5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ユダヤの最上層部は宇宙生命体かその憑依【4】

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/10(日) 02:56:30 ID:gfiArNNr
皆さんは歴史小説とか興味ありますか?
例えば、有名な歴史小説「三国志」
ここで主役たる蜀の名軍師・孔明が南蛮討伐とやらに出かけ(南蛮とは当時の中華思想に基づいた中国外の辺境地域のこと)

その中で、南蛮の王「兀突骨」なる敵と遭遇します。

この兀突骨率いる南蛮兵は、藤の蔓に油を染み込ませて鎧状に編んで乾かした藤甲を着た、
刀や矢も通用せず川などでは浮いて移動する最強の兵、藤甲軍を率い、自らは象に乗っていた。
6度蜀漢軍に敗走した孟獲に替わり蜀軍に大勝し苦戦させる。
しかし、藤甲の製造法と火に弱いことを知った孔明は配下に策を与え、
配下がワザと何度も敗走して兀突骨を盤蛇谷に誘い込み、地雷により部下もろとも全員焼き殺してしまう。

という結末に至るのですが
実はこの南蛮王の兀突骨は身の丈十二尺(後漢の尺で276cm、魏・晋の尺で289.2cm)の大男で、
体が全身、鱗で覆われている。また穀物の類は一切食べず、生きた獣や蛇を食べている。

と記載されているのですね・・
もちろん、この三国志というお話自体が空想を交えた御伽噺の類的、歴史小説なのですが
しかし、どうでしょう?
兀突骨って、まんま爬虫類人類じゃありません?
この歴史小説の舞台は日本の卑弥呼時代と全く同時期です。
この時代の小説で、このような人物が空想でも出てくる、しかも、まるで必然かのように滅ぼされていく

どこか、我ら日本の歴史との因果関係を感じませんか?
中華思想における辺境の地とは、つまり中国以外全てであります。
そこへ、こんな風貌をした人類がいるという決め付け、概念
その根拠となる歴史的事実が遥か2000年前以上に、この地球上にあったのでしょうかね?

462 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)