5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ユダヤの最上層部は宇宙生命体かその憑依【4】

548 :レブリガーテロッセ ◆wGBUioIHjU :2010/01/30(土) 06:52:53 ID:hpCxf4ot
純粋カバラ批判 その3(一応、結論と結語)

つまり、おれたちは、ロゴス以外のパラメーターからロゴスの質量であるところの”意味自体”に到達できるんだ。昔、鬼谷算命
占星術の解説を読んだら、前書きに算命占星術は、12元法を使用した占術であり、四柱推命は10元法を使用した占術である。
故に鬼谷子算命占術の方が制度が高い、と豪語していたのを覚えている。ここで言う「元法」とは、年度や日付、時刻、月、場所
といったパラメーターの事だろう。

同じやり方で線形方程式のカオス理論によって平面座標のパラメーターから一段上の立体を特定できるのではないだろうか。
言葉はその背景に”意味自体”と言うイデアを有している。これは、カントの言う「物自体」に対応する概念として提唱できるはずだ。
そうして、カントによれば、我々は、理性をどのように駆使しても決して物自体を認識することは出来ない。カントはそこまでしか
言ってくれていないが、我々は直観を発動させれば、ロゴスの背景にある”意味”自体に到達できるのである。すなわち、カバラ
である。カバラによって得られた知識をロゴスの質量と呼んでもいいだろう。

つまり、我々には、言葉以外のもろもろによって言葉の質量を構成するところの”意味自体”を抽出する方法があり、その一つとして
象徴儀礼が存在するのである。占い=(聖書が禁止している魔術)やカオス理論による演算も同様のプロセスでの試みなのである。
(表題の「純粋カバラ批判」と言う言い方は、カントの「純粋理性批判」をもじった洒落です。「批判」と言う言葉に特に意味はないので
洒落としてご寛恕たまわらんことを)

462 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)