5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

故意に隠された宇宙の秘密

1 :ティアウーバ:2008/11/02(日) 14:32:59 ID:FcpJz21L
ではまず良く知られていないこの宇宙の構成から説明しよう。
私たちの太陽系の中心は実は太陽ではない。
太陽もある一点を中心に回っているのだ。
その中心は私たちには何も知覚する事は出来ないが、
ある場を持っておりそこが常に太陽系の中心となる。言ってみれば太陽も惑星なのだ。
この宇宙にある太陽系は例外もあるが多くに取ってはこのようになっている。
ただ今回説明するにあたっては煩わしくなるので太陽系の中心は太陽として説明する。
では本題に入ろう。
私たちの太陽もある別の太陽系の恒星を長い時間をかけ回っている。
そしてさらにその恒星もまた別の恒星の周りを長い時間をかけて回っている。
このようなシステムが宇宙の中心まで延々と続いているのだ。
驚く事に私たちが認識しているこの宇宙もひとつではないのだ。
この宇宙自身も宇宙外のある一点を中心に回っている。
この宇宙を飛び出す事は肉体を持っている限り難しいが
仮に飛び出すと他にも多くの宇宙が、ある一点を中心にして回っている事を確認する事が出来る。
宇宙の外側から見ると我々の宇宙は卵形をしている。
他の宇宙も丸い形をしているが宇宙内部の進化の仕方は多様で我々の理解を超えている。
みんなは原子の構造を知っていると思うが宇宙自身もひとつの原子と同じ構成になっているのだ。
そのうち知る事になるが人間もひとつの原子と同じような構成でできている。
地球の歴史に話は飛ぶが、地球は現在学校で教えられているような進化の仕方はしていない。
ダーウィンの進化論のように単細胞生物から人間に進化したのではなく
人は最初から人として想像されたのだ。
もちろん人もある時代の変化で進化を遂げるがそれは人でありその他の生物にはならない。
135万年前に最初から完成されていた人が地球にやってきただけで
現在の地球人はあらゆる環境の変化によって物質には恵まれたがその頃に比べると原始時代のような生活をしている。
ただ我々からは想像もつかないだろうが何度も絶滅的な環境変化を耐え忍んで来たので仕方ない事でもある。

2 :ティアウーバ:2008/11/02(日) 14:34:18 ID:FcpJz21L
太陽の地表の温度は26から30度ほどで内部は空間になっており人類も住んでいる。
私たちが太陽の熱を感じるのは地球の大気圏に入って初めて熱く感じるのだ。
よって大気圏の外側の宇宙空間においては太陽のすぐ近くでも熱くない。
太陽からの距離が遠過ぎる惑星又は近すぎる惑星という理由で生物が生存できないと言う事は無い。
人類だけに限らないが肉体はつきつめれば原子で出来ておりミクロのレベルでは
細かく振動していてある波動(バイブレーション)を発している。
地球人類には自分達と同じレベルの波動しか認知できない。
よって目の前に高い波動を発している人類がいたとしても認識できない。
太陽は地球と比べると共鳴振動の周波数が異常に高いので仮に地球人が
太陽にたどりついたとしても数日で肉体が崩壊してしまう。
月には大気がほとんど無いという事になっているのに
何故NASAが発表したビデオには旗がはためいているのか?
実のところ火星も金星も月も大気は地球とそれほど変わりはない。
ただそのように発表した方が彼らにとって都合がいいからなのだ。
また宇宙の事だけでなく多くの事を隠されている。
人類を思うがままにコントロールするには無知のままに
留めておいた方が彼らにとって都合がいいからなのだ。
911同時多発テロやミャンマーのサイクロン、四川省で断続的に起っている地震も彼らの仕業だ。
彼らは既に自然災害も強引に発生させる方法も知っている。
彼らというのは政府でも軍でもNASAでもない。
それら全てを自由にコントロールできる存在なのだ。
アメリカ大統領でさえずっと彼らが決めた者がやっているのであって
国民が投票した結果選ばれたのではない。
だが今年の11月に行われる大統領選挙では奴らの思うようには事が進まないだろう。
NASAが発表する写真が不自然に加工しているのもいろいろな意味がある。
太陽系の惑星は太陽や地球も含め全て内部が空洞になっている。
本来人類は惑星の内部に住むようになっており宇宙から見れば
地球人が惑星の外側に住むのは例外中の例外である。
もちろん地球の内部にも空間があり、その中心には内部を照らす太陽が存在する。
遠い過去に地上から内部に入って住んでいる人類もいる。

3 :ティアウーバ:2008/11/02(日) 14:36:12 ID:FcpJz21L
私たち人間の本質は霊である。
霊が肉体という衣服を着て歩いているようなものである。
我々は物質的な世界でいかに精神性、霊性を高めるかその為に生きていると言ってもいいだろう。
多くの惑星と同じように私たちの住む地球もまた生きている霊的な存在だ。
彼も大宇宙のため自ら進化を望み生きている存在だ。もちろん星にも寿命があり生死がある。
我々人類からしてみると鉱物のような地球が生きているとは理解しにくい気持ちもわかる。
生きている惑星はある波動(バイブレーション)を発している。
その惑星のバイブレーションに共鳴できない肉体は生きられないようになっている。
(例外もある。精妙な高い波動を持つ霊は地球のレベルまで波動を落とせば生きられるが逆は難しい。)
言ってみれば地球と地球に住む生物はお互いに共鳴しているからこそ一緒に生きられるのだ。
正確に言えば地球の生命はさらに太陽の波動にも共鳴して生きている。
地球は長い間人為的に病的にさらされたため非常に荒い波動を発していた。
太陽系の中で地球はまだ霊的に未発達な状態だったのだがずっと自身の進化を熱望していた。
地球が発するバイブレーションが高まリ過ぎるとそこに住む生物達は生きられないため
彼はそこにすむ生命と共生したいがために少しずつ徐々に波動を上げてきた。
彼は他の生命と同じようにそこに住む住人を愛している。
そこに住む住人が自然に対してどのような仕打ちをしようともそれは変わらないだろう。
現在、地球人はひとりひとり全ての住人の心の状態を監視されている。
全ての人の心を監視?そんなん無理だろ?とお思いになるのも無理はないが
これから地球で起る事を正確に予測する為に彼らは長い時間をかけてそのようなシステムを作り上げたのだ。
というのも地球で起る自然現象、災害にしろ地球に住む住人の心の状態に大きく左右されてしまうからだ。
彼らは我々から見ると霊的にも科学的にも大きくリードした世界から来ているので、理解し難いのも無理は無い。
また今という時期は我々多くの霊が待ちこがれた瞬間であり、そのために今生きていると言ってもいいだろう。



4 ::2008/11/02(日) 14:41:35 ID:MD+llOrL


5 :ナナシズム:2008/11/02(日) 15:31:00 ID:???
誰が誰から隠してるんだよw

読むぶんには面白いがな。

6 :加藤キユーピー 株価【40】 @株主 ☆ ◆kAto/QP606 :2008/11/02(日) 15:53:40 ID:??? ?PLT(17500)
     (~)      
  γ ´⌒`ヽ    
  {ii:i:i:i::i::i::i::i:i:iii}  
 {iii:i:i:i:i::i::i::i::i:i:i:ii} 
  |:::: ●) ●)|  
  ヽ:::::::.....∀....ノつ 
 (( (⊃  (⌒) ))  
    (__ノ 彡キュム

7 :ナナシズム:2008/11/03(月) 16:55:31 ID:NhuNeIit
http://x51.org/x/03/11/2238.php

地球空洞説、地底の小太陽、そして地底人

この写真を見てほしい。これは遥か以前、NASAが撮影し、
その存在をひたかくしてきたと言われる、北極の写真である。
写真が発表された当時、この北極に開いた大きな穴は、
その直後に発見された金星の穴の写真と酷似していることがただちに指摘された。
そしてこの事実から、地球内部に実は巨大な空洞があるのではないかという
議論が巻き起こったのである。「新物理理論」の著者として、
地球の誕生について斬新な仮説を提示し、一躍有名となった
ロシアの物理学者フェドル・ネヴォリン氏は、地球は最初、宇宙を彷徨う一群の氷塊であったと推測している。
氏の主張とは次のようなものである。
「地球は太陽のエネルギーを浴びて一旦熱で溶岩のような状態になり、
冷却された表面が現在の地殻が形成、現在の状態になった。更にその後も、
地殻の下はガス状態で沸騰を続け、熱されたガスが膨張、
地球内部には巨大な空洞が形成された。しかし膨張に耐えられなくなったガスは、
地球に穴を空けて噴出した。」つまりそれこそがこの写真に写された
南極と北極の穴なのだろうか。確かに、ネヴォリン氏は、地球内部は完全な空洞であり、
その中心には内部に蓄積された太陽エネルギーから生まれた小太陽すら存在する、
と確信しているのである。しかしもし地底に空洞が存在するとするならば、
そこには我々と同じような、生命体が存在するのであろうか?
ここに実際に地底を飛行したという米高官の記録がある。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)