5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ死刑廃止を叫ぶのか?

1 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 13:47:22 ID:Jxxe8dNcO
@人が人を殺してはいけない!
→それ自体人間が作ったルールに過ぎない。だから同じ様に「殺人鬼の場合は殺していい(死刑)」というルールがあるだけ。
A冤罪がヤバイ!
→冤罪が起きる確率が3割こえるとかならまだ解る。極論はやめなさい
B死刑に犯罪抑止力は無い!
→じゃあ確実に抑止力のある代替案を持ってきなさいね。

死刑廃止論者の言ってる事って全て論破出来るんだが。
廃止論者って単なる釣り師なのかな?

2 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 14:15:40 ID:gLGw9NvTO
クソスレ

3 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 21:06:24 ID:/9XowWo70
一人でも間違って、法的に殺したらやばいんじゃないの?



4 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 21:21:45 ID:ulOS5ucd0
ロシアの殺人ビデオだけど
http://www.theync.com/media.php?name=6826-shocking-man-is-murdered

廃止論者はこういうの見ても価値観変わらないのかなあ

キレイゴトを言う前に

まずは見てもらいたい

怖くて見れないと思うけど

5 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 21:44:07 ID:qVFbqX8vO
>>3
再犯も「更正された」という、法的な間違いの上の「殺し」なのだが。
それはヤバく無いのか?

まあ、廃止論者と存置論者の違いはそこなのだから、食い違いが起こるのも仕方ないが。

6 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 22:40:35 ID:M3Qc7UQM0
>>3
冤罪で一人死ぬ割合より、事実に基づく有罪で死ぬ奴の方が割合として多いからな。
効率を考えれば多少の犠牲も仕方がない。

7 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/30(火) 23:28:57 ID:/9XowWo70
>>5-6
自分は、巻き込まれないだろうから関係ないというスタンスなんで
廃止論者ではないです。
もし間違って執行したのが、わかった時、それにかかわった人々は
どんな思いになってしまうのかと思ったんだ。

「ホリエモン」とか「白バイvsバス」とか「植草」なんかは死刑には
ならないからいいけど、国家vs個人では証明しても相手にされないし
私は貝になりたいみたいな場合は、特殊すぎて意味ないか?

8 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 00:14:40 ID:pImAqWF40
【光市母子殺害】被害者複数なら「原則」死刑適用のスタンス―裁判員制度に大きく影響
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080422/trl0804221221013-n1.htm

9 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 09:08:30 ID:8ptQgD/BO
>>7
それは死刑とは関係無いな。

君の考えている、間違えて死刑を執行した人が持つであろう「思い」は、間違えて執行した時には、どんな刑罰であれ起こる感情であり、どんな刑罰であれ持たなきゃならない感情だろう。
絶対的終身刑で獄中死させといて「直接殺さなくて良かった(笑)」も無いだろう?

無論、死刑の再審でも、恩赦期間でも見つからなかった冤罪が「死刑を廃止して絶対的終身刑を導入し、時間さえ与えておけばいつか発覚する」というのは、現実味の無い甘い考えだ。

絶対的終身刑でなければ、無期懲役。
この場合は当然、「間違えて死刑を執行する」の代わりに「間違えて更正してない犯罪者を世に送り出してしまう」という課題が持ち上がるだけの事。
更に、やはり「間違えて刑罰を執行してしまう」という問題からは逃れられない。

刑罰に関わる以上、自分の決断が他人の人生や生き死にに関わってしまうのは避けられない事だ。無論、そうならないように選択肢を削っていけば、刑罰は機能しなくなる。
大切なのは、間違いが起こらないようにする意識と体勢作り。

10 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 10:06:32 ID:wVzbPfzj0
>>4
残虐な殺人方法だったら死刑が肯定されるということですね。

11 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 10:27:56 ID:u8Etr5AQ0
残虐な殺人方法でも死刑を否定するということですか?

12 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 17:43:48 ID:Dz9vpEdG0
囚人の維持コストって問題はどーなるんだ?
税金が全くかからないなら死刑死刑なんて叫ぶ人は減るだろ

13 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2008/12/31(水) 20:18:10 ID:IxChaxcE0
獄中作業で、すごい芸術品つくって売ってるけど
時給いくらもらえるんだ?

14 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/02(金) 03:33:01 ID:sL8rZzsu0
>>13
芸術品は時給で計算できねーだろ。
で、その「すごい芸術品」って、ナニ?

15 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/02(金) 22:27:07 ID:55nIsfS60
>>14 和ダンスとか屏風とかすごいよ!

16 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/05(月) 21:31:05 ID:DUEm6OQlO
廃止論者は逃げたか

17 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/05(月) 21:53:37 ID:y5WagNXf0
>>1
そもそも、「論破」になっていないと思うんだが・・・

「凶悪犯を許すのか?」みたいな感情論になったらお終いだろ。
誰かが、「凶悪犯が死刑にしたい」って思ってるときに、
それを論理で否定することはできないよ。

でも、それって、「俺は死刑が好きなんだ、文句あっか」ってだけの話で
それ以上でも以下でもない。

18 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/05(月) 22:26:16 ID:d/DeqV/sO
>>17
んむ、それには同意だが、廃止論者の方が、感情論に終始してしまってる場合が多いだろう。

19 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/05(月) 23:46:12 ID:U7QdxdWR0
>>4
僅か一ヶ月の間に21人もの人間を快楽殺人。
しかも最初はネコを殺して練習。
犯人は当時19歳の少年3人組。
「大人になったときのために想い出を作っておきたかった」のが動機と見られる。

恐ろしい・・・。




20 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/08(木) 14:19:50 ID:4cH6+NsL0
>>4
廃止論者の死刑反対は、奇麗事で言ってるんじゃない。
この手の事を自分達もやって、その上で死刑になりたくないから反対しているだけ。

21 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/08(木) 21:45:08 ID:2eVWX9C30
>>1

俺が死刑存置か廃止派かは置いといて、問題は沢山ある

まず冤罪はそんな簡単に流しちゃいけない問題でしょ。
2.3件でも残虐事件が続けば世論に攻め立てられて法改正に動くケースがあるのに、
逆に2.3件が無実の罪で殺されても法改正にならないって一体どうゆう了見なのかさっぱり。
ちなみに冤罪については、
DNA鑑定を被告側が求める事ができない。
事件証拠の保管義務が事実上ない。
再審請求を受け付けもせずまったく裁判所側が取り合わない体質(己の間違いを認める事に繋がるため)
等、問題が山積み。
技術が日本より進んでるアメリカでさえ冤罪事件は毎年何十件とある。
ちなみにアメリカは被告側にもDNA鑑定も認めており、証拠保全も検察側や警察でもない第3機関に一任してる。

そして憲法上犯罪者であっても人権は存在する。制約はあるけどね
制約されるって所を強調して、死刑でも良いんだ!なんて極論する人もいるけど。
死刑ってのは昔から存在しててそれを今でも世論が認めてるから存置されてる形。ただそれだけ。

抑止力に関してはあるってデータもないってデータもあるね。
一部銃国家の治安が悪い地域では犯罪率が上がったケースもあるし、逆に欧州ではほとんど変わらなかったし。
もともと刑罰のほとんどが教育刑に当てはまるが、死刑に関しては完全に特異である為に廃止すべきって論が出てきてるわけで代替案は必要ない

22 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/08(木) 23:03:20 ID:IIxEuGb1O
>>21
>まず冤罪はそんな簡単に流しちゃいけない問題でしょ。
>2.3件でも残虐事件が続けば世論に攻め立てられて法改正に動くケースがあるのに、
>逆に2.3件が無実の罪で殺されても法改正にならないって一体どうゆう了見なのかさっぱり。

簡単な話。
死刑廃止は「冤罪を解決する手段」ではないから。


>そして憲法上犯罪者であっても人権は存在する。制約はあるけどね
>制約されるって所を強調して、死刑でも良いんだ!なんて極論する人もいるけど。
>死刑ってのは昔から存在しててそれを今でも世論が認めてるから存置されてる形。ただそれだけ。

何故「制約されるって所を強調して、死刑でも良いんだ!なんて極論」なんだ?
あらゆる刑罰が「この理論」で正当化されてる事実を知らない訳じゃないだろう?
世論が認められてるから存置されてるだけじゃない、きちんと、その存在は法の上に則ってる。

自身の裁量や判断で基準を作り、さも死刑に全く正当化が無いように語る君の方が、まったくの極論。
そもそも人権にしたって、有るも無いも無く、人が勝手に作った基準でしか無い。
人権は結構だが、それを普遍の真理や、揺るぎない事実のように語るのはどうだろうね。そこに理論は無いよ。


>もともと刑罰のほとんどが教育刑に当てはまるが、死刑に関しては完全に特異である為に廃止すべきって論が出てきてるわけで代替案は必要ない

も同じ。「刑罰の殆どが教育刑に当てはまるように作られた」だけの事で、刑罰の目的はそもそも教育では無い。
死を与える刑罰以外は、いずれ社会復帰がある。その為に「教育が必要になるだけ」。

逆なんだよ、考え方が。
刑期中に死ぬ事を前提とした死刑だけが「教育を必要としない」という事。

極めて単純。
当たり前の事なのに、なぜ特異と捉えるかが解らん。

23 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/08(木) 23:51:34 ID:2eVWX9C30
>>22

解決する手段になるでしょ。死刑による冤罪がなくなる。

死刑での冤罪とその他の冤罪ってまったく性質が違う。
死刑にされればもはや争う事すらできないわけで。

>普遍の真理や、揺るぎない事実
そんなものはない。そんな事言い出したら全てが無意味。というより論点にならん。

ちなみに憲法で人権が制約されつつも、残虐刑が許されていない、そして刑法でも受刑者の人権は認められてる。
刑務官であろうとも受刑者の人権を蹂躙すれば逮捕される。現状を見て受刑者に人権がないなんて言える状況じゃない。
そうあって欲しいとゆう肯定派の理想でしょ

ただ一つ当てはまらないように作られた死刑を特異と言わずなんと言うんだ?
必要としないって言い方に変えても特異だしな。
教育する事を存在意義とする事が教育刑であって、教育刑の観点から見れば明らかに特異

そもそもってのも時代に置いて法の解釈や異議も変わってきてるわけで死刑だけ時代から置いてけぼりくらってるだけ。
応報刑しか当てはまらない死刑は19世紀の異物とすら言える

死刑の基準も実に曖昧。残酷?凶悪?心証で人の生き死にを決めようって考え方がまずおかしい。
3人殺せば死刑?2人?残酷なら1人でも?範疇を越えてるよ。
教育刑を前提に立てればできても応報刑じゃ無理だな。


24 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/08(木) 23:56:22 ID:SYIKSqWdO
>>21
教育刑は、学問上の区分。
代案の要請は、社会制度としての見地。

刑を軽減しても、重くしても、
冤罪の発生した結果に影響はあっても、冤罪の発生する確率に影響はない。
ちなみにお前の挙げた日本の司法の問題点は
全て死刑があっても改善可能。

…確かに、お前は存廃以前だな

25 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:18:04 ID:xpD1OmecO
>>23
>解決する手段になるでしょ。死刑による冤罪がなくなる。

で?
DNA鑑定を被告側が求める事ができる様になる訳じゃない。
事件証拠の保管義務が出来る訳じゃない。
再審請求を受け付けもせずまったく裁判所側が取り合わない体質が改善される訳じゃない。

勿論、争う事が出来るようになる訳でも無い。冤罪請求が切られれば、それでおしまい。
何も変わらない。

提示された問題点の解決に結びつく訳じゃなく、冤罪のまま見捨てる事になる事実は全く変わらないのに、「死刑にしない事」が、何故解決になるのか。
勿論、これらの問題点の解決には、死刑廃止が関係ない事は言わずもがな。
単に、死刑にならなくなるという事でしかない。


>教育する事を存在意義とする事が教育刑であって、教育刑の観点から見れば明らかに特異

死刑は教育刑じゃないからな。
社会復帰を前提とする刑罰を教育刑、社会復帰を前提としない刑罰は当然教育刑じゃない。
ゴールが違うのに、道筋が同じな訳が無い。

社会復帰を前提としない刑罰を、社会復帰を前提とする刑罰、教育刑の観点から見れば、異質に見えるのは当たり前。


>死刑の基準も実に曖昧。残酷?凶悪?心証で人の生き死にを決めようって考え方がまずおかしい。

なら、機械にでも裁かせたらどうだ?
心証によって量刑が左右するのは、あらゆる刑罰において当たり前であり、当然の事。
死刑だけがダメってのは、君の主観でしか無い。

心証によって量刑が左右されるのが嫌なら、まずは現在の裁判そのものをひっくり返してからだ。

26 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:25:03 ID:xpD1OmecO
>>25
ミス
×冤罪請求
○再審請求

27 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:30:37 ID:/0TCT+t/0
特別擁護

28 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:32:20 ID:c8n3ti2N0
>>24

刑法の概念の話じゃないか
概念に反した社会制度である事を批判する事になんら矛盾はないけど?

改善可能。じゃなくてそれらの上に成り立ってる時点で問題なんじゃないか。
結果に問題がある。じゃ悪いのかねぇ?それに死刑の冤罪は明らかに特異。

ちなみに存置派ってみんなそんな挑発的なの?

29 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:33:04 ID:/0TCT+t/0
>>28
無学なネトウヨだからだよ

30 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:41:32 ID:c8n3ti2N0
>>25

>改善される訳じゃない

それはそうだね。冤罪問題ってのは死刑以外でももちろん存在してそれ自体も問題だ。
ただ、死んでしまえばもはや終了だが、死ななければ切られてもまた請求できる。
生きていれさえすれば色々な意味を持ってくる。

死刑がなくなる事によって「死刑の冤罪」がなくなるからさ。意味については上記

教育刑ってのは刑法全体を捉えてのものだから死刑だけ外したらそれこそ意味が無い。

心証を教育刑を前提とした上で語るのはいいんだよね。ただ応報刑で極刑において心証を語るのが愚行だって言ってるだけで。
更正や社会復帰を置いた上でそれを尺度にするのはある程度許されるべきと考える。

31 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 00:49:47 ID:xpD1OmecO
>>28
本質が「違う」のだから、「違う」のが自然なのであって、特異でも何でも無い。

日本の刑罰が教育刑しか存在しちゃいけないなんて、誰が決めた?

まあ要するに、社会復帰させなきゃ駄目、だから死刑廃止。って事でしか無い。
とどのつまり、犯罪者を殺しちゃ駄目って言ってるだけって事に、いい加減気付こうや。


>>30
>ただ、死んでしまえばもはや終了だが、死ななければ切られてもまた請求できる。
>生きていれさえすれば色々な意味を持ってくる。

「再審請求を切る」って行為は、再審する意味が無いと判断するって事。
再審する価値を見いださないのに、懲りずに請求する事に価値を認める?
矛盾、というよりは「無責任」の領域だな。

「再審する価値は無いけど、懲りずに請求すれば?」って事か。


>心証を教育刑を前提とした上で語るのはいいんだよね。ただ応報刑で極刑において心証を語るのが愚行だって言ってるだけで。

君が決めた「良い」「悪い」を押し付けられる方の身にもなってくんないかな?

32 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 01:06:34 ID:c8n3ti2N0
>>31

同じ刑法であって概念が丸で真逆ってのは矛盾以外の何者でもないんじゃない?
一貫性がないってのは十分批判の理由になるでしょ。

とどのつまりその通りだよ。人を殺す資格は誰にも無いって事。
ましてや犯罪者じゃないかもしれない人間を殺してしまうかもしれない制度は必要ない。

再審する事に意味があるかないかってのは本人が判断する事。
科学の進歩や時間が経過してから新たな情報や可能性が見えてくる事だってあるんだよ。
アメリカでは未解決事件で何十年も立ったものでも捜査する部署があったりするし。映画にもなったらしいけど。

人を生き死にをさじ加減一つで決めちゃうような形を良い形だと思うの?

33 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 01:28:16 ID:xpD1OmecO
>>32
>同じ刑法であって概念が丸で真逆ってのは矛盾以外の何者でもないんじゃない?
>一貫性がないってのは十分批判の理由になるでしょ。

真逆?どこが?

君が勝手に、刑罰の目的を教育と勘違いしてるだけの事で、そう思ってるから「真逆に見える」だけの事。
刑罰の目的は、あくまでも罰だから。

教育ってのは、その過程で必要になったものでしか無い。
事実、刑罰の満了は「教育の完遂具合」を基準にしたものでは無いだろう?


>ましてや犯罪者じゃないかもしれない人間を殺してしまうかもしれない制度は必要ない。

んじゃ、仮釈放も無しにするか?
刑務所の判断で、犯罪者じゃない人間を殺してしまうかもしれない制度だが。

まあそしたら、刑務所内で獄中死させてしまう事になるけどな。

解るか?
犯罪者じゃない人間を殺してしまうかもしれない可能性を0にして犯罪者を裁くなんてのは、有り得ない事なんだよ。
「自分の判断が誰かを殺してしまうかも知れない」
常にその危険を持ち合わせながら、司法ってものは行われる。

直接手を下さなけりゃ良い、つまり死刑じゃなきゃ良い、みたいないい加減な考えで下せりゃあ、君の意見も、まあ有りだとは思うがね。


>人を生き死にをさじ加減一つで決めちゃうような形を良い形だと思うの?

匙加減一つで決めてる訳じゃないから、何とも言えないな。
無責任な君の匙加減一つで、全てを生かすのは、非常に危険で、この上無く悪い形だとは思うが。

34 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 03:17:51 ID:8rXnTQABO
>>1って意味分かって言ってるのかな

35 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 07:33:33 ID:SJZCcnQJO
>>28
費用対効果や防犯を理由に批判するならともかく
「概念に反しているから」で批判する時点で学問のための学問。
神学ならそれでよいのだろうが
実際の凶悪犯を前に「概念に反するから処置はない」では通らないよ
…まぁ代案も何も、死刑以外の刑って懲役か罰金ぐらいしかないんだけどさ。

冤罪についても
仮に死刑に治安上プラスの効果があるなら
(…ここで「そ、そんなものはない!」と脊髄反射的に行うのはやめてくれよ)
まず冤罪発生の確率を下げ
それでも存置のメリット>冤罪による死刑の損失のとき
初めて廃止されるべきってこと。

36 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 08:00:40 ID:fmaHXKdu0
>…まぁ代案も何も、死刑以外の刑って懲役か罰金ぐらいしかないんだけどさ。

結論としてはそれで良いと思うがねぇ。
懲役と罰金もそうだが、むしろ俺が言いたいのは、犯罪者の、被害者若しくは被害者遺族に対する被害完全弁償義務と、(支払う能力が無い者の場合)弁償する為の強制労働だが。

37 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 11:57:40 ID:SJZCcnQJO
>>36
一般受刑者ですら運営等考えたら赤字。
監視等取扱いにより注意を払わざるを得ない死刑囚では
生かしたところで黒字は難しいだろうなぁ。

38 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 16:19:35 ID:jGZkrToy0
金があれば抜けられる刑罰にも問題があるし、金が無いから死刑ってのも問題があるし、
金が無いから支払わないは問題外だし。
何もイイトコないから、死刑でいいだろ。
若しくは、両方。
死刑+弁償義務。
まぁ死刑で許してやれって気もするが。

39 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 16:47:11 ID:fmaHXKdu0
>>37
罰を教育目的で執行する事しか考えない馬鹿な国だから、利益性の欠片もない労働しかさせたがらないのさ。
あんなものは民間企業を参入させればいいんだ。格安の労働力である囚人に、利益追求を目的とする資本主義社会の企業が全く目を向けないなんて事は到底考えられない。

40 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 16:48:53 ID:fmaHXKdu0
>>38
何も無いのはお前の頭の中だ

41 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 16:55:57 ID:jGZkrToy0
格安の囚人に働かせて、被害者完全弁償とか出来るのか?
そもそも、幾らで考えてるんだ?

42 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 17:04:09 ID:xpD1OmecO
>>39
格安の労働力である以上、どの道黒字にはならんな。
一般人の格安の労働力である派遣を普通にやっても、生活するのが難しい事を見ても解る通り。

採算を取って運営する以上、不況の波に当てられて、どうにもならなくなる事もあるだろう。

勿論囚人が一般人以上の利益を得るなんてヘンテコな状況は、絶対有り得ない。

43 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 17:11:59 ID:CMllf7I60
>>42
派遣はぜんぜん格安じゃないし。
企業が派遣を使う時はかなり利益が出てるだろ。
法律さえ利益追従の為に変えれば、当然利益でるでしょ。

44 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 17:25:34 ID:fmaHXKdu0
>>42
アメリカでは利益面では大成功を収めているがね。

>>41
仮に、だが、時給700円で週72時間労働刑期30年だと源泉を引いて65.000.000を稼ぎ出す事になる。


45 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 20:10:15 ID:V0+1OeMx0
それだと大量殺人に対応できんな

46 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 21:56:23 ID:SJZCcnQJO
>>44
一般受刑者のうち、大人しめの軽犯罪者を厳選すれば不可能ではないが
凶悪犯に限った場合、その見積もりはあたらないだろ。
得てして学歴も低いし、万が一問題起こしたら国が全責任負うことになる。
またどうしても一般社員とは隔離せざるを得ない以上、企業としても使いにくい。
結構難しいぜ

47 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 23:00:41 ID:xpD1OmecO
>>43
だから何?
そりゃ雇う側の企業は、格安で雇えるんだから利益出るさ。
問題は、その格安の賃金で刑務所が維持出来るかどうか。

例えば、1日五千円(労働基準法で定められた賃金の少し下くらい)の給与の労働を1ヶ月したとすれば、約15万。それが一年で約180万。
これは、囚人一人にかかる費用にすら届かない。勿論、土地や建物、施設維持、囚人監視等の諸費用は、全く出ない算段。
通常より強固な監視体勢を敷く必要のある凶悪犯ならなおのこと。

勿論、犯罪者の賃金が格安であればある程、企業は犯罪者を使いたがり、一般人は職にあぶれ、囚人にかかる税金は高くなる。

一般人に回る職は減り、皆が苦しむ事になるのに、犯罪者は最終的には税金で養って貰える。
全く、どっちが得か解らんな。

48 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 23:21:50 ID:CMllf7I60
>>47
不況の時はむしろ想定外で、その時はまた別ですよ。
今の大不況も後1,2年だろうし。
長くは続かないよ。

今はほとんど税金で運営してるから、とりあえず180万も
稼いでくれたら第一段階は満足かな。
それからは企業努力で可能性は無限じゃないの。
民営化も視野に入れてね。



49 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 23:32:56 ID:xpD1OmecO
>>48
民営化とか……刑罰だよ?理解してますかぁ?

50 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 23:40:09 ID:yUVqVqCQ0
>>44
飯は。
刑務所だって電気は使うだろ。
風呂は、洗濯は、医療費は。

だから親のスネとかチンチンとかしゃぶってるニートは嫌なんだよ。
稼いだ金が丸々懐に残ると思ってんのか。カスが。
消費税以外の税金払って出直して来いボケ。

51 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/09(金) 23:46:10 ID:CMllf7I60
>>49
法律を変えるのが前提だよ。
民営化とかは軽めの罪になるのかな。
死刑囚は無理だろうね。

あと、なぜ税金で囚人を養う方がいいのか逆にわからない。




52 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 00:00:39 ID:vqKud7QhO
>>51
じゃあ、民営化って、どこの誰が犯罪者を自分の責任で雇いたいとか思うよ?
そんな事があると思ってんのがイタいよ君。

53 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 00:08:24 ID:vk0T8Y6f0
>>52
だから、そのために企業が手を上げるように
法整備をしてからの話だよ。

54 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 00:22:19 ID:vqKud7QhO
>>53
あのさぁ。頭大丈夫?

犯罪者を雇う専門の企業って何?なら健全な一般人雇った方が、よっぽど良いだろ。

何故面接があると思うんだ?何故履歴書があると思うんだ?

君は社会ってものを、根本から勘違いしてるらしい。
普通に入社試験して、何故「ダメな方から優先して雇う」ように法改正しなきゃならないんだ?

犯罪者優先して雇うの企業が、社会の一部なんて、真面目にやってる人から見たら侮辱でしかない。
何故皆が、努力して誠実であろうとしてるかすら、理解出来ないのかい?

55 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 00:45:07 ID:vk0T8Y6f0
>>54
こういうのは、どうかなって仮定の話だよ。
法律を変えるならその辺のバランスは当然とるから問題ないよ。
だいたい犯罪者を雇う専門の企業なんて言ってないし。
現状維持が望みなのはわかったよ。


56 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 01:00:59 ID:vqKud7QhO
>>55
バランス?
普通の企業で、犯罪者でも無いのに面接で落とされてる人が居るのに、犯罪者になるだけで民間企業にストレートで入社出来て バ ラ ン ス ?

一体何のバランスを取りたいの?

57 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 01:06:23 ID:vk0T8Y6f0
>>56
法律を変えるならって書いたでしょ。
バランスのことは、政治家と官僚に聞いて。



58 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 03:03:30 ID:JcJdzDxLO
>>56
なおざりにされている被害者の幸福追求権とのバランス。

59 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 12:03:52 ID:uKoiuIax0
>>57
…頭冷やせって。
「なぜ死刑廃止を叫ぶのか?」ってスレである以上、何も言わなけりゃ重犯罪者を皆イメージする。

ただ、軽犯罪者について言っても、
日本では犯罪者の人権は非常に厚く扱われ、反面(…「だからこそ」とも言えるのだが)世間の評価は厳しい。
知識格差が激しい欧米と、通常の失業者でも文字が読め四則演算のできる日本とでは、環境が違うともいえる。
正直、企業としてはメリットが薄い。
…30年前なら「人権さえ気にしなければ」な仕事もあったが…今は大半が機械だからなぁ。

で、そこを無視して、法や助成金を出して雇わせた場合、
「なぜ一般人より犯罪者を優遇するの?」という話にもなるし
そもそもトータルで赤字なら、何の意味もない。
被害者考えても、その政策を実現するための毎年の経費を、そのままケアに当てたほうがよほど有意義だ。

残念ながら、企画倒れってやつだよ。

60 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 13:55:24 ID:vqKud7QhO
>>57
だからさ、何と?何の?
犯罪者に仕事を与え、一般人に仕事が与えられないという状況の異常性を認識出来ない訳か?

一般人ですら仕事が与えられない状況で、「犯罪者に仕事を与えるように法改正する」っていう、バランスどころか、基礎からぶっ壊れるような与太飛ばしといて、今更何がバランスだよ(笑)

地味に就活するより、犯罪者になった方が、よっぽどラクに仕事にありつけるって。
何せ、企業が犯罪者の受け皿になるように制度や法律を作り、政府が「お世話」してくれるんだもんな。

61 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 13:56:01 ID:vk0T8Y6f0
>>59
そうだね、頭冷やします。
具体的な安もなにもないしね。
アメリカやイギリスでもうまくいってないのは知ってるど
日本、日本人ならうまくやれそうな気がしたんだけどね。


62 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 16:07:23 ID:JcJdzDxLO
で、犯罪者の強制労働にひたすら反対しているお利口さん(爆笑)たちは、犯罪被害者救済についてどういう考えを持っている訳?

63 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 16:28:43 ID:JcJdzDxLO
> 犯罪者に仕事を与え、一般人に仕事が与えられないという状況の異常性を認識出来ない訳か?

そういう理屈を平気で垂れる割には、犯罪者に多の税金が注ぎ込み、犯罪被害者には自助努力、自力救済を要求する今の国や社会の理不尽さを突かない>>60の思考回路が異常。


64 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 16:40:59 ID:JcJdzDxLO
結局の所、ひたすら自分だけを愛し、加害者はともかく犯罪被害者と被害者遺族救済なんざ知った事では無い、って事だろw

65 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 17:09:47 ID:CUSU7Tpp0
まあ、犯罪被害者が社会的に虐待を受けていると言って良い状態であるという現実は知られていないんだよ実際はね。
だから被害者、被害者遺族への経済的救済のために犯罪者を隷属に近い形で強制労働させ、賠償に充てさせよう、という発想は無いのさ。


66 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 18:10:42 ID:vqKud7QhO
>>63
>犯罪被害者には自助努力、自力救済を要求する今の国や社会の理不尽さを突かない>>60の思考回路が異常。

別に、犯罪被害者を支援するのは賛成さ。犯罪者に仕事回してる暇があったら、よっぽどそっちを法改正していくべきだろうな。

で、それで「何故死刑廃止?」って事だよ。
死刑廃止したところで、被害者支援にはカス程の意味も無いだろうよ。

それとも、スレタイも読めないか?

67 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 18:41:45 ID:JcJdzDxLO
>>66
馬鹿なの?死ぬの?
お前の言う被害者救済という台詞は酷く軽薄に聞こえるが、具体的にどのような方法論を以て成されるものであるか理解出来ているか?
選択肢は二つしかない。
総ての国民が税金を通して被害者只一人の為だけに被害弁償するか、犯罪加害者がその資産若しくは労働によって得た収入によって弁償するしかない。
税金が使われる事をパラノイアといえる程拒絶しているお前らが、果たされなければならない被害弁償に税金を回す事に賛成する訳無いだろう(大爆笑

68 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 19:26:08 ID:vqKud7QhO
>>67
軽く聞こえるも何も、ここは被害者救済を語る場では無いから、語って無いだけの事だがな。

>総ての国民が税金を通して被害者只一人の為だけに被害弁償するか、犯罪加害者がその資産若しくは労働によって得た収入によって弁償するしかない。

残念だが「犯罪加害者が労働によって得た収入によって弁償する」方法は無理。犯罪者がどんだけ頑張ったところで、生活費すら賄いきれない現状は理解してる筈。

犯罪者が労働によって得た収入なんてのは、自身のケツすら拭いきれない代物でしかない。
第一、犯罪者に高い給料を回したところで、それは、高い給料の仕事を犯罪者に用意してやった周囲の人間の成果。

それをわざわざ、犯罪者の労働の成果にしてから被害者救済にあてるくらいなら、直接被害者支援した方がなんぼか合理的。

犯罪者が、自身の労働の成果で被害者を救済出来るって考え方が「甘い」んだよ。

69 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 19:44:25 ID:vqKud7QhO
>>67
更に問題がある。事件によっては被害者や遺族が何十人にもなる事件だってある、犯人が捕まらない事だってある、犯人が途中で死んだりしたらどうする?
はっきり言って、犯人に被害者救済を依存する方法は有り得ない。

逆に聞くわ、君はどこをどう、被害者救済を具体的に考えた訳?

70 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 19:49:26 ID:JcJdzDxLO
>>68
> 犯罪者がどんだけ頑張っ たところで、生活費すら賄いきれない現状は理解してる筈。

頭が固い奴だな。
現在の服役囚の労働作業が如何に生温いものか知ってて言ってるのか?
懲役に教育なんてものを持ち込む今の間抜けだ刑罰下では、労働に効率性、生産性、利益生なんてものは微塵も考慮されていない。あんな労働作業による報酬であれば、服役囚のみならず、俺達ですら自活がままならないのは当たり前だろう。
あんなままごと遊びを前提に語っているなら、阿呆としか言い様が無い。どれだけ犯罪者に寛容なんだお前らはw

71 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 19:56:34 ID:vqKud7QhO
>>70
基準は一般人の労働だっての。
一般人の労働を行い、例えば法で定められた最低賃金を貰ったとしても、刑務所の運営は成り立たない。
それにちょっと無理をさせたところで、たかがしれとる。

勿論、法で定められた賃金で犯罪者なんぞ雇う馬鹿は居ない訳で、利益なんて出る訳が無い。

そんなカスみたいなもので、被害者を救済しようってんだから、楽観し過ぎというかなんというか……


あ、勿論、被害者救済の為に税金が使われる事は問題無かろう。犯罪者に使われるよかよっぽど有意義。

72 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 21:00:57 ID:XZk/1Ken0
学生の頃死刑廃止派だったから
ここで廃止を叫んでる書き込み見ると
昔の自分を見てるようで恥ずかしい

73 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 22:57:30 ID:VlTdEVHiO
まぁ、単純に考えても

犯罪者自身の生活費
+刑務所の施設維持費
+刑務官等の給料

を工具等を極力持たさない単純作業で賄うのは難しいだろうな。
強制労働っても今時、人力で利益でるような力仕事なんて日本にないだろうし、
自傷他害の可能性を考えれば重機に乗せるなんてもってのほかだろうし。

74 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/10(土) 23:35:05 ID:vk0T8Y6f0
>>72
廃止を叫んでる奴なんていたか?


75 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 00:42:22 ID:wDGb2nNR0
bmfあたりでもインサイダーとかで適当に引っ張ってきて
取引をやらせるとか
どっかの発明家に特許とらせるとか

76 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 02:13:41 ID:elQA7TK0O
個人の特殊能力や才能を当てにした収入で、その他不特定多数全員を養うって事?

77 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 07:06:59 ID:D/+iFOv7O
>>71
> 一般人の労働を行い、例えば法で定められた最低賃金を貰ったとしても、刑務所の運営は成り立たない。

当たり前だろ、馬鹿が運営してんだからw
刑務所の運営は充分成り立つ(実際に米国では利益を上げている)。
しかし日本では経営者(国)が馬鹿なのだから利益を上げられず破綻するのは当たり前。

78 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 07:23:50 ID:elQA7TK0O
アメリカのはどうやって利益あげてるんだ?
勿論、施設維持費+刑務官給料等を入れても、被害者救済を十分に行える程度の利益なんだろう?

79 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 08:50:25 ID:wDGb2nNR0
特殊能力というか適材適所
医者が内部にいたら税金浮くし
ただ超人的な経営能力が必要

80 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 08:52:18 ID:elQA7TK0O
適材が居ない刑務所はどうするんだ?

81 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 09:02:02 ID:yhB5SATz0
>>77
はいって何?
出来るの?
さっきから何度も。
はいって言葉の重みわかってる?
いま出来ますって断言したんだよ君。
その責任の重さわかってんの?
社会に出たらもっと自分の言葉に責任持てよ。
ん?
社会人の一言一言に掛かる責任の重さが分かってないだろ全然。
学生気分でやってんだったら帰ってもらうよ。
とにかく明日はもう来なくていいから。

82 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 12:17:02 ID:CEyItGDJO
>>77
おいおい、いつから目的が「刑務所内の経営を成り立たせる」にすり替わってるんだ?

アメリカと日本の違いを考えれば、おのずと「アメリカで刑務所の運営が成り立ち、日本では成り立たない理由」も見えてくると思う訳だが。

アメリカではもはや犯罪者は「魅力的な労働力」でしかなくなってるんだな。
犯罪者という名目は、事実上「その刑務所にその人間(労働力)を留めておくため」の概念でしかなくなってる。

つまり刑務所は、本来の「罰のための拘留」という主目的を犠牲にして、ただ、囚人に仕事を与えるだけの機関と化しちゃってる訳だ。
これがアメリカの「罰」ってんだから笑うよ。
事実、場所によっては、囚人が一般人の仕事を奪っているような状況も発生している。

これを日本でも行おうってんなら、確かに話は別だな。
まあ、一般人、とりわけ低所得者は、まともに働く気が失せるだろうが。


>>78
アメリカでは、法で一般人以上の賃金が与えられる事に決まっているみたいだな。

83 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 12:18:45 ID:WYFZMwyGO
>>70
強制労働に固執してないか?
論点を死刑の存廃、目的を被害者救済のための資金確保とするなら
問われるのは「死刑囚を生かして働かせる方のと、とっとと殺すのとどちらが採算取れるか」
米国の例は果たして日本でも応用可能かな?
社会構造、労働の種類、教養知識の格差は考えた?
死刑囚であっても可能なのか、一般受刑者が限界かな?
監視、指導、万が一の際の賠償にかかるコストは?
選択肢には「一般受刑者の労働は増やし、死刑囚は殺す」も可能なんだよ。

そのあたり考えないで、被害者救済を叫んでも意味がない
まして今仕事をしてる人間たちを罵倒したところで、逆に自分の知能を低く見せるだけだよ

84 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 13:06:16 ID:db51jO7EO
>>82
廃止論者もいないし刑務所の経営を妄想してみてもいいんじゃない。
労働の対価が貰えないだけでは罰にならないのか
後、資本主義自体緩やかにでも成長しなければ成り立たないから成長してることを前提にしなければならないかな。

85 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 13:59:54 ID:elQA7TK0O
少なくとも不況が治まるまでは、刑務所に利益を上げさせるのは無理だろう。
つか、寒空の下で住む所もなく正月を過ごした人が沢山いるのに、
犯罪者に割の良い仕事を回してどうするんだ?

86 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 14:04:25 ID:CEyItGDJO
>>84
まず、刑務所を経営するためには、安定した需要と供給のバランスを確保する必要がある。
つまり、常にある程度企業が犯罪者の労働力を必要とし、刑務所が企業に供給出来るだけの囚人を保有しておかなければならない。

その、「経営する目的に必要なもの」が「刑務所という施設の本質と意味」を大きく損なってしまう事になる。
「経営する」という目的を持ってしまうと、企業が犯罪者を求める状況を作り上げ、刑務所が犯罪者という労働力を必要としてしまう。
つまり、社会が「犯罪が起きる事を望んでいる」という事を、社会そのものが肯定してしまう訳。

そうすると、社会の環境もそれに合わせて変化する。まあ、有り体に言えば「犯罪が起こしやすくなってしまう」という事だな。
仕事があり、労働力として求められ、その為の待遇が与えられる。
これじゃ、社会に脱落者に対する、体の良い受け皿だわな。

少し考えただけでも、問題点はある。

87 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 14:30:10 ID:db51jO7EO
>>85
万が一法案が通ったとしても実施は3から5年後
それまでに回復しなければ政治の責任。
>>86
問題は山積みだね。
そこは、折角頭がいいのに生かしきれてない感じがする官僚達に死ぬ気で頑張ってもらう。
官僚達がどんな仕事をしているかよく知らないけど。

88 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 14:39:38 ID:CEyItGDJO
>>87
何でそんな事を頑張る必要が?これ以上官僚の無駄仕事増やしてどうすんだよ。
「無免許運転で車を運転出来るようにするために頑張る」って言ってるようなもんだぞ。

犯罪は起こしてはいけない事なんだから、犯罪者を社会が必要とする道義は無い。

それに、俺の上げた問題点は、利益を得るという行為の「本質」に関わる問題だ。いくら誰が頑張ったところで、どうなるものでも無い。

何故、「犯罪者の生活の為に、社会や企業が雇い入れたり、高い賃金を支払わなきゃならないのか?」理解に苦しむ。
そこに答えが無い以上「その実現の為に頑張る必要性も無い」という事。

89 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 14:44:22 ID:db51jO7EO
後、囚人は食事が楽しみみたいだから
栄養のバランスだけとったものを例えばカロリーメイトみたいな物を365日与え続ける。
まずい飯とただ働きで十分罰になるとおもうけど。

90 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 15:18:45 ID:elQA7TK0O
なんか前にも居たね。
結果だけ提示して、途中経過をその方法論まで他人に丸投げして、
できなかったら、提示した目標じゃなく、途中経過を担当した人が悪いとか嘯いてたのが。

91 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 15:36:20 ID:thJziRc40
「懲役」って言ったって単純作業を黙々とやるだけだし
部屋は陽当たりいいし、飯は食えるし、
制約ありとはいえテレビも新聞(英語や中国語の新聞もあり)もあるから
社会の底辺の人なんかよりずっといい環境なんだよな
外国人の囚人が日本の刑務所は天国だと言うのも仕方ない
犯罪者のほとんどは社会性、協調性が無く怠け者だから
出所してもすぐ刑務所に戻りたくて犯罪を起こすというジレンマがある

92 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 17:00:23 ID:db51jO7EO
>>90
ダメなの?
一般庶民なんてそんなものじゃないの?
仕事くれとか道路つくれとか訴えて、あとは政治家にまかせるしかないじゃん。

93 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 17:29:47 ID:NlEjqC/a0
>>69
> 更に問題がある。事件によっては被害者や遺族が何十人にもなる事件だってある、犯人が捕まらない事だってある

そんなものは全く関係ない話だな。逆に被害者遺族が先に死ぬ場合もあるし遺族そのものが居ない場合もある。犯人が捕まらない事があるのはいつどんな時でも変わらない。
で、何が言いたい?

>逆に聞くわ、君はどこをどう、被害者救済を具体的に考えた訳?

問いの意図がわからんな。
犯罪加害者は、莫大な税金を以てその立場を保護され、形ばかりのお務めが済めば過去の事はキレイさっぱり忘れてシコシコ自分の人生のやり直しに熱中できる。
方や被害者は法的には物、証拠品の一つとしてしか扱われず、被害「者」としての立場は何ら保護されず、結審後も被害の後遺症に生涯苦しまなければならない。これを理不尽という以外何だというのだ?

94 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 19:39:02 ID:CEyItGDJO
>>93
>逆に被害者遺族が先に死ぬ場合もあるし遺族そのものが居ない場合もある。犯人が捕まらない事があるのはいつどんな時でも変わらない。
>で、何が言いたい?

遺族にキチンとした救済が成される保証がどこにもないって事だよ。
犯罪者に遺族への救済をさせる以上、犯罪者の存在がどうしても必要になる。

遺族が居ない場合は、救済する必要が無くなるだけだけどな。

言うまでもない事だろう。

だから、「犯罪者の救済を確実に行う為には、国の政策として行う」事が絶対条件になる。

そんな事も解らないくらいだから、「ちゃんと考えたのか?」って聞いたんだよ。

第一

>結審後も被害の後遺症に生涯苦しまなければならない。これを理不尽という以外何だというのだ?

なんて偉そうに言ってるが、結局犯罪者に救済させるんなら、別に君らが何かをするって意志を示してる訳じゃない。
肝心の救済する犯罪者が居なかった場合すら、想定出来てなかったくらいだし。

んで、犯罪者に救済させる方法は、不確定要素の多さから不可能だという事は確定した訳だ。
つまり、「遺族の救済を理由に、犯罪者の刑罰を変える必要は無い」という事。

『それでも、「遺族の救済に死刑の廃止が必要な理由」がまだあるかな?』

無いなら、遺族の救済方法を改善するための議論をするスレを、別に立ち上げた方が良いぞ。

95 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 20:18:24 ID:NlEjqC/a0
>>94
> 犯罪者に遺族への救済をさせる以上、犯罪者の存在がどうしても必要になる。

どうしても?どこが?債務者本人が存在しないのであれば我々が弁済すれば良い。
いったいどういう意味で「犯罪者の存在がどうしても必要になる。」と言っているのかすら不明だな。

> 遺族が居ない場合は、救済する必要が無くなるだけだけどな。

そしてお前や俺がその遺族グループの一員に新たに加わる事もあるさ。
遺族の存在の有無で犯罪者が債務者となるならないという不公平は在ってはならないから、また俺達が債務者の存在しない債権者となる可能性もある訳だから、債務は当然負ってもらうのだよ。

> だから、「犯罪者の救済を確実に行う為には、国の政策として行う」事が絶対条件になる。

当たり前だろ。いちいち考えなきゃならん事か?
素地は充分あるな、せっかく附帯私訴(もどき)が復活した事だしな

> なんて偉そうに言ってるが、結局犯罪者に救済させるんなら、別に君らが何かをするって意志を示してる訳じゃない。
> 肝心の救済する犯罪者が居なかった場合すら、想定出来てなかったくらいだし。

想定するまでもない馬鹿馬鹿しい事まで一々論わなきゃならないとは俺の不覚だったわ。
俺らが何かをする意志を示せば犯罪者が何もしなくて良い訳ではなかろう。余りに馬鹿馬鹿し過ぎる事を言うな。



96 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 21:05:35 ID:CEyItGDJO
>>95
だとすれば話は単純、犯人が死刑になったら社会が負債を肩代わり。
結局死刑を廃止する必要は無い。

まあ、そもそも、自分達の生活費を賄えて、刑務所の維持も出来て、被害者への救済も出来る様な仕事なんて、まず有り得ないけどなw

勿論、遺族への救済も格差があってはならないから、社会が犯罪者の負債を肩代わりした所で「犯罪者が働いて得られる金分」しか出ない事になる。
遺族への保証は、充実どころかロクに機能しなくなるだろうな。

犯罪者の生活費を社会が肩代わりしてやってまで、遺族への救済を犯罪者にさせる意味も無いしな。社会が直接やりゃ良い事だ。
犯罪者を経由し、犯罪者が働けなくなった場合の肩代わり。無駄な手間がかかってるのに、なんの実益もない。


>遺族の存在の有無で犯罪者が債務者となるならないという不公平は在ってはならない

遺族に返す理由が無くなるんだから、仕事も与えられる訳が無いんだよな。
遺族への救済の為に、犯罪者に仕事をさせるってのが、犯罪者に仕事をさせる理由な訳だから。

まず、犯罪者が仕事を貰えるって前提が間違いなんだよ。
犯罪者が遺族への救済の為に仕事をしようとして初めて、企業にも「遺族の為に」高い賃金払ってまで、雇う理由が生まれる。

そこすら無くなれば、犯罪者なんて誰も雇わない。
犯罪者の負債なんぞ、雇う側には関係無いしな。
一般社会でも同じだろ。何故借金こさえたら雇って貰えるようになるんだ?

あとさ、本当にその為に「何故死刑廃止が必要か?」を提示しなよ。
でなきゃ何時まで経ってもスレ違いだぞ。

まあ、これ以上広げる訳にゃいかないし、俺は落ちるから、言いたい放題言ってくれても関係無いけどな。
んじゃ。

97 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 21:25:30 ID:db51jO7EO
>>96
じゃあ横からいいます。
廃止論者がいないみたいだから違うテーマでみんな語り始めてるの気付いてないの、もちろんスレ違いだから、正しいのはあなただけど。

98 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 22:18:32 ID:pyphlW8d0
>>95
多分ね、「命の代償は金を以てしか果たされない」という現実は、血も涙も無い存置論者には理解されないと思うよ
「加害者への最大の復讐は、被害者が幸せになる事」こんな事も理解出来ない奴らだからね。

99 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 22:29:44 ID:NYDuJvPW0
それはお前の価値観だろ

100 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 22:49:17 ID:pyphlW8d0
>>99
何言ってんの。
今在る現実が全てじゃないの。
こんな事件がありました、なんてニュースを金玉弄繰り回しながら見ているだけで、現実にいる犯罪被害者が如何に酷い扱いを社会から受けているのかすら知らずにいる奴らだらけなのに。


101 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 23:03:07 ID:NYDuJvPW0
死刑制度があるのに
>命の代償は金を以てしか果たされない
って認識が間違ってるだろ

>現実にいる犯罪被害者が如何に酷い扱いを社会から受けている
>加害者への最大の復讐は、被害者が幸せになる事
>命の代償は金を以てしか果たされない

つまり遺族は金がもらえれば加害者に恨みはなくなると?
被害者がこの世にいること自体耐えられないという遺族の価値観は?
金で我慢しろというのは血も涙もないんじゃない?

102 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 23:12:37 ID:PKsh03BT0
犯罪者が役立つ方法があるかもしれない。

犯罪を犯すものでも身体はある。
一方、臓器移植を待つ人もいる。
犯罪者がその後臓器が無いことで不便になるかもしれないが、
それはペナルティだ。
犯罪者はある程度から臓器移植を拒めない制度を希望する。


103 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/11(日) 23:26:46 ID:NYDuJvPW0
骨髄ドナーとかにさせるのは一つの方法かもね
死刑の代替となるかは別として

廃止論者は廃止論者の書いた本読んだり
バイアスかかった報道見ただけで判断せず
一度裁判傍聴すればいいのに

被害者(遺族)の意見陳述で大の大人が嗚咽しながら
心情を語ってる様子や
公判中、神妙な顔した加害者も
裁判官が来る前は
にやけながら傍聴席見回す様子なんか見たこと無いんだろ

104 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 00:10:02 ID:PF8QtETV0
>>101
> 死刑制度があるのに
> >命の代償は金を以てしか果たされない
> って認識が間違ってるだろ

いいや一切間違っていないよ。
そもそも公訴における刑事罰というのは、法秩序を侵した者に対する法秩序を侵された側である国による処罰であって、被害者の被害賠償なんてものは一切考慮されていない。あくまて国対個人の場であって、被害者と加害者という個人対個人の場ではないのだから。
個人対個人の場、所謂私訴は、民事が担当するんだよ(そもそもこれもおかしい)

> つまり遺族は金がもらえれば加害者に恨みはなくなると?

死刑になろうが生涯弁償し続けようが、遺族の恨みが晴れる晴れないなんて俺が詮索できる訳無いじゃん?なぜそういう問いが出てくるのか理解に苦しむ。

> 被害者がこの世にいること自体耐えられないという遺族の価値観は?

あのさ、国の制度に関わる話で、君の友人が打ん殴られたから君が打ん殴った相手をぶん殴り返す、って話じゃないんだよ?
制度として定められたのなら死刑存置下では遺族が死刑を望まなくても死刑で結審すれば死刑は執行されるし。死刑廃止下では遺族が死刑を望んでも死刑にはならない。一体何を言ってるの?

> 金で我慢しろというのは血も涙もないんじゃない?

現実はもっと辛辣だよ。血も涙もないと言われるなら誇りに思う。何故なら現実は被害者や被害者遺族に対して、血も涙も、の「ち」の字すら無いのだから。


105 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 00:10:28 ID:ulqmrbpdO
でもさあ唐突だけど
死刑がない国で死刑賛成って言うとキチガイ扱いされそうだよね。
深い意味はないけどなんとなくね。

106 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 00:26:37 ID:Jbn2Sfbf0
は?
命の代償は刑罰で果たされてるだろ?
お前が民事の話にすり替えてるだけだろ

しかも私訴は民事が担当することがおかしいって
なんで公益の代表者が刑事裁判の当事者になったのか趣旨理解してる?

>死刑になろうが生涯弁償し続けようが、遺族の恨みが晴れる晴れないなんて俺が詮索できる訳無いじゃん?
遺族の感情は知ったこっちゃないと?

>国の制度に関わる話で、君の友人が打ん殴られたから君が打ん殴った相手をぶん殴り返す、って話じゃないんだよ?
当たり前だろ。代わりに国が処罰する話に決まってるだろ
なのにお前は私訴は民事が担当することがおかしいなんて言ってるが?
刑事訴訟法勉強したら?

>遺族が死刑を望まなくても死刑
そんな前例ないしその場合検察官は死刑求刑しない

>血も涙もないと言われるなら誇りに思う
知るかよ 

>現実は被害者や被害者遺族に対して、血も涙も、の「ち」の字すら無いのだから。
抽象的に言われても



107 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 00:50:37 ID:nItc+ArJO
>>105
フランスでは四割だっけ?三分の一がキチガイって凄い国だねフランス。

108 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 01:09:00 ID:PF8QtETV0
>>106
> 命の代償は刑罰で果たされてるだろ?

どこが?具体的に。
被害者遺族の言葉に触れる機会と、被害者遺族の置かれている社会的立場の現実を知れば、実は単に法侵犯者を現行刑で処罰する事だけでは何ら代償になっていない事くらい解る筈。

> お前が民事の話にすり替えてるだけだろ

どの辺が?さっぱり意味不明。
俺がおかしいと言っているのは、「刑事事件において実害認定されているにも拘らず、民事の場では加害者と被害者が対等」に扱われ、あまつさえ賠償命令が下っても踏み倒し自由という信じがたい理不尽さの事を言っている。
何故被害を受けている被害者が加害者なんぞと対等の地位まで貶められ、その上空手形で泣き寝入りをしなければならない?

> なんで公益の代表者が刑事裁判の当事者になったのか趣旨理解してる?

俺の趣旨と何の関係が?
俺は刑事と民事を同時にやれ、と言っているだけだが?

> 遺族の感情は知ったこっちゃないと?

君は遺族の感情は知った事なのか?知った気になっているだけだろう?想像力すら無いかもね。

> 当たり前だろ。代わりに国が処罰する話に決まってるだろ
> なのにお前は私訴は民事が担当することがおかしいなんて言ってるが?
> 刑事訴訟法勉強したら?

で、言いたい事は?そもそも法改正が伴う話なのに、「刑事訴訟法勉強したら?」って、どんだけ・・・

> そんな前例ないしその場合検察官は死刑求刑しない

自分がどんな問題発言をしているか解っているのか君は、やれやれ・・・






109 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 01:10:23 ID:ulqmrbpdO
>>106
遺族の感情は知ったこっちゃないじゃなくて。
赤の他人がわかったつもりになるなって事じゃないの。
>>107
フランスはそうなんだ。
まあ三割いればキチガイ扱いはないな。

110 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 01:21:03 ID:PF8QtETV0
>>106
>抽象的に言われても

ここだけ見落としていたが、刑事事件の被害者が、民事訴訟一つ起こすにもいったいどれだけ困難があるか勉強してみたら?
それと重大犯罪の被害者が事件後もろくな支援を受けられないまま、自力で生涯後遺症と闘わされている現実も。

111 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 01:24:29 ID:PF8QtETV0
>民事訴訟一つ起こすにもいったいどれだけ困難があるか勉強してみたら?

ああ、これは形式的に入口は解消されたな、済まん。

112 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/12(月) 01:33:31 ID:Jbn2Sfbf0
>>108
命の代償は刑罰で果たされてるだろ?は
>命の代償は金を以てしか果たされない
の反論 もっとも果たされていると言い切るのはいいすぎか

>>108
ああそういう意味か 早とちりした。スマン
損害賠償命令もどこまで実効性あるのかねえ


113 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/13(火) 10:33:59 ID:5KpRyGZ1O
test

114 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/13(火) 10:48:15 ID:ufAT0gQA0
ロスの三浦事件で、故三浦氏に有罪判決が下りたそうだ。
アメリカでは「状況証拠のみで有罪と確定することができる」との解説が
ついていたが、この点は日本よりもかなりアバウトに思う。
アメリカで冤罪と思われる囚人が多数釈放されたことがあったが、これは
推定有罪的な考えで検挙率を上げようとしていることに問題があると思う。
それほどアメリカでは殺人事件が多いということだろうが、日本での冤罪
発生とは根本的に性格を異にすると思う。
戦後動乱期などを除き、少なくとも近年に於いて日本の殺人事件に於ける
冤罪は皆無と思う。
これを理由に日本に於いて死刑廃止を唱えるのは如何なものかと思ってしまう。

115 :存置:2009/01/13(火) 13:34:01 ID:5KpRyGZ1O
>>114
それは世の中にある信頼度の高い情報を集めれば当然、冤罪なんか皆無になるわけで。
だからといって本当に冤罪ない訳じゃないと思う。

116 :こちらのほうも:2009/01/13(火) 16:52:16 ID:Rvp3mfnB0
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1231828990/l50

毎日以来の祭りが準備中

やはり今回も既婚女性板でした
1月28日13時
皆様の携帯を5分お貸しください!!



117 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/14(水) 15:05:39 ID:dl3nFun20
何故死刑廃止を叫ぶのか?だって?そりゃあんた
唯単に目立ちたいだけだからじゃよ、死刑廃止論者は。

118 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/15(木) 18:41:37 ID:ixAz29sg0
実際死刑のある日本で今凶悪犯罪は増えてるのか?

減ってるのか?

119 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/17(土) 08:04:41 ID:tOB1H99v0
>>117
それと、多数派と戦う自分が好き。
なんていうナルシストの自己陶酔でしょう。


120 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/17(土) 08:30:48 ID:KF1OHJzpO
>>118
基本的に戦後からってスパンで見れば
あらゆる犯罪が減っている。
生活苦に直接関係のない強姦ですら。
死刑の効果とは言えないがね。
死刑はずっとあったから無かったときとの比較はできない

121 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/19(月) 11:22:34 ID:6nfkuk0M0
>>119の方の言う通り、死刑廃止論者は一種のナルシストみたいな
物だろうな。でも亀井静香のクソ親父の様な顔でナルシストと言うのは・・・。

122 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/01/19(月) 15:50:55 ID:AuA42WDM0
>>121
亀井の場合、ちょっと違う。
利害の一致で弁護士とつるんで廃止と訴えているってのが近い。
弁護士だって馬鹿じゃないんだから、本気で廃止しようとは考えていない。
「死刑廃止運動をしています」というスタンスが美味しいから、やってるだけ。

123 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 10:23:06 ID:FvhgOdQ80
そうそう。正しい判決より盲目的死刑回避の方が都合のいい客(つまり犯罪者)に対するアピールw

124 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 16:35:33 ID:iqnLkPwPO
人を殺してはいけないから死刑反対。

事件に関係ない第三者が死刑死刑言うな

125 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 17:04:14 ID:4nf4Zc6H0
被害者の遺族も死刑を望んでます

126 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 21:47:59 ID:sF7ZxiEh0
>4

終いまでみたが、全然価値観変わらんな
もっと酷い現実、一杯見てきたし

で?
廃止論者の俺に何か聞きたい事ある?

127 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 23:17:20 ID:liEDOQ0SO
現実に一杯見てるってすごいな。
警察の人?

128 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/15(日) 23:46:43 ID:dii89V0O0
>>127
逆の立場の人じゃないの。
だから、死刑反対と訴えている。

さて、通報しておこうか。

129 :126:2009/02/16(月) 17:40:37 ID:JzBDhyPS0
>127

現実に、の意味は別に「直接生で」ではないんだが

>128 だから、死刑反対と訴えている

ホント、想像力ないね

130 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/16(月) 17:58:18 ID:iYbxM8jC0
>>129
逆の立場の意味が分かってないようだね。

ホント、想像力ないね

131 :126:2009/02/16(月) 18:15:19 ID:JzBDhyPS0
>130

いや分かってて言ってるんだが

ホント、想像力ないね

132 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/16(月) 22:21:58 ID:Q/TfX321O
人を殺してはいけないから死刑反対

133 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/16(月) 22:26:14 ID:geJHU7gS0
死刑制度は人間社会にとって古来からある社会を維持するための制度

134 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/17(火) 10:16:32 ID:xnXDTNAC0
>>131
犯罪者側ですね。了解しました。


135 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/17(火) 17:48:27 ID:h6WulUA60
↑ホント、想像力ないね

136 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/17(火) 18:29:38 ID:aNeZ0cUvO
冤罪が怖いから死刑反対

137 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/17(火) 18:50:05 ID:aNeZ0cUvO
人を殺してはいけないから死刑反対

138 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/20(金) 23:05:07 ID:GcUqARZ40
国際的には死刑廃止が常識化しつつあろうがなかろうが、
日本では廃止しないってことでヨシ
外国にあわせることはない

139 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/20(金) 23:27:05 ID:uR1TkPcAO
死刑推奨派ってナルシスト
死刑廃止派ってナルシスト
まあそうだろね。
論はどうあれ‘私’が住む社会を良くしたいんだからね
ここの人(俺も)はストレス発散、もしくはストレス蓄積(マゾ)しに来てるだけだと思うけどさ

140 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/21(土) 00:34:47 ID:Zu5BSe2hO
過去11年間死刑執行が停止され、実質的な死刑廃止国とされている韓国の現状はこうです。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1234140024/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/218729/

朝鮮日報によると、97年までは年平均600人余りが殺人罪で起訴されたが、
死刑が中断した98年から10年間は年平均800人と200人近く増加、
革新・左派政権下では治安が悪化した。

141 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/02/21(土) 00:40:19 ID:4FedQMhgO
↑死刑との因果関係は説明できないね
死刑が無くなったから殺したという供述を皆がすれば別だが

142 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/03/18(水) 13:29:02 ID:fxysyTBi0
>>7
>自分は、巻き込まれないだろうから関係ないというスタンスなんで廃止論者ではないです。

犯罪に巻き込まれないと考える廃止論者の詭弁を見た。

143 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/15(水) 20:49:37 ID:mBOY2A+ZO
>>141
あんたバカ?
死刑を廃止して凶悪犯罪が減ったなら、廃止論の正当性の根拠にできるけど、かえって増えた以上、死刑の停止,廃止が糞程の治安効果もない、バカ理論でしかない証拠じゃないの?


144 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/15(水) 21:20:07 ID:bqqDfAf1O
>>143
違うだろ
馬鹿とか阿呆とか通りこして気違いなんだから難しい事言ったらパチンコ屋放火したりしだすんだぞ
友愛の気持ちでせっしてあげないとね

145 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/07/15(水) 22:15:18 ID:mBOY2A+ZO
難し…かったかしら?
話が出来さえすれば小学生でも解るとおもうけどなあ?


146 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/18(火) 21:55:40 ID:Z1jGgcvUO
死刑が存続してた場合に一万人の殺人犯が生まれた可能性が否定できない以上は何の証拠にもならんよ

というかそもそも死刑廃止に犯罪抑止効果を求めるか?

147 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/18(火) 23:06:34 ID:OoTdzl3hO
>>145
廃止論からすると
死刑廃止→生命剥奪の否定→モラルの向上→犯罪の減少
がおこらないといけないんだ
だが現実は、廃止したイギリス、フランス、カナダ…と片っ端から増加している


148 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/18(火) 23:08:07 ID:OoTdzl3hO
おっとアンカーミス


149 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/19(水) 09:22:35 ID:VIZfK54d0
>>147
廃止論の根底は

・自分が殺人を犯した時に死刑になりたくない
・殺人犯はカッコイイ。殺したら駄目。
・殺人犯や犯罪発生率がどうなろうとどうでもいい。「世界的な風潮に合わせて廃止論を訴える自分」が大好き。カッコイイ。
・本当に死刑廃止になったら困るが、廃止を訴える事で、仕事にありつける。

このどれか。

150 :CV6:2009/08/20(木) 07:20:06 ID:CSdAOaMfO
>>149
廃止狂連中の本音はおっしゃる通りでしょう…相手にする価値もない連中ですね

151 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/08/30(日) 12:33:15 ID:Af3QJXAO0
3人殺した犯人は、3回死刑でOK!

152 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/08/31(月) 13:54:10 ID:PlRdzjPC0
人を殺した奴は死刑でいいんだよ。
人を殺したなら自分も死なないといけない。
人を監禁したら自分も監禁されなければならない。
人に拷問したら自分も拷問されなければならない。
愛する人を殺されたら愛する人を殺されなければならない。
これを徹底したら犯罪は激減するとよ。
切実にこれ法案化して欲しいんだが、反対意見あるか?

153 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/02(水) 16:45:30 ID:PmX3xkmr0
この間(8/30)の選挙で自民党を叩く為に民主党に票を入れたが、
死刑廃止論者が党主の社民党と国民新党と連立政権を組むと聞いて
民主党に票を入れた事を若干後悔している俺。一応民主党主の
鳩山由紀夫氏は死刑支持派らしいので少しは安心した。福島や亀井が
死刑を廃止しろとほざいても鳩山氏にはひるまず頑張ってもらいたい物だ。

154 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/02(水) 17:33:11 ID:Ye5yknbZ0
>>152
「目には目を、歯には歯を」。ハムラビ法典だな。
実際やってみると面白いかも。

155 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/02(水) 17:58:47 ID:4e65V7RV0
死刑廃止論者はただの目立とう精神

156 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/03(木) 19:50:55 ID:fXBrTUXX0
永田はやさしい人をおもいやることのできる誠実な人だそうですw

私は、永田さんと面会した事がある。確定する前は、文通もしていた。
世間のマスコミが報道しているような、ガセネタの血も涙もない人じゃない。
穏やかで、やさしい、人をおもいやることのできる誠実な人だった。とてもまじめな人だった。責任感も強そうな人だった。
多分、だからこそ、あの連赤事件に巻き込み、巻き込まれていったのだと思う。
これほど、命の尊厳をしっかりと受け止め、その墓標とおもに生きた、
永田さんを世間は、これ以上痛めつけないでほしい。
ああ、許されるなら、永田さんのそばに行って、体のしんどいところをさすってあげたい。
痛いところに手を振れて、愉気してあげたい。
私は、死刑制度に断固として反対です。

http://swingmasa.exblog.jp/8759147/

157 :酔っぱらい:2009/09/03(木) 22:58:53 ID:Z9y5epth0
>なぜ死刑廃止を叫ぶのか?





バカだから。


158 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/04(金) 05:20:28 ID:9F9zPw3M0
>>153
民主がヤバイのは知ってたんで事前に調べて投票した。
小選挙区は自民も民主もどっちも死刑制賛成派だったので民主に入れ、
比例代表の方は死刑制廃止派なんぞに票入れたくなかったので国新にした。

で、民主だが。
民主は旧社会党の党組織と職員をベースにして作ってるんで、
旧社会党の支持団体、支援団体をほぼ丸呑みしてて、政策のかなりが継承されてる。
死刑制廃止は旧社会党の党是だったんだと。それで民主党に強力に継承された。
旧社会党の人権派弁護士や人権団体も、当然、一緒にくっついてきてる。
Y弁護士のように社民に残った連中もいるらしいがね。
民主と社民が連携すると、死刑制廃止派勢力が一つにまとまる事になるんで、
他の廃止派である共産公明もこの問題では超党派での共闘体制が構築されてるし、
死刑制賛成派には予断を許さない厳しい展開になるだろう。

ただ、民主にどんなに旧社会党の政策や党組織、職員、支援団体が
継承されているとしても、社会党ではないし、新しい血も入っているから、
社会党時代のように死刑制廃止で一枚岩になる事は流石にない。
そして民主の保守派は保守リベラルなので、死刑制に対しても
断固反対とも言い切れない点があり、一抹の不安が残る。

死刑制賛成派の民主党議員には是が非でも頑張ってもらいたいもんだよね。
党内廃止派の暴走を食い止められるのは彼らしかいないから。

159 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/04(金) 10:53:57 ID:bZrfQDiS0
>>158の方、本当ですね。死刑賛成派の民主党議員には頑張って
もらいたいもんです。俺が亀井静香や福島瑞穂を嫌うのはあまりにも
加害者寄りで死刑反対を訴えているからなんです。まあ福島は弁護士
出身だから仕方ないかもしれませんが。民主党代表の鳩山由紀夫氏は
弟の鳩山邦夫氏とは仲が悪そうですが朝日新聞が邦夫氏を「死に神」と
皮肉った時「弟は死に神ではありません!!」と抗議した事がありました。
由紀夫氏が総理になるのは間違いありませんが福島や亀井の言い分に
流されない様、期待しましょう。


160 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/04(金) 13:37:55 ID:8VfWXlA60
>>154
古代の法ですよね。
失われてしまったからには何か欠陥でもあったんでしょうか?
私も賛成なんですが…。

161 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/05(土) 17:52:31 ID:6PNc+neu0
>160
「やられたら、同じくやり返す。」というのを、国家間でやるのが戦争ですか。
これは、何千人・何万人単位での殺人です。

また、個人が自国家に。 個人が他国家に、報復するってのが「テロ」ですか。
愛する人が、他国の国家権力によって殺された場合、遺族がその国家に報復してもいいのでしょうか。

現在。個人も、巨大な力を持てる時代ですから。・・・旧ソビエトの核兵器を買って。
まっ、小説上のことですね。

で。「目には目を、歯には歯を」は、消えたんでしょうね。 復讐の連鎖は解く。
それも、国家の法律なんでしょうかね。 

162 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/05(土) 18:38:20 ID:rS/oYUSH0
>>159
大体死刑判決されるようなことする、加害者が悪いのに人権も糞もあるか
という感想ですな
確かに、世間でもまだ死刑賛成は多くいるし廃止派を法務大臣にはしないで
ほしいですね

163 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/05(土) 22:01:19 ID:dyaJ/iAL0
>>159
これを見ると社民の方が妥協しているようですし、民主が主導して
人事決めているだろうから死刑廃止派を当てる事は少ないと思いますが…

【政治】 連立協議2日目、社民党が海自問題で柔軟姿勢 インド洋からの即時撤退を求める従来の方針を改める
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1252015852/

164 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 07:57:44 ID:aY72wsmn0
>>162の方、死刑廃止派の千葉景子が法務大臣になりました・・・・・。


165 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 09:54:51 ID:lo/4uxf50
>>164
その後、どうするかだな。
これで職務放棄し執行を拒否するなら、コイツを祭り上げた地元はどうする気なのか、考えた方がいい。
そいつらの責任だからな。

166 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 09:58:28 ID:28xkJKQ4O
日本もいよいよ死刑制度廃止になるのかな…
極悪犯罪者が数年大人しく振る舞えば出て来ちゃえるわけだ。
終身刑が制定されたとして、
国民はそいつが死ぬまで税金で養ってやらなきゃならないわけだ。

我慢ならん…!

167 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 10:58:44 ID:SjdPJx5E0
死刑制度賛成の奴が罪をおかしたら
即死刑にする

という法律なら大賛成

168 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 11:18:10 ID:lo/4uxf50
>>166
>日本もいよいよ死刑制度廃止になるのかな…

ならんだろ。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090917/trl0909170048000-n1.htm
>また、千葉氏は、死刑執行について「死刑は人の命にかかわるので法相の職責を踏まえて慎重に取り扱う」と慎重な姿勢を示した。死刑制度の存廃については「広い国民的議論を踏まえて道を見いだしたい」と述べた。

一応民意は解ってるようだし。
ただ任期中に執行をするかは微妙だな。
職務放棄し執行をしないなら、次は議席は無いだろ。


169 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/17(木) 11:22:27 ID:lo/4uxf50
>>167
それはそれで、別にいいんじゃね?
廃止派は、自分が殺されても加害者の更正を期待して、死刑は回避って事で。
それなら筋も通る。

170 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/18(金) 04:59:27 ID:6lHDYwcAO
>>167
罪の重さによるだろ


171 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/18(金) 16:03:17 ID:uOe6iDhh0
反省もしないような極悪な犯罪者が死刑になると、この世(社会)に恨みと
憎しみを持ったまま未浄化霊として彷徨い、同じように社会に不満を持った
ネガティブ思考の人間に憑依して、同じ事件を引き起こすからである。
この悪循環を断つには死刑を廃止して終身刑を導入する必要がある。
実は死刑制度を廃止している国の理由としてはこのような考え方が裏にある
勿論、表向きは人権的な理由だが。

172 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 15:03:13 ID:D7P8wVae0
>何故死刑廃止を叫ぶのか?

yuriko(長文矢印=ジョージ・ウォーカー)だから。

173 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/19(土) 15:07:50 ID:+LyZ4g0u0
>>168
千葉さんも空気読んで「慎重」って言い回ししか使わなかったからな。
執行はしないかもしれないが、次の大臣が就任した際に再開できる余地を作った。
それに取り調べの可視化という難題の方に先に取り組むようだし。

174 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/20(日) 13:04:32 ID:6+K11Bmj0
>>173
>可視化
それはそれで結構な話なんだけど、だから死刑執行はしないってのは通らない話だし。
千葉のバーさんが法務大臣って立場を、どう考えてるかだなぁ。
個人的な主張で職務放棄するなら、ソレ相応の罵倒が待ってるだろ。

175 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 08:41:20 ID:raUdfP6KO
所詮 担がれてる神輿なんだよ
頭が良くても 物事を判断する事が出来ないおめでたい奴は操り易いんだろう
いずれ 後悔する事になるだろうが その時は手遅れ

176 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 17:05:21 ID:raUdfP6KO
反対派判決には被害者や遺族の苦しみは理解できないんだろうね
もっとも連中自体が同じ立場になっても死刑廃止論を支え続けられるかどうかは疑問だけどね

177 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/21(月) 18:53:40 ID:JlHcRnWB0
死刑廃止賛成の方へ!面白いものを見つけました↓(逃げずに答えて下さい)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430845539

178 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 00:44:48 ID:+ZD+SLsC0
何人殺しても死刑にならない(一番重くて終身刑)って事になったら、
「一生刑務所で食わせてもらえるように、無差別大量殺人をやりました」
‥‥という輩は必ず出てくるだろうな。かなりの数で。

179 :容認:2009/09/22(火) 07:39:23 ID:89ANEJ2L0
千葉は民主党のアキレス腱になりそうだな。
確たる理由もなく、自分の個人的主義主張で死刑を拒否するなら、
民主党の支持自体が危うくなるだろう。
バカな話だ。


180 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 08:24:29 ID:h+mHO/S00
ヤクザ、マフィア、過激派、狂信的原理主義者、プロの殺し屋が使える連中は、
死刑なんて無い方が良いに決まってる。
鉄砲玉の調達が容易になるし。

死刑が無くなった民主国家なんて、アンダーグランドの勢力に支配される運命だよ。
アンダーグランドの勢力は、裏切り者の殺害どころか、
裏切り者の親兄弟まで殺してしまうからな。
どっちの組織が強固か誰だって判るだろ?
江戸時代まで、支配される側の大名は、第一親等を人質として差し出していた。

もし本当に、凶悪事件を可能な限り最小にしたいのなら、
凶悪事件を起こした人間の行動を教唆した人間まで死刑にする方が効果的。
親兄弟まで死刑は、非常に効果的だが、非現実的だと思う。

181 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 11:10:50 ID:o/eO5Vnl0
>>176
>もっとも連中自体が同じ立場になっても死刑廃止論を支え続けられるかどうかは疑問だけどね

続けられるんじゃない。
廃止論者が大切なのは自分だけで、後は親兄弟他人から犬猫まで、全部殺意の対象でしかないし。
唯一大切なのは自分だけ。
だから、死刑を廃止したいんだろ。

182 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 15:04:05 ID:KxR0OGqT0
>>181
う〜ん、そこまで言うとさすがに言いすぎだと思う。
逆恨みで身内を殺されて死刑制存置派に転向した弁護士さんもいるし。

ここでこういう事を言うと怒られるかもしれないけど、
法律学の学習っておかしな思想を吹き込まれて洗脳される事と似てる。
特に法曹関係者は実務家として必要な判例知識をどんどん吸収しないといけないから、
おかしな判例や量刑に疑問を感じていても、まず考えずに吸収するのが先で、
おまけに疑問に感じる時間を遮断して知識だけ暗記した人の方が、
旧司試では通りやすかったなんて洒落にならない現実があったりするから。
考える余裕がないほどに覚える量が膨大という事なんだけどね。
これは旧司試の弊害の一つじゃないかと思う。
わざわざ検察官を目指す正義感が強いタイプの人は別だけど、
そうじゃない人は、刑法学に洗脳され、死刑制廃止論者になってしまう。
弁護士に廃止派が多いのは、そういった洗脳が背後にあったりするから。
この洗脳が解ければ、もともとは普通の人なのだから、存置派に転向する。
ある意味、廃止派の弁護士は司試受験の被害者という面もあるんだよ。

まあ、ただし、法曹関係者や宗教家、冤罪被害者以外で廃止論者をやってる人、
特に人権思想なんかから廃止論を唱えてる人は、頭がちょっとおかしい人だろうね。

183 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 16:06:19 ID:P0CZpAQm0
飲酒運転の現行犯は死刑でOK


184 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 17:56:39 ID:P4Cyv5M/O
無駄な餌代使うな!

185 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/22(火) 23:34:30 ID:o/eO5Vnl0
>>182
弁護士の廃止論者は、単に商売の都合でやってるだけだから、本心から死刑を廃止しようなんて考えちゃいない。
「重罪には死刑もやむなし」と言ってる弁護士と、「どんな殺人鬼でも、更正する機会を与えるべき」といってる
弁護士とじゃ、どっちに当人たる殺人鬼が弁護依頼をする?
でなきゃ、ドラえもんとか言い出す馬鹿に弁護なんか頼まないだろ。誰も。

弁護士でもないのに廃止論を口から泡を吹きながら風潮している真性のキチガイは、また別。
あいつらは、常時殺人欲に負けるか、先に死刑が廃止になるかの瀬戸際にいるから危険。


186 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 01:03:07 ID:0LNzBVue0
死刑廃止論者の特徴的な資質

異常な憎悪体質
 光市の本村さんを異常に憎んだり、被害者に対する配慮はない。被害者より加害者擁護
 応報感情や応報刑論に対する異常な嫌悪や憎悪。
 応報感情はあくまで自然な感情。遺族が応報感情を持つのは当たり前、それに同情するのも然り
 普通に存置派と話が出来ない。何かと馬鹿にし、罵倒する。傲慢で自分以外は馬鹿というタイプ

今更、廃止派を取り下げることが出来なくなって、ムキになってる
 一旦、廃止派と名乗った事を間違いと認めたくない。自分の間違いに気が付かない、認めない。

何らかの運動が無いとやっていけない
 売名行為のジャーナリストや、ロビイスト、社会運動家のように、廃止運動そのものが収入になっている
 また、その出版物を販売する事による収益狙い。
 食べるためにやってるので、反社会的運動ならなんでもイイが、論破されにくいものに飛び付く
 または、冤罪や再犯の責任を逃れたい弁護士や法曹関係者の意見などの自分達の仕事の利益など

宗教や、哲学、道徳に異常にハマリ、犯罪者の視点のみを考慮する間違った人道的解釈
 刑罰を考える時に、犯罪者の立場のみを考慮する宗教や哲学、道徳
 刑罰や社会ルールなどの抑止力や規範の意味を完全無視
 宗教、哲学、道徳のみで社会が治まると考慮する妄信、徳治主義は理想、現実は法治主義
 人間を、ただ甘やかせばいいと考える。愚かな考えに似ている。無意味な減刑運動
 人間には、時には厳しい試練が必要や、アメとムチを理解していない
 絶対的な法則である「アメは甘い程良く、ムチは痛い程良い」を理解出来ていない
 「規範」、「示し」、「けじめ」、「泣いて馬ショクを斬る」、「覚悟」、「ルールの認識」
 等の言葉を理解できない、しない、または完全無視

他人と会話や議論がちゃんと出来ない
 自分が一番偉いと思ってるので、他人の言う事は絶対に聞かない。だから廃止派でいられる
 議論や会話がちゃんと出来ない。自分の説明能力を棚に上げ、強弁によって誤魔化す
 完全に狂信、妄信的
 廃止理由を尋ねると、必ず、誰がこう言ってるとか、こんな本があるとか
 自分が聞いたものや、勉強したものが絶対だと妄信している
 自分で考えて出した結論ではなく、他人の書いたものや言ったものを信じた結果なので、
 書かれたものや勉強した事以外の質問には、答えることが絶対に出来ない
 嘘つきの特徴である言葉にしがみつき、同じ言葉を繰り返すことしか出来ない

あまりに上記の症状がヒドイと説き伏せるのは無理です
みなさんも気をつけましょう

187 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/23(水) 01:52:39 ID:62zGQ+Nb0
廃止論者が言う「更生の機会を奪う愚行」である死刑制度だが
加害者そのものが生い立ちであるとか環境であるとか、いかなる理由で犯行に及んだか
同情の余地があっても、犯行自体を正当化できるものではない。
被害者の未来を永遠に消し去った行為を永山判例を基準にすることにも反対なんだが
死刑を廃止した場合の最高刑である「終身刑」で一つの犯行量刑を年数で計算するのも何かおかしい気がする。

死刑廃止国での終身刑200年オーバーなんかの判決なんざ意味のある行為だと実感できないのは俺だけだろうか?



188 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/09/26(土) 22:18:46 ID:rR8DpoJ10
>>187
>死刑廃止国での終身刑200年オーバーなんかの判決なんざ意味のある行為だと実感できないのは俺だけだろうか?

同感。
年齢にもよるだろうけれど、100年を超えたら懲役二百年だろうが二万年だろうが二億年だろうが
「もう一生シャバでは普通の暮らしはできない」ってlことでは一緒だよね。

あえて言うなら、何かにつけて恩赦、特赦が適用される国とかなら、100回特赦で減刑してもらっても
まだ1000年残ってるとか?そういう場合のみ意味があるかと。


189 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/19(月) 23:25:20 ID:5cKrRl7j0
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃  死刑を廃止しましょう   ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛


190 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 05:33:07 ID:cwfM5E2l0
下手をすれば被害者の遺族が加害者を殺害する事件が
起こる可能性があると思う。

191 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 09:03:52 ID:YxXPbs/A0
>>190
遺族が殺人罪で起訴されるだけ


192 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 11:51:55 ID:mep76D0y0
死刑廃止論者の弁護士で家族が殺された人はいますか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312852228?fr=rcmd_chie_detail

193 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 16:08:15 ID:LFgeWv2l0
>>192
岡村勲は死刑廃止派の元日弁連副会長だったが、奥さん殺されて死刑存置へ。

磯部常治も「熱心な死刑廃止論者」だったが、奥さんが殺され、被告が死刑宣告を受けても、
そのまま反論も無し。

まぁ弁護士の廃止論なんて、営業目的の上っ面だけだから、当然と言えば当然。
これで、妻を殺した犯人の弁護でもして死刑を回避すれば筋も通ろう物だけどね。
被害者遺族の立場になって廃止論を唱えているわけじゃない事の証明だな。

194 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 17:05:22 ID:YxXPbs/A0
これが死刑の現実

OECD加盟国、つまり先進国といわれる国家の死刑制度

死刑廃止国
 オーストリア   アイルランド    スイス      ハンガリー
 ベルギー     イタリア      トルコ      ポーランド
 カナダ      ルクセンブルグ   イギリス     スロバキア
 デンマーク    オランダ      フィンランド
 フランス     ノルウェー     オーストラリア
 ドイツ      ポルトガル     ニュージーランド
 ギリシャ     スペイン      メキシコ
 アイスランド   スウェーデン    チェコ

事実上の廃止国(制度は存置しているが死刑が執行されていない)
 韓国

死刑存置国
 アメリカ合衆国 ※
 日本

※アメリカ合衆国の死刑廃止地域
 アラスカ州      ヴァーモント州       北マリアナ諸島
 ハワイ州       ウェスト・ヴァージニア州  米領ヴァージン諸島
 メイン州       ウィスコンシン州      米領サモア
 マサチューセッツ州  ニュー・ジャージー州
 ミシガン州      ニュー・メキシコ州
 ロード・アイランド州 コロンビア特別区(ワシントンD.C.)
 ミネソタ州      プエルト・リコ
 ノース・ダコタ州   グアム


195 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/21(水) 17:27:59 ID:D7ZE6sb3O
死刑賛成ァァ

196 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/10/24(土) 18:49:14 ID:8AStWGC/0
千葉法務大臣殿

新政権は国民の安全と日本国の信用のため世界主要各国がカルト危険団体
に指定している創価学会の構成員にあたる法曹関係者および法務省職員に
つきテロリスト予備軍と見做して該当者全員の資格剥奪と免職をしてください。
さらに、裁判の公正と社会の安全のため創価学会員が裁判員を務めることが
許されないように法整備をしてください。

マインドコントロールが解けて正気に戻った凶悪殺人カルトの被害者(一般
創価学会員)はさっさと下記を使うべし。

★★★創価学会脱会届★★★
脱会用紙テンプレ(Ver.1.14)
………………………  例 文  ………………………………
        脱会届

平成××年 ×月 ××日 (※文書を書いた日付)
東京都新宿区信濃町32番地
宗教法人  理事長 正木正明 殿

私こと○○○○○は宗教法人創価学会を脱会いたします。
今後、私が了解しないかぎり、入会勧誘、及び、支援政党の票依頼等を目的にした、
創価学会員による自宅来訪を一切拒否いたしますので、地域幹部の方々にも、その旨
よろしくご指導のほどお願い申し上げます。ただちに名簿からの削除等、脱会手続きの
迅速な処理を執行願います。

所属組織名(※壮年部、婦人部、男子部、女子部程度でOK)
東京都世田谷区○○町○○丁目○番○号(※ご自分の住所)
×田○策 印(※氏名)
………………………  例 文   ………………………………
☆★必ず『内容証明郵便』および『配達証明』を使うようにしてください★☆
詳しくは↓参照。出す前に一度目を通しておきましょう。
>>http://www.tantei-sodan.com/proof/

197 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/05(木) 00:03:49 ID:Ea8zr53/0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
死刑は国家による殺人である。

被告と同様の行為を繰り返すことで問題は解決されない。
理性で作り上げた国家が感情だけの獣と化すだけである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


198 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/07(土) 08:14:36 ID:SK7zgRiE0
>>197
>感情だけの獣

まさに廃止論者そのもの。
ただのヒステリーですね。


199 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/10(火) 12:33:28 ID:L1V/TbNl0
>>198
ヒステリーも起こすだろ。
自分が殺人欲求に耐え切れず集団殺人にでて死刑にされるか否かが掛かってるんだから。
廃止論者にとっての殺人欲求は、本人にとって本能に近い。一般人には理解し難いが。
童貞がオナ禁し続けているようなもんだ。


200 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 14:11:21 ID:3bq4HvLb0
「いかなる事が有っても人を殺してはいけない」
これはマイトレーヤ・ラエルの教えの一つです

殺人は遺伝子の破損による病気の一つだってことがいずれ分かるそうです。  
だからそれまでは殺人者を病気として隔離したり治療したりするといいと思う

また、死刑は政府による殺人であって、暴力の連鎖の正当性を国民に植えつけるものです

生命科学の推進で死者を蘇らせる技術を早期に確立する事です
そうすると死んだ人の細胞が1つ有ればその人を再生する事が出来るようになるでしょう
それと脳科学の推進で脳の記憶の研究を進めることです

この2つの技術の確立を早めることで殺人が無意味な事であるってことも分かるようになります

又全ての人を愛する教育を世界中でおこなって欲しいです

201 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 14:44:25 ID:7r+8OlLBO
死刑反対(´;ω;`)

山地は国によって殺されました


202 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/11/22(日) 20:41:32 ID:ZBj1KIjx0
>>200-201

今人殺しがしたい奴らが、何か必死で訴えてるな。
死刑が早く廃止にならないと、お前ら絞首刑台送りが確定だからな。


203 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2009/12/02(水) 15:04:15 ID:PGROgL7T0
死刑クルー 個室ビデオ店放火 判決、主文後回し
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259733453/l50


204 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/03(日) 01:57:19 ID:iVy1JP320
もし死刑反対派の身内が殺されたらそれでも死刑反対派なのか?




『それはそれ、これはこれ』

205 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/24(日) 22:56:18 ID:hehgoAZL0
死刑廃止すべく理由
・生まれつきの犯罪者はいない。
・どんなに捻くれた人間でも、恵まれた環境で愛情深く育てば犯罪者にはならない。
・池田小やトヨタ重役みたいな金持ちボンボンで苦労の1つもした事ない奴らはそうでない人達の気持ちを一生理解することは出来ない、自分が被害に遭うまでは。
・犯罪者の人生に関わってきた人間に思いやりを持った人はいなかったから捻くれた性格になる。
・犯罪者が起こした事件については、彼らを侮蔑してきた周りの人間達にも責任がある。
・自分自身の利益しか頭にない奴に他人を大事にできない。
・ほとんどの人間は気に入った相手には愛想を振りまくが、逆に嫌いな相手には罵倒し罵る。
・大人になった後であっても、周囲が愛情深く接していれば時間はかかるが善人になれるだろう。
・池田小事件や秋葉通り魔事件の根本原因は、現在社会の、愛情の微塵もない社会環境にあった。
・不幸な人生が、人を鬼に変える。

206 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/25(月) 13:51:26 ID:E7zM4Y1I0
>>205
殺人者特有の、責任転換の言い逃れだな。
「自分が悪いんじゃない、自分に殺人を犯させた社会が悪い」か。

当然、どこかからのコピペだよな。
こんな事を素で言ってる奴が居たら、もう相当やばいぞ。
加藤がアキバに突っ込む前と略同じ状態だからな。

207 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/27(水) 05:03:26 ID:DPq5LOwT0
少なからず廃止論者は、死刑を指示する人間は死刑になれば良いと言う思想を持っている。
しかしこれ程本末転倒な理屈もあるまい。
実際に自分の身勝手で他人の命を終わらせた人間の命は守れと言うが、
それを守らない人間の命は守る必要は無い、と。
実際死刑になった人間に死刑支持者は存在する。
その者は廃止論者の理屈どおり死刑で問題無いはずである。
つまるところ廃止脳はこの世界で社会のルールを破り人を殺めた者の命だけを守るべき、
と言う究極の加害者擁護で構成されているだけなのである。

208 :鬼畜による暴行事件!!:2010/01/27(水) 06:15:44 ID:Wd2tim6/0
ある夜、飲み屋で酒を飲み過ぎたのです。
それで、終電、終バスに乗り損ねたのです。
「これはヤアイ」と思ったのですが、公園で、夜を明かすことにしたのです。
さすがに、心細く、なるべく人通りの多いところを選んだのですが、
朝の3時くらいになると、本当に誰も、居なくなりました。
悪い予感はしていたのですが、そこにいかにも悪そうなヤンキ-風の男二人が近付いてきました。
「ね-ちゃん、なにしんの、こんな時間に。」
「ちょっと、お酒を飲み過ぎて、終電逃しちゃったの」
「そりゃ-、気の毒に。僕達とちょっと付き合わない?」
「気分が悪いから結構です」
「そうは言わないで」
私は、これは襲われるかも知れない、相手を殺してでも、助かろうと決意しました。
そこで、私は、自分が習った空手の業を駆使して、必死の抵抗をしたのです。空手二段の私でも、ストリ-トファイトの経験は、全くありませんでした。
ともかく、相手の急所という急所を徹底的に狙い、「相手を本気で殺すつもりで、」抵抗したのです。
私も怪我をしたのですが、今から考えると、「嫌な感触」はあったので、もしかしたら、相手も相当な怪我をしたと思います。
直ぐに警察に電話して、私は、怪我は大したことはなかったのですが、一日入院しました。
傷害罪、過剰防衛ということも危惧されましたが、幸いにも私には精神障害があるので不起訴となりました。
あの時もし、相手を殺していたらどうなっていたかとぞっとします。

209 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/27(水) 10:33:52 ID:nEnfjk8U0
>>208
死刑を廃止すればこのような問題は全て解決します。


210 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/27(水) 17:50:56 ID:Xx/z1vK7O
廃止人は人殺しがしたくてウズウズしております。病的に。

人を殺しても刑が軽くなるように、詭弁に詭弁を重ねて奮闘するが、所詮は詭弁なので説得力がないのです。

211 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/27(水) 18:00:24 ID:nEnfjk8U0
>>210
言っていることが意味不明

212 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/28(木) 08:56:53 ID:Eqc4gDFO0
>>211
意味が解らないんじゃなく、意味をスルーしたいだけだろ。

213 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/29(金) 07:14:50 ID:3+SjyvxR0
死刑廃止論もいいですが、いつまでも執行しない法務大臣はあり
なんでしょうか?
自分の仕事をしないで処罰されないなんていい身分ですよね。

214 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/29(金) 09:24:13 ID:BjGHZLvo0
>>212
言っていることが意味不明


215 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/29(金) 19:47:15 ID:69OLajBL0
>>213
同意。
職務怠慢、職務不履行、個人的イデオロギーによる職権濫用。
こんなのがまかり通るなら、世の中何でもありだよね。


216 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/29(金) 21:32:52 ID:BjGHZLvo0
>>213
死刑制度を廃止すれば職務として死刑を執行する必要がなくなり
全てが解決する。


217 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/30(土) 13:29:44 ID:Obp/AU6T0
>>216
「刑罰を廃止すれば、職務として処罰する必要がなくなる」って事か。

廃止論者の望みが無法化した暴力社会である事が証明される一言だな。
これだから犯罪崇拝者は怖い。
早めに精神病院に入院してこい。
カウンセラーに「人殺しがしたくて我慢できないので、死刑を廃止したいです」と言えば、
当面入院できるだろ。拘束具付きで。

218 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/30(土) 15:04:02 ID:vgB+ldSY0
>>217
言葉の暴力ですね分かります


219 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/30(土) 15:46:00 ID:MzdgLPMS0
犯罪者を養うことよりも障害を持ってる人やお年寄りを支援するほうにお金を使ったほうがいいと
思います

220 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/30(土) 16:38:15 ID:ElgalyPf0
>>219
----------------------------------------------------------------
 自分自身が誤認逮捕されることを想像してみてください。
 誤認であろうが無かろうが検察に身柄を渡されると全裸にされておしり
の穴に棒を突っ込まれ独房にぶち込まれます。
 その後は密室で取調べが行われますが必死に無実だと訴えても終日自白
を強要されます。取調べ以外はわずか畳2畳程度の窓の無い独房に閉じ込
められ何もすることが無く精神的に追い詰められて発狂しそうになります。
 精根尽きるまで無実を訴えても壁に向かって直立不動を強要され人格を
否定するような罵倒を受けて全て否定されます。
 そのような地獄が拘留期間中ずっと続きます。
 ほとんどの人はそういった地獄から一刻も早く逃れたいためにウソの自
供をして供述調書にサインをしてしまいます。
 そして「後で裁判になれば裁判官にウソの証言であることを訴えればわ
かってくれるだろう」と考えます。
 もちろん裁判になれば署名をしている自白の供述調書を覆すのは容易で
はなく有罪判決は避けられません。
 日本の検察捜査は戦前のように直接的な拷問は無くなっただけで未だに
弁護士の立会さえも許されていません。また取調べ内容も供述調書が全て
となっており裁判では取調べの経緯や音声や映像による確認も行われずに
全く可視化されていません。
 足利事件では無実の罪で長期間拘留され人生から多くの時間を奪いまし
た。
 飯塚事件では被告が無実を訴え続けて再審請求の準備中であるにもかか
わらず2007年に死刑が執行されてしまいました。
 とても恐ろしいことですがこれが日本の捜査と裁判の現実であり今も制
度として継続しています。
 こういったことを他人事では無く自分自身に降りかかることを想像して
みてください。
----------------------------------------------------------------


221 :存置派:2010/01/30(土) 17:18:45 ID:zckl0TSo0
>>220
誤認逮捕は嫌だが、
「俺が誤認逮捕されたときのことを思って
 凶悪殺人犯を国民の金で生かすようにしてくれ!」とは流石に言えないんだがなぁ。


222 :二モ:2010/01/30(土) 18:43:15 ID:PB03QDXL0
>>220
その辺りの事件は難しいから別として、とにかく犯人が明らかなものだったら
死刑でいいのでは?例えば麻原焼香に対しての死刑も反対なんですか?

223 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/30(土) 18:57:06 ID:ElgalyPf0
>>222
 被告が誰であろうと取調べや司法の制度が閉鎖的で誤認逮捕の容疑者を
地獄へ突き落す以上は死刑の執行は停止するべきです。
 アメリカの一部を除けばOECD先進国で死刑を執行しているのは日本
だけです。
 日本が死刑を全面廃止することでアメリカが連邦政府として死刑の廃止
を迫られるはずです。
 死刑廃止というのは今や世界の潮流であり、死刑を廃止する国は増え続
けています。


224 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 06:37:13 ID:opE67Cha0
>>223
>アメリカの一部を除けばOECD先進国で死刑を執行しているのは日本 だけです。

廃止論者の本音。
これ以外にない。
何で、犯罪抑止先進国が退化国を見習わなきゃならんのか?
捕鯨とかにしても、生意気な黄色が気に食わないという感情論なのに、
それに迎合するようなバカ黄色がいるのが滑稽だな。


225 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 10:52:19 ID:LB1gVZjP0
>>224
主権は日本にあるが「他国を無視してはならない」と明記されています。
OECD先進国で死刑制度がどのように扱われているのかというのを
重く認識することは日本国憲法の理念に合致します。

日本国憲法 前文より
  われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視し
 てはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、こ
 の法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうと
 する各国の責務であると信ずる。


226 :存置派:2010/01/31(日) 11:39:42 ID:Q9fNjpuH0
>>225
確かに他国の動向は大事だね。

ところで、君はEUが加盟の際に、死刑のみならずあらゆる面において
「西欧の価値観に合わせた社会制度にすること」を条件付けている意味、わかってる?
ヒントはイラク戦争前夜にフランスがアメリカに見せていた態度。

227 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 15:18:32 ID:LB1gVZjP0
>>226
質問が曖昧過ぎます。
死刑廃止と関連があるのであれば質問内容をはっきりしてください。


228 :存置派:2010/01/31(日) 16:08:37 ID:Q9fNjpuH0
>>227
…えーと、物凄く分かりやすくいうと、
今のタイミングでOECD諸国…というかぶっちゃけEUを意識して死刑を廃止するのは
アメリカから離れ、フランスへ媚びを売るのに近い効果があるって分かってる?ってこと。

229 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 16:59:54 ID:LB1gVZjP0
>>228
アメリカから離れるとはどういうことですか?
年次改革要望書などでアメリカが日本に死刑存置を要望したなんて聞いた
ことがありません。死刑制度が日米で議題になったというのも聞いたこと
がありません。
アメリカは日本と異なり州によって死刑に関する法律が異なり昨年もニュー
メキシコ州で死刑が廃止されており国家としては死刑廃止へ向かっていま
す。

ttp://deathpenaltyinfo.org/states-and-without-death-penalty

「フランスへ媚を売る」というのも意味不明です。
日本が死刑を廃止してフランスに何のメリットがあるのですか?
そこには直接的な利害関係は無いように思えます。
もし日本が死刑を廃止するとフランスだけでは無く既に死刑を廃止してい
るEU諸国やアメリカの一部から人道的な見地で称賛されることはあって
も非難されることは無いでしょう。


230 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 17:13:55 ID:opE67Cha0
>>225
>「他国を無視してはならない」

他国に迎合し、国のプライドを捨ててすり寄れとは書いていない。
他国の動向を重く受け止めた上で、毅然と自己の主張をし、時には
違う結論が出ることも是としなければ主権国家ではない。


231 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 17:34:46 ID:LB1gVZjP0
>>230
死刑を廃止することが何で国のプライドを捨てることになるのですか?

大東亜戦争で敗戦し無条件降伏するのは国のプライドを捨てることだとい
うのであればまだ理解できます。


232 :存置派:2010/01/31(日) 18:00:30 ID:Q9fNjpuH0
>>229
・アメリカ合衆国は国是としての廃止を行っていない。
・フランスは死刑廃止等、西欧の価値観に合わせることをEU加盟の最低条件としている。
・元々EUは対米国同盟としての意味合いが非常に強い
・特にフランスは米国を敵視する伝統があり、イラク戦争前後からそれが顕著になっている。

この状況で「フランス様の仰せの通り!」と日本が言い出すのは明らかに米国の望むところではない。
最もフランスにとっても明確な利益を得るところではない。だから「媚を売る」ってこと。

「犯罪抑止には何がベストか」「本当に悪影響はないのか」こういった問題を棚に挙げて同調すれば
EU諸国、特にフランスやイギリスのような国は賞賛ではなく、苦笑を以って日本を迎えるよ。鳩山首相の25%と一緒。
「内政に信念のない国」「言えば迎合する国」「流行におもねる国」と一旦評価が下れば
中国を市場としてフランスと対立している日本の国益にはまずなりえないだろうね。

こういうところまで考えてる?
「きっと皆褒めてくれる!」って程度の思考しか、君からは感じられないんだけど。

233 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 18:13:22 ID:opE67Cha0
>>231
他国が言うから、自国民の大多数が望んでいなくても死刑廃止するって、
どこに国家のプライドがあるんだい?


234 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 19:38:39 ID:LB1gVZjP0
>>232
それで「媚を売る」とするのはあまりにも強引です(笑)
死刑を廃止した国は既に廃止されている国の媚を売っているのであればイ
ギリス、ポルトガル、イタリア、ドイツのように後の国は前の国に媚を売
ったことになります。
まあ冗談だと思いますが・・・

だから日本がフランスに媚を売れとは主張していません。
日本の憲法の理念に従って国際社会の意向を重く受け止めるべきです。

国連総会、死刑執行一時停止決議を採択
ttp://www.unic.or.jp/unic/publications/

日本が死刑を廃止したからといってアメリカから離れることはありえませ
ん。
なぜなら>>229 のリンク先のとおりアメリカも死刑を廃止している州が増
え続けているからです。



235 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 20:08:27 ID:LB1gVZjP0
>>233
「自国民の大多数が望んでいなくても死刑廃止する」?
そんなことは主張していません。
>>234 に記載している国連総会の決議は国際社会の意思なので日本国憲法
の理念に従えばこれを重く受け取るのは当然のことです。
憲法は国際社会と協調することを前提に自国民に主権が存することを定めています。


236 :存置派:2010/01/31(日) 21:59:59 ID:Q9fNjpuH0
>>234
イギリスやポルトガルには明確な利益があった。
人権云々ではなく、EUという枠組での経済統合っていうね。
でも日本にはそれはない。だからこそ媚びというのさ。

EUと愉快な仲間たち=国際社会とするのはどーかと思うが、
さて、君にとって「重く受け取る」というのと
「国民がそれを望んでいない」というのはどちらが重視される事項なんだろうねぇ?

237 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 22:38:39 ID:LB1gVZjP0
>>236
ポルトガルが死刑を廃止したのは 1867年です。
つまり欧州連合 (EU) どころかその前身である欧州共同体 (EC) や欧州石
炭鉄鋼共同体 (ECSC) が存在する遥か以前のことです。


238 :存置派:2010/01/31(日) 22:43:43 ID:Q9fNjpuH0
>>237
ポルトガルがすべての犯罪に対し廃止したのは1976年だよ。
まぁ、当時から「西欧的な価値観を完全に強制しよう」と彼らが思ってたかは怪しいので
目下のところは除外するか。ドイツの場合、日本の9条みたいなもんだし。

で、結局「重く受け止め」どうするべきだと思う?

239 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/01/31(日) 23:32:23 ID:LB1gVZjP0
>>238
ポルトガルは1867年に死刑を廃止しています。
日本は今も執行しています。
OECD 先進国で死刑の執行しているのは日本とアメリカの一部だけです。
日本は死刑を廃止するべきです。


240 :存置派:2010/02/01(月) 00:06:50 ID:QWFUfMXe0
>>239
ttp://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/abolitions&retentions.html
ありゃ、こっちは誤植かな?

で、問いを繰り返すことになるんだけど、
EUと愉快な仲間たち=国際社会とするのはどーかと思うが、
さて、君にとって「重く受け取る」というのと
「国民がそれを望んでいない」というのはどちらが重視される事項なんだろうねぇ?

死刑を廃止するべき? 国民の望みに答え存置すべき?

241 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 00:43:32 ID:1RWFMk1b0
死刑制度は各国の法制度であるために、死刑制度を存続するも廃止するも国内の問題であるから、
国際世論の動向を理由に存置や廃止を実行するのは「内政干渉」を無批判に受け入れることである。

242 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 01:03:23 ID:Hww7HpVK0
>>240
 死刑は廃止するべきだと思います。
 国際社会の中心を構成しているOECD先進国は日本とアメリカの一部
を除き死刑を廃止しています。
 >>234 でも述べましたが国連は死刑制度が存在している国に対して執行
を停止するよう決議しています。
 これを黙殺し日本が死刑の執行を継続していくことは憲法の前文で掲げ
た「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に
除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思
ふ」に反します。
 「国民の望み」のことですが国政が国民の信託によって成立しているの
で死刑を廃止しても法的には問題ありませんしそれは憲法の理念にも合致
します。
 必要があれば政党ごとに死刑制度に対する考えを争点にして国際社会の
現状を説明して民意を問えば良いと思います。
 もちろんそのときに>>220 で取り上げたあまりにも酷い日本の警察や司
法が抱える深刻な人権問題をオープンにする必要があると思います。


243 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 01:51:05 ID:+TVw5Y3q0
先進国の多くが廃止してるから廃止すべきというのは説得力に欠けますね

244 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 02:18:59 ID:amnPMbTG0
憲法違反だと言う奴はこんなところで騒いでないで違憲訴訟でも起こせ。
誰も止めはしないし個人の権利だしそうだと主張するならやらない理由が無い。
事件が起こるたびに違憲判決を下す検察と司法を弾劾すれば良い事であって
間接的に支持する国民に幾ら噛み付いても意味無いぞ。

245 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 02:28:31 ID:Hww7HpVK0
>>243
全く理解していません。
先進国の多くがどういう経緯で死刑を廃止したのかを理解して下さい。

>>242>>220>>223>>225>>227
>>229>>231>>234>>235>>237>>239
も読んで下さい。


246 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 02:49:08 ID:Zmuq91e/0
>>245
おまえこそ理解しましょうね。
先進国がどういう経緯で廃止したのかを、ね。

ある国にいたっては、死刑するより暗殺や射殺のほうが金かからないから死刑廃止なんて国もあるんだぜ。

247 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 03:17:11 ID:bRaM369zO
@→死刑も他の刑罰も人権を奪うという点では同じなのになぜ死刑だけが議論の対象になるのか?人道的観点からとかふざけた理由以外の納得いく解答がほしい
A→冤罪問題は警察や検察等捜査機関に問題があるからこそ起こる問題なのだから、改善を求めるべきなのは司法に対してではなく捜査機関に対してなのではないか?
B→刑罰は犯罪抑止としての意味合いの他にも犯罪に対する応報としての意味合いもあるのに、なぜ犯罪抑止についての議論だけで片付けようとするのか


俺馬鹿だからこの辺の所の死刑廃止派の解答が欲しい
今まで廃止派の人間と話したことがないからようわからん

248 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 04:38:39 ID:1xSqVue/0
被害者、もしくは被害者になり得る人の「心」と、犯罪者の「命」
となったら「心<命」って単純計算できる人がいるんだろうね
何かがスパッと抜けてる

249 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 04:44:38 ID:ZMSKj649O
「心(被害者)<命(犯罪者)」

という犯罪者目線の心での優劣観なんだね

250 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 06:25:10 ID:EtIYVFWa0
>>242
>専制と隷従

まさにEU、国連による専制と、それに隷従することになるのでは?
国連が常に正しいとは限らない。
先ずは先入観のない国民の意志と合意が必要だろう。


>必要があれば政党ごとに死刑制度に対する考えを争点にして国際社会の
>現状を説明して民意を問えば良いと思います。

その通り。廃止したけりゃ、少しはまっとうな意見を言ってくれ。
ただし、これは基本的に地域特性を加味した内容であるべきなので、
あくまでも国内問題。国際情勢は参考程度に紹介すべきだろう。


>もちろんそのときに>>220 で取り上げたあまりにも酷い日本の警察や司
>法が抱える深刻な人権問題をオープンにする必要があると思います。

そういう別問題を一緒にするのが説得力を失う第一原因。
捜査方法を問題視するなら、直接そこを改革すればよいのであって、
しかも、刑罰ではなく「死刑」のみがターゲットって詭弁に過ぎない。


251 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 06:55:51 ID:DzCPHiRgO
>>248
その心と命の比較も、奪われた被害者の命をもう戻らないからって理由で0勘定にした場合の比較だしな。

けど、奪われた被害者の生きている筈の今が被害としてあり続ける以上、それは償うべき実害であり、割り切って良いものでは無いんだよな。
使っちゃったから盗んだ金を返さなくても良い、なんて事がないのと同じで。
ましてや、奪ったものが命っていう、金や時間じゃ到底賄いきれない代物な訳だし。



252 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 10:33:41 ID:Hww7HpVK0
>>250
別問題ではありません。
>>220を参照して下さい。



253 :二モ:2010/02/01(月) 17:15:11 ID:t4wJT25H0
>>248
そういう人は他人事として考えてるんでしょうね。

死刑って人道的に考えてそれに値する奴に処するわけで恣意的ではない。
善良な国民の生活負担軽減の為に、奴隷レベルの待遇で労働力として
犯人の命を使い切り、死刑じゃないけど確実に自ら死ぬよというような
言葉遊びならわかりますが、廃止派ってどういうお考えなんですか?

死刑を確信しての絶望感からではなく、死刑にならない安心感から更に狂うという、
若年層獄中ニート希望者大量発生という現象も有り得る?

廃止派は自分の身内が殺されまくっても犯人に対し「氏ねやあああ」とか思わないんですか?

254 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 17:42:59 ID:rpQxIa+Y0
>>248
とりあえず、廃止論者の頭から被害者の命がスパッと抜けてることは解った。

255 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 19:28:42 ID:EtIYVFWa0
>>252
それはあんたのただの主張に過ぎなくて、事実・真実ではない。
法制度と、警察・検察を一緒にして議論すれば、結論が出なくなるのは必然。
ジェット機とF1マシンで、どっちが水中を早く走れるかって聞いてるようなもの。
同じ移動手段、移動媒体だからといって比べられるものじゃない。
で、それでしか廃止論が語れないのでは自立した理論とは言えない。


256 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/02/01(月) 23:10:40 ID:1xSqVue/0
今の日本の法律で実際やった犯罪より重い罰なんか無い。
死刑廃止って言う人はおかしい。
他人事にのみ優しいのもいい加減にしなさい。

257 :存置派:2010/02/02(火) 01:28:41 ID:D1czOG1A0
>>242
国連が「専制と隷従、圧迫と偏狭」を解決できたことは「一度も」ないのだが。

それに選挙の論点にすらなっていない部分について勝手に判断するのを許すのは
まさに「専制と隷従」への口火を切っていくに等しいと思うんだがね。

君がせめて議会での多数派となることを踏んでから、というのであれば、廃止派の中ではよい方か。
>>220も大いに論議すればいい。昔、尻の穴に覚醒剤を詰め込んだやくざが大勢いたことも含めてね。
取調室を広々とさせ、容疑者に寝そべってリラックスした気分で取調べを受けてもらうことが
「必要だ!」と国民が納得すればそれらも改善しうるだろうし。

…まぁそれでも「それ、取調べを改善すれば死刑廃止いらないよね」と一蹴されそうなものだが。

258 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/04/19(月) 09:35:50 ID:j6UxKe4D0


259 :死刑賛成派:2010/04/27(火) 23:58:56 ID:aVdyWVwa0
>日本国憲法 前文より
  われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視し
 てはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、こ
 の法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうと
 する各国の責務であると信ずる

と上記の様に定められているが、日本国内の事は、国内に居住している者達で
話し合い、決めるという事でよいのでは??現に、死刑賛成派が多数を占めている
ではありませんか。。死刑反対派の方の主な理由を分かりやすく箇条書き等に
してあらわしていただけませんか??

260 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/07/31(土) 00:24:56 ID:x+oysYEtP
>>253
>廃止派は自分の身内が殺されまくっても犯人に対し「氏ねやあああ」とか思わないんですか?

自分の身内に置き換えて考えるなら犯人は殺さずに
延々生き地獄を味わわせて欲しいね。死んだら終わりだし。
俺はそう思うが、「自分の手で復讐したい」など人により色々だろう。
でもそれでは収拾つかないから第三者が介入する刑法なんてもんがあるわけで、
自分の身内に置き換えて考えること自体ナンセンス。
第三者の立場で死刑に反対ならそれでいい。
身内が殺されまくったら、なんて考える必要は一切ない。

261 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/01(日) 09:12:55 ID:E8rEn87d0
>>260
それには税金が必要なことを忘れないでください。

262 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/01(日) 10:50:41 ID:Jb+dsHl50
─────────────────────────────────
死刑は国家による殺人です。

被告と同様の行為を繰り返すことで問題は解決されない。
理性で作り上げた国家が感情だけの獣と化すだけです。
─────────────────────────────────


263 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/01(日) 11:19:10 ID:rvSW721c0
僕は今は死刑推進論者ですが
もしも死刑判決を受けたら死刑廃止を叫ぶと思います

264 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/02(月) 06:19:02 ID:cJrfE2tC0
>>263
>僕は今は死刑推進論者ですが

推進論者って珍しいね。
普通は容認ってくらいだと思うんだけど。

>もしも死刑判決を受けたら死刑廃止を叫ぶと思います

冤罪?それとも本当にやったらの話?

いすれにせよ、君は希少種だ。
どっちに転んでも多数派になることはないよ。安心しな。


265 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/02(月) 08:07:34 ID:JwuVKNTz0
>>263
それ以前に死刑判決受ける様な事件を起こさない心掛けろや。

266 :265です:2010/08/02(月) 08:09:34 ID:JwuVKNTz0
すいません、様が抜けてました。

267 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/02(月) 08:38:15 ID:nGDYvQ/f0
死刑廃止論者は殺人の再犯率が1%もあることについてどう考えるのか

268 :傍聴席@名無しさんでいっぱい:2010/08/02(月) 09:23:57 ID:m9p7QpJs0
性犯罪の再犯率のほうが断然高そうですな、実に高そうですな。
再犯率1%以上なら死刑にすべきというなら、
ほとんどの犯罪は死刑にすべきでしょうな、実にすべきですな。

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)