5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第22回参議院選挙総合スレ803

722 :無党派さん:2010/05/04(火) 01:07:20 ID:cWO+wsi5
リーマンショックで日本が先進国の中でもっとも打撃を受けた。
日本は、ビルトインスタビライザー(自動安定化装置)が極めて貧弱であるという証拠のひとつ。

■IMFのオリビエ・ブランシャールと2人の同僚は、「マクロ経済政策を再考する」と題した論文を公開した。
そこで言及されたアイディアには以下のようなものがあった。
(1)インフレ目標値を、各中央銀行で現在好まれている2%の代わりに、4%まで増加させる。
   この考えは、インフレと金利が低いとゼロ下限に突き当たりやすくなる、ということに基づいている。
   また、目標値を4%にした場合にゼロ下限に達すると、実質金利はマイナス4%になる。
(2)財政政策を、景気拡大期、後退期の両方における景気循環対策の政策ツールとしてもっと真剣に考える。
(3)金融市場規制により注意を払う。
http://www.imf.org/external/pubs/ft/spn/2010/spn1003.pdf
http://d.hatena.ne.jp/himaginary/
I:危機の途上で財政政策の効果をより大きなものにすることはできるでしょうか?
Blanchard:裁量的な財政政策という手段は,通常,不況に対しては手遅れになる.
なぜなら減税や政府支出の決定に時間がかかるからだ.
したがって,いわゆる自動安定化装置の改善が必要なケースである.
我々の論文では,景気縮小に際して,自動的に発動される政策手段に注視する必要がある.
そしてそれは経済に大きなインパクトをもたらす.
例えば,失業率が8%を超えたら,
自動的に低所得者向税制を一時的に変更するとか,投資への融資をするとか,社会保障給付をするとかね.
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20100215

288 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)