5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第22回参議院選挙総合スレ761

797 :無党派さん:2010/04/22(木) 00:37:28 ID:JX2ay071
参院選控え高速料金が迷走
小沢氏、政府を翻弄

 小沢氏らが見直しを求めた新料金制度を柱とする高速道路政策は、元々は民主党からの強い要望で実現したもの。同党が昨年末、高速道路整備を推進するため、割引などの「利便増進事業」を見直すよう政府に要請した。

 国交相は当初、「我々が今まで申し上げてきた道路整備と全く違う考え方だ」と強く反発したが、最終的には「休日上限1000円」などの料金割引の財源を建設に流用できる道路財政特別措置法改正案を国会に提出。
省内からは「前原さんは小沢さんに負けて、方針転換させられた」(幹部)との声が漏れた。

 しかし、その法改正案に基づき、新料金制度を発表すると、与党から「値上げは認められない」などと批判が集中する。これには国交相も「与党3党とも国対とも調整して出した」と反発。
鳩山由紀夫首相は「国交相の考え方をベースに当然議論されるべきだ」と擁護する立場を見せていた。

 21日、首相官邸で開いた政府・首脳会議。小沢氏は「値上げは国民の理解を得られない」などと再考を要請した。同席した山岡賢次国会対策委員長は、整備に回す財源の一部を料金割引に回す考えを表明した。
料金割引や整備路線を抜本的に見直す場合、国交相がこだわった無料化開始と同時(6月)の料金制度の変更は絶望的だ。

 同法改正案は割引財源の建設への流用を認めるだけの内容で、割引や建設にいくら回すかを明記しているわけではない。改正案は既に衆院本会議での趣旨説明を終えているが、料金制度が未定のままでの実質審議入りは難しい。

 国交省道路局は「建設と言ったり割引と言ったり全く理念がない」と頭を抱える。国交政務官の一人は「新料金制度はよくつくられた案だと思うが、与党要求にどう対応するかはまだ決めていない」と語った。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E3E2E1988DE0E3E2E6E0E2E3E29C9CEAE2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

265 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)