5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart43

1 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 06:13:56 ID:rqndyaI50
精神科医(とおぼしき方)が気が向いた時・暇な時に質問に答えるかもしれないスレッドです。
時には殺伐とした状態にもなりますが、まぁ焦っても仕方ないしのんびりやりましょう。
過去スレッドのリンクは>>2以降にあります。

▼:ローカルルール
*掲示板で診断・治療はできません。素直に病院に行きましょう。書いてあることが正しいと思わない方が身のためです
*返答が自分の望み通りじゃなくても怒ったり、暴れたりはしないで下さい。
*一見質問形式をとった精神科医とその業界に対するクレームはスレッド違いです。
*そもそも当板は質問場所ではありませんが、単発質問スレッド乱立防止の為にこのスレッドがあります。

前スレ
精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart43
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178397066/l50

2 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 06:17:17 ID:rqndyaI50
前スレが「精神科医とその業界に対するクレーム」でいっぱいで、
本来の趣旨からはずれまくりなので新スレを立てました。
質問はこちらへどうぞ。

前スレは好事家以外の方は放置してください。



3 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 06:37:04 ID:rqndyaI50
前スレで質問はしたけれど、レスが流れてしまった方、お手数ですがここでもう一度質問をおながいします。

4 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 06:48:35 ID:rqndyaI50
「人間は醜い」とか、「精神科医は異常だ」とか、恨みつらみを句点(。)なしで書き連ねる投稿はスルーしてね。
以上age進行でした。

5 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 07:42:57 ID:CO+sBTnz0
>>2
好事家てww。

6 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 11:55:22 ID:dFp/ufm90
抑うつ神経症と診断されております。
昨年、主治医が変更になってから、抗鬱薬(ドグマチ-ル、SNRIなど)が
出されなくなりました。
最近の流行でしょうか?

7 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 12:53:34 ID:0kdo0iQI0
>>6
内因性でも神経症性(という言い方は今はしませんが)でも、うつ状態に対して抗うつ薬は効果がある、
というのが最近のエビデンスではあります。

抗うつ薬が無効と思われたんじゃないですかね。
いろいろ試して効き目が無ければのむ意味ないですからね。


8 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 12:58:33 ID:dFp/ufm90
>>7
ありがとうございます。薬以外で鬱な状態を改善するしかないということですね。
困った、自分で自分の気持ちをふるいたたす、但し、妄想が入らない程度という
感じでしょうか。

9 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 20:22:32 ID:RnFh0EqB0
アキネトンとアーテンは効果等、どう違うのでしょうか?
また、アキネトン内服、アキネトン筋肉注射、アーテン内服、
の中で効果が一番早く現れるのは、アキネトン筋肉注射でしょうか?

10 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 00:30:02 ID:5IAEycDf0
鬱って一年ぐらいで治るものなんでしょうか?
数年かかっても治らない場合は、鬱ではなくて、ただの我侭なんでしょうか?

11 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 00:41:48 ID:5IAEycDf0
好事家の方々が熱中しているようなのでageておきます。

12 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 06:20:39 ID:hzh/nuDb0
>>9
アキネトンとアーテンの使い分け、きちんと書かれたものみたことないなあ。
使用経験でいうと、振戦への効果 アーテン>アキネトン、
アカシジアへの効果 アキネトン>アーテン
抗コリン作用 アーテン>アキネトン 
作用発現の早さ アキネトン>アーテン
という感じなのだが。他のみなさんはどうでしょ。

>>10
内因性のうつ、いわゆるうつ病の場合は3ヶ月〜6ヶ月が一山というのが昔からの相場。
笠原先生の小精神療法では「3ヶ月で目安がつく」って言うよね。
僕らも「季節一つぶんくらい」と習った。

数年かかるというと、気分変調症とか考えちゃうけど。

ただの我侭、というからには、我侭をしている、という自覚があるんですか?

13 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 07:22:26 ID:6KB8h9l00
10でないですけれど、気分屋、マイペース、わがままといわれます。
気分変調症でしょうか?

14 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 07:33:35 ID:TfB/P0W70
>>13
気分屋と気分変調症は違うよ。
気分変調症は、軽い鬱がだらだら続くの。

15 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 07:49:45 ID:5IAEycDf0
>>12

16 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 08:04:44 ID:5IAEycDf0
書き込みミスすみません。

>>12
早朝からレスありがとうございます。
ずっと気分変調症とか慢性鬱気質とか言われてたんですが、一年半ぐらい前に起き上がれ
なくなって鬱状態と診断されました。
それで早く治したいと思って実家に帰ったのですが、当初家族の鬱に対する理解がなく、
罵倒され続けて回復せず。

ようやく理解も得られるようになり、鬱状態も随分よくなってきた自覚はあるのですが、
まだ体調や気分の波があり、希死念慮も出てきたりして何もしたくないときもあります。
また手軽な本は読めるようになったのですが、まだ少し頭に霞がかかっているようで、
社会復帰に向けての勉強等に身が入らないので、もしかして我侭なのかと・・・

17 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 11:47:18 ID:fbjDNlhd0
WAIS−Rの結果についてですが、
言語性 134
動作性 116
総合  128

でした。この結果を分析して頂きたいのですが、、、。

18 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 18:32:38 ID:Q3qC3AGUO
あげ

19 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 20:17:52 ID:BDZZGPLm0
>>17
心理スレに行って下さい。

20 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 20:30:27 ID:8LvYjgSzO
質問です。
不安神経症→身内の死、職場倒産で重度ウツになりました。
今の医師とは7年来の付き合いで、最近ペットの死で情緒不安なため、話を聞いていただいています。
医師はすいている曜日、当直日を教えてくれました。
あまり通いつめると迷惑でしょうか?
すいている曜日当直日は医師から教えてくれました。

21 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 22:04:03 ID:Q3qC3AGUO
あげ

22 :卵の名無しさん:2007/05/26(土) 06:55:39 ID:gu+AoF8k0
>>20
いいんじゃないの。昼間なら。

23 :卵の名無しさん:2007/05/26(土) 08:02:57 ID:lm+rSWqR0
>>17
知能検査は100が平均です。
貴方はIQが128だったのですね。当然貴方の知能は平均よりかなり上です。
言語性 134は文系の博士号も狙える数値です。動作性 116 もなかなかです。
東大生の平均IQが130〜140ですから貴方は東大生に近い知能の持ち主ということです。

はっきり言うと一般的にIQ125以上は秀才で、IQ128は30人に1人くらいしかいません。
逆にIQ75以下は知的障害です。

・・・で質問ですが、貴方の学生時代の学業成績はどうでした?


24 :ななしのフクちゃん :2007/05/26(土) 13:48:50 ID:aej3EtQL0
最近昔バイクで事故って死んだ友達の声がなにもしてないときによくきこえる

聞こえるようになったのは死にたいと思い自分で首を絞めてしにたいと思うようになってから

今はそいつの声入ってくるかどこからきこえてくるかわからないけど・・

あまりにも名前を呼ぶ声がするから外に出てよく話した場所にいって一人ごと
だが喋ってる不思議と本当に喋ってる感じがする

月曜病院いくけど行くほどじゃない?




25 :卵の名無しさん:2007/05/26(土) 15:43:23 ID:gu+AoF8k0
まあ昔いったところのヒステリ−の範疇だと思うよ。
精神病性って感じじゃないな。
精神科にかかるのも悪くないが、幻聴=シゾとしか経験のない若造にかかったら、
糖質扱いされるかもしれんな。

26 :フ山ごもり中工 ◆xPipercov. :2007/05/26(土) 21:43:27 ID:U3i2ktNp0
>>25
>幻聴=シゾとしか経験のない若造にかかったら、

 それは経験の問題ではないでしょう。

> 精神病性って感じじゃないな。

 その根拠のところを、もうちょっと聞かせてもらいたいものです

27 :卵の名無しさん:2007/05/26(土) 23:23:59 ID:dA8dIs6WO
>>24

友人の死を心の底から受け入れ、自責の念から開放されれば
嘘のように声は聞こえなくなるはず。
それはそれで寂しいことなのかもしれないけど…。
人の死に慣れる必要はないけど、
いつかは受け入れなければいけないことだから。

>>26
ね、フエ先生?

28 :フ山ごもり中工 ◆xPipercov. :2007/05/26(土) 23:52:23 ID:U3i2ktNp0
>>27
 何が「ね、」ですか

> 嘘のように声は聞こえなくなるはず。

 ほんまかいな

29 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 00:25:44 ID:n/KbJJZ5O
>>28

器質的なものではないという前提でですが、
気持ちの変化とともに消えませんか?
もちろん100%とは言えませんが…。

30 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 02:43:04 ID:WoJVOK+z0
患者って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・w

31 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 03:26:00 ID:scz2WatpO
質問です。
私は何か嫌なことがあるとすぐ情緒不安になります。
性格が激しいという感じで、
気になるとそのことばかり考えてしまい苦しくなります。
生理前などには一層ひどくなり、自分が保てなくなります。
精神科には通院しています。
主治医は「ウツだ」と言います。
私はパーソナリティ障害を疑っていますが、医師は否定します。

私のような、ウツもあるんでしょうか?

32 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 04:45:49 ID:dWmysaKB0
>>28
フエ先生に質問。人生やり直せるのなら医者以外の職業だったら何になっていますか?

33 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 09:30:40 ID:IndJtTfp0
>>24
>>27と同様に思いました、「対象喪失」を読んでみてはいかがでしょう。

>死にたいと思い自分で首を絞めてしにたいと思うようになって
これも関係していそうです。
病院に行くほどではない、わけないと思いますね、、

でも、精神科医は
相当柔軟に強靭であるか、無感覚になるかでなければやっていけないものかもしれない
体温が低そうな人にはかかりたくないものです。
よい先生に会えるといいですね。

34 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/05/27(日) 10:53:37 ID:fAmiIfBAO
フエせんせー素敵ちゃ☆
(*σσ)

35 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 13:58:56 ID:MOlr4ThfO
某スレ精神科医の方が精神疾患のように見えるのですが、頭良すぎて浮き世離れした方の集まる科目でしょうか?一般企業では 考えられません。

36 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 14:16:48 ID:MOlr4ThfO
好きな作家は皆、自殺してます。共通項が東大であることも知りました。口にしない方が良いのでしょうか?

37 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 14:30:21 ID:iKpHoZjR0
>>31
欝ではないでしょう。
性格が激しい、という状態になるのであれば。
最近何でも欝の一言で片付ける傾向にあるので、病院を変えてみては?

38 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 16:40:11 ID:bukXyIDc0
焦燥が強いタイプの鬱もあるんだな、これが。
とくに気分反応性があって過食や暴力や飲酒や自傷傾向があると、
簡単に人格障害と誤診される。
本人自身も鬱だという自覚がなかったりする。
でも、きちんと抗うつ剤を飲んで療養の原則を守らせると、
改善して「感じのいい普通の人」になっちゃうのね。
こういう鬱は、見逃されると不幸だね。

39 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 16:56:34 ID:WdTDe9d8O
質問です。
プレコックス感って本当にあるのでしょうか?

40 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 17:05:53 ID:bukXyIDc0
統合失調症のあのえも言われぬ奇妙な印象をどういうべきか、
プレコックス感はプレコックス感としか言いようが無い、というものですが。
統合失調症が存在しなかったら、プレコックス感もないことになりまする。

41 :ななしのフクちゃん :2007/05/27(日) 18:09:47 ID:cOAhzKW50
>>33
ありがとうございます24です

月曜に病院に行く決心がつきました
病院に行ったらどんな些細なことも言ったほうが良いのでしょうか?

昔、高校の時にテニス部に入る ささいなことでいじめられるようになる
ご飯も食べられなくなり、親に相談しテニス部を辞める
この時から学校にいくたびに大便が一日3〜4回でてお腹が痛くなる

テニス部を辞めた後、飲食店でバイトしてたが、長く続かず3ヶ月で辞める

その後、親がバイトをしろ、と言うのでカメラ店でバイトするが
初日から店長にボケやら、こんなのも出来ないのかと言われ
またご飯も食べられなくなる
しかし誰にも相談せず、しばらく続ける
が、ある時に色んな仕事場の人が使う水道を出しっ放しにしてる
と他の仕事場の人から疑いをかけられ店長に怒られる
あとで俺のせいじゃないとわかったけど店長は謝りもしない
その時からすごく死にたいと言う感情が出てきて自分で首を絞めたりするようになった
このバイトは1ヶ月続かなかった

介護の専門学校に入学する、実習でカメラの店長と同じような人と出会い
また食事も食べられなくなり、親に友達が精神病院にいってるから俺もいってみたい
と言うが、親に行く必要はないと言われ
ついに切れて暴れて泣いた
次の日病院にいき通院して下さいと言われるが親に行く必要はないと言われ
それから一度も行ってない


42 :ななしのフクちゃん :2007/05/27(日) 18:18:12 ID:cOAhzKW50
41の続きです

そして学校卒業後、介護の世界にいくつもりはなかったが親にいけと言われたが
嫌々就職したが、ある職員が勝手に施設長が反対した人を入居させる
その人に怒られ、カメラの店長とフラッシュバックし施設に行くのが怖くなる
その前に夜勤が多く眠れなくなり、背中の辺りが痛くなるので心療内科に行く
そして睡眠薬をもらうが眠れず、貰った睡眠薬全部飲んだら30時間以上たっても
眠れなくなった
しばしば、コール音がどこからともなく聞こえるようになる


そして辞めた

今は24の状態だけどこれも言ったほうがいい?


43 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 18:30:27 ID:WdTDe9d8O
>>40
ご返答ありがとうございます!
すごい…本当にあるんだ。

44 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 18:35:41 ID:iKpHoZjR0
>>38
抗欝で薬出すより、抗不安剤で対処するのでは?
漏れだけか?

45 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 18:38:53 ID:IndJtTfp0
33です。
わたしは精神科医ではありませんので適切な助言が出来るかどうか。
辛い状態を放置なさらないほうがよろしいかと思うだけです。
月曜に受診をされるとのこと、先生にはなんでも話してよいと思います。
そのための受診なのですからどうか聞いてもらってください。

あなたのHNには記憶がありますね、それも良い印象での記憶。
41,42に書かれたのを読むだけでもあなたはかなり辛かっただろうと感じてしまう、
わたしはあなたが回復されることを願っています。

46 :卵の名無しさん:2007/05/27(日) 18:54:08 ID:bukXyIDc0
>>44
うーん、むしろ抗精神病薬併用ですけどね。
抗不安薬は、相当大量にだしても効かないときは効かないんで。

47 :フ山ごもり中工 ◆xPipercov. :2007/05/27(日) 21:11:11 ID:4dgeaTpI0
>>38
 ゴもっともです
 が
 それを“うつ”に入れるのかどうか悩んでたりもします。

>>44>>46
 私もメジャー使う派です。
 たまに、クロナゼパム

>>32
 建築家か自転車職人か塚本昌彦もどき

 でも多分、それになってても、今みたいに飽きてて退屈してると思います。


48 :ななしのフクちゃん :2007/05/28(月) 00:21:51 ID:TbRXL3Tl0
>>45

ありがとうございます

質問なのですが
一度親と病院にいったとき病気ではないと言われたのに
通院と、もう一つカウンセリングだったかな?に行ってみないか?
と言われて親に病気じゃないなら通う必要はないと言われたのですが
やっぱり通ったほうが良いですよね?

というか本当に俺は病気じゃないんだろうか・・・・心配です

49 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 00:40:49 ID:Wo1Oa3nJ0
(¥v¥)

50 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 01:00:58 ID:+xcawiYL0
>>48
「親」がよく出てくるのが気になりますが、
あなたが幾つか知らないけど少なくとも成人ですよね?

前がどうでも変化があるでしょうし、今辛いのでしょう?
病気かどうか診察を受けるんですから。
病気なら病気だと分ったほうがその対応をしていけるじゃないですか。
分らないでいるほうが余程不安でしょうに。

明日行くんですよね?
前のとこがどのくらい前かによるけど、同じとこならカルテが残ってたら経過が分かる。

おやすみ。

51 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 01:46:47 ID:vj2AERc60
>>38
そのうつ病は激越性うつ病や非定型うつ病と呼ばれるものですか?

>>47
うつに含めない場合はどこにカテコライズするのか教えてください

52 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 01:48:17 ID:Wo1Oa3nJ0
神経症w

53 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 02:07:37 ID:ajSqujW10
>>51
何で病名を欲しがるのかね。
精神科の病名は、歴史と流行と製薬会社によると思ってんだけど。
要は治ればいいでしょ。

アレコレ考える前に、治せる医師を探しな。

言っとくけど、医学博士は掃いて捨てるぐらいいる。
診療所に博士号を額に入れてある医師は  あぽーんですW

54 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 02:44:58 ID:Wo1Oa3nJ0
コンプレックス乙w

55 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 04:04:11 ID:UxNcO9jGO
質問です。
21歳女で鬱病と診断されているのですが、仕事も辞め一日中布団の中にいます。何もやる気がせず、TVも好きな本も読まずで…。
こういう時は無理矢理にでも外に出たりした方がいいのでしょうか?
それともゆっくりしておくべきなのでしょうか?

56 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 06:52:50 ID:DTC4kxFg0
>>44
抗不安薬でイヤなのは、効き目が早くて効いている実感があること。
短期的にはいいけど、長い目で見ると患者の依存を助長するし、
何よりも神経症レベルの患者の、不安への対処能力を奪ってしまうのがイヤ。
パニックみたいな、身体的側面の強い不安症状に使うのは仕方ないけどね。

特に自我が未熟で、発達課題をきちんとクリアしてなさそうな若い子に短期型を使うのは罪悪のように思える。
短期型の薬が切れる頃になると、明らかに感情統制も悪くなるし。


57 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 08:08:43 ID:rFsye2BO0
>>47
フエ先生に質問。先生は統合失調症患者に抗不安薬はなるべく
使わないようにしていると聞きましたが、なぜですか?

抗不安薬は依存性でもあるのでしょうか?

58 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 17:38:33 ID:jpTSLerU0
仕事きまらず自暴自棄気味です。
抗不安薬がリボトリール0.5朝昼夜です。増量すると依存しますか?

59 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 21:38:06 ID:vj2AERc60
>>53
あくまでも関心で聞いてるだけで、
病名を欲しがってるわけではないのです
誤解かけさせてしまったようですいません

60 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 21:45:50 ID:+xcawiYL0
関心で聞いているとは?どういう関心?
そういうのってどういう気持ちでなのかよく分らない。

自分のこととして?それとも研究対象としてなのか


61 :フ山ごもり中工 ◆xPipercov. :2007/05/28(月) 21:58:30 ID:v8wrxtjy0
>>57
>使わないようにしていると聞きましたが、なぜですか?

 面倒くさいから


>>51
> うつに含めない場合はどこにカテコライズするのか教えてください

人に伝える時は、まぁそういった共通言語にのせて伝えますけど
 私は
“カテコライズ”しなくなってきてんです。
最近は、古典的な身体因性/心因性 内因性/外因性 って区分けもやめちゃってますし

 それよりも、鼻の頭が濡れてるかどうかとか、下を出してるかどうかとか、
 おなかが張ってるかどうかとか、目が血走ってるかどうかとか
 そんなので頭の中に絵が浮かんでくるんですけど、

 >>38の言ってるのって。うつに入れない感じ

 

62 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:05:26 ID:vj2AERc60
>>60
病者でも病者の親族・友人でも専門家でも健常者でもありませんが、
最近何かとよく聞くうつ病についていろいろ知ってみたいと思ったので聞いたのです

63 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:11:51 ID:+xcawiYL0
ああそうですか。
単に「興味」なのですか、、

それにしては、激越性うつ病や非定型うつ病とか詳しそうなのでどうしてなのかな?と思ってしまって。



64 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:12:37 ID:vj2AERc60
>>61
回答ありがとうございます
カテコライズよりもディメンジョン的なことを重視すると受け取ってよいのでしょうか?

65 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:17:01 ID:vj2AERc60
>>63
地元の公民館に『うつ病態の精神療法』と精神医学の事典(書名は失念しました)があったので、
非定型うつ病と激越性うつ病のことはそれで知りました

66 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:25:42 ID:+xcawiYL0
>>65
これがまたしても不思議

>『うつ病態の精神療法』と精神医学の事典
のような本を手に取るには相当の訳があるものだと思うんです、、
鬱はすごく大事に扱わなくてはならない問題だと思うので
単に「興味」でってのはないんでしょう?


67 :券針:2007/05/28(月) 22:27:59 ID:WHW/d0no0
そんな腫物に触るような気持ちで接すると、神経症化してより困った問題を抱える。
「興味を持つ」あたりのあり方の方が、まだしも治療的だな。

68 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:41:53 ID:+xcawiYL0
>>67
そうか、
腫れ物に触るようなどこではないけれど
「興味を持つ」あたりのあり方は全然ないな、、

69 :卵の名無しさん :2007/05/28(月) 22:46:46 ID:TbRXL3Tl0
24です今日病院行ってきました

医者には絶対に治ると言われました

二つ約束されたのですが一つは自殺しないこと

もう一つは薬をまとめてのまないこと
を約束させられ、場合によっては入院も出来るとのこと

確か重いうつ、と言われました

薬はパキシルを処方された


医者に言い忘れたのですが、自分で考えたことでよく独り言を他人と会話してる
ように言ってしまうこれってよくあること?



70 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 22:55:01 ID:+xcawiYL0
むしろもっと腫れ物に触るようにしなければいけなかったのかな、って思うくらい。
たとえばパート42http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178397066/l50 の>>275について。

大人なのに幼児並では困る、
それ、幼児なら当然ですが大人がそうでは問題があると思う。

両方ともあなたの苦しみを思ったとして、
怖れず回復や成長を願って行動する相手と
そのままでいさせようと甘やかす相手
どっちが望みかというと後者なのかね いつまでもそこにいたいとしたら甘えだ。

私は幼児ではないし相手も幼児ではないと思うから対等に扱う、それが相手を尊重することだと思ってた。
でも相手は幼児と同じでそれでは駄目なのかな?
「子宮にお返り」と言ってた方もいたけど、そこから始めなければ駄目か。

病気を認めずにいて、特別扱いを望み特別扱いされないことを憤慨しても求めるもの(幼児のように愛されること)は得られない。
幼児扱いを望むの?
そう扱われるためには相手に依頼し「成長」を目指すと約束しなくちゃ、それが治療です。
いつまでも「ボクはこれでいいんだもん」なんてじゃ誰からも見放されてしまう。

71 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 23:03:51 ID:n4zXFJCv0
>>64
彼は独自のおでん理論を提唱されている方だ

72 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 23:15:26 ID:+xcawiYL0
>>69
おかえり。

鬱でしたか。
行ってよかった、ほっとかないでよかった。
その約束は守って。

73 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 23:17:03 ID:vj2AERc60
>>66
公民館に訪れて、見かけた本がそれだったということです
その本が目当てだったわけではないのです

>>67
既に神経症化では済まされない問題を抱えています
私は精神病や神経症とは別の一群にいる精神科領域の異常者ですから

>>71
どういう理論か気になりますね

74 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 00:14:06 ID:/YaqKiyUO
>69 ご本人を見てないので主治医の重い鬱の意図は判りませんが、治るって何が?パキシルは副作用で排尿困難、嘔吐、下手すると幻聴、車椅子になることも。薬知らずだな。そもそも内科で感冒なら3日。様子みて処方。いきなり行く科目ではないですね。

75 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 00:21:11 ID:LjDIRn6l0
フエ先生に質問です。
なぜ「フエ」ではなくて「フ工」なんですか?


76 :卵の名無しさん :2007/05/29(火) 00:22:52 ID:xqbv9gA00
>>74
この病気は治るってことです

うつを抑える薬と幻聴を抑える薬どっちが良いときかれたので
うつでお願いしますって言ったら
パキシル処方でした

77 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 00:31:19 ID:Yav+dQ4r0
>>74
車椅子とは悪性症候群の後遺症でなるということでしょうか?

78 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 01:25:59 ID:/YaqKiyUO
>24 =
>42 =
>69 でしょ?
だとしたら、既に数種の薬飲んでて幻聴の可能性。選択式で処方なんだからどっちでもよさそう。鬱なら、治るではなく本人が治すものだが。

79 :卵の名無しさん :2007/05/29(火) 02:44:40 ID:xqbv9gA00
>>78
>24 =
>42 =
>69 でしょ?

そうだよ

>既に数種の薬飲んでて幻聴の可能性
悪いがパキシル以外飲んでない

80 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 03:48:29 ID:xTMZbtS0O
>>55です。
どなたか回答お願いします

81 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 04:05:11 ID:D/dYeffZ0
>>61
フエ先生は一週間に何時間働いていますか?参考までに教えてください。

82 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 09:18:03 ID:wtmHSuiK0
>>55
>>80
出たい? 出たくない?
出たい気持ちがあれば出ていい。
出たくないなら出ないほうがいい。

とまあ、これが一般論。
でも正直21歳「鬱病」というのは難儀で、どこかで「頑張れ」って言わなきゃいけない一線がある。
鬱病に「頑張れ」は禁物、というけどそれはもともとは古典的な鬱病に対する心得だったのね。
40歳以上で、それまでは順調でそんなこと全然なかった人がかかる鬱病。
そういう人は、40歳越すまでに頑張って人生のハードルを乗り越えた体験があるの。
で、そういう人はいわば「心の基礎体力」があるから、じっと辛抱して待ってても、よくなれば「頑張れる」。
だからその時がくるまで、周りは「頑張れ」と言うな、その時が来たら、「頑張れ」と言わなくても頑張れるから。
でもねえ、20台「鬱病」の人の多くは、この「心の基礎体力」がまだついてないの。頑張ってハードルを越えたことがないの。
そういう人にひたすら「頑張るな」では、立ち上がるきっかけが掴めないのよ。きっかえけが掴めると、不思議なくらいするするって立てることあるのに。
つまり40台の人は「待ち」、20台の人は「きっかけ」が大事だなあと思うの。
じゃあどうすればその「きっかけ」が掴めるかというのは、まだきちんとまとめられていない。
それなのに、昔の鬱病治療論だけが先行していて、「休め」「頑張るな」「おクスリをのめ」では、うまく行かない。
喜んでるのは、クスリ屋さんだけってのが現状かなあ。

まとまってはいないけど、いくつかのアドバイス。簡単なこと、でもムズカシイかも。

朝起きて日を浴びて朝ご飯を食べる。昼間は寝ない。深夜〜未明にかけての2ちゃんは禁止。やるなら昼間。
「動きたい」という気持ちが起きたら、とりあえずは部屋を片づけるだけにしておく。
「どこかに自分をキレイに治してくれる医者やカウンセラーやクスリがある」という考えを捨てる。
「生き甲斐」は見つからない。「本当にやりたいこと」なんてない。大事なのはただ生きること。次に大事なのは「よく」生きること。
クスリは大事。でもクスリは解決にはならない。具合がよくならない、と言う度に、クスリを変えたり、増やしたりする医者は要注意。
いつかは、「頑張れ」という瞬間が来るから、それに備えて休んでいるつもりで。

83 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 09:31:31 ID:nTyh8Hfq0
>>55
素人だけどいい?
無理しないことがいい、楽だと思えるならなにもしないでいいし
それをあれこれ言われると辛いので、家族や周囲に認めてもらうように先生も協力してもらって。
だらだらにうんざりしてきたらなんでも色々試してみて、これは気持ちがいいと思うものをやっていく。
体を使うもの、自然に親しむこと、成果が目にみえることが割りといいよ。お勧めは草取りw


84 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 09:35:28 ID:nTyh8Hfq0
あれ、先生からの回答ありましたね。
お掃除もいいよ。沢山じゃなくて「今はここだけ」とか決めてきれいにする。
明日はここをやろうとか。
草取りも1uだけとか決めてそこだけにする。

85 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 12:30:33 ID:h2gdS/Jq0
20代で心の体力がつかずにそのまま年を重ねてしまった人は
どうせっすればよいのですか? 自滅志向のある人ですけれど。

86 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 13:29:03 ID:p7aajX4kO
先生方に質問です。
30代後半のうつ患者です。
一度寛解し、抗うつ剤や安定剤も不要な時期がありました。約一年半です。

二年以内の再発は、約50%だと本に書いてあり、出来るかぎり努力しましたが、仕事を背負い込み過ぎ、家事もやりで、只今休職中です。

一ヶ月ほどで復職できるかと思っていましたが、来月も休職を宣告されました。
家に居れば居たで、家事を完璧にこなしたいと思い、結局また抗うつ剤を増やされてしまいました。

再発すると、寛解するのに時間が掛かってしまうのでしょうか?
一度再発すると、また再発する確率が70%になると本で読みましたが、本当でしょうか?

87 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 16:47:23 ID:HR3ha4zg0
>>85
今何歳の方でしょうか?
性別は?
今何をやっていらっしゃいますか?

>>86
再発のあった方の再発率は一般的に高いとされています。
特に3回以上の再発があった方は1〜2回の方よりも再発率はぐんと上がります。
つまり再発率で比べると、
 1回<2回<<たくさん
ということです。
また、一般的に再発を繰り返す方が重症度は上がるとされています。その結果寛解へ至る期間は延びます。


88 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 16:51:12 ID:h2gdS/Jq0
>>87 40過ぎ、♂、病院通い(求職中) 覇気がかんじられないです。

89 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 18:10:29 ID:xTMZbtS0O
>>82>>83>>84
アドバイスありがとうございます。
調子のいい時(最近はなかなかないのですが…)は午前中、自転車で買い物に出掛けたりしています。
早く治して仕事したいです。

90 :86:2007/05/29(火) 21:20:24 ID:p7aajX4kO
>>87先生
ありがとうございました。
焦らずに主治医に従ってゆっくり寛解を目指します。
とにかく性格を直すように心掛けないといけないですね…orz

91 :卵の名無しさん :2007/05/29(火) 21:33:54 ID:xqbv9gA00
医者に来週、家族の中で信頼出来る人を連れてきて下さいと頼まれ

姉にうつの事を言うが仕事だから行きたくないと言われる
なぜそうなったのか(うつになったのか)理由を言えと言われる
俺は言いたくない医者に聞いてほしいと言うがお前の口から言えと言われる

気分が悪くなったので、向こういってくれと言って一人になる

しばらくすると姉がきて、ちょっときてと言われる
母は泣いていて、兄はすごくおこってた

どうやら姉は俺がうつであることを家族に言ったらしい

92 :卵の名無しさん :2007/05/29(火) 21:38:45 ID:xqbv9gA00
81の続き
母に何か不満があるなら言って、姉に頑張れ、お前は頑張れば出来る子とか
言われまくり感情的になり家を飛び出す

みつかって家に連れ戻される

それから頑張れとかのオンパレード
兄からお前が今一人だと思ってるなら俺がお前を不幸にして
一人にさせてやろうかと言われる

もう本当に疲れた、今家にいるが家族ですら信じられない
さっきは失敗したから夜中に家でます。

93 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 21:41:56 ID:3skRzniV0
>>91
その状況を先生に伝えるのが一番だと思います。

94 :卵の名無しさん :2007/05/29(火) 21:45:01 ID:xqbv9gA00
>>91
先生は週に一回しかいないんですよね・・・
しかも月曜日だけ

なにかあれば木曜にいる先生の所にいっても良いと言われたのですが
いったほがいい?

それまで家を出よう

95 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 22:49:16 ID:nTyh8Hfq0
いや、、、これは、 辛いね 辛かっただろうね。

家族は鬱のこと知らなきゃだけど、それはきっと家族の問題でもあるからで
まだ家族はそういうこと全然分っていない状態だからそうした反応しか出来ないんだ。

先生は「入院も出来る」と言ったでしょ、それってあなたを守るためだから。
ここでも話してるけど、木曜の先生にあなたが今日家族との間であったことを話すのがいいと思う。
月曜の先生は何かあったらってそう言ったんでしょう、予測ついたのかもしれないよね。

今はこれ以上今の家族とやりとりせんほうがよさそうに思う。
飛び出したいだろうけど、余計不安がらせて家族が暴走しないように 
あなたは振りでもできればいいかな、そして今は害になるものからは引きこもる。
話すとなにが出るかわからんので、わたしなら短い手紙を書いて渡すかな。
「少し落ち着いた、話すとまた悪くなるから一緒に病院へ行ってほしい」みたいな感じで。
そして月曜にいっしょに行って先生から家族に言ってもらう。

素人だってこれは家族がよくない対応してんのが分るもの。


先生方どうでしょうか、間違いがあったら直してください。

96 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 22:59:47 ID:p7aajX4kO
先生じゃないけど、しばらく友達の家とかに泊めて貰って、木曜日に今このスレに書いたことを話して対策を求めた方がいいと思います。

うつのあなたにとっては、今は毒になる家庭環境だと思います。

97 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:02:16 ID:sYC+UDdf0
>>95-96
>>1

本人の事も知らずに図式的に言い杉。

98 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:08:51 ID:By36efK60
患者の馴れ合いスレw

99 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:09:51 ID:By36efK60
フエ先生が鬱病には強制的にがんばらせるのが一番効果があるっていつも言ってますw

100 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:10:09 ID:nTyh8Hfq0
>>97
そうですか。

本人のことは書き込みしか分らないけど、嘘はないと思うし
こんな場合は何も言わないよりいいかと思ったんですが。
言い杉があったかな、、


101 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:18:45 ID:sYC+UDdf0
>>98
アミバ、馬鹿にしては良い事言った。

102 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:22:22 ID:By36efK60
ちなにみけんしんは患者に含めますw

103 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 23:44:22 ID:nTyh8Hfq0
>1を読むと、
>時には殺伐とした状態にもなりますが、まぁ焦っても仕方ないしのんびりやりましょう。
なんですね。

>>ID:xqbv9gA00
*掲示板で診断・治療はできません。素直に病院に行きましょう。書いてあることが正しいと思わない方が身のためです
*返答が自分の望み通りじゃなくても怒ったり、暴れたりはしないで下さい。
だということです。
それでも、どうしてるのかなって思ってますけど。

>ID:By36efK60
>*一見質問形式をとった精神科医とその業界に対するクレームはスレッド違いです。
のようですよ。


104 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 00:05:21 ID:LjDIRn6l0
アミバ君は閉鎖病棟(part42)にお戻り下さい。

105 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 06:18:00 ID:Nk/gmav40
たとえ自分とは異なった意見が交わされていても、
それを必要とする人がいる場所を荒らしてはいけない。
医者とか患者とかではなく、それが人としてのマナーだ。

106 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 07:25:46 ID:Rg/inrl/0
>>87 先生ありがとうございます。 >>88 お願いいたします。

107 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 08:35:16 ID:DJhkfxA/0
>>105
ID:By36efK60に何言われても>>94さんもスルーできるでしょう。
でも、「本人の事も知らず」「患者の馴れ合い」だと先生らしき方の否定もあり、、

必要とする人がいるかどうかより、その意見を言うのが適切かどうか です。
なぜ先生の助言を出してもらえないのかと思ってしまって発言したんですが、
素人の不適切な発言があれば正されて当然。

108 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 08:49:41 ID:ZrY0Vx7MO
By36efK60は前スレで好きなこと書けよ。
淋しいからって出てくるんじゃねぇ。

109 :sage:2007/05/30(水) 10:31:03 ID:46ZRXGeO0
もしスレ違いでしたら誘導をお願いします。
母がある新興宗教の信者になりました。
そこでの教えはマイナスの感情を使ってはいけないし、
思ってもいけないそうです。
そしてプラスの感情だけを使い続けていると結構な事ばかり
起こるそうで、やたらと感動とか感謝とか言ってますが、
むりやり感動をみつけたりしているようでしらじらしく感じます。

また、マイナスの感情が出たら、運動したり何かに打ち込んで
その事を忘れると自然と道が開けるし、気がつけば周りには
良い波動の人ばかりが残っているそうです。

端から見ているととても不自然で不気味なんですが、
このような感情の使い方をしていて将来精神的な病気になる事って
ありえますか?
とても心配です。よろしくお願いします。

110 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 11:09:56 ID:+NmBbebS0
>>109
それなんて早起き会?

111 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 12:27:36 ID:mu3Y+r2M0
>>109さん

あー、マイナスの感情を使わないって抑圧する宗教は、
はっきり言って精神病になるリスクが高いです。

人間ですから、マイナスの感情があるのは当たり前なので。

おいらはキリスト教をお勧めします。
あ、も○み(エ○バ)、モル○ン、統○○会(原理○)はキリスト教ではないからね。
この三つにだまされちゃだめっすよ。

統合失調症の子にキリスト教に誘われて教会に行き始めたら、
うつ病が良くなったもんで。
つーかうつじゃなくて気分変調症だったしw

おいらはコッパクリスチャンのまんまあちこちの教会をふらふらしてます。
無所属の方が気楽だったりするから。

ここで検索するとキリスト教の教会が出るよ
ttp://www.kirisuto.info/
近くの教会にまずは電話してみて、行ってみたらいいと思う。
献金とかはしなくて平気だから気にせずに。

スレチでスマソ




112 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 12:30:44 ID:mu3Y+r2M0
111であります
あげちまったスマソ
おいらは精神科医じゃないし
通ってる医者もクリスチャンじゃないけど
キリスト教はそういうこと全く否定しないから大丈夫だよ
スレチ連投スマソ


113 :卵の名無しさん :2007/05/30(水) 16:24:48 ID:UwxiVaQL0
>>107
94です昨日色々あってから家出はしなかったのですが
なんだろう頭の中がモヤモヤして自分以外の誰か(女の子)がそばにいる感じがする

昔から、脳内会話をする癖があったけど

なんかもう家族とか信じられない、女の子がそばにいてくれたらそれでいいやって
感じです

114 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 16:52:04 ID:wqduAuRD0
>>113
107さんではありませんが、明日は木曜日です。
病院に行って、ご家族とのことや今の状態について、医師に話してみて下さい。

115 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 18:30:15 ID:Rg/inrl/0
>>85 >>88 お願します。

116 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 19:33:29 ID:DJhkfxA/0
107です。
>>113の、何なのかわたしには分からない、、

とにかく明日木曜日の先生に直接話しをきいてもらって。
補助的に後で読んでもらうようにここをプリントして持っていってもいいと思う。
先生は「言葉」だけじゃなく>>113さんの顔色や声や体にも気を掛けて診られるけど
私は当然診ることは出来ないし実際のあなたを直接に見ることもできない、
ここにいる先生方だって出来ないんです。


117 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 00:41:02 ID:sbrXD4sZ0
デパスにはノルアドレナリン再取り込み阻害作用がある、というのは本当なのでしょうか?

118 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 07:42:17 ID:cAZaol/y0
>>115
あなたとその人の関係は?
その人にどうなって欲しいの?

119 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 07:52:01 ID:wro865NP0
>>115 兄弟です。弟のことで心配しています。年々劣化していくようで
   自分のことがわからないと言ってます。転職、派遣をくりかえして
   職歴もあいています。

120 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 08:15:22 ID:wro865NP0
アンカミス >>118 です。30代ごろから本格的に治療をしていましたが、
コントロールがうまくいかないようで、仕事を休んだりしていました。
コンピュータ関係の仕事をしているようですが、本人が立場をわかって
いないようで、辞めていくようです。友達ができにくい性格も原因の
ようです。社会復帰させたいのですが。。。。
真面目過ぎてまわりともうまくいかないようです。お願いします。

121 :109:2007/05/31(木) 10:32:57 ID:IKkHrIET0
>>110
レスありがとうございます。
早起き会ではありません。
某新興宗教会員が独立して作った団体で、宗教法人にはなっていない
マイナーなところですが、教義ややってる事は独立前の宗教と
ほとんど同じです。名前は今は出せません、ごめんなさい。

>>111
レスありがとうございます。
やはりマイナスの感情を押さえこむのは良くないですよね。
そこの教義はおかしいと思うけれど、どこがおかしいのかうまく
説明できなくて困っています。
一度カルト問題を扱っている教会や団体にでも相談してみようかなと思います。

122 :たらん:2007/05/31(木) 16:38:39 ID:WqQY6WXCO
男です。
鬱病でメンクリ通っています。
ドグマチール飲んでます。
今日も病院に通ったのですが、大好きな先生の対応が冷淡でした。
診察後、私は自暴自棄になり、
街で馬鹿そうなギャルをナンパし、
ホテルに連れ込み、生中出ししてやりました。
エイズになってもいいやと思いました。
しかし、終わった後、情けなく悲しくなりました。
私は自分自身が大嫌いです。
先生が、死んではいけないとおっしゃるから生きているに過ぎないようです。
甘えだと分かっていますが、
先生が冷淡だと生きている理由がみつけられません。
死にたくなります。
私は先生を代えるべきでしょうか。


123 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 16:38:53 ID:QrKVVLtA0
>>119
>>120

医者には通っているのですね。
そっちの診立てはどうでしょう。
おっしゃるような方で、統合失調症だった、ということも少なくありません。
一度ご家族が通院に同行してみてはいかがでしょう。
医者は、「うまく行って安定していたら治療を変えない」という習性があります。
医者が今の事態を「低め安定」と捉えている可能性もあります。
「仕事は行ってないけど、睡眠もとれて本人も毎回『変わりありません』と言ってるのだからそれでいいや」
と判断しているかも。

ところで弟さんは将来に渡って住むところはありますか?
年金は払っていますか?
ご飯は炊けますか?





124 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 18:11:04 ID:wro865NP0
123 様ありがとうございます。

前医は、抑うつ神経症と診断していたようです。
>おっしゃるような方で、統合失調症だった、ということも少なくありません。
そういう可能性もあるのですか。発症時期がよくわからないのです。

>医者が今の事態を「低め安定」と捉えている可能性もあります。
一時的なものととらえている可能性もあるのですか。了解しました。

>ところで弟さんは将来に渡って住むところはありますか?
賃貸で一人暮しです。
>年金は払っていますか?
国民年金を払っているようです。
>ご飯は炊けますか?
自炊をきちんとしているかどうかわかりません。しかし、
スーパーに買いだしは行っているようです。

125 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 19:46:22 ID:D+tZIQga0
対人恐怖症なの、にたくさんの人の受付の仕事をしなくてはならなくなりました。
抗不安薬は先生に多めにいただこうと思っていますが、その他にうまく仕事ができる
方法とかこつとかありましたら、教えてください。お願いします。m(__)m

126 :のの:2007/05/31(木) 20:59:22 ID:uS7Cc8S30
>>117
デパス錠0.5mg/デパス錠1mg/デパス細粒1%
薬効薬理
動物での作用
(2) 鎮静・催眠作用
(4) 抗うつ作用
ラットにおけるin vivoの実験で,三環系抗うつ剤イミプラミンと同様に脳内ノルアドレナリンの再取込みを抑制する14).

127 :のの:2007/05/31(木) 21:00:44 ID:uS7Cc8S30
つか、おまい、
薬剤系なら、自分で調べよ。
素人なら、それを聞いてどうしる。

128 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 21:07:35 ID:T+aIJajwO
>97
>79 >1〜100 一部を除き自演。糸が一杯。

129 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 21:09:52 ID:eQrvs8/I0
SSRIやSNRIと三環系抗うつ剤の作用はどう違うのでしょうか?
どちらもセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを抑制する?らしいのですが。

130 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 22:17:10 ID:c86aEXFIO
> SSRIやSNRIと三環系抗うつ剤の作用はどう違うのでしょうか?

↑こういうことを聞く真意っていったいなに?
4〜5分あれば調べられるだろうに。
調べ方を本当に知らないのか、ふざけているだけなのか、どっちだ?

131 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 22:24:52 ID:sbrXD4sZ0
>>127
全くの素人だけど、自分で一応調べた。
で、動物実験で認められてるのは分かったけど、人間の場合はどうなのか?
精神科医の間では当然のこととして認証されてるのかどうか?
分からなかったから聞いたんですよ。

132 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 22:52:52 ID:sbrXD4sZ0
ちなみに、なぜそれを知りたかったかと言うと、デパスを飲むと気力が出る人がいる
のはルアドレナリン再取り込み阻害作用があるからなのかな?と思ったからです。

133 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 23:04:04 ID:sbrXD4sZ0
>>127
「素人患者はオレ様が出した薬をだまって飲んどけ」
ってタイプのお医者さんですか?

134 :のの:2007/05/31(木) 23:09:27 ID:uS7Cc8S30
いや?
聞いてどうするのか、
聞きたいのだお。
教えておくれ。

135 :のの:2007/05/31(木) 23:11:16 ID:uS7Cc8S30
ルアドレナリン再取り込み阻害作用=気力出る

なのですか?

136 :卵の名無しさん :2007/05/31(木) 23:18:20 ID:HjER6b+80
>>107
113です
今日、母が仕事で病院行けなかった

で、夜の八時(姉とかが家にかえってくる時間)家にいると殺されると思い
家を出ました

さっき帰ってきたけどまだ皆起きてたよ
怖い

137 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 23:20:29 ID:c86aEXFIO
>>133

おいおい、噛み付くなよ。
そもそも普通なら担当医に聞くのが筋ってもんじゃ内科医?
それをなぜ敢えてここで聞く?
しかもそれを聞いたところで調節するのは医師だろ。
担当医と連携をとらなくて誰ととるって言うんだ?

138 :のの:2007/05/31(木) 23:20:51 ID:uS7Cc8S30
だいたい、臨床の人たちって、
理屈なんてどうでも良くて、
どんな効き方するのか、しか診てない。
薬理なんかの理屈は、メーカーの単なる売り文句的。

139 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 23:29:08 ID:a99ThLYE0
>>138
それは、アホな臨床医です。
十把一からげにしないで下さい。


140 :フリーター工 ◆xPipercov. :2007/05/31(木) 23:41:55 ID:ryWFbT9M0
>>139
 んー
 でもさ
 診たてからの処方の根拠には薬理の知識は重要だけどさ
 何よりも重要なのは結果じゃないですか?

141 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 23:44:14 ID:IHq4rVho0
>>136
あ、
今さらだけど 今日はひとりで行って木曜の先生に聞いてもらうでよかったじゃないのかな。

怖くないよ、みんな心配してんだね。(おにいさんはちょっと怖そうだけどw)

142 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:00:58 ID:R6hsD3zr0
結果と薬理に違いがある時点でもうw

143 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:03:00 ID:sbrXD4sZ0
>>137
あー、すみません。
ちなみに自分はデパスは抗不安薬とか睡眠薬としてではなく、自律神経で心臓が痛くなったときの
薬としてもらっています。
自分の飲んでいる薬については一応知っておきたいから、調べたりしてるだけです。
ここで質問したのは、通院日がまだ先だったから、ということと、複数のご意見がもらえるかも
しれないと思ったからです。

確かに「知りたい」以上の理由はない質問ですけどね。

144 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:07:24 ID:FwrLNjZE0
>>143
同じ薬を飲んでもその人の症状というか病状によってすごく出方が違いますね。
デパスだと鬱傾向の人には元気が出る効用があるのに
そうでない人にはだるく眠くなってしまう、というように。

145 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:19:57 ID:Qn1jOLsT0
>>144
私にはそれは同じ効果にしか見えないけどw

146 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:23:04 ID:FwrLNjZE0
>>145
元気が出るとだるくなるがどうして同じ効果なんですか?

147 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:26:21 ID:Qn1jOLsT0
鬱病はだるくなったほうがより良い状態と評価されるからでしょw

148 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:33:31 ID:FwrLNjZE0
>>147
いいえ、評価とかじゃなくて。
だるくなるじゃなくて、
精神を病んでいる時にデパスを飲むと本当に元気が出るんです。


149 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:36:44 ID:Qn1jOLsT0
あれこれ考え悩むのが鬱病だとすると
だるくなってぼーっとすると楽になるじゃないw

150 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:41:23 ID:FwrLNjZE0
>>149
だから、だるくなってぼーっとじゃなくて
デパスを飲むと活気が出てはっきりする感じです。

151 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:45:32 ID:Qn1jOLsT0
あなたがそうだと言ったらそれを否定する方法はないけどw

152 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:50:27 ID:FwrLNjZE0
>>151さんは飲んだことがないんですね。
それは精神が健康な証拠ですw

http://akatan.cool.ne.jp/koufuanyaku.htm
ここを読むとデパスは短期作用型で高力価型です。

153 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:55:18 ID:gB3YlbrX0
>>147
アミバさんでしたか。
こんばんは。

154 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:59:51 ID:FwrLNjZE0
分ってます。
だからこの人は病気じゃない、「正常」です。

155 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 01:11:12 ID:gB3YlbrX0
>>144 >>148
よくわかりました。
遅ればせながら、ありがとうございます。

156 :のの:2007/06/01(金) 01:24:11 ID:uCDceybU0

で?

 ノルアドレナリン取り込みと、だるくてぼーと元気が出る についての
関係を、素人患者に役立つように、
良く解る説明をして下さったのは、
どの先生なんですか?

 患者さん、ノルアドの知識が、症状改善にどのように役立つのか、
 私に説明してくれませんか?

結局、ここまで読んでも、
添付文書を読んでも、
大学で習っても、
このスレに張り付いても、
調剤室で何年働いても、
よく解ってないんです。

157 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 01:32:58 ID:gB3YlbrX0
薬剤師さんはいいんじゃないですか。
処方箋書くのは医師だし、薬飲むのは患者ですから。

158 :のの:2007/06/01(金) 02:08:19 ID:uCDceybU0
ごまかし疲れ。

159 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 02:57:35 ID:scbVI6I00
>>140
フエ先生は医学博士持っていますか?

160 :のの:2007/06/01(金) 03:11:31 ID:uCDceybU0
おでんで、取るんじゃなかった?

161 :のの:2007/06/01(金) 03:24:12 ID:uCDceybU0
だいたい、薬効薬理を人間でやってる精神薬ってあるの?
てか、人間での薬効薬理を確認しながら、臨床やるってことは、
可能なの?

162 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 03:34:46 ID:CH58tCMzO
ストレスが取れません。どうすりゃいいの

163 :のの:2007/06/01(金) 03:44:24 ID:uCDceybU0
食って、寝て、休んで、遊ぶ。

164 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 05:55:58 ID:tlI15Cye0
デパスはどういうわけか抗うつ効果がある、とされてる。
能書にもそう書いてあるはず。
それがノルアドと関係あるかは不明。

165 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 08:01:34 ID:065qPV6l0
>>124
賃貸の家賃は誰が払ってますか?

166 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 08:02:05 ID:065qPV6l0
>>124
あと生活費は。

167 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 08:04:19 ID:gB3YlbrX0
  さあ、薬の袋詰め作業に戻ろうか
      i             |   |
     |     _____人__/
      i_,,,  r´_       _〉
     ((テヽ!´ _   _    /_  _j
      ゝ_i    ̄    |    ̄ i
      ゝ ヽ   (_、__j_)ヽ  ノ
    , イ ヽ、       ii   /
  /   \ ヽ  =ニ= /
/      \ `ーj---‐i´i\
          \/    !j  \
      _ ,,,,_  /\         \ ,c、.c、
 ___/´ 、、ヽ/i  :|三三三三三三三\.ヽ.ヽ二l 
  // \ \/ .i /           ,.-、-、| |: |
  | | 、\ \ \!            |:|       !
  | ヽ_,r.'\rj)、rj)          !|       |
  \___/  /                |      /

168 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 13:08:27 ID:o4PjGNEo0
>>165 >>166 さん、本人が蓄えを削っているようです。

169 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/06/01(金) 16:01:00 ID:7gKRKOOhO
ぐっぷっぷ
(●⌒H⌒●)

あたしのスレが一個dat落ちちゃヾ(≧∇≦)ノ゙

保守上げ野郎ザマーミロ☆爆

170 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 18:57:48 ID:ht8p0bcL0
長文質問すみません。遠恋中の彼氏が突然おかしい言動をしました。
自分の母親に相談したところ「狂言では?」と言われたのですが、
今まで3年間一度もこんなことがなかったので心配です。以下詳細。

1.それまで遠恋等のストレスで元々「頭がおかしくなりそう。もう限界だ」と言っていた
2.随分前から、電話中に喧嘩になった場合、ただの喧嘩ではなく泣き叫ぶような
状態になっていた(以前は泣く人ではなく、軽いノリの人でした。また、喧嘩する時
以外は普通で軽いノリの優しい人でした)
3.昨日、「今日電話をしなかったらもう自分はもう駄目になってしまう。もう全部駄目で
○○ちゃん(書き込み主の私のことです)しかいないのに」と態度がおかしかった。
4.今日電話中に喧嘩をした後、突然「お腹の中(服の中ではなく皮膚より下。
つまり本当に中)から本を出して本棚に入れた」と言い出した。
5.他の話では整合性は取れてる。態度は普通。ただ、お腹の話だけが異常。
6.二週間前に、飲みに行った同僚におかしいと言われた
7.最近も別の人におかしいと言われた
8.妄想は、お腹の話以外にはまったくない。
9.私への執着が強いのは向こうで別れ話にも普段は応じてくれないので、
別れたい為の狂言ということは多分ない(もし狂言とすれば、私に心配
させたかったということぐらいしか理由が見つからない。ただ、今まで
そういった演技をしたことは3年の間一度もなく、また、態度も全く
演技には見えず、お腹の話を信じている様子だった)

171 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 19:01:07 ID:ht8p0bcL0
↑すみません。6〜7も含めて全部彼氏のことです。

遠距離恋愛中で実際おかしくなってしまったのか確認ができず非常に不安です。
私としては、彼がおかしくなくて狂言なら全く構いません。
おかしくなっていた場合、早めに病院に連れて行かないと手遅れ、ということが
恐ろしいだけなので・・・今までこんな有り得ない話をする人ではなかったので
動揺しています。

まず、1.会って本当におかしいのか確かめる、2.本当におかしい場合は手遅れに
ならない内に病院に連れていく、ということがしたいのですが、給料日前で
貯金もない為、交通費(私の地方からだと往復5万かかってしまいます・・・)
が捻出できません。その為、苦肉の策で「1つなんでも彼氏の頼みを聞くから、
代わりに、彼氏のお母様(同居です)に、お腹の話をして欲しい」と頼んだら
OKしてくれました(お腹の話がおかしいという自覚がなかったので)。
これならもし彼氏がおかしくなっていたとしても、彼氏のお母さんが
気づいてくれるはず、という一縷の望みを抱いてます(直接お母さんに
申告しないのは、一度もお母さんと話したことがないので、もしお母さんが
彼氏に「こんな電話がかかってきたよ」と言ってしまう人なら、私に二度と
妄想を話さなくなって、症状が重くなるとか、「おかしい人扱いされた」と
頑なになって病院に行かない可能性があるからです)。

172 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 19:04:53 ID:ht8p0bcL0
彼氏に、来週(明日明後日ではなくその翌週)に来てくれるよう
約束を取り付けたのですが、もし精神病のなりはじめだったとして、
一週間後だと手遅れになったりしますか?
もし緊急を要するなら、彼氏のお母さんに言った方がいいかと迷ってます。
(現時点では、万が一の狂言の可能性を考えて、6/9〜10に彼氏に会って
判断しようか考えてるんですが、遅いでしょうか・・・)

突然、電話中の相手に支離滅裂なことを言われたのが初めてなので、
すごく動揺してしまって泣いたりとパニックになってます。
長文で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

既に、駅側の病院は調べて、予約不要なのを確かめたので、
会って明らかにおかしかったら、その日に病院に連れていく予定です。
ただ、遠恋の為、1週間先になってしまうのと、彼が本当におかしいのか
確かめられないのが不安で仕方ありません。
もし統合失調症とかだったら早めに連れて行かないと手遅れになりそうで
心配です。一週間で急に悪化したりしますか?
連恋や彼氏の家族の事情、職場環境等で悩みが多くて、せめて私と電話を
しないと本当にもう頭がおかしくなってる、と叫んでいた彼氏に、体調が
悪いから忙しいからと、自分の勝手で電話に付き合えなかった後悔で今
いっぱいです・・・。すみませんが宜しくお願い致します。

173 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 19:06:11 ID:Qn1jOLsT0
ドラえもん?

174 :170-172:2007/06/01(金) 19:16:23 ID:ht8p0bcL0
うわ、投稿したら本当に改めて長い・・・。
コピペみたいに長い文章ですが、すみません。宜しくお願いします。

一週間後に会った時には、ちょっとでも妄想っぽいことを口走ったら
即効病院に連れて行こうと思ってるので、「お腹から本を取り出して
本棚に入れる」という言動以外は妄想は全く普通の言動の人が、
「1週間で急激に悪化する」ことが多いかどうか、無茶な質問だとは
思いますが、少しでも答えていただけるとありがたいです・・・。

ちなみに、詳しく聞き出したら
「おなかからどうやって本を取り出したか?」→「切った」
「誰が切ったの?」→「自分で」
「その本のタイトルは?」→「わからない」
「本棚にしまったなら、本棚を見て」→「本棚めちゃめちゃだからわからない(これは
本当です。部屋がちらかってたり新しい本棚を購入して整理途中らしいので)」
「でも、本をお腹から出したのは最近だよね?でも本棚がめちゃくちゃなのは
結構前からだよね?本をしまったのが最近なら、近くにあるんでは?」
→「わからない」

そもそも本の話になったのは、私が喧嘩した後、話を整理していたら、
彼氏が急に返事がなくなったので、「私はどんな話してた?(話を聞いて
いるのかという意味で)」と聞いたら「(私が)本棚の話をしてた」と言い出し
私が詳しく聞きだそうとしたら「おなかから取り出した」と言い始め、
支離滅裂さに、「本当に頭がおかしくなった」と不安がっていたら、
その話が実は繋がっていて「おなかから本を取り出した」という話に
なったという次第です。

175 :170-172:2007/06/01(金) 19:18:14 ID:ht8p0bcL0
本について以外は普通の返答で、「彼氏がおかしい」と心配で
泣き出してしまった私のことも普通に慰めていました(むしろ、
私が突然態度が変わって泣き出したりしたので、)

本当に長文で申し訳ありません。話の流れからすると、彼氏が喧嘩で
むかついて狂言を、という風にしか見えないのですが、今までに一度も
なかったことだし、演技であんな態度や発想ができるのか・・・?
ちなみに一応寝ぼけてないか確認しましたがちゃんと起きてました。
また、ずっと禁煙してたはずなのに、電話後半で、上記のように
言動がおかしくなってからは、突然「火がない、火がない」とライターを
探し始めて、それも非常に不安でした。
(私がタバコを嫌いなので3年禁煙してたので、私に言う事自体が
おかしい。また、今までは私がタバコ嫌いだから内緒にしていた、
今までもたまに吸っていた、ということが今日初めてわかった。
私に怒られると思い込んで内緒にしていたらしいので、突然
「火がない、火がない」と私に言い始めること自体がおかしい)

176 :170-172:2007/06/01(金) 19:19:48 ID:ht8p0bcL0
>>173
非常に動揺していたので、ちょっとなごみましたw

長文で申し訳ありませんが、詳しい方は宜しくお願い致します。

177 :170-172:2007/06/01(金) 19:22:37 ID:ht8p0bcL0
>>174
>本棚に入れる」という言動以外は妄想は全く普通の言動の人が、
妄想は全くなく、の間違いでした。
すごい動揺しててすみません・・・。

178 :170-172:2007/06/01(金) 19:27:35 ID:ht8p0bcL0
あ、あと1週間の間、できるだけ彼氏に電話して雑談などをして、
彼氏がおかしい様子がないか、または彼氏の心が不安定にならないように
悩みの聞き役になったり等、電話の相手役をしようかと思うんですが、
他に何かできることや、または電話での注意点はあるでしょうか?
(言ってはいけないこと、聞いた方がいいことなど)
とりあえず、お腹の妄想の話は触れない方がいいと思ったんですが・・・
いろいろ質問してすみません。宜しくお願い致します。

179 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 20:57:52 ID:V+/TSq8FO
確か、妄想はそれを認めてしまうと固着してしまう
危険性があると言われてなかったっけ。
o((=゜ェ゜=))oの話はしない方がいいんジャマイカ。

180 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:20:26 ID:Qn1jOLsT0
妄想が固着ときたかw
ある種の認識は周囲の同意があればいっそう安心感を得るのは普通ですw
精神医療を信じきってる患者に精神医療は似非科学だと教えても無駄なようにw
これを固着というならそうだろうw

181 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:24:08 ID:FwrLNjZE0
第三者から見るとすごく不自然な話ですね。

182 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:30:58 ID:Qn1jOLsT0
仮に彼氏がなんらかの医療的問題を所有していたとしてあなたには関係の無い話です
どうしても心配ならば彼氏の血縁者に事情を説明した上で家族がどう対応するか判断すべき問題です
あなたがとやかく言えるような立場にはありませんし、責任も取れません
素直に彼氏の家族に事情を説明しどうすべきかアドバイスを請いましょう
それで何もする必要が無いと言われれば何もしてはいけません
あなたはあくまで彼氏の家族から彼氏との関係を一時的に認めてもらっているにすぎません

183 :170-172:2007/06/01(金) 21:32:19 ID:ht8p0bcL0
ありがとうございます。
妄想を認めない方がいいという話は聞いたことがあるので、
お腹の話については、(刺激するといけないので強く否定はしてませんが)
肯定は絶対にしていません。
あ、否定は、一応本気で言ってるのかわからなかったので念の為確認として
「普通はお腹の中には本はないよね…?」と弱い口調で聞きました。
彼氏はわからないという返事をし、私は、強く否定して刺激するのも
まずいと思ってそのまま引き下がりました。

184 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:32:48 ID:V+/TSq8FO
>>180

アミバ君こんばんは。
昨日は具合が悪かったのかな?
早速だけど、あなたの「精神医学は似非科学である」
との持論でもって上の相談者に答えてあげてくれないか?
これ以上、精神医学による被害者を増やしたくはないだろ?

185 :170-172:2007/06/01(金) 21:36:29 ID:ht8p0bcL0
>>182
確か、よほど暴れるとかでない限り、
彼氏が自分の意志で病院に行かないと駄目なんですよね?
(家族でも、確か強制的に連れていくことはできなかったと思うので。
よく家族が病院に行ってくれないと聞きますし・・・)

私が行こうと誘えば彼氏は自分の意志で行ってくれるのですが、
(逆に、母親に行けといわれても恐らく絶対行かないタイプ)
それでも赤の他人が強制的に連れてったことになるのでしょうか?
彼氏と母親は、家の中でほぼ会話をしてないようで、母親は
彼がおかしいことに全く気づいていない様子です・・・
おかしくなったのは私のせいだと思うので、せめて病院で
診てもらいたいんです。

186 :フ無職工 ◆xPipercov. :2007/06/01(金) 21:36:32 ID:rn2oQ/Li0
 「妄想が固着」
 って精神外科の話かと思たよ。

187 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:38:33 ID:Qn1jOLsT0
私はどうしろということは言わない
それでは君らと同じレベルに落ちてしまうw
最終的に判断するのはそのことについて責任を負える立場の人が決めることだ
似非科学にどっぷりはまろうがそれも自業自得w

188 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:39:46 ID:Qn1jOLsT0
>>185
まずここより母親に相談するのが先w

189 :170-172:2007/06/01(金) 21:40:02 ID:ht8p0bcL0
もちろん、責任取れる立場でないのはわかってるので、
会った時に様子を見て(あるいは一緒に私の地元の病院に行って)
やっぱり何かの病気っぽかったら、彼氏の母親に電話で
報告するつもりです。
ただ、少しは「本当に彼氏がおかしいのか」を確認しないと、
本当に心か頭の病気かわからない段階で、無責任に
母親にチクったりすることはできないので・・・

190 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:41:45 ID:Qn1jOLsT0
あんたは見ず知らずの悪徳医師の言葉のが血の繋がった母親の言い分より信用できるのか?w

191 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:43:55 ID:V+/TSq8FO
>>183

もう少し待ってね。
精神科の先生がきちんと答えてくれますから。


>>182
私が言うまでもなく早速答えてましたねw
いやはや、さすが精神科医コンプレックス。
今からでも勉学に励めばあなたも医師になれるかもしれませんよ。
患者さんの信頼が得られるかどうかは分かりませんが。

192 :170-172:2007/06/01(金) 21:46:22 ID:ht8p0bcL0
>>188
母親は、私と彼氏が付き合ってることすら知らないので
(女性の友人がいるぐらいにしか思ってない)
報告しても相手にされないと思います・・・
というか彼は親族から金の無心をされて困ってることすら
母親に相談できないらしいので、あまり母親に報告して
事態が好転すると思えない・・・

私がただの付き添いでも精神医学上や法律上まずいでしょうか?
彼氏にはきちんと、カウンセリングに行こうとは言いますし、
正直に話すつもりで、無理矢理騙まし討ちとかにはしません。
単に、友達が風邪だから付き添う、とかと同じような、ただの
付き添いのつもりで、診察室に入りたいとは思ってないです。

193 :170-172:2007/06/01(金) 21:47:34 ID:ht8p0bcL0
>>191
焦っていろいろレスしてしまってすみません。
先生がいらっしゃるまでお待ちしてます。
レスありがとうございました!ちょっと心が落ち着きました。

194 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:48:15 ID:Qn1jOLsT0
コンプレックスってあごがれに対して使う言葉だよwww

195 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:49:16 ID:Qn1jOLsT0
>>192
自発的でないならまずいねw

196 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:51:40 ID:41tuv04D0
精神科医の方、教えてください。

よく、「私は戦争をしたくない!だから憲法改正反対!軍隊のないコスタリカを見習え!」
という主張をする基地外がいますが、
それに対して、
「こういうアホは精神病院に放り込んで集中治療してやれ」と言う意見が時々出ます。

そこで質問なんですが、
こういう種類の基地外って、
精神病院に入れて何らかの治療をすれば直るものなんでしょうか?

197 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:52:52 ID:Qn1jOLsT0
精神病院はキチガイが運営してるから可能ですw

198 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:54:51 ID:V+/TSq8FO
>>186

これは失礼しました。
それよりも遊んでないで答えてあげて下さいよ、もうw


>>194
それならあなたが親身に答えてあげる必要はないでしょw
まったく、分からない人ですねw

199 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:58:56 ID:FwrLNjZE0
9の「もう○○しかいない」より、むしろかえって3の「もう全部駄目〜」の件でしょうし
おかしくなったのは私のせいどころか関係ないんじゃないですか。

200 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 21:59:45 ID:Qn1jOLsT0
私の真意など君には到底わかるまいw

201 :フ機械工 ◆xPipercov. :2007/06/01(金) 22:03:32 ID:rn2oQ/Li0
>>198
 どっからどう答えても、自分が面白いと思える回答が思いつかないもの。
 

202 :170-172:2007/06/01(金) 22:11:17 ID:ht8p0bcL0
>>199
私のせいじゃないといいんですけど・・・

おかしい言動と、ストレスが関係あるのかわからないのですが、
ストレスの原因は、私との不仲+職場(私と付き合う為に
本意でない職場に転職)+家族からの金の無心(遠恋代で
お金を使ったことを言えず、数十万を何度も・・・)と
ストレスが全部私に関わってるので、ストレス原因だと
私のせいでは?と不安です。
相談した私の母にも、それは彼自身の問題では?と
言われたんですが、そうだといいなぁ・・・
(もちろん、私のせいじゃないなら彼がおかしく
なってもいい、という意味ではなく、どちらにせよ
心配ではありますが。)

203 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 22:16:40 ID:V+/TSq8FO
>>201

もぅ!w
フエと機械工をかけてれば十分でしょwww
子供みたいな駄々こねてないで、ちゃんと答えてあげて下さい!w

204 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 22:33:32 ID:FwrLNjZE0
>>196
こういう種類の基地外とは
>「こういうアホは精神病院に放り込んで集中治療してやれ」
と言う意見が時々出るほうですか?w

治らないでしょう。

205 :170-172:2007/06/01(金) 23:06:08 ID:ht8p0bcL0
大変申し訳ありません・・・さっき質問させていただいた者です。
彼氏本人にきちんと確認が取れました。
「架空の話をしているつもりだった」そうです・・・
これまで嘘をついたり演技をする人じゃなかったし、
演技でできるような態度でもなかったので、前に
「頭がおかしくなる」と自己申告されていたこともあり、
完全におかしくなってしまったと絶望的な気持ちになってたのですが、
架空のファンタジーな話を真面目にしているつもりだったので、
そういう態度になってしまった、ということでした・・・。
嘘をついたつもりではなく、ディズニーのミッキーに「中のはいないよ!」
と言わなければならない的な気持ちで、私に「現実の話じゃないよね?」と
聞かれても「本当だ」と言っていたそうで・・・。
お騒がせして本当にすみませんでした。
もう彼氏と喧嘩するのはやめようと思いました・・・
本当にすみませんでした。安心して泣いてしまいました。
長文でお騒がせしておいて、本当に申し訳ありませんでした!

206 :170-172:2007/06/01(金) 23:06:59 ID:ht8p0bcL0
↑中の人はいないよ!でした。

ああもうほんとすみません。お騒がせいたしました。失礼いたします・・・

207 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 23:40:27 ID:V+/TSq8FO
>>206
o((=゜ェ゜=))oじゃなくて
なによりです。
お幸せに。

208 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 23:41:46 ID:Qn1jOLsT0
V+/TSq8FOはどういう回答をしたかったのかな?www

209 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 23:41:52 ID:VIQpjGH/0
>>206
あなたは寛大な人ですねえ。
私だったらフェードアウトするわ。
相手が泣くほど心配してるのにその「架空の話」とやらを止めないんだったら
仮にビョーキではなくとも十分に変な人だもの。

ね、フ飴細工先生?

210 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 23:43:23 ID:Qn1jOLsT0
一連の事象を理解してるのはフエっちと私だけかw

211 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 01:15:56 ID:g5fqP0zpO
ゆーっくりでいいので、どなたか名案を思いついて下さい。
メンヘル板の某府スレで、思春期のように夢中で精神科医に転移してる人がいました。
性的な好意と、人に対する信頼が、まだごっちゃになってるみたいなので、何か書かねば!としたら、ドツボにはまって、わたしが陽性転移の最先鋒みたいに誤解されて・・・

仕事上で親切にしてくれる人が、みんな自分の好意を受け入れてくれたりしたら、まあ大変、そんな愛が乱れとぶ世界なんておかしくって!!

と『好き』と言うだけで、相手をビビらせる自信のあるわたしは、医者に過大な期待を持つな、というような意味で書いたのです。

患者の一部にだけ特別扱いをする医者も、実際には見たことはないし、あったとしても、内緒にしない患者はやはり病人だ、信頼してかかれる医者、やっと見付けたのにいらん事言うな!診察の時に気まずいわ!!

というような内容を一発で伝える言葉をお教え下さい。いまさら一から他の精神科にかかってたら、いつの間にか死んでそうで怖いです。

212 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 06:38:58 ID:G9j+PFW60
>>201
フエ先生が、統合失調症患者に処方している抗精神病薬は何ですか?
前に聞いたら図書券くれるから答えないと言っていましたが・・・

2chなんだから答えても良いのでは?

213 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 10:15:40 ID:ZX9LjH+90
>>209と同様に感じる、話の異常さは書き込みの本人にも感じる。
3年も「付き合って」いながら相手の親にも会っていないってそこからおかしいと思えない?
普通で軽いノリの優しい人が仮面だということ、それが>全部駄目になっているのに。
あなたもその全部の一部です。
それでいて「私への執着が強い」と言い、○○ちゃんしかいないの言葉にすがって
彼をそのままの状態にしておきたいあなたは寛大というよりイネイブラーではありませんか。
彼はあなたを支配下に置くことで安心しているんではないですか。
おかしいのはあなたのせいじゃないけれど、
その関わりを続けることが彼の回復の機会を奪っているように思います。

ああ、、、厳しいなぁ 厳しすぎる それは分ってる。

だけどここをしっかり理解してその上で相手が回復するにはどうしたらいいのかを考えないと
巻き込まれて共倒れになるだけです。


214 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/02(土) 11:28:48 ID:lQBw8cX90
>>211
>というような内容を一発で伝える言葉をお教え下さい。

 つか、なんでそんな面倒くさいことしなくちゃならんのですか
 どうでもいい他人なんだから放置しとけば

>>212
 最近は面倒くさくて図書券もらったくらじゃ言いません。

>>210
 いや、私、さっぱり流れについて行けてなくて
 3行以上のレスは読まなくなってます



215 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 15:29:12 ID:IDWGt+q9O
質問です。私は自分を境界例と疑ってます。
理由は人付き合いができない、依存が強い、などが当てはまります。
が、主治医は人格障害を認めません。ウツだと5年も言っています。
主治医は40代前半です。このぐらいの医師には「人格障害」の言葉はないのでしょうか?



216 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 16:14:15 ID:RdXILEboO
月曜日、初めての診療内科へ行きます。
口頭で症状を伝える自身が無いので
メモ書きにして持参しようと思っています。

そこで精神科医の皆様に質問なんですが、
このようにメモ書きを持ってくる患者っていますか?
少数派ですか?

217 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/06/02(土) 17:47:53 ID:lQbLZOi3O
わぁ(*^^*)

フエせんせー、あたしと同じちゃo(^ヮ^)o

あたしも三行以上のクドクドネチネチ書いてあるコメントは飛ばして見てるちゃo(^o^)o

てか、まともに読んでも何が言いたいのかよくわかんないちゃ(・ω・)

218 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 19:47:01 ID:u8Cz+H2RO
>>211
この文章の内容を理解できるフエ先生はやはり天才か!

219 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 20:34:17 ID:IDWGt+q9O
質問です。
主治医が人格障害を認めません。
何でも欝にしようとします。
かたよった勉強しかしてないんでしょうか?

220 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 20:42:22 ID:h1gso/t/0
>>219

> 主治医が人格障害を認めません。
> 何でも欝にしようとします。
あなたが人格障害ではない、と言っているだけでしょ。
いいじゃん人格障害じゃなくたって。
人格障害と言って貰いたいわけ?
何で?

> かたよった勉強しかしてないんでしょうか?
いや、そんなことは無いだろうが。
あなたが人格障害という診断に求めている何かに何かを感じている、ということもあるな。

221 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 20:57:26 ID:IDWGt+q9O
>>220さん、ありがとうございます。
確かに「あなたは人格障害です」と言われてはショックですね。

軽ウツと言っておいて診察に30分かける。
そして症状を緩和する
医師の裏技だったら
、私の主治医はかなり優秀か…
なわけないか。

222 :酉サポ:2007/06/02(土) 21:27:43 ID:V3Hqwowd0
すみません、ひとつお聞きします
国内サッカー板大分トリニータ本スレの住人なんですがこのスレに東大卒、元NTT社員の「五十川卓司 ◆soalaRO1Zo 」
という輩がここ2・3ヶ月荒らしまくってるんですが
こいつが精神分裂症かどうか見分ける方法はありませんでしょうか?
スレ住人一同困っておりますので
こいつのHP ttp://www.geocities.jp/isotaku503/ 

ちなみに現在の本スレでも意味不明の発言多数(ttp://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1180717114/)
五十川隔離スレ(ttp://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1178920808/)

223 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 23:36:53 ID:h1gso/t/0
>>222
見分ける方法も何も。


224 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 00:08:34 ID:284CIlRS0
>>222
確定診断は数年前についている。

225 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 01:00:33 ID:wU/GMBd9O
>>214の増え先生、ありがとうございます。
どうして匿名の2ちゃんねるに書いた事で悩むんだ?と言う事ですね。そりゃそうですわ。
実名出した訳じゃなし。
元の板に戻って「これボツっすよ」と編集さんから突き返された、下らないネタ投下に専念します。
ありがとうございました。ちなみに最近の都市伝説の半分以上は、私みたいな駆け出しのライターがつくってます。
酒場の噂話本気にしたら駄目ですよ。


226 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 01:04:10 ID:LVhlHeMf0
ケンシン先生は統合失調症患者は脳の体積が減るのを知っていて
ハロペリドールを処方している確信犯なのだろうか?

なぜ最新のオランザピンを処方しないのだろうか?

227 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 01:33:45 ID:284CIlRS0
>>226
ハロペリドールを服用すると脳の体積が減ると誰が言っているの?

228 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 02:34:02 ID:LVhlHeMf0
>>227
フレデリック・ヤーツコフ氏が言っている。
http://www3.stream.co.jp/www09/lilly-fcs/Dr_Jarskog_ja.html

229 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 05:15:34 ID:284CIlRS0
オランザピンを20年以上服用した症例がない。
すなわち、海老がない。

欧米の製薬会社にとって都合の良い発表を信用できるかいな。

230 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 07:12:13 ID:LVhlHeMf0
>>229
ハロペリドールで脳が萎縮するのではなくて分裂病の症状で萎縮するのです。
残念ですが、ハロペリドールでは萎縮を食い止められない。
でも最新のオランザピンは萎縮を食い止められる。
オランザピンはアメリカで10年以上前から発売されている薬です。
世界中で1800万人に投与された実績があります。
フエ先生も良い薬だと言っていました。
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=6809

231 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 07:35:27 ID:LVhlHeMf0
統合失調症患者は10代でも脳の体積が減ります。
ジプレキサを飲むと減るのを食い止められる。ソース↓
http://www3.stream.co.jp/www09/lilly-fcs/Dr_Jarskog_ja.html


232 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 08:23:38 ID:QleECa080
ちょっと前までは脳に変化が無いというのが定説だったのに
最近は萎縮するってのがブームですか?w

233 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 11:52:54 ID:rtIaGluSO
ケッコー前から言われている。

234 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 15:00:04 ID:wtPp47JY0
脳が萎縮しても機能が維持されていれば問題ないんでしょうけど、
そのあたりはどうなんでしょう?

235 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 00:16:16 ID:+zm+ACQg0
秋田の植田先生って覚えてます?

彼、未だに妄想全開ですよw
「東国原知事は既に殺されていて、今現在の知事はクローン人間による成りすましだ!」
だとか。

(理系・科学全般)秋田県等における大量殺人行政を科学する (その6)
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=sci&vi=1180832394


236 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 04:56:26 ID:jr15ICbLO
くだらない質問ごめんなさい
なぜ精神科医は結婚指輪しない方が多いのですか?
陽性転移を未然に防ぐ為にも必要かと思うのですが?

237 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 06:35:57 ID:RkF+5YYW0
>>236
母集団nとコントロールを教えて。

238 :絹糸ん:2007/06/04(月) 11:15:17 ID:aky9VymQ0
>>226
それについては熊大の名誉教授が凄い仕事をしてる。
問題ない。

239 :あげ:2007/06/04(月) 16:44:58 ID:41rzrBLJO
入院させたら、それが内科などと同じような開放病棟でも、廃人になる種類の患者さんっているんですか。
友達が『入院しないと年金出なくなるかも』と、医者から覚悟してね、みたいに言われてきて、「暴れたり自傷したりしないのにな。一度入院したら多分今みたいに話せなくなるから、一生入院する」

とお別れを言われました。どうやってとめたらいいですか?

240 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 16:52:56 ID:N7r5Rz2HO
アカシジアじゃないアカシジアみたいな症状ってありますか?

241 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 17:32:11 ID:Q2Sm4rgs0
>>239
話の筋がよくわからん。もう少し他人にわかるように書いてくれ。もし本当に何らかのアドバイスが欲しいのなら。
ただ書きたいだけならこれでもいいが。

>>240
「むずむず脚症候群 RLS」。
アカシジアだとβブロッカーとか抗コリン系抗パーキンソン薬が効くが、RLSは効かないか増悪する。
ドパミン作動系抗パーキンソン薬が著効する。
抗精神病薬をのんでて、かつRLSという場合があるからややこしい。

242 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 18:59:37 ID:41rzrBLJO
>>241さん、落ち着いて書きます。
うつ病で障害年金をもらっている、30代の女性がいます。
大学を卒業してから数年は、普通に会社で働いてました。

確か胃潰瘍になったのがきっかけで、うつ病になり、大学病院に通院するうちに退職しました。

障害年金がもらえるかもしれない、と大学病院の相談窓口で聞き、診断書をどこかに出して、年金がもらえるようになりました。

最近医者から、『入院でもしないと、年金を続けてもらう為の審査に通らないかも』と、入院をすすめられたそうです。

でもその子は、外で泊まれない少し変わった子で、入院が相当怖いみたいで『嫌だ。でも年金もらえないと、家族の食費がまず困る』と悩んでます。

『嫌なら年金返上して働けば?』と言うと『また胃潰瘍になるからできない』とグズグズ言ってます。
それでいきなり、『家族に定期的にお金が入るなら、病院で嫌な思いしてもいいし、自分なんて役に立たないから、一生入院する』と言い出して困ってます。

何から正せばいいのかわかりません。入院しても金にはならないとか。悪い事する精神の病気じゃ無いのに、入院させないとダメなのでしょうか。

今までもらっていても、障害者自立支援法とかで、もっと重い病気の人しかもらえなくなるんでしょ?

その子は今、知り合いの店でレジを週に一日ぐらいしかしてません。一度一週間続けたら倒れました。

人見知りが激しくて、ストレスになるらしくて、知らない人と会話できません。
とにかく入院したら、余計におかしくなって、ご家族が困るからやめさせたいし、年金額程度は働く方向に持って行きたい。何かいい方法はないですか?

243 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 21:12:26 ID:6Wbw385R0
ケンシン先生は統失患者にはセレネースを最も良く使うということでしたが、
統合失調症は脳の体積が減りますよね?
残念ですが、ハロペリドールでは神経保護作用がなく萎縮を食い止められない。
でも最新のオランザピンは神経保護作用があり萎縮を食い止められる。
オランザピンはアメリカで10年以上前から発売されている薬です。
世界中で1800万人に投与された実績があります。
フエ先生も良い薬だと言っていました。
なぜにジプレキサはなるべく出さんようにしているのですか?高いから?患者が払うのに・・・
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=6809


244 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 21:45:24 ID:YT0WGzgi0
>>242
入院しなければ年金を貰えなくなるから入院を勧める、というのも変な話ですね。
そんな方法で便宜を図るのなら、診断書の記載を配慮すればいいのに。

ま結論からいうと、既に年金を貰っている人ならば、前回と同等の診断書を書いて貰えば、同じ程度の年金は出ると思いますよ。
だから入院することはないんじゃないかな。
で、診断書を書いて貰って、前回の診断書(写しが病歴に残っているはずです)比べてみましょう。
最近の年金診断書には、「前回の申請時と比べて」という項目があって、「改善、不変、悪化」のどれかを選ぶようになっています。それが不変ないし悪化になっていて、かつ個別の項目が前回と大差なければ、まあ年金は変わらないと思いますよ。
もし医者が前回より改善している、と書いたら、「じゃあなぜ入院を勧めたのか」と迫りましょう。

それでも年金が切られるようなことになったら、不服の申し立ても出来ます。

245 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 22:04:33 ID:6Wbw385R0
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2772.html
日本の自殺率は世界でも非常に高い。精神科医の先生なんで?

246 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 23:22:47 ID:djVi2sg30
>>245
病院にかからずいきなり自殺する人が50代前後の男性に大変多いです。
しかもそういう人は自殺の成功率が高い。

そういえばこの間自殺された大臣もうつ病だったんですかねえ?

247 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 23:57:43 ID:3aGqK36E0
うつ歴10年です
最近転勤に伴い、仕事も猛烈に急がしくなり、悪化しているように思えます。
考えがまとまらなかったり、集中力がおちていたり、混乱している感じです。
休む事が一番良いとは思いますが、なかなk休めないので、仕事、生活への対処法などアドバイスお願いします。


248 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 00:18:11 ID:ALSK3URc0
>>245
失敗した社会主義国に自殺者が多い。
旧ソ連、東欧、そして日本だ。

249 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 00:43:21 ID:zs0o26L40
社会主義国に多いのは社会主義だった国で資本主義を導入して間が無い国だからです
資本主義というのは諸外国間での貧富の差を生みます
例えば主食である小麦を100g買うのにアメリカ人は10分間の労働をすればいいのに大して
遅れを取った国は半日労働しなければいけないといった市場価格差が生まれているために
必要以上の労働を強いられているためです
それと税金関係の経験がないので、アメリカに言われるがまま市場開放しているため貧富の差が
ものすごくでかくなっています
子供を育てられず道端に捨てられた子供いわゆるストリートチルドレンなどそういう金銭的不利者が大量にいます

250 :卵の名無しさん :2007/06/05(火) 00:45:23 ID:3XmzGLlJ0
136です
月曜病院行ったら治療のやり方がかわったみたいで
パキシルからリスパダールを朝夕になりました

これって病名が変わったってことかな?

251 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 00:47:40 ID:zs0o26L40
小泉改革後日本の貧富の差は世界で3本の指に入るレベルにまで拡大しています

252 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 01:33:33 ID:ALSK3URc0
自殺率が高い国は貧困国家でもなければ、階級・階層・貧富格差が激しい国でもない。
かつて成功体験を持った時期があるが、
現在は挫折し従来の価値観とライフスタイルが通用しなくなった国において自殺率は高くなる。

253 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 02:23:39 ID:zs0o26L40
中国なんかは市場開放される以前のほうがもっと環境が悪かったんだがw

254 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 02:27:56 ID:zs0o26L40
最近ただの食べ物目当てで強盗したり詐欺したりしてごく普通の人が逮捕される事件がやたらと増えてる
それが日本の現状

255 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 06:51:52 ID:oHByOfFj0
>>245
なんででしょうねえ。
最終的にはうつ状態となるのでしょうが。
最近の自殺率の高さについては、バブル期に設定したゆとり返済型住宅ローンの破綻を上げる意見がありますね。
ゆとり返済とは、バブル期の見通しで給料が右肩上がりに上がることを想定したローンです。
若い頃はごく安い返済額で、給料が上がるにつれ返済額も増えていく、というもの。
バブル期の目論見どおり給料が上がっていけばよかったのですが、現実はご存じの通り。
なんとか頑張ったが、結局払いきれず破綻、というパターンが増えています。
しかも住宅ローンは、家土地を売っぱらっても借金はチャラにならない仕組み。
ふつう担保物件を手放したら借金はなくなる、そう思うでしょ?
大抵の国ではそうですが、日本のローンはそうはならない。
つまり家・土地を手放し、無一文どころか多額の借金が残る。一家離散。
た・だ・し、ローンの払い手が亡くなった場合、多くのローンでそれ以上の返済をしないですみます。
家・土地も手放さなくて済みます。なぜならローン会社がローン設定時に生命保険を掛けているから。
いままでこつこつと頑張ってきたもの全てを失い、奥さん、こども(高校生くらいですかね)に苦労をかけ、
目もくらむような借金をしょって残りの人生を生きていくか。
ここで首を吊って一発ローンを完済して、女房こどもに家・土地を残すか。
抑うつ的になっている人には厳しい選択ですねえ。



256 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 07:04:16 ID:zs0o26L40
実際には多くの人が首をつるほうを選びました
大企業を解体してその傘下にいた企業は次々と倒産していきました
経営者の多くはさんざん社員を苦しめた挙句に自分は首を吊りました
返済する人がもうこの世にはいないので見かけ上不良債権が消え去ったわけです
命とともにw
生きていればなんとかなるという時代はすでに終わりました
痛みを伴う改革というのは本当に痛いですよw

257 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 07:39:55 ID:2C9kKaak0
>>247
正直きつい状況ですね。

10年うつをやっていれば、自分がドツボにはまる思考パターンなんか気がついてますかね。
そういうときに「考えを変える練習」をするってのはどうですか。
考えを変えるのは、ちょっとしたコツと練習が必要です。
まず、何か自分の気に入ったテーマを決めます(南極で卵を暖めているお母さんペンギン、とか)。
テーマは幾つあってもいいですが、最初はひとつかふたつにしましょう。
ドツボにはまるパターンの思考が始まったら、強制的に終了してテーマのことを考えます。
数分そうやって、それでもドツボのパターンに戻るようだったらもう一度テーマに戻ります。

これを習慣付けると、うつそのものはともかく深く深く沈んでいくのを防止できるようになります。



258 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 07:41:44 ID:2C9kKaak0
>>250
あなたに必要なのは、主治医に尋ねること。
ここで聞いたのと同じことを主治医に聞いてみてください。


259 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 07:45:28 ID:2C9kKaak0
自殺や社会状況に関する卓見ありがとうございました。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。本当にありがとうございました。

ただ、ここは質問スレ。
他の質問が埋もれてしまいますので、これ以上の御自説の開陳はお控え下さい。

260 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 08:42:34 ID:+wvsLXLG0
>>252
そのとおりだと思います。
これは国だけではなく個人にも言えますね、、
価値観とライフスタイルの変革ができれば助かるのではないでしょうか。

価値観やライフスタイルでさえ「その人そのもの」ではありませんから。
その人は存在そのもの、その命そのものに重みがあり意義もあり
かけがえのない者なんですから。

261 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 09:47:30 ID:wvsLPS/x0
何の病気か分からない症状質問スレPart28からココを紹介されて飛んできました
どなたかアドバイスいただけましたら幸いです

【聞きたいこと】 眼の近くにある物が怖い
         考えられる原因と何科を受診すればいいか?
 
【年齢】35  【性別】男  【身長】180  【体重】80

【症状の経緯】(いつから、どこが、どのように を意識して書く)
  以前から意識することがあったが本日自動車を運転している最中に突然フロントガラスやサンバイザなど
目の前にある物が怖くなり(?)眼を開けていられなくなった
 【今かかっている病気】(薬を飲んでいるならそれも忘れずに)特になし
 【今までにかかった病気】 特になし
 【タバコを吸うか】吸う(20本×10年)
 【酒を飲むか】飲まない  
 【テンプレを読みましたか】はい

怖いという表現がぴったり当てはまらないのですがそれ以外に適当な表現がみつかりません
あいまいで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします

>恐怖神経症の一種だと思います。
実際にはそんなに怖がらなくてもいいものに
必要以上に恐怖を感じてしまう状態のことです。

でも私自身、そんなに詳しくないので、
病院医者板で質問してもらってもいいでしょうか。

とレスいただきました
よろしくお願いいたします

262 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 17:16:31 ID:CR49vyly0
>>261
▼:ローカルルール
*掲示板で診断・治療はできません。素直に病院に行きましょう。

263 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 23:09:30 ID:vynv43ip0


209 774号室の住人さん sage New! 2007/06/05(火) 23:05:58 ID:RqIQQQZx
シナプス焼ききれて廃人寸前です。

俺は職業自宅警備員でほぼ24時間ずっと向かいのクソ犬の
鳴き声を聞かされています
(犬も狂ってて、吠えつづけたり血が出るほどりフェンスに噛み付いてる)。

風邪薬を大量に飲むと意識不明になって眠れることが判明して
もう5年近く風薬漬けの生活してる。

家はオヤジの家だから、オヤジは嫌だったら出て毛とか
言ってるけど、俺はもう普通の社会生活は出来ない。



264 :卵の名無しさん:2007/06/05(火) 23:44:15 ID:ALSK3URc0
>>260
>価値観とライフスタイルの変革ができれば助かるのではないでしょうか。

たとえ変革できなくたって、死ぬ必要はありません。
まず第一に「生を愛すること」です。
あらゆる価値や意味の前に「生」があります。

265 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 01:02:25 ID:WKVGHD1H0
>>264
変革できないなら死ななければならないなんてとんでもないです。
ただ、従来のうまくいかなくなったやり方にしがみつかないでも生きていける。

今日チラっと小耳に挟んだTVで
「死ぬことは罪ではない、だが生きない事 死を選ぶことは罪である」と言ってました。



266 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 01:46:13 ID:bsElcDZG0
お前ら軽々しく生きていけるとかいってんじゃねーぞ

267 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 02:19:13 ID:D7N+PNqI0
軽々しく生きて行こおー♪
道はけわしくともー♪
飯を食い、糞をして、寝ていれば、この世は天国よー♪

268 :卵の名無しさん :2007/06/06(水) 08:17:05 ID:t4vIqTpL0
医者ってうつ病の場合は、うつ病だねと本人に言ってくれるの?

自分はすごいうつ状態だね、親の前で病気だから来ないと行けない
といわれるけど

この場合って統失の方を疑ったほうが良い?

269 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 08:27:29 ID:WKVGHD1H0
目を逸らして軽々しく生きていくと
>飯を食い、糞をして、寝て
も出来なくなっていくんだよ、、

270 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 20:44:46 ID:yXJQBrqfO
女医さんのゆらゆらピアス「末期癌患者だったらあなたのようなちゃらちゃらした医師には見てもらいたくない」と指摘したら、「私は内科医ではありませんから!!
」とファビョられました。
精神科医はゆらゆらピアスも長い髪もOKなんだなぁと
ひとつ勉強になりました〜

271 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 20:49:23 ID:bsElcDZG0
君主だからね

272 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 21:16:49 ID:Lfi/psG4O
>265 死ぬことは罪じゃない。じゃあいいじゃん。占い師あがりでしょ。今は色んなの勉強できるから、もっともらしいことを言う。

親、兄弟、家族いない人もいるよ。そこに原因ある人もいる。
松岡大臣が亡くなったばかりなのに亡くなった人を否定しないで欲しい。
正直で真面目に頑張ったから耐えれなくなった人もいる。色んなしがらみで責任感じたり、追い詰められる人もいる。
自分には否が無くても置かれた境遇で金銭的だけでなく不法行為で日常生活を奪われ恐怖を刷り込まれた人もいる。災害で失い絶望した人もいる。病気で痛みに耐えれない人も時折絶望する。書けばきりがない。

そういう時、突発的に死を選ぶのは一種の事故に近い。
一時的に理解の深い精神科医などの力を借りるとしても、他人、生業、薬の副作用などリスクは消えない。

自殺した人の気持ちなんてわからない人に罪だと言って欲しくない。

273 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 22:12:38 ID:bsElcDZG0
カトリックでは自殺未遂しただけでも地獄行き決定だからなw
キリスト教徒が多いなこのスレw

274 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 22:28:38 ID:Wfny2d5R0
人前では平気で普通に見えるがひとりになったときに現れる精神的病状、
って何がありますでしょうか。知人がそれになっているっていうのですが
病名は聞けませんでした。欝か何かかとは思うのですが、そうはとてもみえなくて。
その知人は男性で、痩せています。

275 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 23:18:51 ID:bsElcDZG0
死んだ時に地獄と天国という概念があるのがキリスト教
死んですぐに生まれ変わるというのが仏教
死んだ後に魂という形態をとってさまようというのが神教

ちなみにエスキモーは自殺率が高いが、宗教で言えば輪廻転生を信仰していた
過酷な環境で移動生活をしていると老人や病人は足手まといになるので率先して自殺した
自殺後に家族の子供として生まれ変わると信じられていたため子供には自殺したものの名前を付け
子供に敬語を使っていた

276 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 23:47:54 ID:WKVGHD1H0
軽々しく「生きていける」なんて言わない。

自己の身体を失ったことや命の喪失の予測や
喪失の悲しみや痛みの喪の時間を過ごしても失われなかったものがある、
何度もまるで額に水を垂らされるように、お前はいなくていい「死ね」と繰り返し命の喪失へ暗示を繰り返されても
けして失われてない ことを知ってほしい。

キリスト教徒じゃないけど、自殺は罪です。
人は皆死ぬ、それまでどれだけ生き生きと人が「生きる」かでしょ、そのように生きないことが罪。死が罪じゃない。
どんな時も最後まで生きることを選んで。
自ら死を選ぶことを容認したりうやむやな甘さで許したり後になって持ち上げたり、
生きているうちに人を死に追い込む人の方がほっとしながらそうした態度を取ります。
いけないことをいけないと言えない人がむしろ追い詰める人です、
それは次の自殺を誘発する殺人の執行者になりますよ。

>>275
そのような他を生かすための死もあるね、命を差し出しても守る犠牲の死か。
恨みや絶望やがなく歓んで死んでいけるものもあるんだろうね。

277 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 23:56:50 ID:lCmuTO1q0
一神教など殺人の免罪符に過ぎん。
「神の命令だ、お前を殺す」などと言うのは最悪の触法精神障害者と一神教徒だけだ。
どちらも狂ってる。一刻も早い治癒を目指せ。

278 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 23:59:07 ID:bsElcDZG0
人間死んだら何も残らないただ消えるだけ
死ぬ覚悟が出来ている人が唯一後ろ髪引かれることといえばなんだろうかと言えば
残されたもののことだけだ
何故残されたものが気にかかるのか、純粋に悲しみではない
死ぬことで幸せになれると判断して死んだ人の何を悲しむ必要がある?
お金のこと、周囲のことだけだろう
日本と言う国は自殺は悪いこととか、自殺したやつは弱いだけとかいう信仰が強い
それゆえに、残された家族は劣等者の血縁者として壮絶な嫌がらせを受ける
死者に対して絶望を作ってるのは君だ

279 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 00:06:20 ID:bsElcDZG0
最近では自殺したやつは病気だなんて世迷言がまかり通ってるがw

280 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 00:19:21 ID:dF7y4hPc0
>>278
アミバ氏に同意。

281 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 00:42:14 ID:+Eifre7y0
精神医学はアメリカで生まれた
アメリカはキリスト原理主義者が政権を取ってるほど宗教性の強い国家だ
宗教的に悪とされるものは長らく野放しだったが相当な鬱憤が溜まってたのはたしかだな
似非科学の多くはそういった理解不能な存在に対して教育目的の単純な回答を用意してくれる
ゲームばかりする子供はゲーム脳という病気だとか
言葉づかいが悪い子供に水に敬語を使うと綺麗な結晶が出来ると教えるとか
自殺や同性愛や自己中を病気だと教えるとかw


282 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 01:23:40 ID:8Nim4rok0
>>281
無知&・・・

283 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 01:57:41 ID:QuNGMBnO0
>>281
>精神医学はアメリカで生まれた
ワロス

284 :卵の名無しさん :2007/06/07(木) 02:18:59 ID:qldFe0Sl0
250です
今、なんにもしてないのに全力で走ったときのように呼吸が重く感じる
病院いったほうがいい?

285 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 02:26:02 ID:dF7y4hPc0
明日病院に電話してみて。
来なさいって言われたら行った方がいい。

286 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 02:32:35 ID:+Eifre7y0
精神医学という学問自体が形成されたのはヨーロッパだけれども
本格的に社会に導入して指針を作ったのはすべてアメリカ

287 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 02:35:26 ID:+Eifre7y0
>>284
行き先を間違えないように
不整脈は内科ですw

288 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 02:38:04 ID:+Eifre7y0
アメリカが祖となり、ドイツ、イタリアが追従
ん?どっか聞いたような関係www

289 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 02:52:15 ID:QuNGMBnO0
>>286>>288
ゲラゲラ


290 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 06:29:04 ID:tq68rwqy0
自殺の価値について、
精神医学の源流について、

大変興味深いディスカッションありがとうございました。
とても勉強になりました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。

もし議論が続くようでしたら、

精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart42
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178397066/l50

でお願いします。

291 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 10:10:04 ID:qmymLpQtO
主治医になかなか本当の事が話せず、
関係が悪化しています。

主治医によく思われたい、甘えだと思われたくない、と軽症を演じてしまいます。
薬があわなくてもあったふりをします。
自分を治せるのは自分だけと思い、
主治医の意見も聞かず、カウンセリングを受け、事後承諾になり
余計に主治医との関係を悪化させてしまいます。

292 :291:2007/06/07(木) 10:45:14 ID:qmymLpQtO
それは主治医が怖い、自分の甘えを見破られて
否定されるのが怖いのです。
病気じゃない事が怖い。

破れかぶれの職歴と努力を怠ってきた自分の甘えを
つきつけられるのが怖い。

在職中は夜睡眠薬を飲んでも眠れず、
朝昼は食欲なし。食べても戻す。
なぜ常に焦っているのか分かりません。
なぜ働きたい気持ちがあるのに働けないのか、分かりません。

主治医に「現在働いていない」負い目を感じます。
先月末に過労で退職したのに働きたい。

主治医に紙を書いて渡していますが…なかなか本音が書けません。
誰にも自分が駄目な人間だとばれたくない。
いきなり堤防決壊するので、
主治医は私の状態が掴めず、困惑している、
話してもらわなければ分からない、と言われました。

今後は通院頻度を増やしましょうと言われました。
カウンセリングの必要はない、しばらく主治医と話しましょう、
と言われました。
が、緊張します。
そして余裕がでてくると、すぐに主治医に見栄をはってしまう自分がいます。
最悪だ、自意識過剰だと思っても後の祭。
結局自分は目上の人に優等生になりたいだけなんだと思います。

293 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 11:37:19 ID:lkboicy/0
この291,292のレスをプリントして主治医に渡したらどうでしょう。

書き込みの内容は理解できるものですが、ひとつだけ?がありました。
それは最後の文です。目上の人?
主治医は、医師には、、目上も目下もない。あなたの協力者だと思いますよ

私は、寝たきりで何も自分で出来ない方がこちらを笑わせてくれたり
末期がんの方が周囲をほがらかに勇気付けたりされているのを見ると
目上の方としてみてしまいますけど、、ね。

294 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 11:50:16 ID:lkboicy/0
あ、
主治医は名医ですね。
あなたが本当のことを言ってないのが分ってらっしゃる。

295 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 15:47:29 ID:43J4jr7gO
>291 >292
優等生?何回も通わなくても本当のこと話さなくても、眠れないなどの症状を保険診療で、お金は別のことに使った方がいい。美味しいもの食べるとか、運動するとか。心の体力戻して職安へ行くってのはどうでしょう?

296 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 19:40:55 ID:SalkzMla0
質問です。
当方、統合失調症と診断されて1年ちょっとの者です。年齢は34歳男独身です。
去年の4月に統合失調症と診断されて4ヶ月休職しました。
8月にいったん復職したのですが、再発し再休職を余儀なくなされました。
休職の申請期間が今月末で切れるので復職できるか診断してもらったところ、「まだダメ」と言われました。
現在(去年の6月位から)統合失調症の症状は一切出ていません。
飲んでいる薬は朝昼晩にリスパダール1mgとアキネトン1mg、寝る前にロヒプノールとレドルパーです。
4月よりデイケアに通っていますがデイケアスタッフと協議の結果「対人処理能力に乏しい」と判断されたようです。
デイケアは7-8人しか来ない小規模のものです。
この場合、復職不可の判断は妥当でしょうか?
当方、確かに対人コミュニケーションは少し苦手なものがありますが、
サービス業とかじゃないので仕事ではさほど困りません。
友達関係もきちんと作れます。
よろしくお願いします。

297 :296:2007/06/07(木) 19:58:44 ID:SalkzMla0
便乗でもう一つ質問です。
復職を3ヶ月延長されたのですが、医師に「この3ヶ月の治療目標みたいなものはないのか」と
質問したら「無い」
自分の生活行動の記録表をつけましょうかと提案したら「必要ない」
4週に1度の診察を2週に1度に変更できないかと聞いたら「その必要はない」
と言われました。
休職中の治療目標を提示しない医師に少し疑念を抱いているのですが、これは普通のことなのですが?
治療目標も無くただなんとなく3ヶ月(診察はたったの3回)を過ごすのは抵抗があるのです。
合わせてお願いします。

298 :卵の名無しさん:2007/06/07(木) 21:40:47 ID:HmL1552Y0
自分の目標は自分で立てればOK。

299 :卵の名無しさん:2007/06/08(金) 00:35:01 ID:IU5qjHz90
大雑把に言えば、デイケア=診察

300 :卵の名無しさん:2007/06/08(金) 06:56:27 ID:tRt8+AZ50
処方は最小限に留まっている感じ。
そんなヘンテコな医者でもなさそう。
もうちょっと説明してもらえればいいんだけどね。

統合失調症の症状って、問題となるのは幻覚・妄想じゃないのよ。
もちろん本人はつらいしまわりもびっくりだけど。

復職の決め手って、対人関係の距離感だったり、現実検討能力だったりするの。
「一切出ていません」ってあなたが言っても、まわりの人は、あなたにたくさん症状を認めてるかも知れない。
デイケアで、「えええ、復職? 無理無理」って言われているかも知れない。
3ヶ月の目標、じゃあなくて、「どうなったら復職できるでしょう」って聞いてみましょう。
反論せずに聞いてみましょう。

301 :296:2007/06/08(金) 16:13:54 ID:m0PFrO6m0
>>300
ありがとうございます。
今度の受診でそのように聞いてみます。

302 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 00:56:02 ID:J6S721Jc0
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1180897882/l50

ここで★をつかった書き込みに対して独りで罵倒しつづけてる異常者がいるんですが
(連投で)どうしちゃってるんでしょうか。
本当にニートなの?

303 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 06:21:06 ID:CzyvXuPA0
>>302
みなさんが構うからでしょ。

304 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 14:21:43 ID:u+xcB5cZ0
義母に境界性人格障害の可能性が出てきました。。。

毎晩毎晩電話の嵐で今では携帯がなるたびにビクビクしています。嫁にはもっと頻繁に
電話が来るようで昔の事や最近の事を全部攻め立てる口調で話してきます。

その生活が半年続いて精神的に耐えられなくなってきました。。

このような電話は無視しても大丈夫なのでしょうか?
また電話にでないと「会社に電話する」「自殺する」等とほのめかしてきます。

皆さんのお考えを是非聞かせてください……

305 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 14:29:42 ID:cK1jf/Gq0
>>304
私なら人格障害以外をまず疑いますが、それが何かは教えません。
素人に先入観を与えるのは本意ではないし、そもそも掲示板で判断は無理。

電話に出たくなければ出なければよいのでは。
自殺の心配をしてるのならそれなりの対策を周囲で協議するべき。
本人が受診を拒否するなら、保健所の精神保健相談員にコンタクトしてはどうか。

306 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 14:47:40 ID:u+xcB5cZ0
305様
御言葉ありがとうございます。

義母は8年前に自殺未遂をしてから躁うつ病と診断され今でも2ヶ月に1回受診を
受けているようなのですが、本人が自分以外の人が先生と会うことを極端に嫌い、
先生にいまだ会えていないのが現状です。。。

拙い知識ではありますが確か本人の許可がないと先生に会うことは出来ないと思っておりますが…

307 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 15:50:10 ID:sQSmZhpu0
>>306
なあんだ診断ついてるんじゃないか。
てか年取ってから人格障害に新たになる、ってことは滅多にない。
人が変わったように見えるのは、感情障害、認知症(←人格変化からはじまるのってわりかた多い)かな。

躁状態の攻撃性ってケッコウ激しいぜ。

医者は守秘義務があるから、情報を教えてはくれない。
肉親でもそれは適用される、っていうか肉親には言ってくれるな、という患者もいる。

しかし本人以外からの情報を得ることにはやぶさかではない、というか、ありがたいことが多い。
本人の言動だけでは判断つきかねることってあるんだよ。

会って状況を話すのが一番だが、手紙も可。電話でもおk。



308 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 22:42:16 ID:WRDKNdyU0
主治医は会わないし、電話もNOでしょう。
どちらも、医師が患者の医療情報をまったく伝えないというのは無理がある。
手紙しかないのではないかと思うが。

もし、そうするのであれば、
事前に主治医に現状報告を送るので読んで欲しいと電話をしておくことを勧める。

309 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 23:22:46 ID:MO4h+6KkO
医者(精神科以外の)にセルシン錠(2mg)と坑うつの薬を出されました。
私はもう精神病なんでしょうか?
ちなみに原因は不眠症なんです。ハルシオン2錠を飲んで1時間くらいしか寝れません。
ここ4日で7時間も寝てません。もうたまりません。
嫌なくらいあくびは出るけど寝れません。脳と身体が別人のようで。
もう限界に近づいているような…。ただ自殺願望とかはありません。
あと5日毎までは睡眠薬や安定剤とは無縁でしたし、正直寝過ぎの部類でした。
簡単に眠れてましたし。
どうかアドバイスを。

310 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 00:03:22 ID:u/4fYOGq0
病名を心配するより
さっさと薬をのんで寝なさい。

311 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 00:19:28 ID:6z6yXY8U0
俺からも
さっさと薬をのんで寝なさい。

312 :309:2007/06/10(日) 01:11:20 ID:NNwOvGeaO
11:40〜0:20頃まで眠れました。
しかしお腹が空いてしまいお腹の音が鳴り眠れないので今は吉野家に来てます。
特盛と漬物を食べたらまた寝るのにチャレンジします。味噌汁はパスしました。

313 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 01:53:49 ID:H8kNNTX1O
微妙に死にたい気分です。涙がでます。賃金がコムスンより安く、激務でした。辞めましたが思い出します。

314 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 04:56:47 ID:86mjog3+0
>>309
アレコレ考えず。薬を合わせてもらって寝なさい。
私も310に応えて寝ます。
オヤスミ。

>>310
介護で儲かるわけはない。
すなわち、賃金・待遇が言い分けない。
自分の判断力の低さを知りなさい。
はっきり言えば、オバカサン。

315 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 05:03:34 ID:Exwi6KIm0
流れをぶった切って申し訳ありません。

フランス在住なのですが鬱でプロザックを飲んでいます。

今度血液検査をしてもらうことになったのですが、
検査内容を指定する処方箋(?)に次のような項目があります。

TSH us
SGOT/ASAT
SGPT/ALAT
Fer serique
Ferritine
Saturation de la siderophiline

NFS

辞書を見るとseriqueは「血清の(形)」 saturationは「飽和状態」
siderophilineは載っていません・・・。

自分が何の検査をするのか把握しておきたいのですが、言語の壁があって
きちんと理解できる自信がありません。
(プロザックは薬名を指定して処方箋を書いてもらっています。)
ネットで少し調べては見たのですが「フェリチン値」以外、よく分からないのです。

もし詳しい方がいらっしゃれば、教えていただけたらうれしいです。

316 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 06:48:22 ID:UzH/7IDQ0
医者に紹介状を書いてもらったところ、傷病名にF50.4とありました。
調べてみたところ、ICD10コードでの診断で「その他の心理的障害に関連した過食」
だというとこまでわかりました。

今まで神経性無食欲症=拒食症、神経性大食症=過食症の2つしか無いと
思っていて、私は後者だと思い込んでいたのですが、
それはそれでまた別の診断ぽいです。

私のは定型のものと比べて「突発的(あるいは一時的)な過食」という理解で
いいのでしょうか?

317 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 07:10:21 ID:86mjog3+0
>>316
>1を読んで下さい。

318 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 07:33:56 ID:k94VmDOaO
携帯から失礼いたします。
私の父が先日、二度目の脳梗塞で入院しました。
今まではなかったのですが、
妄想など激しくなり、
点滴を自分で抜いたり、ここのところ毎日泣いたりしています。
それで、安定剤:リスパダールを追加で処方されているのですが、
梗塞でうつ病など併発したりする可能性はありますでしょうか?
現在の病院は一応総合病院なのですが精神科があるようでないような状態です。
私自身、一年前から大学付属病院の神経精神科に通院しているのですが、
先生に父の事を相談したところ『せん妄』状態だと答えが返ってきました。
薬の副作用なのか、うつ病併発か心配です。
うつ病併発は可能性としてありますでしょうか?

319 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 07:35:54 ID:UzH/7IDQ0
>>316さん

すみません。一応一通り読んだのです。
私を診断して欲しいわけではなく、一般的にその診断だとどう理解するのか
(できるのか)をお聞きしたかっただけなので、大丈夫かなと思いました。

説明不足かつスレ違いだったようです。すみません。

320 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 10:00:17 ID:fX5ggfx40
>>318
せん妄だって言ってんだろ。
脳卒中で脳みそが壊れたんだからこうなるのは当たり前。


321 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 10:41:50 ID:k94VmDOaO
>>320
d

322 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 12:34:06 ID:NNwOvGeaO
ダメだ、やっぱり眠れなかった

323 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 12:37:17 ID:Tc6hfN7r0
>>322
ベゲタミン飲め。

324 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 21:30:53 ID:sFLz7wl20
>>316

> 私のは定型のものと比べて「突発的(あるいは一時的)な過食」という理解で
> いいのでしょうか?

いけません。
非典型的な過食なんだと思います。
ふつうの大食症の診断基準を外れているということね。

325 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 21:44:55 ID:sFLz7wl20
>>315
ボンジュール、コマンタレヴー?

> TSH us
甲状腺刺激ホルモン

> SGOT/ASAT
> SGPT/ALAT
肝機能でおなじみGOT GPT

> Fer serique
血清鉄

> Ferritine
フェリチン、タンパク鉄と結合する

> Saturation de la siderophiline
ジデロフィリン飽和度=トランスフェリン飽和度

この辺のことは
http://www.itawari.net/hinketsu.htm
参照だ。

> NFS
わからん

ま、しっかりな。フランスにはまだ太田先生はおるのか?

326 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 02:41:42 ID:KPfO7ZGw0
どなたか、お願いいたします。
60代前半 女 発病してから約50年。
以下の事柄について、ご意見をいただけないでしょうか。

さいきん
A公立病院より
セレネース ドグマチール アキネトン
ヒルナミン ベンザリン 

B病院より
クリアミンA エンシュアリキッド アテレック
リピトール ニューロタン マイスリー
アンプラーグ ラキソベゾン液 ベイスン
アローゼン クラミトン パキシル アレジオン

のお薬をいただいています。

本人は障害年金の手続きもしていません。
いままで本人の意思が尊重されたため
家族は何十年間も病名を知り得ませんでした。
どこかおかしい、でも病名のある疾患だとは
わかりませんでした。

本人も(たぶん)、家族も、いまとても辛いです。

327 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 03:09:39 ID:k4x7NlLI0
>>324さん

ご回答ありがとうございます。助かりました。
一言に摂食障害といっても、いろいろあるのですね。
治るといいな。。

328 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 04:15:43 ID:2EmeYc7Z0
>>325
>>315です。

本当にありがとうございました!
意思の疎通がほとんどできない状態なので
検査内容がはっきり分かったことで安心感が増しました。
(多少でも結果を自分でも判断できるということですから。)

太田先生という方は存じ上げませんが、お知り合いの方でしょうか。
私は地方都市に住んでいるので日本人の医師にかかることができないので
とても残念です。

329 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 04:18:55 ID:fZkLxCheO
あの人はいったい今まで、今も、どんな精神世界にいたんだろう。
不安、妄想、幻聴、悲しみ…?
何とかしてあの人を救いたい。
そして自分も救われたい。
助けてあげたい。

330 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 06:48:48 ID:6zLwIg6X0
>>326
> どなたか、お願いいたします。
> 60代前半 女 発病してから約50年。
> 以下の事柄について、ご意見をいただけないでしょうか。

何を聞きたいのかよくわからん。


331 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 07:48:44 ID:EATnnqoQ0
>>330
んだな。何を聞きたいのかわからんな。
いや、正確に言うと、「こういうことを聞きたいんだろうなあ」ということは想像させる文章だが、
はっきりとは書いてはいない。
こういう態度はいかんよ。ここはあなたの気持ちを阿吽の呼吸で理解できる開業医の集まりではない。

問題を解決するためには、何が問題なのかをはっきりさせなければいけない。
そのためには、何を聞きたいのかを考えなければいけない。
そして「考える」こと自体がすでに問題解決の第一歩なんだよ。

332 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 07:55:15 ID:EATnnqoQ0
>>328
> 太田先生という方は存じ上げませんが、お知り合いの方でしょうか。
> 私は地方都市に住んでいるので日本人の医師にかかることができないので
> とても残念です。

(9) 精神科 太田博昭医師
所在地:59, boulevard Victor Hugo, 75015 Paris
電話:01 45 33 27 83
概要:精神科
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/france.html

333 :326:2007/06/11(月) 08:35:22 ID:gbXWa47S0
すみません。
では率直に申します。

お薬に矛盾がないでしょうか。
B病院では、A病院通院のことを知らないので。

いくら本人の意思とはいえ家族にも知らせてくれないなんて、
本人はかなり不利益を被っていた、いるのではないでしょうか。
過去に自殺未遂あり。
一人くらし。
いま現在、一見ふつうに見えます。
しかしよく時間をとって観察しているとかなりおかしいです。
とてもデリケートな人で、これから家族はどうすればよいか
すごく混乱しています。


334 :316=327:2007/06/11(月) 08:49:03 ID:k4x7NlLI0
何度もすみません。
もう一点だけ教えて頂きたく思います。

同じく紹介状には psychometry(+)との記載がありました。
psychometryは訳すと精神測定のことのようなのですが、
それが(+)とはどういった意味なのでしょうか?
心理テストの様なものを受けた記憶はないのですが。。。





335 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 09:25:17 ID:hHWIrn6G0
>>333
> すみません。
> では率直に申します。
>
> お薬に矛盾がないでしょうか。
> B病院では、A病院通院のことを知らないので。
クリアミンA 偏頭痛薬 エンシュアリキッド 栄養剤 アテレック  降圧薬 リピトール 高脂血症薬 ニューロタン 降圧薬
マイスリー  睡眠薬 アンプラーグ 抗血栓薬 ラキソベゾン液 下剤 ベイスン 血糖降下薬
アローゼン 下剤 クラミトン 血糖降下薬 パキシル 抗うつ薬 アレジオン  抗アレルギー薬

矛盾はない。生活習慣病にかかった太めの慢性統合失調症患者、花粉症もある?ってとこか。
強いて言えば、マイスリーとパキシルが引っかかるくらい。
まあ最近の内科医は薬屋にそそのかされて気軽にパキシルを出すヤツ多いからねえ。

336 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 09:30:14 ID:hHWIrn6G0
>>333
> いくら本人の意思とはいえ家族にも知らせてくれないなんて、
> 本人はかなり不利益を被っていた、いるのではないでしょうか。
> 過去に自殺未遂あり。
> 一人くらし。
> いま現在、一見ふつうに見えます。
> しかしよく時間をとって観察しているとかなりおかしいです。
> とてもデリケートな人で、これから家族はどうすればよいか
> すごく混乱しています。
>
確かに混乱しているようだな。何を言いたいのかまだわからん。

過去に自殺企図歴のある慢性化した統合失調症の患者が、家族のサポートもなしに一人で立派に自立している。
しかもとてもデリケートな人なのに。
よくよく気を付けるといろいろ気になるところはあるが、一見ふつうに見えるくらいのレベルに留まっている。

これのどこが問題なんだ?
ものすごくうまくいってるってことじゃないのか?

337 :326:2007/06/11(月) 09:51:43 ID:gbXWa47S0
ほんとうですか?
うまくいっているのであれば、良いのですが。
一見ふつうにみえているのに、
実は違うのではないのかと。
病名を知っている限られた周囲の人間と話をすると、
食い違いが多く、誰も実態を知らないのではないかと。
本人は見た目を取り繕っているだけで、
本当はひどい状態なのではないかと思える点が。
いま、経済的には自立はしていません。

いま現在も、昨夜からとても心配なのに、
遠くにいてどうにもできないので。
詳細かけなくてすみません。

338 :326:2007/06/11(月) 10:09:56 ID:gbXWa47S0
ああ・・、眠剤も重複してるんですね。

私ひとりだけが慌てふためいているのであれば良いのですが。
ふがいなくて、つらい。

339 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 10:36:05 ID:ubDJkWXFO
アカシジアと言う診断がついて2週間目で服薬しているクスリはピレチアとホリゾンだけです。でもアカシジアの症状が止まりません。歩き回ってしまって発狂しそうです。アカシジアはどの位で治るのでしょうか。それとも再発でしょうか。

340 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 16:39:48 ID:C8W4mJPVO
ようやく不眠症から脱出できそうな感じです。
ハルシオン、セクシン、トレドミン…etc。
私もひょんな事から身体のバランスがおかしくなり、安定剤や睡眠薬に頼ろうとしてました。
それで余計に自分でコントールできなくなってしまってました。
そんな時に友達がある女性を紹介してくれ、話がとんとん拍子に進み付き合うようになりました。
彼女は看護士で私の病気の事を理解してくれており、とても優しいです。
友達と彼女には感謝でいっぱいです。
一番いいのは他に悩みや熱中できる事を見つける事だと思います。

341 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 16:48:21 ID:/wyfB9MT0
依存の対象を薬物から人間に移し変えただけ、ならば大変な悲劇になるぞ。
そうでないことを心から祈るぞ。

342 :患者デス:2007/06/11(月) 17:42:30 ID:u2GtxQ9dO
通院一周年で二週間休養を兼ねて入院。
退院時に悪化。でも無理矢理退院。
翌日担当医が処方してくれてた薬以外の薬を大量服用。
ERに運ばれ後日担当医の下へ。入院させてもらえなかった。
嫌がらせ?そういう治療法?

343 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 18:46:52 ID:fSSHlqjs0
>>342
>翌日担当医が処方してくれてた薬以外の薬を大量服用。

なるほどおっしゃる通り、担当医への嫌がらせに違いない。

344 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 22:23:10 ID:AoOPRhfW0
>>332
遅レスですがありがとうございます。

なかなかパリまでは出られませんが、
いざという時のために控えておきます。

345 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 23:04:36 ID:6zLwIg6X0
>>339
>241の指摘はどうよ。

>>344
わざわざパリまで行かなくても電話相談もあるっていうぜ。

フランスは遠いな。
つらいだろうが、しっかりな。
だいたいの日本人はみんなあんたの味方だからな。
くじけそうになったらフランス人に言ってやれ。
日本には2ちゃんねらーという、敵に回したらことてもやっかいで、味方にしたら全く頼りない連中がいて、
そいつらがみんな自分の味方だってな。
あれ? 自慢になってないや。

まあ、いいか。

とにかく、しっかりな。

346 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 05:30:33 ID:Do7txWyeO
正直な話薬がないともうダメみたいな感じになってしまったら、その人間もう半分はおしまいだよな。
人間だからそれなりに躁鬱の状態は誰でもあるよ。何かがキッカケで自分でコントールできなくなる時もあるよね。
それを薬で治す(または和らげる)のは本当一時だけにしないと本当にもう元に戻れなくなる。
薬が慢性的になるともうダメポよ。
そこが精神科医の腕の見せ所だな。

347 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 12:24:28 ID:wT4chjcK0
精神科医がいないともうダメポはいっぱいいるぞw

348 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 13:33:19 ID:ZiGcoezl0
馬鹿ヤロー
精神科医など、正常人に「キティ」のラベルを貼り付け、差別の地獄に落とす極悪人でしかない。
そんなモノ、無いほうが良いに決まってるだろw

349 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 17:37:20 ID:/ogbFltX0
そんなこといってもなあ・・・。

病人に向かって「お薬をやめて食生活を変えて毎日ジョギングしましょ」、
っていうのは半分正しいけど、今お腹が痛かったら、とりあえず痛みを
抑えるところから治療を始めなきゃ仕方なくないか?

俺は鬱病なんだけど、プロザック飲むと錆びた釘が胸に突き刺さるようなつらい感情が和らぐ。
そうなって初めて外出する気にもなるし、食事も気をつけて取ろうと思える。

とにかく身体を休めて、自己治癒能力が発揮できる状態まで引き上げてやることが
必要だ。薬はその助けになるものだと思ってるよ。

薬がなかったらそのまま自殺するかのたれ死んでたかもしれん。
知識がない人が読んでるかもしれないのに、無責任なこと言うもんじゃないよ。



350 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 17:40:38 ID:Do7txWyeO
正常人とはいったい…!?
これだけ複雑化している現代社会だから、病んでいる理由もそ多種多様だと考えられる。
だから精神科医は絶対に必要であり、対応できる色んな経験と知識や想像力が求められる。
またいずれは疲れ切った精神科医のケアも考えていかなければならないな。
特にこういう分野は完璧には治らないまでもそれなりにを求めたいな。

351 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 18:02:01 ID:wT4chjcK0
じゃあまずこの腐りきった世の中をどうにかしろよw
汚物撒き散らしておいて、ペストを治すのが我々の仕事ですとか言ってても説得力が無いw

352 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 18:23:48 ID:MEjG7hAH0
>>351
まあまあアミバ先生、精神科医なんかほっといて、こちらへどうぞ。

アミバ先生のご高説を承るスレ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1181492307/

353 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 21:03:05 ID:Do7txWyeO
>>351
論点が違う。

354 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 21:32:14 ID:tbJ6sgCh0
世の中が腐りきっていると感じたら君はどう対応する?どう「どうにか」する?

まあそれでこうして声をあげているんだろうけれど、現実ではどうする?

355 :卵の名無しさん:2007/06/12(火) 23:01:04 ID:Do7txWyeO
世の中が腐りきってると感じた事もないし今後もないだろう。
人間だもの、みんなそれぞれに欲があるわけで、そう簡単に自分の思い通りに物事が進むわけがない。
それが普通。

356 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 17:56:08 ID:9Y2a7T/l0
それが普通なら精神病いらないねw

357 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 18:02:21 ID:9Y2a7T/l0
そういう極論を言い合っててもしょうがないので

理想的ロボット------------------------------------------>人間
これがいわゆる人間のある姿

理想的ロボット-----------------------------------+------>人間
                                  精神病
精神科医はある日ここからは精神病という基準を作った

理想的ロボット--------------------------+--------+------>人間
                            軽い    重い
精神科医は範囲を広げた

理想的ロボット-------+------------------+--------+------>人間
             人格障害
人格障害が生まれた


なにを基準にこれらの境目が言い切れるのかね?


358 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 18:05:14 ID:9Y2a7T/l0
実はこの関係はこう置き換えても辻褄が合う

お金持ち-------+------------------+--------+------>貧乏人

359 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 18:10:45 ID:9Y2a7T/l0
答えを言います
基準は社会的必要性です
社会的必要性を欠くものは精神病なのです
フエ先生が我々の仕事は社会性を反映した仕事だと言っていたのがまさにそれです

社会性というのは資本主義に乗っ取った価値基準で決定されます
だから金銭的価値、人間の価値がそのまま精神病の基準に反映されるわけです

360 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 18:12:22 ID:9Y2a7T/l0
例えば統合失調症の予後についての考察は、心理的状態を見ません
社会的状態を見ます
労働に従事することが出来るかどうかが予後が良いか悪いかを評価します

361 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 18:15:43 ID:9Y2a7T/l0
過去に同じ基準で人間を評価していたのがナチスドイツですって何度も言いますw

362 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 20:31:42 ID:XLQ8ML7N0
アミバ先生!
では一部の精神病患者が群れをつくりたがるのはどうしてですか?

363 :卵の名無しさん:2007/06/13(水) 23:03:17 ID:b3rrFcCI0
大変興味深いディスカッションありがとうございました。
この後、情報交換会を

痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50

でご用意しておりますので、是非そちらへお越し下さい。
本日はありがとうざいました。

364 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 18:14:28 ID:KHaW2o2JO
アカシジアに似た精神運動疾患ってありますか?

365 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 18:46:25 ID:Iu7SJtdn0
教科書には、人はストレスを受けたとき自律神経系。内分泌系。免疫系に変化がおこる、と書いてありますが、自律神経系は薬があるとして内分泌系や免疫系はどうなるのでしょうか?

366 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 19:15:29 ID:b8tLgC3R0
地底人は本当にいるのでしょうか?

367 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 20:36:06 ID:2jkynLCx0
質問します。
当方、統合失調症と診断されて1年経過したものです。
でも、本当に統合失調症なのかどうか疑問に思ってきました。
1年前はたしかに統合失調症の陽性症状がありました(幻聴)
その後1ヶ月でその症状が消え、陽性症状(妄想、幻覚、思考障害、奇異な行動)
陰性症状(感情鈍麻、会話の貧困、快感消失、社会性の喪失)は一切現れていません。
友達とも普通に会話して遊ぶことが出来るし、趣味も多彩です。集中力も衰えていません。
3時間の映画だって観れるし、小説も読み切ることが出来ます。睡眠障害もありません。
検索したところ統合失調症と似た症状の病名があると知りました。
「分裂病様障害」というものです。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec07/ch107/ch107b.html
「統合失調症に似た症状が1-6ヶ月出て軽快する」となっています。
自分はこれに該当するんじゃないかと思っているのですが。
といいますのも、統合失調症の病名のせいで復職できないでいて困っているのです。
今日もヒマでしゃーないのでカラオケのフリータイムを4時間熱唱してきました。
ご意見お願いします。

368 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 21:48:14 ID:G1YJl9HWO
精神科病棟に入院し外出や外泊で一時帰宅した際、病院に戻るのを拒み
家から出ない状態になった場合は病院の方が家まで来て
無理に連れ帰ることもあるのでしょうか。

369 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 22:12:17 ID:6AINADTF0
ふと思ったんだが、精神科医に限らず、医者も健康保険とか入ってるの?
自分が病気になったときとか。

370 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 22:27:20 ID:HQoFx/df0
>>364
241嫁。
>>365
いろいろなる。風邪を引きやすくなるとか、太るとか。
>>366
いるけど誰も会えない。
>>367
「非定型精神病」でぐぐれ。その辺の診断は最近の操作的診断の弱点ではある。
だが就職できないのは本当に病名のせいか?
>>368
最近はあまりしない。昔はあった。病院によってはあるかも。
>>369
当たり前だ。医者を何だと思ってるんだ。医者と看護婦ほど病気になったときにたちの悪い連中はいない。

371 :368:2007/06/14(木) 22:43:33 ID:G1YJl9HWO
>>370
ありがとうございます。国立の病院ですと、やはり個人経営の病院よりも
無理に連れ帰るということが、より考えられるのでしょうか。

372 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 22:54:58 ID:8RhWkcPJ0
寝るよりも効果的な、ストレス解消法ありますか?

373 :卵の名無しさん:2007/06/14(木) 22:58:35 ID:bYOPLruy0
死ぬこと。

いやマジ死ねばストレスから完全に解放される。
つまり生きてる限りストレスには晒される。
苦しみながら生きるのが人生。

374 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 06:50:27 ID:Vpfg1IBo0
>>371
むしろ逆。
精神保健福祉法は、「嫌がっている人を無理矢理入院させる、させたままにしておく」ことを
病院に認めているが、それは前提として「病院にいる人」が対象。
「嫌がっている人を無理矢理連れてくる」=搬送については書かれていない。
病院が引っ張ってくると、違法性を問われるおそれがある。
だから搬送のために民間救急という仕事がある。
http://www.tachikawa99.jp/
1回30万円くらいだけどね。

公立だと責任をとれないのでしたがらない。
私立だと、「まあよく知ってる患者さんだし、しょうがねえか」ということで、
病院のクルマが来ることもある。

>>373
ちげえねえ。

375 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 07:37:30 ID:F5MTYrtg0
通常は保健所が何度も訪問を重ねて専門医の介入も経て入院あるいは通院の
必要性があると判断された場合のみ、強制されることが認められている

保健所の通報者は一般人でも警察でもよい
警察の場合は警察が厳重に審査して必要があるとされたケースのみ保健所に通報することが認められている

しかし、実際は警察は放置しても通報しても責任問題になるので怪しい人物はすべて保健所に丸投げする
場合によっては病院に直接連行する

民間救急は精神病用に用意されたサービスではないが多く利用されてる
家族が病院へ連れて行きたいと望んでも必要な手続きが多いので民間で連行すれば手間がかからないからだ
民間企業なのでお金さえ払えばなんでもしてくれる
ただしこれは法的に認められて方法ではない
恐らく訴訟を起こされれば負ける

376 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 07:48:25 ID:56kmjyFQ0
>>368
措置入院とかだと、無理矢理連れ戻されるかもしれない。

377 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 07:51:55 ID:Rn28AmD20
>>375
> 通常は保健所が何度も訪問を重ねて専門医の介入も経て入院あるいは通院の
> 必要性があると判断された場合のみ、強制されることが認められている
保健所はそんなに来ちゃくんないよー。
通院の強制なんて医療観察法以外ないよー。だいたい「判断」するのは医者一人だけだもの。

> 警察の場合は警察が厳重に審査して必要があるとされたケースのみ保健所に通報することが認められている
警察も審査なんかしないよー。法律的には「必要あるなし」ではなく、危ない人を見つけたら
「他人に害を及ぼすおそれがあると認められる者を発見したときは、直ちに、その旨を、
もよりの保健所長を経て都道府県知事に通報しなければならない」ことになってる。
実際は
「どうすかねえあすこんちの息子、何回も通報してくるんすけど」
「登校拒否のマルセイだろ? ほっとけほっとけ。親撲ったって撲られる親が悪い」
くらいのもの。

> 民間救急は精神病用に用意されたサービスではないが多く利用されてる
> 家族が病院へ連れて行きたいと望んでも必要な手続きが多いので民間で連行すれば手間がかからないからだ
> 民間企業なのでお金さえ払えばなんでもしてくれる
> ただしこれは法的に認められて方法ではない
> 恐らく訴訟を起こされれば負ける
一応法的に認められた「有償運送行為」。
検察とか裁判所も利用してるよ。重大犯罪を犯したけれど罪には問われなかった精神障害者の、専門病院への移送などに使ってる。
犯罪者じゃないから一般の護送車は使えない。急患じゃないから救急車も使えない。まさにお役所仕事。
じゃどうするって言ったら、民間救急使うしかない。
おおっきな体でこわーい顔をした男が4、5人で取り囲み、「やさしーく」説得してくれるらしい。


378 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 07:52:44 ID:Rn28AmD20
>>376
つーか措置だったら「一時帰宅」は99%ありえないし。

379 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 10:34:29 ID:3ys5QKEt0
>>377
民間救急の場合、拒否している人を強制的に搬送することが出来るのはどういう法律に基づくものなんでしょうか?
「拉致」になりませんか?

380 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 10:41:46 ID:RSmLzCu10
拉致そのモンです。

381 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 12:39:00 ID:Rn28AmD20
>>379
法律には基づいていません。
屈強な大男5〜6人に取り囲まれて優しく「説得」されて、本人の「同意」の上で救急車に乗るので、拉致にはならないそうですよ。

382 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:30:47 ID:AR5wO01J0
最近、足が重く感じて外に出ても歩きにくいんですけど
これって医者に言った方が良い?

リスパダールの副作用かなぁ・・・

383 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:34:27 ID:5EoGHPlJ0
>>382
リスの副作用ともいいきれんと思うが。

384 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:37:17 ID:5EoGHPlJ0
>>382
倦怠感なら分かるけど、足だけ?
立ちくらみとか震えとかある?


385 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:39:10 ID:AR5wO01J0
立ちくらみはあります
最近ずっと足が重くてフラフラする

吐きそうなので吐いてきます

386 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:41:33 ID:AR5wO01J0
>>385
ですが、倦怠感もあります

387 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:47:11 ID:5EoGHPlJ0
>>386
倦怠感はよくある副作用、飲んでる量多い?
通ってる医者に相談したほうがいいね。

388 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:50:07 ID:AR5wO01J0
>>387
飲んでる量は朝1錠夕2錠です

歩くのはだるくても何故か動かないと落ち着かない状況です


389 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:55:50 ID:5EoGHPlJ0
何ミリ?

390 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 13:58:32 ID:AR5wO01J0
>>389
確か1ミリです

391 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:00:44 ID:5EoGHPlJ0
急に飲む量を変えるのはよくないけど、
夜の二錠を一錠にしてみては?
とりあえず細かい症状分からないから、病院で相談して
薬を変えてもらうのもいいかもな。

392 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:01:59 ID:AR5wO01J0
わかりました

さっきから頭痛もする・・・

393 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:03:59 ID:5EoGHPlJ0
恐らくリス以外の薬も飲んでるでしょ?
薬が合ってないんだろ、早く病院行っといで。


394 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:10:21 ID:AR5wO01J0
>>393
リス以外の薬は飲んでないです
さっきも吐き気がして吐いてきました

395 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:15:28 ID:5EoGHPlJ0
初診からリスパダールだされたのか?
だとしたら副作用もキツイわな、だから薬を変えてもらいな。

396 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:21:49 ID:AR5wO01J0
初診はパキシルです

やっぱり副作用なんだ・・・

今日は世話になってる医者がいないけど大丈夫なんだろうか・・・

397 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:29:23 ID:5EoGHPlJ0

パキシルが体調に合ってたなら戻してもらったら?
どんどん強い薬に移行していくと、薬漬けになるぞ?
趣味見つけたり親しい人と話すなどして、気持ちを楽にしないとな。
まあ無理はしないように。
お大事に。

398 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:41:46 ID:5EoGHPlJ0
ちなみに、パキシルの方が飲み始めに吐き気が続く事はある。
なかった?
リスは薬量が多いと強張りなどパーキンソン状態がでる事もある。
だから動かないと落ち着かない、なんてことになる。
恐らくあなたには量が多いんだと思われ。



399 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:42:07 ID:AR5wO01J0
一週目はパキシルで二週目からリスパで今ちょうど一ヶ月たった所です

今日病院行ったほうが良いでしょうか?

400 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:43:23 ID:AR5wO01J0
パキシルの方が飲み始めに吐き気が続く事はありましたよ

401 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 14:45:07 ID:5EoGHPlJ0
一ヶ月ずっとその状態?
何故二週目からリスに変えたんだろうか・・?
はい、すぐに行ってらっしゃい。

402 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 15:46:23 ID:kTnNLKyw0
足がものすごく細ったとか..........

403 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 16:10:42 ID:s9wO+p1MO
アカシジアじゃないの?

404 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 16:23:18 ID:Rn28AmD20
>>401
24の人じゃね?
バイクで死んだトモダチの声が聞こえるって言ってた人。
ヒステリ−の範疇だって言われてた人。
幻聴ばっか訴えてると、糖質扱いされるぞって脅かされた人。

405 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 16:26:04 ID:5EoGHPlJ0
アカシジアじゃないだろ、リスパダール多量摂取の副作用じゃない?
>>404
そうなの?今日初めてみたもんで、すまん、知らんw

406 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 18:28:25 ID:O8e0b+PF0
先生方に質問です。
治療を始める際に「自殺をしないでください」と言われますが
なにか特別な意味があるのでしょうか?なにか決まりごとなのでしょうか?
治るのも治らないのも患者の生活態度(これを先生方が監視することはできない)
によると思うのですが。。。。

407 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 20:00:00 ID:F5MTYrtg0
泣き脅し

408 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 22:23:27 ID:kTnNLKyw0
それは精神科医の自己防衛ですよ。

409 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 22:28:09 ID:Lje0fJzT0
治療契約じゃないの?

抑止力というか

410 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 22:32:53 ID:kTnNLKyw0
違うだろう、
実際に死んだときの為の言い訳さ。

411 :卵の名無しさん:2007/06/15(金) 22:33:53 ID:56kmjyFQ0
>>378
遅レスですが、
法律には措置入院の仮退院というものがあります。

実際どんな場面で運用すればいいのかさっぱり分かりませんが・・・

412 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 00:18:25 ID:B7Ba1Aue0
>>406
死なれた後に聞き込み捜査くるからめんどいw

413 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/16(土) 00:33:30 ID:OgmELbE10
>ID:5EoGHPlJ0

 へー

414 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/16(土) 00:48:14 ID:OgmELbE10
>>405
> アカシジアじゃないだろ、リスパダール多量摂取の副作用じゃない?

>>398
> だから動かないと落ち着かない、なんてことになる。

>>395
> 初診からリスパダールだされたのか?




 おもしろいこと書くのね、この人


415 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 00:51:04 ID:KYu9t5rE0
アカシジアはリスパの副作用です
動かないと落ち着かないのじゃなく止まれないのです

416 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 00:53:03 ID:anCquoSa0
............hhhhh

417 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:03:29 ID:4ijIlTh60
長澤まさみ 「大日本人」に完敗!なぜ数字が取れない?

「いま、会いにゆきます」の人気作家、市川拓司の恋愛小説を映画化。
だが、ふたを開けてみれば大コケ。同時期に公開された松本人志監督の「大日本人」とは大きく水をあけられ、
観客動員、興行収入とも半分にも満たない。(興行収入:8892万4350円)
以前、長澤がヒロイン役を務めて、これまた大コケした映画「ラフ」ですら下回るペースに、関係者も頭を悩ませているという。
映画もだが、ドラマでも大コケが続く長澤まさみ、視聴者から敬遠されいるとの声も多い。(テレビ関係者)
(以下引用)
映画は2作連続でコケている上に、ドラマも振るわない。出演中の"月9"ドラマ「プロポーズ大作戦」(フジテレビ)は平均視聴率16%台と可もなく不可もなし。
昨年の主演ドラマ「セーラー服と機関銃」(TBS)が平均13%台、ジャニーズの滝沢秀明と共演した特別ドラマ「ロミオとジュリエット」も11.4%しか取れなかった。
「長澤にはまだ、ひとりで数字を取れるだけの力がないのです。これまで、長澤は“健康的な妹キャラ”が売り物でした。しかし、長澤はもう20歳でいつまでも妹キャラでいくわけにもいきません。」
(映画関係者)[引用元:ゲンダイ より]

他にも大コケ作品が多い長澤だが、週刊誌やワイドショーなどで何かと持ち上げられたり人気ランキングには必ず上位に顔を出す。
そんな中こんな声が多く聞こえてきた。「この人は人気捏造だよね」「またか・・・長澤まさみ宣伝用のいんちきランキング」
「どちらかと言えば嫌われてる人」「テレビで見かけるとイライラする」「演技力がなくいつも学芸会レベル」・・・と散々である、また大コケの原因を共演者のせいにしたり、
色仕掛けで誘っても相手にしてくれない俳優やライバル女優の悪口をインターネットや紙面記事にさせたりしているとの噂も以前からある。
「長澤さんの背後に何か黒い力を感じます」(マスコミ関係者)
記者の皆さん、どうやら書きたくても書けないことがあるようだ。

418 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:04:11 ID:KYu9t5rE0
止まれないのはジスキネジアだってw

アカシジア良く出るだがw
10時間くらいぶっ通しで座り仕事した後とかにw

419 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:17:02 ID:KYu9t5rE0
レストレスレッグス症候群っていうのか
寝れば治るがw
出そうになると気を紛らすと抑えられるw

420 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:20:24 ID:KYu9t5rE0
やはり精神症状はストレス性としか思えないなw

421 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:23:18 ID:KYu9t5rE0
後出るとき決まって肉食に偏ってる時なんだ
気を使って野菜とるようになってから出ないねw

422 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 01:27:00 ID:hxVxiy9N0
アミバ先生ハケーン!


423 :まなみ ◆15O7eBMc7A :2007/06/16(土) 02:39:32 ID:jIQalu4dO
よろしくお願いします。
オフ板でスレ立てしました。

【東京都内】メンヘルオフを雑談しながら打ち合わせ
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1180466231/

424 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 06:22:00 ID:82tnMGVj0
>>406
関係を構築する、ということに意味があるのです。
精神科の治療では、精神科医自身がクスリなんです。
あの先生と約束したから、今日は死ぬのをやめておこう、でもいいんです。

アミバ先生、あなたが精神医学を必要としていないのはわかりますし、
精神医学を憎悪しているのもわかります。
それは大変お気の毒なことと思いますが、
藁をもすがる気持ちでここに来ている方々のお気持ちをお察しください。

アミバ先生ならびにアミバ先生とお話をしたい方は、どうか、

 痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50

へお移り下さい。



425 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 20:32:09 ID:DhwXDK46O
悲しき等質です。
人格が崩壊する前に
積極的安楽死を希望してますが
叶えてくれる医療機関はあるのでしょうか?

426 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 21:57:46 ID:SBPJgbSs0
>>425
いや、そんな病院探さなくても、ロープ一本あれば解決だろう?
そんなことで他人に頼るな。


427 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/17(日) 22:06:35 ID:EaTe7oCY0
 安楽死を求めるにしても、自殺するにしても

 迷惑だから
 

428 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 11:20:41 ID:hflG9xyiO
わかるかたいたらお願いします。持ってるもの一時的に落としてしまう病気ってなにがありますか?

429 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 11:25:07 ID:TYblkonX0
>>428
1手根幹症候群(親指〜薬指までの筋肉神経がやられる病)
物を落とす。力が入らない。
2健忘や痴呆軽症。
3脱力疾患
4強迫障害(強迫観念、自分の意志とは反して何かがそうしてる。行動など。
させてること。無理に。辞められなくなること。)
そんな感じかな。


430 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 12:10:44 ID:skIXYxxm0
重症筋無力症
周期性四肢麻痺
てんかん小発作

431 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 12:15:19 ID:hflG9xyiO
>>429
早速のレスありがとうございます。今さっき祖母の話しで聞いたのですがうちの親が小さい頃その症状が出て、二年程通院していたらしくそこから違う病院(精神科?)に回されて治ったらしいのですが気になったので質問させて頂きました。答えて頂きありがとうございました。

432 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 13:52:53 ID:TtVrNgLPO
質問です。
むずむず脚症候群とアカシジアの症状の違いを教えて下さい。

433 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:06:10 ID:P/rDaZPDO
一時的軽度不眠で行く場所間違えたら終わり。
以前は精神疾患の表情を疾患のせいだと勘違いしてました。
薬がこのスレに質問されてる方々の症状を量産してるのではないでしょうか?
タミフルは科目で副作用、サリドマイドも。

434 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:10:44 ID:P/rDaZPDO
フエ先生、精神科目は精神のせいにして薬害を隠蔽してる気が致します。
いかがでしょう?
重篤な副作用や薬で殺された方も精神で片付けられてる気がします。

435 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:34:00 ID:Wqg7Mi7s0
通院暦一ヶ月と一年前に一度だけだが

今日病名聞いた

結果は今はまだわからない数ヵ月後教えるとのこと

なんで教えてくれないんだ・・・

薬は朝昼朝昼アキネトン1錠 夕リスパ2錠になった

436 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:36:05 ID:P/rDaZPDO
メンヘルやボダと言う表現は不適切では?先天的、後天的な脳機能の損傷と環境要因、複雑なものがありませんか?

ルーマニアの孤児院、アマラ・カマラ...
前頭連合野損傷、エリオットとダマシオ教授、脳について以前より機能回復がわかりつつある中...
製薬の治研広告は優しい若者を殺したのでは?

437 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:41:18 ID:GKrh2Osb0
>>435
患者さん本人や、患者さんのご家族が病名を受け付けない(その病気に対して拒絶反応
を示してしまう)ことがあるので、しばらく様子を見て、落ち着いてから教えてくれる
んだと思うけど。
あ、私、医師ではありません。

438 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 17:43:58 ID:Wqg7Mi7s0
>>437
そうなのですか、ありがとうございます
でも自分は病名知りたいにですがね・・・

439 :検真:2007/06/18(月) 18:28:47 ID:L+aUH8WB0
病名とは何でしょうか?
精神疾患についての病名には複雑なモンがありますな。

病識を持つという事それ自体が「ありえない事」とされる、そんな疾病もありますモン。
言い替えれば、病識を持っていると言う事態があれば、それはまた違う診断に転じるわけです。
古典的な「精神分裂」とかはそう言うモンですしたよね。

また、「知る」と言う事と自身の疾病との関係も、これまた複雑です。
知ってがっくりの場合、その「がっくり」それ自体も治療の対象であって、
元の疾病を変化させる「がっくり」でしょう。
知って「そんなはず無いよね」、その否認もまた疾病それ自身御様態を
微妙に変化させるモノですよね。

このように、精神科の「病名」と「それを知る事」との関係は、
逃げ水のような関係になってるハズなんですよ。
このように

440 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 20:36:43 ID:HZCwu8RN0
>>407-410 >>412 >>424
どうもみなさんありがとうございます。

441 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 02:32:14 ID:yi2VGOtC0
激務な仕事で鬱病を患い今年の始めに退職しました
ただ今、通院中で自立支援医療を受けるつもりでいるのですが
今後の就職活動で不利になったりしますか?

442 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 03:02:09 ID:OcQhYBBoO
仕事の関係で鬱病になった家族がいます。
因果関係はともかく診断書はいただきました。
このまま裁判所に資料として提出するつもりですがこの場合医師になんらかのご迷惑をかけることってありますか?

443 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 03:14:49 ID:CugpPmkp0
精神科医は外的要因で精神病になるわけがないといい
患者や裁判所はそれを認める
不思議な世界

444 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 05:58:19 ID:OBzBhvOr0
>>24
ですが、朝の四時半頃に兄に寝ている所をたたき起こされ
髪の毛を引っ張られ、家の外に出された。

そのときは何故怒っているか理由がわからなかった。

原因は玄関のさらに前にあるドアが開きっぱなしだったらしい

俺は知らないと言ったのですが

「みていた、幼稚園でもこんなんできるわ」

等暴言を言われました

さっき怖くて家を出てしまい今帰ってきました。

薬で大分落ち着いていたのに兄のせいでさっきから友達の声が聞こえます

兄は本当に俺を不幸にしたいのですね

この会話も兄にみられてるのだろうか心配です

今は部屋を暗くしてただじっとしてます

445 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 06:18:32 ID:KSVsOLxL0
>>443
?
遺伝要因と環境要因の両方を考えるけどな、ふつうの精神科医は。

446 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 10:23:10 ID:vBIYSIw30
>>444
それを主治医に話す
おにいさんに病院へって話になるかもしれんし
そしたらなんとかうまく言って行ってもらうとか

あなたを不幸にしたいなんてのならおにいさんが病気だし
なおさらあなたは不幸になってはいかんのよ

先生と「死なない」と約束したでしょ?
あなたと会った事もない私でも今あなたのこと考えてるから
一度でも会えばどれだけあなたのこと想うかしれない
どれだけ大事な人かってこと忘れないでね
誰でもそうなの、人はどんな人でも大事な存在です

447 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:04:49 ID:CugpPmkp0
>>445
考えてみたりする気まぐれねw

448 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:06:14 ID:CugpPmkp0
けんしんは死ねばかり言うんですがw

449 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:21:14 ID:OBzBhvOr0
>>448
もう家族と暮らすのも限界です・・つらい

450 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:28:50 ID:CugpPmkp0
>>446
精神科医はそんなことされても困るだけwww

451 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:38:04 ID:CugpPmkp0
で君は統合失調症だね?
こういう場合、統合失調症にされるからw

452 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 12:42:01 ID:CugpPmkp0
されてることが妄想という意味じゃないよ
被害があるとかいう言い方をしてたら精神科医は人格障害か統合失調症しか選択しないから
この場合、うつ様の精神症状があるだろうので必然的に統合失調症にしぼられる
加えて拘禁反応を精神科医は統合失調症だと言うしw

残念ながら精神科医は被害の是非を問うような思考回路を持ってないw
精神医学の教えに反することだから

453 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 13:25:58 ID:OBzBhvOr0
>>451
24ですが統合失調症とは俺のことですか
主治医は病名教えてくれませんでした。

454 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 13:44:41 ID:suxIaQ7u0
>>452
アミバさん、ここはあなたがいる場所ではありません。
ほんとに悩んでいろいろ聞きたがっている人の邪魔をしないで下さい。

 痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50



 アミバ先生のご高説を承るスレ
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1181492307/l50

でご高説をお垂れください。

>>453
451の方は「精神科医(とおぼしき方)」ではありません。精神医療に抜き差しならぬ不信感を抱いている患者さんです。
そのこと自体は大変お気の毒なのですが、ご自分の体験を普遍化して語られるようです。
真に受けると混乱しますのでスルーして下さい。


455 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 14:36:06 ID:CugpPmkp0
どうせ回答はいっしょだけど
いや、若干言葉を変えて聞こえをよくするかもw

456 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 15:48:10 ID:bwpEKbZeO
P科とは、精神科の事ですか?隠語ですかね?

457 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 16:24:50 ID:CugpPmkp0
サイコ科

458 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 19:53:24 ID:L/D254jR0
精神科は Psychiatry(英) なので、P科と隠語で呼ばれます。
なぜかPsychology(英) Psychologie(独)と混同されてプシコとも呼ばれます。

459 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 20:01:55 ID:vBIYSIw30
>なぜかPsychology(英) Psychologie(独)と混同されてプシコとも呼ばれます。

プシコって精神科のことだったんですか、
これ今まで精神科を受診している人(主に女性)への蔑称だと思ってました


460 :卵の名無しさん:2007/06/19(火) 20:37:49 ID:bwpEKbZeO
>>458 なるほど・・
ありがとう御座いました。

461 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 01:02:36 ID:AHwYSimcO
2ちゃんをずっとやっていると精神を病んでしまいますか?
特に精神科スレ、メンヘルスレが大好きなのですが精神が荒廃してきたように感じます。


462 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 01:16:32 ID:ed6Io8KGO
>>442の解答お願いします。

463 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 01:37:13 ID:DTE63d7m0
>>461
>精神が荒廃してきたように感じます。

病識があるうちにやめておいた方がいいかもしれません。
なにしろここはそういう自覚のない人たちばかり集まっていますからw

>>442
何のためにかかれたどんな診断書かわかりませんが、
双方の利害に関わる証拠として、論争の焦点になれば、
司法関係者から問い合わせがあったり、
証人に呼び出されていじめられたりすることもあるかもしれません。
そうでなければ、別にどってことないでしょう

464 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 01:44:30 ID:AHwYSimcO
>>463
>>461
> >精神が荒廃してきたように感じます。

> 病識があるうちにやめておいた方がいいかもしれません。
> なにしろここはそういう自覚のない人たちばかり集まっていますからw
どうもありがとうございます。
注意します。


465 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 02:12:41 ID:fgddm3ZBO
↑ 類は友を呼ぶ

荒廃するではなく
荒廃している。

デリケートな真実をこのスレでは見守る。

466 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 02:17:21 ID:HB8R+zg80
そして救世主現る

467 :見深:2007/06/20(水) 02:41:01 ID:ZNTP5hBu0
>自分が救世主になりたくてたまらない
まで読んだw

468 :442:2007/06/20(水) 02:54:17 ID:ed6Io8KGO
>>463
レスありがとうございます。
診断書の内容は単に○○の診断基準に
基づきうつ病と診断するとだけ書かれていました。
因果関係は書けないと言われますた。
心配なのはこんなショボい(失礼ですが)診断書でも本当に効力があるのかということと、
基本的に信頼している先生なんで
いきなり裁判所から電話とか書面とかで
確認来たらムっとされるんじゃないかってことです。

あと診断書の押印って普通の名字のハンコって当たり前ですか?
何度もすみません。


469 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 05:53:29 ID:WLpPZB260
>>468
> 心配なのはこんなショボい(失礼ですが)診断書でも本当に効力があるのかということと、
効力?
なんだそれ。診断書は診断書。認めるか否かは向こうの都合。

> 基本的に信頼している先生なんで
> いきなり裁判所から電話とか書面とかで
> 確認来たらムっとされるんじゃないかってことです。
裁判所に出すって言ってあるんだろうな。

> あと診断書の押印って普通の名字のハンコって当たり前ですか?
当たり前。

> 何度もすみません。
まあよい。


470 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 08:38:11 ID:DTE63d7m0
>>468
私は診断書に三文判しか使ったことはありませんが、不都合だと言われた経験はありません。
裁判所に提出する鑑定書にも三文判を使いましたが何も言われなかったんで、
裁判官も三文判の効力を認めているんでしょう。

471 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 10:01:48 ID:leDVBvJL0
不眠の症状と、食欲不振
時に胸焼けや胃に痛みがあるのですが
近くの精神科は、予約が1週間以上先まで埋まっているので診察してもらえません。
こういう場合、何かいい方法はないでしょうか?
食欲や胃に関することだけでも消化器科にみてもらうべきなんでしょうか?

472 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 10:06:20 ID:HB8R+zg80
かつてニーチェがそうであったように物事の決まりごと善悪を追求していくと人間は2つの結末を迎える
1つは自分がまったくの無意味な存在であり空気のようなものだという感覚を得る
こういう人は悟りを開く釈迦や仏陀である
もう1つが自分の世界がすべてであり自分こそ全知全能の神であり救世主であるという妄想に囚われる

さて、同じ物事の断りを追及する精神科医のみなさんはどちらにたどり着きましたかな?w

473 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 10:26:11 ID:ND2cKBrq0
支配する強者が滅亡の運命にあるなら、その中で不適応な者でなおかつ潰されない者で
いるかいないかわからないようでもそこにいるだけでいいんじゃないかってこと
これって今までもどこかで、、、何度も同じことを言っているような気がするけど

>>472
ニーチェがそうだったからってその2つしか結末がないってどうして言える?
>救世主になる
?「なる」なんて意識はないんじゃないのかな
それぞれの特質のままに、そんな風にしかありえないからそうしているだけで

474 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 10:29:58 ID:DTE63d7m0
>>472
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1181492307/69

475 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 11:08:51 ID:psDWNIp5O
一時帰宅した後病院に戻る事を拒んだ際に、救急搬送というものが
あるらしいのですが(怖いおじさんが「優しく説得してくれて
本人の同意の上」と聞いていますが…)、それは戻るのを拒んだ時に
必ず利用しなくてはならないものなのですか?
容態は安定してると認められていても、戻るのを拒んだら
必ず病院には戻されるという事なのでしょうか。

476 :475:2007/06/20(水) 11:28:52 ID:psDWNIp5O
>>475ですが、国立と公立の場合を伺いたいです。

477 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 12:22:16 ID:HB8R+zg80
戻るのを拒むのは病気が悪化したからです
決して病院が嫌いになったわけではありません
なんせ地上の楽園ですから

478 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 12:38:58 ID:DTE63d7m0
>>471
>食欲や胃に関することだけでも消化器科にみてもらうべきなんでしょうか?

私ならそうします。

479 :圏審:2007/06/20(水) 13:04:14 ID:ZNTP5hBu0
>>477
病気なぞ無い、と言うのがお前のスタンスだったよね。
何、その平気な自己矛盾。

480 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 14:20:01 ID:JyUTOyLn0
ID:DTE63d7m0先生!
先生もコテハンでお願いします。面白いんです〜!

481 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 17:10:36 ID:DTE63d7m0
>>480
実はコテハンにできない言うに言われぬ深く馬鹿げた事情があるのです。ごめんね。

482 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 18:26:04 ID:JyUTOyLn0
>>481
そうなんですか・・・。残念ですが。

483 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 18:31:35 ID:ed6Io8KGO
>>469
>>470
レスありがとうございます。
先生には裁判に提出する旨は伝えてあります。
先生はこの診断書を何に使うかは自由、と仰ってました。
ちなみに診断書は日付、患者名、病名、病院名のスタンプに先生の名前の三文版で普通のコピー用紙に出力したものでした。
ドラマとかだと専用の用紙?みたいのを使っていたのでなんか簡単だなぁと思っただけです。
勉強不足でした。

484 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 22:08:55 ID:fgddm3ZBO
診断書は診断書だから

因果関係の証明ではないよ。

485 :卵の名無しさん:2007/06/21(木) 00:43:37 ID:GxOEH5sd0
>>472
研究者としての実力もなく、職も見つからず、お先真っ暗なんでしょ?
ただただ人生の坂道を転げ落ちるしかない凡庸な哲学科の大学院生が
自己肥大妄想をなんとか維持しようと、難解めいた言葉で
みょうちきりんな議論をして一人悦に入っている姿が目に見えるようです。

そういう知り合い現実でいるわw

486 :卵の名無しさん:2007/06/21(木) 17:44:03 ID:sYwj5B7k0
心の病を生業にしている者に関わると
精神分野の連中が勝手に決めた人生の行動の指標で行動を査定され
それをズレると入院や薬を強制される可能性がある。
だから安易に精神科や心療内科やカウンセリングを受けるのは危険だ。

487 :卵の名無しさん:2007/06/21(木) 20:10:06 ID:OYfhOYZk0
レセルピンと三環系抗うつ薬を併用したら強い抗うつ作用を発揮することがあるとか、
躁状態の時にイミプラミンを処方したら易刺激性や異常爽快や運動興奮に効くとか本で読んだのですが、
本当ですか?

488 :卵の名無しさん:2007/06/21(木) 22:50:44 ID:i+OQnmyI0
鬱(双極などを含む)にアスペルガーが少しはいるような症例はありますか?

489 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 00:44:10 ID:wVXFUaOmO
今度精神科の診療所で事務全般として働くことになりました。
精神科は初めてなのですが特に気を付けてほしいことは何ですか?
医師・患者に対してでも事務処理に関してでもお聞かせいただけるとうれしいです。

490 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 00:46:47 ID:CxxSThEM0
>>489
患者の前で笑わないこと

491 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 01:17:14 ID:2muFiL8lO
>>490
>>489
> 患者の前で笑わないこと
ワラタw

492 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 07:59:52 ID:0YbQhqWS0
>>486
なるほどホントそうですね御卓説ありがとうございました。続きは是非よそでお願いしますね。

>>487
むかーしむかし降圧剤としてレセルピン注を使ってましたが、抗うつ効果なんてそんなにはありませんでしたね。
もちろん他に抗うつ薬が無かった頃には、ものすごく効いたのでしょうが。

>>488
というかアスペルガーで情動不安定な人はたくさんいます。

>>489
言語的メッセージと非言語的メッセージを一致させること。
同僚とナイショ話をしないこと。
だいたいの医者はバカだけどバカにしないこと。

493 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 09:58:50 ID:6zG/F8JB0
>>489さんとかぶるんですが
自分も来月から精神科病院でPSWとして勤務することになりました。

現在は病棟で看護助手をしており
閉鎖病棟1年、開放病棟1年の2年働いていました。
入院患者さんへの対応などはわかっているつもりなんですが
事務的なことやご家族への対応などはほとんど経験がありません。

医師がPSWに求めていること、知っておかねばならないこと等
ありましたらお教え頂ければ幸いです。

494 :489:2007/06/22(金) 12:36:29 ID:wVXFUaOmO
>>490>>492
レスありがとうございます。
内緒話は診療科に関わらずはたから見てて感じ悪いですものね。
少人数のスタッフなのであまりおしゃべりするヒマもなさそうではありますが、
ヒソヒソ内緒話で笑ってる!なんて見られないように気を付けたいと思います。
(490さんの「笑わないこと」と言うのはいかなる時も笑顔全般がタブーということではないですよね?)
また医者をバカにしない…もちろんです。
まだドクターの詳しい人間性は存じあげないのですが、
診療所運営がスムーズにいくよう私もできる範囲でしっかりサポートしたいと思っています。

495 :底辺内科医:2007/06/22(金) 15:01:55 ID:WOSp4d300
なんか微妙な不安感が時々あって、デパス1.5mg/day程度飲んでいる。
しょうもない事でも嫌な事があると過度に落ち込む。
もう1剤かぶせるとしたら何がいい?
このスレのレスに従うよ。

496 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 15:16:49 ID:sjRa9maE0
>>492って本当に医師?

497 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 16:37:42 ID:0YbQhqWS0
>>493
書類でなく患者のそばにあるべし。

>>495
パキシル10〜20mg眠前でどすか。
デパスをはじめとするマイナートランキライザーは「起きている不安感を軽減する」という意味合いで効果的ですが、
認知機能を低下させる、依存を形成するなどの欠点があります。
とくにデパスなど効きの速いものは、効果が実感できる分依存もおきやすいように思います。
パキシルをはじめとするSSRIは不安閾値を高める、つまり「不安を起きにくくする」という効能が期待できます。
ベンゾ系の常用なし(頓用のみ)でいければ理想的。
まあ不安の原因がはっきりしているのなら、それを除去するのが最大の治療ですが。

>>496
精神科医(とおぼしき方)と思われます。



498 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 17:19:02 ID:ZFBr2cEc0
487の2つの質問(>>487)の内、前者について質問し直します
reserpine reversalという現象で抗うつ作用を示すことがあるのか教えてください

499 :底辺内科医:2007/06/22(金) 19:54:28 ID:Kq/cVUfD0
>>497
ありがと。自分でもSSRIかなって思っていたけど背中を押して欲しかったw
原因ってのは特にないんだよね。
ただ客観的には大した事ないようなちょっとしたトリガーで数日〜数週間の
鬱状態になる。鬱ってつらいな。なってみて良く分かった。


500 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 20:50:43 ID:z/I327fo0
精神科受診

統合失調症

医師免許剥奪

501 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/22(金) 22:22:25 ID:gULkgWr60
>>498
 しらなーい

>>499
 しらないよー

>>497
 しらないよー

>>493
 職分をわきまえること

502 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 23:45:36 ID:Sn4TEq/B0
済みませんが質問させてください。

メンタル系の診療科目を標榜していない個人クリニックの医師が
診察の結果、何らかの精神疾患と診断を下し向精神薬を処方することは
可能なのですか?


503 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 23:57:26 ID:9anb7pqn0
レストレスレッグス症候群やアカシジアの緩和にカルバマゼピンを処方することはありえますか?

504 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/23(土) 00:17:14 ID:ZwuvlDV+0
>>502
 可能でそ

>>503
 ありえます

Trenkwalder C, Walters AS, Hening W. Periodic limb movements and restless legs syndrome. Neurol Clin 1996;14(3):629-50
Silber MH. Restless legs syndrome. Mayo Clin Proc 1997;72(3):261-4
Walters AS, for the International Restless Legs Syndrome Study Group. Toward a better definition of the restless legs syndrome. Mov Disord 1995;10(5):634-42
Krueger BR. Restless legs syndrome and periodic movements of sleep. Mayo Clin Proc 1990;65(7):999-1006


これのどっかに載ってます

505 :503:2007/06/23(土) 00:21:39 ID:CqxNKNnZ0
>>504
わざわざご丁寧にどうも。


506 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 01:26:55 ID:YhxW8S990
>>504さま
502です。
ご回答ありがとうございました。


507 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 01:54:20 ID:BvdgnZsRO
フ細工先生は本物の医師免あり先生ですか?

微妙にファンになりました。

508 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 02:08:13 ID:gZphe9630
ホンモノもホンモノですよ。
過去レス読むと面白いですよ。

509 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 02:50:49 ID:jZAdVlWq0
487=498です

>>501
ちょっと残念な結果になってしまいましたが、
回答ありがとうございました
それと、質問元の出典を一応晒しておきます

「一般診療におけるデプレッション」大日本製薬,1972

510 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 06:17:20 ID:FpkX/3GC0
>>503
> レストレスレッグス症候群やアカシジアの緩和にカルバマゼピンを処方することはありえますか?

レストレスレッグズの第一選択はドパミン作動系の抗パーキンソン薬です。
日本ではレキップ、ビ・シフロール、イーシードパールなどがよく効きます。
適応はいずれも通ってませんが、ビ・シフロールは治験をやってるはず。
よく効くクスリがあるのにカルバマゼピンを処方するのは、「ありえ」ても間違いだと思います。

>>504
引用文献ふるっ。10年以上前の文献引っ張ってきてどうすんの。

511 :503:2007/06/23(土) 06:58:49 ID:h8zTq24n0
>>510
前から気になっていたのですが、レストレスレッグス症候群とアカシジアはどう違うのでしょうか?
近縁疾患なのですか?

512 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 07:55:12 ID:hjzNdH8F0
>>509
35年前の本引用して何やってんだか。

>>511
Restless-legs syndrome (RLS)診断基準(American Sleep Disorders Association)
A:夜間に生じる下肢の不快な感覚、または入眠困難の訴え
B:腓腹筋内に生じる「虫が這う」ような不快な感覚があり、しばしば下肢全体に疼痛を伴う
C:この不快感が下肢の運動によって改善する
D:睡眠ポリグラフで睡眠開始時に下肢(または上肢)の運動が認められる

発症原因:不明
 ドパミン系の機能低下は確実に存在する
 常染色体優性遺伝と推定
発症の危険因子
 鉄欠乏
 血液透析(30-50%)
 妊娠
 パーキンソン症候群
 カフェイン摂取
アカシジア(抗精神病薬による起坐不能症)との異同
 症状はよく似ているが、抗精神病薬の服用とは関係なく発生する
 アカシジアは昼夜を問わないのに対しRLSは夜間就眠時が大多数
 アカシジアは抗コリン系・抗ヒスタミン系抗パーキンソン薬が有効
 RLSは抗ヒスタミン系抗パーキンソン薬で悪化


513 :フ細工 ◆xPipercov. :2007/06/23(土) 09:41:07 ID:ZwuvlDV+0
>>510
>10年以上前の文献引っ張ってきてどうすんの。

 400年前から報告されてる病気だからね。
 DA使用も10年前から言われてるよ。でも、抗てんかん薬を使うのにはそれなりに理由があるんですよ
 

> よく効くクスリがあるのにカルバマゼピンを処方するのは、「ありえ」ても間違いだと思います。

 うふふふふ
 きれいな症例を診てるんですね


>>512
 どもです。
 でも、RLSの人って
 ベンゾジアゼピン出されて
「効きませんねー、ウツかもしれませんねー」って
 抗うつ薬出されて、もっと悪化してAgitationとか酷くなって
「もうちょっと強い薬出してみましょう」
 ってメジャーとか出されてから拝見することも多いから
 もう、どっちがどっちか って思いながら診てます。

 ところで
 それ、何年度版ですか?
  下肢運動が診断基準に入ったんだ。知らなかった。不勉強だった
 


514 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 10:57:30 ID:+JlQmQe+0
前にも書いたが
抗精神薬の類は一切服用したことがない
年に1,2度の頻度で出る
出るときは決まって頭を使うことを長時間続けた後である
仕事である場合が多いので必然的に朝から長時間やって夜間にでるさw
でも昼間でることもある
眠れないこともある

頭を使うとドーパミンが減るのか?
なら休養を取ればいいだけではないのか?
夜間に出るのは昼間行動するから当たり前ではないのか?w

515 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 11:02:09 ID:+JlQmQe+0
下手に薬を与えてることで悪化させてるだけではないのか?w

516 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 11:03:57 ID:hjzNdH8F0
>>515
ハウス!

痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50

517 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 11:09:00 ID:HtJGznOJ0
抗不安作用はデパスよりワイパックスの方が上?
変えてみようかと思案中。

518 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 11:24:50 ID:+JlQmQe+0
もし疲労程度のことでドーパミンが変動すると言い張るなら
一過性の症状に対して薬を処方するのは危険ではいか?
薬になれてドーパミン生成をしなくなり慢性化するとか
薬が相乗効果になってドーパミンが大量に出て発狂するとか
いい結果にはならないだろうなw

519 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 12:43:18 ID:MzeY3nJW0
>>510
DA作動薬の、幻視とか突発性の眠り込みとか、副作用のコントロールは
難しくないですか?
車に乗る仕事している人とか、怖い気がするんですけども。
まあ、適応症の問題もあって使ってないんですけどね。

520 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 13:21:51 ID:jZAdVlWq0
>>512
いやたまたま古本屋にあったの見て、すごく気になったわけですよ

>>509追記
>>487の二番目の質問の出典元を晒すの忘れてました

「臨床精神医学第二巻一号」国際医書出版,1973

521 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 16:02:32 ID:+vIwONRN0
>>519
私の経験の範囲ですが、ビ・シフロールは実際にパーキンソン病に使うよりも
少量で十分な効果が得られるので、突発性睡眠とか幻視とかを経験したことがありません。
たいてい0.125mg/dayで効果が出ます。
このあたりは他の先生方の意見をうかがいたいところです。

1例だけ経験した突発性睡眠は、パーキンソン病で4.5mg/dayのビ・シフロールを
内服していました。

522 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 20:53:13 ID:jmGmMByB0
デパスを1日5回ぐらい服用しているんですが、先程から頭の皮とかおで
この辺りが張っているのですが、この症状は放って置いても大丈夫なんで
しょうか?

523 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 01:33:40 ID:42e8iHlp0
よく、鬱病だと思っていたが躁状態が現われ
双極性障害だったと後で判る事は聞きますが
逆に、双極だと思っていたが
実はノーマルのレベルを低く見過ぎ単にテンション高い人で
単極性鬱だったと言う経験はありますか?

524 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 01:33:50 ID:SyFpu6iC0
デパス一錠が?mg分からぬが、一応心配なし。
この手の質問はメンヘル板でして下さい。

525 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 01:44:56 ID:SyFpu6iC0
>>523
あなたは、自分のテンションが、あなたにとって普通かをご存知?


526 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 03:19:02 ID:KBd/chzp0
はい、長い鬱が抜けて時々元の元気になるだけです。
問題を起すようなT型でなくU型の場合、在り得るのでは?

元々子供の頃から自信過剰で早口だし
身振りも派手で声も大きく服装も派手だし徹夜や不規則に強いだけです。
今まで鬱ぎみだったから服装にも関心なくなっていたし
落ち込んでいただけです。

525先生は、やはりその様なご経験はないのですね?

527 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 03:23:42 ID:KBd/chzp0
>>523,526
あれ?どうして同じ日なのにIDが変わってしまうんだろう。
でも先生、私本物です。

528 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 13:01:31 ID:ERQ6TM1l0
>>525
あなたは、他人のテンションが、その人にとって普通かをご存知?

529 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 14:09:19 ID:QAYRC4Tg0
人格障害という診断名があるのは何故ですか
性格の問題なら誰にもあることですし、
わざわざ治療する必要は無いと思うんですが

530 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/06/24(日) 20:38:58 ID:PEfMz+PH0
>>529
> 人格障害という診断名があるのは何故ですか

 とりあえず名前とかつけとかないと、
 人から人に伝えるときに困りますから。

> わざわざ治療する必要は無いと思うんですが

 名前がついているということと、「治療をする」ということとは
 別の問題だと考えればわかりやすいかと思います。


 でわまたどこかで

531 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 20:45:16 ID:ERQ6TM1l0
俺は違うとか逃げる人はともかくとして
名前が付いてる=治療の対象というのは精神医療全般では常識

532 :Q:登山とアディクション:2007/06/24(日) 22:13:08 ID:ZjMXNHdA0
アルコール依存症治療病棟で働いていますが、統計を取ったわけではありませんが、
患者さんで登山を趣味とする方が多いように見受けられます。
私自身が登山を趣味としてますし、自己判断ですが、私自身も援助職に多いアダルト・チャイルドだと思ってます。
以前属していた山岳会で2人組パーティで遭難事故があり、一人は無事でしたが、もう一人は滑落でなくなられました。
生き残った方はその後も「私から山を取ったら何もなくなってしまう」と登山を続けてました。強迫的な行動だと思いました。

死亡率がやたら高いスポーツですし、程度によりますが、登山はやはり嗜癖行動なのでしょうか?



533 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 23:06:32 ID:Wla5mcxl0
>>531
そう思う、本人が治療する気がないならわざわざ治療しない
性格の長所短所は誰でもあるけど、短所の度が過ぎて病的なのが人格障害?
必要ないかどうか人それぞれってのは、それでもなんとかやってける人がいたりするからで
たとえば権力とかお金とか魅力とか才能とか持ってて「これでいいんだ」と強引に周囲を牛耳れるならそれで済む
治療する気になるほどひどくなるまで治療になんか行かないんじゃないかな

問題なければいいけどひどくなって別の病気になったりしないかと

534 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 23:16:22 ID:ypn+xQfo0
>>533
あなたのアミバ先生への共依存にもあきれるけど、
やるなら専用スレでやってくれ。

アミバ先生のご高説を承るスレ
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1181492307/l50

535 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 23:21:32 ID:qKrh3Vpc0
精神科医も薬は飲んでいますか?

536 :卵の名無しさん:2007/06/24(日) 23:57:30 ID:ypn+xQfo0
>>532
「快」をもたらすものは基本的に嗜癖行動になりうる、と考えてよいでしょう。
それなしでは強い不快を感じる、より量や行為においてエスカレートしていく、
他の重要な活動に支障をきたす、などがあれば嗜癖行動と見てもよいでしょう。

私自身は登山はやりませんが、登山好きの友人に聞くと、
名のある登山家をずっと見ていくとどこかで命を落としてしまう人ばかりだ、と言っていました。
植村直己の著書など読んでも、彼が冒険を続けた動機はかなり不健康なものを含んでいたようです。
だからといって、彼らの活動に価値がないというわけでは全くありませんが。

>>535
飲みますよ。
私、風邪気味でしてねゴホゴホ…葛根湯、葛根湯…

537 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 00:00:43 ID:Tq9cwodo0
>>536
リスパダールとかは飲みますか?

538 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 00:06:05 ID:ypn+xQfo0
>>537
必要になれば飲むでしょう

539 :519:2007/06/25(月) 09:28:45 ID:K2KGeZfH0
>>521
遅レスですが、ありがとうございましたー。

540 :529:2007/06/25(月) 13:39:59 ID:CvXwDCye0
>>530先生のレスの内容が本音で、
>>531先生のレスの内容が建前と
受け取ればいいんですか?

541 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 13:55:44 ID:rJ6rC2tg0
>>531は精神科医(とおぼしき方)ではありません。
精神医療に抜き差しならぬ不信感を抱いている、この辺りでは有名な患者さんです。
この方の発言を真に受けると混乱しますので、スルーして下さい。


542 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 14:02:33 ID:DkVVyBhA0
>>444
だが先週から二週間に一度来てくださいと言われ
本当は今日病院へ行く日ではないのですが

気分が悪くなったりしたら来てくださいと言われました

一週間前に兄のことがあり気分が悪い日が続きました
友達の声も聞こえてくるし
今は大分ましになりましたが

今日病院行って、このこと話した方が良いだろうか?

543 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 14:12:20 ID:rJ6rC2tg0
あと一週間、我慢できそうにないかもしれないと思ったら、行った方がいいですね。

544 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 19:41:40 ID:HCuhhbXHO
頭痛が1ヵ月するので、鬱病で掛かっている精神科の先生には内緒で、神経内科に行ったら…
「何で早く来なかったの?」「精神科の先生CT検査とか神経内科(大学病院なので)に回してくれないの?」って言われました。
私が頭痛を訴えると、コントミン、ユーパンが増えるばかりで、「脳神経内科に行っても結局、精神科に戻ってくる事になる」
と言って他科にまわすのを嫌がります!なんでか検討つきますかぁ??

545 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 19:47:12 ID:xmjWqUmD0
精神科医は病気だから

546 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 21:59:43 ID:fU7mQIfoO
私は患者でしたが七年かけて自律神経失調症を克服しました。オークションの情報カテゴリーに私の自律神経失調症克服体験記として載せてます。興味ある方覗いてみて下さい。医師の方も大歓迎です。治療の参考にして頂ければと思います。

547 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 06:00:11 ID:0EO3H6ai0
>>544
単に病院内でいざこざなどがあったんじゃないの?
どちらかの科の見落としや誤診があったとき、
内部でやりにくくなるからじゃない?

でも実際精神科医は他の病気のこと知らないことが多いから、
両方行った方がいいと思うけどね。
私も鬱病だと長年思っていたところが、甲状腺機能低下症だと
いうことが最近分かった。

548 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 07:20:06 ID:QkxVGHiM0
精神分析は本当に効果がなかったのでしょうか?
めんどくさいのでヤメタということはないですか?

549 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 08:31:06 ID:MCKo48z30
>>548
その両方。手間がかかるわりに効果が少ない。

550 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 11:42:09 ID:TI+VXSkl0
>>547
ものすごいはずかしいことを平気で言いますねw

551 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 11:57:26 ID:iMGbT07n0
俺は自分が病気だと思わないんだが、精神科医には病気だと言われた。
レントゲンで脳の写真取っても異常なかったし、
心理テストをしてくれた他の病院の医者には、
病気と言える症状は見当たりませんと言われた。

しかし俺を束縛した精神科医は、
貴方の病気は検査や検査に出ないと言った。
そして精神科医に病院を強制され実験された。

一度逸脱行動すると精神病のレッテルを貼られ
精神科医のブラックリストに載せ薬物で神経を弱らせ管理する。
日本は危ない国だと思う。


552 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 13:33:15 ID:Z99nGNjC0
>>551
お辛い体験でお気の毒だと思いますが、文章や論理がグダグダですよ。
病気かどうかは判りませんが、あなたの文章が「質問スレ」にふさわしい内容ではない、ということを判断する能力に問題があるのは明らかですね。
ご自愛下さい。

553 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 13:45:09 ID:TI+VXSkl0
言論弾圧

554 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 13:48:02 ID:TI+VXSkl0
精神科のすごいところはブラックリストの管理を患者自身にやらせてることだな
患者の監視役として家族を付け何かあったら報告させるようにして
患者は患者で他にめぼしい人間がいたら取り込むように勧める
共産主義国家の共同監視に似てる

555 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 13:52:16 ID:TI+VXSkl0
患者は精神医学に反発する人間は正常ではないと教え込まれてるから異論を唱えた時点で黙殺されるような仕組みになってる
病識が無いとか、病院に行きたがらないのは悪化してる証拠とかね

556 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 13:56:41 ID:TI+VXSkl0
優生保護法成立依頼、危険人物を隔離するよう国が推進してきたわけで
法改正されたとはいえ形を変えて今なおそのまま残ってるからね
国民がそれを望んでる
世間体の良い形で実行したいだけ
それでも日本の精神医療が異質なのは世界中が認める事実だがw

557 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 15:31:55 ID:dBzXXJkr0
>>552
打ち間違いの揚げ足取るな、卑怯者。
インターネットは個人情報を特定される可能性があるから、
書き込むときは、文脈で誰かが分からない様にグダグダに書くんだよ。
意味が分かれば書き手としてはそれで良い。


558 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 17:28:44 ID:ewZggUDmO
>>547
自分がしっかりしないと、ダメですね。
精神科医って知識ないから、この板で「だから……P科はwww」って馬鹿にされるんですね。

559 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 18:37:58 ID:00sGlY1jO
ここも本来の隔離スレにもどったな

560 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 19:25:36 ID:Ezjq77a60
なんなんだろね?
精神科医が信用できないなら病院にいかなきゃいいだけのことなのに。

そもそも医療は患者を治すために発達してきたもの。
精神病に関してはまだまだ途上なんだろうが、この先新しい発見が
あるかもしれないから、研究は絶やすべきではない。

精神科の治療で救われる患者もたくさんいることはお忘れなく。
それらの患者さんは、精神科医がいなかったら自殺してたかもしれませんよ。

561 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 19:26:27 ID:Ezjq77a60
ていうか、被害妄想があまりに強いっていう症状は
鬱病じゃないのかもよ。

糖質の線も疑ってみたら。
治療方針も薬もぜんぜん種類違うから。

562 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 19:31:04 ID:rOqVkod90
>>558
>>547ですが、精神科医全部が他の病気に無知だと言ったつもりはないんですよ。
私の場合は、引越しで病院を変え、ずっとかかっていた精神科医から
別のお医者さんにかかってから、甲状腺を調べますかと提案してもらい、
それで他の病気が見つかったんです。

でも坑鬱剤は効いてたし、前のお医者さんにかかっていた時間も全く
意味がなかったとは思いません。(薬がないとしんどかった。)

でも自分がしっかりしないと、っていうのはほんとですね。
私ももっと自分でいろいろ調べてみればよかったと思っています。

563 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 19:32:47 ID:rOqVkod90
新しくかかったお医者さんも精神科医です。
ホルモン治療の様子を見ながら、坑鬱剤は減薬していく予定です。

564 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 19:48:02 ID:TI+VXSkl0
結局、患者が答えるスレじゃんねw

565 :卵の名無しさん:2007/06/26(火) 21:12:31 ID:PfXllp3C0
叔父が亡くなりました。無理して行った方がよいでしょうか?
兄弟はできる範囲でいいと言っております。

566 :卵の名無しさん:2007/06/27(水) 08:15:08 ID:VHAcR3fr0
>>565
「無理して」と書くと「やめとけ」の呼び水になります。

567 :卵の名無しさん:2007/06/27(水) 18:30:19 ID:XjYZ0Zd90
そうですね。文章よくないですね。
病状、付き合いの様子、他、情報がありませんね。
自分の気持ちの「無理して」が強調されてしまいます。すみませんでした。

568 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 04:18:15 ID:40FieBJKO
質問なんですが・・
最近はどのような患者さんが増えているのですか?

569 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 11:48:38 ID:wYtZ+v8W0
外国人。これは確実。

570 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 12:14:17 ID:GfoGJnauO
内科医です。今回の光市の母子殺人事件の弁護側の精神鑑定で日本福祉大の加藤某という教授が証人となっているのだが、医師でなくても精神鑑定なんてできるものだったのでしょうか?

571 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 13:44:55 ID:wYtZ+v8W0
医師でないといかんということはないはずですよ。

572 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 14:15:02 ID:V/24Gzd/0
弁護士はあえて有利な証言をしてくれる相手を選ぶ

573 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 18:45:44 ID:FKhe45I50
むしろ、あんな証言をしてくれる先生を見つけたことがすごい。
死刑廃止論者でもためらうだろうにw

574 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 18:48:19 ID:V/24Gzd/0
精神鑑定なんて所詮弁護士の編み出した道具にすぎない

575 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 19:16:36 ID:apqOT9mk0
エクセルを使ったことがないのですが、同じ列の数字を全部-1にした数字にするにはどうすれば
よいのでしょうか?

例 1542
2632
5321
1923
3568

これを一気に全部自動で1を引いた数字にしたいのです。

例 1541
2631
5320
1922
3567

576 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/06/29(金) 19:39:19 ID:DbvEEXp50
>>575
=[元のセル]-1 と書いてあとコピーペースト

>>570
 あの被告が言ってることを伝え聞いてたら
 小木貞孝だか加賀音彦だかの「死刑囚の記録」を思い出しましたよ。

>>568
 私の場合、最近はどんどん患者さんが減ってるので(笑

577 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 20:02:49 ID:apqOT9mk0
>>576
どこにそうやって書くのですか?

578 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 20:04:55 ID:40FieBJKO
診察室で患者さんが来ない時は何をされているのですか?

579 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 22:10:18 ID:VRd+nZf/0
この価格という列の数字を全部-1にした数字に
変更するにはどうすればいいのですか?

=[元のセル]-1とどこへ入力するのですか?

http://vista.jeez.jp/img/vi8312238553.jpg

580 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 22:15:41 ID:V/24Gzd/0
例えばB2に「=A2-1」といれると自動的に計算された数字がB2に入る
「=A2-1」というのをB3にコピーすると「=A3-1」と自動的に対象が移動する
後は全部にコピーする
元の数字がいらないというのであれば計算結果であるB列を選択して値のみコピーで
A列に上書きする

581 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/06/29(金) 22:17:00 ID:DbvEEXp50
>>579
 それなら
 B2のセルに =A2-1
 って入力すればよろし。
 B2のセルを選択して、直接書いてもかけるし 上のツールバーのfxって書いてるとこに書いてもよし。
 で、それをその下のセルにコピーしていくよろし。

582 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 22:19:03 ID:V/24Gzd/0
ちなみにコピーはB2を選択後にセルの右下角にマウスを持っていくとマウスカーソルが「+」になるので
その状態で左を押したまま下に移動すると自動的に範囲コピーできる

583 :卵の名無しさん:2007/06/29(金) 23:22:32 ID:VRd+nZf/0
>>580
>>581
>>582
できました。
ありがとうございます。
ほんとに感謝です。

584 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 02:34:05 ID:A3L9AD9x0
エクセルの指導ですか?

好きだな、この雰囲気(微笑

585 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 06:57:28 ID:I0fO1zIx0
そういやスーパーのアルバイトに応募するって患者さんと、
1000から3桁の数字を引く計算の練習をしたことがあったな。
千円札で買い物をした時、お釣りがすぐ出せるように。
そういうペーパーテストをするスーパーがあるんだって。



586 :のの:2007/06/30(土) 11:54:54 ID:221lKVpx0
どうして、精神科のスレで、エクセルの指導してるんですか?

「このように、精神科には、さまざまなDQNが流れてくるので、
なんとか、解決してあげたり、
関係部署に送ってあげたりする、
大変な科なんです。」

ということの、紹介ですか?

587 :圏審:2007/06/30(土) 11:59:53 ID:Z9K+ZuN70
相談です、よく寝れる様になるアロマを教えてください。
カモミールは臭くてちょっと辛いです。

588 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 12:26:16 ID:3JCu7xSa0
>>587
セドロール
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002510450
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_834038.html?_A_=ovt&p=834038-00


589 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 12:54:43 ID:3JCu7xSa0
>>586
うちの病院じゃご飯の炊き方教えてるよ。
オカズが作れなくても、ご飯さえ炊ければかなり生活費を切りつめることが出来るのよ。
で、朝晩はご飯炊いて、昼はデイケアで食べる、と。
そうすると何とか一人暮らしが可能になるの。

590 :のの:2007/06/30(土) 13:08:01 ID:221lKVpx0
寮があるといいね。

591 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 16:26:46 ID:kmvHLHAV0
精神安定剤とか眠剤を飲んで運転して事故した場合
飲酒運転とかみたいに罪に問われるんでしょうか?


592 :卵の名無しさん:2007/06/30(土) 17:44:42 ID:wqksupgP0
問われます

593 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/07/01(日) 01:31:29 ID:eRSvBZzV0
>>586
> どうして、精神科のスレで、エクセルの指導してるんですか?

 質問されて、
 気が向いたから。

>>587
 花王が杉の香りだかなんだかで論文書いてたと思うんですけど
 探す気がないのでどっかで当ってください。
 って>>588これじゃん。orz

>>589
 笛吹きが教える1コイン1皿料理 って企画を立てたことがあるんですが
 宅配弁当の方が安くて手頃だったので、あっさり却下されましたです。



594 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 01:43:19 ID:w/6xNSpq0
質問です。
先生方は、どうして精神科医になろうと思ったのですか?

595 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/07/01(日) 02:26:17 ID:eRSvBZzV0
>>594
 モテると思ったから

596 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 02:40:09 ID:INnA+27n0
よくMR相手にセクハラしてるもんね

597 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 03:21:50 ID:rO9UdxbrO
統合失調症の患者はお薬を一生飲まなければいけないのですか?

598 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 04:11:48 ID:jTg6RxpI0
>>597
現在の所そうです。

599 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 10:32:05 ID:vZHL6I4E0
20%は必要ないとか・・・

600 :のの:2007/07/01(日) 12:43:35 ID:DiE80Wjr0
もてましたか?

601 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 17:18:24 ID:w/6xNSpq0
>>595
イメージとしては、モテなさそうなんですが・・・
外科とかの方がモテそうじゃないですか?

602 :フ凍工 ◆xPipercov. :2007/07/01(日) 17:53:41 ID:eRSvBZzV0
>>600
 よく考えたら、昔の方がモテた。

 精神科医になったおかげで
 「なんか見透かされてるような気がする〜」とか
「私を分析してみて〜」
 とかアホみたいな話が増えてウザくなりました。

 単に、うちの医局の先輩が他の科に比べて格好よかったように見えただけでした(笑

>>597>>598
 えっとー
 どうなんでしょうねー
 人生をどう考えるか なんでしょうけどね

603 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 17:56:54 ID:INnA+27n0
自殺したり、定年を迎えるような年齢になったら飲まなくていいよw

604 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/01(日) 21:11:19 ID:Whmcub/MO
かーくんは(・・?)

605 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/01(日) 21:14:57 ID:Whmcub/MO
いくら白衣着たイメージの良い医者でも
ハゲ、ちび、デブ、臭いξ、変態 とかはモテないし捨てられるちゃねo(^ヮ^)o

606 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 22:08:28 ID:S1dNdCfc0
人格障害者を強制隔離する法案がもし国会に提出されたらどう思いますか?

607 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/01(日) 22:13:51 ID:eRSvBZzV0
>>606
 待遇次第では、そっち側に行こうと思います。



608 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 22:17:43 ID:+r81hUqN0
>>606
治療を前提としない隔離(旧らい予防法みたいなの)ですか?
税金の無駄遣いだと思うなあ。

そんなことをするくらいなら、たちの悪い行動障害のあるMRを何とかする法律作ってくれ。

609 :剣辛:2007/07/01(日) 22:26:18 ID:rVL7eAWV0
俺はもろ手を挙げて賛成。

まずはテキトーに病名をでっちあげて決めつけ、経団連の奥田、大臣の柳沢などを早速隔離です。

610 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 22:48:39 ID:S1dNdCfc0
レスありがとうございました
人権関連で反対されるかなと思ってたので意外でした
ちなみに自分はあったらいいなと思ってます

>>608
専門の人格障害病棟を作って事実上の軟禁状態にすることを考えてました

611 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:02:27 ID:INnA+27n0
人格障害者隔離したら誰も日本から出られなくなるじゃないw

612 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:03:33 ID:HQdt+IBY0
>>610
「軟禁」なんぞという処遇に収まっているようなタマでは、マトモな人格障害とは言えませんな。

613 :件真:2007/07/01(日) 23:05:04 ID:rVL7eAWV0
うむ、アミバ。良く言った。
隣の国の国民のほぼ全員が隔離される事になる訳だから、
我々はうかつに国を出ることもできなくなるのも当然だよ。

614 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:05:25 ID:INnA+27n0
精神科医が一番嫌ってるのは人格障害者だよ
病人のさらに↓という認識しかしてない
究極の悪の化身
病気の中の病気

615 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:11:50 ID:INnA+27n0
簡単に言えば病気と呼ぶにはあまりにも普通すぎて周囲の同意が得られない
かといって放置するにはあまりにも精神科医にとって迷惑な行動思想を持った連中を
総称して人格障害という位置づけにしている
ようするす思い道理にならないやつは全部人格障害に当てはまるようにDSMが作られてるw


616 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:13:32 ID:INnA+27n0
そういう意味で私は人格障害ですw

617 :件真 :2007/07/01(日) 23:15:36 ID:rVL7eAWV0
>>616
お前は人格障害では明らかに無いだろう。
単なる差別の外道で罪人だ。
正常人しか罪人にはなれないぞ、つまり罪人とは一種の栄光ある地位なのだ。

イエスもまた、そのような意味での罪人であったのだ。

618 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:22:57 ID:INnA+27n0
正常人が栄光を享受できるというある種の支配的妄想の具現化

619 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 23:24:06 ID:nOgYY9en0
>>606-617

はい、みなさん大変有意義な議論ありがとうございました。
宴たけなわではございますが、そろそろ中締めといたします。
二次会の場所は、

痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50

に「アミバ」の名前で予約を入れております。
本日はありがとうございました。

620 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 02:05:10 ID:ZAdIJ05Y0
人格障害の前に発達障害ってのがあるゾ。
どっちも厄介。

わが国も終身刑を作る。
刑務所のカロリー制限を厳密に。
(現在は成人病の集団)
刑務官は民間で。
(現在は楽勝の公務員)
金はかけず、外には出さず。

フエさん、これどう思う。

621 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 02:14:11 ID:7nfzMS+q0
私が人格障害は精神科医の宿敵だと言ったのはもうこれで3度目くらいだが
それでも学習せずにぼろを出してくれる精神科医は面白い

本来病気でないはずの人格障害が病気である存在をさしおいてでも隔離したいという
願望を持った精神科医たちが内心何を考えて行動してるか一目瞭然でしょw

622 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 02:25:23 ID:ZAdIJ05Y0
それは、病院経営者の思惑と噛んでいませんか。

623 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 02:44:16 ID:ZAdIJ05Y0
>本来病気でないはずの人格障害が病気である存在をさしおいてでも隔離したいという
>願望を持った精神科医たちが内心何を考えて行動してるか一目瞭然でしょw

宿敵ではない。
医学的な隔離は必要ない。
社会的に隔離が必要なだけ。

624 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 03:01:36 ID:7nfzMS+q0
それは同じ意味でしょw

625 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 03:05:18 ID:ZAdIJ05Y0
それが、あなたの限界ですねw

626 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 03:06:05 ID:7nfzMS+q0
患者のくせにw

627 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 03:16:42 ID:ZAdIJ05Y0
ゴメンね。
医師免許持ってます。

もう寝よう。
フエさんもP胃さんも面白がってるだろうな。
IDに目がいってなかった。

628 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 03:18:45 ID:7nfzMS+q0
もしかしてあなたの苗字は「香山」とかいいません?w

629 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 18:58:31 ID:8WPoaNNe0
今就職活動中でなかなかいい結果が出ず、1ヶ月くらいの間よく眠れない状態が
続いてて、いろんなプレッシャーもあって落ち込んだりしてると言ったら、
2週間分の眠剤と頓服の安定剤を処方されました。(安定剤は面接で必要以上に
緊張しがちと言ったのでそれに対して出されました)
この場合ってなんか病名は付いてるんですか?
軽い不眠みたいなことは言ってましたけどはっきりとは聞いてません。

630 :卵の名無しさん:2007/07/03(火) 13:03:16 ID:pDF+OjDD0
>>620
今ある無期懲役も終身刑にカテコライズされるものらしいよ

日本の無期懲役とヨーロッパの終身刑の実際〜マスコミの責任の大きさ
ttp://d.hatena.ne.jp/youhei2007/20070309

631 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/03(火) 14:19:53 ID:yzjinOssO
かーくんは(・・?)

632 :卵の名無しさん:2007/07/03(火) 15:11:45 ID:ZhM4EJGl0
かーくんて、アミバ先生のことですか?

633 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/03(火) 16:42:25 ID:yzjinOssO
>632
そうちゃね、ケンチンがアビバって名付けた名無しあっくんのことだYO☆o(^ヮ^)o
北斗の謙チンで名キャラらしいちゃo(^o^)o

634 :卵の名無しさん:2007/07/03(火) 21:23:55 ID:7mHo9KzO0
アミバ先生はあっくんだったんですか?
あっくんはキャラを変えたのですか?

635 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 15:47:30 ID:G5Q11q840
あっくんは生前、アミバを軽く批判してたぞ。

636 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 16:05:37 ID:qDFEzyyN0
あっくん、最近見かけないと思ったら、お亡くなりになってたの?

637 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 18:36:17 ID:4jWR4Usz0
統合失調症の人がクレペリン検査をすると
どんな形状になるんですか?

638 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 18:42:53 ID:pVsQbQvvO
アミバ先生とインリンさんはどのようなご関係なのですか?

639 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 19:06:55 ID:5Qjry1Lp0
なんだ、質問したって誰も答えないじゃないか。ここには医者なんかいないな。

640 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/04(水) 19:46:26 ID:MZ8nXxuT0
> なんだ、質問したって誰も答えないじゃないか。

 ここと

>ここには医者なんかいないな。

 ここの間の理屈が通らんのですが、もうちょっと説明してもらえますか?(笑


>>637
 しらなーい

641 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 19:53:58 ID:PmAblsd30
>>639
君の医者の定義による
君の望む生物はたぶんいない

642 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 19:54:37 ID:5Qjry1Lp0
文盲にはわからないか

643 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 19:56:27 ID:PmAblsd30
>>642
残念その時点で8割くらい死滅しました

644 :のの:2007/07/04(水) 22:04:50 ID:eYRodSH20
それなら、

オウムの洗脳技術を導入して、
刑務所の受刑者を、
「善人」に造り替えるというのは、
どうでしょう。。。

645 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 22:08:43 ID:PmAblsd30
それが精神科の役割ですが

646 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 22:09:46 ID:PmAblsd30
ただ彼らの言う「善人」とはかなり偏ってますがw

647 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/04(水) 22:32:36 ID:MZ8nXxuT0
>>644

つ 「時計仕掛けのオレンジ」

648 :卵の名無しさん:2007/07/05(木) 00:59:11 ID:i31djrEc0
古すぎるw

649 :見深:2007/07/05(木) 11:48:24 ID:qR/KzfG60
>>644
Ωの技術は、あれは拙劣だな。
林先生は確かに凄いが、心臓の方面の人だし、
中川は馬鹿学生だったらしいし、研修中にΩにドロッポした屁たれだろ。

650 :卵の名無しさん:2007/07/05(木) 14:18:17 ID:u2Sg1wCg0
>>629
いちばん考えられる診断は、
 適応障害
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E5%BF%9C%E9%9A%9C%E5%AE%B3
だと思います。
お大事に。

>>637
わりとよく言われるのが、「休憩効果が乏しい」ってやつかな。
特徴的な形、というのは無いようです。

>>その他
雑談は
こちらでお願いね。

痴呆P胃(とおぼしき方)に質問です
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178035736/l50


651 :卵の名無しさん:2007/07/05(木) 20:53:48 ID:YxNPoc/00
適応障害って便利な病気だよね
ってかまんまだよねw
悩みの主軸が社会に適応出来ないことだからwww
もしこれが面接官が怖いとかだとまた違う病名になるw
あほくさいですなw

652 :卵の名無しさん:2007/07/05(木) 21:03:13 ID:YxNPoc/00
面接に緊張して就職がうまくいかない
面接官が怖い

この2つは同軸上に存在していて切っても切れない関係であるにもかかわらず
どちらを言うかで病名が違ってくる
本人の状況よりも本人がその時なんと言うかが重要になってくるw
これは科学とは言わないw

653 :のの:2007/07/05(木) 23:41:09 ID:mBGYW8uf0
へたれだからこそ、
へたれを洗脳する能力に、長けているんだろうが。。。


さすが、先生は、何でも知ってるなあ。。。

654 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/05(木) 23:58:36 ID:q1YeiaW10
富永はどーなんだろ?
ちょっとカテゴライズしにくい。

655 :見深:2007/07/06(金) 00:02:35 ID:qR/KzfG60
>>652
>この2つは同軸上に存在していて切っても切れない関係
とは、「全く同一ではない」と言う事を自ら言明したと言う事に他ならん。
つまりはこの2つは「異なった事態」であるわけで、「異なった病態」にたいして
適切に違う病名を配するのが当然の事。

656 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:04:38 ID:YxNPoc/00
どちらも共生してるという意味ですよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

657 :見深:2007/07/06(金) 00:06:55 ID:qR/KzfG60
一例までに、Microsoftの行なうPCやソフトの資格試験を挙げておこう。
あれは、テスト自体がPC上で行なわれるものだ。
つまり、「面接官がいない」。

そんな状況でも試験に対して緊張する事は出来る。

つまりアミバ君が言っている事は、
>この2つは同軸上に存在していて切っても切れない関係
正しいが、切ろうと思えば切れる関係でもあって、異なった病態である可能性も内包してる。

面接官の無いマイクロソフトのテストならスイスイ受けられるが、そこで得た資格を持って
いざ企業に就職しようとして緊張する場合、対人緊張が主体となるカモシレナイ。
一方、どちらの試験もダメな場合、外出すること自体に苦痛が伴う可能性もあって、
これは違う病態となる。

分かる?

658 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:09:26 ID:YxNPoc/00
資格試験でも監視官はいますw

659 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:11:15 ID:rhPq/PFT0
結局そうやってふたを開けてみないとわからにものだけど
実質的にふたを開けることは不可能なのに
ふたを開けた気になってるのが君らw

660 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:13:39 ID:rhPq/PFT0
その証拠に患者は君らの言い分に一切の納得がいかず
自分たちで新たな論理を構築してお互いになぐさめあってるじゃないかw

661 :見深:2007/07/06(金) 00:13:45 ID:iznDCLmS0
一方、
>この2つは同軸上に存在していて切っても切れない関係
これもまた、正しいのさ。
苦痛を感じてる本人が、Microsoftのテストの様な特殊な状況に臨んだ事がない場合もある。
対人緊張だけなのか、それとも外出全般が苦痛なのかは、「聞いてみるまで」分からないし、
「聞いてみても」本人の体験やそれまでの人生経験に依存しており、分からない場合もある。

科学として正しい態度とは何か?それはこの「分からない」を適切に「分からない事」として保留
しておく事ではなかろうか。
「分かった事だけ」あるいは「分からないのは科学ではない」と言うのは、科学とは何か
余り良く理解してないアミバらしい無知さの、逆側からの表れに過ぎない。

一方、本人の苦痛は「分からない」を越えて現出し続ける訳であって、これは放置できない。
本質についての理解が欠如したままでも、やらねばならん事があり、そこで行なわれる処置が、
「そこそこ有効である」と言う過去の統計的資料に依存して、『治療』と称する行為が行なわれる訳だ。

662 :見深:2007/07/06(金) 00:16:05 ID:iznDCLmS0
>>660
納得など、「真」の証左として全く意味が無いw
納得もまた、心の一つの機能に他ならんのだからな。

663 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:16:07 ID:rhPq/PFT0
それは、せめてそうやってわかったことが大半を占めてる分野が言うことだwwww

664 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:16:50 ID:rhPq/PFT0
>>662
結局それは何でもありの宗教だと言ってるのと代わりがないw

665 :見深:2007/07/06(金) 00:18:31 ID:iznDCLmS0
>>663
うむ、よく言ったアミバ。
お前は馬鹿なりに進歩しつつあるぞ。
その通り、精神科など謎だらけだ。
そしてヤマ勘で薬が出るwたまに効いてたまに効かないw
効かなければ「次」な訳だ。

それが精神科の現実だ。

666 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:21:28 ID:rhPq/PFT0
精神医学が医学の一分野として確立されて50年が経過している
未だに電気ショックとかわけのわからん神技に拘っている
これが普通の科学の一分野ならとっくの昔にすたれてるべき存在だw
同じ医学分野でも20年証拠のつかめない仮説は無効だと言われるからなw

667 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:22:22 ID:rhPq/PFT0
そういえば最近福岡で記憶喪失で徘徊してる人が続出してるらしいんだが
お前らか?w

668 :見深:2007/07/06(金) 00:34:09 ID:iznDCLmS0
>>666
それどころかお前、80年代末まで「マラリヤ発熱療法」が保険点数に収載されてたぞw

669 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 00:44:48 ID:qWaeDWse0
無知な奴らに言っても無駄だ。
インシュリン・ショック、カルモナジン(?)ショックも保険適応だった。

何故か古い精神病院には手術室がある。
ロボトミーだけでなく、
優生保護法に基づいて子宮結索術が行われていた。

670 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/06(金) 01:00:53 ID:EhZX0ccA0
>>666
> 精神医学が医学の一分野として確立されて50年が経過している



え?

671 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 01:01:50 ID:rhPq/PFT0
それはどういう意味で言ってるのだ?

昔はもっとすごいことをしていたから電気ショックははるかに良心的と言いたいのか?w

昔はもっとすごいことをしていたがこれでもがんばって減らしたぞと言いたいのか?w

昔のようにもっとやりたいと言いたいのか?w

どれだ?w

672 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 01:22:22 ID:QJPnHnQb0
バカに教えを垂れてるだけだろw

673 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 01:44:55 ID:rhPq/PFT0
別に今更教えられたことなどなにもないが?w

674 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 01:54:37 ID:QJPnHnQb0
そりゃそうだろう。
50年前に精神医学を創始したアメリカの優性論者を知ってるくらいだからなw

675 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:05:57 ID:rhPq/PFT0
精神外科が幕を閉じて精神科になったのはだいたい50年前だが?w

676 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:11:49 ID:rhPq/PFT0
クレペリン概念を無視すれば精神医学の始まりは200年くらい前のヨーロッパになるが
クレペリンによって最初の疾病概念が作られたはだいたい100年前後
それからアメリカで独自の発展を遂げて1つの医療分野として確立されたのが50年くらい前
それからアメリカが主導的立場になって世界に精神病を輸出した形になる
ICDとかDSMとかね

677 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:13:01 ID:QJPnHnQb0
あははは。何を言っているのやら。
「精神医学が医学の一分野として確立されて50年が経過している」んだろ?

で、誰なの?そのアメリカ人。

678 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:15:39 ID:rhPq/PFT0
いや別に200年経過していると言ったほうが好みならそれでもいいけどw

679 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:18:25 ID:rhPq/PFT0
誰ってことはないんじゃない優生学というのはどんな立場の人でもとりうる思想なのだよ
医師だろうと科学者だろうと
ただ精神医学がアメリカで発展した次期にちょうど優生思想全盛期だったというだけの話でw
そもそも一人やそこらの思想で学問が体系付けられると考えるほうが幼稚だw

680 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:22:08 ID:rhPq/PFT0
誤解しちゃいけないのが
現在精神病院と呼ばれている施設はもともと治療するための施設ではなく殺すための施設だったということだ
殺すことはなくなってるが本来の目的は見失ってない

681 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:27:37 ID:QJPnHnQb0
>>679
なんだ、やっぱり知らないんじゃないか。

アメリカに限らず20世紀前半に世界中で優生学が隆盛したなんていうのは常識だわな。
それでも50年前にはならないけどね。

>>680
また話をずらしてる。

682 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:28:18 ID:rhPq/PFT0
日本で優生保護法が主に精神病を対象にしてたのはただの偶然だと?
日本が勝手に優生保護法なる非人道的な法律を何の根拠もなしに実施したとでも?

すべてアメリカから輸入された概念ですよ

683 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:29:17 ID:rhPq/PFT0
世界を席巻した優生法案の数々はすべてアメリカが始めたことだというのは常識だと思ってたがw

684 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:41:46 ID:rhPq/PFT0
そういう歴史を知ってれば
現在の精神医学においてもなお、社会的状況が精神病であるというレッテルを行使しているのも
遺伝が一切無関係だということをかたくなに拒否してるのも
当たり前と言えば当たり前の反応なのだよw

685 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 02:53:25 ID:QJPnHnQb0
ああ、なるほど。
そういう文脈なら、アメリカが優生思想の元締め的存在だったことは事実だね。
しかし日本の精神医学でアメリカの力が強くなったのはこの20年ほどに過ぎない。
ロボトミーやら断種やらはそれ以前に行われていたことだがね。

686 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 04:10:35 ID:6Qd5GcH60
アミバ先生は「精神病は遺伝が一切無関係だ」というレッテルがお好みのようです。

687 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 06:03:30 ID:rhPq/PFT0
>>685
優生保護法はどっから来たんだw

688 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 08:01:06 ID:jtiPeBhS0
何度誘導しても無駄のようですね。
痴呆Pスレもそろそろ埋めモードのようですし、どうぞこちらをご自由にお使い下さい。

このスレは放棄されました。
精神科医(とおぼしき方)への質問は、こちらへどうぞ。

精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart45
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1183675828/l50



689 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 08:08:08 ID:rhPq/PFT0
「インターネット/ビデオゲーム中毒」を精神障害の正式な診断名として分類−米医学会
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1181902505/

とうとうゲーム脳が精神医学に入り込んだw

690 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 08:17:25 ID:rhPq/PFT0
ゲーム脳が入ることは以前に予言したと思ったが

691 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 12:54:45 ID:7HsQJXW00
ちょっと気が短いような気もしますが・・・

692 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 21:58:58 ID:rhPq/PFT0
遅かれ早かれ入るだろうw

693 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 22:11:30 ID:7HsQJXW00
そういう意味じゃなくて、新スレのこと。

694 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 22:51:30 ID:rhPq/PFT0
人格障害者に何を言っても無駄w

695 :卵の名無しさん:2007/07/06(金) 23:01:32 ID:7HsQJXW00
メンヘル板某スレに、定期的に「私は医師に特別扱いされている。うらやましいだろ〜」
って書き込みをする人格障害者がいるんですが、隔離できませんかねぇ・・・



696 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 00:38:18 ID:NqvD/qq+O
アミバんは「ゲーム脳の恐怖」を読んだことないのかわざと曲解してるのか
どっち?

697 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 02:28:46 ID:cPBgI5tI0
以前にも言ったがゲーム脳と精神医学に共通するものは教育だ
教育上悪いものは病気ですってね
ゲームやネットをする子供を再教育して近寄らせないための名目にゲーム脳が作られ運用されている
同じ目的を持った精神医学がこれを見逃すはずもなくいずれ精神医学の病気として確立されるという話をしてたと思うが

698 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 02:57:19 ID:rNVkbguu0
アミバ先生の予言が当たったとして、それがどうかしたのかしらん?

699 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 03:02:10 ID:cPBgI5tI0
精神医学=ゲーム脳と同次元 が証明されただけよw


700 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 03:59:55 ID:rNVkbguu0
? なにか面白いの?? ワカラン

701 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 05:05:48 ID:cPBgI5tI0
。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

702 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 08:44:02 ID:cR9yehlB0
人格障害は治らない、ってのは正しいんだろうか
良くなってほしいという思いは迷惑なんだろうか
改善不可能なものなら、そのままにしておきたくないという考えで側に居られるのは迷惑なだけなのか
消えるのがいいとすれば喜んで消えるし、いるのがいいとすればどうでも傍らに居続けるんだが
どうすればいいのかよくわからない・・

今、「人はなぜ自殺するのか」張賢徳(勉誠出版) を読んでいる
君にもこの本はお薦めしたいな


703 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 08:49:41 ID:cPBgI5tI0
お金がないから死ぬんです

704 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 08:58:51 ID:cR9yehlB0
まあとにかく読んでみてよ
まだ途中なんだけど「自殺の9割には精神障害が見られる」とある

それの原因も経済的な問題だと思う?


705 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 09:37:04 ID:mBgwulRe0
アミバ先生微妙にキャラ変わった?

706 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 10:29:55 ID:cPBgI5tI0
自殺の9割を精神障害にしているが正解

経済的な理由で自殺未遂をして病院に搬送されるとめでたく鬱病の称号を獲得する
最初から精神障害として病院に通院している人というのは経済的な理由で困窮した人たちです
鬱病や統合失調症の良悪評価が自立できるかどうかにされているのがその証拠
その人たちが最終的に自殺したら病気のせいだと勝手に言ってるだけ


707 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 10:32:20 ID:cPBgI5tI0
遊んで暮らせるような大富豪が精神を病んで自殺したなんて話はあんまり聞いたことがないなw

708 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 10:33:55 ID:cPBgI5tI0
嘘です
まったく聞いたことがないですw

709 :のの(肉):2007/07/07(土) 10:34:38 ID:4puhpK4z0
だいたい。。。。







忙しい中の、
貴重な余暇まで、
コテ名乗って、自分の職業板に張り付いてるなんて、
ワーカホリック以外の何者でもなかろうが。。。。

言ってみるテスト。。。

710 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 17:11:55 ID:9OscemVeO
↑死ぬほど働いてもお金を払わないからも追加。

711 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 17:22:57 ID:HehwG7Dy0
>>702
人格障害は治るよ。ボーダーなら5年で60〜80%が治る。
とは言っても行動化が治まって診断基準から外れるだけだけど。
35過ぎのババアと30過ぎの男、それから30過ぎのナルはほとんど治らないと思う。

712 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 17:43:05 ID:O4eXjt30O
夜回り先生をどう思いますか?

713 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 18:29:50 ID:E8DufIIB0
>>706
むしろ残り1割が経済的生活日常的な原因だと思いました
つまり貧困や病苦ではないかと
>>711
ありがとうございます
では、治らないと、、、、若年の人格障害なら回復する余地があるわけですね
>>709
それはたしてワーカホリックなんてものなのか、、


バーチャル掲示板の中には5人に1人は人格障害がいると聞きました
とは言っても人格障害の割合が10〜20%と言われているようなので、そう多い数字とも言えないでしょうけど
2chではもっともっとなのかもしれない


714 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 20:20:12 ID:9OscemVeO
フエ先生、このスレで人を低能と叩き家くれと言ってる低脳がいます。

場所はここです。

社会板の

【貧困率第2位】年収150万円時代へ【自民党・悪政】2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1181441799/

300代ぐらいから一人で喧嘩越しの人がいます。その人を引き取って下さい。

例えば公務員臨時などは試験があり5ヶ月行ってひと月休みなど決まりがあるんです。
人によって事情も違い体の具合に合わせたり、目標もってやれることを頑張ってるんです。

715 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 20:37:13 ID:CpZldD0W0
>>714
                         ,、ァ
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::::ノ::::ぃ::ヽ::::::ヽ!
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::::::/" ::     '\-:'、
. \::゙、: : : :./:::::::::::::::::::::::::::::(・ )::  ,...,(・ ):::':、      で ?
 r、r.r ヽ 、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___
r |_,|_,|_,|`ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-
|_,|_,|_,|_,|、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,
|_,|_,|_人そ(^il:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、
| )   ヽノ |l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \
|  `".`´  ノヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ
   入_ノ   ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、
 \_/  //:::::::::            {.        V


716 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/07(土) 20:55:15 ID:UrFtkVo60

つ http://ja.wikipedia.org/wiki/ハワード・ヒューズ


>>709
 ああ、道理で私は最近あんまり寄り付かないんだ

717 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 21:39:44 ID:9OscemVeO
フ工先生、今日は七夕ですね。
>しーらない と >しらなーい の使い分けに奥深さを感じます。

不細工、フリーター工、不凍工...色んな患者さんと接して来られたのですか?
Excel教えて下さってるフ工先生が良いです。
(^(エ)^)←こんな感じ。

718 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 22:51:59 ID:cPBgI5tI0
人格障害に当てはまらない人はいない
100%当てはまる
受けての感じ方で違うが当てはめようと思えばいくらでも当てはめられる
だって占いだからw
だから治ることなど永久に無い
当初診断された人格障害とは違った性格にシフトすることはある
それも当てはめようと思えばまた人格障害になる
多くの場合その時点で満足してしまうだけ

719 :卵の名無しさん:2007/07/07(土) 23:54:16 ID:8l4YcyhdO
当直の日に電話してきていいよ。と主治医が言いました。
話す内容はありきたりな?一見友達みたいな。
医師が患者を恋愛対象にする訳ないので、
ほどほどにしておきたいのですが、
「電話してきていいよ」ってちょっといい加減な発言ですよね?


720 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 00:21:27 ID:lm6+BCP/0
精神科医死ね
初めて会った瞬間に「お前は・・・・」って独り言言われたあげく
俺に「友達いないのか?」だぜ
まじ死ねよ

721 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 00:29:01 ID:ZfvBA7G/0
どうせHPを見て、手ごろだと思って行ったら、
ぐさりと切り込まれただけではないかw

気にくわないことを言われるくらい覚悟して受診しろ。
医師はホステスではない。

722 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 00:29:13 ID:ynWCP3bz0
>>718
けれどもそれが「障害」になるレベルかどうかってことで
そうならないため誰だって律するように「教育」されるわけでしょ
コントロールが効かずに破綻がくるのが病的な状態
この「コントロール」は他でもなく自己に対するものよね

「痴呆p医」スレのこれを思い出す

829 :卵の名無しさん:2007/06/25(月) 02:37:35 ID:rJ6rC2tg0

 共依存者とは、自己自身に対する過小評価のために、他者に認められることによって
しか満足を得られず、そのために他者の好意を得ようとして自己犠牲的な献身を強迫的
に行なう傾向のある人のことであり、またその献身は結局のところ、他者の好意を(ひ
いては他者自身を)コントロールしようという動機に結び付いているために、結果とし
てその行動が自己中心的、策略的なものになり、しだいにその他者との関係性から離脱
できなくなるのである。(加藤篤志)


723 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 00:29:53 ID:ynWCP3bz0

だけどね、これと真反対に
依存すまいと攻撃や拒絶や無関心や非道でしか自己を守れないってのもおかしいと思う
向き合わないことって、分かり合いたいや繋がり合いたいを拒否してるでしょ


724 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 00:34:21 ID:ynWCP3bz0
>>720
信頼関係が作られる前にそれではつらいじゃないか

あなたにそう思わせてしまったその医師は失敗してるじゃないか


725 :研芯:2007/07/08(日) 01:10:57 ID:/Fpb3HdW0
DQNの追っ払いには成功してるな。

726 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 01:11:49 ID:o7fe+azD0
ある人が言いました「DQNとは自ら離れていくものだ」と

727 :研芯:2007/07/08(日) 01:13:15 ID:/Fpb3HdW0
そうかぁ?
食らい付いて来たり、2chで下らんレスを書くのもDQNだと思うぞ。

728 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 01:19:56 ID:ynWCP3bz0
>>725
精神科以外ならそれは当然なことですけども
精神科でも大人しく従順な理想の患者じゃなきゃ駄目なの?



729 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 01:27:11 ID:ynWCP3bz0
>>727
すみませんねw

730 :けんしんのことなんて口が避けても:2007/07/08(日) 01:34:33 ID:o7fe+azD0
暴言をはくDQNは相手の存在が気に入らないからはくわけよ
つまり存在そのものを消したいのさ
消されるということは逆に言えば二度とそのDQNと遭遇することがないからな
だからほっとけば自ら消えるのだよ

731 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 01:37:00 ID:o7fe+azD0
>>728
精神科は特にそうです
そうじゃないと壷買ってくれないから

732 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 09:02:31 ID:2HJ88+6j0
患者と結婚した医師いますか?




733 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 09:11:55 ID:o7fe+azD0
黒人と結婚した白人いますかって聞いてるくらい無意味な質問だぞw

734 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 12:30:35 ID:jfiENEp80
精神障害者なのだが
彼女が出来るかもしれない
精神病のことは隠した方が良い?

735 :らら(・∀・) ◆MBjH6i85yE :2007/07/08(日) 12:56:32 ID:wf6in4/g0
>>732
精神科では1人だけ知ってるよーん。

736 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 13:57:31 ID:WZK4Z0MA0
ボーダーを喜んで受け入れるような研究熱心なお医者さんご存じないでしょうか。

737 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:00:37 ID:vUg+nbLY0
すみません、質問があります。

現在、嫁さんが自殺未遂をして入院中です。
入院して2週間、もう精神的に落ち着き、普通の会話ができる状態
にまで回復しました。

が、毎晩他の患者にまとわりつかれて朝4時まで寝させてもらえず
体調不良に陥ってる状態です。
看護婦、医者に言っても相手にしてもらえないのが現状です。

自分としては見ていられず、本人もさっさと退院したいんですが
勝手に退院したら法的になにか問題はありますでしょうか・・・
入院は任意で本人が望んで入院しました。

738 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:13:44 ID:b964Ffb40
>>737
基本的にあなたと奥さんが両方とも退院を希望された場合、
説得はされるかもしれませんが基本的に退院になります。
万一、自殺の危険が切迫していると判断されれば措置入院の手続に入る可能性もありますが、
私のこれまでの臨床経験ではありません。

もし、どうしても病院が退院させようとしない場合は、
入院時にうけとった(はずの)「任意入院に際してのお知らせ」を読んで、
書かれた電話番号宛に電話をして苦情を言いましょう。
分からなければ、病院のある都道府県庁に問い合わせてください。


勝手に帰るというのは感心しません。きちんと手続を経て、退院しましょう。

739 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:22:45 ID:vUg+nbLY0
>>738さん

分かりやすく、親切なレスありがとうございます。
勝手に退院は確かに非常識な行為ではありますので、自重
したいと思います…。
とても気持ちが楽になりました、ありがとうございます。

740 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:28:22 ID:b964Ffb40
>>739
言い忘れました。

自殺未遂の具体的な内容にもよりますが、
医師が判断するより早く退院すると、再度自殺未遂をする危険性が高まるかもしれません。
そのあたりをふまえて退院を検討してください。

741 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:36:53 ID:kJYpZEtzO
先生が医師に見えなくてこまってます。

電話でだらだら話して好きな曲は〜とか、「先生疲れてるね」とか言ったり…
好きにならないほうが変ですよね、


742 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:45:04 ID:ynWCP3bz0
DQNの追っ払いは、以外の科だとそれなりに形を整えるね
理にかなうように穏便にやっていかないと、そいつに巻き込まれて同じとこに落ち「事件」になるでしょ

だけど精神科ではどう?
なにを言ってもなにをしても、行為者が安全でいられるのは「精神科に通うような奴だから」という了解が周囲にあるからか
これは2重に酷いと思うけどそんなことはあるものか
まるで、自分から酷いことをしてるのに相手の弱点を巧妙に周知させ自分は安全なところで攻撃するというような
患者をおもちゃにして弄び、破れたら相手が悪いことにして「あいつは頭がおかしいから」で済ませるような話も読んだ

こんなことが「医師」や「人間」の了解であってはならん
気にくわないから存在を消したいだ?まさか! そりゃ私怨でしょ転移でしょ
それは精神科の医師が悪いってんじゃなく「その人」がおかしいだけだと思う
俺たちはそんなもんじゃないぞ、の心意気が見たい

743 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:46:43 ID:vUg+nbLY0
>>740さん
分かりました。

現在、外出許可が出ており、自由に外に出れる状況にはなってます。
もし仮に、また自殺の再発が…という心配は多少ないと医師の判断
もあってのことだとは思ってます。

担当医に退院の相談をしたいのですが、担当医があちこちの
病院を回ってて忙しい人なんです。
なので、まだ一度もお会いしたことがありません…。
きっと退院の話を看護婦にしても…とは思うんですが、まずは
看護婦に話をしてみます。

744 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 14:51:15 ID:ynWCP3bz0
>>734
もしも「彼女」がステディな関係を意味するのならだけど、隠さんほうがいいと思う
それでだめになっても、後で駄目になるよりは
やってくには覚悟がいるし、隠されたというのは騙されたと同じ気分だよ
少なくとも彼女の時間を奪うことにならず巻き込まずに済むってもの
もし本気で精神を救いたいなら、その人と結婚して一生付き合うくらいの覚悟がいるといわれたことがある
でも供依存ではだめで、当人の精神が正しく強靭じゃないのもだめ だって

オードリーヘップバーンは主治医と結婚したけど、そりゃオードリーならではか
患者になったのも美しく繊細すぎる精神ゆえのように見えるし、医師は病以前にその存在に惹かれたのかもしれない
「患者と結婚」の代表にはならないでしょうし
通常は 医師は一生を引き受けない、ならばどう患者の協力者になるか 治していくための仲間になれるかで
医師は「病」の仲間ではないのだ、ということに患者は気がつかないといけないんじゃないかな

745 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 15:43:25 ID:CP8zWVom0
精神障害への偏見が有ると言いながらマスコミで正しい情報を流さないのはなぜなんでしょうか?
特にテレビ。
なにか事情があるのでしょうか?

746 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 15:45:02 ID:o7fe+azD0
偏見の主が医師だとばれるw

747 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 17:22:39 ID:bsyTVC+10
質問です。

向精神薬を飲んでいる方で、不随運動が見られる場合がありますが、これは錐体外路症状と解釈していいのでしょうか?

748 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 18:46:12 ID:ejlY6Jj20
質問です。
近所に最近独り言を絶えず話す人がいるんですがどういう病名なのでしょうか?
独り言は人と会話する位の音量で内容は常に文句罵声でたまに短く叫んだりします。
一度黙っているときを見たのですが突然抑えきれなくなったように吐き出ししまう、そんな
感じです。

749 :フ定期工 ◆xPipercov. :2007/07/08(日) 19:00:13 ID:X4nrVxsB0
>>747
 いいえ
>>748
 >>1

750 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 21:36:35 ID:QKGW2nkM0
昔から視線恐怖、ちょっとした対人恐怖で悩んでいたのですが、
今年はじめから斜頚の症状がでてきてしまいました。
ストレスや緊張からくる視線回避などで変になってしまったのですが。
精神科、神経内科どちらのほうが適切なのでしょうか?
あと催眠療法は適切なのでしょうか?

751 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 21:44:36 ID:MrQiZB+9O
以前から人混みの所に行くと


心臓がバクバクし、冷や汗が出、手が震えるなどの症状が出るのですが…


これは病気でしょうか…

752 :件新:2007/07/08(日) 21:54:46 ID:wyiqBKN10
>>751
>>1

人ごみの中でサリンを撒く連中が居る(居た)今日この頃ですからね。
サリン中毒でないと、誰が言い切れましょうか?

な、アミバ君。

753 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 22:39:25 ID:o7fe+azD0
私は言いきれるけどw

754 :卵の名無しさん:2007/07/08(日) 22:56:17 ID:Uioh6dB3O
>>751
それって心身症ですよね。

755 :卵の名無しさん:2007/07/09(月) 02:26:19 ID:+WqCONXO0
>>754
あなたは医師ですか?

756 :卵の名無しさん:2007/07/09(月) 07:41:12 ID:DOyt82bs0
このスレはすでに雑談スレと化しております。
真面目に質問をなさりたい方は次スレ

精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart45
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1183675828/l50

へどうぞ。

757 :卵の名無しさん:2007/07/10(火) 00:47:52 ID:Ym/himKD0
↓これって当ってますか?フエ先生やけんしん先生も五木寛之みたいになるのかと…

51 :卵の名無しさん:2007/07/09(月) 19:03:26 ID:gezwrVd30
精神科の先生って色々なタイプがいるけど、50歳過ぎると
みんな五木寛之みたいな感じになる。
会議で発言するときも急に遠くを見る様になるんだなあ。


758 :卵の名無しさん:2007/07/10(火) 00:50:28 ID:vAQ9TR2X0
笛は既に遠い目をしてるだろ。
P医は五木風のふいんきを既にだな。
けんしんはアミバの禿げ仲間だろw

759 :卵の名無しさん:2007/07/10(火) 21:35:00 ID:Ym/himKD0
>>758
ウケました。

760 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 07:55:55 ID:RwMmdEf90
こんにちは。今年で21になります。深刻な悩みがあってとうとう掲示板で質問します。
こんな質問をすれば『中二病』とか叩かれる事を覚悟で質問します。
幼い頃から(小学校高学年)相手の気持ちを察しやすい人間でした。
中3くらいから、相手と話てると相手の考えてる事(主に悪い思考、良い思考の時もある)が自分の中に流れてくる
感じを覚えました。『何を感じとったのか』と言われると答えれません。
それはイメージでいうと風船のような物で、相手から自分の心の中に風船が入ってきて、その風船が割れます。
そうすると風船の中から相手の情報(人柄について)が雪崩のように入ってきます。
相手の眼を見ると、眼の(とても遠く)奥にある何かを見てる気分になります。それは相手の『心』です。
高1になると、眼を見なくても色々回りの人間の思考(?)と思しきものを感じるようになりました。
その時のクラスにはイジメっ子が多くいました、精神的にも未熟な子が多かったです。(ちなみに自分はイジメの対象にはなってません)
その為か、周りの人間の心の醜い部分が自分の中に大量に入ってきて、呼吸が苦しくなりました。
汗もダラダラとでます。目の前が真っ白になります。頭の中に他人の思考に占領されてしまいます。
そして高校は中退しました(当事15歳)。それからというもの、人と接すると良い思考・悪い思考に関わらず自分の中に入ってくる事に恐怖を覚えて
しまいました。そして引きこもりっぽい生活になっています。外出は一応普通にします。
人が多い所にいると苦しいです。でもなぜか教会等は多少人が多くてもあまり苦しくないです。
なので教会の安息日のお祈りとかにはたまに顔をだします。
『相手の心読み取った気分になって相手の性格を決め付けてるだけじゃないの?思春期は特別な存在になりたいと思うものだ』
と思う人が殆どでしょう。自分も信用してもらうのは諦めてます。

長くなりましたが、以上です。これは病気ですか?病気ならば、病名は何ですか?

761 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 09:45:00 ID:bglNn5SQ0
>>760
>>1

762 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 11:01:48 ID:jb10Obc60
病気かどうかはわからんが
精神科医が病院へ来いと言うか
あるいは病名が付けられて薬が処方されるかという意味なら

Yesだw

763 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 11:05:30 ID:jb10Obc60
精神かっつーのは病気かどうかを見極めるところじゃない
来る人は全員患者です
なんとかしてほしいと言えば何とか出来るような薬を出す
薬を出すには病名をつけないといけない
論文書くにも適当に病名はつける
だから医師によってつける病名はいろいろ違うので聞くだけやぼですぜw

764 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 11:09:43 ID:jb10Obc60
精神科医は患者が自殺したり犯罪したりして責任追及されすぎて子犬みたいに怯えてるんだ
このままこの人を野放しにして自殺でもしたら訴訟起こされて大変なことになるとか被害妄想がすごいから
目の前にいる人が全員危険な病人に見えるらしくて過保護すぎるくらい薬を与えて監視して身動きとれなくするんだ


765 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 14:45:53 ID:8U3O5yNr0
アミバ先生、患者さんを混乱させないで下さい。

>>760 アミバ先生(762〜764)は精神科医(とおぼしき方)ではありませんから。

766 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 14:47:32 ID:jb10Obc60
何か間違ったこと言いました?w

767 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 15:13:13 ID:8U3O5yNr0
と患者が申しておりますw

768 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 16:06:38 ID:jb10Obc60
混乱だというなら私の書いたものをちゃんと正確に訂正して混乱を収めないとだめだよw

769 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 16:38:38 ID:CcSOb63G0
アミバ先生は正しさの前提が他人と違いますので訂正できません。

770 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 17:40:25 ID:jb10Obc60
患者を混乱させない1つの答えを提示せよと言ってるだけだが?w

771 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 17:43:53 ID:bglNn5SQ0
アミバが去るのが混乱を無くす一番よい方法だお。

772 :卵の名無しさん:2007/07/11(水) 17:48:15 ID:jb10Obc60
これだから患者はだめだw

773 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:05:12 ID:3hjGnEf60
精神科医って身体の病気診れますか?
血液データ、心電図、単純写、CTは読めますか??
精神科にかかる前には身体の病気を内科をはじめ他科で診てもらわない
と危ないと聞きましたが本当でしょうか?
患者が自殺したら精神科医の責任ですよね?

774 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:08:30 ID:AkudjhW20
>>773
患者の自殺を予防する責任は、保護者にある。
精神保健福祉法に明記されてる。

775 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:20:41 ID:oCcuIV0i0
>>768
>あるいは病名が付けられて薬が処方されるかという意味なら
>来る人は全員患者です
>なんとかしてほしいと言えば何とか出来るような薬を出す

精神科に行ってみたけれど、「病気ではない」と帰されたり、薬が出なかったりした
事例はいくらでもあります。
従ってアミバ説>>762>>763は、アミバ先生の脳内でしか成立しないことになります。
=アミバ先生は「患者さんを混乱させている」ということ。

これだからアミバはだめだw

776 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:20:51 ID:tW2NFeMR0
実際には精神科医はあほだから、患者をわざわざ自殺に追い込むような言動や行動を取るケースが多い
それで裁判で敗訴するけども、それを勘違いして自殺させたら責任を取らされるとか被害妄想があるw

777 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:23:06 ID:tW2NFeMR0
>>775
事例の具体例を出して味噌

778 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 02:26:39 ID:tW2NFeMR0
薬が出ないということはある
漢方医とかw薬を嫌ってる医者もいるw
それでも黙って返されるケースはまれ
カウンセリングで様子を見るとか言って結局繋ぎとめる
いずれ病気に昇格するであろうことを見込んで
追い返されるといえば人格障害くらいなもんだなw

779 :卵の名無しさん:2007/07/12(木) 03:22:01 ID:oCcuIV0i0
>>777
個人情報&守秘義務w

780 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 00:08:20 ID:wfahFL3n0
>>778
人格障害は精神病なんだろ?

781 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 00:12:12 ID:QeAzzeH10
精神病じゃないよ
治療するかといえば曖昧なだけだよ
大人しい素直な人は患者にして
迷惑な人は追い返すだけだよw

782 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 00:39:44 ID:wfahFL3n0
サンクス。
病気じゃないのか。
じゃあ医者に行ってもしょうがないな。

783 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 01:46:28 ID:LQwMtbzV0
お忙しいところ申し訳ありません。
ちょっとご相談お願いしたかったのですが

私の友人35歳女性なんですが うつ病と診断されその病院の処方された薬をそのまま飲んでいるのですが
ちょっと心配な点があるもので 相談させていただきます。
心配な点というのは 眠前に 薬を飲んだ後 決まってリスカしたり 薬の多量服用をするんです。
処方された薬を色々調べてみた結果 アメリカ等では使用されていない薬なども 処方されてるようなので
服用する量などを確認してみたかったのです。

3回の食後は インプロメン錠1mg1錠  ジアゼパム錠5「トーワ」1錠 
          タスモリン錠1mg1錠 パントシン錠100 1錠で
夕食後だけ  パキシル錠20mgを1錠追加です。
寝る前は  ラボナ錠 50mg 2錠 アモバン錠7.5 1錠 ロヒプノール錠2 2錠 レドルパー錠0.25 2錠です。
尚、それでも寝られない時は ラボナ錠 50mgを2錠追加。
過呼吸の発作もあるのですが その時には コントミン糖衣錠25mg 1錠 ジアゼパム錠「トーワ」5 2錠とのことです。

過呼吸の発作が出た時に 先生は うつ病が快方に向かってる証拠だよ。
と言うそうなのですが 本当の所はどうなのでしょうか?
お忙しい事とは存じますが どなたかご返答お願い致します。

784 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 02:07:55 ID:QeAzzeH10
有名なパキシル来ましたね

785 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 02:11:22 ID:lqrk4ewE0
有名なって、今更・・・

786 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 02:28:01 ID:QeAzzeH10
悪名高いという意味よw

787 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 06:41:51 ID:BL15WUX30
>>783
ここは雑談スレとなっています。
まじめな質問は
次スレ
精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart45
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1183675828/l50
へどうぞ。

788 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 07:59:46 ID:TVwMAffoO
セカンドオピニオン受けようと思って、紹介状を依頼。
病名欄に
精神衰弱(schizo)

とありました。
統合失調症なんですか?

789 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 08:02:55 ID:lHYtVEbA0
>>788

>>787

790 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 08:57:15 ID:TVwMAffoO
>>789

ごめん

791 :783:2007/07/14(土) 11:35:08 ID:LQwMtbzV0
>>787
ありがとうございます
伺ってみます

792 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 21:09:52 ID:VGPtQuNCO
>>798

すごい処方。今時ラボナって(笑)。

マイナーで脱抑制か眠剤でせん妄みたいになってリスカしてんじゃない?

リスカするやつにパキシルだすのもどうかと…。

本当に精神科?心療内科じゃないの?
やぶだと思います。

793 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 21:55:32 ID:JDwfMdzB0
>>798に期待

794 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 14:10:55 ID:WSLWeGbs0
すみませんが質問させてください。
「予約料」を請求するクリニックとそうでないクリニックがありますが、
制度的にきちんとしたルールはあるのですか?

精神科に限らず大学病院などは、全診療科で再診は原則予約制、予約料なし
ですが....


795 :けんしん:2007/07/15(日) 17:35:07 ID:HW6ULZnm0
ルールとは何でしょうか?色んな次元がありそうですね。

まず、法のレベルで言えば、「予約」自体が違法と言えます。
なぜなら医者に応召義務があり、診療時間内であり、かつ手が空いていれば、
患者さんの診療依頼を断ることが出来ないからです。従って、「予約」自体がおかしな事になります。

次のこの「手が空いている」と言う状況について考えて見ましょう。
前の患者さんのためにカルテを準備している時間、カルテを書いている時間など、
医者の面前に患者さんが居ない時間でも、「手が空いていない」時間はありえますね。
更に考えて見ます。貴方が患者さんならば、医者が何も考えず脊髄反射で
ソッコー出してくる薬を飲みたいですか、それとも医者がいろいろ考え、検討し、
「じっくり」考えてから決めた薬を飲みたいですか?
何もしていないように見える、この「じっくり考えている時間」を、「診療の時間」と定義するべきか否か、
それは「法」に定義できない診療そのもののをどう定義するかによって決まる訳です。

「診療」を定義する権利は誰にあるのでしょうか?まず一義的には医者側にありますね。
もう一方では、実際に診療を受ける側の患者さん側にもその権利がある訳です。
つまり「診療」とは何か、どの様な時間の使い方を「診療」と定義するか、それは
患者さんvs医者の個々の診療契約の内容によって決するモノですね。

所で、「個々の診療契約」によって決するとは言っても、あまりに多種多様ではありえません。
合理的な範囲で双方の可能な内容を「診療」と決して良いと思われます。言い換えれば、
「何を以って医者の手が空いた時間」であるかと、決める事は患者/医者双方の、
合理的な相互理解に基づく契約として定義できる部分があると言う事です。

では、精神科の診療状況を振り返って見ましょう。
例えば、極めて辛い内面のトラウマなどを目下直面させられながら、何とか乗り越えようとする時。
あまりに苦しくて、精神科医の所に行けない事がありませんか?
精神科医側は、大変気を揉むし、また予約の時間は患者さんのためにとってあり、他の患者は
この時間を利用する事は出来ません。つまり、患者さんは自分の側の都合や症状によって、
精神科医に多大な経済的ダメージを与えうると言う事です。(続く)

796 :けんしん:2007/07/15(日) 17:44:30 ID:HW6ULZnm0
このような症状や都合に基づくキャンセルに伴って発する精神科医側の
経済的ダメージを誰が補償すべきでしょうか?
法の次元では、それは患者さんの勝手と定義されています。
しかしそれでは精神科医が食っていけません。
キャンセルを無償で許してしまうと、精神科医は営業が出来なくなるのです。

これに法の次元で対応するには、そのようなキャンセルをする恐れのある患者さんを
全て拒否する事になるのです。
それを防ぎ、精神科医の側の経済的ダメージを抑え、また患者さん側には診療の継続を
保障する料金としての意味があると思います。
法律家の2元的思考パターンに精神科医が染まってしまうことは、病原的である場合がありますね。

上記は保険外診療での話しです。自分で全額払って受けるカウンセリングとかの話ですね。
とは言えキャンセル料は、保険診療の次元ではまた別個の問題を孕んでいますね。
それは略。

797 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 21:05:18 ID:xUDQSyXY0
統合失調症患者の文章は長くて読む気がしねーw

798 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 23:49:44 ID:c3t6M3en0
↑統合失調症の患者に対する偏見ですw

799 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 00:26:10 ID:wRCbfwyB0
だったら予約料取るんだったら、ホテル宿泊や旅行のように
当日キャンセルなら100%、前日キャンセルは70%…
などと常識的に納得できる体系にするのがスジ。

予定どおり診察日に受診しても予約料取るのは詐欺ね。

今、通ってる栗で違法な費用を徴収されてる患者さんたちは
告訴してやりなさい!!

800 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 00:42:50 ID:Md7IJvWS0
予約キャンセル時の患者側のペナルティ、しごく最もであると思う。
ですが予約通り受診した場合は、預かり金を返すようにしたらいいし
この理由で予約料を徴収するのは疑問もありますね。

しかも、これは診療が予約時間の通りに正確で、診察時間も30〜1時間と長い精神科に限られた話かもしれない。
>予約の時間は患者さんのためにとってあり、他の患者は この時間を利用する事は出来ません
他科ではこのようなことはなく、予約時間を2、3時間も遅れて5分診療が通常で
いなければ次の人になるからです。


と、書いたら似たような反応が前に..,.


801 :けんしん:2007/07/16(月) 02:21:56 ID:6r4RrNm50
重要な事。
精神科の診療は、納得などどうでも良いのです。
いやむしろ、納得してはいけない、納得すべきではない、納得させようとしてはいけないんですな。
医者の診療態度に納得する=それは信者を作ることであって、治療ではない。
納得できないことこそ、次への受診の必要性そのものだし、それが理解できなければ
ドロップアウトすればOK。医者など他に幾らでもいるでしょう。

802 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 08:25:23 ID:4irBk4aT0
ただ信じるのです、信じるものは救われる

803 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 09:53:40 ID:w25Joagc0
世間で「ひきこもり」といわれている人と統合失調症と診断する人とはどこがちがうのでしょうか?
妄想や幻覚があるかどうかでしょうか?
働きたくない人が妄想や幻覚があると言えば統合失調症と診断してしまうのでしょうか?

804 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 09:57:21 ID:4irBk4aT0
プレコックス感

805 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 10:27:00 ID:Md7IJvWS0
>>801
それは>>795,796の予約料の件とは別じゃないですか、話のすり替えでは?

まあ予約料は保険診療で別の問題は孕んでいるということで、終了。
禅問答>>801のほうが契機になる、テーマにも沿う。
よく考えてみる。

806 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 20:49:04 ID:Md7IJvWS0
>医者の診療態度に納得する
回復期じゃない時の「納得できること」など病には益にならず悪化を示すのか。
むしろ納得できないことを示され苦しむことで
辛さ生き辛さの原因を自身の中に見つけて納得できるか、なのか。
それは苦しんでいる人にとって荒治療だろうな。


807 :けんしん:2007/07/16(月) 20:57:31 ID:6r4RrNm50
その通り、荒治療。

808 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 21:00:24 ID:X6g+5OAAO
納得しないで薬のんでも効きが悪いンジャマイカ?

809 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 21:24:33 ID:4irBk4aT0
納得すれば薬飲まなくても効きがいいよw

810 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 21:39:21 ID:Md7IJvWS0
納得するのがすごく難しいことなんでしょう。

辛さ生き辛さの原因を自身の中に見つけて なんてことは。


811 :卵の名無しさん:2007/07/16(月) 23:09:06 ID:X6g+5OAAO
底の浅い理解かもしれませんが。
納得できないような内容をもって導くのは
むしろ、新興宗教に多く見られるやり方だと思うなぁ。
教祖こそ納得されてはいけないのだと思います。
はたまた真に意義あるものは
自己の理解を超越したものであるという意味でしょうか。


812 :けんしん:2007/07/17(火) 01:12:23 ID:yiQSOa3n0
>>811
「納得」の構造を提示してみなされ。
納得、とは如何なる心の働きなのか、どんな条件の下にどんな心の状態に至るのを納得と言うか。
それを一考してみなされ。

すると、そこには余りにも余りにも多くの前提があり、それらの前提の多くが
精神病水準であるどころか神経症水準においてすら不可能な前提である事を知るさ。

813 :けんしん:2007/07/17(火) 01:16:26 ID:yiQSOa3n0
非常に重要なことを、提示しておくかな。

他人の何かの作用を受けて本人が「納得」に至る、と言う場合を考えてみる。
これは「納得」と言う用語を別にすれば、
「他人から何かを与えて欲しい、しかも与えてもらったか不満足かは本人側の一方的な主観が決める。」
と言う形になっていると思う。
これは、悪質ボダの要求と実にそっくりである事に気が付くでしょう。

納得など、得ることはできナインですよ。
それを「治療者から与えてもらう」と言うポジションを取り続ける限り、治らないんだなw

814 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 10:24:41 ID:hpHZ4Jmd0
202 名前:けんしん[sage] 投稿日:2007/07/17(火) 01:22:36 ID:yiQSOa3n0
>>197
そっらオメー、アミバは俺の欲望の対象だよw
死ね糞野郎、ってこの攻撃性wもちろん肛門期的でしょう。
つまりアミバ君は、俺のウンコを捨てるための便所と言う訳ですな。

そして便所は、陶器で出来てなければならん。
あっくん(故人)の様にたやすくひっくり返っては、自分のうんこが自分に付くさw

その点、アミバ君は元気そうで便所に最適。

アミバ、この糞野郎!元気に死ねw

815 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 10:26:56 ID:hpHZ4Jmd0
お前を治療する気はもうとうないぞ

816 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 18:01:08 ID:M2qBtopRO
主治医のM先生へ

大嫌い!でも行かないで‥


817 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 21:06:10 ID:+Bn2n3hz0
>>813
他の誰でもなく自分が自分を治すのだと決意すること が 必要ということですか?

818 :けんしん:2007/07/17(火) 21:28:12 ID:yiQSOa3n0
>>817
そういう事。

そしてまた、自分だけの見方で自分を見てると歪んだ見方になって、
時として自分の疾病を延長する方向に自分を持って行きがちだと知ること。
治療者とは、これを矯正するために意見を「借りる」ために使うモノだと知る事。

819 :フ婦負工 ◆xPipercov. :2007/07/17(火) 21:29:28 ID:UkMmPqni0

 何言ってんだか(笑

820 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 21:54:10 ID:hpHZ4Jmd0
早く入院させろよ

821 :卵の名無しさん:2007/07/17(火) 22:26:11 ID:n0am3+YQO
>>813
示唆に富んだ意見ありがとうございます。
しかし、本当に理解するのにはしばらく時間がかかりそうです。
以前フエ先生が山に籠られてましたが、
私も籠りたい気分です。


822 :卵の名無しさん:2007/07/18(水) 00:15:21 ID:kvsYnNAl0
>>818 短い診察時間で要領よくやらないと,
大変ですね。


823 :卵の名無しさん:2007/07/18(水) 03:14:00 ID:005SY5UO0
37歳内科医
クリニック勤務で仕事は割と暇。家庭も円満でストレス少ない。
過去に3回2〜3週間の軽度のうつ症状あり。ソラナックス頓服のみで
仕事も普通にでき、食欲や睡眠も問題ない程度だった。
最近うつ症状は改善したけど、2日に1回程度激情にかられて嫌だった
人物を思い出し、車の中で一人で怒鳴っている。
デパス0.5mg頓服で穏やかになる。
別に普通に日常はおくれているけど専門医にかかたほうがいいのかな?

824 :卵の名無しさん:2007/07/18(水) 14:01:45 ID:IjqP0i8u0
・寝付けない
・寝て目が覚めてまた眠ってを繰り返すことがある
・朝方に寝て3時間程で起床
・夜が怖くなる
・夜の一人が怖くなる
・涙か出てきてとまらない
・過去の忘れたい事ばかり思い出してつらくなる
・過去の事を思い出すと消えたいような気持ちになる
・苛々する/無気力になる
・でも何もしない自分が嫌になって悪循環
・いざ外に出るとみんなが敵に見える
・私のことを見て笑っている気がして怖い
・他人と目を合わせられない

22歳女ですがこんな毎日がずっと続いてる
もうだめだー。
寝ても夢は嫌な怖い夢ばっかりだし

825 :卵の名無しさん:2007/07/19(木) 18:22:18 ID:K/Gr4P+00
一年位前から時々色のついた斑点のようなものが見えます。
一度レンドルミンを飲んだ翌朝に大量発生したことがあります。
先月眼科に行ったら両目とも網膜はく離でレーザー治療しました。
その後眼には異常はなし、色つき斑点は眼とは無関係で精神的なものではないかと言われました。
今はレキソタン、アタラックス、カミショウヨウサン、時々ラボナを飲んでいます。
精神科のドクターは目のことには首をかしげていますが
とりあえずレキソタンを徐々に減らすことになりました。
でも最近、色つき斑点が派手になってきて生活にも支障がでています。
この症状、いったい原因は何なのでしょうか?
目の事がすごくストレスになって毎日泣いてます。
ちなみに両目に症状が出ています。
一日に何度か、5分から10分くらい症状が出ます。
眼科では2軒行って異常なしと言われました。
脳神経内科などに行ったほうがよいのでしょうか?
服用している薬の影響でしょうか?
ストレスでよけいにひどくなってきているのでしょうか?
誰か助けてください

826 :卵の名無しさん:2007/07/19(木) 18:30:21 ID:5ngaeXJo0
内科で精密検査受けたほうがいいかもめ

827 :見深:2007/07/19(木) 18:40:03 ID:9Xqnd0af0
俺は眼科を推奨

828 :卵の名無しさん:2007/07/19(木) 18:54:48 ID:5ngaeXJo0
ヒント:抗原抗体

829 :見深:2007/07/19(木) 19:15:58 ID:9Xqnd0af0
そんな術語はねーw

830 :卵の名無しさん:2007/07/20(金) 05:52:00 ID:ADyhZ2Fq0
>>825
一般病院で首を傾げられるようなものなら
大学病院にでも行ってみたら?


831 :卵の名無しさん:2007/07/20(金) 08:14:52 ID:swdONxdd0
>>825
しろい壁の一点を見つめて下さい。
10秒くらいしたら、さっと目を右に向けます。
その時その斑点はどのように動きますか?

もし目の動きに一瞬遅れて右に動いて、目が止まった後でも少しの間動きが続いているようでしたら、
それは硝子体内の混濁だと思われます。

もし目の動きに完全に追従して動くのでしたら、角膜か水晶体に何かがある、または精神的なものでしょう。

もし目が動いてもその斑点が動かないのなら、それは壁のシミです。

832 :卵の名無しさん:2007/07/22(日) 14:54:14 ID:Ro2UX6J3O
朝から頭の中でダンゴ三兄弟がエンドレスでかかっています。
病院に行きますか?

833 :フ婦負工 ◆xPipercov. :2007/07/22(日) 14:58:58 ID:BvOX+gOY0
 私なんか自作のデタラメな歌が頭を回ってますよ。
 ま、明日は病院に久しぶりに行きますが

834 :卵の名無しさん:2007/07/22(日) 16:47:45 ID:xp8UQOIp0
>>819
フエ先生このお言葉の意味を教えていただけないでしょうか。
お願いいたします。

835 :フ婦負工 ◆xPipercov. :2007/07/22(日) 17:26:38 ID:BvOX+gOY0
>>834
 世迷い言ですから意味がわからんかったら、それはそれでよろし
 この世のすべてのことの意味がわかる必要なんてないですよ

836 :卵の名無しさん:2007/07/22(日) 19:58:46 ID:b9lF6tBXO
最強な抗不安薬教えて

837 :けんしん:2007/07/22(日) 20:01:20 ID:oKH3a81T0
ハロセン

838 :卵の名無しさん:2007/07/22(日) 20:03:50 ID:xp8UQOIp0
>>835
そうですか・・・少し残念です。
久しぶりにこのスレに来て丁度私が考えていた事の答えのような
ものがけんしん先生の文の中にありましたが今一つ納得でなかった
もので思わず質問してしまいました。
”意味がわからないまま”ですね。ありがとうございました。

839 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/22(日) 23:28:24 ID:BvOX+gOY0
>>838
 納得はでけんでしょうがね

840 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/23(月) 00:09:32 ID:JLsQCVyt0
 すんませんねぇ

841 :けんしん:2007/07/23(月) 00:32:28 ID:JEdhxWPi0
みごとナリヨ

842 :卵の名無しさん:2007/07/23(月) 17:24:51 ID:ix7BghPuO
リスパダールはなんの薬?

843 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/23(月) 22:49:01 ID:OQa70nmoO
フエせんせー素敵ちゃ☆
(*σσ)

844 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 00:22:50 ID:N8s5/Eik0
「絵画や音楽が芸術的に優れているとはどういうことなのか、
納得が出来る説明しろ」と言われて閉口したことがあって、、

そのときに相手のレベルに合った答えが見つからなくてwww
「納得できないのが芸術よん」とごまかしたことがあった。。orz


845 :けんしん:2007/07/24(火) 00:31:03 ID:XQXqCMVH0
文学だってサイコーに優れてるぞ。

846 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 00:31:42 ID:IwLp9SIN0
芸術は数学
数学的に調和の取れた形や音を人間は好む
潜在意識下で複雑な計算をやってのけるのだと思われる
芸術センスの高い人は同時に数学的センスを持っていることからもうかがえるだろう
芸術家に統合失調症が多いと同時に、統合失調症とされる人は同じく天才が多いのはそのため
まあ、頭の悪い人間には理解できないのだよ
残念ながら頭が悪い人が多数派なので金銭的価値に置き換えると才能が埋もれてしまう人も多い

847 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 05:20:52 ID:KcwaXHYB0
>>844
漏れも絵画や音楽を愛する人間だが、
芸術とは何かについて全く考えてなさそうな女に対して
似たような質問をしていじめてやることが結構あるなw
相手は分かってて困らせてるんでないの?w

848 :インリン ◆tzNC/zuwzM :2007/07/24(火) 17:53:10 ID:RZpYXNOaO
てかぁ、なんでこのスレにまみが来てるちゃ(・・?)

オンコロビン=ののちゃまキャラだと叩かれるからちゃ?o(^ヮ^)o

うっひゃっひゃо(≧ω≦)о爆

849 :こばやしひでぶ:2007/07/24(火) 21:25:24 ID:KMo14h3SO
>>844
芸術とはね
心に生じた感動をね
静かに見定めてね
それを形に整えたもののことをいうんだよ
もっとも
作品の根底には深い愛情が存在する場合が
多いよね
だから
僕は芸術とは愛だともおもふ


850 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 22:09:44 ID:wb3Qlklr0
>>849
調和のとれたものの美しさは、表現と心に生じたものが調和しそれ自体に深い愛情が存在すると思います。

が、契機となる心に生じるものは深い愛情のみならず 
激しい情念だったり、激動の念が愛を求める(つまり得られないことによる苦悩)ものだったり様々、
つまり苦しみや悲しみ憎しみを形にしたものすら「芸術」たりえる。
しかし、それすら藝術たりえるには苦や悲や哀が求める先に「愛情」がいつも存在すること、これがほしい。
なればこそ、人の究極求めるものとして完全になれない万人の心に共感や感動を生じさせるのかもしれません。

そこから受ける感動の受信作用自体、その人の「心に生じた○○」に返っていくものではないでしょうか。
さてじぶんの中には何が生じているのだろうと、それを感じさせる、これが藝術が藝術たる所以でしょう。

851 :ひでぶ:2007/07/24(火) 22:28:44 ID:KMo14h3SO
バウムテストとかってありますよね?
やっぱり精神病の患者さんの描く絵は特徴ありますか?
心の原風景みたいなものが存在して
それが反映されるのでしょうか。


852 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 22:34:02 ID:N8s5/Eik0
皆様、言葉で自説を語られていますが、、
実は本質は言葉にすると上図の手から水が漏れますよねw

その漏れてしまう本質の部分に感づくと、
言葉で説明することの水準の低さを思い知る訳なんです。。

そこを「納得をちょっと棚上げしたら〜」と表現せざるを得なかった〜w

853 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 22:35:47 ID:IwLp9SIN0
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/museum/music/page52_0.html

この辺でもお読み

854 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 22:41:15 ID:N8s5/Eik0
>>853
かねてから数学との対比が一番胡散臭さが少ないとは思っています。w


855 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 22:53:10 ID:s7aB9req0
五感と身体感覚のイメージ群の中から、視覚イメージだけが突出して
概念言語へと進化をとげたせいで、イメージ群の溶け合いは壊れました。
他のイメージも独自の進化を始めました。
聞く・嗅ぐ・味わう・触れる、と身体内部感覚、それと視覚イメージのうち概念言語創出から
取り残された部分が進化して、芸術が生まれました。


と、神田橋ジョージせんせは仰ってますな。

856 :ひでぶ:2007/07/24(火) 22:56:04 ID:KMo14h3SO
>>852
鑑賞することは感じることであり
言葉のお喋りを除外して感じることに集中する必要がある。
でも芸術論となるとどうしても言葉に頼らなくてはならない。
確かに芸術家が作品を作っているときは
言葉によらない表現に腐心しなくてはならない局面もあるかもしれない。
しかし、芸術家は芸術論も合わせ持つものであり。
芸術論を持たず
何も考えていないものは、やはり底が浅いだらう。


857 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 22:58:28 ID:wb3Qlklr0
>>855
うーん、
その五感と身体感覚よりも優位?にあるように思えるのが「心」
だと思うんですが。

858 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:01:30 ID:wb3Qlklr0
心は、五感や身体感覚を導く可能性や能力すらあるので。

859 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:02:14 ID:IwLp9SIN0
心など存在しない
脳が心地よいと感じる刺激情報というのは
すなわち脳が学習するにおいて重要な情報を検出したことを意味しており
繰り返しその刺激を得ようとすることを欲するようになる
その情報には情報科学的に意味のある要素が含まれてることを意味する

860 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 23:04:58 ID:N8s5/Eik0
「心」「愛」などの単語を持ち出すことで
芸術論そのものが胡散臭くなる。
今のところ数学がやはり一番しっくりくる説明です。

861 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:05:15 ID:wb3Qlklr0
となると、心ってナニ?となるわけですがw

862 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:08:24 ID:IwLp9SIN0
人間はただ本能で指定された情報を学習していき学習したパターンによってアクションを起こす機械でしかない
その過程でホルモンの生成などが行われて体温の上昇や呼吸数の増加などの身体症状が現れる
それを心と呼ぶ人がいるだけ

863 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 23:09:11 ID:N8s5/Eik0
「心」が幻想であることを無意識に理解してこそ、
他人の「心」を揺さぶる創作が可能になるのだと思う。

864 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:10:38 ID:wb3Qlklr0
脳を分解しても分らないし、でもそこにあるのは感じている

いくら知識を詰め込んでも理解できるものではないのですね

藝術もこれにしかり、なのかな

865 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:12:37 ID:IwLp9SIN0
芸術家は他人に見せるために作るのではない
すべて自己満足で作り上げる
感受性と呼んでいるものが極めて強い人たち
気分が高揚するある種の情報刺激をまとめあげたものを作って自分自身で高揚して楽しむ
それをまた別の人が見ても同じ脳機能を持った人間ならば同じような気分の高揚を得ることが出来る

866 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 23:18:13 ID:N8s5/Eik0
>>865
そこに存在する普遍性が「共感」なのかしら?
何かシグナルが共鳴することで理解される
メカニズムの一致による快感というものかしら?

867 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:19:54 ID:IwLp9SIN0
草原で昼寝をする感覚やジェットコースターに乗る感覚を絵や音で再現できるわけ
それを感じ取る側にもそれなりの高等機能が必要だけど
言い換えれば古典的バーチャルリアリティーかな

868 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:22:40 ID:wb3Qlklr0
>>865
それ、2行目っからはまるである種の犯罪を形容しているかのよう

歪みがあると狂気に走りがちなものでしょう
やっぱり、>>849がいいですねえ

869 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:24:32 ID:IwLp9SIN0
犯罪と芸術は紙一重だよ

870 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:28:08 ID:wb3Qlklr0
>>869
紙一重ですか!?

藝術が、ではなくて、
芸術家とされるモノが狂気と紙一重ならなんとなくわかりますけど


871 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:29:21 ID:IwLp9SIN0
欲望のまま、狂気に溺れて生み出すものが芸術そして犯罪

872 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:30:12 ID:wb3Qlklr0
あ、そうだ!

おそらく藝術と芸術家は一体ではないんですね

873 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:32:29 ID:wb3Qlklr0
あれ?
wがないけど、あなたID:IwLp9SIN0は君なの?


874 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:32:51 ID:IwLp9SIN0
作品も狂気なものもいっぱいあるよ
見ただけで発狂するような絵とか

875 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/24(火) 23:34:03 ID:77WVkBfM0
 そんなにロマンティックでもないんだけどねぇ(笑


 そこまでして同一視だか投影だかして防衛したいんだか

876 :けんしん:2007/07/24(火) 23:34:17 ID:XQXqCMVH0
馬鹿アミバの下らないプログラムとか、実に畸形なと言う意味では芸術にさも似たりw

877 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:35:40 ID:IwLp9SIN0
どこがロマンチックに見えたんだろうw

878 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:38:42 ID:IwLp9SIN0
統合失調症のような症状を出す人が結果はともかく芸術に走る傾向が多いのは事実
だから芸術は時に狂気の産物だよ
モーツアルトのふざけた曲とか
すべて自己の欲求を満たすために生み出したもの

879 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:39:59 ID:wb3Qlklr0
あらま 途中まで気が付かなかった

>>874
そういうものも人の中にはあるってことね
きっと外に出してしまわないといられなかったんでしょう


まぁ皮肉を言うより語ってください先生方もw

880 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/24(火) 23:40:23 ID:N8s5/Eik0
むしろ芸術作品は芸術家自身よりも観念である分リアルに狂気だと思う。
その狂気は狂気に共感する狂気(感受性)を持たない者の上を素通りしてゆくもの。

素通りされ置き去りにされた人間の戯言が「愛」や「心」だと思う。

881 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:40:43 ID:IwLp9SIN0
それと同一視と投影は真逆の意味なんで
どちらかにしてもらはないと、100%あなたの言ってることは正しく間違いだw

882 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:48:53 ID:wb3Qlklr0
芸術家は才能の因子を持ち、開花させる環境をもって藝術を生み出す

統合失調症はそれを生じる因子のようなものがないと発症しないもの、と聞きましたが
因子を持っていても環境の誘因がなければ発症しない、んでしたっけ?


それと統合失調が並べてもいいような同じこと?

883 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:51:15 ID:IwLp9SIN0
欲望を満たそうとするのは人間の本能であって
それが芸術であれ犯罪であれフエであれ、さまざまな表出の仕方があるけど
基本は同じ、自身の欲望を満たすために好きなことをやる
誰でも人に言えないようなことを影でやってるw
犯罪はまあ他の人間の権利を阻害するものなので欲望を阻害しなければいけない

これは以前から言ってることだ

884 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 23:54:39 ID:IwLp9SIN0
だから精神病など存在しないw

885 :けんしん:2007/07/24(火) 23:55:41 ID:XQXqCMVH0
狂気は創造を生まず、フランス系のれんちうの意見ですな。

886 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/25(水) 00:12:05 ID:2dIiXKi40

デゲネラシオーン(もったいつけて、鼻にかけて)

887 :けんしん:2007/07/25(水) 00:19:03 ID:lMR7Sx9Z0
ら でじぇねらつぃおーね 、だろイタリア語では。

888 :まみ ◆0Stl3oHNys :2007/07/25(水) 00:21:17 ID:v5qBf7g20
それ、ワーグナー。

889 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 00:25:19 ID:Nusp6aGn0
知ったか乙

890 :けんしん:2007/07/25(水) 00:28:04 ID:lMR7Sx9Z0
>>884
大丈夫か?勢いが足りんぞ。

ら でへねらしおーね だろ、スペイン語では

891 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 00:29:03 ID:Nusp6aGn0
日本語で墜落?

892 :けんしん:2007/07/25(水) 00:33:53 ID:lMR7Sx9Z0
gen- ラテン語どころか印欧祖語にも遡る古い語。「生成」と言う意味。
    属格genitiveは、この意味を如実に表した文法用語。
    自然natura、は古い語形ではgnaturaであり、gen-の'e'が無音になったモノ。
    その詳細は知らん。母音の階梯論は難しいので、アミバ頼む。

de-  否定を表す接頭語。

ええと、あとアミバ頼む。

893 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 00:37:57 ID:Nusp6aGn0
degenerazione

raizoneは恐らく英語のriseかと思われる
進歩するとか上昇するとかいう意味

上位方向への変化(gen)が否定される
つまり退化とか後退とかそんな意味です

たぶんw

894 :けんしん:2007/07/25(水) 00:40:50 ID:lMR7Sx9Z0
rationeは、英語のrationじゃないか?

上位方向への変化が否定されるのは、ある意味良いことだ。
生え際の上位方向への変化ほど、嫌なモノは無い。

895 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 00:44:18 ID:Nusp6aGn0
rationですな
でも意味は同じw

896 :けんしん:2007/07/25(水) 00:45:07 ID:lMR7Sx9Z0
上位方向への変化を極力避けたいのも、同じだなw

897 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 00:45:55 ID:Nusp6aGn0
がんばれよwww

898 :けんしん:2007/07/25(水) 00:47:54 ID:lMR7Sx9Z0
お前もなw

899 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 01:35:04 ID:37y9fFxEO
こんばんは。
教えて下さい。
「鬱病」から「不安神経症」と「鬱状態」と診断が変わりました。
良くなっているんですよね?

900 :けんしん:2007/07/25(水) 01:45:01 ID:lMR7Sx9Z0
@レセプト上の病名なら、少しも本質と関係ないモンですので気になさらずに。
保険診療で薬を出すための方便みたいなモンです。
A操作的診断基準=DSMとかです、に基づいて病名が変わったなら、
やはり同様に本質とは何の関係も無いことです。ここに住み着いてるアミバ君が言うようにw
医者の側の関心のポイントが変わっただけ、と言う場合もあります。
B本質的に良くなってる場合だって勿論あります。
その場合は、主治医に「何で診断を変えたの?」って聞いてみるのが良いかも。
C診断が間違いだった場合だってあります。
鬱病にありがちな貧困妄想や罪業妄想とかが、最初の内は医者には妄想にしか思えなくても、
実は妄想でなくて実際に経済的に困ってて、診断を間違ったかなと思って直している場合もありますね。

要は色々です。治って居られることをお祈りします。

901 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 01:48:33 ID:Nusp6aGn0
一般的な医療は病名ありきで治療が行われるけど
精神医学は治療ありきで病名が付けられるという
まあ、一般人にはちょっと理解しがたい自称科学をやっておられるんで
その辺誤解が多いねw

902 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 01:58:20 ID:Nusp6aGn0
精神医学で扱うDSMとかICD上の病名は意味がないと思って良い
医者が扱う精神病には異常と正常の2つしかない
傾向を見てそれにあった薬を処方する
病名に対する薬ではなくて、症状に対する薬を処方する

薬を処方する時に保険がらみで病名が縛られる場合に病名をつける
それと同時に統計をベースとした自称科学なので一応分類しないと話しが進まない
だから統計を計上する目的のみで病名を分類する
患者は本来、精神科で扱う病名を知る必要はない

903 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 08:31:22 ID:Ntu5OfwuO
>>900:けんしんサマ
>>901サマ
>>902サマ
御回答ありがとうございました。
自力支援用の診断書に明記してあった病名でした。
早く治し、早く仕事に復帰したく焦っていて気になり質問させていただいた次第です。
自分と薬と上手く付き合って目標に向かいます。
ありがとうございました。

904 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 10:57:20 ID:UMFzBNkj0
自立支援に胡坐をかいている患者に聞かせたいセリフだな。
患者寄せに利用している医師にもなw

905 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 13:29:08 ID:BggJfNYr0
全くだw

906 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 14:48:37 ID:JDg2jiHn0
>>897>>898
やはり禿のお仲間でしたか。

907 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 15:51:41 ID:BggJfNYr0
検診の豚野郎は、昔インリンに「お坊さんですか」と聞かれて、
フサフサだと応えてた希ガス

908 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 16:02:18 ID:PYd/Jx/a0
825です
色つき斑点がどんどんひどくなり一日に何十回も見えるようになりました。
形も数も大きさも様々です。
視界に現れスーっと流れるように消えたり、そのまま消えたり。
神経内科では異常ないと言われました。
生活に支障が出ています。
精神的なものでしょうか。
いったいどうすればいいんでしょうか。

909 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 18:15:15 ID:ffbKV3SW0
>>908
視覚野のある後頭葉に比較的良性の脳腫瘍(astrocytoma等)でもできてるんじゃねえの?
鑑別のためにも、一度脳神経外科に行ってCT/MRIでも撮った方がいいかもな。

910 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 18:23:35 ID:ffbKV3SW0
って、既に神経内科には行ってるんだな。
さすがに画像はとってるだろうから、画像上は異常なしってことか。
やっぱ薬の副作用か目かねえ。むつかすぃ。

911 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 18:40:48 ID:HAnUu4fv0
>>908

眼科で眼底診てもらえ。

912 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 19:23:03 ID:PYd/Jx/a0
825です
神経内科、CT撮りました。
眼科は6月に網膜はく離が見つかりレーザー手術しました。両目。
その後検診に行きましたが異常なし。
もう一軒行った眼科でも異常なしでした。
しばらくこの症状とおつきあいするしかないのかも。

913 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 19:32:11 ID:HnWQJTsf0
>>908
脳波はとりましたか?

914 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/25(水) 20:09:14 ID:2dIiXKi40
 興味深い話なんですけど
 年齢、性別、とかコマゴマ聞き出すわけにもいきませんからね。こまったこまった。

 ところで、
 その変な模様ってのが出てる真っ最中に眼科が診ました?
 症状が消えてる時に見せました?

915 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 20:33:40 ID:Nusp6aGn0
神経内科でなんともないとすれば網膜はく離がまた再発しただけかもめ

916 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/25(水) 20:43:11 ID:2dIiXKi40
「精神的な」が一番考えにくいもんなぁ

917 :卵の名無しさん:2007/07/25(水) 20:47:15 ID:Nusp6aGn0
他はなんともないんでしょ?
湿疹が出てるとか
胃が痛いとか

918 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 02:03:45 ID:YN3gwmao0
908で述べられている
>色つき斑点がどんどんひどくなり一日に何十回も見えるようになりました。
>形も数も大きさも様々です。
の時点で釣りと思ってんだけど。

919 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 03:10:43 ID:+hTcenZt0
しくしく、じんじん、ずきずき
違いを教えてくれw

920 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 08:55:28 ID:bHg6xzuL0
>>912
一応、MRIも撮った方がいいな。

921 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 09:26:37 ID:XCiXYlQ+0
825です
脳波は混んでいてお盆過ぎにとります
19歳、女子学生です
眼科で検査してるときは色つき斑点は見えてませんでした
一年前に初めて見えたのは入院中たくさん飲んでた眠剤を帰宅して急にやめたときでした。
4月にレンドルミンを飲んだ翌日は結晶のようなものがころころ転がって見えました。
そのころから以前は数日に一回だったのが見える回数が増えました。
4月に入学して最初は通学するだけで大変疲れてました。
眼科では精神科で相談してと言われました
神経内科では私のような症状の人は神経内科的に該当しないみたいなことを言われました
ひどくなったのは続けざまに両目が網膜はく離になりショックを受けたころからです
それと、眼科では精神的なものじゃないかと言われ、精神科では別の眼科で詳しく見てもらったほうがいいと言われ、
私も混乱して不安になってからますますひどくなってきてます
レキソタンは少しずつ減薬中です

922 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 09:38:49 ID:XCiXYlQ+0
825です
他はいたって健康です

923 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 10:01:02 ID:JFuGQPqJ0
>>921

網膜剥離症状だよ。


924 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 21:41:08 ID:cgUKESlg0
モテないことを根に持っているアミバ先生が

医師の理想の家庭生活と現実 Part3
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1185251289/l50

で男尊女卑論を展開しています。

925 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 23:09:54 ID:+hTcenZt0
女がどういう生き物か知ってる人は必ず私の意見に同意するw

926 :卵の名無しさん:2007/07/26(木) 23:50:21 ID:NEfIWySOO
アミバ先生は差別反対の立場だったのでは?
なぜ女性蔑視の発言をされるのですか?

927 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:05:35 ID:/yTnKK5h0
男女同権の名のもとに行われているのは差別の助長だから
宗教も文化も捨ててアメリカ万歳、何かあればアメリカはこうだ、アメリカはどうだとうるさいっつーの
アメリカは世界一の差別国家じゃねーかw

928 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:09:56 ID:/yTnKK5h0
日本は白人の侵略からアジアを団結して守ろうとしたのに
アメリカが文句を言ってきて最終的に侵略されアジア圏をイギリスやアメリカに踏み荒らされたんだよ
なんで日本が悪者になってんだよ
アメリカ糞だぞ

929 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:37:17 ID:2B60eFCkO
>>927-928
なぜ急にアメリカのお話が?

930 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:40:30 ID:/yTnKK5h0
精神医学の産みの親だと何度言えばw

931 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:44:14 ID:/yTnKK5h0
男女同権も精神医学もアメリカが強要した文化なんだよ
何故ならそのほうがアメリカが儲かるからというだけ

932 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:46:39 ID:/yTnKK5h0
アメリカの主要輸出品は電化製品でも車でもない
麻薬と武器と嗜好品

933 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 00:48:21 ID:/yTnKK5h0
嗜好品というのは宝石とか香水とか化粧品のこと

934 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 01:14:28 ID:2B60eFCkO
>>931
ご説明ありがとうございます。
男女同権がアメリカから強要された文化だから、それに反発してアミバ先生は男尊女卑なのですか?

935 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 01:54:34 ID:e9lbQwI70
この程度の者が名家wの子孫だとは。
今頃、どれ程先祖が悲しんでるか分からん。
いや、どうせ先祖といっても下らないチンカスなんだろうw

936 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 02:04:16 ID:/yTnKK5h0
ひとりで全財産食いつぶしたやつがいるんだよw

937 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 10:10:50 ID:e9lbQwI70
お前だって頭エエんだろ。
優れたソフトウェア創ってゼニをしこたま取れよ。
もったいねーな。

938 :卵の名無しさん:2007/07/27(金) 16:57:59 ID:qi0je9JH0
アモキサンのジェネリックってありますか?

939 :卵の名無しさん:2007/07/28(土) 19:57:59 ID:og4Wi/3L0
921です
色つき斑点、悪化してます。
今日診察で、神経内科でも眼科でも問題ないなら、やっぱりレキソタンが原因かな、と言われました。
ゆっくり減らしてるのでゼロになるまで5ヶ月くらいかかりそうです。
それで眼の症状が治まればいいんだけど・・・。
今のドクターのおかげで元気に通学できるようになったのでその言葉を信じたいんですが。
私みたいな症状を訴える患者は初めてで、
母が知り合いの精神科医に聞いてもそんな例は聞いたことないと言ったらしいです。
薬には非常に過敏で今までいろんな副作用がでました。
いつまで我慢すればいいんでしょう・・。かなり辛いです。


940 :卵の名無しさん:2007/07/28(土) 21:02:17 ID:bpmDsgFi0
精神科医とか死ねよ
てめぇら何エラぶってんだよ
マジイライラする

941 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:15:26 ID:vDG5LMxh0
では、精神科医に興味を持たなければイライラしないでしょ。

942 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:50:03 ID:WqAiDDP20
夏やのう

943 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/07/29(日) 12:46:35 ID:ACnsXdRx0
夏でんなぁ

944 :卵の名無しさん:2007/07/30(月) 03:21:25 ID:F50TgvxA0
選挙も終わりましたなぁ

945 :卵の名無しさん:2007/07/30(月) 08:37:32 ID:zgYmS3Y+0
825、921です
眼の症状がひどくなっています。
今はレキソタン一日5mg,二週間に0.5mgずつ減らしています。
でも眼のことが辛くていっそのことレキソタンやめてしまいたいです。
断薬するとどうなりますか
それとも減らすペースを早くしたほうがいいですか
このままでは目の事でノイローゼになりそうです


946 :卵の名無しさん:2007/07/30(月) 19:30:03 ID:n7kR+Cc/0
退薬症状とも思われ

947 :卵の名無しさん:2007/08/02(木) 01:04:54 ID:F3+d5p170
強引な考えですが
レキソタンの標的症状が不明瞭ならば中止してはどうかと。

中止後、1-2週で判断してみてはどうでしょう。

948 :卵の名無しさん:2007/08/02(木) 18:53:04 ID:5g/UQrNE0
>>794
ものすっご亀レスなので、見てくれているかな…
予約料に関して詳しいかたがいらっしゃらないようなのでお答えしますね。
予約料は『特定療養費』ってなかで決められているルールなのです。
医療機関は届け出をすると「予約料」を取っていいことになります。
「予約料」いっても、これは正確には
「指定した時間に行ったら待たないで診てもらえる」ための追加料金なのです。
だから、行かなかった時にはキャンセル料は発生しません。
ちなみに30分以上待たされた時は予約料はとれません。
10分以上診察をしないと予約料はとれません。
予約患者さんの合間に予約外の患者さんも診ないといけません。
1日1人の医師あたり40人までしか予約は入れられません。

949 :卵の名無しさん:2007/08/02(木) 18:59:58 ID:pdScJunO0
>>903
自立支援の診断書の病名で「鬱状態」じゃ通んないべ。東京では駄目だべ。
ICD-10のコードで認められている病名じゃないと駄目だべ。
「うつ病性障害 現在中等症エピソード」くらいじゃないと駄目だべ。
「鬱状態」で通ったんなら、その地方自治体名を教えてほすいべ。


950 :卵の名無しさん:2007/08/02(木) 19:02:39 ID:7uPzSPyD0
株価は需給で決まる。

特にここは浮動株が少ないので大人が動かしやすい。 加えて小金持った素人も呼び込みやすい。
お前ら嵌め込まれたんだよ。
一旦45-50まで戻してそこから仕切り直し。
今日もどうせ素人買い越しだろ。 ッw どんだけ高値覚えなんだよ。 www

2月は年末までに4万いくかいかないかで議論してたこと思い出せーーー

951 :卵の名無しさん:2007/08/02(木) 19:04:34 ID:pdScJunO0
>>794
ついでに目に付いたから答えるけど。
自費の診察では予約料取っているべ。それで来なかったらキャンセル料として全額徴収しているべ。
保険診療では、予約料は948の言う様に面倒なので取らないべ。
粒精なら一日20人とかしか来ないだろうから、保険でも予約料取ってやって行けるべ。変な話だがね。


952 :卵の名無しさん:2007/08/04(土) 10:38:52 ID:aJ/DjupM0
>>945
どうしても薬の副作用が気になるなら、
たったレキソタン5mg/日だから、とっとと止めてしまったら。
漸減する必要もないと思うよ。
いきなりバッサリ止めてもOKだが、
気になるなら5→4→3→2→1→0と1日ずつ減薬すればいいでしょう
何のため(症状)にレキソタンのんでんの?


953 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 09:06:31 ID:mPwOoRVT0
945です
最初は2年前に不安症状がひどく一日15mg服用。
一年前から徐々に減薬し一日2.5mgに。
4月に入学してしばらく動悸がしたり過呼吸になったので6mg/日。
落ち着いて通学できるようになったので徐々に減薬。
眼の症状が悪くなったので一日5mgを三分の二に減らし翌週にまた同量減らすことになりました。
明日から夕薬だけになります。
眼の症状は相変わらす悪いです。
ドクターはレキソタンなしになっても目の症状がおさまるとは言い切れないと。
先日検診で行った眼科では気にするとよけいに症状がひどくなることもある。
心身症のようなものかもしれないと言われ、なんだか落ち込みました。

954 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 09:38:20 ID:mPwOoRVT0
945です
眼の症状は天気の良い屋外、蛍光灯を見るとでてくることが多いような。
先日カメラのフラッシュでひどい症状がでました。
誰に言ってもわかってもらえないのが辛いです。

955 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 15:21:49 ID:T4HaDrT70
統合失調症の成因についてドーパミン仮説だけが特に強調されるのはなぜなんでしょうか?

956 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 15:27:29 ID:Y/Muwib80
わかりやすいから

957 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 15:42:57 ID:T4HaDrT70
>>956
本当ですか?
他の仮説は検証されてないんですか?

958 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 18:17:06 ID:Y/Muwib80
>>957
 素人さんに説明するのにわかりやすいから
 と、
 「今飲んでもらってるクスリ」について説明するのにわかりやすいから

 です。

ttp://www.prit.go.jp/Ja/PSchizo/TSchizo/ronbunnews295.html
ttp://www2f.biglobe.ne.jp/~yasuq/schizophrenia1.htm
ttp://behav.hmro.med.kyoto-u.ac.jp/Research/index.html
ttp://www.biol.tsukuba.ac.jp/tjb/Vol4No1/TJB200501200100749.html


 今のとこ、私が頭に入れてんのは
 前頭頭野の42だか46だかがで神経がお手てをあんまりつないでない
 ってのと
 原因だか結果だかしらないけど、A10だかA9だかのdopamineニューロンが異常興奮してる
 ってのと
 なんだか、味の素が足りなくて前の方が傷んでるってことぐらいなんですけど

 どれもこれも原因だか結果だかわかってないっつえばわかってない。
 

 認知症に治験やってるナントカってのが
 統合失調症でどうだったのかとか調べる気は今のところありません。

959 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 18:42:57 ID:RowLFpDP0
それを定説って言うんだけどな

960 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 18:48:08 ID:RowLFpDP0
>>前頭頭野の42だか46だかがで神経がお手てをあんまりつないでない
これが正解だった場合阻害剤使うと余計悪化するw

薬に阻害作用があるってのもまあ妄想だけどw

961 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 18:59:38 ID:iG/vgsBeO
アミバ氏理論は荒唐無稽である場合が多いのですが、
稀に私も疑問に思う点を指摘していることがあります。
例えば妄想に関してです。
妄想が存在することに関して疑問の余地はありませんが、
全ての妄想が容易に鑑別診断しうるものなのかどうか
疑問に思います。
妄想は病識がなく訂正不能であるのなら
本人も、また患者に
相対する医師も
それが妄想であるのか現実であるのか
判別が困難な場合も多いだろうと思うからです。


962 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 19:19:57 ID:RowLFpDP0
1つの疑問は2つ目の疑問を生む

963 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 19:20:43 ID:RowLFpDP0
いつか私の言ってることすべてが荒唐無稽に見えなくなる日が来るだろうw

964 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 20:23:41 ID:Y/Muwib80

> 全ての妄想が容易に鑑別診断しうるものなのかどうか
疑問に思います。


 「すべての妄想」となったら、簡単に鑑別つくもんじゃないですし
 妄想一つで全部を語ろうとなんてしてませんてば。

965 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 21:08:17 ID:iG/vgsBeO
問診を重ねることに
よって漸次確定していくということでしょうか。
そこから推量するに
いわゆる「グレーゾーン」は広くなるのだと思いますがどうでしょうか。
「私は神である」などという一時性の妄想の場合
明らかに妄想だと思うのですが。


966 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 22:32:40 ID:XRqiQA250
精神科に連れてこられれば妄想患者。
周りの人が信じれば教祖様。

967 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 22:39:44 ID:Y/Muwib80
> 「私は神である」などという一時性の妄想の場合
明らかに妄想だと思うのですが。


 そうですかねぇ

> 問診を重ねることに
よって漸次確定していくということでしょうか。


「妄想」を持つ病気も一つでないですし
逆に、
「妄想があることもある」病気や病気でないことは山ほどありますし

「妄想」なんてぇ単なる一症状だけに拘泥することはないですわな

968 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 22:42:45 ID:Y/Muwib80

 それよりも、
 100円ショップで買って来た亜鉛合金性のキーホルダーに
 果物の絵を、
 サンドブラストで梨地に刻印しようとして、

 サンドブラスト機も、研磨剤も使わずに
 砂場の砂をふるいにかけたものをガラス瓶に入れて、マスキングしたキーホルダーを入れて
 さっきからずっと振ってるんですけど

 何分ぐらいしたら出来上がるんでしょうねぇ

969 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 23:01:11 ID:iG/vgsBeO
>>967
レスありがとうございます。

970 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 23:17:39 ID:RowLFpDP0
砂はどこから取ってきたんだw
強化ガラスは砂入れると割れるから気をつけれw
たぶんうまくいかないw

971 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/05(日) 23:45:34 ID:Y/Muwib80
 うちの庭の砂場。

 つか、精神科医(とおぼしき方)に質問したんですけど(笑

972 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 23:51:43 ID:RowLFpDP0
答えられるやつがいないだろw

973 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/06(月) 00:10:41 ID:JYrdREN10
手順はだいたい

ttp://jigen-iori.jugem.jp/?day=20060609

 こんな感じでやってるんですけどね


コ一時間振ってても全然ダメっぽいので
素直に金剛砂でも買ってきてやりなおしますです

ttp://www.eonet.ne.jp/~ci5/a-chan/otegaru/otegaru.html

次はこの手かな



974 :卵の名無しさん:2007/08/06(月) 00:16:55 ID:zD4opNvA0
テープなんかでマスクすると垂直方向の力には強いけど
横方向の力には異常に弱い
だからビンの中でこねくりまわすとマスクがはがれるのがオチ
リンクのは垂直にしか当たらないようにふたに貼り付けて工夫してる
そもそも砂vs亜鉛合金では勝ち目がないw

溶かす方向でやってみたらどうだ?
お酢とか硫酸とか

975 :卵の名無しさん:2007/08/06(月) 00:21:54 ID:zD4opNvA0
一番てっとりばやい方法は歯科医が使ってるようなドリル買えw
ダイアモンドの頭つけて削れば一瞬だ

976 :けんしん:2007/08/06(月) 00:25:33 ID:ikfzVkSN0
禿頭もそうやって削り取ればちょっとはマシな人間になるのかな?

977 :卵の名無しさん:2007/08/06(月) 00:29:03 ID:zD4opNvA0
http://realmarket.jp/net2hancatalog/1000017426000/

ほれほれ

978 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/06(月) 00:45:41 ID:JYrdREN10
>>974
 うん
 私も、ふたに貼付けてやってる。

 ずいぶんと使ってなかったからエッチング液が行方不明で
 この手を考えたんだけど
 だめだったなー

 だいたい、溶かす方向だと梨地になるのかどうかよくわからんかったし

>>974
 いや、ルーターはあるんよ
 でも、サンドブラストでやってみたかったんよ

979 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/06(月) 00:49:13 ID:JYrdREN10
 真鍮ブラシあたりで、ガーっといったら
 マスキングのカッティングシートもめくれそうでしょ

980 :卵の名無しさん:2007/08/06(月) 00:52:02 ID:zD4opNvA0
じゃあ荒めのコンパウンドで磨いてみるとか

981 :フ季節工 ◆xPipercov. :2007/08/06(月) 00:59:38 ID:JYrdREN10
 そそ
 そこで、
 砂を入れてシェイクシェイク

 って考えに至ったんだよ

 素直に今度手芸店に行って金剛砂だかガーネットサンドだかを買ってきます。


 さすがに果物の図柄はまずいけど
 これでうまくいくなら
 今度のフリマで100円ショップのキーホルダーを500円くらいで出してやるんだ(笑

982 :卵の名無しさん:2007/08/06(月) 02:04:20 ID:STBQw5O9O
↑↑フエ先生凄いね!

303 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)