5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

医者の世界では「死ねば終わり」が常識なの?

1 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 15:38:37 ID:5JOd+pk+P
たとえば“死後の世界がある”とか考えないの?
臨死体験は全部幻覚?

2 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 15:55:15 ID:3J+2f5ru0
>>1
んじゃ体験して確かめてみろ。
終了。

3 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 16:37:44 ID:5JOd+pk+P
>>2
患者にもそう説明するの?

4 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 16:44:48 ID:IcY+UfJM0
「臨死体験」 というからには生きてるわけで、
それは死後では無い。 よって >>1 は無意味。

もう一度よく考え直して出直してくるように(出直さんでもいいが)。

スレ終了。

5 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 16:58:06 ID:mucbj6i40
死んでから、死体換金業者との戦いが始まるんだがね。

6 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 17:01:53 ID:5JOd+pk+P
>>4
逆行催眠で、あの世のこととか、前世を思い出す人もいますよ?

7 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 19:45:45 ID:wNoST6nN0
オレ、先週死んだんだけど、なんつーことないのな
こっちにも2ちゃんあるし、酒はうまいし ねーちゃんもきれいだよ

8 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 21:12:45 ID:HChRFO090
>>3
死後の世界の話なら、牧師か僧侶か尊師にでも聞いてくれ。
医師免許は取ったが、宗教法人を設立した覚えはないんだよ。

9 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 21:26:12 ID:5JOd+pk+P
>>8
医療スタッフの中にもスピリチュアルな世界を信じている人もいますよ。
スピリチュアルはかならずしも宗教とは限りません。
「死ねば終わり」と考えていた人が、臨死体験や体外離脱をしたり、
逆行催眠で前世を思い出したりするケースも多いのです。

10 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 21:36:28 ID:xXIGg23W0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000107-jij-soci

11 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 21:51:42 ID:IT2IpSTh0
死後の世界が有ろうが無かろうが、信じようが信じまいが、
患者さんの予後やQOL 向上に努めることには
かわりないでしょう。

貴方は何が言いたいの?

12 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:07:53 ID:5JOd+pk+P
死後の世界を信じる信じないではなく、認めるか否かです。
欧米では常識です。
日本ではどうなんですか?と訊いてるんです。

「死ねば終わり」。
そう考えるから自殺者が減らない。
人生をあきらめる人があとを立たない。

13 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:19:09 ID:HChRFO090
だからそれは牧師か僧侶か尊師にでも聞いてくれ。

14 :誘導:2010/03/31(水) 22:24:01 ID:KLItf+jp0
病院、医者について語る板です
板違いですので削除依頼を出し移動して下さい
他にスレを立てたい方もおりますので自重して下さい

15 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:24:08 ID:5JOd+pk+P
死後の世界の存在は科学でも実証されています。
それでも医者は無関係だと言いたいのですか?
そういう教育を今でもされてるんですか?

16 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:25:40 ID:5JOd+pk+P
>>14
医者の死生観についてのスレは、医者板の主旨に合っています。

17 :誘導:2010/03/31(水) 22:28:16 ID:aQIpJ6X/0
普通に考えれば板違いです
重複スレもありますので移動して下さい

18 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:30:07 ID:HChRFO090
>ブラックホールの存在は科学でも実証されています。
>それでも医者は無関係だと言いたいのですか?
はい、医者とは無関係です。

>死後の世界の存在は科学でも実証されています。
>それでも医者は無関係だと言いたいのですか?
はい、医者とは無関係です。

19 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:31:02 ID:5JOd+pk+P
重複スレだとしたら本スレへの誘導が必要ですよ。
見たところ同主旨のスレは見あたりませんが?

20 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:33:39 ID:5JOd+pk+P
>>18
医者は科学者ですよ。関係おおありです。
また、死後世界の存在を認識しているかどうかは、
医者の患者に対する対応にも影響します。

21 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:44:33 ID:HChRFO090
はいはい、医者は科学者だからブラックホールも関係おおありでつね。
もう秋田。

22 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:47:22 ID:5JOd+pk+P
ちなみにブラックホール説は最新の科学では否定されつつあります。
死後の世界が認知されつつあるのと正比例してますね。

23 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:50:01 ID:HChRFO090
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

24 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 22:52:31 ID:5JOd+pk+P
ビックバンも相対性理論も否定されつつあります。
もしかして最新の科学に疎い方ですか?

25 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 23:07:01 ID:HChRFO090
「死後の世界」
「相対性理論 否定」
でぐぐってみた。
>>24はそっとしておこうと思った。

26 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 23:10:01 ID:J9nRDSCm0
まあ、そろそろsageでよろしく。
危ないものには近づかない方がいいよ。

27 :誘導:2010/03/31(水) 23:15:05 ID:JeppVQ2e0
いかなる言い訳をしようが板違いです
削除依頼を出し移動して下さい

28 :卵の名無しさん:2010/03/31(水) 23:20:36 ID:42Cnn19d0
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-seed/index.htm
先生方、これを読んでどう思います?

29 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 00:24:28 ID:g8wi00sG0
クリスチャンの医師もいるよなぁ。
つっこんで聞いたことないけど。
でも、だからって、することは
変わらないんじゃないかな。

30 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 01:32:34 ID:paFG3FAB0
死後の世界があってもなくてもかまわないが
そもそも医者は「死後」を相手にしない

それだけの話

31 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 07:56:45 ID:xlC+1gSeP
科学者としは片手落ちですね。
死にかけの患者に対して、ぞんざいなのも頷けます。

32 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 09:31:50 ID:Ctz0Qiqi0
>>31
>死にかけの患者に対して、ぞんざいなのも頷けます。
 死にかけの患者様は、神父様かお坊様にご相談ください、担当外です。

33 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 09:44:50 ID:z0quLKPZ0
オウムの医者はアレだったな

34 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 11:03:10 ID:pQl54vU70
死んだらただの肉の塊

35 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 11:38:55 ID:zMMZdcPi0
こいつはアレかい?例の安楽死男?

36 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 11:47:53 ID:xlC+1gSeP
>>32
ホスピスのスタッフは神父や坊主ではありませんよ?

37 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 12:45:15 ID:Lu5DGD9gP
荒らしにエサやるヤツって何なの?バカなの?死ぬの?死んだらどうなるの?

38 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 12:58:24 ID:xlC+1gSeP
死ねば光が現れて人生パノラマを見せられて自己反省を促されます。
そして、このままあの世に行くか地上に戻るかの選択を迫られます。

39 :卵の名無しさん:2010/04/01(木) 23:31:08 ID:vK+oHk2e0
これは宗教じゃないな


40 :卵の名無しさん:2010/04/02(金) 11:48:02 ID:EkkDjiAn0
死後の世界、霊や魂というものは医学とは無縁のものだが、医者にとってそれらに敬意を表すことは
決して無意味ではないよ。医療不信、あるいは医療訴訟を考えているような遺族を前に死者の魂への
敬意を示すことによって、遺族の不満をそらせ訴訟を押しとどめた経験は少なくない。

その意味で医者の世界でも「死ねば終わり」ではなく、「死後の訴訟」に拮抗する手段として
「死後の世界」を尊重すること、それを遺族に説得できる技術を修得しておくことは重要だよ。

41 :卵の名無しさん:2010/04/02(金) 15:40:33 ID:j6O9dqf60
医者も看護師もご臨終ですって手を合わせるもんな。
解剖の前にも手を合わせる医者もいる。

それは、どうか成仏してくださいねって意味なんだよ。
特定の宗教とかではなくて、日本古来のアニミズム的な信仰心。

42 :卵の名無しさん:2010/04/03(土) 02:14:05 ID:InKm8ysa0
知らなかった…
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-seed/index.htm

43 :卵の名無しさん:2010/04/06(火) 00:57:17 ID:E3O9Bsmu0
ほとんどの医師は低級霊になりそう

44 :卵の名無しさん:2010/04/06(火) 14:56:58 ID:cAjWnrwq0
911テロの時、ばーさん(当時88)曰く、
「死後の世界なんかあるもんか。友達みんなに夢枕に立って教えてくれ、って頼んだのに誰も立ちゃしない」

ほどなくばーさん本人も死んだが…一回だけオレの夢枕に立ったんだよねw。

45 :卵の名無しさん:2010/04/06(火) 19:16:15 ID:NKB8b7nC0
医療は生きている人を扱うものです.
死後のことは扱いませんので、とやかく言われても意味をなしません.

46 :卵の名無しさん:2010/04/06(火) 19:30:54 ID:HAU16JRCP
死後の世界の先には生まれ変わりがあります。
振り返れば、前世もあります。カルマもあります。
この世に生まれてきた使命もあります。

これらのことは過去多くの人たちによって
語り継がれ、検証されてきた事実であって
医学が無視できる分野ではないのです。


47 :卵の名無しさん:2010/04/06(火) 19:57:32 ID:/7oIfJcm0
お前が医者になってあれこれすればいいだけのこと


48 :卵の名無しさん:2010/04/07(水) 01:48:55 ID:Jic3yDF40
学問的には完全に無視できる分野です.

49 :卵の名無しさん:2010/04/07(水) 19:18:24 ID:yAEnUc9fO
ほんとこれ宗教じゃないなあ

50 :卵の名無しさん:2010/04/07(水) 21:55:32 ID:KIkZjFqa0
>>15
死後の世界は科学的に証明されてます。←えせ科学でしょww。

一体どこのだれが、第3者の検証実験経て、客観的事実と立証できたんでしょうww

ところが医者してるけど死後の世界は有っても立証不可能と思ってる。
婆ちゃんが霊媒に死んだじいちゃん呼んでもらって、爺さんしか知らない探し物
の場所聞いて本当に有ったとかは聞いたことある。母ちゃんは3日3晩意識不明で死にかけて
典型的臨死体験してる、でも臨死体験は脳の酸欠による異常発火、側頭葉てんかん患者の
病状に似てるので死後の世界の証拠にはならない。

君はきっと理系の教育受けてない主観的な人。キリスト教信じてる(=進化論否定論者)
だけでもう思い込みだけで生きてる人って感じ。
昔の疫病や飢餓の生存の危機にさらされた無知な古代人は現世の幸せ望んでも
いたしかたないから、来世の幸せっていう幻にすがって不安を乗り越えるため
の方便として色々教義を作り上げて宗教ってできたんだからさ。何せ人間は不安
の生き物だから。

>>30、死んだら病理解剖、デスカンファランス待ってますw。



51 :卵の名無しさん:2010/04/07(水) 23:24:23 ID:JuhV3WPQ0
そりゃ「死後」を相手にしているんじゃないな
「死体」を相手にしているだけ

肉は肉だ
生きていようが死んでいようがな

52 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 14:44:26 ID:UNu+yyiCP
>>50
死に掛けの臨死体験で体外離脱した人が、
そのとき知りうるはずもない遠方の出来事を
見聞きしていたという事実もありますよ。

>>51
地上の医者は、魂と肉体のうち、肉体の修復を担当しているのだから、
それはある意味、正しいと言えるよね。

53 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 21:39:43 ID:VUWSB11o0
>>52
臨死体験=死んでいない≠死後の世界ではない
普通にわかるロジックだと思うけどね

その見聞きしたという内容にしたって
「思いつき」なのか「トリック(入れ知恵等)」なのか言い出したらきりが無い
死後の世界に行って来たという証明が無い以上似非科学の域はでない
そもそも「肉体と魂」というわけ方自体を医者はしていない
そう解釈するのは勝手だけどね

自らの尺度を体系だてられた他者に勝手に当てはめて納得する
その納得自体が非合理的であり、医者は理解できませんw

54 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 21:56:02 ID:UNu+yyiCP
>>53
臨死体験&体外離脱した人が、
同時刻に家族や友人が何をしていたかを
詳細に説明できたケースもあります。

これは入れ知恵論だけでは説明しきれません。
なぜならば、本人がその話を切り出すまでは
誰も本人にその事実を告げなかったからです。

また、死後の世界については逆行催眠をかけられた多くの被験者が
生まれ変わりや霊界について言及しているという事実があります。
これは精神医学の方で膨大な資料があると思いますが
これもニセ科学だとおっしゃるのでしょうか?

55 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 21:58:29 ID:VUWSB11o0
>>54
現時点ではそうでしょ
幽霊や超能力の証明と同じですよ(笑

56 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 22:03:04 ID:UNu+yyiCP
>>55
霊界についても超能力に関しても科学は認めつつあります。
すでに中国やロシアでは数十年前から国を挙げて研究しています。

とくに超能力の分野は、量子論のバックアップを受けているようです。

57 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 22:04:54 ID:VUWSB11o0
>>56
じゃ文献並べてみて
できれば皆が認める雑誌のがいいなぁ(笑

58 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 22:09:44 ID:UNu+yyiCP
>>57
臨死体験 上・下巻 立花隆著 文春文庫
ツインソウル 飯田史彦著   PHP
前世と生まれ変わりの超真実 コンノケンイチ著 徳間書店
量子論を楽しむ本 佐藤勝彦著 PHP文庫





59 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 22:11:27 ID:VUWSB11o0
>>58
wwwwwwwwwwwwwwwwww


雑誌とは言ったけど
確かに雑誌だけど
一応文献とも書いたぞwwwww

60 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 22:13:11 ID:UNu+yyiCP
取り敢えず読んでみて下さい。そんなに高価な本ではありませんし。
図書館にもありますよ。

61 :卵の名無しさん:2010/04/08(木) 23:27:26 ID:TxCHt1uo0
この先生もこれ信じてる人?
http://homepage2.nifty.com/fumi-rin/

62 :卵の名無しさん:2010/04/09(金) 00:18:01 ID:B/yg0BTj0
ほっといてやれよ…

63 :卵の名無しさん:2010/04/09(金) 16:22:53 ID:0HeFqqkV0
・患者が死亡した場合、死後の肉体について研究するのが医者
・患者が死亡した場合、死後の魂に興味があるのが>>1

鉄オタが、オートバイマニアに向かって
「お前は乗り物好きなのになぜ鉄道について研究しないんだ?」と
逆切れしている状態なのがこのスレ。

64 :卵の名無しさん:2010/04/09(金) 16:25:19 ID:0HeFqqkV0
で、鉄オタ向けの雑誌を沢山持ってきて興味を引こうと必死になっている(←今ここ)

65 :卵の名無しさん:2010/04/09(金) 19:32:20 ID:bky9N8F70
ある意味では「死ねば終わり」だと考えるからこそ、患者さんに対してベストを尽くすことが出来ると言うものではないんですかね?
現世よりも死後の世界とやらが心地よいのなら、救急に担ぎ込まれる患者さんはそのまま送ればいいという発想にもなりそう。

66 :卵の名無しさん:2010/04/09(金) 23:28:46 ID:wEP9lj/t0
>>65
一理あるが、>>1には理解されないと思う。聞く耳を持たないし。

67 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 00:39:27 ID:e6ord1YE0
考えさせられた

68 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 02:20:42 ID:QGL58S1U0
死後の世界とやらがあるとしたら、そこの人口は年々増加の一途を辿るわけだよな。
生まれ変わりがあるといったって、世界人口の急増ぶりを考えれば追いつくわけが無い。
居住スペースはどうやって確保してんだ?

・・・なんてツッコミを考えてる分には面白いが、笑い事ですまない状況も一部にはあるんだよね。
「創造論」しかり、「血液型性格判断」しかり。
昔はこの手のオカルトは「科学ではわからないことがある」というのが常套手段だったが
(じゃあその科学でもわからないことがなんでおまいに分かるんだとry)
最近は科学の皮をかぶった擬似科学として浸透を謀ってるからタチが悪い。

69 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 06:27:44 ID:dibINV9i0
ヨハネの福音書11章25〜26節
 イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」
コリント人への第一の手紙15章3〜7節
 私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。
 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。
 その後、キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。

聖書にこう記されております。聖書ははっきりと「死ねば終わり」でないことを宣言しています。

70 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 06:29:46 ID:dibINV9i0
ルカの福音書16章16〜31節
 ある金持ちがいた。いつも紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。
 ところが、その門前にラザロという全身おできの貧乏人が寝ていて、
 金持ちの食卓から落ちる物で腹を満たしたいと思っていた。犬もやって来ては、彼のおできをなめていた。
 さて、この貧乏人は死んで、御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。
 その金持ちは、ハデスで苦しみながら目を上げると、アブラハムが、はるかかなたに見えた。しかも、そのふところにラザロが見えた。
 彼は叫んで言った。『父アブラハムさま。私をあわれんでください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすように、ラザロをよこしてください。私はこの炎の中で、苦しくてたまりません。』
 アブラハムは言った。『子よ。思い出してみなさい。おまえは生きている間、良い物を受け、ラザロは生きている間、悪い物を受けていました。しかし、今ここで彼は慰められ、おまえは苦しみもだえているのです。
 そればかりでなく、私たちとおまえたちの間には、大きな淵があります。ここからそちらへ渡ろうとしても、渡れないし、そこからこちらへ越えて来ることもできないのです。』
 彼は言った。『父よ。ではお願いです。ラザロを私の父の家に送ってください。
 私には兄弟が五人ありますが、彼らまでこんな苦しみの場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください。』
 しかしアブラハムは言った。『彼らには、モーセと預言者があります。その言うことを聞くべきです。』16:30 彼は言った。『いいえ、父アブラハム。もし、だれかが死んだ者の中から彼らのところに行ってやったら、彼らは悔い改めるに違いありません。』
 アブラハムは彼に言った。『もしモーセと預言者との教えに耳を傾けないのなら、たといだれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」


71 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 09:13:45 ID:vnlWAwBg0
>>68
個体数の比で言ったらよほど徳が高くないと来世はバクテリア
犬畜生に生まれ変わるなんていうけど、多細胞生物、ましてや脊椎動物に生まれ変われたなんて
あんた聖人かなんかだったんですか?!というレベル


72 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 09:27:08 ID:vnlWAwBg0
>>69
医者は聖書に書いてあることを元に医療をしているわけではありません!


・・・と書いてて気がついた、結構聖書は読んでいるみたいだね。

ラザロ徴候(ラザロちょうこう Lazarus sign, Lazarus syndrome, Lazarus phenomenon.)は脳死判定後に人工呼吸器を外した際に脳死患者が自発的に手や足を動かす動作のことである。
1984年にA・H・ロッパーによって脳神経科学誌の『Neurology』に報告され、ラザロ徴候と名づけられた。名前は新約聖書でイエスによってよみがえったユダヤ人のラザロに由来する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


よかったね、>1も大満足だね!

73 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 09:39:48 ID:yG4Qwbpa0
>>72
そりゃ脳幹、大脳が死んでも脊髄が生きてりゃ反射が残るわけで

昔、子供の脳死患者、昇圧剤はかわいそうで使ってなかったけど、
家族が死に目に間に合わないから、とボスミンを1/2Aivしたら、
ギリギリ間に合った家族が叫びだした途端HRがグーンと上昇して
”これでも分かってないんですか!”
そりゃボスミンのせいだよ、とは言わなかったw

74 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 10:01:49 ID:VmqXb5W/0
>>68
むしろ彼らの理屈には魂の消滅なんて概念があるくらいなので
魂総数が減るのは説明がつくが
いままで居なかったような人間が爆発的に増えるほうが説明がつかない
(生きている人間の数だけ魂はいるはずw)
昔は昆虫だったとか細菌だったとか言う手もあるだろうが
所詮は最初の進化の1匹目からの話だしね

どうやって増えたんだ?www

75 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 12:00:13 ID:HNZtJ2bb0
>>74
別に、PCの数なんて、人間以上に爆発的に増えているわけだし。
魂もCPUのように作ればよろしい。

76 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 12:32:19 ID:yRy2nd9c0
最近は技術進歩が著しくてな。
より小さな製造プロセスで小さくて薄っぺらい魂とか、コアを2つ以上載せて
2重人格とか3重人格とか、hyper threading 技術で精神が分裂して作動する
魂とか、色々と作れるようになったお。

    by 神様

77 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 14:19:10 ID:k49Or59F0
>>76
そっかぁ
それで時々外界の「デムパ」受けて誤作動している奴がいるわけなんだ・・>1みたくwww

78 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 15:39:49 ID:urWkHYIv0
>>1
死後の世界があろうとなかろうと、医師の出来ることは、生きている間だからなぁ。
後は、坊主に任した。

79 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 19:29:24 ID:OlMbiOnBP
地球上の人間の数が現在、増えているのは、地球以外の星や、
他次元の宇宙から、転生してくる人たちが増えたからです。

また、魂は本来、いくつにでも分裂できる性質を持っていますし、
現世に生まれ変わるときは、ツインソウルとして2つに分かれて
生まれてくるので、単純計算として、最低限でも、本来の倍の数、
人間が生まれてくることになります。

80 :卵の名無しさん:2010/04/10(土) 21:17:44 ID:pLa3JRC/0
デムパ最強wwww

もう何もいえんwwwww

81 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 00:35:14 ID:u94RPlbQ0
>>69
宗教おタクに告ぐ、神様が言ったって力説したって、何の客観的事実じゃ無いじゃん。
信じてる概念だけで、何の実証でもないじゃん。

何度も言うが、人間は事実を認識し将来に起きうるべきことを予測するからこそ不安を感じ
死の恐怖筆頭にありとあらゆる不安に立ち向かえないやわな存在なんだから、宗教が出来上がり
哲学があるんだから。あなたが安心して生きてく為のまやかし=宗教&死後の世界という
立証不可能なおとぎ話。

82 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 00:54:36 ID:J1aoWja/0
宗教やスピがあるのは臨死体験や体外離脱という体験が
数多くの人に起きているからです。

83 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 00:58:42 ID:mXfzqsj40
>>82
夢を見ただけなのに臨死体験だとか騒いでいる奴か
ただの嘘つきか、そのどちらかです。

84 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:12:58 ID:9EpA3vaC0
アブラハムの宗教、ヒンズー教・仏教、儒教・道教。ギリシャローマの宗教や神道も含めてみるか。
それぞれ長い歴史、膨大な人数の信者を抱えている。
死後の世界があってそれを人類が把握可能であるなら、これらの宗教や文明圏での死生観は概ね一致するはず。
だが実際はそれぞれの宗教ごとにバラバラだ。
それどころか一つの宗教内でもどんどん見解がバラけていくw

死という現象が普遍的なだけで、それに対する反応やその利用の仕方もそれぞれ違う。
ただそれだけのこと。


85 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:20:52 ID:J1aoWja/0
>>83
臨死体験は夢ではありません。
たとえば、知らないはずの死んだ親戚にあの世で会って
その特徴を正確に言い当てたというケースもあります。

86 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:23:28 ID:v4YR1L3/0
死んだ人が幽霊になって病院を歩くのは良くあることだよ。みんな慣れっこ。

87 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:28:20 ID:mXfzqsj40
>>85
(人からきかされていた)忘れていた記憶がよみがえっただけ。


88 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:36:12 ID:J1aoWja/0
>>87
生まれる前に亡くなっていた人の特徴を、詳細に聞く機会はないと思います。
実際、それを聞かされたお婆さんは「あんたが知っているはずないのに」と
驚いていたそうです。ソースは下記です。

臨死体験 上・下巻 立花隆著 文春文庫
証言・臨死体験 立花隆著 文春文庫

89 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:38:03 ID:v4YR1L3/0
立花隆は世界の科学をリードする超一流の人物だから、著作は超一流の噴飯ものに仕上がっている。

90 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:40:54 ID:J1aoWja/0
立花隆さんの臨死体験の著作は力作です。
ご自分でいろいろなメソッドに参加した体験も盛り込まれています。

91 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:43:48 ID:v4YR1L3/0
脳死も力作だった。渾身の力がこもった爆笑本に仕上がっている。

92 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 01:53:33 ID:J1aoWja/0
臨死体験に関する資料としては立花隆さんと飯田史彦さんの著作だけで十分かもしれません。

93 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 05:17:34 ID:XB84dJ3Y0
在るともいえず、無いともいえない

94 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 10:34:47 ID:0NuZ3Rer0
幽霊が見えるとかいうのは統合失調症にみられる幻覚の可能性も否定できないw

95 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 10:39:09 ID:8aiGfREx0
立花隆の本より、コンビニで売っている稲川淳二の幽霊話の方が、おもしろいな。
メディアに出る脳科学者とか科学評論家は、本質が分かっているのかどうか、
分からない、本質的に研究者じゃなくて、物書きだからねぇ。

96 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 10:46:47 ID:S0kttvI10
なんつーかさ、死後の世界だの神様だのが本当にあったとして
だから医学がどう変わるべきなのかとかそういう主張がまったく無いじゃない、>1には。
死後の世界なんてありますありませんの水掛け論はおいておくとして、
じゃああるんだとしたら、あります派の>1としてはどうして欲しいのよ?


97 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 10:51:30 ID:JTPG4tOw0
>>90
力作


そう
渾身の一作
妄想全開w

98 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 10:55:01 ID:oIPTZkFwO
この世こそが死後の世界です

99 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:10:23 ID:iT+NHFKt0
死後の世界や生まれ変わりの有無は、ターミナルケアなどの医療にも関係してきます。

100 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:18:36 ID:JTPG4tOw0
>>99
なんのためにターミナルにその人の信仰する宗教の関係者をいれるかわかってないでしょ?


101 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:22:24 ID:iT+NHFKt0
死後世界の存在を実感できれば死への恐れはなくなります。



102 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:25:04 ID:nIYInuQg0
>>100
日本人に、本当に信仰があるわけ? 結婚式はキリスト教式、葬式は仏式、
初詣は、神社へ。

仏教界は、ほとんど、ターミナルケアに興味を示していないし、だいたい、仏教は
色即是空、空即是色と、量子力学的な存在しか存在を認めていない。
日本人では一部のクリスチャンかモスリムしか、宗教の意味がない。

103 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:33:38 ID:JTPG4tOw0
>>102
それが何の問題があるのか?
信仰の自由とは信仰しない自由でも有る
信仰しないと決めたものが「信仰しない」と決めたことによって蒙る不利益は
すべて自己責任であるとしかいえない

宗教について語りたいなら板違いだから消えうせろ

104 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:38:24 ID:ZEj46QYo0
魂や地獄など無い。
死ねば肉体はゴミ同然という考えがあるから
年寄りの肋骨を馬乗りになってへし折る看護師もいるわけだ。
インシュリンを点滴に混ぜたりするのもそう。
すべて唯物史観が招いた弊害。

105 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 11:45:19 ID:wExRCoLx0
宗教について語れないならキリスト教系の病院の話題は全部板違いって事になるな。

106 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 12:01:41 ID:nIYInuQg0
>>103
理解力のない奴だね。日本人の多くは死の儀式は仏式で行うから、死ぬまでの間、
ターミナルケアに坊主が関わることが難しいと言っているだけだよ。

107 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 12:38:57 ID:JTPG4tOw0
>>106
それは宗教の問題であって医療の問題ではない
またきちんと帰依しているものであれば普通に関われますよ
写経やら念仏にいそしみ平穏に死んでいく患者とか診たことないんか?

>>105
病院を語るなら板話題
宗教について語るなら板違い
おまえが書いているのは「病院の話題」だろ
日本語不自由なのか?w

108 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 12:46:40 ID:cQzS2WTz0
>>107
そう言う患者は在宅に帰すから。入院の必要ないし...。

109 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 12:51:35 ID:JtwHsdh20
>>107
医者の頭の中身を語るのも、この板だよ。たわけ。

110 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 13:03:52 ID:JTPG4tOw0
>>109
自治スレでもいってやってこい

111 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 13:05:33 ID:jLrJsBxX0
>>110
ここは医者を語る板です。

112 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 13:11:55 ID:5atRbHyf0
>1
そう。死んだら、家族と宗教の問題。
死因が不明な場合は、法医の先生の出番だが。

113 :卵の名無しさん:2010/04/11(日) 13:24:06 ID:JTPG4tOw0
>>111
>109に言ってやれ

114 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 03:19:04 ID:p3Bs8uch0
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-seed/index.htm
はまるかも・・

115 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 12:03:44 ID:mrcMyrMl0
この手の議論には必ず「心のケアには宗教が必要だ」だの
「信仰や霊的なものを軽視するから現代医療は非人間的なのだ」だの言い出す香具師が出てくるけど
「患者の精神的ケアのために蒸留水を抗癌剤と称して与える」のと
「医者自身が蒸留水に抗癌作用があると信じている」の違いがわかってないようだ。
患者の心が死後の世界を信じることで落ち着いてるなら、わざわざそれを否定なんかしないけれど
医者が死後の世界を信じないから怪しからんってんなら、医者になんかかかるより
呪術師か新興宗教の教祖のところへ行った方がいいぞ。
それから宗教は人間的で科学は非人間的なんて中二病思考も止めて欲しいね。
人類の幸福にどちらが寄与しているかといえば、それは科学のほうだろう。
宗教のおかげでどれほど多くの血が流され災厄がもたらされたか、歴史の素養があればわかるはずだが。


116 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 13:20:39 ID:GB/NSBO/0
せっせと餌をやるのが悪いわけで

117 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 16:17:06 ID:y0BwwyU10
宗教とスピリチュアルは別物。
宗教は団体。
スピリチュアルは思想。
混同している人がいるから一言言っておく。

118 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 16:55:41 ID:/7Vb+irQ0
医学とスピリチュアルは別物。
医学は科学。
スピリチュアルは思想。
混同している人がいるから一言言っておく。

119 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 17:05:35 ID:1guppDcc0
終わりの方は良いから、始まりの方を教えてくれ。

120 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 17:19:33 ID:y0BwwyU10
>>118
量子論によって科学とスピリチュアルは接近しつつある。

>>119
死後の世界があり、生まれ変わり(輪廻転生)がある。

121 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:25:55 ID:/A0kambg0
生まれ変わりではない始まりはあるのか?

122 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:30:03 ID:y0BwwyU10
>>121
まず大前提として、魂は本来「神(太霊)」という、一つの大きな魂(エネルギー体)です。
それらが分霊して、私たち、ひとりひとりの霊魂になっているわけです。
そして、神が生まれる前に何があったのか、それは分かりません。

123 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:30:39 ID:194smRWz0
>>120
>量子論によって科学とスピリチュアルは接近しつつある

だからそれを論じたペーパーを出して来いと

124 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:34:54 ID:y0BwwyU10
>>123

>>58


125 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:37:48 ID:194smRWz0
>>124
おもしろ本ではない

126 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 18:39:24 ID:y0BwwyU10
科学とは所詮、実験室で再現できるもののみを信じる片手落ちの学問です。
世の中には、そうではないものの数の方が圧倒的に多いのです。
ニュートンも、それは認めています。

127 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 19:14:12 ID:Lmq1T8z90
>>125
科学者を標榜するならば、まず>>58の資料を全部読んで
その内容についてソース付きで反論すべきだろう。

128 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 19:41:35 ID:SPurmU9QO
生まれ変わりがあるとしたら...


次人間で生まれてくる可能性は限り無く0に近い。多分微生物

129 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 19:46:36 ID:F/zWsWKG0
人間の魂は動物には転生しないよ。
動物の霊魂は「類魂」といって自然霊の集まりだから
死ぬと自然界に分散化されてしまう。
ちなみに狐とか狸とかの霊は、それらの動物の霊ではなく、
自然霊がたまたま、そういう動物に似ているから名付けられているだけ。
たとえば、狐霊は尻尾が太く犬のような形をしているらしい。

130 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 21:46:17 ID:ou32xWNr0
>>127
お前は小学校の理科から勉強しなおせ。話はそれからだ。

131 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 22:37:25 ID:gtnxGKbz0
>>127
吹いたw
続々とおかしなのが湧いてるしww

で、結局y0BwwyU10=>>1は何が言いたいの?
死後の世界があろうとなかろうと、医者の仕事は変わらんよ
緩和やってるけど「死ぬ前の」患者のQOLが上がるのなら宗教でも何でもいいさ
おまえが満足するならスピリチュアルとやらも尊重するぞ。
他人に勧めるとかで迷惑かけないならな。

132 :卵の名無しさん:2010/04/12(月) 23:58:18 ID:l/+wvD1A0
>>132
はげしく同意。

133 :卵の名無しさん:2010/04/13(火) 00:02:08 ID:b7lyYjew0
>>132
自分で自分に同意するなw

134 :卵の名無しさん:2010/04/13(火) 00:06:03 ID:GavKhNMS0
アンカなんか嫌いだ〜

135 :卵の名無しさん:2010/04/13(火) 00:27:24 ID:L67KsyfD0
>>135
俺も激しく同意。

136 :卵の名無しさん:2010/04/13(火) 12:51:59 ID:j/R304WO0
ターミナルなんぞそもそも医者にとってはどうでもいい仕事だからな
どうせ死ぬんだし、迷惑かけなければなにやってもよいというのは大賛成

137 :卵の名無しさん:2010/04/13(火) 14:39:20 ID:OdKkDdt00
えっ?ターミナルの中にもペインケアや治療もあるんだけど、知らない人がいたの?

138 :卵の名無しさん:2010/04/14(水) 00:06:45 ID:zvqSkkuw0
おれも同意


139 :卵の名無しさん:2010/04/14(水) 10:02:17 ID:MndbQEoA0
迷惑?

140 :卵の名無しさん:2010/04/14(水) 10:07:11 ID:88tS72sY0
>>137
ソフトランディングさせることと、人生最後の演出だな。治療者ではなくて、ドラマのプロデューサー
の役を引き受けなければならないこともある。


141 :卵の名無しさん:2010/04/14(水) 21:12:12 ID:JTXCIMTP0
死んだあとは葬儀屋の仕事。

142 :卵の名無しさん:2010/04/14(水) 22:02:07 ID:CyDzrjPNO
死体はね

143 :卵の名無しさん:2010/04/15(木) 14:31:50 ID:RkuPGc7K0
うーん、これ難しいな、http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-seed/index.htm

144 :卵の名無しさん:2010/04/15(木) 19:52:39 ID:djooukZE0
まあこういうの好きな患者もいるからいいんじゃね?w
迷惑かけなければなに信じててもいいし

ここってこういうヤツを生温かく受容するスレだろww

145 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 00:23:44 ID:Y3rGiV630
迷惑かけなければなに信じててもいいけど、わざわざクソスレ立ててまで
デムパの宣伝をされると少し迷惑なんだよね。

146 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 00:26:26 ID:G+RA++t80
アレフ(旧オウム真理教)の信者が執刀医でもいいの?

147 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 00:42:23 ID:G9VK8di/0
いやこれは正しいのかも

148 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 00:44:41 ID:Y3rGiV630
>>146
逆に聞くけど、アレフの信者が迷惑をかけないと言う確証があるのか?
なければ嫌に決まってる。


149 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 03:27:07 ID:VT3gSIK60
死んだ医者が死後も医者として働けたら助かるよね。
食べなくてもいいし、住むところも必要ないだろうし、お金がかからないから
お給料は線香だけあげてればいい。
医者でも不思議な体験を経験したひとも案外多いから「死ねば終わり」とは思ってないひとも多いかもね。
逆に死んだらどうなるのか理路整然と説明してほしい。

150 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 03:40:29 ID:n13CUqi80
医者の世界では死ねば終わりは常識です。

そうでなければ、死んだ患者に呪い殺されてます。

151 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 06:33:41 ID:G+RA++t80
どうせ死ねば終わりだからって、老人の患者にまたがって肋骨へし折るような
看護師が出てきたり、癌の新薬の治験でデーターが欲しいからって
苦しみ悶える末期の癌患者に、抗ガン剤を使って更に苦痛を倍加させて死期を早める
なんてのは死後の世界がないと思わにゃやってられない鬼畜の所業よの。

152 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 09:50:12 ID:KXQTtuo90
肋骨を折る看護婦と抗がん剤治療の区別がつかないほど
知能が貧弱でも生きてられるんだね

153 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 12:03:56 ID:K++/1sTf0
>>152
4,5年前に同様のクソスレを立ててた柔整がいたが
そいつも同レベルの情けない知能で、最終的には涙目でファビョってたな

こういう手合いも生きていける日本は恵まれてるな

154 :卵の名無しさん:2010/04/16(金) 17:40:02 ID:wJcgo1BJ0
2ちゃんで逮捕   ↓
http://uguisu.skr.jp/recollection/2ch/


3 :卵の名無しさん:2010/03/20(土) 17:18:10 ID:pW08OJiS0
2008.04.17
殺人医者撲滅の会
職業不詳(45)
新宿区の医療クリニックの男性院長(42)に対する虚偽の事実を投稿、
「(実名)医師は大手の病院で殺人をしました。笑いながら殺人をしたのです」
と書き込み名誉棄損の疑いで逮捕
東京都

ネットでの名誉を損なうような書き込みは仮に事実であっても逮捕
おまいら気をつけろよw


155 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 00:28:45 ID:f4ca/0EF0
こわいのですか?

156 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 00:49:47 ID:v8WAkrMnO
法医学の医者は、死んでからが勝負です。

反証をしめしましたので、この命題は偽と結論します。
証明終わり。

157 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 02:10:38 ID:zWuOrZJP0
>>50
日本ってキリスト教信者すくないのに
欧米に圧倒的にノーベル賞受賞者の数負けてるのなんでなんだろうな

158 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 06:04:59 ID:aoiZf4k20
>>157
民族的に知的な遺伝子が劣っているから。

159 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 06:06:22 ID:aoiZf4k20
国際社会の世界では「金がなくなれば終わり」が常識です。

160 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 12:45:39 ID:UG7Mf2/w0
意識をもつことはできないからね
かたちをかえて生きてゆくのは確実だけど

161 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 12:54:58 ID:puJhHedB0
「意識」の定義と「生きる」の定義に依存するので
真偽判定不可能

162 :卵の名無しさん:2010/04/17(土) 20:14:07 ID:lxjc2ubj0
医者より尊師やってるほうがずっと安全で楽しく設けられそうだな

163 :卵の名無しさん:2010/04/18(日) 00:26:22 ID:QNHaUKX90
なんにもない


164 :卵の名無しさん:2010/04/18(日) 22:47:49 ID:qz9zhNth0
>151
死後の世界観と道徳は別。抗がん剤の例は無知なるがゆえか。

>157
「進化論否定」って書いてあるんだからファンダメンタリストのことを言っているんだろうな、ぐらい理解したらどうだ。
原理主義者はともかく、欧米の知識層の中ではキリスト教と科学的事実の追求は矛盾なく共存している。

輪廻転生を信じ込んでいる奴も散見されるが、キリスト教の教義に輪廻転生はない。
輪廻転生信じてると言った時点で、ヒッピー崩れの胡散臭い人物として扱ってもらえるぞ。
そもそも輪廻転生は日本の伝統的な死生観でもないし。

165 :卵の名無しさん:2010/04/18(日) 23:57:59 ID:PRZUqutV0
輪廻転生があったら
最後の審判は何時の所業を裁くことになるんだってな話だわなw

166 :卵の名無しさん:2010/04/19(月) 00:03:55 ID:0uCvVcJc0
へ〜

167 :卵の名無しさん:2010/04/19(月) 00:12:58 ID:q6P83Ggq0
死んだら終わりじゃねえ
それなりの症例なら
遺族をその気にさせて病理解剖の承諾書にサインさせたり
病理に電話して、段取りをつけたり
病院長名の香典1万円を封筒に入れて家族に渡したり
死亡診断書を仕上げて
裏門からご遺体をお見送りするまでに
やることは山のようにある

168 :卵の名無しさん:2010/04/19(月) 00:22:42 ID:1aWUXZ7c0
奴隷は辛いねぇ

169 :子供ポリス&子供迷探偵:2010/04/20(火) 10:33:27 ID:10CLBowY0
なにが奴隷だ。。フザケルナ。  あやつり人形だ。 上の。。パパン、ママンは


あるわけない。  犬の世界の常識だ。  でも、、葬儀とかあるからね。。ヘッヘッヘッたぶん。

170 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 12:59:27 ID:fi+cBqDc0
春ですな

171 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 14:00:28 ID:/Qkirso20
殺人予告ですか?葬儀の仕方だなんて縁起でもないですね。

172 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 16:45:14 ID:hjItO2400
医者とはそんなもん
善人の振りをした極悪人

大抵の人は見抜いてると思いますけどね。

173 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 16:58:10 ID:UmCHIXtg0
>>172
生きてるうちから終わってる奴、発見w

174 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 20:22:54 ID:FoH4P/Uu0
その極悪人の商売に金を出して
悪事の片棒を担ぐようなまねは金輪際しないことですな

175 :卵の名無しさん:2010/04/20(火) 20:30:29 ID:XNivSCGy0
まず現行の医者を10年かけて廃止
その10年間に善良な医師を育成する。

176 :卵の名無しさん:2010/04/21(水) 00:10:42 ID:8aAQhHg60
>>175
今医学生の俺はどうなるのっと
医師にならないで済むならし嬉しいかも

177 :卵の名無しさん:2010/04/21(水) 00:16:28 ID:zum25Bxa0
>>176
諦めろ。お前は悪徳医者としての教育を受けてきたものだ。
後に害悪になるであろう。

178 :卵の名無しさん:2010/04/21(水) 00:43:31 ID:8aAQhHg60
そうか。
正直最近定員増え過ぎで、俺がわざわざ医師になる必要もないかなと思っていたところなんだ。
さて、何になろうか。民俗学者、神主…夢は広がるな

179 :卵の名無しさん:2010/04/21(水) 02:44:39 ID:zum25Bxa0
>>178
安楽死運動家になれば喜ばれるよ

180 :卵の名無しさん:2010/04/23(金) 22:19:52 ID:2hpdiDMI0
>>179
それには医師としての実績があったほうよさそうだな。

まあ、やっぱり生きていくためだと割り切って医師になるかな

181 :卵の名無しさん:2010/04/27(火) 01:44:14 ID:qKF/m2Nj0


182 :破邪の思想家:2010/04/27(火) 14:25:52 ID:rLFvkw9s0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/otaku/1262146292/
↑頭がいいと思うなら貶しといて。

183 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 01:24:59 ID:YvIXYLxRO
頭が混乱する

184 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 03:07:02 ID:4y8gSm9J0
無農薬栽培に成功した「奇跡のりんご」の著作だ。
スピリチュアルが信じられない医者は読んどけ。

「すべては宇宙の采配」 木村 秋則 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4809408043

185 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 10:09:11 ID:35Kw6V/C0
無農薬(w

186 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 10:11:46 ID:3c4UYya/0
無農薬どころか無肥料の上に、下草がボウボウに生えてたりするんだな、これがw

187 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 10:15:43 ID:gxjCNiQP0
今までと全く違う論理に行き着いたとき
バカは神の業と短絡する

無農薬無肥料がなにを導いたか考えれば
別に驚くほどのものでもない
テレビでそのひとを特集していた時
その人自身がそういっていたよ
土を見比べて確信したとね
別に神が降りてきて託宣していったわけじゃないな

188 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 10:34:15 ID:ODfvVfxU0
これを医学界に置き換えると外科手術はせずに薬草だけ煎じて飲んどけとか
アフリカの野生動物で病気になったヤツを観察しろとか、そういう論理になるのかねぇ。

189 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 12:54:18 ID:bAuQn1+s0
30年以上前フィリピンの心霊手術のテレビを見たなあ。
両手を患者の腹の上でゴニョゴニョやってるうちに
手の間から何かハラワタらしきものが出てきたw



190 :卵の名無しさん:2010/05/01(土) 13:04:38 ID:9uQHEoNh0
あれは分析したら人間のじゃなくて動物のものだったが
心霊手術師によると、拭き取ったのは実際の肉体の一部ではなく
霊体であって、それが物質化すると動物の肉のようになるんだそうだ。
言っとくが、俺は、その話を信じたわけじゃないぞw

191 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 05:10:10 ID:OOU1GmMt0
難しい

192 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 06:24:16 ID:VAO0woVC0
110

193 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 06:59:53 ID:tXJi9n6A0
ぶっちゃけ、スピリチュアルを信じてる医者もいるだろうよ。
こういうのは実際に、霊体験とか臨死体験とか体外離脱の経験がないと
なかなか信じることができない世界だからね。
そういう経験がある医者なら信じるだろう。

194 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 10:01:38 ID:tS28Ylx00
当直中とかしょっちゅう金縛りにあいますが霊的存在など全く信じていません。
臨死体験とかしても夢だと思うんだろうなきっと。

195 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 10:41:15 ID:kWPZwoKg0
>>190
東南アジアの某有名なお寺に安置してある仏骨も、DNA鑑定したら動物の骨だったそうな。
きっとお釈迦様の霊体が物質化して動物の骨になったんでしょうね(棒読み)


196 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 20:18:44 ID:DQB2luj80
俺のつたない経験から述べると、
死亡診断書を書いて、病院の裏口から送り出した患者さんで
翌日外来に現れた人はまだいないなあ。

197 :卵の名無しさん:2010/05/04(火) 21:02:00 ID:JPtXVgsN0
肉体が失われたら
精神科ぐらいにしか用は無いだろ

198 :卵の名無しさん:2010/05/05(水) 00:04:13 ID:4UJPxslZ0
あの世にも霊体治療専門の医師がいるそうだよ。

199 :卵の名無しさん:2010/05/05(水) 10:43:28 ID:i2AWRD4V0
あの世まで行って働く必要もなかろうに(棒読み)

200 :卵の名無しさん:2010/05/07(金) 21:13:21 ID:jHbp7L1c0
>>199
それは棒読みじゃなくて、感情をこめて読むところじゃないか?

201 :卵の名無しさん:2010/05/07(金) 22:56:53 ID:L1cv9xrw0
霊安室から見送ったら
医局に帰る廊下で
般若心経を心の中で唱えながら
歩いてる

202 :卵の名無しさん:2010/05/08(土) 10:58:25 ID:HQAgpwp90
塩よりはアルコールで清めたい

203 :卵の名無しさん:2010/06/05(土) 17:43:21 ID:JHPe5iT10
完全に無視

204 :卵の名無しさん:2010/06/05(土) 19:35:03 ID:BP5E8Qrn0
>>184
無農薬栽培はやろうとしたらできるよ
ひたすら、手数を入れて、雑草毎日引っこ抜いていたら・・OK
別に難しいことではないが、労力に利益が見合わないだけ

それを奇跡と言って本をだして、それをありがたく読む奴がいるって方が・・・奇跡だ

205 :卵の名無しさん:2010/06/05(土) 19:58:52 ID:gsk2Cc640
>>1
生きている間の面倒を見るのが医者の義務。死後の面倒まで見る義務はない。
死後の世界については、宗教関係者にでも聞けば良い事。

206 :卵の名無しさん:2010/06/05(土) 20:22:07 ID:MVCqepM1P
>>204
いや、たしか下草や雑草は抜かなかったはずだけど。
まったく手を入れないのではなくて、いろいろテクニックは使うようだよ。
だから講演とか農業指導のオファーが引きも切らない。

207 :卵の名無しさん:2010/06/29(火) 23:40:34 ID:OKRc3jfI0
俺は医者じゃないんだけど
最近立ち読みした「ゴッドハンド輝」だったかな
マガジンの漫画で「テル先生は受け持った患者が死んだ事のない
”奇跡の医者”なんです」なんて台詞があって仰天したんだけどw

そんなんだったら内科や外科の仕事凄い楽なんじゃないかなって
思った。俺は医学生じゃないんだけど医療系の学生で学年上がって
来ると臨床系の授業や医療倫理とかで安楽死とか尊厳死とか究極の
選択みたいな事例ばかり出てくるとさ、これに関わってる医者って
毎日どんな気分で過ごしてんだろうと思うよ。

ブラックジャックによろしくとかみたいに自分の受け持ち患者が
一人死ぬ(「ステる」とかいうんだっけ?)たびに真っ暗な顔して
世の中や医療界の不条理を呪ってたんじゃ精神持たないだろうし。
自分も癌になったらこんな風に死ぬのかとか、そんな風景を毎日
みて考えてて平気なのかな。

それとも死にかかった患者の処置はこうでこうで心電図や脳波計
みながら何時何分ご臨終です、でさっさと次に切り替えられるの
かな?どうなんだろ


208 :卵の名無しさん:2010/07/01(木) 14:28:46 ID:1qJNpLKP0
>>207
長文ご苦労だが、お前は頭が悪いってことしかわからんかった。スマン

209 :卵の名無しさん:2010/07/12(月) 00:26:22 ID:nlzTccLn0
>>1は生きながらにして既に終わった人間、と言う事でFA?

210 :卵の名無しさん:2010/07/12(月) 02:12:11 ID:yi8Rr94v0
死後の世界はあるかもしれませんね。
臨死体験はすべてが幻覚とは言い切れません。

あと、医者の世界では死ねば終わりです。

以上

211 :卵の名無しさん:2010/07/12(月) 20:07:48 ID:e4XynqJv0
死んでも終わりがこないのならつらすぎるだろーが

212 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 00:31:56 ID:VFH2iIXf0
 やっぱり散骨がいいなー、山のてっぺんからは水源地でダメーなところあるんだ
ろうけど海より山のてっぺん希望。
 つかこうへい(在日)死んだら葬式なんかイラネ、対馬海峡に散骨してくれって
遺言かっこいいなー。
 
 死んだら散骨、物質に戻って世界中に散らばって輪廻するんだよ、wktk

213 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 09:17:50 ID:urLD9eWz0
死後の世界に医療はない
医者の仕事ではない

以上

214 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 21:33:29 ID:zvO9xarj0
医者の仕事ではないだろうけど
医者個人はどう思ってるんだろう
部所によっては毎日のように人の死や死に行く人を診るんでしょ。
場合によっては患者や家族から死生観について問われたりさ
そんなとこで死とか死後とか何も考えずに生きていけるの?

215 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 21:44:16 ID:jMoX+42I0
毎日のように人の死や死に行く人を診るからね。

八百屋さんは、お客に売ったキャベツがどのように料理されるかを気にするでしょうか?

216 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 22:24:44 ID:zvO9xarj0
>>215
あなたはお医者さんなのですか?

そこまで割り切れるんだったら大したもんだと思うけど

217 :卵の名無しさん:2010/07/13(火) 22:36:20 ID:alPhAEY40
>患者や家族から死生観について問われたりさ

少なくとも自分は今までそういう経験はない。
聞かれたら「宗教上の価値観の問題だから私は答えを用意していない」と
答えるつもり。
植物状態の人が周りの会話を理解できているかという質問なら時々受ける。
「植物状態から意識を取り戻した人を知らないので、私も確認できていない」と
答えている。

218 :卵の名無しさん:2010/07/14(水) 21:48:46 ID:SmH6qzXJ0
「何で死んだ!」
と遺族が悲しみのあまり、激しく患者の心臓を拳で乱打したら、
再び動き出した・・・などという事はない?

219 :卵の名無しさん:2010/07/14(水) 22:30:54 ID:kspFxtiH0
死亡確認しようとしたら、心電図モニタがピコンとなったことなら時々ある。
心臓の細胞すべてが一瞬で死ぬわけじゃないから、止まったと思ったらまた
動き出しても不思議じゃない。
その場合、再度完全に止まるまで3〜10分ほどかかるから、それだけ死亡時間が
遅くなる。

220 :卵の名無しさん:2010/07/18(日) 10:58:41 ID:oUK1ePot0
医者の世界では死ねば終わりだよ
医学は科学
科学では魂やあの世のようなものは証明されてないから医者の世界では死んだら終わり
魂の消滅とは脳の活動停止
肉体は焼却された後、微生物に分解される

221 :もち:2010/07/18(日) 12:33:30 ID:5KUZvCAl0

患者が死んだら、

担当医には、
貴重な症例経験で積み重なるよ。

医学雑誌に投稿すれば、
共有されるし、残るよ。

222 :もち:2010/07/18(日) 12:34:59 ID:5KUZvCAl0

医者の世界は、
科学で、経験だから、

残りもしない症例ならば、
医者に診てもらう価値はないよ。

223 :卵の名無しさん:2010/07/19(月) 17:02:48 ID:vaOlPYb40
生きてようが死んでようが、医者の知的好奇心をそそる症例でなければ記憶に残らない

224 :卵の名無しさん:2010/07/25(日) 05:54:33 ID:+6aLkYk30
医者だって患者を看取るには相応の理由が欲しい、物語が欲しい。
もちろん他医の患者をたまたま死亡確認するだけならそんなもの要らないが。

225 :卵の名無しさん:2010/07/25(日) 19:44:25 ID:ck5vy0A60
>>212
とくに新しい遺言じゃないね。

エンゲルスが19世紀にドーバー海峡に散骨してくれと言った。

つかこうへいはたいそうな墓や葬式なくても世間が記憶してくれるという自信があるだろうからな。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)