5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【たった一人の反乱】太田述正 3【ヒネオヤジ】

1 :文責・名無しさん:2009/12/25(金) 20:03:54 ID:ahCAReiY0
皆さん。
 私が殺されたら、本来行われるべきだったまともな東大闘争を、
たった一人で58歳にもなって始めた誇大妄想狂のキチガイが日本にいたことを、
たまには思い出してくださいね。

防衛省OB太田述正アングロサクソン文明と軍事研究ブログ
http://blog.ohtan.net/

【たった一人の反乱】太田述正 2【ヒネオヤジ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1240414221/

500KB越えて書き込めなくなったので新スレ立てました。

2 :文責・名無しさん:2009/12/25(金) 20:04:57 ID:ahCAReiY0
>映画評論していただきたいものを思いつきました。 (略)「機動警察パトレイバー2」

なんでジェームズ・キャメロン監督が「大傑作」と絶賛した「機動警察パトレイバー the Movie」
をはずして駄作の2の方を勧める(w
(J・キャメロン監督は、その筋では有名な日本のアニメおたく)

まあ、モロ防衛問題に関わる部分があるからそこらへんの太田氏の評価がほしいということなのでしょうが、
2は確実に駄作です。なぜなら僕も観た覚えがあるのに全くストーリーが思い出せないから。

その代わり「機動警察パトレイバー the Movie」はJ・キャメロン監督のお墨付きどおり傑作ですよ。

ちなみに押井守監督作品は当り外れが大きいです。(異論は認める)

個人的に太田様にお勧めしたいのはマンガですが「ヴィンランド・サガ」です。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%AC
ちょうど文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞しましたし。
北欧の方のメディアから「日本でヴァイキングマンガ」を描いている奇特な奴がいると取材に来たこともあります。
(その時、知ったのですがキリスト教普及以前のヴァイキングの時代は北欧では”野蛮な時代”として認識されているようです)


3 :文責・名無しさん:2009/12/25(金) 23:44:04 ID:f93CTLIR0
なんにしろアニメに興味ないやつが、知ったかで語るアニメ評なんか、取り巻き以外は誰も興味ないよ

4 :文責・名無しさん:2009/12/26(土) 11:53:49 ID:JUnMifBZ0
癌に苦しむヒトに対し、太田さんは「癌もセックス中毒も同じ病気」と、(前提となるセックス中毒の、
病気の根拠を無視し)簡単に切り捨て、それに対する苦情にも、得意の上から目線で侮辱の言葉を平気で吐く。
私自身、以前に、幸いにも癌では無いが内臓疾患(肝臓)で入院したことがあり、そのときの入院仲間との
交流がいまだに続いている。 半数以上が癌患者たちだ。
既に亡くなった人も多く、未だに苦しみながら癌と闘っている(闘うという言葉が適切かどうかは置いといて)
人や、残り少ない余命を日々懸命に生きている人たちがいる。

太田さん、言っておくが「癌」と、しかも詐病の(疑いのある)「セックス中毒」を同一視しないで欲しいと
ホント切に願うが、貴方には関係ないのであろうね・・・。
この掲示板等でも、(おそらく)多くの、患者若しくは関係の深い周囲の人たちが太田さんの、それこそ
「人間観の乾いた言葉」で傷つけられた人も多いとおもう。
多くの貴方の元を離れていった人たちの原因も、ここにあるのだとおもうが。
何故、太田さんを諌める人がいないのかと不思議におもうが、ああいえばジョウユウだし、
太田さんが排除するだろーし、太田真理教の教祖だと気持ち好いのだろーね。
こういう、お山の大将はホント多いよね。珍しくないけど。


5 :文責・名無しさん:2009/12/26(土) 11:54:57 ID:JUnMifBZ0
(続き)
参考までだが(私も一時覚悟したので全巻読んだ)、キュブラー・ロス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%AD%E3%82%B9
死の受容のプロセス
· 否認 自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。
· 怒り なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。
· 取引 なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。
· 抑うつ なにもできなくなる段階である。
· 受容 最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。
同じ病気でも治療で完治する病と、現在より確実に進行(悪化)し、死に近づく病(癌や透析等々)
では大違いなんだよな。
人は希望(明日よいことがあるとか、将来よくなるという)があるから生きられるんだぜ・・・


6 :文責・名無しさん:2009/12/26(土) 11:56:04 ID:JUnMifBZ0
(続き)
参考までだが(私も一時覚悟したので全巻読んだ)、キュブラー・ロス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%AD%E3%82%B9
死の受容のプロセス
· 否認 自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。
· 怒り なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。
· 取引 なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。
· 抑うつ なにもできなくなる段階である。
· 受容 最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。
同じ病気でも治療で完治する病と、現在より確実に進行(悪化)し、死に近づく病(癌や透析等々)
では大違いなんだよな。
人は希望(明日よいことがあるとか、将来よくなるという)があるから生きられるんだぜ・・・


7 :文責・名無しさん:2009/12/26(土) 11:56:50 ID:JUnMifBZ0
↑だぶった メンゴ

8 :文責・名無しさん:2009/12/26(土) 17:28:10 ID:9OakJ4VA0
>>3
というかアニメに興味を持ってもらおうと思ってやってるんですけど。
ドラマでも映画でも面白いと感じるものは人類共通だから可能性はあると思うんですけどね。
実際、世界中で支持してる人はいるし。
まあ太田氏が興味持てなくても、ここ見ている人が興味持ってくれれば目的は達せるんですよ。
そうやってサブカルは普及してきたのです。

9 :文責・名無しさん:2009/12/27(日) 01:11:15 ID:DlGTDz4M0
>>8
だったら逆効果になるだろうな
サブカルを普及させたいなら、少しは人選考えろよ

10 :文責・名無しさん:2009/12/27(日) 05:56:38 ID:gc29i5Zg0
洋楽を評価するときに曲よりも歌詞が重要って感覚は
すくなくとも普通の日本人にあるのかなあ?

洋楽ロックの直訳ソングで有名だった「王様」の歌詞
http://www.biwa.ne.jp/~full/fukamurasaki.html

王様の「深紫伝説」
歌詞がへっぽこでも超有名な良い曲だけ選んでるだけにけっこう聴ける
http://www.youtube.com/watch?v=SlYiZR6BsnY

11 :文責・名無しさん:2009/12/27(日) 19:23:05 ID:cg0vX26z0
>>9
映画や演劇なんかの大衆娯楽は観客を選ぶかい?

12 :文責・名無しさん:2009/12/28(月) 02:06:58 ID:cUdGl5Ls0
アバターは中身とは別に、3D映画の新しい形として評価してもらいたい。
アバターは今までの飛び出してくる3Dではなく、ファンタジー空間の奥行きを
極限まで持たせると言う、前ではなく奥の3D空間の活用という技術的な側面での
映画の革命作品です。

日本のソニーとかも3Dを用いた立体テレビを普及させたいと考えてるらしいですし、
アバターは中身を別にして、ぜひ日本と言わず世界中でヒットしてもらいたいものです。


13 :文責・名無しさん:2009/12/28(月) 10:22:10 ID:6A2kMsnk0
誰かに迷惑をかけたとき、謝罪することは相手に敬意を示すもっとも有意義な方法である。
反対に謝罪しないことは、相手を“軽視”していることのあからさまな「意思表示」となる

誰かさんは、所詮あたまでっかちだけの(その独特の人間味のない)、ケツのアナの小さ〜い
人間だってことが、今回の件でよ〜〜く わかった。
よって、今までは多少敬意をはらって言葉を選んでいたが、これからは遠慮なしで自由に
カキコさせて頂くことができそうだ。(その意味においては感謝する)

自分に都合の悪いこと、危険なことは見ようとせずに、自分から頭を土中に入れて
見えないようにするというオーストリッチコンプレックス・・・(笑っていられないヨ)。
http://digitalword.seesaa.net/article/29288004.html
この特徴は、『完全主義・拒否・引き延ばし・収集』である問題を引き延ばして後で
片付ければいいと思ってしまうと、小さな問題が無数に蓄積して簡単に片付けることなど
不可能になってしまう。また、些細な困難や小さな異常を放置しておくと、往々にして
事態が悪化して大変なことになってしまう


14 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:25:40 ID:6A2kMsnk0
898 :文責・名無しさん:2009/12/18(金) 00:49:02 ID:CwIloE1g0
>太田述正コラム#3707
>肉体的なものであれ精神的なものであれ、ビョーキに変わりはないと思うんだがな。
>キミ、癌に罹った人を人間的に「だらしな」いって言うんかい? 癌に罹った人の高(好?)感度上がるんかい?

まさか癌と浮気を同列に並べて語る人間がいるとは・・・。
なるほど、太田述正は浮気をすると死に至るって事ですか。
死の恐怖と懸命に戦わなければならくなると言う事ですか。
身内を癌で亡くした者としてはあまりにも看過できない物言いに、さすがに呆れ果てました。

どうやら太田という人物は一事が万事このようなモノの考え方をしてらっしゃるようですな。
これでは確かに世に出てこれないワケだ。
実に得心行きました。

もしあなたの知り合いに癌患者の方がいらっしゃったら癌と浮気は同列の病気ですねって説いてみてはいかがですか?
殴られると思いますけど。



15 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:27:36 ID:6A2kMsnk0
902 :文責・名無しさん:2009/12/18(金) 11:19:11 ID:WbZ/yfmW0
>>898
まぁ もちつけ、正月も近いことだし 。

あらゆる筋肉が失われてゆく進行性の難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘って逝った
元新聞社デスク折笠氏の闘病日誌「死出の衣は」(富士見書房・1989)のなかの一節に、
すでに全身不随となり、人工呼吸器で辛うじて生命を維持していたが、わずかに動かせる目と唇の
動きで一語一語を表現し、それを奥さんに読み取って筆記してもらい、日記と俳句を記録していた。

口でワープロを使う様を見せて欲しいと医師が電機メーカーの人を案内してきた際に、
「この人も病院でご飯を食べているだけの患者さんです」と説明した。
居合わせた妻にこの言葉を書き留めさせた。
書きながら妻は口惜しき泣きした。
この患者には何の治療法も無い、事実その通りで間違いではないし、無論悪意を含んで吐かれた
言葉でもないだろう。
自力で呼吸もできなくなっても懸命に生きようとしている、生きる意味を見出そうと句を詠み日記を綴っている。
魂の叫びそのものの句が生まれている。
その苦悩する弱き病者に対して、まるで標本か飼育動物を見せるような言葉づかいで説明する医師がいる。
これは、外見的な行為のみを見て、心のなかまで見ないという乾いた人間観である。

こういうひとがいるのも事実。
やっぱ 正月は餅が一番だよな、898。

16 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:35:39 ID:6A2kMsnk0
903 :文責・名無しさん:2009/12/18(金) 18:17:30 ID:WbZ/yfmW0
当然タイガーウッズチームは、病気(セックス依存症)ってことで幕引き図ってんじゃね。三味線だろ。
おーたん
≪キミらのように、精神疾患にかかった人々に冷たい連中が日本に多いからこそ、精神疾患者を追い詰め、
本来は逆であってしかるべきなのに、日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ。≫
↑あのな〜 何時、2チャンにカキコしている我らが、精神疾患にかかった人々に対し、その冷酷で追い詰めることを匂わす
カキコをしたんだ? ん〜?
ガセネタ書いてんじゃねーよ おーたん。 
でもって、自殺率の3倍に達しているのが、この日本の精神病たちってこと??

≪老婆心ながら、この年末年始に過去の関連太田コラムを熟読し、その恥ずべき偏見を反省し、
克服し、改心して新しい年を送ることができるよう、努力されますように。≫
↑余計なお世話の見本だな。 
自分で読み直して 恥ずかしくないんだろうかね〜。
904 :文責・名無しさん:2009/12/18(金) 19:26:55 ID:6yD5qIk7O
>>903
>>898は無意識に傷つけてると思うよ


17 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:36:54 ID:6A2kMsnk0
906 :文責・名無しさん:2009/12/19(土) 10:48:46 ID:knEYhKLS0
先ず、性(セックス)依存症だが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%BE%9D%E5%AD%98%E7%97%87
性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが
性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年では
アルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。
↑と、まぁ典拠がウィキなんであれなんだが、
未だ10年くらいしか経過してない新しい“病気”なんで、この病気そのものも相当怪しいとおもう。
世界的にも有名なスキャンダルである、クリントンがホワイトハウス内でユダヤの肉感的なおねーちゃんに自慢の逸物をぱっくんさせていた
ハニートラップ事件?であるが、このぱっくん批判をそらす為にイラクへボンバーしたと、当時まことしやかに言われていたが、多分その通りだろう。

病気って免罪符になるんだぜ。
日本でも、キ○ガイのふりを装えば心神喪失状態ってことでいくら人を殺害しても刑事事件に該当しない。
殺人事件の多くは、この心神喪失を弁護側が訴えているという事実がある。

この、新たに出てきた(出現動機が怪しい)とってつけて皿に盛ったような「性(セックス)依存症」ってなんなんだ?
(この病気の先輩である高名な肝臓病だって、数年おきで新たな見解が出てきて治療法がどんどん変化(進化)しているぞ)

「病気なら しかたがないよね〜」と皆が納得し、喉もと過ぎれば熱さを忘れ易いまっこと“都合の善い免罪符”・・・これをタイガーウッズチームが
“活用”しないわけがない。 
タイガーの存在と事業規模は、高収益の大企業なみの存在なんだぜ。
で、このTウッズはセックス依存症と認定されたの?(だとしたら、随分早いネ〜)


18 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:38:31 ID:6A2kMsnk0
917 :文責・名無しさん:2009/12/21(月) 12:16:04 ID:7c9/Yncu0
≪ βΖΖβクンが前回言ったことはイマイチよう分からんのだが、文脈と名宛人からすると、
「外見的な行為のみを見て、心のなかまで見ないという乾いた人間観<を持った>ひと」を
「肉体的な病に罹っている人の気持ちを察することができない太田のようなひと」と解することができそうだ。
 以上から、この3名全員が「<セックス依存症等、>精神疾患にかかった人々に冷たい連中」であると認定したわけだけど、
どっか間違ってるかな?(ΗΒΒΗクンを入れると4名になるな。)≫
 
↑あのね〜おーたん、
乾いた人間観<を持った>ひと との指摘が、何故、精神疾患にかかった人々に冷たい連中 ってことになるの?
ヒト其々に(ヒトの数だけ)人間観はあるのは当然だろ、それが何?おーたんは、
この人間観をもって、精神疾患にかかった人々に冷たい連中ってことにするの?・・・(人間観が)乾いていようと湿っていようと関係ないぞ。
で、しまいにはおーたん自ら≪イマイチよう分からんのだが≫と述べているにもかかわらず だ、
≪精神疾患にかかった人々に冷たい連中」であると認定≫・・・認定できるんだ? おかしいと おもわんのかね?

でもって、おーたん、
≪キミらの勉強と改心を心から願っとるよ。 ご託並べてるヒマがあるようだから、まずは、
コラム#2971と2979を読むことから始めてごらん。≫
↑これをみて、ああいえばジョウユウ をおもいだした。Ωの有名人で、流行ったよな(W


19 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:40:50 ID:6A2kMsnk0
920 :文責・名無しさん:2009/12/22(火) 11:43:53 ID:cEXRdP6b0
おーたん、随分とトーンダウンしてきたな・・・
≪「タイガー・ウッズ・・・は、セックス依存症(セックス中毒)(コラム#2979、3069)・・・と私も思ってる」
(コラム#3703)と言ったことはあるけど、当然、私は判断できる立場にはない。だから、「ウッズがセックス依存症
である可能性は大だ」(コラム#3705)と言い直している。≫
↑この>>906“怪しい病気”であるセックス依存症を、おーたんはこの病気の“出自”を問題とせず、完全な病気として
盲信(認定)するのは、まぁ〜書生っぽや、頭でっかちの秀才公僕たちには無理もないことなのかもしれないとおもうよ マジで。忙しいもんネ。
普通の経営感覚・経験のある社会人であればタイガーウッズチームが病気を理由に騒動を収束にかかっていることは当然と見るが。

>>912が示したように、病気を活用?することに関して、これから様々な問題が起きて来ることが予想できるが、そこはそれ行政が認定した
立派な病気とあらば、大手を振って胸張って病気で御座ると主張し、それを社会はもっと寛容にしなければいけないぞ〜と、病気の出自なんぞ
無視してOKと、おーたんは言っているんだな。
これに対し異を唱える者は、(怪しい病気であろうと)
≪キミらのように、精神疾患にかかった人々に冷たい連中が日本に多いからこそ、精神疾患者を追い詰め、
本来は逆であってしかるべきなのに、日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ≫
と決め付け、
≪その恥ずべき偏見を反省し、克服し、改心して新しい年を送ることができるよう、努力されますように≫
と結んでいる。

を〜い、一寸まってくれよんしんちゃん お尻プリプリ〜♪
おいら的には、大本営発表を鵜呑みにせず、おかしいものは例えば>>914指摘のクライメートゲートのように
疑うべきだとおもうし、前提であるこの怪しい病気に惑わされず、降って沸いたような不倫騒動を、それこそ、
とってつけて皿に盛ったような病気ということで終結ぜず、斜に構えて考察するってのもありだとおもう。



20 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:42:59 ID:6A2kMsnk0
921 :文責・名無しさん:2009/12/22(火) 13:05:26 ID:cEXRdP6b0
あと、遅れたけどおいらは このセックス依存症を“詐病”だとおもっている立場なんでね。
詐病
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E7%97%85


21 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:43:38 ID:6A2kMsnk0
928 :文責・名無しさん:2009/12/24(木) 11:24:34 ID:+tS/PCQf0
現時点では病気として認定されていない「セックス依存症」を、おーたんはだ、
≪しかし、彼の場合、間違いなく「社会的、職業的・・・機能の障害を引き起こしている」ので、
精神疾患(「病気」)であると認定される可能性は相当ありそうに思えます≫
と、いまだに苦しい言い訳をしつつ、
≪広告契約を結んでいるたくさんの会社の業績を左右する立場になってしまったことです。
 このことによって、彼は、自ら自分が「病気」と認定されるレベルを著しく引き下げてしまったのです。≫
と、この詐病的性格の病気の背景を やっと理解したんだよな。(コラム#3723)

そうであれば、おーたん、898に謝罪しなさいよ。
「癌」で苦しむヒトと、この都合のよい“病気もどき”(おいらは詐病とおもっている)の「セックス依存症」
のような糞のような代物とおーたんに一緒に扱われて、898は抗議したんだぜ。 そりゃ〜怒るのも当然だろ。
それをおーたんは、
≪肉体的なものであれ精神的なものであれ、ビョーキに変わりはないと思うんだがな。
キミ、癌に罹った人を人間的に「だらしな」いって言うんかい? 癌に罹った人の高(好?)感度上がるんかい?≫(コラム#3707)
と、まぁ今となっては見当はずれな、失礼なことを述べたんだぜ。

間違いをおこしても謝罪しないということで有名な官僚・・・この伝統ある“官僚ドクトリン”を辞めてもなお墨守するようなヒトがだ、
吉田ドクトリン打破なんぞ言っても、説得力がある筈がないとおもうが、如何なもんかね?
ここは2ちゃんと言えど、まぁ一応、太田述正親派の集いだぜ。
間違いは素直に、「メンゴ」とか、「御免ね〜♪」程度の軽いノリでよいから認めることをお勧めするが・・・。
それでこそ博識で硬骨漢のおーたんの、人となりが出て“好感度があがる”ってもんで、これは、898の言う「好感度があがる」
というのは、このようなことを指しているのだと、おいらは理解していたが。
他者に対して厳しく、自分には甘く〜では、このままでは太田述正は埋没してしまうと心配する。


22 :オーストリッチコンプレックス男の顛末:2009/12/28(月) 10:44:42 ID:6A2kMsnk0
929 :文責・名無しさん:2009/12/24(木) 11:26:28 ID:+tS/PCQf0
で、おーたん。
この問題をこのまま放っておくと、実名を晒さない匿名での投稿子に対して
厳しい立場をとるおーたん(之は当然だとおもうが)に対し、
例えば「このキ○ガイ禿げの糞元官僚」と詰られても、この投稿子が引き篭もりの
実名を晒すことに恐怖する罵声症候群という精神病なんです・・・と自己申告したならば、
これは(怪しいとはいえ)病気なのでしかたがない、皆さんも一緒に理解してあげてネ、
そうでないと
≪キミらのように、精神疾患にかかった人々に冷たい連中が日本に多いからこそ、精神疾患者を追い詰め、
本来は逆であってしかるべきなのに、日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ≫ということなんだよ  
ってことに戻る。


23 :文責・名無しさん:2009/12/28(月) 10:51:20 ID:6A2kMsnk0
癌で苦しむヒトたちに対し、出自のいいかげんな(病気ですら無い)セックス中毒とやらと同レベルに陥れ、
之に苦情を云う者に対し上から目線で罵倒し、それだけで飽き足らず更に、「その恥ずべき偏見を反省し、克服し、
改心して新しい年を送ることができるよう、努力されますように・・・」と常人離れした、冷酷且つ身の程知らずの言動をする。

重複するが、誰かに迷惑をかけたとき、謝罪することは相手に敬意を示すもっとも有意義な方法である。
反対に謝罪しないことは、相手を“軽視”していることのあからさまな意思表示となる。
何故、この謝罪ができないのか・・とマジで考えた。

実名告発防衛省126Pに記載してある、KYと言うには余りにも酷い“ピアノ事件”。
しらけたムードが続いてしまったと一応本人は理解しているようだが、自分がこの場の空気を詠むことが出来ず
(自分の責任とはおもわず←これ重要)、終いには自分よりピアノの技量の劣る大臣に対して、「大臣は接待を
されるばかりで接待を行なう立場になかったからこんなことになるんだな(機嫌を損ねてしらけたムードが漂ったことに関し)、
とその時おもったもんだ」と、結んでいる。 おまけにゃ、己のピアノ自慢〜これと同じような例では、年少時に有名な作家の以来を断ったと
(あくまでも本人が言っているだけだか)自慢しているしね。



24 :文責・名無しさん:2009/12/28(月) 10:52:22 ID:6A2kMsnk0
(続き)
でもって、「こういうやっかいな政治家たちとうまく付き合うための鉄則は、青臭い議論をしない、ゴマすりに徹するということで、
それができない私は防衛省キャリアで浮き上がった存在になり中枢から遠ざけられて・・・・」なんぞ述べているが、通常の一般的な社会人
の範疇からはかなり逸脱した変人であることの証左である。(善し悪しは別として)

優れた知能を自他共に認めている?が(知能は問題ない筈)、問題はそれ以外に障害があると充分予想される。
↓で、本人も精神病に強く関心があると言っているし、これで得心した次第である。(誇大妄想狂のキチガイ と自分でタイトルでも言っているとおり自覚症状は少しあるようだ)
アスペルガー症候群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC
この、知的障害がみられない発達障害の可能性がかなり高いとおもわれるが、そうであれば之はれっきとした疾病であるが故に、
これは暖かい目で見なければならないことになるな。


25 :文責・名無しさん:2009/12/28(月) 16:45:26 ID:cUdGl5Ls0
劉暁波の件、中国の国民への抑圧っぷりが良く現れてますね。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124039&servcode=A00§code=A00
中国では個人がウェブサイトを持つことすら許されない。
中国でなら太田さんも、国家政権転覆扇動罪で逮捕されるのかな。中国は怖いねぇ。

26 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 04:06:04 ID:h/Hy820e0
>>11
評者の選択はするだろうな
「餅は餅屋」って言葉を知らんのか?

特にサブカル系のジャンルのファンは
したり顔してサブカルを語る「部外者」には辟易してるんだ



27 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 05:16:29 ID:6mSZuEey0
純文学とかのほうが読者を選ばないんじゃないかな。
むしろ大衆娯楽こそターゲットを絞ってるような。

少女漫画は少女読者以外の客を切り捨ててるし
韓流ドラマはオバちゃん狙い。
オタク向けアニメはオタク狙いだし。

28 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 14:12:17 ID:e8f3eOIX0
太田さん ホント大丈夫?
「キミらのように、精神疾患にかかった人々に冷たい連中が日本に多いからこそ、精神疾患者を追い詰め、
本来は逆であってしかるべきなのに、日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ。」
と自分で言っておきながら今度は、
「底なしの禁治産者、鳩山首相」
と、鳩山首相を 禁治産者扱い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E6%B2%BB%E7%94%A3%E8%80%85
↑この「禁治産者」って言葉も 差別的って理由で“廃止”されたのではないか。

太田さんは、自分で「精神疾患にかかった人に冷たい連中が多いから・・・・
日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ」と おもいっきり能書き垂れながら、それを
すっかり忘れ去り、自分で何言っているのかも判らない「太田述正が禁治産者」ってことなんだぜ。

キ○ガイに、キ○ガイと罵られている鳩山首相こそ 可哀想だとおもわんかね。
太田さん わかる? あなたの話は、「オシがツンボに電話してるッ」という話なんだぜ。
貴方がいくら精神病に対し差別無くしている・・とおもっている“つもり”でも、
貴方の言葉の端から嘘が露呈してくるんだぜ。


29 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 14:20:14 ID:JlEBPLdJ0
「精神疾患にかかった人に冷たい連中が多いから・・・・
日本の自殺率が米国の3倍にも達してるんだよ」
この太田説こそ根拠が無いんだよね。
みなさんご存知のように本来、キリスト教では自殺禁止なのに対し
仏教では自殺をある程度、認めている部分があるし・・・
それに日本の場合、自殺かどうか判断するのは警察なのにたいし
欧米の場合、医官が判定するんだよね。

ほら沖縄で死んだライブドア関係の人いたじゃない。
あんなものどう見ても自殺じゃねえよ。
警察も他殺より自殺で処理した方が仕事しなくていいし、
事件の数が減るので事件の解決率上がるから自殺の方が
いいんだよね。

30 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 14:33:24 ID:6mSZuEey0
 
> ほら沖縄で死んだライブドア関係の人いたじゃない。
> あんなものどう見ても自殺じゃねえよ。
> 警察も他殺より自殺で処理した方が仕事しなくていいし、
> 事件の数が減るので事件の解決率上がるから自殺の方が
> いいんだよね。
>

確かに、それはある。

31 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 16:15:39 ID:6mSZuEey0
映画批評で定評のあるライムスター宇多丸による「アバター」感想。
前半はおおむね3D新技術の説明で、映画の具体的な内容は21:30くらいから。
http://podcast.tbsradio.jp/utamaru/files/20091226_hustler_2.mp3

http://www.tbsradio.jp/utamaru/cinema/index.html

32 :文責・名無しさん:2009/12/29(火) 17:46:05 ID:e8f3eOIX0
決して非を認めず、誤ろうとしないご立派な太田さんは、わけのわからんものを病気と断言したあとでも、マズイと悟ったら、
途中からも、せっせと「タイガーはセックス中毒とおもってる」から「可能性は大だ」と徐々に修正してみたり
(この件に限ったことでは無いが)で責任回避の道創りを姑息にも懸命に努力して、何とか言い逃れしているが、
その努力は認めるが それより素直になったほうが楽だし、皆からみても見苦しくないとおもうが・・・。
誰も注意しないしね〜(しても素直に従う筈も無いけどね)ueyamaさんあたりがビシッと言えばよいのに・・・。

辞めてもなお、誤りを誤りと認めることすらできない、頭でっかちの元官僚・日本の小役人の見本だよな。
勝手に昔の栄光(本人だけの)とやらを恋々とおもいに浸り、そして他者に迷惑をかけず、おとなしく朽ちてください。
ま、ここまで一貫していれば逆に清々しい?と言えなくもない〜W
2010年も同じように、もはや職人芸である、“ああいえばジョウユウ”を続けてください おもしろいので。





33 :文責・名無しさん:2009/12/30(水) 10:18:41 ID:jAjpP3u50
もうウッズはいいよ。飽きたし、つまんね。
32みたいな議論じゃなくて貶しに悦に入る阿呆が出てくるし。
はぁ・・・

34 :文責・名無しさん:2009/12/30(水) 11:48:26 ID:hnd4apOE0
>>32みたいなタイプはまだまだ粘着するぞ。

35 :文責・名無しさん:2009/12/30(水) 16:10:22 ID:hnd4apOE0
> 読者が盛んにホメる押井監督が、あっさり甲を脱ぐとは、寂しいですねえ。↓


この監督をホメてる読者って一人しかいないでしょ。たぶん。

36 :文責・名無しさん:2009/12/30(水) 17:13:18 ID:mpHZQpe+0
まあ押井監督自身、ストーリーテーラーとしては、はっきり言って、も1つだしなあ。
実際、ヒットしてる作品って他人の原作をベースにしたものだけだしね。
オリジナルでヒットしたのってあるっけ?

37 :文責・名無しさん:2009/12/30(水) 22:11:30 ID:hnd4apOE0
でも、んなこと言ったら映画監督というのはたいてい
作家ではなくアレンジャーだよ。
映画って原作無しのほうが少ないと思うよ。

38 :文責・名無しさん:2010/01/03(日) 02:50:11 ID:LylmLnl7O
あげ

39 :文責・名無しさん:2010/01/03(日) 18:16:25 ID:UrnGPYRr0
太田さんという人が分からない。

ブログの超高度な内容と、この2ちゃんを介したディスカッションを、
どういう感覚で並行して一緒にやっているのかが分からない。
前者は学者的で後者は世俗的(私の主観)。
世間というやつを小馬鹿にしているようでありながら(テレビ出演を観た私の主観)、
その世間(例えばこの2ちゃん、オフ会)と関わる労を惜しまない。
単に優越感を求めてのものとも思えない(ブログを半年以上ROMっているが、
太田さんがその程度の自己分析ができないとは思えないし、その優越感による
「恥」に耐えられるほど、しょぼい経歴でも自尊心でもない・・・私の主観)。
世間を啓蒙したいとの意図かもしれないが、そう考えると、あのブログの高度さが
説明できない(あれをまともに読みこなせるのは、百人に一人もいないと思う。私の主観)。

個人的には、太田さんはまず、学問の世界で(あるいは「から」)自説を問うべきだと思う。
日本の学会とやらに不満なら、海外で自説を問うという方法もあると想像する。
自称「キチガイ」とのことですので、太田さんを理解しようとする行為そのものが、
無駄なことなのでしょうかね・・・。

40 :文責・名無しさん:2010/01/03(日) 20:50:59 ID:6378fkMX0
>ブログの超高度な内容と、この2ちゃんを介したディスカッションを、
どういう感覚で並行して一緒にやっているのかが分からない。
前者は学者的で後者は世俗的(私の主観)。

太田氏も言ってるでしょう。人間というものを理解したいのですよ。
だから低俗な話やセックス関係の話にも首を突っ込むのですよ。
好奇心のなせる業です。
あと、本人も言ってるように子供っぽいところがあるんでしょうね。

41 :文責・名無しさん:2010/01/03(日) 20:51:53 ID:6378fkMX0
さて
>特にサブカル系のジャンルのファンはしたり顔してサブカルを語る「部外者」には辟易してるんだ

自分が紹介してるのは本当に”おたく向け”でなくて一般人にも対象範囲が広げられる作品だと
思ってるんですけどね。
太田氏に「そらのおとしもの」とか見せて、どうする(笑
多分、3分で「つまらん」と言って見るのをやめるでしょう

>映画監督というのはたいてい 作家ではなくアレンジャーだよ。

そうですね。
だから海外では映画の評価は映像の表現手段が斬新で新規なものが高い評価を受けるようです。
例えば北野誠監督の「その男 凶暴につき」
内容はなんてことないんですが、映像としての表現手段が派手ではないのに非常に印象に残ることが
欧米で高い評価を得ることができました。
それに対して伊丹十三監督の評価は非常に低い。これは映像での表現手段より、言葉による表現に
偏ったせいではないかとも思われます。
そこらへん太田氏の映画評はストーリーなどの内容を評価しているわけですが、これは一般の日本人
も、そうなのではないかと思います。ライムスター宇多丸による「アバター」感想も同じですね。
だから日本では伊丹映画の方が北野映画より興行収入が高い。
まあ難しいところですけどね。


ところで、昨年の日本のアニメで一番の注目作は「化物語」でしょう。
表現手段として”絵”だけでなく”文字”を使ったところが斬新だと思われます。
まあ、その前にエヴァンゲリオンでもやっていますが。
最新作がネット配信されていますので、よければみてください。
ttp://www.bakemonogatari.com/strm/

42 :文責・名無しさん:2010/01/03(日) 22:44:16 ID:LylmLnl7O
(自分は)前者は一から十まで論理的に叙述されたコラム、後者はソクラテス的な対話を重視したコラム、と認識している。
【ソクラテスの問答法】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9%E5%BC%8F%E5%95%8F%E7%AD%94%E6%B3%95

そのディスカッションの投稿にも連歌的なものと論理的に叙述されたものという違いはあるけど、
(例外はあるにせよ)基本的には読者からの問いに対して、太田さんが答えるという形で成り立っている気がするし、
読者からの問いにどのように太田さんが応じるのかが(個人的に)このコラムの見所だと思っている。
むしろ、毎日配信されるコラムが難解だからこそ、ディスカッションが必要だと思うけどなぁ
こういう事を言うと、低質な問いが多いと、突っ込まれそうだけど
ディスカッションは一から十まで論理的に叙述しないで良いので太田さんの考えが簡潔でわかりやすいと思う、自分としては秀逸だと思う。
ただ、問い掛ける人が居なければ成立しないんだろう、投稿が多ければさすがの太田さんでも「精髄」するでしょう。
つまり、質に文句があるなら投稿するしかないんだぜ
さすがに2chの過去ログをあさり出した時は、どうしたんだ!?と驚きましたけどね。


43 :39:2010/01/04(月) 01:12:03 ID:ITENd4RE0
>太田氏も言ってるでしょう。人間というものを理解したいのですよ。

太田さんの根本の行動原理は、「好奇心」なんですかね。
それはあるでしょうが、私が良く分からないのは、@日本の現状に対する危機意識と、
A天下りを良しとしない行動と、B選挙に立候補するという行動と、Cテレビ出演時でのシニカルな態度、
これらを説明できる性格類型が、私の語彙に無いからなのです。

@から、国士気取りで愛国心を叫ぶ類の輩とすれば、あのブログの内容は説明できないし、
Bがあるから、単なる冷笑家とは出来ないし、
Aは多分、正義を愛するから〜的な動機よりも世俗的欲(金銭)への関心が薄いせいだと思うが・・・。
Cは、日本の現状からすればああいった冷笑的な態度にならざるを得ないせいなのか、
それとも普段からああなのか。ブログのディスカッションでは、人を食ったような発言が多いが・・・。

>あと、本人も言ってるように子供っぽいところがあるんでしょうね。

分かったような分からないような・・・。ソクラテスであれば、「子供っぽい」の定義を聞くのでしょうね。
太田さん、自身の性格分析を(ガチで)やってくれないかな〜。

44 :文責・名無しさん:2010/01/04(月) 13:55:19 ID:hlzYw2IE0
>>41
>自分が紹介してるのは本当に”おたく向け”でなくて一般人にも対象範囲が広げられる作品だと
>思ってるんですけどね。

それって要するに「俺基準で分けてみました」だな。
だから何?

45 :文責・名無しさん:2010/01/05(火) 00:05:00 ID:graEXObN0
永田町の不動産王・小沢氏、ピンチ?

http://www.asahi.com/national/update/0101/TKY200912310225.html
「小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が2004年に取得した土地をめぐる問題で、
当時の陸山会の事務担当者で元秘書の石川知裕衆院議員(36)=同党、北海道11区=が
東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、土地取引は小沢氏の指示で始まり、
購入原資の約4億円が小沢氏の資金だったと認めていたことが、関係者の話でわかった。
約4億円は、長年の政治活動で得た資金の可能性があるという。

 石川氏は関係者に対し、取引を進める中で「小沢氏と直接、電話やメモでやりとりすることもあった」
と証言しているという。特捜部も、石川氏の再聴取などで、
小沢氏が不明朗な資金操作についてどこまで認識していたかを調べる見通しだ。
また、購入資金などで小沢氏しか分からない事情があるため、小沢氏を任意で聴取する必要があるか、
慎重に検討するとみられる。 」

とは言え、国会が開いちゃうとなかなか難しいだろうな。

46 :文責・名無しさん:2010/01/05(火) 00:22:11 ID:IvvGmhbg0
>>39
>太田さんという人が分からない。

簡単だよ。
自分は万能の天才イメージをふりまきたいだけだよ。
防衛庁OBとか謳っているにも関わらず、無理していろんなジャンルに首突っ込んでんの見りゃ分かるだろ?
このスレからも都合の悪い意見はブログに殆ど取り上げないだろ?
そういうことだよ。

点取り秀才にありがちな勘違いなんだけどね、これって。

でさ、その行く果ては自己神格化なんだけどね。

太田という人は小沢一郎を嫌っているけど、着実にプチ小沢一郎化していってると思うね。


47 :39:2010/01/05(火) 04:48:33 ID:i157YgSb0
>>46
そういう風に簡単に理解できたら、楽でしょうね…。

48 :文責・名無しさん:2010/01/05(火) 10:48:23 ID:6K051Cqy0
>>47
>>46の言うとおりだと、ここの常連は普通に判るぞ。 
誰だって自分に都合の悪い意見を取り上げたくないだろうし、プライドだけは異常な位高いし、
太田という人はこれがまた打たれ弱いってのが、皆わかっているから遠慮しているだけ。
で、着実にプチ小沢一郎化・・・してもしかたがない理由はここにある。
誰も文句言えない・・・というより、言ったら排除するのは今までの例で沢山あるし。
これが太田述正を世に広める障害となっているのが、多分自覚症状が無いのだろう。
ま、裸の王様なんだよな。



49 :文責・名無しさん:2010/01/05(火) 12:59:48 ID:V08HhrAeO
例を上げなきゃただの誹謗中傷だぞ
そもそも匿名掲示板で常連って言われても・・・・・・


50 :文責・名無しさん:2010/01/05(火) 18:25:21 ID:4bWMdduq0
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100105/plc1001050257003-n1.htm
この記事どうですか

51 :文責・名無しさん:2010/01/06(水) 03:28:02 ID:zPhEEPF90
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122401000570.html
すげぇな。アメリカ、そしてオバマ。

太田さんはアメリカの人種差別を批判するが、それでもアメリカは
日本とは比べ物にならないぐらいに先進国やってるね。

それに比べ、
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010010600022
日本の政治のレベルの低さは怖ろしい。
こんな短期間の仕事でドクターストップがかかるほどの老人を任命した
責任を鳩山は問われることになるだろう。


文化、ソフト産業、軍事、そして政治。日本はアメリカの負の側面
なんかより、学ぶべき長所を深く研究していったほうがプラスになるだろう。

52 :文責・名無しさん:2010/01/06(水) 08:49:48 ID:0vpy/5Hl0
「うつ百万人」陰に新薬?販売高と患者数比例
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100105-OYT1T01486.htm?from=main6

ほらやっぱり。
製薬メーカーの儲けを増やすために
うつ病の流行が作られて来たということでしょ。

53 :文責・名無しさん:2010/01/06(水) 19:21:44 ID:DrVtNVNL0
>>49
むしろ素直に非を認めたり都合の悪い意見を取り上げた例を出して欲しいね。
「ない」ことを証明するのは「悪魔の証明」なんだからね。

54 :文責・名無しさん:2010/01/06(水) 23:59:11 ID:fZzZY3UzO
悪魔の証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E

事実の有無の証明が問題になる場合、一般に、ある事実がある(消極的事実)と
主張する側に当該事実の存在について証明するべきであるとされる事が多い。
なぜなら、「あることの証明」は、特定の「あること」を一例でも提示すればすむが「ないことの証明」は、厳密には全称命題の証明であり、
全ての存在・可能性について「ないこと」を示さねばならないためである。・・・

『太田述正はチョメチョメのチョメチョメで、とんでもないチョメチョメのチョメチョメ野郎である』、と言う事を証明するのは事例を一つ上げれば済む話みたいですよ


55 :文責・名無しさん:2010/01/07(木) 02:08:31 ID:fmXAmvT70
>>54
>事例を一つ上げれば

例えばメルマガで、人のレスを転載しておいて
プチ小沢一郎と言われたことはカットしてあるよね?

56 :文責・名無しさん:2010/01/07(木) 07:30:07 ID:x/5lPz7m0
106 名前:Trader@Live![sage] 投稿日:2010/01/05(火) 00:23:22 ID:kFiNiESn
んーと、チラ裏。
知り合いに聞いたんだが、パチンコ業界で少し変な動きがあるらしい。
そいつが言うには、「パチンコ台を繋いで管理するためのケーブルを、今までの銅線のものから光ケーブルに変えたい、って問い合わせが来てるんだが」という話。
管理コスト軽減のために銅線ケーブルから光ケーブルにして各台の制御をしやすくするための作業とのこと。
で、光←→電気信号コンバーターが一個辺り\2500程なんだけど、それを百万個規模で発注掛けられても希望納期に間に合わないから、そいつの会社は腰が引けてるそうな。
この不景気で、しかもパチンコ屋がバタバタ倒れている状況でそんな設備投資するってのもスゲェな、って内部で噂話が流れているらしいんだわ。

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/01/05(火) 23:39:28.11 ID:OKOmJNU+0
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H15/1503/1503094report.html

北朝鮮がミサイル・エンジンの噴射試験を実施しているが、航法レーダ
ーに関連して、テポドン基地施設に光ファイバー網も整備された模様だ。

光ファイバー通信の利点は多々あるが、軍事面では傍受不能が大きい。
従来、米軍は衛星写真や通信傍受に北朝鮮の軍事情報収集の多くを依存し
てきたが、光ファイバー網整備が事実なら情報収集の手段が一つ失われる。
----
インバータの制御にも光ファイバ使われますね(デカイのだと)

ウラン濃縮機なんかぴったりかなあ(棒)

57 :文責・名無しさん:2010/01/07(木) 13:51:51 ID:7KTnIdcq0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E9%80%80%E8%94%B5%E7%89%A9%E8%B3%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6
地検も亜米利加から独立しないといけないのか?

58 ::2010/01/08(金) 01:56:33 ID:ztOep0Hs0
麻生外相(当時)が、2007年に訪米した際にライス(とチェイニー?)に
向かって一言。
麻生「とうとう北朝鮮が昨年核実験を行いました。日本には当然核武装す
る権利があるという声が、これから国内で出てくる可能性があります。」

59 :文責・名無しさん:2010/01/08(金) 11:42:23 ID:5Y2j2r7L0
青木直人ってどうなのよ。

60 :文責・名無しさん:2010/01/08(金) 20:09:38 ID:ruIcq+V40
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E9%80%80%E8%94%B5%E7%89%A9%E8%B3%87%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2010/01/post_204.html#more
小沢と鳩山に非がないとは言わないが、
反米政権(旧田中派)になると検察が動くと言う陰謀論がでてくる。
田中氏のコラムはそれを言いたいわけでもないだろうが、
なんだかそう思えてくる。

61 :文責・名無しさん:2010/01/09(土) 11:05:55 ID:srMi4rNj0
http://eiga.com/buzz/20100108/13/
ジェームズ・キャメロン監督、広島と長崎への原爆投下を映画化

完成のあかつきには太田さんも観てやってください

62 :文責・名無しさん:2010/01/09(土) 11:28:39 ID:YCszhRVg0
>>54
この議論自体を打ち切ろうとしていることもそうだね。
だったら最初から取り上げるなよと言いたいところだが。

63 :文責・名無しさん:2010/01/09(土) 17:50:45 ID:4ugEK2BJ0
>>61
原爆をアバターレベルの3Dで表現できれば、内容なんて全くなくても
原爆の悲惨さは伝わるだろうな。

キャメロンにはアメリカが原爆投下に心を痛めていたとか、
原爆投下は早期戦争終結のために必要だったとか下らない
自己弁護的ドラマをつくるんだろうけど、本気で原爆投下を描くなら
物語を作らず、アバターを超える映像だけの映画を目指して欲しい。

64 :文責・名無しさん:2010/01/10(日) 07:31:35 ID:1O+55Pux0
>世界中でイギリス人以外には書けないでしょう
これ書いてる人、オランダ人じゃん。
後、禅とかポール・シュレイダーの小津の見方とかは、
日本では「監督 小津安二郎」という本を筆頭に80年代に批判されてすでに乗り換えられてる。
他も小津ファンには今頃何言ってんだ?ぐらいのコラム気がするんだけど・・・。

65 :文責・名無しさん:2010/01/10(日) 08:30:50 ID:+EF4gkTW0
> キャメロンにはアメリカが原爆投下に心を痛めていたとか、
> 原爆投下は早期戦争終結のために必要だったとか下らない
> 自己弁護的ドラマをつくるんだろうけど、

キャメロンっていままでそんな
アメリカ擁護バリバリの映画作ったことあったっけ?

66 :文責・名無しさん:2010/01/10(日) 11:01:51 ID:XoI+6++y0
>>65
アメリカでヒットさせるのに、アメリカの原爆は悪だって描けないだろ。

http://www.unkar.org/read/tsushima.2ch.net/news/1249483974

世論の六割を敵に回して商業が成り立たない。最近のハリウッドは
マーケティングと、テスト上映時の観客の反応で作品の内容を監督の
意図を無視してでも変更させるからな。



67 :文責・名無しさん:2010/01/10(日) 11:25:52 ID:+EF4gkTW0
>>66
> アメリカでヒットさせるのに、アメリカの原爆は悪だって描けないだろ。

微妙じゃね?↓
>年齢別に見ると「正しかった」は55歳以上が73%だったが、35〜54歳が60%、18〜34歳が50%と、
>年齢が下がるほど原爆投下への支持は低下。

68 :文責・名無しさん:2010/01/11(月) 03:34:39 ID:DdYozEon0
http://www.asahi.com/politics/update/0110/TKY201001100168.html
日本が世界の危機になれたようです。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/index.html
国民の支持率は以前、高いままです。


世界の評価が正しいのか、国民の直感が正しいのか。

鳩山はチャレンジ25とか言って苦しい産業界に更なる負担をかけ、不況を加速
させるつもりです。エコ買いなんて世界のどこもしてなくて、安い新興国が勢いを増してる
ってのに、なんで民主党は25%削減で景気がよくなるって言うのか理解できない。

それでも自民よりはまし、ってことなんですかね。

69 :文責・名無しさん:2010/01/11(月) 18:00:03 ID:MQaKv1UX0
映画評論のリクエスト
『ダーウィンの悪夢』

『ダーウィンの悪夢』(Darwin's Nightmare) は、2004年に公開されたドキュメンタリー映画。
東アフリカビクトリア湖に繁殖した巨大魚ナイルパーチを通して、タンザニアから、ヨーロッパ、
日本への加工品輸出を軸に、1日1ドル以下で生活する具体例を通して、「グローバル経済の引き起
こす現実」を描きだしている。武器輸出への嫌疑、生態系の破壊、外国に良い食材を輸出しながら、
その残骸を非衛生的な状態で食す人々、その中で育つ子供たち、売春、エイズなど、さまざまな側面から描き出している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%82%AA%E5%A4%A2

『放浪するアリ—生物学的侵入をとく—』によると、1954年、ケニアの水産局員がアルバート湖(ウガンダ)のナイルパーチ
をヴィクトリア湖に放流し、1962年にも警告が発せられていたにもかかわらず、植民地のイギリス人公務員たちがウガンダ
のエンテベで35匹のナイルパーチを放流した、とある。
この魚の放流は湖の漁獲高を増やすためだったと言われる。
『ダーウィンの箱庭 ヴィクトリア湖』によると、ムワンザ湾で初めて大量に水揚げされたのは1983年12月。在来種のシクリッドは急激に減少したようだ。


70 :文責・名無しさん:2010/01/11(月) 18:01:19 ID:MQaKv1UX0
ナイルパーチはヴィクトリア湖周辺に経済革命を起こした。漁師も漁船もどんどん増えた。魚の加工輸出産業は多くの雇用を生んだ。
今、ナイルパーチがいなくなると困る人は大勢いる。また、湖の環境悪化は、ナイルパーチによる生態系破壊だけでなく、工場廃水
や森林伐採による土砂の流入によって起こる水質汚染にも大きな原因があると言われている。つまり、ナイルパーチを悪役にして一件
落着とはいかない問題が複雑に絡み合っているのだ。

タンザニアの食品輸出の第1位は魚のフィレ(三枚卸)。その大半がヴィクトリア湖のナイルパーチで、最大の輸出先はEU。そして日本
が第2位だ。(ちなみに国別では世界一)
日本では毎年約3,000トン前後のナイルパーチを、タンザニア、ケニア、ウガンダから輸入している。ちなみに2004年の輸入量は約4,000
トンで、人気の高いびん長マグロの3分の2にもあたる。日本への輸入は、冷凍フィレの状態でやってくる。
2003年までは “白スズキ” という名で国内流通していたが、品名表示に関する法規制が強化され“ナイルパーチ” と表記されるように
なった。現在では外食産業や給食などの白身魚フライによく使われるほか、スーパーで味噌漬け、西京漬けなどとして並ぶこともある。
くせのない白身魚として意外と身近に私たちの食卓に上っているようだ。

以上公式サイト(http://www.bitters.co.jp/darwin/)より

ニコニコでも観れるけど画質は最悪
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1270876


71 :文責・名無しさん:2010/01/11(月) 18:10:02 ID:MQaKv1UX0
追伸
googleで検索したら批判もたくさん出ているみたいなのな
ohtanがどういう判断を下すか知りたいね

72 ::2010/01/12(火) 00:33:02 ID:nG59wX7b0
普段は小沢一郎の汚さを激しく批判している元防衛庁局長の太田述正先生
も、外国人参政権には賛成です。
小沢先生も太田先生も韓国大好き派です。
まあ、小沢先生の場合は単に韓国に媚びてるだけですが。
太田先生は、韓国を信じたいんでしょう。
韓流おばさんのおっちゃん版です。


73 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 07:58:52 ID:rJjRubrC0
設計技師である私が考える林さんの失業
アルミ板に穴をあける件、説明が前々足りないので、この話だけではなん
ともいえませんが社長視点で話を書き直してみました。
1)工場で構造部材のアルミ板に軽量化用の肉抜き穴が4つ開いた部品を
 作っていた。
2)部品を一目見た林さんは、穴を千鳥配列(=斜め)に開ければもっと
 穴が開くからさらに軽量化可能だと気づいた。
3)図面とおりに部品を作っていた日本人はそんなことも考えたこともな
 く、お前すごいなぁと関心してみせた。
4)そんなことは図面を作った設計者は百も承知で、強度と重量のバランス
 から最適な形状として、現状形状の4穴を図面指示していた。
5)部品加工外注を請け負う加工工場から、変更の意見書は出せなくはない
 が、筋の悪い思いつきに過ぎない穴追加を発注元に進言するような面倒
 に時間を割きたくはなく、うるさい中国人工員に説明するのが面倒
 になって、20年間云々の適当説明をして首にした。
>コラム末尾の、中国人はプロジェクトのドキュメントをまとめられないけど、
 予想外の計画不能な事柄に対しては天下一という結論は噴飯モノです。
 これが太田さんの違和感の原因でしょう。
設計の定義;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%AD%E8%A8%88

74 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 08:51:41 ID:Fs5Er1eQ0
米国は人種主義帝国だったから中国を支援して日本を潰そうとしたのは理解できるけど、
人種主義帝国ならなぜ中国も日本と一緒に潰そうとしなかったの?

つーか欧米って中国に甘い気がするんだけどなんでだろう。

75 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 14:28:35 ID:2qFQW9By0
世界初「セックスロボット」!?
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/01/12/19.html
スピルバーグの「A.I.」って映画思い出した。
未来の世界ではセックスロボットや愛玩子供ロボットができてて、
人間が実際の子供を生むことやを育てることをやめつつある環境ができてる。
んでさらに未来の世界では人間は滅んでて、ロボットが社会を築いているって話。

76 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 15:17:48 ID:Zes89ZPm0
不細工すぎ。やはりアメリカ人はセンス無いわ。

77 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 15:47:40 ID:R5EI122q0
というか、人間に似せられたロボットはいつか必ず作られると思うんだが、
ロボットの人権問題とかどうなるんだ。
人間に似せて作られてるからその辺の団体が騒ぎ出しそうな予感。

78 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 15:51:38 ID:Zes89ZPm0
たしかに、アグネスはエロ漫画に出てくる架空の子供の人権をも
守らなきゃダメだと主張してるわけだし、ありえないことじゃないな。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html

79 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 17:38:38 ID:H3Bc2vTXO
>>74
太田コラムでお馴染みのアメリカの外交官マクマリーが“1935年”にまとめたメモランダムからどぞー
たぶん、今回のコラムで述べられた事の典拠の一つだと思ふ

親中国的な運動は、アメリカ人にとってごく自然な物だったのである、このような運動の高まりの背景には、中国に対する米国民の広範な親近感があった。
この親近感は、米国民が、利己的な国々から中国を守ってきてやったのだと信ずる若干恩着せがましい自負の念と、我が国の教会組織が、
中国での布教活動に支えられて数世代にわたり中国との好ましい関係を育ててきた実績に負うところが大きかった
この時点で布教活動の指導者達は、自分達の仕事は、中国の政治的要求を支持する政策によってもっと発展すると確信していた。
だから米国政府が、条約上の特別の権利、特に治外法権・関税制限および教会組織に関する特権のすべてを放棄するよう、
独自に主導権をとってほしいと期待していた・・・
・・・アメリカにおける宗教組織の強力な党派制は、新聞論調にも反映された。
中国国民党は1776年(アメリカ独立)の愛国精神と二重写しにされ蒋介石は中国のジョージ・ワシントンと目されることが少なくなかった。
このような動きはアメリカの議会と行政府の双方に対し、かなりの圧力となって作用した。・・・
・・・こうした運動をすすめてきた誠実なアメリカ市民や中国の忠実な友人達は
『自分達の努力が両国の利害や極東における究極の情勢にどんなひどい害を及ぼすかについて、全く予測出来なかった。』
ジョン・アントワープ・マクマリー原著、アーサー・ウォルドロン編著 平和はいかに失われたか pp122〜125


80 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 17:41:34 ID:Zes89ZPm0
なんか太田コラムを読んでると
世界史上の諸悪の根源はキリスト教って気がしてくるな。
イギリスもキリスト教だけど。

81 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 17:45:54 ID:H3Bc2vTXO
他にも関係するような部分を抜粋どぞー

・・・(三井の)経営幹部は、立ち去る前に「壁に掛けられた大東亜共栄圏を描いた地図を指差し、笑みを浮かべながらこう述べるのでだった。
『あれなんですよ、われわれがしようてしたことは。これであなたがたが何をすべきかおわかりになりましょう』」
エマーソンは前年、中国における日本人捕虜の尋問に携わっていたものの彼にとってその言葉はかなりの衝撃であった。
その瞬間、『アジアにおけるアメリカ外交全般にわたる責任の重みのために、私は腹に一撃を食らったような思いにとらわれた。
われわれは一体、これにどう対処していったらよいのだろうか』・・・
・・・1950年の春になると、アメリカはアジア各地を襲う共産主義革命の動きを阻止するために苦心していたのであり先の予言的言葉は真実みを帯びていた。
ジョージ・F・ケナン(下記アメリカ外交50年の筆者)のような外交官たちは
日本が「南方に」新たな帝国を創る必要があるといっていたことを公然と口にしていたのである
マイケル・シャラー著 アジアにおける冷戦の起源〜アメリカの対日占領 序言より抜粋

今日われわれが当面している朝鮮の情勢をみるならば、これらの言葉に付け加えて論評する必要はない
アジアにおけるわれわれの過去の目標は、今日表面的にはほとんど達成されたという事は皮肉な事実である
遂に日本は中国本土からも、満州および朝鮮からもまた駆逐された。
これらの地域から日本を駆逐した結果は、まさに賢明にして現実的な人々が終始われわれに警告したとおりのこととなった。
今日われわれは殆ど半世紀にわたって朝鮮および満州方面で日本が直面しかつ担ってきた問題と責任を引き継いだのである。
もしそれが他国によって引き継がれたのであれば、われわれとして軽蔑したような重荷を負って、現にわれわれが苦痛を感じているのは確かに意地の悪い天の配剤である。
G.ケナン アメリカ外交50年 pp74〜75


82 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 17:49:07 ID:H3Bc2vTXO
つづき

・・・それら両国(日本・中国)との関係が、中国に対するわれわれの奇妙ではあるが
深く根ざした感傷を反映してきたことを指摘した。この感傷が、自分達ほど恵まれず
より後進的と思われる他の国民にに対する慈悲深い後援者、慈善家または教師をもって自任することによって得られる喜びから生じているのは明らかであった。
またこの自己満足のなかに私はアメリカ人が陥りやすいものであるように思われた国民的なナルシズム―集団的自己賛美―を見ない訳にはいかなかった
G.ケナン アメリカ外交50年 p210

次に私は、アメリカ人の日本人に対する否定的で批判的な態度をとりあげた。
それはもちろんわれわれが中国に対してとった後援者的、保護者的態度の裏返しであった。
われわれの日本に対する不満は日本が当時東北アジアで占めていた地位―朝鮮と満州での支配的な地位・・・に主として集中していたように思われる。
それらの地域は正式には日本の領土ではなかったから日本による支配は法的にも道徳的にも不当であるとわれわれは考えたのである
私はこのような態度に異議を唱え、それはわれわれ自身の法律家的=道徳家的思考基準を
それらとは実際にはほとんど全く関係のない状況に当てはめようとするものであったと批判した。
そして私はこの地域における活動的な力であるロシア、中国および日本という三つの国は
道徳的資質という点ではそう違わなかったのだから、われわれは他国の道義性を審判する代わりに
それら三者の間に安定した力の均衡が成り立つよう試みるべきであった・・・
・・・私が今言及している講演が、朝鮮戦争中に行われたものであることを指摘したい。
私は当時、朝鮮半島においてわれわれが陥っていた不幸な状態の中に
われわれが以前に“日本の国益”について理解を欠いていたことへのまた日本に代わる望ましい勢力があるかを考えもせずに
日本をその地位から排除することにのみ固執したことへの皮肉な罰ともいうべきものを認めないわけにはいかなかった。
G.ケナン アメリカ外交50年 pp210〜211



83 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 18:22:24 ID:rJjRubrC0
>>80
キリスト教というより、一神教全般でしょうね。
リチャード・ドーキンスが「神は妄想である-宗教との決別」で激烈な調子
で一神教攻撃をやってます。911は原理主義が悪いのではなく、宗教
(人格神を崇める一神教)そのものが悪いと吼えています。面白いから読ん
ではいかがでしょう?宗教=コンピュータウイルス説は爆笑ものでした。
ちなみに、この本では仏教は人生哲学の類として紹介されています。

84 :文責・名無しさん:2010/01/12(火) 18:31:38 ID:Zes89ZPm0
>>83
その本買ったけど、第1章まで読んで積んであります。
同じ作者の「盲目の時計職人」と比べるとどうもいまいちな感じだったので。
でも今度続きを読んでみよう。

85 :文責・名無しさん:2010/01/13(水) 10:40:02 ID:AmgJnaH60
>>78
漫画は問題ないが、現実だとなぁ・・・
セックスロボットって作られたらより人間らしくなっていくに決まってるし、
そうなると倫理とか色んな宗教が騒ぎ出すことになる。

俺の予想では間違いなくキリスト教原理主義者はセックスロボットには反対する。

逆にイスラムでは受けいけられると思う。自爆テロする人は死後、処女で美女に囲まれた
ハーレムにいけるって信じてるから、現実での死を恐れないって聞いたから、セックスロボット
が普及すればそういった欲求は解消される。

当然、日本でも受け入れられる。日本はこういったロボット関係と、性風俗には寛容だからな。

86 :文責・名無しさん:2010/01/13(水) 12:35:45 ID:ZzyU5U4s0
関門衝突事故 「追突避けようと旋回」 韓国船長 「管制に従う」翻す

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/145562

87 :文責・名無しさん:2010/01/13(水) 12:49:11 ID:j9/Z9w8Z0
>>85
キリスト教の影響だろうなあとは思ったが、
昔、ニュースの街頭インタビューで黒人の男が
当時ブームだった「たまごっち」に怒りまくってたのは見たことがある。

88 :文責・名無しさん:2010/01/14(木) 09:26:53 ID:2RVT2RxZ0
最近の小沢関連報道の過熱っぷりを見ると、本気で小沢が逮捕されるってことか?

検察の情報リークも、秘書の顔出しも裏で小沢に事件をもみ消されないために
事件を盛り上げておくって考えの元に行われてるらしいし、検察の本気が垣間見れて嬉しい。

これで民主から小沢が消え(陸山会のことで)、鳩山が消え(脱税で)、前原(日航に関するあまりの無能っぷりに)が消え、
真に自民党と決別した民主が生まれてくれるのなら支持率は80%にいくかもしれない。

89 :文責・名無しさん:2010/01/14(木) 10:39:32 ID:mmW/7DSg0
逆に社会党の流れを汲んだ非武装中立論が出てきてもおかしくないわけで

911陰謀論者の藤田とか
江畑謙介氏をエセ専門家呼ばわりした首藤とかもいる政党だぞ?

90 :文責・名無しさん:2010/01/14(木) 20:43:11 ID:lIVAxC6s0
今日はディスカッションのほうがコラムよりも内容が濃いぞ

91 :文責・名無しさん:2010/01/15(金) 10:40:56 ID:mQ6Szbk20
ディスカッションの内容のことでは無いのだが、
太田・近藤両氏の、相手に対する“君”付け合戦に笑った。
先ず太田氏が近藤氏に対し、近藤君と 得意の上から目線で言うと、
それに対し近藤氏は素直に太田君と答えたわけだ。
別にどーってことはない(違和感はない)ことだが、太田氏は違うようだ。
>近藤君、連日力作をありがとう。
>些末なことだけど、気になった点を先にあげておきます・・・・・
と、太田君との君付けに感情を揺さぶられたのか、子供じみた因縁?をつけて、
しかし、
>一と二は、単に、近藤君の「、」の打ち場所等が必ずしも適切ではなかったというだけのことかもしれないけどね
と、突っ込まれた時用の逃げの一手をきちんと入れてる〜。 流石というか・・・
善く言えば、これ、人間味があるってことなんだろうかね。

 


92 :文責・名無しさん:2010/01/16(土) 05:02:00 ID:aQTwRfxQ0
これ読んでたらアメリカってまだまだ安泰な気がしてきたんだけど。
シェールガス革命
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100115-00000000-diamond-bus_all

93 :文責・名無しさん:2010/01/16(土) 21:25:55 ID:5bK2nf480
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/01/post-908.php
googleが撤退することがかなり現実的になってきてるなぁ。

それよりもこの記事に中国政府は海外の企業の技術を盗んで、自国の企業に
有利になるように分配するって言うスパイ行為が日常化してるって書いてある
けど、これって日本の企業でもされてるってことじゃないか?

これはやばいなぁ。中国は確かにでかくて魅力的な市場だけど、政府が知的財産
をとことん軽視してるから長い眼で見れば中国に市場展開することって、中国の
企業の肥やしになるだけってことになりそう。グーグルはそういった点で賢明だ。

日本はどうするんだ。中国が軍を使ってサイバーテロやってるっていうのなら
いっそグーグルを見習って中国を捨てて、違う国の市場に力を入れたほうがいい気がする。

94 :文責・名無しさん:2010/01/17(日) 08:55:30 ID:Oe2MebOR0
脇が甘々な一部企業を除いて中国に進出する民間企業は最先端技術を盗まれないように
最大限のケアはしている。当然のことだけど。

>>85
近未来のセックスロボットを扱ったのが前にも屡、触れていた「イノセント」だよ。

95 :文責・名無しさん:2010/01/17(日) 14:51:41 ID:wjmBMZVF0
ぶっちゃけ、巨大市場ってのが幻だったりする可能性もあるからね。
中国の経済統計のデタラメさは経済板でも有名。

96 :文責・名無しさん:2010/01/17(日) 23:52:14 ID:BezG1fOk0
小沢氏の事務所費や不動産購入の問題に絡んでゼネコンから裏金をもらってたとか派手に報道されてるけど、
ダム工事やらトンネル工事は小沢氏と直接関係ないから収賄罪は関係なさそうだし、
斡旋利得処罰法でも「権限に基づく影響力を行使」するというのがこの法に触れるかどうかというのが条件になっているので
自自公連立離脱以降は野党であった小沢氏を逮捕と言うのは難しいんじゃないのかな?

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12HO130.html

ただ、政治資金規正法の25条で
「政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠つたときは、50万円以下の罰金に処する。」
となっているのと、28条で
「第二十三条から第二十六条の五まで及び前条第二項の罪を犯し罰金の刑に処せられた者は、
その裁判が確定した日から五年間(刑の執行猶予の言渡しを受けた者については、
その裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間)、
公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。 」
となっているので、逮捕された3人の秘書のうち、誰かの刑が確定したら
政治団体の代表者たる小沢氏も罰金刑となり、罰金刑になったら被選挙権を失うので
衆院議員を失職ってことになるんじゃないかな。
(会計責任者の罰は議員の罰、と言う意味では鳩山氏も同じ。)

http://www.houko.com/00/01/S23/194.HTM#s6



97 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 02:49:54 ID:wcqdiUsVO
石川逮捕だって、現職国会議員を逮捕するだけの理由は無いし、検察の暴走だよな。メディア、政官行癒着が暴露されかかってるんだから、検察も必死だよな

98 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 11:17:25 ID:+W2WeTwN0
今回の件が秘書の選任・監督において”相当の注意”になると判例で確定したら
無事で済む政治団体の長っていなくなるんじゃないのか?

官僚にもこれぐらいの罰則が必要だよな。
部下が有罪判決受けたら上の管理権限持ってた奴は自動的に降格とかな。

そうなったら佐藤優もうかばれるだろうw

99 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 12:09:41 ID:r6WSFa8Y0
>>96
>政治団体の代表者たる小沢氏も罰金刑となり、罰金刑になったら被選挙権を失うので
>衆院議員を失職ってことになるんじゃないかな。
>(会計責任者の罰は議員の罰、と言う意味では鳩山氏も同じ。)

憲法75条「国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。」があるんで、鳩山はセーフになるらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/4486229/

>>97
小沢疑惑は、よく分からん事件だわ。
そもそも、記者自身が検察リークを垂れ流しているだけで、よく分かっていないようだから、新聞読者が分かるわけ無いよなw
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/776.html

あと、石川議員逮捕は「許諾逃れだ。国会で説明できない程度の証拠しかないんだろう」という感じで、
小沢の好悪は別にして、あるいは、小沢は嫌いだけど、疑惑だけで逮捕に踏み切った検察の暴走は許すまじ論を張ってる人も若干いてて、ホント、よく分からん。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100116ddm003010110000c.html

100 :100記念:2010/01/18(月) 12:44:04 ID:9dsjlxS70
太田さんは絶対に無い!と言っていたが、国策捜査を裏付ける元検察官の「三井環事件」の概要。
http://www.geocities.jp/ku_kai2006/4benkyokai.html

たしか本日出所で、オザワンの秘密兵器1号としてこれから露出度が高まる?予定・・・。
今更ながら、検察に裏金作りは無かった・・なんて言っても誰も信じないけど(警察はバレバレだし)。
この三井環氏の言う、「けもの道」で、悪魔に魂を売った検察の自業自得がよくわかる。
・・・かといってオザワンを応援しているのではなく、ついでにオザワン共々互いに徹底的に暴露合戦して、
んでもって、双方共にさっさと責任とってもらいたい・・が、そうはイカの金玉なんだろーな。

101 :101記念:2010/01/18(月) 12:47:32 ID:9dsjlxS70

自業自得というより、自業自縛だな。

102 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 14:13:45 ID:ZxSj1QkD0
ま、微罪かどうかの判断は俺らがすることじゃないね。
ホリエモン逮捕のときは、明らかに前例より少ない額で修正認めず逮捕した
検察をマスゴミ、国民双方諸手を挙げて喜んだじゃん。
今、検察批判するのはホリエモンとか検察批判をし続けた人なら分かるが、
自分の嫌いなものが逮捕されると支持して、好きなものが逮捕されそうになると
検察の裏金とか言い出して検察批判はじめる奴には全く客観性も信頼性もない。

特に、テレビマスゴミのコメンテーター達な。小沢が与党かどうか関係なく
みかじめ料徴収してたことが事実ならそれは犯罪に決まってる。
議員が裏金要求することを許容できる人間なんていない。

それを微罪だ、無能な検察が国策捜査してる、自分たちだって裏金作ってるくせに、
なんて言い出すのはフェアじゃないわ。

103 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 15:47:20 ID:+W2WeTwN0
逮捕の理由が虚偽記載だけなら微罪でしょう。

>検察をマスゴミ、国民双方諸手を挙げて喜んだじゃん。

マスゴミは検察に操られ、国民はマスゴミに操られているだけ

104 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 17:21:50 ID:ZxSj1QkD0
だから、微罪かどうか、逮捕するに足る罪かどうかの判断は検察が恣意的に
行っていいんだよ。警察だって軽い罪で別件逮捕して本命の事件の証拠を
集めるってことをしてる。太田さんが言うようにね。

政治家を訴追する側の立場なんだから、政治家が検察を統制するべきだって
言う意見も間違い(さっきtbsの武田記者って人が言ってた)。

検察はそこまで大規模組織じゃないんだから、全ての犯罪者を逮捕、訴追することはできない
ことから誰を逮捕するか、しないか。これも検察が決定してもいいし、しなければならない。
政治家の意見で誰を逮捕するか、しないかを決定されたらそれこそ恐怖政治になる。

検察は誰を逮捕するかどうかは社会的影響力と検察が信じる正義に基づいて
捜査してもいいし、しなければいけない。訴追する機関ってのは恣意的なものだし、
その恣意性は守られなきゃいけないもの。

検察の腐敗は批判されなきゃいかんが、それと小沢は全くの別問題だね。

105 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 18:47:54 ID:9dsjlxS70
太田さん、焼きが回ったのか、酔いが回ったのか、はたまた耄碌したんかワシは知らんが、
http://www.geocities.jp/ku_kai2006/4benkyokai.html
こんなことをしたらどうなりますか。「検察が内閣に借りを作る」という一番やってはならないことをやったんです。
内閣の助けを求めた。こんなことをしてしまったら、内閣を構成している大臣クラスを事件にはできません。ここまでやるんです。
 「国策捜査」は昔からありましたが、私は、ここが最近の国策捜査の原点だと思っています。

最近の国策捜査の原点はその「けもの道」なんです。10月の末に裏金問題で内閣を利用したことです。それから何がありましたか。
社民党の辻元議員の問題もありました。あれは衆議院総選挙前にやられたんです。その2年くらい前に彼女の議員秘書の問題は発覚していたんです。
全部、弁償しました。なのにそれを総選挙前にやられて、社民党はどうなったと思いますか。事実上崩壊したじゃないですか。これが、内閣指導による国策捜査なんです。

・・・・あと、日歯連事件にも言及している。




106 :文責・名無しさん:2010/01/18(月) 19:18:42 ID:ZxSj1QkD0
http://www.geocities.jp/ku_kai2006/4benkyokai.html
極左の労組の文章だね。読んだけどさ。
最後のほうは9条こそ平和憲法って言ってるし、コスタリカ賛美の部分も
思いっきり無防備宣言する人と同じ種類の人間だな
http://obiekt.hp.infoseek.co.jp/peacemaker/costarica.html
コスタリカに軍がない代わりの武力装置のことが書いてある、一応の追記)

なんか、国策捜査は悪って書いてあるけど、検察特捜部ってのは恣意性を持って
捜査してもいいって法律にも書いてある。恣意性を持って国民を訴追するんだから
そりゃ須らく何らかの方向性を持った国策捜査になるに決まってる。
批判の方向がおかしいよ、この文章の前提は。

後、今回の小沢に関しては内閣主導じゃないだろ、検察と内閣が対立してるんだし。

107 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 00:19:04 ID:IQ5f599D0
The 99という漫画(というよりコミック)がイスラム圏で人気らしい。
内容は、アッラーが持つ99の特質をヒーローに擬人化し、そのヒーローが災害などで活躍するもので、
アメリカのコミックメーカーとサウジアラビアの心理学者の共作とのこと。
http://www.the99.org/
http://www.adherents.com/lit/comics/The99.html

イスラム教世俗化への第一歩?
絵柄はモロにアメコミだけど・・・

108 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 10:32:23 ID:mIXVjo5k0
>>106 木を見て森を見ず・・・と云うか、それ以前の問題だな、もそっと欲嫁や。
おいら、この三井事件を当時から注目していたんだが、検察裏金に関しての内部告発を、「ザ・スクープ」の鳥越の取材直前に逮捕となったこともあり、
大看板媒体である朝日新聞始め、週刊新潮他大手マス媒体は完全にびびって敬遠したという経過があり、そこで岡留さんの「噂の真相」という(権力と広告に縛られない)
所謂B級雑誌(おいらは好きだが)がかろうじて取り上げたという事実を理解しなければ・・・。

当時は、この検察裏金問題に平行して(検察問題は表にあまり出なかった)、警察の裏金問題が盛んに報道され、特に北海道新聞が追及の手を緩めず、
数々の賞を貰ったが・・・
http://www5.hokkaido-np.co.jp/syakai/housyouhi/document/
当然?道警からのあからさまな報復(意趣返し)を道新は受けた。(新聞社の弱みを警察は知り抜いての、意図的な取材拒否から様々な嫌がらせ恫喝に至るまで)
http://www.kinyobi.co.jp/henshucho/articles/ippituhuran/%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%81%AF%E5%BE%8B%E5%84%80%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%
84%E3%82%8B%E3%80%82%E3%80%8C%E6%99%82%E9%96%93%E3%80%8D%E3%82%92%E6%AD%AA%E3%82%81%E3%80%81%E7%A4%BE%E4%BC%9A.html

109 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 10:34:07 ID:mIXVjo5k0
(続き)
要するに、大看板マスコミ(だけではなく例えば代議士とて同様に)は、逮捕や起訴という核なみ?の武器を持っている
警察・検察には、そのあまりにも強力な権力により、善し悪しは別として、おとなしく従順になる・・・ってことであり、
あまり表には出ないが、税務署も同じような権力をもっている、まぁ「お上にたて突く奴は許さない」ってことだ。
意趣返しも厭わぬところ(反権力組織)しか三井環を扱わないのがこれまでだったが、今度は何やら・・・って処だな。

それを太田さんも一緒になって、≪こんな「勉強会」で講師を務めたこと、また、その話した内容からして、
三井環氏のうさんくささは明らかだね≫ なんぞ侮蔑して言ってるようだが、そんな程度のことを言うのなら、
太田さんのことは、「防衛省の出世争いから落ちこぼれたプライドの高い官僚が、今度は見返してやろうと国選に出たが、
それも叶わずまた落ちた奴」ってことになるだけだが、本質は違うだろ?
斜め読み速読自慢がなんぼのもんかよく判らんが、表層をなぞって満足する人とは思えんが・・・。


110 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 16:07:31 ID:kTwMxkfm0
> 各省庁同様、警察や検察が裏金つくるのは、組織内で、
>あるいは組織外の人と飲み食いする交際費的なものがほとんど
>予算で認められてないことからくる必要悪って面があんのさ。

典型的なバ官僚の発想だな

交際費が経費として予算で認められないのは、どこの会社でも同じ
裏金作っておかないと組織防衛できないって、どんだけ脆弱な組織なんだよw




111 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 17:41:07 ID:mIXVjo5k0
≪三井環氏は、検察の公安活動そのものに批判的なのか、極左をその対象にしていることに批判的なのか、
それとも勉強会に出た団体を極左扱いしている(?)ことに批判的なのか、(公安に限らないが)
微罪での別件逮捕的な手法そのものに批判的なのか、さっぱり要領を得ないよね。 そういうこともあって
・・全部は言わせるなよ、名誉毀損で私が訴えられちゃう・・、私は氏が「うさんくさい」と形容したのさ≫
↑要領を得ない?? ? 三井氏の言う問題自体が別物だろ。
太田さん、いい加減な斜め読みはやめたほうが良いとおもいまっせ。
氏が問題にしているのが
@「検察が内閣に借りを作ったこと」と、検察側の証人として前歴のある累犯ヤクザ者
A「検察が暴力団に借りを作ったこと」
この「けもの道」をつくったことを問題として告発しているのであり、極左だの勉強会だの公安活動だの
は全く関係が無い。 しかし、この事案を利用しようと例えば宮崎学とか、左だか右だかに寄っている輩が
三井氏に近づいていることも、充分に氏は判ったうえでの行動なんだぜ。


112 :文責・名無しさん:2010/01/20(水) 17:46:03 ID:mIXVjo5k0
(続き)
で、検察には「調査活動費」といって数千万円もの予算がある。
更に、架空の領収書で、いくらでもお金が出てくる「打ち出の小槌」という信じられないような
魔法のようなモノが検察にはある。 
これは、全部税金だぜ・・・ふざけ過ぎにも程度ってもんがある。
これを、飲み食いやゴルフ、接待費だけではなく、検事正には給料以外に約30万円くらいの
副収入がある・・・と三井氏は告発している。 
公金横領王国・検察だが、誰も怖ろしいのでこの組織を咎めない。

それを太田さんは、その程度の“はした金”なんぞは、必要悪でありゴミみたいなもんだと言っている。 
どいいう金銭感覚してるんだ?
≪それよきゃ、「森」である問題である天下りの方がよっぽど額もデカく、中身的にも悪質だって私が
口酸っぱくして言ってきたの、キミ知らないの?≫
↑金額の大小の問題か?  天下り問題だけでなく、それより一般的に判り易い裏金問題からの検察事犯
だとおもうが、そんなもんは問題が小さく、効果が無いので止めろって太田さんは言いたいのか?
カポネが逮捕されたんだって、脱税容疑だろ。
オザワンぢゃないが、別件逮捕から本丸へと進めば良い訳で、高給を貰い身分保障されている官僚なんだが
それだけでは飽き足らず、税金をそれこそ水道の蛇口を捻る様に簡単に引き出している、「正義の面をしている
悪党(泥棒野郎)」にこそ、それ相応の責任を負わすべきだとホント心底おもう。

これが、ゴミみたいな話ってんだから官僚臭が抜けないっていうか・・・ホントなさけない。
>>110 のいうことが、普通の感覚なんだが・・・。


113 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 08:22:42 ID:HAFFk8YO0
>>110
どこの会社でもそれなりの立場にある人間なら交際費を経費として計上してると思うが。
お偉いさんにご飯をおごってもらって、その人が領収書切ってもらってるのを見たことくらいあるだろう。
>で、検察には「調査活動費」といって数千万円もの予算がある。
数千万円なんかゴミだよね。天下りや癒着で何千億円も浪費してきたことから見れば。
>高給を貰い身分保障されている官僚
ホント分かってないな。官僚ってのは東大京大卒クラスの人間だぞ?同級生と給料比べたらどれだけ薄給か・・・しかも激務で世間からの評価も悪い。

114 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 08:28:48 ID:5XHyjkJ40
庶民の感覚とずれてるよ。
天下りに比べれば小さい額だからって不問に付していいわけないだろ。
庶民の感覚からすれば高額なんだから。

115 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 10:46:53 ID:KsJNKOV70
ひとつだけ、はっきりさせたいので太田さんに苦言を呈するけど・・・。
太田さんの悪癖である、くだらない「議論のすり替え」は止めて欲しい。

先ず、話の始めは、>>100で、太田さんが「絶対に無い!」と言っていた国策捜査のことを、
三井環氏が「けもの道」という表現で、@「検察が内閣に借りを作ったこと」
A「検察が暴力団に借りを作ったこと」を告発しているとカキコしたんだぜ。
それに対し、>>106 が、「極左の労組の文章だね」と切り捨てたわけだ。
これはある意味しかたが無いというか、発言と支援している背景が まぁ左に寄っているので
安易に判断したとおもうので、そこで、※大マスコミは腰が引けて掲載できない理由と、
支援できるのは反権力のポジションにある組織ってことをを>>108でカキコしたんだ。
このこと(※)に対し、「木を見て森を見ないというか・・・それ以前の問題だ」と言ったんだが、
太田さんは斜め読みの速読で、ろくに三井環氏の発言内容を読んでないにもかかわらず、
≪あのな、「木を見て森を見ず」ってオヌシのことじゃて≫と勝手に論点をすり替えて
持論を持ち出してきたわけだ。


116 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 10:50:12 ID:KsJNKOV70
ま、太田さんの回答は予定調和ではあるだけに、おもわず笑ってしまった。 
どこからみても説得力ゼロ・・・それ以前の問題だよね。
言っても無駄かもしれないが、太田さん、コラム執筆で多忙なのはある程度
理解するけれど、だからといってろくに内容も確かめずに、論点をすり替えたり、
勝手な判断することは止めて欲しいと切におもう。
プライドが邪魔するかな? 一文の価値も無いプライドなんざ、とっとと捨て去るべきよ。
>>113みたいな、公金横領軍団を容認する輩が沸いてくるし・・・。

ひとこと多いって、おいらよく云われるんだが勘弁してね。

117 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 11:34:56 ID:gnByyoxL0
太田述正さんには検察に”友人”がいますからねぇ

118 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 14:45:52 ID:KsJNKOV70
あと、三井環氏がとって付けたような私憤から義憤への変節をみても、到底清廉潔白だとは
おもっていないが、しかし、己の正義をうたう手段としての内部告発や国策捜査を発言して
いることは、我々の与り知らぬ検察内部事情の信憑性が逆に高いとおもっている。

現役官僚であればとても口外できぬこと(守秘義務があり)を、三井環氏のポジションで
あればこそ提供してくれるという”最後っ屁”?のようなものだな〜陳腐な表現だけど。
内部情報が漏れるのは、内部に軋轢があることが多い。 氏にも当然、情報がくる。

この際だからこそ、小沢も検察も、途中で握り金玉なんぞせずに、徹底的にやり合い、
互いの膿を出して欲しいとおもっているが、現実は互いに落としどころを探っているんだろーな。
なんせ、互いに権力を誇示する汚い悪党同士なので、白黒決着は難しいと推測する。
↑あたって欲しくないけど。


119 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 18:56:14 ID:KsJNKOV70
おいをい、辻本の件なんぞグリコのオマケだろ。 また得意の斜め読みかよ。
裏金問題を封じるための、検察の人事を内閣に頼んで借りをつくったのが原点と言ってるだろーが。

>キミ達、ゴミ程度の話に憤る割には、三井氏の超うさんくささには寛大なフシギな奴らやね
↑誰が三井氏に寛大なこと言ったの? ん? あったなら出してみなよ。
また、ありもしないことで因縁つけるような真似は、子供じみてるので止めたほうが良いよ。マジで。
人のこと不思議とおもう暇があるなら、もそっとマトモなことを今度は言ってね。

で、≪木を見て森を見ずはオヌシのほうぢゃ≫との間違いは、華麗にスルーですか・・・。
ただの勘違いと言えば善いものを ね。
やはり太田さんは、過去レスで言われたように、
『自分の非は絶対に認めないという官僚ドクトリンを、退職してもなお墨守する』という人
だということが、よーくわかった。
>勘弁ならねえ
を〜時代劇っぽくて善いネ〜お代官様。 このフレーズ。 気に入った。




120 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 20:18:14 ID:17F7/5Ze0
>>日本では憲法に規範性がない、という私の指摘通りでしょ。↓

 「・・・神社の敷地として市有地を無償で使用させていることが、憲法の政教
分離原則に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判
長・竹崎博允長官)は二十日、「特定の宗教を援助していると評価されてもやむ
を得ない」として違憲との判断を示した。・・・
 これまで政教分離訴訟の判決では、行為の目的や効果が社会通念上、認められ
る範囲にあるかどうかを判断する「目的効果基準」(津地鎮祭訴訟・大法廷判決
=七七年)が踏襲されてきた。しかし、今回の判決は、市有地の無償提供が、宗
教団体への公金支出などを禁じた憲法八九条に違反するかについて「宗教施設の
性格や無償提供の経緯、一般人の認識などの諸般の事情を考慮し、総合的に判断
すべきだ」とする新たな基準を示した。・・・」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010012102000081.html

↑↑
これだけでは、日本国憲法に規範性がないという理由が自分にはわからないので
もう少し説明してもらえませんか?
 

121 :文責・名無しさん:2010/01/21(木) 21:16:56 ID:VNSw8STq0
>>113
バブル時代で時間が止まってる人?
そりゃ、なんでもかんでも交際費が経費として認められていたような
羽振りの良かったころのJALみたいな歯止めの利かなかった会社も
ごく一部あるかもしれないけどねw

じゃあ逆に聞くけど、官庁が裏金作って当てるような「交際」で、交際費が経費と認められるケースって何よ?

人を恥知らず呼ばわりするからには
きちんと答えるべきだろうね>太田

122 :文責・名無しさん:2010/01/22(金) 00:53:28 ID:X7vRxbHO0
目を通してるとは思うけど。
地球はミニ氷河期に突入か?
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2684513/5197797
「ヒマラヤ氷河は2035年までに消滅」は誤り?国連が見直し決定
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d11871.html
温暖化議論ってもう収束すべきじゃないの?

123 :文責・名無しさん:2010/01/22(金) 10:38:23 ID:wl6bpyO40
きみたち、耳の穴かっぽじいて よ〜く聞きなさい、
「公務員の裏金問題なんぞはゴミ程度のもんなんだよ」(キリッ)

 わかった?

124 :文責・名無しさん:2010/01/22(金) 18:57:38 ID:23RpFyp50
> 呼び捨てにすんな、野蛮人ちゃん。
> それに、それくらい、自分で調べる労を惜しまないこっだな。

> 「損金不算入の対象とな<る>・・・
>(1)福利厚生費、
>(2)社外の者を交えた飲食費で一人当たり5千円以下のもの、
>(3)接待などを主目的としない広告費・会議費・取材費など」に決まってるだろ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9A%9B%E8%B2%BB

ほー?
これらが官庁では

>ほとんど予算で認められてない

から裏金作る必要があると言うわけだね?

呼び捨てされたくなきゃ
ウソはやめることだね

官庁、娯楽に3億円−時代おくれの感覚
http://pub.ne.jp/rursus2006/?entry_id=1574705

>こうした娯楽品の購入に関して省庁側は、
>「職員の福利厚生、教育、訓練のため」で、違法な支出ではない
>−とさほどの大事ではないとの態度。

ちゃんと福利厚生費は予算で支出と認められているようですが何か?

元・小沢秘書の石川議員みたく、
幼稚なウソはついてもすぐバレるんだよw

125 :文責・名無しさん:2010/01/22(金) 19:06:43 ID:wl6bpyO40
>>121
このスレの流れ、脈絡と、>>113 の官僚呆けした内容から推測するに、御本人なんではないか?
それを証明するように、律儀にも、わざわざ、きちんと、しかし持ち味である「厭味を添えて」答えているようだし。
それだと素直に腑に落ちるでしょ。 あくまでも推測だけどね。

話は変わるが、今日、「足利事件再審」があり、公判で菅谷さんが担当検事に対し、謝罪を求めたようだが、
当時の宇都宮地検検事・森川大司氏は証人尋問で、「当時の証拠から犯人であることを疑う証拠はなかった。
厳粛に深刻に受けとめている」と答えただけ・・・17年半もの長期に渡り無実の人を刑務所に入れた責任者が、これだ。
非を認めることはとても耐えられないのだろう。 菅谷さんの苦しみを、普通のまともな人間であれば想像できるが、
この検察官のような官僚には関係が無い。 よくいわれるが「他人の痛みは何年でも平気で耐えられる」ってヤツだな これ。

これをみて、>>119のこと(出鱈目言って、ひとり悦にいっている誰かさん・・・)、ありゃ〜拙い!とおもったら、ことさら
無視する姿勢をとる姿と、だぶってみえる。
これこそが、『自分の非は絶対に認めないという官僚ドクトリン墨守』する官僚の姿であり、退職しても未だ蝕む哀れな人間・・でもある。 
ま、ケツのアナが小さいのが小役人の本性とでも・・・。
で、誰かさんは勘弁しなくとも、でも、おいらは 勘弁してやるヨ。
喧々諤々も結構で、このスレの活性化につながるような、何でも気兼ねせずに言える・・・というより、
それを許してくれてる太田さんに感謝しているんだぜ。 マジで。

126 :文責・名無しさん:2010/01/22(金) 19:32:03 ID:IkNBr/PF0
太田さんと一般人では見ている「森」の範囲が違うんだろうね。

しかし、利他のために組織を捨てた太田さんを
保身の塊りのような官僚と同類項に押し込んじゃうのは乱暴すぎて違和感があるよ。

127 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 00:04:34 ID:fxMBdKK40
>>125
三井環が指摘してるのは結局、裏金問題とそれに付随する捜査の恣意性問題か。
裏金は問題だな。確かに。

だけどさ


(三井)

 本音はそうではないと思います。感謝されていますよ、裏金問題では。今は、裏金はほとんどなくなったんです。

って書いてるし、現在の検察がまともになってるって三井さんは書いてる。
あんたが口汚く現在の検察まで罵るのはちゃんと三井さんの文章を読んでないって証拠だな。

国策捜査発言も現在は解消されてるって考えるのがいいね。与党最高権力者の小沢を逮捕しようとしてるし
裏金もないんだから。自浄作用ってのが働いたのか、自分たちの弱点を克服しようとしたんだろう。
そもそも検察が誰を捜査、逮捕するかは自主裁量権が認められてるんだから、その方向性がどうあろうと
検察の恣意性を奪っていいって結論にはならないな。

後、太田さんに対する個人攻撃はやめたほうがいい。検察批判に全く関係ないよね。
ケツのアナが小さいのが小役人なんて書いて議論を拡散させようとする辺りに、あなた自身が
真剣に検察問題を考えてなくて、ただ検察や太田さんを罵倒したいだけって風に見える。

128 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 00:19:45 ID:fxMBdKK40
追記

(三井)

反対に言いますと、そういう風にも言えます。今は、この問題に関する刑事事件は全部時効になっています。だから、告発しても全部時効なんです

って本人も書いてある。まぁ、そういった問題をすぐに訴えれば良かったんだろうけど、三井さんも自分がないがしろにされたことに対する鬱憤
(普段から、優秀な自分が同期の検事より昇進が遅いのはおかしいとなどと周囲に漏らしていたという)を晴らすためって側面もあるから、
本気で実効性を期待してたわけでもないんだろう。時効がわかってたんだから早めに告発して欲しかったね。

 

129 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 10:46:39 ID:XBvp/Crm0
>>127 あのね、責任を絶対に取ることは絶対に無い保身にはしる官僚と、そんな官僚擁護の姿勢
をとる輩に対しておいらは言っているんだぜ。
で、>>119 で述べたように、太田さんも非は認めようとしないので「同じ穴の狢」で批判している。 
太田さんは、≪キミ達、ゴミ程度の話に憤る割には、三井氏の超うさんくささには寛大なフシギな奴らやね≫
・・・こんな妄想というか出鱈目を言っているのが判らないの?
寛大どころか、おいら「到底清廉潔白なんぞとはおもっていない」と言っているだろ。
しかも裏金問題を、“ゴミ程度の話”って切り捨てている。

で、三井環氏にたいする個人的な感想は >>118 で言ったように、彼は到底清廉潔白なんぞとはおもっていない。
 逆に、法廷闘争時の三井氏及び支援者の其々の思惑の違いで分裂したことも知っている。 
身も蓋も無いが、お金にならないと・・・ってやつだ。

しかしだ、それ故に(三井氏の立ち位置)、三井氏の発言(全てでは無いが)の、
太田さんは絶対に無いと言っていた「国策捜査」発言と検察内部告発は逆に信憑性が高いと言っているんだ。
127が言う≪三井さんの文章を読んでないって証拠だな≫は、三井氏の置かれている立ち位置では
それくらい言うことは当然のことだろーが。


130 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 11:54:52 ID:XBvp/Crm0
ナチス戦犯・アイヒ自分は「小さな歯車」に過ぎず、命令に従っただけ・・・との、
マン調書
http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2009042601.html
↑これなんざ、官僚の鏡だろ。

昨日の、足利事件再審の公判で、怒りに震える菅谷さんが森川担当検察官に対し
謝罪を求めても、決して謝罪はしなかった姿が全国区で報道された。 御立派。
森川氏とアイヒマンとは同じだぜ。
全ての官僚が同じとは決して言わないが、己の保身のために、組織やシステムの
せいと責任転嫁させる輩を指して、「ケツのアナが小さいのが小役人の本性」とおいらは言っている。
民間では到底ありえないし、裏金問題がゴミだと誰かさんが言っているが、民間では即刻クビになり
更に刑事事件となる。 
しかも「公金」だという、自覚症状が無いから余計に始末に終えない。
当然ながら、裏金問題は検察・警察だけではなく未だに続き、我々の血税が流用されている。

ご存知のように世間は不況どころか恐慌の様相を呈している。
現在の日本では、特に際立つ高給で身分保障された公務員・・・彼らは民間の職もお金も無く、
しかしそれでも生きていかなければならない人が多数いる現状の痛みを知らない。
まさに、「他人の痛みは何年でも平気で耐えられる」って見本だ。
その意味を理解すると、アイヒマンや責任を決してとらない官僚公僕たち、
太田発言の発生理由がわかるが、だからといって容認は出来ない。


131 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 12:59:59 ID:fxMBdKK40
>>129
ゴミ程度かどうかはともかく今現在、裏金がないって三井さんが証言してるんだから
、現在進行形で進んでる天下り問題よりは重要度の低い問題だよね。裏金問題は、時効だし
責任追及は難しいな。

国策捜査って言うのは小沢逮捕に全力を傾けている現在を見れば解消された問題だろうね。
まぁ、今は内閣に借りがあると主張した頃とは人事が違うし、裏金もないんだから当然か。

それに違法行為に手を染めていた三井さんの信憑性を疑うのも当然だろ。検察に対する不満があったのも事実だしね。
国策捜査発言も本人の推理の域を出てないんだから。
少し分かりづらいけど三井さんは裏金に端を発する検察との対立のエピソードを国策捜査と絡めて
話してる。検察や内閣関係者からの脅迫行為は全て裏金問題を表に出すなってことだけ。

よく考えてみて。国策捜査であった証拠なんてでないし、誰をいつ、どんな容疑で操作、逮捕するのかは
検察や警察の訴追機関の自由なんだ。その自由の範囲内を問題には出来ない。
だから、須らく検察の全ての捜査は国策捜査の要素を含むし、そのことの否定は出来ない。

足利事件で元検察の人が謝らないのは当然だろ。まだ裁判やってるんだから。
足利事件は検察が自分たちの正当性を訴えてる、まだ検察と菅谷さんのどちらが正しいかは
決まってないってことを頭に入れておいてね。
ナチスと一緒にしてくる辺りに思慮の足りなさを感じるけどな。

132 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 15:22:13 ID:XBvp/Crm0
>>131
裏金問題は検察・警察だけでなく殆どの省庁施設他での、現在も行なわれ続けている問題なんだよ。
現在進行中のことを、何を指して時効というのか?
しかも、犯罪行為に手を染めている当事者自身に犯罪行為という自覚すらない代物なんだぜ。
おいらも(他にも沢山いるが)現場の公務員のその性質を知っているから、また、その公務員の個々の
人間性は善であるってことを理解しているから、組織持つの呪縛性の強さに今更ながら呆れるのさ。

元・北海道警察の原田氏が、尾行や様々な嫌がらせを受けながらも警察の裏金問題を告発し、全国区に
警察裏金の存在を知らしめたことは知ってるよね?
で、かくなったとおもう? なくなってなんかいないんだ、当然だけど。
彼らに言わせれば、(もっと利権のある)官僚からみれば可愛いもんだと・・・で、現場の者は命令に粛々と従うだけ。
皆が皆、原田氏のような愛着あるであろう元の組織をも告発する勇気や環境にあるとはおもわん。
日本人なんざ組織が好きだし。寄らば大樹の陰・・・ってやつで安心する。
特にそれが官公庁だと、完全に縦社会で、それこそ社畜と自ら進んで成っている。

>ナチスと一緒にしてくる辺りに思慮の足りなさを感じるけどな
↑それで結構毛だらけ。 おいらが、何故同じかと言ったかを貴方もいずれ知るだろうよ。

http://x51.org/x/06/04/2439.php
有名な、情況の囚人〜ミルグラム実験(アイヒマン実験)まで、暇だったら見てネ。

>それに違法行為に手を染めていた三井さんの信憑性を疑うのも当然だろ。検察に対する不満があったのも事実だしね
↑前科者は信用がならないってことだな。 しかし、組織の事情を当然深く知り、その組織と決別して、本人の主張が
正しいか否かは別として己の“正義”を訴えるために、逆に通常表には出せない真実をもって告発することも当然ある。

133 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 15:32:07 ID:kxy/eQT40
過去に犯罪行為をやっていた者が例え”時効”とはいえ法律の番人やってるって
ことは国民が抱く信頼性とか倫理性から考えればアウトだよ。
本来、責任感があれば辞職すべきところ、それをやらないのは検察官って人間性ダメダメ
な責任能力ナッシングな奴らの集団って思われても仕方ないわな。

134 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 17:01:45 ID:6N3GW9aA0
そもそもねえ、

> 「損金不算入の対象とな<る>・・・
>(2)社外の者を交えた飲食費で一人当たり5千円以下のもの、
>(3)接待などを主目的としない広告費・会議費・取材費など

※(1)は太田のうそがばれたので割愛

この程度のものも裏金作らなきゃならん「必要悪」ってどんな「必要」なんだよ
太田知ったかしてんじゃないの?

警察内部事情の暴露本なら
おいらも何冊も読んだけど
裏金についての説明は太田のとはまるっきり違ってて
組織「内」での接待・便宜のために使われてるケースが殆どだったね

反対に上の(2)(3)は現場の刑事レベルだとそれこそ持ち出し
裏金って何?の世界だよ
(北芝健によると)

135 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 22:24:30 ID:fxMBdKK40
>>132
いや、だから三井さんが裏金は今はない。って言ってるんだけど。
君はどうも三井さんの言葉を自分に都合の言いように選別してるね。
検察の裏金が今もあるっていうのならソースを出してね。三井さんの言葉を覆すようなね。

警察の話してたっけ?三井さんの話はあくまで検察だよ?警察と検察は別組織なんだから批判
するときはそれぞれ個別にやってね。俺が言いたいのは三井さんの証言をきちんと受け止めれば
現在の検察はかなりクリーンになってるってこと。警察のことは議論してないです。

前科ものが信用できるかどうか、私情が絡んだ証言をどこまで信用するかは人それぞれ。
ま、このことも含めて君がどう考えようと自分の考えを絶対にして、太田さんを侮辱したことは誤りだっただろう。
謝罪しない元検察を非難するぐらいなんだから、あなたも一度太田さんに謝罪したほうがいいよ。
足利事件の元検察とあなたが同類であるって言うのなら謝罪しなくてもいいけど。


>>134
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E5%8C%97%E8%8A%9D%E5%81%A5
北芝健の経歴には疑問の声が上げられてるね。
彼は交番の巡査で退職したって。彼の言葉を鵜呑みにすることは少し待ったほうがいい。
何しろ、ファンタジー北芝なんだからね。


136 :文責・名無しさん:2010/01/23(土) 23:30:06 ID:Pfi+m6FE0
三井環についてのやり取り、あまり読んでないけど、
鈴木宗男や佐藤優、ホリエモン、村上ファンドと同じこと、つまり「ボクは悪いことやってません。」
という程度のことを言ってるに過ぎないって事でしょ?

大小の不正をはたらいた人がそういうことを言ったり、
「この逮捕には裏の話があるんだ」とか言う陰謀論めいた話をしたい心情も分からなくはないけど。
ま、漫画の世界だな。

137 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 01:10:53 ID:3Xm/SxRF0
>>136
俺もその側面は少なからずあると考えてる。
自分の逮捕は裏金問題に対するインタビューを回避するための陰謀だって三井さんは
主張してる。
で、誰をいつ、どんな容疑で捜査、逮捕するのかは検察の自由だから、陰謀論は事実がどうあろうと
そのことで責任追及することは現実的に難しい。内部告発をするから、その時期は決して捜査、逮捕されては
いけないなんて法律はないからね。そのことの理解を>>132さんは持って欲しい。

ま、結果として裏金問題は大きく取り上げられてるんだし、陰謀があったかなかったかはともかく、そういった
主張を使った三井さんは、内部告発の目的からしたら合理的な行動をしてる。三井さんは賢い人だよね。
だから、俺たちも三井さんの意図をきちんと汲み取ってあげないといけない。
裏金問題は時効であったとしても倫理的な責任の追求は可能かもしれない。国策捜査は責任の追求は不可能だろう。
>>132さんも国策捜査とか言う陰謀論に肩入れするのはやめることをお勧めする。

138 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 02:32:53 ID:mk9RW8Hf0
>>135
>北芝健の経歴には疑問の声が上げられてるね。

どこの誰かが書いたのかも分からんウィキペディアもどきがソースかよ
経歴を検証したいならもっとしっかりしたソースを出すことだね
それにおいらは北芝「だけ」読んだんじゃなくて
何冊も読んだって言ったろ?
内容に怪しいところがあるなら他の本と食い違うところが出てきていいはずだが
今のところそんなものはないね

だいたいなあ、ソースもどきで北芝の信憑性にケチつけるクセに
防衛庁OBだかなんだか知らないけど
警察OBでも検察OBでもない門外漢の言う言葉は鵜呑みってほうが
リテラシー的におかしいだろ

139 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 04:04:51 ID:3Xm/SxRF0
>>138
週刊現代2006年9月26日号には警視正ではなく交番勤務で、警視総監賞を
もらった事実もないから最近のプロフィールにはそのことを書いてないんだってね。
ま、その現代の記事を出すことは出来ないけど。
他にも警察裏物語に風俗やサウナで警察官が、拳銃と警察手帳を
ビニール袋に入れて手放すことをしないとか少し現実感に乏しい記述もあるし、
彼の著作は面白くするために現実をかなり誇張した部分がある。
だから北芝さん個人に関しては好きだけど、信頼しがたい点があるって書いてるだけ。

ま、それを置いておいても裏金は俺も問題だって分かってるよ。上のほうでも出てる
道警の裏金問題は重大な問題だよね。裏金は本来の用途、つまり経費では落ちない捜査費
として使えばいいのだけれど、署長に渡す賄賂になってるのは論外だな。

ただ、この議論は三井環さんの検察問題(最近の小沢さんの話題から来る)が主題のはずだから
検察の議論がしたいね。

140 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 04:19:50 ID:cap11DMS0
「まるごし刑事」はベタな刑事アクション物だったけど
それだけに安心して読める漫画だったな。
北芝健が原作やってたとは。

141 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 10:37:57 ID:LpbD8tfi0
それにしても太田氏を呼んだ早稲田の教授って誰なんだろうな。
早稲田クラスの大学にも太田氏のファンがいるんだな。次回の予定はないの?
早稲田と言えば東大に次いで国会議員を輩出している大学だから日本の「独立」に直接的な影響があるかもな。

火をつけるには、外から火を浴びせるよりも中に火種を作って中から燃やした方が断然効率がいい。
学生に指導するのはまさに後者だな。

142 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 11:07:46 ID:cap11DMS0
政権交代する前に太田さんは、
与党民主党が道を踏み外したら
自民党が全力でそれを咎めるから問題なし
と予想を書いてたけど、本当にそうなるんだろうか。

鳩山の次が菅で、その次に小沢が総理大臣になる
と、たかじんの番組で三宅久之が予想してたけど、
どっちの予想が当たるか。

143 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 18:10:08 ID:uyYlMf200
20日付の米紙ニューヨーク・タイムズが小沢疑惑を報じ、日本の検察の
異様さと大マスコミとの癒着ぶりを指摘している。マーティン・ファクラ
ー氏の「指導者たちが守旧派の攻勢を受け、停滞する日本」との記事で、
小沢疑惑の実相が、官僚組織を改革しようとする小沢と、組織防衛に血眼
になっている検察の権力抗争であると指摘した上で、日本の検察の特殊性
を次のよう説明している。

144 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 18:11:12 ID:uyYlMf200
「2600人の検察官からなる日本の検察は米国など西欧の民主主義国家の
司法組織と全く異なっている。検察は、捜査対象・時期を決める権利ばかり
でなく、起訴前に捜査対象者を逮捕し数週間拘置する権利まで持っている。
このことにより検察には警察・司法長官、そして裁判官を総合したような権
力が与えられているのだ」


145 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 18:13:11 ID:uyYlMf200
そして、検察と大マスコミが密接な関係にあり、小沢報道は「ほとんど検察
寄りのものばかり」であると指摘し、「事件の報道は検察のリークに基づき、
容易に予想がつく物語パターンで展開されてきた」と、大マスコミの報道を
バッサリ切り捨てた。

146 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 20:17:25 ID:GlPkkQZ2O
>森を見なきゃならないと言えば、現在公開中の「チャーチルの第二次世界大戦」シリーズの明日公開予定の最終回をぜひ読んで欲しいが、
>先の大戦期間中の大部分英首相を務めたチャーチルは、(私見では、)木を見て森をみないヘボ政治家の典型だった。
>結果、彼は大英帝国を過早に瓦解させただけでなく、共産主義勢力に東欧と東アジアの大半を献上してしまった。
そのチャーチルでさえ、おぞましいイデオロギーにとらわれ、森どころか木すら目に入らなかった、
>当時のローズベルトやトルーマン米大統領・・ただし後述参照・・よりゃ、ずっとずっとマシだったけどね。

ローメル文章におけるグルーの認識と、当時、日本人が指摘していたアメリカ人の“木をみて森をみず”の問題
在東京合衆国大使J.C.グルーが1939年6月-9月にシカゴ、ニューヨーク、ボストンでの講演演説
『・・・ワシントン体制の下で日本は(中国側からの国共合作による抵抗運動に当面しながらも)ワシントン条約上の義務を守ってきていた。
(満州事変後の)リットン報告書ですら日本の軍事行動は非難したものの、満州における原状回復(status quo ante)を勧告しなかった。
それにしても満州事変がケロッグ・ブリアン条約(1928)と中国に関する九ヶ国条約(1922)への侵害であることは否定できない状態。
・・・日本の主張・宣伝について「満州事変」のさいから日本はその外交政策と行動について極めて拙劣な宣伝によって正当化しようと試み、
のちには”聖戦“による中国の平和と秩序というスローガンを掲げた。これはアメリカ人には“たわごと”と受けとられた。
「満州事変」についても日中戦争についても日本は状況と事実をありのまま訴えた方がよかったろう。
そうすればアメリカの公衆は日本の行動を承認しないまでも少なくとも日本が“コモンセンスを語っている ”ことを理解したであろう。


147 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 20:18:36 ID:GlPkkQZ2O
そのような日本側の主張としては;われわれは年に100万人の人口増を示す国民であるが、その領土は狭く、海外移住はどこも制限されている。
日本は原材料を輸入し、製品を輸出して国民の低い生活水準をどうにか維持しているが、その輸出は高い関税により抑えられている。
外国による制裁や禁輸は日本を三流国の地位に低下されるであろう。
日本の仇敵ソ連は日露戦争による屈辱にいつかは報復しようと考えており、ヴラジヴォストクは日本の心臓部につきつけられた剣である。
一方で日本は九ヶ国条約の規定を忠実に守っているが、合衆国を始め他の他の署名国は集団的安全保障よりも自国の利益を追求し、
とくに合衆国は中国人の要求に迎合し、その挑発行為を抑止する政策をとらず、中国における日本の条約上の権益に対する中国人の侮辱を唆している。
したがって日本としては独自の“大陸政策”を志向せざるをえない。それは中国と列強の利益を損なうものであろうが、
列強諸国にしても必要な場合同じように行動したではないか。
日本の軍隊が時として不当な行動をしても、国家の安全が問われている以上、他に方法はない。・・・
現在ではワシントン諸条約が列国の関係を規制しているが、日本は九ヶ国条約は時代遅れになったと主張している。
われわれは日本の条約違反を大目に見るわけにはいかないが、私は目下日本問題を扱う立場にあるので、1935年に極東問題の専門家として知られた人物の「覚書」からその一節を引用したい。
;ワシントン諸条約の文面と精神を10年にわたって守ってきた日本は中国人の抵抗と自国の安全を優先させる列国の政策に直面している・・・
日本としては自国民の生命・財産を守るため自国の使命を果たさなければならない。(前述した事とほぼ同じなので以下略)
・・・このように述べたからといって私は現在の日本の行動を容認しているわけではない。ただ状況の長期的展望を示そうとしているのである。・・・』
世界のなかの日本・ポーランド関係 1931-1945 阪東宏 pp125〜127


148 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 20:26:16 ID:GlPkkQZ2O
『東京におけるグルー大使の演説』グルーが語るアメリカの極東政策についての“日本人の謬見”
『・・・日本人による謬見の第一は、アメリカの極東問題へのアプローチは「合法主義的態度」に拘泥しているというものである。
ここで言う「合法主義(リーガリズム)」とはどういう意味なのか?それが国際法と条約また公約の尊重の意味であれば、イエスである。
しかし“日本で言われているのは「木を見て森を見ない」という意味であろう。つまり広い視野を欠くというのである。”
そこで私としては“「合法主義的態度」をはるかに越える合衆国の政策”と“目的を示すいくつかの基本原則”について言及したい。
アメリカ国民は諸国民の間の平和、すべての国々の平和な関係を希求している。アメリカだけが平和の独占を主張するわけではないが、
私たちは歴史上の平和の概念はたんに戦争と戦争の中間期を意味していたのに対し、
それでは世界の文明の安定した維持発展を可能にする環境とは言えないという確信を抱いている。
【私たちの理解する国際平和とは、国務長官ハルが特徴づけたように、国際的交渉における「規律(オーダリ)あるプロセス」なのである。】
アメリカ人の望む第二の原則は、他国民の主権が尊重され、同じようにアメリカ国民の主権も尊重されることである。
【私たちは経験上、国際紛争を解決するに有効なアプローチとは単に武力行使を抑制することよりは、
武力に頼る方法という考えそのものを控えることであると承知している。】
皮肉好きの人たちはどうか、周囲を見回し、国際関係において脅迫手段がもたらす結果について熟慮してほしい。
これが「合法主義的態度」なるものなのかと。(著者注;この部分は当時のアメリカ世論を支配していた中立方針を反映している)・・・
・・・グルーはローメル(駐日ポーランド大使)にこの演説のテキストを渡し、この演説はアメリカでは好評、
日本では不評だろうが、長い眼で見れば日米関係に利をもたらすだろうと述べた。・・・』
世界のなかの日本・ポーランド関係 1931-1945 阪東宏 pp129〜131


149 :文責・名無しさん:2010/01/24(日) 22:40:34 ID:cu5Nia4d0
>>143-145

フィナンシャルタイムズも「報道が検察からのリークに偏っているので
もっとバランスをとるべきだ」と言う元検察の宗像氏のコメントを引用する形で紹介してますね。
http://www.ft.com/cms/s/0/6e5c6bb8-0751-11df-a9b7-00144feabdc0.html


150 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 00:17:11 ID:awyCp2x80
>>149
一応、民主党からの情報も報道してるが、基本的には検察からのリーク
で報道が成り立ってるね。
ただまぁ、これって検察が悪いの?単にマスコミに取材能力がなくて
裏もとることも出来ないから、記者クラブ経由の情報垂れ流しにしてるだけ
っていうマスコミの能力のなさが悪いんじゃないの?

これで批判されたから検察が今後捜査情報を一切表に出さなくなったら
それこそ、マスコミが批判するぜ。情報を隠してるってな。

バランスをとるって言っても小沢は黒すぎるしなぁ。
ま、テレビマスコミは小沢擁護してるから全体で見たら歪だけどバランス取れてるよ。

151 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 00:23:22 ID:awyCp2x80
小沢さんの辞職を決定付けるものが一つ見つかったよ。

自著、日本改造計画において、こう述べてる。

「政治資金制度の改革と同時に、政治資金規正法違反者に対する罰則を強化し、
 政治腐敗防止制度を確立すべきである。
  具体的には、違反者を公民権停止処分にし、
    違反の言い逃れを封じるために連座制も強化する。

   これは、他の刑罰とのバランスからいえば、重すぎることになるが、
  政治家が白らの重い責任を果たすために白分自身を厳しく律する自律・自浄の措置として
  実施すべきだと思う。 」

小沢さん本人は政治資金に対して、強い責任と言い逃れを許さない確固たる精神を示してたんだよね。


152 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 01:01:30 ID:jSJgTSj00
>>143〜はコピペかよ
ゲンダイを鵜呑みって相当だな

http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/379.html


153 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 03:20:28 ID:7/60Ky290
>>152
反論するなら当該ニューヨーク・タイムズの本文でも掲載して内容が違うくらいの
こと言わないと説得力ないぜ。

まあ、俺もおまえも英語能力が無いレベルの低さということでは仲間だな。

154 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 03:45:06 ID:0kypTweQ0
>>153
ニューヨーク・タイムズの記事は小沢擁護ではなく、取調べの可視化と陪審制がない日本を後進国と冷笑してるんでしょ。

155 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 03:46:55 ID:0kypTweQ0
それと、記者クラブ制度も。

156 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 06:55:23 ID:mwHfMaU+O
>>146-148
あらためて自分のレスを観てみたら、何が言いたいのかイマイチわからんかったので補足

当時の日本の状況に理解を示していたグルーですら、中国国民党のような存在や共産主義勢力に対し、
『国際平和とは・・・国際的交渉における「規律(オーダリ)あるプロセス」なのである。』といい、
対峙していた日本に『・・・国際紛争を解決するに有効なアプローチとは単に武力行使を抑制することよりは、武力に頼る方法という考えそのものを控えることである・・・』
などと言って、その考えを捨てなかった事。そして、上記のような事を主張し、日本に強要していたにも関わらず、
日本に対しては実質的に戦争を計画していたと言って良い事。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B9
そして日本帝国を瓦解させ、彼らが共産主義勢力と対峙するに至った時、彼らは(都合良くも)変節したのではねぇですか?って事です。
重要な所だと思ったので抜粋しますた

>>146
「・・・であることは否定できない状態。」の“状態”は誤記ですな
正しくは「・・・であることは否定できない。」ですね、意味がわからん文章になっとる。とるとる


157 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 07:29:28 ID:awyCp2x80
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00170561.html

あ〜あ。小沢も発言がぶれまくってたが、結局は秘書のせいですか。
小沢は自著で書いていた政治資金に対する責任論をどこで捨ててしまったのか。


158 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 11:06:36 ID:pn0aWx2q0
>>135
最初に取り上げたのが、三井が言っているという、国策捜査の話だよ。
で、裏金問題は、検察や警察だけでなく、全ての官公庁で常習化してる問題ってこと。
とくに検察だけの問題でなく、更に言えば検察も警察もより巧妙化(進化?)し、現在進行中
で、それは止む事はないってこと。

何でおいらが太田さんに謝罪しなければならないの?
>>119 で言ってるように、出鱈目を言って捏造しているのが太田さんなんだぜ。
ま、太田さんの勝手な思い込みでの勘違いだとはおもうが、謝罪云々というのなら太田さんが謝罪すべきだろ。
で、太田さんは謝罪なんぞくだらないプライドが邪魔して出来ないことも知っている。

>足利事件の元検察とあなたが同類であるって言うのなら謝罪しなくてもいいけど
↑意味不明。
で、言葉悪くてまことにスマンが、135は朝起きたら枕確かめて見たほうがよいぜ、脳みそたれて
枕についているかもしれん。 まぁ冗談です。 くだらん戯れ言は互いに止めよう。

159 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 11:34:48 ID:pn0aWx2q0
今は、野党であり 法務省の副大臣していた河野太郎の検察とマスコミとの関係を言っていて、興味深い。
http://www.taro.org/2010/01/post-698.php
検察に媚びる日本のマスコミ
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1620.html
http://www.nytimes.com/2009/05/29/world/asia/29japan.html

160 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 11:43:57 ID:awyCp2x80
>>158
警察の裏金はともかく、検察は今はないって三井さんがいってる。
警察もすこしは厳しくなってるらしいね。ま、なくなったわけじゃないけど。

三井さんの言葉をソースに出すなら、少なくとも現状の検察に裏金問題が解消されたって
考えないと駄目だよ。現在の検察を批判したいのなら、現在の検察裏金問題のソースを持ってきてね。
裏金(それ自体ではなく、用途が賄賂等に使われること)がいいと考えてるわけではないから、念のため。

後、少し言葉遣いが汚いよ、あなた。そういった物言いは自らの品位を貶めることになるから慎んだほうがいいですよ。

161 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 12:24:54 ID:awyCp2x80
>>159
検察が情報をリークすることを禁ずると、検察以外の組織内部にいる人間からの内部告発も
できなくなるだろうなぁ。内部情報なんて結局は内部の人間がこっそりマスコミ記者の人間に
教える以外に知る方法なんてないんだし。検察だけ特別扱いは非現実的。

河野さんは検察のリークした人間を処罰することを言ってるけど、情報ソースの保護はマスコミの
義務だから、リークという形をとっている限り難しいだろう。

結局、検察の悪の部分は自分たちの都合のいい世論作りを目的としたリーク(悪意の
証明も難しいだろうけど)ってこととマスコミの裏を取らず、検証もせずただ垂れ流す
報道姿勢ってことか。

ま、検察は報道の自由や、マスメディアの制度を利用した自分たちを利する地盤作りをしてることは
確かなんだけど、これを禁止することよりも、マスコミが裏を取って小沢、検察両方の批判を正しく行う
ことが一番現実的だろう。
(とりあえず、勝谷みたいな小沢の話になると検察こそ全ての悪って議論のすり替えするコメンテイターを個人的には
排除して欲しい)

162 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 12:47:00 ID:pn0aWx2q0
>>160
>三井さんの言葉をソースに出すなら、少なくとも現状の検察に裏金問題が解消されたって 考えないと駄目だよ
↑意味不明。 どっから んな発想がでてくるんだか。
三井氏の言う、国策捜査は検察をクビになったからこそ言える信憑性の高い発言といっている。
退職金も恩給もゼロで別荘送り。 さてこれからどうやって碌を食んでいくんだか〜

>後、少し言葉遣いが汚いよ、あなた。そういった物言いは自らの品位を貶めることになるから慎んだほうがいいですよ
↑あたり。 その通りだね。 前述したように戯れ言だよ。

悪魔・・もとい、あくまでも参考だが、東京地検特捜部
http://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/display/4097/
戦後間もない1947年、旧軍需物資の隠匿を取り締まる隠退蔵事件捜査部として発足。
ロッキード事件、ダグラス・グラマン事件・・・で、起訴されずに無事だった政治家が、
岸信介・福田赳夫・中曽根康弘・松野頼三。
特捜部エリートは在米日本大使館の一等書記官経験者が多く・・・関係あるんだか ないんだか。




163 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 13:40:40 ID:aUoU1kF10
>>162
>三井氏の言う、国策捜査は検察をクビになったからこそ言える信憑性の高い発言といっている。

「言われています」「言われています」と言われても、って感じだけどね。

10月末、検察の今世紀最大の汚点が実行されたのです。
原田検事総長とM法務事務次官、F刑事局長が後藤田正晴元法務大臣の事務所を訪ね、
加納人事が承認されないと裏金問題で検察がつぶれると泣きを入れたと言われています。
これを後藤田氏は後に「けもの道」と名付けたと言われています。
http://uonome.jp/article/mitsui_letter/723


三井さんは、検察人事で自民に貸しを作ったとか、国策捜査の原点とか、ソースの甘い話ではなく、裏金問題に絞った言論活動をすればいいんじゃない。
あ、でも、検察の裏金はほとんど無くなったんだっけ。となると、三井さんのレーゾンデートルが・・・あばばばば。

164 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 13:43:34 ID:awyCp2x80
>>162
う〜ん。三井さんの言葉を要約するとだね。
裏金問題を追及したことに対して、検察の現場では不満をもたれてないの?
と聞かれた事に対して、むしろ感謝されてる。それに、今は裏金はほとんど無くなってるしね。
と、答えてるんだよね。

だから、過去の検察の裏金問題が現在も継承されてるっていうソースが無い限り、現在の検察を
裏金で批判することは難しいよ、ってこと。
それに、三井さんの言うように時効だから裏金で責任を取らせることは難しいよね。

国策捜査について俺の言いたいことが伝わってないようなので、これもまた要約するとだね。
検察は捜査と逮捕について自らの意思で行う恣意性が認められてる。ま、これがないと政治家の
命令によって捜査が捻じ曲げられる恐れがあるからね。
で、三井さんはその意思に悪意があった、これを国策捜査だといって批判してるんだが、その
悪意の証明は実質不可能(私は悪意を持って捜査しました、何て証言する人間はいない)だし、
三井さんを逮捕したことも、本人が暴力団員から利益供与を受けたことから、
冤罪でもないから捜査、逮捕そのこと自体も批判が難しい。

人事問題は検事長人事の承認を内閣に求めるってシステム自体に、検察の自主性と中立性を損なう欠点が含まれてるから
例え、裏金で内閣に泣きつかなくても、三井さんの言うけもの道ってのは存在していたって考えるべきだろう。
ま、ほんとに泣きついたことはどうしようもない馬鹿だと思うがね。

つまりね、国策捜査を持って検察を批判することは限りなく難しい。だからこの国策捜査批判は賢明ではない
のでやめたほうがいいよ、ってこと

165 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 13:49:59 ID:awyCp2x80
追記

悪意の証明にもう一つ可能性として、
三井さんが言うように内閣の人間が検察に対して、こいつを逮捕してくれって
頼んだっていう録音テープでも見つかれば、本人の意思の確認要らずに証明できるな。

これがあれば世紀の大スクープだが、まぁ記者クラブすらろくに解放できないマスコミ
の取材の力では不可能だろうな。


166 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 13:50:33 ID:pn0aWx2q0
>>160
158で、朝起きたら枕に脳みそついているか・・・・って、おいら言ったのでおもいだしたんだが、
先日朝起きたら枕カバーに染みが付いていて、ををっ!おいらの脳みそがもしや・・・
と危惧したが、耳糞(あか)穿り過ぎて炎症おこして分泌物が流れて付着したみたいでほっとした。
何が言いたいかというとだ、頻繁に耳糞穿りが過ぎると、耳糞がおおきくなると後で調べてわかった
ので、耳糞掃除もほどほどにしないと危険ということなんだが。

167 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 14:57:58 ID:pn0aWx2q0
>>164
>つまりね、国策捜査を持って検察を批判することは限りなく難しい。だからこの国策捜査批判は賢明ではない
>のでやめたほうがいいよ、ってこと
↑あ〜、国策捜査をもって検察批判・・・なんて、全然していないんだけど。
太田さんが昨年だったか「検察の国策捜査は絶対にありえない」と言い切っていたので、
三井氏の発言を紹介したのが最初さ。 それと裏金問題は別個の代物。
裏金問題は、公金を横領しているという自覚症状のない、公務員組織の伝統的な代物で、故に根深い。

(例えば検察)組織や権威への盲目的な服従のもつ魅力と危険性はだ、我々がこの世に生まれて以来、適切な権威に従うことが
正しいことであり、それに従わないことは間違いであると幼年時代から親から受けるしつけや唱歌、物語、童謡のなかに盛り込まれ、
成人になってから遭遇する法律や政治システムの中にも受け継がれている。
其々のシステムにおける価値観と正当な権威に服従し忠誠を尽くすことは、
非常によく調和している。 考えるのではなく、単に反応しているだけ。

医療事故を例に出すとだ、医師があきらかな間違いをおこしたときでさえ、
階層構造のなかにいる低地位者は、医師の判断に疑問をさしはさもうとはしない。
部下はその状況下では考えることは停止して、単に反応しているだけ。
これは「医療ミス:その原因と対策」という本に書かれている。

おいらは医療とは関係の無い立場だが医者の友人が何人かいて、
そこで飲み会なんぞでその医師たちがおいらに、医療事故を野球の打率に例えて笑いながら
教えてくれたことがある。 親愛の意味?で親切?に教えてくれたんであろーが、
あまり聞きたい話ではなかった。



168 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 15:10:21 ID:awyCp2x80
>>167
堂々巡りだな。検察の過去にあった裏金問題は確かに問題だが時効で責任の
追求は難しく、今現在の検察には裏金が無いって三井さんが言ってるんだから、
あなたが検察組織にどう考えてるかを置いて、裏金問題が過去から継承されてる
ってソース(たとえ話ではなく、第三者が提示してくれてるもの)を出さない限り
裏金問題を使って現在の検察批判なんてしても意味が無いよ。過去の検察も倫理的な
批判は成り立つが、時効だから実際に誰かに責任を取らせることも難しいこともお忘れなく。

何回も説明してるからそろそろ分かってもらいたいんだけどなぁ。

169 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 16:01:02 ID:aUoU1kF10
>>168
陰謀論者の説得はムリポ

170 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 17:17:39 ID:pn0aWx2q0
>>168
>>108 で、警察の意趣返しのこと言ったが、検察はそれ以上の権力があり、実名で告発
する奴はそれ相当の理由がある人間でしかありえない。
マスコミは検察問題は当然腰が引ける。 前述の告発した原田氏は、それこそ命の危機をも
覚悟のうえでのこと、道新に対する意趣返しの酷さはそりやー凄いもんだった。
官僚の意趣返しの陰湿さは、想像つくだろ。

検察・警察に限ったことではない。 最近で有名なところでは、新規航空会社のスカイマークが
国土交通省に対し平然と官僚の批判をおこなってマスコミを賑わせたが、そこでここの官僚は、
世界一過密便で、また収益あげ易い発着枠である待望の千歳-羽田路線に進出し、
やっとスタートという その寸前を見計らって、整備不良だの問題をマスコミに流し、
スカイ社は出だしで大きくつまずき搭乗率をあげるまで1年以上もの苦戦を強いられた(というより危機に陥った)
ことがあり、本来監督省庁は新規参入会社に対して保護こそすれ、逆にあからさまな“意趣返し”をすることなぞ
到底考えられないのだが、それほど威信を傷つけられたことの影響が・・・と、業界を唖然とさせたもんだ。

で、おいらが実際に検察の友人との間で裏金のことを聞いたといっても2ちゃんのカキコでは信じないだろ。
じゃーおいらが実名を晒せば・・・ったって、友人のことやおいら自身のことがあるから、そんな真似はしない。
168がある程度の年齢で社会経験があり、検察・警察(組織は違うが)に親しい友人がいるのなら、裏金のことを直接聞いてみなよ。
役得程度にしかおもってないんだぜ。

適当にみつけた
http://www.rondan.co.jp/html/news/homu/
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a169417.htm

仕事の合間のカキコだが、おいらも律儀だな〜と、自分のことながら呆れるワ。





171 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 18:03:29 ID:7/60Ky290
>で、おいらが実際に検察の友人との間で裏金のことを聞いた

ってのは、今、現在も行われてるって聞いたってことなのかね?
三井氏の証言とは違って?


172 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 18:06:05 ID:QC90awxr0
「イノセンス」も「パトレイバー2」も続編映画じゃん。
特にイノセンスは前作のゴーストインザシェルを観てないと
バトーと少佐の人間関係とか肝心な部分が全然分からんだろ。

173 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 18:45:26 ID:awyCp2x80
>>170
http://www.rondan.co.jp/html/news/homu/
は三井環さんが逮捕される三年も前の則定衛の話で現在の検察に関しては何ら触れられてない。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a169417.htm
は質問だけど、内容については調査費、つまり裏金が八分の一以下に抑えられたことについての
問いかけで、つまり裏金が劇的に減ったことを図らずも鈴木宗男自身が証明してしまってる。

検察の内部告発が実名である必要は無いよ。そりゃ当たり前、特に日本は内部告発者に対する保護
が全然駄目だからね。ただ、匿名でいいのであなたの友人に頼んでマスコミに告発文を送るなり
行動しないと駄目だよね。推論と願望だけじゃ批判は成り立たないし、あくまで個人の間の伝聞じゃあ
信頼性にかけるよ。ただでさえ2ちゃんねるは匿名掲示板なんだから。


ま、検察がきれいな組織でないことなんて皆分かってる。ただ、それをちゃんと批判するってのなら
推論だけじゃ駄目なんだ。最近勝谷が国策捜査だ、何だと検察を罵倒しまくってるのを見たが
あいつみたいに小沢を愛するあまりに検察を色眼鏡で見まくった個人的推論による批判ってのは、検察批判をしたい人間
にとっても逆効果。勝谷みたいにならないよう気をつけたいわ。


174 :文責・名無しさん:2010/01/25(月) 19:14:12 ID:pn0aWx2q0
>>173
よやっと食えるようになった勝谷氏が民主マンセーでも不思議ではない。
(おいらも勝谷氏は好きくない、イラクで亡くなった名前はわすれたが年配のライターの、その友人として媒体に露出し
売れるようになった。ヒトの死を活用したわけだ)
>ま、検察がきれいな組織でないことなんて皆分かってる
↑わかってないとおもうぞ。 この機会(オザワ対検察)だからこそ検察のことが
どんどん表に出ることで、その内実が晒されることを望んでいる。
検察組織では、現職の内部告発は無理。 外部者であればその情報源を当然探り、
その後は恐怖だ。
>日本は内部告発者に対する保護 が全然駄目だからね
これも理解しているヒトは少ない。 ハンナン事件で少しは認知されつつあるが。
組織を裏切ることは、どんな組織でも許されることではないので相応の結末になる。
おいら、そろそろ帰って除雪をするので、このへんでおひらきね。

175 :文責・名無しさん:2010/01/26(火) 14:12:33 ID:d1Csrr2C0
>>172
アニメ板でやれ

176 :文責・名無しさん:2010/01/26(火) 18:47:56 ID:y9KrAMvG0
おーたんが言いにくいことを代弁してやろう。「アニオタうぜぇ」
しかも攻殻2.0ってファンからもボロクソ言われてる糞CG版じゃん。
絶対に最初のバージョン薦めるわ。
「イノセンス」だって、好きな人がいなくなって主人公が物臭になってる程度は、
見てたら理解できるから、前作見てなくても全然大丈夫だし。
どっちも「退屈」な映画だから覚悟しておいたほうがいいよ。

177 :文責・名無しさん:2010/01/27(水) 10:10:00 ID:KuP0yMZ10
今日は1月27日。 毎年のことだが、一年で一番寒いこの時期(事件時に最低気温を観測)になると、
「八甲田山死の彷徨」(八甲田雪中行軍遭難事件)のことを、おいらはいつもおもうんだよな・・・。

八甲田山死の彷徨
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E5%B1%B1%E6%AD%BB%E3%81%AE%E5%BD%B7%E5%BE%A8
日本型危機管理の失敗例として
http://www.qmss.jp/strategy/condition/hakkoda.htm
八甲田雪中行軍遭難事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E9%9B%AA%E4%B8%AD%E8%A1%8C%E8%BB%8D%E9%81%
AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
気象庁から作家へとなった新田次郎、直木賞受賞作の「強力伝」も凄いのなんのって・・・
で、八甲田山死の彷徨は、200人もの大部隊を殺した 明らかに人間の組織の、その組織の判断による破滅である。

気温が低くて寒いおもいをするのは、実際あと半月程度なんだが、気温が上って陽気がよくなっても景気は冷え込んだまんまのような状態と予測する。
お勧めの本なんで嫁。


178 :文責・名無しさん:2010/01/27(水) 12:12:20 ID:pDHtj+sb0
>>176
おまえも見てるんじゃンw
しかも語っちゃってるし

179 :文責・名無しさん:2010/01/27(水) 17:14:29 ID:HHwQaHAA0
>>176
自己否定乙ww

180 :文責・名無しさん:2010/01/27(水) 17:51:00 ID:k/gR2Q800
今日のディスカッション読んだけど、
俺も危惧するところはそこなのよね。

反日感情ない=日本人も含めたその共同体全体に資する意欲あり
ではないからね。
それに中韓本国の感情なんて移ろいやすいものを見るより
現に日本にいる、あるいは日本にやってくる中韓朝人やその他外国人が
なにをやっているか、なにをやってきたかをよっく吟味することのほうが
よほど重要だ。

吟味の一助たらんという「属国の防衛革命」の採用コラム
のチョイスに影響した「事件」は、アンタッチャブルの存在やそれが醸成
する「空気」をまざまざと示してくれた。逆差別が存在するぞっていう
太田さんの問いかけが封殺されてしまっているわけだけど。
こういう一事をもっても、危惧を抱くかどうかっていうのは
コラムをよく読んでいるかいないかというレベルの話じゃあないと思う。

言論界の骨太さが英国の足元にも及ばないし、
日本人の美徳と一体の感があるナイーブさがもたらすマイナスを
太田さんは過小評価して、移民に関する問題を論じているような気がして
ならない。

付与は時期尚早だと思うな。


181 :文責・名無しさん:2010/01/27(水) 23:36:05 ID:mnAZH17/0
やってみなければわからんだろ。
試しに付与してみればいいんだよ。
失敗なら傷が浅いうちに法律で取りやめればいいだけ。

182 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 00:23:29 ID:+BlQy8l80
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012701001070.html

「小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、
東京地検特捜部は27日までに、小沢氏に対する2回目の事情聴取を見送る方針を固めたもようだ。」

う〜む、どうしたんだ、特捜部。頼むで。

ま、逮捕された秘書の起訴があるとしたら2月初旬らしいので、そこが次の関門だな。

183 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 05:40:04 ID:Oa5rqISl0
22日付の韓国紙・中央日報に掲載された世論調査結果によると、「最も嫌いな国」として日本を挙げた回答が昨年の38%から57%に大幅に増加した。
日本の中学校社会科の新学習指導要領解説書に日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)が明記されたことなどが背景にあるとみられる。

一方で、日本を「最も見習うべき国」とした回答は24%で1位。
このほか、「最も好きな国」は米国(18%)、オーストラリア(14%)、スイス(9%)の順。
「嫌いな国」の2、3位は中国(13%)、北朝鮮(10%)だった。
調査は済州島を除く全国の満19歳以上の男女1200人を対象に、8月25日から9月7日まで面接方式で実施された。

少し前のソースだから記事が消えてたけど、こんなの見つけた。見習うべきとは思ってるけど大嫌いってのが韓国の本音だろう。
太田さんは移民賛成の意識が強すぎて、韓国人が日本を好きだって思い込みがあるんじゃない。
それとも嫌いってのは反日感情とは違うのかねぇ。
別に、韓国が日本のこと嫌いでも移民はまぁあり得るし、太田さんも現実は直視したほうがいいのでは。

184 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 10:32:32 ID:xOFyyjlh0
西松建設に検察大物「天下り」――事件直後に「関西検察のドン」役員就任(日刊ゲンダイ、1.28)
昨年6月の西松建設株主総会での人事。 報道は何故か(笑)華麗にスルー・・・。

天下っていた検察大物とは、逢坂貞夫・元大阪高検検事長(73歳)で、09年3月、大久保秘書が起訴された直後に社外取締役に就いたという。
今回の水谷とどこまで関係があるかは不明だが、twitterでは早くも「西松建設に検察大物が天下りしていたことが発覚。事件は検察の自作自演か?」との声も上がっている。
以前から知られていたことだが、日刊ゲンダイが無謀にも取り上げた。 大丈夫か〜日刊ゲンダイ。
それにしても 口あんぐり・・・見よ、総会屋官僚の姿をって・・馬鹿らしいワ。




185 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 10:38:16 ID:xOFyyjlh0
多くの企業が警察、検察から「天下り」を受け入れる。
警察・検察の判断は規定に基づく機械的なものでない。
巨大な「裁量」に基づく。
「裁量」は簡単に「利権」に転化する。
企業が警察・検察からの「天下り」を受け入れるのは、
警察・検察に巨大な「裁量権」が付与されているからである。



186 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 10:54:58 ID:xOFyyjlh0
小沢幹事長の検察当局への反撃⇒民間人の検事総長登用か?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135435496
A1:ヤメ検の中から、60歳以下で、元特捜部経験者で、捜査実務に長けた、法務省勤務経験が5年未満の人を人選するという手もあります。
また、最高裁判所裁判官でしたら、検事総長と俸給が同額ですから、あっさりと任命できますね。

A2:桶渡検事総長は政府与党に対してクーデターを起こしたと永田町や霞が関では見ていますから、クーデターが成功するか、
又は鎮圧されて、ほぼ懲戒免職のような状況で放り出されるかです。鳩山内閣も民主党もこの件では妥協しませんよ。
政治主導を具体化するためには、霞が関の指定職の中で、現政権に反抗的な者を大量に免職させることであり、
検察官というのは格好の標的ではないですか。

検察官を分限免職しても天下り先の世話をする必要がないからです。
辞めたら弁護士になれるのですから。後顧の憂いなくできますね。

さらに、現在、法務省及び検察庁で主流の赤レンガ組(蔑称:馬鹿レンガ組)
と言われる自民党のエージェントが数多く生息しているのが、
この法務省と検察庁です。そこに赤レンガ組をこのまま残置しておいたら、
また桶渡検事総長のようにクーデターを企図する者が出るとも限りませんから、
反乱の芽は早々と摘み取ることが必要なわけです。

法務省は在日利権擁護三大官庁の一員ですから、
赤レンガ組を追放して、法務省は国家T種及びU種合格採用者を中心に主要ポストを埋めて行き、
検察庁は司法試験合格採用の検事で捜査に長けた者を登用して、検事総長から第一線の検事を
固めて行き、法務省と検察庁の人事交流を一切禁止して、法務省及び検察庁の正常化を図ることです

187 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 12:10:38 ID:Oa5rqISl0
>>186
こういう動きを見てると益々国策捜査なんて言葉が馬鹿らしくなるな。
検察は常に人事権を持つ与党を意識しなきゃならないってことがよく分かる。

前に、内閣に借りを作るって言って批判した三井環さんは、民主党の息が
確実に入ってるこの民間人事を、内閣が検察に内閣に都合のいい恣意性を持たせた
って批判はしないのかねぇ。

まぁ、これは内閣や検察の問題ではない。構造上の不可避の問題だ。
人事権を中立性の担保された第三者機関にもたせてないことから、人事を巡る問題は
必ず起きるように設定されてるってことですね。

188 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 12:15:23 ID:Oa5rqISl0
http://www.chosunonline.com/news/20100127000019

鳩山総理を見てると、下手なお笑いより笑えてくる。
労働なき富を悪と断ずるのなら、まずは親から受け継いだ有価証券なり、
十何億円の子供手当てを捨てて、自立した男になることから始められるのがいいですよ。

更に犠牲なき信仰を悪と考えるのは逆に今の日本には危ないだろ。鳩山は他人の言葉を
引用するのではなく、自分の言葉で語って欲しいわ。

189 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 13:51:43 ID:7zKb5U6U0
>>188
くだらねえ
やっかみのたぐいだな

平等主義ってのは結果の平等じゃなくて機会の平等なんだが
そのへんを理解できない「恨金主義者」というか「潜在的共産主義者」みたいなのが多くて困るぜ

190 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 14:14:35 ID:Oa5rqISl0
>>189
鳩山自身が言ってることとやってることに対する矛盾に対して突っ込みを
入れたんですけど・・・

鳩山が言ってるのは平等主義じゃないだろ。ガンジーの言う労働なき富ってのは
多分、植民地支配してたイギリスに対する言葉、と言うか支配者の既得権益的な物を
さしていってると思うんだが。

果たしてこの労働なき富と揶揄された者の中に鳩山自身が入るかどうか、鳩山のその
莫大な富は自身の労働により勝ち得たものなのか、考えてみるべきでしょう。

191 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 18:01:32 ID:Gvbh5HTX0
>>187
だからこそ、頻繁に政権交代させる必要があるんだけどね。それが民主主義というものだ。
逆に言えば自民党が長い間、政権政党だったから、何らかの癒着があると考えた方が筋が通っているので、
海外メディアが
>>143 とか
>>149
なんかの見方をするんだよな。
第一、今やるより野党時代に小沢をやっておいた方が遥かに問題なくできるのに、なぜ、このタイミング
なんだという疑問があるわけだ。

しかし、太田氏は官僚の腐敗が長い間の自民党の政治支配がもたらしたものだと理解していながら
検察に限り、腐敗は無いとでも思っているのかな?
なんか矛盾してるよね。

192 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 18:19:28 ID:Oa5rqISl0
>検察は、行政権の一環であるからこそ、法務大臣に(伝家の宝刀的な)指揮権があるが、
裁判所ほどではなくても、検察は行政権からの独立性がそれなりに担保されてんのさ。

太田さんの言うとおり、与党に人事をどう弄られようと検察の独立性に支障が無いって言うのなら
検事総長の民間人登用は、検察に対する与党側からの反撃になりえないってことですよね。

あれ?じゃあ、なんで民間人登用することで検察と民主党の対決につながるの?
う〜ん。むしろ裁判所も含めた行政、司法、立法のずぶずぶの関係ってのが見えてきそう。

政権交代っていうことでなく、もう三権分立って制度で互いが互いを抑止するって構造自体に国策的な問題を感じる。

最近は選挙の構造自体に問題があるって声を上げる人も出てきてることだし、
ここはいっそ三権分立制度にまでその声を広げるべきではないか。

193 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 18:35:30 ID:Gvbh5HTX0
だいたい日本の民主主義システムは英国式を採用してるから、そんなに三権が分立して
いないんじゃないかと思うんだが。

英国式の民主主義が三権分立では無い(無かった?)ことは太田氏のブログを
読み返してみてね。

194 :文責・名無しさん:2010/01/28(木) 22:44:52 ID:zIVTkKjF0
太田さん、朝日新聞の調査は捏造の可能性がたかいですよ
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou102388.png

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100128/sty1001281848004-n1.htm
産経新聞


各社ここまで違うのに、自分の都合のいいデータをつかうとは

195 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 00:52:08 ID:aED9zZZEO
太田氏以前は「検察も官僚組織の一員」と批判していたのに、
小沢憎しに目が曇っているのでしょうか

196 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 02:36:58 ID:c4pK6qrq0
統計学は第三の嘘だからね。
米・英では世論調査の結果は参考資料以上のものではない。
どういう形でサンプル調査するかで、どうにでも操作できるからな。
昔、日本人の90%が中流層だという世論調査の結果が出てたが、
設問が1〜10まで別れていて1と10以外の2〜9までを中流層に振り分けると言う
乱暴なやり方だった。
そういうケースもあるということで。

197 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 10:59:01 ID:0Q+KO7sf0
>>196
おしなべて、都合の善いように利用されるよね〜。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson1.html

198 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:15:46 ID:rPexseDr0
とりあえず付与すべきなんていってる馬鹿がいるみたい。
一度与えた権利を剥奪することがどれだけ難しいか。

また、
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100128/plc1001282154020-n1.htm
この記事に書かれてる沖縄県名護市にたくさんの人間が引っ越して選挙を操る危険性
がある。仮にそれが現実になり、国益に反する選択をしまったとして、日本国民が
外国人参政権を失敗だとして取り上げることが出来ると思ってるのか。まるで
現実的でない。

絶対に一度付与した外国人参政権は剥奪することなんて出来ない。
だいたい、剥奪したら差別問題に発展するしな。

太田さんは移民論と外国人参政権を区別して考えるべき。帰化せず参政権が得られる
ってのを餌にするとか浅はかにのも程がある。

199 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:20:20 ID:VhI+PM7u0
太田さんの属国論に同意すればこそ、コラム読んで色々考えるわけですよ。
異論や疑義を読者が抱いたとしてもそりゃ当然でしょう。
(ちなみに過去コラムは全部読みました)
それをしてああいう仰りようは大変残念です。




200 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:25:39 ID:VhI+PM7u0
あ、>>180を書き込んだ者です。199だけでは何のことだかわかりませんよね。
みなディスの試みには感謝してますよ。

201 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:43:02 ID:DlSGHAYE0
まあ、個人的には外国人参政権なんて通ろうが通るまいがどっちでもいいんだけどね
ただ、こういった団体が会員数増やしてるのを見るとそううまくはいかなそう
http://www.zaitokukai.com/modules/about/zai/membermap.html
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9518084

連中、理屈よりも感情(愛国心・・・うさんくせえww)に訴えかける手法だからね、一筋縄ではいかんよ

催涙スプレーを3人の顔に噴射 高3を逮捕
新宿署によると、3人は外国人参政権に反対する市民グループのデモ行進に参加して帰ろうとしたところ、公園内で男子生徒と口論となった。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100125ddm041010075000c.html

個人的にはこういった↑「お祭り騒ぎ」は嫌いじゃないから高みの見物で楽しんでますけどね。
ヒョッヒョッヒョw





202 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 11:51:45 ID:DlSGHAYE0
ただし、太田氏の言う画一的・金太郎飴的社会を外国人が来ることで変えることができるなら賛成かな
日本人特有の同調圧力には辟易してるよ(俺も日本人だけどね)


203 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 12:42:35 ID:0Q+KO7sf0
>>184
民主の機関砲・日刊ゲンダイが炸裂中だな。
自民・町村、 あんたが言えた義理か〜W こいつ(町村)も検察は調べないと矛盾するぜ〜 
http://gendai.net/news.php?m=view&g=syakai&c=020&no=44445
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/000020990.pdf

204 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 12:56:11 ID:0Q+KO7sf0
>>198
>絶対に一度付与した外国人参政権は剥奪することなんて出来ない。
>だいたい、剥奪したら差別問題に発展するしな
↑ったくその通りだよな。 
どっかの怪しい某宗教団体政党も、そういえば選挙の度にその地域に住民が大量発生
するという、摩訶不思議な呪術をもって支配を強めようとしてるし。(宮崎アニメか〜)

太田さん、「仮にボクが西松の社長だとしても、誰かヤメ検欲しいと思うわな」って言ってたけど、
本気でそうおもっているのかね〜



205 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 12:58:06 ID:geiaryCw0
>>199
>異論や疑義を読者が抱いたとしてもそりゃ当然でしょう。

ものは言いようだな
要するに理解できてないってだけじゃんw

206 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 13:51:09 ID:MLIg4C2i0
> (ちなみに過去コラムは全部読みました)

すげー

207 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 15:08:51 ID:VhI+PM7u0
>>205 太田さんの論を理解するということと、それに賛成するかどうかは
  全然別の話だと思いますけど。太田さんの仰ることを、読者一人一人が
  自分の頭で考えることが大事なんじゃありませんか?
   
   太田スレで、太田さんに必ずしも同調しない書き込み
  (誹謗中傷はもちろんカウントしません)に「コラム読めよ」
  とか「理解できていないだけ」というレスがつくのをたまに見ますけど
  あなただってあの膨大なコラム読んで、すべてに1から10まで太田さん
  に同意ってわけじゃないのでは? それとも学識知見に優れた人の意見は
  全部OKとして採用してしまうわけですか? それじゃあナントカ真理教じゃないですか。
   少なくとも太田さんがご自分のコラム読者に望む態度だとは思えないな。
  
       

208 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 15:18:28 ID:0Q+KO7sf0
>>207 の、言う通り。
しかし太田さんは、ナントカ真理教を望んでいる節があるぞ。

209 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 16:52:26 ID:c4pK6qrq0
俺も過去スレ全部読んだが、読んだからといって覚えているとはいえないな。
まあ太田氏自信、自分の書いたこと、全部は覚えていないしなw

210 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 17:50:42 ID:0Q+KO7sf0
太田さんの、
「検察憎し=小沢を愛し」の認定(よく言えば)は、レッテル貼り(悪く言えば)だよな。
検察組織やその権威・権力に対し物言うことと、小沢ラブ〜♪(気持ちワル〜)は別次元だろ。
ま、ヒトは誰でも“おためごかし”があることは否めない、氏とて例外にあらずってやつか。


211 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 17:56:04 ID:0Q+KO7sf0
【ヒネオヤジ】に、ヒネクレとるね・・と言われたことは、ヒネクレていないってことになるな。

212 :文責・名無しさん:2010/01/29(金) 18:35:40 ID:aED9zZZEO
>>198に同意
太田氏、日本は正しくその「どこかの国」なのですよ

参政権のない状況で在日韓国人(というか民団)にこれだけ頼り、
媚びているのだから地方選挙権を得た日には……。

213 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 01:16:45 ID:OnSFyvjY0
> キミら、こんだけ不祥事っぽい話が連日具体的に報道されてて↓、
>なお小沢を愛し、検察等を憎んどるんかい?

報道がアテになるかどうかはまた別問題。

報道が全て正しいんなら
http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/1366056/
みたいなことにはならんだろうにw

まるで都合のいいときだけ報道をピックアップして利用しているかのような姿勢だね。

214 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 05:06:32 ID:M2bbbMOk0
>>213
週刊朝日は報道じゃなくてゴシップ誌じゃないの?

215 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 09:57:39 ID:o+3P0ve90
だいたい国内メディアなんか信用できないしな。

だから太田氏自身、海外メディア、特に英米のメディアを紹介してたんじゃなかったのかね?
ところが、小沢・検察関係で紹介してる報道はほとんど国内メディアだぜ。


216 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 11:31:26 ID:yWAvkAMb0
太田さん、
≪守屋事件の時には、さんざんそのジャーナリズム・・赤旗を含む・・を利用して自民党糾弾キャンペーンを張った。
 今回は、ボクが直接検察やジャーナリズムを利用したわけじゃないが、結果的にはそういう形になってるってこと。
 小悪(木)を時にはおだて、あるいは利用することによって、大悪(森)をやっつけるよう心がけなきゃ、いつまで経っても何にも変わりゃせんよ≫

↑ふむふむ・・・三井環氏を太田さんは、氏の訴える背景を問題として、氏の正当性を訴えた手段をも無視して、いかがわしい奴だと断定したわけだが、
そんな太田さんが、こと、自分にこととなると、「小悪(木)を時にはおだて、あるいは利用することによって、大悪(森)をやっつけるよう心がけなきゃ」
といって正当化しているようだが、かなーり おかしいんぢゃない〜W おもいっきり笑った♪

217 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 14:06:38 ID:Zx8jvNPGO
>>216
いや ちゃんと発言内容にも触れてただろ

ちゃんと読め

218 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 15:51:01 ID:o+3P0ve90
この文章で、重要なのは太田氏が検察も”小悪”と認めたことだよ。

問題は検察と小沢のどちらが悪かという問題になる。

佐藤優氏はどっちが勝っても悪い予感しかしないっていってるが

219 :文責・名無しさん:2010/01/30(土) 18:00:59 ID:M2bbbMOk0
http://www.mbs.jp/news/jnn_4343825_zen.shtml

アメリカは回復してきてるな。オバマは雇用減税もすることだし失業率も回復する。
なぁ、なんでアメリカはこんなにすごいんだ?
アバター見たか?あの映像技術は世界の十年先に言ってる。
ipadを見たか?Appleは最早商品デザインを介して、生活デザインにすら
手を伸ばしてる。

それに比べて日本は駄目だ。トヨタはリコールが大規模展開されてる。
これが陰謀だろうと、下請けいじめが過ぎた結果であろうと、もう日本企業に
生活デザインを根本から変革させる様な哲学はない。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100130ATGM3001B30012010.html

中国とアメリカが決定的な対立をすることは避けられそうもない。
日本はいつか中国とアメリカのどちらを選ぶか迫られるだろう。
その時はアメリカを選んでほしい。中国企業には哲学がない。得るものが何もない。
アメリカこそ日本が超えるべき好敵手であり、先生なのだ。

220 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 01:54:48 ID:zpikpdOU0
>>212
太田は「どうですか?僕ってこんなに進歩的なんですよ」って言いたいだけだから

221 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 10:54:06 ID:UEeq5jNQ0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100130-00000191-yom-pol

太田さんの言うとおりでしたね。鳩山はガンジーをよく分かってなかったみたい。

労働なき富に自分が当てはまると自覚しながら、ガンジーは間違ってないから大丈夫。
なんて言ってます。

おいおい。自分の語る社会悪に自分を含ませてることを恥じ入る精神ぐらいは持てよ。全く。

222 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 19:05:23 ID:UEeq5jNQ0
http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1128559.html

太田さん。この記事には親日派の人間から韓国は財産を徴収するという親日法が
存在し、これにより親日派の人々の莫大な財産を政府が強奪しています。

韓国は明らかに反日である証明として、この記事を紹介しておきますね。
(ソースが韓国語だったので翻訳してあるほうを紹介します)

223 :文責・名無しさん:2010/01/31(日) 23:28:49 ID:hm3NVfKF0
>>222
ノムヒョン時代の負の遺産を持ち出されてもなあw

こいつは嫌韓厨ほど韓国のことをぜんぜん知らないっていう典型例だな

224 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 00:25:49 ID:fGCZ9PQs0
>>223
2009年8月9日、親日反民族行為者財産調査委員会によれば、
韓国政府に帰属決定がされた親日派の子孫の土地は2009年7月現在で
774万4千余平方メートル(時価1571億ウォン)
となっており、この中で法的な手続きが終わり、
帰属が確定した土地は全体の9.5%(73万3千余平方メートル)、
残りは訴訟中である。

現在進行中ですが?反論があるなら親日である証拠をソース付きで
アップしてもらいたいね。

225 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 13:36:20 ID:/u21DGZZ0
城内みのるのブログ
http://www.m-kiuchi.com/2010/01/30/ozawamondai/

ま、何故ゆえに城内氏に情報提供したのか定かでは無いが、この城内氏は、
充分信用に足りる人物であるので、この読みは面白い。
たしかに、ロッキード事件に似てきた。
>検察は小沢一郎幹事長のバックにいる逮捕拘留経験のある複数の有能なブレーンの存在がおもしろくない 
はたして、全面戦争となるのか・・・是非とも「全面戦争」になって欲しい。

226 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 16:30:09 ID:+mIvtYyD0
>>223

反証なしで他人を嘲って言い捨てる短文だけならどんな能無しでも書けるわさ。
フェアじゃないねえ。
なにをどの程度知ってんだか自分の言葉で具体的に挙げてみたら?




227 :文責・名無しさん:2010/02/01(月) 17:18:41 ID:+mIvtYyD0
Hotel rooms in major Chinese cities, such as Beijing and Shanghai, which are frequented by foreigners, are likely to be bugged.


http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/crime/article7009749.ece


太田さん、前に中共に行ってたけど大丈夫?
日本人も官民共にばっちり標的にされてると思うんだけど。
情報組織が無いなんて心許無い限り。

228 :文責・名無しさん:2010/02/02(火) 00:34:41 ID:gHXWvMYI0
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010020100920

小沢は故人借金という鳩山の故人献金と同じ戯言を吐いてるらしい。

http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-985.html

小沢と小沢の金に群がるコメンテーターは分かってない。
国民が望んでるのは自民のくびきから離れた新生民主であって、
利権談合裏金政治家の権化たる小沢の支配する独裁民主党ではないのだよ。

229 :文責・名無しさん:2010/02/02(火) 18:33:26 ID:6lETxVrs0
>日本の民間企業のノーズロぶりはホントに心配だ。
>何せ、智慧付けてくれる諜報機関が存在しない上に、
>いざとなったら守ってくれる外交・防衛機関も日本はなきに等しいんだからね。

まったく同感。
つまりこれって日本国内においても日本人は、宣伝戦とか間接侵略で外国に
いいようにやられちゃう心配をしなきゃいけないって事にもつながりませんか?



230 :文責・名無しさん:2010/02/02(火) 19:27:54 ID:gHXWvMYI0
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/02/post-967.php?page=2

面白い記事を見つけた。
アメリカ人が既に自国の軍事力に限界を感じてる。他国を死守する余裕がないとまで言ってる。
世界の警察を自負していたアメリカが、だ。

これは台湾だけではない。日本にも言える。日本は速やかに9条を改正し、
自国で自国を守る軍事力と法律を整える必要がある。


231 :文責・名無しさん:2010/02/03(水) 00:56:18 ID:eX3EKt9M0
まあアメリカは今まで異常なくらいに強すぎたからな
軍事でアメリカを頼りすぎる今の現状は早く変えたほうがいいよ

232 :文責・名無しさん:2010/02/03(水) 18:59:15 ID:+SL8TclH0
東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」と、呼び出しか?
http://www.j-cast.com/2010/02/03059378.html

なんだなか〜 検察も情けないったらトホホだね。
上杉隆の必死の売名行為に、強力なるプッシュをばして・・・第二の勝谷が誕生だな。
ま、これくらいの心臓でないと、他のライター達を出し抜いて 食っていけないわな。 感心する。
しかしだ、ここまで追い詰められているってことにもなるな、涙目検察は。


233 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 00:57:06 ID:6TFKVAU40
「公明党の山口那津男代表が27日の参院予算委員会で質問に立った。鳩山由紀夫首相との直接対決となったが、21日の衆院予算委で質問した自民党の谷垣禎一総裁に比べると「迫力不足」は否めず、かえって連携を視野に入れた民主党への「配慮」を印象づけた。
 山口氏は1時間10分の多くを、公明党が重要政策に掲げる景気・経済対策や医療・介護に使い、鳩山政権を揺るがしている「政治とカネ」の問題はわずか8分だけだった。・・・」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100127/stt1001271908010-n1.htm

 小沢は、民主党への逆風がこのまま吹き続けることで参院選に負けても、公明党と組めばいいと思っているんじゃないか。

 こっちの動きは石川議員が逮捕される前のことだから当てにならないかもしれないけど。↓

「公明党は8日、政界を引退していた市川雄一元書記長(74)を常任顧問に起用すると発表した。・・・
 夏の参院選の結果次第では民主党と連携する可能性も視野に入れる。党幹部は「小沢氏と話ができる人がいない」と語り、小沢氏との関係強化のためと解説。支持母体の創価学会幹部も「参院選後の選択肢は多くあった方がいい」と認める。」
http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201001080391.html

 太田さんの過去コラムを読んで、その疑いを深める。↓

≪・・・公明党は、創価学会員に、これに加えて、地方議員や国会議員になるという、組織外での「立身出世」の道を開くための組織内組織として機能しています。
 公明党が政権政党との連立を追求してきたのは、与党になれば、閣僚ポストの配分にあずかれ、創価学会員が大臣にまで「立身出世」することが可能となるからです。
 つまり、私の見解では、創価学会は、創価学会員のための創価学会員による創価学会員の、現世利益を追求することを目的とした高度に合理的な組織なのです。≫
(コラム#3300。太田)

234 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 11:57:39 ID:Kn19GSY+0
検察:「おれはもうダメボ・・あとは たのんだぞ」
国税:「まかしておけ、おまえの死は無駄にはしない」

・・・と、よくあるドラマのパターンの予感。

で、233
≪つまり、私の見解では、創価学会は、創価学会員のための創価学会員による創価学会員の、現世利益を追求することを目的とした高度に合理的な組織なのです。≫
↑見解ってほどのモンではないだろ。  現世利益追求を大っぴらに公表してるし、常識の類だぜ。
で、検察には創価が仰山居るんで、オザワンとの橋渡しに創価検察が一枚噛んでいることは大いにありうる。
現世利益追求の創価と、生涯賃金最大化を図る官僚は、相性がピッタリだ〜ね。 



235 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 12:30:31 ID:tw24JmRe0
>>233
かつてのドイツとロシアのように表ではいがみ合ってても、裏では
協力し合ってる。そんな感じか。

236 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 12:53:34 ID:1O2m8CNM0
検察に関して太田さんは否定的なことは
言及しない方針じゃまいか。
日本的な連歌的主張はやらないって言ってたよね。

237 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 14:41:15 ID:tw24JmRe0
>>236
脱税に関しては不起訴決まってないしな。
検察がどう動くかはまだ分からんよ。

それと、否定的な記事ってのに言及して欲しいのならここでソースを自分から出しなよ。

http://www.j-cast.com/2010/02/03059378.html?p=all
否定的な記事を強調しまくってた上杉は検察から呼び出し食らってたし、否定的な記事のレベル
ってのが低いから言及に値しないとは思うがね。

238 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 17:14:40 ID:Kn19GSY+0
>>237
>>232 に書いているとおり、上杉は検察からの抗議の文書(FAX)を、
呼び出しをくらったぁ エヘヘ〜と、茶化しているだけの 売名野郎だぜ。

しかし、だからと云って検察のこの抗議もほめられたものではないわナ。
ま、検察官僚の、高圧で不遜な態度丸出しの、世間知らず+上から目線全開の
馬鹿さ加減がよくわかる今回の出来事ってことだな。


239 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 18:18:44 ID:1O2m8CNM0
>>237
検察のやり口ならコンビニに行って週刊朝日立ち読みしてきなよ。
鈴木宗男の逮捕の時もガン治療をしていた女性秘書を
検察は連日長時間の取調べ、結局その秘書は
亡くなったんだろう。
あと、検察のリークで小沢逮捕なしってあるんだから
もう小沢起訴はないと見てるけどね。
これも検察サイドが一旦リークして、世論の反応を
確かめてる可能性はあるがそれは低いんじゃないか。


240 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 21:43:46 ID:tw24JmRe0
>>239
はぁ?検察に限らず尋問ってのは長時間に及ぶもんだし、ストレスを与えるものだろ?
尋問の方法は司法取引もなく、黙秘権を被疑者に有利に働かせる日本の法制度では
現状が最良だろう。友達と雑談するわけじゃないんだ。少しは考えろよ。

第二に秘書が尋問が原因で死んだって証明がされてんのか?がん治療を受けてるぐらいだから
がんが原因でなくなったって考えるのが自然。
検察が秘書を殺したなんて低レベル過ぎる陰謀論だな。

それに鈴木宗男なんて収賄罪で裁判中だろうが。有罪確定しそうな被疑者の検察批判なんて信頼性が
まるでない。裁判が終わってから鈴木宗男擁護はするべきだ。

小沢起訴に関しては脱税の方向で国税と手を組んでるって話も出てるし、まだ
分からないってのが現実だな。

241 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 21:56:18 ID:wQTExBsd0
>>239
だから、その週刊朝日の記事ってのが
件の上杉が書いてたやつじゃないのか?

242 :文責・名無しさん:2010/02/04(木) 22:18:31 ID:tw24JmRe0
>>239
追記

週刊朝日の記事に書かれてるてっていう
虚偽の証言の強要なんて事実なら検察組織が崩壊するほどのスクープだろ。
検察が怒るのも無理ないわ。
これは検察と上杉側の戦いで明らかにされるとは思うが、上杉の過去の記事と虚言癖から
いって信頼できんね。

243 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 10:50:26 ID:wsWOs+OA0
242が、上杉が信用おけぬと言うのも無理からぬ話。 まぁ、目糞鼻糞ってやつ。
どちらが利を得たかというと、当然ながら上杉の名前が多く露出して、してやったり。

そんなことよりも、今回のオザワ対検察の幕引劇と暴力横綱引退報道+トヨタ欠陥報道で目立たないが、
まるで取引するかのように流れた「ゆうちょ銀行の180兆円の資金運用を米国債でする」という
亀井静香金融・郵政改革相の発言
http://www.tomabechi.jp/archives/50985467.html

ゆうちょ銀の資金が米国債で運営されるということは、郵便貯金することが、
米国政府に税金を払っていると同等なことである・・・

今回の幕引劇の“直前”に、小沢とルース駐日大使・キャンベル国務次官補との会談(密談)があった。
検察は梯子を外されたんだな。 まさに涙目検察で、赤レンガの粛清がいよいよ始まりそうで、弱り目に祟り目というか・・・
破綻寸前の宗主国米国に、これまた破綻寸前の属国日本が、これでお引取りを・・・と貢ぐって図式で、
ホント情けないったらありゃしない・・・
↑独立せんと日本は崩壊するど・・。




244 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 15:10:23 ID:xegrtIay0
>>243
日本の独立は政治じゃなくて国民の自覚と意思によって初めて成り立つ。

とにかく、日本は軍事や外交と言ったものに責任とリスクを背負う勇気を持たなければ
自民だろうが、民主だろうが自立した国家にはなりえない。

しかし、日本の国民に日本は属国か?自立した国家か?なんて質問をすることすらしない
ジャーナリズムの上では国民の覚醒の道は果てしなく遠い。

国民の覚醒のため、まずは上杉のような噓の情報を流して謝罪することなくいつまでもジャーナリスト
を続けていられるようなマスコミの改革からはじめていくのがいいだろう。

245 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 16:17:58 ID:ix4UQqVZ0
上杉が過去に流した嘘情報って何?
記者クラブの追及と政治家が政治団体経由で相続税を払わずに財産が相続できる
ってぐらいのスクープしか上杉氏の記事知らないんだが

246 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 16:56:00 ID:wsWOs+OA0
>>244
>国民の覚醒のため、まずは上杉のような噓の情報を流して謝罪することなくいつまでもジャーナリスト
>を続けていられるようなマスコミの改革からはじめていくのがいいだろう
↑ん?意味がわからんが。
先ず、マスコミ改革云々云う前に、マスコミそのもの自体が何で食っているんか理解するのが先決だろ。

わかりやすいぞ、「ポチは見た」。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8404/sono26.htm
まさに昨日のトヨタの見苦しい釈明会見は、トヨタの今までの(日本では)膨大な広告予算の前に
大手マスコミはトヨタの欠陥車や事故、不祥事等々に対し沈黙してきた故の傲慢な釈明会見で、
これは致命傷になる可能性が大だと危惧する。
(過去に、三菱車の欠陥や事故は大騒ぎしても、何故かトヨタの欠陥・事故は華麗にスルーしてきたよね)

国民の覚醒のためには、物事の真贋を見極める普段からの心構えが必要だろ。
人間は、“考える”ことはホントに重労働で大変であるが故、疑問をもたず“命令に従う”ことに依存し安心する。
学校教育なんぞさいたるもんで、社会に出ても同様で、誰も疑うことすらしないしね。
先日発表になった、ホンダやソニーの営業利益修正報告も ただダラーっと見ていると あぁ儲かっているんだな〜流石に天下の・・・
と感心?するだろーが、利益を出している部門が本業の販売部門ではなく、金融部門なんだぜ。 これは、巨大企業の経営基盤の劣化が進んでいるってこと。
キリンビール飲んで酔っ払ってる輩も、キリン(アグリバイオ)が世界的な花きメーカーなんだぜ。

で、話は戻るが、上杉のような情報って どういう意図で言ってるの?




247 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 17:07:43 ID:kflEehhU0
毎日新聞(夕刊) 1998年2月4日 <憂楽帳>
ttp://www.jca.apc.org/usokiji/image2/kiji.jpg

「好きでやったんだろう」
「売春婦!」
「うるさい、最後まで見ろ!」
 先月14日、東京・中野のBOX東中野で開かれた試写会でとげとげしい、やじが飛んだ。
 韓国の元従軍慰安婦たちの現在を追うドキュメンタリー「ナヌムの家・パート2」が
上映されていた。やじっていたのは、客席前方に陣取っていた中年の男性2人組だ。
会場は騒然となり、収集がつかなくなった。そのとき、会場にいた元慰安婦の女性が
すくっと立ち上がって、身の上話を始めた。
 日本軍に連行される前からもつらい暮らしだったこと。父親は酒乱で、よそに女性が
いて母親を顧みなかったこと。たまに帰宅すると子供たちに暴力をふるったこと…。
 場内は水を打ったように静まりかえった。さて、くだんの男性はというと。なんと、
体をがたがたと震わせているではないか。
「もういい、帰るぞ」 そのひとは精いっぱいの強がりを吐いて、会場を出ていった。
 友人が「ちょっと感動的でね」と教えてくれた。「ナヌムの家」(パート1、2)の
劇場公開は今月14日から。【佐藤由紀】

                ↓

毎日新聞(夕刊) 1998年2月5日 <訂正>
ttp://www.jca.apc.org/usokiji/image/teisei.jpg

4日憂楽帳「ナヌムの家」の記事中、BOX東中野で先月行われた試写会で
とげとげしいやじがあったとあるのは、一昨年の別の試写会での出来事でした。
先月の試写会は平穏に行われました。また元従軍慰安婦の女性が身の上を
語ったとあるのは、映画の中のことでした。確認不足のため関係者にご迷惑を
かけたことをおわびします。

248 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 18:41:09 ID:xegrtIay0
>>245
経歴詐称、「麻生クーデター」説、安部氏に関する捏造。
上杉は過去に捏造記事が何度も発見、抗議をされていて自身ブログを閉鎖する
にまで至ってる。記者としての信用は薄いと判断される。

>>246
まず国民は結局のところ、マスコミを通じて情報を知ることが大半なのだから、
そのマスコミがスポンサー批判は出来ませんなんていうジャーナリズムの否定を
行ってるのなら、それを改革し、スポンサーを恐れない報道組織になってもらうよう
に促さなきゃならん。
情報の真贋なんていうのは普通の人は中々判断できん。よっぽどネットを使いこなすなり
しないとな。それよりマスコミ自体の信頼性を向上させていくのが正しい道だろう。

上杉のような情報ってのは検察が虚偽の証言を強要したとかいう検察組織が崩壊するほどの
スクープのこと。これが事実なら小沢関連なんかよりよっぽどテレビや新聞で騒がれてる。
でもそうじゃない。それは上杉の書く記事には著しい偏向と捏造癖があるから記者として信頼されてない。
上杉の麻生の頃からの記事を知ってれば分かること。

249 :文責・名無しさん:2010/02/05(金) 19:41:11 ID:4q/IKgWL0
あと大事なのは教育だな>独立
日本の戦後教育は日本人から自立する為の自覚と意思を奪うものだったから
端的にいえば甘やかし
わかりやすく例えれば日本人をみんな「鳩山由紀夫脳」にしてしまおうという教育

250 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 06:47:00 ID:YroDBtP00
> 上杉の書く記事には著しい偏向と捏造癖があるから記者として信頼されてない。
> 上杉の麻生の頃からの記事を知ってれば分かること。

そういうのって具体例を添えないと単なる思い込みに過ぎないよ。

251 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 10:12:16 ID:XyWpeleK0
太田さん、
>不起訴処分がどうしても腑に落ちないって?
>だって起訴すりゃ、小沢は失脚し、日本の政治に大激震が走る
↑これ、逆に日本の隷属状態を天下に知らしめるチャンスでないのか?
現在の政治に大激震が走ったとして、何が不都合なの? 予算問題だって強引に通すだろ。
田中、小沢と、米国の威光を軽くみる輩が米国の命によりいとも簡単に失脚させられる状態は、
無残にも殺されたフセインのイラクとどこが違うのか?

米国が日本の宗主国であり、それに逆らうことさえできない状態にある“属国・日本”であると、
普段何も考えず鼻糞ほじって屁をひっている平和(属国・家畜)呆けした我々日本人が、 はて?〜
と、考えるチャンス。

昨日の報道で、これから近々に小沢は米国に赴くとの報があったのと、>>243の、亀井の今までの言とは全く異なる
米国に対する媚米の急転回発言・・・まさに、ここ数日の間に、小沢と亀井の対米姿勢を変化させた“理由”は何であるのか・・。
ロッキード事件での立花の後日談そのものの、日本の中枢を担っている政治家たちの「日本の政治を動かしているのは米国」
との発言。

で、結局のところ小沢は命乞いを、亀井は勢力拡大のために、宗主国に土下座をしたってことになるんでないか。
小沢の政治生命と今更日本の激震程度と引き替えに、日本が独立する切欠となるのであれば、小沢の役割は充分に価値がある
とおもうが。 結果、必要悪?とでも。
ま、今まで報道されなかった、米国と追米への売国政策のことが、どんどん浮上すればよいとおもう。



252 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 10:20:44 ID:ZNogHN+K0
麻生クーデター説とか安部氏に関する捏造とかは確かTVとか新聞でも流れてたぞ。
捏造と決め付けているが、情報源の問題だろう。

ていうか、分析が単純すぎるよ。

だいたい検察非難の内容が捏造だったら、検察から訴追されかねないぞ。
まあ捏造でなくても、検察を敵に回すのは危険なのだが、上杉氏は検察の圧力に対しても
ツイッターでからかうほど余裕見せてるんだよな。
これは1つは捏造でないという自信ではないのかな?

もう1つは小沢氏から直接、「俺がバックについてやるから、遠慮なくやりなさい」との
お墨付きが与えられていると予測。
だからこそ小沢氏不起訴確定の直前というタイミングで、こういう記事が出たんだろね。
おそらく、こういう独立系ジャーナリストを使った検察パッシングは今後もしつこく続けられるだろう。
検察サイドが大手マスコミや青山氏や検察に”友人”を持つ太田氏を使って検察サイドの情報を流す以上、
情報戦の対抗策として当然の措置ではある。
入れ知恵しているのは佐藤優氏あたり?じゃないかな〜。

253 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 14:35:00 ID:XyWpeleK0
>もう1つは小沢氏から直接、「俺がバックについてやるから、遠慮なくやりなさい」との
>お墨付きが与えられていると予測。
↑小沢が上杉なんざ相手にするワケないだろ。 
マスコミとトヨタのようなもんで、民主に媚びて仕事を確保(収入を得ている)している
のが、上杉だけぢゃない(勝谷・大谷・他モロモロ)が民主の雇う御用ライターたちって程度。
上杉は最近になって、努力の甲斐?あってか ようやく現在に至ったの図だ。懸命に売名している最中。 
接点を持っているのは、せいぜい小沢の腰巾着の連中、上杉なんざ錦の御旗を掲げたつもりで威張り出しただけだろうが。

>検察に”友人”を持つ太田氏を使って検察サイドの情報を流す以上・・・
↑あのね〜、太田さんの友人か知人か知らんが、たしかにそんな検察官僚はいたとおもうが、
が、しかし、官僚を辞めて、その組織をも含み実名告発した“元官僚”に対して、現職の
官僚たち(他省庁でも)は、組織を売るような真似をした太田さんに対しては、それこそ
積極的に関係を持とうとするヤツなんぞいるはずがないだろ。

ところで、トヨタの先日の釈明会見ではまずいと、遅きに失したが5日に豊田社長が緊急会見で謝罪したな。
246の、トヨタの見苦しい釈明会見は、トヨタの今までの(日本では)膨大な広告予算の前に
大手マスコミはトヨタの欠陥車や事故、不祥事等々に対し沈黙してきた故の傲慢な釈明会見・・・
天下のトヨタともあろう巨大企業が、この危機管理・・・信じられな〜い(懐かしのヒルマン監督口調で)。

254 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 15:37:48 ID:YNQXVjoF0
>>250
具体例かいてるじゃん。細かいとこまでは量が多いから自分で検索して。
>>252
ツイッター上で上杉はいつも砕けた物言いと雰囲気を大切にしてたから、今回の
ことに自信があるかどうかとは別だろうな。

それにこいつは過去に名誉毀損やらで自分の記事に関して裁判で負けてるからな。
上杉自身が捏造を指摘されて、今もって説明を果たさずにいること。安部側から
の抗議を受けて戦わずにブログを閉鎖したことからも、クーデターが捏造であるのは
明白だなぁ。

検察に裁判起こされる前に謝罪するとは思うが、それを報道するかどうかはわからんな。
だいたい、虚偽の証言の強要なんて証明が難しいだろ。
気の弱い人が検察が事実確認してるときにはいそうですを繰り返してるだけの思考停止状態
に陥ってただけかもしれん。それだったら罪は問われんし、検察に落ち度はないな。

人質にとったとか言うのも明らかに偏向だろうし、どうすんだよ。上杉。
多分、検察の抗議と真正面から戦うなんてことはしないだろ。週刊朝日の人間じゃなくて
あくまでフリーの人間だから、いつでも切れるしな。

ま、上杉の出てる雑誌やらラジオって小沢支持、検察批判の週刊朝日やtbsラジオだから
中身なんて関係ない。支持してる姿勢がどうかで仕事があるかどうかに繋がってくる。
だから検察に関して捏造しても上杉は痛くもかゆくもない。ひどい話だよ、全く。

255 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 16:51:13 ID:1VxCqoKf0
>>252
既に場合によっては訴追されかねない状態なんだがな

256 :文責・名無しさん:2010/02/06(土) 22:19:08 ID:StFsotmF0
オータンにハニートラップを仕掛けたい・・・
手前味噌ながら言い寄られる男は大勢いるがオータンに色仕掛けで迫ったらどうなる?

257 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 00:31:26 ID:5joMiTw30
>>256
オータンだったら簡単に引っかかるさ・・・とは言えない気がする。
美人をチヤホヤするタイプじゃなさそうだな。
とりあえず、知的な会話が出来ないとだめか。
てか、オータン、銀座とか行ったことあるのかな。
官僚時代は行かなかったみたいだし

258 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 01:18:54 ID:JP92h/s00
>>257
太田さん風俗行ったことないだろうし、ハニートラップに簡単に
引っかかるだろう。
ただ、女性関係が太田さんにとってスキャンダル足りえるかどうか疑問。

259 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 01:29:14 ID:xtYK8uzA0
>>258
彼東洋人の顔をしたイギリス人だからなぁ(笑)
たしかにヤリマしたが何か?っ飄々としてそう

実際何発かまそうが本分が有能であれば何の問題もないんですけどね

260 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 10:25:04 ID:4uN6vgim0
>>253
>官僚を辞めて、その組織をも含み実名告発した“元官僚”に対して、現職の
官僚たち(他省庁でも)は、組織を売るような真似をした太田さんに対しては、それこそ
積極的に関係を持とうとするヤツなんぞいるはずがないだろ。

おいおい それじゃあ太田氏がコラムでたびたび言及している”検察関係の友人”って誰だよ。
太田氏の”脳内フレンド”だとでもいうのか?

・・・かもしれんな。

261 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 11:41:06 ID:JoR4GUau0
>アンチ

ハニートラップとか幼稚な煽りしかできなくなったら
お前ら末期症状だよw

262 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 13:58:36 ID:o7LKTgBF0
>>205

>>223

>>261

263 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 15:15:11 ID:JGvFBUcR0
アメリカのテレビ局がトヨタのペダル問題について行った世論調査がありました。

http://abcnews.go.com/PollingUnit/abc-news-poll-toyotas-reputation-dented-totaled/story?id=9719190

問題発覚直後なので下がっているとは言え、依然としてトヨタへの高感度高いし、あくまでペダルの問題であり、
ほかのトラブル隠しに波及するとか、もうトヨタの車を買いたくないとか一般の人はとらえてないみたいだよ。
もちろん問題は問題だけど、メディアで騒がれているほどヒステリックな反応はされてないみたいだよ。

昔見たような日本メーカーのカセットプレーヤーをハンマーでぶっ叩いてみんなで喝采するようなことになるかな、って僕自身、想像しちゃったけど。
若干改善したとは言え、アメリカも失業率が10%近くなので一般労働者のフラストレーションがたまっているだろうから
ちょっとしたことがきっかけでその吐け口にされる恐れがあるから警戒しておく必要は感じるけどな。


264 :文責・名無しさん:2010/02/07(日) 19:23:11 ID:zDKHmUYY0
>>259
それで本分ってなに?
ブロガー?

265 :文責・名無しさん:2010/02/09(火) 05:25:13 ID:tJQ91fXN0
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100203/mca1002031204020-n1.htm

属国根性が染み付いてる亀井と民主。国民の不支持率も支持率超えてきたことだし、
そろそろ民主以外の選択肢を真剣に提示してもらいたいものですね。

266 :文責・名無しさん:2010/02/09(火) 10:42:20 ID:LP/59nXb0
>>264
そんなこともわかんないとはなあ・・・

267 :文責・名無しさん:2010/02/09(火) 13:24:10 ID:rNhDoF+Z0
 今朝の原口大臣のつぶやき。

 昭和12年に当時の政府が出した「国体の本義」・・・その中にナチス・ドイツの記述があります。
長いですが、一部を引用してみます。

 引用1 「国体の自覚  そもそも社会主義・無政府主義者・共産主義などの異常に過激な思想は、
究極にはすべて西洋近代思想の根底をなす個人主義に基づくものであり、その(個人主義の)現れ方
にいろいろな種類があるだけのことである。」

 引用2 「個人主義を基本におくヨーロッパ諸国、アメリカにおいても、共産主義に対しては、これ
を受け入れずに、今ではその本来の個人主義を棄てようとして、全体主義・国民主義が急激に勢力を
増していき、ファッショ・ナチスが台頭することともなった。」

 引用3 「つまり個人主義の行き詰まりは、ヨーロッパ諸国、アメリカにおいても、わが国において
も、同じように思想上・社会上の混乱と転換の時期を招いてきているということができる。」

 私が不思議なのは、このような分析をしている当時の日本政府が、どうしてナチスと手を結んだのか
ということです。「統治の危機」。綻びは、以外にも小さなところから始まったのではないかと考えます。

268 :文責・名無しさん:2010/02/09(火) 19:22:25 ID:vmr5KUOL0
>>266
わからんから説明してくれ
なにが本分なんだ?

269 :文責・名無しさん:2010/02/10(水) 04:11:25 ID:rz9yvsfW0
>>268
そんなこともわからんとはなあ・・・

270 :文責・名無しさん:2010/02/10(水) 11:37:10 ID:7wd7YuDV0
鳩山と小沢に、軋轢が目立ち始めた模様だね・・・。(めでたい♪)
小沢が露骨な命乞いで、突如米国に日和ったのに対し、鳩山は祖父一郎時代からの
対露外交姿勢とそれにより米国から一郎が失脚させられ、反米感を持ち、隷属関係
を善しとしていない。
まぁ、元々どう考えてもこの二人の相性がよいとはおもえないわな。
で、おいらは鳩山が小沢にやられると思っていた ※砕氷船テーゼ、逆に鳩山が
仕掛けそうな按配になってきた。

悪の論理・砕氷船テーゼ(おもしろいヨ!)
http://www.akashic-record.com/shteig.html 
↑おとなって、きらいだ〜W

で、危ぐしていた通りの殿様トヨタは大変な事態になってきたな。
宗主国は、訴訟王国でもあるし・・・これ、致命傷になりかねないとマジでおもう。

271 :文責・名無しさん:2010/02/10(水) 13:21:29 ID:BppSloBv0
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20100205-00000357-reu-bus_all

フォードのブレーキにも問題があると報道されてるね。
これはハイブリット車の構造的な複雑さによる問題で会社特有の問題って感じは
しないなぁ。

対応だけで見ればトヨタは大規模なリコールをしているし、説明責任も果たそうとしてるし、
フォードよりはましな対応してるが、アメリカの保護産業の流れには逆らえないだろうから
そういった冷静な比較を抜きに、トヨタは苦境に立たされるだろう。

272 :文責・名無しさん:2010/02/10(水) 13:52:19 ID:7wd7YuDV0
271
その対応が悪かったので、輪をかけて問題が大きくなってんだよ。
うちの息子が先日、雪を転がして雪だるまつくっていたが、同じようなことで、
ハナっから言い訳なんぞしないで、問題が小さいうちに迅速に解決しないといけない。
之、企業の危機管理のイロハの屁? だぜ。 臭〜

商売やってる連中には常識で、それ故トヨタの最初のにやけた笑顔での釈明会見の
酷さが、あとになってボディブローのように効いてくる。
前にもカキコしたが、トヨタの危機管理能力というか 今までのマス媒体支配能力に
完全に胡坐をかいてでの会見は、言い訳以外のなにものでもないんだよ。 


273 :文責・名無しさん:2010/02/10(水) 19:04:52 ID:i2DW7cxJ0
>>269
それで本分は?

274 :文責・名無しさん:2010/02/11(木) 19:37:05 ID:0LKMb9TK0
本分なんだろうな
軍事研究つっても兵器の事は素人っぽいし
つーか最近は政治評論家じみたことばっかり


275 :文責・名無しさん:2010/02/11(木) 21:12:25 ID:7qfAHqJE0
>>274
>軍事研究つっても兵器の事は素人っぽいし

スペック厨乙


276 :文責・名無しさん:2010/02/11(木) 23:18:31 ID:CYRqJD9I0
老旧はスペックか?

277 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 11:27:35 ID:akK5Gqyx0
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
トヨタ社長招聘
アメリカ下院のアイサ監督・政府改革委員会筆頭理事はトヨタの豊田章男社長を22日からの週に
招聘すると発表すると共に24日の公聴会に証人としてし出席させるようにダウンズ委員長に求め
ていることが明らかになっています。

今は招聘となっていますがこれをトヨタがわが拒否すれば証人喚問となりますのでトヨタ問題は
政治的な動きと賠償問題に事態は移行していきます。

トヨタは社長喚問だけは避けたかったようですが事態はトヨタの期待とは反対に動いています。

また議会で偽証すれば最悪の場合社長が逮捕される事もありトヨタは重大な事態に直面します。

日本では広告宣伝費をばらまかれているマスコミも大臣がトヨタ出身である民主党も、
トヨタに対しては優しい対応をしていますがアメリカは生易しい対応はしてくれません。
徹底的な追及を受ける事になります。
トヨタはこの事態を乗り切れるでしょうか?



278 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 12:00:17 ID:akK5Gqyx0
トヨタ問題を好意的に書いている、米英マスコミ(その他)は、当然ながら
トヨタのお得意な対マスコミ工作が行き届いているとみるべきかと。
おれのところにもよこせ〜と、まだ貰っていないマスコミが騒いでいる。

「経済界」という、ある意味有名な雑誌があってだな、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%95%8C_(%E5%87%BA%E7%89%88%E7%A4%BE)
これ、高杉良の「濁流」
http://www.amazon.co.jp/%E6%BF%81%E6%B5%81%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89%E2%80%95%E7%B5%84%E7%B9%94%E6%82%AA%
E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%
AB-%E9%AB%98%E6%9D%89-%E8%89%AF/dp/4062631660

まことに香ばしい限りだが、マスコミのその性格上、どこも似たり寄ったりの部分がある。
先日、新聞の一面にこの経済界の広告が出ていて、その健在ぶりに今更ながら驚いた・・・。
まず、この雑誌で持ち上げられた企業は、殆ど広告宣伝費をここに費やしている。
広告効果の費用対効果なんざ関係ないのだろうが、大不況下でも経済界が生き残れるには理由があるんだな。
逆に云えば、この雑誌で取り上げられた企業や経営者他の連中は、おしなべて“怪しい”とおもってほぼ間違いがない。


279 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 12:04:24 ID:akK5Gqyx0
トヨタ問題を好意的に書いている、米英マスコミ(その他)は、当然ながら
トヨタのお得意な対マスコミ工作が行き届いているとみるべきかと。
おれのところにもよこせ〜と、まだ貰っていないマスコミが騒いでいる。

「経済界」という、ある意味有名な雑誌があってだな、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%95%8C_(%E5%87%BA%E7%89%88%E7%A4%BE)
これ、高杉良の「濁流」
http://www.amazon.co.jp/%E6%BF%81%E6%B5%81%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89%E2%80%95%E7%B5%84%E7%B9%94%E6%82%AA%
E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%97%E3%81%9F%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%
AB-%E9%AB%98%E6%9D%89-%E8%89%AF/dp/4062631660

まことに香ばしい限りだが、マスコミのその性格上、どこも似たり寄ったりの部分がある。
先日、新聞の一面にこの経済界の広告が出ていて、その健在ぶりに今更ながら驚いた・・・。
まず、この雑誌で持ち上げられた企業は、殆ど広告宣伝費をここに費やしている。
広告効果の費用対効果なんざ関係ないのだろうが、大不況下でも経済界が生き残れるには理由があるんだな。
逆に云えば、この雑誌で取り上げられた企業や経営者他の連中は、おしなべて“怪しい”とおもってほぼ間違いがない。


280 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 12:56:46 ID:akK5Gqyx0
すまん、だぶった。

ついでに、民主の機関砲・・・もとい機関報が検察に向けて炸裂しているな・・。
郵便不正事、 村木局長の件だが、検察の供述を覆す発言を(証人が)しだしてきて、これも注目したい。

で、民主党幹事長室が日刊ゲンダイを数百部買っており、それを民主党議員の所に配っているみたいで、
党のカネ・・・つまり、税金でそんなことをやっているわけです。バカとしかいいようがありません・・・と云われている。


281 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 14:10:20 ID:akK5Gqyx0
あ ら ら・・・
ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書 ・・・不沈空母発言・・懐かしいネ
http://www.asahi.com/politics/update/0211/TKY201002110364.html

ヘンリー・キッシンジャー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

282 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 15:22:11 ID:5m/pIKqq0
こんなやつも太田さん的には
アングロサクソンにコンプを抱いたヨーロッパ人の発想でNGでしょうか?
http://www.slideshare.net/kensuzuki/divicracy-dividual-democracy-2685650#

283 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 17:23:57 ID:5m/pIKqq0
>アングロサクソンとか欧州とか言うまでもなく、ダメに決まってるら。
でもこのネットを通じた直接民主制ってのが、
日本ではサブカル系の思想雑誌や、twitterなどでジワジワ盛り上がってるんですよ。
上のリンクだって、東大の講演のレジュメですからね。
太田さんもこの議論に口を突っ込んでガンガン批判したほうが新たな読者の獲得になると思いますよ。

284 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 19:57:30 ID:SrHOGcxS0
>>283
ネットで個別の案件に対する是が非と意見の集約を行うっていう東浩紀の
ことか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8637144

まぁ間接民主制というか、ありとあらゆるところに代理を立てることで成立してきた社会
構造が現代だが、政治の世界に至っては複雑になりすぎて、一つ一つにことにスペシャリストを必要として
いるのに民主は脱官僚と言う、脱スペシャリストをしてしまったがために、
個々の政治家が超人にならないといけない状況を作っちゃった。
民主は自民以上に政治の機能が低下する要因だな。

まぁ、ネットがあるんだし、俺たちの声もいろいろなところに届けやすくなってるのは確か。
窓口をいくらでもネットは作れて、そこに意見を取り入れていけば、
官僚というスペシャリストだけに頼らず、ネットを使う全ての国民の中のスペシャリストの意見を
取り入れていけるネットを使った政治ってのはありなんじゃないの?

太田さんも、ネットを使って自分の意見を伝えて、他人の意見を聞いて、集約することの価値を
知ってるんだから是非、東浩紀の案に耳を傾けてもらいたい。

285 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 21:19:26 ID:mkxdpn0K0
ネットを使っての民主制をやる場合、情報の完全公正共有化、平等な立場でも議論が必要に
なるだろうね。
あと教育システムも変えて、より物を考えるようなものにしないといけないかもしれない。

286 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 23:17:01 ID:SrHOGcxS0
>>285
願ったり叶ったりだな。どうせ、現状のシステムは年金に代表されるように
バグ持ちとそれを管理する人間の質が低すぎて、改善しなきゃいけないんだから
これを機に大幅改善をしていけばいい。

誰もが自分の分野を持ってる。その知識と経験をネットを通じて役立てられる社会
って自分と国の距離が縮まって責任を感じるようになるなぁ。


287 :文責・名無しさん:2010/02/12(金) 23:19:55 ID:SrHOGcxS0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000551-san-pol

米国の本性が垣間見えたな。
やはり日米安保は抑止力にはなっても、防衛力にはならん。
アメリカは実際の日本の有事には何か理由を付けて、
米国軍人を死なせるようなことはしないだろう。

やはり、自国の安全保障は、自国の軍事力で責任を持たなければならないねぇ。


288 :文責・名無しさん:2010/02/13(土) 03:31:11 ID:CoaJVyfL0
>>283
ネットでの発言なんて基本的に責任を伴わない発言だろ
そんな発言で民主主義が実現できると思わないな

289 :文責・名無しさん:2010/02/13(土) 03:46:46 ID:lkD0IOoG0
ネットはダメだろ。
ネット上だと変に気がデカくなって現実を度外視した誇大妄想的な極論に
走る人も多い気がするし。2chのニュース板とかみてると。

日頃大人しい人なのに自動車の運転をしてる間だけ突然性格が豹変して
周りの自動車や通行人に対して常に口汚い野次を発し続ける人が
知り合いに居たけどそれに似てる気がする。

290 :文責・名無しさん:2010/02/13(土) 04:23:13 ID:TaRduN3A0
>>289
現実でもおかしいやつはいっぱいいるし、宗教家が政治をやってる現状で
ネットだけ特別視するのはおかしいな。
なにか自分の気に障る出来事に触れられれば性格が豹変する人なんて
ネットも現実も同じようにいる。現実では性格が豹変する人がいてもいいのに
ネットは駄目な理由が分からない。

さらに言えば政党ごとの議員の裏金要求やらの個別の案件を全て一政治家に
委任したがために権力が肥大してしまってる現状もあるしな。小沢のような
やつがネットを政治に生かすシステムがあれば出てこなくなるわけだ。

ま、ネットってのは大規模なものだし、2ちゃんねるはその中でも大規模。
たくさんの人間が関わればおかしな奴が出てくるのは当たり前。
ネットだけきれいな空間でいなければならないってのは論理に無理がある。
そういった特殊ケースを殊更に取り上げて、ネットを拒絶するのって
だいぶ古い倫理観だよなぁ。

>>288
投票所に行く人間が負う責任と、ネットで個別の案件に意見を提示することの
違いって何?

2ちゃんねるしか普段使わないから、ネット上での発言は責任を伴わない
なんて感じるんだろうが、それは全く違うから。
例えば、太田さんもネットを使って発言をしてるが、その発言には責任がある。
実名でしてる人は言わずもがなだが、匿名の人間だって自分の発言に責任を
感じ、ソースを出して物を言う人は大勢いる。

そもそもネット上で個別案件の意見を求めることは、政治が責任を求めている
から責任を感じるわけじゃない。
より身近に、より具体的に個人個人が政治に参加してるという意識が自発的に
責任を発生させることになる。

291 :文責・名無しさん:2010/02/13(土) 09:22:20 ID:OAPtbOl00
日本への軍事的脅威は核とテロで、テロへの対策は警察力の強化ってことのようだけど、
「警察力の強化」って具体的にどういうことを指すの?

292 :文責・名無しさん:2010/02/13(土) 11:52:40 ID:W/t/Z3Zi0
まあ、実際にネットを使って民主主義をやる場合、最初は最小の政治単位からはじめるべきだろうな。

293 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 07:01:46 ID:vtJE5Vxx0
>遺憾ながら、日本では、官僚=スペシャリストではないんだな。

え?だったら官僚のキャリアって何のためにいるの?というか、
何の仕事をしてるの?
俺は彼らの仕事は専門性の高いものだから必然的にスペシャリストに
なっていくものと思っていたんだが・・・


具体例は出せないけど、例えば市区町村の道路工事って今までは
ほとんど地元の人の意見を聞いてこなかったけど、
ネット上でどこどこを工事します。という案件を提示して、そこに
地元の人が意見と是が非を書き込めるようにすれば、細かな政治の部分での
直接民主制が可能なんじゃない?

東浩紀の動画を見てもらえば分かるけど、彼は直接民主制が可能な規模がネットを
使えば大きくなる。と言ってるから、国政なんかは規模が大きすぎるので直接民主
制は不可能とちゃんと言ってる。

細かな政治、小さな政治を直接民主制的にネットを利用すれば、地元利権と政治家を
切り離せるんじゃない?
まぁ、夢物語っぽいけどこういう政治のあり方を変えていくってのも必要だと思う。
いつまでも投票所に足を運んで、よく知りもしない代理の人間に政治をまかせっきりにして
いくやり方はどうしても腐敗と権力の増長を生んじゃう。

既存のやり方では小沢や一部自民の腐れ政治家は消えないシステムなのは明らかなんだから、
政治のやり方自体を変えていこうって主張が、若い人たちの中からあがっていってるってことだね。

294 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 11:34:04 ID:MBPSinhH0
国政レベルではなく地方政治レベルでネットを使った民主主義は
試してみる価値があると思う。地方分権と絡めてね。

あれこれいってる否定派は現行のシステムで何らかの利得を得ている人である
可能性が高い。
おまえら、これは俺達の専権事項だから口出すなよってとこかな。



295 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 16:33:21 ID:Lv9ZPO8R0
>>284の動画見ても何がしたいのかわからん
全ての議案はネットを使って住民投票で決めるっていうわけでもなさそうだし

リソースが無限にあるわけじゃないから取捨選択をする必要があるし、利害の対立もある
最終的に議論をどういう仕組でまとめようとしてるのかわからん
政治家をなくすだけじゃ、裁量を役所に一任するだけになると思うけどな

296 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 16:44:35 ID:MBPSinhH0
それから官僚はスペシャリストでなくてゼネラリストだよ。
何でも屋の法律屋なのだけれど現場の専門を知らないのが欠点。
それをネットを活用することで現場の専門家の意見を集約する道を開くことができる。

297 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 16:53:32 ID:MBPSinhH0
ちなみにネット発信から国政を動かした例として現場を知らない役人が変な法律をつくって、
ネットで専門家とか関連業者らが「こんな法律成立されたら大変なことになる」
って騒いでYMOの坂本龍一氏らが経済産業省に訴えて、結果的に廃案になったPSE法のような例もある。
あれは俺も参加したからよく覚えている。

他にもネット発信で国政を動かした例はあるんじゃないかね。
そういうところをうまく発展させればネット民主主義の可能性は高まるんじゃないか。

298 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 17:12:26 ID:Lv9ZPO8R0
>>297
それは陳情で直接民主制とはまた別の話じゃないか?
政治家は選挙があるから良くも悪くも支援者には忠実だし、
世論の反応はいつも気にしてる
官僚は選挙がないから住民の意見を聞いても聞かなくても結果は同じ
だから、意見が反映されるとは限らない
SNSを地方自治に生かすなら自治会機能を持たせれば面白いとは思うけど
民主主義にはならないよ


299 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 17:54:51 ID:MBPSinhH0
だから「うまく発展させれば」と書いてある

300 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 20:03:53 ID:vtJE5Vxx0
>>298
よくわかってないようだけど、東が言いたかったことは具体性には欠いていたけど、
ネット上での直接的に政策に関わる機会を与えろってこと。

東の言葉をきちんと聞けば分かるけど、国政や中央の官僚の必要性はその規模が大きいから。
小さな市区町村レベルに置いては細かな折衝役に官僚は必要でも、現状より官僚というより
地方公務員の持つ顕現が圧倒的に減る。そして、毎日ネットで事案がアップされそのことで
意見や多数決を行って是が非を直接的に決めていく。
官僚を引き合いにネットの活用を否定するのは間違い。意見の反映に官僚を挟まないことこそネットに意義がある。

そのことに対する説明は東はしているんだけどね。

301 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 20:19:43 ID:vtJE5Vxx0
それに296の説明は陳情政治で、直接民主制ではないが、ネットが現実の政治に影響力を持つ
例としては適切じゃない?

あと、利害の対立なんかもネットでそれぞれの事案に対して多数決をとれば良いだけの話。
もめることについては現状だって地方で公共事業やるときは地元の人間ともめることは
よくある話。もめごとの数はネットの利用で無くなりはしないだろうが減ることだろう。

snsが民主主義でないという結論もよくわからんな。地元の人たちの意見を反映させる為にネット
を使おう。一人の人間に代理として投げっぱなしにするのではなく、一つ一つの公共事業に
目を光らせよう。そういう細かな政治理念は民主主義としてきちんと成り立ってるね。

302 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 20:21:05 ID:vtJE5Vxx0
296じゃなくて297でした

303 :文責・名無しさん:2010/02/14(日) 20:55:33 ID:H3UFFEXj0
みんな政治の話するの好きだね

304 :文責・名無しさん:2010/02/15(月) 13:11:42 ID:unDU0JiU0
そういう場所だからね。
あと、297の事例は現在の日本のシステムでは十分に民意を汲み取って現場にあった
法律が作れない可能性があること、それをネットで補完できること がわかる例なんだよな。
PSE法が国会を通って施行寸前でありながら、問題ありありの法律だった訳だから。

305 :文責・名無しさん:2010/02/15(月) 15:08:18 ID:Ouw+9kPe0
>>298だけど

>>300
ネットの活用を否定ているわけじゃないよ
オンブズマン的な役割やロビー活動的なものに使うことはかなり良いと思うよ
PSEの話は成功例だと俺も思う

でも、それは東って人が言ってることとは違うはず
動画で彼は「政治家はコミュニケーションコストを安くする手段」
「それがITの発展で10万人ぐらいの規模なら政治家はいらない」と言ってる
どんなシステムを構築すれば国民が直接官僚をコントロールできるようになるのかがわからんわけ
そもそも政治家は人と人を繋ぐだけの仕事ではないと思う
日本が属国だから政治家の役割がわかりにくくなってるだけだと思う


306 :文責・名無しさん:2010/02/16(火) 16:30:58 ID:bIPqMO/W0
まあネットという新しく生み出された環境を政治システムに組み込んで、より民主主義を発展させようという
点では意見は一致しているわけだ。
問題は、それがどのような方法でどの程度までやれるかということだな。
俺も国防や外交など、国家機密を必要とする分野では限界があると思うよ。

ただ、建築基準法改正に伴う混乱に見られるように現行のシステムでは十分に現場の意見を反映した法律が
作れなくなっているように思う。
http://pub.ne.jp/mfgm228/?entry_id=902009
自民党が結果、国民の支持を失った背景には属国とかいう以前に、そういう問題に対処できなかった面が
大きいと俺は見ている。(官僚の出す法案に盲版を押してたのかもしれん)

民主党が果たして、現在のネット環境に適合した仕組みをつくれるか否かが今後の大きな問題点だな。

307 :文責・名無しさん:2010/02/17(水) 10:54:42 ID:r0GIC/aX0
宗主国様に逆らって独立しようなんざ てめーら覚悟してるんだろーな 黄色の猿ども
先ずは小沢よ、お前が来ておれの靴を舐めてみせろ 話はそれからだ。

米国は日本のトヨタを最初に破壊すると警告します。そして次がホンダです
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/141276096.html



308 :文責・名無しさん:2010/02/17(水) 11:50:42 ID:r0GIC/aX0

熱血!会計物語 (※ 物語です)
「あの会社はハイブリッド車の粗利率を30%に設定しているんです。どういうことか分かりますか」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100215/212788/


309 :文責・名無しさん:2010/02/17(水) 12:18:15 ID:r0GIC/aX0
オリンピック 激戦続いていますね〜
快挙!ついにやった♪ 日本が中国抜き首位 
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010021700002
http://www.news24.jp/articles/2009/05/15/04135329.html

310 :文責・名無しさん:2010/02/18(木) 09:41:53 ID:0yADzPel0
○ドバイ状況 T
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
昨夜、ドバイに到着しましたが、ほぼ8ケ月ぶりでしたが入国管理事務所の壁が壁紙がはがれたままになっており、
まったく修復していない状態でした。
以前はそれは管理がしっかりされておりその巨大さもあり圧倒されましたが、今や資金難かも知れませんが入国する
者が必ず見るところでこのような有様となっているのです。
また、街中は到着したのが夜11時ということもあり、マンション・ビル・ホテルには殆んど電気がついておらず、
メイン通りには以前は宣伝用に使っていた大型の看板(板張りで照明器具つき)が地板むき出して放置されていたり
と荒れ方がひどい状態になっています。
モノレールも駅には照明はつき、一本走行しているのを見ましたが、誰も乗っておらず、駅にも誰も寄り付かず、
ゴースト駅となっています。
もっともドバイ人の夜は早く、朝早くから活動しますので、夜の閑散さは当然と言えば当然なのですが、
誰もいない駅のエスカレーター・通路等全て照明がつき、ビル・マンションには殆んど照明がつかない
というのは皮肉と言えば皮肉かも知れません。
精一杯、ドバイは生きているという『虚勢』をはっているようにも見えるからです。
今日は今までドバイで運転手役をして貰っている若者の案内で色々回ってきますので、またご報告させて頂きます。



311 :文責・名無しさん:2010/02/18(木) 09:43:35 ID:0yADzPel0
○ドバイ状況 U
お昼 一人定価で一人無料
これはドバイ最大と言われるドバイモールで見かけたレストランの宣伝です。
ドバイモールは、巨大なショッピングセンターでアメリカのデパートの一つであるブルーミングデールも開店
したと報じられこれでドバイ危機は去ったという専門家もいますが店には殆ど客はおらず店員も遊んでいる有様でした。
もっともこれは他のデパートにも共通する事で、イギリスのマーク&スペンサー、フランスのギャラリーラファイアット
にも客は殆どいませんでした。
日本の書籍店である紀伊国屋も閑散としており昨年に比べ書籍の数・種類が減ったように見受けられ閉店も近いかも知れません。
またショッピングセンターはどこも閉店した店が多く、小さな店舗ビルの中には一軒もテナントが集まらず破綻も時間の問題と
思えるところも散在しています。
ドバイ危機は末端で静かに進行しています。


312 :文責・名無しさん:2010/02/18(木) 15:40:57 ID:0yADzPel0
来たな〜!原口総務相 検察(名指し)裏金存在調査を指示
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100218ATFS1703D17022010.html

で、週間ポストも検察裏金問題をとりあげたな。
どういう落とし前をつけるのか・・・まぁ どんどん検察や警察・・序でに税務署まで
誰も逆らえなかった巨大な権力機構組織の闇を暴露して欲しいも 

313 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 09:48:19 ID:yJ1cC/bj0
トヨタ社長涙目・・・公開晒し者の刑〜有権者に歓心を買おって魂胆もくっきり見える。

どうしようもない危機感のなさ(トヨタ)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
今月24日に予定されていました公聴会に豊田章男は参加しないと表明したことでアメリカの
米下院監督・政府改革委員会のタウンズ委員長を本気で怒らせ、とうとう事実上の召喚状を送り、
24日に出席するように要請・命じています。

仮にこの召喚に応じない場合は『証人喚問』となる恐れがあり証言内容によっては最悪の場合
豊田章男社長は逮捕・身柄拘束される恐れが出てきています。
そして法人としての【トヨタ】は米国から追放され、トヨタには数千億円規模の罰金が命じられ、
集団訴訟の行方によっては【トヨタ】には数兆円の賠償命令が下されます。

今、格付け会社はトヨタの格下げを検討している筈でここで数段階格下げとなった場合、
15兆円もの『借金』があるトヨタですが、一気に資金繰り難に直面することもあり得ます。
トヨタ幹部は一貫して危機感はありませんが、事態の推移によっては会社消滅という事態も
あり得る事態になりつつあります。


314 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 10:09:58 ID:yJ1cC/bj0
北京オフィスビル、空室率50%に バブル崩壊間近か
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/02/html/d86937.html

船舶受注先月の3分の1に減少 前年同月比で9割減
http://www.sjchp.co.kr/koreanews/koreatis_view.htm?num=8412
世界的な景気低迷により、海運市場が大きく冷え込んでいる。
船荷がないと、中国でのロジステック現場の人から聞いている・・・。




315 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 11:03:07 ID:yJ1cC/bj0
米テキサス小型機激突ビル・・・タックスビルと朝TVで言っていたが、
「タックスヘイブン」包囲網
http://www.shinchosha.co.jp/foresight/200906/topic_03.html
オフショアを認めない、財政の苦しい米国の強行政策に対する、金持ちによるテロなんでないか。
やることが派手というか、これが米国の姿なんだと 感心するやら・・・。
こんな国から、無事に何事も無く日本が独立できるのか、心配になってくる。


316 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 12:29:08 ID:yJ1cC/bj0
粉飾決算の疑い検証へ=日航問題でPT設置−民主
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000015-jij-pol
↑自民中枢に狙いを定め、投下する爆弾を作成中の図だな。


317 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 15:43:01 ID:Y07JjJ8i0
村山が<首相が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかったという>って本当かぁ?

318 :文責・名無しさん:2010/02/19(金) 18:40:15 ID:yJ1cC/bj0
>日本「独立」に賛同するのなら、27日のオフ会の私の「講演」ぜひ聞きに来て欲しいね
↑札幌からじゃ遠すぎて・・・つーか、仕事終えても除雪が待ってるし。
個人的にも、太田さんと立川談志は、できれば両人生きているうちに動く(喋る)姿を
是非とも拝謁願いたいとおもっているんだが・・・
太田さんの年代だと行動しても“余熱”なんだろうけど、太田さんはこれが“本熱”なんだな〜と、
つくづく感じています。

城山三郎「人生余熱あり」
http://pdabook.jp/pdabook/recommend.asp?partner=pf&sku=kb16143
勇気づけられていまっせ、太田さんに。

319 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 02:30:58 ID:6MjCVJvn0
それじゃあ映画評論リクエスト。
モサド繋がりってことで、スティーブン・スピルバーグ監督の『ミュンヘン』を提案します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

320 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 10:38:20 ID:UbnTiDa70
『どんな国でもやっている』 暗殺関与疑惑でイスラエル高官
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010022002000089.html
アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで起きたイスラム原理主義組織ハマス幹部暗殺事件で、
イスラエル政府高官は、同国の情報機関モサドの関与が疑われていることについて
「どんな国も同じようなことをやっている」と述べた。
イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)が十九日、匿名で伝えた。

政府高官はモサドの関与については明言を避けたが、イスラエル政府の本音ともとれそうな発言だ。
事件で偽造とみられる旅券が使われた英国などがイスラエル大使を呼んで事情を聴くなど、
外交問題に発展する気配もあるが、イスラエル政府高官は「西側の国々とは『暗黙の了解』がある。
批判はすぐにやむ」との見通しを示した。

モサドは国外での極秘任務にあたる組織。
一九七二年のミュンヘン五輪でイスラエル選手団がパレスチナゲリラに襲撃され、十一人が死亡した
事件では、欧州などに逃亡していたゲリラの殺害作戦を実行したとされる。





321 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 11:06:00 ID:Vt6/PnEE0
ミュンヘンは当時町山智弘がラジオ等で推薦してたので映画館で観たのだけど、
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20051206
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060125

いきなり不意を突いて来る大音響の爆発音で視聴者をビックリさせるところが
大きな見どころのひとつだと感じたので
DVDでみるならヘッドホンで音を聞くのをおすすめしたい。

322 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 17:55:34 ID:RrBiXqAN0
あの西村眞吾センセイのエッセイが典拠??

震災に関しては村山の責任は概ね否定されてるし、
村山が震災犠牲者に心を痛めて何度も辞職しようとして
慰留されたエピソードもウィキペディアなんかで確認できる。

だいたい西村は連合大阪の候補で、土井たか子の応援演説を
受けた奴のくせに偉そうになぁw

323 :文責・名無しさん:2010/02/20(土) 18:30:23 ID:fpTzs68b0
例えば自衛隊に理解のある九州各県なんかは普段の災害(台風等)から自衛隊と
協力して対策しているのに対して、そういうことがなかった兵庫県に対して
どう動いていいかわからなかった面があるとか自衛隊関係の人が言ってたね。

自衛隊の災害時の出動は各県知事の了解が必要だけど、普段から協力して信頼関係を
構築できてれば書類とか事務処理とか法的手続きは後で処理することにして
緊急出動できたのに・・・って話だった。

そういやイギリス陸軍って、昔は1年毎に議会の承認が無ければ継続できなかったんだよね。
今は有名無実になってるけど。

週末、太田氏に捧げるアニメソング
「ヘタリア」より「パブってGO!」
ttp://www.youtube.com/watch?v=TNNlUWwZK3Q

最後の「アメリカのバカ〜!」は思いっきり感情を込めて叫んでくださいw

324 :文責・名無しさん:2010/02/21(日) 09:53:05 ID:sk1HOXUP0
>>322
どうあれ村山の責任は免れないだろ
総理大臣を務めるという事はそういうこと
鳩山のアホもその辺をまったくわかってないな

325 :文責・名無しさん:2010/02/21(日) 16:04:39 ID:YYsLAp160
男性差別
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E6%80%A7%E5%B7%AE%E5%88%A5

『男性差別』で検索してみよう〜!

326 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 12:52:24 ID:Qu/CKUj30
http://www.youtube.com/watch?v=9Jc-PZ8wcQM

冒頭の小沢の発言は明らかに道路族議員の発想。
ここまで堂々と腐敗してると、民主は次の選挙勝てずに、自民が逆転する可能性すら出てくるな。

民主はいい加減。小沢を切れ。あいつが消えることで党内の結束力が弱まっても、そんな
混乱してるときにこそ若手のチャンスが生まれる。新しい人材を捜せっての。
小沢は幹事長ではなく,議員辞職を。

327 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 13:15:23 ID:1aGEQqgL0
トヨタを待ち受ける米公聴会
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100218/212859/
公聴会は政治ショーの側面も・・・



328 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 14:00:25 ID:ZNDXMogZ0
>>326
民主が自滅しても自民が復活するとは思えんね。
公明や「みん党」が漁夫の利を得るだろう。

329 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 14:03:43 ID:ZNDXMogZ0
おっとソースはこことか。
http://www.imi.ne.jp/abc/opimion/new/pol/docs/sub2.html

330 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 15:05:08 ID:Qu/CKUj30
>>328
みんなはそんなに数を出せないし、公明と自民は同じもんだろ。連立組んで一緒の人間
支援してるだし。
長崎県を見れば分かるが漁父の利を得るほど大きな第三の野党は存在しない。

結局、数を出せる自民と民主の戦いになるし、民主に幻滅した人間がこれまた次善の策で
自民にいれることで自民が逆転する。
長崎の構図は,その前触れの可能性は大いにある。

331 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 17:01:17 ID:iLFv8Yua0
自民には票は入らんぞ。票を取るためには将来に希望が持てる新しい政策を
掲げなくちゃダメだ。

郵政民営化1つとっても明確な方針をとったら分裂しちゃうからできないなんて
政党には誰も投票する気にはならんと思うよ。

みんなの党は自民別働隊だけど少数だから思い切った政策を提言できてるのが
いいね。

332 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 21:43:46 ID:0qAYJwuZ0
>>326
あれだけ選挙では小沢氏の豪腕にお世話になっておきながら
逆風が吹いたというだけで切り捨てるような
不人情な政党に誰が投票するってんだよ?

333 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 21:48:42 ID:0MkkwArZ0
国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100222-OYT1T00713.htm
 国家公務員が天下りせず、65歳の定年まで勤務するようになると、2025年度の総人件費は今より
最大2割増加することが22日、総務省の試算で分かった。


天下りの弊害論ってさ
結局、太田の妄想っていうか
官僚世界でハブられて辞めるしかなくなったことへの怨みからきてるだけなんじゃないの?



334 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 22:35:55 ID:0qAYJwuZ0
>>333
総務省の大本営発表を真に受けるなよ情弱

335 :文責・名無しさん:2010/02/22(月) 23:13:57 ID:ku58+x/R0
>>333
>国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増
そりゃそうだ。

「4000億円強(約20%)増加」−「天下り人件費」
が分からんと。

「天下り人件費」は、曖昧に答弁してる。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/171582.htm

336 :文責・名無しさん:2010/02/23(火) 09:21:56 ID:vrNy39em0
>>334
そこは「工作員乙」というべきところだろjk

337 :文責・名無しさん:2010/02/23(火) 09:26:54 ID:q8d3Jdht0
そもそも公務員の人件費を20%削減するが民主党の公約だから
差し引き0になるってことだ。

できるかどうかを別にすれば。

338 :文責・名無しさん:2010/02/23(火) 20:04:04 ID:xx88eDbY0
>>335
『総人件費が増加』って書いてあるのに『−「天下り人件費」』ってなんだ?
日本語ちゃんと読んでくれよ
信者のくせに教祖からもバカにされてるし

まあ太田がバカにしてる論拠だってとんでもない電波だがw

339 :文責・名無しさん:2010/02/23(火) 23:03:58 ID:i5AM2eay0
>>338

現在:23歳←早期退職→56.7歳←天下り→65歳
読売報道:23歳←定年延長→65歳

人件費を対照的に比較するなら、
天下り期間(56.7歳〜65歳)の人件費56.7歳〜65歳も考慮しないとね、
ってこと。


340 :文責・名無しさん:2010/02/24(水) 15:36:50 ID:cDc4PcGX0
■2005年8月4日、東京都杉並区における『新しい歴史教科書』採択に抗議した「市民」や「市民団体」に関する報道

【朝日新聞】 傍聴しようと500人もの市民らが訪れた。
【毎日新聞】 扶桑社版教科書に反対する市民団体ら、約500人が傍聴券を求めて集まるなど、関心の高さがうかがわれた。
【読売新聞】 反対する市民団体や過激派・中核派関係者を含め約500人が集まった。
【産経新聞】 過激派の中核派が支援する「『つくる会』の教科書採択に反対する杉並親の会」や、
        共産党と友好関係にある「杉並の教育を考えるみんなの会」のメンバーら反対派約六百人(警視庁調べ)が詰め掛け、
        審議に圧力をかけた。

【朝日新聞】 市民
【毎日新聞】 市民団体
【読売新聞】 市民団体や過激派・中核派関係者
【産経新聞】 過激派の中核派が支援する「『つくる会』の教科書採択に反対する杉並親の会」
        共産党と友好関係にある「杉並の教育を考えるみんなの会」

ttp://image.blog.livedoor.jp/asapykadan/imgs/4/0/4059c746.jpg

341 :文責・名無しさん:2010/02/24(水) 17:20:35 ID:mEAtEcHG0
最近、ゴールデンパラソル?なる理論を使って天下りの
廃止を提案する人がいた。

それは二、三億円の退職金を与えていらない公務員を辞めさせると言う
金を使った餌を代償に天下りを禁止するって物だった。

これは俺はありだと思う。金をかけずに天下りを廃止なんてしていたら、
公務員の反対が強すぎて改革なんて進まん。
この際、金を多くかける結果になっても組織の正常化を重要視する
妥協の姿勢を国民も示すべきだろう。感情的にはイラつくが、これ以外に
上手くいく方法がない。

342 :文責・名無しさん:2010/02/24(水) 18:25:43 ID:nyuYuqOv0
そんなの世論が支持するわけない

343 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 01:15:34 ID:iY3fUGqj0
http://www.afpbb.com/article/economy/2701135/5392928

「23日に行われた、トヨタ自動車(Toyota Motor)のリコール問題を調査する
米下院公聴会1日目。この日は元ソーシャルワーカーの女性が証言に立ち、高
速道路でトヨタのレクサス(Lexus)を運転中に時速100マイル(約161キロ)
で制御不能になり、夫に別れを告げる電話をかけたことを涙ながらに語った。
(中略)
 新車の「レクサスES 350」で高速道路に合流したところで、スミスさんは突
然、時速70マイル(約113キロ)から100マイルへの不可解な急加速を体験した。

 必死でサイドブレーキをかけ、ギアをバックに入れたが、速度は下がること
なく車は高速道路を疾走した。

(中略)
短距離無線通信規格のブルートゥース(Bluetooth)搭載の携帯電話で、夫に
電話をかけたという。「夫にはどうにもできないことはわかっていた。けれど
も、もう一度だけ声が聞きたかった」と、スミスさんは涙をぬぐいながら語っ
た。

 夫へ電話をかけたとき、「神の力が介在し」、車はすこしずつ減速して停止
したという。」

本当かなぁ?
時速160キロで走っててギアをバックに入れるってその方が怖いけどなあ。
ブレーキを踏んでも減速しないとかって複雑なプログラムの動作ではなく純粋に
メカの話だから、にわかに信じがたいわ。

おまけに最後は神がかり的力で止まったって、、、この人を呼んだ人は裏をとってあるのかなあ?

自分が日本人だからって一方的にトヨタを擁護するのもどうかと思し、実際に問題があったからリコールしたんだろうけど、この証言じゃちょっと。。。

344 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 10:53:35 ID:ikusg2NL0
>本当かなぁ?時速160キロで走っててギアをバックに入れるってその方が怖いけどなあ
本人がそう言ってんだから しかたがあんめーよ。

>おまけに最後は神がかり的力で止まったって
なーるほど、流石にキリスト教原理主義国家・・信仰深いおかげなんだな・・343も見習え〜W 

云うまでもなく政治ショーで、公聴会なんぞに引っ張リ出されたら最後、公開見せしめの刑・・・
トヨタが恐れていた最悪のパターンがこれだ。
前から云うように、トヨタの危機管理の異常さは、トヨタの驕り故の産物だろ。
おいらも個人的にトヨタの傲慢さが嫌いで、故にトヨタ車は乗っていないが、こと此処まで
ヒステリー・バッシングで それこそ会社存続の危機までとなると、日本への影響は大き過ぎるので心配になる。
宗主国は訴訟王国でもあり、弁護士の数だけでも宗主国と属国の差は桁違いだしネ。

ちなみにだ、普通走行中にギヤをバックに入れることなんざできない筈なんだが、
雪国では厚雪状態の路面だと、急停止のためにバックに入れて緊急停止が可能なんだが、
(雪等で凍ったりする滑る路面で可能となる)
これは運転慣れしたタクシーの運ちゃんとか、若いアンちゃん達のようなごく一部の者が
できるのであって、まして高速で普通の人がギヤをバックに・・・  たしかに、
この元ソーシャルワーカーの女性は凄い。
おいらの予想なんだが、この後でこの女性は、アメリカのレース界からスカウトが沢山くる
とおもうが、どーだろ?



345 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 12:32:02 ID:ikusg2NL0
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/
激変した米国経済指標
昨日と今日、相次いで米国経済指標が発表になりましたが12月から激変しており、
景気は今年に入り急悪化してきているのが分かります。
1)消費者信頼感指数:現状判断は過去最低
2月の消費者信頼感指数は1月の<56.5>ポイントから<46.0>ポイントまで
10.5ポイントも激減しており、事前予想の<55>が大外れとなっています。
金融関係者(アナリスト)の予想はいつも楽観的ですがここまで予想が外れるということは
アナリストと国民との間に物凄い認識ギャップがあるということになり、金融市場がいつ
軌道修正に入るのかによって市場動向は大きく変わります。
すなわち、ウオール街は楽観論に支配されていますが、国民は悲観論に傾いてきており、
これがいずれは合致するようになれば、株式市場は大きく下落するようになるのです。

『景気はよくなる、株もあがる、だから株を買いましょう!』と金融関係者が言いましても
実際の景気が悪化してきていれば『どこが景気がよくなっているのか、頭を冷やしてきたらどうか?』
と国民は思います。
それが端的に表れたのが今日発表になりました【新築住宅販売戸数】です。



346 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 12:32:44 ID:ikusg2NL0
(続き)
2)1月の米国の【新築住宅販売戸数】は年率換算で309,000戸
アナリストは354,000戸に増加するとの見通しを示していましたが、大きくはずれており
まさに激減してきているのが分かります。(12月は348,000戸となっています。)

そして『売れ残り在庫』は8.1ケ月分から9.1ケ月分に急上昇していますが、昨年5月から
12月までは在庫は漸減してきていましたので、まさに今年1月になり市場環境が激変しているのです。
また、1月の販売中間価格は12月の$221,300から$203,500にまで急落しています。
消費者信頼感指数の激減、新築住宅販売戸数の激減、この2つを見ましても米国景気は今年に入り、
激変してきているのが分かります。
しかも悪化スピードが激しくなってきているのです。

今、日本でもこの1月、2月に売り上げが激減し、20年前に戻っているという
お話を聞くようになってきており、末端の経済活動はまさに厳冬を迎えていると言えます。
先週香港に滞在しておりましたが、ブランドショップには客はまばらであり、中国景気はどこにいった、
という状況になっていました。

景気に対する期待が大きい分、外れた時のショックは大きいものがあります。
今はまだ期待が残っていますが果たしていつまでこの期待を持ち続けることが出来るでしょうか?


347 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 12:34:58 ID:ikusg2NL0
ギリシャのゼネスト
ギリシャで200万人とも300万人とも言われる大規模ゼネストが起こり、
銀行・空港も閉鎖され国の機能が事実上マヒしています。
増税と歳出削減に反対してのゼネストになっていますが、今後現パパンドレウ政権
が財政赤字を減らすために本格的な増税を打ち出してきますので、労働組合は
本格的なゼネストを打ち出し、政権崩壊まで追い込むことになれば、ギリシャ問題は最悪の事態に陥ります。
ワールドレポート2月15日付け【世界の爆弾:第3 ユーロ崩壊】で解説させて頂きましたがそのままの
事態に陥れば【ユーロ】は崩壊することになります。
世界の<Xデー>へのカウントダウンが始まっており、次に【ユーロ】がどのような動きを見せるかによって
<Xデー>は早まります

348 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 12:57:58 ID:ikusg2NL0
全米の銀行702行に経営破綻の危機 FDIC報告書
http://www.cnn.co.jp/business/CNN201002240009.html
ニューヨーク(CNNMoney) 米連邦預金保険公社(FDIC)は23日、
米国で700行を超す銀行に経営破綻の恐れがあるとする報告書をまとめた。
FDICは、資金繰りや経営状態が悪化して破綻の恐れがあると見た銀行を
「問題銀行」と認定している。今回の報告書で問題銀行は702行に増え、
約11行に1行の割合となった。これは、1066行が問題銀行とされた
92年以来の高水準。2007年10―12月期の時点では76行のみだったが、
景気が悪化し始めた同年後半から増え続けていた。
ただし、問題ありとされた銀行のうち、実際に経営破綻に至るのは平均で13%
にとどまっている。2009年は全米で140行が破綻し、今年はこれまでに
20行が破綻している。
FDICが問題ありとした銀行名は、取り付け騒ぎの恐れがあることから一般には
公表されない。


349 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 13:06:00 ID:ikusg2NL0
米軍がアフガニスタンで民間人を誤射等して殺した場合の損害賠償金額は
1500ドルから2500ドル、つまり14万5000円から22万5000円
http://america20xy.com/blog6/2010/02/20/us-military-decides-that-afghan-lives-are-worth-up-to-2500/

誰だぁ〜ヒトの命は地球よりも重いなんてぬかしたの・・・・これ、もしかして家畜以下ってこと?


350 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 13:31:24 ID:ikusg2NL0
今、この時期に、この有様・・・どうする検察〜♪
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100224-OYT1T00615.htm
公的証明書を偽造した上村証人は、厚労省の村木元局長との共謀について書かれている
自らの検察官調書について「それは検事の作文。いくら自分が単独でやったと言っても
聞いてもらえなかった」と証言しました。
上村証言によれば、記憶のないことも、検察官から「他の人はこう言っている」と言われ、
取り調べの中でだんだんと「そうだったのか」と新たな記憶が構築されていった部分もある、とのこと

上村証人を取り調べた國井検事の態度は紳士的で言葉も普通。暴力もなかった。けれども、「僕の話した
ことを聞いてくれない。(調書に)書いてくれない。信じてくれない」とのこと。「(國井検事は)自分の興味の
あること、都合のいいことしかメモしなかった」
上村証人は、取り調べの時に、調書の内容が事実と違うと述べたこともあった、とのこと。「でも、他の関係者は
こう言っている、と(言われた)。上村さんはよく覚えていないようだから、周りの言うことを聞いた方が
いいんじゃないか」と検事に説得されたと証言
上村証人は「『想像の話みたいになっちゃうけどね』と言って國井検事が話したことが、調書では私が話した
ことになっちゃう。悔しくてならない」と泣く

なぜ取り調べで真実を貫かなかったのか、という点について、検事に逆らうと、取り調べが厳しくなったり、
勾留期間が長くなったり、再逮捕もちらつかされて、「有形無形の圧力があって耐えきれなかった」と上村証人。
「とにかくおとなしくしてなきゃダメだと思った」と
上村証人は「村木さんが事件に関与してない絶対の自信があるのか」と聞かれ、「あります」ときっぱり。
ちなみに彼は検察側の証人で、以上はすべて検察官の質問に答えたもの。これで検察側は、どういう論告を書くつもりなのだろう


351 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 13:50:12 ID:Hff3w6lU0
トヨタが売れなきゃ、そのかわりにホンダや日産がうれるだけ。
トヨタ沈没でまったく無問題。

352 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 16:34:04 ID:ikusg2NL0
344に補足
雪国では厚雪状態の路面だと、急停止のためにバックに入れて緊急停止が可能なんだが、
(雪等で凍ったりする滑る路面で可能となる)
↑但し、低速時のはなし。


353 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 19:04:02 ID:QHQHm9C60
マスコミの言う「静かなブーム」って大抵の場合、捏造だよね

354 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 19:37:06 ID:y0Mbs8Ew0
>>353
転居

355 :文責・名無しさん:2010/02/25(木) 22:35:02 ID:RVsrp5YD0
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20100225ATDG2500Q25022010.html

人種差別撤廃委員会で「国内人権機構」の創設を表明 日本政府代表

シナ・韓国・朝鮮で人権問題というなら判るが。
日本で人権という時には、虚偽捏造・実体の無い被害を言い募って、
加害者をでっち上げ迫害・金銭利得を得る被害者利権を増進すると
いうことですね。

356 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 10:01:51 ID:4s+sQ5Au0
>>353  人気商品だった筈の、男性用ブラジャーの会社も破綻したしネ。
まぁ、捏造というよりだ、需要を創り出すのが狙いであるので、そこんとこ
さめた目線で見たほうがよいかと。
云うまでもなく、マスコミは何で碌を食んでいるかを考えるとだ、当然の商行為ってこと。
バレンタインやクリスマスだって同様に消費を煽っているだけで、消費者もそれを楽しんでいればよいかと。
もう2〜30年も前から、懸命にハローウィンブームをつくり出そうとしているが、これはいまいちみたい。

トヨタ社長の公聴会とその後の会見なんぞは、トヨタのロビー活動が功を奏したとみるべきで、
イラク戦争時の、例の、病院で子供が床に叩きつけられ殺されたという、イラク少女の(偽)証言
なんざ、広告代理店のつくったシナリオってことがばれたし、油まみれの水鳥も偽映像だし、
しかし、今回の公聴会の証言したおばはん(160キロもの高速でサイドブレーキをひいたり、電話かけたりの
ギヤをバックに入れたりの凄いテクニック)のシナリオは酷過ぎだよな。
このおばはんは、逆にトヨタの送ったクサかとおもってしまうほど・・・どっちにせよ、
こんな神がかった?キ印たちの途方もない訴訟を受けるってことは 大変だよな。
さもしさも ここまで行けば清々しい・・と云うか、日本でもキ印のモンペアが増殖しているけどね。



357 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 10:03:25 ID:yuXAC0G+0
静かなのかブームなのかきっちりしなさいってことだな。
短い文章なのに矛盾しまくり
有名な秘話 とか 人跡未踏の地に人食い虎がいた 並みの矛盾

358 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 14:21:22 ID:dQLKQBAG0
>>356ってコピペ臭いな


359 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 14:46:21 ID:4s+sQ5Au0
>>358 なんでやねんの念。 屁が臭いのは認めるが(キリッ
で、話はかわるが、フォークランド紛争(戦争)・・・また きな臭くなってきたな。
何やら怪しい、最初にみつけたのが俺だ(英国)ってことで、所有権の正当性を主張しているが、
この女はおれが最初にツバつけた・・・って言ってるゴロツキと同じでね?
フォークランド紛争
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e7%b4%9b%e4%ba%89

この、アルゼンチンのすぐ目の前にある島のことなんだが、我が日本の根室のすぐ目先、肉眼でも見える北方領土。
望遠鏡では、島民の歩く姿まで見える(おいらも何回か見たことがある)領土が、地理上は遠くとも強国であるが故に
所有権を主張できるっつーのも・・なんだかな だ。
実際に現場に行って見ると驚くぜ。 >>358も屁が臭いとかぬかしてなく、一回行って見てみろや。

360 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 15:58:40 ID:yuXAC0G+0
モンペアの正体は日教組でどうしようもない教師を押さえつけるための連隊行動
という説を聞いたことがある。

まともな教師にはまともに対応してるのだとか。


361 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 16:07:07 ID:ciCKZVzd0
>>359
あんたの文章下品だな。
フォークランド紛争が再燃してるのかと思ったら
只の例かよ。

下品な主張では何を言っても伝わらんよ。



362 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 17:51:05 ID:4s+sQ5Au0
>>361 ほれ
フォークランド問題再燃 アルゼンチン、国連に調停要請 英企業探査に反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100226-00000062-san-int

フォークランド紛争再燃してるって、大きく取り上げられているニュースなんで知ってるとおもったが。


363 :文責・名無しさん:2010/02/26(金) 20:19:36 ID:yuXAC0G+0
三、「官がやるべきことを(民はもとよりだが、)官がやっていない」
日本の公務員の数が他国と比べて少ないのは単に軍人が少ないからじゃないか?
http://www.rosenet.ne.jp/~nbrhoshu/milexhikaku2003.html
単純比較して公務員の数が比較的少ないから日本の官僚機構が効率化していると
考えるのは禁物だね。

んで、官僚機構の更なる効率化・省力化は可能なのだが、雇用や経済問題とリンクして
民の部分も合わせて組織そのものを基本的な部分から変えていく必要があるだろうね〜。
単に無駄・非効率というだけでは一断できない問題が横たわっている。


ただ、これを完成・成功させれば、日本は世界に先駆けて最新式の組織を供えた国家に
なれるだろう。

364 :文責・名無しさん:2010/02/27(土) 11:06:09 ID:JFA9BdyD0
>>363
公共事業の受注者として40年近く携わってきたと云う、憂国の龍馬さん(凄い名前だね〜)の、
≪体験し、見聞してきたことは驚くことばかりでした 公務員は同じ日本人の労働者なのかと思いました≫
との、呆れ嘆いている言は、おいらも公務員経験があるので痛いほどわかる。 
公務員は組織の効率化云々と言っても、「仏作って魂入れず」の所詮戯れ言に過ぎず、おまけに、余計な事をスンナ!
と叱責されるのがオチの、民間には到底理解できない“茹で蛙社会”なんだよな。
当然ながら、ぴん呆けした公僕達に呆れているのは憂国の龍馬さんだけではなく、係わった人の殆どが感じている筈。

くだらん話だが、おいらも仕事の関係で法務局に登記簿謄本等とりに行くが、以前女子社員を行かしたところ
11時30分から昼休み(札幌で)なので13時以降再度来るようにと言われたとの電話があり、おいら短気なもんで
直ぐ担当者電話をかけ怒鳴ったところ 渋々受付をしたことがあった。(しかも受付したのは11:35)

一般の民間では、昼休みだから来客を拒むって発想そのものが無いのだが、公務員は違うようで、
おいらが登記簿一部変更で窓口に行った際に、その窓口に尊大な口調の年配のおっさんが出てきて、
「こんなことも知らんのか〜」と言うので、おいら切れて「わからないから聞いているんだろ〜」と
大声で怒鳴り、このおっさんを叱責したところ、このおっさん目を白黒させうろたえ謝罪をしたが、
順番待ちのお客さんたちは皆目が笑っていたんで、普段もこんな調子での接客態度なんだな〜とつくづく・・・。
まぁ、接客という以前の問題で、客となんざ露ほども思っていないだろーし、相手が忙しいかろうが
そんなことは全くお構いなしの(想像すらしない)、家畜のような代物といえば言い過ぎ?か。
云〜、愚痴の見本のようになってしまった メンゴ。




365 :文責・名無しさん:2010/02/27(土) 11:54:36 ID:H1S0LbG/0
364さんの言うことわかるよ。とはいえ、個人的には今いるところの地方自治体は昼休みでもきちんと
対応してくれるし、休日出勤なんかもやっているみたいだ。無駄な海外出張なんかも無いし、財政も一応、
黒字みたい。
保革がほど良い具合にせめぎ合う緊張関係が保たれてるせいかな?と思う。

ただ、仕事の関係で官僚の許認可事業とか関わってきたけど、ほんと官僚はクソだったな。
省庁と自分の利益と権益しか考えてないのに表向きは国民のことを考えているように振舞うのだから。
それは>>304>>306を読んでもわかると思う。

ところで、太田氏のコラムの
「一だけに着目すれば、官僚の数は減らせるでしょうが、日本の官僚数の人口比が、世界有数の低さ」

官僚とは一般に、国家の政策決定に大きな影響力を持つ公務員のことだから一般の公務員とは違うのに、
太田氏、混同しちゃってるよ。

龍馬氏が言っているのは公務員全体のことだよね。

366 :文責・名無しさん:2010/02/27(土) 21:30:26 ID:H1S0LbG/0
>何か思いついたら、もう少し掘り下げなくっちゃ。
 軍人数を除いた公務員数でも、日本は人口比で世界有数の少なさだよ。
 調べてごらん。

申し訳ありません。太田様と違ってなかなか時間がとれないもので・・・
まあ休みなのでちょいちょいと調べましたが、日本で公務員が少ない理由は軍人が少ない意外に
天下りした人間は法人職員となって公務員とはカウントされないわけですね。

でも、やってる仕事は実質、公務員以上に非効率なものが多そうに思います。
公務員定年制にすれば、天下り分がカウントされて、実数が明らかになるかも。
日本は他国に比べる場合、公務員+天下りした公務員でカウントしなくては比較にならないかもですなあ。

367 :文責・名無しさん:2010/03/02(火) 22:05:23 ID:86xRcnItO
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/100302/its1003022017002-n1.htm

馬鹿だなあ韓国は。
折角金メダル獲ったのに便所の落書きにマジギレして
アメリカを敵に回すとは。
竹島問題と言い、「勝者の余裕」みたいなのが全く無いよなw
本当不思議だわ。

368 :文責・名無しさん:2010/03/02(火) 23:37:20 ID:3RiGuhsK0
前におーたんも言ってたような気がするけど、日本に対してコンプレックスがあるんだろ

これには余談があって、2ちゃんねるに対する最初の攻撃は「801板」(801=やおい。ゲイのこと)に仕掛けてきたんだよね。
どうやら801を「八百長」と勘違いしたらしい。

369 :文責・名無しさん:2010/03/02(火) 23:57:33 ID:NQMSKVhY0
日本人の民度だってべつに高くねーって。
田代祭で世界中に恥を晒したことをもう忘れたの?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%BB%A3%E7%A5%AD

370 :文責・名無しさん:2010/03/03(水) 01:54:20 ID:mUX6tJei0
韓国のこういうサイバーアタックはたぶん若者が中心なんだろうが
彼らの近い将来の大問題は徴兵だからね。
軍でのいじめも残ってるようだし、肩の関節を無理やりはずして
徴兵を逃れるとかもやってるらしい。

こういううっぷんが日本に対する反日行動の原動力
になってると思うんだけどね。

もちろん、支持してるわけじゃないけどね。

371 :文責・名無しさん:2010/03/03(水) 09:30:51 ID:M0JGKBgu0
801=ゲイではない。ゲイとはちょっと違う。

372 :文責・名無しさん:2010/03/03(水) 14:35:48 ID:3iqbwfgoO
>>369
それ「恥」か?
何の芸もないF5連打で犯罪者になり損害賠償させられるのは恥だけど

373 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 03:09:11 ID:BM5Qybtb0
おれは太田さんの有料読者だが
皆さんの中にメルマガを敢えて読まない時があるって人いない?

おれは投資関係の仕事なんで、一定の「カン」が
必要な時がある。そういう時に、太田さんのメルマガって
読めないんだよね。

つまり、太田さんの知性は「止まっている知性」って感じがする。
新製品・サービスに携わっている人はどうかな。

374 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 03:41:47 ID:KFUKuPfa0
>>373
「止まっている知性」で言わんとすることが上手く伝わらないが、
「新しいものを生み出す時に必要な、(何というか)エネルギーに欠ける」から、
そういうある種の感性を刺激されない、もしくは感性をそがれるということ?

375 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 04:04:52 ID:5u7VsBzo0
そこまで深く考えたことなかったわ。
ほとんどディスカッションしか読んでないし。

376 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 08:13:04 ID:pjH/4PrM0
結局、「官僚」の知性なんだよ。
まあ。試験官僚の知性というか。
アングロサクソンを崇拝してても真のアングロサクソンになりきれず、コピーに
とどまってると言うか。

377 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 09:39:17 ID:RdO5g3pgO
メルマガ読んでも、頭の回転が遅いからすぐには理解できないし、興味がない事柄についてだったりすると流し読みしちゃうな
だけど、読んでから一・二ヵ月、長い時は半年経って本やニュースを観ていると、唐突にひらめいて(自分なりの)理解(が)できたりするんだよな
物事を考える材料を提供して貰ってる訳だが、直ぐには役にたたんって意味だったらよくわかるな
そもそも、その新しいものに欠けた『官僚の知性』しか無いのが日本の学問の現状だと憂い、
時差無しに海外の活動的な・・・取り分けアングロサクソンの・・・知識を輸入紹介してるのが太田メルマガだと思ったぞ


378 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 11:20:18 ID:yLHNcOxc0
373 まぁ、あれだ。 その つまり、だから あれなんだ。
官僚の文章はだ、反論を予測しながらつくるので、読んでいるときに
何だかうるさいというか・・・すっきりとしない感じの文章になるんだな これが。

官僚答弁や不思議な言葉・・・判り難いよな。
「遺憾の意」ったって、イカンのか イイんだか・・・
以前、テレビの番組でタレントのドロンズがだ、お世話になった南米の人たちにお返しにと、
お好み焼きを料理して食べさせたところ、南米のヒトたちの反応は、
「甘いんだか しょっぱいんだか、はっきりさせてくれ!」ってんで、おもわず笑ってしまったが、 
これと同じようなことだな。

デスカッションの、後ろからどーぞさんと太田さんのやりとりでもだ、太田語(太田さんの言い回し)は
一般堅気の衆には判り難く、故にああいう結果となりがちで、太田さんは確信犯的行為なんだろうが、
これが太田テーゼの新規開拓?のハードルをあげていることにもなっている。
で、ついでに言わせて貰えばだが、太田掲示板の翻訳スレッドなんだが、あれ いらないんでないか?
掲示板が見にくいっていうか〜活性化の妨げになっていると感ずる。



379 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 11:47:08 ID:yLHNcOxc0
給与総額20ケ月ぶり増加(報道)と社会の実態
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2433853.html
↑大本営発表の、このからくり・・・


380 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 12:29:49 ID:cdyl06ws0
>>373
「結論ありき」だからね。
謎を提示して考えるんじゃなくて、論の確認でしかない。

381 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 12:53:44 ID:pjH/4PrM0
間違いを犯す&間違いを認めることを恐れてるんだな。
何かそこに別宮氏なんかにも共通する日本の知的エリートの根本的な欠陥がある気がする。
まあ別宮氏ほどひどくないけど。

そこらへんが海賊を出自とするアングロサクソン流のエリートと違うんだよな。

382 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 12:57:08 ID:pjH/4PrM0
そういえば陸軍の情報部でアングロサクソンの情報宣伝のやり方を研究した人の本に書いてあったが、
イギリスなんかは自分の都合が悪いことでも間違いを認めるところはきちんと認めて、信頼性を高める。
そして、ここぞという時に”嘘”の情報を流して騙す なんて書いてあったが、なかなか日本人は
そのレベルにいけないね。

383 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 16:34:24 ID:6K2M8C7p0
>>380 そのとおり。
扱われるお題によってはそれが露骨すぎるんだよな。
同様の過去コラムからアップトゥデートされている部分も見当たらないし。
そろそろ購読やめるつもり。


384 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 16:44:44 ID:yLHNcOxc0
まぁどーでもいいけど、
官僚はだ、個人的には人間味のある職業観・人生観を持っていても、
組織に組み込まれると、政治の枠組みへの従順、政策目標の達成という成績主義、組織の自己防衛=無謬主義、
個人の自己防衛=出世主義・・・といった体質に染まってしまうんだ。
よって、薬害エイズや諸問題が起こると、官僚の想像力の貧困や規制に対する損害賠償請求のおそれや、関連企業
への保護意識(お得意様=天下り先だね)などから機敏に対応するのを怠り、被害を拡大させて事態を深刻なものにしてしまう
という、点取りの頭脳は良くとも 使いモノにならないという真性馬鹿の出来上がりとなっているが 。

385 :文責・名無しさん:2010/03/04(木) 19:01:15 ID:yLHNcOxc0

>差別かどうかはわかりませんが、朝鮮人に対して敵意を持っているのは認めます
まぁ、大多数はそれであってもだ、それでも大人の対応をしようヨと・・・
で、これ↓ 湯浅さんの、水に落ちた犬は打て?
http://www.moyai-supporters.net/modules/up/log/018.pdf
ごね得だの云々言われ放題だが、はて 本当のところはどーなんだ?
マスコミ報道の信憑性の有無を考慮せずに、鵜呑みにして信じ込み、一緒になってバッシング
していないか〜 暫し考えようぜ。


386 :後からすみません:2010/03/04(木) 22:29:33 ID:f0PvXo6F0
「後ろからどーぞ」って私のことですかね?
私は、ただ、太田さんの石川議員有罪論が矛盾しておられるんじゃないかと
指摘しているだけですが・・・
なお、御専門外のことで間違っているからといって、太田さんの御専門分野
の見識までも疑うわけではありません(私にはよくわからないので)。

387 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 10:17:25 ID:kz1/ybCj0
検証:検察・警察タブー「検察・警察の不祥事に手をつけない記者クラブの犯罪的な゛タブーの闇゛
http://etc8.blog83.fc2.com/

噂の真相・・・・面白かったよな〜。

388 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 10:56:47 ID:kz1/ybCj0
急増した生活保護数
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2438332.html

まぁ、働いても生活保護以下の収入で、おまけにいつ首切りになるか怯えながらも懸命に生きているのに対し、
様々な扶助(住居・医療・教育 他)もある生活保護者が、逆に豊かな生活を営むような社会は、どーみてもおかしいよな。
働き先もなく、運良く働く場があっても低賃金で、しかも将来に対する希望も無い まさに閉塞感とはこのこと。
デフレスパイラルといってもだ、光熱費や交通費他生活の基本部分が高止まりで、食う以前の問題で住居に寝泊りするだけの
最低線のライフラインを維持するだけで、かなりの負担となってしまう。
せめて、ダーチャ(住居付き農園)でロシア崩壊後もたくましく生き延びた(餓死者なしで)ように、自活できるような準備が必要かと。

389 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 15:53:50 ID:d5W0Wrxj0
太田コラムには関係ないかもしれないけど、
韓国サイバーテロは田代砲とは全然違うプロの犯行みたいね。

945 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/03/04(木) 19:36:18 ID:PpzUxuse0
DNS flood攻撃によって名前解決を不能にさせた。
DNSが反応しなくなれば2chの利用者は2chへの接続ができなくなる。
しかし攻撃側にもこれは影響する。
そこで事前にIPを調べて、DDoSはIPを直叩きでリクエストを送るように
指示がされていた。今回の攻撃は単純に御祭騒ぎでF5を連打していた
わけではなく、用意周到な破壊工作だよ。

91 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/03/03(水) 22:33:44 ID:3XFAoUvO0
問題になったのは、DNSを攻撃した、つまり通信インフラに攻撃したからだ。
奴等は2chという、路上の一カ所に止まっている車を破壊したと思っているだろう。
そうではなくて、道路インフラの要である信号機を破壊した。
だからPIEは破壊活動として被害届を出したわけだし、FBIが受理することになる。
質的には、去年の年末に起きた中国によるGoogle攻撃と同様の事案なのだ。

288 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/03/04(木) 00:10:49 ID:PpzUxuse0
ただし今回の攻撃はいつもとは異なり、F5を装ったDNS攻撃だった。
今回の攻撃は明らかに以前とは質的に異なるのだ。
扇動動員されたほとんどの奴は、自分がF5攻撃に参加して落とした、と
思い込んでいるだろう。だがそれはそう思わされているというだけだよ。

390 :文責・名無しさん:2010/03/05(金) 16:12:39 ID:mXqBnsCk0
成りすまし朝鮮人がよく使う偽名

青木・青山・秋本・秋山・新井・岩田・岩本・飯田・飯島・伊東・小川・
岡本・金田・金村・金本・金山・金岡・木村・木本・木山・木下・ 工藤・
熊谷・小林・近藤・高山・徳山・徳田・富永・豊川・豊田・豊原・中山・
馬場・林・東・平田・広瀬・福田・福本・福永・藤原・藤井・星山・前田・
松山・松田・松浦・南・森本・安田・安原・山田・山本・吉田・和田・渡辺・
西原・松原←NEW!!

391 :文責・名無しさん:2010/03/06(土) 01:09:55 ID:gZpSZR7v0
>>388
> 働いても生活保護以下の収入

せつなすぎ。

392 :文責・名無しさん:2010/03/07(日) 17:54:09 ID:rsawqiHQ0
【3月5日(金)参議院 予算委員会 佐藤正久委員 午前中の質疑】から書き出し

佐藤正久
「(前略)防衛上の観点から、少し普天間基地を見てみたいと思います。
総理、今、自衛隊は国連のPKOに参加しています。
今、この日本に国連軍がいる。ご存知ですか?」

  ・・・・・・・・(答弁 停滞タイム有り)・・・・・・・・・

平野官房長官
「国連軍という形でおられるかどうかわかりませんが、座間に国連の軍の旗を掲揚しているという事でございます。」

佐藤正久
「そこだけじゃないんですよ。それは日本には朝鮮戦争における国連軍というものが(位置?)されて、地位協定もあるんですよ、総理。勉強してください。

で、その、まだ朝鮮戦争は終わっていないんですよ。まだ休戦状態ですから。
その7つの箇所に、今、日本の7箇所に、後方司令部なり、国連の基地があるわけですよ。

その1つが普天間基地なんですよ。総理、ご存知でしたか?」

鳩山首相
「今、教えていただきました事に感謝いたします。」

在日米軍(安保)の基地と国連軍の基地と、法的にどういう差異があるん?

393 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 10:12:46 ID:ETmAIiFG0
在韓米軍も国連軍だよな。

394 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 11:34:08 ID:ETmAIiFG0
「謎の学費」に悲鳴を上げる親が続出! 高校生ワーキングプア大増殖の真相
http://diamond.jp/series/yuuai/10013/

395 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 11:55:11 ID:ETmAIiFG0
<無料低額宿泊所>入所者増に市原市悲鳴、保護費に業者続々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000004-mai-soci

昔、隣保館ってあったんだが、今のヒトは殆ど知らないだろーな・・・。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A3%E4%BF%9D%E9%A4%A8

目敏く、かなり以前から悪質なアンダーグランド勢力がやってる「貧困ビジネス」だけではないが、
情報を持たない弱者は、とにかく食い物にされるのは万国共通なんだが、せめて・・・



396 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 12:57:44 ID:ETmAIiFG0
最高裁にも裏金疑惑、元高裁判事が指摘
http://www.news.janjan.jp/living/0907/0907227533/1.php

もう いやだ〜この国・・・トホホ 
エエイ面倒だから膿は全部出してケロ。

397 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 13:38:37 ID:ETmAIiFG0
中曽根氏がもみ消し要請に続き、第二弾!
三木元首相 ロッキード疑獄事件で米に密使 またキッシンジャーだね
http://www.asahi.com/national/update/0306/TKY201003060351.html

この平沢和重って、フレッド和田とともに、高杉良の 東京にオリンピックを呼んだ男 のモデルでね?



398 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 16:06:49 ID:ETmAIiFG0
激震 防衛大学校で集団レイプ事件
http://news.livedoor.com/article/detail/4643424/

399 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 19:44:16 ID:AK8we24S0
「ザ・コーヴ」受賞で地元の和歌山・太地町が猛反発
http://sankei.jp.msn.com/topics/politics/6561/plt6561-t.htm

アバター惨敗 元妻祝福のキャメロン監督「YES,YES」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100308-00000559-san-ent

ジェームズ・キャメロン監督、原爆被爆者を描いた原作本が出版停止となった作家を擁護
http://www.cinematoday.jp/page/N0022945


所詮、反米映画が愛国映画に勝るわけなし。
「アバター」見たけど、あの出来で2100円は安すぎ。

キャメロン監督には頑張って原爆の映画を作ってほしい。
いろいろ妨害工作があるかもしれないけど。


400 :文責・名無しさん:2010/03/08(月) 22:34:31 ID:95EHcUN60
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100305_machiyama.mp3
キャメロンが原爆映画を作ることによって
原爆で民間人が殺される惨状について初めてアメリカ人が認識するという意義に
町山智弘さんはある程度期待してるみたい。
太田さんは全く期待できないと書いてたけど。

401 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 00:01:33 ID:TBNhAbG20
アバターを見て分かるようにキャメロンは既成の枠を決して出ることはないよ
映像は既成の枠を出ただって?映像がすごいから観客が原爆の酷さを認識するだって?
戦争映画やアクション映画で衝撃的な映像のもとで民間人が殺されるシーンなんて腐るほどあるが、その度に観客は民間人が殺される惨状を
認識すると思う?
むしろ見せ場、一番盛り上がるとこだよ

それと、アバターはおーたんの見解では反米映画ではないってことだったと思うが。
結局キャメロンはセールスを記録することに関しては天才であり、今度はセンセーショナルで話題に尽きない原爆問題に目を付けたにすぎない。

402 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 00:23:45 ID:TBNhAbG20
ザ・コーヴの監督「日本人は映画を見て、自分で判断を」
http://www.asahi.com/culture/update/0308/TKY201003080350.html

ちゃんとした判断材料を提供した映画とは思えないがw
宣教師でも気取ってるんだろう。アメリカが人種主義的な国だって最近よく分かってきたわ
こんな映画に自国の最も影響力のある賞を与え、周りもそれを喝采するなんて思った以上にイカレた国だね。

403 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 11:20:25 ID:BnKdbr6F0
基地問題だけど・・・鳩山首相のほくそ笑み会見が ちと気になる・・。
●辺野古を買っていた「政界9人リスト」が問題化
http://blog.livedoor.jp/aoyama211111/archives/51984291.html

まぁ、小沢だけでなく新たに9人の 移転先予定の土地買収が出てきて、まだまだ人数が増えそうな按配。
あからさまなインサイダー事件で、これこそ検察が動くべきだとおもうが、それにしてもマスコミの沈黙は情けない。
株価や地価(グリコ森永事件時の株価の動きも、これが目的といわれている)のインサイダー取引は、それこそいたるところにあるが、
ローカルだが、以前おいらが知っているだけでも、札幌で市街化調整区域から宅地へと変更する計画を事前に知っている公僕君
がだ、自分名義では拙いので家族名義で大量に買って資産家になった例を知っているが、
真面目に汗して働くヒトが馬鹿を見て、地位を利用して発覚しなければよしとの犯罪の自覚ない輩が、左団扇で豊かな暮らしをしているのを
みるにつけ憤りの感情どころか殺意(社会的地位の抹殺)すら抱くのは当然だとおもうが。
それにつけても、新たな辺野古の土地取得者たちは、発覚することを考えなかったのは不思議だよな〜何故だ?


404 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 11:31:43 ID:BnKdbr6F0
便所の落書きで、勘弁ね

痔民
    防衛庁長官経験者     N 額賀
    防衛庁長官経験者     K 久間
    防衛庁長官経験者     I 石破 
    特命大臣沖縄担当     T 高市早苗
    官房長官経験者       N 野中
    小泉首相の秘書官     I 飯島
民酒
    現役閣僚           M 中井
    現役閣僚           K 北澤
濃眠臣糖
                 S 下地


405 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 11:42:47 ID:PjPKRaRW0
民酒の現役閣僚のMで中井って誰だよ。Nと勘違いか?
民の現役閣僚のMっつったら前原だろ。

406 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 12:39:37 ID:cBg2yE7S0
太田さんのアバター評見たけど、案の定「単純なテーマの映画」だと。(#3748)
だから「止まっている知性」だって言ってるんだよ。
映像を見た時の感性がその人物の感性を表してるんだよ。
こういう映画を見て絶賛するくらいの「隙」がないと
人はついて来ないよ。

こんな感覚で民意を反映できるはずもなく
政治家を目指さないのも納得だよ、オータン!




407 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 14:15:28 ID:TBNhAbG20
ん?アカデミー賞も取ることのできなかった「止まっている」映画じゃん。
卑近ながら俺の周りでも「映像はすごいがストーリーはありきたり」って評価だが
むしろアバターを絶賛する方が「止まっている」と思うが。

408 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 14:39:31 ID:cBg2yE7S0
>>407
アカデミー賞はアメリカ映画界の祭典でそれ以上も以下もなし。
「ザ・コーヴ」について、あんたの見解はどうなんだよ。

アバターでも物語を複雑化しようと思えばできたが
映像を優先したために、単純化しただけだろう。
物語の単純化だけを取り上げるところに、知性の老朽化
が感じ取れる。

太田さんもあんたもだ。
太田さんは明らかに脳の同じ部位しか使わない知性。
老人性痴呆が現れるのも早いと思う。

409 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 14:46:14 ID:JR/VkigR0
明確な基準もないのに
お互いに相手のほうが止まってるとか宣言し合う事に何の意味があるんだ。
「バーカ」「お前のほうがバーカ」って子供が言い合ってるのと何も変わらんな。

410 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 15:00:44 ID:BnKdbr6F0
409 に 座布団やってくれ〜♪

411 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 15:03:59 ID:47ey7/Vb0
アバターのストーリーって、ナウシカのパクリだから(オマージュと言うほうがカッチョいいか)、映像技術以外の新しさは無い。
宮崎駿には、ナウシカの完全版を作ってから、死んで欲しいもんだ。

412 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 15:28:50 ID:PjPKRaRW0
ナウシカの完全版ってマンガのことか?

413 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 15:32:20 ID:JR/VkigR0
>>411
ジブリの鈴木Pと庵野秀明がポッドキャストで
ナウシカ2について語っていた。
ハヤオ本人は作らんだろう。

414 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 16:27:10 ID:PjPKRaRW0
庵野秀明氏にはナウシカ2より外伝映画『クシャナ戦記』を・・・

って、どちらの作品も宮崎御大が絶対、首を縦に振らんだろう。

415 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 18:11:28 ID:BnKdbr6F0
ちなみに宮崎学御大の場合は、「カネに死ぬな掟に生きろ」との本を出しながら、
簡単にカネに転ぶと 三井環が嘆いていたぞ。 同じ宮崎でも、随分とちがうけど。
で、ジブリで一番のお勧めって何?

416 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 21:09:13 ID:PjPKRaRW0
太田氏の嫌いな天木氏のブログだが
http://www.amakiblog.com/archives/2010/03/09/#001596
毒を以って毒を制す・・・だね。
鈴木氏を外務委員長に就任させた効果が出るか?

しかし、久しぶりに岡田外相TVで見たけど、老けたね〜

>>415
ジブリは子供向け作品が多いからなあ。太田氏に一番お勧めのディズニー作品はどれ?
っていうようなものだよ。

やっぱ風の谷のナウシカのマンガ版かな。庵野監督も「パンツを脱いだ宮崎駿」と絶賛してたし。

417 :文責・名無しさん:2010/03/09(火) 22:24:04 ID:Tv1sG8Bd0
>>411
バカは中国のweb小説家だけだと思ってたら・・・・・・

418 :文責・名無しさん:2010/03/10(水) 04:40:20 ID:7mUERwYU0
>>408
結局、「止まっている知性」で言わんとすることはなに?
「新しい理論を打ち立てていない」ということ?
「太田さんは明らかに脳の同じ部位しか使わない知性」とのことだが、
何がどう「明らか」なのかが全く「明らか」でないのだが・・・。

419 :文責・名無しさん:2010/03/10(水) 05:39:37 ID:6wDX5DeP0
たぶん何がどう明らかなのか
言ってる本人も具体的にはよく分かっていないせいで
抽象的な言葉の羅列しかできずにいるんだと思うよ。
きちんと解っていれば具体的な言葉で説明できるはず。

420 :文責・名無しさん:2010/03/10(水) 09:31:27 ID:llBH+CDx0
ついに出たな頑固な宿便が〜これも新薬の下剤のおかげだよな。
密約調査「著しい影響なし」by宗主国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100310-00000020-jij-int
↑エリカ様の、べつに〜 会見と同じだな。 


421 :文責・名無しさん:2010/03/10(水) 11:24:44 ID:llBH+CDx0
“PIIGS”ばかりではない! 世界的な財政状況の悪化が始まった
ソブリン・リスク(国のデフォルト)の顕在化、「金融危機第二幕」から目を反らすな
http://diamond.jp/series/keywords/10107/

植田さんとこでも紹介していた 
http://8706.teacup.com/uedam/bbs/8126
新井信介・最新中国レポート
http://midorinonet.com/purplejade/

ドバイはもとより、中国バブル、ユーロ圏での(しかもPIIGS以外の) 
ソブリン・デフォルトが起きる可能性があるとの報道・・・
資金を米国に引き戻してドルと米国債を防衛するための誇張が入っている疑いが勿論あるが、
云えることはだ、ここで「止まった治世〜」だの のんびりと平和呆けしてぬかしている暇が
そうは無いってことだ・・。
街をみても、店舗や会社の撤退は加速し、テナントは入らず街は寂れる一方で、
ノンリコースローン問題等が火を噴出しはじめて 大変な事態になっているってこと・・。




422 :文責・名無しさん:2010/03/10(水) 23:13:13 ID:5Drp504t0
>>415
ジブリで一番のお勧めは太田氏へのお勧めという意味も含めて
「火垂るの墓」
だよ。

精神破壊力抜群の作品だから是非、太田氏も一度、見ることをお勧めする。

423 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 00:11:40 ID:hppwk43F0
>>422
ううーむ。
映画で取り上げてる時代背景とかの設定は確かに太田さん向きかもしれんけど
主人公の清太の行動がもどかし過ぎるというか甘ったれというか…

424 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 09:27:59 ID:i5k7orgq0
それをいったらエヴァンゲリオンだってそうじゃん

425 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 10:18:29 ID:Vod0xbgH0
>>416 >>422 ジブリのお勧めありがとう。
ジブリは子供が大好きなので、(一緒に)最近になって 風の谷のナウシカとか他の作品を観るようになったけど、
みんな素晴らしいよね〜 日本人の原風景と琴線にふれるというか、納豆飯食って日本人に生まれて善かった〜?と
つくづく感謝するような、まぁ あれだ、つまり それなんだよな。

「火垂るの墓」もジブリ作品だったんだ・・・とても辛い作品だよね。 アニメ版も実写版も、何度観ても感動する大好きな作品だよ。
これ、酔っ払いラガーマン・野坂昭如が原作だよな・・・マリリンモンローノーリターンと唄っていたころから好きなおっさんだったが、たしか脳梗塞で倒れて・・どうなったのかな? 
で、火垂るの墓 といえばだ、
死んでいる幼子を背負った少年の写真
http://www.asahi-net.or.jp/~uu3s-situ/00/Sengo.sugu.html
これも辛いよな・・・。



426 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 13:47:01 ID:Vod0xbgH0
個人的に、この太っちょアンちゃん、ミエミエのスタンドプレーと醜い自己顕示欲(こいつだけではないが)好きになれん。
http://blog.goo.ne.jp/55yasuji/e/ce5224985781ad1140ce18069a874dd0?fm=rss
国民新党:   9                  S→下地ミキオ
日米合意直後に小沢一郎氏が購入した土地は、辺野古から10km南西
に離れた宜野座村のものですが、今回明らかになった9人の土地が辺野古、
キャンプシュワブ、大浦湾近くであることが事実なら、
キャンプシュワブ陸上案はそれだけでぶっ飛ぶことになります。 

また国民新党がキャンプシュワブ陸上案に決めた張本人は、
いうまでもなく沖縄県宮古島出身のS議員(元自民党沖縄県連常任顧問。
元大米建設副社長)ですが、9人リストにはその下地議員のイニシアルもある。
土地購入は事実かという日刊ゲンダイ本紙の取材に対し、
「そういう事実はございません」(S事務所)としているが、以前から
S議員については大米建設の経営が厳しいことに関連し、
キャンプシュワブ案との関係が取り沙汰されている。 なぜ、
自民党議員と一部民主党の議員、それに国民新党のS議員が辺野古、
キャンプシュワブにこれまで異常にこだわったかがこれで明確になるはずです。 
沖縄県出身の国民新党のS議員が中心になりキャンプシュワブ陸上案に決めて
いますが、そのSもリストにおりやっぱりということになります。
以前、テレビカメラの前で、「アメリカにひれ伏してでも辺野古案にしろ」
と豪語した自民党の防衛大臣経験者のIもいます。 
さらに民主党現役閣僚のMと言えば、国土交通大臣しかいないことになります。
また民主党の現役閣僚でKといえば防衛大臣か文部科学大臣ですが、
おそらく防衛大臣でしょう。このKも辺野古、キャンプシュワブしかない
と昨年秋以来こだわっていました。 自民党のNやK
(ともに防衛庁長官、防衛大臣経験者)は、利権問題でいつも問題となる議員です。


427 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 14:58:16 ID:Vod0xbgH0
アメ基地移転で、好機到来とばかりインサイダーで大儲けを企む、時代劇では“おぬしも悪よな〜”の名セリフ
でおなじみの、悪代官と悪商人たちと同じ構図で、政官業癒着の甘い汁をたっぷり楽しもうとしている輩なんだが、
昨年11月のJALの株価が250円くらいだったので、JALの生殺与奪権を握る政府と、そのインサイダー情報を
活用?とする輩はだ、200万株空売りすれば〜まるまる5億円の儲けとなるわけだ。

昨年も、NHKだったか、たまたま(ごく一部の不幸にも?)発覚したインサイダー取引で儲けていたように、
例えば会社の破綻が免れないとの、内部情報を知っている者は、莫大な資産形成して売り逃げもできる・・・というか、
後に残った社員・家族・債権者や株主たちの苦しみや悲しみを、己の利益の礎として ぬくぬくと生きているわけだ・・。
・・・等と考えていたら、ラジヲで体操選手の池谷某がだ、選挙に出るとのことで「国会にムーンサルト」だと・・・気を失いかけたワ。





428 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 16:35:24 ID:wLRvzjGz0
>>385
私は外国語を流暢に話す人間を信用しない。

429 :文責・名無しさん:2010/03/11(木) 18:41:19 ID:Vod0xbgH0
>こう言っちゃ悪いが、バッカじゃないの。2ちゃんの諸君↑も戦災被害者の皆さん↓も。みんなみんなマゾか?
>センチメンタリズムに耽ってるヒマあったら・・・・・虐殺した米国に対して抗議の声をあげろっての
↑釣られて言うけど、太田さん、年がら年中それも四六時中、それこそ朝から晩までセンチメンタリズムに耽っているほど、
それと米国に虐殺の抗議を声を大にして吠えるほど、ゆとりのある?生活をしているヤツはそうはいないだろ〜。
何が言いたいかというとだ、例えば糞を拭くのに、カミで拭こうが手で拭こうが はたまた拭かなかろうが、
それは各自の自由だってこと、それ(糞の始末)を太田さんは拭き方まで指南している、赤い羽根募金の街頭で声を張り上げ
ている年金おっさんと同じで、余計なお世話ってことだろ。
・・と、おもいっきり釣られたが、 >>428 異民族には鉄槌を・・ってことか?


430 :文責・名無しさん:2010/03/12(金) 13:41:23 ID:+5aBRSZm0
>>428 そんなに「ムラ社会」が 好きなのか? おいらはごめんだ。

http://www.izai2.net/muison.html
http://ameblo.jp/oharan/entry-10479661602.html
人当たりがよくて親切なのは旅行客などに接する時の外面だけで、同じ人間が村の中に入る(村に住む) と
態度が豹変して牙を剥く。
「貧乏人が横並びだからこその平和」 ではなく、「貧乏人が横並びだからこそ、自分が少しでも上位に立とうと
足を引っ張り合う」 ため、争いごとが絶えない。
渦巻くのは嫉妬。村役場で配布された大福が隣の住民よりも1個少なかっただけで放火事件が巻き起こる。
他人より上に行きたいからこそ、上を見ずに下を見る。
自分よりも下に誰かいる事を確認して、自分は上なんだと安心する。
もし自分の下に誰もいなかったら、その時は適当な理由を付けて他人を下に落とす。
いわゆる差別の出来上がり。




431 :文責・名無しさん:2010/03/12(金) 15:22:01 ID:gKXDyHel0
>>430
>結局、根本的な責任は、自分達の因習に固執し、千載一遇の医師常駐の機会
>を自ら壊し、自らの地域の若者を追い出し、他所者の移入を拒み、
>採算性の低下に寄与した無医地区の住民自身に有ります。

無医村地区における医師の実体験を興味深く読んだ。
上の部分は拡大させれば「移民政策を拒む日本人」のようにも
思える。

医師:外国企業、外国メディア
若者:堀江・折口らの急成長を遂げた新興企業とその経営者
他所者:外国からの移民

432 :文責・名無しさん:2010/03/12(金) 17:30:37 ID:+5aBRSZm0
>>431
≪素朴だの朴訥なんて物は、都会人の虚しいロマンに過ぎません≫
ばっさりと切り捨てているが、過去からの積み重ねだけに、この言葉は重みがある。
この田舎の話は、島国日本の縮図〜 似てるというか、この閉鎖性は大和民族のDNAなのでは?と思ってしまうよね。

≪構図は次の通りです。 井戸が埋まった→誰かが悪さをしたに違いない→犯人が見つからない→誰かを犯人
にしたてなければならない→子供がやったことにすれば皆あまり目くじら立てず地区に波風が起きない→それでも
仕立てられた子供の親に文句を言う先っぱしりが出て、その親が怒っても困る→誰も文句をいいにくい親の子の
せいにすればよい→医者の次男坊のせいにしよう、医者は他所ものだから、我々の地区住民内ではいさかいが起き無くて済む、
...というわけで、弟が悪者にされてしまいました。 田舎なんてこんなものです≫
他人事だとおもわず笑ってしまうが、
快適とは到底云い難い環境であるってことは充分理解したが、やっぱ日本の縮図の悪例だよな。
全く対話にならんし・・・。 対話とは、相手に意見を出させて、それを吟味することによって、相手の魂を裸にして
調べることだ・・・と、脳梗塞で闘病中の、火垂るの墓の作家野坂のおっさんが、このソクラテスを唄っていたな〜。
でも、田舎の全てがそうであるとはおもわない・・北海道なんざまだ100年と一寸なもんで、伝統・文化が新しいので、
古い因習に縛られることは少ない。 故に、善く言えば、こだわらない大らかさ・・・が善いってんで、移住する人も多い。   
なんや とりとめのない話になってしもたので、この辺で猿。

433 :文責・名無しさん:2010/03/12(金) 18:13:53 ID:pE/CB7nl0
日本の従来の村落共同体について>>431のリンク先の先生のような
経験や思いを持ってきた人たちは、政治的気分としてどうしても
革新になる。古典的な図式の中で、インテリが革新になり、
地域共同体の外部と無関係に生きて死ぬ人々が保守になったという
のはそういう意味だ。

今は、村落共同体の力が落ちて、全国の都市化が完成したから
地に足の付いてない、直接「国家」につながる観念派ウヨ層がはびこる。

434 :43:2010/03/13(土) 23:49:15 ID:Qa+gOBsJ0
太田さんが「物欲・金銭欲が欠如している人物」なんてこと、周知の事実だと思っていたが。
(典拠:一文の得にもならないコラムやディスカッションを、毎日やっている)

「革命」がマジだってことも、これまた周知の事実だと思っていたが。
(典拠:一文の得にもならないコラムやディスカッションを、大真面目に毎日やっている)

435 :文責・名無しさん:2010/03/14(日) 01:18:00 ID:aFdLjEXU0
決意はマジかもしれんけど
平均的な日本人は英文の記事なんてちゃんとは読めないし
コラムの内容も難しすぎることが多い。
自分に近いレベルの理解力を持つ人間しか初めから相手にしてないって感じ。
少なくとも平均的日本人に向けて文章を書いてるとは思えない。

436 :文責・名無しさん:2010/03/14(日) 08:40:55 ID:3FQZ+Md20
「革命」という言葉は、団塊の世代にはいい響きなんだろうが
その下の世代だと大してカッコいい言葉じゃないだろう。

明治維新は日本人自身による革命なんだが
それを率いた薩長土肥は「勝ち組」となった。
何らかの「利益」がないと「ロマン」だけじゃ
人はついて来ないよな。

「利益」には、頭の良い専門家の「わかりやすい解説」による
政治・経済等の理解も含まれる。
http://www.youtube.com/watch?v=d3VY3zDD7Us&feature=related




437 :文責・名無しさん:2010/03/15(月) 23:31:50 ID:CVaW86pV0
http://www.asahi.com/politics/update/0315/TKY201003150319.html

「朝日新聞社が13、14の両日に実施した全国世論調査(電話)によると、
鳩山内閣の支持率は32%で、前回調査(2月20、21日)の37%から
下落した。不支持率は47%(前回46%)だった。」

えらいことになりましたなあ。普天間基地の移設先を決めるあたりで内閣が吹っ飛んでしまうかもな。
どのような決定内容になってもケチのつけどころがあるわけで、
メディアがケチをつけたい人のところへ
マイクを持って行って、決定内容を連日、批判させるだろうからな。

438 :文責・名無しさん:2010/03/16(火) 10:07:36 ID:W67A9W2j0
>つまり、以前私が述べたように、米国の政府には権威がなく、国民から信頼されていないからこそ、
>暴力の極限形態である殺人が米国では日常茶飯事なのだ(コラム#3694)、というわけなのです。
なるほどねぇ。
「許されざる者」でよく言われるのは、保安官リトル・ビル・ダゲットはビル・クリントンのことで、
銃規制に反対するメッセージがこめられてるってのがあるけど、それについてはどう思いますか。
ついでにイーストウッドは97年に作った「目撃」で不倫の末、殺人を犯す大統領の役を、
「許されざる者」と同じ保安官役のジーン・ハックマンにやらせてます。これもビル・クリントンではないかと言われてます。

439 :文責・名無しさん:2010/03/16(火) 11:24:32 ID:57iKbm2j0
比較的新しい西部劇はテンポもよく(昔の作品はテンポ遅い)面白いので、個人的には大好きだったな。
ヤングガン、ワイルドバンチ、シルバーラード・明日に向かって撃て(カテゴリーが違うか?)・・・等々他にも沢山
名作が揃っているが、西部劇は日本では流行らないので、直ぐ打ち切りになる。
以前映画館ビルにテナントで入っていた関係で、配給会社の知人がたくさんいたのだが、作品は良くても早く行かないと
打ち切りになるんで早く観なさいと券を渡されたのだが、案の定 すぐ終わっていたのが多い。
そんな配給会社も斜陽化し、どんどん撤退しているのは寂しい限り。みんな組合活動しているな・・・
で、「シルバーラード」という結構有名な、黒人のカウボーイが殆ど主人公の佳作映画があるが・・。

440 :文責・名無しさん:2010/03/16(火) 11:49:18 ID:57iKbm2j0
で、映画評なら副島さんのところで以前からやっている(現在は閑古鳥が泣き放題?)のと、
ハリウッドで云々・・の本も出している
http://soejima.to/


441 :文責・名無しさん:2010/03/16(火) 17:49:56 ID:57iKbm2j0
あー太田さん、「シルバーラード」は太田さんの評論対象候補に入れるほどのものぢゃないとおもいます。
毎度おなじみの、最後にゃ白黒つけるドンパチ亜流映画でして、まぁまだ無名だったケビンコスナーの若かりし頃の
能天気な二丁拳銃使いぶりが新鮮で面白いというか・・・。 勿論、他では見られない黒人のガンマンも新鮮でしたが。



442 :文責・名無しさん:2010/03/16(火) 20:51:46 ID:etpXoxgE0
北朝鮮が日本世論軟化策 総連内部文書、政界・マスコミ工作を指令
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100308/plc1003080131001-n1.htm

443 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 05:14:54 ID:+LtY1kkb0
「止まっている知性」で言わんとすることについてずっと考えていたのだが、つまりあれか、こういうことか?
太田さんのコラムが、「将棋の終盤戦」みたいだってこと?
将棋の終盤戦はしょせん「詰将棋」の延長で、コンピュータ(論理)で完璧な答えを出されたら、つまらないことはなはだしい。
序盤戦や中盤戦の、「不可知の領域」を模索するような面白さが無いってこと?
「おれは投資関係の仕事なんで、一定の「カン」が
必要な時がある。そういう時に、太田さんのメルマガって
読めないんだよね」(>373)
ってーのは、こういう序盤戦・中盤戦で必要な「カン」が鈍るってこと?
(この将棋の例えが分からんなら、先週か先々週かの「ハチワンダイバー」を読んでくれ)

「官僚の文章はだ、反論を予測しながらつくるので、読んでいるときに
何だかうるさいというか・・・すっきりとしない感じの文章になるんだな これが。」(>378)
「こういう映画を見て絶賛するくらいの「隙」がないと
人はついて来ないよ。」(>406)
ってーのは、つまりあれか、こういうこと?
太田さんのコラムが、「対話形式でない「ソクラテス対話編」」だということ?
ソクラテスが「「敬虔」って何?」、「「徳」って何?」とか聞いたら、
エウチュピュロンもメノンも読者も、「こいつアホか」って思うけど、
話が進むと、「ソクラテス天才!、アホはオレ・・・orz」ってなる。
ただしこれが、「対話形式」での記述でなく、普通の学術論文的な記述だったら、
さっぱり面白くないだろうし、インパクトもなくなってしまう。
ソクラテス対話編はそのインパクト(無知の知)そのものが狙いだから、
「対話形式」であることそのものに明確な意味があるのだが。
何というか、こういう「読者を惹き付ける手法」に異議があるのであって、
「論」に対する異議ではないということ?

444 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 09:38:44 ID:vNj98Xkl0
>>443
下段については

>>私は、平均的日本人を「念頭に置いて」コラムを書いてるんであって、「対象に」書いてるわけじゃないよ。
>>私のコラムのこれに相当する程度の読者が、意識的・無意識的に私の言ってることを平均的日本人に広めてくれることを期待してんのさ。

ということなので平均的な庶民をひきつける気は、はなから無いらしい。
一騎当千のツワモノだけが自分の説を理解して賛同してくれればそれで良く、
いずれそういうツワモノたちが一般庶民を扇動して革命に導いてくれる事に期待して待つ
という気長な戦略みたいよ。

445 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 10:35:01 ID:JZj02bvW0
あんまり詳しくないんだけど、ソクラテスの言う「賢さ」はだ、いろんなこと(知識)を知っているということでは
勿論なく、ドクサに支配されている、真の知識をそなえているように思い上がったヒトを無知とし、
自分を無学だ、無知だと思っているヒトを知恵に近いとみているってことだよな。
飛行機を操縦する知識を持たないヒトは、その知識が無いことゆえに操縦しようとはおもわないが、
なかんずく知識を持ったつもりでいる、真の知識に欠けている自分の無知には気がつかず、
にせものの知識(ドクサ)の命ずるまま行動することになる・・。
これは噛み砕いていうと、子供たちのほうがよっぽど理解する。 

まぁ完全にドクサに支配されているヒトたちってのも結構多いわけで、本当に人間が求めて
いるものが何であるか〜は簡単には・・というより容易にはわからない。
ホント「考える」ことは重労働で、ひな型があれば楽だし、命令に従うことのほうが指令する
ことより楽なんで、話はとぶが、独立せずに属国のまま庇護の下に安心して暮らしていければ善い
とおもうヒトが多数派なのも戦後の教育システムの“おかげ”なんだとおもう。

先日人工飼育された天然記念物の大事なトキが、テンに殺されたので、この憎きテンをだ(可愛いとおもうけど)
今度は駆除(凄い言葉だネ)しようとする動きがあるが、元々このテンは農作物を荒らすウサギを駆除するために
人間がわざわざ運んできた生き物なんだが、何だかな〜だよな。
人間とテンとの関係は、宗主国と属国との関係にも似たり〜 というか、最近では珍しくもなくなった
幼児虐待や親族殺人等々の自己中心的な未成熟(年だけとった)な大人や社会の縮図でもあると 脱力・・・。


446 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 10:54:22 ID:JZj02bvW0
で、トヨタに続き今度はホンダ
ホンダが米国で41万台リコール、ブレーキペダル不具合で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000712-reu-bus_all

以前からホンダ問題も燻っていたんだが、これは言うことを聞かない鳩山日本に対する
意趣返し・・・と素直におもってしまう。
まだまだ対日バッシングは簡単には止まないだろーし、米国内の爆発寸前の不満(経済や雇用等々)は
相当なものと聞くが、どーせ相手は飼いならした黄色い猿なんで、遠慮はいらん・・・ってことだろ。

447 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 16:51:35 ID:ecIrwEzD0
さすが、精神破壊力抜群の作品「火垂るの墓」
常に冷静沈着な太田氏すら客観的な評論ができず、「怒りの感情」に流されたか。

「火垂るの墓」の世界的評価↓
ttp://www.moonlight.vci.vc/misc/saddest_anime2.html

あるサイトの話では嘘か真か海兵隊の罰ゲームで「火垂るの墓」を隊員に見せていたら
トラウマになったとかで、ビデオ視聴禁止になったとか・・・

深く静かに浸透しているようですな。
理論的に強く主張するよりも、こういう形で魂と感情に訴えていくって方法でも影響力はありますぜ。
「火垂るの墓」は強烈な文化兵器といえそう。

448 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 20:29:13 ID:AGnNYBhV0
>>447
精神を蝕む力は抜群だろうな
The film’s anti-war message is not overstated.
There is no real mention of the fire-bombings in a political way,
only in the grief experienced by the civilian Japanese people.
Takahata has created an anti-war epic without resorting to finger pointing,
a remarkable achievement. He accepts the consequences of the Second World War
and is only showing the forgotten souls of the war,
the innocents who are caught in the crossfire of destruction.
http://www.apolloguide.com/mov_fullrev.asp?CID=4516
要約
この映画は反戦テーマを誇張しないんだね。
一般日本市民の悲しい経験だけを描き、爆撃の政治的描写はしてないしさ。
すごいよ、タカハタは、反戦映画の大作を一切責任追及なしにやっちまうんだから。
つまりだ
彼は第二次世界大戦の帰結を受け入れたわけだ、だから戦争の影の主役、破壊のはざまに
取り残された無垢の人々を見せているわけだ。

俺の結論
この映画に感動しか覚えない諸君、原爆も含めて米国に抗議する資格なし

親に虐待されている子供が、それでも親を恋しいと思うのを見て感動するのが日本人

親に虐待されている子供を見て、emancipation いわゆる未成年者の成人犠牲という法的手段を指摘し、
その子供が虐待の連鎖を打ち破れる大人に成長することに感動するのがアメリカ人

449 :文責・名無しさん:2010/03/17(水) 20:37:06 ID:dXhUv7SW0
>>443
>「一度決めたら他人がなんと言おうと自分の意見は絶対曲げない」
>こういうタイプの人は、要注意です。
>こうした頑固さというのは、時に「こだわりのある人」「意志の強い人」
>といったニュアンスで肯定的に捉えられる時もあります。
>しかし、他の意見を取り入れる余地がないほど一つの考えに固執し
>「これが絶対に正しいはずだ」と思ってしまったら、それは脳の悪い癖
>が出ている証拠。「統一・一貫性」のために頑固になり、
>いったん正しいと思い込んでしまうと、脳はそれ以上思考を
>深められなくなるのです。

        林 成之「脳に悪い七つの習慣」P114より抜粋

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100212-00000001-president-bus_all
上は林氏に関する記事。

「止まっている知性」といったのはこういう事。
こういう「統一・一貫性」はもちろん論理的な整合性判断に必要
であり、人間の思考の基盤をもたらしてるんだが
意識的にこの基盤をはずさないと、独創性はでて来ないんだと。

太田さん、どお?

450 :後からすみません:2010/03/18(木) 00:41:00 ID:Z8NVgBO50
「火垂るの墓」を見て心を動かされないのは人間じゃないし、かといって、
現実的な対策を考えないのもタダの馬鹿じゃないでしょうか。
どっちの対応も必要だと思います。
それと、この手の反戦作品は、年代や国を問わず、結構あります。
分野にかかわらず、知識がないと詭弁にだまされますよ

451 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 01:44:58 ID:mGtXZb0t0
火垂るの墓であの妹が死んだのは
へタレの兄が居候先の親戚との人間関係が嫌になって
勝手に妹を巻き添えにして家出してノタレ死んだだけ。

兄におしんレベルの根性があれば死ぬような状況ではない。
わざわざ反戦作品という設定にせずとも
現代が舞台でも成立するだろ。

452 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 08:12:08 ID:3ge7R/Tb0
>高畑勲は、本作品について「反戦アニメなどでは全くない、
>そのようなメッセージは一切含まれていない」と繰り返し述べたが、
>反戦アニメと受け取られたことについてはやむを得ないだろうとしている。
>高畑は、兄妹が2人だけの閉じた家庭生活を築くことには成功するものの、
>周囲の人々との共生を拒絶して社会生活に失敗していく姿は現代を生きる人々にも通じるものであると解説し、
>特に高校生から20代の若い世代に共感してもらいたいと語っている[12][13]。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93#.E7.9B.A3.E7.9D.A3.E3.81.AE.E6.84.8F.E5.9B.B3

>In an interview on the DVD, Takahata reveals his disappointment that Japanese audiences identified with Seita when the film was shown in Japan. Takahata clearly feels Japanese audiences missed the point of the film in this regard.
http://www.lariat.org/AtTheMovies/dvd/fireflygrave.html

監督の意図↑を正しく汲んだのかは知らんが、ロジャー・エバートは
>『火垂るの墓』は生き残ることをシンプルに描く。
>It tells a simple story of survival.
と、政治的に正しく(?)論評しておる。
http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20080813/1218587046
http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20000319/REVIEWS08/3190301/1023

ロジャー・エバートのインタビュー@コレクターズDVD版
http://www.youtube.com/watch?v=QRXg_ovaE94


453 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 11:40:50 ID:JQqfKcrh0
>>449 林成之先生は、画期的な救急医療である「脳低温療法」の世界的な先駆者だよな。
じつはおいらも、現在読んでいる最中・・「脳治療革命の朝」〜凄い本で面白い。
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4163560106
で、林先生も言い続けているけど、脳機能・脳器質は まだまだこれから解明されてゆくものと言っている。

>>448
>親に虐待されている子供が、それでも親を恋しいと思うのを見て感動するのが日本人
↑感動?? 感動するヤツなんざ、いないよ。
「鬼畜」って知ってる? ビデヲでも借りて見ることをお勧めする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E7%95%9C_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
上で、精神を蝕む・・っていうんなら、これも負けていない。
最近の報道では、こんな鬼畜の親が どんどん出てきて、やるせないというか・・
まぁ、毒になる親 ってヤツだ。
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E6%AF%92%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%A6%AA-%E4%B8%80%E7%94%9F%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%82%80%E5%AD%90%E4%BE%9B-%E3%82%B9%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89-9784062565585/item/1384497/
http://www.winpal.net/~jiro/h/doku.html


454 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 12:57:58 ID:wnaVQnaV0
イーストウッドっておーたんが嫌いなリバータリアンでそ?

455 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 13:11:07 ID:JQqfKcrh0
今朝、北海道新聞の一面に出ていた。
沖縄密約 西山元記者、吉野元局長が対談 無利子預金「日銀が関与」
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/221307.html
元毎日新聞記者西山太吉氏、沖縄返還密約を取材し1972年に、国家公務員法違反
(機密漏えい教唆)容疑で逮捕されたその無念を、生きているうち(健在)にはらすことが
できてよかったネ〜♪
まぁ、 どんどん出てくるホッケの太鼓 ってやつ。

456 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 17:48:45 ID:be5go3ey0
>特別警備隊の新編準備室ができたのが1999年12月ですから、1と2は対象外ですよね。

え〜と事例の1〜3は海上保安庁の特殊警備隊の話ですから、海上自衛隊の特別警備隊は関係ないかと・・・
まあ、単純に、つい見落としたものと思いますが。

457 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 17:51:10 ID:be5go3ey0
舛添氏みたいに2度も離婚暦あるような人間はダメダメだと思うのだがな。
特に片山さんの話によると結婚前にした約束がことごとく破られたそうで・・・人間として
信頼できないよね。

しかし、意外に女性が支持しているところをみるとセックスアピールがあるのかね。
ヒットラーに投票したのも女性が多かったところを見ると女性の政治参加に疑問持っちゃうね。

おっと。こんなこと書いたら女性差別と言われるかな?

まあカッコマン(その場しのぎの支持目当てに目立つことだけに力を入れる)は同業の政治家の
センセイ方が一番、ご存知なので(おかげで政治家の支持は本質的に無い)、よもや舛添氏が
首相になることは無いと思うんだけどなあ。

なお鳩山(弟)氏とも東大同期だが仲が悪いそうで、太田氏いれて考えると東大生同志って
仲良くなれないのかなって思う。

頭どれだけ良くても、重要な何かが欠けてるような・・・
それともプライドってゆう余計なものが邪魔するのかな。

458 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 18:09:14 ID:mGtXZb0t0
> 舛添氏みたいに2度も離婚暦あるような人間はダメダメだと思うのだがな。

結婚生活を維持し続ける能力と仕事が出来るかどうかがどうして結びつくわけ?

459 :文責・名無しさん:2010/03/18(木) 20:41:27 ID:be5go3ey0
仕事というより”政治家”として だな。
自分の最も近い他人である奥さんに見捨てられる程度の男なんて”政治家”として能力があるとは思えない。
あくまでも個人的なガイドラインだが。

460 :文責・名無しさん:2010/03/19(金) 02:10:15 ID:BN0DwvU00
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100318-00000023-maip-pol
民主党は分裂するのかね?

461 :文責・名無しさん:2010/03/19(金) 10:24:21 ID:pfFhq/Tm0
460 カネと権力がある限り、分裂なんざありえないだろ。
で、この生方幸夫は、元読売の記者だろ。 鍋ツネの息がかかってんでね?(もう鍋の季節ではないよな)
早速今朝から、みのもんたの朝ズバに、晴れ晴れと出ていたぞ。 笑ったが。
解任会見でもだ、憤りを表せばまだよいものを、「嬉々」と会見していたのを見るにつけ、
その下手な役者ぶりに呆れたもんだが・・。
まぁ結果としてだが、今回の解任劇は、強面オザワンの恐怖政治ぶりが際立って強調され、
それが尾ひれをつけてドンドン報道され続けるわけだが、誰が得をしたのかな?
少なくともオザワンは得をしていないとおもうぞ。 オザワンは嫌いだけど、そう思う。

462 :文責・名無しさん:2010/03/19(金) 20:11:08 ID:HLoO1XI80
舛添の事嫌いなんだなw

463 :文責・名無しさん:2010/03/19(金) 20:27:59 ID:HLoO1XI80
昔の記事読めってよく書いてるけどすんごく探しにくい。

464 :文責・名無しさん:2010/03/20(土) 11:42:33 ID:4iAt/ZPY0
ハンナンの浅田はんとも入魂の、日本の旧型・政治家の見本ともいえる自己顕示欲の強さ・・・。
太田さんは嫌いみたいだけど、生命力は異常なくらい強いヒトだよな。
ムネオ日記  
http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html
核・沖縄密約についての参考人質疑(斉藤邦彦元次官、東郷和彦元局長に対し)

465 :文責・名無しさん:2010/03/20(土) 14:53:41 ID:+fK3hV9I0
>賤しい根性の下司野郎だな。

ありゃりゃ。
いつものように太田理論から「そもそも東大法学部卒は専門学校程度の器量しかなく・・・ただ私は
スタンフォード大学を出ていますので、そもそも彼らとは出来が違うので同じに扱わないでください云々」
みたいなこと言うかと期待してたのにw

東大生以外からの東大批判は気に食わないのか自分を一緒にされたのが気に障ったかな?

466 :文責・名無しさん:2010/03/20(土) 18:43:32 ID:A/gdVy3n0
バグハニ所沢に続きまたも古参の同志と訣別したか。

ストーリーだねストーリー。

467 :文責・名無しさん:2010/03/20(土) 21:14:02 ID:ZT3uhMJt0
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100320-OYT1T00028.htm?from=top

どう見ても天下りです
ありがとうございました

468 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 00:05:48 ID:IRW6vWpW0
テレビにバッチリ映った!小沢“親衛隊”言論封殺現場
http://news.livedoor.com/article/detail/4670647/
動画:民主党 横粂議員のインタビューを遮る萩原仁議員
http://www.youtube.com/watch?v=oXrXFGQayiw

以前太田さんが注目していた横粂議員も小沢一派の言いなりみたい

469 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 00:26:18 ID:hOX36mXY0
なんかこの「もうあかん」は時間的にダメ的な感じにもとれるね。
ここだけ切り取って言論封殺なんて、よく使うマスコミの世論誘導の手口じゃない。
前後がわかんない以上、マスコミの言い分をそのまま受け取るわけにはいかんよ。

470 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 00:46:51 ID:VhZF+UPB0
U氏との決別は太田さんにも堪えているようにも
思えるけど、太田さんもブログでのキャラクター設定を
考えた方がいいとオモ。

おれが当初から思ってた太田さんのイメージは
「塾長」「古武士」「強面の知識人」「ボス」
なんだけど、太田さんはそういうのが嫌いみたいなんだよな。

あと、太田さんは言及しないけど、自分でも気付かないところで
「日本・日本人・日本文化嫌い」の部分が漏れてしまっていると思う。
そうじゃないと日本のメディアに対するあれだけの嫌悪は説明がつかないよ。
国内のニュースを語らないところで他人との意思疎通は図れないよ。
自分が特権階級に属しているとお考えなら仕方ないけど。


>私の映画評論
>その名に値しないとあなたが上から目線で(私と、結果的にこれらの読者達に
>対して)講釈をたれた瞬間、ああまたしてか、と思ったな。
>もちろん、私は自分がボスだなんて思ってやしないよ。

民主主義者でボスぶったりしないから・・って言ってるけど
それなら、読者が上から目線で来る事に異を唱えちゃだめだよ。

読者と同じ位置にある「民主主義者」であるのか
読者より上部に位置する「民主主義的啓蒙者」
なのかをはっきりさせたほうがいいよ、太田さん!





471 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 01:38:51 ID:IRW6vWpW0
>>469
言われてみるとそういうふうにも思えるな
http://getnews.jp/archives/51360
これ思い出した

472 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 02:50:06 ID:0shV3X530
汚名を挽回には釣られないぞ!

・・・って、先生、質問が・・・。
ββΠΠとかβΠβΠってどういう意味なんですか?
高校中退なんわかんないです(泣

473 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 07:20:04 ID:LQ2522QL0
何か昨日のディスカッションを読んでメチャクチャ哀しい気分になった・・・。
以前太田さんが「たかじん」に出演した時、宮崎さんが太田さんに対して、
「この人誤解されるわ〜」みたいなことを言ったことを思い出したからだ。
ちょっと前の、
「私のコラムのこれに相当する程度の読者が、意識的・無意識的に
私の言ってることを平均的日本人に広めてくれることを期待してんのさ。」
という発言にしろ、敢えて深読みすれば、「自身の名声を求めない」という意図とも読める。
太田さんの性格を考えるときは、誤解の可能性についてよくよく考えるべきだと思う。
めんどくさいけど・・・。

474 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 10:51:55 ID:WOvZDjSj0
>私が事実の指摘のみならず、主張についても典拠を付けるように皆さんに口を酸っぱくして求めているのは、
>私の主張は、そのほとんどが平均的人間(他者)を前提に提起されているところ、
>私の主張をめぐる議論の場が特異な個人的主張によってかき乱されるのを避けるためなのですよ。

>それがどうしていいかと言うと、ちょいとキツーい言い方をすれば、
>あなたが他人(私や平均的他者)と自分との違いに目をくれずに議論を提起したことによって、
>あなたと私と、更には平均的読者の貴重な時間を空費した、という今回のやりとりのようなことを、
>最初から回避できるからです。

太田さんは典拠のないお喋り(主に2ch転載)に対しては軽く流すことが多いけど、
古参読者のお喋りだったためか、太田さんはそれを議論と見なしてマジレスしたと。
ここに尽きるんじゃないかのぉ。


475 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 11:12:18 ID:O5TBRHcd0
城繁幸のJoe's Labo
http://blog.goo.ne.jp/jyoshige

左派政党は没落したのではなく、もともと存在していなかった
http://blog.goo.ne.jp/jyoshige/e/b1d637d93b696bfd673d73e54386d763
は面白かったなー。
納得しちゃったよ。

476 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 11:19:01 ID:zzpmnPvD0
日本メディアは一般に、その質が低いから相手にされていないだけ。
無論光る論考もあるんだろうが、効率が悪いんで国内論壇は
スルーしてるんだろ。
彼の生い立ちが当時の大多数の同世代日本人とは
相当趣きを異にしているせいで、属国状態を是としてきた戦後日本人への
ネガティブさは増幅されてる気はするが。それが彼の物言いを無用なまでに
挑発的にしている場合もあると思われる。

日本嫌いというより、どちらかといえば大日本帝国への思い入れが強すぎる
ように感じるな。属国でなく、主体的な軍事力がピークで、皇室という背骨
があった時代だ。
今は真逆なのに、移民論なんか旧帝国領土臣民の後裔ということに
こだわりすぎでしょ。相当バイアスがかかってる。
英国人目線だとイスラミックのどうしようもなさはフォローできても、
足元の華夷秩序や儒教圏連中の抜きがたい対日本文明観
には手が回らないんだろう。読者たる日本人にゃ後者が重要。
朝鮮台湾なんか、今やほとんどの一般的日本人にとっては外国・外国人
の分類のひとつに過ぎない。特別な職能もなく日本語ができないレベルの
外国人が日本に来たって職なんざ無い。
社会資本を食い荒らして都合が悪くなれば母国にトンズラだ。
この点に関しては、彼の罵倒にも関わらず、多くの日本人のコモンセンス
の方が賢明だろうな。今のところは。




477 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 12:50:14 ID:VhZF+UPB0
>>476
日本のメディア、特に新聞の酷さは十分にわかっている
つもりなんだが、どう酷いのか下のようにピンポイントで
説明して欲しかったな。
http://www.youtube.com/watch?v=Jhux8k8NG48&feature=related

日本の新聞記事を取り上げて何が間違っているかを説明し
正しい事実分析をしてもいいと思うんだけどな。

もっとも、それやると他のブログと同じになるからやらないって
言うなら、それも理解できるんだが。

478 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 15:50:02 ID:9yEf72Su0
路上のケンカで大学生を刺した“平和愛好家”の正体 紫色の長髪で“革命ごっこ”
http://www.zakzak.co.jp/top/200907/t2009071804_all.html

479 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 17:38:30 ID:hOX36mXY0
ttp://www.mypress.jp/v2_writers/yumeno9/story/?story_id=1431185
>〈アインシュタイン研究者の板垣良一・東海大教授(物理学史)の話〉 
彼はキリスト教徒でもユダヤ教徒でもなく、「神」にこだわらない人だった。

え〜 アインシュタインぐらい”ある意味”神にこだわってきた人はいないのに・・・
この世は神によって創りだされたのだから1つの物理法則で全てが説明できる筈だという信念の下に
大統一理論を提唱したんじゃなかったっけ?

一方で不確定性原理は神(キリスト教的な絶対神ね)の存在を否定するものだったから
ハイゼンベルクと論争になったのだよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%80%A7%E5%8E%9F%E7%90%86

1926年12月にアインシュタインからマックス・ボルンに送られた手紙の中で、彼は反論に神はサイコロを振らない(独: Der Alte würfelt nicht. 直訳:神は賽を投げない)という言葉を用いた

マックス・ボルン宛の1926年12月4日付の手紙
「量子力学にはとても尊敬の念を抱いています。しかし内なる声が私に、その理論はまだ完璧ではないと言っています。量子力学はとても有益なものではありますが、神の秘密にはほとんど迫っていません。少なくとも私には、神はサイコロを振らないという確信があるのです。)

ほんとにアインシュタインの研究者なのかね?板垣さんは


480 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 18:00:07 ID:hOX36mXY0
>国会議員はドロップアウトかアウトローに分類される、というのは、私の長年の感想と同じです。
 ただし、私は、それが時代の転換期の出来事だろうとも思っています。

まあ天下りを受け入れなかった太田氏も既成権力の側から見ればドロップアウト組だよな。
実際、選挙にも出てるし。

片山氏の立候補の裏にあるのは官僚の女性差別(昇進の性的差別)への復讐だと思う。
http://d.hatena.ne.jp/Kusakabe_Satsuki/20090826/p1

太田氏はことあるごとに日本の社会の女性差別のひどさを訴えているけど、
実は大企業とか官僚なんかの既成権力内の女性差別がひどいんだよ。
これが自由競争が働く世界ーマンガ家とか声優とかー女性差別はほとんど無い・・・つーかできない。
男女かかわりなく能力ある者が上に行くからね。

日本のアニメで世界に受けたものに「セーラームーン」があるが
受けた理由が女性が主人公になって敵をやっつけるというストーリーは海外には無かったそうで
そういう種類のストーリーが日本文化の中から生まれたことは世界に誇るべきものだと思う。

481 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 22:29:55 ID:gca9YI0g0
>>480
アホか
セーラームーンは女性差別的アニメとしてバッシング受けてんだぞ
ヲタにいくら人気があっても
政治問題化するようなもんはダメだろ

482 :文責・名無しさん:2010/03/21(日) 22:54:58 ID:IRW6vWpW0
昔、ニュース番組の海外特集で(確かブラジルだと思ったけど)
セーラームーンが子供達に大人気で向こうの小学生くらいの女の子が
「セーラームーン!」と叫びながら大騒ぎしてた映像が流れてたな。

そのときの番組の説明は>>480が書いていたように、
それまでの海外のアニメでは強い女の子が悪人を
バタバタ倒すような話は今まで無かったので
女の子たちに爆発的な人気が出たというような感じだった。

>>481が言ってるのって、セーラームーンのコスチュームが
きわどいレオタードみたいなのだから海外の保守的な教育ママたちが
けしからんって騒いでたって事だろうけど、
そういうのってどれだけ大きな問題だったのかな。
政治問題なの?

483 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 07:15:49 ID:PDiljxQ50
国家公務員、現役の出向先拡大 政府検討、NPOや公益法人追加
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100321ATFS2001620032010.html

484 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 09:47:12 ID:4yorSzXm0
>>482
http://en.wikipedia.org/wiki/Sailor_Moon#Legacy

485 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 10:53:37 ID:4yorSzXm0
>>466
>バグハニ所沢

こいつらはただの糞
追放されて当然
なんでこんなやつら引き入れてたんだってほうが不思議だよ
古参擁護厨は死ねばいいのに

486 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 15:55:49 ID:7uYzkasK0
来る者拒まず 去る者追わず が太田氏の哲学なんじゃないの

それにしても片山さつきの舛添嫌いは異常

「選挙に勝つために大仁田厚さんにお姫様だっこされてください」
「わかりました」
「選挙に勝つために土下座してください。新聞に土下座姿が載るかもしれませんが」
「わかりました」
「選挙に勝つために舛添さんに応援にきてもらいましょう」
「落選した方がましです」

487 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 18:32:12 ID:N6msDVri0
仏が核原潜の共同運用提案 英「主権問題」と拒否

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032201000352.html

http://www.guardian.co.uk/world/2010/mar/19/france-britain-shared-nuclear-deterrent

これはフランスもダメ元でオファーしてるんでしょうなあ、、、

英仏は核戦力を今よりも削減していく方針ではないか。
まあ旧植民地諸外国の手前、全廃はしないとは思うが。

488 :文責・名無しさん:2010/03/22(月) 20:14:31 ID:Wpurhg100
>>486
しかし有料メルマガ購読者は必死に引き止めてたな
最近はお布施増えてるの?

489 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 15:04:46 ID:H5eEbl3T0
先ず、うーさんは自分(自力)でお金を稼いでいる、自活している法人格の御人なんだよな。
給料取りとは違い、自分で(自活して)お金を稼ぎ出す難しさを それこそ知っているんだ・・・楽なことではないよ。
まぁ平たくいえば、入ってくるお金より出て行くお金を少なくすれば事業は成り立つわけで、
そのシステム(流れ)をつくれば収益はあがるんだが、継続すること・・これがホント難しい。
中身が薄っぺらの流行モンはだ、所詮目先だけ華やかなだけの代物(人気商売)で、「時代のあだ花」で消滅するのは掃いて捨てて
ゴミ箱に入りきれないほどある。

で、うーさんが言っていた、太田コラムでの映画評は“有料コンテンツとして弱い”との言はだ、べつに上からでも下から
の目線(これこそ、くだらん戯れ言)でも無く(勿論厭味なんぞではなく)、有料情報(〜お客からお金を頂く)としての価値
があるのか否かとの、太田コラムのメニューに対して素直な評価であるとおいらは感じていた。
うーさんは勿論のこと、我々が太田述正と言うヒネオヤジに注目しているのは、多少(というか、かなり?)この偏屈オヤジ〜とはおもっても、
太田さんの次々に繰り出す貴重な情報や思考法に惹かれ、これは本物だと感じ、真剣に学ぼうとしているから(おいらの場合は)なんだ・・が。
で、普通の商売人としての感覚はだ、顧客の意見が多少耳に痛くとも、逆にクレーム(異論等)はそれこそ貴重な“金言”であることが多く、
それを大事に、自分では判り難い(若しくは近すぎるヒトは遠慮して本音を語らない)修正すべきポイントとして容認できるか否かの、この差は大きいと
おもう。・・・一般の商モデルのことだけど。

序に言わせて貰えば、独立!と叫ぶのは結構毛だらけだけど、自分が自活できず組織や税金に縋り、庇護してもらっている“茹で蛙”状態・・・国の税金に集る
政官業を始めとする下層とはいえピラミッドの一角にしっかりと組み込まれているヒトたちは、




490 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 15:36:33 ID:H5eEbl3T0
あ〜、 うーさんのはクレームではないよ。
>>486
片山さつきの舛添嫌い・・・笑った〜。
まぁ離縁した夫婦だもの、どちらにも言い分はあるだろーが、んなモンは勿論聞きたくないワ。
太田さんの枡添評はとても判りやすかった。
典型的なドクサ脳の枡添氏は、更に、あたり前の約束事すら行なわない、無責任を絵に描いて皿に盛ったような御人なんだな。
謙虚さや勤勉さにも欠ける、自己顕示欲+口達者だけで人気を博している不思議なヒト・・・
円天だけでなく、あんなばかげた詐欺商法が世の中から無くならないのも納得する。


491 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 16:31:27 ID:H5eEbl3T0
>ほかの皆さんで私がビョーキだと思ってる人ほかにもいたら、ぜひ病名あげて!
太田さん、妄想症・・・の気があるんでない?
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_04.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%84%E6%83%B3

根拠として、
>映画評論コラムを増やすことになった経緯と趣旨を、何人かの読者の要望があったということも含めてコラム上でご披露してきたというのに、
>私の映画評論はその名に値しないとあなたが上から目線で(私と、結果的にこれらの読者達に対して)講釈をたれた瞬間、ああまたしてか、と思ったな。
>そして、残念ながら、この予感があたっちゃったってわけだ。 
↑上から目線で講釈をたれ・・・ これは太田さんだけが「理由」があって、特別に感ずることだけで、一般の読者はそんなことは露ほどにも感じないこと。
うーさん独特の言い回しも(面白いとおもうけど)勘違いされやすいとはおもうけど。
また、うーさんもだ、太田さんに精神疾患(統合失調だったか?)を直言したのも問題はあるわな。

まぁ、太田さんは自ら、「禿げ(私)が○○○(病名忘れた)の疾病にかかり難い・・有難いこって〜」と、お茶目なところがあるのと、
今回のように、子供じみた脊椎反応のようなこともある・・・ 善く言えば、革命家はよっぽどの熱情家でなければやってられない・・・ってことか。




492 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 18:57:13 ID:H5eEbl3T0
>「賤しい根性の下司野郎だな」・・・・
>まさに、どうして私が「怒った」のかを、あの投稿者を含め、みんなに考えてもらうために、
>あえてああ書いたんだよ。 これを「釣り」って諸君、言うんじゃないかい?
>でも、もっと考えて欲しかったなあ。

吉川英治の小説じゃあるまいし、誰もそこまで深読み?とやらをするようなフレーズだとはおもわないね〜。
というより、煽り方(言葉)が 侮蔑の言いようで大人げないとおもう。
太田さんは、「後出しジャンケン症候群」の疑いも強い。どーよ。


493 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 23:13:52 ID:ytm/lZzW0
それにしても片山さつきの舛添嫌いは異常。
(略

→典拠、典拠!(太田)

これって太田氏流のジョークなのかな?

494 :文責・名無しさん:2010/03/23(火) 23:36:42 ID:5YociaRl0
パトレイバーの映画評論はさ、太田さんにすごく期待してたんだよね。
防衛省OBの視点で完膚無きまでに、指摘や突っ込みが入ることによって
属国状態継続中、、占領下の日本製アニメの「病巣」を炙り出して
くれるんじゃないかと。
プロが大真面目にやることに、大いに意義があると思うんだけどな。

これはお話としての面白さとか押井さんのファンか否かと関係ないところで
興味があったんで、評論候補に推したんだよね。
まあ太田さんのモチベーションの問題だからさ、仕方ないけど。
すごい残念。

495 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 09:42:43 ID:TY9bFrf80
シドニー・ポワチエの「いつも心に太陽を」(英)、「夜の大捜査線・招かれざる客」(米)。
1967年の映画だけど、英米比較論的コラム書けないかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AF%E3%83%81%E3%82%A8

496 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 12:11:07 ID:VsqzU9Qs0
太田さん、>>491への長〜いコメントありがとうございますってんころり。
先ず、おいらのつたない筆力と太田さんご自身も認める妄想の類と相まって、
誤解をしているよーなので、その箇所をば。
×序に言わせて貰えば、<太田さんが>独立!と叫ぶのは結構毛だらけだけど、自分が自活できず組織や税金に縋り、
 庇護してもらっている“茹で蛙”状態・・・国の税金に集る政官業を始めとする下層とはいえピラミッドの一角にしっかりと
 組み込まれているヒトたち<の一人が叫んでもねえ。>
○上記< >部に太田さんが推測でいれた言葉は、太田さんのことを指すのではなく、独立どころか自力で自活する意地も覚悟も無い、
 それにもかかわらず、声高にシュプレヒコールしている輩を指しています。
 
×そもそもお前の映画評論は映画評論の名に値しない、第一、そんなもの読者増策、読者減食い止め策にもならないって言われたって
 ・・キミも同じ意見らしいが・・
○↑んなこと(意見)は一度も言ったことがなく、また考えもしないことです。
 むしろ、うーさん(も反対している訳ではないとおもう)はうーさん、別問題で、映画評はむしろ望むところなんだけどな。妄想ですね。


497 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 12:12:16 ID:VsqzU9Qs0
(続き)
太田さんは以前、退職後の経済的な窮状をうったえていたというか〜こぼしていましたよね・・・。
今回のコメントで安心しましたが、心配していたのはうーさんやおいらだけではなく、度々このスレッドでも以前はよく話題になっていて、
みんながそれを心配していた経緯があり、それ故のうーさんの御忠言であり、これは、それ以上でも以下でもなく、それを、
>ちょっとしたことで憤懣がたまっていき、いつかはそれが爆発するはずであり、それがついにキターってのが一瞬にして分かったの。
>それが、A、B両名と経験したことのデジャヴだってことも話したよね。
↑この、太田さんの〜筈であるという、まさに妄想気味の予想と、過去のデブだかシャブだかの事例・・・個人的な(感情論)対人関係の話は、
上に出ていた枡添VSさつきのような犬も見向きもしない夫婦の痴話喧嘩と大差の無い話(太田さん個人は大変でも)であり、耐久生活?とやらが
苦にならなくなっているのであれば、「武士はく食わねど・・・」と困窮に関し沈黙を貫けばこんな類の話なんざ出てくる筈がなかった・・とおもうが。






498 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 12:18:20 ID:RZpUkz7/0
とりあえず他の作品の映画評論はやらないんですか。
やらないと決めても、それを報告してくれなきゃわからないって。

499 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 12:21:04 ID:BJy8POg40
というか年金って飢え死にしそうなほど少ないの?
途中で退職したから?

500 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 13:21:53 ID:VsqzU9Qs0
>>495 シドニー・ポワチエ〜夜の大捜査線 いいね〜♪
先日、旧いビデヲを取り出してみたばっかりだけど やっぱ面白い。 
で、もう一本みたのが、
「ドクトル・ジバゴ」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%90%E3%82%B4
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/zhivago.htm
よかった〜♪ 
で、(映像の)背景にロシアの森林地帯が映し出される際の効果音が、黒澤明のロシアで撮った「デルスウザーラ」の効果音
と同じだった・・・。ちなみにおいらの黒澤映画で一番好きな映画がこれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A9

上とは関係ないけど(両作品とも映像も美しいが)、太陽が沈んだあとの数分間だけ光が残る、そのような夕暮れときに
撮影すると光が最も美しく信じられないぐらいい映像が得られる・・・という、映画カメラマンの専門用語に「マジックアワー」
と呼ばれる、その時間帯だけで作られた映画があったはず・・・で、残念ながらタイトルは忘れたけど、一度は観てみたい映画
があるんよ。知らない?






501 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 13:43:41 ID:TY9bFrf80
>>500
天国の日々?

502 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 14:41:42 ID:RZpUkz7/0
「天国の日々」じゃない。
でもそのカメラマンなら他にも凄い作品があるけどね。

503 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 17:08:21 ID:VsqzU9Qs0
>>501 ありがと産。
かなり以前から観たい〜と思っていて、結局観ずにタイトルも忘れたので、
もしかすると「天国の日々」なのかも・・・ビデオ屋にあるかな・・借りてみてみる。
502は違うっていってるのか?肯定しているのか よくわからんが、有名なカメラマン
の作品だと・・記憶しているが、なんせおいらは昨夜の夜飯のメニューすら忘れる鳥頭故、 
ナントモハヤ〜で情けないがしかたがない。
話かわるけど、上記映画「ドクトルジバゴ」の“ラーラのテーマ”は素晴らしい名曲で、映画が終わっても
当分のあいだはこの曲が脳に巣食ってしまい、ドーパミン放出していい気分なんよ。


504 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 18:03:36 ID:VsqzU9Qs0
≪>ついにキターってのが一瞬にして分かったの。 それ<は>、A、B両名と経験したことのデジャヴだ・・・
 は、その後の、彼を含めたIT支援グループ関係者間のメールのやりとりにおけるご当人の言明によって完全に裏付けられてるよ。
 遺憾ながら、第三者に迷惑がかかるので、このメールのやりとりは公表できないが・・。
 だから、それにしても図星だったなっという感慨を込めて私は「ついにキター」以下の文章を書いたってワケ。≫

↑まぎらわし〜と云うか、それ以前の問題。
>遺憾ながら、第三者に迷惑がかかるので、このメールのやりとりは公表できないが・
典拠!典拠!と他者には言って、自分は出せない代物ならば、コラムに出さないよね普通は。
それでも出した意図を考えると、太田さんにでっかい ×

≪なお、匿名で投稿してる以上は、ボクが何言ったって名誉毀損とか侮辱にはならないんだから、
 ボクが少しくらい粗っぽい言葉づかいしても、文句なんか言えたスジじゃないの。≫
↑文句なんざ言っていない。匿名相手には太田さんの意見に同意するが、が、が、が、が、がだ、
だからといって糞の投げ合いをするようなマネを、後になって釣りだといっても説得力なんざゼロだよ。
んなマネは2ちゃんの我々に任せて?特に太田さんは味噌と糞を一緒にして投げると品性落ちまっせ。


505 :うーさんw:2010/03/24(水) 20:05:48 ID:W/cxACha0
 これで最後だ最後だ言い続けて出てこれた身じゃないんで、
比較的緩そうなここで少しだけ。
ま、本人かどうかもわかんねんだーし、ここじゃ。

>>489
 そう、uの主張は「有料コンテンツとしては弱い」という主張だったわけ。
つまり「このまま続けるともしかすると「無料読者」が増える可能性はあるけれど
「有料読者」は減っていくんじゃないか」
 無料コラムとして今のところ位置づけられている「ディスカッション」と
同じスタンスで配信する分には何も意見はなかった。
 無料ならなんだってかまわないっていってたよね。

 だから、それを言った時点で、太田さんが(自称の行間読みのプロとして)
「もし無料コラム読者が増えるなら有料コラム読者が減ったってかまわない」
っていってくれてたら、この会話に関しては終了してんだよね。
だけど、ちょっと前だって、有料読者減に関して愚痴をこぼしてた気がするんだけどなぁ。
気のせいだったかね。

506 :うーさんw:2010/03/24(水) 20:07:48 ID:W/cxACha0
それから
>>491
> また、うーさんもだ、太田さんに精神疾患(統合失調だったか?)を直言したのも問題はあるわな。
 これね、ごめんね。でも、今までさんざん全文転載しといて、
あの最後のときだけあそこだけ抜くってちょっと卑怯だよねぇ(笑)
これ絶対悪印象だよって思ったw

 ただ、自閉症だってのは正直初めて会ったときから感じてたよ。
身内にそれ(↓これ)がいるから。
http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/HTML/KEYAKI/ha.html
まさしく太田のぶまさだと思うんだけど(笑)
高機能自閉症ってのは興味を持った特定のことにのみ精力を注ぐから、同じ機能を持った人間よりも
その分野に対しては長けていることが多いんだよね。ただの個性だよ。病気じゃあない。
(だからまあ付き合いづらいのはわかってたけどw)

 それから太田さん、少なくとも「uに関しては」絶対に「コスト」の問題じゃないんです。
もし最後のメールでそれを確信したんだったとしたらそれはまた自称プロの行間読みで妄想の誤解です。
(そう、結局これがいいたかった。。)
 口幅ったいけど、uの生産性は正直周りを見てると常人のざっくり10倍弱くらいだと思います。
だけどそうじゃない人もIT支援グループにはもちろん参加しているし、uができないことを
その人たちがやっていることも理解してください。
 正直uの労力なんて太田さん家いったりするのをのぞきゃ、「うんこ」みたいなもんなんです。
決して労力やコストの話じゃないんですよ。
 誰かに「会話にならない人の手伝いはできない」って言ったけど、
「口げんかにいつまでたっても勝てそうにないから」も追加しとくかねぇ(笑)

507 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 22:39:15 ID:TY9bFrf80
>>505
>まことに勝手ながら、読者、特に有料読者の方々は、引き続き、ハードル走への挑戦を続けていただけないでしょうか。
>しかし、これじゃ、有料読者が目減りし続けるわけだよなあ。
>ああ、悩ましい。

映画評論はコムツカシクないから、方向性としてはいいんじゃない。
誤解がとけたようだし円満退社?。。。できないなら、ここで、ぶちまけるがいいさw

508 :文責・名無しさん:2010/03/24(水) 23:41:05 ID:pSW1bCc80
こういうブログ内における人間関係ってのは
主宰者が主宰者らしく振舞えば起きない問題だと思うんだけどねえ。

太田さんが最終決定権を持っている「ボス」として
役割を演じておけば、ゴタゴタは相手を一喝すれば
解決するだろ。

太田さんはなんでも論理的に議論しようとするからなあ。
話がこじれるのは目に見えている。
太田さんに近い人はどう振舞ったらいいか
混乱してるんじゃないの。

これからもこういうゴタゴタを起き続けるよ。
太田さんが気付かないからね。

509 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 11:42:33 ID:J4E/1kL80
>>508
小沢一郎と同じことをやれってか?

アンチは論理に一貫性がないな(w

510 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 12:01:25 ID:lS1pLjMO0
太田さんは自分のやりたい活動をやりたいように勝手にやってるわけで、
退職後の余生を全力で自分の趣味に没頭して生きているとも言えるんだから、
他人の趣味に対して外野がああしろこうしろと指図するのは傲慢だと思うよ。

趣味というのは自分のやりたい形でやらないと価値がないのであって
他人に指図に妥協して、自分のやりたい形を曲げたのではやりがいも半減する。

511 :うー:2010/03/25(木) 12:30:53 ID:xUO/rKpY0
>>508
 そういう「部下」を集められりゃそれでもいいんだろうけど、
少なくともそれじゃuははじめから手伝ってないだろうし、
人選が難しいんじゃないかね。
 それこそ509のいうように太田さんに小沢のような(源泉はおいといて)パワーが
人選の幅も広がるだろうけど、全くそういう人じゃないからねぇ。

>>510
「有料コラム」と銘打って金を取ってる以上、これはただの趣味だって
言い切るのは難しい気がするけどなぁ。そう言いたいんなら
全てを寄付にすべきでしょ。それで食ってるエンジニア、
直接にも間接にも数人知ってるし。

512 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 12:32:02 ID:lS1pLjMO0
>>511
有料コラム取るのやめれば?
趣味で金取ってるジャンルなんていくらでもあるぞ。

513 :うー:2010/03/25(木) 12:32:26 ID:xUO/rKpY0
パワーが → パワーがあれば

514 :うー:2010/03/25(木) 12:40:50 ID:xUO/rKpY0
あー、ごめんね、uは正式な有料コラム読者じゃない。

そもそも太田さんには「有料」「無料」の区別がない(ディスカッションは別?)
ようだから、この話はちょっと違う気もするけどね。

しかし、ほんとに太田さんが「コラムを書き続けるために寄付を」を呼びかけても
「年金で足りない」分を補うくらいの寄付が集まらんのかなぁ。
知人のエンジニアを見てるとどうもそうは思えんのだけど。分野が違うのかなぁ。

515 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 12:42:39 ID:8OUp7o1m0
>>505 ををっ うーさん! いらっしゃい。 まぁ茶でも飲んで寛いでけろ〜W(by セルフサービス
>ちょっと前だって、有料読者減に関して愚痴をこぼしてた気がするんだけどなぁ。 気のせいだったかね。
↑んだ。 ちょっと前に、たしかに〜 はっきりと、しっかりと、くっきりと、きっちりと、ついでに ばっちりと有料読者減
に関し愚痴をこぼしていた。 之、周知の事実で間違いない。
高機能自閉症か〜、故に特定分野では太田さんは常人離れした能力を発揮するんだ・・・まぁ、うーさん言うように、
「ただの個性だよ。病気じゃあない」ってのは素直に理解した。

別に変な意味は無いのだけれど、(太田さん呆れるかな?)松竹映画の“フーテンの寅さん”と、太田さんは似ていると思ってたんだ・・・。
其々に愛すべき資質っていうか、独自の世界観のようなものがあり、で、傍目(はため)からそのヒトをみている分には自分にとっても楽しいし、
また、とても勉強にもなる。
でも、その個性ゆえに、身近に接する人たちは大変なんだろーな・・・と。 親兄弟なんざ、それこそ・・ってやつ。
それでも大衆には愛されるってのも、とても面白い存在なんだな と。

516 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 12:48:57 ID:lS1pLjMO0
> 「有料コラム」と銘打って金を取ってる以上、これはただの趣味だって
> 言い切るのは難しい気がするけどなぁ。そう言いたいんなら
> 全てを寄付にすべきでしょ。

なんで?
たとえば趣味の日曜マーケットで自分の家にある古着とか皿とかに値札つけて売ってる
おばちゃんが打ちの近所にはけっこういるけど、そうやって楽しく売ってる人に向かって
「値段つけて有料にするのはけしからん。趣味なんだから寄付にして値札付けるな」
とか言って回る奴が現れたら傲慢なおせっかいだと思わんか?

517 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 12:55:52 ID:GIE4UC0Y0
ご子息は根性曲がって変態性欲の持ち主になりそうだw

518 :うー:2010/03/25(木) 13:02:54 ID:xUO/rKpY0
>>516
 まあ、そういう反論する人いそうだなーとか、上で誰かも言ってるように
趣味で金取ってるコラムもあるんだろうから、そういう反論をする人に
聞きたいのは

「そういう人たちと太田コラムは一緒でいいの?」

 ってことだ。uは太田コラムを特別な存在だと思ってたから支援してきた。

519 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 13:11:25 ID:lS1pLjMO0
>>518
そうやって論点ずらす。
本人がやりたくて勝手にやってるだけの事には違いがないんだから
それが軽い趣味だろうと余生すべてを打ち込むくらいの真剣な趣味だろうと
何であんたの「俺さまルール」を好みの違う他人に押し付けられると思ったの?

520 :うー:2010/03/25(木) 13:15:28 ID:xUO/rKpY0
いやあ、太田さんだって「特別な存在」だと思ってるだろうし、
ゆくゆくは「全て無料にしたい」と思ってるわけでしょう。
そこからして「そういう人たち」とは違うじゃん。

521 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 13:17:34 ID:8OUp7o1m0
で、問題なのが「自称の行間読みのプロ」ってやつだな。
文章は感情の起伏が表現でき難く(判り難い)、そのときの体調や精神状態で感じ方は当然変わる。
逆に文章では伝わらないこの感情を、大きく出すことにより面白さを引き出すことを目的に、朝まで生テレビのような
討論番組をつくったたのが田原総一朗。
彼は、テレビ東京辞めてフリーになり、自分の生きる道を模索中(生活の糧を得るための餌場確保)をドキュメンタリー製作で培ったノウハウを
討論番組にして、自らは司会となり、出演者同士をわざと“煽り”、感情を最大限に出るよう(喧嘩等々)演出し、それで成功して、
お金と権力まで手に入れた(小泉元首相も擦り寄り仲良く?)ってことがある。 現在は老害だけど、この道の先駆者だった。

「行間読みの天才」は、「行間読みの天災」にもなる。
「表現」・・・とは、読み手にその感触が伝わるように書かねば、それは表現とはいわない。
太田さんの才をもってすれば、簡単にコラムによって使い分けができるとおもうが どんなもんかね。


522 :うー:2010/03/25(木) 13:20:15 ID:xUO/rKpY0
>>519
あー、でも、そうね、そういう意味ね。まあわからんでもない。
でもオレどこでオレ様ルール押しつけようとしたかなぁ。
全部寄付にしろって? 単純にこう思うからなだけなんだけどな。

> しかし、ほんとに太田さんが「コラムを書き続けるために寄付を」を呼びかけても
>「年金で足りない」分を補うくらいの寄付が集まらんのかなぁ。
> 知人のエンジニアを見てるとどうもそうは思えんのだけど。分野が違うのかなぁ。

523 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 13:35:09 ID:lS1pLjMO0
> でもオレどこでオレ様ルール押しつけようとしたかなぁ。

> 「有料コラム」と銘打って金を取ってる以上、これはただの趣味だって
> 言い切るのは難しい気がするけどなぁ。そう言いたいんなら
> 全てを寄付にすべきでしょ。


と思ったけど押し付けてまではいないか。

524 :うー:2010/03/25(木) 13:41:59 ID:xUO/rKpY0
言葉の勢いって怖いねぇ。冷静に特にここだけ切り取って見ると
押しつけそうな勢いだよね、これw

525 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 13:49:39 ID:Lxkn4sG40
>>511
「そういう「部下」を集められりゃそれでもいいんだろうけど、
 少なくともそれじゃuははじめから手伝ってないだろうし、
 人選が難しいんじゃないかね。」

後でおれも気がついたよ。
「ボス」って給料払うか、実態のある組織で確固たるポジションが
ないとそういう風に呼べないんだよね。
「社長」「局長」「所長」等の。

ボランティアだと「ボス」は難しいみたいね。
でも、U氏の立場を立てながら太田さんの意志を通すって
普通皆がやってることだと思うが。

でも、太田さんの「民主的」態度(全てを論理的な議論で処理する)
が混乱の要因だと思うけどねえ。
直接会わないで、メールでのやりとり中心だと仕方ない面
はあると思うけどね。



526 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 18:00:54 ID:8OUp7o1m0
ヲホッ 面白い展開になってきたな。
太田さんが他者には喧しいほど言い続けている典拠を出せとのことを、太田さん自身がが出さないことを咎めるとだ、
>私がソースを(意図的に)歪曲して使う人間、つまりはウソつきだと思ってるのなら、太田コラム読むの止めたらいかが?
↑キタ〜ッ 神宣言!
ウソつきだと思っている・・としか何で考えられないのかね〜ハァ 消印所沢サンまで持ち出して・・・。
朕(太田)の辞書には歪曲・ウソの文字は無いっ(キリッ  ってか。
まぁ、なんやここまでくると哀れみすら感ずるな。

太田さんがご自身で宣言する、≪そう、私は「異常なほど」「まとも」だから≫発言。
太田さんの言う「まとも」と、世間一般の「まとも」とは大きな隔たりがある。
所沢さん、うーさん・・・まぁ結果がどうあれ(喧嘩別れでもモーホの痴話喧嘩だろーが)一度はお世話になった
人たちに向かって一方的に非を詰るってのはだ、少なくとも日本の一般社会人には考えられないことだ。
こういう輩は、日本人以外の人種、若しくは精神に疾病の疑いがあると考えるのが普通。
お世話になりました ありがとう♪で、何故終われないのか?
枡添VSさつき のような、(自分達だけの小さな)離別夫婦の犬も食わない痴話喧嘩を、それこそ
私は「異常なほど」「まとも」と自賛するヒトが、どのツラさげて、どのクチで、コラムのような場所で
公開できるんか?  壊れているんか、太田さん? 




527 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 19:58:32 ID:lS1pLjMO0
いがみ合う人間はお互いに似てくるというようなことをニーチェが書いてたけど、
お互いに相手だけを精神病判定して自分はまともだと確信してるんだったら
ふたり一緒に精神科医に鑑定してもらってどっちが本当にその病気なのか
白黒つけたら確実だと思う。精神病の判定は素人判断では無理だろ。

528 :うーw:2010/03/25(木) 22:23:36 ID:wNCGnosH0
> 自分をそういうものとして常に直視してないと
残念だなぁ、「自分をそういうものと直視」しているからこそ、
太田さんにいったんだけどね。まあ、こんなもんは病気じゃないですよ。
もし自分とピッタリ当てはまってしまうと思っても気に病むことはありません(笑)

>>527
似た人間はいがみ合うんじゃないかね。uは別に太田さんといがみ合ってるつもりはなかったんだけどなぁ。

529 :うーw:2010/03/25(木) 22:25:09 ID:wNCGnosH0
そうそう、それから「高機能自閉症」はあくまでも「自閉症」の一種であり、
全く言い換えじゃありませんよ。常識じゃないかな、そのくらい。。

530 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 22:45:37 ID:qg5E39MZ0
とりあえず「ウヒヒ的贅沢」って何よwww
いやらしいことしか想像できんわw

531 :うーw:2010/03/25(木) 22:48:23 ID:l/pnm1bf0
暇だしもうちょっと2ちゃんを汚しておこうw

「>uの生産性は正直周りを見てると常人のざっくり10倍弱くらいだと思います。
だけどそうじゃない人もIT支援グループにはもちろん参加している・・・
→傲慢この上もない発言。しかも、IT支援グループの残りの(残った)3人がイ
イ面の顔だと思わないの?(太田)」
 uのやってる仕事は専門職であるにもかかわらず一般人の入ってきている業界です。
他の方はそうではない別のことをやっています。ここまではわかりますね。
つまり、uが他の方がやっていることをやったって、10倍の能率なんてでません。
だから「IT支援グループの残りの(残った)3人がイイ面の顔だと思わない」ですよ。
敬意と尊敬を持って接していたつもりです。特に絵心なんて全くありませんからね、uは。

 映画についてはもうどうでもいいんでコメントしません。

「「出せなくはないんですけどね(出さないけど)」とはフツーの人は絶対よう言わんよ。」
uを普通だと思ってたなんて驚きですw

532 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 22:49:23 ID:qg5E39MZ0
今は生活を維持できているかもしれないが、ご子息にもこれから金のかかる時期が来るし、おーたんや奥さんにもいつ病災が降りかかるか分からない。
そのための蓄えも含めて考えてるのだろうか?

533 :文責・名無しさん:2010/03/25(木) 22:57:12 ID:qg5E39MZ0
寄付で全てをまかなうのは無理。
だって太田コラムの読者って、おーたんの主張が成就したら経済的に損する人たちばっかでしょ。
自分で自分の首を絞めたくはないんじゃないか。

534 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 11:14:27 ID:TPKpVhwb0
官僚機構からドロップアウトした今は、自分の「ムラ社会」をつくり、それを大事に守りたいだけだな。
このムラ社会に「寺請制度」を導入し、太田教の檀家になることを強制しているって図か?(勿論他宗派はご法度で)
遠江人さんだかも、太田コラムと2ちゃんを一緒くたにするのは無理筋ってもんだろ。ここは、匿名掲示板故に引用も罵倒もOKだけど。
2ちゃんが嫌なら引用しなけりゃいいだけの話。

で、太田さんのいう≪異常なほど まとも≫とのことは、あくまで自分基準でのことで当たり前のことだけど、
ここでは皆が知っている太田さんの過去の事例である、所謂KYのピアノ事件から始まり、お世話になった周囲のヒトに対する袂を分かつ際の
語る必要の無い一方的な(見苦しいネ)罵倒の源泉は、フーテンの寅さん同様に尊敬・おだてには理解を示し、自分に意見や反論をするヤツには
容赦しないという、善く言えば純粋でわかりやすい、そう、太田さんがいう合わせ鏡の人間ってことだな。
この、異常なほどまともとか正直ってのが、はたして他者にはどう感ずるかの、想像力が太田さんには欠落しているようにおもえてならない。
あくまでも予想だが、太田さんが同僚の家庭に招待されたときなど、一応「愚妻です」との謙譲語で紹介なんぞしたらば、
その通りですね、おまけに醜女ですな〜なんぞといいかねない恐れすらある。
客観的な事実であって、事実その通りでも、普通は言えないことを簡単に口にする可能性が大きい(寅さんも)。
まぁ、「特別な存在」だ。

535 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 11:17:13 ID:ZVZy3Ptr0
>>531
もういい加減そのくらいでやめときなよ。
あんたもたいがいに「痛い」人だ。
「uは、uは・・」って何だよ。
いい年して「私は」「僕は」くらい使えねえのかよ。

そんなだから、太田さんにまともに映画評の取りやめを
直言してんだろうが。
メルマガの主宰者で年上なんだから、普通はもっと婉曲な
表現を使うもんだよ。日本人の礼儀作法を知らないのか。

この辺で消えときな。



536 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 12:05:45 ID:Nb7yiDZi0
>>526
>≪そう、私は「異常なほど」「まとも」だから≫発言

カギカッコつきだ!
エスパーじゃないから、俺には行間読みできねえけど。

しかしなあ、ネットのやりとりで、書いたこと以上の深読みはトラブルの元だよなあ。


537 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 12:30:44 ID:TPKpVhwb0
>>527 公開で、病気自慢、病気度の勝負してもな・・・この類の争いは、二人だけで他所でやって欲しい。 第三者には面白いけど。
多少おつむや性格に障害があろーと、太田コラムの質が低下するわけではないし、太田さんの情報・分析の素晴らしさと、
精神の歪みは別モノであり、なんら問題はないとおもう。 むしろ、凄みを増す可能性がある。
太田さんの能力を素直に凄いとおもうけど、他所で人格も素晴らしい〜と持ち上げているのを見るにつけ、あー太田教なんだな〜と感ずる。
気持ちが悪いというか・・・。

>彼には、2ちゃんに投稿して傷をなめてもらうのは止めて、私がこう↑書いたことを何度も何度も噛み締めて欲しいんだな。
↑行間読みのノンプロだが、打たれ弱い太田さん、これ以上暴露しないで欲しい お願いだから・・と読める。
痛点(弱点)を的確につかれると、(反撃の)攻撃性がより高まるのはご存知の通り。例外はあまりない。

>>535
太田コラムでならいざ知らず、2ちゃんで≪この辺で消えときな≫は ないだろ。 ひろゆきだって言わないぜ。
他者に対し、匿名で礼儀作法を講釈たれたいならばだ、あんたが実名晒して出直してきなよ。





538 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 13:05:31 ID:kASeSk2M0
ヒネオヤジは言い得て妙w

539 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 14:09:52 ID:ZVZy3Ptr0
>>537
「太田コラムでならいざ知らず、2ちゃんで≪この辺で消えときな≫
 は ないだろ。 ひろゆきだって言わないぜ。
 他者に対し、匿名で礼儀作法を講釈たれたいならばだ、
 あんたが実名晒して出直してきなよ。」

2ちゃんなんだから、改行する癖はつけておこうな。




540 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 15:30:43 ID:TPKpVhwb0
>>539







541 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 15:53:32 ID:I41FybuK0
834 名前:名無し三等兵 投稿日:2010/03/26(金) 15:04:54 ID:???
 「自衛隊の戦力はゼロ」論争を見るに,「まず結論ありき」で論を組みたてている可能性があるため,
太田ソースの信頼性はD(クロスチェック必須)レベルであることを留意されたし.」(コラム#2978)的な文言を濫発してた消印所沢サンを思いだすねえ。
 私がソースを(意図的に)歪曲して使う人間、つまりはウソつきだと思ってるのなら、太田コラム読むの止めたらいかが?


835 名前:名無し三等兵 投稿日:2010/03/26(金) 15:51:35 ID:???
>私がソースを(意図的に)歪曲して使う人間、つまりはウソつきだと思ってるのなら、太田コラム読むの止めたらいかが?

1万円ネコババ男の太田さん、太田さんじゃないか。突然どうしたの?

542 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 15:54:49 ID:TPKpVhwb0
で、あの自民党でも閣僚のパーティは自粛していたんだが、民主は権力の座につくと・・これだ。
今度はまた岡田外務大臣が「朝食会」だって・・・ヲイヲイ
現職閣僚のパーティなんざ断れないヤツは多いよな。 まぁ〜、ヤクザのミカジメ料とどこが違うのかわからんが。
新鮮さもなくなり、やりたい放題。 カネと権力の座へ、そして腐敗へと、今民主がそれを演じている。

原口総務相が資金パーティー 大臣規範に違反せずと強調
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/159167

543 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 17:25:49 ID:TEZM0XJy0
>>537
>他所で人格も素晴らしい〜と持ち上げているのを見るにつけ

どこ? Mixi?

544 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 18:47:09 ID:TPKpVhwb0
あー、太田さん妄想狂だとおもってたら、本物のビョーキでないの〜しかもタチ悪い粘着質の。
>無償カウンセラーたる私と押しかけクライアントとの間
・・・嗚呼〜、はじめちゃったよ物語を・・・
>止めない限りカウンセリングは続き、公開カウンセリングである以上、クライアントは一方的に傷を深めていくことになる。
・・・公開処刑宣言!これは、怒りに我を忘れて暴走し、凶暴化し、終わりの無い闘いへと・・・。
何せ本人が、「侮辱罪」だの、「告訴」だの、「逮捕」「起訴」「病院へ行け」・・・この連呼はまともぢゃないだろ。

あのね太田さん、今回のコラムを太田さんのご家族に見せることできる?
本人は勝手にビョーキで怒り、叫びまわって満足してもだ、その周囲(親族)が一番大変だってことくらい、自称カウンセラーなら
多少はわかるだろ。 病人より大変なのは、看護し保護する家族なんだぜ。

言いたかないけど、二人だけの問題をだ、ことさら相手がひつこいというような言い回しで、太田コラムにわざわざアップさせて、
互いの糞の投げあいを、それを正当化して 何になるの? 太田コラムで、恥を晒しているのは太田さんだぜ。
余計なお世話は承知の上だが、以前から気になっていたが、太田さんとこの家庭崩壊からその先にある・・・ 心配だわさ。

>>543 今回の遠江人さんや、以前からのも含めたくさんあるよ。
まぁ、熱狂的ファン(例えば演歌歌手に熱を上げるおばさんたちのような)で、本人には嬉しいのだろーけどね。

545 :文責・名無しさん:2010/03/26(金) 19:01:09 ID:lseENNyo0
今日の信者投稿は気持ち悪かったな。
シタリ顔で。

546 :うー:2010/03/27(土) 00:56:41 ID:i8MWTznG0
あー、2日寝ないでヨレヨレです。明日は3時起きで釣りに行ってきます。
まあ寝ないんだろうな。船で睡眠だ。。船長に怒られる。。

今太田コラムは斜め読みしか読んでないので、そこで詳細にどんな「罵倒」が
繰り広げられているのかよく知りませんw

> 太田さんとのやりとりの中で次第にUeyamaさんの文章が感情的になり(keizooさん)
これは彼と会話にならないから。誰だって会話が成立しなきゃいらいらするでしょう。

> (現在、仕事にあぶれてるようだが、)<太田さん>
そうそう、uは今暇ですよ。残念ながら「仕事にあぶれている」わけではなくて
「やる必要がないからやっていない」だけです。
「やれる?」って聞かれてるのを「今をちょっと忙しくて」と断ってる状況です。
これもフツーの人は言わないとかいうのかな?w

> 2ch(=完全匿名)の書き込みはこの類が比較的多いでしょう・・・<これは>
> 本人以外に価値の無い「自分」語り、となると、完全に太田コラムを利用した利己的満足でしかない<遠江人さん>
2chってただの「会話」をする場でしょ? それをコラムに勝手に載せてるのは太田さん。
2chの人はほとんど太田コラムを利用しようなんて意図はないんじゃないですかね。
それ、あるいは太田さんを題材にしてだべってるだけですよ。

> アスペルガー症候群が・・・歴とした精神疾患(ビョーキ)である<太田さん>
あれあれ、いわゆる精神疾患がビョーキなのかそうではないのかは
文化によって違う、という話だったような気がするんですけど。
そういう意味で、病気じゃない、と言ったんですよ。間違いなく病気じゃない。
uの身内もね。


547 :うー:2010/03/27(土) 00:58:19 ID:i8MWTznG0
>  <βΡΡβサンは>似た人間はいがみ合うんじゃないかね<と言うが、>uは別に
太田さんといがみ合ってるつもりはなかったんだけどなぁ。<太田さん>

その補完は全て間違ってますが、日本語読めますか?(あえて罵倒してみますw)
「βΡΡβサン」は「似た人間はいがみ合う」とは言ってませんよ。

> いずれにしても、あなたが言葉を「言い換え」たのは事実だわさ。
誰かが「癌」であることを宣告し、その後「胃癌」であることを宣告した場合、
これは「言い換え」ですかねぇ。その程度の話だと思うんですけど。
ちなみにuは「アスペルガー症候群」とは一言も言っておらず、
「自閉症」ないしは「高機能自閉症」と言っています。

> (uがフツーでないことに対し)その通り。ただちに医者に行きなさい。
フツーがお好きなんですねぇw

>>535
あれ、これって仕事じゃ普通のことじゃない?
「私」じゃ誰だか途中でわかんなくなっちゃうバカがいる可能性があるから、
文章の場合においては「名前」を一人称として使うって。
u(笑)がいる業界が特殊なの?
あと、消えろって言われてもねぇ。困ったね、別に2ちゃんに書いてある分には
>>537
> 二人だけで他所でやって欲しい。 第三者には面白いけど。

>  他方、自分で言い張ってるようにビョーキじゃないのなら、
> 私が告訴すれば、有罪になる可能性が高いな。 どっちにするね?
うーん、どっちにする、と聞かれている以上、どちらかにするんでしょうから、
初めての経験なので告訴してみてください。まあ仕事に多少の不都合は出るでしょうが、たいしたことはないと思います。

> 申し訳ないけど、Ueyamaさんが本名●●という人物だって知ってる人間、私の知
> る限り私を含めて4人しかおらず
よくこんな厚顔無恥な嘘をつけたもんですね。

548 :うー:2010/03/27(土) 01:14:16 ID:i8MWTznG0
今見た
> まあ、本日のコラムを含めて、あなたの貢献度は大きいから、
これって「お世話になりました ありがとう♪」なのか?
腹が立ってきたけど、陽気に2chを荒らすことにしようw

549 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 03:47:43 ID:V1F/Ga2A0
うーさんへ

私はあなたを知らないし、太田さんのことも知っているとは言えませんし、
一連のやり取りの中でどちらに非があると判断出来るだけの脳みそもありませんが、
そもそものあなたの「憤り」は、あなたの「善意」を太田さんが
無下にした(とあなたが感じた)ことによるものと理解しています。
違いますか?

「善意」を無下にされれば、それは不快なことでしょう。
ただ私が見るに、太田さんがあなたに対して「カウンセラー」と称し、
ディスカッションで取り上げているのも、それも「善意」であるように見えるのです。
あなたの目には、一連のディスカッション(太田さん曰く「カウンセリング」)で、
太田さんが楽しんでいる様子が映るのでしょうか。
人を貶して喜ぶ太田さんの姿が映っているのでしょうか。

「革命」などというキチガイじみたことを大マジでやっている太田さんです。
大マジの「善意」であなたのことをディスカッションで取り上げているという
可能性は、相手がキチガイであるだけに、十分に考慮する余地があると思います。

「善意」を無下にされたことに憤りを感じたあなたが、
太田さんの「善意」について考えることは、有意義なことではないでしょうか。


話は変わりますが、「キチガイ」は太田さんの自称ですから侮辱罪とか何とかにはなんないですよね?
「抗弁しても、この投稿者がUeyamaさんであることは、簡単に証明できるがね。」
と仰るのがマジなのか冗談なのか分かりませんが、さすがに私が誰かなんて分かんないですよね?

550 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 05:24:19 ID:z4IoCwbN0
今回のディスカッションの大田解説はややこしすぎて細かいところがよくわからなかったけど
「おおやけのネット上で特定の個人の悪口を書くのはたいがいにしとけ」
と2ちゃんねらーに警告してるんじゃないかって気はした。

551 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 10:45:23 ID:b60qKpJz0
>>549 優しいヒトなんだね〜。 
上には、貴方の優しさが滲み出ていますが、それでも太田さんの善意でコラムに
取り上げているってのは、残念ながらあたっていません。
善意で・・・というけど、犯罪!逮捕!起訴!侮辱!ビョーキ・等々・・繰り返し罵倒している
事実を冷静に読み返してみてよ(いくら裏読みしても無理筋)。 まぁ冷静になって客観的にね。

太田さんには、バッファ的存在がいそうに無いのが、今回の件もだけど感情的になりがちで物事を
拗らしてしまう要因がここにある。 残念だけど。
>>545 が、いみじくも言うように、こんなときこそ(信者では無理だけど)おおたさんの乱心を止める
それこそバッファ役が必要なんだけど、いかんせん太田さんの周りにはマンセーの信者が“したり顔”で
擁護するもんだから、これ太田さんにとってとても不幸なことだと思う。





552 :うー:2010/03/27(土) 11:05:21 ID:i8MWTznG0
結局ねぼーして釣りにいけませんでしたw 起きたら既に出船時刻w 携帯着信だらけww

>>549
> そもそものあなたの「憤り」は、あなたの「善意」を太田さんが
> 無下にした(とあなたが感じた)ことによるものと理解しています。
 まずuがやめた理由は「善意を無下にされた憤り」ではなく、単純に
「意思の疎通がはかれなさそうな人の手伝いはできない」という理由。
だってあんまり「善意を無下にされた」記憶ないもんw
もしかしたら「やめる」と言ってからの言葉が多少汚くて「憤っている」ように
見えるかもしんないけど、単に立場が変わったから地が出てるだけだよ。
ただ前回のディスカッションは「憤り」そうだったから、ちゃんと目を通してないw

 あ、そうだ、毎日ここを見てる暇な太田さん(笑)別にuは「時事コラム」が
早く送られてくることなんてどうでもいいことなんで、有料会員扱いはやめてもらって
結構ですよ。

553 :うー:2010/03/27(土) 11:06:22 ID:i8MWTznG0
> 太田さんが楽しんでいる様子が映るのでしょうか。
> 人を貶して喜ぶ太田さんの姿が映っているのでしょうか。
うーん、違う、uには
「人の言っていることの行間が全く読み取れず、それでは現実社会ではまずいので
 必死で行間を想像している人」
要するに自閉症の人の姿が映ってる。彼が「行間読みのプロ」と自称できるのは
おそらくこの「必死で行間を想像」がかなりの確率で、常人外れのレベルを示すためだよ。

> 大マジの「善意」であなたのことをディスカッションで取り上げているという
> 可能性は、相手がキチガイであるだけに、十分に考慮する余地があると思います。
うーん、その可能性がないとは思わないけれど、
でもやっぱりuには、「自分に敵意を持っている(と彼が思う)人間の
文章の行間読みがめちゃくちゃヘタクソ」であるために
こういう話になってるってのが濃厚じゃないかって気がするなぁ。

> 「抗弁しても、この投稿者がUeyamaさんであることは、簡単に証明できるがね。」
> と仰るのがマジなのか冗談なのか分かりませんが、さすがに私が誰かなんて分かんないですよね?
 これはuの投稿内容に関して言ってるんじゃないかな? でもこんなの、uが
uと彼の間柄を誰かに詳細にたびたび話していた、ということになれば証明なんて
できないと思うけど。。

554 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 11:12:24 ID:b60qKpJz0
まぁ、それであっても太田テーゼはじめ、太田さんの能力や才能に対して全く毀損はない。
躁鬱だって立派な精神病(時にはかなり深刻だけど)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E6%A5%B5%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3

おいらだって誰だって、例えば可愛いおネーちゃんや子供等に“大〜好き♪”って迫られたら
躁状態になるし、反面、糞ひってカミで尻を拭こう(不幸)とした際に手に運故が付いたときなど
欝状態になるし、まぁヒトは誰しも多かれ少なかれ多少は精神に病はもっているとよく聞くよね。
また、精神疾病の現場はかなりいい加減な世界(典拠出さないけど)なことは、よーく知ってる。
之、医者本人がよーく知ってるW 聞きたくも無いのに聞かされている。
太田さんが、自称カウンセラーとして登場したけど、ブラックユーモアというか笑ってしまった。

555 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 11:39:58 ID:KmZWTluZ0
結局はモーホー同士の「夫婦喧嘩」プレイなんだろう。
そういうのは同性愛者スレでやってくれ。

556 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 12:03:02 ID:b60qKpJz0
ムネオ日記
http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html
3月19日に行われた衆議院外務委員会の参考人招致で、東郷和彦元外務省条約局長が、外務省が密約関連文書を破棄した可能性を示唆した。同日午後5時ごろ、岡田克也外相から東郷氏の携帯に電話がかかり「
去年12月4日、東郷さんが有識者委員会に提出した(密約関連文書の)リストと意見書を公表してよいか」と了承を求めた。東郷氏は「異存ありません」と応えた。筆者と東郷氏の間にこんなやりとりがあった。
 佐藤「奇妙な電話ですね。何で公表について東郷さんの了承を求めてきたのでしょうか。有識者委員会の席で、外務省にリストと意見書を渡したんでしょう」
 東郷「そうだ。3人の学者に同席していた外務省のノートテイカー(記録係)が『私にもください』と言ったので渡した。これで僕がもっている資料を外務省と日本国民に返したという認識も明確に示した」
 外務官僚は悪知恵がよく働く。東郷氏のリストと意見書を公表すれば、外務省が公表した文書にそれらの一部が含まれていないことが明らかになり、公文書堙滅いんめつ疑惑が生じる。
 それを阻止するために「東郷のリストや文書は、たいした意味がありません」と岡田外相を情報操作したと筆者は見ている。参考人招致の後は「東郷の了承がないとリストと意見書を公表できない」と、
責任を東郷氏に押し付ける情報操作をしたのであろう。
 重要なのは、真実を国民の前に明らかにすることだ。東郷氏から密約関連文書の「赤いファイル」5冊を引き継いだ谷内正太郎氏が、衆議院外務委員会で真実を述べることが重要と思う。筆者は谷内氏をとても尊敬している。
それは、鈴木宗男氏が自民党の有力政治家として「唯一の外交族」と見られた時期にも、鈴木氏に阿おもねらない数少ない外務省幹部だったからだ。
 それだから、鈴木氏は「谷内はしっかり者だ」と高く評価したのだ。田中真紀子元外相にも谷内氏は信頼されたが、それを自己の栄達のために用いるようなことはしなかった。そして、谷内氏は2002年の鈴木宗男バッシング
にも加わらなかった。
 谷内氏には特定の政党や政治家に阿ることをせず、日本国家に対してのみ忠誠を誓うという「吏道」がある。それだから、筆者は谷内氏が参考人招致に応じると見ている。

557 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 12:55:50 ID:lKwSBa4K0
>>549
あのカウンセリングは、這えば立て立てば歩めの親心なのかしれんが、
うーさんの薬や音楽の話で、「フツー」な生き方をするつもりは無い人だと、
読めなかったのは行間読みのプロ失格じゃない。

太田さん自身も、ミリオタとの論争のとき、IT支援者に言葉遣いで諫言されたけど、
唯今改めてないことからして、「ほっとけ」「書きたいように書く」ってことなんでしょう。
いい年した大人にとって、親切とお節介は紙一重でしょ。

>うーさん
どの辺が、この論争の落とし所なの?
「できないなら、ここで、ぶちまけるがいいさw」と書いた手前、
幇助になるのかな?とガクブルなんだけどw

558 :うー:2010/03/27(土) 13:31:27 ID:i8MWTznG0
>>557
あ、ごめんごめん、そもそも論争してるつもりはあんまなかったんだよね。
会話。返事が返ってきて、誤解だらけだから返してるだけ。

559 :うー:2010/03/27(土) 13:32:57 ID:i8MWTznG0
>>554
その通り、だからuも

> 「彼が「行間読みのプロ」と自称できるのは
> おそらくこの「必死で行間を想像」がかなりの確率で、
> 常人外れのレベルを示すためだよ。

といったんだよ。

560 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 14:06:11 ID:b60qKpJz0
>このところ、紹介する記事が少ないので、埋め草として助かってはいるけどね。
>読者の皆さんにとっても、アスペルガー症候群とか侮辱罪とか、復習できて、そう悪くなかったんじゃないかな。
>最後に、2ちゃんの諸君。 自主的に最低限の自浄作用を働かさにゃ、これからも哀れな犯罪者を続出させることになるぜ。
↑最後の締めくくりの文なんだが、>>557 は、どこをどう読んで、≪あのカウンセリングは、這えば立て立てば歩めの親心なのかしれん≫
なんぞの感想がでるのかさっぱり理解できないが。 
昨日のディスカッション、何度もじっくりと読み返したが、読むほどに太田さんが、もののけ姫に出てきた 祟り神・・というか、ナウシカの赤い目をして
怒っているオーム・・・のように、凄い形相で一心不乱にPCに(うーさんのことを)打ち込む姿が出てきてしまう。

アスペルガーとか侮辱罪の復習できて嬉しい読者なんぞ、どこにいる? いるわけないだろ〜w
>自主的に最低限の自浄作用を働かさにゃ、これからも哀れな犯罪者を続出させることになるぜ
・・・だって・・・うーさんを追い詰め苦しめるのは2ちゃんの我等って言ってる。
まぁ、だったら2ちゃんからわざわざ引用するって発想が、どーにも、頓珍漢っつーより、自分の
犯罪者扱いの罵倒を正当化して、罪は2ちゃんの匿名連中にって責任転嫁をせっせとしていることになる。
自他共に認める自慢の頭脳もだ、怒りに支配されて冷静さを失い、完全にいかれ(怒れ)ぽんちになっていることが、
本人には全く気がつかない。 自覚症状が無い。
(自称w)カウンセラーと患者(うーさん)の“話”・・・あれが異常でなくって何が異常なもんか・・。

落とし所なんざあるはずないよな。 ぐだぐだで消滅しかないだろw
でも、悪い意味でなく、太田述正の人となりってのが徐々にわかってきてよかったと
おもってる。
これで信者にならずに(ハナっからつもりはないけど)、冷静に太田述正コラムを見ることができる。


561 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 14:11:18 ID:b60qKpJz0
>でもやっぱりuには、「自分に敵意を持っている(と彼が思う)人間の
>文章の行間読みがめちゃくちゃヘタクソ」であるために
>こういう話になってるってのが濃厚じゃないかって気がするなぁ

わかりやすい。

562 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 14:15:40 ID:R7JjThRn0
>>560
>↑最後の締めくくりの文なんだが、>>557 は、どこをどう読んで、≪あのカウンセリングは、這えば立て立てば歩めの親心なのかしれん≫
なんぞの感想がでるのかさっぱり理解できないが。 

文を途中で区切るな!
目一杯贔屓目で読んだ上で、「が」以降が続いてるんだよ。

563 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 14:42:02 ID:8jsSY1td0
韓国で姜尚中東大教授凱旋講演にみる本音!!
http://yy41.kakiko.com/test/read.cgi/rido/1269514961/

564 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 15:01:12 ID:b60qKpJz0
>>562
そーか、力いっぱい? 目一杯贔屓目で読んだ上ってことか〜スマン。
で、幇助に・・・っていってるけど、つーより幇間でねw
ま、どっちにせよ太田コラム読者は優しいね〜。
太田さんも、数々の勘違いもあり失敬した〜メンゴ・・・とでも軽〜く言えば、それで
終わる話とおもうが、(誰も文句言わん)プライドが許さんのだろーな。
プライドだの面子だのは、どーーーでもいいとおもうが。

565 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 16:05:27 ID:ChVaNj8F0
週明けあたりに内閣支持率30%を切るような世論調査が出てくるかもな。

566 :うー:2010/03/27(土) 16:33:36 ID:i8MWTznG0
>>555
その板に太田さんがきてくれるならやってもいいよw

一応ちゃんと読んでみた。心配してたほど特に憤らなかったけど、

> ちなみに、「「侮辱」とは、他人の人格を蔑視する価値判断を表示することをいう。その態様を問わない。抽象的な事実を示すことによって軽蔑する行為は、名誉毀損ではなく侮辱である。」
 uには軽蔑する意図は全くなかったんだけど、それでもやっぱり罪に問われちゃいますかね?
あ、いや、別にこれは今更びびったとかそんな話じゃないですよ。
uは太田さんを蔑視も軽蔑もせず、ただ「自閉症」「高機能自閉症」といっただけ
なわけですけど、これって「侮辱」の要件を満たすんですか?
 まあ、「メンヘル」のほうはあやしいかなーって気はしますねぇ。文脈を無視すれば。

567 :文責・名無しさん:2010/03/27(土) 19:51:42 ID:APteeu1J0
八巻正治先生、もういい加減にしてください。
本当に八巻先生のおかげで、多くの人が迷惑してるんですよ。
八巻正治先生は、言いたいことがあったら直接言えばいいとおっしゃいます。
でも本当に言ったらどうなりますか?八巻先生は「謙虚に聞く」と言われます。
本当にそうですか?嘘を言わないでください。そんなことないじゃないですか。
激しい個人攻撃を執拗にされるじゃないですか。八巻先生、違いますか?
自分の胸に手を当ててみてください。多くの人が八巻先生の無責任な発言で苦しんでるんですよ。
わたしも確かに意気地無しです。こんな匿名の掲示板でしか自分の意見が言えないんですもの。
でも本当に怖いんです。八巻先生の顔を見るたびに恐怖感が募ります。
八巻先生、人としての優しさや思いやりがあるのなら、これ以上、多くの人を苦しめることは
止めてください。
とても大学教授とは思えない無責任な発言は止めてください。
お願いします。


568 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 01:59:21 ID:UyMsSE+60
ここ見てるとうーというヒトが本当に心の病気なんだろうな
としか思えなくなって来るな。

569 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 02:07:36 ID:iIoQ6Dw40
太田さんて女装をやってみると嵌りそうな感じがする。
「エリザベス・オオタでございます」なんちって。

570 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 02:32:52 ID:HmTMPXI60
むしろ日本自体が自閉症に陥っていると思うのですが…

<引用開始(コラム♯3097より)> 
 要するに、この記者が言う「対米従属外交」なんてもんじゃなくて、日本は戦後、一貫して自主的に米国の属国・・という意味では「二流国家」、「縁辺国家」・・であり続けてきたのであり、これをもってローレスは日本を「自閉症」と形容したのでしょう。

 この「自閉症」日本を象徴しているのが、「陽」の自民党総裁(首相)の麻生太郎と「陰」の小沢一郎民主党代表(次期首相?)ってところでしょうか。
 どちらも、裸の実力でまともな職業に就けるような人物じゃないです。
 ホント恥ずかしいったらありゃしない。
<引用終わり>http://blog.ohtan.net/archives/51333590.html

ということは、私たち平均的日本人も多かれ少なかれ、世界中の人から見れば
自閉症ぎみだといえるのではないでしょうか。
だからこそ、グローバルスタンダードといえるおーたんや太田コラムと触れる
ことによってその人自身がもっている自閉症的な側面を露呈してしまう人が
少なからずいる、 という話だと思います。

いずれにせよ、日本が独立すればこのような問題は減るのではないでしょうか。


571 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 02:44:46 ID:AH/F55eO0
>>570
まあ分かるけど全然影響力ないよねこのおっさん

572 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 09:06:34 ID:Sat7BJKk0
>だからこそ、グローバルスタンダードといえるおーたんや太田コラムと触れる
ことによってその人自身がもっている自閉症的な側面を露呈してしまう人が
少なからずいる、 という話だと思います。    

いや、そういう結論にはならないと思うけどね。
これは人格とか個性の衝突の範疇の話でしょ。
「自閉症」てのは当事者間が勝手に言ってるわけだし。
敷衍して「世界中の人」と日本人の話にもっていくのはどうかな?
まあ太田さんには褒めてもらえるかもね。ご苦労サマです。


573 :文責・名無しさん:2010/03/28(日) 16:21:55 ID:4Hq07xRR0
>>569
こんな感じだろ
http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/o/oono_n/20080602/20080602044642.jpg

574 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 10:21:24 ID:VsqzU9Qs0
≪Ueyamaさん、カウンセリングの効果も顕著に出てきたようだし、「たった一人の反乱」の自浄作用も働き始めたようだし、
私という人間、及び私のコラムについても、その理解、読者も深まったようだ。 こんな目出たいことはないね。≫

↑予想通りの、太田さんの都合の善い結論におもいっきり笑った。 わかりやすいヒトだね。
まぁ、自分に都合の善いレスだけを選んで(2ちゃんも引用して)、必死に正当化しているが、それは無理筋ってもんだろ、
どう贔屓目にみてもね。
>>560 の、
>自主的に最低限の自浄作用を働かさにゃ、これからも哀れな犯罪者を続出させることになるぜ
・・・だって・・・うーさんを追い詰め苦しめるのは2ちゃんの我等って言ってる。
まぁ、だったら2ちゃんからわざわざ引用するって発想が、どーにも、頓珍漢っつーより、自分の
犯罪者扱いの罵倒を正当化して、罪は2ちゃんの匿名連中にって責任転嫁をせっせとしていることになる。
自他共に認める自慢の頭脳もだ、怒りに支配されて冷静さを失い、完全にいかれ(怒れ)ぽんちになっていることが、
本人には全く気がつかない。 自覚症状が無い。

↑これなんざ、太田さんには都合が悪いので無視するしかない。
太田さんは、たしかに頭脳明晰、能力と才能は素晴らしいかもしれないが、それと人間性は全く関係が無い。
むしろこの期に及んでもまだ、うーさんの投稿を引用して、「侮辱」だの「びびってる」だのを乱発しているが、
これは太田さんの品性を知る上で、とても参考になった。
太田テーゼが素晴らしいということは事実で、その書き手の人間性が品性卑しかろうと、信用性は毀損されない。
まぁ、昔からよく言うように、バーブサタケや菅原ウンヌン(ちと古いけど)の不細工なおっさんであっても、唄や歌唱力
の素晴らしさは別物だってことだな。 例えが変だが。
↑これも勿論無視するのはあきらかだけどねw 


575 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 11:25:14 ID:Sc2gKKih0
ガトの言う帝政ドイツは太田氏の頭の中では民主主義では無いのか?
議会もあって選挙もやっているのになぜに?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E8%AD%B0%E4%BC%9A_(%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E5%B8%9D%E5%9B%BD)

576 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 16:43:53 ID:T9EuQMB80
>>574  そうやって挑発すればわからんけどね。
レスの取捨選択、同一レスも都合悪い部分はカットすることはよくやってる。
「太田」コラムなんだから、そういうことについては文句は無い。
しかし、ここと見比べることによって、別に彼が鏡でもなんでもないし、
それほど精緻な理論を展開してるわけじゃないってことがわかる。
結構なことじゃないの。

577 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 17:51:16 ID:VsqzU9Qs0
 ≪キミもビビって≫だって、太田さん、どっからそんな発想が出るのかホントに声出して笑ってしまった。 ホント楽しませてくれるね、太田さんと一緒に大笑い〜w
≪「キチガイ、アウトロー、オツムの弱いヒト、が読者の中にたくさんいるって痛感。どうしたらよかんべ。」って今朝ツイッターでつぶやいたところだけど≫
↑その代表が太田さんってことだね。これは、納得。
まぁ、自他共に認める(太田さんは自覚症状があるからまだマシだよ)正真正銘のキチガイからキチガイ呼ばわりされても なぁ〜。
ま、逆にこれで私がマトモであるってことが、はからずとも保証・証明してくれたことになる(真逆)ので、ここは素直にありがとーと、感謝の意を示したいとおもいます。
理解できない(しようとしない・認めたくない)相手に、これ以上言っても詮の無い話なんだが、不愉快なのは太田さんだけではないんだぜ。
太田さん・・・ここまでくると、哀れ・・というより、不憫だけれどしかたがない。
うーさんが、太田さんに対して、≪でもやっぱりuには、「自分に敵意を持っている(と彼が思う)人間の 文章の行間読みがめちゃくちゃヘタクソ」であるために こういう話になってるってのが濃厚じゃないかって気がするなぁ≫・・・。

太田さんの度々起こる対人軋轢の原因は、生来空気が読めないが故に、(それでも生きていくうえで必要なので)行間読みを必死に訓練して、時には素晴らしい結果を出すことがあっても、それが相手次第では全く誤認してしまうってことに尽きるとおもう。 
太田さんの“行間読み道”は、未だ発展途上の段階だってこと。 
それを自分では行間読みのプロ?だったか、自画自賛し自己完結してしまっている根本的な間違いがあるってこと。
徐々に修正できればよいのだろーけど、難しい?


578 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 18:09:53 ID:VsqzU9Qs0
>>576 
挑発しているつもりはないのだけど、太田さんの自分は合わせ鏡云々・・の発言があるので、
それに合わせて、合い(愛)の手でカキコしているだけだよ。素直な物言いを心がけている。
ここの太田ファン?とやらの多くは、どーしても贔屓目に太田さんをみて、故に遠慮する
発言しか出せない雰囲気になっているので、太田さんの能力・才能と、まか不思議な性格・品性とは
別物だってことを、はっきりとさせたほうが、互いの為になるとおもうのでネ。
まぁ、オームならぬ太田教の尊師?だったか、信ずるが故に(盲目的に)盲信するのではなく、
じっくりと吟味して、距離を置いて判断するのもありかな・・と。

579 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 18:41:04 ID:/qNZyNwx0
なんか騒音おばさんと自称被害者の老夫婦の関係を思い出した
どっちがキチガイなんでしょうね

580 :文責・名無しさん:2010/03/29(月) 21:29:55 ID:T9EuQMB80
>>578 ヒアヒア。 
太田コラムではよくある類のやりとりだよ、昔から。
で信者の祝詞で終わる。

情報は受け手の能力に依存するんだから「行間読み」なんて格好つけずに
お互い放っておきゃいいんだよ。
太田さんが「太田コラム」で正しいのは当たり前の話であってね。
昔からの読者は太田さんの性癖をシカと心得ておる。
読者歴が長いと信者ではいられないのが難点だけどな。
その点とーとー○さんは野菊のような人だに。




581 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 00:05:00 ID:+b8M6JN50
なんかVsqzU9Qs0とUを同一視してるしてるみたいだけど、
Uが「太田さんは、たしかに頭脳明晰、能力と才能は素晴らしい」と
思ってるとは思えなかったんだがなぁ。
自分のことは誰でもそう思ってると思ってるのかな、このおっさん。

582 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 10:31:17 ID:9N1OW7Y60
まぁ、太田さんは自分の身内のようだった存在から、上から目線で非難されたと勝手に行間の読み違いで“思い込み”、
その怒りがシスの暗黒卿へと向かったダースベイダーの経緯同様に、暗黒面に魅了され様変わりしてしまったってことだろ。
ここは、息子ルースのひたむきな父を思う姿に、最後にはフォースの光明面の体現者であるジェダイに帰還したようになって欲しいが、
この暗黒面からはそうは容易に脱出できない・・・太田さん、正しきフォースを使うのだ!と信者が言っても聞く耳を持つとは思えない。
少なくとも、ぬるま湯に浸りきり、たま金も伸びきって呆けている状態のときに、さぁ冷たいビールをどーぞ・・・と、したり顔の信者
がご機嫌を伺っているうちは無理。
今こそ、ルース役が・・・


583 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 10:33:19 ID:9N1OW7Y60
(続き)
で、問題となるのが、行間読みのプロだかと勝手に自惚れ勘違いしていることになるとだ、太田コラムでの機軸を成す太田さんの推論が、
これこそ音を立てて崩壊・・・ってことに成りかねない。  これは拙い。
しかし、我々より太田さんのことを知るうーさんはだ、≪太田さん、ほんと「自分に敵意を持っていると感じてる人間の言葉の裏読み」
がヘタクソですねぇ≫と、太田さんの行間読みの部分的(性質的)欠陥を突いて呆れているわけだ。

>>579 騒音おばさんが被害者だよね。恣意的な映像のみで判断され可哀想。
>>581 うーさんとおいらを同一視しているよね太田さん。全然違うだろw
 ま、おいらは「さーさん」と云っておこう。 うーさんと知り合いでも何でもないけど、うーさん、さーさん合わせて、
うーさーん臭い(胡散臭い)って符牒にもなるw まぁ、当たらずとも遠からずってやつか。
>>580 >で信者の祝詞で終わる ・・・ 暗黒面へのメタファーかよ〜


584 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 10:50:19 ID:vh+Pm8Cl0
こういうのって屈折したファン心理だよな。
どんだけ太田にかまってもらいたいんだw

585 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 11:22:38 ID:XNnshfSr0
>>584 逆だろ。
太田氏がここから拾うもスルーするも100%彼の自由だから。
ここ以外にもアマゾンの自著レビューや他のブログ記事引っ張ってきて
自分のコラムで反応してるのは太田氏の側だ。





586 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 13:07:05 ID:9N1OW7Y60
あと、誰も突っ込みを入れないので言わせて貰うけど、資格も(現場)経験もあるとは思えない太田さんが、
突如カウンセラーと名乗り出して、投稿子に対しクライアントと勝手に命名して、その投稿子のコメントの
一部を引き出して、それに対し勝手にくだらん独り言のような処方して遊んでいるけど、これって大丈夫なの? 
まぁ、太田さんのネタだとはおもうけど、それでも限度ってもんがあるだろーが。

≪これで、ボランティア・カウンセリングはおしまい。 メール→2ちゃん→メール
とお忙しいことだが、今後、私にメールを寄越したり、あーただと分かる形で本件で
2ちゃんに投稿するようなこと続けたら、ストーカーとして、それこそ警察に届けるからね。≫

↑太田さん、自分で勝手に終結させて、最後に念を押すように脅しているぞ〜。
まぁ、ご自分のコラムだから何でも御座れなんだろうけど、こんな太田さんをコラム読者は優しいので、
生温か〜い目で観ているわけだw
イスラム圏で女性が陵辱され暴行されても、これが被害者であっても、
しまいにゃ罰則まで受ける不条理を、それを今ここでやっていて
独り悦にいっているわけだ。



587 :文責・名無しさん:2010/03/30(火) 18:09:24 ID:9N1OW7Y60
>>579
ラム扱いされたな〜w
まぁ、将来は立派なマトンになるという保証つきってことで…ラムのほうが柔らかいので人気あるけど。


588 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 01:02:33 ID:9vIo1L210
>>576
>「太田」コラムなんだから、そういうことについては文句は無い。

いやいや、恣意的引用は度が過ぎると、著作人格権を侵害することになる

2ちゃんだから多少は目を瞑ってもらえるが
度が過ぎると
相手に有力な武器を与えかねないんで
気をつけたほうがいい

589 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 10:26:43 ID:CY3rmfe/0
>>588
>恣意的引用は度が過ぎると、著作人格権を侵害することになる

なってるよね既に。 
でも、太田さん“だから”みんな寛容になってるのかな? 特別な存在w 優しいねみんなw
それにしても(相手が誰であっても)、太田さんのやり方がおかしいぞ・・・と感じたから声を大にしたんだけど・・
当事者にしてみれば、それこそ大変だとおもう。
特に今回のように、過去から太田コラムに大きな貢献してきた(しかも無償で)ヒトの決別宣言を、
ことさら太田コラムでそれこそ恣意的に引用し、犯罪扱いして、更に侮辱を続け晒してきたのは「太田述正」ってことだろ。
今の社会に於いても、有利な立場を利用して傲慢にも(下請け)苛めをしている組織等があるけど、
いつまでも泣き寝入りして我慢していれば、そのうちに改善するとでもおもっているんかね?

「吉岡たすく」という児童文学の作家の言葉に、
 “人間性をおしつぶすものに対して、あくまでも抵抗していく素直な
 根性をもった人間のことを「サムライ」と私はよぶ・・・”
という、個人的に大好きな言葉があるのだが、せめて太田さんの暴走を諌めるヒトが
何故出てこないのかと不思議なんだけど・・・あー、言っても無駄だと、諦めているんかね〜?

590 :kaisyabito:2010/03/31(水) 10:39:44 ID:P8nQIWSX0
最近の会社事情ですが、自分の会社は地方から関東へ進出しているのですが、この不況にあおられて
残業のカットが増えてきました。生活も苦しく経営者と経営陣が許せません。
会社存続の為とは言えただでさえ安い給料なのに・・・・許せない
40代〜50代のバブル世代が能力も無く高い給料をもらい、営業に出ては金を使う始末どうしようもない
こんな現実てありなのか・・・・
最近は会社側がなぜか生命保険加入を独断で行っていて個々には報告もしていない
何か悪い予感がしてたまらない・・・どこか訴えるところは無いのでしょうか?
現実逃避の毎日・・・・

591 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 11:42:25 ID:3VML3AYy0
>>589
太田がその「暴走」をやめると誰が得するの?

592 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 12:42:29 ID:uMMfJj+L0
「原爆2個では不十分」 ネットに米州議員
http://www.asahi.com/international/update/0330/TKY201003300232.html

こんな若い世代でも人種差別余裕でした(^ω^)

593 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 13:36:49 ID:CY3rmfe/0
>>591
あのね〜、損得の問題だとおもってる訳?
太田さん、多少とも精神的に難あれど、それは別にかまわない。
太田さんがこれからも、できれば心身ともに正常で健康な状態で太田コラムを継続して、
できればメディアにも露出して、太田テーゼを、変な笑い方の元官僚とでもなんでも善いから、
広め認知させるように、前向きな行動を是非ともやって欲しい・・というのが願いなんだけど。

それには、本人には多少受け入れ難かろーと、苦言を遠慮なく呈することが必要だとおもってる。
太田コラムが、仲良し倶楽部や太田教のような排他的ムラ社会状態に留まって欲しくない。
そう思っているのは、おいらだけではないとおもうけど・・・なんや確信がもてなくなってきたが。
太田さんが、プライド高く打たれ弱いのは判るが、そんなもんも個性のうちで、太田さんを応援
するコラム読者たちが、太田さんの暴走時には遠慮なしに叩いて、鍛えれば善いとおもう。(傲慢な物言いだけど)

なんでも繰り返すと“慣れ”って出てくる。
失敗したら、即、スマンかった〜!と、例え上から目線であろーと謝罪の言葉を発することが肝心かと。
対話や応答が頓珍漢であろーと、どんどん遠慮なしに時にはオヤジギャグ(先日の太田さん:禿げ(私)
は○○○の病気になり難い・・有難いこって〜とお茶目だった♪)を交え(なくともOK)、
私は表には出ないなんぞの隠居爺みたいなこと言わないで、どんどん露出し、どんどん喧嘩し、
時には恥をかいても、ウヒヒ・・と不気味笑いで煙に巻いて欲しいんだが・・・。


594 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 14:31:26 ID:CY3rmfe/0
>>590
大変みたいだけど、残業代が出るだけまだマシな会社だとおもうが・・・。
>最近は会社側がなぜか生命保険加入を独断で行っていて個々には報告もしていない
>何か悪い予感がしてたまらない・
↑この手の雇用会社に保険金が入る事件(殺人)は、結構報道されているよね。
日本では監察医が全く少ないので(自治体では、東京だけ都の監察医務院があるだけ)、
適正な事件処置とならない場合も・・・。
どっちにせよ、現実逃避の毎日・・なんてオーストリッチ・コンプレックスそのものぢゃ
問題解決になる筈ないぜ。 
ヒトは独りだけで悩むと、疑心暗鬼になり良い方向には考えず、ネガティブ思考だと悪い気を集めてしまう。
ことがことだけに、生保加入(しかも無断)の件は、しっかと会社に問いただすのが当たり前だぜ。畜肉ぢゃないんだから。




595 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 14:39:32 ID:CY3rmfe/0
>>590
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9860406308

596 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 16:59:10 ID:oMHqUuOg0
>>591
どっちに転んだって誰も得しない
太田でさえ得しない
でも無料読者としてはどっちに転んでもニヤニヤできるからかまわない

597 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 17:24:59 ID:14ogSxzQ0
>>592 彼らの日本に対する蔑視はもはや修復不能なところまでいっちゃってる
気がする。 人種差別とか米国がバスタードアングロとかいう以前の、日本側
の態度がねえ。

太田さんは日本では憲法に規範性はないってよく言ってるけど。
でも、日本国憲法っていう公的な嘘のかたまりをタテマエとしても
戴き、連合国の占領が(まあ現実としては今も続行中なんだが)
終了してもまだ改憲作業や議論がないというのは、やっぱりマズイ。
彼らをして未来永劫毟られて当然なんだコイツらはという態度を加速
させてるよ。北朝鮮みたいな貧乏国に自国民を拉致されても核実験
されてもアクションがないってのはね。
もうほとんど世界の禁治産者って感じで。

598 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 18:29:14 ID:3tOKVKGQ0
>>597
アメリカの白人が反日なのは日本政府の態度とかじゃないだろ。
太田さんの説を真に受けすぎ。
元々アメリカの白人には有色人種差別があって、戦争を闘った
日本人に対する憎悪が続いているんだろう。

おれも吉田ドクトリンに発する日本の主体的属国、保護国説
には賛成だが、そのあとの日本独立すべしには異論を覚える。

あれだけの爆撃と二発の原爆投下によって国土が焦土と化した
日本が10年や20年程度で自国の軍隊を持ち、完全独立を図る
というのは現実的ではないのではないか。

つまり、日本人のエリートから一般の市民までが意識的・無意識的に考えたのは
あのような人的・物的な大損害を引き起こした戦争における当事国にならないこと。

そのためには属国と言われようが、安全保障・外交の丸投げと言われようが
国際舞台で目立たない事を選択し続けているのではないか。
このことにおいて民主・自民から共産・社民まで一致しているように思える。
いわば、「昼行灯」的存在(トホホな存在)を国際的に演じる事によって
大国(アメリカ、ロシア、中国)の憎悪を買わなくなる。

アメリカから完全独立を果たし、自衛隊を国軍に昇格し、核兵器を開発し
原子力潜水艦の建造に着手すれば、いやでも国際的な注目を浴び
特に白人が主導する国(アメリカ、ロシア)の日本に対する憎悪が高まる。

599 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 19:29:07 ID:QEWMKJl10
大日本帝国憲法もドイツ第2帝制の帝国憲法も同じプロイセン憲法を模範として創られたものなんだね。
太田氏説では日本に”規範性”が無いから大日本帝国憲法がドイツ第2帝制の帝国憲法同様、
民主主義とはかけ離れた内容であっても実際の日本は民主主義的に運営されていたってことなんだろうけど、
これ欧米の専門家に納得させるのは難しいぞお。

ガトも太田氏の説を聞けば「間違えてるのは太田氏だ」って言いそうだw

600 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 19:41:59 ID:QEWMKJl10
>今回のように、過去から太田コラムに大きな貢献してきた(しかも無償で)ヒトの決別宣言を、
(略)犯罪扱いして、更に侮辱を続け晒してきたのは「太田述正」ってことだろ。

二人の間で交わされたメールとか全てわからないので、なんともいえんが、こういうようにお互い
罵倒しあうほど仲が悪くなるのはそういったズブズブの信頼関係が裏切られた時によく起きることだよ。
過去から多大な貢献をしてきた人ゆえに裏切られた(?)と感じたからこそ抑えきれない感情が動くのだろう。

ところでU氏は沖縄独立論者だとかどっかで読んだな。太田氏に無償で協力したバックには
言っちゃ悪いが自分のイズムに太田氏を利用できると考えた部分があるんじゃないか?
だとしたら太田氏に”貢献”してきたのか”利用しようとしてた”のかわからんわな。

それが利用価値が無くなったか、太田氏が利用されてるのに気づいたかなんだかで揉めたんじゃないか?
というのがおいらの推測。

太田氏は太田氏で2ちゃんねらーに建設的批判とか言ってたけどなぁ・・・こんな個人的中傷の罵倒合戦に
事情をよく知らねえ第三者が加わっても建設的批判なんぞできないよ。

601 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 20:03:04 ID:LXextm9H0
>>600
Ueyamaさんは自分が提案した書評の提案が太田さんに却下されたことが不満なだけ
Ueyamaさんにすればボランティアで協力してるから自分の意見は採用されて当然だと
いう思いがあったはず
しかも、他の読者提案の映画評論は実現してそれに否定的だったから余計に納得
できなかったんだろう

602 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 20:19:01 ID:3VML3AYy0
>>596
> どっちに転んだって誰も得しない

だよな。あえていえば>>593みたいな、他人を自分好みに
動かしたがってる奴の溜飲が下がるってだけだよな。

603 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 21:03:23 ID:14ogSxzQ0
>>598 アメリカ白人が反日だとは書いていないが。
反日するまでもない存在にまで堕しているのが今の日本人、
つまり蔑視の対象。その原因は日本人の驚くべきヘタレっぷりと
いうことさ。

後段のあなたの異論、
>つまり、日本人のエリートから一般の市民までが意識的・無意識的に考えたのは
あのそのためには属国と言われようが、安全保障・外交の丸投げと言われようが
国際舞台で目立たない事を選択し続けているのではないか。

>このことにおいて民主・自民から共産・社民まで一致しているように思える。
ような人的・物的な大損害を引き起こした戦争における当事国にならないこと。

このあたりの見立てはごもっともだ。もっとも最早それほど主体的な判断
のもとにやってるわけじゃないのがとっくにバレてるけど。
何度でも言うが、国力が隔絶しているにも関わらず
北朝鮮レベルに反撃できないのであれば日本国家なんぞG8諸国の指導者層
は内心ではカケラも信用していないだろうね。
そのくせカネだけは持っていて志操がない。
ヤクザ国家相手でも難癖つけられりゃホイホイ資金源を買って出て、
その金額は影響力がでかすぎるんだ。
これを禁治産者と呼ばずして何と呼ぶ。
米国はいつまででも後見人やるつもりだぜ。

憎悪を買わないよりか、軽侮されない道を目指すほうが
人間としても後々の日本人の未来のためにもサバイバルにはプラス
だろうと考える。前者をして「現実的」というか
「ツケをひたすら先送りして搾取され続ける現実逃避」というかは
人それぞれだろうね。

604 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 22:12:33 ID:3tOKVKGQ0
>反日するまでもない存在にまで堕しているのが今の日本人、
つまり蔑視の対象。その原因は日本人の驚くべきヘタレっぷりと
いうことさ。

ヘタレ日本=日本の「昼行灯」作戦が成功している証。
戦後の日本は、国際政治上安全保障に関して極めて薄い印象を与える事に
成功したと思う。経済的には逆に突出している。

>北朝鮮レベルに反撃できないのであれば日本国家なんぞG8諸国の指導者層
>は内心ではカケラも信用していないだろうね。

北朝鮮に反撃ってどうするの?北の後にはロシア・中国が控えている事が
明らかなのに。米でさえ北攻撃なんて考えてないだろ。
何度もいうようにG8諸国から軽んじられるくらいは「昼行灯」作戦
のマイナス面として受け入れてるに決まっている。
全ては戦争当事国にならないため。
戦前のように人種差別意識を根深く持っている白人諸国
の憎悪を掻き立てないため。






605 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 22:45:58 ID:QEWMKJl10
>「昼行灯」的存在(トホホな存在)を国際的に演じる事

そういうことを演じているうちにマジにトホホになっちゃって
結果的に米国の中東戦争に加担せざるを得ない書類に盲版おしちゃったのが
今の日本なんだよな〜
もうすぐ戦争当事国にさせられるよ。アメリカさまのご要望で

http://www.iwakamiyasumi.com/column/politics/item_245.html

憲法9条は既に終了のおしらせ

606 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 23:03:33 ID:QEWMKJl10
>Ueyamaさんは自分が提案した書評の提案が太田さんに却下されたことが不満なだけ
(略)評論は実現してそれに否定的だったから余計に納得できなかったんだろう

それがホントで、それきっかけでお互いがあんな罵詈雑言言いあうことになったんだったら・・・

あまりのレベルの低さにあきれるわw 小学生かおまえら


607 :文責・名無しさん:2010/03/31(水) 23:42:06 ID:3tOKVKGQ0
>もうすぐ戦争当事国にさせられるよ。アメリカさまのご要望で

中東に自衛隊派遣したしね。
日本人が真に巻き込まれたくないと思っているのは
対中国・ロシア・アメリカ(核保有国)との戦争だと思う。
対テロ戦争で自衛隊が借り出されるのは、属国政策を採ってるんだから
仕方ない。

608 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 09:59:34 ID:TPDydd7Z0
>あまりのレベルの低さにあきれるわw 小学生かおまえら

それを裏付けるのが、またまたUeyamaさんを犯人扱いした、デキュスカッションの冒頭で述べた、
掲示板のスパムメール削除用のパスワードを変更問題。
元官僚だけあって、独特の、反論を予定しての責任転嫁をも想定内の言い回しだが(勉強になるネ)、
しっかりと ≪ちなみに、この掲示板の設置はUeyamaさんが一手に行ったものであり≫と、
犯人の特定を名指しこそせずとも晒し上げて、更に、≪刑法第234条の2・・・・5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金に・・・可罰的違法性がなさそうな軽易な業務妨害ですが、困ったものです≫
と結ぶ陰湿さだよな。 あきれるのはしかたがない。

@UeyamaさんがPWを勝手に変えてサヨナラしたのか
A       〃   そうであれば、その意図と、業務妨害に該当するのか否か
BUeyamaさんが、関与していない場合は、太田氏に誹謗中傷の自覚はあるのか

書いてて、途中で馬鹿らしくなってきたなw
わざわざコラムのマクラで書くほどのことかと・・・情けないというか、太田さんのキ印は
もう、ほんものということを己自身が証明しているんだが、それも自覚ないみたいだし・・。



609 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 13:21:19 ID:FhOwAWZH0
>>608
はいはい、アンチの決め付け乙

次はどうせ

>「自衛隊の戦力はゼロ」論争を見るに,「まず結論ありき」で論を組みたてている可能性があるため,
>太田ソースの信頼性はD(クロスチェック必須)レベルであることを留意されたし.

とか言い出すんだろ?w

スクリプトかお前は

610 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 13:46:12 ID:TPDydd7Z0
>>609
自他共に認める真性キチガイの、確認作業だろーがw
欲嫁。

611 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 13:58:18 ID:FptsKK7f0
>>609
構うなよ…

612 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 16:11:36 ID:5N6dLgyo0
>>604 反撃といっても色々方法はあると思う。反撃=武力行使ではないよ。
資金を遮断するとかね。

現行でもやれることをやらずに拉致被害者団体が外国の大統領
に窮状を訴えたって、心底侮蔑を買うだけだろう。

ああいうTV報道見て日本が独立国家として体を為していない、
異常な状況にあるとは思わないの?



613 :文責・名無しさん:2010/04/01(木) 19:36:06 ID:AsGav26E0
>>608
それが太田さんが完全にアングロサクソンになれない理由なんだよなぁ。
アングロサクソンだったら、もっと巧妙で相手にとって、致命的になる
やり方考え出すんだよなぁ。

せっかくU氏が感情的になって喚いているから貶めるチャンスはいくらでも
あるのに、一緒に感情的になって喚いてどうするw

とアングロサクソンの卑劣なやり方を研究してきた人間の戯言でした。

614 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 10:44:14 ID:zMqOsHcJ0
>>613
そのアングロサクソン研究者の立場とやらではなく、別な立ち居地から俯瞰してみると・・・なんだが。
UとOとの関係はだ、

「隣に金槌を借りにいったけど、使われたら減るから貸せん、と断られました」
「ケチやな、そんなケチから借りるな、うちのを出して使え」

と、人間の機微に触れる ことを研究してきた人間の戯言なんだけど。

615 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 11:00:24 ID:EMsQYd5M0
人間の機微に触れる ことを研究してきた人間のわりには今ひとつ要領を得ないたとえ話だな

616 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 11:15:44 ID:7MSfGiQZ0
だからネカマ同士の痴話喧嘩プレイだと何度(ry

617 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 13:21:07 ID:zMqOsHcJ0
614は、落語の小咄だよ〜ん。615は真面目君だね。
で、日本が属国であることを証明する事例なのだが、
アメリカ郵政は国有化したままだが 、なんで日本郵政だけ株式売れと言うのか・・・、
【郵政改革】公平な競争条件要求 米・EU駐日大使が連名で書簡
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100402/fnc1004020109001-n1.htm
ルース駐日米大使とリチャードソン駐日欧州連合(EU)代表部大使が だって。

ついでに、小泉政権時代に、郵政だけでなく、抗がん剤が多数認可されたみたい(典拠面倒なんでなし)。
で、ガンはとにかく儲かる!!
日本って10年前までは癌保険とかは外資以外は販売できないとか言う規制があった(典拠面倒なんでなし)。
外資の保険会社のいかがわしさは皆さんご存知かと。

激戦!日本生命保険市場 なぜ外資系生命保険は成長し続けるのか はじめに(PDF)
↑これが現在では閲覧できなくなっている。
まぁ、当たり前の話なんだが、新たな市場を創り出し、その権益を得るための例は、
医療関係では凄まじいものがある(勿論他にも沢山)ってこと。
アングロサクソンの卑劣なやり方を研究してきた>>613 なら知ってるだろ。
人間の機微に触れる ことを研究してきたおいらも知っている。





618 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 14:05:25 ID:zMqOsHcJ0
あらら・・・遠江人さんとやらが、OU問題を、整理したうえでの再考 だって・・・。
夫婦喧嘩でも離婚調停でも、双方の言い分を充分に聴取したうえで判断しないと無理に決まってるだろーが。

太田さんはUさんの文書を、その典拠を出さないで、都合のよいとこだけ引用してコラムに掲載しているだけ。
おまけに、勝手にカウンセラーと詐欺師の如く変貌して、相手を貶めているだけで、これはヒステリー女となんら変わらない。
要するに、粘着ヒステリー女と、それに呆れ、恐れをなし逃げ出した男の愛憎劇というか、人間の機微のお話ってこと。
今となって検証しようも、Uさんの話を聞かずにOU問題を総括なんぞできないってこと。
それをOの意見だけ取り上げて、はたして何をやりたいの? 幇間?


619 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 14:47:37 ID:9LrjPFn30
ここで太田の味方もしないようなやつは
メルマガ読む必要ないだろ?
失せろゴミども

620 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 19:22:16 ID:jx4EqbpS0
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010033100833
↑↑さすが差別のない国、日本ですな

621 :文責・名無しさん:2010/04/02(金) 19:25:45 ID:sS15Sm0e0
だいたいご自慢のアングロサクソン研究とやらも
ごく狭い信者との間で「イイネイイネ」してる程度のものだけどね
どっかの論壇にでも発表して認められれば研究費がつくかもしれないのに
それすらしようとせず信者から金を巻き上げてるだけ

>>619
でも無料購読者としては
まったく困ることがないから観察を楽しませてもらってますよw

622 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 00:07:54 ID:bwSqeqct0
(現役初期)
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/n/e/t/netateki/up0968.jpg
(現役後半)
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/n/e/t/netateki/up0969.jpg
(コーチ就任・左は娘)
http://blog-imgs-38-origin.fc2.com/n/e/t/netateki/560561.jpg

623 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 02:10:47 ID:xsBJC63G0
>>619
関係者さんかなぁ。太田氏はなるべく無料で「広く」コラムが
読まれることを期待しているはずだと思うんだけど、
味方をしない人は読んじゃいけないのかねぇ。

有料コラムと無料コラムの違いはない、ひいては
無料読者も有力読者も対した区別はないはずだから、
無料読者も有力読者も「味方」でなければ購読するなって
意味か。なるほどなぁ。すごい公開コラムだね。

624 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 06:24:21 ID:bwSqeqct0
次はエロゲが標的らしいです
http://www.j-cast.com/2010/04/02063704.html?p=all

625 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 09:15:21 ID:egbhkNQJ0
>>623
> 太田氏はなるべく無料で「広く」コラムが
> 読まれることを期待しているはずだと思うんだけど、

えーっ
「広く」コラムを読ませたいならもっと親切に噛み砕いて書くでしょ。
本人も平均的日本人はコラムの読者対象ではないと断言してるし。
初めから着いてこれる奴だけ読めっていうスタンスでは?

626 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 14:14:13 ID:ZE4O57MW0
>初めから着いてこれる奴だけ読め

つまりUとかバグとか消印とかは落ちこぼれってことかな?
そうかんがえると、こいつらって、リアル社会での落ちこぼれが族に入ったりして社会に反抗するようなもんなんだな

627 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 14:17:30 ID:xsBJC63G0
>>626
すげーわかりにくいたとえ。。

628 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 15:25:45 ID:egbhkNQJ0
> そうかんがえると、こいつらって、リアル社会での落ちこぼれが族に入ったりして社会に反抗するようなもんなんだな

こいつらって誰を指してるの?
太田コラムに着いて行ってる読者?
落ちこぼれた人たち?

629 :文責・名無しさん:2010/04/03(土) 20:14:44 ID:sybuY8fl0
>>625
最初のほうは確か「広く」読んでもらおう的なスタンスだったはず
そのわりに最初から不親切だったけどねw
そしていつの間にか「ついて来れるやつだけ」に変わってた
太田さんは以前「広く受け入れられることがないならブログを閉じる」的なこと言ってたはずだけどねぇ

630 :文責・名無しさん:2010/04/04(日) 22:03:10 ID:xf3Yy/8n0
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040401000340.html
↑↑
首相の不支持率は落ちてるのに、政党支持率は横ばいだね
5月の選挙は民主党はそこまで負けないかもしれんな 

631 :文責・名無しさん:2010/04/05(月) 00:49:31 ID:Ks6DCerE0
トム・ハンクス氏といえば、米国でも有名な映画スターである。
そのハンクス氏の最近の発言が物議をかもした。
 中略
さて突然、燃え上がったこの論争や、その原因となった映画がいまの日米同盟に負の影響を及ぼさないことを願うところだ。
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1534100/

↑最後の文、味わい深いねえ。


632 :文責・名無しさん:2010/04/05(月) 06:00:19 ID:otMeuQ2X0
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201004020270.html
ちょっと前の記事だけど、日本アートの最前線の人たちは
未成熟な日本を楽しもうって感じみたいですよ。

633 :文責・名無しさん:2010/04/06(火) 18:37:55 ID:GPBZHXz10
毎日新聞(夕刊) 1998年2月4日 <憂楽帳>
ttp://www.jca.apc.org/usokiji/image2/kiji.jpg

「好きでやったんだろう」
「売春婦!」
「うるさい、最後まで見ろ!」
 先月14日、東京・中野のBOX東中野で開かれた試写会でとげとげしい、やじが飛んだ。
 韓国の元従軍慰安婦たちの現在を追うドキュメンタリー「ナヌムの家・パート2」が
上映されていた。やじっていたのは、客席前方に陣取っていた中年の男性2人組だ。
会場は騒然となり、収集がつかなくなった。そのとき、会場にいた元慰安婦の女性が
すくっと立ち上がって、身の上話を始めた。
 日本軍に連行される前からもつらい暮らしだったこと。父親は酒乱で、よそに女性が
いて母親を顧みなかったこと。たまに帰宅すると子供たちに暴力をふるったこと…。
 場内は水を打ったように静まりかえった。さて、くだんの男性はというと。なんと、
体をがたがたと震わせているではないか。
「もういい、帰るぞ」 そのひとは精いっぱいの強がりを吐いて、会場を出ていった。
 友人が「ちょっと感動的でね」と教えてくれた。「ナヌムの家」(パート1、2)の
劇場公開は今月14日から。【佐藤由紀】

                ↓

毎日新聞(夕刊) 1998年2月5日 <訂正>
ttp://www.jca.apc.org/usokiji/image/teisei.jpg

4日憂楽帳「ナヌムの家」の記事中、BOX東中野で先月行われた試写会で
とげとげしいやじがあったとあるのは、一昨年の別の試写会での出来事でした。
先月の試写会は平穏に行われました。また元従軍慰安婦の女性が身の上を
語ったとあるのは、映画の中のことでした。確認不足のため関係者にご迷惑を
かけたことをおわびします。

634 :文責・名無しさん:2010/04/06(火) 19:14:46 ID:fHuiEzug0
謝罪と訂正は一面トップでするべきだ
三洋電機やパナソニック、パロマ等
最近ではトヨタも場合によっては通常のCMを中止してまで謝罪や回収のCMをしてるのに
マスコミ、特に新聞は責任感が皆無でシステムが旧態依然すぎる
これを改革するには新聞社の2〜3社は潰れないと無理だな

635 :文責・名無しさん:2010/04/06(火) 22:24:41 ID:LMkErn9x0
http://flowmanagement.jp/wordpress/archives/835
足利事件当時、読売新聞のトバシ記事もひどいよ。

636 :文責・名無しさん:2010/04/09(金) 18:09:43 ID:kbW1V+wB0
>人を殺したっていいに決まってるからだ、と私なら答えますね。
>具体的には、正当防衛と緊急避難、刑の執行、そして自衛権の行使です。

これ明快だね。
中二病をこじらせた奴でもこれなら納得しちゃうんじゃないかな。


太田さん並に頭が良ければ、竜樹の思想を知らなくてもそれと近いところまでは
仏陀の言葉と般若心経から汲み取ってたりするかも?

637 :文責・名無しさん:2010/04/09(金) 20:16:05 ID:g0UN5k6b0
(前略)作家達の80%は、なんらかの形の鬱の公式の診断基準に合致していた。・・・
 ・・・成功を収めた人々は、一般の人々に比べて深刻な鬱病に苦しめられている割合が8倍も多かった。
(略)人々の鬱の程度と知力テストの成績との間には顕著な相関関係がある。
(略) こうなってくると、鬱を経験したことのない人は、ノーテンキのアッパラパーということになり、
肩身の狭い思いをしなければならないのかもしれませんね。

上記の内容を簡単にまとめているマンガがありますよ↓

http://yucl.net/man/20.html

638 :文責・名無しさん:2010/04/09(金) 20:45:04 ID:g0UN5k6b0
今回、死刑にされた日本人に関する記事が週刊文春に出てたけど
30人の中国人を手下にして日本国内で武装強盗を繰り返し10億円を荒稼ぎした前科22犯だって。
これじゃあ、死刑にされても仕方ないかという気にもなるが、
不思議なのはTV・新聞などのメディアが上記の内容を報じないこと。

なんでも武装強盗先は違法に金を貯めてたところばかりを狙って本人は「義賊」気取りだったそうだから
裏の大物の神経を逆撫でするようなこともあったかもしれん。
中国で捕まってさっさと死刑にされたのは、そこらへんの事情が働いているのかもね。と推測。
そうだとすれば中国に抗議とかできんでしょう。

そういや野党の自民党も「なぜ、もっと抗議しないのか」とか言わないのもそのへんの事情かな?

639 :文責・名無しさん:2010/04/10(土) 10:28:08 ID:tyKxg7kK0
能天気なおまえら・・・人類存亡の危機を真剣に考えろよな(キリッ
http://www.dailymotion.com/video/xcv6dv


640 :文責・名無しさん:2010/04/10(土) 10:33:54 ID:tyKxg7kK0
636 明快だよな〜 久しぶりにスカッとした
やっぱ太田さんは↓これなんだな
http://books.rakuten.co.jp/rb/item/5874597/

まぁ〜 読まないのと読めないのとでは随分と違いがあるが、結果は・・・

641 :文責・名無しさん:2010/04/10(土) 13:51:13 ID:Yd4F4BJg0
>>637
確かに太田さんは欝の気があるし、このブログで自殺を考えたなんて
記述もあったな。
著述関係の仕事をやっている人は、自殺願望を抑えるために
作家活動をしている場合があるらしい。

642 :文責・名無しさん:2010/04/10(土) 14:10:54 ID:tyKxg7kK0
齢を重ねるとだ、自殺を考えたことがない・・・ってのは、少数派だろ。
それ(自殺)を、外に言うか否かだけ。
躁鬱はじめ精神病なんぞは、多かれ少なかれ(度数の程度)誰しも持ち合わせている。
ガイコツの唄ぢゃないけど、み〜んな くたばってぇ おいらみたいになっちまうのによ〜♪
と、いずれ確実に死ぬのを忘れているだけだよな。 墓参り教だよ日本は。

643 :文責・名無しさん:2010/04/10(土) 16:25:23 ID:LlIikoXN0
ニュースのコメンテーターのコメントクソうざい…
お笑いもドラマも面白くないよお…
歌もいい歌手ほどテレビに出ないし
朝鮮玉入れのCMとか吐き気がする…
TV見る価値ない…

644 :文責・名無しさん:2010/04/11(日) 00:52:49 ID:axDVUXre0
>>637
さんまや長嶋馬鹿にしてんのか
ちなみに信長も躁病だったそうだ

太田が鬱で死にかかってるのと能力は無関係だ

645 :文責・名無しさん:2010/04/11(日) 03:21:25 ID:IpZsoBnU0
うつ病で通院してる知人はいっぱいいるけど
躁病を自称してる人とはまだ会ったことが無い

646 :文責・名無しさん:2010/04/11(日) 04:55:43 ID:axDVUXre0
太田が鬱病だとしても成功は収めてないよな

647 :文責・名無しさん:2010/04/11(日) 17:37:39 ID:6uyTPFJ10
縄文モードって鎖国期のことを指してたのか。

648 :文責・名無しさん:2010/04/13(火) 12:51:46 ID:67vNx6U6O
クレイギーがアンソニー・イーデン外相に提出した最終報告書、コピーいただけないか、と言うことですが
原文を入手したんですけど、どうすればいいですか?二ヶ月前なんで、もう持ってたりします?
ちなみに青山国際政経論集に収録されてる奴です、英国外務省極東部の『クレイギー最終報告書』に反駁した覚書も収録されてました


649 :文責・名無しさん:2010/04/13(火) 21:18:47 ID:67vNx6U6O
電車の中から太田さんのメールフォーラムに慌ててメール出したら、心なしか怪文書になってたでござる
行間を読んでくれて助かった、すわすわ

太田さん、明日出すんですけど最後の集配(六時頃?)までに出すのはたぶん無理なので、
実質的には明後日の朝一に出すみたいな感じになりますね



650 :文責・名無しさん:2010/04/13(火) 21:49:27 ID:DQhLUTLu0
どっちかていうと鎖国できりゃそうした方がいいだろ日本は。

軍事力や技術に差がありすぎたんで、とりあえず開国した。
ちょっかい出してくる外国に備えて前方展開していったら負けて
占領されて今に至るってわけでしょ。

属国続けてひたすら寝ていたいっていう戦後日本のざまはそういう
心理の表れ。自主独立で鎖国という願望が、属国選択という似て非なる
カタチで図らずも実現してしまったんだな。そこを勘違いするから
吉田ドクトリンなんてのがまかり通ることになったんじゃないかと思うね。


651 :文責・名無しさん:2010/04/13(火) 22:49:37 ID:1Wfr7rBv0
空襲で都市が焼け野原になり、二発の原爆投下されて
戦争終結。
アスペルガー太田教授によりゃ、戦前はいいが戦後はだめだと。

そんなもん戦争の大損害を被った日本人の深層心理
に沈むトラウマが数十年で消えるかよ。

だから日本人の心が読めない太田は選挙に出ないんだろ。
せいぜい合理的・科学的にチマチマ書いてろよ

652 :文責・名無しさん:2010/04/13(火) 23:58:31 ID:RhfJ2q470
あるアメリカ人が日本に来ていいました。
「なんだ!この国は!!英語が通じない上にドルで買い物ができない!!
腹が立って、『日本は戦争でアメリカに負けたくせに何えらそうにしてんだ!!』
ってどなったら『えっ!?日本ってアメリカと戦争したことあるんですか?』
って聞き返されたっ!!チックッショオオオ!!!」

これじゃ、当分、独立は無理だネ。
ちゃんちゃん♪

653 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 07:12:14 ID:iCK2cKuy0
なにそれ面白いつもり?

654 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 10:06:37 ID:J09zsNJf0
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-ae77.html
第2次大戦後、GHQは日本に新しい平和主義・民主主義国家を建設する壮大な実験を始めた。財閥解体、農地解放、
労働組合育成、公職追放などさまざまな変革が始動した。1947年総選挙では片山哲首相率いる社会党政権が樹立された。
ところが、このタイミングで冷戦が激化し、米国の対日占領政策は民主化から反共防波堤建設へと大きく方向を変えた。いわゆる「逆コース」である。

社会党政権はつぶされ、後継の芦田均内閣はGHQが関与したと見られる昭電疑獄事件でつぶされ、米国隷従の吉田茂内閣が樹立された。
この吉田茂内閣が戦後日本の対米隷属政治の基礎を築いた。同時に、CIAと連携する内閣調査室、公安調査庁を発足させ、日本の暗黒警察国家化を推進した。
さらに、放送行政に介入してNHKを含む日本の放送を政治の支配下に置いたのである。
吉田政権が日本政治の対米隷属路線を敷いて以降、米国と距離を置き、米国にモノを言う政権は、ことごとく米国からの攻撃を受けてきた。



655 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 10:07:32 ID:J09zsNJf0
(続き)
鳩山政権が政権発足直後からマスメディアの激しい攻撃を受け、同時に米国に隷従する日本犬検察および米国本体から激しい攻撃を
受け続けているのは当然のことなのだ。
日本国民はこうした歴史的経緯とメディアの情報操作を十分には認識していないため、少なからず情報工作の餌食になってしまっている。
普天間基地問題についての鳩山政権の考え方がまとまりつつあるが、ここにきて米国政府による妨害活動が際立ち始めている。米国から距離を置き、
米国に対して言うべきを言おうとする鳩山政権を米国は嫌うのである。
単に嫌うだけではなく、できればこの政権を排除して、かつての小泉政権のような米国の言いなりになる政権を樹立させようと考えるのだ。
鳩山首相は、米国に対して言うべことを言う姿勢を貫こうとするなら、日米対立を前提に置く覚悟が必要である。メディアの政権総攻撃も
想定の範囲内であるとあらかじめ考えておかねばならない。

米国は自国に利益のためには手段を選ばずに行動する国である。日本の選択肢は日米同盟の枠のなかにしかないと鳩山首相が考えるなら、
所詮、米国にモノを言うことなどは不可能である。
米国に対しても言うべきことを言う以上は、米国との真剣勝負に挑む胆力と能力が求められる。

↑その、胆力があるとはとてもおもえないんだが、人間離れした宇宙人としての能力で米国と対峙して欲しい。

656 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 12:59:17 ID:J09zsNJf0
菅直人財務相 「国民は、『増税すれば、日本の景気がよくなる』という認識を持ってほしい」
http://hamusoku.com/archives/3031794.html

もう いやだぁ 〜

657 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 13:24:16 ID:hRKvQt0c0
>>654-655
ミラーマンのことはミラーマンのスレでやってくれ
頭がおかしな奴だからってここに捨てるな

658 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 16:36:47 ID:J09zsNJf0
>>657
ミラーマンだとか 頭がおかしな奴だとか勝手なレッテル張り続けて能書き垂れて喜んでいれば善いわなw
2ちゃんに転写する内容に関し、なんでお前の指図を受けないとならんのか?
他人のことを<頭がおかしな奴>と、何の根拠もなしにほざくお前のような奴こそ世間では<頭がおかしな奴>
と呼ばれるんだぜ。 気をつけなさい。
植草氏は、以前から日本の属国ぶりを指摘してきて、その点(属国日本を知らしめる)では、太田さんだけでなく、
副島、植草氏たちは平和呆けした日本人に覚醒せよ!と、意図は其々どうあれ言い続けてきている。
また、太田さんも、以前はデスカッションで植草氏の転写された内容を評価したこともある。

で、657よ、重複するが、なんでお前の指図を受けないとならんのか?

659 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 18:44:38 ID:hRKvQt0c0
スレ違いということもわからないような知能障害だったか

660 :文責・名無しさん:2010/04/14(水) 21:07:27 ID:511Jf1uS0
とりあえず、太田なんて東大の落ちこぼれ組だろ。
数学アレルギーが酷くて、経済学なんかちんぷんかんぷん。

安全保障は重要だが、経済がわからんなら
国際政治語る資格あるのかね?マジな話


661 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 05:59:09 ID:3SBMSq030
>>658
植草氏の主張する属国論は、その原因をアメリカの策略に求めているが、
太田氏の主張する属国論は、その原因を日本自身が望んだものだとしている。
この点において、同じ属国論でも独立へは全く異なるアプローチの仕方が必要になる。

それらを踏まえ、両者の原因論のどちらが正しいかを比較検討するとか、
アプローチの仕方の共通点・相違点を検討し、両者はお互いを敵とすべきか、
それとも方法論を同じくする近親者とすべきかを検討するとか・・・。
そういうことまで提示しなければ、スレ違いと言われても仕方がないと思う。
そのテーマであれば、私も大いに興味がある。

662 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 09:55:18 ID:gA/gY5b10
>>661
〉どちらが正しいかを比較検討するとか

まぁ〜、白黒つけようなんぞでなく、片寄ることなく其々の見識を知ることは悪いことではないとおもう。
属国論を広めるのに、本妻だの内妻だのもめて(ないけど)も栓の無い話かと。
ここにも、おもいっきりバイアスかかり吠えてる輩がいるが、2ちゃん故それもしかたない。
敵ではないことは確か(敵って何を指して言ってるのかよく判らないが)で、近親者といわれても・・・

663 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 13:13:03 ID:YbYkdFwo0
須田慎一郎と高橋洋一の対談本で厚労大臣時代の舛添評が出てたが、惨かったな。
ほとんど仕事しない。部下に会わない。会っても話をほとんど聞いてない。
仕事した振りとマスコミ受けのパフォーマンスしか考えてない。
やっている政策と全然違う政策を思いつきでTVで喋るが、そもそも国民受けしか考えてないから
自分の政策を遂行する気もない。

おおまかにいってこんな感じ。

664 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 14:46:53 ID:gA/gY5b10
枡添とイロイロ遣り取りした太田さんも、約束や公言してことさえを守らなくても平気のヘイサぶりに呆れて、
その人間として 肝心な部分が欠落していることを指摘していたな・・・。
典型的なドクサ脳が枡添ってことだが、そんなヤツが人気があるという摩訶不思議な世論(怪しいゾ)を、
素直に信じられない(というか信じたくない)。

665 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 15:37:33 ID:YbYkdFwo0
舛添人気は女性評が多いんだよ。少なくとも俺の周りはそうだね。前にも書いたが。
しかし、石原都知事といい小泉前首相といい女性人気の高い政治家ってのは、どうしてこうも
ろくでもない自分のことしか考えない見栄えばかりな奴が多いんだろ。

太陽の季節なんて妊娠させた女性に無理やり中絶手術させて死んだら「なんで死んだんだっ!」
って死んだ相手に怒りをぶつける手前勝手な男の話だぜ。

TVの女性アナウンサーが「本読んで男の自分勝手さに怒りを覚えた」とか正直にコメントして
すぐにカメラが切り替えられたのは笑った。

あと、規制かかってて書けなかったので今更だけど、
公人の名誉毀損は要件がかなり狭められてますから訴えられても大丈夫でしょ。
訴えられたら、それはそれで面白いけどね。
佐藤優も小林よしのり、結局、訴えられなかったしな。


666 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 16:15:06 ID:TmW9jNaB0
作家の人柄と作品はイコールではないよ。

667 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 17:16:04 ID:QymYdqiu0
石原慎ちゃんなんて、あんな鬼畜な小説書きながら私生活だと外では一人しか子供を作っていないモラリストなんだぜ。

668 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 20:04:30 ID:YbYkdFwo0
>ご承知のように沖縄は島嶼県で、多くの島々からなり、島それぞれで生活様式や思考様式も異なります。

北部の人はヤンバル(山の人)といって沖縄ではちょっと見下げられているからね。
石垣島なんかの周辺諸島は沖縄本島から過酷な収奪を受けていたのが明治維新で開放されたから
独立論には幼児体験的にまた沖縄本島に縛られることになるっていう意識が働いて反対なんじゃないのかな。

もっとも佐藤優氏出身の久米島は周辺諸島征圧の際に本島軍の先鋒になって活躍したおかげで
本島からの収奪から免れたみたいだからまた意識が違うだろうね。

奄美は半植民地の本島と違って薩摩の完全植民地で江戸時代、餓死者も沢山出たそうだから、ある意味、
明治維新で開放されたという感覚は強いかもしらん。

典拠 誇りある沖縄へ & 沖縄久米島から日本国家を読み解く

669 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 20:19:37 ID:r8emXgV80
>>665
>どうしてこうもろくでもない自分のことしか考えない見栄えばかりな奴が多いんだろ。
鳩山は女性からも嫌われまくってるが?


670 :文責・名無しさん:2010/04/15(木) 20:41:51 ID:HW6srOZc0
そもそも政治家になろうってやつは
昔で言うと「大将」になって天下を取り、大勢の家来に傅かれて
何人もの側室を取りたいなんていう男性本能が勝っているタイプの人間だろう。

他人のことを考えてるやつは、NPOなんかに行くんじゃないの。
湯浅なんかは政治家にならないと思う。

671 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 10:13:34 ID:LwOp4V1H0
真実の歴史の復活を求めて―検閲と東京裁判史観―
http://tamezou6.iza.ne.jp/blog/entry/952311/

(宮崎正弘のコメント)この論文は、田母神元空幕長が特賞となったアパ懸賞論文の「佳作」です。
特賞に勝るとも劣らない力作です。


672 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 11:27:36 ID:LwOp4V1H0
アイスランド火山大爆発で、「9・11以来」、世界の空の便が大混乱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000406-yom-int

673 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 11:30:18 ID:LwOp4V1H0
これでマンション底入れと言えるのか?
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2584264.html



674 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 12:27:07 ID:LwOp4V1H0
Q)NHKの受信料を合法的に拒否する方法を教えてください
http://jushinryo.web.fc2.com/index.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1321055183
NHK関係者自宅訪問等の拒否通知書
http://jushinryo.web.fc2.com/refuse.pdf

無駄金をドブに捨てるようなマネは終わりにして・・・節約してネ。


675 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 20:09:03 ID:kmZSwa9w0
松井のヤンキースナインからの歓迎振りをみてると
WSJの記事がオーバーラップしてくる。
「欧州と米国における人種主義とジェノサイドの歴史とそれらとの戦い方の残酷
さ、そしてその後遺症。」

こいつらジャッキー・ロビンソンの記念日に全員が42番つけてプレー
しているが、ナルシシズム以外の何ものでもないだろう。

松井が白人ならああいう形でヤンキースを去ることもなかっただろう。
彼らはビジネスだと言い訳するだろうが。



676 :文責・名無しさん:2010/04/16(金) 21:15:15 ID:oJuivmCC0
白人を嫌いなのね

677 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 06:19:55 ID:NxmRNJD00
>結構、バランスのとれた議論が米国でなされている、と思いませんか?
そうですね。われらがテキサス親父もいることだし・・
http://www.youtube.com/watch?v=iAwGnHfAL6U

678 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 07:15:05 ID:Ec6Ao5Hi0
バランスのとれた議論なのか?
結局テキサス親父ってのも、アメリカを批判する俺自身が
最もアメリカ的であるって言う自己賛美なんじゃないか。

おれはアメリカ人に対しては、先の戦争に対する謝罪と賠償
を日本と韓国(南北分断の責任)にするまで信じない。




679 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 09:36:42 ID:lSqC69zW0
678
そりぁ〜、一生信じないと宣言しているってことだな。

680 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 10:08:57 ID:lSqC69zW0
アメリカ証券取引委員会(SEC)はゴールドマンサックスが
行っていたいかさま取引につき『証券詐欺罪』で訴追したと発表
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2589392.html

アメリカ金融2番底の合図!
属国の首相を蔑み、馬鹿にしきっているアメ公国債を何とか処分できないものか・・・
とおもったら、今まさにチャンスだよな。


681 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 12:56:12 ID:XXt1aN1wO
>>678
『・・・(戦後の)大部分の歴史研究の中では、衆議院一般、なかでも既成政党は、1940年以前に既に政策形成過程から排除されてしまっていたものとして、描かれていた。
浜田国松や斎藤隆夫などの雄弁家の議会での演説は、「軍部」に対する既成政党の、勇敢ながら挫折を運命づけられた努力を示すものとして、記憶されていたのである。
既成政党は、「軍部」の政治権力を抑制しようとし、戦争に連なる「軍国主義者」の内政外交の遂行を阻止しようとしたが、力及ばず敗れたものとして描かれていたのである。
1940から1941年にかけての「政治新体制運動」と「大政翼賛会」の結成と活動とは、国政や諸事件に対する政党の無力さの縮図であるとみなされていたのである。
しかし・・・戦前・戦中期に政党政治家たちの影響力が激しい攻撃にさらされたのは事実であるが、それにもかかわらず彼らは1940年と41年の重大事態を乗り切り、太平洋戦争中にはかえってその影響力を増大させる事が出来た。
このことは、権力の座をめざす者たちを組織する手段としての政党観についても同様であった。
・・・ヴェトナム戦争以前のわれわれアメリカ人は民主的に選ばれた政府と軍事侵略的な政策とは基本的に両立しないものと強く信じていた。
しかし・・・議会制を支持する文民政治家も欠陥だらけの対外政策や国防政策を熱烈に支持することがあるという見解を受け入れるようになっていた。
ヴェトナム戦争前には、民主主義や議会主義と戦争反対とは不可分に結びついているというウイルソン主義的な楽観のために理解できなかった、
戦前・戦中の日本の議会政治の真相が、ヴェトナムの悪夢の後では理解可能になってきたのである。』
ゴードン・M・バーガー 『大政翼賛会』日本語版への序文から

ヴェトナムの悪夢=支那で体験した日本の悪夢って事で良ろしいのかな?
なんにしてもアメリカの場合は民主的な日本を打倒してそうなったんだから自業自得だよな、奴ら腐す気持ちもわかるんだな


682 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 13:05:03 ID:XXt1aN1wO
ただ、
『・・・現在、世界はとても変化しています。人間がその手中にあらゆる形の貧困とあらゆる形の人間の生命を消滅させる力を握ってしまったからです。
・・・人間の権利とは国家の寛大さによってもたらされるものではなく、神の手からの授かり物(天賦人権)であるという信念です。
・・・あらゆる国に、その国が我々の繁栄を望もうと衰退を望もうとも、次のことを知らしめましょう。
我々はどんな代償も払い、どんな重荷も担い、どんな困難にも立ち向かい、どんな味方も支援し、どんな敵とも戦って、自由の存続と繁栄を確かなものにする、と。
世界の長い歴史において、自由が最大の危機に瀕している時に、それを守る役目を任ぜられた世代は、ごくわずかに存在するだけです。
私はこの責任からしり込みしません。歓迎します。国民の誰ひとりとして、他の国民や他の世代の人々と立場を交換したいとは思っていない、と私は信じています。
我々がこの努力に注ぎ込むエネルギー、信仰、献身は、この国に灯をともし、この国に仕える人々すべてに灯をともします――
そしてその灯が生み出す光は、真に世界を照らすことができるのです。
ですからアメリカ国民の皆さん、皆さんの国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が国の為に何ができるかを問いましょう。
“そして世界の市民の皆さん、アメリカが自分に何をしてくれるのではなく、我々が人間の自由のために何ができるかを、一緒に問いましょう。”
最後に皆さんがアメリカ市民であれ、世界市民であれ、我々が皆さんに求めるのと同じくらい高い水準の力と犠牲を、我々に求めてください。
良心の安らぎだけを確かな報酬とし、歴史を我々の行動の最終的な審判として、愛する国をともに導こうではありませんか。
神の祝福と助けを求め、しかしこの地上における神の仕事は実際は我々が担わなければならない、と理解しつつ。』
ジョン・F・ケネディ 大統領就任演説より


683 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 13:07:40 ID:XXt1aN1wO
>>682つづき
こういう事をアメリカ人が言ってる時に『自由<を>最大の危機に瀕し』させたのは(少なくともその責任の一端を握るのは)誰だ、と言い
受動攻撃性をいかんなく発揮させてボイコットしちゃうのもどうかと思うんだよな
日本・日本人はみんな受動攻撃性人格障害を総じて患ってる奇異な国だと思うんだな
この精神病の症状、自分含めて日本人にあてはまりまくると感じるんだよね
http://u_ki_6.at.infoseek.co.jp/kokoro-12.html
いわずもがな、鳩山首相の普天間問題に対する行動もこの精神病で説明できそうだ。


684 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 14:04:35 ID:XXt1aN1wO
吉田首相のアメリカに対する受動攻撃性を体現した思想が吉田ドクトリンである(?)
だから吉田ドクトリンを墨守した日本国民が総じて受動攻撃性人格障害を患った(?)
また受動攻撃性人格障害は拒絶性人格障害とも呼ばれてると(=移民論にも関係しそう)
(ネットの言論で特に移民嫌いが多い事にも、関係するかも?)
治療方は『本人が人格障害である事を理解すること』そして、『自分で治そうと思うこと(患者の努力なくして治療はありえない)』だそうだ
http://watchan.net/pd/passive-aggressive.html

つまり、吉田ドクトリンは精神病を体現したトンデモ思想であり、その病理は精神医学の観点からも確定的にあきらかな訳だ!!(?)
と、誇大妄想バリバリというかブイブイで閃いた訳ですが、どうなんだろうか?


685 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 14:48:22 ID:Ec6Ao5Hi0
頭がおかしいのはアメリカ人なんじゃないの。
市場経済に任せれば万事がうまくいくなんて
ありえない発想だろ。

たぶん、オバマも一期限りだと思うね。
市場経済が染み付いたアメリカ人から
オバマは憎悪されてるんじゃないの。

日本人が人格障害を患っているっていうより
アメリカ人が能動攻撃性人格障害だろ。
あと、肥満と言えば欧米人だが、これが現実。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2220.html

肥満は脳に悪影響を与えるとの研究報告。
http://news.livedoor.com/article/detail/4320103/

アメリカは21世紀中には崩壊するだろう。




686 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 16:46:16 ID:1vEuoo+e0
>>683
http://honnosense.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/ust18000-170f.html
読め

正しいのは鳩山首相のほう

マスゴミに踊らされてんじゃねえよ

687 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 18:10:23 ID:mr7duh7u0
>>685
太田氏が以前、日本の女性は”痩せるように洗脳”されているからかわいそうとか書いてたが、
アングロサクソンの方が企業の金儲けのためにぶくぶく太るファーストフードばかり食わされて
かわいそうって気になるなw

688 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 18:38:48 ID:xfAdv7Di0
>>686
鳩山じゃダメだってことはわかった
党内で対立してるし結局沖縄に基地を押し付けるしかないし

689 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 18:45:40 ID:1vEuoo+e0
>>688
グアム完全移転で何も問題ない
アメリカのゴネ得を許すべきじゃない

690 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 20:32:32 ID:nng6plG40
>>689
なに言ってるんだ?
鳩山政権じゃグアム移転どころか辺野古すら無理だ
移転は立ち消え鳩山はダメ


691 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 20:49:09 ID:1vEuoo+e0
>>690
それは国民がマスゴミに乗せられて支持率低下したせいだろ
支持率が高ければアメリカだって文句は言えない

692 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:04:03 ID:nng6plG40
>>691
アホか
支持率以前の問題だ
鳩山は去年の時点で「年内に決める」といっていた
支持率低下なんてここ2ヶ月の話だろ


693 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:18:05 ID:1vEuoo+e0
>>692
14年もモタモタしてた自民党政権のことは無視か?

化石自民信者は現実見ろよwww

694 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:33:50 ID:nng6plG40
>>693
何で自民のことが出てくるのかわからんが
マスコミがどう言おうが鳩山自身が「年内に決める」言ってるんだ
アメリカが文句を言えない支持率が高かった去年の時点でだ
そしておまえ自身が出した>>686のソースをよく読め
鳩山には何もできない鳩山じゃダメだ

鳩山総理「普天間問題の政府方針を年内に決めたい」
http://www.youtube.com/watch?v=2RR4bEMF3mc

そしてこれが三月の発言
鳩山総理「普天間移設の政府案を3月中にまとめる」
http://www.youtube.com/watch?v=j5D2ZkCws3A

これはマスコミの捏造か?
現実が見えてないのはどっちだ?

695 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:36:52 ID:1vEuoo+e0
>>694
だから何?
前言翻したらそれだけで支持率急落するなんて本気で思ってんの?
歴代の政権がどんだけ前言撤回やってると思ってんだよwwww

696 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:38:13 ID:1vEuoo+e0
つーかグアム移転で十分って話なのにひたすら年内発言にだけ執拗に食いつく自民信者ってマジオワットルwww

697 :文責・名無しさん:2010/04/17(土) 21:43:16 ID:nng6plG40
>>695-696
支持率急落は関係なかったといってるんだが?
俺がいいたいのは鳩山は何もしないし何もできないってことだ
グアム移転なんて妄想しかない

698 :文責・名無しさん:2010/04/19(月) 01:18:47 ID:tC2I6Pzl0
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100418-00000504-san-pol

鳩山政権の腹案はともかく
アメリカの腹案は方針決定されたようです

699 :文責・名無しさん:2010/04/21(水) 22:37:46 ID:ppCQFcxV0
太田先生質問です。
元自衛官で英語が達者なら、海外の防衛関連企業に就職できませんか?
私が働く電子部品業界では、リストラされて海外企業に採用してもらうなん
て話はままあります。結局転職しませんでしたが、高給につられ面接受けた
ことあります。
元幹部であれば、太田先生ほどではないでしょうが英語は達者なはずです。
退職後の海外企業への就職は禁止されているのですか?

700 :文責・名無しさん:2010/04/21(水) 23:24:04 ID:AUZuyFJe0
> 頭のトレーニングなんてありえないって話。

ん?
たとえば漢字の脳トレなら漢字の力がつけばよくて、
実際そういう結果が出てるんだからそれでいいのでは?
脳トレで記憶力そのものの能力が上がるのを期待する人なんているのかな?

しかも、こんな実験をするまでもなく、
たとえば漢字をたくさん覚えたらからといって
英単語や歴史の年号まで覚えやすくはならないんだなってことは
中学高校時代に多くの人が経験することじゃん。

701 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 05:00:10 ID:qHCRSj9F0
鍛えるのは記憶力だけなのか

702 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 06:25:48 ID:4VbR5kJH0
>本日TVのインタビューを受ける前、

どの番組?放送はいつ?

703 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 11:36:31 ID:zMmWwZRb0
デヴィ婦人…太田さんと同じこと言ってるな
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10514081627.html

日本にこれだけの アメリカの基地があるということは 日本が完全に自主権を持っている国とは思えません。
全日本領土の上空権でさえ、 JALや ANAが飛行するその上は アメリカが 押さえているうちは 
日本はアメリカの属国と言われても仕方ないのではないでしょうか。
基地などないのが 一番いいのかも知れませんが、 条約の内容を知らない私たち国民は 毎年 何兆円も払って(税金から)、
 日本の領土をアメリカに守って貰っています。
又、 アメリカが起こす 外国での武力行使に 日本は何兆円もの お金を出して アメリカを援助している始末。

普天間の基地ができた頃には、 基地の周りには、 人も今のように住んでなく、 学校もなかったと聞いています。
基地を移転するのに、 ミニマム8兆円のお金がかかり、 移転先の候補にあげられた市長たちや 「住民」 は反対を絶叫しています。
移転先の 美しい海や自然を破壊から守り、 住民に怒りや悲しみをもたらすより、 もう普天間にはすでに基地があるのですから、
 更に又何兆円もかけて移転するより、 そのままにして、 普天間の周りの 危険にさらされたり 騒音に悩まされたりしている住民たち、 
この方たちが 転居するというアイデアはいかがでしょうか。








704 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 11:54:27 ID:zMmWwZRb0
天間飛行場について
http://isukeya.iza.ne.jp/blog/entry/1498025/

705 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 12:01:39 ID:zMmWwZRb0
http://www.tanakanews.com/091115okinawa.htm

706 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 12:24:37 ID:zMmWwZRb0
重い槍w
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%9D%E3%81%84%E3%82%84%E3%82%8A%E4%BA%88%E7%AE%97
その額の多さから、日本は「世界一気前のいい同盟国」と揶揄される一方で、「重要な戦略的貢献となっている」
とアメリカ政府に評価されている。

↑そりゃ〜こんだけ気前よく銭出せば、どんな奴…例えば、悪党や強盗の類でも諸手をあげて喜ぶわなw
思いやり利権は凄い!



707 :文責・名無しさん:2010/04/22(木) 20:06:05 ID:OfF00gWu0
>>702
明日には放映されなくなったそうです。
http://twitter.com/ohtanobumasa

708 :文責・名無しさん:2010/04/23(金) 09:15:27 ID:c/KJt1mn0
朝日新聞のトンデモ読者投稿
http://www.shinyusha.co.jp/~top/02mook/asahi.htm

709 :文責・名無しさん:2010/04/23(金) 11:28:18 ID:5j4mO/qy0
普天間飛行場の移設先、在沖米海兵隊の移転先について
テニアン「最適地」 北マリアナ 上院が誘致決議 と、米軍に強烈ラブコール〜♪
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161169-storytopic-3.html

まぁ、普天間基地問題のキモ部が見えてきたのは なによりだが、
要は、地元も米軍も“もっと金よこせ!”との、タカリの構図ということで納得。

710 :文責・名無しさん:2010/04/23(金) 23:55:24 ID:KILVeA8y0
太田先生がいう、アメリカ統治を受けたフィリピンの駄目さ加減について
です。アメリカ統治も駄目だったと思います。カトリック支配も相当駄目で
すよね。太田コラム初心者なので、昔のコラム読みきれていません。過去に
カトリックの害毒について言及されたコラムあれば紹介いただけませんか?


711 :文責・名無しさん:2010/04/25(日) 23:31:08 ID:++kpldY40
なんということだ
デヴィ夫人ってただのセレブキャラの芸能人だと思っていたが一般人以上の国際感覚を持っていたのか。
やはりズブの素人でも、外交官などと接すると自然と身につくのか。

712 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 01:12:16 ID:aMWG97cg0
国際感覚というより生存本能みたいなもんじゃね?
デビの生存能力は第二次大戦の戦争英雄なんかより余程ありそうだがw



713 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 10:28:52 ID:kGTuD1w30
基地拒絶が国民総意なら海外移設が正当
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

第3節【政治】普天間基地返還問題の着地点にすでに記述したが、沖縄普天間基地返還問題に新しい展開が浮上した。
米国自治領北マリアナ諸島の上院議会が4月16日、同諸島のテニアン島を普天間の移設先として日米両政府に求める決議を全会一致で
可決したことが明らかになった。
今回の普天間基地移設先の見直しは三つの要請に基づいて提案されている。
第一は沖縄の負担軽減である。第2次大戦時から沖縄は巨大な負担を負い続けてきた。沖縄は1972年までは米国の統治下にも置かれてきた。
沖縄戦の後、米軍が住民を収容所に入れながら建設した基地は、日本が独立を回復した1950年代に米軍の強制的な土地収用で2倍に増大した。
沖縄の基地負担は上昇し続け、全国の74%に達している。
沖縄の負担を軽減することは、日本全体で取り組むべき課題である。

第二は、名護市辺野古海岸を破壊しての新しい基地建設に合理性が乏しいことである。貴重でかけがえのない美しい自然資源を破壊して巨大滑走路を
建設することの正当性に大いなる疑問がある。
海岸を破壊しての滑走路建設は、日本サイドの利権事情から浮上した面が強いことも明らかになっている。一部の利権勢力の金儲けのために、
かけがえのない自然が破壊されることを政府が容認することに対して、鳩山政権は疑問を提示したのである。



714 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 10:30:13 ID:kGTuD1w30
(続き)
第三は、この問題を日本の安全保障のあり方全体を抜本的に見直す契機にすることである。冷戦が終焉し、米国は米軍の配置を根本から見直している。
これに伴い、日本に存在する米軍基地の日本にとっての意味が大きく変質し始めている。
日本は日本の安全保障体制を根本から見直すべき時期にある。日本の安全保障を米軍に全面的に依存するから、日本が米国に隷属せざるを得ない状況が
生まれるのである。

日本は世界唯一の被爆国として、核のない世界を創ることを誘導すべき立場にある。日本が核を保有すべきでないことは言うまでもないことだが、
その制約下においては日本が米軍の核の傘の下でしか安全を確保できないという間違った前提を見直すことが必要だ。
核を保有しない国は核保有国に隷属しなければならないとの論理がまかり通るなら、世界中で核を保有しようとする圧力が爆発することになるだろう。
核を保有せず、同時に米国に隷属しない新しい日本の安全保障体制を検討するべき時期が到来しているのだ。
普天間基地返還問題は、単にひとつの基地を返還する問題との側面だけでなく、日本の安全保障体制の抜本的見直しの契機になり得るとの意味を有している。
鳩山総理は、沖縄の負担軽減策を検討するに際して、沖縄以外に居住する国民にも負担を分かち合うとの考えを検討していただきたいとの意向を表明し続けてきた。
しかし、日本のマスメディアは、鳩山政権に「最低でも県外」の発言を実現するように強く要請する一方で、代替地の候補地になり得る地域について、地元が強く反対
する行動をいさめるのではなく、積極的に支援してきた。
マスメディアは辺野古の海岸を破壊する基地建設に賛成しているのか、これが無理な場合には国内での代替地選定を拒絶し、移設先を海外にすることを鳩山政権に求めているということになる。
メディアの対応を含めて、国内移設拒絶が日本国民の総意ということであれば、日本政府の対応として、明確に海外移設を表明することが正当である。



715 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 10:34:11 ID:kGTuD1w30
(続き)
鳩山総理は5月末を政府案決定の期限として退路を断ってきた。その時期が迫り、マスメディアはこの問題に明確な政府案が示されずに、鳩山総理が辞任することを強く期待する姿勢を示しているが、
鳩山総理はすでに重大な決意を固めているのではないかと考えられる。
重大な決意とは、移設先を海外とするとの結論を示すことである。これが、いわゆる「腹案」ではないかと考えられる。
すべての情勢を踏まえれば、海外に移設することを軸に細部を詰めるとの方針を示すことが日本としての正しい選択であろう。テニアン、あるいはグアムへの移設を軸に、細部を詰めるとの方針が示されるなら、
見事な決着である。
米国は地元の同意を決定案決着の前提条件としている。日本全体が県内および国内移設拒絶の姿勢を明確にている以上、米国は日本での基地建設を強要できないことになる。
日本が基地の国外移設を表明することによって、仮に米国が日本との対決姿勢を強めるなら、鳩山政権は米国と厳しく対峙するべきである。「米国に言うべきことを言う」、
新しい時代を生み出すことを考えるなら、この問題を、これまでの「対米隷従」から「日本の真の独立」
につなげる大きな契機として活用するべきである。

マスメディアはなぜ、マリアナ諸島の重大提案をほとんど報道しようとしないのか。日本国民の総意
として国内基地建設拒絶が明瞭になっているなか、マリアナ諸島の提案はまさに時宜に適っている。
日本国の主権者が日本国民であることを忘れてはならない。日本国民の総意が国内基地建設拒絶であるなら、
これが日本政府の意思決定の基礎になるべきことは当然である。


716 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 10:35:43 ID:kGTuD1w30
海兵隊のグアム移転費用は必要か?
http://allabout.co.jp/career/worldnews/closeup/CU20090517A/

717 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 11:40:10 ID:+fJUyLOt0
以上の新基地建設費用はすべて日本持ちであり、費用は推定で1兆円(アメリカ会計検査院)にもなる。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/8877bffbda2814d274091cda748696a7

1兆円ねぇ。どっから搾り出すんだよ。


>>703
生活の苦しさから脱北しようとしている人達がいるのは事実でしょう。
しかし多くの北朝鮮の人々は、 苦しさや貧しさに耐え、 負けず、
強国を建立しようと チュチェ思想に 燃えているのです。
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10515010348.html

デヴィ夫人は独裁体制を否定しないんだよ。スカルノ否定に繋がるから。
同じこと言ってても、太田さんとは論理がぜんぜん違うと思うよ。


718 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 11:45:03 ID:+fJUyLOt0
太田さん、朝ズバ、どうなったの?

719 :文責・名無しさん:2010/04/26(月) 12:56:31 ID:kGTuD1w30
>>717
>太田さんとは論理がぜんぜん違うと思うよ

米軍と地元の 貪欲さに呆れているのは同じだろ。
おーた・デビ 両人の論理の話なんぞは関係のない話。
いい加減に 独立しろよ日本! て云っているんだから。

720 :文責・名無しさん:2010/04/27(火) 00:37:16 ID:x36Xsr5f0
最近翻訳してくれる人いないのー?

721 :文責・名無しさん:2010/04/27(火) 10:13:43 ID:WirAMC/30
米軍にとって最も重要なのは、普天間飛行場ではなく、沖縄の嘉手納基地であり、横須賀や佐世保の空母寄港地である。
米の担当官にとって最悪のシナリオは、このまま沖縄の反基地運動が嘉手納基地にまで飛び火するということだ
鳩山首相と沖縄の仲井真知事はともに、日米安保・日米同盟を支持しているが、普天間基地の問題では危険除去、
過剰な沖縄への負担を与えることへの反対姿勢を示している。
そもそも、米国は日本が基地から出て行けと言えば出て行かないわけにはいかない。

集会に参加した宜野湾の伊波市長は、「今のところは沖縄県民は全ての基地を撤去せよと言っているわけではないが、
アメリカ政府が普天間の移転先を沖縄に押しつけるつもりならば、われわれは、沖縄に現存するすべての基地を撤去
するよう求める行動を起こさなければならない」と発言している。これは明らかにアメリカの足下を見ている発言だ
http://amesei.exblog.jp/11013228/
属国が、覇権国に対してこの程度の「ブラフ」を仕掛けるのは世界的に見ても常識的なことだ。

たのもしー

722 :文責・名無しさん:2010/04/27(火) 10:32:56 ID:WirAMC/30
機密費食い逃げ疑惑に新証拠
前官房長官・河村をビビらせた野中広務の告白
http://gendai.net/articles/view/syakai/123424

遠慮なく どんどんやってくれ〜


723 :文責・名無しさん:2010/04/27(火) 12:51:50 ID:6KwajdIY0
>>721
なるほどなー。
鳩山は反米運動を利用しているわけか。
OR学のph.Dを持っている彼がノープランなわけがない
と思ってたんだが。

しかし、このブログ面白いね。

724 :文責・名無しさん:2010/04/27(火) 18:21:31 ID:WirAMC/30
相も変わらず太田述正的には、鳩山はかなり重症の馬鹿でなければ納得しないんだなw
誰かさんと違って独りで吠えているんではなく、相当数の取り巻きが首相ともなれば(でなくとも)いるだろーが。
「おとぎバナシ」なんだってよ。 ありゃりゃだね。
普天間〜沖縄基地問題をまとめてくれたみたいだけど、いまさら目新しいものがあるわけではないし、
今回の騒動のおかげで→にわか普天間問題評論家が引きも切らなくなったのは、 米軍基地問題のキモ部を
国民が知る上でわかり易く、とてもよい機会で、事業仕分けだけでなく税金にたかる構図が どんどん公開されるのは善いことだ。

太田さんも自分はさておき、他人の言動には喧しいというのは人間らしくて結構だけど、今 基地問題を語っているのに、
いちいち選挙資金不祥事問題、郵政問題、高速道路料金問題等、鳩山首相の言動全体を見ろや〜なんて、性格の悪い ひつこい姑みたいな
ことをグダグダ言ってばかりいると、焦点をぼやかすだけだろー。


725 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 01:41:24 ID:I3r6JtFe0
>>723
まだこんな幻想見てるやつがいたとは驚き
カルトに引っかかるやつってこんなんだろうな

726 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 02:06:07 ID:epm2O3ZQ0
>>725
お前、バカだから高みに上ろうとしてるんだろ。
百回死んどけ、カスw

727 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 05:15:44 ID:oA3iJnXc0
>>723
なるほどなー。
ハーバードのMBAだったブッシュがノープランなわけがないよね。
太田氏はブッシュのことボロクソに言ってたけど。
低学歴にクセにブッシュを批判する資格無いよね。

728 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 10:33:22 ID:i07FZB0n0
あのなぁ〜
一国の首相が、(宗主国のオバマや日本国民と約束した)基地問題をノープランで、しかも無勝手流に、
その場しのぎで解決しようなんぞと 本気でおもっているワケ〜?
で、そんな首相に対し誰も何も言わない(若しくは聞く耳持たない)とでも考えるほうが、
よっぽど どーかしているとおもわんのかね〜。
中小企業や町内会の 例えば豆腐屋の親父でさえ、自分の役割・仕事に責任を持ち、将来に対する展望や構想を
持ち合わせているのは普通なんだが、鳩山はそれすら無いと言いたいのかぁ?

太田氏の民主に対する個人的感情(選挙での落選+民主中枢に接点があるのにかかわらず)である、現政権から
完全に無視…しかと(お呼びぢゃないよーと) されているのは、それなりの“理由”からだろ。
小沢や鳩山を糾弾するのは別にかまわないが、個人的感情が入ってのバイアスがかかった発言としか感じられない。
例えば鳩山が本物の馬鹿だったとしても、神輿として活用すればよいだけだろ 民主は。
まぁ、権力やカネに執着するタイプにはみえないし、それが並みの政治家と違うような…この手合いは、ケチョンケチョンに貶されたら
さっさと総理の地位も簡単にほおり出しそうなタイプにおもうが、それでも一国の首相だぜ…。



729 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 12:07:59 ID:V5PCAL3Z0
>>724
その取り巻きが、非公式とは言え、首脳会談の記録を残さないように指示した訳だ。


730 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 12:45:10 ID:i07FZB0n0
↑取り巻きが 機能しているじゃんか

731 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 13:11:21 ID:V5PCAL3Z0
>>730
俺にとっては、公文書をシュレッダーにかける=意図的に記録を残さない、なんだけどな。

732 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 17:59:41 ID:i07FZB0n0
「おかめひょっとこ」の麻生のように、
今度は、「ルーピー」=鳩山 と、流行っているようだが、公人とはいえ一国の首相が
えらい言われ方だな。
で、「ルーピー」の名付け親の カメンとやらの背景と意図がどういうものかは、そのうち出そうだが
してやったりの図なんだろう…現在は。
こういう(ルービー)のに、何も考えずに一緒になってルービーと連呼して悦に入ってる輩も、何だかな〜と。
馬鹿の壁だろ これ。

733 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 18:46:13 ID:epm2O3ZQ0
太田さんは鳩山を酷評しているが
俺としては彼を首相として評価したい。

一国の首相について「ルーピー」と形容するアメリカ人
に対して日本人の怒りが徐々に高まってるんじゃないか。
例の新聞は首相に対して言ってると思ってるんだろうが、
日本人全体を冒涜していると考えないのが米人の浅はかさだ。
テロとの戦いが、元々自らが育てたイスラム戦士からのバックファイヤ
であるように。
異常なトヨタ叩きにしても日本国内で米に対する不信が
ジワジワ高まっている。

734 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 21:25:15 ID:9QNRug2i0
臨床家からの観察によれば以下の通り。

@学歴至上主義である。

A異常に「プライド」が高いために、他者からの批判に対してはヒステリック
に反論し、「論理≒屁理屈」によって批判者を「論理的に」「嘲笑・侮蔑」
の対象とする。精神的な「ドS」である。「モラハラ」の加害者になりやすい
タイプである。

B異常に「プライド」が高いために、学会や論壇で「プロ」と勝負することへ
の恐怖心が強い。それため「アマチュア」と自称していいる。
「アマチュア」として「2ちゃんねる」を相手にしていれば「アマチュア」を
「ボコボコにする」ことでゆがんだ「自尊心」満足させることができる。

C経済学、医学生理学の素養は「ド素人」程度である。この分野への論評は聞
き流していればよい。

以上のことから、「ご意見」に批評を加えることは批評者側のエネルギーの
浪費にすぎず、こちらの参考になることを取捨選択して「拝聴」するにとど
めるべきであり、なるべくなら質問も控えたほうがよい。

当人が自己分析をすすめるなら、よりバランスのとれた論評を期待できるで
あろう。

735 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 21:35:51 ID:I3r6JtFe0
>>728
なんだ?鳩山(一国の首相)をブッシュ(一国の大統領)と同格にされてファビョったか?
実際には周りの意見に耳を貸す分ブッシュのほうがマシだけどなw
>>733
国民の怒りは危険なくらいに高まってるよ
アメリカどころか世界中に恥をさらしてる人物がなんと一国の首相という事実にね
たった一人の首相のおかげで
日本人が今まで築き上げた信頼がガラガラと音を立てて崩れていってる
日本人ひいてはアジア人全体の信頼を引っ張りあげてきた日本の外交が
今ではそのアジア人からすら信頼されなくなってきてる

台湾:一転再開 北京射程のミサイル開発
http://mainichi.jp/select/today/news/20100425k0000m030084000c.html
【グローバルアイ】やるせなく墜落する鳩山政権
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=128578&servcode=A00§code=A00

日本のアメリカに対する不信なんかより世界の日本に対する不信の方が遥かに高まってる
たった一人の無能がアジアの平和までぶち壊そうとしてる事実を
もう少し真剣に受け止めるべきだね

736 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 21:42:54 ID:epm2O3ZQ0
>>735
文面からあなたが白人崇拝者ていうのがわかるが
鳩山首相でよかったって言うのが、わからない?

おれは鳩山首相はかなり気合が入った政治家だと認識している。
日米間に波風立てないのが日本の政治家のあるべき姿なのか。

冷戦が去って20年近く経ってるんだが。
波風立てた鳩山がよくやったと思わないのか?
あんた、太田さん程度の知性しかないのか?

737 :文責・名無しさん:2010/04/28(水) 22:09:31 ID:I3r6JtFe0
>>736
台湾が危機感もって韓国に哀れみの目で見られてる
鳩山のどこが良かったんだ?
気合が入ってるならいち早く沖縄と徳之島に自ら乗り込んで説得してるはずだが
実際には重病人の徳田氏に泣きつく事しかできてない
できることはその場その場の言い訳だけ

米紙が鳩山首相を「愚か」と酷評、中国は「米紙が同氏を嘲笑」と報道
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0415&f=politics_0415_006.shtml
>中国新聞網は15日、「鳩山首相が手ぶらで帰国、参議院選挙前に内閣総辞職か」と報じた。
>中国各メディアは「米紙が鳩山首相を最大の失敗者と嘲笑した」とこぞって報じている。
これは中国誌が米紙の言葉を使って間接的に鳩山が愚かだと言うことに同意しているってことだ

鳩山首相、中東でも信頼を損う サウジ゙に福田元首相でなく友人の岩國氏派遣→サウジ国王出席取りやめ
http://alfalfalfa.com/archives/19967.html
一国の王に対して岩國などと言う向こう側からすればどこの馬の骨かわからないものを遣わす非礼
こんなことで波風立てて満足か?

アメリカしか見てないお前にはわからないだろうがな
日本は世界から信頼をなくしてるんだよ




738 :文責・名無しさん:2010/04/29(木) 01:16:28 ID:ZktVI3re0
マニフェスト実行なら12年度に一般歳出100兆円突破も−民主試算
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=a.g8uycyxEVs
気合入ってるねえ
民主党の無駄使い見てると100兆円じゃとても足りそうにないがw

739 :文責・名無しさん:2010/04/29(木) 23:05:17 ID:DwRRIx0M0
枡添が離党したら早速、片山さつきが朝日と新潮に枡添批判記事を書いてるね。

しっかし自民党時代に一言も喋らなかったんだな。

740 :文責・名無しさん:2010/04/30(金) 06:04:16 ID:HNW/aEha0
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100430-OYT1T00125.htm
↑↑これは皮肉かねw
全くリーダーシップを発揮できてないのにw

741 :文責・名無しさん:2010/04/30(金) 12:35:16 ID:8aHXNmSz0
「ある種の革命の指導者」だからね。

742 :文責・名無しさん:2010/04/30(金) 12:56:51 ID:Ernu0tfe0
太田説と同じような結論の記事だな

743 :文責・名無しさん:2010/04/30(金) 22:48:20 ID:HNW/aEha0
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100430-OYT1T00174.htm
↑↑
民主党って馬鹿な集団だなw
検察審査会の権限強化に賛成しておいて
自分たちに都合のわるい結果がでると
手のひら返して批判する
腐ってるなww

744 :文責・名無しさん:2010/05/01(土) 14:33:58 ID:AunCY9Rv0
みんな〜 世界に眼を向けろ!
世界は広いんだぁーぜ。
http://www.youtube.com/watch?v=Fa-PhBRiuMU

↑これを観て、己の鍛錬を怠らず、来るべき革命に備えて糞して寝よう。

745 :文責・名無しさん:2010/05/01(土) 23:28:17 ID:n3L9Cpvj0
>>743
検察審査会の権限を強化したのは
市民が自民党を告発するためだ
選挙によって選ばれた民主党議員を告発することは筋が通らない
このような法の悪用は許されない

746 :文責・名無しさん:2010/05/03(月) 01:49:29 ID:RJ1CD9xQ0
http://mainichi.jp/select/today/news/20100503k0000m010068000c.html?link_id=RTH02
憲法には規範性がない・・・わけねえだろw
50%もの人が改正を望んでんだぞw

747 :文責・名無しさん:2010/05/04(火) 00:50:31 ID:YHTr3LaL0
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1272034574/l50
72 :無党派さん:2010/04/25(日) 11:24:27 ID:OI1AnQFs
じつはコレって、自民党がしくんだ
体のいい桝添追放劇だったんじゃね?


73 :無党派さん:2010/04/25(日) 11:26:42 ID:lNQR11cr
そうそう。
たちあがれ日本も自民党がしくんだ体のいい与謝野追放劇だったんだよ。


74 :無党派さん:2010/04/25(日) 11:28:42 ID:OI1AnQFs
両名とも集票能力は低いわりに
ムダにプライドだけ高かったからだろw


75 :無党派さん:2010/04/25(日) 11:43:04 ID:sQNyRCyx
鳩邦、与謝野、舛添の3人は
麻生政権惨敗の戦犯だからな



76 :無党派さん:2010/04/25(日) 11:49:28 ID:OI1AnQFs
>鳩邦、与謝野、舛添の3人は

 平成の爆弾三勇士だなw

笑たw

748 :文責・名無しさん:2010/05/04(火) 23:45:25 ID:9wT+QAMU0
【首相訪沖】首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場の移設問題に関し
「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは
思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し
抑止力を維持していることが分かった」と記者団に述べた。
また、昨年の衆院選で沖縄県外、国外移設を主張したことについて
「自身の発言に重みを感じている」とも語った。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100504/plc1005041845021-n1.htm

記事のタイトルを読むと、鳩山総理があたかも海兵隊の存在目的を知らなかったように
受け取れるが、実際の発言は↓(19時のNHKニュースの聞き書き)

「その当時、海兵隊の存在というものそのものを取り上げれば、必ずしも
抑止力として沖縄に存在しなければならない理由にはならないとおもっていました。
ただこのことを学べば学ぶにつけて、沖縄に存在している米軍の存在全体の中での
海兵隊の役割というものを考えたときに、それがすべて連携をしていると。
その中での抑止力というものが維持できるのだと、いう思いに至ったところでございます。
それを浅かったと言われればあるいはその通りかもしれませんが、
全てを外に、県外あるいは国外に踏み出すという結論には私の心の中に、ならなかったと。」

産経の書きっぷりの酷さは置くとして、これは太田さんの海兵隊不要論に近い(近かった)?
なんで転向(?)したかは謎だが、色々と大人の事情があったのかな?
それとも、知性溢れる我らが鳩山総理のお言葉を、真面目に考えるのはバカバカしい?

749 :文責・名無しさん:2010/05/05(水) 01:46:05 ID:3Ib5Cnlh0
>>748
本当に知らなかっただけだろ
驚異的なのは今まで誰もそれを鳩山に教えてやらなかったということ
思えば勉強会もまともに開いてなかったしね
太田も沖縄の基地に行って教えてもらって来れば?
引きこもってばかりいないでたまには取材でもしろよ

750 :文責・名無しさん:2010/05/05(水) 08:39:38 ID:haWqj10M0
太田の素晴らしいところは、過去小沢が不祥事起こして党首を追われた直後、
鳩山が一番党首に相応しいとか鳩山を褒め称えていながら
旗色が悪くなると手の平返して鳩山批判を繰り広げる厚顔無恥なところ。
当時から普通の感覚の持ち主なら鳩山が党首以前に議員として
不適格である事なんて解かりきっていたにも関わらず
1人鳩山擁護を繰り広げていた太田を冷笑してたもんだが。

751 :文責・名無しさん:2010/05/05(水) 08:49:33 ID:VvsqPMjC0
冷笑してたという当時の過去ログ転載して

752 :文責・名無しさん:2010/05/05(水) 15:10:54 ID:vfS3hnmt0
>>749
「実名告発 防衛省」によると、05年10月の日米合意案で海兵隊司令部をグアムに移すということは
アメリカは沖縄で海兵隊を使う構想がないというのが太田さんの考え
実働部隊と司令部をドッキングさせるのはナンセンスだと言ってる
台湾であれば1日程度で戦場に展開させる即応態勢を維持するなら司令部移転も困難だと

753 :文責・名無しさん:2010/05/05(水) 20:43:38 ID:lXAyMgMD0
>>750
太田って新聞とかまともに読んでないよな
ちゃんと読んでたら鳩山がどんな奴か簡単にわかるだろ
そしてこんな事態になることも容易に予想できた
ルーピールーピー言って勝ち誇ってるネトウヨのほうが(マスコミ叩いてるくせに)新聞まともに読んでるよ

754 :文責・名無しさん:2010/05/07(金) 00:36:48 ID:yvyAVN2B0
「明日(7日)にTBS系の「朝ズバ!」で0800前後に私の姿がちょっぴり放映されます 。
この時間になっても取消の連絡がないので、恐らく大丈夫でしょう。」
http://twitter.com/ohtanobumasa

ホントのホントに今度こそ大丈夫?

755 :文責・名無しさん:2010/05/07(金) 01:23:27 ID:Tb0HqEqJ0
有料読者にも冷淡だし、たぶんTV局のスタッフにも
同様の態度の予感。
社会性なくちゃ人脈広がらないよ〜、太田さん。

仕事関係で大事なのは、相手を立てることだって知らないでしょ?
人間主義の日本で議論で勝てばOKなわけないでしょ。

756 :文責・名無しさん:2010/05/07(金) 06:45:51 ID:XS1g4/rs0
相手を立てられたってテレビ露出は増えない。

数年前テレビで太田が注目されたのは
あの異様な引きつり笑い連発の面白さと、
全く媚びずに空気を読まない尊大な態度が強烈だったからで、
そのキャラを期待されていたのに、
その後常識的で当たり前な態度にキャラ修正しちゃったから
テレビ的な面白さも消滅してお呼びが掛からなくなったというだけでしょ。

757 :文責・名無しさん:2010/05/08(土) 08:23:21 ID:j4EpSZDu0
英自民党失速 最大の理由は移民政策の甘さ

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/388357/



758 :文責・名無しさん:2010/05/08(土) 16:28:07 ID:kJg+UBcI0
TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4883805913/249-6061256-0015541?SubscriptionId=1N1JNYM5DVFTMHFYD902

http://g-ec2.images-amazon.com/images/I/61SZ9D3X9YL._SS500_.jpg

759 :文責・名無しさん:2010/05/08(土) 20:52:46 ID:7a8o1WpE0
宮崎の口蹄疫が九州を壊滅させるかもしれないのに
まったく報道しようとしてないのも一種の報道テロだな
まあTBSの場合たとえ報道しても
あることないことで国民煽って正確な報道なんて絶対しようとしないだろうけど

760 :文責・名無しさん:2010/05/10(月) 00:07:27 ID:XqtBNi/W0
Japan, South Korea suffer outbreaks
http://www.fao.org/news/story/en/item/41702/icode/

問題なのは本当にアウトブレイクかどうか以上に
海外からそう認識されてしまったこと
発見から二週間もの間政府の無為無策
赤松農水大臣はそれを知りながら国内で対応をせずに
ノウノウと外遊に出かけているということ
風評被害を恐れてと報道を規制する一方で
要請を無視して自衛隊などは出動させていない


761 :文責・名無しさん:2010/05/10(月) 22:55:26 ID:5/DWfOvI0
民主党は口蹄疫を報道規制でしのげると
踏んでいるようだが、ネット規制はできないからな。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10674958

選挙は敗北が確定的だ。
もうポスト鳩山の話題になっていくだろうが
たぶん、人材はいないだろう。

政権交代も短かったな。
細川政権の時とそっくりだな。

762 :文責・名無しさん:2010/05/11(火) 15:25:27 ID:Shp6lR4Y0
おーたんのコラム読んでたら憲法解釈や改憲よりも、
憲法自体を廃止して不文法憲法&慣習法にして、
基本法は五箇条の御誓文にしろ、と主張したほうが筋な気がするんだけど。
判例法を慣習法にした前例の国があるのかは知らんが。

763 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 14:36:30 ID:7qfAHqJE0
>>762
お前読解力低すぎ

764 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 17:33:09 ID:M+Aa0Ktf0
もしイギリスが憲法廃止すればそれに続けと言いそうではある

765 :文責・名無しさん:2010/05/12(水) 20:51:55 ID:Sc2gKKih0
だからイギリスには憲法が無いんだって

766 :文責・名無しさん:2010/05/13(木) 13:51:31 ID:U2azUqzo0
>>765
揚げ足取りしかできないアンチって
なんかもう、気の毒っていうか・・・・・・

767 :文責・名無しさん:2010/05/13(木) 18:49:28 ID:0PM3flfK0
間違ってるの指摘したら揚げ足取りって・・・

太田氏に因縁つける奴も同じタイプなんだろうな。
「キミ、それ間違ってるよ」
「わ。この人、嫌な人。性格悪」
みたいな。



768 :文責・名無しさん:2010/05/13(木) 19:48:41 ID:k8VnFC0d0
つ老旧
まずは太田が間違いを認めるところから始めような


769 :文責・名無しさん:2010/05/14(金) 14:44:29 ID:DK5jwaYu0
>>768
たかが誤字にいつまでこだわってんだよ
お前バグハニか所沢だろ?
バカは死ななきゃっていうけどホントだなwww

770 :文責・名無しさん:2010/05/14(金) 17:22:31 ID:0+7o7WeT0
>たかが誤字にいつまでこだわってんだよ
それ太田

771 :文責・名無しさん:2010/05/15(土) 11:45:55 ID:40HRje5Z0
もともと常に優位に立っていたいという欲求が強い。
(自慢話の多さ、常日頃から「自己正当化技術」を鍛錬)

そのため、批判、反論、評価への不安、恐怖が強く、引きこもる。
しかし、それでは自己の優位性を確認できないから、ネット上での隠棲となる。

時々、痛いところを突く者、癪に障る発言者が出現する(=「優越欲求」への脅威)と
キレた(=交流分析上の「C」の出現)挙句の不毛な「議論」開始となる。

やがて、鍛え上げられた「自己正当化技術」による「論破」(及び「愚弄」「嘲笑」の混入)
最終的には優越感の満足から「不安解消」→めでたしめでたし

※議論が不毛になるのは、表面上A⇔Aでありながら、実はCからの反論であるという裏面的なものだから
 (交流分析)。「不毛な議論」(=裏面的な交流)は当事者に「後味の悪さ」を残すことが多い。

※「キレた」後には「後味の悪さ」から一時的に寛容になる。

※「優越欲求」が高じて「自己中心性」が強くなっているため、本質的に他者との関わりを持てない。
 他者は基本的には「利用」の対象となる(カンパ、ボランティア)。
 現実生活で困った経験などから、他者との関わりの重要性に気付いてはいる。
 しかし、「理解はできる」が、「身に付けられない」。
 近しい関係になった者も「キレられる→論戦→嘲笑」といった不愉快な経験から離れていく。

772 :文責・名無しさん:2010/05/15(土) 17:30:18 ID:Jg0pxGJe0
>>770
ソース

773 :文責・名無しさん:2010/05/15(土) 17:59:27 ID:qN2mlg1L0
このスレらしく典拠といえっ

774 :文責・名無しさん:2010/05/15(土) 21:18:24 ID:lSSZLoFa0
>>772
つ老旧

775 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 17:48:00 ID:9ZeJRZ6v0
>>774
それのどこがソースだボケ死ねば?

776 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 21:37:27 ID:fbvvElLc0
太田さんもくだらないプライドや頑固さを捨てて
「間違ってましたって」素直に認める態度が必要だと思うよ
どうして誤字を認めることぐらいができないのか
それで大切な信者の多くを失ったんでしょ?

知らないなら教えを請う
間違っていたら認めて訂正する
太田さんに足りないのはそれ




老旧

777 :文責・名無しさん:2010/05/16(日) 22:50:31 ID:QmdXgm4d0
>皆さんの「私の考えを形作った本」、教えて!<(太田)

小室直樹先生の「超常識の方法」
太田先生は戦後の日本の言論界は不毛だとおっしゃっており、大きく同意するが、
唯一の例外が小室直樹先生でしょう。「小室の前に小室無し 小室の後に小室無し」と
言っても過言ではないと思います。

小室先生の著書で最初に手にとった本は「ソ連帝国の崩壊」1980年刊でした。
ソ連共産主義の消滅を予言した本で、最初、何、馬鹿なこと書いてんだこの人、
ソ連がそう簡単に潰れるわけ無いよと思って手にとって読んで、すっかり、その理論に
魅せられ知り合いに「ソ連は近いうちに崩壊する」と言って回って誰も信じず変な目で
見られた過去が未だに思い返されます。

副島隆彦氏が小室先生の弟子を語っておりますが、遥かに及ばないと思います。

太田氏のブログを読んでいる他の方の中にも小室ファンがいるようで密かに嬉しく思っております。

778 :文責・名無しさん:2010/05/18(火) 19:17:59 ID:F/Oc4Eid0
小室教授の偉大さが理解できないとは残念であります。

「マルクス・レーニン主義的社会主義が必然的に崩壊することなど、最初から分かりきっていたけれど、問題は崩壊の時期だったわけで、それはヴェーバーにも小室氏にも分からなかったということではないでしょうか。
 崩壊の前兆をつかみ、崩壊の時期を予想するのは、国際政治学者やソ連学者の役割だったはずですが、遺憾ながら私の知る限り、予想できた人はいませんでした。」

ということは当時、当然、太田氏も共産主義の崩壊を”わかりきって”いたようですね。

しかし、崩壊の次期を予測する云々なんてハードルが高過ぎるような。
アングロサクソンの研究者にだって、そんな人、いませんぜ。

それに小室教授のソ連崩壊予測は、自身が新しく唱えた理論を社会科学に応用して、理論の正しさを証明しようとしたものなので、他の”ソ連崩壊予測者”とは全然、意味合いが違ってきますぜ。

779 :文責・名無しさん:2010/05/18(火) 19:19:18 ID:F/Oc4Eid0
なお小室教授の予言はソ連崩壊だけでなく、
『アメリカの逆襲』(1980)ではレーガノミックスの成功によるアメリカ帝国の復活を予測
太田氏もたびたび触れているキリスト教原理主義について詳しく解説。

また『資本主義中国の挑戦』(1980) では
中国の共産主義が民族主義の仮面でしかなくソ連とは違って共産主義の教義(ドグマ)に
とらわれることはなく、資本主義化するであろうこと 21世紀は中国内の安い労働力が
世界的な問題となるであろうこと 食人の習慣のある中華民族は日本人とは別の民族であるなど、
自身の理論を使って鋭い指摘がなされています。

その中で『超常識の方法』の1冊を挙げたのは小室教授の分析手法となる数学をバースとした理論の説明が
この本でなされているからです。

そういう意味で原典(典拠)主義の太田氏とは肌合いが合わない面もあるのかとは思いますが。
情報(典拠)の分析手法として、是非、ご一読してみれば、面白いかと思います。
情報を集めても分析に失敗すれば意味がないですしね。

780 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 21:19:02 ID:BQ06GACV0
太田は民主支持なんだろ?
でも小沢と鳩山を批判してる
はっきりいって小沢と鳩山が消えたら民主は党として維持できなくなるけど
その辺わかってるのか?
まあ、こっちとしては面白いからいいんだけど

781 :文責・名無しさん:2010/05/19(水) 22:01:13 ID:fGNKcTp10
>>780
お前で何十人目だろうな

782 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 01:04:38 ID:BZaZOjne0
女装し女湯脱衣所に… 防衛省キャリア、侵入容疑で逮捕
2010年5月20日23時44分
ttp://www.asahi.com/national/update/0520/TKY201005200540.html

783 :文責・名無しさん:2010/05/21(金) 18:14:57 ID:2CD7PtDk0
>>780
>はっきりいって小沢と鳩山が消えたら民主は党として維持できなくなるけど

典拠は?

784 :文責・名無しさん:2010/05/22(土) 06:29:11 ID:5kQsU/L30
常識に典拠とか求めるバカw

785 :文責・名無しさん:2010/05/22(土) 07:14:25 ID:1Ofxopx40
http://www.debka.com/article/8794/

開戦?

786 :文責・名無しさん:2010/05/22(土) 15:18:05 ID:qHu3yndv0
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/57/0000012857/65/img4e852251c0zd4c.jpeg
http://plaza.rakuten.co.jp/img/user/76/73/7207673/23.jpg
http://www.aubetec.com/~rimbaud/blog/WindowsLiveWriter/d2e19b9d631d_CE20/8020050321_14486438.jpg
http://www.geocities.jp/project_p_plus/img/kp1_2040829p2217.jpg
http://www.aubetec.com/~rimbaud/blog/WindowsLiveWriter/d2e19b9d631d_CE20/img_892297_14211251_0.jpg
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/img/13_img06.jpg
http://killkorea.iza.ne.jp/images/user/20060810/5735.jpg
http://blog.golfdigest.co.jp/user/okatoki/img/581/img20090105.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/newskorea/imgs/e/2/e2c5974a.jpg

787 :文責・名無しさん:2010/05/22(土) 15:30:00 ID:W+7tH3350
>>784
お前の政治願望でしかないものが「常識」かよwww

788 :文責・名無しさん:2010/05/23(日) 20:10:49 ID:0N295tOw0
>>780
心配せんでも汚沢鳩山がいようがいまいが
ミンスはもう持たんよ


789 :文責・名無しさん:2010/05/23(日) 23:17:07 ID:6/csuQs80
>太田「史観」、誰かがマンガにしてくれると一番いいかもね。(太田)

そんな戯言より次著はいつ出すの?話はそれからでしょう
そもそも太田さんはマンガって読むの?お気に入りのマンガってある?


790 :文責・名無しさん:2010/05/24(月) 00:16:26 ID:z2CUMXIG0
>>789
それくらいわからないならサイトに来るのやめなよ。
太田さんが漫画読むわけないだろ。


「ベルサイユのばら」は読んでたんじゃない?

791 :文責・名無しさん:2010/05/24(月) 01:33:21 ID:ln7keH8T0
小沢さん
宮崎とか日本全体とかより岩手の選挙区のほうが大事なんだね
http://4.bp.blogspot.com/_lYuktyQYXuY/S_kfZQLL3wI/AAAAAAAADDU/BhhwDVcWwXw/s1600/i0093849-1274497314.jpg

792 :文責・名無しさん:2010/05/24(月) 03:56:08 ID:U8rVc8al0
太田の読むは斜め読みのことだろう。
1ページ0.5秒くらいでパララーっとめくっただけでも
読んだ事にしてそう。

793 :文責・名無しさん:2010/05/24(月) 17:56:29 ID:d3zP3cr20
>頭の悪い太田さんのグルーピーみたいなの

遠州さんに謝れ!
失礼じゃないか!

794 :文責・名無しさん:2010/05/25(火) 23:46:25 ID:HvCCcjd80
国政選挙の経費削減法案が可決 審議1時間強、自民反発
http://www.asahi.com/politics/update/0524/TKY201005240316.html

また強行採決、1時間なんて審議してないのと同じだろ

795 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 02:25:03 ID:rdYUA6Ye0
http://www.youtube.com/watch?v=79uFWRkBQd0
戦場の子供たちを救っているのはドラゴンボールらしい

796 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 10:55:27 ID:JOhiUwZL0
昨日松本隆の特集を見た。
松田聖子の「赤いスイートピー」
は、時代に逆行するかとも思われたが、
以外にも保守的な若い女性層に大ヒットした。
当時80年代は冷戦真っ只中で、男たちは辛うじて
「男性」であると女性たちから見なされていた。

しかし、冷戦構造の崩壊以降、日本の男たちが「男性」
ではないことが女性たちにも知れ渡り、90年代以降
若い女性層に人気があったのはビジュアル系、すなわち「ゲイ」風の
男性像。

90年代以降はメディア、特にTVを席巻しているのは
SMAPを始めとするジャニーズの美少年たち。
ここにおいて現代の日本女性が好む男性のタイプは
「プードル男」だ。

太田さんが指摘している「一妻多夫」が現在の日本の現状であると思う。
やれやれ。


797 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 17:41:13 ID:a5KQetf90
太田さんはコメント欄を開放してるんだから
こんなとこでうじうじ文句言ってないで
太田さんのブログに書き込めばいいのに。

798 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 20:01:41 ID:Dtt4GzWr0
生暖かくウォッチャーしたいだけだからな
別に関わりたいとは思ってない

799 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 20:43:22 ID:Dtt4GzWr0
>>796
戦国時代にもビジュアル系がはやってるんだが
もっと古くは阿修羅像なんてのもある
これは日本人の昔からある美意識の一つだ
お前や太田が醜いからってやっかむもんじゃないぞ

800 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 21:02:53 ID:yGCYQCde0
>>798
気になるし自分の意見も言いたいけど、あらゆるリスクは絶対負いたくない、って訳だな

801 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 21:11:22 ID:Dtt4GzWr0
>>800
まあ
そうとってもらっても別にかまわないよw
キチガイを観察するのは楽しいけど
キチガイと関わることはリスクになるからね
君はキチガイ相手にリスクを背負いたいのかい?


802 :文責・名無しさん:2010/05/27(木) 23:51:18 ID:lCT8pYvu0
>>801
本当に「キチガイ」だと思っているならあんなクソ小難しいブログは読まんわな
これが「ツンデレ」というやつか?

803 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 00:05:12 ID:zh2f1GFk0
「キチガイ」は多くの媒体で自主規制ワードだから
「トンデモ」を使うのが一般的でいいと思う。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C8%A5%F3%A5%C7%A5%E2

そして世の多くのトンデモさんは独自の小難しい理屈を
こねている場合が多い。だからこそ見てて面白い。

804 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 02:02:05 ID:sbqTg81r0
>>799
オカマ君か。
せいぜい二丁目軍団とバコバコやってろよ。
エイズになるとカクテル療法ってあるんだとよw

805 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 06:17:19 ID:GBvBXDcA0
むしろ太田のほうがオカマっぽいけどな
自分の間違いをいつまでも認めずに小理屈を捏ね回す
そういうのを女々しいと言うんだが


806 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 14:25:22 ID:ImnN6K4+0
>>805
>自分の間違いをいつまでも認めず

典拠出せ誹謗厨

807 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 16:22:06 ID:8D/nnsUD0
恨み節の軍ヲタは、「間違いだ」、「間違いを認めない」と言うだけで、
「間違い」の具体的詳細な説明をしたところは見たことが無い
それはつまり・・・

808 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 17:46:34 ID:GBvBXDcA0
>>806
>>774
しかし君はメクラか?ログちょっと読み返せば
簡単に出てくるだろ
一言「日本語が不自由でした」とすら謝る事ができない
そういうのを女々しいと言うのだよ
>>807
つまりあなたは「老旧」を間違いではないと
どこの国のお方ですか?中国人?日本語にはないなぁ
それとも「老旧」が日本語でさらに軍事用語だという具体的な典拠を示せるんですか?
だったらぜひ見せてほしいな

儲は他人に典拠を求めてばかりせずに
たまには「老旧」が正しい日本語だという典拠の一つでも出してみなさい
女々しいぞw



809 :文責・名無しさん:2010/05/28(金) 17:48:39 ID:GBvBXDcA0
ついでに言うと太田は層化にすら裁判で負けてるんだよな
そのときも自腹で賠償金払うのが嫌だから
信者からヒモのように金を巻き上げようとしてたんだっけw

810 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 01:51:35 ID:i0oDkc+r0
>>808
やっぱり具体的な説明はできないんだな。
なんでその程度のこともできないんだ。
「女々しい」とか使ってるのを見ると当時書き込みに参加していた軍ヲタだろ。

当時のやり取りを読み返してみたが、まぁ、酷いこと。
軍ヲタ達は典拠を示さない(示せない)のが当たり前(バグハニは除く)。
論点は単純明白で、典拠(性格上、英語の典拠にならざるを得ない)を用いての証明
さえすれば、太田は即座に論駁されたというのに、全然それをせず、自分の知識を
用いた論理展開と推論、および荒さがししかしていなかったからな、軍ヲタは。
誰一人やれなかった。
それが致命的なんだよ。

>>809
そんな「煽り」しかできんのか

811 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 05:09:33 ID:WlvIokF80
>>810
信者は「勝った勝った」と言い張るのみで
老 旧 に対して典拠(笑)をまったく出せてないんだがw

つーか 老 旧 が日本語だって証明すれば言いだけなのに
英語の典拠云々とか言い出して
アスルガー?
もしかして太田本人か?

812 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 08:06:39 ID:YznyqsFq0
>>811
>つーか 老 旧 が日本語だって証明すれば言いだけなのに

辞書に載っていない隠語は、世の中にはいっぱいあるだろうにw

老旧という隠語を太田は使っていた、という一次証言。
一方、自称現役幹部、自称OBの父、自称知り合いの自衛官によると、老旧などという防衛庁用語は存在しないと。
http://obiekt.seesaa.net/article/45123737.html

軍オタさんは、これ以上、どうしたいの?

813 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 08:43:10 ID:3Nuf6WB40
老 旧 が隠語w
太田の脳内世界ではそうなんだろうが
それはいったいどこの世界で通用する隠語なんですか?w

間違いじゃないなら典拠出せますよねw

814 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 10:38:46 ID:YznyqsFq0
>>813
>それはいったいどこの世界で通用する隠語なんですか?w
隠語。特定の社会・集団内でだけ通用する特殊な語。
「特定」が2人なのか、何人なのかは、知るわけないでしょうに。.

>間違いじゃないなら典拠出せますよねw
証言自体が典拠でしょうに。

ただし、
「証言という意味では,貴重な一次史料であるが,部分的には,思い違いや,筆記者の錯誤に
基づくと思われる記述も散見され,十分に注意して扱う必要がある。」
http://www.tku.ac.jp/~koho/kiyou/contents/communication/28/28_yamada.pdf
から、証言の分析・検証をしなければならないんでしょうに。

「自称現役幹部、自称OBの父、自称知り合いの自衛官」じゃ、証言の分析・検証にならないでしょうに。

815 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 15:17:58 ID:WlvIokF80
なんでも隠語にしてしまえば
間違いを誤魔化せると思ってるアホ

816 :文責・名無しさん:2010/05/29(土) 20:31:54 ID:i0oDkc+r0
やっぱり軍ヲタは軍ヲタ。
何年たっても何も変わってない。

バックナンバー持ってる人はcolumn2.txtの以下に示した箇所を読んでみてほしい。
各コラム本文の後ろに、当時の掲示板の書き込み記録がすべて付随している
ので、一通り読むのに、それなりに時間はかかるけど、当時を知らない人も知って
いる人も、当時の全記録を自分自身の目で読んでみて、それぞれが評価をして
みるのは意味があることだと思う。

コラム#1700(2007.3.22)<消印所沢通信10:自衛隊は空っぽの洞窟?(その1)>
コラム#1710(2007.3.29)<消印所沢通信10:自衛隊は空っぽの洞窟?(その2)>
コラム#1722(2007.4.7)<消印所沢通信11:自衛隊は空っぽの洞窟?(その3)>
コラム#1732(2007.4.13)<消印所沢通信12:自衛隊は空っぽの洞窟?(その4)>
コラム#1739(2007.4.19)<消印所沢通信13:自衛隊は空っぽの洞窟?(その5)>
コラム#1778(2007.5.24)<自衛隊は空っぽの洞窟?(その6):消印所沢通信16>
コラム#1804(2007.6.12)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって>
コラム#1806(2007.6.13)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続)>
コラム#1808(2007.6.14)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続々)>
コラム#1810(2007.6.15)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x3)>
コラム#1811(2007.6.15)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x4)>
コラム#1813(2007.6.16)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x5)>
コラム#1814(2007.6.16)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x6)>
コラム#1816(2007.6.17)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x7)>
コラム#1817(2007.6.17)<防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x8)>

817 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 14:06:10 ID:Kt5B6lze0
>>816
そういう議論の片方だけを出すのは、「当時を振り返る」上では問題があるね。
少なくとも双方の意見を両方見るのでなければ、
おーたんと同じように
自分に都合の良いような資料の読み誤り方をする。

(2007/06/06)太田述正・元防衛庁審議官は一体何を学んできたのか?
http://obiekt.seesaa.net/article/44060071.html
(2007/06/11)資料の悲惨な読み間違え方
http://obiekt.seesaa.net/article/44474371.html
(2007/06/14)資料の意図的な読み間違え方
http://obiekt.seesaa.net/article/44754397.html
(2007/06/17)太田述正氏曰く「老旧とは防衛庁用語」だそうですが、聞いた事がありません
http://obiekt.seesaa.net/article/45123737.html

「老旧」なんて瑣末な問題でね。
当時の議論の核心は、兵力の算定に当たって、「自衛隊は戦力ゼロ」と言いたいがために、
自衛隊を過小算定して英軍を過大算定したんじゃないかって話。

818 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 16:26:55 ID:PZbnu7aK0
>そういう議論の片方だけを出すのは、「当時を振り返る」上では問題があるね。
>少なくとも双方の意見を両方見るのでなければ、
>おーたんと同じように
>自分に都合の良いような資料の読み誤り方をする。

コラムにしても書き込み記録にしても、双方の言い分(書き込み)をすべて公開している
のだから、片方だけということはない。
それにそのサイトに書いてあることは軍ヲタ側の言い分を整理したというだけで、
書かれていることは公開記録にすべて含まれているし、もし仮にこのサイトで、双方
に公開されている場で述べていないことをあえて書くというのなら、(当時)太田側に
連絡をするなりして知らせるか、双方公開の場で改めて書き込みをする必要がある。
でなければ、それこそ軍ヲタ発信の「一方」からの発信ということになってしまう。

>「老旧」なんて瑣末な問題でね。
>当時の議論の核心は、兵力の算定に当たって、「自衛隊は戦力ゼロ」と言いたいがために、
>自衛隊を過小算定して英軍を過大算定したんじゃないかって話。

太田は諸情報のソースを明らかにしているのはもちろん、その算定方法に至った経緯
(自分の防衛庁時代の経験体験(これもソース)や執筆当時の状況(これもソース)も
含めて)も「すべて」詳細に明らかにしている。
他方、軍ヲタは算定方法の間違いを指摘するのに、基本的に自分の知識だけで説明し
ている。ソースを示す必要のあるところのソースを示さない(示せない)以上、その算定
方法は自分の知識(ソースを示さない)から導き出した推論としか言えない。その根拠
となる「知識」のソース(もちろん示す必要のあるところだけでいい)を明らかにしない限り、
その算定方法が正しいのかどうかは軍ヲタ本人にしか分からない。
かたくななまでに典拠を示さなかった(示せなかった)のは、ちゃんと理由がある。軍ヲタ
は自分達でその理由に気づいていない。それだけのこと。

太田は、だから自分を納得させてくれということを何度も言っている。軍ヲタは誰もそれを
しなかった。

819 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 17:33:46 ID:RSs6IXKz0
>>816
>>817
読みきれねえ。

820 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 17:37:22 ID:HhyPPjR/0
有料読者なんだが、コラムには歴史関係の書評が圧倒的に多いけど
読者の要望に応えてるのかな?

おれとしては英米のニュース分析だけでいいんだが。
歴史は好事家だけのもので、一般人には必要がないと思う。
歴史がわかっても(お勉強をしても)現在の世界を読み解く
こととは全く違う。

http://www.youtube.com/watch?v=VnOfG3F2Cqc&feature=related
上の動画の1:48くらいの所。

821 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 18:02:16 ID:RSs6IXKz0
>>820
確かに未来は誰にもわからないとは思うけど
過去を知らないと何で現在に至ったのかが解らないから
ニュース分析もろくに出来なくなっちゃうんじゃないの?

822 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 19:16:37 ID:a0I5+Emu0
>820 そうだね。比率が問題なんだろう。

俺は歴史は好事家のものとは思わないけれど、確かに
バランスに偏りがあるようには思う。

最近は書評は読まないな。原典読めないし。

時事ネタをもっと増やして欲しいね、どっちかというと。

823 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 19:58:38 ID:Kt5B6lze0
>>818
双方の言い分全てじゃないよ。

コラムは都合の悪い意見はオミットしてる。
これは両者を読み比べないと分からない。

あと、当時あった掲示板も炎上したが、
そのことはコラムだけ読んでも分からない。
反対者側のブログのコメント欄まで読まないと、
どういう意見が書き込まれ
おーたんがどう反応し、
現在ログが残っているかどうかまでは(魚拓があることも)分からない。

824 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 20:00:53 ID:Kt5B6lze0
>他方、軍ヲタは算定方法の間違いを指摘するのに、基本的に自分の知識だけで説明し ている。

というのが基本デタラメであることも、両者を読み比べねば分からない。
おーたんがジェーンを典拠にしたというので、
そのジェーンの該当する記述にまで軍オタは当たってるのが分かる。



825 :文責・名無しさん:2010/05/30(日) 23:54:11 ID:U4sg8y2S0
>>823
>コラムは都合の悪い意見はオミットしてる。
>これは両者を読み比べないと分からない。

>あと、当時あった掲示板も炎上したが、
>そのことはコラムだけ読んでも分からない。
>反対者側のブログのコメント欄まで読まないと、
>どういう意見が書き込まれ
>おーたんがどう反応し、
>現在ログが残っているかどうかまでは(魚拓があることも)分からない。

だからコラム本文の後ろに当時の書き込み(Blogへのコメントも含まれる)が記録として
付属していると言ってるだろ。
コラム本文(の中身も互いの意見の掲載がほとんど)より、書き込み記録のほうがはるか
に多い、あの分量を見れば、オミットなど無いことは分かるぞ。どうでもいい書き込みまで
入っているし。まぁこれは太田がBlogで答えてくれるだろう。

(もう少し分かりやすく>>818とは違う書き方をするが)双方の意見を両方見るということ
については、太田側が、当時一貫して、反論が自由にできる形でしか発信をして
いなかった以上、軍ヲタ側も当時太田側の反論ができる形の開かれた(「一方方向」で
はない)場での発信でなければ、今、判断材料にするのはフェアじゃない、ということだ。
ただし、このサイトの文章に対して(当時)太田側の反論ができる仕組みは確実にあった、
というなら、よし。

826 :文責・名無しさん:2010/05/31(月) 00:05:32 ID:WkOQa8v40
>>824
(<自衛隊は空っぽの洞窟?(その6):消印所沢通信16>)より
−−−−−以下から引用開始−−−−−
※2 JDWのバックナンバーによれば,ガゼルの再武装という
話が2004年に出ているのですが,これはリンクス後継機
(今のフューチャー・リンクス) 計画が遅れていたせい.
 しかも,ガゼルそのものがすでに老朽化して減勢が
始まっており,既存の機体にも任務不適合が多いという
ことで,武装化は沙汰止みになったようです.
 それどころか,1 年ほど前には「ガゼルの早期退役を
検討中」なんて話も.(※以上、消印所沢wrote)
−−−−−以上、引用終わり−−−−−

(<自衛隊は空っぽの洞窟?(その6):消印所沢通信16>の後ろについている記録)より
−−−−−以下から引用開始−−−−−
<通りすがりの逸般人>
(略)
 既に何度も言っています。私は「対戦車兵器としての徹甲弾(戦車の装甲を運動エネル
ギーを用いて貫徹する)として用いられる、ヘリに搭載可能なロケット兵器の話など聞いた
ことも無い。また存在しない(技術的に開発が極めて困難)と考える十分な理由もある。
それでもそれが存在すると主張するのなら、その情報を提示せよ」と言っているるのですよ?
 太田氏のお手元にあるというThe Military Balanceでも、Jane's armour and artilleryでも
結構ですから、「いや、そんなことはない。○○によれば、ヘリに搭載可能なロケット弾ポッド
に装填可能なロケット弾に、対戦車戦闘に使用出来る(対戦車戦闘を用途としている)徹甲
弾は存在する」と示せばいいのです。CRV-7の時のような失敗を繰り返さないように、ちゃん
と用途もお調べになってね。
(略)
(続く)

827 :文責・名無しさん:2010/05/31(月) 00:06:19 ID:WkOQa8v40
(続き)
<太田>
 質問(問題提起)をしているのは私です。

 Jane's armour and artillery
なんていかにももっともらしいじゃないですか。
 これが、弾薬類をカバーしている最も権威のある本だとすれば、ぜひ、ご自分でこの本を
調べてこの掲示板上で結果を教えてください。
 メールを書くヒマがあったら、こういったより建設的なことに時間を使ってください。
 国会図書館にはあるんじゃないかな。

<通りすがりの逸般人>
 太田氏はなぜそうも自信満々に、私がThe Military Balanceも、Jane's armour and artillery
も読んでいないと断言できるのでしょうね?
 まぁ、確かに両方とも、個人が趣味で買うには少々ゴツ過ぎる本ではありますが。
(略)
−−−−−以上、引用終わり−−−−−

ジェーンうんぬんは、消印所沢がJDW(ただし"JDW"がjane's defence weeklyのことかどうか
は不明)のバックナンバーという形で引用した以外は、ここで<通りすがりの逸般人>が
言い出したことで、太田はそれまで話題にも出していないし、典拠にしたというコメントも無い。
ジェーンうんぬんが出てくるのは以上だけ。
ミリバラについては、執筆当時2000-2001年版ミリバラを参照にしたが、2007年の段階では
手元に無いと何度も断っている。ただし、上記書き込みの少し前に「本日中にミリバラ2000〜
2001と最新のミリバラが入手できるので、チェックした上で回答します。」とミリバラが入手
できることを報告している。

>おーたんがジェーンを典拠にしたというので、そのジェーンの該当する記述にまで軍オタは
>当たってるのが分かる。

というのは何のことを言っているんだ。
典拠を挙げてくれ。挙げてくれればちゃんとその典拠に当たるから。

828 :文責・名無しさん:2010/05/31(月) 18:48:22 ID:ey5lEMHx0
初期のコラムで、日本で原子力空母の母港に適切な場所があるけど
明かされなかったような。結局どこなんですかね。

結局、ほとんどの人は属国脱却後の日本(の安全保障)を支える組織機構、
法制度諸々、具体的な青写真を思い描けない。
シミュレーション小説みたいな形式だと裾野は広がるんだろうなあ。
周囲では「防衛庁再生宣言」は難しすぎる、みたい。

太田さん(たぶん嫌だろうけどw)、兵頭氏ともっかい共著、今度は書下ろしで。



829 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 04:27:06 ID:N+WMJcqt0
>>828
>周囲では「防衛庁再生宣言」は難しすぎる、みたい。

同意。完全に学術論文。あと、第一部と第二部で急に視点が変わるから、無茶苦茶混乱した。
特に第八章のアングロサクソン関連は、ブログのアングロサクソン論を読んでなかったから
完全に「?」だった。

830 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 08:51:10 ID:ukXYSZbZ0
http://blog.ohtan.net/archives/51980470.html
のアフガニスタン小特集なんか、有料コラムでもいいんじゃない?分量が少ない?

有料コラムは和訳あり、即時公開では和訳なし、なら、差別化できるんじゃないかと。

831 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 09:42:28 ID:N+WMJcqt0
>>830
太田さんは、有料コラムと無料コラムで差別化しようという気は無いらしい↓

「ボクは、2001年11月から2006年6月までは、全コラムをただちに無償で公開してたの。
ところが、よんどころのない事情が生じて2006年7月以降、緊急避難的に一部コラムを有償にして現在に至ってるの。
ただし、有償と言っても、一定期間経過後には基本的に全部公開してきた。
有償にしたコラムと無償にしたコラムとの間に質の違いなどない。」
http://blog.ohtan.net/archives/51952982.html

和訳してくれていた人は、今忙しいのかな・・・

832 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 11:00:45 ID:ukXYSZbZ0
>>831
公開時期にタイムラグがある、という意味で差別化、ってことね。
記事の紹介量が、日によって、まちまちだけど、大量にある日なんかは、
ストレートニュース的な有料コラムでもいいんじゃないかと。

833 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 18:17:43 ID:luGlBhT80
なるほど、解答はむつ市だったんですね。

タイトル「防衛庁再生宣言」だと、内容に予断を与えてしまい、いざ読んでみてその広がり
についていけないというケースが周りでは多かったわけで。
個人的には大いに楽しく読んだけど、やっぱタイトルで挑発しないとマーケティング的には
購入には結びつかないかも。

属国とは何か? 
具体的な事例による(現在の日本国が属国であることの)証明。
属国だとなぜマズイか? 
属国を脱却するとこんなにいいことがある。
属国脱却の場合、こういう法整備と組織が最低限必要だろうという
具体的例示と解説。(たとえば集団的自衛権は容認する、諜報組織は必要不可欠、
軍法とMPの整備とか)

日本人は、統帥一元かつチェック&バランスの効いた制度を具体的に示されれば
わりとすんなり賛成するんじゃないか。
そりゃ政治家の仕事だぜってのはさておき、太田さんが思っている以上に人材も
国民の関心(というか受容体)も払底してる。


ブログ切り貼りだと、個人的には耳タコで、読んでウヒヒとはなりそうもないですな。
まあ買いはしますけどね。





834 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 22:16:23 ID:XnsQX9p60
民主党のマスコミ操作により口蹄疫現場からの被害状況を伝えるメールが
「風評被害」の大義名分のもとにもみ消されていたことが判明
http://www.47news.jp/47topics/e/160411.php
原口のtwitter
http://komachi.betanya.com/uploader/stored/ino004676.bmp

835 :文責・名無しさん:2010/06/01(火) 23:01:57 ID:xxhMjbAZ0
>>825
付属とやらだけじゃ非常に不十分なんだよね。

オミットがないかどうかは、その引用部分にJSFも週刊オブイェクトも出て来ないのを見れば
一目瞭然だね。

当時の掲示板での批判意見も、きちんと反映されているかっていうと
どうだかね。

>ソースを示す必要のあるところのソースを示さない

ミリタリーバランスだったね。
そこは訂正。
http://obiekt.seesaa.net/article/44474371.html
のコメント欄132前後と
http://obiekt.seesaa.net/article/44754397.html
のブログ本文参照ね。

ちゃんと示してるよね?

あと、Combat Aircraftを「作戦機」ではなく「戦闘機」と誤訳したんじゃないの?とも指摘されてるね。
これ、おーたんのほうにはどこかに書いてある?
ないよね。

それって

>コラムにしても書き込み記録にしても、双方の言い分(書き込み)をすべて公開している
>のだから、片方だけということはない。

にモロに反するね。

836 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 00:08:21 ID:6Fj4P6a00
>>835
>あと、Combat Aircraftを「作戦機」ではなく「戦闘機」と誤訳したんじゃないの?とも指摘されてるね。

この辺の話?
http://blog.ohtan.net/archives/50954062.html
http://blog.ohtan.net/archives/50954060.html
http://blog.ohtan.net/archives/51084259.html

バックナンバーは有料だから転載できないけど、
上のブログに転載していない掲示板のコメントも巻末に収録されている。
まあ、全てのコメントを収録してないかもしれんが。

837 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 04:34:20 ID:feiJdPxD0
>>833
セールスポイントは重要だな
個人的には、「日本は自ら属国をやっているだけ」というのが
一番センセーショナルだと思う
あと、「独立後に何をやるか」が「人間主義の普及」というのが左翼チックで面白い。
左翼の賛同も得られると思うのだが・・・

838 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 10:13:37 ID:VSa//Mur0
>>835
>付属とやらだけじゃ非常に不十分なんだよね。
>オミットがないかどうかは、その引用部分にJSFも週刊オブイェクトも出て来ないのを見れば
>一目瞭然だね。
>当時の掲示板での批判意見も、きちんと反映されているかっていうと
>どうだかね。

どの引用部分を言っているのか判然としないが、ジェーンうんぬんついては
JSFのコメントは無い。太田本人も覚えてないようだから、記録のうちオミットが
ないかどうかを完全に証明することは今となっては不可能だが、少なくとも他の
案件で言えばJSFの文章は相当量あるし、書き込みの中に週刊オブイェクトの
リンクも複数含まれていて当時参考にされている。

それと、当時太田側の反論を発言できる仕組みがなく、当然、反論がセットで
データとして残っていない、週刊オブイェクトのサイトを参考にするのはフェア
なのかということだ。それこそ週刊オブイェクトのコメント欄なぞ一方的すぎるだろ。
(続く)

839 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 10:14:30 ID:VSa//Mur0
(続き)
>http://obiekt.seesaa.net/article/44474371.html
>のコメント欄132前後と
>http://obiekt.seesaa.net/article/44754397.html
>のブログ本文参照ね。
>ちゃんと示してるよね?

示してると言われても、そこにいくら書き込みしても何らかの形で太田側に示され
ていなければ示したことにならないのだから、例えば「このリンクは太田側への
XXの投稿に含まれていた。だから示されている」とかまで言わないと、「示して
いる」ことにはならんぞ。示していることを証明できれば、よし。

>あと、Combat Aircraftを「作戦機」ではなく「戦闘機」と誤訳したんじゃないの?とも指摘されてるね。
>これ、おーたんのほうにはどこかに書いてある?
>ないよね。

コラム#1808にある。

840 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 10:17:18 ID:bA7Y7r8P0
鳩山辞任、小沢にも辞任要求。
おーたんの予想通り。

841 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 11:11:35 ID:pfjGvdmj0
小沢幹事長も辞任を表明

842 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 11:14:20 ID:pfjGvdmj0
でも、これって前回の衆院選と同じだお。

辞めるタイミングが絶妙だね。批判が一身に集中したところで顔を変えるのか。
何か計画通りって感じだ。

843 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 18:23:30 ID:GNg3G85B0
もちろん「属国の防衛革命」の冒頭太田さんのパートで過不足なく語られてはいるけど
独立後の日本はこうなっているだろう〜は兵頭氏のパートだったような。
そこも太田さんが単著で掘り下げてくれるといいなあ、ということ。

>>837の言うように、「独立後に何をやるか」も重要。属国を選択しているのはオカシイ
と思わない人が大多数だから辛いものがあるが。
サヨクは説得不能だと思うけど。
大アジア主義抜きなら右の方がマシでしょ。
米海兵隊が国内にいるってのは、その誕生の経緯と使われ方を知ってれば
日本文明としては恥ずかしい限りだね。まったく。


844 :文責・名無しさん:2010/06/02(水) 22:30:46 ID:6Fj4P6a00
>盲目の有名な(女性)学者は?・・・。

すんごい人いますよ。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/05/013/index.html
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/100112/index.html


845 :文責・名無しさん:2010/06/03(木) 11:42:59 ID:vqNDIk5JO
「民主党に入れた奴は謝れ」とか言ってる奴らをみんな
ここに連れてくるからお前ら説諭してやってくれんか

846 :文責・名無しさん:2010/06/03(木) 23:21:28 ID:69jDgewd0
>>845
答えが決まっている人の説諭は無理だろうよw
でも、そういう人たちがここに書いてくれれば、
マーケティング・サンプリング調査になって、
太田にとって、少しは有意義かもね。

847 :文責・名無しさん:2010/06/03(木) 23:50:37 ID:gdtpQ6lx0
ネット右翼は自民党が大好きだからね

848 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 03:23:24 ID:0M2Ss8ey0
>>847
自民党支持者のロジックについて、真剣に考えた方がいいのではないだろうか
それを一つ一つていねいに論破していけば、説得が無理だとは思わない
例えば、拉致問題への対応から自民党を支持している者には、↓

「日本が諜報活動をおこなっておれば、拉致事件の全容がつかめていたかどうかはともかく、
今回のように、拉致者多数の死亡を首脳会談の際に初めて知って日本中が衝撃を受けるような
こともなかったのではないでしょうか。」
「今回の日朝首脳会談は「成功」したと私も考えています。
しかし、その「成功」は、北朝鮮を「悪の枢軸」三カ国のうちの一国に位置づけたところの
米国の軍事力を背景とする「恫喝」、に恐れおののいた金正日総書記が自らの体制の生存をかけて、
日本を仲介者とした対米宥和を実現しようとしたためにもたらされたものであり、
日本の外交の勝利でも、小泉首相のイニシアティブの成果でも何でもありません。」
http://blog.ohtan.net/archives/50955776.html

今さらだが、あの当時からこれを言っていた太田さんは、マジですごいな

849 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 06:44:07 ID:bVgZijxc0
>>848
彼らに対してそういう反論は全く無効でしょ。
「民主党じゃもっとダメ」といわれて終わり。

850 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 08:42:29 ID:K8wqboso0
全く無効だな。
民主党には北朝鮮と友好関係にあって拉致問題をキッパリ否定していた社会党系の議員が多いから。
そんな切り口は逆宣伝にしかならない。

少なくとも拉致問題を政治問題として真っ先に取り組んだのが
自民党の安倍父子とかだったのは事実なわけだから。

851 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 09:23:51 ID:RMqEKrw60
>>838,839には答えないんだな軍ヲタは。

この数日のやり取りを見ただけでも、軍ヲタがどういうものか分かって
もらえたんじゃないかな。
自分で裏付けが取れていないことを、さも事実かのように決めてかかって
非難するやり方とか。
>>816に示したバックナンバーを読めば、もっとよく分かる。
軍ヲタが、”典拠を「示さない」”理由も、”典拠を「示せない」”理由も、
それぞれ、なんとなく分かってもらえたかな。

852 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 10:59:43 ID:SNkLHr5o0
ネット右翼は自民党の工作員である可能性が高いから
何言っても無駄だよ。

自分の言ってることがおかしいとわかっても自説を曲げないで人を朝鮮人扱いして終わり。

853 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 12:17:52 ID:0M2Ss8ey0
>>849,850
確かにそうだな。個人的には、このコラムを最近になって読んでかなり衝撃を受けたんだが

>>852
一応、「工作員」でない「まともな」自民党支持者を説得することを想定している
ここ10年間ぐらいの、小泉以後の自民党しか知らない若い世代には、
イラクへの自衛隊派遣やインド洋での給油支援などで、
「安全保障政策を真剣に考える自民党」vs「それに対して反対の為の反対をする民主党」
という構図で受け止められるのは、無理からぬことじゃないか?
太田さんもこの点は同意するだろう↓

「私は、「タカ派」ではないけれど「タカ派」的安全保障政策を推進した小泉、
「タカ派」として「タカ派」的安全保障政策を推進した安倍の両名を、
その限りにおいては評価していますが、そもそも、こういう人々が自民党の中で
「ハト」派となれ合って共存共栄を図ってきたこと自体を許せないものとして
批判してきているところです。」
http://blog.ohtan.net/archives/51351078.html

そういう若い世代に、「政官業癒着構造の打破」が、
結果的に安全保障政策への指向につながると、
いわば「急がば回れ」ということを説得することは重要だろう?
過去コラムで説得力がある(プラス 分かりやすい)やつを知らないか?

854 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 13:52:54 ID:bVgZijxc0
>>852
工作員って自民党に雇われて世論操作に加担してる人ってこと?
そういうのは知り合いにいないなあ。
自分の周りで、外国人への憎悪をツイッターや日記に書いたり、
発言したりするような自民党ファンのネット右翼は
ただのワーキングプアが多い。公務員モドキもいるけど。

彼らの頭の中では民主党は中国にすり寄る売国奴で、
マスコミと左よりの国民が麻生の邪魔をして
自民党を政権の座から引きずり下ろしさえしなければ
今頃とっくに景気は回復していて
現実よりもずっと良い日本になっていたはずだと
かたくなに信じてるみたい。

855 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 16:34:32 ID:RMqEKrw60
防衛庁再生宣言の記述についての論争が2007年3月から始まって、
5月に太田が2000-2001年版ミリバラを手にした更に後、6月になって
ようやく実際に2000-2001年版ミリバラを入手する(しかもJSFらでは
なく一読者が)という体たらくだったが、ともかく軍ヲタがミリバラの記述
に直接当たるところまではたどり着いた。(これはつまり、軍ヲタは3ヶ月
の間、無駄なことに精力を費やしていた、ということになる)
そこまでは良かったのだが、ここでまた「ミリバラの記述に対して」本人
にしか正しいかどうか分からない「知識」でもって「一方的」見解を展開
する。
ミリバラの記述がおかしいとか読み手がおかしいとか主張するのなら、
それはもうミリバラ自身の編集意図を明らかにするしかない。それを
明らかにする唯一の方法は、ミリバラの発行元のIISSに問い合わせて
算定法から何からはっきりさせるということ。これをしない限り、主張
する「間違い」の「証明」をすることはできない。

典拠とはそれが正しいかどうかの検証を可能にするために示すわけ
だが、検証のうえで問題があると判明すれば、更に遡って検証する
手段があればそれを実行すればいいし、手段がないもしくは難しいと
なれば根拠として妥当ではない、と判断することができる。このどちらか
をして結論が出なければ、その案件に関して基本的に「終わり」はない。

なぜ軍ヲタはそれをやらなかったのか。

856 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 17:03:27 ID:7Rrqk3I40
>>854
具体的には三宅久之氏が自民党の政治家から講演会に出た時に100万円貰った云々で
三宅氏が領収書を切ったのが脱税になるんじゃないかって言ったら
ネット右翼は「それは謝礼扱いだから税金はかからない(これは三宅氏が言っていた言い訳そのまま)」
俺「だったらみんな講演料を謝礼扱いすれば脱税し放題になる。税務署が認める訳がない」
ネット右翼「お前は朝鮮人だから保守系言論人に都合の悪い解釈するんだろ」

みたいな流れになった。

こういう議論で仕切られれば、もう話し合いなんかできないなぁと諦めた次第。

857 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 18:59:13 ID:HM9FYA6yO
>>856
でも第三者には相手のアホさが伝わるんじゃない?
こないだ他板で対米従属主義がマスコミの捏造だと言い切る奴に出会って
愕然としたが、流石に周りも引いていたし。

あと自民信者の常套手段として
自民党の負の遺産を小沢になすりつけるというのがあるね。
「自民党は800兆の借金を作った」と言われると、
「その半分は小沢が作った」と返してくる。


858 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 19:21:19 ID:bVgZijxc0
>>856
> ネット右翼「お前は朝鮮人だから保守系言論人に都合の悪い解釈するんだろ」

ああ…チャットでそういう感じのやりとりがあって、
暴言を言われた側が一方的に嫌気がさしたらしく
実際の世界でも仲たがいしてしまった人たちを見たことがある。
どちらも昔からネット外でも会っていた知人だったけど。
知り合いと政治話はするもんじゃないと思った。

859 :文責・名無しさん:2010/06/04(金) 21:43:00 ID:SFG3Ov1j0
>>853
メディアの台本は、比較的まとまってるんじゃない。
http://blog.ohtan.net/archives/51114410.html
http://blog.ohtan.net/archives/51089017.html
http://blog.ohtan.net/archives/51328994.html
http://blog.ohtan.net/archives/51122190.html

安全保障政策への指向は集団的自衛権の行使なわけだけど、
自民党は今後もまとまることはないんで、民主党に期待するしかないという、
ちょっと消極的理由になっちゃうな。

「集団的自衛権でも、草案段階にあった「行使」の文字が、意見集約ができずに消えうせた。
行使を可能にするには、政府解釈を変更すればよいとする石破氏と、憲法を改正して行うべきだとする谷垣禎一総裁との対立もあった。」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100514/stt1005142208011-n2.htm

860 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 01:31:46 ID:cZwN9vM/0
>>859
どうもありがとうございます。こんな反論が来たら、太田さんはなんて言うかな?

「腐敗した自民党では、安全保障に真剣に取り組むわけがないという主張は理解したが、
しかし自民党が吉田ドクトリン墨守政党になったのは、権力の座に居座り続けて腐敗する前だろう?
だから、自民党の腐敗と安全保障への取り組み方をつなげるのは、おかしいのではないか?
吉田ドクトリン墨守の原因は、左翼イデオロギー(注)に洗脳された国民世論が、根本的な原因では?
やっぱ>>853で言ったように、安全保障は自民党だよ。自民党マンセー!」

(注)「日本人は自分で自分が信用できない、だから、米国に日本の統治の基本をおまかせしよう、
ということで、戦後ずっとやってきたわけです。
 これが吉田ドクトリン墨守の背後にある、戦後日本人のコンセンサス的なメンタリティーなのです。」
http://blog.ohtan.net/archives/51358464.html

861 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 11:35:05 ID:DSNaB9Af0
>>860
各論で議論してても結論は出ないというか、平行線の議論になっちゃうよ。

広義の安全保障政策である人口問題に自民党は何をしてきた?良し悪しは別として、民主党はとりあえず子供手当て作ったよね。
↑に対する反論
財源は?

口蹄疫の民主党の対応、ダメダメやん。
↑に対する反論
前回の口蹄疫はたまたま感染力が弱かっただけで、ウイルスは難しいんだよ。自民党も新型インフルの封じ込め失敗したよね。
そもそも、自民党が作ったマニュアルがダメダメだったんだよ。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100528/dst1005282318005-n1.htm

結局のところ、他国への人道的介入、軍事的介入という国会議員の本務をしない党や国会議員はダメダメなのであり、
いつまで経っても集団的自衛権行使に踏み切れない自民党はダメダメなのであり、
集団的自衛権行使を認めない日本の安全保障政策なんて、アメリカに外注しているだけで、無いに等しい、
ということを言い続けんといかんのだろう。

862 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 14:12:11 ID:vI4RdyIkO
な ら 民 主 は ?

となります

863 :文責・名無しさん:2010/06/05(土) 15:13:17 ID:rTWiMrjB0
>>862
自民の結党は1955年。民主は1996年。
自民と同じく55年経っても、民主が集団的自衛権行使を認めなければ
民主もダメダメ政党だったと結論付ければいいんじゃない。
ということで、>>859の消極的期待にループするわけなんだが。

864 :文責・名無しさん:2010/06/06(日) 11:40:19 ID:hhnQkTCx0
民主党→韓国の利益が第一・中国の利益が第二・北朝鮮の利益は国交正常化でキックバックが入ってくる限り重視・米帝の利益は最後。要するに韓国主導の大アジア主義。

社民党→北朝鮮の利益が第一・中国の利益が第二・韓国の利益は南北朝鮮が融和状態だったから今まで考慮してきた・米帝は憎むべき対象

共産党→等距離売国。日本の敗戦後の体制を永続することが唯一の存在意義。

公明党→韓国の利益が第一・中国の利益は第二・でも米帝もこわいし今までのいきがかりもある。

自民党→親米帝政治家と親中国政治家のパワーバランスで党の方針が決定

みんなの党→親米帝。経済が第一。国家観はどうでもよい。

エレ党→日本主導の大アジア主義者とプライマリーバランズバカの連合政党。

国民新党→郵便局の利権以外はどうでもよいが、保守票を割らせるために保守のふりもする。

で、要するにです。
民主と社民の連立政権の崩壊は、南朝鮮に月山保守反動政権が誕生したことにより、南北融和が破綻したことによる歴史的必然なんですよ。
南北が融和していたら、バックにいる団体が異なる両党は融和です。
バックが対立しだしたら、連立崩壊。
基地問題なんて朝鮮の南北対立を日本でやっていたようなものです。

865 :文責・名無しさん:2010/06/06(日) 11:48:28 ID:hhnQkTCx0
鳩山の退任演説
「国民が聞く耳を持ってくれなかった。結果として私の秘書が政治資金違反をしていて、
巻き込まれてしまった」

最後の最後まで他人のせい。まぁ、日本人を象徴する男ではあったな。
日本人が一番見たくない自分自身の真実の姿を無理やり見せられていた。
だから拒絶反応が出たのだろう。

866 :文責・名無しさん:2010/06/06(日) 15:54:54 ID:nj1bXn7v0
鳩山くらい恵まれた境遇の人間でも
俺はついてないとか思ってるんだろうな

867 :文責・名無しさん:2010/06/06(日) 21:47:25 ID:69K4iO/c0
ところでみんな次の参院選ではどこに投票するの?


868 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 00:31:11 ID:fVjRJZaK0
>>867

個別の候補には色々是非があるけど、選挙区も比例も民主党で良いんじゃないの?

個人的には民主単独で過半数を取って、
適当なところで、国民新党とサヨナラしてもらうというのが希望。
とは言ってもそうなると民主党が暴走しそうで怖いけど。

自民党はこれまで推薦してもらってた団体とのつながりや公明党との選挙協力が弱まってるだろうし、
週末の世論調査の結果を見ると
http://www.asahi.com/politics/update/0605/TKY201006050315.html
議席は自民が減らして民主が現状維持かやや増加、という気がするけどな。

太田さんの「お友達」の舛添さんのところは悲惨なことになる予感が。。。


869 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 00:50:15 ID:fVjRJZaK0
>>865

>まぁ、日本人を象徴する男ではあったな。

そうか?
超高学歴で超血筋も良くて超金持ちで無能ってなかなかいないぞ。

870 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 02:05:50 ID:1n/N87I1O
>>868
え、参院は自民党でいいだろ
どうせ政権は続くんだから
暴走させないためにもねじれ国会は必要

871 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 02:17:41 ID:GCQPAlmL0
>>868

>公明、自民と共闘へ 「協力白紙」を撤回 比例票上乗せ期待
>http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/election/2010sanin/kiji/kagoshima/20100604/20100604_0004.shtml

って事で選挙協力は強化されるみたいだよ。
自民が野党に転落した事で自民と公明が切れると信じていた自民党支持者がこれ聞いて発狂してたよ。

しかしそれでも本当に民主で良いのかなぁ・・・?
何て言うか選挙近いし、取り合えず小沢色消してますみたいな感じがしてイマイチ民主を応援する気になれないんだよね。
小沢が議員バッチ外してくれるのなら全力で応援するんだけど。

それに新代表の菅にしても確か数日前の報道では菅直人や原口はどちらかと言えば親・小沢派とかって報道してたはずなのに、
いつのまにやら反・小沢の代表みたいな扱いになってて吹き出したんだけどさ。

自民もダメ、民主もダメ、他の野党に入れても大局に影響しそうにない、だからと言って選挙に行かなきゃ公明喜ぶ・・・。
愚民の俺にはもうどこに投票すれば良いのか解からないよ…。

872 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 08:00:00 ID:EX2lcOSq0
>>867
うちは2人区で、過去3回、自民・民主1人ずつ当選。
今回も同じだろうから、投票する意味があまりないw

873 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 10:19:49 ID:jhAi/TNm0
舛添さんのところってなんで現職3名が引退表明したのかね。
ただでさえ少数なのに

874 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 10:29:05 ID:/BlAKFsy0
>>871
共産

875 :文責・名無しさん:2010/06/07(月) 11:03:49 ID:G6aprliC0
しかし軍ヲタはすっかり黙っちゃったな。
自分の非を潔く認めず姿を消す、これがいわゆる「逃亡」というやつか。
軍ヲタは自分たちが馬鹿だったことがハッキリして、ここでアンチ活動を
する動機はなくなったんだから、心を入れ替えて生きていけよ。

876 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 02:43:34 ID:wfPsPKF30
>「小沢氏を抵抗勢力に仕立てている」谷垣氏が菅氏批判
>http://www.asahi.com/politics/update/0607/TKY201006070349.html

谷垣さんって本人は必死でやってるんだろうけどやる事なす事後手後手。
自民党の党首として完全に役者不足すぎて見てて悲しくなってくる。
三宅久之がTVで「何で自民党は内閣不信任案決議を出さなかったのか?」
と呆れ顔だったけど本当に何でだ?
出してりゃ確実に自民が勝ってただろうに…。

877 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 10:06:34 ID:yFTDw5nf0
自民党はもう終わってるんだよ・・・

そういう仕掛けをしそうな人は全員、引退するか自民党から出て行った(追放含む)か
権力から外されちゃった。

878 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 16:08:40 ID:uEfFBC/SO
「人種主義戦争としての日米戦争」を読みました、
米国のエリートの間での人種主義について、より直接的な記述があったので、以下引用しときます・・・・・・

『日本に激しい攻撃が加えられ、太平洋戦争がそのクライマックスに達しようとしたとき、この戦争が「占領」という結果をもたらすと予見できた者はほとんどいなかった。
アメリカの世論は、真珠湾攻撃に対する反発が依然強く、また反アジア的偏見を持つ世代の意見を反映して、日本を断固、壊滅することに賛同していた。
1944年のギャラップ社の世論調査では、アメリカ市民の13%が、すべての日本人を根絶すべきだと考えていた。
1945年の調査では市民の三分の一が「ヒロヒトを即座に処刑にすべし」と回答しており、
そう回答しなかった者でも多くは、「ヒロヒトを戦犯として有罪とすべき」だとしていた。
アラバマ州選出民主党上院議員のリスター・ヒル(Lister Hill)はアメリカ軍に対し、「日本の中心部を炎で焼き尽くす」ようしきりに求め、
アリゾナ州選出民主党上院議員のアーネスト・マクファーランド(Ernest McFarlant)も「ジャップはアメリカを攻撃したことに対して、自らの血と、都市を灰塵に帰するという大きな代価をもって償うべし」と主張していた。
悪名高き人種主義者であるミシシッピー州選出民主党上院議員のセオドア・G・ビルボ(Theodore G,Bilbo)は、日本の降伏直後、ダグラス・マッカーサー元帥に対し、日本人全員に断種措置を講ずるよう促す手紙を書き送っていた。
政策に影響力を持つ、国務・陸軍・海軍三省調整委員会(SWNCC)のある顧問は、「人種として日本人をほぼ完全に駆除」し、
「日本の文明がほぼ残らぬよう」徹底的に日本を爆撃すべきだと提案していた。


879 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 16:11:21 ID:uEfFBC/SO
ローズヴェルト大統領の子息エリオット・ローズヴェルト(Eriot Roosevelt)が、前副大統領で、当時商務省長官であったヘンリー・A・ウォレス (Henry A,Wallace)に対して、
「合衆国は日本の一般市民を約半数に減らすまで爆撃を続けるべきである」と発言している。
自由の擁護者たるフランクリン・デラノ・ローズヴェルト(Franklin Delano Roosevelt)さえもが、
従順な太平洋地域の島民と日本人との人種交配計画に興味を示した。ローズヴェルトはスミソニアン協会の人類学者アールス・ホルドリッカ(Arles Hrdlicka)に対し、
「強制的な人種改良によって、敵国人種の『原始的』知性や『蛮行』が根絶されよう」と語っていたのであった。
※以下、原注
「the British embassy in Washington closely monitored expressions of public opinion during 1944. FO 371/41793,public Record Office,
London(hereafter cited as PRO with file number); John Morton Blum, ed., The Price of Vision: The Diary of Henry A. Wallace, 1942-46(Boston, 1973), 448;
Bilbo to MacArthur, September 14,1945, VIP File, RG 10, Douglas MacAuthur Papers. For other statements,
Roger Buckley, Occupation Diplomy: Britain, the United States and Japan, 1942-45(Cambridg, 1983), 15;
ローズヴェルトとアールス・ホルドリッカの詳しいやり取りはChristopher Thorne, Allies of a Kind: The United States,
Britain and the war against Japan, 1941-1945(New York, 1978), 158-59,167-96を参照」
・・・戦時に特有の誇張や激情に満ちたレトリックを考慮に入れたとしても、言葉による攻撃は実際の戦闘の凄まじさに比べれば、控えめなものにさえ思われた。
数か月にわたる大規模な焼夷弾空襲により、日本の都市の半分は灰と化した。・・・
マイケル・シャラー著 『アジアにおける冷戦の起源』pp17〜19 木鐸社刊

アメリカの日本に対する都市爆撃は、ゴールドヘーゲンがそう認識していたとおり、ジェノサイド的除去主義であったと言えますね。


880 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 17:51:43 ID:uEfFBC/SO
最後の自分の言葉以外、>>878-879の引用文はすべて、マイケル・シャラーの『アジアにおける冷戦の起源』です
巻末(p446)に書いてある原注を、途中に挿んだんで、すこぶるわかりにくくなりましたが・・・・・・


881 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 19:56:56 ID:/KeRLoy50
http://blog.ohtan.net/archives/51989465.html
>その後、「自衛隊応援」局たるチャ
>ンネル桜への出演がめっきり減ったことと本件との因果関係は定かではない。

そういうことか。
皇位継承問題で男系絶対主義者である水島社長の意に反して
小林よしのりと高森明勅が女系容認説を主張し続けていたら
二人ともパタッと桜の番組レギュラーを降ろされてしまったので、
それと似たようなものかなと納得した。

882 :文責・名無しさん:2010/06/08(火) 22:53:11 ID:Ssoz4nHH0
「そんな海兵隊が、海兵隊の更なる縮小につながりかねないところの、
その沖縄からの全面撤収話に、組織をあげて抵抗を続けるのは
当然過ぎるくらい当然であって、」(今日のディスカッション)

こういった点への認識不足が、現実主義者までをも誤らせる原因ではなかろうか?
日米安保の名のもとに、アメリカが日本を守るのが当たり前だと、疑いもしない親米派や、
「アメリカは自分の利益のために日本に基地を置いているだけ」としたり顔でのたまう現実主義者。
特に現実主義者はこういったことを言いつつ、アメリカの利益・安全保障政策と、
日本のそれが、イコールであると内心は考えている風で、太田さんの発言のような、
アメリカの本音・内情についての洞察が足りないように思えるんだな。
現実が見えていない「現実主義者」は、なんでもっとアメリカを知ろうとしないんだろ。

883 :文責・名無しさん:2010/06/09(水) 00:44:33 ID:5w0YrYTD0
>>881
小林よしのりや高森明勅が降板した理由(因果関係)は太田氏の場合と違ってかなり
はっきりした状況をチャンネル桜でやってるよ。

ttp://www.nicovideo.jp/watch/nm10195154

884 :文責・名無しさん:2010/06/09(水) 00:54:26 ID:5w0YrYTD0
佐藤優論はまあうなづけるけど典拠が池田信夫ブログというのが信用できんなw

まあ佐藤氏自身、対談で「ボク、経済はダメなんです」って正直に告白してるしね。

対談本は相手へのゴマすりが目立っちゃって・・・まあ工作員の人脈造りだから仕方ないん
だろうけど。
でも、我慢して読んでると、結構、面白いポイントにぶつかるよ。
副島氏との対談本で「中国とロシアは今後、1つになって協力していく」って言ったところに
それまで副島氏の言うことを全肯定だったのが「それはない。ロシアは欧州を向く」って
断言してたりとかね。

885 :文責・名無しさん:2010/06/09(水) 19:05:09 ID:dZIietfq0
>>882 そのとおりだな。「右」の妾根性もいい加減にしろと。
「左」の反米志向もまた、現実が見えていれば(太田説と結論が相違するような)
ああいう頓珍漢なハナシにはなるまいに。
思うに「左」の惰弱さが「右」やら「自民党的なるもの」を相対的に「より現実的」に
見せてきたんだろうな。

次の「民主党あるいは社民共産党的なるもの」に国民が心底幻滅したとき、
「擬似左右=属国志向守旧派」が共に滅ぶ。
とにかく国民が「戦後」に幻滅を極めないと次のフェイズに移行できない。
それは時間の問題なんだがね。どれくらいかかるのかは見当がつかないな。



886 :文責・名無しさん:2010/06/10(木) 01:51:51 ID:U0qfaMia0
太田さんが最も苦手にしているのが「経済」。
経済と安全保障を組み合わせて。日本独立を語ったら
かなり説得力があるような気がする。

サブプライムローン問題の時に、避難所として外国は
円を買ったわけだから、それなりに日本に発言権があっても良いのでは。

太田さんが軍事専門家の兵頭二十八氏と組んだのは、軍オタ以外には
ほぼ意味がないと思う。
太田さんが経済人・経済アナリストと組むと面白いかな。

887 :文責・名無しさん:2010/06/10(木) 11:25:54 ID:DuHpXaZL0
つーか日本に、組むに値する経済アナリストなんかいないだろ。

888 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 01:23:22 ID:67zSc8gH0
勝間に皮肉を言いまくる太田先生が見たいw

889 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 12:06:18 ID:26+IxwTK0
>>886
俺がネットで知ってる若手経済学者は、
安田洋祐さん
http://blog.livedoor.jp/yagena/
と、
飯田泰之さん
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/

本は売れなきゃいけないとは言え、共著者がねえ。飯田さん、自分を安売りしちゃいかんと思うよ。
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%BE%A9%E6%B4%BB-%E4%B8%80%E7%95%AA%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%AA%E6%96%B9%E6%B3%95-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-443-%E5%8B%9D%E9%96%93/dp/4334035477

安田さんは、東大卒、Ph.D. in Economics(プリンストン大学)だから、太田さん的には真剣に議論できる相手だろうな。
http://www.grips.ac.jp/profiles/yasuda,yosuke/yasuda,yosuke.htm

890 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 19:02:14 ID:lQojreUE0
そもそも大陸文化なんて括りが雑ではあるが。
ドイツを引き合いに出す元記事がチャイニーズだったとはね。
あの広大無辺な地理が、法の支配を根付かせないできたんでしょうなあ。

イスラムの腐食効果もものすごいが、チャイニーズもそれに匹敵すると思うね。

今は顕在化していないが、いずれG7では深刻化するだろうな。
その中では日本は一番脆弱だ。

891 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 20:57:30 ID:mFsiiWKn0
さっき太田総理で金美齢が
「政官業の癒着とメディアが叩くから外国に対してパッケージとして売り込めなくなってる」
とか言ってた

892 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 21:41:26 ID:4SnY7+ig0
テレビの金びれいは中国批判と若者世代批判が
発言の9割を占めてるような感じなので
顔を見るだけでうんざりする

893 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 22:59:40 ID:Re9v5BxY0
「異分子」をチームに入れた場合、当該チームのパフォーマンスが向上する趣旨の記事を紹介していたように記憶している(略
(*草薙素子(通称、少佐)率いる「公安9課」は、超一流の人材で構成されており、その中で一見トグサは、安定したパフォーマンスは出すものの特に突出して秀でたものがないように描かれている)

アングロサクソンが世界史において突出した功績を残した背景にはお互いの”個”を維持して
お互いが異分子同士であったからかもしれませんな・・・と、ふと思った。


894 :文責・名無しさん:2010/06/11(金) 23:46:22 ID:4SnY7+ig0
原作の攻殻機動隊は対テロ活動のプロのすさまじさを
ドライに淡々と描写していく感覚が好きだったけど
映画は押井カントクのジメジメした哲学を
聞かされる道具として利用されてるようでいやだった

895 :文責・名無しさん:2010/06/12(土) 00:18:47 ID:Pv/9CydM0
押井監督は常にそうだよ。原作レイプというやつか。
そこが押井信者にはたまんないみたいだけどな。

でも原作は原作で哲学的なものの見方が面白かったけどな。

896 :文責・名無しさん:2010/06/12(土) 02:16:08 ID:SO3BxOvf0
太田ブログは、太田さんを囲む会みたいになってきたね。
彼がそう望むなら仕方ないか。
新参者にはとっつきにくいだろう。

質問も大して面白くもない瑣末なものに対して
生真面目に返答w

もうこのへんでこのブログも終わりだろう。
知的好奇心満々らしいが、コラムは毎度おなじみの
堅苦しい政治史・政治思想史。

ビートたけしは、お笑いからシリアスな映画まで
ふり幅が極端であるほど、面白いものができるという
「振り子理論」を持っているんだと。

太田さんは微かにしか動かない振り子だね。

897 :文責・名無しさん:2010/06/12(土) 02:31:10 ID:NJw0bfHqO
現代テクノロジーが社会理念や倫理に先んじて進んでしまった結果生まれたテクノロジーによる弊害
それがあの作品の主題だと思ったけど、
押井が提示した答えはどれも観念論的で意味があるとは思えなかったな

検索したら上記の主題をもとに、ドイツ観念論の本を出してる学者さんが本を出してるから、
自分が感じた感覚は間違ってなかったんだろう
http://www.arsvi.com/b2000/0810tt.htm
こういった事に対して太田さん(アングロサクソン)はどういった批判をするのか見てみたかったなぁ

あ、そうそう、太田ブログの前に、もうこの変でこのスレが終わりなんですけどね
そろそろ500KBだから・・・・・・・


898 :文責・名無しさん:2010/06/12(土) 19:49:58 ID:KTVTAP2G0
今の民主党って太田の理想なのかな
小沢が地下にもぐったし

899 :takahashi:2010/06/12(土) 21:28:50 ID:Q4hgvdpY0
井守のアニメが受けたのは映像表現が斬新だったからだろう。
‘現代テクノロジーが社会理念や倫理に先んじて進んでしまった結果生まれたテクノロジーによる弊害’
なんてものはSF映画につきもののテーマだ。要するにただの娯楽だ。
押井守の映画で、哲学だとか思想を語る価値などない。評論家やオタクには
小難しい屁理屈をつけたがる人がいるものだ。
黒澤明の『用心棒』は、三船敏郎ふんする浪人が二組のやくざ組織を対立させ
壊滅させる物語だが、この映画を米ソの冷戦になぞらえた映画評論家がいた。
佐藤忠男だったと思う。ただの娯楽映画にすぎないのに・・・。
押井守の映画に意味を探る行為は、ドイツ観念論を研究して徒労に終わることに
よく似ている。

900 :takahashi:2010/06/12(土) 21:31:37 ID:Q4hgvdpY0
『スカイ・クロア』本作はヴェネチア国際映画祭で反響があり多くの海内メディアから
取材を受けたが、主な質問は物語そのものではなく、「現実に少年少女が兵士として徴用され、
命を散らしているのに、「生を実感するため」などという空虚な理由のために戦うなどという
作品は、フィクションであるとしてもどうか」など世界観についてであった。(Wikipediaより)

↑『スカイ・クロア』の映画化は原作者の依頼によるものなので、厳密には押井守の思想とは
断定出来ませんが、ヴェネチア国際映画祭では一般客が途中で退席、新聞は酷評。
こんな内容では、そんなの当たり前ではないですか?

最新作は『ASSAULT GIRLS』、〈アヴァロン(f)〉と呼ばれる仮想空間と、そこで飽くことなく
繰り返される“狩り”という名のプレイ。見渡す限りの大荒野と、砂煙をあげて疾走する
巨大モンスター〈スナクジラ〉の群れ。迷彩戦闘機を操るスナイパー、
変幻自在に姿を変える女魔導師、馬を駆りアサルトライフルを抱えた女戦士。
対戦車砲をかついで荒野をさすらう大男。そして、彼女たちを空中から監視し続ける
〈ゲームマスター〉……。(公式サイトより)

↑この映画は見たことないけど、中身はTVゲームだよな。

同じ娯楽作品でも
『アバター』    →アメリカ人の偽善性、高慢さ
『パトレイバー2』 →日本人のオタクのカラッポぶり

この批評は、本質をついていると思う。
押井ファンにはきついとは思うけど・・・。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)