5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コミンテルンと大東亜戦争【田母神閣下支持】

1 :文責・名無しさん:2008/12/02(火) 23:52:05 ID:6IE4Ba2/0
コミンテルン = 共産主義の国際組織

共産主義インターナショナル、第三インターナショナル、国際共産党。
「共産主義のインターナショナル」という意味。

■概要
第二インターナショナルは、第一次世界大戦の際、加盟する社会民主主義政党がそれぞれ自国
の戦争を支持したために瓦解した。これに反対する諸派がスイスのツィンメルワルトで開いた国際
会議がコミンテルンの源流。十月革命後の1919年3月、ボリシェヴィキの呼びかけに応じてモスク
ワに21カ国の代表が集まり、第一回大会を開いた。

当初は世界革命の実現を目指し、ボリシェヴィキが各国の革命運動を支援するための枠組として
機能した。また、1920年のインドネシア共産党、1921年の中国共産党結成とも結びつき、中国国民
党との国共合作にも尽力した。しかしレーニン死後にスターリンが一国社会主義論を打ち出したこと
で役割が変わり、各国の共産党がソ連の外交政策を擁護するのが中心になっていった。1920年代
中頃には中国で国民党政権と協調し、共産党が弾圧されても黙認した。1928年夏のコミンテルン第
六回大会ではファシズムと社会民主主義のつながりが強調され「社会ファシズム論」が台頭したが、
1930年代前半よりドイツで台頭するナチスに対し、社会ファシズム論に基づいてドイツ社会民主党と
の対立にあけくれたことは、ナチスの権力獲得を許す一因となった。1935年には、コミンテルン第七
回大会で方針転換をはかり、人民戦線の戦術を提唱し、スペインやフランスで人民戦線政府が誕生
したが、スペインはフランコによる反乱からの内戦で壊滅した。また、独ソ不可侵条約の成立と、第
二次世界大戦初期のポーランド分割の結果、人民戦線戦術は放棄された。

第二次世界大戦の勃発に伴って名実ともに存在意義を失い、1943年5月に解散した。

大東亜維新史観 概説
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5193993
http://jp.youtube.com/watch?v=EC2rwzYh890

2 :文責・名無しさん:2008/12/02(火) 23:54:30 ID:fNTDiycx0
静岡県のDV行政によるDV法濫用どのように考えますか?
dv法も似ています
↓ 一度見てください
http://homepage3.nifty.com/dvhigai1/


3 :ゾルゲ、尾崎秀実:2008/12/02(火) 23:56:56 ID:6IE4Ba2/0
大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 三田村 武夫【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html

私が政治運動に身を投じてからの最大の関心事は、激変する国際情報と第二次世界戦の
嵐の中で、モスクワを本拠とする共産主議運動が、いかなる戦略戦術を展開して行くか、
更に軍閥の独善的戦争推進の背後にあつて、世界革命への謀略コースをいかにして押し
進めて行くかを怠りなく注視し研究することであつた。
そして、その間に、私が体験し、調査し、研究して得た結論が本書の内容である。


序説 コムミニストの立場から

第1篇 第二次世界大戦より世界共産主義革命への構想とその謀略コースについて
第2篇 軍閥政治を出現せしめた歴史的条件とその思想系列について
第3篇 日華事変を太平洋戦争に追込み、日本を敗戦自滅に導いた共産主議者の秘密謀略活動について

資料篇(「コミンテルン秘密機関」―尾崎秀実手記抜萃;日華事変を長期戦に、そして太平洋
戦争へと理論的に追ひ込んで来た論文及主張;企画院事件の記録;対満政治機構改革問題に関する資料)

4 :敗戦革命、朝日新聞:2008/12/03(水) 00:02:37 ID:KULPs44q0
■共産主義革命の為に日本を戦争へ引きずり込んだ左翼メディア・スパイ活動
ソ連・スターリン → コミンテルン(各国の共産党) → ゾルゲ・朝日新聞・尾崎秀實 → 敗戦革命

共産主義シンパの近衛文麿首相のブレーンとなり、日本を戦争へ導く工作を行った。
彼のねらいは、日本を共産主義国にすべく、レーニンの言う「敗戦革命」を起こすことにあった。
朝日新聞からは尾崎のほか、佐々弘雄、笠信太郎なども近衛に近づき、影響を与えた。
ちなみに同じく近衛のブレーンだった西園寺公一(きんかず・西園寺公望の孫)は
戦後、日本共産党に入党したが、除名され、家族と共に中国に行き、中国共産党の党員となった。
1950年、GHQのレッドパージにより、朝日社内から約二百人もの共産分子が追放された。
現在、朝日新聞社は社会主義国家建設にむけて、今度は中国共産党と手を組み、工作を続けている。

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義   三田村 武夫【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html

第3篇 日華事変を太平洋戦争に追込み、日本を敗戦自滅に導いた
    共産主義者の秘密謀略活動について

参考:近衛上奏文(朝日新聞らが作った”空気”が戦争へ誘導した)
    「KY」(空気が読めない)→空気を読め、は危険なサインである。

5 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 00:47:46 ID:/M9micDO0
どこまでコミンテルンに騙され続けたら気が済むんだ! いい加減、田母神の正体に気づけよ。

6 :外務省史観:2008/12/03(水) 07:08:59 ID:wcZtBMd10
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

わが国における日独関係史の研究は、日独防共協定や日独伊三国同盟の締結などに関しての
優れた研究は多いが、外交史などに限られ日独両国の戦争指導や同盟作戦の問題点などに関
する研究は殆どない。
この空白を埋めるのが本書である。
また、日独間だけでなく、日独両国の動きに対する米英ソ中などの動向―日米関係から日中、日
ソ、日英関係など多国間関係を複眼的に分析した。

さらに、第二次世界大戦への道程と、敗戦後の日本の現状をコミンテルンの視点で分析。
コミンテルンを加味した歴史が新しい視点を提供するであろう。
また、戦前の日本の対外政策は陸軍主導ではあったが、常に陸・海・外の三省が調整して国策を決めていた。
時には松岡洋右や白鳥敏夫などに代表される革新官僚が大きな影響を与えた。
これら革新官僚による戦後の外務省史観形成に対する責任の追求は隠蔽・改竄されている。
タブー視されてきた外務省の戦争責任や東京裁判史観への責任をも明らかにした。

三国同盟の締結と日本海軍
独ソ開戦と日独ソ関係
・・・・
コミンテルンから見た第二次世界大戦
海軍・外務省の戦争責任と東京裁判史観

7 :昭和会、朝食会:2008/12/03(水) 07:14:09 ID:wcZtBMd10
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

第十一章 コミンテルンから見た第二次世界大戦
 一 近衛文麿と革新官僚と陸軍統制派
 二 反コミンテルンがもたらした日独接近
 三 コミンテルンと日中十五年戦争
 四 コミンテルンから見た米国
 五 コミンテルンに二度敗北した日本
 六 太平洋戦争の人種的視点−日独の比較

コミンテルン(ソ連・スターリン)の影響
 『大東亜戦争とスターリンの謀略』(三田村武夫)などがコミンテルン史観を紹介した代表的な
著作であろうか。本書でも頻繁に引用が見られる。また、「近衛上奏文」にも敗戦革命に関連した
記述が見られるが、本書では1943年4月に衆議院議員の三田村武生氏が荻外荘を訪れ、「こ
の戦争は必ず敗ける。そして敗戦の次に来るものは共産主義革命だ。日本をこんな状態に追い
込んできた侯爵の責任は重大だ!」と言い、これに対して近衛公が”なにもかも自分が考えてい
たことと逆な結果になってしまった。ことここに至って静かに考えてみると、何者か眼に見えない
力に操られていたような気がする”と語ったとあり、その一年半後にこの上奏文が提出されたという。
 本書ではこの”何者か”を「近衛の政策集団の昭和会や朝食会のメンバー」とし、”目に見えない
力”を「共産主義者(或いはシンパ)を通じたコミンテルンの影響力」だったと喝破している。
 そして”国体の衣をまとった共産主義者”である昭和会や朝食会のメンバーが革新的国策を案出し、
大政翼賛会=一党独裁の近衛新体制をや国家総力戦体制の確立に大きな働きをした、としている。

8 :太平洋問題調査会(IPR):2008/12/03(水) 19:37:32 ID:4NXBZiDu0
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

 また、近衛文麿は上奏文にてコミンテルンの策謀を指摘していたため、ソ連のスパイであった
GHQ情報部調査課長、ハーバート・ノーマン(『外交官E.H.ノーマン』)により作成された「戦争責任
に関する覚書 近衛文麿」によって自殺に追い込まれているという。彼はコミンテルンと関係が深い
太平洋問題調査会(IPR)のカナダ代表でもあったという。

革新官僚: 稲葉秀三(のちサンケイ新聞社長)、勝間田清一(のち社会党委員長)、
        和田耕作(のち民主党代議士会長)
革新外務官僚(近衛外交を推進): 松岡洋右、白鳥敏夫(革新派の政治家や財界人が支援)
朝食会: 尾崎秀実、西園寺公一、犬養健
高度国防国家推進
 陸軍統制派: 東条英機、永田鉄山、武藤章、池田純久

ソ連、スターリン、コミンテルン、スパイ・ゾルゲ → 尾崎秀実(日本、アジアの赤化を図ったスパイ)
北一輝『日本改造法案大綱』(日本を共産主義独裁体制にすることを企図した)
 →五.一五事件、二.二六事件
  2.26で暗殺された山本英輔海軍大将が死の二ヶ月前に送付した手紙が本書で紹介されており、
結局の所、皇道派の陸軍将校の過激派が目指しているものは、終局の目的は社会主義であると指摘
していたとある。

9 :イサク・アフメーロフ:2008/12/03(水) 19:42:53 ID:4NXBZiDu0
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

 コミンテルンの実施した反日プロパガンダの一例として、偽書である「田中上奏文」があり、
これが日本の侵略の意志であるとして利用されてきたらしい。これは中国共産党が全世界に
喧伝した捏造であるが、今なお騙されている人々が全世界にいるのが実情である。

 本書では『Venona』(本書中では一貫してVenoa、ベノアと表記されているが誤りである)によ
って明らかにされたコミンテルンの米国浸透にも言及があり、ルーズヴェルト大統領自身が容
共的であった所へ、大統領周囲には約200人もの共産主義者やそのシンパが採用されていた
という。

 側近No.2のハリー・L・ホプキンズ → GPUの全米責任者、イサク・アフメーロフに情報提供
   モスクワでは「役に立つ間抜け」と言われていたという。
 国務省のアルジャー・ヒス → ヤルタ協定原案作成、ソ連暗号名「アリス」
   ルーズヴェルト大統領、トルーマン大統領の情報をソ連へ提供。ヤルタ会談時にソ連から叙勲
 財務省のハリー・ホワイト
 大統領補佐官のロークリン・カリー

など。

10 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 19:47:59 ID:Ocgy8IZc0
田母神は実は共産主義者。
ドイツやイギリス、イタリアといった欧米諸国での
社会民主主義政党は、軍を認めて、軍もシビリアン・コントロールのもとに服している。

こういう関係を作るためには社会民主主義の側も軍事的な力の必要性を容認する方向へ脱皮することが必要。
一時の村山内閣はそれをやったのだ。

しかるに、田母神は、そういう足跡をぶち壊し、軍と社会主義を対立させている。
これは日本共産党の策謀だ!

11 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 20:11:21 ID:fmnVnCft0
>>10
色んな角度から問題人物を検証するのは大事とはいえ、

左翼というコップの中の対立の構図と「敵の敵は味方」理論を
当てはめてタモを「共産党」規定とはお粗末すぎる。
(というかなんもおもしろくない)

12 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 20:26:03 ID:jj2LA/an0
>>10
共産主義とは何か答えてみろ

13 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 21:10:40 ID:Ocgy8IZc0
粗雑な社会主義だろう。東北出身だからますますあやしいんだよ。
市場を憎悪していたりしてな。タモは共産党のスパイだよ。これまでよく
もぐりこんできたもんだ。最終のミッションを果たして自衛隊退職か?
そうはさせないよ。この田舎者。

14 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 21:12:52 ID:7wpojKx00
太平洋戦争は共産主義者の陰謀
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1121091165/


15 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 22:26:38 ID:TC2lT9lW0
田母神が実はコミンテルンの残党の一味であったか。
笑い話だな。

16 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 22:52:40 ID:qxLN6MxU0
原爆投下「報復」も言及 田母神氏、特派員協会で '08/12/2

 歴史認識に関する政府見解を否定する論文を発表して更迭された田母神俊雄たもがみ・としお前航空幕僚長(60)が一日、都内の日本外国特派員協会で講演した。
質疑で英メディアの記者から「一九四五年の時点で日本が原子爆弾を保有し、軍の指揮官だったら使用したか」と問われた田母神氏は「(米国に)やられれば、やるんじゃないかなと思う」と答え、
「核を持つ意思を示しただけで抑止力は高まる」とも主張した。

日本は唯一の被爆国として非核三原則を堅持しているだけに、前空自トップの田母神氏が核武装を求め、仮定の話とはいえ、核による「報復」にまで言及したことは、新たな波紋を広げそうだ。

講演で田母神氏は、植民地支配に関する歴史認識や集団的自衛権の行使容認、憲法改正を求める持論をあらためて展開。
質疑で「多くの歴史家が積み上げてきた史実よりも(主張の根拠とされる)数冊の本が正しいと思った理由は」と尋ねられると、田母神氏は「(戦争の)勝者にとって都合の良い歴史がつくられてきた」と反論。
「自衛隊が強くなると日本は必ずまた侵略を始めるという間違った歴史観が根底にあるため、自衛隊を普通に使う国になれない」などと主張した。
講演には欧米とアジア約十カ国のメディアが出席したが、中国メディアは不参加だった。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200812020090.html


17 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 22:56:37 ID:fmnVnCft0
もういいや。
今の自衛隊はやばいから、アフガニスタンになんか出せません、
という言訳に使うことにしたらいい。
なかなか国益にかなってるぞwww

18 :文責・名無しさん:2008/12/03(水) 23:00:07 ID:ZSGc5458O
http://rape.adulty.jp/ntube
だれか早く通報を…

19 :砕氷船理論:2008/12/03(水) 23:03:00 ID:1gK6k40b0
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

日独伊三国同盟締結から敗戦に至る歴史を明らかにする
第二次世界大戦中の日独戦争指導の実相
コミンテルンの視点から見た第二次世界大戦史
日独伊を囲む米英中ソなどのグローバルな史観
軍部をスケープゴートとしてきた東京裁判史観に一石を投じる書


 日米開戦は、トロツキーのクルミ割り器理論通りに遂行されたものでは無かったか、と指摘
している。だが、それは日独を米英に噛み付かせる”砕氷船理論”でもあり、終局的な目標は
ソ連共産主義による世界覇権であった。

 ルーズヴェルト大統領が大戦末期に死去したため、その周囲の”ピンコ(共産主義のシンパ)”
らが職を失い、占領軍司令部(GHQ)の民政局員として多数来日し、民主化という美名の下に
社会主義国家日本を作ろうと暗躍した事も指摘している。そして日本の精神的解体を画策して
いったとしている。

 本書は『大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌』からの引用が多く見られる。この機密日誌
は大本営全体の意志を記したものでは無いにせよ、統帥部=大本営の戦局ごとの機微を伝える
重要な史料であることがここでも確認できる。

大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌  ―防衛研究所図書館所蔵
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603101.html

20 :文責・名無しさん:2008/12/04(木) 18:59:08 ID:LC3jEIKN0
公娼制度復活キボンヌ

21 :文責・名無しさん:2008/12/05(金) 19:39:38 ID:qi/7tNay0
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603209.html

我が国における日独関係史の研究は、日独防共協定や日独伊三国同盟の締結などに関して
の優れた研究は多いが、外交史などに限られ日独両国の戦争指導や同盟作戦の問題点など
に関する研究は殆ど無い。この空白を埋めるのが本書である。また、日独間だけでなく、日独
両国の動きに対する米英ソ中などの動向−日米関係から日中、日ソ、日英関係など多国間関
係を複眼的に分析した。さらに、第二次世界大戦への道程と、敗戦後の日本の現状をコミンテル
ンの視点で分析。コミンテルンを加味した歴史が新しい視点を提供するであろう。
 また、戦前の日本の対外政策は陸軍主導ではあったが、常に陸・海・外の三省が調整して国策
を決めていた。時には松岡洋右や白鳥敏夫などに代表される革新官僚が大きな影響を与えた。
これら革新官僚による戦後の外務省史観形成に対する責任の追求は隠蔽・改竄されている。
タブー視されてきた外務省の戦争責任や東京裁判史観への責任をも明らかにした。

■革新官僚、松岡洋右
 ナチス・ドイツに心酔、昭和16年3月にはモスクワでスターリンと会見し、

  「日本人は道徳的には共産主義者であり、それを破壊したアングロサクソンの資本主義と戦っている。
  アングロサクソンこそ日独伊、それにソ連の共通の敵である

などと革新外交官らしい松岡節を開陳し、その夜モスクワを発ち二十六日にベルリンに着いた。」

22 :中米合作所(SACO):2008/12/05(金) 19:44:54 ID:qi/7tNay0
日中戦争再論
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603225.html

作戦戦闘・外交・経済・国際法・インテリジェンス・メディアなど多彩な視点から迫る日中戦争の総合研究書
日本史上最長・最大の戦争である日中戦争を最新の研究成果に基づき国内外の研究者、実務家らが、多
様な視点から再検討する。最新の日中英語研究文献目録も収録。

第四篇 インテリジェンス・プロパガンダ・メディア

■太平洋戦争下におけるアメリカと中国共産党のインテリジェンス関係
アメリカの情報機関
 アメリカ初の対外情報機関「戦略事務局」(OSS:Office of Strategic Service)
 「中米合作所」(SACO):対日情報活動
 「戦時情報局」(OWI):ホワイトプロパガンダ担当
 「経済戦委員会」(BEW):経済情報を収集分析

 中国共産党が2つの勢力に分裂
  1.党指導部: コミンテルン解散後も親ソ的
  2.兵士・ゲリラ: 民族主義的傾向を強めていた
 中国・ビルマ・インド(CBI)戦域司令官の政治顧問、ジョン・デイヴィス(John Paton Davies)は、2.が中共の
大きな流れであると認識し、これを支援すれば対日戦に利用出来、且つ、ソ連への接近を阻止出来ると考えた
ようである。その為、共産主義イデオロギーについては不問に付したようだ。一方、蒋介石率いる国民党軍は派
閥争いなどがあり、「真剣に対日戦を遂行していない」と受け止められ、中国共産党支援にアメリカが傾いたとの
説もある。また、そのような噂を中共が流布したとの説もあるようである。この中共接近が国民党も支援していた
アメリカ内部の混乱を起こすことにもなったらしい。

23 :エドガー・スノウ:2008/12/06(土) 13:49:13 ID:sVIdX2zy0
日中戦争再論
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603225.html

第四篇 インテリジェンス・プロパガンダ・メディア
■太平洋戦争下におけるアメリカと中国共産党のインテリジェンス関係

 中国共産党のプロパガンダを担ったアメリカ人としてジャーナリストのエドガー・スノウが有名で
あるが、彼が1936に赤区を取材、中共の政治信条を「農業平等主義」としたことが、1940年代
のアメリカで中共のイデオロギー性を過小評価、生活向上の為の単なる「農業改革集団」とする
見方が広まった淵源だという。
 同じくコミンテルンのエージェントとして中共を擁護したアグネス・スメドレーについても書かれて
おり、張学良との連帯を模索して、1936年の西安事件におけるラジオ放送などで利用したという。

 毛沢東は中国共産党の正体を隠蔽し、アメリカを最も影響力のある国として認識し、『新民主主義
論』を発表し、外国人記者を取り込み、アメリカに接近し、以て蒋介石の国民党とアメリカを離間させ
る事も企図したという。そして「中共はアメリカを取り込むために、ソ連との連帯の弱さ、国府とは全く
異なる腐敗のない民主主義体制の実施というイメージを意図的に作り上げていった」という。勿論実
態は、『マオ 誰も知らなかった毛沢東』にあるとおり、毛沢東はスターリンの支援を受け、ソ連に隷属
しており、その政治は腐敗し、粛清と虐殺の非人道的なものだった。これについて本論文では「中共
は単なる秘密情報の収集などではなく、外国人の取り込み及びプロパガンダを通じて外国政府の中
国政策そのものに影響を与えていくという、非常に高度な情報活動を展開して射たということが出来る」
としており、これは現在も中国がおこなっている諜報活動の姿でもある。

 最後の部分では、アメリカの情報機関がソ連の浸透を受けており、対中情報も歪められ、更には
アメリカの情報機関自身が組織拡大の為に中共と連帯していた、などというお粗末な実態を指摘してい
る。そしてそれは、現在の日本の政界、官僚、財界、マスコミ全部が中共に乗っ取られ、操縦されている
という無残な実態にも気づかせてくれる。これは『蠢く!中国「対日特務工作」マル秘ファイル』で幾つか
の実例が挙げられている通りである。

24 :文責・名無しさん:2008/12/06(土) 16:03:35 ID:/1ZglpcW0
デムパ波動で世の中の流れを変える会の集会所はこちらでつか?

25 :国際宣伝処・対米宣伝工作:2008/12/06(土) 19:54:56 ID:sVIdX2zy0
日中戦争再論
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764603225.html

第四篇 インテリジェンス・プロパガンダ・メディア

■中国国民党中央宣伝部国際宣伝処の対米宣伝工作−エージェントの活動を中心に−

胡適:国際的知名度を活かし、日中戦争初期に国民使節として中国支援を求めるホワイト・プロパガンダを実施。
 国際宣伝処:対米宣伝工作、ブラック・プロパガンダを実施。
  「日本の侵略に加担しないアメリカ委員会」はその工作の一環だったという。
  (American Committee for Non-Paticipation in Japanese Aggression)
  ティンパリー(Harold J. Timperley):『マンチェスター・ガーディアン』紙の中国特派員
   →国際宣伝処の外国人エージェントの中心(北村稔氏の研究による)
    オーストラリア人だそうであるが、昨今の豪州の反日ぶりと似ているのが不気味である。

 中国の反日プロパガンダが如何にアメリカで成功を収めたか、が最後の部分に記されており、
ギャラップの米国世論調査では
     1937年8月では日中戦争に関して、中国支持43%、日本支持2%、中立が55%だったという。
     1938年10月には中国支持が59%、日本支持が1%、中立は40%だったという。
 また、日本軍の真珠湾攻撃のニュースで重慶は歓喜に湧いたという。「米国をして日本を制する」という
砕氷船理論が実現される事を切望していたからだそうである。無論、日米開戦の経緯はこれだけが原因
ではないが、アメリカをして「対日戦争に如かず」と信じ込ませた事がハル・ノートにも繋がっただろうし、
ルーズヴェルト大統領の日本観にも重大な影響を与えたことだろう。

 またそれが、広島・長崎に原爆が投下された遠因であるかも知れない。

26 :ビーアド博士:2008/12/07(日) 09:29:47 ID:uctFTBWN0
日本の悲劇と理想 平泉 澄【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764602407.html

大東亜戦争に至る眞實を識る歴史書
史實が眞實の扉を開く

(序より)烈しい非難と深い疑問とに充つるもの、大東亜戦争の如く甚だしきは、他に類例がありますまい。
国民の全てが、最大至重の関係有るに拘わらず、三十年の長きを経て、今猶真実の解明せられず、疑問
は疑問のままに、非難は非難のままに、放置せられてあります事は、真に遺憾としなければなりませぬ。
(中略)真珠湾の攻撃に先立つ事数年、米国政府の一角に、武力によって日本を打倒しようとする陰謀が
あって、着々として準備を整え、やがて日本を挑発して開戦に導いた事は、米国最高の歴史家ビーアド
博士によって研究発表せられ、之を裏付ける確実なる史料は次第にその数を加えて参りました。

※ビーアド → チャールズ・オースティン・ビアード(C.A.ビアード)
※チャールズ・ビアード著 ルーズヴェルト大統領と一九四一年の開戦
Charles A. Beard : President Roosevelt and the Coming of the War 1941 : a study Appearances
and Realities, 1948. 史艸(=史草;Journal of historical studies)Vol.4(19631025) pp. 62-66 日本女子大学ISSN:02883066
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006537370/

(中略)
当時日本の為政当局は、米国政府の一角に於いてめぐらされつつあった此の危険なる陰謀に就いて、全く盲目
であったか、どうか。もし之を怪しいと睨んだとするならば、之を看破し、之を探知し得たのは一体誰人であったか。
又もし之を探知し得たとするならば、此の恐るべき陰謀、迫り来る国難に対して、如何なる方策を以て国を護ろうと
したのであるか。果たして当時、具眼の傑士があり、雄大なる防衛策が立てられたのであるか。更に云えば、大正
昭和の日本に、一体国策とか、世界政策とか、いうべきものが、あったのか、無かったのか。是等の問題は、いうま
でも無く、日本人の手によって解明せられなければならぬ所、更にせばめて云えば、我が国の歴史家が、義務とし
て負うべき責任でありませう。

27 :日本の悲劇と理想:2008/12/07(日) 09:35:51 ID:uctFTBWN0
日本の悲劇と理想 平泉 澄【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764602407.html

 序

 大東亜戦争への関与や近衛内閣、東条内閣の内幕については余り詳しく触れず、我が国の歴史や
伝統を専ら皇国史観に基づいて解釈、披露してきた著者であるが、本書に於いては年齢や時節を考慮
し、書き記すべき時が来たと考え、大東亜戦争開戦に至る経緯を自らの視点・情報を加えて記している。
専ら国文学、国史学の人であるが、本書に於いて我が国のインテリジェンスに迫る部分もあり、他の書と
一線を画す内容となっている。特に、以下の3つの問いを発しているのが重要である。

 一、当時日本の為政当局は、米国政府の一角に於いてめぐらされつつあった此の危険なる陰謀に就い
て、全く盲目であったか、どうか。もし之を怪しいと睨んだとするならば、之を看破し、之を探知し得たのは
誰人であったか。
 二、又もし之を探知し得たとするならば、此の恐るべき陰謀、迫り来る国難に対して、如何なる方策を以て
国を護ろうとしたのであるか。果たして当時、具眼の傑士があり、雄大なる防衛策が立てられたのであるか。
 三、大正昭和の日本に、一体国策とか、世界政策とか、いうべきものが、あったのか、無かったのか

 以上の問いはまさしく”インテリジェンス”に対する問いと言って良いのでは無いだろうか。
一、は情報収集・分析に相当し、二、はカウンター・インテリジェンスが相当し、三、は一に基づく戦略立案に
相当する。更に云えば、その三について再び一、二、が実行されて初めてインテリジェンス・サイクルが回転
する。残念ながら、戦前の日本では(アメリカも同様であったが)インテリジェンス活動は特務機関や一時的
な一部の活動に留まり、戦略に基づいて計画的に組織的に実施されていたものは少なかった。軍事情報に
ついては小谷賢氏の『日本軍のインテリジェンス』や堀栄三氏の『大本営参謀の情報戦記』にあるように、
小規模で未熟ではあったが、それなりの成果は挙げていたものの、大本営作戦課が情報を無視し、無謀な
作戦計画を行い自滅していった経過が示されている。

28 :ラニカイ号:2008/12/07(日) 10:10:34 ID:uctFTBWN0
日本の悲劇と理想 平泉 澄【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4764602407.html

■序章
 日米開戦の責任を考察しているが、これは『先哲を仰ぐ』の”大東亜戦争”の章に同じで、

  A.C.ビーアド博士の論文(1948)
  タンシル教授の著述
  筆者が所有していた”空母エンタープライズ所属のパットナム少佐の日記”
    (これは捕虜になって押収されたもの)
  米国海軍学会紀要1962年9月号(pp.70-83)
   における海軍少将ケンプ・トーリー(Kemp Tolley)氏の『ラニカイ号の異様なる任務』
   (The Strange Assignment of USS LANIKAI)

を元に、米国が日本に先制攻撃させることで大義名分を得ようとして画策していた事が証明される。

(簡単に日米開戦の経緯を時系列で示す)
昭和16年12月1日
  この日が日米双方が開戦の日と想定していた。(日本の外交通信は1941年において4通を
 残して全て米国に傍受・解読されていた。マジック作戦と呼ばれた。)
昭和16年12月2日
  日本軍が攻撃してくるはずだった1日が過ぎ、対日戦争の口実を失ったと焦ったルーズヴェルト
 大統領等が、偽装戦闘艦ラニカイ号をインドシナ沖へ派遣することを命令する。
  日本海軍に攻撃させ、対日戦争の口実を得る為である。
昭和16年12月8日
  真珠湾攻撃(これによりラニカイ号の作戦は中止となる)

(補足1)日本軍の攻撃が12月1日から8日へ変更されたのは、陸軍が準備不足にて15日を主張し、
1日と15日を折衷した結果である。結果、アメリカを焦らせ、彼らの謀略の証拠が残る事となった。
(補足2)ラニカイ号による対日戦争の口実獲得未遂は、後年のベトナム戦争開戦の口実として利用さ
れたトンキン湾事件そのものである。

29 :文責・名無しさん:2008/12/07(日) 10:21:04 ID:pGhqz0T50
産経と拓殖大が浮いているのは世の中、共通の認識

30 :文責・名無しさん:2008/12/07(日) 18:08:23 ID:2izS+zP+0
>>26
平泉澄wwww
そんなもの歴史学会の肥溜めからわざわざ拾ってこなくて良いよ。悪臭プンプンだから。

31 :砕氷船理論:2008/12/08(月) 19:41:46 ID:m7gokXQg0
砕氷船理論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

砕氷船理論(さいひょうせんりろん)とは、レーニンが唱えた戦略である。後にスターリンの手によって実行された。

■概要
 1935年(太平洋戦争開戦の6年前)、モスクワで開かれた第七回コミンテルン大会でスターリンが再確認した。
「ドイツと日本を暴走させよ!しかし、その矛先を祖国ロシアに向けさせてはならぬ。ドイツの矛先はフランスと英国へ、
日本の矛先は蒋介石の中国へ向けさせよ。そして戦力の消耗したドイツと日本の前に、最終的に米国を参戦させて
立ちはだからせよ。日、独の敗北は必至である。そこで、ドイツと日本が荒らしまわって荒廃した地域、つまり、
日独砕氷船が割って歩いた後と、疲弊した日・独両国をそっくり共産主義陣営にいただくのだ」

 つまり、日本とドイツを他の国と負ける戦争をさせ、その後ソ連が両国を属国にするよう仕向けさせた。
これはその後忠実に実行され、最後の一行以外は全て現実のものとなった。

■経過
 1929年、世界恐慌によって資本主義の限界と共産主義の台頭を見た当時の人たちは、しだいに国家社会主義や
ファシズム・ナチズムといった思想に魅せられていく。そういった下地の元で砕氷船理論は実行されていった。
日本で実行役となったのが、当時コミンテルンのエージェントであった尾崎秀実であった。尾崎は同僚や関係者はおろ
か妻子にも話さず、秘密裏に行動を進めていった。具体的には国内の動きを逐一スターリンに報告し、ソ連と動きをあ
わせるためにひそかに活動を行っていた。


尾崎秀実らの仕掛けた「敗戦革命」は、この「砕氷船理論」の実践である。
三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html

32 :共産主義黒書:2008/12/09(火) 19:02:13 ID:64OmFAaO0
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

         ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、
           人類史上未曾有の犠牲者を生み出した
                アジア共産主義の現実

ナチズムの犠牲者約2500万人に対し、共産主義により殺された人数は、

  ソ連2000万、   ★中国6500万、  ベトナム100万、   北朝鮮200万、

  カンボシア200万、東欧100万、    ラテン・アメリカ15万、アフリカ170万、

  アフガニスタン150万   を数え、合計は1億人に近い。


               民族・人種によるジェノサイドと
         イデオロギーによるジェノサイドはどこが違うのか。

        なぜ、共産主義は今日まで弾劾されずにいるのか?

33 :共産主義黒書:2008/12/09(火) 19:05:58 ID:64OmFAaO0
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

中国の章では、      魯迅が「中国人は食人種である」と書いている

と紹介し、共産主義のテロルの中で処刑では犠牲者を少しずつ切り刻み、生きながらに
その肉片を食らう醜悪な中国の文化も紹介されている。 (※凌遅刑)

ソビエトのスターリン主義者が見た毛沢東主義者の手法、として悪名高い”自己批判”、
”総括”、”粛清”の様式が紹介されている。
(※連合赤軍の山岳ベースリンチ殺人事件はこれの模倣だったと言える)

また、毛沢東の”大躍進”における誤った農業指導(過度に濃密に植える、土地に合わない
作物を栽培させる、害虫を駆除する雀を駆除する)によって恐るべき史上最大の飢饉が発
生したことも紹介されている。1959−1961年の間の餓死は2,000万人〜4,300万人
であろうと推測されているという。そして

    凄惨な人肉食が農村で行われていたという言い伝えが紹介されている。

34 :共産主義黒書:2008/12/09(火) 22:21:13 ID:nMlWA4LU0
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

        文化大革命の段では、青少年を毛沢東主義に洗脳し、
          ”紅衛兵”という赤いロボットにしていった歴史

も描かれている。そして彼らが恐るべき非人間性を発揮し、”反革命分子”とみなした人間
に対して残虐で下劣な暴力を振るったことが記されている。1966年前後にこのような事態
が中国では起きていたのだが、当時の日本の大学生の中にはこのようなものに憧れ、極
左テロ活動に身を投じていったというのは良く分からない事である。やはり、美化されて伝
えられた結果、実態を知らずに騙されていたのであろう。その紅衛兵も分裂し、内戦状態と
なり、果ては軍隊が投入されて紅衛兵が処刑されていったのである。なんとも救いのない
話である。

     チベットでは数十万人(人口の約10%)が中国によって拘禁され、
          その2%しか生存していないという恐るべき実態

や、ダライラマなどへの宗教弾圧、追放・・などなど、中国の非人道性、残虐さがここでも証
明されている。

  恥知らずな中国共産党は今なおおぞましい人種差別と民族浄化を継続しているという。

35 :VENONA:2008/12/10(水) 07:26:10 ID:iuPqbOp60
ベノナ (VENONA)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベノナないしベノナ計画(英:Venona project。但し一部機関では、VENONAと大文字表記する)とは、
1946年から1980年までの長期にわたって、アメリカ合衆国とイギリスの情報機関が協力して極秘裏
に行ったプロジェクトである。主要任務は当時のソ連が第二次世界大戦後半に発信した暗号文を解
読することで、この作戦で対象となったソ連の暗号は13あることが知られており、「ベノナ」はその中
では最後のものである。なお、「ベノナ」の意味は現在も不明。「BRIDE作戦」とも呼ばれる。

極めて高度の機密とされていたが、1990年代の後半以降アメリカで関係情報が公開され、その実態
がようやく知られるようになってきた。

Venona : Decoding Soviet Espionage in America
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/0300084625.html

Venona : The Greatest Secret of the Cold War
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/0006530710.html

This book is based on the only complete set of decrypts held in Britain outside Whitehall and is
supplemented by interviews with most of the principal players in the VENONA drama
(NSA, GCHQ, FBI and MI5 officers).

36 :VENONA:2008/12/10(水) 07:56:56 ID:iuPqbOp60
VENONA (ベノナ)

Venona : The Greatest Secret of the Cold War
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/0006530710.html

『第二次世界大戦と日独伊三国同盟』(錦正社)では本書を元に、コミンテルンの米国浸透に
ついての言及があり、ルーズヴェルト大統領自身が容共的であった所へ、大統領周囲には
約200人もの共産主義者やそのシンパが採用されていたという。

 側近No.2のハリー・L・ホプキンズ → GPUの全米責任者、イサク・アフメーロフに情報提供
   モスクワでは「役に立つ間抜け」と言われていたという。
 国務省のアルジャー・ヒス → ヤルタ協定原案作成、ソ連暗号名「アリス」
   ルーズヴェルト大統領、トルーマン大統領の情報をソ連へ提供。ヤルタ会談時にソ連から叙勲
 財務省のハリー・ホワイト
 大統領補佐官のロークリン・カリー

など。
 日米開戦は、トロツキーのクルミ割り器理論通りに遂行されたものでは無かったか、と指摘している。
それは日独を米英に噛み付かせる”砕氷船理論”でもあり、終局的な目標はソ連共産主義による世界
覇権であったと考えられる。
 ルーズヴェルト大統領が大戦末期に死去したため、その周囲の”ピンコ(共産主義のシンパ)”らが職
を失い、占領軍司令部(GHQ)の民政局員として多数来日し、民主化という美名の下に社会主義国家
日本を作ろうと暗躍した事も指摘している。そして日本の精神的解体を画策していったとしている。

37 :文責・名無しさん:2008/12/10(水) 21:49:19 ID:5DnC7wOO0
時代は変わったよな
今やニート対策を口実に強制収容所の建設を主張してるのは稲田、橋下、東国原、上田といったウルトラ保守政治家だもんな

38 :近衛上奏文:2008/12/11(木) 00:04:49 ID:g4p3xEfp0
近衛上奏文
http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/text/konoejousou.html
早期和平ニ付近衞公爵上奏文(いわゆる近衛上奏文) 昭和20(1945)年2月14日上奏

(Wikipediaより引用)
近衛上奏文(このえじょうそうぶん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、
近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文である。

■概要
近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」
を奏上し、英米の世論は天皇制廃止にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる
「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの
問題意識を示した。

(要旨)
・「大東亜戦争」(太平洋戦争)は日本の革新を目的とする軍の一味の計画によるものであること
・一味の目的は共産革命とは断言できないが、共産革命を目的とした官僚や民間有志がこれを
 支援していること
・「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞であること
・米英撃滅の論が出てきている反面、一部の陸軍将校にはソ連軍や中国共産党と手を組むことを
 考えるものもでてきていること

近衛は陸軍内に共産主義者が存在し、敗戦を利用して共産革命を行おうとしている旨を述べた。
また、戦争終結のためにはこの一味が障害となること、一味さえ取り除けば軍部を利用していた
共産主義者を抑えることができることを述べている。

39 :文責・名無しさん:2008/12/11(木) 00:05:52 ID:/GOOxy030
平和を歩む世界市民の会主催 あゆみ文学賞2008
(機関紙「あゆみのかけ橋」11月号掲載)

【短歌部門 優秀作品】
ただ切に 戦なき世を 祈る声 踏みにじりたる 田母神論文
【選者評】
かつて南方の戦線で瀕死の重傷を負うも、辛うじて生き延びられた
という作者の、痛切な想いが伝わる作品である。戦後に生まれた
我々は、はたして戦争の悲惨さを理解しているだろうか。

【俳句部門 優秀作品】
韓(から)のくにで 平和を想う 奏白花
【選者評】
韓国の大学で日本語教員をされている方からの投稿である。
奏白花は、友愛を象徴するといわれる、韓国の固有種の花だそうだ。
人種や国は違えど、みな想うことは変わらない。

【川柳部門 優秀作品】
ヌレギヌと 言ってごまかす 過去の罪
【選者評】
知り合いで小学校教員をされている方から聞いた話だが、
イジメをしている生徒を叱ったところ、「私がイジメっ子とは
濡れ衣である」と口答えしたらしい。そんな言い回しを、どこの
オトナが教えたのだろうか……

40 :近衛上奏文:2008/12/11(木) 00:10:42 ID:g4p3xEfp0
近衛上奏文
http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/text/konoejousou.html
早期和平ニ付近衞公爵上奏文(いわゆる近衛上奏文) 昭和20(1945)年2月14日上奏

近衛文麿は上奏文にてコミンテルンの策謀を指摘していたため、ソ連のスパイであった
GHQ情報部調査課長、ハーバート・ノーマン(『外交官E.H.ノーマン』)により作成された「戦争責任
に関する覚書 近衛文麿」によって自殺に追い込まれているという。彼はコミンテルンと関係が深い
太平洋問題調査会(IPR)のカナダ代表でもあったという。

41 :コミンテルンと昭和史の真相:2008/12/11(木) 00:14:01 ID:g4p3xEfp0
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
明成社 (2007/10/21 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4944219628.html

第一章 大東亜戦争とコミンテルン
 一 インテリジェンス・リテラシーとは何か
  『諸君!』連載・中西輝政論文の意義/三田村武夫『戦争と共産主義』の功績
  /インテリジェンス・リテラシーの欠如
 二 張作霖爆殺事件はコミンテルンの謀略だったのか
  ほとんどが伝聞だった/コミンテルン謀略説を追う
 三 世界は如何なる原理で動いているか
  第一次世界大戦から重用されだした偽写真、偽文書宣伝工作
  /田中上奏文はソ連が作った偽書だった/何故日本人には歴史の真相が届かないのか
第二章 戦後史とコミンテルン
 四 戦後日本はコミュニストが作った
  日本近現代におけるコミンテルン介入し/「コミンテルン憲法」/チナミンテルンと日中国交正常化
 五 ハーバート・ノーマンの正体
  シロタ親娘の暗躍/都留重人とノーマン/ノーマンらの著作はコミンテルンの宣伝活動だった
  /ノーマン工作員説を受け容れない日本言論界の保身
 六 「目に見えない力」が今、明らかになりつつある
  マッカーシーは正しかった/近衛上奏文とノモンハンの真実
 七 ”初期マルクス”は生きている
  レーニン主義の三つの眼目/人間の心の支えを破壊するマルクス主義
  /福澤諭吉が説いた「怨望」という悪癖
  /日本を破壊する三つの情念〜「悪平等主義」「伝統日本への憎悪」「アジア主義」

資料 近衛上奏文

42 :田母神空幕長を讃える和歌三首:2008/12/11(木) 00:16:58 ID:g4p3xEfp0
日本の息吹 誇りある国づくりをめざすオピニオン誌 平成20年12月号

田母神空幕長(さきもり)を 貶める者巾利かす この暗き状(さま)を射照らし給え

天晴れな 防人の魂(こころ)生かしめよ 天地に響け我等の祈り

我が体 翼となりて 日本国土 抱きしめて 目覚める秋未明

43 :文責・名無しさん:2008/12/11(木) 00:20:06 ID:p8qZ8uKR0
>>41
>明成社
って見たことも聞いたこともないけど斯界のたま出版みたいなもんか

44 :コミンテルンと昭和史の真相:2008/12/11(木) 19:52:36 ID:2yiWeJKm0
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
明成社 (2007/10/21 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4944219628.html

中西氏はこう語っている。「かつて先輩の方々から『日本があの戦争に巻き込まれたのは、
コミンテルンに引っ掻き回されたからだ』とよく聞かされていたが、その直感は正しかった。
世界史の画像は転換されなければならない。」

世界は謀略に充ち満ちている。日本人の善意など到底通用しない冷厳な世界史の原理が
そこにはある。その世界の現実を直視し、いかにして国家の生存を図るか。それは幕末明治
以来、日本の先人たちが直面し続けた課題でもある。その対応を困難なものにしたのが、ほ
からなぬコミンテルンの国際謀略だったことを明らかにしたのが本書である。しかも、それは
冷戦が崩壊した今でも現在進行形であり、”初期マルクス主義”の恐るべき人間不信の原理
がGHQの占領政策とその固定化としての「戦後レジーム」に入り込み、日本の歴史、文化、
伝統を破壊し続けているのである。

45 :コミンテルンと昭和史の真相:2008/12/11(木) 19:58:01 ID:2yiWeJKm0
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
明成社 (2007/10/21 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4944219628.html

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 三田村 武夫【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html

実は三田村さんは昭和21年の春には要旨になる部分−ほとんど主要部分ですけれども、それを
私家版で印刷されて、関係先に配布されたんですね。読売新聞の当時の社長だった馬場恒吾の
ところにも持参したらしい。「それを三田村氏が持ってきて、一同びっくり仰天した」ということが、
馬場氏の側近だった柴田秀利氏(※読売新聞社主、正力松太郎の右腕でもある)の回顧録、
(『戦後マスコミ回遊録』 中公文庫)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4120014401.html
に出ています。馬場氏はこれは重大な証言だということで、GHQの情報部長ウィロビー将軍にこれを
示した。ウィロビーは本当にびっくりして、それがきっかけでゾルゲ事件について関心を示して「ゾルゲ
捜査」を始めたらしいんですね。ですから恐らく昭和25年の出版の以前に、限られた範囲ではあるが
日本側にも、それからGHQの参謀部側にも周知されていたということですね。つまり、この本が無けれ
ば、ウィロビーによるGHQ内部の共産主義者ネットワークの調査も、それからルーズヴェルト政権や
戦前の日本政府に入っていた共産主義者を追及するという、1950年代のマッカーシーの動きも無かっ
たかもしれない。発端はこの本にあったということなんですね。

巨怪伝―正力松太郎と影武者たちの一世紀 佐野 真一【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/416349460X.html
(正力松太郎の片腕だった柴田秀利氏が、GHQ情報部長ウィロビー将軍にコミンテルンの策謀である
日本の敗戦革命を曝露し、これに驚いたウィロビーがGHQ内のレッドパージを行い、GHQの占領統治政策
がルーズヴェルト大統領の元側近達によって進められていた日本赤化を阻止し、右急旋回していった経過
が示されている。一端公職追放となった戦前・戦中の軍人、政治家、財界人が復帰していく切っ掛けとなった
のは実にこの件に依るのである。)

46 :コミンテルンと昭和史の真相:2008/12/11(木) 21:50:24 ID:0mdZBnGJ0
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
明成社 (2007/10/21 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4944219628.html

   「田中上奏文」はソ連が作った偽書だった

偽写真だけじゃなく、偽文書も多く作られました。その最大のものの一つが田中上奏文
(田中メモランダム)です。田中義一首相が昭和二年(1927)、昭和天皇に日本の国策
として大陸侵略を通じ世界征服を目指すべき事を明治天皇以来の日本の大方針だとして
上奏したという内容で、「支那を征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。世界を
征服せんと欲せば、必ず先ず支那を征服せざるべからず」という調子のとんでもない代物
ですが、流石に日本国内では早くから偽書だということは定説化していました。しかし海外
は違いました。1920年代末から40年代にかけて欧米を含め世界中で広く流布され、アメ
リカのルーズヴェルト大統領のようにそれを真実として強く信じていた欧米人も多かったの
です。その影響は戦後も長く続き、「侵略国家」日本のイメージを作るのに大きな役割を果た
し、東京裁判も基本構図において、「上奏文」のイメージをそのまま踏襲しています。中国
では今も事実として教科書で取り上げているものも多い。
 ところが、戦後60年を迎えた平成17年(2005)春、モスクワのロシア・テレビラジオ局
(RTR)が、シリーズ番組『世界の諜報戦争』の中で、「『田中上奏文』は、日本の国際的信用
を失墜させ、日本を世界から孤立させる目的で、1928年にソ連の諜報機関OGPU(KGBの
前身)が、偽造し全世界に流布させたものである」と明らかにしたのです。

47 :偽書 田中上奏文:2008/12/11(木) 21:54:55 ID:0mdZBnGJ0
歴史の書き換えが始まった!―コミンテルンと昭和史の真相
明成社 (2007/10/21 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4944219628.html

   「田中上奏文」はソ連が作った偽書だった

 日本としては、大いにこれを宣伝すべきですが、その様な雰囲気が盛り上がっているとは
言い難い。つまり、歴史の書き換えが今、必要になっている訳ですけれども、その障害とな
っているのが、日本人の歴史観(=東京裁判史観、GHQ史観)、或いは国際社会観、つまり
「世界はどういう原理で動いているか」ということに対する無知ですね。国際関係では各国は、
大きな戦争や革命ともなれば、諜報、謀略、工作というものを、実際の軍事手段と同じぐらい
重要視してやっているわけですね。この真実が日本人にはまだまだ浸透していない。世界は
一応そういうことが無い、という前提で歴史の史料を解釈したり、論じたりすると事の真実は
全く見えなくなってしまう。

48 :文責・名無しさん:2008/12/11(木) 21:58:00 ID:HSUSg3cq0

 田母神論文

重要なのは「 日本だけが侵略国家ではなかった!」という、そのポイントだ 。

東京裁判史観を支えるアホ論者達には、何時も、この 国際的歴史的視点が欠落している。

 田母神論文を評して、by中西輝政氏。


49 :真珠湾調査委員会:2008/12/13(土) 01:06:59 ID:pBBaDbh80
真珠湾 日米開戦の真相とルーズベルトの責任 G・モーゲンスターン著 渡邉明訳
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kinsei/0312.htm

■米国人ジャーナリストが解明した日米開戦の真相とルーズベルトの戦争責任

 一九四七年、東京では極東軍事裁判が真っ最中の時機に、これだけの著書が刊行されたことに
深い感慨を覚える。しかし、戦時検閲で米国に不利となる情報を遮断していたGHQは、当然のこと
として日本での発売を厳禁した。それから五十二年、去るの十二月八日、前記の『東京裁判却下・
未提出弁護側資料』の編集主務者として有名な渡邉明氏によって、この名著が日本語に翻訳・出版
されたことは、まさに快挙である。
 同時に、チャールズ・A・ビーァド博士の『ルーズベルト大統領と一九四一年の開戦』(一九四八年
刊行)と双璧をなす、この貴重な書物が、これまで日本で翻訳ざれなかったことは全く不思議である。
日米開戦に関する日本の研究が、多数派意見に同調して、史実の解明に不徹底で、隔靴掻痒の感
がある原因が、ここに潜んでいるように思われる。

50 :文責・名無しさん:2008/12/13(土) 05:30:45 ID:5RYHmlEoO
>>48

>重要なのは「 日本だけが侵略国家ではなかった!」という、そのポイントだ 。

そんなこと、本多勝一ですら言ってることだけどなあ。

1992年、アメリカ大陸「発見」500周年で世界が沸いてる時も「『発見』じゃなく『侵略』だ!」と言い続けてた。

51 :文責・名無しさん:2008/12/13(土) 19:52:47 ID:SepFNzML0
秦郁彦の幼稚さが暴かれました

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm5523694

52 :張作霖爆殺とコミンテルン:2008/12/13(土) 22:31:54 ID:TR1DAC/S0
【張作霖爆殺の真実】1/3 田母神論文「コミンテルンの謀略」【桜 H20/12/13】
ゲスト:瀧澤一郎(国際問題研究家・元防衛大学校教授)
http://jp.youtube.com/watch?v=HTh1yMkmuK8&feature=channel_page
http://jp.youtube.com/watch?v=XsbC3BK9auU&feature=channel_page
http://jp.youtube.com/watch?v=233fsKFGurI&feature=channel_page
(3分50秒辺りから本題)

防人の道 今日の自衛隊 『田母神論文が問うた「コミンテルンの謀略」 』1〜3
http://jp.youtube.com/watch?v=pdASo00PbpQ
http://jp.youtube.com/watch?v=g-I5p8_DmQk
http://jp.youtube.com/watch?v=CpdKkvXIBpk

大東亜維新史観 概説
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5193993
http://jp.youtube.com/watch?v=EC2rwzYh890

【マスコミ】コミンテルンと大東亜戦争【田母神閣下支持】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1228229525/

53 :文責・名無しさん:2008/12/15(月) 18:14:49 ID:XsC5+kJN0
>>52
秦郁彦は朝日新聞御用達保守
つまり左翼にとって都合のいい保守なんだよなw

54 :コミンテルン 赤い蜘蛛の巣:2008/12/15(月) 19:45:57 ID:hAhkfFJE0
防人の道 今日の自衛隊 『田母神論文が問うた「コミンテルンの謀略」 』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5523694

ゲスト:瀧澤一郎(国際問題研究家・元防衛大学校教授)
★平成20年12月11日★

キャスター:濱口和久・佐野綾香

■ 田母神論文が問うた「コミンテルンの謀略」 − 瀧澤一郎氏に聞く
ロシア情勢にお詳しい瀧澤一郎氏をお迎えし、この程、ロシアで出版されたという画期的な書籍を
ご紹介しながら、“ロシア革命の輸出総合商社”たるコミンテルンの成り立ちから世界中に向けて
展開してきた工作活動がどのようなものだったのかまで、機密文書を元に読み解いているその内
容から導き出される張作霖爆殺事件の真相や、その史実を引いた田母神論文の成したものなど
について、お話を伺います。

参考文献 『赤い蜘蛛の巣』 (未邦訳)
http://www.chtivo.ru/chtivo=3&bkid=784634.htm
http://www.chtivo.ru/getpic3d/16777215/500/358550.jpg

55 :文責・名無しさん:2008/12/15(月) 19:50:07 ID:mWsOHN950
>>53 何言ってるの。もともと全然違うジャン。
 秦は、アンチ「進歩派」で文春とかあっちの路線でしょ。

56 :文責・名無しさん:2008/12/15(月) 21:53:49 ID:XsC5+kJN0
>>55
お前何にも知らないんだなぁ
秦は左翼にずっと利用されてるんだよ
南京の頃からずっとな
本人に自覚が有るかどうかは不明だが、明らかに工作員になってんだよ
善意に解釈すれば学者馬鹿だけどなw

57 :文責・名無しさん:2008/12/16(火) 00:55:25 ID:t8gnQ+ej0
>>56
逆に
利用されるとかされないとかに変に敏感な学者のいうことは信用できない。
秦の事についてめっちゃ詳しいわけでもないので、一般論として。

58 :文藝春秋 日本を破滅に追い込んだスパイ:2008/12/16(火) 20:10:07 ID:jo5Mz2vA0
文藝春秋 2009年1月号
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm

「真珠湾」六十八年目衝撃の真実
日米開戦 ──日本を破滅に追い込んだスパイ 西木正明

(本文引用)
 結論を先に言えば、日米交渉とは英米のインテリジェンス機関によって最初から仕組まれた
ものであり、結果として日本は真珠湾攻撃を決行し、あの国家を破滅に導く戦争に誘い込まれ
ていったのである。

■関係人物
ウィリアム・ワイズマン (クーン・レーブ商会(後のリーマン・ブラザーズ)共同役員)
  米英諜報機関同士の連絡窓口
ルイス・ストラウス (クーン・レーブ商会社員、米大統領ハーバート・フーバー私設秘書)
ジェームス・ドラウト師 (メリノール教会聖職者訓練学校長)
ジェームズ・ウォルシュ司教 (メリノール教会派総長)

■参考文献
エール大学所蔵『ワイズマン文書』

■背景
ルーズヴェルト大統領の周囲に蠢く200名以上の共産主義シンパ(ピンコ)
中国共産党・毛沢東によるホワイト・プロパガンダ及び対日ブラック・プロパガンダ
日本国内のコミンテルンのゾルゲ及び尾崎秀実ら共産主義者、朝日新聞などの敗戦革命計画

59 :文責・名無しさん:2008/12/17(水) 08:29:36 ID:Um4+NrEZ0
>>52
コミンテルンの謀略で日本が戦争に突進していった結果、アジア諸国が解放された。

つまりコミンテルンはいいことをした、ということですね。

60 :田母神閣下支持:2008/12/18(木) 00:57:34 ID:vJtQDWY20
月刊 WiLL 2008年01月号 (2008年11月26日発売)
http://web-will.jp/latest/index.html

■新年特大号!総力大特集 田母神論文、どこが悪い! 総力特集100ページ

・田母神前空幕長 独占手記50枚!
・中西輝政 田母神論文の歴史的意義
・渡部昇一 「東京裁判史観」の呪縛 「村山談話」は「外務省談話」だ
・西村眞悟 「村山談話」こそ更迭せよ!
・荒木和博 「虚構の国防」で国が滅びる
・西尾幹二 何に怯えて「正論」を封じたのか

・田母神論文も全文一挙掲載 田母神俊雄 「日本は侵略国家であったのか」

61 :文責・名無しさん:2008/12/18(木) 01:09:17 ID:+2DNBcu30
尊敬する人物:レーガン、レーニン
支持する政党:共和党、共産党
シンボルカラー:レッド、赤

イラク戦争は共和党にブレジネフドクトリンを演じさせてイラク共産党を復活させるためのコミンテルンの陰謀だったのだよ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A
イラク戦争の指南役にはトロツキストのネオコンだけでなく、元イラク共産党員もいた
http://www.library.city.arakawa.tokyo.jp/otona/think_sekai/040401/index.html
おもろい証言↓
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2002/00484/contents/083.htm

62 :文責・名無しさん:2008/12/18(木) 11:49:41 ID:NlvDiyUj0
太田氏曰く

>こんな「論文」が英訳されて、アパ・グループのホームページに掲げられ
>ていることは、防衛省に勤務した人間として、恥ずかしくてなりません。
ttp://blog.ohtan.net/

63 :田母神閣下支持:2008/12/18(木) 20:16:52 ID:pDXKB4Ww0
月刊 WiLL 2008年01月号 (2008年11月26日発売) 大増刷出来!
http://web-will.jp/latest/index.html

■新年特大号!総力大特集 田母神論文、どこが悪い! 総力特集100ページ

月刊「WiLL」編集部ブログ:オトナのジョーシキ
月刊誌『WiLL』編集長と編集部員が交代で更新する“編集日誌”ブログ
http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/11/post-e919.html

「田母神論文」問題へのご意見募集中! 2008/12/1
http://monthly-will.cocolog-nifty.com/

皆さま、「朝まで生テレビ」はいかがだったでしょうか。
最後のアンケート結果を見て、私はやはり「田母神論文」が出てきた意味はあったと思いました。
田原総一朗氏は、私とは異なる考え方をお持ちのようですが、それでも「日本の分岐点」だとおっしゃっ
ていたのには、同意します。
(中略)
追伸 WiLLはおかげさまで増刷しました。ありがとうございます。

64 :文責・名無しさん:2008/12/18(木) 22:00:29 ID:l5eLv80g0
そうだな。
ウヨが救いようがない馬鹿ばかりだという真実が世界中に晒されたからな。
あんな低脳を支持するなんてまともな知性を持ち合わせた人間なら恥ずかしくて口が裂けても言えないもんな。

65 :田母神閣下支持:2008/12/20(土) 02:19:35 ID:Mmpwzcza0
月刊 WiLL 2008年01月号 (2008年11月26日発売) 大増刷出来!
http://web-will.jp/backnum/index.html

■新年特大号!総力大特集 田母神論文、どこが悪い! 総力特集100ページ
・中西輝政 田母神論文の歴史的意義
 「真珠湾論争」についての章を抜粋

 現に最近も、カナダ・オタワ大学の歴史学者ブライアン・ヴィラとティモシー・ウィルフォードは、権威
ある学術誌にこの「真珠湾論争」をきちんと整理し直し、修正主義派(いわゆるルーズヴェルト陰謀説)
との公平かつ真摯な議論の大切さを訴えている(Intelligence & National Security, August 2006)。
なお、彼ら自身も、自ら「修正主義者」と規定しているのである。
 戦争が終わってすぐに出版されたチャールズ・ビアード著『ルーズヴェルト大統領と第二次大戦』と
いう古典的な書籍があるが、これはルーズヴェルト大統領は真珠湾攻撃を知っていたといういわゆる
「真珠湾陰謀説」の嚆矢である。チャールズ・ビアードは20世紀前半のアメリカを代表する偉大な歴史
家だったが、この本を出版した為に彼は大いなる顰蹙を買い、失意の内に亡くなった。
 その後も、ジョージ・モーゲンスターン著『真珠湾−日米開戦の真相とルーズヴェルトの責任』(194
7年、邦訳は錦正社、平成11年)がずっと読み継がれており、後には80年代にジョン・トーランド著『真
珠湾攻撃』(文藝春秋)が出版されている。
 トーランドは立派な歴史家であるが、『真珠湾攻撃』を書いた途端に袋叩きに遭うことになった。
 しかし、『真珠湾攻撃』から10年後には、ジェイムズ・ラスブリッジャーとエリック・ネイヴの共著『真珠
湾の裏切り−チャーチルはいかにしてルーズヴェルトを第二次世界大戦に誘い込んだか』(文藝春秋)
が出版される。これも重要な書籍で、共著者の一人であるエリック・ネイヴはまさに「自分がそこにいた」
という立場から書いているのである。彼はイギリス海軍における暗号解読と日本語翻訳の専門家であっ
た。これも「陰謀説」に分類されるものだ。

66 :ニコルソン・ベイカー Human Smoke:2008/12/21(日) 18:29:14 ID:XbVsIL170
ニコルソン・ベイカー Nicholson Baker (From Wikipedia, the free encyclopedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Nicholson_Baker

■Human Smoke:
The Beginnings of World War II, the End of Civilization (2008) is a history of World War II that
questions the commonly held belief that the Allies wanted to avoid the war at all costs but were
forced into action by Hitler's unforgiving crusade. It is written in a mostly objective style, largely
consisting of official government transcripts and other documents from the time. He cites documents
that suggest that the leaders of the United States and the United Kingdom were provoking Germany
into war (showing, for example, that Britain bombed Germany before Germany bombed Britain) and
that the leaders of those two nations had ulterior motives for wanting to participate. In the epilogue
to the book he suggests that the pacifists (who are often vilified by WWII historians) had it right all
along, stating: “They failed, but they were right.”

Human Smoke: The Beginnings of World War II, the End of Civilization (ハードカバー)
http://www.amazon.co.jp/Human-Smoke-Beginnings-World-Civilization/dp/1416567844

ニコルソン・ベイカーの著書『人間の煙』は1941年の真珠湾攻撃がルーズヴェルト大統領の対日攻撃意図
に基づく誘導によって生じたものであるということを公開史料から証明していったものである。
2008年の本書、1947年のジョージ・モーゲンスターン著『真珠湾 日米開戦の真相とルーズベルトの責任』
など、今や真珠湾攻撃が米英の陰謀による誘導、そして更にはソ連スターリンのコミンテルン、その傘下の
中国共産党の毛沢東らによる対日ブラックプロパガンダの策謀と総合して理解する事が必要となってきている。
更には当時のアジアが白人帝国主義に蹂躙されていた事なども史実として考慮しなくてはならない。

67 :文責・名無しさん:2008/12/21(日) 19:10:09 ID:RaqJtUKB0
>>1

あちらこちらの板にスレ立てて
毎日誰にも相手にされずにコピペ転機
悲しい奴だな、お前はww

68 :ニコルソン・ベイカー Human Smoke:2008/12/21(日) 19:18:10 ID:XbVsIL170
ニコルソン・ベイカー Nicholson Baker (From Wikipedia, the free encyclopedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Nicholson_Baker

Human Smoke: The Beginnings of World War II, the End of Civilization (ハードカバー)
http://www.amazon.co.jp/Human-Smoke-Beginnings-World-Civilization/dp/1416567844

GHQ焚書図書開封 #28◆開戦直後に真珠湾のそばをすり抜け帰国した日本商船
★平成20年12月20日 公開★
http://www.so-tv.jp/

今年になりましてもニコルソン・ベイカーという人がですね、「Human Smoke」という本を書いていて、これ
は普通の人の読むような、誰も否定できないような新聞記事や、事例、出典などを掻き集めてですね、
何年かに亘ってアメリカ大統領ルーズヴェルトの対日攻撃意図というものをずーっと論証していく本で、
今年になってですよ、2008年、非常に話題になっておるんですね。ということは、新しい例証で、公開さ
れた史料なんです、全部。公開された史料を積み重ねていっても、どうもアメリカ・ルーズヴェルト大統領
の日本に対する攻撃的悪意というものが論証される、ということで、アメリカ人の中で、日本を追い込んだ
事に対する強い反省の念が湧き起こっているというのが今の実態で、もうそれが、陰謀説と一体化する様
な形で論証が進んでいるわけで、歴史というのはね、学問的にどれが正しいとか、今の学会が認めてる認
めてないとかこんな事言っちゃ困るんですよ。歴史は動くんですから。(後略)

69 :GHQ焚書図書開封 28:2008/12/21(日) 19:58:07 ID:XbVsIL170
GHQ焚書図書開封 #28◆開戦直後に真珠湾のそばをすり抜け帰国した日本商船
チャンネル桜インターネット放送「So−TV」★平成20年12月20日 公開★
http://www.so-tv.jp/

私はですね、陰謀説はその通りだと思っています。つまり、これだけ証拠が揃って、そして本を挙げま
すと、私専門じゃないんで、中西輝政さんが沢山の本を挙げています、ズラーッと挙げてこれだけの本
があって論証されていれば(もうルーズヴェルト大統領の真珠湾攻撃誘導の陰謀は明らかである)、特
に私が最近読んだのは文藝春秋から出ているロバート・B・スティネットの『真珠湾の真実』という、これ
は一番新しく出ている出版・翻訳されているルーズヴェルト陰謀説の決め手となるような本ですけれども、
私はそういうものを読む度に、2つのこと(中略)(要約:アメリカが悪意を以て日本を陰謀に嵌めて真珠
湾攻撃に誘導したこと、一方、日本がまんまと策謀に陥れられたことは更に日本人を絶望に追い込むも
のではないか。)アメリカの悪意が知性と結びついて謀略を生んで策略を生んで日本が嵌められたんだ
と、そしてそれはドイツとの開戦というのを期待していたチャーチルの意図があってそうなったんだという
ルーズヴェルトとチャーチルの作戦だったということになると、私達日本人はより複雑な感情を持たざる
を得ない、少なくとも私はそうなんですね。


『真珠湾の真実』ロバート・B・スティネット
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163575308.html

70 :GHQ焚書図書開封 28:2008/12/21(日) 20:36:39 ID:XbVsIL170
GHQ焚書図書開封 #28◆開戦直後に真珠湾のそばをすり抜け帰国した日本商船
チャンネル桜インターネット放送「So−TV」★平成20年12月20日 公開★
http://www.so-tv.jp/

(日本の)南進を誘って、ソ連と戦争をさせないようにしたのも謀略で、尾崎秀実のスパイ、ゾルゲ
事件、それからゾルゲが近衛内閣の情報を悉くモスクワ、クレムリンに報じていた、ということで、
そしてそれが真っ直ぐ又ワシントンに繋がっていた、そのワシントンに繋がっていたのが田母神さん
が例を出しているハリー・デクスター・ホワイトというスパイが、ワシントンのアメリカ大統領府の中
枢部にいたと、まぁこの話も最近では段々明らかになってきているわけで、つまりコミンテルンの
謀略によって大東亜戦争というものは誘発されたんだとすると、我が国は、要するにアメリカの謀
略だけではなくて、モスクワの謀略、クレムリンの謀略という十重二十重の謀略だったんだという
ことが言えるわけなんですね。そういうものに騙されたんだというのは物凄く悔しいことであって、
戦争をすることは見事であったけれども、日本人の戦争は勇敢武勇だったけども、みんな本当、
死ぬ覚悟で商船までが戦ったんですからね、ですが、同時にしかし、知力、騙されないという国
際社会の中で騙されないで生きるという事ももっと大事なことだという風にも思って今、改めて歴史
を回顧する(略)

71 :文責・名無しさん:2008/12/21(日) 20:43:45 ID:DX0h4kcM0
バカか?
ロバート・スティネットの著書『真珠湾の真実―ルーズベルト欺瞞の日々』なら
第5章「見事な配備」、第12章「無線封止神話の崩壊」の

南雲艦隊は「ガラガラヘビのように無線を使いまくった」

ことを筆頭にそのほとんどの部分を防衛省防衛研究所によって否定されまくっているわなw
南雲忠一中将率いる海軍機動部隊の中で通信を担当する戦艦「霧島」が属する「第3戦隊」と
航路の警戒などにあたる「第1水雷戦隊」の1941年12月の戦時日誌に無線封鎖されていた
ことがちゃんと書いてある。ほんと陰謀論に染まる奴は何故日本の一次資料を無視して
外国人の妄想に頼るのかねえ?

72 :文責・名無しさん:2008/12/21(日) 21:06:11 ID:DCn+Jm5h0
自分たちの都合がよい記述を見つけると、そこの部分だけ抽出し、妄信するのが低学歴ウヨクオリティ。
史料批判とか全く知らないし、理解できない。

73 :age:2008/12/22(月) 00:55:40 ID:CvkS7MOX0
 コミンテルンの謀略は解るけど、それにかき回されて自国を存亡の危機にさらした
責任の方が遥かに大きい。国際社会で対外工作など当たり前の事。していない国なん
て基本的に無い。
 田母神もコミンテルンのせいだから、日本は侵略国では無いなんて軍人として情け
ないと言うかバカな事を言っている。中野学校の設立が10年遅すぎたと言う論理な
ら解るけどな。
 自分の後輩が、こんなバカな事言ってると知ったら明石大将が泣くよ全く。

74 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 01:38:52 ID:/VGWxI5p0
今更ステイネット、トーランドかよ
秦郁彦がボロクソに論破してたけど
ナカテルのアホはそれをガン無視だったなw

75 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 03:41:17 ID:uB6M7r5x0
コミンテルンの陰謀だー

76 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 16:52:13 ID:Jmb4A3j/0
>>73
少しは落ち着いて、目から鱗をはずして、田母神さんの言っている事や
本を読んでみたら、、
          http://www.nicovideo.jp/watch/sm5620317

77 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 17:58:27 ID:B5BzMT1VO
白痴の阿呆神はまたテレビに出るみたいですね。

78 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 18:30:36 ID:u+4pCjV10
どんどんテレビに出るべきだな。
TV局だって視聴率欲しいんだろ。

良いことではないか。

79 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 18:38:12 ID:u+4pCjV10
>>77
ところで、なんの番組に出るのですか?

80 :age:2008/12/22(月) 19:15:53 ID:CvkS7MOX0
>>76
 落ち着いてるよ、俺が言ってる事が間違ってるか?何回も論文読んだぞ?
 盧溝橋事件なんて酷い事実誤認じゃないか、コミンテルンについて触れるなら、
何故南京事件について触れないんだ?米国のコミンテルンに触れるのなら何故マ
ッカーシーの赤狩りとナチスについて触れないんだ?
 客観性に欠けているんだよ田母神の言い分は、一番問題なのは明石大将とロシ
ア革命と謀略について触れずに、日中戦争や日米戦争は日本が謀略に巻き込まれ
た被害者だと言っている事。日本はコミンテルンを作った(正確にはボリシェヴ
ィキ)当事者でもある。また、コミンテルンに謀略の有効性を教えたのも日本。

81 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 20:19:17 ID:B5BzMT1VO
>>79
太田総理とたけしのTVタックルだったと思いますよ

82 :文責・名無しさん:2008/12/22(月) 21:27:30 ID:tJvQxmxI0
>>80
コミンテルン工作員乙!

83 :文責・名無しさん:2008/12/23(火) 06:14:57 ID:bfUvEOGC0
統一教会はなぜコミンテルンを意識するのか

84 :アホガミ:2008/12/23(火) 14:38:17 ID:fOEkIC8a0
こんな嘘だらけの論文を書いて田母神の方が工作員だと思う。



85 :文責・名無しさん:2008/12/23(火) 15:02:21 ID:npsXD+qT0
あの後先も考えられない、自分の立場も理解できないバカが工作員だって?
バカだと思わせる迫真の演技をしてるのだろうかw

86 :田母神閣下支持:2008/12/24(水) 19:42:24 ID:5WyVnnR50
自らの身は顧みず 田母神俊雄著
http://www.web-wac.co.jp/publish/
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4898311288.html

「日本は素晴らしい国だ」 「侵略国家などではない」
と言った私は、航空幕僚長を解任された。しかし、国益を損なうと思ったことについては、日本の
立場をきちんと主張しなければならない。国家防衛の基盤は愛国心である!

■中西輝政氏 京都大学教授
重要なのは、「日本だけが侵略国家ではなかった」という点だ。 東京裁判史観を支える論者には、
常に国際的視野が欠けている。

■高山正之氏 ジャーナリスト
中国に行って、軍の幹部に、「中国の歴史認識は間違っている」と断言した田母神氏。 媚中政治
家は田母神氏の爪の垢でも煎じて飲め。

■小林よしのり氏 漫画家
田母神前幕僚長は大したもんだ。 へなちょこの政治家に比べて、サムライの気構えを感じる。
自衛隊の思想統制を絶対に許してはならない!

■日下公人氏 評論家
空幕長更迭は悲しい事件である。 今回の更迭による士気の低下を、マイナス30%とすれば、自
衛隊の損害は37兆5千億円にあたる。

http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200812/16/58/e0064858_3344485.jpg
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200812/16/58/e0064858_3345273.jpg

87 :文責・名無しさん:2008/12/24(水) 19:45:28 ID:DDmQPla70
>>86
>「侵略国家などではない」

結局そう言ってるのかよ。どっちなのかハッキリしろよ。
こういう調子では、
慎重な人は賛成も反対もできない。

88 :田母神閣下支持:2008/12/24(水) 21:22:54 ID:5WyVnnR50
月刊WiLL | 最新号目次
http://web-will.jp/latest/index.html

新春特大号!
総力大特集 田母神論文を殺すな!

憤激対談 
■小林よしのり・田母神俊雄
憲法に書かずに文民統制もへったくれもない

■櫻井よしこ
誰もわかっていない「文民統制」

■渡部昇一
ヒトラーも「文民」だった

■潮 匡人
防衛音痴のアホ、バカ文化人・言論人

■柿谷勲夫
軍の尻を叩いた朝日新聞

田母神論文、読者投稿 
■読者はこう考える10編

89 :文責・名無しさん:2008/12/24(水) 21:53:10 ID:dvLwLnKjO
糞拭き神より、奥崎謙三のほうが立派です。

90 :東亜連盟:2008/12/24(水) 23:56:35 ID:9OJIxE5I0
WiLLは恥ずかしくないのかな?視野が狭すぎるよ、世界には色々な考えを持った
人・国があるのに、こんな事をしていたら日本の独立も安全も守れない。
 平和ボケってこういう事を言うんだ。

91 :文責・名無しさん:2008/12/25(木) 00:03:38 ID:DDmQPla70
>>90
Willって要は金が儲かればなんでもする雑誌なんでしょ。


92 :文責・名無しさん:2008/12/25(木) 04:26:31 ID:XklxUuoa0
>>88
■秦 郁彦
陰謀史観のトリックを暴く

これをカットしている段階でお里が知れる

93 :文責・名無しさん:2008/12/25(木) 09:26:31 ID:+su2vUcb0
>>90
視野が狭いのはコミンテルンの陰謀

94 :コミンテルン:2008/12/25(木) 16:55:06 ID:qdz32vLV0
田母神史観
@気に食わないやつは皆コミンテルン
A歴史学的に承認されていないことも確定されたことにしてしまう
B一次資料・学術書(論文)にあたろうとしない
C現在の国際体制がWW2での連合国の勝利に基づくことを理解していない
D毅然とすればなんでも解決できると思ってる
E定職についていない。更迭されたのは左翼の所為だと信じて止まない。
F嫁に逆らえない
G日本会議の講演しか呼ばれたことがない。
H年賀状やクリスマスカードには真の近代史観を載せる。
I人の前では調子のって喋りまくる。
何か問題でも?


95 :田母神閣下支持:2008/12/25(木) 20:23:48 ID:GLjxubNo0
【書評】『日本は「侵略国家」ではない!』渡部昇一、田母神俊雄著 2008.12.21
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/081221/bks0812210836003-n1.htm

 先の大戦を「日本の侵略だった」とする見方を真っ向から否定した懸賞論文を発表した航空自衛隊
の田母神(たもがみ)俊雄前空幕長と、論文の審査委員長で保守の論客、渡部昇一氏の共著。

 どのような経緯で田母神論文が最優秀作と決まり、空幕長職の解任劇につながったのかを説明。
論文内容のどこが問題視されたのかを丁寧に解き明かしながら、日本が「侵略国家ではない」ことを
力説する。

 両氏に共通するのは祖国を愛し、「ゆがんだ歴史認識が国を滅ぼしかねない」と危ぶんでいることだ。
中でも、歴史認識についての政府見解である「村山談話」を痛烈に批判する。

 田母神氏は「ゆるぎない愛国心こそが国を守る原動力だ」と訴える。文民統制や国防のあり方を考える
ヒントが詰まった一冊だ。22日発売。(海竜社・1260円)



日本は「侵略国家」ではない!渡部昇一 田母神俊雄 海竜社 (2008/12 出版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4759310541.html

96 :文責・名無しさん:2008/12/25(木) 20:42:54 ID:ZnNcEGk50
>>95
ほい2箇所以上にコピペしたね。
通報通報っと。
お前が俺と違うプロバイダであることを祈ってるよ。

FOX★「政治厨はうざすぎ。政治系コピペは徹底的に排除する。2レスでも規制」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1230194199/
★081224 複数「日本人の方は拡散願う」マルチ報告(再々々々発)
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1230113519/

97 :田母神閣下出演予定:2008/12/25(木) 21:13:24 ID:GLjxubNo0
日本文化チャンネル桜

平成20年12月29日(月)から平成21年1月3日(土)にかけての1週間、チャンネル桜では、
年末年始特別編成 にて番組をお送りいたします。

1月2日(金) 19:30-20:30
新春特別企画 「日本の現在と未来を語る」 パート1
1月3日(土) 19:30-20:30
新春特別企画 「日本の現在と未来を語る」 パート2

 戦後レジームの大いなる矛盾を見事に白日の下にさらし、真に日本を思う人々を勇気づけられた
 前航空幕僚長の田母神俊雄氏をお迎えし、この国の現状と未来についてじっくりと語り合った
 新春特別企画をお送りします!

■出演
 田母神俊雄 (前航空幕僚長)
 中條高徳 (日本戦略研究フォーラム 会長)
 渡部昇一 (上智大学名誉教授)
■司会進行
 丹羽文生 (拓殖大学海外事情研究所客員研究員・東北福祉大学講師) ※ パート1のみ
 水島 総 (日本文化チャンネル桜 代表)

※ 1月2日(金) So-TV 配信予定
※ 番組内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

98 :文責・名無しさん:2008/12/26(金) 19:44:16 ID:BKsJdWKj0
 
田母神俊夫の重大疑惑「M資金」
http://www.veoh.com/videos/v16789597cCNjZw4e

99 :文責・名無しさん:2008/12/27(土) 03:39:38 ID:vlP2z5L7O
‘タモリ’神は
笑え!


100 :文責・名無しさん:2008/12/27(土) 03:40:30 ID:vlP2z5L7O
100


101 :張作霖爆殺とコミンテルン:2008/12/27(土) 18:13:05 ID:PJjo5nUp0
Will オトナの常識[月刊ウイル]2009年1月号(2008/11/26発売)
http://web-will.jp/backnum/index.html

■中西輝政 田母神論文の歴史的意義
(張作霖爆殺とコミンテルン)

 21世紀に入って、ロシアでは「張作霖爆殺はコミンテルン(正確にはソ連軍諜報部)がやったもの
である」という研究や報道が次々と現れ始めた。確定的な一次資料は未だ出ていないが、「日本軍の
仕業」として断定出来なくなってきているのである。
 またロシアでの議論に加え、近年、この時期のイギリスの情報部資料が出てきたが、張作霖爆殺
については、当時、イギリスのMI2c(陸軍情報部の中の極東課)が中心になって調査し、事件直後
「ソ連の仕業ではないか」という第一報を送っていたことが明らかに成った。
 その後、彼らは東京から入る外交報告で、「日本は自分たちがやったと思っていて、内閣も宮中も
大騒ぎになっている」ことを知り、実際に張作霖爆殺を起こしたのは誰なのか、ということを更にその後、
延々4ヶ月間に渡って調査している。
 そして4ヶ月後の1928年10月、まとまった報告書を提出し、そこで「ソ連が主役だ(protagonist)」
と結論し、書き送っている。つまり、関東軍もかんだかも知れないが、ソ連(コミンテルンないしソ連軍
諜報部)が主役だったという結論を出しているのである(その文書番号はWO105-5750, MI2c Note
19 October, 1928)。

 こういう文書、史料がようやく今、読めるようになり、それらを検討していくのはこれからの仕事であっ
て、今や「確定している」というのはまかり間違っても言えないことなのである。つまり、日本の歴史教科
書や多くの昭和史の本は、これまでの「確定」調では書けなくなってきているのである。

102 :文責・名無しさん:2008/12/27(土) 18:19:45 ID:BWtHvaiE0

WiLL二月号で秦に完全論破されてしまいましたとさ。

103 :文責・名無しさん:2008/12/27(土) 23:27:20 ID:goKWcsxN0
>>102
コミンテルン工作員の秦の妄言なんか信じてるのか?ププププッ

104 :マッカラム覚書:2008/12/28(日) 00:34:55 ID:1Umq1WE20
Will オトナの常識[月刊ウイル]2009年1月号(2008/11/26発売)
http://web-will.jp/backnum/index.html

■中西輝政 田母神論文の歴史的意義
(新史料「マッカラム覚書」)

 ルーズベルトの対日政策をみる時、特別に重要な部署であった海軍情報部の対日責任者、マッカ
ラム少佐が1940年10月に書いたこの覚書は、簡単に言えば、「三国同盟を結んだ日本はアメリカが
政策転換(欧州参戦)を行う上で非常に都合のよい位置に自らを投げ入れた。日本を追い詰めていっ
て日本から先に攻撃に出ざるを得ないような事態を作り出せば、ルーズベルト大統領の最大の悩み
(アメリカ世論が欧州参戦に反対という問題)が解決できるだろう。その為には次のような政策がある。
第一に・・・」というような主旨で8項目を挙げている。
 その8項目の殆どはその後の1年でほぼ実施されているが、一番典型的なのは「在米日本資産凍結」
と、オランダやイギリスと一緒になって行った「対日石油禁輸」である。明らかに、これを行うと「日本は必
ず暴発する」という考えで書かれている。

105 :文責・名無しさん:2008/12/28(日) 02:34:31 ID:XNMbKosH0
>>103
こいつ、ただの馬鹿?

106 :陸軍長官スチムソン:2008/12/28(日) 11:29:37 ID:9F4zVpsv0
Will オトナの常識[月刊ウイル]2009年1月号(2008/11/26発売)
http://web-will.jp/backnum/index.html

■中西輝政 田母神論文の歴史的意義
(いかに日本を追い込むか)

 あるいはルーズベルトの信任厚い陸軍長官スチムソンは1941年10月、アメリカは第二次世界大戦
への参戦を可能にする為に、米海軍の基地があるフィリピンを日本に奇襲攻撃させるよう仕向けるべき
だ、とはっきり述べている(Stimson Diaries, October6&16, 1941)。更には11月25日の閣議でルーズベ
ルトは「問題は、いかにして日本に最初の一発を撃たせるように追い込んでゆくかである」と語っている
(同右、November25, 1941)。
 その上、ハル・ノートを用意していることが明らかになった時点で「我々は裏口のドアから参戦するのだ」
ということを閣僚同士が話している史料も残っている。
 これらがアメリカ側に「日本を罠に嵌める」とか「欧州参戦のために日本を暴発させる」という戦略があっ
たということの雄弁な根拠だと私は考える。これすらも否定するとすれば、「私は今から日本を罠に嵌めま
す」というルーズベルト自身が書いた文書でも見つからない限り、この間のアメリカの策略については語れ
ないということになる。
 「マッカラム覚書」はルーズベルト自身の目にとまり承認された可能性がかなり高いものだと言えるが、
それすらも無視する人々は、一体何が出てきたら田母神論文の批判派が言う「通説」を改めるのであろう
か。

107 :近衛上奏文:2008/12/28(日) 12:25:53 ID:9F4zVpsv0
Will オトナの常識[月刊ウイル]2009年1月号(2008/11/26発売)
http://web-will.jp/backnum/index.html

■中西輝政 田母神論文の歴史的意義
(「近衛上奏文」も無視)

 先に蒋介石もコミンテルンによって動かされたと述べているように、「コミンテルン」(狭義のコミンテ
ルン以外に、KGBの前身たるソ連情報部そしてGRUすなわち赤軍諜報部そしてGRU即ち赤軍諜
報部を含む)という存在が日本と大東亜戦争を考える時、非常に重要な存在なのだが、田母神論文
はこれを総称して「コミンテルン」の果たした役割の重要性を繰り返し訴えているのである。
 これは当にソ連崩壊後に出てきた「コミンテルン」ないしソ連諜報機関の活動に関する文書が、近
年広範に読めるようになった新しい歴史研究の成果を踏まえて論文を書いているということだ。
(中略)
 蒋介石もルーズベルトも「コミンテルン」に動かされていたが、忘れてならないのは、実は一番動か
されていたのが日本の近衛内閣であったことだ。そのことを近衛文麿公は昭和20年になって知った
ため、既に自らの政権におけるコミンテルンの暗躍から8年近くも経ち、時既に遅かったのである。

108 :ルーズベルトの昭和天皇宛親電:2008/12/28(日) 18:05:08 ID:9F4zVpsv0
防人の道 今日の自衛隊 −平成20年12月26日号 ゲスト:杉原誠四郎(歴史学者・評論家)
http://www.so-tv.jp
★平成20年12月26日★

■ ルーズベルトの昭和天皇宛親電に潜む意図と、翻弄された日本 − 杉原誠四郎氏に聞く
『正論』2月号にて「ルーズベルトの昭和天皇宛親電はどうなったか」を執筆された杉原誠四郎氏を
お迎えし、これまでルーズベルト大統領による開戦回避のための最後の努力であると見られてきた
昭和天皇宛ての親電に秘められているしたたかな狙いについて、「開戦前」に親電を打つことがルー
ズベルトの常套手段であることや、米国側の「温情」に期待を寄せていた在米日本大使館などが翻弄
される様子を時系列を追ってお話しいただきながら、明らかにしていただきます。また、今なお改善の
見られない日本のおそまつな外交姿勢や発信力のなさなどの問題点についても、お話を伺います。

正論2月号
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0901/mokji.html

〈特別読物〉一挙100枚! 日米開戦最後の秘密
 ルーズベルトの昭和天皇宛親電はどうなったか
 なぜ戦争回避につながる親電案を用意したのか。“工作”を読み解く
 歴史学者・評論家 杉原誠四郎

日米開戦以降の日本外交の研究 (新訂版) 杉原 誠四郎【著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4750597147.html

109 :ルーズベルトの昭和天皇宛親電:2008/12/28(日) 19:08:05 ID:9F4zVpsv0
防人の道 今日の自衛隊 −平成20年12月26日号 ゲスト:杉原誠四郎(歴史学者・評論家)
http://www.so-tv.jp
★平成20年12月26日★

■ルーズベルトの昭和天皇宛親電
10.18 東条英機内閣成立
11.15 来栖三郎、ワシントンに赴任
11.23 朝河貫一、「天皇宛親電案」 作成
11.25 軍事会議で日本に最初の一弾を撃たせる相談をする
11.26 栗栖、東郷茂徳外相に親電構想の意見具申
 ハル、ハル・ノートを日本に突きつける
11.27 野村、栗栖、ルーズベルト大統領と会談
11.27〜28 ウォーナー、複数の政府高官に親電案を渡す
11.28 東郷、親電構想拒否の回答
 軍事会議でルーズベルト大統領、親電構想を打ち出す
11.29 天皇宛親電(第一次案)できる
12.3  ジョーンズ、ルーズベルト大統領と会う
12.4 シカゴ・トリビューン、「戦争計画」を暴露

110 :近衛上奏文:2008/12/28(日) 19:50:31 ID:9F4zVpsv0
Will オトナの常識[月刊ウイル]2009年1月号(2008/11/26発売)
http://web-will.jp/backnum/index.html

■中西輝政 田母神論文の歴史的意義
(「近衛上奏文」も無視)

 「近衛上奏文」は、近衛首相自ら天皇に対して「上奏文」という極めて重要な形式を取って提出した
文書であり、しかもその内容については東条内閣以降、戦争の成り行きを非常に懸念していた吉田
茂などの国際情勢に最も精通している人たちが参加して、その案文を作ったのである。これを一顧だ
にしないかのような姿勢で戦後史家は通り過ぎ、あたかも見て見ぬふりをしている。
(中略)
 この上奏文は周知のように、日本の内閣の中枢や軍の大きな動きの背景に、実はその中に紛れ込
んでいた「コミンテルン」の工作員たち、例えば尾崎秀実やゾルゲのような者が多くいて、「そのような
見えない力に私は動かされていたように思います」という主旨で、かっての自分の政権の中にも多くの
隠れ共産分子がおり、日本を罠に陥れていったことが今になって分かってきたとして、敢えて自らの不
明を詫びつつ、しかもそれを天皇に上奏したものである。
 これはゆるがせに出来ないものだと思うが、「近衛上奏文」の背景或いは近衛、特に吉田茂らが言わ
んとしたことをきちんと検証した戦後の歴史家は一人としていないし、彼らにそうしたことを気づかせた
根拠に関し、国際的にどのような資料があったのかを調べた人もいない。

 これには戦後、隆盛を誇ったマルクス主義史観からの反撃を恐れ、遠慮してきたことが大きな要因だ
ったと思われる。強大なマルクス主義史観の歴史学会や、それに影響されるマスコミ出版会に遠慮して、
ソ連の工作が日本を動かしていたとか、尾崎秀実は日本を裏切っていたことを採り上げ、戦前の日本
政府内に潜行していた共産系の工作について悪口を言うことが出来なかった名残であろう。

111 :文責・名無しさん:2008/12/28(日) 20:22:22 ID:H3VdZCsx0
上記は全部妄想。
詳しくはWiLL2月号でw

112 :東亜連盟:2008/12/29(月) 01:43:39 ID:gGYHAXn10
  コミンテルンの陰謀だと、60年前の事で騒いでいる人達の気は確かなの?
 その当時の指導者の連中は、コミンテルンの陰謀から日本を守れなかったのだよ、共産主義者に対し頭脳戦、
情報戦で負けたのだよ。相手が悪いのでは無い謀略に負けた方が悪いのだ。
 謀略のせいで宣戦布告したので自分達は悪くないとでも主張するつもりなの?国際社会がそれを許すとでも
思っているの?日本は日露戦争の時、ヨーロッパで大謀略をしたのだよ、それでソ連が生まれたのに、日本の
謀略せいだと、何処の国も日本を責めたりしないでしょ。
  

113 :文責・名無しさん:2008/12/29(月) 22:16:37 ID:Wg99ciFx0
河本大作ってコミンテルンの工作員なのか

114 :文責・名無しさん:2008/12/29(月) 23:32:43 ID:ncz8fUaf0
田母神が理解できない奴はこれ見て歴史の真実を知れよ
恥ずかしいぞ
どうせ在日朝鮮人かシナ人だろうが

http://jp.youtube.com/watch?v=U_eK5bvL9ao
http://jp.youtube.com/watch?v=ubivFLeGY_M
http://jp.youtube.com/watch?v=6fjBHXN3buc
http://jp.youtube.com/watch?v=WFvjsQSByU8
http://jp.youtube.com/watch?v=Rre_uE785Z0

http://jp.youtube.com/watch?v=xgnqVJ_xJtQ
http://jp.youtube.com/watch?v=whM1JxUz5pQ
http://jp.youtube.com/watch?v=QtvutbLj5iU
http://jp.youtube.com/watch?v=KjYWZSzepuk
http://jp.youtube.com/watch?v=jDNiaRzSnro
http://jp.youtube.com/watch?v=TLENBjM5-0E
http://jp.youtube.com/watch?v=OulQv9tEyuM
http://jp.youtube.com/watch?v=rWkYoRCkeZ0

115 :ラストボロフ事件:2008/12/30(火) 00:44:53 ID:Hf3ZsEI00
警備警察50年◆現行警察法施行50周年記念特集号◆
http://www.npa.go.jp/kouhousi/biki2/index.htm

第2章 警備情勢の推移 対日有害活動
http://www.npa.go.jp/kouhousi/biki2/sec02/sec02_0701.htm
1 ロシアによる対日有害活動
(1)ラストボロフ事件(昭和29年1月24日 米国に亡命)

この事件は、ソ連の情報機関員とみられる
 在日ソ連通商代表部二等書記官 ユーリー・A・ラストボロフ(当時32歳)
が、日本の内外政策に関する情報収集の任務を帯びて来日し、外務省、通産省事務官等多数の日本
人エージェントを使って情報収集活動を行っていたスパイ事件である。
ラストボロフは、昭和29年1月24日、米国に亡命し、記者会見に於いて、日本に於ける情報収集活動
の実態を明らかにした。ことに、終戦後のシベリア抑留中の日本人に対するエージェント工作の実態を
暴露し、昭和25年までにソ連のエージェントとなることを誓約させられた日本人は約500人、その他の
情報提供者を含めた潜在エージェントは8,000人以上に達することを明らかにした。

戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出 外事事件研究会【編著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/480901147X_1.html

↑コミンテルンは1943年に解散したが、上記の如く旧ソ連が操る対日有害活動エージェントは昭和29
年の時点に於ては8,000人以上に達し、特に約500人は誓約帰国者として運用されていた。
戦後日本は、アメリカのGHQ、旧ソ連のエージェントなどが入り乱れるスパイ天国となっていたのである。
今なお、コミンテルンの影響力は強力に残っている。

116 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 01:16:45 ID:mIwHvTaD0
田母神俊雄講演、「日本は侵略国家であったのか」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5638322

117 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 02:33:04 ID:mIwHvTaD0
これもいいな
若者へのメッセージ、田母神俊雄氏

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5620317

118 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 05:40:34 ID:4rDPa5FpO
パナマ運河の権益は?
パナマ事変で
パナマ建国

スエズ運河の権益
オスマントルコから
エジプト帝国建国
ナセルの違法行為に
英仏は自衛戦争開始


119 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 05:42:47 ID:4rDPa5FpO
ソ連が占領して
外蒙古、北朝鮮、東ドイツ建国。

満州建国とどうちがう?


120 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 06:01:30 ID:4rDPa5FpO
第一次世界大戦後
大陸では
偏狭で排他的な民族主義が勃興!
ハルピン政府も奉天政府も南京政府も山西政府も
国際法や条約を破る
無法者軍閥政府
日本人迫害と日本権益侵奪は満州軍閥と荘介石国民党軍閥ファシズム政府による平和と人道に対する罪
満州事変は自衛行為で
解放戦争
1921年〜1931年迄に1000件以上の日本人殺害事件は満州でおこっていたが
日本外務省は事あるごとに
話し合い、国際協調外交などと軟弱外交炸裂!
何も解決しなかったし
事件再発を防止に役立たず。
関東軍の国民の評価は高い支持率。

121 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 06:10:29 ID:4rDPa5FpO
日本国内では
政界官界財界の腐敗堕落 労働争議と農村の貧困と疲弊、朝鮮人の犯罪やテロ、共産党のリンチ事件
閉塞感に圧迫され
右翼は日本を離れ大陸浪人で放浪


122 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 06:19:33 ID:4rDPa5FpO
5・15事件

被告人達は裁判で
弁護士を拒否
堂々と犯罪の動機を
法廷で主張
青年将校達への評価は
大衆からの支持へと現れ、減刑を求める嘆願書への署名は革命的国民運動となる。
腐敗した金権政党政治家に期待するのは一握りのブルジョアだけで、デモクラシィ的政治家を信頼信用する馬鹿な国民はいない程、成熟してきた。

123 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 11:01:28 ID:6FUVzGgU0
>>110
中西のこんないいようは、歴研系統はもちろんだが、秦郁彦や伊藤隆をも馬鹿扱いしている
ことになるのだが。

それはともかく、コミンテルンの陰謀によって太平洋戦争に突入し、その結果植民地が解放されたなら、
コミンテルンの陰謀は良かったという結論になりそうなのだが、どうして右翼の皆さんはそういわないの?

124 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 11:02:54 ID:6FUVzGgU0
ともかく中西のやっていることは、猪木正道、高坂正?と続いてきた京大保守政治学の伝統に
泥を塗る行為としか思えない。

125 :文責・名無しさん:2008/12/30(火) 14:30:57 ID:JnffAKKQ0
>それはともかく、コミンテルンの陰謀によって太平洋戦争に突入し、その結果植民地が解放されたなら、
>コミンテルンの陰謀は良かったという結論になりそうなのだが、どうして右翼の皆さんはそういわないの?
 頭が悪いから右翼なんだから、そんな難しい事理解できない。

 中西はとにかくバカだよ。

126 :ゾルゲ事件:2008/12/30(火) 23:27:37 ID:Hf3ZsEI00
戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出 外事事件研究会【編著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/480901147X_1.html

T ロシア(旧ソ連)関係諜報事件 参考1 ゾルゲ事件 昭和16年10月18日 警視庁検挙

 この事件はソ連の情報機関員とみられる
   ドイツ新聞日本特派員 リヒアルト・ゾルゲ (ドイツ人 当時46歳)
を中心に外国人、日本人で組織された在日スパイ組織が、8年間にわたって我が国の政治、経済、軍事
などの機密情報を収集し、ソ連に報告していたスパイ事件である。
 ゾルゲは昭和8年9月、ドイツ及びオランダの新聞社日本特派員として身分を偽装する一方、ナチス党
員の資格を持って入国し、新聞記者で後に内閣嘱託、満鉄調査部嘱託となった
   中国問題評論家A(=尾崎秀実)
ら日本人、外国人多数で構成するスパイ網を組織し、日本の対ソ攻撃計画に関する情報収集を任務とし
て活動していた。
 ゾルゲはドイツ共産党からソ連共産党に転籍したソ連スパイであるが、ドイツ政治学博士の学位を有し、
偽装の為ナチス党籍を獲得し、かつ、有数の東洋通であったことから在日ドイツ大使館の信任も厚く、日
本の中枢部に入り込み、我が国の政治、経済、軍事などの機密情報を収集し、無線電信などによりソ連
に報告していた。
 ゾルゲが我が国に派遣された昭和8年から16年に至る時期は、第二次世界大戦勃発前後の最も複雑
な国際情勢にあり、ゾルゲの広汎、緻密な情報は、ソ連の政策決定に大きな影響を及ぼしたと見られる。
 特に、昭和16年、ゾルゲは今まで集めた情報の分析に基づき、
 「日本は南進政策を採り、ソ連攻撃の意図は無い。」
と、本国へ打電し、ソ連はこの情報により、当時我が国を警戒してソ連シベリア国境地帯に配備していた
ソ連軍の部隊をヨーロッパに移動増強する事が可能となった。

127 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 00:13:13 ID:gbBOOf9c0
山上たつひこ『光る風』。名作だお

128 :レフチェンコ証言問題:2008/12/31(水) 00:25:35 ID:BYUje7eK0
戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出 外事事件研究会【編著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/480901147X_1.html

T ロシア(旧ソ連)関係諜報事件
 参考2 レフチェンコ証言問題 昭和57年12月9日 米国下院情報特別委員会公表

 レフチェンコ証言問題は、KGB情報機関員である
   ノーボェ・ブレーミヤ誌(「新時代」)東京支局長 スタニスラフ・A・レフチェンコ (当時38歳)
が米国に亡命し、米国下院情報特別委員会で、ソ連のアクティブ・メジャーズ(政治工作)につい
て証言を行い、多数の日本人エージェントを運営していた実態を明らかにした事案である。
 レフチェンコは、昭和50年2月に来日し、日本の各界に対し、
  ・日本、米国、中国の離間
  ・親ソ連ロビーの扶植
  ・日ソ善隣協力条約の締結
  ・北方領土返還運動の沈静化
等を狙いとした政治工作を行う事を任務とし、昭和54年10月、米国に亡命するまでの間に11人
の日本人エージェントを直接運用していた。
 レフチェンコは、その証言の中で、日本人エージェントのコードネームを示し、著名な政党の人物
やジャーナリストが含まれていることを明らかにすると共に、これらのジャーナリストは、自民党や
閣僚メンバーを含む上級政府職員とハイレベルの接触があり、日本政府の内外政策についての秘
密の口頭情報や資料の提供を受けたことを証言した。

129 :レフチェンコ証言問題:2008/12/31(水) 01:16:10 ID:BYUje7eK0
戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出 外事事件研究会【編著】
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/480901147X_1.html

T ロシア(旧ソ連)関係諜報事件
 参考2 レフチェンコ証言問題 昭和57年12月9日 米国下院情報特別委員会公表

 日本に於けるKGBの実態について、レジデントと呼ばれる在日KGB機関長の下に、
   ・ラインX (科学技術情報収集担当)
   ・ラインN (イリーガル支援担当)
   ・ラインKR (防諜担当)
   ・ラインPR (政治情報担当)
と呼ばれる各ラインが組織されており、ラインPRは、
   ・アクティブ・メジャーズ班
   ・米国を担当する主敵班
   ・中国班
から構成されていたことなどを明らかにし、1970年代のアクティブ・メジャーズの中で最も成功
したケースの一つに「周恩来の遺書」の捏造を挙げている。「周恩来の遺書」は、日中離間を最大
目的としてKGBによって捏造され、在日KGB機関員が、サンケイ新聞社の記者を通じてサンケイ
新聞に掲載(昭和51年1月23日付朝刊)させることに成功し、その後、タス通信がこれを取り上げ
て大々的に世界中に伝えた背景を証言した。

※こうした工作はサンケイ新聞のような保守系メディアの方が有効である。
※対日工作においてはラインXが非常に成果をもたらし、その上リスクがスパイ天国日本では少な
いとして人気があったという。
※ラインNの未遂に終わったRテロ計画などはミトロヒン文書などにも記されている。

130 :東亜連盟:2008/12/31(水) 01:19:06 ID:at5S9o7g0
  コミンテルンの謀略ならどうだと言いたいの?
 日本は謀略に嵌められた被害者だから日本は悪くありません、日本に戦争責任がありませんと
でも言いたいわけ?それで国際社会に東京裁判のやり直しでも求めるの?バカじゃないの。
 日本も謀略を行うつもりで、中野学校を作ったりしたのだけど、余りにに遅すぎた。ソ連の方
が謀略に関しては先を行っていただけだろ。
 当時の日本政府や軍の幹部は謀略から国を守れなかった国民を守る事ができなかっただけ。
 日本も日露戦争当時は大謀略を行って国を守った。明石元二郎も知らないのか。

131 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 01:26:26 ID:kWcsO1cE0
日本の謀略はよい謀略。

その昔、日本共産党が言っていた「社会主義国の核はきれいな核」の右翼版。

132 :ハリー・デクスター・ホワイト:2008/12/31(水) 04:42:14 ID:BYUje7eK0
知られざるインテリジェンスの世界 世界を動かす智恵の戦い
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70468-5

第2章 情報活動の基本 /雪作戦と日米開戦

 ルーズベルト政権の財務長官ヘンリー・モーゲンソーの下で次官を務めたハリー・デクスター・ホワ
イトは、ソビエトの情報機関に操られたスパイであったとされている。モーゲンソーはルーズベルト大
統領が最も信頼を寄せている無二の親友であった。週に少なくとも1回は大統領と昼食を共にしたとも
言われている。
 ホワイトはマッカーシー旋風が吹き荒れていた1948年に、議会の調査委員会によって告発され証
言台に立たされた。戦後にソ連のスパイ容疑を掛けられた者の中では、最も高位の連邦職員であった。
彼は国際通貨基金(IMF)や世界銀行の創設に深く関わった人物である。暗号解読によって判明した
彼に対するソビエト側のコード名は、Richard、Lawyer、Reedの3つであった。
 ソビエト情報機関は「雪作戦」(Operation Snow)を発動して、ホワイトに対する働きかけを行った。雪
は白い(White)というところからの命名である。まずはアメリカが中国支持を強化する方向に持って行く
ことである。アメリカが中国支持を鮮明にすれば、それは必然的に日米関係の悪化に連なって、日本が
ソビエトを攻撃する可能性が薄らぐからである。当時ソ連が恐れていたのはドイツと日本という敵を腹背
に受けて、二正面作戦を強いられることであった。
 須藤眞志『ハル・ノートを書いた男』(p.162)はソ連の情報員の言葉を次のように引用している。
「われわれの目的は、極東のソ連地域を日本の攻撃と侵攻の可能性から守り、安全にすることでした」
ジェロルド・シェクターとレオナ・シェクター共著の『聖なる秘密』(Sacred Secrets, p.23)によれば、ソ連か
らの使者はホワイトに、アメリカが日本に要求すべき事項を伝えていた。それは、
 ・中国への侵略の停止
 ・大陸からの軍の撤退
 ・満州からの全面撤収
の3項目であった。

133 :東亜連盟:2008/12/31(水) 05:54:43 ID:at5S9o7g0
>>132
 だからコミンテルンの謀略ならどうだと言いたいの?
 自分の意見をちゃんと言ったらどうなんだ。


134 :ハリー・デクスター・ホワイト:2008/12/31(水) 06:26:20 ID:BYUje7eK0
知られざるインテリジェンスの世界 世界を動かす智恵の戦い
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70468-5

第2章 情報活動の基本 /雪作戦と日米開戦

 ホワイトに対するソビエトの働きかけは巧妙で、米ソは相互理解と共通の利害関係に結ばれている
とする雰囲気を盛り上げていった。平和の維持と米ソ関係の改善を目指しているかのように思い込ま
せて、その実ソ連の意図を徐々に浸透させていったのであった。そしてホワイトを通してモーゲンソー
を動かし、モーゲンソーの「考え」はルーズベルトに達していたのである。
 ホワイトは理想主義に基づいた戦争の回避を主張しているかに見えるが、実はソビエトの恐れる日本
軍のシベリア進行阻止に加担していたのである。彼がソビエトの意向通りに動いた結果、アメリカは日本
に対して中国からの全面撤兵を要求し、石油の全面禁輸を実施した。これがパールハーバー攻撃を誘
発したとされている。またホワイトは日本の進出を抑える為に、中国に対して多額の借款を与えることも
考えていた。
 当時の状況として、駐日アメリカ大使のジョセフ・グルーは日本に対する強攻策が戦争を誘発するこ
とになると恐れていたが、国務省の極東部部長のスタンレー・ホーンベックは、日本に支援を与えるのは
間違いで、軍事力で対抗すべきだという意見であった。日米交渉のアメリカ側の当事者はコーデル・ハル
国務長官で、彼が1941年11月26日に日本側が提示した文書に、いわゆるハル・ノートがある。日本側
はこれを最後通牒、つまり事実上の宣戦布告と受け取った結果、この文書が太平洋戦争開戦の切っ掛け
となったことは知られている。このハル・ノートを起草したのはホワイトであるが、本当の発案者はスターリ
ンだという人もいるくらいである。
 後の東京裁判で梅津美治郎被告の弁護人となったベン・ブルース・ブレイクニーは、「もしハル・ノート
のようなものが突きつけられたなら、ルクセンブルクのような小国も武器を取り、アメリカと戦っただろう」
と発言している。

135 :東亜連盟:2008/12/31(水) 07:11:42 ID:at5S9o7g0
 日本も謀略を行おうとして、陸軍中野学校を作って工作員を養成したけど、時既に遅く、
コミンテルンに負けた。時の政府と軍部は、権力闘争と派閥抗争に明け暮れて国民を守れ
なかった。
 謀略や対外工作は悪い事でも、卑怯な事でも無い。日本も行おうとしていたし、
事実日本は日露戦争時に謀略を行い祖国を守っている。レーニンに資金提供と武器を渡し
たのは日本だ。日本はコミンテルンの生みの親と言える。
 そのコミンテルンの謀略に今度は日本が嵌められた、そして日本は戦争に巻き込まれた。
 コミンテルンの罠にはまった日本が巻き起こした戦争については日本に責任がある。謀略
に嵌り大勢の人を犠牲にする国家では国際的な信用など得られるわけが無い。

136 :ハリー・デクスター・ホワイト:2008/12/31(水) 07:30:20 ID:BYUje7eK0
知られざるインテリジェンスの世界 世界を動かす智恵の戦い
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-70468-5

第2章 情報活動の基本 /雪作戦と日米開戦

 (ヤルタ会談に於いて)ホワイトが作成した財務省提案は、ソ連に巨額の借款を30年間低利子で供与
する。またドイツに要求する予定の200億ドルに上る賠償金の半額をソ連に与えるというものであった。
更にソ連の意に沿って、ドイツの化学、電気、冶金の諸産業を完全に廃止させるということも盛り込んで
いた。
 しかし国務省の反対で、借款とドイツの非産業化は実現しなかった。但しドイツの賠償金に対する提案
は、チャーチルの反対にも関わらず、ルーズベルトが賛意を表しているのである。この様なスパイを味方
に持てば大変心強いが、敵にすれば気づかぬ内に危機的状況に追い込まれる可能性が有る。
 なお、このヤルタ会談について、アメリカのブッシュ大統領は「歴史的誤り」として非難した。2005年
5月7日のことである。

(中略)
 アメリカがソビエトの無線通信に対して行った暗号解読作戦であるヴェノナ(Venona)が明らかにした
ところによると、ソ連の人民内務委員会(NKVD)は、ルーズベルト政権の主要部全てに浸透することに
成功していたのであった。

137 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 11:25:39 ID:kWcsO1cE0
で、コミンテルンの謀略が奏功した結果、アジア各地の植民地が解放された。

つまり、コミンテルンはよいことをした、と右翼さんはおっしゃっているわけだね。

そこのところ誤魔化さないではっきり教えて。

138 :東亜連盟:2008/12/31(水) 11:29:06 ID:ox+5lvtT0
 タモガミ支持者はコミンテルン肯定論なんだな。
 アジアの植民地からの解放者だからね。

139 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 15:38:57 ID:WaR5M2zv0
>The German propaganda minister Joseph Goebbels already said it
>in an unguarded moment:
>
>‘The truth is the mortal enemy of the lie, and thus by extension, the
>truth is the greatest enemy of the state.’

140 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 16:07:25 ID:p1j0sJtDO
>>138
コミンテルンはアジアを共産化しようとして戦争をしかけたが、
日本は欧米からアジアの植民地解放したわけ。
そんなこと説明されなければ判らないバカなのか?

141 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 16:10:56 ID:p1j0sJtDO
>>140
いい間違えた

日本はアジアから欧米の植民地支配解放したわけ。


142 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 17:04:10 ID:9KJq3VsO0
>>140
でも文意は通じるな。


抑近衛内閣での残念ながら赤く染まった連中が側近として跋扈していた
のは事実だし、其影響力を無視してコミンテルン(第三インターナショナ
ル)に翻弄された日本てバカという論理が通じるのならば、アメリカとて
同じ事だ。
いやっ、アメリカ政府の方が病は大きい。

大東亜戦争は自存自衛の戦争という意味で始めたが、東亜米英蘭の植民
地を討つという事は該植民地の解放の意味を有するのだし、結果として
東亜解放に到ったのは副次的な戦争の大義として政府も施策しているの
だから、
「コミンテルンの影響で日本は戦争に突っ込まざるを得なかったが、進
攻は植民地解放に多いに利を成した」
で認識をすればいい。

143 :ルーズベルトとチャーチル:2008/12/31(水) 20:09:50 ID:BYUje7eK0
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第1章 戦争の裏側で何が? 9,盗聴されたルーズベルトとチャーチルの交信
 1940年8月 第二次世界大戦 − 基地秘密協定の為の駆逐艦

 1940年5月15日の午後、英国海軍の密使が、一通の文書を新首相の執務室から米国大使館
へ運んだ。大使館の暗号室でその文書は暗号化され、ホワイトハウスの暗号室へ送信され、解読
された上でフランクリン・D・ルーズベルト大統領に手渡された。
 ルーズベルトとチャーチルは、この数ヶ月間密かに連絡を取り合っていた。海軍大臣としてのチャ
ーチルは、ルーズベルトに、大西洋上で巡視している米国海軍艦船が発見したUボート関連の情報
を回してくれるように依頼した。ルーズベルトは直ちにこれに応じた。英国海軍情報部の責任者は
チャーチルに、「米国は既に中立の立場とは言えない」と告げた。ルーズベルトとチャーチルは、共
に米国の中立法違反を見逃していることが公になると米英の関係を損ない、間もなく三期目に立候
補しようとするルーズベルトを政治的に傷つけてしまうことを承知していた。

144 :ルーズベルトとチャーチル:2008/12/31(水) 20:17:39 ID:BYUje7eK0
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第1章 戦争の裏側で何が? 9,盗聴されたルーズベルトとチャーチルの交信
 1940年8月 第二次世界大戦 − 基地秘密協定の為の駆逐艦

 両者の秘密交信がドイツに傍受されていることに、二人は気付いていなかった。米国大使館の暗
号室で勤務していたのはタイラー・G・ケントで、彼はルーズベルトとチャーチルとが共に謀って「米国
を密かに参戦させる画策をしている」と信じていた。公然たる反ユダヤ主義者のケントは、ルーズベル
トは”ユダヤの手先”だと思っていた。ロシア生まれのケントの愛人で親ナチ派、アンナ・ウォルコフも
またそう考えた。彼女は帝政ロシア最後の皇后に使えた侍女だった。ケントは文書を写真に撮り、アン
ナに渡した。アンナはその写真をロンドンのイタリア大使館の連絡員に渡した。イタリア大使はその情
報をローマへ転送する。イタリア駐在のドイツ大使は、その情報をベルリンの外務省へ送った。
 ロンドンのブレッチリー公園にある英国の暗号解読部隊の中枢部では、ドイツ外務省の通信を日常
的に傍受し解読していた。5月のある日、ローマからベルリンへ送られる通信の中で、チャーチルへ
送信されたルーズベルトの秘密電文を見て度肝を抜かれた。それには「40隻ないし50隻の老朽駆逐
艦を引き渡すのは可能だが、議会の特別承認を必要とする。現状では、それは容易なことではない」
とあった。

145 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 21:25:13 ID:Lbdsko0qO
オランダ共産党も
インドネシアを自国の
領土として支配するつもりで、独立は否定



146 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 21:47:13 ID:EbcgzJyO0
もういい加減、米軍配給の憲法なんて捨ててしまえ。
自主憲法をつくり、軍備を整え、拉致被害者を奪還し、ヘイジョウを占領しろ。
金豚を逮捕し、東京に移送し皇居前広場にて処刑しろ。
空母をどんどん建造し、、核武装し、ミサイルの照準をモスクワと北京に合わせろ。
そしてとっとと北方領土を奪還しろ。シベリア抑留を忘れるな。
糞なぼんぼん平和ボケ政治家の皆さん方、もっと緊張感をもってよ。
いまはまさに幕末のようなもの。平成維新を断行すべき。

147 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 21:56:55 ID:qFr0qAuO0
>>146
そういうこと毎日毎日グルグルグルグル考えてんの?


148 :スターリンと朝鮮戦争:2008/12/31(水) 22:23:05 ID:BYUje7eK0
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第1章 戦争の裏側で何が? 12,スターリンが是認した朝鮮戦争
 1950年4月 朝鮮戦争 − 韓国侵攻でのソ連邦の役割

 1945年8月29日、北朝鮮ハムフンの近くでソ連の戦闘機が、米軍の「超空の要塞」B−29爆撃機
に発砲、強制着陸させた。このB−29は、日本軍が最近放棄したばかりの捕虜収容所に取り残された
連合軍後呂に補給物資を投下する作戦行動中だった。第二次世界大戦はその15日前に終結していた
が、B−29の乗組員たちは新たな戦争が始まったことを知らなかった。それは「冷戦」と呼ばれること
になる。
(中略) 米国とソ連両政府は、軍事境界線(38度線)を設け、ソ連が支援する北朝鮮と米国が支援する韓国
に分離した。
(中略) その頃、米国の情報機関は、金日成に対して韓国を襲撃するように、ソ連がどの程度強く指示してい
るのか理解していなかった。また、中国が金日成の計画に関わっていることにほとんど気付いていなか
った。ソ連と中国の結びつきは、ソ連が崩壊し冷戦が終結、ロシアの記録が歴史家の目に触れるまで、
余り知られていなかった。だがいまや歴史家たちは、ソ連の指導者ヨシフ・スターリンと中国の指導者
毛沢東が、朝鮮戦争へ繋がる数々の事件の黒幕だったという文書記録の証拠を持っている。
 例えば或る文書は、金日成が赤軍大将のテレニティ・シトゥコフからいかに戦争へ煽られたかを明らか
にしている。このシトゥコフは、かつて北朝鮮でソ連軍を指揮し、1948年に駐北朝鮮ソ連大使として赴任
した人物だった。同時にこの文書では、金日成が1950年4月にモスクワでスターリンと密会したことなど
も明らかにしている。

149 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 22:25:26 ID:RNvHz8sp0
>この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
>これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だ
>けではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テン
>プレート)。


150 :文責・名無しさん:2008/12/31(水) 22:40:30 ID:FETcxhky0
中国共産党の幹部は実は日本人がうらやましい。
身動きとれないんだよ、教条主義やれば。
宗教団体だったら異端はずしは激烈だよな。日本だったら言葉狩り程度か。
中国だったら転覆罪で死刑か収容所だな。
浜田とか増田は防衛省を中国化したいんだ。

151 :アルジャー・ヒス:2008/12/31(水) 23:16:40 ID:BYUje7eK0
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第2章 二重スパイ 裏切り者 反逆者たち 20,カボチャ文書(パンプキン・ペーパーズ)
 1938年1月 冷戦 − チェンバーズ・ヒス事件

 チェンバーズの標的はワシントンで華麗なキャリアを持つ男だった。その男、アルジャー・ヒスは、
1928年、ハーバード大学法学部卒業後、最高裁判所判事オリバー・ウェンデル・ホームズの秘書
を務めた。1930年代前半、ルーズベルト大統領のニューディール政策に参画し、当初は農務省、
次に国務省で働いた。1941年、40歳になった彼は極東問題調査部門で重責を担った。第二次世
界大戦末期には、国際連合を立ち上げる担当者でもあった。またヒスは、戦時にルーズベルト大統
領や英国のウィンストン・チャーチル首相、ソ連の独裁者ヨシフ・スターリンが会したヤルタ会談で、
ルーズベルト大統領の補佐役を務めた。1947年ヒスは、国務省を平穏に辞し、カーネギー国際平
和財団の総裁になった。
(中略)
 チェンバーズ・ヒス事件が再燃したのは、1996年、国家安全保障局(NSA)が、超機密作戦、暗
号名ヴェノナの結果を発表した折だった。1940年代のソ連の秘密情報を解読したヴェノナ文書は、
ヒスをスパイ活動と結びつけた。憶測は、すぐにヒスが戦時中接触した人物へ飛んだ。それは、英国
外務省の外交官ドナルド・マクリーンで、ヒスと共に国際連合の枠組みづくりなどに取り込んだ人物だ
った。マクリーンは、ソ連邦へ質の高い情報を提供した「ケンブリッジ・スパイ」一味の一人だった。

※ドナルド・マクリーンが属した”ケンブリッジ・スパイ・リング”、マグニフィセント・ファイブは余りにも
有名である。その中心人物、キム・フィルビーをモデルとした小説、映画は枚挙に暇が無い。

152 :文責・名無しさん:2009/01/01(木) 01:04:20 ID:/wW5VyZo0
>>148
金日成が開戦前にスターリンの承認を求めたこと、スターリンは逡巡した末に、金の
強い態度に押されて最後には同意したことなどは周知の事実と思うが。

>>140
コミンテルンについて語っているのに、共産化と植民地解放を全く別のこととして理解している点で
零点。

153 :文責・名無しさん:2009/01/01(木) 11:43:07 ID:/wW5VyZo0
>>146
日本を破滅させたがっているようだが、どこの国の意を受けているの?

154 :VENONA(ヴェノナ):2009/01/01(木) 14:10:30 ID:RfBpJB480
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第7章 国家という秘密 48,ソ連スパイ活動の黄金時代 1943年8月 冷戦 − ヴェノナ作戦

 世界に数あるスパイ作戦の記録でも、最も長い期間に渡り、最も複雑なのが、暗号名VEONA
(ヴェノナ)という作戦だ。
(中略)
 1943年に開始された国家安全保障局(NSA)の前身、陸軍の通信安全保障局(SSA)による
秘密計画に、FBIを参加させることになった。SSAの暗号解読チームは、ソ連の電文の解読に取り
組んでいた。それは、1940年代、米国に置かれたソ連の外交施設からモスクワへ発信された無線
傍受の内容である。そのプロジェクトは、最終的にヴェノナという暗号名がつけられた。1948年、
FBIのロバート・ラムフィア特別捜査官が、この計画に参加した。彼はFBIの連絡係であり、電文情報
の管理者でもあったが、得られた知識はフーバー長官だけに伝えられ、ワシントンの政策立案者に対
しては知らされることはなかった。
 1940年代の新聞の見出しに登場した多くの名前、例えばエリザベス・ベントリー、ウィテカー・チェン
バーズ、ジュディス・コプラン、クラウス・フックス、アルジャー・ヒス、ドナルド・マクリーン、そして原子
爆弾スパイ一味の、ハリー・ゴールド、ディヴィッド・グリーングラス、ジュリアス・ローゼンバーグと
その妻エセルなどは、そうした電文の中に潜んでいる。ラムフィアやフーバーとその他少数の捜査官
たちは、電文の中にこうした人たちの名前と合致する暗号名、例えば、ハリー・ゴールドはアルノ、ジュ
リアス・ローゼンバーグはアンテナなどを、少しずつ見破っていった。しかし、そうした電文は告発の
為に利用出来なかった。ヴェノナの口の堅い管理人やFBIは、米国がソ連の主要な暗号方式を解読
したことを明かしたくなかったからだ。

155 :文責・名無しさん:2009/01/01(木) 14:27:44 ID:Lshn5pmuO
>>152
> コミンテルンについて語っているのに、共産化と植民地解放を全く別のこととして理解している点で
> 零点。


論破されて詭弁使う卑怯もの典型だな。てめえは。
別のことじゃなくコミンテルンと日本の目的の違いを説明してやったのに、日本語読めないバカか?


156 :文責・名無しさん:2009/01/01(木) 14:32:00 ID:Lshn5pmuO
>>152
共産化と植民地解放は意味が違うしね。
共産化はアジアにとっては新たな侵略だから。

157 :VENONA(ヴェノナ):2009/01/01(木) 14:59:32 ID:RfBpJB480
機密指定解除 − 歴史を変えた極秘文書
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/G10960.html

第7章 国家という秘密 48,ソ連スパイ活動の黄金時代 1943年8月 冷戦 − ヴェノナ作戦

 ヴェノナの解読で発覚したソ連のスパイの浸透は、政府の奥深くに広がっていた。モスクワからの一通
の電文は、財務省の工作員が既に多過ぎる為、作戦要員に、これ以上工作員を配置しないよう依頼した
ものだった。ソ連の工作員は、ホワイトハウスにも、上院委員会職員にも、米国陸軍やOSS、国務省、
司法省、それに軍需生産委員会にもいた。
 ヴェノナの秘密、それを隠す覆いには穴が開いていた。ヴェノナの存在は、電文を処理していたロシア
語言語学者、ウィリアム・ワイズバンドによってソ連に知らされた。ヴェノナを極力隠しておきたい為、
彼は遂にスパイで告発されることはなかった。

 長年の間ヴェノナは、米国の防諜活動の最も重要な拠点だった。ヴェノナは、ソ連情報機関による密か
な米国人勧誘が成功してきた事実を明らかにした。スパイとなった米国人は、秘密の情報源として、
ホワイトハウス、国防省などの政府機関に潜入、それのみならず、マスコミやハリウッドなど様々な領域に
侵入した。この時期を米国に於けるソ連スパイ活動の黄金時代、と呼ぶ人もいる。ソ連の手先となった
人物は、350人近くに及ぶとされたが、その半数は、未だに姓名が判明していない。

※田母神論文の”フランクリン・ルーズベルト政権の中には3 百人のコミンテルンのスパイがいた”という
記述は公開されたヴェノナ・ファイルに基づいていることが分かる。

158 :文責・名無しさん:2009/01/01(木) 23:54:25 ID:/wW5VyZo0
>>155,156
ロシア革命を主導したボルシェヴィキやその指導のもとに結成されたコミンテルンが植民地解放を
含めきわめて国際主義的なスローガンを当初から唱えていたことは周知の事実だが、
それすら知らないまま書き込みしているということ?

159 :文責・名無しさん:2009/01/02(金) 03:34:59 ID:MMJrZWpl0
「つくる会」講師が恒常化 統幕学校で国家観など講義
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200811200115.html

田母神俊雄たもがみ・としお・前航空幕僚長が統合幕僚学校長時代に新設した講座に、
自身の歴史観に近い「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバー二人を講師に招いていた問題で、
防衛省が講師の名前や講義内容を説明する資料を公表した。

防衛省は国会審議で名前公表を求められたことから本人に是非を確認のうえ公表
に踏み切った。〇五年度に「東京裁判」について講義した高崎経済大助教授だけ同意
せず、名前は公表されなかった。


160 :田母神前空幕長出演:2009/01/02(金) 14:34:31 ID:sjkisVTS0
新春特別企画 「日本の現在と未来を語る」−Part1 ★1月2日公開★
http://www.so-tv.jp/

戦後レジームの大いなる矛盾を見事に白日の下にさらし、真に日本を思う人々を勇気づけられた
前航空幕僚長の田母神俊雄氏をお迎えし、この国の現状と未来についてじっくりと語り合った新春
特別企画をお送りします!

出演:
 田母神俊雄(前航空幕僚長)
 中條高徳(日本戦略研究フォーラム会長)
 渡部昇一(上智大学名誉教授)
聞き手:
 水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
 丹羽文生(東北福祉大学講師・拓殖大学海外事情研究所客員研究員)

161 :コミンテルンの対外情報工作:2009/01/02(金) 15:29:34 ID:sjkisVTS0
KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉〈下〉
クリストファー・アンドルー、オレク・ゴルジエフスキー 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482105.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482202.html

第三章 ジェルジエンスキー時代の”積極工作”  コミンテルンの対外情報工作

 ソヴィエト・ロシアは組織的な対外情報収集活動を開始する前においてすら、国境を越えた秘密
工作という野心的な計画に乗りだしていた。内戦中のチェーカーは国内に於ける真偽取り混ぜた
陰謀からボリシェヴィキ政権を防衛していたが、ソヴィエトの国外工作員の任務は、先ず何よりも
革命の拡大に向けられた。だが、秘密工作の殆どを組織したのはチェーカーではなく、コミンテルン、
即ちソヴィエト支配の共産主義インターナショナルだった。コミンテルン執行委員会(ECCI)は自ら
を”世界革命の参謀本部”と考えたのだ。
(中略)
 ジノヴィエフはコミンテルン大会で、コミンテルン執行委員会(ECCI)は、共産主義インターナショナ
ルに加盟し、または加盟を希望している諸政党の活動に”干渉する”権利ばかりでなく、干渉する義
務を有すると述べた。そのような”干渉”の主要な武器は、コミンテルン執行委員会(ECCI)から
加盟政党や共産主義グループに派遣される”モスクワの目”とあだ名される代表だった。

※毛沢東も中国共産党内の活動を”モスクワの目”によって監視され、やがてコミンテルンの援助
によって指導的地位に就くこととなる。毛沢東がスターリンに頭が上がらなかった所以である。

162 :ゾルゲの対日工作:2009/01/02(金) 17:00:38 ID:sjkisVTS0
KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉〈下〉
クリストファー・アンドルー、オレク・ゴルジエフスキー 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482105.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482202.html

第六章 シギント、工作員の浸透戦術  [ゾルゲの対日工作]

 ベルジン配下の最も成功した浸透工作員は、リヒアルト・ゾルゲだった。1964年、つまりその死
から20年後にはゾルゲはソヴィエトの英雄となり、一連の公認の聖伝刊行と−外国人の工作員に
はきわめて珍しいことだが−特別の郵便切手の発行によって名誉を称えられた。
(中略)
 第一次大戦後、ゾルゲはハンブルク大学で政治学の博士号を取り、共産党の闘士として働いた。
1924年遅く彼はモスクワへ移り、1925年初頭にコミンテルンのOMSで働き始め、ソヴィエトの市民
権を取った。1927年から1929年にかけて、OMSは彼をドイツでの一連の情報活動に派遣した。
彼が後に語ったところによれば、イギリスとスカンジナヴィアへも行ったという。1929年11月、彼は
ベルジン将軍に目を掛けられて個人的に第四部に徴募された。もっとも、ピヤトニツキーやOMSとも
引き続き関係を保った。
 ゾルゲの最初の任務は、ドイツのジャーナリストを装って上海でスパイ・ネットワークを運営すること
だった。そこで彼は、後に彼の最も重要な工作員となる一人の日本人のジャーナリストを徴募した。
それは、日本政府と類ない繋がりを持つ裕福な出身の尾崎秀実という若い理想家肌のマルクス主義者
だった。

163 :ゾルゲの対日工作:2009/01/02(金) 17:40:36 ID:sjkisVTS0
KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉〈下〉
クリストファー・アンドルー、オレク・ゴルジエフスキー 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482105.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482202.html

第六章 シギント、工作員の浸透戦術  [ゾルゲの対日工作]

 1933年9月に東京に着いた時、ゾルゲが受けた命令は、「日本がソヴィエト連邦攻撃を計画して
いるかどうかに関する問題を十分慎重に研究せよ」というものだった。彼は8年後に逮捕された後で
こう書いている。
 ”これは、多年にわたって私と私のグループに命ぜられた最も重大な任務だった。それが日本に
おける私の使命の唯一の目的だと言っても大きな間違いではないだろう・・・”
(中略)
 リヒアルト・ゾルゲに関するソヴィエトの公認の賛辞の全てには、少なくともこれまで西側には知ら
れていない一つの故意の歪曲が含まれている。それは、ゾルゲの情報報告はたいていは、ソヴィエト
のシギント活動、つまりグラスノスチ時代にあっても依然として公式には言及する事が出来ない形態
の情報活動の成功を隠す為に用いられているということである。シギントは、ゾルゲ自身よりも遙かに
重要な日本に関する情報源だったと言って良い。

164 :文責・名無しさん:2009/01/02(金) 20:33:25 ID:13i7xzZA0
 他国の謀略や工作活動から国民を守る義務は、軍隊や政治家にはある。
 田母神の言い分は軍の責任をコミンテルンに転嫁している。
 日露戦争時に帝国陸軍の明石大将がロシアに謀略活動を行い、共産主義者
に支援した事を忘れている。この謀略が日本を救った。

165 :文責・名無しさん:2009/01/02(金) 22:02:16 ID:+IWY6pbYO
今の日本はロシアそっくりだ

元ソ連外交官が語る「ロシア−ユダヤ闘争史」の全貌
http://hexagon.inri.client.jp/floorA4F_ha/a4fhb500.html

166 :ミュンツェンベルク・トラスト:2009/01/02(金) 22:49:56 ID:sjkisVTS0
KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉〈下〉
クリストファー・アンドルー、オレク・ゴルジエフスキー 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482105.html

第三章 ジェルジンスキー時代の”積極工作” [ミュンツェンベルク・トラスト]

 トリッセルが1921年にINO(秘密警察チェーカーの外国部門の後継組織)を引き継いだ頃、コミン
テルンはその海外工作員の秘密ネットワークを運営する為、秘密の国際連絡部(OMS)を組織した。
OMSは外国の共産党員とその同調者(共産党シンパ、ピンコ)を秘密情報活動に引き込むことで、
INOにとって貴重な働きをした。こういう人々は、ソヴィエトの秘密情報機関が直に接近するよりも、
コミンテルンが支援を訴える方が効き目があり、1930年代のOGPUとNKVDの最も優秀な対外工作
員の多くは、最初は自分たちがコミンテルンの為に働いていると信じていた。
 OMSは、後にソヴィエトの重要な”積極工作”(影響力行使型工作)の手段となる”フロント組織”の
先駆けとなった。OMSの資金で設置されたフロント組織の中で最大の手腕を発揮したのは、ドイツ
共産党の代議員ヴィリー・ミュンツェンベルクで、その”生涯のパートナー”のバベッテ・グロスが愛情
込めて”同調者たちの守護聖人”と評する人物だった。1921年のロシアの飢饉の時代に、ミュンツェ
ンベルクはベルリンに本部を置いて”国際労働者救済会(IWA)”を設置し、瞬く間にコミンテルンの
最も効果的な宣伝担当としての地位を確立した。

167 :ミュンツェンベルク・トラスト:2009/01/02(金) 23:49:52 ID:sjkisVTS0
KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉〈下〉
クリストファー・アンドルー、オレク・ゴルジエフスキー 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4163482105.html

第三章 ジェルジンスキー時代の”積極工作” [ミュンツェンベルク・トラスト]

 IWAは党内では”ミュンツェンベルク・トラスト”と呼ばれるようになった。
(中略)
 IWAは、ミュンツェンベルクが密かに”イノセンツ・クラブ”(ここではイノセンツは”愚か者”の意)
と呼んでいた一連の組織のはしりであり、それは、コミンテルンの密かな指導の下に時流に乗っ
た様々な目的を支援することによって”インテリを組織する”ために作られていた。彼は、プロレタ
リアートとの精神的連帯という響きの良い言葉で惹き付けた”イノセントな”ブルジョア・インテリ層
に対して友情ある軽侮の念を抱いていた。ミュンツェンベルクの主たる関心は宣伝活動にあった
が、彼は”イノセンツ・クラブ”をOMS(コミンテルン国際連絡部)の情報活動ネットワークの隠れ蓑
として利用した。そのネットワークの中には、彼自身が誘い込んだインテリの内の何人かが含ま
れている。

※無防備地域宣言運動全国ネットワーク(無防備マンで知られる)が極左過激派であるMDS
(民主主義的社会主義運動)のフロント組織=イノセンツ・クラブであることも了解できよう。
現在の日本でもミュンツェンベルク・トラストと類似の活動は続いているのである。

168 :文責・名無しさん:2009/01/03(土) 00:08:31 ID:1lpWU2MB0
>この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
>これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だ
>けではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テン
>プレート)。


169 :文責・名無しさん:2009/01/03(土) 22:59:27 ID:OZ0Uf0r80
なんでこんなやつ支持するんだ。
産経ニュースでも批判されているぞ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081205/stt0812050323000-n1.htm

170 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/04(日) 01:06:24 ID:pgbkqE8S0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [なぜ第二次世界大戦が起きたか]
(前略)
 ある日、元内務相警保局出身の代議士、三田村武夫氏を伴って来た。重要な話だから、充分
時間をとって欲しいということで、馬場恒吾読売新聞社長と二人で何事ならんと聞き耳を立てた。
 三田村氏は、一応言わんとするところをタイプに打ってきたと言って、分厚い書類を出し、説明
に入った。題名はたしか「コミンテルンの敗戦謀略」だったと記憶する。それをめくりながら、鋭い
論鋒で迫る彼の弁舌に、私達二人は異常な驚きを覚え、黙って聞き入った。
 イデオロギー闘争と並んで、当時の私が自らに課していた一番大きな問題は、我々の先輩が
負けると決まった、あんな馬鹿げた大戦争をなぜやったのか。その真因を追究し、後世の資とす
ることだった。その為に、これからあらゆる努力を払おうとしていた矢先だった。三田村代議士の
分析は、まさにその核心に迫った、驚くべき事実の発掘だった。私は身震いするほど興奮し、そ
の話に聞き入った。

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 三田村武夫 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8EO%93c%91%BA%81%40%95%90%95v/list.html

171 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/04(日) 01:56:53 ID:pgbkqE8S0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [尾崎・ゾルゲ事件]

 三田村武夫代議士と松前重義氏(東海大学総長、世界柔道連盟会長)の持ち込んだテーマは、
実に驚嘆に値するものだった。「馬場さん、ソ連のスパイだった尾崎・ゾルゲ事件をご存じでしょう。
私どもは警保局でこの事件を担当して以来、一貫してその内容の分析、調査をしてきましたが、
ようやくことの真相を突き止めることができました。実を言うと、彼らは単なるスパイではなかったん
です。コミンテルンの世界革命計画に従って、負けると決まっている戦争に日本を駆り立て、敗戦に
導くことによって、一挙に暴力革命を達成しようという、大変な戦略、つまりこれを名付けて『敗戦謀略』
といいますが、その大罠に日本を嵌め込んだ、とんでもない、壮大な政治謀略家だったんです。
愚かにも日本は、ウマウマとその手に乗っかって、今日の惨状を招くに至ったという事に目を開かせな
きゃいかんと思って、お伺いしたわけです。」

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 三田村武夫 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8EO%93c%91%BA%81%40%95%90%95v/list.html

※三田村氏の証言は近衛文麿公にも衝撃を与え、近衛上奏文の元ともなった。
※正力松太郎を描いた佐野眞一著『巨怪伝』にもこのエピソードが出てくる。
※ルーズベルト大統領と近衛文麿公、即ち日米中枢にまでコミンテルンは及んでいたのである。

172 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/04(日) 02:57:51 ID:pgbkqE8S0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [尾崎・ゾルゲ事件]

(27年テーゼ、32年テーゼの解説省略)
 究極の世界革命達成のためには、先ず資本主義国同士を戦わせ、その負けた国から一つずつ
革命していき、大勢の決まったところで一挙に世界暴力革命に突入する−という筋書きだったという。
それを彼らは敗戦謀略と名付け、日本をその絶好の生け贄と見てとったのだった。

 幸か不幸か、時の宰相近衛文麿公爵は、学生時代から公卿には珍しい進歩主義者で、学習院から
東京帝大へ進まず、自ら希望して京都大学へ入った。『貧乏物語』で青年を惹き付けていたマルキスト
河上肇教授を慕ってのことだったという。当然、彼の頭の中に巣食ったものは、マルキシズムに他なら
なかった。こうして成長した彼の側近には、本モノ、偽モノを含めて、そのほとんどがいうところの進歩主
義者で埋め尽くされ、モスクワの使者、尾崎秀実が潜入するには、何の障壁も無かった。

173 :文責・名無しさん:2009/01/04(日) 03:19:13 ID:UCXz78Eg0
検索⇒「国益を考える講演会」
平成21年3月22日(日) 1600名入場無料全席指定 
特講演
菅沼光弘氏 元公安調査庁・調査部第2部長
志方俊之氏 元陸上自衛官陸将・北部方面総監
青山繁晴氏 株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員 
特ゲスト
田母神俊雄 前航空幕僚長



174 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/04(日) 03:47:25 ID:pgbkqE8S0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [尾崎・ゾルゲ事件]

 ゾルゲの指示に従って近衛内閣の嘱託となり、近衛を取り巻くブレーン・グループが構成していた、
いわゆる「朝飯会」の有力メンバーとなった。その主な顔ぶれを見ただけでもゾッとする。

 風見章、富田健治、西園寺公一、笠信太郎、原貞蔵、松本重治、田中慎太郎、犬養健、牛島友彦・・。

 身近な秘書から大臣、書記官長(今の官房長官)に加うるに、親戚、縁者、ジャーナリストから学者を
加え、揃いも揃ったり、といいたいところだが、これだけ集まれば、国の最高機密だって、何でも取れる。
また、国政を左右しようとすれば何でも出来る。スパイにとって、これ以上の宝庫は無かった。また謀略
政治家にとって、これ以上の醸造工場は無かった。当然あらゆる機密はモスクワ直通となり、近衛の
頭の中は、スターリンのタクト通りに、右曲がり、左曲がりしながら、次第に思う壺に嵌っていくことになっ
てしまった。
 その最初の重要な落とし穴が、重慶との和平工作の挫折であった。両者が漢口を中心に話し合い成立
に近づいた時、双方に異なる情報を売り込んで、ブッ壊し工作に成功したのが、さきに述べた朝飯会の
メンバーの一人だった。

175 :文責・名無しさん:2009/01/04(日) 08:30:57 ID:QG5F3Dk30
アメリカも歴史教育見直すんだな。
中国にだまされて東亜に手を出してしまったけれど、
日本と戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争と戦死者たくさんだしたよ。
お人好しのアメリカ漫画地で行く歴史だったと。
日本みたいに自虐史観もそろそろ如何か、後世のために。

176 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/04(日) 15:25:54 ID:pgbkqE8S0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 日本は中国大陸の泥沼に半永久的にはまり込んでいくこととなったが、、同時にこの時、既に日本側
からばかりでなく、モスクワ側からも巧妙な破壊工作の手が延安を通じて伸びていた。それが何と、日
本軍の手で暗殺された張作霖(註:この事件については近年、ソ連GRU、エイティンゴンの関与が示唆
されている)の息子、張学良による蒋介石監禁事件であった。当時は満州族による勢力挽回のための
一策ぐらいにしか受け取られていなかったが、後になって分かったところによると、あに図らんや、この
時、張学良を裏から操っていたのが、後の北京政権の名宰相周恩来だった。したがって、中国側でも
この時を境に、全く相容れないはずの国共合作が出来上がり、抗日戦線の統一となって、大陸の泥沼
は一層底なしの深さとなった。これが延安に落ち延びていた中共軍を引き出し、拡大、強化させ、やがて
大陸制覇、政権確立への道を拓き、逆に蒋介石、張学良ともども台湾へ逃げ込まざるを得なくさせた、
近代中国史の一大転換点となろうなど、当時の誰が想像し得たであろうか。
 ともあれ、近衛文麿公は何の見通しもないまま、心なくも例の「蒋介石、対手にせず」の声明を発表し、
汪兆銘を担いで南京政府樹立の祝砲を打ち上げ、大東亜新秩序建設の新時代を拓こうとした。これも
また、尾崎の描き出したポンチ絵とはつゆ知らずに・・・。それら全てが全くの空砲に終わってしまう運命に
あったとは・・・。

177 :文責・名無しさん:2009/01/05(月) 11:03:34 ID:6ztbHWT70
田母神論文の邪悪さと被ばく予防剤ひっそり販売の邪悪さ、そして、軍事オンブズマンの必要性
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/3460673f444e815de2c20849e5e4e778

さて日米戦争は避けることが出来たのだろうか。
日本がアメリカの要求するハル・ノートを受け入れれば一時的にせよ
日米戦争を避けることは出来たかもしれない。
しかし一時的に戦争を避けることが出来たとしても、当時の弱肉強食の
国際情勢を考えれば、アメリカから第2, 第3 の要求が出てきたであろうことは
容易に想像がつく。結果として現在に生きる私たちは白人国家の植民地である
日本で生活していた可能性が大である。

■ ■ ■ 引用終了 ■ ■ ■

この部分の邪悪さは、言うまでもない。田母神は、自分では分かっているはずだ。
ハルノートを受け入れ、日本が本来の領土まで撤退し、貿易によって、中国・韓国と
共存する関係を築こうとしている場合に、米国が日本を攻撃することができたはずがない。
しかも、日本は連合国によって占領されたにもかかわらず現在の姿(独立繁栄)がある。
それなのに、ハルノートを受け入れた場合に、占領されたよりもひどい結果(米国の植民地)に
なっていたなんてことが考えられるだろうか。

何この穴だらけ論理

178 :172.mmm156:2009/01/05(月) 17:12:21 ID:io/yCVNq0
軍需経済に飼育されたタモガミというチンピラ軍人:国家間の憎悪を扇動する英霊軍需利権商売 :
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある!
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という侵略強盗殺人犯の「戦後社会による放置」が原因である。




179 :文責・名無しさん:2009/01/05(月) 19:17:45 ID:zHtfC0P70
新春特別講演会 「田母神前空幕長 来阪す!」

公演日 2009年1月24日(土)
開演 14:00 / 開場 13:00
会場 大阪商工会議所 国際会議ホール(大阪府)
講師 田母神俊雄
問い合わせ先 関西防衛を支える会:06-4302-5187
参加費 1500円


180 :文責・名無しさん:2009/01/05(月) 22:59:37 ID:fouWvnZ40

マスコミ
   コミンテルン
        ルンバ

181 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/05(月) 23:25:11 ID:qLyywxwO0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 自由主義者であり、平和主義者であったはずの近衛文麿公の足下で、この頃から本格的な臨戦
体制が次々と打ち出され始めた。
 先ず、「近衛新体制」と称して「翼賛政治会」の名の下に、政党は解体統一された。相前後して「大
政翼賛会」の名の下に、下は下町の片隅にまで隣組組織がくまなく網を張り巡らされ、瞬く間に日本
は全体主義的統一国家へと変貌していった。近衛自らの達筆になる「上意下達、下意上達」の迷文
句が、氏神様のお札のように、全国至る処にベタベタと張られだしたのもこの頃だった。それにも関わ
らず、議政壇上で、「何故にかかる全体主義的な非民主的統一国家、独裁体制を作るのか」と政党
代表に詰問され、追い詰められた時、一国の、しかも非常時を背負う総理大臣が、「実は私にも、ど
うしてこうなったのか、全く何も分からぬままに来てしまったのです・・・」といって絶句し、白いハンカチ
で眼を拭って、泣き出してしまったのを、駆け出しの記者の私も目撃している。世の中にこんな不思議
なことがあってたまるものかと、憤激を覚えたことが、昨日のことのように想い出される。彼がいかに
目隠しされた操り人形であったかを如実に物語るシーンだった。

182 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 11:33:21 ID:tnxrKmwJ0
>この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
>これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だ
>けではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テン
>プレート)。


183 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 11:57:11 ID:fjoWd3kn0
国民の多くはコミンテルンがどうのこうのという話には関心ないよ。

ただ、村山談話なるものに違和感を抱いているし、中・韓・北の横暴には
不快感を抱いている。また、これらの国の肩を持つような発言をする文化人や
マスコミは許せないと思っているはずだ。朝日が赤字に転落したのもそのへんが
影響しているだろう。

田母神の論文や著書が支持されている理由は一言で言えばこういうことだ。

184 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 16:10:49 ID:yAKk0mRy0
田母神さんがコミンテルンがどうのこうのと書いたので、サヨクはにわか勉強して
どうのこうのと言っているんだろう。


185 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 18:37:33 ID:tnxrKmwJ0
>>183
>村山談話なるものに違和感を抱いている

というのは、
村山総理大臣談話
http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/press/danwa/07/dmu_0815.html
のうち、どこの箇所か抜き出してみて。
全然問題な箇所はないと思う。いろいろ考えてみたが、
どうも、「触れていないこと」、すなわち、外国のどこかの国が悪い
ということがどこにもないこと、にひっかかっているのか?
でも、それは「悪いとも言ってないし、よいとも言ってない」というのが
正当。

186 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 19:23:57 ID:gVNYuy3f0
>>183


産経も赤字だけどねw

187 :文責・名無しさん:2009/01/06(火) 20:58:13 ID:ymexkzCL0
「韓流」は、韓国が日本を乗っ取るための下地作りだったのですよ。
JRなどの公共機関にも、やたらと朝鮮語表示が多いじゃないですか。
あれも日本を乗っ取ったあとに、朝鮮人が行動しやすいように
表示してあるのです。 マスコミや芸能界のすでに韓国人に乗っ取られて
います。 政治家もかなり韓国人に占領されてきています。
もういいかげんに日本人も気がつかないといけませんね。



188 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/06(火) 21:41:41 ID:E2I8ItNF0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 三田村武夫(衆院議員)、松前重義(東海大学総長、世界柔道連盟会長)両氏の説明によると、
尾崎秀実(コミンテルン、ゾルゲ・グループ、朝日新聞記者、日本共産党員)の筋書きに近衛文麿
公の親友、後藤髞V助たちが乗って、「昭和研究会」とか「国策研究会」をつくり、そこでこれら新
体制なるものの綿密な全体計画が練り上げられていったという。しかも表面上は、日増しに強くな
ってきた軍閥の力を抑制するには、これ以外にないというのが、ここに集まった進歩主義者たちの
言い分だった。しかしそれら全てが裏を返せば、近衛なき後、軍閥が政権をとれば、そのまま
ヒットラーやスターリンと全く同じ、軍事独裁政権確立のための巧みなお膳立てとして、着々と
進んでいたこととなる。

189 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/07(水) 05:30:03 ID:M3Ei0mV/0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 ゾルゲ、尾崎秀実が彼らにとって最後の、そして最大の花を咲かせる時が来た。昭和16年である。
ゾルゲはドイツ大使オットーの信任を得ていたので、ヒットラーが独ソ不可侵条約を裏切ってソ連に
侵攻することをいち早く察知し、その正確な期日までモスクワに打電した。しかし、それでもソ連は押し
まくられ、遂にスターリングラードの死の攻防戦となった。それまで日本を猿扱いしかしていなかった
ヒットラーが、この時ばかりは枢軸国日本に対し、背後から今一押ししてくれれば勝てるからと、日本
軍のシベリア出兵を矢のように催促してきた。軍はそれに応えて7月、関東軍特別大演習、つまり
「関特演」の名目で、総力を満州と朝鮮半島に集結させた。この大戦力がもしあの時、そのまま北へ
歩を進めていたら、ソ連は一たまりも無かったはずである。戦後の世界も、また今日とは全く違った
様相となっていたに違いない。ソ連はまさに累卵の危機に直面し、震え上がった。ゾルゲ、尾崎にとっ
てもその使命上、最大の危機となった。この時二人が日本軍の北進を食い止めるためにどのように
動き回ったか、詳しいことは分からない。しかし、この時尾崎が説いて回った「北方傾斜論」という
論文が残っているという。

※「北方傾斜論」は三田村武夫著『大東亜戦争とスターリンの謀略』解説編第三篇の”二、日華事変
より太平洋戦争へ”の「独ソ開戦とシベリヤ傾斜論」で示されている。”北方傾斜論”よりは”シベリヤ
傾斜論”が正しい表現であろうと思われる。

190 :文責・名無しさん:2009/01/08(木) 14:20:05 ID:qFBXZ2ww0
 
田岡氏暴露 田母神俊夫のM資金疑惑
http://www.veoh.com/videos/v16789597cCNjZw4e
【外国特派員協会】田岡氏が田母神氏M資金疑惑を直接問いただす
http://www.veoh.com/videos/v1678845893raeASC?source=hp-mll

M資金(詐欺)って何?
http://ja.wikipedia.org/wiki/M%E8%B3%87%E9%87%91

M資金とは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領下の日本で接収した財産などを基に、
現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金である。M資金の存在が公的に確認された事は
一度も無いが、その話を用いた詐欺の手口が存在し、多くの企業人・実業家がこの詐欺に遭い、
自殺者まで出した事で一般人の間でも有名になった。

191 :文責・名無しさん:2009/01/08(木) 15:51:54 ID:A9P4Wq5d0
>>190
田岡さん服装が乱れています。
  『服装の乱れは、こころの乱れ』

   中学校の校長先生がいつも言ってます。
田母神さんを見習ってね  (^_^)v

192 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/09(金) 00:23:22 ID:XBWk+tnw0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 それ(尾崎秀実の『シベリヤ傾斜論』)は「今北進すれば、シベリアは苦もなく手中のものとなろう。
だがツンドラのシベリアを手に入れても何になるか。そこからは日本が必要とする石油の一滴すら
取れないではないか。それよりも、北方にいささかの懸念もなくなった今こそ、進んで軍を南へ向け、
豊かな石油資源を手に入れる絶好のチャンスであり、その方がどれほど賢明か。選ぶとすれば、
北進か南進か、いずれをとるか?しかも今日本を真に敵視しているのはソ連ではない。米英である。
米英は、日本がこの北進作戦で、なけなしの石油と鉄を使い果たすのを見届けた上で、必ず日本を
討って出るに違いない」というもの。
 これが決定的な礎石となった。最高政策の決定は、彼の主張通り北から南へ180度転換した。
即ち仏印進駐となって現れたのだった。それを知った尾崎は、自ら満州視察に出掛け、その目で確認
して帰り、もはや日本軍に北進の意図なし、とゾルゲに報告した。同時に南進すれば、いよいよ米英仏
蘭を向こうに回し、筋書き通り、小さな卵が世界大戦の巨壁に自ら体当たりして、自滅し敗戦する。
クレムリンの期待はこれで100%達成されたも同然となった。これをソ連に打電して、初めて二人は
「わが事成れり!!」と乾杯したという。日本の運命はこれを境に釣瓶落しになっていくなど、何人が
気付いていたか。最大の分岐点がこの瞬間にあったといえる。

193 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/10(土) 00:46:06 ID:qtMpNR5V0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [北進から一転仏印へ]

 ちょうどその頃 (尾崎・ゾルゲらによって日本軍が北進から南進へ転換した1941年)、
先般20数年ぶりに北京から帰国した (1980年9月3日、逃亡した中国から27年ぶりに帰国)
伊藤律 (日本共産党No.2、1951年中国へ密航、徳田球一、野坂参三と共に北京機関で活動)
の自白で、(尾崎・ゾルゲらへの)捜査の手が伸び始め、昭和16年10月15日に尾崎、次いで
18日にゾルゲも逮捕されることとなった。
 その上、ABCDライン(包囲網)による(対日)経済封鎖が、近衛文麿公の和平への道を完全に
塞ぎ、内閣のバトンは近衛文麿から東条英機へと引き継がれた。筋書き通りに、日本は軍事政権、
世界大戦へと突入していったのだった。

※伊藤律(いとうりつ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%BE%8B
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage291.htm
伊藤律 帰国事件 - 1980
http://jp.youtube.com/watch?v=n5KM3aIvYIg

194 :文責・名無しさん:2009/01/10(土) 13:58:56 ID:HUyJM7oW0
 
兵士たちの告白 〜撫順・太原戦犯管理所1,062人の手記〜
http://www.megavideo.com/?v=XLGSYLA9

〓41分03秒〜

これはもう、いまだに書けないです。家族に・・。
(自分の)子供たちが「こんなことをやったのか」ということを知ったらね・・・
どんなに嘆き悲しむかと思うと書けないです。それくらい中国の人たちを苦しめた。私のために苦しんだ。

今の日本人は、B29によって殺られたこと、それから原爆によって殺られたこと。
自分たちが殺られたlことについては、いろいろ記録を残して、これを語りつたえて
ゆかなければならんと一生懸命やってますよね。

ところが、私たちが中国人、あるいは朝鮮人、ベトナム人、フィリピンにインドネシアのあちらのほうに・・
中国人に何をやったかと言うことについては、口を瞑って誰も語らない。

そのような状態で、次の時代を背負う人々が出来たときにおいて、これは大変なことになる。
いつかはこの罪を清算しなくちゃならんときが来る。そのときに大部分の人が分からない状態。
そんなときになったら、これは大変なことだと・・。

何が真実かということを、本当に見分けることが出来る人になって頂きたいなと。これを思います。

そして、物質主義じゃなくて、カネとかそういう物質主義じゃなくて、本当に、人々を心から愛することが
出来る人になってもらいたいと。

そうすれば戦争は起こってこない。宗教問題も解決する。民族問題も解決するし、制度の問題も解決
してくるんじゃないかと、私たちが争いを起こさなくても済むんじゃないかと、そう思います。

これを本当に是非、私もこういう状態になりましたけど、言い残したいことはそれだけ。
こういう機会を与えていただきまして、皆さん方に本当に心から感謝いたします。
ありがとうございます・・(合掌)

195 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/10(土) 19:43:18 ID:uGauhsdo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html
■近衛総理の上奏文
 尾崎秀実、ゾルゲ(朝日新聞、日本共産党による敗戦謀略)のあらましは、以上の通りだが、
三田村(武夫)論文によると、この敗戦によって32年テーゼにあった、いわゆる二段革命論の
第一段階であるブルジョア民主革命は完遂されたこととなった。即ち天皇、官僚、財閥の力が
崩れ去った。そして既に第二段階の直接革命に突入する段階に来たという。その第一目標が
三大新聞の一つを手に入れて、それを公的な党の宣伝機関として活用すること。それと並行し
て交通、通信、エネルギーの三大機関を止めれば、国家は一瞬にして真っ暗闇の麻痺状態と
なる。そこで一挙に暴力革命に突入する準備は万端整っていたとうのである。
 「読売は、まさにその第一目標にされていたわけですよ」

※読売争議 読売新聞 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E
★第1次争議 業員側は闘争宣言を発し、鈴木東民(日本共産党)を委員長とする闘争委員会を結成した。
10月10日には府中刑務所を出獄した日本共産党の徳田球一、志賀義雄、金天海が熱狂の中で迎えられ、
蔵前工業会間では日本全国から戦前の労働組合関係者170名あまりが集まり第一回労働組合再建懇談
会が開かれている。
★第2次争議 1946年に入るとチャーチルの「鉄のカーテン」発言から冷戦が事実上開始され、GHQの方針
に微妙な変化が起こり、これが「民主読売」の前途に暗雲をもたらした。
1946年6月、馬場はGHQの支援を取り付けた上で、鈴木たち共産党員6名に退社命令をだした。これがきっ
かけで争議が再発した。民間情報教育局(CIE)は第1次争議では従業員側を影ながら応援していたが、こ
の第2次争議では馬場ら経営側を応援した。従業員側はストライキで抵抗し、経営側の人間だった務台光
雄はこれに対抗すべく警察担当となって、従業員排除のために警察やMPの出動を要請した。GHQの後ろ
盾が急に無くなった従業員側は初めから不利であり、警察やMPともみ合いになって血まみれになりながら
輪転機を守ったが、10月には鈴木ら労組の幹部だった37名が退社処分となって「民主読売」は崩壊した。

196 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/10(土) 20:27:35 ID:uGauhsdo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■近衛総理の上奏文

 私(=柴田秀利)はかねがね、極東裁判で東条英機がA級戦犯第一号に指定されたことに疑問
を抱いていた。なるほど、真珠湾攻撃の現行犯としてはやむを得ない。それは連合国の結論であ
る。しかし日本人として、戦争を起こした真因を追究するとすれば、近衛文麿が先に述べた仏印進
駐によって、日米会談その他すべての和平工作を塞がれ、あまつさえACDCラインによる経済封鎖
を受けて、総辞職した途端、政権の座に就いたのが東条英機だった。つまり、拳骨を振るう以外に
道無き時に、軍を代表して総理となったものである。東条英機としては当然、振り上げるべくして振
り上げた拳骨だった。だから確かに現行犯には違いない。しかし、あれだけの大戦争である。到底
一日や二日の準備で出来る筈のものでは無い。政治的、道義的には、少なくともそれ以前4、5年
の政権を担当してきた者が、戦いの止むなき原因を積み重ねてきた、その累積の結果だと見なくて
はなるまい。とすれば、それは近衛文麿をおいて他に無い。酷に過ぎると言えばそれまでだが、一番
大切な政治的・道義的責任の観点からすれば、

             全ては近衛文麿公に有りと断定せざるを得ない。

その近衛文麿公は重ねて言うが、自由主義者、平和主義者で、世界大戦を志向する意志など、絶対
に持ち合わせていなかったと信ずる。それが何故こういう屈辱の帰結を結んだか、それが最大の疑問
であり、その失政のもとはどこにあったか。それは依然、後世史家の徹底的な究明の課題かと言える。
しかしその前に、尾崎、ゾルゲが昭和19年11月7日、ロシア革命の記念日に死刑を執行された3ヶ月
後、遅過ぎはしたが、近衛文麿公は自らの責任を痛感して次のような上奏文を奉呈している。

近衛上奏文
http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/WA14.HTM

197 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/10(土) 21:06:50 ID:uGauhsdo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■近衛総理の上奏文
http://www.max.hi-ho.ne.jp/nvcc/WA14.HTM

 「敗戦は遺憾ながらもはや必至なりと存じ候・・・」と前置きした上で、
「国体護持の建前より最も憂うべきは、敗戦よりも、敗戦に伴って起こることあるべき共産革命
に候」と視点をここに据えている。
 「かの1935年人民戦線戦術、即ち二段革命戦術採用以来・・・」とコミンテルンの世界革命戦
略を説き、既に国内に共産革命達成のあらゆる条件が具備されてきたことを力説して、軍人、
革新官僚ばかりか、「皇族方の中にも、この主張に耳を傾けらるる方ありと仄聞いたし居り候」
と、まさに思い切った指摘までしている。
 「このことは過去50年間、軍部、官僚、右翼、左翼の多方面にわたり交友を有せし不肖が、
最近静かに反省し到達したる結論にして、この結論の鏡にかけて、過去10年間の動きを照らし
見る時、そこに思い当たる節々すこぶる多きを感ずる次第に御座候」
 と、自分が如何に迂闊、不明であったかを詫びている。
 そして、この必死の覚悟で書いたと見られる上奏文の最後で、
「この一味を一掃し、軍部の建直しを実行することは、共産革命より日本を救う前提、先決条件
なれば、非常の御勇断こそ望ましく候」
と訴えている。

※近衛文麿は上奏文にてコミンテルンの策謀を指摘していたため、ソ連のスパイであった
GHQ情報部調査課長、ハーバート・ノーマン(『外交官E.H.ノーマン』)により作成された「戦争責任
に関する覚書 近衛文麿」によって自殺に追い込まれているという。
(参考)われ巣鴨に出頭せず―近衛文麿と天皇 (単行本)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532165636/ref=cm_rdp_product

198 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 05:21:42 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■近衛総理の上奏文 1945年(昭和20年)2月14日
http://josaito.sakura.ne.jp/forblog/konoe.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E4%B8%8A%E5%A5%8F%E6%96%87

 それ(近衛上奏文)は余りにも遅過ぎた。指摘通り、投げられたサイの目は、誰の目にも既に
敗戦、破局をハッキリと明示していた。泣いても、訴えても、今更どうしようもない時点だった。
それにしても、コミンテルンの二段革命論にはまり込み、この国が当に革命の巌頭に立たされて
いることに気付いただけでも、この告白的上奏文の持つ史的意義は大きかった。だまされ、利用
され続けてきた、かつての青年マルキストなればこその覚醒だったといえる。遺憾ながら、このよ
うな重大な元総理の上奏文が出たなどということは、当時では誰一人知る者とて無かった。(ただ、
軍部だけはこれを察知し、この上奏文に関係した者として、後の首相吉田茂氏を憲兵隊に留置し、
告白させようとしたが、吉田氏は頑として口を開かなかった。筆者は岩淵辰雄さんだった。)

 それは戦後、近衛が巣鴨入りを潔しとせず、服毒自殺したあと、丁度この三田村論文を知った
後だったと思うが、初めて公表され、識者に衝撃を与えた。

近衛文麿の上奏文(抜粋)
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/konoejyousoubunn.htm

199 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 06:07:08 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■スターリンの罠

 これ(近衛文麿公の自殺(1945年12月)後、近衛上奏文の公表後)と相前後して、尾崎秀実
の獄中から家族に宛てた書翰集が、『愛情はふる星のごとく』と題して出版され、大変なペスト・
セラーとなった。読売はいち早く昭和20年末に本事件の概要を出したが、一周忌を前にして朝日
が、これこそが真相として書いた記事は、一転して自社(朝日新聞)出身の尾崎を愛国者に仕立
て上げ、その流れが今日まで続いている。ともあれ、このベスト・セラーとなった書翰集の跋の中
で、尾崎秀実の親友、印刷出版労組の初代書記長松本慎一が、「尾崎は祖国を売りはしなかった。
祖国を救うため、祖国の繁栄のために命を賭けて行動した・・・」と讃えながら、そのあとの文言は
ハッキリ覚えていないが、

 「そのために尾崎は戦争に反対するどころか、逆に日本を戦争へ戦争へと積極的に駆り立てた」

という意味のことを書き留めているのを見た。ただし、版を重ねる内に、いつの間にかこの論文は
切り捨てられたように記憶している。

 当時から日本共産党は、戦争反対を終始一貫主張し続けてきたのは我が政党だけである、と
一枚看板のように宣伝していた。しかし、松本慎一のこの一文は、はからずもそれが真実では
なかったことを告白した証拠と見られなくもなかった。私はここに、三田村武夫論文の「敗戦謀略論」
が単なる作り話ではないことを確認した。

200 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 06:37:55 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■スターリンの罠

 そして考えた。もしこの大東亜戦争が三田村武夫論文通り、スターリンのタクトに振られて、踊ら
されたものだとすれば、必ずやスターリンは、同じような罠を、敵国のアメリカ側にも張り巡らしてい
たに違いない。今まで日本に指令されてきた占領政策の数々も、裏を返せば、ことごとく日本を弱体
化させ、必然的に社会主義化させようとするものばかりだったといっても過言ではない。受ける側の
日本からすると一層それがハッキリと見えていた。日米共に莫大な血の犠牲を払わされ、戦い終わ
って蓋を開けてみたら、何のことはない、双方共々スターリンの手のひらに乗って、踊らされた阿呆
同士だったじゃないか、ということになりかねない。私は、双方がそれに気付いて、眼を開くことを熱望
した。
 翌朝、早速馬場恒吾読売新聞社社長にこの筋書きを話し、これは是非GHQ情報部長ウィロビー少将
に読ませましょうや、と進言した。争議の時に散々世話になった関係もあり、社長も良かろう、というの
で二人で出掛けて行った。
(中略)
私は、「この調査の結果、必ずやクレムリンが、同じような手口で、ワシントンの中枢にも伸びていた
ものと推察します。殊にヤルタ会談の演出者と極東委員会の内部に是非メスを入れて下さい」と付け
加えた。ウィロビー少将は一瞬、愕然とした面持ちを見せた。
「喜んで拝読し、十分検討してみます。その上で改めてこちらから意見を申し上げますから、それまで
しばらくお時間を下さい」と言って雑談に入り、帰社した。

※この事は後に、VENONA暗号解読などにより裏付けられていくことになる。

201 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 15:30:55 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の本格調査

 半月ほどしてGHQ参謀第2部(G2)部長チャールズ・ウィロビー少将から連絡があり、馬場恒吾
読売新聞社社長と二人で出掛けた。今度は彼一人ではなく、数人のスタッフを揃えて待ち構えて
いた。
 「先日頂いた『敗戦謀略』の論文、つぶさに検討しました。全く驚き入った事実を教えられて、目
の皮が剥がれた思いがしました。そこでGHQ最高司令官マッカーサー元帥以下、全員の意志で
本件の本格的調査、研究をする特別委員会を郵船ビルに設置することを決めました。ワシントン
とも連絡し、委員長に専門家の将官が着任することまで決定したことをお知らせします。われわれ
にとって、実に得難い課題を提供して頂いたことを心から感謝します。」
 真に決意に溢れた、丁重な挨拶であり、回答であった。
(中略)
 ウィロビー少将のやることは全く素早かった。昔の担当検事、特高、それに旧軍の情報担当幹部
が続々と呼び出され、委員会はたちまち膨大な組織に膨れ上がっていった。しばらくして、ワシントン
から着任したという専門家の少将に帝国ホテルでご馳走になり、これは必ずワシントンばかりか、
世界を驚かす調査になりますよ、といった、張り切った意気込みを聞かされ、私は非常な満足を覚
えた。
 ここに三田村武夫氏(『大東亜戦争とスターリンの謀略』)が参画したことは言うまでもない。

202 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 16:15:14 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [集中排除法案]

※要約:経済力集中排除法案(極東委員会指令二三〇号=FEC230)
 日本企業約300社を分割・解体し、日本を貧農国化→赤化し社会主義国化を企図した法案
 1946年の日本は1930−1934年の工業平均指数平均の45%、輸出10%、輸入30%
 FEC指令230号は、この危篤状態の日本から、更にその肺と心臓をえぐり取ろうとするものに
 他ならなかった。これを推進したのがアメリカの共産主義者たちだった。

※上記の対日敗戦謀略をGHQに伝え、阻止し、占領政策を「破壊から建設」へと転換させ、
戦後日本の復興の起点づくりに貢献したのが著者らであった。

 こうしてごり押しの集中排除法案を、時計を止めてまで国会を強行突破させ、成立させてGHQ
はじめワシントン本部のラディカリスト(=共産主義シンパ、ソ連のスパイ、ピンコ)たちが乾杯し
ている頃、そのまた大奥の大統領周辺に彼らが思いもしなかった調査の手が深く潜行し始めて
いようなどとは、誰知る由も無かった。戦後最大のソ連スパイの一人と見なされる
ウィテカー・チェンバーズ(Whittaker Chambers, From Wikipedia, the free encyclopedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Whittaker_Chambers
が検挙され、その巨大なネットワークが次々と明るみに出されてきたのだ。その概要を知らされて、
私は、遂に私の直感した本物が、ワシントンの中枢部から掘り出されてくるのもほど遠くない事を
期待した。

203 :文責・名無しさん:2009/01/11(日) 17:18:55 ID:FIqBOR7L0
田母神氏の論法で行くと、日本は、コミンテルンの陰謀によって、張作霖爆殺をやって
天皇まで騙され、首相が辞任する事態に至るわ、盧溝橋事件で日中戦争の泥沼に突入するわ、
負けること必至の太平洋戦争に突入するわで、本当に間抜けな人たちばかりだったことになりますね。
こっちの方がよほど「誇りを持てない」ことになりそうですが・・・。
それに引き替え、コミンテルンというのは実に優秀だったことになりますな。


204 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 17:35:25 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [赤いネットワーク]

 雑誌タイムの老練記者だったウィテカー・チェンバーズが、自らソ連の手足だった事を告白する
と同時に、自分は縁を切ったが、クレムリンの指令に基づいて、赤い巧妙なネットワークが政府最
高幹部の頭脳の中に潜入し、明日の世界地図を真っ赤に塗り替えようとしているという、重大な証
言を下院の非米活動調査委員会(the House Un-American Activities Committee; HUAC)で行い、
一大センセーションを巻き起こしていた。なかんずく、彼が政府の最上層部に食い込んでいる指導
的メンバー7人の名を挙げた中に、

アルジャー・ヒス(Alger Hiss) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 と
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%92%E3%82%B9
http://en.wikipedia.org/wiki/Alger_Hiss
ハリー・デクスター・ホワイト(Harry Dexter White)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88
http://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Dexter_White

の名前が有った。ヒスは戦後世界の分割統治を決めた最も歴史的な米英ソ三巨頭によるヤルタ会談
に、年老いて死期を目前にしたルーズベルト大統領を連れ出し、その特別顧問として暗躍した。
そしてスターリンの要求通り、満州と樺太、千島の権益をソ連に与えるという、戦後のアジアや日本に
とって最大の課題となった案件を、巧みに呑み込ませてしまった張本人である。彼の正体を暴いた
『反逆の種』SEEDS OF TREASON. The Strange Case of Alger Hiss (Hardcover) by Ralph and Lasky, Victor De Toledano
http://www.amazon.co.uk/SEEDS-TREASON-Strange-Case-Alger/dp/B001MQ8Q5C
はたちまちベストセラーとなり、全世界を動転させた。

205 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 18:22:34 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [赤いネットワーク]

 アルジャー・ヒス(Alger Hiss)こそはまさに、私がかつて推測したとおり、アメリカにおける尾崎秀実
だった。そして今一人のハリー・デクスター・ホワイト(Harry Dexter White)−彼は何とヒスの片腕とし
て、ルーズベルト大統領時代の財務長官ヘンリー・モーゲンソウ(Henry Morgenthau)の次官を務め、
次いで極東委員会が構成され、その委員長にモーゲンソウが座ると同時に、その事務局長として事実
上の対日占領政策立案の全てを掌握していたのだった。それが発覚すると相前後して、どうした訳か、
彼はこの世を去ってしまった。

ヘンリー・モーゲンソウ(Henry Morgenthau)
http://en.wikipedia.org/wiki/Henry_Morgenthau,_Jr.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%
E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)

モーゲンソー・プラン(Morgenthau Plan)
http://en.wikipedia.org/wiki/Morgenthau_Plan
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6%E8
%A8%88%E7%94%BB

※モーゲンソウは、日独の復興を妨げ、産業やインフラを徹底的に破壊しようとしていた。
実に、アメリカの赤いネットワークは、ソ連スターリンのコントロールを受けながら、日独を解体・赤化
しようとしていた事になる。

206 :大東亜戦争とコミンテルン:2009/01/11(日) 19:12:36 ID:meunJByo0
戦後マスコミ回遊記 柴田秀利 著
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122023661.html

■敗戦謀略の真相 [赤いネットワーク]

 学生時代からモスクワ芸術座の演出とドラマトゥルギーの熱心な学徒だった私にとって、これ
以上にスリリングな政治劇は無かった。東京とワシントン(※そして恐らくはベルリンも)の双方で
渦巻いていた、絵に描いたように見事な二つの相似形のクレムリン・スパイ・リングが、単なるス
パイではなく、遙かに高度な政治謀略の役割を担って、世界革命への台風の目となって、着々と
進行していたことが、これで見事に浮かび上がってきたのだ。尾崎秀実・ゾルゲ事件のもたらした
教訓が、いかに偉大なものであったか、感慨ひとしおという他はない。

■消された老兵
(中略:要約 マッカーサー元帥がトルーマンの奸計により更迭されたエピソードを紹介し、まるで
真珠湾攻撃を事前に知っていたルーズベルトと同じやり口だ、と評論)

 マッカーサー元帥はアメリカに帰国して、米議会であの有名な「老兵は死なず、消え去るのみ」の
演説をしたあと、三日連続して軍事・外交合同委員会で詳細な証言を行った。その時発行されたニュ
ーズ・ウィークの特集号が、最大限の努力を集結して報道した中で、ハッキリと謳い上げたことがあ
った。それは、帰国に当たって、マッカーサーが日本から船で持ち帰った数々の宝物の中で、一番
大切で、しかも大半を占めたものは、尾崎・ゾルゲ特別調査委員会が集めた、膨大な資料の山だっ
たという指摘であった。
 これが読売争議を切っ掛けとして始まったマッカーサー並びにGHQ幹部との結びつきが描き出した、
占領下での数々の想い出にピリオドを打つべき一大異変だったと言える。

207 :文責・名無しさん:2009/01/12(月) 04:14:58 ID:fOPKLhvt0
待ってるよ。
●田母神前幕僚長が政界進出すればいいのに
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dame/1226394377/l50

208 :文責・名無しさん:2009/01/12(月) 04:20:57 ID:nrXdaCU10
>>207

@ダメ板

209 :文責・名無しさん:2009/01/12(月) 12:06:52 ID:2heqEGOs0
>この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
>これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だ
>けではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テン
>プレート)。

210 :戦後マスコミ回遊記:2009/01/13(火) 04:32:30 ID:xsaiaQ+v0
柴田秀利氏のホームページ (1986年、69歳歿)
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~k-okuda/

[ ENGLISH ] Profile of Mr. Hidetoshi Shibata
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~k-okuda/eiyaku.html
戦後、日本の復興を自分の使命とし、新聞、ラジオ、
テレビのメディア界を縦横に疾駆した柴田秀利氏の紹介です。

柴田秀利氏は、終戦直後の混乱期から、新聞、ラジオ、テレビのメディア界を中心に活躍したマルチ
ジャーナリストです。柴田氏はこの間に皇室と親交を深め、GHQ、さらにこの関係を利用しアメリカ
国内等に広範囲にわたる人脈ネットワークを築き上げ、また、この結果、吉田茂首相をはじめ、日本
の政府要人とも広く交友関係を結びました。そして、こうした人脈と卓抜した企画力を駆使して日本の
復興に多大の貢献をしました。特に、柴田氏は、戦後の混乱期に発生した戦後最大の労働争議であ
る"読売新聞社労働争議"の解決、日本のテレビ時代の幕開けとなった"日本テレビ放送網株式会社
の設立"、また、将来の重要な項目でもある"原子力平和利用時代"、さらに、ゴルフブームの仕掛け
を演出した「戦後時代のプロデューサ」です。

ノンフィクション作家、佐野眞一さん柴田秀利さんを語る
http://www.voyager.co.jp/dotbook/books/topic/Sano_Riso.html

『戦後マスコミ回遊記』 は電子本としてボイジャー理想書店より出版されています。
http://www.voyager.co.jp/dotbook/books/syousai/05sengo_shibata/index.html

『戦後マスコミ回遊記』オンデマンド印刷本
https://www.dotbook.jp/detail.php?fn=voyager_128&bg=book&mg=etc&sg=nothing

211 :赤色スパイ団の全貌:2009/01/13(火) 20:31:57 ID:+kbBbWao0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
http://www.bk1.jp/product/801334
http://www.jstor.org/pss/2942118
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)

ウィロビー報告 − ゾルゲ事件
モスクワ − 上海 − 東京 − サンフランシスコ − ニューヨーク

 ゾルゲ事件は日本の運命を左右し、今日に至らしめた!火を吐く熱戦の裏に、不気味な
冷戦の陰に間断なく暗躍する第二、第三のゾルゲがいる!
 スターリン亡き後、ソ連は再び如何なるスパイ網を張り巡らさんとしているか?

(マッカーサー元帥序文より一部抜粋)
・・・ゾルゲ事件は、単に東京に於て終始した局部的なものではなく、ソビエト連邦が中国を
中心とする極東謀略全体に関連しているものであって、世界的規模の陰謀を背景として考察
されねばならない。また、ゾルゲ・スパイ団の最も活躍した中国・上海は、世界制覇を目的
とする狂信的共産主義者の温床であった。今日の中国の完全赤化へと発展した所以である。

212 :文責・名無しさん:2009/01/14(水) 12:53:11 ID:tO60vlYW0
「ソ連・コミンテルンのスパイが日本政府に浸透していた」と飽くまでいうなら、少なくとも
岸信介もその一味だったと主張しなければならないな。

無論、そのスパイを尊敬していると公言している安倍晋三なんかもスパイの仲間だということになる。

213 :文責・名無しさん:2009/01/14(水) 14:34:07 ID:R6X1JsaV0
 
日米戦はコミンテルンの罠ではじまった
http://www.megavideo.com/?v=WIYJOWB2

中国人強制連行の“ウソ”を暴く
http://www.megavideo.com/?v=PGSLCYLR

幻だった!「ジャワ島オランダ人抑留所」の真実
http://www.megavideo.com/?v=60UC8NDH

214 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/14(水) 20:27:23 ID:s18NnO650
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.jstor.org/pss/2942118
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

序文

 ウィロビー少将の著書”SHANGHAI CONSPIRACY”は、リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge)事件
を扱ったもので、本書は、今日尚行われている世界的規模の共産主義のサボタージュ(sabotage)
及び裏切り行為を鮮明に描いている点で重要な意義を持つものであると信ずるものである。
 われわれの日本占領期間中、軍情報部は日本警察の協力を得て、日本内外の共産主義勢力に
対する警戒と監視の任務遂行上、若干の民間業務を行ったが、その対象の一つにリヒャルト・ゾル
ゲを首謀者とするソ連スパイ団に関する事件があった。この事件は、諜報の発展、技術及びその
方法に於いて成功を収めた一例である。この陰謀に加担した人間は、中国、日本、米国にわたり、
その活動期間は1931年より1950年の間続けられていたものであった。
 ワシントンに送られた本件に関する調書は、数百万語の多くにのぼり、写真原板、複写及び図表等
参考物件の数も無慮数百に及んでいる。本事件は、米国の法律家によって再審議を受け、確認され、
更に目下上院及び下院の国内安全及び非米活動の両委員会によって採り上げられているのである。
 ゾルゲ事件は、単に、東京に於いて終始した局部的なものではなく、ソビエト連邦の中国を中心とす
る極東謀略全体に関しているものであって、世界的規模の陰謀を背景として考察されねばならない。
また、ゾルゲ・スパイ団の、最も活躍した上海は、世界制覇を目的とする狂信的共産主義者の温床で
あった。今日の中国の完全赤化へと発展した所以である。

1952年1月 ニューヨークに於いて  ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur)

215 :文責・名無しさん:2009/01/15(木) 05:07:49 ID:Bmh7Wnhp0

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
 
日米戦はコミンテルンの罠ではじまった
http://www.megavideo.com/?v=WIYJOWB2
中国人強制連行の“ウソ”をとことん暴く
http://www.megavideo.com/?v=PGSLCYLR
やはり幻だった!「ジャワ島オランダ人抑留所」の真実
http://www.megavideo.com/?v=60UC8NDH


216 :文責・名無しさん:2009/01/15(木) 11:30:57 ID:beiudsu90
2009年1月14日 放送

司会:久米宏、八木亜希子
ゲスト:田母神俊雄、東国原英夫、室井佑月、森永卓郎、山田五郎
http://www.veoh.com/videos/v17217822ep2rW8PF


217 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/15(木) 19:44:27 ID:OgPE8ekc0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.jstor.org/pss/2942118
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

−極東陰謀に関する東京報告−

 太平洋戦争勃発の直前、ソビエト連邦(USSR: Thw Union of Soviet Socialist Republics)赤色ス
パイ団の一味が、日本に於いて検挙された。この、リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge)を首魁とする
赤色陰謀団は、世界スパイ史上空前のものといわれているのである。首謀者達の多くは既に死ん
でいるが、未だに捕らえられていない者もある。生き残っている一味の者は、現在も世界の何処か
で諜報活動を続けていることであろう。

 ゾルゲ及びその一味の仕事は既に歴史に属しているが、彼らの仕事の方法は現在及び未来
の警告となり得るに充分である。

 9カ年の長きに渡って、彼らは精神的祖国ソ連=ロシアの為に日本に於いて、巧妙且つ大胆なスパ
イ団として働いていた。(中略)諜報団の組織構成員は、その都度必要に応じて変化はしたが、主要メ
ンバーは殆どゾルゲが上海に於て集めた者で、それがそのまま日本に於いてその中核となっている。
ゾルゲ及び彼の参謀尾崎秀実は1929年より1941年に至る間、中国及び日本に於いて、ソ連のスパ
イとして活躍した。(要約:1931年の満州建国によりソ連の関心が中国から日本へ移り、この為、ゾル
ゲは新任務を帯びて日本へ潜入した)ゾルゲはそれまで日本の土を踏んだことが無かった。しかし、彼
はその日本で、完全無欠とも言うべき諜報網の樹立に成功したのである。これは尾崎秀実の存在が重
要な役割を果たしていると見なければならないであろう。

218 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/15(木) 20:26:08 ID:OgPE8ekc0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.jstor.org/pss/2942118
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

−赤色スパイ団の首魁リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge)−

 職業的共産党員としてのゾルゲの経歴は1924年に始まる。当時、彼はドイツ共産党員の間でも
既に名声を博していたし、ソ連の指導者たちからも尊敬されて重視されていた。彼は才能を認められ
てモスクワ(Moskva)に招かれた。彼はドイツ共産党から脱党してロシア共産党に入党し、コミンテル
ンの一員になった。当時コミンテルンは、国際共産主義の相当の重要な指導団体であった。ソ連に
於けるゾルゲの支持者はロシア共産党及びコミンテルン(Komintern)の幹部級に多かった。
ドミトリー・ザカロヴィッチや当時ロシア共産党中央委員の要職にあったマヌイルスキー、現在モロトフ
の下で外務人民委員会副委員長兼中央委員であるソロモン・ア・ロゾヴォスキー等もゾルゲの援助者
であり、支持者の一人であった。(中略)
 ゾルゲは3年の間、コミンテルンのモスクワ本部で働いた。即ち、1927年から国外での仕事に携わ
ったのである。(中略)

 (要約:スパイ活動と組織を切り離すためにゾルゲはコミンテルンから赤軍情報部へ移籍した)

 以後、ゾルゲはソ連軍最高情報機関であるところの赤軍参謀本部第四局に配属されて、諜報活動
に専念したのである。

219 :文責・名無しさん:2009/01/15(木) 20:38:06 ID:4SkKaMAC0
>この記事には『独自研究』に基づいた記述が含まれているおそれがあります。
>これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だ
>けではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください(テン
>プレート)。


220 :文責・名無しさん:2009/01/15(木) 20:47:46 ID:Znf1wPJm0
韓国人慰安婦がこんどは韓国政府や米軍を訴え始めたw (朝日はスルーw)

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1232013394/
【朝日新聞】慰安婦問題に熱心な朝日→報道せず 産経→報道…韓国政府の在韓米軍への慰安婦提供問題、朝日と提携のNYタイムズ報道

221 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 02:11:42 ID:LsCx9Nwg0
で、結局、ゾルゲ以外の日本政府内に浸透していたコミンテルンの工作員とはいったい誰?

偉大な功績を上げた彼らがどうしてソ連で勲章をもらったりしなかったのか不思議。

222 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 02:16:10 ID:Dlbo1Mdr0
>>221
リヒャルト・ゾルゲ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソ連邦英雄
ゾルゲが逮捕されて以降、ゾルゲがソ連のスパイであることを自供したものの、ソ連政府はかた
くなにゾルゲが自国のスパイであることを否定し、その後もソ連の諜報史からゾルゲの存在は消
し去られていた。しかしその後、

      1964年11月5日に、ゾルゲに対して「ソ連邦英雄勲章」が授与された。

このタイミングは、スターリンの死後にその大粛清などを批判した指導者ニキータ・フルシチョフ首
相が失脚した直後に当たる。

旧ソ連の駐日特命全権大使が日本へ赴任した際には、東京の多磨霊園にあるゾルゲの墓参をす
るのが慣行となっており、ソ連崩壊後もロシア駐日大使がこれを踏襲している。

旧東ドイツの切手(ゾルゲの功績を讃えたもの)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Stamp_Richard_Sorge.jpg

223 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 10:42:54 ID:ZAVaLj510
毎日新聞の天敵 王貞治



王貞治さんの信念「私は疑うことなく日本人」

 「父は中国人だが、母は日本人です。私は生まれたときより日本で育ち、
日本の教育を受け、日本のプロ野球人として人生を送ってきました。疑う
ことなく日本人です」。毅然(きぜん)とした態度にブレはない。WBC
で世界一となり日の丸の前で胸を張って君が代を聴いた。これこそ本来、
古き良き日本人が持ち得ていた心にほかならない。

http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/081226/bbl0812260039000-n3.htm




224 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 11:32:51 ID:NhkRMS7k0
航空自衛隊は昔から田母神型のバカが多い。勇ましいだけで支離滅裂
自衛隊は三佐になるまで外部の右翼講師を呼んで徹底的に右翼思想教育をやる
F15戦闘機に民間人を乗せたのは悪質であり大問題化する
http://www.veoh.com/videos/v16712735eaTEbJeh?source=hp-mll

225 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 11:36:18 ID:LsCx9Nwg0
>>222
で、ゾルゲ以外のスパイっていったい誰?

226 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 11:37:55 ID:C7MUuMYa0
>>224
皮肉なことに戦前の前身がなかったからだったりしてw
(「日本空軍」は存在したことがないw)

227 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 11:44:56 ID:NhkRMS7k0
>>226
陸海軍の歴史がないので「反省する筋合いじゃない」ってのが、ズレはじめた始まりだったんだろうな。
そのうち、どんどん妄想が膨らんでいってww

228 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 11:47:04 ID:NhkRMS7k0
 
右翼講師の 櫻井よしこさん、統幕学校で“最後の授業”─生徒父兄ら涙
http://bogusne.ws/article/109971744.html

229 :文責・名無しさん:2009/01/16(金) 19:35:44 ID:20zCDRbj0
>>225
ゾルゲ以外のスパイは妄想の中でいたことにしてくださいw


230 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/17(土) 04:54:52 ID:/ZMRUkKt0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第一部 ゾルゲ・スパイ団  −日本警察の記録−

日本警察の記録に依れば、ゾルゲ事件に連座した次の人間が検挙されている。

北林トモ 57歳 洋裁師 1941年9月28日検挙
宮城与徳 40歳 画家 1941年10月10日検挙
秋山幸治 53歳 無職 1941年10月13日検挙
九津見房子 53歳 会社員 1941年10月13日検挙
尾崎秀実 42歳 満鉄嘱託 1941年10月15日検挙 ★
水野成 33歳 雑誌記者 1941年10月17日検挙
リヒャルト・ゾルゲ 48歳 新聞記者 1941年10月18日検挙 ★
マックス・ゴットフリート・クラウゼン 44歳 製造工業者 1941年10月18日検挙
ブランコ・ド・ヴーケリッチ 38歳 新聞記者 1941年10月18日検挙
河合貞吉 42歳 会社員 1941年10月22日検挙
田口右源太 40歳 ブローカー 1941年10月29日検挙
アンナ・クラウゼン 43歳 無職 1941年11月19日検挙
山名正美 41歳 会社員 1941年12月15日検挙
小貝マサアキ 26歳 学生 1941年9月28日検挙
ハガ・ユー 44歳 研究所嘱託 1941年10月12日検挙
松本亀之助 50歳 ブローカー 1941年10月13日検挙
松本イツヲ 21歳 支那問題研究所員 1941年10月18日検挙

231 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/17(土) 05:41:24 ID:/ZMRUkKt0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
GHQ参謀部情報第2部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第一部 ゾルゲ・スパイ団  −日本警察の記録−

日本警察の記録に依れば、ゾルゲ事件に連座した次の人間が検挙されている。

高橋ゆう 32歳 満鉄社員 1941年10月22日検挙
篠塚虎雄 41歳 工場主 1941年11月14日検挙
武田タケシ 39歳 労働者 1941年11月24日検挙
武田トシオ 31歳 無職 1941年11月24日検挙
船越壽雄 41歳 支那問題研究所員 1942年1月4日検挙
川村好雄 33歳 満州日日新聞 1942年3月31日
小代好信 34歳 会社員 1942年4月11日検挙
安田徳太郎 45歳 医師 1942年6月8日検挙
田中慎次郎 43歳 無職 1942年3月15日検挙
菊地八郎 31歳 戦地特派員 1942年3月16日検挙
西園寺公一 37歳 前外務省嘱託 1942年検挙 ★
犬養健 47歳 衆議院議員 1942年4月4日検挙 ★
海江田久孝 35歳 満鉄社員 1942年4月11日検挙
後藤憲章 44歳 満鉄社員 1942年検挙
宮西義雄 33歳 満鉄調査部員 1942年4月13日検挙
磯野清 36歳 戦地特派員 1942年4月28日検挙

東条英機首相は事件の早急な調査を命じたが、警察はゆっくりと構えていた。
検挙された人間は比較的にすらすらと白状したので、有罪者と無罪者を区別するには困難
は無かった。

232 :文責・名無しさん:2009/01/17(土) 12:45:20 ID:03N283EB0
【参院外交防衛委員会】田母神学校の講師陣は黒塗り。名前を明かせないほどいかがわしいのか?
http://www.veoh.com/videos/v16711061NAbPM5Xc
宮台真司の田母神批判 「この程度のオツムの人が空幕長? 組織の腐臭が漂う」
http://www.dailymotion.com/BLUEPACO/video/13528378

233 :文責・名無しさん:2009/01/17(土) 13:00:46 ID:03N283EB0
リンク訂正
 
宮台真司の田母神批判 「田母神論文はウヨブロガーの厨房レベル。 組織の腐臭が漂う」
http://www.dailymotion.com/video/x81yka_20081115_news

234 :文責・名無しさん:2009/01/17(土) 16:28:02 ID:03N283EB0
 
クローズアップ現代 「田母神論文はこうして発表された」
http://www.dailymotion.com/video/x81zdl_20081210_news

235 :文責・名無しさん:2009/01/17(土) 19:49:55 ID:Pwp62cwI0
腐臭が漂っているのは宮台なんだけどな。
オーム以来、宮台の信憑性は地に落ちたからな。


236 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/17(土) 22:40:47 ID:yuXqvX6p0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
元米極東軍司令部(GHQ)情報部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第二部 ゾルゲの手記 −私の諜報組織の一般的性質− コミンテルン諜報部

 国際共産党を指導する政治上、組織上の諸決定の基礎を作った三大部門の一は、コミンテルン
情報部である。コミンテルン情報部は1925年に創設され、次第に拡張された。私はその拡張の
仕事を、積極的に手伝った。
 コミンテルン情報部の仕事は、国際共産党に関する各種の報告を定期的に作成し、また特殊な
党問題を取り扱い、民族的労働運動や各国の政治経済状態の報告、時には国際的な特殊問題
に関する報告を編集することであった。
 これらの報告は、コミンテルンへ連絡してきた各国の党代表や新聞雑誌から材料を得た。旅行者
や代表者から持参された報告もあった。だからコミンテルン情報部長の職に就く者は、例えばクーシ
ネンのような長年国際的経験を積んでいる党同志であった。部長の下に書記局があり、書記長が宰
領した。書記局内の区分は、ヨーロッパ、英帝国、北米、南米、西太平洋諸地域を含めた東亜であっ
た。更に細分して、例えばヨーロッパ群は、ドイツ語使用諸国とそれらの党、フランス語使用諸国、
フランス及びイタリア、スペイン等とそれらの党といった具合である。東亜は、中国、日本、朝鮮及び
蘭領東インド諸島があり、他の群小地域にある諸党は一括し、一定の事務所に於いて統一されていた。
 主要な国際問題は特に指名された者によって取り扱われた。特に指名された者は書記局の情報課
の直接の指導の下に仕事をした。(中略)
 特別の場合にはソビエト共産党の代表者が書記局の会合に出席し、時には赤軍の要員がゲリラ運
動に関しての軍事問題の参考とする必要のある場合などには出席した。(中略)
 1928年私はコミンテルンの第二世界会議の政治委員会に出席した。

237 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/17(土) 23:23:26 ID:yuXqvX6p0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
元米極東軍司令部(GHQ)情報部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第二部 ゾルゲの手記 −コミンテルン及びソビエト共産党− 党とコミンテルンの関係

 私が日本で運用した諜報団は、ソ連共産党の特別支部であった。団員は、金銭私利の為では
なく、共産主義の為に働くのだと公言していた。この状態が、ソ連共産党とコミンテルンの関係、
今日非常に重大な世界共産主義運動に於ける両者の役割を説明している。
 コミンテルンは党ではなくて、民族的共産党の世界的機関である。それは各党を代表する多数
の部から成立している。その一はソ連共産党部である。

         その目的は全世界を単一の共産社会にすることである。

つまり世界共産化を目標とする世界的機関である。世界的ソビエト連邦を組織することである。
生産手段の私有を廃し、階級的搾取と圧迫を廃し、人種的圧政を廃し、全民族を単一の大計画
に基づいて結合することである。コミンテルンによる総合的指導がなければ、その各部は異種の、
甚だ均衡のとれない、人種的モザイクの社会を現出する事になってしまうだろう。

※スターリンの独裁体制を全世界に拡大することがコミンテルンの使命であった事が分かる。
※ゾルゲは、スターリンが自分の仕事を高く評価しているから、日本とソ連との間に妥協が成立
した場合には釈放されるだろう、と自慢していた。

238 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/18(日) 01:11:42 ID:SgCJFXlt0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
元米極東軍司令部(GHQ)情報部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第四部 上海陰謀

 リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge)の供述書を綿密に検討すれば、その陰謀の中心点が、中国
にあることを暗示する言語が多分に含まれている。この点に関心を持った東京に於ける情報部
(G2)は、問題の焦点を上海に向けたのである。
 ゾルゲ供述書にあるものの中で、引用されている言語は短いのだが、非常に暗示に富んだ重要
なものがある。それは上海に於ける諜報諸機関について述べている箇所を指すものであって、即ち
レーマン・グループ、フロリッヒ=フェルデマン・グループ、コミンテルン・グループ及びヌーラン事件
等である。
 この内、コミンテルン・グループは特に重要な機関のようである。このグループは、汎太平洋通商
同盟(PPTUS)書記局のことであった。更に詳細に調査した結果、この機関の曾ての指導者に、元
米国共産党首のアール・ブラウダーという男が籍を置いていた事が分かった。彼の後任にはユージン・
デニスがなっている。その他、このコミンテルン・グループには、アメリカ共産党の闘士、H・J・ドルソン
とかゲルハルト・アイスラーとか、上海で検挙されたヌーランとか、著名な共産党地下工作員がいた。
 この事件が、もし、現在我々の国で活躍中の著名な共産党員にまで、その類を及ぼしたなら、その
歴史的価値は更に増すことであろう。
(※その後、チェンバーズ・ヒス事件など、想像以上の規模のスパイ・リングが明らかとなった)
(中略)
 かくしてマッカーサー情報部は、ゾルゲ・スパイ団が上海で活動した後、東京に移ったこと、その
命令は赤軍第四本部から出ていること、そして結論としては、ソ連及びコミンテルンの国際陰謀の
一環としての諜報活動であること等について認識することが出来たのである。
 上海は、共産主義諜報活動及び政治的破壊活動の中心地であった。

239 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 01:13:06 ID:TMZLV7VO0
コミンテルンが世界革命を目指して結成された組織であることは周知の事実。

今更、何かショッキングな事実が書かれているような紹介自体が奇異に思える。

というよりも、ロシア革命当時、世界革命(具体的には特にヨーロッパ各国の革命)が起きなければ、
ロシアのボルシェヴィキ政権ももたない(というか、欧州革命までボルシェヴィキ政権を持ちこたえることが
当面の目標)と考えられていた。

240 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 01:19:57 ID:peeelHwf0
田母神さんの出した本読んで、彼が間違った存在でないと思えた
むしろ弱腰の日本をもっと弱くした、今の内閣に不安を覚えた

241 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/18(日) 01:43:55 ID:SgCJFXlt0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
元米極東軍司令部(GHQ)情報部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第四部 上海陰謀 (※中国−日本−アメリカにまたがる広汎なスパイ活動の概要)

■上海工部局警察の記録 − 共産主義団体など。特にアグネス・スメドレー。
■中国に於けるアメリカの共産主義者 − 上海はサボタージュと破壊活動の中心地
 1927年、第3インターナショナル主催の会議が漢口で開催。
■太平洋問題調査会 − ギュンター・シュタインら。尾崎秀実が調査会と交渉を持っていた。
 日本支部:平野義太郎ら中国研究会と密接に連携。アメリカ人も多数関係。
  他、政治経済研究所、中日親善協会、日ソ親善協会、中日通商促進協会など。
  (類似の名称の団体がアメリカ国内にも存在した。)
■ユージン・デニス別名ポール・ユージン・ウォルシュについて
 =元アメリカ共産党党首アール・ブラウダーの直弟子、秘書、後継者。
  アール・ブラウダーがコミンテルンの上海機関(=汎太平洋労働組合書記局:PPTUS)を創設
■ヌーラン事件と逃亡者ゲルハルト・アイスラー
 タイム誌がアメリカ国際赤色救援会について小型クレムリンの副題を付けて報道。
■コミンテルン機関について − 1930年代のコミンテルンのモスクワ本部はソビエト政府組織と並行
■クレムリン直系の国際団体
 プロフィンテルン(Profintern)、クレスティンテルン(Krestintern)、ヴォクス(VOKS)、モップル(MOPR)
 ・アメリカに於けるモップル=国際労働擁護会(I・L・D)
■アメリカ人権擁護委員会(THE AMERICAN CIVIL RIGHTS CONGRESS)
■国際革命著作家同盟(IURW) − VOKSの後援によって知識階級の同調者を獲得する為に結成
 (※ミュンツェンベルク・トラストの言うところの、”イノセンツ・クラブ”である)
■中国の共産党及び共産系諸団体 − 汎太平洋労働組合書記局=コミンテルン・グループ
 ヌーラン防衛委員会、ソビエト友の会、中国友の会、中国人権擁護連盟、反帝連盟

242 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 02:13:08 ID:TMZLV7VO0
いやー、コミンテルンて本当に幅広いネットワークを擁した巨大組織だったんだね。

それにしては中国で誤った指導を繰り返しているし、ドイツではナチスの擡頭を阻止できなかったし、
社会民主主義主要打撃論なんて愚策を長いこと放棄できなかったし、いったいどうなっているのかな。

243 :SHANGHAI CONSPIRACY:2009/01/18(日) 02:51:50 ID:SgCJFXlt0
Shanghai Conspiracy (上海の陰謀) = 赤色スパイ団の全貌―ゾルゲ事件 (1953年)
元米極東軍司令部(GHQ)情報部(G2)部長C.A.ウィロビー少将 (著), 福田 太郎 (翻訳)
http://www.amazon.com/Shanghai-Conspiracy-Sorge-Spy-Ring/dp/B000X1289W

第一部 ゾルゲ・スパイ団 − 尾崎と国際問題 (※尾崎秀実の敗戦革命への謀略について)

(前略)日本は英・米と衝突する運命にある。緒戦では日本が優勢であるかも知れないが、日本の
経済的脆弱性の故に、また長引いた支那事変の為に、国力が消耗しているから、その優勢も長く
は続かないという解釈をしていた。この予言は1942年3月3日の、尾崎への訊問中にただされた
ものである。(※尾崎秀実「東亜に於ける新秩序」)
(中略)
 第二次大戦により負け、または疲弊した列強は社会主義革命を経る。私(尾崎)は世界革命にま
で導く過程を、次のように考える。
(一)ソ連は平和政策を維持するべきであり、そうするだろう。そして帝国主義列強の紛争には超然
たる態度をとるであろう。
(二)日独伊と英米間の紛争は、修正資本主義国家と真の帝国主義国家群との闘争と解せられ、
長期消耗戦の後に一方側の勝利となり、他方には社会主義革命が起こる。
(三)勝った国家も疲弊して、多分、社会主義国家となる。ことにロシアの勢力が比較的増進される。
(中略)私はこの予言を、1941年7月にゾルゲに話した。

※尾崎秀実は日本を対米英の破滅的戦争へ誘導し、レーニンの”砕氷船理論”を推進し、敗戦革命
する事を夢見ていた。この結果、300万人以上の日本人が死亡し、日本国土は焦土と化した。

244 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 08:04:24 ID:L1ZCviUo0
>>240
頭の弱さに不安を覚えたってことはないの?

245 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 08:58:19 ID:xKmXtVTg0
田母さんや渡部、中西、櫻井らの妄言を信じている人間は
統一テストの日本史Bを捨てて試験に臨むしかないんだなw

246 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 09:56:20 ID:vpRREpim0
>>245
大学に入ってから勉強しなおせ。
妄言でないことがわかるぞ。


247 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 10:20:13 ID:GpPxVhig0
>>246

その大学ってもしかして 例の教授がいる大学ですねw

ウヨ脳育成大学だから 社会に出てから苦労するよ

248 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 10:36:21 ID:vpRREpim0
247は、講義で教授の言うことを鵜呑みにして、洗脳されやすい奴のようだな。
高校までの教科書に記載されていることが絶対だと思い、
大学でも教授の言う事を無批判で受け入れる単細胞馬鹿クン。
俺が246で言ったのは、大学に入ったら自分で文献をあたれ、ということ。
247のカキコを見ると、247が幅広く知見を広げようとしている奴ではないことがわかる。


249 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 10:39:36 ID:xKmXtVTg0
ID:vpRREpim0が何を言い訳しようが

>妄言でないことがわかるぞ。

これでただのバカだとわかるw
さあて違うというなら説明していただきましょうか。
張作霖爆殺がコミンテルンの仕業だということをねえ。
まさか存在しないGRU文書なんて妄想やら
事件直後の英国文書なんてアホな根拠じゃないでしょうなあ。

250 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 11:47:03 ID:A5vNv+XE0
張作霖爆殺事件の真相について息子さんが語っています。

張学良が語る 〜日中戦争への道〜
http://www.megavideo.com/?v=50BFXKDA

251 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 11:56:44 ID:SgCJFXlt0
>>249
『マオ 誰も知らなかった毛沢東』
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/mao/

膨大な「注」と「参考文献」がついており、日本語版ではこれらが省かれていますが、
希望者は、上記のインターネット・サイトからPDFファイルをダウンロードできます。

 本書は、張作霖爆殺事件は、スターリンの命令にもとづいて、GRUのナウム・エイティンゴンが
計画し、日本軍の仕業に見せかけたものだと書いています(上巻 P301)。この記述に注目した中
西輝政教授は、この件(くだり)の注釈に注意を促しています。資料をダウンロードしてみると、注
釈には次のように書かれています。

 「Kolpakidi & Prokhorov 2000,vol.1, pp.182-3(from GRU sources); key role also played by Sorge’s
predecessor, Salnin. indirect confirmation of this is a photograph of the Old Marshal’s bombed
train in Vinarov’s book (opposite P.337)captioned: ‘photograph by the author’」

 中西氏は、この張作霖事件の注釈の重要性を感得し、次のように書いています。

 「該当の注を見ると、その典拠として、アレクサンドル・コリパキディとドミトリー・プロコロフの『GRU
帝国』(未邦訳)第1巻182−3頁、が挙げられており、同時にエイティンゴンと共に張作霖の爆殺に
『主要な役割を果たしたのは、ゾルゲの前任者であったサルーニンであった』と書かれている。
つまり典拠は2000年に刊行されたロシア語の2次資料であるが、それはGRUの公文書に依拠して
書かれた本だということである。

 そして従来ごく一部で噂されていたことだが、イワン・ヴィナロフのブルガリア語の本(『秘密戦の戦士』)
に掲げられている張作霖爆殺直後の破壊された列車の写真のキャプションに、『著者自らが撮影』とある
のが、爆殺の手を下したのは日本軍ではなくGRUだという、もう一つの間接的根拠だというチアンとハリデ
ィによる詳しい記述もある」と。(月刊『諸君!』平成18年3月号)

252 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 12:05:47 ID:SgCJFXlt0
>>249
>>52
Красная паутина
Тайны разведки Комитерна 1919-1943 гг.
(未邦訳:仮題「赤いクモの巣」、「赤いくもの巣」、「赤い蜘蛛の巣」)
http://www.chtivo.ru/chtivo=3&bkid=784634.htm
http://www.chtivo.ru/getpic3d/16777215/500/358550.jpg

【張作霖爆殺の真実】1/3 田母神論文「コミンテルンの謀略」【桜 H20/12/13】
ゲスト:瀧澤一郎(国際問題研究家・元防衛大学校教授)
http://jp.youtube.com/watch?v=HTh1yMkmuK8&feature=channel_page
http://jp.youtube.com/watch?v=XsbC3BK9auU&feature=channel_page
http://jp.youtube.com/watch?v=233fsKFGurI&feature=channel_page
(3分50秒辺りから本題)

防人の道 今日の自衛隊 『田母神論文が問うた「コミンテルンの謀略」 』1〜3
http://jp.youtube.com/watch?v=pdASo00PbpQ
http://jp.youtube.com/watch?v=g-I5p8_DmQk
http://jp.youtube.com/watch?v=CpdKkvXIBpk

253 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 12:29:02 ID:SgCJFXlt0
「GRU帝国(仮題)」(未邦訳)
Imperiia GRU: Ocherki istorii rossiiskoi voennoi razvedki (Dose) [IMPORT] (Unknown Binding)
by Aleksandr Kolpakidi (Author)
http://www.amazon.com/Imperiia-GRU-Ocherki-rossiiskoi-razvedki/dp/5224006007

(コピペ)
コルパキジ(Alexander Kolpakidi)とプロホロフ(Dmitry Prokhorov)の「GRU帝国」(Imperiia GRU)。
この本はユン・チアンの「マオ」における張作霖爆殺事件の記述(張作霖爆殺は日本軍ではなくソ連
側の計画・実行によるとするもの)から有名になりました。ユン・チアンはこの箇所について、彼女自
身が見たソ連情報部の資料に基づいて記述している旨述べていますが、参考文献として挙げられ
ていた「GRU帝国」にも同様の記述が見られます。ただ、本書の価値はこの点に限定されるものでは
勿論なく、むしろ従来詳しい経年的描写がほとんどなされてこなかったGRU(ソ連軍参謀本部情報総
局)に関する大部の著作として記憶にとどめられるべきものです。実際、海外でもこの点から彼らの
著作を評価する向きがあります。

254 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 16:11:29 ID:xKmXtVTg0
なんだw
秦郁彦の指摘したとおりに全てがプロホロフのでっちあげた
GRU文書に結びつく陰謀論の珍説かw
そんなものは産経新聞の内藤モスクワ支局長が
プロホロフ自身を取材して

「旧ソ連共産党や特務機関に保管されたこれまで未公開の
秘密文書を根拠にしているわけではない」(正論2006年6月号)

とプロホロフ本人が認めてしまっているんだけどなw

255 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 16:43:04 ID:SgCJFXlt0
>>254
>>252
Красная паутина Тайны разведки Комитерна 1919-1943 гг.
=「(未邦訳)仮題:赤い蜘蛛の巣」
http://uabooks.com/%D0%9A%D1%80%D0%B0%D1%81%D0%BD%D0%B0%D1%8F-%D0%BF%D0%B0%D1%83%D1%
82%D0%B8%D0%BD%D0%B0-%D0%A2%D0%B0%D0%B9%D0%BD%D1%8B-%D1%80%D0%B0%D0%B7%D0%B2%D0%
B5%D0%B4%D0%BA%D0%B8-%D0%9A%D0%BE%D0%BC%D0%B8%D0%BD%D1%82%D0%B5%D1%80%D0%BD%D0%
B0-1919-1943/prd_91142.html

もあることだし、ロシア語が読めれば確認したらどうだろ。
瀧澤一郎氏(国際問題研究家・元防衛大学校教授)は本書でも張作霖爆殺がGRUによる、という説を採り上げ
てますよ。氏はロシア研究を長年やっておられるので確度は高いでしょう。
情報源となる史料については、何しろ機密文書ですから、その国が都合が悪いとなると100年、200年出てこ
ない、という事も言ってますね。アメリカでも例えばケネディ暗殺事件についての文書の非公開は延長され続け
ていますね。
謀略、スパイ活動などに関わる情報というのはなかなか出ては来ないものですが、しかし、ソ連崩壊で緩んだ時
期に流出した情報などが機密のベールに小さな穴を空け、そこから漏れ出した情報と過去に知られた情報をつき
合わせる事で整合性を確認するなどして検証することが出来るようになってきました。
1980年代にVENONA暗号やNSA、エニグマ暗号解読作戦(ウルトラ)などが知られるようになってきたわけで、
未だ未だこれからの展開がありそうです。
張作霖爆殺に関しては、GRUが犯人であるとの確証までは行かないものの、逆に関東軍が実行犯であるかどう
かも判然としなくなってきました。今の所、GRUと関東軍のいずれか、半々くらいでしか言えないのでは無いでしょ
うか。そしてそれは、関東軍だけを悪者にしてきた歴史観に動揺をもたらしていることは間違いないでしょう。

256 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 17:33:43 ID:xKmXtVTg0
瀧澤ねえwご本人が正論2006年5月号で述べた
ご意見はもう忘れたんだろうなあw

自分で否定しておいてよくもまあw

257 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 20:01:53 ID:GpPxVhig0
そういえば UFOもアメリカやソ連で機密のベールになってるみたいですね。
ビックフットも機密文書で保管されてるそーですが機密文書って便利だよね。



258 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 20:02:52 ID:GpPxVhig0


UFOは間違いなく存在します。
信じない奴は自分で文献しらべなさい。

259 :文責・名無しさん:2009/01/18(日) 20:06:00 ID:GpPxVhig0
UFOや心霊現象はコミンテルンより間違いなく目撃情報や文献が多いのが救いですな。

必ず存在します。あなたの心の中に。


260 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 10:50:59 ID:+G+eiS1/0
【保守派、怒りの大反撃!】中山成彬×田母神俊雄×西村幸祐
http://www.excite.co.jp/News/society/20090118/Cyzo_200901_post_1393.html


261 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 19:09:22 ID:6Pfe7Mle0
age

262 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 19:09:53 ID:6Pfe7Mle0
sage

263 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 20:22:27 ID:C66C0+uV0
>>260
田母神閣下、男だなー
大体、中山元大臣とか田母神前空幕長の発言は全部正論だよなぁ。
麻生さんも正論を擁護すべきだった。
支持率が落ちるのは当然だな。
正論を言う保守論客の名誉を回復しない限り、麻生内閣の支持率回復は無いだろう。

264 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 20:27:47 ID:eK3xeVQA0
田母神の論理からすると、アジア、太平洋戦争で散々な犠牲を払って敗北したのは
軍部の自己責任。

265 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 22:54:16 ID:l4Oar3Tv0
>264
当時如何に社会主義思想が日本の軍部、官僚、マスコミ、インテリに広がっていたのか

知らないだろう?

単純な「軍国主義」「軍部独走」の歴史観で戦前を語ってはいけないよ

266 :文責・名無しさん:2009/01/19(月) 23:44:06 ID:6QJofwDL0
そんな妄想思想に浸ったことで言い訳しも自己責任。
擁護どころか恥の上塗りでしたとさ。

267 :文責・名無しさん:2009/01/20(火) 01:15:51 ID:8bKe8WdJ0
>266
ゼロか一か、白か黒か、勝ちか負けか
負けたから、といって事実の分析をしたら「言い訳だ!」だってさ。

思考も思索も出来ないのね、カワイソウニ・・・。

268 :文責・名無しさん:2009/01/20(火) 07:03:36 ID:kFf3LBFi0
「知らないだろう」と妄想決め付けして
それに基づいて
「いけないよ」と妄言w
何処までバカなんだかw

269 :文責・名無しさん:2009/01/20(火) 22:01:38 ID:5VG0z2O50
ゾルゲ事件も発覚しなかったら、ただの妄想で済まされたんだろうなあ。


270 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 05:45:46 ID:OttyEDtQ0
>>265
あなた1930年代論って、きちんと勉強したことないでしょ。

世界恐慌の余波で不況に苦しむ資本主義各国を尻目に、失業を一掃し目覚ましい経済発展を遂げた(と伝えられた)
ソ連型「計画経済」の要素を、日本を含む資本主義国が部分的に取り入れたことで、資本主義そのものがいかに大きな変容
を遂げたか、

そんなことは常識中の常識。

271 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 06:54:30 ID:QIDnA8hI0
ソ連が数千万の餓死者を出したことも常識でな

272 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 07:05:39 ID:OttyEDtQ0
南京大虐殺30万人犠牲者数は嘘である。従って南京大虐殺などはなかったと
言っている連中が、農業集団化で数千万の餓死者とか、中国軍のチベット侵攻で
100万人が虐殺されたとか言う数字は無批判に受容するのは典型的な二重基準。

273 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 07:39:07 ID:HLc2PQay0
>>270>>272
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、人類史上未曾有の犠牲者を生み出した
アジア共産主義の現実。ナチズムの犠牲者約2500万人に対し、共産主義により殺された
人数は、ソ連2000万、中国6500万、ベトナム100万、北朝鮮200万、 カンボシア200万、
東欧100万、ラテン・アメリカ15万、アフリカ170万、アフガニスタン150万を数え、合計は
1億人に近い。
民族・人種によるジェノサイドとイデオロギーによるジェノサイドはどこが違うのか。
なぜ、共産主義は今日まで弾劾されずにいるのか?

↑ウクライナとか、強制移住やら食糧を計画的に供給しなかったりやらでスターリンが大虐殺
してますがな。ソ連が世界恐慌の影響を受けなかったなんてのはウソだったことはもう既に
知られていることですがな。大体、ソ連の経済が優れていたら、ソ連邦消滅なんかしないはず
ですがな。せめて歴史に学んで下さい。

南京大虐殺は中国や反日左翼メディアの捏造ですが、「共産主義はウソばかり」でとらえれば、
二重基準ではなく、一貫した基準で評価した結果だ、ということになります。矛盾はありません。

274 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 07:47:16 ID:OxcDffpK0
南京で万単位の虐殺があったのは事実

275 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 07:58:53 ID:7qVn1QaU0
>>274
そしたらどんな武器を使って数万人も殺したの?
そして当時どれだけの日本兵が南京にいたの?
それだけの武器と人員の調達資金も当然必要で、その当時の日本に余裕はあったの?

と釣られてみる。

276 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 08:01:46 ID:jGnLSvuE0
田母神も自衛隊辞めたらただの馬鹿だからな。
擁護側の潮とかも、「論文の中身自体には賛成できないが・・」て
いってたほどだしw


277 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 08:05:39 ID:OxcDffpK0
>>275
南京戦史も知らないんだね。
秦郁彦の著書を一冊でも読んだらどうか。

278 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 10:08:45 ID:7qVn1QaU0
>>277
そもそも、瀧澤一郎氏も指摘しているが、秦郁彦とは、
官僚の勉強をしてきた人間で、歴史と出会うのは、
その変人的性格から大蔵省の資料室に追い出された時で、
彼は歴史に対する姿勢を勉強したわけではない。

秦郁彦の南京虐殺捏造という犯罪について語ろう。
彼は、中公新書から『南京事件』という本を出し、
自称強姦魔の曽根一夫の証言から南京虐殺を肯定している。
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/844589/

wwwww






279 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 11:29:48 ID:OxcDffpK0
>>278
2009年WILL2月で秦は反論済むの話。


280 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 11:42:59 ID:OxcDffpK0
>>279
ついでに指摘しておくが
南京において万単位の処刑はあの東中野や渡部すら認めている
歴史的事実。

281 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 12:23:50 ID:HPrMs//E0
 
ウヨ痛すぎww
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1229963031/141

282 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 12:59:21 ID:OttyEDtQ0
>>273
やはり歴史を全然勉強していない方みたいですね。

http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/notes/seijigakkai2002.htm
 今日では、近代化の「推進」という側面についても、「克服」という側面についても、
失敗という結果ばかりが目立ち、そのため、そうした企図があったという事実自体が忘れ
られがちである。だが、意図と結果の間に大きなギャップを含みつつも、ある意味ではき
わめて強烈にこの目標が推進されたということは歴史的事実である。その結果、アンバラ
ンスながらも独自の近代化が進行し、またその中で、他の「先進諸国」とは異なる独自の
特徴をもつ産業社会が形成されもした。それは、その「近代化」推進方法が特異であり、
それに伴い、テンポの異常な速さ、コストやアンバランスの極度の大きさなどの特殊性を
もったからである。では、その方法の特異性はどこにあるか。
 「社会主義的な近代化」を「資本主義的な近代化」と対比するとき、先ず眼に入るのは、
後者で主要な役割を演じるブルジョアジーおよびその関連制度(市場経済およびそれに適
合的な法制度等)が前者では排除され、それに代わって、党=国家体制の主導する行政的
=指令的システムが主要な役割を演じたという点である。この行政的=指令的システムは、
少数の重点的分野に人的・物的資源を集中的に動員する上では、それなりに有効性を発揮
しうる。ということは、近代化の初期ないし中期段階(重厚長大型産業が支配的で、目指
すべき目標の種類も比較的限られている)、また戦時期・戦後復興期などには相対的に適
合性が高いということを意味する。時代的には1930年代から戦時を挟んで50年代くらい
までについて、その意味での有効性を指摘することができる。その時期には、ソ連の経済
成長がそれなりに高かったばかりでなく、先進資本主義諸国でも部分的に「計画経済」の
要素を取り入れようとする動きが盛んだったり、また発展途上国における発展(開発)戦
略として計画経済方式が有意味なモデルとみられたりした。それはあたかも、「近代の克
服」「ポストモダン」の最先端であるかに受けとめられることさえもあった。これは後に
失墜するとはいえ、その当時には一定の根拠をもった現象だった。

283 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 13:01:30 ID:OttyEDtQ0
>>282 続き
 こうして、ソ連型の近代化がその「成功」の中においても極度に大きな犠牲を
伴ったことは明らかな事実である。だが、そのような犠牲を「やむを得ざるもの」
として受けとめる心性(メンタリティ)が、当の犠牲をこうむらされた国民や、諸
外国の必ずしも確信的共産主義者でない人々にまで分かちもたれていたというこ
とも、また歴史的事実である。このことは、近代化を「何が何でも遂行しなけれ
ばならない至高の目標」とし、それに伴う犠牲は「やむを得ない」ものとして正
当化する意識が19-20世紀の大部分にわたって人類を強く捉えていたことのあら
われである。そして、ソ連の歴史はそのような心性の最も強烈な体現という世界
史的な意味をもっている。
 しかし、時代とともに、状況は大きく変化した。社会・経済の仕組みが複雑化
して多様な分野へのきめ細かい対応が必要とされる度合が高まるにつれて、行政
的=指令的システムの不適合性が高まった。かつては、非優先分野における犠牲
に目をつぶるなら、ともかくも経済成長が達成され得たが、次第にそれも困難に
なるような状況が現出した。こうして、近代化推進力としての行政的=指令的シ
ステムの有効性が低下した。この時期には、社会主義諸国の経済成長が鈍化する
一方、先進資本主義諸国では「新自由主義」が台頭し、発展途上国における発展
(開発)戦略としても、社会主義的な路線よりも市場志向の戦略の方が優位性を
発揮するようになり、社会主義の威信が世界的に低落した。1980年代末に社会
主義があっけなく崩壊したのは、それに先立つ20-30年間にこうした過程が着実
に進行していた――但し、「成立以来、70年間一貫して」ということではない――
ことによる。

284 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 13:33:15 ID:OttyEDtQ0
>>273
議論に誇張が含まれやすいということについて補足するなら、スターリニズム下ソ連のさまざまな犯罪的現象、
中国の文化大革命期における蛮行、カンボジア大虐殺、北朝鮮の現状などといった事実がごく最近まで完全に
秘匿されており、ようやくソ連解体後になって暴露されたというような議論が近年広く流布されているが、これ
は明らかに事実に反する。確かに、スターリン時代の諸現象の細部に関わる具体的情報はペレストロイカ期およ
びソ連解体後に急激に増え、かつてよりも認識がより豊富かつ正確になした個々の具体的情報はともあれ、飢饉や
テロルという現象それ自体は、同時代的にも一応外部世界に伝わっていたし、その後、欧米の研究者やソ連の「異
論派」知識人によって掘り起こされ、種々の著作がペレストロイカよりも前に書かれていた(その代表的なものは
日本語に訳され、日本でも広く読まれていた)。だから、これらの事実がつい最近まで全く知られていなかった
とか、完全に隠蔽されていたというような言説は、事実経過を正しく踏まえておらず、歴史論というよりは政治的
イデオロギー論というべきである。最近の代表例として、『共産主義黒書』のクルトワの序文は、これまでこれら
の歴史的事実が隠されてきたとか、ほとんど知られていなかったということを力説しているが、実は、そこに書か
れていることのほとんどは、ずっと以前から知られていたことであり、羊頭狗肉の典型といわざるをえない。

285 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 14:32:44 ID:d4BhClq50
『ジョン・ラーベ』

独本国で4月2日公開
ttp://www.johnrabe.de/

286 :文責・名無しさん:2009/01/21(水) 18:47:33 ID:Dkpm/2ss0


 UFOや心霊現象は存在します。
 信じない奴は非国民だろw
 今に米の機密文書が公開されるからな!!

  

287 :文責・名無しさん:2009/01/22(木) 02:20:20 ID:QtXtVVPd0
>>270
>ソ連型「計画経済」の要素を、日本を含む資本主義国が部分的に取り入れたことで、資本主義そのものがいかに大きな変容
>を遂げたか、

それは何時どの国が取り入れたのか、是非貴殿のご高説を賜りたい。

288 :アグネス・スメドレー:2009/01/23(金) 00:34:08 ID:EKqTixB70
アグネス・スメドレー (Agnes Smedley, 1892年2月23日 - 1950年5月6日)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカ合衆国のジャーナリスト、ソビエトのスパイ。
中国大陸の近代事情、特に中国共産党に関する著作で知られる。

スメドレーはアーネスト・ブラディン(Ernest Brudin)と結婚し、カリフォルニア州へと移住した。この地
で社会主義の思想に触れた彼女は、6年後に離婚するとニューヨークへと向かった。ニューヨークで
はマーガレット・サンガーと共にBirth Control Review誌で働いている。インド人の共産主義者ヴォレン
ドラナート・チャットパディア(Virendranath Chattopadhyaya)と関係を深めると、彼とともにドイツへ渡っ
た。1929年には初の自伝を書き上げている。

チャットパディアと分かれたスメドレーは次なる興味の目標を中国大陸へと定め中華民国の上海へ向
かった。上海ではソビエト連邦のスパイであったゾルゲと親密に親交し(性的・肉体関係もあった)、後
に彼の協力者となる尾崎秀実を紹介した。尾崎はスメドレーの著作を日本語に翻訳している。このよう
な経緯から、マッカーサーの部下であったチャールズ・ウィロビーはスメドレーをソビエトのスパイであ
ると主張していた。スメドレーはこの主張に対し戦後告訴を試みているが、最近の研究ではこの疑惑は
真実であるとされている。

※ゾルゲ・スパイ・リングはこうしてスターリンのソ連・コミンテルンの指令の下、中国、日本、アメリカに
またがって活動していた。

289 :文責・名無しさん:2009/01/23(金) 00:55:42 ID:b+m9HGbe0
一水会フォーラムでの田母神講演会の様子です

http://ameblo.jp/dengekigyuzo2006/entry-10195900377.html

290 :文責・名無しさん:2009/01/23(金) 11:47:55 ID:igVLkg/h0
爆笑問題の太田はこういうスレを読んで放送でわめき散らしている 意味は理解せずに

291 :文責・名無しさん:2009/01/23(金) 12:59:46 ID:/YRzz95f0
だってソーカだろ?

あと、太田はアレに多い苗字

292 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 02:21:46 ID:NmA/O3Z40

 「アメリカのチェイニー副大統領らネオコン& サダムフセイン&パキスタン」の水と油をくっつけたような

   旧大日本帝国のファンダメンタリズムが、アメリカのソフトパワーのファンダメンタリズム、国際共産主義のファンダメンタリズムの戦いに敗れ、

   日本の空気のファンダメンタリズムが、アメリカのソフトパワーのによって空気の入れ替えで改められた、グローバルスタンダードと国際共産主義が仲間どうしでケンカ=冷戦


   

   

293 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 02:54:25 ID:NmA/O3Z40
「田母神」は この件で「弾圧を される側 する側」か理解できないが、

 時と場合による、白を黒といい、黒を白といい、

 文革の4人組を、文革派が敵視して虐殺し打倒された「実権派、走資派」といい、
 文革の江青被告ら4人組が、自分達は自分が打倒した「実権派で走資派」で被害者だ!と言ってるのが「田母神前幕僚長」、


 

 

294 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 03:17:35 ID:NmA/O3Z40
244>>もっと頭をそいつより強くしてから言え、なんか言い返すことある?

   

295 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 04:19:47 ID:7ev3qUFd0
ID:NmA/O3Z40は中国人だな。
変な日本語ですぐわかるぞ。


296 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 05:23:49 ID:dTRLEnqT0
>>295
ID:NmA/O3Z40
は明らかに中国人ですね。
田母神閣下は中国で中国軍人と歴史観について論争し、中国からするとかなりインパクトのある
人物だったみたいですね。田母神閣下の記者会見の時も中国人記者(中国共産党の情報収集活
動でもあるのでしょうが)がやってきて、その言動を注視していたようですから、相当な注目をしてい
たようですね。ID:NmA/O3Z40の書き込みは存外、留学生とかの適当な書き込みではなく、対外中
央宣伝部などで考えた内容だったりするのかも知れませんね。

正直、今の日本人で、しかも若年層になると四人組だの走資派だのという言葉を持ち出されても、
意味が分からない人が大半じゃないかなと思います。しかし、恐らく中国国内では歴史教育など
では悪人の代表みたいな扱いなのかなと思います。(どうなんですかね)

中国人向けの書き込みなんですかね。日本人向けだとしたら滑稽なだけですが。

297 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 05:49:03 ID:4dLYV1rU0
ハンガリー動乱を見た毛沢東は知識人狩りを思いつく。
知識人に政権批判をするよう奨励した。
次に反革命分子狩りを命じた。
各地の党支部に人員ノルマを与えて、告発合戦。
運の悪い奴は僻地肉体労働と収容所。
集会で居眠りしたとか、トイレで中座したとかでも、ノルマをこなす。
浅間山荘もそうか。浜田や増田もそうか。TBSもな。

298 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 06:40:14 ID:8YfWSnNj0
【正論】安全保障政策の不備こそ問え 東洋学園大学准教授・櫻田淳
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081219/plc0812190333006-n1.htm

田母神論稿の「正しさ」と「愚かさ」 東洋学園大学准教授・櫻田淳
http://sessai.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-6d76-1.html


299 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 09:54:03 ID:NmA/O3Z40
【>>297】おおむかしの日本のキリシタン弾圧みたいだな・・・・



300 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 09:59:47 ID:NmA/O3Z40
【>>295−296】いやお言葉を返すようで悪いが・・・オレは日本人だが、このカキコだけはウソはない、
           話が変な方向に飛んでないか?

301 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/01/24(土) 10:00:50 ID:NmA/O3Z40

 図書館か古本屋で資料を見た

302 :「ゾルゲ事件」報告書:2009/01/24(土) 13:06:56 ID:dTRLEnqT0
【米国公文書】ゾルゲ事件資料集 −「ゾルゲ事件」報告書 GHQ・CIS編−
http://www.shahyo.com/book/0560.html

序文

 ゾルゲ事件で主導的役割を果たしたリヒャルト・ゾルゲ、尾崎秀実、宮城与徳は最早この世に
いない。事件そのものが過去の出来事となっている。だが、それは重要な出来事であり、裁判終
結以来、日本の内務省や司法省に放置されていた、秘密記録文書の中に埋もれてしまうには重
要さが過ぎる。そこからは高度な諜報活動の古典的事例が知られる。そこでは共産主義思想の
ある種の並々ならぬ面を率直に浮かび上がらせている。そこからは日本政府の要人の部屋で展
開された葛藤や、戦前数年間の外交に関する情報が得られる。その重要性故に、この事件を研
究用に明かすことにした。

303 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 13:07:57 ID:w6R7uztD0
 

304 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 13:51:53 ID:3OB7zxlS0

あれこれ言う前に張作霖の息子の話を聞いたら?

張学良氏インタビュー
http://www.megavideo.com/?v=50BFXKDA

305 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 14:21:02 ID:3OB7zxlS0
 
〓19分35秒〜

アメリカ国立公文書館に保存されていた
田中内閣が天皇に提出した張作霖爆殺事件内奏(原本)
これを、内閣書記官長 鳩山一郎が東京裁判で証拠書類として提出した。

その内奏によると、昭和4年3月27日白川陸相は、天皇に事件の調査結果を報告。
この事件は、関東軍河本大佐の単独犯行であると断定したと明確に記載されている。

ところが、半年後の昭和4年6月27日、再び天皇への報告で、日本の軍部や軍人は、
一切張作霖爆殺事件には関与していないということを内外に発表したいという政府の
方針が記されていた。田中内閣は、軍部の圧力に屈して真相の公表を断念した。

この、異なった内容の報告は、昭和天皇の逆鱗に触れた。
田中内閣は総辞職。事件の真相はウヤムヤのうちに葬り去られた。

306 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 14:29:40 ID:dTRLEnqT0
>>305
張作霖爆殺はソ連・GRUのナウム・エイティンゴン説が有力になってるからなぁ。
少なくともロシア国内の出版物ではそういう説が唱えられている。
『GRU帝国』と『赤い蜘蛛の巣』の2冊が既に紹介されている。
また、ロシアのTV放送でもこの説が採られている様だ。
ロシアとしてはまんまと日本を嵌めてやった、という手柄話になっているのだろう。

307 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 14:36:45 ID:3OB7zxlS0
>ソ連・GRUのナウム・エイティンゴン説が有力になってるからなぁ。

それって、どこの陰謀論者のサバトだよ?w

308 :文責・名無しさん:2009/01/24(土) 15:15:00 ID:X4Rz1Xf70
>>307
もちろんデマを垂れ流している瀧澤一郎でしょ。

309 :「ゾルゲ事件」報告書:2009/01/25(日) 01:22:30 ID:cFPmf4Ts0
【米国公文書】ゾルゲ事件資料集 −「ゾルゲ事件」報告書 GHQ・CIS編−
http://www.shahyo.com/book/0560.html

二 リヒャルト・ゾルゲ

 1924年にゾルゲはフランクフルトでのドイツ共産党秘密総会に出席した。彼はコミンテルン代表
のヨシフ・ピャトニツキー、ドミートリ・ザハロビッチ・マヌイリスキー、オットー・ウィルヘルム・クーシネ
ンとソロモン・アブラモビチ・ロゾフスキーをもてなすための歓迎委員会の一員となった。年末にかけ
てこのソ連代表達の招待でゾルゲはモスクワに送られた。ゾルゲはドイツ共産党を辞めてソ連共産
党入りをし、コミンテルン(共産主義インターナショナル)の情報部の一員となった。

 ゾルゲは1927年にはスカンジナビアと英国にコミンテルンの情報・組織局の特別代表として派遣
された。1929年まで留まって、スカンジナビア諸国や英国の共産党と協働して労働問題や共産主義
活動に関する情報を集めた。

※ゾルゲの祖父、アドルフ・ゾルゲはマルクスの第一インターナショナル時代の組織で、カール・マル
クスの秘書をしていた。

310 :〓 幕僚長 〓:2009/01/25(日) 23:14:32 ID:IlOlpjQN0
 
田母神氏生出演! 90分まるごと「国防スペシャル」 2008年11月30日
http://video.google.com/videoplay?docid=7816716877161809345&ei=JUd8ScDYLZKMwgO53sDaDg&q=%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E%E6%B0%8F%E7%94%9F%E5%87%BA%E6%BC%94%EF%BC%81

田母神閣下 TVタックル登場!1/5
http://jp.youtube.com/watch?v=MEVL9kyRQ-I&feature=PlayList&p=899B3069FDFF6992&index=0&playnext=1
( 1/5 〜 5/5 は、「右側の再生リスト」で、全て見れます。)

「私が危険人物のタモガミです」田母神元幕僚長記者会見1/4
http://jp.youtube.com/watch?v=MSPxHnjT0jg&feature=PlayList&p=099517F0FBDA9AE5&playnext=1&index=22
( 1/4 〜 4/4 は、「右側の再生リスト」で、全て見れます。)

【爆殺の真実】1/3 田母神論文「コミンテルンの謀略」【桜 H20/12/13】
http://jp.youtube.com/watch?v=HTh1yMkmuK8&feature=PlayList&p=EE1F23F39CECD39D&index=0&playnext=1
( 1/3 〜 3/3 は、「右側の再生リスト」で、全て見れます。)

gkrntmgmmdtjeti1  朝まで生テレビ!田母神問題!
http://jp.youtube.com/watch?v=VVoQRZp2pqo&feature=PlayList&p=709668063319EC95&index=0&playnext=1
( gkrntmgmmdtjeti1 〜 gkrntmgmmdtjeti18 は、「右側の再生リスト」で、全て見れます。)

YouTube検索 「 田母神 」
http://jp.youtube.com/results?search_type=&search_query=%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E&aq=f


311 :〓 幕僚長 〓:2009/01/25(日) 23:15:23 ID:IlOlpjQN0
 
機械・工学@2ch掲示板  ・  なんでも 雑談 スレッド  ・
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1182463384/l50

312 :文責・名無しさん:2009/01/26(月) 17:12:22 ID:KWH1UQVP0
パンダバーガー 黒柳徹子はフリ−チベットとは、叫ばない

パンダバーガー 黒柳徹子はフリ−チベットとは、叫ばない

パンダバーガー 黒柳徹子はフリ−チベットとは、叫ばない

313 :文責・名無しさん:2009/01/27(火) 23:01:14 ID:5IhL0K8p0
>>270
>ソ連型「計画経済」の要素を、日本を含む資本主義国が部分的に取り入れたことで、資本主義そのものがいかに大きな変容
>を遂げたか、

それは何時どの国が取り入れたのか、是非貴殿のご高説を賜りたい。




314 :文責・名無しさん:2009/01/27(火) 23:06:29 ID:4H54sZjW0
>>313
バカですか? 「傾斜生産方式」ってぐぐれよ
吉田茂だよ?

315 :文責・名無しさん:2009/01/28(水) 01:20:24 ID:+qLZLyzU0
>314
バカですか?
「戦前」での話をしているんですけど・・・
前後のレスをよく読んでから書き込んで下さい。

316 :文責・名無しさん:2009/01/28(水) 07:02:00 ID:SqU9zOVX0
【書評】『知られざるインテリジェンスの世界』吉田一彦著
評・田母神俊雄(前航空幕僚長)

http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090125/bks0901250929009-n1.htm

317 :文責・名無しさん:2009/01/28(水) 17:06:02 ID:uKWHzT390
***「田母神論文と自衛官の名誉を考える会」***

http://homepage3.nifty.com/tamogamironbun/


318 :文責・名無しさん:2009/01/28(水) 18:36:17 ID:aRiOZQh10
いいのか? 自衛隊員が、こんなネット工作と政治活動してw


17 :専守防衛さん:2009/01/23(金) 21:19:17
  >>1
  あれほど類似スレはもう立てるなと言っただろうが!


18 :専守防衛さん:2009/01/24(土) 06:04:23
  >>17 いいんじゃない。
  自衛隊版では、なぜか田母神氏を支援するスレタイが整理され
  批判するスレタイが複数残されてなんかカキコする気になれなかったから、
  マスコミ板に行ってたけどやっと自衛隊版に戻る気になったよ。
  だから「愛国者田母神前空幕長」をクビにした「売国奴浜田馬鹿大臣」を落選させよう!

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1232445996/17-18

319 :文責・名無しさん:2009/01/28(水) 23:35:30 ID:joziwwRN0
サヨクを代表するブロガーclaw ついに更新停止か?
正論の連発に心打ち砕かれ街を彷徨う日々?
http://d.hatena.ne.jp/claw/mobile?date=20090103

320 :文責・名無しさん:2009/01/29(木) 07:34:24 ID:MPi5mbu9P
13万部突破! 遂に日本国民必読の書となった! 日本は本当に侵略国家だった
のか?! 田母神俊雄 自らの身は顧みず (読売2面広告)
http://www.web-wac.co.jp/publish/index.html

321 :shimaumaw220085.ppp.asahi-net.or.jp:2009/01/29(木) 07:45:42 ID:gLc8AqzB0
shimatan

322 :文責・名無しさん:2009/01/29(木) 22:14:48 ID:pgASY+BC0

産経がアパとグルになってやった論文で、アホで調子に乗りやすい田母神をマンマと応募させ、
ほとんどお手盛りの最優秀賞という引くに引けない褒め殺しをした上で、HP上に英文まで掲載して
全世界中に、論文をばら撒く。これでもうあとにも引けない撤収不能状態。

その後、当然起こるであろう政治問題化を待って、潮時と観るやバサリと田母神を一刀両断する
森本氏の論説を掲載。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081205/stt0812050323000-n1.htm

これはこれで、産経もちょっと悪質だなwww

まあでも、アホウヨを自衛隊のトップから排除するという産経の功績はモチロン大きいのだがw


323 :「ゾルゲ事件」報告書:2009/01/30(金) 02:43:58 ID:At4GhqC9P
【米国公文書】ゾルゲ事件資料集 −「ゾルゲ事件」報告書 GHQ・CIS編−
http://www.shahyo.com/book/0560.html

 1929年の5月か6月にモスクワに戻ったゾルゲは、共産党関連の情報活動からの離脱を
申し出た。政治、経済、軍事情報の収集に特化したかったのである。自分の活動の場は極東、
と決めた。コミンテルン情報部を去った彼は、ソ連の赤軍第四部に配属され、早速第四部内で
極東諸国、殊に日本の政治、外交、財政、経済、軍事、他の資料を集める組織の結成に着手し
た。こういうわけで、彼の仕事の成果がコミンテルンにもたらせるのは、間接的にソ連政府を
通してのみとなった。ゾルゲはこの立場の変更を次のように説明した。

 「ソ連共産党はコミンテルン指導部よりも、影響力が強まりました。今日、実際に共産労働
運動の旗振りをしているのはソ連共産党です。このことは現実的にソ連共産党の指導者とコミ
ンテルンの指導者との関係を見れば分かります。」

324 :文責・名無しさん:2009/01/31(土) 00:15:33 ID:vO2bsyMfP
日刊サイゾー 2月号
http://www.cyzo.com/2009/01/post_1393.html

■社会 激動の09年、日本人は彼らの主張をどう受け止めるか?
【保守派、怒りの大反撃!】中山成彬×田母神俊雄×西村幸祐

「日本は侵略国家ではない」「日教組は教育のがん」といった主張がもとで
マスコミから大バッシングされた、田母神俊雄前航空幕僚長と中山成彬前国
土交通大臣。「我々の主張を、マスコミが歪めて報じている」と憤る保守派
の彼らが本当に訴えたいこととはなんなのか? 両氏に加え、リベラル保守
を自認し、"反日マスコミ"がはびこる現状に警鐘を鳴らす論客・西村幸祐氏
を迎え、マスコミがタブー扱いする彼らの主張に耳を傾けてみた。

325 :文責・名無しさん:2009/01/31(土) 00:22:00 ID:vO2bsyMfP
田母神俊雄(前防衛省航空幕僚長 空将)の「論文騒動」について真相を語る!
http://blog.livedoor.jp/nipponaikoku/archives/50784950.html

演題:日本は侵略国家であったのか(仮称)
講師:田母神 俊雄 先生 前防衛省航空幕僚長 空将
日時:平成二十一年二月八日(日)開演十八時三十分(開場十八時十五分)
会場:国分寺Lホール

326 :文責・名無しさん:2009/01/31(土) 03:56:58 ID:wl1k9FK40
エビジョンいるは窪塚と広末を大河に出したがっていた。
一人はGoがらみで朝鮮のインチキをしってしまい
アイキャンフライ。一人は朝鮮チンピラサロンに
事務所ごと絡めとられ望まぬ出産
二人は候補から脱落。そのあとの大河は
なぜかなんみょー信者の巣窟に!!

だが肉体に打撃をうけた窪はともかく
広末もおくりびとで復調気味!!
朝鮮ズブズブの人間が、それを振り払ったあとは
ウンコをしたあとのマラソンランナーのごとく
快調になる!NHKも日本も広末のごとく頑張れ!



ひろすえくんのアブナい鉄則

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

チョン公は札束ではなく金属バットで振り払え!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

327 :文責・名無しさん:2009/01/31(土) 10:18:09 ID:vO2bsyMfP
「自衛隊がんじがらめ」 田母神前幕僚長、徳島市で講演
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2009/01/2009_123293410737.html

 政府見解と異なる歴史認識の論文を発表して更迭された前防衛省航空幕僚長の田母神(たもがみ)
俊雄さんの講演会「日本は侵略国家であったのか」(田母神論文を支援する徳島の会主催)が二十五
日、徳島市内の徳島グランヴィリオホテルであり、約四百五十人が参加した。

 田母神さんは、日本の国防の在り方について「自衛隊にいたときに、日本は改憲できないし、集団
的自衛権も行使できないことを疑問に思っていた。専守防衛は戦争の抑止にはならず、自衛隊は政府
にがんじがらめにされている」と主張。背景として「東京裁判以降の誤った歴史観がある」などと持
論を展開した。

 また、旧日本軍の中国や朝鮮半島への進軍について「旧満州の人口が増えたのは、日本軍によって
治安が良くなり豊かになったから。侵略が行われる所に人が集まるはずがない」などと、日本を侵略
国家とする主張にあらためて意義を唱えた。

328 :文責・名無しさん:2009/02/03(火) 01:47:34 ID:aEGlLLLV0
>>314
バカですか?
「戦前」での話をしているんですけど・・・
前後のレスをよく読んでから書き込んで下さい。

329 :文責・名無しさん:2009/02/03(火) 20:46:47 ID:bY+IQfqG0
右翼も左翼もいつまで半世紀以上前のことを引きずっているの?

330 :田母神論文と国家観:2009/02/03(火) 22:52:34 ID:rDJWwJ31P
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■はじめに
 今年も、間もなく「建国記念の日」を迎える。しかし、多くの日本人は、「建国記念の日」は
知っていても、国家建設を成し遂げた人物は誰なのか。神武天皇が掲げられた建国の理想は
何か。今年が二千六百六十九年と算定される根拠は何か。これらの質問に明確に答えられる
人はほとんどいないであろう。何故なら、学校教育で全く教えられていないからである。
私が教える短期大学の学生は勿論、交流のある自衛隊の幹部ですら知らない人の方が多い。

 田母神論文が提起した問題の一つは、一旦緩急の際に自分の命も家族への思いも断ち切って
国を守る覚悟が求められている自衛官が、部隊全員一丸となって国家に殉じる覚悟をどうして
育てるかという深刻な悩みである。

331 :文責・名無しさん:2009/02/06(金) 18:51:14 ID:+12Urgxa0
今朝の朝日の社説

ネットの中傷―表現の舞台を汚す卑劣さ
ttp://www.asahi.com/paper/editorial20090206.html

批判するならば、事実にもとづいて自分の考えを冷静に伝える。
そんな慣習が、急速に拡大したネット社会にはまだ根づいていない。





332 :田母神論文と国家観:2009/02/07(土) 21:24:00 ID:+/GqejgnP
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■はじめに(2/2)
 では、自衛官が命を捧げても悔いが残らない日本国家とは何か。少なくとも制度としての
民主主義や社会主義或いは憲法といった時代によって変わるものでなく、その底流にあって
長い歴史と伝統をもつ生命体としての国家そのものの筈である。例えば、かって戦後の我が
国を風靡した社会主義も、ソ連邦の建国からわずか八十年で自壊したことで、その誤りが露
呈された。しかし、社会主義国家の建設から崩壊までの間に散った何千万という人々の犠牲
は一体何だったのか。同じ過ちを自衛官に繰り返させてはならない。

 一方、我々の父祖が命懸けで護ってきた日本という国家は、防人の時代も元寇の時代も日
清・日露戦争や大東亜戦争の時代も、そして今日も全く同じ日本国である。我々の父祖が後
に続く我々に期待しているものは、このように建国から今日まで連綿と続く国家であること
に思いを致した時、はじめて使命観・死生観が芽生えて、国家に殉ずる覚悟が生まれてくる
ものである。これはかって自衛隊に勤務した私自身の実感である。

333 :文責・名無しさん:2009/02/08(日) 07:50:10 ID:llsByPN90

★中川八洋『山本五十六の大罪』(弓立社)を読む
http://amesei.exblog.jp/8592125/

これらの論者のいうことは全て矛盾するようでいて一カ所で繋がっているのではないか
というのが私の現段階の仮説である。
それは太平洋問題調査会(IPR)の存在であり、
米ソが第二次世界大戦後の世界を分割しようとしたのではないかという仮説である。
仮にロックフェラーが左翼の存在を警戒していたら、ロックフェラーの世界支配の装置であるIPRに
資金をロックフェラー財団を通じて提供するはずがない。
十分に利用価値を見いだしていたと見るほかないではないか。
デイヴィッド・ロックフェラーは、ソ連と内通していたとみられる、
アルジャー・ヒスとの友人関係を自伝「メモワール」に書いている。


334 :文責・名無しさん:2009/02/08(日) 07:51:46 ID:llsByPN90
★ヴェノナ文書が示すように、確かにヒス、ホワイトはソ連と通じたアメリカ人であった

2.国際連合の建物を寄付したのはロックフェラー家であり、瀧澤氏がソ連スパイの巣窟
であると指摘した、太平洋問題調査会(IPR)はロックフェラーやカーネギー財団というアメリカ
の屈指の国際金融資本から出ていた

NSAが報告する所では、ヴェノナ通信の、翻訳されている。GRU(ソ連軍情報部)−Naval ワシントン
からモスクワに対する1943年の電信の5割は解読されたが、しかし、他の年のものは
数千の電文が1941年から1945年の間に送信されているのにも拘わらず、解読されていない
NKVD(ソ連内務人民委員部)に関する電文で解読された割合は次の通りである

1942 1.8%
1943 15.0%
1944 49.0%
1945 1.5%

私にはこの解読率のばらつきが非常に気になる。国際金融資本がソ連と「仲良く喧嘩」していたことは
キグリーの本やゲイリー・アレンの本、チャールズ・レヴィンソンの本などで
明らかになっている。ソ連はアメリカの巨大資本にとって絶好の商品市場であり、ロックフェラー
家の現当主デヴィッド・ロックフェラーはソ連の独裁者と握手していた。ビジネスが優
先するという極めて現実的な思考である
http://snsi-j.jp/boards/sample1/89.html


335 :文責・名無しさん:2009/02/08(日) 07:53:22 ID:llsByPN90

CFR ■外交問題評議会のメンバー

『軍隊なき占領』から引用
http://www.apfn.org/apfn/cfr-members.htm
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060808

 富と権力を手にしたアメリカ人の集まりであるニューヨークの外交問題評議会(CFR)は、
新世界秩序の立案をする目的で第一次世界大戦直後の1921年、
J・P・モルガンのパートナー、ラモントらにより設立された。
CFRのメンバー、なかでもロックフェラー系の中枢メンバーは次々に壮大な世界秩序のビジョンを生みだしてきた。
CFRのパワーブローカーたちは、次いで、国民にとって何が最上の利益であるかを地域のエリートに「教育」すべく
影響力を行使するのである。ほとんどマスコミに登場しないため、一般には知られていないが、
CFRのメンバーはアメリカの政治と外交に重要な影響を及ぼしている。
Imperial Brain Trust(by Shoup and Minter)によれば、1940年から73年までアメリカの
対アジア政策決定者の圧倒的多数がCFRのメンバーだった。一部を挙げると、
デイビット・ロックフェラー、アレン・ダレス、ジョン・F・ダレス、ハリー・F・カーン、ヘンリー・キッシンジャー
ビル・クリントン、ジョージ・ハーバート・ブッシュ、ジミー・カーター、ジェラルド・フォード、
リチャード・ニクソン、ドワイト・アイゼンハワー、ハーバート・フーバーリチャード・B・チェイニー副大統領、
コリン・パウエル国務長官、ドナルド・ラムズフェルド国防長官、ジョージ・J・テネットCIA長官、
コンドリーザ・ライス国家安全保障問題担当補佐官、マドレーン・オルブライト国務長官、
ローレンス・サマーズ財務長官、アラン・グリーンスパン(連邦準備制度理事会長)、ジョージ・ソロス
ズビグネフ・ブレジンスキー(CSIS顧問、元大統領補佐官)
ポール・ウォルフォウイッツ(元国防副長官、世界銀行総裁)
アーヴィン・クリストル(『パブリック・インテレスト』編集長、著書に『新保守主義』)
1949年以降の国務長官全員。歴代のCIA長官、国連大使、通商代表の圧倒的多数。


336 :田母神論文と国家観:2009/02/08(日) 12:57:24 ID:f4hewuNnP
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■如何にして国家観・歴史観を学ぶか(1/2)
 最近、野球並の人気を博している日本サッカーのシンボルマークは八咫烏(やたがらす)
であるが、八咫烏が神武天皇の御東征を先導して勝利を齎もたらした縁起の良い鳥である
ことは知らない。ましてや神武天皇が橿原で宣言された建国の理想が「八紘一宇、民の利益
になることであればどんなことでも行なって、国の隅々までを一つの家族のように治める」
ことであったことは教えられていない。これらの建国神話や伝説は、それが史実であるか
どうかよりも、国史を編纂した当時の我々の祖先が、そう信じていたという事実が重要な
のである。

 古代日本における海外進出として有名な神功皇后の朝鮮出兵についても、神功皇后が軍
令の遵守のほかに「略奪や婦女暴行を厳しく戒め、さらに降伏してきた捕虜は殺すな」と命
令されたことは知られていない。このような掠奪暴行を禁じた軍令が出された四世紀後半
期は、ヨーロッパではローマ帝国が東西に分裂した時代、アジアでは支那の王朝が最も目
まぐるしく入れ代わった五胡十六国時代という戦争の全てが略奪戦争だった時代であった。
建国に続く国土統一事業や海外進出といった古代日本の勇壮なロマンと当時の人々の心情
は、『日本書紀』や『万葉集』という原典を繙(ひもと)かなければ到底理解出来ないが、
我国の道徳心の高さは、このように古代から世界に卓絶していたのである。

337 :田母神論文と国家観:2009/02/11(水) 00:38:14 ID:9aqjhXV8P
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■如何にして国家観・歴史観を学ぶか(2/2)
 近世になってからも、イギリスやオランダが東インド会社を設立して本格的な植民地経営に
乗り出した頃、朝鮮に出兵した豊臣秀吉は、その軍令で「放火や乱暴狼藉を厳しく戒め」さらに
「飢餓に苦しむ者の救援や捕らえた者は在所に返す」よう命じている。これらは一例に過ぎない。
我が国が歴史的に「道義国家」であると自負する所以である。
 少なくとも、幹部自衛官を育てる防衛大学校や自衛隊の部内教育で教えるべきことは、戦後
教育の中で育ってきた自衛官に、我々の父祖が大事に守ってきたものは何か。それは古典から
直接学ぶ方法であろう。雑多な情報が氾濫し価値観が動揺している時代の自衛官は、自ら原典
に接して国家観や歴史観を学ぶしかない。

338 :田母神論文と国家観:2009/02/14(土) 01:15:37 ID:l7wmUv1bP
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■田母神論文が提起した侵略戦争論議(1/3)
 田母神氏の論文は、マスコミには悪評であるが、支持する人も多く講演依頼が殺到
しているとの事である。私も田母神論文に対する意見を、本誌十二月号に投稿したが、
論旨は大筋では間違っていないと述べただけで、肝心の村山談話の当否は論ぜず、
政府見解に過ぎない歴史観を自衛官に強要しようとする防衛省の過剰な反応の批判に
留めた。

 そこで、本稿では「日本の戦争は侵略戦争だったのか」という本質的な問題を論じて
置きたい。戦後の政治を侵略戦争論議の視点で大観すると、我が国の戦争に対する見
方が中曽根内閣を境に大きく変わったことが分かる。その原因は、中曽根内閣までの
戦後前半期の政治家や官僚は、そのほとんどが戦争に直接参加していたので、これら
の戦争経験者は、自分達が戦った戦争が侵略戦争であったかどうかを自分の体験によ
って肌で理解していた。大平首相が語った「侵略戦争か否かの判断は後世の歴史家の
判断に委ねる」という発言には、侵略戦争ではないという確信が秘められていたのであ
る。

339 :田母神論文と国家観:2009/02/14(土) 01:17:36 ID:l7wmUv1bP
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■田母神論文が提起した侵略戦争論議(2/3)
 しかし、戦後後半期の政治家や官僚は戦争の実態だけでなく軍事的知識そのものが欠落
している。そのため、国家の何を守るのか、どうすれば守れるのか、ということに思いを
めぐらせることが出来ない。その実害は、近隣諸国条項、慰安婦問題、化学兵器処理、
村山談話という四大失政となって現れた。失政と断定するのは、それが史実を無視、若し
くは歪めているからである。

 例えば慰安婦問題については、強制連行でなかったことは戦争経験者には周知の事実であ
る。この問題の最高責任者であった内閣官房副長官石原敏雄氏や直接の担当者平林外政審議
室長が「強制連行を裏付ける資料は証言を含めても全くなかった」と証言したのは当然である。
そのため「第一次案では強制連行を認めていなかったが、韓国政府が猛烈に反発・抗議したの
で、朝鮮人慰安婦の証言を裏付け調査をせずに採用し、強制連行を認める河野談話を発表し
た」のである。(石原証言)

 遺棄と称する化学兵器も、現在処理作業中のハルパ嶺の化学兵器は、終戦時の武装解除で
ソ連軍に引き渡したものであることは軍事的常識である。埋めたのが中共軍自身であること
も判明している。それにも拘わらず遺棄を認めて、その処理に膨大な国費を浪費している。

 「近隣諸国条項」と「村山談話」が、ともに認めている「侵略戦争」についても、言葉だけが先
行して、その根拠は全く示されていない。

340 :文責・名無しさん:2009/02/14(土) 08:39:01 ID:/WI6vjqw0
私怨か。
靖国で永江のやった展示内容を変更させたのは
米国と岡崎久彦だからな。

341 :文責・名無しさん:2009/02/14(土) 18:51:39 ID:9DXBUUPF0
太平洋戦争における日米両軍の死傷者

日本
    戦死     戦傷
陸軍 1,289,605名 53,028名
海軍 298,209名   7,844名
総計 1,587,814名 60,872名

アメリカ
    戦死     戦傷
陸軍   41,686名 109,425名
海軍   31,485名 31,701名
海兵隊 19,733名 67,207名
総計   92,904名 208,333名
http://www36.atwiki.jp/senshishasukenkyujo/pages/21.html

342 :文責・名無しさん:2009/02/14(土) 19:04:51 ID:h37C0L900
アメリカはその後朝鮮戦争とベトナムで6万人づつ位
兵士が死んで冷戦に入っている、敵は日本が言った通りだった分けだ
アメリカは「我々は戦う相手を間違えていて」と言ったそうだ。

343 :田母神論文と国家観:2009/02/14(土) 21:57:31 ID:l7wmUv1bP
財団法人 日本学協会 『日本』平成21年2月号
http://members.jcom.home.ne.jp/nihongakukyokai/nihon/nihon21-2.htm

田母神論文が提起した国家観と侵略戦争論議 永江太郎 軍事史学会監事

■田母神論文が提起した侵略戦争論議(3/3)
 まず言葉の定義からみると、国語辞典によると「シンリャク」には、侵掠と侵略の二つ
があり、侵掠とは侵入(入る込むべきでない処に無理に入る)して「財物」を奪うこと、
侵略とは他国に侵入して「領地」を奪い取ることとなっている。この定義に従えば、支那
事変や大東亜戦争で、日本は中国や東南アジアにおいて、寸土もその領地を奪ってはい
ない筈である。村山談話の誤りは、当時の官房長官武村正義氏が記者会見で述べた、
侵略とは「他国で他国政府や民衆の意に反し、軍事行動を展開し、人的物的にも多大の
迷惑をかけること」という迷定義に立脚しているからである。

 次に、中国内陸部まで侵入して「現地の中国人に多大の苦難を与えた」という点につい
ても、大陸の奥地まで日本軍を誘致して戦うことは、蒋介石の(空室清野)戦略であった。
蒋介石の側近であった薫顕光が、その回想録で「蒋介石の戦略(揚子江の線から奥地まで
三線の抵抗線を築く) は、一種の焦土戦術で、中国軍の放棄した地域には敵の利用する
家屋も食糧も残されてない。これは実に巧妙な作戦で、その後の戦局の推移は蒋介石の
考えの正しかったことを証明している。この計画が最後の勝利を齎もたらすまでには中
国の民衆は長い年月の苦痛に耐えねばならなかった」と書き残している通りである。
現地に置き去りにされた中国人の苦痛は、彼らのために残すべき何物も残さず持ち去っ
た蒋介石の焦土戦術にあったのである。

344 :文責・名無しさん:2009/02/15(日) 08:47:03 ID:B6/NHjkX0
>>318
日本を除いて、軍人は自由に、積極的に発言してますが?
日本軍人も積極的に、政治的発言をすべきと考えるんですけどね。
崇高な魂でもて国を守る軍人なら、極めて当たり前のことです。
政治家と軍事官僚(文官、防衛省)が全く信用できない日本では、

信用に値するのは、自衛隊組織でしかないんですよ。
政治家が無能で売国奴だらけでは、特にね。


田母神氏を更迭したのが、
田母神さんが怒った自衛隊を貶めるビデオを作った側の、
次官の増田の私怨によるものなら(笑)
コイツを配置したのは人事院でしょ
人事院は、間に反日マスゴミ挟んだ左翼の巣窟のようですねぇ

345 :文責・名無しさん:2009/02/15(日) 08:56:21 ID:5gXS4PTl0
天皇機関説事件のとき、天皇はこのように述べて
自分を好き勝手に利用する軍部こそ天皇機関説だと激怒している。

軍部に侍従たちを粛清され、完全に孤立させた上で、軍部の権威付けのみに
利用され続けてきた天皇の軍部に対する激しい怒りがつたわってくる。

現天皇も、靖国や自衛隊や右翼は、吐き気がするほど嫌いらしいし。


346 :文責・名無しさん:2009/02/15(日) 11:20:33 ID:pOFPpaV+0
ウヨなんて社会のゴミ
ヤクザとオチコボレがつるんでるだけ

347 :文責・名無しさん:2009/02/15(日) 11:44:46 ID:vXcOg8QC0
>>345
天皇は日本国民全ての支持を得ているとは言いがたいのは事実。
天皇は、系図上では(笑)白村江の戦いを機に、
日本にやってきた大陸勢力の末裔。
日本先住民族ではないんだよ。
天皇が表面上発言力を持つ時代など、
ほんのつかの間だったのよ

348 :文責・名無しさん:2009/02/15(日) 12:11:20 ID:ZRilLY1g0
>>345
軍部どころじゃないわ。
西園寺公一らと共に、昭和研究会メンバーとして
大陸勢力の末裔の公家首相(笑)近衛文麿に近づき
コミンテルンの目論見通りに動かしたのは、
他でもない、コミンテルンの大スパイであった
朝日新聞社の尾崎秀美だわよね。

軍の背後から操り、陸軍省、海軍省の軍事官僚(文官)を
操っていた者こそが
最大の戦犯であり、国家・民族の裏切り者であることは
確かだわね。

これを無視するとは如何に?

349 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 07:06:46 ID:IHkzMwQk0
コミンテルンならぬコピペテルン(笑)

350 :共産主義黒書:2009/02/16(月) 21:03:21 ID:W3jJ2Vu/P
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://www.amazon.co.jp/dp/4874300278
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、人類史上未曾有の犠牲者を生み出し
た アジア共産主義の現実

ナチズムの犠牲者約2500万人に対し、共産主義により殺された人数は、
  ソ連2000万、   ★中国6500万、  ベトナム100万、   北朝鮮200万、
  カンボシア200万、東欧100万、    ラテン・アメリカ15万、アフリカ170万、
  アフガニスタン150万   を数え、合計は1億人に近い。

民族・人種によるジェノサイドと イデオロギーによるジェノサイドはどこが違うのか。
        なぜ、共産主義は今日まで弾劾されずにいるのか?

351 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 21:06:32 ID:i9xukuQv0
>>348
で、一方で朝日新聞は大政翼賛で戦争遂行も煽ったと。
八面六臂だね。

352 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 21:13:16 ID:VU+YnkBs0
トランスコスモスは年度末に倒産する
株価はむっちゃ下がってる

トランスコスモスは年度末に倒産する
株価はむっちゃ下がってる


353 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 21:13:21 ID:rcJSoFHa0
主権を有していた天皇も、統帥部も軍令部も
間抜けだったといいたいわけだね、田母紙は。

354 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 22:30:51 ID:W3jJ2Vu/P
>>353
多分オマイは分かってないけどな、戦前は共産主義思想が蔓延し、内務省警保局
(高等警察など)がどんなに取り締まってもどうにもならないほど大量に次から
次へと共産主義シンパやアカ本が出版されていた。
此の事は『大東亜戦争とスターリンの謀略』を書いた三田村武夫氏がその著書の
中で嘆息している。

要するに、日本国民自体が赤く染まっており、その中から革新軍人(226事件)
やら革新官僚(松岡洋右ら→日独伊三国同盟)、マルキスト首相(近衛文麿)らが
誕生していった。
その流れに治安警察も圧倒されていった。表面上は共産主義は弾圧されている様に
見えたが、実は転向すれば簡単に赦免された為、偽装転向が非常に多かった。
刑罰が厳しかったのは不敬罪であり、また、天皇に対する敬愛の念は非常に強かっ
たのでこれに該当する者は少なかった。

あの尾崎秀実も偽装転向によってマルキスト総理のブレーンになりおおせた事が
戦前の実相を物語っているだろう。

355 :文責・名無しさん:2009/02/16(月) 22:42:35 ID:i9xukuQv0
>>354 全然駄目な把握だな。「戦前」っていっても色々だし。

356 :共産主義黒書:2009/02/17(火) 22:16:22 ID:cixtzmFkP
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://www.amazon.co.jp/dp/4874300278
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

中国の章では、      魯迅が「中国人は食人種である」と書いている

と紹介し、共産主義のテロルの中で処刑では犠牲者を少しずつ切り刻み、生きながらに
その肉片を食らう醜悪な中国の文化も紹介されている。 (※凌遅刑)

ソビエトのスターリン主義者が見た毛沢東主義者の手法、として悪名高い”自己批判”、
”総括”、”粛清”の様式が紹介されている。
(※連合赤軍の山岳ベースリンチ殺人事件はこれの模倣だったと言える)

また、毛沢東の”大躍進”における誤った農業指導(過度に濃密に植える、土地に合わない
作物を栽培させる、害虫を駆除する雀を駆除する)によって恐るべき史上最大の飢饉が発
生したことも紹介されている。1959−1961年の間の餓死は2,000万人〜4,300万人
であろうと推測されているという。そして

    凄惨な人肉食が農村で行われていたという言い伝えが紹介されている。

357 :共産主義黒書:2009/02/18(水) 23:58:53 ID:VBu2rIt3P
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://www.amazon.co.jp/dp/4874300278
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

        文化大革命の段では、青少年を毛沢東主義に洗脳し、
          ”紅衛兵”という赤いロボットにしていった歴史

も描かれている。そして彼らが恐るべき非人間性を発揮し、”反革命分子”とみなした人間
に対して残虐で下劣な暴力を振るったことが記されている。1966年前後にこのような事態
が中国では起きていたのだが、当時の日本の大学生の中にはこのようなものに憧れ、極
左テロ活動に身を投じていったというのは良く分からない事である。やはり、美化されて伝
えられた結果、実態を知らずに騙されていたのであろう。その紅衛兵も分裂し、内戦状態と
なり、果ては軍隊が投入されて紅衛兵が処刑されていったのである。なんとも救いのない
話である。

     チベットでは数十万人(人口の約10%)が中国によって拘禁され、
          その2%しか生存していないという恐るべき実態

や、ダライラマなどへの宗教弾圧、追放・・などなど、中国の非人道性、残虐さがここでも証
明されている。

  恥知らずな中国共産党は今なおおぞましい人種差別と民族浄化を継続しているという。

358 :文責・名無しさん:2009/02/21(土) 19:55:55 ID:5KxwgC7E0
共産主義は、日本からも世界からも駆逐すべき、有害な思想であると確信
します。
また、田母神閣下を支持します。「軍属が政治を話題にしてはいけない」
という根拠を絶対的な正義として、彼を袋叩きにしたマスコミの方が、
よほど下等な、日本の社会と将来にとって有害な連中であるのは
明らかであると考えます。
しかし、私は、大東亜戦争の本質的意義が、共産主義と自由主義的資本主義
勢力との対立にある、という考え方には、同意しません。

私はもっと、アメリカが言う「正義」というものに対して懐疑的です。
そして、そこにまつわる点に、大東亜戦争の本質的意義があったと考えます。

例えば、先の「軍属が政治を話題にしてはいけない」というのは、
「シビリアンコントロール/文民統制」という論点から出てくる話
であって、下等なマスコミは、ここを根拠に、閣下の行動を絶対悪として
叩きました。しかし、言っている内容が全体としてはマスコミよりも正しい
のですから、そこに価値があるとするのが、明らかに妥当な思考です。
しかし、アメリカ的「近代主義」は、民衆の代表としてマスコミに
絶対的正義の御旗を与える。そして、有能であり勇気をも持つ閣下のような
人材を、「軍人のくせに意見をするな」といって、引きずりおろす。
しかし、マスコミに、より価値のある意見があるわけでは決してない。
そのような、「近代」の「欺瞞性」は、社会を少しずつ歪ませ、人々を
不幸にしていく。

その克服を目指し、世界に幸福な秩序を築こうとした試みが、
「近代の超克」であり、「大東亜戦」なのです。
http://homepage3.nifty.com/togo-yoichi/index.html

359 :文責・名無しさん:2009/02/21(土) 20:01:27 ID:+G1KNXLD0
>>358
お前は、思想について是非を判断する前に
もっと広い教養を積んだ方がいい、と断定する。
結論が同じでもその方がずっといい。

軍事タームの「軍属」についても間違っているなんて
何をかいわんや。

360 :文責・名無しさん:2009/02/21(土) 20:09:54 ID:QEhxUwTe0
なぜ日本の政治家・官僚・マスコミは、チベット人を虐殺する中国の言いなりのように動くのか?
なぜカルトが政権にいるのか?パチンコ賭博が放置されているのはなぜか?毎日新聞の腐敗はいったい何なのか?
触れたもの全てを腐らせる『シナ文明の害悪』に気づいた数少ない日本人の一人であり
日本核武装論の先駆者・兵頭二十八さんの講演会のお知らせです

【3月7日(土)兵頭二十八講演会@横浜について】

<田母神論文騒動で日本の核武装はもはや絶望的になった>

<あらゆる面で“脱トヨタ時代”に突入せざるをえない日本の改造計画もついでに語る講演>

<間接侵略の手先となった政治屋たちとの闘争は、自衛官の本来任務である>

<核抑止力としての、無差別兵器ではない化学兵器システムの用意は、どのようにして可能になるか?>

<景気回復には、政府の不況対策支出が、ダイレクトに人民の安全保障を強化してくれるというイメージが必要だ>

*講演会の内容は、こちら。
http://www15.ocn.ne.jp/~gungaku/hyoudou-poster.pdf

*おまけの講演サンプル。
http://jp.youtube.com/watch?v=t7FFYsytvEo
「反日民主党は論外だけど国防ができていない自公利権政治もウンザリ」という人にお勧め。


361 :文責・名無しさん:2009/02/21(土) 20:10:38 ID:QEhxUwTe0
【月間核武装論 特別掲載】「バカ右翼」と官僚が反日プロパガンダを助けている/兵頭 二十八
http://www.geocities.jp/monthlynucleus/pr_h28_0001.html

日本が1941年12月にマレー半島と真珠湾とフィリピンで実行したことは、
どこから見ても動員先制開戦に他ならない(予備役動員は同年7月からの関特演でほぼ達成)。
だから日本は12月8日の時点で「パリ不戦条約」という天皇の名によってなした国際的な約束を破り、
紛れもなき侵略者になり下がった。
ただし、日本は自らが侵略者となる前に、外国からの明白な侵略を受けていた立場でもあった。
日本より4年も早く、パリ不戦条約を堂々と破り、日本に明白な侵略戦争をしかけてきた外国がある。
それが、蒋介石が束ねるシナであった。シナも、やはりパリ不戦条約を批准していた。


362 :文責・名無しさん:2009/02/21(土) 20:13:17 ID:+G1KNXLD0
>触れたもの全てを腐らせる『シナ文明の害悪』

「シナ文明」って何?
3000年以上続いているのを一つの文明と考えるなら、
日本は残念ながらもう腐りきってるよ。

日本古来の何かによって「それでもマシ」な状態なのだ
とでも説明する?

363 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/21(土) 20:41:41 ID:rXiEn5cBP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 ハリー・デクスター・ホワイトには2人の親友がいた。ルーズヴェルト大統領の行政補佐官ロー
クリン・カリーと国務省のアルジャー・ヒスである。行政補佐官は6名居り、カリーは経済問題担当
であったが、中国など極東問題についてはカリーが独占的にルーズヴェルトに助言していた。
だから、カリーはルーズヴェルトにその親友の一人であるオーウェン・ラティモアを蒋介石に対して
ルーズヴェルトが特派する米国側の顧問に採用させ得たのである。
 L・カリーの部屋にいたその右腕の助手は、グリーンバークという英国共産党員であった。
 L・カリーは又、最後通牒として「ホワイト試案」を採択させるべく狂奔している。O・ラティモアも
この時、重慶から直接ワシントンに様々な圧力をかけ、同時に中国政府を通じて、米国に対して
「ハル試案」に猛反対させた。11月25日付のO・ラティモアのL・カリー宛電文などは、その残って
いる証拠の一部である。
 L・カリーやO・ラティモアの暗躍は、「ホワイト試案」の採択が米国政府の最終の意志決定に、
一部の影響を与えた事は否定できない。とすれば、ソ連の指揮下にあったH・D・ホワイトを含めて
彼ら全員が共産主義者であったことを考えると、「ハル・ノート」は共産主義者の手によって執筆され、
主として共産主義者によって対日最後通牒に採択されたことになる。

364 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 18:44:52 ID:J09Kf3p20
日露戦争ではユダヤ金融資本が日本とロシアの両方に金を貸し付け、
武器を売りつけて大儲けした。日本は膨大な借金と戦死者に苦しんだ。

そして、戦争で手に入れた権益である南満州鉄道を米国の資本家(ユダヤ)
との共同経営にするように要求された。日米の力関係を考えると共同経営
は事実上ユダヤ金融資本に乗っ取られるも同然である。

日本はユダヤ金融資本という鵜飼に飼われた鵜であり、多くの犠牲を
払って手に入れた獲物をユダヤ金融資本に献上する道具に過ぎない
という事実を日露戦争で日本の指導層は理解したと思われる。

そして、日本の軍事力によって中国全土がインドのようにユダヤ金融資本
の植民地になった暁には、用済みになった日本は「狡兎死して良狗煮らる」
の諺通りに、中国を侵略した悪の国としてユダヤ金融資本に非難され、
ユダヤ支配下の中国軍が日本を占領して日本は滅亡したことであろう。

小村寿太郎が南満州鉄道の日米共同経営を拒否したのは、帝国主義的
欲望ではなく、ユダヤ金融資本が中国を侵略し植民地化するための道具
にはならないとの意志が原因であったと思われる。

日露戦争前に日本は日英同盟と日露協商の二つの選択枝を同時に
探っていた。明治維新の中心人物であった伊藤博文が親露派であり、
最後までロシアとの戦争回避を模索していたことは知られている。

伊藤博文はユダヤ金融資本が明治維新を自分達に実行させて日本を
工業国として発展させた真の目的を理解し、その結末が日本の滅亡に
繋がることを恐れたからこそ、ユダヤ金融資本に支配されていなかった
ロシアとの友好関係を目指したのではないか。

365 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 18:45:45 ID:J09Kf3p20
親ユダヤ路線が日本の滅亡に繋がることを理解して日露戦争を境に
ユダヤ金融資本から離れ始めた日本に対して、ユダヤ金融資本は
共産主義系の国民党と共産党の二つの組織を中国に作って日本を
国際的に非難させた。中国共産党だけでなく国民党もソ連共産党と
親密な関係にあったことは事実である。

満州国で日本が中国の文明化のモデルを作ったことはユダヤによる
中国支配を危うくするものであった。また、日本政府が東欧のユダヤ
人難民にビザを発行して満州経由で脱出させたことは、ヒトラーに
命令して東欧のユダヤ人を迫害させてホロコースト神話を作り反
ユダヤ主義を弾圧する根拠にするというユダヤ金融資本の計画を
危うくするものであった。

ユダヤ金融資本との苦しい戦いの中で、日本の生き残りのための
策が真剣に検討され、「戦争の出来ない親英米国家(親ユダヤ国家)」
にする目的で日本は真珠湾の罠にわざとひっかかったのであろう。

日本が親ユダヤの工業国である限り、ユダヤ金融資本は中国侵略
の尖兵となることを要求してくる。そして、オランダから英国へのユダヤ人
の移住後に英蘭戦争でオランダが敗北したのと同様、あるいは用済み
になったイスラエルが現在滅亡させられようとしているのと同様、
中国侵略が完成してインドのような完全な植民地になれば用済みに
なった日本は処分される。

かといって、ユダヤ金融資本の世界支配が継続している以上、日本が
反ユダヤ国家になれば、ロシアやインドのように革命や植民地化で
潰されるのが目に見えている。日本が滅亡しない為には、日本が他国
を侵略できない国に変身する必要があった。

366 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 18:46:49 ID:J09Kf3p20
その為には、第二次世界大戦で敗北すると共に、戦争犯罪国
との烙印を押され、国民に反戦感情が強まる必要があった。
憲法第9条と日米安保条約こそ日本が第二次世界大戦を行った
最大の目的であり、憲法第9条を維持して再軍備を防ぐことが
戦後の日本にとって最も重要な課題となった。

朝日新聞・岩波書店に代表される左翼言論、自虐史観はこのような
目的のために日本政府により捏造され、作り出されたものである。

このように考えると、大東亜戦争とは一見米英の挑発に乗った愚かな
戦争の様に見えるが、実は米英の挑発に乗った様に見せかけて
「戦争の出来ない親ユダヤ国家」の地位を掴み、ユダヤ金融資本の
アジア侵略の足を引っ張ることと日本国の長期的生存を目的にした
戦争であったと考えられる。

大東亜戦争の犠牲は余りに大きかったが、日本の戦争目的は
達成されつつあることを考えると真に偉大な正義の戦争であったと
言わざるを得ない。「日本の中国侵略」も、実際にはユダヤ金融資本
=共産主義の影響下にあった国民党・共産党の圧制から中国人民
を救う解放戦争であったと考えるべきであろう。

東京裁判で戦争犯罪者として刑死した人々や戦災にあった民間人
も含め、大東亜戦争で死傷した多くの日本人はまさに聖戦の犠牲者
であったと言える。靖国神社は、明治維新から日露戦争までの間
ユダヤ金融資本の手先として戦死した日本軍将兵と、日露戦争後に
ユダヤ金融資本の支配から日本とアジアを救うために戦った日本軍
将兵の両方の霊魂が弔われている神社と位置づけられるべきであろう。

「坂の上の雲」に代表される、日露戦争以後の日本=悪と決めつける
司馬史観はこの真実をユダヤ金融資本の世界支配の期間中に
隠蔽するために作られたのではないか?

367 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 18:52:14 ID:e6lAjiFF0
>>355
どの様に『戦前が色々』だったのだ?
100字以内で簡潔明瞭に説明せよ。

368 :文責・名無しさん:2009/02/22(日) 19:44:43 ID:OpLUyemX0
ユダヤ陰謀論が絡んでくるのか、フリーメーソンはどうなの?

369 :358:2009/02/22(日) 23:35:56 ID:t+TfbXQz0
>>359
> 軍事タームの「軍属」についても間違っているなんて
> 何をかいわんや。
「軍属」の正しい意味を初めて知りました。ありがとうございました。
文脈に従って読んでください。
我が国の場合、「自衛官は軍人なのか?」という問題点があるので、
簡潔に主旨を伝えるには、より以上の表現を知りません。
http://homepage3.nifty.com/togo-yoichi/index.html

370 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 02:02:56 ID:3U1AghHz0
>>330
「神武天皇が掲げられた建国の理想」

記紀神話と史実の区別ができない方?

371 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 02:06:29 ID:3U1AghHz0
>>354
そうかそうか。

革新官僚も共産主義者なのか。

岸信介も共産主義者だったんだな。その祖父を尊敬していると公言する安倍晋三もそうすると
共産主義者だと言うことだな。

首相時代の愚行から見て、日本の右翼の馬鹿ぶりを印象づけるコミンテルンのスパイかもしれないな、
晋三ちゃんも。

372 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 11:05:52 ID:ulIO1pOa0
 ここにもタモガミ信者が街宣し始めたな。

373 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 11:44:34 ID:dZefM6He0
>>371
共産主義と社会主義の違いって、何ですか?

374 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 11:56:55 ID:JnKeJcJq0
>>366
>朝日新聞・岩波書店に代表される左翼言論、自虐史観はこのような
>目的のために日本政府により捏造され、作り出されたものである。

朝日新聞に明治政府のてこ入れがあったのは事実。
岩波は大正末期に出版事業を開始。

両方とも対米従属が国是になる前だけどね。

375 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 18:53:43 ID:0W9SVRCF0
>>370
記紀が「史実」から外れたのは、たかだか戦後60数年。
それ以前は国史としての扱いだった訳で、平安も、鎌倉も南北朝も室町も
織豊も、江戸も明治もずっとずっと国の始まりは神武東征から始まったと
いう認識。
記紀は勿論それ以前の準備軌間にも相当記述を割いているが。

正直、たかだか60数年の認識なんて、信頼する価値を有しない。

肇国以来それが2600年なのか2000年なのかは
議論が待たれるのは確かだが、一概に記紀を否定するのはどうかと思う。


376 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 22:01:36 ID:jGu35FGz0
>>375
いつの時代からタイムスリップしてきたんだ?
現代に生活する人間なら、歴史の肥溜めから汲み取ってきた悪臭プンプンの妄説なんぞに浸ってないで、歴史と伝説の違いを勉強しろよ。

377 :文責・名無しさん:2009/02/23(月) 23:47:10 ID:ytqTaNF+0
左右関係なく、田母神さんの論文と合わせてこちらも読むと良いと思います。
ご参考までに。

『拝啓 韓国、中国、ロシア、アメリカ合衆国殿―日本に「戦争責任」なし』 
谷沢 永一 (著), 渡部 昇一 (著)

378 :文責・名無しさん:2009/02/24(火) 01:14:07 ID:BV5FHcBL0
39 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/02/24(火) 01:13:02 ID:15aM2PGt0
漢 田母神氏、拉致問題にも協力するらしい。
「軍事論争」で北朝鮮にプレッシャーを与えまくって欲しいな。

【名古屋】北朝鮮拉致問題テーマの講演会「風化させない」 田母神俊雄氏など参加 
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235381087/l50

379 :文責・名無しさん:2009/02/24(火) 06:15:27 ID:m3VfC7NW0
谷沢永一といえば名著
「新しい歴史教科書の絶版を勧告する」もぜひ読んでもらいたいものだ。

つくる会の作った教科書がいかに歴史的に間違っているかがよ〜く書いてある。

380 :文責・名無しさん:2009/02/24(火) 16:40:54 ID:uxboC8vG0
>>377
谷沢永一もコミンテルンのスパイなんじゃないの?若い頃の経歴から見て。

とどうして、コミンテルン陰謀論の皆さんは言い出さないの?

コミンテルンのスパイと乳くり合っている渡部昇一も油断ならないな。ひょっとすると
渡部こそ、最もしたたかに訓練されたアカの手のものかもしれない。

381 :文責・名無しさん:2009/02/24(火) 16:43:54 ID:uxboC8vG0
>>375
いっていることの意味が分からん。

記紀の記述はすべて歴史上の事実だとおっしゃっているの?

まあ、欧米でも、聖書の記述はすべて自然科学的な意味での事実であると信じている
連中がたくさんいるらしいから、日本人だけが劣化している訳ではないが。

382 :文責・名無しさん:2009/02/24(火) 17:46:02 ID:EjLTBwQIO
たかだか60年の認識なんて信用出来ないという 全くもって同意する。その通り。
ここに気付けない人は案外多い

科学的な見解ばかりを唯一としているようでは歴史も政治も語れない。


383 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/24(火) 20:16:57 ID:jvTGXMgPP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 「ハル・ノート」問題は、どうやら日米の2国間に限っての問題ではない。”ソ連の防衛”と
”ソ連の膨張”とを聖なる戦いとするソ連による世界共産主義運動の一環として位置づけられるべき
問題である。日本の真珠湾攻撃に激昂して「不介入主義(アメリカ・ファースト)」を棄てた米国の
世論を背景に、ルーズヴェルト大統領がドイツに宣戦布告した12月8日、奇しくも、ドイツのソ連
攻略は、大寒波とソ連側の反抗とによって、確実に頓挫した。モスクワ陥落に失敗したのである。逆
にこの時、さらに米国の後ろ盾を得て、ソ連の共産体制は、万が一にも倒壊することのない状況とな
り、寧ろ戦後に超大国となる基盤が作られていくことになった。

384 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 01:16:40 ID:I+DAr0740
>>382
つまり、聖書の記述はすべて自然科学上現実におこった事実であると
する考えと同レベルのお話を大真面目にしていると解釈していいんだね。

天地創造説を進化論と並列で教えよと主張している連中の日本版があんた
みたいな人なんだろうな。

385 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 01:44:43 ID:s/K//ily0
そういえば、諸星大二郎の「妖怪ハンター」だったかに
ヒルコという妖怪?が出てきたな。

『古事記』の国産みの際の失敗作で
海に流されてしまったとかいうやつ。

386 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 02:01:40 ID:vBFGuKwUO
科学的な根拠が必ずしも正解なんじゃないって事は、それこそ進化論への盲信一つとってみても明らかだろう

柔軟性に欠けると言ってるんだ
科学などの唯物的な思考は、それ以前の考え方の一切を断続したものである場合がほとんどで、未成熟。計測し記録するだけの科学を唯一としていたのでは必ず歪みが生じる。
例えば古事記による日本人の海洋民族説 神話だ神様だとかへの不信偏見がフィルターとなって判断を鈍らせている人々が多々いる。
昔の言い伝えなんかには、夢物語のような話しもあって そこら辺の解釈は各々自由でかまわないんだが、その中には事実も確かに含まれているのだから 歴史を積み重ねている分、現代の価値判断基準よりもむしろ信憑性が高い場合だってある。

387 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 04:00:28 ID:bPC6tFx9O
【名古屋】北朝鮮拉致問題テーマの講演会「風化させない」 田母神俊雄氏など参加 
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235381087/

388 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 04:18:46 ID:I+DAr0740
未だ紀元前660年に神武天皇が即位したなんて話を大真面目に事実かもしれないなんて
主張する人がいることに驚いた。

つまり、当時の日本列島が縄文時代(あるいは弥生前期)にあったというどの教科書にも書いてある事実関係
は間違いで信じていないとか、神武天皇の東遷伝説と同列に並べて教えろでもおっしゃるの?


> 科学などの唯物的な思考は、それ以前の考え方の一切を断続したものである場合がほとんどで、

意味不明。
科学的な研究とは、先行研究をふまえて着実に積み重ねていくもの。

389 :375:2009/02/25(水) 11:29:01 ID:7lpx1wh30
同意する人、不同意の人夫々が居るのがある意味健康的でよろしい。

基本的に記紀の文言其全てが事実とは思っていない。
日本書紀の素晴らしいのは、率先して異書による異説も併記している事。国史編纂
に於ける此姿勢は賛たるものがある。
特に神代七代の記述は聖書の天地創造に比肩する話である故に、夫が全て事実とは
考えていない。

だが、其裏面にある事を探るのが歴史であって、又其探る作業が皇祖皇宗の統治を
裏付ける形になり得れば幸いとは思っている。
>>382
同意。
>>386の意見は至言であり、同意だ。

肇国紀元前660年は色々論議があろう。紀元前660年は60年周期の干支を換算した事
による一つの結果であるとして、日本書紀の「辛酉年春正月庚辰朔 天皇即帝位於橿
原宮是歳爲天皇元年」が推古天皇斑鳩遷都(601年)から1260年引いた上での試算では
あるが、紀元前660年2月11日は現実に新月であり、朔であった。

390 :375:2009/02/25(水) 11:30:16 ID:7lpx1wh30
神武東征で完全に此国が統一国家になった訳ではない事は、以降の日本武尊による
九州征伐(東征が九州から始まったにも関わらず、統治は厳とはしてなかったいい例
だ)、関東征伐を始めとして、平安期には蝦夷討伐があり、承平天慶の乱、前九年役、
後三年役があった。
蝦夷地、北蝦夷地、千島(其延長にある勘察加)に迄版図を広げたのは矢張り江戸時
代以降の幕府・松前藩の努力であり、漸くにして明治で琉球処分を以て沖縄を版図
に正式に加えた位だ。

神武即位以後の記録も散漫としているのは認めるし、欠史八代以後の崇神天皇で漸く
実在か否かを論じているのは当然認める。
夫でも猶、仮に欠史八代が純粋な伝承であったとしても、記紀の持つ重要性は変わ
らない物であり、国史のアウトラインは其処に則って、論ずべきと信じている。

序に、戦前も別に縄文弥生は否定していない。

391 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2009/02/25(水) 12:12:36 ID:K+A1QOhr0
http://images.uncyc.org/commons/8/8f/Destroyer_Lee_Myung_Bak.jpg

392 :文責・名無しさん:2009/02/25(水) 12:18:20 ID:s/K//ily0
夫婦の神さんがなにやらグルグルかき回して
海のただ中に島々がドンドンできるっていうのは、物理学的にはありえないけど、
そういう場合は
「物理学引っ込め」っていうんだよね?

393 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/25(水) 22:31:47 ID:fDG8dUlLP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 ルーズヴェルト大統領の行政補佐官ロークリン・カリーは、自らが「ソ連のスパイ」であるのが
発覚した、ホワイトと同じ日の先述の喚問の後、直ぐにコロンビアに亡命した。O.ラティモア(1900-89)
だけが、ホワイトやカリーと違って、自殺も亡命も選ばず、太々しく生涯「中国専門家」として活躍
した。O.ラティモアは、上院の外交委員会でのマッカーシー上院議員等からの「ソ連のスパイ」とし
ての追及も躱したし(1950)、続いて上院の司法委員会の国家安全保障小委員会での追撃すらも振り切る
ことに成功した(1951-52)。「共産主義者であること」「ソ連や中国共産党のための工作をなした」
数々の証拠は、これを法的に科罰する証拠とは必ずしも同じでない。この弱点がラティモアの犯罪を
無罪放免としてしまったのである。


Lauchlin Currie(ロークリン・カリー) From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Lauchlin_Currie

Owen Lattimore(O.ラティモア) From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Owen_Lattimore

394 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/26(木) 20:47:29 ID:kJPzrFwaP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 世界共産化を夢見て晩年はモンゴルの共産化を研究したラティモアの犯罪隠しと自らの虚像の維持
にかける執念は終生変わらなかった。日本で英語・日本語双方で出版されたラティモアの回想録『中
国と私』(1990-92)はこの種のプロパガンダ(嘘宣伝)の事例である。
 この「ハル・ノート」の決定過程に、最も露骨に親ソ的で前例の無いほどに頻繁にルーズヴェルト
と日々接触している、しかし一切の公的肩書きのないあのハリー・ホプキンズは、関与したのだろう
か、それともしなかったのか。これも明らかにされるべき問題である。が、ホプキンズは胃癌によっ
て1946年1月に死んだ。その死は、ソ連との特殊な関係を持つホプキンズに関する、既に内偵さ
れつつあった様々な調査の動きを中断させた。ホプキンズの真実は、闇に葬られた。「ホプキンズの
神話」だけが地上に遺った。


Harry Lloyd Hopkins(ハリー・ロイド・ホプキンズ)From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Hopkins

395 :文責・名無しさん:2009/02/27(金) 01:11:12 ID:Zr4ldU+w0
2ちゃんねるが華僑の国、シンガポール系の資本に
売却されたと聞いてたけど
それは華僑、中国人資本に売り渡されたと
考えられませんか?。
この板でのシナ人の暴走振りは・・・
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1229155223/

396 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/27(金) 20:20:56 ID:vVctpxbmP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 例えば、「ホプキンズは原子爆弾製造の機密を”銀皿に載せて”ソ連に貢いだ」などの噂の真偽は
永遠に確かめられることは無くなった。また、ドイツのソ連侵攻の直後、ホプキンズはスターリンの
元に急派されてスターリンの要望通りの兵器とアルミなどの軍需物資の対ソ供与に全力を挙げたよう
に、ホプキンズとは、その第二次世界大戦を通じての行動に於いて米国の「高官」なのか、スターリ
ンの対米密使などか − 誰の目にも後者であったが − この問題が不問になってしまった。

Harry Lloyd Hopkins(ハリー・ロイド・ホプキンズ)From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Hopkins

VENONA暗号解読により、1943年5月、アフメーロフ(ソ連のスパイマスターの一人、GPUの全米
責任者)の報告に出てくる、ルーズベルト大統領とチャーチルの秘密の議論に同席した
コードネーム「19」の人物がホプキンズであると考えられている。

397 :文責・名無しさん:2009/02/27(金) 21:03:14 ID:qkUd+nCP0
戦国時代の開戦責任が誰にあったかなんて問うだけ野暮
勝てば正義、負ければ邪悪
とはいえ日本も調子に乗りすぎたかな
でもソ連に占領されず、終戦後結果として先進国の仲間入りできたって言うことは
あの敗戦にも意味があるわけでしょ
まあ永遠にアメリカの軍事占領かにおかれちゃったわけだけれども

日本のために戦って死んでいった方々には感謝と哀悼を

398 :文責・名無しさん:2009/02/28(土) 16:00:08 ID:aFhbsFXN0
で、結局、岸信介も安倍晋三も共産主義者という理解でいいのかね。

399 :文責・名無しさん:2009/02/28(土) 16:03:08 ID:qkdT8II20
>でもソ連に占領されず、終戦後結果として先進国の仲間入りできたって言うことは
>あの敗戦にも意味があるわけでしょ



400 :文責・名無しさん:2009/02/28(土) 16:12:39 ID:aFhbsFXN0
谷沢永一も渡部昇一もコミンテルンのスパイ?

401 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/02/28(土) 17:00:22 ID:sBIcKTc1P
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 ハリー・デクスター・ホワイトのもう一人の親友アルジャー・ヒスは共産主義者であるが、ルーズ
ヴェルトの側近としてホプキンズと共にヤルタ会談に随行した。ルーズヴェルト、スターリン、チャ
ーチルの三巨頭によるヤルタ会談での米国政府代表部に於いて、ハリー・ホプキンズがルーズヴェルト
の側近ナンバーワンの扱いを受け、アルジャー・ヒスはレイヒー提督に次ぎナンバースリーであった
から、ソ連に日本と中国の主権をスターリンの要求のままに次から次へと貢ぐことになった、日本に
とっての痛恨の「ヤルタ秘密協定」のルーズヴェルトの合意にH.ホプキンズとA.ヒスがかなりの影響を
与えただろう事は疑うまでもない。ホプキンズとヒスとは、ルーズヴェルトと共に日本にとって永遠に
許すことの出来ない米国人となった。

ハリー・デクスター・ホワイト (Harry Dexter White)
http://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Dexter_White

ハリー・ロイド・ホプキンズ (Harry Lloyd Hopkins)
http://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Hopkins

アルジャー・ヒス (Alger Hiss)
http://en.wikipedia.org/wiki/Alger_Hiss

402 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/03/01(日) 11:06:46 ID:7cD83FiiP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 このヤルタ会談から2ヶ月後の4月12日にルーズヴェルトが死んだ。後を継いだトルーマンは、
大統領の金庫に保管されていた「ヤルタ秘密協定」を見て驚きの余り腰を抜かしてしまったが、「ヤ
ルタ秘密協定」こそが後の中国の共産化(1949)の原点となり、金日成による朝鮮戦争とホー・チ・
ミンのベトナム戦争の元凶ともなった。この2つのアジアでの戦争は、それぞれ3万4千人と5万人
に及ぶ米国の青年の生命を奪った。この意味では、ルーズヴェルトと共に、ホプキンズやヒスは、米
国にとっても永遠に許すことの出来ない「政府高官」であったといえよう。
 1945年2月11日の「ヤルタ秘密協定」は、このソ連に対して、日本の固有の領土である南樺
太と「クリル諸島」、ならびに満州の旅順と東清鉄道とを貢ぐ約束をルーズヴェルト大統領が為して、
自らが署名したあの大西洋憲章やカイロ宣言の精神に自ら違反した。ソ連だけを例外とする、ソ連の
領土的膨張にルーズヴェルトはお墨付きを与えて協力したのであった。とすれば、「ハル・ノート」
は”ソ連を防衛する”為であり、「ヤルタ秘密協定」は”ソ連の侵略(膨張)を支援する”為である
から、米国にとっての太平洋戦争の全ては、偏にソ連に奉仕する為のものであったということになる。

403 :名無しさん@九周年:2009/03/01(日) 16:47:04 ID:3QiFHalB0
(Wedemeyer Reports ウェデマイヤー回想録)
「日本の真珠湾攻撃は、アメリカによって計画的に挑発されたものであるという事実は、
真珠湾の惨敗と、それにひきつづきフィリピンを失陥したことにより、覆い隠されてしまった。 
(アメリカ国民をヨーロッパ戦争に裏口から参戦させようとしていた当時のアメリカ政府は、
フィリピンのアメリカ守備隊を日本軍の犠牲に供するもやむをえない、と考えていた。) 

 アメリカ国内の反戦派の人たちは、ルーズベルトが ドイツに対しては明らかに戦時中立を犯す
行動をとり、また日本に対しては最後通牒を突きつけて、なんとかしてアメリカを参戦させようと
していたことは、十分に承知していた。・・・・・」
注: Wedemeyer とはこんな人
   http://en.wikipedia.org/wiki/Albert_Coady_Wedemeyer

アメリカの謀略説を否定する日本人は、
「アメリカ国内の反戦派の人たちは、ルーズベルトが ドイツに対しては明らかに戦時中立を犯す
行動をとり、また日本に対しては最後通牒を突きつけて、なんとかしてアメリカを参戦させようと
していたことは、十分に承知していた。」
というくだりを否定する根拠があるのか?
とうじのアメリカ人よりアメリカのことを良くしっていたというのか?

実際、アメリカが ドイツに対して戦時中立を犯す行動をとったのは まぎれもない事実だし。


404 :文責・名無しさん:2009/03/01(日) 16:51:19 ID:K6ByJfxW0
【アタチュルク像】 忘れてはならない日本・トルコの絆
http://www.youtube.com/watch?v=85DmfC8m0aw
http://www.youtube.com/watch?v=VW47s8Xa3QQ
http://www.youtube.com/watch?v=6r5SMdFdAoU

こんなところにも社民党!
日本外交を阻害するような事は、何でもやるよなコイツら。
民主党政権になれば、こんな社民党も与党だよ。

405 :文責・名無しさん:2009/03/01(日) 17:05:05 ID:fVsj9lB90
朝鮮アサリ屋や壺売りと結託している疹憎は間違いなくコミンテルン工作員

406 :文責・名無しさん:2009/03/01(日) 21:47:38 ID:hBmf6DFo0


@@@@@@@@@@@@@@@@@






http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1233050550/



中国 の 本物 レイプ 拷問 虐殺 動画 画像





@@@@@@@@@@@@@@@@@

407 :文責・名無しさん:2009/03/04(水) 12:49:19 ID:+NvXQPe/0
>>405
あなた、スターリン時代のソ連に生きていれば、間違いなく「人民の敵」摘発に
大功績をあげ、「人民英雄」になれた方ですね。
一回でもへまをやらかせば今度は自分が「人民の敵」にされてしまう可能性もあるので、
油断はできない訳ですが。

408 :文責・名無しさん:2009/03/04(水) 21:57:03 ID:ugRW21av0
すげぇな…

409 :文責・名無しさん:2009/03/06(金) 12:07:47 ID:kO6VcHpE0
てすと

410 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/03/06(金) 23:21:22 ID:Z4w7vLciP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 このように、米国のルーズヴェルトの周辺は共産主義者で固められていたのと同じく、日中戦争の
早期講和を阻み「南進」を決行する日本でもまた近衛文麿首相の周辺は共産主義者の巣窟であった。
近衛文麿が積極的に側近に登用した共産主義者としては、書記官長(=現在の官房長官)の風見章
(親ソ系のマルキスト)、ゾルゲ事件の首謀者の一人として死刑となった尾崎秀実(ソ連のスパイ)、
日中講和の阻止に暗躍した西園寺公一(中国共産党系のマルキスト)や犬養健(同左)、朝日新聞
の佐々弘雄、松本重治など挙げると限がない程多い。
 太平洋戦争(日米戦争)に至る、日米それぞれの国家に於ける開戦決定過程で、このようにソ連の
影響や共産主義者が暗躍した事実から、日米戦争とは共産ロシア(ソ連)が誘導した戦争であった、
と言える。ロシアこそが、日米間の戦争を欲して、それなりの努力(積極工作)に全力を投入して
生じた戦争、それが日米両国の死闘を尽くしての太平洋戦争の裏面である。

411 :文責・名無しさん:2009/03/07(土) 19:42:25 ID:YUV18aTV0
中川八洋wwww


412 :文責・名無しさん:2009/03/08(日) 14:49:41 ID:7azX1Xrz0
「おくりびと」がアカデミー賞を受賞したのは、朝日所得隠しのニュースから世間の目を逸らすための
コミンテルンの陰謀です。

413 :文責・名無しさん:2009/03/08(日) 15:01:59 ID:qEJ8Yz/Z0

【GHQ発禁本】 大東亜戦争とスターリンの謀略 1-4 【三田村武夫】
http://www.youtube.com/watch?v=qK2iNR5juWk


414 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/03/12(木) 19:43:01 ID:jS3jUF5OP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

 太平洋戦争後のアジア・太平洋行きの新しい地図は、最終的には、ソ連のみが
勢力圏を伸ばす草刈場となり、満州も中国本土も「スターリンの子供」である毛
沢東の共産党支配下に陥り(1949年)、朝鮮北部は同じく「スターリンの子
供」金日成の支配するところとなり(1954年)、ベトナム北部も同じく「ス
ターリンの子供」ホー・チ・ミンの支配するところとなった(1954年)。こ
の余波はその後30年間も続き、1975〜79年には、ベトナム南部、カンボ
ジア、ラオスなどインドシナ全域がソ連勢力の掌中に落ちた。
 日本の日中戦争も、「南進」に始まる対英蘭米戦争(太平洋戦争)も、この2
つ合わせて大東亜戦争と呼ばれる「8年戦争」の全ては、ただただロシアの利益
に奉仕した。そして、ポスト冷戦時代に至っても、いったん共産ロシアの支配下
に落ちたアジア諸国の中でその共産主義から脱し得た国は、国連のPKOの協力
を得る事の出来たカンボジア一カ国に過ぎない。共産中国、共産朝鮮、共産ベト
ナム、共産ラオスは共に今も健在であり、日本の為したロシアに奉仕した「大東
亜戦争」の後遺症は今日に於いても甚大である。

415 :文責・名無しさん:2009/03/12(木) 22:05:00 ID:OgjV331y0
中川八洋wwww

416 :文責・名無しさん:2009/03/12(木) 22:39:39 ID:KG9mE/Pb0
涼宮ハルヒで学ぶ南京大虐殺

http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/


第一話・序
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/1.html

第二話・兵士の日記は虐殺を意味しているのか?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/2.html
第三話・中国人の証言は真実?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/3.html
第四話・南京大虐殺に証拠写真なんてあるの?
http://beauty.geocities.jp/nankingharuhi/4.html

417 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/03/12(木) 23:35:07 ID:jS3jUF5OP
共産主義者の大東亜戦争責任
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722

418 :大東亜戦争と「開戦責任」:2009/03/14(土) 07:08:12 ID:hmcMRibsP
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第二章「ハル・ノート」とロシアの積極工作 −財務次官補H・D・ホワイトとルーズヴェルト−
  第三節 政府高官を覆う赤い工作網 −日米を操作したロシアの「隠れた手(hidden hands)」

 単純化すれば、日本の将兵210万人(『日本の戦争』原書房、p21)と米国のそれ9万人余が生命
を捧げた戦争の結末は、ロシアに奉仕すると同時に、「アジア共産化」の為であった。日中戦争や太平
洋戦争は、日米双方の国益に反した上に、更にアジアの人々に共産主義の抑圧の不幸をもたらしたので
ある。日本に対しても、米国に対しても、ロシアを除く全アジアに対しても、釈明の出来ない愚かしく
かつ「無益な戦争」であった。
 一国の外交政策の決定に当り、他国の「隠れた手(hidden hands)」による操作を受けることは主権の
侵害の容認放置であり、あってはならない。「ハル・ノート」や「南進」の決定が、共産ロシアの「隠
れた手」で操作されたとすれば、日本にしても米国にしても双方の国家にとって、これこそ「恥ずべき
怠慢」であったといえる。

419 :文責・名無しさん:2009/03/14(土) 10:10:44 ID:hmcMRibsP
【書評】「田母神(たもがみ)塾」田母神俊雄著 2009.3.14
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090314/bks0903140936000-n1.htm

■歴史、政治、国防の「必修」3講座

 先の大戦に関し政府見解と違う趣旨の「日本は侵略国家であったのか」との
論文を発表したことで昨年11月、航空幕僚長を辞した田母神俊雄氏による新
刊だ。

 田母神氏が「塾頭」となり歴史、政治、国防という3つの「講座」で教鞭
(きょうべん)をとるという構成の本著は、自虐史観に囚(とら)われた歴史
教育を刷新し、そこに端を発した弱腰外交を断罪し、米中韓などにおもねる政
治家を看破し、今そこにある危機である国防に警鐘を鳴らす。それらをユーモ
ア交じりに語る塾頭の講座は、まさに「必修」すべき授業内容といえる。同時
に賛否両論は必至の内容でもある。

 歴史の講座では、教科書には載っていない歴史見解を表明し、政治の講座で
は近年の政治家の所業を、実名を挙げて切り捨てる。国防の講座においては核
保有と敵地先制攻撃の重要性を訴えている。そんな独特の言説に拒否反応を示
すのはたやすい。しかし、極論を恐れずに言えばこの言説は田母神氏の「本当
に伝えたいこと」から生まれた「枝葉末節」にすぎない。

420 :文責・名無しさん:2009/03/14(土) 10:15:05 ID:hmcMRibsP
【書評】「田母神(たもがみ)塾」田母神俊雄著 2009.3.14
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/090314/bks0903140936000-n1.htm

■歴史、政治、国防の「必修」3講座

 先日、オバマ氏の大統領就任演説に関するテレビ番組を見た。氏が最も言葉
のトーンを強めたところを音声解析により探っていた。未曾有(みぞう)の経
済危機を迎えている国民たちに最も伝えたいことは何だったか。それは、かの
国の歴史の源泉を語る部分であった。未来を照射するために、オバマ氏は過去
を持ち出した。

 田母神氏は本の冒頭で語る。「歴史と歴史学は違う」と。そろそろこの国で
も「歴史」を取り戻してもいいころだ。

421 :文責・名無しさん:2009/03/15(日) 08:12:05 ID:BDUK+pFIP
共産主義者の大東亜戦争責任(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA

共産主義者の大東亜戦争責任(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA

共産主義者の大東亜戦争責任(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs

422 :文責・名無しさん:2009/03/15(日) 15:26:39 ID:maJz5CiB0
>>375
つ「かのように」森鴎外

記紀の記述を「歴史」と見ることはできても、「史実」だったことはない。

423 :いじり万子:2009/03/16(月) 02:36:02 ID:e0/OJ7VO0
このスレ、国際勝共連合(統一教会)の誘導スレか?
1の文章は原理研究の坊やがようやる文章作戦だもんなあw
今時、国際共産主義を信望する奴はおらんだろ??

クビになった田母やん、キチガイ信者がいてよかったねw?



424 :文責・名無しさん:2009/03/16(月) 15:17:51 ID:k8rNFTY60
そのうち、自由主義史観研究会も「新しい歴史教科書をつくる会」も
元共産主義者が始めたんだからコミンテルンの陰謀だと言い出すのが
出てくるかもしれないな。

期待していますよ、ネット右翼の皆さん。

425 :文責・名無しさん:2009/03/16(月) 16:22:24 ID:zLY35q8WO
ユダヤ人本人が、我々がやりましたごめんなさいという本を出してんだから 全く有り得ない話しってわけではない
ユダヤ人の長老が日本人を弁護する嘘をついて何か利益あるか

426 :文責・名無しさん:2009/03/18(水) 03:06:03 ID:OAao3gXr0
かんぽの宿 340億円を11億円で売却 大門議員が追及
http://www.youtube.com/watch?v=Md7XzY26n_8

偽保守は調査能力がコミンテルンよりも著しく劣るのが特徴。


427 :文責・名無しさん:2009/03/19(木) 01:24:11 ID:6p1fFuxe0
>>420
「歴史観」の問題は無限に多様な議論が可能だが、その立論の根拠となる
個別の史実の把握がめちゃくちゃではそれ以前の問題だ。

428 :文責・名無しさん:2009/03/21(土) 08:25:45 ID:UuT2M9UK0
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第四章 中国共産化と計画経済の導入 −日中戦争と近衛文麿の「犯罪」(U)
  第三節 「計画経済」体制への暴走

 近衛文麿がその智力の限りを絞って、小さな小さな(盧溝橋)事件を国家間の
死力を尽くした(日支)事変(=日中戦争)にまで拡大すること、及びこの日中
戦争が講和することなく半永久的に長期化すること、この2つに執念を燃やした
が、その真の理由(目的)は何であったか。どうやら3つの目的が有ったとまと
められよう。

 先ずは、日中戦争によって、日本に計画経済体制を導入すること。つまり、日
本を社会主義化すること。これが近衛の第一の目的(狙い)であろう。

 日本の社会主義化を、如何に日本国民に訴えようともそれが日本の国全体のコ
ンセンサスを得られることなどほぼ不可能に近いことは近衛文麿は熟知していた。
が同時に、近衛は、長期的な消耗戦的な戦争をすれば必ず人的・物的な総動員体制
づくりを不可避とするから、社会主義や共産主義の言葉を一言も発せずして間接的
にこの戦時体制から社会主義体制づくりが円滑に進むことも知っていた。

429 :再臨のごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2009/03/27(金) 23:35:25 ID:PZyoi4Rn0
■■■■■■■■■■■■沖縄県は、駆逐艦10隻より市民図書館10個分を望んでいる■■■■■■■■■■■■
 悪化する沖縄米軍基地の風評被害に対して、われわれの用意した対案は次の通りである。
1.日本の国連常任理事国入りによる軍事基地の正当化。
2.軍事経済の偏りから生じる問題と捉え、大規模図書館を沖縄に整備することにより、先進的経済活動に寄与する。
3.軍事基地を北海道に移転し、北方領土問題の進展に貢献する。これにより軍事経済の正当化が期待できる。
4.琉球国独立による日米地位協定の解消と、基地問題を国際問題として提起し訴追すること。これは民主党の示す形式上の独立であり、実態的な問題は生じない。
5.アメリカ合衆国国民に対して、想像を絶するようなあらゆる思想的手段を講じて民族・人種・宗教差別廃止運動を扇動する。これにより軍事経済の世界同時的減退と日米地位協定の無効化を期待するものである。
以上、貴君の健闘を祈る。      
【沖縄】失われた未来【反戦支援】  
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6562262

430 :文責・名無しさん:2009/03/28(土) 13:57:16 ID:gY+LgT8p0
それで結局、岸信介はコミンテルンのスパイという理解でOKなの?

431 :文責・名無しさん:2009/03/29(日) 09:21:10 ID:wTu3hmZQ0
http://item.rakuten.co.jp/book/5936479/
日中戦争はドイツが仕組んだ

http://item.rakuten.co.jp/book/5885538/
戦争を望んだ中国、望まなかった日本


432 :たぬき:2009/03/30(月) 13:07:00 ID:CDGErf7N0
日本の潜水艦と英国商船ビハール号の物語

http://pwvx.hp.infoseek.co.jp/0202/3/119.html

ブレアース氏は言った・・「捕虜の一人は頭を割られ甲板上をのた打ち回った。
他の男らは一振りの刀で殺され海に放り投げられた。
日本兵は笑っていた。映写機で事態の全てを撮影する者もいた。 ・・・


433 :文責・名無しさん:2009/03/30(月) 14:37:33 ID:shoY4H8Y0
>>431
それで結局、岸信介はコミンテルンのスパイという理解でOKなの?

434 :文責・名無しさん:2009/03/30(月) 16:41:32 ID:k0T9n0mx0
革新官僚の中には、右翼国家社会主義革命派と左翼国家社会主義革命派がいたんじゃ−ないの。

435 :文責・名無しさん:2009/04/01(水) 20:09:51 ID:OEaT1O3y0
革新官僚
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E6%96%B0%E5%AE%98%E5%83%9A

革新官僚とは、1937年に内閣調査局を前身とする企画庁が、日中戦争の全面化に
伴って資源局と合同して企画院に改編された際、同院を拠点として戦時経済統制
の実現を図った官僚層。のちに国家総動員法などの総動員計画の作成に当たった。
(要するに、”革新官僚”とは共産主義者のこと。)

436 :文責・名無しさん:2009/04/02(木) 00:50:29 ID:sxz1ksfu0
そうか、やはり岸信介も共産主義者ということだね。

その祖父を敬愛してやまない安倍晋三ちゃんも共産主義者なんだね。

安倍ちゃんを熱心に支持する論陣を張った一連の保守系文化人もそうすると、
実は隠れ共産主義者だった訳だ。

日本は実は共産主義者だらけの国だった訳だ。これはたまげた。

437 :文責・名無しさん:2009/04/02(木) 21:54:42 ID:iqGOmFyo0
安倍に後ろには朝鮮壺売り、朝鮮アサリ売り、朝鮮玉打ちなどの朝鮮利権がドロドロと悪臭を放ちながら渦巻いている。

438 :文責・名無しさん:2009/04/02(木) 22:39:49 ID:IlhISQI+0
小沢の後ろにも朝鮮壺売り、朝鮮アサリ売り、朝鮮玉打ちなどの
朝鮮利権や売国勢力がドロドロと悪臭を放ちながら渦巻いている。


439 :文責・名無しさん:2009/04/03(金) 05:27:25 ID:ZB+mPwAl0
コミンテルン vs ヤミ金融

ヤミ金の携帯情報放置 佐々木議員 警察の対応を追及
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-01/2009040115_02_0.html

440 :文責・名無しさん:2009/04/03(金) 14:22:42 ID:RiPoyAcV0
岸信介は共産主義者。

祖父を敬愛してやまない安倍晋三も共産主義者。

そうすると、その安倍ちゃんを支持していた中西輝政や櫻井よしこ、渡部昇一ら、その渡部と雑誌対談し
意気投合していた西尾幹二なんかも共産主義者になっちゃうよ。

441 :文責・名無しさん:2009/04/09(木) 00:41:05 ID:kNpg/f2A0
結局、岸信介を含めた革新官僚はみんな共産主義者、岸の流れを汲む
現在の町村派もみんな共産主義者という理解でOKですか。

442 :大東亜戦争の開戦責任:2009/04/09(木) 03:07:16 ID:t1d6+V+f0
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 中川 八洋 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4896670116

前編 近衛文麿−「仮面の戦争屋」
 第四章 中国共産化と計画経済の導入 −日中戦争と近衛文麿の「犯罪」(U)
  第三節 「計画経済」体制への暴走

 第二の目的は、近衛文麿のイデオロギー上の同志である尾崎秀実が検事尋問調書
で明快に述懐するように、(防衛であれ侵攻であれ)日本の対ソ戦能力を滅減させ
ることを狙っていただろう。1931年の満州事変と翌年の満州国の建国によって、
日本は地政学的に対ソ防衛能力を高めたし、それは同時に対ソ侵攻能力を高めたこ
とでもある。この日本の対ソ戦能力の大削減を図るには、巨大な縦深を持つが故に
必然的に泥沼化して日本の国力が消耗してしまわざるを得ない中国と戦争をさせる
のが手っ取り早い。満州国に駐屯する日本軍(関東軍)の大半が中国へと「南進」す
れば、其の分ソ満の国境に於ける日本の軍事力は目に見えて弱体化することになる。
 ソ連を「祖国」とする尾崎秀実は、この戦略に日本を引きずり込んだ成功(=日本
から見れば「完全犯罪」)に誇りを持っているかのように、検事に淡々と次のように
述べている。

 「吾々グループの目的は、・・・・狭義には世界共産主義革命遂行上最も重要にし
てその支柱たるソ連を日本帝国主義より防衛するため、・・・」
(1942年3月8日、第22回検事尋問調書)

443 :文責・名無しさん:2009/04/10(金) 04:15:21 ID:QzU3FVw90
で、中川大先生は、岸信介を共産主義者だとおっしゃっているの?

444 :文責・名無しさん:2009/04/10(金) 15:40:53 ID:1vk0xZm70
甘粕正彦 乱心の

445 :文責・名無しさん:2009/04/11(土) 22:58:59 ID:0LsH55CM0
岸信介は革新官僚だったから隠れ左翼の可能性はあります。

446 :文責・名無しさん:2009/04/11(土) 23:54:24 ID:FkgjjejJ0
そうすると、安倍晋三も隠れ左翼の可能性がある訳だ。

こりゃ大事件だ。

447 :文責・名無しさん:2009/04/12(日) 00:58:54 ID:uxNSiPMT0
中川八洋ならそのうちに「俺も左翼の疑いがある」と言い出しかねない。

448 :文責・名無しさん:2009/04/12(日) 17:25:22 ID:2mhEjiMU0
>>446
岸・佐藤・安倍は裏で朝鮮壺売り屋、朝鮮偽装アサリ屋、朝鮮玉打ち屋と結託してきた隠れコミンテルン工作員。

449 :文責・名無しさん:2009/04/12(日) 19:04:11 ID:RIl/3pHy0
>>448
という妄想に耽る448であった。

450 :文責・名無しさん:2009/04/13(月) 14:15:25 ID:38psdH010
>>448
裏でもなにも堂々と付き合っているじゃないか。
コミンテルンは知らんけど。

451 :文責・名無しさん:2009/04/13(月) 21:12:38 ID:xlQicLTs0
岸、佐藤、安倍は隠れ共産党員

452 :文責・名無しさん:2009/04/14(火) 01:48:53 ID:F23hWFfB0
ようするに私服を肥やしたいだけだろ
シナや戦前の軍部と同じ穴のムジナ

453 :文責・名無しさん:2009/04/14(火) 02:01:46 ID:PjjiEs0h0
コミンテルン云々といっている連中は、自分では「人民の敵」の狩り出しに
貢献しているつもりなんだろうね。

454 :文責・名無しさん:2009/04/15(水) 12:59:04 ID:BEg6sBfn0
ビアードのこの本は何時になったら邦訳されるのか!!

455 :文責・名無しさん:2009/04/15(水) 13:02:22 ID:BEg6sBfn0
これ読めば、アメリカが日本を大東亜戦争に陥れたことがわかるのだが。
邦訳がない うぅ

http://www.amazon.co.jp/President-Roosevelt-Coming-War-1941/dp/0765809982/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1239767674&sr=1-1

456 :いじり万子:2009/04/15(水) 23:11:13 ID:0d5z9tlH0
  ∧_∧
  ( ´∀` )  < 国士気取りのウヨブタさん、さあ、もう涙を拭きなよ。
  / ,   ヽ    
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘

457 :文責・名無しさん:2009/04/15(水) 23:52:02 ID:IC7KdYwHO
4月28日に「パール判事の日本無罪論」を購入しようというイベントがあるそうです。
http://m.youtube.com/watch?v=Dh8nDj9FV2w&xl=WatchClick&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=ON

458 :文責・名無しさん:2009/04/16(木) 00:09:01 ID:aLRaLByL0
盧溝橋事件、通州事件、大山事件、シナ軍不法侵入、シナ軍の上海空襲

Battle of Shanghai 1937 1of 4 Background of Battle

http://www.youtube.com/watch?v=K4qfH8tf4cQ&feature=channel_page

Battle of Shanghai 1937 2of4 Beginning of Battle

http://www.youtube.com/watch?v=PObxULJSOVg&feature=channel

Battle of Shanghai 1937 3of4 Air Operation of IJNAF

http://www.youtube.com/watch?v=ucaZM0-5IN0&feature=channel

Battle of Shanghai 1937 4/4 Landing Operation of IJA

http://www.youtube.com/watch?v=dGmeFA55e98&feature=channel


459 :文責・名無しさん:2009/04/16(木) 07:05:29 ID:8yeUbJ1Q0
>>455
翻訳したら読みたい奴いる?

460 :文責・名無しさん:2009/04/18(土) 10:04:02 ID:974aIpaRO
戦後っていうけどさ
戦争はまだ終わってないんだよ

太平洋戦争の結果として
戦勝国(占領国)に国の根幹をいいようにいじくられ
いいようにこき使われいいようにタカられ
正義まで奪われ
それをネタに隣の国からもタカられ

この現状を是認している奴らこそ
勝てば官軍の暴力主義者なんだよな


461 :文責・名無しさん:2009/04/18(土) 10:05:11 ID:/+VDYif50
ハマコーのやくざリアリズムなんてそんなもの。

462 :文責・名無しさん:2009/04/18(土) 14:06:35 ID:09yzMeN00
>>460
おまえが頑張って戦争を続けてくれ。

463 :文責・名無しさん:2009/04/18(土) 15:38:58 ID:Sjwd7DOd0
>>460
その割には戦勝国にうまく取り入って、世界中に自国の製品を売りさばいて
経済大国になっちゃっているという周知の事実は無視ですか。

464 :文責・名無しさん:2009/04/19(日) 03:28:37 ID:FRQZuz7S0
>>460

> 太平洋戦争の結果として
> 戦勝国(占領国)に国の根幹をいいようにいじくられ
> いいようにこき使われいいようにタカられ
> 正義まで奪われ
> それをネタに隣の国からもタカられ


これこそ本当の自虐史観。

465 :文責・名無しさん:2009/04/19(日) 23:29:40 ID:zjO08UpC0
>>464
>> 太平洋戦争の結果として
>> 戦勝国(占領国)に国の根幹をいいようにいじくられ
>> いいようにこき使われいいようにタカられ
>> 正義まで奪われ
>> それをネタに隣の国からもタカられ
これは他虐史観。

>これこそ本当の自虐史観。
と考える立場を自虐史観という。

466 :いじり万子:2009/04/20(月) 00:12:31 ID:WWvpWeRg0
田母やん。精神鑑定が必要。


467 :文責・名無しさん:2009/04/20(月) 01:10:41 ID:c1LytyTJ0
>>465
戦後の日本は戦前よりは遥かにましな国ですが?

468 :いじり万子:2009/04/20(月) 01:33:11 ID:WWvpWeRg0
海外旅行板のネットウヨは戦前は戦後よりも物資の豊かな国だったと妄想を発作させる人が居ました。


469 :文責・名無しさん:2009/04/20(月) 03:00:20 ID:+vR69gIkO
田母神公式サイト見えなくなっちゃったね。

会員登録した個人情報はどうなってしまうんでしょう。

機関紙の購読勧誘名簿に流れないといいのだけれど。

470 :文責・名無しさん:2009/04/20(月) 09:00:46 ID:jvVRJe4G0
>>467
ということを平気でいう馬鹿発見。
おまえ子孫から、「お前が若い頃の日本は、ろくでもなかった時代だよ」
って言われても文句言えないぞ。現在の視点から過去を断罪するのは、
将来の世代から自分達が断罪されることを認めることでもあるのな。
大体、アカの作った歴史教科書をそのまま鵜呑みにして、戦前を語るなよ。



471 :文責・名無しさん:2009/04/20(月) 15:43:53 ID:rsBo/LrF0
>>470
>大体、アカの作った歴史教科書をそのまま鵜呑みにして、戦前を語るなよ。

ちゃんと教科書を読んで勉強してるのか?w

472 :文責・名無しさん:2009/04/20(月) 22:16:01 ID:I6Utxs5r0
>>471
お前がバカなことしか言わないから、そう言われるんだよ。

473 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 02:11:21 ID:FGryZZZY0
>>470
もっといい(とその時代の人たちが思える)社会になっているなら、それでいいじゃないの。
むしろぜひともそういう社会を後進の人たちには作っていってほしいと思っている。

何か間違っている?

少なくとも、様々な政治的意見が何不自由なく表明できるだけでも今の方がずっと戦前より
よい社会であることは明白。
選挙のとき、時の権力者側の気に入らない候補者には露骨な干渉があったのも、戦前には
当然視されていたが、今ではそんなの考えられないしね。
ネット右翼御用達・新風の活動に、官憲の不当介入があったなんて話がないのも、その賜物。

474 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 05:34:44 ID:e59kaLUz0
>>473
>>もっといい(とその時代の人たちが思える)社会になっているなら、それでいいじゃないの。
むしろぜひともそういう社会を後進の人たちには作っていってほしいと思っている。

読解力ねーなー。誰だ?こんな読解力のない人間を育てたのは。戦後教育と
ゆとりの相乗効果か?
あのね、今の社会を肯定するのはいいことではあるのな。ただそのために、
過去の社会を断罪し、貶めて、相対的に今の社会の評価を高めるようなことは、
間違っているということを言っているんだぞ。分かる?

>>少なくとも、様々な政治的意見が何不自由なく表明できるだけでも今の方がずっと戦前より
よい社会であることは明白。

ここ田母神スレだよね?何だこの冗談は?w
田母神さんの論文問題は文民統制ではなく、言論統制の問題なんだぞ。
論文の中身が問題なら、注意や叱責で済む話なのに、「危険思想だから
自衛隊から叩き出せ!」ってことであの顛末になったんだからな。戦前と
同じだろうが。


475 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:01:50 ID:ZI5IWJ7t0
>>474

> 戦後教育と
> ゆとりの相乗効果か?

なんと言う自虐史観。

> 過去の社会を断罪し、貶めて、相対的に今の社会の評価を高めるような

誰がそんなこと言っているの?
今の社会がどういう社会かは、過去や、他国の比較の中でしか語れないじゃないの。
それがどうして断罪とか貶めて、という表現と同列になる?

> 田母神さんの論文問題は文民統制ではなく、言論統制の問題なんだぞ。

違いますが。
田母神氏があのトンデモ論文を発表したことで、官憲に逮捕されたなんて話は
寡聞にして聞きません。
民間人となった田母神氏は、今でも好き放題なこと言っていて、それで何か権力機関に
危害が加えられましたか?
もしそんなことがあったなら、それに対して批判することには吝かでない。

自衛隊の制服組トップがあんな代物を発表してそれで無事といられる感覚の方が摩訶不思議。
それこそ平和ぼけの極地。
田母神氏は何か職を賭しての覚悟があってあんなものを発表したのではなく、本当に即時解任が
意外だったようだが、そんな人物がトップにまで上り詰めることができた自衛隊の現状に危機感
を持った方がいいぞ、右翼の皆さんは、
それこそ組織や集団の調和を無視して俺が俺がの利己主義が蔓延した現代日本の病理の現れだ、
なんて右翼の皆さんお気に入りの言説の好例とも考えられるのに、どうしてあんたみたいなご
都合主義がまかり通るのかな。

476 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:04:08 ID:ZI5IWJ7t0
本当に言論統制にあたるとか考えているなら、今からでも遅くはないから、
法務省人権擁護局にでも訴えてみることだ。

477 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:36:12 ID:2LLLtgsl0
東中野修道なんて石川水穂がプロデュースしたようなもんだろ。
70−80年代の田中正明
90−00年代の東中野修道
が次々に自爆した今、この二人に続く
第3の新人の発掘がサンケイ的には急がれるな。w
それが田母神将軍なのかもな…

478 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:41:54 ID:W2Gr2w7M0
>>475
「自衛隊の制服組トップがあんな代物を発表してそれで無事といられる感覚の方が摩訶不思議。


どこが どういけないのですか?
別におかしくもない、普通の歴史観ですけど?
そんなに騒ぐほどですか??

479 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:46:45 ID:ZI5IWJ7t0
>>478

> 別におかしくもない、普通の歴史観

ここ、笑うところですか?

渡部昇一なんかの本に書いてあることを適当にコピペしただけの内容に思うし、右翼論客の主張として独創性のある
ものでない。そういう意味では「普通」のものだと言えなくもないが、少なくとも大多数の日本人が持っている歴史
観とはかなり異なる。


480 :文責・名無しさん:2009/04/21(火) 16:49:31 ID:IuFjcwTN0
笑うところです

481 :文責・名無しさん:2009/04/22(水) 18:01:03 ID:LcDPYaxr0
あの程度のおつむの輩が自衛隊の要職にあったと思うと寒気がする。

482 :文責・名無しさん:2009/04/23(木) 21:54:58 ID:Y62G9dYl0
統制経済を積極的に導入し、企画院事件の責任をとり辞任した
岸信介は共産主義者でアカの手先ですね、わかります


483 :文責・名無しさん:2009/04/24(金) 18:44:47 ID:JAjRzlIU0
>>482
岸信介の経済政策はソ連の五ヵ年計画をモデルにした統制経済だね。

484 :文責・名無しさん:2009/05/04(月) 11:47:47 ID:HMiQEWiZ0
あの威勢はいいが頭の足りないネット右翼さんはもうここには来ないの?

485 :文責・名無しさん:2009/05/04(月) 11:54:19 ID:gs52+vCG0
昨日、ゴールデンタイムのバラエティー番組に出てるのをみちゃった。
さすがに少しキモイ

486 :文責・名無しさん:2009/05/04(月) 12:38:14 ID:xwx/gYRQ0
>>475

>田母神氏は何か職を賭しての覚悟があって

職を賭して書いたならOKなのか?
もちろん権力機関に弾圧なんかされませんよ、
もしそんな事が出来るなら左翼の方々は今頃
とっくに死刑になってるでしょうからねえ・・
あなたは組織の調和を大事にする共産の方ですか?

事の顛末は自身に批判的な田母神氏を嫌ってた事務次官が
これ幸いとばかりに大臣を取り込んで問題化し、
サヨクマスコミの批判を嫌がった官邸がクビにしただけなんだけどねえ・・
いつもの閣僚の日本擁護、即、クビと同じ構図

487 :文責・名無しさん:2009/05/04(月) 12:40:11 ID:cvKbBHBm0
クソウヨは 同じコピペの 繰り返し
新風が 痛風になる 総選挙
産経が 閉経になる 日も近し

488 :文責・名無しさん:2009/05/04(月) 17:48:30 ID:HMiQEWiZ0
>>486
OKとは思わないが、その程度の現実感覚すらない人物が制服組トップだったという
ことは驚きに値するといっているの。



戦後の日本は個人主義が蔓延して調和がとれなくなったとお嘆きの向きは右翼論客の
定番の主張だという事実すら知らない無知な方ですか?
現行憲法には権利ばかり書いてあって、義務がおろそかになっているという、改憲論者の言説パターンを
知らない訳でもあるまいに。

最高幹部内の個人的な暗闘レベルだけでことを語ろうとするなど、陰謀論にすぎない。
思惑は思惑で幹部内にいろんなことがあったにせよ、最終的には、政府として、ああいう
人物がいては、野党や世論からの批判に対して支えきれないという判断があったから。

489 :文責・名無しさん:2009/05/05(火) 07:23:18 ID:pA2MMIl4O
ホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホ糞スレ、終了!
今更遅い!


490 :文責・名無しさん:2009/05/05(火) 22:02:41 ID:A573Re+K0
公式 田母神俊雄 後援会
Toshio Tamogami Supporters Club (TSC)
http://www.tamogami.sc/

株式会社 田母神事務所
田母神俊雄 後援会

なんか、凄い事になってきました!

★★★ ベストセラー記念&新番組「田母神塾」放送記念 ★★★
http://www.tamogami.sc/0508.html

★「田母神塾」 多彩なゲストとのトークや安全保障講座等、田母神塾長が熱く語る新番組!
  日本文化チャンネル桜 5月9日20:00スタート・毎週土曜日放送

いよいよ、今週土曜、夜8時から、田母神閣下の新番組スタートです!
更に、来月からはチャンネル桜はスカイアイとして24時間の放送枠を獲得し、
4時間放送へ拡大とのこと!残りの20時間は時間貸しとかで、更にパワーアップです!

【24時間放送復活!】 「スカイアイ/日本文化チャンネル桜」 6月1日より無料放送開始!
http://www.ch-sakura.jp/topix/1028.html

楽しみだ!

491 :文責・名無しさん:2009/05/06(水) 08:31:23 ID:q2/Xfw4D0
頭がなぜか単線指向の香具師多すぎるよ、縦軸に右翼と左翼をとり、横軸に大きい政府と小さい
政府をとれば、革新官僚は右翼の国家日本主義者(代表に岸伸介)、その中にまんまと左翼の国
家共産主義者(勝間田清一ら)が潜んでいたというだけの話だよ。

492 :文責・名無しさん:2009/05/06(水) 11:23:40 ID:nXK4pedK0
>>491
いや違う。
革新官僚は赤だった。

493 :文責・名無しさん:2009/05/07(木) 11:20:52 ID:gbbY5bUy0
つまり岸信介は共産主義者だったという奇抜な新説を唱えておいでの
訳ですね。

494 :文責・名無しさん:2009/05/07(木) 22:54:58 ID:EfnAb9YN0
>>492
企画院事件が代表ですね。

そして同じ事が現在も起きていると思います。

495 :文責・名無しさん:2009/05/08(金) 02:12:42 ID:lGjL9aFr0
今更平沼騏一郎の再来とは畏れ入った。

496 :文責・名無しさん:2009/05/08(金) 22:57:41 ID:hv4LXxRX0
【新番組】 「田母神塾」 いよいよスタート!
http://www.ch-sakura.jp/topix/1044.html

理不尽な更迭劇と政界・メディアによる常軌を逸した批判の嵐に敢然と立ち向かい、国防の
信念を貫き通した武人・田母神俊雄(前航空幕僚長)が塾長をつとめる新番組が、いよいよ
5月9日(土)にスタートします! 多彩なゲストとのトーク、そして、のっぴきならない状況に
ある日本の安全保障についての徹底分析・解説など、「誇りなければ国は守れず」の真実と
現実を語る「田母神節」を、どうぞお楽しみに!

 初回放送日時
  平成21年5月9日(土) 20時00分〜20時30分
  ※ 毎週土曜日20時より放送(30分番組)
  ※ 5月16日(土)のみ 深夜24時00分〜24時30分

 出演

  塾長 : 田母神俊雄 (前航空幕僚長)
  塾生 : saya (シンガー)

497 :文責・名無しさん:2009/05/09(土) 04:14:02 ID:z4LW9+sa0
この分じゃ、「新しい歴史教科書をつくる会」もコミンテルンの陰謀だなんて、
そのうちに言い出すやつが出てくるかもしれないな。

498 :文責・名無しさん:2009/05/09(土) 09:37:11 ID:xQnOJDfc0
>塾生 : saya (シンガー)

どういう距離感で接するのか興味深い。
やっぱりトム・クルーズみたいでかっこいいとか持ち上げるのかな?
それとも完全な信奉者みたいに振る舞うのか?


499 :文責・名無しさん:2009/05/09(土) 19:24:57 ID:aBD90mOg0
増木重夫,遠藤健太郎,藤岡信勝、加瀬英明はコミンテルン工作員

500 :文責・名無しさん:2009/05/11(月) 22:22:07 ID:J3pXIBM20
★★★チャンネル桜主催@NHK「JAPANデビュー」抗議デモ★★★

 偏向した報道や番組を繰り返すNHKに怒りの声を・・・抗議デモ行います!!
 皆さんの参加を心よりお願い申し上げます。
 
 【決行日】 平成21年5月16日(土)
 【街頭宣伝】 12時30分〜13時30分 JR「渋谷」駅ハチ公前 
 【リレートーク集会】 14時00分〜15時30分 TS渋谷アジアビル501(田母神氏他登壇予定!)
 【緑の風船 デモ行進】 15時50分 宮下公園集合(NHKを包囲します)
 【参考動画】http://www.nicovideo.jp/watch/sm6882782
 【援護スレ】http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1241629272/
 【まとめWiki】http://wiki.livedoor.jp/kyotres/

501 :文責・名無しさん:2009/05/11(月) 23:08:13 ID:ubQ8EpTV0
>>500
コミンテルンのスパイ水島に言われてもねwwww

502 :文責・名無しさん:2009/05/12(火) 12:49:21 ID:8VuKoMM30
>>501
根拠は?

503 :文責・名無しさん:2009/05/12(火) 18:36:20 ID:pM/6FoyZ0
>>500
一応テレビ局らしいチャンネル桜が主催するというセンスのなさはどうだ。
同業他社に対してこんなことしかけるのは普通カッコワルイと思いそうなもんだが。

504 :文責・名無しさん:2009/05/12(火) 18:39:06 ID:s2YRlPoM0
デモ行進したら逮捕される危険があるから気をつけろよ。

505 :文責・名無しさん:2009/05/12(火) 21:19:12 ID:lqzjHhSq0
>>502
中共から金貰ってプロパガンダ映画作っていただろwww


506 :文責・名無しさん:2009/05/13(水) 10:53:10 ID:Nt105L/a0
パンダ物語のことかw

507 :文責・名無しさん:2009/05/17(日) 22:54:09 ID:v/KRwt5J0
大日本帝国万歳!!!

せめて、大日本帝国は、

アメリカに占領支配された事実を浄化したい…。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7007953

大日本帝国への回帰はともかく、少なくとも、占領前の平和な日本国のあり方を

取り戻せたらいいんじゃないでしょうか。少なくとも・・・。

欧米列強が、アジアを侵略しにきたわけで、
自衛のために血を流すしかなかったから、あの流れは仕方ないと思うけど。

正義である大日本帝国が勝利できなかったことは極めて遺憾。

まだ、戦争は終わっていない…。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7007953

508 :文責・名無しさん:2009/05/18(月) 01:37:33 ID:yjLfbCSp0
    /::::::::::::::::::(  /::::::::::ヾ ヽ ヽゞ::::::::::::::::ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ  i i ソ::::::::::::::::: ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ ! i ゞ::::::::::::::::::ヽ
 /:::::::::::::::::::::──< ̄● ̄>─ | i |─< ̄● ̄>─:::::::ヽ
 |:::::::::::::::::::::/    ̄   ̄    ─ 、   ̄  ̄   ヽ::::::::|
. |:::::::::::::::::::/            /   ヽ         ヽ:::::::|
..|::::::::::::::::::/              i       |          \:::::|うっせぇぶぁか
.|:::::::::::::::::/              ヾ     丿        _ \::::|
..|::::::::::::::::/       ̄ ─ _    ` ─ ̄ '      ─ ̄    ヽ:::|
 |::::::::::::::::             ─ ー  | |  ー─ ̄        ヽ:|
 ヽ:::::::::::::: |     ━ ─ ─ ー ─ - | |  ─  ー ⌒ ─     |
  ヽ:::::::::::::|          _ _─ ─││ ──/ヽ_ヽ      |
   ヽ::::::::::::|      ─ ̄           _─ ̄  ノ  /─    |
    ヽ:::::::::::|          _ _ ─  ̄      / 丿     |
     ヽ::::::::::|        ヽ ̄    / ̄ - -_    / /      /
      \:::::::::|        \   ノ    -_ _ ) / /     /
       \:::::::|          \      ノ ─' ノ       /
         \:::::|            ─ _ __ ー '       /


509 :文責・名無しさん:2009/05/18(月) 02:26:15 ID:ZamG3IqT0
中国共産党 反日プロパガンダの黒幕 李長春
http://www.youtube.com/watch?v=-TfXxKMXvjI
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7077622

”黒幕”は(中国共産党)党内序列第5位の大物! = 李長春(政治局常務委員)
http://gunken.jp/blog/archives/2007/12/02_1000.php
http://j.peopledaily.com.cn/2002/11/17/jp20021117_23353.html
中国の宣伝戦を担う「中央対外宣伝弁公室」&「中央宣伝部」 (↑顔写真アリ)
中国の宣伝戦を指導する最高責任者が、今年10月の共産党大会で序列8位から5位にアップ!

李長春氏、抗日戦争の研究強化呼びかけ 北京で学術シンポジウム
http://www.fmprc.gov.cn/ce/cejp/jpn/xwdt/t210218.htm

510 :文責・名無しさん:2009/05/18(月) 04:35:34 ID:7JdiZveJO
田母り倶楽部

511 :文責・名無しさん:2009/05/28(木) 03:02:17 ID:LpLZJU2s0
中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7135711
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4

中国共産党による大虐殺の犠牲者の数は、「共産主義黒書」(ステファヌ・クルトワ)などの
推計に依れば6,500万人にも上るとされている。歴史上有名な大躍進や文化大革命、
天安門事件だけでなく、チベット、東トルキスタン(ウイグル)、モンゴルにおいて現在、残虐
な粛清と弾圧、歴史・伝統・文化の破壊、民族浄化・絶滅、漢民族への同化政策が行われ
ている。この恐るべき実態は日本にとって対岸の火事では済まず、やがては日本に襲いか
かる脅威である。更に、大中華圏の拡大、世界覇権の掌握は、全人類が危機に瀕すること
にも繋がる。

512 :文責・名無しさん:2009/06/01(月) 21:55:38 ID:9tT+i7aa0
北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7210077
http://www.youtube.com/watch?v=6_8FtX8en4c

現在の北朝鮮とイランの核問題は、1962年のキューバ危機と類似性が高いと考えられる。
そして、東西冷戦が終わったと言われながら、実は地政学的なランドパワーとシーパワーの
対立構造は何も変わっておらず、その構造からリムランドである北朝鮮、イランから日本や
欧州への脅威が発生していると見る事が出来るのではないか。或いはこれを新冷戦と呼ぶ
事もできようが、根源的には地政学に基づいているように思える。ワルシャワ条約機構は上
海協力機構に名を変えたが、NATO(北大西洋条約機構)と対峙する軍事同盟へ発展する
日はそう遠くないのではないだろうか。

513 :文責・名無しさん:2009/06/03(水) 12:15:56 ID:qJEkgAUZ0
俺は優秀民族の日本人だかんな!!

      |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄外国人参政権、人権擁護法、国籍法、児ポ法、著作権法反対
    (6     (_ _) )< 特亜三国は滅びろ、愛国心なき非国民・売国奴は氏ね、凌辱エロゲを守れ!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_______________________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ  
      / ヽ| |無 職 | '、/\ / /アニメは日本が世界に誇る文化だ〜、パクリ中韓は市ね!

@ 無職で税金も納めない(除消費税)→ 愛国を語るのに、働いて国に税金を納めない矛盾
A 一日中、中韓のことばかりを考える → 現実の己の姿をみるのを避けるため、中韓のあらさがしの日々
B 「在日」や「部落民」を見下す → そうすることで実際は自分が社会の最下層民であることを忘却
C 趣味は萌えアニメ、エロゲ、匿名でのヘイトスピーチ → カスラック氏ね、児ポ法反対、自由に差別発言させろ
D 某新聞の「変態」報道には怒るが凌辱エロゲは擁護→好きなものにだけ、表現の自由を主張する
E 欧米に一方的親近感 → 嫌韓・嫌中の反面として、しかし欧米ではレイシストは嫌悪され軽蔑の対象となっている
F 「改革」で切り捨てられる弱者の立場 → 頭が悪いので経済政策を理解できず、弱者切捨ての新自由主義を支持
G 「国防」「自主防衛」の重要性を説く → 一日中暇なのに、自治会や町内会の防犯パトロールなどまっぴら御免
H 「教師」が嫌い →己の学業成績の不振を「日教組」の陰謀のせいだと思い込んでいる
I 「公務員」が嫌い。削減を主張 →試験に受かる頭脳がないので嫉妬、ニート対策用公務員の業務量を増やしている

514 :文責・名無しさん:2009/06/03(水) 13:17:29 ID:1e7kLrbV0
>>513
半島にはたまには帰るの?

515 :文責・名無しさん:2009/06/08(月) 06:58:31 ID:rMWLR80i0
近衛上奏文 近衛文麿、共産主義者、革新官僚・革新軍人らの敗戦革命
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7196539
http://www.youtube.com/watch?v=73T4WDDkWfE

近衛上奏文(このえじょうそうぶん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、
近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文である。近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺
憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」を奏上し、英米の世論は天皇制廃止
にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗
戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの問題意識を示した。「大東亜戦争」(太平
洋戦争)は日本の革新を目的とする軍の一味の計画によるものであること、一味の目的は
共産革命とは断言できないが、共産革命を目的とした官僚や民間有志がこれを支援してい
ること、「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞であること[、米英撃滅の論が出
てきている反面、一部の陸軍将校にはソ連軍や中国共産党と手を組むことを考えるものもで
てきていること、近衛は陸軍内に共産主義者が存在し、敗戦を利用して共産革命を行おうとし
ている旨を述べた。

516 :文責・名無しさん:2009/06/08(月) 17:22:51 ID:+mN5yqDS0
田母神がなぜあんな突飛な主張をしたのか分からなかったのだが、改めて調べてみると、
昔から戦前戦中の各種重大事件に関するコミンテルン陰謀論というのは、右翼陣営で
一定程度人気のある見解だったようだ。

あれもこれもコミンテルンの陰謀ならば、歴史の理解についてこんな楽なことはない。

517 :嫌韓流:2009/06/08(月) 21:44:10 ID:OinNsNrq0
田母神さんは『日本は素晴らしい、よい国だ』と言っただけ

それをここで非難するのは在日チョンどもです

我々日本人は絶対的に田母神さんを支持します

518 :文責・名無しさん:2009/06/08(月) 21:51:57 ID:sYn+deI60
もっと愚かなこと言ってるだろ。
オレは愚劣な日本人は同じ民族と認めたくない。

519 :文責・名無しさん:2009/06/09(火) 07:06:20 ID:GWSZCYwr0
未だにコミンテルンが架空のものだと思ってる無知なのがいるんだな・・・

520 :文責・名無しさん:2009/06/09(火) 11:26:39 ID:3I5dbwiE0
>>519
>コミンテルンが架空のものだと思ってる
やつがいるっていう
その妄想どっから出てきたの?

521 :文責・名無しさん:2009/06/09(火) 19:30:46 ID:r4YlV2x90
田母神さんは、戦前の日本は世界中から騙されてイジメられた可哀想な国家だと主張しているのです。
「頭が悪くて弱い可哀想な日本を、世界は仲間はずれにしないで仲間に入れてあげなさい」
と至極当然の主張をしているのです。

522 :文責・名無しさん:2009/06/09(火) 19:53:59 ID:3I5dbwiE0
>>521
そのタモガミさんが頭が弱く見えるのだが、
人気があるのはいいね!

523 :文責・名無しさん:2009/06/11(木) 12:20:02 ID:fJ8tFU210
>>519
コミンテルンは実在した組織だが、

「第二次世界大戦に関わる重大事件、事態事件は事前に
コミンテルンやソ連共産党の仕組んだ通りに推移し、
結果的に彼らの思惑通りの結果となった」などという
「コミンテルン陰謀論」は架空のもの、ということ。

両者の区別がついていますか?

524 :文責・名無しさん:2009/06/11(木) 13:41:22 ID:fJ8tFU210
>>523

> 「第二次世界大戦に関わる重大事件、事態事件は事前に

正しくは
「第二次世界大戦に関わる重大事件、重要事項は事前に

525 :文責・名無しさん:2009/06/12(金) 19:33:10 ID:URzclDMe0
★ネット右翼の特徴★

@ 「人権」を振りかざす者を「プロ市民」と嫌悪するが、チベット問題だけは例外的に自ら「人権」を振りかざす。
A GHQに「押付けられた」という点で憲法を問題にするが、BSE牛肉の輸入押付けはあまり問題視しない。
B 中韓に「靖国参拝中止」を迫られると「内政干渉」と怒るが、米国に改憲を迫られると「その通り」と歓迎する。
C 中韓の反日ナショナリズムを嫌悪するが、自分は日本の反中・反韓ナショナリスト。
D 「在日」や「同和」が犯罪で逮捕されると喜々とするが、「無職男」が逮捕されると話題に関わらないようにする。

E 自民党の弱者切り捨て政策に反感を覚えるが、「売国政党」に投票するのも嫌なので自民党を支持。
F 2ちゃんしか生き甲斐がないので、2ちゃん(ねら)に批判的な人物や新聞を許せない。
G 自らは匿名を隠れ蓑に、気に食わない人物への中傷や実名・住所暴きが大好きである。
H (20歳前後)超氷河期世代が就職できなかったのは、採用抑制ではなく、ニート化するような馬鹿が多かったからと思う。
I (30歳前後)自身は大した成績でもないのに、旧学習指導要領で学んだというだけで、「ゆとり」世代に優越感を持つ。

J ニートやフリーターで税金をあまり納めず、国のお荷物なのに「愛国」を語る。
K 社会的・経済的弱者であるにも関わらず、「弱肉強食」を語って格差拡大論を一蹴する。
L 団塊世代を嫌っているが、団塊(かその前後の)世代の親に食わしてもらっている。
M 暴力団や街宣右翼は、構成員の相当数が「在日」や「同和」だと結構本気で信じている。
N ジェンダーフリー思想を敵視し、女に「女らしさ」を要求するが、自分には「男らしさ」がない。

O 臓器移植の募金を「死ぬ死ぬ詐欺」と非難するが、「オレオレ(振り込め)詐欺」は引っかかる方が馬鹿だと思っている。
P 89年4月の朝日新聞さんご礁捏造事件は覚えているが、05年10月の産経新聞「鶴と月」写真捏造事件は忘れている。
Q 「公務員」が嫌いで削減を主張するが、「ニート対策」で役所(公務員)の業務量を増やしている。
R 様々な教育問題の原因を「日教組」の一言で済ませる。
S 自身が「教育に失敗した」産物であるにも関わらず、雄弁に教育問題を語る。

526 :文責・名無しさん:2009/06/12(金) 22:48:37 ID:jw/aBfAL0
>>525
項目が多すぎだし、中身も練れていない。
もっと項目を絞り、適切な表現を探すこと。 コピペ採点20点。

527 :文責・名無しさん:2009/06/14(日) 03:20:54 ID:EmnebYEu0
ネット右翼は三行以上の文章は理解できないから、難解に感じられたとしてもやむを得ないが、
通常ならば、すっと読めるくらいの内容。

528 :文責・名無しさん:2009/06/14(日) 05:31:52 ID:wJtIRECD0
じゃぁ、俺が項目絞ってやるよwww

★ネット右翼の特徴★
@ 自民と経団連の言うことには絶対服従する
A 民主ほかの野党、労働組合の言うことには絶対反対する
B 草加などの宗教団体に加入している
C 大学進学率が低い(または偏差値が低い)
D 実社会では負け組である

529 :文責・名無しさん:2009/06/15(月) 11:13:55 ID:ERUXtE8j0
田母神閣下、万歳!

530 :文責・名無しさん:2009/06/15(月) 12:53:48 ID:J01wTI+V0
昔々、日本という国があってな、
自民党という政党を60年も選び続けて
自分で喜んで労働者が奴隷になる法律を支持し、
自分で自分を縛りつける法律を自ら熱狂して支持し
返ってくる予定のない年金という年貢を進んで献上し
国内経済が傾き国民は支配層に財産を搾り取られながら滅んだそうな・・・
そのうち約半数は、毒米を食べさせられて癌で死んだそうな・・・

それでな裕福な禿鷹ファンドは税金の安い国に逃げ、
残ったのは外国人だけになったそうな
昔、昔のお話じゃ・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ヒエ〜マジかよ・・・日本人ってアホ
   ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
   ( ´Д`)      i    (・д・)∧ ∧::::::::::バカマルダシ
  /::: Y i     ,-C- 、( y  (゚Д゚ ) ::::::::
 /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
 |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__(Д` ) ::シンジラレナ〜イ
 \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                   ∧ ∧ (  ;;;;;;) 頭ダイジョウブカヨ



531 :アソウ、ハマダの座乗ヘリにミサ入攻撃 :2009/06/15(月) 20:14:27 ID:ERUXtE8j0
  ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡
ミミ彡彡゙゙゙゙゙""""""""ヾ彡彡彡         http://www.youtube.com/watch?v=B_-CD12Hiw8
ミミ彡゙         ミミ彡彡       ↓
ミミ彡゙ _    _   ミミミ彡       横須賀・走水
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡      約9分40秒後〜字幕あり
ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡
 彡|     |       |ミ彡   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   /  西村君、感謝する。
  ゞ|     、,!     |ソ  <   今度、一杯やろう。
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /     │     でもね、僕の地盤なんだが。
    ,.|\、    ' /|、     │    僕か田母神閣下に発射命令ださせて欲しかったな。
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`  \       



532 :文責・名無しさん:2009/06/18(木) 13:55:57 ID:d5CX9RMK0
あと五年か十年かしたら、実は小泉純一郎も石原慎太郎もコミンテルンに操られていた、なんて
田母神先生や中川先生が言い出しそうな気がする。

なにしろ、れっきとした信州大学全共闘議長を重要ブレイン、副知事として起用しているわけだから。

533 :文責・名無しさん:2009/06/18(木) 19:11:42 ID:6xTlQrnY0
↑ 田母神閣下はともかく
  中川先生は言い出すかも。(笑)

  中川先生、当たるときは凄いが、はずれるとね…(苦笑)
  でも、皇室典範改悪の「無」識者会議に3名の元極左活動家が
  紛れ込んでいたのを暴いたのは、さすが!

534 :文責・名無しさん:2009/06/20(土) 08:31:03 ID:67H7rCe80
とにもかくにも田母神氏支持。

535 :文責・名無しさん:2009/06/20(土) 13:41:46 ID:LhHn1zfZ0

オイラも、とにもかくにも田母神閣下支持。

536 :文責・名無しさん:2009/06/20(土) 17:04:33 ID:zhGzPIuP0
あちきも、田母神閣下支持 §^。^§

537 :文責・名無しさん:2009/06/20(土) 17:39:21 ID:E4Djx/nR0
「救いようがない馬鹿な指導者に導かれ、世界中から虐められた可哀想な日本」論の田母神閣下万歳!

538 :文責・名無しさん:2009/06/21(日) 01:23:51 ID:EQa9HKUr0
軍板あたりじゃもはやギャグにすらなってない閣下

539 :文責・名無しさん:2009/06/21(日) 08:26:54 ID:ElWvTKm30
普通の日本人は、田母神閣下支持。自分も普通の日本人でありたい。

540 :文責・名無しさん:2009/06/21(日) 15:26:32 ID:KEdRKxnCO
ご都合主義は国を滅ぼすぞ
過去の教訓に学べよ日本人なら

541 :文責・名無しさん:2009/06/21(日) 15:34:22 ID:NKo46zci0
>>539
「普通の日本人」という言葉の使い方が間違っている。

できれば過半数、悪くとも比較第一勢力の賛同が得られる意見でなければ、
「普通の日本人」の意見とは呼べない。

542 :閣下支持:2009/06/25(木) 16:34:10 ID:3uHJPR0Y0

まともな日本人は、田母神閣下支持。

543 :文責・名無しさん:2009/06/25(木) 21:30:08 ID:7Ymq4nlO0
新聞勧誘の購読申し込みのハガキが、郵便受けに入っていたので、
「反日マスゴミいらねーよ」と書いて投函したよ。
料金受取人払いだったから、朝日は、60円くらい払って罵倒を受け取るわけだwwwww

544 :文責・名無しさん:2009/06/25(木) 23:48:10 ID:QaP1isPx0
タモガミさんを支持しません

545 :文責・名無しさん:2009/06/26(金) 01:04:32 ID:WXm9itQc0
>>543 一日一善 良し、まねよう!

   田母神閣下支持!

546 :文責・名無しさん:2009/06/26(金) 01:05:24 ID:5uaKodIV0
タモガミさんを支持しません

547 :文責・名無しさん:2009/06/26(金) 15:03:26 ID:S94WEYlG0
>>542
「まともな日本人」は現在の日本人の中でほんの少数しかいないとの御主張ですか。

なんという自虐的な方でしょう。

548 :文責・名無しさん:2009/06/27(土) 12:45:57 ID:O67QHuEp0
タモガミさんを支持しません

549 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 01:32:16 ID:6Jfnrd+r0
>>547
自虐的,卑屈かつ世論音痴の547へ
今まで田母神閣下を支持するか否かというテーマのアンケートでは、
どこのアンケートでも支持の方が多いんですよ。
田母神閣下支持は少数派と頭から決めてかかっているあなた、
唐辛子持って泳いで帰って下さい。


550 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 01:32:58 ID:DkYG4Od20
タモガミさんを支持しません

551 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 01:43:05 ID:irExLloP0
>>549
その種のアンケートで、支持しないとか、そんなことどうでもいいとか思っている人が積極的に
回答をするとでも思っている?

552 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 07:11:35 ID:Awv8QptJ0
田母神さん全面的に支持します

553 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 10:13:36 ID:oBx1kOkGO
>>525
>>530
これ当たりかもしれない。


554 :文責・名無しさん:2009/06/28(日) 22:23:28 ID:DkYG4Od20
タモガミさんを全面的に支持しません

555 :文責・名無しさん:2009/07/03(金) 15:19:39 ID:4GA+k3dY0
タモガミさんを全面的に支持しません

556 :文責・名無しさん:2009/07/03(金) 15:25:19 ID:LvmxJRBt0
★★★【海外から見た日本】大東亜戦争への賞賛
http://www.nicovideo.jp/watch/nm7518908

557 :文責・名無しさん:2009/07/04(土) 10:01:29 ID:/nOCRzy+0
タモガミさんを全面的に支持しません

558 :文責・名無しさん:2009/07/05(日) 07:33:05 ID:kQ4/IxZU0
頭がハーン朝鮮法華創価学会は冬柴鉄三国交相はP資金 頭がハーン 

559 :文責・名無しさん:2009/07/06(月) 07:16:22 ID:TPaDyHWUO
>551
支持しない人は回答するし
どっちでも良い人がどれだけ居ても多数派は変わらない
大抵のメディアのアンケートは電話聞き込みだから支持しない人が突然電話切るとも思えない
電話する家が決められてるとかって噂も時々聞くけど、個人的にそこまではしてないと思うし
してたとしてもマスゴミの態度からどっち寄り選んだかなんて解るよね

560 :文責・名無しさん:2009/07/06(月) 07:21:17 ID:TPaDyHWUO
>1
大抵が決め付けに見える
ソースを提示して下さい

561 :文責・名無しさん:2009/07/06(月) 16:48:41 ID:kdTcTPLg0
ブルドッグソースですがなにか

562 :文責・名無しさん:2009/07/07(火) 00:19:58 ID:5N5KiKGk0
ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士
http://www.youtube.com/watch?v=3Q_4DuH1K08
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6848052

ムルデカ トレーラー
http://www.youtube.com/watch?v=y4DXwZ0jzLw

遙か南方の地で、インドネシア独立の為に誇り高く戦った日本人兵士たち。
1945年、日本敗戦 − そして、もう一つの戦いが始まった

[ムルデカ=MERDEKA]とは
 インドネシア語で「独立」を意味する言葉。激しい独立戦争を戦い抜いたインドネシアの
人々の精神的な支えとなった合い言葉。

[17805]の意味
 後の正副大統領・スカルノとハッタは、日本への感謝を表し、インドネシア独立宣言文に
日本の皇紀「2605(=西暦1945年)8月17日」で年号を書き入れ署名した。これを、日・月・年
の順に並べた5ケタの数字は、独立を宣言した日として、いまもインドネシア国民に記憶さ
れている。

※砕氷船理論に操られながら、欺瞞の為に掲げられた理想を本物の理想として実現した日本は凄い。
人類史を変えてしまった。

563 :文責・名無しさん:2009/07/07(火) 00:27:42 ID:T3g32qPm0
>>561
タモガミさんを全面的に支持しません

564 :文責・名無しさん:2009/07/07(火) 00:33:08 ID:Jz48WutF0
>>562
砕氷船理論なんてトンデモ論者のみ信奉されていることを本気にしているとはどういうこと?

それに、コミンテルンに操られてインドネシア独立に寄与する行動をしたのなら、本当の功労
者はコミンテルンだということになるじゃないの。

565 :文責・名無しさん:2009/07/08(水) 07:36:14 ID:Zb9vc3NG0
タモガミさんを全面的に支持しません

566 :中共の新疆弾圧:2009/07/08(水) 14:21:46 ID:l+T+PWrp0
英・米・オランダ・スペイン…等の西洋列強をみるまでもなく
現代の中共・ソ連の植民地支配をみただけで、
いかに日本の植民地支配が立派だったかわかる。
というより、同じ「植民地支配」という言葉をつかえないほどだ

567 :文責・名無しさん:2009/07/08(水) 19:53:07 ID:YpAM1tqW0
中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7135711
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4

中国共産党による大虐殺の犠牲者の数は、「共産主義黒書」(ステファヌ・クルトワ)などの
推計に依れば6,500万人にも上るとされている。歴史上有名な大躍進や文化大革命、
天安門事件だけでなく、チベット、東トルキスタン(ウイグル)、モンゴルにおいて現在、残虐
な粛清と弾圧、歴史・伝統・文化の破壊、民族浄化・絶滅、漢民族への同化政策が行われ
ている。この恐るべき実態は日本にとって対岸の火事では済まず、やがては日本に襲いか
かる脅威である。更に、大中華圏の拡大、世界覇権の掌握は、全人類が危機に瀕すること
にも繋がる。


568 :文責・名無しさん:2009/07/09(木) 01:30:49 ID:GVJwAOUt0
あす発売の月刊WiLL増刊号(特別定価980円)
 『田母神俊雄全一巻』

■語りおろし田母神俊雄自伝
■中西輝政
田母神論文の歴史的意義
■田母神俊雄
東大安田講堂講演録一挙公開!
■山際澄夫
田母神現象とは何か
■独占手記
田母神俊雄前空幕長独占手記
■直筆!
田母神俊雄の履歴書
■初公開
両親へ 感動の手紙丸ごと公開
<4大対談>
■小林よしのり
憲法に書かずに文民統制もへったくれもない
■石原慎太郎
自分の国を守れる体制を
■中條高徳
軍人は戦争をしたくない
■さかもと未明
反日史観を学校で教えないでくれ


569 :文責・名無しさん:2009/07/09(木) 01:32:48 ID:GVJwAOUt0
■西尾幹二vs秦郁彦
田母神現象と「昭和史」論争
■妻・恩師・友人が語る
田母神さんについて教えてください!
■渡部昇一
「村山談話」が「外務省談話だ」
■西村眞悟
「村山談話」を更迭せよ!
■櫻井よしこ
誰もわかっていない「文民統制」
■西尾幹二
何に怯えて「正論」を封じたか
■秦郁彦
陰謀史観のトリックを暴く

■百地章
朝日新聞のダブルスタンダード
■潮匡人
防衛音痴のアホ、バカ文化人・言論人
■柿谷勲夫
軍の尻を叩いた朝日新聞
■諏訪澄
三島事件と田母神論文
■石 平
毛沢東の言論弾圧と同じだ


570 :文責・名無しさん:2009/07/09(木) 01:36:50 ID:GVJwAOUt0
■秘蔵グラビア
田母神俊雄 青春グラフティ
■ネタ公開
田母神ジョーク傑作選

■論文「日本は侵略国家であったのか」
■田母神著書全リスト

■編集部から、編集長から


571 :文責・名無しさん:2009/07/09(木) 13:44:38 ID:PpGk/ISI0
■■バカウヨニート(統一教会プロ自民) 黄金の逆法則 ■■

1.中国は崩壊する→2009年末には日本のGDP超えちゃいますけど?
2.韓国は国連事務総長をとれない→とれましたけど?
3.慰安婦決議は通らない→米国どころか、オランダ・カナダ・欧州議会でも通りましたが?
4.バンコデルタアジア銀行の資金は凍結で北には渡らない→渡りましたが?
5.参議院選挙で新風が躍進→1議席もとれませんでしたが?
6.安・倍政権で憲法改正だ→下痢で退陣したけど?
7.朝鮮総連は差し押さえて競売だ→普通に機能してますが?
8.北京五輪はボイコットされる→ボイコット無くもう終わりましたが?
9.韓国半導体全盛時代は終わる→終わってるのはエルピーダのほうでは?
10.韓国はグローバルホークを買えない→アメリカが売り込みにきましたが?
11.今ごろF15K?日本はF22で圧勝だ→アメリカに断られましたが?
12.F15Kマンホールに落下バカだな→F2丸焼け全損のほうが被害甚大では?
13.台湾総統選は民進党が勝つ→国民党が勝ちましたけど?
14.日本は中華文明圏ではない→じゃあ、なんで漢字使っているの?
15.日本の海上自衛隊の錬度は世界トップクラス→自国の漁船を撃沈しちゃいましたが?
16.日本は治安が良い→刃物振り回すバカが絶えませんが?
17.アメリカが竹島を韓国領から未確定にした→すぐ韓国領に戻しましたが?
18.韓国経済は2008年9月崩壊だ→もうすぐ一年ですが?(New!
19.北朝鮮は米軍により空爆される→あっさり、テロ指定解除されましたが?(New!
20.韓国はウォン安で企業が次々に潰れて崩壊する →逆に日本企業がピンチですが?(New!
21.従軍慰安婦なんて居ない!売春婦だ!→国連で謝罪と賠償をするように勧告されましたが?(New!
22.日本軍による沖縄の強制集団自決なんて無かった!→高裁で事実認定判決がでましたが?(New!
23.航空自衛隊の幕僚が中国侵略を否定したのは正しい!→即効でクビになりましたが?(New!
24.アメリカ大統領選は共和党マケインが勝つ!→民主党オバマの圧倒的大勝利でしたが?(New!
25.麻生・自民党で総選挙大勝利!→自民ボロ負けで、鳩山・民主党政権誕生ですが?(近日追加予定。)

572 :文責・名無しさん:2009/07/09(木) 23:16:03 ID:2GkOombe0
タモガミさんを全面的に支持しません

573 :文責・名無しさん:2009/07/10(金) 22:58:05 ID:+FMlJfmD0
男一匹、田母神は行く 断固支持せん。

574 :文責・名無しさん:2009/07/10(金) 23:19:05 ID:9PGl2PYh0
断固支持せぬ。

575 :文責・名無しさん:2009/07/11(土) 01:54:28 ID:dzBqxTfh0
>>571
asahi-np.co.jp さん乙。

576 :文責・名無しさん:2009/07/11(土) 08:35:57 ID:9j/Pq+wi0
タモガミさんを全面的に支持しません

577 :文責・名無しさん:2009/07/12(日) 07:16:57 ID:M+fBHQmO0
タモガミさんを全面的に支持しません

578 :文責・名無しさん:2009/07/13(月) 00:16:21 ID:FiST1o2h0
タモガミさんを全面的に支持しません

579 :文責・名無しさん:2009/07/13(月) 19:57:22 ID:9Ud69AMc0
田母神閣下を全面的に支持せんと欲す。

580 :文責・名無しさん:2009/07/14(火) 00:29:11 ID:AzKCwxG90
タモガミさんを全面的に支持せざらんと欲ス

581 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 05:34:52 ID:UU30vj8U0
たもがみ?

だぼがみ?

げぼげぼ?

ぼこぼこ?

変ややつ。

582 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 08:01:05 ID:IYDjzY/K0
タモガミさんを全面的に支持しません

583 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 16:24:33 ID:+dX7adjK0
タモガミさんを部分的に支持します...全1巻のおわり。

584 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 16:44:31 ID:+FXnNvEbO
都合が悪くなると全て陰謀にしている身勝手にはヘキヘキしている。

585 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 17:21:33 ID:0ULRlXoc0
日本人なら誰も支持しない

586 :文責・名無しさん:2009/07/16(木) 18:33:13 ID:6sSdcXEr0
↑単なる馬鹿チョン

587 :文責・名無しさん:2009/07/17(金) 11:19:02 ID:x2EDw6fa0
タモガミさんを全面的に支持しません

588 :文責・名無しさん:2009/07/18(土) 00:44:13 ID:khopm3nI0
タモガミさんを全面的に支持しません

589 :文責・名無しさん:2009/07/18(土) 17:32:05 ID:l07KIuVf0
田母神閣下を全面的に支持せむ。

590 :文責・名無しさん:2009/07/19(日) 23:17:57 ID:X9NQymqs0
田母神閣下を全面的に支持せぬ

591 :文責・名無しさん:2009/07/20(月) 00:55:32 ID:xxWzqiSs0

わが身を顧みず田母神閣下を支持す。


592 :文責・名無しさん:2009/07/20(月) 03:12:21 ID:LClqRUbs0
タモガミさんを全面的に支持しません

593 :文責・名無しさん:2009/07/21(火) 08:50:46 ID:Zny51lcy0
タモガミさんを全面的に支持しません

594 :文責・名無しさん:2009/07/21(火) 19:11:35 ID:D5fEMSr50
タモガミさん ガンバつてください。

595 :文責・名無しさん:2009/07/21(火) 19:36:13 ID:Jd0kZzHf0
田母神さん支持します→オーストラリア
田母神さん支持します→ニューヨーク
田母神さん支持します→イギリス
講演に行きます。

596 :文責・名無しさん:2009/07/23(木) 13:21:28 ID:rVJ57xH+0
これは孫たちに仮託した創作である。
  しかし中身はすべて事実にもとづいている。
  若い方達がこれを読んで、大東亜戦争や終
  戦についての真実を知り、日本や靖国神社
  の今後の進むべき道について正しい認識を
  もって頂ければ幸いである。
http://www.senyu-ren.jp/MAGO/MAGO.shtml


597 :文責・名無しさん:2009/07/23(木) 17:49:44 ID:L3QBo2ky0
たもがみさんを全面的に支持しませんよ

598 :文責・名無しさん:2009/07/24(金) 10:12:50 ID:ohAR73Xf0
タモガミさんを全面的に支持しません

599 :文責・名無しさん:2009/07/24(金) 16:44:40 ID:fPI7gp570
おかまバーニング北野 いとしのエリーの署作権を強奪

淫行マンゴー少女買春の三国原知事 TVの出演料は4000万 

超偏向 朝の三国人ワイドショー社民党支持のサンデージャポン

民主党の岡田克也幹事長 イオンの従業員の1割は外国人にします

民主党の岡田克也幹事長 イオンは西松建設で建てます


600 :文責・名無しさん:2009/07/24(金) 22:23:23 ID:IGTzjMhy0
大東亜戦争はまだ続いている
日本の大きな二つの戦争目標は達成されたが、まだ達成されていない部分が残されている。それは、大東亜戦争の持っていた、対共産主義戦争の一面である。
そもそも、シナ事変は、ソ連(コミンテルン)の指令に基づく中国共産党(ソ連共産党の中国支部)の工作によって始った。
米国の対日挑発の背後にはソ連があって、対日戦争を企図した「ハル・ノート」を作ったのも、ソ連のスパイであった財務省特別補佐官ハリー・デクスター・ホワイトであった。
つまり、日本の戦争は、シナ事変もそれに続く大東亜戦争も、何れもソ連の意向によって日本がやむを得ず巻き込まれた戦争といえよう。
蒋介石もルーズベルトも、一面においてソ連の代理人であったわけだ。
そう考えれば、大東亜戦争は日本とソ連(共産主義)との戦争であったと言える。しかし、幸いにして、そのソ連は、米国との冷戦によって崩壊した。
しかし、中国という共産主義国家、さらにそのミニチュア国家(北朝鮮)の両国が、ソ連の対日戦争を継承して日本に対峙しているといえよう。両共産国家が抱く、日
本に対する憎悪の感情は、日露戦争に負けたという恨みを抱いていたソ連にも決して引けを取らない。
これら共産主義(全体主義)国家は、今後も日本への挑戦を止めようとはしないだろう。彼らは、事ある毎に、謝罪を要求し、米や金、さらに領土を脅し取ろうとするだろう。
教科書問題や靖国神社問題を振り返ればわかるように、これら日本に敵対する共産主義(全体主義)国家は、日本国内の反日・共産主義者と連携している。
したがって、私たち日本国民の戦いは、国内の反日勢力である共産主義(全体主義)者との戦いでもある。
私たち日本国民は、これら内外の共産主義(全体主義)との言論戦を含めた戦いに備え、日本を防衛する必要がある。
 それは困難ではあるが、不可能ではない。

 
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/cominterunnetwork.htm




601 :文責・名無しさん:2009/07/24(金) 22:36:01 ID:IGTzjMhy0
ルーズベルトの戦略構想
 (1)危殆に瀕している欧州の連合軍救済の為、米軍の動員は必須になってきたが、その為には国民の参戦気運を醸成しなければならない。国民の目を戦争に向けるのに、何かの切っ掛けが欲しい。
 (2)長期の戦争で疲れている日本を叩く好機である。日本にはアメリカと戦う力は残っていないだろう。仮令戦争になっても、屈伏させるのに大きな犠牲を必要としない。
為し得れば日本に先に手を出させて、これを米軍参戦の切っ掛けに出来れば望むところである。ところが日本を屈伏させるのに、あれ程大きな犠牲を払わされたことは、彼の大きな誤算であった。

スターリンの戦略構想
 (1)アジア赤化の障害は日本と満州国であり、蒋介石もまた敵の一人である。蒋介石と日本という敵同士を戦わせて共倒れにすることが、この障害を排除し、中共を支援する有効な戦略である。
 (2)ドイツの猛攻撃を受けている現在、日本との二正面作戦は避けなければならない。この構想が日ソ不可侵条約となった。この条約はソ連に有効に作用したが、日本は逆用されて手痛い目に遭わされたことはご存じのとおりである。

 日本が蒋介石と戦い国力を消耗することは、米ソ共通の利益であり、両国とも表になり裏になって国民政府を支援した。何も蒋介石が勝たなくてもいい、抗戦さえ続けてくれれば、それだけ日本の国力が減耗する。血を流すのは有色人種の支那人と日本人ばかりで、
米英ソのどの国も痛くも痒くもない。
 支那事変を泥沼に追い込んでいるのは、決して近衛や東條でもなければ蒋介石でもなく、両者が握手しそうになると、列強の間から援蒋の手が伸びたり、原因不明の不思議な事件が突発し、戦線が思わぬ方向に拡大してゆく、
前者は大陸に多くの権益を持つアメリカとイギリスであり、後者は世界赤化を目指すソ連であることは判っていたがそれがそのまゝ米・英・ソを相手に戦わなければ解決の道がない。
 
http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub46.html#大東亜戦争の原因と経過




602 :文責・名無しさん:2009/07/25(土) 03:15:39 ID:INEIbEif0
>>600,601
田母神さんもこんな妄想に逝かれちゃって、あの恥ずかしい「論文」を
ものしちゃったんだろうな。


603 :文責・名無しさん:2009/07/25(土) 09:21:50 ID:8z6lQ/aq0
他もが御さんを全面的に支持しません

604 :文責・名無しさん:2009/07/26(日) 12:33:37 ID:mWZlRo5b0
田母神俊雄さん事務所開き 2009.7.26
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090726/acd0907261008006-n1.htm

 「日本は侵略国家ではない」とする論文をめぐって航空幕僚長を解任された田母神
(たもがみ)俊雄さんが、相次ぐ講演依頼などに対応するため個人事務所を開設し、
東京都内で17日、関係者にお披露目した。友人や編集者ら30人以上が訪れ、田母神
さんの軍事評論家としての門出を祝った。

 田母神さんは昨年10月の解任以来、今年7月末までに共著を含め単行本10冊を
出版。現在も雑誌連載2本を抱え、月に30回近い講演を全国で続ける“超売れっ子”
状態が続いている。

※田母神閣下、今や”超売れっ子”状態です!

605 :文責・名無しさん:2009/07/26(日) 22:07:14 ID:0dcpz/p00
ハリーホワイトはソ連のスパイ

ハリーホワイトは、モーゲンソー財務長官の腹心として、ドイツの非軍事、工業化を掲げたドイツ戦後処理についての「モーゲンソー案」を作成し、戦後の国際通貨体制を定めたブレトンウッズ会議にアメリカ代表として出席、
国際通貨基金(IMF)創設の中心的役割を果たした。だが1948年夏アメリカ下院非米活動委員会において、
E・ベントレーとW・チェンバース(いずれも元米国共産党員)は、米国共産党(コミンテルン米国支部)やアメリカ非公然組織長のイクサ・アフメーロフ(ソ連人民委員部)、ボリス・バイコフ大佐(ソ連赤軍第四部)が、
アメリカ政府内に構築したソ連諜報網の全容を告発し、ホワイトがソ連のスパイであることを指摘したのである。ホワイトは公聴会でソ連スパイ疑惑を否定したが、その直後の8月16日、ジギタリスを大量服用し不可解な死を遂げてしまった。
この為、戦後、「ハルノートは日米開戦を画策したソ連の謀略ではなかったか」という疑惑が囁かれ、防衛庁の戦史叢書にもこれに関する記述が散見されるが、ホワイト自身の正体を含め、この疑惑の真相は全く不明であった。
ところが最近公開された米陸軍電信傍受機関のソ連暗号解読資料「VENONA資料」によってホワイトが「ジュリスト」「リチャード」というコードネームを持つソ連のスパイであり、E・ベントレーとW・チェンバースの告発が真実であったことが判明したのである。
ハルノートはソ連の作為戦争謀略だったのだ

606 :文責・名無しさん:2009/07/26(日) 22:09:03 ID:0dcpz/p00
■米国が日独と戦ったのは間違い■

 2000年の米大統領選に名乗りを上げている保守派の元
テレビ・コメンテーター、パット・ブキャナン氏(60)が、
最近刊行した米国の外交政策に関する著書「帝国でなく共和
国を」で、「第二次大戦で米国がドイツや日本と戦ったのは
戦略的に間違っていた」と主張したことが波紋を広げている。

・・・日本に関しては、当時の仏領インドシナに進駐した後、
米国のルーズベルト大統領が極めて厳しい経済制裁を発動し
たことが、日本にとって「のど元をつかまれた」形になり、
真珠湾攻撃を決意させたと指摘。開戦には米国の政策が大き
な役割を果たしたとしている。

 ブキャナン氏は、・・・日独敗北の結果、旧ソ連に対する
歯止めがなくなったことで、共産中国の誕生や、朝鮮、ベト
ナム両戦争での米軍の犠牲など「苦い結末を得た」ともして
いる。[1]

 第2次大戦で米国は「敵を間違えた」という主張は、今もくす
ぶっている。本誌96号「ルーズベルトの愚行」では、当時の政治
家や米軍幹部の証言に基づいて、ルーズベルト大統領がソ連に異
常な肩入れをして、ドイツとの参戦を果たすために、日本を開戦
に追いつめたプロセスを紹介した。

 その後、当時の公文書公開が進み、ルーズベルトの背後でソ連
スパイの暗躍があったことが明らかにされた。このニュースは、
わが国の現在の国際情報戦略にも重大な警告を投げかけている

607 :文責・名無しさん:2009/07/27(月) 18:06:39 ID:1p5Akwqb0
田母神を支持する人って、要するに謀略史観に逝かれちゃった皆さん、ということだね。

608 :文責・名無しさん:2009/07/27(月) 21:49:50 ID:PijJESGU0
       ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ   あ゙ の゙ ね 〜
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!     ぼ ぐ ね 〜  
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j    日本の戦争はね〜
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l       全部ゴミンデルンと
  ヾヽ__j     { {,. -−‐‐ヘ    {,l
    ヾ::::|   i  ヽ ヽェェェェェノ     {        アメリガの罠だどおもうの〜〜
    }:::l   ヽ    ` ̄¨´   ノ   }
     ヾ;k    \_  __  ,/   }
     "|       ̄ ̄ ̄    ノ
  _,. -‐"\              フー-、_
'"´      `ヽ、          /

609 :文責・名無しさん:2009/07/27(月) 23:38:13 ID:SWE2CiBV0
タモガミさんを全面的に支持しません

610 :文責・名無しさん:2009/07/28(火) 15:30:50 ID:H52jvHSK0
東中野は南京虐殺に関わり、初歩的な誤訳を頑として認めず、敗訴してもなお
不当判決だなどと、研究者失格の発言をし続けているが、それは彼を支持し続
けている連中の「期待」を裏切らないよう、振る舞う必要があるから。

もし部分的にでも誤りを認め「敵」に譲歩しようものなら、その支持者から裏切り者
呼ばわりされ、ついには敵が送り込んだスパイ扱いされかねない。

田母神を支持しているのも同じようなのだろうから、田母神は何があろうと今後は
あの「論文」の趣旨を少しも訂正せず、突っ張り続ける他ない。

611 :文責・名無しさん:2009/07/28(火) 19:45:06 ID:fGDiFbko0
>>610
極めて悪い意味で政治的だね。
左右問わず、そういう「場」に巻き込まれている人の発言は
学問的には価値が低い。

612 :文責・名無しさん:2009/07/29(水) 20:58:07 ID:stkSa3nr0
田母神閣下の人気は高まるばかりだな。

613 :文責・名無しさん:2009/07/30(木) 00:07:51 ID:jIdzwX+c0
タモガミさんを全面的に支持しません

614 :文責・名無しさん:2009/07/31(金) 09:06:07 ID:f/Ike2ZL0
タモガミさんを全面的に支持しません

615 :文責・名無しさん:2009/08/01(土) 11:07:38 ID:i3uyLH9Q0
金正日の親父の金日成は、本当の抗日パルチザンの伝説の英雄・金日成将軍ではなく偽者だったということだよ。
君らが金日成将軍だと思っている人物は実は偽者であり、本当は金成柱(金聖柱、キム・ソンジュ)というソ連軍大尉だったんだ。
そんで、そのソ連軍大尉キム・ソンジュの息子で、今「金正日」と名乗っている奴の当時の名前は、「ユーラ」だったんだ。

――――――――
JOG
金日成〜スターリンのあやつり人形
スターリンは、朝鮮人のソ連軍大尉を伝説の英雄・金日成に仕立て上げ、朝鮮戦争を仕掛けた。
(一部抜粋)

1.「にせものだ!」
1945年10月14日、平壌市北部の牡丹峰のふもとの運動場。7万人の群衆が集まっていた。伝説の老将軍・金日成が帰ってくるという噂に、人びとはつめかけたのだった。
伝説が生まれてからすでに20年。
人びとは白髪の老将軍の姿を心に描いていた。やがてその金日成将軍が登場すると、人びとは唖然とした。老将軍とは似ても似つかぬ若者だったのだ。
この集会に参加していた呉泳鎮はこう書き記している。
にせものだ!
金日成の演説が始まると、その朝鮮語はたどたどしかった。
 「ありゃ子どもじゃないか。なにが金日成将軍なもんか」
 「ロスケの手先だ」
と人びとは口々に言い出した




616 :文責・名無しさん:2009/08/01(土) 11:09:15 ID:i3uyLH9Q0
2.ソ連軍大尉キム・ソンジュ
1945年8月9日、ソ連は降伏間際の日本に宣戦布告し、そのわずか1週間後に終戦、キム・ソンジュの出番は一度もないまま、対日戦争は終わってしまった。
8月26日にはソ連軍は平壌を占拠し、軍政を敷いた。その上でソ連軍司令部はキム・ソンジュを新生朝鮮の首班に選び、伝説の英雄・金日成役を演じさせたのである。

3.秘密警察国家
キム・ソンジュがニセの金日成だとは誰も公言できなかった。
ソ連軍は北朝鮮を占領すると、すぐに本国と同様の秘密警察を組織し、密告を奨励した。
ある34歳の牧師が信徒への説教の中で「解放されたというが、北朝鮮のどこがよいのか。
いろいろいうけど倭政(日本統治)時代は金さえだせば寝ながら旅行ができた」と言った。この牧師は反動宣伝罪で5年の懲役となった。
このように逮捕された人数は、1946年11月までの1年間に4万4千人以上にのぼったというデータがある。




617 :文責・名無しさん:2009/08/01(土) 22:52:54 ID:AuD2eykE0
>>615,616

その話と田母神御大の御説とどういう関係が?


618 :文責・名無しさん:2009/08/01(土) 23:14:56 ID:XhEYH9Qa0
>>617
ヒント:see>>608 コミンテルン、そしてソ連が媒介項

619 :文責・名無しさん:2009/08/02(日) 02:14:09 ID:kYCSfgIb0
ところで結局、革新官僚の一人だった岸信介や、祖父を敬愛してやまない安倍晋三は実のところ
コミンテルンのスパイという理解でOK?

620 :文責・名無しさん:2009/08/04(火) 04:31:45 ID:7laiNnAf0
安倍晋三氏を礼賛してやまない、京大の中西先生も櫻井よしこ女史ももしかしてコミンテルンのスパイ?

621 :文責・名無しさん:2009/08/04(火) 09:14:38 ID:K8MHo9jx0
タモガミさんを全面的に支持しません

622 :文責・名無しさん:2009/08/06(木) 10:15:17 ID:4b+PRuTi0
タモガミさんを全面的に支持しません

623 :文責・名無しさん:2009/08/07(金) 00:05:08 ID:6Q1VMPQ+0
タモガミさんを全面的に支持しません

624 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 06:39:38 ID:mYzYzci20
日本人(朝日新聞)の創作・脚色による“大虐殺” 

 これまで見てきたように朝日新聞は、昭和46年以降は気でも狂ったのではないかと思われるほど、南京に大虐殺が「あった!!あった!!」とあおりたてた。
 教科書に「南京大虐殺」が載るようになったのも、昭和50(1975)年からである。
 その頃になると、朝日に次いで毎日やNHKなど日本のマスコミや時代におもねる学者、文化人、教育者がこれに追随し、今日の風潮を作ってしまった。
 日教組のごときは、南京大虐殺をアウシュビッツの大虐殺と広島・長崎の原爆による大量殺戮とならべて教育の3大重点項目とし、これを明記している教科書を選べ、と指導しているほどである。
 昭和62(1987)年、南京事件50周年を期して、南京郊外の江東門に「侵華日軍南京大屠殺記念館」が建設され、入り口正面に中国語・英語・日本語で、「30万遭難者」と大書したが、この記念館の創設を進言したのは、
日本社会党の有力者、田辺誠である。
 更に、記念館の中に飾られた写真の多くは、日本から持ち出されたものである。
 ガラスケースの中に入れられた大量の人骨は、本多記者の言う、「万人抗」や「死体橋」から発掘されたものではなくて(だいたいそんなものは存在してない)、近くの新河鎮の戦闘で戦死した中国兵の遺骨である。


625 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 06:41:12 ID:mYzYzci20
朝日新聞。今でこそ左翼メディアとしての地位を不動のモノとしている朝日だが、
戦時中は全く正反対の報道姿勢であった。「欲しがりません勝までは」「撃ちてし止まん」などという標語も朝日が募集した標語である。

 小室直樹氏著『日本国民に告ぐ』によると、

「敗色が濃厚となった昭和20年6月14日の朝刊では『敵来たらば「一億特攻」で追い落とそう』と題する記事を掲載。『国民の中にはまだ特攻精神に徹しきっていない者があるのでは無いか』と述べ、
手榴弾のなげ方や竹やりの使い方を図解で紹介し、『老人も女も来るべき日に備えよ』と、ゲリラによる一億玉砕を呼び掛けていたのである」とされている。

 このように当時の朝日は満州事変から大東亜戦争終戦まで、積極的に戦争に加担し、協力した。これは決して当局などによる干渉のみからでは無い。

 しかし、昭和20年9月10日、GHQが「言論および新聞の自由に関する覚書」を出して新聞や出版物の検閲を開始。朝日新聞は発禁処分を食らう。朝日は占領軍による戦犯狩りを恐れ写真資料を消却し、
以後朝日は自己検閲により完全にGHQの走狗となった。

 このように朝日には一貫したポリシーも無く、事実を大衆に伝えるというマスコミの本質すら理解せず、『長いものに捲かれろ』的な報道を繰り返し、今現在は中国/韓国への御注進報道をひたすら続けているのである。

 昭和57年、高校教科書検定において、歴史教科書の記述に関し「中国侵略」を「進出」に書き換えさせたという報道が新聞各紙の紙面を賑わした。これを元に支那政府が日本政府に抗議、
韓国では人種差別事件にまで発展し、外交問題にまでなった。
しかし、その後これらの報道は完全に事実無根の誤報である事が判明する。

 産経新聞は誤報が判明した後、大々的に謝罪し、誤報の経路を綿密に読者に報告した。対して朝日は「侵略→進出今回はなし」と記し、外交問題に発展したのは検定を行う政府にあるかのように責任を転化する。

 上記の第一次教科書問題は御注進報道のほんの一例である。
これ以降の教科書問題、靖国参拝や従軍慰安婦問題など、中国や韓国が言い出したことではないのだ。

すべては日本のメディアが発端であり火種である


626 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 06:43:37 ID:mYzYzci20
また、この御注進報道によって辞任させられた閣僚も多い。昭和61年、藤尾文部大臣が「日韓併合は韓国側にもいくらかの責任はある」とコメントを残しただけで辞任を要請される。

その他、奥野国土庁長官(昭和63年)、永野法相(平成6年)、桜井環境庁長官(平成6年)、江藤総務庁長官(平成7年)などがそれぞれマスコミの御注進報道の為に辞任させられた。

 これらの御注進報道は日本国内において完全にパターン化してしまった。政府関係者が歴史的事実を元にちょっとでも日本の養護をしようものなら、ちょっとでも中国や韓国の責任を言及しようものなら、

オフレコであってもあっという間にこれを報道→中国/韓国に報告
→中国/韓国で非難が起こる→日本が謝罪

という寸法だ。

歴史の真実を探ろうともせず、日本の罪を意図的に作り上げ、自虐報道をひたすらに繰り返す。

これが日本のTVメディアの実状である

戦時中における日本の歴史を独自に勉強した事がない人であれば、「コロッ」と騙されるだろう。




627 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 08:19:03 ID:so/ZbSu60
>>626
「コロッ」と騙されたお莫迦さんw
発端となった実教出版の「世界史」の「華北へ侵略」を「華北に進出」と書き換えた記述は存在せず誤報であった。
これは6月16日の教科書検定の集団取材において日本テレビ記者が担当した世界史教科書の取材において
実教出版の教科書の「華北へ侵略」記述に対し、直さなくてもよい改善意見(B意見)が付記されたことと、
帝国書院の「世界史」にあった
「東南アジアを侵略」が
「東南アジアへ進出」や
「日本の中国侵略」が
「日本の満州占領」、
「特に東三省に駐屯する関東軍は…満州国をつくった。この侵略にたいして」が
「特に東三省に駐屯する関東軍は…満州国をつくった。これらの軍事行動にたいして」などの
検定書き換えがあったことを混同した結果であった。
普通に検定での書き換え自体はありましたが?華北部分についてなかったという訂正報道なら
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞7月30日には報道していますが?
それを8月6日になって世界日報がさも全部が誤報のように捏造報道し
それを受けて世界日報の記事を紹介する形で諸君!に渡部昇一が書き
月7日には産経新聞が一面で訂正お詫びを掲載した。
ここに「侵略進出書き換えは誤報である」との主張が始まった。
小泉純一郎内閣において、文部科学省はこの件について国会答弁において、町村信孝大臣は民主党議員が
「侵略進出書き換えは誤報であったのでは」との質問に対し「誤報であった」と認める答弁をし、
次の遠山敦子大臣時代に社会民主党議員が「町村前大臣時代の『侵略進出書き換えは無かった』はあくまで
『華北』についてであり他の部分ではあったのでは」と質問に対し、岸田文雄副大臣や政府委員が
「侵略進出書き換え自体はありました。無かったのは華北部分」との答弁をしている。

628 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 10:10:34 ID:HiLKoxCT0
夏休みだから、暇な学生が湧いてんだよね
田母神が芸人だと気がつかないお子様はまず勉強しなさい
田母神の存在意義は、「核兵器ゼッタイダメ」
という文部省日教組の洗脳に大打撃をあたえたことだがそれ以上ではない

日本が敗戦した後に活動している右翼の実態は朝鮮とヤクザ(真実)
 統一教会 児玉 笹川 勝共連合
でぐぐれ
 アパ・グループ 安部晋三 統一教会
でぐぐれ
 次に
 アパ・グループ 田母神
でぐぐれ

「田母神講演に朝鮮人被爆者ら7団体が抗議」というネタは
統一教会の偽装工作、統一教会とかユダヤは常に対立する両極に工作員を仕込む

「朝鮮だって何だってかまわない、核武装最高」というそこの馬鹿は
今年になって「国際原子力委員会IAEA」のトップが天野之弥(日本の役人)が据えられている意味でも考えろ
つまりIAEAを脱退しない限り日本は核武装できないwwww


629 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 10:11:48 ID:HiLKoxCT0
続き
IAEAを脱退すると正規のウランは売ってもらえないわな、
闇のウラン買いあさっても、とても日本の原子力発電所は動かすには足りません

核兵器は、大陸間弾道弾、潜水艦、戦略爆撃機のいずれかで運用するが
日本にはこれら核戦隊を構築する予算も法律的根拠もない

さらに核武装=行政組織を横断した高度の統制体制を必要とするが
日本の国防は宗主国であるアメリカが好き勝手にやってくいて自衛隊に渡していないので
日本の内閣府だとか役所は核兵器を管理できるような統制システムがない


頭の悪いと言うかウソの歴史教育しか受けていない韓国人や朝鮮人は
「朝鮮戦争を利用して金儲けした汚い日本人たち」
という事を言うが、日本の工場で生産された武器弾薬食料医薬品が
アメリカの予算で大量に韓国に送られたから、アメリカ+韓国は北朝鮮+中国を押し返せたわけだ。
当時の韓国の権力者は日本のありがたさを十分に理解していたので、今の韓国の馬鹿どものような失礼なことは言わなかったもんだ。
なぜなら、中国方面から本気で攻撃されるたびに国が崩壊して文化破壊が行われて経済が発展できなかったのが朝鮮半島の歴史だからだ。

中国は朝鮮半島を常に狙っている
朝鮮半島が中国になればその次は日本が襲われてこの世からなくなる

中国は空母とか上陸用強襲艦とか日本を海上封鎖する軍事力がある
核武装しただけでは日本は中国に対抗できない
逆に、日本が安易に核武装していれば、中国に日本を先制核攻撃できる口実を与えてしまう。

日本にあふれかえってる中国のスパイを監視することが
核武装よりも何よりも日本の急務だ、NHKは最近特に怪しい

大学生向け注意
大学に正規で留学生となっている中国人はほとんど共産党公認スパイと考えて間違いなし

630 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 10:20:41 ID:mYzYzci20
1919年(大正7)にモスクワでイルミナティ(ユダヤとボリシェビキの合同)会議がひらかれ、「日支闘争計画案」が採択された:

・日本と支那の内部破壊

・支那に反日運動を起こさせる

・日支武力闘争から、ソ連・アメリカが干渉する戦争へ発展させて日本を倒す

・ヨーロッパに社会革命を起こさせる第二次の世界大戦を計画する

この実行機関となったのがIPR(既出)である。

1931年(昭和6)の満州事変以来、ユダヤが日本と中国の共産党にとらせた行動とは:

・中国大陸への日本の進出を軍事的に失敗させ、日本の革命を進める

・中国人民の抗日感情をあおり、国民党と日本の妥協を不可能にする

・戦線を華北から華南にまで発展させ、ソ連包囲体制にひびを入れ、国府軍と日本軍との衝突の間隙に乗じて中共の発展をねらう

日本がとらされた南進策

1936年(昭和11)にヨセミテでIPR総会が開催され、日本側委員として尾崎秀実が出席した。関東軍に南進策をとらせてソ連の苦境を救い、日本とアメリカを戦わせる。ソ連を討つのは日本が敗れた時である、というのが会合の目標であった。

尾崎はこれに従って資料をでっちあげ、東条に南進を決断させた。なお、1937年(昭和12)にほソ連は日本を攻撃する決定をしている。



631 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 10:22:10 ID:HiLKoxCT0
あとな、
「中国国民党は日本に賠償を要求しなかった」ので
「中国侵攻は侵略ではない」と言うのは結構だが
日本陸軍と三井三菱は、熱河省と内モンゴルでアヘンを大量生産して
日本軍支配地域で専売して大もうけしてたのだから、
道徳的にはほめられないんだよ。ユダヤ人どもにアヘン漬けにして文字通り「奴隷」にしていた
中国人をユダヤから解放してやったとは言えるのだがねwww

昔の中国人=今のアメリカ人以上の麻薬中毒患者のあふれる社会

これ日教組は絶対ガキどもに教えてないよな。。。。

中国、朝鮮、東南アジアから奪った金銀財宝と、
陸軍が麻薬で稼いだ金で連合国を買収したお陰で、
日本本体は分割されなかった。
NHKは、小物の「白州次郎」なんかのクソドラマやめて
「岸伸介」とか「笹川良一」とかのドラマやるべきだなwwwwww

632 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 11:23:10 ID:HiLKoxCT0
田母神が怪しい理由:
「コミンテルン、コミンテルン」とおかしな宣伝をしている。
田母神が「ユダヤ人国際金融業者」というのであれば正確だが
そう言わないのは、やはり統一教会が台本書いているからか?

重大事実
1)レーニン、トロツキーを育成してロシアに送り込んだのは、
ロスチャイルド、ロックフェラーである
ロックフェラーはニュージャージー州のスタンダードオイルの広大な私有地で
トロツキーたち(多くは隠れユダヤ人)に軍事訓練を行っていた

2)ナチスドイツ政権に資金援助したのもロスチャイルド、ロックフェラーである
 その他フォード、GM、IBM、アルコア、シュローダ銀行などガンガン金貸した

3)ロスチャイルド、ロックフェラーは最後にはナチスとソビエトを戦わせた

それが、シオニスト・ユダヤ=ロスチャイルド、ロックフェラー
田母神レベルの国防意識では日本の中国併合は確実(爆w

633 :文責・名無しさん:2009/08/08(土) 12:45:40 ID:HiLKoxCT0
史実 シオニスト・ユダヤは敵対する勢力の両陣営を育成して戦争を誘発する。

*ヘンリー・フォードは個人的にナチスに献金した最初の外国人であった。その後ドイツでの生産を拡大し1942年時点ではドイツ軍のトラックの3分の2がフォード製であった。
*ロックフェラーのスタンダード石油は、IGファルベンと全面的な提携関係にあった。IGファルベンは、合成ゴム、プラスチック、火薬、爆薬、毒ガス、航空用ガソリンの最大の供給会社に成長したが、シュローダー財閥と並びナチスの最大のスポンサーであった。
*アルコアとIGファルベンは協定を結び、マグネシウム製造に関する国際特許を独占した。
*米系カナダ企業のインターナショナル・ニッケルとフランスのカレドニッケルのニッケル市場国際独占協定に、IGファルベンもアメリカの勧誘で参加し、3社で世界市場を分割した。 + *ゼネラル・モータは海外生産の50%以上をドイツで行っていた。
*チェース・マンハッタンとJPモルガンはアメリカ企業の対ドイツ投資の窓口であり、フランス占領後もフランス支店で、ユダヤ人資産没収を含むナチスのための業務を秘密裏に継続した。(1998年にユダヤ人遺族から訴えられた)
*ゼネラル・エレクトリックとクッルップ・スチールは、炭化タングステンの価格カルテルを結び国際価格を9倍以上に吊り上げた。
*ドイツの4大製鉄会社が合併して結成した会社、合同製鋼の設立時の7千万ドルの社債はディロン・リードが引き受けした。
*ハリマン商会のユニオン銀行(43代ブッシュ大統領の祖父が経営)はナチスの活動資金を、オランダの貿易海運銀行を通じて1942年まで提供し続けた。(1942年アメリカ政府により資産差し押さえ)
*IBMはナチスに、収容所のユダヤ人のIDパンチカードとその識別装置を提供した。
*イギリスのシェル石油は、1941年の独ソ開戦までロシアとルーマニアの石油をドイツに提供

ずぶずぶだったナチスとアメリカ・イギリスによる戦争(爆w

三井はHSBC(香港上海銀行)、三菱はシティ銀行と結託

自虐史観からの脱却とかコミンテルンなど餓鬼の戯言
弱肉強食の覇権争い陰謀合戦に負けたから日本帝国は消滅したに過ぎない
田母神のような芸者の動きに一喜一憂するよりも
中国とアメリカの間で生き残る未来を考えるほうが先だ

634 :文責・名無しさん:2009/08/11(火) 08:39:32 ID:Z/2ly++d0
◆戦争を美化し、国民精神総動員運動を推進したマスコミ

 情報委員会が設立された翌年の1937年7月、蘆溝橋事件をきっかけに日本は日中戦争に突入しました。前後して、政府は「尊厳ナル我国体ニ対スル観念ヲ徹底」させることを旨とする国民精神総動員運動を仕掛けました。
当時の近衛内閣は主要な新聞社・通信社の幹部や記者を集め、この運動への協力を求めました。
同盟通信社の岩永祐吉社長がマスコミを代表してこれに応じることを表明しました。さらに、「中央公論」「改造」「日本評論」「文藝春秋」などの出版社や、映画会社も同様に協力を誓いました。

 そして、この運動を実践していく中心となる組織として国民精神総動員中央連盟が設立され、
朝日新聞社の緒方竹虎氏、毎日新聞社の高石真五郎氏、同盟通信社の古野伊之助氏が理事に就任しました。戦争を犯してゆく政府にマスコミが積極的に協力を誓ったのです。

 しかし、マスコミが戦争を賛美するのはこのときが始めてではありませんでした。その兆候は明治後期の日露戦争時からありました。戦争に消極的だった政府を煽って戦火を拡大させたのは、
マスコミと言われています。
戦争後には「神風が吹いた」などと吹聴する傍ら、簡単な自己反省・批判を紙面に掲載しました。マスコミがある出来事や人物を煽ったり、持ち上げたりして、しまいに突き落とすやり方は今も昔も変わりません。




635 :文責・名無しさん:2009/08/11(火) 08:41:22 ID:Z/2ly++d0
 言論統制機関が現れる以前のマスコミによる戦争賛美の一例を紹介しましょう。
国民精神総動員運動が始まる約5年前の1932年2月、上海郊外で敵の鉄条網を突破しようと戦死した兵士を英雄として持ち上げる記事が、
朝日新聞や毎日新聞に掲載されました。亡くなった兵士らを朝日は「肉弾三勇士」、毎日は「爆弾三勇士」とそれぞれ命名し、
これがきっかけとなり、ラジオ番組や人形浄瑠璃、映画など、戦争を賛美する多くの作品が制作され、商業的な成功を収めました。政府からの要請以前に、
マスコミが自発的に戦争を賛美する素地があったことが覗われます。

 ここでは、それ以上に重要な論点があります。それはマスコミが戦争をも、金儲けの道具にしていたことです。
この点については後ほど詳しく述べますが、新聞社や雑誌社、映画会社などのマスコミが、軍部にすり寄り、戦争に乗じて莫大な利益を上げていたという点に関しては多くの人々が知っておくべきです。



636 :文責・名無しさん:2009/08/11(火) 13:50:18 ID:Z/2ly++d0
大東亜戦争の責任を、GHQと日本のマスコミは、「陸軍」に押し付けたのです。
連合軍(アジアを植民地にするのに出遅れた米国と、すでにアジア植民地を持っていた国=白人)が、
自分達の利権をおびやかした「勇気と正義ある日本」に、合法的に復讐するため「東京裁判」が行われた。
結果はご存知の通りです。・・・これは、「裁判ではなく、私的なリンチ」と、されています。

ではなぜこのリンチがいまだに正当であるかのようにマスコミは騒ぐのか。
理由は、「GHQと日本の新聞社との取引」にあります。
GHQは、「復讐」をするため、戦争の責任を誰かにおっかぶせる必要があった。
米国以外は天皇陛下に責任を負わせようとした。
しかし米国は日本軍と実際にガチンコで戦争をし、特に日本陸軍の「勇敢・規律の正しさ・強さ」に内心舌を巻いたのです。
「このままでは、日本は負けたが、アジアのヒーローになってしまう」これが米国の認識です。
天皇を処刑したら、日本を統治することはできない。
それは、日本軍の勇敢な戦闘を体験して身にしみて理解していたからです。
また日本も天皇制存続を条件として降伏した。
だから、GHQは天皇陛下を処罰しないで、優秀すぎた「陸軍」を悪者に仕立て上げ、責任を負わせたのです。
そのPR役を命じられたのが、日本のマスコミです。
マスコミの連中は「戦犯」確実だったのですが、GHQに「陸軍を悪者にするキャンペーンをはれ、そうすれば
戦争責任は問わない」ともちかけられ、一生懸命GHQに忠実に、陸軍悪者キャンペーンをはり、「卑怯な売国奴」になりさがりました。

日本のマスコミは、戦後このような「後ろめたい」歴史を背負って生きてきたのです。
日本陸軍はGHQと日本の売国マスコミにより、その名誉をおとしめられ、今日に至っています。
日本人はGHQとマスコミにより、事実をゆがめられ、洗脳されてきたのです。


637 :文責・名無しさん:2009/08/12(水) 11:23:57 ID:BvAO/SeG0
慰安婦問題でニセ証言を行った吉田清治氏は、1983年にニセ証言の偽書[私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行]を世に出してから15年後の1998年に「人権屋に利用された私が悪かった」とニセ証言を反省する意思表示を行ったそうです。
同氏は1947年に日本共産党から下関市の市議で立候補された経歴をお持ちですから日本共産党もニセ証言に絡んでいたのかもしれません。
このニセ証言を朝日新聞はセンセーショナル報道を行い、御用学者が「嘘は本当」といい、NHKなどのマスコミ業界が一斉に騒ぎたてたことで日本の国益が大きく毀損されることになっていきます。
世界オンチで謝罪癖の政治家が更に悪化させました。宮沢内閣時、1993年河野談話の軽率発言と1994年に発足した自社さ政権の村山富一首相の国税投入(1千億円)で、世界中から「政府が認めてカネを使うのだから事実に違いない」と認識されてしまい、
「事実と認めた以上はカネ払え」と日本以外の世界ではよくある便乗の動きも広がり、
中国共産党の反日プロパガンダで利用され、外務省の無為無策が重なって2007年には同盟国の米国下院で対日非難決議までされるという日本にとっては手痛い日本外交の失敗事例となりました。
ドイツでは戦争犯罪者を裁く法律がありますから、気安くニセ証言する者はでてこないし、戦争犯罪ニセ証言は皆無と聞きます。反対に戦争犯罪者を訴追する法律がない日本では、
多くの戦争犯罪ニセ証言が出回っています。戦争犯罪者を裁く法律がないことから、
証言を行っても訴追される恐れがないことから、気軽にニセ証言を行ったり、
朝日新聞に代表されるニセ証言を事実として扱うウソ報道がまかり通っています。

http://d.hatena.ne.jp/glocaleigyo/20081108/p1

638 :文責・名無しさん:2009/08/12(水) 15:32:17 ID:MrsQ7Cd00






●  もしも日本が米英に負けていたら   ●

もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら、今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレの第2段。


http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1250039797/




639 :文責・名無しさん:2009/08/13(木) 09:44:25 ID:XVvc1Ife0
太平洋戦争を煽ったのもマスコミだった

私がまだ共同通信の記者をやめる直前の『沈黙のファイル』の取材で、同僚と一緒に太平洋戦争開戦前夜の参謀本部作戦課の内情を調べたことがある。
作戦課は陸軍大学校出身の超エリート参謀二十数人からなる陸軍の中枢機関で、国防方針に基づいて作戦計画を立案し、約四百万人の軍隊を意のままに動かした。

その作戦課の元参謀たちに「勝ち目がないと分かっていながら、なぜ対米戦争を始めたのか」と聞いて回ったら、ある元参謀がこう答えた。

「あなた方は我々の戦争責任を言うけれど、新聞の責任はどうなんだ。あのとき新聞の論調は我々が弱腰になることを許さなかった。
我々だって新聞にたたかれたくないから強気に出る。
すると新聞はさらに強気になって戦争を煽る。その繰り返しで戦争に突き進んだんだ」

この言葉は私にとってかなり衝撃的だった。
というのも、私はそれまで新聞は軍部の圧力に屈して戦争に協力させられたのだと思い込んでいたからだ。それが事実でなかったとしたら、
私たちが教えられた日本のジャーナリズム史は虚構だったということになる。

http://www.chitobe.com/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=150167

640 :文責・名無しさん:2009/08/13(木) 10:04:47 ID:8CmdqBVi0
魚住昭ねえ?それ誰か知ったうえで引用しているのかい?w
知ったうえなら壮絶な自爆だなw

641 :文責・名無しさん:2009/08/13(木) 19:49:43 ID:XVvc1Ife0
「孟子廟に参拝する日本軍人の心得」

1、孟子は孔子と共に支那人の最も崇拝する偉人である。我々、日本人にとっても精神的文化の恩人である。

2、参拝する者は、故国において神社、仏閣に参拝すると同様の心得を持って慎み深く行動すること。

3、模範的行動が皇軍の名誉を発揚し支那民衆に日本軍が親しまれる力となることを忘るべからず

http://photo.jijisama.org/china.html

642 :文責・名無しさん:2009/08/13(木) 22:57:38 ID:XVvc1Ife0
米国は「金日成」を偽者と判断、1948年資料

【ワシントン12日聯合ニュース】第二次世界大戦後、日本植民地支配から解放された韓国を信託統治していた米国軍政は、北朝鮮の故金日成(キム・イルソン)主席を早くから「偽の金日成」と判断していたことが明らかになった。
金日成の本名は金成柱(キム・ソンジュ)で、金成柱が日本植民地時代に満州での抗日武装闘争で名声を得た「金日成」のように振舞っていたとするもの。

聯合ニュースが12日、米メリーランド州の米国国立公文書記録管理院(NARA)で発見した資料から確認された。これまで韓国では、「偽金日成」問題が1950年の朝鮮戦争後に右翼により広まったという主張が繰り返されてきた。


「北朝鮮の韓国人たち」と題するこの資料は、米国が大韓民国政府樹立直前の1948年8月1日に作成したとされ、当時は極秘資料に分類されていた。
資料は、金成柱は1924年に父親について中国に行ったが、この父親が、

抗日闘士として名を上げた本物の金日成の兄弟だったと記す。金成柱が叔父(伯父)の名をかたったと指摘したことになる。
金成柱は1929〜1930年、満州と朝鮮の国境で活動していた本物の金日成の遊撃部隊に合流し、
金日成が死亡(当時55〜60歳)すると、命令によるものか自発的なものかは不明だが、「有名な戦士(金日成を指す)」として振舞ったという。
金成柱という人物については、明晰(めいせき)で落ち着きがあり、物事の核心をすぐに把握し業務を掌握するものと知られていたと記されている。

資料はまた、別の説として、金成柱は訓練のためシベリアに渡った韓国人の一人で、1943年にはソ連により欧州に行ったこともあるとの話も紹介した。
第二次世界大戦後に戻った金成柱は、北朝鮮の共産政権の指導者と満州の朝鮮義勇軍の指導者になったという。

米国はこの資料に先立ち1947年9月1日付で作成した「有力な韓国政治指導者の略歴」という別の資料でも、金日成の本名は金成柱だと記述している。
ただ、ここでは金日成を満州国境地帯にいた遊撃隊指導者だと書いていた。


643 :無党派さん:2009/08/15(土) 13:46:53 ID:v/HxnLAe0
統一教会はCIAの下請け団体だった(重要ポイント)が、勢力が昔より低下している。創価の方が圧倒的に強い。

<統一教会が日本右翼を支配する方法>
右翼愛国の新人Aがデビュー
→常に日本の右翼愛国強硬派をチェックしている統一教会はダミーを使ってすばやく接近する。おだてあげて資金援助、不動産提供までする。
→新人の作った団体があれば徐々に浸透して幹部まで送り込む。政治家の場合は秘書を送り込む。(これは公然と行う)
→息のかかった女を愛人にさせる。(本人に気づかせない)趣味に応じて円光用少女や外人女、男娼、麻薬覚せい剤も流す。
→いろいろ小遣い稼ぎになる口をあてがう。→弱みを握ったところで遠隔操作を強化する。

1)対立演出者として利用する(結局潰す)場合
 いろいろ仕込んで新人Aの言動を過激にする。=右よりが過ぎて妄想に近くなったり嘘が増える、いきなり靖国神社に参拝しだしたりする
 結局新人Aはキワモノのカテゴリーに落ち着いて日本を変革する効果は生まない。
 新人Aが海外のマスコミに注目されて日本人に対する不信感を煽る。「裏に統一教会がいる」と自作自演でバラす。
2)シンパとして利用する場合
 統一教会シンパとして宗教行事や日韓トンネル協賛とかその他霊感商法的集金や人集めに利用。韓国の農村に日本人女性信者を販売するための囮。
3)団体や会社を利用する場合
 不正経理で作った裏金を巻き上げる。社員に保険金かけて殺す。不正な貿易、秘密倉庫に利用。
4)議員や官庁役職者の場合
 不正な許認可や人事、情報漏えいを行わせる。

上記、創価や中国もやることは同じ。3)、4)は創価学会の方が得意。創価学会は女性信者を既婚の警官や役人と不倫させて学会に引きずり込む。
利用価値が無くなったり、造反したり、潰し切れなかった場合はスキャンダルを仕掛けて、社会的に葬ったりたり暗殺実行部隊を送る。
=多くの自民党議員、マスコミ関係者など
米軍日本脅迫工作の隠れ蓑として統一と創価が乗っ取った団体=オウム真理教
※統一と創価が連携して活動することもあるという例


644 :文責・名無しさん:2009/08/15(土) 19:12:43 ID:a82KA/j50
安部の祖父に当たる岸元首相は、A級戦犯として巣鴨プリズンに拘置されていました。ともに拘束されていた児玉誉士夫と笹川良一の三人で、不可思議な釈放措置を受け、娑婆にでてきました。以後、児玉と笹川は、自民党の結党に関り、
児玉が、結党資金を出したといわれています。岸を含めた三人は、韓国の「反共を標榜した」宗教、統一教会を日本に呼び込みました。以来、この三人と統一教会は不可分な関係を維持し、日本統治に暗躍して来ました。

そもそも三人が超法規的に釈放された背景には、占領軍、つまり、米国政府が手先として使役する目的があったのでしょう。そして、米国権力は、彼らを復権させる見返りに、米国権力への絶対的服従を命じた。
その間接支配の機関として、文鮮明の統一教会・勝共連合を日本に送り込んだ。岸、児玉、笹川、統一教会の文鮮明、自民党の全てが、米国権力に隷属する日本間接支配の道具となったわけです。

645 :文責・名無しさん:2009/08/15(土) 19:18:05 ID:a82KA/j50
(児玉は戦争中、児玉機関なる謀略組織の長であり、中国大陸で戦略物資の調達を行っていました。
中国大衆に阿片を売りつけ、その利潤で、戦争遂行に必要な、ダイヤモンドやプラチナ、タングステンなどを調達していました。
麻薬、ダイアモンドといえば、ユダヤ商人の独占商売です。
旋盤など工作機械に必要なダイアモンドがなければ、ゼロ戦の部品ひとつ加工できません。
ダイアモンド産業は、今も昔も、ユダヤ企業デビアスの独占事業です。児玉は、麻薬商売、ダイアモンド調達の局面で、ユダヤ人と接触を持ったはずです。
麻薬もまた、ユダヤ人がもっとも得意とする産業分野です。児玉が麻薬を扱えば、ユダヤ人と接点なしにはいられなかったでしょう。
戦後、児玉らを過去に知っていたユダヤ人が、手先に使うに適任と判断し、三人を拘置所から解放したのではないでしょうか?そして、
児玉は、手元にあったダイアモンドの一部をGHQ高官に賄賂として差し出して買収し、
残った分を自民党結党資金に供出したといわれています。
ちなみに、日本の麻薬機関が中国大陸で麻薬の小売に使っていたのは朝鮮人でした。
戦後、児玉や笹川と元の仲間の朝鮮人麻薬業者が結託しても不思議はありません。ちなみに、統一教会は今も昔も世界の麻薬産業の一大勢力であり、
麻薬事業で、ブッシュを含めたユダヤ権力と提携癒着しています。極めて示唆的な話ではありませんか。)

自民党には、米国CIAの資金が流入していたと、1995年に、アメリカの公文書開示で判明しました。その資金の分配に、統一教会が関わっていたのではないか?
つまり、自民党の議員たちは、統一教会の背後に強大な米国権力が控えていることを知っているからこそ、米
国の資金が欲しいからこそ、統一教会に恭順してきたのではないでしょうか。また、統一教会は麻薬産業の大手業者でもあります。
南米のコカインへロイン密輸事業で儲けた資金が、現在ではCIA資金の代わりに、自民党議員の懐に入っているのでしょう。


646 :文責・名無しさん:2009/08/16(日) 09:30:35 ID:4dKRX8jX0
マスメディアが国民をだましたもっとも大きな犯罪は戦争である。戦前の中国への全面侵略戦争は、1937(昭和12)年7月7日、
北京郊外の盧溝橋で日本軍が示威的な夜間演習をおこなっていたさい、「数発の銃声がした」とデッチあげ、
中国にいいがかりをつけることから始まった。
当時の『朝日新聞』は、「今回の事件は支那側の挑戦的不法射撃によって発生せるものなること一点の疑ひもない」と煽り、日本軍司令官の「帝国の望むところは常に和平解決であったが、
最早支那側の暴虐に黙していられなくなり、ここにおいて正義の軍を進めて支那の暴戻を断固膺懲する」というインタビューを載せて世論誘導をおこなった。
 同年12月の『大阪朝日』の「天声人語」は「官立大学教授といへども国家の一微粒子であり国家機関の一員である以上学問の名に甘えて国家および国民を見くびってはならぬ」と書き、
戦争に抵抗する知識人を名指しで攻撃し大学におれないようにした。
戦時下の1944年に言論統制の総本山・情報局の総裁として入閣したのは、朝日新聞社主筆・緒方竹虎であり、
後任総裁は日本放送協会(NHK)会長の下村宏であった。
マスメディアは「軍部の弾圧でものがいえなかった」というようななまやさしいものではなく、みずから先頭に立って権力の手先となって、日本を廃虚にする無謀な戦争に国民をひきずりこんだのである。


647 :文責・名無しさん:2009/08/17(月) 23:37:50 ID:T+uJ2FsE0
緒方竹虎もなぞだよなあ。
尾崎秀実が 昭和9年、東京朝日で東亜問題調査会を
やってたころは主筆だよね。
おなじく近衛ブレーンのマルキスト風見章とは
早稲田大学雄弁会以来の親交。 
下村宏も もと朝日新聞社副社長 だね。
なんなんだよ こいつら。

648 :文責・名無しさん:2009/08/19(水) 10:24:16 ID:+E/YLJcA0
従軍慰安婦問題を仕掛けたのは日本人( 朝日新聞 )

焦点はただ一つ、「旧日本軍による強制性の有無(日本軍が女性を誘拐して、強制的に慰安婦にしたという主張)」ですが・・・

現在までに強制性の証拠は存在しない。

http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/ianhu.html
植民地支配当時、(デモが頻発する朝鮮ですら)慰安婦問題に抗議のデモがあった記録さえない。


649 :文責・名無しさん:2009/08/19(水) 10:35:20 ID:lf2akUE50
慰安婦問題はつまるところ軍票問題。
半島だけでなく大陸も東南アジアも詰まるところ軍票問題。
香港の軍票だけで韓国へ支払った3億ドルよりも多い。

650 :文責・名無しさん:2009/08/20(木) 01:14:13 ID:aMvfJGsp0
田母神は日本会議の再軍備計画の先鋭にしか見えない。

イラクは核兵器保持の”疑惑”だけで証拠もなく侵略された。
イスラエルや北朝鮮は公然と持っていてもアメリカ政府が財政援助をしている。

なぜ今さら核軍備なんだ?日本を潰すため?

651 :文責・名無しさん:2009/08/21(金) 00:22:02 ID:1DU6yBdE0
>>650
核武装すると、自尊心が満足するような感性をお持ちらしい。

652 :文責・名無しさん:2009/08/21(金) 01:43:20 ID:1DU6yBdE0
田母神信者によれば、日本は容易くコミンテルンに操られる程度の国らしいから、
核武装したら共産主義者が核兵器をもつことになりかねないと思うが、信者の皆様、
その可能性について全く考慮されていないのがとても不思議。

653 :文責・名無しさん:2009/08/23(日) 21:49:05 ID:+z/59EWb0
−公式− 田母神俊雄後援会
TSC (Toshio Tamogami Supporters Club)
http://www.tamogami.sc/

志は高く、熱く燃える  前航空幕僚長 田母神俊雄

私たちの愛する日本のため・・・

田母神俊雄氏の言論活動が全国各地で円滑に普及することを支援目的とした
後援会の発足です。

将来は田母神氏の志に続く言論の輪が全国に広がる活動展開を様々な角度か
ら同会は支援して参ります。

8/25(火)
田母神俊雄前航空幕僚長 時局講演会「誇りある国、日本を語る」
定員:1000名

8/27(木)
田母神俊雄特別講演会「誇りある国、日本」
定員:300名(先着順)

他多数

654 :文責・名無しさん:2009/08/25(火) 04:42:42 ID:H0Ke/AQY0
田母神御大、選挙応援でトンデモ発言

http://www.asahi.com/national/update/0824/OSK200908240105.htm
 田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長は24日、堺市で衆院選大阪17区に立候補している
改革クラブ前職の応援演説に立ち、今月6日の広島原爆の日に広島市で開かれた
平和記念式について、「被爆者はほとんどいない」「並んでいるのは左翼」と述べた。被爆者団体は
反発している。

 田母神氏は演説で、6日に講演で広島市に行ったことに触れ、平和記念式について「並んでいる
人は広島市民も広島県民もほとんどいない」「被爆者も、被爆者の家族もほとんどいない」と発言。
「左翼の大会なんです、あれは」とし、麻生首相が式であいさつしたことを「マンガです、ほとんど」と評した。

 式は広島市主催で、市によると、今年は約5万人が参加。被爆者やその遺族、家族用の約2500席は
いっぱいだった。一般席にも被爆者がいた。市幹部は「市民、県民もたくさん参列した。事実誤認も
甚だしく、コメントに値しない」と言う。

 式に参列した広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長は「虚偽の発言であり、許し難い。
平和記念式への中傷であるだけでなく、講演活動を続ける田母神氏自身、信頼を失うのではないか」と
話している。

 田母神氏は式には出ていない。同氏は朝日新聞の取材に、発言の根拠について「広島の知人が
みんなそう言っている」と説明した。

 6日の広島市での講演で田母神氏は、核廃絶に取り組むとした広島市長の平和宣言を「夢物語」と
批判し、持論の核武装論を展開した。

655 :文責・名無しさん:2009/08/25(火) 06:15:10 ID:shkDIxut0
こりゃいかんわ。明らかに虚偽だし。

656 :文責・名無しさん:2009/08/25(火) 11:51:04 ID:IBRdxN390
ぶっちゃけさー、タモガミさんて田舎の小父さんじゃないの?

657 :民主党政権=恐ろしい事態が始まる@:2009/08/27(木) 13:48:53 ID:DCGhYLdx0
国旗を破り党旗としたのは、民主の本音が出たものだった。
麻生は、断固として靖国参拝を実行し、左翼政権阻止の気概、
戦う保守の姿勢を示すべきだった。
しかし現実の行動は、参拝を拒否し、左巻に媚びを売った。
大勢は決した。

658 :民主党政権=恐ろしい事態が始まるA:2009/08/27(木) 13:51:41 ID:DCGhYLdx0
左翼は、一見穏健な鳩山を頭に据えて、国民の眼が届かない
ところで売国政策を進める。
公約は選挙向であり、裏政策が用意されている。
民主党関係者が告発したが、マスコミは無視している。
拉致問題も争点から消えている。
テレビでは、この時点でも酒井ノリP問題が、選挙と同等の
ニュースとなっている。

659 :民主党政権=恐ろしい事態が始まるB:2009/08/27(木) 13:53:11 ID:DCGhYLdx0
衆参とも多数を占めたからには、解散をせずに長期政権を狙う。
どんな法案も通せる。
従来は、せいぜい「談話」程度で済んでいたものが、今後は
法律によって強制力を持たせてくる。
これまで保守勢力が個別の危険法案阻止で多少とも健闘できた
のは、何とか保守政権だったからだ。
国防上の機密も中共他に漏れていこう。

日教組も息を吹き返す。
何十年もかかってここまで退潮化したものが息を吹き返す。
やたら地方分権を強調したのは、このためもあったか。

660 :民主党政権=恐ろしい事態が始まるC:2009/08/27(木) 13:55:58 ID:DCGhYLdx0
安倍政権は、この30年で最良の政権だった。
が、現実には少なからぬ保守派が安倍批判に加わった。
その結果は、より酷い内閣を登場させただけだった。
民主を叩かねばならぬ時に、これも多くの保守派が、
小泉政権の結果を批判した。
結果は左翼有利に作用した。
格差拡大等々… これが争点になれば左翼には百年以上
の労働者扇動の経験がある。

661 :民主党政権=恐ろしい事態が始まるD:2009/08/27(木) 13:58:39 ID:DCGhYLdx0
今にして思えば、右派勢力が結束して献金を出し合い
全国紙に意見広告を連続して出す方法もあった。
話し合いの結果、役割分担で敵にあたる方法もあった。
右派勢力は、毎度のことだが、この国難にあっても大同
団結ができなかった。
それぞれは各局面で健闘したのだろうが、三本の矢となる
ことがなかった。

吉田茂が占領政策を継続・長期化させる決定的な誤りを犯した。
その孫が、占領政策の復活に手を貸したこととなる。
ようやくここまで来たところでの、民主GHQによる占領政策
復活・強化の打撃はあまりにも大きい。あまりにも。

662 :ぼ・く・だ・ぁ・よ〜  あ・そ・び・ま・し・ょ〜!:2009/08/27(木) 17:26:53 ID:DCGhYLdx0
   _人人人人人人人人人人人人人人人_
   > 20世紀で消えたと思ったのか、甘い甘い!!<
    ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄       
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ   ./;;,ィ''"´ ̄`゙゙ヾ;ミミミ;;、       約束どおり北海道はもらうよ!
  .i;}'       "ミ;;;;:} /ミミ/゙       ゙:::゙iミミミ:l      利子がついて東日本全部だ。
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:| iミミ′:     :  ..::::_;ミミ;ミ;リ     九州はチャンにやろう。
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;| .ヽ,! ゙ .,;;;..''  ''゙゙;;_ ゙:::ヾ;;;;;;/    対馬はチョンにやる。
  |  ー' | ` -     ト'{. .} :'゙::“:゙:. l::'゙.”:゙;.::'':;;゙irく     あとは自治区だ。 寛大だろ。
 .「|   イ_i _ >、     }〉}.  | ヽ .,r ..:::、   ..::::;;;トl;|     チベットやウイグルのような甘い統治はしないぜ。
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'  |..  :' ''ー;^''::ヽ. :':::::;;;i::ソ       キサマらは今も国連認定の敵国だからな。 ククク・・・
   |    ='"     |.    l、 ←‐'‐→、! ..::::;;;l゙´       新聞は朝日1紙に統合。 紙名は、アサヒプラウダ新聞。
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     ヽ.. `゙゙゙.,゙´ '":::';;;ハ、       テレビはNHK1局に統合。 局名は、人民放送協会
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ   _,,/`i、 -:: -:::'::゙:::;;ツ'::::`;、_      こいつらには待たせたからな。
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i-‐''" | ゙;、 i":;;:::::;,/':::::::::;!::::`::-、.._ ゆっくり、ゆっくり、楽しませてもらうぜ、ケケケ・・・
   ヽ、oヽ/ \  /o/   .|  .l゙  ゙ヽ:;,ン'":::::::::::::/:::::::::

663 :文責・名無しさん:2009/08/27(木) 22:06:01 ID:1mXb79Kk0
http://www.youtube.com/watch?v=zoS8tiPsW0c

http://www.youtube.com/watch?v=KkbGHMeCRS8

うわぁ・・・(°○°;)

http://www.youtube.com/watch?v=5imHkP7IyGI
http://www.youtube.com/watch?v=Xh_laPL4QX8

(・_・lll)

664 :文責・名無しさん:2009/08/28(金) 02:14:48 ID:gALVNAXu0

              ┗0=============0┛
     \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
    0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田田田田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
 ...[二] | ::|       |::|┏━━━━━━━━┓|::|       | ::l [二]
........|□|.│ |┌┬┐ |::|┃  / 田母神\  ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□|
  )三(...| ::|├┼┤ |::|┃/   マンセー  \┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ /iiiii _iiiii iiiii \ .┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ 彳_ | ● |__ .┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃ 丿ー◎-◎ーヽミ. ┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   |: :| | ::|└┴┘ |::|┃ r   . (_ _)     )┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ (  ∴.ノ∪(∴  ノ ┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃⌒\_____ノ⌒┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃     ┗━┛     ┃|::| └┴┘| ::| | ::|
.....┏━━━━━┓| .|┃平成二一年九月没┃|::|┏━━━━━┓
.....┣┳┳┳┳┳┫|: |┗━━━━━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫
     ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○
     ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
    |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|  ムリしやがって。。
 ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
(    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )( ゚Д゚ )


665 :危険水域:2009/08/28(金) 12:33:52 ID:tdnH7P+q0
ヒドイ事態だ。
民主の圧勝が動かしがたい。
過半数どころか3分の2に迫る。
憲法の「逆」改正も可能な情勢になってきた。
何と「神の国」・森元首相や唯一靖国参拝・野田聖子も危険水域。
地元への利益誘導よりも国家基本問題に取り組んだ良識議員が何れも厳しい。

もう、自民にお灸を据える、麻生が気に食わん、どころではない。
一度民主にやらせたら、というのは、隣人とのチョットしたもめごとに
ヤクザを使うようなものだ。その後どうなることか。

疲れが取れるからと、チンピラ亭主に勧められ、一度やってしまった
ノリピーの二の舞になる。

666 :文責・名無しさん:2009/08/28(金) 18:42:31 ID:/j8PO8qPO
対中強硬派がどんどんやられている

安倍
田母神
麻生

667 :売国奴・河野の罪:2009/08/31(月) 10:59:53 ID:85fIZI1U0
かつて自民の15代総裁・河野(=歴代売国奴政治家第1位)は、
ソ連の手先・犯罪集団社会党と組んで政権の維持を図った。
田母神閣下の言う「左へ手を伸ばし」現象だ。
自民は保守勢力の再結集を目指すのではなく、左翼・邪教と
組み政権にしがみつくようになった。
かくて河野派・麻生によって今日の事態となった。
河野こそは、最大の厄病神だった。
しかしこの男が中共の工作員だったとしたら、とてつもない
働きをしたことになる。



668 :文責・名無しさん:2009/08/31(月) 13:01:13 ID:71b8Cdls0
父親に暴力をふるい祖父に「死ね」と罵る自称“愛国者”w
         ↓

http://anond.hatelabo.jp/20090831052505
※極東アジアニュース板 【首を括るな】麻生太郎研究第268弾【腹を括れ】  よりレスを抜粋


<元スレッド>
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1251646693/
<魚拓>
http://s02.megalodon.jp/2009-0831-0918-34/hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1251646693/


669 :文責・名無しさん:2009/08/31(月) 20:56:25 ID:85fIZI1U0
 ↑
>>668
ここで笑われた君、維新政党・新風に来たまえ! 共に民主と戦おう!

70年安保前後の左翼学生から見れば全くまともだ。奴らは基地外そのものだった。
それほど昔のことでなくとも、オウムの例がある。一流大学生が家を家族を捨て
松本のもとへ走った。 

670 :凄いぞ 麻生太郎研究:2009/09/01(火) 11:54:28 ID:3zfMzof10
>>668
このスレは、「必ず政権を 麻生太郎研究第270弾 奪還する」となって続いている。
→ http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1251721088/801-900
もの凄い勢いで進行(さすがオタク)。見るなら早いうちが良い。もうすぐ第271弾に
なる可能性大。668氏の紹介ブログは悪意であることがわかる。創作とは思えない。
「TVタックル」に出た河野太郎を現場の眼から卑怯者とし、これも説得力ある。

麻生の秋葉オタク(?)人気がわかる。またこれらの人達が如何に民主政権を危機と感じて
奮闘したかがわかる。これらの層は、従来の自民では食い込むことの出来なかった層だ。
選挙戦を通じて政治知識も急速に吸収している。今後、自民が彼らを引き付けていくこと
ができるかどうか。
彼らには是非、閣下の著書を読んだり、講演会に出席してもらいたいと思う。

671 :文責・名無しさん:2009/09/08(火) 04:59:14 ID:xlGGRVaY0
田母神やその信者たちはそろそろ、小泉純一郎は自民党壊滅のためにコミンテルンから
送り込まれたスパイだったと言い出す頃じゃないの。

「新しい歴史教科書をつくる会」や教科書改善の会もコミンテルンのスパイだろうし、
日本には帆野津にコミンテルンのスパイがうじゃうじゃいるんだね。

672 :文責・名無しさん:2009/09/09(水) 14:26:19 ID:0DIhpSUi0
>>671
入力ミス
> 日本には帆野津にコミンテルンのスパイがうじゃうじゃいるんだね。

日本には本当にコミンテルンのスパイがうじゃうじゃいるんだね。

673 :文責・名無しさん:2009/09/09(水) 15:00:24 ID:PV5fxAc40
 
田母神は、日本中に狂ったネトウヨを大量生産させてしまったなあ・・

田母神自身がネトウヨだから、信者を増やせ!布教しろ!ってノリだろう。

国家神道はヤバイ。 マジでヤバイ・・

674 :文責・名無しさん:2009/09/09(水) 16:39:26 ID:0DIhpSUi0
田母神信者は、御大が応援した二人が枕を並べて落選した事実をどう考えているんだろうか。

やはりこれも、コミンテルンの陰謀か?

675 :文責・名無しさん:2009/09/09(水) 16:54:11 ID:PV5fxAc40
3人じゃない?
中山、西村、中川(酒)の

676 :文責・名無しさん:2009/09/09(水) 16:55:41 ID:Gj7+qB5R0
>>673
あの世代でネット上に棲息出来る人ってごく一握りだと思うよ。

677 :文責・名無しさん:2009/09/11(金) 12:03:25 ID:LtPan8sl0
李朝末期の朝鮮はどのようにイメージされているでしょうか。わたしは、ある一部の韓国学生の方々と意見交換したことはありますが、
それらを勘案して話しますと、李朝はおおらかでのんびりした社会だったのに、日本人がやってきて平和を乱した、そう考える学生さんが大変多いです。
 しかし、実際の李朝末期は、
都は荒廃し、田舎は盗賊が跳梁跋扈し、悪官吏によって国民の圧制に苦しめられたことは、
イザベラハードの「朝鮮奥地紀行」に詳しい。
そのため、貯蓄をする余力もなかった。もし、倹約をしてお金をためようものなら、盗賊が襲来し、命とともに失うことが多かった。
さらに、悪官吏は、様々な理由をつけて絞るだけ絞り、国民の生き血を啜っていた。彼らがこのような圧制をしたのは、実は地方官僚というのは給料が出なかったのである。
そして、地方官吏の地位を得るためには、それ相応のお金を宮廷に賄賂を送らなければならず、彼らが贅沢をするためには、国民から血税を搾り取るほかなかったのであったのです。 
たまに、倹約してお金をためるものがいてもそれが贅沢に回ることは決してなかった。せいぜい一日のんびり暮らすのが関の山で国が富むことは全くなかったのです。
 日本の江戸時代の町人パワーが江戸経済を動かしているのを見ると雲泥の差で、
これで朝鮮に近代化の萌芽があったという説には、無理があるのです。
李朝末期は、お金持ちはますますお金持ちになり、貧乏人はますます貧乏人になる。そういう塗炭の苦しみに国民はあったのです。
後に詳しく話すことになりますが、当
時の李朝は国民に目を向けることなく、興宣大院君と明成皇后の宮廷パワーゲームが続き、双方とも権力を握ったときは、国民の税金を迷信や景福宮復興、
あるいは自分の子息を王になるための祈願で浪費していたのです。

朝鮮人を飢餓と内乱から救った、大日本帝国
http://photo.jijisama.org/BeforeAfter.html


678 :文責・名無しさん:2009/09/12(土) 04:37:22 ID:I8AJsqGd0
>>675
中川酒の応援にも行っていたの?

それはともかく、御大がこの選挙結果をどう論評するのか楽しみにしているが、
まだ正式コメントはないのだろうか。

おそらくこの結果もコミンテルンの謀略の結果なんだろうけれど、これだけ好きなように
70年近く前に解散しているコミンテルンの手先が未だ存在し彼らに跳梁されまくっている
国というのも類を見ないのではなかろうか。

679 :文責・名無しさん:2009/09/12(土) 19:53:50 ID:tP1s0Nd30
防人の道 今日の自衛隊 −平成21年09月03日号
ゲスト:瀧澤一郎(国際問題研究家・元防衛大学校教授)
★平成21年9月3日★
http://www.so-tv.jp/

■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方
(前略)
説明不能な様な事をですね、平気でやる。鳩山代表もですね、中国に行っちゃあですね、
物議を醸す発言してる。媚中派なんてもんじゃないです。こういう事がですね、彼等が政権
を獲った後も続くんでしたらね、恐ろしい事になりますよ。

 −今日の本題であります鳩山民主政権の対ロシア外交、新聞やマスコミを見ても余り触
  れられていないんですけど、私はこれが意外に重要な問題じゃないかと考えて瀧澤先生
  をお呼びしたんですけれども、鳩山代表のお爺さんがですね、1956年に平和条約締結
  後に歯舞色丹島を日本に引き渡す日ソ共同宣言ですね、締結した本人であるわけです
  から、その孫が、今回、日本の総理大臣になる予定なワケですね。−

そのね、鳩山一郎ね、お爺ちゃん。鳩山一郎のDNAが来てるんですよ、ずっとね。それで
鳩山一郎のね、日ソ国交回復の時のこの対ソ外交の過ち、その過ちがずーっと引っ張って
きて日本は苦しんでるんですよ。どういう過ちかというとですね、まぁ、僕は実はあのー1955
年から1956年の日ソ交渉でアメリカで学位取ったんですね、論文書いて。だからここで何時
間でもベラベラ話し出したらやめられないちゅう事なんですけど(笑)、まー三点だけね、指摘
しておきたい。

680 :文責・名無しさん:2009/09/12(土) 20:08:06 ID:tP1s0Nd30
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

先ず、第一点。これはね、あのー、故鳩山一郎とですね、ロシアの交渉が始まったのはで
すね、実はスパイとの間の交渉なんです。これは有名な話なんですけど、1955年の1月
にですね、鳩山家のですね、裏口から、当時のソ連の漁業代表部の副代表というですね、
ドムニツキーという男がコソコソ入ってきたんですね。これが始まりなんです。で、このドム
ニツキーという人間がどういうものか、今迄まったく分かってなかった。英語で書いた本も
ドイツ語で書いた本もロシア語で書いた本も日本語で書いた学術論文もドムニツキーが何
者かは一切書いてないです。それを僕は最近、発見したんです。今日ここで初めて、歴史
的事実を公開する。この男は、ソ連海軍情報部のスパイだったんです。最近ですね、ロシ
アで情報公開が起こってですね、この当時のソ連諜報部の名前がですね、あの、公表でき
るようになった。それをいち早く僕はソ連側からですね資料を見まして、それで彼の名前を
発見したんです。ですから、スパイが裏口から入ってきてる。で、これをですね、手引きした
のがですね、日本の左翼なんですね。例えば田英夫。知ってますか?田英夫という社会党
の赤い議員が居ましたね。あのー共同通信の、記者してて、それからTBSでキャスターに
なって、で日本で初めてですね、TVで見てですね、あのーあ、あれはいい男だとかいうこと
で国会議員になった人なんですよ。ね、濱口さんがそうなんですね、今に。

 −いやぁ、私はわからないですけどね、それは(笑)

681 :文責・名無しさん:2009/09/12(土) 21:25:06 ID:aP1HKECp0
なんだ電波か。

682 :文責・名無しさん:2009/09/13(日) 01:37:22 ID:1YVdDcXd0
コシミズコシミズっと

683 :文責・名無しさん:2009/09/13(日) 22:54:13 ID:aJTdOXOR0
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

その第一号なんですよ、田英夫は。ところがこれが赤い人でしてね、あのー、ベ平連ともく
っついたり反米闘争とかそういうもの、ずっとやった男で。ですからちゃんとソ連諜報部と
結びついてて、ドムニツキーを連れてきた。もう一人ですね、馬島?(まじまかん)というです
ね、赤い医者が絡んでるんですよ。これは友愛会というですね、あのー共産党に近いです
ね、医療機関を経営してずっとやった人なんですけれども、あのー、産児制限運動とかで
すね、そのー男女の性行為をやたらに関心持つのは、あのー、日本の共産党系の人なん
ですね。今、あのー小学校で低学年に性教育じゃなくて性交教育というのやってます。模型
でなんかやってるっていう、恐ろしい事やってるワケです。ね。あのー生殖器の模型でこう
なってるとかやってる。そんなの必要ですか小学校に、ね?今の子、やられてるんですよ。
これをやってるのがね、みんな共産党系のアレで。この指導要綱とか発行してるのがみん
な共産党系の出版社です。で、そのー馬島?というのもそうなんですね。その元祖みたいな
奴で。コレは、もう、友愛外交の友愛もですね、馬島?辺りから来た。でですね、そういうのが
大挙して左翼から入ってきた。で、これは何もですね鳩山一郎はその時初めてそういう胡散
臭い怪しげな連中と付き合ったんじゃなくて、前から付き合っていたワケです。だからもうで
すね、DNAがあるわけです。

※鳩山由紀夫の”友愛”とは、共産党系の赤い医師、馬島(まじま・かん)の”友愛会”から
来た疑いが強いという。

684 :文責・名無しさん:2009/09/14(月) 03:56:42 ID:F6qLNn7L0
フランス革命のスローガン自由・平等・友愛にも、旧同盟系友愛会議も中国が噛んでいたのか。
こりゃたまげた。

さすがは昭和天皇を含めた日本の支配層を自在に操り、太平洋戦争にまで駆り立てたコミンテルンの
末裔だけのことはありますね。

685 :文責・名無しさん:2009/09/14(月) 04:29:59 ID:SMW/zNYv0
そのコミンテルンとやらを地で行っているのが、田母神。
つまり田母神は、コミンテルンという時代遅れの単語を煙幕に、
自分が米国共和党の工作員だってことを隠そうとしている。

686 :文責・名無しさん:2009/09/14(月) 09:08:46 ID:TfdjNwea0
フランス革命のスローガン
Liberte, Egalite, Fraternite
のFraterniteは友愛以外に博愛、兄弟愛など色々な訳があるね。

687 :文責・名無しさん:2009/09/14(月) 21:27:47 ID:9YfjMFQM0
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

そしてですね、あのー1955年の6月からですね、ロンドンで交渉が始まるワケですが、
このロンドンにおけるですね、日本代表団の中の一人がですね、怪しいという情報が来
た。つまりソ連にやられた人間だと。いう情報が入って。国会でですね、小坂善太郎とい
う自民党の議員、後の外務大臣、この人がですね、あのー質問に立って、今度の全権
団に怪しい人間が居る。指摘した。そしたらですね、一人ね、突然首になった人がいるん
です。都倉英二って人なんです。この人はですね、果たして本当にソ連のスパイかどう
かは私はここでは断言できません。だけど、あのー、都倉俊一さんて作曲家がいるでしょ、
ね。あのー山本リンダの「のってけのってけ止まらない」っていうスゲー歌を作った人なん
ですよ、ね。あのー作曲家のお父さんです。この人はですね外語大を出てハルビンの領
事館でですね、通訳やったりしてた時に、捕まって、抑留されたんですね。そこで洗脳され
た。まぁ、あーその人は首になった。そういう色んな怪しげなことがある。じゃ、誰がそういう
人を入れたのか?政府ですよね。で、しかもですね、この、鳩山さんは、ソ連とことを構え
始めたのはですね、全く反吉田からなんです。つまり、外交戦略としてソ連とですね、国交
を回復することがどうこうということよりも、吉田憎しで始めたんです。

688 :文責・名無しさん:2009/09/15(火) 11:03:40 ID:sCAJ8N7NO
みんなすごい妄想家ですね 田母神さん単なるニートなおっちゃんですが

689 :文責・名無しさん:2009/09/15(火) 18:18:23 ID:8/9Y2rwQ0
>>688
Not in
Employment
Education ←教育
Training ←訓練

中曽根元首相だって、野中だってニートということになるが。

690 :文責・名無しさん:2009/09/15(火) 18:52:14 ID:/Mc5evwt0
ご隠居さんはニートじゃないだろw

691 :文責・名無しさん:2009/09/16(水) 20:39:36 ID:HIptjSg/0
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

で、鳩山さんの外交顧問であった杉原荒太っていう人がいる。これはですね、外務省の
外交官なんですが、外務省にいた時ですね、吉田さんが外務大臣だった時にY項パージ
ってやったんですね。親ソ的な傾向がある人をですね、みんなクビにしたんです。凄い
パージをやったわけです。それでやられた人なんで、もう吉田憎しで凝り固まってる。
これが鳩山さんの外交顧問になった。だからね、ただただ闇雲にソ連に突き進んだわけ
ですね。こういう外交が成功する筈無いんで。当時ですね、ソ連のフルシチョフ首相とい
うのが居た。これはですね、北方四島、二島は即返還の構えでいたんです。それをですね、
あのー二島返還も出来ないで、結局今になってですね、北方領土問題が残っちゃったと。
で、その時ですね、鳩山さんにくっついてったのが河野一郎というね、当時の自民党の領
袖ですね。これがまた悪い奴でしてね、魚の利権をですね、背後にした男なんです。当時、
大日本水産会、平塚常次郎っていうのが居ましてね、これが河野一郎と盟友関係にある。
当時、河野一郎はですね、一声一億って言ったの。漁業界にワッと声出すと一億、河野に
政治資金が来たの。当時のね、昭和29年、30年の頃の一億。今だと10億どころじゃない
ですよ。20億ぐらいかも知れない。それで、あのー彼はですね、北方領土は返してくれな
くて良いって言っちゃったの。その代わり、北方領土問題と漁業問題を絡めてくれと。これ
はですね、実は河野さんがクレムリンにですね、一人で入っていって交渉した時に、日本
の新関(欽哉)さんっていう、後にソ連大使になった人がですね、一緒に行こうとしたらクレ
ムリンの入り口で「オマエは外で待ってろ」と。一人で入って行っちゃう。で、秘密交渉した。
だから彼が秘密交渉した内容は一切漏れないと思ってそういう酷い、国を売るような交渉を
したわけですね。ところがですね、その事実がロシア側から漏れちゃった。その時、ロシア
の代表団から通訳してた人が、アドルハエフという人が一切合切暴露しちゃった。

692 :文責・名無しさん:2009/09/17(木) 02:55:12 ID:NkDTzx7w0
蒋介石って国民党だよね?なんでコミンテルンなの?
ずっと戦ってきた共産党に動かされてたの?


693 :文責・名無しさん:2009/09/17(木) 22:22:13 ID:/GmU0JRt0
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

ま、そういう酷いですね、日ソ交渉したわけですが、そのDNAが今、来てるワケですよ。
モロに。それでですね、僕が心配してるのは、今迄自民党の時はですね、北方領土問題
は進まなかった。これは自民党のせいもありますけれど、殆どロシアのせいです。ロシア
はこれはもう絶対に返さない。ロシアはですね、北方領土を返して貰いたかったら、もう一
度戦争をやろうと。これ本音です。僕もモスクワ行ってですね、ロシアの研究者や政治家
らと北方領土問題でロシア語でですね、激論しますけどね、その時彼等は言い詰められ
ると、「じゃ、もう一回やるか」と。これはもう常套文句です。その時ですね、こっちは詰まっ
ちゃうわけですね。覚悟がないですから。覚悟持てばですね、明日にでも返ってきます。
まぁ、そういう問題ですけれど。で、その北方領土問題が進まないというのは今度の民主
党政権もそのままです。だけれど、北方領土という政治問題が進まないのに、経済がどん
どん先走りする。こういう心配を私はしています。つまりですね日本は自民党政権が最近
ですね、21世紀前後から政経不可分と、政治の輪と経済の輪は一緒に進まないといけな
い、と。なかなか上手くいかないんですけれど、ところがですね、民主党はですね、経済の
車輪がどんどん進んじゃって、政治が後になって日本の国益が主張されない。こういう風
になるんじゃないかと。

694 :韓国行幸!!??:2009/09/18(金) 15:32:07 ID:Qe/tt3Yu0
民主党はどうやら、陛下の韓国行幸を強行する気配が出ている。
同時に従軍慰安婦と名乗り出た全ての韓国人へ補償をするつもりのようだ。
これにより河野の強制連行云々の虚偽談話が歴史として定着する可能性も。

では、韓国側はどうか。
最近も国民大学国際学部の李元徳とかいう教授は、「日王が訪韓し・・・
韓国国民が納得できる具体的な謝罪と反省を示すこと」とほざいている。
また行幸時の日程では「日王が高宗と明成皇后の陵である洪陵を参拝するか、従軍慰安婦として
被害を受けた女性たちが生活する京畿道広州市のナヌムの家」での「謝罪」なども出ている。

何たることか。

参考:世界最強の天皇陛下 http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o

695 :鳩山はこんな夫婦:2009/09/18(金) 18:02:21 ID:Qe/tt3Yu0
鳩山が略奪婚だったことは知られている。
こともあろうに鳩山が渡米時に世話をしてやった人物・田浦氏の妻=幸を寝とったのだ。
田浦氏は日本料理店を経営。鳩山は良く食事にきたが代金は払ったことなし。幸の口癖は
「私、お金がある人じゃないとダメなの」。やがて田浦氏が留守の時を狙って鳩山が出入り
しはじめる。…典型的な間男だ。由紀夫、幸ともに田浦氏には一言もなし。
由紀夫と幸の結婚式の日に、由紀夫の母、安子さんがお詫びに来ただけだった。
『週刊文春』「実名告白 新首相夫婦の資格を問う」9月24日

696 :文責・名無しさん:2009/09/19(土) 06:29:07 ID:xq5Ai2Xl0
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

でー今ですね、あのーロシアの新聞は鳩山首相、次期首相のことを、非常にあれこれ論
じています。日本の新聞に書いてあることくらいはみんな分かってます。ところがですね、
今度の政権が自分たちにとって色々好機でありチャンスであると、いうことは書いてない。
それは書く筈無いでしょ。本音は出しませんから。で、ですね、手ぐすね引いて待っている
でしょう。それでもう、中国は彼を招いていますね、招請してますね。だから、あー政権就
任後ですね、第一の訪問国が中国になるのか、これもおかしな話ですけどね。今度はロ
シアだとかですね、いうような事になってきてですね、私が北の豺狼と呼ぶですね、中国、
ロシア、北朝鮮に対する外交がですね、全部ヘナヘナになってしまうんじゃないか。こうい
う悪いお爺ちゃんのDNAが来てますから。心配してるんです。

 −外務大臣を民間からという話が上がっていますが、アノ方(寺島実郎(日本総研
   理事長))がなったらこれはかなり・・・

アノ人もマルクス・レーニン主義者ですよ。あのー昔からアノ人はアメリカが駄目になるって
言ってるんでね。大体ですね、この数年、イラク戦争このかたですね、日本の左翼的な評
論家は全部、「アメリカはもう終わりだ」とかですね、「ドルはもう世界通貨でなくなる」とか、
ずっと言ってるんですけどね、全然そうじゃないでしょ?去年の9月に始まるリーマン・ブラ
ザーズのショックで世界の通貨がドターンと落ちた。落ちなかったのはドルと円だけですよ。
ね。アメリカは世界のキーカレンシー(基軸通貨)でなくなる、なーんてね、口を開けば言う、
赤い経済評論家、TVでしょっちゅうそういう人が出てきますけれど、この頃黙っちゃいました
ね。次期外務大臣にその下馬評に挙がってた民間人と称する方もそういう事をずっと言って
きた。これはもうね、全共闘と同じですよ。

697 :文責・名無しさん:2009/09/19(土) 07:44:41 ID:yLP7oALW0
570 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2009/09/16(水) 13:46:30 ID:GKlsn3+G
ゲーム機と話してばかりでおかしいんじゃないのか!!親父が怒鳴り込んできたよ
休日こもりきりでラブプラスをしている俺に我慢がならなかったらしい。母親も後ろにいる
お前ぐらいの歳ならゲームなんぞやらずにそれなりに将来の事だとか何とか
まーた説教が始まったと無視してたらこんなのやってるからダメになるんだ!

そう言いながら親父は置いてあったラブプラスのパッケージを手にとった。
お前がこういうので満足してるんはわかってる・・でもな、と言いかけた時点でさすがにキレた

なにがダメになるだよ!生まれた時からダメ人生確定だろ!!
こんな顔に生みやがってもうすぐ30だってのにデートもした事ないんだぞ!!
手もつないだ事ないんだぞわかるか!コンビニで嫌そうな顔してつり銭渡されるんだ
飲み会で恋人の話出ないかいつもビクビクしてんだぞ!そういう辛さわかるのかよ!!!
自分は結婚もして子供も3人も作って幸せかみ締めたんだろ!お前らには絶対わかんねーよ!!
そう言ってやった

父はうつむいて何も言わず、母はごめんなさいごめんなさいと床に頭をすりつけていた
最高にスカっとした


698 :文責・名無しさん:2009/09/20(日) 17:49:36 ID:qnnsXWzG0
「敗戦革命」とは・・・

 旧ソ連の生みの親であるレーニンが編み出した理論と言われています。
 彼が母国のロシア帝国で成功させた共産主義革命をモデルとした革命思想のことです。

 この思想の概要は・・・
1)帝国主義国家同士を謀略でもって、お互いを戦争させる。
2)戦争当事国を疲弊させ、戦争による不満を充満させ、国家元首と国民を離間させる。
3)敗戦国はモラルも一気に低下し、国家元首が窮地に立たされる事で、追い落としが可能となる。
4)共産主義による新たな希望を持たせる宣伝活動と、謀略、時には暴力をもって国家元首を
  追い落とし、新たな共産主義国家を建国する。

近衛上奏文 近衛文麿と左翼の敗戦革命
http://www.youtube.com/watch?v=73T4WDDkWfE

699 :文責・名無しさん:2009/09/20(日) 18:14:58 ID:qnnsXWzG0
尾崎秀実は支那事変・日米開戦を煽動しわが国を敗戦へと導いた

近衛文麿と左翼の敗戦革命

昭和二十年二月十四日拝謁上奏

 敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候。以下此の前提に申し述べ候。
 敗戦は我国体の一大瑕瑾たるべきも、英米の与論は今日迄の所国体の変更とまでは進み居らず(勿論一部には過激論あり、又将来いかに変化するやは測知し難し)。随って敗戦だけならば、国体上はさまで憂ふる要なしと存候。
 国体護持の立前より最も憂ふべきは、敗戦よりも敗戦に伴うて起ることあるべき共産革命に候。
 つらつら思ふに、我国内外の情勢は、今や共産革命に向って急速度に進行しつつありと存候。


ゾルゲは、東京のドイツ大使館を拠点として、わが国政府の機密情報を収集してソ連に流しただけでなく、わが国を大陸における泥沼の戦いそして日米戦争に駆り立てる謀略を行なった〈民族の敵〉である。
ゾルゲは、『日ソ不可侵条約』を一方的に踏み躙って侵略戦争を行ない、多くの日本国民を殺戮し、シベリアで強制労働を課して死地に追いやり、且つ、南樺太全千島というわが国固有の領土を奪ったソ連から、一九六四年に『ソ連邦英雄』の称号を与えられた鬼畜の輩である。
ゾルゲの共犯・尾崎秀実は、近衛内閣の嘱託という立場を利用して、諜報活動だけでなく、近衛内閣の政策決定に影響を与え、支那事変・日米開戦を煽動し、わが国を敗戦へと導いた。
彼等の目的は、わが国の対ソ戦突入を回避せしめ、支那大陸での戦いそして南方への進出を煽動して、対米英戦争に突入せしめるにあった。
これは、レーニンの「社會主義の勝利にいたるまでの基本原則は資本主義国家間の矛盾対立を利用して、これら諸国を互いにかみ合わすことである。」(一九二〇年十一月、モスクワ共産党細胞書記長會議)という戦略、そして、
一九三五年にモスクワで開催された『第七回コミンテルン大会』で決定された
「米英と日独という資本主義国家同士を戦わせて、
双方とも疲弊させ、ソ連への圧迫を排除して上で、米英を打倒してソ連の世界制覇を実現する」という戦略に基づくものであった。

近衛上奏文 近衛文麿と左翼の敗戦革命
http://www.youtube.com/watch?v=73T4WDDkWfE

700 :文責・名無しさん:2009/09/20(日) 18:18:47 ID:oyulDoO60
>>698

> 1)帝国主義国家同士を謀略でもって、お互いを戦争させる

こんなこと言っている時点で、落第点。

701 :文責・名無しさん:2009/09/20(日) 20:03:08 ID:Q6VmB7+40
■ 「鳩山民主党政権」対露外交の行方

 −日中三角外交なんて事もいってますね。

三角なんてなる筈無い。日本は覚悟持てば三角ですよ。空想的な平和主義とですね、
なんらですね、レアル・ポリティーク、現実政治に基づかない理論を玩ぶ、ディレッタント
ですね。こんな人は外務大臣になったらもう、世も末ですね。

 −民主党政権で取り返しのつかない事になるかも知れませんね。

それが一番心配なんですよ。国民はちょっとね、児童手当が増えるくらいで投票したか
も知れないけれど、今後、下手すると50年くらい、拭い去れない傷がね、鳩山政権によ
って、民主党政権によって残っちゃうんじゃないか。鳩山さんはですね、息子さんは紀
一郎さんっていうんですけどね、ロシアに送ってるんですね。下手するとこれ、ロシアに
人質になったようなもんですよ、子供がね。こんな状況ですよ。ですからね、もう、尻の
毛を抜かれ、なんとか玉を握られっていうようなね、とんでもない事になっちゃうんです
よねぇ。

702 :文責・名無しさん:2009/09/22(火) 21:54:01 ID:+x3rKwak0
 『 侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館 』という長ったらしい名前のメモリアル( いわゆる「 南京虐殺記念館 」 )が支那の南京郊外の江東門近くにある。 サヨクの聖地であり、如何わしく、おぞましい場所である。
 あの『 南京大虐殺 』という旧・日本軍の蛮行を、子々孫々にまで伝えるための記念館だという。
 あまり知られていないが、これは当時の日本社会党、今の社民党の田辺誠が提案し、わざわざ二度も支那に頼みこんで「 総評 」が建設費を出し建てたものだ。

http://www.geocities.com/baikokudo_traitor/brd307-01.html

703 :文責・名無しさん:2009/09/22(火) 22:17:26 ID:zn9dpYG40
3/3【9.19 NHK抗議行動】NHK解体デモ行進[桜H21/9/21]
http://www.youtube.com/watch?v=eTe5JGAeYN8
なに?
この新興宗教団体の踊念仏みたいな連中?

はっきり言ってドン引き。


704 :文責・名無しさん:2009/09/25(金) 02:09:46 ID:edDnFpF40
日経
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090924AT2M2402024092009.html
>国連安全保障理事会は24日、「核拡散防止と核軍縮」に関する首脳級会合を開催し、
>オバマ米大統領が提案した「核兵器なき世界」を目指す決議案を全会一致で採択した。
時事
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009092401091
>オバマ米大統領主宰の核不拡散・核軍縮に関する首脳会合を開き、「核兵器のない世界」の
>実現を目指すことをうたった決議を全会一致で採択した。
読売
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090924-OYT1T01161.htm
>「核兵器なき世界」へ決議、安保理全会一致
朝日
ttp://www.asahi.com/international/update/0924/TKY200909240302.html
>「核なき世界へ」安保理が決議採択 首脳会合、全会一致
毎日
ttp://mainichi.jp/select/today/news/20090925k0000m010119000c.html
>安保理:「核なき世界」決議、首脳会合が全会一致で採択

705 :文責・名無しさん:2009/09/25(金) 02:33:36 ID:oWhGBaqN0
田母神って、とんでもない反日分子なんだね。

706 :文責・名無しさん:2009/09/25(金) 03:53:17 ID:edDnFpF40
田母神自身がコミンテルンなんじゃね?

707 :文責・名無しさん:2009/09/25(金) 06:21:48 ID:KxF2mBW00
統一教会
http://www.chojin.com/main.html

田母上論文の最大の問題点
http://www.inaco.co.jp/isaac/back/023-1/023-1.htm


渡部昇一
>統一教会との関係は古く、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E9%83%A8%E6%98%87%E4%B8%80




>渡部昇一は統一協会系の日刊紙『世界日報』ともかかわりが深いことで知られており、
>一昨年ネットを中心に話題になった、安倍晋三をはじめとする大勢の政治家が統一協会系団体の大会に祝電を送った件も、
>一連の流れと密接な関係を持っている。

http://caprice.b*log63.fc2.com/?tag=%C5%CF%C9%F4%BE%BA%B0%EC

北朝鮮と統一教会の親密過ぎる関係にあらためて驚く!
http://kito.coco*log-nifty.com/topnews/cat390642/index.html

708 :文責・名無しさん:2009/09/26(土) 14:06:39 ID:HqLze+9r0
疑惑の銃弾(廬溝橋事件の黒幕)
日本軍・国民党軍双方に銃撃を加えたのは、一体、何者だったのか。

(1)日本軍謀略説
 廬溝橋事件は中国侵略をたくらむ日本陸軍がしくんだ謀略だという説がこれまで一般的な説明であった。これに対して、

○当時の日本軍の総兵力は、国内国外あわせて25万、これに対する中国軍総兵力は、220万で、いくら日本の軍人が中国軍を見くびっていたとしても、
兵力の違いが大きすぎはしないか。
○日本軍は実弾を携行せずに演習をしていた。駐屯軍参謀長橋本群・陸軍中将は当時の状況を、「実弾を持たずに発砲されたため、応戦できず、非常に危険な状況におかれた」と証言している。
「丸腰」で演習していた日本軍が、果たして本当に、「武装」している国民党軍と事を構えたいと思ったのか。
○「廬溝橋事件」後に日本は現地解決・戦線不拡大方針を表明し、国民党軍との間に停戦協定を成立させている。このことは日本軍がそれ以上事を荒立てたくはないと考えていたからではないのか。
○その後、日本は膨大な地域を占領したが、領土要求はしていない。占領地は汪兆明政権の領土となり、そこでは治外法権も撤廃されている。
○現地で一旦は解決がはかられた廬溝橋事件の3週間後、さらなる大事件が起こった。中国軍が日本人民間人200名余りを虐殺した「通州事件」とも”通州大虐殺”とも呼ばれる事件である。
 当時、通州には「廬溝橋事件」の余波で避難していた婦女子などの日本人居留民、軍人等200余人が住んでいた。日本の守備隊の主力が町を離れたところへ中国軍千数百名が襲撃した。中国軍は日本軍守備隊を全滅させ、住宅に火を放ち、女性には暴行を加えたうえで殺害、
子供は両手・両足を切断、男性には首に縄を巻きつけ引き回した。当然、日本の世論は「支那を撃つべし!」と沸騰した。しかし、この時も日本軍は耐えて動かなかった。

などの状況証拠があり、この説は結構疑わしい。


709 :文責・名無しさん:2009/09/26(土) 14:08:13 ID:HqLze+9r0
2)共産党謀略説

 廬溝橋事件は日本軍と国民党軍を戦わせるための共産軍の謀略であるとの説である。国民党軍に対して劣勢だった共産軍は、「漁夫の利」を得るため、日本軍・国民党軍双方を戦わせて疲弊させようと考えた。
そして、共産党の工作員が夜陰に乗じ、廬溝橋付近に駐屯していた日本軍・国民党軍双方に発砲したというのである。

○共産党軍は国民党軍の猛攻にさらされ壊滅の危機にあった。共産党が生き残るために蒋介石と日本を戦わせて漁夫の利を得ようと考えるのは不自然なことではない。
○「廬溝橋事件」発生の翌日7月8日、中国共産党は「対日全面抗戦」を呼び掛けている。すこしお膳立てがよすぎはしないか。
○共産軍の兵士向けのパンフレットには、「廬溝橋事件は我が優秀なる劉少奇同志(後の国家主席)の指示によって行われたものである」とはっきりと記述されていたという。
○1949年10月1日、「中華人民共和国」成立の日に周恩来首相が、「あの時(廬溝橋事件の際)、我々の軍隊が、日本軍・国民党軍双方に、発砲し、日中両軍の相互不信を煽って停戦協定を妨害し、
共産党に今日の栄光をもたらしたのだ」と発言している。
○コミンテルン(国際共産党)の廬溝橋事件に関する指令には、1)あくまで局地解決を避け、日中の全面衝突に導かねばならない。2)右目的貫徹のため、あらゆる手段を利用すべく、
局地解決や日本への譲歩によって中国の解放運動を裏切る要人は抹殺してもよい。とある。

 以上のような事実から、この説は説得力を持つ有力説である


710 :文責・名無しさん:2009/09/27(日) 10:21:49 ID:dJ7k2nSK0
田母神と同類のただの妄想を書き連ねて恥ずかしくない?

711 :文責・名無しさん:2009/09/27(日) 10:22:54 ID:H7vrnSHv0
チョンは恥ずかしいねえ。

712 :文責・名無しさん:2009/10/01(木) 13:47:11 ID:u8MgX/LQ0
植民地支配を謝罪しないのが、国際社会の常識
かつて植民地支配をおこなった国は G -8 諸国を初め、オランダ、スペイン、ポルトガル、ベルギーなど世界に数多くありますが、それについて謝罪し、補償金を支払った国は、 世界中で唯一  日本だけ でした。 、
平成 9 年( 1997 年 ) におこなわれた ホンコン返還の実例を見ても、アヘン戦争による侵略以後 156 年も続いたホンコン、九龍半島の植民地支配を英国は決して謝罪せず、一銭の補償金の支払いもしませんでしたが、中国政府もそれを要求しませんでした。

なぜ欧米諸国は謝罪や補償をせず、また旧植民地政府もそれを要求しなかったのかといえば、それが国際社会の常識だからです。 日本は国際常識についての 無知 を中国、韓国、( 北朝鮮 ) などにつけ込まれたのです。

http://homepage3.nifty.com/yoshihito/genbaku-2a.htm#shazai



713 :文責・名無しさん:2009/10/03(土) 01:19:19 ID:iuJhjJzA0
>>708
>廬溝橋事件は中国侵略をたくらむ日本陸軍がしくんだ謀略だという説がこれまで一般的な説明であった


はて、「日本側研究者の見解は、『中国側第二十九軍の偶発的射撃』ということで、概ねの一致を見ている」
のではなかったですかね。

714 :文責・名無しさん:2009/10/19(月) 17:52:26 ID:DkEYQkYSO
コピペテルンに何言っても無駄W こいつ人工無能だから ところでチャンネル桜(笑)が消滅寸前なのはコミンテルンの陰謀かW

715 :文責・名無しさん:2009/10/19(月) 19:10:38 ID:Ve6aVHLE0
田母神とかいう奴の論文読んだけどマジでクソじゃん
大学生のレポ―ト以下じゃねーかwつっこみどころ満載すぎる
あれの信者とかどんだけレベル低いんですかww

あれで賞金もらえるなら保守装って俺も応募すりゃ良かったよ^^

716 :文責・名無しさん:2009/10/19(月) 21:30:00 ID:1aZH+FvV0
『1984』 (ジョージ・オーウェル)
http://www.amazon.co.jp/dp/4151200533
(映画予告)
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

日本は大中華圏の中で”日本社会主義”=ジャップソックとして全体主義、
独裁の圧政の中に沈む。最終的に民族浄化で地上から絶滅される。

映画 「1984」本編 Part : 01 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=xns67AVkOeI
映画 「1984」本編 Part : 02 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=ii64ErBotvA
映画 「1984」本編 Part : 03 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=Ksk2WgKrbw0
映画 「1984」本編 Part : 04 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=Nu86MbpICvo
映画 「1984」本編 Part : 05 of 12

映画 「1984」本編 Part : 06 of 12

717 :文責・名無しさん:2009/10/20(火) 01:13:29 ID:tWrbs2pA0
>>715
論文の内容云々よりも、主宰者の元谷さんと田母神御大はかねてより昵懇の
間柄だったし、戦闘機にも搭乗させてもらったりしていたから、それくらいの
見返りは、社会的な常識の範囲内、ということでしょう。

718 :文責・名無しさん:2009/10/21(水) 21:26:53 ID:17l6CJdh0
※ジョージ・オーウェルが危惧した英国の全体主義化。
2009年、日本がその恐るべきヴィジョンの実像になる。

映画 「1984」本編 Part : 07 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=JQxEhartZBk
映画 「1984」本編 Part : 08 of 12

映画 「1984」本編 Part : 09 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=3Ze77D3Yw70
映画 「1984」本編 Part : 10 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=YJxL21Zm7-0
映画 「1984」本編 Part : 11 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=P1JwVGZO6LY
映画 「1984」本編 Part : 12 of 12
http://www.youtube.com/watch?v=Tpp38p431xs

※イングソックとはニュースピーク(新語法)による単語であり、「イングランド社会主義」
(English Socialism)の略称。1984年に公開された映画『1984』では、イングソックは党
の名前でもあった。
これを現在の日本、民主党の当てはめると、さしずめ「ジャパン社会主義」(Japan
Socialism)の略称としてジャップソックにでもなるのであろうか。
全体主義国家の中国に支配されるジャップソック。悲惨過ぎます><

719 :民主党員は外国人(特亜だけ):2009/10/21(水) 21:39:02 ID:cVciuol+0
350兆円を好きに扱うには株式を100%放出してもらい、それを市場で買い占めれば良いわけです、
竹中によれば総額は7兆円です、51%買い占めれば好き勝手に使えます、日本国債を売ってアメリカ国債を買うことはもとより、潰れそうなGM株を買うことや何でも出来ます、
4兆円足らずで350兆円を好き勝手に出来るのですから笑いが止まりません。

その現金4兆円も必要ないのです、三角合併が解禁になりアメリカの潰れる例えばGM株や、シティーやAIGやボロ株と交換すれば良いのです、
そうしたシステムを作ったのは小泉竹中です。

今回奴らは気も狂わんばかりに怒り心頭でしょう、オバマや主要閣僚が大挙して日本に乗り込んで来ます、
亀井さんの身が案じられます。

720 :文責・名無しさん:2009/10/22(木) 13:00:34 ID:n7jtuk810
田母神前航空幕僚長が米国共和党次期大統領候補のマイク・ハッカビーと公開対談するそうです。
対談内容はFOXテレビの番組として全米で放送されるそうです。田母神氏公式HPに載っていました。

721 :文責・名無しさん:2009/10/22(木) 21:26:56 ID:6ZGId2ah0
産経もアクセス数が見込めるからって、こんな記事載せたら
ネトウヨが発狂するだろ。

韓国・現代自動車がトヨタを抜く日
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091022/biz0910221122006-n1.htm

722 :文責・名無しさん:2009/10/24(土) 07:37:36 ID:UQ3hC9tl0
民主党 新体制の展望2010  (少し変えてみた)
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

3つのスローガンが制定され、至る所に表示される。

敗北は平和である (DEFEAT IS PEACE )

隷属は自由である (SLAVERY IS FREEDOM)

無知とは力である (IGNORANC IS STRENGTH)

※イメージです
(ジョージ・オーウェル『1984』より)

723 :おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk :2009/10/25(日) 07:48:29 ID:Q5UBw2G+0
田母神は統一協会に操られた子羊でしかない知的障害者。

724 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/10/27(火) 20:13:09 ID:Rvnmdvn/0
民主党 新体制の展望2010
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

ダブルシンク(doublethink、二重思考)
 小説『1984年』に登場する思考能力であり、物語の中核をなす概念。
 それは「相反し合う二つの意見を同時に持ち、それが矛盾し合うのを承知しながら
 双方ともに信奉すること」である。
 現実認識を自己規制により操作された状態でもある。
 「友愛」の二重の意味も同時に信じる事が出来るようになるのである。

 過去を支配する者は未来まで支配する。現在を支配する者は過去まで支配する

 古代の専制者は命じた。汝、するなかれと。全体主義者は命じた。汝、すべしと。
 我々は命じる、汝、かくなり、と

 2足す2は5である(2+2=5、Two plus two makes five)
 最終的には犯罪中止と二重思考を使い、「2足す2は5である、もしくは3にも、同時に
 4と5にもなりうる」ということを信じ込むことができるようになる。

※イメージです
(ジョージ・オーウェル『1984』より)

725 :ミルクティー:2009/10/27(火) 21:46:11 ID:oNl6XxlmO
論文の懸賞を企画した団体は、自衛隊基地に土地を貸すなど自衛隊との結びつきは強く、右翼思考の教育に力を入れているようです。
元総理大臣なども、多額の現金を受け取るなど、政府との癒着も強いようです。

726 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/10/30(金) 21:42:55 ID:OBG9lvKn0
ニュースピーク(新語法、Newspeak) ジョージ・オーウェル「1984」より
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

小説『1984年』は、執筆時点からは未来に当たる1984年に、世界を3つの超大国が分割
支配し管理社会を建設している様を描いている。ニュースピークは小説の主要な舞台と
なる「オセアニア」という超大国(かつての英米をはじめとする英語圏を主要な支配地域
とする)の公式言語であり、オセアニアを支配する独裁政党イングソックが英語(作中で
は「オールドスピーク」、「旧語法」と呼ばれる)をもとに作成を進めている新しい言語である。

その目的は、党の全体主義的イデオロギーにもとづいて国民の思想を管理し、その幅を
縮小し一方向に導き、イングソックのイデオロギーに反する思考(「思想犯罪」、thoughtcrime、
ニュースピークでは「crimethink」)ができなくすることである。ニュースピークは思考を単純化
するために、辞典の改訂版が出るたびに旧語法に由来する語の数を削減されており、オーウ
ェルは作中で「世界で唯一、毎年語彙の数が減ってゆく言語」と述べている。


727 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/02(月) 13:58:33 ID:PqK3tAq40
民主党 新体制の展望2010
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

東京都内には政府省庁の入った4つのピラミッド状の建築物がそびえ立っており、
それぞれに3つのスローガンが側面に書かれている。

平和省(The Ministry of Peace、ニュースピークでは Minipax)
 反日武装親衛隊を統括する。民主党の独裁のために半永久的に粛清を継続。

豊富省(The Ministry of Plenty、ニュースピークでは Miniplenty)
 絶えず欠乏状態にある食料や物資の、配給と統制を行い、計画的に大量餓死させる。

真理省(The Ministry of Truth、ニュースピークでは Minitrue)
 民主党のプロパガンダに携わる。政治的文書、党組織、テレスクリーンを管理する。
 また、反日新聞のほか、歴史捏造や歪曲を発表し、常に党の言うことが正しい状態
 を作り出す。

友愛省(The Ministry of Fraternity、ニュースピークでは Minifrat)
 個人の管理、観察、逮捕、反体制分子(本物か推定かにかかわらず)に対する尋問と
 拷問を行う。連れてきた者を、最終的に党を愛させるようにし、その後処刑する。

真理・友愛の両省で「思想・良心の自由」に対する統制を実施。

※イメージです
(ジョージ・オーウェル『1984』より)

728 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/03(火) 20:40:59 ID:uy+4vk7v0
第四の核(上) (文庫)
篠原 慎 (著), フレデリック・フォーサイス (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/404253709X

映画 『第四の核』 予告
http://www.youtube.com/watch?v=d01NRFVEA-o

映画では核テロまでしか描いていない。
だが、キム・フィルビーをモデルとしたこの小説の陰謀の黒幕は、核テロによって
左翼政権を誕生させる事が第1段階に過ぎず、その次の段階である「オーロラ計画」
こそが本体であり真に恐怖すべき計画なのである。

「オーロラ計画」とは一言でいって英国の共産主義国化、赤化政策であり、ソ連の
一部にしてしまう、ワルシャワ条約機構に組み込んでしまうことである。

そして現在の日本を考えてみよう。

日本は左翼政権である小沢一郎民主党(鳩山由紀夫は傀儡)が権力を掌握し、
次々に日本弱体化、日本破壊政策を打ち出し、反米対決色を徐々に露わにし、
一方で中国+ロシア(=上海協力機構(SCO))側へ接近し、自ら東アジア共同体
として大中華圏に隷属するべく活動している。
当に、「第四の核」の「オーロラ計画」が現在の日本で推進されているのである。

その場合、キム・フィルビーの役割を小沢一郎が果たしている事になる。

729 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/04(水) 21:33:04 ID:T+Zb98Uj0
日本の未来2010 (現状ではそうなる可能性が高そうなもの)

『第四の核』 (フレデリック・フォーサイス) の ”オーロラ計画” が進行
日本社会主義化、赤化政策が進み、中国へ隷属するようになる。
http://www.amazon.co.jp/dp/404253709X
(映像)
http://www.youtube.com/watch?v=d01NRFVEA-o

                ↓

『1984』 (ジョージ・オーウェル)
http://www.amazon.co.jp/dp/4151200533
(映像)
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

日本は大中華圏の中で”日本社会主義”=ジャップソックとして全体主義、
独裁の圧政の中に沈む。最終的に民族浄化で地上から絶滅される。

730 :文責・名無しさん:2009/11/05(木) 04:47:38 ID:XiI9Rubm0


「田母神論文は2ちゃんの厨房レベル 自衛隊は組織の腐臭が漂う」
ttp://www.dailymotion.com/video/x81yka_20081115_news


731 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/07(土) 23:09:44 ID:f6mYeGIf0
日本主義と東京大学―昭和期学生思想運動の系譜     井上 義和 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4760133348

国家的危機の時代における大学の使命とは何か。欧化一辺倒の東京帝国大学に
学風改革を迫り、高度国防国家を標傍する政府とも命がけの思想戦を繰り広げた
東大生たち。戦時体制下で宿命的に挫折した“日本主義的教養”の逆説を読み解き、
日本型保守主義の可能性を探る。

第一章 「右翼」は頭が悪かったのか − 文部省データの統計的分析

  学歴から推測し、昭和14年当時においては、インテリであるほど右傾化していた、
  という一つの結論を導き出している。

732 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/11(水) 22:14:13 ID:0YnPLyGc0
日本主義と東京大学―昭和期学生思想運動の系譜     井上 義和 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4760133348

             革新派と観念右翼の理念型

革新派(統制派、リベラル)  VS  観念右翼(保守派、皇道派)
※正体は共産主義、左翼

国家改造                 国体明徴
高度国防国家              国民精神総動員
解釈改憲                 護憲(不磨の大典)
指導者原理               臣道実践
統制経済                 資本制擁護
親ソ・親独                反共・反独裁
世界史的な使命            日本史的な道統
陸軍統制派               陸軍皇道派
革新官僚                 財界
無産政党                 既成政党(現状維持派)
国家社会主義者            自由主義者
 ↑                        ↑
民主党とか反日左翼とか       さしずめ2chねらー

※上記の対の概念・用語と、さらに革新派用語の左翼・共産主義用語への置換
を考えてみればジョージ・オーウェルの『1984』の新語法(ニュー・スピーク)、
と二重思考(ダブルシンク)と同じ偽装・統制が行われていた事が分かるだろう。

733 :文責・名無しさん:2009/11/12(木) 14:01:49 ID:R5D3VNWF0
すっかり、妄想スレになってしまいました、とさ。

734 :文責・名無しさん:2009/11/12(木) 15:17:40 ID:eLpXwFksO
死ねよ廃人低国
死ねよ廃人低国
死ねよ廃人低国

735 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/15(日) 10:00:24 ID:rellJmvd0
言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家  佐藤 卓己 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4121017595

戦後のジャーナリズム研究で、鈴木庫三は最も悪名高い軍人である。
戦時中、非協力的な出版社を恫喝し、用紙配給を盾に言論統制を行った張本人とされる。
超人的な勉励の末、陸軍から東京帝国大学に派遣された鈴木は、戦争指導の柱となる
国防国家の理論を生み出した教育将校でもあった。鈴木の著作や日記を、各種証言と
照らし合わせ、「悪名」成立のプロセスを追うと、通説を覆す事実が続出した。
言論弾圧史への新たな照明。


陸軍という教育組織の停滞と時代への適応。
本来、敵であるはずのソビエト体制ならびに社会主義リアリズムへの思想の接近。
赤いファシズムとしての国家総動員体制の一面。
メディアの大衆迎合の実態。

736 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/19(木) 06:17:12 ID:Ve05gKa+0
近衛上奏文 = 早期和平ニ付近衞公爵上奏文 昭和20(1945)年2月14日上奏
(近衛上奏文は吉田茂が書いたとの説あり)
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

上 奏 文

敗戰ハ遺憾ナカラ最早必至ナリト存候、以下此ノ前提ノ下ニ申述候。

敗戰ハ我カ國體ノ瑕瑾タルヘキモ、英米ノ輿論ハ今日マテノ所國體ノ變革トマテハ
進ミ居ラス(勿論一部ニハ過激論アリ、又將來如何ニ變化スルヤハ測知シ難シ)隨
テ敗戰タケナラハ國體上ハサマテ憂フル要ナシト存候、國體護持ノ建前ヨリ最モ憂
フルヘキハ敗戰ヨリモ敗戰ニ伴フテ起ルコトアルヘキ共産革命ニ御座候。ツラツラ
思フニ我カ國内外ノ情勢ハ今ヤ急速度ニ振興シツツアリト存候。即チ國外ニ於テハ
ソ聯ノ異常ナル進出ニ御座候。我カ國民ハソ聯ノ意圖ハ的確ニ把握シ居ラス、カノ
一九三五年人民戰線戰術即チ二段革命戰術ノ採用以來、殊ニ最近コミンテルン解散
以來、赤化ノ危險ヲ輕視スル傾向顯著ナルカ、コレハ皮相且安易ナル見方ト存候。
ソ聯ハ究極ニ於テ世界赤化政策ヲ捨テサルハ最近歐洲諸國ニ對スル露骨ナル策動
ニヨリ明瞭トナリツツアル次第ニ御座候。

737 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/19(木) 22:24:00 ID:eSWT1+jp0
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

ソ聯ハ歐洲ニ於テ其ノ周邊諸國ニハソヴィエット的政權ヲ爾餘ノ諸國ニハ少クトモ
親ソ容共政權ヲ樹立セントシ、着々其ノ工作ヲ進メ、現ニ大部分成功ヲ見ツツアル
現状ニ有之候。

ユーゴーノチトー政權ハ其ノ最モ典型的ナル具體表現ニ御座候。波蘭愛國者聯盟
ヲ中心ニ新政權ヲ樹立シ、在英亡命政權ヲ問題トセス押切申候。

羅馬尼、勃牙利、芬蘭ニ對スル休戰條件ヲ見ルニ内政不干渉ノ原則ニ立チツツモ、
ヒツトラー支持團體ノ解散ヲ要求シ、實際上ソヴイエツト政權ニ非サレハ存在シ得
サル如ク強要致シ候

イランニ對シテハ石油利權ノ要求ニ應セサル故ヲ以ツテ、内閣總辭職ヲ強要致シ候。
瑞西カソ聯トノ國交開始ヲ提議セルニ對シソ聯ハ瑞西政府ヲ以テ親樞軸的ナリトシテ
一蹴シ、之カ爲外相ノ辭職ヲ餘儀ナクセシメ候。

英米占領下ノ佛蘭西、白耳義、和蘭ニ於テハ對獨戰ニ利用セル武裝蜂起團ト政府トノ
間ニ深刻ナル鬪爭續ケラレ、且之等諸國ハ何レモ政治的危機ニ見舞ハレツツアリ、
而シテ是等武裝團ヲ指揮シツツアルモノハ主トシテ共産系ニ御座候。獨逸ニ對シテハ
波蘭ニ於ケルト同シク已ニ準備セル自由獨逸委員會ヲ中心ニ新政權ヲ樹立セントスル
意圖ナルヘク、コレハ英米ニ取リ今日頭痛の種ナリト存ゼラレ候。

738 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/20(金) 22:53:02 ID:0AjgUNF90
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

ソ聯ハカクノ如ク歐洲諸國ニ對シ表面ハ、内政不干渉ノ立場ヲ取ルモ事實ニ
於テハ極度ノ内政干渉ヲナシ、國内政治ヲ親ソ的方向ニ引スラント致シ居候。

ソ聯ノ此意圖ハ東亞ニ對シテモ同樣ニシテ、現ニ延安ニハモスコーヨリ來レル
岡野ヲ中心ニ日本解放聯盟組織セラレ朝鮮獨立同盟、朝鮮義勇軍、臺灣先鋒
隊等ト連絡、日本ニ呼ヒカケ居リ候。

カクノ如キ形勢ヨリ推シテ考フルニ、ソ連ハヤカテ日本ノ内政ニ干渉シ來ル危
險十分アリト存セラレ候(即チ共産黨公認、ドゴール政府、パドリオ政府ニ要求
セシ如ク共産主義者ノ入閣、治安維持法及防共協定ノ廢止等々)飜テ國内ヲ
見ルニ、共産革命達成ノアラユル條件日々具備セラレユク觀有之候。即生活ノ
窮乏、勞働者ノ發言權ノ搗蛛A英米ニ對スル敵慨心昂揚ノ反面タル親ソ氣分、
軍部内一味ノ革新運動、之ニ便乘スル新謂新官僚ノ運動、及之ヲ背後ヨリ操リ
ツツアル左翼分子ノ暗躍等ニ御座候。右ノ内特ニ憂慮スヘキハ軍部内一味ノ
革新運動ニ有之候。

少壯軍人ノ多數ハ我國體ト共産主義ハ兩立スルモノナリト信シ居ルモノノ如ク、
軍部内革新論ノ基調モ亦ココニアリト存シ候。 皇族方ノ中ニモ此ノ主張ニ耳ヲ
傾ケラル方アリト仄聞イタシ候。職業軍人ノ大部分ハ中流以下ノ家庭出身者ニ
シテ、其ノ多クハ共産的主張ヲ受ケ入レ易キ境遇ニアリ、又彼等ハ軍隊教育ニ
於テ國體觀念タケハ徹底的ニ叩キ込マレ居ルヲ以テ、共産分子ハ國體ト共産
主義ノ兩立論ヲ以テ彼等ヲ引キスラントシツツアルモノニ御座候。

739 :文責・名無しさん:2009/11/20(金) 22:57:50 ID:HDUXm6i90
ここでやって。
http://hideyoshi.2ch.net/sisou/

740 :文責・名無しさん:2009/11/21(土) 02:09:26 ID:rW3GaT6j0
【政治】自民、田母神氏に参院選出馬を打診 本人は拒否
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1258706889/

741 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/21(土) 13:37:52 ID:XKMKDtne0
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

抑々滿洲事變、支那事變ヲ起シ、之ヲ擴大シテ遂ニ大東亞戰爭ニマテ導キ來レル
ハ是等軍部内ノ意識的計畫ナリシコト今ヤ明瞭ナリト存候。滿洲事變當時、彼等カ
事變ノ目的ハ國内革新ニアリト公言セルハ、有名ナル事實ニ御座候。支那事變當
時モ、「事變永引クカヨロシク事變解決セハ國内革新カ出來ナクナル」ト公言セシハ
此ノ一味ノ中心的人物ニ御座候。

是等軍部内一味ノ者ノ革新論ノ狙ヒハ必スシモ共産革命ニ非ストスルモ、コレヲ取巻
ク一部官僚及民間有志(之ヲ右翼トイフモ可、左翼トイフモ可ナリ、所謂右翼ハ國體
ノ衣ヲ着ケタル共産主義者ナリ)ハ意識的ニ共産革命ニマテ引キスラントスル意圖ヲ
包藏シ居リ、無知單純ナル軍人之ニ躍ラサレタリト見テ大過ナシト存候。此事ハ過去
十年間軍部、官僚、右翼、左翼ノ多方面ニ亙リ交友ヲ有セシ不肖カ最近靜カニ反省
シテ到達シタル結論ニシテ此結論ノ鏡ニカケテ過去十年間ノ動キヲ照ラシ見ル時、
ソコニ思ヒ當ル節々頗ル多キヲ感スル次第ニ御座候。

不肖二度マテ組閣ノ大命ヲ拜シタルカ國内ノ相剋摩擦ヲ避ケンカ爲出來ルタケ是等革
新論者ノ主張ヲ容レテ擧國一體ノ實ヲ擧ケント焦慮セルノ結果、彼等ノ主張ノ背後ニ潜
メル意圖ヲ十分ニ看取スル能ハサリシハ、全ク不明ノ致ス所ニシテ何トモ申譯無之深
ク責任ヲ感スル次第ニ御座候。

742 :文責・名無しさん:2009/11/21(土) 21:51:02 ID:RIH/+w5l0
自称、真・保守の安倍ちゃんは大学時代アルファロメオに乗って、学生生活エンジョイしてたんだってなw
そんな奴が国民に道徳を説くんだから爆笑モンだわw
挙句の果てには、若者を徴兵しようと言う考えがチラホラみえた
大体大学で親の脛かじって高級な外車乗って遊び呆けてた奴が「美しい国」とかチャンチャラおかしい
あいつみたいな親のすねかじるバカボンが消えてなくなるのが美しい国だよw

743 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/22(日) 16:31:47 ID:pQn4BviA0
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

不肖二度マテ組閣ノ大命ヲ拜シタルカ國内ノ相剋摩擦ヲ避ケンカ爲出來ルタケ是等
革新論者ノ主張ヲ容レテ擧國一體ノ實ヲ擧ケント焦慮セルノ結果、彼等ノ主張ノ背後
ニ潜メル意圖ヲ十分ニ看取スル能ハサリシハ、全ク不明ノ致ス所ニシテ何トモ申譯
無之深ク責任ヲ感スル次第ニ御座候。

昨今戰局ノ危急ヲ告クルト共ニ一億玉碎ヲ叫フ聲次第ニ勢ヲ加ヘツツアリト存候。
カカル主張ヲナス者ハ所謂右翼者流ナルモ背後ヨリ之ヲ煽動シツツアルハ、之ニヨ
リテ國内ヲ混亂ニ陷レ遂ニ革命ノ目的ヲ達セントスル共産分子ナリト睨ミ居リ候。

一方ニ於テ徹底的ニ米英撃滅ヲ唱フル反面、親ソ的空氣ハ次第ニ濃厚ニナリツツア
ル樣ニ御座候。軍部ノ一部ニハイカナル犠牲ヲ拂ヒテモソ聯ト手ヲ握ルヘシトサヘ論
スルモノモアリ、又延安トノ提携ヲ考ヘ居ル者モアリトノ事ニ御座候。

以上ノ如ク國ノ内外ヲ通シ共産革命ニ進ムヘキアラユル好條件カ日一日ト成長致シ
ツツアリ、今後戰局u々不利トモナラハ此形勢ハ急速ニ進展致スヘクト存シ候。

744 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/23(月) 13:22:25 ID:9Lw/9V2D0
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

戰局の前途ニ付キ何等カ一縷テモ打開ノ望ミアリト云フナラハ格別ナレト、敗戰
必至ノ前提ノ下ニ論スレハ勝利ノ見込ナキ戰爭ヲ之以上繼續スルハ、全ク共産
黨ノ手ニ乘ルモノト存候。隨テ國體護持ノ立場ヨリスレハ、一日モ速ニ戦争終結
ノ方途ヲ講スヘキモノナリト確信仕リ候。

戰爭終結ニ對スル最大ノ障害ハ滿洲事變以來今日ノ事態ニマテ時局ヲ推進シ
來タリシ軍部内ノカノ一味ノ存在ナリト存候。彼等ハ已ニ戦争遂行ノ自信ヲ失ヒ
居ルモ、今迄ノ面目上飽クマテ抵抗可致者ト存セラレ候。

モシ此ノ一味ヲ一掃セスシテ早急ニ戰爭終結ノ手ヲ打ツ時ハ右翼、左翼ノ民間
有志、此ノ一味ト響應シテ、國内ニ一大混亂ヲ惹起シ所期ノ目的ヲ達成シ難キ
恐有之候。從テ戰爭ヲ終結セントスレハ先ツ其前提トシテ此一味ノ一掃カ肝要
ニ御座候。

745 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/24(火) 21:57:14 ID:iwt7I8Y30
近衛上奏文
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

此ノ一味サヘ一掃セラルレハ、便乘ノ官僚並ニ右翼、左翼ノ民間分子モ影ヲ潜ム
ヘク候。蓋シ彼等ハ未タ大ナル勢力ヲ結成シ居ラス、軍部ヲ利用シテ野望ヲ達セ
ントスル者ニ外ナラサルカ故ニソノ本ヲ絶テハ枝葉ハ自ラ枯ルルモノナリト存候。

尚コレハ少々希望的觀測カハ知レス候ヘ共モシ是等一味カ一掃セラルルトキハ、
軍部ノ相貌ハ一變シ、米英及重慶ノ空氣或ハ緩和スルニ非サルカ。元來米英及
重慶ノ目標ハ日本軍閥ノ打倒ニアリト申シ居ルモ、軍部ノ性格カ變リソノ政策カ
改マラハ、彼等トシテモ、戰爭ノ繼續ニ付キ考慮スル樣ニナリハセスヤト思ハレ候。
ソレハトモ角トシテ、此ノ一味ヲ一掃シ軍部ノ建直シヲ實行スルコトハ、共産革命
ヨリ日本ヲ救フ前提先決條件ナレハ、非常ノ御勇斷ヲコソ願ハシク奉存候。

746 :文責・名無しさん:2009/11/26(木) 22:22:58 ID:BuE6RB590
田母神は日本のサラ・ペイリンだ。

 的外れな例えに聞こえるかもしれないが、そんなことはない。田母神はペイリンと同じく、
自分は権力者、つまり国家の真のアイデンティティの表現を抑えつけている左派エリートに対抗して
真実を語っていると主張する。

■保守派ポピュリストの代表に担ぎ出された2人

 田母神をはじめとする保守派の歴史修正主義者は、
戦時下の日本にまつわる崇高な真実と美しい歴史を国民に知らしめ、
日本人が再び祖国を誇りに思える政策を推進したいだけだと訴える。
だが、彼らの主張は政策というよりも日本の魅力をアピールしているだけ。
自尊心と偉大さを訴えるキャッチフレーズや、反日の左派から日本の過去を奪い返し、
戦後体制から脱却しようというスローガンでいっぱいだ。

全文はソース
http://newsweekjapan.jp/harris/2009/11/post-34.php

747 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/28(土) 23:24:27 ID:rQI5LBfm0
近衛上奏文 (読み易くしたもの)
http://www.ac.auone-net.jp/~oknehira/Zuisou%20KonoeJousouBun.html

敗戦は遺憾ながら最早必至なりと存候。以下此の前提に申し述べ候。
敗戦は我国体の一大瑕瑾たるべきも、英米の与論は今日迄の所国体の変更とまでは
進み居らず(勿論一部には過激論あり、又将来いかに変化するやは測知し難し。
随って敗戦だけならば、国体上はさまで憂ふる要なしと存候。

国体護持の立前より最も憂ふべきは、
敗戦よりも敗戦に伴うて起ることあるべき共産革命に候。

つらつら思ふに、我国内外の情勢は、
今や共産革命に向って急速度に進行しつつありと存候。

即ち国外に於てはソ連の異常なる進出に御座候。我国民はソ連の意図を的確に把握し
居らず。かの一九三五年人民戦線戦術、即ち二段革命戦術採用以来、
殊に最近コミンテルン解散以来、赤化の危険を軽視する傾向顕著なるが、
これは皮相安易なる見方と存候。

748 :文責・名無しさん:2009/11/29(日) 09:17:03 ID:hQp0PlmX0
自民、田母神氏に参院選出馬を打診 本人は拒否

自民党が田母神(たもがみ)俊雄・元航空幕僚長(61)
に対し、来年夏の参院選比例区からの立候補を打診して
いたことがわかった。田母神氏に断られたため、航空自
衛隊OBで松下政経塾生の新顔、宇都(うと)隆史氏
(35)の擁立に切り替えたという。

田母神氏は昨年10月、「我が国が侵略国家だったと
いうのはぬれぎぬ」と主張する懸賞論文を投稿してい
た責任を問われ、更迭された。イラクでの航空自衛隊
の活動は違憲とした名古屋高裁の判決に「そんなの関
係ねえ」と発言するなど歯にきぬ着せぬ発言などで知
られ、現在、各地の講演では持論の核武装論を展開し
ている。

野党に転落した自民党は参院選の目玉候補探しに躍起
になっており、自衛隊関係者からの候補者を探してい
た党幹部らが出馬を打診した。田母神氏は拒否したが、
宇都氏を支援する考えを自民党側に伝えているという。

http://www.asahi.com/politics/update/1120/TKY200911200244.html


749 :間接侵略から日本を守ろう!:2009/11/30(月) 22:51:02 ID:SgjQNv8V0
【民主党/中国】来月の小沢一郎訪中団は、総勢615人!
民主党の国会議員は140人、「小沢権勢を見せつける旅」★3
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1259336255/
元記事
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091124-OYT1T01259.htm

2007/12/07
【大長城計画訪中団】小沢代表、日中両国の協力、友好の重要性を明示
http://www.dpj.or.jp/news/?num=12341

”大長城計画”とは?

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
 B.工作主点の行動要領
  第3.政党工作 3−3.招待旅行 ←これが”★大長城計画★”

D.旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で
   「C・H・工作」を秘密裏に行う。

           ↑
要は、”協力者獲得工作を行う”という意味である。
小沢一郎が、中国共産党の対日工作活動の為に、協力者として獲得させる
為に日本人を引き連れていくのである。

750 :文責・名無しさん:2009/12/02(水) 01:32:14 ID:JEPu0KIK0
>>749
怪文書を信用していて大丈夫なの?
もしかして、未だに土井たか子=李高順を信じている方?

751 :文責・名無しさん:2009/12/02(水) 12:32:26 ID:sfG0coANO
おまえら明日いいともにタモガミきますよ

752 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 00:45:46 ID:kbXHSILD0
>>720
 田母神の人脈はwww、ハッカビーとの会談って、日本会議の宗主ってだれかわかるな
 {引用}
>47 名前:無党派さん[sage] 投稿日:2009/12/02(水)
>調べてみたら今日でハッカビーは終わったっぽいな

米4警官殺害の容疑者 ハッカビー氏が知事時代に減刑
【ニューヨーク=加藤美喜】
米西部ワシントン州のカフェで警官四人が射殺された事件で、捜査当局は一日、
強盗などの前歴があり行方を追っていた容疑者の男(37)を同州シアトルで発見、
射殺したと発表した。男は南部アーカンソー州で禁固九十五年の刑を受けたが、
当時のハッカビー知事が減刑し、釈放されていた。米国では、次期大統領選への出馬が
取りざたされる前知事の判断に対し、疑問の声が高まっている。(後略)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009120202000074.html

753 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 00:50:43 ID:bsfUbCfQ0
>>751
楽しみにします!
教えてくれて有難う!

754 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 12:26:33 ID:g0JaQfxa0
蛆テレビは犯罪者をテレビに映すな!

755 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 13:19:48 ID:QY8+QCKm0
ちくちょー!いいとも見逃した!

756 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 13:50:46 ID:BmZehFAG0
>>754
田母神は犯罪者ではなくてただのアホだよ。

757 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 15:30:07 ID:QY8+QCKm0
日本軍の謀略はすぐ信じるのにソ連や中共の謀略は絶対信じない人達が未だにレッテル貼りに終始してるのか

758 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 16:53:13 ID:b35KU1he0
証拠はあるのかい?張作霖爆殺事件は河本大作大佐の仕業だと資料ありまくりなんですけど?

759 :文責・名無しさん:2009/12/03(木) 23:55:15 ID:QY8+QCKm0
田母神論文より

1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、
近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。
「マオ( 誰も知らなかった毛沢東)( ユン・チアン、講談社)」、
「黄文雄の大東亜戦争肯定論( 黄文雄、ワック出版)」及び「日本よ、「歴史力」を磨け( 櫻井よしこ編、文藝春秋)」


古代史だって新しい発見があったら書き換えられるのになぜか先の大戦については
戦勝国の都合のいい言い分が未だに硬直化されてる。
検証する前に右も左も結果ありきなのがいけない。

760 :文責・名無しさん:2009/12/04(金) 09:43:38 ID:F2DwHZUt0
>>759
だからそれ出鱈目じゃんか。その主張には何も一次資料が存在しない。
ユン・チアンのマオのソースのドミトリー・プロホロフ自体が全く証拠を持っていないしw
そんなのを信じるのはアホだけ。

761 :文責・名無しさん:2009/12/04(金) 11:27:29 ID:V7YpKmQq0
>>760
誰も信じてるなんて書いてないし
中共も米英露も対日戦に関する資料を未だに公表してない時点で
片手落ちの結論を信じてる奴がアホなだけw
まともな神経してたら保留扱いするのが妥当

762 :文責・名無しさん:2009/12/04(金) 12:58:07 ID:F2DwHZUt0
>>761
はあ?片手落ち?正気かねえ?
日本に全ての犯行記録があるのに?
ようするにお前は昭和天皇を池沼扱いするんだな。

763 :文責・名無しさん:2009/12/04(金) 16:11:50 ID:V7YpKmQq0
>ようするにお前は昭和天皇を池沼扱いするんだな

常人じゃとても書けないような天皇への敬愛に満ち満ちたコメントですな
要するに世界中の機密文書は関係なく全て日本一国だけで世界史が作られてるんですね。わかります

764 :文責・名無しさん:2009/12/04(金) 21:15:01 ID:F2DwHZUt0
>>763
そんな文書ありませんが何か?

765 :文責・名無しさん:2009/12/05(土) 01:35:45 ID:pWrG9oSO0
実際は河本大佐でもコミンテルンでもなく、ニャントロ星人の仕業という
結論にしておけばいいんじゃないの?

ニャントロ星人の側の史料というのも全然出てきていないわけだし。

766 :文責・名無しさん:2009/12/05(土) 14:23:21 ID:mtQi53UR0
田母神論文を読んで感心するのは、最新の歴史的知見が盛り込まれている
ことである。
特に着目すべきは「VENONA」である。
このソ連の暗号解読文書が第二次世界大戦中のソ連スパイの暗躍を証明
するものとして極めて重要な地位を占めている事を知る者は未だ日本では
少数である。
然し、欧米に於ては「VENONA」は「エニグマ」と同等に重要な史料であり、
NSAのHPにて公開され、研究者によってF.D.ルーズベルト大統領の周囲に
コミンテルンやGRUなどのソ連シンパ、スパイが約300名蠢いていた事が
示されている。その300名の内、正体が割れた者はその半数足らずである。

そしてこの情報を一人、握りしめていた者が半世紀以上ものあいだFBI長官
の座を占め続け、合衆国大統領をも恐怖せしめたフーバー長官であり、
彼が死去した後、ビル・クリントン大統領になって1990年代に初めて公開
されたものである。

アメリカの出版物ではVENONAに依拠した記述が数多認められる。
日本の歴史学会はその事実を無視しているか、相当に遅れたものであり、
田母神論文がVENONAなどの新しい知見を盛り込んでいることは驚嘆に
値する。

767 :文責・名無しさん:2009/12/08(火) 20:46:46 ID:BJoBClU00
 なんか今度、マンガになるみたいよ。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E%E6%B5%81-%E7%94%B0%E6%AF%8D%E7%A5%9E-%E4%BF%8A%E5%A4%AB/dp/4863910428/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1260272447&sr=1-1


768 :文責・名無しさん:2009/12/09(水) 00:07:27 ID:2ZP8fHQD0
>>766
この恥さらしな文章、誰が書いたの?

769 :文責・名無しさん:2009/12/09(水) 02:02:21 ID:AN19u0y70
>>632>>633
日清戦争・日露戦争の戦費調達も満州鉄道の資金源も河豚計画の所以も同じ。
阿片の次の商売は奴隷。華僑とされ世界中にいる中国系の大半が苦力の末裔。
本国でなく植民地へ移送された場合には商業を仕切らせ現地住民より優遇し対立させた。
各国で暴動の際に華人が襲われる所以。

ずぶずぶの中には日本の一部も含まれていた。
結果的に日本は抜け出せない闇社会と決別しようとしたので組織から命を狙われた。
当初のシナリオでは「歯向かう国があれば支那と日本の火砲が襲うであろう」だったのだ。

あんたは分かってると思うが所謂ユダヤというのは偽ユダヤ。
ユダヤ人は元来髪も瞳も黒い人々。利権団体や偽ユダヤ人権団体は白人。

北朝鮮脅威論に対する武装論も同じ根の主張。
北朝鮮はイスラエルと同じく政治的理由で存在している。
当然制裁などは形式的なもので爆撃などは絶対にしない。日本外しと米中安寧のための駒である。

770 :文責・名無しさん:2009/12/09(水) 23:27:18 ID:aFqJQWQ00
>>760>>760
ドミトリー・プロホロフ 「張作霖爆殺事件はソ連特務機関の謀略であった」
http://www.youtube.com/watch?v=1si9hA_vfsk

771 :文責・名無しさん:2009/12/10(木) 00:34:53 ID:e7WwaBT70
>>770
はいはい、近代史専門の歴史家に全く支持されていない怪説でしかありませんな。

そんなに画期的な新発見が含まれている著書ならば、未だ邦訳が出版されていない
理由も理解不能だし。

772 :文責・名無しさん:2009/12/10(木) 00:46:03 ID:e7WwaBT70
>>770
改めて動画を見ても、井尻先生、見当違いのコメントをなさっていて、
当該事件の研究史、関東軍の謀略であることを示す具体的な証拠の数々を
踏まえないままのこんなトンでも発言で学者としての立場が危うくならな
いの?

とっても不思議。

773 :在特会応援よろしく:2009/12/10(木) 01:18:28 ID:mMHSYtXG0
日本人がんばってます。

http://www.youtube.com/watch?v=eJ4B9QXP1y8&feature=related

774 :文責・名無しさん:2009/12/10(木) 01:18:31 ID:psbfVFRQO
田母神閣下は
もりもり公演し
もりもり本を売り
もりもり献金されています
退職金など遥か霞むほど金持ちです
この私的財産で次の何かを画作してますから

775 :文責・名無しさん:2009/12/10(木) 05:01:29 ID:Qw/QooWO0
タモさんみたいな人を商業右翼って言うんだろうな。

776 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

464 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)