5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スーダン ダルフール虐殺問題

1 :1:04/08/28 22:08 ID:EJ9LU+CO
人道問題が起こっても、しばしば国際社会から軽視されるアフリカ諸国。
その中でもスーダンで最悪の問題が発生している。

取り扱いスレッドがあるが、タイトルに「スーダン」が入ってないので改めて立てる。
敢えて虐殺という強い表現を含めているのは賛成したく、引き続き使用させていただく。

一応リンクを。

darfurinfo:
http://www.darfurinfo.org/

Wikipedia:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%B4%9B%E4%BA%89

極東ブログ:(比較的取り扱いが早かったので、敬意を表して)
http://finalvent.cocolog-nifty.com/

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/03(土) 16:41:52 ID:ncgj5FaK
米女優で活動家のミア・ファローさんは2日、訪問先の香港で、
民族紛争が続くスーダン西部ダルフール地方の残虐行為を、中国が資金面から支えていると非難した。

ファローさんはダルフール紛争を終わらせるため、スーダンに影響力を持つ中国に圧力を掛けることを目指して活動している。
ファローさんは、今夏の北京五輪への関心の高まりを活用して、
スーダン政府に対する中国の支援を際立たせようと努めている。
ファローさんはAFP通信に対し、「こうしたことを言うのは好ましいやり方ではないが、
中国はダルフールの残虐行為を、石油購入を通じて資金面から支えている。
スーダンの石油収入は現在、年間40億ドル(約4192億円)を超えている」と語った。

同収入の約7割は、ダルフールの住民を攻撃するのに使われているという。
ファローさんは中国の指導者に対し、紛争をやめさせるため手助けしてくれるよう訴えた。

ダルフールでは、スーダン政府が2003年に始まった反政府活動を鎮圧するためアラブ系民兵を投入して以来、
200万人が家を追われている。

http://news.livedoor.com/article/detail/3623982/

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/08(木) 03:54:46 ID:P6AWOuXN
スーダンの状況を本日始めて知りました。
世間では右派と呼ばれるチャンネル桜をみてこの問題に気づきました
http://jp.youtube.com/watch?v=MHCQCz2Efnc&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=uJQ4Iid-wYc&feature=related
整理しますと
JEM VS ジャンジャウィード
       スーダン政府
       中国

・南ダルフール人(JEM)が虐殺され、チャドにまで戦線が拡大している
・仲裁に入る国連軍を拒否し続け、現在9000人のみのAU(アフリカ連合)しかいない
・それはキリスト教徒で白人嫌いだから。過去に奴隷貿易の拠点になっていたし。
・韓国は事務総長から要請されてるが金なくて まごまごしている
こんな感じでしょうか?

となったら イスラムに嫌われてない 人権意識も高い、自衛隊の出番ではありませんか?
アフガンで武装解除に成功したおっちゃんとか連れていったらうまくいくのでは?
油なんかいらねーよっていえば 成功しそうですね。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/10(土) 04:29:18 ID:ytV8kN3Z
>>298 ちょうどこんな記事が

スーダンPKO「自衛隊なら歓迎」 カジ国連特別代表
http://www.asahi.com/politics/update/0509/TKY200805080309.html

 【オスロ=南島信也】スーダン問題担当の国連事務総長特別代表アシュラフ・カジ氏は7日、オスロ市内で
朝日新聞記者とのインタビューに応じた。日本政府がスーダン南部での国連平和維持活動(PKO)に自衛隊派遣を
検討していることについて「国会でしっかりと議論すればいい。日本が来てくれれば、最大限に歓迎する」と述べた。

 南北スーダンの和平合意後のPKOに当たる国連スーダン派遣団(UNMIS)代表でもあるカジ氏は「自衛隊は
PKOの経験もあり能力も高い」と指摘。同日に会談した中山泰秀外務政務官らによると「現在の部隊は道路舗装など
インフラ整備の技術が高くない。自衛隊派遣を強く要請したい」と述べ、施設部隊の派遣を求めたという。

 防衛省内では治安状況などから派遣に慎重な意見が根強い。カジ氏は「時々、衝突や犯罪はあるが、改善に
向かっている」と語った。国際テロ組織アルカイダの拠点とされるスーダンの安定化は「単にアフリカの地域的な
問題ではなく、グローバルな問題だ」とも述べ、日本の積極的な関与に期待を示した。

 UNMISには今年3月末現在で67カ国から約1万人が参加している。



300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 13:50:42 ID:j8VG78G3
協定破ったな。


スーダン反政府勢力、首都ハルツームに進攻か

 【ヨハネスブルク支局】ロイター通信などによると、スーダンの反政府武装勢力「正義と平等運動(JEM)」の司令官は10日、スーダン政府軍との戦闘により同国の首都ハルツーム近郊の都市を制圧し、そのままハルツームに進攻したと語った。

 同司令官は、「ハルツームの制圧は時間の問題だ」と述べた。

 政府軍との戦闘での死傷者数は不明。近郊都市での戦闘を受けて、スーダン政府は同日、ハルツームに夜間外出禁止令を出した。JEMは同国西部のダルフール紛争で、政府との和平協議をボイコットしている。
(2008年5月11日02時18分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080511-OYT1T00116.htm

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 14:04:07 ID:gO60VfvC
JEMってスーダン全土を制圧できるぐらいの力持ってるのか?
仮に首都制圧したとしても、スーダン全土を掌握できないと益々グダグダになるだろ

スーダン政府を叩き潰せば、はいオシマイ って国ならいいけど。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/11(日) 15:32:46 ID:gO60VfvC
スーダン政府軍、首都近郊で武装勢力を撃退 消息筋
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200805110006.html

Sudan says it has cut diplomatic ties with Chad (スーダンがチャドと断交)
http://www.reuters.com/article/latestCrisis/idUSMCD117046


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/07(土) 22:15:04 ID:3g17FzjF
国連広報センター〔国際刑事裁判所規程〕
http://www.unic.or.jp/know/appre.htm

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/10(火) 19:29:21 ID:uLY+/+z/
イスラム問題の最終的解決には欧米の反イスラム感情を爆発させる必要がある。9.11のアメリカも
スペインやイギリスのテロ後の欧州もイスラム不信が強まった。中東では心強い殺戮の下手人候補イス
ラエルがナチスの虐殺を転嫁しそうだ。日本もテロは間近だろうしインドやタイも反イスラム化した。
ムハンマド風刺漫画事件もイスラム不信を増幅した。しかしアメリカは民主化が旗印のため、イラクも
殲滅でなく偶然の虐殺しかない。まだ世界は偽善的な人道主義が覆っている。だがイスラム教は文明を
滅ぼす人類世界の癌である。痛みを伴うが勇気を出して切除するしかない。それはイスラム教徒の殺戮
だけでなく邪教の中心メッカの破壊が必要になる。野蛮で遅れたイスラム地域は世界経済において21
世紀の主役のインドや中国のような重要性はない。民族の能力ではなくたまたま石油やガスが湧いて世
界の癌が潤ったが受益者が彼らである必要はない。イスラム移民はテロや暴動や犯罪の温床で、かつて
のユダヤ人のような重要な社会的文化的役割もない。放置すると不気味に増殖転移して文明は滅びる。
癌細胞が少しでも生き残るとやがて再発する。大手術1回で完治させなければならない。イスラム教徒
を地球から一掃すれば各国は安定し国際紛争も激減し広大な土地が人口過剰国から移民先になる。癌を
根治する決戦には世界を覆う深刻な経済的社会的危機の発生が重要である。サブプライムローン問題は
絶大な意義を持つ。第2の世界恐慌で先進国も偽善の仮面が剥がれ落ちる。かつてのドイツの様に絶望
した大衆の憎悪をデマゴーグが潜在的に敵意を持つ相手に向わせる。今回は間違いなく鼻つまみ者にし
て少数者のイスラム教徒である。イスラム教徒12億人の絶滅は世界平和のためである。女子供も見逃
してはならない。殺戮に情け容赦はない。核戦争でイスラム国を滅ぼし、邪神アッラーの巣カーバ神殿
まで完全に破壊し、イスラム移民をガス室へ送り、国民一人一人が武器を取って敵を殺して、治療を終
える。日本の優秀な科学技術も、手術機器や放射線療法や抗癌剤や免疫療法として役立つことを望む。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/28(土) 08:24:06 ID:Z4PbkIe2
自衛隊PKOあげ

306 :◇ダルフールG8緊急署名 〜Call on G8 to Stand up for Darfur〜:2008/06/29(日) 14:04:50 ID:VQZsVNIT

【緊急】

 ダルフールでの虐殺を終わらせる為の署名が開始されました!
 
 http://japanesefordarfur.org/modules/formmail/index.php?id_form=6

2008年6月26日〜6月30日まで。

 G8各国同時実施。 日本は日本政府に提出します。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/29(日) 14:31:52 ID:7ixAND7H
まずは簡単に始められる海外マネー撃退法を教えてあげよう。

日本の株式市場に流入している金の約6割が外資マネーということを知っているかな?
平均株価は外資によって維持されていると言っても過言ではない。もちろんこのような状態は
不健全であり、日本の株価は外資の思惑一つで簡単に上がったり下がったりしてしまうのが
現実なのだ。

しかし裏を返して言えば、あなたが株の売買を通じて利益をあげることができたとした場合、
その利益の6割は外資から金を奪うことによって成り立っていると言えるわけなんだ。
もしも君が株で100万円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60万円。
1億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は6000万円。
100億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60億円にも達することになる。

つまり君が株式市場に参入し、利益をあげればあげるほど、外人投資家がそれに応じた
打撃を被るというわけだ。
君が利益をどんどんあげていけばいくほど、ハゲタカファンドは苦しんでいくんだ。

それがどれほど日本を守ることにつながるか、わざわざ説明するまでもないだろう。

株で勝つ方法は簡単。日経新聞や株に関する雑誌を講読すれば良い。
日頃から情報収集を怠りなくおこなえば、そして外資がすぐには入手することができない情報を
日本の地の利を生かして先に入手することができれば、外資を出し抜いて金を奪い取ることなど
造作もないのだ。
最近は株に投資するなとレスする奴がいるが、そいつは外資のスパイだ。日本の愛国者が株で
外資から金をせしめることを恐れて、外資のスパイが情報工作しているのだ、気をつけろ。

金が無いならサラ金で借りれば良い。株式トレーダーは自営業みたいなものだから、職業を聞かれたら
自営業と答えれば良い。
アコムで無理ならプロミスで借りろ、プロミスで無理なら武富士で借りろ、
武富士で無理ならアイフルで借りろ、アイフルで無理ならレイクで借りろ。

海外ファンドから日本経済を守るため、そして海外ファンドを苦しめるため、君も株に投資しよう。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 10:02:44 ID:CQg06fnA
自衛隊PKOあげ

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/30(月) 22:13:16 ID:3oS3U/0d
なぜ中国がメチャメチャにしたスーダンに、自衛隊のみなさんがいかなきゃいけないの?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 15:42:33 ID:BSh4bqUD
目の前で起こってるレイプに対してどう行動するのかって話と似てるな

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/11(金) 23:15:27 ID:mwU8RQ+r
バシール大統領逮捕礼状

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 00:17:55 ID:kbZeisfR
今スーダンでは、オマル・バシール大統領が、国際犯罪裁判所(ICC)の
検察官によって逮捕され、裁かれる危険性が高まっている。
 
バシール大統領にかけられている嫌疑は、ダルフールでの大量虐殺だ。
国連や国際犯罪裁判所が、この件を重視しているのだ。バシール大統領は、
何とかこの嫌疑から逃れ、逮捕をまぬがれようとして、アラブ連盟に対し
緊急会議の開催要請を行った。しかし、アラブ連盟のアムル・ムーサ事務
総長は、地中海周辺諸国会議参加のためパリを訪問中であり、今のところ、
アラブ連盟が緊急会議を開催する予定はまだ立っていない。

アラブ連盟の事務局側はまだ、時期尚早と見ているようだ。バシール大統領
は不安を募らせ、パリ訪問中のバン・キー・ムン国連事務総長に電話したが、
バン・キー・ムン事務総長は、即答を避けているということだ。そこで、中国と
ロシアに助けを求めたようだが、両国の支援は非公式なものだということだ。

この時期に一体、何故スーダンのバシール大統領が、国際犯罪裁判所の
検察官に狙われたのか、ということが気になる。ご存知の通り、スーダンと
中国との関係は、ガス・石油の開発と輸出で強い関係にある。中国政府は
これまで、スーダンのガス・石油を手にするために、バシール大統領政府
(北部スーダン)に対し、大量の武器と資金を提供し続けてきている。

このスーダンと中国との関係を潰すために、今回の動きが起こってきたの
であろう。オマル・バシール大統領が失脚することになれば、その後は、
スーダンの分割ということになり、南部スーダン(ブラックアフリカ系)は
もとより、北部スーダン(アラブ系)の新大統領も、欧米派が就任する
ことが予測される。結果的には、中国がこれまでガス石油を狙って投資
してきたことが、完全に水の泡に帰する可能性が、出てきたということだ。

今回の動きを通じて、中国政府は、アフリカ大陸はヨーロッパ人・アメリカ人
のテリトリーだ、ということを思い知らされるのではないか。
胡錦濤が田中角栄に似てきたような気がするが?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/18(金) 08:53:29 ID:HhDRY2RE

ダルフールは石油ねらいで

中国政府が援助してるよ


中国批判 = ダルフール批判

間接的に中国を批判してるんだよ




314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 17:38:17 ID:QO2JoXos
中国がスーダンに軍事支援
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2417546/3126403

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 17:14:51 ID:1ZcmWPMX
アメリカ大統領候補のマケイン上院議員は、ダルフール問題は“ソマリア”で起こっていると発言しました。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/23(水) 17:39:04 ID:U/2C0psG
http://www.ne.jp/asahi/jun/icons/bhutan/history.html
中国でチベット人に対する弾圧がある一方でブータンでは
チベット人がネパール人に対して弾圧を行っています

317 :名無し:2008/07/23(水) 18:42:32 ID:jbnEZCyL
まんこ〜射精までが見れる無料動画

高画質無料無修正サイトのご紹介です。
下記URLの中の1つがそれです。AVエンタ○○○○○○というサイトで
サイト内にFREE WMV CLIP というのがあります。
和物、洋物たくさん見つかります。それをクリック、次に開くで
高画質無料無修正動画が見れますよ。。

http://www.affilitool.com/file/26499.html
http://www.affilitool.com/file/26500.html
http://www.affilitool.com/file/26501.html
http://www.affilitool.com/file/26502.html
http://www.affilitool.com/file/26503.html
http://www.affilitool.com/file/26504.html

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 19:18:48 ID:QZhUnEBn
 スーダンのオマル・バシール大統領が、国際司法裁判所から虐殺の
犯罪人として起訴されている。現職の大統領が国際司法裁判所から、
起訴されるというケースは、今まで無かったらしい。

 そうであるとすれば相当の悪人ということになるのだが、どうも実感が
湧かない。それは、スーダン人に対して私が持っている、先入観による
ものかもしれない。スーダン人には、温厚で親切な人たちが多いのだ。

 しかし、今回の場合、彼はダルフールの近くの町に軍隊を送り、虐殺
を命令したというのだ。しかし、その犠牲者は伝えられるところによれば、
数人程度ということであり、虐殺というほどの人数では無いような気が
するのだが。

 もし、これまでのダルフールでの戦闘の犠牲者や、難民の犠牲者を
含めるのであれば、数万あるいは数十万人ということになろうが、それ
は何もバシール大統領だけを、悪人にするというわけには行くまい。
それを言うのであれば、ブッシュ大統領はイラクに侵攻し、100万人を
越える犠牲者を生み出しているのだ。

 そうした国際司法裁判所の動きを見てか、来年スーダンで予定され
ている大統領選挙には、現在の段階から数人が、立候補を口にし始め
ている。一人はサルファ・キル氏で、彼はスーダン人民解放運動の
リーダーだ。もう一人はオマル・バシール大統領の側近であろう、
現職の副大統領だというのだ。

 スーダン人民解放運動は、来年の選挙前には、ダルフール問題を
解決したいと考えており、スーダンが安定した状態のなかで、全土を
挙げて選挙を実施したいということであろう。そのためには、オマル・
バシール大統領が国際司法裁判所によって、逮捕される必要がある
ということであろう。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/29(火) 19:21:25 ID:QZhUnEBn
 この話しが現実的だとすれば、オマル・バシール大統領が率いる
スーダンの与党国民会議のなかにも、オマル・バシール大統領と
異なる意見を持った者が、複数いるということであろうし、他の野党も、
この構想を支持しているということであろう。

 こうしたスーダン内部の動きと、国際司法裁判所の追及を前に、
オマル・バシール大統領はリビアのカダフィ大佐に、相談を持ちかけ
ているが、場合によっては、リビアへの亡命を考えているかもしれない。
加えて、オマル・バシール大統領はトルコで開催される、アフリカ会議
にも出席する予定だということだ。まさに、藁をも掴む心境なのであろう。
このほかにも、サウジアラビアのアブドッラー国王と、エジプトのムバ
ーラク大統領に親書を送ってもいる。

 つまり、オマル・バシール大統領は、国際司法裁判所の動きが
早まったと受け止めているのであろう。では何故いまの段階になって、
バシール大統領外しが急速に進み始めたのであろうか。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 18:04:00 ID:W1P4BcfT
デーヴィット・アイクの英文週刊ニューズレター、二〇〇八年七月二十七日。
「アフリカに対する新しい征服……そして全世界の(征服)」

イルミナティのアフリカ大陸侵略と征服は、三つの段階、三つの局面を
経過している、とアイクは言う。

即ち、第一の段階は、十五世紀末に始まるヨーロッパ白人による植民地支配
である。かくして、二十世紀前半までに、アフリカ大陸はほぼ完全にヨーロッパ
白人帝国主義列強によって分割占領植民地化された。

第二の段階は、第二次世界大戦終戦後。この次期にイルミナティはアフリカ
の植民地を「独立」させた、かくして、アフリカには、何十もの「独立国」が出現
した。しかし、この「独立」はぺテンである。独立国と言う形でのイルミナティの
より強力且つ有効なアフリカ征服が進行した。

第三の段階は、ごく最近、開始された。それはイルミナティの手先としての
中共をしてアフリカを征服せしめる、と言う。

アイク曰く。中共は、何億人単位の中国人をアフリカ大陸に移住させる計画
であると。この中国人は、イルミナティの手先として、アフリカに送り込まれる。
そしてこうした、莫大な数の中国人は、ヨーロッパ白人の植民地主義者には
決して出来なかったほどにアフリカ大陸の歴史的伝統と生態学的豊かさを、
根底的に壊滅させることが出来る、と。 アイクのこの指摘は正しい。

イルミナティは中共を使って、アフリカのみならず、全世界の征服を深化
させようとしている。アイクは、現在の世界の反陰謀論グループ、反陰謀
研究者の中に存在する、中共に対する誤まった見方を批判する。
ここでの「誤まった見方」は、概略、次の如く整理出来る。

(1)中共は欧米西洋イルミナティ陣営と戦って居る、と評価する見方。
(2)中共は、イルミナティのライバルとしての新興帝国主義勢力であるとする見方。
(3)中共は反民主主義的独裁勢力であるとして、西洋的価値観に基いて批判する見方。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/04(月) 17:57:44 ID:TkZaejTK
スーダン大統領がダルフールで演説、補佐官をダマスカスに派遣 al-Quds al-Arabi紙
http://www.tufs.ac.jp/common/prmeis/data/qudsarabi/080725qudsarabi_um.mht

 木曜日、スーダンのウマル・アル=バシール大統領はダルフール訪問を
締めくくるにあたり、同地方最西部の町ジュナイナで群集を前に演説を行った。
バシール大統領は全ての武装勢力に対し、ダルフール危機の平和的解決の
基礎を定めたアブジャ合意に参加して和平プロセスに加わるよう呼びかけ、
和平プロセスはダルフールの誰一人として排除しないと約束した。

 これに関してバシール大統領のダルフール訪問に同行したアメリカのアル
ベルト・フェルナンデス代理大使は今回の訪問への失望を表明し、「国際社会は
スーダン政府に対し、たんなる約束ではなく、ダルフールの悲劇を終わらせる
ための取り組みを期待している。避難民が200万人も存在し、現在の治安状況
が続くことは受け入れられない」と語り、スーダン大統領府の危機解決に向けた
イニシアチブについては、「新しいところは何もない」と返答した。

 一方、ダマスカスに派遣されているスーダンのガーズィー・サラーフッディーン・
ウトバーニー大統領補佐官は、「私はアラブ・サミットの議長を務めるシリアの
バッシャール・アル=アサド大統領に、スーダンの最新状況とスーダン指導層に
対する国際刑事裁判所の訴追について報告した」と述べた。

同補佐官は、「このダマスカス訪問の間、シリアの同胞たちからあらゆる協力
や支援をいただいた。シリアがアラブ世界の様々な問題に対して示している
ゆるぎない原則的な立場から見て、我々が当初から期待していたとおりのもの
だった」とも述べ、「スーダンの統一と安定を引き裂こうと試みる陰謀を挫折
させるために、アラブ連盟レベルで早急に動くことをシリア指導部は提案した」
と指摘した。同補佐官はこのシリアの見解と提案をスーダン指導部に伝え、
シリア指導部との協議に備えると説明した。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/22(金) 14:50:07 ID:pRaSXjjv
虐殺容疑を全面否定 逮捕状請求も外遊中のスーダン大統領
2008.8.21 13:39

 スーダンのバシル大統領は20日、ダルフール紛争をめぐる大量虐殺などの容疑
で国際刑事裁判所(ICC)の検察官が同大統領の逮捕状を請求したことに、
「ICCの主張するような虐殺は存在しない」と容疑を全面否定した。
訪問中のトルコ西部イスタンブールで記者会見した。

 大統領は中東の衛星テレビ、アルアラビーヤの取材に、もしICCが正式に逮捕
を要求してきた場合、スーダンは戦争状態になり、国連平和維持活動(PKO)部
隊の退去を求めることになるとも述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/080821/mds0808211342001-n1.htm

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/31(日) 22:45:49 ID:ZBk5nzbG
 スーダンの南部にあるダルフール地区は、これまで反政府の動きが
激しかったところだ。スーダンのバシール体制は、何度となくこのダル
フールに対する攻撃を繰り返してきた。

結果的に、多くの死傷者が出たことから、バシール大統領は虐殺の
容疑で、国際司法裁判所から追及されている。その被害状況が、
相当のレベルに達しているのであろうか。現役の大統領が国際司法
裁判所から追及されるのは、例がなかったことだと言われている。

 バシール大統領はトルコで開催された、OIC(イスラム諸国会議)に
参加した折に、自分の立場を説明し、国際司法裁判所に追及される
筋合いはないと語っているのだが、常識的に考えて、こうした状況の
中では、ダルフールに対する対応を和らげ、批判を軽減するのが
当り前であろうが、全く逆の対応を強化させている。

 過去3−4日の報道を見ていると、スーダン政府は軍に対して、
ダルフールの南近郊にあるカルマ難民キャンプに対し、強硬策に
出ているようだ。そのため、一説によれば(元SLA=スーダン解放軍の
メンバー)、27人から38人の死者が出たということだ。
 スーダン政府の説明によれば、今回の強硬策が採られたのは、
以下のような理由によるということだ。

:テロリストをカルマ・キャンプ内に入れない。
:カルマ難民キャンプ内に隠匿されている武器、弾薬、爆発物を撤去する。
:カルマ難民キャンプ内に隠匿されている麻薬を押収する。
:カルマ難民キャンプ内に隠匿されている盗品を回収する。

 しかし、どう見ても今回進められている、カルマ難民キャンプへの
強硬策は、バシール大統領の焦りと怒り以外の、何物でもないように
思えるのだが。その結果、虐殺が昂進されれば、彼の立場はますます、
不利なものになろう。どうやら、バシール氏が大統領の地位にとどまって
いる時期は、早晩終わりが来そうだ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/01(月) 00:04:37 ID:8vH2gpuX
>スーダンの南部にあるダルフール地区は
??

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/26(金) 18:08:01 ID:8HnzjQF1
スーダンについて質問です。
治安が悪い悪いと聞きますが、国民はどのような生活をしているんですか?
学校に勉強しに行ったり、会社に通勤したり、家でテレビを見たりという生活は全くないのでしょうか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/03(月) 18:11:22 ID:YBSb/O/K
民兵組織の村々襲撃で市民40人以上死亡 
ダルフール、UNAMIDの能力欠如示す
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200810300814474

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/13(木) 22:31:11 ID:2j5ohagv
スーダン、大統領がダールフールにおける停戦を宣言 2008年11月12日付 al-Quds al-Arabi紙
http://www.tufs.ac.jp/common/prmeis/data/qudsarabi/081112qudsarabi_kiri.mht

水曜(12日)、スーダン大統領ウマル・ハサン・アル=バシールは、同国西部の
ダールフールにおける「無条件」「即時」停戦を宣言した。

大統領は、関係する全方面が従う実効的な監視制度を実施のうえ、戦闘中の
武装グループ各派は停戦すべしとし、民兵組織を武装解除し、グループ同士
での武力行使に制限を設けるキャンペーンをすぐさま開始すると述べた。

大統領の発言は、スーダン政府が始めた平和のためのスーダン国民運動の
最終提言を聞いた後にあった。この運動は、この年末にカタールで開催予定の
和解会合の基盤を提供した。抵抗勢力諸派はこの運動をボイコットしている。

スーダン政府は、安保理が納得して国際刑事裁判所の手続きを1年間延長
する決議を出すよう、多くの方面での外交努力を行っている。同法廷では、
ルイス・モリノ・オカンボ検察官が、ダールフールにおける「集団虐殺」の罪で
バシール大統領を訴えている。

2003年以降のダールフールにおける死者は、国連の算出によれば30万、
スーダン政府によれば1万人である。

ダールフールにおける主要抵抗勢力の一つである「正義と平等運動」は、
水曜、スーダン政府による停戦宣言は真剣なものではないと述べた。
同グループ副指揮官のスライマーン・サンダルは、「我々の運動に対する
基本的権利を含めた枠組みに合意が成されるまで我々は停戦しない」、
「我々は無償で停戦するわけにはいかない」等発言している。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 14:37:14 ID:OmzhQjyR
ワシントンポスト: 中国とスーダン 〜フー主席ならダルフールを解放出来る!…そうしたけりゃ、だけど
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/29/AR2007012901686.html

 ダルフール危機はアメリカ合衆国の影響力の限界を見せ付けた。
ブッシュ大統領と愉快な仲間達はこれを大量殺戮と呼んだし、制裁だの、
平和維持軍の出動だの、スーダン政府と反乱軍との協定だの、あれこれと
ポツリポツリとやってみた。が、その努力も他の連中のやる気のなさに
足を引っ張られている。

国連安保理の制裁決議も、遅れるわ弱められるわ…。スーダン政府に
武器を売りつけているロスケの所為である。ついでに、スーダンの石油に
大きく食いついているシナ畜の所為である。大規模な平和維持部隊を
送り込もうとする努力は、安保理がグズっていた所為もあって、衰弱中。

スーダンのアラブ人のお隣さん連中が、ダルフールにいるイスラム教徒
の犠牲者達の苦しみなんてどーでもいい、と思っているのも原因の一つ。
それでもって、兵士を送り込むという果敢なる努力と、スーダンのバシル
大統領への勘違い敬意なんてモンの間でウロウロしている、アフリカ連合
のアンビバレンスの所為でもあるんだよ。

昨日は行動を起こさせようとする努力の中で、ささやかな勝利がもたら
された。今、もっとデッカイ試練が訪れる。昨日の勝利ってのは、アフリカ
連合サミットで起こった。2年連続でさ、バシルさんが連合の代表職に
就こうとしたわけさ。主な実績なんて、バシルさん自身が大量殺戮の
お手伝いをしたから必要になっちゃった、ダルフール平和維持活動
なのにねえ。

会議の数日前、ニュースはバシルさんがこの野望を達成しちゃうかも、
なんて事を匂わせていた。実現してたらさ、ダルフールだけじゃなくって
他の場所でのイザコザでのアフリカ連合の信頼性まで、木っ端微塵に
なったろうねえ。幸運にもね、アフリカの指導者連中はこの可能性に
吼えましてね。見事ライバルの候補者を選んだというわけですわ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/06(火) 15:13:38 ID:OmzhQjyR
次の試練はフーチンタオ主席がらみね。彼は今日から12日間のアフ
リカ歴訪を始めるわけなんだけど、スーダンも立ち寄るのだ。フーさん
の主な目的は、商売。中国の対アフリカ貿易はもうウハウハだし。

でもさ、ついでにさ、スーダンの親分に、国連平和維持部隊派遣を受け
容れさせようとするかもね。既存のアフリカ連合派遣部隊に追加される
わけだけどさ。安保理決議なんて、もうこのての派遣を呼びかけちゃっ
てるし。でもバシルさんが抵抗してるわけさ。スーダンの報道官は昨日
「バシル政権はもう反対しませーん」だってさ。多分ね、外交的にかば
ってやるのにも限度ってモノがあらーね、って中国思ってるって事に
気付いてますよー、とサイン出してたんじゃないかなあ。

アフリカ連合の無視と中国主席の訪問は、更に惨めになるわ周辺地域
をごたつかせるわ、というダルフールについての主導権を最奪取する
チャンスを与えている。昨日、フランスの支援団体は、危ないから撤収
するわ、と言っていた。それに日曜日には、国際チャリティー団体6つが、
ダルフールでのお仕事はもう無理寸前、と言っていた。先頭は隣国
チャドだの中央アフリカ共和国だのに広がっている。

まあねえ、それこそさ、200万人ほど打ち殺した20年戦争の後に結んだ
スーダンの南北平和協定がさ、崩壊の崖っぷちにある主な理由なんだ
けどさ。フーさんの問題はね、中国は大量殺戮の片棒なんて担いでない
もんね、と見せる為に、スーダンについて外交的進展がありますた!
なんて幻想を作り出したいだけなのかさ、それとも平和維持部隊が
ちゃんと派遣されるようにしようと思ってんのかさ、って事。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 00:11:39 ID:zKCn/eGU
バシール大統領、国際刑事裁判所の逮捕決定に公然と挑戦 2009年03月06日付 Al-Ahram紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090311_142853.pdf

 国際刑事裁判所による逮捕決定に対して公然と挑戦すべく、スーダンのウマル・
アル=バシール大統領は昨日行われたデモに参加した。決定を批判し、バシール
支持を謳うこのデモは、昨日で開始2日目に入った。

 首都ハルトゥーム中心部の殉教者広場に集まった数万人のデモ隊を前に
バシール大統領は、米とヨーロッパの指導者こそ真の犯罪者であると非難した。
デモ参加者たちはアメリカ合衆国、イギリス、そして国際刑事裁判所のルイス・
モレノ・オカンポ検事を強く非難した。一昨日の決定に対する初めての応答として
バシール大統領は、国際刑事裁判所の逮捕状は、スーダンを標的としているだけ
でなく、おしつけ政治を拒否するあらゆる国を標的としたものだと強調した。 (中略)

 またバシール大統領は、スーダン政府が法律・規則違反が認められた10の
人道支援団体を国外追放したと発表した。さらに、これらの団体が国際裁判所
に虚偽の報告を行ったと非難し、国の安定をおびやかすあらゆる者たちに対し、
断固たる措置を取ることを辞さないと語った。

 昨日スーダンは、バシール逮捕という(オランダ)ハーグの国際刑事裁判所
の決定の背後に国連の潘基文事務総長と数人の高官 がいると批判し、スー
ダンのアブドゥルハリーム・アブドゥルマフムード駐国連恒久大使は、本紙との
単独会見 で、潘基文とジョン・ホームズ(人道問題担当事務次長兼緊急援助
調整官)といった高官たちはこの数ヶ月、ダルフールの状況について不正確な
情報を広めていると指摘した。

 またカイロでは昨日、フサーム・ザキー報道官の口を通じて外務省の見解
が示された。それによれば、バシール大統領の逮捕状に関する措置を止める
ために考えられる一つの方法は、国際刑事裁判所基本規定(ローマ規定)
第16条「それ以前にとられた措置の特別延期」の適用であり、これはエジプト
がスーダン大統領の訴追開始当初から要求しているものである。エジプトは
逮捕決定が出される前から、それに付随するネガティブな影響を警戒していた。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 17:08:41 ID:zKCn/eGU
コラム:スーダン大統領に対する国際刑事法廷の逮捕状について 2009年03月05日付 al-Hayat紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090305_195059.pdf

 国際刑事裁判所が人道に対する犯罪並びに戦争犯罪容疑でバシール・スーダン
大統領の逮捕状を発行する前、アラブ世界では91%が、この起訴を政治的動機に
よるものとみなしている旨の世論調査の結果が出た。しかし、そのように見る人々は、
ダールフールで犯された凄惨な犯罪の性質について、その動機、犯行手段から
犯人の身元に至るまで誤解している。国際法廷検察官の役割は、犯罪者が刑罰を
逃れようとするのを阻止すること、犯した罪に対する責任をとらせ、その身柄を
拘置しダールフールでこれ以上の犯罪が犯されるのを阻止することである。
正義が不在では、ダールフールに恒久的平和は実現されないからだ。

 国際刑事法廷が現在、スーダン大統領を逮捕するに足る証拠を有していると
すれば、それは国際社会に負うところが大きい。一方でアラブの国々は6年の
長きにわたり、ほとんど何もしてこなかった。アラブ世界からダールフールの
住民に送られた人道支援など、国際的救援努力の前では無きに等しい。

 アラブ外相の中には、スーダン大統領に対する国際法廷の逮捕状が、現職の
国家元首に対する逮捕状発行という危険な先例をつくると言う人々もいる。しかし
それなら、国家元首は人道に対する罪をその国民に対して犯したとしても罰せ
られないとでもいうのだろうか。もしこれが危険な先例だというなら、国家元首
ならば政権にある限り国際法を逃れられるという全く危険な原則が確立される。

 国際刑事法廷が偏見をもって本件にあたっているとみなすアラブ首脳達は、
ダールフールの暴虐行為の犠牲者達を思い出すべきだろう。2003年から08年
の間にダールフールで殺害された民間人は30万、その中にはムスリムもいる。
6年間テントや難民キャンプで暮らす避難民は150万、殺戮の合間に暴行に
遭った女性の数は数え切れず。刑事法廷のみが、このムスリムたちの権利
擁護の立場をとっており、それは、いくつかのアラブ国家指導層では失われて
いるものである。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 17:09:27 ID:zKCn/eGU
 バシール大統領は容疑を否定し刑事法廷の存在やその決定を認めないと
している。有罪が確定するまで当然彼は無実であり、無罪が確定すれば、
彼は大手を振って裁判所を出られる、どころか、彼に対する国際的陰謀が
行われたという説を確定できる。

 国際法、国際的治安のための制度が、未だ多くの欠点を備えているのは
間違いない。しかし国際法廷が戦争犯罪者を正義の名の下に引き出す仕事
を始めた。この法廷が、かつての国家元首をムスリム殺戮の咎で裁こうとした
のはこれが始めてではない。過去、ハーグにあるもう一つの国際刑事法廷が
セルビアの政治指導者ラドヴァン・カラジッチをボスニアのムスリム数千人
殺戮の容疑で逮捕した。特に、1995年のシュレブレニッツァの虐殺について。
そこでは子供も含め8千のムスリムの男性が殺戮されたとみられている。

 アラブ世界が自らをこの国際司法制度の外に置いているのは問題だ。
正義が行われる事は彼ら自身のためになることなのに、その手助けをしよう
とするこの制度が、まるで彼らを敵視しているかのように振舞っている。
これは、合衆国と同じ態度である。合衆国はこの国際刑事裁判所に参与
することを拒んでいる。自国民が国外で逮捕起訴されるのを恐れている
ためだ。刑事法廷は、国際的性質を帯びており、欧米の陰謀の道具など
ではない。まして、スーダンの体制が我々に信じさせようとしている
「帝国主義の手段」などではない。裁判官三名の出自は、それぞれガーナ、
ブラジル、ラトビアと三つの大陸にまたがっている。

 昨今の事例で知られている通り国際裁判には時間がかかる。ダールフール
虐殺を前に6年が無為に過ぎ去ったが、今日、スーダン政府並びにいくつか
のアラブ政府は、気づけば限られた選択肢しかないという状況に陥った。

 多数の支持を得る「国民会議」党は、代わりの党首を立て、ウマル・アル=
バシールを法廷へ引き渡すこともできる。しかし、党とバシールは、ダール
フールの和平・安定プロセスを盾に現状維持を決め込む事も可能である。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 17:11:45 ID:zKCn/eGU
しかし、指導者が辿ろうとするこの道は、その国民に正義と平和をもたらす
ことはないだろう。このためスーダンにおける危機は深まる。地域全体としても
同様である。

 「国民会議」党が方針を変えない限り、圧政とそれを罰せられない状況は
引続き拡大し、その逆の選択肢を制するだろう。非常事態宣言が発せられる
可能性が高い。ダールフールの反体制勢力と共に国内反政府派は抑圧される。
逮捕状を利用して政局を変えるのは不可能だと示すために。スーダン民主化
プロセスを犠牲にして国民会議党が居座ることになる。多くの人が持つだろう
反体制的感情を考慮すれば、このような対処は国を揺るがす事になる。

 和平プロセスを脱線させ、南北和平合意を無に帰す、つまりスーダンを
再び恒常的な戦闘状態に戻そうとする党内過激派の動きについては、
(スーダン国民統一)政府内での「国民会議」党のパートナーである
「スーダン人民解放戦線」(南部政権)が激しく反対する可能性がある。

 アラブも含めスーダンの同盟国は、同国の安定に深い関心を有している。
彼らもまた、スーダン政権に自制するよう圧力を行使すべきだろう。域内の
安定、ナイル水源へのアクセス等に鑑みるとエジプト、そしてスーダン農業、
不動産部門に多大な投資をしているという点で湾岸諸国が、「国民会議」党に
対し現状を改めるよう説得すべきだ。国際法を非難し続けるのではなく、
スーダン政権に実質的変化をもたらすために。

 最後に、もし「国民会議」党がバシール政権維持を決めた場合、起訴は
今から数年経たないと実現しないだろう。しかし、バシールを長とするスー
ダンは、孤立とボイコットにさらされる偏屈国家になるだろう。逮捕を恐れる
バシールは渡航することもできず、、国内で常に戦々恐々と過ごすだろう。
スーダン政権の支持者たち、そして彼自身の党がいつ寝返るかと警戒しつつ。
一方、彼の支持者並びに「国民会議」党はバシールが厄介者であることを
徐々に知るだろうが、その時には彼と手を切る時機を逸しているだろう。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 19:49:30 ID:b5s1f2F5
ラーリージャーニー国会議長スーダン大統領への支持を表明 2009年03月08日付 E'temad-e Melli紙
http://etemademeli.com/1387/12/18/EtemaadMelli/875/Page/1/EtemaadMelli_875_1.pdf

 アリー・ラーリージャーニー国会議長は金曜日、テヘランで開かれたパレスチナ
支援国際会議に参加した各国の高官団を率いる形で、先週ハーグの裁判所に
よって逮捕命令が出されたスーダン共和国のウマル・アル=バシール大統領に
支持を表明するために、ハルトゥームに向かった。

 ラーリージャーニー議長は、イスラーム・アラブ諸国の議会関係者52名からなる
訪問団の団長としてスーダンを訪問、訪問の目的はスーダン大統領、政府、及び
国民への断固たる支持と、ハーグ裁判所の判決に対する抗議を表明するためだ
と発表した。

 ラーリージャーニー議長は金曜日午後、スーダン大統領府でウマル・アル=
バシール大統領と会談し、「〔ハーグ国際刑事裁判所が〕偽りのスーダン問題を
取り上げているのは、イスラエルの犯罪行為に対する調査をはぐらかすことが
目的だ」と語った。イラン国営通信の報道によると、ラーリージャーニー議長は
その上で、「スーダンは進歩的な立場を有し、抑圧主義諸国やシオニスト体制との
戦いで正しい戦略を採用する、イスラーム世界でも際立って優れた国だ」と述べた。

 同議長はまた、スーダンがもつ発展へのポテンシャルを指摘した上で、
「欧米諸国はスーダンの進歩に動揺している」と強調、さらに「アメリカのような
大国や欧州諸国の今回の行動は、〔中東〕地域における新たな冒険主義を意味
していると、われわれは考えている。それは、ムスリムに対する一種の侮辱だ」
と言明した。「アメリカはなぜ、シオニスト体制の犯罪行為、さまざまな時代を
通じて繰り返されるパレスチナ、特にガザ人民の殺戮に対して、何の行動も
取ろうとしないのか。なぜアブー・グレイブ、ブラック・ウォーター事件、2万人もの
イラク人の投獄、そして自らの将来に対して何も手を打とうとしないのか」と続けた。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 19:50:21 ID:b5s1f2F5
 ラーリージャーニー議長はまた、今回の訪問団には搾取との闘いにおいて、
中東でも選りすぐりの有力運動で活躍し、大きな成果を挙げてきた人々が参加
していると指摘し、「イスラーム諸国はスーダンの側にいるということを西洋諸国に
対して見せつけるために、われわれはイスラーム諸国の一員としてスーダンを
訪れた」と述べた。同議長はさらに、これは単なる外交辞令ではないとした上で、
「これは、われわれ一人一人の心の底から出てきたことばだ」と語った。

 ラーリージャーニー国会議長は記者団を前に、ハーグの裁判所からスーダン
大統領に対する拘束命令が出されたことについて、イスラームに対する陰謀
であり、ムスリムに対する一種の侮辱だとの認識を示し、法的観点からは
いかなる正当性もないと述べた。

 「アッシャルクル・アウサト」紙の報道としてイラン学生通信が伝えたところに
よると、同議長はまた「この命令はムスリムに対する一種の政治的侮辱であると、
われわれは考えている。われわれは米政権に変化が生じたことから、このような
態度を目にすることはもうないだろうと期待していた。果たしてこれが、ムスリム
に対する新たな視点というものなのだろうか。これはムスリムに対する侮辱では
ないのか」と訴えた。

 今回ラーリージャーニーのスーダン訪問に同行したのは、シリア国会議長、
スーダン国会議長、ハマース政治局のムーサー・アブー・マルズーク代行、
パレスチナ国民議会のアル・ザアヌーン議長、パレスチナ国民戦線の指導者
アフマド・ジャブリール、パレスチナのイスラミック・ジハード運動指導者ラマダ
ーン・アブドゥッラー、パレスチナ法制定議会のアフマド・バル副議長、ヒズブ
ッラー評議会のムーサウィー委員、及びイラン国会アフヴァーズ選出のナー
セル・スーダーニー議員などであった。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/25(水) 20:04:11 ID:c6n0gtBn
逮捕状を出されたスーダン大統領がエリトリアを訪問、ドーハ・サミットへの出欠に注目が集まる
2009年03月24日付 al-Quds al-Arabi紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090325_190113.pdf

 スーダンのウマル・ハサン・アル=バシール大統領は、昨日月曜日、エリトリアへの
短期訪問を行った。これは国際刑事裁判所でダルフールでの戦争犯罪容疑をかけ
られて以来、初めての外国行きである。スーダンから出国すれば拘束される可能性
があったが、大統領はあえてその危険を冒し、エリトリアのイサイアス・アフォルキ
大統領と会談をして、同日スーダンに戻った。

 エリトリアのアリー・アブドゥ情報相は、「両首脳は二国間の関係について協議した。
エリトリアはバシール大統領に対して出された逮捕状とは無関係である」「なぜ我々が
国際刑事裁判所の命令を気にかけるのか」と語った。

 ナイロビに事務所のある「国際危機対処グループ」のアナリストであるフアード・
ヒクマト氏は、「〔エリトリア訪問は〕その気になれば出来るというところを示すための
象徴的な行為であって、それ自体に重要性はない」と述べた。さらに「大統領は国境
を一つ越えて隣国を訪れただけで、国際社会と本格的にやりあったわけではない。
真の問題は、国際空域を通過してカタールを訪問することが彼に出来るかどうかだ」
とつけ加えた。

 アラブ連盟とアフリカ連合は中国とロシアの後押しを受けて、国連安保理に対し、
国際刑事裁判所によるバシール大統領の逮捕決定を保留する権利を行使するよう
訴えた。アメリカ合衆国とイギリスとフランスは、法廷の中断は無益であると見ている。

 バシール大統領の今回の訪問について、アナリストたちの意見は分かれた。
一部のアナリストが、勇敢さと、おそらくは頑迷さとで知られる大統領が、今月末に
予定されているドーハのアラブ・サミットに出席する証拠であると考える一方で、
他のアナリストたちはサミット欠席への布石であると言い切る。大統領は今回の渡航で、
逮捕状に挑戦する姿勢を明確にしたが、サミットに出席するために国際空域を通過して
カタールに向かうような危険は冒さないだろうと言うのである。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/27(金) 18:25:24 ID:ocrt2cgZ
 今年の1月に、スーダンで輸送用トラックが空爆されるという事件が起こった。
その空爆を行ったのが、誰なのか今日なお不明のままになっている。一部からは
アメリカ軍が空爆したという情報が流され、他からはイスラエル軍機によるものだ
という情報が流された。もちろん、アメリカ政府はこの空爆に何ら関与していない
という声明を、即座に出し反論している。

 それでは空爆はイスラエルによって行われたのか、ということになるが、イスラ
エル側は否定も肯定もしない、あいまいな状態を続けてきていた。しかし、最近に
なって、イスラエルのオルメルト首相が意味深長な発言をしている。オルメルト
首相は、イスラエルにとって危険であれば、世界中のどこでもそれを阻止する
行動を起こせると語ったのだ。

 それでは、スーダン空爆の必要性があったのかということになるが、各方面
から流れてくる情報に沿って考えれば、無理からぬことかもしれない。スーダンは
イランからの中東諸国への武器密輸の、重要拠点になっていたからだ。スーダン
でバシール政権が誕生して以来、スーダンとイランはイスラム的革命国家として
友好関係にある。スーダンはイスラミストの軍事訓練キャンプも、10か所以上
設置していると、西側情報機関は見ている。

 イランが中東各国、なかでもレバノンのヘズブラやパレスチナのハマースに対し、
資金や武器を提供してきたことは広く知られているが、このイランから提供される
武器はペルシャ湾を経由し、イエメンに届き、次いでスーダンの紅海に面した
スーダン港に運び込まれ、シナイ半島からガザに送られているということだ。 
シナイ半島では、現地のベドウインが現金やレバノンのハッシッシを受け取り、
密輸を行っているということだ。

 この話がどこまで正確かは別にして、イスラエルにとっては当然攻撃しなけれ
ばならない輸送トラック群であったろう。しかし、スーダン政府は空爆されたトラック
にはアフリカ各国の人たちが乗っていたのであって、武器が積まれていたのでは
ないと主張し、空爆を非難している。現場の写真が公開されれば、誰が嘘を言って
いるのか、一目瞭然だと思うのだが。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/02(木) 20:14:13 ID:srxfOhn7
ドーハ・サミット開幕 2009年03月30日付 al-Quds al-Arabi紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090330_223716.pdf

 アサド・シリア大統領は、バシール・スーダン大統領の逮捕状につき、
根本からそれを拒否し、断固とした立場を取るようアラブ首脳らに呼びかけた。

アサドによれば、我々は逮捕状が政治利用されていることに合意している。
従って、それを批判したり評価したりするのではなく根本から拒否すべきである。

 シリア大統領は、この逮捕状発行をスーダン分割の一段階を告げるものとみなし、
委任統治の経験を繰り返そうとする一群の国々が、スーダンを弱体化しその富を
得ようとして分割を企てているとの見方を示した。アサドは、現在スーダンに起きて
いる事が前世紀の初めパレスチナに起きた事と同じであり、パレスチナについて
未だにアラブがそのつけを払い続けていることを指摘し、スーダン並びにアラブ
諸国の細分化に抗するため、この段階でスーダンを支持すべきと呼びかけた。

 また同大統領は、スーダンの犯罪について言われる事は根拠がないが、
パレスチナ、レバノン、イラクで起きた虐殺の犯人が(国際刑事)裁判所へ引き
出されたら、スーダンについても議論しよう、スーダンと違い後者の罪状には
確たる証拠が存在すると述べた。

(後略)

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 19:53:33 ID:F2PlEpur
スーダン野党指導者トゥラービー氏、バシール氏訴追を支持
2009年03月18日付 al-Quds al-Arabi紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090405_152525.pdf

 トゥラービー氏は本紙のインタビューに答え、「連中に法が分かっているのか!!
どうして連中に分かるというのだ!...カリフ体制は1400年前に宗教から分離して
いるのだ」と語った。これは、国際刑事裁判所と協力すべきだというトゥラービー氏の
呼びかけがイスラーム法に反していると考える人々に対する発言である。

 またトゥラービー氏は、「言うまでもなく、彼らは愚か者なのだ。誰かここに連れて
来て、私の逮捕理由について議論をさせてみたまえ。彼らは、私の言葉が人々を
納得させるものだということを分かっているのだ」と続けた。

 また、再三にわたる逮捕期間中に自らの率いる野党が行った活動に関しては、
「私が逮捕されると党はより活発になる。...連中は、私の逮捕が党を活気づか
せるということを分かっていないのだ」と語った。

 またトゥラービー氏は、自分と米欧との関係が継続している中で、国際的支援
組織の追放に反対する立場をとっているのは、何ら不思議なことではないとの見解
を示し、「私が不在の時にも各国大使はこの家を訪れているし、諸々の声明を発表
している。西洋人たちは、あなたのことを好きでなかったとしても、理念というものを
持っている。自由が侵害されるとき、彼らは立ち上がるのだ。民主主義国家だからね。
...なぜ彼らがダルフール問題に対して行動を起こしているか、御存知だろうか?
彼らが動いたのは、ダルフールの痛ましい光景を目にしたからだ」と語った。

 ダルフール問題に関して、イスラーム主義反政府指導者のトゥラービー氏は
「ダルフール危機の解決は、スーダンの他の問題と切り離すことができない」と
強調し、「ダルフールは人道的危機を抱えており、我々の恥ずべき部分が世界中
に晒されてしまった。...我々はこの病を治療したいが、あちらだけで治療して、
こちらにある自分の体を放置しておくわけにも行かない。当然のことだが、
体の一部分が悲鳴を上げれば、その他の部分にも影響が及ぶのだ」と語った。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 21:42:17 ID:HY5BakJV
スーダン、議会選挙と大統領選挙を来年実施へ 2009年04月03日付 al-Sabah al-Jadid紙
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/pdf/pdfNews20090409_151652.pdf

 スーダンは、2010年2月に議会選挙と大統領選挙を実施する。予定されていた
日程よりは遅れるが、危機に瀕した南北和平合意の実施にとって大きな一歩となる。
スーダンにとってはこの20年で初の民主的な国政選挙であり、20年以上続いた
南北の内戦を終結させるために結ばれた2005年の和平合意の中核である。

 国政選挙委員会のアブドゥッラー・アフマド・アブドゥッラー副委員長は、
「投票は2月に行われ、結果は2月末までに公表される」と述べ、「大統領選挙、
議会選挙、南スーダンの大統領選挙、州知事選挙、南スーダン議会選挙、州議会
選挙の6つの選挙が行われる」と話した。

 スーダンのオマル・ハサン・アル=バシール大統領は、西部ダルフール地方を
巡って増大する国際的圧力に晒されている。専門家は、政治的かつ人種的な動機
による紛争の約6年間で、少なくとも20万人が殺されたと見ている。国際刑事裁判所は、
戦争犯罪を犯したとして、先月、バシール大統領の逮捕状を発行している。

 与党国民会議党の高官であるイブラヒーム・ガンドゥールは、選挙委員会の決定
を歓迎し、「選挙準備が開始されたことは、もっとも前向きなことだ」と述べ、これが
透明で公正な選挙に向けての始まりになるようにとの希望を表明した。さらに、彼の
政党は、国際的選挙監視員を歓迎すると付け加えた。また元反体制勢力で、自治の
状態にある南スーダン政府を運営するスーダン人民解放運動の広報担当官イェン・
マシューは、「日程に異存はない。スーダン人民解放運動は、包括和平合意を実施し、
選挙委員会の決定を尊重する」と述べた。別の政治指導者は、選挙の日程は広く
一般の賛同を得ていると付け加えた。

 野党スーダン共産党の党首ムハンマド・イブラヒーム・ナクドゥは、選挙日程に
ついては大枠で合意されていると述べ、どの政党もこれまで日程に反対していないと
付け加えた。もともとスーダンの国政選挙は、南北の和平合意に基づく南の独立に
関する国民投票実施前の7月に行われることが決定されていた。この国民投票は
2011年に実施される予定である。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 23:07:44 ID:DzCknCET
4月21日(火)
3チャンネル
夜10〜「スーダン、武装解除に動く、日本人女性」

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 14:13:11 ID:o/+bkvJ3
NHK

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 00:01:24 ID:l5Rte0A3
【スーダン】遊牧民族が水場争いで戦闘−警察75人含む244人死亡[05/29]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1243611915/


344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 01:31:21 ID:v76IPHM+
民主党が勝ってもうた…

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%B4%9B%E4%BA%89
2007年10月、民主党の小沢一郎代表は雑誌『世界』で掲載された論文への反論として「(私が政権を取った場合)国連決議に基づき、国際治安支援部隊へ参加をしたい」としダルフール紛争への部隊派遣についても意欲を示した。

なんて書いてあるけど、
マジで自衛隊派遣するつもりか?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 14:17:40 ID:eI96JmQh
スーダンPKOに数百人規模の部隊派遣検討 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091129/plc0911290121000-n1.htm

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/30(月) 21:56:07 ID:oSdzScY7
ひざ丈スカート着用のため16歳少女がわいせつ罪で逮捕 むち打ち50回の刑執行される スーダン
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259585426/l50


168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)