5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■死刑賛成派と反対派の対談スレ■Part17

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 00:17:34 ID:hakSAoxK0
前スレ
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part16
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1257536374/
http://s02.megalodon.jp/2009-1206-0011-53/society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1257536374/

あまりにも低次元の書き込みや頭のまとまっていないダラダラした長文が
目立ちます。
書き込む前に一度目を通して、論理的整合性やタイポの有無などをチェック
しましょう。実に簡単なことです。
1000までスレが進むように、個人的な長文連投や醜い訂正の連続も慎んで下さい。
双方の意見を戦わせましょう!

2 :age:2009/12/06(日) 08:14:29 ID:hakSAoxK0
age

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 08:52:15 ID:9rIjy6sR0
UCBを卒業したと自称する人間にしては、妙にタイポが多いね。
一度読み直すことすら出来ないほど頭悪いの?
大事なことはね、出身大学の名前じゃないんだよ。
本人の実力。
yurikoはボロボロの脳障害者としての位置づけしかされていないんだよ。
そのくせ、日本人を猿扱いするからみんなからからかわれる。
一体どういう実力があるっていうんだよ。
俺たちにはお前の実力が全く見えない。
せめて英語ぐらい書けるのかと思いきや、それすら出来ない。
文章は回りくどくて何もまとまっていない。
タイポと訂正だらけ。
論理は常に飛躍。
単なる馬鹿じゃないか?w

4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 09:00:06 ID:9rIjy6sR0
>→私のメールボックスには、様々な卒業生をあてにした寄付金を募る手紙がくる。
>「こいつらどーやって私の住所を調べたのだ?」というものまである。
→→お前の家に送られてくるのは、卒業生宛ではなく、一般住民に宛てたスパム郵便です。

>それなのに、日本のサルになんで情報が伝わらないのだ?
→→日本人をどうして「サル」と呼ぶのか。

>実は私は本名を使っていなかった。それも一つある。
→→UCB卒業生ではない証拠ですね。見苦しい言い訳。

>もう一つは、アラムナイの会合に一度も出席していない。
→→卒業生じゃないんだから、招待状がきません。つまり、出席する権利がありません。

>でも、毎年、万という数の卒業生がいるUCBだ。
>すべての卒業生の住所を辿れるわけではないだろ。
→→yurikoが詐称することで、万という数のUCB卒業生に迷惑がかかることを認識できないのか、このゴキブリは。

>参考「頭隠して尻隠さず」
→→yurikoのことやね。

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 09:07:53 ID:MZf0Rzs20
>>http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/test/read.cgi/court/1257536374/180
>>「人をいかなる状況下であっても、殺してはならない」ほど力強いメッセージが
あるでしょうか。

>死刑廃止で伝わるのは「人を身勝手に殺した人間を、殺してはならない」
という力強いメッセージなんだからヘナチョコなんだろ。これは事実だから。
お前の言うメッセージが伝わってたら、廃止国の殺人率が日本より低いはずだろ。
でも違うのが事実なんだから仕方ない。

→超遅レスですが、失礼します。
あなたの議論は、俗に「堂々巡り」と呼びます(苦笑)
「人を殺すのは無条件で間違い」というのが、死刑廃止論の中心にあるのです。決して、凶悪犯の殺人行為を認めるものではないのです。
これまで何度も議論してきましたが、人が人殺しをするのは、自殺も含めて、そこに身勝手な「自分さえよければ、何をやってもいい」という屁理屈があるのです。
この堂々巡りの屁理屈をどこかで断ちきらなければ、人類の未来さえない、といっていいでしょう。
仏教の開祖釈尊は、「憎しみは憎しみを返さないことのみで止む」(法句経)と非暴力を訴えました。
刑罰としての死刑はどんな理屈をつけようと、実質は暴力であり、憎しみの表現であり、復讐の表現なのです。
決して帰ってこない被害者の命を惜しむ遺族感情は、察するに余りあるものです。「たとえ決して取り戻せなくとも、加害者に一太刀を浴びせたい」という気持ちは、説明のしようがないでしょう。
奪われた愛する者の命を愚弄する態度に傷つけられるのは当然でしょう。
でも、もし、それなら逆に、被害者の命の大切さに気付き、心から悔悟反省した人の命を奪う意味はないでしょ。

6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 09:10:23 ID:MZf0Rzs20
続1
更に、大切な人の命の命と決して釣り合わないような人の命を奪うのにも意味がないのではないでしょうか。
事実、過去の死刑囚の中には、あまりに深い悔恨と反省の気持ちから、「謝罪の言葉さえ十分ではない」と、何も言わず、ひたすら信心修行に励み、聖人のようになって死んでいった人もいます。
そんな死刑囚を吊るさなければならなかった刑務官達は、「なんてバカげたことだ!」と悲しみに耐えながら吊るしていったこともあるのです。


7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 09:12:07 ID:MZf0Rzs20
続2
光市母子殺害事件の被害者遺族、本村氏は「反省し、罪の深さを自覚したときに初めて、吊るす意義がでる」という旨の発言をしたことがあります。
無論、被害者遺族の胸が割かれるような悲しみを思うとき、「せめて気がすむななら」と言いたいところです。
しかし、もし、加害者が心から反省し、被害者の心の痛みを感じるとき、それは、最早、別人格ではないでしょうか。多重人格障害の人を罰する意味はないのは、ミステリー小説を読まなくとも、わかりそうなものです。
逆に、狂犬病に罹った犬を屠殺するように、死刑囚を殺していいのでしょうか。それなら、どこに歯止めが利くのでしょうか。
第二次多戦中、ナチスドイツ「お前はもう要らないから死ね」とユダヤ人のみならず、不愚者やホモセクシャル、売春婦から累犯犯罪者まで、「厄介者」を ガスで「処理」するように消していきました。
現代に於いても凶悪犯罪がなくなるということはないと思います。
しかし、死刑が何らかの解決になるのでしょうか。


8 ::2009/12/06(日) 09:39:07 ID:hakSAoxK0
>>5-7
何度も言われていることですが、続、続による無意味な分割連投はお止め下さい。
かえって読みづらくなるだけです。
簡潔な文章で1レスに納めるように心掛けて下さい。
あなたもそろそろ学習しても良い頃ではないですか?

9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 10:29:47 ID:9rIjy6sR0
アフォ丸出しの>>5->>7

>>8さんの言うとおりです。 yurikoは、もうここへはこないでくれ。
繰り返し言うが、世の中では数多くのUCB卒業生が輝かしい活躍をしている
というのに、お前のその有様は一体何だ??? 偽UCB卒業生として恥ずかしくないのか???
どうしても書き込みしたいというなら、もう少し小学校で国語の勉強でもしてから
書き込みをしてはどうだい?(大笑い)

10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 11:28:35 ID:/AtHHxcw0
>>8
>簡潔な文章で1レスに納めるように心掛けて下さい。
→あくまで、一つの意見として承っておきます。
>>9
>偽UCB卒業生
→前スレでも書きましたが、
「UCB卒業生として恥ずかしくないのか?」が正しい日本語の使い方です。
せいぜい「偽UCB卒業生ではUCB卒業生が迷惑している」と書くべきところです。
お前は相当のアフォのようだから、一々相手にするべきでないのでしょうが、
お願いだから、少し成長して頂けないでしょうか(苦笑)

11 :負け犬の遠吠えさんへ(苦笑):2009/12/06(日) 11:51:11 ID:/AtHHxcw0
>>3
>大事なことはね、出身大学の名前じゃないんだよ。
本人の実力。
→それなら、他人がどこの大学出身であろうと、お前に関係ないだろ。
オーバーリアクションしてるのは、お前の方だよ。
因に、ビルゲーツはハーヴァード大を中退してるし、
MBAプロバスケットボールで活躍中のジェイソンキッドは、UCBを中退している。
タイガーウッズもスタンフォード大を中退してるし、今度婚約したチェルシークリントンは
スタンフォード大を卒業したかどうか不明だ。
日本では東大卒業というのが一種の絶対的なスタータスシンボルになってる観があるが、
アメリカでは、有名大学デプロマに価値がないとまで言えないが、日本的な絶対的な
価値はない。
今はどうかわからないが、昔の大学生で在学中、麻雀で明け暮れて、立派に?卒業したという
つわものも珍しくなかった。
そういう意味では、今でもライブドアの大株主である堀江貴文が東大に一年在学しただけで、
「もう学ぶことはない」と退学したのにも、もっともな理由があったかもしれない。

12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 12:15:25 ID:9rIjy6sR0
yurikoの訂正の嵐は実に読みづらい。
しかも>>611みたいな無意味な繰り返しも読みづらい。
もっとUCB卒業生のように頭の良い文章を最初から書いてもらいたい。
yurikoって、本当にダメな人間なんだな・・・。
一体何の職業やっているの?

13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 12:16:36 ID:9rIjy6sR0
本当にひどい話ですね。
yuriko君は一応翻訳家・通訳などと詐称していますが、あのタイポの酷さから
判断するととてもまともな仕事には就けないでしょう。
脳障害者を支援する団体からの保護無くしては、今の2ちゃん三昧の暇な生活は
成立しないのは当然のことです。
40代にもなって、こういう愚かなことに無駄な時間を費やしていることに疑問を
抱けないのは真性の脳障害だからでしょう。
彼がせめて英語ができるならば、アメリカ国内に迷惑を閉じ込めておくことも
出来るのに、日本語しか出来ないものだから、日本に迷惑をかけてばかりです。
ゴキブリの様な害虫yurikoには一刻も早く死んでくれることを願うばかりです。


14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 12:32:38 ID:/AtHHxcw0

そういえば、タレント タモリも早稲田大学文学部を中退していたと思う。
一文か二文か。
あれで、もし早稲田大学卒業だったら、かえってタモリらしくないだろ。
福島瑞穂は東大法学部出身だし、山口なつお公明党代表も東大出身。
志位共産党委員長まで東大出身ともなれば、東大の学閥は異常としか言い様がない(笑)
しかし、別巻宝島で「モンダイの弁護士」という名著があるのだが、
そこに弁護士選びのアドバイスが載っている。そこに筆頭されているのが
「東大法学部出身弁護士はさけるべし」とある。
もちろん、そこには「なるほど」という理由があるのだが、東大出身の当の弁護士達は
どう受け取ったのだろうか。

15 ::2009/12/06(日) 13:08:31 ID:hakSAoxK0
yurikoさんに再度忠告しますが・・・、「学歴」ではなくあなたの「実力」を
見せて下さい。
学歴にこだわり続けたのはあなた本人ですよ。
自分がUCB出身だと言って、「日本の山を駆け回っているサルども」と
こき下ろしていたのはあなたです。
だから、みんなから揶揄されるのですよ。
あなたの学歴がどうあれ、あなたの文章は能力の無い人間の文章です。
タイポを無くし、簡潔で理路整然とした文章を心がけて下さい。
これは「一つの意見として承ります」ではなく、「当然の常識」です。
あなたのオナニーに付き合わされる人間の身にもなって下さい。
それが解らないなら、このスレから出て行って下さい!

16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 15:43:13 ID:VGuA0aY90

日本では同時に何人も殺すと死刑になり、一人だけだと数年で出て来る。
犯行の悪質さから言うと複数の者で一人に寄って集ってなぶり殺し、いじめ殺しした方が悪質だ。
だから、複数で一人の人を殺した場合は、全員死刑にする法習慣を作っても良いのではないか。


17 :それでも「死刑」は必要ない:2009/12/06(日) 16:50:30 ID:poN5Tlfm0
http://en.wikipedia.org/wiki/Murder_of_Meredith_Kercher
http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/k/amanda_knox/index.html?inline=nyt-per
>>16
>日本では同時に何人も殺すと死刑になり、一人だけだと数年で出て来る。
→現在、アメリカで大問題になってるのは、2007年イタリア ペルージャで起きた、
一人のイギリス人交換留学生殺人事件に関して、当時20才のアメリカ人交換留学生が
逮捕され、裁判にかけられた。物的証拠は全くないにも拘わらず、検察の厳しい追求に、
「その場に居たかもしれない」という供述書にサインしたばかりに、なんと26年間の懲役を受けることになった。
一人を殺害しただけで、26年間の懲役にも驚く。仮釈放が許されるとしても、15年間、懲役に
服さなければならない。
日本だったら、証拠不十分で裁判にさえならなかったであろうケースだ。
ヨーロッパが先進国で人権に対する配慮が進んでると思い込むには危険だ。
イギリス、フランス、ドイツ、それぞれの国にはそれぞれの矛盾した司法制度があい、
司法の腐敗、果ては司法の犯罪があると見て、間違いないだろう。
何と言っても、ヨーロッパ各国はアフリカ、アジアの国々に、「招かれてないのに」勝手に
進出して、植民地にしてしまったのだ。その後遺症は、それらの国々が独立した後にも残り、
半永久的な後進性と、恒常的な戦火になって現れている。
たしかに、ヨーロッパ諸国が主張する「死刑制度の撤廃」を額面通りに受け取ってはならないのは確かだ。
それら全ての要素を考慮した上で、日本の独自の主張としての、「死刑が存在しない社会」のモデルを提示するべきなのだ。

18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 16:59:37 ID:zAE9XrbU0
反日似非人権死刑廃止運動家は、存置派を偽りながら、選択肢(国民的議論の高まり)を潰す事と存置派のイメージを貶める事を繰り返しています。
日本国民の殆どが死刑存続を容認してる現状で、議論が高まれば存続が選択されてしまうと考えてるのでしょう。

反日似非人権死刑廃止派は、廃止と同時に終身刑反対(刑の軽減)運動を行なっています。
選択肢が増える事を、極端に否定する流れを辿ってみたく、炙り出しを決行してみました。

彼には似非人権論者の言い分にそった主張しか無く、指摘すると異常な執着を続け、持論(似非人権論)を振りかざし論点摺り替えと誹謗中傷を繰り返す事で議論から逃げて行く手法です。

良識有る日本国民の方々にはご迷惑だったでしょうが、反日似非人権派の工作活動の異常さにを改めて認識して頂ければと。

反日工作員が、自己の感情を押さえる事すら出来ず、確認も無く他者を愚弄し、その責任すら他者に転換しようとする異常な精神構造の持ち主でもあると。
証拠レス
死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part15 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/
330 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:01:57 ID: qWeQbVG80
>>327
お前、ID: HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
331 名前: 傍聴席@名無しさんでいっぱい 投稿日: 2009/10/18(日) 12:18:38 ID: qWeQbVG80
お前、どうせID:HDgsi7Sq0だろ。ここで恥掻いて悶絶しろ。そして市ね。
違ってたら済まんな。そのID:hmyPueng=ID:jcVcanBhって輩は
廃止論者だけに平気でそういう事やるんだわ。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 17:00:42 ID:zAE9XrbU0
特徴と行動基準

自分達が思い描いてる、「反日似非人権死刑廃止派」像しか認めない

個人的な廃止思想や意見を、「反日似非人権死刑廃止運動家」のルールで縛る

ルールと称して廃止派に、「反日似非人権死刑廃止思想」を強制強要

思想信条の違う廃止派を、「反日似非人権死刑廃止思想」の敵と攻撃

導き出される彼らの思想信条は
廃止派は「反日似非人権死刑廃止運動家」であるべき
廃止派は「反日似非人権死刑廃止思想」しか認めない

以上の事から、彼らの本質は、「反日似非人権派思想絶対主義者」であると想像する事は容易いであろう。

20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 18:45:36 ID:9rIjy6sR0
>>14
そんなに大学卒の学歴に憧れているのか。
アメリカにはお金さえ出せば学位をくれるネット系大学があるでしょ。
さっさとお金振り込んでアプライすればいいじゃん。
単位は死刑存置学とタイポ消滅論と日本人優勢思想学をとればいい。
これで、yurikoも堂々と大学卒と語れるぞ。偽UCB卒業生なんて
言われることもない。どうだ、いいアイディアだと思わないか??

21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 19:38:01 ID:eyP8gWWv0
毎回同じ展開、どうにかならんか。

22 :磯野波平:2009/12/06(日) 19:38:54 ID:djfJkergO
>>19-20
お前らわしのケツの中でションベンしろ!!!

23 :磯野波平:2009/12/06(日) 19:40:57 ID:djfJkergO
>>21
お前もわしのケツの中でションベンしろ

24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 19:58:09 ID:niyWV6XL0
死刑制度に関するよくある勘違い

その1「死刑には抑止力がある」
刑罰の抑止効果は「比較的正常な判断が可能な犯罪」において認められるが、正常な判断ができない精神異常・錯乱・深い思い込み・洗脳状態で為される殺人等の重罪について同じ有効性を当て嵌めるのは、拡大解釈による錯誤である
「死刑が有る方が思い止まる確率が高まる」という見解は、以下に示すとおり「遵法精神に溢れ死を恐れる一般人の自己投影」「犯罪心理学に疎い無知で善良な市民が抱く希望的観測」「気が触れる程の強烈な殺意体験のない幸福者による楽観主義的錯覚」に過ぎない

怨恨による発作的衝動的な殺害の瞬間は、猛烈な快感に我を忘れ死刑はおろか逮捕すら頭にない。恐怖を回避する場合も、目の前にある恐怖に比べたら死刑など脳裏を掠めもしない
突発的なケースでは概して発想が偏狭で近視眼的になるので、己の死刑の可能性を考え始めるのは専ら殺害後、事件発覚を知った後、若しくは逮捕後である
本当に死刑に怯え始めるのは早くても殺害直後。まだ事を起こしてもいないうちから真剣に「死刑が怖い」と戦く者はいない
「犯行前に本気で死刑を恐れない」ということは、抑止にならないということである。尤も、事前に心底から恐怖するだけの豊かな感性と想像力があれば、元より殺人を余儀なくされるほどの視野狭窄に陥ることもなかろう

計画的なケースでも「バレないor逃げ遂せるor証拠ないから不起訴・無罪or有罪でも酌量され死刑はないor死刑上等」と思い込んでいる場合は、「死刑の」抑止力は働かない
「死刑だけは避けたい」という思惑が、同じ自己保身の「発覚だけは」「逮捕だけは」より優先されるとも考えにくい
何故なら「少なくともバレなければ絶対死刑にならない」ので、考慮するのは発覚防止のみでよいからである(実際、犯罪者はこうした「楽で都合のいい解釈」が大好きである)
「バレない」「逮捕されない」と思い込めば「死刑になるかも」まで考えが至らず(仮に至っても中途半端)、逆に途中で「バレるかも」「逃げ切れる自信がない」等と思い止まったなら、抑止しているのは死刑ではなく「警察権力」である

従来の未成年や廃止後に見られるであろう「死刑が(になら)ないから殺害した」という主張は、「真の動機を誤魔化す為の口実、奇を衒った虚勢、歪んだ自己顕示欲の現れ」のいずれかである
殺人の動機・目的には怨恨や物欲・性欲、恐怖・不安回避など様々な背景・要因があり、それらを差し置いて「死刑制度の不存在」が殺害動機になることはない(逆に「死刑制度の存在」を動機にした拡大自殺は実在する)

「死刑がなければいつ人を殺すか分からない」「死刑がなかったら殺すのに」「こんな奴殺して自分が死刑になるなんて馬鹿らしい」等は、己の遵法精神の高さや憎しみの強さを強調・形容・アピール・認識するための虚勢・欺瞞の域を出ない
本当に恐怖しているのは「相手の抵抗、逮捕、殺人行為そのもの」等なのだが、自尊心がそれを隠すのである
殴り殺す最中ふと我に返り「これ以上やったら死刑になるかもと思い止まった」としても、その抑止の原因は「己を客観視できる程度にまで冷静さを取り戻したこと」「相手の死を畏怖したこと」であって、「死刑制度があること」ではない
本当に「逮捕・懲役は覚悟しているが死刑だけは避けたい」「相手の死ではなく己の死刑が怖い」なら、犯行後自ら救急車と警察を呼び自首して捜査に全面協力し裁判所では終始頭を垂れていれば死刑になる可能性はまずない
そうしないという事は、実際には死刑以外の事柄(逮捕、世間体、殺人行為そのもの等)を恐怖しているか、さもなくば「さほど切迫した殺意ではない」ということである
つまり「死刑」とは分かりやすい象徴・大義名分に過ぎず、殺害を止める真の理由は「必ず」別に存在する(「金が欲しくて強盗」の弁明が、真に欲しいのは金そのものではなく「金で買える食料・高級ブランド、借金苦からの解放等」なのと同じ)

続く

25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 19:59:30 ID:niyWV6XL0
勿論上述は、殺人を図る者が少なくとも「必ずしも死刑になるとは限らない」という現状を認知している、という前提の上に成り立つ
もし「殺人したら必ず捕まり必ず死刑になる」と教え込まれそれを微塵も疑っていない世間知らずで純粋な余り賢くない者が実在し(要証明)、彼が「死刑になりたくない」という理由だけで殺人を止めた(要証明)なら、彼に対して抑止力が働いたと言えるだろう
ところが彼ほどの単純馬鹿なら、代わりに「殺人したら必ず一生刑務所暮らしになる」(その他本人が嫌がる条件。嘘でも可)と教え込んだとしても、何ら変わらない抑止効果が認められるのである(尤も、殺人するよう洗脳されやすいのもこのタイプだが)

実際に殺人を思い止まるのは「死刑になるかも」のような不確かな基準ではなく、次のような理由からである
@良心が痛む、人としてやってはいけない、周囲に迷惑を掛ける、世間体が、マスコミで取り沙汰されるのは恥、殺害せずとも問題解決の手はある筈、時間と共に冷静になった、まだ我慢できる、人生まだやり直せる、逮捕されたくない、殺人は不快、反吐が出る、e.t.c.
これらは裏を返せば
A良心?ナニソレ、一度でいいから人を殺したい、周囲に迷惑を掛けているのは寧ろ相手、世間体?糞食らえ、ワイドショーで騒がれたい、最早殺す以外に手はない、時間と共に憎悪が募る、もう我慢できない、どうにでもなれ、逮捕されたい、殺人は快楽、興奮する、e.t.c.
死刑の抑止力を証明するには、本心からAを肯定し@を否定している殺人計画者が「やっぱり死刑はイヤ」という理由だけで思い留まった実例や、「死刑の不存在が凶悪犯罪起因の十分条件になる論拠」を一つ提示すればよい
現実には、その科学的根拠がないことに気付き始めた国や地域が、次々と廃止しているのである

アメリカでは存置州より廃止州の方が殺人発生率が低い。廃止州データにワシントンD.C.の異常値を含めない場合、存廃州の数値差は更に広がる
http://www.deathpenaltyinfo.org/deterrence-states-without-death-penalty-have-had-consistently-lower-murder-rates

その2「日本は死刑制度があるお陰で平和で安全」「社会秩序を保つ為に死刑は必要」
「日本は九条があるお陰で平和」と同類の空論。日本の平和は日本人の持つ寛容さや謙虚さがその原因である
死刑にはそれを回避するための逃亡や完全犯罪の策略、目撃者の口封じや拡大自殺を誘発する効果があり、秩序どころか犯罪の陰湿化隠蔽化(捜査の長期化)と凶悪化を招く
犯罪件数は社会的状況その他種々の情勢・要因に拠って増減する。例えば刑務所内の生活をホームレスよりも優遇すれば、刑務所入りたさに犯罪する者が増えるのは自明。統計を読むときはその裏にある因果やデータ要素の定義等を正しく見極めることが肝要である

その3「廃止すれば、三食屋根付き医療費無料の刑務所に入る為に殺人をする者が現れる」
越冬や堕胎を目的とした常習犯は実在するが、刑務所に入るには窃盗等軽犯罪で十分である。医療費無料も生活保護を受ければ実現可能であり、入所の為だけにわざわざ危険を冒して殺人する者はいない
本人の意思に反して無理矢理出所させる制度でない限り、「何度も窃盗する手間を省く為の殺人」もあり得ない

その4「死刑を廃止すれば憎悪を募らせた遺族による復讐・私刑執行者が増える」
その執行者を捕らえるまでである。「思い通りに加害者が死刑にならないのなら自ら手を下す」という発想は殺人犯と何ら変わらない事に気付くべきである
また既に殺人犯の殆どが死刑にならない現状にあっては、殆ど杞憂。遺族側の被害感情に十分配慮した裁判を行うことで対応可能である

その5「死刑にしなければいつ再犯するか分からない」「死刑にすれば100%再犯することはない」
分からないなら安易に釈放しないように制度を改めればよい。死刑が再犯防止の唯一策ではない。また、死刑にすれば「悔い改め更生すること」「生きて償うこと」も100%できなくなる。この手の主張は未然防止策に対する怠慢の表れに過ぎない

その6「犯人が死刑されてやっと前向きに生きられる人もいる」「遺族が犯人を死刑にしたがるのは自然な感情」
憎い相手の死を願うのは殺人犯の異常心理にも通じており、同情こそすれ肯定はできない。憎しみは自然であっても必然ではなく、死刑にしたがらない/生きて償って欲しいと願う遺族もいる
対話を重ねることで囚人が更生し遺族共々心のケアを図れたケースもあり、死刑はその可能性を奪うことにもなる

続く

26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:00:16 ID:niyWV6XL0
その7「死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのは税金の無駄」「死刑に処するのが国家の責任」
寧ろ更生するか死ぬまで凶悪犯の面倒を見るのが、国家の責任である。死刑は、凶悪事件を未然防止できなかった国家による「臭いモノに蓋」式の責任逃れに他ならない
凶悪犯はある意味、殺人を犯さなければならないほどの不幸を背負い込み精神を病んだ哀れな被害者である。犯行に至るほどの状況に陥る前にこの一次被害者を救えていれば、二次被害者は生じない
いじめと同じで、一次被害者を救わず二次被害者のみを救おうとするのは偽善的自己満足に過ぎない

その8「更生の余地がない以上生かしても無駄」
更生の余地の有無は他人はおろか本人でさえ判断できるものではなく、いつ何時何をきっかけに改心し始めるかは誰にも分からない(分かるというのは傲慢)
可能性が0でない限りあらゆる手段を講じて更生を促しその結果を後世に伝えるべきであり、もし現代医学では手の施しようのない先天的な脳障害等があれば、尚更その治療法対処法を確立する為の研究に活用すべきである

その9「命には命を以て償うべき」「社会正義は命より優先されるべき」
「死が償いになる」という価値観は死を美徳化した自己満足的発想であり、3000年前の「目には目を」同様、安直で時代錯誤な思想。「死んでお詫びを」は、責任追及され非難糾弾される屈辱・生き恥を晒す苦痛・憎い相手を殺せないジレンマ等からの現実逃避に他ならない
何より正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、テロリズムを肯定するということである。そのような発想をする者が多い社会では、当然の帰着としてその反映としてテロ即ち犯罪が止まない

その10「死刑には生命の尊厳に対する教育的効果がある」
死刑制度を持つ国家は「理由があれば殺人も正当化される」という排他主義思想を容認し、自らそれを実践していると言える。「理由があれば殺人OK」は殺人犯やテロリストとも共通する考えであり、人命を尊んでいるとは到底言い難い
「都合の悪い存在を抹殺したがる国家/国民」はその反映として「都合の悪い存在を抹殺したがる犯罪者」を生む。国家が率先して自国民に対し「如何なる理由があろうと人命を奪う権利はない」と規範を示してこそ、教育的効果が図れる

その11「冤罪は死刑でなくても起こる。取り返しがつかないのは命だけではなく時間も同じ」
間違いではないが、「冤罪をなくそう」という議論にはなっても死刑制度を存置する理由にはならない
そもそも「時間はあればまだやり直しが利くが、命は無くなれば二度とやり直しが利かない」のは子供でも分かる理屈。「命あってこその時間」であり、時間と命を同列に扱うのは無理がある

その12「万一私が貴方を殺してもあなた方は私を殺すな、という廃止論の理屈は理不尽」
既に業務上過失致死等で法制化されている通り、誰もが等しくその条件下にあれば何ら理不尽ではない。この主張はまた、殺人犯の極一握りしか死刑に処せられない現実にもそぐわない

その13「廃止論者は、家族が殺されたら簡単に存置論に寝返る」
それは似非廃止論者。喩え愛する家族を八つ裂きにされても、そんな蛮行に及ばざるを得なかった加害者の生い立ちや境遇を思いやるのが、真の廃止論者である(これは目の前の蛮行を止めないということではない。罪を犯させないようすることが加害者の為)

その14「廃止論者は、自身が死刑になりたくないから廃止を主張している犯罪予備軍」
それも似非。実際にはこのような「楽で都合のいい解釈」を好む者の中にこそ、犯罪予備軍は多くいる(人は鏡)

その15「廃止論は偽善」「廃止論は宗教」「廃止論者はキチガイ」
真の廃止論は合目的的合理主義であってそもそも善悪で判断しないので、「偽善」はあり得ない。寧ろ被害者のみの立場に立って殺人犯を非難する行為こそ、「こんなにも加害者に憤怒して被害者を庇う私っていい人」アピールであり、偽善である
殺人犯に対し「なんて思いやりのない奴だ」と批判する者は、その批判を「殺人犯を思いやれてない己」に向けるべきである(人は鏡)
既述のとおり、存置派の主張は感情論に終始し得てして矛盾が多い。論理的整合性が無いにも関わらず「それでも抑止力はある」「存置すべき」と思い込むのは現実逃避であり、最早一種の宗教である(存置論ではなく存置教)
そしてそんな存置教信者ほど、「廃止論は宗教」と言いたがる(これまた人は鏡)

その16「国による合法殺人を禁止すべきなら、国による合法拉致・合法監禁も禁止すべきである」
典型的な拡大解釈である。死刑廃止論は刑罰廃止論ではない。犯罪に対して警察権力や罰則が抑止力として働く事は常識であり、無くす理由がない

続く

27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:00:54 ID:niyWV6XL0
その17「死刑廃止国が武器を輸出するのは、一方では殺人するなといい他方では殺人を奨励しているので矛盾する」
名目上「殺害する為の武器」ではなく「自分たちの命や治安を守る為の自衛用武器」としてその需要に応じて供給していれば、何ら矛盾しない。もしその目的に適っていないとすれば、それは「武器を使う側」の問題である

その18「ドラえもんが助けてくれると思ったなどという荒唐無稽な言い逃れを述べる弁護士は、頭がおかしい」
弁護士の仕事は被告人の弁護をすることである。如何に荒唐無稽であろうとも、被告人が「そのように弁護したい」と言えばその意思を尊重するのが弁護士の仕事
「そのような主張は通用しない。裁判官の印象を悪くするだけだ」などと助言をしても尚被告人が食い下がれば、その意向を最大限に汲み取るのが弁護士の職務である
決して弁護団が勝手に創作したり被告人の言い訳を鵜呑みにしたりする訳でもなければ、頭がおかしい訳でもない
更に言えば「ドラえもん云々が虚偽か真実か」は被告人本人しか知り得ない。「今まで言わなかったのはとても信じて貰えないだろうと思い弁護士にすら黙っていたからだ」とすれば筋も通るしその可能性は本人以外誰も否定出来ない
裁判官でも被害者遺族でもない第三者が、殊更犯罪者の異常性を煽り立て関心を引きたがる週刊誌等のゴシップ記事を鵜呑みにして「偽証だ詐称だ」と断定するのは傲慢である

その19「3人も殺しているのに無罪になるのはおかしい」
「被疑者、被告人、有罪確定者、受刑者」が真犯人とは限らない。犯人が誰かは、目撃者や犯人以外誰にも分からない
無罪になったのは少なくとも合理的に疑う余地があるからであって、証拠資料等を万遍なく精査した裁判官ですら判明出来ないことを第三者が分かるというのは傲慢である

その20「死刑廃止論者や、愛する者を奪われても犯人を恨まない人は、人の心がない」
「人の心」とは、「如何に理解不能な相手であってもその存在を許すことの出来る寛容な心」である。「許し難い相手は(私刑なり死刑なりして)殺してしまえば良いという不寛容な心」は「人の心」ではない。これは殺人犯も死刑推進派も同じである
相手に「人の心」がないからと言って、己も同じように「人の心」を忘れて良い理由にはならない。己に「人の心」が欠けているからこそ、相反する相手に「人の心」がないように見えるのである(人は鏡)
殺人犯が現在「人の心」を持っていなくても、人間である以上「人の心」を取り戻す可能性は0ではない。それは「人の心」を見失っている死刑推進派もまた同じである
今の時代いつ何時何が起こるかは誰にも分からない。生き死には天命と覚悟の上で毎日を生きるべきである。愛する者や己の生への執着は、エゴの発現に過ぎない
犯人を憎まない人は「罪を憎んで人を憎まず」「人を呪わば穴二つ」「物事は全て必然。意味のないことは起こらない」の意味を理解し「己のエゴに執着せず、いつどのように命を絶たれても悔いのない生き方」を実践しているだけである

その21「これを見ても死刑に反対する者は、脳内がお花畑だ(殺人現場の動画URL)」
そもそも殺人とはそういうものである。この程度の真実すら知らずに、知った時のショックから感情的になって死刑を推進する者の方が、よほど平和ボケした脳内お花畑である(人は鏡)
存置派は、人間の綺麗な面ばかり見て表向きの平和に甘んじることなく、より多くの真実に直面する勇気を養って「人間とは何か」の造詣を深めるべきであろう

その8の補足1「三つ子の魂百まで。人は変わらない。凶悪犯罪者に更生は不可能」
三歳児は意図的に殺人できない。人の心は変わる。人の心を変える術を知らない者が諦めているだけであり、「自分を変えることすら困難な者」による自己投影に過ぎない。

続く

28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:01:37 ID:niyWV6XL0
その13の補足1「元日弁連副会長の岡村勲氏は、妻を殺され廃止論者から存置論者に鞍替えした」
希望的憶測と「人権派弁護士=廃止論者」というステレオタイプが生んだ思い込みである。まず日弁連は「廃止論者でなければ副会長にさせない」ほど閉鎖的で人権意識の低い団体ではない(人権意識の低い人間ほどこの手の勘違いをする。人は鏡)
岡村氏は「自称・元人権派」であって元廃止論者ではない。仮に家族の犠牲を理由に転向したのが事実であっても、その13に記した通り似非である
しかも弁護士でありながら己が当事者になって初めて「被害者や遺族の悲惨さを知った」と述べており(全国犯罪被害者の会HP)、その想像力の乏しさは似非廃止論者どころか似非人権派と言わざるを得ない
つまり「最初から存置論者となるに相応しい人間が、家族を殺されて漸く一端の人権派弁護士になれた」というだけの事である(とはいえ彼の活動を支持しないものではない)

その1の補足1「死刑がなかったら私は誰々を殺す(殺した)。これは死刑に抑止力があることの証明である」
「私は法律を守る正しい人間だ」アピールに過ぎない。死刑を回避する手段は幾つもあり、仮に殺しても99%死刑にならないのが実態である。つまりこの手の発言者が本当に怖れるのは(即ち抑止になっているのは)死刑ではなく警察権力or世間体or面倒な事態である

その1の補足2「凶悪事件の被告人の殆どは死刑を回避したがる。これは死刑に抑止力があることの証明である」
警察官・刑務官・弁護士・宗教家等と接触するなどして冷静さを取り戻せば、死を恐れるようになるのは自然なことである。そもそも幾ら抑止が働いたところでそれが犯行「後」では抑止の意味がない。よって「被告人が回避したがる」は抑止力の根拠にならない

その1の補足3「拳銃を突き付けられたら殆どの犯罪者は死を恐れ犯行を止める。これは死刑に抑止力があることの証明である」
犯罪時に常に目の前に絞首台がある訳でもないので、拳銃のように死や痛みへの恐怖を直接的に連想させる力は死刑にはない。また拳銃を突き付けられるのは専ら犯罪を犯した後であり、これも抑止力の意味がない

その1の補足4「愛知女性拉致殺害事件の一人は死刑になりたくなかったから自首した。これは死刑に抑止力があることの証明である」
正確には「死刑になりたくなかったから自首した」のではなく「自首後その理由を聞かれたから、死刑になりたくなかったと答えた」のである。この事件に限らず理由を聞かれた時に最も通りやすい/それ以上警察等から追及されない言い訳が「死刑になりたくないから」である
彼はその後メディアの取材で自首した理由を「正直言って気の迷い。なんとなくの方が正しい。死刑になりたくなかったからではない」と否定しており、判決文でも自首した理由は「仲間と意見が合わず面倒になった」等とされている
実際「どうにでもなれ」「警察権力が怖い」「逃げ回るのに疲れた」「殺人行為を積み重ねるのが怖くなった」「自分を止めて欲しい」という心理が自首行動に向かわせることが知られているが、「死刑になりたくないから」が公式に認められた例はない

その1の補足5「18歳未満は死刑にならないからと犯行に及んだ者がいる。これは死刑に抑止力があることの証明である」
「18歳未満だから死刑にならない」という発言は、「自分が死刑になると知ってたら殺したか」「死刑が怖くないのか」「お前が大人なら死刑になるところだぞ」などと咎めてくる知人・警察・弁護士・裁判官・被害者遺族等に対する奇を衒った知識自慢又は虚勢に過ぎない
その本心は「愚問を発するなバ〜カ」「少年法くらい知ってますが何か」「よく考えてから物を言え」であり、言われた大人が目を丸くするのを見て一層自己顕示欲を満足させ悦に入るのが目的である

その1の補足6「仮に全ての刑罰を死刑にすれば犯罪は確実に減る。これは死刑に抑止力があることの証拠である」
前半は正しい。軽犯罪において厳罰化に抑止効果があることは自明である。しかし「軽犯罪に当て嵌まるから重犯罪にも当て嵌まる」という拡大解釈は「軽犯罪者も重犯罪者も同じ心理状態下」という非現実的な極論を前提にしているために起こる錯誤である
軽犯罪に死刑が効くのは「罰則のデメリットに対して行為のメリットが釣り合わない」「軽犯罪を企図する者が比較的正常な判断力を有する」からであって、正常な判断力を失った者は刑の軽重に関わらずバレないだろうと思い込みor死刑覚悟の上で軽犯罪する

続く

29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:03:03 ID:niyWV6XL0
その1の補足7「公開処刑にすれば抑止力になる」
免役のない一般市民には一時的に効果があるが慣れると次第に効果がなくなり、却って「どうしようもない存在は殺してしまえ」という排他的な価値観が広まり人々の心が荒廃し凶暴性が増す
また公開処刑を見た犯罪予備軍が「あんな風に処刑したい」或いは「あんな風に処刑されたい」と連想し、新たな犯罪の引き金にもなり兼ねない

その2の補足「死刑が存置されていれば、凶悪事件は減る」「廃止されれば凶悪事件が増える」
実際には大衆の一部に以下のような心理メカニズムが働くため、彼らの態度がより排他的で横柄かつ一時の感情に流されがちになり、結果として差別的言動が横行して揉め事や争いが増え、凶悪事件が増える
a.「存置されているのだからちょっとした刺激ではさすがのキチガイも一線を越えたりしないだろう」
b.「万が一自分が殺されても国家が復讐してくれる」
c.「国家ですら死刑を認めているのだから、社会不適合者に生きる資格はないということだ」
d.「危険人物は最終的に死刑にすればよいのだから、ある程度挑発してでも炙り出すべき」
e.「大事件を起こして死刑になったら、自分の名前が歴史に残る。伝説になれる」
逆に廃止されている場合は以下のような心理メカニズムが働くため、人々の言動がより軟化し慎重になり揉め事や争いが減って、結果として凶悪事件が減る
a.「廃止されているのだからちょっとした刺激でキチガイが一線を越える可能性がある」
b.「万が一自分が殺されても国家が復讐してくれないので死に損」
c.「国家ですら死刑を認めていないのだから、社会不適合者にも生きる資格はあるということだ」
d.「どんな危険人物も死刑にならないのだから、なるべく挑発しないようにしよう」
e.「大事件を起こしても一時的に世間を騒がすだけで一生独房。ミジメ」

その7の補足「加害者は、被害者の基本的人権の大根幹である人命を侵害したのだから、同じく加害者の人命を国家が侵害して然るべきだ。それをしないことは被害者の人命を蔑ろにしているに等しい]
加害者が人命侵害という愚を犯したからと言って、同じ愚を国家(有権者)が犯して良いことにはならない
そもそも罪を犯した以上どう転んでも「加害者の命は被害者の命よりも価値がない」のだから、今更加害者の人命を奪ったところで償いにならない
「加害者の人命を侵害すれば被害者の人命がチャラになる」「加害者を殺せば一件落着」という発想こそ、被害者の人命を冒涜している

その8の補足2「廃止した為に起こる凶悪事件に関わる裁判費用と終身刑囚の養育費と被害者救済等のコスト一切を死刑廃止論者が負担するなら、廃止しても良い」
既述の通り「廃止したことが原因で起こる犯罪」は起こり得ないので負担額は永久に0円である。因みに現時点での凶悪事件に掛かるコストは「存置すべし」と主張する者(即ち全有権者の総意)が既に負担しているので何も言うことはない。自業自得

その23「加害者には被害者が受けた苦しみと同じ苦しみを味わわせるべき」
加害者は既に相当の悩み苦しみを味わっているからこそ、その苦悩から解放される為に殺人したのである
苦しみに耐えきれずついに殺人に至ってしまった者に更に苦痛を与えることは、その苦悩と事の因果を理解出来ない「思いやりと想像力に欠けた者」による報復感情の満足・ストレス発散に他ならない(まさに殺人犯と同じ)
その8でも述べたが加害者は一次被害者。社会が一次被害者の苦しみに無関心だったからこそ、一次被害者がその苦悩を解決出来ず、二次被害が発生したのである
一次被害者を無視して二次被害者のみを救おうとする行為は「二次被害者には感情移入出来るが一次被害者には感情移入出来ない」という愛と想像力の欠如した者による自己満足的偽善に他ならない(いじめ問題と同じ)

その24「社会不適合者は社会から抹殺すべき」
この思想は、同じ排他的発想で殺人をした加害者の思想と瓜二つ。このような浅はかな感情論を肯定する者が多い社会では、その反映として殺人者が多くなる

その25「死刑になりたくなければ殺さなければいい。殺したのだから死刑になってもしょうがない」
殺人に至った不幸者の境遇や背景に思いが至らない幸福者の、一種の現実逃避である

その26「死刑執行をやらざるを得ない刑務官がかわいそうだから死刑廃止すべき」
それが彼らの職責であり嫌なら辞めれば良い。職業選択の自由。そもそも就職前に仕事内容を把握して然るべきである

続く

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:04:17 ID:niyWV6XL0
その27「EUを始め世界各国が死刑廃止しているのだから日本も死刑廃止すべき」
重要なのは「何故廃止しているのか」であって、単純に「他国が廃止しているから」という理由で廃止すべきではない

その28「人を裁けるのは神だけである。人は人を裁いてはならないから死刑廃止すべき」
裁いてならないのなら裁判所そのものを無くさなければならず、少なくとも現時点においては現実的でない。そもそも科学的根拠のない宗教観を基に廃止すべきではない

その1の補足8「”死刑を執行したり死刑執行を早めれば殺人が減る”という研究結果がある。これは死刑に抑止力があることの証明である」
事件の記憶が生々しいうちに厳罰を処すれば、人々に「社会正義は機能している」という安堵感と政府への信頼感を与え、それが間接的に凶悪犯罪の抑止に繋がる事は考えられる
しかしこの場合、抑止力があるのは「死刑執行」ではなく「死刑執行報道」である(何人執行しても、それが全く周知されなければ効果がない)
つまり外部との接触を一切断絶して死刑執行を適当な時期に「報道するだけ」でも同じ抑止効果が期待できるので、死刑「執行」は必須ではない(当然一般国民は真実を知らされないことが前提。この制度の実現可能性は0ではない)
なお、都合のいいデータを拾い集めて辻褄を合わせれば幾らでも「偽科学論文」を仕上げることは可能なので、「研究結果がある」というだけでは「抑止力の証明」にはならない

その1の補足9「名古屋アベック殺人事件では19歳のAが17歳のBに”死刑にならないからやれ”と言って殺人した。これは死刑に抑止力があることの証明である」
これも希望的憶測が生んだガセネタである。Aは実行犯で逮捕直後に「未成年だからすぐ帰れる」と思っていた節があり、公判中に「(自分は)少年だから死刑にならない」と述べている(つまりAは少年法をよく知らなかったのである。実際、一審では死刑判決を受けた)
仮にAがBに「お前は死刑にならないからお前が殺せ」と教唆し殺害させたとしても(共同正犯でAが死刑になる可能性が有るがそれはさておき)故意犯には違いなく、実行犯が変わるだけで殺害が起こっている以上「抑止力がある」とは言えない

31 :磯野波平:2009/12/06(日) 20:18:53 ID:djfJkergO
>>24-30
ところでわしのキンタマを見てくれ、こいつをどう思う

32 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/06(日) 20:21:28 ID:niyWV6XL0
>31

この中からサザエとカツオとワカメが出てきたの?

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:22:48 ID:9rIjy6sR0
>そういえば、タレント タモリも早稲田大学文学部を中退していたと思う。
>一文か二文か。
⇒yurikoも高校中退だから、タモリと仲間なんだね。ちゃらけたオバカキャラ同士としては、
いい友達になれるんじゃないか。お前も芸能人になれよw

>あれで、もし早稲田大学卒業だったら、かえってタモリらしくないだろ。
⇒お前、大学卒業してないくせに、偉そうなんだよ!!! まずは大検受けろ。ボケェ

>福島瑞穂は東大法学部出身だし、山口なつお公明党代表も東大出身。
志位共産党委員長まで東大出身ともなれば、東大の学閥は異常としか言い様がない(笑)
⇒yurikoの学閥志向のほうが異常としか言い様がない(苦笑)

>しかし、別巻宝島で「モンダイの弁護士」という名著があるのだが、
>そこに弁護士選びのアドバイスが載っている。
⇒yurikoに英語の翻訳頼むのもヤばいでしょ。英語、全然できてないし。語学学校以下。カス

>そこに筆頭されているのが
>「東大法学部出身弁護士はさけるべし」とある。
⇒yurikoの書き込みもさけるべし。これ、とってもわかりやすいだろ。

>もちろん、そこには「なるほど」という理由があるのだが、東大出身の当の弁護士達は
>どう受け取ったのだろうか。
⇒yurikoの書き込みは「なるほど」と思ったことが一度もないが、偽UCB出身のお前は
書き込んだだけで、満足しているのだろう。

34 :磯野波平:2009/12/06(日) 20:24:29 ID:djfJkergO
>>32
でかいのはいいからさ、このままじゃおさまりがつかないんだよな

ヒョイ

35 :磯野波平:2009/12/06(日) 20:26:27 ID:djfJkergO
>>33
ウホッ! いい男…

36 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:31:56 ID:DkiYd0t6O
>>31
フネが波に乗ってるね

37 :磯野波平:2009/12/06(日) 20:46:54 ID:djfJkergO
>>36
フネに乗るぞーヒャッハー

38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:49:08 ID:Rifcs2l+0
何とかには付ける薬がない。

これは、長年人類の経験値によって導き出された真理なのでしょう。
廃止論者のみなさんも証明していることだし、間違いないでしょう。
何度言われてもわからない、というか考えてみることすらない人って
実在するんだから、更生のできない人がいる証拠だよね。

前はもう少しマシな人達がいたと思うんだけど、酷くなりましたね。
どこかにまともなスレないでしょうかね?


39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 20:56:39 ID:Tn1jMTc+0
なんか観念君がえらいことになってるなw
だれか止めてやれよw

40 :磯野波平:2009/12/06(日) 21:04:43 ID:djfJkergO
犯罪者のことを一時被害者と言うのはどうかと思うぞ

41 :磯野波平:2009/12/06(日) 21:06:55 ID:djfJkergO
鼻くそをほじるのは超気持ちいいわい

42 :存置派:2009/12/06(日) 21:39:10 ID:WQ/QtmYT0
>>38
余り期待できないと思うなぁ。
基本的に「廃止派が書き込む→存置派が指摘する」で議論が始まるわけで、
「ボケる→ツッコむ」のような図式なのだが、
…ほら、ボケが電波の領域になってたり、
ツッコミに対応できずホルホルし始めたり…じゃ
きちんとした漫才になるわけがないじゃないか。

43 :磯野波平:2009/12/06(日) 21:41:09 ID:djfJkergO
>>42
えーっ!!お尻の中へですかー

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 22:22:40 ID:gVkmuGblO
>>26

「人命」が絶対的客観である証明まだー?

「地球」が絶対的客観である証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?

ば〜か〜や〜ね〜ん〜

まだー?


45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 22:24:15 ID:Tn1jMTc+0
>>42
まじめに反論したらどうなるかな?w
突っ込みが全部「なんでやねん」でおわる?w

46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 22:39:03 ID:eyP8gWWv0
>>43
おじいちゃん!もう寝る時間ですよ。おトイレいってください。

47 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/06(日) 23:50:47 ID:niyWV6XL0
>44 「人命」が絶対的客観である証明まだー?

お前の人命は絶対的客観だ。何故ならお前という存在がこの宇宙になければ>44のレスは存在しなかった
仮に>44がお前じゃなくても同じこと。お前ですら絶対的なんだから他の人の人命も絶対的客観
以上証明終わり(ま、どれほど丁寧に説明しても分からない馬鹿は実在する)

> 「地球」が絶対的客観である証明まだー?

地球の相対概念まだー?天球は相対概念ちゃうよー

> 「人命」が「地球」と同じである証明まだー?

「同じ」とは言ってないんだけどお前がそれに気付く日まだー?

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/06(日) 23:59:29 ID:eyP8gWWv0
観念万年君、久しぶりに覘いてみたが健在だね。君のお子様振りには安心したよ。
最近淡白な子供が多いからね。また廃止論から始めてくれないか。君の哲学にも
綻びが感じるよ。一から構築してくれ。絶対的客観の説明付きで、もう一度語るんだ。

49 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 00:01:40 ID:2X/SYFIb0
>>42
遅レスですが…

確かに、期待すればするほど失望と脱力感は残りますね。

きちんとボケる能力があれば、まともにレスできるでしょう。
もっとも、正面からレスして人を納得させるなんて、今の廃止
論者からはあまりにかけ離れている対極の話ですが。

少なくとも、何かの信念、信条に基づいた理論展開があり、
人に共感を与えるような話ができないと対談にすらなり得ま
せんよね。

本来、ここは司法スレなんだから、宗教がかった思想を振り
回す場所ではないはず。長矢クンも観念クンもお構いなしで
荒しまくってるのが目に余るので、つい愚痴ってしまいました。


50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 00:11:36 ID:+h/fMzNU0
観念万年君、先ほど書き忘れたが、無論こちらは存置派だよ。さあ、僕を説得
してくれ。

51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 00:42:11 ID:l7afdB3vO
>>47
>「同じ」とは言ってないんだけど

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1257536374/
の829で
「人命も地球と同じ」って言ってる

まだー?

52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 01:00:46 ID:cqJt1ES90
yurikoは明後日の方向を見ながらねじれた宗教的思想を聞えよがしの大声で
独り言続けているし、観念も未熟な学生のように本質を見失った言葉遊びに
明け暮れているし・・・。
もう少しまともな廃止論者が来てくれないと対話は無理だな。
どうしてこうもアスペルガー的な奴しかいないんだろう?


53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 01:01:37 ID:l7afdB3vO
>>47
>お前の人命は絶対的客観だ。

なんで俺の「人命は絶対的客観」なのか証明しないとダメ。

>地球の相対概念まだー?

チンコ。

「地球」が絶対的客観である証明まだー?


54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 06:36:44 ID:Q46Iq0dkO
>>49
そもそも、まともなコミュニケーション能力があれば廃止論者にはなれない。
ならないのではなくなれない。
自分の周囲の人間に「あなたが殺されても加害者を死刑にしないようにします」と宣言して、誰がまともに相手をしてくれるだろうか?
廃止論とは、たとえば教室のような人間関係が縦方向に固定化され、先生と生徒のような力関係が明確に存在する場所でだけ通用する理屈であって、現実の社会はもとより、ネットのような立場の強弱が存在しない場所では全く通用しない論理なのである。
だからこそ、観念氏は理論で相手を納得させるというまっとうな方向ではなく、反論する者をバカ呼ばわりし続けることによって、擬似的な上下関係をスレ内に産み出そうとしているのだ。

ま、失敗してスレが過疎化してるんですがねw


55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 06:46:09 ID:2xZAM4Eo0
>>52
>もう少しまともな廃止論者

そもそも、いないのかも。
テレビに出てるような著名な廃止論者ですら、この人の頭はちょっと…
って感じがするよ。ましてや2ちゃんでは…。

海外は宗教によるものと、政治的恣意のパフォーマンスに過ぎないしね。

つまるところ、「まとも」に考えたら廃止という結論には導けないんでしょ。


56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 06:54:43 ID:2xZAM4Eo0
>>54
観念クンについては、その通りだと思います。

観念クンについても長矢クンについても、もう「内容」を問うのはやめました。

しかし、「書き方」すら改善しない彼らは、一体どういう脳みそを持っているのか、
どういう神経を持っているのか、ただただ不思議です。


57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 09:01:13 ID:8ct1ZlAx0
>>54
>自分の周囲の人間に「あなたが殺されても加害者を死刑にしないようにします」と宣言して、誰がまともに相手をしてくれるだろうか?
→お前、厨房か?
やっぱし、アフォやね。
_(_ _ )ミ☆ バンバン大笑い
日本では、そもそも、一人殺しただけでは死刑にはならない。
それより、なにより、普通の人は、「殺されるような危険な状況に自分を置かない」が
最大の防犯対策だ。
たとえば、タンクトップでミニスカの若いねーちゃんが、満員電車に乗たとする。
(女性専用車両では無論ない)それで、痴漢にあったとする。もちろん、法律上、いかなる痴漢行為も刑事罰の対象になる。
しかし、誰が彼女に同情するだろうか。
イラクで人質になった日本人ボランティアに対して、「自己責任」を叫んだ日本人は、張り倒してやりたかったが、
犯罪を招くような行為をしながら、被害者面するのもいただけない(涙)
要するに、自分が殺されてしまってから、「仇をとってやった」とか、「悪者退治してやった」と言われても、
嬉しくもなんともない。というか、当の本人はもうこの世にいないのだから、何してもらっても意味がない。
もうヴァカかと…

58 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 09:27:40 ID:cqJt1ES90
俺は存置主義者、廃止主義者の中にもそれぞれ立派な人が沢山いると思うんだよ。
「相応の重罰で社会の秩序を示すべき」と言う考えも、「何が何でも絶対に人を
殺してはいけない」と言う考えも、一つの考えとして間違っているとは思えないから。
だから社会の中ではお互いに許容し合いながら妥協点を探すべきだと思っている。
しかし、ここにいる「特徴的な人気者達w」は、全員が自分と同じ考えにならないと
自分自身すら見失ってヒステリーになってしまうタイプばかりで、終いには学歴やら
国籍やらアホ猿やら、絶対やら相対やら、幼稚な話に逸脱してスレそのものをを
ぶち壊してしまう。
まあ、2ちゃんねるだからこういう人がいることも仕方ないのだろう・・・。
たまにまともな人が来ることもあるから、取捨選択しながら客観的に読み進める
しか手段はないだろうね。
匿名掲示板だから仕方ない。誰でも書けると言うことは、他では発言出来ない
人が喜んで集まると言うことでもある。そこを割り引いておかないと腹が立つだけだ。

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 09:30:24 ID:8ct1ZlAx0

小室直樹氏は「日本人のための憲法原論」の中で、
日本の「仇討ち」とヨーロッパの騎士道を比較して、面白いことを言っている。
是非、本文を読んで欲しいのだが、まとめると、
1 ヨーロッパの騎士道の方が王様の仇討ちが行われている
2 日本の仇討ちの主流(99.9%)は親の仇討ち
3 戦国時代など下克上と呼ばれ、主人を殺して、土産の首をもって仕官する武士もいた。
(cf黒澤明「隠し砦の三悪人」は名作である!)
4 数少ない、美談が豊臣秀吉と赤穂浪士だった
5 そんな武士達は合理的思考をしていただけで、恥ずかしいとは誰も思わなかった
→まさに、目から鱗だ。そもそも、数年前、NHK紅白歌合戦で裸になった、といって大騒ぎしたが、
日本の伝統は混浴だったし、セックスに関しても開けぴろげだった。
橋下元弁護士は光市の母子殺害事件に関して、「法廷を復讐の場に使っても悪くない」(趣意)とか発言したそうだが、
明らかに裁判の意味がわかっていなかった。というか、そもそも、日本人は「こだわらない性格(水に流す)」だった。
「やられたらやり返せ」とかいうのは、暴力団の世界。まして、死刑制度を仇討ちに利用しようなどというのは、
勘違いだ。実際の法律でも、そんなものは全くない。

60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 09:32:17 ID:cqJt1ES90
>>57
もうそういうレスは自分のブログにこっそり書いてくれませんか?
自分が頭悪いことをみんなに宣伝することないでしょう?

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 09:33:54 ID:cqJt1ES90
>>59
的外れです。

62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 18:11:19 ID:w9DgKatw0
なんかすごい小学生みたいなやつがいるなwww
法は守らなきゃ意味がないんだよw

裸同然の恰好して痴漢を助長するなって言う前に痴漢をするなって言うのが良識ある大人なんだよw
裸同然のかっこして痴漢されても同情するに決まってるだろw
どっちが悪いって痴漢するほうが悪いんだからwww

それとも夜中に店員が1人2人しかいないコンビニは犯罪を助長してるとでも言うのか?w
強盗されたコンビニが悪いのか?www

銀行強盗は銀行にお金があるから悪いのか?www

TPOって言葉知らないなんだろうなwww

63 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/07(月) 19:00:33 ID:cBAFIibf0
>51 「人命も地球と同じ」って言ってる

ああホントだね。「人命も地球も同じ絶対的客観」て意味でね

>53 なんで俺の「人命は絶対的客観」なのか証明しないとダメ。

証明したじゃん>47で

> >地球の相対概念まだー?
>
> チンコ。

ああそうだったね。本当におめでとうございました

>54 自分の周囲の人間に「あなたが殺されても加害者を死刑にしないようにします」と宣言して、誰がまともに相手をしてくれるだろうか?

同じ考えを持った人間が
あと、既にお前が殺されても加害者が死刑になる可能性が低い制度になってる
ああ、姐さんが指摘してくれてるか

>60 自分が頭悪いことをみんなに宣伝することないでしょう?

それしてるのソンチーズの面々だと思うんだけど・・・・

64 :磯野波平:2009/12/07(月) 19:38:36 ID:mpNBpqrvO
>>63
や ら な い か

65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 19:56:47 ID:+h/fMzNU0
>>64
おじいちゃん、もう盛りはすんだでしょ。お薬飲んでください。

66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 20:01:06 ID:l7afdB3vO
>>63
>証明したじゃん>47で

全然証明してないじゃん

「人命は存在している」という証明と
「存在していれば絶対的客観である」の証明しないとダメ。

残念でした。やり直し。


67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 20:26:36 ID:w9DgKatw0
おw
観念君だwww

>>24-30であれだけ自分が頭悪いって宣伝したのになにいってんだ?w

ていうかソンチーズって何?w
観念語?w

68 :磯野波平:2009/12/07(月) 20:29:15 ID:mpNBpqrvO
>>65
しーましェーン

69 :磯野波平:2009/12/07(月) 20:44:38 ID:mpNBpqrvO
>>67
お前わしのケツの中でションベンしろ!!

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/07(月) 22:08:39 ID:+h/fMzNU0
観念万年君は最近、書き込みがつまらないなぁ。対応が後手に回ってるね。
君達のつまらない正義感が、死刑廃止を遅らせてるのにね。それに気づいても
自分の力の無さにがっかり?それとも、現実社会でのことはどうでもいい?

71 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/07(月) 23:16:16 ID:cBAFIibf0
>66 「人命は存在している」という証明と

えええええw
そこから???w
マジで言ってるの?・・・・・ダミだこりゃw
もしかしてこの人、人命は存在してないと思ってるんだろうか
頼むから今後人を殺さないでくださいね

>67 ていうかソンチーズって何?w

ソンチの複数形
因みに右翼なソンチはウンチで、猿っぽいソンチはソンチッチ

>70 君達のつまらない正義感が、死刑廃止を遅らせてるのにね。

まぁ実際にはこのスレのソンチーズの言動が、逆効果をもたらしてくれてるんだけどね(あまり大きい声では言えないが)

72 :なんでん観念:2009/12/07(月) 23:57:46 ID:+h/fMzNU0
やあ、観念万年君。久しぶりに答えてくれたね。僕も名前を付けてみたけど
どうかな?君の必死な大人ぶる対応が、なんとも微笑ましいね。でも、長文は
NGというルールだよ。でも、意味不明にも見える長文が君らしいけどね。
それに、君の廃シーズーな人に嫌悪感を与える悪臭は、せっかく廃止について
考えようとしている人たちを遠ざからせるよ。(君風に書くとこんな感じかな)
でも、現実社会には関わってないのかな?

73 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 00:41:28 ID:3CKNpRNH0
>>71
www
ウンチとソンチッチって頭わるすぎwww
んじゃ観念君みたいな勘違いな廃止はなんなの?w


74 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 01:00:03 ID:owE7ol+a0
つーかいい加減逃げ回ってないでこの質問に答えろよ糞廃止論者ども。
お前らが家畜の肉を喰らう理由を答えろ。
ゴキブリなどの虫ケラを殺す理由を答えろ。
個人の殺人が赦されないのは社会上唯のルールの問題。
答えられなきゃ死刑も有りって事だ。

75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 01:21:01 ID:/Hxc3cOAO
>>71
「人命」は概念として「認識」しているだけで「存在」しているとは言わないからね

さて

「人命は存在している」の証明まだー?

「存在していれば絶対的客観である」の証明まだー?

「地球」が「絶対的客観」である証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?


76 :磯野波平:2009/12/08(火) 03:37:49 ID:FqjlvebdO
殺してもいいんじゃよ

77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 05:02:02 ID:p0+H6FZL0
>>74
あ〜よくある存置の勘違いだな
死刑廃止を唱えているからって、殺人を許しているわけではない。


78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 05:18:39 ID:pt0LtLjI0
>>74
>お前らが家畜の肉を喰らう理由を答えろ。
ゴキブリなどの虫ケラを殺す理由を答えろ。
個人の殺人が赦されないのは社会上唯のルールの問題。
答えられなきゃ死刑も有り
→お前は初心者か、それとも通りすがりか?
それに関しては、偉大な20世紀の漫画家(本人がこういう称えられ方を好むとは思わないが)
手塚治虫氏作「ブッダ」から引用しよう。
仏陀(悟った人くらいの意味)は無論、実在の人物で、彼の存在は、偶然(?)同時代に居合わせた、ソクラテスなどの存在に近い。
手塚治虫の描いた「ブッダ」は、大乗仏教に登場する「釈尊」とは全く関係ない。
しかし、根本仏教(原始仏教)経典に登場するブッダ(師)と全く同じでもない。
ブッダに登場するブッダは、実在のブッダにさらに手塚風の「思い」を投影させた「想像上のブッダ」に過ぎない。
しかし、本来の仏教的考えに従えば、それも又、真実の仏陀ともいえる。
手塚治虫の描くブッダは、「限り無く人間臭い仏様」という表現がぴったりな気がする。


79 :人間はまず、己の限界をしるべきだ:2009/12/08(火) 05:56:51 ID:pt0LtLjI0

「ブッダ」の中で、ブッダは
「なぜ、たべもしないものを殺したの。ただ殺したのはなぜなの?」
と聞かれ、
「おまえが人間だからよ」
と答える。
そして、そこには巨大なトラが描かれている(実際のトラのサイズも巨大!)
http://www.geocities.jp/arctict_research/manvsbeast3.html←異種対決の図
「あの恐ろしいトラだって、おなかがいっぱいのときはねそべって、虫一ぴき殺さないわ。
どんあおいしそうな獲物が近づいても 知らない顔をしてるのよ それは無意味な殺し会いは
しないおきてだからだよ」
とある。つまり、人間だけが、傲慢不遜にも、自然をいじくり、要るもの要らないものを選別して、自分に
都合のいい世界を勝手に、作り上げてきた。それを智慧の勝利ともいえるが、アダムとイブが楽園を追放されたように、
新たな苦難の始まりでもあった。
それは、「人間だけが他者に対して責任を負わなければならない」という苦難だ。
テレビドラマ「救急医療24時」では松島奈々子演じる医師が法廷に立つ場面がある。
つまり、人間社会に於いては、医者に限らず、人間ならば多少の違いがあっても、他者に責任を持たなければならない。
その中で、犯罪者こそがそのルールを破った故に、差別追放される。当然だろう。
しかし、人間社会が許されるべき範囲に自ずと、限界があるのも当然なんだよ。
犯罪者を無害化するのに、隔離だけでは十分ではないか、という問題もある。
死刑とは、人間を社会からのみか、自然界からも永久追放するという意味合いがある。
人間は、他の人間に対しても無論、地球環境を好き放題に利用、開発していいという権限など与えられてないのだ。

80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 07:22:41 ID:3CKNpRNH0
馬鹿がいるwww
無意味な殺し合いなんかないだろwww
殺人にだって何らかの意味があることくらいわからないのかwww

まさか動物が食べないものを殺さないとか本気で思ってるのか?w
殺すにきまってるだろwww
縄張りに入ってきた同種を殺すこともあるし、ただいたずらに遊びで殺すこともあるだろwww
ネコ科の動物はおもいっきりその代表だろwww
トラが蟲一匹殺さないってのはフィクションだろwww
そんなことも分からずに何えらそうなこと言ってんだ?www
基地外ここに極まったなwww

動物にもルールがあるんだよww
それを法や刑罰として明文化してるのが人間なだけで特にサル科の動物は集団においてしっかりしたルールが存在してるだろwww
自然界において追放や殺しのほうが自然なんだよwww

それから1ついいこと教えてやるよwww
人間が知恵を身につけて地球環境を好き放題に利用、開発することに権利なんてないんだよwww
たとえ人間が地球を汚染しまくって破壊したとしてもそれも自然の摂理の1つにすぎないんだよwww
自然界において人間ていう区分の生き物が知恵を身につけて自然を破壊したとしてもそれも事象の1つにすぎないんだwww
人間が自然を壊す権利だとか守る義務だとかほざくことすら人間の勘違いだっていい加減気づけよww

81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 07:50:27 ID:NPa2w+XK0
>>62
>裸同然の恰好して痴漢を助長するなって言う前に痴漢をするなって言うのが良識ある大人なんだよw
裸同然のかっこして痴漢されても同情するに決まってるだろw
>どっちが悪いって痴漢するほうが悪いんだからwww
>それとも夜中に店員が1人2人しかいないコンビニは犯罪を助長してるとでも言うのか?w
強盗されたコンビニが悪いのか?
→痴漢冤罪が注目されるようになって、被害者vs加害者に慎重にならなければならないことが、漸く理解され始めた。
この「被害者vs加害者」は必ずしも痴漢の世界だけではない。
被害者面して実際は加害者だった、なんていうのが最悪だろう。
「見つからなければ何をやっても構わない」ではない!
「裸同然のかっこして痴漢されて」→本当かね?
裸同然で満員電車に乗る女は、「痴漢してください!」というメッセージを送っていると思われて当然だろう(笑)
人権に配慮し過ぎるということはない。しかし、アメリカでは、例えば、親から提訴されることを恐れて、
保育園で保育士が子どもを抱かなくなったという。不必要に抱いて「幼児への性虐待!」で提訴されるのを
恐れてのことだという。あまりにばかげている。
男女関係にしても、もし、デートにでかけて、マジック=魔法のタイミングを逃すことなく、
キスの一つもしたいところ。しかし、一方が誤解したらどうなるだろうか?巷では、デートレイプなどの言葉も出てきた。
上司の男性から突然キスされて、「君は僕の御姫様」と言われたら、「もてた!」と喜ぶべきなのか?
アメリカだったら、確実にセクハラで訴えられるだろう。それも、上司、会社は確実に負け、巨額の賠償を請求される!
でも、それって何かおかしくないか。
やっぱり、AV女優がレイプされても、同情する方がおかしいのではないか。これって、性差別とかいう話の前でしょ。
確かに、頼んでもいないのに、お尻を触って来るサラリーマンのオッサンには、腹が立つでしょ。
でも、「触られないように努力しなかった」あなたにも責任がないとはいえないでしょ(苦笑)
『夜中に店員が1人2人しかいないコンビニは犯罪を助長してる』
これは「当たらずともいえなくとも遠からず」といったところでしょ。
英語に「クライムオブオポチニティー」という言葉がある。
端的にいえば、目の前に札束の入った財布が落ちていて、それを黙って拾って、自分のものにしてしまうことをいう。
犯罪者にとっては、全てが「クライムオブオポチニティー」で、犠牲者が機会を設けて、待っていてくれるものだ、と
思い込んでいる。
無論、被害者にしてみれば、そんなことはない。しかし、被害者が一方的に損をすることを考えれば、
「犯罪の好機」を最初から、与えるべきでなかったんだよ。
もし、夜中のコンビニがその利便さ故に必要なら、町内パトロールを実施するべきだろ、さもなくば、閉店させるべきだ。
「犯罪が起きにくい環境作り」が最大の防犯効果だ。犯罪者に対しても、罰よりも、如何に再犯させないか、を教える教育を主体にするべきなんだよ。
究極的には、加害者に「被害者の心の痛みを感じさせること」が最善の防犯教育といえる。



82 :犯罪者はいう「あのとき、ああするしかなかった」と:2009/12/08(火) 08:17:03 ID:NPa2w+XK0
「犯罪の好機」を最初から、与えるべきでなかったんだよ。
もし、夜中のコンビニがその利便さ故に必要なら、町内パトロールを実施するべきだろ、さもなくば、閉店させるべきだ。
「犯罪が起きにくい環境作り」が最大の防犯効果だ。犯罪者に対しても、罰よりも、如何に再犯させないか、を教える教育を主体にするべきなんだよ。
究極的には、加害者に「被害者の心の痛みを感じさせること」が最善の防犯教育といえる。
個人的には、日本が世界に誇る「低い犯罪発生率」は、日本人が弛まず、「他人を思い遣る心」を育ててきたせいではないか、
と思っている。
例えば、豊臣秀吉が朝鮮を侵略したのは蛮行と呼ぶべきものだが、
その時、加藤清政が二人の朝鮮人少年を日本に拉致をした。
そこまでなら悲劇だろうが、加藤清政は二人の少年に最高の教育を受けさせ、高僧にまで
育て上げたという歴史がある。
北朝鮮による日本人拉致は許し難いことだが(北朝鮮は未だに国として謝罪すらしていない!)
拷問とか、まして虐めていたわけでもなかった事実に、ほっとした日本人も少なくなかったのではないか。
新潟で9年間も拉致監禁されていた女性には、慰めの言葉さえかけられないが、それでも、
身体的虐待を受けていたわけでもなかったことに、ほっとしたのも事実なのだ。
要するに。確かに、犯罪被害者にしてみれば、いかなる理由であろうと、犯罪行為を許せないのは当然だ。
社会的な同情や援助も、被害者に向けられるんも当然だろう。
しかし、ここでも「加害者vs被害者」の単純な構図に寄り掛かることなく、究極的な目的である
「加害者の立場からも、被害者の立場からも」犯罪が最初から起きない、起こさせない環境作りこそ、肝要なんだよ。


83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 09:19:02 ID:SDtM4w9f0
yurikoの文章は頭悪すぎ!
冗長だし、内容が幼稚だし、相変わらずタイポだらけだし・・・。
人に迷惑をかけるオポチニティー(爆笑)を減らすためにも、2ちゃんねるに
来るのは止めてくれ!

84 :磯野波平:2009/12/08(火) 10:38:24 ID:FqjlvebdO
>>83
お前わしのケツの中でションベンしろ!

85 :磯野波平:2009/12/08(火) 10:43:01 ID:FqjlvebdO
死刑大好きー!!
ぶち殺せ〜!!

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 11:49:25 ID:pNVx2mmbO
>>82
犯罪を犯させない環境作りの一環として廃止論者には消えてもらいたいと思うわけですよ。
なんやかやと難癖をつけては罰を軽くしようとするお前さんらは社会の敵ですわ。

87 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 11:57:35 ID:PexCMPvc0
>>85
貴様は斬●刑による公開●刑がふさわしいって言いたいんだろ。


88 :磯野波平:2009/12/08(火) 12:17:03 ID:FqjlvebdO
>>87
やらないか

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 15:05:09 ID:3CKNpRNH0
wwwww
馬鹿がさらに馬鹿丸出しのレスしやがったなwwww
いきなり痴漢冤罪ってなんだよwwww

裸同然のかっこしてたとしてなんか法に抵触するようなことでもしてるのか?www
法を守ってるやつが法を破ってくれなんてメッセージ出してるなんて加害者側の言訳でしかないだろwww
どんなことがあっても法は守らなきゃならないっていう常識が欠如してるからそう言うバカげたレスしか出来ないんだよwwww
笑われてるのはお前だwwww

TPOをわきまえないから幼児虐待だとかレイプだとか言われんだよwww
自分がやりたいことをやるんじゃなく相手の求めてることを考えないからセクハラになるんだろwwww
そんな常識がないからそんなレスしかつけらんねーんだなwww

AV女優がレイプされても当然同情するだろwwww
コンビニが夜中に5人も6人も店員入れててどうやって利益出すんだよwwww
世の中の仕組みってしってますかー?www
加害者側の都合で勝手に犯罪のチャンスがそこにあるなんていわれて誰が納得すんだよwww
馬鹿丸出しでなんか面白すぎるぞwwww

さすが基地外だなwwww

90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 15:12:16 ID:3CKNpRNH0
Crime of Opportunityなんて言葉で犯罪に正当性があるようなレスしかできないやつが防犯思想ってどんだけ笑わせるんだwwww
犯罪は絶対に許されるものじゃないって意識をすべての人が持つこと、持たせることこそが防犯思想だろうがwww

一方で犯罪を擁護しながら防犯思想を説いたところで誰もまともに取り合わないだろwwww
「犯罪は犯す側にも事情があるんです!でも犯罪は絶対しちゃダメなんです!」ってどう考えてもおかしいだろwwww

もう少し常識を身につけてからカキコしろよwwww

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 15:39:43 ID:owE7ol+a0
>>78
グダグダ言い訳が長い。三行に要約しろw
で結局は喰うんだろ?殺すんだろ?
仏陀の話を持ち出すぐらいなら自らが、私はベジタリアンだし無益な殺生はしません。
と宣言するだけでいい。それが出来ないから延々と言い訳を重ね他へ話を逸らしてるだけ。

92 :磯野波平:2009/12/08(火) 16:13:52 ID:FqjlvebdO
>>89-90
お前わしのケツの中でションベンしろ!!

>>91
ところでわしのキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

93 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/08(火) 18:58:06 ID:UypUM8fj0
>74

ソンチが殺人犯を家畜か虫としか考えてないことを示す良い例

>75 「人命」は概念として「認識」しているだけで「存在」しているとは言わないからね

「認識しているだけ」ならね

> 「人命は存在している」の証明まだー?

んーと、ちょっと変えて「人は存在している」
これはOK?それともダメ?ダメなら証明して

94 :なんでん観念:2009/12/08(火) 19:26:48 ID:bAfUGkIN0
観念万年君は殺人犯は、なんだと考えている?僕は殺人犯という人間だと思うが。
それでも、存置だな。
ところで、そこにある殺人犯の命の人権と、被害者のもうそこに無い命の人権は
同じ?人権を無視した殺人犯をどうしたい?ぼくは量刑的に死刑だ。存置だからね。
過去スレ参照の返答はなしでね。

95 :磯野波平:2009/12/08(火) 20:10:48 ID:FqjlvebdO
>>93-94
ほら、遠慮しないで入れてみろよ

96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 21:24:16 ID:/Hxc3cOAO
>>93
>んーと、ちょっと変えて「人は存在している」 これはOK?

あのさぁ、ちょっと整理するけど
元々は>>26
>何より正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、テロリズムを肯定するということである。

↑から派生したお話でしょ?
↑の結論が正しいか正しくないかの証明の為に前提の正しさを証明出来るのか否かと問うているわけね。

だから結果として「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、テロリズムを肯定するということである。」という結論に結び付くなら、前提は「人は存在している」でもなんでも良いんだけど、どう結び付くのかちゃんと説明してちょ。

97 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 22:27:40 ID:owE7ol+a0
>ソンチが殺人犯を家畜か虫としか考えてないことを示す良い例

はぁ?何の答えにもなってねーよw
質問されてるんだよお前は、こちらに話を逸らすなアホタレw
家畜や虫ケラの生命は自分の都合で奪ってよいが殺人犯の命は奪っちゃダメの言い訳マダー?w

98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 22:32:40 ID:3CKNpRNH0
おw
観念君だwwww
なんだよーw
来るならレスつけてくれよwww

観念君みたいな勘違いの廃止はなんていうの?www
観念は具現化するじゃなくて勘違いが具現化しちゃってるぞwww

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 22:39:22 ID:b4UdaxJu0
磯野→山田→ネットカフェ住民

100 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/08(火) 23:21:24 ID:UypUM8fj0
>94 僕は殺人犯という人間だと思うが。

同じくー

> そこにある殺人犯の命の人権と、被害者のもうそこに無い命の人権は 同じ?

同じ。どっちも大事。被害者を生まないことと殺人犯を加害者にさせないことは同値で等価だな
だがお前らソンチーズは前者ばかり目が行ってるだろ。で「被害者を庇う俺こそ正義」と自己陶酔してる
そこが偽善なんだがその自覚がない。だから、相対する廃止派が偽善者に見えて仕方ないので「廃止論者は偽善者」とのたまう

> 人権を無視した殺人犯をどうしたい?

当然、更生

>96

反論に詰まってごにょごにょ誤魔化してるようにしか見えないんだが
人は存在するんだろ?じゃ「人命は存在する」だろ?
そこまではOK?それともNG?NGなら証明して

>97 家畜や虫ケラの生命は自分の都合で奪ってよいが殺人犯の命は奪っちゃダメの言い訳

取り敢えず「家畜や虫は人間ではないが、殺人犯は人間だから」だな

>98

その調子で頑張れ

101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 23:29:15 ID:3CKNpRNH0
wwww
ビバ上から目線wwww
勘違いもここまで来るとほんと具現化してるなww
ここまで勘違い君初めてだwww

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/08(火) 23:45:14 ID:trmocntC0
反日工作潰されて基地外自演でスレ潰し。

103 :なんでん観念:2009/12/09(水) 00:24:33 ID:Nqbzd4t70
観念万年君、正直答えてくれてことには驚きだ。しかし、説得力が弱いのは変わらないな。
僕は、存置することで自分が正義の味方だなんて思ってないし、正義で人が守れるなんて
思っているなんて、やっぱり子供だね。必要悪なんて観念も無いが、現状がベターだ。
なぜベターかって?この世に完璧なんて無いからさ。君は自分が完璧なのかい?これには答えて
くれるのかな?

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 00:32:53 ID:7I5ghnD70
保守系左派の代表格

在日外国人に参政権付与を 大津で野中氏講演

永住外国人に地方参政権を与えようと呼びかける「多文化共生社会と地方参政権フォーラムinしが」
(在日本大韓民国民団滋賀県地方本部主催)が6日、大津市民会館であり、
元衆院議員の野中広務氏が講演した。

県内に住む在日韓国人など約160人が参加した。野中氏は、在日韓国・朝鮮人が市民として
税金を支払っているにもかかわらず、参政権が与えられていないことを指摘。欧米と比べても、
日本だけが戦後処理が不十分であり、政治が一体となって参政権付与を実現するべきだと期待を込めた。

パネルディスカッションでは、一橋大名誉教授の田中宏氏、愛知学院大法科大学院教授の岡崎勝彦氏らも加わり。
法律によって複数国籍を認める必要性や、外国人労働者が日本社会に果たしている重要な役割について議論した。
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20091207/CK2009120702000002.html

105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 00:48:05 ID:8tMGdY3P0
>取り敢えず「家畜や虫は人間ではないが、殺人犯は人間だから」だな

取り敢えず、だぁ貴様?相変わらず何の説明にもなってない。
なぜ家畜や虫は殺してよいが人間はダメなんだ?
お前の身勝手な線引きで切り捨てられる人間以下の生命の身にもなってみろ。



106 :存置派:2009/12/09(水) 01:00:29 ID:BYBts3VV0
>>82
…あー…お前の国では報道されてないのか、
日本に住んでて、その上で目をそむけているんだかは知らないが、
拉致被害者の中には、十中八九殺されてしまったのだが
「家族が余りに可哀想なので生きていると言うことにしている」という人も居てなぁ…
お前みたいなのが「いや死んでるんだから拘るなよ」と言い出して、「空気読め」と総すかん食らったんだけどさ。

幾らお前さんが無知無学だったとしても、自称米国在住なら
スターリン支配下のソ連がどういう場所だったかぐらいは知ってるだろ?
今の北朝鮮は、あれと一緒か、あれよりひどいのさ。
拉致された他の人たちも大体、粛清に怯えながら、望まぬ場所で、望まぬ行為を、望まぬ相手に強いられながら生きてきたわけでね。
…冗談でも「ほっとしただろう」なんて言うもんじゃねぇよ。

でね。
無防備過ぎるのは、そいつはそいつでよろしくないってのは、一般常識だ。
だが、コンビニで強盗が起きたら、一番最初に責められるべきは、
夜間巡回をしなかった自警団じゃなく、コンビニ強盗ってのも一般常識だ。
まして自警団が夜間巡回をしなかったことが、強盗の罪を減刑させる要素にはなりはしない。
何故か? 責められる行為、果たすべき責任の相手と内容がまったく違うからだ。

話を元に戻すなら、犯罪者が凶悪犯罪に及んだことについて、その機会を与えた者は道義上や職務上の責任を負う。
犯罪者が前科者の場合だったら「厳罰化は何の意義もありません!」なんて叫んだ阿呆は、その中の筆頭だな。
だけど、そいつは凶悪犯に死刑を下せない理由にはまったくならない。

…受け売りやるなら、元ネタの奴が喰らってた批難についても知っときな。
新興宗教に狂うと得てして判断力が減退するが、お前さんはちょいとひどいぞ。

107 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 01:05:15 ID:RUwyqp9O0
>>104
在日韓国人や在日朝鮮人は日本国籍を取得すればなんの問題もないこと。
日本人になったら、日本人らしい姓名にしなければならないということでもないでしょ。
外国人が外国人として日本の政治に参加する、というのがおかしいんでしょ。
なんで、そんなこともわからないのか…
確かに、秀吉の時代、何万という朝鮮人が拉致され、日本に強制移住させられたという歴史があります。
そういう人達の子孫で、「是非祖国に帰りたい!」という人が居れば、
「一時金でもあげて、帰ってもらったらいいのです」

108 :存置派:2009/12/09(水) 01:15:09 ID:BYBts3VV0
>>100
どうでもいいんだけどさ。
お前、どの人間の命にどれだけの価値を感じるかってのも
人それぞれなんだよなって考えたことある?
…あるなら「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、
テロリズムを肯定するということである」だの何だのはいうわけはないか。
命の「存在」の客観性と、命の「価値」の客観性を、お前がごっちゃにしてるのが
恐らく、今お前と誰かさんが抱えてる論争の根源だろうよ。

まぁ「人が人を殺してはいけないって題目の成立のためなら、実際の犯罪の増加など知るか!」なんて言い出した
自分の正義を妄信しきった或る廃止派よりゃ、人命尊重の立場の方が価値の共有って意味でマシってもんだがね。

…ところでさ。何度指摘されても「ソースは俺の脳内会議!」って言い張るわ、
或る場所で自ら「結局存置州と廃止州で大きな違いはない!」って自ら言っちまったソースを
そ知らぬ顔で「これが廃止の良い影響の証拠でございます」って言い出すわって馬鹿が居るんだけどよ。
そいつは人命を尊重してるっていうのかねぇ? 
それとも、自分の妄想を人命より尊重しちゃう狂人っていうのかねぇ?

109 :存置派:2009/12/09(水) 01:19:07 ID:BYBts3VV0
しかし、まぁ、yurikoや観念をアスペルガーだなんて、的外れもいいところだな。

いいかい? アスペルガー症候群には
「自分の興味のあることに関しては、高い忍耐力と集中力、記憶力を示す」って特徴があるんだ。
この二人が、一体何の分野において、一般平均よりマシな知識量を示したことがあるんだい?

110 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 02:08:41 ID:RUwyqp9O0
訂正>>81
>「当たらずともいえなくとも遠からず」↓
「当たらずとも遠からず」
>>106
>「家族が余りに可哀想なので生きていると言うことにしている」という人も居てなぁ…
→( ̄^ ̄)/質問です。
それは、既に死んでる人が「生きてることにしてくれ」と頼んだのですか?
意味不明ですね。
>一番最初に責められるべきは、
夜間巡回をしなかった自警団じゃなく、コンビニ強盗
→お前、アタマ悪すぎ(爆笑)
私は犯罪者の弁護をしようとしてるのではないのです!
犯罪被害者が加害者を民事訴訟で訴えることは珍しくありません。
大いに訴えるべきでしょ。
しかし、もし、加害者に支払い能力がなかったり、トンズラされたら、どうすればいいのでしょうか?
泣き寝入りするしかないのでしょうか。
やはり、犯罪被害というのは、自然災害の被災者と同様にみなして、自治体(必要なら国庫からも)が中心となって、
支援・援助するべきでしょ。
たとえば、沖縄の野山を歩いていて、ハブに噛まれたとします。
自治体が「ハブ対策」を十分に行っていなかったことが責められるとは当然として、
1ハブの出没しそうな所には近付かない 2万一噛まれても大丈夫なように、厚手の服を着る 3他県に引っ越す
などの予防策をするべきでしょ。
>強盗の罪を減刑
→犯罪が起きてしまった事実と、環境的酌量要件を考慮するのは全く別のことです。
たとえば、心神耗弱状態の基準を厳しくしたり、刑事処罰の対象となる年齢の上限を下げるとか
ーそういうのを「司法の厳罰化」とかいうらしいですが、そういうのは、一種の政治的パフォーマンスと呼ぶべきで、
実際の効果はありませんね。
たとえば、アメリカ映画「13日の金曜日」では、ジェイソンという怪物精神異常者が病院を
抜け出して、次々に人を襲うという設定です。
そういう事件は現実の世界でも起こっているだけに、説得力があるように思われますが、
実際にああいうことが起きるのは、滅多になく、たまたま犠牲になってしまった人が「御気の毒」というだけなのです。
話は変わりますが、現在、鮫の濫獲によって、鮫が絶滅する危機もあるそうです。
「鮫の濫獲」は、なにより、「フカヒレスープ」のせいというより、映画「ジョーズ」によって、
「鮫は危険な生き物」という間違ったイメージによって、濫獲されたのが一番の原因だそうです。
ところが、鮫が人間を襲うのは、宝くじで一等に当たったり、雷に撃たれて死ぬよりも稀な出来事だというのです。
だからといって、無防備でいろ、と言うわけではありません(苦笑)
犯罪対策にしても、まずは、危険な場所や危険な人達には近付かないという、防犯対策を第一にするbべきなのです。
「飲むなら乗るな!」「飲んだら乗るな!」が最大の飲酒運転による事故を未然に防ぐ指針なのです。


111 :存置派:2009/12/09(水) 02:42:19 ID:BYBts3VV0
>>110
>それは、既に死んでる人が「生きてることにしてくれ」と頼んだのですか?
お前が本当の阿呆なのか、日本語をほとんど読めないのか、判断がつきかねるが…
まぁどこの国の人間なのかはわからんが、ニュースを見ない部類の人間ってのは判断できた。
或る拉致被害者は、明らかに死んでいるが、周囲が「その人は生きている」ということにしている、ということだよ。
…これなら、外国人でもわかる日本語だよな…?

>犯罪が起きてしまった事実と、環境的酌量要件を考慮するのは全く別のことです。
ま、そういうこった。
というわけで、犯罪を起こさない環境をつくらなきゃいけないからって、死刑を差し控える必要はまったくない。
むしろ「人が人を殺すのはー!」とか叫ぶ宗教家に従って、凶悪犯が野に放たれたり、国家が彼らの面倒を見るよりは、
確実・安価に死刑を執り行い、再犯を防止するとともに、犯罪対策の費用を得る方が、防犯対策としては上等だ。

あ、ちなみに、また無知をさらしているようだが、
厳罰化はしばしば効果が確認されるよ。
日本において、近年飲酒運転が厳罰化されたが、効果は見てのとおり。
むしろ「厳罰化に意味はない!」と叫ぶ人間ほど、事例を持ってこれないのが現状だ。

恵まれない教育環境の下にあったようだが、人生で取り返しのつかないことは少ない。
今からでも、しっかり情報を収集し、勉強に勤めれば、君でも高卒や大卒の人間と同じ生活を送れるよ。

112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 03:36:49 ID:1rhzT1ME0
市橋の事件、押尾の事件を【必要以上に報道して】鳥取・豊島区の詐欺女の不審死を世間の目から消し去ろうとしてる

マスゴミ&内閣府男女共同参画&法務省、どっかの宗教法人とどっかの人権屋も



113 :規則による強制より、良心を育てるべきだ:2009/12/09(水) 03:52:02 ID:RUwyqp9O0
>>111
>近年飲酒運転が厳罰化されたが、効果
→飲酒運転の危険性が、より広く認識されるようになった、という教育効果が最大のものでしょ。
厳罰化とは、法律に罰則を明記するということで、「私達の社会は飲酒運転に厳しい態度で臨みます」
という意思表示だからこそ、効果があったのです。
何を厳罰というのかが問題なのです。
ある累犯老人は、刑務所を福祉施設として利用しようとしているだけで、罪の意識はないのです。
もし、軽い罪では、刑務所に入所できないとしたら、エスカレートしてより重大な罪を犯すだけでしょ。
「他人に迷惑をかけてはいけない」→たとえ自分がひもじい思いをしようとも!
という倫理道徳教育こそが重要なのです。
小学校の体操の授業で、先生がよそ見をしている隙にサボル生徒を育ててはならないのです。
「人が見ていようがいまいが、規則(倫理道徳)を守る」生徒を育てるべきなのです。


114 :義人:2009/12/09(水) 04:24:51 ID:VZ6J0oQK0
>>113
横レスになるが一言。
だからこそ、人を私利私欲のために一人でも殺してしまったら死刑、またはそれ以上の刑への
厳罰化には意味があるんじゃないのかな?
おまえさん、飲酒運転の厳罰化を認めてるんだから上記の思想に賛同しとるんだろ。

それとな、5行目からの文はまったく上の4行にかかってないし意味不明だから、もう少し分かりやすくたのむ。


115 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 06:05:56 ID:2xywno7D0
>>99
磯野=山田?
あの山田が人格崩壊したの?


>>100
>当然、更生

更生のプランを具体的に言えるのか?
全く考えていない(というか、こういうとこだけ専門家まかせにする)のでは、
君の話は絵空事だ。

まだ、「何も考えていませんが、とにかく死刑反対です」って正直に言った
ほうがマシじゃないか?いい加減、素直なお馬鹿さんになったらどう?


116 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 06:06:44 ID:yuE4uDKuO
>>100
>人は存在するんだろ?じゃ「人命は存在する」だろ?
そこまではOK?それともNG?

は?
だからさぁ、>>96

「人が存在していれば人命は絶対的客観である」の証明と

「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先するということは、テロリズムを肯定するということである」の証明をしてくれればOKだという事を書いたんだよ。


早く証明しろよ。かれこれ一週間近く待ってるんですけどー?


117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 06:19:08 ID:bKfPaW450
>>113
>「他人に迷惑をかけてはいけない」→たとえ自分がひもじい思いをしようとも!
>という倫理道徳教育こそが重要なのです。

お前自身がまずそういう倫理道徳教育を身につけるべきだ。
お前がこのスレでいちばん迷惑な猿なんだけど・・・。

118 :磯野波平:2009/12/09(水) 09:40:41 ID:DLqM5yDsO
お願いじゃ〜!! 誰かわしのウンコを食ってくれ〜!!

119 :磯野波平:2009/12/09(水) 11:19:36 ID:DLqM5yDsO
アッー
ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり
アッー アッー

120 :磯野波平:2009/12/09(水) 11:26:58 ID:DLqM5yDsO
ぬるぽ(^^)

121 :磯野波平:2009/12/09(水) 16:19:10 ID:DLqM5yDsO
誰かおらんのか…ガッすらされんとは…過疎ったもんじゃわい

122 :磯野波平:2009/12/09(水) 17:19:27 ID:DLqM5yDsO
test

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 18:01:34 ID:ND5/U8mz0
あはは、目を離したすきに、また観念君が嘘を吐いてるね。

>>47
>地球の相対概念まだー?天球は相対概念ちゃうよー

あれ、なんかいきなり間違ってるね。君の個人ルールはいけないよ。
地球の相対概念は、天球です。 現在も使ってる概念なんだよ。

>>100
>人は存在するんだろ?じゃ「人命は存在する」だろ?
>そこまではOK?それともNG?NGなら証明して

まだ、こんな子供じみた言い訳してるのか、観念君は。ダメダメだね。

人命の存在ねぇ〜。
脳死の人間に対して、ある人間は「命」は存在しないとし、
ある人間は「命」は存在するとしている。「人命の存在」なんて主観だよ。
だから「命」の定義は誰が決めたのかって聞いてたのに。
君は、答えずに逃げ回ってるんだもんな。丁度いいから、この際答えてよ。

はい、結局は「命」が絶対的客観なんてブラフでFAです。

ま、折を見て観念君はスルー。

124 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/09(水) 18:31:14 ID:uQcngLvW0
>103 現状がベターだ。
> なぜベターかって?この世に完璧なんて無いからさ。

なるほど。ソンチにとっては「この世に完璧はないから死刑存置がベター」ということですね。全く説得力無し(いや彼らに無いのは向上心か?)

> 君は自分が完璧なのかい?

完璧の定義による。満月のまん丸さは完璧。皆既日食も完璧
こないだテストで100点取ったけどこれも完璧。42.195km完走した。完璧
「>75 「人命は存在している」の証明まだー?」も、その馬鹿さ加減において完璧
完璧って幾らでもあるじゃん。それともお前は100点満点が完璧ではないとでも言うのかな

>116 早く証明しろよ。かれこれ一週間近く待ってるんですけどー?

死ぬまで待っててくれ。いい宣伝になる

>123 地球の相対概念は、天球です。 現在も使ってる概念なんだよ。

せめて実在する相対概念でお願いします。天球は概念上「でしか」存在しない

> ある人間は「命」は存在しないとし、
> ある人間は「命」は存在するとしている。

定義が明確に定まってないだけじゃん

> 「人命の存在」なんて主観だよ。

でもお前の人命は、少なくともさっきまで存在してたじゃん。これが客観。分かる?
脳死という極端な例を出してwzwz論点ずらし乙でした

> だから「命」の定義は誰が決めたのかって聞いてたのに。

命に限らず、定義は全て個人が決めるんだよ。だから愚問だって言ったのに

> はい、結局は「命」が絶対的客観なんてブラフでFAです。

逆に「人命が相対的主観にしか見えない人間はソンチと犯罪者とテロリスト」でFA

125 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/09(水) 18:33:11 ID:uQcngLvW0
ところで姐さん読んでる?

ちらっと見掛けたけど、痴漢に遭う方も悪いとかなんとか

痴漢の原因は100%痴漢した者ですよ。仮に電車で全裸でいようと、痴漢していいことにはならない(普通は服を着せようとするもの)
痴漢の原因は被害者にもある(被害者も悪い)、なんて考えは間違いです

126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 18:39:40 ID:ND5/U8mz0
>>124

>せめて実在する相対概念でお願いします。天球は概念上「でしか」存在しない

天球が、地球の相対概念だと認めるんだね。OK!。

>定義が明確に定まってないだけじゃん

神様が定義でもするのかい?子供みたいなことは言わないでちょーだい。

>でもお前の人命は、少なくともさっきまで存在してたじゃん。これが客観。分かる?

君が、俺の存在を認識してるからこんなことが書ける。
君の認識が入ってるの理解できるかな?

>命に限らず、定義は全て個人が決めるんだよ。だから愚問だって言ったのに

命の定義を個人が決めてるなら、その命の存在が絶対的客観なんてブラフでFAです。
はい、終了。

命の存在を絶対的客観なんて言う君は、愚者の楽園に帰った方がいいね。

127 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/09(水) 18:57:08 ID:uQcngLvW0
>126 天球が、地球の相対概念だと認めるんだね。OK!。

答えの一つとして間違いではないよ。でも解答としては△。50点
実在する相対概念、まだ?

> 神様が定義でもするのかい?

定義するのは常に人間だろ

> 君が、俺の存在を認識してるからこんなことが書ける。

俺が認識してないところでもお前は書けるだろ

> 君の認識が入ってるの理解できるかな?

お前の「主観」の定義がよく分かる一文だな

> 命の定義を個人が決めてるなら、その命の存在が絶対的客観なんてブラフでFAです。

お前が生まれる前、お前の母親は生物学的に生きてたんだよ。これも絶対的客観
そんなにブラフが好きならこれ反論してみ↑

128 :磯野波平:2009/12/09(水) 19:10:30 ID:DLqM5yDsO
死刑大好きっー!!!
ヒャハッー!!!
どんどん殺せっー!!!

129 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 19:31:26 ID:ND5/U8mz0
>>127

>答えの一つとして間違いではないよ。でも解答としては△。50点
>実在する相対概念、まだ?

あはは、地球て概念も人間が作ったもの。君の点数なんて当てにならないよ。
人間がいなくなったら、地球ではなく「何か」。「何か」と言うのも自分の主観だけどね。
残った動物かなんかが「地球」なんて概念持ってるの?

>定義するのは常に人間だろ

なら、やっぱり、命の存在が絶対的客観なんてブラフでFA。

>俺が認識してないところでもお前は書けるだろ

一度認識しちゃったから、認識の拡張で書けるよ。
でも君のこと知らなかったら書けないね。

>お前が生まれる前、お前の母親は生物学的に生きてたんだよ。これも絶対的客観
そんなにブラフが好きならこれ反論してみ↑

君も一生懸命頑張ってるから、2点あげるよ。
あはは、「生物学的に生きてたんだよ。」これで、すでに絶対的客観じゃないじゃん。

ところで、イエスキリストって父親いないんだっけ?


130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 19:34:12 ID:yuE4uDKuO
「人が存在していれば人命は絶対的客観である」の証明まだー?

「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先する事がテロリズムを肯定する事である」の証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?


廃止派は誰も答えられないのかい?


131 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 19:35:46 ID:ND5/U8mz0
>>127

脳死に関して反論無いの?

132 :磯野波平:2009/12/09(水) 19:38:33 ID:DLqM5yDsO
>>131
お前わしのケツの中でションベンしろ!!

133 :なんでん観念:2009/12/09(水) 19:44:09 ID:Nqbzd4t70
観念万年君、君の答えは平凡で子供だ。また私の想定内の答えでがっかりだ。完璧があるのならもうゴールしいる。
人間は今がベターであるからベストを目指す。それに、完璧という言葉に乗ることじたい、不完全だ。傷一つ無い
真球の作成は人間の悲願だが、おそらく永遠に無理だろう。100点のテストで満足できるなんて幸せだ。それ以上の
進化が無い。やはり経験という金で買うことのできない進化を手に入れられなければ君の観念は具現化できない。
まあ、各質問に答えられないことが完璧なら君の完璧はパチンコ玉ぐらいなのかな。

134 :磯野波平:2009/12/09(水) 19:47:04 ID:DLqM5yDsO
>>133
ああ…つぎはションベンだ…

135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 20:11:31 ID:ND5/U8mz0
>>129
>お前が生まれる前、お前の母親は生物学的に生きてたんだよ。これも絶対的客観

後、君に注意しとくけど、
子供がいるから親がいるという事について語るのは、相対概念から導いてることになるから。

ゆっくり、きちんと考えた方がいいよ。
子供の命が認識できるから親の命も相対的に認識できる、やっぱり命の存在って相対的だね。

じゃ。

136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 20:12:09 ID:bKfPaW450
>>125
yurikoをここに呼ぶな!
あの人格破綻者が来てまともな話になったためしは一度たりともない。
必ずスレが荒れてみんな殺伐となる。
だからあいつだけは絶対に呼ぶな!
観念の独り言だけで満足していてくれ!

137 :磯野波平:2009/12/09(水) 21:26:58 ID:DLqM5yDsO
フネのクッサイまんこなんざ、もう必要ないわい。わしには>>136がいてくれれば…な!

138 :Io sono CAZZO!:2009/12/09(水) 21:31:12 ID:bKfPaW450
>>137
お父さん、そんなフニャフニャじゃ僕のアヌスにおちんちん入らないよ。
ちゃんと固くしてよ。


139 :磯野波平:2009/12/09(水) 21:33:30 ID:DLqM5yDsO
>>138
しーましェーン

140 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/09(水) 21:39:09 ID:uQcngLvW0
>129 あはは、地球て概念も人間が作ったもの。

概念を作る前から地球はあったじゃん
否定するなら証明して

> 残った動物かなんかが「地球」なんて概念持ってるの?

チンパンジーくらいの知能なら「チンコ」と思うかもしれない。で空を仰いで「あれはウンコ」
知的生命体が現れる前から生命体を宿すであろう星は存在する
それも分からないのがソンチクォリティ

> なら、やっぱり、命の存在が絶対的客観なんてブラフでFA。

お前の知性の無さも絶対的客観だな

> でも君のこと知らなかったら書けないね。

論点ずらし乙

> あはは、「生物学的に生きてたんだよ。」これで、すでに絶対的客観じゃないじゃん。

「生きていた」という俺のセリフと、「生きていた事実」との区別もついてない、ということか・・orz

> ところで、イエスキリストって父親いないんだっけ?

それ証明して

>131

何番の話?

>135 子供がいるから親がいるという事について語るのは、相対概念から導いてることになるから。

子の相対概念が親であることは確かだが、それはお前の母親がこの世に存在した客観的事実とは別の話

> 子供の命が認識できるから親の命も相対的に認識できる、

少しは「認識」を離れた概念を想像できんのか?その程度の知能くらいあるだろ?もっと脳味噌使えよ。お前を産んだ母ちゃん嘆くぞ

>136

今後はコテ付けてくれないかな。「yurikoコンプレックス」って
そしたら「yurikoコンプ」でNGにできるからさ

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 21:41:34 ID:8tMGdY3P0
早い話糞廃止派どもは、家畜の肉を喰らい虫ケラの命を奪っても死刑囚の命は奪ってはいけないと言う
矛盾を正当化できる意見は無いと言う事でFA

人間の命と虫ケラの命を同等に扱った事への侮辱レスが返ってきただけ。
種族と言うDNA配列の違いを理由に生命の価値に優劣つける方が余程生物を侮辱してるとは思うが。
言ってみりゃ個人個人DNA配列は違うんだけどな。こいつらの判別基準って一体何よ?
んじゃサルやオランウータンなどの霊長類は人間ではないからゴキブリと同じように殺すのは赦されるって事か。ふむふむ。
以上論破完了。

142 :yuriko trauma:2009/12/09(水) 21:49:52 ID:bKfPaW450
>>140
どうしてこんなにいやらしくしゃぶって上げてるのに固くならないの?

143 :磯野波平:2009/12/09(水) 22:00:30 ID:DLqM5yDsO
>>142
わし…やっぱり阿部くんにやってもらわないと…勃たないみたいじゃのー

そうじゃ。いいこと思いついた!お前わしのケツの中でションベンしろ!

144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 22:04:32 ID:bKfPaW450
>>143
お父さんのシワシワのアヌスなんか嫌だぁ!
観念君にぶち込みたい!

145 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 22:21:34 ID:yuE4uDKuO
「人が存在していれば人命は絶対的客観である」の証明まだー?

「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先する事がテロリズムを肯定する事である」の証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?

バ観念は結局証明出来ずに質問返しで逃げ回ってるから、代わりに他の廃止派の誰か証明してちょーよ。


146 :存置派:2009/12/09(水) 22:23:11 ID:BYBts3VV0
>>113
で、お前が望もうが望むまいが、死刑の廃止は、今まで奪っていた命を奪わなくなる以上、
「私たちの社会は凶悪犯に今までより優しい態度で臨みます」という意思表示になるのだがね。
そもそも、厳罰化による社会の意思表示を肯定するか否定するかも
お前自身が判断ついちゃいないようだが。

あとさ「自分がひもじい思いをしようとも他人に迷惑をかけてはいけない」というのは当然の倫理だが、
「他人にひもじい思いをさせて、他人に迷惑をかける個体を生き長らえさせる」ってのは
お前の中で倫理的にオッケーな部類なのかねぇ。

147 :存置派:2009/12/09(水) 22:44:26 ID:BYBts3VV0
>>129
キリスト教において、イエスの「父」は神だが、
ゼウスみたいに化けて姦ったわけじゃないし、
そもキリスト教は「人類皆神の子」だし。
後付設定に近いけど、後の「三位一体」と合わせて解釈するなら
生殖的な意味での「父」はいないと考えていいんじゃないのか。

あ? 実在の方のイエス・キリストの種の主?
んなもんマリア様の浮気相手に決まってるじゃねぇか。

148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/09(水) 23:59:57 ID:1Z/HsoLD0
またどうでもいい論点でうだうだ言ってんだなw

149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 00:04:14 ID:6gqSaBRK0
>>140

>概念を作る前から地球はあったじゃん
>否定するなら証明して

『地球』は無かったよ。だって、人間が地球だって名前付けたんだからね。
(合わせて天球も)
そして、今現在、この地球を認識してるからその拡張でこの星が、
自分がいないとしても存在してることを想像できるね。

>知的生命体が現れる前から生命体を宿すであろう星は存在する

その星について、具体的に語ってみて。君が認識してる星以外で。
存在してるんだから、その星の情報詳しく教えてよ。

>お前の知性の無さも絶対的客観だな

ははは、こんなことわざわざ書くなんて子供だね。

>> でも君のこと知らなかったら書けないね。
>論点ずらし乙

認識が関係あるか無いかの議論で「論点ずらし」とは逃げ&情けない返答だね。
君も俺のこと認識してなかったら、俺についても、かつ、相対的に母親についても書けてないのは事実。

>「生きていた」という俺のセリフと、「生きていた事実」との区別もついてない、ということか・・orz

ははは、生物学的なんて限定しちゃってるところが笑いどころ。
でも、中身を相対的に導いてしまったところが、さらに笑えるけど。

>> ところで、イエスキリストって父親いないんだっけ?
>それ証明して

生物学的解釈と宗教的解釈の異なる意見が存在することは理解してるよ。違うの?

>何番の話?

>>124で、君が脳死に関する命の存在について回答を逃げたことを聞いてみたんだよ。。
命の定義を人間がしてるんだから命の存在って主観です。違うならさっさと反論。

>子の相対概念が親であることは確かだが、それはお前の母親がこの世に存在した客観的事実とは別の話
>少しは「認識」を離れた概念を想像できんのか?その程度の知能くらいあるだろ?もっと脳味噌使えよ。お前を産んだ母ちゃん嘆くぞ

ははは、残念賞。俺のことを君が認識したから、相対的に君が導けたことです。
俺のこと認識してなきゃ、当然上記を含め相対的に母親のことも書けない。
もっと、きちんと考えなきゃ。「母親」って書いちゃった時点で君の致命的なミス。

存在した客観的事実を論じたいんであれば、俺が書き込みする前の時点で、
本人を直接指定して書かなきゃ。それにしても、ここでは絶対的って言葉が抜けてるね。なぜ?

>>147
存置派氏、これに関して複数の解釈が存在しちゃうんだよね。
もちろん、自分は生物学的な解釈を支持するけどさ。

複数の解釈が存在する時点で絶対的じゃないということを観念ボウヤは理解してない。

150 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 00:35:02 ID:1+CyGPH90
>>141
>種族と言うDNA配列の違いを理由に生命の価値に優劣つける方が余程生物を侮辱してるとは思うが。
相手が人間であれ、家畜であれ、虫螻であれ、「生き物を殺してはいけない」という戒めは古くから人々の心に根付いているが、同時に、人間は生き物を食さなければ生命を維持・向上できないし、草食より肉食の方が栄養摂取効率が高いことも本能的に知っている。
しかし、死刑囚の命を奪わずとも我々は生命を維持・向上できる。
>言ってみりゃ個人個人DNA配列は違うんだけどな。
ヒト同士の違いなんて1%もない。霊長類等、ほ乳類同士でもそんなには違わない。ゴキブリ等、節足動物とはさすがに違いが大きい。

151 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 00:49:11 ID:bss8G/nz0
横レス失礼。

懐疑論を突き詰めると、世の中の全ては実在するものなのか観念上の幻なのか
解らないという答えしか出てこないと思うよ。
天も地も、更には自分の肉体すらも、もしかしたら幻なのかも知れないよね。
だからそれを感じている自分の精神の存在以外は全て確認不可能なもののはず。
(つまり、"Je pense, donc je suis.")

でもさあ、そんなことを死刑存廃の議論に持ち出すのは筋違いだと思わない?
そろそろ空気読もうよ。
みんな偏った知識をひけらかすんじゃなくて、幅広い目で語りあわない?

152 :なんでん観念:2009/12/10(木) 00:59:51 ID:eIuAfFg30
>>151
ご意見ごもっともなのですが、ここは子供の遊び場になってしまいました。新しくスレ立ても
子供の長文で埋まってしまいます。それに、2チャンの戯言ですので、大目に見てやってください。
観念万年君はもう、自分を見失っています。空気を読むというのは才能と経験を伴います。

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 01:14:06 ID:bss8G/nz0
>>152
まあ、そうですね。
はっきり言って、ここは観念君やyuriko君をいじって遊ぶスレですからね(苦笑)
彼らも、はっきり言って遊ばれていることに気付くことが出来ないほど視野狭窄に
陥っているようですし、遊びと割り切ればそれはそれで良いのでしょう。

154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 01:41:26 ID:6kOT3l5M0
>>150
>人間は生き物を食さなければ生命を維持・向上できないし、草食より肉食の方が栄養摂取効率が高いことも本能的に知っている。

答えになってない。その栄養効率とやらが高いから殺して喰って良い理由を答えろ。
穀物でも生きて行けるなら精進料理で我慢すりゃ良いだろ。
まあそもそも欧米人に比べて日本人の腸は肉を喰らうようには出来て無いんだけどな。
喰うためなら赦されるって理由だけなら死刑囚の肉も殺した後誰か食いたい奴に食わせれば良いだけ。

>ヒト同士の違いなんて1%もない。霊長類等、ほ乳類同士でもそんなには違わない。ゴキブリ等、節足動物とはさすがに違いが大きい。

DNA配列が あ ま り 違わなければ殺しちゃダメで違いが大きければ殺してよいのか。そうかそうか。
ますます判断基準が曖昧で分からなくなってきたわw

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 03:14:02 ID:bss8G/nz0
米中西部オハイオ州で8日午前(日本時間9日未明)、全米で初めて1種類の
薬剤を注射する方法で死刑が執行された。同州では9月、それまでの3種の薬剤
注射による死刑執行に失敗し、新たな方法の導入が決まっていた。米国で死刑を
維持する他の34州は、3種類の薬剤注射で執行しているが、今回のケースが
他州に影響する可能性もある。

156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 05:22:14 ID:g3cpxqmk0
>>125
>痴漢の原因は100%痴漢した者ですよ。仮に電車で全裸でいようと、痴漢していいことにはならない(普通は服を着せようとするもの)
痴漢の原因は被害者にもある(被害者も悪い)、なんて考えは間違い
→いえ、私が言ってるのは、「犯罪が起きてしまってから、責任論を述べてもあまり意味がないのではないか」
ということですよ。
やはり、根本には防犯があるべきだし、犯罪が起きてしまってから、「いかに応報的に
厳罰に処するか」を論議しても、あまり意味がないのでjはないか、ということです。
1997年少年Aの事件が神戸家裁本庁に送られ、井垣康弘判事が裁くことになりました。
井垣氏はその時の体験を中心に「少年裁判官ノオト」を出版しました。
私は少年事件がどう処理されるのか全くといっていいほど、知りませんでした。それどころか、
「ばんばん、厳しく取り締まるべきだ1」などと、無責任なことを思っていました。
ところが、同書はまさに「目から鱗」というものでした。
井垣判事の信念は、「刑罰は教育」で、それに判事人生の全てが集約されているようにも思えますy。
そこで、「修復的司法」が中心的活動になったのです。

157 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 05:29:50 ID:bss8G/nz0
>>156
はいはい、偉そうに書き込む前に、まずは自分の文章を読み直してから
書き込む癖をつけましょう。
何度言われてもあなたは「再犯」しますね。
起きてしまった罪は仕方が無いと投げやりな態度をとるようではいつまで
経ってもタイポ病が治りませんよ。
失敗を犯す前に食い止める努力をするべきです。


158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 05:30:47 ID:bss8G/nz0

続、続、続と頭の悪い連投も止めましょう!

↓ ↓ ↓ ↓



159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 05:55:27 ID:g3cpxqmk0
続1
井垣元判事は「藤原正仁君事件」を中心にして、修復的司法のこころみを紹介しています。
審判で、被害者側は叔父さん(呼ばれていなかった)が発言をしました。
「かわいい甥が、まるで蟻を踏みつぶすように殺された。顔は黒ずんで二倍に膨れ上がってうぃた。
あの死相を見れば、加害者全員を殺してやりたいと思う。私が殺してやる。そのため死刑になってもよい。
賠償金の額の問題ではない」
これが犯罪被害者の共通する気持ちではないでしょうか。
犯罪の内容が痴漢だろうが、すりだろうが、被害者感情は「絶対に許せない」というものではないでしょうか。
私が言ってるのは、犯罪者側の言い分(大抵の犯罪者は、「あのとき、ああするしかなかった」という)を聞こうというものではなく、
如何に、犯罪者に犯行を思い留まらせるか。ということなのです。
近年、深夜、ペッパーランチ店で一人で食事をしていた女性に、従業員が襲いかかり、拉致した上、レイプされました。
全く仰天!としかいいようがありませんでしたが、やはり、その女性の行動に「?」と思ったのは、私だけだったでしょうか。
防犯が第一なのが当然としても、加害者は何故、自分の人生を棒に振ってまで、暴力犯罪(10年の懲役!)を犯してしまったのでしょうか。
それを考えないと、また同じような事件が起こるかもしれない、ということです。

160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 06:29:25 ID:ex5YqAZM0
俺死刑は当然でさらに死刑にも種類を作るべきだと思う。
ひどい殺人事件なんかの場合、その被害者の遺体から推測する事ができる
すべての同じ苦痛を死刑囚に与えるべき。被害者はその痛みだけでなく
命を身勝手に奪われているのだからその痛み以上の苦痛を与えるべき。

首吊なんて生ぬるい。絶対におかしい。

161 :義人:2009/12/10(木) 06:46:32 ID:3Ncfn8ZH0
>>156
おまえさんは、日本の少年法を知らんのか?
成人とは根本的に対処が変わるんだよ、未成年には更生が第一って考えだからそうなるわけだ。
それを成人した国民全てにあてはめて考えるのはおかしいし、その判事もそんな勘違いするやつがいるとは夢にもおもわず本を出版したはずだ。
罪を犯したら償う、これが当たり前で更生や教育はそのあとにやればいい。不可能と判断されたやつに死刑判決がくだる。

>>159
犯罪加害者を出さないように防犯をする。犯罪加害者が出たら刑罰を与える。
なんでおまえさんは前者だけにしようとするんだ?
両方やっていけばそれでいいし、ベストだろう。

おまえさんの文章を読んでいると、加害者擁護ばかりしている。
あげくには被害者に全ての責任があるようにさえ宣う……おまえさんは犯罪者なのかね?

162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 06:49:44 ID:1+CyGPH90
>>154
念のため言っておくが俺は >>100 ではないし、死刑廃止論者とも限らない。何をそんなに興奮しているのか?

>答えになってない。その栄養効率とやらが高いから殺して喰って良い理由を答えろ。
君に命令されるような憶えは一切ない。
俺は善し悪しについてなぞ一言も書いたつもりはないが、栄養摂取効率が高いということは、その分、生存競争においてより有利に働くことは確かだろうな。

>穀物でも生きて行けるなら精進料理で我慢すりゃ良いだろ。
そうしたい人はそうすればよいよ。
ちなみに穀物も生物だけれど、では何故君は動物よりも穀物を食することを奨める?
そこには、自分により近しい存在の死をより強く悼むが、より遠い存在の死にはより無頓着になっていくという、我々生来の感情特性があるからではないのか?

>喰うためなら赦されるって理由だけなら死刑囚の肉も殺した後誰か食いたい奴に食わせれば良いだけ。
「だけ」なぞとも書いた憶えはないが、君は死刑囚の肉を誰かに食べさせたいのか?

163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 06:52:46 ID:xJsjK7550
日本では修復的司法なんかいらない。
被害者の被害回復、社会復帰だけでいい。

被害者と加害者の相互理解なんかできやしない。
なぜなら被害者に対する支援が少なすぎるからだ。
英国の修復的司法を真似ようとするなら、まずは被害者支援を主張しろ(日本の被害者支援は英国の数十分の一)。
被害者の心が復讐以外で満たされる為には、精神的支援・経済的支援など損害回復の支援が必要不可欠。
それが無い現状で、修復的司法の名の下に刑務所だけ快適にしているのは大きな間違い。
修復的司法の名を悪用しているようにしか思えない。

完璧な修復的司法でさえ、欠陥は指摘されている。
刑務所が快適になり過ぎる事により、いくらでも犯罪を犯そうとする者が現れるという事だ。

人は本来ずる賢い生き物で、利用できるものなら何でも利用する。
刑務所が快適になれば、教育論以前に、いくらでも刑務所の環境が良い事を利用して犯罪する輩が出てくる。

せめてもの歯止めは死刑制度だけだ。

日本の現状において修復的司法の名は毒でしかない。

>>159
ペッパーランチ事件は営業時間内の事だろ。
まさか店内でそんな事されると思うかよ。
何が防犯だ。
義務違反を犯していない人間には落ち度は全く無い。
法令順守義務を犯した加害者が100%悪い。
常識だろ。
死刑廃止論者はそこまでして犯罪者擁護がしたいのか。

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 06:58:38 ID:j97TB05j0
続2
このことは、もう常識となってるのかもしれませんが、少年が凶悪犯罪を犯しても、
服役するのは、せいぜい数年なのです。
死刑と無期懲役の差があまりにも大きい、ということが話題になりますが、
大人が受ける刑事裁判と少年が受ける審判の間では、天地雲泥の差があるのです。
刑法41条には14才に満たないものは罰しない。とありますが、当然のことです。
同39条には心神喪失状態では、罰することなく、心神耗弱状態での犯行は、減刑するとありますが、
これも当然でしょう。
もしも、刑罰の目的が「復讐(被害者が溜飲するため)」であれば、全くフェアーではありませんが、
「やられたらやり返す」は全く不毛で、意味がないのです。
大島渚監督「絞死刑」では、死刑が失敗して、そのショックで死刑囚が記憶喪失になってしまうというものですが、
これは、実際の死刑の不毛さを皮肉・冷笑的に描き、批判したものです。
少年犯罪の場合、少年は可塑性が富んでる故に(ねんどのように作り変えが容易!)、罰より矯正に重きが置かれてるのです。
しかし、少年と大人の境目は誰がどう、判断するのでしょうか。私達は、自分達の人生を振り返るとき、
「この瞬間に大人になった」と言い切れる「とき」はあったのでしょうか。
まして、このスレのテーマ「死刑の存廃」を考えるとき、人は犯罪を犯してから、全く変わることのない人格を
維持するものなのでしょうか。
宮崎勤などは、どう見ても、キチガイだったでしょ。キチガイでなければ、あのような犯行は絶対に行えるものではありません。
果たして、精神鑑定を含めて、公平な司法判断がされたとは思えないのです。
1989年に逮捕されて、簡易鑑定が行われ、結局2008年に死刑が執行されたわけですが、
約20年間、法務省は宮崎勤を拘置して、何らかの目的は達せられたのでしょうか。
それも、「ドキュメント死刑囚」の篠田氏によれば、宮崎勤は死刑が確定してから、わずか2年で
慌てるように執行されたというのです。
当時の鳩山法相は「こいつだけは2度吊るしたかった」などといい、一方では、自分が死に神と揶揄されたことに、
肚を立て、「(自分を)死に神呼ばわりするのは、執行された人への侮辱(趣意)」などと、訳のわからない発言をしているのです。
篠田氏は「死刑こそが、被執行者の人格を全否定する最大の侮辱行為ではないのか(趣意)」と
反論しています。
鳩山元法相は法相復帰に意欲を見せていましたが、もう再任はありえないでしょ。
それだけが、「ほっと」させます(苦笑)

165 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 06:59:18 ID:xJsjK7550
>法令順守
法令遵守 誤変換すまそん

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 07:33:28 ID:j97TB05j0
>>161
>おまえさんは犯罪者なのかね?
→私は犯罪被害者です。
「赦し」ではなく、「苦悩を乗り越え、忘れる(できる範囲で)こと」ことのみが
自分の救いだということに気付いたのです。
釈尊は古い経典で「憎しみは返さないことによってのみ、止む」と言ってますし、
鎌倉時代の日蓮宗の祖師・日蓮は「隣の家の金をいくら数えても、自分が富むことはない(他人に責任転嫁するな!)」
と言ってます。
橋下元弁護士は法廷を復讐の場に使って何が悪い!(趣意)と勘違い発言をしました。
この男は犯罪者に復讐をせよという意図をもっての発言趣旨は明らかでしょ。
明らかに、人生のなんたるものかを知らない人の発言でしょう(苦笑)
本人は『赤胴鈴之助』よろしく、「助太刀いたす!」のつもりでの発言でしょうが、
法のなんたるべきかをわかっていない、青臭い発言です(苦笑)
私は無条件で犯罪者の犯罪行為を赦せ!と発言しているのではないのです。
まず、1犯罪者に犯行を起こさせない 2犯罪者を捕まえる 3公平な裁きを受けさせる
4謝罪・反省・償いをさせる というのがセットになっていなければならない、と主張してるのです。
犯罪被害に関していえば、自然災害に遭った被災者以上に、公共機関が中心となって、物心両面でサポートするべきでしょう。
究極的には、「犯罪(特に凶悪犯罪)が起きない社会建設」を目指していくべきなのです。

167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 07:54:25 ID:bss8G/nz0

糞 y u r i k o 大 発 狂 だ な w




168 :義人:2009/12/10(木) 08:10:44 ID:3Ncfn8ZH0
>>166
>まず、1犯罪者に犯行を起こさせない 2犯罪者を捕まえる 3公平な裁きを受けさせる
>4謝罪・反省・償いをさせる というのがセットになっていなければならない、と主張してるのです。
>犯罪被害に関していえば、自然災害に遭った被災者以上に、公共機関が中心となって、物心両面でサポートするべきでしょう。
>究極的には、「犯罪(特に凶悪犯罪)が起きない社会建設」を目指していくべきなのです

なるほどね、つまり俺と同じ意見で防犯もやるし裁きを受けさせた後に可能ならば更生させるのがベストだと思っているわけだろ?
なんでその考えを持っているのに、死刑廃止を願ってるんだよ。
廃止にいたらしめる要素なにひとつ持ってないじゃないか。

それともなにかね、死刑廃止にしなければならない理由でもあるのかね? あるなら詳しい理由とその根拠を教えてくれ。

169 :磯野波平:2009/12/10(木) 09:51:27 ID:gamKFIVUO
>>168
よかったのか、ホイホイついてきて。わしはノンケだって構わないで食っちゃう人間なんだぜ。

170 :磯野波平:2009/12/10(木) 12:05:04 ID:gamKFIVUO
死刑大好きー!!!
ヒャハー!!!
どんどん殺せー!!!

171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 12:56:38 ID:tzYS4Ru00
>>167

気が狂ってるのは元からだろw

172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 14:52:46 ID:bss8G/nz0
>>171
そりゃそうだw
脳障害らしいね。

173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 16:09:21 ID:3t5fgi2k0
>>168
>防犯もやるし裁きを受けさせた後に可能ならば更生させるのがベストだと思っているわけだろ?
なんでその考えを持っているのに、死刑廃止を願ってるんだよ。
→死刑は如何なる意味でも償いは無論のこと刑罰(みせしめ的懲らしめ)にもなっていない、ということです。
このことに関しては、何度も書き込みをしているのですが、わかっていただけなくて残念です。
是も、何度か論じているのですが、宮崎勤の件で考えてみましょう。
死刑の理由として、裁判官が必ずといっていいほど、「一般予防」を挙げます。
一般予防とはみせしめのことですが、一体全体誰に対する見せしめなのでしょうか。
宮崎勤の精神鑑定は非常に難しかったようです。いわゆる、異常人格なのは確かだけれど、精神病とまで
言えないという、所謂、ボーダーラインの典型的ケースだったのです。
それなら、何故、精神異常の人を死刑にする意味がないのでしょうか。
それは、犯罪を行った人格が本人(普段の人格)と全く別に存在するからです。
多重人格者が必ず犯罪者とは限りませんが、その危険性が高いのは、ここで証明する必要がないでしょ。
飲酒や覚醒剤の影響で、危険な多重人格の症状が現れることもあります。
大島渚監督「絞死刑」では、死刑囚への執行が失敗し、死刑囚が犯罪の記憶までなくしてしまう物語りです。
罪の償いという点で、死刑が刑として意味がないことを訴えているようです。


174 :死刑の目的は結局は「臭いモノに蓋!」:2009/12/10(木) 16:45:56 ID:3t5fgi2k0

篠田博之氏は「ドキュメント死刑囚」で、宮崎勤の精神鑑定に関して、興味深い事実を
明らかにしています。
宮崎勤の精神鑑定が困難だったようですが、三回の精神鑑定を受けて、「限定的だが
責任能力があった」と結論されたのですが、そもそも、「責任能力」とはなんなのでしょうか。
心神耗弱状態にある人の刑事責任が限定されるのはわかりやすいと思います。
それでは、本人がアルコールや薬の影響で、凶暴な人格になるのがわかっていながら、酩酊状態になったらどう対応するべきでしょうか。
そういう場合は、重大な結果を招くことを予想できたうわけですから、故意故に、責任が問われるのです。
一番厄介なのが「未必の故意」ですが、重大な結果を招くことを確実に予想できていたわけではない以上、
酌量要件になるべきです。
したがって、ボーダーラインの精神異常者に完全な責任を問うべきではありません。
ここでも、死刑が極刑で、死刑が罪によって種類があるわけではない、という点が問題なのです。
篠田氏が同書で明らかにしているのは、宮崎勤に対して精神鑑定が行われるにあたって、宮崎家の親戚から懸念の声がでたというのです。
つまり、親戚としては、凶悪犯が宮崎家から出たという事実よりも、精神異常者が宮崎家から出たことになっては困る!ということらしいのです。
これは、明らかに精神疾患に対する酷い偏見があったということです。
さらに、親戚筋としては、勤にさっさと死刑が執行されて、「臭いモノに蓋!」がしたかったのでしょう。
もし、心神耗弱が認められ、さらには万一でも、社会復帰されて、厄介物を抱えたくなかったのでしょう。
宮崎勤に限らず、死刑の目的が「臭いモノに蓋」というのは、死刑囚の子や親に執行されると、
被害者遺族以上に、肉親が最もほっとするという事実からも明らかです。

175 :磯野波平:2009/12/10(木) 17:11:01 ID:gamKFIVUO
>>173-174
お願いじゃ〜わしのウンコを食ってくれ〜
アッー!!アッー!!アッー!!
ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり
アッー!!!アッー!アッー!
ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり

176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 17:15:56 ID:6kOT3l5M0
>君に命令されるような憶えは一切ない。
>俺は善し悪しについてなぞ一言も書いたつもりはないが、

あ、そう。廃止論者に答えろ、と求めているんだがじゃあ何で自らレスつけてくんの?
しかも善し悪しについて問うているんだよね。答えるつもりが無いならスルーしてくれて構わんよ。
個人的には観念とyurikoをおちょくるのが目的で論破済みだけど。


177 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/10(木) 18:09:20 ID:q6T/synL0
>141 以上論破完了。

「論破」じゃなくて「知能指数の低さ露呈」だね

>146 あとさ「自分がひもじい思いをしようとも他人に迷惑をかけてはいけない」というのは当然の倫理

当然の倫理ではないな。究極のひもじさを体験したことのない想像力に欠けた平和ボケ倫理
これがソンチの想像力

>149 『地球』は無かったよ。だって、人間が地球だって名前付けたんだからね。

人間が名前を付ける前からあっただろ。お前が母親を「この人が俺のカーチャン」と認識する前からお前の母親は存在したろ

> その星について、具体的に語ってみて。君が認識してる星以外で。

意味不。そもそもお前は認識してないことを語れるの?

> ははは、こんなことわざわざ書くなんて子供だね。

相手が子供だから合わせてるだけだが

> 君も俺のこと認識してなかったら、俺についても、かつ、相対的に母親についても書けてないのは事実

うんだからそれが論点ずらし

> 命の定義を人間がしてるんだから命の存在って主観です。違うならさっさと反論。

人間が定義する前に命は存在するだろ。地球は存在するだろ。お前の母親は存在するだろ
お前だって俺が認識しようとしまいと俺の主観とは無関係に存在するだろ。違うならさっさと反論

>153 はっきり言って遊ばれていることに気付くことが出来ないほど視野狭窄に
> 陥っているようです

人は鏡

>156 井垣氏はその時の体験を中心に「少年裁判官ノオト」を出版しました

中味はネットで読めないものかねぇ

>159 やはり、その女性の行動に「?」と思ったのは、私だけだったでしょうか。

どんな行動?一人で食事してたこと?それは酷でしょ。レイプの原因はレイプ犯に100%だよ

178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 18:22:04 ID:6kOT3l5M0
>「論破」じゃなくて「知能指数の低さ露呈」だね

どんなに悔しくて血が出るほど歯軋りしようが地団駄踏もうが、罵倒しようが
答えられないお前の負けだよw

179 :磯野波平:2009/12/10(木) 18:51:35 ID:gamKFIVUO
>>178
お前わしのケツの中でションベンしろ!!!

180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 18:55:01 ID:HE7PKEPN0
>>177

>人間が定義する前に命は存在するだろ。地球は存在するだろ。お前の母親は存在するだろ

定義してないんじゃ命じゃないだろ、地球じゃないだろ、親じゃないだろ。
主観(及びその集合)で認識して定義・関連づけしてるから、モノが命であり地球なんだよ。
君がそのモノについて言及してる時点で絶対的客観じゃないのさ。

だから、君は脳死についての命の存在について答えられないんだろ?
命というものの定義がそれぞれの主観で曖昧なんだから。
もちろん、主観の同意が多くなって客観性が増すとかのことは言えるけどね。
でも結局君がここで叫んでる命だの地球だの母親も君の主観で得られたものを言ってるだけ。

>お前だって俺が認識しようとしまいと俺の主観とは無関係に存在するだろ。違うならさっさと反論

ははは、こんなもんで認識から話題逸らそうとしてるの?子供っぽいね。
結局、俺の存在は、自分の認識と周囲の認識で成り立ってるんでね。

>> 君も俺のこと認識してなかったら、俺についても、かつ、相対的に母親についても書けてないのは事実
>うんだからそれが論点ずらし
君が相対的に導いた答えから逃げるなよ。「親」なんて最初から書かないで言えばいいのに。

>意味不。そもそもお前は認識してないことを語れるの?

なら、命は絶対的客観なんて、やっぱりブラフでFAだってなこと。
じゃね。

181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 19:11:56 ID:eIuAfFg30
観念万年君、最近は皆に相手にされてうれしいようだね。君がいて過疎化しなのは
大人たちのおかげだよ。君の廃止論は綻びが大きくなってきたね。やはり、心という
OSがまだ不具合が多いようだね。怒りという感情が君には理解できてないのかな?
自称完璧の君が、この感情をコントロールできれば、違う世界も見えるのかな?
まだ、僕は存置だよ。不完全な人間社会を補完するものとは思ってないけど、まだ
必要なものだ。

182 :磯野波平:2009/12/10(木) 19:20:59 ID:gamKFIVUO
>>180-181
う〜〜〜!!トイレトイレ

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 19:47:15 ID:YXOGTfokO
「人が存在していれば人命は絶対的客観である」の証明まだー?

「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先する事がテロリズムを肯定する事である」の証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?

バ観念は無知無学晒すだけで証明出来ずに質問返しで逃げ回ってるから、代わりに他の廃止派の誰か証明してくらさいなー


184 :磯野波平:2009/12/10(木) 20:00:48 ID:gamKFIVUO
よく2ちゃんとかで議論してると、時々、「逃げないで答えろ!」とか「逃げるな!!」とか言う暑苦しいヤシがいるけど、あれ、ストーカーみたいだよな、

匿名の掲示板なんだから、いつ、どんな風にレスつけようが、勝手だろうが…逃げるも糞も無いと思うんだがな…

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 20:16:46 ID:BI2EIsmZ0
観念君は廃止派の中でも異端だった希ガス。
命は大切だから死刑は廃止しろと言いつつ、残虐刑でも入れないと反省しないから残虐刑OKという感じだったと記憶してる。
つか観念君見るの2年ぶりくらいだから昔と考え変わってたらすまん

186 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/10(木) 20:23:16 ID:q6T/synL0
>178

なぬ?なぬに「答えられない」って?

>180 定義してないんじゃ命じゃないだろ、地球じゃないだろ、親じゃないだろ。

なるほど。こりゃ途方もないアホだ
よし、分かった。今日からお前のあだ名は「あははチンコ」だ
HNを「あははチンコ」にしなさい。そうすればたまに遊んであ・げ・でゅ

> 命というものの定義がそれぞれの主観で曖昧なんだから。

命が曖昧なんじゃなくて脳死が曖昧なんだよ。今の医学では

> でも結局君がここで叫んでる命だの地球だの母親も君の主観で得られたものを言ってるだけ。

論点ずらし乙

> こんなもんで認識から話題逸らそうとしてるの?子供っぽいね。

人は鏡

> 「親」なんて最初から書かないで言えばいいのに。

書かずにどうやってニュアンスが伝わるんだと考えてるんだコイツはw

> なら、命は絶対的客観なんて、やっぱりブラフでFAだってなこと。

死ぬまで妄想してりゃいいんじゃないでFA

>181

そこで何故お前が「なんでん観念」を止める

>183 「人命」が「地球」と同じである証明まだー?

せめて「人命が地球と同じ絶対的客観である証明まだー?」と書いてくれ

>184

たまにはまともなこと言う

187 :あははチンコ:2009/12/10(木) 20:30:04 ID:gamKFIVUO
>>186
よかったのか、ホイホイ書き込んで

俺はノンケだって構わないで食っちゃう人間なんだぜ

188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 21:18:58 ID:7ftVyAF60
死刑反対の議員を法務大臣にすれば、死刑を廃止できるっておかしくないか?

そういった意味でも、民主党って滅茶苦茶な政党だよな。

189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 21:41:13 ID:HE7PKEPN0
>>186
なんだ、結局、反論なしで逃げかよ・・・。ま、これにてスルーだな。

190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 22:40:47 ID:3IBhK7gXO
>>184
おいおい、ちゃんとキャラをまもってくれないとやりにくいじゃないか。

191 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/10(木) 22:57:37 ID:q6T/synL0
>187

なんでお前がw

>188

廃止できてないし

>189

いやもう既に飽きるほど散々しつこいくらい反

192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/10(木) 23:06:06 ID:eIuAfFg30
観念万年君、とうとう幻覚が見え、幻聴も聞こえてきたのかい。君は反論している気でいる
らしいね。あれで、反論していたのなら笑われちゃうよ。完璧主義の論理派なのでしょう。
皆に答えてあげなよ。飽きるほど付き合っているのだから。
僕は存置のままだよ。

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 02:45:50 ID:ut/++pCw0
あの子はヒーローよ。彼がいなければとっくの昔に死刑は廃止されていたはずよ。

194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 02:48:57 ID:dHXZymRj0
>>164
>しかし、少年と大人の境目は誰がどう、判断するのでしょうか。
横レスで申し訳ないが、脳神経学的には、「ヒト」は 10 代前半に脳神経が爆発的に発達・成長する (いわゆる思春期・第二反抗期にあたる)。
10 代後半になるとそれら脳神経の取捨選択が起こり、個人差もあるが、おおむね 20 歳前後に人格としての安定をみる (いわゆる『成人』となる)。
その取捨選択いかんによって所属する社会に不適合となれば、人格障害者とラベリングされることになる。

ちなみに、多くの精神障害は 20 歳前後から発症するケースが非情に多い。
それは、未成年期では許容されていた個人的で多様な世界観が、成人になるとある程度の社会的一様性 (規範・責任等々) を強く要求されるようになり、それらに対して柔軟に適応しきれないことが精神障害として表象化するからだと考えられる。

>>176
>あ、そう。廃止論者に答えろ、と求めているんだがじゃあ何で自らレスつけてくんの?
うぉいうぉい、もちつけ、www。俺が書いた >>150 に対して >154 で「答えろ」と書かれたからレスをつけただけだよ。
君はアンカーを使うことを覚えた方がいいぞ。

195 :義人:2009/12/11(金) 04:23:20 ID:HkULpwyk0
>>173
>死刑は如何なる意味でも償いは無論のこと刑罰(みせしめ的懲らしめ)にもなっていない、ということです

ん? これが死刑を廃止したい理由なのか?
とりあえずさ、「死刑が償いにも刑罰(みせしめ的懲らしめ)にもなってない」とする具体的な理由と根拠を教えてくれ。

あとさ、聞いてない事は別に書かなくていいから。
文章がまとまってないどころか、おまえさんが言いたいことすらまとまって無くて、なにがなにやら……だよ。

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 05:11:43 ID:L/4LVBqY0
訂正>>174
>死刑囚の子や親に執行されると、
被害者遺族以上に、肉親が最もほっとするという事実からも明らかです。

死刑囚に刑が執行されると、被害者遺族以上に、死刑囚の肉親がほっとするという事実からも明らかです。
例えば、一説では20人の男女を殺害されたとされる勝田清孝(結局立件されたのは9人)ですが、
勝田が処刑されて、実は父親はほっとしたのではないか、というのです。http://www.k4.dion.ne.jp/~yuko-k/kiyotaka/
清孝が処刑されたのは、2000年ですから、そんな昔の話でもないのです。
光市母子殺害事件の元少年は、面会に訪れた父親から、「死ね!」と言われたそうですが、
それは「心から、そう思っていた」かもしれません。死刑囚に限らず、犯罪者を家族・親戚にもった人達の中には、
「どうか、さっさと死刑にされてくれ!」と思う肉親の気持ちも思い遣るべきです。

197 :あははチンコ:2009/12/11(金) 06:58:19 ID:CD34BUwaO
>>196
四つん這いになれば免許返していただけるんですね

198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 09:03:40 ID:TMZOkQ8z0
>>196
もういい加減に訂正・加筆は止めてくれないか?
読む人は、馬鹿にされている気分になるんだよ。
それから携帯で読んでいる人のことも多少は頭に入れて、簡潔で切れ味のある
文章を書いてくれ。
ダラダラ長く書けば説得力が出ると思ったら大間違いだよ。
頭の悪い学生の論文ほどダラダラ枚数を長くしようとするだろ?
お前はあれと同じ。
もう少し、頭が良く見える文章を心掛けてくれ。

199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 09:09:10 ID:ZhylvrJ30
>>195
>「死刑が償いにも刑罰(みせしめ的懲らしめ)にもなってない」とする具体的な理由と根拠
→第34条 抑留・拘束の禁止
 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護士に依頼する権 利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。
又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本 人及びその弁護人の出席する
公開の法廷で示されなければならない。
第36条 拷問と残虐刑の禁止
 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
→上の条文に依れば、日本の警察活動は殆ど法律違反です。かつ、
「残虐刑の禁止」とは、死刑囚を見せしめのために罰することを禁じていると解釈するべきです。
死刑囚が受けるべきは、死刑だけなのですから、死刑以外に死刑囚が苦痛を感じる事態は
それだけで憲法違反なのです。
何十年も未執行のまま拘禁することは、残酷刑以外の何ものでもないのです。


200 :わが道をいく(御免):2009/12/11(金) 09:48:38 ID:RQYNl4Jc0

そもそも、死刑の目的は「一般予防」とよばれる、見せしめ刑です。
もう一つの目的である、「特別予防」とは、物理的に死刑囚を無力化することで、
異議は無論あるものの、まだ説得力があります。
しかし、「見せしめ」とは、一体全体、誰に対する見せしめなのでしょうか。
また、その具体的効果は確かめられたことはあるのでしょうか。
残酷な刑の一般公開は、古代より行われてきました。
その目的が権力者による、力の誇示だったのは説明するまでもないでしょう。
「誰が命令を発することができるのか」を死刑によって、広く民衆に知らしめることができました。
それは、衆愚支配のであり、民主主義=人権=人間の尊厳を愚弄するものだったのは明らかです。
そもそも、死刑判決を受けるような残虐行為をする人達に対する見せしめでしょうか。
果たして、潜在的凶悪犯は「死刑情報」に敏感なのでしょうか。
凶悪犯は常識的思考回路を失ってしまった人達です。
それで、結局、現代の死刑は非公開・残虐性がなく(安楽死が保証)・ある程度正常な人間
を基本にし、漠然とした「死刑の威嚇力」に期待するのです。
それは、恰も、残酷な闘犬競技をどちらかの犬が死ぬまで戦わせるようなものです。
(この場合、死刑囚の死は確実)死刑にどれほどの防犯効果を期待できるのでしょうか。
「キチガイに刃物!」といいますが、常識の通用しない人に何を期待するべきなのでしょうか。
見せしめの死刑は、却って、社会全体をささくれだったものにし、残酷にします。
鳩山元法相による、死刑の急増によって、少年少女による、「死刑になりたい」非行が起きたり、
実際に「死刑マニア」による、死刑目的の犯行も起きてしまったのです(茨城県土浦市)

201 :あははチンコ:2009/12/11(金) 09:58:30 ID:CD34BUwaO
>>200
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 14:58:39 ID:b9R7LAWkO
>>200
>「キチガイに刃物!」といいますが、常識の通用しない人に何を期待するべきなのでしょうか。

正論だな。
だからお前には何も期待しないよw

203 :あははチンコ:2009/12/11(金) 15:24:43 ID:CD34BUwaO
基地害に2ちゃん

204 :あははチンコ:2009/12/11(金) 15:45:44 ID:CD34BUwaO
中学生に作文

205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 16:16:48 ID:ut/++pCw0
いやーしかし市民権まで選択しておいて自国のフォーラムに英語で書き込み出来ないって
真っ当な感覚の人間なら死んだ方がマシじゃなかろうか。

206 :あははチンコ:2009/12/11(金) 17:29:58 ID:CD34BUwaO
死刑大好きー!!!
ヒャハー!!!
どんどん殺せー!!!

207 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/11(金) 18:46:19 ID:9Tp588gE0
1959 年から1990年の期間、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞における死刑執行や死刑判決の報道が、凶悪犯罪(殺人、放火、強盗、強姦)の発生数に影響しているかどうかを分析した。
死刑の他にも、無期懲役判決や無罪判決の影響も検討した。死刑執行、死刑判決、無期懲役判決、無罪判決に関する記事を拾い上げ、
その月ごとの件数、文字数、写真数を調べ、その時系列データと、警察庁発行の犯罪統計における月間データの関係を、自己回帰分析で検討した。
その結果、

(1) 死刑執行の報道があった1ヶ月ないし2ヶ月後は、殺人数が通常よりも多かった。1件の報道に対して、1ヶ月後では2.97 件、2ヵ月後では4.59 件、殺人が多くなっていた。
(2) 死刑判決の報道については、その1ヶ月後の殺人数が通常よりも多かった。
(3) 無期懲役判決や無罪判決については、そのような傾向は見られなかった。
(4) 放火、強盗、強姦についても、とくに目立った傾向は見られなかった。

ソース   07年「死刑報道は、凶悪犯罪の発生を抑止するか」お茶の水女子大学教授 坂元章


これが正しいとすれば、モカン論文とは逆に「死刑の報道しちゃ、らめー」ということになる(少なくとも日本では)
ソンチーズの諸君反論yr

208 :あははチンコ:2009/12/11(金) 18:59:05 ID:CD34BUwaO
お塩は死刑でいいよね

209 :あははチンコ:2009/12/11(金) 19:03:47 ID:CD34BUwaO
>>207
関係ねーんだよそんなこと!!
どんどん死刑にすりゃいいんだッー!!!!






そんなことより、俺のキンタマを見てくれ。
こいつをどう思う?


210 :あははチンコ:2009/12/11(金) 19:06:41 ID:CD34BUwaO
殺せるときに殺しとかないとな。

211 :あははチンコ:2009/12/11(金) 19:10:00 ID:CD34BUwaO
えなりのいなり あなるでおなに うなり声

212 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 19:27:15 ID:ut/++pCw0
>>207
どこにソースがあるんだよ。検証しようが無いわ。

213 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 19:28:32 ID:Wzmnix3C0
>>207観念さんへ
貴重な情報、ありがとうございます。
やっぱり、という感じですね…
>>205
>英語で書き込み出来ないって
→心配御無用です!
オバマ大統領に死刑廃止を訴える手紙を書きました。

214 :あははチンコ:2009/12/11(金) 19:32:33 ID:CD34BUwaO
ニコチン ハミチン 僕ヤリチン

215 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 19:39:13 ID:VutHqM5/0
1950年代からの各月の殺人発生件数やらなんやら、どこにデータがあるんだよw

216 :なんでん観念:2009/12/11(金) 19:53:46 ID:1qY+yJiv0
観念万年君、君の書き込みは実に興味深い。犯罪者の分析が欠けているデータでこれだけ
多くを語れるなんて素晴らしい。君の脳と精神を詳しく分析したい気分だよ。
犯罪者のすべてが、その行動と衝動を1,2ヶ月で決めているなら、防犯は簡単だね。まるで
マイノリティーレポートだね。君の確認した殺人事件は、発生から逮捕まで2ヶ月以内かい?
人間のすべてが、2ヶ月で発想から実行までなら、君の言うとおり死刑は入らないね。不審者
のマークと、監視カメラの増設だけでいいかもね。
君は、統計学上の矛盾を回避したつもりなのだろうけど、それは机上の空論だね。やっぱり子供
の証拠だ。僕は、君の行く末が、ある意味心配になっちゃったね。どんな犯罪を犯すか見届けたいよ。

217 :あははチンコ:2009/12/11(金) 20:01:29 ID:CD34BUwaO
>>216
お前俺のケツの中でションベンしろ!

218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 20:35:31 ID:yQR3Kekg0
>>213
嘘つくなって、学歴詐称UCbのくせに。(爆笑)
死刑廃止の概略を英語で書いてみろよ。
日本の男子短大中退生なんだから、英語出来ないだろ???




219 :あははチンコ:2009/12/11(金) 21:22:45 ID:CD34BUwaO
>>218
男は度胸!なんでも試してみるのさ。きっといい気持ちだぜ

ほら、遠慮しないで入れてみろよ

220 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/11(金) 21:51:50 ID:9Tp588gE0
>212

坂元氏の本を買うしかないんジャマイカ

>213 オバマ大統領に死刑廃止を訴える手紙を書きました。

ようやるw姐さん、いつか俺のまとめた「虐めに関するよくある勘違い」を英訳してくれない?

>215

警視庁Jane?

>216 君の確認した殺人事件は、発生から逮捕まで2ヶ月以内かい?

最後までちゃんと読んだ?

> 君の言うとおり死刑は入らないね

正しくは「要らないね」だよ。それに>207が示すのはモカン論文と同じで「死刑報道の影響」であって「死刑執行の影響」ではない
その意味で「死刑は要らない」

> 僕は、君の行く末が、ある意味心配になっちゃったね。

ニコチン ハミチン 僕ヤリチン

221 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 22:12:58 ID:ut/++pCw0
>坂元氏の本を買うしかないんジャマイカ

もちろんお前は買って検証済みなんだよな?
モカン論文の時は抑止力があるとしている人がモカン論文の内容を予め吟味検証し
理解した上じゃなきゃ議論にならんとしていたよな?

222 :なんでん観念:2009/12/11(金) 22:16:53 ID:1qY+yJiv0
観念万年君、最近は答えてくれるので楽しいよ。相変わらず添削する答え方は愉快だ。
質問の本質に答えず、とうでもいいことに答える。添削しながら答えるのは、文章を
文章として理解してなのか、しないのか。死刑報道の影響であって、死刑執行の影響では
ない、というのは君の好きな主観、客観の話だね。君は自分で検証したのかい?犯罪は
統計や数学的なことで、証明できないのは君の持論ではないのかい。
実に愉快だよ、また頼むよ。

223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 22:17:52 ID:ut/++pCw0
>>221の追加
でなけりゃお前に反論しようがないし直接坂本氏にでも問いただすしか
無いがそんな客観的なデータぐらいオープンソースにしとけとしか言いようが無い。
そんな本があるのかも知らんがだとすれば唯の商売で相手にするだけ金の無駄。


224 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/11(金) 23:30:13 ID:9Tp588gE0
>221 もちろんお前は買って検証済みなんだよな?

いや全然。だから「これが正しければ」と

> モカン論文の時は抑止力があるとしている人がry理解した上じゃなきゃ議論にならんとしていたよな?

えでもお互いあまり理解してなかったけどある程度議論になったじゃん
俺が言ったのは「モカン論文は正しい、と言うなら検証したんだろうな?」ということ
俺は坂元氏の主張を正しいとは言ってない。「こういう研究結果もあるよ」と示したまで

>222 死刑報道の影響であって、死刑執行の影響ではない

あに?よく聞こえなかった。もう一回言って

>223 でなけりゃお前に反論しようがないし

反論する必要はない。ただ「こういう研究結果もあるよ」と紹介しただけだから。モカン論文と同じ

225 :なんでん観念:2009/12/11(金) 23:45:42 ID:1qY+yJiv0
観念万年君、せっかく愉快で期待していたので、がっかりだ。レスが早すぎたかな?
だんだん、馬脚が現れてきてはいたけど。崩壊スピードが上がってきてるよ。もうすこし
ゆっくり頼むよ。
僕へのレスは主観、客観のところに食いつくのが正解だろう。もう少し出来る子なんだから
がんばってくれ。

226 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/11(金) 23:46:42 ID:TMZOkQ8z0
>>213
参考までにどんな手紙を書いたのか、ここに転載してもらえませんか?
タイポだらけの長文嫌がらせを受けるよりも、我々にとって大きな勉強に
なりますので。

227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 00:16:20 ID:2XjiErpA0
>>224
モチツケ

228 :義人:2009/12/12(土) 01:22:33 ID:ju3pN4Mi0
>>199
憲法を記載しろとは言ってないし、それをおまえさんの主観で解釈し載せろとも言ってない。
俺は、「死刑が償いにも刑罰(みせしめ的懲らしめ)にもなってない」とする具体的な理由と根拠を教えてくれ。
と言っているんだ、理解できないならそう言ってくれればいい。

>>200
>そもそも、死刑の目的は「一般予防」とよばれる、見せしめ刑です

だからさ、おまえさんがそう考え得る「具体的な理由と根拠」を教えてくれと言っているんだ。
それ以外の事は書かなくていいから。
もしも、「具体的な理由と根拠」がないというならばそう言ってくれ。
そうなれば、単に「犯罪者予備軍」「反対する自分カッコイイ」などのどれかなんだろうと思うだけだからさ。

229 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 04:35:07 ID:aaNUN8kh0
>>216
>マイノリティーレポートだね。君の確認した殺人事件は、発生から逮捕まで2ヶ月以内かい?
人間のすべてが、2ヶ月で発想から実行までなら、君の言うとおり死刑は入らないね。
→横レス失礼します。
私はモカン論文が根拠とする統計に疑念を呈しましたが、
同じ文脈で坂本氏の論文を批判できるでしょう。
実際、観念さんも>>224 >俺は坂元氏の主張を正しいとは言ってない。「こういう研究結果もあるよ」と示したまで
と仰ってます。
なかなか、統計から帰納的に一つの結論を導くのは難しいのです。どんな統計をもってしても、
解釈によって結論が違っくkる、ということがあるからです。一方、
演繹的に結論を導けば、「妄想!」と決めつけられます。
それでも、ある程度、実感というものはある筈なのです。それは「現代日本・生活快適指数の向上」です。
ところが、いつの時代でも、人々は「昔はよかった!」なのです。


230 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 04:37:18 ID:aaNUN8kh0
続1
誰が書いたのか失念してしまったのですが、戦争直前、ある作家は、当時の人々を批判して
「今の日本人は誰も彼も、苦虫(にがむし)を噛み潰したような顔をしている。微笑むということがない!」とか書いてました。
「住めば都!」ともいいますが、どんな環境でも、人間は環境に順応して生きるしかないから、比べることは不可能でしょう。
共産主義が崩壊し、社会的混乱が続くロシアですが、「昔はよかった!」という人が殆どいない、
というのも驚きです。
ただはっきりしているのは、「体感治安」が確実に悪くなっているということです。
日本のど田舎で「保険金殺人事件」が起きただけで、日本中が嘆き悲しむという事態は決して新しくありません。
1993年名古屋保険金殺人事件で原田さんが当時を振り返っています。
記憶に新しいのは、世紀末、1999年に起きた、光市母子殺害事件と2002年に朝鮮拉致被害者5人の
帰国です。憲法大学者・小室直樹氏は「日本人のための憲法原論」(2006年)の元になった「痛快!憲法学」を
9-11同時多発テロ直前に出版してるのですが、その「はし書き」で、日本の現状を憂い、全ての原因は
日本人が憲法の無知とその精神を蔑ろにしたせいだと、嘆いています。


231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 04:47:11 ID:aaNUN8kh0
訂正
>1993年名古屋保険金殺人事件で原田さん

1983年名古屋保険金殺人事件で原田さん

232 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 05:59:43 ID:Fzq+MGmY0
続2
さらに小室氏は、同書で少年犯罪の悪質化を嘆いています。
無論、それは事実に反しています。小室氏ほどの大学者でも時代の空気を読み間違えるのです。
「日本人が忘れていた正義」(2007)で中嶋博行氏は冒頭で神戸児童殺傷事件での、
少年Aに対する処遇を寛容すぎたと決めつけています。
「だからどうすればいいのか」という解決策は一向に明らかにしていません。
それを「犯罪者福祉型社会」の典型と批判し、2200億円(当時)の予算を
無駄使いと決めつけています。
そこには、咽まで出かかった「厳罰=死刑の推進!」が読み取れます。
さらに、アメリカでの刑事政策の失敗と反動としての、厳罰化を何の脈絡もなく、読者に丸投げしています。
その上で、大量の冤罪死刑囚の釈放のニュースを紹介してるのですから、読者は混乱する一方です。
実際は、確かに、大都市でのドラッグに絡んだ、ギャングバイオレンスは深刻さはあるものの、
殺人事件は減り、より安全なアメリカが実現しつつあります。
犯罪発生率で三十分の一に過ぎない日本が、「凶悪化」などというのはありえないのです。
もう、15、6年前になりますが、語学留学にアメリカを訪れていた二人の女の子が、
メキシカンにレイプされたというニュースがあったのですが、ニュースキャスターのコメントに
気に障りました。
「日本人の女の子は、こうして犯罪に溢れたアメリカ社会の現実を身をもって学んだのです」と。
確かに、レイプだけでも、数にして日本の100倍以上起こる犯罪国家アメリカでは、本来、ニュースにもならなかったかもしれませんが、
本来なら、そういうアメリカの現状を憂い、日本人への謝罪の気持ちを表明するべきではなかったでしょう。


233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 07:41:02 ID:AAcgN0Pc0
とにかく、人に読んでもらいたいのなら最低限糞臭いタイポを無くせ!
お前の小学生低学年並みの文章はあまりにも頭が悪くて見苦しい!
一度読み返せば気付くだろ?
それすらできないのか?
知恵遅れ!

234 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 08:40:32 ID:U5vJ3gDzO
>>207
>(1) 死刑執行の報道があった1ヶ月ないし2ヶ月後は、殺人数が通常よりも多かった。1件の報道に対して、1ヶ月後では2.97 件、2ヵ月後では4.59 件、殺人が多くなっていた。

この中で死刑を意識し、死刑になるような殺人を犯したのは何件?
何で2ヶ月後のほうが多いの?
後から効果がでるとしたら、もし三ヶ月後に減っていた場合には抑止力になると認めるのか?

>(2) 死刑判決の報道については、その1ヶ月後の殺人数が通常よりも多かった。

何件の事例から統計を出したのかを出してくれないか?
死刑の執行などめったにない。
それにその年の時期、死刑の執行数、景気や社会情勢によって犯罪の発生率や増減の傾向が違うだろうから詳細なデータを出してくれ。

>(3) 無期懲役判決や無罪判決については、そのような傾向は見られなかった。
>(4) 放火、強盗、強姦についても、とくに目立った傾向は見られなかった。

統計の分母が死刑とは桁違いに違い過ぎるw
犯罪に興味のない一般人が報道で得る死刑執行の情報など、せいぜい犯罪者が何を仕出かし死刑になったか言う端的な記憶にしかならない。
もし犯罪を誘発するとしたら、凶悪犯罪の検挙率の低下を報道するほうが効果がでるだろうね。


235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 08:41:42 ID:qYKlwUpO0
>>233
まあ落ち着いて。
長矢クンがそれを実行できるくらいなら死刑は要らないでしょう。


236 :あははチンコ:2009/12/12(土) 09:20:07 ID:HLRpXpgxO
>235
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 09:31:35 ID:qYKlwUpO0
>>236
見てやるから顕微鏡貸してくれ。


238 :あははチンコ:2009/12/12(土) 09:54:48 ID:HLRpXpgxO
>>237
拡大図↓

ω

239 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 10:22:27 ID:q/Q3FG4g0
◆東京拘置所 死刑囚の正月の献立(平成21年) 

大晦日、夕食時に、年越そば(盛りそばパック)
1/水、木
朝 白米丼飯、おせち折詰、紅白まんじゅう、大根なます、塩辛、味噌汁(キャベツ、サヤインゲン、麩)
昼 白米丼飯、雑煮、(角餅3枚入)、イカ野菜炒め、昆布佃煮、コーヒー牛乳
夕 白米丼飯、トンカツ、紅生姜、味噌汁(ネギ・ゴボウ)、練乳プリン

2/金
朝 白米丼飯、鯛みそ、さつま芋甘煮、ミカン、味噌汁(長ネギ、ナス)
昼 白米丼飯、うなぎ蒲焼、海草サラダ、すまし汁
夕 白米丼飯、汁粉(角餅3枚入)、里芋、イカ煮物、桃缶、レモンテー

3/土
朝 白米丼飯、豆佃煮、ナメコ春菊漬、リンゴ、味噌汁(ワカメ、ホウレン草)
昼 白米丼飯、キナ粉、角餅3枚、キンピラゴボウ、キヤラフキ漬、甘夏ミカン
夕 白米丼飯、天プラ(カボチャ、サツマイモ、エビ)、大根おろし、スパゲティ、タラ子炒、豚汁

死刑囚ブログより
http://knuckles.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/190-a32e.html


240 :あははチンコ:2009/12/12(土) 10:38:12 ID:HLRpXpgxO
>>239
割りといいもん食ってんじゃねーのか…

ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

241 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 11:16:44 ID:qYKlwUpO0
>>239
金がなくなって、食うものに困ったぐうたらが
犯罪に走るから公開やめれ。


242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 13:32:51 ID:AAcgN0Pc0
被告人yurikoは重大な罪を犯し続けているにも拘わらず反省の態度に欠け、
また更生の見込みも全くないので、死刑を言い渡す。


243 :あははチンコ:2009/12/12(土) 13:54:28 ID:HLRpXpgxO
>>242
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

244 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/12(土) 17:10:32 ID:dbBxCnl10
>229 ところが、いつの時代でも、人々は「昔はよかった!」なのです。

その心理って何か名称付いてたよね。。。。なんだっけかな、なんとか回帰・・

>232 本来なら、そういうアメリカの現状を憂い、日本人への謝罪の気持ちを表明する

全くだな。アメリカってなんにせよ自分たちの価値基準が正しいと思ってるからねー。アメリカ社会の歪みに気付かない

>234 何で2ヶ月後のほうが多いの?

死刑執行報道がなされると、それを知った国民の間に以下のような心理が働く
例えば、宅間が死刑になる前までは国民の間には悶々としたやり場のない怒りが横たわる
裁判関連の報道でどれほど事件の背景を聞いても、一般国民は(想像力の限界故に)理解できない。「それにしたって子供を殺すことはないだろう」「奴はキチガイだ」という結論にどうしても落ち着く
死刑になった直後、「当然じゃん」「ざまあw」「ああいうキチガイは死刑でOK」という「報復を肯定する感情」と「それでも子供の命は帰らない」という虚無感が無意識の中に大衆の心の奥底に生じる
世の不条理へのやるせなさを解消するために、「不条理な物事への憎しみ」が増す。報復を是とする価値観は、何かと白黒はっきりつけたがる傾向に陥らせる
すると一部の大衆の、身近にいる「反りの合わない人」に対する処遇が荒くなる
「ああいう奴が宅間みたいになるんだよ」「あいつも宅間みたいな馬鹿なこと起こして死刑になればいいのに」「お前なんか宅間と同じだ。社会のゴミだ」「俺も宅間みたいにでかい事起こして死にたい」
そうした心理が揉め事やトラブルをより多く引き起こす。それらの一部が殺人に至る
人の噂も75日なので、2か月も過ぎれば宅間の事は話題にも意識にもあがらなくなる。宅間が話題になるのはこのスレみたいなマニアな場だけ

> 死刑の執行数、景気や社会情勢によって犯罪の発生率や増減の傾向が違うだろうから詳細なデータを出してくれ。

それより「景気と殺人発生率」ってどの程度相関があるの?そのデータ出して

> 凶悪犯罪の検挙率の低下を報道するほうが効果がでるだろうね。

凶悪犯罪の検挙率って下がってたっけ?

245 :あははチンコ:2009/12/12(土) 17:19:32 ID:HLRpXpgxO
>>244
なにイ〜 今度はウンコォ?
お前俺をバキュームカーと間違えてるんじゃねーのか!!!

246 :なんでん観念:2009/12/12(土) 18:36:36 ID:0l1JapkT0
やあ、観念万年君、残念だが前言撤回だ。やはり、君の対応は平凡で子供でつまらない。
君は人は鏡と言うが、君は君自身の人間性を書き込んでいるんだね。人のうわさも75日
なんて、つまらない例えは嫌いだろ。それに。凶悪犯罪の発生率と検挙率、この辺のデータ
も相関関係は一つの理由に集約することは出来ないはずだよ。数字だけで出てこない
要因は無視?それとも、あえて無視して、廃止の理由にする?

247 :義人:2009/12/12(土) 18:49:09 ID:CF6EgizH0
>>244
>死刑執行報道がなされると、それを知った国民の間に以下のような心理が働く、、

これ以降の長文を読んだんだけどさ、死刑には報復効果しかないとでも思っているのかね?
それと聞きたいんだが、なぜ死刑を廃止にしたいと考えているんだ? 
おまえさんが死刑廃止に至った、理由と根拠を教えてくれよ。

248 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/12(土) 18:59:36 ID:dbBxCnl10
>70-77

249 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/12(土) 19:00:18 ID:dbBxCnl10
ありゃ?

250 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/12(土) 19:01:03 ID:dbBxCnl10
>24-30

251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 19:10:03 ID:xlITHnab0
>>228
>おまえさんがそう考え得る「具体的な理由と根拠」を教えてくれと言っているんだ。
→いえ、私がそう感じたということではなくて、殆ど全ての死刑の理由として、
「一般予防」を挙げるのです。
典型的な死刑判決は「決まり文句」があるようです。
「死刑の選択はあくまでも慎重になされるべきであるが、動機について酌むべき事情は
なんら見出せず、犯行態様が計画的で冷酷、非常にして残虐であり、結果がまことに重大であるほか、
被害者の遺族の被害感情もきわめて厳しく、人々を不安に陥れた社会的影響も大きく、反省悔悟の
情もみられず、もはや矯正は不可能というべきで、罪刑の均衡および一般予防の見地から、極刑を
もって臨むのはやむをえない」これが、きまり文句なのです。
これはどういうことかと言えば、犯罪の内容、被害者の人格を一切無視して、死刑に処せられるのです。
それだったら、被害者の年齢や地位、犯罪の内容、被害者の数などによって、死刑の種類を変えてくれた方が
被害者、加害者双方にとって納得いくのではないでしょうか。
さらに村野薫氏によれば、裁判が行われる場所(裁判官個人によっても)によって、死刑判決の
数も違っているというのです。そして、近年では、そうした批判をかわす意図もあって、
犯罪の種類、人数、加害者の年齢などをコンピューターに入力すれば、自動的に量刑が画面に表示されるというのです。
そもそも、死刑の工程に「人間らしさ」を求めるんは間違ってるのでしょうが、あまりに役所的(映画「休暇」でよく描かれていた)
なのです。拘置所が屠殺場になっている実態は、刑罰の意義も損なうのです。

252 :あははチンコ:2009/12/12(土) 19:20:06 ID:HLRpXpgxO
>>251
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

253 :義人:2009/12/12(土) 19:20:14 ID:CF6EgizH0
>>250
どこのコピペだか知らんが、そんなことは聞いてないし、答えになってない。

おまえさん自身が、死刑廃止を訴えている「具体的な理由と根拠」を教えてくれと言っている。できれば簡潔に要点だけをまとめてくれ。


254 :義人:2009/12/12(土) 19:29:45 ID:CF6EgizH0
>>251
何度言えばわかるのか、理解できないならそういってくれよ。ないしは「わかりません」でもいいんだぞ。

>いえ、私がそう感じたということではなくて、殆ど全ての死刑の理由として、
>「一般予防」を挙げるのです

このほとんど全ての死刑の理由に一般予防を挙げる理由と根拠を教えてくれと言っている。
違う角度から言うとだな、「なぜおまえさんは死刑には一般予防しかないと言ってるのか理由を教えてくれ」と言っているんだ。
死刑に期待する効果は人によって様々、思うところがあるだろう。
しかし具体的に効果が確実な、再犯防止(おまえさん好みに言うなら特別予防)効果は決して無視できないはずなんだがな。

255 :なんでん観念:2009/12/12(土) 19:37:50 ID:0l1JapkT0
>>251
なんでもいいから、名乗ってくれ。このスレは最近そういう流れのようだ。
そうしなければ、ご高説も屑になってしまう。

256 :死刑は刑罰(懲らしめ)以上の意味をもつ:2009/12/12(土) 19:45:42 ID:xlITHnab0
>>247
>おまえさんが死刑廃止に至った、理由と根拠を教えてくれよ。
→大学で人権学を履修し、レポートを書くために、アメリカの拘置所を訪れて、
死刑囚と実際に面会したことで一層、興味をもったのです。
アメリカでも、死刑確定囚とは容易に面会はできません。そこら辺の詳しい事情は
私にも守秘義務がありますので明かせません。
それと同時にアムネスティーの活動にも参加するようになって、死刑は単なる刑というより、
権力者が人命を道具として利用した、一種のパフォーマンス的面が強いことを思い知ったのです。
韓国で死刑が廃止されたきっかけに、金大中氏が大きく貢献しました。
金大中氏は政治闘争に敗れたために逃亡生活を送ることになったのですが、
何も悪いことをしてないのに死刑判決を受けてしまいます。
金大中氏は日本滞在中に拉致されてしまったのですが、暗殺される可能性さえあったのです。


257 :義人:2009/12/12(土) 19:57:10 ID:CF6EgizH0
>>256
うーむ、本気なのかわざとなのか計りかねるが……俺はなにも、おまえさんが死刑廃止に至った経緯は聞いてないんだよ。
死刑廃止になった理由と根拠……わかるかなぁ。

>大学で人権学を履修し、レポートを書くために、アメリカの拘置所を訪れて、
>死刑囚と実際に面会したことで一層、興味をもったのです

例にあげてみるとさ、俺が聞きたいのは「死刑囚と実際に面会したことで一層、興味をもった」ことじゃなくて、
「死刑囚にあって、どのような話を聞きどのような事を見て、死刑廃止を考えた」という、中身の部分な。
そこを知りたいから教えてくれと言っているんだよ。

ずっと思ってたんだが、そこの中身の理由に大勢が納得、共感する部分があればもっと簡単に死刑廃止派を増やせるとは思わないのかね?
あえて、そこを隠す、言わない(ないから言えないならそう言えばいい)から死刑廃止論者は信用されないと考えてくれ。


258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 20:07:08 ID:xlITHnab0

私は懲罰に何らかの意義があると思ってますし、
危険な犯罪者を一般国民から隔離することも必要だと思います。
でも、何故、「だから」死刑なのでしょうか。
特に>>251でも挙げましたが、何故、矯正不可能だと殺してしまわないと、
だめなのでしょうか。
「人殺し」という人間として最悪の大罪を犯してしまった人を
同じ「人殺し」をしていいという、道徳上の根拠はないのです。
私はあるきっかけで、刑務所に勤める刑務官と親しくひていたのですが、
彼が実際に死刑に携わった体験があったかどうか、聞くことはありませんでした。
それが、様々な文献を調べていて、死刑を執行する刑務官(アメリカでも日本でも矯正職員と呼ぶ)が
ひどい苦悩を抱えていることなど、考えてもいませんでした。
犯罪の被害にあった人達には、どう慰めの言葉をかけていいかわかりませんが、
人殺しをしなくてはならぬ、死刑執行人に対しても、思い遣るようになったのです。
彼等は、いわば、穢い仕事を一般国民に代わって請け負ってるようなもので、私達は決して無視してはならないのです。


259 :あははチンコ:2009/12/12(土) 20:28:06 ID:HLRpXpgxO
>>258
この分だと相当我慢してたみたいだな
腹ん中がパンパンだぜ

260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/12(土) 20:44:25 ID:zHsmq9xb0
簡単でしょ。オカマとかマイノリティはハミ出し者の強烈なコンプレックスがある。
こう言う奴等は劣等感から常に、主流と自分たち亜流を入れ替えたい願望が強い。
だから加害者に強く感情移入してしまう。


261 :あははチンコ:2009/12/12(土) 20:52:30 ID:HLRpXpgxO
>>260
ほら、遠慮しないで入れてみろ

262 :なんでん観念:2009/12/12(土) 22:25:02 ID:0l1JapkT0
>>258
なぜ名乗るのをやめた?新たな、夢想家の登場かとも思ったが、その理論は赤軍など
擁護する連中が大合唱していることだ。自分達が正義という前提の考えだね。人権を
盾に自分達の正義のために手段を選ばない者達の論理でしかない。被害者と加害者の
人権を考えたら、簡単に答えを出せないはずだ。存置派が矯正不可能なら殺せと思っ
てるなら、それは君自身だろう。革命のための殺人は是とする、いや、制裁だとおも
ってるはずだよ。人権を語って、罪と罰を置き去りとは面白い。

263 :あははチンコ:2009/12/12(土) 22:28:02 ID:HLRpXpgxO
>>262
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

264 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/12(土) 23:06:25 ID:dbBxCnl10
>260 だから加害者に強く感情移入してしまう。

なあるほど
でもyurikoコンプレックスは加害者に感情移入どころか、加害者の心理そのものだよ

>253

だから>24-30

265 :なんでん観念:2009/12/12(土) 23:14:55 ID:0l1JapkT0
観念万年君、書き込みが淡白だね。心理を読まれていることにようやく気づいたようだね。
でも、その行為自体が焦りの表れだね。でも、恥ずかしがることは無い。君が子供である
事実は変わらないのだから。その稚拙さも君の個性だよ。

266 :義人:2009/12/12(土) 23:27:32 ID:aGzUNyrG0
>>264
だからさ、その>24-30は読んだけどさ答えになってないんだって。
そこに書かれているのはおまえさんかもしくは、コピペ元の人が考える死刑制度の解釈であって
死刑廃止という思想になりうる「具体的な理由も根拠」もない。

俺が聞いているのは、なぜ死刑廃止にしなければならないのかその「具体的な理由と根拠」だ。
それを教えてくれと言っている。
もしそれが大勢を納得、共感させられる理由であれば廃止派は自然と増えるだろうよ。


267 :死刑は已む無し:2009/12/13(日) 00:18:27 ID:qdVB3wK30
>>258
>何故、矯正不可能だと殺してしまわないと、だめなのでしょうか。

あなたは蚊を殺しますか?
畑を荒らす猪や、里におりてきて人を襲った熊をどうすべきだと思いますか?
狂犬病にかかった犬はどうしたらいいでしょう

凶悪殺人犯であったとしても、有害鳥獣駆除ほどの酷い扱いは受けないはずです
人として裁かれ人として死んでいくことが出来るのが死刑だと思ってます
私刑=死刑であってはならないと思います

あと、矯正不可能というのはちょっと違いますね
本人が更正する意志をもつ望みが無い が正解でしょうね

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 01:34:10 ID:CIb6fRL60
yurikoの羨ましい部分は、あの恥を知らない図太い神経かなw
それ以外にコンプレックスなど全く無い。

269 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 05:18:48 ID:Ow0CTM6F0
>>260
>加害者に強く感情移入
→篠田博之氏は「ドキュメント死刑囚」で、三人の死刑囚を取材しました。
そこで驚いたのは、死刑囚達への一般市民の反応でした。
その大部分は、特に被害者遺族の立場に立ったもので、特に、自分の命よりも大切に思っていた娘が
誘拐され、陵辱され、無惨に殺されてしまったら、どう生きていっていいかわからない、といったものです。
つまり、子供をもつ親は、自分が他人の子供(自分の子供の場合もある!)を殺す立場になるとは考えないのです。
仏典ににも登場する鬼子母神ですが、鬼子母神は自分の子供が500人もいたのに拘わらず、
他人の子供をさらって食べていました。
http://www.kokufuku.org/archives/05/507/
この説話は、人間の性格を象徴しているように思います。
それは、人間の特徴は「他人の痛みを感じられない」ということです。
鬼子母神も、「自分が被害者の母親になって」、初めて、自分の悪行を反省することができたのです。それなら逆に、「もし冤罪で、自分が加害者とされたら」とか、「自分の子供が加害者になったら」も
考えるべきではないでしょうか。


270 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 05:19:59 ID:Ow0CTM6F0

村野薫氏の取材によれば、冤罪死刑囚のみならず、冤罪で長期の刑期を受けた人というのは、
決して珍しい存在ではないのです。冤罪被害に関しては、今まで、実例も含めて多く書きこんできました。
さらに、反省悔悟したものの死ぬ心の準備ができない人、自分が死ぬこと以外で贖罪をしたいと思う人も
少なくないのです。
たとえ正当な理由ー戦場で敵兵に襲われた場合でも、人間を殺したという不条理によって、
人は人格崩壊さえ経験することがあるのです。
篠田氏は死刑囚に「自己投影」をする人達も少なくなかったことに驚きました。
従来の死刑存廃論議に欠けていたのが、この「加害者への自己投影」でなかったでしょうか。
その上に立って、被害者救済、究極的には防犯、さらには反戦を考えていくべきなのです。
「正義の戦争」が主張されている現在(残念ながらオバマも例外ではなかった!)だからこそ、死刑廃止を訴えるのです。

271 :存置派:2009/12/13(日) 05:54:08 ID:r89gXHK9O
>>269
例えば、俺は自分がもし殺人鬼になったら、自分を殺して欲しいと思うがね。
正義とか、罪に対する嫌悪感とかではなく
ある個体のために他の個体が何体も犠牲になるのは不合理だと思うから。
生命は平等だしね。

それは自分でも自分の息子でも赤の他人でも変わらない。
感情としての変化はあっても、理性で述べるルールは変わってはいけない。
「自分の息子がそうなったらイヤだから」なんて理由は、政策選択の結果に注意を払わない我が儘の最たるものだ。
米国人は正義の次に公平を好むと思ったが、違ったかな?

272 :人の命は「しろ(犬の名前)」と絶対に釣り合わない:2009/12/13(日) 05:58:44 ID:Ow0CTM6F0
>>267
>あなたは蚊を殺しますか?
畑を荒らす猪や、里におりてきて人を襲った熊をどうすべきだと思いますか?
狂犬病にかかった犬はどうしたらいいでしょう
→現在でも死刑合憲判決の依拠となっている、昭和23年の死刑合憲判決鵜ですが、
冒頭に「人の命は地球より重い」と宣言しました。
これほどの欺瞞はないでしょう。
しかし、何故、ここまではっきりしている欺瞞を当時の最高裁大法廷の裁判長は
宣言したのでしょうか。
それは、やはり当時の日本人が共通してもった戦争体験があったのではないでしょうか。
「いしぶみ(碑)」ー広島二中一年生全滅の記録があるのですが、その慰霊碑には
「なぐさめの 言葉しらねば ただ泣かん 汝がおもかげ いさおしのびて」
とあります。
殺人事件に限らず、人は被害者の立場に立つまで、暴力がもたらすであろう悲惨な結末を深刻には考えないものです。
日中戦争から大平洋戦争にかけて何百万という若者が戦場に征きました。(征くとは、懲罰=正義のため)
しかし、どんな言い訳をしようとも、そこに正義はまかったのです。
ある老人は故郷の神社にあった忠魂碑をみて、息を呑みました。子供の頃の友達が悉く戦死していたからです。
昭和23年、死刑合憲判決を書いた裁判長の頭にも、虫けらのように死んでいった何百万という日本人の存在があったのではないでしょうか。
そして、その命を惜しむ慟哭のように「人の命はかけがえがない」、「人の命尾は地球より重いんだ」と
叫びたかったのではないでしょうか。
どんな命でも、人の命を他の動物や、まして虫と同然に考えるべきではないのです。
人の命は一度きりであり、決して「リセット」できないのです。


273 :義人:2009/12/13(日) 06:41:17 ID:SBLCK13J0
>>270
なぜ、俺が>257で言ったことに答えてくれないんだ?
死刑廃止を訴える上でのおまえさんの、根幹にして最重要な事柄のはずなのに答えるのに時間がかかるとでも言うのかね?

そして答えられないなら(そもそも理由と根拠がないと俺は思ってるがな)、そう言ってくれればいい。
おまえさんは、自身を犯罪被害者だと言ったがこのままではやはり、犯罪加害者もしくは予備軍とおもわざるを得ないよ。

274 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 07:25:24 ID:Ow0CTM6F0
>>271
>例えば、俺は自分がもし殺人鬼になったら、自分を殺して欲しいと思うがね。
→似たような物語りが、「雪女」(小泉八雲)にありましたね。
男は吹雪きの中、偶然に雪女に遭います。本当なら、雪女は自分を見た人間を
生きて返さないのです。恐らく、それは妖怪なりの、生き延びるための智慧だったのでしょう。
ところが、男はまだ若く、命を奪うのに憐れに思ったのです。「決して誰にも言わない」と
誓わせて、命を助けたのです。
若者は村に偶然に出遭った美しい娘と恋に落ちます。そして、結婚をし、子供まで授かります。
いつまでも美しさを失わない女は村中の評判となりました。
そうした、ある夜、男はふと、昔、吹雪きの中出遭った、雪女の話を妻に話してきかせてしまうのです。
そうすると、話が終わるや否や、女は雪女に変身してしまうのです。
部屋には、吹雪きが舞っていました。
「お前様は、あれほど言ってはならない、と言ったのに約束を破ってしまった」
と呪います。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
結局、雪女は男を殺さず、霞(かすみ)となって消えるのですが、何故、雪女は男を
殺さなかったのでしょうか。
多重人格症という一種の精神分裂症(統合失調症)があるのですが、その症状をもった人のなかには、
本当に、別人格となってしまい、記憶が全く残ってないというのです。
あなたが、「自分が別人格となって、殺人鬼になったら、躊躇うことなく殺してくれ」と言ったところで、
実際に別人格になったら、そうは言わないでしょ(爆笑)
殺人犯の多くも、犯行中、別の人格が自分の中に入り込んだようだ、と話しているのです。
雪女 全文→http://www.aozora.gr.jp/cards/000258/files/50326_35772.html



275 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 08:04:06 ID:6RHSeun30
長矢クン、引用するな。
引用しておいて、全くそれについてのレスをしないのは無礼極まりない。
君が頭がおかしいのは勝手だが、傍目で見ても不愉快だ。

君のように人の不快感とか迷惑を全く気にしないし、忠告にも聞く耳を
持たない人が教育だの更生だのと言って何になる?むしろ君自身が
更生不可能な人間の存在証明だと前から言っているのだが。

君の頭が悪いのが病気のせいなのか、本人の自覚の問題なのかは
定かではないし、それを責める気持ちもないが、2ちゃんといえども
最低限のマナーやモラルは守るべきじゃないか?


276 :あははチンコ:2009/12/13(日) 08:30:28 ID:jXZVHO2uO
>>275
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

277 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 09:04:41 ID:CIb6fRL60
>多重人格症という一種の精神分裂症(統合失調症)があるのですが、その症状をもった人のなかには、
>本当に、別人格となってしまい、記憶が全く残ってないというのです。

yurikoとは全く鵜対話にならないのは亜、yurikoが統合失調症鵜だからなのか亜。
これで得理解できた亜。

278 :存置派:2009/12/13(日) 09:18:19 ID:r89gXHK9O
>>274
で?としか言いようがないのだが。
まぁ、自分を、信念を以て死の恐怖に打ち勝てるような人格だと自惚れるつもりはないが
そのとき命乞いするだろうから今から命乞いするって程みっともない人格のつもりもないんだが。

仮に今君が凶悪犯と同じ精神状態にあるならともかく
理性をそれなりに保っているなら
その理性で判断した内容を優先すべきじゃないかな。

「息子が凶悪犯になったら」と同じ想像力で
「息子が再犯の犠牲者になったら」等を考えていく。
犯罪者の視点に立つのは重要だが
制度設計はあくまで被害者や資金提供者など全ての視点から見て
理性的に決めるべきじゃないかな。

タイカップの意見だけ聞いてスタジアムをつくっても意味がないだろう?

279 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 11:32:50 ID:606+q31v0
>>278
>度設計はあくまで被害者や資金提供者など全ての視点から見て
理性的に決めるべきじゃないかな。
→レスありがとうございます。
対話になってきましたね(苦笑)
私は刑罰が不必要とは言っていません。
確かに、中には、刑罰から罰を除いて、刑を矯正教育のみの点から考えるべきだ、という人もいます。
確かに、悪いことをしてモ、別荘暮らしのつもりで刑務所に入所させるのでは、
防犯の点からも、被害者感情からも納得できないでしょ。
「悪いことをしたら罰を受ける」という認識も必要ではないでしょうか。そRでも、死刑は刑罰にならないのでは、
と思うのです。
私はまず、死刑を刑罰システムから完全に除くべき、と主張しているのです。
あらゆる刑罰の中で、死刑だけ、あまりに異様すぎるのです。
パスカルが言うところの「人間は皆死刑囚」というのは真理ですが、そこ考察は別の機会に譲ります(苦笑)
他の刑罰は罰の他に、一応目的があって、犯罪者を矯正して社会復帰させるというものがあるのです。
それが、無期懲役の場合でも、「いつか社会復帰できるかもしれない」という目標があると生き甲斐が出るのです。
ところが、確定死刑囚の場合、「どうせ死ぬのだ」という諦めが先に立つのです。
宗教教誨師にしても、如何に生きるかよりも、死後の世界の安穏を教え諭そうとするのです。
確定死刑囚は死刑のみが、刑ですから、本来なら何もせずに、チューブで栄養補給しながら、
ベットに縛り付け化ておけばいいのです。それは、養鶏場よりも残酷な環境です。
当然、気が触れるでしょうが、すると刑事訴法では、心神喪失者への死刑を禁じてるのですから、おかしいのです。
つまり、ある程度正常な状態を保たせて、執行しようというのですから、偽善も極まった、というべきでしょう。
もしチューブで栄養補給をしながら、半植物状態で生存させることが
「残酷すぎる!」という反発の声が聞かれそうですが、死刑の本来の目的はそこにあるのです。
ところが、日本の死刑制度は、本来、「死と壁」(1953)by元大坂拘置所長で明らかにされたように、
拘置所で矯正教育を受けさせ、少しでも真人間にさせてから執行するというものだったのです。
そこには、日本的伝統である「死によって償う」という考え方があったのです。
私は、「死によって償う」という考え方は間違っていると思いますが、それによって、程度の差こそあれ、救われた被害者遺族、加害者も
いたのも事実なのです。
しかし、伝えられているところによれば、大量の死刑判決とその結果の確定囚の存在が、
拘置所をメカニックな管理のみの、まさに牢獄となってしまったのです。
被害者遺族としては、「自業自得!」と溜飲したいところでしょうが、
それでは、ますます、“被害者の無駄死に”になってしまうでしょう。
特に、「死刑の自動化!」を叫んだ鳩山法相下で、その傾向が進んでしまったのです。
拘置所がまさに、屠殺場となってしまったのです。
私はドキュメンタリー作家、坂本香監督の「ライファーズ」を紹介していますが、
死刑に代わる、建設的、代替刑としての終身刑なら考慮するべきだと思います。
http://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html

280 :読み易くしました:2009/12/13(日) 11:40:40 ID:606+q31v0

伝えられているところによれば、大量の死刑判決とその結果の確定囚の存在が、
拘置所をメカニックな管理のみの、まさに牢獄となってしまったのです。
被害者遺族としては、「自業自得!」と溜飲したいところでしょうが、
それでは、ますます、“被害者の無駄死に”になってしまうでしょう。
特に、「死刑の自動化!」を叫んだ鳩山法相下で、その傾向が進んでしまったのです。
拘置所がまさに、屠殺場となってしまったのです。
私はドキュメンタリー作家、坂本香監督の「ライファーズ」を紹介していますが、
死刑に代わる、建設的、代替刑としての終身刑なら考慮するべきだと思います。
http://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html

281 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 12:00:48 ID:KZQ23xQ00
まぁ死刑制度は、しゃーないと思うけど、いまどき絞首刑は無いわ
21世紀にもなって、そんな残酷な手段で国家が命を奪うなんて
なんで、もっと苦痛を軽減した方法を使わないのか?そこが気持ち悪い。

282 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 12:03:41 ID:606+q31v0
>>275
>全くそれについてのレスをしないのは無礼極まりない。
君が頭がおかしいのは勝手だが、傍目で見ても不愉快だ。
→凶悪犯の多くは「自分の中に悪魔がいるようだった」と言ってるのです。
異常人格と統合失調症のボーダラインを引くことは殆ど不可能といっていいでしょう。
例えば、信じ難いことですが、幼少年期の宮崎勤は、本当にごくごく普通の少年でした。
長じて、凶悪犯になってしまたのですが、あまりに突拍子のない、人格の変容でしたが、
完全に責任能力がとれないほど、異常でもなかったといいます。
鳩山法相に(こいつだけは二度吊るしたかった)と言わしめた勤でしたが、最後まで真摯な
反省の言葉は聞かれませんでした。
果たして、死刑によって、如何なる正義が実現したというのでしょうか?

283 :あははチンコ:2009/12/13(日) 12:05:58 ID:jXZVHO2uO
>>282
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

284 :あははチンコ:2009/12/13(日) 12:14:33 ID:jXZVHO2uO
>>281
バカじゃねーの、おめー、そもそも刑罰は残酷でなきゃ意味ないんだよ!!

俺、死刑大好きー!!!
ヒャハー!!!
どんどん殺せー!どんどん!!!

拷問刑復活させろー!!!
今の死刑は甘えんだよ!!!

285 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 12:14:39 ID:CIb6fRL60
>>280
限りある容量を無駄なリピートで潰すあなたの本意は何ですか?
全く読みやすくなどなっていないではないですか!
あれほど批判を受けていたのに、また平然とやる理由は何ですか?
みんなをわざと無視して自己顕示しようとしているのですか?
それとも注意散漫ですぐに忘れてしまうからですか?


286 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 12:16:29 ID:CIb6fRL60
>>279
>対話になってきましたね(苦笑)

大きな勘違い(爆笑)

287 :あははチンコ:2009/12/13(日) 12:50:47 ID:jXZVHO2uO
アッー!

だ…誰か…わしのウンコを食ってくれ〜

ぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶりぶり

アッー!

288 :あははチンコ:2009/12/13(日) 13:11:44 ID:jXZVHO2uO
>>286
気に入ったよ、きみの体…そして、ジュニアもな。
ど…どうかな…これから

289 :存置派:2009/12/13(日) 15:20:25 ID:r89gXHK9O
>>279
対話、ね…。
その割に君はこちらの言っていることを聞くより
自分が見たテレビの感想や読んだ本の感想をただ話したいだけに見えるが。

君の意見は、根本的に「犯罪者を更正させること」に拘泥している。
刑罰において更正は治安維持の「手段」であり、「目的」ではないんだ。
簡単に言えば、三人の人間を更正させても
一人の更正しなかった人間が、再犯で三人殺せば
差し引きゼロ、むしろマイナスだ。

だからこそ、その「更正しない一人」になる可能性が極めて高い人間に 死刑や終身刑を下す理由が生まれてくる。
犯罪者以外にとって、凶悪犯が更正するのも、死ぬのも究極は同じだ。
それが文字通りの死活問題になるのは、犯罪者だけだよ。

個人的には死刑が確定したなら
早々執行するなり、水と食糧の供給を断つなりしてしまえばいいと思うし
万が一、この国の人々が終身刑を望むなら
終身刑囚には水や食事以外の有料のもの、例えば謝礼を払って牧師を呼ぶような行為は与えるべきじゃないと思うね。
更正させてから死刑を行うのも、更正させるために終身刑に処すのも偽善極まりない。

さて、対話というならば、質問に答えてくれ。
犯罪者が更正することで犯罪者以外の人間が得られる利益について、
君たち廃止論者のマッチポンプ的な満足感以外に何が得られるというんだい?

290 :あははチンコ:2009/12/13(日) 15:23:35 ID:jXZVHO2uO
>>289
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

291 :存置派:2009/12/13(日) 15:30:26 ID:r89gXHK9O
>>279
なお、最後の問いについて、
修復的司法とやらの、何百何千という実施の中での、数件の被害者遺族の洗脳の成功例なら不要だし
(「遺族が望むから〜」と一部の人間の満足のために制度を設計するのは存廃問わずやめるべきだ)
「自分が犯罪者になったら」「自分の息子が犯罪者に」といった話なら繰り返しになるからやめてくれ。

また繰り返しと言えば、君は何故皆に嫌がられる末尾の繰り返しに拘る?
「分かりにくい」と言われてからやればよいことだし
(ただその場合君は文章の強調箇所ではなく、相手への返答になってるか否かをまず気にすべきだ)
どうしてもやるなら要点を絞り、本来の分量の五分の一以下に書き直すべきだ

292 :存置派:2009/12/13(日) 15:34:05 ID:r89gXHK9O
>>290
そうだな…ネタが古くてオリジナリティがない。

金玉ネタをしたいなら信楽焼の狸ぐらい絡めてみせろ

293 :あははチンコ:2009/12/13(日) 15:49:39 ID:jXZVHO2uO
>>292
しーましェーン!!!

294 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/13(日) 17:49:46 ID:TSncStmL0
>266

だから>24-30

>もしそれが大勢を納得、共感させられる理由であれば廃止派は自然と増えるだろうよ。

お前はその「大勢」の中に入ってないんだろうよ

>281

中国でも銃殺を止めて全面的に薬物注射にしようとしてるらしいね

295 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 17:58:57 ID:urGDZmOS0
逆に苦痛を増大させる方法で執行して欲しいわ

296 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 18:01:30 ID:sCy9SxW+O
「人が存在していれば人命は絶対的客観である」の証明まだー?

「正義(相対的主観)を人命(絶対的客観)より優先する事がテロリズムを肯定する事である」の証明まだー?

「人命」が「地球」と同じである証明まだー?


297 :義人:2009/12/13(日) 18:06:57 ID:lTH5u8v10
>>282>>264の死刑廃止論者はなぜ、質問に答えてくれないのか。
前にいた廃止論者もそうだったんだが、なぜ彼らは具体的理由への言及を避けるのか。
その理由や根拠が言えないのでは議論にならないし、ただ私利私欲の為に廃止を訴えてるとしか思えない。まるで犯罪者と一緒だ。

俺が考える議論とは、お互いに具体的な理由根拠を元に現実的な代案等を考え、妥協点に辿り着く事だ。
しかし、片方だけが現実的な観点で論じ、具体的な理由根拠を示そうとも、
もう片方が虚偽や欺瞞ばかりの論理で、私利私欲の為の反対では何の意味もない。

最後にもう一度言うが、死刑廃止に至った具体的な理由と根拠を教えてくれ。
もしそれば大多数に納得、共感されれば死刑廃止論者の事にももっと耳を貸す人が増えるだろう……

298 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 18:15:51 ID:CIb6fRL60
日本で死刑制度を望む人、約90%。

299 :義人:2009/12/13(日) 18:23:36 ID:lTH5u8v10
>>294
>だから>24-30
>お前はその「大勢」の中に入ってないんだろうよ

だからさ、>24-30は読んだよ。しかし、死刑廃止に至る具体的な理由と根拠になってないだろ?
そしてあの長い駄文を読んでその「大勢」になった人がいるとでも?

長くて難しそうな文章を書けば俺カッコイイなんて思えるおまえさんは、まだ十代なのかね。
それならば、反対する俺カッコイイという思想も今までのレスも納得できるよ。

もしそうでないと言うならば、もう一度言うが死刑廃止に至った具体的な理由と根拠を教えてくれ。
簡潔に要点をまとめてな、それと>24-30とかもういいからさ。
次同じ事を書くようであれば、おまえさんが社会に適合できてるのかを疑うレベルになるな。

300 :あははチンコ:2009/12/13(日) 18:57:14 ID:jXZVHO2uO
>>299
いいこと思いついた!!
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

301 :なんでん観念:2009/12/13(日) 19:14:17 ID:gWIvou870
>>299
そう言わず、付き合ってやってくれ。彼らの存在意義と自己の存在は、結論が出た時点で
終末を迎えてしまう。
廃止派の多くは、討論を要求して、答えを出すということは出来ない。人は死ぬときに善人
でありたいという。死刑という蛮行に反対したという、免罪符が欲しいだけだ。
ただし、長文でスレを埋める好意は、廃止派も止めたほうがいいな。ルールに拘るなら、ルールは
守るべきだろう。

302 :あははチンコ:2009/12/13(日) 19:18:59 ID:jXZVHO2uO
>>301
ほら、遠慮しないで入れてみろよ

303 :なんでん観念:2009/12/13(日) 19:31:56 ID:gWIvou870
>>302
じゃあ、力を抜いて・・

304 :あははチンコ:2009/12/13(日) 19:43:37 ID:jXZVHO2uO
>>303
アッー!次はションベンだ…

305 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 20:17:25 ID:1tNKsIkd0
>>289
>君の意見は、根本的に「犯罪者を更正させること」に拘泥している。
刑罰において更正は治安維持の「手段」であり、「目的」ではないんだ。
→レスありがとうございます。
まず、最初に訂正させてください。
「犯罪者を更正させる」ではなく「犯罪者を更生させる」です。
「更生」とは、「やり直し」であり、セカンドチャンスを与えることです。
更生管財人とは裁判所から派遣されて、資産や債務に基づいて整理し、
会社を蘇らせることです。更生と蘇生は殆ど意味が同じです。
「更正」とは書いてある表記などを書き改めることです。
文化・文明が進歩した社会では、犯罪者に対しては、刑罰よりも教育によって
愛を教えるべきなのです。もっとも、
中国などで行われる「労働改造」は全体主義的洗脳教育で、使い方を誤れば、
ロボトミー手術よりも危険な結果を招くでしょう。教育はもろ刃の刃(やいば)ということを
忘れてはなりません。


306 :あははチンコ:2009/12/13(日) 20:22:43 ID:jXZVHO2uO
>>305
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

307 :死刑は已む無し:2009/12/13(日) 20:52:49 ID:qdVB3wK30
>>272
久々に貴方のレスに関心を持つことができました
私は272のレスの大部分に共感できます
が、それを含めて尚、現状では死刑已む無しと思える事例が数多く存在すると思っています

>>294
私も>>297に全面的に賛成します、私も是非聞きたいですね
私にまで「大勢」の中には入ってないとかは言わないでくださいね

308 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 20:58:45 ID:urGDZmOS0
更生。詭弁だな。
こんな事を国に求める事自体が間違い。
例えば学校での道徳教育。これがどれだけの効果をもたらしていると思う?
親、兄弟、家族もっと小さな個人単位で甚大な労力を費やして初めて愛と言う教育を施せる。。
2chにへばりついてる無駄な時間があるなら今直ぐ言いだしっぺのお前が犯罪者に説いて来い。

309 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 21:23:15 ID:1tNKsIkd0
>>307
>私も是非聞きたいですね
→今はまだ漠然としていて整理中ですが、
正直な経緯を書きましょう。
確かに、大学でpeace&conflictを履修して、人権という概念に強い興味をもったのが
きっかけです。
教室に死刑囚専門の弁護士を招いて、話を伺ったことも大きく、死刑囚とも会って
話を聞きました。そのとき感じたのは、どんな事情があるにしても、自分の目の前にいるのは、
ごく普通の人間であり、その人から命を奪わなければならない理由など絶対にない、と確信しました。
さらに、冤罪を訴えている死刑囚や実際に、冤罪であるにも拘わらず、執行されてしまったアメリカ人がいたことも
知りました。大逆事件で死刑にされた幸徳秋水がUCBに留学していたことを発見しました。
さらに、第二次大戦時代、500万万人ものユダヤ人がガス室で処刑された事実を
死刑囚と関連して、改めて考察しました。すなわち、いかなる処刑方法を用いようとも、
残酷でない死刑などありえない、という真実を思い知ったのです。
アメリカでは、暴力犯罪があまりにも日常的で、人々の正常な感覚は麻痺してしまったようです。
私も何度も、暴力犯罪の犠牲になったし、家族も犠牲になりました。
しかし、犯罪への戦いは、暴力では何も解決しないことにも気付きました。
暴力と戦うには、愛の力をもってのみ可能だという結論に達したのです。
それでささやかながら、死刑廃止運動をするようになったのです。

310 :あははチンコ:2009/12/13(日) 21:28:33 ID:jXZVHO2uO
>>309
愛とかお前が言うな

311 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 21:34:53 ID:urGDZmOS0
頭悪すぎ。500万人もの人間を例えガス室で殺せたとしても処理が不可能。
簡単に焼却出来るとか思って無いだろうなこいつは。

312 :義人:2009/12/13(日) 21:35:44 ID:lTH5u8v10
>>309
わかってないな、なぜ経緯しか書かないんだ。

>教室に死刑囚専門の弁護士を招いて、話を伺ったことも大きく、死刑囚とも会って
>話を聞きました。そのとき感じたのは、どんな事情があるにしても、自分の目の前にいるのは、
>ごく普通の人間であり、その人から命を奪わなければならない理由など絶対にない、と確信しました

・死刑囚専門の弁護士を招いて話を聞いた。
・死刑囚に会って話を聞いた。
・死刑囚はごく普通の人間だから命を奪っていい理由にはならないと確信した。
おまえさんは上記3行の事項を、「死刑廃止の具体的理由と根拠」として上げてるんだぞ。
誰がどう見ても、具体的理由も根拠も書いてないだろ?
逆にこれで死刑廃止に傾く奴がいたら、それこそ驚かねばならないだろう。

もう一度言うぞ、俺は死刑廃止に至った具体的な理由と根拠を教えて欲しいんだ。
なんなら死刑囚にどんな話を聞いたのかを書いてくれても好いんだぞ。

313 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 21:37:33 ID:1tNKsIkd0
>>308
>もっと小さな個人単位で甚大な労力を費やして初めて愛と言う教育を施せる。
→愛は親兄弟姉妹、身近な人からこそ得られるものです。
私達は、もっと、もっと、子供達を抱き締めてあげるべきなのです。
それでも、さまざまな事情で家庭崩壊してしまったり、身近な人を亡くしてしまう子供も大勢います。
彼等が犯罪者予備軍と決めつけるべきでは絶対にありません。
しかし、凶悪犯の生い立ちなどを読むと、殆どの人が悲惨な家庭環境であるのも事実なのです。
さらに、せっかく恵まれた環境で育ったにも拘わらず、信じられないような大事件を起こしてしまう人もいます。
私達は、まず、「私達は人間について、まだ何も知らないのだ」という自覚をもつべきなのです。

314 :なんでん観念:2009/12/13(日) 21:55:25 ID:gWIvou870
>>313
詭弁とは正にこのことだな。死刑囚はただの人とは、当たり前のことだ。あの人があんなこと
するねんて、というのは良く聞くこと。イギリスの有名な安楽死で多くを殺した医者は、普通の
医者だ。
それに、暴力と戦うのは愛というのは犯罪を犯そうとするものにも言ったのか?
まあ、自分の意見を羅列すだけの妄想家には馬の耳に念仏かな?

315 :あははチンコ:2009/12/13(日) 22:01:14 ID:jXZVHO2uO
>>313
だからさ、お前が愛とか言うな!!ボケ

>>314
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

316 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 22:05:31 ID:1tNKsIkd0
>>511
>500万人もの人間を例えガス室で殺せたとしても処理が不可能。
http://frank.mtsu.edu/~baustin/holocamp.html
上の研究では、600万人近いユダヤ人とさらに、500万人の人々が
処刑されたとしています。
現実です。

317 :あははチンコ:2009/12/13(日) 22:09:19 ID:jXZVHO2uO
>>316
アンカー間違えてんじゃねーのか、ボケ

318 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 22:11:53 ID:6RHSeun30
>>313
横レスだが、いい加減目を覚ましたらどうだ。
あんたが言うのが正しいなら、あんたが孤児という孤児、全員面倒見てやれよ。
表面化していない虐待を察知して、子供たちをあんた自身が救い出してやれよ。
できることも、できないことも何の分別もなく言いたい放題言うだけなら誰でもできる。

どうせできないことを言うのなら、犯罪のない世界をいきなり作ったらいいだろう?
とにかく、あんたの屁理屈は死刑廃止のためだけの言葉遊びで妄想なんだよ。
単に容量を浪費するだけのカキコには我慢ならん。恥を知れ。


319 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 22:13:47 ID:urGDZmOS0
>現実です。

だから現実的に処理する方が不可能なんだよ。
公開資料の復元、改ざんなんて昔から言われてる。
南京大虐殺とか本当だと思ってる人?

320 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/13(日) 22:23:17 ID:TSncStmL0
>297 最後にもう一度言うが、死刑廃止に至った具体的な理由と根拠を教えてくれ。

最後にもう一度言うが、>24-30

321 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/13(日) 22:24:09 ID:TSncStmL0
>299 長くて難しそうな文章を書けば俺カッコイイなんて思えるお

あれのどこが難しそうな文章なんだよ。長いのはまぁ認めるが

322 :なんでん観念:2009/12/13(日) 22:25:43 ID:gWIvou870
観念万年君、最近影が薄くなってきてるよ。逃げ方もマンネリだ。

323 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 22:35:03 ID:6RHSeun30
>>322
エサまきご苦労さま。
観念クンのご都合部分レスはお好きですか?
自分はもう辟易としてるんで、適当に相手にしてあげてくださいな。
こんなのでもいないと、廃止論者ゼロになって対談も何もなくなりますからね。


324 :義人:2009/12/13(日) 22:41:30 ID:lTH5u8v10
>>320>>321
ふむ、おまえさんは現実でもそんな感じなのかね?
ネット弁慶のキャラ作りでそうしていると言ってくれると安心できるのだが……
前にも言ったと思うが、その>24-30はおまえさんが考える死刑制度の解釈であって
死刑廃止という思想になりうる「具体的な理由も根拠」もないんだよ。

具体的理由がなく、反対したいだけの自己満足だから質問に答えられないのだろ?
まずは議論する為に、自身の中で確固たる根幹的な論理(勿論具体的な)を纏めてから書き込んではいかがか?

325 :なんでん観念:2009/12/13(日) 22:50:51 ID:gWIvou870
>>323
そのとおりですね。でも、最近彼の書き込みは淡白すぎます。参加者の減った
このスレは彼で持っていますから。
さあ、観念万年君。どんどん書き込んでおくれ。

326 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/13(日) 23:06:44 ID:6RHSeun30
>>325
レスが淡白になったのは、多分彼自身が論理的に無理を感じ始めているのでしょう。
で、個々のレスに的確な(あくまでも彼の感覚で)レスをすることができなくなり、魂の
入っていない仏像のような過去レスにしがみつくしかないのでしょう。


327 :存置派:2009/12/13(日) 23:17:27 ID:r89gXHK9O
>>305
ふむ…携帯の変換能力は過信しない方がいいようだな。

まぁ、意味は伝わったようなので、それでよし。
(まさか「全部『更生』に書き直さないと返事をしたくない」とは言うまい?)
はやく、質問に答えてくれるかな。

ああ、それと。
君の犯罪者に対する愛は
犯罪者のみに向けられ、その代償を払う一般市民に無頓着なあたり
何やらアガペーよりエロスに近そうなのだが気のせいかな。

328 :あははチンコ:2009/12/14(月) 05:50:31 ID:L8fShY2iO
>>327
いいこと思いついた!
お前俺のケツの中でションベンしろ!

329 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 06:08:44 ID:sx7wun9y0
>>323 >>325
yurikoは完璧に無視ですか?
まああの支離滅裂な感想文を読む意味など皆無ですから、無理もありませんね。

私は観念のステレオタイプしか出来ない頭脳に疑問を持ちます。
きっと社会に出て人と交わった経験が少ないんでしょうね。

330 :323:2009/12/14(月) 06:40:02 ID:vnFUdoUJ0
>>329
はい、長矢クンは文の内容以前に、書き方すら改善しないので、全く
価値は認められません。

観念クンは、>326でも書いたけど自己の論理破綻に少しは気付いた
ように思うんです。
だから、人のレスに対して臨機応変に答えることができない。というか、
アドリブを入れるとほぼ必ず矛盾が露呈する。
結局は、自分のテリトリー内でしか動けないんですよ。

自分は前にも言った通り、観念クンにも辟易してるんで相手にしたくあり
ませんが、他に廃止論者らしき人がいない以上、新しい参入者が現れる
までのつなぎとしてのみ価値があるかと。


331 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 07:05:29 ID:FhuIqhwCO
>>330
観念くんや長文矢印のような奴が居座り続ける限り、マトモな廃止論者なんて現れない気がする。

332 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 09:02:01 ID:sx7wun9y0
確かに、yurikoの支離滅裂さ、観念の未熟さを目の当たりにすると、まともな
廃止主義者が来るとは思えませんね。
少数派とは言え、世の中には立派な廃止主義者も沢山いるはずなのですが・・・。

まあ、ここは2ちゃんねるだから、それでもいいのでしょう。
逆に言うと、ここだからこそ、yurikoや観念のように日常生活ではあまり見られ
ない面白い生物を観察できる訳ですから、生かさぬ様殺さぬ様、必要に応じて
栄養を与えながら培養し続けるのも一考に値すると言うものです。
みなさん、楽しんで観察しましょう。

333 :あははチンコ:2009/12/14(月) 09:27:33 ID:L8fShY2iO
死刑大好きー!!
どんどん殺せー!
どんどん殺せー!!

334 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 09:48:53 ID:sx7wun9y0
yuriko君へ

日本語のお勉強の時間です。

>「更正」とは書いてある表記などを書き改めることです。

この説明、100%間違っている訳ではないのだけれど、もしかして勘違いがある
ような気がするのでひと言。

例えば、注意散漫な脳障害者が翻訳した原稿がタイポだらけだったり、支離滅裂
だったりしたとして(爆笑)、その原稿のタイポなどを修正することは「更正」とは
言わないのです。
「更正」と表記した場合に普通の人が真っ先に思い浮かべるのは、過払いだったり
不足だったりした税額を確定申告などで正しく改めることではないでしょうか?
(無職の人や低所得サラリーマンにはあまり縁の無いことでしょうが。)
だから、「書いてある表記などを」とわざわざ「校正」を連想させるような説明を
せず、単に「正しく改めること」と説明するのが日本語のセンスに適っているのです。
「校正」という言葉も覚えておきましょうね。

それから、「更生」と「蘇生」の間にはニュアンスがありますよ。
前者は「悪かったものを良くして生まれ変わらせる」意味合いで、後者は
「単に一度死んだものを生き返らせる」意味合いです。
溺れて死にかかった人が心臓マッサージで蘇生した時に、「心臓マッサージの
お陰で更生できた」などと言ったら、周囲の人から「何と空気を読まない失礼な
言い方をするんだよ!」と顰蹙を買うと思います。

あなたは我田引水の間違った説明をする暇があったら、ちゃんと日本語補習校に
通うか、厚生施設に行って脳の具合を調べてもらうべきなのです。

335 :あははチンコ:2009/12/14(月) 11:27:53 ID:L8fShY2iO
>>334
自分、指いいっすか?

336 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 12:50:30 ID:sx7wun9y0
>>335
2本も入れないで下さい。
それから、第二関節までで勘弁して下さい・・・。

337 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 12:52:23 ID:4MiVSLwT0
死刑執行人も裁判員のように抽選になって、拒否できない制度にれば賛成。
懲役と死刑の間に終身重労働などの酷刑を作るのにもっと賛成。
泥棒と殺人が同じ刑務所で同じ労働は不自然


338 :あははチンコ:2009/12/14(月) 13:30:13 ID:L8fShY2iO
拷問だー!!!
拷問刑の復活だー!!!

339 :あははチンコ:2009/12/14(月) 13:31:57 ID:L8fShY2iO
刑罰なんてのはな、残酷でなきゃ意味ないんだよーバキャーロー\(^O^)/

340 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 17:01:16 ID:C+cZ5C2d0
もうそろそろ「廃止派にとって理想的な存置論を述べる存置派」が登場する時期かな?


341 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/14(月) 19:32:56 ID:IpNpkOVf0
>324 自身の中で確固たる根幹的な論理(勿論具体的な)を纏めてから書き込んではいかがか?

だから>24-30
つかね、何を期待しているのかさっぱり分からんので、取り敢えずお前が存置すべきと考える「自身の中で確固たる根幹的な論理(勿論具体的な)」を纏めてから書き込んでみて
チョチョイと。一つだけでもいい。>24-30で反論してあると思うんだけど一応

342 :死刑は已む無し:2009/12/14(月) 19:33:34 ID:pBHKaQV70
>>340
それは何度か試みられているようですが
どんな代替案が出ようとも、「死刑の完全廃止」 から一歩も動く気が無い廃止論者の耳には一切届かないようです

観念君の名台詞 「人は鏡」 も、彼自身にだけは適用されないみたいですし

343 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/14(月) 19:37:06 ID:IpNpkOVf0
>324-332

ひょっとしてソンチーズの「僕たち正しいよねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネーyurikoと観念が馬鹿なんだよねー」の互慰合戦が復活してる?

344 :死刑は已む無し:2009/12/14(月) 19:37:21 ID:pBHKaQV70
>>341
現状の法律では死刑はあるのね?
それをあんたらは覆したいのよね?
じゃあ納得できる具体的な論理を述べてみておくれ?
あんたの言っていることは、律法やら民主主義やらを全否定してるように聞こえるよ?

345 :あははチンコ:2009/12/14(月) 19:55:47 ID:L8fShY2iO
>>344



















チン!!!

346 :義人:2009/12/14(月) 19:57:27 ID:GFBYm9sS0
>>341
おまえさんは苦しくなるとほんとそればっかりだな……思わず吹き出しちまったよ。
・お花畑理論の展開→反論レス→抽出引用で詭弁レス→グサリと確信を付くレス→明確な理由答えられないから相手にそらす(←イマココな)
                                       
ずっとこの構図だな、ほんとにただ反対したいだけの社会不適合者あるいはお子様なんだな、がっかりだよ。
まぁそれだけだと可哀想だから、俺の存置すべきと考える具体的理由と根拠を答えてあげよう。

「まず第一に100%の再犯防止が可能な点。そして、コストパフォーマンスに優れている点」
簡潔に答えるとこれが俺が存置を考える理由であり、根拠だ。
何か質問や、反論があるなら受け付けよう。もし、それが納得のいく説明なら考えを変える事だってある。

347 :義人:2009/12/14(月) 20:06:22 ID:GFBYm9sS0
>>341
あ、連投スマンがチョチョイと答えてやったんだ、おまえさんもレスするなら詭弁とかお花畑理論
じゃなくて、「死刑廃止を考えるに至った自身の中での確固たる根幹的な論理(勿論具体的な)」を頼むな。

できない、またはそんな理由がなかったならそう正直に答えてくれてもいいんだぞ。
間違いを認める所から、また一つ大人になってゆくのだから……

348 :あははチンコ:2009/12/14(月) 20:07:28 ID:L8fShY2iO
>>346
四つん這いになれば免許返していただけるんですね?

349 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 20:13:20 ID:s9PFH8e30
>>343
これはまた見事な「人は鏡」だこと!

350 :死刑は已む無し:2009/12/14(月) 20:15:58 ID:pBHKaQV70
まぁ、観念君の「人は鏡」ってのは
簡単に言えば2ちゃん的な「自己紹介」と変わらんねw
まぁこのスレではあまりふざけた発言はしたくなかったんだがあまりにも酷いのでね

351 :あははチンコ:2009/12/14(月) 20:23:06 ID:L8fShY2iO
>>350
いいこと思いついた!!
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

352 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 20:25:41 ID:nDcx0nL70
スレタイ変更します。

【長文矢印】yuriko【UCB偽卒業生】と死刑存置論について語るスレ

353 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/14(月) 22:03:04 ID:IpNpkOVf0
>344 あんたの言っていることは、律法やら民主主義やらを全否定してるように聞こえるよ?

よくある拡大解釈&極論

>346 ずっとこの構図だな、

お前の脳内ではね

> 「まず第一に100%の再犯防止が可能な点。そして、コストパフォーマンスに優れている点」

「将来犯罪を起こす可能性」を理由に人を罰することはできないんだが
「死刑に処する理由」として「将来犯罪を起こすかも知れないから」を挙げてる判決ある?あったらソースyr
「100%再犯防止になる」は単なる結果論。そんな理由で刑罰下せるなら「生きている(少なくとも一度でも罪を犯した)人間は全員犯罪する可能性があるのだからその前に処罰してよい」ということになる
それに>25のその5に書いたとおり、再犯防止は死刑でなくても可能。「初犯」じゃなくて「再犯」のみ100%に拘る理由がない。死刑にする前に更生させる努力をしろよと
前科なくても危険な人物はうじゃうじゃいるのに、そっちは無視?そんなことだから加藤の暴走を防げないんだよ
それより更生した死刑相当囚を再犯防止に活かす方が得策 http://plaza.rakuten.co.jp/tanpakumeisi/diary/200911160002/
殺人裁判収監という体験を経て、一般人よりよほど遵法精神の培われた者もいる。それを死刑にすることの方が無駄
コスト云々については要するに「人の命より金が大事」ということだな。流石「人命は主観」説信者、言ってる事が強盗殺人犯レベル
そもそも「税金の無駄なので死刑」なんて判決も聞いたことがない(あるならソスyr)
金が大事なら犯罪者に使われる全ての裁判費用弁護費用施設維持管理費食費光熱費医療費その他諸々浮かすために「一度でも犯罪起こしたら裁判なんかせず即処罰」という、それこそ時代錯誤な話になる
あと「終身刑より死刑の方が低コスト」のソースyr

> 簡潔に答えるとこれが俺が存置を考える理由であり、根拠だ。

あれで根拠?なら>24-30も根拠。よつて

>347 「死刑廃止を考えるに至った自身の中での確固たる根幹的な論理(勿論具体的な)」

>24-30

>349 これはまた見事な「人は鏡」だこと!

それを言いたいなら、少なくとも俺と姐さんが互いに慰めあってる場面を挙げないと。どこ?

>351

HNを「ケツションベン」にしてくれない?本物のあははチンコが出てこれない

354 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 22:14:38 ID:Mqq/KYWw0
偉大なる利根川の言葉を借りてこの場で言う。
金は命より重い。大人は本当の事を言わない。
でなければ四の五の言わず金を送れ。明日を生きれるかも分からない
飢饉や病気に苦しむ人間に金を送れ。
それも出来ないならお前たちは俺たちと同じだ。

355 :義人:2009/12/14(月) 22:40:26 ID:lwGUjOqY0
>>353
とりあえず落ち着けよ、俺のレスが難しくて理解できなかったかな?
 >24-30はおまえさんの死刑制度の解釈であって、死刑廃止に至る具体的根拠でも理由でもない。
だからこそチョチョイと存置の理由と根拠を示したのだから、おまえさんにもそれをお願いしてるだけなんだがね……
いいか? 「死刑制度の解釈」ではなく「死刑廃止に至った具体的理由と根拠」を書けといっているんだ。
まぁ、前レスでも言ったが理由などないならそう言えばいい。間違いを認めるのは苦痛だろうが、それを乗り越えてこそ大人になれる。

356 :義人:2009/12/14(月) 23:05:32 ID:lwGUjOqY0
>>353
長くなると思ったので分ける。
俺が書いた死刑存置の具体的理由と根拠についてのレスについてだが、たくさん書いてくれたのは結構なんだが
もうちょっと言いたいことを纏めてくれないと、よくわからんぞ。
目に付いた所をレスしていくから、聞きたい事があるならさらに聞いてくれ。

>「100%再犯防止になる」は単なる結果論。そんな理由で刑罰下せるなら「生きている(少なくとも一度でも罪を犯した)人間は全員犯罪する可能性があるのだからその前に処罰してよい」ということになる

おまえさんは死刑にどんな効果があると思っているのか、まずそれを上げて貰おうか?
そして死刑判決を受けるのは、更生の見込みや可能性のない人間だ。100%の再犯防止効果がある死刑になんら問題があるとは思わんがね。

>それに>25のその5に書いたとおり、再犯防止は死刑でなくても可能。「初犯」じゃなくて「再犯」のみ100%に拘る理由がない。死刑にする前に更生させる努力をしろよと
>前科なくても危険な人物はうじゃうじゃいるのに、そっちは無視?そんなことだから加藤の暴走を防げないんだよ

終身刑や無期懲役では100%再犯防止は不可能。なぜなら、仮釈放、釈放、脱走などで外にでる可能性が0ではないから。看守や同じ囚人同士で犯行を犯す可能性すらある。
死刑は完全に100%再犯防止できる。反論あるならしてみてくれ。
そして、死刑にする前に更生する努力とか、加藤の暴走を防げとか勝手に言ってるがね、まずはそれを現実に可能とする具体案を出してみろよ。
それもできずに、吠えるのは精神的に未熟な子供の特権だからな。

>それより更生した死刑相当囚を再犯防止に活かす方が得策。
>人裁判収監という体験を経て、一般人よりよほど遵法精神の培われた者もいる。それを死刑にすることの方が無駄

もう少し詳しくそのブログを読んでみないとわからんが、効果があるならそれをどんどんやってもらっても構わない。
しかし、そこに税金を投入するくらいなら死刑にしたほうが国益になるとも俺は思う。
まぁ、これに関しては少し待ってくれ。

そして最後にコストに関して。2スレくらい前に、死刑囚に年間かかる金額などを調べた物を提示したことがあり、
とてつもない無駄な税金がかなりの金額掛かっていたのが分かってそこで止まっていたんだが。
今、死刑に掛かる費用と無期懲役にかかる費用の差を調べようとしたところ、死刑>無期懲役という順番でコストが掛かる
という、記事なども見たので次レスで少し検証しようと思う。

357 :義人:2009/12/14(月) 23:16:01 ID:lwGUjOqY0
>>353
連投スマンが、おまえさんが提示したブログを読んだよ。
おまえさんが、文章を読み取る力がないことが如実にわかる結果となって悲しい。

>それより更生した死刑相当囚を再犯防止に活かす方が得策
>殺人裁判収監という体験を経て、一般人よりよほど遵法精神の培われた者もいる。それを死刑にすることの方が無駄

上の文を提示したうえで、そのブログ先を張ってるがまったく内容に合致してないぞ。
ブログ先では一言も死刑相当囚を再犯防止に活かすとは言ってないし、そこにも一般人より遵法精神に培われた者もいるとも言ってない。
わざと、操作誘導してまで反論したかったの? それとも本気だったのかな、がっかりだよ……

もしかしたら俺の解釈が間違えてる可能性も否定できないので、他の方にもレスの内容とブログ先の内容を読み比べてみて意見を聞きたい。

358 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 23:16:12 ID:nDcx0nL70
yurikoは偽UCB卒業生として、自分の言動が恥ずかしいと思わないのか。
真UCB卒業生は、眩しいくらい輝かしい活躍をしているのに。
yuriko、お前はどうしてこんなにみすぼらしい生活しかできないのか。
偽UCB卒業生として恥を知れ!!! お前は日系移民の恥だ!!!

359 :死刑は已む無し:2009/12/14(月) 23:17:22 ID:pBHKaQV70
>>353
>「100%再犯防止になる」は単なる結果論。
>そんな理由で刑罰下せるなら「生きている(少なくとも一度でも罪を犯した)人間は全員犯罪する可能性があるのだからその前に処罰してよい」ということになる

>よくある拡大解釈&極論

人は鏡っていうのはこういうことだな、良く分かったよ

360 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 23:21:30 ID:sx7wun9y0
今日14日は忠臣蔵討入りの日だ。
この物語は大昔の話だが、毎年この日には必ず忠臣蔵を観ることにしている。
もちろん今日も観た。
感動した。
日本人ならではの忠誠心が日本の素晴らしさだと再確認した。
最後に四十七士が潔く切腹をするところも美しかった。
彼らが切腹を良しとしたか判らないが、少なくとも潔く命を散らせて家の名誉、
社会の秩序を守ったところは正に日本の美学と言えよう。
「悪法もまた法なり」というところであって、「悪法に何故・・・」などと言い訳しない
ところが流石武士道であり、また西洋の騎士道にも通じるものが あると思った。
野蛮な侵略国のカウボーイとは全く異次元の美しさだ。
相撲の行司がいつも胸に短刀を入れているのは、「命を賭けて正しい軍配を上げる。
もし差し違えたら命を捨てる覚悟で臨む」という表れだとか。
日本の文化はこれだと思った。
恥の精神と秩序を守る心。
これがまだ残っているから、日本の犯罪率が低いのだと思う。
アメリカから個人主義が入るようになって、変な犯罪が増えて来たのは残念だ。
私がもし間違って残虐な殺人事件を起こしたとして(間違って起こすようなものでは
ないと思うが)、その時には潔く命を捨て、社会に残された人に「私のような馬鹿な
ことをしたらこういう目に遭うのだ」という反省のメッセージとして伝えたい。
自分の命を乞うよりも、ずっと社会に対して前向きなメッセージとなると思う。
宇宙の年齢は120億年とも130億年とも言われているが、その中での数十年を
価値ある 時間にしたいと思った。
話が長くなったが、死刑には悪いところもあるが、反省のメッセージを伝える
手段と解釈すると良いところもある。両面を見る必要があると思った次第だ。
「反省して吊るされるからこそ意味がある」という言葉に重みを感じた次第だ。

(以上、全ての物事には両面あることを理解した上での、片面からの感想。)

361 :義人:2009/12/14(月) 23:32:00 ID:lwGUjOqY0
色々調べてみたが、死刑と終身刑どちらがコストがかかるか。これはどこまでが死刑費用とするかでかなり変わることがわかった。
それに現実的には同じ条件で(同じ回数の裁判や弁護費用等)の事柄などありえないからどちらの方が費用がかかると明確に分からないのだと思う。
よって同条件の場合の死刑と終身刑のコストを計算してみようと思う。もちろん俺が独自でやるもので正しいわけではないから反論も受け付ける。

どちらも最高裁まで争い、同じ期間、同じ弁護料等で判決が出たとしよう(ここまでは死刑も終身刑もコストは同じ)
・死刑の場合→最大でも6ヶ月以内に法律では執行せよとなっている、つまり最大で6ヶ月分のコストがかかる。
       そして死刑執行時のコスト(人件費、場所代、執行器具代というところか)

・終身刑の場合→犯罪者の平均年齢などわからないから、全国民の寿命が80歳としてその半分の40歳を平均とし、そこから平均寿命である80歳
         までの40年間収監するコストがかかる。
        もちろん収監にも人件費や場所代、食事代などいろいろかかる。死刑囚のそれが6ヶ月だとして実に80倍のコスト。

このように同条件にあてはめれば、終身刑の方がコストがかかるのは明らかだろう。
これに反論や間違いがあれば言ってくれ、その都度訂正していこうと思う。
ただの、お花畑理論の反論ならいらない。

362 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 23:43:52 ID:cNeYuuHWO

にしても
こんな学生の卒論以下の文章を「根拠は>24-30」とか言って誇らしげに持って来るバ観念クオリティはおめでたいな


363 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/14(月) 23:59:46 ID:s9PFH8e30
>>353
>よくある拡大解釈&極論

またまた見事な「人は鏡」

364 :なんでん観念:2009/12/15(火) 00:03:53 ID:tSh2UNym0
観念万年君、元気が戻ったようでなによりだ。最近、僕は戯言が過ぎたようで今日は、少し、まじめに
書こう。
君は、防犯対策などと、意外と古いことを言うのだな。防犯思想の暴走は、軍国主義の大日本帝国と、
レッドパージに明け暮れた、安保闘争の60年代の頃の日本を見れば分かるだろう。戦前、戦中は自由主義
と共産主義の排除のために、冤罪どころ騒ぎではなかった。精神異常者は簡単に病院収容したりした。
60年安保の頃は、過激派と化した左翼活動家の取締りのために盗聴などの不法行為を国が行った。
過剰な防犯思想は弾圧に代わる恐怖を思想信条に関わらず一般人でも知っている。
そんな社会を望むなら死刑廃止も簡単だろうな。

365 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 05:07:21 ID:x643P8XV0
>>361
>俺が独自でやるもので正しいわけではないから反論も受け付ける。
→一瞬、期待してしまったのだが。
見事に裏切ってくれたな…(爆笑)
>どちらも最高裁まで争い、同じ期間、同じ弁護料等で判決が出たとしよう
→まず、はっきり言うと、現在の日本の司法制度は「法の正義」という点では正常に機能してない。
2001年に起きて、2004年に執行された宅間守だったが、一審で確定してしまった。
控訴を取り下げ、自ら取り下げたのだが、死刑判決が出た裁判は自動的に上訴される仕組みを
早急に確立するべきだろう。
確定してから約一年で執行されるというのも異様な早さだった。
宅間は橋下弁護士(当時)に手紙を書いて、早期の執行への協力を訴えたが、橋下氏は
「被害者遺族への謝罪を条件」として断ったという。
私は、この事実を最近知ったのだが、橋下氏は何を考えていたのか、また、何も考えていなかったのか(爆笑)
★死刑の究極的目的とは、加害者をなるべく速やかに「消すこと」にあるのだ。
宅間が早期の死刑を訴える様子を拘置所の看守が「立派だ!」と宅間に伝えたという。
死刑になるような大罪を犯して、何故、誉められなければならないのか。
死刑囚の多くは「反省するくらいなら、最初から犯罪など犯してない」と居直っている事実を知らないのか。
さらに、万に一つでも、死刑囚が心から反省悔悟した場合、その死刑囚は最早別人といっていい。
果たして、別人格に刑罰ーそれも御刑という死刑を科す意味があるのだろうか。
刑罰の意義が、「刑罰によって矯正する」という教育刑にあるのは近代刑法の常識だが、
執行後、つまり「矯正後の成果」がわからない死刑に意味がないのではないか。

366 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 05:35:42 ID:x643P8XV0

>収監にも人件費や場所代、食事代などいろいろかかる。死刑囚のそれが6ヶ月だとして実に80倍のコスト
→したがって、死刑囚にコストがかからないから、ベッターなシステムという議論は
そもそも、議論として成立するべきではないんだよ。
もっと正論を言えば、昭和23年の最高裁大法廷での「人の命は地球ようり重い」というのは、
日本の法律として確立されたものとするべきだ。それにそって、死刑の当否について慎重に慎重を重ねるのは、
先進国で法治主義を当然の原則としている国にあっては、当然のことというべきだ。
アメリカで、死刑囚にかかるコストが終身刑よりもかかるというのは、「死刑を求刑」した瞬間に
裁判所全体が「何とか情状酌量の要素はないか」を検討するため、途方も無い金が使われるからだ。
http://www.cnn.com/2009/CRIME/10/20/death.penalty/index.html
上の記事によれば、州の財政が破綻状態にあるカリフォルニア州では、一人の死刑囚に刑を執行するのに、
一千万ドル(日本円で約10億円)かかるという。
それなら、上訴の機会、弁護士費用など(コストの70%は裁判費用)を制限し、
さらには、精神鑑定などもなるべく節約すればいいじゃん!というわけにもいかない。
法治主義が官僚支配であり、金がかかるのは当然なのだ。自由民主主義社会を選択したなら、
その理想をすてるべきでない。夢の実現にコストがかかるのは言うまでもないのだよ(笑)

367 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 06:12:57 ID:x643P8XV0
続2
訂正>一人の死刑囚に刑を執行するのに、
一千万ドル(日本円で約10億円)かかるという。
    ↓
、一人の死刑囚に刑を執行するのに、
終身刑の場合よりも一千万ドル(日本円で約10億円)かかるという。

近年(特に鳩山法相前)の死刑囚は、確定から執行まで、平均8年だった上、
その上、1978年から20年間という長きにわたり、被執行者は年間、
一人、三人が少々、複数になることは絶対といっていいほどなかった。さらに、国連で死刑廃止が決議されたのを受け、
平成の最初の三年間は執行数が0だった。
その一方で、司法の厳罰化傾向が進み、厳罰=死刑というのが当り前とされてきたのだ。
これまで、何度も書いてきたが、そもそも、憲法で残酷な刑罰が厳しい語調で禁じられている上、
死刑に何種類も罪に応じて種類がないという事実は、死刑に「罰」という観念はないのだ!
死刑判決で必ず引用される「一般予防」だが、これはみせしめのことだ。
一体全体、誰に対するみせしめなのか。
漠然とした恐怖感を子供達の心に植え付ける(「悪いことしたら、死刑になるで〜!」)というだけなら、
もうそろそろ別の教育方法を用いてもいいと思うのだが(苦笑)

368 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 06:51:14 ID:x643P8XV0
>>360
>「反省して吊るされるからこそ意味がある」という言葉に重みを感じた次第だ。
→(〃 ̄▽ ̄ヾ)あははっ♪. (〃 ̄m ̄) ̄m ̄) ̄m ̄)むふふ♪.
すみません。思わず笑っちゃいました♪
「忠臣蔵」は、人形浄瑠璃でも、歌舞伎でも十八番ですから、日本の伝統を蔑ろにしたくはないですよ。
でも、やっぱり、あの筋というのは、「間抜けな主君のために、食い扶持がなくなった家臣が逆恨みをした」
というものでしょ。本当の被害者は地元でも名君といわれた吉良上野介は
当り前のことを当り前にしたにすぎないのです。
http://www.fsinet.or.jp/~fight/illust/main/kira.htm
吉良氏こそ「悲劇の名君」といわれるべきでしょう。
いえ、別に歌舞伎の劇に文句を言おう、といんじゃないのです。
歴史を振りかれれば、その視点によって別の見方ができる、というのはよくあることなのです。

369 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 06:57:01 ID:x643P8XV0
訂正>>368
>本当の被害者は地元でも名君といわれた吉良上野介は
当り前のことを当り前にしたにすぎないのです。

本当の被害者は吉良上野介です。
地元でも名君といわれた吉良上野介は 当り前のことを当り前にしたにすぎないのです。

370 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 08:20:44 ID:t+E/9BfW0
>>369
まず第一に、たまには訂正のない文章を書くこと出来ないのか?馬鹿が。

それに、史実に基づいて吉良上野介を擁護する意見など世の中にごまんとあるさ。
それを承知の上で、映画に対する感想文を書いたのに、頓珍漢な返事をする
お前の対話能力を少しは向上させろや。アスペルガーが。

視点によって別の見方ができるからこそ、死刑にもそれぞれの見方ができると
いうことであって、お前みたいに○×思考の幼稚な思い込みだけでヒステリーに
なるなということだ。低知能が。

早く死ね!

371 :あははチンコ改めケツションベン:2009/12/15(火) 08:36:18 ID:ConU0w4WO
>>369
お前俺のケツの中でションベンしろ!

372 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 16:17:42 ID:fAJaFzTu0
>>353
人の意見を 否定しかできない寂しい人だな

373 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 16:52:37 ID:+Amps8iV0
また恥ずかしい指摘を受けて大人しくなったかと思えば、
何事も無かったようにシラ〜っと出てきてるなyurikoはwww
しかも執行法も裁判費用も何もかも違う外国の比較話を持ってきてるし、
いつものように都合の良いデータだけを妄信してる可能性も大だしな。
コイツの知識ほどあてにならん物は無いよw

374 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 17:22:59 ID:+Amps8iV0
観念坊やの特徴

・痛い指摘や反論は何事も無かったようにスルーし、関係の薄い部分に妄想乙や人は鏡
などの呪文で反論した気になっているが故にいつまで経っても先に進めない。

・自分にミスなど存在しないと思っているが実際のところミスだらけである。

・近所の園児に書かせたであろう独自のテンプレモドキの不可解な妄想作文を貼るのが好き。
新スレ移行で無くなったと思えば直ぐに嬉しそうに自ら貼りに来るところは羞恥心の無さ
が伺えるが、この羞恥心の無さは汁男優と通じるものがある。あれこそ痴文である。

・犯罪者予備軍の1人である。

・無駄な煽りレスでも良いから一言でも言い返さないと気がすまない。それを勝利だと勘違いしている。

・ソースを求めるのが大好き。

・自らの博学を披露したいと思っているが全く知識が無い。お里が知れるとはこの事である。

・自分を哲学者だと勘違いしているようだがただのオナニストである。


375 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 18:44:07 ID:rsSREe2Z0
冤罪があるんだから死刑はまずいだろ〜

376 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 18:55:35 ID:gtdqlzTO0
>>373
>ずかしい指摘を受けて大人しくなったか
→ハテ、何のことやら?
>執行法も裁判費用も何もかも違う外国の比較話を持ってきてるし、
→執行方法云々の話じゃないでしょ。
「外国」といっても、アメリカ様の話だ。
あのオバマ大統領。
オバマは必ず、死刑制度を廃止するよ。
この分では、日本の方が先に廃止国になりそうで、
拍子抜けしたのは事実だ。
自民党政権が復活すれば、死刑制度も復活するだろう。
しかし、今の自民党は公明党の宗教票なしに生き残ることさえできないだろう。
公明党元委員長の矢野絢也氏は宗教票をあてにすることは、言わば、麻薬みたいなもので、
中毒になれば、そこから抜け出すことは不可能だとしている。
本来、選挙公約実現と政策実行力こそが政治家の命綱だった筈。
自民党は公明党との連立で自らの首を絞めてしまった。
公明党が死刑容認に方針を変えることはありえない。
そうすることは、党の存在意義さえ失うことになる。
日本で死刑が再開することがないとしたら、司法全体で憲法改正も含めた、
刑法と刑事訴訟法の抜本的改正が必要だ。
ただ、その改正が、無原則な減刑や、まして恩赦を与えるような印象を与えるなら、
大多数の国民は納得しないのではないか。
まず、1死刑代替刑と呼ぶに相応しい、厳しい刑罰を導入する 2死刑廃止によって、万に一つでも
凶悪犯罪のが増加したという印象を与えてはならない
これら二つをクリアーした上で、堂々と死刑制度を廃止するべきだ。
そもそも、ただひたすら厳罰主義によって矯正できないのは無論、植物人間のように、
受刑者をベッドにくくりつけた上でチューブで栄養補給をしても意味がない。
アメリカのスーパーマックスはこれに近いらしいが、基本的人権を侵害しているのは明らかだろう。
最低・最悪の犯罪者(本来なら死刑以外考えられないような場合)でも、受刑できる
刑罰であるべきだろう。

377 :死刑は已む無し:2009/12/15(火) 18:56:02 ID:qFVkYsUz0
じゃあ100%冤罪の可能性が無いと明らかになった場合は適用されても良いという事ですね
私自身も冤罪死刑には大反対ですから

378 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/15(火) 19:00:29 ID:SeUuDCRl0
>355 「死刑制度の解釈」ではなく「死刑廃止に至った具体的理由と根拠」を書けといっているんだ。

意味不

> おまえさんは死刑にどんな効果があると思っているのか、まずそれを上げて貰おうか?

ソンチーズどもの鬱憤晴らし

> そして死刑判決を受けるのは、更生の見込みや可能性のない人間だ。

可能性がないと判断できるという発想がおこがましい
>26その8読め

> 100%の再犯防止効果がある死刑になんら問題があるとは思わんがね。

全然人の話理解できてない↑

> 終身刑や無期懲役では100%再犯防止は不可能。

100%に拘る意味が不

> 死刑は完全に100%再犯防止できる。反論あるならしてみてくれ。

ただの結果論。「死人に口なし」と同じ

> まずはそれを現実に可能とする具体案を出してみろよ。

まずは教育改革だな。話は長くなるのでまた今度

あ、ニュースはじまるから続きもまた今度

379 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 19:06:47 ID:+Amps8iV0
>>376
>執行方法云々の話じゃないでしょ。

具体的な見積もりで比較するなら執行方法だって考慮しなきゃだめなんだよ。
戦争は良くても死刑は廃止かぁアホだなオバマも。
日本が危ない危ないと言って最初に破綻したダメ国家だしな。どうでも良いよそちらの話は。


380 :死刑は已む無し:2009/12/15(火) 19:14:04 ID:qFVkYsUz0
>>378
君・・・・何か言い返さないと気が済まないのは分かったけどさ

一死刑廃止派の意見としてそれで本当にいいのかい?

381 :死刑は已む無し:2009/12/15(火) 19:27:24 ID:qFVkYsUz0
>>378
あとな・・・観念君・・・・
君は存置派を一括りにして馬鹿にしたような発言がちょくちょく見られるがな
死刑に賛成してる人間の意見は皆が全く同じというわけではないと思うぞ
中には凶悪殺人犯を残虐に公開処刑しろなんていう意見も見られるしな

でもな、そんなことを言う奴だろうが、実際に私利私欲に走った殺人を犯す人間とは比較にもならないんだよ
それが社会というものだ

そして同じように死刑廃止論者のなかにも、純粋で崇高な理念をもって廃止を唱えるものもいれば
残念ながら、自分や自分達の私利私欲の為のみに死刑廃止を訴えるものがいるのが現実だろう
ソース?「人は鏡」 だろう?

382 :なんでん観念:2009/12/15(火) 19:45:40 ID:hbjcpWRd0
観念万年君、今日の返しはセンスが無いなぁ。いつものことだけど。最近は日本語にも不自由
するのかな?
もう一度、存置の理由でも書くか。殺人に対する量刑として、死刑は是とする。人権侵害というなら
殺人という最大の人権無視をしたのだから、死刑確定と共に、人権の喪失は是とする。ただし、刑の
確定までの人権は尊重する。死刑の存在によって、防犯効果は有る無は、証明されていない。しかし、
有効性0とは言えない。死刑の存在によって、殺人の実行を止めたものもいるし、止めなかったものも
いる。ならば、存置である。冤罪があるから死刑廃止というのは犯罪者の論理。取調べの可視化をして
再審請求の公平化で対処できる。疑わしきは被告の利益、一事不再理ということで逃げ切った犯罪者
もいる。このことを考えれば、冤罪にのみ焦点を当てるのは不公平である。
とりあえずこんなところでどうぞ。
アンカーやリンクで逃げるのは無し。

383 :ケツション:2009/12/15(火) 19:54:01 ID:ConU0w4WO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

384 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 19:56:41 ID:+Amps8iV0
13条「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、
立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」

12条「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」

公共の福祉と絡めて、逆説的に個人の人権の尊重は絶対的に制限されるものではないのは当然の事。
辻褄が合おうが合わなかろうがどの様な理由であっても死刑でなんの問題も無い。
喚いたって何も変わらんよ。嫌なら憲法改正すればよろし。廃止派諸君反論どぞ。




385 :ケツション:2009/12/15(火) 20:03:50 ID:ConU0w4WO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!

386 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 20:07:41 ID:4S4Ptsyb0
なんでん観念に・・・惚れた(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

387 :ケツション:2009/12/15(火) 20:10:36 ID:ConU0w4WO
↑ああ…つぎはションベンだ…

388 :ケツション:2009/12/15(火) 20:16:34 ID:ConU0w4WO
さあて、このスレをくそみそにするぞー

389 :義人:2009/12/15(火) 20:28:45 ID:a+YO4yHh0
>>365
おまえさんはまず>>312で俺が質問したことに答えろよ。都合の悪いからって逃げてちゃ議論にならんぞ…
死刑囚に何を聞いて、なんと言って貰ったかだけでもいいといったろ?

そんで俺の現実的に考えた、コスト計算の仕方の何に期待して、裏切られたのかしらんがおまえさんなら、どう割り出すというんだね?
同じように提示してもらえないか?
それと原則的に死刑判決後は六ヶ月以内に執行せよとなっているんだ、1年が早すぎるとか寝言いってんじゃねぇよ。

>死刑の究極的目的とは、加害者をなるべく速やかに「消すこと」にあるのだ

どうしたんだ、おまえさん>250前後のレスでたしか死刑の目的は一般予防と言ってなかったか?
たかだか三日ほどで意見がコロコロかわるやつだな……それじゃ議論のしようがないぞ。

390 :義人:2009/12/15(火) 20:38:41 ID:a+YO4yHh0
>>366
>死刑囚にコストがかからないから、ベッターなシステムという議論は
>そもそも、議論として成立するべきではないんだよ

なんで? きちんと理由とその根拠を書いてくれないと、妄想としかとられないよ。

>「人の命は地球ようり重い」

現実的に考えてみてくれよ、人間なんてたかだか50キログラムだろ。
地球の方が圧倒的に重いとおもうぜ。反論あるならどうぞ

>アメリカで、死刑囚にかかるコストが終身刑よりもかかるというのは、「死刑を求刑」した瞬間に
>裁判所全体が「何とか情状酌量の要素はないか」を検討するため、途方も無い金が使われるからだ

なぜ、死刑の場合だけなの? 差別しないで他の刑罰にも平等に適応すべきじゃないか。
そして俺が>>361で出してるレスちゃんと読んだか?
判決が出るところまでは同じ金額かかったとして……となってるだろ、
これはおまえさんが言うように死刑のときだけ特別扱いしないで計算したからだよ。

あーあ、おまえさんは知らず知らずのうちにアメリカが差別国家だと吹聴してることにも気付いてないんだろうな……

391 :ケツション:2009/12/15(火) 20:47:41 ID:ConU0w4WO
↑このぶんだと相当我慢してたみたいだな。腹ん中がパンパンだぜ

392 :義人:2009/12/15(火) 20:57:56 ID:a+YO4yHh0
>>378
>意味不

お、偉いぞ。勇気を振り絞って、わからない事にわからないと答えたな。
これで君も、また一歩大人になれたはずだ。ただ、もう少し言い方を考えないとな。

>ソンチーズどもの鬱憤晴らし

ん? 食べ物の話をされてもよく分からないぞ。質問が理解できないなら……もうわかるだろ?

>可能性がないと判断できるという発想がおこがましい
>26その8読め

なら聞くが、更生できた、あるいはしたという証明はどうできる?
そんなものは出来ない、表だけ飾って欺いてる可能性だってある。
つまりは、死刑相当囚に更生という選択肢がまずおこがましい。まぁ、反論あるとはおもうから誰からも受け付ける。

>全然人の話理解できてない↑

全然、人の話理解できてない↑

>100%に拘る意味が不

100%防止できる方法があるのに、そちらを使わないほうが意味不明。
一億円が100%当たるクジと、一億円がもしかしたら当たるクジ……さぁ、君ならどちらを使うかね?

>ただの結果論。「死人に口なし」と同じ

結果論だけど、正しいと認めたわけね。まぁ、そらそうだわな。

>まずは教育改革だな。話は長くなるのでまた今度

翻訳「ヤバイヨー、具体的理由とか考えたこともないよ。本とかネットで理由調べないとだから時間かかっちゃうよー」

>あ、ニュースはじまるから続きもまた今度

翻訳「調べるの時間かかるから、もう今日は来ないよ。来ても、そのことについてはレスできないよ」

ハァ、間違いを認めてそれを受け入れなければ先へは進めないぞ……おまえさん自身がね。
そして議論する気があるなら、きちんと自身が死刑廃止を訴える具体的理由と根拠を見つけなよ。

393 :ケツション:2009/12/15(火) 21:06:22 ID:ConU0w4WO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!

394 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/15(火) 21:20:01 ID:SeUuDCRl0
>357 そこに税金を投入するくらいなら死刑にしたほうが国益になるとも俺は思う。

でその理由は?

> 死刑>無期懲役という順番でコストが掛かる
> という、記事なども見たので次レスで少し検証しようと思う。

じゃよろぴくー

> ブログ先では一言も死刑相当囚を再犯防止に活かすとは言ってないし、

ああ、URL間違えた。その件はURL探してくる

>359

拡大解釈だ、というならせめて「犯罪可能性を理由に死刑にする正当な理由」を論理的に書いてみ

>360 野蛮な侵略国のカウボーイとは全く異次元の美しさだ。

自己陶酔と自画自賛ぷりがキモイ。元々日本人はこんな厚顔無知な民族じゃなかったんだがなぁ・・・恥の文化はどこへやら

> 恥の精神と秩序を守る心。

赤穂浪士たちは秩序より報復テロ優先してるだろ。あれのどこが「秩序を守る心」?矛盾してると思わんの?

>361 これはどこまでが死刑費用とするかでかなり変わることがわかった。

そりゃよかった。今後も頑張って精進してください

>死刑囚のそれが6ヶ月だとして実に80倍のコスト。

なんか微笑ましいw

> このように同条件にあてはめれば、終身刑の方がコストがかかるのは明らかだろう

終身刑の囚人は働かせないの?自分の食い扶持分くらいは自分で稼がそうよ

>364

ごめん読んでる暇ない

>366 上訴の機会、弁護士費用など(コストの70%は裁判費用)を制限し、

70%てのはアメリカで?それとも日本で?

>374

妄想が段々酷くなってるヨ

>375

布川事件は29年か。考えられんな

>381 君は存置派を一括りにして馬鹿にしたような発言がちょくちょく見られるがな

いや存置派と区別してるからこそソンチと。そんくらい察して

395 :死刑は已む無し:2009/12/15(火) 21:22:14 ID:qFVkYsUz0
>>392
>議論する気があるなら、きちんと自身が死刑廃止を訴える具体的理由と根拠を見つけなよ。

具体的には理由が見つかっていないが、漠然と廃止を訴えているというならまだ可愛いもんだ
具体的な目的と根拠はあるが、公にしたら議論どころではなくなるのでとても明かすことが出来ない
という可能性のほうが高いと感じるのが残念だ

396 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 21:32:25 ID:+Amps8iV0
観念君は>>384を見事にスルー。弱っwww

397 :なんでん観念:2009/12/15(火) 22:22:39 ID:hbjcpWRd0
観念万年君、今日はスルーか。ここんところ、突っ込んで欲しかったなぁ。
>疑わしきは被告の利益、一事不再理ということで逃げ切った犯罪者もいる。
ここは、このことを恐れて、警察、検察とも逮捕起訴しなかった。が、正しい。
たまには、いちいち調べないですぐにレスしてもいいのでは?それとも、意外と
君の記憶容量を過大評価していたにかな?

398 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 22:32:09 ID:+Amps8iV0
ある程度憲法知ってれば少々付け入る隙のある憲法解釈なんだが、
全く反論できない所を見ると糞コテ二人は余程この部分には疎い様でw
ったく一体何のための司法板の死刑スレなんだよw
全く議論するには弱すぎるw

399 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 22:50:57 ID:JoGQNx/F0
最近つくづく思うんだが、死刑廃止論者症候群って病気があるんじゃないかな?

出てくる廃止論者は例外なく頭がどーかしてる。
医学的解明が必要じゃないかと…。

解明しないと、更生不可能な人種の存在を裏付け、死刑台へと凶悪犯の背中を
押すことになってしまうね。ほめ殺しみたいなもんかな?
ちょっと心身症とかその手のことに詳しい方、どんなもんでしょうか?


400 :なんでん観念:2009/12/15(火) 23:04:34 ID:hbjcpWRd0
>>399
僕は、廃止派は自分は正義の味方という、免罪符が欲しいのではないかと思ってます。
まあ、一種の脅迫観念ですね。
あっ、観念て入ってる(笑)

401 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 23:18:13 ID:JoGQNx/F0
>>400
うーん、「正義の」味方と思ってるかどうかは???かな。
そもそも凶悪犯は正義じゃないしね。

俺は、廃止論者が凶悪犯の味方になるにあたって、
・弱者の味方
・少数派の味方
・反国家権力の味方
・博愛精神の味方
ぐらいの動機ではないかと思います。

で、あなたの言うように強迫観念、もしくはナルシズムが根底にあるのでしょう。


402 :義人:2009/12/15(火) 23:27:26 ID:a+YO4yHh0
>>394
案の定、調べるのに時間かかるからレスはつけても大事なとこには触れなかったな。

>でその理由は?
>ああ、URL間違えた。その件はURL探してくる

死刑相当囚を再犯防止に活かす記事があるというならの前提で言ったまで。
そのブログのURLを先に張れよ、探すのに時間はかからんだろ? 一度は参考にして張ろうとしたわけだからな。

>じゃよろぴくー

>>361に書いた、もう読んだろ? 反論あるならきっちり頼む。お花畑理論はいらない
あとな、前レスを参考に提示するときは>361くらいの具体的推論以上の物にしろよ。

>拡大解釈だ、というならせめて「犯罪可能性を理由に死刑にする正当な理由」を論理的に書いてみ

俺の死刑存置の具体的理由と根拠が、再犯防止100%である点ってだけ。
なにも「犯罪可能性を理由に死刑にする」とは一言も言ってない。つまりこれが拡大解釈。わかったかな?

>そりゃよかった。今後も頑張って精進してください
>なんか微笑ましいw

廃止派は死刑を廃止して、終身刑をと考えてる人が多いと思ったが、勘違いだったか?
おまえが、そうやって反論できずに誤魔化してる部分は、
終身刑がいかにコストがかかり、税金の無駄遣いであるかという根拠なんだが?

>終身刑の囚人は働かせないの?自分の食い扶持分くらいは自分で稼がそうよ

おまえは何を言ってるんだ? そんなに自分の無知無学を晒したいのか?(爆笑)
まぁいいや、簡単に終身刑の囚人に自身の食い扶持くらい稼がせようと言うが、
現実的にどのような労働をし、利益をだして稼がせようと考えてるんだ?
まさか具体案もなしに、馬鹿な発言をしたわけでもあるまい。

403 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/15(火) 23:39:37 ID:1iSoL7M/0
>>377
>100%冤罪の可能性が無いと明らかになった場合は適用されても良い
→適用される刑は、死刑以外ということです。

404 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/15(火) 23:57:35 ID:SeUuDCRl0
>371

素直な奴だなー

>392 勇気を振り絞って、わからない事にわからないと答えたな。

そもそも日本語として正しくないし→「死刑廃止に至った具体的理由と根拠」

> >ソンチーズどもの鬱憤晴らし
>
> ん? 食べ物の話をされてもよく分からないぞ。

ナニこのボケ。突っ込んだらいいの?

> なら聞くが、更生できた、あるいはしたという証明はどうできる?

まぁ一つの簡単な方法は、挑発することだ。挑発に乗ってくるようなら更生できてないと言える

> 表だけ飾って欺いてる可能性だってある。

それを見抜く自信がないなら見抜く目を持つ努力をすればいいだろ

> 100%防止できる方法があるのに、そちらを使わないほうが意味不明。

100%避妊できるからと全ての男がパイプカットしないのと同じだよ

> 一億円が100%当たるクジと、一億円がもしかしたら当たるクジ……さぁ、君ならどちらを使うかね?

前者はクジではないな

> 結果論だけど、正しいと認めたわけね。

論理的には正しいが、ただの結果論。「死人に口なし」と同じレベル

> 翻訳

翻訳じゃなくて妄想が正しい

> きちんと自身が死刑廃止を訴える具体的理由と根拠を見つけなよ。

おお、今度は日本語が正しくなったなw
答えは>24-30

>400 僕は、廃止派は自分は正義の味方という、免罪符が欲しいのではないかと思ってます

それは寧ろソンチーズに言えることでしょ。「犯罪者は殺せ!被害者の人権を守れ!」と喚くことで「俺って正義〜」的な。少なくとも俺は幼稚な善悪二元論で廃止論を語ってない

>402 死刑相当囚を再犯防止に活かす記事があるというならの前提で言ったまで。

例えばアメリカでは虞犯少年を元不良の死刑囚(もちろん趣旨を理解した模範的な)に面会させ、相談に乗ったり話を聞いたり説教させたりして更生の機会を与えている。その手の記事が乗ったURLがあったんだがなぁ

> >>361に書いた、もう読んだろ?

ああ、微笑ましいあれね。読んだ読んだ

>なにも「犯罪可能性を理由に死刑にする」とは一言も言ってない

でも結果的にそう言ってるじゃん

405 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/16(水) 00:04:22 ID:SeUuDCRl0
>402 廃止派は死刑を廃止して、終身刑をと考えてる人が多いと思ったが、勘違いだったか?

いや勘違いじゃないと思うよ

> 終身刑がいかにコストがかかり、税金の無駄遣いであるかという根拠なんだが?

そもそもコストの問題じゃないんだよね。論点が
要はお前の主張は「人命より金が大事」ってことだろ?

> 現実的にどのような労働をし、利益をだして稼がせようと考えてるんだ?

少なくとも今の有期刑囚と同じような労働

406 :なんでん観念:2009/12/16(水) 00:13:35 ID:7TMAM1PT0
ああ、観念万年君、やっとレスをくれたね。でも、逃げ回るレスは相変わらずだね。
前にも書かなかったかな?僕は、自分が正義の味方である必要性は感じていない。殺人に対する
量刑として死刑の必要性を感じている。いや、信じているの方がいいかな。
仮に、自分がどうしようもない殺人衝動に駆られて(無いことを思うが 笑)殺人を犯したら
その罰として、死刑は当然だと思っている。
まあ、存置派には正義の鉄槌だと考えている人も多いと思うが、罪に対する罰なのだから正当だろう。
ところで、防犯に対する考えを、簡単に教えてくれないか?

407 :義人:2009/12/16(水) 00:31:03 ID:xnusDWx50
>>404
>そもそも日本語として正しくないし→「死刑廃止に至った具体的理由と根拠」

おまえはその正しくない日本語の質問に、>24-30と答えている。
ということは、>24-30も正しくない日本語と言ってるようなもの。揚げ足とったつもりが、自分のとってて楽しいかい?

>まぁ一つの簡単な方法は、挑発することだ。挑発に乗ってくるようなら更生できてないと言える

発想が幼すぎて、困る。小学生じゃないんだぞ。
そのシステムを理解されたら、だれも挑発にのってこねぇよ。

>それを見抜く自信がないなら見抜く目を持つ努力をすればいいだろ

だから、具体的な方法を教えてくれよ。その見抜く目をもつ努力の仕方。
死刑囚が更生したと見抜くのはおまえじゃないんだ、その職についた全員ができるカリキュラムをつくらねばならん。
その方法を示せといっている。これは社会にでて働く上ではあたりまえの考え方だからな。

>おお、今度は日本語が正しくなったなw
>答えは>24-30

正しくなった日本語に、正しくないままの日本語を根拠として提示するのはやめてください。
墓穴を掘るとはまさにこのこと……。

>例えばアメリカでは虞犯少年を元不良の死刑囚(もちろん趣旨を理解した模範的な)に面会させ、相談に乗ったり話を聞いたり説教させたりして更生の機会を与えている。その手の記事が乗ったURLがあったんだがなぁ

おまえの妄想文はいらないから、早くブログのURL出せよ。これはおまえの好きなソース出せってやつだ(爆笑)

>でも結果的にそう言ってるじゃん

俺が書いた文章のどこが結果的にそうなってるのか、コピペしてくれよ。そしたら検証してやる。

>ああ、微笑ましいあれね。読んだ読んだ
>いや勘違いじゃないと思うよ

じゃあおまえは終身刑ものぞまず、死刑廃止を訴える馬鹿って解釈でいいな?

>そもそもコストの問題じゃないんだよね。論点が
>要はお前の主張は「人命より金が大事」ってことだろ?

犯罪者に関しての俺の一貫しての理念は、税金(つまり俺等が出してる金)>私利私欲で罪を犯した者の命、、だ。
つまりその点に関しては、人命より金が大事だ。だからコストのことも考える。
それでおまえの論点はどこだよ。

>少なくとも今の有期刑囚と同じような労働

馬鹿すぎてどうしようもない、なにが少なくても…だ。
受刑者の労働で、自身の食い扶持が稼げてる所など皆無だ。
だからこそ、俺はおまえが具体的な代案があるだろうと思い、聞いたまで。
そもそも、>>394での発言を見る限り、考えてなきゃただの子供か馬鹿。

408 :なんでん観念:2009/12/16(水) 00:44:02 ID:7TMAM1PT0
観念万年君、懲役刑の労働の収入はどれくらいだ?たいしたこと無いはずだが?
技能習得が目的の労働で大した収益は無いだろう。まあ、終身刑の囚人に労働させるなら
若くして囚人になれば、かなりの職人にはなれるが、労働者としては人手が出が足りんな。

409 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 01:50:38 ID:HVEuUzNq0
>>389-390
>たしか死刑の目的は一般予防と言ってなかったか?
>地球の方が圧倒的に重いとおもうぜ。反論あるならどうぞ
>>アメリカで、死刑囚にかかるコストが終身刑よりもかかるというのは、「死刑を求刑」した瞬間に
>>裁判所全体が「何とか情状酌量の要素はないか」を検討するため、途方も無い金が使われるからだ
>なぜ、死刑の場合だけなの? 差別しないで他の刑罰にも平等に適応すべきじゃないか。
→レスありがとうございました。
まず、「死刑の目的は一般予防」というのは、一般論として、そう信じられている、と述べたつもりでした。
私は、無論、間違った考えだと思っています。
「人の命は地球より重い」はずがないですよね(苦笑)
昭和23年の最高裁大法廷裁判長は、それが明らかな欺瞞ゆえに、形而上的に
「人の命は掛け替えがない」という事実を強調したかったのではないでしょうか。
同様の文脈で、現代世界では、「生命至上主義」が幅をきかせることになったのです。
「ともかく、ともかく生き続けさせる」というものです。
僅かな時間でも延命させるのに、何億という医療器具を使う意味があるのか、という議論が出てきたのです。


410 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 01:53:43 ID:O0PeNLtR0
>>404
>例えばアメリカでは虞犯少年を元不良の死刑囚(もちろん趣旨を理解した模範的な)に面会させ、
>相談に乗ったり話を聞いたり説教させたりして更生の機会を与えている。

大嘘つき。
ニュージャージー自体が死刑廃止で彼らは死刑囚ではない。
Rahway State Prisonでのscared straightは30年も前の実験。
現段階で効果無し、または逆効果の結論が出ている。

矯正と言う意味では再犯率を見ても分かる通り日本の方が優れている。
それ以上の具体案を出るものなら出してみろ。
>384には反論出来んし、自分の話は都合よく偽造するし最低の人間だなお前はw



411 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 02:51:45 ID:HVEuUzNq0

鎌倉時代、日蓮宗の祖師・日蓮は『日蓮大聖人が崇峻天皇御書で蔵の財よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり』
と言っています。この「心」というのは、単なる気持ちというより、「人間の尊厳」と約すべきです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3
1985年に亡くなったカレン嬢のケースは尊厳死を考える上で欠かせないですし、
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200503220002.html2005年にはテリーシャイボ事件がありました。
テリーシャイボなどは、見た目には栄養補給チューブを付けているだけで、‘普通の’障害者にしか
見えなかったのですが、夫はそこに「生きている妻」を見れなかったのです。
存在しているだけでは、生きているとはいえない、というのです。
私はその考えに到底納得できません。
やはり、「存在の重み」とは、生命の尊厳のことで、我々人間がどうこう言うべきことではないと思います。
そういう意味から、アメリカでは「死刑弁護士」と呼ばれる、一時間でも延命させることのみに
活動している人達がいる。
傍から見れば、法律の隙間を何とか探して延命させているとしかみえないのだが、
それ法律というもので正しいのだ。
殺人犯の中には、20年以上延命措置が成功するのは珍しくなく、被害者遺族の誰よりも
長く生き延びる死刑囚もいる。日本でもそうだが、死刑囚が天寿を全うするケースも少なく無い。
それらのように、実質的に終身刑になるのなら、最初から終身刑にして、それなりに反省悔悟の機会を
設けるべきではなかったのか。「矯正の可能性がない」と断罪されたからこそ、死刑囚なのだろうが、
「だから死刑」というのは間違っているし、「絶対に反省悔悟できない」と決めつけるべきでもない。

412 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 03:54:31 ID:0wcASDCE0
テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。

413 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 05:16:36 ID:r1IffEX80
>>404
横レス失礼。

>少なくとも俺は幼稚な善悪二元論で廃止論を語ってない


死刑制度の存廃については、「幼稚な善悪二元論」になってるんだが。

二元論でないなら、死刑制度の一部は認めるということだ。
死刑制度の一部を認めるということは、死刑制度の廃止はできないということだ。

絶対に死刑廃止という時点で、充分幼稚な二元論だよ。


414 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 05:22:52 ID:oEY8eutt0
yurikoは自分で何を言いたいのかすら解らなくなってしまったようだ。
文脈が捩れに捩れてもう精神分裂状態だな。
早く病院に行かないと本当に大変なことになるぞ。

415 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 05:38:14 ID:r1IffEX80
>>414
>yurikoは自分で何を言いたいのかすら解らなくなってしまったようだ。

いや、今に始まったことではないので大丈夫でしょう。
「大丈夫」は不適切かもしれません。「手遅れ」が適切かな。
まともな神経なら、とっくに恥ずかしくて書き込めなくなってますよ。


416 :観念は:2009/12/16(水) 06:16:08 ID:VwXZKarfO
まぁ第一、>24-30はバ観念が書いたものじゃないわけだから、>24-30をバ観念自身がしっかり読み込んでいるかどうかも疑わしいな。

実際>24-30には「死刑を廃止すべし」という結論も、そこに至る根拠も書かれていないしな。
一見それらしい語句を用いているが、「死刑を廃止すべし」という積極的意見が書いてあるわけじゃない。


417 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 06:42:31 ID:2+G6DKTO0
>>409
>>なぜ、死刑の場合だけなの? 差別しないで他の刑罰にも平等に適応すべきじゃないか。
→無論、「司法の間違いは犯罪」です。権力犯罪こそ最もおそれるべきでしょう。
「冤罪発生は司法の犯罪」ですから、あらゆるレベルで起きてはならないことです。
2007年 NHKクローズアップ現代で「無実の死刑囚124人の衝撃」が放送されました。
このことに日本の司法界は衝撃を受けなかったのでしょうか。
日本で4人の死刑囚の再審無罪判決があったものの、まだ「例外」と高を括っているのではないでしょうか。
アメリカでは、DNA検査が導入されたおかげで、200人以上の無実の人が釈放されたのです。
なかには、20年以上の長期刑に服していた人もいました。
http://www.usatoday.com/life/television/2009-04-12-reality-dna_N.htm
The innocent project
http://www.innocenceproject.org/news/Blog-Search.php?check=true&tag=220
常識的に考えて、日本でも米国の数に匹敵するくらいの冤罪があったとみていいのではないでしょうか。
実際、村野薫氏は「死刑はこうして執行される」の中で、明らかになった冤罪事件だけで、
昭和24年から昭和29年の間だけで46件といいます。
今から60年も前の調査です。それに、日本に於ける冤罪とは、99%が真犯人の発見に限られています。
現代の科学捜査(特にDNA鑑定)をもってすれば、もっと冤罪事件が明らかになるでしょう。
日本の司法は、そもそも「責任のなすりあい」=無責任体制が主流となっているといいます。
事件や事故(偶発的に発生した冤罪も含めて)の原因究明は後回しで、「頬被り」を決め込むというのです。
アメリカの体制を全てよし、とするのでは無論ありません。しかし、例えば、医療現場では
「誰の医療ミスで事故が起きたか」をもし、関係者の誰かが内部告発すれば、その人だけは、刑事免責が
与えられるなど、「疑心暗鬼」を利用するまでのことを行っています。
企業内に独立した内部監査機関が必要なのが当然としても、警察、検察、裁判官の不正を
暴く独立した行政機関が必要です(無論、検察審議会など、様々な民主的機関が既にあるようですが
本格的なCIA FBIみたいな機関はないのではないか)

418 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 06:44:16 ID:0wcASDCE0
日本の死刑廃止論は結局理屈云々じゃなくて、
「絞首という手段で殺すことが気に入らない」という好き嫌いと
「死刑未満の獄死は囚人が勝手に死んだだけ」と割り切れる無神経で構成されている

419 :存在の重み=心の財(たから):2009/12/16(水) 06:55:50 ID:2+G6DKTO0
>>411
>殺人犯の中には、20年以上延命措置が成功するのは珍しくなく、被害者遺族の誰よりも
長く生き延びる死刑囚もいる。

死刑囚の中には、確定から20年以上延命措置が成功するのは珍しくなく、被害者遺族の誰よりも
長く生き延びる者もいる。

420 :ケツション:2009/12/16(水) 08:53:06 ID:u4ugU0YeO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

421 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 11:18:53 ID:oEY8eutt0
>>419
だからさあ・・・、何度も言うように一度読み返してから書き込めってば。
本当に学習能力の無い糞オヤジだな(苦笑)
そういうくだらない訂正の嵐は、見苦しいだけでなく、お前の頭の悪さをみんなに
宣伝することになるんだぞ。
脳障害を曝け出して同情されると思ったら大間違いだ。

それから、お前の読点の打ち方は間違い、だらけだ。
小学生でもおかしいと感じる、次元の打ち方だ。
一度日本語補習校に行って、基礎を教えてもらえ。
補習校に行く、金はあるのか?
安物のおせち料理、を買うために貯金箱にコインを、貯めていないで、日本語の
勉強のために、金を使えよ(大爆笑)

422 :ケツション:2009/12/16(水) 11:42:56 ID:u4ugU0YeO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!

423 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:14:05 ID:O0PeNLtR0
>アメリカでは、DNA検査が導入されたおかげで

なーにがおかげだよ。笑わせるなw
お前はDNA検査は血液型の性格判断レベルと言ってたじゃないか。
DNA検査で冤罪喰らった時は所詮DNA検査で、冤罪が晴れたらDNA検査様様か。
DNA検査ごときで判決出すなと主張するならDNA検査ごときで冤罪を晴らすことも出来ないな。
コロコロ変わってんじゃネーよwキモイよオカマw

童貞観念にも言えることだがこいつら何か語ったつもりや議論しているつもりなんだろうな。
終始揚げ足取りと子供の口喧嘩レベル。お前らにブレーンストーミングなんて出来るわけが無い。

424 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:30:25 ID:KjwE68Ol0
>>421
ネットの書き込みで、十分な読み直しは殆ど不可能だろう。
最近、流行ってるのが、インスタントメッセージを更に進化させた、
twiterが大流行している。
これは、実況中継を文字で行うというから凄い!
情報の伝達がますます同時性が高くなった。
犯罪の進行状況を実況されたのは記憶に新しい(秋葉原事件)が、
twiterによって、医者が外科手術の様子を逐一、患者の家族に伝えるなどということが、
実際に行われているという。
鎌倉時代の仏教僧などは、知りたい情報を求めて、何十日も旅をして他門の戸を叩いた。
そして、何十日、時には何年も隠って、一切経を読んだ。
今は、ネットでマウスクリック一つどころか、同時に情報を共有できる。
残りの課題は、技術革新には付き物だが、
ハードウエアをどう利用するかという、ソフトの開発だが、
その可能性は無限だ。


425 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:36:45 ID:0wcASDCE0
>>424
なんかお前の情弱体質がにじみ出てるんだが

426 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:40:09 ID:KjwE68Ol0
>>423
>お前はDNA検査は血液型の性格判断レベルと言ってたじゃないか。
→人違いです。
ただし、「血液型鑑定でかつては、証拠能力があるとしていたのですから、
性格判断同様に、信じられないくら、いい加減だった」と長嘆息はしたことがあります。

427 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:50:48 ID:O0PeNLtR0
アメリカなんかで医療を受けると遠隔同時通訳システムが当たり前のようにあるんだが
知らんのかね?オカマは。
俺はSS持ちで税金払って保険もあるが、手持ちが何も無い時救急車もMRIも無料だったぞ。
アメリカの医療も意外と融通利いたりする。
yurikoはしょーもない無駄知識ばかり入れてるがこう言う所が一般常識とかけ離れてるよなw

428 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 18:52:03 ID:O0PeNLtR0
>→人違いです。

とぼけるな、こんな長文矢印お前しか居ないよw

429 :ケツション:2009/12/16(水) 18:53:03 ID:u4ugU0YeO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

430 :なんでん観念:2009/12/16(水) 19:03:55 ID:7TMAM1PT0
廃止論者がよくアメリカの冤罪の話を出すが、人種差別や地域差別、階層差別は無視だな。
犯罪者の多くが、黒人、ヒスパニック、スラム育ちなどの状況や、現在も続く白人の特別
意識を見れば、冤罪の発生しないほうが変だろう。カウボーイの国は裁判無しで撃ち殺す
警官もいる。人種差別と非難されたり、犯罪の背景が分からなくなるなどで、最近は減っている
が、根本が奴隷売買と流れ者の国だからしょうがない。その上で、死刑を廃止したり、停止したり
背景が違う。このことは考慮してる?

431 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 19:09:53 ID:0wcASDCE0
そもそも廃止国が日本より冤罪率が少ないかというと、全然そんな事は無いわけで。

432 :ケツション:2009/12/16(水) 19:38:19 ID:u4ugU0YeO
↑ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

433 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 19:38:42 ID:Pd46cOdA0
yurikoはUCB学歴詐称犯罪者です。間違いありません。

434 :ケツション:2009/12/16(水) 19:41:07 ID:u4ugU0YeO
↑なにィ、今度はウンコォ?お前俺をバキュームカーと間違えてるんじゃないか?

435 :佐藤裕也:2009/12/16(水) 20:30:24 ID:u4ugU0YeO
俺の本名は佐藤裕也(`ェ´)ピャー

436 :佐藤裕也:2009/12/16(水) 20:32:44 ID:u4ugU0YeO
誰か他に本名晒せる人いる?ピャー(`ェ´)

437 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 20:55:40 ID:mlnEHqpiI
死刑反対の人は殺人鬼が出所してひとを殺して責任とれる?死刑は正義ではなくて国民の命を守っている。
あきらかに冤罪で死ぬ人より再犯で死ぬ人、傷つく人が多いだろう。どんな犯罪をおかしても殺されない世界は何をしても殺される世界と同じくらいひどい世界だと思う

438 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 21:37:10 ID:r1IffEX80
もうどうでもいいような気がしてきたが、せめて普通の人レベルの廃止論者っていないの?
人によっては、真剣な廃止論者がいたような書き込みもあるけど、俺はいままで一度も
普通の人レベル以上の廃止論者を見たことがない。全部普通未満。

せめて
・反対理由が明確で、根拠があること。
・死刑に代わる代替案があること。
・コストを含めて実現性があること。
・死刑に遜色のない再犯防止の方策を示すこと。
くらいの条件を満たさない限り、まともな考えじゃないだろ?


439 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 22:51:38 ID:Pd46cOdA0
>>436
お前は自分の住所と電話番号晒せるか? ケツの穴のないウンコ野郎!

440 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/16(水) 23:08:10 ID:LaLpy4NQ0
>407 おまえはその正しくない日本語の質問に、>24-30と答えている。

いや答えてない。「意味不」とは答えた

実に詰まらん。おやすみ

441 :なんでん観念:2009/12/16(水) 23:30:56 ID:7TMAM1PT0
今日は、寒波が来たせいか観念万年君もその他の廃止派もお寒いな。

442 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/16(水) 23:56:03 ID:oEY8eutt0
>>424
>ネットの書き込みで、十分な読み直しは殆ど不可能だろう。

つべこべ言わず、一度読み返してから書き込め!!
小学生並みの、或いは小学生以下の不注意なミスは一度読み返せば直せる。
それすら出来ないのは馬鹿の証拠。
そしてそれをわざわざ1レス使って訂正するのは愚の骨頂。
もしかして、言い訳ばかりで絶対に更生しない人間がいることを証明したいのかな?(爆笑)

>最近、流行ってるのが、インスタントメッセージを更に進化させた、
>twiterが大流行している。

ほらな、読点の打ち方間違っているだろ?
言われている、端から馬鹿な、間違いをやるのはどういうこと、なのかね?

そしてこの文章の主語と述語が合っていないのは何故だい?
頭の中がグチャグチャで、自分でも何を言いたいのか分かっていないんだろ。

しかも、「twiter」って何のことだよ?
お前の英語が中学生低学年並みなのはみんな知っているが、こういうのは
「自称ネイテブw」ならば気持ち悪くてたまらないはずだ。
お前アメリカ人を名乗っているくせに、英語すらできない「お荷物移民」だなwww

>情報の伝達がますます同時性が高くなった。

はい、また主語と述語の辻褄があっていません。

>外科手術の様子を逐一、患者の家族に伝える

はい、またまた読点の間違い。

>ハードウエアをどう利用するかという、ソフトの開発だが、

はい、またまたまた読点の間違い。
しかも、この文章には2つも「〜だが」が連なっている。
ちゃんんと頭まとまっている?

で、>>424では一体何が結論なんだ?
お前の精神分裂文章は全く説明にも弁明にもなっていない。
「十分な読み直し」でなくても良いから、一度だけ読み直せ!
普通の頭脳ならそれで気付くから。

お前、真性の気違いだろ?
自分で解る?
それとも気違いだから無理?

443 :重要なことは繰り返されます:2009/12/16(水) 23:59:33 ID:oEY8eutt0
お前、真性の気違いだろ?
自分で解る?
それとも気違いだから無理?

444 :脳障害なので許してください。:2009/12/17(木) 00:00:43 ID:xt7gcrBo0
訂正>>442
>ちゃんんと頭まとまっている?

ちゃんと頭まとまっている?

445 :念のためにもう一度:2009/12/17(木) 00:02:48 ID:xt7gcrBo0
お前、真性の気違いだろ?
自分で解る?
それとも気違いだから無理?

446 :存置派:2009/12/17(木) 00:02:59 ID:rX59/EZd0
観念もyurikoも、犯罪者の更生をそれなりに信じるなり、
あるいは見込みが薄くても更生をさせるべきだと主張するなりするのなら
まずお互いを更生させてみたらどうかな?

観念はyurikoに、無意味な修正と、誰も望んでない文末の張りなおしを控えてもらう。
yurikoは観念に、自分の妄想を事実と思い込む癖を直し、小物臭をどうにかしてもらう。
で、お互い勉強しあって、せめて高校生程度には知識をつけてもらう、ってあたりでさ。

存置の人間が何を言っても、自尊心が邪魔して聞こえないなら、
廃止でシンパシーを感じられる二人同士で、マナー違反をチェックすればいいじゃない。
互いが互いを更生させられるようなら、存置の人間が更生を信じないのもどうにかなるだろうし
逆に更生に失敗したり、言い訳に終始して互いのマナー違反を直視しないなら、
その述べる更生の薄っぺらさをしめすことにもなるんだしさ。

447 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 00:07:22 ID:oEY8eutt0
>>426
>→人違いです。

お前、白々しい嘘ばかりついていると間違いなく地獄に落ちるぞw
神も仏もお前を見放すことは間違いない!

>性格判断同様に、信じられないくら、いい加減だった

あ〜あ、またタイポかよ。
何度も言うが、一度読み返してから書き込めよ。
本当に不注意な白痴だな(苦笑)

448 :死刑は已む無し:2009/12/17(木) 00:18:42 ID:nucu16+Q0
ここに初めて訪れたときは、少ないながらももう少しは廃止論者がいたな
議論に敗れて去っていき、後に残ったつわものが観念と矢印・・・・っていうわけではないんだよな
2人と一緒に戦っては勝てるものも勝てないからマトモな廃止論者は撤退した・・・と見るのが妥当かな
廃止論っていうものの根底には、キリスト教で説かれる「神に祈るものは全てのものが許される」 があるんだよな
観念などは、その感情論を全否定しちゃうもんだから、他の廃止論者はやってられない罠

449 :死刑は已む無し:2009/12/17(木) 00:27:46 ID:nucu16+Q0
ああ、自分で書いてて閃いた
観念君は、廃止論を貶めるために廃止論者の中に紛れ込んでいる存置論者の工作員だったのか

って、実に詰まらない話だよね。おやすみ

450 :佐藤裕也:2009/12/17(木) 02:14:44 ID:AqYIaR5DO
>>439
しーましェーン!!

451 :佐藤裕也:2009/12/17(木) 02:36:54 ID:AqYIaR5DO
>>449
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

452 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 03:11:49 ID:A4Z1Hj+Q0
>>451
山田ネタ元変えたの?

453 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 03:27:56 ID:gEUYIll80
>>435-436
yurikoの本名はジョージ・ウォーカー、ピャー(`ェ´)

454 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 08:39:29 ID:pj26Akkf0
>>442
>「twiter」って何のことだよ?
http://en.wikipedia.org/wiki/Twitter
http://twitter.com/
Twitterを始めよう
http://www.greenspace.info/twitter/
>>453
>yurikoの本名はジョージ・ウォーカー、
→どこから、唐突にそんな名前がでたのでしょうか。
代わって、御本人様に心からお詫び申し上げます。
>m(_ _)m ごめん

455 :佐藤裕也:2009/12/17(木) 08:52:16 ID:AqYIaR5DO
>>454
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!!(`ェ´)ピャー

456 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 13:00:15 ID:toveP7SIO
「人の命」は大切なものである。

この観点から見れば死刑制度は間違っていると言えるのではないか?

457 :yuriko:2009/12/17(木) 13:09:15 ID:AqYIaR5DO
>>456
>「人の命」は大切なものである。
→凶悪犯罪を犯した人間も「人」と認めるかどうか、意見が別れると思いますが、
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

458 :宅間守:2009/12/17(木) 13:23:51 ID:AqYIaR5DO
死刑大好きー!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!
どんどん殺せー!

459 :山田AG:2009/12/17(木) 13:26:09 ID:AqYIaR5DO
あれ?

460 :佐藤裕也:2009/12/17(木) 13:28:13 ID:AqYIaR5DO
(`ェ´)ピャー

461 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 13:30:36 ID:toveP7SIO
>>457
殺人犯だろうと人は人でしょう。

キンタマ…実際に見せてくれないと何とも言えない。

462 :磯野波平:2009/12/17(木) 13:32:55 ID:AqYIaR5DO
凶悪犯罪を犯した動物は「人」じゃないわい
そんなことより、フネに乗るぞー

463 :yuriko:2009/12/17(木) 13:38:01 ID:AqYIaR5DO
>>461
>殺人犯だろうと人は人でしょう
→人の道を外れてしまってるからなー、少々殺してもいいんじゃねーの。

>キンタマ
→ω

464 :阿部高和:2009/12/17(木) 13:45:31 ID:AqYIaR5DO
>>461
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

465 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 13:46:17 ID:toveP7SIO
外れようとどうしようと人間でなくなるわけでは無いでしょ。


466 :道下正樹:2009/12/17(木) 13:47:46 ID:AqYIaR5DO
う〜〜〜トイレトイレ

467 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/17(木) 13:52:09 ID:AqYIaR5DO
>>465
ふーん、優しいんだね

468 :yuriko:2009/12/17(木) 14:01:08 ID:AqYIaR5DO
>>465
>外れようとどうしようと人間でなくなるわけでは無いでしょ。
→人の皮を被ったケダモノですから、やはり死刑が良いでしょう。

469 :多田野数人:2009/12/17(木) 14:03:17 ID:AqYIaR5DO
アッー!!ンギモヂイイ!ンギモヂイイ!!

470 :山田英嗣:2009/12/17(木) 14:20:16 ID:AqYIaR5DO
ヤッベ ココ ID デルンダ

471 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 15:30:45 ID:gEUYIll80
>>454
「twitter(トゥイッター)」を「twiter(トゥワイター)」と2回も間違えて書いたことは
しれっと無視かい?
正に「yurikoの面に小便」っていう感じだな(苦笑)
普通は見た瞬間に違和感を覚えるはずなのに平気で2回も書いたということは、
お前はtwitterという単語を知らなかったんだろ(爆笑)
この厚顔無恥オヤジめが!

しかも、お前はyurikoともジョージとも全く関係の無い人間で「はて、誰の
ことやら」とか白を切っていたのに、何故ここにきて突然yurikoとジョージが
別人だと判るんだい?
嘘をつくなら筋が通る嘘をつけ!
頭悪いから、そういうボロを出すんだぞ。
まあ、お前からはどうせボロか膿しか出て来ないだろうけどな。
この脳障害オカマ!

472 :義人:2009/12/17(木) 15:43:09 ID:v625bIq00
>>440
>いや答えてない。「意味不」とは答えた

たしかに調べてみたら答えてなかったな。それに関してはすまんかった。
しかし、だからといってその他の質問を総スルーしていい理由にはならん、早く答えてくれ。

>実に詰まらん。おやすみ

他の質問に答える事のできない、おまえの頭の中身が実につまらないのはわかってるから確認しなくてもいいんだぞ。
質問に答えられないなら、せめて自分から言い出してきたURLの提示と、長くなるという教育改革とやらを書いてくれよ。

473 :なんでん観念:2009/12/17(木) 16:02:22 ID:AqYIaR5DO
>>471-472
必死だなw

474 :義人:2009/12/17(木) 16:07:21 ID:v625bIq00
観念クンとyurikoクンのために、議論とはどういうものかをなるべくわかりやすく例えてみようと思う。

・スーパーで500円(原価400、利益100)の新商品弁当を売るという議題があったとしよう。
 議論の場にはこのまま売りたい派(存置)と、売りたくない派(反対)に分かれている。

この状態で君ら二人がやっているのは以下の事。
売りたくない理由「高い、売れるわけがない」  その代案「400円にすれば売れる」

見てわかるとおり、理由に具体的根拠もなく自身の感情のみで反対しているし
代案にいたっては、実現不可能(利益なしでは店がつぶれる)なことを言っている。
だから、せめて議論するつもりがあるなら下記のように考えてきてほしいのだ。

売りたくない理由「スーパーの弁当全種の平均額は350円だから、500円では高すぎて売れないと思うから売りたくない」
代案「仕入れ業者をB社に変えれば、材料のコストが100円下がるので400で売り出せる」

上記のように、具体的に議論を始めればこのまま売りたい派(存置)も意見を交わしていき
最終的には、「B社と契約できるならば、400円で売り出しましょう」と議論が双方の妥協点で落ち着く。
つまりはこれが議論をする意味でもある。
観念クンは論破したつもりが、お好きなようだがそれは議論とは言わない。
そしてyurikoクンにいたっては、会話にすらなっていないのでそこからまず直そう。
二人ともわかったかな? スレタイどおり、君達以外は議論をしたいんだよ。

475 :山田英嗣:2009/12/17(木) 16:12:41 ID:AqYIaR5DO
>>474
ワロタww

476 :yuriko:2009/12/17(木) 16:19:10 ID:AqYIaR5DO
>>474
観念クンとyurikoクンのために、議論とはどういうものかをなるべくわかりやすく例えてみようと思う。
→全然分かり安くなってない。お前俺のケツの中でションベンしろ!!

477 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 16:40:56 ID:Fmf2mmU10
http://en.wikipedia.org/wiki/Ruben_Cantu
今アメリカで問題になってるのは、1984年犯行当時、17才だった少年が1993年に処刑されたのだが、
少年の無実だった可能性が出て来た。
そもそも、犯行時、17才の少年を処刑することは、重大な人権侵害だ。
この事件では、一人の証言のみで死刑判決が下され、執行された。
日本でも「ありえない」ようなケースだ。
自白に頼り過ぎるのも間違ってるが、目撃者の証言のみに頼るのも間違っている。
前に書き込みをした「Innocent Project」だが、多くの冤罪が目撃者の証言に頼り過ぎたために起こってるとしている。
これも書き込みをしたが、無実の男性が26年間も牢獄に繋がれていたのだが、無実が判明し釈放された。
このケースは3人の証人が証言をしていた。
本人は家に居たといい、家族も証言していた。結局、26年後に、真犯人がわかったのだ。
テキサスの死刑囚が犯行当時17才だったというのも驚いたが、一人の証言だけで死刑にするべきではない。
というか、抑、死刑は犯罪に相応しい刑となりうるのか、という問題もある。
日本には言わば、もう一人の本村さん=イタリア人ストッキ アルベルトさんがいる。
アルベルトさんの妻と娘は強盗目的で侵入した男の放火によって死亡した(2004年)。
結局、無期懲役刑が下されたのだが、アルベルトさんに言わせると、それは軽すぎる!でも
死刑制度は支持しない(イタリアでは死刑廃止)故に、終身刑を導入せよ!ということらしい。
全国をオートバイにまたがって回り、署名活動をしているという。
アルベルトさんには心から同情したいし、終身刑設置も正しい方向だと思う。
しかし、私には、その動機は納得できない。本村さん同様、刑罰に関して、ひどい勘違いがあるのではないか。
確かに、居ても立ってもいられないのだろうが、「犯罪者に何とか意趣返しをしたい」という思いが先にあるのではないか。
刑罰は仕返しであってはならない。「死刑が駄目なら終身刑」という図式では、真の被害者救済もできないし、
将来起こるであろう凶悪犯罪を防ぐことにもならないのではないか。
「厳罰化(被害者感情を満たす目的)」でも「犯罪者に優しい」でもない、防犯(犯罪が起きにくい社会)を最終目標にした
社会建設・行刑制度であるべきと思う。

478 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 16:41:36 ID:A4Z1Hj+Q0
>>474
そのたとえ話が理解できるようなら、こんな事態にはなってないと思う

479 :多田野数人:2009/12/17(木) 16:55:01 ID:AqYIaR5DO
>>477
いいんだよ。そんな冤罪なんて…。関係ねーんだよ。殺しときゃいいんだょ。死刑でいいの!!

>>478
ワロタwwww大爆笑www!

480 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 17:30:22 ID:gEUYIll80
>>478
>>477を見る限り、yurikoは全く理解できていないようですねw
相変わらず、捩れた書き込みを唐突に行う空気の読めなさ。
アスペルガーだから仕方ないのかな?
早く死んでくれるといいですね。

481 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 18:22:31 ID:Fmf2mmU10
>474
>yurikoクンにいたっては、会話にすらなっていない
>>478
>そのたとえ話が理解できるようなら
→観念さんへのレスだと思っていたから、何も言わなかった。
結論からいうと、お前の意見は牽強付会。
『スーパーで500円(原価400、利益100)の新商品弁当を売るという議題があったとしよう。
 議論の場にはこのまま売りたい派(存置)と、売りたくない派(反対)に分かれている』
よくもこういう下らない喩え話を考えつくと思う(爆笑)
死刑存廃論は政治家の人気投票ではない。
現在では、死刑廃止国の急先鋒のフランスだが、死刑を廃止した当時の世論調査では、
国民の6割りが死刑制度を支持していた。そして今日では、死刑廃止を国民の7割が支持しているという。
やはり、人権の理想は、ある程度上からの(政治主導の)啓蒙が必要ではないのか。
目先の利益云々よりも、長い目で見て理想を実現していくべきではないのか。
現在の共産主義が崩壊した世界では、自由貿易が当り前で、グローバリゼイションが
金科玉条のようになっているが、世界の少なからぬ人々は、スローエコノミーを主張している。
すなわち、発展途上国のゆっくりした経済活動のよさを認め、産業先進国はあえて、非効率的な生産活動を
支持していこう、というものだ。自然保護、民族の伝統、平和な社会建設の方を優先していこうというものだ。
『ブラクダイヤモンド』という言葉に象徴されるように、現代世界は、弱肉強食の搾取の構造が進んでいるのだ。
その、わかりにくい例え話の場合でいえば、
あまりに高すぎる値段ーたとえば、2千円、3千円の弁当を買う人はいないかも知れないが、
千円の弁当くらいだったら、食財が値段に見合ったものだったら、買い手は十分見つかるだろう、
ということだよ。
死刑存廃論でいえば、死刑を廃止することで、「何人でも殺す。命ある限り」という凶悪犯が出ないとも限らないが、
一方で、日本は死刑廃止の世界の趨勢に乗ることで、信頼が高まる、という利益が出る。
凶悪犯罪は誰もが恐れるものだが、犯罪者を如何に罰するかより、如何に予防するか、
時効をなくし、迷宮入りの事件でも解決していくか(アメリカでは実例が多い)に
予算を充てるべきだろう。

482 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 18:27:20 ID:A4Z1Hj+Q0
>>481
レスするなら関係ある話をしてください

483 :観念は具現化する:2009/12/17(木) 18:37:32 ID:AqYIaR5DO
>>481
お前俺のケツの中でションベンしろ!

484 :なんでん観念:2009/12/17(木) 18:38:05 ID:mYh2kmFU0
>>473
こいつ、俺の偽物。俺も、ここに認知されたか。

485 :なんでん観念:2009/12/17(木) 18:40:38 ID:AqYIaR5DO
>>484
偽物はお前だ!

486 :義人:2009/12/17(木) 18:54:14 ID:AqYIaR5DO
アッー!!アッー!!う…産まれるゥ〜

487 :なんでん観念:2009/12/17(木) 18:55:19 ID:mYh2kmFU0
また防犯思想などと、夢物語を説く奴がいるのか。防犯は必要であるが、その運用方法は
慎重を期す点では、廃止論者の言う死刑と同じだ。たんに防犯できる社会なんて簡単なんて
思っているなら戦前、戦中の公安や警察の横暴も許せるのか?
それに、廃止論者の多くは警察、検察に批判的であるのに、警察に予算を与えろと言う。それに
必要な人材、予算、なんといってもそれを行う警察を信用してくれるなら、それも一考だ。
だが、非協力的な市民が増えた中では、操作続行は難しい。それは、防犯意識にも影響している。
他人のことに干渉しない、されたくないでは防犯は無理だし、干渉したうえに密告横行では、戦中
の日本や、全体主義の独裁国家と同じだよ。それでは、死刑以上の人権侵害が起こるという
考えは起きないのか?

488 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/17(木) 18:59:18 ID:qSVGMyhi0
えと最近忘年会で忙しいし特番も多いしでソンチーズのみんなを充分に相手してやれなくてホントぐみんに

489 :なんでん観念:2009/12/17(木) 19:09:32 ID:mYh2kmFU0
観念万年君、反応が早いね。言い訳が、むなしいよ。こんなに早く反応するなら
答えられるでしょ。それとも、新しい理屈を考えてる?

490 :死刑は已む無し:2009/12/17(木) 19:11:31 ID:AqYIaR5DO
アッー!!!ンギモヂイイ!!

491 :磯野波平:2009/12/17(木) 19:19:18 ID:AqYIaR5DO
>>489
バカモン!!んぎもぢ良すぎるじゃろーが!!
妊娠したらどーすんじゃ!!

492 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 22:40:09 ID:zu1LaDk+0
:AqYIaR5DO



・・・・・・・・・・・・病気ですかっ???


493 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 23:17:02 ID:0MXVW9ZLO
死刑で冤罪な人も殺される可能性もある。
無実の罪を背負わされてな。

これは大事だ。

死刑は今すぐに廃止すべき。


494 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/17(木) 23:37:12 ID:A4Z1Hj+Q0
>>493
君は「死刑未満なら冤罪で死んでも平気」と言ってるだけのただの無神経。

495 :なんでん観念:2009/12/17(木) 23:37:46 ID:mYh2kmFU0
>>493
仮釈放した殺人犯が、報復殺人に及ぶ可能性が有る。

これも大事だ。

死刑が必要である。

こんな感じか?

496 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 00:25:07 ID:e5CMCl5z0
>>494
>君は「死刑未満なら冤罪で死んでも平気」と言ってるだけのただの無神経。

おまえ馬鹿だろ
死刑以外の刑は殺人を内容としない
死刑以外の刑なら再審請求権は刑の執行中でも保障される
死刑は執行されれば請求不可能
もう少しまともなレスできんのか?

497 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 00:30:28 ID:Bph5Xd280
>>481
お前、対話能力ゼロだな・・(苦笑)
たまには社会に出て、色々な考えの人と対話をしなさい。
今のままでは、一生ひきこもりのままで孤独死してしまうぞ。

498 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 00:45:13 ID:rhpf5sb00
>>496
君の話は単に感情的に死刑が気に入らないから死刑廃止くらいがちょうどいい、という好みの話でしかない。

刑罰に殺人が含まれてはいけないという根拠が無い。
根拠不明でいいなら、監禁や財産没収もダメだといえる。
自由刑以外は身柄の拘束を内容としないから廃止、というのと同じくらい根拠薄弱。

また再審請求は死刑でなく獄死でもできなくなる。
再審請求が絶対なら、獄死も許されない=自由刑も制限対象になる。

つまり君の理屈では死刑廃止で満足するのは中途半端。筋が通っていない。

それらを無視するから君は「死刑未満なら冤罪で死んでも平気」と言ってるだけのただの無神経だということになる。

499 :なんでん観念:2009/12/18(金) 01:01:51 ID:ISFzBM610
死刑廃止論者は、すぐに冤罪話を持ち出し、だから廃止という。存置派はそのことに
答えているのに、存置派の確実に殺人者と分かっている事件の話を出されると答えな
い。児童殺傷事件やオウム地下鉄サリン事件の死刑囚に関する見解を聞きたい。彼らにも
冤罪があるのか?そんなわけ無いだろう。

500 :公平な裁判を受ける権利は全ての人にある:2009/12/18(金) 05:53:39 ID:+DjQD3760
>>499
>彼らにも
冤罪があるのか?
→あるに決まってるだろう。
特に、オウム死刑囚の場合、洗脳されていたが故に犯行に走ったともいえる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E7%88%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6
北朝鮮工作員の金賢姫( キム・ヒョンヒ)が実行犯として逮捕されたのだが、
後に恩赦・釈放されている。
これを単ある、韓国政府のパフォーマンスとするべきではない。
金賢姫は洗脳され、現在とは別の人格が犯行を行ったのだ。
なぜ、刑法で心神耗弱の状態にある人の刑が酌量されるかというと、事実の上で、
違う人格を罰しても意味がないからだ。
外国では、催眠にかけられた人が、何も意識することがないまま、命じられた殺人を
実行したという事件や多重人格の精神障害をもった人の犯行など、実際に起こっている。
もしも治療の効果によって、正常で、社会生活に支障がないと判断されれば、
普通の市民生活にも復帰できる。


501 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 06:11:46 ID:rhpf5sb00
>>500
だとするとまず君が治療されるべき

502 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 06:44:27 ID:3ErvCvfH0
>>500
>正常で、社会生活に支障がないと判断

誰が何を以て「正常」って判断するんだよ。
その判断が誤っていて犠牲者が出たら、誰がどう責任をとるんだよ。

それにあんたの理論じゃ多重人格者は何をやってもいいのか?
100人殺そうが無罪?


503 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 06:48:17 ID:Bph5Xd280
>>500
お前は冤罪と無罪の違いを理解できていない法律ド素人だな(苦笑)
オウムの犯人たちは無実の罪じゃないんだよ。
犯した罪が罰に問われるかどうかは別の次元の話。
頭が悪いから、全てゴチャゴチャになっているんだろ。
最初に死刑廃止ありき。その為には何でも曲解して我田引水する。
その思考形態では全く説得力を持たないぞ。
まずは自分自身の洗脳を解いて、社会を広く見られるようになってから物事を
判断しろ。
馬鹿が!

504 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 07:42:21 ID:obzLiQWF0
>>498
賛成反対以前におまえひとのレスを読めてない
もう1回ちゃんと読んでみな
反論になってないのがわかるから


505 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 08:25:25 ID:rhpf5sb00
>>504は何の説明もしてないので、悔し紛れの口からでまかせと区別できない。

506 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/18(金) 08:42:08 ID:1TTgIKIwO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!

507 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 10:05:11 ID:+DjQD3760
>>502
>誰が何を以て「正常」って判断するんだよ。
その判断が誤っていて犠牲者が出たら、誰がどう責任をとるんだよ。
それにあんたの理論じゃ多重人格者は何をやってもいいのか?
→それと同じことは少年犯罪の場合にも当て嵌まるでしょ。
「面倒くさいから、リスクがあれば、犯罪者は一生、監獄に閉じ込めておけ!」
というのは、厳罰主義者の常套句ですね(苦笑)
「この国が忘れていた正義」で中嶋博行氏は特に神戸児童殺傷事件で少年Aに対して使われた金を
無駄!と決めつけ、2200億円の犯罪者福祉予算の無駄遣い、と決めつけています。
だから、どうすればいいのだ?という対案は全く示されず、咽まで出かかった「死刑!」の
叫び声が聞こえてきそうです(苦笑)
時々聞かれる、覚醒剤常習者者や統合失調症者による册人事件のニュースを聞くたびに、
「もっと効果的に監視する方法はなかったのか」と思ってしまいます。
宅間守事件以来、医療観察→予防拘禁の必要性が認識されるようになりました。
しかし、精神病者の心の動きを逐一監視することなど不可能です。
やはり、ある程度、私達の社会は犯罪者と共存していく道を探るしかないのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%A5%E7%A7%91%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%8A%83%E4%B9%B1%E5%B0%84%E4%BA%8B%E4%BB%B6
ヴァージニア工科大学乱射事件の犯人の男は、明らかな鬱病を患っていました。
この事件を未然に防止することは不可能だったのではないでしょうか。
どのくらい異常なら、予防拘禁を許可するべきなのでしょうか。
中には、「あのとき構内で、一人でも銃を携帯する職員が居れば、被害は拡大しなかった筈」と主張する人もいました。
しかし、暴力に暴力で対抗するには限界、いや、不可能です。
まして、死刑!という威嚇が宅間級の異常者に通用するわけないでしょ(苦笑)

508 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 10:26:23 ID:no4K8yG20
存置論者は国語が苦手な人が多そうだな

509 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 10:34:32 ID:+DjQD3760
訂正>>507
>册人事件のニュース→殺人事件のニュース

やはり、かつて人間の体内には、いくつかの寄生虫が居るのは当り前でした。
今でも、途上国では寄生虫の存在は珍しくないのです。
藤田紘一郎氏は回虫博士として有名ですが、「寄生虫と共生できる社会」を
訴えています。
藤田氏によれば、寄生虫によって免疫力が高まり、アレルギー対策にもなるというのです。
私は「なるほど」と思いました。
確かに、「水戸黄門」を面白くさせ、黄門様を際だたせているのは、あの「悪役達」なのです。
「何が悪なのか」「人間として踏み越えてはならない一線とはなにか」を教えてくれる、
大切な反面教師達こそ凶悪犯罪者達とはいえないでしょうか。
死刑廃止論の元祖的存在のベッカリーアも、悪人を長く生かし続けることに勝る
防犯教育はない、と訴えています。
「ああいう人間だけにはなってはいけない」というように。

510 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 11:28:46 ID:lvQV/jmPO
〉508
でも廃止論者は国語ができない人が多いみたいだね。

511 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 11:52:58 ID:+DjQD3760
>>507
>まして、死刑!という威嚇が宅間級の異常者に通用するわけないでしょ(苦笑)
→今年はもう、悲惨な事件がおきませんように。
来年は、凶悪事件が一件も起きませんように。
(-人- )

512 :宅間守:2009/12/18(金) 12:03:45 ID:1TTgIKIwO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!!
どんどん殺せー!!!

513 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 13:00:09 ID:jkCb8lIV0
http://www.nhk.or.jp/nara/lnews/

死刑判決にガッツポーズまでとって見せた小林薫死刑囚。

死刑の恐怖で、「殺す気は無かった」と裁判のやり直しを要求。

当然却下。

処刑される時まで、気が狂う程後悔すればいい。
そうでなければ、被害者が報われない。

514 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 13:27:49 ID:5SZ9m5ic0
>>507
>「面倒くさいから、リスクがあれば、犯罪者は一生、監獄に閉じ込めておけ!」

面倒くさいとか国外のお前が勝手に決め付けてるだけだろ。
管理までしてるのはこちらの方。
常識的観点から見ればお前の考えの方が、面倒くさいから世に放っておけ!と言う風に捉えられる。
お前みたいに言うだけはタダ。
それなら世の中の凶悪犯に関わらなければ何か罰則規定でも設けるとか具体案でもあるのか?
でなきゃシャバで再び虐げられるだけだろ。
シャバで生きられなかったからこそ閉じ込められてるんだろ。世に放って更に罪を重ねさせてどうする。
コレが現実なんだよ。
何が共生だよ、禁固刑まで否定しだしてるしな。
何が何でも加害者擁護のお前はホント危険だわ。
お前の発言はまるで凶悪犯自体の要求に聞こえてしまうぐらい危険。
お前こそが真っ先に予防拘禁されるべき存在と言うぐらいとにかく危険。

例えば広東住血線虫なんかは血液中にいるだけならまだ害は無いが、脳にまで廻ると死に至らしめる場合だってある。
凶悪犯も同じで共生ではなく制限をかけられるべき。
違うと言うならお前は免疫力を高めると言う利点を得る代わりに体内に制限なく寄生虫を飼え。
どうぞ好きなだけ飼え。
まあお前は筋が通ってないから都合よく拒否るんだろうけどな。




515 :阿部高和:2009/12/18(金) 13:36:11 ID:1TTgIKIwO
↑ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

516 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 14:38:56 ID:Bph5Xd280

今年中にyurikoの脳腫瘍が再発しますように。

そして来年には苦しんで死にますように。

(-人- )


517 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 15:39:06 ID:aDqq61fD0
>>513
>死刑の恐怖で、「殺す気は無かった」と裁判のやり直しを要求。
→もし、小林が本当に‘死の恐怖’を感じたのなら、それだけ「惜しむ命」を
感じたということです。本村さんは、命の大切さを知ったときにこそ、死刑の意味がある、
という趣旨の話をしたことがあります。
そういう意味では、やっと小林は「死刑に値する人間」になったといえるのでしょうか。
しかし、私には賛成できません。
小林は逮捕時から、「娘さんに死んでお詫びしたい。自分の犯した罪を死刑で償いたい」と
言ってました。その上で、死刑判決にガッツポーズをとったのですから、
「なんか、おかしい」と誰もが思うのではないでしょうか。
そこに、安物の商取り引きのような印象をもったのは、私だけではなかったようです。
犠牲になった楓ちゃんの両親が小林に、死刑以上の刑を求めたというのは、
「楓ちゃんの命がお前の糞みたいな命で償えるわけないだろ」という気持ちからではなかったでしょうか。



518 :義人:2009/12/18(金) 15:59:10 ID:JjwAJWt30
>>481
>よくもこういう下らない喩え話を考えつくと思う(爆笑)
>あまりに高すぎる値段ーたとえば、2千円、3千円の弁当を買う人はいないかも知れないが、
>千円の弁当くらいだったら、食財が値段に見合ったものだったら、買い手は十分見つかるだろう、
>ということだよ

下らないと言うわりには、そのたとえ話を理解してないようだが?
しかも、千円、二千円の弁当とかさ、どうしたらそんなにあさっての方向へ会話を持ってけるんだい?
会話というのは言葉のキャッチボールなんだよ。おまえのは大暴投すぎて、誰も捕れないんだって。まずそこを理解してくれ。
あとさ、早く死刑囚にどんなことを聞いて、どんな話をしてもらったのか書いてくれよ。
次にそれを書いてないようだと、死刑囚に会った話もうそだったと解釈させてもらう。

519 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/18(金) 16:05:33 ID:1TTgIKIwO
久しぶりに本名晒すかな

俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー

他に本名晒せる人いる?

520 :田代まさし:2009/12/18(金) 16:10:08 ID:1TTgIKIwO
>>517
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

521 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 16:12:21 ID:aDqq61fD0

実をいえば、小林は全く孤独というわけでもなかったのです。
「ドキュメント死刑囚」で、篠田博之氏は、小林とUさんとの交流を紹介しています。
『小林薫は一時期、足しげくUさんの家庭に出入りし、子どもたちにも「小林のお兄ちゃん」と呼ばれ慕われていたという。』
さらに
『Uさんは接見許可を得ていなかったが、小林薫と親しい関係であることを説明してどうしても接見を
認めてもらうつもりだ、と言っていた。彼は自ら控訴を取り下げた小林薫に
「バカヤロー」と言ってやるつもりだと語っていた』
篠田氏は小林薫と文通していたのだが、小林を厳しく批判しています。
『…小林薫という人間の誠意の問題だ、と私は思った。小林薫は「死をもって償う」と
口にしていたのだが、私にはそんなことよりも今法廷で遺族に向かって彼がどういう態度を
とるかということの方が、ずっと人間として大事なことだと思えた。』

522 :なんでん観念:2009/12/18(金) 16:14:10 ID:1TTgIKIwO
>>518
よかったのかい?ホイホイ書き込んで…俺はノンケだって構わないで食っちゃう人間なんだぜ。

523 :義人:2009/12/18(金) 16:18:22 ID:JjwAJWt30
>>488
観念クン、君はyurikoクンと違って>>474のたとえ話を理解できたようだね。
そして、議論するには具体的な理由、根拠。現実的な意見が必要だと気づいたわけだ。
だからこそ、君には議論に耐えうる主張がないとわかり逃亡宣言をしたんだね。現実が少し見えてきたようでうれしいよ。
たださ、いちいち捨て台詞をはいて逃げるのは非常にカッコ悪いからやめたほうがいいよ、一応助言しとく。

>>504
それで、死刑を廃止したとしてもそれに見合う代替案はあるの?
まさか最高刑を、懲役刑にするなんていわないだろうな。

524 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 16:29:09 ID:Bph5Xd280
このスレ、yurikoクンの読解力の無さと、論理性欠如だけが突出して目立って
きたように思いますね。
カリフォルニアの気違い電波発信源に原爆でも落とさないとダメですかね?
yurikoクンには一刻も早く苦しんで死んで欲しいと願って止みません。
苦しんで苦しみぬいて、「みんなに迷惑をかけて申し訳無かった。本当は
みんなと仲良くしたかったのに、私が捻くれていたからいけなかったのだ」と
素直な心になって死んでくれると良いですがね。
ここまで捻くれてしまうと、そんな気持ちを取り戻すことは出来ないでしょうか?
いずれにせよ、一刻も早く死んで欲しいものです。

525 :義人:2009/12/18(金) 16:30:07 ID:JjwAJWt30
>>507
>「この国が忘れていた正義」で中嶋博行氏は特に神戸児童殺傷事件で少年Aに対して使われた金を
>無駄!と決めつけ、2200億円の犯罪者福祉予算の無駄遣い、と決めつけています。
>だから、どうすればいいのだ?という対案は全く示されず、咽まで出かかった「死刑!」の
>叫び声が聞こえてきそうです(苦笑)

おいおい、たかが一人。しかも私利私欲で殺人を犯した犯罪者に2200億円は誰がどうみても無駄遣いだろうが。
代案ならお前が言ってくれた死刑でなんの問題もないだろう。少年とかは関係ない、この国は未成年に甘すぎるだけ。
そして死刑になっていれば、2200億円をドブに捨てるような事もなく他の福祉政策にまわすことができただろう。
つまりそれは、法律を守り普通に暮らし、税金を払っている他の国民が本来享受するはずだったものを
私利私欲で犯罪を犯した者に、しかもたった一人に使ってしまったということでもある。
あまりの無駄遣いに、怒りを通り越してあきれるね。

526 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 16:59:53 ID:d7PYdJIcO
バ観念にマジレスする意味は無い

527 :義人:2009/12/18(金) 17:06:37 ID:1TTgIKIwO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!
どんどん殺せー!!

528 :多田野数人:2009/12/18(金) 17:14:26 ID:1TTgIKIwO
義人の言ってる>>474の例え話って本当頭悪いよな〜

529 :義人:2009/12/18(金) 17:16:22 ID:1TTgIKIwO
ぼくちんお馬鹿さんなの。
てへ。

530 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 17:26:34 ID:5SZ9m5ic0
>>525
犯罪福祉予算2200億は多分全体じゃないかな?

531 :なんでん観念:2009/12/18(金) 17:44:26 ID:1TTgIKIwO
>>523は何度読んでも馬鹿だなー(´Д`)

まさに脳内乙。

532 :なんでん観念:2009/12/18(金) 17:58:30 ID:ISFzBM610
>>531
波平さん、今日もお疲れ様です。蒟蒻暖めておきました、交代です。

533 :磯野波平:2009/12/18(金) 18:06:45 ID:1TTgIKIwO
>>532
ウホッ! いい蒟蒻

534 :なんでん観念:2009/12/18(金) 18:08:14 ID:ISFzBM610
今日も廃止派は妄想族ばかりだね。今日は心神耗弱と心神喪失と精神病患者
の話も、よく出すね。
現在、異常者とされる人間の措置入院などは人権問題などで難しい。しかも、
措置入院を主張する、廃止派などの人権活動家が邪魔しているのが現状。
それに、うつ病患者のどの患者と異常者を同列で考えるほうが人権無視に思える。
最近の研究で、うつ病と自殺者と殺人者の相互関係は無いのではないかというのが
廃止派の好きなヨーロッパから出ている。そういう事実を隠して、死刑を廃止した
ヨーロッパは素晴らしいなんて、ただの外国コンプレックスだね。

535 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 18:13:17 ID:aDqq61fD0
>>514
>例えば広東住血線虫なんかは血液中にいるだけならまだ害は無いが、脳にまで廻ると死に至らしめる場合だってある。
→確かに、修復的司法に於ける、「被害者と加害者の交流」にしても、あまりに度が
外れた暴力犯罪では成立のしようがない、とされています。
確かに、名古屋保険金殺人事件(長谷川死刑囚)でも、長谷川と交流したのは被害者の兄(原田氏)でした。
原田氏によれば、兄の立場だからこそ、関係が成立したのであって、母親とは交流は成立しなかっただろうと、
述懐しています。
しかし、考えてみれば、原爆を二つも落とされ、東京を廃虚にしたアメリカと日本人は
上手く付き合っています。ベトナム人に至っては、第二次大戦中の全ての爆弾を合わせた以上の爆弾を落とされたにも拘わらず、
涼しい顔をして付き合っています。
どれほど残酷な事件でも、被害者と加害者の壁を乗り越えられない、ということはないのではないでしょうか。
光市の本村さんは、元少年からの手紙を全く開封してないそうですが、本村さんが敢えて手紙を読めるようになったて初めて、
事件を乗り越えたといえるのかもしれません。
まずが、始められるところから始める、という態度が重要ではないでしょうか。
私が主張してるのは、「加害者に優しく」と言ってるのでなく、加害者の立場にたって考えなければ、
何事も始まらないということです。
何より、防犯にも役立たないのです。

536 :義人:2009/12/18(金) 18:15:26 ID:1TTgIKIwO
>>535
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

537 :佐藤裕也:2009/12/18(金) 18:23:55 ID:1TTgIKIwO
俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー

538 :なんでん観念:2009/12/18(金) 18:27:09 ID:ISFzBM610
>>535
例えが変だな。日本とアメリカ、ベトナムとアメリカ、これは国同士の話で
戦争と殺人では、同じ人殺しでも加害者と被害者の関係は違ってくる。それに
個人単位で和解はしてない。広島、長崎、沖縄の現状を見れば明らかだろう。
アメリカの爆撃に対して今も憎悪の念を持っている。アメリカもそうだ、日本人
に対して、太平洋戦争の戦死者の家族すべてが、日本人を許したわけではない。
それに、加害者の立場に立ってというのは、被害者家族すべてに問うたか?こればかりは
当事者にしか分からない。その理想は外野だから言えることだ。

539 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 18:30:12 ID:rhpf5sb00
>>535
根拠なし

540 :死刑は已む無し:2009/12/18(金) 18:37:58 ID:i8gY12X30
>>517
ひとつだけ聞きたい
あなたはクリスチャンですか?

541 :yuriko:2009/12/18(金) 18:57:36 ID:1TTgIKIwO
>>540
はい。私は敬虔なるクリスチャンです。神を信じます

542 :死刑は已む無し:2009/12/18(金) 21:08:34 ID:i8gY12X30
別に悪意はないつもりですが、答え難いようなら聞かないでおきます
私がこのスレに初めて訪れたときは、正直貴方の発言にとても興味をひかれておりました
ただ、途中から、相手を見下したり (というか日本人を一括りにして馬鹿にするような) する態度がみられ
幻滅しておりました
が、ここ最近は、 ID:Fmf2mmU10 や、ID:aDqq61fD0 の発言なども含めて
しっかりした考えが示されているようにも思います
しかし、それでもなお、死刑存廃の議論をメリット・デメリットだけで語るには無理があるように思います
そういう意味でも540のようなことに興味を持ったのです
まぁそういう話になってくると板違いだどうのこうのと言うレスも返ってきそうですが
そもそもこの問題を司法だけの小さい枠のなかだけで語りきれるものではないと考えています
身も蓋も無いかもしれないですがね

543 :502:2009/12/18(金) 21:58:18 ID:3ErvCvfH0
>>507
>「面倒くさいから、リスクがあれば、犯罪者は一生、監獄に閉じ込めておけ!」

死刑じゃないだろこの馬鹿。
3回死んで来い。


544 :なんでん観念:2009/12/18(金) 22:17:05 ID:ISFzBM610
廃止論者はコートを着た露出狂みたいな連中が多いな。ただ見せるだけ。たまには
答えてくれても損ではないと思うが。

545 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 22:17:25 ID:rhpf5sb00
>>542
自分に都合の良い決め付けの上にいくら緻密な理論を築いたところで、それは砂上の楼閣でしかない。
それを「しっかりした考え」としてよいのであれば、正反対の結論に至る理論もいくらでも作れる。
まして廃止論者は世論の一割にも満たないマイノリティなので、このレベルの理論に正当性があるとした場合、
最終的には多数決により却下される事が確定してしまう。

つまりあの矢印長文の問題は理論の中身にもあるが、それよりも砂上の楼閣をごり押そうとする手法によって、
かえって自分の首を絞め、廃止への道を閉ざしている事にある。

546 :502:2009/12/18(金) 22:18:24 ID:3ErvCvfH0
>>538
しかし、国家による殺人という意味では戦争はその最たるものだよね。
廃止論者が国家による殺人だと唱えている以上は、これを無視できないと思うよ。

殺人と戦争を分けて考えるのは、むしろ廃止論者のほうで。戦争を是とするなら。
国家による殺人を容認していることになるんだと思うよ。


547 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 22:25:24 ID:5SZ9m5ic0
その辺はオバマのダブルスタンダードと同じだよね。

548 :502:2009/12/18(金) 22:28:09 ID:3ErvCvfH0
>>544
そんな高度なこと答えられるくらいなら、最初から廃止論者になんてならない。

廃止論者は、

自閉症
ナルシスト
自虐主義
盲信者

のどれかだから。


549 :なんでん観念:2009/12/18(金) 22:48:47 ID:ISFzBM610
>>546
するってぇと、>>535は目的の為に我を忘れた?

550 :502:2009/12/18(金) 22:51:35 ID:3ErvCvfH0
>>549
こいつにもともと我なんてないよ 。
そんなものあったら、あんな恥ずかしいレス繰り返せないだろ。


551 :なんでん観念:2009/12/18(金) 22:54:45 ID:ISFzBM610
>>550
確かに。我思うゆえに我あり。己があれば、ちゃんと考えがまとまってるね。

552 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/18(金) 23:16:03 ID:147pX9DV0
>494みたいな解釈を二元論という。おやすみー

553 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/18(金) 23:22:37 ID:rhpf5sb00
>>552
それは嘘。
二元論なのは>>493

554 :死刑は已む無し:2009/12/18(金) 23:42:02 ID:i8gY12X30
>>545
うん・・・向こうにももう少しだけでも歩み寄りって言うか、そういう感じになってもらいたかったっていうか
今のままじゃ議論になってないし・・・

555 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 00:04:22 ID:h4BoQaTM0
 死刑賛成派と反対派の対談スレ◆Part15 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1254982290/635

635 名前:傍聴席@名無しさんでいっぱい[sage] 投稿日:2009/10/28(水) 01:57:20 ID:dMMDlYCs0
 日本式死刑存廃論の基本構造

8割超の人間にとって「死刑があって当たり前」という感覚の日本では、
廃止論が一発逆転を図るには、「廃止論は感覚ではなく理論だ」という事にしなければならない。

しかし、理論的には廃止論者が死刑を否定すると、同じ理由で死刑未満も否定され、
死刑未満を肯定すると、同じ理由で死刑以上も肯定されてしまう。

そのため最終的に廃止論は「とにかく死刑が死刑だからダメ」「死刑以上はやりすぎで、死刑未満は丁度いい」
という感覚頼りだという事が逆に露呈してしまう。

だが感覚で考える事を肯定してしまうと世論肯定となり、そもそものコンセプトと矛盾して廃止論に止めを刺してしまうので、
それは認められない。

結果、廃止論側は相手に理論を突き詰めさせずに、論点をずらしたり強弁したり印象操作した権威主義に走ったりと、小手先の技術に頼らざるを得なくなる。
必然的にそのような手法を平気で使える人だけが、廃止論者として残る。
そのため一層信用を失い、死刑廃止の支持率が下がる。

この繰り返し。


↑今のところこれが死刑存廃論のFAだと思うな。

556 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 00:19:33 ID:h4BoQaTM0
>>554
気持ちはわかるし今までそういう人時々いたけど、忠告しておく。
矢印長文は自分は一歩も歩み寄らずに、相手が歩み寄った部分は自分の手柄のように解釈する事を
あちこちでもう何十スレに渡ってやっている人だから、いくら心を砕いても実りが無い事を覚悟した方がいい。
労力を割くなら、もっと適した相手がいるはず。

557 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 00:53:43 ID:xcTfryCbO
千葉の連続殺傷の、アレはどうなんだろ。
「検察の求刑どおり死刑」って言ってるけど、事実上は「犯人の要求どおり死刑」だよな。
犯人の要求を満たしてどうするんだよ? と。

558 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 01:06:57 ID:h4BoQaTM0
>>557
それ別に死刑に限った話じゃないし、そもそもその「事実上」の解釈はそんなに優先順位の高いものじゃないだろ。

559 :なんでん観念:2009/12/19(土) 01:11:54 ID:PBGz6Bn/0
>>557
それでは、懲役を希望する窃盗犯(常習犯)が強盗を働いても執行猶予をつけてもいいという
話に発展してしまう。

560 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 01:28:39 ID:h5Ih9nYN0
根本的に死刑になりたかったなんてのは後付けの言い訳。
まず人殺しがしたかったありき。そっちが動機。
殺されようと思えばわざわざ裁判ざたにしなくても何年も監禁されなくても簡単に死ねる。
紛争地帯へ行って拉致られれば簡単。旅行も出来て丁度いいよ。
それをしないって事はつまりそう言う事。

561 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 01:42:32 ID:Q6G7rV9c0
>>560
そりゃそうだ、自分が死にたいと思ったからって人を殺す理由になんかなるわけがない
どんなに追い詰められて自暴自棄になろうとも
やりたくもないことをやるわけがない
やけになった時にやるのは、元々欲求があったが損得考えて我慢していたことだ

562 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 01:43:53 ID:XBVUebHm0
そもそも、たくさん人を殺したからって必ず死刑になるという保障はないからな。

563 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 01:49:01 ID:Q6G7rV9c0
もっと言うなら、廃止論者は拡大自殺がどうたらこうたらを存置のデメリットにあげることがあるが
刑を軽くしたら、自暴自棄の程度が軽くても同じ事を起こす可能性さえでてくるだろうよ

辛い状況になり、自らの死を意識する→死刑でも同じ→やりたかった殺人を行う

死刑廃止になると

自分が死までは意識しないが辛い状況におかれる→刑務所でも同じ(むしろ衣食住安泰)→やりたかった殺(ry

564 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 02:06:38 ID:Q6G7rV9c0
ついでだから言っときますか
こういうと、懲役刑に強制労働とかつけて、死刑よりも辛い思いをさせれば良いとか言い出す廃止論者がでるのかな
でも、そういう人に限って、死刑の抑止力は死刑そのものではなく死刑報道にあるんだとか言っちゃうんですよね
その場合、死刑廃止したあとに刑務所で辛い思いをするっていう知識と、それによる抑止力も
死刑廃止によるものではなくて、「辛い刑務所生活報道」 によるものになるんですよね


565 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 02:25:59 ID:xcTfryCbO
ま、刑罰が刑罰として機能しない好例だな、ありゃ。

566 :凶悪犯罪者は聞く耳をもたないだろうが…:2009/12/19(土) 03:15:07 ID:F6ItYsy20
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091218k0000e040029000c.html
茨木県土浦市で起きた連続殺傷事件の被告金川真大被告に死刑判決が下った。
「身勝手な死刑願望を否定するために死刑」という訳のわからなさだ。
宅間の場合は自暴自棄の果ての犯行であって、結果が死刑だったに過ぎない。
宅間が死刑という刑罰そのものに興味があったとは思えない。実際、宅間はガソリンを使った自爆テロを
主張している。
ところが、金川の場合、死刑そのものへの執着があった。死刑という刑罰が犯行を
誘発したといえる。その上、警察は犯行当時、犯人が土浦駅に向かってるとの情報に基づき警戒中だった。
裁判で、犯行を未然防止できなかった、捜査当局の過失が問われなかったのはおかしい。
金川は予め、控訴しないことを表明していたが、弁護側は敢えて控訴した。
法律で死刑判決は最高裁まで、審議すると定める必要があろう。
「盗人に追い銭」という言葉があるが、「死刑になりたい」という犯罪者を死刑にすることは、
もっと悪い。自殺幇助ではすまない。
公式機関で手続を踏んで死刑にするのに莫大な出費があるのは、もう検証した。
宅間の例に倣って、裁判や鑑定を省略して、経費を節約すればいい、というものでは絶対にない。
もし「死刑は安上がり」という間違った情報が広がれば、自殺目的の凶悪犯罪が増える恐れがあろう。
なんで存置論者はそれがわからないのか。
「人は簡単に死んではならない」こそが、生命至上主義の哲学だ。平均寿命が延びた、というニュースが
社会全体に鬱状態をもたらしていないだろうか。「長生き」は本来、祝福されることだった。
「命はたから」というメッセージを凶悪犯罪を起こそうという人にこそ伝えるべきだ。


567 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 03:36:10 ID:h4BoQaTM0
テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。

568 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 04:03:35 ID:F6ItYsy20
>>564
>死刑廃止したあとに刑務所で辛い思いをするっていう知識
→死刑囚は死刑のみが刑であるが故に、身分は未決囚であり、
懲役がないだけに、一般で考えられているよりも楽かもしれない。
郷田マモラ「モリのアサガオ」では、趣味や宗教活動に打ち込む死刑囚の姿が
描かれている。
もしも人生の真理を見極めたいなら、パスカルのいうように、毎日を完全燃焼する
「死刑囚生活」を金を払ってでもしたいかもしれない(笑)
死刑が廃止されたイタリアでは、終身刑に減刑された囚人達が死刑復活を要求して暴動までおこしたという(ホンマカイナ)
日本でも、死刑が廃止されたら、暴動が起こる可能性は否定できない。

569 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 04:08:53 ID:pJ+rF+nnO
>>568
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

570 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 04:27:01 ID:GxgALDDRO
観念、てめーの低能な講釈はもういいからよ。


クズが。

571 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 04:33:50 ID:pJ+rF+nnO
>>570
四つん這いになれば免許返していただけるんですね

572 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 05:13:00 ID:F6ItYsy20
>>570さんへ
観念さんは、必ずHNを記入しますよ。

573 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 06:25:41 ID:m4otrQLbO
>>566
『この薬は末期の癌患者99%に絶大な効果があるが、残り1%に重大な副作用をもたらすから廃棄しよう!』

君の言っているのはこういう屁理屈だ。
分かったかね?死刑反対君…関西某…◆……… 今はなんて読んで欲しい?

574 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 08:31:48 ID:k/4OR5F+0
yurikoはいつも糞名無しだなw
タイポと支離滅裂な長文ですぐ判るのに、「それは別人です」などと白々しい
嘘をつく。
ひと頃は「私の本名はさゆりで、今までのyurikoさんとは別人です」などと
笑っちゃうような幼稚な逃げもうっていたねwww
知能指数が低いから、下手な嘘で人を騙せると思っているようだ。
ホント、ジョージは馬鹿だな。

575 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 08:35:06 ID:BiQFvf2Y0
>>573
>『この薬は末期の癌患者99%に絶大な効果があるが、残り1%に重大な副作用をもたらすから廃棄しよう!』
→1その薬の効果を臨床実験で確かめたのか 2その副作用はどれくらい深刻なのか(副作用によって死ぬ可能性があるか)
3他に治療法の選択はないのか
→これらのことを精査しなければ、患者は選択できないでしょ。
こういう患者の狭い選択肢は実際に、心臓疾患を抱える患者には珍しくない。
先天的心臓病を抱える患者は若い人が多いだけに、その選択は癌の場合よりも苛酷になる場合が多い。
●手術をしなければ絶対に助からない ●手術をしなくとも、5年は確実に生きられる
という選択肢あれば、あなたならどちらを選択するだろうか?
無論、手術の成功率が高ければ、手術を選択するべきだろう。問題は成功率が五分五分、四分六、三分七分の
場合だろう。
今でこそ「心臓手術!」と言われても、患者家族は必ずしも最悪の事態を覚悟しなくていい。
ところが、今から、30年、40年、50年くらい前までは、心臓病手術といえば、即、死を意味した。
今日の心臓手術の長足の進歩は、過去の夥しい数の患者の犠牲があってこそある。
死刑存廃論に話を戻せば(苦笑)、そもそも、死刑による防犯効果が確かめられたことはない。
というか、確かめようがない。精神科医加賀乙彦氏は、東京拘置所の医官だったとき、大規模な調査を実施した。
その結果、殆どの死刑囚に死刑の威嚇作用はなかった。ところが、考えてみれば、「だから死刑囚」なのであって、
「死刑が恐くて犯行を思いとどまった」潜在的凶悪犯に対する、調査は不可能だ。

576 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 08:47:50 ID:h4BoQaTM0
なんという無駄レス

577 :死刑の不可逆性:2009/12/19(土) 08:54:40 ID:BiQFvf2Y0

「死刑の副作用」といえば、やはり冤罪死刑だ。
確かに冤罪は、あらゆる犯罪のレベルで起こりうる。冤罪発生を恐れていては、
刑事捜査はできない。目指すべきは、刑事捜査の正確さを向上させることにある。
ところが、死刑だけは特別だ。たとえ正確さが向上し、8割が正しくとも、2割が間違いだったら、
その捜査方法は破棄するべきだ。
昔の刑事ドラマなどで、「お前の特殊な血液型が犯人のものと一致した」「ジャーン♪一件落着!」
などというものがあった。
しかし、今日のDNA検査に比べれば、せいぜいままごとレベルに過ぎなかった。
今日でさえ、先に無実が証明されて釈放された菅家の場合でも、最初のDNAテストではなく、
二回目の別の方法によって、漸く判明したのだ。
菅家さんの場合、無期懲役刑だったが、もし死刑囚で既に執行されていたら、どう償えばよかったのか。
ありえない話ではないのである。
たとえ、冤罪死刑の可能性が1%であっても、命だけは、掛け替えのないものなのだ。
死刑なしの刑罰体系をつくるべきなのだ。


578 :\(_ _) ひつれい:2009/12/19(土) 09:09:40 ID:BiQFvf2Y0
訂正>>577
>先に無実が証明されて釈放された菅家の場合

、先に無実が証明されて釈放された菅家さんの場合

579 :じょーじ・うぉーかー:2009/12/19(土) 09:24:03 ID:pJ+rF+nnO
↑ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

580 :(*^▽^*) わぉ〜:2009/12/19(土) 09:36:07 ID:BiQFvf2Y0
>>574
>笑っちゃうような幼稚な逃げもうっていたねwww
→変な日本語ですね(苦笑)
本人が人違い、と言ってるのですから、
信じるしかないのでは。

581 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 09:49:57 ID:KDrVPYaw0
>>577
結論は同意だが理由付けに異論
死刑がまずいのは「命は掛け替えのないもの」かどうかではなく
刑確定囚の再審請求期間が原則判決確定後6月内に制限されていること

582 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 10:13:04 ID:pJ+rF+nnO
>>581
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

583 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 10:57:49 ID:k/4OR5F+0
>>580
いいえ明らかに同一人物だよ!
お前はそう言う見え透いた嘘ばかりつくから信用ゼロなんだよ。
早く地獄に落ちて舌を抜かれろ!
馬鹿が!

それから、「逃げを打つ」という言葉を検索してみろ。
低学歴の無知オカマ!

584 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 11:13:02 ID:7/2sj6/S0
法は,国民の復讐・敵討ち等の私刑を,
個人間・家族間・果ては地域間の憎しみの応酬を防ぐ目的で禁止し,
代わりに国が,罪を犯した者を裁くためのものだとしたとき,
単純な損得で勘定すると死刑は全く合理的じゃないと思う。

例えば7人の人間を殺害した人間がいたとして,各被害者遺族にとっては加害者は一人であるが,
社会的・第三者的な見方による'加害者の立場'は大悪党であり,制裁はそれに見合うものでなければ不服が出る。
しかし現状における最高刑は死刑であり,7人を素早く殺そうが,1人を無惨に痛めつけ殺そうが,それは変わらない。
単純な損得で考えれば,7人の生命を絶った人間の賠償が1人の生命じゃ,割に合わない。
ただ前述したように被害者遺族にとっては加害者は一人であり,1人の生命で償いは完了する。
問題視しているのは,それを見ていた第三者の不服が,
「どうせ殺すなら殺せるだけ」というような思想・発想をもたらす可能性を高めているのではないかということだ。
「どうせ人は死ぬのだし,死刑だって問題ない。どうせ死刑なら自分以外も全部殺そう」――そんな事件,これからも続くと思う。

つまり極刑が死刑というのは,''軽すぎる''のだ。なので死刑には反対なのだ。
スレの主旨がいまいちわからないが,これでいいのだ。 バーカボーンボーン!!!

585 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 11:18:52 ID:k/4OR5F+0
金川は「速やかな死刑執行が無い場合には訴訟を起こす」と言っているそうだ。
千葉法相困ったね。

586 :押尾学:2009/12/19(土) 11:29:39 ID:pJ+rF+nnO
死刑大好きー!!

587 :存置派:2009/12/19(土) 11:54:35 ID:6IN4mApY0
>>584
過度の身体的苦痛を与える必要はない。
用意すべき環境や器具、実行する側の精神的苦痛(とその補償)、
苦痛を治療するための医療費用等を考えると、コストを払うだけのリターンがない。
…まぁ、病的サディストの人に経費を折半させてヤラせてもいいんだろうけど
それを行うために超えるべきハードルの数が多過ぎる。法だの倫理だの、サディストの安定した供給だの。

で、それらを超えないで廃止した場合、
もっと「軽い」無期懲役が最高刑になっちゃうんだわさ。あっちょんぶりけ。


588 :存置派:2009/12/19(土) 12:00:48 ID:6IN4mApY0
>>566
「拡大自殺」を主張する廃止派に聞きたいのだが、
本当に「拡大自殺」願望者が存在し、それに死刑の存在が深くかかわるなら
廃止国での殺人発生率が「概して」好転する「傾向がある」ってデータすら、存在しないのは何故なのかな?

それ以前に、君たち廃止論者の牽強付会の度合いを考えれば
「廃止国では自暴自棄で犯罪を行う者が減りました。だってほら証言がね?」程度の
ハッタリぐらいやってもいいはずだが、それすら無いのは何故なのかな?
おかしいよねぇ? 自殺を別段否定も肯定もしていない日本でのそれを主張するなら、
自殺を教義上否定するキリスト教国では顕著に出るはずなのに。

…いや、まぁ、大体理由はわかるんだけどさ。
「拡大自殺」として廃止論者が挙げた人間の供述を読んだ場合、
彼らが望むのは「死刑」でもなければ「死」ですらもなく、ただの「逃避」であり
それは終身刑でも無期懲役でも十分に満たされるってのは、普通の読解力ならわかるし。

で、敢えて問うんだけどさ。何で「拡大自殺」者の分ぐらい廃止国は犯罪が減ってないのかなぁ?

589 :yuriko:2009/12/19(土) 12:13:09 ID:pJ+rF+nnO
>>588
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

590 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 12:49:33 ID:YzjccX5Z0
人権命の死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。
中途半端な運動じゃなく、仕事も社会生活も捨てて廃止運動だけに邁進しろ。

>>588
拡大自殺は人権派精神鑑定家の創造の産物。
遅れてる日本精神鑑定界が作り出した夢物語。

591 :bb chat:2009/12/19(土) 13:07:35 ID:F/e/FngK0
BB CHATは待機中のホステスを見ると自分の部屋がホステスのCOmP
に本人の承諾なしにうつります。プライバシーの侵害です。
音もつけていると向こうにすべてきこえています。これで恐喝未遂にもなりえます。
他人の部屋をかってにのぞき写真まで撮ったりしています。
民法の不法行為、肖像権の侵害、精神的苦痛をこおむったひとがいるので
約二億5000万の損害賠償請求をおこなおうといまおもっています。
証拠はばっちりとあります。

592 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 14:32:57 ID:rqvX9G0IO
おかしいよ
殺された側は人生奪われたのに、犯罪を犯した加害者が更正のチャンスを与えられるのって…変

被害者はやり直せないのに、加害者は人生やり直せるの?

変なの…

593 :阿部高和:2009/12/19(土) 14:54:43 ID:pJ+rF+nnO
↑ああ…つぎはションベンだ…

594 :又吉イエス:2009/12/19(土) 15:22:49 ID:pJ+rF+nnO
yurikoは腹を切って死ぬべきである

595 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/19(土) 16:40:54 ID:TZpWgeUY0
>566「命はたから」というメッセージを凶悪犯罪を起こそうという人にこそ伝えるべきだ

そんな奇麗事、伝えたところで鼻で笑われるのがオチですよ
何しろソンチーズも犯罪者も「人命は絶対的客観」をすら理解してない
この傾向はオウム信者にも見られた
義務教育で哲学をやらないからこうした連中が生まれるんだと思う
それより金川のような自己愛性人格障害者の暴走を何故止められなかったのか、裁判で少しは明らかになったのかな

596 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/19(土) 16:47:08 ID:TZpWgeUY0
例の阿久根市長も典型的な2ちゃん脳
一生懸命生きてる障害者がどれほど医学の発展に貢献してるかも分かってない
想像力が欠如してるから命の重さ尊さを理解できないんだろう


>592被害者はやり直せないのに、加害者は人生やり直せるの?

そこで公平性を保つには方法が2つある
一つは「殺した者を殺す」
もう一つは「最初から誰も殺されないような社会を作る」
そして人々は大概、簡単な方を選ぶ

597 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 17:08:36 ID:ycpg2zwP0
>>590
>人権命の死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。

そんな奴はいないだろ。
人権云々はただの口実で、実際は自分の殺人欲求を満たす上で邪魔な死刑を廃止したいだけなんだから。
自分の娯楽の為に他人の命を奪おうとしてる奴が、他人の命の為に自分の命をかけるわけがない。
それじゃ、本末転倒だからね。

598 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 17:10:15 ID:ocxQBoaAO
可哀相なバ観念がマジレスをしております。

どーぞ皆様、読んで上げて下さい。

599 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 17:10:54 ID:ycpg2zwP0
>>598
便所の落書きを読む奴がいるかね。

600 :ケツション:2009/12/19(土) 17:20:55 ID:pJ+rF+nnO
>>596
>そこで公平性を保つには方法が2つある
>一つは「殺した者を殺す」

あれ?やっぱり観念も、死刑は公平な刑罰だとは認めるんだ?

601 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 17:22:38 ID:ocxQBoaAO
便所の落書きレベルでも、バ観念にとっては本気なんです。
本気出して必死こいて、この程度なんです。

どうか読んであげて下さい。

602 :義人:2009/12/19(土) 17:26:24 ID:W2zeop/l0
>>595>>596
観念クン、妄想の垂れ流しはいいから書き込むならまず、俺の質問に答えたらどうだい?
実は、そんなURLもなく教育改革の具体案もないんですって言っちゃえば楽になると思うよ。

603 :義人:2009/12/19(土) 17:40:39 ID:W2zeop/l0
>>556
>あちこちでもう何十スレに渡ってやっている人だから、いくら心を砕いても実りが無い事を覚悟した方がいい。
>労力を割くなら、もっと適した相手がいるはず

yurikoクンはもとより、今まで見てきた廃止論者でまともに議論になった相手がいない。
最近では廃止論者自身がなにか欠陥のある人間に思えてきて、少し不安になってきたよ。

>>577
>たとえ、冤罪死刑の可能性が1%であっても、命だけは、掛け替えのないものなのだ。
>死刑なしの刑罰体系をつくるべきなのだ

それで、具体的な死刑なしの刑罰体系でも考えているのかね?
それとさ冤罪獄死でも君の言う掛け替えのない命は奪われているし、
さらに君達廃止論者がいつも忘れている「被害者の命」はそれ以前に奪われているのだが、それは無視なんだね。

>584
>つまり極刑が死刑というのは,''軽すぎる''のだ。なので死刑には反対なのだ

だとしても、死刑の上位刑を作ればいいだけの話。そこで死刑反対する必要はないだろう。

604 :存置派:2009/12/19(土) 17:42:32 ID:6IN4mApY0
>>596
義務教育で哲学? …やめておきなよ。まずお前が赤点で苦しむことになるよ。
だってお前は、哲学の勉強に必要な最低限度の知識も身につけていないし、
哲学の初歩として、自分の思想を客観的に見ることもろくにできていないんだし。

ああ、それと。
まずそこで「最初から誰も殺されないような社会を作る」ためには
「殺したものを殺す」ことをしてはいけない…って思い込むのは、それこそ君の「哲学」君かな?

605 :存置派:2009/12/19(土) 17:49:12 ID:6IN4mApY0
>>590
遅れている、進んでいる、という以前に単なる利益追求があると思うがね。
「人権派」ってのが単なる商売上のパフォーマンスだってのは
今日の日本じゃ、まぁ、常識なわけでさ。

本当に「人権」を気にするのであれば、あそこまで全体や結果に無関心でいられるものか。
結果的に失われる人命、奪われる権利が多くては、目先の人権を守ったところで何の意味も無い。
ガキでもわかる理屈から目を背けてやってるのだから、まさに商売だろうよ。

606 :磯野波平:2009/12/19(土) 17:52:04 ID:pJ+rF+nnO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!

殺せー!!

607 :義人:2009/12/19(土) 18:14:40 ID:W2zeop/l0
>>566
>公式機関で手続を踏んで死刑にするのに莫大な出費があるのは、もう検証した

これは聞き捨てならないことを平然と言っておるな。
いったいいつそんな検証をして書き込んでたんだい?
すまんが、もう一度その文章かソースを書き込んでくれないだろうか。本当の検証をしてみるからさ。

>「命はたから」というメッセージを凶悪犯罪を起こそうという人にこそ伝えるべきだ

君も観念クンも、そして他の廃止論者も……どうして現実可能な具体案を示さずにそんな大言壮語を恥ずかしげもなくできるのだろうか。
君ができると本気で思っているのならその方法を具体的に教えてくれないかね?

608 :yuriko:2009/12/19(土) 18:34:06 ID:pJ+rF+nnO
>>607
俺のウンコはクッサイぞー覚悟しろ!!!

609 :(*^▽^*) わぉ〜:2009/12/19(土) 18:35:17 ID:Xy/XQ7iR0
>>575
>3他に治療法の選択はないのか
→これに関していえば、現行の無期懲役刑で十分ではないだろうか。
現行の無期懲役刑は厳罰を求める司法界の要求に応えるように、
仮釈放まで平均23年在所しているそうだ。
中には獄死するものも毎年10人以上確実にいる。
また、犯情が重い者は、丸特無期囚と呼ばれ、処遇も死刑囚に準じている。
これは、実質的に終身刑といっていいだろう。
また、死刑囚の中でも、「怪しきは死刑にせず」の方針の下、執行されないまま、
獄死するものも少なくない。
昨年は警視庁元警部補の澤地死刑囚が獄死したが、この男は「怪しき」の範疇ではなかった。
法務省では死刑の優先順位をどうつけているのか、明らかにすべきだろう。
無期懲役刑も運用次第では厳しいものになる。仮に死刑が廃止されても、無期刑の冤罪発生が
許されるといいうことではない。
しかし、アメリカで、陪審員の死刑評決が2票差(12人中)で覆り、終身刑に服していた男が、
真犯人発見のために26年ぶりに釈放されたこともあった。
稀な出来事かもしれないが、実際にあったことだ。
「死人に口なし」ほどの不正はないなら、まずは、一律に死刑を廃止して、
終身刑を導入するところから、新しい行刑システムを確立すべきだ。

610 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/19(土) 18:37:59 ID:TZpWgeUY0
>600 あれ?やっぱり観念も、死刑は公平な刑罰だとは認めるんだ?

いや、そっちは採用しない。何故なら「報復感情を満たす」以外殆ど意味ないから

611 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/19(土) 18:39:34 ID:TZpWgeUY0
>607 君も観念クンも、そして他の廃止論者も……

>595読んだ?

612 :又吉イエス:2009/12/19(土) 18:52:43 ID:pJ+rF+nnO
細木数子は全然細くねーんだよ!!!氏ね〜!氏ねー!氏ねー!!

613 :ケツション:2009/12/19(土) 19:02:23 ID:pJ+rF+nnO
>>610-611
いいこと思いついた!!
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

614 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 19:03:18 ID:h4BoQaTM0
命は大切派の廃止論者は、死刑のような場があるからこそ命が大切だと主張する気になれるのだ、
という逆説的事実を忘れるべきではない。

615 :磯野波平:2009/12/19(土) 19:14:19 ID:pJ+rF+nnO
>>614
お前わしのケツの中でションベンしろ!

616 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 19:14:45 ID:h5Ih9nYN0
長文や観念なんかは遅かれ早かれ大量殺人を起こしかねない加害者側の人間。
まだ犯行に及んで無いのを良い事に好き勝手言ってるだけだ。
決して議論などと言う対等の立場で物を言ってはいけないよ。
見たところ更生の余地も無いみたいだしこのままどんどん赤っ恥を露呈させ続けて自害に追い込むのが良い。


617 :みのもんた:2009/12/19(土) 19:18:43 ID:pJ+rF+nnO
>>616
気に入ったよ、君の体…そしてジュニアもな…ど、どうかな、これから…

618 :なんでん観念:2009/12/19(土) 19:30:40 ID:PBGz6Bn/0
今日は賑わっているね。観念万年君も同じことの繰り返しでなにより。そして、またアメリカの例を
だす、妄想族の方。人種差別と冤罪の関係はどうしたの?それに、弁護士、判事の能力差が結果に反映
するアメリカの例は、参考にならない。
観念万年君も不完全な哲学で、哲学教育とは自分に対する言葉かい?それに、被害者の出ない社会作り
とは完全統制された、管理社会を作る以外には無理だよ。人間が100人いれば百通りの人間がいる。
どんなに道徳教育をしたとしても、道徳に反する人間は出てくる。そもそも、命の重さを語れるなら、廃止
なんて簡単に口に出来ないでしょ。最初からやり直しだね。

619 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/19(土) 19:41:28 ID:pJ+rF+nnO
>>618
ああ…つぎはションベンだ…

620 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 20:03:31 ID:Xy/XQ7iR0
>>595観念さん
>>566>>「命はたから」というメッセージを凶悪犯罪を起こそうという人にこそ伝えるべきだ
>そんな奇麗事、伝えたところで鼻で笑われるのがオチですよ
→私はそれを承知で書きました。社会的規範=基本的人権の尊重は、いかなる時代、場所、場合であろうと
絶対的に守られなければなりません。たとえ、相手が聞く耳を持たなくとも守るべきなのです。
ある人は、『「麻原が行った殺人行為を絶対に認めたくない」が故に、「如何なる殺人行為を認めない」故に、死刑廃止論者になった』と
逆説的な主張をしています。
>>588
>廃止論者の牽強付会の度合いを考えれば
「廃止国では自暴自棄で犯罪を行う者が減りました。だってほら証言がね?」程度の
ハッタリぐらいやってもいいはずだが、それすら無いのは何故なのかな?
→何度も書いているが、「死刑制度が凶悪犯罪を防いだ」のか「凶悪犯罪が減少したから死刑が必要なくなったのか」
どっちかが先なのか後なのか、議論は成立しないでしょ(苦笑)
死刑を廃止して、少しでも凶悪事件が増えたら、死刑を復活するわけにはいかないのです(そういう国は少数だがあるが)
そもそも、何が殺人事件などの凶悪事件の原因なのかを究明するのが先でしょ。
例えば、現在、アメリカとメキシコの国境にある町では、実質的な戦争状態にあります。
麻薬取り引きが巨大な利益をもたらすために、世界的にみても最貧国のメキシコと最富国のアメリカで
金に絡んだ争いは起こるべくして」起きているのです。
命知らずのギャング達に死刑が何の効力もないのは、当り前です。死刑のあるなしが、凶悪事件の発生に
影響を与えるわけではないのです。
また、拡大自殺といっても、死刑囚になりたいためというより、その前に自暴自棄の果てに、
自己破壊の衝動があります。その上で、『道連れ』を求めるのが最大の特徴です。
例えば、一昨年、アメリカ ヴァージニア工科大学で起きた銃乱射事件では、犯人は最初から自殺目的であり、
道連れをできるだけ多くしたかったのです。
何故、拡大自殺者は道連れを求めるのでしょうか。
「ドキュメント死刑囚」で篠田氏は、宅間の心理を分析して「幸せな者への桁はずれの憎悪」としている。
私は、さらに、そこから宅間の「己も含んだ、人間存在そのものへの侮蔑」を読み取った。
それだけに、宅間が死刑囚になってから、A子さんとB子さんという二人の女性と暖かい「人間らしい交流」
があったことに驚愕したのだ。
私達は、まず、かつて大坂拘置所長だった玉井氏が慨嘆したように
「死刑囚のことは何も知らなかった」と認める所から始めるべきではないだろうか。


621 :鳩山由紀夫:2009/12/19(土) 20:07:35 ID:pJ+rF+nnO
>>620
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

622 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/19(土) 20:52:15 ID:TZpWgeUY0
>620 →私はそれを承知で書きました。

了解(≧Д≦)ゞ

623 :なんでん観念:2009/12/19(土) 21:07:31 ID:PBGz6Bn/0
>>620
>何が殺人事件などの凶悪事件の原因なのかを究明するのが先でしょ

これは、死刑の廃止論に繋げられない。犯罪が続く限り、様々なパーターンが発生して
統計だけでは追いつけない。犯罪は待ってくれない。待ってる間にも被害者も加害者も
発生する。

624 :クリトリス番長:2009/12/19(土) 21:09:44 ID:pJ+rF+nnO
>>622
ほら、遠慮しないで入れてみろよ。きっといい気持ちだぜ。

625 :磯野波平:2009/12/19(土) 21:11:13 ID:pJ+rF+nnO
>>623

や ら な い か

626 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 21:18:00 ID:wjrCAa510
>>620
お前は、学歴を詐称して恥ずかしいとは思わないのか???
サブプライムローンで撃沈している米国も数々のUCB卒業生達の
底力で、何とか回復の兆しを見せている。彼らは、米国が立ち直った
時には、スタンディングオベーションで賞賛されることであろう。
それに引き換え、yuriko、お前の今のザマは何事か???
お前が偽UCB卒業生であることは明白だが、嘘をつくにしても
限界がある。お前のような朝から晩までネットをうろついている
ゴキブリがUCB卒業生であるわけないだろう???
大卒だと嘘をつくにしても、せめてゴールデンゲード大学中退くらいにしておけ。
あと、オークランドにあるお前のボロアパート、内側の壁がカビはえてるぞ、
舐めてキレイにしておけ。

627 :押尾学:2009/12/19(土) 21:24:16 ID:pJ+rF+nnO
ンギモヂイイ!!!

628 :多田野数人:2009/12/19(土) 21:26:30 ID:pJ+rF+nnO
>>626
四つん這いになれば免許返していただけるんですね

629 :死刑は已む無し:2009/12/19(土) 21:43:46 ID:Q6G7rV9c0
あれ?私のレスがたくさんあるようですね?
それはそれとして、めずらしいですね、矢印さんと観念さんがレスを交し合うなんて
義務教育で哲学か・・・小学校で道徳、中学校で簡単な哲学ってなら割と賛成できる、が
道徳すら廃止した日教組が黙ってないんじゃないかなw

観念さんもそこまで分かってるならさ、現状で死刑廃止が無理なのがわかってるんでしょ
日本が戦争に負けて、アメリカによって宗教を奪われた
アメリカにおだてられながら、気付かずに(薄々は分かっている) アメリカの属国となり
国歌も国旗も道徳も廃れさせようとする動きもある現在

話がでかくなりすぎたのでやめときます

630 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 22:00:13 ID:h5Ih9nYN0
>>620
誰がそんなしょうもない文書き込んで良いって言った?
お前が書いて良いのは謝罪文だけ。勝手な事するなよ。

631 :存置派:2009/12/19(土) 22:31:25 ID:6IN4mApY0
>>620
君が、「拡大自殺」者の自殺願望を信じて
「彼らの思い通りに死刑にしてはいけないのです!」と言うのなら
彼らが本来ただの自暴自棄だって認めてはいけないだろうよ。
もしただの自暴自棄なら、廃止したところで、凶悪犯罪は減らない。
むしろ「死んでも良い」だけの連中だけが凶悪犯罪を行う現状から
「死ぬのはさすがに嫌だけど牢獄暮らしならオッケーだ」が加わるわけだ。

君の大好きな宅間君も、自分の犯行について
「恵まれた子供たちが、社会の屑と認知される自分が殺される」という不条理に、
鬱屈した快楽を得ていたようだね。さて、もしこれに
「子供たちは殺され、かつ自分は絶対に殺されない」という不条理が加わるとしたら
果たして彼のような人格はそれをどう思っただろうね。

凶悪事件の原因を究明するのは、確かに急を要する行為だ。
だがそれは別に死刑を存置した状況でも可能であるどころか、存置の悪影響すら受けない。
むしろ「ある制度を変えた結果、犯罪が増加しても、その制度を元に戻すわけには行かない」と
自分の主張に固執する人間こそが、原因究明の阻害要因になると私は思うがね。

632 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 22:44:40 ID:A45FDWAUO
>>629
日本の宗教思想なら、死刑が根底から否定される事はないだろうけどな。ていうか、宗教思想と死刑廃止を進めてる国を絡めて見りゃ、それがどういう国であるかは自明。
それで、日本も死刑廃止なんかになりゃ、それこそ「宗教思想の駆逐」。

633 :なんでん観念:2009/12/19(土) 22:54:39 ID:PBGz6Bn/0
ここは最近、存置と廃止が住み分けてきましたね。廃止派の書き込みはこれで
よいのですか?

634 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/19(土) 23:42:46 ID:KIfYbX8J0
死刑存置を正当化しうるとすれば
「極悪人と思われる者は殺すべき」
という当為命題だけである

635 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 00:18:24 ID:Gq6+x06R0

おい、yuriko!

まずは部屋を片付けろよ。

そんなゴミアパートにいたら、いつまで経っても負け組から逃れられないぞ。


636 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 00:26:02 ID:3LEqVXaX0
>>634
えらい鼻息が荒いようですが
誰もそんなことは一言たりとも言っていないわけで
むしろ、「極悪人と思われるもの」 が犯罪を犯す前に特定できるのであれば
いや、極悪人ではなくとも、「殺人を企てるもの」 が特定できるのならば
殺人事件そのものがほとんど無い世の中になるな
当然、死刑などは廃止するも糞も無く、適用する必要の無い法律になるな

637 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 01:22:21 ID:9BC/GdTZ0
>>634
根拠なし

638 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 01:53:05 ID:G3Z6QBA50
とりあえず刑を増やしたら良いんじゃない?死刑より重い奴と,軽い奴。
終身刑+存命中は飲食禁止(→点滴のみ)ってのが一番イヤだな。
軽い方は鞭打ち100叩きとかって感じで。被害者遺族が一人一発ずつ鞭を取ると尚よし。


639 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 02:57:26 ID:h3sD8lO40
>>636-637
じゃあ死刑存置を正当化する当為命題を書いてごらんよ

640 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 03:01:13 ID:h3sD8lO40
>>636
ああ、この人誤読してるねw
「極悪人と思われる者は「極悪人と世間一般に思われている者」の意味じゃないよ
そんなの話の流れでわかるだろw
「確定判決において死刑相当の罪を犯したと認定される者」の意味だよ


641 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 03:39:16 ID:9BC/GdTZ0
>>639
君程度に根拠無くていいなら、少なくとも過去ログの存置論はすべて正当化される。

642 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 06:16:59 ID:W+p6cqCA0
廃止論者に告ぐ
この問題を解決してくれ

冤罪
⇒現行犯は?

死刑希望者には意味がない
⇒じゃあ、死刑を希望しないものは全部死刑?
 (逆に言うと、死刑希望って言うだけで死刑にならなくなるが)

命は大切だ
⇒犯人の命 > 第一の被害者の命 + 再犯被害者の命 なのか?

殺人は絶対いけない
⇒戦争、正当防衛、緊急避難、安楽死、中絶 全部否定してる?

更生の余地がある
⇒更生プログラムと更生の判断、誤判断し再犯したときの責任は?

とりあえずは、これをクリアしてから次ステップへ行こうよ。


643 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 07:44:30 ID:lIoHwqql0
>>642
>冤罪
⇒現行犯は?
→過去ログをもっとしっかり読んで頂きたいところですが…
現行犯にしても、ちゃんと心神耗弱状態の有無を調べるべきでしょ。
法治という意味は、「定められた法律によって、治める」ということです。
小室直樹氏は「憲法が機能している状態」とは、「適法手続(デュープロセス)を守ること」
以外の何ものでもないとしています。
日本国憲法で定められた、「公平な裁判」が全ての国民に保証されているかが問題なのです。
暴力による統治は、手続を省略して、権力者の恣意による統治で、独裁政治なのです。
民主主義が理想的政治形態とされたのは、そんなに昔のことではありません。
近代のヨーロッパ史で、「民主主義」が危険思想とされたこともありました。
現代で、私達はたとえどんなに非効率的でも、民主主義=人権尊重を選択したのです。
暴力に頼らない、相互信頼を基礎にした自己管理が民主主義の理想といえます。



644 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/20(日) 07:45:27 ID:Wq0N20WXO
>>642
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

645 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 08:13:33 ID:lIoHwqql0

>死刑希望者には意味がない
⇒じゃあ、死刑を希望しないものは全部死刑?
 (逆に言うと、死刑希望って言うだけで死刑にならなくなるが)
→「死刑の趣旨」からすれば、それも一理あります。
ある死刑囚は、死刑囚になって自分の罪と向き合い、深く反省悔悟するに至りました。
「せめて自分が死刑になることで遺族の気持ちを和らげることができたら」と謝罪の言葉と共に、
死刑による贖罪を希望していました。
ところが、そのことを教誨師に打ち明けたところ、「それでは、理不尽に命を奪われた人への償いとはならない」
と言われたのです。
教誨師は死刑囚に、「どうか、命の底から、『死にたくない!』と叫び、暴れ、抵抗しなければない。
そうして初めて、殺された人の無念の気持ちを幾許かでも理解したことになる」と諭したのです。
私は奈留程と思いました。
2007年、東京都で警察官によるストーカー無理心中事件が起きました。これほどの不祥事はないのです。
ところが、死刑というのは、結局、加害者に無理心中をさせているのと同じなのです。
理不尽に命を奪われた被害者は却って、迷惑だったのではないでしょうか。
ある幼女誘拐殺人の遺族は、犯人に「極刑以上の極刑」を望んだといいます。つまり、「簡単に死んでくれても困る」
ということなのです。
愛する者を奪われた人達の共通した思いというのは、「そのままの状態で返してほしい」
ではないでしょうか。
もし、それが叶わぬならば、加害者は命果てるまで、生きて償いをするしかないのです。

646 :存置派:2009/12/20(日) 08:42:15 ID:6COPiG200
>>643
…その書き方だと適法手続きを守った上での
心神耗弱状態の却下と、それに伴う死刑は認められることになるんだがね。
それとも、心神耗弱の「可能性」があったから死刑は駄目…とでもするのかい?

>>645
被害者の観点から刑罰を決定するのは、俺は嫌いなんだが…
…突っ込みとしてさ、加害者が「命果てるまで、生きて償い」をするためには
少なくとも被害者の遺族が「加害者が生きていてくれるだけで償い」と思わないといけないんだよね。
何せ、普通に生きているだけでも、実際には一般人に負担をかけているのだから。
仮に「加害者に生きていて欲しくない」「加害者が生きていることを嬉しいと思わない」と
被害者の遺族が思えば、むしろ加害者は罪を重ね続けていることになる。
…被害者の遺族を、そう洗脳するってことかな? それとも君の思い通りにならない遺族は無視?

647 :愛のある社会建設を目指すべきだ:2009/12/20(日) 09:02:06 ID:lIoHwqql0
続2
1 >命は大切だ
>⇒犯人の命 > 第一の被害者の命 + 再犯被害者の命 なのか?
2 >殺人は絶対いけない
>⇒戦争、正当防衛、緊急避難、安楽死、中絶 全部否定してる?
3 >更生の余地がある
>⇒更生プログラムと更生の判断、誤判断し再犯したときの責任は?
→番号をつけさせていただきました。
1 何の落ち度もないのに命を奪われた被害者の命こそ、最も大事だったのです。
2 本来、正義の戦争などあってはならないのです。
私達は「水戸黄門」で、悪代官の下で働いていたばかりに、虫けらのように、角さん、助さんに殺される人達のことも
思い遣るべきなのです。イラク戦争やアフガン戦争で殺された市民の存在を忘れてはならないのです。
2003年、シャーロット アルデブロンさんは、米国市民としてイラク戦争の正義に疑問を投げかけ、
反対を唱えました。日本の宗教家に当時、シャーロット アルデブロンさん以上に、
筋道を通した人がいたでしょうか。
http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/photo/charlotte.htm
中絶は人類が利用してきた一般的避妊方法でした。
でもだからといって、避妊薬を飲むような容易なものであってはならないのです。
結局、人間の心の中まで、誰も裁けないということです。
3 犯罪者の中で最も多いのは、当然ながら「初犯者」です。
もしも、「犯罪者DNA」がるなら、ある程度、犯罪者の行動を予測できるでしょう。
私達は「誰もが犯罪者になる可能性がある」ことを前提にした上で、安全な社会を建設するべきなのです。
「まさか家の子が!」と、いざとなって、おろおろするよりも、社会全体で「犯罪が起きにくい環境作り」
を目指していくべきなのです。
地域、社会が一体になっての更生環境の充実は、長い目でみて、社会に大きな利益をもたらすのです。

648 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 09:16:24 ID:t9A/HnX/0
>>647
偽UCB卒業生のくせに偉そうに言うな

649 :存置派:2009/12/20(日) 09:21:11 ID:Wq0N20WXO
>>647
お前みたいなヤシが愛とか言うな。しらじらしい。嘘くせえんだよ。お前俺のケツの中でションベンしろ!

650 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 09:26:00 ID:lIoHwqql0
>>646
>心神耗弱状態の却下と、それに伴う死刑は認められることになるんだがね。
→「心神耗弱がなければ死刑やむなし」ということではなく、
「現行犯射殺」が恰も正義のように主張されたことに異議があったのです。
「暴力」は結局は破壊行為であり、暴力を使用した人に必ず報いは返ってくるものなのです。
「相手の立場になって思い遣る」ができて初めて、犯罪の元を断つことになるのです。
「加害者の立場になって考える」は修復的司法の第一歩ですが、それは加害者からの、
一方的な「言い訳」を聞くことではないのです。
1 何故犯罪は起きてしまったのか。防ぐ手段はなかったのか、を深く反省した上で
2 心からの反省と謝罪を前提として償い
を考えていくものです。
それを積み重ねていくことで、初めて「犯罪が起きにくい社会環境」ができていくのです。

651 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 09:32:13 ID:lIoHwqql0
訂正>>645
>教誨師は死刑囚に、「どうか、命の底から、『死にたくない!』と叫び、暴れ、抵抗しなければない。

教誨師は死刑囚に、「どうか、命の底から、『死にたくない!』と叫び、暴れ、抵抗しなければならない。

652 :百合男:2009/12/20(日) 09:34:51 ID:Gq6+x06R0
命が重いのは人間だけではないのです。
虫も植物もみな生きているのです。
人間の命だけが重いとする考えは利己主義なのです。
虫も殺してはいけません。
植物も殺してはいけません。
ゴキブリに殺虫剤を噴霧するなどと言うのは、yurikio並みの凶悪犯罪者のやることです。
命あるものを殺すことは、どんな状況下にあっても絶対に止めるべきなのです。
人間だけを特別視するのは論理性に欠ける主張です。

653 :メルヘンウンコ:2009/12/20(日) 09:51:56 ID:Wq0N20WXO
>>652
うれしいこと言ってくれるじゃないの
それじゃ とことんよろこばせてやるからな

654 :百合男:2009/12/20(日) 10:16:51 ID:Gq6+x06R0
>>653
悪いが、俺はyurikoのペニス以外は受け入れないことにしているんだ。
yurikoのペニスはいいぞ。
どんなに勃起しても完全に固くなることがないから、尻の穴にもソフトに
入って来る。
ダラーンとだらしなくたれさがった金玉が俺の金玉とぶつかりあうのもグーだ。
そして小便が俺の直腸にたっぷり注ぎ込まれる時には、俺は思わず「あ〜っ・・・」と
歓喜の呻き声をあげてしまうんだよ。
残念なのは、yurikoの陰毛に最近白髪が混ざってきたことと、しばしばインポに
なることかな。
まあ、yurikoも高齢者だからしかたないね(涙)

655 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 10:35:54 ID:Z4Iz2tIV0
人権命の死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。
中途半端な運動じゃなく、仕事も社会生活も捨てて廃止運動だけに邁進しろ。

反対派は人命より日常生活の方が大事だと証明してるよね。

656 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 10:43:00 ID:5Yutc7maO
>>640
最初から『死刑判決を受けるような犯罪を犯した極悪人』って書いとけばOK!


657 :存置派:2009/12/20(日) 11:23:35 ID:6COPiG200
>>650
現行犯の射殺など誰も主張してないと思うがね。
>>642は現行犯を逮捕した場合でも、冤罪を口実に死刑に反対するのか?って意味だろ。
…個人的には、廃止論者筆頭の某社民党員が言ってたような
「生かして逮捕するためなら警官の命など犠牲にしてかまわない」論は大嫌いだけどね。

犯罪が起きてしまった環境を反省するのは必要なことだし、
対策を重ねることで少しずつ犯罪も減るだろう。
でも、それは別に死刑を廃止しなければ出来ないものではないだろうし
廃止が逆に「犯罪がおきにくい社会環境」を遠ざけるかもしれない。

そして、君が恐らく全く考えていないこととして、
「心からの反省と謝罪」を行おうとせず、
最期まで遺族たちに罵倒を行い死んでいった終身刑囚がいたとして
それは君の望むところなのかな?

658 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 11:55:38 ID:yzNIEfPi0
>>657
存置派ID: 6COPiG200は死刑廃止運動家の工作員です。
>>18-19です。



659 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 12:17:39 ID:FBHa2v81O
金川が控訴したらウケるけどなww

660 :存置派:2009/12/20(日) 12:32:25 ID:6COPiG200
>>658
おや、君の目にはそう映るのかな。
だとすると…そうだな。
とりあえず、私のどこが>>19に当てはまるのか、ご教授願いたいところだが。

661 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 12:44:42 ID:s55unp7M0
論理組み立て。
レスの半数は継続派の反論に終始してる。


662 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 12:48:43 ID:kRwAkNr30
>>657
>現行犯の射殺など誰も主張してないと思うがね。
>>>642は現行犯を逮捕した場合でも、冤罪を口実に死刑に反対するのか?って意味だろ。
>それは別に死刑を廃止しなければ出来ないものではないだろう
>最期まで遺族たちに罵倒を行い死んでいった終身刑囚がいたとして
→レスありがとうございました。
つまり、死刑判決に相応しい、あらゆる要件をみたしていて、冤罪の可能性が全くない場合でも
死刑に反対するのか、ということですね。
まず、私の立場から申し上げますと、「人が人を殺すのは間違い」ということです。
手塚治虫氏の言うところの「人間だけが殺したいから殺す」とはどういうことでしょうか。
そこで屁理屈屋は、「他の種の中でも、一見、無駄な殺しあい(殺したいから殺す)があるよ」とか
言い出すのです。
やはり、万物の霊長を気取り、地球環境を滅茶苦茶にした上、人間同士、一度の戦争で
何百万人と殺しあいをしてきたのは人間だけでしょ(苦笑)
適者生存とか、弱肉強食という自然の法則から明らかに外れた存在が人間ではないでしょうか。
マーク トウエインの「THE LOWEST ANIMAL」は、人間が如何に自然法則から外れた「動物」かを
様々な例を挙げて論証しています。マーク トウエインは丁度100年前に没しました。
彼は人間が行った、本当の「この世の地獄」を見ることなくすんだのです。
現在、人類は「まだ間に合う」ぎりぎりの所に居るといっていいでしょう。
ちょっと大規模な戦争が二つ、三つ起こったら、犠牲者の数は、千万単位になるかもしれません。
そして、環境に与える影響も不可逆的に最悪のものになるかもしれません。
科学者によれば、環境破壊がある一点を超えると、自然治癒力はなくなり、一方的に自己破壊が進むといわれています。
今こそ、人間は己の傲慢さを恥じて、「自分達のできることには限界があるのだ」と気付くべきときなのです。
そこにある哲学は、宮澤賢治が主張したところの「地球全体主義」なのです。
『世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない』(農民芸術概論綱要)
そのためには、思考の優先順位(パラダイムシフト)がどうしても必要なのです。
「日本人は人を殺しません」から始めてみては如何でしょうか(苦笑)

663 :存置派:2009/12/20(日) 12:51:40 ID:6COPiG200
>>661
…?
IDが違うようだが…文章からすると、私宛なのかな。

継続派の反論というのは「継続派としての反論」という意味かな。
だとすれば、お門違いだ。制度を改悪しようという人間には、
改悪への反論をくれてやれば十分だろう?

「継続派への反論」という意味だとしたら、それこそ誤解だな。
確かに、私は遺族感情を根拠に死刑を語るのは不適当と考えるが
それは同時に、遺族がどれだけ犯人の存命を願っても、
犯人が危険な人物であれば殺すべきだという意味でもある。

こんなところで、誤解は解けたかな?

664 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 12:56:02 ID:Gq6+x06R0
yuriko(実はyurio)は、死刑反対よりもアメリカの戦争反対を訴えるべきだと思う。
世界で最も野蛮な人殺し国家がアメリカなのだから、その国民が立ち上がるのが筋だと
いうものだ。
そこに気付かないのはyurioがオカマだからだろうか?
脳障害のオカマはダメだね。

665 :存置派:2009/12/20(日) 13:14:49 ID:6COPiG200
>>662
そりゃ万物の霊長を気取る知能も、何百万人と殺しあえる能力を持ちえたのも人間だけだからねえ。
仮にあったとしたら…なんてテーマは、手塚先生の大好物だよ。火の鳥読んでないだろ、君。

で、相変わらずの何の答えにもなってない話だねえ。
「人が人を殺すのは反対」だそうだが、再犯による死者やコスト増加による死者は華麗に無視かい?
なら、ちょっと言葉足らずだ。今後は「『直接』人が人を殺すの『だけ』は反対」と名乗ると良い。

ところで君の立場からすれば「反省も謝罪もしない終身刑囚」ってのは
君が「人が人を殺すのは反対」だから生かされるってことで良いのかい?

666 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 13:39:49 ID:Gq6+x06R0
「忠臣蔵」や「水戸黄門」は事実に基づいているように見せておきながら、実は
創作や脚色が入っているからダメなのです。
でも手塚治虫や郷田ラモラwの漫画は死刑廃止を語る上で非常に重要な資料と
なるのです。
何故かと言うと、これらの漫画はyurikoにとって都合の良い解釈が可能だからですw
もっとも、その解釈が正しいかどうかという点に関しては懐疑の念を抱かざるを
得ませんが。

667 :存置派:2009/12/20(日) 14:00:38 ID:Wq0N20WXO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!
どんどん殺せー!!

668 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 14:37:37 ID:Wq0N20WXO
ニコチン
ハミチン
僕ヤリチン

669 :なんでん観念:2009/12/20(日) 14:40:33 ID:Wq0N20WXO
裸になって何が悪い!!!

670 :yuriko:2009/12/20(日) 14:44:39 ID:Wq0N20WXO
う〜〜〜トイレトイレ

671 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 14:53:41 ID:3LEqVXaX0
> ID:Wq0N20WXO
人を殺してはいけないから死刑反対の新バージョンかね?
廃止論者を貶めたいのか?>>640

>>640
悪いが誤読をしたおぼえはない
そもそも死刑とは「極悪人を殺すためにある」 とは思っていない

672 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 14:55:11 ID:3LEqVXaX0
>>640へのアンカーを変なところにつけてしまった
3行目についてるほうはスルーして欲しい

673 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 14:58:56 ID:3LEqVXaX0
>>639
正当化とか言ってる時点でアンタはなんもわかっちゃいない
なぜ私が「已む無し」と示しているんだと思う?

廃止論者は「正当化」しようとしてるから胡散臭いんだよ

674 :磯野波平:2009/12/20(日) 15:12:58 ID:Wq0N20WXO
>>671
なにィ〜? 今度はウンコォ? お前俺をバキュームカーと間違えてんじゃねーのか

675 :多田野数人:2009/12/20(日) 15:16:53 ID:Wq0N20WXO
>>673
お前モナー

676 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 15:20:23 ID:Wq0N20WXO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!!
どんどん殺せー!!!!

677 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/20(日) 16:00:53 ID:4mAF6shG0
>620日本が戦争に負けて、アメリカによって宗教を奪われた

奪われた?いや寧ろカルトによる洗脳状態から解放されたんだよ
そして宗教の自由が認められた、世界的にも一歩先を行く国家になった

> 話がでかくなりすぎたのでやめときます

どこがでかいんだか。お前の器が小さいだけじゃん

678 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/20(日) 16:04:25 ID:4mAF6shG0
ごめんアンカ間違えた
>629が正

679 :佐藤裕也(`ェ´)ピャー:2009/12/20(日) 17:02:54 ID:Wq0N20WXO
死刑大好きー!!

680 :既に日本は死刑を必要なとしてない:2009/12/20(日) 17:12:06 ID:f5x0oPcw0
>>664
>死刑反対よりもアメリカの戦争反対を訴えるべきだと思う。
→アメリカでも株が暴落して、首を吊る人がいます。
もし、アメリカの株をやって確実に儲けたいなら、一つだけ守るルールがあります。
「軍と取り引きがある会社の株を買え」これだけなんです。
ここだけの秘密ですが。
アメリカで産軍が一体なのは、今更いうまでもないのです。
その一方で、イラク・アフガン戦争の戦費が150兆円を上回るといわれています。
日本の国家予算がせいぜい80兆円ですから、いかにバカげたことかわかります。
>>665
>再犯による死者やコスト増加による死者は華麗に無視かい?
→それについては、もう考察済みでしょ。
果たして、今の世は益々物騒になってるのか→NOですね。
「今の世の中、犯罪対策費用は高くなっているのか」→YESですね。
世の中は物騒になってるのではないが、安全を保つための費用は益々高くなってる。
こういジレンマにあるのです。
現代世界は100年くらい前に比べれば、はるかに安全になってきています。
人々の努力の結果です。しかし、その一方で、「安全を買うのに出費を惜しまない」という
方針から、軍事費は無論のこと、警察の人件費や備品に出費がかさみ過ぎるという現象が起きているのです。
決して、無駄な出費ではありません。
さらに、刑務所や拘置所を建てるだけでも、相当な出費なのです。決して、豪華な施設を建てよう、
という意志があったわけではないのです。
繰り返しますが、
少なくとも、日本では凶悪犯罪数は少なくなってきていますし、特に再犯率の減少が顕著なのです。
2006年から導入された、行刑体制の見直しと、受刑者の社会復帰を促進するプログラムが
効を奏してきたのです。
世界最低水準の凶悪犯罪発生率を誇る日本に死刑があること自体おかしいのです。
仮に、あくまで仮にですが、
死刑を公式に廃止して、翌年の殺人認知数が増加したとします。
恐らく、それでも、世界で最高水準の治安の良さ、という地位は揺るがないだろうと思います。
「死刑制度が廃止」された途端、潜在的凶悪犯が町に繰り出して、通り魔的無差別殺人を実行するー
ありえないのです(苦笑)

681 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 17:25:21 ID:f5x0oPcw0
訂正>>662
>そのためには、思考の優先順位(パラダイムシフト)がどうしても必要なのです。
「日本人は人を殺しません」から始めてみては如何でしょうか(苦笑)

そのためには、思考の優先順位の転換(パラダイムシフト)がどうしても必要なのです。
「日本人は人を殺しません」から始めてみては如何でしょうか(苦笑)

682 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 17:31:41 ID:JQMn1CHy0
>>677
>どこがでかいんだか。お前の器が小さいだけじゃん

人としての器を全く持ち合わせてないお前が言うなよゴミw

683 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/20(日) 18:28:28 ID:4mAF6shG0
>680現代世界は100年くらい前に比べれば、はるかに安全になってきています。

全くその通り。ところがソンチーズの殆どは「今が一番危険」とか思い込んでる。無知の極みだな

> 日本では凶悪犯罪数は少なくなってきていますし、特に再犯率の減少が顕著なのです。

過去の反省が生かされてるからね。でもまだまだ刑務所での矯正プログラム、改正余地あるよね

> 「死刑制度が廃止」された途端、潜在的凶悪犯が町に繰り出して、通り魔的無差別殺人を実行するー
> ありえないのです(苦笑)

確かにあり得ないんだが、ソンチーズ脳においてはあり得るんだろうね
彼らは殺人犯の心理を理解してないし殺人犯を誤解している。でもってドラマか映画の見過ぎで殺人犯はみな強烈で異常な個性のシリアルキラータイプばかりだと勘違いしている
恐怖が先に来てどうしても「死刑廃止なんてありえねー」となってしまう

684 :なんでん観念:2009/12/20(日) 18:29:37 ID:scylsBQn0
今日の妄想廃止論者はちゃんちゃらおかしいね。無駄な殺生をするのが人間だけとは
どこを根拠に言っているのか。僕の質問には答えられないのは突いてはいけない
ところを突いたのか?そんな訳ないだろう。観念万年君は答えるに値しないなんて言うかと
思ったが、それも出来なくなったか。

685 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 19:11:24 ID:3LEqVXaX0
>>677
そうか・・・器が小さくて悪かった・・・
なるほど・・・廃止論者は器が大きいから凶悪犯も許してあげられるんだな、凄いね
私は駄目だな・・・犯罪者でも立ち直って欲しいっていう気持ちも無いではないが
色々なことを考えれば考えるほどに、やはり許せない事例が多い

686 :なんでん観念:2009/12/20(日) 19:28:19 ID:scylsBQn0
観念万年君、最近は友達も出来たようで、なによりなにより。しかし、廃止論者の
創造性の豊かさはすごいね。まるで、薬物患者のようだ。脳内麻薬の分泌が常人とは
違うのだろうか?

687 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 19:53:59 ID:3LEqVXaX0
>>683
>恐怖が先に来て

それが器の大きいお前の考えなのか?

688 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 20:32:48 ID:T40xEcRk0
ここまで「極刑は死刑であるべき」とする根拠まったく示されずと

689 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 20:44:42 ID:R5Jw4Tzj0
>>683
で、全然関係ないurl貼って「これがソースだぁ!」ってのがばれても知らんぷりできれば器がおおきくなれるの?

690 :なんでん観念:2009/12/20(日) 20:55:58 ID:scylsBQn0
器が大きくても、穴だらけな観念万年君。それなら、ちゃんと水が汲める
お猪口がいいかも。

691 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 20:57:40 ID:3LEqVXaX0
>>688
極刑は死刑であるべきだと誰かが言ってたんですか?
それとも、死刑以上の刑は存在し得ないとでも言いたいのですか?

692 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 20:59:38 ID:eFR4XvVSO
>ところがソンチーズの殆どは「今が一番危険」とか思い込んでる。

バカンネンはこのように思い込んでいる。

さすがバカンネン。

693 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 21:00:38 ID:Krx82mWG0
>>683

>殺人犯の心理を理解してないし殺人犯を誤解している。

お前は殺人犯の気持ちが理解できるのか?
お前は神か??????

694 :阿部高和:2009/12/20(日) 21:00:55 ID:Wq0N20WXO
↑お前俺のケツの中でションベンしろ!!

695 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 21:01:47 ID:Krx82mWG0
>>683

>殺人犯の心理を理解してないし殺人犯を誤解している。

お前は殺人犯の気持ちが理解できるのか?
お前は神か??????

696 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 21:10:26 ID:3LEqVXaX0
>>642
その通りですね

死刑に反対して凶悪犯を死刑から救う(?)ことにそこまで一生懸命になるのならば
そのまえに凶悪犯の殺人に反対して、殺人被害者や遺族になるであろう人を救う方法を考えたら?
死刑も必要なくなるし、一石二鳥にも三鳥にもなるぞ

697 :存置派:2009/12/20(日) 21:27:21 ID:6COPiG200
>>680
君が、今の日本が、過去の日本や今の他国と比べて治安が良いことを
「再犯による死者やコスト増加による死者」に対する考察だとするのならば、
残念ながら、君は今すぐ「人権派」なんて自己認識は、すぐに改めるべきだ。

何故なら治安というのは
「今これだけ良ければ、少しぐらい悪くなってもかまわない」なんてものじゃない。
「ほんの少しでも努力を重ねて良くしていこう」っていうものなんだ。
だって、人命にかかわるものなのだから。

仮に、君の望みどおり死刑が廃止され、君の望みに反し(?)殺人認知数が増えたとする。
君は「殺人認知数が増加した、それでも世界最高水準の治安の良さだ、廃止したままで良い」なんて言葉を
その認知数に入ってしまった人間、その人間の墓前に捧げるのかな?
廃止された「途端」に犯行に及ぶ人間はいないかもしれない。
でも、死刑廃止が凶悪犯が行動に及ぶ心理的なハードルを僅かにでも下げるのであれば
その僅かに下がった分は、いつか誰かの死という形で明確に現れるんだ。

聞きたいのは、そのとき、君が墓前に何と言う言葉を添えるかということなんだよ。
君は、どんな命でも、平等に愛しているんだろう?

698 :存置派:2009/12/20(日) 21:35:05 ID:6COPiG200
>>683
>全くその通り。ところがソンチーズの殆どは「今が一番危険」とか思い込んでる。無知の極みだな
ほら「人は鏡」という言葉はまさに今の君にこそ当てはまっているよ。
まともに義務教育を出た人間はそんな思い込みを抱かないし、他人が思い込んでるとも考えない。
「無知の極み」ゆえ「ソンチーズの殆どは『今が一番危険』とか思い込んでる」と思っている君は、
そんな事態を想定してしまうという部分において、まさに「無知の極み」なのさ。

>でもってドラマか映画の見過ぎで殺人犯はみな強烈で異常な個性のシリアルキラータイプばかりだと勘違いしている
おや、これはいつぞやか、私が君に言った台詞じゃないか。
悔しかったのかい? こんな言葉を覚えているだなんて。
…しかし、君のご自慢のアレは「殺人犯はみな強烈で異常な個性のシリアルキラータイプばかり」としないと
言い換えれば打算づくの犯行や、刑の恐怖を感じる程度に理性を保った人間など、様々なタイプを認めると
呆気なく瓦解する代物だ。
正当な指摘をそのまま他人に返しても、天に唾吐く行為だよ。

699 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 21:39:44 ID:JQMn1CHy0
バ観念みたいのが居てくれる方が自分的にはスカっとするなぁ。
もっともっと悪あがきして欲しい。で廃止する方法も理屈も何もかもまともな主張が出来ないから
足掻く足掻く。結局存置論を貶めるぐらいしか思いつかない。
これぐらい足掻いてくれるとこちらとしても嬉しいね。ざまあみろ、とw
オカマみたいに変に達観して冷静だとちょっとつまらないんだけどね。

700 :磯野波平:2009/12/20(日) 21:44:28 ID:Wq0N20WXO
だっ誰か…わしのウンコを食ってくれ〜(´Д`)

701 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 22:35:52 ID:t9A/HnX/0
>>680
まずは、yurikoが偽UCB卒業生だということを認め、
心から罪を償うことを表明したら、お前の書き込みに目を通してやるよ。
お前は馬鹿だからまだわかってないようだが、誰もお前の書き込みを
読んでいない。

702 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 22:43:12 ID:T40xEcRk0
>>642
>冤罪 ⇒現行犯は?

現行犯逮捕の現場に担当裁判官がいると思ってんの?
現行犯を警官その他が捏造する可能性がないとでも思ってんの?
はい論破ね

703 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 22:47:40 ID:RJZzJAEL0
>>702
面白くないぞ。想像が貧困だ。

704 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/20(日) 23:28:31 ID:4mAF6shG0
>685 色々なことを考えれば考えるほどに、やはり許せない事例が多い

「考えるほど」と言ってるけど、大事なのは考えることではなく知ることだよ
許せないということは、「知ってない」証拠

705 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:34:48 ID:T40xEcRk0
>>703
反論になってないよ

706 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:35:45 ID:RJZzJAEL0
>>704
どちらも大事だ。だいたい「知ってない」のはお前だ。

707 :死刑は已む無し:2009/12/20(日) 23:38:34 ID:3LEqVXaX0
>>704
ごめんな、意味は一緒だ
「知っている」 などと口に出すのは恥ずかしかったのでね
貴方流にいうなら、「深く知れば知るほどに」 か?
私はね、物事はね、知れば知るほどに、自分が無知であることが分かってくるものだと思ってる

708 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:39:22 ID:RJZzJAEL0
>>705
ははははあははっははあはh
妄想が貧困だ。現場にいる大衆すべてで捏造するのは、一つの証言を取るより難しい。
現場に担当裁判官?この想像も貧困だ。

709 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:42:13 ID:JQMn1CHy0
>現行犯逮捕の現場に担当裁判官がいると思ってんの?

じゃあ居たらオッケーなのか?

710 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:48:21 ID:T40xEcRk0
皮肉にマジレスされてもなw

711 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:49:01 ID:Gq6+x06R0
>>死刑反対よりもアメリカの戦争反対を訴えるべきだと思う。
>→アメリカでも株が暴落して、首を吊る人がいます。
>もし、アメリカの株をやって確実に儲けたいなら、一つだけ守るルールがあります。
>「軍と取り引きがある会社の株を買え」これだけなんです。
>ここだけの秘密ですが。
>アメリカで産軍が一体なのは、今更いうまでもないのです。
>その一方で、イラク・アフガン戦争の戦費が150兆円を上回るといわれています。
>日本の国家予算がせいぜい80兆円ですから、いかにバカげたことかわかります。

相変わらず読解力がないのか、論理性がないのか・・・。
全くずれたレスをして何のためになるんだい?

yurikoはそのバカげた戦争産業に抗議することの方が先決じゃないかと思うのだよ。
日本の死刑よりももっとバカげたことがアメリカによって行われている。
お前みたいな障害者に厚く手当てを与えるべきか、それとも人殺し産業に金を浪費する
べきか、どちらがいいと思う?

712 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/20(日) 23:49:20 ID:T40xEcRk0
人間の判断に絶対はないということだよ
K.ポパーの本でも読め

713 :死刑は已む無し:2009/12/21(月) 00:06:16 ID:gCU9Cw/d0
>>712
>人間の判断に絶対はないということだよ

うん、私もそう思う
で、お前は何が言いたいんだ?
712から敢えて何かを読み取るとしたら、死刑廃止も存置もどちらの意見も絶対は無い
議論する意味が無いともとれる
判断をすることに意味が無いというのなら、殺されたから殺すっていう極めて単純且つ本能的な結論になってしまうな
そういう方向で死刑廃止をすすめるってことは、単純に無法・・・混沌を目指してるとしか思えない
今日はダラダラとレスし過ぎました

714 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 00:14:26 ID:NtSxmtRr0
>>712
人間の判断に絶対は無い。これで逃げられてもねぇ。君の言っていることとの
整合性が無い。

715 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 00:46:40 ID:I9Ow6S5A0
>>710
>皮肉にマジレスされてもなw

おやおやwマジレス?
皮肉に皮肉を返しただけなんだがw

>712
>人間の判断に絶対はないということだよ

じゃあ裁判なんて制度はこの世に必要なくなるなw

>人間の判断に絶対はないということだよ
>K.ポパーの本でも読め

断る。読んでも読まなくてもこのまま余裕で存続。時間の無駄。

716 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 01:58:48 ID:7e1XtlNy0
びびる死刑方法
全面油ですべすべ直径2mの金属製の横たわった円柱上を20m歩かせる。
下には飢えたライオン。

717 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 02:09:07 ID:/cYJKB6M0
人間の判断に絶対は無い という判断は絶対なのかw

718 :死刑は已む無し:2009/12/21(月) 09:21:09 ID:8v5E5198O
死刑大好きー!!(o^v^o)
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!
どんどん殺せー!!

719 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 10:06:25 ID:5DSVRJHF0
>>717
じゃあその否定、つまり
すべての人間の判断は絶対(真)であるとしようか
だったら再審も三審制も必要なくなるよな
はい 論破な

720 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 10:18:13 ID:81own7W30
皮肉にマジレスされてもなw

721 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 10:26:59 ID:sWeqVBpl0
普通の感性で捉えれば「絶対はない」という語が「絶対に偽である」なんて解釈になりえない。
「判断が正しいばかりではない」というような''正しいばかりでなく間違いもある''ということだろう。
>>719は賢いふりしてるけど''すべての人間の判断は絶対(真)である''なんて前提使えるわけがない。
何か勘違いしてんだよ。>>712はそんな風(絶対に真である)といってるわけじゃないだろうよ。


・人間の判断が常に正しいならば再審は必要ないが(>>719),常に間違うなら裁判は必要ない(>>715)
・しかし現実には裁判も再審も存在する
・つまり人間の判断は間違う事があるために,再審があり,正しい事があるために,裁判がある
結局,幼児でも分かるような結論だ。揚げ足取りに終始する人間の末路は醜いな。

722 :なんでん観念:2009/12/21(月) 10:33:11 ID:8v5E5198O
>>721
もうその話は止めようよ。これ以上言っても不毛だ。

ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

723 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 11:47:11 ID:sWeqVBpl0
>>722
何が不毛だ,びっちり生えてマリモみてぇじゃねぇかクソがっ

724 :死刑は已む無し:2009/12/21(月) 12:59:19 ID:8v5E5198O
>>723
しーましェーン

725 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 16:36:10 ID:/0eMRks70
人の判断は絶対じゃないが、現行犯逮捕で絶対じゃないもなにもないだろ。
アキバの加藤が冤罪だというのなら、一度精神病院にでも行け。
マジで脳が駄目になってるから。

死刑存廃と冤罪問題は別の話。
冤罪を起こさない事が重要なんであり、死刑そのものの有無とは無関係。
確固たる証拠が無い限り、死刑判決であっても万が一の可能性を考え無期扱いというのなら、
まだ筋も通る(正しいという訳では無いが)、廃止にする理由には至らない。
こんな事も解らないのは、本当に馬鹿なのか、何か別の目的があって廃止といってるだけ。
弁護士の売名行為とか。
犯罪者の保身か。

726 :まず、単独自民政権”復帰”(ありそうにないが)を阻止するべき:2009/12/21(月) 16:38:08 ID:g8H5huvU0
>>697
>君が墓前に何と言う言葉を添えるかということなんだよ。
→なんかそういうのって、「子供騙しの恐喝っ」ていうのですよ(苦笑)
つまり、死刑存置を主張している人達は、1現在、日本の治安が比較的良好なのは
死刑制度があるおかげ 2現状になんの問題もないのなら、敢えて変える意味はない
3もし、将来、治安が悪くなったとしたら、それは無論死刑制度の有無と関係ない。したがって、
死刑制度を強化すればいいだけ
上の理屈というのは、超保守の理論といいます(爆笑)
つまり、少なくとも現状を維持さえしてれば悪くなる心配はない、と思い込んでるのです(苦笑)
昭和23年の最高裁大法廷での死刑合憲判決では、1現状は死刑もやむを得ない 2将来、死刑が憲法違反とされることもありうる
3その時、国会がイニシアチブを取って、改憲してもいい
としたのです。
私的には、死刑の刑罰としての是非を判断したのではない、という点で不満はありますが、
2001年の大野判事が国際環境を重視したことも考え合わせれば、現在ほど、死刑廃止すべき条件が揃った「とき」はなかったのです。
凶悪犯罪の発生要因は、外国人移住者が増えたりとか、麻薬取り引きの増加、紛争発生など、ある特殊な環境の
変化に依ることが多いのです。
もし一般国民の生活が向上し、教育が普及すれば、犯罪発生率が自然に下がっていくのは当然なのです。
理想的には、「死刑は人権の根本的否定故に永久に廃止する」という文言を入れたいところですが(各国憲法によってはある)
韓国の例にならって、まず国として死刑廃止を宣言した上で、10年以上死刑を執行せず、
国際的に「事実上の死刑廃止国」として認定される、というのが自然な流れではないでしょうか。

727 :(* ̄σー ̄)ゞ(鼻くそ):2009/12/21(月) 16:53:29 ID:g8H5huvU0
>>701
>まずは、yurikoが偽UCB卒業生だということを認め、
→yurikoさんい代わって書きますが(苦笑)、
そういうのって冤罪作りの常套手段ですよ。
「うそでもいい。自白したら楽になれるぞ!」と。
そして、「後で、裁判で本当のことをわかってもらおう!」と自白調書にサインしてしう人もいるのです。
「そんなばかな!」と一般の人は思うのですが、こういうことが実際に起こるのは珍しくないのです。
「うそをついたら、認めてやる…」←子供騙しというか、もうバカかと…

728 :死刑は已む無し:2009/12/21(月) 16:56:39 ID:8v5E5198O
>>726
お前俺のケツの中でションベンしろ!!!

729 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 17:02:01 ID:3iKyHJOG0
>>727
鼻くそみたいなタイポするなよ。
何度も言うが、一度読み返してから書き込め!
学歴詐称の馬鹿が!

730 :05004013809599_mb:2009/12/21(月) 17:04:56 ID:8v5E5198O
>>727
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

731 :死刑は已む無し:2009/12/21(月) 17:16:27 ID:gCU9Cw/d0
>>726
>1現在、日本の治安が比較的良好なのは
>死刑制度があるおかげ 2現状になんの問題もないのなら、敢えて変える意味はない
>3もし、将来、治安が悪くなったとしたら、それは無論死刑制度の有無と関係ない。したがって、
>死刑制度を強化すればいいだけ

なぜ勝手に決め付けるのか?
個人的には、あなたの持つ理論や価値観には感心する部分もあります
だがしかし、あなたは自分の考え方や知識を一方的に押し付けてくるだけで、相手の意見に耳を貸そうとしないし
相手の考えを決め付けて見下している
どんなに知識があろうとも、貴方の対話能力は低いと言わざるを得ない

732 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 17:24:14 ID:3iKyHJOG0


y u r i k o は 重 度 ア ス ペ ル ガ ー 症 候 群 だ か ら 仕 方 あ り ま せ ん 。





733 :yuriko:2009/12/21(月) 17:53:59 ID:8v5E5198O
>>731
対話なんて最初からする気はねーんだよ!ボケ

734 :少しは誉めてあげてもいいのでは…:2009/12/21(月) 18:04:09 ID:g8H5huvU0
>>631
>「死んでも良い」だけの連中だけが凶悪犯罪を行う現状から
「死ぬのはさすがに嫌だけど牢獄暮らしならオッケーだ」が加わるわけだ。
→前にも同じような議論がありましたよ(苦笑)
すなわち、拡大自殺が自殺願望を国によって満たさせるというものなら、
「人生に絶望した」→「蒸発したい」→「死ぬのは恐い」→「死刑はもっといやだ」→「一生刑務所暮らしが保証されるなら」
と、死刑制度が廃止されたら、終身刑目的の凶悪事件が発生する恐れがある。
確かに、世の中には、想像を絶する発想をする人もいるようですから、死刑制度廃止後、そういう人も出てくうでしょう。
先週、茨木県土浦無差別殺傷事件の被告、金川に死刑判決が下ったのですが、判決理由に首を
傾げたのは私だけだったでしょうか。
その判決文とは、「死刑になりたかったなどという理由で人を襲って殺すなどというのは、身勝手そのもの」故に「被告を死刑に処す」
「???!」という思いでした。
本来なら「死刑になりたかったから」などという動機は絶対に許されない。「被告人は、自分の奪った命の重さを生涯をかけて思い、反省と悔悟の日々を送るべき」
とするべきではなかったでしょうか。
現在、刑務所には相当数の累犯障害者と「刑務所以外に安住の地はない」累犯老人がいるようです。
刑務所が一種の福祉施設になってしまっている実態があるのです。
もし、死刑が解決策だと本気で考えている存置論者がいるとしたら、それはナチが採った政策と変わらないでしょう。
「どうしても社会に適合できない人もいる」ことを前提に、ある程度の「犯罪者福祉予算」はやむを得ない出費なのです。
「この国が忘れていた正義」で中嶋博行氏は220億円(当時)の犯罪者福祉予算を一方的に無駄と決めつけていますが、
年間3万人の自殺者(全世界では100万人!)による経済的損失をどう捉えてるのでしょうか。
もしも、1000億円くらいかければ、日本から確実に凶悪事件がなくなるというのなら、即刻実行するべきでしょ(笑)
犯罪対策というのは、どうしても、事件が起きてからに「事後策」になってしまうのは止むをえない面もあります。
「犯罪(特に凶悪犯罪)が起きにくい社会建設」が結局は安上がり、というのは全ての人が賛同するところでしょう。
喜ばしいことに、日本は世界に規範を示せるほどの成果を挙げたのは事実なのです。

735 :なんでん観念:2009/12/21(月) 18:07:58 ID:NtSxmtRr0
>>719
このロンパースは、たまに泥酔者のような書き込みだね。
>>726
こいつの妄想の机上の空論は、薬物患者のようだ。

736 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 18:56:25 ID:8v5E5198O
(*)

737 :なんでん観念:2009/12/21(月) 19:22:57 ID:NtSxmtRr0
>>734
妄想の域を出てないな。同じ議論を繰り返しているのは、ドラッグスターの君だね。
質問者にきちんと答えないのだからしょうがないだろうね。
まず、ナチがとった政策とやらを語ってもらおうか。

738 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 19:52:02 ID:k2tFqPNU0
>>734
なんで死刑廃止国で凶悪犯罪防止策やらないの?早くやりゃいーじゃん。

739 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 20:02:17 ID:8v5E5198O
(*)

740 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 21:02:59 ID:smtu7YM+O
ここに来る廃止論者は犯罪者の更正だの教育だの言う前に、まず自分達が小学校の国語教育を学びなおすべき。
もしきちんと理解しているというのであれば、都合の悪い質問や論理を無視したり、詭弁、論点すり替えなどしかできない頭の弱さを恥じて謙虚になるべき。

持論の押し付け、論破気取りは見ていて不愉快。

741 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 21:52:08 ID:hi4Lxtod0
>>740
× 国語教育を学びなおすべき。
○ 国語を学びなおすべき。

「頭の弱さを恥じて謙虚になるべき。」

742 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:04:56 ID:/cYJKB6M0
廃止論者は存置論者よりモラハラ・パワハラ・扇動の類を使う率が高すぎると思うんだが。
廃止論の理念から言って、それらを使うこと自体おかしいのに。

743 :多田野数人:2009/12/21(月) 22:06:45 ID:8v5E5198O
>>742
自分、指いいすか?

744 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:08:08 ID:I9Ow6S5A0
憎しみを捨てろと言うが存置論者に対する憎しみはハンパ無いみたいな事か。

745 :磯野波平:2009/12/21(月) 22:11:40 ID:8v5E5198O
>>744
四つん這いになれば免許返していただけるんですね

746 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:21:33 ID:/cYJKB6M0
>>744
そうそう。他にも「冤罪はダメ」といいながら人の話をよく聞かないで濡れ衣着せたり、
権力の濫用を否定しながら「有識者・知識人」なる自分に有利な権威を使うことには躊躇がなかったり、
自分の作ったルールから自分を除外するようなマネが多すぎる。

やってる事が特権前提なのに「犯罪者にも人権が」とか、誰が聞くかって話

747 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:23:57 ID:hi4Lxtod0
反論できない傷の舐めあいw

748 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:27:40 ID:I9Ow6S5A0
で?w

749 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 22:37:31 ID:/cYJKB6M0
>>747
根拠なし

750 :存置派:2009/12/21(月) 22:57:46 ID:34KY85qQ0
>>726
話が伝わってないのかなぁ。
例えば将来「死刑は治安維持にマイナスの効果があった」とデータなり何なりで立証された場合
俺は犯罪の犠牲者の遺族に「人殺し」と罵られようが、感受するつもり。
実際に左右したのは犯罪者の命だけでも、結果として生まれた犠牲者についても責任を負う、と俺は思う。

で、君はそういう覚悟はあるのか。
あるとしたら、何故「結果」にそこまで無関心になれるのかな。
あるとしたら「今これだけ治安が良いのだから」という台詞は絶対にいえないはずなのにな…ってこと。

そもそも、こんな歪曲も出来ないよね。
昭和23年の最高裁大法廷での死刑合憲判決は下記のとおり
「ただ、死刑といえども、他の刑罰の場合におけると同様に、
 その執行の方法等がその時代と環境とにおいて人道上の見地から一般に残虐性を有すると
 認められる場合には、勿論これを残虐な刑罰といわねばならぬから、
 『将来若し死刑について火あぶり・はりつけ・さらし首・釜茹でごとき残虐な執行方法を
 定める法律が制定されるとするならば、その法律こそは、
 まさに日本国憲法第36条に違反するものというべきである』」
『』内をよぉく読んでごらん。
最高裁大法廷での判決は「将来残虐な執行方法を制定したときのみ、憲法36条に違反すると解釈できる」って意味だよ。

唯一君の意見に「こじつけられる」のは井上裁判官の意見だが、彼曰く
「若し死刑を必要としない、若しくは国民全体の感情が死刑を忍び得ないと云う様な時が来れば
 国会は進んで死刑の条文を廃止するであろうし
 又条文は残つて居ても事実上裁判官が死刑を選択しないであろう」
…普通に読んだら、死刑廃止の最低条件は、凶悪犯罪者の根絶の完遂、
または国民全体の死刑不要の意思表示だと思うんだけどね。

で、もう君にどれぐらい信用を置いて良いのかわからないけど
各国憲法によっては「死刑は人権の根本的否定故に永久に廃止する」という文言がある、とのことなんだけど
その国の名前と条文を張ってくれるかい?
…いや、何事にしろ「永久に廃止する」なんておポンチな文言を憲法に盛り込んだ国が
他国に憲法草案を作られたって言う事情のあるこの国以外にあるものなのか、知りたいのでね


751 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 23:07:21 ID:smtu7YM+O
>741
国語教育のなにが×なのか教えてくれよ。

752 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 23:24:53 ID:pm/eiipO0

★警察がパチンコ社会を作りだしている★

★パチンコを朝鮮玉入れと呼ぶのは間違っている・・・警察&朝鮮玉入れが正解★

2009年11月27日 元厚生次官ら連続殺傷の小泉被告パチプロだった
2009年12月8日 27歳女性を殺害・遺棄の被告に懲役20年判決
 「パチスロなどの遊興費に充てるために被害者から借金を重ね」
2009年12月9日 「パチンコ代欲しかった」 青森強殺で再逮捕の女供述
2009/12/10 強盗続け12年、被害9800万円=パチスロに3000万−福岡県警など
2009年12月7日 大阪市生野区、強制わいせつと強盗を再逮捕「パチンコや風俗店へ行くため」
2009/12/08  自殺失敗、寒くて119番 着服を告白し容疑で逮捕 「着服した金はパチンコに使う」
2009年12月5日 久留米のコンビニ強盗:被告に懲役6年を求刑 「パチンコで約230万円の借金」
2009年12月4日 コンビニ強盗:被告に5年6月−−地裁都城判決 /宮崎 「パチンコに使うなど」
2009年12月4日 女性宅に侵入し、通帳などを盗んで放火/千葉「生活費やパチンコ代、風俗店などに使った」

パチンコ店 ATM8000台・・・IIJ社 今後4、5年で全国に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-14/2009111401_04_1.html
パチンコホール内ATM(現金自動預払機)問題で、
その管理・運営業務を大手警備会社「綜合警備保障」(ALSOK、東京・港区)が受注した。
ALSOK・・・創業者の村井順氏は元九州管区警察局長、前社長の漆間英治氏は
元中部管区警察局長と、警察高級官僚の天下り先となっています。
http://news.livedoor.com/article/detail/4461070/
公安警察がパチンコを作りだしている
http://www.cyzo.com/2008/10/post_1040.html

(マルハン)パチンコ代欲しさの犯罪(神田うの)
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1244185075/
ttp://megalodon.jp/2009-1127-2308-08/namidame.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1244185075/

753 :名無し:2009/12/21(月) 23:29:59 ID:Iuo7vBihO
死刑反対!あんなに楽に殺してはいけない!
日本にも終身刑をつくり、極悪犯罪者用の監獄をつくるべし!劣悪な生活環境で延々生きさせろ!なぜ犯罪者よりホームレス等の低所得者の方が厳しい生活を強いられなけりゃいかんのだ!!

精神鑑定どうでもよし!自分が犯した犯罪の重さがわからないならば、この先更生の可能性なし!!その時は心が〜なんて関係ねぇ!てめーが罪を犯したのは事実だ!

754 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 23:43:55 ID:FYvvEerT0
人権死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。
中途半端な運動じゃなく、仕事も社会生活も捨てて廃止運動だけに邁進してみろ。

反対派は人命より日常生活の方が大事だと証明しようと運動してるのか?

755 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/21(月) 23:52:55 ID:3U6ueINE0
>>750
懲りない人だなぁ。
長文矢印君や観念君たちが「ある」って言ったソースを出したことが今まで有ったかい?


756 :なんでん観念:2009/12/22(火) 00:08:40 ID:mM3OBPkQ0
廃止派の連中は、よく脱線するから、あえて書いてみよう。
アメリカでは犯罪者の再犯防止の為に、カウンセリングの他に虚勢手術や発信機の取り付け
出所後の居住地の公開、顔写真の公開などを行っている。
これらは、再犯者に絞ったものだが、行きすぎな部分も有る。居住地の公開は人権侵害にも
思えるが、人権派廃止論者の方々は どう考えているのかな?まあ、答えられないと思うが
聞いてみる。

757 :・(*⌒∇⌒*)テヘ♪:2009/12/22(火) 05:56:24 ID:lGthH9+h0
>>750
>執行の方法等がその時代と環境とにおいて人道上の見地から一般に残虐性を有すると
 認められる場合には、勿論これを残虐な刑罰といわねばならぬ
→これを好意的に解釈すれば、死刑執行の瞬間に何の苦痛も感じさせなければ、
その刑は残酷でない、ということですね。
ところが、戦争直後、東京拘置所で精神科医として務めた加賀乙彦氏は死刑囚を対象に、
かなり大規模な調査を実施しました。そこで得た結論というのは、「死刑囚が本当に苦悩するのは、それを待つ時間にある」としました(死刑囚の記録)
死刑は死刑判決と同時に、被告席が奈落に落ちるような、テレビゲーム番組ではないのです。
「死を待つまでの時間」にこそ苦悩があるというのは、ナチス死の収容所を生き残った人の証言でも明らかです。
ナチ収容所では、最初に列車の貨車で大量のユダヤ人が施設に到着し、「選別作業」が行われ、すぐに殺される人(ガス室直行)と
僅かでも労働させる人に分けられたのです。どちらが、よい幸運だとされたのか、言うまでもないことでしょう。
将来、日本でもドラッグカクテルと呼ばれる、「絶対的安楽死」が保証される執行法を採用するかもしれません。
しかし、昨年、アメリカで死刑の執行法を巡り、連邦最高裁が一時停止を命ずるきっかけともなった、ある死刑では
被執行者は一時間半も苦痛で呻き続けたといいます。
現在、事実上、死刑を停止している台湾ですが、希望すれば(臓器提供の見返りに)、麻酔薬を使用した、
医療チームが参加する、医学的に絶対安全?な「絶対的な安楽死」が保証されたといいます。漫才ネタにしかなりませんね(笑)
「残酷でない死刑などありえない」という認識をもつところから、死刑存廃論は始めるべきなのです。

758 :642:2009/12/22(火) 06:00:40 ID:NgyT3tNm0
>>657
大変遅くなりました。
補足ありがとうございます。
しかし、その後の長矢クンのレスは、また的外れで話になりませんね。
残念です。

>>696
こちらも遅レスすみません。
そうなんですよね。でも、そういう前向きな予防という考えに至れる廃止論者は
かつて見たことがありません。(もっとも、スレ違いになるかも知れませんが…)
で、もしいたとしたら、もうとっくに議論は終わってますよ。廃止論者には柔軟性
のかけらもありません。それが無限ループの原因です。
残念です。

>>702
君、論破オタク?
君のレスはくだらないので、あんまり真剣にレスする気になれないが、君自身
「可能性」と言ってるんだから、「可能性のない可能性」も真ということだよ。
こんなレスで論破とか言って恥ずかしくないならたいしたもんだ。
でも、もうちょっとマシなレスができるよう頑張ってくれ。


759 :死刑は明らかに憲法違反!:2009/12/22(火) 06:45:27 ID:lGthH9+h0

>国会は進んで死刑の条文を廃止するであろうし
 又条文は残つて居ても事実上裁判官が死刑を選択しないであろう」
…普通に読んだら、死刑廃止の最低条件は、凶悪犯罪者の根絶の完遂、
または国民全体の死刑不要の意思表示だと思う
>その国の名前と条文
→「死刑によって凶悪犯罪者を根絶できる」とは一言もいってないし、
それを判断すえるのは司法の仕事でもない。司法の仕事とは、「憲法の番人」これだけ。
昭和23年の判決文での井上裁判官の補足意見だが、これは単なる付け足しではない!
日本国憲法の前文は、その憲法の規範が書かれている。ある憲法裁判で、「規範」を単なる飾りとしたが、
それは、あまりに恥ずかしい解釈だろう。
その前文には「国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」とはっきり書かれている。
国際条約が自動的に憲法より優位にあるとするべきではないが、
日本が国連を中心に国際協力と平和に寄与することは、国是としている(反論があるなら、どうぞ)
国連で死刑廃止条約が決議されたのは1989年のことで、死刑廃止決議は三年連続、国連総会で決議された。
国連人権規約 B規約(政治的・自由に関する)
第6条
1  すべての人間は、生命に対する固有の権利を有する。この権利は、法律によって保護される。何人も、恣意的にその生命を奪われない。
世界人権宣言(1948年)
第3条
すべて人は、生命、自由及び身体の安全に対する権利を有する。
世界人権規約(1966年)B規約
1  すべての人間は、生命に対する固有の権利を有する。この権利は、法律によって保護される。何人も、恣意的にその生命を奪われない。
日本国憲法
第98条 最高法規性、条約及び国際法規の遵守
(1)この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、 命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効 力を有しない。
(2)日本国が締結した条約及び確立された国際法 規は、これを誠実に遵守することを必要とする。


760 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 06:54:17 ID:lGthH9+h0
>>756
>、人権派廃止論者の方々は どう考えているのかな?まあ、答えられないと思うが
聞いてみる。
→公共の安全が最優先されるべき、というのは異論がありません。

761 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 08:05:30 ID:lGthH9+h0
>>759
たとえば、フランスは25年前1981年、ミッテラン大統領が死刑廃止を公約に掲げ当選します。
そしてバタンデール法相の下、死刑を廃止しました。
ところが、正式に死刑廃止を憲法で明文化したのは、一昨年(2007年)のことでした。
条文は「何人も死刑の宣告を受けえない」だけで、現行憲法第六十六条「恣意的拘禁の禁止、
個人の自由の保障」の第一項目に追加されたのです。
世界的には42ヵ国で、憲法で公式に死刑を禁じています。これは、私から
お前への宿題としよう。何でも他人に調べさせて、自分が楽をしようとするのは
悪い癖だよ(苦笑)
参考 死刑廃止条約 第二選択議定書 1989年国連で成立
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/dainigiteisyo.htm
第1条 
 1 本選択議定書の締約国の管轄下にある者は、何人も処刑されることはない。
 2 各締約国は、その管轄下において死刑廃止のためのあらゆる必要な措置を講じなければならない。
→とありますから、この条約に加入している国の憲法には、死刑廃止の文言が書かれているはずです。
条約締結国 4 April 2008 66ヶ国
Albania、Czech Republic、Ireland、Netherlands、Spain、Andorra、Denmark、Italy、
New Zealand、 Sweden、Australia、Djibouti、Liberia、Norway、Switzerland、
Austria、 Ecuador、Liechtenstein、Panama、Timor、 Leste、Azerbaijan、Estonia、Lithuania、
Paraguay、 Turkey、Belgium、Finland、Luxembourg、Philippines、ハTurkmenistan、
Bosnia-Herzogovina、 France、Malta、Portugal、Ukraine、Bulgaria、FYRO、 Mexico、 Romania、
United Kingdom、Canada、Georgia、Moldova、San Marino、Uruguayハ、Cape Verde、Germany、
Monaco、Serbia、Venezuelaハ、Colombia、Greece、Montenegro、Seychelles、
Costa Rica、Honduras、Mozambique、Slovakia、Croatia、Hungary、Namibia、
Slovenia 、Cyprus、Iceland、Nepal、South Africa



762 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 08:46:17 ID:XYPDJgDX0
情報を出し惜しみして困るのは、絶望的マイノリティである廃止論者の方だけ。
普通は廃止論者のためにリソースを割く必要自体無いんだから、
質問してもらってる時点で相当おまけされている事に気付くべき。

763 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 09:03:27 ID:QIeIaTyv0
人権死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。
中途半端な運動じゃなく、仕事も社会生活も捨てて廃止運動だけに邁進してみろ。

反対派は人命より日常生活の方が大事だと証明しようと運動してるのか?

764 :死刑は已む無し:2009/12/22(火) 09:16:58 ID:P5+yguLAO
>>763
お前俺のケツの中でションベンしろ!

765 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 10:33:42 ID:xcz6BMaT0
>>753
死刑反対!あんなに楽に殺してはいけない!

>>757
「残酷でない死刑などありえない」という認識をもつところから、死刑存廃論は始めるべきなのです。

廃止論者達の 『大 矛 盾』 笑いすぎてお腹がイタイのでなんとかして下さいw

766 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 11:20:19 ID:wD3py5nQ0
>>702
それがお前にとっての「論破」か。

馬鹿だろ、お前。

駄々こねてるだけだ。
廃止論者は全員この程度か。

767 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 11:23:11 ID:XYPDJgDX0
>>765
「残酷でない死刑などありえない」という認識を相手に持ってもらう、
という「自分らを確実に正当化できる前提」を飲んでもらわないと、
自分らの主張は正当化できませんよ、と白状してるのと同じだもんな。

自分らが勝ったという前提から話を進めてください、なんて話、
ファンタジー小説や漫画を人に書かせるときくらいしか通らない。
それだって頼む時は正当な対価払うもんだ。

廃止論者はそれを「頼んでんだからやってくれて当然だ」と思ってる時点で終わってる。

768 :鳥肌実:2009/12/22(火) 12:24:04 ID:P5+yguLAO
>>767
自分、指いいすか?

769 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 14:50:25 ID:05i88Xy90
>>766
民間人も現行犯逮捕できるよ。

770 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 15:46:36 ID:x1+Qpp5z0
>>769
>民間人も現行犯逮捕できるよ。
→証拠(現行犯)を示さければなりません。
さもなくば、「誘拐・監禁」で逆逮捕です。
それで、今思い付いたのですが、
もし、そうやって、民間人が「お前こそ、現行犯で逮捕!」とか言い合っているうちに、
日が暮れてしまうでしょう。


771 :畠山育人:2009/12/22(火) 16:04:14 ID:P5+yguLAO
>>770
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

772 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 16:19:31 ID:xcz6BMaT0
>>770
万引き犯捕まえたことあるけど、

>もし、そうやって、民間人が「お前こそ、現行犯で逮捕!」とか言い合っているうちに、
>日が暮れてしまうでしょう。

一切、こうならなかったよ。お前馬鹿ですか?

773 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 16:34:19 ID:du/ut6BU0
>>770
私人逮捕
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/私人逮捕

774 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 17:08:58 ID:mJ81md3h0
>>759

>国際条約が自動的に憲法より優位にあるとするべきではないが、
>日本が国連を中心に国際協力と平和に寄与することは、国是としている(反論があるなら、どうぞ)

お前一行目の文末最後の一文字でおまえ自身が結論出してるじゃねぇかw
しかも国際条約下の人権宣言自体各国の利害が複雑に絡まり実質的には各国努力。
自国の憲法とのモラルを内包したコンプライアンスの違いを無視するなよ。
憲法にはその様なものは元々無い。
国際法を最高法規で照らし合わせ優先させるなんてお前の勝手な解釈なら憲法9条もとっくに破綻してるよw
そもそも日本国憲法自体必要ないってとんちんかんな結論になる。

775 :なんでん観念:2009/12/22(火) 17:58:18 ID:mM3OBPkQ0
きょうは廃止論者が答えたが一番おかしな答えが返ってきた。
>公共の安全が最優先されるべき、というのは異論がありません。
これは、再犯防止の観点で殺人者には否定していたことだね。強姦魔はよくて殺人犯は駄目?
再犯率に違いがあるとはいえ、市民の安全に違いはないはず。

776 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 18:18:22 ID:q8HsI1PB0
何でもいいから、yurikoはタイポを無くしてくれ!
一度読み返せと何度言われれば分かるんだ!
お前が発狂しているのは構わんが、こっちまで気がおかしくなる!
気違いをうつさないでくれ!

777 :磯野波平:2009/12/22(火) 20:12:17 ID:P5+yguLAO
刑罰なんてのはな、残酷でなきゃ意味ねーんだよ

778 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 20:44:32 ID:42krnyDpO
しかしこうやってみると、いかに廃止論者が愚かな人物かというのがわかるね。
まともな理念を持ってる廃止論者は皆無に等しいんだろうな。
日本では、廃止論者=馬鹿、餓鬼、犯罪者の方程式が成り立つな

779 :存置派:2009/12/22(火) 21:09:20 ID:K+v/8JOD0
>>757
「テヘ」ですむ嘘かねぇ。ま、いいけど。
…しかし、ベニスの商人ぐらいは知っているだろうに。

文字通りに解釈し、「火あぶり・はりつけ・さらし首・釜茹でごとき」とわざわざ例示している箇所まで見るならば
最高裁の判決は、明らかに「ただ単に殺すという範囲を大きく逸脱した殺害方法は『残虐』とされる」ってだけで
むしろ「殺すだけの殺害方法、例えば絞首刑や薬物死刑等は『残虐』とされない」とすら解釈できるが。
少なくとも「絞首刑をも残虐としている」と思うのは、自分に好意的な解釈…すら通り越し妄想の領域だろうよ。

>>759に関しちゃ、誰も「死刑で凶悪犯罪が根絶できる」とは言ってないぞ?
「死刑が必要とされない」というのは、通常に解釈するならば「死刑が今日該当するような犯罪を行う者が現れない」状況だろってこと。
いや、まぁ、そりゃ世の中、巷に男は数いるのに、犯罪者との結婚を望む酔狂の居る世の中だ。
「娑婆で苦しむまじめな人間を放っておいてでも、国民の税金で犯罪者を養えば、死刑は不要だ!」と叫ぶ者もいるだろうが
…まぁ、そんな自覚のない趣味人のためにわざわざ「あるいは国民が望むなら」と断ってるのだと、俺は思うがねぇ。

ああ、ちなみに国際社会≠国連であり、日本には国連の決定に隷従する必要はなく、まして『自分が批准していない条約』まで責任を負う必要もない。
そもそも国連の発祥は「連合国」。なに、戦後は違うって? 確かにそのとおりだとも。
冷戦期では東西対立の中で、何一つろくな結果を上げれず、今日でもアメリカの賛同なくば何も出来ない。
かつての連合国よりも余程ひどい立場にある、まぁ、虎の威の亜種ぐらいになれば良い方って組織だなぁ。
…政治系統の話は、正直世界史の知識がそのまま跳ね返るから、君は不得意と思うけど。続ける?

あとさー。求めた資料が必ず差し出されるとは思ってないけど
「どうせこいつら出さないよ」って悪口言われてコレって、悔しくないのかな、君。

780 :642:2009/12/22(火) 21:11:34 ID:NgyT3tNm0
>>778
いままでのやりとりから分析するに

まともな理念を持つ = 廃止論者にはなれない

って公式が成り立つみたいだからね。
背反事項を結びつけようったって無理な話だ。
廃止論者は、少なくともどこかイカれて、論理破綻している人なんだよ。


781 :大江健三郎:2009/12/22(火) 21:23:42 ID:P5+yguLAO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!!
どんどん殺せー!!
どんどん氏ねー!!

782 :642:2009/12/22(火) 21:24:43 ID:NgyT3tNm0
>>779
あなたが何故根気強く長矢クンを相手にしているのかよくわかりません。

長矢クンは、その一文一文を検証し全ての反証を上げた上で論理の
矛盾を指摘したところで、全く同じレスをしてくるような脳内構造ですよ。

自分は「病気」で片づけるような理論は本来嫌いですが、長矢クンを
観察するにしたがって、やはり「病気」で割り切らねばならないことも
あるんだなと実感しています。
だって、完全に反証をあげているにも関わらず、何事もなかったように
同じことを繰り返すなんて、正常な脳では考えられないでしょ?


783 :大江健三郎:2009/12/22(火) 21:31:31 ID:P5+yguLAO
死刑もいいけどさ、もっと残酷な刑罰考えよーぜ。

784 :なんでん観念:2009/12/22(火) 21:37:00 ID:mM3OBPkQ0
死刑における絞首刑を残虐だから駄目なんていうからおかしいのかなぁ。
そこが出発点ていうのもおかしな話だが。加害者側に常にたち続けるのも、犯罪者の
心理なのかなぁ。

785 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 21:44:33 ID:XYPDJgDX0
>>782
嘘も百篇唱えれば真実となってしまう、ということもある。

どんなに荒唐無稽なレスが相手でも、正答を示すことには意味がある。
やれっていわれても君や俺に面倒すぎて無理だが、
自主的に完璧にやってくれてるんだからありがたいよ。

786 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 21:53:48 ID:K2tpLSVX0
>>780
キミと同等レベル。

787 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/22(火) 22:05:11 ID:H6/sVWVV0
>747

まぁまぁ。そっとしておいてやれよ

788 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 22:06:01 ID:+Uvsz4fa0
>>780
論破されてるのにまだ気づかないのか?
やれやれだな。。。

789 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 22:13:34 ID:+Uvsz4fa0
>>642(>>ID:NgyT3tNm0)

すべての現行犯逮捕において逮捕者(私人も現行犯逮捕は可能です)捏造の可能性が過去、現在、未来まったくないと言える根拠をおしえてください



790 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 22:23:05 ID:XYPDJgDX0
>>789
そういう事言ってるから、冤罪理由の死刑廃止論は刑罰そのものの否定論だって言われるんだよ。

大体そういう事を言うなら、君はまず自分の主張が何らかの原因による捏造である可能性を疑うべきだし、
他人にもそれを疑ってくれと言っているのと同じ事なので、自滅理論でしかない。

791 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/22(火) 22:41:32 ID:H6/sVWVV0
>780廃止論者は、少なくともどこかイカれて、論理破綻している人なんだよ。

人は鏡

792 :死刑は已む無し:2009/12/22(火) 22:41:38 ID:2LEvN1l00
>>789
まったくないと言える根拠は無いし、何の為にそんなことを聞きたいのかが分からない
逆に、それが100%まったく無いと言い切れる世の中であるならば殺人自体がほとんど起こらないのではないかと思う


>>750
私的にはこれでFAで良いレベル

793 :なんでん観念:2009/12/22(火) 22:42:30 ID:mM3OBPkQ0
>>789
論破が好きなロンパースか?おかしすぎて笑えなくなってくるぞ。
過去をどのぐらいの過去で言っているかしらんが、死刑廃止と関係は無いな。
それに、それは犯罪者の論理だ。犯罪者はどんなに逃れられない状況でも無罪を
主張する。それから君自身も現行犯逮捕で罪を捏造できるなら、100%は無理だろう。
全人類の中に捏造すると断言する奴がいるのだから。
そうだろう、ロンパース。

794 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 22:43:03 ID:IV6VpoyV0
>>772
>万引き犯捕まえたことあるけど、
→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…
何の万引きですか。
それこそ、自己責任というものでしょ。
せいぜい、警備員に報告すればいいでしょ。
もっと巨悪と戦っては如何ですか…

795 :なんでん観念:2009/12/22(火) 22:44:02 ID:mM3OBPkQ0
観念万年君、それを書き込むと、また君に戻るね。

796 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 22:44:54 ID:XYPDJgDX0
→万引きくらいで
→万引きくらいで
→万引きくらいで


↑本当にこういう人がいるとは思わなかった

797 :死刑は已む無し:2009/12/22(火) 23:18:10 ID:2LEvN1l00
ここで愚例をひとつ

サッカーの試合で危険なファールが多すぎるのが問題にあがったとする
その対策として、接触を伴うファールは一発レッドカードにルール改正されたとしよう
それでファールが完全に無くなるかと言うと、必ずしもそうではない
故意ではないファールは発生するし、場面によってはチームが勝つために自分を犠牲にして足を引っ掛けるものも出るだろう
が、少なくとも故意のファールが減ることだけは確実だ
また、サッカーっていうスポーツは冤罪にあたるケースがけっこうある
混乱した状況下での審判の誤審はもちろん、足を引っ掛けられて吹っ飛ぶ演技が上手い選手もいる
そういう誤審が多いので、重いペナルティは良くないという意見が出て、レッドカードが廃止になった場合
ファールが減る可能性はあるのだろうか・・・そして誤審は減るのだろうか・・・・
当然両者とも増えるのではないかと私は考える

死刑廃止もおなじこと、廃止すれば凶悪犯罪は増えるし、冤罪も増えるだろう(刑が軽くなることに伴って冤罪を非難する声も判断する者の責任感も弱まるからだ)
ここで廃止論者達が、廃止によって治安が良くなるといっているが
もし本当に良くなるとしたら、それは法律とは別方向からのアプローチによるものであって
それは死刑存置してある状況下でも同じように効果を発揮するもの(むしろ効果が高い)だと考える

798 :死刑は已む無し:2009/12/22(火) 23:28:44 ID:2LEvN1l00
>>791
>人は鏡

その決まり文句はさ、相手を巻き込んで自爆するようなものだよ
最後の手段っていうかさ、自分には言えることが何も残されて無いとアピールしているようなものだぞ?
「馬鹿って言うやつが馬鹿だよ、ばーか!」 って言っているように聞こえるよ

799 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 23:35:55 ID:H7SYYU7r0
>>797
レッドカードを貰えば当期の試合に出られなくなるかも知れないが,来期がある。
だが死んでしまえば二度と生きる事は出来ない。
本質的にレッドカードと死刑は異質で例に挙げるには相応しくないと思うが,意味するところは分かる。
死刑が無くなれば,死刑を恐れて罪を犯さなかった人間は,罪を犯すかも知れない。
しかし死刑の代わりに別の刑を設ければ,話は変わるのではないだろうか。
例えば終身刑とか,鞭打ち100回とか。死刑は無くなっても,その刑が罪を抑制できる。

特に廃止論者として廃止論を持っているわけじゃないんだけど,
EUやアメリカ(一部)は死刑を持たずとも成り立っているのだから,死刑など無くてもいいんじゃないの?と思っている。
廃止する理由は見あたらないが,存続する理由もわからない。
既にあるのだからそのままでいい,なんて保守的?ことなかれ的?な考えはどうなんだろう?
俺は生命の価値や尊さなんかを謳えるほど高尚な人間じゃないから,日本の人口なんて半分くらいになればいいと思っている。
でも死刑は,何となく無くなって欲しい。国が人を殺す行為,なんか怖いっす。

800 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 23:48:24 ID:K2tpLSVX0
>>797
まぁ、「こじつけ」の具体例にはなってるね。

801 :死刑は已む無し:2009/12/22(火) 23:51:02 ID:2LEvN1l00
>>799
>レッドカードを貰えば当期の試合に出られなくなるかも知れないが,来期がある。
>だが死んでしまえば二度と生きる事は出来ない。

本当に心のそこからそう思っている人ばかりなら、毎年毎年3万人もの自殺者がでるだろうか・・・
797では、単純にペナルティに対する損得絡みからくる思考として例に挙げただけだ、実際に死刑が存在する意味はそう単純な話ではないと思う
それと、国が人を殺すのが怖い?
「国が」というところも何か他人事のような考え方だが、逆に、殺人者が人を殺すことはそれほど怖くないのか?

802 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 23:52:04 ID:6CjlmUQm0
おまえら、そんなことより、
サッカー日本代表に少女淫行で逮捕された菊地が選ばれたことで
中国・韓国が大喜びで笑いながら報道してるぞ。
性犯罪者でも国の代表になれる野蛮国家日本の恥知らずだとよ。


803 :なんでん観念:2009/12/22(火) 23:56:14 ID:mM3OBPkQ0
>>799
その書き込みでは、工作員扱いされてしまうぞ。

804 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/22(火) 23:58:22 ID:mJ81md3h0
まあしかしここの廃止論者どもは犯罪者を生み出す要因、本来憎むべき部分には疎いねぇ。
貧困や差別を如何に無くして行くか。こう言う部分は悉く後回し。
死刑制度や存置論者への罵倒、犯罪が起きてからのどうでもよい分析に終始する。
犯罪を未然に防ぐなんて言いながら常に抽象的な言い訳ばかり。もう聞き飽きたと言うか辟易する。
いつまでも駄々こねてろよ。

805 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 00:02:48 ID:MGhJvzDC0
>>804
辟易するならここに来なけりゃいいのに。貧困や差別を如何に無くして行くことに専念してれば?

806 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 00:05:09 ID:+Uvsz4fa0
>>790
>そういう事言ってるから、冤罪理由の死刑廃止論は刑罰そのものの否定論だって言われるんだよ。

はぁ? 刑罰そのものを否定した覚えありませんが? 馬鹿?
後段もぜんぜん反論になってない
ごまかさないで>>789にちゃんと答えてごらん

>>792
>>642は「現行犯逮捕で冤罪はありえないから冤罪根拠の死刑廃止論は成り立たない」旨を主張しているから、そうじゃないでしょと言っている。
後段は意味不明だね。

>>793
>死刑廃止と関係は無いな。

>>642が「現行犯逮捕は冤罪がない」からというありえない理由で死刑廃止論を否定しているから反論してるだけの話。
後段はまたもや意味不明。

総じて、存置論者は国語力がなさすぎ。もうあきれて物が言えない。。。






807 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 00:08:52 ID:8xY1vt6+0
>>799
>しかし死刑の代わりに別の刑を設ければ,話は変わるのではないだろうか。

同意だね。
私は、再審請求権を原則的にほとんど与えない死刑を廃止し、拷問刑を導入せよと主張している。

808 :なんでん観念:2009/12/23(水) 00:27:07 ID:TJYKdkAX0
>>806
ロンパースだよね。まだロンパースをきているお年頃?ちょっと付き合ってあげようかね。
この場合の現行犯逮捕とは、民間人のことは含まない。理由は簡単、現在進行中の殺人行為
を逮捕権があるからといって行使するのは難しい。110番通報するのが普通だ。それに、冤罪
になる逮捕権の行使を民間人が行った場合、権利の乱用で逮捕監禁罪になるのは先に誰かが
書いていたな。
それから、緊急性を要しない場合は警察でも緊急逮捕はしない。任意同行、出頭要請の後
逮捕状を示して通常逮捕が普通だ。
そして、衆人環視の中、現行犯逮捕した場合に冤罪を作り出すのはかなり難しい。集団催眠を
するか、警察官が目撃者すべてを殺す以外に捏造は無理だ。秋葉原の事件など、死亡者の数は
その場に居合わせた人間の数の1%にも満たない。それでも、捏造できるというなら
それも可能だろう。絶対、は無いのだから。それは、被害者複数、現着までに通報者も目撃者
も殺害。この場合は現着の警察官の現場目撃者しかいないからだ。
しかし、この場合は犯人を取り押さえられた言うことだから、逮捕状の執行は連行後になり即日
起訴もされないだろう。レスしないと思うが書いてみた。でも、廃止論とは関係ないな。

809 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 00:40:16 ID:mZIUv5iz0
>>806
>はぁ? 刑罰そのものを否定した覚えありませんが?

覚えはなくても事実上そうなってるって事は、君の考えが浅いということだよ。

810 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 00:52:35 ID:ARQaCsGl0
>>805

>辟易するならここに来なけりゃいいのに。貧困や差別を如何に無くして行くことに専念してれば?

アホか。お前みたいのが辟易される様な事言わなきゃ良いんだよ。
少しはまともな事言えw

811 :存置派:2009/12/23(水) 01:09:56 ID:Rf/jn8ZY0
>>806
…どうでもいいけど、いわゆる「現行犯」として扱われる場合は捏造は相当難しいと思うけどねえ。
得てして不特定多数の、利害を持たない人間が周囲に居るケースばかりだから。
まさか、そいつら全員恫喝か買収をし、それに成功する可能性なんて考えてるわけじゃなかろう?

そもそも戦前ならばともかく、この現代においてどれだけの頻度で冤罪が発生するのか、
さらにその冤罪が獄死までの間で晴れる可能性はどれだけなのかってのは考えたことがある?
…いや、まぁ「冤罪獄死よりも冤罪死刑の方が許されない。なぜなら俺が嫌いだから!」という
信念の持ち主であるなら、まぁ、考えないで良いと思うんだけど。

812 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 01:13:56 ID:8xY1vt6+0
>>808
>冤罪を作り出すのはかなり難しい。
>それでも、捏造できるというならそれも可能だろう。絶対、は無いのだから。

>>789の反論になってないどころか認めてしまっているよw
君はあまり議論になれてないようだからもういいよw
他の人で反論希望


813 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 01:18:54 ID:8xY1vt6+0
>>811
あのねw
簡単か難しいかという話じゃないの
>>642は「現行犯逮捕に冤罪はありえない」と主張しているから反論しているだけなの。
で、それが「ありえる」かぎり、>>642の存置論根拠は破綻してるわけ。
わかった?


814 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 01:20:12 ID:NlRx7vj90
>>809
刑罰そのものというより、裁判でどんな証拠を示そうが「絶対」はない、冤罪の可能性があるということだから
有罪にすらできない。
司法制度そのものを否定しているということになる。

ID:+Uvsz4fa0は、こういうことを理解できないアホだから廃止論者なんだろうよ。

815 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 01:21:18 ID:iCzY9MDW0
監禁大好き君ですか?

816 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 01:22:37 ID:mZIUv5iz0
そもそも質問に質問で返してる時点で>>789>>642への反論になってない。
しかもその質問の内容が意図不明で意味不明

817 :なんでん観念:2009/12/23(水) 01:50:09 ID:TJYKdkAX0
>>812
ロンパースですか?今日テレビで、犯罪者の逮捕の瞬間というのをやっていましたが
君の言い方は、その時の犯罪者の物言いと同じだね。自分の言うことを正当化できないと
議論を遮るという、子供の理論だね。
反論て100%の反論を求めているの?そこらへんは書いたけど読めなかった?いや、読まなかった?
ロンパースもドラックスターも脳内麻薬の分泌がおかしいのかな?

818 :642:2009/12/23(水) 01:56:37 ID:Z7OcJeAZ0
>>813
君ねぇ。

@全てのケースで冤罪の可能性が100%ない
A冤罪の可能性が100%ないケースがある

母集団の違う話をしたり顔でされても相手にできないよ。
君は@に持っていきたいんだろうけど、Aの話だよ。これを曲解という。

Aなら死刑の選択に何の障害があるのかと言っている。
>642の他の要因を上げるも良し、それ以外でもいいが、冤罪が
100%ないケースがありえる以上、それでもなお死刑制度に反対
するには他の理由が必要だろ?

ちなみに、他の要因に一切触れないのは、冤罪のみを問題にして
いるのかな?


819 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 02:34:48 ID:mZIUv5iz0
>>818
仮に@だったとしても、現行犯をの捏造を疑うということは、
もはや神ならぬ人間の認識能力そのものへの疑いだから、>>790

>そういう事を言うなら、君はまず自分の主張が何らかの原因による捏造である可能性を疑うべきだし、
>他人にもそれを疑ってくれと言っているのと同じ事なので、自滅理論でしかない。

が成立して終了するのがオチだしな。

その上そんな疑いを根拠に刑を否定できるなら、全ての刑が否定できてしまう事も無視されてるから、
どちらにしても完全に行き止まり。

820 :存置派:2009/12/23(水) 02:46:21 ID:Rf/jn8ZY0
>>813
言葉遊びをしたいのかなぁ。
根本的に、君は何故「冤罪がある限り死刑は許されない」と思うのかな?
「〜という確立があるから」で済ませるのであれば
それこそただの懲役でも「獄死をする可能性があり、それは死刑と同じ」といえると思うけどね。

821 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 02:48:14 ID:ARQaCsGl0
そもそも冤罪で死刑判決喰らう人間が主張するのは自身の無実だろ。
例え自分が冤罪で死刑判決喰らったから死刑廃止してくれなんて主張もおかしい。
つまるところ廃止派の主張が余計なお世話なんだよね。

822 :大江健三郎:2009/12/23(水) 04:11:05 ID:N+AnChROO
>>806
お前、俺に既に論破されてるのに、気付いてないみたいだな。しょうがねーヤローだなー

お前俺のケツの中でションベンしろ!!

823 :大江健三郎:2009/12/23(水) 04:23:03 ID:N+AnChROO
>>821
お前も既に俺に論破されているのに気付いてないみたいだなー。困った子猫ちゃんだ。

ど、どうかな…これから…

824 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 07:08:25 ID:LiwjMFxk0
>>772
>万引き犯捕まえたことあるけど、
→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…
何の万引きですか。
それこそ、自己責任というものでしょ。
せいぜい、警備員に報告すればいいでしょ。
もっと巨悪と戦っては如何ですか…

825 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 07:22:41 ID:mZIUv5iz0
廃止論者の本性

・あくまでも、私の立場は、いわば「基本的人権は絶対」という宗教を信じているようなものです(爆笑)
・→相変わらず、頭の悪そうな日本猿だな!(爆笑)
・→オマエ、あたま、おかしいんじゃないの?(超爆笑)
・感受性が鈍く、「頭悪い」のはあなたの方でしょう。(爆笑)(^^)v
・→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…               ←NEW!

826 :もの申す!:2009/12/23(水) 08:09:45 ID:1ODCOS+a0
>>796
>本当にこういう人がいるとは思わなかった
→いや、人々の間に疑心暗鬼が広がることの方が問題でしょ。「人を見たら泥棒と思え!」
みたいな社会には住みたくないですね(苦笑)
犯罪者の多くは、自分の犯罪行為を悔悟反省するのではなく、
「もっと上手くやればよかった」と後悔するのです。
「見つからなければ何をやってもいい」という社会の行き着く先は、
犯罪者と警察官が社会の大きな部分を占める、全体主義国家です。
ある宗教家は「全体主義はある意味、理想!」と言ったそうですが、
この男は「人権」の意味、「人間の尊厳」の意味、「民主主義」の意味がわかっていなかったのでしょう。
前にも書きましたが、古来より、民主主義は寧ろ、危険思想とされてきました。
ところが、これからの世界ー21世紀、22世紀、23世紀の世界は、民主主義、人権尊重を中心に
据えない限り、未来はないのです。さもなくば、自己崩壊するだけでしょう(泪)
今から考えても、あのオウム真理教問題を思い出す度に不愉快になります。
仏教団体を装おう団体が殺人集団だった、というのもショックでしたが、それに対応する日本国民、政府の異常ぶりに
不快になります。
別件逮捕を連続して行い←日弁連は一応抗議したが。国会では、罪刑法定主義の原則がふっとんで、
オウム新法なるものを慌てて成立させました。
ある日本の高校では、生徒に校則を公開しない上に、やたらに細かい規則で、生徒をがんじがらめにしていました。
普通の生徒にとって、どうでもいい問題、では済まないでしょ。
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub2-82.htm「法三章」も独裁権力による支配が懸念されます。
死刑存廃論スレですから、最後に死刑と日本の民主主義に関して述べます(爆笑)
「死刑の密行性」←これが最大の問題なのです。
法務省というのは特殊な権能集団で、検察庁とどういう関係なのか説明できる人っているんですかね。
その法務省が適当に百人以上いる死刑囚から、一度に、3人、4人と選んで執行してきたのです。
その基準も非公開です。鳩山元法相の「死刑の自動化」の方がまだ好意をもてますが、それなら、なんで、
精神異常が疑われた宮崎勤を逮捕後、20年近く経ってから、死刑を執行したのでしょうか。
冤罪が疑われる死刑囚を「疑わしきは執行せず」と、20年、30年、40年と拘禁して、獄死させるのは人権侵害でしょ。
そういう意味では、たとえ死刑が廃止されても、問題は残るということです。

827 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 08:34:46 ID:mZIUv5iz0
>>826
的外れ

828 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:15:55 ID:KcR6JgnMO
>>789
じゃあ、秋葉原の加藤や宅間に冤罪の可能性を見いだせるか?
見いだせるとしたらその根拠は?

829 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:24:40 ID:KcR6JgnMO
>>824
>→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…
>何の万引きですか。
>それこそ、自己責任というものでしょ。



他人に迷惑をかけるのを『○○くらいで』で済ませる心理は、なんの躊躇いもなく凶悪な犯罪を犯す犯罪者の心理にも共通しているなな。
その結果が死刑でも、それこそ自己責任と言うものでしょ。

830 :大江健三郎:2009/12/23(水) 09:26:28 ID:N+AnChROO
万引きぐらいで現行犯逮捕か…許してやれよ

ついでに死刑も廃止だー!!
どんどん廃止だ〜!!
もう刑罰そのものが必要ねー!!

831 :大江健三郎:2009/12/23(水) 09:32:13 ID:N+AnChROO
>>829
てめー、万引きぐらいでガタガタ言うんじゃねーよボケ!

832 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:34:47 ID:nwwk+jkO0
>>814
「冤罪の可能性がある」ということから「司法制度そのものを否定している」ということは導出されないよ
たとえば再審制度は冤罪の可能性を認めることを前提にしている


833 :大江健三郎:2009/12/23(水) 09:39:50 ID:N+AnChROO
万引きぐらいでガタガタ言うなってこった

834 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:42:55 ID:nwwk+jkO0
>>818
>A冤罪の可能性が100%ないケースがある

>>642はその例として現行犯逮捕を挙げているわけだけれど
それ自体が誤認、捏造の可能性がまったくないとは言い切れないことは
>>808をはじめとする他の存置論者も認めているはず。
「冤罪の可能性が100%ないケース」を具体的に挙げてもらえないでしょうか。

835 :大江健三郎:2009/12/23(水) 09:46:26 ID:N+AnChROO
万引きぐらいでガタガタ言うんじゃねー!!

冤罪ぐらいでガタガタ言うんじゃねー!!

はい、論破な。

836 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:51:47 ID:nwwk+jkO0
>>820
懲役刑は命を奪うことを内容とする刑ではなく、服役囚が生きているかぎり、弁護士その他の支援者の活動により新証拠を集め再審請求をすることが可能であり、もし再審で無罪確定したら本人は国家から補償を受けられる。
しかし死刑は法規定上は確定後6カ月間しか再審請求権の行使を認められておらず、本人は補償を受けられない。
死刑は他の刑とちがって服役囚本人が補償を受けられる可能性をほとんど奪う点で問題だということ。

837 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:55:11 ID:KcR6JgnMO
>>834


>>828に答えてからにしろよ。

838 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 09:55:39 ID:mZIUv5iz0
ID:nwwk+jkO0
もう同じ事何度も言われてるが

>>832
その反論じゃ死刑だけを区別できる理由になってないよ。
つまり「司法制度そのものを否定している」ということは導出される。

>>834
で、人間の認識能力の限界を考慮して現行犯逮捕も疑い
「誤認、捏造の可能性がまったくないとは言い切れない」
と認めさせたとして、君はそこから何を導出する気なのかな?
死刑だけの否定には繋がりようが無いよ?

「そういう事を言うなら、君はまず自分の主張が何らかの原因による捏造である可能性を疑うべきだし、
他人にもそれを疑ってくれと言っているのと同じ事なので、自滅理論でしかない。」

839 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:05:56 ID:mZIUv5iz0
>>836
「命を奪うことを内容とする刑」が刑罰に含まれていてはならない とか
再審請求権をいかなる刑でも無制限に与えなくてはならない という客観的根拠がない。

根拠がなくてよいのなら、おのおのの理由で現状を肯定する論全てにも正当性が生まれ、
結果、多数決により廃止論は不採用となるだけ。

つまり君の話は世論を覆して法律を改変できるレベルの話になっていない。


840 :大江健三郎:2009/12/23(水) 10:24:25 ID:N+AnChROO
>>839
ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

841 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:52:32 ID:nwwk+jkO0
>>828
可能性はゼロではないでしょう
行為自体は事実では教唆の下でやった可能性を判定するのには
現場の行為以外の事実認定が必要になってくる

842 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:52:58 ID:nwwk+jkO0
× 行為自体は事実では
○ 行為自体は事実でも

843 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:55:26 ID:mZIUv5iz0
そろそろ廃止論者は「死刑が死刑だから感情的に受け入れられないんだ」って前提がある事を認めた方がいい。
そうすれば、今すぐには大衆に受け入れられないかもしれないが、時代が変われば受け入れられるかもしれない。
廃止論から感情論を排除するという発想自体が、もう時代遅れ。

これ以上、存在しない理屈を存在するかのように見せかける技術を磨いても、卑怯者というイメージを増長するだけ。
卑怯者はどういう時代でもまっとうな人間からは疎まれるのが宿命だから、自ら正道を閉ざしているのと同じ事。

844 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:57:01 ID:mZIUv5iz0
>>841

>>838

845 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:57:16 ID:nwwk+jkO0
>>838
理解力のない人だね
私は再審制度という司法制度を認めてるといってるでしょ・・・

後半のレスに対しては>>836が答えている

846 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 10:59:44 ID:nwwk+jkO0
>>839
それが「客観的な根拠がない」というなら、
「極刑が死刑であるべきである」という判断にも「客観的根拠がない」よw

847 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:01:14 ID:mZIUv5iz0
>>845
だから?死刑存廃と関係あるの?

あと、理解力が無いと認定するのは勝手だけど、理解できない人が圧倒的多数な哲学が必要な理論は
それだけで政治的には致命的欠点となるということを頭に入れておいた方がいいと思うよ。

848 :大江健三郎:2009/12/23(水) 11:02:41 ID:N+AnChROO
>>843
(*)

849 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:04:08 ID:mZIUv5iz0
>>846
お互い根拠がなくてよいのなら、おのおのの理由で現状を肯定する論全てにも正当性が生まれ、
結果、多数決により廃止論は不採用となるだけ。

>>836に対しては>>839

850 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:07:16 ID:nwwk+jkO0
>>843
>そろそろ廃止論者は「死刑が死刑だから感情的に受け入れられないんだ」って前提がある事を認めた方がいい。

そういう廃止論があることは事実だね
しかし私の廃止論の根拠はあくまで再審請求権の行使可能性の不公平な配分にある

むしろ、極刑は死刑であるべきと「感情的に」前提しているのは存置論者のほうでしょうw

851 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:10:00 ID:nwwk+jkO0
>>847
>だから?死刑存廃と関係あるの?

>>836を読んで理解できなければもう何も説明しようがないよw

852 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:10:50 ID:mZIUv5iz0
どうもID:nwwk+jkO0 は、「相手が間違っていれば自分が正しい」と勘違いしている節があるな。
1+1=1が間違っている、と指摘する事が、1+1=3が正しい事の証明になる、というレベルの誤り。

853 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:11:50 ID:KcR6JgnMO
>>841
行為自体が事実なら冤罪にはならない。
教唆の下で行われてたとして情状酌量の理由にはなるかも知れんが、それは冤罪とは関係ないな。

854 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:12:42 ID:nwwk+jkO0
>>849
意味不明だけど、そう言っちゃうのなら、
「お互い根拠がなくてよいのなら、おのおのの理由で現状を肯定する論全てにも正当性が生まれ、
結果、多数決により存置論は不採用となるだけ。」
とも言えるけどいいのかな?w

855 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:13:11 ID:mZIUv5iz0
>>851
それこそ>>839を読んで理解できなければ説明しようがないのと同じ事。
君が諦めて損するのは君だけなのが現状なのでこっちは全然かまわないが。

856 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:13:57 ID:mZIUv5iz0
>>854
いいんじゃない?日本では成り立たないけどがんばれ。

857 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:15:00 ID:nwwk+jkO0
>>853
他の例でいうと、外形的行為は事実でも被告が心神喪失ならそもそも無罪になりますよw

858 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:17:09 ID:mZIUv5iz0
>>857
その心神喪失が濡れ衣でないとどうやって証明するのかね

859 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:24:01 ID:KcR6JgnMO
>>857
お前にとっては無罪=冤罪か?
破綻した屁理屈で誤魔化してないで早く宅間や加藤の冤罪の可能性を示せよ。
可能性が0じゃないと言ってるんだから当選根拠があるんだよな?

860 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:26:15 ID:r063AZEC0
>>832
再審制度で、死刑が確定されたら、お前はきちんと認めるんのかな。
それも否定するくせに、馬鹿なこと言うな?

>>836
死刑の存廃ではなく、死刑運用の問題で却下。
また、犯罪者の年齢で再審請求権の期間が異なる問題についても言及なし。

>>846
その一例、
http://www.geocities.jp/aphros67/indexs.htm
相対的応報刑論に基づく死刑存置論

861 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:27:10 ID:KcR6JgnMO
>>859
当選→当然

862 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:29:04 ID:nwwk+jkO0
>>858
>その心神喪失が濡れ衣でないとどうやって証明するのかね

そりゃ精神鑑定でしょw
そして精神鑑定も人の判断であるかぎり常に誤りである可能性がある
その点でも再審の可能性を残すために死刑は妥当ではないということ。

「濡れ衣」の用法がおかしいね。

863 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:29:37 ID:r063AZEC0
>>857
お前の判断だと、全ての犯罪は冤罪で無罪だな。
もしそうでなければ、死刑とされる犯罪にも冤罪でないものが含まれる。

864 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:30:20 ID:nwwk+jkO0
>>859
だからもう既にレスしてるじゃん
何回同じこと言わせるんだ?

865 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:31:08 ID:nwwk+jkO0
>>863
意味不明 

866 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:32:26 ID:qD0KYQwf0
>>828
>加藤や宅間に冤罪の可能性を見いだせるか?
http://blog.goo.ne.jp/j-j-n/e/7be57277c26d19573b21b4be81895059
(日本裁判官ネットワークブログ)
鳩山法相の法的定義「一審判決から無罪は冤罪といわない」
http://stone.dialog.jp/voice/view/1636
→死刑存廃問題と冤罪死刑は全く別、と主張する存置論者がいるようです。
それも、一理なし、とはいえません(爆笑)
もうすっかり過去の人となった観がある、鳩山氏ですが、当時の発言は法相時代のもので
それなりに重みがあります(苦笑)
結局、鳩山法相は後で訂正したらしいですが?、冤罪とは罪がないのに罰を受けること、
と狭く定義したかったらしいのです。
私は、「なるほど!」と合点したのです。
冤罪死刑囚で有名な袴田氏や帝銀事件の平沢貞道氏、昨年獄死した、三崎事件の
荒井氏などには、刑が執行されたわけでないから、「冤罪ではない!」と頬被りをしたいらしいのです。
しかし、冤罪についての厳密な法律定義は存在せず、せいぜい「確定判決によって罰すせられた」とか
「真犯人が判明して無実が晴れた」場合、冤罪としたかったらしいのです。
ところが、冤罪死刑囚は何十年も拘禁されている実態は、代用監獄云々より、既に彼等は
厳しい罰を受けているといっていいでしょう。
政治家や宗教家は、疑われるだけで社会から抹殺されることも珍しくありません。
それを弾圧!とか言って面の皮厚く、済ますほど世の中甘くありません(苦笑)
痴漢の誤認逮捕でも、それが、もし三度起これば、その人の社会的地位は地に落ちたといっていいでしょう(涙)
加藤や宅間、さらにはオウム死刑囚にしても、「犯罪の事実」≠有罪なのです。
犯行時の心神耗弱の有無を徹底的に調べることが重要です。
果たして、特定の事件が「特殊な人格による特殊な事件」なのか、「本人の意志(故意か)」によって、
科料が違うのは当然でしょう。<刑法>↓
第38条 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
何より、現代の刑の目的の目的は、「被害者の復讐」というものであってはならないのです(現在、被害者感情が強調され過ぎ!)
何より、刑の目的は教育で、再犯を防止するところにあるのです。場合によっては隔離は必要でしょうが、
「死刑=被害の回復」くらい錯覚はないのです!

867 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:34:02 ID:MGhJvzDC0
>>850
>しかし私の廃止論の根拠はあくまで再審請求権の行使可能性の不公平な配分にある

これどういうこと?よくわかんないからもう少し詳しく説明して。

868 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:39:43 ID:nwwk+jkO0
>>860
再審請求は一度却下されたからといってもうできないわけじゃないですよ

>死刑の存廃ではなく、死刑運用の問題で却下。

運用って具体的にどうすんの?
執行しなければならない期限を伸ばしたからといって
死刑であるかぎり、
法的に保証された再審請求可能な期間は他の刑に比べて短くなるよ

869 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:40:07 ID:r063AZEC0
>>865
現行犯でも冤罪の可能性があるんだろ?
全ての犯罪において、冤罪が疑わしいと思ってるんだから、
無罪になってしまうのが、お前の言ってること。
違うんなら、死刑判決でも間違っていないものがある。

再審うんたらは、運用の問題であって存廃とは関係なし。

870 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:41:47 ID:nwwk+jkO0
>>867
同じIDを追って読んでください

871 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:41:54 ID:r063AZEC0
>>868
犯罪起こした年齢によって、最新期間短くなるよ。
違いまっか?
人間死んでも再審できるよ。違いまっか?

死刑存置の客観的理由の反論もよろすく。


872 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:42:34 ID:r063AZEC0
>>871
最新→再審

873 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:44:59 ID:nwwk+jkO0
>>869
ほんと理解力がない人だな
A「任意の行為について冤罪の可能性がある」
から
B「その行為は無罪である」
が論理的に導出されないのは明らかでしょう?

Aから導出されるのは
C「その行為は無罪である可能性がある」
だよ


874 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:45:12 ID:mZIUv5iz0
>>862
要するに、死刑でさえなければキチガイ認定→病院幽閉薬物漬けでも良いというわけだね。
その発想は廃止論者の中ですらほとんど拒否されるだろ。

結局君は再審の可能性のためなら冤罪の人間をよりひどい境遇に落としても良いと言っているわけで、
それは君の自己満足と国の責任回避の役にしか立たない。

君のやってる事は廃止論の理念とも正反対の行為だね。まあ言論は自由けど説得は無理だな。

あと、「濡れ衣」の用法はおかしくないよ。

875 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:45:15 ID:r063AZEC0
>>870
再審で、死刑確定したら認めるんだろ?
それとも、終身刑なら認めちゃうって馬鹿なこと言わないよな。

876 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:46:25 ID:r063AZEC0
>>873
そうなら、再審で死刑確定したら認めるんだろ?

877 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:48:47 ID:nwwk+jkO0
>>871
>人間死んでも再審できるよ

そのとおり
でも死刑執行後に再審無罪になっても本人は国家による補償を受けられないね

878 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:49:24 ID:r063AZEC0
>>877
それは、獄死でも同じだね。

879 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:49:36 ID:nwwk+jkO0
>>876
だからお前は刑訴法読め

880 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:50:08 ID:r063AZEC0
>>877
つ 徳島ラジオ商事件

881 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:50:09 ID:nwwk+jkO0
>>878
獄死は刑の内容じゃないよ

882 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:50:23 ID:mZIUv5iz0
>>873
いずれにしても、死刑だけを否定するためにその理屈を持ち出す意味が無い。

883 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:50:31 ID:nwwk+jkO0
>>880
だから「本人は」と書いてるでしょ

884 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:52:40 ID:mZIUv5iz0
>>881
刑の内容として死を与えてはいけないという根拠が無い。
再審請求の平等性から見れば、獄死にも問題がある。

君の言ってる事は支離滅裂。

885 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:53:50 ID:mZIUv5iz0
>>883
だから獄死も本人は無理

886 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 11:54:35 ID:r063AZEC0
>>881
終身刑の内容は獄死。
>>883
「刑確定後に死亡」「獄死」「死刑」どれも、完全冤罪の場合、
「本人は、」保障を受けられましぇーん。

廃止論者のダブルスタンダード乙。


887 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:01:39 ID:LiwjMFxk0

>>826

常 識 皆 無 !

非 社 会 的 !

支 離 滅 裂 !

論 理 破 綻 !

異 常 人 格 !

脳 障 害 !



888 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:06:38 ID:mZIUv5iz0
死ぬまで投獄とか25年以上の投獄は死刑よりも残酷、としている廃止国・廃止論が少なからずあるのに
死刑でさえなければあとはどうでもいいとするID:nwwk+jkO0 の廃止論はどうにも無理がある。

889 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:14:42 ID:MGhJvzDC0
>>870
>同じIDを追って読んでください

読んだ。


>死刑であるかぎり、
法的に保証された再審請求可能な期間は他の刑に比べて短くなる

から、

>再審請求権の行使可能性の不公平な配分

がキミの廃止支持の主な理由ってことであってる?

890 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:15:14 ID:nwwk+jkO0
かろうじて意味がわかるものにだけレスするね

>終身刑の内容は獄死。

あのね、それ「刑の内容」の意味が違うから。
終身刑の内容は「自然死するまで出獄させないこと」であって、「死刑によって出獄させないこと」じゃない。



891 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:18:15 ID:nwwk+jkO0
>>888
いい突っ込みくれたねw
私は廃止論の根拠は「死刑が残酷であること」ではなく、もっぱら再審請求権の行使可能性の不平等性にある。
したがって、より残酷かもしれない拷問刑を導入してもよいという立場。

>>889
yes

892 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:20:49 ID:mZIUv5iz0
まあ「終身刑は緩慢な死刑」としている廃止論もあるわけだが。
ID:nwwk+jkO0 は絞首刑で思考停止してるだけ。

>>890
>かろうじて意味がわかるものにだけレスするね

君の場合、「意味を理解したくないものにはレスしないね」といった方が正しい。

893 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:22:20 ID:nwwk+jkO0
>>892
きみがもし法学部学生なら教授にこのスレ見せてみ
どっちが意味不明か教えてくれるからw

894 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:24:38 ID:wecucp7lO
>>891
再審請求権の機会が増えたって、それまでの過程が死刑より過酷じゃなぁ……
結局、冤罪者に対しては何の助けにもならないというオチ

895 :存置派:2009/12/23(水) 12:25:56 ID:+0CJxb6z0
>>836
うん、だから結局のところ、冤罪を晴れる可能性について
「服役中」に比べ「6ヶ月内」の方が僅かに可能性が低い、というのが問題なんだよね?
冤罪→死刑にしろ、冤罪→獄死にしろ、結局は死ぬわけだし。
ただ、その話をするならば、大本の可能性、凶悪事件における冤罪発生の確率自体を
述べなきゃいけないと思うんだけどね。違うかな?
まぁ、6ヶ月経たないと起きない何かがあるなら話は別なんだけど、
普通の証拠というのは時間が経てば経つほど集めにくくなるんだから、余計にね。

根本的に、刑罰があって、それのエラーの救済処置としての補償なわけだから
「この刑罰を実行する上で齟齬が生じるから、補償についてはこのようにしよう」はあるだろうけど
「この補償をしたいから、刑罰をこう変えよう」っていうのは、本末転倒。

例えば君の場合、
「死刑の場合のみ、遺族についても再審請求を認め、補償を受けられるようにする」とされたら
それでいいのかな?

それと横レスだけど
>>832 について再審制度は「冤罪の可能性があるから『徹底的に精査を重ねよう』」であり
「冤罪の可能性があるから『冤罪であることを前提として諸制度を構築しよう』」ではないと思うよ。

896 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:25:59 ID:nwwk+jkO0
そろそろ出かけないといけないから今日はここまでな
とにかく反論になってる、意味不明でないレスを頼むな

897 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:29:27 ID:mZIUv5iz0
>>891
いいんじゃない?日本では成り立たないけど発言は自由だから。

いずれにせよ君の考えは非常に浅いし、基準はきわめて主観的だし、
議論上でも非論理的で魅力もないから、受け入れられる事は無いと思うけど。

898 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:30:29 ID:KcR6JgnMO
>>864
説明出来ずに逃げたねw
今までの説明だと君の言う冤罪は無罪の事だったって結論になるんだけどOK?

899 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:30:29 ID:wecucp7lO
>>893
法学持ち出したって国民の理解に繋がる訳じゃないしな。ドイツだって、絶対的終身刑が『生きながらの埋葬』、つまり本質的には死刑と変わらないと見られたからこそ、国民の反発を買い廃止に追い込まれた。

法学的にどうか以前に、制度として成り立つか、受け入れられるかの段階で躓いてるんだな。

900 :存置派:2009/12/23(水) 12:32:55 ID:+0CJxb6z0
>>890
「受ける側」の視点から見れば、君の捉え方は正しい。
受刑者にとっては、「自然死するまで出獄できないこと」と
「死刑によって出獄できないこと」は、それはそれは大きな違いだろう。

でも、一般人、または刑を「行う側」の視点からすれば
死刑も終身刑も「更生が不可能と判断した人間の、社会からの永久の隔離」であり
受刑者が生きているか死んでいるかというのは、二義的な部分なんだ。
…いや、まぁ、さらに抑止やコストって面で見ると、諸々違うんだけどさ。

「される側」ではなく「する側」の視点をちょっと持ってごらん。

901 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:33:05 ID:mZIUv5iz0
ID:nwwk+jkO0 からは、今まで言われて悔しかった台詞を覚えて、シチュエーション無視して使ってる臭がする。

902 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:40:28 ID:wecucp7lO
>>901
死刑反対君しかり、長文矢印しかり、観念君しかり。廃止論者ってのは基本そういう奴らの集まりだろう、少なくともにちゃんに来て、死刑存置論を否定する為に廃止論者を名乗ってるような奴はさ。

903 :大江健三郎:2009/12/23(水) 12:40:47 ID:N+AnChROO
>>901
お前はもうすでに俺に論破されてるのに気付いてないみたいだなー

お前俺のケツの中でションベンしろ!

904 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:47:13 ID:mZIUv5iz0
ID:nwwk+jkO0 は法を使って人より優位に立ちたいという欲望を隠すだけの知恵が回ってないから、
学校/職場でもそれほど敬意を払われていなくてストレスがたまってるんじゃないだろうか。

やっぱり>>555なのかね



905 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:53:30 ID:eR0ev4Lo0
>>904
大体合ってる。
問題は「八割の死刑存置」と「二割の廃止論者」の間にある「受け止め方の感覚の違い」が、何処からくるのかだな。

存置派は死刑を「被害者視点」で見る。
廃止派は死刑を「加害者視点」で見る。

これが何を意味しているか。


906 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 12:54:38 ID:KcR6JgnMO
>>902
それぞれ個性的だな。
レスだけで各自判別出来るぞw
今まで来てたのは死刑反対君だしな。

907 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 13:03:22 ID:mZIUv5iz0
>>905
彼の場合、加害者視点被害者視点というより、自分視点しかないのが問題な気がする。
コミュニケーションの次元で問題がある。

一種の自閉症かな。

908 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 13:06:45 ID:wecucp7lO
>>906
正直反対君は、初期のイカれ方が酷かったから、今のって随分無個性に見えるんだよな。

909 :大江健三郎:2009/12/23(水) 13:18:02 ID:N+AnChROO
しっかりケツの栓締めとかないとな

910 :大江健三郎:2009/12/23(水) 13:22:36 ID:N+AnChROO
ニコチン
ハミチン
僕ヤリチン

911 :大江健三郎:2009/12/23(水) 13:41:56 ID:N+AnChROO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!
ヒャハー!!
どんどん殺せー!!
どんどん殺せー!!

912 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 14:08:51 ID:MGhJvzDC0
>>891
拷問の辞書的意味は自白を強要するための手段みたいだけど、拷問刑のキミなりの定義は何?
身体刑と絡めて説明してくれれば私的に理解しやすそうだけど。

あと、拷問刑は憲法や国際法規に抵触しそうだけどそのあたりはどう考えてるの?

もう1つ、仮に死刑にしかない抑止力が実証されて、それが社会の秩序維持に極めて有効であった場合でも
キミは、再審請求権の行使可能性の不公平な配分という理由で廃止派の立場を変えるつもりはないの?

>>905
キミの視野が狭いということを意味しているかな



913 :大江健三郎:2009/12/23(水) 14:42:39 ID:N+AnChROO
>>912
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

914 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/23(水) 15:38:43 ID:OjfJVoxv0
>797

レッドカードは基本次の試合には出れる
だから喩えるなら死刑じゃなく終身刑

>798 「馬鹿って言うやつが馬鹿だよ、ばーか!」 って言っているように聞こえるよ

最後の「ばーか!」は言ってない
え?言ってるように聞こえるって?
人は鏡

915 :大江健三郎:2009/12/23(水) 15:49:00 ID:N+AnChROO
>>914
男は度胸!
なんでも試してみるのさ。
きっといい気持ちだぜ。


ほら、遠慮しないで入れてみろよ。

916 :大江健三郎:2009/12/23(水) 15:53:38 ID:N+AnChROO
死刑大好きー!!

917 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:14:53 ID:mZIUv5iz0
>>914
君の言う「次の試合」は、>>797の例えで言うと来世。
わざわざ得意げにずれた解釈をする必要は無い。

918 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:17:29 ID:ARQaCsGl0
だから冤罪で死刑になった人間がいたとして、死刑制度のどこに落ち度があるんだよ?
冤罪を生み出すシステムを無くす努力を永久に続けろよ。
少なくとも俺を含めた存置派は例え自分が冤罪で死刑判決を喰らったとしても
死刑制度廃止を訴える以前に自分の無罪を訴えるんだよ。
冤罪を喰らう可能性を認めても死刑を存置させた方が社会全般、自分にとってもそれはそれで利益を
教授出来たと考えてる。
もし将来自分が冤罪で死刑になったとしても死刑制度を受け入れる。それが死刑制度を支持している人間
の考え。要は圧倒的多数がそう思っているってこった。
お前らの押し付けがましい主張はもういい。余計なお世話。
嫌ならとっとと冤罪で死刑になる事が無い国で暮らせ。
こちらは冤罪で死刑になる可能性があっても死刑制度のある国で暮らすだけ。文句があるなら反論してみろ。

919 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:19:17 ID:qD0KYQwf0
>>899
>絶対的終身刑が『生きながらの埋葬』
→マジでその通りだったら、現在、存置を主張している人でも
意見を変えますよ。
現在、多くの国民が錯覚しているのは、死刑が耐えられないくらいの残酷な刑だということです。
確かに、残酷な刑でしょうが、耐えられないほどの辛い刑ではないのです。
年間、3万人の自殺者を思えば、「あなたは死刑囚になりたいか、それとも自殺したいか」を尋ねれば、
間違い無く、「死刑囚!」でしょう。
(死んだ方がまし!(爆笑)というような酷い処遇を受けている)死刑囚の自殺者は殆どいません。
工夫次第によっては、楽しいかもしれません。
平沢貞道氏は健康体を保ち、95才の天寿を全うしました。収監年数37年は世界最長ですが、
これを日本の恥と思わなかったのは、おかしいでしょ。
平沢貞道氏=は拘置所で、独房と専用のアトリエも用意されていたといいますが。
私は、それを知ったとき、「ばかばかしい」(笑)と思いました。
「それなら、いっそうのこと、出してやれよ」と。
これから、本当に日本が死刑を廃止して、終身刑を導入するなら、
受刑者をどう処遇するのか、課題になるでしょう。
本当の、本当の極悪人と僅かでも更生の見込みのある人と一緒の施設に入れていいのか、
という問題もあります。
全国の拘置所に散らばる死刑囚を一つの刑務所に移すのか。
そこはスーパーマックスのような施設にするのか、という問題もあります。
もし、新刑務所を作るとしたら、地元の経済利益は相当な額になるでしょうから、
誘致合戦も起きてくるかおしれません。創価学会の巨大墓苑よりも割がいいでしょう。
私自身は観てないのですが、坂上香監督「ライファーズ(終身刑を超えて)」は
是非、観たいと思っています。
http://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html

920 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:31:56 ID:mZIUv5iz0
>>919
ドイツで言え

921 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:36:19 ID:LiwjMFxk0
>>919
いい歳をしたオカマなんだだから、一度読み返せよ。
毎回毎回必ず鼻くそみたいなタイポがあるってお前の脳みそ絶対におかしいよ!
それに、文章が幼稚すぎ。
「〜でしょ」とか「いっそうのこと」とか、もうアホかとバカかと(苦笑)

922 :大江健三郎:2009/12/23(水) 16:37:44 ID:N+AnChROO
>>919
刑罰はそもそも残酷でなきゃ意味ないんだよ。

ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

923 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:38:50 ID:qD0KYQwf0
>>918
>冤罪で死刑になった人間がいたとして、死刑制度のどこに落ち度があるんだよ?
→お前、アフォちゃうか?(爆笑)
死刑制度の最大の欠点が「冤罪死刑」なのです!
「あっ、間違えた!」では済まないのです。
終身刑で冤罪だった場合は、どうでしょうか。
日本からのDVDでザスクープ(テレ朝系)で、それに近い実例がありましたね。
まず、1終身刑の場合、本当に冤罪だったら雪冤される可能性は0ではない
2憲法16条「請願権」を保証することになる。現行憲法でも、死刑囚遺族が再審請求をすることは可能だが、
「死人に口なし」故、有名無実。3命は一人に一つだけ。冤罪死刑の可能性が一億分の一ならOKというものではない。
絶対に0でなければならない。
果たして、人の世に「絶対」は存在するのか。その問題は、神仏の世界であって、人間が決定することではない。

924 :大江健三郎:2009/12/23(水) 16:41:32 ID:N+AnChROO
>>923
お前俺のケツの中でションベンしろ!!

925 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:42:59 ID:LiwjMFxk0
>>923
お前、アフォちゃうか?(爆笑)
書き込む前に一度読み返せと言われているのに、実行できないのは大馬鹿なのです。
「あっ、間違えた!」では済まないのです(大爆笑)

926 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:44:20 ID:LiwjMFxk0
>>772
>万引き犯捕まえたことあるけど、
→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…
何の万引きですか。
それこそ、自己責任というものでしょ。
せいぜい、警備員に報告すればいいでしょ。
もっと巨悪と戦っては如何ですか…

927 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:45:28 ID:LiwjMFxk0

万引きくらい・・・

万引きくらい・・・

万引きくらい・・・

万引きくらい・・・

万引きくらい・・・


928 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:46:37 ID:LiwjMFxk0

死刑くらい・・・

死刑くらい・・・

死刑くらい・・・

死刑くらい・・・

死刑くらい・・・


929 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:47:23 ID:ARQaCsGl0
>死刑制度の最大の欠点が「冤罪死刑」なのです!
>「あっ、間違えた!」では済まないのです。

最大の欠点?根拠無し。

>「死人に口なし」

上等。

>絶対に0でなければならない。
>果たして、人の世に「絶対」は存在するのか。

はい、たった2行で盛大に自爆。爆笑w



他に文句ある奴出て来い。

930 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:47:34 ID:LiwjMFxk0

戦争くらい・・・

戦争くらい・・・

戦争くらい・・・

戦争くらい・・・

戦争くらい・・・


931 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:48:27 ID:LiwjMFxk0

もっと巨悪と戦っては如何ですか・・・

もっと巨悪と戦っては如何ですか・・・

もっと巨悪と戦っては如何ですか・・・

もっと巨悪と戦っては如何ですか・・・

もっと巨悪と戦っては如何ですか・・・


932 :大江健三郎:2009/12/23(水) 16:50:15 ID:N+AnChROO
>>926
なに万引きぐらいでガタガタ言ってんだよ!!!氏ねー!氏ねー!

冤罪?ハァ(´Д`)?そんな細けえこと汁か!死刑は存置じゃ〜!

933 :大江健三郎:2009/12/23(水) 16:53:11 ID:N+AnChROO
>>929
お前俺のケツの中でションベンしろ!

934 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 16:54:53 ID:LiwjMFxk0

ジョージ・ウォーカーはオカマです。

またの名をyurikoと言います。

UCB卒と詐称しています。

かつて傷害事件も起こしました。

でも脳障害者だったので不起訴になりました。

だから「凶悪犯は全員障害者だ」と甘えたがります。

早く死んで欲しいものです。


935 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 17:06:00 ID:k/mWc49u0
>>834
あんたにはほとほと呆れたね
100%冤罪が有り得ないケースを具体的にあげようか
『私の目の前で犯行が行われた場合』 だ!
命を懸けて保障する

>>914
馬鹿っていう奴が「馬鹿」 までは認めるわけだよね?
本当に自分にだけは適用されない「人は鏡」 だね

936 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 17:16:01 ID:ARQaCsGl0
絶対は無いなんていってる中二病の廃止派に問う。
一般犯罪は死刑廃止で国事犯などの犯罪で死刑は有りと言うダブスタの根拠はなんだ?
一般犯罪と一緒くたにするな、などと言う根拠の無い反論は受け付けん。
家畜、虫ケラの命は無碍に扱ってもそれがただ人であるからと言う理由だけで命を奪ってはいけない、
とするなら例えば戦犯者の死刑も認められないはずだがな。
まあ個人的には人と虫ケラの境界線にも答えてもらいたいところだが今はその部分に答えろ。

937 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/23(水) 17:34:23 ID:OjfJVoxv0
>935 『私の目の前で犯行が行われた場合』 だ!

まぁでもそれが真実かどうかは目撃してない他人には分からない訳で

> 本当に自分にだけは適用されない「人は鏡」 だね

人は鏡

938 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 17:47:35 ID:k/mWc49u0
>>937
>まぁでもそれが真実かどうかは目撃してない他人には分からない訳で

だから何?
現行犯逮捕のケースに、目撃していない他人を考慮に入れる意味がわかりませんが
その場での買収その他の捏造の可能性について言ってるんですよ?

939 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 17:49:19 ID:mZIUv5iz0
>>937
もう少し考えて喋れ

940 :なんでん観念:2009/12/23(水) 17:50:30 ID:TJYKdkAX0
きょうは休日だったんだね。こっちは仕事でこんなに進んでるとは思わなかった世。
結局、廃止論者は、なぜ自分は廃止を訴えているかということを、明確には示せない。
自分が感情的なのに、感情論は否定する。刑を自分に運用されることを前提に考えて
恐怖を感じている。冤罪は存廃に関わらず駄目と結論が出ていることに気づいていない。
廃止派は自分が罪を犯しても、それは冤罪である。反論という言葉が好きだが、返答
という言葉を知らない。こんな感じですか。

941 :存置派:2009/12/23(水) 17:53:55 ID:+0CJxb6z0
>>919
…あのさ。刑務所が地域経済の振興に役立ったっていうケース、一つも聞いたことないんだけど。
(「国が住民の不安解消や治安維持などの都合で追加予算をだした」ってケースなら何件も聞いたけど)
君、何か具体的な事例があって「地元の経済利益は相当な額になる」って言っている?
それともただの妄想?
妄想ならそれでもいいんだけど、収容人員数に比べ、金を落とす=外に出られる人間が
圧倒的に少ないって言う刑務所の特性、どう妄想するの? 

>>923
ほう、冤罪死刑が「最大の欠点」ね。だとすれば、死刑には何も欠点がないということだ。
最大の欠点が欠点足りえないならば、他の欠点はそれ以下。欠点の総和は0+0+0・・・=0だ。

冤罪死刑の問題の本質は「無実の人間を死刑にする」ことではなく
「無実の人間を死に追いやる」ことにあるだろうよ。
つまり、死刑を廃止したところで、冤罪獄死があるならば同じことだ。
じゃ刑罰自体を廃止する、または刑期を異常に短くして冤罪獄死の可能性を下げる…
…というわけにもいかないのは、理解できるだろう?

君は「人間に『絶対』はない」という言葉を軽く考え過ぎているから、
「人間が罪のない人を『絶対』に殺さないためには、刑罰という小手先を変えれば十分だ」などと考えるんだ。
神仏に祈るにしろ、もう少し謙虚な気持ちで祈った方が良いんじゃないか?

942 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 17:55:41 ID:k/mWc49u0
理論武装=メッキ

大衆に対して自身の思想 (死刑廃止) を訴えるのに、分かり辛い偉そうな講釈を並べ立てても無駄
だれにでも分かりやすいように、自身の腹の中にある言葉で訴えなければ誰の心にも届かない

と、思うがどうか?

943 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 18:03:34 ID:k/mWc49u0
こう言うと、いつもの人が「人は鏡」とか言い出すのだろうが果たしてそうだろうか
現状で死刑制度がある日本にとって、死刑存置の考えを持っている側が「大衆」だ
それに対して自身の思想を訴えかけているのが廃止論者達だ
ここでは便宜的に「対談スレ」 となっているが、実際は、「廃止論者の声に耳を傾け、その真偽を問うスレ」 だな
少なくとも、ここにいる廃止論者達の評価は確実に「偽」 に傾いている

944 :なんでん観念:2009/12/23(水) 18:06:38 ID:TJYKdkAX0
ロンパースは「絶対」には答えた気になっているが、民間人が逮捕権の行使について
この論議に含んでいたのか?冤罪、云々は裁判で争うでは駄目なのかね。
過去の冤罪については、存置派も遺憾に思っているし、死刑が執行されたのは残念に
思ってる。だから、再審請求のたいして公平に行えばよいだろう。それに、捜査技術の
進歩が冤罪を減らすし、警察、検察の捜査に非協力的な反権力者の廃止論者も捜査に協力
すればいい。

945 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 18:23:37 ID:qD0KYQwf0
>>929
>>絶対に0でなければならない。
>果たして、人の世に「絶対」は存在するのか。
はい、たった2行で盛大に自爆。爆笑w
>>935
>100%冤罪が有り得ないケースを具体的にあげようか
『私の目の前で犯行が行われた場合』 だ!
命を懸けて保障する
→別々の方でしょうが、一緒にレスさせて頂きます。
>>929は『「冤罪死刑が0にするべき」という絶対はありえぬ』から、間違い。
とでも言いたいのでしょうか。
失礼ですが、もうバカかと。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
そういうのを「揚げ足を取る」というのです。
死刑(国家権力による殺人)を如何なる条件下でも禁じるとすべきなのです。
ただ問題があるとすれば、拡大自殺の延長のような「スイサイドバイカップ」(警察官にわざと撃たれて死亡する)
というケースもないことはありません。
それで、もしも、警察官のもつ武器は、絶対に致命傷を与えるものででない、としては如何でしょうか。
それで「凶悪犯のやりたい放題」で、そんな危険を警察官は負うべきでない、という声が聞こえそうです。
しかし、それを実際に実行して成功している例が、ヨーロッパではあるのです。
果たして、警察官に拳銃を持たせる必然性はあるのでしょうか。
日本でさえ、警官が拳銃を使っての自殺や、殺人はないとはいえないのです。
武器の携帯は必要でしょうが、殺人の可能性のある武器は携帯させるべきではありません。
>>935の「目の前で行われた犯罪」ですが、
これは実際に外国で起こったことですが、深い催眠状態にあった人が、
自分の意志に反して殺人をしたということがありました。
真に裁かれるべきは、催眠をかけた人でしょう。
そういう意味で、私は例外はあるべきだと思いますが、転向した革命家や新興宗教信者は
無罪にするべきだと思います。




946 :大江健三郎:2009/12/23(水) 18:24:40 ID:N+AnChROO
>>944
お前は既に俺に論破されているってことに、気付いてないみたいだな。
お前俺のケツの中でションベンしろ!

947 :なんでん観念:2009/12/23(水) 18:32:03 ID:TJYKdkAX0
>>945
はぁ?

948 :大江健三郎:2009/12/23(水) 18:32:15 ID:N+AnChROO
>>945
ほら、遠慮しないで入れてみろよ。

949 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 18:41:59 ID:ARQaCsGl0
>失礼ですが、もうバカかと。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

余程悔しかったようだな。こう言う罵声大好きだよ。

>これは実際に外国で起こったことですが、深い催眠状態にあった人が、
>自分の意志に反して殺人をしたということがありました。

いや、催眠ってのは殺人などの人間が本来嫌悪を感じる行為をかける事は出来ない。不可能。
でなければ催眠術を利用してとてつもない数の殺人が行われているはずなんだよ。
その件で言えば本人が殺人を是とする資質を持ち合わせていて催眠を言い訳に使用したと捕らえるべきだな。

>それで、もしも、警察官のもつ武器は、絶対に致命傷を与えるものででない、としては如何でしょうか。

これは初めてお前に同意してやる。最終的な目標が殺人ではなく犯人の無力化であり、
結果的な死は事故である、と。
しかし緊急避難、正当防衛、どこをとっても殺人は致し方ないって筋の通らない廃止論者が大半だろ。



950 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 18:51:38 ID:ARQaCsGl0
でまあついでだから少々おつむのオカシイ長文に>>936に答えてもらおう。
決して逃がすつもりはないし、どこまで煮詰まろうが追い込んでやるから覚悟しておけよ。



951 :yuriko:2009/12/23(水) 19:04:06 ID:N+AnChROO
>>950
>決して逃がすつもりはないし、どこまで煮詰まろうが追い込んでやるから覚悟しておけよ。
→お前頭お菓子ーんじゃねーのか
ここは匿名の掲示板なんだから、いつどんな風にレスを返そうが、自由だろーが。
「逃がすつもりはない」って、お前はストーカーか?
議論に熱くなり過ぎるとすぐ「逃げるな」とか言う馬鹿がいるけど、
お前はそういうタイプだな

952 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 19:04:21 ID:MGhJvzDC0
>>950
その情熱をもう少し建設的なことに傾けた方がいいんじゃないの?

953 :大江健三郎:2009/12/23(水) 19:10:54 ID:N+AnChROO
>>952
うん、yurikoを追い込んでも、むなしいだけだよね。

ところで俺のキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?

954 :なんでん観念:2009/12/23(水) 19:20:15 ID:TJYKdkAX0
>>945
リーサルウエポン、アンリーサルウエポンの云々かんぬんはアメリカでは有効な
議論だが、拳銃の使用規定が厳しい日本では、あまり意味が無いな。つい最近
発砲できるようになった日本では、いまだにサスマタが有効兵器。

955 :死刑のない刑法を作ろう!:2009/12/23(水) 19:30:57 ID:qD0KYQwf0
>>941
>まり、死刑を廃止したところで、冤罪獄死があるならば同じことだ。
じゃ刑罰自体を廃止する、または刑期を異常に短くして冤罪獄死の可能性を下げる…
…というわけにもいかない
→パスカルは、人を人生という牢獄にいる、死刑囚に例えました。
釈尊は人生を生老病死の四苦と捉えました。
私が主張してるのは、「人間が神仏に代わって、罰を与えるのは間違い」です。
他人が苦しむ姿を心地よく感じるのは人間だけではないでしょうか。
溜飲を下げるといいますが、他人が不当に幸福になっているのは、自分の犠牲の上に
立ていると思いがちです。
ところが、仏教で「因果応報」ともいいますが、
自分が自分の不幸な原因を作ってるのに、その事実を受入れたくないのが人間というものなのです。
死刑なしの行刑体制を作っても、必ず、そこには矛盾が生じるのです。
あらゆる矛盾がマジックのように解消するということはありえません。
それでも、死刑だけは、「生命刑」ともいわれるように、あまりに特殊なのです。
他の刑罰は、基本的に教育刑であり、刑期を終えたら、人間的に成長していることが期待されます。
しかし、死刑だけは、「別に代わらなくていいから、さっさと大人しく、消えてくれ!」というものです。
現実には、最近の傾向に見られる、確定から執行までの期間が短くなる、ということはあります。
しかし、お陰で、「執行されない確定囚」が増加する一方なのです。
かつては、再審請求率が100人虫、40人だったのが、今では60人なのです。
もし、将来、再審請求率が80人になることもありえます。
そうしたら、そもそも、「確定判決」に意味ないだろ、ということになります。
冤罪獄死でも、心臓病の人が冤罪で逮捕されたせいで、心臓麻痺で死ぬということだってありますね。
科学捜査技術の向上、より開かれた、公平な裁判を実現するなどの努力を続けていくしかない、
と思います。
最も恐れるべきは、「どうせ矛盾はあるのだ」と自棄(やけ)になることです。
死刑存廃論でいえば、まずは死刑を廃止した上で、司法改革を根気強く続けるべきなのです。

956 :なんでん観念:2009/12/23(水) 19:42:24 ID:TJYKdkAX0
>>955
100人虫さん。因果応報の使い方適切ですか?因果はめぐるなら殺人犯は?

957 :大江健三郎:2009/12/23(水) 19:49:17 ID:N+AnChROO
>>956
バーカ無罪に決まってんだろ?
yurikoにとっちゃ、たかが殺人ぐらい、だ!

958 :このスレのまとめ:2009/12/23(水) 19:58:02 ID:N+AnChROO
万引きくらい

959 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 20:14:37 ID:KcR6JgnMO
>>958
そんなに軽く言えるのはyuriko本人も全く罪の意識を持たずに日常的に万引きしているか、万引きなど比較にならないもっと重大な犯罪を犯しているかだろうねw


960 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 20:19:10 ID:oC7T/EWXO
どーでもいいけど、やっぱりヤクザは死刑反対派が多いのかな?

961 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/23(水) 20:22:20 ID:OjfJVoxv0
>938 目撃していない他人を考慮に入れる意味がわかりませんが

裁判に関わる人はみな目撃してない他人なんだからさ
つか をちつけ

962 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/23(水) 20:24:27 ID:OjfJVoxv0
>943

どっちに傾けようとお前の自由だけど、>24-30に反論はないの?

963 :観念は具現化する ◆3PwDX5T6IA :2009/12/23(水) 20:31:59 ID:OjfJVoxv0
>960

指詰めればけじめがつくと勘違いする馬鹿が多いくらいだから、根本的に死刑大賛成だろ

964 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 20:47:33 ID:E6C4+tEe0
午後になって急にレベル下がっててワロタw

965 :大江健三郎:2009/12/23(水) 20:52:59 ID:N+AnChROO
だ 誰か… わしのウンコを食ってくれ〜!!
アッー! ぶりぶりぶりぶり
アッー! ぶりぶりぶりぶり

966 :大江健三郎:2009/12/23(水) 20:56:07 ID:N+AnChROO
死刑大好きー!
ヒャハー!ヒャハー!
どんどん殺せー!モリ(糞が漏れた音)

967 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 21:12:13 ID:k/mWc49u0
>>962
>>942の意味が伝わらないようで残念だ

968 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 21:13:10 ID:RzdzFvViO
逃げるなって言う馬鹿がうんぬんかんぬんだけどさ、
誰がどう書こうが自由だろ?

969 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 21:14:59 ID:fHUXO4p30
人権死刑反対派は自分の命掛けて反対しろよ。
中途半端な運動じゃなく、仕事も社会生活も捨てて廃止運動だけに邁進してみろ。

死刑廃止ビジネスやってんじゃねーよ。

970 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 21:17:22 ID:k/mWc49u0
>>961
ああ・・・・そもそも現行犯逮捕自体を否定するのね
じゃあ死刑云々じゃなく、刑の執行そのものが無理じゃないのか?無茶苦茶だな

971 :存置派:2009/12/23(水) 21:50:04 ID:04AmFX8o0
>>955
…明らかに論理が通じなくなってるんだが…俺、君のトラウマか何かに触れるようなこと言った?

刑罰の根本的な目的は社会の治安維持なわけで、更生ってのは手段に過ぎないんだよ。
ぶっちゃけた話、君が「たかが殺人ぐらい」って思う人間であろうとも、
遺族を「怒りに捉われてるなぁウププ」と見下す馬鹿でも、毎日宅間でヌイてる変態さんでもかまわない。
実際に犯行に走ったり、他人の権利を害したりしなければ、更生させる権利は国にはないんだ。
ただ、犯罪を行った場合は別。実際に他人の権利を侵害したんだから、
二度とそういうことがないよう考え方を変えてもらう。それが「更生」ってこと。

繰り返すけど、目的ではなく、手段に過ぎない。
だから更生という手段が不適当な対象に、別個の手段として殺害を用いるのは、特殊でも何でもない。
ただ単に君がこだわってるだけ。

別の人へのレスになるけど、
「国家権力による殺人を如何なる条件下でも禁じるとすべき」だそうだけど、
それは抑止力の存在が立証されてもなのかな?
自称・米国在住であれば、アメリカの警察官の拳銃が
何故マンストッピングパワーを求められたかも全く知らないわけはないよね?
それこそ、君の肩入れするテロリストや新興宗教団体だの、あるいは麻薬常習者には
およそ「殺せない武器」では意味がないって、アメリカで立証されたからなんだけど。
繰り返しになるけど、犯罪の被害者について、何故そこまで冷淡になれるの?

君の披露する宗教的知識のいい加減さからすると、多分仏教には明るくないんだろうけど、
禅宗の言葉に「色即是空 空即是色」ってのがあってね。
意味は微妙に違うんだが、まぁ、何度か目をつぶって唱えながら考えてみ。
死刑に対し、妙なこだわりを持っていないのかどうか、自分は本当に生命にこだわれているのかってさ。

972 :なんでん観念:2009/12/23(水) 21:57:30 ID:TJYKdkAX0
観念万年君、今日は淡白だね。レスされにくい相手狙い撃ち?ヤクザについて語るなんて
君らしくも無いな。ヤクザの価値観については学んで無いなら答えないほうが利口だよ。
いまどき指をつめてけじめとる組織なんかそんなにないよ。もっと多面的に学んでるのかと
思ったよ(笑)それに、反論を求めるなら、君も答えてあげなよ。

973 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 22:02:52 ID:iCzY9MDW0
>>963

死刑に抑止力があることが証明されました。

ソースは ttp://www.yahoo.co.jp/  でーす。





あれ、URL違ってた?

今忙しいから跡で探しとくよ。






さぁて、誰にレス返そうかな?

974 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 22:20:38 ID:k/mWc49u0
>>961
質問です。あなたにとって、確たる証拠が認められるケースっていうのはなんなんでしょうか?

975 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 22:25:02 ID:7UTmV/Aj0
いかなる理由があったとしても殺人者はクソだし脅威になるので殺して良いですが
被害者遺族なんかはきっと殺人者にも苦痛を合わせたいと思うでしょうから
「邪魔だから殺す」という短絡的な,第三者(国)の適当な処置(=死刑)は妥当じゃないかもしれない。
そういう観点で死刑よりも苦痛を与えるであろう終身刑等を望み,比較的苦痛の少ない死刑を廃止せよと言う人も多いのではないだろうか。

冤罪が云々と議論されているが,例え如何なる状態であっても,人間が嘘をつける限り真実は存在せず
そうなれば冤罪の可能性はなくなり得ないので,冤罪がある限り罰は無くすべきという考えは良くないと思う。
「疑わしきは罰せず」か「煙のないところには火は立たない」,どちらかに方針を固めて,
犯罪者を野放しにするか,無実の者を〆ちゃうか,決めるしかないと思う。

>>971
良く分からないけどアメリカのポリスがホローポイントなのは貫通して二次被害を出さないためだと思うよ。
まぁアメリカポリスがホローポイント使ってるのかどうか知らないんだけど,へへへ

976 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 22:29:35 ID:k/mWc49u0
974の続きです
聡明な貴方様なら何を言わんとしてるかは当然お分かりでしょうから先に言っておきます
974に貴方様が答えたケースに限って死刑を認める、それ以外は冤罪の可能性が僅かにでもあるので死刑は適用されない
とすれば、冤罪死刑だけは回避できるということになりますね

977 :死刑は已む無し:2009/12/23(水) 23:05:29 ID:k/mWc49u0
上のほうでも私自身がレスしましたが、廃止論者の声に耳を傾ける人に対して、「論破」を目指すこと自体が無意味なことだと何故分からないのかな?
だれも耳も傾けない、目を向けようともしなくなったらどうするの?
こちらが廃止論者を論破することを目指したとしたらどうなると思う?

>>785
>嘘も百篇唱えれば真実となってしまう、ということもある。
>どんなに荒唐無稽なレスが相手でも、正答を示すことには意味がある。

見逃していました、素晴らしいです

978 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 23:32:15 ID:HxRyNIQh0
性夜とは無縁なキモメンの集うスレw

979 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/23(水) 23:36:16 ID:WAz7QPAC0
論破を論破できない嘆き節w

980 :なんでん観念:2009/12/23(水) 23:59:11 ID:TJYKdkAX0
>>979
ロンパース?ところで、盗人にも3部の利と言うけど、3部も利はある?

981 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 00:08:50 ID:kg56tSMHO
>>962

お前自身がまず>24-30をしっかり読み込んでない事が明らかだという事についての反論まだ?

>24-30って要するに「死刑賛成派はムカつく」という事をダラダラと長文で綴ってあるだけなんだが。


982 :なんでん観念:2009/12/24(木) 00:29:19 ID:LAo9YaU40
3部は3分のつっこみなしか。

983 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 00:29:31 ID:o1VC6dnF0
賛成派って高校生中心?

984 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 00:41:19 ID:dDQWOY6rO
>983
なんでそう思ったの?
廃止派が幼稚園児だから高校生のお兄さんに見えちゃったのかな

985 :なんでん観念:2009/12/24(木) 00:48:54 ID:LAo9YaU40
ああっ。無責任な高校生に戻りてー。そして、無責任な廃止論者のような生き方してー。
て思うときはあるな。だって、おじさんだもの。

986 :死刑は窮極の事後策にすぎない:2009/12/24(木) 02:44:29 ID:Qe3xaPc+0
>>956
>100人虫さん。因果応報の使い方適切ですか?因果はめぐるなら殺人犯は?
→100人中ということですか。
因果応報とは、因果倶持(いんがぐじ)と本来は同じことです。
すなわち、結果だけを見て、「何で自分だけが」と人は思うものです。
しかし、実際は自分が何らかの因を作っている筈なのです。
他人や偶然に、自分の苦悩の原因を求めている限り、宿命に翻弄されるだけでしょう。
先日、ネットサーフしていたら、「人間万事塞翁が馬」について、面白いエッセーを発見しました。
http://ampm.exblog.jp/2451550/
「人間万事塞翁が馬」の心とは、いいことも悪いことも、長い目でみなければ、
それが幸福なのか、不幸なのかわからないくらいの意味でしょうか。
イソップ物語りでいえば、「ありときりぎりす」の話に通じるでしょうか(微笑)
私が>>955で言いたかったのは、「たとえ凶悪犯を亡きものにしても、その犯罪の起こった原因を考え、解決しなければ、
似たような事件は必ず、また起きる」ということと「犯罪は決して偶発的に起こったものでなく、長年の原因が
積み重なり、ある沸点に到達して犯罪者がそれを行動に移したに過ぎない」ということです。
今年、7月に執行された山地死刑囚でしたが、実は彼は司法の被害者ともいえると思います。
彼は元々、母親を殺害して少年院に入院していたのですが、出院するとき、
「法を犯すかもしれない(法を守りたくない)」とはっきり述べていたのです。
少年院がしっかりと、再犯を防ぐための矯正教育をしていたか疑問です。
特に、殺人の原因が「人を殺したかった」という快楽殺人ですから、事件は起こるべくして起こったのです。
長期の刑の後、受刑者を釈放する場合でも、果たして、その刑期は隔離のためなのか、社会復帰を目指したものなのかを
プログラムに参加させる前に、受刑者、刑務所は認識するべきでしょう。
また、これは繰り返しですが、死刑の本質とは、「別に反省しなくていいから、さっさと人間界から退場してくれ」
というものです。しかし、「死と壁」の著者、元大坂拘置所長の玉井氏が明らかにしているように
日本の死刑制度とは本来、「少しでも、真人間にさせてから、死ぬことで罪を償う」というものです。
死刑囚の中には、被害者の命日に執行を希望を希望する者もいたといいます。
しかし、時間差の無理心中など、本当に被害者は望むのでしょうか。
やはり、根本的には、少しでも「凶悪事件の起きにくい社会建設」を目指すべきではないでしょうか。

987 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 02:52:47 ID:PVH1HeeM0
>>986
本当に頭悪いな。
凶悪犯罪が起きない社会を理想とするのは当然だが、それでも犯罪が起きるんだよ。
俺たちはそれに対する罰を語っているんだ。
少し頭をまとめてから書き込め!
馬鹿が!

それから文章ももっと簡潔にまとめろ!
糞オカマが!

988 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 02:55:35 ID:PVH1HeeM0

頼 む か ら y u r i k o は 一 刻 も 早 く 死 ん で く れ 。



989 :大江健三郎:2009/12/24(木) 03:29:41 ID:SSMp0f1AO
死刑大好きー!!
ヒャハー!!!
ヒャハー!
ヒャハヒャハー!!!
殺せー!!殺せ!殺せ!!
どんどん殺せー!

990 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 04:02:20 ID:RQTekgBT0
所詮死刑廃止論は死刑に反対するのが目的で、相手の言葉に反応して理論組み立ててるだけだから主体性が無い。

各論に反論しているうちに核となる答えが存在する余地が無くなってしまう→それがばれる→信用を失う

この繰り返しでここまで世論を失った。

991 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 04:05:47 ID:Qe3xaPc+0
>>987
>凶悪犯罪が起きない社会を理想とするのは当然だが、それでも犯罪が起きるんだよ。
→これも繰り返しですが(微笑み返し)
平成20年くらいまでの世論調査では、国民の体感治安は戦後、悪くなる一方だったのです。
日本からのテレビドラマ「ブラデイマンデー」をレントしたことがあります。
あれは、明らかにオウム真理教事件を意識して作られたようです。
最初に原因不明の最近か、ウイリスらしきものに罹患するという話で、
教祖の格好とか、信者組織などオウム真理教を意識したものでした。
それが、結局、中性子爆弾を使ったテロということになりますが、非現実的になって、
白けてしまいました(涙)
そのドラマのヒーローは、さかんに、「今の日本は腐っている」と嘆くのですが、
「本当かよ?」と思ったのは私だけだったでしょうか。
鳩山法相(当時)に至っては、「論点2009」で、「国民は年々治安が悪化してきていると感じてるのではないか」
などと無責任な発言をしています。
ところが実際は、日本は年々、安全にない、住み易くなってきています。
国際的にみても、世界最低水準の凶悪犯罪発生率を誇っています。
まず、そのことを認識した上で、「低い犯罪発生をますます低くする方法とは何か?」を考えていくべきなのです。
鳩山法相の行った、死刑制度の強化が如何に、頓珍漢なものだったのか、ということです。

992 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 04:49:22 ID:RQTekgBT0
>>991
的外れ

993 :大江健三郎:2009/12/24(木) 04:51:44 ID:SSMp0f1AO
>>991
お前俺のケツの中でションベンしろ!

994 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:13:26 ID:PVH1HeeM0
>>991
お前の脳みそは「ウイリス」に感染して腐っているよ(大爆笑)
一々指摘しないけれど、相変わらずのタイポと文脈断裂。
お前、自分で自分の文章読んで恥ずかしくならない?
馬鹿が。

995 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:13:59 ID:G4NjKafK0
訂正>>991
>最初に原因不明の最近か、ウイリスらしきものに罹患するという話

最初に原因不明の細菌か、ウイリスらしきものに罹患するという話
>ブラデイマンデー→ブラディマンデー
>ところが実際は、日本は年々、安全にない、住み易くなってきています。
    ↓
ところが実際は、日本は年々、安全になり、住み易くなってきています。

996 :では問題です:2009/12/24(木) 05:18:49 ID:SSMp0f1AO
yurikoの股間には チソチソがぶら下がっている ○か○か

997 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:29:11 ID:G4NjKafK0
>>996
お前は、そういう下らないことを書いて恥ずかしくはないのかい?
今回は久し振りに、1000レスを達成できそうだ。
言いたいことは書いた。
観念さんもご苦労様でした。
<(_ _)>
自民党の単独政権が成立しないように、
日本で死刑が再開されることはないでしょう。
ただ問題は、裁判官の頭の中味を変えない限り、
死刑判決を出し続けるだろう、ということです。
日本から死刑が完全になくなるまでぶは、時間がかかりそうです。

998 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:30:31 ID:RQTekgBT0
>>997
いつも廃止論者のネガティブキャンペーン乙

999 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:31:35 ID:RQTekgBT0
廃止論者の本性

・あくまでも、私の立場は、いわば「基本的人権は絶対」という宗教を信じているようなものです(爆笑)
・→相変わらず、頭の悪そうな日本猿だな!(爆笑)
・→オマエ、あたま、おかしいんじゃないの?(超爆笑)
・感受性が鈍く、「頭悪い」のはあなたの方でしょう。(爆笑)(^^)v
・→万引きくらいで、現行犯逮捕ですか…   

1000 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/24(木) 05:32:25 ID:RQTekgBT0
テロ組織やギャングやマフィアの組織内に自然発生的に死刑が生まれるということは
つまり、命や財産を尊重する精神が欠けた人間にも、何の教育を施さなくとも理解されやすいということで、
それは死刑の他の刑では得がたい大きなメリットの一つと言える。

逆に言えば、説明するのにだらだらと長い文章を必要とする「一部の廃止論」は、
そもそもの理論の欠陥を置くとしても、それだけで大きな欠点であるといえる。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

499 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)