5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

トルコとトルクメニスタンに交遊関係を築こう

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 06:23:59 ID:8frnu2XC
どちらの国の国民も本をただせば、テュルク系民族であり
どちらの国の人間もトルコ系の人達が揃う国。
それにトルクメニスタンは直訳すると『トルコ人の住む国』になるから
トルコ人とトルクメン人は云わば親戚の様な関係筋の存在。

トルコからは民主制を、トルクメニスタンからは物資を互いに出し合う。
そしてトルクメニスタンは共産主義を排除して民主制を立ち上げ
トルコには豊かな資源の確保と観光業の提携でメジャーな国への昇格。
どっちもハッピーにさせられるんで解決と。

まぁ、バカな話ではありますが、こんな小話に付き合っては下さいませんか。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 06:30:46 ID:c/DYkiGw
>>1
トルクメニスタンを含む中央アジアは上海協力機構の一員として
これから世界経済をリードするインド 中国 ロシア イランなどの中継地点として発展していく事でしょうねw

トルコはEUの方で頑張ればいいのでは?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/05(金) 19:16:00 ID:6GM0Jnmf




「今、世界各国はみな親しく交わっているように見えるが、それは全く表面的なことで、

本当のところは弱肉強食であり、大国が小国を侮るというのが実情である。

例えば国際法というものがあっても、それは大国の都合で存在するものであり、

自国の都合のいいときには国際法をふりまわし、

自国に都合が悪くなるときには軍事を用いる。小国は実に哀れである。

国際法の条文を一生懸命に勉強し、他国に害を与えること無く自国の権利を守ろうとしても、

大国というものは国際法を破る時には容赦なく破る。」





ドイツ〔プロイセン〕首相・ビスマルクが大久保利通らに語った言葉。 参考文献・『米欧回覧実記』






4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/06(土) 01:22:32 ID:4AQ0wUkx
トルコはASEANに参加してほしい。
EUなんてあんなイケズな集団!止めておいた方が良いよ。
しっかしトルコは料理もお菓子も美味しいよな〜

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/06(土) 06:12:57 ID:kMWW0KoP
中国がトルクメニスタンから天然ガスの輸入を増やすね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/06(土) 06:39:12 ID:h4LcH/ju
>>4
ASEANなんて貧乏乞食の巣窟だろww
高貴なトルコ様を汚すなよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/07(日) 01:59:07 ID:4jgx5GpP
いいか?おれは学者でもなければ専門家でもない
結局自分の意見ってのはどこかから得た情報になってしまうのが必然だろうが
ネットの情報を否定する非論理的なバカは消えろよ

情報には明らかに論理的なものと非論理的なものがあるだろクズw
情報の場所で判断するカス野郎は一生踊ってろw
結局情報ってのはどこかで手に入れるものなんだよカスw
内容で判断しろよドクソボケナスw
少ない脳みそ振り絞って考えろやゲス野郎w

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 23:46:04 ID:4dm9hHp3
トルコ共和国データ

国名   トルコ共和国 (Republic of Turkey)
首都   アンカラ
民族   トルコ人(南東部に多数のクルド人、その他アルメニア人、ギリシャ人、ユダヤ人等が少数)
言語   トルコ語
宗教   イスラム教(スンニー派、アレヴィー派)が大半。政教分離が国是。

政体   共和制
大統領 アフメット・ネジデット・セゼル大統領(2000年5月16日就任 任期7年)
首相   レジェップ・タイップ・エルドアン
議会   一院制 (550議席 任期5年 複数政党制)

人口   68,893,918人 世界17位
面積   780,580km2  世界36位

名目GDP   3,403億ドル(21位)  1人当たり 4,744ドル
購買力平価 5,087億ドル(20位)  1人当たり 7,400ドル
経済成長率  9.9%
物価上昇率  9.3%
通貨   新トルコ・リラ(旧100万リラ→新1リラへ単位変更)

国防予算 約120億ドル(国家予算の6.6%)
兵役   15ヶ月(18歳〜40歳)(兵役終了後、41歳までは予備役)
総兵力 約498,400人(徴集兵約391,000人を含む)
      陸軍381,000人 海軍52,000人 空軍65,400人  予備兵力約378,700人


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 23:51:04 ID:4dm9hHp3
トルクメニスタンデータ

国名   トルクメニスタン (Turkmenistan)
首都   アシガバード(呼称は様々)
民族   トルクメン人(トルクメン人 (85%)、ウズベク人 (5%)、ロシア人 (4%)、その他 (6%) )
言語   トルクメン語:ロシア語 (ロシア語が広く通用ケースが大半。トルクメン人でも
                 長く都市部に住んでいる者やエリートなどの中にはロシア語を母語とし、トルクメン語が満足に話せない者もいる)
宗教   イスラム教(スンニー派)が大半。ロシア正教(正教会)も存在する。(現在、政教分離は無きに等しい。)

政体   共和制
政党   トルクメニスタン民主党、農民正義党
    (憲法で複数政党制が認められて以降も、同国では事実上トルクメニスタン民主党による一党独裁制が敷かれている。)
大統領 グルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフ(2007年2月14日就任 任期1年)
首相   大統領と同一人物(併用システムを設けている為。初代大統領であるサバルムラト・ニヤゾフの独裁支配下が要因。)
議会   比例代表制 (国権の最高機関は国民評議会であり、100議席以上)

人口   4,952,081人(世界112位)
面積   488,100km²(51位)

名目GDP   不明(正式発表されていない為)
購買力平価 270億7,000万ドル(世界89位)
     (独裁政権継続により経済対策の有無が不安定)
経済成長率  不明(公式発表されていない)
物価上昇率  不明(公式発表されていないが、還元システムのお陰で物価は安定している)
通貨   マナト(1ドル=10,100マナト(2004年))

国防予算 4.5億ドル(国家予算の1.3%)
兵役   現時点では詳細データが無い為、不明
総兵力  メディア規制の激しい政治体制の為、一切不明


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/09(火) 01:59:35 ID:YNiDq1wZ
>>9
トルクメニスタンの軍事については、これだけはハッキリしてるみたいだよ。
過去のデータからだけど。 (一応、参考程度の情報レスの積り)


軍構成:国防軍(陸軍、空軍、防空軍、海軍、国境警備軍、国内警備軍)、州兵軍
徴兵年齢:18歳
有効兵員数:18−49歳:1,132,833人  (2005年推定)
兵役有効人数:男性 18−49歳:759,978人  (2005年推定)
毎年兵役到達人数:男性 56,532人  (2005年推定)
軍事費:9,000万ドル 
軍事費の対GDP:3.4%


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/17(水) 01:25:32 ID:EV8xx/dd
実際に3年ほど前にトルクメニスタンに行ったけどトルコ企業がわんさか進出してましたよ
トルクメン語とトルコ語もほとんど同一らしく苦労せず通じるとのこと

街中は商品が溢れてて人々の表情も明るかったし、まだまだソ連ぽさの残るウズベキスタンなんかより
よほど栄えてる感じでした(ちなみにウズベクではボールペンが貴重品として扱われるほどでした)

ニヤゾフの独裁がどうこう言われてたけど秘密警察みたいなのがうろちょろしてる感じは全くなく
むしろイスラム過激派の台頭や内戦を抑えるための良い方便だったのでは、という気もします

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/24(水) 02:18:34 ID:eehbhEdX
>>11
ベルディムハメドフはまだ秘密警察を巡回させたり、ニヤゾフの死後から
自分自身の個人崇拝を行っている部分が有るんだが。
その上、この前には中立の塔に設置していた
ニヤゾフの巨像を首都南郊辺りに撤去させたりするなど、ニヤゾフ政権下の
シンボルになる物を徹底的に排除させ、自分自身を新たな独裁者として売り出す準備を
行っている様子を見せてるのだが・・

やってる事はベラルーシのルカチェンコと変わり無いぞ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/01(水) 00:53:52 ID:vPQ/9n57
トルクメニスタンからトルコにこの食べ物を伝えたらどうだろうか?

Лагман Lagman ?????? ラグマン 拉条子 拉麺 л?мян 拌麺 拌面
http://jp.youtube.com/watch?v=ddJN-4kd-N

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/11(土) 03:03:02 ID:gDYgU/bM
>>5
中国が天然ガスの輸入に踏み切るには、まず第一歩として
ダルヴァザクレーターの燃え盛る炎の消火の実行すべきだな。
それを行わない限りは、例え共産圏の国同士であっても
信頼を得ることは不可能だ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/11(土) 07:56:57 ID:Rctc190t
トルクメニスタンは働かなくても食っていける国だろ
天然ガスに浮かぶ国土で全国民があと50年は暮らして遊んでいける
中立国だから侵略されることもない

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/11(土) 09:05:46 ID:Mx3RK2dj
ソビエトが解体して一番得した国だな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/13(月) 18:51:03 ID:tACt4Liq
しかし、中央アジア圏内においてはその独裁振りにより
異質とされ、浮いてしまっている存在であるのは否めない。

違う意味で段々目立ち始めているのは相変わらず。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/13(月) 19:37:46 ID:B+6TmawD
ある意味スターリンの伝統遺産をもっとも忠実に継承している国だな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/16(木) 01:40:18 ID:9FoRv4q+
>>18
それを言うなら「ミズラヒから受け継いだ伝統思想を忠実している」と
言うべきだ。共産主義とはそもそもどういう物なのかを調べてから言って欲しい。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/23(日) 00:29:59 ID:zGcooML8
最近、トルクメンとトルコとの関係どうなってるの?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 05:06:51 ID:XZ9M9kp/
>11
>トルクメン語とトルコ語もほとんど同一らしく苦労せず通じるとのこと

 そんなことはありません。トルクメン語は古代トルコ語以来の短母音と長母
音の区別をいまだに保っていたりして、ネイティヴのトルコ人でも勉強しない
と分からんと言う話です。逆もまた然り。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 18:45:56 ID:MpuAslLd
>>21
>トルクメン語は古代トルコ語以来の短母音と長母音の
>区別をいまだに保っていたりして、ネイティヴの
>トルコ人でも勉強しないと分からんと言う話
トルクメニスタンの人々はキリル文字を中心に使うからね。
あとはロシア語を少々。
アラビア書道とかが広まっているかも微妙に判断し難い。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 16:13:04 ID:QnlhBS70
トルクメン語の情報を知りたい人は下記サイトへ
http://www.sdlvictoria.com/

凄く参考になるよ。騙されたと思って入って。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 00:02:51 ID:NOGtCfWz
トルコとトルクメニスタンを兄弟・姉妹に例えるならどうなるんだろうかな?
どっちが尻拭いする立場とかって話になりそうで怖い

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 18:13:24 ID:5ulVr6r1
トルコは自国のエネルギー政策にトルクメニスタンの力が必要だと
考えている節が有るみたい

トルコのエネルギー政策(トルクメニスタンの天然ガス)
http://plaza.rakuten.co.jp/istanbul1453/diary/200803250000/

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 19:41:23 ID:SghLo/yd
トルコ人がトルクメン人に対して何かする場合はこの具合を
見ながら動くのかな?

トルクメニスタン マナト (TMM) から 1 トルコ リラ (TRY)
http://ja.exchange-rates.org/history/TMM/TRY/G
トルコ発トルクメニスタン着の格安便
http://www.skyscanner.jp/flights/tr/tm/cheapest-flights-to-turkmenistan-from-turkey.html

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 01:59:16 ID:OcjlVcKj

街宣右翼ってなんであんな事をするのかと調べてみたら
日本の愛国のイメージを落とす為に朝鮮人が活動してるらしい

「右翼の真実」
http://uyoku33.hp.infoseek.co.jp/


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/20(土) 20:01:21 ID:kR1vhg8V
>>27
トルクメニスタンに関係無いモン書くな

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 02:16:14 ID:eLgsojOA
むしろトルコとアゼルバイジャンの方が繋がりが深い
と言うより合併しても良いくらい

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 18:14:58 ID:B0usNN1N
>>29
今の所、それは実現しなさそうだな
何せアゼルバイジャンがイスラム中心の国家にも関らず
ユダヤ中心の国家のイスラエルと提携交えちゃってるんだから

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/24(水) 08:27:51 ID:pKPKD3gy
アタチュルク像、串本に早期移設希望します
串本の決断に大喝采です
串本でもっと騒いでください
がんばれ串本

柏崎原発の直下地震前回より大きい地震希望します
原発が壊れて放射能を撒き散らしてクダサ
こんな市長を選んだ市民全員の責任です
市民全員の放射能汚染希望です
最悪の市民と市長です
こんな奴らに募金した自分が憎いです
柏崎市民全員死んでください

トルコ共和国、超親日から超反日に

そーす
http://www.youtube.com/watch?v=85DmfC8m0aw&feature=channel
http://www.youtube.com/watch?v=VW47s8Xa3QQ&feature=channel
http://www.youtube.com/watch?v=6r5SMdFdAoU&feature=channel

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 05:29:44 ID:itrs/u3L
「カスピ海にアンタリアを」―トゥルクメニスタンに大型トルコ系ホテル開業
2009年06月15日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/ekonomi/11873620.asp

 トゥルクメニスタンのアヴァザ地区をアンタリアのような観光天国にしようと目論む
トルコのビジネスマンたちは、10億ドルのホテル投資をおこなった。既に完成している
5つのホテルは、トゥルクメニスタン大統領ベルディムハンメドフとトルコの文化観光
大臣エルトゥールル・ギュナイによってテープカットがなされた。全部で1100床を持つ
この5つのホテルにより、トゥルクメニスタンの観光客収容率は1日で25%アップした。

 世界で5番目の天然ガス埋蔵量をほこるトゥルクメニスタンは、新たなステップとして
観光を取り上げたいと考えている。この為カスピ海沿岸に位置するトゥルクメンバシュ市
を観光地区とすると宣言したトゥルクメニスタン政府は、10億ドルものホテルプロジェクト
を立案した。現在の時点までに完成している5つのホテルは、トルコの4社が建設した。

 トゥルクメンバシュ市のアヴァザ地区におけるホテルのオープンのテープカットは、
トゥルクメニスタン大統領ベルディムハンメドフとトルコの文化観光大臣エルトゥールル・
ギュナイによって行われた。トゥルクメニスタンにおける新たなホテル建設のために、
今後実現される全プロジェクトの規模は70億相当と見られる。ベルディムハンメドフ
大統領は、2011年に観光地区における全てのホテル営業を開始し、この観光地区が
最も重要な観光の中心地のひとつになると語った。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 04:21:06 ID:Fy9LnxdU
>>32の続き
トルコ旅行業協会(TURSAB)のバシャラン・ウルソイ会長は、観光地区についての
情報を提供する一方で、「トゥルクメニスタン側は石油と天然ガスのほかに観光に
おいても決定権を得たいと考えている。トルコとしてはこの点についてサポートする。
トゥルクメニスタン政府は観光専門学校の創設も望んでいるが、TURSABとしては
学校の開校の代わりに、専門家を派遣する方針でいる」と話した。
ウルソイ会長は、トゥルクメニスタンの学生がトルコで教育を受けるという事も
考えている。ウルソイ会長はアヴァザ地区にとってアンタリアが手本となっていると
述べた。

トルコ旅行業界(TURSAB)のウルソイ会長は、現在トゥルクメニスタンの
観光客収容数は全部で4000床であると話した。そして、現在トゥルクメニスタンで
5つ星のホテルは1件しかないが、アヴァザ地区で建設されているホテルは
全てが5つ星クラスであると話した。

この5つのホテルのうち2件をセヒル建設が、そのほかをイチカレ社、ポリメクス社、
デルタ建設が行った。セヒル建設は、カスピ海沿岸で土地を買収し、更にもう1件の
ホテルを建設する。さらにこのホテルで使用するため、全長65メートルのヨットも
購入した。現在までに建設されたホテルの建設コストは10億ドルで、総ベッド数は
1100床、1人あたりの一泊分の料金は100ドルから150ドルとなる。
2月に建設が始まったトゥルクメンバシュ空港のオープン後は、ヨーロッパからも
観光客を見込む。


34 :糞ケトウ死ね!!!!Fuck USA!!:2009/07/22(水) 11:30:41 ID:2FGrPAgP
とにかくだね!!!!!
柏崎市長は斬首して平に謝罪させなければならない!!一億総懺悔だ!!
しかし、アラブの中原からも離れてるねぇ〜〜〜!!
リベラルなイスラム教徒につき飲酒可、トルコ様がサウジアラビア等に
シバかれませねように!!!!!

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 01:20:58 ID:MkPY3g3R
トルクメニスタンはフェトフッラー教団の陰謀によって内部から侵略されてます。
トルクメニスタンの資源から得た利益は教団に流れてます。
http://jfn.josuikai.net/josuikai/21f/60/smz/smz.htm
 ちょっと変わった組織として、トルコの神秘主義的イスラーム団体ヌルジュの役割があります。
先程申し上げたように、タジク民族以外はほとんどが広義でトルコ系の人たちで、言葉が比較的類似しているので、
トルコの影響力が入りやすいのですね。トルコの中小資本がかなり入っています。建設業とか、レストランとか、ホテルとかです。
ところが、あまり言われていないことですが、実は進出するトルコの企業のうち、おそらく半分位がヌルジュという宗教団体のメンバーであると言われています。
彼らは民間資本として、企業家として進出するのですが、同時に、そこで稼いだお金の処分については、中央アジアでの教育活動に御布施というか寄金という形で貢献しています。

 このヌルジュは、私立高校を持っていて、教育活動はかなり活発です。彼らは非常に警戒しかつ賢く、その地域の政府の動きを考慮に入れており、表向きはイスラーム教育をやっていません。
むしろ英語教育とか数学とか、そういう英才教育を徹底的にやるのです。ですから、そこの卒業生は大学進学率も非常に高いし、海外へ留学するチャンスが非常に多い。
そうすると、この地域のエリートが、そういう高校に自分の子弟、子供を入れる。ヌルジュは非常に長期的な見方で中央アジアへの働きかけをしています。学校では一見イスラーム色はゼロです。
じゃあどうやってヌルジュへのリクルートをするかというと、全寮制という体制が役立っているといわれます。全寮制で、アドバイザーをする人たちが数人いつも泊まっているのです。
たとえば「この学生はかなり見込みがあるな」というときに一本釣りをします。しかし学校教育の公の場とかでは一切やらない。お祈りも学校ではやらない。
余談ですが、中央アジアの中小企業の発展を見るときに、このヌルジュの活動を無視することはできないと思います。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 15:50:53 ID:R7wWrEgg
>>35
URLを見てもあまりピンと来ないんだけど。
寧ろ、フェトフッラーとかいうその組織自体が
カルト邪教集団だと断言出来る証拠をもっと見せて欲しいんだが。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 03:51:05 ID:jBZNTocl
>>36
先ずトルコ語が読めなくては証拠を示されても君にはわからんだろう。
トルコ語をマスターしてから出直して来い!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 05:57:46 ID:ls+br6Gf
>>36
>35の内容はこれの事でないの?
http://www.cnc.takushoku-u.ac.jp/~islamken/newsvol5no4.pdf#search='トルクメニスタンのモスク工事'

39 :ヒント:2009/08/02(日) 09:31:09 ID:7rzHoTps
Calik HoldingのCEOはエルドーアン首相の娘婿、Berat Albayrakである。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 19:00:48 ID:VXOpaO4m
>>37
教団のトルコ語学校でトルコ語習ったらミイラ取りがミイラになっちゃうじゃん。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/05(水) 19:00:20 ID:hxC1IVIk
トルクメニスタンに住みたくなってきた 豊で平和でありさえすれば民主主義なんて面倒な制度はいらないんだよ

トルクメニスタンに住めたら毎日「偉大な兄」を崇拝するよ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 03:23:53 ID:+NhGLWHC
>>41
偉大な兄って誰だよ?
アタテュルクやテュルクメンバシュなら「兄」でなく
「父」か「長」の筈なんだけど

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 06:46:53 ID:BGynVMJf
>>42
フェトフッラー教団のアービー達のことだろう。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 16:26:20 ID:LEAqg3Lc
>>41
>豊で平和でありさえすれば民主主義なんて面倒な制度はいらないんだよ
豊か且つ平和であって尚も民主主義
(隠猷太のお膳立てで用いられる偽物ではない、本当の民主主義)
があってこその幸せだ。イスラム系のカルト教団による支配は荒れるだけ。
創価学会・統一教会に支配されているこの国の事を考えれば
フェトフッラーも創価・統一と同じ穴の狢だ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/06(木) 18:33:20 ID:dKzPAFUp
>>42『偉大な兄』というのは映画「1984」で出てきた言葉 架空の独裁国家で国民が指導者を呼ぶときに使われる言葉 ナチスドイツの「ハイルヒトラー」とかにあたる言葉

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/07(金) 02:01:05 ID:yNMwuD0h
>>36
ムスリムが怒ってます。
http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/lauhabaru/wforum.cgi?no=1727&reno=no&oya=1727&mode=msgview&page=0

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 01:41:27 ID:ChU8DM+U
>>36
>>35のヌルジュについてピンと来なかった人へ

トルコのイスラーム主義「ヌルジュ」運動 - フェトフッラージュを中心に
http://www1.doshisha.ac.jp/~knakata/ronbun2.html
トルコにおけるヌルジュ運動の現在
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/tur/theses/2006/2006chikaokayuki.pdf#search='ヌルジュ'
中央アジアのイスラームとイスラーム運動
http://www.econ.hit-u.ac.jp/~kenkyu/jpn/pub/DP/shimizu04-07.pdf#search='ヌルジュ'
海外派遣・調査報告 目的: 現代トルコのイスラーム運動に関する調査
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/IAS/Japanese/archives/1-han/98/kaigai98-kasuya.html
サンクトペテルブルクのフェトフッラー・ギュレン派のトルコ語学校に捜査の手
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=11744
http://www.milliyet.com.tr/2007/08/22/guncel/axgun03.html
ヌルジュ
http://www.tabiken.com/history/doc/O/O104C200.HTM
2006-09-08  イスタンブルにおける「要注意」モスク −モスク殺人事件がきっかけで問題視(Milliyet紙)
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/newsdata/News200698_3457.html

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 08:24:08 ID:Uwx/TPwU
>>46
イスラム掲示板って教団のリクルートの場だったんだね。
「サイード・ヌルシー」ってタイトルのスレで大変なことになってる。
何か教団にとって都合の悪いことが書かれたみたいで削除されてる。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 03:52:08 ID:kRLQ4BQA
連中はこわれた壷を宗教の商売道具にしてる。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/12(水) 17:29:23 ID:ZEjtYGo+
>>49
統一教会と同じじゃん

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 17:39:10 ID:YF51b0nM
>>50
統一教会とフェトフッラー教は兄弟宗教だ。
生みの親はどちらも死愛営。
フェトフッラー教の教団紙であるZAMAN紙と統一教会の教会紙であるワシントン・タイムズは
姉妹紙である。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 01:19:19 ID:iARgYMw5
統一教会と創価学会が全滅したらフェトフッラーを利用する積もりか?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 02:30:13 ID:UDszTSKX
全滅しなくてもフェトフッラーを利用してるでしょ。
ビン・ラーディンやサダム・フセインみたいに飼い犬に噛まれないといいけど。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 15:26:42 ID:8nvNK+xf
>>53
ビン・ラディンはフセインとは全く別。
フセインは独自にイラク全体を安定させる為に自ら暴君となった様なものだ。

ビン・ラディンは成済まし民族である隠猷太の尖兵であり、混沌状態への誘導と
社会荒廃化への陽動作戦の指揮者だ。フセインと一緒にしたらそれこそ酷い迷惑。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/31(月) 17:11:35 ID:Csha38Bv
>フセインは独自にイラク全体を安定させる為に自ら暴君となった様なものだ。
フセインはラオウだったのか!

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 00:28:37 ID:ZRnxKxRs
 アメリカが最新鋭のPAC−3地対空ミサイル72基を含む、280基のパトリオット・ミ
サイルを、トルコに輸出することを決めた。このPAC−3型ミサイルは、2001年に姿を
見せ、オランダ、ドイツ、日本などに輸出されている。

 トルコへの今回の輸出額は78億ドルであり、アメリカがどれだけトルコに期待を
寄せているかが伺える。つまり、トルコは今やアメリカの中東におけるイスラエルと
並ぶ同盟国になったということであろう。同時に、このアメリカとトルコとの間で交わ
された兵器の取引に、イスラエルがクレームを付けていないということは、これまで
言われてきたトルコとイスラエル関係の悪化が、表面的なものでしかなかったことを
説明しているのではないか。

 イスラエルは通常であれば、周辺諸国の兵器購入に極めて敏感な国だ。従って、
トルコが兵器を輸入する場合でも、それが最新鋭の兵器となれば、しかるべき反応
が有るはずだ。以前、エジプトのシナイ半島にあるシャルム・エルシェイクで開催
されたダボス会議の席で、トルコのエルドアン首相がイスラエルのペレス大統領に
怒りをあらわにしたことが、両国の関係を著しく悪化させたといわれていたが、
実際のところはそうではないようだ。

 イランのバヒデイ国防大臣は、アメリカの最終ゴールは、イランとイラクとの間で
戦争を起こすことだと語っているが、それは必ずしも正確ではないのではないか。
アメリカはイランを取り囲む周辺諸国の軍事力を強化することによって、イランを
追い詰めようとは考えていよう。そうは言っても、イランの軍事力に対抗できる
だけの軍事力を持てる国は、この地域にはそう多くはない。トルコは軍隊の規模、
国民の総人口などの面から、イランにとって最強の仮想敵国ということではないのか。
アメリカはその点からもトルコに対する評価を高め、関係を強化していくと思われる。

 つまり、トルコはアメリカのイラク対応でも、イラン対応でも、アフガニスタン対応でも、
重要なパートナーになっているということだ。しかし、日本のトルコに対する評価は、
いまだに低すぎるのではないか。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 23:34:42 ID:SpXB9SWk
 最近のトルコの外交は、中東地域と、中央アジア地域、西アジア地域と、
広い範囲にまたがって注目の的になっているようだ。

 たとえば、9月16日のネットで紹介されているトルコの外交活動は、
イスタンブールでシリアのムアッレム外相と、イラクのズイバリ外相が会議を
するというニュースだ。もちろん、トルコが両国を仲介して成り立つものだ。
シリア・イラクは、シリアからのテロリストのイラクへの侵入をめぐり、
今緊張状態にある。しかし、イラクもシリアも軍事衝突に至るような状況は
避けたいだろう。そこで、トルコの外交力に、期待が寄せられているのだ。

 加えて、EUがイランとヨーロッパ諸国との関係改善、核対話の実現に、
トルコの仲介を期待している。ソラナ代表がそのことを語り、イラン側も前向き
の動きをしておる。トルコの仲介によるEUとイランとの核をめぐる会議が、
近日中にイスタンブールで開催されることになっている。

 また、トルコは100年以上にわたって険悪な関係にあったアルメニアとも、
国境を開放する方向で交渉が進展している。この交渉をめぐり、アゼルバイ
ジャンは自国が埒外に置かれることを懸念していたが、トルコはアゼルバイ
ジャンを十分計算に入れてアルメニアとの交渉を進めていたために、どうやら
トルコ・アゼルバイジャン関係は良好な状態を維持していくようだ。

 これ以外にも、トルコとイランとの通商の拡大など、トルコが中心となって
動いている外交問題は、数え切れないほどある。まさに、旧オスマン帝国の
歴史的遺産を、フルに活用した外交といえるのではないか。

 その中心になっているのが、イスラム文化研究者でもある、大学元教授の
アハメト・ダブトール外相だ。彼のにこやかで柔らかい物腰は、誰をも魅了して
しまうのであろうか。外交は力によるもの、援助によるものなどがあるが、
同時に人の魅力もあろう。そのような魅力的な人材が日本にはいるのだろうか。
人を育てることは、外交を育てるということでもある、ということを忘れてはなるまい。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 01:18:03 ID:I+86efS9
確かにトルコ外交はバランス感覚が優れているな
馬鹿ポーランドとは大違いw

ポーランドは異常なロシア挑発を繰り返し
結果、ガスパイプラインはポーランド迂回でトルコ経由に収まった
ナブッコ、サウスストリーム共にね

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 19:58:55 ID:E5OeGKqP
Bulent Korucu コラム:民主主義の首にかかった輪;9月17日 2009年09月18日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/yazar.do?yazino=893711

 1961年9月17日は、我々の民主主義史上、最も暗い日だった。血塗られた
クーデターによって残忍に殺害されたアドナン・メンデレス首相の処刑日を、
私たちはそれに相応しい形で思い起こしているとは言えない。

 相応しい形で思い起こすと言う時、それは嘆きの声をあげることを言って
いるのではない。残念ながら、私たちはその日を思い起こさなくてはならない
国である。この国では首相たちが未だに「私は2つのシャツを持っている。
一つは処刑着、もう一つは晴れ着だ」と述べざるをえないのだ。十分に思い
起こさず、しかるべき程度の分析ができていないために、私たちはこの地点
に居るのかもしれない。首相を絞首刑にした不名誉では十分ではなかった
というかのように、私達はこの脅迫を政治家達の頭にちらつかせ続けている。

 メンデレスの処刑は、ありふれた政治家殺害をはるかに超える影響力を
もっている。そもそも、殺害を計画し実行した者たちの目的もこれであった。
あの不吉な写真が政治家の意識下で常に鮮明に残るよう期待された。
こうして「節度を超えた者の末路」を知るようにと仕組まれたのだ。人々は、
メンデレスとその友人らの尊厳をすぐに回復させた。彼を継承すると主張
する政党に、脅迫や威嚇にも拘わらず票を投じ続けた。しかし、メンデレス
と同様の正義と寛大さを政治家たちが示し得るには、29年の歳月とトゥル
グット・オザルの首相就任が必要だった。

 オザル政権下の1990年にメンデレスの墓所の移設に参加した何十万
もの人々の存在は、復権の証となった。オザル以前に何年もメンデレス
の遺産によって政治を行っていたスレイマン・デミレルとその仲間は、
墓所を移設しなかった、あるいは移設できなかった。彼らは、さらに、
積極的な役割を果たした1997年2月28日のポストモダン・クーデターを
正当化し、エルゲネコン組織を擁護するために、『鉄のカラット』(訳注)を
非難することすら試みた。彼らとクーデターを称賛する者らへの返答を、
メンデレスの息子であるアイドゥン氏が『アクシヨン』誌に寄せた。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 20:02:39 ID:E5OeGKqP
 「彼らの人格の一部は、共和人民党的である。諸条件が変わると、
彼らの政治思想の化けの皮は剥れた。彼らの告発を批判と捉えるなら、
私はこれを殊更、重視はしない。しかし、彼らのこのやり方は批判という
次元を残念ながら超えている、特にいくつかのメディア機関のそれは。
彼らは『我々はメンデレスを絞首刑に処した、お前もそうする』と言って
いる。これは、クーデターや絞首刑を使った現政権への脅迫である。
別の点では、未だに恥じることなく『我々が1960年クーデターを実施
させた、我々が3人を絞首刑にさせた』と言って自慢し続けている。
これは、それらのメディアの所有者たちにとっても、恥ずべき状況だ。
現在、人々は『我々はこの映画を二度、見た』といいだしはじめている。
いや、この映画を二度とくりかえさせてはならない。」

 処刑着と晴れ着というシャツの表現は、故オザルも使っていた。
残念なことに、オザルも、現在同じ言葉を繰り返しているタイイップ・
エルドアンも意味なくこれを述べているのではない。トルコはクーデター
を懐かしむ者から解放されてはいない。この21世紀に、テレビ画面で
クーデターは合法だったと擁護する知識人たち(!)を私たちは見ている。
ある高等裁判所で主任検事の立場にある法曹人(!)は、60年クーデター
を人々はお祭り気分で受けとめた、と主張している。民主主義の支持者は、
これほど無責任かつ声高に自らの見解を弁護できていない。
 
 全てのクーデターの原点にある60年クーデターを清算することなしに、
またそれを相応しい形で裁く事なしに、民主主義が定着するとは思えない。
メンデレスの最期は、クーデター支持者らがトルコ国民や政治家の意識下
に植えつけた威嚇である。それを抜きとり捨て去ることなく、この土壌から
実りを得ることはできないだろう。私たちの首にかかった絞首刑の輪を取り
除かなくてはならない。私たちは9月17日をこうした視点で見る必要がある。

*訳註:
『鉄のカラット(Demirk?rat)』とは1930年代から1960年クーデターまで
(メンデレスの処刑まで)のトルコ政治史を、主として民主化過程を中心に
扱った書籍およびドキュメンタリーのタイトル(書籍は1999年、DVDは2007年刊)。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 15:43:14 ID:RALKxjXt
>>59
それ、フェトフッラー教団の御用達紙じゃん。
創価学会の聖教新聞や統一教会のワシントン・ポスト紙と
同様の存在だから、殆ど見る価値が無いよ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 18:33:11 ID:eVZt69dQ
ギリシャ、フランス製スカルプ・ミサイル配備?―イスタンブルも射程内
2009年09月22日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Dunya/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&KategoriID=19&ArticleID=1141925

 アメリカ政府がトルコに78億ドルのパトリオットミサイルシステムを売却
しようとしているという観測がここのところ議論されているが、ギリシャは
250キロメートルを射程圏内に収めるスカルプミサイルを配備した。

 ギリシャはフランスから250キロメートルを射程圏内に収めるミサイルを
購入した。配備されたスカルプ・ミサイルは、ミラージュ2000-5戦闘機で
使用される予定だ。タ・ネア紙はスカルプ・ミサイルが現在、タナグラにある
スィセアス空軍基地にあると報じている。

 同紙は、これらのミサイルによってギリシャが初めてトルコに対し軍事的
に有利な立場に立ったとの見解を示した。同紙に掲載された図によると、
ミサイルが西トラキアのメリチ地方から発射されればイスタンブルを、
ミディッリ(レスボス)島やロードス島から発射されればエーゲ地方の全てや
内陸アナトリアの一部が射程範囲に収められるという。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/25(金) 19:38:14 ID:eVZt69dQ
エルドアン首相の国連総会演説、キプロス問題見解をのべる
2009年09月24日付 Yeni Safak紙
http://yenisafak.com.tr/Politika/Default.aspx?t=24.09.2009&c=2&area=4&i=212754

 エルドアン首相は、キプロス問題について、「我々の目標は、両者に合意された
解決案を、遅くとも2010年春までに住民投票に付託するという点に置かれるべき
である。しかし、もし2004年にそうであったように、住民投票でギリシャ側が歩み
よらず、ふたたび解決に至らない場合には、北キプロス・トルコ共和国の国際
社会における地位を正常化させることは、もやは延期されえない事態となる。
それゆえ、交渉が永遠に続くものではないこと、現在開かれている交渉の窓口が
いつかは閉じられるものであることを十分に理解し、正常化交渉の成功のため
の努力がなされることが必要である」と述べた。

 エルドアン首相は、「全面的解決案は、すでに示されている国連のパラメーターを
基礎として到達され、キプロスに新しいフェデレーション建設を保障するものである。
この案が後見国であるトルコの100%の支持を得ているものであることを、ここで
改めて強調する」と語った。

 エルドアン首相は、「キプロス問題の公平で恒久的な解決は、東地中海世界を
平和、安定、協力の世界に変える上で、大きな貢献となるであろう」と延べ、次の
ように続けた。「この場を借りて、全ての人に自分に課せられたことをなすよう、
呼びかけます。その一方で2004年に国連全面解決策の内容を、自己を犠牲に
して受け入れたキプロスのトルコ系住民が、今なお理由のない孤立を強いられて
いることを忘れてはなりません。2004年に住民投票が不調に終わってことの代償を
トルコ側だけが払えばいいと考えることは、正義に反することです。キプロスの
トルコ系住民に対する制限の撤回は、不正義の解消となるだけでなく、問題の
解決プロセスを早めることにもなるようでしょう。」

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 22:18:41 ID:H8BSK5cS
 トルコがエネルギー資源の一大中継点となるために計画されたNABUCCOパイプ・ラインは、
通過各国の賛同を得て、ほぼ段取りは済んでいる。しかし、この構想はロシアにとって極めて
不利なものであるため、その後の進捗状況は当初考えていたようにスムーズには進んでいない。

 このNABUCCO パイプ・ラインを通じて、中央アジアのガスがヨーロッパの消費地に届け
られることになれば、ロシアは中央アジアに対する影響力を低下させるし、同様にヨーロッパ
諸国に対する影響力も弱まることになる。そこで当然の事として、ロシアは計画に直接間接的
妨害をしてきた。中央アジア諸国もロシアと陸続きであることもあり、ロシアを怒らせた場合の
危険性を考慮しなければならない。つまり、NABUCCOパイプ・ラインは完成しても、輸送する
ガスが無いという状況に陥る危険性があるということだ。

 そうなると、中央アジアに代わりイラクとイランとが、ガスの主な供給国ということになる。
イラクは今の段階では極めて前向きに、このトルコのプロジェクトを支持している。問題は、
もう一つのガス供給国であるイランだ。イランもトルコとの関係は良好であり、基本的に
NABUCCOパイプ・ラインを使って、ガスをヨーロッパ市場に送り出すことに反対ではない。

 問題は、イランの核開発問題が次第に険悪になり、アメリカを中心とする先進諸国が
イランに対する制裁を強化する方向にあることだ。もし、イランへのガソリン供給を止める
だけではなく、イランの経済を利するガスの輸出をトルコが助けることになれば、問題と
なってこよう。アメリカをはじめとする国々が、どこまでイランに対する制裁を強化させる
かにかかっているが、イランだけではなく、この新たな制裁の発動は、トルコにとっても
大きな影響を及ぼす可能性があるということだ。

 同時に、もし計画が失敗に終われば、中央アジア諸国はロシアのクビキから解放される
可能性はないと判断し、次第にロシア寄りに政策を変更していくことになろう。ヨーロッパ
諸国もまた、この計画が挫折すれば、ロシアによって常にガス輸送のパイプ・ラインの
コックをコントロールされるという状態になろう。アメリカはこうした事情を十分に考慮して、
イランに対する制裁を考える必要があるのではないか。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 06:30:15 ID:BnswJBSQ
ナブッコはそもそもイランのガスの為のパイプラインなの
ナブッコも供給先の一つに既にロシアが入ってんの
同時並行的にサウスストリームにはトルコも参加してんの

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 00:14:03 ID:xofiswyR
共和人民党バイカル党首、『EUとの関係は見直しの時期」 2009年09月24日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=956018

 CHPデニズ・バイカル党首は、「EUとの関係をリセットする必要がある」と述べ、
このことが、多岐に渡りより適切な解決策を生み出すことに繋がると主張した。
EU議長国スウェーデンの在トルコ大使館主催で行われた、バイカル党首のEU
諸国の大使らとの会談では、トルコ−EU関係、トルコ−アルメニア関係、
「クルド問題の民主的解決策」および一般的な政治が話題に上ったようだ。

 バイカル党首は、同会談で、トルコ−EU関係の進展がとても遅いこと、
むしろ停滞しているとの見方を明らかにし、これには多くの理由があると話した。
「EUとの関係において、現実的かつ楽観的でいるのは非常に難しい」と話す
バイカル党首は、関係見直しは不可避であると主張した。そして「EUとの関係を
リセットする必要がある。トルコ−EU関係がリセットされ、新たな地点に達すれば、
多岐に渡りより適切な解決に繋がる」と話し、関係がレールを踏み外さない程度に
見直されるべきとの見解を明らかにした。

 デニズ・バイカル党首は、EUがムスリムで政教分離されていて民主的な国と
よい関係を保つことが、EU自身のためにもとても重要なことであると話した。

 トルコ−アルメニア関係も話題に上ったと話すバイカル党首は、アルメニアが
占領したアゼルバイジャン領から撤退しない限り、トルコ−アルメニア国境を
開くべきではないという見解を再確認した。同党首は、アゼルバイジャンが
トルコのみならずEUにとっても重要な国であると主張した。

バイカル党首は、ヘイベリ島のギリシャ正教会神学校開設についても、トルコの
憲法や世俗主義システムに十分注意する必要があり、トルコとギリシャがお互いに
前向きな一歩を踏み出さなければならないと話した。デニズ・バイカル党首は会談で、
キプロスに関しても「トルコ−EU関係において、他の問題の解決のために利用される
べきではない」とコメントした。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/09(金) 19:59:35 ID:YpKitM/j
抗議はしても、Nike の靴は捨てがたい・・IMF抗議集会の学生たち 2009年10月05日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=899698

 ミーマール・シナン大学芸術学部の学生グループは、IMFと世界銀行の
会議に抗議した。しかし、反資本[主義]活動を行っている一部の学生が
ナイキ社製のスニーカーを履いているのが目撃された。IMF事務理事ドミ
ニク・ストロスカーン氏が投げつけられたのは、同社のスニーカーだった。

 ベシクタシュにある学校の校庭に集まったおよそ30人がスローガンと
プラカードを掲げてベシクタシュ広場に行進した。「IMFは出て行けこの
世界は私たちのものだ」「資本主義は出て行け大学は私たちのものだ」
形でスローガンを繰り返すグループは、「望むのではなく、抵抗するのだ、
学生がIMFをお出迎えだ」と書かれたプラカードを広げた。IMFと世界銀行
への抗議のプラカードを掲げる学生たちがフォーク、スプーン、盛り皿を
携えスローガンを続けた。

 記者会見において、世界の経済危機の原因がIMFと世界銀行が執った
体制であると述べられた。経済危機の原因となっているものが、危機を
解決しようとすることは理解できないとされた。会見の中で、IMFと世界
銀行による大学の商業化への要望に反対することが求められ、
「我々は自由で民主的な大学のために教育の無償化、生存権を守る
ためにIMFと世界銀行に『立ち退き』を主張しなければならない」
と述べられた。グループはしばらくの間さらにスローガンを叫び、
その後静かに解散した。

 このとき、抗議活動に参加した約30人の活動家グループのうち幾人かが
ナイキ社製のスニーカーをはいているのが目撃された。会議中、IMF事務
理事ドミニク・ストロスカーン氏に同社のスニーカーが投げられた。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 20:48:39 ID:77t4ZPe6
トルコ・アルメニア合意文書調印、読み上げられなかった外相メッセージ
2009年10月12日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=958788

 スイスのチューリヒでの、トルコとアルメニアの関係正常化文書の調印式で予定
されていた演説は行われなかった。アフメト・ダヴトオール外相は、二国間の共通
の歴史の「悲痛な部分」について意見の相違があるとし、共同歴史委員会が、
真実に明らかにすると信じると発言しようとしていた。ラディカル紙は、ダヴトオール
外相がアルメニア側の反対のため読み上げらることができなかった演説のテキスト
を入手した。この歴史的調印式での「読み上げられなかったメッセージ」は、
次のようなものであった。

 本日、トルコとアルメニアは、新しい地平にむけて一歩を踏み出すため、ここに
立っている。この道は、長く困難なものだが、しかし乗り出すに値する道である。
この旅は、本日ここにいる友とともに、また、コーカサスの全ての人々とともに、
手を携えてこそ、進んでいけるものである。

 その一歩を踏み出すまでに非常に長い時間を要した、勇気ある一歩の結果
として、あるビジョンの機が熟したのを自分の目でみることができ、自分をとても
幸せものだと思っている。すべての人を幸せにし、誇りに思える瞬間を今、我々
は生きている。数年前には、この段階に達することは無理だという人々がいた。
それが間違っていたことを証明した。

 今日、我々は、関係の正常化プロセスにおける重要なステップを祝おうとして
いる。2007年8月に始まり、この調印式を至る交渉が、二国を互いに接近させた。
この歴史的転換点において、世界の全ての場所に住むトルコ人やアルメニア人、
そして世界の全ての人々に、次の呼びかけを行いたい。もはや、この地域の安定
を脅かす「問題」とともに生きていくのはやめようではないか。解決されなかった
問題、互いを脅かす敵対心には別れを告げよう。異なる見方のある問題を解決し、
この地域の全ての人々の間で、調和、協調、そして平和を築こう。全ての人のため
となる新しい秩序の構築に力を合わせよう。コーカサスに、広汎な正常化をもたらす、
新しい共存・協働の未来に到達しよう。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/13(火) 20:52:02 ID:77t4ZPe6
 我々はこの地域の平和・安定を希求している。隣国の平和は、我々にとっての
平和でもあるからだ。広汎な平和の達成のため、本日、ここにいる国々を含め、
全ての者に任務がある。平和を達成することが容易でない事は、皆が知っている。
困難を極めるこうした一歩は、夢と勇気をもった者だけが踏み出すことができる。

 関係正常化は、双方が示した勇気と断固たる政治的意思を今後も継続できるか
否かにかかっている。トルコは、隣国であるアルメニアと、共通の未来の像を描く
用意がある。協調とよき隣国関係の構築を目標とする二国の歩みが、南コーカサス
における新しい協調の助けとなることを期待している。この地域で、「今日」を形作り、
「未来」を用意する手法は、これしかないからである。

 本日調印された文書は、トルコとアルメニアの人々が新たな友好関係を築き、
新しい世代へ、共存と繁栄の未来にむけてともに生き、ともに働くというメッセージ
を送る、重要な土台となるものである。合意文書は、私たちに、トルコとアルメニア
の人々の平和に貢献する多くの可能性をもたらしてくれる。トルコは、この機会を
最大限に利用し、アルメニアと共に努力する所存である。

 トルコとアルメニアの人々の間には、共通の過去の、非常に「悲痛な部分」に
ついて見解の相違がある。この理解の相違が、次の世代へ、先入観や復讐の感情
として残ることを防がなくてはならない。二国間関係改善のための合意文書は、
この点にも触れている。傘下の委員会が、歴史の「悲痛な」部分に関する、必要な
科学的な検証を行い、歴史の真実を明らかにするものと信じている。ふたつの、
偉大で誇り高い民族の記憶の衝突を過去の遺物とし、歴史の真実で向かい合い、
正しい記憶に到達するための唯一の方法はこれである。

 私は、この合意文書を、トルコ共和国の名のもとにサインをすることを大変名誉
に思います。この文書が、この地域における広汎な「正常化」と、広域的な「平和」
に貢献することを祈念します。今日は平和の日、今日は勇気の日といえましょう。
この会場にお集まりの皆さんが、この平和への夢を共有してくださることを、
心から信じるものです。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/14(水) 13:04:50 ID:GU34137i
Yurtta Suhl, Chianda Suhl !

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/15(木) 12:47:38 ID:dXqBuhD9
トルコ・アルメニア合意文書署名の舞台裏―ロシア外相のメモが決め手?
2009年10月12日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Dunya/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&ArticleID=1149250

 スイスのチューリッヒ市で土曜日、トルコとアルメニアの外務大臣の間で
合意文書へのサインに至る前に生じた危機が、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ
外務大臣のメモにより解決されたとの情報が流れている。

 ロシアの主要紙「コメルサント紙」は、チューリッヒ大学で生じた混乱を、
署名式に参加したロシアのラヴロフ外務大臣が解決したと伝えた。
アゼルバイジャンでも掲載された記事によると、緊張が高まったのを受け
ラヴロフ大臣は、アルメニアのエドゥアルド・ナルバンジャン外相に「静かに
合意書にサインして、退席せよ」と書かれたメモを手渡した。

 ナルバンジャン外相は、ラヴロフ露外相の指示に従って署名せざるを
得なかったという。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 15:26:16 ID:OFlrsbvI
 トルコの国営テレビTNTで、連続ドラマ(ドキュメンタリーのような形式)が始まった。
番組はアイリリク(ファーウエル)というタイトルだ。この番組が今、とんでもない問題を、
トルコとイスラエルとの間に引き起こしそうになりつつある。

 このアイリリクは、イスラエルが昨年12月にパレスチナのガザを攻撃した時の話題を
テーマにしたものであり、極めて生々しい内容になっているようだ。たとえば、自分の
赤ちゃんを頭上に持ち上げて降伏の意思表示をしている父親に対し、イスラエル兵が
停止命令をし、赤ちゃんを銃撃するシーンや、老人男性を膝まづかせて蹴飛ばすという
シーン、パレスチナ人を一列に並ばせて銃殺するシーンなどがあるということだ。
イスタンブールに住むユダヤ人女性は、番組に登場するイスラエル兵が、トルコ人では
なく、イスラエル人だと主張している。少なくとも、彼女にはそう見えるのであろう。

 イスラエル政府はこのトルコのテレビ番組に対し、非情に神経を使って対応している
ようだ。在イスラエのトルコ大使をリーバーマン外相は呼び、説明を求めたようだが、
番組の内容を全面否定できないところに、イスラエルの弱みがあろう。この番組の
製作者であるトルコ人、セルジュク・コバノール氏は、番組の内容はあくまでも事実を
元にして製作したものだと主張している。

 トルコには現在、26000人のユダヤ人が居住していると言われているが、彼らは
この番組が原因で、トルコ社会の中に反セムの動きが起こることを警戒している。
番組はあくまでも事実を元にして製作されているかもしれないが、現時点でこうした
内容の番組が放映されることは、極めて刺激的ではないのか。トルコはつい先日、
NATOの軍事演習に、イスラエルが参加することを拒否したばかりでもあるからだ。

 トルコの一連の厳しい姿勢が、盟友であるイスラエルに対する反省を促す目的で
あることを願う。誰の目にもガザ攻撃は、酷過ぎるものであったからだ。イスラエルの
ガザ侵攻で1500人前後のパレスチナ人が殺害され、そのうちの773人は非戦闘員
であり、252人が子供、111人が女性だったという報告が出ている。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/19(月) 20:14:10 ID:b1za0w0F
国営テレビTNTって何だ?
電波を宅急便で送るのか?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/20(火) 20:31:52 ID:Z01YVexk
イラク訪問中のエルドアン首相、バグダード鉄道建設などで合意
2009年10月15日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/dunya/12696052.asp?gid=229

 トルコとイラクとのあいだで、国境検問所の数が3つに引き上げられること、
イスタンブール--バグダッド間に鉄道を建設することが決定された。

 レジェプ・タイイプ・エルドアン首相と同行した代表団は、バグダッドでイラクの
政府関係者と会合した。両国の政府関係者の間で行われた会合では、イラクと
トルコの間の国境検問所の数を3つに引き上げることが合意された。アフメト・
ダヴトオール外務大臣は会合後に行われた会見で、イスタンブル-バグダード間
に鉄道が建設されるとの情報を伝えた。

 代表団による会合以外にも、エルドアン首相は、イラクのヌーリー・アル・マリキ
首相や、タールク・アル・ハーシミー副大統領、アーディル・アブドゥルマフディー
副大統領とも、それぞれ別々に会見した。

 エルドアン首相のイラク訪問中に行われる予定のトルコ・イラク高等戦略協議会
共同内閣会議の間に、計48の同意覚書に署名がされる予定である。情報によると、
既に、貿易、内務、公共・住宅建設、保健、運輸、水源とその周辺域、エネルギー、
農業に関する同意覚書に署名が行われた。

 代表団による会合では、別に安全保障協定にも署名される。
一方、「テロとの戦い協定」についても話し合いが続けられていることがわかった。

■「キルクークは特別な像法的地位を持つべきだ」

 CNNトルコは、タイイプ・エルドアン首相がイラクにおける交渉のあと、
「キルクークには特別な法的地位が与えられるべきだ。キルクークを民族分布
の要素からだけ考えるべきでない」と話したと伝えている。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/24(土) 21:37:21 ID:6q0JodHe
PKK投降の34名全員、取調べの後、釈放 2009年10月20日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=960188

 アブドゥッラー・オジャランの呼びかけに応えてトルコに入国した34名のPKK
(クルド労働者党)メンバーの全員が釈放された。ベシル・アタライ内務大臣は、
PKKメンバー34人の投降に関して声明を発表した。「昨日(19日)やってきた
グループは計画のほんの一部だ。グループ数は最終的に100〜150に達する
のではないかと思う。ヨーロッパからもトルコに帰国するものが出るだろう。」

 カンディル・キャンプからやってきて逮捕状が出されたPKKメンバーのヴィラ
エト・ヤクトとエリフ・ウルダーも釈放された。この結果、トルコに入国したPKK
メンバー全員が釈放されたことになる。

 DTP(民主市民党)の国会議員らはハブル国境検問所近辺に赴き、キャンプ
でのユニフォーム姿のPKKメンバーを党のバスに乗せて大型トレーラー(TIR)
ターミナルの側の集会会場に向かった。この際、道は歓迎の党員たちで大混雑
となった。釈放された人々が「(後悔し投降した者への)特赦法 」の適用を求め
ていることが明らかとなった。容疑者らの供述により、この法の適用が可能に
なったと発表された。

 シュルナク県のスィロピ郡近くのハブル国境検問所で投降し、直後に釈放
された34名は、DTP(民主市民党)のアフメト・テュルク党首とともにハブル国境
検問所を後にした。DTPのアフメト・テュルク党首は、イラクのカンディル、マフ
ムル地域からやってきて釈放された34人のグループを出迎えるために国境
検問所付近に集まった群衆に向けて演説し、「あなたがたのこの協力に感謝
します。クルド問題解決のために皆さんは多大な努力をしているのです。
この努力が続くだろうと私は確信しています。我々の道のりは長く、この後に
スィロピ、ジズレ、ヌサイビン、クズルテペやディヤルバクルが我々を待って
います。皆さんに感謝します」と述べた。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/25(日) 23:57:16 ID:wiDdjOWA
ギュル大統領、PKK投降歓迎のお祭り騒ぎを批判 2009年10月22日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=906476

 アブドゥッラー・ギュル大統領は、テロ組織メンバーの投降に伴った騒ぎが
「挑発的」であるとし、「一方(トルコ政府)が、平和を、血を流すのを止めようと
しているのに、もう一方がその意味を理解せず、この種の示威行動、この種の
限度をこえた行動に及ぶことを、受け入れることはできない」と述べた。

 ギュル大統領は、カザフスタンのヌールスルタン・ナザルバエフ大統領と共に
大統領官邸で行なわれた会合の後に行なわれた記者会見で、新聞記者の
問いに答えた。テロ組織メンバーの投降に伴い起こった騒動に関した質問に
関して、ギュル大統領は以下のように述べた。

 「ご指摘の光景は、のぞましいものではない。はっきりいいますが、私は
この騒ぎには賛成できない。これは挑発的な光景だ。一方が、平和を、血を
流すのを止めようとしているのに、もう片方がその意味を理解せず、この種の
示威行動、この種の限度をこえた行動に及ぶことに、賛成することはできない。

強調しますが、この観点でみんながちょっと冷静に考え、そして行なわれた
この大きな功績に対して節度を越えた反応をやめることをここに提案する。
(テロとの戦いでの)多くの人の苦しみに対し、この苦しみの終焉をめざし、
トルコのすべてのエネルギーを国の発展と、地域間の収入格差の解消に
向けて進もうとしてるときに、そのために寛容を示そうとしているときに、まるで、
これをやめさせようというかのような行動に及ぶことは、適切なことではない。」

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/26(月) 19:03:53 ID:kSwrqkVy
フランス警察、PKKフランス本部を家宅捜査 2009年10月20日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=905828

 トルコでクルド問題解決の動きが続いている一方で、フランスは、
PKKの国内での活動への取り締りを強めている。フランス警察は今日20日、
テロ組織PKKに関連するパリのアフメット・カヤ文化センターへの家宅捜査を
行った。その際、家宅捜査に抵抗するグループと衝突した。

 2007年にテロ組織PKKのフランスでのメンバーや金銭のルートを調査した
フランスのテロ対策部隊は、PKKの取締りを続けている。フランス警察は、
今日パリにおけるPKKの活動拠点として知られるアフメット・カヤ文化センター
と何人かの幹部の家を同時に家宅捜査した。

 一連の家宅捜査は、PKKが暫く前にフランスで始めた活動資金キャンペーン
に関連しているとされている。PKKが「(資金提供を)無理強いした」クルド人
中小業者が、フランス当局に訴えたと明らかにされた。フランス治安当局は、
以前にも家宅捜査の対象としたアフメット・カヤ文化センターでの捜査と
尋問をお昼頃まで続けた。

 警察は、アフメット・カヤ文化センターで発見したテロ組織に関する多くの
資料を押収した。組織幹部のうち数人も監察下に置いた。家宅捜査の際、
テロ組織協賛者60名から成るグループが文化センターの前に集まった。
メンバーは、「フランスはファシストだ」、「我々は皆PKKの一員だ」という
スローガンを掲げ、警察車両の前に寝転び家宅捜査の中止を求めた。
石やガラス片を投げ家宅捜査に抵抗したグループは、警察の催涙弾に
よって遠ざけられた。

 また一方では、PKKの「ヨーロッパの金庫番」として知られるネディム・
セヴェン氏が明日、パリ司法裁判所に出廷する予定である。パリ裁判所は、
トルコ側からのネディム・セヴェン氏の強制返還要求に対して判断を下す
ことになっている。裁判所は、トルコに追加情報を要求しているのを理由に、
審理を長期にわたって延期していた。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 16:06:05 ID:VsDxyFO0
戦死者遺族、PKK投降者歓迎へ反発のデモ 2009年10月23日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=907123

 テロ組織PKKから投降した34人が英雄のように歓迎されたことが、
世論の大きな反発を招いた。その映像は、戦死者遺族を怒らせた。

 昨日(22日)、エディルネカプ戦死者記念碑に集まった、「トルコ戦争負傷者・
殉職者、戦死者遺族・孤児協会」会員の一部は、サラチハーネにあるイスタン
ブル広域都市市役所まで行進した。道路を封鎖した50人からなるデモ隊は、
「PKKに罰を!」、「戦死者たちはここだ、市民はどこだ?」などのスローガン
を掲げた。

 市役所の前で(機動警察隊の)バリケードがつくっているのをみた戦死者
遺族らは、警官らと口論し、「私達はPKK関係者か、なぜ目の前にバリケード
を作るのか?」と責めた。市役所の前で短い声明を発表したこのグループの
メンバーは、PKKメンバーが英雄のように歓迎されることは非常に遺憾であり、
日曜日にアンカラで抗議のデモを行う旨を告げた。更に、独立行進曲(トルコ
の国家)を歌った戦死者遺族らは、静かに帰路に着いた。

 戦死者遺族らは、イスタンブルだけでなく、エディルネ、アンタルヤ、サムスン、
イスケンデルンでも抗議行動を行った。「エディルネ戦死者遺族連帯・幇助協会」
の庭は、この地区の117人の戦死者を象徴する177のトルコ国旗で飾られた。
「アンタルヤ戦死者遺族・殉職者協会」の集会でも、ある戦死者の母親が涙を
流した。ハッカーリ県のチュクルジャ郡で1995年に戦死したエルギュン・ビル
ギチさんの母親であるファトマ・ビルギチさんは、息子の勲章を示しながら、
「15年間この勲章を常に持ち歩いています。今、この勲章をわたしから取り
上げて、あのテロリスト達にあげてしまえばいい」と不快感を示した。

 サムスンのある小売商達は、金曜礼拝の間、仕事場に掲げたトルコ国旗の
下で礼拝をしながら、一連の出来事に対して静かに抗議をした。ハタイのイス
ケンデルン郡においても戦死者遺族及び戦争負傷者達がテロリストが祝賀
モードで歓迎されたことに対し抗議した。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 16:13:32 ID:VsDxyFO0
MHPバフチェリ党首のPKK投降評「連中は、メッカ巡礼団かい」 2009年10月21日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Siyaset/HaberDetay.aspx?aType=HaberDetay&KategoriID=4&ArticleID=1152738

 民族主義者行動党のデヴレット・バフチェリ党首は、イラク北部のカンディル、
マフムル・キャンプから訪れた34人のPKKグループについて、「メッカから帰還した
巡礼団ではなく、手に赤子の血が付いた裏切り者のテロリストたちだ。この愚行の
企ては黙許するよう望まれた一連の愚行の一つだ。PKKがトルコにではなく公正
発展党がPKKに投降したのである」と話した。

 バフチェリ党首は、昨日(20日)民族主義者行動党グループ会議において、
以下のような主旨の内容を述べた。

 PKKに属するテロリストたちを迎えるべく、多くの受け入れ委員がテントを張り、
まるでマーチと歓喜の歓声と共に迎えられたことは、公正発展党の思考の産物だ。
拍手により迎えられた者たちはメッカ巡礼から帰還した巡礼団ではない。外国から
完全に帰国した国外居住者ではない。外国の国土において名誉とともに国民を
代表したトルコ兵の部隊などでは決してない。彼らは、手に赤子、女性、殉職者の
血の付いた、武器に無罪の何千もの国民の血を塗りつけた残虐なテロリストたちだ。

 政府が問題解決の名を付けた背信に対し未だに耳を傾ける者たちに問う。
ここ最近の背信の舞踏会において、武器を誰が手放したのか理解している者は
あなた方の中にいるであろうか。投降した者らに降伏、後悔、罪の感情や国民に
対し恥じ入り赤面するようなことがあるであろうか。昨日犯した大虐殺を明日は
しないだろうとする品行や改善の兆候があるであろうか。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/27(火) 16:20:10 ID:VsDxyFO0
 この愚行の企ては、エルドアン首相の作品であり、まるで問題解決策の典型的
な結果のようだ。黙許するよう望まれた一連の愚行の第一がこれである。これは
PKKの投降ではなく、公正発展党が我が国内で投降したことを示す歴史的醜聞、
背信、忌わしい行動の企てだ。PKKがトルコにではなく、公正発展党がPKKに投降
したのである。テロリストらの先陣は、問題解決策の熱愛者である首相と抱き合う
ため計算している。

 首相はこの計画を、志願して大西洋の向こうから受け取った。2009年における
EU進渉報告によりクルド問題解決の展望図が描かれた。詳細を話し合うため
10月29日に首謀者と面会する予定である。

 (アブドゥッラー・ギュル大統領による対立野党党首の国家安全保障会議への
加入提案について、ある新聞記者が質問したことを受け) 親愛なる大統領が、
主要な野党との対話を、自身の意見として提示したという点から重要と考えられ
得る。しかしタイミングという点では対話に野党を招くことが、クルド問題解決策
参加協力を得るための方途と考えているのなら、ハサン・ジェマル氏やジェン
ギズ・チャンダル氏がより適当である、と考えている。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:13:21 ID:Z/K/iupX
「イランには核の権利あり」イラン訪問中のエルドアン首相発言
2009年10月28日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Siyaset/HaberDetay.aspx?aType=HaberDetay&KategoriID=4&ArticleID=1155430

イランを公式訪問中のレジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、昨日会談した
イランのマフムード・アフマディネジャド大統領によって、イスラエルに対する
姿勢により賞賛の言葉で迎えられた。

イラン国営放送(IRIB)の報道によると、アフマディネジャド大統領は会談中、
エルドアン首相のイスラエルに対する姿勢が満足できるものであったと説明し、
「シオニスト体制に対する明確な対決姿勢はイスラム世界に肯定的な影響を
生み出し、多くの国を幸福にした」と述べた。「非合法国家が核兵器を保有して
いる状況で、他国が平和利用目的の核計画を立てることすらできない。これで
公正と言えるのか」と指摘したアフマディネジャド大統領は、イスラエルは
全国家にとって脅威を生み出していると述べた。

またイラン−トルコ間の協力関係が両国へ、(中東)地域へ、そして全イスラム
世界へ有益となると述べ、「地域の国々の繋がりがより強固になりお互いに
接近するにつれ、問題が解決し自分たちに対し悪い計画を立てる者を制約
することになる」と述べた。同大統領は「イラン側としては、トルコとの協力
関係に限りはない」と話した。

イラン国営放送は、エルドアン首相もイランの核保有の権利があると強調し、
「地球上で非核の呼びかけを行う者はまず最初に自分の国から始めるべきだ」
と述べたと伝えた。同首相はさらにナブッコ・パイプライン計画にも言及し、
「ナブッコ(計画関係者)はイランの存在の重要さを遅かれ早かれ理解すると
信じている」と述べたと報道した。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:14:21 ID:Z/K/iupX
エルドアン首相イラン訪問、天然ガス・パイプラインで合意
2009年10月27日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Dunya/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&ArticleID=1155201

 トルコはイランとともにサウスパルス地域で天然ガスを採掘する予定だ。
タネル・ユルドゥズ・エネルギー・天然資源大臣は、明日(28日)イランとの間の
天然ガスに関する合意文書に署名する予定だと明らかにした。

 レジェプ・タイイプ・エルドアン首相のイラン公式訪問に同行したユルドゥズ・
エネルギー・天然資源大臣は、テヘランで記者ら会見を行った。ユルドゥズ大臣は
イランでは憲法によれば資源の移送は問題にはならないと明かした上で、この国の
モデルに則して枠組合意を形成したと述べた。ユルドゥズ大臣はイランが石油、
天然ガス資源の点において豊かな国であるとした上で、「憲法によれば資源の
移送は問題にはならない。我々は同国のモデルに即して枠組合意を形成している。
できたら明日(28日)これに署名する予定だ」と語った。

 ユルドゥズ大臣は以下のように述べた。
「サウスパルス油田・ガス田でTPAO(トルコ石油機構)とともに調査を行う予定だ。
過去に署名された第21次、22次、23次ステージによってより豊かな地域であること
を我々が確信し、相互に話し合いをした上で決定された場所で調査が行われる予定だ。
調査を11月第1、2週には始めているだろう。ここには代表団とともに来る予定だが、
この代表団は技術的な調査活動を継続する予定だ。イランモデルは通常、建設―移譲
モデルである。この合意によって採掘される天然ガスや副産物の取引が問題となる」

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:15:33 ID:Z/K/iupX
 ユルドゥズ大臣はトルコに売買や取引の権利が生じると述べ、
「天然ガスの少なくとも半分がトルコ、あるいはトルコを通じて取引される予定だ。
約350億立方メートルのガスが産出されると予測される。購入、支払いモデルとは
やや異なっていると言える」と語った。

 大臣はイラン天然ガスがトルコにとってもヨーロッパにとっても重要な資源の
一つであると強調し、この資源はなんとしても利用されなければならないと述べた。
(記者からの)質問に関してナブッコのガス資源元の一つがイランとなり得るとも
述べたユルドゥズ大臣は、サウスパウスにおける調査活動費が40億ドルを越える
かもしれないと語った。

 「アゼルバイジャンの天然ガスには差額を支払うつもりだ。我々はアゼルバイ
ジャンと天然ガスに関する話し合いを続けている」と述べた大臣は、合意に到達
できるだろうと考えていると述べた。大臣は「両国とも様々な選択肢をもっている。
同胞のアゼルバイジャンの権利に不都合が生じないことを明らかにしたいと思う。
2008年4月以降の分に関し、アゼルバイジャン側に(差額分を)返済することも
あり得る」と語った。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/08(日) 20:08:57 ID:KG1Ix2Ct
 エルドアン首相とダブトール外相とが、タッグ・マッチで進める {大トルコ主義=
オスマン帝国への復帰?}の外交と内政は、ここに来て急ブレーキがかかりそうだ。
それは、アルメニアとの関係改善に加え、クルド問題の解決を急いだことから、
トルコ国民のなかに反発が出始めたためだ。トルコ国民の多くが(4万人程度と
いわれている)クルドのゲリラ組織PKKによって、殺害されているからだ。

 エルドアン首相は民族間の和解を進め、クルド問題を解決したいと考え、
その方向に国内政策のひとつである、クルド問題への対応を進めているが、
野党の中ばかりではなく、与党AKP内部にも不満を抱く人たちが増えてきている。

 ここで、エルドアン首相は強引に彼の政策を推進するのか、あるいは一旦立ち
止まって深呼吸をして、また手がけるのか思案のしどころであろう。しかし、彼の
性格から判断すると、どうも一旦停止をするとは思い難い。それのブレーキ役は、
ギュル大統領であろうか。エルドアン政権は彼の政策を国民にもう一度、丁寧
に説明する時が来ているのかもしれない。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 13:40:44 ID:E1hGYwfa
トルコのロックバンドmaNga(マンガ)にMTV最優秀賞 2009年11月06日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=963013

 トルコのロックバンドであるMangaが、MTVのヨーロッパミュージックアウォードの
祭典において、「ヨーロッパにおける最優秀歌手」に選ばれた。ドイツの首都ベルリン
にある、「O2ワールド」アリーナで行われたこの祭典でMangaは、この賞を著名な
グループであるBackstreet Boysから受け取った。

 Mangaのボーカルであるフェルマンは、受賞スピーチにおいて、
「ここベルリンは、多くのトルコ人が暮らしているので、親近感を抱いております。
ヌーリ・ビルゲ・ジェイラン監督がカンヌ国際映画祭で仰ったように、この賞は、
美しきただひとつのわが祖国を代表して受け取りたいと思います」と語った。

 この祭典で、“Single Lady”のPVによって「最優秀PV賞」、“Halo”で「最優秀
楽曲賞」を受賞したビヨンセは、同時に「最優秀女性アーティスト」としても賞を
獲得し、一度に3部門での受賞を果たした。

 「最優秀男性アーティスト賞」はEminem、「最優秀音楽グループ賞」をTokio Hotelが、
「最優秀ロックバンド賞」をGreen Dayがそれぞれ獲得し、「話題賞(最もブームを
起こしたアーティスト)」としてLady Gagaが、「最優秀パフォーマンス賞」として
アイルランド出身のグループであるU2が、「最優秀ライブ賞(最も素晴らしいライブ
を行ったアーティスト)」としてLinkin Parkが選ばれた。

 アイルランド出身のロックバンドであるU2は、この祭典の前に、ベルリンの壁崩壊
20周年を記念したコンサートをブランデンブルグ門の前で行った。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/15(日) 13:48:26 ID:E1hGYwfa
TUYAPの名誉作家はなぜ左翼系の人のみなのか 2009年11月08日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=912987&title=tuyapin-onur-yazarligi-solun-tekelinde-mi

 今日はイスタンブル・トルコイベントセンター(TUYAP)ブックフェアの最終日である。
イステンデル・パラ氏は水曜日にザマン紙に掲載された記事で、「ここ20年の間、
TUYAPの『名誉ゲスト』リストにはなぜ『右派』系の作家がいないのか?」と非難した。

 TUYAPコーディネーター取締役デニズ・カヴクチュオール氏は、このような差別は無い
と述べているが、パラ氏が投げかけたこの問題に関する右派側の意見は様々である。
ある作家たちは、一般的に「左派」と呼ばれる作家たちが「右派」を無視しているという点で
パラ氏に同意する一方で、この種の不平が無意味だと述べる意見もある。

 「…TUYAPは、右派の理念をもつイスタンブル広域市庁舎から、例えば、宣伝の援助を
得ることができたかもしれないし、フェアへ訪れる人々ための特別交通費を要請したり
できたかもしれないが、それ以上に、右派の作家を特別ゲストにする事を考えもしなかった。
考えたとしても、良心がこれを許さないだろう。誰もが知っているように、毎年、我が国の
先駆者である作家をTUYAPでは名誉ゲストとして紹介している。その名は世間で話題となり、
それについての催しがなされ、著書が前面に売り出される。」

 「この理由は、右派の作家たちが左派の作家たちより才能が無いと言う訳ではなく、
―それとは反対で、右派の一部作家たちは、左翼の作家たち全員をその才能で羨まさせ
ている―左派理念の視点が形骸化し、かつ「他人事を決め込む」姿勢をもっているから
である。私の嘆きが、時代遅れとなった右派―左派の考えによるものではない事を
お分かりだろう ― そうではなくて、私の目的は、右派と左派がもういい加減、共に
歩調を合わせることが必要であること、健全な歩みのためにこの協調が不可欠である
ことを喚起することである。しかしながらもう何度も経験し、よくわかっていること
なのであるが、1968年に活躍した、古い戦闘的世代が居なくなるまでは、
あの「他人事を決め込む」姿勢も我が国から無くなりはしないだろう…。」

(後略)

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 21:10:54 ID:EUenYd4Y
国会で歴史的1日―「クルド問題解決策」本審議はじまる 2009年11月13日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/gundem/12938824.asp?gid=229

 トルコ大国民議会の本会議で、クルド問題に関する「民主的解決策」の特別審議が
行なわれた。最初にアタライ内務大臣が登壇した。アタライ内相は、中期および長期に
とられる対策について説明した。

 アタライ内相に続いて、民主市民党(DHP)のアフメト・チュルク党首が壇上に登った。
チュルク党首は、この問題が、国家の失策の結果、起きたことを主張した。

 チュルク党首に続いて民族主義者行動党(MHP)のバフチェリ党首が演説した。
バフチェリ氏は解決策が延期されること、そしてMHPの提案が実行されることを求めた。

 バフチェリ党首に続いて共和人民党(CHP)のバイカル党首が演説した。
バイカル党首は、この案はPKKを喜ばせるだけだと述べ、「政権与党とイムラリ島の
オジャランが協力している」と述べた。

 バイカル党首に続いて公正発展党(AKP)を代表してオメル・チェリキ議員がマイク
の前に来た時、傍聴席の抗議行動が演説を遮った。シャーヒン大臣は傍聴席の
カーテンを閉めた関係者らを厳しい言葉で咎めた。そのあと壇上に登ったエルドアン
首相は、野党について言及し、「このプロセスに反対する者は、戦死者の棺の数が
増えることを望んでいる」と述べた。エルドアン首相のこの言葉は共和人民党党員ら
の反発を呼んだ。共和人民党は本会議場から退席した。

■バイカル:こんな馬鹿な話はない

 エルドアン首相の「野党は戦死者の棺の数が増えることを望んでいる」という発言
を批判した共和人民党のバイカル党首は、「国を解体しようとしている」と述べた。
バイカル氏は、「すべてが明らかだ、最善の形であなた方メディアが論評すると
信じている。国を壊し、誘惑し、解体しようとしている。野党に対して戦死者の棺が
運ばれてくることを望んでいると言い、首相も含め誰も口にすることのできない
主張を、恥ずかしげもなく口にしている」と述べた。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 21:13:23 ID:EUenYd4Y
■バフチェリ「恥ずべき演説」

 民族主義者行動党のデヴレト・バフチェリ党首は、エルドアン首相の野党に対する
批判に厳しい返答をし、「大変恥ずべき演説をした。地位にふさわしくないやり方だ。
時間が経つにつれて一層混乱している。一度、我に帰って考えたらいい」と述べた。
バフチェリ氏は、記者らの「会場から退席することは考えましたか」という問いかけに
「民族主義者行動党に放棄という概念はない」という返答をした。「クルド問題解決策
に関して十分な情報が得られたか、得られなかったか」という問いかけには、バフ
チェリ氏は、国会でもう一度審議が行われるべきだと述べた。

■国連の任意議定書が数日のうちに国会に

 ベシル・アタライ内務大臣は、国連の「拷問と暴力のに関する任意議定書」が数日
のうちに国会に提出されることを明らかにした。アタライ内相は、本会議審議の間中で、
クルド問題の民主的解決策に関する要素がその中に含まれるとされる任意議定書が
数日のうちに国会に提出されること、他の提案の提出については数週間かかることを
明らかにした。アタライ内相は、任意議定書の特徴は、拷問についてトルコが国際的な
査察に開かれているということだと説明した。アタライ内相は、「この査察は強制力の
あるものなのか」との問いにもちろん強制力があると答えた。アタライ相は、首相府の
人権委員会がより独立した状態になるであろうと説明した。

■チュルク党首「どこにも具体的なことはない」

 会議が終了した後、民主市民党のアフメト・チュルク党首は、次のように答えた。
「中どこにも具体的なことはない。ただ、そこには、民族主義者のMHPとナショナ
リストであるCHPの言い方を非難する発言があっただけだ。しかし、プロジェクトの
内容がはっきりしてくれば、より正確に評価できるだろう」。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/01(火) 18:14:40 ID:rL/Nby7M
犠牲の羊・牛を切ろうとして怪我―今年も2365人が病院へ 2009年11月27日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Yasam/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&KategoriID=15&ArticleID=1167076

 専門の肉屋でないひとたちが、(決められた場所以外の)かってな場所で
犠牲獣を屠る一方で、ナイフや肉用の大包丁、斧で2365人の人が自らを傷つけ、
病院へ駆けつけた。

 犠牲祭の初日の動物の解体の際に、再びお馴染みの光景が出現した。
「素人肉屋」がかってな場所で犠牲獣を屠る一方で、ナイフや肉用の大包丁、
斧で2365人の人が自らを傷つけ、病院へ駆けつけた。犠牲獣解体の間に、
心臓発作や脳内出血に見舞われた人も出た。

 犠牲獣の解体で死亡するという結果になった事件が、コンヤで起こった。
市中のカラタイ郡のサラズオール区に住む76歳のムーサ・ヴェリムさんは、
今日午前9時30分に彼の子どもたちと共同購入した犠牲の子牛を解体しようと
したところ、興奮して心臓発作を起こした。ヴェリムさんは救急車でコンヤ
一般病院に搬送されたが、施されたすべての手当ても虚しく人生を終えた。

 スィヴァス県のエセンテペ区では、自宅の庭で犠牲の子牛を解体している時、
無理をした75歳のムスタファ・カルスルさんが脳内出血に見舞われた。スィヴァス
一般病院に搬送されたカルスルさんは、ここで応急処置を受けた後、ジュム
フリイェト大学の医学部病院に移された。

 またもスィヴァスでは、解体するために横倒しにしようとした犠牲の子牛の
上に倒れた80歳のヒルミ・オズデミルさんが足を骨折した。オズデミルさんは
病院で手当てを受けた。チャイボユ通りでは55歳のイブラヒム・ウユマズさんが
犠牲獣解体の際に、手に紐が巻きついた結果、左手の指2本を切断した。
ウユマズさんはジュムフリイェト大学病院に運ばれ、指は縫合された。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/05(土) 19:56:51 ID:Zm2KFd4w
 トルコの周辺諸国への外交活動が、最近目立って成果を上げている。
たとえば、これまでは無かったビザの相互免除に合意した国は、シリアや
イラクのクルド、アルバニア、リビアといった国々だ。

 これらの国々は、いずれも経済交流の活発化、平たく言えば貿易の拡大を
合意しているし、投資や技術協力も行っていくということに合意している。
リビアなどはこれまで未払いとなっていた債務の支払いも、エルドアン首相の
訪問を機に合意し、新たな大型計画のトルコ企業への発注を決めてさえいる。

 こうした国々の動きを見てか、ヨルダンもトルコとの踏み込んだ協力合意を
行うに到った。ヨルダンのアブドッラーU世国王は、トルコのギュル大統領の
ヨルダン訪問により、先月アンカラを訪問したヨルダン代表ナーデル・ダハビ氏と、
エルドアン首相との間で基本合意を交わしていた協力項目について、正式に
合意を交わしている。合意内容は経済、技術面での協力だが、相互の投資に
ついても合意に到っている。ビザについてもほぼ相互免除に到ったようだ。

 トルコの通商大臣の語ったところによれば、2008年に4億8600万ドル
だったトルコとヨルダンの通商額を、今後2年以内に、10億ドルまで拡大する
方針だということだ。ちなみに、今年前半も両国間の貿易額は、1億5000万
ドルの増となっている。また、トルコのヨルダン投資額は、9000万ドルに
のぼっている。

 このようなトルコの周辺諸国への外交攻勢の勝利は、トルコが唯一、
西側先進諸国に対して思い切った発言が出来ることと、中東地域で最も
工業力がついたためであろう。

 アメリカがこのトルコの中東地域諸国への台頭を許しているのは、トルコを
中東地域のまとめ役にすることにより、アメリカの世界中への貢献の負担を
軽くしよう、という意図かもしれない。つまり、トルコの中東地域での著しい
台頭は、アメリカの弱体化の裏返しなのではないか。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/08(火) 18:41:23 ID:pK4NvdPU
エルズンジャンでイスマイルアー教団に刃向うと・・・逮捕劇、相次ぐ
2009年12月05日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=967649

 エルズィンジャンでイスマイルアー教団、フェトゥッラー・ギュレン教団に関し、
ふたつのがふたつの調査をはじめたところ、逆に3つの行政裁判の被告となった
エルズィンジャン検事局イルハン・ジハネル検事長と、ジハネル検事が始めた
イスラマイルアー教団に関する取り調べに関し、その権限は自分にあるとした。

 この取調べの任にあたった3人の軍警察諜報部の職員の逮捕を要求した
エルズルム重罪裁判所オスマン・シャナル検事の間の対立は、新しい局面を
迎えている。すなわち、オスマン・シャナル検事は特別共和国検事としてエル
ズィンジャンでエルゲネコン調査に関連し、国家情報機関(MiT)長であるS.D
および2名のMiTメンバーを逮捕した。

 エルズィンジャンで近頃多発している拘束・逮捕劇がまたひとつ増えることに
なった。エルゲネコン調査の一環で12月4日にエルズルムからエルズィンジャン
を訪れた特別共和国検事オスマン・シャナルは、警官らとともにオルドゥ通りの
MiTの建物へ向かった。MiTのS.D局長と2名のMiTメンバーを拘束したオスマン・
シャナルは、MiTメンバーらの職場と自宅を捜索した。拘束されたMiTのS.D局長
とメンバー2名はエルズルムへ連行される予定である。

 エルズィンジャンでは、同調査の一環として、11月18日には軍警察県司令部
情報局副局長のエルスィン・エルグト中尉とオルハン・エシルゲル軍曹長、
11月25日には情報局局長のネディム・エルタン少佐が拘束された。彼らは、
エルズルムで出頭した裁判所の決定によって逮捕され、刑務所へ送られた。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/08(火) 18:49:40 ID:pK4NvdPU
ジズレ、ウルファ、ドウバヤズィット・・・南東アナトリア各地での騒乱つづく 2009年12月05日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Yasam/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&ArticleID=1170072

 南東アナトリアで、緊張が高まっている。ジズレ、シャンルウルファ、ドウベヤズット、
ユクセコバで起きた衝突は、騒乱に発展している。

 アブドゥッラー・オジャラン終身刑囚が収監されている刑務所の境遇を改善を求め、
ジズレでDTPによって計画されたデモに対し、警察は認めず、デモの許可を与えなかった。
アタテュルク公園には、今朝早くから、DTP所属のシュルナク市のラマザン・ウイサル
市長や、イディル、シロピ、ジズレの各市長を含む約4千人が集まった。

 ジュディ地区とヌフ地区でも、200メートルの距離にあるアタテュルク公園へ行くために
約1000人が、イディル幹線道路上に集まった。参加者たちは、幹線道路上にある幹線
道路管理局の中庭で警備についていた機動隊と、特別機動部隊に対し、投石した。
警察は、グループを解散させるため、装甲車から高圧放水を行い、催涙弾を使った。
戦場と化したジズレでは、裏道に逃げ込みバリケードを作った参加者たちと治安部隊
との間で衝突が続いている。

 シャンルウルファでは、民主市民党(DTP)の主催した、テロ組織のリーダーである
アブドゥッラー・オジャランの刑務所での境遇に抗議するための会合の前に行われた
デモ行進で事件がおきた。デモには、DTP所属の国会議員たちと、テロ組織の長
アブドゥッラー・オジャランの兄弟であるメフメト・オジャラン、ファトマ・オジャラン両氏
も参加し、オジャランとPKKを擁護するスローガンを叫んだグループが、アルペレン
組織の事務所といくつかのオフィス、そして警察に石を投げた。

 デモ隊が、PKKとオジャランを擁護するスローガンを叫びながら行進しているとき、
大通り上のバルコニーで、トルコ国旗を掲げた(民族主義系の)アルペレンレル組織
の事務所で、7,8人が、人差し指をたてるポーズをし、拍手した。このため、投石が
はじまった。その大部分が顔をスカーフで隠したデモ隊の人々は、オジャランとPKK
支持のスローガンを叫びながら、アルペレンレル組織の事務所と周辺の建物に
石の雨に降らせた。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/10(木) 17:55:36 ID:whmTXrXc
DTP解党訴訟、憲法裁判所で明日審議 2009年12月07日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=924494

 憲法裁判所で明日(8日)、民主市民党(DTP)の解党裁判が行われる。
民主市民党が解党させられた場合、同党の活動は平和民主党(BDP)として
継続される予定である。

 平和民主党は、選挙に参加するために41の県で組織形成の条件をクリアし、
3月29日の地方選挙に参加した。そして、トルコ全域で「一万人中に6人(0.06%)」
の票を得た。民主市民党関係者らは、(この党を)備えの党としてつくったわけ
ではないこと、平和民主党は、民主市民党の「継続ではない」と話している。
しかし民主市民党が解党された場合、党の組織は平和民主党に加わること、
選挙においては平和民主党の傘下で選挙運動に入ることが予想されている。

 もしも憲法裁判所が、民主市民党解党の方向で判決を下した場合、同党の
アフメト・トゥルク党首と、アイセル・トゥールク議員(ディヤルバクル県選出)、
サバハト・トゥンジェル議員(イスタンブル県選出)、セラハッティン・デミルタシュ
議員(ディヤクバクル県選出)、ファトマ・クルトゥラ議員(ヴァン県選出)、
セヴァヒル・バユンドゥル議員(シュルナ県選出ク)、イブラヒム・ビニジ議員
(シャンルウルファ県選出)、オスマン・オズチェリキ議員(シイルト県選出)
以上の国会議員らは議席を失い、5年間、政治活動が禁止になる。

 この場合、議会に残っている13人の国会議員が新たな政党に加わって
会派をつくることはできなくなる。同時に、民主市民党所属の国会議員らは
特別委員会のメンバーから外れることになる。諸委員会は、議会における
政党議員数の分布に応じて再構成される。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 21:12:11 ID:OSvenH4w
ORAL CALISIR コラム:トルコの抱える新たな問題=左派 2009年12月02日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalYazarYazisi&Date=2.12.2009&ArticleID=967075

 共和人民党(CHP)を左派と見る人の数が減少しているにも関わらず、
まだCHPを左派政党と見る人々が明らかに存在する。CHPに投票する人々の
大部分は、自分たちを左派と定義し、そしてCHPをも(これに対するあらゆる
反発があるにも関わらず)左派政党であると捉える人々から成っている。

 私はずっと前からCHPは左派政党には入らないと考える一人である。
トルコには人民主義的、自由主義的、民主主義的で、公正発展党(AKP)に
対し左派の普遍価値の観点から反対し、EU基準の国家を願うような左派政党
が必要だと長い間主張してきた。この必要性は今に始まったことではなく、
ずっと前からその必要性は高まってきており、ここ最近とても具体的な
影響を及ぼし始めた。

 CHPはある時から、恐怖によって成長し、さまざまな恐怖心を利用して、
与党に対し反対する政党となっている。さらには「恐怖の言語を蘇らせる政党」
として定義されている。トルコにとって、恐怖や緊張といったものとは異なる
タイプの野党が必要であり、ここ最近より強くその必要性が感じられ始めた。
トルコの政治の世界には、恐怖や緊張から遠く離れた、現実的な野党の
シナリオが必要なのだ。

 ウフク・ウラス、アレヴィー・ベクタシー連盟代表アリ・バルクズ、左派の普遍
価値に関して敏感な知識人、政治家、労働組合関係者、市民団体の指導者は、
ある時から「新しい」左派政党をつくるため努力を費やしてきた。この努力は今日
まで、事前調査的性格をもっていた。それ自身のテンポで進んでいたのである。

 オヌル・オイメンがアレヴィー集団の傷を引っ掻き回し、彼らを痛めつけ、
ディルスィム虐殺を正当であるとする演説をし、それからバイカルを始めとする
CHPがオイメンを擁護したことで、新政党設立への期待が非常に高まった。
今日までCHPへ「仕方なく」投票していた人々は、「虐殺を支持する」政党へ投票
することがもはや不可能であると表明し、はっきりと反発の意思を示し始めた。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 21:13:00 ID:OSvenH4w
 まず始めに最も敏感な集団が行動を起こした。それはアレヴィー派の人々
であった・・・。ディルスィムおよびその周辺の人々は、自分たちの人生で最大の
悲劇を意味する大虐殺をわが痛みとしながら、CHPが自分たちの前に出てくる
のを受け入れるのは不可能であった。反発は広まった。デモや離反が続いている。
このままいけば長く続くことになるだろう。

 「新左派政党」運動は、「オヌル・オイメン事件」とは関係なく始まった運動だ。
このような必要性を感じている者、左派の選択肢がないため不満を持っていた
者たちは、ある時から集まりはじめていた。これらの人々の中にはアレヴィー
集団の第一人者である人々の名前もあった。「オヌル・オイメン事件」はその
プロセスを加速させたのである。

 この「事件」は我々が、自分たちの近代史を改めて初めから読み直すのに、
そして新たに捉えさせるのに影響した。共和国の歴史は、公定歴史で言われて
いるように「特権のない、階級のない社会を生み出す」という道のりであったの
だろうか?「29日クルド人蜂起」と性格づけられ、何千ものクルド人の日常生活
と非常に多くの場所が奪われる原因となった事件は、この歴史の中で起こった
のではなかったか?「財産税法」という名でファシスト的な法を制定し、1942年に
この国の非ムスリム少数者を労働キャンプに送り、財産を奪ったのはこの国
の指導者たちではなかったか?

 この種の質問に対する公式な回答以外の答えを探すことは、左派だけでは
なく、常識や理性、そして21世紀という時代がなすべきことである・・・左派は
遅かれ早かれ「(国家の)公式発言」を守るという立場から解放され、普遍的
「本質」にそった流れへと注ぐことになる、つまり「公式発言」を批判するという
使命を担うことになるだろう。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 21:14:16 ID:OSvenH4w
 CHPの共和国の歴史へのアプローチは、長い間「公式な記憶」の堅持を
基礎としてきた。歴史にこのような見方で対峙するなら、今日を正しく読み取り
理解するのは不可能である。我々の歴史を改めて評価し、「公式な記憶」から
解放され、歴史を客観的にみる時が来た。EU加盟を目指す国には、自分たち
の歴史と向き合うことから逃げ、ホラー映画やサスペンス映画を思い起こさせる
ような雰囲気の中で生きるというような贅沢さはないのだ。

 トルコは人民主義的や自由主義的、そして本当の意味での左派政党を
必要としており、その必要性はおそらく「現代史」を通して最も高いレベルに
達しているのである。

 皆が一つになる点を強調し、分離ではなく統一を目指し、民主主義を望み、
自身を左派であり民主主義側であると考えるすべての国民が受け入れる
ことができる政党が必要であり、我が国の不公正、不公平、不平等を
「主な問題」として捉え、これらの他にも、周縁的な社会主義者のたわごとの
抑圧から逃れることのできる政党が必要なのだ。

 大きな変化と変質を経験したトルコの問題に解決を見出すことを根本的な
目的とし、積極的現実的で変化を促す政党を早急に必要としている。

 多くの人はもう遅いとさえ考えている。
しかし政治において、遅いということはないのだ。今こそ腕まくりする時なのだ・・・

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/15(火) 05:22:53 ID:mSUHFmrt
トルクメニスタン首都アシュガバットの知られざるド派手な夜景
http://www.woopie.jp/video/watch/e4b0d6949c626d70
トルクメニスタン: エホバの証人の信者、投獄される
http://comcom.jca.apc.org/amnesty31g/ai_japan/newsletter.html
『情報ネットワークで結ぶシルクロード -国際開発協力にみる現代中央アジア-』 大杉 卓三 著
http://www.scs.kyushu-u.ac.jp/~ppca/bookcaict/index.html

あと、数年前の過去の記事。

トルクメニスタンの変人大統領、宇宙にメッセージを打ち上げ (BBC)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/4190148.stm

トルクメニスタンのニヤゾフ終身大統領は、人工衛星で自らのメッセージを宇宙に打ち上げた。
人工衛星のカプセルには、トルクメニスタンの旗、大統領としての規範などが詰め込まれている。
トルクメニスタン国民は、Ruhnamaという、人としての規範を示す本を読むことを
義務づけられているが、この本がカプセルに入れられている。

人工衛星は、今後150年間、宇宙空間の軌道を回り続ける。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/31(木) 19:08:43 ID:n/zuZAeg
バイカルCHP党首、「アルンチ副首相暗殺計画は茶番」 2009年12月28日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalHaberDetay&Date=&ArticleID=971487

 デニズ・バイカル共和人民党党首は次のように述べた。
「もし不安定な状況を作り出そうとするなら、この二つの組織(政府と国軍)を対立
させたい人々は、いつでもそこに混乱を引き起こすことができるのだ」

 バイカル党首は、スターテレビで28日放送予定の番組「アレナ」の収録を行った。
番組で語った内容の一部は「スターテレビニュース」でも放送され、そこでバイカル
党首はビュレント・アルンチ副首相の暗殺が二将校によって計画されたという主張を
受けて、以下のようにコメントした。

 「ここで問題なのは、ビュレント・アルンチ副首相にたいし、精神の均衡を欠いた
悪意を有する人物が暗殺を企てたという主張ではないのです。政府が、トルコ国軍
(TSK)がこうした暗殺を行う可能性があると考えているということなのです。
こうしたことが負わされているということもひどいことである。考えてみてください、
トルコ国軍(TSK)がこのような政府重鎮への暗殺計画をもくろんでいるとするなら、
我々はこれ以上何も言えません。議論はここで終わりです。」

 「第三者が特殊部隊に情報を与え、『あなたたちが探していた密告者が、今、
アルンチ副首相と一緒にいる、彼に情報を提供している』と言うのです。彼らは
会って、アルンチ副首相の居場所を教えるのです。そして、今度はアルンチ副首相
暗殺を計画しているものがいると警察に教えるのです。あり得ることです。
不安定な状況をつくりあげようとしたら、この二つの組織を対立させたい人々は、
いつでもそこに混乱を引き起こすことができるのです」。

 バイカル共和人民党党首は、政府がトルコのこのプロセスを続けることは不可能
であると見ており、「よろしければ」といいながら、選挙を望むつもりであると述べた。
同党首は「私としては選挙の日程は2011年5月を予定していましたが、最近の
出来事をみると、トルコは与党の手に負えないところまできているので、彼らも
このことを考えざるを得ないのです」と言った。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/09(土) 16:32:15 ID:9h9f8im/
平和民主党議員からあいつぐ過激発言 2009年12月28日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Siyaset/SonDakika.aspx?aType=SonDakika&KategoriID=12&ArticleID=1179239

民主市民党(DTP)の解党とともに平和民主党(BDP)に移籍した国会議員から
相次いで爆弾発言がなされた。ヴァン県選出国会議員オズダル・ウチェルは、
クルド労働者党(PKK)員とアブドゥッラー・オジャランを待望すると述べ、バト
マン県選出国会議員ベンギ・ユルドゥズは、「我々はもはや、「懐柔できない
クルド人」だ。国会には「覚悟あるもの」として戻る」と述べた。

ヴァン県でテロ組織PKKを支援する一般市民の秘密組織、クルディスタン
社会連合(KCK)に対する強制調査の結果、拘束され昨日(27日)裁判所へ
送られた14名のうち12名が逮捕されたことに対しBDPの党員が座り込みの
ストライキで抗議した。

BDPのヴァン県選出国会議員オズダル・ウチェル、ヴァン市長ベキル・カヤ、
エドレミット郡長アブデュルケリム・サヤン、ウザルプ市長ムラト・ドゥルマズ、
ボシュタニチ市長ネザハット・エルギュネッシュ、チェレビバー市長ヴェイセル
・ケセールを含む、約1000人がBDPの県本部の建物の前に集まった。

その後、党員たちは市庁舎の前まで行進していき、そこで15分間にわたる
座り込みのストライキを行った。選挙バスの上から演説をしたBDPヴァン県
選出国会議員オズダル・ウチェルは、仲間たちが朝4時に、ドアを打ち破られ、
頭を押し付けられて連行されたことを明らかにした。

「ここから少なくとも1500万人のKCK員が現れる。撃たれ、殺されても、
死んでも、つかまえられても、逮捕されても、私たちの戸、窓が壊されようとも、
自由、平等、民主主義、平和を諦めないだろう。なぜなら自由のために、
人間的価値のために、殉死した何万人もの人の心の中で、私たちはそれを
熱望しているからだ。山に入り、武器を手にするしか他に手段のない我々の
戦士(ゲリラ)たちを思う。クルドの人々リーダー、親愛なるアブデュッラー・
オジャランの解放を願う。」とウチェル氏は述べた。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/12(火) 21:36:54 ID:pXhWa6S8
 レバノンのハリーリ首相がトルコの首都アンカラを訪問した。
それ自体は別に驚くほどのことではないのだが、そこで話し合われ、合意されたことが、
今後、中東地域に大きな変化をもたらす可能性を秘めている。

 話し合われた内容は、ビザ問題、観光問題活性化が含まれている。
つまり、シリアやリビアなどと並んで、レバノンもトルコとの間でビザの相互免除に
合意したのだ。このことは、トルコとレバノン双方のテロリストも自由に相手国に
入れる、あるいは逃げ込めるということを含んでいる、極めて危険なことでもあろう。

 述べるまでもなく、レバノンはイランの支援を受けるヘズブラの存在する国であり、
トルコは他方で、イスラエル人やユダヤ人にとって最も安全で快適な旅行が出来る、
数少ない近隣の国の一つだ。そのことをトルコとレバノンは、十分わかって合意した
とすれば、それはそれで大きな変化ということになろう。

 第二の合意事項は、トルコとレバノンの互防衛協定だ。これはビザの相互免除
よりも、もっとデリケートな合意であろう。少なくともこれでイスラエルは、トルコが
完全にアラブ側、イスラム・サイドに移行したと判断するのではないか。

 トルコにしてみれば、トルコの外交力でアラブ周辺諸国と特別な関係を構築し、
次いでイスラエルとアラブとの和平に向けた努力をしていき、トルコの手で中東
和平を実現したいということであろう。しかし、トルコが考えているように、一気に
攻めることがいま得策なのか、あるいはじわじわと進めていくのが正解なのか、
判断が非情に難いところだ。

 そこで、トルコとイスラエル双方にとって信頼される国が、両者の立場を説明し、
仲介者(トルコはイスラエルとのイラン、パレスチナ、シリア、レバノンなどとの、
仲介役を勤めようと考えている)の仲介役を、すべきなのであろう。

 トルコはいま、着々と旧オスマン帝国の版図の国々との、特別な関係を構築
しつつある。そのことは、イスラエルにとっては、トルコの極めてデリケートな
変化であろう。その感情はエジプトにとっても、同じではないか。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 17:02:19 ID:VBurqbsD
 案の定というか、トルコのレバノンとの連携が、イスラエルを不安に追いこんで
しまったようだ。イスラエルのダニ・ヤロン外相は、トルコがその気なら戦争も
辞さず、という強硬論をぶっている。

 同時期に、幾つものイスラエルに対する警戒論と、敵対論が顔を出している。
例えば、サウジアラビアはこれ以上イスラエルが入植地を拡大することは放置
できないと語り、シリアのアサド大統領とイランのモッタキ外相との会談では、
両国が連帯して敵に立ち向かうと語っている。

 それ以外にも、トルコのエルドアン首相はイスラエルの政策が、世界平和に
とって脅威だと語っている。彼はまた、イスラエル軍機のレバノン領空侵犯も
非難している。エルドアン首相はシリアのアサド大統領に対して、レバノンを
訪問し正常な関係にすべきだ、とアドバイスしてもいる。そのことは、シリアと
レバノンがより結束を強めるべきだ、という意味であろう。

 イスラエルはこうしたトルコを中心とした中東各国の動きに対し、ハマースは
戦争を望んでいると非難し、トルコのテレビ番組「オオカミの谷」を非難している。
この番組は確か、イスラエルのパレスチナに対する非人道的な行為を非難する、
内容のものであったと思う。

 エジプトもようやく重い腰を上げ、アブルゲイト外相がイスラエルに対し、
ガザ攻撃をするなと警告を発しているし、イスラエル側が構築を計画している、
ガザのエジプトとの壁建設に反対してもいる。

 一方、バチカンは中東地域の、キリスト教徒の実態を討議してもいる。
バチカンはトルコとの特別な関係を模索してもいるのだ。

 これら一連の新たな動きは、中東地域でいま、過去になかったような激変が
起ころうとしているということを示しているのではないのか。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 15:27:20 ID:ZseOXJKg
「交換条件はギリシャのトルコ系住民への待遇」神学校再開問題でエルドアン首相発言
2010年01月04日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/Siyaset/HaberDetay.aspx?aType=HaberDetay&KategoriID=4&ArticleID=1181499

 エルドアン首相はクリテリ誌1月号のインタビュー記事で、「短期間のプロ
グラムで、神学校を開校する事はあるのか?」という問いに以下の返答をした:

「神学校の件は多方面からのプロセスが必要です。法的規則、また教育シス
テムの点からこの件は十分に検討される必要があります。関係機関はこの件
に関し努力を続けています。もちろんここで西トラキアに住むトルコ系少数者が
ギリシア政府への要求も、考慮されるべきです。ギリシア政府も同時にこれらの
問題に取組み、宗教関係者たちの問題について、リーダーシップや失業、
少数者団体に関連する問題を解決しなければなりません」

 フェネルギリシア正教会総主教バルソロメオス氏の、「トルコで我々は時々
十字架にかけられたように感じます」という発言が議論を呼んだ。バルソロ
メオス氏は、2009年12月19日の「ハベルチュルク」に、エルドアン首相
との間で神学校に関し、以前行った会話について以下のように説明した:

「神学校に関して、イスタンブルとアンカラで首相に何度も文書と口頭で
説明しました。我々の願いを示しました。首相が言うには、『しかしアテネに
モスクはありません』ということでした。アテネで1つか2つ、あるいはそれ
以上のジャーミイができるよう私も望みます。それはきわめて道理にかな
ったことだと思います。しかしこのことに返答できるのは私ではありません。

ギリシアでの問題の代償をどうして我々が払うのでしょうか?キプロス問題
でのつけは我々共同体が払いました。我が宗教共同体がこれほど小さく
なったのも、トルコ―ギリシア―キプロス関係の諸問題で、そのつけを我々
宗教共同体が払わされたからです。西トラキアではムフティーが選ばれ
ません。そのことに我々の罪や過失がありますか?我々はトルコ国民です。
国民としての権利を希望します。税金を払っています、兵役をこなしています、
選挙権もあります。わたしは2年間予備将校として兵役を務めました」

103 :http://p19104-adsau14honb8-acca.tokyo.ocn.ne.jp.2ch.net/:2010/01/14(木) 18:30:14 ID:QSAgcWgt
guest guest

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/14(木) 23:12:57 ID:prtK/bGF
ウズベキスタンを
忘れるな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 18:53:17 ID:EeOwjH+H
 イスラエルがトルコの大使を侮辱するという問題が発生し、そのことがトルコの
与野党支持者たちを結束させるという現象を生み出したことが伝えられてきている。

 そもそもの、ダニ・アヤロン・イスラエル外務次官の非礼の原因は、トルコで
放映されているテレビ・ドラマが原因だった。簡単に言ってしまえば、ガザでの
イスラエル軍の非人道的な行動を非難する内容のものだ。

 しかし、それは相当ダニ・アヤロン・イスラエル外務次官にとっては不愉快な
ことであったのであろう。その結果が非礼事件であり、イスラエルとトルコは
過去に例のない程の危機的な状況に陥った。

 結果的には、イスラエル側が文書で謝罪し、トルコ政府はそれを受け入れた
ということで一件落着したようだが、双方の不満は今後もくすぶり続けるだろう。
トルコの人権団体は、詫びに来るバラク国防相を逮捕しろと叫んでみたり、
イスラエルのツビ・リブニ女史は「トルコはどっち寄りなのかはっきりしろ。」と、
全く理性的でない発言をしている。

 トルコは中立的立場を維持し、イスラエルとアラブ・イランとの仲介役を果たそう
としているのだから、どちら寄りかを鮮明にするはずがないのだ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 18:09:36 ID:MX4vx7r/
ムスタファ・サルギュル左派新党結成へ、CHPから反発 2010年01月19日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&Date=19%20Ocak%202010&ArticleID=975465

 共和人民党(CHP)の国会議員らは、同政党の「砦」といわれるイズミルで週末に
サルギュル氏が開いた(「変革への行動」と題する)集会についてコメントした。

 共和人民党の国会議員らは、左派の新党設立のために活動しているイスタン
ブルのシシリ区長、ムスタファ・サルギュル氏の試みを、共和人民党の発展を
阻もうとしたアメリカが糸をひく 、AKP(公正発展党)を支援する動きだとした。

 共和人民党イズミル選出の議員らは、サルギュル区長が「共和人民党の砦」
といわれるイズミルで週末に開いた集会についてコメントし、次のように述べた。

 ビュレント・バラタル議員:イズミルをあてにした、この「変革運動」は、完全な
失敗であり、失望以外のなにものでもない。私はこの行動を、計画的な行動だ
と見ている。共和人民党の現在の成長を阻むための、この成長を引き止める
ための、打撃を与えるための運動だ。これは、大西洋の向こう(=アメリカ)で
養われ、トルコにおいても、与党によって支援された行動だ。

 セルチュク・アイハン議員:イズミルの人々が興味を示した集会ではなかった。
イスタンブル、ブルサ、黒海やトルコの様々な場所から、大部分が動員されて
開かれた集会だった。イズミルで黄色のハトが飛ばされたことは、特にNGO
団体の反発を生んだ。共和人民党の砦に亀裂を入れることは不可能だ。

 アフメト・エルスィン議員:サルギュル氏がイズミルで望んでいる支援を
得ているとは言えない。集会が開かれた広場は4万人が入る場所だ。
広場を見た人は、そこに約5千から1万の人がいたと言っている。
これらの人々の大部分は、他の地域からイズミルに連れてこれらた人だ。
左派に新政党は必要ない。左派に新政党を設立することは左派への裏切りだ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 18:34:56 ID:MX4vx7r/
物乞いの子供はイスタンブルの4つの村から 2010年01月15日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=974688

 ティッシュを売っているときに他の子どもたちに殴られた5歳のベドレッティン君は、
その様子がメディアで放映されたおかげで現在の所、通りでの仕事から逃れられ
ている。しかし、社会福祉・児童保護協会のある社会学者は、トルコの路上で起き
ているベドレッティン君のような事態が容易に解決するものではないと説明した。

 匿名の社会学者は、路上の子どもたちの問題について次のようにまとめた。

 物乞いをするために連れてこられた子どもたちの出身地は明らかだ。
アダナに2つ、コンヤとイズミトに1つずつ村がある。継続的に同じ家族が来る。
自分たちの間で担当期間を分割している。ある集団が6ヶ月、残りの集団が
残りの6ヶ月間イスタンブルを訪れる。残りの者たちは村で仕事をしている。
イスタンブルに来る集団は村に残った者の子どもたちも必ず連れてくる。
物乞いを組織化している。イスタンブルは、家族毎に(担当が)割り振られている。
毎年同じ方法で続いている。彼らは大体トプカプのスリチ(城壁の内側)にいる。

 活動担当地区でテントで過ごすこともできる。夏は数が増加する。例えば、
路上巡回の結果、7月には1日250人の子どもたちを路上で収容している。
アダナを改善するだけで、すべての場所が改善される。
もう2度とイスタンブルに来ないだろう。

 路上の子どもが稼ぐお金は働く場所によって異なる。レヴェントのスルタン
アフメット地区でティッシュを売っている子どもは一日100リラ(約6000円)稼ぐ
ことができる。ラマザンの期間中は一日250リラ(約1万5000円)稼ぐ子供達
がいる。ひと月4,000〜5,000トルコリラ(約25万円〜31万円)稼ぐ子供もいる。
国は家族に最高700トルコリラ(約4万円)の補助金を支給している。

 子どもたちにお金を与える人たちは彼らを路上に追い込んでいるのだ。
路上で働いている子どもたちは最初の6カ月で高い確率で学校をやめる。
2年目に学校をやめる子どもの割合は80%である。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 20:25:39 ID:MX4vx7r/
参謀本部発表「バルヨズ計画は、軍の演習授業用のシナリオ」 2010年01月22日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/gundem/13551269.asp?gid=233&srid=4077&oid=1&l=1

 参謀本部は、タラフ新聞が報道した「バルヨズ計画」について、これは、
「2003年の計画演習授業で使われた、高まる緊張の時代に適応するための
授業用シナリオだ」と説明した。

 参謀本部の発表では、クーデターへの準備としての、モスクの爆破や、
飛行機の撃墜、クーデターに反対する20万人の人をスタジアムに集めると
いった新聞の報道に対しては、はっきりとした回答がされなかった。

 タラフ紙が2日間にわたってニュースを報道した後、参謀本部が昨日(21日)
インターネットサイトに載せたこの話題に関する発表は次の通りだ。

1 - 第1軍司令部によって2003年3月5日〜7日の期間に使われた「計画演習」
  に関する様々な疑惑と論評がメディアで取り上げられている。

2 - 問題の「計画演習」は、参謀本部の「2003年〜2006年度演習実施プロ
  グラム」に含まれていたものである。

3 - 「計画演習」の目的は、外からの脅威に関して準備された行動計画を
  発展させること、そしてそれにかかわる人材教育にある。「計画演習」は、
  徐々に高まる緊張の時代に適応するためのシナリオの一環として行われた。
  第1軍司令部の管轄の地域で実施されたこの「計画演習」では、軍の後背
  地域安全保障や、戦争状態への対応、戦争を必要とする状況が起こる
  状態で適用される戒厳令といった課題がとりあげられた。

4 - 理性的で良心的な人間にとって、この「計画演習」に関して報道された
   疑惑を、認めることは不可能である。

5- 問題の疑惑を真に受け、それについて解説したり不正確な情報を流すことは、
   社会に不安を生みだすことを望む人々を利する行為であるとみなしうる。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 17:44:56 ID:Bae2BJvR
行政裁判所長官、問題発言「すべての党が解党命令の対象となりうる」 2010年01月29日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/kapatma-davasini-her-parti-hisseder/siyaset/haberdetay/30.01.2010/1192667/default.htm?ver=40

 2008年の解党裁判で、「世俗主義に反する行動の拠点となったが、解党の必要はない」
との決定が下された公正発展党に対して、不法に電話を盗聴していたという理由で新たに
調査を開始させたアブドゥルラフマン・ヤルチュンカヤ共和国行政裁判所検察長官は、
この調査の結果新たな解党裁判が開かれるか開かれないか、ということに関する
質問に対し、明確な回答をさけた 。

 ヤルチュンカヤ長官は、不法盗聴していたという理由で開始させた調査が続けられて
いることを明らかにし、「すべての党に対して解党裁判が開かれるか開かれないかは、
自身の行動で判断される。このことを党は、そもそも」と述べた。

■「捜査はありえる」

 逝去したヤルグタイ第1司法局名誉局長のオルハン・ウズギョレン氏のためにヤルグ
タイで開かれた式典に参加したヤルチュンカヤ検察長官は、「公正発展党に対して
新たに解党裁判が開かれるか」という報道 に関する質問に答えた。ヤルチュンカヤ氏は、
「公正発展党に対する新たな解党裁判が協議されているという報道がある。どのように
評価するか」という質問に対し、「それらは内密の捜査です。全ての党についての捜査
が可能である。全ての党に対して解党裁判が開かれるか開かれないかは、自身の行動
で判断される。このことを政党は、そもそもわかっている」と述べた。

 以前に、不法に電話を盗聴したことが憲法上の司法国家の原則に反しているという
理由で公正発展党に対する調査を開始させたことを述べたことのあるヤルチュンカヤ
長官は、この調査に関する質問に「調査は続いている」と回答し、「結果はないのか」
との質問には「ない」と答えた。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/03(水) 19:54:38 ID:Bae2BJvR
ナブッコ天然ガス・パイプラインの将来に暗雲? 2010年01月27日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/ruya-suya-mi-dusuyor-/ekonomi/sondakika/27.01.2010/1191491/default.htm

 ナブッコ・プロジェクトの最高責任者は、トルコを通過する予定のパイプラインに
十分な需要がなければ、プロジェクトが中止になるだろうと語った。

 ナブッコ・プロジェクトでは、カスピ海地方と中東の天然ガスがパイプラインに
よって、ヨーロッパに運ばれる予定である。このプロジェクトへの参加企業の一つ
であるオーストリアのOMVの、石油ガス部門責任者のウェルナー・アウリ氏は、
今年からパイプラインの需要積み上げプロセスを開始させること、もし需要が
予想より遥かに下回るなら、パイプラインの建設は中止することになると述べた。

 アウリ氏はある会合で語り、需要積み上げプロセスを今年中に開始させ、
十分な需要があるかないかを見極めるつもりであると述べ、「もし需要がなけ
れば、ナブッコ・パイプラインは建設されません。簡単なことです。我々は企業
であって、(公的)機関ではありません。もし需要がなければ、パイプラインは
建設しません」と発言した。

 しかしアウリ氏は、需要積み上げプロセスがかなりいい結果となることを期待
していると述べ、多大な需要が期待されるであろうと予測しているとも語った。

 EUの支援を受けているこのプロジェクトには、OMV以外に、ブルガリアの
Bulgargaz、トルコのBota?、ドイツのRWE、ハンガリーのMOL、ルーマニアの
Transgazが参加している。需要積み上げプロセスは今年の7月から10月までで、
投資のためにも最終決定は年末に下される予定である。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/06(土) 21:26:55 ID:gk0ZqZvE
東部・南東部諸県県知事からアタライ内相へ「解決策は、希望から失望へ」
2010年01月30日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=977589&Date=31.01.2010&CategoryID=78

 アタライ内務大臣は、1月28日木曜日に「知事会議」のためアンカラを訪れた
81県の知事との会議を行った後、南・東南アナトリアの県知事たちと特別会議を
行った。この会議には22人の知事が参加し、知事たちはアタライ大臣に、アブデュ
ッラー・ギュル大統領が昨年3月に行った「クルド問題解決にとっていいことが
あります」との説明のあと、与党が始めた「解決策」のプロセスによって期待と
興奮が頂点に達したと述べた。知事たちは次のような見解を述べた。

 「政府の民主的解決策に関する発言ははっきりしたものであった。市民は
過剰な期待を抱かされた。期待と興奮は、解決策に関する詳細が説明されると
失望に変わった。もはや民衆の間に興奮はないに等しい。なぜなら解決策に
多くの望みがかけられていたからだ。今この地域にはさまざまな挑発に乗り
やすい環境が生まれてしまった。この環境をクルド労働者党(PKK)は自分
たちに有利なように利用している。」

 「長年この地域の人々はテロに大いに悩まされていたため、当然のこととして
焦れている。私たちは長年累積された問題が一度に解決されることはないと
わかっている。しかしこれを市民に説明するのは困難である。市民は政府に
対し生活状況を変えるような具体的なステップを期待している。地域の人々は
過度な治安対策にうんざりしている。一般の市民の抱える問題は食べることと
仕事である。経済問題の解決は市民の将来への期待に直結するとともに、
テロを育んだ最も重要な土壌のひとつを奪うこととなるだろう。」

 「今後踏み出されるステップで問題の解決における重要な進展がとられる
ことになる。アメリカ合衆国のイラクからの撤退後、テロの弱体化は決定的
に重要である。」

 一方アタライ大臣は知事たちに、「もう少し待ってください。神の思し召しが
あればうまくいくでしょう」と述べた。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 17:29:58 ID:l3jCxgjo
ボスニア・ヘルツェゴビナへのトルコの外交努力は実るか?―明日、アンカラ会議 2010年02月08日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/dunya/13726849.asp?gid=229

 昨今、活発な外交政策で注目を呼んでいるトルコは、明日(10日)バルカン諸国に
関する重要な会議のホストを務める。しかしトルコの支援と外交努力は、ボスニア・
ヘルツェゴビナへ安定をもたらすには至らないかもしれない。

 国内外の報道によると、ボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアの外務大臣らが10日、
アンカラでの会議の後、両国の外交関係の活性化と、両国間の大使の交換決定の
発表をすることが期待されている。このステップは、バルカン諸国の国交正常化
プロセスのために非常に重要だ。特に事態がここに至るまで、トルコは5カ月に亘り、
非常に重要な外交努力を行って来た。

 しかし、トルコの努力により、バルカン諸国にとって重要な決定がくだされることが
期待されてはいるが、正常化とボスニア・ヘルツェゴビナの安定のためには、その
前途に大きな障害が待ち受けている。この問題で最も重要な役割をになうのはEUだ。
ボスニア・ヘルツェゴビナは昨年春以降、深刻な憲法危機に見舞われているからだ。

 ボスニア戦争の終結をもたらしたデイトン合意によって作られた政治組織は崩壊
の危機に直面している。ボスニア・ヘルツェゴビナは、国内の3つの民族グループを
代表する三人の大統領と共通の立法議会、内閣を所有する。構成されたこの複雑
な体制は、権力を共有するエスニックグループが、それぞれの権限と行動範囲を
広げようとするため、完全にこう着した状況だ。とくに、ボスニアが、機能しない
このシステムから離脱し、EUに参加するという夢をしだいに捨てようとしている、
という警告もなされている。

 ボスニアで行われているシステムの管理と執行の役割はEUがになっている。
加えてEUは、力の均衡の他の当事者であるセルビアやクロアチアなどとも密接な
関係をもっている。結果としてABの関与は、このプロセスの結果をちがったものに
することができる。しかしEUがこれまでとってきた決定は、問題を解決するどころか、
とくにボスニアのムスリム・ボシュニャク人に新しい問題を発生させる性格のものだ。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 17:30:55 ID:l3jCxgjo
 これらのうちで最も重要なのは欧州評議会が数カ月前にした決定である。
これによれば、セルビアに(EU域内での)自由通行権が認められた。これにより、
必然的に、まだ加盟交渉国でもないセルビアがEUの一部であることが確認された。
この決定は、一見するとバルカンの問題児セルビアをヨーロッパに統合する試み
のようにみえるが、中長期的に考えると、ボスニアのイスラム教徒を孤立される
原因となる危険をはらんでいる。

 この原因もボスニア・ヘルツェゴビナの政治的構造にある。ボスニア・ヘルツェ
ゴビナには、イスラム教徒のボシュニャク人、カトリック教徒のクロアチア人、
正教徒のセルビア人3つの民族グループが存在する。ボスニア・ヘルツェゴビナは、
現在、デイトン合意の枠組みにより、ひとつは、ボシュニャク人とクロアチア人が
暮らすボスニア・ヘルツェゴビナ連邦と、もう一つはセルビア人が暮らすスルプ
スカ共和国という形でのふたつの体制、つまり二つの連合統治体制となっている。

■EUはキリスト教組織なのか?

 ボスニア・ヘルツェゴビナの内部にあるスルプスカ共和国とここで暮らすセル
ビア人は、隣国のセルビアと近い関係にある。同じようにボスニアにいるクロア
チア人もクロアチアと近い関係にある。EUの加盟交渉国であるクロアチアは、
加盟交渉を同時に進めているトルコとは異なり域内の通行自由権を獲得した。

 これらすべてを並べてみると、興味深い構図が明らかになる。なぜなら、
クロアチアとセルビアは、近頃、ボスニア・ヘルツェゴビナの同系民族の人々に
国籍を与えるというサインを送っているからである。すなわち、この状況で、
ボスニアで暮らすクロアチア人はクロアチア経由で、セルビア人は、セルビ
ア経由で、EU圏内での自由移動権を得る。

 こうして、バルカンのなかで、ある意味でイスラム教徒のボシュニャク人だけが
孤立する。こうした決定は、EUが徐々にキリスト教徒クラブに変わっているという
批判を呼ぶ原因になった。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/12(金) 17:32:00 ID:l3jCxgjo
■EUとボスニアの関係

 EUは、1990年代の共産主義の崩壊の後、旧東ブロックの国を吸収する
動きを加速させた 。しかし、このプロセスがバルカン諸国と旧ユーゴスラビア
諸国を吸収するのは、ボスニア戦争の影響で2000年代はじめまでずれこんだ。

 2003年、EUは、アルバニアとボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、マケド
ニア、当時の国名でセルビア・モンテネグロに加盟交渉への青信号を出した。
セルビアは移動自由権を得た直後、12月には、完全加盟にむけて加盟申請を
行った。しかし、ボスニア・ヘルツェゴビナが、自由通行権をえること、あるいは
完全加盟への申請を行うには、前途に多くの障害がある。

 EUが出している条件は、ボルニア・ヘルツェゴビナが国際的な監視団を
必要とせずに、自立した安定した国になることだ。しかし、ボスニア内のセル
ビア人はEU加盟を確実に着実に進めている隣国のセルビアをバックにして
いるため、より強い統治権の要求を取下げない。このため、短期間でこの
条件を満たすことは困難だ。

 世界で「ソフト・パワー」の代表となることを目指すEUは、ボスニア問題の
一方の当事者に対し、手にした切り札を行使できる。トルコのEU加盟への
プロセスに加え、ボスニアの問題はEUが世界的なスーパーパワーであること、
そして「キリスト教徒クラブ」との批判に返答するために乗り越えなくては
ならない重要な試練である。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 19:48:19 ID:XjtGxwNK
イルベル・オルタイル教授「トルコ人の特徴は軍国主義」―MHPで物騒発言 2010年02月07日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/bu-sozler-cok-tartisilacak/siyaset/sondakika/07.02.2010/1195915/default.htm?ver=77

 歴史家でトプカプ宮殿博物館館長のイルベル・オルタイル教授の、「民主社会と
クーデターに関する発言は、今週もっとも議論をよぶことだろう。

 イルベル・オルタイル教授は、「軍国主義的民族」であることがトルコ人の最も
重要な特徴であると述べ、「トルコ社会が軍国主義であることが、ベルギー、スイス
にどんな関係があるのか。軍国主義という特徴を失ったヨーロッパは、私達トルコ人
にあるこの特徴も無くなることを望んでいる。」と述べた。オルタイル教授は、民族
主義者行動党の「政治的リーダシップ教育」活動の一環として、党本部で「トルコ
国家の歴史的な基礎」という題名の講演を行った。

 国家と社会思想の構造に関して分析をしたオルタイル教授は、西洋社会では
思想がよりよく記録され、一方、トルコ国民はというと全てのことをすぐに忘れる
思想構造を持っているため記録されてこなかったと述べた。オルタイル教授は、
西洋社会において大きな興奮を生む発見が、トルコ社会においては、普通のこと
だと受け止められたとのべ、これが「トルコ人の歴史的感覚の欠如」から生まれる
ものだと述べた。

 全ての民族にはそれぞれの特徴があり、トルコ人の第一の特徴は、軍国主義と、
歴史を作ることであると説明したオルタイルは、「世界の最も素晴らしい特徴を
もってなくても、トルコ人を愛することはできる。私達の最も重要な特徴は、歴史を
作ること、国を組織する力を持っていることである。」と述べた。

■反軍国主義、軍に敵意を持つ社会への移行が扇動されている。

 民族主義が、「メンバーであり、その中で暮らしている社会を愛することをである」
と述べたオルタイル教授は、近年トルコで民族感情を恥じる傾向や、反軍国主義、
軍へ敵意を持つ社会への移行が扇動されていると主張した。「この点について、
同じ特徴をもっていないヨーロッパの国家の扇動がないは言えない。」と述べた
オルタイル教授は、次のように話した。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 19:49:33 ID:XjtGxwNK
 「トルコ社会の軍国主義から、ベルギーやスイスがどんな損害を被るか。
軍国主義的特徴を失ったヨーロッパは、私達の中にあるこの特徴もなくそうと
望んでいる。絵画芸術がフランスでなくなったなら、フランス人はこの芸術が全て
の世界で滅亡することを望むだろう。もし建築がイタリアからなくなったなら、
イタリア人は世界の全ての建築が無くなることを望むだろう。どの民族も自分が
なくした特徴が他の民族で続くことを、望まない。トルコの軍の文化や、軍社会
という特徴にヨーロッパの人々は不快感をいだいている。しかし、どうすればよい
のか。これはトルコ人の重要な特徴である。私達には、絵画や彫刻という芸術が
なく、音楽にも興味がない、哲学もない。しかし不滅の芸術、特徴は軍隊である。」

 オルタイル教授は、トルコ軍が現在、世界で軍事教育を担当できる稀な軍隊の
ひとつであると述べて、トルコ人のいくつかの良い特徴も軍隊文化に平行して
発展した、それは、医学と獣医学と技術分野であると述べた。

■軍の政治への介入は避けられない。

 軍が政治に介入するのは避けられないことであり、この論理が歴史的な真実を
帯びていると述べたオルタイル教授は、「市民社会が発展していない状況では、
クーデターは避けられない。今日、どの政党も若手を教育しておらず、青年部
もない。ただし、近頃、政治学が定着した。ここから育った若者達が政党を
引っ張るなら、政党への解党命令もなくなるだろう。」と話した。

 宗教と国家の関係に関しても話したオルタイル教授は、宗教が何時も国家を
超えることはなく、国家の一部であることを主張した。この状況が世俗主義と関わ
るかどうかは議論があると述べたオルタイルは、イスラエルがいい例だと述べた。

 トルコ国家の構造が能力のある人々によって支えられており、オスマン国家の
支配下にあった地で自分の能力を信じた人々は宮廷で教育され、国家の統治に
加わった述べたオルタイル教授は、宮廷ではエリート教育を施されていたこと、
現代ではエリート教育をする組織が減っていること、この種の組織を守る必要が
あることを述べた。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/16(火) 19:54:21 ID:XjtGxwNK
■「いい学校に、適切でない生徒が来る。」

 オルタイルは、「東アナトリアと南東アナトリアで実施される大学の一斉入試では、
明らかなカンニングが行われている」と述て、「このようにして、いい学校に有能で
ない生徒が来る。これが引き起こしている問題を、自分が教えているガラタサライ
大学でも感じている。試験の秩序を守らなければならない。」と述べた。

 EUが、人口構成の観点から危険であること、高齢者の人口が悲劇を導くだろうと
述べたオルタイル教授は、トルコもだんだんとヨーロッパに似始めており、これが
勉強しない、過去を学ばない人々が主張した考えに起因すると述べた。オルタイルは、
「ヨーロッパ主義とは、女性がいい夫を見つけるというような美徳ではない。これを
このように考えている人に、(正しい)国家政策をは期待できない」と話した。

 クルド問題に関する民主的解決策も批判したオルタイル教授は、次のように話した。
「解決策は空白である。「解決」といっていた連中は、八方塞がりの状態だ。トルコは、
経済的にフランスのようにもなれたのに、この30年間、予算はクルド問題に費やされた。
おべっかや人気取りのために話すのはやめてもらいたい。」

 「イランのクルド人とトルコのクルド人の間にある違いもわからず、虐殺に言及する。
更にこれがどんなことであるか知らずに。トルコ人に敵対する論を発展させるために、
文書館にやってきた何人の外国人がトルコ人の味方になったことか。彼らは理解した。
しかしトルコ人たちは理解していない。なぜなら真実を見ていないからだ。なぜなら
読まないからだ。これらは危険な仕事で、地方自治策などとは質が違う。」

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/21(日) 08:45:53 ID:HJ3wPgnq
日土友好のためにアタチュルクとセルカンに投票願います。
一時間に一回投票できます。

ムスタファ・ケマル・アタチュルクは言わずも知れたトルコ共和国の建国の父です。
http://www.whopopular.com/Ataturk

アニリール・セルカン氏は串本大使で東大助教、オリンピック金メダルスキーヤー、NASAのスペースシャトルによる火星探査の宇宙飛行士候補、
宇宙物理学者、シュメール語学者、タイムマシーンの発明者、その他数々の輝かしい肩書きのあるトルコ人です。
http://www.whopopular.com/Serkan-Anilir

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 22:02:52 ID:rV2LNwVx
エルドアン・クリントン会談の舞台裏 2010年02月15日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=980436&Date=15.02.2010&CategoryID=78

 タイイップ・エルドアン首相がアメリカのヒラリー・クリントン国務長官と行った会談で、
大きな外交スキャンダルが起こった。

 エルドアン首相は、宿泊していたフォーシーズンズホテルでアメリカのヒラリー・
クリントン国務長官と会談していた。会談にはアフメト・ダウトオウル外相も参加した。
非常に重要な議題を扱っていた会談は20分と予定されていたが、議題の重要性から
1時間以上続いた。

 会談が延長すると、外で待っていたアメリカのカタール大使ジョセフ・レバロン氏は、
トルコの代表団に向かい「首長と約束があります。中に知らせ、会談を終わらせてください」
という注意をした。トルコの外交官や事務官たちは、この重要な会談を中断させないように
したところ、レバロン氏は警備員たちを抜け、会談が行われている部屋に行きドアを叩き
始めた。トルコ側の外交官たちが彼を止めようとすると、レバロン氏は「この会談をもう
終わらせてください。あなた方は重要ではありません。(カタールの)首長はあなた方より
重要です」と大声を出し始めた。

 エルドアン首相の外交顧問であるフアト・タンライ大使とレバロン氏は互いの胸ぐらを
つかんだ。タンライ大使は、アメリカの大使に向かい「あなたが私の国を侮辱するのは
許しません。誰が大きな存在で、重要であるかはここで誰も判定する事はできません。
あなたには発言させません」と言い返した。

 エルドアン首相とクリントン氏の間の会談で、アフメト・ダヴトオウル外相が15日行う
予定のイラン訪問の詳細が話された。ダヴトオウル外相は、イランとの間で起こっている
核問題の解決について、アメリカ側のメッセージをイランのアフメディネジャド大統領に
伝える予定である。この件を外交努力により解決するために踏み出すべき第一歩に
ついて、楽観的な期待を持ってテヘランに向かうダヴトオウル氏のメッセージの内容は
公表されなかった。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/26(金) 22:05:12 ID:rV2LNwVx
エルドアン首相、EU各国の大使に抗議演説 2010年02月11日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=979795&Date=12.02.2010&CategoryID=78

 レジェプ・タイイプ・エルドアン首相は、首相官邸でのEU各国の大使たちとの
昼食会で行ったスピーチで、ヨーロッパ議会に向けて「このヨーロッパ議会は
盲目なのだろうか。もしこの公正を見て見ぬ振りをするのであれば、いつか彼らが
この公正を必要とするときがくるだろう」と話した。この言葉に対し、国務大臣兼
EU加盟筆頭交渉担当官のエゲメン・バウシュは呆然とエルドアン首相を見つめた。
エルドアン首相の発言は以下の通り。

「ヨーロッパ議会の報告書に関して申し上げなければならないことがある。
 この報告書は偏っていて、解決に貢献しないように作成されている」

「キプロス問題のトルコ側の建設的解決へ向けた努力はまったく評価されていない」

「アナン計画ではすべてが明らかになっている。これを延期しようと言ったのは
 ギリシャや南キプロスであった」

「国民投票によりアンナン計画に賛成、南キプロスでは反対との結果が出ている。
 どうして未だにこの報告書ではこのように記されているのだろうか。」

「このヨーロッパ議会は盲目なのだろうか。もしこの公正を見て見ぬ振りをするのであれば、
 いつか彼らがこの公正を必要とするときがくるだろう」

「これをこの場で言わなければ、自分への侮辱行為であると看做す」

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 01:39:17 ID:mm1X6tRW
バルヨズ計画捜査で、退役将校ら49人緊急逮捕! 2010年02月22日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/gundem/13869022.asp?gid=229

 イスタンブル検察庁の指示で朝方アンカラの約20箇所で警察の一斉捜査が
行われた。バルヨズ・クーデター計画に関する捜査による逮捕者の中には驚くべき
名前もあった。イブラヒム・フルトゥナ元空軍大将がアンカラで逮捕された。
エルギン・サイグン退役大将やエミン・キュチュククルチ退役大佐、オゼル・
カラブルト退役海軍少将はイスタンブル警察本部へ移送された。

 「アイ・ウシュウ(月光)」と「サルクズ(金髪の娘)」と名付けられたクーデター計画を
明らかにした日誌によって話題になったオズデン・オルネキ元海軍司令官も逮捕者の
中に加わった。フルトゥナと同時期に第一陸軍司令官を務めたエルギン・サイグン
退役大将も逮捕された。サイグンはイスタンブル警察本部に移送された。

 また、逮捕された退役軍人の中にはエンギン・アラン中将とアイハン・タシュン中将
がいたことが判明した。トルコ国軍強化財団会長のエルギン・アラン退役中将は、
ブルサで警察によって逮捕された。アランはブルサ検察庁で手続きをした後、部隊
によってイスタンブルへ移送される。アラン中将はPKKの指導者アブドゥッラー・
オジャランをケニヤからトルコへ移送する軍事作戦に、トルコから指示を出していた。

 参謀本部戦略調査・研究センター(SAREM)の元所長であるシュハ・タンイェリ
退役准将の自宅でもバルヨズ・クーデター計画に関連した捜査が行われた。
タンイェリは夕方逮捕された。トルコ国営テレビ2の報道によると、7名が現役で
7名が退役した14名の将校や下士官が逮捕された。3名の大佐が逮捕され、
7名の大佐が捜索されている。

 エルゲネコン捜査の一環としてイズミルでウミト・オズジャン退役海軍参謀大佐が
逮捕された。イスタンブルでエルゲネコン捜査を行っている共和国検察官の要望で
イズミル警察が早朝ウミト・オズジャン退役海軍参謀大佐を自宅で逮捕した。
ボズヤカにあるイズミル警察テロ対策局本部に送られた彼の周囲には常に家族
がいた。オズジャンの自宅ではいかなる捜査も行われず、事情を聴くためにイス
タンブルへ移送された。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/27(土) 01:40:03 ID:mm1X6tRW
 同じころ、宿舎への入り口にある士官学校第二衛兵所で異様な騒動が起きていた。
11時前後に私服警察官を乗せたジープ1台、自動車1台とワゴン1台が正面門に
やって来た。車両はしばらく中に入れなかった。その後、私服警察官らが車から降り、
軍人らと話をする様子が見られた。兵士と警察官の間でのやりとりはおよそ10分間
続いた。車から降りた私服警察官たちは歩いて衛兵所を通り中へ入った。警察官
たちが降りた車はバックで、戻った。このとき一人の軍関係者が、騒動を撮影して
いたドアン報道通信社のカメラに撮影しないよう要求し、中で起きている騒動には
関係がないと述べた。

 この逮捕劇はタラフ紙は、クーデターのために環境を整えるために練られた
新しい作戦を暴露したことに端を発する。「バルヨズ安全保障行動計画」という
名前の下に書かれた「チャルシャフ(スカーフ)」、「サカル(あご髭)」、「オラジュ」、
「スガ」と名付けられた計画によると、スルタン・バヤズィト・モスクとファーティフ・
モスクで金曜日に爆弾を使った襲撃を準備し、エーゲ海でトルコのジェット機を
墜落させ、公正発展党の無力さを見せつけようとしていた。

 こうした攻撃による混乱の末に、11ページに及ぶ「バルヨズ計画」が実行に
移されるはずだった。新聞の報道によると、当時の第一軍司令部チェティン・ドアン
大将の指示を受けた兵士たちは、クーデターに抵抗するであろう20万人をスタジ
アムに詰め込むことを計画していた。その上、クーデター内閣を作ることさえ
想定していた。計画に署名したと主張されているドアン大将は、「トルコ国軍では
全ての規模での計画を試すために、机上作戦、作戦立案訓練や演習が行われる
のは当然な行為です」と述べている。

 参謀本部はこの件に関する文書による声明で、「第一軍司令部によって2003年
の3月5~7日の間に実行された作戦訓練に関して様々な疑惑や評価がメディアで
流れている。知性を良心のある人であれば、こうした疑惑を認めることはとうてい
不可能だ。」と述べた。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 15:52:48 ID:Zqrrn9R/
米「アルメニア虐殺」決議案に関し、ダヴトオール外相会見 2010年03月05日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/dunya/14014810.asp?gid=373

アフメト・ダヴトオール外相は、アメリカ合衆国下院外交委員会での決議に関する記者会見を行い、
そこで問われた最も重要な質問に対し、「いいえ、そのようなことはない」との完全否定を避けた。

ダヴトオール外相に対し記者会見である新聞記者が、「法案が可決されるとアメリカ合衆国との
関係において、協定などが取り消される可能性があると言われています。この文脈で今後インジ
ルリキ(米軍基地)に関する議論、アフガニスタンからの撤兵といったことが問題となりますか?」
との質問を向けた。

ダヴトオール外相はこの質問に「ノー」とは言わず、次のように答えた。
「我が国の大使の召還後この問題に着手する。閣議でも話しあう。大統領、首相、野党と協議する
こともありうる。これは私たちにとって国家の体面に関わる問題である。なぜなら相違点をなくし、
野党と共通の視点でこの問題に対処するつもりだからだ」

ダヴトオール外相は、明日(6日)のナームク・タン在米トルコ大使のトルコ帰国が待たれている
ことを明らかにし、今後どうするかを議論するにはまだ早いと述べた。この返答はいわゆるアルメ
ニア法案の委員会通過に対し、トルコがインジルリキ基地の閉鎖も含む非常に厳しい措置をとる
とのメッセージを発したと解釈された。

ダヴトオール外相は、この決定がアルメニアとの間で行われている国交正常化プロセスを停滞
させるリスクも内包していると述べた。ダヴトオール外相はトルコが協定承認のプロセスを減速
させるだろうという仮定は正しくないと強調し、協定承認は全面的にトルコ大国民議会(TBMM)の
判断するものであり、これがテクニカルな問題である限り、政治的ムードとも関係すると説明した。

ダヴトオール外相は1915年に起こったことはアルメニア人だけに関係しているのではないと述べ、
当時の多くの人々が共通の痛みを共有したと述べた。ダヴトオール外相は「私はここからアルメ
ニア人に呼びかけている。こちらに来て向きあい、起こったことについて話しましょう。歴史の
執筆を第3国の手に委ねてはならない」と話した。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 15:54:09 ID:Zqrrn9R/
同外相は下院委員会での議論について、「まじめなものではなくコミカルなもの」だと述べた。
レジェプ・タイイプ・エルドアン首相も公正発展党(AKP)の中央決定執行委員会(MKYK)で話し、
アメリカ合衆国下院外交委員会での承認は「コメディ」であると述べた。NTVニュースが明らかに
したことによると、エルドアン首相は出された結論について、「これは政治的な決定である」と述べた。

アメリカ合衆国下院外交委員会は約5時間に渡って昨夜遅く終わった投票の結果、オバマ政権の
土壇場の妨害にもかかわらず、いわゆる「虐殺」法案を22票対23票で可決した。委員会で可決
されたこの法案では、アメリカ合衆国大統領が毎年4月24日にアメリカ国民に対し「いわゆる虐殺
の際命を失った150万人のアルメニア人を追悼するよう呼び掛ける」ことが求められている。
法案が委員会で可決されたということは、法制化されたということではない。可決された法案が
今後下院本会議へ提出されることが待たれている。本会議での議題となるかは定かではない。

この結果を受け、トルコはナームク・タン在米大使を協議のためアンカラに召還する一方、
ジェームズ・ジェフリー在トルコ・アメリカ大使に対しては、遺憾の意を示すため外務省に呼んだ。
ジェフリー大使は外務省を出る際新聞記者に話し、委員会でこのような決議がなされたことに対し
自分たちは反対したと述べた。

トルコは、法案通過の場合、これがトルコ・アメリカ関係にもアルメニアとの間で実施されている
正常化プロセスにもマイナスの影響を与えうると警告した。
トルコとアルメニアは昨年10月、2国間の外交関係構築と国境開放を目指す協定に署名していた。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 19:41:22 ID:Zqrrn9R/
Can Dundar コラム:世界中から大使を召還するのだろうか? 2010年03月13日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/tum-elcilerimizi-cekecek-miyiz-/can-dundar/guncel/yazardetay/13.03.2010/1210752/default.htm?ver=42

トルコは、父親が殺人に関係したことが明らかになり、友達から仲間はずれにされた子供に似ている…。
(その子は)全く考えたこともなかったのだ、この殺人について…。

(子供は)父親を拒絶したが、その過ちを無言のうちに押しつけられてしまった。その後は見て見ぬふりをしてきた。
しかし、犠牲者の近親者たちは、それで終わりにはしなかった。家々を回り、町の人達全てに聞かせたのだ。
彼らの身に降りかかったことが知られ、償いがなされるようにと、と望んでいる。

子供は、「僕が悪いんじゃない、お父さんだ。きっと後悔したと思う。状況は全く違うものだった。」とは言えない。
「そんなことがなければよかったのに。僕も悲しい。僕たちの家族からも多くの人が犠牲となった。」とは言えない。
父親を守ることで、その罪の責任を負っている。その代償を払っている。一人ぼっちになっている。

彼がもがけば、ますます攻撃をしかけてくる。
町の親分であるアメリカが、何年もの間、その端に人参を結びつけていた棒を、突然ふりおろした。
だれもが予想もしないタイミングで。親分の態度が変化したことを見た町中の人は、棒を手に取り、行動を開始した。
「あの件だけじゃない、他の殺人もあなたが行ったのだ」と、彼らは子供を追い詰める…。
この告発の後に何がくるかを予測するのは難しくない。

そもそも、トルコは20カ国の議会によって「虐殺」を告発されている状況だ…。
ベルギー、イタリア、オランダで決議は通過した。イギリスも、もうすぐである…。輪は狭まっている。
中ではトルコが一人ぼっちで苦しんでいる。擁護している友人たちでさえ、「(トルコは)やっていない」とは言えず、
「その子供は私たちに必要だ。だからそんなに打ちのめさないでおこうよ」との考えで動いている。

トルコは何をするべきか?
決議案への投票の前に議員を送り、過去十年間やったことのなかったロビー活動を、最後の数日間に詰め込んで
奮闘すること、その後、緊張しながら票を数えることを続けるべきなのか?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/16(火) 19:42:21 ID:Zqrrn9R/
あるいは全ての投票の前に、外務大臣は2つの声明文を用意して待つのか。すなわち、

「我々の同盟国が、この隠された意図のある罠にはまらないことは明らかだった。
 法案が拒絶されたことは、我々の関係をより発展させるだろう。」

あるいは…
「法案が承認されたことを厳しく非難し、これが、我々の関係にとって大きな障害となるだろうことを申し述べる。」

「−そして、結果は?」
「−承認されました。」
「−2つ目の声明文を発表しなさい。我々の大使を召還しなさい。彼らの大使にここに来るように伝えなさい。」

どこまでこのようにできるだろうか? ヨーロッパにいる全ての大使を召還するまでだろうか?
この勢いでいくと、1915年の100周年(2015年)までに、ヨーロッパの全ての国がトルコを虐殺の罪で告発するだろう。
もちろんトルコは一人にはならない…。
「殺人」を気にもとめないサウジアラビア、イラン、シリア、アゼルバイジャンのような「友人」との関係を深める。
つまり、「『町』を変える」。

* * *

何年もの間「トルコの戦略的重要性」という切り札によってはね返されていた決議が、ちょうど関係改善が
進められているタイミングで承認されはじめたことが残念でならない。トルコ−アルメニア国交正常化の合意文書が
承認されていれば、この決議は止めさせることができただろう。しかし、今は逆に、可決された決議の方が、
合意文書を止めさせるように見える。加えて、トルコは、その意に反してアルメニアとの問題解決を試みたことで、
アゼルバイジャンをも失ったように見える。

ヨーロッパの全ての大使を召還する段階に入った時、87年前、我々が父権を拒絶したオスマン帝国が、
95年前に行った不名誉な出来事を真摯に議論し、「どこで間違いを犯したのか?」と考える時がきたのではないだろうか。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 19:07:24 ID:PXLm+Bf+
 イランが核兵器開発に向っているということがアメリカによって強く非難され、イスラエルは
自国の安全を考え、アメリカの支援がなくともイランの核施設を空爆すると息巻いている。
アメリカとイスラエルの勢いに押されてか、EU諸国もイランに対する新たな制裁を早急に
果たすべきだと言いだした。しかも、国連安保理で新たな制裁への合意が生まれないので
あれば、EU単独ででも実施すべきだとまで言い出している。

 そうした雰囲気の中で、こうした世界の流れとは全く別の意見をトルコのエルドアン首相が
言いだした。彼曰く「イランの核は噂にすぎない、中東の国々は何処も、核兵器を持つことを
望んではいない。」というのだ。しかも、エルドアン首相は、イランの平和的核開発が問題で
あるのに、何故イスラエルの核兵器は問題ではないのか、とも発言しているのだ。
まさに、核心を突いた発言といえよう。

 そのうえでエルドアン首相は、20パーセントに濃縮されたウラニュームと、低濃縮のイラン
の製造したウラニュームとの交換場所に、トルコがなることも提案している。一見、唐突とも
言えるエルドアン首相の今回の発言は、実はイランに妥協の窓を開いたということではないか
と思われる。こぶしを振り上げて引っ込みがつかなくなったアメリカやヨーロッパ諸国に対して、
トルコがイランのメンツを保ちながら妥協できる余地を作ったのではないか。

 問題は、これにイランがどう応えるか、ということであろう。アハマド・ネジャド大統領や
ハメネイ師が、エルドアン首相の発言を受け止め、それなりの妥協の姿勢を示し始めれば、
状況は急激に好転する可能性もあろう。

 エルドアン首相の発言で、今のイラン政府の最高権力者群に、それだけの腹がある男が
居るか否かが試されることになったのではないか。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/18(木) 17:33:38 ID:FJJXm7TK
Ismet Berkan コラム:扉を開き、閉じないこと―放り出された問題の行方 2010年03月10日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Default.aspx?aType=RadikalYazarYazisi&ArticleID=984700&Yazar=%C4%B0SMET%20BERKAN&Date=11.03.2010&Cate

 もう忘れてしまっているかもしれないが、「クルド問題の民主的解決」や「民主主義への門戸開放」
などについてはすっかり話されなくなってしまった。ついこの間までは熱く語っていたというのに。
今ではそれらにとって変わって憲法改正案や、司法改革についての議論をしている。
この議論はいったい何時まで続くのだろうか。そして何時になったら話題にならなくなるのだろうか。

 問題は次のようなことなのである、多分。政府は、本当にこの国にとってとても重要な問題を議題
に取り上げ、一定期間議論されるようにしているが、その後殆ど何もせず、問題をそのままそこに
放置してしまっている。私の知人がこれについてこんなことを言っている。「政府は今まで誰もその
ノブにさえ触りもしなかった扉の数々を、勇気をもって全部開けた、しかし開けたドアどれからも中へ
入ろうとせず、そのドアを閉めもしなかったのだ・・・それらの扉は全て開いたままなのである」

 間違ってはいない。開かれた扉の中で一番重要なのが、EUの扉。いまだに開いたままだ。
強いてEUだけを問題にする訳ではないが、この扉がすぐに閉じられる事を誰も期待していなかった。
が、こうも長い間重要なことは何一つせず、このように開いたまま放置されることに対して、失望しない
訳ではない。元々クルド問題も、司法改革も、文民統制の問題も全てはEUに関係するものであるから。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/18(木) 17:36:22 ID:FJJXm7TK
 それでは、政府はなぜ最初は意欲的に取り上げていた問題で急に立ち止まっているのか。
たとえば、もっとも簡単な例として、なぜ少なくとも未成年犯罪者が重罪裁判所で裁かれないように
する法律を作らず、これさえも駆け引きの道具にしてしまうのか。または、政治的に野党の助け無し
にはほぼ実現不可能だと分かっていながら、憲法改正の問題を、しかも同時に国民投票という
脅し付きで、なぜ議題に取り上げるのか?野党との協力を模索するとか、改正のためにもっと簡単な
方法を探すとか、それらが駄目なら国民投票をも覚悟する態度を見せるとかがそんなに嫌なのか?

 我々はこの答えを知らない。私たちが知っていることと言えば、どの問題に関してでも、それに
対し行われる何らかの国民投票は、政府ではなく野党に都合のいいようになるということである。
こういう理由で、私は彼らが憲法改正に本腰を入れないのではないかと思うのです。
政府はこの段階で自分たちの力を試そうとはしないでしょう。

 しかし、憲法改正を議題に上げておいて、何もできないということは一つのつけを残すことになる。
そのつけは民主主義を愛する者、よりまともな国で暮らすことを望む市民が払う羽目になるのです。
閉じられない扉が開いたままになっていることにより生じるつけは我々が払うのであるなら、この分も
我々が払うことになるのだ。

130 :CHINAMAN:2010/03/18(木) 18:01:18 ID:MPmBqNC4
日本投降?。中國人像日本的父親一樣

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 19:45:02 ID:oisRouaQ
ロマの人々へ、住宅提供―エルドアン首相、約束 2010年03月15日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/romanlara-toki-acilimi/guncel/haberdetay/16.03.2010/1211405/default.htm?ver=20

 アブディ・イペキチスポーツサロンは、昨日がおそらく今までで最も色付き、活発な1日だった。
12月に行われたシンポジウムの後、ロマ・プロジェクトの第二段階である『ロマ会合』のため、
トルコ全土から大太鼓とともに来たロマの人々は、エルドアン首相と共に、音楽、ダンス、
興奮が高まる会合を行った。

 ロマ・プロジェクトが何故必要とされたかは、自身もロマである差別ゼロ協会のエルマス・アルス
会長の以下の話の中でもはっきりとは答えていない:「外に出た時に私たちと遊ぶのを避ける子供
達を見るにつけ、家に帰り母親に理由を聞きました。私たちはこの偏見で開かれた私たちの目を、
この疎外のまま閉じてしまうことを望みません。サルギョル・モスクで祈りをするシャディ・アムジャ
を不愉快に感じる人に反対します。セレンディで子供達たちがリンチされるのを怖がり木箱に隠れる
ことがないよう、私たちはこの場にいます。私たちの子供に誰も『大きくなったら何になるんだい?』
とは聞きません。なぜなら運命は明らかだからです。」

 エルドアン首相は、好意的な様子で上がった演壇で以下の演説で大きな喝采を得た:
「私は、イスタンブルのカスムパシャ地区のクラクスズで、あなた方の間で生まれました。そこで
私たちは共に大きくなりました。誰かがあなた方を『ジプシーの子供(ショパル)』、『ベレクチ(ふるい売り)』、
『托鉢僧(アブダル)』、『マルティプ』、『バラ』、『パシャ』、『グルベット』、『アーシュク』、『ジャノ』、
『ザナアトキャール』、『チガン』、『ジプシ』、『ジンガン』、と言うことを。何とでも言わせておきましょう。
どんな表現を使おうとそうさせておきましょう。あなた方は『ロマ』です、つまり人間です、生きています。
あなた方は私の兄弟です。心から述べます、心からの言葉を述べます;赤を好み、ピンクを好み、
お互いを褒め称える、ロマはこのような人々です。楽器なしでは生きてはいけません。どうあっても
ロマであってください。石、泥、これもアッラーの創造物です。誰もがあるようにあればいいのです。」

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/23(火) 19:45:57 ID:oisRouaQ
 「どの子ども、赤ちゃん、ジプシーの子どもも、両親から受け継いだ民族的出自や言語の故に
疎外され得るでしょうか?このことは人間として良心の問題としておさまりのつくものではあり
ません」と述べたエルドアン首相は、「濃い色であればあるほど、果物は熟しています」という
ロマのことわざに耳を傾けていることも強調した。

 第二次世界大戦時にヨーロッパで100万人のロマの人々が虐殺の対象になったこと、
またヨーロッパの都市から続々と逃げたロマの人々をトルコが受け入れたことを明らかにした
エルドアン首相は、「虐殺、差別、疎外を働いた人々がまさに自身の罪を私たちに転嫁しようと
しているのです」と述べた。

 ガリポリの戦いの間、トルコ兵が自らの命を危険にさらす一方で、敵にコーヒーを出す
寛い心を持っていたとし、「この国民・国へ向けたこの汚い訴えの全てを、私たちの歴史、
寛容な心、友愛、一体感と全体感でもって無にしてしまいましょう」と話した。

 「宿に向かう道は、あなたを宿から引き離さない」というロマのことわざを引用したエルドアン
首相は、「道は宿の一部です。私たちはもう宿に向かう道を歩んでいます。トルコの異なる
民族グループ、異なる信仰グループの問題を解決する道に進みでました」と述べた。

 エルドアン首相は、ロマの人々がもうテントや寄せ集めで作った建物で暮らすことを
望まないと述べ、TOKIがロマの市民のために準備した住宅プロジェクトを紹介した。
エルドアン首相は住宅の近くに学校、社会施設、買い物の店も建設し、前払い金なしで
月に100-120リラの分割払いで20年の返済期間を与えること、また 12-16ヶ月のうちに
引渡しを行うことを述べた。またエルドアン首相はブルサ、エディルネ、サカルヤ、アフヨン、
バルケシル、ブルサ、エスキシェヒル、キュタフヤ、テキルダーで3408の住宅建設が開始
されたことを説明し、演説の後4人の市民に身分証明書と婚姻証明書を与えた。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 19:59:56 ID:UtIzCv05
エルドアン首相、「アルメニア人労働者の送還もありえる」 2010年03月16日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=986044&Date=17.03.2010&CategoryID=78

 エルドアン首相が、イギリスのゴードン・ブラウン首相とダウニング通り10番地の首相官邸で
会談を行った。タイイプ・エルドアン首相は、アルメニアとのあいだで進められている国交正常化
が上手くいかなければ、在トルコのアルメニア人違法労働者を送還することもありえると述べた。

 エルドアン首相は、アルメニア法案により生じた危機がアルメニアに損害を与えていると述べ、
「我々はもちろん『2国間の懸案事項ゼロをめざす政策』を断固とした態度で進めていますし、
進めるつもりです。しかし、我々が手の差し伸べる時、相手が手でこぶしを握っているとしたら、
我々の行いは意味を為さない」と話した。

 同首相は、トルコにいる17万人のアルメニア系住民のうち10万人はトルコ国籍ではないと
明らかにし、「しかしその10万人を、現在のところは、我々がこの国で全て受け入れている。
必要ならこの10万人に、さあ、あなた方の国へどうぞ行ってください、と言うつもりである。
これを実行するつもりだ」と述べた。

 エルドアン首相は会談のため滞在しているロンドンで、BBCトルコ語放送のアルカン氏の
質問についても答えた。同首相は、『今会期に承認されたアルメニア法案のせいでトルコの
外交政策が圧迫されている』という批判を一蹴した。エルドアン首相は、以下のように説明した。

「しかし現在のところ、こういったことは、問題ではない。アルメニアとの関係拡大においても、
こうした事態が生じて困っているのは我々ではないし、アルメニア側の問題だ。そしてアルメ
ニアがとても重要な決議を行うことが必要だ。ディアスポラ(在外アルメニア人)の担保から
アルメニアが救われるべきである。もしアルメニアを愛する国があるなら、筆頭はアメリカ、
フランス、ロシアだろうが、1度アルメニアをディアスポラの担保から救い出すべきである」

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/25(木) 20:02:55 ID:UtIzCv05
エルドアン首相の違法滞在アルメニア人追放発言、海外メディアに波紋 2010年03月19日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/erdogan-in-sozleri-mansetlerde/siyaset/haberdetay/19.03.2010/1213452/default.htm?ver=19

タイムズ紙(英):
一面で、「トルコの首相は、国内に居住する10万人のアルメニア人を国外追放すると脅し、
オスマントルコ時代のアルメニア人集団虐殺に関する国際的な議論を、別の段階へ移した」
と報じた。かつてもトルコの政治家がアルメニア人を追放すると脅していたと述べる新聞は、
「しかしながら今回のこの脅しは、初めて一国の指導者の口から出たものである」としている。

デイリー・テレグラフ紙(英):
同紙は、エルドアンの発言が「アルメニアに大騒ぎを引き起こした」と報じ、アルメニアの国会
議員のライル・カラペトヤン氏はこの言葉を「恐喝」として捉えていること、国内の政治的緊張の
重責は、ほとんどの場合、アルメニア系トルコ人にかかってくるとした。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙(米):
同紙は、エルドアンあるいは他の有力者が、トルコで違法に働くアルメニア人に対して何らかの
措置を講ずることを示唆したのはこれが初めてではないとし、エルドアンの「厳しい見解」が、
アルメニア・トルコ・アメリカ間の「緊迫した場面」の真っただ中に投じられたと報じている。

ディー・ヴェルト紙(独):
「エルドアンがこれほどまでに軽率な発言をするのはめずらしい。まず英語で書かれたルポ
タージュでの『国外』という単語:。これは「国外追放」を意味している。この言葉はジェノサイドを
想起させる。こんな言葉を使うなんて歴史知らずにも程がある。第二の問題発言は、エルドアン
が威厳あるスルタンのような態度で『彼らは我々トルコ国民ではない』と語っていることだ」

フランクフルト・ルントシャウ紙:
「脅されるアルメニア人」という見出しが使われた。ゲルト・ホレル記者は、エルドアンがスウェ
ーデンとアメリカの訪問をキャンセルしたこと、この議論の責任がトルコで違法に就労する
アルメニア人に襲い掛かるだろうことを報じた。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/28(日) 20:25:55 ID:moMHCb4q
キム・ヨナはなぜ『アララトの聖母』を踊らないのか?
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/skate/1269760343

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 21:10:32 ID:ZRTtrzfs
エルドアン首相、憲法改正問題で司法と野党を批判 2010年04月03日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=969067&title=basbakan-erdogan-yargi-siyasete-soyundu

 レジェップ・タイイプ・エルドアン首相は憲法改正問題における高等司法機関や野党を非難した。
エルドアン首相は「司法は声を張り上げています。ご覧下さい、我々よりもさらに政治家らしいじゃ
ありませんか。司法は政治化したということだったでしょうか。司法は政治化したのではなく、
政治を行おうとしているのです」と語った。

 独立実業家協会(MUSAID)第19回通常総会がストゥルジェ会議場で開催された。
コーラン詠唱から始まった総会はトルコ国家『独立行進曲』とMUSIADの歴史を説明するスクリーン
上映と続いた。総会へは多くのMUSAIDメンバーが出席した。

 同総会でスピーチをしたエルドアン首相は、憲法改正問題における高等司法機関の態度を非難。
首相は、「トルコには近代的な民主主義の基本を否定する人が存在する。グローバル・スタンダード
をトルコにも適用しなければ幾許も前に進むことはできない。どんな目標も達成することができない
でしょう。トルコ国民の目指すものを、わたしたちは実行します。国民の歩く道を歩き、国民が決めた
目標に向かってわたしたちは歩みます。国民も変化、もう一歩進んだ民主主義、そして近代的な
法体制を必要としています。規制する国家ではなく法治国家を欲しているのです。自身の決定が
危険にさらされたくはない、自分が選択した代表の邪魔をされたくないと国民は思っている。」

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/09(金) 21:11:42 ID:ZRTtrzfs
「我々はこれを意識して行動してきました。今回の改正もそうです。司法は声を張り上げています。
ご覧下さい、我々よりもさらに政治家らしいじゃありませんか。司法は政治化したということだった
でしょうか。司法は政治化したのではなく、政治を行おうとしているのです。いま起こっているのは
こういうことです。簡単に政治に干渉し、次のようによくも言えるものです。「国民に呼びかけを行い、
今回の憲法改正に賛成しないように」などと。国会議員にも呼びかけをしているようです。司法が
こんな呼びかけをしてよいのでしょうか?そんなにこの仕事を気に入っているならばガウンを脱いで
こちらへ、政治の舞台へ上がりなさい。この憲法改正に反対する政党は必ず存在しますから、
彼らに加わって政治をすればよいのです。」と話した。

 ヨーロッパ各国にトルコのような司法システムは見当たらない、と話すエルドアン首相は発言を
次のように続けた。「ヨーロッパの国々では裁判官・検察官高等委員会もなければ、最高裁判所も
行政裁判所も、憲法裁判所もトルコのそれとは異なる。ヨーロッパ各国ではそれらのメンバーは
議会、首相、閣議によって任命されるのです。反論できるものならしていただきたい。しかしトルコ
にはこのような機関がありません。私たちの国では、そうしたやり方に対する耐久性すらありません。
最終的にお情けで、「法務相は残してもよいが次官はいらない」などと言われました。さらに取引
しようとしています。私たちもこの問題を国民と話し合います。

 憲法改正問題に関して野党についても非難したエルドアン首相は「野党は、政党の解党権を
国家に与えるべきではないとしている。政治家というものはこのような形で自分の首を自分で
絞めるだろうか。最高裁判所が許可すれば、司法は、司法関係者を裁くことができる。軍は、
軍関係者を裁くことができる。政治の場では、どうして政党の解党問題がにおいて国会を信頼
しないのでしょうか?議会を構成している人間は病気なのでないでしょうか?国民は自分たちの
代表として議員を国会へ送っているのです。それならば彼らが解党の許可を与えるべきである。
我々もそれを出発点として憲法改正の歩みを進めているのです」と述べた。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/22(木) 12:49:32 ID:9QxFaQEu
逃亡のバキーエフ元キルギス大統領「トルコへ」の噂 2010年04月16日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/-bakiyev-turkiye-de-iddiasi/dunya/haberdetay/16.04.2010/1225774/default.htm

 キルギスで野党勢力が政権を握った後、国の南部に逃れ、15日カザフスタンに逃亡し失脚した
クルバンベク・バキーエフ元大統領が、昨夜トルコに到着し、亡命申請をしていると噂されている。

 4月7日に起きた流血をともなう抗議運動の後、野党勢力が政権を握ったことで、南部のジェラ
ラバードに逃亡したバキーエフ元大統領は妻と二人の子供と共に、15日、アメリカ、ロシア、
カザフスタンなどの各大統領などの支援によりカザフスタンのタラズ市に逃れた。

 15日、ロシアインターファクス通信は、未確認情報であるがバキーエフ元大統領がカザフスタン
でしばらく滞在した後、トルコ、もしくはラトビアに行くと報じた。インターファクスのあと、キルギス
の通信社であるAKIプレスも、バキーエフ氏がトルコに向かおうとしていると報じた。

 一方、アンカラで、失脚した元キルギス大統領がトルコに対し亡命申請をしているというニュース
が流れた。これに関するロイター通信の質問に対してエルドアン首相は、亡命申請についての
要求は来ていないと回答した。ただしエルドアン首相は、トルコはキルギスでの政変を解決する
ための支援の準備はできていると明らかにした。

 バキーエフ氏が自国から逃亡する一方、新政府のナンバー2であるアタンバエフ氏は15日
アンカラを訪れ交渉を行った。ギュル大統領は、キルギスの臨時政府の経済責任副大臣である
アタンバエフ氏へ、アンカラに来るための特別機を送った。アタンバエフ副首相は、ギュル大統領
との面会の後の会見で、トルコの議会制度をモデルにして憲法改正を行うことを明らかにし、
「キルギスは今後大統領制ではなくなる。大統領はハンになり、スルタンになる」と述べた。

 エルドアン首相はアタンバエフ副首相を来賓として迎え、首相公邸で予定外の食事会を催した。
首相公邸で約1時間半続いた食事会では、アタンバエフ副首相とエルドアン首相がキルギスで
行われるとされる憲法改正について語り合ったことが明らかにされた。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/23(金) 22:19:03 ID:uNmD/KTL
北キプロス新大統領はギュル大統領と同郷―先祖はカイセリ出身 2010年04月19日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=992363&Date=19.04.2010&CategoryID=78

北キプロス・トルコ共和国のデルヴィシュ・エルオール首相が大統領に選出され、トルコのカイセリにある
ギュリュク街区からアブドゥッラー・ギュルに次いで二番目の大統領が誕生した。

カイセリ広域市のメフメト・オズハセキ市長は、北キプロス・トルコ共和国大統領となったデルヴィシュ・
エルオール氏に市を代表して祝福のメッセージを送り、「カイセリのギュリュク街区からアブドゥッラー・
ギュル氏に次いで二番目の大統領が輩出したことに格別な喜びを感じています。大統領に就任してから
初めてトルコにいらっしゃる際にカイセリでお会いできたら大変光栄です」と述べた。

エルオール大統領の父方の先祖はカイセリ出身で、その昔、キプロスに移住した。エルオール氏が
11月20日にカイセリを訪問した際に、「今あなたは首相ですが、北キプロスの大統領に選ばれた暁には
カイセリの二番目の大統領としていらっしゃるのをお待ちしています」という期待の言葉を送られていた。

■カイセリにいる親戚たちの反応は?
エルオール大統領の遠縁の親戚であるオスマン・イビビキ氏によると、カイセリのギュリュク街区に
あったエルオール家の家は何年も前に取り壊されたという。イビビキ氏は「エルオールをとても栄誉に
思っています。カイセリ出身の親戚が大統領に選ばれたことは我々の誇りです。先祖は同じです。
エルオール大統領はいつも我々を訪ねてくれます。彼は決して親戚を疎かにしません。11月20日に
カイセリを訪れた際にも、役所や大学での講演の前後に、直接会いました。」と語った。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/24(土) 13:22:27 ID:S3DX6Jjs
バクー・ジェイハン原油パイプライン、フル稼働に達せず損害 2010年04月14日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=973226&title=bakuceyhan-tam-kapasite-calismayinca-botas-208-milyon-dolar-zarar-etti

 世紀のプロジェクトと銘打たれたバクー―トビリシ・ジェイハン(BTC)原油パイプラインの主要
運営企業であるBTC社とトルコ側の操業を行うBIL社(ボタシュ・インターナショナル株式会社)
間でおこった訴訟問題の原因が明らかとなった。

 昨年国際刑事裁判所へと告訴を行ったBIL社は、訴状において「BTC社がパイプラインの操業
に失敗し、それにより2008年末以来2億800万ドルの損害を与えた」との理由を提示した。
BIL社は、BTC社が損害を補償するよう要求している。

 エネルギー省から得られた情報によると、損害は年末以来3億ドルを超える見込みだ。
パイプラインにおけるトルコの収支報告をラインの最大稼働能力に基づき行ったとする関係者は、
「しかし、ラインが最大能力まで稼働されなかったり、契約変更(燃料の石油から天然ガスへの移行)で、
BIL社が損害を被った。損害は継続して大きくなっている」との情報を提供した。首相府高等監査委員会
が作成した報告でも、パイプラインの稼働において条件が現在のまま進めば、トルコが2012年以降
パイプラインから完全に損害を受け始めるだろうと強調した。

 ラインが最大稼働能力で稼働すればトルコは年間に1億7000万ドルのパイプライン通過料を得る
はずである。しかしラインは2007年に57パーセント、2008年に67パーセント、昨年には79パーセントの
稼働率でしか稼働しなかった。トルコは3年間低い稼働率でのライン稼働により、得るべき金額は
1億6500万ドルとなった。国際契約に定められた「Take Put」条項がBTC契約では定められなかった
ことで、トルコは損失を受け、そのため共同運営企業との問題を抱えることになった。

 訴状において、「我々は契約変更のため、燃料に法外な料金を支払わざるを得なくなった。今日まで
我々はこの過失の代償を多く支払ってきた。契約条項は訂正されるべきである」という要求を述べた。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 17:50:05 ID:XhrcN7T2
法律学者、エルドアン首相の「大統領制」提案を批判 2010年04月20日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/baskanlik-sistemine-elestiriler/siyaset/haberdetay/20.04.2010/1227372/default.htm

エルドアン首相の大統領制についての会見を法律学者が批評した。

■ 「独裁制になり得る」

ネヂミ・ユズバシュオール博士:世界に目を向けてみましょう。大統領制が成功をおさめた
唯一の国があります。アメリカです。EUを手本にしていると言っています。ヨーロッパで大
統領制の国はあるでしょうか。この制度を適用したのは南米諸国です。そして、すべての国で
独裁制となりました。うまくいかなかったわけです。

ヨーロッパ諸国は全ての国において議会制、もしくは半大統領制であります。このためトルコ
にとって大統領制は正しくありません。丁寧な言い方をすれば「当選したものは王になる」
ということです。独裁制のためにあらゆる可能性の扉が開いてしまっています。

議会制を粛々と適用すべきです。首相を持つ議会制では、大統領は中立的でそつが無く
ないといけません。偏向のある人物を大統領に選んではなりません。本当の意味で、
中立であるべきです。選出後、宣誓して中立というのではいけません。世論によって
大統領は信頼される必要があるのです。

■ 「左派の知識人」

元福祉党ムスタファ・カマラク氏:大統領制の最大の欠点は、私としては、洗練された
左派知識人たちが公務から一層遠のいてしまうという結果を生むことです。これも国に
とって大きな損失になると考えています。国の体制を変えるのは簡単ではありません。

首相閣下は次のように言いました。次の選挙でこれを議論しましょう、と。
憲法は徹頭徹尾、再構築されるでしょう。僅かな憲法の条項修正で妥協できない議会の
メンバーが包括的かつ根本的な制度の変更の件で、妥協できるとは思いません。
したがってこの議論は議論の域を出ないと考えています。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/05(水) 00:27:14 ID:/NBfWEpB
82年憲法に暫定15条をもちこんだのは軍人たち―当時の関係者、証言 2010年04月27日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=977937&title=gecici-15-maddeyi-darbeyi-yapanlar-sonradan-ekledi

 1982年憲法作成に関与したアッバス・ギョクチェ元裁判官は、暫定15条はクーデター政権によって
憲法に持ち込まれたと証言した。1981年当時高等選挙委員会の委員であったギョクチェ氏は、
「この条項は我々が議会で議論の末、提出したものではなかった。憲法を作成して委員会に提案
したのち、再編纂され、国民投票にかけられた。国民の92%の賛成票によって承認された」と述べた。

 ギョクチェ氏は、今議会で議論されている憲法改正案のうち、司法に関連する3条項に反対の
立場を取り、一方で他の条項はトルコの民主化にとって重要な一歩だとして評価している。
ギョクチェ氏は、トルコもそろそろ自国にふさわしい民主的な憲法を作る必要があると強調する。

 ギョクチェ氏は、議会で議論されている憲法改正案のうち、司法に関連する3条項に反対している。
他の条項についてはトルコの民主化のために重要な一歩だとして評価している。トルコの民主化の
妨げになってはならないということを強調するギョクチェ氏は、我々が過去になぜこれらの基準で
憲法を作成しなかったのかについて次のように説明している。

「今日1982年憲法が民主化の足かせとなっていると主張する者たちは、私よりも民主的だとは
主張できない。これが一種の反動憲法であることは否定できないが、トルコでは当時混乱が
長引いていた。さまざまな条件がそろって、憲法裁判所が政治的な資格を獲得し、当時の条件
ではそれ以上民主的な状況は生み出されないことは分かっていた。高等裁判官委員会のそれに
関わる憲法の文言が反民主的な内容であることも我々はわかっていたが、当時の状況はこれを
必要としていた。それ以上のことができなかったのだ」。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/05(水) 00:27:56 ID:/NBfWEpB
 1982年憲法が困難の中で施行されたと説明したギョクチェ氏は、それが経たプロセスゆえに、
この憲法が反民主的な内容を有することを知りながら作成されたこと、作成した憲法にできる限り
民主的な条項を入れたとしている。

 ギョクチェ氏は、改正案にある『HSYK(裁判官・警察官高等委員会)や憲法裁判所』の構造改革
をめざす条項や、解党命令に政治的な意思が盛り込まれることを規定した改正を批判し、これら
以外の条項は基本的な権利や自由がいかなる形でも制限していないと述べた。ギョクチェ氏は、
「もしも全政党が一堂に会し、相互理解に至るならばいいのに、そしてトルコをあらゆる面でより
前進させられればいいのであるが。なぜならば今日のトルコはもはやヨーロッパに追いついている。
そろそろトルコには自国にふさわしい民主憲法が求められる」と語った。

■ エルゲネコン裁判において麻袋と証拠がある

 継続しているエルゲネコン裁判にも言及したギョクチェ元裁判官は、エルゲネコンを事実と
捉えていない人たちに驚いていると述べている。エルゲネコン裁判を担当している多くの裁判官が
いることを指摘するギョクチェ氏は、

「これら裁判官の全てがお金で売られたというのか、全てが賄賂をつかんだというのか、全てが
AKP(公正発展党)のメンバーだというのか。これが存在することを、バイカル氏を含めて承認
しない者たちがいる。明らかに麻袋と証拠が見つかっている。無いことをどうやったら語れる
というのか。かつての軍の大将である参謀総長を取り調べ、その者を逮捕させるなど、裁判官に
とっても勇気がいることである。手元に何の証拠もなければ尋問などできまい」と言い切った。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 18:14:31 ID:lVCrkgzz
解党に関する第8項、否決―憲法改正案第2巡投票 2010年05月03日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/parti-kapatma-maddesi-dustu-/siyaset/sondakika/03.05.2010/1233114/default.htm?ref=haberici

政党の解党訴訟に議会の承認を必要とする(憲法改正案)第8項に対する賛成票は327票に留まり、
否決された。議場で投票の様子を見守っていたエルドアン首相は、結果が出ると閣僚らを招集した。
AKP(公正発展党)の中では失望感が広がっている。野党から最も強い批判を浴びていた第8項は、
憲法第69条が定める解党条件をより困難にするものだった。

第8項:
「政党が依拠すべき原則」と題される憲法第69条は改正される。これにより、各政党の会計審査は
会計検査院によって行われる。政党に対する解党訴訟は、最高裁判所共和国検事総長による
請求にもとづき、国会に議席を保有する全政党から5人ずつ出された議員が構成する委員会に
おける総議員の3分の2以上の賛成と無記名投票による承認のもとに開始される。訴訟は憲法
裁判所によって最終的に審議決定される。委員会は国会議長が議長を務めるが、投票に参加する
ことはできない。委員会によって下された決定は、司法による監督を受けない。

承認請求に関する審議は、議会を構成する政党グループによっては行われず、決定も下されない。
憲法裁判所はこの件において、解党命令ではなく、訴訟の原因となった行為の重要性に応じて、
その政党に対する国からの財政援助の部分的または完全な打ち切りを決定できる。国の財政援助
の打ち切りは、行われた解党訴訟と決定の内容に基づくものであり、それ自体は単独では訴訟の
対象にはされない。憲法裁判所で行われる解党訴訟において、国会の審議における投票や発言、
主張された考えや行政の行為や実施などは、政党に責任があるか否かの審査の対象とされない。

政党が解党される際に、その発言や活動が解党の要因になった議員に対し、以前は5年間の政治
活動の禁止が言い渡されたが、その期間は3年に縮減される。また政党に対して「完全解党」ではなく、
「閉鎖」の決定が下される。「解党」の前に置かれた「完全」という言葉は撤廃される。完全解党された
党が異なる名称を用いて再結成することを禁止する文言は憲法から排除される。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/07(金) 18:19:27 ID:lVCrkgzz
Derya Sazakコラム:憲法改正案と過去の清算、80年クーデター 2010年04月30日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/12-eylul-hesaplasmasi/derya-sazak/siyaset/yazardetay/30.04.2010/1231740/default.htm

国会で9月12日クーデター遂行者を裁くことにつながる憲法暫定15条の廃止についての投票の結果が、
30年前に軍事政権が成立した午前四時頃に明らかとなった。

歴史とは皮肉なもので、336票の賛成によって国会を通過した暫定15条を廃止したのは、9月12日
クーデターによって解党させられた共和人民党(CHP)と民主主義者行動党(MHP)の党員ではなく、
公正発展党(AKP)党員たちである。このような矛盾した状態は、1970年代にトルコと同じような環境下
にあったチリ、アルゼンチン、ブラジルなどの地域では絶対に起こり得ないことである。

トルコは、この「清算」を行うのに、これらの国々に比べ30年も遅れを取っている。国会は遂に清算の
第一歩を踏み出した。演壇における演説や、祝賀や抱擁を目にすると、我々の見ている構図が奇妙に
思えてくる。このような熱狂をCHPに期待していたが、AKP党員たちが、(AKP所属の)イスタンブル選出
議員アイシェヌール・バフチェカプルと抱擁を交わしていた。

バフチェカプル議員は、「戒厳令下の裁判所で青春を犠牲にし、拷問により命を落とした若者たちに
敬意を表したいと思います。本日暫定15条の成立へ賛成票を投じた一人の国会議員として、枕を
高くして眠ることが出来そうです。わずかであれ、ほっとすることになるでしょう」と語った。

文化相のエルトゥールル・ギュナイも、9月12日クーデターの被害者である旧CHP党員として、
以下のように述べている。「これから先、我々が高齢の将校たちを法廷に出頭させるか、司法が裁き
を行います。トルコの法律は今日初めて国民が選んだ議会によって“クーデターを起こした人物を
裁判にかけ、問いただすことができる”と言っているのです。そういう時が来たのです。」

暫定15条が憲法から廃止されることはトルコ史上の大きな進歩となる。
このような日を、CHP党員が実現するのを望んでいた!

146 : ◆vtrrjvpumI :2010/05/07(金) 23:13:11 ID:ic50QWXo
sa

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 19:59:13 ID:ub5P9PJc
議論の3項目中2項、国会通過―憲法改正法案審議 2010年05月06日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/ak-parti-den-ucte-iki/siyaset/haberdetay/07.05.2010/1234306/default.htm

トルコ大国民議会(TBMM)で継続している憲法改正法案審議で、昨日、危機を乗り越えた。
裁判官・検察官高等委員会(HSYK)の仕組みを再編する第23項は、334票で可決された。
こうして、激しく議論された3項中2項が承認されることとなった。

国会本会議での一連の憲法改正審議は、昨日、6項目において引き続き行われた。
憲法裁判所裁判員の任期を12年とする第18項は、反対71票に対し、賛成337票で可決された。
同項は第1巡投票で、反対70票、無効1票に対し、335票で可決されていた。

憲法裁判所への個人告訴権、更にTBMM議長、参謀総長、陸海空軍の最高司令官、軍警察
最高司令官の任務に関する犯罪を最高審議会で裁くことを定める第19項も、賛成337票で
可決された。投票では、議員71人が反対に票を投じ、そのうちの1票は無効であった。

憲法裁判所の役割及び審理方法を規定する第149条における改正を含んだ憲法改正法案の
第20項も、反対71票、棄権1票に対し、賛成336票で可決された。可決された法案では、各々
4人の高等裁判所メンバーから成る2つ小部会及び計12人から成る総会で活動がおこなわれる。

エルドアン首相は、憲法改正法案の第8項に反対票を投じたAKP議員のうちキュルシャド・
トゥズメン議員と直接話し合った。憲法改正法案作業により、毎日各国会議員が郷土料理を
振舞ったTBMMでは、本日、サプライズな振る舞いがある。トゥズメン議員は、今日、国会
議員に日本料理を代表する寿司を振舞う。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/11(火) 20:06:33 ID:ub5P9PJc
デニズ・バイカルCHP党首、辞任!―女性スキャンダル映像問題引責 2010年05月10日付 Milliyet紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=996032&Date=10.05.2010&CategoryID=78

共和人民党(CHP)党首デニズ・バイカルと、同じく共和人民党のアンカラ選出国会議員ネスリン・
バイトクの不適切な姿が映っているといわれるビデオ映像がインターネットで流れたことを発端と
する衝撃は、なお続いている。バイカル党首は記者会見を開き、CHP党首の辞任を発表した。
バイカル党首が壇上で読みあげた声明文は次の通りである。

「何日も記者のあなた方が待っていた、この問題への私の見解と決定を申しあげる。これは、
単なるビデオ映像問題ではない。陰謀そのものだ。陰謀とは、違法で不道徳な策略ということだ。
陰謀をめぐらし、人の家にしのびこむ、壁や家具の間に隠しカメラをしのばせる。隠しカメラで、
人間のもっとも無防備な姿を映像にとる。映像を切り刻み、つなぎあわせ、編集する。このような
ことをして、世界のあちこちで、さまざまな宗教を信じ、さまざまな体制のもとで、あらゆる道徳的
な保証のもとに生きる普通の人々のプライバシーを侵すのだ。」

「このビデオは数年前の映像だとの声もあるが、何年も寝かされたビデオテープなど存在しない。
このビデオは「入手」されたものではなく、「製造」されたものだ。できたての、この2週間の間に
生まれた陰謀だ。この陰謀の矛先は、私一人に向けられたものではない。CHPがほとんど唯一
の存在として守ってきた「共和国」、民主主義、法の優位の保持に対し、さらには、AKPによる
文民クーデター、文民独裁体制に対し行ってきた、CHPの闘争を狙ったものである。」

「この陰謀は、CHPが憲法と体制に対しておこなってきた、最近2週間の闘争のなかで準備され、
世にばらまかれたものである。陰謀は、計画そのものも、その材料も、撮影も最近のものであり、
できたてのものだ。野党党首という地位にあるものに対する、住居侵入とハイテク技術を使って
行われたこの陰謀が、政府の権力やその手にある手段を駆使せずに実行されたとは考えられない。」

(後略)

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/18(火) 22:04:18 ID:VkEQnV4b
ロシアと原子力開発協定締結、相互ビザ免除発効 2010年05月12日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/gundem/14699177.asp?gid=373

トルコとロシアは、相互ビザ免除およびアククユでトルコ初の原子力発電所設立をめざす
歴史的な協定に調印した。原子力の発電単価は12.35セント(1キロワット当たり)で合意。
発電所の建設は遅くとも2年以内に着工する見通しだ。

ギュル大統領とロシアのメドヴェージェフ大統領による共同記者会見では、トルコ人新聞記者
の質問が会場の笑いを誘った。メドヴェージェフ大統領は記者に「原子力で始まり、天然ガスで
終わったね」と返事をした。

メドヴェージェフ大統領は、原子力、天然ガスの価格引下げ、ロシアとトルコの相互ビザ免除に
関する17の歴史的協定を結ぶためアンカラを訪問している。両国にとって最も重要なのはビザ
の免除だ。メドヴェージェフ大統領はこの協定を「歴史的転換点」と呼んだ。

ギュル大統領とメドヴェージェフ大統領は二者会談のあと調印式に参加した。
両国間の協定には、双方の大臣がサインをした。
歴史的協定の中には、「アククユの原子力発電所設立および運営における共同開発協定」
と相互のビザ廃止が含まれる。

外務省の発表によると、ビザ免除の合意とは「私用、商用および公用目的でパスポートを所有
するトルコ人と、商用および公用目的のロシア人は双方の国を30日以内の滞在に限り、ビザなし
で入国することができる」というもの。外務省はさらにビザ免除は、180日以内、90日を経ずして
実施されることになると発表した。

トルコとロシアが長い間続けてきた原子力発電所の協議が合意に達し、両国は200億ドル規模の
「アククユ地帯原子力発電所の設立および運営に関する共同開発協定」に調印した。協定では
原子力の発電単価12.35セント(1キロワット当たり)で合意。建設開始は遅くとも2年以内の見通しだ。

ロシアは発電所の建設を2017年までに完成させると約束したことが明らかになっている。
エネルギー天然資源省は2010-2014年の中期戦略計画を準備しているが、ここでも2014年までに
原子力発電所の建設に入ることを強調した。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 02:26:49 ID:9xIsgN9i
バーナード・ルイス「あと10年でトルコはイランになる」 2010年05月12日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/turkiye-ye-neler-oluyor-/siyaset/haberdetay/13.05.2010/1236677/default.htm

ウォール・ストリート・ジャーナル記者のブレット・スティーブンス氏は、中東史の権威であるバーナード・ルイス教授が、
トルコはあと10年でイランに近づくかもしれないとの予測を行ったと報じた。

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル紙のコラミスト、ブレット・スティーブンス氏は、「トルコはどこに向かうのか」
の見出しの分析記事で、「トルコは豊かになるつれ、逆説的に、その西洋的の性質の一部を脱ぎ捨てている」と述べた。
外交に関する「グローバル・ヴュー」というコラムを載せているスティーブンス氏は、今週の記事で次のように述べた:

「先週バーナード・ルイス教授にトルコはどこに向かうと思うか尋ねた。中東史の権威であるルイス教授は、イランが
世俗主義国家に向かっている一方で、ムスタファ・ケマル・アタチュルクによって作られた世俗主義国家のトルコは
10年のうちにイランにより近づくことになるかもしれないといった。トルコについてのニュースをそれなりに読んでいる
身としては、ルイス教授が何を言いたいかを理解するのは簡単である。なぜなら、レジェプ・タイイプ・エルドアン首相
率いる公正発展党は、2002年に与党となって以来、トルコの外交方針を著しく変化させているからである。」

スティーブンス氏は、トルコがイスラエルとアメリカ合衆国から遠ざかり、シリヤとイランに近づいていると述べ、
次のように続けた: 「長い間トルコで世俗主義の支えとなってきた軍は、いま、エルドアン首相のイスラム的な政権
による攻撃を受けている。政府は最近、何十人もの将校をクーデター計画の容疑で逮捕した。トルコ議会は先週、
政府が、世俗主義のもうひとつの支えである同国の上級裁判所に、自陣営の人員を送り込むことを可能にする
国民投票を施行するため、憲法改正案への投票を行った。昨年、数億ドルほどの高額な税金を課されたドアン・
メディア・グループも攻撃を受けている。」

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/21(金) 02:28:21 ID:9xIsgN9i
スティーブンス氏は、トルコ人でアメリカに対する好印象を持っている人の割合は、イラクでのアブグレイブ刑務所
でのスキャンダルが明らかになった時期に比べても、さらに低い水準に留まっているとし、「このことは、ルイス教授
の警告を証明するばかりか、それ以上の証拠となっている」と述べた。スティーブンス氏は、「では、世俗主義者や
古典的自由主義者も含む多くのトルコ人は、どうして、エルドアン首相がもたらした変化を不愉快に思っていない
のだろうか?」と自問し、このことの答えのひとつは、こうした人たちが「騙されている」可能性があると述べる。

スティーブンス氏は、「イラン革命でも自由主義は前面に立ち、その後、ホメイニにより情け容赦なく切り捨てられた。
ただこれをトルコのケースにあてはめても、あまり説得力がない。公正発展党が自由経済政策をとっていた時代に
実現したトルコの経済的な変容の方が、その原因として、より説得的である。」スティーブンス氏は、記事の最後に、
「本来最も深刻な問題は、トルコのイスラム化がどこまで行くのかだ」と述べ、エルドアン首相が内政で示している
いくつかの手法は、次第にロシアのウラジミール・プーチン首相の手法と似てきていると主張した。

スティーブンス氏の記事の最後はこのように結んだ:
「一番重要なことは、イスラムに関するエルドアンの手法が、社会的・政治的な要求に対して二次的なものとして
扱われる穏健なままで留まるのか、あるいは積極的・急進的なものになるのかである。この質問の答えを知って
いるように振る舞うのは間違いのもとである。しかし、この可能性について憂慮しないというのも愚かなことである。」

イギリス生まれのアメリカの歴史家バーナード・ルイス教授は、現在アメリカの名門校のプリンストン大学で中東
研究の学科で教授を務めている。ルイス教授は 1993年にル・モンド紙に掲載した記事で1915年にアルメニア人
の身に起きたことが「大量虐殺」はなく、「戦争の負の産物のひとつ」であると述べた。フランスの裁判所は、
このことを「アルメニア人大量虐殺の否定」と判断し、この歴史家に象徴的な金額として1フランの罰金を課した。

152 :エビちゃん親衛隊:2010/05/23(日) 10:18:07 ID:fWkPlWJV
私はチュルク系であるトルコはイランより文化的に更に開化的であると思う。
チュルク系国家で原理主義の国はないし、トルコがイランになる可能性はないと思う。
トルコにそこまでの独裁的な原理勢力があるだろうか?
イランでホメイニ派が独裁権力を打ち立てた時には凄まじい暴力が展開されたのだ。
そこまでの暴力的な手法はトルコでは取られていないし、取られる事はないだろう。
むしろユーラシアにおけるチュルク系穏健イスラム国家の連携は、
アフガン・パキスタン・イエメンの独裁的イスラムラインの伸張を防止する為にも必要と思う。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/23(日) 18:04:30 ID:pyQXdtZj
>>152
Fethullah Gulen親衛隊さん、プロパガンダご苦労様です。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 20:18:16 ID:qJ6WOK7L
トルコはイランに巻き込まれた?―濃縮ウラン移送合意を巡る評価 2010年05月20日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/iran-turkiye-yi-oyuna-getirdi/dunya/haberdetay/21.05.2010/1240181/default.htm

各紙は、移送合意にも関らず、イラン制裁に関する決議案が再び安全保障理事会に提出されたことが、
トルコとブラジルで失望を生んでいると報道した。

イランの濃縮ウラン生産問題解決のために結ばれたトルコとブラジルの主導による合意の後に、
アメリカが新しい制裁決議案を国連安全保障理事会に提出したことは、各国メディアで波紋をよんだ。
この提案はトルコとブラジルを失望させ、イランがこの2カ国を利用したという評価がなされた。

ニューヨーク・タイムズ(アメリカ):以下、冒頭部分:
「ブラジルとトルコは国際的な場で大役を担うことを望んでいる。同時に、イランと衝突することも
避けている。我々はこの意向に敬意を表明する。しかしながら、殆どの他の国家のように、この2カ国も
イランが行うゲームに巻き込まれてしまった。」

ウォール・ストリート・ジャーナル(アメリカ):
ヒラリー・クリントン国務長官が中国とロシアに制裁に関して説得を行ったことで、「イラン問題での
敗北を免れた」と伝えた。安保理でトルコとブラジルが新しい制裁決議案に賛成しないと予想され、
このことは制裁案の承認自体の妨げとはならないが、全会一致の決定がなされないことでさえ、
イランの単独勝利を意味すると評価した。

ワシントン・ポスト(アメリカ):
「ブラジルとトルコはクリントン長官の声明にひどく気分を害した。両国の反発は、提案の満場一致
での承認を難しくした。」同紙は、テヘラン大学北アメリカ研究科長マランディが「アメリカはトルコと
ブラジルに平手打ちを与え、その後、その顔に唾を吐いた」という表現を行ったことにも言及した。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/25(火) 20:19:10 ID:qJ6WOK7L
ガーディアン(イギリス):
「制裁決議は、大国の力による、他の諸国家の話し合いの努力に対する、外交的な圧力として解釈
することができる。しかしながら、この新しい、多極性に富んだ世界においてバラク・オバマ大統領
にはこれを行う余裕はないであろう。トルコは中東外交において、その勢力を強めている」と書いた。
同紙は、トルコとブラジルが制裁提案によって失望したという表現を用いた。

フィナンシャル・タイムズ(英国):
「クリントン長官はトルコ-ブラジル合意を攻撃している」とし、長官の発言である「トルコ-ブラジル
合意への批判は、世界の既存および新興勢力間の緊張状態を示すものとなっている」を伝えた。

ルモンド(フランス):
冒頭部で、合意によって、「トルコとブラジルは国連安保理の常任理事国に、2010年、大国の思い
のままに秩序形成を認めないというメッセージを送った」という見方を掲載した。

■ 提案内容

国連安保理に提出された提案は、イランの核計画、武器を直接の対象としている。
10ページの提案の中で重要な鍵となる箇所を、以下にいくつか引用する:

・イランのウラニウム生成、濃縮化、再生産、核原料と技術開発及びその利用、重水施設と
 核兵器を運搬可能とする弾道ミサイル技術に関する国外の協力は禁止される。
・イランに戦車、戦闘機、ミサイルシステムのような8つのカテゴリーに含まれる重兵器の販売を禁止する。
・他国が、イランにこれらの兵器に関する技術指導を提供すること、物質的援助を行うことは禁止される。
・核兵器を運搬可能とする弾道ミサイルに関しイランが行う活動は、全て違法と見なされる。
・違法な荷を輸送していることが疑われた船は臨検される。
・イランの核運動への寄与が想定される経済活動は停止される。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/01(火) 19:40:30 ID:0l5UbaR+
イスラエル、人道援助船を公海上で攻撃。16人が死亡、60人が負傷: アルジャジーラ 2010年5月31日

イスラエル軍はイスラエルのガザへの封鎖を破ろうとしていた援助物質を積んだ船団を攻撃した。
イスラエル軍の放送によると、月曜日の早朝イスラエル軍がFreedom船団を急襲して16人が殺され、
数十人が負傷した。この船団はガザの海岸から65キロの公海上で攻撃を受けた。

船団の隊長船Mavi Marmaraからの画像では、重装備のイスラエル兵士が船に乗り込み、
ヘリコプターが上空を飛んでいるのが見える。船に乗り込んでいたアルジャジーラの記者によると、
イスラエル軍は作戦の最中に実弾を使ったという。
http://english.aljazeera.net/news/middleeast/2010/05/201053133047995359.html



イスラエルの外交官がヨーロッパ各地で喚問されている プレスTV

ギリシャ、スペイン、スエーデンはイスラエルの外交官を呼び、イスラエル海軍が行ったトルコが
後援したガザの人道支援船団への破壊的な攻撃について説明を求めている。

ギリシャの外相は月曜日の声明でイスラエルの大使を召還し乗船していたギリシャ国民30名の
安否を「すぐに」報告することを求めた。
http://presstv.ir/detail.aspx?id=128450§ionid=351020606

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/01(火) 20:30:02 ID:0l5UbaR+
イスラエルの支援船攻撃をめぐり、エルドアン首相会見 2010年06月01日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/erdogan-artik-yeter-sessiz-kalmayacagiz/siyaset/haberdetay/01.06.2010/1245058/default.htm

エルドアン首相は、ガザに支援物を運ぼうとした船に対するイスラエルの攻撃を、
「いかなる理由をあげようとも、これは、国際法に完全に反する国家テロである」と断じ、
「この攻撃は、現在のイスラエル政府が、この地域における平和の実現を全く望んでいない
ことを、改めて明らかにした」と述べた。エルドアン首相は、「この非人道的な国家テロに対し、
我々が無言・無策でいられないことを皆に知っておいてもらいたい」と続けた。

エルドアン首相は、昨日、チリの首都サンティアゴからトルコへの出発前に、空港で記者団
の質問に答えた。ガザに支援物資を運ぼうとした市民団体の船に対し「公海上で、国際法を
踏みにじる形で、イスラエルの方から攻撃がしかけられた」とのべ、「攻撃の際、船には白旗
が掲げられていた」とし、次のように続けた。

「イスラエルの政府関係者が、船にあった武器について言及していることに、賛同することは
できない。これらは事実に反する。はっきり申しあげるが、これらは嘘である。イスラエルの
支援船に対する非合法の攻撃により、チリにおける外交行事をまだ始らないうちに中止して
帰国せざるをえなくなった。国連安全保障会議での緊急会議の開催を求めた。また、公海上
で発生したこの事件に関し、NATOにも会議を開くよう求める。」

エルドアン首相はさらに、この非人道的な違法行為を支持するものにも呼びかけるとし、
「あなた方が、いかに違法行為、テロ、流血行為を支持し続けたとしても、我々はそれ以上に、
法と平和と正義、そしてこの攻撃で被害をうけたトルコをはじめとする32カ国の平和と支援の
ためのボランティアの人々、そしてもちろんパレスチナの、そしてガザの人々を守り続ける」
と述べた。エルドアン首相は帰国後すぐに、公正発展党の会派会議や国会、またトルコや
海外の国々に対し、より詳細に情報を提供する予定だと述べた。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/03(木) 18:46:09 ID:9Xz/QN72
自己責任です。
国に迷惑をかけてはいけません。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/10(木) 22:20:07 ID:IRiXazNp
イスラエルから帰国の被害者たち、怒りの証言 2010年06月03日付 Zaman紙
http://www.zaman.com.tr/haber.do?haberno=991661&title=gonulluler-israil-baskinini-ve-gemideki-dehset-anlarini-anlatti

スウェーデンから参加しガザ支援船に乗組み、イスラエル軍による攻撃から九死に一生をえた
支援活動家らは、経験した恐怖を赤裸々に語った。

イズミル出身の支援活動家ムサ・チョアシュ氏は、マーヴィマルマラ号への攻撃で負傷した。
イスラエル兵により腰に撃ち込まれた二つの銃弾を、イスラエル人医師が麻酔なしで、
ニッパで取り出したと彼は話した。チョアシュ氏は法医学研究所での取り調べの後会見を行い、
銃弾を取り出すのに「ここのやり方で麻酔する」と聞いたが、おそらく何もしていなかったと述べた。
支援船がイスラエル南部アシュドットに着くまでの12時間、銃弾が腰に入ったままでした。
大動脈がドクドクト脈打っていました。本当に精神がおかしくなりそうでした。
彼らは私をレーザー銃で撃ってきました。ピストルは3,4種類ありました。

イスラエル軍の攻撃を受けたアナトリア通信記者ユジェル・ヴェリオール氏は、法医学研究所の前で、
新聞記者らに対し、事件に関する会見を開いた。彼は、もっとも過酷な拷問は船のデッキで起こった
と述べた。「絶えずヘリや船が来た。彼らは我々を船の二階に上げた。床は湿っていた。そして我々の
腕を縛りあげたのだ。そして我々の上にわざとヘリを旋回させ、ヘリがまき上げた海の水を我々に
かけてきた。外は寒く、『氷の拷問』であった」と話した。

ヴェリオール氏は、アシュドット港ではたくさんのイスラエル兵が船を待ち構えており、船を英雄の
ように拍手で出迎えたと話し、「その時、『我々はもうここから逃げ出せない。ここに残るしかない』
と思った」と話した。

ガザ支援船で物資を送る際、乗船していたアメリカ人のポール・ラルディー氏(64)は拿捕された際、
イスラエル関係者に、何点かの書類にサインをするよう求めら、命令に応じないと殴られたと話した。
ギリシャ人31名とフランス人3名の平和活動家と共にギリシャのエレフシナ空港に着いたラルディー氏は、
殴られたにもかかわらず骨は折れなかったのは不幸中の幸いだったと述べた。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/10(木) 22:21:10 ID:IRiXazNp
自国に戻ったギリシャの支援活動家も会見を行い、イスラエル側特殊部隊は、抵抗しなかったのに
銃で撃ったことや、電気ショックを用いたこと、拿捕された際にも暴行を受けたこと、一睡たりとも
ゆるされなかったこと、精神的拷問を受けたことを話した。

支援活動家の一員で、国に帰ったギョルジュクル・イスマイル・バイラクル氏は、「最悪の事態を
逃れるために私達は降伏しました。確かに衝突はしましたが、私達は戦うためではなく支援しに
行ったのです」と話した。バイラクル氏は、トルコ西北部コジェエリ県ギョルジュク郡の家で家族と
抱擁し、恐怖の体験を説明した。

バイラクル氏は、イスラエル軍が一方から火をつけ、もう一方からはガス爆弾、音爆弾を投げた
と説明し、「大きな爆発音がして、われわれは手にした棒で抵抗した。3人のイスラエル兵は捕虜
となった。このため兵士らは大変恐れていた。20分間の衝突で、多くの犠牲者がでた。イスラエル
兵は大変臆病であったので、こうした殺人を行った。無防備の人にも3,4人の軍人が攻撃していた」
と話した。

アタテュルク研究教育病院で治療を受けている負傷者19名の一人、支援活動家ムハッレム・
ギュネシュ氏は、イスラエル兵が船に乗り込む際に、空中ですでに銃を放っていたと話した。
ギュネシュ氏は抵抗している際に、顔に銃弾があたった。彼は、出来事をありのまま、即座に
世界に報じるカメラマンを殺すことは許されないとして、勇敢な行動に出た。倒れたカメラマンを
撃つなと言って、上に覆いかぶさったギュネシュ氏がわずかに動くのを見たイスラエル兵は、
彼の頭に銃を放ったという。ギュネシュ氏の顔に当たった銃弾は喉を突きぬけた。
顔じゅう血だらけになったギュネシュ氏だが、現在の状況は良好である。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/11(金) 19:25:32 ID:hypBZriG
 パレスチナのガザ住民に対する支援船フロテッラ号が、公海上でイスラエル軍コマンドの襲撃を受け、
数十人が死傷するという事件が起こったが、被害者の中心であるトルコが、中東におけるイスラエルに
とって唯一の友好国であったことから、今後の中東情勢に少なからぬ影響を及ぼすことになりそうだ。

 トルコは今後イスラエルに対し、国連など国際上で今回の事件の責任を追及していく方針だ。
そのことが、アラブ諸国に「トルコは頼りになる」というイメージを与え、中東政治の上でトルコは
主役に定着することになろう。

 他方、エジプトはガザとの国境を閉鎖していたため、苦しい立場に回らされそうだ。イスラエルからの
要求と自国内への影響を恐れたエジプトは、ガザとの国境を閉鎖していたが、今回の事件が起こる
ことにより開放せざるを得なくなっている。ヨルダンの場合も程度の差はあるものの、パレスチナ住民
に対する責任を問われることになるのではないか。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/12(土) 18:54:10 ID:DOH0h/tC
ガザの土産物屋「エルドアンの写真、良く売れてます」 2010年06月05日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/dunya/14938246.asp?gid=200

イスラエルによるマーヴィ・マルマラ号への流血の惨事となった襲撃は、ガザ地域の国旗や
みやげ物を扱う商店の顔をほころばせているという。
トルコ国旗やレジェプ・タイイプ・エルドアン首相のポスターが次々と売り切れなっているのだ。

ムハンメド・エブ-ダジャさんは「トルコ船への襲撃後、トルコ国旗への爆発的な注文が殺到
している」と話す。ダジャさんによれば、エルドアン大統領のポスターは40シェケルから、
ペナント類は5シェケルから販売されているという。ダジャさんは「それらを買うために食費を
削っている人もいる」と話した。 

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 02:36:48 ID:PT+A6IGl
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20100615_064854.html


破産寸前の日本、国債販売にあの手この手?
2010年06月14日付 Milliyet紙


財政破綻の間際にある日本は、融資を得るために様々な方法を模索している。
各国は自国の負債問題が大規模な経済危機に繋がらないように、それぞれ興味深い方法で融資の調達に奔走している。
そうした中、世界第三位の経済大国である日本は、国債の販売を促進するために大変特異な広告キャンペーンを打ち出した。

「性を商売道具にしている」とは、特に文学の分野においてベストセラーになるために安易な方法にうったえる作家を批判する際に用いられる表現である。
商売における性的関心の潜在力を認識している日本の財務省は、この問題(批判する際に用いられる表現であること)をあまり深刻に捉えていないようだ。

財務省は今週の初め、国債を売るために日本で発行されている雑誌に性的な内容の広告を掲載し始めた。
広告では、一人の男性が裸の女性たちと札束のプールに入って泳いでいる。広告の別の箇所には、倹約的な夫を探している日本の女性たちの姿が描かれている。

テレビ局の取材に応えた人々は、日本は資金不足に陥っており、現在支出は収入の二倍以上であると話した。

格付け機関も、日本政府が負債を減らすための行動を起こさない限り、国の格付けを落とすと警告した。
スタンダード&プアーズは、今年一月の予算案の成立が遅れたことを理由に日本に関する見通しを改めた。

今年日本銀行の支出は96兆円と発表されたが、同行の実際の支出はその二倍であるとされる。

菅直人首相は、国債の負担を管理できなければ破綻しうると発言し、これは世界第二位の経済国への道を歩む日本が深刻な国債問題を抱えているとの印象を強め、
近いうちにギリシャと同じような悲劇が再び世間を騒がすのではないかという憶測を招いた。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 01:36:44 ID:QhFHbjOL
トルコ、シリア、ヨルダン、レバノン、経済協力で合意―中東連合への一歩? 2010年06月10日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=1001840&Date=11.06.2010&CategoryID=80

トルコ、ヨルダン、レバノン、シリア間で共同宣言が調印された。
4カ国間で貿易、税金、農業、保健、エネルギーの分野における協力の促進、ビザの廃止を目指している。

トルコ・アラブ協力フォーラム第3回外相会議の終わりにアフメト・ダヴトオール外相が読み上げた
共同宣言において、「トルコ、ヨルダン、レバノン、シリア間の関係は、互いに共通の歴史、文化、地理により
他に例がないほど固く結びついている人々の意思によって増加しつつある政治的対話、経済的相互依存と
文化的相互作用に基づくものである」と述べられた。

既存の協力関係の国際的・機構的枠組みでの強化、長期間にわたる戦略的協力関係と各国間の結束
の発展、そして経済統合への推進という目的を重視した宣言において、「4か国協力ハイレベル会議」の
創設と、4カ国間における自由貿易・移動領域の構築が決定したと述べられた。

同会議は、共同利益と利権分野での協力関係の発展において強固な基盤を築く、自由貿易とビザ免除に
関する既存の二国間合意に基づいて行われ、トルコがこの合意によってシリア、ヨルダン、レバノンと共に
ビザ免除合意を施行に移したことに言及された。トルコはシリア、ヨルダンとの自由貿易協定にも調印した
とする宣言で、トルコとレバノンの間に自由貿易協定の調印のための協議が現在続いていると述べられた。

宣言ではトルコとレバノンが、この状況下で2国間での自由貿易協定をできるだけ早急に締結するため、
協議を積極的に継続させることを約束したとされ、この問題は4か国すべてのプロセスへの参加を保障
するという観点から必要であると強調された。4か国体制はそれぞれの国家間の2国間合意の代わりと
なるものではなく、この地域の他のすべての友好国の参加に対しても開かれているとされ、4か国会議の
調整は外相によって行われると述べられた。会議は最低年一回協議をすることを目標に首脳レベルで
招集され、参加国がホストを交代で担当する。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 23:21:06 ID:QpTnzTsF
退役将軍、PKK襲撃に関しアメリカが情報提供しなかった 2010年06月20日付 Yeni Safak紙
http://yenisafak.com.tr/Gundem/?t=20.06.2010&i=263804

ハッキャーリにて10人の兵士が犠牲となった地域で、かつて任務に就いていたネジャティ・オズゲン
退役大将は、アメリカが情報提供しなかった可能性があると述べた。同大将は、以下のように発言した。
「直接衝突はなかったようです。おそらくテロリストたちはロケット弾を使ったのでしょう」

シェムディンリ地域にて早朝8人の兵士が犠牲となったことに関して、NTVのインタビューをうけた
ネジャティ・オズゲン退役大将は、(クルドへの)民主的解決策とテロは異なる問題であると述べた。
同大将は以下のように述べた。「民主的解決策というものがありますが、それは別の問題です。
これはテロ事件であります。何年間も続いているPKKによるテロは、いまでも続いています。
現在、トルコでは火災が起きているのです」。

アメリカやイスラエルとの最近の緊張関係も、事件に影響を及ぼしている可能性があると強調する
同大将は、また以下のように発言した。「アメリカはこの事件に関する情報を提供してくれたでしょうか?
いいえ、提供してくれませんでした。しかし、アメリカが情報提供しなかったとしても、われわれは
自分たちの情報を手に入れなければならないのです」

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 21:30:39 ID:QMUbKlYp
PKK250人が襲撃、銃撃戦5時間、兵士9人死亡 2010年06月19日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=1003404&Date=20.06.2010&CategoryID=77

シェムディンリ郡タンヨル平野にある軍事基地を、250人のPKK戦闘員が武器を持って三方面から襲撃した。
銃撃戦は5時間に及んだ。銃撃戦で兵士9人が亡くなり、16人が負傷、12人のPKKメンバーが殺害された。
地雷を踏んだ2人の兵士の死で、死亡者数は11人に達した。

ハッカリ県シェムディンリ郡ギュンヤズ村のイラク国境地帯にあるタンヨル平野にある国境部隊の軍事基地を、
夜12時すぎ、大勢のPKKのグループが、武器をもって襲撃した。三方向から包囲したテロリストたちとの5時間に
及ぶ銃撃戦で、8人の兵士が亡くなり、14人が負傷した。銃撃戦で、12人のテロリストが殺害され、イラク領内に
逃げるテロリストたちに、コブラ(武装ヘリコプター)が爆弾を落とし、戦闘機が国境の反対側(イラク側)の
テロリスト・キャンプを爆撃した。シェムディンリで作戦が続いている一方で、兵士達の移動地域にテロリスト
たちがまいた地雷の爆発の結果、兵士2人が亡くなり、2人が負傷した。

18時30分頃、銃撃戦で行方が分からなくなっていた兵士一人も死亡したことが判明した。
このようにして、シェムディンリにおける1日の死亡者数は 11に、負傷者数は16に上った。



イスタンブル・ハルカルで兵士をのせた送迎バスに爆弾テロ、5名死亡 2010年06月22日付 Radikal紙
http://www.radikal.com.tr/Radikal.aspx?aType=RadikalDetay&ArticleID=1003953&Date=22.06.2010&CategoryID=77

軍関係者を乗せた3台の送迎バスがアタケント共同墓地付近を通過する際、遠隔操作されたクラスター
爆弾が爆発した。この爆発で1台のバスに大きな被害が出た。車列のもう2台も被害を受けた。
この爆発事件で、重傷者2人を含む計15人が負傷した。犠牲者の数は5人に上った。

「クルド解放のタカ(TAK)」は今朝軍の送迎バスを狙って5人の犠牲者を出した爆破事件を起こしたとの
声明を出した。PKK(クルディスタン労働者党)と近い関係を持つことで知られる「クルド解放のタカ」は、
道路に爆弾を設置したことを認め、民間人は軍の標的から離れているように警告したという。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 21:35:41 ID:QMUbKlYp
PKK報道担当、「トルコ中を攻撃する」 2010年06月21日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/pkk-sozcusu-afp-ye-konustu-saldirilari-tum-turkiye-ye-yayariz-/siyaset/haberdetay/21.06.2010/1253408/default.htm

PKK(クルド労働者党)のアフメット・デニス報道担当は、イラクのアルビル市でフランスの通信社である
AFP通信のインタビューに対し、次のように話した。

「トルコ政府が私たちに対する攻撃を続けるなら、私たちはトルコ全域に軍事行動を拡大する。
トルコは私たちを戦争に導こうとしている。トルコはクルド問題に対して真摯でなく、この問題を平和的
方法で解決しようとは考えていない。今日まで試みられた歩みよりは、虚構で固められたものだった。

トルコ国軍が今年3月から今日までに130人のPKK党員を殺害したという発表については、
「PKKが130人の戦士を失ったという発表は正しい。しかし、この戦死者の数は、今年3月から今日まで
ではなく、2009年4月以降の数字である」

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 00:07:19 ID:mLMQ1md4
モサドの暗殺者がトルコErdogan首相を狙う 2010年6月24日 プレスTV
http://presstv.ir/detail.aspx?id=131745§ionid=351020204

ヨルダンの週刊誌の記事によると、イスラエルの情報部モサドはトルコのエルドアン首相を
暗殺しようとしたが失敗したという。トルコの消息筋によると、モサドの企みはトルコの警護隊
によって撃退されたという。

また、イスラエルはトルコ内部でクルド労働者党 (PKK)の武装勢力に支援を与えることで、
トルコ内部で暴力を扇動しようとしているという。2003年からイスラエル軍がクルドのテロリスト
を訓練していることは広く知られている。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 16:41:05 ID:zX5P5Kxq
損保ジャパン、フィバ保険を買収、トルコで事業展開へ 2010年07月07日付 Hurriyet紙
http://www.milliyet.com.tr/fiba-sigorta-japonlara-satiliyor/ekonomi/sondakika/07.07.2010/1260442/default.htm

日本の損害保険分野で第2位、世界で第4位の保険会社である損保ジャパンが、フィバ保険の
全株式を4億8500万トルコリラ(約281 億円)で取得する手続きを、2010年10月までに完了し、
トルコ市場へと正式に参入を行う予定だ。合意によると損保ジャパンはフィバ保険発行の全株式、
もしくはほぼ全株式を取得する一方で、合計取得額である4億8500万トルコリラ(約281億円)は
損保ジャパンの現金準備金から支払われる予定である。

フィバ保険のレジャイ・ダラシュ社長は会見で、フィバ保険は2002年に創業し、この7年間で
3パーセントの市場シェアに達したと表現し、次のように述べた。「現在我々は130万件の保険契約
と100万人の顧客数に達している。合計保険料(掛け金)は2009年末時点で3億570万トルコリラ
(約207億円)となった。我々損害保険業界は困難な1年を経験した。損失は必然的なものである。
フィバ保険として我々は4年続けて株主資本において業界1位となっている。業界大手は株主資本
においては我々より低い位置にとどまっている。保険損害率においても業界全体平均が74.2パー
セントである一方、フィバの損害率は59.5パーセントだった。我々は自動車保険、交通事故保険に
おいても損害率は76.7パーセントと業界平均より10ポイント低い。」

ヒュスニュ・オズイェイン会長は、フィバ保険が完全な意味において一つのサクセス・ストーリーを
示していると強調し、「フィバ保険のサクセス・ストーリーは保険業界の歴史に刻まれることになる。
7年間という期間で損害率の最も低い保険会社になり、4年連続で株主資本において第1位になる、
そして同時に事業拡大にも成功した。この3つのプロセスを同時に行うことは決して容易なこと
ではない。市場シェアを3パーセントに伸ばそうとすると、他の点、例えば損害率の上昇、利益の
低下といったマイナス要因が生まれることもあった。しかしフィバはこれらのいかなるマイナス
要因も出さず、損害保険業界の株主資本において第1位の企業となった。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 16:42:31 ID:zX5P5Kxq
フィバ保険が創立以来新聞においてもテレビにおいても広告を行わなかったのは興味深い。
広告を行わずにこの地点に到達したのだ。最良のサービスは、損害が発生した時に明らかになる。
必要な時に完全な保険金の支払いを行い、自身の名を市場へ信用と共に刻み込んだ」と評価した。
オズイェイン会長は、フィバ保険のもう一つの特徴が、管理職や22人の役員が創立以来同社の
10パーセントの株式を保有していることであると示し、「この成功において、役員が企業の株主で
あることも重要な要因であり、この成功は役員の頑張りのおかげで実現した」と話した。

損保ジャパンが、世界においても日本においても非常に重要な地位を占めていると強調した
オズイェイン会長は、「私は損保ジャパンがトルコの保険業界に対しても非常に重要な貢献を行う
だろうと考えている。品質の高いサービス、企業文化、そして世界規模の顧客をトルコへともたらす
だろう。現在トルコにおいて一人当たりの保険料率は100ドル前後だ。日本においては840ドルという
水準にある。経済が成長し一人当たりの国民所得が上昇すると一人当たりの保険料率も上昇する。
損保ジャパンがこの点においてもトルコに貢献するだろうと私は信じている。損保ジャパンのような
世界の大手保険会社の一つをトルコへ誘致したことに、私は幸せであり、誇りに思う」と話した。

ヒュスニュ・オズイェイン会長は、会見で質問に回答する一方で、フィバ保険の売却で手にする資金を
どうするのかという質問に対しては、「フィバ・ホールディングの投資は継続している。我々の最大の
投資先はオズイェイン大学だ。新キャンパスの建設である。小売業においてはマークス・アンド・
スペンサーやギャップとの国内外投資を継続している。エネルギー業界においては風力発電所計画
がある。イスタンブルのクムポルト港における規模拡大も行う予定だ。我々はまずこれらの分野に
焦点を当てる予定である。現段階では新たな投資分野へ参入することは考えていない。フィバ・
グループとしても損保ジャパンと共に国内外において事業を行うことができる。我々は保険業界へ
参入することは考えていない。」 と回答を行った。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 16:43:18 ID:zX5P5Kxq
株式会社損保ジャパンの大岩武史最高経営責任者は、1年半の市場調査ののちトルコ市場への
参入を果たしたと述べ、「フィバ保険は市場シェアという観点からではなく、市場における拡大事業
とその成果という観点から、成功した企業であると我々は認識した。そしてこの方向は我々にとって
魅力的に映った。我々は現在の経営を継続するつもりである。ただ一定期間後に日本人数名を経営
へと参加させる。我々は組織的能力とノウハウをトルコ市場へと持ち込むつもりだ」と話した。

大岩武史最高経営責任者は、最初の基本目標は市場シェアではないと強調し、「我々の目標は
利益を得ること、そして利益を長期間継続させることである。現在の経営陣とも我々はこの点に
おいて同じ意見を共有している。我々は5年、10年、20年という期間継続し得る利益を掴むことが、
より重要であると考えている」と述べた。

損保ジャパンが世界では主に損害保険分野を専門としていると述べる大岩武史最高経営責任者は、
「トルコでも我々は損害保険に焦点を当てる予定である。なぜなら市場を見ると、生命保険分野に
比べて損害保険分野において、より大きな可能性が感じられるからだ。これは生命保険や個人
年金分野へといかなる形式においても参入しないという意味ではない。しかし現段階では損害保険
分野が重要だ。また、他の保険会社を買収するといった予定はない。我々はフィバ保険に焦点を
当て市場における存在感を強めることを目標とする予定だ」と話した。

フィバ保険のレジャイ・ダラシュ社長も市場における競争状況に関する質問に対し、
「市場では厳しい競争が行われている。しかし我々はこのなりふり構わぬ競争には加わらない。
こうした競争に加わらずとも市場シェア、利益を上昇させ、維持することが可能であることを我々
は示してきた。この点において業界に前例を作り上げるよう努めるつもりだ」と話した。

損保ジャパンは現在の顧客資産により、トルコでの営業力を高めることができると述べたレジャイ
・ダラシュ社長は、現在の状況においてはフィバ保険の100万人の顧客は、個人、そして中小企業
の重要な資産であると話した。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 16:49:25 ID:+O3zJgM/
アフマディネジャード・イラン大統領の甥、トルコ人女性と結婚へ 2010年07月13日付 Hurriyet紙
http://www.hurriyet.com.tr/dunya/15305311.asp?gid=373

イラン大統領、マフムード・アフマディネジャード氏のところへトルコ人の花嫁がやって来る。
イラン大統領の甥は、アルルベイト出版社社長のラフミ・オヌルシャン氏の娘と結婚する。

アフマディネジャード氏の妹、ペルヴィン氏の息子であるアリ・ルザー氏は、トルコの会社の
社長であるラフミ・オヌルシャン氏の娘、マースメ・オヌルシャンさんと結婚することを決めた。

若いカップルは、来期にイスタンブルで行なわれる豪華な披露宴で正式に結婚する。
マースメ・オヌルシャン氏は、アフマディネジャード氏の甥であるアリ・ルザー氏と首都
テヘランで大学在学中に知り合ったと報道されている。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:06:28 ID:eqR+WkB2
バルヨズ・クーデター計画疑惑裁判で、102人に逮捕命令 2010年07月23日付 Milliyet紙
http://www.milliyet.com.tr/balyoz-102-sanik-hakkinda-yakalama-karari/turkiye/sondakika/23.07.2010/1267537/default.htm

イスタンブル第10重罪裁判所は、「バルヨズ計画」裁判に関係したとして、102人の被疑者の逮捕命令を
発する決定を下した。196名の在宅被疑者に対し、「政府を転覆させようと無謀な企てを試みた」として
禁固15年から20年を求刑する裁判が始まった。

イスタンブル第10重罪裁判所の委員会は決定の理由として、ファイルの証拠状況、被疑者に問われて
いる罪の特徴と本質、有力な犯罪容疑の存在を示す事実があること、問われている罪状が犯罪カタログ
にあること、これらの理由から、司法判決が不十分であると理解されたこと挙げた。

委員会は、被疑者が196名いる訴訟のうち102名の被疑者について全会一致で逮捕命令を出した。
被疑者らはイスタンブルのベシクタシュ裁判所に出頭し、身柄が引き渡されることになっている。


■逮捕命令の出された退役軍人

チェティン・ドアン元陸軍大将、オズデン・オルネキ元海軍大将、ハリル・イブラヒム・フルトゥナ元空軍大将、
エルギン・サイグン元陸軍大将、シュクリュ・サルウシュク元陸軍大将、

アイハン・タシュ元中将、メティン・ヤヴズ・ヤルチュン元中将、アフメト・フェイヤズ・オウトゥチュ元中将、
エンギン・アラン元中将、メフザト・バルタ元少将、オゼル・カラブルト元少将、アリ・デニズ・クトゥルク元少将、

イッゼト・オジャク元准将、スュハ・タンイェリ元准将、ヌリ・アリ・カラババ元准将、ハリル・カルカンル元准将、
メフメト・カヤ・ヴァロズ元准将、

ビュレント・トゥンジャイ元大佐、ムスタファ・チャルシュ元大佐、ハサン・バスリ・アスラン元大佐、
トゥンジャイ・チャカン元大佐、ミュムタズ・ジャン元大佐、アリ・イフサン・チュハダルオール元大佐、
エミン・キュチュククルチ元大佐、ユスフ・ズィヤ・トケル元大佐、スアト・アイトゥン元大佐

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/28(水) 01:11:11 ID:eqR+WkB2
■逮捕命令の出された現役軍人

ネジャト・ペキ中将、ムスタファ・オザルスラン中将、ユルダエル・オルジャン中将、メフメト・オトゥズビルオール中将、
カーディル・サードゥチ中将、ギュルブュズ・カヤ少将、ヌレッティン・ウシュク少将、ハリル・ヘルヴァジュオール少将、
アフメト・ヤヴズ少将、ベキル・メミシュ少将、イフサン・バラバンル少将、アブドゥッラー・ダライ少将、

ブルト・ミルミルオール准将、ハーカン・アッコチ准将、トルガイ・エルダー准将、アリ・アイドゥン准将、
サーリム・ベクタシュ准将、アフメト・チュルクメン准将、ラマザン・ギュルデニズ准将、メフメト・イルガル准将、
ジェム・チャクマク准将、レヴェント・ギョルゲチ准将、アブドゥッラー・ガヴレモル准将、ギョクハン・ギョカイ准将、
ハサン・フェフミ・ジャナン准将

タイラン・チャクル大佐、ムハッレム・アラジャル大佐、アリ・チェティン大佐、レヴェント・エルケキ大佐、
アリ・チュルクシェン大佐、タイフン・ドゥマン大佐、ニハト・アルトゥンブラク大佐、オズユルト大佐、
ドラ・スングナイ大佐、ソネル・ポラト大佐、ファールク・ドアン大佐、ビュユクサアナク大佐、ギュルカヤ大佐、
ミュジャーヒト・エラクヨル大佐、ジェンギズ・キョイリュ大佐、ムラト・オズチェリキ大佐、ムスタファ・オンセル大佐、
ハニフィ・ユルドゥルム大佐、テミゾズ大佐、サルグン大佐、オズチョバン大佐、チチェキ大佐、ルザー・チチェキ大佐、
イルカイ・ネラト大佐、ヴェリ・トゥルガ大佐、キュチュクシャーヒン大佐、ジェジャイ・エルマズ大佐、
レジェプ・ユルドゥズ大佐、メフメト・ヨレリ大佐、イクラミ・オズトゥラン大佐、ブルハン・ギョーチェ大佐、
ニハト・オズカン大佐、ハサン・ヌルギョレン大佐、ザーフェル・アルソイ大佐、

エルジャン・イレンチン中佐、レヴェント・チェフレリ中佐、エルトゥールル・ウチャル中佐、メフトゥン・フラジャ中佐、
ユスフ・ケッレリ中佐、ギョクハン・チルオール少佐、ファーティフ・アルトゥン少佐、ヒュセイン・トプズ大尉、
アフメト・シェンチュルク中尉、ウトゥク・アルスラン中尉、ファーテイフ・イェイン中尉、アフメト・トゥネル中尉、
ドアン・キュチュク中尉、キヴァンチ・クルマジュ、ボラ・セルダル中尉、ハーカン・チェリクハン中尉

207 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)