5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

韓国経済動向 〜 PART154

10 :マンセー名無しさん:2008/10/25(土) 12:14:04 ID:fvWxrqQh
諏訪・伊那谷ルート「5分長いだけ」 県が試算

リニア中央新幹線計画で、諏訪・伊那谷回りの「Bルート」実現を求めている県は24日、
JR東海が想定する南アルプスを貫く「Cルート」と比べ、伊那谷ルートの所要時間は
「5分程度長くなるだけ」とする独自の試算をまとめた。大都市間を行き来する利用者にとっても、
利便性が損なわれないとアピールしていく方針だ。

県は、旧国鉄が1978年、国に提出した地形・地質調査の中間報告書を基に、
東京−大阪間のルート別の長さをBが約520キロ、Cが約480キロと想定。
BとCの差は約40キロで、時速500キロで走行するとおよそ5分の差が生じると見込んだ。

JR東海などが今月22日、国土交通省に提出した中央新幹線の地形・地質調査の最終報告書は、
ルート別の距離には触れていないが、同省は旧国鉄時代の中間報告について
「実際のルートも大体そのくらいになる」(幹線鉄道課)との見方を示す。
諏訪付近などのカーブでは速度が落ちる可能性もあるが、県側はその場合でも
「時間は10分とは違わないはず」とする。

JRが昨年末に発表した直線ルートの想定では、首都圏−中京圏は約290キロ。
所要時間は約40分としていた。JRなどは年内にも同省から指示される輸送力や
建設費などの調査に合わせ、各ルートごとの長さや所要時間を示す方針だ。

一方、村井知事は24日の定例会見で、リニアの県内駅について
「大きな県だから、2つでも3つでもいいのではないか。Bルートの北の所に駅がなければ意味がない」
と述べ、松本などとのアクセスを考慮し、諏訪地域に駅を設けることが望ましいとの考えを示した。

▽ソース
≪信濃毎日新聞≫ http://www.shinmai.co.jp/news/20081025/KT081024ATI090011000022.htm

余裕あふれる日本はまだまだ大丈夫

300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)