5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【死のダイブ】タミフルの怪【隠蔽工作?】2

1 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 06:49:50 ID:883FhYnb0

手軽に使われる一方、次々と報道される服用ティーンの怪死事件。
ご意見をどうぞ。
良い薬なんだけどな〜 

2 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 07:50:05 ID:4iRksPLv0
975 :卵の名無しさん :2007/03/27(火) 02:20:43 ID:4iRksPLv0
http://www.office-einsof.com/chemtrail.html#chem
ロシアはアメリカの国民に空から鳥インフルエンザワクチンの大量撒布を開始した合衆国政府に抗議します
ソルチャ・ファール Sorcha Faal

クレムリンからのレポートは、今日(6月22日)、ロシアのセルゲイ・ラヴロフSergei Lavrov外相がアメリカ政府
に対し合衆国の国民に向かって鳥インフルエンザウイルスH5N1.から保護するためのワクチン大量撒布を始める
という彼らの計画に強く抗議したことを報告しています。


978 :卵の名無しさん :2007/03/27(火) 02:53:39 ID:4iRksPLv0
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=111
インフルエンザウィルスはケムトレイルで撒かれている!


3 :卵の名無しさん :2007/03/27(火) 08:03:47 ID:UZr8KtDb0
全く問題無い
ダイブしてる奴の頭がおかしい
良い子のみんなはガンガンタミフル飲もう
ラリって楽しい気分になる
合法的麻薬みたいなもんだ。
できて約6年、まだまだわからないことも多い薬だ
日本の子供達がモルモットになってくれて欧米の人達も喜んでいる。
肺癌治療薬イレッサは世界で初めて日本が承認して大量に使用されたが致死率高く
欧米では認可せずに済んだ
ありがとう
日本の池沼達
騙される奴があほなのさwww

4 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 14:42:04 ID:SBtESKc/0
>>1
>良い薬なんだけどな〜

市ねよ、製薬会社のバイト工作員め!



5 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 14:58:15 ID:SBtESKc/0

どうやらこのスレには民降る擁護に必死な製薬会社の工作員が
棲み付いてるようだな。


6 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 15:05:56 ID:883FhYnb0
>4
タミフル登場以前のインフルエンザ治療の現場を知らないド素人は黙ってろ

7 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 15:10:58 ID:SBtESKc/0
>>6
未だにリレンザを知らないド素人の製薬会社社員は黙ってろ



8 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 15:21:28 ID:883FhYnb0
>7
知らないわけないでしょw
タミフルに比べて、リレンザが良い薬だと思うならドゾー
是非、リレンザにおける投与量の調整方法を教えて下さいw

9 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 15:42:50 ID:UxeKuOTN0
>>6
>>7
はいはい、民降るで飛び降り死されたら
熱どころじゃないんだよ。

そもそも民降るなんて、インフル脳症に対する
エビデンスもないし。

1日早く熱が下がる<<<<飛び降り死

天秤にかけて、どっちが被害大か、よーく考えてみ。

あ、時給で働いてる製薬会社のバイト工作員はバカだからわからんな。

10 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 16:04:01 ID:883FhYnb0
>9
「確率」って知ってるか?

「一日早く熱が下がる」×「有効率」>>>>「飛び降り死」×「事故発生率」だろ

11 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 16:05:42 ID:32l57yBEP
新型インフルエンザだってタミフルさえ飲めば

  ハ_ハ
('(゚∀゚∩ なおるよ!
 ヽ  〈
  ヽヽ_)

12 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 16:11:10 ID:883FhYnb0
臨床の現場からすれば
つまらん煽動記事で
選択肢を奪われるのは
我慢しがたいものがある

副作用で死亡する危険性のある薬剤を
全て使用禁止にしたらどうなるんだ?


13 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 16:13:39 ID:rk70Hocm0
新型が
来たその時に
民はなし

家族と従業員用に備蓄することにしました。

14 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 16:17:06 ID:wPMB7dMb0
12氏の言う通りだ。
まあ、厚生労働省がマスコミに叩かれないための防御策でしょ。

15 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 17:05:13 ID:rk70Hocm0
これだけ民が叩かれているのに
1000万人分の備蓄をなぜ急ぐ?
新来襲時には医療関係者に優先配布の方針とはいえ
その時はパニックになってマスゴミ・大衆ががそれを許さんだろ?

以上が個人備蓄の理由です。
常温で5年持つし。

16 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 17:11:35 ID:UxeKuOTN0
>>9
おまえ、何で自分で自分にレスしてるの?

17 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 17:26:33 ID:PhDFuYxu0
スレが工作員で埋め尽くされているな w

18 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 18:39:15 ID:qC5DkzJF0
タミフルをほとんど使わないスイス

http://www.swissinfo.org/jpn/front/detail.html?siteSect=105&sid=7648896&cKey=1174637435000

byスイス国際放送

スイス人は自力でインフルエンザをなおすらしい

19 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 19:00:00 ID:YJxDaLS20
女優のアンナ・ニコル・スミス検視 「薬物による事故」 タミフルも服用
http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200703270005.html
2007.03.27 Web posted at:11:51 JST- CNN

・服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」

米フロリダ州フォートローダーデール──2月8日に急死したモデルで女優のアンナ・ニコル・スミスさんの検視結果が26日発表され、
スミスさんが処方薬を大量に服用したことが死因であると断定された。警察当局者は記者会見で、「徹底的に検証した結果、
薬物の大量摂取による事故であり、犯罪性はないと確信した」と述べた。

スミスさんが服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」だった。


20 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 20:48:48 ID:1GH/MsiJ0
現にタミフル効くからなぁ。
そりゃ使うだろ。体力のない子供ならなおさらね。

むしろ漏れはあのインフルエンザの検査キットの方が気になる。
正確か?アレ。

21 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:04:17 ID:v54Qh1Um0
先週30台の女性が他院でインフルエンザと診断されたけど
本人がタミフル内服を拒否して3日間高熱のあと、
痙攣で運ばれてきた患者がいる。
その後心筋炎で心源性ショックとなり心停止、
今挿管されIABPとPCPSが入っている。
今日は70歳のお年寄りが5日前インフルエンザにかかったけど
タミフル処方してもらえず、錯乱状態となり救急車で搬送。
何とか助かったけど。その間のことはまったく憶えていない
でもタミフル飲んでいない場合は報告する義務はないんだよね。

22 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:15:51 ID:4iRksPLv0
>>21
すげー嘘くせえ!!

そもそもインフルエンザ脳症なんてものは、タミフルか、別の薬剤を使用するからこそ発生するものなんだぞ。


23 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:24:17 ID:19XuH+3K0
うわ なんかすごい低知能(^ω^;)

24 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:25:38 ID:LNfl8JQw0
お前が言うなw
>>21のどこにインフルエンザ脳症って書いてあるんだ?

25 :24:2007/03/27(火) 21:26:20 ID:LNfl8JQw0
>>22のことね。

26 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:36:08 ID:OJnHR0NQ0

突然死した女優のアンナ・ニコル・スミス検視

死因はタミフルなどによる「薬物死」

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200703270005.html
2007.03.27 Web posted at:11:51 JST- CNN

・服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」

米フロリダ州フォートローダーデール──2月8日に急死したモデルで女優のアンナ・ニコル・スミスさんの検視結果が26日発表され、
スミスさんが処方薬を大量に服用したことが死因であると断定された。警察当局者は記者会見で、「徹底的に検証した結果、
薬物の大量摂取による事故であり、犯罪性はないと確信した」と述べた。

スミスさんが服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」だった。



27 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:50:04 ID:883FhYnb0
インフルエンザでも無いのにタミフルをのんでいたか、
インフエンザなのにキノロンをのんでいたか、
インフルエンザでキノロンを必要とする併発症を呈していた

新でも当たり前だろw

28 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:54:18 ID:Ncxu/NXr0
>>26
幾らアメリカでも、シプロもタミフルも事故で死ぬ程大量処方するか?
死因になった薬の他に、シプロやタミフルがあったって事じゃねえのか?

29 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:54:33 ID:7XItd9So0
すいません。教えて下さい
今日、病院でインフルエンザですと言われてタミフルを処方されました
午後1時半頃に、1錠のところを2錠飲んでしまいました

夜飲むのは止めた方がいいでしょうか?


30 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:55:06 ID:v54Qh1Um0
>>22
まあ嘘と思うならいづれ症例報告するから確認すればいいよ。
臨床経験の少ない人には想像もつかないだろうけどね。
検索すれば案外これまでも報告あるんだよ。

31 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 21:57:37 ID:OJnHR0NQ0

死因はタミフルなどによる「薬物死」

突然死した女優のアンナ・ニコル・スミス検視結果

http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200703270005.html
2007.03.27 Web posted at:11:51 JST- CNN

・服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」

米フロリダ州フォートローダーデール──2月8日に急死したモデルで女優のアンナ・ニコル・スミスさんの検視結果が26日発表され、
スミスさんが処方薬を大量に服用したことが死因であると断定された。警察当局者は記者会見で、「徹底的に検証した結果、
薬物の大量摂取による事故であり、犯罪性はないと確信した」と述べた。

スミスさんが服用していた薬は、インフルエンザ治療薬「タミフル」と、抗生物質「シプロ」だった。



32 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:15:44 ID:6Dq8WqFc0
いちいち説明するのが面倒くさい

こういうの↓もマスごみまったくスルーだし
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070323i301.htm

奈良のたらい回しをスクープだとか騒いでたバカもあれだけけちょんけちょんにやっておいて
立件見送りになると責任もとらずに完全スルー

中外金持ってるんだからアホなマスごみを訴えてだまらせろよ




33 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:18:48 ID:OJnHR0NQ0
虫害製薬のバイト工作員って、この時間帯、いくら貰ってるの?


34 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:22:41 ID:g5fmpKv60
>>26
Yahoo!ブログ - 法医学者の悩み事  さすがは先進国だ
ttp://blogs.yahoo.co.jp/momohan_1/30321134.html

日本であれば、早々に事件性なしとされ、死因は心不全とされていたことだろう。

1ヶ月程度かけて、きちんと薬物を検出してきたところは、さすがだなと思う。

日本には、遺族が死因をちゃんと調べてほしいと思っても、警察が犯罪性なしとして
取り合ってくれない場合が多い。

それに比べ、英米では、検視官に申し立てればちゃんと死因を調べてもらえる。
日本の制度で欠けているのは、この部分でもある。

医療事故でも遺族は、犯罪(業務上下過失致死)の疑いありとして警察に訴えでて、
司法解剖してもらうしかなかった。

今後は、遺族など国民が調べてほしいと思えば、犯罪性があろうがなかろうが調べ
てもらえるようなシステムが必要だ。

またそうしたシステムを作ることがもっとも安上がでもある。

もし、今後、医療事故調以外にも、子供の事故調やら、虐待調査委員会やらを作っ
ていくことになれば、かなりの無駄遣いになるだろう。

35 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:30:47 ID:5ojfUyFQ0
高熱を出しA型インフルエンザと診断され、タミフルさっき飲んだ。
ちょうど酒を飲んでよっぱらったような感覚になる。(熱のせいかもしれないが)

死のダイブとか騒がれているけど、もしかしたら酔った感覚で正常な判断が
できなくなったのかも?

36 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:31:46 ID:883FhYnb0
「死因がタミフルやシプロ」というからには
致死濃度に達していたんだろうなw

37 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 22:35:29 ID:UfQA4KP70
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007032700937
2007/03/27-21:48 10歳未満が10代上回る=タミフルでの精神・神経障害−使用中止しない・厚労省

厚生労働省が10代への使用中止を決めたインフルエンザ治療薬「タミフル」について、
副作用の疑いがある精神障害や神経系障害が起きた例が、2004〜05年度の2年間で230件に上り、
年代別内訳で10歳未満(81件)が10代(67件)を上回ったことが27日、同省の調査で分かった。

同日の参院厚生労働委員会で、小池晃議員(共産)の質問に同省の高橋直人医薬食品局長が答えた。
高橋局長は「10歳未満については、インフルエンザによるリスクとベネフィット(利便性)のバランスだと考えている。
過去5年だと死亡率は非常に高い」と述べ、10歳未満の使用中止はしない考えを示した。



38 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 23:00:45 ID:4iRksPLv0
907 :卵の名無しさん :2007/03/25(日) 12:47:08 ID:03yFWQj10
広島の中国新聞(劣化ウランを詳しく取材している)が、広島上空のケムトレイル(Chemtrails)の写真を掲載。
「ケムトレイル」という言葉はNGワードなので新聞は書けないが、写真は間違いなく航空機による有毒科学物質の散布でできたケムトレイルのもの。

この様に5〜6本もの飛行機雲が交差するケースは、通常はあり得ない。
米国では一般に認識されていて、学校では子供達に紫外線対策、あるいは温暖化対策にアルミなどを撒いているなどと教えている。
しかし、実際には散布された地域住民の多くが体調不良を訴え、情報の公開を求めている。

民間航空会社の定期便がこれほど過密に1ヶ所を通過することはないし、そもそもこれらの写真が撮影された場所は民間航空機の定期航路ではない。
中国新聞は取材の結果として、岩国以外の米軍基地から来た航空機の可能性を述べるにとどめている。

http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai1/?date=20070214
http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai1/?date=20070217
http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai1/?date=20070218

rence.com のケムトレイルの写真
http://educate-yourself.org/ct/sandiegochemtrailsdarkline29nov06.shtml
http://educate-yourself.org/ct/
http://educate-yourself.org/ct/sprayingdiseasesviachemtrails27jul03.shtml

ケムトレイル:核戦争時代のエアロゾルと電磁兵器
http://www.aez.jp/2007/02/post_13.html

39 :卵の名無しさん:2007/03/27(火) 23:01:36 ID:4iRksPLv0
前スレにあった、この情報。

広島の人、鳥インフルエンザが猛威を振るったら報告よろしく。

40 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 03:19:14 ID:SBERR3Fn0
>>32
うん、日本は法医学者が少なすぎ。警察も予算が少ないのでなかなか
司法解剖をしたがらない。

不審死のうち実際司法解剖されるのは、驚く程僅か。

けっきょく、納得いかない遺族は、民間ルートで
高額な料金払って依頼するしかないようになってる。
つまり払える人しか解剖してもらえないのが一般的。

日本は先進国中でももっとも法医学者が少ないことで有名。

41 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 03:25:33 ID:SBERR3Fn0
世界の良薬、日本に届かず。ドラッグラグで世界から取り残される日本

厚労省は2009年度までの3年間に審査官を約200人から倍増し、新薬審査の迅速化を進める。
外国との新薬開発時期のタイムラグを縮めるためだが、「問題の根は非常に深い」と日本製薬工業
協会・医薬産業政策研究所の安田邦章・主任研究員は指摘する。(聞き手 NBO記者=谷川 博)

‐NBO 厚労省が新薬承認審査を迅速化するため担当者の倍増を決定しました。本当に効果は?
‐安田 確実に審査の迅速化は期待できると思います。というのは、欧米と比べて日本では審査官が
圧倒的に少ないからです。米国の10分の1の約200人しかいません。英国と比べても3分の1の規模
で、先進国では最も少ないのです。
 審査官のマンパワーの差は個人の能力だけでは埋めがたい。現在は審査官1人当たりの担当品目
が非常に多く、製薬会社の申請書類が机の上に山積みになっているのではないかと推測します。

 そもそも厚労省の決定の背景には、欧米で売られている医薬品の多くが日本では認められていない
現実があります。世界中で販売されている医薬品のうち、売り上げが多い上位100品目について
約3割が日本では承認されていない。欧米の医薬品が日本での使用を認められるまでには、非常に
長い時間がかかります。海外で発売され、日本で発売されるまでの時間差は約4年と言われ、
“ドラッグラグ”と呼ばれています。その原因の1つが新薬審査期間が長いことです。
 日本のこれまでの状況と比べれば事態は改善するでしょう。しかし、欧米と比べるとまだ物足りなさ
はあります。新薬審査を迅速化するだけで解決できる問題はではないのです。

 審査官の増員は、あくまでドラッグラグ解消に向けた第1歩です。問題の根っこは非常に深く、
どれか1つを改善すればすべて良くなるということではありません。厚労省をはじめ医薬関係者の
多くが認識していると思います。

-NBO ドラッグラグ解消のためには、ほかにどんな課題があるのですか。
-安田 例えば、治験の問題です。日本の治験は「遅い、高い、質が悪い」と言われています。新薬
開発に欠かせない治験環境が十分に整っていないのです。


42 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 03:28:53 ID:SBERR3Fn0
 それが、「世界に先駆けて日本で新薬を開発したい」という製薬会社の意欲をそいでしまうのです。
欧米の有力製薬会社は世界中、いたるところで新薬開発の拠点を設けてスピードアップを図って
います。ところが、そうしたグローバル企業にとって日本の優先順位は決して高くありません。
それどころか、日本の有力医薬品メーカーでさえ、日本国内ではなく、欧米での開発に力を入れて
いるというのが実状です。

 日本企業を含め世界の製薬業界では、新薬の治験がやりやすくて審査も速い欧米でまず承認を
受けて発売し、その実績を基に日本での製品承認・発売に踏み切るという行動パターンが定着して
います。こうした状況を変えない限り、ドラッグラグを解消することはできません。

‐NBO 医薬分野で世界から孤立する日本の状況は、より深刻化しているようですね。
‐安田 今、医薬関係者の間で注目されているのが、日本では非常に少ない「国際共同治験」の議論
です。これは多国で同時に治験を行うことですが、今や欧米企業では既に当たり前になっています。
なにしろ、20年以上前から始まっているのですから。

 「世界中で新薬を販売したい」と考えている製薬会社にとって国際共同治験のメリットは非常に
大きい。様々な人種の治験データを一斉に集められ、新薬開発コストを低減できるからです。
例えば、ある人種のデータを集めたい場合に、人件費をはじめコストの安い国や地域を選んで治験
を行えばいいのです。

 世界的製薬会社の中には、30カ国とか40カ国という規模で国際共同治験を行った例が既にあり、
そうした国の中に、日本は含まれていないのです。国を挙げて医薬業界の発展に取り組み始めて
いる韓国や中国などアジア諸国は積極的に国際共同治験に参加しています。

 日本は世界的な新薬開発のトレンドから取り残されつつあります。こうした構造的な問題がある
限り、ドラッグラグはいつまでたっても解消できないでしょう。ドラッグラグは、医薬業界の国際競争力
の問題だけでなく、世界の良薬が病に苦しむ日本の人たちの手になかなか届かないという大問題で
もあります。抜本的な変革が必要だと思います。(一部略)

43 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 06:25:17 ID:Eou9L6ocO
医者はもう知ってるんでしょ?
耳の神経がイカれて平行感覚がなくなるの
熱とプラスすれば、飛んでる気分になるの
地上で宇宙が体験できるのよ
隠してる?
箝口令でも敷かれてるの?

44 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 06:34:00 ID:dwne2bAY0
タミフルは関連火消しが必死すぎるNE

45 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 06:40:47 ID:IhXWgWWm0
飛んでる気分のヤツはわざわざ二階に上がる必要はないだろw

46 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 06:55:00 ID:Eou9L6ocO
飛んでる気分だから上に行くわけですよ

47 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 06:58:17 ID:GFNwVBjE0
いや、インフルエンザにかかると、上に行く体力どころか
起きてる体力がないんだが。w

48 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 07:07:53 ID:Eou9L6ocO
起きられない?
第三者が飛び込む場所まで運ぶんですか?

49 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 08:05:17 ID:IhXWgWWm0
平衡感覚がくるって飛んでる気分になるなら、
じっとしてても飛んでる気分になりそうだがなw

そもそも、平衡感覚が狂ってるヤツが
スムーズに二階にあがれるか考えろよww

50 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 08:44:49 ID:Eou9L6ocO
そりゃじっとしてたほうが飛んでる気分ですよ。
目を閉じれば特に
付け加えますと、飛んでるような感覚でもあります。落ちてるような感覚でもあります。
そりゃあもう恐怖ですよ。

スムーズに上がる必要がありますか?

イカれたのが片方だけなら、気分としては同じ所をぐるぐる廻る感覚です
一週間もすれば、無事な片方が死んだ分の役割も担うようになります。

あと、平行感覚の神経がイカれただけじゃ自ら飛び込んだりしませんからね。

51 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 08:59:24 ID:oUkhuLsTO
>>50
おまい、やけに詳しいな。
タミフルの幻覚は殆どの場合、治った人はその時の状況は記憶にないと言ってるようだが…?

52 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 09:10:15 ID:KmO43wDsP
講釈師 見てきたような 嘘を言い

53 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 10:07:40 ID:oUkhuLsTO
漏れの推測では三半規管が云々というよりは、やっぱメディエーター絡みなんじゃないかな?
目眩や平行感覚がやられたら部屋から出る事もままならないだろう、普通は。
途中で転倒ってパターンが殆どだと思う。

タミフルの場合、ベッドに押さえつける程に暴れるという報告もあったみたいだから
やっぱ中枢でアドレナリンやら何やらがドバドバ出ちゃったんじゃまいか?

54 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 13:52:12 ID:54Ss6amq0
http://www.youtube.com/watch?v=H5abzxI913w

55 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 14:11:06 ID:lmUQf1d70

Caution on Neuropsychiatric Events with Tamiflu Show #59, January 2007
ttp://www.accessdata.fda.gov/scripts/cdrh/cfdocs/psn/transcript.cfm?show=59#3

Roche Laboratories has alerted healthcare professionals about neuropsychiatric events
that have occurred in influenza patients taking Tamiflu (oseltamivir phosphate).

Tamiflu is used to treat or prevent the flu in patients 1 year and older.

The company's letter says that there have been reports of self-injury and delirium in flu patients
who were taking Tamiflu.

Most of these events occurred in Japan, and the majority were in children.

The possible role of the drug in contributing to these events isn't known.

However, the labeling for Tamiflu now says that people with the flu, particularly children,
may be at increased risk of self-injury and confusion shortly after taking Tamiflu,
and so they should be closely monitored for signs of unusual behavior throughout the treatment period.

Caregivers or patients should be told to contact a healthcare professional immediately
if a patient taking Tamiflu shows any signs of unusual behavior.




56 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 14:23:46 ID:KmO43wDsP
12歳男児、9階から転落死 風邪薬飲み就寝中

  27日午後9時ごろ、京都市伏見区向島二ノ丸町の向島ニュータウンで
  「人が転落した」と、付近の住民から119番通報があった。

  伏見署員が駆け付けると、11階建て集合住宅の9階に住む
  市立小学6年の男児(12)が地面の植え込み近くに倒れており、
  病院へ運ばれたが間もなく死亡した。
  自室のベランダから転落したとみられ、同署が事故と自殺の両面で調べている。

  調べでは、男児は上下スエット姿。
  26日から風邪をひいてベランダに面した部屋で寝ており、
  27日夕に市販の風邪薬2錠を飲んだ。
  ベランダの柵(高さ約1.2メートル)に男児が両手でつかんだような跡があった。
  遺書は見つかっていないという。

産経新聞 (2007/03/28 12:58)
http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070328/jkn070328012.htm


57 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 14:26:14 ID:lmUQf1d70
>>55

The company's letter also alerts practitioners to the potential interaction
between Tamiflu and FluMist, the intranasal flu vaccine.

It notes that if they aregiven together,

Tamiflu may inhibit the desired replication of the live virus in the intranasal vaccine.

Because of this, FluMist should not be administered within two weeks before,
or 48 hours after administering Tamiflu.

This potential interaction is not a problem with the injectable trivalent flu vaccine.

Additional Information:

FDA MedWatch Safety Alert. Tamiflu (oseltamivir phosphate). November 13, 2006.
http://www.fda.gov/medwatch/safety/2006/safety06.htm#tamiflu

Windows Media
字幕付 ttp://www.connectlive.com/events/fdatv/fda-show59-seg3-cc.asx

字幕無 ttp://www.connectlive.com/events/fdatv/fda-show59-seg3-150k.asx

RealPlayer 
字幕無 ttp://www.connectlive.com/events/fdatv/fda-show59-seg3-cc.ram

字幕付 ttp://www.connectlive.com/events/fdatv/fda-show59-seg3-150k.ram

58 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 14:45:42 ID:Mr80j8rd0
あの有名な会社のMRさんが服用してない患者さんで異常行動が出たら
厚生労働省に報告してください とお願いに来たよ。 わかったよと
言っておいたけど。

59 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 20:52:18 ID:DP1l7i+f0
インフルエンザ陰性でも異常行動 タミフル服用後に9歳女児
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/kenko/070328/knk070328001.htm

ンフルエンザ治療薬「タミフル」を服用後に異常行動を起こした子供の症例の中に、その後の検査でインフルエンザでなかったと
診断されたケースがあることが28日、分かった。
タミフル服用後の異常行動をインフルエンザによる影響とみる指摘があるが、
インフルエンザでない子供が異常行動を起こしたことで、議論を呼びそうだ。

タミフル輸入販売元の中外製薬によると、この症例は昨年3月、都立八王子小児病院で診察を受けた9歳女児のケース。
39度の発熱があり開業医で受診し、風邪と診断されてタミフルと風邪薬を処方された。
夜、タミフルを1回分服用して就寝した約2時間後に、急に起きあがり家の外に飛びだそうとしたため家族が押さえつけ、
数分で異常はおさまったという。

約1時間後に同小児病院で受診したが、言動に異常はなく、インフルエンザの検査は陰性だった。
診察した久保田雅也医長(小児神経)が中外製薬に副作用が疑われる症例として報告した。

厚労省は中外製薬から報告のあった約1800件の副作用が疑われる情報を詳細に調査中で、
このケースについても「専門家に審議してもらう」としている。

(2007/03/28 20:25)

60 :非公開@個人情報保護のため:2007/03/28(水) 21:07:11 ID:XSIUg1UM0
去年あれだけタミフルの備蓄をうったえていたマスコミは一転してタミフルたたき

なぜ、日本人はこうなのか


61 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 21:25:34 ID:IhXWgWWm0
備蓄薬剤がタミフルになったことが
面白くない某社がマスコミを煽った
ためということはあるかもしれない

62 :卵の名無しさん :2007/03/28(水) 22:49:58 ID:DXsnzYUR0
別にインフルでなくても熱があればせん妄は起こすわけで

63 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 23:11:36 ID:kw9iCKSr0
インフルの検査せずにインフルと診断してタミフル出して異常行動起こしたって
ニュースで騒いでるがインフル診断せずにタミフル処方してレセプトで切られたりしないのかな?

64 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 23:14:07 ID:IhXWgWWm0
インフルエンザの診断に検査は「必須」ではない

タミフルの投与条件にも「検査で確認」はない

65 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 23:24:49 ID:vWkJIx2t0
検査の精度は100%じゃないからね

66 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 23:33:19 ID:pVMlMMei0
タミフルは関連火消しが必死すぎるNE

67 :卵の名無しさん:2007/03/28(水) 23:36:29 ID:icO1boXu0
日テレで、厚生労働省は
異常行動は、インフルエンザによるものだ
と伝えていたが、そんなこと言っていたか?

風邪と診断したのに
医者がタミフルと解熱剤を処方したのは
スルーするのは、完全にミスリードじゃね。

68 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 00:14:43 ID:U2Slz0A70
今の事件の話とは関係無いんだが、昨日インフルエンザA型と診断されてタミフル使用の意思を問われた上でタミフル処方してもらったんだが


薬の説明書読み間違えて、1日2Cを1回2カプセルだと思って、昨夜と今朝2カプセルずつ飲んじまった
これってどうなるの?教えて偉い人
当方20代前半の男で持病無し

69 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 00:27:02 ID:JE3jDl020
>>68
ちょっとした質問スレッド Part105
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1172887562/

70 :68:2007/03/29(木) 00:28:01 ID:U2Slz0A70
過去に同じ質問が出てスルーされてるな
スマソ、別スレで聞いてきます……

71 :68:2007/03/29(木) 00:29:10 ID:U2Slz0A70
>>69
書き込んでる間に
誘導thxです

72 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 00:41:53 ID:BIhsVrnV0
>>67
無理に医者にたのんでタミフルを処方させた親について触れないことこそがミスリード。
こういう面白い親が今後増えてくる可能性があることを世間は知る必要がある。
なんせゴネてくれる連中がいる以上、金を求めて人が群がってくるのは必然。

73 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 00:49:59 ID:y2ZAOeU20
> あの有名な会社のMRさんが服用してない患者さんで異常行動が出たら
> 厚生労働省に報告してください とお願いに来たよ。 わかったよと
> 言っておいたけど。


これってまさに工作員そのものじゃん w

74 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 00:54:00 ID:/0+sNcSgO
突然死の事例あったらしい。
マスコミにバレないように厚生労必死に隠蔽。
タミフル効果はあるが悩む副作用。

75 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 01:00:13 ID:JE3jDl020
>>72
医者は、そう思うだろうが
新聞記事には
「親が無理に頼んだ」とは、書かれていない。

しかし、医者は、無理に頼めば
風邪なのにタミフルをするのか?
ただでさえ使いすぎなのに。


76 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 01:00:41 ID:gH1lIwkU0
>>74
それはあなたが知らなかっただけじゃない?
因果関係不明も含めてタミフル服用後に死亡って何十人もいたじゃん。

77 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 01:19:38 ID:6okfOh/s0
>>73
当たり前のこと。
タミフルと転落事故の因果関係を調査するためには
服用していない場合の異常行動についての情報収集も必須だ。
その程度のことも理解できないのにタミフルの副作用とやらを気にしているのか?

>>75
親がお望みだったってことは他で報道されてるけどな。
予防で処方できる薬だし、ゴネ倒す親がいたら出すんじゃねぇか?
解熱剤も一緒に出てるんだから
本来は「そっちをどうしたか?」についても報道する義務はあるはずなんだが。
冗談抜きで何が原因か不明なのにその中の特定部分だけをマスコミが抽出して世論を誘導するのは問題だ。
神戸連続児童殺傷事件の間抜けな報道を思い出すよ。
馬鹿みたいに騒いで謎の「黒い袋でゴミ出ししたおっさん」とやらを皆で大注目。
しかし本当の犯人は厨房。
サカキバラが殺ル気だったら無警戒な背中からバッサリやられる被害者が出ていたことだろう。
マスコミは「あるある」問題で「公権力の介入を許すな。自浄可能だ」などと言っているのだが、
昔から全く無反省にいい加減な報道をやり続けている。

78 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 02:37:23 ID:7sN1qKpz0

タミフルで突然死の事例がワラワラ出て来るわ、出てくるわ

今まで厚労省が必死に隠蔽していたのがバレてしまった訳なのだが


79 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 03:24:04 ID:byvDPDGR0
12歳男児が9階から転落死、風邪で就寝中
http://osaka.nikkansports.com/news/f-on-tp6-20070328-176308.html
[2007年3月28日12時46分]

27日午後9時ごろ、京都市伏見区向島の向島ニュータウンで「人が転落した」と、付近の住民から119番があった。
伏見署員が駆け付けると、11階建て集合住宅の9階に住む市立小学6年男児(12)が地面の植え込み近くに倒れており、
病院へ運ばれたが間もなく死亡した。自室のベランダから転落したとみられ、同署が事故と自殺の両面で調べている。

調べでは、男児は上下スエット姿。26日から風邪をひいてベランダに面した部屋で寝ており、
27日夕に市販の風邪薬2錠を飲んだ。ベランダの柵(高さ約1・2メートル)に男児が両手でつかんだような跡があった。
遺書は見つかっていないという。(共同)


タミフルが異常行動に直接の影響か<3/29 1:47>
http://www.news24.jp/80501.html

80 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 08:45:40 ID:noQ0UMJL0
虫害社員の少なくとも一人がここを確認していることが確認できました。
(本人に確認)
ただし、隠蔽活動を実施してるかは不明です。

とにかく、誠実で、正確なデータを提供してください。

81 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 08:50:51 ID:fwLLEZEe0
今まで、高熱で家族にインフルエンザがいるとなれば
患者と相談して、簡易検査なしでインフルエンザと診断してたけどな.

まずいか?

82 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 09:08:24 ID:8gYO3fH+0

898 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/03/29(木) 09:01:40 ID:R4s0giYw0
今回の様な件は巷の開業医ではよくあること。
発熱からあまり時間が経過しておらず迅速(−)、しかし症状からインフルエンザだろう、と見込みでタミフルを処方するケース
はしばしば見受けられる。

そして、結果的にインフルエンザは陰性にてタミフルを服用した幼児〜小児において服用後30分〜1時間後に
「奇声を発する、動き回る、なにかにおびえる行動を示す」 といった症例はそれはもう山ほどある。
あわてた保護者が別の医師の判断を求めタミフルを処方した医師・病院とは別の施設を受診することはよくある。
従ってタミフルでそういう経験はない、と言い切る医師がいるのも不本意ではあるがやむを得ないのではなかろうか。
メーカーにも過去何度もそういう症例があることを口頭で伝えているが一度も副作用報告の書類を持ってきたことがない。

20数年、小児医療に携わっているが確かにインフルエンザに関わらず高熱が続いた症例ではしばしばいわゆる熱せんもう状態
は見受けられる。しかし高熱期の場合は「うわごと・幻覚」であり、行動は伴わない。「異常行動」はどちらかと言えば寛解期にみられ、一連の騒動にあるように高熱の初期段階で
マンションから飛び降りるなどの「異常行動」は経験したことがないし、聞いたこともない。
メーリングリストからの報告をみても同じような感想をもつ医師は全国にいる。
いずれにしてもメーカーはもう少し真摯な対応をして欲しいものだ。 


83 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 10:40:02 ID:J4AiUoHv0
あるきまわったり、突然走り出したりは時々あるよ

>行動は伴わない
ほーーーーーーーーーーーーー
「○○はない」と断言するのがどれほど困難かを
判った上での御発言でしょうなw

84 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 10:45:57 ID:8+nIttIPO
ダイブした子供て元々異常行動の既往があったのでしょう。
どうしてマスゴミはその辺の事実を報道しないの?ニヤニヤ

85 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 11:13:35 ID:J4AiUoHv0
イエローペーパーには併用薬は書いてあっても、
そういうバックグラウンドは書かれてないからな

86 :卵の名無しさん:2007/03/29(木) 23:35:09 ID:i89QcxC70
>>78
虫害製薬の工作員なんだから、隠蔽活動以外はやらないよ。
事実がバレたら困るから、こうして必死に工作しまくってるんだし。
ましてや都合の悪いデータがいくら出て来ても絶対認めないよ。

87 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 00:23:08 ID:dyZvBz3x0
でも、これだけスレが虫害の工作員で埋め尽くされると、
かなり笑えるね。

お笑いスレになってきてる。

88 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 00:26:40 ID:S1rIp07h0
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/03/29/d20070329000224.html

タミフル服用なしで異常行動
インフルエンザで異常な行動を起こしたのは、横浜市栄区の14歳の男子中学生です。
横浜市小児科医会によりますと、この中学生は今月20日38度の熱を出してインフ
ルエンザのB型と診断され、翌日の朝、はだしで自宅の庭を歩いているのが見つかった
もので、中学生は「自宅の2階から飛び降りた。飛び降りる瞬間にベランダに手をかけ
たが、どうやって落ちたかは覚えていない」と、もうろうとしながら話したということ
です。この中学生は、服用した患者が建物から飛び降りたりする異常な行動が相次いで
いるインフルエンザ治療薬のタミフルを含め、薬は服用していなかったということです。
横浜市医師会では「インフルエンザの患者はタミフルを服用していなくても異常な行動
が起こる可能性があり、保護者は子どもと同じ部屋で寝るなど十分に注意を払うべきだ」
と呼びかけています。

89 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 00:27:35 ID:Sxq9qXOH0
いい薬なんだけどなー
ガンガン処方しすぎなんだよ

90 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 00:31:00 ID:GBNFZOWh0
>89
禿堂。
でも、ここまで良い薬だと、「あんたには出しません」とは
言いにくいよな〜

ま、少しくらい怖い副作用があった方が医者としては
使用量をコントロールしやすくて良いんだが、
アフォな行政がつまらん年齢制限とか入れるんじゃねぇヨ!
ヴォけが!!!

91 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 00:49:28 ID:dyZvBz3x0
虫害工作員、市寝よ w w w

92 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:04:04 ID:VfcwDrj/0
だから飲ませて、ベッドにくくりつけておけば、いいだけの事じゃん

93 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:06:19 ID:dyZvBz3x0
民降る飲まないで飛び降りたインフル患者というのは、

これはもう民降る社員から大金のバイト代もらってるね。

「民降る飲まないで飛び降りた」なんてのは、そんなのが以前あったら

とっくの昔に報道されてるんだよ。

民降る騒ぎになってからとってつけたようにこういう「民降る飲まないで
飛び降りた」なんて報告出すのは、もう明らかに虫害製薬が大金払って
工作した、ヤラセ患者。

「『息子がインフルで窓から飛び降りた。でも民降るは飲んでない』と
警察に一方入れるだけで100万払いますよ。実際は飛び降りなくてもいいんで
す。おたくサラ金とローンで苦しいんでしょ?」とゆすった結果。

あるいは「奥さん、不倫を旦那さんにバラしちゃいますよ」とゆすった結果。



94 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:07:44 ID:x88imvKs0
また脳炎か('A`)

95 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:08:27 ID:dyZvBz3x0
しかもこのケースは、中学生による自己申請。目撃者はゼロ。

自分で「飛び降りた。どうやって飛び降りたか覚えていない」と
言ってるだけ。ヤラセの嘘に決まってる。w w w

96 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:12:35 ID:PMapJQal0
タミフル予防内服で異常行動の報告はありますか?

97 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:21:47 ID:OAqmINLp0
つーか、ここまでやばそうなクスリ、虫害ごときが天下りだの研究費だのって少々手回ししたくらいじゃ、とっくに販売禁止になってると思うけども。
やっぱ、ラムズフェルドの関与が臭い。政府が10歳以上の10代に禁止だなんて漫才のようなこと言ってたのも、そうだからじゃん?
WEの時といい、アメリカの高官は、金儲けに必死だわな。

98 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 01:45:44 ID:S1rIp07h0
>>97
金欲しさに必至なのは浜某と薬害にしたい連中とおれはすなおに思うが。


99 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 06:31:49 ID:GBNFZOWh0
>とってつけたように報告が出てくる
 のは、
「タミフルのんで異常行動」も同じだw

100 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 07:13:49 ID:M876gwdp0
>>97
つうか、ラムズフェルドの力が落ちていなければこんな騒ぎには出来ない。
ラムズフェルドやチェイニーの力が落ちてライスなどにパワーシフトしている。

むしろ今回の一件は、ラムズフェルド追撃作戦だと思うよ。

おぼれる犬(ラム)に今のブッシュの後ろにいる連中が石を投げたってわけ。

http://nwj-web.jp/
6カ国協議 北のマフィアが笑う腰砕け外交

人材の空洞化とネオコンの退場がアメリカを迷走させる

 3月22日まで北京で開催された6カ国協議は、まるでB級マフィア映画のようだった。
窮地に追い込まれた主人公が大切なものを守るために、やむなく悪党たちの要
求を受け入れる。ところが悪党連中は、また新たに理不尽な主張をし、まだ足
りないと言って交渉の席を立つ。コケにされた主人公は、無力感をつのらせる
――。
 今回、北京で哀れな主人公の役回りを演じたのは、アメリカ政府だ。
北朝鮮核問題の進展を何よりも急いだブッシュ政権は、アメリカの金融制裁で
マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)で凍結されていた北朝鮮関連口座
の約2500万ドルの全額返還を約束した。しかし北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァ
ン)外務次官は、全額の入金を確認するまで交渉に応じないと主張して帰国。
6カ国協議は休会になった。

101 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 07:32:15 ID:5UJ+5JnC0
コピペで散々みたがラムズフェルドってタミフルで資産が100万ドル増えたんだろ?
100万ドルが日本円でいくらぐらいかはわかるよね?

102 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 07:42:04 ID:D2fQ2D8e0
もうちょっと科学的な話をしろよw
脳内妄想はいいから。

103 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 08:13:27 ID:k9s6lJDM0
寄付を受けた研究者を除外する対応を取ったが、天下りを止めることはしない。薬害裁判で国が負けても税金が被害者に払われるだけ。

104 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 08:37:09 ID:w2UKaOKe0
厚労省もメーカーも説明責任果たしているのだから、
患者に対しての責任は全面的に医者が取れよ!やぶ医者がー!とよ、
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/jikan/2007/02/k0222.html

105 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 14:57:22 ID:kEpBmaQb0
>>93
…わざわざ報告のたびにマスコミが報道するほど
特殊な事例ではなかったからでしょ。

マスコミはすべての出来事を報道しているわけではない、
報道したいことを報道しているだけだということをお忘れなく

106 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 19:25:53 ID:BLuNgdvg0

奨学寄附金の指針作り、首相が指示 タミフル問題で 2007年03月30日14時53分

 インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用と異常行動との関連を調べている厚生
労働省研究班の主任研究者らが、輸入販売元の中外製薬(東京)から奨学寄付金を
受けていた問題で、安倍首相は30日、柳沢厚労相に、奨学寄付金に関する指針作
りを指示した。

 柳沢氏はこの日の閣議後会見で、安倍首相から「ルールを決めないといけない」
と指示を受けたことを明らかにした。金額や期間により寄付を制限することを検討
する。薬の副作用を調査する研究班が、販売会社から寄付をもらえば調査の公正さ
に疑念が起きるため、金額や期間により寄付を制限することを検討する。

 また柳沢氏は、薬害C型肝炎訴訟の原告らが全面解決を求めて続けている厚労省
前の座り込みについて「会うことはできないが、健康を害することを心配してい
る」と語った。(朝日)

107 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 19:31:02 ID:BLuNgdvg0
民降る飲まないで飛び降りたインフル患者というのは、

これはもう民降る社員から大金のバイト代もらってるね。

 本当に「民降る飲まないで飛び降りた」なんて事があったら
とっくの昔に報道されてたんだよ。

実際は、今までそんな事例は全くなかった。

 それなのに民降る騒ぎになってからとってつけたようにこういう
「民降る飲まないで飛び降りた」なんて新たな事例を作るのは、
もう明らかに虫害製薬が大金払って作り上げた、ヤラセ患者事例。

 「『息子がインフルで窓から飛び降りた。でも民降るは飲んでない』と
警察に一報入れるだけで100万払いますよ。実際は飛び降りなくてもいいんで
す。おたくサラ金とローンで苦しいんでしょ?」と製薬会社が一般人をゆすった
工作活動の結果。
 あるいは「奥さん、工作活動に協力してくれないと不倫を旦那さんにバラ
しちゃいますよ」とゆすったか w。

 しかもこのケースは、中学生による自己申請。飛び降りシーンの目撃者はゼロ。
本当に飛び降りた証明は全くない。

 自分で「飛び降りた。どうやって飛び降りたか覚えていない」と
言ってるだけ。ヤラセの嘘に決まってる。w w w

108 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 19:32:26 ID:BLuNgdvg0
>>97
>とってつけたように報告が出てくるのは、「タミフルのんで異常行動」も同じだ

は?
「民降る飲んで異常行動」の報告は、民降る使用以来、ずっとあったのだが。 w


109 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 19:40:26 ID:BLuNgdvg0
・インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後に家を飛び出そうとするなどの異常行動を
 起こした女児が、その後の検査で、インフルエンザではないとの結果が出たことが
 28日、分かった。こうした患者が明らかになるのは初めて。タミフル服用後の異常
 行動の原因はインフルエンザ脳症ではないかとの指摘があるが、タミフルの影響を
 示す例として注目されそうだ。女児を診療した都立八王子小児病院の久保田雅也
 医長(小児神経)が、タミフルの輸入販売元の中外製薬に報告した。

 女児は9歳だった昨年3月、近くの開業医を受診した。39度の発熱で風邪と診断
 されたが、家族の要望でタミフルや解熱剤などを処方された。
 その日の夜、女児はタミフルを服用した後に就寝したが、2、3時間後に目覚め、
 叫んで家の外へ飛び出そうとした。家族が体を押さえ、異常は5分ほどでおさまった。

 約1時間後に同小児病院を受診、久保田医長が診察したところ、意識は清明で、
 受け答えも正常だった。インフルエンザの迅速診断キットで検査したが、結果は
 陰性だった。さらに、のどの粘液と血液を採取し、東京都健康安全研究センターに
 検査を依頼したが、インフルエンザウイルスは検出されなかった。

 久保田医長によると、小児病院受診時の女児の体温は36.8度。異常行動から
 約1時間で熱が急に下がるとは考えにくく、原因が高熱だった可能性は薄いという。
 てんかん発作が原因とも考えられるが、1年後の今もてんかんの症状はなく、女児は
 てんかんではないとみられる。

 このため、久保田医長は「女児の異常行動は、タミフルの影響ではないか」と指摘する。
 一方で「タミフル発売前にインフルエンザで39度の熱を出し、2階から飛び降りた男子
 小学生も知っている。タミフルで起きる異常行動と、インフルエンザで起きる異常行動の
 両方があるのではないか。少なくとも、インフルエンザと診断されないのにタミフルを
 服用するのは避けてほしい」と話している。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000060-mai-soci

※前:http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175064522/


110 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 21:48:49 ID:IqftFpBx0
>>107
肝心のところを飛ばすなよ、カス。

 ▽山本英彦・大阪赤十字病院救急部長(小児科)の話 この女児は、インフルエ
ンザではなく、タミフルのために異常行動が起きた疑いが濃い例だと考える。タミ
フル服用後の異常行動で、インフルエンザウイルス不在との検査結果が出た例は初
めてで、重要性は高い。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000060-mai-soci

111 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 22:07:47 ID:GBNFZOWh0
「発熱」と「解熱剤」の影響はいかがなものでしょうか?

112 :卵の名無しさん:2007/03/30(金) 22:54:43 ID:XUBnj7Bc0
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070330i313.htm
タミフル販売元から寄付金、厚労省研究班から3人外す

インフルエンザ治療薬「タミフル」と異常行動の関連について調べている
厚生労働省研究班(主任研究者=横田俊平・横浜市立大教授)の研究者が、
タミフル輸入販売元「中外製薬」から寄付金を受けていた問題で、
厚労省は30日、横田教授ら3人の班員を研究班から外すと発表した。

一方、寄付金の一部が研究班の研究費に充てられていたことも判明。
研究者側は事前に、寄付金使用を厚労省側に相談していたという。

同省によると、研究班は昨年夏、2006年度分の研究費が不足したことから、寄付金を受けることを計画。
このことを同省担当者に相談した上で、研究班員の一人が所属する情報・システム研究機構統計数理研究所に
中外製薬から計6000万円の寄付を受けた。
昨年12月には、研究費の不足分を寄付金から補うことを同省側に告げた上で、今年1月、寄付金から627万円を使用したという。

同省は、「寄付金を受けるという方針を知らされた段階で、速やかに止めるべきだった。
担当課が適切な指導、助言を怠ったことは問題」とする一方、
寄付金が研究に使われたことを認識したのは今月になってからとし、
「人事異動などで引き継ぎが不十分で、認識が甘かった」などと弁明している。

一方、30日に記者会見した横田教授らは、「常に厚労省と連絡をとって決めていた」と反論した。

(2007年3月30日22時14分 読売新聞)

113 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 00:54:11 ID:L7NFUGrP0
つ BBBにおけるタミフルと解熱薬のくみ出しの阻害(競合)による脳内老廃物の蓄積は、仮説としては成立すると思う。
  (by 競合仮説支持 厨でつ)

114 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 09:18:38 ID:yn2zyc8N0
タミフルも例外では無い!「インフルエンザ脳症」という病名は存在しません。

日本の厚生省や製薬会社と医師会の癒着により生み出された日本特有の病名です。
「 インフルエンザ脳症 」 は、薬物によって引き起こされる人災、薬害です。
薬害エイズに次ぐ、厚生省の大失態であるといえます。
インフルエンザに罹って高熱が出ても、薬で熱を下げてはいけません。
病院で出される複数の薬は、実は小さいながらも副作用を引き起こしています。
特に、解熱消炎剤で「インフルエンザ脳症」を引き起こすと言われております。
ポルタレンなどの解熱鎮痛剤による薬害

【 インフルエンザ脳症、薬害の可能性 】

 インフルエンザに伴う急性脳症は、解熱剤など薬が原因である可能性がある、
と近藤誠・慶応大医学部講師が報告し、イギリスの医学専門誌「ランセット」に掲載された。
脳症の詳しい原因は不明とされるが、欧米にはまれなのに日本で多発しており、
薬を多用するわが国での「薬害」との見方だ。
この脳症は、インフルエンザに感染した子供が急激に意識障害などを起こす病気で、
死亡率が高く、重い後遺症を残す場合も多い。

 近藤講師は、厚生省研究班(当時)が1999年に「一部の解熱剤と、脳症による死亡に関連がある」
と報告したことや、風邪の子供が解熱剤や抗生物質、鼻水止めなど数種類の薬を飲んだ後に
脳症で死亡した例が複数あることを指摘。

この脳症が日本に多いのは、「風邪でも多くの医師が強力な解熱剤を処方したり複数の薬を出したりすることで、
体の免疫物質の働きが過剰になり、脳症を引き起こしているためではないか」としている。 (2004年1月20日 読売新聞)

http://npojip.org/druginfo/nsayobo3.htm
ライ症候群/インフルエンザ脳炎・脳症の原因の可能性の強い非ステロイド抗炎症剤の解熱剤としての使用中止を求める要望書提出

 厚生省インフルエンザ脳炎・脳症研究班(森島恒雄班長、以下森島班)は11月15日、
今年の研究結果として「インフルエンザ脳炎・脳症患者中のジクロフェナク(ボルタレン等)を使用した患者は
解熱剤を使用しない患者に比較して、死亡の危険が14倍高かった」ことを公表しました。

115 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 11:19:06 ID:Wpvcooyn0
>>114
>>「ジクロフェナク(ボルタレン等)を使用した患者は 」

今更Reye症候群の論文出しても、失笑を買うだけでないの?
確かに、「インフルエンザ脳症」の話が最初に出た頃、
Reye症候群とどう違うのかの解説が全然無かった事考えたら、
もしかして、Reye症候群知らないの?って気にはなったが。

116 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 14:04:46 ID:h7Kk84Oj0
解熱剤を使用していなくてもインフルエンザ脳症は発生していますよ。
それに日本人以外のアジア系に多い、つまり欧米との差は人種差でしょう。

「インフルエンザ脳症が存在しない」なんて、臨床経験少ないのか?

117 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 14:12:07 ID:h7Kk84Oj0
訂正「日本人以外のアジア系に多い」→「日本人以外のアジア系にも多い」

118 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 14:56:26 ID:5PwMko7t0
de Jong MD et al. NEJM. 2005;353:2667-72 ベトナムの8人の患者がタミフル
で治療を受けた。しかし その内、2人がタミフルに高度の耐性を示した。
一時は効いたが、経過中に耐性化したという例で、タミフルを使えば使うほど、耐性のウィルスが生じるという事実を我々は見てしまった。

この事実は、日本の政府は行っているタミフルの備蓄は、何も解決しないということを示唆しているものだ。

119 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 15:26:45 ID:l05omPmW0
>>107

そう云うことは考えたくないが,あり得る。

それよりもっと重大な問題がある様に感じる。
それは,探せばこう云う例が幾らである事を当該製薬会社が知っていると言う事。

つまり,飛び降り,走り出し等の異常行動は過去数えきれないほどあって、
それは厚生省も絡んだ形で完全に隠されていた可能性だ。
研究班の報告にある某解熱剤と異常行動の相関性の高さが示唆している。

タミフルがその闇の煽りをもろに受けているのかも知れない。
解熱剤の副作用はインフルエンザ脳症と言う言葉の陰に隠されて来ている。

工作員風の書き込みは、そこを示唆したいのかも知れない?

中外、がんばれ!

120 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 18:37:46 ID:K/ScpoEXO
医者のフリしたプロ市民が群れるスレはここですか?
インフルエンザは拝んで治す、そーですか?

121 :のの:2007/03/31(土) 18:46:27 ID:MBIxQuKv0
で結局、

タミフルから異常行動へのメカニズム

はどうなの?

122 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 18:56:09 ID:cKuKcoGP0

民降るで起きた問題は、厚労省や虫害製薬に通報しても握りつぶされるだけなので
「薬害民降るオンブズマン」というNPO市民団体に通報するべき。

あるいは新聞社に。

123 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 20:00:49 ID:9hGNYsOJ0

So-net blog分子矯正医学研究所だからタミフルは無罪です、とはいきません(改訂版)..
http://blog.so-net.ne.jp/orthomolecular/2007-03-29

熱が高い時に起こる「熱譫妄」で異常な言動・行動が起こることはある。

しかしタミフルの異常行動は熱が下がってから起こるので、熱譫妄ではあり得ない。

ここを意図的に混同するように今までも情報が操作されていたし、
今回もそこを利用して情報が流されていることに、市民は注意をすべきであると思う。


124 :のの:2007/03/31(土) 20:22:33 ID:MBIxQuKv0
インターフェロンやステロイドは、どうなん

125 :卵の名無しさん:2007/03/31(土) 20:37:58 ID:fa9dvRbg0
>>124
INFは発熱・倦怠感などを誘発するんじゃね?

ステロイドもモノによるだろう、糖質コルチコイドでの譫妄は
そんなに高頻度ではないって個人的には思うが・・・。
今回のそれとは機序は全然違うと思う。

126 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 00:46:52 ID:3N8HB3Zt0
虫害盛薬
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1175353926/

127 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 00:52:56 ID:lUTh8/200
タミフルで起きた異常行動を厚労省に通知しても握りつぶされてきたことは
既に証明されてるからね。

128 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 01:30:56 ID:lUTh8/200
17 名前: 名無しさん@七周年 Mail: 投稿日: 2007/03/27(火) 15:06:02 ID: zX1pmNwb0
昨日、タミフルの件をTBSラジオのアクセスでやってた。
タミフルって、熱を下げるために脳に働くんだってね。
だから異常行動の説明がつくんだって。
なんか、映画「トータルリコール」を思い出した。

で、ラムズフェルドが株を持ってる企業が作ってて、日本は50%の株を外国で握られてる
中外製薬が販売している。
クスリは昔から高価だから、土建業界と同じく巣食ってる連中が多いんだって。
18 名前: 名無しさん@七周年 Mail: 投稿日: 2007/03/27(火) 18:45:06 ID: 1fv1MwKQ0
自民党って売国奴なん?


129 :のの:2007/04/01(日) 02:41:25 ID:50vSf96S0
>タミフルって、熱を下げるために脳に働くんだってね。
>だから異常行動の説明がつくんだって。

詳しく

130 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 10:32:20 ID:6WUVGUgE0
>>128
【行政】「タミフルと異常行動の関連は再点検する」と柳沢厚労相 中外製薬から寄付金1000万円問題で
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174971024/17

131 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 10:44:49 ID:6WUVGUgE0
>>128
ttp://www.google.com/search?q=cache:W4HlHjKqf9AJ:https://tbs954.jp/CGI/ac/btt/btt_talk.cgi+%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%95%E3%83%AB+TBS%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA+%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9&hl=ja&ct=clnk&cd=1&lr=lang_ja&inlang=ja
2007年03月26日(月)のバトルテーマ

10代のインフルエンザ患者への
タミフル使用は原則中止。
厚生労働省が踏み切った今回の措置に、
あなたは賛成ですか?反対ですか?

●バトルトークのコーナーは、
 「タミフル」に警告を発し続けてきたNPO法人、
 医薬ビジランセンター理事長、浜六郎さんにもお話を伺います。
「タミフル」についての質問や疑問があれば、ぜひお寄せ下さい。


132 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 13:55:24 ID:Vn4B79gH0
タミフルと異常行動の因果関係はまだワカランのが本当。
厚労省の横T班の報告も、どっちか結論出せないから、もう少し
調査が必要ってまとめてあって、医学研究を知らない厚労省の
役人が勝手に否定的って勘違いしただけ。だから、否定的って
発言を撤回したのだよ。浜6郎はタミフルに問題があったから
撤回したんだって勘違い。w

浜6郎の論理展開は、
朝ご飯に目玉焼きを食べた一人の子供が学校へ行く途中交通事故にあった。
目玉焼きを食べていない子供は無事だった。
もう一人別の日に交通事故にあった子は朝、目玉焼きを食べていた事が分かった。
だから、朝食に目玉焼きを食べたら交通事故に遭うらしい。
いや、そうに違いない。だから朝に目玉焼きは食べるな!
っていう。w
有名になりたいヤシ、他にも色々出来るぞ。w

それから、
立鼻隆が浜6郎の記事を引用してタミフルは第二の薬害エイズ
だって記事を書いてたけど、浜6郎の記事も横T班の研究結果
から都合の良い部分だけを切り抜いて、それを元に統計処理を
して差が大きくなるように見せているだけ。今流行のねつ造と
ほとんど同じ。単に統計を知らないだけかな?
それなら仕方ないが。
立鼻隆も地に落ちたな。がっかり。

133 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 13:56:53 ID:Vn4B79gH0
元々タミフル飲んだ後の異常行動しか厚労省には報告されない。
タミフル飲まずに飛び降りてもただの事故。警察くらいにしか報告されない。
タミフル飲んで異常行動って情報ばかり集まるのは当たり前。

134 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 15:12:46 ID:8gssYkKn0
だから、医師会か学会か医会が音頭を取って
調査を行うべきでしょう

で、その費用は誰が出すか?

135 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 15:32:25 ID:zC/dGUUA0
【医療】横浜で男子中学生(14)が飛び降り しかし、"タミフル"は服用せず
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175165134/235

235 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/03/30(金) 10:27:56 ID:24Z0i+Ad0
民古関係者の親父が息子投げ飛ばしたんじゃないの?
「民古のために飛べい!」って感じで。

で、インフルエンザの高熱は解熱剤無しで寝てろってのは危険だよ。
数年前にオレの知人30歳♂、全く別件で33歳♀がインフルエンザで
相次いで死んだことがあるから一応言っとく。
死ぬ時は意外なくらいアッサリ死ぬよ。





136 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 15:32:57 ID:zC/dGUUA0
>>135
247 名前:235[sage] 投稿日:2007/03/30(金) 12:58:31 ID:5c/X9MHE0
>>238
マジですよ。
♂の方は金曜日に「風邪ひいた〜体調悪い〜」って定時後に帰宅して、
月曜に会社に来なかった。無断欠勤するようなヤツじゃないので、親しい同僚が
会社帰りに様子を見に行ったら音沙汰無し。火曜に家族に連絡して、
そいつの母親が様子を見に行ったらベッドの中で既に死亡。変死って事で
司法解剖に回されて葬式は一週間後になっちゃったよ。
結局、インフルエンザで土曜か日曜には死んでたらしい。

♀の方は同僚の奥さんで、風邪で寝込んで高熱が下がらないまま
3日目くらいに意識不明状態になってそのまま死亡。
いずれも特に病持ちって訳でもなく、普通に暮らしてた人たちだったから、
ショック大きかったよ。

137 :卵の名無しさん:2007/04/01(日) 15:44:29 ID:M0CP1zRm0
>>134
出すやついないだろうな。どうせ捏造扱いされるんだろうし。

政府、中外が金だしてタミフルがクロ、プロ市民が金だしてタミフルシロって結果にならない限り信用しないんじゃない?

138 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 00:53:17 ID:eSVOPHso0
>タミフルは抗ウイルス剤ですが、インフルエンザウイルスの活動を鈍らせるだけ。
一方、タミフルを服用すると呼吸抑制や異常行動を起こして最悪死亡することもあります。
それだけでなく、体はインフルエンザウイルスを追い出しにくくなり、
耐性ウイルスができればそれが潜んでしまいます。
体温低下はインフルエンザがよくなったのではなく、タミフルの体温低下作用のためだ。
インフルエンザは自然治癒するかぜの一種。危険なタミフルは安易に使うべきでありません。

http://www.tamiflu89.sakura.ne.jp/tamiflu.html


139 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 01:34:46 ID:cXNoAi6Q0
医療関係者で浜の言うことを鵜呑みにする人は転職したほうがいいと思うんだが。

140 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 07:01:13 ID:/h3p0uhC0
>>137
> 一方、タミフルを服用すると呼吸抑制や異常行動を起こして
>最悪死亡することもあります。
タミフルでなくてもインフルエンザ脳症はあっという間に経過するから
気がついたときには脳ヘルニアで呼吸停止。

>それだけでなく、体はインフルエンザウイルスを追い出しにくくなり、
> 耐性ウイルスができればそれが潜んでしまいます。
タミフル使っても中和抗体出来る。体がインフルエンザウイルスを
追い出しにくくなるから耐性が出来て潜むっていうのは全然医学的な
説明じゃない。タミフルの耐性と、個人の免疫からのエスケープで
持続感染するっていうのは全く別の話。

>体温低下はインフルエンザがよくなったのではなく、タミフルの
>体温低下作用のためだ。
タミフルに直接体温低下させる作用は無い。炎症が強い病気の後は
低体温は珍しくない。赤ちゃんの突発性発疹や川崎病の後に低体温が
起こることはあるし、インフルエンザの後でも起こることはある。

>インフルエンザは自然治癒するかぜの一種。危険なタミフルは
>安易に使うべきでありません。
まだ安全か危険かどうか分からないから、安易に使うのを控えるのは
分かるが、浜6浪の説明は全く医学的じゃない。あんな説明で危険と
断言できるとは逆に尊敬できるな。
異常。
間違えた;-p 以上。



141 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 07:02:05 ID:/h3p0uhC0
間違えた。
>>140

>>>137
じゃなくて
>>>138
だ。スマソ

142 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 09:04:13 ID:kxTCpURN0
>140
完全に同意する。


143 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 16:29:43 ID:rUczFVkVP
インフルエンザ?の男児転落死=タミフルは服用せず−京都

  京都市伏見区の団地で先月27日、風邪で寝込んでいた市立小学6年の男児(12)が
  9階から転落して死亡し、その後の検査でインフルエンザウイルスが検出されていたことが2日、分かった。
  インフルエンザ治療薬「タミフル」は服用していなかったという。府警伏見署が詳しい状況を調べている。

  調べによると、男児は26日から風邪を引いて体調を崩し、
  27日夕方に市販の風邪薬を飲んで、9階のベランダに面した部屋で寝ていた。
  同日午後9時ごろ、ベランダの柵(高さ約1.2メートル)を乗り越えて落ちたとみられる。

時事通信社 2007/04/02-13:17
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007040200378


144 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 16:49:33 ID:Mp5dDZII0
>>139
結局、浜は医師は誰も信じられないと明言しているわけだし、逆にそういう防衛医療か、医療不信の
医師の言うことをどこまで信じるか、半信半疑だね。

異常行動を取って死亡した症例は、異状死体として、司法解剖に回すべきだと思うが。今の警察の
対応は不十分だと思う、薬剤による転落死なのか、病気による転落死なのかは、検案書の内容が
まるで異なると思うし、刑事責任の有無も問われると思う。

145 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 16:50:53 ID:Mp5dDZII0
だいたい、これらの転落死をした子供の死体検案書には何と死因が書かれて
いるのか疑問。それが正しいかどうかについては、さらに疑問。

146 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 16:53:13 ID:KQ/UuOzz0
>>140 

新型が
来た時既に
民はなし

いざ新型来襲の時は
どうせパニックで民が手に入らないから
家族のために備蓄しています。
マスゴミと市民様は例の如く
民の備蓄が少ないやら予測が外れただの
市民様に優先的に回せとか騒ぐんでしょ?


147 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 17:20:06 ID:YXgmZsOj0
>>146
備蓄しているだろうけれど、呼吸管理とsteroid投与がoseltamivirより優先だろう。cytokine stormが
実際に起こり始めたら、タミフルなんて後回し。
Influenza ralated necrotizing encephalopathyの原因を、全身的なcytokine stormにだけに帰して
いいもんなんだろうかねぇ?

148 :卵の名無しさん:2007/04/02(月) 17:57:27 ID:GQuJT4XN0
>>147
読みにくいわ。

>>148
備蓄してても新型来たときにゃデッドストックになってそうだな。

149 :卵の名無しさん:2007/04/03(火) 00:51:08 ID:MzMNLvlH0
意外に対応が遅かったな。もっと早くできると思っていたのだが。

【タミフル問題】大手保険会社3社が「タミフル保険」を創設・募集へ(日経)[4/3]
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1174786063/


150 :卵の名無しさん:2007/04/03(火) 07:57:11 ID:o6NnGzLZ0
>>149
命に関わる情報を議論しているのに、情けない、、、

151 :卵の名無しさん:2007/04/03(火) 18:51:33 ID:66Luks2N0
http://news.ameba.jp/2007/04/4057.php

152 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 06:29:39 ID:rBnR1gKh0
タミフル耐性ウイルスに感染
http://www.nhk.or.jp/news/2007/04/04/d20070404000023.html

インフルエンザの治療薬「タミフル」が効きにくい耐性ウイルスが人から人に感染したと
みられるケースを、東京大学医科学研究所などの研究グループが初めて確認しました。
研究グループは「タミフルに頼った治療を見直す必要がある」と指摘しています。
東京大学医科学研究所の河岡義裕教授と横浜市の「けいゆう病院」の菅谷憲夫小児科部長
などの研究グループが、2年前の冬、国内のインフルエンザ患者400人余りからB型の
ウイルスを採取して調べたところ、7人からタミフルが効きにくい耐性ウイルスが見つかり
ました。このうち6人はタミフルを服用する前の段階で見つかったことから、ウイルスは
患者の体の中で耐性を持ったのではなく、兄弟などほかの人から感染した可能性が高いと
いうことです。タミフルの耐性ウイルスはすでに報告されていましたが、人から人に感染
したと見られるケースが確認されたのは初めてだということです。河岡教授は「タミフルは
耐性ウイルスが現れにくいと言われてきたが、人から人に感染が広がるおそれも出てきた。
タミフルに頼ったインフルエンザの治療を見直し新たな薬の開発を進める必要がある」と
話しています。この研究結果は4日、「アメリカ医師会雑誌」に掲載されます。

153 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 08:48:43 ID:xIF/VOln0
東京新聞B型でもタミフル耐性検出 人から人に拡大か社会(TOKYO Web)
ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007040301000691.html

流行の中心となるA型インフルエンザだけでなく、B型のインフルエンザでも、
治療薬タミフルが効きにくい耐性ウイルスが少ないながら検出され、人から
人に広がっているとみられることが、河岡義裕東京大医科学研究所教授、
菅谷憲夫けいゆう病院小児科部長らのチームの調査で分かった。

4日付の米医師会雑誌に発表された。

 タミフル耐性ウイルスが人から人に広がることが分かったのは初めて。

現時点で治療に影響は出ていないが、広範に検出されることになれば治療
が難しくなるため、チームは「慎重な監視が必要だ」としている。

 チームは2004−05年のシーズンにB型インフルエンザと診断された
422人から採取したウイルスを調べたところ、タミフルを服用していない
にもかかわらず7人(1・7%)から、耐性ウイルスが見つかった。

(共同)


154 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 10:18:30 ID:upzhEMzf0
>>152 >>153

これやたら貼ってあるけど、貼ってる奴は何が言いたいんだ?
毎日コーラ飲んでる奴の中に虫歯の奴が見つかったみたいな記事なのに。
耐性なんてありとあらゆる抗生物質で発売後1年もすりゃあるに決まってる。
シンメトレルなんて今や耐性90%越えてるシナ。

155 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 11:39:13 ID:R7S19x9I0
>>152
何かしょぼい雑誌に投稿するんだね?

156 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 12:44:31 ID:96G4r1Ui0
JAMAじゃないの?

157 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 12:49:06 ID:DxUTOg5d0
【社会】 3歳児がタミフル服用後に死亡…長野・飯田
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175658211/

飯田市でタミフルを服用した3歳の男の子が死亡していたことが分かりました。
服用と死亡との因果関係は分かっていませんが、病院は「タミフルによって死亡した可能性も否定
できない」として厚生労働省に報告しました。

先月14日、飯田市内に住む3歳の男の子が心肺が停止した状態で、飯田市立病院に運ばれましたが
死亡しました。

病院で保護者に聞いたところ男の子は3月に入ってインフルエンザにかかり、死亡した当日、
熱を下げるために市内の開業医から処方されたタミフルを服用していたことが分かりました。

男の子に異常な行動などは見られなかったということですが、死因が分からないため病院では
「タミフルによって死亡した可能性も否定できない」として厚生労働省に報告しました。

タミフルをめぐっては異常行動による死亡事故が相次いだため10代への処方を原則中止して
いますが、10歳未満については規制されていません。

SBC信越放送:信州・長野県のニュース
http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20070404&id=0119246&action=details

158 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 13:41:08 ID:vjKmSmse0
>>157
>死亡した当日、熱を下げるために市内の開業医から処方されたタミフルを
服用していたことが分かりました。

タミフルは解熱剤だったのか。知らなかった。

159 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 13:48:00 ID:7QjsFAsT0

タミフル耐性ウィルス、人から人に感染

★タミフル耐性ウイルスに感染

・インフルエンザの治療薬「タミフル」が効きにくい耐性ウイルスが人から人に感染
 したとみられるケースを、東京大学医科学研究所などの研究グループが初めて
 確認しました。研究グループは「タミフルに頼った治療を見直す必要がある」と
 指摘しています。

 東京大学医科学研究所の河岡義裕教授と横浜市の「けいゆう病院」の菅谷憲夫
 小児科部長などの研究グループが、2年前の冬、国内のインフルエンザ患者
 400人余りからB型のウイルスを採取して調べたところ、7人からタミフルが効き
 にくい耐性ウイルスが見つかりました。このうち6人はタミフルを服用する前の
 段階で見つかったことから、ウイルスは患者の体の中で耐性を持ったのではなく、
 兄弟などほかの人から感染した可能性が高いということです。

 タミフルの耐性ウイルスはすでに報告されていましたが、人から人に感染したと
 見られるケースが確認されたのは初めてだということです。河岡教授は「タミフルは
 耐性ウイルスが現れにくいと言われてきたが、人から人に感染が広がるおそれも
 出てきた。タミフルに頼ったインフルエンザの治療を見直し新たな薬の開発を進める
 必要がある」と話しています。この研究結果は4日、「アメリカ医師会雑誌」に掲載
 されます。

 http://www.nhk.or.jp/news/2007/04/04/k20070404000023.html


160 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 13:53:52 ID:7QjsFAsT0
3歳児がタミフル服用後に死亡 長野 (04日12時07分)

飯田市でタミフルを服用した3歳の男の子が死亡していたことが分かりました。

服用と死亡との因果関係は分かっていませんが、病院は「タミフルによって死亡した可能性も否定
できない」として厚生労働省に報告しました。

先月14日、飯田市内に住む3歳の男の子が心肺が停止した状態で、飯田市立病院に運ばれましたが
死亡しました。

病院で保護者に聞いたところ男の子は3月に入ってインフルエンザにかかり、死亡した当日、
熱を下げるために市内の開業医から処方されたタミフルを服用していたことが分かりました。

男の子に異常な行動などは見られなかったということですが、死因が分からないため病院では
「タミフルによって死亡した可能性も否定できない」として厚生労働省に報告しました。

タミフルをめぐっては異常行動による死亡事故が相次いだため10代への処方を原則中止して
いますが、10歳未満については規制されていません。

SBC信越放送:信州・長野県のニュース
http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20070404&id=0119246&action=details


161 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 17:00:56 ID:XbeJPCDc0
>>160
死因が不明なら、異状死体だろ? 司法解剖するんだろうな? 厚労省に通報して終わりじゃ済まないと思うが。

162 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 17:16:15 ID:XYfpKssw0
>>161

死因はインフルエンザで終わり。
医者が発表しているのはタミフルが決定的に関わっているかどうかは不明と言う事。

これを解剖すれば厚労省に取って不都合出過ぎだから、家族に反対させる。

163 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 17:45:11 ID:dczCBCVl0
>>162
CPAOAなら、普通の救急病院は警察に届ると思うが。急に心肺停止するのが、
インフルエンザに特異的な死因とは思えないし。

164 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 17:46:43 ID:dczCBCVl0
厚労省に報告するのは副作用報告の義務化で分かるが、医師法の警察への届け出は
やらないと、医師法違反に問われると思うがね。

165 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 17:48:49 ID:tysDQGFj0
http://sylphys.ddo.jp/upld2nd/neta/src/1175618005201.jpg
VIPにて
不謹慎ネタ注意

166 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 21:17:11 ID:BMLXGLRt0
言ったとおりになっちゃったみたい。。。

http://www.tanuki.gr.jp/back/mt/mtyobou252.html

167 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 21:53:13 ID:KqZ/zU4I0
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070404it15.htm
タミフル、異常行動128例・死者8人…厚労省調査

インフルエンザ治療薬「タミフル」を巡る問題で、2001年の販売開始以降、
1079人について副作用が疑われる情報が報告され、
そのうち、飛び降りなどの「異常行動」が128例に上っていたことが4日、厚生労働省の調査でわかった。

同日開かれた同省の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会が、これらの事例を分析したが、
服用と異常行動などの因果関係については「結論は得られていない」と、判断を見送った。
10代について原則使用禁止にしている現行対策については、「継続が妥当」とした上で、さらに調査を進めることになった。

副作用情報は、輸入販売元の中外製薬が厚労省に報告したもの。
これまで約1800件とされていたが、だぶりを除き、
先月20日現在で集計したところ、1079人分に上り、うち死者は55人だった。

1079人の事例のうち、タミフル服用との関連が最も注目されている「異常行動」については、
建物からの飛び降りだけでなく、「ウサギ跳びをする」「興奮して走り出す」「ベッド上で跳びはねる」など、様々な事例が128例あった。
このうち、10代が57人(44・5%)、10歳未満が43人(33・6%)で、あわせて8割近くを占めていた。
異常行動による死者は8人で、うち10代が5人だった。服用後、就寝中に死亡するなどの「突然死」も9例あった。

一方、集計対象に入らなかった先月21日以降今月3日までの報告は、死者12人を含む185人分に上った。
短期間に死亡事例が多く報告されていることについて、厚労省では、「社会問題化し、情報が増えた」とみている。

追加報告分も含めると、タミフル服用後の転落・飛び降り事故は10代で19人(死亡4人)、20歳以上で4人(死亡2人)となる。

168 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 22:10:28 ID:Bjr1UBd20
治験やってね〜んじゃね〜の ??

169 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 22:28:53 ID:IFReRMQ60
128名という数字だけが歩き出す予感。
分母となる数をきちんと出せよ厚労省。
調査会の分析能力に問題あるようなら情報を開示してくれ。
異常行動のあった症例の詳しいデータを黄紙でいいから見せてくれ。


170 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 22:38:38 ID:Nt7eodD20
>166

いい加減なこと言っているなタヌキ。
タミフル使ってもペア血清で確認したらほとんど中和抗体は上昇しているぞ。
だから免疫応答は問題ないと思われる。



171 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 23:05:07 ID:2zjNYIWA0
そもそも亡くなる子供の親の大半は、死因の責任をタミフルに転嫁する。
どうせそんな親の子供はろくな大人にならない。
いい自然淘汰だ。

172 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 23:22:54 ID:OlQA2Hps0
>>167
マジに検死の対象にしていかないと、内因死以外に、何が紛れ込んでいるのか分からなくなるよ。
虐待死させておいて、「インフルエンザでタミフル飲ませてました。」で、無罪放免と言う可能性もある。

173 :卵の名無しさん:2007/04/04(水) 23:24:34 ID:OlQA2Hps0
インフルエンザでタミフル飲んだところで、マンションのベランダから突き落とす...
完全犯罪じゃない。

174 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 00:59:33 ID:SLXsLlLU0
>>173
そんな事書くな!



本当にやるヤツが出るじゃないか。
いや、もう既に・・・

175 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 01:09:56 ID:ciY5mN9a0
>>174
しかし、事実だろ? 警察なんて妙に納得しちゃって、解剖もせず、鑑識活動も
いい加減に、検案書を書いて終わるわけだろ?

176 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 01:18:59 ID:xoGIZr/J0
特に3月21日以降の死亡例については、もう一度警察がチェックし直すべき問題だと思うがね

177 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 03:09:26 ID:rQwNSGcP0
【タミフル】宮城の女性保育士殺害容疑で2階から転落した大学生高橋大輔が死亡

178 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 06:11:04 ID:P0SS2nNf0
タミフル耐性ウイルスか。やっぱりリレンザだろ

179 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 12:35:44 ID:PxgFDhhW0
>>178
どっちもNA inhibitorだから、たどる道は同じ。

180 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 13:17:59 ID:Ww/ek4KCO
つーかリレンザも海外じゃ精神系のSE出まくりだけどな。


181 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 14:49:08 ID:f9BXh+sNO
HHSが日本におけるタミフルの副作用に興味をしめしているみたい・・
向こうじゃ、かなりの重症患者にしか使用されないため、情報が少ないみたい
タミフル排泄のメカニズム(腎臓と言われてるけど,本当に腎臓だけなのか、排泄のメカニズムをちゃんと調べる)
腎臓排泄の薬だったら尿にでなきゃ、体にたまる。
胆汁排泄の薬だったら、便にでなきゃ、体にたまる
遺存なら耐性菌とか、使う度耐性菌増加もわかる気がする
タミフルが腎臓排泄なら、尿の中にどんだけ排泄されてっか見て量を決めるとか、CREとBUNとか腎機能、胆汁排泄なら、便でみるとか、食餌環境を整えるとかじゃないかな?
私的には胆嚢,肝臓,尿,副腎,脳下垂体が気になる
あと、ヘモグロビンとかアレルギーで上昇する好酸球がどうだったのか(蓄積→アレルギーで増える可能性)花粉症とかアトピー性皮膚炎等アレルギー疾患と異常行動の関係。
肝臓と腎臓、副腎の関係(血液・尿で検査)
内分泌関連の調査
東京大学のデータをさらに発展させて、内分泌+代謝+排泄のメカニズムをちゃんと調べることが大事じゃないかな?
薬剤耐性菌は結論ではなく、序章だと思うな

182 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 14:55:36 ID:f9BXh+sNO
とりあえず、中外&厚生労働省がまずやってみた方がいいのが、異常行動を起こしたケース+飛び下りのケースの
一、アレルギー所見
二、内分泌関連データ
三、上記臓器のデータ中、共通して上がっている数値(代謝関係)
を見てみる
共通項があれば、代謝と排泄を確認
→動物実験(マウスやラット)から確認
とかかも?

183 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 14:59:11 ID:f9BXh+sNO
あと、発熱はアレルギー(免疫過敏)の症状としてもあったと思う

184 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 15:10:15 ID:DbTxuE8R0
>>179-180
リレンザって局所作用じゃなかった?

185 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 15:21:32 ID:WFIISeNiO
今タミフルがインフルエンザに効果があるとかないとかが議論になってるけど現実に目を向けろよ。

186 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 15:27:35 ID:f9BXh+sNO
リゼンザとタミフルの代謝と排泄のメカニズムの比較も大事かも?

187 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 15:29:43 ID:UcVwUtIY0
>>181
>>182

もっともらしいこと書いているけど、感染免疫知らない素人か学生か研修医だろ。ww
アレルギー?<爆笑>


188 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 15:37:58 ID:7THzcK7d0
>>185
タミフル使わなくなって、再診が増えているのは事実だがね。

189 :非公開@個人情報保護のため:2007/04/05(木) 17:51:29 ID:ylDkjCoo0
>>140
インフルエンザで死なない?
マジで言っているんですか?ヤバ、ネタに釣られてしまった
>>160
多分、急性喉頭蓋炎なんじゃないの?


190 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 19:00:09 ID:WFIISeNiO
>>188
そう、タミフル服用がすべてがマイナスではないという事だ。

191 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 19:04:02 ID:WFIISeNiO
世界ではインフルエンザを原因とされる死亡者は400万人。

192 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 19:41:24 ID:teA4/BIX0
>>184 >>186
おまえら文系だろw
GSKのMRにでも基礎の基礎から教えてもらえよw

193 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 20:06:57 ID:DbTxuE8R0
>>192
俺のみた本では局所作用って書いてあったと思ったけど。
全身作用なら成人と小児の用法・用量が同じなのはおかしいと思わないの?

194 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 21:08:46 ID:Ww/ek4KCO
>>193 こいつは局所作用の薬には中枢の副作用が無いとでも思っているのか?

195 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 23:11:07 ID:DbTxuE8R0
>>194
リレンザでもでまくりなら、やっぱりインフルエンザの影響じゃないかって思っただけだよ。

196 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 23:39:06 ID:4ZfSJfUo0
>>195
坊や、
難しい事言えば賢いと思うのは違うのよ。
賢いから、難しい事が言えるのよ。

197 :卵の名無しさん:2007/04/05(木) 23:48:04 ID:G2GmPC9I0

民降る、オワタ w



198 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 06:43:07 ID:21EbKj2BO
朝ズバッで夕張市の人の再就職に対して御法川が、
「そりゃ片道20〜30分で通勤できるところがないなんて甘えちゃいけないよ。この辺の人はみんな片道1時間なんて当たり前なんだから。下手すりゃ2時間かかるよ」
と言ってた。
ちなみに俺は自宅の玄関を出て会社の入り口まで歩いて40秒。
平均通勤時間短縮に大きく貢献しているよ。

199 :のの:2007/04/06(金) 07:55:05 ID:ziFBBE2R0
おめえらが四角すぎじゃ。
結局うまく吸えてないから、
全身作用はないに等しい。
だからリレンザは安心なのだ。(ワラワラ

200 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 12:29:44 ID:dp2LAmqu0
インフルエンザ+タミフルの死亡患者は、全例解剖を義務づけろ。CNSの変性など
病理以外で分かるか?

201 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 12:59:07 ID:2Hjyk4u20
厚労省調査会で128名のタミフル内服後異常行動の報告。
また、11名のタミフル非内服患者の異常行動の報告有り。
タミフル非内服患者の報告システムはできあがっていないので
潜在非内服異常行動患者はもっと存在するはず。
現に真偽は分からないがm3や小児科MLでいくつか報告ある。
厚労省の横田班の報告ではインフルエンザ患者の90%にタミフルが
処方されていた。
もうおわかりね。
128/(128+11)=0.92 つまり異常行動報告のある92%がタミフル内服歴あり。
しかし、タミフル非内服患者での異常行動は11以上存在する。
まぁ高くて90%、おそらくはそれ以下。逆にタミフルが異常行動押さえてたりして。ワラ

202 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 13:01:38 ID:mGZyfKn40
>>201
いや、抑えてるだろ。
マジで。

203 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 19:03:33 ID:3JDmS3+40
今日外来に高熱で異常行動きたよw
3歳女児、発熱二日目、ベッド上でいきなり飛びはね始め大暴れ。
かと思うと部屋の隅をみすえて意味不明の事を言い出して。
しばらくしたら落ち着いたらしいが、親が心配して来院。

インフルエンザBでした。タミフル飲んでなかったよ。

204 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 19:29:27 ID:H1F5jHis0
>>199
おまえ一回くらいは添付文書というものを読んでみた方がいいぞ

205 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 19:40:02 ID:OR47TNJo0
>>203
そういうのって調査会に報告送るの?

206 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 19:45:28 ID:b7RnEx/c0
>>203
熱せん妄でしょ?
アセトアミノフェンで高熱を抑えておけば、あるいは、タミフルで抑えておけば
起こらなかったはず。タミフル・アセトアミノフェンを使わないことで異常行動は
増えると思うな。

207 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 19:46:36 ID:b7RnEx/c0
インフルエンザ脳症なら悪化するか、そんな短時間で症状は変わらないはず。
そうでしょ?

208 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 21:54:31 ID:zogGSiYR0
>>207
インフルエンザ脳症は早いよ

209 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 21:55:51 ID:TJYX8ZQk0
>>203
10年前に同じような症例を経験した。
アセトも出し、脱水にも注意させたが、
自宅で夜間、突然の心停止。


210 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 23:08:15 ID:+7fn0SeO0
>>209
インフルエンザ心筋炎かな?

211 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 23:12:13 ID:9yKTKtHU0
薬のことなら薬事日報ウェブサイト -
http://www.yakuji.co.jp/entry2697.html
【タミフル】異常行動は128人に発現‐19歳以下が8割を占める

タミフル集計-精神神経症状341人-異常行動 未成年者8割近く
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-06/2007040615_01_0.html

(図参照)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-06/2007040615_01_0.jpg

212 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 23:12:59 ID:9yKTKtHU0
>>211

飛び降りと転落は計25人に 10代21人、タミフル服用後(04/06 21:16)
ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/19053.html
 厚生労働省は6日、インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後の異常行動のうち、
4日までに確認された飛び降りと転落事例は25人に上ると発表した。このうち10代は21人。

 25人のうち19人は輸入販売元の中外製薬がタミフルを発売した
2001年から今年3月20日までの報告分で、この間に報告された異常行動は計128人。
19人のうち6人は死亡した。
翌21日から4日までに、さらに6人の転落、飛び降り事例が報告された。
6人はいずれも10代で死者はいない。

 同省は4日、同日までの転落と飛び降り事例について「計23人」と公表した。
しかし6日になって男女各1人が2階から飛び降りた2事例が漏れていることが判明した。
同省は「単純な集計ミス」としている。

213 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 23:14:22 ID:fIVV68/S0
>>208
回復が早すぎるの意味。

214 :卵の名無しさん:2007/04/06(金) 23:41:54 ID:M/cQWzOW0
あのう・・・
素人なんですが、異常行動の原因がタミフルでしたら、
もっと治りかけの時期、たとえば飲み始めて3〜5日目に
症状が出るんじゃないでしょうか?
服用初日〜2日で異常行動がでるのはやっぱ、インフルエンザのせいなんじゃないでしょうか?

215 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 11:30:32 ID:6FyRAS9R0
>>203
50年も前のこと、うちの叔父が子供の時にそうなり、
そのまま脳に障害が残ってしまったという。
今もどこかの施設にいるとだけ聞いてるが、叔父に会わせてもらったことは一度もない。

216 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 13:47:34 ID:jJC3LoTl0
>>184
>>179-180
>リレンザって局所作用じゃなかった?
選択淘汰の淘汰圧が働く場所がその「局所」なんだから同じでしょ?
もっと基礎の勉強しようね。>184

217 :184:2007/04/07(土) 14:14:18 ID:+hfAt5rH0
>>216
難しい言葉じゃなくて馬鹿にわかりやすい言葉にしてくれないと。

吸入して気道に直接効かすリレンザと、内服で全身にまわって効くタミフルが何で同じなの?
全身作用はリレンザのほうが少ないと思うのが当然じゃない?
精神系の副作用が気道と関係があったり、血中濃度に依存しないなら別だと思うけど。

まさかリレンザは体内に吸収されてから効くと思ってないよね?
俺は半年前までそう思ってたけどw

218 :のの:2007/04/07(土) 14:21:10 ID:pReauQGW0
幻覚とかっつうのは、
全て、ドパミンとかの、異常な分泌によるんでしょ。

219 :のの:2007/04/07(土) 14:30:38 ID:pReauQGW0
薬剤性肝障害のように、
非特異的に、
Do異常分泌が起こる、とか。

220 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 15:20:22 ID:1gqGsQzQ0
Fluvirin
ってタミフルと関係あるの?

221 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 16:02:12 ID:/oP5Rw3j0
>>217
>>178から始まってるの読んでそれ言ってるわけ??

222 :184:2007/04/07(土) 16:15:06 ID:+hfAt5rH0
>>221と他の人へ
ちゃんと読んでない俺が悪かったorz
184の>>179をはずしてください。

223 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 16:44:37 ID:AxJ75Oni0
定点観測で、タミフル服用の有無にかかわらず、
異常行動も報告させりゃいいのに、
そおいう通知が何で出てないの?

224 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 17:20:21 ID:/VkcarWK0
>>217
リボスチン点鼻液で一番発現率の高いSEは「眠気」であるという事実

225 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 18:29:41 ID:RSgEorDB0
タミフルで脳症は防げない
期待して飲ませているとしたら、ハズレ

226 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 18:52:30 ID:ZuBKPVVR0
>>225
タミフルで脳症を防げる/予後を改善できるかどうかは気になる点ですが、
現時点では結論が出ていませんよ。
症例の蓄積が必要です。

227 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 19:11:27 ID:/iB4LYTn0
>>224

>本剤を点鼻投与した場合の吸収は少ないものと考えられる. が〜

>2. 代謝・排泄2) 健常成人に本剤(塩酸レボカバスチンとして0.2mg)を6時間間隔で1日3回、
>11日間反復点鼻投与したとき、最終投与後7日目までに総点鼻量の約36%が未変化体として
>尿中へ排泄された。

吸収は少ないと考えられるが、約36%も尿中に排泄されている事実w

(添付文書内で矛盾していいるなんて、 ビックリ! w)

228 :卵の名無しさん:2007/04/07(土) 19:16:12 ID:/iB4LYTn0
http://news.ameba.jp/2007/01/2565.php

インフルエンザ特効薬「タミフル」と「リレンザ」の違い


 〜 一つは、2005〜2006冬シーズンに報道でタミフルがかなり露出したことに加え、
この2種類の薬の剤形の違いによると考えられています。

リレンザは、『消化管からあまり吸収されず』、『経口投与しても効果がありません。』

投与法が喘息などの薬によくあるように、『鼻から』の吸入によるのです。
カプセル剤として服用することができる手軽さからタミフルが注目されるようになってしまったのです。

(鼻から間違いだと思うが w)

229 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 02:51:24 ID:oWwMFZSD0
そもそもタミフルが世界中で日本が一番使われているというのも、先進国中でワクチン接種率がずば抜けて低い、
というのが一因。その結果重症化が多く、我も我もと特効薬であるタミフルやリレンザを希望する。
世界から見れば、ワクチンを打たずに高価な特効薬を湯水のように消費する不思議の国日本。
低レベルなマスコミ報道でも「海外では基本的に薬を使わない」「自然に治る病気の認識」
・・・そちらの国の皆さん方は日本人と違って殆どワクチン接種している、が前提。米国では妊婦にもワクチン接種が推奨。

タミフルが世界から見れば「異常な形」で使われてきた日本、先進国でずば抜けてワクチン接種率が低い日本。
そして今回の問題でリレンザ異常消費に再び突き進みそうな日本。他の先進国では国民に呼びかけてきちんとワクチンを
接種しタミフル・リレンザは来るべき鳥インフルエンザ時にと備蓄をしている。東アジアといういわばインフルエンザ流行の
中心に位置するのにタミフル耐性を作ってしまい人類のインフルエンザウイルスに対する貴重な武器であるタミフルをガラクタに
変えて行きつつある日本。そして更にリレンザで同じ事を繰り返そうとしている日本。

ワクチンを打たずにタミフルを狂ったように希望していた日本人。タミフルで問題が起こるとワクチンの話はスルーで狂ったように
リレンザを希望する日本人。世界から見ればタミフルとリレンザという二つの人類の宝が日本によってガラクタに変えられつつある。

いい加減、ワクチンを否定し特効薬を次から次へと希望する、日本人の中の一部の人間達と一部の報道に対して異議を唱えなければ
彼らによって日本は「自国さえ良ければ、金さえ払えば、世界の事はどうでもいいと考えている呆れた国」のレッテルを貼られる事になる。


230 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 02:57:38 ID:zxjYygYf0
> 日本は「自国さえ良ければ、金さえ払えば、世界の事はどうでもいいと考えている

カネははらっていない

231 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 03:12:38 ID:77i9ywX+0
死人の数に限って言えば、タミフルは大した問題じゃないよ
スタチンもかなり危ない
京大が米田教授騒動で大騒ぎだが、次はスタチン副作用情報隠蔽疑惑が浮上するかも

232 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 07:31:34 ID:KX6HMcyUP
「インフルエンザで子供が死んだらどうしてくれる!絶対に死なないようにしてくれ!」
「絶対に死なない方法なんてありませんが…予防接種ならありますが…」
「予防接種!あぁ助かった!いますぐしてくれ!早くしてくれ!」

「予防接種で死ぬ子供がいるそうじゃないか!予防接種以外で絶対に死なないようにしてくれ!」
「絶対に死なない方法なんてありませんが…タミフルならありますが…」
「タミフル!あぁ助かった!いますぐくれ!早くくれ!もっとくれ!」

「タミフルで死ぬ子供がいるそうじゃないか!予防接種とタミフル以外で絶対に死なないようにしてくれ!」
「絶対に死なない方法なんてありませんが…リレンザならありますが…」
「リレンザ!あぁ助かった!いますぐくれ!早くくれ!もっとくれ!」

バカは死ななきゃ治らない。


233 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 07:57:49 ID:pEYNx68qO
>>230 莫大に払ってるよw

234 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 08:17:47 ID:qwFGUwBK0
全く 同感だ 昔学校でインフルの予防接種していたのに 神奈川県
の医師会などが ワクチンは無効だなどと言い出して それに市民団体
が同調して 任意接種になった 医師会などに疫学の調査などする能力
などあるはずが無い インフルの判定キットもな時代に。ここらの
住人ももう少し 世界基準に目を向けて欲しい。

235 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 08:48:31 ID:2mG+m3aI0
そうだね。あの時はマスコミや御用学者達が
インフルエンザのワクチンは無効だと大々的に騒いでいたよね。
結局当時の厚生省は悪者になるのが嫌で予防接種を任意にしたんだけど。
その後インフルエンザで老人がどんどん死亡してもあの時騒いでいたマスコミはだんまり。
結局65歳以上は補助するようになったけどね。
小児のインフルエンザでも死亡例が報道されないから騒がれないだけだよ。
日本にはきちんとしたデータを集めるシステムがないから
死亡例も報告されないだけ。
文系のマスコミには薬やワクチンの利点と欠点を科学的に解釈できる能力がないからね。
またそれに便乗する御用学者がいるから問題だよ。
マスコミは物事の一面だけ取り上げて世論を自分達の思う方向へ向かわせるのが正義と思っているから。
核問題、慰安婦問題、憲法問題、医療崩壊等すべて根は同じ。
そのマスコミをバカ正直に信じる国民が結局バカなんだけど。

236 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 10:53:23 ID:y3mB6Kpb0
そもそも海外では発熱から48時間以内に診療を受けることができない国が多いらしいですよ。
「熱があります」→「解熱剤を飲んで熱がつづけば3日後に」というパターンらしい。
つまり日本のフリーアクセスがタミフルの投与を可能にしている。

237 :無党派層リーダー希望・・:2007/04/08(日) 15:45:12 ID:4W1k76zu0



国際発売へ向けての タミフル臨床データ取り時に発生した
データ収集した会社への寄付金による情報操作・でーた改ざん疑惑が表沙汰にならないのはどうしたのだろう・・






238 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 16:09:18 ID:oWwMFZSD0
>>「国際発売」へ向けての

>>「タミフル臨床データ取り時に発生した」

>>「データ収集した会社」への

>>「寄付金による情報操作・でーた改ざん疑惑」が



君の文章は一行ごとに 笑えるねw



239 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 16:19:52 ID:fqwNd9zW0
4月になって、昨年11月にワクチンをうった小児が軒並みインフルAに罹っています。
ワクチン効果5ヶ月はないのかな?

240 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 16:33:29 ID:7XzOzI1Z0
今年は流行が遅かったからねえ

241 :無党派層リーダー希望・・:2007/04/08(日) 19:10:46 ID:4W1k76zu0
>>237でーーーーす
スイスroche社の癒着を知らないのですね・・
臨床結果NGを強制OKに差し替えられた過去・・
揉み消されたのだろう・・


242 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 19:14:39 ID:3dT1jHlq0
>>241
証拠は?

243 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 19:55:43 ID:ZBLrtmPq0
>242
脳内ソースでしょw

244 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 20:07:51 ID:3dT1jHlq0
ちなみに、報ステで
薬害タミフル脳症被害者の会の代表は
タミフルのデータは改ざんされていると
証拠も出さずに断言していた。

245 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 21:14:55 ID:ARdMGoGL0
>>239
ワクチンの接種率が高くなると自ずから限界が分かるってことだね。
トリインフルエンザのワクチンができても、5月頃に死亡数が増える...かもしれない。

246 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 22:20:33 ID:MTO6dTOx0
>>245
トリフル・ワクチンを受けられるのは、
5年連続でインフルエンザ・ワクチンを受けた人だけにしませう。

247 :卵の名無しさん:2007/04/08(日) 22:45:14 ID:MA/VyFp70
>>246
新型にはワクチンも、言うほど効かんかも知れんな...型が少しぐらい変わった
ウイルスではないのだから。

248 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 00:15:24 ID:ArxHPB1L0
>>241
国策ですから、、
何を言ってもしかたがないことです。

249 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 01:31:37 ID:2VJNYiSJ0
>>223
それ気になる。まさかタミフル服用者のデータしか集めてないの?

250 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 01:47:38 ID:pMnjYxo20

一般に,何らかの症状を特定の薬剤に結びつく事を推定する事は困難だ。

従って自身の責任を問われかねない重篤な症状でなければ何の報告の対象にもならない。

良心的な臨床医なら、何らかの傾向をつかんだ時に報告をしたとしても、同様の例が多数出なければ
記録が残されるだけだろう。

251 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 14:59:02 ID:iU7iWbPn0
>239

当然だが、ワクチンにはウイルスそのものが入っている。
ワクチンを接種するということは、ウイルスを接種するということであり、
それは病気になることそのものである。

http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=501578



252 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 16:06:10 ID:d41wMlrS0
>>250

もうちっとワクチンについて勉強したら?

基本的に薬と毒は同じ。
きちんとした使い方をすれば薬になる。
変な使い方をすれば毒になる。
ワクチンに入っている毒は、薬として入っているのだよ。

でも紹介してもらったブログ面白いね。
よく理解せず記事を書いていることがよく分かったよ。


253 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 16:09:37 ID:Ya9ujRa+0
251<<< お前さん 何者だ インフルvaccine 生きたウイルス 入ってないぞ
場かも休み休み言え。

254 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 19:40:08 ID:ITtXgh410
>>249
当たり前だろ。
馬鹿みたいにマスゴミが騒ぎ始めたころから
「タミフル飲んで○○、なんて報道は無意味。
タミフル飲んでなかったら副作用でもなんでもないから報告義務無し。
インフルエンザや高熱での異常行動は昔から常識」
という冷静なツッコミは入っていた。
マスゴミが馬鹿騒ぎしてくれたおかげで異常行動を起こしたら報告しておこうという医師がでてきたのか、
タミフル飲まずに異常行動を起こした例が11日間で11件報告されるという事態になった。
今後は医療機関から「タミフル飲まずに異常行動」という例がさらに積極的に報告されるようになるだろうし、なにより

原則10代には処方中止

になったのだから「タミフル飲まずに異常行動」のサンプルが増える。
マスゴミのおかげで10代の若者がギニアピッグ扱いされることになるが、
ま、世のため人のためと思いながら発熱で苦しんでいただこうじゃないかw

255 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 19:56:08 ID:dc/8/w1p0
>>254
俺もそう思う。
インフルエンザにおける、blank controlがないのが、今の日本のインフルエンザ診療の実情だと
言える。
以前は、強力な解熱鎮痛剤が使われていた。それが危険と言われた頃にタミフルが登場した。
つまり、アセトアミノフェンと抗生剤で治療された、インフルエンザの精神症状のデータが少ない
わけだ。だから、今の10代は、治験代わりに姑息療法のblank controlとして用いられている
わけだね。
randam studyじゃないから、正確じゃないけれど、世界中が日本人を実験台にしている、それは
事実だね。俺が研究者でも、タミフルなしのコントロールが欲しいところだ。

256 :卵の名無しさん:2007/04/09(月) 23:24:17 ID:AFRcRPka0

まあ、おまいらリレンザという素晴らしい薬があることを
ひた隠しにしてるんだね、虫害製薬の工作員さん達よ。



257 :卵の名無しさん:2007/04/10(火) 01:10:52 ID:A9jduBTo0
>>256
リレンザが何故これほどに今まで普及して来なかったか
ど素人のおまえにも来年になれば解かるだろうw



258 :卵の名無しさん:2007/04/10(火) 05:44:15 ID:7EGKI3TB0
乳癌になって3年目だけど罹患後、1度も風邪、インフルエンザにならない。
家族はちゃんと風邪とかインフルを罹患してるのに。

其れまでは1年に1度は必ず引いていた。何か薬に関係あるのかな?

259 :卵の名無しさん:2007/04/10(火) 08:54:50 ID:KHpfbjvZ0

どっかの本に、癌になると風邪を引かなくなると書いてあったよ。
免疫系が鈍くなって、風邪に身体が反応しなくなると言うことのようだ。

もし、今度、風邪を引くことがあったら、下手にタミフルなんかで治療しないで
風邪症状を受け入れて、免疫系を鍛えると良いかも知れないね。



260 :卵の名無しさん:2007/04/10(火) 23:10:58 ID:MNaxB7S60
>>256
リレンザ吸ったことある?
あんなの普段からあのタイプの薬剤を吸ってる喘息患者しかまともに使えないぞ。
しかも、その喘息患者の弱点である気管支に対して副作用を出すという最悪のパターン・・・
このての吸入薬の使い方を知らない患者(ほとんど全員!)一人一人に

上に持ち上げて薬に穴を開けて、吸い込む!
傾けちゃ駄目!薬がこぼれる!!
1回目を吸ったら一度引っ張り出して薬を回転させてからもう一回。
なんでそのまま吸うの!
ちゃんと上に持ち上げて穴を開けないと薬出てくるわけないでしょ!!!
だから傾けんなつってんだろが!!!!!!!!!!!
1回2吸入。2回分済んだら薬をちゃんと取り替えてね。
じゃ、次の人・・・

って指導するなんてやってらんねぇ・・・


つかね、今回のあるあるタミフル報道合戦をキチンと追っかけてたら、
リレンザでも異常行動が・・・
ってゲロってる医師を何人かテレビで見かけてるはずなんだよね・・・

261 :のの:2007/04/10(火) 23:23:09 ID:MY0IgRlV0
>>258,259
いつ言おうかおもってたけど、
抗がん剤ってDNA阻害やろ、
細菌にもDNAあるやん。
抗生抗がん剤だってあるんやし、
やつら(抗がん剤)みんな、抗菌作用あるんちゃうん?
考えてみりゃ、あたりめえちゃうん?


262 :のの:2007/04/10(火) 23:23:40 ID:MY0IgRlV0
ウイルスもDNAあるんちゃうん?

263 :卵の名無しさん:2007/04/10(火) 23:31:47 ID:jMFwuyhT0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

細菌だけ殺せば抗菌剤、癌細胞を殺せば抗がん剤、正常な細胞まで殺せば毒。

264 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 00:20:44 ID:YXY/pUMh0

タミフルの中外製薬工作員がスレにずっと貼り付いて、醜い工作活動に
必死だな!!



265 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 02:42:28 ID:JvgybeOdO
>>261 文系なりに一生懸命考えたんだな、乙w

266 :のの:2007/04/11(水) 07:47:50 ID:GHX3J2hn0
アントラサイクリンやMMC、
みんな抗生物質からできとるやん。
ぜったい抗生剤としては使わんから、
計ってないだけで、
けっこう効くんちゃうん。
つか、抗がん剤で下痢って実は、
腸内細菌ごうのくずれじゃねえ?

だからこそ、
血内の治療が案外いけとるんじゃねえ?

でも、low doseFP、インフルで休薬しとったなあ。
有効濃度に達してないんかなあ。。

267 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 08:19:18 ID:Hc9aqvmn0
>>264
ええっと・・・中外・ロシュ・ラムずふぇるど・CIA・・・その他もろもろの陰謀よりか
素直に考えないか??

浜六郎のいい加減な学説を利用して、
自分の子供が転落死したのをネタに死体換金しようとしとる連中がいる。

薬害かどうか分からん内に被害者の会を名乗っている。中外に賠償しろと迫っている。
タミフル捨てろと迫っている。

遺族であればどんなめちゃくちゃな要求しても平気でいられる。

わりばし事件・大淀病院もとい青木絵美事件・福島もとい片岡事件。

これら事件は遺族であれば加害者を勝手に作っていいと思っている。

一万歩譲ってタミフルの薬害だとしてもちゃんと監視してれば転落は防げた。

自分のミスで子供を死なせた責任を他人に押し付けるのが
タミフル被害者の会だ。


268 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 10:53:19 ID:b3ZcxbUQ0
>>267
>一万歩譲ってタミフルの薬害だとしてもちゃんと監視してれば転落は防げた。

>自分のミスで子供を死なせた責任を他人に押し付けるのが
>タミフル被害者の会だ。


そんな医者に都合の良い、考え方が通用すると思っているか。馬鹿者。

子供が死んだのは厚労省がタミフルとは関係ないと言い張っていたころだから、
飛び降りるかもしれないの説明が、親にちゃんとしてあったかどうかも定かではない。


例え、ちゃんと見張ってたとしても、大人になりかけりの子供の異常行動など
母親で制止できると思っているところが責任逃れをしたい人間の狂った発想だわ。



269 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 16:16:23 ID:+HE/OXgP0
えーっと、
怖い夢を見て飛び降りたら
誰を加害者にすればいいですか?

270 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 16:36:36 ID:vNlw/5P70
>>269
事故だよ。

271 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 16:38:34 ID:vNlw/5P70
もうタミフルを検証しようにも、症例が減るし、インフルエンザの時期も終わる。
またもや、責任問題も闇の中...

272 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 16:40:17 ID:or1D8IF/0
タミフル内服なしの異状行動、どこに報告すればいいの?
ときどきいるんだが。
印象的にはタミフル飲んでるより多そうw

273 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 16:45:20 ID:/FaJ3kL7O
じゃあもっと傲慢な医者の意見を言ってやろう。インフルエンザであろうとなかろうと、またタミフル飲もうと飲むまいが発熱でせん妄にはなり得る。タミフルがそれを促しているかは少なくとも証明はされていない。
被害者を名乗る連中は監視を怠り熱にうなされる子供をみすみす事故死させた。本当の加害者は今恥を知らずタミフルの薬害を訴えている連中に他ならない。

274 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 18:13:25 ID:911ETq6K0
少なくとも、
タミフルだけ飲んで、飛び降りた奴が居るのだから、
タミフル自体に向精神作用があるってのは完全なる事実なんだろ?

確かにそれとは別にインフルエンザ自体にもせん妄要素は確かにあるのだろう。

だが、元々危険だから、もっと危険な目にあわせて良いと言う法は無いわな。

タミフル自体の危険性、有害性は明らかだろ。

275 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 18:18:59 ID:jsm+YsVA0
タミフルショック
ペニシリンショック同様10万に一人の割合で突然死しますw

276 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 18:53:48 ID:axmBD13Y0
>>274
その症例が感染症で高熱を発していたりという前提条件を忘れてないか?
うちの病院の爺ちゃん婆ちゃんも熱出すたびにせん妄起こして暴れてるぞw

277 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 19:18:55 ID:911ETq6K0
>>276
高熱でうなされて、正常な理性が無くなることは誰にだって普通にある。
人類の長い歴史の中ではしょっちゅうあったことで、それこそ、
一個人の中でも、自分自身や身の回りの人たちの中で普通にあったことだ。

だが、今まで高熱で飛び降りなんて事態は無かった。
今になって始めて飛び降り騒ぎが起きた。

これは今になって始めて存在しえるタミフルのせいだと考えるべきなんじゃないのか?


278 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 19:22:00 ID:Hc9aqvmn0
>>275
薬剤はおろか、そば・小麦・甲殻類始めとする殆どの食物にも一定の頻度で
アナフィラキシー・ショックは起こす。

それを全て予測することは不可能だ。

できるのはアレルギーを起こしたことのある薬剤・食物との接触を避けるのみだ。

何が何でもショックで死にたくないなら、餓死するしかない。

279 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 19:24:42 ID:b3ZcxbUQ0
>>278

タミフルは食物と違って飲まんでも、今までは問題なかった。
これからもいらない。


280 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 19:42:43 ID:Hc9aqvmn0
>>277
昔は熱せん妄起こしても平地での転倒で済んだ。あるいは高層建築物から転落しても、
一々話題にならなかった。

遺族が責任を擦り付けようにも相手がいなかった。今タミフルという敵役が出てきたので
事故死した遺族が攻撃し出した。

言っておくがタミフルが熱せん妄を助長した可能性は完全には否定できないし、
またそうではないことを証明することも極めて困難であろう。

しかし熱せん妄が前提での異常行動による事故死は、保護者がそばにいたのなら
避けられた可能性がある。

その保護者が薬害の被害者を名乗って、自分の責任を省みようとしない。

タミフルの無実は証明はできないが、少なくとも保護者に全く責任がないとは
いえないだろう。

281 :浜666:2007/04/11(水) 19:56:24 ID:911ETq6K0
>>280
>高層建築物から転落しても、
>一々話題にならなかった。

この前提が大間違い!!
それはあんたの妄想。

別にタミフル以外でも、
解熱剤やら抗生物質やらあらゆる薬剤は何十年も処方されまくってるのが現代社会だ。
なのに、何で自称被害者たちは、長年、それらの薬剤を攻撃してこなかったね?
で、何で今になってタミフルだけは攻撃されてるね?

やはり、タミフルだけ他の薬剤とは違う何かがあると考えるのが自然だろ。

それとも何か?あんたには、
タミフル以外の薬剤が攻撃されないのに、タミフルだけが攻撃される理由を何かしら思いつけるのかね?

合理的に考えれば、タミフルだけが、転落をさせる要素を持ってるからだとの結論に至るはずだが?


282 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 20:00:07 ID:axmBD13Y0
悪いけど考察が医者板のレベルに達してないよ

283 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 20:02:15 ID:Hc9aqvmn0
>>279
個人の考えで薬剤を拒否することは自由だ。私も患者が飲みたくない薬剤を
わざわざ飲ませることなどしない。

それとは真逆に薬のどんな副作用があろうと病気を治したいと考えている人間もいる。

俺は日常で抗癌剤を使った治療をしている。

抗癌剤の副作用を説明し、その副作用で死ぬ可能性を説明して同意した上でなければ
治療は行えない。ただし同意しなかった場合は病気によって死ぬこととなる。

個人の自由は認める。だから薬剤を個人の考えで勝手に使うなとも言えないはずだ。

284 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 20:09:17 ID:S3LqRcyF0
>>281
あのなあ、現在国内で年間3万人の自殺者がいるがいちいち話題にならんだろ?
でも、もしそのうちの10人がタミフルを飲んだ直後でした、と言うことになったら
明日の一面記事になるだろ?
タミフル飲んで死ぬとことさらニュースになると言う前提を理解してから物を言え。

285 :浜666:2007/04/11(水) 21:03:03 ID:911ETq6K0
>>284
そんなことは、当たり前だろ!!

注目度が違うのは当然じゃねえか。

大体、年間自殺者の多さは十分話題になってるし、
2ちゃんやブログでも時々見る話題だ。

タミフル飲んで死ぬとニュースになるのは、その死に方が不自然だという前提を理解してから物を言え。

286 :浜666:2007/04/11(水) 21:04:50 ID:911ETq6K0
実際には抗癌剤による死亡だって年間10人以上居るはずだが、話題にはならない。
何故なら注目度が違うから。

年間自殺者とタミフルの死亡を同列に考えて議論してる時点で馬鹿確定だな。

287 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:11:00 ID:S3LqRcyF0
注目度が違うと分かってるなら、タミフルだけが攻撃されてることをもって
何の結論も導き出せないって分かるな?
いや、分からんか?
いずれにせよこれ以上は水掛け論だ。じゃあな。


288 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:24:12 ID:S3LqRcyF0
>>286
年間自殺者とタミフルの死亡を同列に考えて議論してみせたことで
「注目度が違う」とお前に言わせたんだから、俺の計算通りさ。

289 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:24:44 ID:jsm+YsVA0
抗癌剤による死亡と比較すんなよ
あほや下民ドモは副作用で死んでも癌といわれりゃ納得するんだよ
下層階級は何匹殺しても無罪だからなwww

290 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:26:31 ID:+HE/OXgP0
ほぼ同様の議論が
「解熱剤を飲んだ後に飛び降りた」でもデキルだろうね

浜六みたいに「タミフルを悪者にできる可能性」を
煽動する輩が居るかいないかだけの差ではないかね

291 :浜666:2007/04/11(水) 21:30:56 ID:911ETq6K0
ああ、じゃあな、お前が居なくなるのは一向に構わんよ。
さっさと消えろ。

タミフルがドキュン患者に言いがかりでクレームつけられるなら、他の薬剤だって同様にクレームつけられるって
考えるのはおかしくないだろ。
患者はマスコミじゃないんだから、社会全体の注目度の話とは全然違うだろ。

だが、マスコミの話題に成る成らないの話では、注目度が全然違えば、
話題に成ったり成らなかったりのむらが出来るのは当然だ。


292 :浜666:2007/04/11(水) 21:35:14 ID:911ETq6K0
>>290
解熱剤を飲んだ後に飛び降りたでは出来ないな。

何故ならタミフル見たいな不自然さは解熱剤では起きないからな。

ただ、解熱剤はそれ自体は問題ある薬剤であり、タミフルとは全然別の理由で攻撃されてるが。


293 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:36:14 ID:is5CjbdP0
浜六ゴッコやってて愉しい?
キチガイがうつりそうなんで俺はやりたくないけどwww

294 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:41:26 ID:RKYB4juI0
なんでこんなバカが湧いてるの?
春休み終わりだろw

295 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:44:12 ID:Hc9aqvmn0
>>291
あるぞ。ワクチンというもろインフルエンザ関連のやつが。

アナフィラキシーを怖がって接種が減って感染が増えてきたことは確かだ。

ただしこれも接種するか否かは個人の自由だ。いわゆる自己責任で自分の健康
を守ってくれ。

296 :浜666:2007/04/11(水) 21:48:24 ID:911ETq6K0
>>288
だから、注目度がそもそも違うのが、その死に方の不自然さにあるんだって話だよ。

自殺も、抗癌剤による死亡も、その死亡理由そのものは不自然では無い。
だから注目されないのさ。

タミフルだけが注目されるのは、やはり、死に方があまりにも不自然だからさ。

297 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 21:53:49 ID:Hc9aqvmn0
>>296
お前が浜六の信者なら何も言うことは無い。

ただし浜六が社会的に抹殺されたときは一緒に地獄に堕ちてくれ。

298 :のの:2007/04/11(水) 23:01:18 ID:GHX3J2hn0
抗がん剤の死亡が年間10人?
100人か1000人の間違いだよね?

299 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 23:16:36 ID:3yc2Opfs0
自殺とタミフルによる死亡とでは、
入るお金が比べ物にならないほど違うからそれは必死になるよ。特に周りはね。

300 :卵の名無しさん:2007/04/11(水) 23:19:42 ID:Hc9aqvmn0
>>298
確実に10人以上はいる。

その中に自分が「殺した」人間もいるかもしれない。

抗癌剤を扱う今の仕事を辞めれば「殺した」人間は減る。

それを辞めれば「見殺し」が増える。

今度「お前が殺したんだ」と言われたら、
医者を続けることができないかもしれない。

301 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 01:37:25 ID:kmHDRVLp0
タミフルDSは空気中の水分と酸素で変質しやすい。これが子供と大人の率の差だ。
最近の10代の異常行動は昨年から夏を越した変質したタミフルのためだ。最初
売り出されてたときのタミフルの有効期限は1年間だったはずだ。海外の古いバルク
で作ったから、有効期限が短くなっていた。

302 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 01:50:29 ID:PgfbH67Y0
>>274
「インフルエンザ」で「タミフルを服用していて」飛び降りた人間がいる。

「インフルエンザ」で「タミフルを服用しないで」飛び降りた人間もいる。


この二つが真であるのに

>少なくとも、
>タミフルだけ飲んで、飛び降りた奴が居るのだから、
>「タミフル自体に向精神作用があるってのは完全なる事実」なんだろ?

という結論を導き出せる奴の脳内が理系の俺には理解できない。
こんなの中学レベルの問題だろ?


>>281
>それとも何か?あんたには、
>タミフル以外の薬剤が攻撃されないのに、タミフルだけが攻撃される理由を何かしら思いつけるのかね?

タミフルを悪役にしたい連中とマスゴミが浜何某とかいう馬鹿医者担いだだけだろ。
で○つうとかが絡んでるって噂もちらっと聞いたことあるぞ。
インフルエンザワクチンが攻撃された時と同じだよ。馬鹿医者担いでマスゴミで総攻撃パターンだな。








303 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 08:54:09 ID:n7XK8l0M0
医者板でこのレベルじゃよほどの天然でもなけりゃ「工作」と思われても仕方ないよ
ネタにしてももう少し勉強してからやらないとつまらん

304 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 11:52:36 ID:hMesOAcG0
>>302
中学生レベルの頭だな。統計学を少しも勉強していないってことだ...。

305 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 13:16:06 ID:wKrS/2jgO
>>304 あなたの統計学とやらでは何が言えるの?

306 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 14:59:23 ID:z4IJBGSH0
>>305
お前は永久に来るな

307 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 15:17:30 ID:ZvB6Zsfd0
>304
有意差は無かったが、タミフルの方が
事故が多い傾向があったので、タミフルは有罪!

308 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 15:42:27 ID:PxsO6SF10
>>307 ソース

309 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 16:58:30 ID:ZvB6Zsfd0
>308
いやいや、一昔前の学会発表(特に地方会あたり)って
こういう発表多くなかったか?って話

310 :卵の名無しさん:2007/04/12(木) 23:22:19 ID:CnvNFJAW0
それぞれ板には特徴があって然るべきかと、、

妄想でなく、データにもとづき議論をしていただきたいです。
想定による、仮説の設定も有用でだと思います。

仮説は検証により、その適切性を判断できます。
(妄想では、尻切れとんぼですよね、、、)


311 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 01:30:25 ID:fte7XVtP0
>>301
いくらなんでも開封してからの話だろ。
DSなんて30g包装だぞ。患者3〜4人で1本空いちゃうよ。
シーズン中なら下手すりゃ何分かで1本空くって製品だ。
それでも変質って話になるのか?

312 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 11:47:02 ID:RDVQZbgT0
欧米諸国では従来のインフルエンザで投薬治療することは少ない
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070413k0000e040044000c.html
2007年4月13日 11時12分

スイス東部シュビーツ州の開業医、アレン・シーグバルトさん(48)は「タミフルを処方することはほとんどない。
高齢者など合併症が心配な患者以外は、まずは1週間ほど休養を取ることが基本だ」と語る。


313 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 11:59:20 ID:xUFq3PHV0
「子供の異常行動タミフル飛び降り」のニュースカテゴリはエンターテイメントwww

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000014-gen-ent

314 :浜666:2007/04/13(金) 12:53:27 ID:xwUo5UwA0
>>302
を初めとして、お前らは本当に馬鹿で無知だな。
http://www.asyura2.com/0601/health12/msg/627.html
このリンク先の様に、タミフルだけでインフルエンザ無しに異常行動を起こした例は在るよ。

もう少し基本的な事実を勉強してから来い。

本当にレベルの低い無知君だな。

315 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 13:03:34 ID:ncERScde0
そろそろスルーでw

316 :浜666:2007/04/13(金) 13:24:38 ID:xwUo5UwA0
偉大なる浜ちゃんからは逃げ去るしかあるまい。

ほれ、とっとと逝くが良い!!

ウェーハハハ!!

317 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 16:05:07 ID:9Qd97Qjc0
タミフルをのまないでインフルでもない
異常行動者もごまんといる罠ww

318 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 16:12:40 ID:TteMuSkq0
>317
多分、年間三万人くらい居る

319 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 18:11:28 ID:Hyq36whM0
>>314
タミフル服用後だと、インフルエンザウイルスが証明されないことがある。
また、早期であれば抗体も上昇しないだろう。なにをもって、インフルエンザでは
ないと言っているのか。 ちゃんと勉強してね。

320 :浜666:2007/04/13(金) 18:27:28 ID:xwUo5UwA0
>>317-318
屁理屈もいい加減にしろ。
この馬鹿。

>>319
おいおい、インフルエンザと診断されてなかったと過去形で書いてあるだろ。
つまり、症状があって医者に掛かってる時点から既に、インフルエンザではないと証明されてるんだよ。


321 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 18:44:36 ID:9Qd97Qjc0
>>320
バカはおまえ
まず医学を語る前に理科を勉強しなおせ

322 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 19:12:17 ID:XiB2+V+l0
>>320
ふーん・・・。

つまりfluでない事を知っていた上でその医師はタミフルを処方した・・・。

あれ??

効かない事が分かってるのに?敢えて効かない薬を出すって?

何が目的の投薬だったんだろう。

矛盾を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。私は元気です。

まぁfluであろうが無かろうが熱出せばわけ分からん行動するもんだで。

医者なら熱出して病棟の廊下やトイレで勝手にすっころぶ患者がいるのは知ってるわな。

頭打ってればとりあえず緊急でCT撮って出血と骨折を否定しなくてはなんなくなる。

病棟の医者経験すればそんな経験いくらでもあるぞ。

浜六と信者はそんな基本的な臨床の経験なぞあるわけないか。

323 :ビーチ666:2007/04/13(金) 19:24:27 ID:xwUo5UwA0
はぁ?こいつ、真性の馬鹿?

324 :ビーチ666:2007/04/13(金) 19:26:33 ID:xwUo5UwA0
だから、記事にはその通りだって書いてあるだろうが。
印フルでないのに、フルだしたってよ。
だから、記事になったんだろ。
普通に振るだからフル出したって話なら、別に記事にはならんだろうよ。

それと、お前の言う熱せん妄と、タミフルの飛び降りするほどのパニック状態は
明らかに異質なものだが、
お前如きには解らんのだろうな。
難しすぎるみたいだな。

325 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 19:52:48 ID:XiB2+V+l0
>>324
認知症や統合失調症の患者に「バカ」とか「基地外」と言われ慣れてるから、気にしない。

それより「便所の落書き」と言われるこの掲示板でも、自分の意思をちゃんと伝える努力は
してね。言いたいことの半分も伝わらない。

もし認知症・統合失調症の方ならそれは無理な要求かなぁ。

326 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 20:06:49 ID:XWAXCdnD0
>>324-325

【医療】横浜で男子中学生(14)が飛び降り しかし、"タミフル"は服用せず
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175165134/

■インフルエンザ:横浜で男子飛び降り タミフル服用せず

横浜市小児科医会は29日、同市栄区でインフルエンザにかかった男子中学生(14)が
自宅2階から飛び降りていたと発表した。けがはなく、インフルエンザ治療薬「タミフル」は
服用していなかったという。

同医会によると、男子は19日に38度の熱を出し20日に近くの医院でインフルエンザB型に
感染していると診断された。症状は軽く、解熱剤(アセトアミノフェン)のみ処方され帰宅した。
21日午前6時ごろ、2階で寝ていた男子がいないため父親が外に出たところ、男子は庭の
芝生の上を裸足で歩いていた。男子は「ベランダのパイプに手をかけたことは覚えているが、
どう落ちたか記憶がない」と話したという。

同医会は事例として横浜市立大を通じ厚生労働省に報告した。水野恭一会長は
「インフルエンザはタミフル服用の有無にかかわらず、異常行動を起こす。子供から
目を離さず、異常行動は至急医師に報告を」と呼びかけた。

毎日新聞 2007年3月29日 19時14分
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070330k0000m040044000c.html


327 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 20:19:56 ID:KdN0HMVO0
>>324
>>タミフルの飛び降りするほどのパニック状態
新しい概念が提唱されましたか!
タミフルによる異常行動は panic disorder だったんですか!!

328 :ビーチ666:2007/04/13(金) 20:22:38 ID:xwUo5UwA0
>>114
>>274

329 :卵の名無しさん:2007/04/13(金) 22:53:29 ID:4Umh2jD+0
>>322
他人に聞くばかりでなくちゃんと自分で調べてみた方がよい。
その事例では親がゴネまくったからタミフルが処方されている。
医師は風邪と診断してタミフルを出さなかったのに、親がタミフルを要求したのだ。
そして、タミフルを飲んだ(ということになっている)女児は異常行動を起こした(ということになっている)。
問題は女児が異常行動を起こした様子を目撃した第三者がいないことだ。
既に異常行動などはしていない女児を連れて医者に「さっき異常行動を起こした」と言ったにすぎない。
ちなみに、この事例は昨年発生しているが、その時点で既に「タミフルで異常行動?」という報道はなされている。
親は「風邪」だと診断されているのにタミフルを欲しがり、
誰も見ていない「異常行動」を起こしている。
はて、不思議な事件だな。


ところで>>274の野郎はどこへ行った?
奴の言う
「タミフルだけ飲んで、飛び降りた奴が居る」
という例のソースを出してもらいたいものだwww

330 :浜666:2007/04/13(金) 23:46:36 ID:xwUo5UwA0
はぁ?
お前、何、〜と言うことになっているとか言って誤魔化してるんだよ?

じゃあ、インフルエンザそのもので異常行動を起こした事に〜なっている、に過ぎねえよな。


331 :卵の名無しさん :2007/04/13(金) 23:58:32 ID:HsOg270o0
どうしても聞きたいのでスマソ。
オレは薬物を使った連中が他人の夢を操って、熱でボケた患者を飛び降りさせたと
思う。この心を操る事に対して医者はなぜ研究をせず事実を認めないわけ?実際
あるんでしょ?

332 :ビーチ666:2007/04/14(土) 00:16:54 ID:3QssAqC70
>>331
うん?
あんたはハープによる電磁波マインドコントロールの事を仰ってるのかな?

タミフルに含まれる特定の化学物質が、ハープによる特定の電磁波に反応して、
タミフルを使用して特定の化学物質が脳内に存在する人だけ、
脳内で特殊な働きを見せる。

こう言う話は確かに在り得るね。


333 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 00:27:53 ID:pU7U0SYz0
>>331
またお前か!

334 :卵の名無しさん :2007/04/14(土) 00:30:47 ID:cn1jEAiy0
>>332
ハープって、楽器のハープですか?それとも何か機器としての共振する物ですか?
その特殊な脳内の働きを詳しく教えてもらえませんか?

335 :卵の名無しさん :2007/04/14(土) 00:34:06 ID:cn1jEAiy0
>>332
ハープって、楽器のハープですか?それとも何か機器としての共振する物ですか?
その特殊な脳内の働きを詳しく教えてもらえませんか?

336 :卵の名無しさん :2007/04/14(土) 00:37:54 ID:cn1jEAiy0
>>333
でも否定できないだろ。

337 :ビーチ666:2007/04/14(土) 00:45:03 ID:3QssAqC70
http://alternativereport.seesaa.net/article/38409752.html

338 :ビーチ666:2007/04/14(土) 00:56:43 ID:3QssAqC70
http://rerundata.hypermart.net/08haarp/main.html

339 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:08:30 ID:3QssAqC70
http://rerundata.hypermart.net/08haarp/main.html

340 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:14:39 ID:3QssAqC70
http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/msgsearch

341 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:28:51 ID:3QssAqC70
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=190

342 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:38:48 ID:3QssAqC70
http://310inkyo.jugem.jp/?search=%A5%DE%A5%A4%A5%F3%A5%C9%A5%B3%A5%F3%A5%C8%A5%ED%A1%BC%A5%EB

343 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:41:35 ID:3QssAqC70
ID:cn1jEAiy0さん。解ってもらえたでしょうか?

344 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:54:07 ID:3QssAqC70
http://www.google.com/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=site%3Awww.asyura.com&q=%83%7D%83C%83%93%83h%83R%83%93%83g%83%8D%81%5B%83%8B

345 :ビーチ666:2007/04/14(土) 01:58:47 ID:3QssAqC70
http://educate-yourself.org/mc/

346 :ビーチ666:2007/04/14(土) 03:13:07 ID:3QssAqC70
http://alternativereport.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93d%8E%A5%94g

347 :ビーチ666:2007/04/14(土) 03:31:54 ID:3QssAqC70
http://homepage2.nifty.com/dennjiha/index.html

348 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 04:08:34 ID:iWs17Spy0
タミフルが殺したものは・・・

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6645.html

349 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 04:20:02 ID:iWs17Spy0
2007-03-21 タミフル狂騒・・・

http://futu-banzai.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/index.html

350 :ビーチ666:2007/04/14(土) 05:29:03 ID:3QssAqC70
http://homepage2.nifty.com/dennjiha/index.html
■■■低周波は、電磁波兵器として利用できる!■■■

 軍部は、こうした知識を戦場で敵軍に対して活用するかもしれない。戦場において敵軍兵士
に飲料水や空気を通じて、微量の中毒症状を起こす基となる化学物質を摂取させ、そのあとに
この化学物質と同調するような周波数帯の電波を照射する。
 そうすれば、効果は絶大なものとなろう。体内にある化学物質はそのままでは中毒症状を
起こすほどの量ではないが、電磁波を照射することによって実際にはかなり重度の中毒症状を
引き起こすことが可能になるのである。


351 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 07:15:53 ID:zj/mLJyF0
>>350
すまん。

俺が「認知症・統合失調症」とか図星のことを書いてしまってすまん。

頼むからこれ以上痛いことはやめてくれ。

352 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 10:45:25 ID:JO2rxHQq0
タミフル:投与を受けた7割が日本…なぜ?−医療:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070413k0000e040044000c.html

転落や飛び降りなどの異常行動が報告され、厚生労働省が10代への使用を原則禁止とした
インフルエンザ治療薬「タミフル」。

新型インフルエンザ対策の備蓄として生産増大が続くが、これまで世界中でタミフルの投与を
受けた約5000万人のうち、実に7割が日本だという。なぜ、日本はタミフル消費大国なのか。

関係者はどう見ているのだろうか。【ジュネーブ澤田克己、高木昭午】

 タミフルは、体内でのインフルエンザ・ウイルス増殖を抑えることで症状を和らげ、高熱が出
る期間を1日程度短くする効果を持つ薬だ。

世界保健機関(WHO)は「高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)」が変異して発生する可能
性が高いとみられる新型インフルエンザ対策として「現時点ではベストの薬」と評価しており、
日本を含む各国が備蓄を急ぐ。

 ところが、開発元のロシュ社(スイス)によると、99年にスイスと北米での販売が始まって以
降、世界中でタミフルの投与を受けた約5000万人のうち、実に約3500万人が日本、約10
00万人が米国だった。

 そもそも欧米諸国では従来のインフルエンザで投薬治療することは少ないため、日本のよ
うにタミフルの大量消費もなく、その分、服用後の異常行動も問題になっていない。

スイス東部シュビーツ州の開業医、アレン・シーグバルトさん(48)は「タミフルを処方するこ
とはほとんどない。

高齢者など合併症が心配な患者以外は、まずは1週間ほど休養を取ることが基本だ」と語る。


353 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 10:46:01 ID:JO2rxHQq0
>>352

 なぜ日本はタミフルの消費大国になったのか。ロシュ社のマルティナ・ルプ広報担当は「日
本では症状が出るとすぐに病院へ行く人が多いためではないか」と語る。

 日本薬剤師会が発行したタミフルの解説書には「一般にインフルエンザは自然治癒する」
とあるが、その一方でタミフルをインフルエンザ治療の「特効薬」と位置づける医師の説明も
目立った。

厚生労働省もホームページで「高い有用性が認められる」「通常のインフルエンザ及び新型
インフルエンザ対策の上で必須の医薬品」などと持ち上げてきた。

タミフルの処方に積極的な医師が少なくない上に、子どものインフルエンザにタミフルは欠
かせないと考える親が、医師に処方を求めたケースも多かったという。

 こうした日本の姿勢に対し、WHOの新型インフルエンザ対策部門スタッフは個人的見解
と断ったうえで、「従来のインフルエンザなら若い人には基本的に投薬は必要ない」と冷や
やかにみる。

354 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 10:46:35 ID:JO2rxHQq0
>>353

 日本での異常行動多発の動きを受けて、欧州連合(EU)はタミフルに添付される注意書
きに危険性を記す方針を打ち出し、韓国も10代患者への投与を自粛する方針を決めた。

しかし、世界で少なくとも数百万人が死亡すると予測される新型インフルエンザに向けた
備蓄強化を見直す動きはなく、世界中で「タミフル不足」が続いている。

 生産能力を大幅に増強したロシュ社は現在、年間4億人分のタミフルを生産するが、薬
の有効期限は5年。

世界中の人に行きわたらせることは現実的には不可能だ。

WHOのハートル報道官は
「タミフルを備蓄に回すか、治療に使うかは各国が判断すべき問題。
ただ、多くの国は従来のインフルエンザ治療には使わず、新型用の備蓄に回しているよ
うだ」と語る。

毎日新聞 2007年4月13日 11時12分

355 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 10:56:02 ID:JO2rxHQq0
asahi.com:タミフルのむ?のまない? 患者の判断助ける冊子作成へ - 健康
http://www.asahi.com/health/news/TKY200704120207.html

インフルエンザ治療薬「タミフル」と転落など異常行動との関係を調べている
厚生労働省は、タミフルを服用するかどうかを患者・家族自身が判断するた
めのリーフレットを作ることを決めた。

医療機関に配り、医師が薬の効用や副作用を説明するとき、患者・家族に渡
すことなどを考えている。

 同省は3月下旬から10代へのタミフル使用を制限しているが、年齢にかか
わらず慎重に考えてもらう必要があると判断した。

今月中にも、医師や薬剤師、関係学会や患者団体のメンバーらを委員として、
作成のための検討会をつくる。

 内容は(1)インフルエンザは治療しなくても1週間ほどで治ることが多いが、
乳幼児や高齢者、心臓病などの人は肺炎などを併発して悪化、死亡することもある

(2)タミフルは発熱期間を1日短くする
(3)予防にはインフルエンザワクチンが有効――などを想定。
日本では世界の消費量の8割を占めるほどタミフルが多用されている。


356 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 13:19:34 ID:kZIuSFdH0
>>355
>日本では世界の消費量の8割を占めるほどタミフルが多用されている。

さすがアカヒ;一割ほどさりげなくサバを読んで誇張してますなぁ。
毎日に書かれていたデータと違うねぇ。

357 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 16:13:57 ID:mpWTR43c0
なぜ日本はタミフルの消費大国になったのか。ロシュ社のマルティナ・ルプ広報担当は「日
本では症状が出るとすぐに病院へ行く人が多いためではないか」と語る。

 日本薬剤師会が発行したタミフルの解説書には「一般にインフルエンザは自然治癒する」
とあるが、その一方でタミフルをインフルエンザ治療の「特効薬」と位置づける医師の説明も
目立った。

厚生労働省もホームページで「高い有用性が認められる」「通常のインフルエンザ及び新型
インフルエンザ対策の上で必須の医薬品」などと持ち上げてきた。

タミフルの処方に積極的な医師が少なくない上に、子どものインフルエンザにタミフルは欠
かせないと考える親が、医師に処方を求めたケースも多かったという。

 こうした日本の姿勢に対し、WHOの新型インフルエンザ対策部門スタッフは個人的見解
と断ったうえで、「従来のインフルエンザなら若い人には基本的に投薬は必要ない」と冷や
やかにみる。
ーーーーー

【異常行動】「暴れる」「動き回る」など タミフル服用後に異常行動100件超、大半が未成年…厚労省が集計

358 :331:2007/04/14(土) 19:14:24 ID:cn1jEAiy0
スマソ。リンク踏みたくない。例えば低周波が原因とするなら、なぜ厚生労働省や
マスコミが騒がないの? やっぱネタ? とにかく俺の「夢を操る事が出来る」
という考えは、ほぼ間違いなく当たってると思うけど。お医者さん、レスいただけませんか?


359 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 19:22:02 ID:pU7U0SYz0
妄想コワイ(ο・д・)(・д・`ο)ネー

360 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 19:28:10 ID:eQh7x6TT0
>>358
精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart41
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1175947930/

361 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 19:29:06 ID:eQh7x6TT0
>>358
精神科医(とおぼしき方)に質問ですpart41
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1175947930/

362 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 19:55:13 ID:cn1jEAiy0
いつまでも妄想で片付けるから、死人が出るんだよ。

お医者さん、レスいただけませんか?

363 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 20:56:06 ID:QrqvLgsf0
大人はスルーしる

364 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 21:21:57 ID:cn1jEAiy0
え?スルーの原因が解りませんが。飛び降りた人は、変な虫のせいでたまたま事故に
あったようなものであきらめろ、という事ですか?何バランス取ってるんですか?
お医者さん?

365 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 21:58:25 ID:K2jHYpg40
さあ、お薬の時間でつよ

366 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 22:13:09 ID:cn1jEAiy0
で、「心を操れる」事が認められたら、そう言ってるあなたは、
どう責任とるつもりだい?

367 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 22:28:09 ID:K2jHYpg40
認められてないことを信じないのは個人の自由。
何も責任はないが?
信じるなら一人で信じていてください。


368 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 22:33:39 ID:cn1jEAiy0
それならバカにするな!なおさら、これが事実なら対処すべきだし、
被害者が可哀相だろう。

369 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 23:08:50 ID:BUIiXnBI0
なにがいつの間に事実になったの?

このスレってキチガイの中途半端な理論武装を
ゲラゲラ笑いながら嘲笑するスレでしょw

370 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 23:29:56 ID:gUMQ7WnC0
YouTube - タミフルの不都合な真実?1-4
http://www.youtube.com/watch?v=bdIQM43os8Y

YouTube - タミフルの不都合な真実?2-4
http://www.youtube.com/watch?v=46uebMCkrWM

YouTube - タミフルの不都合な真実?3-4
http://www.youtube.com/watch?v=5m_PMUfegTA

YouTube - タミフルの不都合な真実?4-4
http://www.youtube.com/watch?v=hor5tqbJJM0

371 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 23:30:24 ID:0sOxAc3c0
と、虫害製薬が必死で工作中

372 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 23:43:33 ID:cn1jEAiy0
その通り、事実ならなぜ認めないか?だ。少なくても研究するべきだろう?
「心を操る」事を完全否定できないなら逆に可能性はある訳だ。そうやって科学は
研究して進歩してきたんだろう?今までの常識だけだろ、薬飲めとか言ってる奴。
あ、ひょっとして、操ってる人たち?

373 :卵の名無しさん:2007/04/14(土) 23:55:16 ID:K2jHYpg40
じゃあ>>372が研究すればいいじゃん。



374 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 00:41:38 ID:OjPfCsDx0
禁止薬物で動物実験なんて、業種の違うの人ができないだろ。でも厚生労働省ならやれる。
薬物なら警察の押収品の成分分析もするだろうし。そこまでやって普通だろ?
で、君、心を操ってる人たち?

375 :通りすがりの素人:2007/04/15(日) 01:51:45 ID:3g2kCz8C0
民フルのせいかインフルのせいか熱のせいかは
知らんけど・・・
どれのせいでもなくても、子供の頃、一度や二度はうなされたり
寝ぼけて何かにおびえて走り回ったりしたこと、あると思うけどなあ・・・。

376 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 08:15:35 ID:SflxIL5j0
科学的思考をする人は

事実>>>>仮説>>>>>>>>>>>構想 ≠ 妄想

377 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 09:59:08 ID:h1Vi5Cjf0
>>374
>で、君、心を操ってる人たち?

だとしたらどうする?
と煽ってみるテスト

378 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 11:01:50 ID:gixDytNP0
おまえがそういうくだらない質問をしているのも
こちらのマインドコントロールによるものだと
いつになったら気がつくんだろうなw

379 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 13:46:21 ID:fHZQkIcb0

YouTube - 厚生省のタミフル擁護の裏には?
http://www.youtube.com/watch?v=H5abzxI913w

380 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 13:48:17 ID:npRX88wG0
民降る=死の薬 決定

381 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 15:29:53 ID:OjPfCsDx0
>>377
「テスト」って…ww  公に出るのやっぱりコワイ?いいかげん国も認めてほしいよ。

>>378
くだらない質問させてるお前らの頭がくだらないって事だろ。おまけに暴露されてるのも
マインドコントロールか?タミフルの件が全部お前らのせいだとは言えないけれど、
迷惑かけたり死人出すのをやめろ。


382 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 15:42:35 ID:OjPfCsDx0
>>376
話の舞台が「夢」という感覚的なものだから妄想で済まされるんだよ。
でも妄想で飛び降りた事実があるなら、その妄想を科学的に解明する
価値はあると思うけど。研究しないほうがおかしい。


383 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 16:01:10 ID:3hbfZY5u0
浜六の主張するタミフル全廃の危険性を指摘したサイトを紹介しますわ。

阪大の物理学教授 兼 とんでも学会会員の方がよほど論理的な思考をしている。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1174926083

でも浜六の主張は「とんでも」と嘲笑するだけでは済まない。

パンデミックな流行が起きたときの備蓄分も破棄しろと言っている。

浅野都知事候補よりよっぽど浜六の方が某国工作員ぽいぞ。

タミフル使えなくしてからインフルエンザを流行させれば大惨事になるからな。

384 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 17:00:48 ID:SflxIL5j0
>>382

 つ >>282
 つ >>121

再度

 つ >>376
 

385 :382:2007/04/15(日) 17:22:30 ID:OjPfCsDx0
オレはタミフルは否定してないよ。タミフル服用してなくても、飛び降りてる人も
いるし。ただ、「心を操る連中」がいて、悪さをしてるかもしれないから、注意して、
国も認めてくれと言ってるだけ。

>>384
あのさ、だから医者に聞いてるんだよ。なら逆に完全否定してくれよ。
心を操れる事は絶対ない、とね。もちろんこれから研究もせず、認められてないから
責任とらない、では済まないよ。オレ厚生労働省にとりあえずはメールは送ったし。
医者関係は脅されてミザル、イワザル、キカザルになってないかと思ってね。



386 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 18:28:35 ID:h1Vi5Cjf0
みほかたんにもシゾメールが届いたのかw

387 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 18:41:52 ID:wtnEf5aJ0
176 名前: 山幸彦 投稿日: 2001/05/11(金) 05:16

フリーメースンリーの方に、質問があります。ご存知でしたら、教えて下さい。
日本の人口は、5,000万人に減らしたい!と言う情報と、
鬼塚五十一氏の本では、3,000に減らされる!と書かれていました。
どちらが、本当の値かは解りませんが....
殺される順番は、
 1.創価学会会員
 2.日蓮上人系(新興)宗教団体会員
 3.無宗教・無信仰者
と、思っているんですが、正しいですか??

178 名前: 不幸の助 投稿日: 2001/05/11(金) 18:33

>>176
5000万人が正しい値だと思います。
殺される順番とかはないんじゃないでしょうか?無差別では?
社会工学的政策によって劣った人間が手を下さずとも自滅していく
ように工作されるのではないでしょうか?目に見えない形で人口減少
は進められるでしょう。戦争とか目に見える暴力が用いられる可能性
は低いでしょう。


388 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 18:44:27 ID:wtnEf5aJ0
179 名前: 山幸彦 投稿日: 2001/05/12(土) 00:14

>>178
そう、思われますか...
5,000万人と言う、人数は、世界300・500人委員会総裁の情報を、元メースンの友人から得た情報です。
総裁は、下記1.のサイトある、階級では、33階級最高大総監だそうです。
全体の組織図は、2.のサイトに書いてありますが、図の中の”各国王族”=500人委員会だと、思います。
人口減らしは、地球環境保全を優先するユダヤ思想(?)から来ている様な印象でした。
でも、優先順位ってにのですかねぇ。
方法は、伝染病のばら撒き・地震発生装置による災害でしょうか...


1.イルミナティ(神聖会)
 http://www.kcn.ne.jp/~led13/iluminaty.htm

2.300人委員会(オリンピアンズ)
 http://www.kcn.ne.jp/~led13/olympians.htm
157 名前: 親方 投稿日: 2001/05/05(土) 16:43

正当な労働によって給与と余暇を得た人間が、この世界の底辺に蠢くウジの
ような連中と自分を峻別しようと思えば、まず自分の生きよい集団を作る
だろう。フリーメーソンとはそういう組織だよ。何の生産的行為も行わない
蛆虫がウザイから奴らを殺すのさ

389 :ビースト666:2007/04/15(日) 19:31:25 ID:8lO4cakU0
>>383
それは、新型インフルエンザの危険性がどれくらいなのかが解らないと、現状ではなんともいえないだろう。
もし、新型の致死率が、例えば10パーセントにでも達したら、
確かにタミフルは有効な薬になると言えるかもしれない。
だが、これは可能性があると言うだけで、それでも、はっきりとは言えないがな。
何故なら、タミフルを服用する事により、実際には何パーセント致死率を下げられるのか?
が、解らないし、タミフルが新型に効くと言うことすら現状では何も解ってないしな。

少なくとも、現状の印フルとタミフルの関係は明らかに問題あり、ほぼ全廃してもなんら問題は無いだろう。
むしろ、その方が良い。

390 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 19:44:17 ID:40sVkARC0
つまんねえ釣りだな。

391 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 20:23:47 ID:3hbfZY5u0
>>389
(前半):確かにタミフルは有効な薬になると言えるかもしれない。
              ↓
(後半):少なくとも、現状の印フルとタミフルの関係は明らかに問題あり、
ほぼ全廃してもなんら問題は無いだろう。
むしろ、その方が良い。

??????????????????????????????????????

 ・・・で何が言いたかったの?自分の頭の中だけじゃなく、人にも解る正しい日本語を使って
一貫性のある文章を作るよう心がけましょう。



392 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 21:36:57 ID:OjPfCsDx0
>>391
タミフルの是非はともかく、398の文章はおかしくないよ。否定的な意思は
最後まで変わらない。


393 :卵の名無しさん:2007/04/15(日) 22:56:12 ID:SflxIL5j0
>>383
 有益な情報元ありがとうございます。
このような議論内容を探してました。
(昔は2chでしたが[嘘を見抜けば]、今はブログなんですかねー、、)

394 :卵の名無しさん:2007/04/16(月) 21:46:28 ID:uMG9+j040
もう一度、話を聞いてくれ。現状タミフルが原因なのか高熱が原因なのかその他か解らない。
でも異常行動は起きている。少なくても夢遊病に近いんだろ。オレは、
オレ自身では絶対見ない夢を見る事がある。きっとどこかの薬物使用者が見させているんだと思う。
この被害者たちも、オレと同じように夢を見せられて、かつ体の筋肉が
覚醒状態と同じように動いてしまった。それで飛び降りたりしてしまった。
この理屈について医師の方の意見が聞きたい。


395 :卵の名無しさん:2007/04/17(火) 02:25:28 ID:AF5Ia38e0
>>394
つハロペリドール

396 :俺がハマーだ!:2007/04/17(火) 09:08:58 ID:mGaCcCZV0
具体的にどんな夢を見るのさ?
その辺をきちんと説明してくれないと、答えようが無いよ。

397 :卵の名無しさん:2007/04/17(火) 23:27:01 ID:U4leku/m0
う〜ん、そうだなぁ。とりあえず書けそうなのは、夢の中で金に困っていたオレに
(現実は困ってない。)、ほとんどオレの中では忘れかけていた芸人が現れた。
そいつは「金を貸してあげようか。」と大きい事を言ったにもかかわらず出した金は3000円。
(その時必要としていた金額にはまったく程遠い。)その時オレは何故3000円しか
貸してくれなかったのか解らなかった。目が覚めて、よく考えるとその芸人が
昔貧乏だった事を思い出した。もし自分が夢の脚本書いたなら、すぐこの芸人は「ケチだな。」
と、思うだろ。しかもほとんど忘れていた芸人だよ?絶対、覚せい剤系の薬物使用者が
つまらない冗談で遊びながら、他人の夢を操ってると思うよ。
こっちが書いたから、あなたも変な夢の話があれば書いてほしいな。


398 :卵の名無しさん:2007/04/17(火) 23:28:49 ID:U4leku/m0
異常行動の事故について、今解ってる事を書くと
@原因が、タミフルか解熱剤か脳症etc か解らない。
A被害者が急に訳の解らない事を言ったり、暴れだして家族が抑えたりした。
B「トイレに行く」となど言ってその後自殺などの行為を起こした。

@に関しては調査結果が出ないと解らない。
Aに関しては病中だといえ夢が原因だと思う。夢なのに体が動いてる。もしくは
 目が覚めきってない。 この夢が他人によって操られていたらどうする?
 覚せい剤系の薬物使用者が人間の能力を 使ってると思う。 
B夢を操れると言う事は、脳の想像する部位を操れる事だから、被害者の
 想像力をコントロールすることによって 目が覚めていても心が操れる。
 寝ている時より、コントロールできないけれど発熱で頭がボケている時には
 心を操られてしまう。

お医者さん、この理屈どうよ?

399 :どに〜ちょ:2007/04/18(水) 12:09:01 ID:0szv42x40
結果から書くと れーてんです

400 :卵の名無しさん:2007/04/18(水) 15:27:23 ID:OvV3mgOz0
なんとなく ロボコン

401 :俺がハマーだ!:2007/04/18(水) 19:41:01 ID:GzVHPXpm0
>>397
はっきり言って、それは唯の夢だと思う。

俺も変な夢
ナンセンスな夢は良く見るよ。

でもね、夢ってのはみんなそう言うものなんだよ。

誰だってそんな夢は見るのさ。

はっきり言って影の世界政府がマインドコントロールできるとしても、
そんな馬鹿馬鹿しい詰まらない事に経費は使わないと思う。

402 :卵の名無しさん:2007/04/18(水) 22:43:52 ID:e4iBfBC50
あのさ、そうやって今までの常識に捕らわれて否定するのは、やってはいけない事だよ。
現実に異常行動の原因さえ今になっても解らない。死者も出てるし、いい加減な
気持ちではいけないと思う。
>401さんの「はっきり言って影の世界政府」の件も考えたほうがいい。「馬鹿
馬鹿しい事」が彼らの脅しの行為かもしれないし。でも覚せい剤系の薬物で
人間の感覚や能力を鋭くさせるという発想は、否定できない事だと思うがね〜。



403 :俺がハマーだ!:2007/04/18(水) 22:55:49 ID:GzVHPXpm0
http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=1000457822&blogID=238632132&Mytoken=2199BB27-2015-41F4-B803AA5566BEE48A36266908
 これは、静かなマインドコントロールの戦争であり、ウイルスや、致死性の病気を人間に植えつけるという戦争である。
これは、ワクチンによって行われることが多い。
そのワクチンには、入っているべきものが入っていない。
エイズは、この方法を用いて、一つのサンプルとして人類に植えつけられた。
エイズは、少量の生きたエイズウイルスを混ぜたB型肝炎ワクチンによって、
黒人と同性愛者(このような人たちは"ムダ飯食い"と呼ばれている)に広まった。
これを実行したのは、国連の世界保健機関(WHO)である。
エイズは、WHOから爆発的に広まったのである。


404 :卵の名無しさん:2007/04/18(水) 22:58:00 ID:e4iBfBC50
でも何故そんなに心を操れる事を否定するの?それにオレはみんなで薬物使えなんて、
言ってないよ。こう言う現象がありますから、それを理解して、みんなで注意しましょう、
と呼びかけてるだけ。これを知るだけで助かる人も間違いなくいると思う。
逆に否定しすぎるのも怪しくない?


405 :俺がハマーだ!:2007/04/18(水) 23:00:13 ID:GzVHPXpm0
>>403
生きたワクチンを接種させて人を殺すという事は、この様に普通に行われている。
印フルのワクチンもきっと同じだろうな。

406 :俺がハマーだ!:2007/04/18(水) 23:02:13 ID:GzVHPXpm0
いや、俺はマインドコントロールそのものは有り得るかも知れないと、
比較的肯定的に考えてるよ。
俺が散々出したリンク先を見れば解るだろ?

407 :俺がハマーだ!:2007/04/18(水) 23:15:09 ID:GzVHPXpm0
でも、君の場合は変な夢を見たってだけだもんな。

今までにありえないような、マインドコントロールでなきゃ説明の付かないような
不可思議な事体が起きたのなら解るけど、単に変な夢を見たって程度じゃ、マインドコントロールには、
結びつかないよ。

408 :卵の名無しさん:2007/04/19(木) 12:19:54 ID:IhLxTqiJ0
タミフルに限らず解熱剤等でも異常行動が起こるのでは・・?

インフルエンザにかかって全く薬を飲まなかった場合の異常行動率とか死亡率ってどこかにでてますか?

409 :ビーチ666:2007/04/19(木) 21:04:32 ID:TgxmT96s0
http://www.asyura2.com/0601/health12/msg/685.html

410 :卵の名無しさん:2007/04/19(木) 22:53:14 ID:QSAEaiBa0
>>407
ち、ちょっと、待て。「変な夢を見たって程度じゃ、」って、ここはタミフルに関する
スレだから、変な夢を見る話でいいじゃないか?被害者が夢遊病みたいになってるんだから。
ハマー君、タミフルについての話がしたいのか?それともオレを潰したいの?
ちなみにオレの経験したマインドコントロールはチカラ的には無視できるレベルww。
もしオレの予想通り、心を操る奴がいたら、バカだな、何無駄な事やってんだと思う。


411 :卵の名無しさん:2007/04/19(木) 23:01:43 ID:YWTR11Io0
>>410
だって俺がハマーだ=俺が掟だ



言うこと。

412 :卵の名無しさん:2007/04/20(金) 10:33:52 ID:jzzz0QXB0
バージニア工科大学での犯人に就いて

14 :名無しさん@七周年:2007/04/19(木) 13:06:55 ID:X+74uaY20
殺人犯は以前自殺未遂で大学のカウンセルを受けていた。
この時に抗うつ剤を処方されたのは確実であり、宅間守も同様に抗うつ剤を処方され小学生殺しに走った。
抗うつ剤は、処方された全員とは言えないだろうが、確率的に何人かは妄想を抱き、現実と夢の見境が無くなり、恐怖感から殺人に走る。
米国で若人の銃乱射事件が頻発するのは銃社会であるからではない、向精神薬にどっぷり浸かっている社会であるからだ。
米国のある地方の上水道を検査したところ、下水に流れ込んだ精神薬の成分が完全に地中でろ過されずに、上水道にもまじっていることが発見されている。
18世紀頃から世界的に、為政者は社会になじまない人々を隔離し、精神病というレッテルを付けて隔離・虐待し、為政者にとって都合の良い社会作りを目指している。
現代の米国も同様で、小学校にはカウンセラーが常設され、昔は無かった「多動性」という精神病が勝手に作られ、幼少時代から、社会になじまない人間を精神薬で半分殺している。
このような全体主義的精神薬支配政策が、副産物で米国の銃乱射を生んでいる。
日本も米国であり、米医薬業界の向精神薬の巨大マーケットだ。



413 :卵の名無しさん:2007/04/20(金) 12:41:59 ID:CgaIWdrt0
>>412
抗鬱薬でなくて、タミフルなら完璧だったのにね。

414 :卵の名無しさん:2007/04/20(金) 14:35:59 ID:RUxW/Nm10
>昔はなかった「多動性」
いやー落ち着きのない子供はクラスに必ず一人や二人はいたでしょw

415 :俺がハマーだ!:2007/04/20(金) 17:36:16 ID:eZK6ektY0
まあ、確かに、誰でも見る程度の変な夢でも、
それが、マインドコントロールによるものである可能性はゼロではないだろうがな。


416 :俺がハマーだ!:2007/04/20(金) 19:43:25 ID:eZK6ektY0
でもよ、誰でも見る夢を普通に君も見たからといって、
それをマインドコントロールに繋げる必要は無いんじゃないの?

417 :卵の名無しさん:2007/04/20(金) 22:06:04 ID:M8BDNK9W0
>>416
「誰でも見る夢」。オレも変な夢はそう思ってた。けど、それは覚せい剤系の薬物使用者が
昔から身近な所にいて、みんなが知らないうちに心を覗かれて、夢で遊ばれていたと思う。
しかもバレないように少しだけイタズラをする。もちろん変な夢が全部そうだとは
いえないけれど…。
それにもし今までの変な夢が、自分だけの深層意識の現れだ、と思えるならその人は、
まだ夢を操られていない人か、本人も認める変質者かどっちかだよ。逆に自分がこんな
趣味や性格があったのか、なんて騙されてしまう事もある。マインドコントロールというか
詐欺だな。

418 :俺がハマーだ!:2007/04/21(土) 03:47:38 ID:4Qxt35kE0
覚せい剤やってる奴は単純に覚せい剤のせいでおかしいんだろ?

それと、その変な夢を見たときの感覚が本当に、
普通の夢とはなんか違う感覚があるの?
だったら、まあ、納得するけど。
単にナンセンスなストーリーの夢ってだけなら、別にマインドコントロールには
結びつかないんじゃないのか?

419 :卵の名無しさん:2007/04/21(土) 04:27:48 ID:orTMNiZM0
製薬会社は人が病気にならないと儲からない
ってことは後は私が何をいいたいか
お馬鹿さんでも分かるでしょう
この際ぶっちゃけましょう
本来人は薬なんて必要ないんですw
自然治癒力で完治しますからw
規則正しい生活食事が前提条件ですか



420 :俺がハマーだ!:2007/04/21(土) 05:50:14 ID:4Qxt35kE0
へい、仰るとおりです。

421 :卵の名無しさん:2007/04/21(土) 23:22:35 ID:US1gJze90
>>418
その「ナンセンスなストーリー」って否定的な表現をやめてくれないか?

自分の性格や今置かれている状況と比較して、変な夢の内容が、自分には
あまりに似つかわしくない物なら、「夢が操られている」と考えてもおかしくはない。
もちろんいきなり理解するのは、常識が邪魔をして難しい。でもこれから、
少しこの事を頭に置いて、生活してごらん。こう考えるほうが、納得できるから。
もう一度書くけど、覚せい剤系の薬物使用者は操っている事をバレないように、
少しイタズラをする。もしバレるようなおかしな夢の時は、あなたを潰しに来ている時だよ。
ま、夢でも戦う気持ちがあれば大丈夫だけどねww


422 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 00:43:52 ID:fnS25z/m0
たとえば、自殺したい人が風邪ひいてタミフルのんだら
ダイブしてもいいことになる。
別に子供だけでなくおとなでも少ないが異常行動はおきている。
そうすると生命保険会社はどう対処するのか。
麻薬なのではないので基本的に支払いの適応になるのか。
どうだろう?

423 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 14:40:45 ID:hoM8x+se0
内科開業医のお勉強日記 臨床素人役人によるお粗末なタミフル使用指示通知
ttp://intmed.exblog.jp/5454362

真のインフルエンザの専門家を追い出したためか、厚労省はトンデモ通知を出しはじめた。
馬鹿役人たちは、医者の臨床診断を否定し、20−30代見殺しにするつもりらしい。

1)インフルエンザの診断のEBM的考察(ttp://intmed.exblog.jp/1684409/)で述べたが、
事前確率により、迅速キットを行う価値がある上限・下限がある。

“診断後”とあるのは、迅速検査と読めば、この調査会の意見は暴論である。

診断前確率を読み切れば迅速キットを用いる必要が無く、かえって行うことで護身が
増える可能性さえ有る。

2)スペイン風邪のパターンを忘れたのであろうか?
35歳未満に大きな死亡率増加の山が有ったのである。

span style="color:rgb(255,0,255);">20―40代は死亡率が低く、大多数は約1週間で自
然治癒するなどというのはあまりに軽薄。

以下に、CDCのデータ(ttp://www.cdc.gov/Ncidod/EID/vol12no01/05-0979.htm#Figure2)
を記載する。

424 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 14:41:33 ID:hoM8x+se0
>>423

ttp://www.cdc.gov/Ncidod/EID/vol12no01/images/05-0979_3b.gif

インフルエンザによる肺炎死亡の年齢分布は "U-" と "W-"型をとる。

ttp://www.cdc.gov/Ncidod/EID/vol12no01/images/05-0979_2b.gif

3)検査絶対主義というのは臨床とは相容れないのである。
そもそもこの指示には臨床のセンスが感じられない。

検査がすべてであり、それが陰性ならインフルエンザでないというような提言ではないか。
いかにも臨床をしらない素人が作った指示なのである。


そもそも、厚労省が、タフフルに伴う副作用調査に、研究費・税金を出さないから、結局、
スポンサーをつけざる得なくなったのである。

善意の研究者を追い出し、官僚である素人の指示・・・こんなものに医師は従わざる得ない・・・
この官僚たちをどうにか撲滅してほしい・・・と心から思う。

425 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 14:44:35 ID:hoM8x+se0
>>424

処方は「診断後」に限定 タミフルで再改訂指示 厚労省
07/04/19

記事:共同通信社
 インフルエンザ治療薬「タミフル」について、厚生労働省は19日までに、
処方はA型かB型のインフルエンザと診断された患者だけを対象とする
よう、輸入販売元の中外製薬に添付文書の再改訂を指示した。

これまで、熱のある患者らにウイルス検査をせず安易に処方する
例があると指摘されていた。

 併せて「幼児や高齢者に比べ、他の年代ではインフルエンザによる
死亡率が低いことを考慮すること」との記載も指示した。

中外製薬は改訂作業を進めている。
2点の再改訂について厚労省は「処方をより慎重に判断するよう、
医療関係者に注意喚起を徹底するため」と説明している。

 同省は3月、異常行動が相次いだことを受けて10代への処方を
原則中止とする警告を添付文書に記載するよう中外製薬に指示
したばかり。

 4月4日に開かれた薬事・食品衛生審議会の調査会で、同省はタミフ
ル服用後に何らかの異常な行動を起こした128人の事例を報告。

うち9人はインフルエンザウイルスに感染しておらず、26人は検査を実
施しなかったなどの理由で感染の有無が不明だった。

426 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 14:45:22 ID:hoM8x+se0
>>425

委員からは「熱があるだけで自動的にタミフルを処方する医師がいる」と
指摘を受けていた。

 さらに、幼児や高齢者のインフルエンザによる死亡率の高さに比べると、
特に20―40代は死亡率が低く、大多数は約1週間で自然治癒することから、
添付文書中の「効能・効果に関連する使用上の注意」にこうした情報も記
載する必要があると判断した。

427 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 14:51:20 ID:rU1W/0500
>>425
タミフルの使用停止で、売れなくなった検査キット会社への配慮だろうね。
高熱の出ている家族がいて、同じ症状だったら、普通、検査を省略して、医療費を軽減
すると思うのだがね。

おいおい、乳幼児は死亡率高いとみとめるのかい? じゃあ是非、タミフル使うべきじゃない
のか、治療しないインフルエンザの死亡率をちゃんと数字で公開してから議論しろって。

428 :卵の名無しさん:2007/04/22(日) 23:59:23 ID:LhdTTB9k0
>>426

死亡率だけの問題じゃない。
タミフルによって肺炎のリスクが減ると言うことは横田班報告でも
出ているし、明らかに脱水も減っている。
日本では病院にすぐかかれるから死までは至らないが、重症化の
リスクは軽減されている。

429 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 00:46:19 ID:5TTzC52a0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性が
ある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

430 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 01:25:40 ID:MVkIsv/Y0
覚醒剤のような中枢神経作用無いから、まぁ無理でしょうな。


431 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 01:28:31 ID:OH8YdPwD0
>>428
確かに、子供なんて直ぐ脱水になるし、
さっさと熱下がりゃ、脱水→衰弱→合併症ってな
コース防げてる印象あるな。

ちゃんと疫学的調査した訳じゃないから、
個人的印象以上のもんじゃないけど。

432 :のの:2007/04/23(月) 02:31:13 ID:i4u3SJbx0
で、
要するに、
このスレの人達が言いたいのは、

>覚醒剤のような中枢神経作用無い

これ、ほんとなの?

全ての代謝物のほんの一部とか、
BBBがゆるいとか、代謝が甘いとか、
変な体内動態する子供でも、
絶対、中枢神経作用がないと言えるのか?
ちゅー話やろ。

433 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 11:01:21 ID:5IaAejGW0
>>430

脳血管関門を通過した場合、覚醒剤とは異なる、かなり強い中枢神経作用はある様だ。

乳幼児では急死する場合がある。

434 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 14:53:54 ID:MVkIsv/Y0
>432
>433

分子量が小さくて、タンパク結合率も低いから排泄されるスピードは比較的早い。
元々BBBは通過しにくくて、幼ラットの実験も通常投与量の500倍投与している。
計算した小児科医がいたが、10kgの子供で大さじ11杯のタミフルを1回に飲むと
同じ量になるようだ。そんなに大人でも飲めんよ。
BBBを通過した後の中枢神経作用も特に証明されていない。シ兵が勝手に言って
いるだけで根拠はない。
タミフルの副作用報告が1800件以上有るタミフルは承認取り消せとかいっている
が、そもそも副作用報告はあくまで報告で副作用だったという証明はされていない。
状況的に飲んでいたというだけだ。
インフルエンザで乳幼児で急死する理由は脳炎や心筋炎が昔から有るし、確率は
タミフルが原因だと騒がれているものと同じくらい。
シ兵の理論展開は最初に筋書きがあって作っているから途中からほころびが出てきて
それを我説で埋めているだけ。

435 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 23:19:02 ID:5OGQfrMP0
>>425-426
> 処方はA型かB型のインフルエンザと診断された患者だけを対象とする
> よう、輸入販売元の中外製薬に添付文書の再改訂を指示した。
なんで予防投与は残ってるんだろう?
一日1カプセルなら問題ないんだろうなw
それとも患者の自己責任だから厚労省は関係ないからか?

436 :卵の名無しさん:2007/04/23(月) 23:28:51 ID:huLwgaFZ0
タミフルによる犠牲者拡大を避ける緊急提案
・・・タミフルの異常行動による事故死に関連して・・・
2007年3月17日 全日本民医連医療部 部長 小西 恭司
ttp://www.min-iren.gr.jp/topics/date/070317.pdf

437 :俺がハマーだ!:2007/04/23(月) 23:53:41 ID:t10EOG1h0
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/04/post_8.html
ベンジャミンさんも、マインドコントロールの実在は認めてるみたいだな。

438 :のの:2007/04/24(火) 01:15:18 ID:Yzy3h+wH0
脳に炎症があったりすると、
BBBがくずれて通過しやすく、
炎症が治ってくると、
BBBが復活するって、他社が言ってたお。
タミフルが良いか悪いかは、主治医が判断する。どうでもええ。

「タミフルに中枢作用は全くない」 ということさえ、
証明されてないだろうに。。

439 :俺がハマーだ!:2007/04/24(火) 01:36:23 ID:NXePi83K0
BCGは、結核のツベルクリン検査で確か陰性になると予防接種させられるものだが、これがなんとウソだったのだ。WHOとインド医学研究調査委員会が調査したところ、BCGが結核に対して何の保護効力もないことが立証された、という。
 狂犬病も、予防接種は効果ないそうだ。そういうことも書いてある。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/db5fad46ec62e1952d0c41f914dbcd16

440 :卵の名無しさん:2007/04/24(火) 01:51:47 ID:Fi0f6X+70
そろそろ犯罪の域に踏み込んでる点について

441 :卵の名無しさん:2007/04/24(火) 02:28:05 ID:eDYUzGr+0
 [東京 23日 ロイター] 中外製薬<4519.T>は、2007年6月中間期
連結決算見通しについて、営業利益を210億円から307億円(前年同期実
績は274億1200万円)に上方修正した。減益予想から一転して増益予想
となる。抗インフルエンザウイルス剤「タミフル」の行政備蓄が大幅に増加し
たことが収益を押し上げる。なお、通期見通しについては修正せず、中間決算
発表時に公表するという。

442 :俺がハマーだ!:2007/04/24(火) 02:46:20 ID:NXePi83K0
>>421
まあ、俺が色々と張ったリンクは読んでくれたかい?
とにかく、確かにマインドコントロールそのものはあるとは思うから、
君の場合も確かにそうなのかもしれないね。

とりあえず、参考になるサイトでも読んで頑張ってくれや。

俺からはその程度しか言えん。

443 :卵の名無しさん:2007/04/24(火) 03:03:19 ID:eDYUzGr+0
これもかなりキテルわぁー。
http://nippon01.seesaa.net/article/36757263.html

しかし、かなりの金額が日本人から吸い上げられ、
海外に流出しとるね。

444 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 17:39:16 ID:N0saS7lLO
うちの子(12歳)がタミフルを処方されたんだけどこの医師は大丈夫?

445 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 17:48:37 ID:IRZO18Qq0
>>434
直接、オセルタミビルを、サルの髄液中に入れてみたら? どうなるか。

446 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 17:50:00 ID:IRZO18Qq0
>>444
私も13才の子供に処方したよ。親が希望し、きちんと監視する条件で。

447 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 19:36:11 ID:N0saS7lLO
>>446
私が仕事で連れて行けなかった為祖母が病院に連れて行きました
タミフルが処方されたので祖母は不安になり他の薬に変えてくれと何度も頼んだらしいです
しかし医師は大丈夫、大丈夫と聞き入れてはくれなかったと


後出しすいません


448 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 19:46:21 ID:TY77M7+T0
騒いでくれるので、これで今年の冬は乗り切れる

449 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 19:47:28 ID:y0dmRr0s0
>>447
基本的には大丈夫

ただし飲んでも飲まなくても発熱48時間はしっかり見張れw

450 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 20:08:47 ID:Jfo2jpjm0
>>447
婆ちゃんは飲ませた方が良いと思うけれど。
肺炎と異常行動を天秤にかけることになるけれど、異常行動は一過性だからね。

451 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 20:18:38 ID:W9kYbGxQ0
タミフル:副作用報告1268人 異常行動は186人に
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20070426k0000m040065000c.html
2007年4月25日 20時10分

厚生労働省は25日、インフルエンザ治療薬「タミフル」について、輸入販売元の中外製薬から3月21日〜4月17日に、
192人の副作用報告があり、このうち、転落や飛び降りにつながりかねない「異常な行動」は59人に上ったと発表した。

01年2月の発売から3月20日までの報告は当初1079人(うち異常な行動は128人)と発表していたが、
医師が因果関係を否定するなどして3人(同1人)を外した。この結果、発売からの副作用報告の総計は
1268人(同186人)となった。


452 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 20:40:32 ID:YQHGQuKrO
今日インブルエンザと言われてタミフルを貰いました。36歳♀です。ここを見つけ読ん居ると恐いが…私自信知らなかった事をわかり安心しました。月曜日から咳が止まらなく熱もでて今日水曜日タミフルを飲みましたが…インブルエンザと分かる前の以上行動と言えば変に寝れない…

453 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 20:50:31 ID:YQHGQuKrO
↑(続き)…今日インブルエンザと分かりタミフル飲んだがピッタシ1時間半後に何かに足を噛まれる夢を見て起きた。元々何処でも直ぐ寝れる体質なのに゛目゛が覚め今も寝れない…私にとってはかなり以上行動な事です。インブルエンザは怖いです。

454 :卵の名無しさん:2007/04/25(水) 20:52:11 ID:YQHGQuKrO
↑(続き)…徘徊と有りましたが…そこまでいかないのでチョト安心かな〜体は大分良く成った感じはしますけど寝れない…咳も止まらす辛いです。

455 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 00:02:15 ID:Kh60Q1LE0
>>450
いや、その前に、婆ちゃんのボケ具合も心配。

456 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 02:44:38 ID:rkSY/azc0
>>445
基本的にプロドラッグで主に肝臓で活性体に代謝されて作用を示す。
だから、直接髄液中へ入れるという実験はあまり意味がないように
思われる。

457 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 03:22:01 ID:RY6u2JyVO
日曜に7才の子が発症。その時点で幻覚が見えていた様子。次の日タミフル処方される。
同じような幻覚に脅えながらも、症状は良くなって来てる。
水曜日、11才の子が発症。すぐ診察を受けたがタミフル処方されず。
いきなり起き上がり、ベランダへ直行(ここは五階)したり、アイツ等が睨んでる こっち来るな 等 目付き顔付きが別人の様。
力で押さえて落ち着いて 就寝。
今夜は眠れない母です。
タミフルのせいではないと思う一人です。
携帯から長文すみません。
あまりにも怖くて…。

458 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 04:00:20 ID:rkSY/azc0
マスゴミをはじめみんな誤解していることがある。
副作用報告というのは副作用が証明されたわけではない。
あくまで、異常行動という事象と内服したという事象が重なっているだけ。
因果関係はあくまで不明。結局、内服群と非内服群で比較するしかないが
それをしようとしていた横田先生は研究班からはずされ、迅速診断せずに
処方されているとかトンチンカンな事をいうヤツが調査委員に選ばれて
しまった。

459 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 04:08:13 ID:RY6u2JyVO
>>457です
連書きすいません。
眠れないとは言え 昼間も監視しなければならないので、息子と紐で手を繋ぎました。
私も少しクラクラするし…。
少しは安心出来る カナ?

460 :のの:2007/04/26(木) 08:01:10 ID:5sI7u2GK0
じゃ、
代謝物を髄液にぶちこんで、
なんともなかったら、
「真っ赤なデマ」と言い放て!

461 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 09:20:00 ID:rkSY/azc0
>>460
それはいいね。
ただ、活性体が安定性があるかという問題点と、髄液中の濃度をどう設定するかが問題だな。
きちんとしたシミュレーションができれば良いが。


462 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 10:35:33 ID:g+DBTUhE0
>>457

この話が本当なら、解熱剤その他の原因が考えられる。

しかし、如何にも何処かの低レベル工作員の捏造っぽい話に見える。

463 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 10:58:41 ID:RY6u2JyVO
>>462
文章が下手ですみません!
事実です!!
テレビ等で異常行動は聞いていましたが、目の前で、自分の子供がそうなったのに動揺して書き込みました


464 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 11:53:33 ID:g+DBTUhE0
>>463

>今夜は眠れない母です。
>タミフルのせいではないと思う一人です。
>携帯から長文すみません。
>あまりにも怖くて…。

眠れない母が自宅から携帯で2ch ねぇ。しっくり来ないね。
2ch への利用法はどうやって覚えたの?

どう云う携帯からならその ID が出るんだろう?

465 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 12:42:42 ID:RY6u2JyVO
もともと2ちゃんは知っていますが?そんな人沢山いるでしょう?
IDのさいごが0がPC、Oが携帯からの書き込みってご存じないですか?
何故あなたからたたかれなきゃいけないのですか?
何故あなたに2ちゃんを知った経緯を教えなきゃないのでしょう?
書き込みした人を叩くスレだとは思いませんでした。呆れた。

466 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 12:55:26 ID:7hqUeneB0
>>464
いまどき2chへのアクセス云々なんて。
鬼女板とかのほうがすげえのになw

467 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 14:04:51 ID:3fDR0FR70
>>465
工作員と間違われただけだから気にするな。
2ちゃんねらーなら、そんなこと日常茶飯事だと知っているだろう?

468 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 14:42:03 ID:RY6u2JyVO
はい。
ちょっと熱くなってしまいましたね^^

469 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 14:43:20 ID:g+DBTUhE0
>>465

なるほど、ネラーなのね。

>日曜に7才の子が発症。その時点で幻覚が見えていた様子。次の日タミフル処方される。
>同じような幻覚に脅えながらも、症状は良くなって来てる。
>水曜日、11才の子が発症。すぐ診察を受けたがタミフル処方されず。
>いきなり起き上がり、ベランダへ直行(ここは五階)したり、アイツ等が睨んでる こっち来るな 等 目付き顔付きが別人の様。

主治医には十分伝えているの?根掘り葉掘り聞かれる様な気がするが。
ネラーなら、中外さんに喜ばれるかなり貴重な体験談、参考事例として価値があると判断出来るだろうに。

うーん、引用する都度、うそ臭い感じが強まる内容だ。
でも本当なら、相当に貴重だよ。

470 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 15:26:18 ID:7hqUeneB0
今期は異常行動についてみんな意識してるからか
内服なしの異常行動も親が言ってくるようになったな。

内服なしの異常行動、おいらだけで2例みたよ。
内服ありは軽いのが1例w

471 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 15:30:58 ID:HrZl9IIm0
>>456
まず、やってみたら? オセルタミビルを髄液中にどの程度の濃度にすれば、サルに
どんな行動が起きるか、やってみないと、マウスやラットの実験の経口実験では分からない
でしょ?

代謝産物で怪しいのがあれば、それもいろいろな濃度で試してみればいい。トリインフルの
切り札なんでしょ? 科研費でも下りるんじゃない?

472 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 15:51:37 ID:YT8c6GMY0


463 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/06(火) 03:06:40 ID:mKX5u3T80

幼児の脳に急性のダメージを与えていると解される例が幾つかある。
BBB を通過したタミフルの濃度が高ければその毒性が強く現れているとも考えられる。

少年、幼年では濃度に応じ、個々の脳細胞が受けるダメージの程度が違い、ダメージが大きい時は
頭痛と強度の不安、恐怖に襲われる。異常亢進、妄想と苦痛からの逃避として、自殺的行動をとる。

ダメージが比較的小さい時は大人でも頭痛がある様だ。

脳症による説明が見られるが、タミフルがウイルスの BBB 通過を促している可能性も無くはない。
もちろん、その患者の BBB の機能が弱い、或は衰えている事が前提である。
重篤な症状の有無をインフルエンザウィルスがと比較できればはっきりする。

幼令チンパンジー等で試験を実施済みだと思うが、公表はされていない。


471 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/06(火) 11:51:34 ID:caTxH1l50
>>463
幼少チンパの試験結果が公表されていないというのが、そもそも怪しいね。

>>466
>>467
そもそも政府当局が右往左往してるし、隠し事が多いから困る。

473 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 15:57:41 ID:YT8c6GMY0

151 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/28(水) 14:16:02 ID:TWHmL8YB0
ニュースではないが、おいらの去年受け持った症例は
インフルエンザかかって、タミフル服用して、2日目で解熱して、
タミフル4日目から性格変化が現れて凶暴化した中学生だ。

血液検査でサイトカインストーム思わせる所見なし。
隠れた代謝異常の存在も否定的だった。
脳CT、脳波、脳MRI、脳SPECT全て正常だった。

以上からインフルエンザ脳症は否定的と考えた。
タミフルによる副作用と判断した。何か間違ってるか?

474 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 15:59:58 ID:YT8c6GMY0
>>473

167 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2007/02/28(水) 17:06:23 ID:R326Cxzf0
>>151
その検査いつやったの?髄圧はどうだった?
薬でトリップしてるにしても脳波に異常なしで幻覚みるなんてことないと思うが


169 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2007/02/28(水) 17:13:05 ID:TWHmL8YB0
凶暴化していたので、採血も一苦労だったため、髄液はやりたかったけど、
危険が大きすぎると思ってやってません。


172 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2007/02/28(水) 17:46:52 ID:R326Cxzf0
>>169
まあMRIで異常がみられなかったのだから髄圧は普通だったんだろうね
一般に髄液に感染が見られるから検査した方がより確実だけど



475 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 16:03:25 ID:HrZl9IIm0
> まず、やってみたら? オセルタミビルを髄液中にどの程度の濃度にすれば、サルに
> どんな行動が起きるか、やってみないと、マウスやラットの実験の経口実験では分から
> ない でしょ?
>
> 代謝産物で怪しいのがあれば、それもいろいろな濃度で試してみればいい。トリインフ
> ルの 切り札なんでしょ? 科研費でも下りるんじゃない?

これってダメなの? 本当にやってみればいいのに...というか、すでに実際にメーカーはやって
実験結果を公表していないのか?

476 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 16:11:33 ID:YT8c6GMY0

笑顔の話とタミフルねた 眠らない医者の人生探求劇場・・・・(薬はやってません) Doctors Blog 医師が発信するブログサイト
ttp://blog.m3.com/my-quest-since-2006/20070322/1

あと、今日中外製薬の方が「タミフル」の件で回ってきてらっしゃいました。
2,3質問をしたのですが、タミフルの脳への作用は不明、またあっても一過性と判断しました。

タミフルの事故でなくなった方の剖検で、脳に関しては組織学的(顕微鏡)
にも肉眼的にも、異常は見つからなかったそうです。

また、一過性健忘があっても、その他の症状がないことから脳への直接的なダメージはない
と考えられますし、組織学的な見地とあわせれば、いろいろ考えられることはあるかと思います。

併用していた薬で、必ずありそうなのはアセトアミノフェンですが、こいつは脳のCOX-3を阻害
するのだから、何か併用で起こしたりするのだろうか?

そんなことを考えましたが、アセトアミノフェンは大量投与時の劇症肝炎以外は副作用はないですし、
通常の容量では副作用と思われるもののほとんどない安全な薬なので・・・どうかな〜と思っています。


477 :卵の名無しさん:2007/04/26(木) 22:41:22 ID:rkSY/azc0
>>473
凶暴化していてMRIとSPECTと脳波など安静と時間が必要な検査を行えたと
言うところが少々ネタくさい。
MRIももちろんDiffusionかFLAIRをやったんだよな?

タミフルの血中濃度はきっちり連続投与していれば48時間と96時間で全く
差が無く、既に48時間過ぎた時点でトラフに達していると考えられる。


478 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 00:24:49 ID:Z+tgctb+0
>>442
なんだ…リンク載せて終わりですか。マインドコントロールなんて大したチカラでも無いのに
怯えてどうするんですか?しっかりしろよ。

医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

479 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 00:49:08 ID:dkTJbeon0
>>476
> タミフルの事故でなくなった方の剖検で、脳に関しては組織学的(顕微鏡) にも肉眼的
> にも、異常は見つからなかったそうです。

公表されているのならどの論文か教えて欲しい。

480 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 11:06:21 ID:EvHPqVcL0
>>479
そのブログの主か
中外製薬の人に
自分で聞いてみればいいんじゃね?


481 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 14:06:35 ID:pXyH5/Yt0
>>476
> タミフルの事故でなくなった方の剖検で、脳に関しては組織学的(顕微鏡) にも肉眼的
> にも、異常は見つからなかったそうです。

もしそれが本当なら、脳炎・脳症ではないな。
脳炎・脳症なら普通は血管炎の所見があるだろう。
やはりせん妄か。

482 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 15:44:00 ID:wE6yfUVC0
>>481
LMの話だろ?

483 :卵の名無しさん:2007/04/27(金) 15:45:36 ID:wE6yfUVC0
後、髄液中のoseltamivirの濃度。

484 :卵の名無しさん:2007/04/28(土) 02:27:35 ID:UrjEtqOg0
医学界のご意見番、福島雅典大先生に聞いてみようぜ↓
情報隠蔽のノウハウまで聞かせてもらえるかもしれないぜ
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~oncolctr/staff/ishi.html


485 :卵の名無しさん:2007/04/28(土) 23:21:19 ID:LNDhTYfm0
俺さ、ニートで中卒だけど思うんだ。
2006年ぐらいに合成法が変わったんだよね?それが原因じゃねえか?

もしくはウイルスが耐性を持って化学変化起こしたりしないかな

486 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 00:05:21 ID:y+BZurrO0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。



487 :俺がハマーだ!:2007/04/29(日) 01:31:12 ID:MTBOiRlL0
覚醒剤系の薬物使用者って誰?どんな人?
で、どんな手段で意識を操作するの?
電磁波?

488 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 11:41:49 ID:y+BZurrO0
>>487
それは、オレは解らないって。解ってたら苦労しないし、知っている立場なら書き込み
しにくいだろ(彼らと関わり合いがあるなら。)。でも推測できるのは、機械的な物は
使ってない。人間の持つ潜在能力だと思う。だから人間の能力を引っ張り出す「薬物類」
だろう。
だけれど、大した能力でも無いのに、いい加減、公に認めてくれないかな。死人も
出てる可能性もあるのに、大人しいね〜。生命や財産を守る立場の人がこれだもんね。

489 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 12:38:12 ID:hODxllBc0
>>487
おまえが一時期>>486 >>488 に肯定的なこと書きやがったから
コイツここの常駐ウイルスみたいになってるんだぞ。
ちゃんと責任取れよな。

490 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 12:51:28 ID:y+BZurrO0
責任取る必要ないよ。真実だし…。事実を曲げようとするから、
歪が出る。
逆にどっちがウィルスなのか聞きたいww

491 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 12:55:59 ID:jcleyLCW0
>>490
お前以外の全員が、お前がウイルスだと思っている。

492 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 12:57:51 ID:ekZ35rax0
横浜市大→タミフル大学

493 :卵の名無しさん:2007/04/29(日) 13:05:38 ID:y+BZurrO0
>>491
今はそれで構わないよ。これから逆転して491一人になるから。
あ、491も実は知ってたりしてww。

494 :卵の名無しさん:2007/04/30(月) 14:20:47 ID:dS6nDTbQ0
>>486

ラボナールによる麻酔インタビューのような事を考えているのか?
タミフルではまずあり得ないな。

495 :卵の名無しさん:2007/04/30(月) 23:23:55 ID:4e39yaln0
>>494
いや、少し似ていますが違います。インフルエンザ患者の側にその薬物使用者が実際居て、
話しかけた訳では無く、例えば隣の部屋からでも他人の心や夢を操れると言う事です。
たぶん人間の能力を薬物によって引き出していると思います。その能力については、
認めにくいですが、霊(科学的に証明されていない言葉を使うなら。)に近い類だと思います。
ですから、タミフルだけが異常行動の原因では無いと考えます。


496 :卵の名無しさん:2007/04/30(月) 23:56:30 ID:6LaszwVC0
>>495

君は間違いなく操られている様だ。完璧にマインドコントロールされている。

497 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 00:32:40 ID:R3JDOl8i0
>>495
うん?薬物によって人の隠された能力が引き出され、その能力によって
インフルエンザ患者をマインドコントロールして異常行動を起こさせて
いるってこと!?

498 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 01:29:16 ID:qWltNH+90
2ch にはスルーすべき議題と、真剣に討論すべき議題がある。

499 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 01:32:19 ID:XyLnBIOw0
>>497
餌を与えないでください。

500 :卵の名無しさん:2007/05/01(火) 20:46:07 ID:7GAG73UE0
>>497
はい。そうです。今回のタミフル騒動では、全部では無いにしろ、その原因が含まれている
可能性はかなり高いと思います。薬物を使っているか否かは断定できませんが、
夢を操れる事は確かです。念のため書きますが、心構えをしておけば、夢を操られても
恐れる事はありません。
それより早くこの事を公に認めて、法律で規制しつつ、盲目や耳の不自由な人の為の
機器の開発など行うべきではないですか?何してるの?



501 :卵の名無しさん:2007/05/02(水) 03:31:34 ID:5M2u+j+j0
>>500
なるほど。あなたの考えがよく分かりました。
まず、操られないようにするには、
メンタルヘルス科に相談にいくと良いと思いますよ。

502 :卵の名無しさん:2007/05/02(水) 21:55:16 ID:Wbwn65Om0
だからメルヘンで片付けるから今まで隠されてきたんだって!もちろん本当に脳などに
障害がある人もいるから言いにくいけれど、私の述べている説はメルヘンではない。
早く公に認められて、あらゆる人が心構えをする事だけでも、悪用する連中から被害を
受けないようにできる。
それとも、なに?覚せい剤などの厳罰化もせず、心を覗かれたり夢で遊ばれてもいいの?

503 :卵の名無しさん:2007/05/02(水) 23:35:20 ID:ZrsD7uHBO
厚生労働省会議でタミフルをマウスではなく、霊長類で再実験すべきとの声が出た
タミフルについて霊長類を用いた動物実験が行われる可能性が出て来た

504 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 00:01:14 ID:ZrsD7uHBO
503については、読売テレビ
Zero5月2日10:54放送分で放送された

505 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 00:04:10 ID:5M2u+j+j0
>>503
確かSARS騒ぎの時に、アカゲザルにタミフルと大量投与した実験を行って
問題なかったという報告が既にあった気がするぞ。


506 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 00:39:06 ID:BbIsaLGM0
>>505

サンプル数の問題もある。

注目するべきは乳幼児期に該当する多数のサンプルが必要だろう。特にチンパンジー。

マウスでも数百単位で幼令期のサンプルを多数使ってみる必要が有る。異常な濃度でなく、せいぜい 2 倍程度。

507 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 00:42:06 ID:BbIsaLGM0

並行して、最も多く使用されている解熱剤に付いて同じ実験をやる必要が有る。

508 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 00:58:45 ID:1y2tRvTrO
再実験ということかも?
以前、パーキンソン病なんかでは、かにくいザルが用いられていたけど。

509 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 04:03:25 ID:Zg7fhAyp0
医者は簡単に薬出すけど
よく考えて飲まないと
結果効果は副作用ばかりって時も
と、思う今日この頃、素人でゴメン

510 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 06:19:27 ID:ngicpmEt0
>>503
ほれ、>>471で言ったように、サルに投与してみるのが一番。幼若マウスの脳に集積する
のが分かっていて、どうして、サルに投与していなかったのか。

こんな簡単なことどうして賢い人たちが思いつかないのか?

511 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 06:22:52 ID:Wl2z4x4w0
>>506
ミッキーマウス以外、マウスじゃあインフルエンザに感染しないだろう。
感染したサルとしていないサルで比較実験ができる。その上、髄腔へ
カテーテルを入れておけば、どの濃度で異常行動が起こるか、1匹のサンプルで
数点のデータが取れる。

512 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 07:11:16 ID:jqe47qD60
>>506
確かにサルでやるというのも一つだが、基本的にサルは非常に高い!!
そして扱える施設も限られるし、繁殖に時間がかかるからなかなか
供給されない。そして動物愛護団体からのクレームが非常に多い。
というわけでなかなかサルでは数がこなせないのが現実。
まず普通の科研費では費用が足りないだろうな。

>>511
マウスでもインフルエンザは感染するぞ。普通に実験で使っている。
調べてから発言するように。

513 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 07:41:45 ID:uy1lmCyR0
いままで、チンパンジーで実験していなかったのか?

514 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 12:55:00 ID:MgdBMt2q0
実験なら、中央官庁の公僕およびその家族で良いじゃん。
アタマおかしくなったらなったで、逆に善良な政策が出て来るかも。

515 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 13:50:05 ID:SSCM3L7A0

173 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2007/04/22(日) 19:40:32 ID:l4lllG4V
>>171
薬漬けにするなら、別に古い薬でかまわないでしょ。

なぜ、タミフル開発からたった4年で治験が完了したのか?
なぜ、タミフルが子供やお年寄に効かないという海外のデータがあるにも拘らず認可されたのか?
そして、なぜタミフルの消費料が日本に集中しているのか?

以上をふまえて、答えてくれ。


516 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 14:05:38 ID:Pfhf+i1L0
公開されている資料を基に、「必要な試験」と「その理由」を
挙げてみるのはいかがでしょうか?
(実施されるのを期待して、)


517 :のの:2007/05/03(木) 15:29:12 ID:9Ppv/OLA0
ところで、髄液って、
BBBの向こう?こっち?

518 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 22:02:52 ID:BbIsaLGM0

この前、脳外科の先生に聞いた話では、脳漿は血球も通らない細い穴を通じて髄液に流れ込んでいると言う事だった。
その穴が詰まると脳圧が上がって死ぬらしかった。

脳には血管が纏わり付いている。よって BBB を通過したものが脳や髄液にまわる。
レベルに違いが有るか否かは判らんが脊髄神経の束にも欠陥が纏わり付いていて同じ関係かと。

大事なポイントは、ある物質が髄液に検出されなくとも脳神経細胞に到達していないとは言えない、と言う事だ。

519 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 22:15:57 ID:jqe47qD60
>>518
医者なら解剖学・組織学でどうなっているか知っているはずだが。。。
素人さんかな。

520 :卵の名無しさん:2007/05/03(木) 22:24:40 ID:Vh+IImrA0
タミフルくらいマイナーの医者でも出してるよ。
なにか問題ある?

521 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 09:01:45 ID:gdEmOmjpO
タミフルとポンタールの併用についても調べる必要があるかも?
アントラニル酸系鎮痛解熱剤は、確か・・
アラキドン酸―プロスタグランジン生合成系におけるシグロゲナーゼ活性の阻害作用
アニリン系同様体温中枢に作用、皮膚血管を拡張、発汗による解熱
死のダイブを行った子供に投与されたのが、タミフル単独だったのか、ポンタール(メフェナム)酸やボルタレン(ジクロフェナクナトリウム・風邪〔原則五日以内〕で用いられることがある)との併用があったのか。
あとは、アニリンを含む食品との併用等についても。

522 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 09:13:09 ID:gdEmOmjpO
ちなみにシクロゲナーゼはセロトニンに関連する成分
セロトニン関連なら、SSRIという薬が、うつ病の治療に用いられることがある(抗うつ剤)→抗精神病薬
一、タミフルにメフェナム酸等に類似した作用機序があるのか
二、ポンタールやボルタレンの併用でセロトニン影響を強めることはないか(併用禁忌の項目追加)
この二点は必要な動物実験だと思うお

523 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 09:17:20 ID:gdEmOmjpO
ちなみにポンタールなんかは、アメリカでは一週間以上継続服用すべきでないとされているし、十四歳以下には、ほとんど使用されなかったんじゃないかな

524 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 09:53:51 ID:yJmOU3rJ0
>>523
今は小児に解熱剤としては使わんよ。
PDAでは使うことあるけどね。

525 :のの:2007/05/04(金) 10:10:32 ID:62coyHlF0
炎症がBBBに来て、透過性が増して、
「ずるずる」ってことはないの?

526 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:11:52 ID:ItHCuv4hO
嫁の学歴について語り合うスレ in医療職
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1153113669/
★学歴と保有資格晒せ★
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/lic/1159190851/
高学歴は高学歴同士で付き合うのか?
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1176094634/


527 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:24:57 ID:EOzoOpj20
ID:gdEmOmjpO、勉強がんばっているかい?
うまい棒は相変わらず、たべているかな?
お願いがあるのだけれど、
文章を読みやすくするために
分を短めにして改行を入れてほしい。

528 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:32:27 ID:gdEmOmjpO
アセトアミノフェンに切り換えるよう、平成十三年に通達も出ていたような
ただ、アセトアミノフェンには、アスピリンのような抗炎症作用がないんじゃなかったかな?
そのため、リウマチには使えなかったと思う
あと、これはアニリン系解熱鎮痛剤だったと思う
フェナセチン系の誘導体なので、血液の異常に留意が必要
臨床医が使う場合があるのは、
アスピリンとの併用で重い副作用が生じる抗凝血剤使用者
経口糖尿病薬服用者
の鎮痛・解熱
中枢神経の体温中枢に作用し、皮膚血管を拡張し、熱を放散し、解熱
視床と大脳皮質の痛みを感じる閾値を高め、鎮痛
あ、アセトアミノフェンとの併用もみる必要があるかも?
痛みを感じる閾値を高めが、タミフル等との併用で危険を感じる閾値を高めるに転じることがないかどうか(併用禁忌の項目追加の必要性)?
あと、アメリカの臨床医がアセトアミノフェンによる血液異常の初発症状を判断する方法
発熱・咽喉痛・紫班
このうち、どれかが出るとアメリカの臨床医は至急血液の精密検査を行うみたいだお
あと、類似化合物フェナセチンの長期投与で間質性腎炎や血色素異常の報告あり。
血液検査と検尿をしながら、投与する方がベターな薬かも?

529 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:44:49 ID:gdEmOmjpO
アセトアミノフェンには、アセトアミノフェンを含む製剤とフェナセチンを含む製剤がある
アセトアミノフェンはフェナセチンが体内で変化する一過程のお薬。
サリドンとかセデスAとか、薬局で売られている薬には、フェナセチンは含まれていない

530 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:45:48 ID:oMJu58mz0
http://gscdn25.mncast.com/2007/0420/10001390120070420163353.flv

531 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:53:21 ID:zYywm45u0
タフミルと名称変更して再度販売?笑えるよね。

532 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 10:58:19 ID:gdEmOmjpO
あと、病院で処方されるPL顆粒はアセトアミノフェンを含む製剤でフェナセチンを含む製剤ではない
PCはC
英米独でも採用あり


533 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 11:37:26 ID:gdEmOmjpO
病院で使われるサリドンとかセデスには含有されているかも?
医師がしっかり成分をみることが大事!

534 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 13:46:46 ID:JuNATd2r0
>>528
もう少し新しいことを勉強しよう。
COX3について調べよう。

>>532
PL顆粒はサリチルアミドが含まれていて、小児用PLも成分的には同じ。
だから、小児のインフルエンザにはバツ。

535 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:04:39 ID:gN+K0sI10
っていうか今更だけど
google tool barにタミフルといれると、ラムズフェルドと出てくる。
タミフルの世界の8割を日本で消費、踊らされて加担している石の皆様、ご一読を。
http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/aoyama-col6015.html

536 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:08:56 ID:gdEmOmjpO
534
ありがとうございます!

537 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:19:58 ID:gdEmOmjpO
シクロオキシゲナーゼ3のことだ
ぐぐってみた
アスピリンがシクロオキシゲナーゼ1,シクロオキシゲナーゼ2を阻害するのに対して、アセトアミノフェンはシクロオキシゲナーゼ3だけを阻害するって出て来た

538 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:29:33 ID:gdEmOmjpO
PL顆粒についてはサリチル酸系薬剤を含有
サリチル酸系薬剤については、平成十年に小児インフルエンザに原則禁忌、新しい通達が平成十三年に出ていた

539 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:36:40 ID:gdEmOmjpO
現在、厚生労働省はアセトアミノフェンだけを認めているみたいね

540 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:43:35 ID:cagKb1h/0
安いからなぁ

541 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 14:46:25 ID:gdEmOmjpO
あと、PL顆粒はラットで妊娠早期の催奇性と妊娠末期の妊婦と胎児に異常がみられた報告があるみたいね
妊娠中はよほどじゃないかぎり、薬に頼らない方がいいのかも?

542 :土日当直常習者 ◆pVFvDNoTvQ :2007/05/04(金) 19:21:10 ID:MTkuMzJV0
うちはもうポンタール使わないなあ>PDA

インダシン一本槍ですね

543 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 20:29:39 ID:QC/o3yA60
そもそも、まだポンタール使ってる所ってあるんか?

544 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 22:10:19 ID:rlFsMdtQ0
>>543
ポンタールというお薬について - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111031131

OKWave ポンタールの小児への処方
http://okwave.jp/qa99436.html



545 :卵の名無しさん:2007/05/04(金) 23:31:55 ID:yJmOU3rJ0
>>542, 543
あるよ。主治医によるが。

546 :俺がハマーだ!:2007/05/05(土) 07:41:13 ID:acxR6iuI0
>>535
ここによると、鳥インフルによる死亡例はほぼゼロ。
だが、タミフルの服用による死亡例は今まで数十件確認されてるから、
有意に有害性が証明されたと言って良いんじゃないのか?

547 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 08:04:05 ID:8MDpqYzL0
母集団も一緒にな。
いいかげん釣りにも飽きた(´・ω・`)

548 :俺がハマーだ!:2007/05/05(土) 09:01:47 ID:acxR6iuI0
要するに、唯のインフルエンザとかでも死ぬからと言ってるんだろうが、
その、インフルエンザや風邪の類だって、実は解熱剤を服用するからなのかもしれないぞ。
あわせれば、実は全て薬害なのかもな。

549 :ねこねこ:2007/05/05(土) 09:56:05 ID:vupkDI2f0
「タミフルは熱を下げるのを1日早めるだけ」とのたまう専門家の先生。
私自身タミフルに対して肯定も否定の感情は持っていないんですが、日本人は発熱に対して
不安感が強く、また我慢が足りず論理的な思考が苦手ということを忘れないで下さい。
タミフル禁止令以前から
「今日午後開業医でインフルエンザと診断されて薬を飲んだが熱が下がらない」
という患者が夜間診療所に何人も来る! 内服してまだ3時間しか経ってないやんけ。
またタミフルを飲まないと何日も高熱が続くという例も多い。
いや、別にタミフルやめてもいいけど、この熱が下がらないと言ってやってくる
患者を私は偉い人に何とかして欲しいのです。政府広報してくれないかな。

550 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 12:23:13 ID:JnUUuVXE0
ギリアド社はロシュ以外にもファイザーや超大手と提携しているから、
わざわざそんなわかりやすい陰謀なんて行わなくてもガッポリ儲けているだろうね。


551 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 12:26:56 ID:JnUUuVXE0
>>549
>タミフルは熱を下げるのを1日早めるだけ

あくまで平均ね。
使っていてあっさり効く人と、効かない人いるでしょ?

内服開始が遅いと大抵効かない。
迅速キットが陰性でも、臨床診断で開始した人は翌日には下がっている。
そしてペア血清をとるとちゃんと抗体価も上がっている。

552 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 12:38:58 ID:JnUUuVXE0
>>546
2007年4月11日現在のWHO情報では、世界中でHPAI(H5N1)の確定患者数は291名
死亡者数は172名で致死率59%
患者発生国はアゼルバイジャン、カンボジア、中 国、ジブチ、エジプト、
インドネシア、イラク、ラオス人民民主共和国、ナイジェリア、タ イ、
トルコ、ベトナムの12ヶ国。

553 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 13:07:22 ID:077O+1uG0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

554 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 13:12:49 ID:JnUUuVXE0
>>553
ラボナールによる麻酔インタビューのような事を考えているのか?
タミフルではまずあり得ないな。

555 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 13:57:38 ID:077O+1uG0
>>554
やっぱり無限ループ狙ってるの?

556 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 15:05:26 ID:P7OdA8n/0
薬害を論じる前に、タミフルの日本でのシェアが80%というのは異常。
なぜ厚労省はこの薬を買い占める必要があったのか。
厚労省の天下り利権とタミフルの特許を持つ米企業と日本政府の関係を
公にすべきだ。

557 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 15:40:34 ID:LIySJUdG0
>>555
日本が買い占めてるのは結果的にそうなっただけ。
タミフル使用リミット(症状発現後48時間以内)に病院に自由にかかれる先進国が日本だけだからでしょう。
アメリカやヨーロッパでは直接病院にかかれないため家庭医に連絡を取る。
するとインフルエンザだからアセトアミノフェンを飲んで様子をみるように言われる。
そしてタミフル服用のゴールデンタイムをすぎた肺炎患者等だけが病院に行くため結果としてタミフル使用が少ない。
いつでも医者に診てもらえる日本は恵まれていると思うよ。

558 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 15:42:16 ID:LIySJUdG0
ごめん
>>556だった。

559 :俺がハマーだ!:2007/05/05(土) 17:53:28 ID:acxR6iuI0
>>552
読んでないだろ。
まあ、俺も書き方が足りなかったけど。
「先進国では、」と言う文が前に着くのだ。
そこで上げられたような国ではそりゃ確かに高まるだろう。
だが、栄養状態が悪いと、最悪ちょっとした擦り傷から、ばい菌が入って死亡する事だって人間にはありえるのだから、
それらの後進国でのデータは意味が無いぞ。

560 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 18:05:40 ID:GqyMl+YA0
>>556
公にするも何も、日本が保険診療で薬価を下げるというと、米商務長官が直々にやってくる
欧米で売れなくなった薬を新薬として買ってくれる日本という国は有り難い存在だと、製薬に
籍を置いた俺としてはそう思う。

561 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 19:17:47 ID:QZITefoj0
米国ギリアド社の元会長で大株主だったラムズフェルドがタミフルで大儲け
(100万ドル以上)して、売れなくなった薬を日本に買わせて知らん振り。
日本はこの先、消費されないタミフルを抱えて有効期限切れを向かえて
大量の税金が無駄になる仕組みだろう。厚労省でもタミフル問題には
関わりたくないのが本音じゃないのだろうか。

562 :卵の名無しさん:2007/05/05(土) 20:44:59 ID:XcdJH8xH0
タミフルは世界で備蓄が始まっている。
日本に優先してくれるなら、、それはありがたいこと。
(現実は優先されていない、)

文句を言う奴は、まさにそのときに、自分も、自分の
親や子供にも割り当てられないことを、
本気で考えているのか?

俺は、身内の分は絶対に確保しておくが。

563 :俺がハマーだ!:2007/05/05(土) 21:35:34 ID:acxR6iuI0
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=t&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLR_jaJP207JP207&q=%e7%a0%b4%e5%82%b7%e9%a2%a8%e3%81%a8%e3%81%af

564 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 08:18:48 ID:EIEMII6+0
>>559
お前こそ読んでないだろ。
H5N1の高病原性鳥インフルエンザだ。鳥インフルエンザも色々あるのだ。
勉強をキチンとしてから発言するように。

565 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 13:19:40 ID:EIEMII6+0
>>563
破傷風とインフルエンザを比較するのもどうかとは思うが。。。(苦笑)

ちなみに、2005年のWHOの発表では破傷風での全世界死者合計数は
2000-2003で29万人。
http://www.who.int/immunization_monitoring/diseases/tetanus/en/index.html

インフルエンザは毎年25万人から50万人が死亡しているとある。
http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs211/en/

そして、同じ地域で比較しても普通のインフルエンザより高病原性鳥インフルエンザは
致死率が高いから、問題になっているのだよ。

566 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 13:42:40 ID:0Jf7waC+0
>>565

人間に感染した場合は死亡率は高い様だが、伝染性についてどこまで解明できているのかな。

567 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 14:26:59 ID:EIEMII6+0
ヒトーヒトは確か1例報告があったと思ったが詳細は忘れた。
検索かければ引っかかるはずだ。
基本的にヒトーヒトの伝染性はまだ獲得されていない。
しかし、ブタを媒介にすることでヒトへの抗原性を獲得するということは
確認されている。
いつ、ヒトーヒトの伝染性を獲得してもおかしくなく、それを獲得したときには
パンデミックが起こるのではないかな。

ちなみに、
第一三共が新しい長時間作用型ノイラミニダーゼ阻害剤の第2相にはいっていて、
おそらく、タミフル異常行動騒ぎの影響をうけて精神神経症状発現についても
調べるんじゃないかな?
それでノイラミニダーゼ阻害剤が異常行動を誘発しうるかどうかの新たな
データがでるだろうなぁ。これはあくまで個人的な予想。普通ならやるでしょ。

568 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 16:11:11 ID:Ky4rw5cj0
ttp://www.daiichisankyo.co.jp/news/index.html

抗インフルエンザウィルス薬の第一相臨床試験終了について

弊社が自社で創製した抗インフルエンザウィルス薬CS-8958 の、
本邦での第一相臨床試験の投与が終了し、今秋から第二相臨床試験を
開始する見込みとなりましたので、お知らせします。
CS-8958 は、『長時間作用型のノイラミニダーゼ阻害薬』 であり、
1回の投与のみで治療効果および週1回の投与での予防効果を
期待し、インフルエンザウィルスの感染部位である肺、気管に
直接作用する吸入剤として開発中です。
また、A 型、B 型のみならず、非臨床試験にてH5N1 鳥インフルエンザウィルスに
対する効果も確認しております。
本剤は、昨年8 月に医薬品医療機器総合機構から臨床試験計画等について
優先的に相談が受けられる「優先対面助言品目」の指定も受けており、
2009 年末の承認申請を目指し、規制当局および専門家等とも十分協議しながら
開発を進める予定です。

569 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 16:14:03 ID:Ky4rw5cj0
2006/03/28
ttp://www.daiichisankyo.co.jp/4less/cgi-bin/cs4view_obj.php/d_ir_public_n1/107/060328-004j-

irsub-v2.pdf

p64〜

活性代謝物の排泄は尿中の可能性が高い。
(リレンザと尿中排泄率で比較していることから)

 ⇒BBBくみ出しトランスポータ競合説をとるなら、
  腎排泄においてトランスポータを介した排出が
  有るかどうかが重要。

注意点:活性代謝物の濃度の上昇が遅い可能性がある。
    発症後24時間以内投与が一般的な薬剤群において、活性代謝物の
    濃度上昇が数時間遅いことが効果の発現に影響する可能性がある。
    (タミ、リレンザよりも より早く投与する必要性がありそう。)

 ⇒良い薬なら、タミ、リレンザは すべて 「CS-8958」に代わる可能性があります。

[三共株式会社の CS-8958 は、ザナミビル水和物をリード化合物とし、
肺での貯留性をさらに高めることを目的としてデザインされた新規の
ノイラミニダーゼ阻害剤]

570 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 16:16:51 ID:Ky4rw5cj0
ついでに、

ttp://www1.ocn.ne.jp/~nisimura/influp3.htm

◎インフルエンザウイルスの構造と感染機序
◎インフルエンザウイルスワクチン
◎インフルエンザウイルスに対する薬剤
◎インフルエンザに対する免疫
◎インフルエンザの合併症

571 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 16:20:13 ID:Ky4rw5cj0
>>569

ttp://www.daiichisankyo.co.jp/4less/cgi-bin/cs4view_obj.php/d_ir_public_n1/107/060328-004j-irsub-v2.pdf

572 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 19:31:02 ID:mMFaQEMj0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。



573 :卵の名無しさん:2007/05/06(日) 21:01:21 ID:ZHJVplRa0
餌禁止(・∀・)スルースイショウ

574 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 02:22:20 ID:79yxjU3P0
WHOでは4月20日に鳥インフルエンザに対するタミフルの有効性
を発表してます。現在鳥インフルエンザは世界で291人がかかり、
172人が亡くなったそうです。
エジプトでは34人がかかり20人がタミフルですくわれました。
リレンザとの併用も良いそうです。
普通のインフルエンザで処方するのは?ですが備蓄は必要ですね。

575 :俺がハマーだ!:2007/05/07(月) 04:44:22 ID:kyly7QyW0
>>564
だから、何?
栄養状態、衛生状態と関係が深いと言う俺の指摘に対する反論には一切なってないでしょ。

576 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/07(月) 06:49:05 ID:4//KRsnm0
>>574

日本もH5N1の高病原性鳥インフルエンザが発生しているわよ。それで発症した
人はいない。

俺がハマーだ!さんの意見を裏付けているんではないの?


577 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 07:02:34 ID:DUP/NWOw0
>>576
ヒトへの顕性感染は証明されていない。

578 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/07(月) 07:05:57 ID:4//KRsnm0
>>574
>WHOでは4月20日に鳥インフルエンザに対するタミフルの有効性
>を発表してます。


WHOなんて、トンデモな機関だなぁ。日本でタミフルの効果に疑問が出ると
すかさず助け船を出す。製薬会社との癒着がまるまかりでしょ。

>エジプトでは34人がかかり20人がタミフルですくわれました。

エジプトの34人がどの程度の症状の患者か分からない。何せ日本では
抗体値は上がったけど発症しなかった人がいるんだからね。

そういう人にタミフルをのませて、自然治癒したのをタミフルで助けたと
言っているだけかも知れないね。

579 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/07(月) 07:07:33 ID:4//KRsnm0
>>577
>ヒトへの顕性感染は証明されていない。

抗体値が上がったのは証明されているよ。そのように新聞報道があったからね。

580 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 12:31:41 ID:P1hKVjQ70
新聞報道 www

581 :俺がハマーだ!:2007/05/07(月) 18:04:03 ID:kyly7QyW0
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=248

582 :俺がハマーだ!:2007/05/07(月) 18:21:05 ID:kyly7QyW0
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=167

583 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 21:54:19 ID:mcdemB5S0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

と書いても、身辺に危険が及ぶのか、返事がいただけません。悪党はこちらの心を読んで
いろいろ脅してきますが、気持ちをしっかり持てば対処できます。夢を操れる事は、気持ちも
操れる事をお忘れなく。気持ちをしっかり持って!


584 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 23:14:57 ID:IrrRRniM0
>>579
あのねぇ、顕性感染していなくても抗体が出来ることはあるのだよ。
普通の鳥インフルエンザはヒトには原則的に顕性感染はしない。
変異が生じたときにヒトへの病原性を獲得してヒトへの高病原性
インフルエンザウイルスとなるのだよ。


585 :卵の名無しさん:2007/05/07(月) 23:19:36 ID:IrrRRniM0
>>578
>WHOなんて、トンデモな機関だなぁ。日本でタミフルの効果に疑問が出ると
>すかさず助け船を出す。製薬会社との癒着がまるまかりでしょ。

別に効果に疑問は出てないと思うが。
効果があることは分かっている。
しかし異常行動との関連性が否定しきれない。
というのが現状であるぞ。

通常のヒトインフルエンザのノイラミニダーゼだけではなく
鳥フルのノイラミニダーゼにも働くということを確認しただけだろう。
nが34でも有意差があればデータになるからな。

586 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/07(月) 23:26:43 ID:aIxbtrK40
>>584
>普通の鳥インフルエンザはヒトには原則的に顕性感染はしない。
>変異が生じたときにヒトへの病原性を獲得してヒトへの高病原性
>インフルエンザウイルスとなるのだよ。

だったら、何故、鳥インフルエンザが人に感染して死者が出ているの?


587 :574:2007/05/08(火) 01:44:38 ID:1ZChohcX0
今までも流感には特効薬はなかったんだから、普通の
インフルでタミフル処方はどうかな、
老人や子供までは必要かもしれないが。
あくまで鳥インフルエンザ対策で使用してほしいのだが。
あとある世界の地域では、家畜を家の中でなどで飼っている。
主にアジアや中近東など。昔の日本もそうだっつた。
キリスト教は人は家畜を厳格にわけたが(極論では家畜は人間の食料)
他の国はそこまでしなかった。日本やタイやエジプトでも。
だから接触時間が多いのでこうなったのでは。日本でも二ユースにならないが
、輸入犬かられすとすぴら感染の報告もあります。
まあ鳥インフルかかったらしょうがないから、人にうつさないよう適当に。

588 :卵の名無しさん:2007/05/08(火) 03:00:51 ID:2keloMKB0
>>586
ヒトに対する高病原性を獲得しているから。
しかし、ヒトーヒトの感染力は獲得していない。
大量に変異した高病原性ウイルスに暴露されれば、
他への感染力を持っていなくても十分致死力はある。

例えば、大腸菌のLPSなどは非常に強いエンドトキシンで
大量投与すれば過剰な免疫反応が生じて個体は
死亡する。しかし、感染力はない。
感染力が無くても病原性の高い物質が大量に取り込まれれば
過剰な免疫反応が誘発され、死へ至る。

589 :卵の名無しさん:2007/05/08(火) 03:04:50 ID:2keloMKB0
高病原性の新型インフルエンザがパンデミックが起こるには、
1. ヒトへ高病原性の獲得
2. ヒトへの感染性の獲得
3. 感染者の移動もしくは鳥を媒介とした移動
が必要条件となろう。

で、
1.は実際に死亡報告が東南アジアを中心に数多く出ている。
2.はブタを媒介にしてヒトへの感染性を獲得することが分かっている。
3.はヒトの移動制限は可能だが、鳥の移動制限は不可能。

つまり、パンデミックが起こる下地はできあがっている状況だよ。


590 :卵の名無しさん:2007/05/08(火) 03:17:16 ID:2keloMKB0
>>588
ちなみに、ヒトはLPSに対する抗体もできるよ。

591 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/08(火) 07:25:16 ID:IdaPba8L0
>>588
>ヒトに対する高病原性を獲得しているから。
>しかし、ヒトーヒトの感染力は獲得していない。
>大量に変異した高病原性ウイルスに暴露されれば、
>他への感染力を持っていなくても十分致死力はある。


何度も言いますが、それでも日本では発症した人は出ていないです。
そこが、先進国と後進国の生活環境の違いではないかと思うんです。

日本の養鶏場は凄い数の鶏を飼っていますから、そこの従業員が
>大量に変異した高病原性ウイルスに暴露されなかったと言うことは
ないと思いますから。


592 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/08(火) 07:27:26 ID:IdaPba8L0
>>587

>輸入犬かられすとすぴら感染の報告もあります。

レブトスピラーは輸入犬だけからではなく、日本でも風土病として残っている地域も
あるようです。


593 :卵の名無しさん:2007/05/08(火) 09:56:29 ID:2keloMKB0
>>591
やはりインフルエンザの高病原性という言葉をよく分かっていないようだね。

高病原性というのは基本的に過剰な免疫反応を惹起しうるものなのだよ。
だから、生活環境うんぬんで発症するしないは変わらない。
むしろ健康であればあるほど免疫応答がしっかり起こるために、過剰となり
そのサイトカインの影響で多臓器不全->死亡という経過をたどる。
スペイン風邪で若者がその前後のインフルエンザと比較して多数死んだのは
そのせいだと考えられる。

発症後の治療に関しては医療環境の影響をうけるであろうから、後進国と
比べれば当然死亡率は下がる<かも>しれないが、過剰な免疫応答に
対して、ステロイドパルス療法や透析・血漿交換などを行える施設は
限られるし、それこそパンデミックの場合はすべての患者にそういった
治療を行えるわけはないので、とうぜん死亡数は増える。


594 :583:2007/05/08(火) 22:28:45 ID:pGihFvmC0
私が2chに暴露するようになって恨みを買ったのか、たぶんヤクチュウの人から
夢を操られる事が多くなりました。今朝の夢は、私が親族を恨み続けるもの
でした。もちろんその親族に対し、そんな恨むような事はありませんし、
その恨む感情の激しさも普通ではなかったです。夢の中で「これは操られているな。」
と解りましたので何事もありませんでしたが、夢を操られている事を知らない人は
自分の意思だと思い、家庭内不和や最後には事件になったりするのではないでしょうか?
自分の身を守る為にも知っておくべきだと思います。


595 :卵の名無しさん:2007/05/08(火) 23:16:29 ID:lQZ/gbON0
>>594

君を操る為の薬は誰が君に飲ませるのか?

飲むか飲まないかまで操られているのか?

596 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 00:07:27 ID:9qQpAR7X0
>>595
餌を与えないで下さい!

597 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 03:09:39 ID:Tff3nqbM0
医師は因果関係を「否定できず」 タミフル異常行動死の第1例 [ 05月08日 07時44分 ]
共同通信

 インフルエンザ治療薬タミフル服用後に異常行動を起こして死亡した「第1症
例」として04年に報告された岐阜県の男子高校生について、診察した医師が「タ
ミフルとの関連は否定できない」とした意見が、販売元の中外製薬作成の副作用報
告書に記載されていたことが7日、分かった。厚労省は「報告を受けた後、因果関
係は『否定的』とされた」としてきており、遺族らからは「不可解な対応」と批判
の声が上がっている。

598 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 05:46:27 ID:CIB2cKKP0
まぁ、「否定できない」と「否定的」ってどちらも完全否定できないと
言う意味で同じでしょ。
どちらも「原因としては考えにくい」という点で同じだろ。
厚労省の対応が悪いのは確かだが。

599 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 13:48:56 ID:dslUAkHf0
また屁理屈か!

600 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 17:05:52 ID:dslUAkHf0
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/df288bb67874b0a047849a9a5915e694

601 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 17:23:37 ID:f6UWhDHt0
>>597
俺も製薬でPMSの仕事をしていたが、もみ消すのが仕事。直接、医師のところに行って、情報集めたり、
説得したりする。報告は以前、医師 → 製薬 → 厚労省だったから、製薬と厚労省の話し合いで、
何もかもが決まっていた。今は、直接、厚労省に報告できるけれどね。

勤務医の時には、あるmajor trq.を注射したら、発熱、発汗、CPK > 10,000で、ダントリウムを使って
改善したから悪性症候群だと報告したが、メーカーからは、診断基準に当たらないと言ってきた。厚労省は
結構、製薬には厳しく言うが、説得されたら、密室で判断は決まる。FDAのようなpanelがあるわけでは
ない。

602 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 17:47:57 ID:dslUAkHf0
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/m/200610

603 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 17:53:22 ID:dslUAkHf0
医者は本当に馬鹿。

空手家の方がほっぽど賢くて知的。
彼こそ天才だ。

604 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 17:58:05 ID:dslUAkHf0
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/87e60b061b8692960dfa1d54f3c9879e

605 :俺がハマーだ!:2007/05/09(水) 18:04:00 ID:dslUAkHf0
http://www.tanuki.gr.jp/mt/yobou/100/100.html

606 :卵の名無しさん :2007/05/09(水) 22:10:25 ID:ulkA6jZf0
>>595
そんな危ないクスリを私が飲むわけありませんよ。私はごく普通の庶民です。
悪いのは、覚せい剤系の薬物使用者です。我々の心を読んで陥れようと
画策しています。タミフル被害者のように夢を操られる = 想像力を操られる事に
より少しだけ他人の心を操れる事ができるようです。
この事を知ってる人は、知らない人をもてあそんで利用しているでしょうね。
政府や警察って何しているんだろう?

607 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 22:25:57 ID:CIB2cKKP0
>>605
毛利タヌキ氏の育児書は読み物としては面白いと思うが、予防接種に関して
前橋レポートを重要視するのは理解できない。
人口密度の高い隣り合わせの地域で、しかも山や川のような自然
障壁もなく、人の往来も非常に多い両者を比較している時点で、
デザインが悪いとしかいえない。

島国根性の狭い地域でしか物事をとらえていないと言うことを露呈しただけで、
真の専門家は全く前橋レポートは評価していないのだよ。


608 :卵の名無しさん:2007/05/09(水) 22:33:20 ID:CIB2cKKP0
>>602-604
あの空手家ねぇ。Ww
毎日新聞の記事を引用している時点でダメだね。
奈良県の大淀病院の件でも、スクーブ重視で詳細も裏付けもとらず、
先走った結果、大淀病院では産婦人科は休診。そして不起訴。
おかげでどれだけの人々が被害にあったか。


609 :マリリンへ:2007/05/10(木) 00:32:12 ID:HgJcrXxv0
れすとすぴらが日本でもふうど病で残ってるならどこの地域だろう。
教えてほしいな。
マラリアが温暖化で日本に来るのは確実かもしれないが、媒介する
歯まだらかの日本での生息は今のところない。
韓国は北からの蚊の移動で都市に住むようになり、感染が広がっている。
蚊とかのただの媒介者の輸入感染なら、問題ないが日本に
住んで繁殖するともうだめ。
まあ九州では日本脳炎の復活や信越では野生動物の狂犬病の復活
を恐れているし。

610 :卵の名無しさん:2007/05/10(木) 03:16:33 ID:PKlhplWl0
>>598
causuality scaleとしては、
L4: Definite
L3: Probable
L2: Possible
L1: unlikely
L0: unknown
L-1: excluded

とある。L1は非常に曖昧。日本じゃあまり使わせてくれない。

611 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/10(木) 08:22:18 ID:tQzqAcnT0
>>609
>れすとすぴらが日本でもふうど病で残ってるならどこの地域だろう。
>教えてほしいな。

これは、人間ではなく犬の発生ですけどね。
地域的には2chで発表するのは良くないと思うのですがいかがでしょう?

ワクチンを販売しているメーカーが、私たちにはどこの地域で発生したか
教えてくれます。

蚊が媒介する病気にフィラリアがありますが、かなり温度差が影響するようで
人間のフィラリアは、九州以南しか発生する環境がないと聞きます。

犬のフィラリアは現在、日本全国で発生する環境にありますが、やはり温かい
地域での発生がより活発のようです。

>韓国は北からの蚊の移動で都市に住むようになり、感染が広がっている。

韓国は北と言っても、日本より温かい地域が多いような気がします。マラリアも
確か、温度差に影響を受ける病気だったと思います。ただしおっしゃるように
日本人はマラリアに免疫がなく、地球温暖化の影響もこれから受けるでしょうから、怖い
病気の1つだと思います。

ひょっとしたら、新型インフルエンザよりも怖い病気になるかも知れませんね。

612 :卵の名無しさん:2007/05/10(木) 12:47:04 ID:s28rimu70
>>611
「日本人は」って、外国人でも獲得している人は少数だと思ったが。
感染研が最近、その免疫を獲得した人の抗体から中和可能な抗原を
見つけ、ワクチン化しているとか。
現時点では抗マラリア薬による予防と治療が基本。

613 :俺がハマーだ!:2007/05/11(金) 16:05:51 ID:cIbGz6qt0
>>565
この統計を見ると、インフルエンザは単に破傷風の1〜2倍程度の危険性でしかない
と言う話だな。

だから、破傷風よりほんのちょっと毒性が高いって程度の話だろ。
たいしたこと無いじゃん。

民フルなんか必要ありません!!

614 :卵の名無しさん:2007/05/11(金) 17:06:39 ID:WGtE/ZqA0
どこから突っ込んでいいものやら(´・ω・`)

あ、ごめん。スルーでしたね。

615 :卵の名無しさん :2007/05/11(金) 19:55:22 ID:osnOI7U00
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

と書いても、身辺に危険が及ぶのか、返事がいただけません。悪党はこちらの心を読んで
いろいろ脅してきますが、気持ちをしっかり持てば対処できます。夢を操れる事は、気持ちも
操れる事をお忘れなく。気持ちをしっかり持って!


616 :卵の名無しさん:2007/05/11(金) 19:57:42 ID:62BEy6fb0
>>615
ない。子供が覚醒剤なんて使わない。

617 :卵の名無しさん:2007/05/11(金) 20:19:56 ID:XXYJzcUY0
>>615

>可能性がある
しつこいね。無いよ!

薬物によって催眠術をかけた状態、朦朧とさせる事はできる。
何らかの目的に沿った行動させるには外部から言葉で伝え意識に刷り込む意外に無い。

タミフルの問題とされている異常行動は、脳に苦痛、恐怖を生じて行動に現れているが、
特定の目的を達成する様に薬から命令されている訳ではない。

苦痛からの逃避行動が特徴あるパターンとして捉えられているだけだ。

618 :卵の名無しさん:2007/05/12(土) 00:47:02 ID:/MbfGuhz0
>>613
良〜く読んで理解してね〜 ハマーちゃん。

619 :卵の名無しさん :2007/05/12(土) 18:41:09 ID:Q1rTVNSy0
>>617
あのですね、、何度も書いていますが、患者が覚せい剤類を使用しているんじゃないんです。
患者は薬を飲んでいなくても関係がない。覚せい剤系の薬物を使用した悪党が、精神エネルギー
を薬物によって大きくして(例えば霊に近い状態になって)、患者に取り付き心を操るという事です。
そして患者は夢を操られ事故を起こした。心を操る…この事が、事実として認められない為、
社会において悪用する連中が野放しになっている状態です。この説を信用しない人も、とりあえず
頭にいれて対処するべきです。

620 :卵の名無しさん:2007/05/12(土) 19:01:20 ID:dBnbGycA0
>>619
あのですね。いいですか?
いくらそんなことを書いても
証拠がない限り、誰も信じないですよ。
自分の考えを証明したいのであれば、
まずはあなた自身が証拠を集め
病院に行くしかありません。
嘘か本当か証明できない
2ちゃんねるの書き込みだけで、動く人はいません。
できないことを他人に要求するまえに、まずは自分が
動くべきなのです。




621 :卵の名無しさん :2007/05/12(土) 21:20:08 ID:Q1rTVNSy0
>>620
当然その辺りは考えていますよ。2ちゃんに書くのは、みなさんが少しでも被害に
会わないようにする為です。
でも否定する人は、もし近い将来脳をコントロールできる機器が開発されても
信用しないんですかね。ありうるでしょ?だったら現在においても心を操る事は
否定できませんよ。

622 :587:2007/05/12(土) 23:57:49 ID:m9OaF6NO0
まりりんへ
>風土病の定義がわかっているんですか。


623 :卵の名無しさん:2007/05/13(日) 00:17:25 ID:MaV4zeOD0
>>622
マリリンは、わかっていません。
理解しようともしないのです。
まあ、いつものように脊髄反射レス。

624 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/13(日) 22:52:17 ID:UOZa07K10
>>622
>風土病の定義わかっているんですか。

犬のレプトスピラーって、私は見たことないんだ。ワクチンメーカーの人が
何処何処ででたと教えてくれるんだけど、

そんな物どこから感染してきたのか分からないじゃないですか。犬のことだし
たとえレプトスピラーにかかっていても確定診断なんかできずに死んじゃった子
だとか、そもそも、動物病院なんかに連れて来ることもなしに、死んでしまう子も多い。

外国に行ったり、外国から来た犬に接触もなく突然の感染犬が出た場合、
その地域に、病原体が風土病のように残っているから
そういうことになるんじゃないかなぁと言うことに、私たちの間ではなっている。

625 :587:2007/05/14(月) 03:19:49 ID:ADT2rvBG0
マリリン>
ごめん。レプトスピラは狂犬病と同じように日本古来の病気
だった。すごい失礼なことを言って謝ります。
ただ人畜共通感染症なので、すこしは気に留めてね。
基本的には糞やおしっこかららしいです。
暖かい地域の病気らしいですね。
でも人のワイル病と同じとは知りませんでした。(恥)



626 :587:2007/05/14(月) 03:33:34 ID:ADT2rvBG0
あと風土病の規定は医学的には、媒介する虫や動物がそこで
暮らして繁殖しているのが大事です。
今のところデングやマラリアの患者様を診たことがありますが
全部海外感染でした。
でもまだペットのフィラリアは多いの?
もう30年以上前になくなったうちの犬はそれで・・。



627 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/14(月) 07:56:08 ID:NLCwwmMk0
>>625
>ただ人畜共通感染症なので、すこしは気に留めてね。
>基本的には糞やおしっこかららしいです。

これは知っていますよ。レプトスピラーを発見したら届ける義務が獣医には
ありますからね。

むかし、人間のワイル病はネズミから感染したようですね。日本では動物の糞尿が人間の
口に入る生活環境がなくなってしまった。それが動物から人間へのワイル病の伝染が
起こらなくなった原因でしょうね。

レストスピラーは抗生物質が効く病気ですので、診断だけちゃんとつけば、
治療が難しい病気ではないので、狂犬病ほどうるさくは言わないのでしょ。

>でもまだペットのフィラリアは多いの?

住民の意識が高いところでは、予防薬が出ているのでほとんど発生がなくなっています。
そこに住む住民、全員でなくても、その何割かが予防をしてくれれば、伝染病の征圧に
成功すると言うのは本当だなぁと思います。

したがって、予防薬を飲ませてくれない人の方が多い地域では、まだ出ますねぇ。

628 :卵の名無しさん:2007/05/14(月) 12:23:25 ID:DUuq9lcc0
AERA 2007年5月21日号

タミフル乱用の最悪シナリオ
とにかく「タミフル+抗生物質」/防護テント買わせた厚労省のお粗末

http://opendoors.asahi.com/data/detail/8122.shtml


629 :卵の名無しさん:2007/05/14(月) 17:54:37 ID:rNrmiaHk0
「タミフル乱用 薬付け日本初の悪夢 問題派以上行動だけじゃない。
すでにタミフル耐性ウィルス出現。新型インフルに効かなくなる最悪シナリオ」
AERA

630 :625:2007/05/15(火) 00:02:26 ID:oCxf4oRo0
>629
テントは鳥インフルエンザいがいでも使えます。
いまは麻疹がはやっているいるように、
隔離とすると普通の病院では入院しても難しい。
減圧室は税金の無駄ではないと思います。
あまりに鳥インフルエンザに関心が行きばかりで
他の病気も考えましょうね。
あと耐性は難しい。だれが耐性か判断するのでしょうか。
病院の検査室で耐性でも、よくなった人も多いんですが。
確かにむやみに抗生剤や抗ウイルス剤を使うのは反対ですが、
そうしないと医者は保険点数が下がり、金が入りなくなります。
あとなんで救急でもあんなに薬をほしがるのか。
一般診療でも「薬はいらないでしょう」というと逆上する。
確かに1時間待っているから、薬ほしいというのが本音でしょう。
こんなに薬やさぷり好きな国民は日本だけだと思いますけど。
アメリカは医療制限があるので、さぷり好きなのがわかりますが。

631 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 06:13:52 ID:uTO4dnaw0
目覚め直後に異常行動多発 タミフル
http://www.usfl.com/Daily/News/07/05/0514_010.asp?id=53540
2007年05月14日 16:06米国東部時間

インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後の異常行動の多くが、睡眠から目覚めた直後に発生し、
患者に異常行動の記憶がないなどの特徴があることが14日、厚生労働省の専門家作業部会の分析で分かった。

これらの特徴は精神疾患の1つである「睡眠障害」に似ており、同省は近く、タミフル服用が
睡眠に及ぼす影響を調べるための臨床試験を販売元の中外製薬に指示することを決めた。

今冬のインフルエンザ流行までに結果をまとめ、異常行動の発現メカニズムの解明を目指す。

また厚労省は同日、タミフル以外のインフルエンザ治療薬である「リレンザ」と「アマンタジン」でも
計16人に関して異常行動があったとの報告が製薬会社から寄せられたことを明らかにした。
うち13人は未成年で、同省が因果関係を確認する。


目覚め直後に異常行動多発 タミフル、患者に記憶なし
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007051401000929.html
2007年5月15日 00時31分

睡眠との関連調査へ=異常行動199人に−タミフル以外でも判明・厚労省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007051500007

632 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 09:17:55 ID:yRuGZUcIO
とりあえず、マジレスです
14日、厚生労働省から中外製薬に今秋を目処に新たな臨床試験をするよう通達がありました
タミフルの異常行動を調査しているのは、厚生労働省安全対策調査会の作業部会
今回の通達はここから
服用後の異常行動は199人
(別の薬シンメトリル6人〔98年1月〜今年4月〕・リレンザ10人〔00年12月〜今年4月〕)
タミフルの異常行動は
一、目が覚めた直後に起こるケースが目立つ
二、本人に記憶がない
一、二は睡眠障害や睡眠時異常行動に共通する内容
睡眠への影響について、脳波等の検査をするように求めた
睡眠にはセロトニン・ドーパミン等のホルモンも関係する
あとは、脳内物質
このあたりも検査するべきだと思う

633 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 09:27:28 ID:yRuGZUcIO
いずれも若い成人に多く、治験対象者は若い成人のようです

634 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 13:14:43 ID:MFYEL+U60
横浜市大医学部→タミフル医学部

テンプル大みたいでかっこいい

635 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 13:20:20 ID:If2mTnst0
リレンザシェアは5%ととプロパーが言っていたが、異常行動の199:10
ほぼ同率。

636 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 13:38:03 ID:KL+dM1Cb0
シンメトリル6人のうち、2人は死亡(うち一人はタミフル使用)って記事にあるね。
リゼンザについては、死亡の有無は書かれてないけど、無いってことなのか、非公開なのかどっちなんだろう?

637 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 14:36:18 ID:aCo3bULi0
ま、もう下火だし、来年だ来年。

一昨年はタミフル賛美
今年はタミフル叩き
来年は、「タミフル使ってたら死ななかった!!」のオンパレードかな?

638 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 16:21:15 ID:nsva9wdQ0
【副作用】「宙に浮く」厚生労働省のタミフル副作用調査 委員の寄付問題が影響
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1178999090/


639 :卵の名無しさん :2007/05/15(火) 19:45:07 ID:AzmVGiKF0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などの外的要因による意識の操作(彼らによるマインド
コントロール)により、今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、
異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

632の「目が覚めた直後に起こるケースが目立つ」について、私の言う一番心を
操られやすい時の状態が一致します。この意見を早く認めていただけませんか?


640 :卵の名無しさん :2007/05/15(火) 21:03:49 ID:AzmVGiKF0
もし夢を操れるとしたら、他にどのように影響するのか書いてみます。夢を見るのは
脳の想像する部分だと思うので、覚せい剤系の薬物使用者はそこを操れると思います。
と言う事は、被害者が目が醒めていても少なからず操る事ができると考えられます。
これは、例えば幻聴に近いの症状となって現れると思います(もちろん脳や精神に
疾患を持つ患者もいるので、100%当てはまりませんが。)。
この幻聴などによってその声が自分の意識だと思い、マインドコントロールされるのだと思います。

これが事実なら(ほぼ真実と思いますが)悪党以外公表して困る人はいないはずですが、
いかがですか?

641 :卵の名無しさん:2007/05/15(火) 21:58:43 ID:c5ehTRS40
タミフル、リレンザ、アマンタジンの共通事項は
抗インフルエンザ薬ってことだけで、
構造、作用機序、薬物動態(代謝酵素、輸送担体等)
などでの共通性は無いんでないの?

だとすれば、インフルエンザの影響がいちばん怪しいが、、

642 :卵の名無しさん:2007/05/16(水) 05:46:52 ID:X4eMysBbO
横田教授たちは、
調査に必要な研究費用を厚生労働省が出し渋り400万しか出さなかったために、
厚生労働省と相談の上でタミフルの国内販売元の中外製薬に6000万を立てかえてもらったと…。

マスゴミは嘘報道ばかりだった。

そして、調査は遅れて精度が落ちる…。
【副作用】「宙に浮く」厚生労働省のタミフル副作用調査 委員の寄付問題が影響 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1178999090/


643 :卵の名無しさん :2007/05/16(水) 22:36:36 ID:lrexsoSG0
もし夢を操れるとしたら、他にどのように影響するのか書いてみます。夢を見るのは
脳の想像する部分だと思うので、覚せい剤系の薬物使用者はそこを操れると思います。
と言う事は、被害者が目が醒めていても少なからず操る事ができると考えられます。
これは、例えば幻聴に近いの症状となって現れると思います(もちろん脳や精神に
疾患を持つ患者もいるので、100%当てはまりませんが。)。
この幻聴などによってその声が自分の意識だと思い、マインドコントロールされるのだと思います。

ただし、何度も書きますがちゃんと意識して生活していれば、怖がる必要ありません。
とにかく一人でも多くの人に、このことを理解していただいて再発防止を
お願いしたいです。

644 :卵の名無しさん:2007/05/17(木) 17:27:08 ID:ciXi5L7S0
キチガイまじでよそへ行け
病院行け
もし正常だとわかっても損はないだろ?
悪いことは言わないから病院行け。

645 :卵の名無しさん :2007/05/17(木) 21:26:54 ID:NFJRPxMt0
>>644
「病院行け!」で片付けられていたから、今まで解らなかったんだよ。
逆に、この説を完全否定する事もできないでしょ?理解を邪魔しているのは
常識だけ。心を操れるのは間違いない。

本当に非難されるのは私では無く、この人間の能力を隠して悪用している奴ら。
早く対策を取るべきだと思う。

646 :卵の名無しさん:2007/05/17(木) 23:10:58 ID:8OYU3NJd0
おっしゃるとおり、世の中で完全否定できることはほとんど無い。
しかし、

>>643
>脳の想像する部分だと思うので、覚せい剤系の薬物使用者はそこを操れると思います。

という仮定自体がまずあり得ませんから、

>被害者が目が醒めていても少なからず操る事ができると考えられます。

という推測も成り立ちません。

マジレスです。

647 :卵の名無しさん:2007/05/17(木) 23:35:12 ID:RGLufL5E0
>>645
おまえは、本当に無知で無能で失礼なやつだな。
タミフルについて少しでも勉強していれば、
タミフルが心を操る薬と主張をすることなんてしないんだよ。
マリリンも不勉強だけれど、そこまで電波じゃないからなあ。
でも、アレだが。

タミフルを危険なものと考えるたちは、
他人の意見は、一切無視して、自分の根拠のない思うことばかり語りたがる。
自分のことだけしか考えない、そんな非常識な人たちのことなんて、
別にどうでもいいわ。自分たちの主張のために、他人に迷惑かけない限り
勝手にしたまえ。

まともな人なら証拠がない限り、相手にしない。ただそれだけ。
自分の望む答えなんて決して返ってこないんだよ。

648 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 00:13:23 ID:Knttqmtv0
スルー推奨でし,

意義ある議論は、わかる方同士で!

649 :俺がハマーだ!:2007/05/18(金) 02:58:15 ID:aKS4Lnm00
違うでしょ。
心が操られてると主張している人と、
俺やマリリンさんの様な民フルにエビデンスが無いって言ってる人たちは、
全然違う存在です。
一緒くたにしてまとめて批難しないでください。


650 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 03:54:08 ID:X7wLBVAs0

1 :久々に復活です :2007/02/28(水) 21:42:22 ID:H4VE4jf40
自民党の闇を暴こうとする人は、
消されたり、なぜか急に微罪で捕まったり・・・
また、最近、2ちゃんでちょっとでも政府やコイズミの批判を
書いたら、単発IDで連続で罵倒されたと感じた人も多いでしょう。
2ちゃんが、自民によって世論操作されているという噂もあります。
それによって、中古売買禁止(PSE)、狂牛病輸入、医療費値上げ、
耐震偽造、格差社会、派遣奴隷法などががいつの間にか成立されてしまいました。
また、選挙の時は、いかに良い政策を主張するということではなく、
自民は、相手陣営の身辺調査を徹底的にして、いかに相手の足を引っ張るかという
ネガティブキャンペーンが中心になってしまいました。
自民党政治の闇を語ります。
情報提供歓迎。コピペ歓迎

本当に怖い自民党の恐怖政治5
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1172666542/

651 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 05:51:31 ID:2/Q9qVJw0
>>649
特にハマーはあまり差を感じないがWw

タミフルにはインフルエンザ脳症に対する効果のエビデンスは無いが、
合併症を減らす・有熱期間を短縮するというエビデンスは十分ある。
それを健康にしているか?とか無意味な理由でエビデンスが無いと
勝手に言っているだけだろう。

ついでに言うとタミフルが異常行動を誘発するというエビデンスも
全く無いけどね。

652 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 08:18:55 ID:u3LJ8W+I0
タミフル飲まなくても、かなり異常行動あるんだけど
どう説明する?

653 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/18(金) 09:03:23 ID:MkC54T+D0

>>652
異常行動があっても、高層住宅の窓からは飛び降りんでしょう?

654 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 12:31:12 ID:u3LJ8W+I0
いや、とんだ奴も結構居る
ただ、薬を飲んでいないので報告されていないだけ

655 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/18(金) 17:08:27 ID:DefsvTQY0

そんな証拠が何処にあるの?

656 :卵の名無しさん:2007/05/18(金) 22:55:00 ID:2/Q9qVJw0
>>655
小児科医MLでは道路に飛び出したとか、窓から庭に飛び出したという
話がいくつか出ている。
前者の時に車が来れば轢かれただろうし、後者の時も高層マンションなら
死んでいただろう。


657 :卵の名無しさん :2007/05/18(金) 23:25:15 ID:9yDgltSF0
>>646,647
私はタミフルが心を操る薬だなんて一言も書いていませんよ? 誤魔化しているのは
そちらではありませんか? それに 「という仮定自体がまずあり得ませんから、 」という
否定論を完全に証明ができますか? できないでしょ? 出来なければ可能性はあります。

夢が操れれば、思考力を操れる事は、十分理解できることですが、本当に被害者を救う
気持ちはお持ちですか?

658 :卵の名無しさん:2007/05/19(土) 10:21:19 ID:kYQ3icOqO
>>655

年間3万人以上が自殺している
首吊りが最多だが飛び降り、飛び込みも多いらしい
単純に考えても年間1000人以上が飛び降りている
これらが全員タミフルを飲んでいたと考えるのが不自然
少なくとも岡田由希子が死んだ時はタミフルは上市されていない
タミフルを服用せずに原因不明で飛び降りている人は多数いると思われる

659 :卵の名無しさん:2007/05/19(土) 15:34:49 ID:XRK8SsR20
>>658
一応、インフルエンザ罹患時という条件の話ですよ。
まぁインフルエンザでなくても熱せん妄が出ることはありますから、
インフルエンザ以外の熱性疾患で熱せん妄から異常行動という
ケースもあるでしょう。


660 :卵の名無しさん:2007/05/19(土) 15:40:40 ID:XRK8SsR20
>>657
タミフルとは関係なく、熱せん妄であればそれはインフルエンザによる
一症状の結果であって、いわゆる加害者が存在する被害者ではない。
何事にもおいても加害者を仕立て上げるという考え方の方が不自然だと
思うがいかがかな。
昨今の医療訴訟は医療者の落ち度が確かにある場合もあるだろうが、
やむを得ないケースでも医療者を加害者に仕立て上げ訴訟を起こし、
和解金を取ろうという風潮がある。
人間の力ではどうにもならないことがいくらでもあるのに、それを認め
たくない人とそれを煽る人々がいることが一番の問題だ。

661 :卵の名無しさん:2007/05/19(土) 21:31:33 ID:X9WkOU6d0
「タミフルの所為にすれば、金をせしめる事が出来ますよ」
ってクソ弁に煽られたてのが真相じゃないの?

662 :俺がハマーだ!:2007/05/19(土) 21:47:03 ID:baw38eux0
本当に民フル飲まずに飛び降りたやつが居るならマスコミにも報道されてると思うけどな。

663 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/05/19(土) 22:15:57 ID:TYb4QCjy0
>>660

医者個人の不始末と、現代医療機関が製薬会社の集金マシンになっている
こととは別問題。


664 :卵の名無しさん :2007/05/19(土) 22:36:05 ID:iBg6NXTc0
>>660
はい、もちろん熱せん妄という場合もあります。ですが、その熱せん妄にも、
覚せい剤系の薬物使用者が精神エネルギーを大きくして、高熱の出た患者の夢を
操って異常行動を起こさせたとも考えられます。私自身、私が見るにしてはおかしな
夢を見ますので、やはり夢を操れる事は可能であると確信しています。またこれが
事実として認められれば、統合失調患者の新たな診療方法も解決するのではありませんか?
私の説の場合、人間のチカラで十分対応できますので(法律でさらに覚せい剤使用を厳罰化)、
楽観的に、前向きにに議論をしていただきたいです。

665 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 09:00:05 ID:OuBFEdNy0
>>662
厚労省の報道用資料にタミフル非内服者の異常行動も載っているが、
マスコミは全く触れようとしない。
恣意的に隠している、無視しているとしか考えられないね。


666 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 09:16:35 ID:OuBFEdNy0
>>663
福島大野事件や大淀病院事件などもちょっと勉強してみてね。

667 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 09:20:55 ID:OuBFEdNy0
>>664
仮にあなたの言う様に夢を操れるとしましょう。
で、どのようにしてそれを証明するのですか?

そして、夢を操れたとしても目が覚めれば
現実が目の前にあります。あくまで夢は夢です。
まず問題ないでしょう。


668 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 13:49:51 ID:OuBFEdNy0
>>665
ソースを出せというヤツがいるだろうから出しておこう。
ttp://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/05/s0514-2.html

669 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 14:19:27 ID:k4QfCaUAO
>>665

無視しているというよりはマスゴミが意図的に隠してるんだよ

670 :卵の名無しさん :2007/05/20(日) 16:38:21 ID:E5zW/1Al0
>>667
夢が操られても問題が無い、なんてそんな軽い問題ではありません!現に発熱で
自己制御しにくくなった患者は、飛び降りなどの事故を起こしています。
しかも、夢を操る ⇔ 心を操る読める事が出来る為、現実社会においても
個人の秘密を知ったり感情をコントロールをする事が可能です。(ただし、
寝ている時よりコントロールされにくい。) 個人の秘密を知る事により、
その個人を脅迫、嫌がらせすることも出来、また感情をコントロールすることにより、
故意に社会道徳を少しずつ変えたり(国政にも関わる)、善悪や好き嫌いの判断にも
影響が出ると言う事です。しかもこの能力を組織的に利用しているとしたらどうしますか?
この事実を知らないと、心を読まれ、集団で嫌がらせ等を受けますから、まるで操り人形です。
このような悪行が蔓延っていていいのでしょうか? 絶対反対です!

私は覚せい剤を当然使った事がありませんので、正直、確固たる証明は難しいです。
ですが、彼らとのある種の記録はありますので、参考にはできると思っていますが。
とにかく、今は一人でも多くの人に耳に入れていただいて、対処していただき、
早く法による規制をしたいです。

671 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 19:05:30 ID:IJ1XtmFa0
毎シーズンタミフルを3〜5セット乱用してるが問題ねーぞ。
飛び降り?したいわきゃねーだろ。

672 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 19:54:23 ID:5cXTvtbS0
2005年11月AERAで特集してる。
タミフル「異常死」の衝撃

673 :卵の名無しさん:2007/05/20(日) 19:55:11 ID:5cXTvtbS0
>>671
にぶいだけだろ

674 :俺がハマーだ!:2007/05/21(月) 06:47:24 ID:GSrmSAf10
>>668
それのどこら辺に服用しないでの飛び降りが記述されてるのさ?

675 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 07:49:14 ID:JRhQQLUF0
>>674
「資料1−3 タミフル非使用例の「異常な行動」等の概要」
以下のpdfをきちんと読んでみろ。
階段を駆け下りて転げ落ちたとか、道へ飛び出したと、飛び降りたとか
いろいろ書いてあるぞ。

676 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 08:43:13 ID:eGsQxNov0
>>674
横田報告書を読まないで、批判していたのか。
やっぱり、電波だな。

677 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 15:54:02 ID:RDJViqnp0
タミフル問題でシンポ 異常行動、繰り返す事例も報告
2007年05月20日20時25分

 インフルエンザ治療薬タミフルの服用後の異常行動について、厚生労働省研究班
が昨秋まとめた調査結果をめぐる専門家のシンポジウムが20日、東京大学で開か
れた。このなかで、3日連続でタミフルを服用し、そのたびに異常行動を繰り返し
た女児の報告があった。

 水口雅・東京大教授によると、異常行動を繰り返したのは6歳女児で、内服1〜
2時間後に「2時間しゃべり続けた」「ドアに向かって話しかけた」などの行動が
みられた。前年の服用時には副作用はなかった。

 このほか、浜六郎・医薬ビジランスセンター代表が「初回服用後に異常行動が高
率に出る」と主張したが、研究班の一員で副作用について解析した藤田利治・統計
数理研究所教授は「(異常行動は)タミフルだけの現象ではない」と語った。(朝日)

678 :俺がハマーだ!:2007/05/21(月) 20:11:04 ID:GSrmSAf10
>>675-676
あほか。
その話事態は既出だろ。何度も。
俺はただ、一応細かい場所を聞いておきたかっただけだよ。

民フルじゃなくて解熱剤のせいなんじゃないかとか、純粋なインフルエンザのせいであっても、
民フルを服用するともっと危険性が上がるだけなんじゃないのかとか、そういう意見が出てたのを忘れたのか?


679 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 21:00:21 ID:PB5sg9J/0
製薬会社と厚生労働省と医学部の癒着だね。金金金。

血液製剤といっしょ。日本の消費量が異常に多いのも変だよ。
タミフルなんか無い国もあるだろうに。
公害企業の御用学者は信用しないことだね。
異常行動をする危険な薬と知っていて使った医者は賠償責任を負えばいい。

680 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 22:23:13 ID:gqg/PJig0

asahi.com:タミフル問題でシンポ 異常行動、繰り返す事例も報告 - 暮らし
http://www.asahi.com/life/update/0520/TKY200705200152.html

インフルエンザ治療薬タミフルの服用後の異常行動について、
厚生労働省研究班が昨秋まとめた調査結果をめぐる専門家の
シンポジウムが20日、東京大学で開かれた。

このなかで、3日連続でタミフルを服用し、そのたびに異常行動
を繰り返した女児の報告があった。

 水口雅・東京大教授によると、異常行動を繰り返したのは6歳女児で、
内服1〜2時間後に「2時間しゃべり続けた」「ドアに向かって話しかけた」
などの行動がみられた。前年の服用時には副作用はなかった。

 このほか、浜六郎・医薬ビジランスセンター代表が「初回服用後に異常
行動が高率に出る」と主張したが、研究班の一員で副作用について解析
した藤田利治・統計数理研究所教授は「(異常行動は)タミフルだけの現
象ではない」と語った。


681 :卵の名無しさん:2007/05/21(月) 22:26:44 ID:gqg/PJig0
>>680

【研究】 タミフル、異常行動との因果関係では平行線…専門家シンポ
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1179719630/

682 :卵の名無しさん:2007/05/22(火) 07:05:38 ID:zZrRtal30
>>678
あほか。
>民フルを服用するともっと危険性が上がるだけなんじゃない
>のかとか、そういう意見が出てたのを忘れたのか?

その計算自体が成り立たないと言うことを指摘したのを
忘れたのか?

683 :卵の名無しさん:2007/05/22(火) 07:08:36 ID:zZrRtal30
>>679
日本以外にフリーアクセスでしかも患者負担が少ない国が他に無いからだよ。


684 :俺がハマーだ!:2007/05/22(火) 07:40:51 ID:UJrAvKk80
>>682
何で?

685 :卵の名無しさん:2007/05/22(火) 08:39:31 ID:zZrRtal30
>>684
あほか。
やっぱり忘れた、もしくは理解できていないんだな。

686 :卵の名無しさん:2007/05/22(火) 12:44:36 ID:nxBurRGa0
>>680
浜六を呼ぶなんて、どんな「専門家」なんだか┐(´ー`)┌

687 :俺がハマーだ!:2007/05/23(水) 00:55:24 ID:X3HfYkq00
>>685
お前が思えてないだけだろ。
現状では、確かに民フルが完全に有害だと言う証明は難しいが、
だが逆に、民フルが安全だと言う証明もできてない。
これが本当のところだぞ。
正確な数値では出せないだろ。

ただ、確かに、純粋な印フル円座のみでも異常行動は起こりえるかも知れないのかもな
ぐらいには思ってるけどな。


688 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 05:13:42 ID:bhKR7w360
>>687
>現状では、確かに民フルが完全に有害だと言う証明は難しいが、
>だが逆に、民フルが安全だと言う証明もできてない。
>これが本当のところだぞ。

(大爆笑)
これ、俺がずーーーーーーーーーーーーーーっと言ってきたことだぞ。
ようやく理解したか。
ついでに言うと、タミフルが完璧に安全だという証明は難しいが、
有効性があり、現時点での有害事象の発症頻度からすれば十分安全域にあると
考えるのが普通だろう。
そもそも副反応のない薬は存在しないからな。


>ただ、確かに、純粋な印フル円座のみでも異常行動は起こりえるかも
>知れないのかもなぐらいには思ってるけどな。

それはお前が見たこと無いからだな。
普通にインフルエンザの患者を数多く診ている医者なら
当たり前に経験あることだよ。別に珍しくもない。

689 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 15:28:54 ID:BQAODmb80
慶大医学部長、研究費を二重受給 国が補助金打ち切り
2007年05月23日03時04分

慶応大学の池田康夫医学部長を中心とする研究グループが薬の新たな効能を調
べる臨床研究で、厚生労働省の公募要項に違反し、同省の科学研究費補助金(
科研費)のほかに、財団法人から約4億3000万円の助成金を受け取ってい
たことが22日、朝日新聞の調べでわかった。助成金について同省は「臨床研
究に関する倫理指針」で、被験者に説明するよう求めているが、これも怠って
いた。研究グループは今年度も科研費の継続を申請したが、同省は「二つの違
反行為は重い」として、今年度の支給を取りやめた。




690 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 15:29:37 ID:BQAODmb80
asahi.com:慶大医学部長、研究費を二重受給 国が補助金打ち切り - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0523/TKY200705220440.html

691 :俺がハマーだ!:2007/05/23(水) 19:19:19 ID:X3HfYkq00
>>688
何言ってるんだ?
こいつは。
なら、俺が言ってたこともずっと俺が言い続けてたことだぞ。
なら、最初から、お前は俺に同意してたんじゃんか?
何、爆笑してるんだよ?

692 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 20:13:05 ID:AZjW++Nr0
>>691
大嘘つき。

さもなくば、大目に見ても文章を書くのが下手な人間。
誤解されているようじゃだめだね。

自分でも何を書いているのか分らないまま
批判をするのは重症。


693 :俺がハマーだ!:2007/05/23(水) 20:58:16 ID:X3HfYkq00
本物の馬鹿みたいだな。
なら、また、馬鹿にもわかり易く書いてあげるよ。
俺の主張は、エビデンスが無い、証明されてない、症状の抑圧だけでは証明にならないって言ってるの。
ずっとそれだけを言い続けてきただけ。
確かに目先の症状は抑圧する。だが、そのことが人の健康、安全に繋がるかはまだわからない。
民フルにより死ぬ率と生存する率の計算は不可能であるがゆえにエビデンスはないし、インフォもできない。
一番良いタイミングで運良く服用できて、その結果が一日程度症状を抑圧する程度では、
治験では見つからないわずかな死亡率、例えば、1000人に一人、一万人に一人千万人に一人などの割合の希少な死亡率の為に有効だとはいえない。
その上、ちょっと症状を下げる程度のために薬剤耐性ウイルスを発生させるリスクが高まり、結果として、後々のバンデミック
時に非常に大変なことになるかも知れない。
これらのことを考えたら、現状ではエビデンスがあるとは言えないとずっと言ってるだけだ。


694 :俺がハマーだ!:2007/05/23(水) 20:59:34 ID:X3HfYkq00
まあ、良い。
次からは少しは日本語をきちんと読めるようになってから議論に参加しろ。

695 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 21:23:10 ID:2T3blrU/0
>>694
ところでタミフルがインフルエンザウィルス増殖を抑制するのはどーしてだっけ。

前にハマー君分かった振りしてたから、抜き打ちテスト!。

俺も医者だが一朝一夕ではなかなか理解しにくい。

あん時わたしわかった振りやめてねーって言ったんだが?。

696 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 21:44:53 ID:h0dse0Gx0
>>693
そのような主張であれば、真のエンドポイントによるメガ試験がない
多くの薬剤では根拠が無いことになりますが?

まあ、あなたがそのようタイプの薬剤を使わないことは勝手ですが、
私および身内には当然それらを使わせて頂きます。

(返答無用で御願いします、)

697 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 22:37:20 ID:bhKR7w360
>>693
(超大爆笑)
やっぱりよく分かっていないね。ハマー君。
エビデンスって言葉の意味分かってる?
超過死亡って言葉の意味分かる?
有害事象って言葉の意味分かる?
薬剤耐性の機序知ってる?

ついでに、
>後々のバンデミック時に非常に大変なことになるかも知れない。
そんなあるかもないかもしれないことのために危険な薬を備蓄するなんて
おかしいって言ってなかったっけ?(超爆笑)

あーおかし。久しぶりに笑わせてもらったよ。どうもありがとう。

698 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 23:15:52 ID:7tpdpyVZ0
>>688

ふつーに見てれば当たり前だと感ずるのが、ふつーなの。

ハマーはフツーに見てないか、感じ方がフツーでない、
いわゆるDQN。

699 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 23:19:51 ID:7tpdpyVZ0
>>688 に禿同 ( ←禿同落とした、m(._.)m)


700 :卵の名無しさん:2007/05/23(水) 23:28:49 ID:Z6dnTvPc0
>693
僕はこのTV報道をみて
まず自殺の理由にされないかで、薬のせいだというのが
ヒステリックに感じました。
はっきり因果関係がでないなら、そっとしておいてほしい。
みんなが自分の感想や考え(専門的でも)
でスレで興奮してもしょうがない。

701 :俺がハマーだ!:2007/05/24(木) 01:19:45 ID:ynop5v270
>>696
>そのような主張であれば、真のエンドポイントによるメガ試験がない
>多くの薬剤では根拠が無いことになりますが?
仰る通りです。
ほとんどすべての薬剤で本当に人を健康にするというエビデンスは無いようなものです。
これは単純な事実です。現実です。
ですので、素直に認めましょう。

>まあ、あなたがそのようタイプの薬剤を使わないことは勝手ですが、
>私および身内には当然それらを使わせて頂きます。
もちろん、あなた自身やその周辺の人たちがどうするかなんて事は私が
あれこれ言う問題ではありません。
ご自由にどうぞ。
>(返答無用で御願いします、)
嫌です。

702 :俺がハマーだ!:2007/05/24(木) 01:24:00 ID:ynop5v270
>>697
>(超大爆笑)
よく笑うやつだな。
>やっぱりよく分かっていないね。ハマー君。
>エビデンスって言葉の意味分かってる?
>超過死亡って言葉の意味分かる?
>有害事象って言葉の意味分かる?
>薬剤耐性の機序知ってる?
大体は知ってるが、それくらい甘ったれてないで自分で調べろ。
頑張れよ。
>ついでに、
>>後々のバンデミック時に非常に大変なことになるかも知れない。
>そんなあるかもないかもしれないことのために危険な薬を備蓄するなんて
>おかしいって言ってなかったっけ?(超爆笑)
いつ言った?
言ってないだろ。
大体、反論になってないし。
今程度のインフルにタミフル使いまくると、耐性ができて、後で大変なことになるって指摘は、
俺以外の人間も普通に指摘していることであり、別にたいしたことじゃない。当たり前のことだ。
こんなことは抗生物質でも良くある話だし。

>あーおかし。久しぶりに笑わせてもらったよ。どうもありがとう。
良かったな。おめでとう。


703 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 02:13:14 ID:zixYpFzk0
>>702
>大体は知ってるが、それくらい甘ったれてないで自分で調べろ。
>頑張れよ。

はぁ?
俺は知っているけどハマーが良く知らずに使っているから面白いんじゃない。Ww


>今程度のインフルにタミフル使いまくると、耐性ができて、後で大変なことに
>なるって指摘は、俺以外の人間も普通に指摘していることであり、別にたいした
>ことじゃない。当たり前のことだ。
>こんなことは抗生物質でも良くある話だし。

使いまくると!?
やっぱりハマーが詳細を理解できていないことが良く理解できたよ。

704 :俺がハマーだ!:2007/05/24(木) 05:36:42 ID:ynop5v270
あほ。

705 :卵の名無しさん :2007/05/24(木) 22:53:56 ID:Ydp3xawo0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


706 :卵の名無しさん:2007/05/24(木) 23:03:09 ID:/PUfvT3m0
>>705
ひとこと
アホ
ふたこと
しね

707 :卵の名無しさん:2007/05/25(金) 00:48:55 ID:QiPDarzN0
>>704
来院した4歳児に、聴診器で診察しようとしたら、
泣きながら「バカ!アホ!しね!」っていう子供がいたなぁ。(苦笑)

708 :卵の名無しさん :2007/05/26(土) 20:12:38 ID:/JS7nhFF0
>>706
あのさ、たぶんあなたは、構成員だろうから、もう卑怯でくだらない事やめて、
洗いざらい喋っちゃえば? 組織が怖くて出来ない? じゃ、大人しく
見てなさい。

709 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 14:58:55 ID:EOOBBUJr0
【ベトナム】 使用期限切れのタミフル、再利用法を研究中 [05/22]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179846432/

710 :卵の名無しさん:2007/05/28(月) 15:01:22 ID:+ZHSTB+g0
最近じゃ麻疹が大流行だけど当地じゃ検査試薬もワクチンも品切れだってさ
まあ面倒がなくていいんだけどそんなのでいいのかね…

711 :俺がハマーだ!:2007/05/29(火) 09:56:34 ID:Ou6vfW860
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/05/post_15.html
鳥インフルエンザ解決の兆し!

712 :卵の名無しさん:2007/05/29(火) 14:15:28 ID:1BuQYs+x0
>>711
重症だな。

713 :卵の名無しさん :2007/05/30(水) 00:09:02 ID:E9+dM0bN0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


714 :卵の名無しさん:2007/05/30(水) 08:40:01 ID:O1SmJ7La0
>>713
>薬物により特異になった精神エネルギー
というものの存在が客観的に証明できない。

>故意に他人の意識の操作
を行ったという客観的な証明が出来ない。

つまり、
>タミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、(彼らによる
>マインドコントロール)より異常行動を起こした可能性がある。
という証明は不可能です。

よって
>法律による具体的な規制
もあなたの考えは客観的な根拠がありませんから、もちろん出来ません。

何度書いても同じ答えですよ。

715 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 00:55:10 ID:OHp0TXDQ0
news@nifty

800人の心電図に異常なし=「突然死と関連低い」見方強める
−タミフルで厚労省(時事通信)
 異常行動や突然死との関連が指摘されているインフルエンザ治療薬
「タミフル」を服用後も、外国人約800人の心電図に異常が見られなかった
との調査結果を、輸入販売元の中外製薬が30日、
同省の専門家作業部会に報告した。作業部会は同日、突然死と関連している
可能性は低いとの見方を強め、追加を指示した動物実験から、
心臓など循環器系に与える影響を調べる実験を外した。
 調査は、タミフルの製造元であるスイスの製薬大手ロシュが
2000年ごろ行った。対象は米国人や英国人などすべて外国人で、
健康な成人男女391人と、慢性心疾患や呼吸器疾患がある401人の
心電図の波形を調べたところ、服用前と服用後とで変化が見られなかった。
また、服用後、不整脈を抑制する作用を示すデータも出たという。

[時事通信社:2007年05月31日 00時10分]

716 :卵の名無しさん :2007/05/31(木) 02:21:26 ID:148MiIbM0
>>714
ですから、逆にマインドコントロールが不可能だと証明してくださいよ。
否定できないなら、その方法が存在すると推測して研究するのは
全然間違った事ではありません。

事実は変わりません。何度でも書きますよ。


717 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 04:05:05 ID:qj/IxKne0
>>716
マインドコントロールが不可能と言っていません。
あなたの言う方法でのマインドコントロールが存在するという
客観的証明が不可能なのです。

客観的証明が不可能である限り
>法律による具体的な規制
は無理ですね。

>事実は変わりません。
事実であるかどうかも客観的に評価できませんから
>事実は変わりません。
という断言は出来ません。

もちろん興味をもって研究することは、研究者の自由ですが。



718 :俺がハマーだ!:2007/05/31(木) 14:55:15 ID:5Huu8mdO0
http://alternativereport.seesaa.net/article/27243397.html
4. 時々流行するスペイン風邪(インフルエンザ)の死者の
大部分は、インフルエンザの予防注射を受けた者である。


719 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 18:17:24 ID:OHp0TXDQ0
カチカチ山になって、自棄糞か。

720 :卵の名無しさん :2007/05/31(木) 22:30:49 ID:148MiIbM0
>>717
う〜ん、あなたの意見には失望しました。 タミフルの有無に関わらず異常行動が
起き、自殺者まで出ているのに、そんな考えしか出ないとは、、。 被害者に対して
可哀相だと思っていますか?本当に? 私は私の説に自信を持っています。が、
確かに確定的証拠は難しい。何故なら、相手が心を読んでいますから、こちらの
手の内が読まれているからです。ボロを出すようなマネはしません。(あなたが
他人の心を読める状況になったとして想像すれば、ばれる様なマネはしないでしょ。
ばれずに、利用したほうが甘い汁が吸えるのです。利用された人からみれば、
許されない行為です。)

あなたの意見はその通りですが、それだけです。 何も解決しません。

721 :卵の名無しさん:2007/05/31(木) 22:33:40 ID:qj/IxKne0
>>718
>時々流行するスペイン風邪(インフルエンザ)
と言っている時点でDQNだな。

Webも見たが、現在種痘を行っている国はどこにも無いぞ。
全く予防接種に関して勉強していない素人の書いたものだね。


722 :卵の名無しさん:2007/06/01(金) 00:14:15 ID:C1xmRGdB0
バカ(二名ほど確認できますが)に対しては、スルーが推奨されます!

皆さん、学習しましょう。
そして分かる者同士で意義のある議論をしましょう!


723 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 03:02:23 ID:K0tEdDON0
http://alternativereport.seesaa.net/article/35361085.html


724 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 03:03:34 ID:K0tEdDON0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E7%97%98

725 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 03:08:05 ID:K0tEdDON0
>>721
意味が分からんです。

現在、予防注射を打っている国は沢山あるでしょう。
日本でもやってるでしょう?
後、どうして、時々流行する〜と言う記述がDQNになるのか分かりません。
スペイン風邪に限定して居ることが問題なのですか?

きちんと解説してください。


726 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 03:11:22 ID:K0tEdDON0
ああ、分かった。
あんたは天然痘の予防接種、種痘
のことだけについて、発言したんだな。
それはそうだろう。
天然痘そのものは完全に撲滅に成功したと言われているんだからな。
だが、リンク先のは、スペイン風邪についての発言だから、関係ないだろ。

後、2つ目の疑問、何故DQNになるのかについてはきちんと解説してくれ。


727 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 03:19:26 ID:K0tEdDON0
もう少し、詳しく言っておこう。
>3. 現在、子供に対し普通に行われている種痘の予防注射を
>受けていない人間にガンにかかる患者は居ない。統計は種痘
>の予防注射が細胞のガン化の原因である事を証明している。
あんたはこれに反論したんだろうけど、
これの現在って単語は、今癌に掛かっている患者に対して掛かっている言葉だ。
今現在種痘が行われていると言う意味ではないぞ。


728 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 04:57:02 ID:OdrXcppN0
>>727
あのねぇ、(苦笑)
やっぱり日本語の理解が出来てないんじゃないか?
「現在」が「ガン患者」にかかるのなら、「普通に行われていた」と
過去形にならないとおかしいだろ?Ww

それから、
>予防注射(種痘)を受けていない人間にガンにかかる患者は居ない。
って昭和50年代以降の子供達は受けていないわけだが、
俺は小児ガンの患者を何人も診ているよ。

>>726
>後、2つ目の疑問、何故DQNになるのかについてはきちんと解説してくれ。
と言っている時点でアンタも相当DQNだな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DQN

729 :俺がハマーだ!:2007/06/02(土) 08:29:42 ID:K0tEdDON0
>>728
いや、日本語としてはおかしくないよ。
あの文章の現在とは、明らかに癌に掛かってる言葉だ。

だが、その反論自体はもっともだと思うが。
確かに、種痘が全ての癌の説明に結びつくとは言えないだろうとは思ってるし。
確かに、種痘とは関係ない癌だってありえるだろう。

後、俺はDQNの説明を聞きたいんじゃないよ。
それは知ってる。
俺が知りたいのは、どうしてスペイン風邪についての記述に対して
あんたがDQNと言うのかの理由についてだ。

730 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 13:48:32 ID:TGchPD140
>>729
「スペイン風邪」:1918-1919に大流行した高病原性H1N1亜型インフルエンザウイルス感染症

頻度を表す言葉
いつも:100%
普通は:80%
よく、しばしば:60%
時々:50%
たまに:40%
まれに:20%
めったに:10%
ない:0%

「時々」流行する「スペイン風邪」
->約50%の頻度で流行する高病原性H1N1亜型インフルエンザウイルス感染症
そんな歴史は無い。Ww

まず日本語の勉強をしてください。宜しくお願いいたします。

731 :卵の名無しさん:2007/06/02(土) 23:41:26 ID:vl1KfAL/0
【感染症】 タミフル大量使用に警鐘 タミフル成分を含む下水など環境中でウイルス耐性化も…英国の研究チーム
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180752654/

732 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 06:30:03 ID:5a5enmgK0
http://www.asyura2.com/0406/health9/msg/173.html

733 :俺がハマーだ!:2007/06/03(日) 06:34:25 ID:5a5enmgK0
>>730
恐らく、リンク先のサイトの人は、インフルエンザの代名詞として、
スペイン風邪って言葉を使ったんだと思うよ。


734 :俺がハマーだ!:2007/06/03(日) 06:40:33 ID:5a5enmgK0
医者は、いつも、こう言う話題になると、
重箱の隅をつつくような、事を必死になってやって、
しかも、鬼の首を取ったように大騒ぎするが、
本当に賢い人はそんな愚かなことはしないぞ。

確かに言葉の定義から厳密に言えば間違えたことを言ってるんだろうが、
相手は素人。
もう少し、相手の主張の本質は何か?
言いたいことは何かに着眼点をもって、考えて会話するって事ができないもんかね?

専門家ならともかく素人が、言葉の定義が厳密でないのはしょうがないことだろ。
あのサイトの人は医学の専門家ではないようだしな。

735 :俺がハマーだ!:2007/06/03(日) 07:59:02 ID:5a5enmgK0
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/442.html

736 :卵の名無しさん:2007/06/03(日) 08:47:26 ID:niY0NhfJ0
>>734
ある事を伝えたい。その根拠はこういう情報があるからだ。
といってもその根拠としている情報を誤って用いていたら
全く意味が無いどころか、デマゴーグにしかならない。
インターネットは接続できる環境さえあれば誰でも
閲覧することが出来る。ハマーが"こんな事があるから
みんなだまされるな!"というメッセージを持っていたとしても
そのソースがデマゴーグであれば、ハマーもそれに荷担している
事にしかならないのだよ。
得た情報が事実かどうか、複数のソースから検証して用いないと
自分自身がデマゴーグとなるのだよ。注意した方がよいよ。

737 :卵の名無しさん :2007/06/03(日) 12:43:36 ID:LmPN32ui0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


738 :お前がハマーだ!:2007/06/04(月) 03:11:22 ID:/pWLPUqe0
>>736
仰るとおりです。

そもそもネット上の情報なんか、一般論から言えば、一番信用の置けないソースに
分類されるはずでしょうしね。

その気になれば、いくらでも、情報を捏造できます。

例えば俺だって、適当なサイトを開設して、
裏社会からのリーク情報とか、知人からの漏洩情報だとか、組織内部分子の告発だとか、
そんな言い回しで、情報ソースを一切出さずに適当なもっともらしい嘘を、
広めることは技術的には簡単なことです。

本来なら、情報は、出所の明らかな、公的機関などの情報を第一にするべきなのでしょうが、
例えば、911テロに関して正しいことを言っている、公的な機関の存在はありますか?
無いでしょう?
この手の裏社会の陰謀論に関しては、残念ながら、個人のサイト、怪しげなオカルト陰謀系サイトなどの
方が、結果としてはよっぽど正しいことを言っているんですよ。
言ってみれば、一番信用の置けないようなサイトが一番信用できるんです。
この手の分野に関してはね。






739 :お前がハマーだ!:2007/06/04(月) 03:13:15 ID:/pWLPUqe0
ちなみにオルタナティブ通信の言ってることは、他のサイトの人たちも同じような事を言ってて、
実は他のサイトの人たちの方が、完全ではないにしても、結構情報ソースを明らかにしてくれてるので、
他のサイトの方が有用です。
俺的にはオルタナティブ通信の人は、実は他のサイトからの情報を自分で加工して、
自サイトで公開してるだけなんじゃないのかな?
と、つまらぬ邪推をすることもあります。
だから、ソースも公開できないし、他のサイトと同じような発言をちょっと後から繰り返してるだけって感じ。
少なくとも、ウイルスなどの話に関してはそう感じた。
他の分野の発言に関してはどうだか解らんが。

後、俺的に、同様に怪しいと思ったサイトは灰色のベンチ。
まったく情報ソースが明らかにならないし、思わせぶりの誘導尋問的な言いまわしで、
読み手に特定の印象、情報を持たせようと必死になってるのが実にうそ臭い感じがぷんぷんする。






740 :お前がハマーだ!:2007/06/04(月) 03:17:03 ID:/pWLPUqe0
まあ、とにかく、陰謀をやってるやつらが居るとして、
そしたら彼らは自分から、私が陰謀をやってます、これが証拠です、
なんてことは絶対に言うわけが無いんだから、この手の情報は原則的に、
裏社会と繋がりがあって、しかも聡明で正義感のある人物の、リーク情報、推理情報
が唯一の情報ソースにしかなりません。
これは、もちろん、公的で裁判で通用するようなものでは在りませし、
妄想や捏造と紙一重の部分もありますが、
原理的に、しょうがないことなのです。



741 :お前がハマーだ!:2007/06/04(月) 06:34:22 ID:/pWLPUqe0
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-magazine022.html

742 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 13:27:15 ID:t32DkSIF0
漏れはハマー の無チぶりに呆れている今日この頃、・・・・


743 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 13:30:07 ID:t32DkSIF0
トウシロ.ハマー

744 :卵の名無しさん:2007/06/04(月) 14:22:30 ID:ZMw+KU/30
>>740
>お前がハマーだ!

信じるとか信じないのみで、自分の主張をするなら、
医者・病院板ではなくて、オカルト板に行けばいい。
お仲間がたくさんいるから、さぞかし有意義な議論ができるだろうw

745 :お前がハマーだ!:2007/06/06(水) 11:07:34 ID:nBhj5t0y0
http://www.ytv.co.jp/takajin/bbs/takajin_bbs.cgi?mode=syousai&log_no=1340

746 :お前がハマーだ!:2007/06/06(水) 11:18:21 ID:nBhj5t0y0
http://www.hpmix.com/home/sennsinn2005/C12_1.htm

747 :卵の名無しさん:2007/06/06(水) 11:48:05 ID:Cz1/8rIJ0
医師の皆さ〜ん。お疲れならこちらのスレにどぞ!

お増健
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1179478253/

病院・医者板のほのぼの癒しの場だお。
どんどん日頃のストレス書き込んで、癒されてくださいまほ〜


748 :卵の名無しさん :2007/06/08(金) 21:43:32 ID:QFxXEXyN0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


749 :卵の名無しさん:2007/06/08(金) 23:36:10 ID:tOIFordJ0
タミフルと異常行動の関係は完全に無かったらしいんだけど、危機感を煽ったクソマスコミの処分は?
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1180540716/l50

750 :卵の名無しさん:2007/06/08(金) 23:38:48 ID:tOIFordJ0
厚労省 「危ない薬かもしれないんで、もう一回タミフルの動物実験してみるね!」v(^ω^)v
http://mimizun.com/log/2ch/news/news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1180538111/

751 :お前がハマーだ!:2007/06/09(土) 00:07:23 ID:K0T3IG+C0
>>750
ページが見つかりません
検索中のページは、削除された、名前が変更された、または現在利用できない可能性があります。

--------------------------------------------------------------------------------

次のことを試してください:

アドレス バーにページ アドレスを入力した場合は、ページ アドレスを正しく入力したかどうかを確認してください。

mimizun.com ホーム ページを開いてから、表示する情報へのリンクを探してください。
別のリンク先を表示するには、[戻る] ボタンをクリックしてください。
[検索] ボタンをクリックして、インターネット上の情報を検索してください。



HTTP 404 - ファイル未検出
Internet Explorer


752 :卵の名無しさん:2007/06/09(土) 16:14:08 ID:zDwPUKES0
>>751
1 名前: 留学生(関西地方)[] 投稿日:2007/05/31(木) 00:15:11 ID:qbveWx8S0 ?PLT(67666) ポイント特典
タミフル、動物実験を指示…厚労省作業部会


インフルエンザ治療薬「タミフル」と異常行動などの因果関係について検討する厚生労働省の
作業部会は30日、動物実験の実施を輸入・販売元の中外製薬に指示した。

実験は、生まれて間もないラットと大人のラットの双方にタミフルを投与し、脳内に入る量の
違いを調べるものなど5種類。7〜8月ごろまで実験し、作業部会で結果を検討する。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070530i415.htm?from=main4


753 :お前がハマーだ!:2007/06/10(日) 06:16:13 ID:jy2PFPu40
>>752
サンクスコン

754 :卵の名無しさん:2007/06/10(日) 09:55:39 ID:Zsoy/Txp0
最近報道がないけど調査は終了したの?
タミフルから他へ切り替えた病院は多いのでしょうか


755 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 01:25:32 ID:MMV1KQjk0
>754
タミフルから他へ切り替えた病院は多いのでしょうか
他の薬剤がありますか。リレンザ?
じきに日本発の抗インフルエンザ薬ができますが、
今は代価薬がありますかね。
まあ3日寝てることをお勧めします。


756 :卵の名無しさん:2007/06/11(月) 06:48:30 ID:WTSEGkCV0
>>755
日本発?
じきにといえばペラミビルだが、あれはアメリカのBioCryst社が開発したものだぞ。

757 :卵の名無しさん:2007/06/16(土) 20:31:37 ID:rB1AaC+n0
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070616it11.htm
タミフル服用後の異常行動、さらに増えて211人…厚労省

インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用後に異常行動を起こした患者は、
先月31日現在で、新たに12人増えて211人にのぼることが、
16日開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会で報告された。

同省は、タミフルの販売が始まった2001年以降の副作用が疑われる事例を集計。
1377人のうち、死者は71人で、異常行動による死者は8人、突然死は12人だった。

異常行動のうち、「転落・飛び降り」は、20歳代の男性が2004年、
自宅のあるマンション6階から飛び降りた事例が新たに判明し、27人(うち死亡6人)となった。

一方、「塩酸アマンタジン」(商品名・シンメトレルなど)服用後に
異常行動を起こした事例は、新たな報告も含めて7人(うち死亡2人)になった。

この日の調査会では、タミフルの被害を訴える人たちの団体や薬害を追及する
民間団体、タミフル輸入販売元の中外製薬などの関係者、大学教授らが意見陳述した。

異常行動の原因はインフルエンザ脳症との見方もあるが、
奥西秀樹・島根大教授は、服用したタミフルが脳に入り、中枢神経系を抑制する可能性を指摘。
中外製薬の横山俊二・医薬品安全性ユニット長は、
インフルエンザに伴う症状を詳細に分析するため、大規模疫学調査の必要性を訴えた。

(2007年6月16日20時4分 読売新聞)

758 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 00:56:53 ID:3P+BEMSK0
中外なんかじゃ、蛇に睨まれた蛙みたいなものだ、
ロッシュ出てこい。


759 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 02:00:54 ID:2YtHzHi10
タミフル服用後の異常行動211人に・新たに14人報告
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070616STXKG037916062007.html

厚生労働省は16日、インフルエンザ治療薬タミフルと異常行動の因果関係を調べる薬事・食品衛生審議会の調査会を開き、
タミフル服用後に異常行動を起こした患者が、5月31日までに新たに14人報告されたことを明らかにした。

2001年のタミフル発売開始後に報告された異常行動はこれまで199人だったが、重複計上の判明などで2人が除かれており、合計は211人となった。

14人の症状は、マンションから飛び降りたり、突然走りだしたりしたもの。20代男性が04年、自宅マンション6階から飛び降り、障害が残ったケースも含まれている。
年齢別では10代が9人、10歳未満が3人、20代が2人だった。

また服用後の死亡例としては新たに2人が報告された。20代と10歳未満の男性で、死因は突然死と出血性ショック。
過去の報告例のうち1人でタミフルとの因果関係が否定され、死亡例の合計は71人となった。

この日の調査会では「薬害タミフル脳症被害者の会」の代表や輸入販売元の中外製薬の安全管理責任者、
さらに薬理学や感染症の専門家らによる意見陳述が行われた。〔共同〕 (22:10)

760 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 09:07:01 ID:HWjUrqc30
タミフルでの異常行動、211人に 厚労省まとめ 2007年06月17日03時01分

 厚生労働省は16日、インフルエンザ治療薬タミフルを飲んだ後、飛び降りなど
の異常行動を起こした人が01年の発売から今年5月末までの累計で211人に達
したことを明らかにした。4月17日までの前回の集計後、新たに26人の異常行
動の報告があった。服用後の死亡は、20代男性の突然死など2人が新たに判明、
累計で71人になった。

 同日開いた薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会に報告された。20代男性が
04年、タミフル服用後に自宅マンション6階から飛び降り、現在身体障害者に
なっている事例も新たに判明した。この男性は、精神疾患の薬などタミフル以外に
12種類の薬を飲んでいたという。

 副作用が疑われる事例の報告総数は1377人。そのうち異常行動を伴う死亡は
8人で、4月以降増えていない。(朝日)

761 :卵の名無しさん:2007/06/17(日) 11:03:35 ID:2zE5vX1I0
オナフルでの異常オナニー行動、211人に 厚労省まとめ 2007年06月17日03時01分

 厚生労働省は16日、オナフルエンザ治療薬オナフルを飲んだ後、真性包茎なの
に無理に皮を剥き、痛々しい亀頭で亀頭オナなど 異常行動を起こした人が01年
の発売から今年5月末までの累計で211人に達 したことを明らかにした。
4月17日までの前回の集計後、新たに26人の異常行動の報告があった。
服用後の陰茎折衝、懐死は、20代男性など2人が新たに判明、累計で71人になった。

 同日開いた薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会に報告された。20代男性が
04年、オナフル服用後に自宅マンション6階から飛び降りオナニー、現在陰茎障害者に
なっている事例も新たに判明した。この男性は、TI☆MU☆PO疾患の薬などオナフル以外に
12000種類の薬を飲んでいたという。

 副作用が疑われる事例の報告総数は1377人。そのうち異常オナニー行動を伴う死亡は
800人で、4月以降増えていない。(朝日)

これに関して○○大臣は「このままではチンコ人口が減ってしまう、子供が産めなくなる
すぐにでもオナフルの服用中止を訴える」と発言した。


762 :卵の名無しさん:2007/06/18(月) 23:48:55 ID:6YnMRlf+0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


763 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 00:05:23 ID:OkIvp9C30
age

764 :卵の名無しさん:2007/06/20(水) 05:16:30 ID:YTPi9Rvs0
>>762
認められません。
これですっきりした?

一般的にインフルエンザウイルス自身脳に影響を及ぼしやすいウイルスだからな。
そちらの可能性を考えるのが一般的。
あとは、タミフル自体に異常行動を起こすものがないかどうかだけどね。
これは臨床試験するしかないんだろうね。
ただ、厚生労働省の行っている10代にタミフル禁止はまったく根拠がない。

765 :卵の名無しさん:2007/06/22(金) 23:15:19 ID:ufE8kry90
>>764
そのインフルが脳に影響を与える説もスッキリしないでしょ? (その説も
私は否定しない。) 私も最初はオカルトっぽいものは信じなかったけれど、
精神エネルギーで他人の夢を操る説が一番理にかなってる。もうオカルトではなく、
立派なサイエンスなんだよ。 

766 :卵の名無しさん:2007/06/23(土) 14:32:24 ID:uIZ7dPW70
>>765
ある種のサイトカインがせん妄を誘発することは分かっている。
そしてインフルエンザは炎症性サイトカインを誘導しやすい。
非常にストーリーのすっきりしたサイエンスだけどな。

精神エネルギーの話は典型的なニセ科学だね。

767 :卵の名無しさん:2007/06/28(木) 20:11:54 ID:1TWEYLM90
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによるマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

>>766
自分で想像するはずの無い夢を見る事実があるんだから、その結果が
夢を操れる事の根拠には成り得ると思うが。 この説に対して私には自信がある。

768 :お前がハマーだ!:2007/06/28(木) 20:24:05 ID:Zu+NGyfs0
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki0667.html#不都合な真実の真の狙いとは
その300人委員会は地球の人口を20億人程度に減らす計画を持っているとのことです。
そして、その“人口削減計画”を実行する手段として、エイズや鳥インフルエンザなどのおかしな病気が人工的に作られたのだとか。


769 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 14:25:31 ID:9doV9DOL0
>>768
その話は解らないけど、他人の心を読んだり操る秘密結社が、世界で談合して
コントロールされちゃ堪りませんね。 大した能力でもないのに、偉そうにするなって!

770 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 15:58:34 ID:OMt/qFD20
アホばっかりだな。
論理的思考をして欲しいな。


771 :卵の名無しさん:2007/07/01(日) 16:32:23 ID:9doV9DOL0
>>770
いや、他人の心を読んだり操れる事は、事実。 それを利用している連中は、
自分たち以外の人間を家畜としか見ていない。(実際は何も変わらない同士なのに。)
今回のタミフル騒動は、彼らの遊びだと思う。 まだ知らない人は、とにかく
注意だけはしておいて欲しい。 


772 :卵の名無しさん:2007/07/02(月) 00:14:40 ID:4rBm/QX20
do end.




773 :卵の名無しさん:2007/07/04(水) 23:23:10 ID:DsGXpwUo0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

774 :卵の名無しさん:2007/07/09(月) 21:33:26 ID:1sMqX3I/0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


775 :卵の名無しさん:2007/07/10(火) 15:02:34 ID:rsTyd6J70
1.精神エネルギーは定性も定量も出来ない。
2.定性も定量も出来ないものによって起こったと仮定する事象があっても
  それはあくまで仮定であって、直接的にも間接的にも証明は不可能。
3.証明不可能な現象によってある別の事象が引き起こされている可能性を
  言及すること自体が脈絡がない。
4.脈絡がない原因と事象を法律によって具体的に規制することは、
  検討する意味がない。
以上。

776 :卵の名無しさん:2007/07/13(金) 21:08:24 ID:iKjGShNi0
>>775
そんな事では、心を覗かれ放題、利用され放題です。
この能力を知っている人は、かなり多くいるはずです。 が、仕返しが
恐ろしくて口に出せない。 夢を操られて恐ろしい夢を見ても、慣れれば
我慢できますし、自分を売ってしまうことに比べれば辛抱して当然です。 


777 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 01:45:22 ID:fGTMNmRH0
薬剤のADRで、突然死や転落死になると、警察の管轄になって、行政解剖をやっているところ
ですら、本来の死因を調べることができない。向精神薬を服用していて、QT伸びていても、たぶん
外来なら病死扱いで、薬との因果関係を調べることはない。

突然死ぐらい、薬のADRであることの実証が難しいね、制度上の問題だよ。

778 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 01:53:02 ID:A5SzFst30
>>776

>この能力を知っている人は、かなり多くいるはずです。

スパイウエアをばらまいて、色々収集して悦に入っている奴は多いだろう。
お前もそれだろう。人の心を覗いているぞ、て大声で叫びたい訳だ。

それにしてもしつこいな、狙いは何だ、

779 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 19:30:20 ID:st6DmpSR0
>>778
スパイウェアで個人情報が読まれていると言う理由は、他人の心を読める事実のカモフラージュです。
そんな事しなくても、面白いように心が読める、と彼らは思っています。 心の痴漢ですね。
人間の持っている能力なのですが、彼らは隠して利用しているのです。 

狙いと言うより、何故こんなツマラナイ能力の為に、みんなが黙っている必要があるのか、
私にはわかりません。 悪い夢を見せられる恐怖(俗に言う呪いですか?)も、慣れれば
大した事も無いし、マインドコントロールも注意していれば意味も無い。 頭下げる
必要があるんですかね?


780 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 20:45:52 ID:A5SzFst30
>>779

それで、誰か具体的被害を被っているのか?

或は苦しんでいるのか?

苦しみの原因は心を読まれているからだと確認するには、どうすれば容易と思うの?

ただそう信ずれば救われるってか。

781 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 21:37:24 ID:st6DmpSR0
>>780
夢を操られて飛び降りたインフル患者が被害者ではありませんか? また心を読まれている
事は、個人の秘密を知られたり、私生活のさまざまな事も覗かれているのです。
これらを黙って許せますか? 

>苦しみの原因は心を読まれているからだと確認するには、どうすれば容易と思うの?

ただそう信ずれば救われるってか。
苦しみ=心を読まれている、とは違うような気がしますが、意味がちょっと…。
救いではなく、事実はこうだから対策をしよう、と私は言っています。


782 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 21:56:52 ID:A5SzFst30
>>781

>だから対策をしよう、と私は言っています。

どんな対策?
何時言った?

783 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 22:03:28 ID:st6DmpSR0
前レス読んで。
すごい絡みようですねwww

784 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 22:10:59 ID:HAvYJw9E0
心を読まれたと確信してるなら

精神科受診オヌヌメ

785 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 22:11:04 ID:A5SzFst30
>>783

一般人は過去スレは読めない。

>すごい絡みようですね

マトモな反論を無視した、君の粘着コピペには及ばない。

印象操作風に繰り返すのでなく、具体的に事実を確認できる様に書けば良いのだ。

786 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 22:31:58 ID:st6DmpSR0
>>785
いいえ、確かに同じ粘着でも志が違います。 私は事実を述べていますし、
他人の夢を操れる事は間違いないと確信していますから、みなさんに知っていただきたい
と思っています。 いわば人権運動みたいなモノですね。
他人の心を操る悪党がいるなら許せませんよ。 

787 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 23:23:29 ID:A5SzFst30
>>786

君にとってどれほど確かな事実であろうと、客観的に確認できる物を示さなければ只のデンパ、
気違いと思われてしまう。

君のコピペを見て真に受けている者は、このスレには居ない。同じ事を繰り返すのは君にとっても徒労であり
スレ住民にとっては、大変な迷惑だ。以後消えよ。

788 :卵の名無しさん:2007/07/14(土) 23:34:32 ID:HAvYJw9E0
>>786
精神科へドゾー

789 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 00:35:02 ID:dzkLfXfs0
>>787
あなたの意見はわかりました。 ですが、私の説に賛成する人がこのスレにいない、
と断定はできません。 世の中にはいろんな思想の方がいますから。

私の説はいろんな意味で突破口になると思います。(以前から他のスレで書いてる
人もいますしね。)他人の心を操る悪党がいるなら許せませんよ。


790 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 01:17:43 ID:ry6hHfF00
>>789

>私の説に賛成する人がこのスレにいない、と断定はできません。

その人たちの為にも、是非ハンドル名を付けてくれ。卵の名無しさんでない独自の名前を。

791 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 01:27:09 ID:aE87/dYR0
>>789
根本的に思想の問題ではない

792 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 10:26:55 ID:dzkLfXfs0
>>790
みなさん、悪用される恐れがあるのにコテハンつける訳無いですよね。

やっぱり彼らによる集団ストーカー行為があると改めて思いました。



793 :卵の名無しさん:2007/07/15(日) 12:17:12 ID:ry6hHfF00
>>792

>悪用される恐れがあるのにコテハン

少なくとも、ここは ID が表示されている。心配ならトリップも付けられる。
昨日以来の応酬は殆ど渡し一人だ。ここで「集団」と言う言葉が出てくる心理状態が理解できない。

何を求めて、信憑性の無い、曖昧な記述を繰り返すのか?
どうせなら、専門知識の無い観客の多いスレで頑張ったら効果を期待できるだろうに。

794 :卵の名無しさん:2007/07/19(木) 23:13:12 ID:VRJs3Wq10
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


795 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 03:28:18 ID:RL7kK5qk0
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070724i401.htm
脳からタミフル検出されず、服用後転落死の中1男子

沖縄県内で昨年7月、インフルエンザ治療薬タミフルを飲んだ後、
9階から転落死した中学1年男子を調べたところ、
脳からはタミフルが検出されなかったことが、
福家千昭・琉球大医学部准教授(法医学)らの研究で分かった。

27日に都内で開かれる日本中毒学会で発表する。
タミフルが脳に入るかどうかは、異常行動との関連を考える上で、
早急な解明が待たれている課題で、安全性を巡る論議にも影響を与えそうだ。

福家准教授らは、タミフルやタミフルが薬効を発揮するように
体内で変化した物質が、生徒の各臓器にどの程度あるか調べた。
タミフル自体は、どの臓器からも検出されなかったが、
薬効のある物質は、血液から作用を発揮する十分な量が検出された。
肝臓や腎臓にも高濃度にあったが、脳からは検出されなかった。

福家准教授は「一つのデータで結論は出ない」と慎重だが、
タミフルに詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫小児科部長は
「検出限界以下の量が脳にあった可能性はあるが、
常識的に考えて、脳に悪影響を及ぼすとは考えにくい」と話す。

(2007年7月24日3時1分 読売新聞)


796 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 12:26:39 ID:78jlfOPW0

脳内に届いた微量な薬物が作用を発揮する過程で消滅する可能性は考えないのだろうか?
脳細胞に達した薬物は脳細胞に大きな作用を発揮し、その抗作用が更に大きく、薬剤消滅を引き起すとともに
脳細胞への副作用と精神活動への影響を及ぼす可能性を考えないと行けない。

解熱剤、向精神薬物の作用機序との対比を論じていないなら、このレポートは経過報告程度の位置付けになろう。

血液中にある薬物の脳血液関門を通過する割合が何処まで把握されているのか?

ゼロと言う事は無いから、検出限界以下である時、その作用を頭から否定せず、何らかの手段で程度も調べなければ意味が無い。

幼例マウスの実験では、強烈な作用が観察されているから、その解明には脳細胞に到達させた薬の定量試験が必要だ。

797 :卵の名無しさん:2007/07/24(火) 14:44:48 ID:0cCeMXGB0
>>796
人間換算で1回1g以下の子供に瓶1本飲ませたらおかしくなっても不思議じゃない。

異常行動も数千万人が飲んで数千人程度しか報告されていないのに、
作用機序がわかる可能性が高いとは思えん。

統計でだしてくれればわかりやすいと思うんだが、
マウス1億匹ぐらいつかって誰かやってくれんかなあ?

798 :卵の名無しさん:2007/07/28(土) 20:56:42 ID:okP14AnZ0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「覚せい剤系の薬物使用者などが、薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


799 :卵の名無しさん:2007/07/31(火) 00:06:35 ID:ZTBLtQj90
>796

>ゼロと言う事は無いから、検出限界以下である時、その作用を頭から否定せず、何らかの手段で程度も調べなければ意味が無い。


もう少し医学的に考えた方が良いぞ。
科学は普通、算数の1+1=2のように単純には行かない。
タミフルによる影響かどうかを調べるためには結局疫学的な
手法で判断するしかないだろう。
そして、横田班の疫学調査を中断させた浜六とマスコミの
罪は大きい。


>幼例マウスの実験では、強烈な作用が観察されているから、その解明には脳細胞に到達させた薬の定量試験が必要だ。

幼若ラットね。べらぼうな用量を用いているからね。
臨床投与量の1500倍量を用いた実験結果なんて実際の
副反応の参考にはならんだろ。

800 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 20:45:54 ID:uontl8EX0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「薬物使用者などが、その薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


801 :卵の名無しさん:2007/08/05(日) 23:25:34 ID:v+El4Kv+0
>>800
ここで聞くより、リアルで病院に行って医者に質問したほうが良いと思う。
マインドコントロールの話なら精神科かなあ。

802 :卵の名無しさん:2007/08/10(金) 17:56:58 ID:7gJ2KPGa0
何故、正直にありのままの事を書いているのに私が精神科の世話になり、
他人の心を操って悪さばかりする奴が捕まりもせず平気で生きているんでしょうか?

先日、2ちゃんにカキコをした後、眠くなって少し仮眠をした。突然顔の目の前に
蜘蛛が出てくる夢を見て驚いて目が覚めた。(最近2,3回見てる。)
「また夢か…。」 と思い、そのまま天井を見てみると、1匹の蜘蛛が
スーッと糸を伝って上がって行くのが見えた。
「アレッ? 夢じゃなかったのか?」 2,3分して天井を探すと、蜘蛛はいない。
おまけによく考えると、オレは極度の近眼なので天井に上がっていく蜘蛛なんて
見えるわけが無い。 初めて確かな幻覚(?)を見た。 オレは、この結社の構成員に
悪い夢を見せられたのだと思う。 それで目が覚めたばかりで頭がボケた状態では
まだ意識を操られているのだろう。 このインフルエンザ患者も、オレと同じ様に
意識を操られたと思う。 (早くこの行為を法律で規制するべきです。)


803 :卵の名無しさん:2007/08/11(土) 00:06:20 ID:dsu+jRKe0
とりあえず、一般内科外来や救急外来に関わる者としては、
この冬インフルエンザ患者が来た時、どうすれば患者とトラブルにならないかが心配です。
この冬は、そういった患者に関わるようなバイトは極力避けようと、今から計画してます。

804 :卵の名無しさん:2007/08/16(木) 22:37:49 ID:M6ymSY3j0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「薬物使用者などが、その薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


805 :卵の名無しさん:2007/08/16(木) 22:55:31 ID:ysJdmZ/N0
>>804
精神エネルギーって俗に言うオーラのようなものかな
医学用語じゃないよね
そんなこと言う先生は信用しないほうが…
医師免許持ってる教祖様って感じか

806 :卵の名無しさん:2007/08/23(木) 05:45:06 ID:StjZXvuq0
いまさらだが、浜が7/27にビジランスセンターからタミフル問題の
速報を出していたな。

以下引用
-------
「検出限界以下」になる理由が判明
(1)事故後の分解 (2)測定感度の低さ
事故後に分解して消失、検体採取後も濃度低下の可能性、
ピーク値も測れぬ低感度の方法で測定したことが判明
→したがって、検出されなくて当然。
→この結果からは異常行動との関連を否定できない
-------

アフォ丸出し。



807 :卵の名無しさん:2007/08/24(金) 03:47:16 ID:WsPG2Z050
生体の反応は極低濃度でも反応が起こるときは起こるわけだし、
仮に高濃度だったとしてもそれが原因とは言えない。
そもそも濃度だけで説明できないのに、このこだわりよう。
琉球大の結果をあくまで否定したいという感情がひしひしと伝わってくるね。

最後に、琉球の先生が「否定できない」というのはあくまで
100%違うと断言することはできないから、「否定できない」と
言うのであって、可能性が低いことを含んでいるだろ。普通。
ほんと、都合の良い解釈するね〜。ここまでできるってうらやましい。


808 :卵の名無しさん:2007/08/30(木) 22:48:12 ID:hkgsBdKN0
>>805
数学科学を探求する理系のセリフとは、思えませんね。
私は得体の知れないオバケの話をしているのではありません。
人間の持っている能力の話をしています。少なくても、変な夢を
見た経験のある人は、たくさんいるはずです。「何であんな夢を見たんだろうか?」
と感じる事もあるはずです。そこに疑問を持つ事は当然です。
必ず、他人の心を読んだり夢を操る事ができる能力を悪用している連中が
いるはずです。

809 :卵の名無しさん:2007/09/08(土) 01:14:10 ID:uFe36i460
医師の方にお聞きしたいのですが、
「薬物使用者などが、その薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。

810 :卵の名無しさん:2007/09/14(金) 20:55:24 ID:SqdOeyHH0
以前、「心を読んだり夢を操る巨大結社は、他人をゾクゾク感じさせる事が
出来る」とあるスレでカキコしました。 それで夢を操れる事は、他にどんな事が
できるのでしょうか。 寝ている時、夢を操れるとすれば、目が醒めている時は、
どうなるでしょう? たぶん「幻聴」や「幻覚」になって現れると思います。
幻覚は実際見える情報の信号が強いのかあまり感じませんが、幻聴はかなりの
確立で聞こえると思います。 (ただし本当に脳や精神に障害がある人も
いらっしゃいますから、この話が当てはまらない場合もありますので、
医師に相談などの上、自己責任でお願いします。) 心に直接自分の声をマネた
他人の声が聞こえ、それを自分の声と思い込み、しかもゾクゾクしたり気持ち悪く
なったり感じる…。これらを使えば人の心 → 人の行動をコントロールする事が
できるはずです。こんな事を悪用している結社の彼らはきっと、我々を
家畜かロボットぐらいしか見ていません。 許せますか?
夢を操れる = 目が醒めている時の幻聴や幻覚 。これはどちらからでも理屈として
考えられる事ですし、ゆえに事実に近いと思います。またこれを理解し、注意して
行動すれば、問題もありません。

繰り返しますが、我々はロボットでも使い捨てでも無いんです。 

811 :卵の名無しさん:2007/09/15(土) 02:18:43 ID:GVjSelH70
無理

以上

812 :卵の名無しさん:2007/09/15(土) 10:41:10 ID:Wpf/ImeNO
今年もタミフル使うぞー。昨年並に1000人分確保しました。
皆さんのとこは?

813 :卵の名無しさん:2007/09/15(土) 18:54:04 ID:P2v3TqC00

↑ 厚生労働省からの書き込みでした。

814 :卵の名無しさん:2007/09/21(金) 00:57:38 ID:BW09XKJR0
先日、2ちゃんにカキコをした後、眠くなって少し仮眠をした。突然顔の目の前に
蜘蛛が出てくる夢を見て驚いて目が覚めた。(最近2,3回見てる。)
「また夢か…。」 と思い、そのまま天井を見てみると、1匹の蜘蛛が
スーッと糸を伝って上がって行くのが見えた。
「アレッ? 夢じゃなかったのか?」 2,3分して天井を探すと、蜘蛛はいない。
おまけによく考えると、オレは極度の近眼なので天井に上がっていく蜘蛛なんて
見えるわけが無い。 初めて確かな幻覚(?)を見た。 オレは、この結社の構成員に
悪い夢を見せられたのだと思う。 それで目が覚めたばかりで頭がボケた状態では
まだ意識を操られているのだろう。 このインフルエンザ患者も、オレと同じ様に
意識を操られたと思う。 (早くこの行為を法律で規制するべきです。)


815 :卵の名無しさん:2007/09/26(水) 22:54:31 ID:oEvZS9wE0
蜘蛛でビックさせるだけの結社って愛嬌があっていいじゃないか
昔フジテレビでやってたドッキリテレビだってもっとドキツイことやったよ
その状況を信じて疑わない人を川に蹴落として笑いものにしたりとかwww
実害がなければそのビックリ(今の状況を)楽しんだらいい
医療板で話すことじゃないね
今後はVIP板に行きなさい
あそこは君みたいな人たちの集まりだから君が得たい情報やら陰謀の話も
いっぱい聞けると思うよ

816 :卵の名無しさん:2007/09/27(木) 23:50:10 ID:R8Co3U3k0
>>815
夢を操るって事は、心を操れる事だよ!? 愛嬌があるで済まないだろ。
おまけに今回タミフル騒動で被害者を出した可能性もある。
あんた、もし他国の侵略なら笑いごとで済むか? 国内の組織でも、
破防法適用です。 
オレは遊びでやってない。この板で当然だろ? (ほんとこの組織って
根が深いね。みんなも構成員にならないよう注意しましょう。)

817 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 17:22:49 ID:QGxcDo370
タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証 米の邦人教授 2007年09月29日10時44分

 インフルエンザ治療薬タミフルに脳細胞を興奮させる作用があることを、米ワシ
ントン大学(ミズーリ州)の和泉幸俊教授(精神医学)らがラットを使った実験で
初めて明らかにした。内容は10月9日発行の医学専門誌「ニューロサイエンス・
レターズ」に掲載される。
 タミフル服用と異常行動の関係については、タミフルを飲んだ10代の子が自宅
マンションから飛び降りて死亡するなどの問題が相次いだ。
 和泉教授らは、ラットの脳から取り出した神経細胞を、タミフルと、タミフルが
体の中で分解された時にできる薬効成分のOCBという化学物質の水溶液にそれぞ
れ浸した。すると、どちらも約10分後に神経細胞の活動が過剰に盛んになった。
各薬物を洗い流した後も、40分以上神経細胞の興奮は続いた。タミフルそのもの
よりも、OCBの方が約30倍も作用は強かった。人間で未成年に異常行動が相次
いでいるため、今回は思春期前の子どもに相当する生後1カ月の幼いラットの神経
細胞を使った。
 また、エフェドリンという風邪薬に含まれる成分や、アルコールを、タミフルと
同時に幼いラットに摂取させると神経興奮作用が強まることもわかった。
 脳には、血中の物質を脳内に通すかどうかを選別する血液脳関門という脳を守る
特別な機能があるが、エフェドリンやアルコールは、血液脳関門のガードを緩める
ことがわかっている。
 和泉教授は、思春期前の子では血液脳関門の機能が未熟であることや、ガードを
緩める作用があるものと一緒に飲むことで、タミフルが関門をすり抜けて脳に到達
し、神経細胞に作用するのではないか、と推測している。
 タミフル輸入販売元の中外製薬広報IR部の話 現在、厚労省の指示に従いなが
ら、タミフルや代謝産物が血液脳関門を通るかどうかなどの基礎研究を進めている
ところだ。(朝日)

818 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 17:26:29 ID:QGxcDo370
タミフルの危険性について研究している皆さん、製薬会社の工作員に妨害
されないよう頑張ってください。応援してます。

819 :アサヒる:2007/09/29(土) 19:39:23 ID:dg+flnOy0
>>817
朝日のその見出し、記事を良く見ると非常に悪意で錯誤を引き起こすように
書かれていますね。

記事を熟読すれば、
 ラット脳由来の神経細胞の興奮作用が示された
だけですね。
しかも、実験に際して用いられたタミフルならびに誘導体OCBの濃度に
関して一切言及されていません。標準的薬用量で容易に達するような濃
度でのデータなのか、極端な濃度での実験なのか、一切分からない報道
です。

にもかかわらず、
 「脳への興奮作用」
と記して、
 『脳という臓器に対する作用』
と錯誤せしめ、
 「ラットでの実証」
との記載で
 『動物個体で実証された』
と誤解させるような見出しを付しているあたり、
アサヒってますね。

センセーショナリズムに走り、事実を伝えることをおろそかにする
ような報道機関に騙される衆愚が少ないことを切に期待します。

820 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 21:31:13 ID:ShQVD3Mu0
>>819

この期に及んでまだ認めぬか。たいした既往症のなかった子供が死んだ
事実がなくなるわけではないぞ。


821 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 22:02:29 ID:luZGKDsL0
インフル脳症で血液脳関門がつぶれて薬剤が脳にいけば、何がしかの反応を示すんじゃねえの? 別に薬剤が直接原因じゃないべ?

822 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 22:27:51 ID:4S15kxCw0
研究員の方、ご苦労様です。私は、タミフル騒動は夢を操る結社犯罪説の者ですが、
ニュース記事を読み、大変参考になりました。
が現在の日本では、捏造問題や、法律に携わる人が理解できない言動をするなど、
発表そのものを鵜呑みにできない状況にあります。さらなる調査研究と情報開示を
お願いいたします。

823 :卵の名無しさん:2007/09/29(土) 23:55:07 ID:HyJ/AYvs0
>>817
【医療】タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証 米の邦人教授[07/09/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1191039394/

824 :卵の名無しさん:2007/09/30(日) 00:16:35 ID:eIQF5jsX0
>>820
「たいした既往症のなかった子供が死んだ事実」は否定されない。
仰る通りです。
で、貴方にとっては客観的な『事実』が大事なのですね。よい心がけです。

しかし、その死因に関して、タミフルとの因果を示す根拠も存在しないことも事実です。
『憶測』はあるのかもしれないが、それを『根拠』となすのは非科学的です。

一方で、>>819 が指摘しているように、くだんの論文 1) で指摘されている事実は
abstractを読んだ限りでは
 ラット脳の海馬C4領域の組織片を薬剤に漬けたら興奮性が変わった
という「事実」を指摘しているだけです。
また、abstractを読むと
 ラット個体に対して、タミフルを 50mg/kg 腹腔内注射 で投与しても異常行動は認めなかった
という「事実」もまた実験によって示されたと記されている。
すなわち、「動物個体」を対象とした実験では異常行動はむしろ「認められなかった」というのが
この論文が指摘している「事実」なのです。
加えて指摘するなら、小児へのタミフルの経口投与での用量は1回に2mg/kg で日に2回です 2)。
上の実験は、通常の薬用量の25倍の用量を、一気に腹腔の粘膜面から吸収させるという極端な条件で
投与してもなお異常行動を示さなかったというデータと解釈できますね。
脳組織の実験で用いられた濃度がタミフル経口投与後のCSF内での濃度と比べて高いのか低いのか、
私にはわかりませんので、脳組織での実験の方のデータの解釈はなんとも。


References:
1) "Neuroexcitatory actions of Tamiflu and its carboxylate metabolite",
Yukitoshi Izumi, Kazuhiro Tokuda, Kazuko A. O’Dell, Charles F. Zorumski and Toshio Narahashi,
Neuroscience Letters, Volume 426, Issue 1, 9 October 2007, Pages 54-58

2) 抗インフルエンザウイルス剤 タミフルドライシロップ3% 添付文書 2004年7月改訂(第10版)

825 :卵の名無しさん:2007/09/30(日) 00:20:50 ID:2+tchpUk0
文系の記者が書く文章に根拠なんかない。 読者が喜べばそれでよし。 何かあれば、ちっちゃなお詫び広告を載せるだけ。

826 :卵の名無しさん:2007/09/30(日) 08:58:24 ID:oD6oJ4mE0


必要もないのに危険が出る可能性がある薬は使うな。

それだけで十分。根拠なんかいらないわ。


827 :DHMOの危険:2007/09/30(日) 12:32:08 ID:eIQF5jsX0
>826
思考停止、乙。

医療は、医学という科学的な知識体系の実生活への応用分野です。
それに対して根拠が不要との主張は、ご自身の思想の発露としてはよろしいの
ですが、討議においては全く無価値な情報ですね。

あと、危険が出る可能性があることは避けるのでしたら、いつか死んでしまう
可能性が100%もあるのですから、生きていくこともお控えになられては如何で
しょうか。水だって「水中毒」の原因になる危険がある恐ろしい物質です。
そんな危険なものを飲むことは、当然控えておられるのでしょうね。


828 :卵の名無しさん:2007/09/30(日) 16:43:32 ID:eN2Q7w2o0
女が高収入会社員だと遊んで暮らして昼間やり放題w
夜だけ優しく抱いてやれば気付かれないからとりあえず利用価値あるまで関係続けて
価値無くなったらポイ捨てwwwwwwwwwww

829 :卵の名無しさん:2007/09/30(日) 23:42:45 ID:oD6oJ4mE0
>>827

私は医者ではありませんので、医学に縛られる必要などありません。
何時なりとも医療被害は受けたくないと思っているだけなのに、何故非難され
なければなりませんか?

例え今、私がインフルエンザにかかったとしてもタミフルなどいりません。
お金の無駄遣いです。何故、押し売りするのですか?
医者に行くことじたい、必要ないです。家で寝ていれば治ります。

水は中毒を起こすかも知れませんが、飲まなくては死にます。そのくらいは
私でも分かります。患者を馬鹿にしないようにして下さい。


830 :卵の名無しさん:2007/10/01(月) 00:12:14 ID:3iVIUPly0
>>829
アナタが断ったら、医者は押し売りなどしない。
医者にかからないなら処方できないし。

それと承認取り消しとは全く別の話。
必要としている人はいるんだよ。

831 :卵の名無しさん:2007/10/01(月) 08:46:54 ID:zOq2ijaH0
>>829
あなたが馬鹿にだまされて医者に行かないということは別にかまわない。
ただそれを人に押し付けるな。
寝ていれば治るという保証はないし、インフルエンザじゃなかったらどうする?
まあ危機管理ができないやつがどうなってもしらんが、
悪くなってから病院くるんじゃなくて、ちゃんと家で完治させろよ。

832 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/01(月) 08:53:09 ID:J9MMKtzR0
>>831

そうやって、脅して客を病院に誘導するか。魂胆見え見え。馬鹿医者。


833 :卵の名無しさん:2007/10/01(月) 16:05:50 ID:dN5vIXVg0
>>832
やっぱり、マリリンはアホだな。

834 :卵の名無しさん:2007/10/03(水) 22:47:08 ID:nXoCGRqt0
 鳥インフルエンザの大量発生を阻止する切り札として期待されている
抗インフルエンザ薬のタミフル(Tamiflu)が、逆にウイルスの耐性を強めて
しまう可能性があるという研究結果を、スウェーデンの研究チームが発表
した。
 タミフルは、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)ウイルスのヒトへの感染
拡大を防ぐ目的で現在、各国が備蓄を進めている。ところが下水処理
される過程でも分解されずに残るため、自然界に存在する鳥インフルエンザ
ウイルスが突然変異を起こし、耐性を獲得してしまう危険があるという。
 この研究結果は3日、米研究者グループ「Public Library of Science、
PLoS」が運営する電子ジャーナル「PLoS One」に掲載され、特に問題を
はらむ国として日本を挙げている。
(中略)
 タミフルが大量に処方された場合、自然界で濃度が高まり、結果的に
H5N1ウイルスに耐性を与えてしまう可能性がある。鳥インフルエンザ
ウイルスは下水口近くでエサを取るマガモのような水鳥が感染すること
が多く、ヒトのインフルエンザウイルスと結合すれば、タミフルが効かない
新種のウイルスが作り出されるかもしれない。

■日本はタミフル耐性患者が多い
 その危険が高いのが日本だという。スイスの製薬会社ロシュ(Roche)
の統計によると、2004〜2005年のインフルエンザの最盛期に、日本では
1600万人が感染し、うち600万人がタミフルを投与された。その結果、
日本の自然環境には大量のタミフルが放出されたことになる。
 実際、「日本はタミフルに耐性をもつ患者の増加の割合が高い」と論文
は指摘。2004年に英医学雑誌「ランセット(Lancet)」に掲載された研究
報告によれば、日本で感染した少人数の児童を調べたところ、18%が
突然変異ウイルスに感染しており、このウイルスのタミフルへの耐性は、
普通の場合に比べ300〜10万倍高かったという。

ソース(AFP BB News) http://feeds.afpbb.com/afpbbnews?m=46885


835 :卵の名無しさん:2007/10/04(木) 07:45:39 ID:El20+w7D0
>>834
どれくらい自然界で希釈されるかと言うことも
きちんと考察していない論文だろww

836 :卵の名無しさん:2007/10/04(木) 15:56:58 ID:mAUe9qPq0
【医療】タミフル大量処方が自然界のウイルス耐性強化の原因に…日本は特に危険大
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1191418704/

837 :卵の名無しさん:2007/10/04(木) 17:56:05 ID:969CSauy0
タミフルの脳への興奮作用、ラットで実証 米の邦人教授
http://www.asahi.com/science/update/0929/TKY200709290068.html

インフルエンザ治療薬タミフルに脳細胞を興奮させる作用があることを、米ワシントン大学(ミズーリ州)の和泉幸俊教授(精神医学)らが
ラットを使った実験で初めて明らかにした。内容は10月9日発行の医学専門誌「ニューロサイエンス・レターズ」に掲載される。
タミフル服用と異常行動の関係については、タミフルを飲んだ10代の子が自宅マンションから飛び降りて死亡するなどの問題が相次いだ。

和泉教授らは、ラットの脳から取り出した神経細胞を、タミフルと、タミフルが体の中で分解された時にできる薬効成分のOCBという化学物質の水溶液にそれぞれ浸した。
すると、どちらも約10分後に神経細胞の活動が過剰に盛んになった。各薬物を洗い流した後も、40分以上神経細胞の興奮は続いた。タミフルそのものよりも、
OCBの方が約30倍も作用は強かった。人間で未成年に異常行動が相次いでいるため、今回は思春期前の子どもに相当する生後1カ月の幼いラットの神経細胞を使った。
また、エフェドリンという風邪薬に含まれる成分や、アルコールを、タミフルと同時に幼いラットに摂取させると神経興奮作用が強まることもわかった。

脳には、血中の物質を脳内に通すかどうかを選別する血液脳関門という脳を守る特別な機能があるが、エフェドリンやアルコールは、
血液脳関門のガードを緩めることがわかっている。

和泉教授は、思春期前の子では血液脳関門の機能が未熟であることや、ガードを緩める作用があるものと一緒に飲むことで、タミフルが関門をすり抜けて脳に到達し、
神経細胞に作用するのではないか、と推測している。

838 :卵の名無しさん:2007/10/04(木) 20:35:38 ID:srFZJaQu0
以前のカキコです。

いや、心の外と中から攻める。外からは、例えばストーカーやメディアなどの情報源。
中からは、例えば怖いオニーサンがこっちに歩いて来たとする。すると、普通「ヤバイ。」
と思ってゾクゾクするよね。このゾクゾクがそう。わざとゾクゾクさせる。
(夢を操れるならこれぐらいできる。)すると、オレたちは道を開けちゃうよね。
心に働きかけると落としやすいんだよ。(心を操られていると言って、無理して
ケンカを売っても返り討ちに合うがw)
だから、この秘密結社には気をつけろ。 利用される。

839 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 08:54:11 ID:0kabDUbC0
>>837
論文を読んだら、記事を書いたヤツがちゃんと理解していないことがわかったよ。

840 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 09:48:23 ID:57ilUG4Q0
>>839

何処がどの様におかしい?説明もしないで言うだけなら誰でも言える。


841 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 14:04:51 ID:uNRj4vgh0
>>840
根本的にin vitroの実験とin vivoの実験も混同している印象だね。

ethanolはGIRKチャンネルに作用することは既に分かっており、
細胞の電位を変化させることは周知の事実。にも関わらず、
筆者らは電位変化のfigureもethanol単独のデータは示していない。
OCB存在下でethanolが追加されると電位が変化するから
OCBの作用をあたかもethanolが増強しているように記事では
書かれている。まったくそんな事は証明されていないのに。

ちなみにethanolのラットでのLD50はi.v.で1.4g/kg p.o.で14g/kg
この実験で使っているのは3.3g/kg i.p.
そして小児の内服量は2mg/kg/回 p.o.
タミフルの全身投与量も50mg/kg i.p.
そもそもDoseが生理的範囲を逸脱しているよ。



842 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 14:08:37 ID:uNRj4vgh0
ま、どうでもいいけどね。
みんな自分が信じたいことしか信じないから。

843 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 15:04:26 ID:yopeL7fM0
数年前にタミフルの相談ホットラインがあったけど。
あれってどこの会社がやってたのかな?
相談したらたらいまわしにされたんだけど…。
はじめっからわかっている人に繋がるようにしておきゃいいのに…。

844 :卵の名無しさん:2007/10/09(火) 22:56:37 ID:TAwCWz8G0
>>841
あと、エフェドリン使った実験もかかれてませんね。
アカピの編集委員様の英文論文読解力(曲解力?)はさすがですな。

エタノール 3.3g/kg って60kg換算だと純アルコール約200g、即ち
成人がビールをおよそ3.3リットル、に相当ですね。

 どこのティーネージャーが、インフルエンザの時に、
 浴びるほどビール飲んでから タミフルを25カプセル服用するってんだ?

と小一時間…

しかし、あのペーパー(letter)、構成がいい加減で、読みづらいですね。:p


845 :卵の名無しさん:2007/10/16(火) 00:39:43 ID:WJhJQlfN0
医師の方にお聞きしたいのですが、
「薬物使用者などが、その薬物により特異になった精神エネルギーを使い
故意に他人の意識の操作(彼らによる夢の操作及びマインドコントロール)を行う事により、
今回のタミフル騒動のインフルエンザ患者の一部は、異常行動を起こした可能性がある。」
と認められないのでしょうか。警察と厚生労働省が認めないと、法律による具体的な
規制ができないのですが、お願いします。


846 :卵の名無しさん:2007/10/19(金) 22:56:01 ID:259nmQSW0
つまり夢の中で起こる事が、目が醒めていても感じたり出来ると言う事です。
夢の中では映像が見えたり、音が聞こえたり感触を感じたりしますよね。それが
目が醒めている現実でも、頭の中だけで感じてしまう。こんな理屈だと思います。
ですからこの秘密結社にいろんな手段で脅かされて、急に胸がドキドキしても
(もちろん疾患をお持ちの方は、病院で診てもらってください。)、心配いりません。
息苦しくなるかもしれませんが、呪いは無いんです。夢で起こる事なんですから。
夢で息苦しくなっても生きていますよね。そう感じるだけ。
現実は違う。自分の体をコントロールしているのは自分です。
しっかり意志を持ってください。

847 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 00:11:44 ID:Ch7DcAy00
>>837
2007-10-01 - 食品安全情報blog
ttp://d.hatena.ne.jp/uneyama/20071001#p16

論文はこれ

Yukitoshi Izumi et al,

Neuroexcitatory actions of Tamiflu and its carboxylate metabolite

Neuroscience Letters ,Volume 426, Issue 1, 9 October 2007, Pages 54-58

http://www.sciencedirect.com/

若齢ラットにオセルタミビル(タミフル)50 mg/kg i.p.(腹腔内投与、静脈投与と同等と見なして良い)で
2時間以内に行動変化は見られなかった。
しかしオセルタミビルを投与した後エタノールを3.3 g/kg, i.p.投与すると光反射消失時間がオセルタミ
ビル投与無しの場合より長くなった。

海馬スライス標本のCA1領域にオセルタミビル100 microMで、興奮性ポストシナプス電位の変化無
しに集合スパイク電位のペアパルスが誘発された。

同様にオセルタミビル活性代謝物であるオセルタミビルカルボキシレート3 microMでは神経の発火が
観察されたがこれはGABA作動性系の抑制解除によるものではなかった。

848 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 00:12:40 ID:Ch7DcAy00
>>847


海馬スライスは脳を生のまま取り出してスライスして電極を刺して電位を記録するもの。

GABA系は抑制性信号を伝える。

ヒトでの臨床投与量は2mg/kg。経口での投与量の25倍を腹腔内投与しているという実験はどうなのか。
エタノールについても小児での致死量が経口で3g/kg程度とされる。ラットはヒトより強いようだが。

in vitroの実験で使った活性代謝体が 3 micro Mという濃度は、

分子量約400で計算すると成人に300 mgを投与したときの最大血中濃度程度か(1200 ng/mL、データは以下のサイト)。
当然血液脳関門が全くない状態でないとそのまま脳にはいかない。

いずれにせよ「実証」とはほど遠く、朝日新聞の見出しにはタミフルを葬り去りたいという悪意があるとしか思えない。

ちなみにオンライン発表は9月1日で何故今頃取り上げたのか不明。


医薬品としてのタミフルの情報については、医薬品医療機器総合機構のサイトより

通常、成人及び体重37.5kg以上の小児にはオセルタミビルとして1回75mgを1日2回、5日間経口投与する。

活性代謝体の血中濃度

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6250021M1027_1_15/

より

ちなみに私は非興奮性細胞の電位測定しかやったことはなく、スライスパッチは傍で見ていただけ。
それでも多分ブックマークしてるたくさんの人よりましかなと思って書いてみました。

849 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 02:33:55 ID:/wR9apVq0
>>848
dクス。(._.)

洩れは学生実習で ネズミの脳スライス⇒ガラス電極作ってパッチクランプ を
ワケワカメ状態でやって以降、神経生理の実験データの解釈なんて分からなかっ
たので解説助かります。
論文(letter)を手に入れて読んだはよいものの、解釈仕切れなかったモヤモヤが
少し晴れてきました。


850 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 04:11:13 ID:wIxE+fJE0
本日ついにインフルエンザ患者初登場。タミフル4人に処方しました。
ただし2人は予防投与ですが。いずれもAでした

851 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 12:40:01 ID:/vq78xp+0

また、死人が出るさ。

852 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 12:48:51 ID:AHSjewTp0
うつ病抑制剤から発見されたイレギュラー薬を使うバカがまだいるのか?

853 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 12:58:39 ID:uesv7UICO
タミフル使う利口使わない馬鹿と言うことでok

854 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 17:29:37 ID:65V7Jj6R0
>>845
それは、
深い理由があるんですから、そっと見守るしかないの。小市民は

→ https://www.cabrain.net/news/article.do?newsId=12561

855 :卵の名無しさん:2007/10/20(土) 19:49:16 ID:p94iNq860
今年は使っても大丈夫なのかな?
インフルエンザになったら心配。

856 :卵の名無しさん:2007/10/21(日) 10:25:16 ID:eElQCRzu0

ねてらゃー、治る。

857 :卵の名無しさん :2007/10/21(日) 10:45:22 ID:0ZXjCl570
厚生労働省認可アホ抹殺薬
利用しないでどうする
出せば金儲けられる
一石二鳥とはまさにこのことだw

858 :卵の名無しさん:2007/10/24(水) 21:48:21 ID:ZO5n7mgt0
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20071024i515.htm
タミフル、異常行動との関連みられず…動物実験で中間発表

インフルエンザ治療薬「タミフル」と、服用した患者が起こす異常行動などとの
因果関係について検討している厚生労働省の作業部会は24日、
輸入・発売元の中外製薬に指示した動物実験の結果について
「異常行動と関連づけられるデータは今のところない」とする中間結果を発表した。

心不全などによる突然死についても「関係している可能性は低い」とする見解を示した。

脳に運ぶ物質を選別している「血液脳関門」と呼ばれる部分が未熟な若いラットを使った実験などは、
結果がまだ出ていないため、こうしたデータが出そろった後で、年内にも結論を下したいとしている。

同部会では、血液脳関門に、タミフルの薬効成分を通さないようにする仕組みがあることや、
通常の150倍の濃度の薬効成分を使っても、脳内たんぱく質に異常が見られなかったことが報告された。
また、米国での20万人以上を対象にしたタミフルと突然死に関する大規模調査の結果、
「関連はない」と示唆する報告も提出された。

(2007年10月24日21時31分 読売新聞)


859 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 00:22:05 ID:JWrmA4No0
>>858

>血液脳関門に、タミフルの薬効成分を通さないようにする仕組みがある

おそらくトランスポータの事だと思うが、
     (「タミフルの薬効成分を」 だから、『特異的に』 汲み出していると考えました。)
どのトランスポータに乗るのかなー?

そして、そのトランスポータの多型と副作用に関連はないのかなー?

860 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/25(木) 11:12:04 ID:fffIQqdG0
>>858

考えれば分かると思うけど動物と人間の脳では大脳皮質の大きさが全然違う。
動物実験で人間の脳に関する因果関係のデータが得られると思う方が間違い。

現実に副作用で被害を被ったと思われる患者さんがいる以上、こんなデータで
因果関係なしと言われても納得などできない。




861 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 13:32:48 ID:yCjgGYquO
たからタミフルは今年も使用して問題ありません。
昨年度は数えたら800人強処方しましたが今年は流行しそうなので1000人と予想しています。ちなみにリレンザは十代に処方するので50人分確保しました。
昨年度タミフル処方断った方は一人だけ。患者さんは早く治る薬を求めているようです

862 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/25(木) 13:50:12 ID:fffIQqdG0

タミフルを欲しくない人は病院に行かないで、家で我慢しているよ。
処方されてもタミフルと書いてあれば飲んでいるかどうか分からないしね。
大変な保険財政の無駄遣いだわ。

貴方もそんなに簡単に副作用があるかもしれない薬を処方していると
そのうちに墓穴を掘ることになるよ。

患者もヘンな薬を飲まされるのは怖いかもしれないけど、処方する医者が
不安を感じず処方できるという神経が分からないよ。

863 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 13:54:59 ID:yCjgGYquO
分からないのはエビデンスがある論文を読めないで感情で物を判断するおばかさん。
馬鹿な浜と同じレベルで頭が腐ってますな。それとも子宮で物考えるのかな?笑

864 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 13:55:36 ID:jR+bZUbq0

考えれば分かると思うけど動物と人間の脳では大脳皮質の大きさが全然違う。
動物実験で人間の脳に関する因果関係のデータが得られると思う方が間違い。
考えれば分かると思うけど動物と人間の脳では大脳皮質の大きさが全然違う。
動物実験で人間の脳に関する因果関係のデータが得られると思う方が間違い。
考えれば分かると思うけど動物と人間の脳では大脳皮質の大きさが全然違う。
動物実験で人間の脳に関する因果関係のデータが得られると思う方が間違い。
考えれば分かると思うけど動物と人間の脳では大脳皮質の大きさが全然違う。
動物実験で人間の脳に関する因果関係のデータが得られると思う方が間違い。

865 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 14:07:14 ID:yCjgGYquO
お馬鹿さんはこういう単純な計算も分からない。
例えばタミフル処方で子供のインフルエンザ脳症が50人から10人に死亡が減ったとする。そしてタミフル処方の副作用で10人が死亡したとする。
これでお馬鹿さんは大騒ぎしてしまう。馬鹿な遺族を引っ張りだしたりしてな。
しかし普通はトータルで死亡者が50人から20人に減った訳だ。
こんな単純な足し算引き算が分からないかな?
タミフルの副作用で死亡した遺族がいかに喚いてもただの確率の問題。被害者感情などちゃんちゃらおかしい。医療は科学的な確率に基づいてやっている。すくわれた人の影に死亡したひとが少数いてもどうってことはない

866 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/25(木) 20:20:44 ID:fffIQqdG0
>>865
>タミフル処方で子供のインフルエンザ脳症が50人から10人に死亡が減ったとする。
>そしてタミフル処方の副作用で10人が死亡したとする。

>タミフルの副作用で死亡した遺族がいかに喚いてもただの確率の問題。
>被害者感情などちゃんちゃらおかしい。医療は科学的な確率に基づいてやっている。
>すくわれた人の影に死亡したひとが少数いてもどうってことはない


こういう考え方ってなんか獣医と変わらないねぇ。人間扱っている医者が肉や卵や乳になる
産業動物を扱う獣医と一緒でいいのかい?

インフルエンザ脳症って、ライ症候群のことでしょ?薬が薬害を生み、また別の薬が
薬害を誘発する。トンでもない話だよ。

成人病の真実 2
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-30.html#more


867 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 20:37:53 ID:PDQTalNr0
>>854
(リンク見てないよ。)
で、小市民は結局テロ対策なんかで兵隊にさせられて死ねと言われても
大人しくしてるの? アホじゃないの?ww


868 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 21:02:11 ID:Ty3UhwzQ0
>>865
正論だがDQNの多いこの国の馬鹿マスゴミとプロ市民には理解できない話。
866のような理論が理解できない馬鹿大杉。
まあ866がリンクしている与太話や蓑門タの言葉を専門家である医師のことばより
信じる国民レベルですからwww。
866、オマエうざいよ。PCの前にいるニートか?少しはまじめに勉強したら。
DQN認定しておいてやるよ。
折れも自分は仕事休めないしタミフルは飲むね。9歳以下と65歳以上には推奨して
それ以外は希望者のみ処方。

869 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 21:19:36 ID:SDYw+X5mO
まあ皆さん熱くならないで。
マリリンはね突拍子もない言葉を言って皆に自爆燃料供給している愉快犯なんですよ。
抗がん剤のスレとか見ると爆笑もんですよ。
先生方がまともに相手するレベルではございません。せいぜいドキュソ先生あたりで十分です。
まあこの国の愚民は結果だけですから。ある病気を治す薬がでないと早く認可しないと不満を言いその薬が副作用を出すと なんでこの薬を認可したんだと医者と製薬会社の陰謀などという妄想してくれますから。
いいんですよ。愚民にも判るように国民保険制度が崩壊してくれれば。マリリンなどは路上で病院行けない人相手にお祈りしているかもね。

870 :卵の名無しさん:2007/10/25(木) 21:37:49 ID:yCjgGYquO
確かにバカに付ける薬がないとは昔から良く言ったものだ。
統計を使った論文さえまともに読めないバカにマジに相手してしまった自分が恥ずかしい。

871 :卵の名無しさん :2007/10/25(木) 21:44:30 ID:mfQq1Zc20
簡単や
金持ち=タミフル飲む
貧乏人=苦しんで寝るw

872 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/25(木) 23:00:23 ID:v8ivAUqM0

おまえら何に言っているんだ。馬鹿医者!
とうとう答えられなくなったな。

専門家である医師? 西洋医学教の信徒のくせに生意気言うんじゃないよ。


>>869
>抗がん剤のスレとか見ると爆笑もんですよ。

そんなスレに出入りした覚えはない。勝手に妄想するな。

873 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 07:55:36 ID:syZ0WUaE0
>>866
>インフルエンザ脳症って、ライ症候群のことでしょ?薬が薬害を生み、
>また別の薬が薬害を誘発する。トンでもない話だよ。

ライ症候群はインフルエンザ脳症の一亜型に過ぎない。
マリリン頼むからもう少し勉強しくれ。

それから、動物実験では幻覚などの副作用は確かに
わかりにくい。それは同意する。
しかし、すくなくともシ兵の言っている中枢抑制による
無呼吸などは大脳皮質は関係ない。
今回の結果でこれらは誤解であると評価できるんじゃないか?

はっきり言って、重症インフルエンザ脳症ってあっという間に
痙攣・意識消失・頭蓋内圧亢進から脳ヘルニア起こして呼吸停止するよ。
痙攣に気付かなければ、寝ている間に呼吸が止まったとしか
思えないだろう。
これはタミフル発売以前から小児科医なら経験あることだ。

874 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 11:12:23 ID:Bs5iXWitO
タミフルは良い薬です。
副作用のない薬なんてありません。
耐性は他の薬だってあります。
なんでタミフルばっかりいじめるの??


875 :卵の名無しさん :2007/10/26(金) 11:30:57 ID:1gEj3Dy30
金持ち=タミフル飲む
貧乏人=苦しんで寝るw

876 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 11:42:52 ID:ujv4PfrnO
もう人間やめたほうがいいね、マリリンは。


877 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 13:22:11 ID:Zf8I6xRC0
>>873
>ライ症候群はインフルエンザ脳症の一亜型に過ぎない。

ボルタレンの添付文章の改訂(2001)
http://www.novartis.co.jp/product/vol/os/os_vol0106.pdf

これによるとライ症候群が副作用で出る可能性があると改訂されている。
アメリカでライ症候群が解熱鎮痛薬の投与でおこると注意を喚起したのが
1980年代だからね。

この間20年、日本の医療関係者は、解熱鎮痛薬の副作用でおこったライ症候群の
患者もインフルエンザ脳症のせいにしてたのでしょ?

2001年に解熱鎮痛剤の危険性を厚労省が指摘したにも関わらず、最近までボルタレンを
小児の解熱剤に使っている医者がいるとテレビで言っていたよ。

>タミフル発売以前から小児科医なら経験あることだ。
>すくなくともシ兵の言っている中枢抑制による無呼吸などは大脳皮質は関係ない。

これはタミフルの副作用でないかもしれないけど、ライ症候群なら説明がつく。どちらに
しても薬害でしょ。

解熱鎮痛剤を小児に使わなかった欧米と使い続けた日本では、同じインフルエンザを罹患しても
インフルエンザ脳症が発症する割合が違いすぎるらしい。

C型肝炎の次は、薬害によるインフルエンザ脳症が問題になるんじゃないの?

子供を殺された親が黙っちゃいないからね。

878 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 13:28:04 ID:CIZaDTteO
またバカの妄想か。起こる可能性があると書いてあるだけで脳内妄想で起きた気になるバカ。
海外と日本でインフルエンザ脳症、Reye症候群の差がある論文出してみろよ。出せないくせに。
誰かが言っていたとかIFの低い論文はダメだぞ。
さあ早く出してみろよウソツキが。

879 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 13:32:57 ID:Zf8I6xRC0
>>878

まだ、言い訳するか。この馬鹿医者。

最近、インフルエンザ脳症の患者さんの話、聞かないよね。
インフルエンザの患者さんにきつい解熱鎮痛薬を出さなくなったためじゃないの?

この現象をどのように説明するわけ?



880 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 13:33:10 ID:CIZaDTteO
西洋医学は科学的でエビデンスに基づいてます。
マリリンの医学は脳内妄想に基づいています。自分の都合のいい発言だけが頭に入りそこから妄想を広げていきます。
もう逝けよクズが

881 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 13:40:16 ID:Zf8I6xRC0
>>880

エビデンスに基づいているはずの西洋医学が薬害を繰り返しますこと。

ミートホープや赤福より、死者が出ているぶん、よほど悪い。
反省もせずに言い訳ばかりで、同じ事を繰り返すしね。

エビデンスだって、誘導を加え策略を巡らし、自分たちに都合の悪いデータは抹殺するわで、
そんなデータ、誰が信用するか。大馬鹿目。


882 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 13:49:50 ID:CIZaDTteO
と言う訳で論争にもなりませんでしたね。
科学的な論文は自分の都合のいいデータを集めて信用できないようです。
マリリンは自分の脳内妄想だけん信用して人に押し付けるお馬鹿さんです。
流石にP科に通院している患者は違いますね

883 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 13:56:23 ID:Zf8I6xRC0
>>882

>最近、インフルエンザ脳症の患者さんの話、聞かないよね。
>インフルエンザの患者さんにきつい解熱鎮痛薬を出さなくなったためじゃないの?

>この現象をどのように説明するわけ?

何でも良いから、とっとと説明してみそ。


後、
>流石にP科に通院している患者は違いますね

こんなこと言って、P科に通院している患者をマリリンと一緒にしていいんかね?
差別だと苦情が出るよ。先生方。


884 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 14:13:16 ID:PvtK36xg0
>>877
>この間20年、日本の医療関係者は、解熱鎮痛薬の副作用でおこった
>ライ症候群の患者もインフルエンザ脳症のせいにしてたのでしょ?

やっぱりもう少し勉強してくれよぉ。
確かにアスピリンが誘因となることは分かっている。
が、ライ症候群というのは原因にかかわらず、
急性脳症と肝脂肪変性が特徴で、発熱して回復した後に、
長時間、嘔吐し、急激に、昏睡などの意識障害、痙攣
(急性脳浮腫)を来たして、死亡するんだよ。
インフルエンザ脳症はもっと激烈な発熱->痙攣->呼吸停止->死亡
という経過をたどるから、基本的にインフルエンザ脳症の1亜型が
ライ症候群を呈するに過ぎない。


>解熱鎮痛剤を小児に使わなかった欧米と使い続けた日本では、
>同じインフルエンザを罹患してもインフルエンザ脳症が
>発症する割合が違いすぎるらしい。
これは遺伝背景が違うからな。プロテアーゼの一種が関与している
という報告があるぞ。

>>879
>最近、インフルエンザ脳症の患者さんの話、聞かないよね。
>インフルエンザの患者さんにきつい解熱鎮痛薬を出さなく
>なったためじゃないの?
>この現象をどのように説明するわけ?
今はまだシーズンが始まったばかりだからだろ。
昨年もタミフル騒ぎの後でも普通にいたぞ。

885 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 15:00:01 ID:W+WCasfrO
まあこんな時間に2ちゃんに書き込む暇人の言うことに
どれほど説得力があるのやら?

886 :卵の名無しさん :2007/10/26(金) 18:50:14 ID:1gEj3Dy30
金持ち=タミフル飲む
貧乏人=苦しんで寝るw


887 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 22:46:41 ID:paMkaGR60
>>884
>ライ症候群というのは原因にかかわらず、急性脳症と肝脂肪変性が特徴で、発熱して
>回復した後に、長時間、嘔吐し、急激に、昏睡などの意識障害、痙攣 (急性脳浮腫)を
>来たして、死亡するんだよ。
>インフルエンザ脳症はもっと激烈な発熱->痙攣->呼吸停止->死亡 という経過をたどる
>から、基本的にインフルエンザ脳症の1亜型がライ症候群を呈するに過ぎない。

成人病の真実 2
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-30.html#more

この本を読む限り、インフルエンザ脳症で死んだ子どものカルテには
肝障害が現れていると書いてあったよ。病気の症状は教科書に書いてある典型的な
症状を現わすものばかりではないのは、動物も人間も一緒じゃないの?

>これは遺伝背景が違うからな。プロテアーゼの一種が関与している
>という報告があるぞ。

遺伝でかたづけられても、その根拠はなに?なんかインフルエンザ脳症が多いのは
世界で日本と台湾だけだそうだ。台湾の医療は、第二次世界大戦前より日本の
影響を受けていると言うことだよ。

台湾と日本人だけがもつ遺伝子?怪しいな。

>今はまだシーズンが始まったばかりだからだろ。
>昨年もタミフル騒ぎの後でも普通にいたぞ。

インフルエンザ脳症の子どもはいたかもしれないけど、突然死した子どもの話は
新聞でもテレビでも言わなかったね。死に至るような重症例は減っているんじゃないの?

888 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 23:05:46 ID:+aC6ugqo0
やっぱりマリリンは自分の空想と根拠のない与太話の本を根拠に自説を述べている。
やはりアホだね。まあマリリンが何を言おうと現実の医療はきちんと行われている。
タミフルが良い薬であることは明白。昨年と今年では40%以上タミフルの使用が
伸びている。これはいい薬だからね。まあ馬鹿がいくら騒いでも事実は覆せない。
今日も8人出したよ。どちらにするかと聞いたら1人残らず処方希望したよ。
これで今年は20人近く処方したが誰一人とて希望しない人はいない。
マリリン、残念だったね、大笑い。

889 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 23:14:51 ID:syZ0WUaE0
>>887
>この本を読む限り、インフルエンザ脳症で死んだ子どものカルテには
>肝障害が現れていると書いてあったよ。病気の症状は教科書に
>書いてある典型的な症状を現わすものばかりではないのは、
>動物も人間も一緒じゃないの?

その通り、インフルエンザ脳症はサイトカインストームが病態で多臓器不全を起こす。
サイトカインの一種TNF-alfaが肝障害を起こすことは周知の事実。
でも、ライ症候群の脂肪変性の病理所見とは違うんだなぁ。

包含図が書ければ一番説明しやすいが、
インフルエンザ脳症のグループとライ症候群のグループで
重なる部分があるだけだ。
インフルエンザ脳症>ライ症候群
であり、
インフルエンザ脳症<ライ症候群
でもあるんだよ。

>遺伝でかたづけられても、その根拠はなに?
>台湾と日本人だけがもつ遺伝子?怪しいな。
遺伝的多形性の話を知らないのか。はぁ〜〜〜〜
酒にめちゃめちゃ強いヒトから全くダメなヒトまでいるだろ。
アルコール分解酵素の遺伝子にいくつかのパターンがあるんだよ。
東洋人、特に日本人は西洋人と比べてアルコール弱いだろ?
それと同じ現象だよ。

>インフルエンザ脳症の子どもはいたかもしれないけど、突然死した
>子どもの話は新聞でもテレビでも言わなかったね。死に至るような
>重症例は減っているんじゃないの?
はぁ?マスコミ信用してんのか?奴らは売れるニュースしか
報道しないし都合の良いようにしか報道しない。
特に医療・医学の情報なんて全く勉強せずに垂れ流すから誤解や嘘の多いこと。

890 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 23:21:23 ID:paMkaGR60
>>888

私の周りの人たちとずいぶん違うね。私の周りの人たちは、「変な薬ださんでよ」と
医者に断ってきた人もいるし、そもそも病院に行かないで終わってしまう人も
多い。

タミフルを10錠ももらってきても全部飲んだ人なんか知らないね。保険財政が
無駄だから、こういうことは止めてくれる?沢山買い込んだからといって、在庫処分
されては患者さんが迷惑するからさ。

医者も最近は、インフルエンザでも患者にタミフル出さない人もいるみたいだしね。





891 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 23:23:19 ID:GaO3FFjD0
>>888
どこの地域?
まだ一人もFLUいないけど。
ワクチンすら始まったばっかり。

892 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 23:25:45 ID:+aC6ugqo0
>>889
1つだけ教えてやる。馬鹿なマリリンにもな。
抗がん剤の1つCPT-11は欧米人では副作用が非常に少なく日本人では副作用がでやすい。
それはCPT−11を分解する酵素グルクロン酸転移酵素UGT1A1の変異があると
副作用がでやすい。この変異は勿論遺伝子によるものだがこの変異は
欧米人は非常に少なく1%以下、日本人では30%を超える。
台湾人、朝鮮人、モンゴル人など東アジア人は軒並み高い。
だからこうした人種だけに多い遺伝子など他にもたくさんある。
東アジア人には殆ど無く逆に欧米人に多いのは神経難病の1つハンチントン舞踏病や
のう胞性線維症など特定の遺伝子異常に伴う病気もある。
少しは勉強になったかい?空想だけで物言う人間とばれているから誰もオマエの言うことなど
信じないけどな。少し医学の勉強教えてやろうか?

893 :卵の名無しさん :2007/10/26(金) 23:26:49 ID:1gEj3Dy30
金持ち=タミフル飲む
貧乏人=苦しんで寝るw

894 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 23:27:42 ID:paMkaGR60
>>889

まーいい。これ以上私の立場では分からないわ。

今後はインフルエンザにきつい解熱剤は処方されないだろうし、タミフルも慎重投与
になるだろうから、死に至るようなインフルエンザ脳症の患者の数が減れば、
薬害である可能性は排除できなくなると思うよ。

ようは疫学調査次第だね。ただ、タミフルも解熱剤も警告はすでに出されたのだから
今までのような垂れ流しをすべきだとは思わないね。


895 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/26(金) 23:30:45 ID:paMkaGR60
>>892

東洋人と西洋人の違いなら分かるけど、ライ症候群の場合は、台湾人と日本人
だけだからね。朝鮮人も中国人も、モンゴロイドも含まれていない。

遺伝で説明するのは難しくないかい?



896 :卵の名無しさん:2007/10/26(金) 23:55:41 ID:ujv4PfrnO
マリリンを弁護する積もりは毛頭ないが小児ではインフルエンザに限らず解熱剤はアセトアミノフェン以外は処方しない。
でも爺医者ではポンタールやボルタレン平気で処方し決まって胃薬セルベックス辺りを併用する。
酷い爺医は小児に定期で解熱剤出す。アホとしかいいようがない。あるいはタミフルと抗生剤同時に処方する爺医者もいる。
こういうやつがいるために必要最小限の薬さえも疑心暗鬼になりマスコミの戯言に耳を傾けて俺達専門家の言葉を信用しないやつがいるのも確かだ。
まあ医者も5年に一回免許更新のための試験を全国でやるべきだよ。話が違うが喘息に未だにテオフィリン製剤長期に飲ませている馬鹿爺医者や喘息患者のこうあつざいにβブロッカー処方している奴もいる、
馬鹿な医者は存在自体が犯罪かもしれん

897 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 01:06:48 ID:JeZk7ew00
>>896

マリリンは勉強が「もしも」進めば対等の議論が可能かもしれないが、
特定の爺医師においては改善が見込めないので

>馬鹿な医者は存在自体が犯罪かもしれん

には激しく同意!! します。


嫌がるだろうが、医師と教師の更新制度は国と国民の生命を
守るためには必須なんでしょうねー

898 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 01:19:11 ID:/9CqFMbg0
>>895
>東洋人と西洋人の違いなら分かるけど、ライ症候群の場合は、台湾人と日本人
>だけだからね。朝鮮人も中国人も、モンゴロイドも含まれていない。
>
>遺伝で説明するのは難しくないかい?

はぁ?
ライ症候群の最初の報告はオーストリアだぞ。
台湾人・日本人<だけ>の病気ではない。
マリリンにとっては黄色人種・白色人種・黒色人種の
3系統しか遺伝型がないというのか?Ww

>>896がいっている爺医者と同じだな。マリリン。
もうちっと勉強してね。

ついでに言うと、テオフィリンは低用量投与で気管支粘膜の
炎症を抑えるって話があるがな。

899 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 07:08:48 ID:p2TRdgXv0
google八分?yahoo?ネット検閲って何?意図的に情報を削除、隠ぺい、コントロールしてるの?
ある企業のライバルの商品を意図的に表示させないようにとかもできるの?
そもそも初音ミクってなに?どうせオタクかなんかでしょ?TBSとかもそう報道してたし。

ヒント→オタクの勘違いにしたい。検閲の事実を隠したい。だから亀田のことは言いたくても言えない。
     初音ミクは自分で作った曲とかを歌わせられる音楽ソフト。

とりあえずさ、TBSって
電気通信事業法
(昭和五十九年十二月二十五日法律第八十六号)より

第二章 電気通信事業
第一節 総則
(利用の公平)
第六条  電気通信事業者は、電気通信役務の提供について、不当な差別的取扱いをしてはならない。

これに違反していて

グーグルは
ネットではどうか知らないけど
第一章 総則
第三条  電気通信事業者の取扱中に係る通信は、検閲してはならない。

に違反してるよな
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S59/S59HO086.html  

サイトにvocaloidの名前があると,Googleの検索結果に出てこなくなる可能性がある.
http://snowland.net/nucleus/index.php/item/1150

900 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 09:04:12 ID:7HyLPo5I0
>>897
爺医はマリリンより医師免許があるだけ始末に悪い。
昨年の話だが近所の事務1人医者1人の爺医の話だがインフルエンザ迅速検査
しないで熱あるいは鼻水がある外来患者全てにタミフル処方した。
家族が不安に思い俺のところへ来たが最初は信じられなかった。
でも何人も同じ話を聞き、出入りの卸に聞いても検査キットを売ってはいない。
首都圏の県庁所在地S県S市の話だよ?田舎の区だけど。
更に笑うのは今年の1月からはぴたりとタミフルの処方を止めた。副作用報道聞いて
問い詰めた患者にまともな答えが出来ないで怒鳴り散らしそれ以来タミフル中止した。
その代わり怪しい自家製の漢方薬処方しているらしい。免疫力で直すらしい。
本当にこうした連中が昔大もうけして一財なして威張っているのをみると
過去の診療報酬分から次官に退職金返還させる様に爺医の収入戻すべきだな。


901 :卵の名無しさん :2007/10/27(土) 09:58:12 ID:MEgJdm2o0
葛根湯は効くやろw

902 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 10:11:44 ID:KrhtauWC0
>>901
おまえ、漢方すらわかってないようだな

一行レスなのに、内容に多くの間違いが含まれてる・・・

903 :卵の名無しさん :2007/10/27(土) 10:35:53 ID:MEgJdm2o0
すぐに釣れるおまえは池沼マリリン以下w

904 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/27(土) 16:45:18 ID:PI0+OklN0
>>903

答えに詰まるよ。本当に全く。


905 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/27(土) 16:50:50 ID:PI0+OklN0
>>898

>ライ症候群の最初の報告はオーストリアだぞ。
>台湾人・日本人<だけ>の病気ではない。

別に日本と台湾だけにしか、ライ症候群が発症していないと言っているわけではなく
インフルエンザ脳症の発症数が、台湾と日本は他の国よりずば抜けて多いと
近藤 誠先生は言っていた。

それは、アスピリンでライ症候群が発症するかもしれないと疑って、小児の発熱に
きつい解熱剤を処方しなくなった欧米と、より強力な解熱剤を処方し続けた日本と
台湾の違いだと言うことのようだよ。


906 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 17:47:32 ID:4qlnSyv40
>905
>インフルエンザ脳症の発症数が、台湾と日本は他の国よりずば抜けて多い
それは、サンプリング方法の相違があるのではないか?
疾患概念は共通なのか?罹患者の拾い上げはどのように為されているのか。
比較を行なうなら、前提が妥当か否か、条件が揃っているか否かを検証しないと。

処方薬としてのアスピリンはさておき、OTCで買える国があるなら、その国では
「処方」はされないだろうね。

907 :卵の名無しさん:2007/10/27(土) 20:05:00 ID:OrNXvuXq0
関連スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1191684856/445-

908 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/27(土) 20:11:56 ID:PI0+OklN0

そして>>894に戻ります。



>894 名前:マリリン ◆IxLejT1KUU 投稿日:2007/10/26(金) 23:27:42 ID:paMkaGR60
>>889

>まーいい。これ以上私の立場では分からないわ。

>今後はインフルエンザにきつい解熱剤は処方されないだろうし、タミフルも慎重投与
>になるだろうから、死に至るようなインフルエンザ脳症の患者の数が減れば、
>薬害である可能性は排除できなくなると思うよ。

>ようは疫学調査次第だね。ただ、タミフルも解熱剤も警告はすでに出されたのだから
>今までのような垂れ流しをすべきだとは思わないね。

909 :卵の名無しさん:2007/10/28(日) 19:15:58 ID:P7l7H3l30
オレは他人の心を読んだり夢や心を操る巨大結社が原因と思うけど、今朝また夢見たよ。
グロ系 + 同性愛系の夢だった。もちろんオレはそんな趣味ないし、今までこの種の
夢は見たこと無い。まあ、夢を操れるからこの手の夢を見せられて嫌がらせされるのも
わかってたけどw。 気持ち悪いけど、これを怖がって戦争させられたするのもイヤだし、
慣れれば大丈夫でしょ。気を付けなければいけないのは、夢のグロ映像と同時に
楽しく感じる気持ちも送ってくる事だな。その気持ちも操られてるから自分の気持ちと
勘違いすると、マインドコントロールされちゃう。また夢を見た後、怖くなる気持ちも
送ってくるから注意する事。余計に怖がる必要は無い。
今までこの結社の存在が明らかにならなかったのは、みんな黙ってたのが原因で、
オレは一応報告しとく。情報共有しとけば心強いでしょ。
とにかくこれに怖がって戦争でもさせられたら最悪だし、今の日本の政府がこの結社を
野放しなのにテロ対策だけするのはおかしいだろ。

910 :卵の名無しさん:2007/10/30(火) 13:03:19 ID:0RxDwxnV0
>>905
近藤 誠先生は言っていた。
近藤 誠先生は言っていた。
近藤 誠先生は言っていた。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


911 :卵の名無しさん:2007/10/30(火) 14:39:21 ID:7dpC78EE0
オレは他人の心を読んだり夢や心を操る巨大結石が原因と思う

912 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/30(火) 18:50:03 ID:wb69oydc0
>>910

あんたは笑っているが、そういうことが彼の書籍には書かれ、それを一般人が
読んで、医者の犯罪だと思うわけよ。

笑い事ではすまないね。

913 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 01:00:22 ID:IsTGuuo10
>912
俺は910ではないが、
少なくとも放射線科が専門で感染症が専門で無い人の
本だけをソースに議論しないな。
pubmedでInfluenza-associated encephalopathyを
キーワードに検索してごらん。
最初の報告は日本ではない。
1979年の報告で、筆者らはライ症候群ではない、
インフルエンザAに伴う脳症だと結論づけている。


914 :卵の名無しさん :2007/10/31(水) 16:23:04 ID:U9Xb9e2b0
タミフル、脳に侵入…厚労省見解覆す?動物実験結果
 服用した若者や子どもに異常行動や突然死が相次いだインフルエンザ治療薬「タミフル」が脳に達する仕組みを、国内の二つの研究グループが動物実験で明らかにした。
脳には薬など異物の侵入を防ぐ「血液脳関門」という防御機能があることなどから、厚生労働省の作業部会などは服用と異常行動の因果関係に否定的な見方を出していたが、それを覆す可能性のある研究結果として注目される。
タミフルは、体内に入ると主に肝臓の酵素によって「活性体」に変わり、ウイルスの増殖を抑える。一方、血液脳関門では、「P糖たんぱく質」という物質が脳に入ろうとする異物を排除する。
荻原琢男・高崎健康福祉大教授らは、タミフルを、通常のマウスとP糖たんぱく質を作れないマウスに投与して比較した。その結果、P糖たんぱく質を持たないマウスでは、脳内のタミフル濃度が血中濃度の65〜85%にも達し、
通常のマウスの14〜17%より大幅に高かった。また、活性体を直接投与したところ、いずれのマウスでも脳に達したタミフルの濃度は血中の1%程度に過ぎず、活性化前のタミフルが脳に達しやすいことがわかった。
人間の場合、肝臓の酵素や脳のP糖たんぱく質の量には個人差がある。この動物実験の結果が人間にもあてはまるとすれば、一部の人の脳にはタミフルが届いてそこで活性化され、影響を及ぼす可能性があることを示す結果だ。
東京大の杉山雄一、柴崎正勝両教授らも、ほぼ同じ実験で同様の結果を得た。さらに


915 :卵の名無しさん :2007/10/31(水) 16:23:54 ID:U9Xb9e2b0
生後3〜42日のラットにタミフルを投与したところ、生後6日目までの幼いラットは、21日目以降の成体に比べ、脳内の濃度が約6倍も高くなった。P糖たんぱく質の量は幼い時は少なく、
11日目前後の青年期を過ぎて急増することも確認された。

916 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 16:36:08 ID:ePHuQdf9O
▼『勘違いしないように。タミフルがP糖たんぱく質を排除するわけではない。タミフルが悪いわけではない。』


917 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 16:54:11 ID:ePHuQdf9O
そもそもPgp(MDR1)のない人間は生きていけない。


918 :卵の名無しさん :2007/10/31(水) 18:28:30 ID:U9Xb9e2b0
マリリン ◆IxLejT1KUU
出番ですよw

919 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/10/31(水) 19:44:44 ID:9M2n9QJ20

ごめん、マリリンは今日はちょっと疲れちゃったので書き込めない。
>>913についてのお返事は、また元気になったら書き込むね。


どうぞマリリンのことは気にしないでお話続けて



920 :卵の名無しさん :2007/10/31(水) 19:54:33 ID:U9Xb9e2b0
タミフルモルモット日本人www
世界の人々が感謝してるだろうppp

921 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 22:28:53 ID:meoLAArc0
>>914,915
どこのjournalだ? Peer review制度のある雑誌だろうな?
投与濃度は?
情報として余りにも曖昧すぎるぞ。
まずはどこに載った、何て論文なのか、それくらい示して欲しい。


922 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 23:02:07 ID:bicbYNVP0
>>914

>東京大の杉山雄一

トランポータの神 キター
状態ですなーー

本当であれば信憑性はかなり高きなる超専門家です。

ただ気になるのは、なぜ活性体を投与すると脳内の濃度が低いのか?
活性体を汲み出していれば、血中:脳内の比率はほぼ一定のはずだが、、
(未変化体の親化合物が脳内に入って活性化し、
 その後に汲み出されるんですかねー?)

923 :卵の名無しさん :2007/10/31(水) 23:49:01 ID:U9Xb9e2b0
いいじゃん
タミフル全世界生産量の8割を日本人が使ってるのだから
仮に問題がでても日本人だけw

924 :卵の名無しさん:2007/10/31(水) 23:54:10 ID:JKO4zZFY0
>>914
その「一部の人」とその背後にいる人達の為に、
それ以外の多数が迷惑するという訳ですね。

925 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 00:00:31 ID:a7QRL+bW0
>>924

意味不明。説明を

926 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 08:37:25 ID:O7AGA+9c0
>>患者に選ばせてるよ。
子供の親は大体拒否。
大人は欲しがる。

927 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/01(木) 14:11:56 ID:M5emXsiP0
>>913

>最初の報告は日本ではない。1979年の報告で、筆者らはライ症候群ではない、
>インフルエンザAに伴う脳症だと結論づけている。


近藤先生もライ症候群のすべてが解熱剤に起因するとは言っていないよ。ただ、小児の発熱時に
ボルタレン座薬やポンタールなどの解熱剤を使うと、ライ症候群が発症したり、より重症化したり
する可能性が酷く高まると言っているだけだ。

これについては厚労省も認めているよ。だからボルタレン座薬やポンタールなどの添付文章に
副作用としてライ症候群を付け加えさせたんじゃないの?(2000.11.15)

厚労省の罪は、これらの薬品の副作用情報を書き換えさせただけで、小児の発熱にこれらの
解熱剤を使用することを医者に止めるように警告しなかったことだ。
そのため小児の発熱にこれらの解熱剤を使い続ける医者が多数おり、2000年以後も解熱剤の
副作用でインフルエンザ脳症を発症したか、本来のインフルエンザで脳症を発症したか分からない
症例が日本では外国に比べて多数出ているのではないですかね?

タミフルの副作用をしら調べようとして、該当患者さんに処方されていた薬が多すぎてどれが
原因か調べようがなかったと新聞に書かれていた。

ひょっとしたらタミフルの副作用と言われているモノものも、解熱剤と抗生物質とタミフルを
同時に服用させたため相乗効果が原因かもしれないと言うような事のようだ

928 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 14:52:17 ID:rXozpAJL0
関連スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1191684856/644-

929 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 14:54:43 ID:upxC+nmD0
>>927

>タミフルの副作用と言われているモノものも、解熱剤と抗生物質とタミフルを
>同時に服用させたため相乗効果が原因かもしれないと言うような事のようだ

これに尽きるだろう。

なぜか日本の医療行政担当者は、関係製薬会社が認めた問題点に付いて、永きに渡り放置する事が多い。
すぐ、きちんと対策を打ち出すのは、認可した側の面子が潰れるとでも思っているのだろうか?

930 :卵の名無しさん :2007/11/01(木) 16:42:38 ID:aS03tIaz0
ガキが何匹死のうが官僚天下り機関薬屋が儲かればそれでええのだw

931 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 19:30:06 ID:8h4NPJka0
インフル脳炎って、日本だけでねえの?

932 :卵の名無しさん:2007/11/01(木) 23:20:36 ID:a83DVMUW0
>タミフルの副作用と言われているモノものも、解熱剤と抗生物質とタミフルを
>同時に服用させたため相乗効果が原因かもしれないと言うような事のようだ

解熱剤(多くのNSAIDs)、抗生物質(一部?)、タミフル(活性化体?)
はすべてトランスポータに乗ります。

すなわち、競合による輸送能力の低下が想定できます。

私自身は、真の原因物質は脳内の生理活性物あるいはその代謝物で、
通常汲み出しによって低下する脳内濃度が、薬剤投与時の競合によって低下せず、
ある種のCNS症状がでるのでは? の立場(作業仮説)を取っています。

ボルタレンなどの競合の程度(親和性)と臨床使用での濃度
などが整理されると、原因の総合的な解析が進むと思います。
(トラスポータの多形頻度なども要注意ですが、)

杉山先生ほかによる、更なる解析を期待します。

933 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 01:29:25 ID:EkU+VmGW0
>>927
>そのため小児の発熱にこれらの解熱剤を使い続ける医者が多数おり、
いまどきほとんどいないよ。
開業医老医のなかに出す人もいるが、それはほんの一部。

>タミフルの副作用をしら調べようとして、該当患者さんに
>処方されていた薬が多すぎてどれが原因か調べようが
>なかったと新聞に書かれていた。
また新聞か!いい加減目をさませ。
タミフル単剤の症例だけを集めればいいし、
内服開始前の異常行動例を集めれば済むこと。
あるいは同じ系統の薬剤を処方されていたグループで
タミフル有り無しで比較すれば相乗効果のことも
調べられるだろ。
そういう調査を改めてしようとしていた横田班をマスコミと
プロ市民がつぶしたんだよ。


934 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 01:42:37 ID:EkU+VmGW0
>>915
>>922
詳細をしらないが、基本的なことを見逃している。
タミフルは内服の薬剤で腸管吸収された後、
まず門脈を通って肝臓を通過する。そこで
大部分が代謝を受けるから、未変化体の最高血中濃度は
1時間もせず低下する。一方活性体の最高血中濃度は
4-5時間くらいだ。
つまり、血液脳関門の通過度が活性体<<未活性体だと
しても実際の濃度は活性体>>未活性体となっていると
予想される。これは確認が必要だろう。

そして何より、
>その結果、P糖たんぱく質を持たないマウスでは、
>脳内のタミフル濃度が血中濃度の65〜85%にも達し、
>通常のマウスの14〜17%より大幅に高かった。
通常のマウスで血中濃度の14〜17%ということ自体が
異常に高い!ヒトではここまで上がらないはずだ。
予想されることとしては、髄液中の濃度を測定するために
生理的範囲を超える高用量を投与したのだと思われる。

そして、トランスポーターの仮説は機序の一つとして
興味深いが、実際にCNS症状を出す物なのか?という
ところがまったく触れられていない。


935 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 16:12:35 ID:ROMTHorV0
>>932>>934

説明ありがとうございます。

患者の立場の人間にしてみると、こんな訳の分からない薬をよくも気安く
患者さんに処方できるとあきれます。結局なんにも分かってないんじゃないですか。

赤福やミートホープより、全然、安全性が検証されていない。それなのに今シーズンも
患者にタミフルは処方されようとしている。

患者に処方するのは、もっと安全性が固まってからにしてください。



936 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 16:19:55 ID:ROMTHorV0
>>933
>>そのため小児の発熱にこれらの解熱剤を使い続ける医者が多数おり、
>いまどきほとんどいないよ。
>開業医老医のなかに出す人もいるが、それはほんの一部。

貴方ねぇ。解熱剤がライ症候群を発症させる危険性があるとアメリカで警告が
発せられたのが1982年のことだよ。

今から25年ぐらい前の話なんだから、いくら開業老医だって、現在医者やっている
人間が、解熱剤の処方をし続けていたらいかんでしょ。

だいたい、2000年まで日本は警告さえ行われていないけど、この間18年、厚労省や
製薬会社は何をしていたのでしょうね。

937 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 17:24:57 ID:AUmDMNkdO
タミフルについてはリターンとリスクをバランスを考えて投与する習慣が医者があれば済むだけの話なんだが。
明らかに投与すべきは6歳以下と65歳以上とハイリスク患者、医療関係者であろう。
折れの病院では詳しく説明した文書をタミフル処方する患者に渡している。
服用拒否する患者は殆どいない。要は医者の説明不足もあるのではないだろうか

938 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 17:54:16 ID:WkTn75YE0
>>937
>服用拒否する患者は殆どいない。要は医者の説明不足もあるのではないだろうか

患者が医者には服用拒否しなくても、家ではゴミ箱にタミフルを捨てている人だっているさ
医者って、患者が薬を持って帰ったからって飲んでるとどうして思うんだろうね。

939 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 18:44:57 ID:AUmDMNkdO
バカじゃない。捨てる薬なら服用拒否と言えば医者は出さない。馬鹿じゃなけりゃ薬代勿体無いから処方してもらう訳ないだろ。
オマエアホと違う?
薬要りますかださないで家でおとなしく寝てるだけにしますかときいてるのに薬捨てるやつが受ける訳ないだろ

940 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 18:53:03 ID:WkTn75YE0
>>939

おめいら。薬持って行かないと怒る奴いるだろうが。そんな医者と言い合いするのも
面倒くさいので薬もらって捨てるんだわさ。そういう患者心理も分からないで医者やらんでくれる。


941 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 19:04:54 ID:AUmDMNkdO
そんな馬鹿な患者は折れの所にはいない。
オマエみたいなアホがいる場所と住む世界が違うようだな。
折れの病院の地域住民は自分の治療を決して医者任せにしない。必ず充分な説明のもとに治療を選択する。
医者任せにして悪い結果だと大騒ぎして医者のせいにする人種と違うんだよ。
そうした地域にいなくて残念だったな。
患者と医者は対等だ。だからこそ医者は押し付けでない治療法の選択肢を示す。患者は充分な説明された後自己選択する。
折れの病院と地域住民では当たり前の事。
マリリンはそんな当たり前の医療をされてないのかいかわいそうにな

942 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 19:31:36 ID:WkTn75YE0
>>941

貴方はまじめない医者だと思うし、一生懸命仕事をしていると思う。
ただ、ちょっとだけ世間知らずだと思うわ。


943 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 20:23:24 ID:AUmDMNkdO
医者は世間知らずなことぐらいは良く分かってるさ。官僚と同じようにな。
日本人はそもそも抗生物質が大好き。タミフルは抗生物質では厳密には違うが、同じようなもので。
ただの風邪に抗生物質を処方するバカ医者抗生物質を要求するバカ患者どちらも悪い。
抗生物質のガイドラインも知らずに投与している。
いいかマリリン、医者だけじゃなく患者も悪いんだぞ。タミフルを乱用したのは。分かってるか。
もう少しこの国の医者だけじゃなく患者も勉強してほしいものだ。
幸いに折れは今のところいい患者に恵まれてるけど。
医者の説明が分からないなら良く尋ねろ。自分の体のことだろ。
それともこれも折れが世間知らずなのかい?

944 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/02(金) 20:47:11 ID:ROMTHorV0
>>943

貴方の言っていることはよく分かった。そうだと思う。

ただ今の日本の医療には限界がある。それは末端の医者ではどうしようもできない。

私は現代の日本の医療自体が信用できない。したがって医者と話しても、たぶん
話はかみ合わないだろう。
私は民間療法も東洋医学も伝承医学もすべてひっくるめた中から自分に合う治療を
選ぶ統合医療を目指したい。自分の自然治癒力を大切にしたい。

腹回りで健康な人を病人に仕立て上げていく、今の西洋医学のやり方を滑稽に思う。
薬ずけ、検査ずけの医療もイヤだ。だから病院や医者には近づかないようにしている。

製薬会社と医療機関の癒着も目に余る。それを批判できるのは患者だけだからね。
自分の身を守るために勉強しなきゃいけないと思う。

ただ、こういう問題は一介の医者には、どうすることもできないでしょ。製薬会社の手先に
なって、上手に患者が薬を受け入れるように説得していくのが仕事の人だからね。

残念だけど、貴方が医者である限り、最終的には私は貴方と対立することになる。

945 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 21:38:11 ID:Q6XSlL4Z0
>>944
あんた開業してんの?
雇用者にちゃんと定期健康診断受けさせてる?

946 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 22:17:09 ID:EkU+VmGW0
>>936

ほんと何にも知らないな。
2000年の警告以前から出さないようになっていたよ。
ただ、やはりどうしても勉強していない老医がいるから
警告が出されたんだよ。
それでも一部の老医は勉強していなかったり
自分のこれまでの経験を一番信用しているから
出し続けるのだよ。

>>944
>ただ今の日本の医療には限界がある。
>それは末端の医者ではどうしようもできない。
>私は現代の日本の医療自体が信用できない。
>したがって医者と話しても、たぶん話はかみ合わないだろう。

じゃぁどこの国の医療なら信用できるんだ?
アメリカの病院なんてそりゃぁひどい診断能力だぞ。
日本の医療がおかしい傾向があると感じるのは、どうしても
防衛医療にならざるを得ない風土があるからだ。
それは、治って当たり前という患者の過剰な期待が大きい。
人の体は千差万別で病気に対する反応も千差万別。
医者ができるのはその方向性をちょっと変えるだけ。
治るのは患者の体の能力によるのだよ。それを理解せず
後出しジャンケンで検査が遅かったからとか、死ぬはずがないのに
死んだとか、クレーム付けられたり刑事訴訟になるのがおかしい。


947 :卵の名無しさん:2007/11/02(金) 22:18:05 ID:EkU+VmGW0
一つアドバイスしておくが、民間療法も東洋医学も期待できる
面はあるが、分からないことや曖昧な部分が多い。
西洋医学でダメなのは医者が悪いが、東洋医学でもダメだったのは
仕方がないという論理は矛盾しているからな。
東洋医学でダメなときに是非、信用できない!と声を上げてくれ。
東洋医学でも西洋医学でもダメなときはダメだし良いときは
良いのだ。

948 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/03(土) 17:26:54 ID:WPo188ou0
>>946
>それでも一部の老医は勉強していなかったり 、自分のこれまでの経験を
>一番信用しているから出し続けるのだよ。

なら何で止めなかった?被害者が出ているのに25年も勉強不足の老医を
放置するのは厚労省と製薬会社の怠慢だろう?

この前、麻薬並みの取り扱いになったリタリンもアメリカで依存症と自殺の危険性が
あると警告されたのが2004年だからね。この薬の場合も日本は3年も放置している。
麻薬のように医療機関から仕入れた薬をネットで販売されても放置したわけだからね。

いったい日本の厚労省や製薬会社は人の命をどうして、こんなに軽視できるんだろう。


949 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/03(土) 17:49:26 ID:WPo188ou0
>じゃぁどこの国の医療なら信用できるんだ?

西洋医学だけが医学と考えてほしくないだけ。東洋医学も民間療法もその他
伝承医学もひっくるめて医療として捉えてほしい。

>防衛医療にならざるを得ない風土があるからだ。

そんなことはないね。それはあなた達医療関係者の思いこみ。何もかも病人
扱いする今の検診体制には疑問を持っている一般人も多い。

いっくら宣伝しても検診を受けない人が多いのは、そういうことも理由じゃないの?
いやがっているんだから強制的に検診など受けさせないでくれる。迷惑だからね。

そんでもって本当に病気になったら、保険治療以外でも自由に治療法を患者に
選ばせてほしい。

何で、医療機関で鍼治療やカイロ、アロマなどが治療法として選べない?
そういう治療を選ぼうとすると、医療機関以外に患者が出向かなきゃいけないのは
おかしいと思わない?何で病院でサプリが買えない?

医者の監督のない施設で、そのような代替療法を患者に受けさせておいて、詐欺
だの、ぼったくりだのと言うこはおかしい。

医療機関では、患者は手術や投薬治療など厚労省が認めた治療しか選べない。
統合医療推進の私が、そんな医療を認められる訳がないよ。

950 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/03(土) 17:57:17 ID:WPo188ou0
>>947
>一つアドバイスしておくが、民間療法も東洋医学も期待できる
>面はあるが、分からないことや曖昧な部分が多い。
>西洋医学でダメなのは医者が悪いが、東洋医学でもダメだったのは
>仕方がないという論理は矛盾しているからな。

私は東洋医学も西洋医学も適材適所があると思っている。何でもかんでも西洋医学
だけで治療しようとするから無理が出る。

本当に病気になったときは、患者にあっている治療法を患者自身で選ばせてほしい。
副作用がたいしてないなら、あれはいかん、これはいかんと禁止するな。

どうせ死ぬなら、自分に納得できる治療を受けながら死んでいきたいわ。


951 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/03(土) 18:21:06 ID:WPo188ou0

特に病気の予防を薬でやろうとしないでくれる。副作用でよけい苦しむから。

人は生まれてきた以上、人生を楽しむ権利があるんだよ。それを症状も
ないうちから、病人扱いするわ、薬漬けにするわで、現代医療とはとんでも
ない医療だと、お馬鹿な一般人も、そろそろ気がつき始めているさ。

予防医学こそ、代替療法の得意分野だと私は思う。副作用はたいしてないし、
受けてれば楽しいし気持ちが良い治療法はいっぱいあるからね。




952 :卵の名無しさん:2007/11/03(土) 19:05:41 ID:Y8Jf2Ksm0
関連スレ
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160735662/560-

953 :卵の名無しさん:2007/11/04(日) 07:22:31 ID:jGSc2aAX0
>>949
>何で、医療機関で鍼治療やカイロ、アロマなどが治療法として選べない?
>医療機関では、患者は手術や投薬治療など厚労省が認めた治療しか
>選べない。統合医療推進の私が、そんな医療を認められる訳がないよ。

あのねぇ、国民皆保険制度は知っているよな?
そして、普通の病院は保険診療をしているのも知っているな?
獣医をしているのなら、薬・採血や点滴に使う器具をはじめ
あらゆる器具にコストがかかり、消毒やメンテナンスが必要な
物がごまんとあることも知っているな?一人(一匹)診察するのに
どれくらいの人が必要で、設備投資もどれくらい必要かという
ことも分かっているな?それらをすべて自費でまかなうか?
医療にはどうしてもお金がかかる。が常に全員が必要なわけではない。
それを国が格安で保険制度を運営している。
そして、それだけ貴重な資金を、実績が客観的に証明できていない
できない物に費やすことはできない。既に医者の待遇が悪く
医療崩壊がどんどん進んでいるからな。
マイケルムーアのシッコを観てみろ。どんだけ日本がまだ恵まれているか。
まぁ近いうちに個人の権利ばかり主張する患者とマスコミのおかげで
医療崩壊がさらにすすみアメリカ式に移行するだろうがな。

954 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/04(日) 12:18:43 ID:Tqjeo7i50
>あのねぇ、国民皆保険制度は知っているよな?

私はこの日本の医療保険のあり方が、国民の健康と幸せとは
かけ離れたモノに医療を導いているように思う。

>それだけ貴重な資金を、実績が客観的に証明できていない
>できない物に費やすことはできない。

って、生活習慣病の基準値だって根拠なんてあらゃしないじゃない。タミフルの備蓄だって
必要かどうかも分からない。この訳の分からん高血圧や高脂血症の基準値に沿って
どれだけ無駄なお金が使われているか考えたことある? 他にも本当は必要ない薬なんて
一杯あるだろう。医者に断れないからもらってきてゴミ箱に捨てられている薬も各家庭を
探したらどれだけでもある。そういう事実があるのに保険財源が崩壊するなどとよく言えたモノだ。

だいたい、この薬の過剰投与で喜ぶのは製薬会社なんだよ。それも最終的には外国の製薬会社だ
貴重な日本人の保険料が外国の製薬会社に吸い取られて行く。おかしいと思わないかい?
そりゃ。外国の製薬会社じゃWHOを乗っ取っても、生活習慣病の基準値をどんどん下げていくわさ。

各国の医療費をむしり取れるんだからね。日本の保険財源にはそういうハゲタカがくっいているんだよ。
そういうところをなんで医療関係者も厚労省も黙っている?


955 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/04(日) 12:21:44 ID:Tqjeo7i50

別に、アロマや鍼灸、カイロなどの代替療法を保険でやれとなんか言ってないでしょ
自費でかまわない。

あんた達、それすら認めないでしょ?おかしいよ。

956 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/04(日) 12:29:26 ID:Tqjeo7i50

代替療法を認めると、患者は薬を減らしてくれと言いだす。それで認められないのでしょ?

957 :卵の名無しさん:2007/11/04(日) 19:45:05 ID:6tdE1nWr0
>>
確かに西洋医学だけでは解決できん。

958 :卵の名無しさん:2007/11/04(日) 20:11:10 ID:5O6F9pAYO
じゃあ医者で統合医療推進している医者の顔ぶれ見てごらんよ。
どいつもこいつもみんな金儲け主義の怪しい奴らじゃないのか
星野泰造、帯津、福田そのほか良くみろよ

959 :卵の名無しさん:2007/11/05(月) 04:28:12 ID:g4ejIMfd0
>>954,955,956
本当になんにも知らないんだな〜。
まぁ、せいぜい自分は騙されないぞって思っていたらいいよ。
そうやって自分自身に言い聞かせて自分自身を騙すことで
幸せになるならな。
まぁ、一方的な内容でなく、いろんな勉強をしてくれよ。
西洋医学不信を訴えている連中が代替と称している物が
いかに客観性に乏しい物が多いか。
代替医療の内容が問題なのじゃない。もしかしたら効くものも
あるかもしれない。でも、それをすすめる連中は客観性に
欠き、自己中心的な意見しか述べない。物事には何でも
メリットデメリットの陰陽があるのだよ。メリットしか
述べない物は信用してはいけないのだよ。

960 :卵の名無しさん :2007/11/05(月) 20:11:07 ID:JKdPGIWK0
今年はインフル大流行するのにー
「タミフル」供給、今冬は半減の600万人分に
 インフルエンザ治療薬「タミフル」の国内唯一の輸入販売元である中外製薬(東京都中央区)は5日、今冬の国内のタミフル供給計画を昨冬より半減し、600万人分にすると発表した。
服用後の飛び降りなどの「異常行動」が報告され、厚生労働省が10代について原則使用中止とする措置を取ったことなどを受け、同社は「処方患者数はほぼ半減する」とみている。
中外製薬は、親会社のスイス製薬大手ロシュからタミフルを輸入し、2001年から国内販売している。インフルエンザが大流行した02年冬には供給不足が問題化した。

961 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/05(月) 20:18:03 ID:28MrVJSn0
>>959

貴方は、もっと民間療法や伝承医学、東洋医学について勉強なさるべきです。
貴方の仰っている批判は、鏡に写った西洋医学を勧める人たちへの批判にもなります。

もちろん私は、貴方が仰るように怪しげな代替療法を勧める人たち騙されたくないと
思っていますが、同時に医者にも騙されたくありません。



962 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/05(月) 20:20:14 ID:28MrVJSn0
>>960
>今年はインフル大流行するのにー「タミフル」供給、今冬は半減の600万人分に

そんなに、タミフルなんかいらんよ。まだ、患者に飲ませる気か。


963 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/05(月) 20:24:43 ID:28MrVJSn0
>>958
>星野泰造、帯津、福田そのほか良くみろよ

星野泰造さんと言うのは初めて聞いた。よく知らない。

帯津先生はSBX様の師匠だ。福田先生は安保先生の協同研究者、金儲け主義の
医者ではないと思うよ。あなた達より、患者さん思いだと思うわ。



964 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 00:22:24 ID:UyacWqCR0
つーか、フランス料理屋に行って「おすすめに寿司がないのは何事だ」とか言うのはどーかと思うが・・・

965 :964:2007/11/06(火) 00:24:25 ID:UyacWqCR0
すみません、誤爆りました (^_^;)

966 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 01:50:49 ID:YxOm35LZ0
>>961
>貴方は、もっと民間療法や伝承医学、東洋医学について
>勉強なさるべきです。

俺の何を知っているんだ?
西洋医学にはできないことは山ほどあるし、それを代替療法が
できる可能性は確かに否定しない。
しかし、だからといって西洋学を否定するのは間違っている。

西洋医学に対する期待度の高さから、裏切られた時の否定も
強くなるんだよ。逆に代替医療は所詮代替医療だから、
効かないかもしれないけど、期待していたい。
要するにダブルスタンダードなんだよ。マリリンは。


967 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 11:19:44 ID:85XWHjdJ0
>>966

私は西洋医学は否定していない。医者は代替療法を否定するなと言っているだけだ。
何でもかでも薬で治そうとするなとも言っている。

人間には本来、自然治癒力が備わっている。現代医療は人間のもつ自然治癒力を
軽視しすぎたと私は思う。

貴方は、そうは思わないの?


968 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 11:23:44 ID:85XWHjdJ0
>>964
>フランス料理屋に行って「おすすめに寿司がないのは何事だ」とか言うのはどーかと思うが・・・

私はそんなことは言っていない。フランス料理だけが料理ではない。日本料理も中華料理も
インド料理も その他もろもろ、すべてを料理として認めなさいと言っている。

あなた達の場合、西洋医学だけしか医療として認めないでしょ。
日本ほど代替療法を見下す医療はないと思うわよ。


969 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 14:01:28 ID:Z196tfGw0
>>967
>私は西洋医学は否定していない。医者は代替療法を否定するなと
>言っているだけだ。

医者が代替療法を否定しているのではなく、
多くの代替療法が、自らを論理的に証明することを放棄し、
怪しげな宗教的な物に成り下がっているのが現実だ。
もっと学問として、医療として掘り下げないと、
逆にただの金儲け・一種のカルトにしかならない。

>何でもかでも薬で治そうとするなとも言っている。

別に薬は必要な物にしか使わないが?

>人間には本来、自然治癒力が備わっている。現代医療は人間のもつ
>自然治癒力を軽視しすぎたと私は思う。
>貴方は、そうは思わないの?
それはマリリンが勝手に思っているだけだろう。
基本的に現代医療ができることは方向性を少し変えるだけだ。
自然治癒力無くして薬だけでは病気は治らない。
それくらいどの医者も感じてることだ。
逆に、代替療法を信じる人たちは、自然治癒力を過信しているんだよ。


970 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 14:15:11 ID:Z196tfGw0
一つ言っておく。
医者はこれまで自らの良心に基づいて医療を行ってきたし、
今も大多数の医者はそうである。
だから、労働環境が悪くても待遇が悪くても頑張ってきたのだ。
医者は儲けているとよく言うが、それはほんの一部の医者であって
大多数の医者は、同程度の学歴者が行く企業での収入と比較すると
低いのだ。そして、時給に直すとファーストフード店のバイトより
ちょっと良い程度だ。それでもやってこれたのはやりがいがある
仕事だと感じていたからだ。
しかし、病気による不幸ですら医者の責任だと転嫁され、
医者は信用できないなどとクレームや訴訟を起こされると、
何のために自分は頑張ってきたのだと、心が折れてしまう
医者が増えているのだ。


971 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 14:32:11 ID:mcNqiFjV0
ここはいつから基地外ホイホイになったんだ?

972 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 14:34:20 ID:R25v945d0
>>968
このたび胆石ができまして、先月開腹手術で胆嚢全摘出してなんとか完治いたしました。
手術嫌いのマリリン様はもし胆石ができたらどうなさいますか? 素朴な疑問。

973 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 16:02:40 ID:7SVE+BCM0
マリリンが言うような主張を間に受けて、
薬を怖がり、医師を信用できず、延命のために必要な薬を拒否し、
命を落とした人を知ってるので、軽率な発言は悔しいです。

どんな病人も助けてくれる治療法がどこかにあるに違いないと、
医療に過剰な期待を寄せ、それを受けられないのはシステムが悪いと主張。
獣医なら助かるものもあれば、助からないものもあると
理解できると思うのですが。

どんな神経をしているのでしょうか。

974 :卵の名無しさん:2007/11/06(火) 22:07:31 ID:CQUijCEw0
先日、2ちゃんにカキコをした後、眠くなって少し仮眠をした。突然顔の目の前に
蜘蛛が出てくる夢を見て驚いて目が覚めた。(最近2,3回見てる。)
「また夢か…。」 と思い、そのまま天井を見てみると、1匹の蜘蛛が
スーッと糸を伝って上がって行くのが見えた。
「アレッ? 夢じゃなかったのか?」 2,3分して天井を探すと、蜘蛛はいない。
おまけによく考えると、オレは極度の近眼なので天井に上がっていく蜘蛛なんて
見えるわけが無い。 初めて確かな幻覚(?)を見た。 オレは、この結社の構成員に
悪い夢を見せられたのだと思う。 それで目が覚めたばかりで頭がボケた状態では
まだ意識を操られているのだろう。 このインフルエンザ患者も、オレと同じ様に
意識を操られたと思う。 (早くこの行為を法律で規制するべきです。)

975 :卵の名無しさん :2007/11/06(火) 22:19:08 ID:UJV21N9h0
>>972
おれならこの治療法うけるがw
http://www.shinshirakawa-chp.or.jp/modules/speed_taigai/
今年はノロインフル複合感染でまじやばくなりそうだ
インフル罹ってタミフル飲んで少しHiだw

976 :卵の名無しさん :2007/11/06(火) 22:48:46 ID:UJV21N9h0
>>970
あんたええこというなあ
もう貧乏人を安い銭で診るのはやめなはれ
アメリカ並1点1000円になるまで愚民など放置が妥当でしょうw

977 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 23:35:57 ID:zHo/PQkq0

>>969>>973まで何度も読み直したが、あんたらね自然治癒力の意味が
わかっとらんね。 勉強し直したら。

>基本的に現代医療ができることは方向性を少し変えるだけだ。
>自然治癒力無くして薬だけでは病気は治らない。

必要もない人に抗生物質やタミフル、痛み止め、解熱鎮痛剤等を処方しといて
よく言うよ。自然治癒力をどのように高めているのさ。結局、放ってあるだけじゃない。
治療をしたように見せかけて、実は患者は勝手に治っているだけの治療なんていくらでも
あるんじゃないの?

そして悪くすれば、その処方された薬の副作用で、体調を崩してしまうことも
あり得るのが西洋医学でしょ。薬害なんてその典型だわ。

>逆に、代替療法を信じる人たちは、自然治癒力を過信しているんだよ。

でも、自然治癒力を信じて、西洋医学的治療を止めたおかげて、治ってきた患者さん
んなんていっぱいいるよ。

私が言いたいのは、西洋医学しか直せない病気があるのは認めるけど、西洋医学的
治療で治すより、代替療法で治した方がよりベストな病気もある。何故、そのことを
認めないの?

978 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 23:44:04 ID:zHo/PQkq0
>>972
>手術嫌いのマリリン様はもし胆石ができたらどうなさいますか? 素朴な疑問。

私は馬鹿じゃないんで、大きな胆石ができてしまったら、手術は受けるよ。ただし
その過程で、高血圧が発見されてしまったら、降圧剤を飲むことは一応断る。
しかし、どうしても血圧も下げないとダメだと医者に言われたら、入院している間は
おとなしくしている。

ただし、抜糸がすんだらさっさと、病院から逃げ出して二度と通院などしないね。
よけいな治療はしてもらわなくて良いよ。入院ついでの健診もしてもらいたくない。


979 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 23:53:35 ID:zHo/PQkq0
>医者が代替療法を否定しているのではなく、
>多くの代替療法が、自らを論理的に証明することを放棄し、
>怪しげな宗教的な物に成り下がっているのが現実だ。
>もっと学問として、医療として掘り下げないと、

代替療法の効果は、安保理論で説明がつくよ。白血球数と血液像と患者本人の体調の
改善度合いを調べれば、数値的に説明できる。

獣医の方では、サプリメントの効果をリンパ球数の増加で調べている研究もある。
人間の医者は、血液像の検査をあまりやらないみたいだけど、それはどうして?


980 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/06(火) 23:57:32 ID:zHo/PQkq0
>>973
>マリリンが言うような主張を間に受けて、
>薬を怖がり、医師を信用できず、延命のために必要な薬を拒否し、
>命を落とした人を知ってるので、軽率な発言は悔しいです。

どのような症例だったのか説明してもらわないと分からないね。味噌も糞も
一緒にしないでくれる。

私はねぇ。西洋医学的治療じゃなきゃ治らない人には、ちゃんとそのようにアドバイス
する。必要な薬を怖がったりしないよ。



981 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 00:40:05 ID:5NbeA64Y0
自分の親(高齢)がインフルエンザにかかったら、絶対にタミフルを
飲ませる。(リレンザは吸えそうにないので)

かぜで、抗生物質が処方されたら、飲ませる。
誤飲も含めて、肺炎から、脱水に至れば死に直結します。

で、

多くの薬はまだ不明な点も多いのです。

食品として広く採取されていたスギヒラタケの老人に対する
毒性が騒がれたのも記憶に新しいですし、
トランスポータの研究が進んだのもここ十年あたりです。

薬と毒は実際のところ、境界がありません
また、個人の感受性(薬効の反応も含め)も一定ではありません。

食品の新たな反応情報が追加で得られる状況があるなら、医薬品ならなおさらだと思いませんか?
十分な情報を収集/活用して、適切に、慎重に用いるのが、正しい医薬品の活用の方向では?




982 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 00:55:16 ID:91P9teUS0
>>977
鳥が空中で羽ばたくのをやめたらどうなりますか? もちろん真っ逆さまです。
では、鳥たちは意識して羽ばたいているのでしょうか。羽ばたくのを苦痛と思う鳥がいるでしょうか。
つまりはそういうことなのです。

983 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 04:28:55 ID:isSumciW0
>>979
>代替療法の効果は、安保理論で説明がつくよ。
>白血球数と血液像と患者本人の体調の
>改善度合いを調べれば、数値的に説明できる。

あははは〜本当にそう信じているのかぁ。
面白すぎるな。安保先生も面白いオッサンだけどな。
で、今安保理論でどんな疾患に対する、
どんな代替療法が有効だと証明できたんだ?


>サプリメントの効果をリンパ球数の増加で調べている研究もある。

リンパ球数の増加ねぇ。
で、その増えたリンパ球が何をしてくれているんだ?
リンパ球と一言に言っても種類はごまんとあるぞ。


984 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 04:30:30 ID:isSumciW0
>>979
>人間の医者は、血液像の検査をあまりやらないみたいだけど、
>それはどうして?

普通にやってるぞ。

985 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 10:12:55 ID:qRUMzUPq0
>>981
脳症を騒いでいるのに、剖検例少なすぎ。実験室レベルの話では推論に過ぎない。

中外は今年タミフルの製造を半分にするらしいじゃない。3年もしたら何が原因か、疫学的に
分かるだろうに。

986 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 12:15:23 ID:h2xYU1fR0
>>981
>自分の親(高齢)がインフルエンザにかかったら、絶対にタミフルを
>飲ませる。(リレンザは吸えそうにないので)

>かぜで、抗生物質が処方されたら、飲ませる。
>誤飲も含めて、肺炎から、脱水に至れば死に直結します。

私も自分でなくて親の場合はどう出るか、自分でも今のところ分からない。親達は私より
医者を信用しているしね。私にも親戚や姉妹もいるし、医者の言うことを聞かなくて悪化した場合
責任の取りようがないのは認める。親といえど私の体ではないからね。

ただし、医者の言うとおり薬を飲ませて悪化した場合、私には、また医者に恨みが残る
ろうと思う。

今のところ、親には気休めでも、インフルエンザのワクチンだけは使っている。

あなた達、滑稽だと思うでしょ?だけど私は医者じゃないんで、老人がどのような転機を
たどるのか分からない。なるべく人生の最後を心安らかに苦しまないように過ごさせて
あげたいからね。

それでも薬付けにされるのはイヤなので複雑だ。安保先生のように親の薬はすべて
止めさせたと言えるようになるには、私は経験も勉強も足りない。

987 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 12:20:19 ID:h2xYU1fR0
>>983

>あははは〜本当にそう信じているのかぁ。
>面白すぎるな。安保先生も面白いオッサンだけどな。
>で、今安保理論でどんな疾患に対する、
>どんな代替療法が有効だと証明できたんだ?

このスレも残り少なくなったので、ココではこの話を続けるのは無理なので続きは

★★自然免疫療法1★★
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160735662/

こっちでしない。



988 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 13:08:12 ID:wF+Vlja70
マリリンは子供ができても、
免疫力の低下を理由に予防接種拒否
小児科医に病気にさせられると、乳幼児健診拒否
そして、子供が病気になれば、すべて見抜けなかった医者のせい。
タミフル使わずに子供が死ぬような展開になってもかまわないんだろうな。

989 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 14:33:12 ID:GRjXFHn30
>>988

マリリンは獣医だから、子犬や子猫にワクチンを使ってるし健診もしている。
自分が子どもだった時もあった。

獣医のワクチンは、もしか病気が発症したら90%ぐらいの確率で死ぬ病気のものだ。だから
子犬、子猫のワクチン接種はやらざるおえないと思っている。

しかし、獣医の世界もアトピーが滅茶苦茶増えてしまって複雑だ。免疫系って
生後まもなく、子どもの時に鍛え上げないとアトピーが出るのではないかと思うが
日本が綺麗になりすぎた。ペットが甘やかされているから免疫系を鍛える間がないで
成犬、成猫になる。だからといって、外に放り出せともいえないし難しい。

人間の場合、百日咳やおたふく風邪、はしか、水疱瘡に果たしてワクチンが必要な
ものかどうか分からない。
これらの病気で死ぬ人より、喘息などのアレルギー疾患で命を落とす人の方が多いの
ではないかと思う。

これらの病気にワクチンって必要なものだろうか?私には分からない。予防接種がその子どもが
歳をとって死ぬまで、効果を持続するかどうかも不明。成人してから、これらの病気になるより
子どものうちに感染させておいた方が良いのではないかと思ったりする。

ただし、親がワクチンを受けているため感染せず、本物の免疫をもたずに生まれてきた子が
これらの病気に感染したらどうなるかは分からない。
また医療がワクチン接種を勧めたため日本の社会のありようが変わっていくのかもしれない。

私の場合は自分の子どもは、はしかや水疱瘡、おたふく、百日咳にかかっても死なないだろうと
思う。タミフルを飲まないでも死なないだろうとも思う。私も死ななかったからね。

アトピーで一生苦しむより、それは子どものためになると思う。

990 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 15:18:38 ID:x8AYhYxq0
>>989
>免疫系って生後まもなく、子どもの時に鍛え上げないと
>アトピーが出るのではないかと思うが
ちがうな。胎児の時に細胞性免疫はできあがっている。
アトピーはIgEだけが関与しているのではなく、細胞性免疫が
関与している物もあるのだよ。

それから、百日咳は乳児がかかると非常に重篤になり、
死ぬこともある病気だ。はしかもそう。
どちらも呼吸器管理が必要になるケースも珍しくない。

ムンプスと水痘は絶対的に必要な物ではない気もするが、
感染力が極めて強く、まれに重篤化するケースもあるので、
個人の予防という目的以外に集団の予防という意味合い
もある。

それから、きれいになりすぎたからアトピーになるのではなく、
アジュバントとなるものがあるからアレルギーが生じるという
考えもあるぞ。


991 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 15:18:44 ID:sqVism3t0
>>989

獣医だったのか。ペットまでアトピーが蔓延していると云う情報には初めて接した。

アトピーについて。

アトピーの主たる要因は、離乳食に含まれる異物(腐敗変敗汚染原料、加工器具由来の重金属イオン)にある。
異物に対するアレルギー反応が、同時に摂取された食物に対して、間を置いて後にアレルギー反応として強く現れる症状である。

卵、米など離乳食原料がアレルゲンになる事がこれを裏付けている。

アトピー発症を助長するのが、マリリンの云う様に、一般的、日常的不衛生環境の激減かも知れない。
発症の切っ掛けは、食物、排気ガスその他の中の異物(多分、重金属イオン)の再摂取であろう。

992 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 15:28:02 ID:neoJkzjh0
>>989
ワクチン必要だよ。人間の場合、障害を残す疾患も予防できるものはやる。
愛玩動物・家畜とは違うんだわ。

百日咳は乳児では呼吸困難を起こして死亡する。親からの受動免疫も役に立たない。
ムンプスは難聴、髄膜炎。麻疹は死亡率が高いしSSPEの問題もある。

CDCのサイトに行って、recommendationとadvantageを見てごらん。Hib, pneumo-
coccusもやらないと、国際基準以下だね。

993 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 20:58:42 ID:wF+Vlja70
マリマリは自分の子がアトピーになるぐらいなら、
障害者になったり死んだほうがいいと思っているのか。
獣医はペットへの予防接種で儲けているんだろ。
当然、マリマリは必要のないことだからやっていないんだよな。

994 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 21:46:53 ID:GRjXFHn30

まーね。私もワクチン接種をしていて医者のことをなじられんことは認めるけど
アトピーが恐ろしい勢いで増えたのも事実。

今の子どもと昔の子ども(私たち大人)は現在同じものを食べているわけだから、
胎児の時が原因では、アトピーの子どもが増えた理由にはならないと思う。

やはり、生まれてからの免疫系の鍛え方が、昔の子どもと今の子どもでは違うような
気がするよ。

それがワクチン接種に関係あるかどうかは分からないけど、子どもの時代に
感染を体験して病気が完結するまで、免疫系が作用することは大切だと思う。

今の医療体制では、免疫細胞が病気を治癒させるまで出動することが
できない。途中で、薬で治してしまうし、重症化しないように大変死亡率の低い
感染症もワクチンで予防してしまう訳だからね。

これでは感染症は退治できても、新たな病気が出てきてしまう。それが良いことだとは
どうしても思えないんだ。

低死亡率の病気のワクチンを認めたとしても、子どもたちが免疫系を
鍛えれることは必要なわけでしょ?その方法はどうすれば良いと思うの?

995 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 22:04:09 ID:5NbeA64Y0
日本はワクチンに関してはかなりの後進国ですよね?
(マリリン的には逆に先進国?)

守られるべき命が落とされ、必要の無い障害が発生、、
今の日本の状況は早急に改善されないとだめでは?

(インフルエンザワクチンも一時期叩かれたものの
いまは受け入れられていますよね。
それとも、死んでも良いからワクチンは嫌?)

やはり十分なな根拠資料に基づき、全体に対する効果(個々ではなく)の
想定から、個々人に利用していくしか、現実的な薬剤の利用方法がないかと思います、、


タミフル以外の薬剤でも、極端にまれな副作用を気にして、完全拒絶
を選択するなら活用出来る薬はなくなってしまいます。

(これでは輸血が出来ないと手術を拒絶するような、科学でなく、
 宗教の範囲に入ってしまいます、、、)


996 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 23:09:20 ID:GRjXFHn30
>>995
>日本はワクチンに関してはかなりの後進国ですよね?

意味がよく分からないけど、はしかとか脊髄炎のことを言っているのかな?

>インフルエンザワクチンも一時期叩かれたものの
>いまは受け入れられていますよね。
>それとも、死んでも良いからワクチンは嫌?

ワクチンに関しては、私はそんなに抵抗していないです。ただ、感染した方がよい
病気もあるのではないかと思っているだけです。

自分の場合、年寄りではないので、インフルエンザは自分のために感染しておいた
方が良いと思っていますし、子どもの時にはしかやおたふく、水疱瘡に感染しておいて
良かったと思っています。

>やはり十分なな根拠資料に基づき、全体に対する効果(個々ではなく)の
>想定から、個々人に利用していくしか、現実的な薬剤の利用方法がないかと思います

これに関しては、総論では別に争うようなことではないですが、

>十分な根拠資料
というのが作為的に操作された資料である可能性があるので信用できません。


997 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2007/11/07(水) 23:10:06 ID:GRjXFHn30

>タミフル以外の薬剤でも、極端にまれな副作用を気にして、完全拒絶
>を選択するなら活用出来る薬はなくなってしまいます

極端にまれなら問題ないかもしれないですけど、患者の立場で病院にいくと
明らかに副作用だろうと思う症状を医者に訴えても、誤魔化された経験が何度か
あります。本当に希な副作用かと言うことが問題です。

タミフルは、子どもがマンションから飛び降りるような副作用は、たとえ希でも
社会的影響が大きすぎて対策がこうじられない限り、許容できないと思います。

998 :卵の名無しさん:2007/11/07(水) 23:14:43 ID:isSumciW0
>997
>タミフルは、子どもがマンションから飛び降りるような副作用は、
>たとえ希でも社会的影響が大きすぎて対策がこうじられない限り、
>許容できないと思います。

これはいつから副作用だと認定されたんだ?
タミフル発売以前から異常行動はインフルエンザ時の症状の一つで
実際飛び降りもあったというのに。
シンメトレルの方は明らかに精神神経症状出るけどな。

999 :卵の名無しさん:2007/11/08(木) 01:42:04 ID:SrExRMql0

     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) |  <
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i´


1000 :卵の名無しさん:2007/11/08(木) 01:54:44 ID:SrExRMql0
     ____
   /__.))ノヽ
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ
  .しi   r、_) |  < ワシは↓
    |  `ニニ' /
   ノ `ー―i´


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

409 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)