5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

韓国・中国・台湾>>>四面楚歌の我が日本

418 :絶倫 ◆EKrk25jUlY :2008/10/25(土) 18:00:18 ID:FPXAnJbl
>>417
外交でも、本音の「麻生流」=「友好はお題目」−中国に警戒感も

 【北京24日時事】麻生太郎首相は24日、外遊先の中国でも、本音をオブラートで
包まずにぶつける「麻生流」を披露した。胡錦濤国家主席らの前で、日中両国が競い合い
ながら「共益」を目指すという考え方を打ち出し、「親中派」の福田康夫前首相の
外交路線とは一線を画した。
 「友好というお題目のために互いに遠慮するような関係ではなく、両国が切磋琢磨
(せっさたくま)して協力していくことが真の『戦略的互恵関係』だ」。首相は北京で
開かれた「日中平和友好条約締結30周年記念レセプション」で、両国の指導者がこれまで
腐心してきた「日中友好」を「お題目」と言い切り、日中は「ライバル関係」にあると位置付けた。
 発言の背景には、中国が経済的にも外交的にも存在感を高める中で、今後は日本と
対等の条件で競争し、国際社会での責任も負うべきだとの思いがある。中国製冷凍
ギョーザ事件などの懸案でも注文を付けていく姿勢を鮮明にしたもので、首相同行筋は
「言うべきことは指摘し、大局も見て現実的、建設的な関係を築く麻生スタイルだ」と絶賛。
外務省筋も「中国指導部は現実的だ。靖国神社に参拝さえしなければ『共益』路線は
うまくいく」と楽観的だ。
 中国側にも「首相は外相当時、日中の難局打開に努力した」との評価がある。金融危機が
深刻化する中で両国の連携強化が求められており、とりあえずは首相の訪中を歓迎するムードが
強い。胡主席は首脳会談で「中日関係をずっと重視され、両国関係の発展と改善に力を
入れてきた」と首相を持ち上げた。
 ただ、タカ派的な言動が目立ち、「親台派」のイメージが強い首相に対し、中国側に警戒感が
ないわけではない。「日本の政局の混乱が気になる」(外交筋)と、首相がリーダーシップを
発揮できるか疑問視する声もある。
 「共益」をキーワードにした首相の対中外交が中国側とかみ合っていくのか、今後の
展開はなお不透明だ。(了)
(2008/10/24-19:34)

ttp://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date2&k=2008102400897

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)