直って認める必要があるのです。

欧米社会は人間とはこういうものだということがわかっていて、それをちゃんと認
めているから、成功しているのです。

日本社会は、人に『謙虚さ』とか『誠実さ』とか『思いやり』を過剰に求めていますが、
人間なんて所詮野蛮な動物に過ぎないのですから、この3つがそろった人間なんて
普通はいません。

日本社会が求めるものは、理想ばかりで、現実味がまったくないのです。

だから日本では自殺者が多いのですよ。

600 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 22:16:37 ID:ymuprdY9
序論、本文と
>だから日本では自殺者が多いのですよ。
って結論のつながりがいまいちわからない。

601 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 22:22:37 ID:+cFYOuq5
日銀が馬鹿な件

602 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/27(金) 22:22:44 ID:???
>>600
『日本社会は日本人に完璧を求め過ぎているため、多くの人がこのような厳しい社会で受け入れられず、
自分の居場所・生き場を失い、自殺しているのです。』

と書かなければダメ?

603 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 22:33:40 ID:ymuprdY9
その、日本社会は日本人に完璧を求め過ぎている、ってのはむかしからじゃないの?
やっぱりむかしから日本人は自殺大好きだったのか。

604 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/27(金) 22:45:50 ID:???
>>603
日本社会が今のような完璧を求める社会になったのは、2段階のステップがある。

まず第一ステップは、大陸から伝わった儒教。

→これにより、『誠実さ』や『器の大きさ』や『自我を抑える事』を個人に求める体制ができあがった。
この体制が、旧日本軍の体育会系の集団主義の原因になる。

第二ステップが、戦後アメリカから入ってきた『立身出世』思想。

→これは、アメリカの思想の本質である『自分の夢を実現するための切磋琢磨』が、
日本式の『会社や組織のための切磋琢磨』にすり替えられ、
官民揃って何の疑問も持たずにその思想を妄信してしまった。

605 :名無しさんの主張:2009/11/27(金) 22:49:48 ID:???
事業仕分けを見た感想が
ネット中継を見ている人とそうでない人でかなり差があるな

606 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 00:22:14 ID:???
SAPIOの最新号面白いぞ
自殺の多さやセックスレスについて書いてある
あと日本人の自己啓発好きについても

607 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 03:15:44 ID:???
完璧さを求めすぎってのはわかるな。なんか許容範囲越えてるもん。いろいろと。

608 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 04:39:38 ID:1RF9QJWK
この国は個人に極端に厳しい
この国の経済は極端に安い人件費で賄われているのに
会社更生法申請には文句言わず生保申請に文句言いまくるクソみたいな国

609 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 11:03:41 ID:???
国外脱出してる人数なんかも国民に知らせてないし。
ソフトバンクの孫さんはアメリカの気風が好きで向こうで勉強して
大成功した人なんだよね。

610 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 11:18:49 ID:VNVPDLjh
9.11みたいに国民に希望と勇気を与えることは出来ないのかな
さすがにアメリカのやったことも批判されて然るべきだけど
どうせ日本は同じ状況になったら見捨てるんだろ?

反戦だろうがボランティアだろうが利権だろうが
仲間を見捨てるような国なんて屑だ

611 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 11:45:34 ID:???
>>596
どうなんだろうかねぇ。
行きつけの某ブログに、「よく『新自由主義のせいで個人のエゴが際限なくまかり通る社会に
なってしまった』と言われるが、それは新自由主義の一面に過ぎない。むしろ新自由主義には
『組織全体のために個人はいくらでも犠牲になれ、使い捨てられコマにされるのは当然だ』
という側面もあるのに、この点を指摘する人は少ない」と書いてあって、俺もその通りだなぁと
同意したものだけど・・・。

612 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 12:07:41 ID:???
>>610
>9.11みたいに国民に希望と勇気を与えることは出来ないのかな
そこはマスコミ頼みじゃないかな?
アメリカではイエロージャーナリズムが行きすぎた反省からレスキュー911みたいな番組が出てきたけど
日本では反省するどころか、悪いことを言うのがジャーナリズムだと思い込んで悪化してると思うな
中でも科学技術を中心にしたネガティブキャンペーンがひどい

 中越地震の新幹線の脱線  日本メディア=安全神話の崩壊   海外メディア=驚異の死者ゼロ!
 同柏崎・刈羽原発の被害  日本メディア=やはり原発は危険だ 海外メディア=日本の安全対策はすごい!

これでは市民が希望を持てないだろ

613 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 12:37:41 ID:VNVPDLjh
ドキュメンタリー仕立てにした9.11映画があったけど
現実とのギャップはともかくとしてブッシュが格好良かったよ
イラク戦争の情報が出尽くした今でも、部外者の日本人が見ても悪くないと思う出来だった
ブッシュが崩壊ビルで演説⇒市民「聞こえないよぉ!」⇒ブッシュ「君の声は聞こえているぞぉ!君達の声は必ず届く!」

嘘でも良いから少しは騙してほしい
自分は大したことしないくせに自己責任論を堂々と押し付ける論調が死ぬほどウザイ

614 :花を飾ってくださるのなら ◆R92UGa3cb. :2009/11/28(土) 12:53:50 ID:5rA5mlWo
>>611
>『組織全体のために個人はいくらでも犠牲になれ、使い捨てられコマにされるのは当然だ』

だからここでも散々槍玉に上げられる「管理教育」と「ネオリベ」って
滅茶苦茶相性いいんよw


615 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 13:00:27 ID:???
>>612
を見て、完璧主義な日本人はマスコミに同調しちゃうなとおもた。マスコミは日本人の国民性をよく知ってる。

616 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 13:29:40 ID:???
>>614
まぁ最近、ネオリベ憎しのあまり、>>356のいうように昔の日本の「良くない部分」「見直しては
いけない部分」まで、味噌も大便も一緒くたに評価しようとする動きが見受けられることも事実
だけどね・・・。
保守(古き良き日本)かネオリベ(今の悪い日本)かの二元論、ってところかな。
俺みたいに両方とも好きになれない(そもそも昔が良かったなんて思えない)人間としては、
これはこれで何とも肩身が狭いわ・・・。

617 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 14:00:30 ID:???
>>615
日本人は自分に無茶甘、他人に無謀に厳しいからじゃね?
自分では成功率8割でも100%と言って、9割なら120%だと豪語しながら、
他人にはたとえ99.99%の成功率でも0.01%の部分にイチャモンをつける国民性だからね

618 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 14:43:05 ID:r0h0LxiK
多様な生き方が許容される社会になってくれお ('A`)

619 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 15:02:22 ID:J4W5ypxj
なるよ、もう少し時間かかるけど だから
いまから準備しておいたほうがいい

620 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 15:11:02 ID:0bLuvJB8
それはあとどのくらいかかると思う?

621 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 15:32:03 ID:???
お前ら金欠なのに多様な生き方もないだろ。

622 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/28(土) 15:43:05 ID:gDLYy4ct
>>618
で、そうなれない理由は、日本人は『気が小さく、臆病者』だから。

623 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 15:45:11 ID:0bLuvJB8
それは先天性のものじゃないだろう。

624 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 15:55:51 ID:0bLuvJB8
多様な生き方ってことより、リアルで他人の生き方に口をはさむな。

625 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 16:02:18 ID:J4W5ypxj
>>620
おれはあと10年か15年と見ている
ただし、部分的には先行するので、それは2、3年中に
主体的に行動できるかが先行部分に乗る(乗るというより企画)条件

626 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 16:32:57 ID:???
あと10〜15年後か。楽天的でいいな。俺はそのころの日本人はろくに飯が食えなくなっているような気がする。

627 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 16:51:35 ID:0bLuvJB8
破綻して復興の芽があればそういう、
多様な生き方が許容される社会になる場合もあるかもねって話じゃないか?

628 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 17:26:27 ID:J4W5ypxj
たしかに破綻する可能性も同時に高い
でも日本人に足りないのは開き直りだと思うよ
一人でも多くが開き直って、楽な生き方をはじめれば
チャンスはある

629 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 17:46:30 ID:???
開き直るには自分の程度を知って分をわきまえる必要がある
でも、日本の社会は可能性がないのに期待だけさせといて放置する社会
会社への貢献=出世の芽と考えると
上司が部下の6割は会社に貢献してないと考えている一方で
自分は会社に貢献してないと思ってる社員は2割しかいない
つまり最低でも4割の人たちは出世の芽がないのに可能性を信じてガンバってることになる
他の国で同じアンケートを取ると、これほど乖離しないそうだけど

630 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:20:02 ID:J4W5ypxj
>開き直るには自分の程度を知って分をわきまえる必要がある

分をわきまえるには、適度な環境が必要と思う
有る程度は認められる環境でないと人は正常に機能しない
精神論だけだとぽっきりいくね
駄目な環境でも中央突破するか、
早めに見切りをつけて環境を変更するか
どちらにしろ主体性がポイントだね


631 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:21:10 ID:???
>>614
ネオリベの影響もあるのだろうが、最近は至る所で悪い意味での「勝利至上主義」が鼻に
つくようになってきた。
「勝たなきゃ意味がない!」「売れなきゃ意味がない!」「ヒットしなきゃ意味がない!」etc...
いろいろな場面で、何度こんな台詞を聞かされたか知れない。
何処へ行っても、みんな思考や言動や価値観が一元論的になってきたというか、平板化
してきたというか・・・。

俺みたいに負け犬や落ちこぼれ、軟弱者の側にどうしても感情移入してしまう者としては、
居心地が悪いったらありゃしない。
怖いのは、ネオリベを明確に否定してる人たちにさえもそういう傾向が見受けられること・・・。

632 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:31:54 ID:J4W5ypxj
べき論に傾くのは方法論を的確に伝達する技能がないからだよ
勝間とかもそうだね
こうあるべし、闘うべしってのしか言わない
なぜそうなのか?と聞かれたら必要だから、としか言わない


633 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:33:02 ID:J4W5ypxj
売り上げ至上主義ってのは要するに文化がない
持続可能性も低いね

634 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:34:53 ID:J4W5ypxj
でも、こういう〜すべき論とか体育会系とかは必要悪なんだと思う
だから適度にスルーすれば一番いいだろうね
こういうのと全面的に闘うとまずろくなことにならない

635 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:56:03 ID:???
でもニートは許されないけどなw

636 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 18:58:08 ID:iqW0a7ZM
ニートに親でも殺されたのか?

637 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 19:00:32 ID:???
>>635
世の中にはニートと体育会系以外にも生き方ってあるんだよね
覚えておくといいよw

638 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 19:03:24 ID:iqW0a7ZM
>>632
なるほどな、でもそのやり方だと他国の人たちは説得できないし説明責任も果たせないな。
俺も納得できないけどな。


639 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 21:10:38 ID:???
所属してる小さな集団(会社、学校、友達同士…)のルールとか規範みたいなものが絶対でそれ以外は認めない。アメリカが国単位でやってることを日本ではよりミクロな単位でやっているにすぎない気がする。
アメリカには国という大きな家があるから個人が自由でいられるけど、日本はそれがないから小さな所属に個人が合わせていくしかない。
やはり共通認識あっての自由だ。
日本なら小さな所属のなかでしこしこやるしかない。妙に視野なんか広げてみろ、はじきものにされるぞ。

640 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 21:17:52 ID:???
>妙に視野なんか広げてみろ、はじきものにされるぞ。

おっしゃる通りでございます。


641 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 21:26:44 ID:???
だから視野の狭い臆病者が多くなってしまう。
糞だな。

642 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 21:38:53 ID:???
日本での努力ってまさに しこしこ という表現が適切
ゴージャス感ねえなw

643 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 21:47:03 ID:iqW0a7ZM
日本での努力は所属組織の意向の文脈読み、空気読み。
努力が他分野に互換ができない、掛け捨て、つぶしがきかないっと。

644 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 22:50:24 ID:???
>>641
だから…っていうけどぐるりと海に囲まれてる地理的要因も大きいよ。
隣国との絶えざる緊張や移民との摩擦をとおして社会を考える必要がないもの。
欧州どころかロシアでも夏休みに何カ国も安価に旅行することができるんだよ。
宿泊先だの食事は決して安くはないと思うけど、拘らなければ安く済ませられる。
北海道や沖縄や四国にいくよりもずっと身近に隣国があるわけだからね。
日本なんて1万円出しても東京から熱海に1泊してオシマイだろう。

645 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 22:57:43 ID:???
あとこれは偏見だが日本の都市景観と日本人は少しも美しくない。
これが致命的というか絶望感を加速させる要因ですよ。
日本の美しさを見ようとすればわずかに京都とか
8割を占める山野に求めるしかないけどどこ行っても同じ。
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=226971&page=23

646 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:13:56 ID:???
他者がいないところに自己はないんだよな。
いきなり世界という他者に向き合うことになって日本もびびってるんだろ。

647 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:20:52 ID:+/UfHnv6
>>646
>他者がいないところに自己はないんだよな。

ニートに言ってやればピッタリだなw

648 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:22:29 ID:iqW0a7ZM
世界とつながっちまったな。
日本びびりすぎて発狂しちゃってるよ。

649 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:24:05 ID:???
>>647
ニート好きだなw

650 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:33:05 ID:???
ニート差別無くなって欲しい

651 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:36:19 ID:iqW0a7ZM
経済白痴で働くことが絶対正義の日本人には無理かな。

652 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:36:37 ID:???
ニートは恐らく自己(他者)をもちたくないっていう旧日本型人間だよ。
現代の勝ち負け論理とか、自分らしくあれ!っていう世間からの要請に耐えられないタイプ。
みんな非難するけど日本の急激すぎる変化についてこれない人がいたって当たり前だよ。
だからこそ社会にこんなに現れたわけだし。
メンタルヘルスとかも同様。

653 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:40:56 ID:???
ニートは生きている意味がないよな。

654 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:43:11 ID:???
>>652
管理教育と自分らしく!ってのは矛盾するダブルバインドなんだけどね。
精神科医たちは日本のドロップアウト組は内向的なため犯罪しないで
引きこもる特殊性があるので、貶めるのはダメだといい始めている。

655 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:51:50 ID:???
ネトウヨブームがようやく収まったかと思ったら、今度は「ネトウヨ?ああ、ゆとりのニートや
引きこもりみたいな社会不適合者ばかりだろ?」と小バカにするような意見が増えてきて、
「オイオイ、ちょっと待てよ」てな気分にさせられることが増えたなぁ・・・。
「そういうことを書いてる人は、恐らくネトウヨ転向組も多いんじゃないか」という意見も見かけるけど。

656 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:53:21 ID:iqW0a7ZM
ニートより、経営者を甘やかしている労働者のほうが有害だろ。

657 :名無しさんの主張:2009/11/28(土) 23:54:49 ID:???
>>653
そもそもみんな死ぬのに生きる意味があるのかどうかが問題だ。
世界の約2/3?は三大宗教だから神とか超越的なるものを一応は信じている。
神のために善く生きよう、なるべく楽しく生きよう、というのが多数であり自然だ。

歴史上はニートというかフラフラ遊び人が大勢いるのがふつうだった。
産業革命以後、商業や戦争の発達に伴ってダラダラ生きてた人を
高度に教育して産業に従事させてなるべく税金を搾り取ろうという発想になってる。

だから、ニートは生きてる意味がない、とかいうのは宗教がなく
しかも支配者・為政者に都合のいい不自然な洗脳教育の結果であり真実ではない。

658 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:03:38 ID:???
日本の場合は洗脳教育ではなく
洗脳=教育と定義してると思えてきた

659 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:04:28 ID:RC1qMOof
ニートが生まれる原理、環境、社会の欠陥、疾患については無視されるんだよな。
そういうことはニートだけに限った話じゃないけど、もう後がないぞ。

660 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:08:12 ID:???
日本って仕組の組み合わせ自体が全部狂ってるから
価値観もないし、わくわくすることもないし、単純に楽しいこともない
洗脳が教育だし
恐怖心となんとか安定したいって言う後ろ向き動機だけが生きるエネルギー

661 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:09:33 ID:sSWMi0aM
ニートは社会の問題ではなく個人の問題。メディアもすっかり興味を失ってしまった。

662 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:10:52 ID:???
社会人は厳しくあるべき!それについてこれないのは糞!ってのはその人の考え方であって真理ではない。
日本ではそういう考えが主流だから、正論みたくなってるけど。

663 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:12:08 ID:???
なんか急にニート叩きが増えたけど何で?まさか自演じゃないよね?

664 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:13:03 ID:sSWMi0aM
自分の食い扶持は自分で稼ぐ、これが自立の第一歩だな。

665 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:13:50 ID:???
日本が変なのは洗脳されてるから
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=153964
http://www.l-net.com/tshp/essey01.htm
http://www.l-net.com/tshp/essey02.htm
http://www.l-net.com/tshp/essay03.htm

666 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:14:02 ID:???
厳しくあるべきってのは逆に日本では一面の真理ではないか
つまらない社会・価値観の人間をつくってきたから
そういう動機がないとさらにきつい社会なのかもしれない
前向きの動機をここでは持っても無駄っていう事実を表現したのが
「厳しくあらねばならない」

667 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:15:56 ID:???
ニートに税金を投入することは事業仕分けでカットされたからな。

668 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:16:44 ID:???
>>667
しつけえw

669 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:17:18 ID:nnfj8oTr
>>657
その上支配者に好都合な価値の刷り込みに、支配されてるほうが「自分より格下の叩く対象が欲しい」っていう気持ちから乗せられて
結果支配されてるほうまで支配者に従順になっちゃうから困ったものだよね

670 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:18:23 ID:???
日本のっていう限定を加えればそうだろう。
厳しくあるべきルールを信じないと日本では生きていけないからな。
そこに疑問をもったやつがニートやらになる。

671 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:18:51 ID:RC1qMOof
事業仕分けで加速が増せばいいんだけど。

672 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:19:41 ID:oHnxSzIr
あ、>>670>>666に。

673 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:20:05 ID:???
ニートは親と二人三脚で地獄に飛び込むしかないのか。

674 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:25:52 ID:???
日本の洗脳環境を一言で表現すれば
現状に満足してなさい
これにつきる
つまり、将来への展望や戦略は持つなってこと
ニート批判の本質も同じ ニートなら馬鹿にする、いやなら一般の奴隷として生きろ、と
こっちは楽しいよって言葉はまずでない

675 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:34:18 ID:???
今、日本人同士がギスギスしてるのは
現状に満足してなさい
という強固な枠・檻の中で実は不満だらけの心理状態だから


676 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:36:17 ID:RC1qMOof
その不満が弱者に向けられると。

677 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:39:36 ID:sSWMi0aM
もう昔の護送船団方式で低能でも生活がよくなった時代を懐かしむのはバカ。

現状に満足できずに上を目指すのであれば、努力してエリートになることだ。

678 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:42:10 ID:???
要するに社会に対抗するだけの力も知識も持ち合わせていない人間がほとんどなんだろ。
意味もわからず働き、意味もわからず消費し、意味もわからず死んでいくんだよ。
正確にいうと意味もわからず働かされ、意味もわからず消費させられ、意味もわからず死なせられだな!
最後は神の意思だから仕方ないにしても最初の二つは人間の支配でしかないんだよ。
それにも気付かず奴隷に甘んじてるやつ多数。

679 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:42:57 ID:???
いや
努力して幸せにといってほしいね
日本でエリートを目指すとたいがい最悪に。。

680 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:43:07 ID:???
で、貴方は満足できてるんですか?じゃなんでこのスレに来てるんですか?

681 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:43:47 ID:???
ニートは生きている意味がないよな。

682 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:45:37 ID:???
まあ、働かされっていうことだけど
同じ仕事内容や立場でも主体的な働き方や
人生観の体現が出来るかどうかで180度意味が変わるな
そのことに気づくかどうかだ エリートとか金持ちとかそういう洗脳基準じゃ
だめだ

683 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:46:25 ID:???
赤の他人に「生きている意味がない」と人生に干渉。よっぽど見下したいんだろうね。

でもそれはコンプレックスの表れでもある。そうやって見下すことで安心したいんだろう。

684 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:47:03 ID:RC1qMOof
ほどほどはないってことだな。

685 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:47:12 ID:???
>>680
俺はもうエスタブリッシュメントだが、バカ造が忘れている努力・忍耐・大和魂などを教えるためだ。



686 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:48:05 ID:???
なんだよ例のあほ団塊か。。あほくさ

687 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:52:57 ID:???
>>686
底辺でもがき苦しむのは自業自得w

688 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:54:26 ID:Pa4KEI8r
偽りの現実や神話が支配している点でヨーロッパやアジアの国々と比べても
この国は酷いと思う。そしてそれがわからない国民は権力層に洗脳されている
としか言いようがない。オウムや統一教会の事を日本人は笑えない。

「日本人は潔い」ー悪事を働いても権力を盾にして居直る権力者。
         水戸黄門に登場する悪役人がよい例。
「日本人は我慢強い」ー我慢させられているのは貧乏人や立場の弱い者だけ。
           そして積年の我慢のストレスは目下の者へ向けられる。
           嫁姑問題がよい例。
「日本人は働き者である」ー働かざるを得ない労働環境のせい。
「日本人は自己主張をしない」ー自己主張をすると潰される。
               それでも抵抗すれば不良だのヤクザだのと
              レッテル貼られて疎外される。  


689 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:54:46 ID:???
他人を底辺だと決めつけて優越感に浸かってるんですね。分かります。

690 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 00:54:54 ID:???
>>687
自己紹介乙
好きでもない仕事を選んだ低能で、それでも頑張った自分を尊敬してほしいw
とんだおこちゃまだよ 世の厳しさを知れよ

691 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 01:36:46 ID:???
同じ奴っぽいのがたくさん書き込んでるっぽいけど
よっぽど不満な事でもあるのかね〜?

692 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 03:45:20 ID:T/n7/aXq
金福子 紅白歌合戦

693 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 08:31:38 ID:???
>>689
日本人の病巣だな
これだから経営者に好き勝手やられるんだぜ

694 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 09:40:11 ID:???
>>689>>693
西洋人は上を見るけど日本人は下を見るよなそーいや・・・・・・・

695 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 09:52:57 ID:???
上昇志向がない奴ってやはりダメだな。

696 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 12:29:16 ID:ZO0blMYl
浪花節、スポ根、おしん

昭和世代が好きなものww

697 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 12:53:12 ID:???
>>696
ココでこう言っては「表現の自由」の観点から反論もあるだろうけど、もし俺が首相というか
独裁者だったら、そこに挙がった作品を全部放送禁止・発売禁止にしたいくらいだわ…。
もちろん、日本人の精神の民主化のためにね。

698 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 12:59:09 ID:???
朝鮮人、和田アキ子の叔父またまたまたまた逮捕!

詐欺破産で大物金融業者ら3人逮捕 大阪府警

破産による財産の差し押さえを逃れるため、実質経営するゴルフ場運営会社の社長を替えたなどとして、
大阪府警捜査4課と吹田、南両署は26日、破産法違反(詐欺破産)容疑で、金融・不動産グループ元代表、
和田忠浩被告(77)=大阪市天王寺区=と知人のゴルフ場運営会社社長、金人志容疑者(43)=松原市=ら3人を逮捕したと発表した。
和田容疑者は大物金融業者として知られ、平成18年9月に競売入札妨害容疑で逮捕。
別の詐欺や恐喝事件とともに今年5月、大阪地裁で懲役3年8月の実刑判決を受け、現在控訴中。
調べでは、和田容疑者は17年9月、破産申し立てを受け、実質経営するゴルフ場運営会社の株式の差し押さえを逃れようと計画。
同年11月、株の名目上の所有者だった社長を金容疑者にすげ替え、株も譲渡させて財産の隠匿を図った疑い。
また、和田容疑者は18年2月、破産管財人に申告せずに、知人の会社社長に融資していた貸付金のうち約1億1000万円を他人名義の口座に振り込ませ、
回収した疑い。
和田容疑者は整理回収機構に対し負債約260億円を抱え、18年1月に破産宣告を受けていた。

ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080626/crm0806261141010-n1.htm

699 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/29(日) 17:32:12 ID:???
>>695
>上昇志向がない奴ってやはりダメだな。

しいて言えば、その上昇指向ってのはアメリカからの輸入品に過ぎない。
政府に都合の良いところだけを賛美して。

日本人にはもともと上昇指向なんてものはない。
今が楽しければいいのが、日本人の本質なのだ。
日本人は本質的にラテン系民族だから、アングロサクソンの
立身出世思想は合わないの。

700 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 17:40:18 ID:???
>>699
上昇志向っていうのは、悪く言うと誰かの地位を奪うという行為
狩猟民族だからこそ、それが当然という価値観があるのだろう
一方で日本人にあるのは向上心
立身出世が伴っても農耕民族だからパイの奪い合いは避けるんだろうな
ちなみに上昇志向には向上心が伴うとは限らない
ただの野心だけって場合もある

701 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/29(日) 18:08:12 ID:???
>>700
>一方で日本人にあるのは向上心

農耕民族における向上心というものは、それはいつの間にか
本物の向上心ではなくなり、

権力者の都合の良いように下の人間をコキ使うための
口実にすり替わる。
(例えば、「空気を読む能力」をつける向上心)

だから、そもそも日本人には向上心といったものは
存在しない、と思ったほうが正解に近い。

702 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 18:11:01 ID:CQut8/tC
その代わりに何があるんだ?

703 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 18:22:57 ID:???
>>702
私利私欲
別に一人で顔を真っ赤にしてるならいいけれど、大抵周りを巻き込むし巻き込まれる

704 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 18:27:25 ID:R7fumCga
有能でリーダーシップのある人間の私利私欲はそのおこぼれを多くの人間に与えれるからいいことなのだ。

無欲で無能なバカはその足を引っ張ることしかできないから困るのだ。

705 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 20:00:11 ID:???
ニーチェは「強者」の貴族的道徳は「わたしはこんなことができる」
だから「わたしはよい」ゆえに「わたしのようにある、できることはよい」
という自己肯定から善をモデル化し、その欠如、不足として悪をイメージするのに対し、
「弱者」の奴隷道徳は、「あいつは敵、迫害者だ」だから「あいつは悪い」
ゆえに「あいつと対立する我々は正しい」という憎悪、他者の否定から悪をモデル化し、
その否定、反対者として善をモデル化するとして、
後者の善の基礎にある怨恨感情をルサンチマンと呼ぶ。
そこから奴隷道徳の善は、否定の意志、憎悪を常に隠し持っているため、
抑圧的、欺瞞的、病的だとして批判するのである。

706 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 20:40:27 ID:ZO0blMYl
>>697
城繁幸のブログに書いてあったんだよ。
昭和の感覚で止まっているオヤジババアジジババ共だなww

707 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 21:54:56 ID:???
>>606 SAPIOの最新号面白いぞ

精神科医の斉藤環が日本社会に行き渡る閉塞感の現象を整理してたけど
冒頭で1977刊の山本七平「空気の研究」に言及しているにも関わらず
もっとも肝心要の「空気」の正体と源泉については何も書いていないw
 なぜかわかるよね?
そう、SAPIOは右派の雑誌だから、伝統宗教の縛りとそれを引き継いだ
管理教育が最悪だ、なんていう本当のことは書きにくいんだろうね。
もし書くならそれだけで一冊の本になるだろうし、氏の作家としての立場を
左右するほどの大問題だから。まあ精神分析はフランスの左派だし
氏も当然そっち寄りなんだとは思うけど。

708 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 22:00:29 ID:???
たしかにSAPIO面白いね
右派の雑誌だから、何でもかんでも民主党を叩きがちなのは笑えるけど。。
自民党の悪政は一切スルーってのも笑える
佐藤優だけ冷静に政権を見てるのは好印象だね

709 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 22:02:10 ID:???
とくに大前ケンイチ先生、何でもかんでも民主にケチつけて笑える
感情入りすぎだし、あなたがコケにしてる北欧諸国は国際競争力で
圧倒的に日本の上を行ってますが??

710 :名無しさんの主張:2009/11/29(日) 23:16:59 ID:+IerMqMz
>>709
>あなたがコケにしてる北欧諸国は国際競争力で
>圧倒的に日本の上を行ってますが??

ぷぷw

711 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 11:45:16 ID:Uf9w7wW6
ttp://d.hatena.ne.jp/elm200/20090711/1247288309
ズバリ、だな

712 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 11:54:56 ID:xFsr4RWL
日本の伝統文化なんて
ほとんど中国のパクリじゃん


713 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 11:57:23 ID:xFsr4RWL
歌舞伎なんて
今なら竹の子族や暴走族。

敷居が高杉
偉そう杉


714 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 12:39:50 ID:???
いいじゃん、それで。おもしろいじゃん。

715 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 15:05:42 ID:???
国会中継「参議院本会議質疑〜平成20年度決算」
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1259556038/
国会中継「参議院本会議質疑〜平成20年度決算」2
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1259560674/

政権批判は批判で結構なんだが
なんか違和感を感じる

716 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐 ◆40WnEtzSeY :2009/11/30(月) 22:10:37 ID:???
>>712
日本は中国に文化的に侵略されたってこと。
儒教によって、日本はダメになったのです。

福沢諭吉

717 :名無しさんの主張:2009/11/30(月) 22:19:45 ID:???
>672 名前:無党派さん[] 投稿日:2009/11/29(日) 17:49:42 ID:oQED3nPe
>これしか認めないというような社会のあり方は時代に
>そぐわないと思うんだよな。昭和でもあるまいし、いつまでそんな事
>やっているんだろ。他のアジア諸国の方がよっぽど多様性を認める
>社会になってきている。

↑本当、その通りだなぁと思う。
アジアと言ってもいろいろだけど、やっぱり多民族国家か否か、ということが大きいのかな。
(個人的には日本も決して単一民族国家なんかじゃないと思うけど・・・)

718 :名無しさんの主張:2009/12/01(火) 02:47:11 ID:KSYtNheg
日本人はストレインジャーに弱すぎだよ。
弱すぎってのは主体性を保てないって意味ね。
小さなムラ共同体でベタベタしてるのがお似合いよ!

719 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 11:55:09 ID:klEPCQ1P
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259655044/652
>652 :名無しさん@十周年 :2009/12/02(水) 11:22:25 ID:gaDi4VjHO
>>>650
>何で仕事しないヤツに金をあげなきゃならんのだ。
>仕事をして稼いだ金で消費するのが資本主義だよ。
>働かなくて金をもらえるなら国民すべてが生保になるぞ。
>結局国が潰れておしまい。
>おまえみたいな馬鹿は北チョンにでも亡命しろよ。


720 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 13:14:42 ID:???
エコエコエコエコうるせえよ
太陽光発電の家を買うのにどんだけかかると思ってんだ
さらにはエコカーに買いかえろって

良心につけこんで新しいものを売りつけたいだけだろ

721 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 16:30:56 ID:???
バレたか

722 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 17:31:13 ID:???
金がない奴には関係ない話だから腹が立つのも当然だなw

723 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 18:11:12 ID:???
こんな気持ち悪い国とっととおさらばしたい…

724 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 18:44:11 ID:uKNvPrYl
大阪の吹田市。障害者の呼び方を公募。
言葉の印象でさえ、過剰に忌避しようとする。
やがて害悪だとも馬鹿ものとも、警告や注意すらできなくなる
未熟なエゴの擁護も極まった。
臭い物に蓋がこうじて、おぞましい世相に一直線。
大阪どまりで封じ込めたい。

725 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 18:53:44 ID:???
人間の国じゃぁないよな・・


726 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 19:01:39 ID:???
ttp://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200911300203.html

ニッポンの「臭い物には蓋」な事なかれ・先送り体質は
こういった形で外国人にも批判されております。

727 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 19:02:54 ID:???
>>724
実際に障害者という呼称は実態を表してないけどな。
日本語は主語が明確じゃないせいで、
障害者と聞くと、こっちに障害をもたらすように感じてしまう。
社会に対して障害を感じてるのは障害者の方なんだから、これは全くの誤解であって。
被障者(ひしょうしゃ)とかにして主語を明確にすべき。

もちろん、吹田市の場合そんな意図は全くないだろうけど。
エンジェルハードシップとか、ちゃらんぽらんな名前つけて臭蓋だろうね。

728 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 19:25:20 ID:???
敬語が言えない若者についてうだうだいっている年寄り。おたくらが若者に尊敬されるような人間になることから始めるんだったな。

あれだけ若者叩きしてりゃ誰も敬語使わないって。

729 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 19:44:40 ID:uKNvPrYl
>>724

障害者だからといっても、害を与えるという印象を持つこともあれば、
どんな状況だろうか、自分が手助けできるなら、少しでもしてあげよう
かと思う人間もいる。
「はし」といっても、箸、橋、端と多様な解釈ができる。
前後の文脈や状況でその言葉の意味のより正しく感じ取れるというもの。
部分的な単語や呼称に対する解釈に対して、心理状況によって、
感情的に悪い反応をすることがあるからと言葉を変えようでは
人間同士の秩序は成り立たない。
第一、生まれれば必ず死ぬし、ものを食べれば、糞をする。
死にたくない、糞はしたくないでは、実際すまないだろ。

730 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 20:06:46 ID:???
>>253
ナカーマ
87年生まれだが、
松本サリン事件、阪神大震災、911とにかく世相が暗かった。
ギャグマンガで「リストラ」が出てきて、
リストラされたお父さんがかばん持って家と会社を往復するだけの描写が笑いになってるような
もん読んできたからな。

楽しいことと言えば全部消費。たまごっちブームとかポケモンとかそんなことばっかり。
(まぁゲームは楽しかったけど)

今じゃ、消費は悪って考えの成人になってもた。


731 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 20:46:52 ID:???
日本は人間を画一化、規格化しすぎたね。
就職できないやつは欠陥品って言って問題になった大学の就職課があったけど、
その通りだと思う。俺たちは人ですらない。物だ。
昭和の映画なんか観ると、どうしようもない人間がいっぱい出てる。
それでも何の問題もなく、世の中は回ってたんだなと思う。
今じゃもう寅さんはSF映画の部類。

732 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 21:40:12 ID:???
日本をえすえふの国にせにゃいかんな

733 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 23:01:57 ID:MOFH1BpK
>>731
おっしゃるとおりですよ。敗戦からの復興→高度な産業化と
社会主義的な修正資本主義を一気に急ぎすぎた。
その根底には愚直すぎる農耕民族性、GHQ・CIAの洗脳政策と
何より儒教ベースの思想管理教育の存続があったわけです。

734 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 23:29:48 ID:???
>>731
そうだねぇ。
そういう日本社会の現実を何とかしたいからこそ、政権交代を望んだ人も少なくなかったんじゃ
ないかと思うんだけど(かく言う俺もその1人)、今の状況を見てる限り、どうにもね・・・。
結局、時計の針を逆回しするような「保守回帰志向」には歯止めがかかってないと言うか。

735 :名無しさんの主張:2009/12/02(水) 23:35:20 ID:???
もう少し人間的な部分を大切にしてほしいね、この国の教育は
ギリシャ神話を学ぶといい
人間的な神様がたくさん出てくる

736 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 00:16:54 ID:???
60年代は安保闘争とか政府批判みたいな雰囲気があったから
洗脳を敷こうとする政府とプラスマイナスで相殺されたけど
その後の団塊jr.以降は反骨とかが失われた。
せいぜいツッパリ暴走族で荒れる程度に押さえ込まれた。
その後のゆとり世代はもっと押さえ込まれた。犠牲者ですよ。

737 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 00:31:53 ID:???
ふむう この国家単位の低レベルな押さえ込みはなんなんだろうね?
資本主義が成熟して堕落したということかな?
人間そのものはなかなか進歩しないものだねえ

738 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 00:50:18 ID:???
>>736
何と言うか今の日本人って「人間なんて愚かで醜くて救いがなく、そんな人間社会は変える
ことも逃れることもできない。今いる場所をひたすら受け入れ生きていくしかない」という思考に
長く支配されてる気がするんだよね・・・。
若者に元気がないと言われるようになって久しいけど、その原因は案外こんなところにあるの
かもね。小さいうちから「現実は厳しいんだぞ」とひたすら刷り込む姿勢。
数年前、まだネトウヨが我が世の春を謳歌してた頃、彼らをいち早く取り上げたある学者が、
「イデオロギーの対立が見られなくなって、若者の間では『現実主義の1人勝ち』状態。議論を
しても、現実と合わないものは『ハイハイ理想理想』と見向きもされない」と言ってたっけ。

外国だったら社会に不満があれば、選挙であれデモであれ(テロや戦争になってしまう場合も
あるが)成功するかどうかは別にして、何か変えようという動きが起こるものだし、どうしても
ダメなら亡命したりもする。でも日本はそういうのが全然ないまま何十年もやってきて、だんだん
こういう思考の「毒」が全身に回って中毒を起こし始めたのじゃないか、それがネトウヨを始めと
する今の日本社会の「自分を社会に合わせて変えろ、不満を社会のせいにするな」「人間らしさ?
下らねぇ!力が全てだこの野郎!」てな風潮の原因なんじゃないのかな・・・て思えてくる。
もっと早く国民の力による政権交代が起きてれば(細川政権のようないい加減なものではなく)、
ココまでなることもなかったのかな。

739 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 00:55:37 ID:???
>>738
良くも悪くもリアリストが増えたのだろうか。いや、増えすぎたのかな。
しかもリアリストというよりはやや悲観的な宿命論者(フェイタリスト)が
満ち溢れて、それで国全体にそこはかとなく閉塞感を与えている感じ。

誰かが「甘えの構造」と言っていたけど、こういうのも案外「甘え(というか
現状を甘んじて追認、現状に妥協して安住する)」なんじゃないのかねえ。

740 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 01:22:37 ID:hc+zeftP
>>730
俺は86年生まれだが、失われた10年で思春期を過ごしてきたから殺那的な考えになってきたよ。('A`)



741 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 01:29:22 ID:???
ってかバブルの価値観がまったく理解できないんだよなぁ

何が楽しくて買いあさったりしてたのか不思議。

742 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 01:51:41 ID:???
>>739
その悲観的な宿命にですら挫折すると、人は狂気する。
せめて彼女さえいれば…と言って無差別殺人したやつもいるしな。
さすがにそりゃ理想が高いと思うが。
いくら悲観論者だって、最低限の希望を持ってしまうのが人間というもので、
リアリスト気取りだって、キレるラインがある。
このまま行くと、そこを越えてしまいそうで恐い。
そのうち、若者による集団老人殺しとかあるんじゃないかと不安になる。

743 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 02:52:52 ID:???
なぜ日本映画は駄目なのか

日本国内への話題作りのため外国の映画祭で賞を貰うことだけを目的に映画をつくる。
外国人は日本人独特の形骸化した文化風習(おくりびと)を有難がる、否それでしか他の海外作品と差別化できない。
必然的に海外の評論家知識人にウケを狙う現代アートもどき(しんぼる)みたいになってしまう。

外国の一般人にでも理解できるような普遍的な話題(ドラマ・恋愛・コメディ・アクション)で
ハリウッドその他の海外作品に勝負しようとする気概もない。勝負にならないから?
中国や韓国のようにハリウッドを模倣することを馬鹿にするくせに
いざ同じもの作ろうにも過去の栄光と伝統に縛られ新しいモノが作れない。
せっかくできた作品も、中国人や韓国人に見せるのも恥ずかしいシロモノ。

必然的に国内市場にひきこもり、TVドラマに熱狂するスイーツ映画が量産され、しかもそれが大ヒットしてしまうんだから
危機感なんか微塵もない。挙句の果てには邦画は洋画に勝ったと勘違いする馬鹿が続出。

もうこの国に未来はないw


744 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 02:53:17 ID:WE40zOx4
ロシアや東ドイツではネオナチによる障害者や有色人種への殺人事件が起きてるよな
日本もそのうち障害者や在日を狙った極右青年の襲撃が起きると思う 2ch見てるととくにそう思う

745 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 02:58:46 ID:WE40zOx4
ハリウッドなんかネオコン毛唐の偏見充満だ 真似するこたぁ無い 飽きられ売れなくてざまぁだ
日本人が映画に関心が無いのが悪い ただ有名ならいいって発想が悪い

746 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 03:03:02 ID:???
>>744
障害者はともかく、在日は遠目で分からないから対象にはなりにくいのでは。
それよりも突発的な(誰でも良かったという)暴力・襲撃が今以上に増える。

747 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 03:07:52 ID:???
>>743
電通の海外認知度からして低いらしいですね。
そもそも日本語という特殊言語の非関税障壁に依存する領域が多い。
東大のガクモンですら外国の研究の翻訳・紹介で食べてる分野が多いのです。

まあ移民や英語化によってその壁を壊し自由化したならば、
正真正銘の凄まじい競争を強いられることになりますけどね。

748 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 07:42:35 ID:???
日本人はやたら見えない物にこだわる生き物。他人の心なんて分かるはずないのに「お前は逃げてる。甘えるな!」と良いこと言ったつもりになってる。しかし、本人も思い込まされてるから「そんなわけない!」とは言えない。
あと一部だけを見て全てを決めつける所なんかもそうで、見えない物にこだわる+集団心理が働いている。最近のことだと派遣叩きやゆとり叩きなんかだろう。あれはまさにごく一部だけを見て叩いている典型と言える。

日本人は棚上げも好きなのだ。上記に挙げたものは、自分はそうではないと思い込んでいることが前提でないと言えないこと。自分が本当にバカなら他人に対してバカだとは言わないはずだから。逆に言えば下を見る(そのつもり)ことで安心感を得ているとも言える。

749 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 09:27:48 ID:???
秘密のファイル CIAの対日工作 春名 幹男著
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0453-9
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0454-7

文藝春秋|CIA秘録 (ティム・ワイナー)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/80/9784163708003.shtml
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/81/9784163708102.shtml

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/30(月) 07:12:16 ID:OCR++bFJ
読んだよ

岸、笹川、児玉、草加、暴力団、統一教会、マスゴミ、自民党員
みんなCIAの手先だったんだ  国としてオワットル

750 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 10:21:27 ID:???
>>748
棚上げと先送りはニッポン腐敗社会の十八番だよな・・・・・

それでたまりたまったツケが今になって噴き出しまくってるのが現実よ・・・・・

751 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 10:34:36 ID:WE40zOx4
>>748
日本人は本来公然と口汚く人を叩くのを良しとしない。ネットは日本人の意地汚さを総動員していると思う。

752 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 11:44:16 ID:???
【埼玉】「行きたい学校に行けないのはおかしい」 私立高保護者アンケート、4割が「私立高も無償化を」希望★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259803574/


753 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 13:53:58 ID:???
それぞれが自分の正当性を主張しようと必死だから疲れる。
ここのルールはあそこでは通じないという状況がありすぎ。
ちっさいレベルで排他的。

754 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 13:59:00 ID:???
端的に言うと、いつも一緒の仲良しクラブをやってれば組織でうまくやれます。

755 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 14:26:13 ID:/xSby4cj
法律が機能していない国だからな。

756 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 14:39:10 ID:hc+zeftP
働く 恋愛 結婚 の敷居が高すぎる件について




757 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 14:58:03 ID:???
ニートにはなw

758 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 15:19:45 ID:???
カースト制度が日本にもあるような気がする

759 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 16:24:18 ID:C3dVQvoS
日本人って何でもかんでも人任せの国なんだな
自分達でなんとかしようとは思わないのかよ…

760 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 16:26:33 ID:???
>>759
フランス人はフランス革命を起こせるが、
日本人は日本革命を起こせない。
その差だな。

761 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 16:28:10 ID:???
>>744
在日の勢力は右翼の中にも入り込んでるから難しいぞ

762 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 17:32:46 ID:???
この国で生きるということは思ったより「自由」ではないよ。内情として、たくさんのルールが存在する。
あきらめて受け入れる。それがこの国における処世訓かもね。

763 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 17:34:29 ID:???
自由の拡大が必要ですよ 

764 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 17:42:39 ID:???
ニートには義務が果たせないからなw

765 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 19:01:00 ID:???
>>756
その全部、相手へ滅私奉公することが極端に求められる。
男の場合。
恋愛も結婚も仕事と変わんね。

766 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 19:15:34 ID:hZN5wtAl
携帯やパソコン、インターネットだけじゃなく、デジタル家電とか車内用品も
、なんだか用語だけが一人歩きして無節操に拡散してしまっている。
意味を理解しようという手に負えそうもなく、ただ唖然・呆然
とするだけだ。携帯電話の機能やサービスの話を聞いても、
みんな人間の格好をした地蔵だよ。
年寄りがほとんどだが、若いもんでも同じ傾向だろうな。
物事の良否を判断したり、あるいは経済ゲームをしようにも、どこかSF
世界にでも舞い込んだようだ。
これじゃ、何か政治的な駆け引きでもしようという意欲は萎えてしまう。
製品が、サービスがどこかおかしくても、ただ状況の成り行きを見守る
しかない。まるで凍った池でどこかに消えて固まっている鯉のようだ。
何か異変があると鯉も動き出す。
そして池の波紋がひろがり池の水が躍動する。
池という身近な世相や世間の実態。そこになにか異変でも起こすのは、
個々の鯉が起こすのか、それとも自然の成り行きに任せるのか。

767 :名無しさんの主張:2009/12/03(木) 21:24:16 ID:hzsZzZiA
>>766
秘密のファイル CIAの対日工作 春名 幹男著
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0453-9
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0454-7

文藝春秋|CIA秘録 (ティム・ワイナー)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/80/9784163708003.shtml
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/81/9784163708102.shtml

どっちも一次資料を活用した第一級の問題作だが、これによれば
岸、笹川、児玉、創価、暴力団、統一教会、マスゴミ、自民党員みなCIAの手先。
洗脳、管理を意図的に企てる支配者層とその手先が大勢存在するという事実。
この現実を直視すれば世相だの現象だの自然の成り行きなどに逃げることはできない。

768 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 00:11:52 ID:TvuGTLDX
アニメやゲームは面白いが、これを日本文化と呼ぶのは妙だな。
今の日本にゃ文化のぶの字もない。コンクリートに埋まっちまった。
管理されすぎたものはもう文化とは言わないんだよ。
日本人の遊び心は官僚と大企業と学校に潰されたんだ。

769 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 00:33:08 ID:K60Dwkfb
遊び心とは余裕のことだからな。
無くなったな。

770 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 01:01:32 ID:???
カス労働が蔓延してるのが一番の問題

771 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 02:00:09 ID:???
家電のCMとかみると、どうでもいい機能つけたなってものが多い。
例えば自動で消えるテレビとか。
夢のあるものなんてもうない感じ。

772 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 06:53:09 ID:tF6RMA7X
日本は本当に先進国か?

グローバルな競争に巻き込まれ人件費の安い中国と競争するには
日本の製造業は合理化するしかない。これはわかる。
本来は労基法を撤廃、正社員を廃止して全員時給単位のアルバイト、残業禁止、労働時間をヨーロッパ並みに
減らしてワークシェアぐらいの大胆な改革をすべきだった。

しかし日本は派遣や契約社員という名の新たな身分制度を作ってしまった。

これで正社員は特権階級化され、容易に既得権益を手放さない一大勢力に成ってしまった。
本来、公務員も大幅なリストラ、ボーナス廃止ぐらいしないと財政破綻は避けられないが
既得権益を持つ一大勢力に、こんな政策叫んでもまず選挙に勝てない。

先進国で常識の「同一賃金同一労働」の原則が唯一通用しない異常な国。
カースト制度が合法的に機能しても疑問にも持たず平気な国民性。

日本は本当に先進国か?

773 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 08:09:52 ID:???
「辞めろ」って合唱する奴がいるじゃない
そういう奴に限って「じゃあ代わりは誰かいるの?」って言われたら
ちゃんと答えないのな


774 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 09:05:36 ID:Vf3YczkZ
勝間の糞アマを出演させんな

775 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 09:25:36 ID:???
>>773
代案なき反対、反対のための反対、感情だけの反対
心理的に疎外感を感じてる人の行動だっけ?
うわべだけの協調は得意だけど、協調性のない国民性だから
疎外感を感じる人も多い多いわなあ


776 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 10:40:08 ID:???
>>772
アメリカの指令じゃないか。「独立国ではない」からなw

 年次改革要望書 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8

1997年 独占禁止法改正・持株会社の解禁
1998年 大規模小売店舗法廃止、大規模小売店舗立地法成立(平成12年(2000年)施行)、建築基準法改正
1999年 労働者派遣法の改正、人材派遣の自由化●
2002年 健康保険において本人3割負担を導入
2003年 郵政事業庁廃止、日本郵政公社成立
2004年 法科大学院の設置と司法試験制度変更
2005年 日本道路公団解散、分割民営化、新会社法成立
2007年 新会社法の中の三角合併制度が施行

777 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 11:00:57 ID:???
私たちは、みんなが同じであるという理由によって平等に扱われるべきなのではありません。
私たちは、一人一人が異質の個性を持っているからこそ、平等に扱われなければならないのです。
この意味で、日本の教育者の多くは 「平等」 を誤って解釈していると言わざるを得ません。
「和して同ぜず」 というのは 「論語」にでてくる言葉ですが、
まさにこれまで述べてきたように 「協調性は重要だが主体性 ・ 個性を失うな」 という意味の言葉です。
日本では儒教のこうした面はほとんど無視されているのです。
アメリカでもフランスでも、子どもの頃から個性を持つことを教育されます。
英語の “education”(教育) という語は、ラテン語の “educo” (引き出す) が語源です。
教育とは子どもたちに知識を詰め込むことではなく、その子が持っている個性を引き出してやることなのです。
「アメリカ人は個性を伸ばすためのどんな教育を受けるのですか」 と尋ねられた一人のアメリカ人は、次のように答えました。
「私たちは、( 教えられた知識を鵜呑 [うの] みにするのではなく ) あらゆることを疑ってみることを強調して教えられました。
また、自分の得意とするものを見つけ、その特技によって自分の身を支えるようにということも強調して教えられました。
“What  am I ?” ( 私って何?) と問うことは私にとってはごく自然なことであり、
今までに何度も問いかけてきました。」


778 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 19:22:34 ID:???
日本は心が確実に病むね

779 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 19:34:34 ID:???
日本人は言葉を定義しないで使ったり、端午を好き勝手に解釈して使うから、
いつの間にかおかしな結果になることが多いよね。
>777にある教育の「平等」は「機会の平等」なのに、いつの間にか「結果の平等」や「資源の平等」になってる。
勉強もしないヤツに結果や教師が対応する時間資源を平等にしろって、それこそ資源の無駄遣いだ。
昨年まで問題になっていた「ゆとり教育」だって、あくまで「詰め込みから離れた教育のゆとり」だったのに、
「ゆとり」の部分だけが独り歩きして「教育のゆとり」ではなく「内容のゆとり」に変わってしまった。
もう、なんだかなあ。

780 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 20:45:50 ID:XMNOmcyY
議論、討論する文化がないからな。
整合性、一貫性なんて無視です。


781 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 20:55:27 ID:???
社会を良いほうへ変えていく教育内容がきれいに削除されてるのが日本の学校
まじめにやるほど倦怠感を感じるようになってる

782 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 20:59:12 ID:???
ていうか、みんなが勝手に解釈するからいけない。すべてのことがそう。
特に輸入された思想、宗教など、概念的なものはすべてそう。わからなければ
わかる人に聞けばいいのに、わからない同士が集まってああだこうだ話して
決めちゃう。ものごとの本質を理解しようとしない。我流の反乱。多分、
日本語の問題だろうね。日本語では説明できない世界がいっぱいある。日本語
に翻訳した時点で別物になっちゃう。日本語で考えれば、日本的なものに
しかなり得ない。


783 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 21:11:45 ID:???
その 日本的なもの の良さはそれはそれで教えられてないからな。。

784 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 21:18:09 ID:???
日本的な「以心伝心」「察しの文化」「空気」
どれも相手の気持ちを勝手に解釈してるだけ
相手も「違う」とは言わず気持ちだけもらう
そして勘違いが助長される
その繰り返し

785 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 21:26:21 ID:XMNOmcyY
その「以心伝心」「察しの文化」「空気」の文化の要領で外から輸入した
概念を好き勝手に解釈するわけか、救えないな。

786 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 21:45:33 ID:8MTVUnL1
何かを言葉にし表現するというのは、ほとんどが限定されたものになる。
また事実の引用でも、書いている人間の気持ちに左右され、選別される。
そういんもんだよ。
だけど主語がぼかされ、文責がはっきりしないのは日本語の特徴だろうな。
問題はだ。わからないことをはっきりわからないと言えないこと。
ここ10数年の間、特に顕著になった。

今はそれがこうじてだめだと思うこと、おかしいと思うこと、お互い
注意したいこと、それすら、新旧ごっちゃまぜのしくみとか、
品質とは無関係に氾濫し膨張する一方の製品やサービスに呆然とするだけだ。
個別競争の浸透で仲間や同僚、同志の分断となり人間不信が普通となった。

質問すら何を誰にどのように言っていいのか、何がなんやらさっぱりわからん。
辞書や辞典、ネットの情報とか見てもわからなければ、そのままなすがままだ。
腰をすえてじっくり調べる、深く掘り下げる。具体化するという作業すら
気力もわいてこない。恐怖に裏付けされた強迫感だけだ。
組織や集団といっても、自己保身からの相互監視にすぎない。
俺は内心は我慢しているのに、好き勝手にしやがって、
成功は許さんといった嫉妬や怒りに満ちた人間模様。
知識の習得、社会の歪、政治や教育、企業社会
すべてにおいて個別の巣箱で凝り固まったままだ。
個別の巣箱とは個々の心象風景だ。
もうすぐアセンションとかで全体状況がごろっと変わるという話もある
ので、世の中どうなるのか、死人のようにして超然としているよ。
ところでゾンビの金持ち諸君、少なくとも国内外の困った人間への
寄付だけはしっかりやるように。

787 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 21:56:24 ID:XMNOmcyY
はっきりさせないのが文化で伝統だしな。
ルールもはっきりさせずに、なあなあでいままでやってきたからな。
これから死ぬほど厄介で面倒なことが起こるな。
日本語いらないな。

788 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 23:01:06 ID:???
>>786
今の日本の世相をダイレクトにわかりやすく表現できてるね
その通りだと思います

789 :名無しさんの主張:2009/12/04(金) 23:02:47 ID:???
でもひとつ気になるのは
>ゾンビの金持ち諸君
という言葉だね
金持ちにもいい人から悪い人までいろいろいるよ

790 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 01:07:26 ID:???
>>786
その状態に対して改善する為に君が何をして来たかの報告が抜けてるよ。

791 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 01:16:00 ID:HCFjRWnA
なんでそんな責任があるんだよ。

792 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 01:55:11 ID:???
まあ何かを改善しようとしてる奴が愚痴なんか
書き込む分けがないからな。

793 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 01:59:30 ID:???
これだけ同調圧力が強い環境で生きていて自己責任とか、個人の人格を責めるようなことばっかやってる。
みんなが疑心暗鬼になって自己保身に走ってる。
下らない利害関係に支配された人間ばかり。

794 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 02:14:38 ID:???
>>792
そのレスの意図はなんなんだ?

795 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 04:05:54 ID:???
人間が機械化するってことに対する危惧がちらほらみられるが。
むしろ機械化した方が楽なんじゃないか?
日本人はまだある種の人間らしさ(迷いや悩み等の感情)を残してるから苦しいのであって。
日本人が持つべきといわれる一貫性や論理性ってつまり感情を排除した機械化と似たようなもんだろ?

796 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 04:18:33 ID:???
>>366
CPUがコア2でnVidiaのグラフィックボードを使ってる俺が言うのもアレだけど、
みんなが使ってる定番を選ぶのが正義なんだよな。
世間様と同じことをしなさい、車にはねられるのが自明でもみんなが渡るなら
赤信号は守らないのが正義。法律や合理よりも「常識」が最優先。

楽なんだよ、考えないってことが。CPUも思想も正義も世間様にあわせてれば
自分じゃ何もする必要ないもん。

797 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 04:58:36 ID:???
それじゃあリスク分散や変化に対応できないって。

798 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 05:29:08 ID:???
機械化すると一方では指示されなくても自分の頭で考えて動けとかほざいてみたり
やたら意味の無い訳の分からないプレッシャーかけるような言葉を吐いてみたりするからな。
機械化しようにも足引っ張ってくる。

799 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 08:59:43 ID:???
>>790>>792
揚げ足取りして臭いものに蓋をする。こういう人いっぱいいる。

800 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 09:07:07 ID:???
改善しようとして何かをしてもつぶされることが多いような気がする。

801 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 09:39:23 ID:???
つぶしてくるのが同じ立場の人間でたまげる

802 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 11:11:09 ID:???
喪中なのに新年会に強制参加させられそうです
ttp://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1124/277949.htm?g=02

> 喪中なのは個人的なことで、新年会は「仕事」でしょう?
> なんで「喪中なのに」と繋がるんですか? 

> 私は母を亡くして丁度一年ですが、母が亡くなったことはあくまでも個人的なことなので、
> 会社では普通に過ごしましたけど。
> 私だけが特別な訳でもなく「誰もがいつかは」親を亡くすことですし。

> お気持ちは解りますが、子供じゃないんですから。
> 最近はなんにでも「喪中だから」「喪中なのに」と言う人が増えた気がします。
> 「私は不幸のどん底。だからいたわって」と言ってるようにしか聞こえません。
> 会社の人からしたら「大変だったね」くらいのことです。
> 親を亡くして悲しいし辛いけれど、他人には関係ないことです。
> なので理解してもらえる訳がありません。

> 私なら「喪中」は理由にしませんね。
> 「まだ色々とバタバタすることが続いてて疲れてるので、今年は勘弁して下さい」と言います。
> 理解してくれ、察してくれ、ましてやいたわってくれ、と言うのは通用しないと思って行動した方がいいです。


コレは酷い

803 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 11:21:49 ID:???
まあ酷いんだけど
なんでこの人、見切りをつけて転職しないんだろ?
いやなグループに依存せず転職して常識の有るところへ行くべき

804 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 11:27:52 ID:???
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259882963/111
>111 :名無しさん@十周年 :2009/12/05(土) 11:26:54 ID:bGKZWgE90
>
>東京でのサラリーマンの毎日。
>
>・凄まじいまでの満員電車地獄
>・会社に行けば鬼の上司がノルマ必達の大声を張りあげ。
>・昼飯時も長蛇の列。
>・帰りの電車は飛び込み自殺で動かない。
>・渋谷や池袋ではワルどもから脅され、歩くこともできない。
>・深夜、電車が動きだし、ようやく家にたどりつく。
>・コンビニ飯を缶ビールで流し込む。
>
>東京のサラリーマンは死ぬまでこれの繰り返し。
>政治家や高級官僚は運転手つきの車で悠々出勤し、東京マスゴミどもは昼前出勤。
>そりゃあ、死んだ方がましだわ。
>
>


805 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 12:04:54 ID:???
>>802
社会人って恐い

806 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 12:38:02 ID:???
>>802
つか、話の主は喪中と忌中を混同して勝手に、しかも都合よく解釈してるだけだろ。
忌中は出社を含めて社会慣習(風習)として物忌みで人前に出ないようにという期間。
喪中はあくまで個人的なものなので、他の人には無関係。
喪中だから年賀状を送らないは許されるけど、送るなとでも言うのだろうか?
時々いる喪中だからお中元もお歳暮も今年は出しませんと言い出す馬鹿と同じ。
やりたくない口実に喪中を都合よく使ってるだけだ。
それこそ亡くなった母への冒涜になると思うのだが。

807 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 13:38:10 ID:???
器が小さい人多いね

808 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 13:40:23 ID:???
>>802
てか回答者も「芸が嫌なだけでしょ」とか勝手に解釈してるしww

809 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 14:21:02 ID:???
>>799
過去の自分の臭いものに蓋をしなかった実例を幾つか挙げなきゃ
そう言うなら。

810 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 14:24:34 ID:???
なにがしたいんだ

811 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 14:36:04 ID:???
揚げ足とりは無視でお願いします。


812 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 15:21:41 ID:???
そうです何にも出来ないクズだけで楽しみましょう。

813 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 17:04:21 ID:???
>>809
だからなんでそんな責任が発生するんだよ?

814 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 18:13:33 ID:???
>>813
こんなとこでグズグス言ってないで世の中の間違い直してくればよ
文句ばっかり言ってたって何にも良くはならないぞ。

815 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 18:21:09 ID:???
こんなとこでグズグズって、こんなところでも情報交換できるだけで素晴らしいことなんだけど?

実際の社会じゃここまでの話はできない。

ここにパーソナルな「女性だ。男性だ」とか「20歳前後だ・40代前後だ」「職業は○○だ」「容姿はどうだ」って
「話し方の印象はどうだ」情報がついたらそれらに振り回された議論になるだろう。
ここで煮詰めていくことは大事だし、何かしらの全身になってるぞ。

816 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 18:22:42 ID:???
ただのスレの書き込みだろ。
どうして行動責任が伴うんだよ?

817 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 18:25:41 ID:???
>>814
ひとつのレスの内容で世直しまでしなきゃいけない根拠は?

818 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:17:18 ID:???
>>817
世直し結構じゃない、世直しなんだから世の中良くなるんだろ
良の中のここが悪いと思ったら思った人間が直そうとすればいいだろ
言ってるだけじゃメソメソ、グズグズ恥ずかしいだけだろ
みっともない。

819 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:23:42 ID:???
>>815
更に進めてこうやって直した改善したとか克服したとかの
方が建設的じゃね。

820 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:24:24 ID:???
>>818
スレの書き込みにそこまで要求するなよ、みっともない。

821 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:32:54 ID:???
>>820
と言う事は不平だけ言ってるだけでやられっぱなしの他力本願の弱々しいダメ人間
がこれだけ居るよって世の中に見せるのが目的って事か、そのレスの調子で
日常気に入らない相手や問題につっかかればいいじゃないか
そうすりゃ少しは何か良くなるかもよ。

822 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:35:55 ID:???
要求だけかよ、ってことだ。

823 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:40:28 ID:???
>>821
そっちは何を見せてくれるんだ?

824 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:48:43 ID:???
>>823
だってこんなとこで不平なんか言ってないからな
自分は職場にしろ日常生活にしろ言うべき事は言うし
やるべき事はやってるから文句はないぜ
世の中問題は多いのは当たり前なんだから
口でも暴力でも法律でもそのつど使い分ければいいんじゃないか。


825 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:49:35 ID:???
なんでここにいるんだよ?

826 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 19:58:23 ID:???
だからここで幾ら書き込んでも実際行動に移さないと問題は
改善されないというのは皆分かってるんだろ
ここ見て悪人なり世の中の間違いの元凶の奴がじゃあ改めます
なんて言って直す分がない、それと誰かが見て直してくれるとも
思ってないだろ、その時に直面した各自が行動に移すしかないんじゃ
ないか。

827 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 20:03:20 ID:???
世直しした結果が他力本願のひ弱人間の大量生産じゃないの?
公衆衛生のやりすぎで、アレルギー症の人が増えたみたいにさ。

828 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 20:06:50 ID:???
>>826
その書き込み自体なにが目的なんだよ?
意味が無いならやめるべきだ。

829 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 20:17:19 ID:???
>>828
じゃあ何も良くはしようとしないでやられるがままで
不満はあるが泣き言言い続ければいいという事だな
その>>828の書き込みする人間が世の中いるって事
皆に見せるってのもある意味、意味のある事かもな。

830 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 20:19:55 ID:???
だからなんでここにいるんだよ。
書き込みに意味が無いならその書き込みの意図はなんだ?

831 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 20:45:40 ID:???
ほんと、気に入らないと「意味ないからやめろよみっともない!」って
つっかかってくるだけのやつって害悪だな


まずここで、意見を書き込むと自分自身の考えが整理されるし、
相手からの反駁で見なおそうって思ったりするだろ。
(そういう気のない人はしょうがない)

整理された状態とそうでないのではとっさの時の行動で現実世界でも絶対に差が出てくる。


確かに学校教育の問題とかここで話してすぐに変わるわけじゃないけども、
自分が親になった時少しづつに、変わってくるだろうに

832 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 21:06:42 ID:???
世直ししたいという気持ちが、民主党政権の誕生につながったんじゃないのかな?
投票というまっとうな手段で。その結果がどう出るかは別問題だけど。
結局は出来る範囲でやっていくしかないんだよ。ここでいろいろな意見を見ることも
それなりに役に立っていると思うけどな。
世直しの機運が一番高かったのは60年代安保の時代だと思うけど、もうああいうやり方
じゃダメだってことは歴史が証明しているよね。行動に移しさえすればいいってもんでもない。

833 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 21:26:16 ID:???
>>831
ただの体制、制度批判の牽制か無差別な中傷だと思う。
それか自分のレスには他のレスにはない価値がある、と思っているか。

834 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 21:30:03 ID:???
>>833
思っていて何がわるいのだろう。
どうして日本人はそんなに自信がないんだ?それが疑問。

価値があるから他人に聞いてみてほしい、意見があれば言ってほしい、
これはごく当然のこと。

価値もないと思って発言している意味がわからない。
それこそ馴れ合いの正当化じゃないのか?

835 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 21:34:40 ID:???
他人のレスに意味が無いって言わなきゃ何も問題ないんだよ。

836 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 21:46:54 ID:???
他人のレスに意味がないって言っているのは
>>824みたいなことを言ってるんだよな?

自分は相手から一番良い意見を聞けるのはネットしかないって考えなんだよな。
現実世界では立場、性別、年齢、容姿、人望あらゆることが加味されるし、
建前と本音の壁がある。
だから現実世界では文句があってもなかなか言えないな。
その文句が人格否定に繋がることだってあるし。

837 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 22:14:32 ID:???
意味厨が沸いてるな
邪魔だから図書館でニーチェでも読んでてくれ

匿名掲示板での書き込みは、それ自体が表現で結果如何に拘束されないの
意味厨に対しては、
「ではあなたにとって意味とは?」
と聞くだけで十分
むしろそれ以外のことを言うと、相手の詭弁に引きずり込まれる

838 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 22:26:37 ID:???
今度やってみよう。

839 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 22:52:32 ID:???
海外ニート氏が斬って捨ててる「上から目線でいちゃもんつけて
改善・提案・不平・不満言い合ってる連中を非難・否定する奴隷」がここにも出没してたか・・・・・

840 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:05:46 ID:???
海外ニート氏のブログは痛快だよな。


841 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:14:03 ID:???
■やはりCIAの手先だったのね→岸、笹川、児玉、暴力団、創価、統一教会、マスゴミ、自民党員

秘密のファイル CIAの対日工作 春名 幹男著
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0453-9
http://kk.kyodo.co.jp/pb/books/cgi-bin/chuumon2.cgi?isbn=ISBN4-7641-0454-7

文藝春秋|CIA秘録 (ティム・ワイナー)
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/80/9784163708003.shtml
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/70/81/9784163708102.shtml

米公文書館の膨大な資料や関係者への30年にわたる直接取材に裏付けられてる。
昨年度の米図書賞受賞、CIAはHPで異例の必死な反論w

洗脳、管理を意図的に企てる支配者層とその手先が
多数存在するというのはどうやら事実ですな。

こういう事実を広めて一人ひとりが偏りのない知識と現実認識を
共有することがまず大事だと思うわけです。知識をつければ、
「分断統治」や「管理洗脳」を回避することができます。
ただ知識をつけるだけではなくて、広めることができればもっといい。

842 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:14:23 ID:0+vrm19/
たまに書き込みするものだが、ここが嫌いというこのスレッドの趣旨から少し話題をかえよう。
自分にとっての損得とか意義のあるなしという気持ちは、横に置いておいてだ。
ネットでの話しとか、電話とか顔を見ての会話で、それぞれの制約はある。
どれがどうとはいえない。どれも少しは栄養になるが、頼りすぎたり中毒は困るがね。

人の心はころころ変わる。話ぶりとか話の内容とか言葉使いが、
同じ人間でも当然変わる。悪意に満ちたり、ときに神意が混じりこんだような
普通の人間なら誰でも響くような事も書いたりしゃべったりするもんだ。
公平に見たり、好き嫌いの感情で表現したりもする。
人には犬猫とは違う、本人の意思とは無関係に人の
心に響くものがあるという基本的な態度は大事だろうな。
嫌な相手を嘲笑したり拒絶するのではなく、どこかで心を開く姿勢は必要だろうね。
人間の背後にある共通の神聖さに敬意を表すとか、謙虚になっていくと、
損得抜きに、ますます栄養摂取がしやすくなるものだ。自分の栄養にならないものは、
意欲的に摂取しようとしても、すぐ排泄される。
自分の心情の問題解決の秘薬は、外部の情報というよりは、
内面からの気づきや納得が一番で、答え探しは徒労に終わることが多い。
だからと心を閉ざすこともせず、適度な栄養摂取をしておけば、いづれ適切
な時期や状況に応じて、脳の内部から発見がやってくる。

843 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:26:04 ID:HC7JxDcg
>>842
脳はすでに知っているんだよ。
発見って言うのはすでに脳にあるものが出てきただけ。

844 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:35:00 ID:???
>>842
感受性についてだよね
広い意味での芸術性とも言うかな
現代日本の大問題
ダライ・ラマにも叱られとるし

>>843
842もそう言ってるんじゃないかと
多少抽象的だが

845 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:44:10 ID:???
妬み・自惚れ・自分より立場が上には媚を売り、下の者には傲慢になる・強きをケナし弱きを笑う!こんな感じカナ、日本人は!

846 :名無しさんの主張:2009/12/05(土) 23:56:39 ID:???
>>845
それ自分がやってるからスラスラ書けるんじゃないか

847 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:02:35 ID:CTu88g0V
>>845
そういう愚かな態度を戒める、
いい意味での空気ってのもあったはずなんだけど
戦後復興の拝金主義にまみれて汚されちゃったね

愛と寛容、人を許すこと、許されること

日本人は捨てちゃいけないものまで、お金に換えてしまった

848 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:04:47 ID:???
>>846
誰だってそうだよ
ミスチルの名もなき詩聴けよ

849 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:10:15 ID:???
>>848
うわ、ごめんそういうの大嫌いだわ
「みんなそうだから」って勝手に決め付けるなよ。
しかも根拠がJ-POPとか・・
君の根拠は根拠になってない。

ってさ、こんなこと現実で言ったら人格否定で一生口聞いてもらえないだろ。

あーまんどくせ。日本人まんどくせ。

850 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:11:15 ID:???
>>848
自分がそうだからって他人もそうだとは限らないよ

851 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:12:40 ID:???
だよな

852 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:16:54 ID:???
やっぱり理性と見識の有る者はJ-POP根拠じゃないと。

853 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:26:53 ID:???
>>849-850
誰だって心の中に負の感情はあるんだよ。
それをいかに克己していくかが、よく生きるってことなんじゃないの。
もちろん負の感情のレベルやら、個性はある。
だからって人間同士にコミュニケーションが存在しないわけじゃない。
共通点だってある。
言ってるそばから虚しいけどな。
自殺者だらけの国で。
だけど、それでも希望するしかないんだよ。

854 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:26:59 ID:eFh9WT3S
嫌いなとこは集団で誰かを攻撃して一人では何もできない人が多いとこ!又凶悪な事件なのに取り締まらないとこが嫌い。精神的に追い詰められたり恐くて仕事や買い物にも行けず生活がめちゃくちゃにされてる人がいるとゆうのに!

855 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:33:36 ID:???
>>849-850
レスから自惚れと傲慢さが出ているんだけど。

856 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:42:04 ID:???
>>855
おまえより控えめに見えるけど。

857 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:46:55 ID:???
さてどんな理由で?

858 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:49:37 ID:HWjPX4cG
http://www.youtube.com/watch?v=MyhUKvLKlQA

859 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:55:30 ID:???
>>855
単語だけ羅列して中身が空っぽなのは勘弁してね

860 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:56:39 ID:???
>>859
849-850のレスの印象はどうよ?

861 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:57:24 ID:???
>>860
なんで人に聞くんだよ?

862 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 00:59:38 ID:???
人のレス否定しといてそれはないよ、と。

863 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:00:28 ID:???
>>860は、無意識に他人を自分の「引き下がる」部分に相手を引っ張ろうとしてる
ような印象しかないんだけど。

ネガティブな言葉を投げかけて、「ほら、同じ立ち位置まで来なさい」って
無意識にやってるだろ

でもこう言われて機嫌を損ねることはないよ。
日本人の大多数が、無意識にこういうことをしているから。
自分もどこかでやってるかもしれない

864 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:02:25 ID:???
否定された私怨?


865 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:05:05 ID:???
俺は>>856が書き込んである>>849-850より控えめである理由が知りたいだけだって。

866 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:06:19 ID:???
同一人物でなかったら悪かった。

867 :848:2009/12/06(日) 01:07:00 ID:???
>>864
848だけど、自分じゃないよ
ID出ないからわけわかめになってきたw

868 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:09:00 ID:???
日本人はこういう風だから嫌いと言ってる人間はまさに
結局それは自分そのものでしたと言うスレでした。

869 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:15:23 ID:???
というか、日本人は「なんとなく」で根拠というか例をあげるから
後の言い合いが今みたいにおかしくなるんでないの。

「これでわかるだろ?みんなこうだろ?」→「いや・・わかんないんだけど、私違うけど」
→「否定しやがったな、偉そうにしやがって。上に立った気になってるのか」→「いやだから・・」
以下ごちゃごちゃ


だから一般的には
「これでわかるだろ?みんなこうだろ?」→「はい、そうです」・・(ヒソヒソ違うよねー何いってんの)

ってならざるを得ない構造なのでは?


870 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:25:00 ID:???
だから自分が完璧な分無いのに他人のここが嫌いなんて言うから
そういう言うだけの人間が一番厚顔無恥に見える分だ。

871 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:27:34 ID:???
>>869
さらに、前提の根拠を否定する側も無根拠だから、
結局パワーバランスだけで物事が決まっちゃうんだよな

テレビのコメンテーターみたいなケチ屋が場にいると、
まともな根拠を出す気さえ失せる

872 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:28:15 ID:???
人じゃないって、日本の現状だって。

873 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:35:57 ID:???
>>871
日本人に潜在的にある「みんな私と同じ思考」っていうのが原因なんだろうか

日本人は身内とよそ者って意識で、
その身内っていうのは具体的にどういうことを指すかっていうと
「同じ思考を持っている、同じ」ってことらしい。

よそ者っていうのは、考えが違う、分かりあえない者ってことらしい。

ちなみに欧米から入ってきたのが、個人と他者。
個人は「私」で他者は「違う意見を持ったあなた」って解釈で間違ってないと思う。



さらに日本人は、一回喧嘩したらなかなか笑って握手ができないから、
余計トラブルを避けるようになるんだと思う。
まぁ、喧嘩の仕方がネチネチしてる場合だけかね。

874 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 01:53:23 ID:???
>>873
学校教育で
「みんな同じ思考」
を徹底的に叩き込んでるもんね
一見、個性を重視する風に見えて、

「君はどういう意見かね?」
「はい!前の人と同じです!」
「よろしい」

これだもんな。
しかも大抵ケチつけてくるやつは、
常識やら世間やら(みんな)を武器にしてるから手に負えない

喧嘩=世間への反逆みたいなところもあって、
両成敗で臭い物に蓋。
日本人には議論できる素地がないよ…

875 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 02:44:34 ID:i8PBCU5z
>>870

完璧な人間じゃないと批判とかってしたらダメなの?
常識的に考えて馬鹿かおまえ

しかもワケって漢字間違ってね?
厚顔無恥のニュアンスも微妙に違うしな。

876 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/12/06(日) 04:53:36 ID:hrEfeb7G
日本で就職すればわかるが、日本ではビジネスの場でも『相手の期待する受け答え』が要求されることが多い。
しかし、『期待する受け答え』というコミュニケーションの手段を強調した言い回しは単なる『言葉の綾』であり、実際にはビジネスコミュニケーションでも『期待する答えは一つしかない』場合が多い。
それならいっそコミュニケーションなんて全部マニュアル化してしまえばいい。


日本人は、予想外の展開になることを非常に恐れ、心が狭く臆病者で女々しいろくでなしなので、予想外の返答をされると感情的になる。

感情的になればその時点でもう合理的な反対はできなくなる。

だから、予想外の結果、つまり多様性を認めないことは、社会の閉鎖性だけではなく、不合理がまかり通る国に成り下がるわけである。



877 :セニョール・ニューエイジ・五十嵐(mobile) ◆40WnEtzSeY :2009/12/06(日) 04:56:37 ID:hrEfeb7G
>>875
常識という言葉を使った時点で馬鹿。

自分で考えずに、常識に頼って生きている典型的な『ダメな日本人』。



878 :876:2009/12/06(日) 04:58:25 ID:???
誤:合理的な反対
正:合理的な判断


879 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 05:18:07 ID:???
>>877
まあ、その通りなんだけど、そんなにきつく言ってやんなや
俺も常識からは相当ヒドい目に遭ってるけど、
それゆえ常識に逃げ込んでしまう、人の弱さは責められない
世間が宗教になってしまってる以上、代替の価値観を示してやらないと、信者はますます心を閉ざしてしまうぞ
太陽政策で行こうじゃない

880 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 05:24:19 ID:???
日本人の悪い所を並べ立てた時、本当に集団意識の強い民族なんなら 自分もそうだ。となるはずだが
どうも自分達だけは違う。という 個を主張する内容にしか思えない。

こういった一種の願望めいた感情は、日本人に限らず人間全てに内在するはず。
あなた方の言う日本人とはどの人を指すのか。どの事例をもってそのように感じたのか。具体性に欠ける。

また、
ああいう所が良くないね。だからこうなるよう、こうしよう。と言った、向上の意思も見受けられない。
愚痴言って優越感に浸る これもまた日本人に限った癖ではないんだろう。

物事の悪い部分をいくら論じた所で本質は見えてこない。という楽観的思考の正しさを証明する材料がこのスレには凝縮されている気がする。

881 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 05:34:29 ID:???
まあそういうスレだから。

882 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 05:48:07 ID:???
>>880

> どうも自分達だけは違う。という 個を主張する内容にしか思えない。

それだけでも大変で、意義のあることなのよ。
日本ではリアルに個を発揮できる機会なんか滅多にないんだから。

> あなた方の言う日本人とはどの人を指すのか。どの事例をもってそのように感じたのか。具体性に欠ける。

これは共同幻想としか言いようがない。
一方具体性が必要ないほど、日本人が均質だというパラドックスな前提がある。
> また、
> ああいう所が良くないね。だからこうなるよう、こうしよう。と言った、向上の意思も見受けられない。

> 物事の悪い部分をいくら論じた所で本質は見えてこない。

向上の意志が見られない異常がなぜ起こってるか。
じゃあどうすれば物事の本質をとらえられるか。
それがこのスレが負ってるテーマでもあるよ。
君も示せないだろ?
それはズルいよ。

883 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 07:14:27 ID:???
「上から目線でいちゃもんつけて改善・提案・不平・不満言い合ってる連中を非難・否定する奴隷」が粘着してるけど何なの?言ってることはわかるし理解もできるんだけど、ちょっと押し付けがましい。

みんな心の奥では分かってると思うよ。なんとかできれば…ってね。

まぁ、そういう話が出てくるだけでもこのスレは意味があるとおもうよ。そういう考え方もある、日本人だからこそ出てくる考えかもしれん。


最近の嫌なところだけど、叩きの精神。最近の例じゃ皆で「死刑にしろ!」と言う短絡的な死刑賛成。遺族が「死刑にしろ!」はまだ分かるんだけど、第三者が感情的になって叩くのがいかにも上から目線で気持ち悪い。もうちょっと論理的になれんか?と。
まぁ、感情法治国家なら法律はいらないけどな。かといって法律ばかりに縛られるのもダメだし、感情に縛られるのもダメだと思う。要は一方的なものは臭いものに蓋にしかならないよ、と。

俺は死刑自体を否定してはいない。ただ、それを厳罰主義でやっていくと「これでいいのか?」というのが出て来なくなるんじゃないか。ある意味で日本は独裁的。世界で唯一成功した社会主義、ってのも分かる。

おまけに叩きの精神は労働者同士でもやってるんだからタチが悪い。「派遣ざまぁww」みたいな。まさに経営者にとってはうまい話だわ。叩きの精神が自分にさえ来なければいいんだもの。
海外でもそういう「自分さえ〜」ってのはあるけど、日本は集団的なものだからそこが変。足の引っ張り合いという方が正しいか。

884 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 07:28:55 ID:u19Iik+1
マフィア組織犯罪は外国は潜入捜査、囮捜査、盗聴、司法取引、証人保護で徹底的に戦ってつぶす。
マフィアも地下に潜って一般市民に絶対正体を明かさない。
アメリカは市民も武装してるのでマフィアも手が出せない。

日本の犯罪組織ヤクザは「暴力団対策法」でわざわざ重要文化財のように指定してもらって
監視という名目で保護されている。
抗争事件が起これば機動隊が山口組の本部を警備する。アメリカなら犯罪組織の拠点が判明したら
FBIとSWATが突入して全員逮捕か射殺だ。
日本の影の支配者はヤクザ。芸能界だけじゃなく金融・建設・土木・運輸会社はヤクザが経営している。
日本のサラリーマンはヤクザのために働きヤクザから給料を貰い平和な家庭を築いてる。
日本が平和なのもヤクザが海外の犯罪組織みたいに売春、麻薬、賭博に専念しなくても
堅気の商売で充分喰えるから。売春と賭博に関してはソープとパチンコで合法化されてるし。
警察とも公共の秩序の維持で利害が一致してるからヤクザを絶対潰させないし、潰せない。
日本人がヤクザを美化するのは、この現実を肌で理解してるから。


885 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 07:43:44 ID:???
>>883
社会心理学的には、
厳罰化ってのは権威主義の特徴らしいね。
死刑推進論者が増えていることは
日本人のスネ夫化が進んでることの証明になる。
スネ夫化が進むと冤罪も自己責任、悪法も法になり、権力が集中する。
ナチスはこの流れで生まれ、ユダヤ人を虐殺した。

これから日本でも移民増えるだろ。
国内最下の労働者層の鬱憤が彼らに向かうのは必然。
まずい。非常にまずいよ。

886 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 09:38:03 ID:???
岩手のマコト君が【美人な実の妹の全てをネット上に晒す暴挙】に出る★4
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1260046949/
岩手のマコト君が【美人な実の妹の全てをネット上に晒す暴挙】に出る★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1260041431/

ttp://www.youtube.com/watch?v=07LMzb2y8bc&feature=channel
ttp://www.youtube.com/watch?v=1nCHHa0vi-g
ttp://www.youtube.com/watch?v=tQw0e-yIYiA
ttp://www.youtube.com/watch?v=Lvsw2pkyPpk
ttp://www.youtube.com/watch?v=Qu2JOwFseZA

なんだかなあ

887 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 10:30:13 ID:???
>>883
レールから一端外れた奴は
レールに乗っかっている奴にボコボコにされて落とされます

888 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 11:14:40 ID:???
>>886
コレ妙だなあ
多少おかしいとしても、親の介護を押し付けといて
いきなり精神病院行け、は解決方法として狂ってるなあ
そりゃだれでも抵抗するよ

889 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 11:46:14 ID:JLGUfs8l
>>885

認識は立派だが、そのまずいという意識が予防保全につながらないのが本当に
つらいところだ。かなり前なのだが、おれはそのまずなあという意識が実際
現実になった。
バブル崩壊直後の1990年代半ばに、経営方針が売り上げから利益重視に
なった。売り上げが上がれば、給料も上がる。お互いが寛容と意気投合
がしやすかった。ところが、経済新聞などのマスコミ論調で米国型の
利益重視が出てくると横並びに会社の利益だ利益だと転換しはじめた。
たとえば経営成績の発表の場で、経費節減が成功して会社が利益出しました。
がんばりましたと発表者が喜んでも、経費の対象である労働者は萎えることはあっても、
喜ぶことはない。それを誰もが喜んだように見せている偽装状態をみて、これはまずいなと
思ったぜ。討論の場で人事に文句をいってみた。何万人もいる会社だが20年後に惨憺たる
状態になると。
しかし、社長や会長が、また世の中が業績が頭打ちでそういう傾向だから仕方ないよという話だった。
経営者になろうとする幹部が共食い合戦をする。対立が強まり組織間の連携がとれない。
その勢いが、個々の成果主義に変わると、社員間での利己主義闘争が起こる。
人間関係の悪化の流れは止まらず、合法的に非正規社員を弾力的な合理化部品扱いにしていった。
成果の速度を速め、短期的に利益が上がり株主の配当が上がり、株価が上がる。
その間の内部の腐食は浸透していった。その途中に小泉・竹中・木村・中谷といった猿真似屋が、
不平等な自由競争路線を機会平等だの自己責任だのと一緒に洗脳していった。
米国猿真似の暴走はとまらず、累進課税を大幅に減らした。
税収入が不足し財政破綻懸念が浮かび上がり、弱者救済資金も手薄にする。
高齢者急増による負担増もあり、地方切捨てその他なんでも東京の発想で仕方ないだ。
リストラとか個人序列競争での恐怖感で、落伍者や下位の人間の増加を
後押しする風潮が強まった。
会社や国のこと、公共的なことはもうどうでもいいとかもな。
そしてコンビニやファーストフードの普及、パソコン、携帯電話、ゲーム機器
による個人空間での一時的快楽でお茶を濁すこともできる。助けを呼ぶ人の声にも
無頓着。会社組織から家庭や社会全体の崩壊を加速してしまった。

890 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 12:04:57 ID:???
>>885 激同
スネオ化の進行を、食い止めるためにどうすればいいかだ

>>873にある、「個人と他者」という認識を
日本人に浸透させるのが一番良いと思うのだが


891 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 12:44:12 ID:???
>>880
その通り。

892 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 13:01:22 ID:???
>>885
まさにその通り。しかも厳罰化って……。
法律の専門家というか現役の弁護士が「冤罪だったら、とにかく逃げろ」というほど、
捕まったら強引に犯人に仕立てられる社会なのに、それはないだろうって感じだ。

893 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 14:49:58 ID:???
>>890
自分は少しネガティブな意見なんだけど、
食い止められないんじゃないかと思う。
権威主義が進んで一番都合がいいのは何より権力の側だし、
権力が民主主義教育などの、自分の首を締める施策を講じることは考えられない。

それより現実的な手段として、
国内で最悪のケースが起こった場合に海外に亡命する方法を個々が把握し、
いち早く日本を捨てる覚悟をしておくことだと思う。
このスレに書き込んでるような人達は土壇場でも右傾化できないだろうから、
これが命と幸福を守るための唯一の方法になる。

894 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 14:51:37 ID:???
そうそう、有能な人材は海外に出るなりして
日本はとっとと滅べばいいのよ

895 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 15:50:40 ID:???
>>893
>権力が民主主義教育などの、自分の首を締める施策を講じることは考えられない。

それは、まさしく今までの自民政権はそうだった。
だが、民主党は違うと思う。
というか、違うと信じてる。

896 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 16:02:03 ID:u19Iik+1
日本人はみな同じ意見。なぜならみんな同じ日本人だからだ。

こんな国民性の国に「民主主義」なんてそもそも必要なのか?

897 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 16:16:26 ID:???
権力関係の及ばない2ちゃんねるではこれだけコミュニケーションの衝突がおきるわけだから、
リアルでの(建前上)円滑なコミュニケーションなんて、いかに権力に左右されたものかってことだよな。
結局日本人の和の精神なんて欺瞞にみちたものでしかないのよ。

898 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 17:00:55 ID:u19Iik+1
日本で民主主義は危険な思想だと思うんだが
多数派の意見が少数派を数で抑えて権力を握る。権力こそが権威になる。

しかし日本人は意見なんか持って他人と対立したくないし、個人じゃないから意見を持っても意味が無い。
単なるワガママが意見として民主的に多数派となって権威になれば、これほど危険なものはない。

899 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 17:09:41 ID:u19Iik+1
ハトポッポに権威なんてない。次の選挙で引きずり下ろせばいいだけ。

政治家なんか馬鹿にしてるし国民の意見の代表者なんて誰も本気で思ってない。

900 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 18:12:19 ID:???
そもそもきっかけは自民党が糞だからって理由であって
民主党になにかを求めてるわけじゃないから根深いぜ
自民党が以前とか違うようにならないと民主党の支持は続くわけで
民主党のネガティブキャンペーンを色んなスレに張りまくってる奴は視点がズレてる

901 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 18:34:10 ID:???
このスレに、「悪いところばかり指摘しても仕方ない」って意味の書き込みがあったが、
それこそ、自民党のいいところを挙げればいいんだよなw

902 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 18:39:03 ID:???
臭いものに蓋は日本の伝統。

903 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 19:23:25 ID:???
>>863
他人の無意識をどうやってレスだけで判断してるんだよ。
無意識といわれたらなんでもありになるだろう。

904 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 20:31:17 ID:???
>>883
とにかく自分より少しでも格下の者を見つけて執拗に叩く。
この陰湿さが蔓延している。

905 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 20:33:16 ID:xQt9d/0k
>>876
作家の東野圭吾が「マニュアル警察」という短編のブラックユーモア小説を
書いているけど(『世にも奇妙な物語』で玉置浩二主演により実写化された)、
ああいうのを見ると世の中スムーズになりそうでならない歯がゆさというのを
予感するよ。

同時に、現実社会が既にそうなりかけている印象も持った。

906 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 20:38:56 ID:???
>>884
独裁者ムッソリーニが母国イタリアで未だに相応の人気を保っているのは、
元教育者として自国の教育水準向上に熱心だったことと、「マフィアを壊滅
させようとした」ことなんだよな。

あと、たびたび亡命の誘いがあったのに「申し出はありがたいけど、自分は
いかなる形であってもイタリアで人生を終えたい」と断って、最後まで祖国に
こだわり続けたことも大きいんだとか。

ちなみに今は孫娘が国会議員をやってるそうな。

907 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 21:05:43 ID:???
>>897
聖徳太子の説いた和の精神は現代の解釈とは全然違う意味だったという

908 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 21:48:59 ID:???
何よりも不思議なのは、>>904さんらがたびたび指摘している、
日本人の陰湿さや許容の狭さで、
陰湿な人たちが苦しそうなんだよな。
浮かない顔して、いつも何かに不平不満を言って、
大衆の娯楽に身を投じて「つまらなくなった」とか「新しい俳優の○○がムカツク」とか言っていて、
一体感を感じるのは、誰かを標的にして陰で話している時。

人を嫌うからその人が幸せだと許せなくて自分は不満顔になって人が離れていく・・・

傍から見たらなんとも効率の悪いことをしてるなって思うんだけど、
その人にとってみれば、自分こそ正義、なわけだから何も言わないんだけどね。

909 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 22:57:55 ID:???
>>908
全く個人的な感想だけど、
そういうお客様的な態度で狭い度量で日々過ごしる人って、女性に多い、
ていうか女性の基本的な性質にそうものがあるんじゃないかと思う。
そしてそれは消費〓交換を楽しむもう一つの女性の本質とも関係してるんじゃないかと。

それ自体は別に問題ではないんだが、
その心の狭さに合わせる形で、心の広い人間まで陰湿で非寛容になっていくのが、日本の病理。
お客様は神様病とでも言うか。
最悪のカスタマーに合わせてマニュアルを組んでしまうため、
客のレベルがどんどん低下するスパイラルに陥っていると思う。

910 :909:2009/12/06(日) 23:03:11 ID:???
誤字脱字ひどいなw
すみません適当に補って読んで下さい

911 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 23:15:07 ID:???
>>908
> 大衆の娯楽に身を投じて「つまらなくなった」とか「新しい俳優の○○がムカツク」とか言っていて、

そう言えば上の方で「俺は87年生まれ」とか書いてる人がいたけど・・・。
かく言う俺は84年生まれなんだが、2chに出入りしてて自分より一回りか二回りほど上の世代の
レスを読んでると、「この人たちはもう少し物事を『相対的に見る』ことを勉強した方が良いんじゃ
ないか?」「娯楽や文化、果ては人間や社会についても、物の見方や価値観が昭和50年代
(75〜84年)頃で止まっちまってるんじゃないか?」と思うことが多いんだよねぇ。
俺が行くのは割と懐古的なスレが多かったから、余計にそう思うんだろうけど。
何と言うか、自分がたまたま生きてきた時代・触れてきた文化とかを絶対視して、数の力と
年功序列の論理でもって押し付けようとする人たちが多すぎる気がしてね。
俺は人口の多くない世代だからか、つくづくそう感じてしまう。

912 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 23:45:44 ID:???
若い世代は暗い世相のせいで無気力に陥ってるから、余計年寄り達の精神論みたいなのに侵食されやすくなってるよね。
カウンターパンチくらわしたいけど、そんな力も気力もないっていうか。

913 :名無しさんの主張:2009/12/06(日) 23:50:08 ID:???
>>911
俺も1984組
しかしおっさんたちは俺たちに対し同様に、
発言に芯を持て、絶対的な価値観を持てと言ってくるんだと思うよ
こんな場末に書き込んでるってことは、俺も君もインターネットは相当使えるってことだ
そんな好奇心の強い現代の若者と、ビートルズ来日に発狂してた普通のおっさんとでは、情報量の差がありすぎるんじゃない
年寄りは生きた化石に思えるかもしれないけど、それもしょうがないさ
未来を変えて行くのはやっぱり俺らだよ

914 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 00:09:00 ID:yrl7mwj3
>>909
お客様は神様病は日本社会を相当歪ませてるよな。
あの思想って私が客に奴隷のように奉仕するのは自分が客の立場になれば
無条件に神様扱いしてくれるに違いないって勝手に期待してるだけだもんな。
クレーマーで文句つけてる奴は普段、相当客にペコペコしてて
しかもそれに屈辱を感じている。売り手と買い手なんて本来対等なのに馬鹿だよ。

915 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 00:21:51 ID:???
>>914
ほんとに。
それで利益が出るんならまだしも、誰も得しないんだもんな。
小売店なんかはキチガイクレーマーの対応に店員3人くらいつけて、
しまいには店長やマネージャークラスの人間まで出てくる始末。
その穴埋めは社員のサービス残業で補う。
お客様は神様の商習慣こそ、究極の誰得。
経営者でさえ得してない。

916 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 00:28:11 ID:???
みんなそれなりに意見書き込む多少マシなスレになったな
自分の事は棚に上げたり、とにかく日本人を悪く言いたい
チョンスレに成り下がってたからな。

917 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 00:45:53 ID:???
>>909 >>914
もっとコンパクトにいえば「失礼」「礼儀」「マナー」「常識」というやつでしょ。
これらの言葉は(デキルつもりの)女の心をよほど縛り上げているとみえて、
どれだけ高いレベルの「礼儀作法」を身につけているかで女のステージが変わるらしい。
男で言う学歴とか能力とか職業と同じくらいの序列感を与えているようだ。

またか…といわれそうだけど、権力による儒教的管理教育に根ざしているんだろうねw
明治維新→富国強兵政策・廃仏毀釈→軍国主義→管理教育・体育会系
のラインには儒教があるのに意図的に語らないから正体がみえない。

918 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 01:06:32 ID:???
>>917
後半はいいけど前半もうちょっと説明してくれるとありがたい
俺はむしろ女性の消費至上的な思考に、社会が引っ張られていることを言いたかったんだ
んで、その礼儀とかマナーとか、昔からあった女性の美徳も、消費至上の流れの中で衰退してるって立場
自分はある種男性の権利に敏感でね、
むしろ儒教的な男女関係は女性の一方的な権利増長を防いで、社会を安定させる働きがあると思うよ
もちろん男女関係限定でだけどね

919 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 02:03:07 ID:yrl7mwj3
>>917
「失礼」「礼儀」「マナー」「常識」って相手を尊重するためじゃなく
自分を着飾って相手より優位に立つための手段でしょ。
日本人は男も女も社会生活で対等な人間関係を築けない。
会社や学校の先輩上司、後輩部下の関係が日常生活にまで支配される。
儒教のことはよく知らないが孔子様はこんな社会が理想なのか?

920 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 02:51:46 ID:???
案外、立場的な縛りを今よりゆるくしたら個人の生き方にも活力がでてくるんじゃないかしら…
それとも混乱してしまうだけかしら…

921 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 05:20:55 ID:yrl7mwj3
>>918
個人を尊重する文化があれば礼儀作法なんて必要ないかもな。
昔は女性の礼儀作法は同性との差別化、男性とは対等に渡り合うための武器だった。
今は男女雇用機会均等法で制度上は男女差別はなくなった。
建前では男性と同等の給料だし稼いだ金でブランドやエステで自分を磨けるから礼儀作法なんか形骸化した。
それなのに儒教的な男尊女卑の価値観は今だ根強く残ってる。
キャリアウーマンって偉そうにしてたのに不況になれば礼儀作法磨いたから男の下で養ってって都合が良すぎるしな。
女性もどっちに転んでいいのか混乱してるかも。

922 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 06:03:29 ID:???
個人主義が発達していくからこそ礼儀が重要になってくる。

923 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 07:51:35 ID:???
まあそうだね
個人主義、礼儀、次世代儒教倫理
を融合させたいね
上でおっさんらの化石のような考えはしょうもないから
おれらで時代をつくってくしかない、みたいな意見があって、一部わかるけど
1971生まれのおれとしては、おっさん(おれから見て)らの中にも光る人物がいると
思えるね
世代間、個人主義、集団主義、すべてをクロスマーケティングしていくしかない
女性の権利意識の暴走は確かに問題。これこそ力をあわせて解決する問題 この場合にも女性の
助力や良識が必要になってくる


924 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 09:40:17 ID:6phgClf2
日本人って大量の情報を一気に処理しすぎ。
その割りに効率的な行動レベルを維持できない。
大量のベクトルの違う情報を一気に処理しようとすると
被洗脳気質になる。宣伝・広告・流行に左右されやすくなる。

925 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 09:54:43 ID:???
無理もないな
そういう訓練受けてないしな

926 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 11:27:31 ID:???
>>911
>>913
相対的に見られないという意味では、
84年以前を直接見ていない世代のあなた方も同じなのではないか?
事実、「数の力」とか「ビートルズ熱狂」と言ってるけど、
それらは特に団塊世代に当てはまることであって、
>>911の言う「75〜84年」の若者世代とは違うのに、
いっしょくたにしてしまってる。
後者は、厳密には、新人類=バブル世代に相当する。

新人類世代くらいだと、今の大衆文化の源流(お笑いブーム、Jポップ、トレンディドラマ)
に若い頃触れてるから、今と昔を一番相対的(総体的)に見られる立場だし、
それに年功序列も崩れ始めていたから、団塊世代あたりからは頼りない世代と
見られてた点で、今の若者がそのまま歳食ったようなおっさんバージョンでもあるんだよね。

40代・30代後半のおっさんがその世代になるんだが(俺も)、
団塊や50代よりは、20代の若い人たちと精神文化的に近いものを感じるし、
共闘もしたいよ。

でも、やっぱり例の儒教論理が邪魔をして、
こっちがいくら話しかけても20代の人はなかなか心を開いてくれないし、
すぐ心を開くタイプは、上の世代をどこか舐めているというか、
それこそ礼儀がなっていない人が多くて、決裂の火種にしかならない。

20代のひともまた、30、40、50、60各世代を一緒くたにして、
「おっさん」とひと括りにすることで、
儒教マジックにかかってしまっているのではないか?


927 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 12:51:09 ID:???
>>926
> でも、やっぱり例の儒教論理が邪魔をして、
> こっちがいくら話しかけても20代の人はなかなか心を開いてくれないし、
> すぐ心を開くタイプは、上の世代をどこか舐めているというか、
> それこそ礼儀がなっていない人が多くて、決裂の火種にしかならない。

それこそ揚げ足とりみたいになってしまうんだけど、自分の方が儒教マジックに
かかっているのでは?と感じたけどどうだろ。日本人の悪いところは、自分の中に
my法律があって、それで人をいいかダメか裁いてしまうところだと思ってる。
むろん西洋人はそれがまったくないとは言えないが、基本的に人を裁くのは神の仕事で
あって、個々人がやることではないというキリスト教の教えが根底に流れている。

俺は世代で人間を括っても意味があるとは思えないのだが。ま、そのことには
それほど興味はないので。俺がおもしろいと思ったのは、英語その他の西洋言語
ができなくても、自分の回りを相対化してみる人が増えてきたこと。これは、
やはりインターネットの普及の影響かなと思う。つまり北朝鮮の国民にインターネット
を与えたらどうなるか、ってことと同じかな。


928 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 12:55:48 ID:Fwm059HP
儒教は奴隷真理教なんじゃないの?

929 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 13:12:51 ID:NKyj/NXW
446 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 11:37:55 ID:eiBJYVCLO
まあサッカーではあれだが、
サッカー以外の多くのことでは
日本>>>>>>>オランダ・デンマーク・カメルーン
ってなわけで・・・

451 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 11:43:55 ID:5M7WZW2xO
>>446
日本だけ桁違いに人口が多いだけだろwww


452 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 11:45:06 ID:lspkfPHX0
>>446
サッカーの話で他のこと持ち出すなんて負け犬の遠吠え以外の何者でもないぞ
「サッカー以外なら勝ってるもんね(キリッ」

497 :名無しさん@恐縮です:2009/12/07(月) 13:08:23 ID:kIqZxqZK0
>>446
あのさ、オランダの労働事情知ってる?
彼らは週休三日が義務づけられているうえ、夏に一月の長期休暇は当たり前、
有給消化は当たり前、病欠給は義務、就職に当たって年齢や職歴は視られない(というか履歴書に書かなくていい)、
パートと正社員は雇用形態が違うだけで給料福利厚生の条件は同じ。非正規雇用者に対する社会的差別なし。

それで先進国の地位なわけ。

日本は逆にサビ残、定時に帰りづらい雰囲気、激務発給、休日返上で奴隷のように働いてようやく先進国の地位。
そこに年齢差別や非正規雇用差別などが加わる。

930 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 13:15:14 ID:NKyj/NXW
日本は昔から中国の文化や制度を取り入れてきたわけだが、海で隔てられているので
あきらかな奇習・日本になじまない制度・日本になじまない思想は意図的に排除することもできた。
たとえb宦官や科挙がそれだな。

そんななかで儒教的な年功序列制度は導入した。
おそらくそのほうが支配層にとってやりやすかったからだろうな。

931 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 13:24:53 ID:???
>>297
>自分の方が儒教マジックに
かかっているのでは?と感じたけどどうだろ。

「自分〔俺〕の方が」というより、正しくは、「若いひとの方も俺も」
だと俺は感じたんだがね。
確かに俺も、若い人相手ということを意識しすぎて構える、
あるいは「頭が固いおっさんじゃないよ」というポーズを取りすぎるところがあった。
これは、儒教マジックを逃れたい日本人のパラドクスだろうね。
一方、若い人は若い人で、えばる大人を嫌がるくせに、
低姿勢の大人に対しては、舐めてかかる素振りがまま見られる。
それを指して「礼儀がなっていない」と言った。
決してmyルールの振りかざしではない。

若い人にもまた、「おっさんはかくあるべし」というイメージがあり、
それからはずれる大人には、必要以上に見下しの態度を取る場合がある。

結局、個人で見ず、世代で見ているということだ。お互いに。




932 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 13:35:41 ID:???
もし「おっさん」でも、若い人と馴染める感じのタイプなら、
若い人は、「おっさんのわりに」という譲歩表現で肯定するだろう。
まったく中立的に扱えないのは、男女間で中世的な扱いが困難なのと同じ病理だと思われる。

>>297氏は
>俺は世代で人間を括っても意味があるとは思えないのだが。

というのだが、それはインターネットのような匿名性を帯びた言論の場でのみ
通用する仮想ユートピアであって、
顔と顔を付き合わせるリアルな場所だと、
まさに「おっさん顔」「若い兄ちゃんの顔」を晒すことで、
すでに互いに過剰に意識し合い、反応の雛形図式を用意し合うことになる。

もちろん、こういう先入見から入る対話関係を徐々に壊して行く必要があるが、
それは匿名インターネットでいくら訓練しても応用できるものではないと思う。

むしろ、互いの世代ギャップと経験の差を認め合い、尊重し合うことによって、
つまり、世代の違いにはやはり関心を持つことによって理解を深めるしかないのではないか?
世代への無関心・無理解こそ、不毛な結果を生む気がする。
日本の場合は特にね。



933 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 15:12:08 ID:yrl7mwj3
若者とオッサンの世代間対立なんて古代文明の頃からループしてんだよな。
しかし昔は平均寿命も短くて世代交代の新陳代謝も活発だった。
老人も数が少なくて人生経験を積んだ助言者として尊敬されてた。

今の日本は世界史上例がない長寿社会で超高齢化に少子化。老人は完全に社会のお荷物である事が証明された。
年をとることへの恐怖感と嫌悪感が世代ギャップの根底にある。
人口6千万人切るぐらいに落ち着けば解決するかも知れないが
その時日本がどんな国になっているかは今、我々の行動に懸かってると思うんだが。

934 :927:2009/12/07(月) 16:18:25 ID:???
まあ、個々人の生活環境によって付き合う人たちが違ってくるからなんとも言えない
とこだね。俺は結構なおっさんだけど、付き合うのは若い人が多いかな。
今は、「ナメンナ」かいうおっさん以上層がその「年上なんだから敬え」っていう既得権益を放棄しない
とダメなんだろうな。きっと若者は問題ないよ。彼らはたいてい被害者なんだから。そういう
おっさんたちが重苦しい空気を作り出してる。若い人には、小さな国の村のルールなんてぶち壊して
ほしい。

儒教的な形式の上下じゃなくて、年齢に関係なく尊敬だけがあればいい。優秀な人は年下でも尊敬
する。そこには減点主義の反対の加点主義がある。日本以外の国では若いリーダーが
たくさんいるし、そのリーダーに仕えるおじさん・おばさんがいっぱいいる。それが、俺がこれまで
いろいろな外国人と付き合う中で学んできたこと。


935 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 16:27:11 ID:???
学歴厨の存在って日本と韓国くらいなのだろうか?学歴社会なのはいいとして、その学歴だけで人を見る者の存在。

日本人は環境で人を見るから、そういうのと関係が有るのかな?と思った。

936 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 17:46:49 ID:???
>>926
団塊も新人類も今の20代にとっては同じようなものだよ。
どういう意味で同じかと言うと、世代がカルチャーに規定されるってこと。
新人類はその最後の世代で、ポストカルチャーやアンチカルチャーという、まさしくカルチャーに依拠する世代。

今の20代にも文化がないわけじゃないけど、同世代をまとめるだけの力はないし、
そのほとんどは団塊や新人類の焼き直し。
パルコで服買ってユニコーン聴くのが未だに正解なの。
ラジカセからipodになってもね。

20代は今までにあったカルチャーを選ぶだけ。
そういう意味での相対化。
単にバラバラ化、孤立化ともとれるけどね。
若者はおっさんが嫌いなわけじゃないよ。
ただ醒めた目でみてるだけ。

937 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 19:57:40 ID:???
これからはこういう時代になる。○○が必要。××はもういらない。
と新時代を先取りすることを気取り続けてきた結果、今日の絶望的な
時代になった気がする。漠然とした印象だけど。
捨ててはならないものを捨て続け、良くなるどころか酷くなり虚無感絶望感が
つのり続けてきたきたこの数十年間。

938 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 20:15:40 ID:???
儒教は奴隷っていうか、日本の儒教は「忠孝」ばかり強調されてきた感じがする。
たとえば企業のトップに儒教の根本概念である「仁」が本当にあるんなら、
その企業はブラック企業になんてならないはずだけど。

つまり、儒教イコール奴隷ではなくて、奴隷作りに儒教的精神性が利用されたというか。

939 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 20:43:15 ID:???
都合のいい所だけパクってるのか

940 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 20:49:59 ID:???
そうそう

941 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:05:31 ID:???
幕府が儒学を採用した目的は「統治の正統論」により幕府の権威を絶対化すること。
ところが武士と儒学くらいミスマッチな組み合わせはないのです。
http://www.valdes.titech.ac.jp/~hashizm/text/titech/shukyo/resume/resume09.html

ところで聖徳太子は天皇側(神道)につきながら仏教を受け入れた(神仏習合)。
世界史では互いにどちらかを滅ぼすまで戦うのが宗教戦争の常識のはず。
この頃からすでに矛盾してるわけだ。テキトーというかご都合主義というか。
まあそのために悲惨な戦争が回避されてるので物凄い政治的解決ともいえるかw

942 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:06:40 ID:???
>>939-940
ニッポンは海外から輸入した制度に関しちゃ
昔っから支配層に都合のいい所だけ抜き出して切り貼りだからな・・・・

そのハリボテ制度が経年劣化と時勢変化で現状に合わなくなってるのに加えて
眼前の諸問題を解決せずに先送りを繰り返した結果が今のこの有様よ。

だいたい時勢変化に合わせた法制度改正は何処の国でも頻繁にやってるのに
ニッポンの場合は一度決めたら小変更レベルの小手先改正のみで
抜本レベルの改正なんてほぼ『 絶 対 に 』やらないからなー。

943 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:13:49 ID:???
>>941にもあるけど日本の先生は中国だたり旧ソ連だったりアメリカだったり。
何か首尾一貫した思想スタイルがなかればならないと考えるのは男性。
女性は付き合う相手によって趣味とか考えがコロコロ変わるでしょう。
まあ節操がないというかカラッポだから。日本は歴史的に女性的。その理解でOK。

944 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:28:18 ID:NgNrSIHD
水戸黄門様のように、庶民への慈愛があり悪徳への制裁と浄化ができる
年寄りの権威者が多いなら、儒教的な序列があっても誰もが納得する。
現実は、自浄能力も無く肩書きや権威に媚び、年下には威張る・・
そんな習慣で年をとり年功の過保護で金を貯め、
自分の都合のいいように家族や周囲を振り回すだけ。
年功序列感覚とか形骸化した儒教倫理は醜態が露呈して
しまった現代では、破綻して当然だ。
ただ心の規律なるものが定まらず、世間教とか自己中心教を
含む多様な宗教感に従って、無秩序状態なのが日本の実態
だろう。

945 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:39:05 ID:???
首尾一貫した思想スタイルなど持っている女がいたら、敬遠するのが日本の男。

946 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:40:50 ID:???
>>941
もともとの武士は勝ち残ること、生き残ることが全てだったからな。
戦国時代なんて明智光秀も藤堂高虎も細川藤孝も荒木村重も松永久秀も
コロコロと主君を変えているし、それ自体珍しいことでも何でもなかったしね。

世の中が平和になって江戸幕府の権力世襲が固まってから、以前のような
流動性の激しい社会では困るので、それまで存在していた武士の流儀の中に
儒教的(それも身分の上下・格差を肯定する朱子学)要素を加えた「武士道」を
作り上げたんだが、早くも18世紀に富永仲基や山県蟠桃や安藤昌益といった
町人の哲学者たちがこれを批判してる。

947 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:44:02 ID:ow4o72ze
>>944
江戸時代はまだ寿命が短い分年寄りは希少価値があったし、
世代間の新陳代謝も今より激しかったので高齢者の発言力は
権威や威光といったソフト的なものに限られていた。

でも今は寿命も延びて「老老介護」も珍しくなくなった。だから
昔と比べて希少価値は薄れたが、その分今度は「絶対数」という
マンパワーすなわちハード的な強さを手に入れてしまっている。
だから余計に問題は深刻。

948 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:49:09 ID:???
いっそ教員免許の更新制度のように、年功も免許制にしたらどうだろう。
40歳あたりから毎年、善き年功者たるための研修を受け、
若い面接官の口述試験をパスすれば年功者免許を得る。
もちろん茶番で合格率を99%以上にしとく、と。
なぜなら真の目的は、年功序列の存在を明るみにすることだから。

求人で成果主義とか自由な雰囲気、アットホームはことさら強調されるのに、
我が社はバリバリの年功序列です!なんて言う会社見たことがない。
これもひとえに年功序列が正式な制度なんじゃなくて、ただの暗黙の了解だから

暗黙にいるうちは絶対に改革などされない
まずは明るみに出せ

949 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:51:46 ID:???
>>944
なるほど、人類が到達したことのない老人社会だからな。
アメリカその他では末期患者の人工呼吸器外しなんて普通なんだけど
日本の場合はまだまだ及び腰だよ。
財務・厚労省の本音としてはさっさと「退場」願いたいんだろうけどなw

950 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:52:40 ID:???
>>944でなく>>947

951 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 21:57:09 ID:ow4o72ze
>>949
アメリカは保険会社が強いから、治る見込みのない年寄りに対しては総じて冷たいよ。
金持ちなら別だけど、最近は金融危機の影響で所得云々に限らず徐々に高齢者への
サービスが縮小傾向にある。

閉鎖的な農村で長老が重要な寄り合い・会合で鶴の一声を発したり、因習を伝承させる。
これが権威や威光などによる「ソフト的」権力。

都市的な地帯で高齢者の世代が選挙などによって福祉政策や文化政策に圧力をかける。
これが『絶対数』というマンパワーによる「ハード的」権力。

952 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:08:42 ID:NgNrSIHD
>>949

高齢者の人工呼吸器だと、その間は植物人間状態なら、
年金収入ー病院費用の差額が結構入る。その計算をしている
家族も中にはある。だから3ヶ月入院規制も出てきたのだろう。

>>947
死や病を臭いものとして蓋をして過剰に忌避し、
いつまでも長生きで若々しいばかりを強調した日本文明の
人生観の歪がもろに出てしまった。介護の問題は50代以上
がなんらかで関わるが、執着が強く甘やかされた老人のと
ばっちりとか、膨大な老人介護に国の介護補助の不足は本
当に深刻な問題だ。
急増する高齢者ドライバーの問題もあるしな。


953 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:19:33 ID:NgNrSIHD
>>951

日本は後期高齢者の医療が1割負担だから、寝たきりの植物人間状態
なら、手間もかからず(年金ー医療費)が結構ある。それをあてに
して長引かせる家族も中にはいると思う。
痛くて苦しくて安らげないなら、呼吸器をはずす決断はすると思う。

それよりも、死とか不治の病を極端に忌避し、臭いもの蓋をして
若々しく長生きすることだけに異常に執着した結果、とんでもない
人口歪を招いてしまった。世間体はともかく資金的にも数の上でも、
施設のあてもなく、自宅でのろうろう介護は本当に深刻な問題だ。

954 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:21:51 ID:???
なんつーか、辛いところばっかり写して、そこばっかりが広まっていくのが不満。

まぁ楽しい想いをしている人は、それを口に出すと攻撃されるから黙って、
良い人生を送ってるんだろうね。

そうでない、不満だらけ、嫌な思いや問題を抱えているやつらばかりがべらべらしゃべって、
「○○って大変なのね〜」っていう世相を作る。

勘弁してほしいわ・・

955 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:31:08 ID:ow4o72ze
>>953
これから増える高齢者は今までの高齢者とは違って、年功序列・
終身雇用の時代を生きていないから年齢の割りにあまり貯蓄が
なかったり不動産資産や株・証券などを持っていなかったりする
可能性が高いな。

そうなるとそういった人たちへの社会保障で国の財政はますます逼迫。

956 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:33:40 ID:???
日本人に「問題点を明るみにしよう!」なんて気力はあるんか?

こういうと「お前はどうなんだ!」って言われるのがオチだよなぁ〜

957 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:41:58 ID:???
>>956
政治に気力なんていらん
淡々と、根回しとパフォーマンスをするだけ

958 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 22:56:58 ID:???
>>955
子供が養ってやる義務がある。贅沢しなければ3世代同居で何とかなるだろう。

959 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:10:55 ID:ow4o72ze
>>958
2050年頃の日本は、

15歳未満の年少者・・・05.2% (同年独11.6%、スウェーデン16.0%、英16.6%、仏17.0%、米18.1%)
15〜24歳の青年層・・・04.4%
25〜64歳の労働力・・・47.0%
65歳以上の高齢者・・・43.4% (同年米21.0%、英22.9%、スウェーデン24.7%、仏24.9%、独33.2%)
※富士通総研、08年発表
http://jp.fujitsu.com/group/fri/downloads/report/research/2008/no322.pdf


なんか想像を絶するとんでもない社会になりそうだな。

960 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:13:11 ID:aNr4Yyt7
一世代約30年で価値観・人生観はガラっと変わるからあまり心配してもしようがない。自己責任にまかせよう。

961 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:25:44 ID:???
日本は基本的に貧困国家だという認識が徹底すれば国民の不平不満は解消するだろう。

昔の勤勉な国民性を取り戻すことになる。

962 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:43:36 ID:???
むかしっていつの話?

963 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:52:24 ID:???
団塊の若いころは勤勉だった。家庭を犠牲にしても仕事を優先していた。飯を食うためには当然のことだ。

964 :名無しさんの主張:2009/12/07(月) 23:57:44 ID:ZY31Z0Cw
そのときはがんばりようがあったんでしょ。
今とこれからとは事情が違うよ。

965 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:04:31 ID:???
空求人は最低行為。

966 :911:2009/12/08(火) 00:09:38 ID:???
>>926
何か俺と913をゴッチャにしてる気がするけど・・・。
俺は2chに出入りしてて感じたことを書いただけだから、2chにあまり深入りしてない団塊世代は
措いておいて、あくまでも30〜40代くらいの人たちを念頭において書いたんだけど。
ネットユーザーはこの辺の年代が一番多いと聞くし、30代後半辺りの世代は人口も多いしね。
まぁ911でも書いたように、俺が行くのは懐古的なスレが多かったから、そのせいもあるのだろうけど。
テレビや漫画のような娯楽でも文化でもスポーツでも、話題に上るのは大抵は昭和50年代
辺りの思い出・作品だし。
それは別に良いんだけど、勝手に当時のものを絶対化して、「今の若い子たちはこういうものに
触れてないからダメだ!」「こういう経験のない今の子たちはかわいそう(同情じゃなく妙な上から目線で)」
とか言い出されると、さすがにねぇ・・・。

で、例えば俺が「もう○○のようなのは今の時代では受け入れられないんじゃないか」と書くと、
「今の作り手に○○をやるスキルがないのを、そうやって時代のせいにしてるだけだ」と返されたり。
こっちは所詮一介の視聴者にすぎないのに、そんなことを言われても困るが、とっくに当時の空気と
今の空気が入れ替わってるのに(異論もあろうけど俺はそう思う)、未だに当時の価値観・スタイルを
金科玉条の如く振りかざすのが、何かなぁ・・・と萎えた次第。
まとまりのない文ですみません・・・。

967 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:24:55 ID:6JbBdJtp
>>964
過去の栄光ときっぱり決別すれば団塊と同じ。イモやカボチャで空腹を満たせればいいじゃないか。

968 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:32:17 ID:???
今が不安、辛いというのは結構な人が思ってると思うが、ならどうしたらいい?って改善策まで問われるとよくわからなくなってしまう。
もう敵対すべきものも尊敬すべきものも目にみえないくらい社会が複雑化してしまった。

969 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:45:06 ID:???
>>963
米軍が空襲して綺麗さっぱり日本全土を焼け野原にしてくれた
戦後世代は膨大な需要を何も考えず只消化しただけ。
今は完全に飽和状態で若い者は何もすることがない。


970 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:46:18 ID:8zjJRKYG
どうしたら良いか というのは、その問題に多少なりとも真剣に頭を働かせてみた人間なら答えが各々あるはずで、
各々が、実行に移さないことが原因だと思うわよ。

そして例え実行に移したところで現実はそうはいかない。と感じざるを得ない、または実際に現実に反映されない現状。複雑化されすぎた社会。が、問題なのでは。

これまで出た日本の嫌いな所、の大部分は、大きな枠で言い表せばこのことから起因しているんだと思うんだが、
これは日本に限った話しではないな。

971 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:49:57 ID:iKmbxW8b
>>967
今の若年層は過去の栄光なんてはなからもってないだろ。
問題はその団塊の世代。

972 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:56:13 ID:6JbBdJtp
>>971
そういうことは年収100万円でもやっていけるようになってから言いなさい。

973 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:58:31 ID:iKmbxW8b
それは誰に言ってるの?

974 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 00:59:53 ID:iKmbxW8b
若年層についてのことかな?

975 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 01:14:02 ID:+NypPzjc
>>970
高齢化問題も問題の当事者が多数派でしかも既得権益を手放さない。
選挙で自分に不利になるような政策には投票しない。
医療技術は今後も更に進歩してなかなか死なない。
若者が革命でも起こさないかぎりダラダラ、マッタリ衰退するね。

976 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 01:23:24 ID:4lnY9cmx
年寄りよはやく死ね運動でもやるか?

977 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 01:30:36 ID:iKmbxW8b
>>972
これが>>863の言ってる無意識に他人を自分の「引き下がる」部分に相手を引っ張ろうとしてる、
ネガティブな言葉を投げかけて、「ほら、同じ立ち位置まで来なさい」って 無意識にやってるってやつか。
やっと意味がわかった。

978 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 01:50:07 ID:???
>>976
冗談抜きでそれも選択肢のひとつだろうな
安楽死施設が市町村に建てられるのが当たり前の時代がくるかも。
完全にナチズムなんだけど、社会の崩壊と国家の破綻を
日本人がリアルに自覚すればそっちの方向へ一気にと傾くかも。

979 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 02:03:33 ID:???
>>978
そこまで右に傾いたら日本人の集団圧力と止められる人間がいないからやばいことになるな。

980 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 02:15:15 ID:???
日本は人間の自主性と多様性を長年をかけて念入りに殺してきたからな。
止まらないだろうな。


981 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 03:02:27 ID:QkGug/L+
日本人の心のデフレが下がる一方だ ('A`)

982 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 03:42:01 ID:???
>>978
官僚というのはエライもんで、うまい具合に福祉予算を削り
行き場のない老人を狂いめる政策に誘導してきたんですよ。
もちろん自らの既得権益は温存しながらね。功罪半ばする。
アメリカの呼吸器外しの常識も厚労官僚がちゃんと宣伝してます。
もちろん「推奨するわけではなく、日本の文化を踏まえて生命の尊厳を
いっそう議論するべきだナンチャラ」と非常にもったいをつけるわけだがw

983 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 04:36:05 ID:???
>>982
やはり日本国の主権者は国民じゃなく官僚なんだよなあ。
最高学府の集団だけに優秀だから裏で日本の将来をちゃんと考えてる。

日本人は自殺が大罪って原則ないから案外すんなり老人の大量虐殺が成功するかもな。
合理主義の究極がナチズムなんだから欧米も日本の優れた文化だって賞賛するかもw

984 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 07:31:56 ID:1V37Hmqf
日本は農産物が異常に高い。海外の5倍はする。あまり高くて食料が買えず餓死
している。貧困者を救うため主要食糧は海外並みかそれ以下に下げる必要あり。
これに多少の補助金出すのはやむを得ない。例えホームレスになっても食料が極端に安いと
生きていける可能性は大。
日本の農業は農家や農協を救うために、餓死者を出している。これでは本末転倒でないか?
日本の効率の悪い零細農家を救う必要はない。食料を安く提供出来ない農家は淘汰すべきである。
それに異常に高い公共料金を是正する必要がある。電気は海外の3倍以上、ガスは5倍以上
鉄道は3倍以上する。これらを外国並みにすると底辺でも俄然生活しやすくなる。
さらに人が住むための家の固定資産税を廃止(豪邸は除く)、高速無料化すれば、安心の社会が出現する。

985 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 07:42:37 ID:bRZ7VE99
>>982

ここまで高齢者の比重が高い人口構造になって、しかも介護関係にからむ人間
と直接影響を受けてない人間との葛藤、累進課税大幅緩和による税収減圧力
、官僚もほとんど手がつかられない状態だろう。もうわが身のせつな的な
保身しか脳が働かなくなるのは、自分が官僚の立場になって考えたら推測
はつく。歪は自然の摂理として修復圧力がかかるのは当然で、その過程で
人間の所作がどのようになるのか、それもなるようになるとしかいいようが
ない。ごてごてに回るのも文明の栄枯盛衰の宿命ともいえるしな。

986 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 10:12:56 ID:nY6SP8OL
>>968
この 社会の複雑化 ということに対して
個人、グループで何らかの対応が必要だろうね
個人もしくは少人数での効率的行動が求められる
もしくは効率とは逆の動きかもしれんが

987 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 12:24:35 ID:???
>>983
その官僚も事業仕分けではあのザマだぞ
しかも局長クラスのお偉いさんときたもんだ

988 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 18:40:08 ID:+NypPzjc
権威主義は批判されるけど「権威」は絶対必要だよね。
官僚も政治家も国民目線にまで引き摺り下ろしてテレビで晒して見世物扱い。
それにカタルシス感じて馬鹿にして喜んでる国民性って何なのよ?
エリートやリーダーを尊敬する文化が無くて横並びで嫉妬深いんだよな日本人て。
だからせっかく東大出て官僚になっても尊敬されないし権威もない。
国民のために働くのが馬鹿らしくなって自己保身と既得権益の確保にまい進する。

989 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 18:44:22 ID:???
>>987
>その官僚も事業仕分けではあのザマだぞ
そこは財務省が勝手に要らないと判断したか、嫌がらせで対象にされた事業限定だよ。
省庁の中にはただの1件も事業仕分けに俎上されてないお役所も多いんだけどね。
ま、トカゲの尻尾切りだ。

990 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 18:45:29 ID:???
ヒーローやエースやキャプテンがいないのか。

991 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 18:54:59 ID:HA1Ed3YZ
人類の大半が金の奴隷だが、日本人は仕事にひれ伏している。

992 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 18:59:32 ID:???
スカイ・クロラでいう「ティーチャー」だな。
あの作品の空虚感とか倦怠感は現代の雰囲気に通じてると思う。

993 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 19:37:42 ID:???
>>990
そう。そして出てきたら出てきたでみんなで叩く。まさに「出る杭は打たれる」

994 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 19:54:01 ID:???
>>992
あの作品の無駄にストイックな空気は異常だよな・・・
といいつつ嫌いじゃないんだけど

995 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 21:49:27 ID:sPJ+ZMKg
日本はな、労働者に対して完璧主義過ぎるんだよ
常に神経質で生きた心地がしないって外人がよく言ってる

996 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 21:51:14 ID:sPJ+ZMKg
日本人、もっと適当に生きようや

997 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 22:16:37 ID:???
個人で見れば意外と適当な人も多い気がするけど、
適当に生きることを日本の制度と世間様が許してくれないんだよね。
自分も本来ちょー適当なのに、会社では神経質に振る舞わなきゃいけなくて疲れる

998 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 22:33:19 ID:???
平和は管理と睨みあいで成立する。

999 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 23:13:30 ID:???
>>988
事業仕分けで仕分け人の数々の質問に明確に答えられないのをみると
東大卒で入ったのに今まで何やってたんだよって言いたくなる人はいると思うぞ
権威なんてもんは後から付いてくるもんだ

1000 :名無しさんの主張:2009/12/08(火) 23:25:35 ID:???
近隣に暮らす人々の間の平和とは、人間にとって自然な状態ではない。

それどころか、戦争こそが自然な状態である。

敵意はただ戦争のみに見られるものではなく。

我々は常に敵意に脅かされてる。

それ故に、平和状態は法により確立されなければならない。

イマヌエル カント 永遠平和のために 第二章より

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)