5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ユダヤの最上層部は宇宙生命体かその憑依【4】

633 :レブリガーテロッセ ◆wGBUioIHjU :2010/02/25(木) 17:35:01 ID:DlJy107S
学研のトンデモ本シリーズにムー・ブックスってあるよね。結構、面白いので読んでるんだよ。
でも、やっぱり、トンデモだよね。特に飛鳥昭雄と三神たけるコンビ。この二人の致命的欠陥は、
江上波夫を盲信しているところだよ。江上波夫の騎馬民族征服説の問題点は、支那の資料に記述
されている「倭」と朝鮮半島の非「倭」勢力=古代韓族の境界線が、半島上に存在している、との
明白な事実を全然、古代大和朝廷成立の要因に関係づけていない事なんだ。

支那の資料だけではない。高句麗の好太王碑文(広開土王碑)にも倭が渡海して云々と言う資料が
あり、はなはだ騎馬民族が海を渡ったとは正反対の都合の悪い事実が記録されている。これらを
無視して、大和朝廷=征服王朝説を構築するのは学術的にも無理がある。

では、「倭」とは何者なのか?弥生時代とは?と言う疑問が、必然的に招来されて来る。
この鍵はおれは「徐福伝説」にあるのではないか、と思う。和歌山には徐福の子孫を名乗る人々が
いる。「弥生」は南方(揚子江以南)からのこの列島へのアクセスであった。「秦」(戦国七雄の「秦」)のような
内陸国からこの列島へどうして移民が企てられたのか。これは始皇帝の天下統一と言う政治的大変動が
なければ不可能であった。徐福の伝説はこれらの仮説を繋ぐ鍵となるような気がするのだよ。

魏志倭人伝において朝鮮半島内に存在したとされる「倭」と「古代韓族社会」の境界線について記述
されている事実は限りなく重い。江上波夫先生には気の毒ではあるが、騎馬民族征服説はおそらく、
壮大な誤説なのだろうね。

462 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)