5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

韓国・中国・台湾>>>四面楚歌の我が日本

508 :絶倫 ◆EKrk25jUlY :2008/11/03(月) 21:06:19 ID:a9xingT+
>>505
対中対話の是非を議論へ=「信用できず」とダライ・ラマ

 来日中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は2日、都内のホテルで時事通信などの
インタビューに応じ、今月17〜22日にインド北部ダラムサラで開く亡命チベット人代表による
特別会議で、中国との対話路線の是非について議論する考えを示した。ただ自身は「中立的な
立場」を堅持し、今後の方向性を議論に委ねる意向を強調した。
 北京では現在、ダライ・ラマの特使と中国当局者による対話が行われている。ダライ・ラマは
「(今年3月のチベット暴動という)悲劇以降、中国政府は非常に透明で開放的に対処する」と
期待していたが、その後の対話でも中国側が前向きに対応せず、チベット内の状況が悪化して
いることを挙げ、「中国政府への信用は薄くなり続けている」と失望感をあらわにした。
 ダライ・ラマはこれまで独立ではなく、「高度な自治」などを求めてきたが、特別会議には
独立を要求する「チベット青年会議」代表も参加する。だが、ダライ・ラマは「私がよいと
言えば、(他の参加者は)自由な意見表明できない」と述べ、議論を主導する考えがないことを
明確にした。今後の自身の立場に関しては「どうするのがよいか人々に聞く」と明言を避けた。
 一方、ダライ・ラマは自らの後継者選定について「ダライ・ラマ制度を継続すべきかは
私がかかわることでない」と指摘。ただ中国政府が、チベット仏教でダライ・ラマに次ぐ
高位者であるパンチェン・ラマ11世についてダライ・ラマの認定した少年とは別の人物を
擁立したことを挙げ、「中国はチベットをコントロールしようとの政治的動機を持っている」
と述べ、中国が自分の死後、後継者選定に介入する事態に懸念を示した。(時事)
(2008/11/02-15:41)

ttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2008110200061

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)