5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんで石炭火力を新設するの?

1 :1:01/10/13 18:26
電力需要が今後もさほど伸びないのに、新設する意味あるの?
既存の発電所を建て替えればいいじゃん。

そもそも何でいまさら石炭? 今は天然ガスの方が安いんでしょ?
リスク分散って言っても、毀損の石炭火力があるんだし、なにも
新設しなくても。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:30
原子力発電所を全面廃止にして乗り換えるためです。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/10/13 18:33
地元が作ってくれってうるさいのよ。
サヨが来て町おこしになるからねぇ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:34
新設する理由
 電気がいるからにきまってるじゃん
 今年の夏あつかったときに史上最高の電力量を記録したでしょ?
 そのときは、あなたもエアコン使ってたでしょ?
 つまり、あなたのエアコン用の電気を確保するためってことだ。

なぜ石炭か?
 原子力、石炭、天然ガス、風力、、、、いろいろあるが、全体のバランスを考えると、
今は石炭が必要と考えたのでしょ?コスト以外にも理由はあるのだよ。
でも、こういった電力会社の言い訳ってどうも信用できんなあ。
風力は整備する気はなさそう、原子力の敵だからね。
確かに風力では電力の安定供給はできんけども、、、

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:37
必要なときに必要な量確保できないのは無いのと同じだよ>風力発電。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:39
>>5

うむ、、、いろんなところに作れば何とかなると思うけどね。
仮になんとかならないとしても、
必要なときに必要なだけっていうのを実現しようとすると、持続可能な社会なんてものは夢物語になるしなあ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:40
でも資源(石油・石炭・ウラン等)が枯渇しても、それか戦争等で
調達困難なときでも、エネルギーが確保できるよ、ちょっとだけど
・・・話がそれた

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:44
なぜ、石炭か?
天然ガスは石油と同じ場所で取れるため、
エネルギーセキュリティ上、問題がある。
その点石炭なら、世界中で取れる。
ただし、運搬・貯蔵・発電コストはいまいち。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 18:54
>>8

でんぱつ関係者かな?おっしゃる通りだと思います。

ただし、電力会社には、
それぞれの発電方法にコスト、安定供給、安全面、環境面に一長一短があることを
客観的に評価してわかりやすく説明する必要があると思いますよ。

たとえば石炭の中には重金属が微量に入っていて、煙と一緒に大量にまき散らしていることとかね。
燃やす量が多いから、大量になるらしいです。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:18
>>9
バグで落とさないの?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:22
>>10

水銀は気化してるでしょ?
バグではおちない

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:24
>>11
なるほど
廃棄物焼却炉でも問題になってますね

ところで
JISの測定方法の定量下限値以上のモノが出てるんでしょうか?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:27
>>12
詳しくないのだけど、かなり少ないと聞きました。
計れないとか聞きましたので定量下限値未満らしい。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:34
>>13

煙突から出た時点で拡散するし、環境濃度的になにか悪さをするのでしょうか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:37
>>14
考え方ですね。濃度で考えるか、量で考えるか。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 19:38
>>14
環境基準を超えているかどうかで判断するなら、シロということになりますね。

17 :1:01/10/13 20:27
いや、地域偏在性の少ない石炭火力の必要性はわかるんだけど、
やれCO2だ、やれ酸性雨だっていうこの時期に、新規に作る
必要あんのかな、と思って。

>4
数百万kW級の発電所たてるほど電力需要って逼迫してるの?

18 :1:01/10/13 20:29
×地域偏在性の少ない石炭火力
○地域偏在性の少ない石炭を使う、火力発電所

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 20:30
実績の最大値が必要量って電力会社も国も解釈するのでは?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 20:33
CO2は他で削減するんでしょうね
国単位で削減できればいいのだから、その辺は国が管理してるでしょ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 20:56
>4 数百万kW級の発電所たてるほど電力需要って逼迫してるの?
たぶん、どっちに転んでも将来対応可能と思います。
@将来、電力需要が逼迫したら。
 発電所が出来ているので問題なし。
A逼迫しなかったら。
 昭和40年代以前の能率の悪い石油・石炭火力発電所を
 廃止する。

22 :(^。^):01/10/13 20:59
インド洋でタリバンが日本のタンカーを2,3隻撃沈して、
(海賊すればいいのだから比較的容易)
どこでもいいから、原子力発電所を一箇所壊せば、
1のようなヤツはいなくなることでしょう。
当然LNGは取り合いで、値段は跳ね上がる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 21:06
インド洋は世界の艦隊が集結してるから、ほとんど無理だけどね。
それに、タリバンって船なんて持ってないと思う。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 21:10
CO2排出、昨年度は900万トン増=温暖化対策足踏みの電力業界
*電力10社の2000年度の二酸化炭素(CO2)排出量は前年度より900万トン増え、
3億1100万トンとなった。電力使用量が2.5%増えたことが主な原因だ。
地球温暖化防止のため、日本はCO2などの温暖化ガスの総排出量を、
10年度には1990年度に比べ6%削減することを国際的な公約にしているが、
日本の総エネルギー需要の4割を賄う電力使用に伴う排出量は今後も増える見通し。
達成には消費する側を巻き込んだ、一層の努力が必要だ。 (時事通信)
[10月13日20時4分更新]

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 21:24
>22
LNGはたしか・・・・手を挙げれば買えるといった燃料ではないと思いました。
したがって、「取り合う」というようなことは発生しないのでは。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 21:28
とりあえず、安価で資源分散性があって、出力調整もし易い
石炭火力を主力にして、co2削減用として風力とか地熱とか
使うってのはどうかね
それに天然ガス(サハリンとか中東以外産を中心)も入れとけば
トータルバランスとしてなお吉かと

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 21:34
地熱と風力からどれだけのエネルギーが総量で取り出せると
思っているのかね。
コストに見合わない(設備効率含めてね)と設置なんかされないぞ。
電力会社も買い取り金額を低く抑えてきたら風力で発電しても
赤字になって民間の風力発電所建設なんて絶対に行われない。

28 :1:01/10/13 22:00
今すでに3000万kW分の石炭火力発電所があるんだから、
いくら低硫黄炭使うからって、新規に作ることないんじゃ。

何も石炭を否定してるんじゃないです。環境団体にネタを
提供するくらいなら、新規は天然ガスだけにしたほうがいい
んじゃないかってこと。それに石炭はCO2バンバン出すし。

石炭のメリットについては、既存の石炭火力で十分なんじゃ
ないかな?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 22:10
>28 今すでに3000万kW分の石炭火力発電所があるんだから、
 いくら低硫黄炭使うからって、新規に作ることないんじゃ。

建物には寿命があるので、
古い石油石炭火力の更新用分は、作ってもいいですよね?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 22:33
10年以上前の話だが、某電力が購入予定の石炭の重金属含有量を念のために
精細に分析したところ、一部規定値を超えるものが見つかり、
慌てて契約を取りやめたことがある。
でも分析しなけりゃ誰にも分からなかった。
他電力は、ちゃんと分析してるのかな?
これ以上書くとヤバイんで、これくらいに・・・・・・。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 22:47
>27
だから風力・地熱その他はおまけだって。経済性は期待してないよ
発電量もね。不安定なエネルギーだから、石炭火力や天然ガス火力
でバックアップさせればいいかなって。天然ガス火力だと出力調整
しやすいでしょ
もっとも経済性が高いと思われる石炭でコスト稼いで、風力みたいな
のでCO2削減させて、トータルでバランスさせれないかと思った
風力のキャパはまあどこまでやるかだけどコストかければ結構ある
んじゃ(風力じゃなくてもいいけど)
それで原子力より経済的でCO2下げれるならおもしろそうじゃん

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 23:07
どうも、関係者がいるみたいね?
ネタバラシは大歓迎。
他で聞けない話を聞きたいな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/13 23:28
>30
某電力がどこかわからないけど、7年くらい前の話だけど
新設火力検討段階で、某電力会社は石炭の微量金属の詳細を一生懸命
調べてたよ

34 :1:01/10/14 00:11
>>29
石炭火力は、10年前は1200万kWだったのが
今は2900万kW。設備更新分以上に石炭火力を
作りまくらなくても。

環境団体は、自分の車が出す排ガスは許せるけど、
発電所が出すCO2やらNOxやらそれに浮遊粒子物質
もですか、そういうのは許せないみたいですし。

そういう輩に対策費使うより、天然ガスがいいって。
ガスタービンもかっこいいし。

ていうかなんかガス会社の回し者みたいになってきた
けど、違いますんで。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/14 00:14
>>34
安定供給には燃やすものがいろいろ用意しておきたいんだってさ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 18:43
次世代エネルギー開発ができるまでの繋ぎであります。
多少の問題は、あると思いますが石油よりも安定供給ができ
まだ、地球にはたくさんあるからです。
いまさらと思われがちですがあと20年くらいは、石炭がメインで
火力発電所が活躍すると見込まれています。
環境対策も同時に進んでいるみたいです。高温集塵などがいい例です。
それと同時に高効率の火力発電所も出来てくると思われます。

37 :アメリカ人:01/10/15 20:25
NOxは脱硝装置、SOxは脱硫装置、煤塵は電気集塵器がありますからね。
垂れ流しているわけじゃないよ。
因みにダイオキシンの発生量は、皆さんのタバコの方が一桁多いのだ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 20:32
>>1
そもそも何で石炭なん?三池炭坑の時代じゃあるまいし。
っていう気持ちもあるようですね。

確かにそうです。ただ、歴史的に振り替えると、日本の
高度経済成長期に発電所の建設ラッシュが行われ、同時に
国内炭の競争力低下による石油への転換が行われ、一気
に石油が電源構成のシェアトップとなりました。
しかし、オイルショックを契機に、原子力・LNG・石炭への分散
が行われているのが現状です。だから、石炭だけが増
えているわけではないのです(当たり前ですが)。
↓参照
http://www.fepc.or.jp/jijyou/index.html
(続く)

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 20:36
では、石炭の利点・弱点とはなんでしょうか?
利点
@圧倒的に原料コストが安い
もちろん、原材料費に加え、環境対策費、灰処理費
を含めても、LNG・重油は石炭の数倍はします。
Aソース分散が図れる
世界各地で取れるので、これはいうまでもないで
しょう。
B可採掘年数が長い
石油が約30年といわれてるのに対し、石炭は100年。
石油はプラスッチックなどの原材料としての側面もある
ため、単に燃やせばいいのなら石炭を使わない手は
ないでしょう。
(つづく)

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 20:56
弱点
@CO2原単位が高い
いうまでもないでしょう。ただし、LNGも液化の消費
電力も含めたトータルで考えると、石炭同等という話も
ありますが、どうでしょうか?
A建設コストが高い
環境対策が必要な場合は付帯コストがかなりつきます。
このへんは、田舎につくるか都会でつくるかで変わっ
てきますが・・・
B灰が出る
結果として灰という副産物が出てきます。最近の
リサイクルの流れからいうと結構イタイ。ただ、現状
全部埋め立てというわけではなく、結構リサイクル
されてます。
http://www.ccuj.or.jp/coalash/new_page_3.htm
(つづく)

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/15 21:11
(結論)
とまあ、いい点、悪い点をあげて考えてみると、
まあ石炭も多少は増やしていきましょうよ。
というのが今ではないでしょうか?個人的
には、地球温暖化がこんだけ騒がれると、厳
しい立場に追い込まれつつあるなという感
は否めませんが・・・・・

利点の@を説明できるネタが公開されている
やつになかったので、説得力に欠けるのが残念。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 01:01
わかるよ、確かに石炭はCO2問題には無力だよでも、石油が無くなり、天然ガス
とウラン235が高騰し、最後に天然ガスもウラン235も無くなった時、ただ
黙々と煙を上げ、CO2を排出しながらも健気に電力を作り続ける可能性のある、
唯一の発電方法なのです。
そりゃ太陽電池もありゃ、風力ももあるでしょうでも、それらは原発推進派が言う
ように、巨大な消費電力の中では撹乱要因でしかない。

でも、現在の世界の最大のエネルギー消費国の米国の最大の発電方法である、石炭
発電だけは、彼らも攪乱要因とは呼べないのだ。
推進派の諸君なんか、文句あった言ってみてみて。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 21:14
石炭と原子力実際のところどっちがいいかね?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 21:38
電力会社の偉い人に昔聞いた話だと・・・

「限りある化石燃料。石炭、石油、天然ガスの消費の仕方は
出来るだけ公害対策の進んだ先進国で石炭を燃やすべきで
発展途上国に石油やガスを燃やさせる方がよい」

と言っていましたが。真偽は知りません。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/16 23:54
ベストミックス、ですな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/17 02:47
>>42 CO2に無力というのは正確ではないと
おもいますが?現にCO2回収技術はあるわけ
だし、単に金が見合わないから、やんないだ
けでは?

しかし、ほんの10年前までは、NOx・SOx・煤塵
だけ考えときゃよかったのに・・・。あの頃、
NOxのメカニズム研究してた人たちは、どう
しているんでしょう?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/10/17 11:09
>>46 プラント関連技術が完成してから実機に投入されるのに、
5〜10年かかります。実機の立ち上げなどの仕事が有るはず。。
それに、NOxにしろSOxにしろ、時代が進むに連れ新技術が出てい
ます。

48 :業界君:01/11/04 22:45
みんな温室効果ガス=CO2っていうのが刷り込まれているようだけどぉ〜!実は理論的に証明されていない
ということをご存知無いようですね。アメリカはそのことをヨーク知っているのです。
だから、COP3も脱退し石炭火力に邁進してるんです。経済がこんなんなっちゃって、
温室効果dなんて奇麗事言ってらんないってのも事実・

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/04 23:07
正直、牛を皆殺しにするしか無いと思う。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 01:02
ねたはいいのにさびしーねえ。
CO2排出・・アメリカがよーーーく調査して戦略立ててるのは事実。
報告書だって普通の人でも入手できるんでないか?
国益にかなうような規制したてていずれしかけてくるよ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 03:37
地球上の二酸化炭素濃度が100年前までは280ppmで
一定していたのに、産業革命以来上がり続け、今や350ppm
である。(南極の氷を調査した結果である)
二酸化炭素の増加は温暖化以外にも影響がありそうだが。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 03:43
四条畷警察の税金泥棒 谷口隆男巡査部長を即刻クビにせよ!
   ||
   ||
   ||
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ 彡<<谷口隆男巡査部長
 ∪  ノ  プラーン
  ∪∪



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 06:15
新設発電所はありません

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 12:49
神鋼灘浜2号・常陸那珂1号・広野5・6号・IPPは釧路 みんな石炭。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 18:11
みんな発注済のばかりじゃん。
LNGは基本的に作っちゃいけないんだから、石炭になるのは当たり前。


56 :関係者:02/06/06 23:50
微量元素が問題となっているのは、中国のLT銘柄の一部のエンシュウ炭のみ。
だから一時は破竹の勢いだったエンシュウ銘柄も今は一般産業しか買っていない。
豪州銘柄やJpowerさんが熱心な大同は問題なし。

それはそうと、何で石炭?なんて寝ぼけたこと言ってないで、この10年の
電源構成の変化や今後の発電所の運開スケジュールをを調べてみたら?


57 :転載:02/06/06 23:52

初心者向けに、わかりやすく、かつ論理的にまとめられているHP発見。
http://www.ned.kindai.ac.jp/~atsumi/enelec_p2.htm

石炭中のウラン含有量は、米国産の平均で1.6ppm、また、トリウムは2.01ppmとされています(N.Y.Lim, IEA Coal Research (1979))。
大型の石炭火力発電所では、年間330万トンの石炭を消費するとされていますので、5.3トンのウラン、6.6トンのトリウムを使うことになります。
ウラン1gと永続平衡になるラドンの放射能は、約13000ベクレル、トリウムは約4000ベクレルですから、大型石炭火力発電所からの排気ガス中には、
1年間に約950億ベクレルの放射能を持ったラドンガスが放出されるという計算になります。

これは、同規模の原子力発電所が1年間に放出する放射性ガス(クリプトンとキセノン:元素の周期律表でラドンの上にあるものなので、化学的、生物学的な効果・影響はほぼ同じと考えてよい)
の70倍以上にあたります(四国電力伊方発電所の平成8〜11年の希ガス平均放出データの1基あたりの換算値)。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/07 00:20
IPPは入札の時の発電単価が6円の線の攻防になる。
原子力・LNGコンバインドサイクル以外では石炭が一番安い。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/06/07 00:47
とりあえず埋蔵量が300年分あるとか。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/07 00:50
>>59
「埋蔵量」は1兆トンと試算されてるぽ。
「可採年数」は230年だぽ。
深すぎる場所は掘れないし。
まあ途上国が消費増やすから実際は100年ぐらいだろうけど。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/07 05:17
「可採年数」は環境によって変動する。
基本的には無限だ。
埋蔵量が減るほど消費すれば、値段があがる。
値段があがれば、コストがかかる炭田でも採掘できるし、
値段があがると消費が減る。
そうすると「可採年数」はいくらでも延びる。

62 :高校生:02/06/07 20:10
石炭へったっていうけど
石油が増えて,割合が減っただけで
量はへってないんだよね.

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 01:01
>>61
はいはい。机上の空論は見苦しいよ。

>>62
アメリカ・中国・インド・ドイツ……石炭大量消費国をどう考える?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 02:05
IPP

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 10:38
>>63
アンタ炭鉱夫?


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 10:39
>>21
昭和40年代以前の火力発電所で動いているのなんかあるかよ。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 10:41
そんなに環境が心配なら
生活レベルをおとしなさい

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 13:41
>>1
米国もポートフォリオの観点から石炭火力見直して作り始めてるよ。
少し前までは、LNGのコンバインドサイクルばかりだったのだが、
ロスの停電で、懲りたんだね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/09 13:58
そうそう。
休止中の原発も大幅出力アップして使用することになったし
2010年までに新規原発も建設することになったね。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/10 23:51

   | \
   |Д`) ダレモイナイ・・センデンスルナラ イマノウチ
   |⊂
   |


     ♪  Å
   ♪   / \   ランタ タン
      ヽ(´Д`;)ノ   ランタ タン
         (  へ)    ランタ ランタ
          く       タン



   ♪    Å
     ♪ / \   ランタ ランタ
      ヽ(;´Д`)ノ  ランタ タン
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/10 02:17
石炭火力だともろもろ入れても約4\/kwhで発電可能・・これサイキヨウ

72 : :02/09/10 07:41
今夜の実況は こちらで

プロジェクト X ◆ 夕張メロン
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1031602008/

73 : :02/09/10 19:48
今夜の実況は こちらで

プロジェクト X ◆ 夕張メロン
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1031602008/

74 : :02/11/10 05:58
  今夜の実況は こちらで

≪ NHKアーカイブス ≫ 02年11月10日
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1036872230/

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/10 17:30
>>1
原発が止まるからだよ。
疑問は解消したかい。

76 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :02/11/10 21:14
>>69
>2010年までに新規原発も建設することになったね。

本当にアメリカで新規の原発出来るかね。
俺は無理と思うよ。
反原発運動に火をつけるんじゃないかな。そうなって欲しいが。
>すでにアメリカ電力大手のエクセロンは、新型原子炉の建設許可を来年
・にも原子力規制委員会(NRC)に申請することを明らかにしている。
・1979年のスリーマイル事故以来、NRCの厳しい安全基準、設置
・基準をクリアーするにはあまりにコストがかかりすぎるため、アメリカ
・では新規原発の建設が行われてこなかった
http://www.bund.org/opinion/bush1.htm

77 : :02/11/10 23:05

         今夜の実況は こちらで

≪ NHKアーカイブス ≫ 02年11月10日
http://live.2ch.net/test/read.cgi/endless/1036872230/

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/15 06:44
石炭火力早く作れ

79 :山崎渉:03/01/07 13:59
(^^)

80 :山崎渉:03/01/18 21:35
(^^)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/04 23:31
>>1
寒冷化を防ぐためです

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/07 22:54
あとリスク分散

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/07 23:57
エネルギーのリスク分散は重要な視点だね。
エネルギー戦略をまったく考えずに反対するのはどうかと思うよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/08 00:16
確かに、石炭火力はLNGより温室効果ガスを多く排出する。
しかし、それを原子力発電により補うことができるだろう。
これにより日本のエネルギーの確保(選択肢)を図ることが可能となる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/08 19:43
原発偏重ではリスク分散にならんだろ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/08 21:05
>原発偏重ではリスク分散にならんだろ

日本の電源構成比を知らないらしい。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/08 21:12
↑いや、まったくおっしゃるとおり。(爆笑

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/08 21:34
というわけで石炭火力の比率を上げよう!w

89 :山崎渉:03/03/13 14:05
(^^)

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/23 22:59
しかし、今後石炭は重要になってくるんじゃないのか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/24 00:01
結局、原子力が役立たずってことがはっきりしたからな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/26 00:46
「二酸化炭素問題ウソとホント」という、ちょっと古いけど本があって、
これの著者は石炭関係の技術研究者なのね。

「発展途上国に天然ガスのようなクリーンなエネルギーを優先的に使わせ、
日本などは高度な汚染除去技術を用いて石炭を重点的に使った方が世界全体で
みた場合利益になるのではないか」
「どうせ石油も石炭も使い尽くすとすれば、先に石炭を使って二酸化炭素の
濃度を高めた方が最終的な濃度は低くなるだろう」というような事が書いて
あってね、多少我田引水の感は否めないにしても、面白い考え方だと思った。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/27 23:36
著者って誰?
どこから出版してんの?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/28 02:50
>>93
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=18955179
聞く前にぐぐってちょ。まあ手元にあるから見れば分かるんだけど。

小島紀徳
アグネ承風社
1994年1月発行

95 :山崎渉:03/04/17 08:44
(^^)

96 :山崎渉:03/04/20 03:36
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

97 :山崎渉:03/05/20 04:30
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

98 :山崎渉:03/05/21 21:29
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

99 :山崎渉:03/05/21 22:49
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

100 :山崎渉:03/05/28 14:01
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

101 :山崎 渉:03/07/12 11:01

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

102 :山崎 渉:03/07/15 13:05

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

103 :なまえをいれてください:03/07/21 13:21
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

104 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:13
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

105 :山崎 渉:03/08/15 17:20
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

106 : ◆Pqjw9vKlOE :04/05/27 18:39
    t

107 : ◆TJ9qoWuqvA :04/05/27 18:41
kokokokokoko

108 :名無電力14001:05/01/04 23:01:04
あげ

109 :名無電力14001:05/01/04 23:39:44
火力タン、説明してあげてください。

110 :名無電力14001:05/01/05 00:23:21
これはまた古いスレを引っ張り出してきたな。

111 :名無電力14001:05/02/09 03:25:57
age

112 :名無電力14001:05/02/09 03:38:31
発電所には寿命があるのです
国内の石炭は値段は高いが意外と余っているのでは?

113 :名無電力14001:05/02/09 20:36:11
なんだ?「国内の石炭」って。

114 :名無電力14001:05/02/12 21:09:08
KCMや中小露天炭のことだろ。
生産量はとても少ないが、価格が高いので「余っている」のは確かかも(w

115 :名無電力14001:05/03/02 03:02:32
排気ガスさえちゃんと処理すれば、十分実用的?


116 :名無電力14001:05/03/02 08:18:34
所さんの目がテンでやってたね。

117 :名無電力14001:05/03/05 13:29:27
>>116
なんて言ってた?


118 :名無電力14001:05/03/11 13:19:11
石炭ストーブを使おう!石油が高過ぎる

119 :名無電力14001:05/03/11 15:34:30
>>118
各建物で個別に使うのは、硫黄酸化物とかで環境に悪いって。
発電所向き。
煙の処理だけきちんとするなら、俺は賛成、石炭発電所。


120 :名無電力14001:皇紀2665/04/01(金) 10:00:35
灯油高過ぎるぞ!

121 :名無電力14001:2005/08/14(日) 17:07:12
やはり石炭最強だな

122 :名無電力14001:2005/09/20(火) 15:24:31
CO2を固定化できたら最強だワナ

123 :名無電力14001:2005/09/29(木) 13:02:27
文系のヤツが考えそうな話。

水を分解して水素を取れだせばエネルギー問題解決とか
言うのと同類なはなし。

124 :名無電力14001:2005/10/08(土) 15:49:27
補足すると、CO2固定化というのはCO2を永久隔離できるわけではなくて、少しずつ漏れるのは避けられない。
で、数百年後には全部放出されてしまう。(深海底貯留の場合、200年だったか?)
それでも、まったく意味がないということではなくて、CO2の急激な増加を抑えて、増加率をマイルドにすることによって生態系への影響を少なくするという効果が期待されている。

125 :名無電力14001:2005/10/11(火) 21:42:54
BJIが急落してますが、JFY2006のリファレンスはどのくらい予想しますか?

126 :名無電力14001:2006/01/03(火) 13:04:16
age

127 :名無電力14001:2006/01/11(水) 00:16:27
石炭火力発電の新設に難色 共同通信社 1月10日 18時9分
電力の自由化を受け、東芝とオリックスが共同出資して設立した特定規模電気事業者(PPS)が
山口県宇部市で進めている大型の石炭火力発電所建設計画に、環境省が、二酸化炭素(CO2)
の排出が多く地球温暖化対策に反すると難色を示している。環境影響評価(アセスメント)の手続き
の一環で、12 日に開かれる経済産業省の環境審査顧問会の審議次第では環境省が計画見直し
を求める可能性もある。

128 :名無電力14001:2006/02/26(日) 22:46:38
去年12月のLNG価格は長期契約で4万円/t、スポットだと5〜6万円/tだってさ。
5年前と比較すると2倍になっている。
これでは熱効率の高いコンバインドサイクルでも価格的に厳しい。
もはや火力の中では石炭の1人勝ち状態なのでは?

129 :名無電力14001:2006/02/26(日) 23:31:28
天然ガスは石油以上に暴騰の可能性があるしね

130 :名無電力14001:2006/03/03(金) 18:58:38
>>127
石炭火力はもうダメポ

131 :名無電力14001:2006/03/03(金) 19:20:02
ベイエリアに原発作ればいいじゃん

132 :名無電力14001:2006/03/04(土) 16:18:40
東京都は、使い道の無い東京湾中央防波堤外側に
原子力、いや100歩譲って、100万kW級天然ガスの発電所を立てるべき
ちっちゃい風車や太陽光なんぞつけて騒いでいる場合じゃない

133 :名無電力14001:2006/03/04(土) 17:07:10
東京のビルの壁を全部ソーラーパネルで覆ったらどのくらい発電できるんだろ?

134 :名無電力14001:2006/03/04(土) 20:37:50
>133
丸の内の中くらいのビル(10階建て)で2〜3000kWの電力消費
そこに東・南・西に設置しても発電時間が確保できず、角度的にも発電量に劣る
ことを考えると最大出力でも1000kWに満たないのでは
となると、昼ピークしかまともに発電しないから、全体需要の数%というのが
いいところだと思う
要は東京では、エネルギーの自給自足はできないということだ。他の県に寄生する
しかないということ


135 :名無電力14001:2006/03/13(月) 07:20:28
他の県が住民が東京に寄生しているのだが

136 :名無電力14001:2006/04/08(土) 16:43:17
イナカはエネルギー上納する位のことをしないと存在価値がないだろう。
福島や新潟は原発でもなければ日本には不要。

137 :名無電力14001:2006/05/20(土) 14:52:11
>>1
暗に「原発が産業として限界」であったことを認めている。


138 :名無電力14001:2006/05/20(土) 23:27:44
しかし、本州最北に近い青森県東通村に、東京電力は原子力を作るっていうのはスゲーな


139 :名無電力14001:2006/05/29(月) 07:00:05
何が?

140 :名無電力14001:2006/07/02(日) 17:33:01
クリーン石炭発電 (くりーんせきたんはつでん)
-サイエンス&テクノロジー -2006年6月4日

石炭をガス化させてそれを燃料として発電を行う技術。
石炭をそのまま燃焼させるより二酸化炭素の発生量が20%程度少なく、
発電での石炭利用が圧倒的に多いアメリカで定着するとみられている。
2006年2月にアメリカ・エネルギー省は、南部の電力会社大手の
サザンカンパニーと共同で、5億5000万ドル(約617億円)をかけて
フロリダ州に285メガ(メガ=100万)ワットの発電所を建設することに合意。
また、GEエナジーとアメリカン・エレクトリック・パワーは、
オハイオ州にクリーン石炭発電所の建設に合意している。
アメリカでは将来の電力不足と環境規制の強化が予測されるために、
発電エネルギー源の多様化が模索され、原子力発電所の新設とともに、
このクリーン石炭発電の計画も急ピッチで進んでいる。


141 :名無電力14001:2006/07/30(日) 23:13:26
木炭化事業 (もくたんかじぎょう)
-サイエンス&テクノロジー -2006年7月24日

製材所で不用となった樹皮を木炭にして、石炭火力発電所に供給する事業。
製材の過程では大量の樹皮をはがしているが、これまではそれを堆肥として利用してきた。
しかし、最近ではその需要が減少。処理費がかさむために樹皮は山林などに放置され、
それが山火事などの原因にもなっている。省エネ支援のファーストエスコは、
子会社として日本森林燃料を設立し、島根県の木炭製造技術をもつ企業と提携。
大分県日田市に樹皮を木炭にする炭化炉設備を設置し、そこでできた木炭を電力会社などに販売する。
日田市の山林では毎年4万立方メートルのスギの樹皮の積み残しが問題となっている。
こうした樹皮を出す製材会社から無償で受け入れ、粉末状の木炭にして、それを近隣の
石炭火力発電所に1トンあたり2万円程度で販売する。
木炭の熱量は石炭の85%程度あり、木屑に比べて約2倍と高く、効率がいい。


142 :名無電力14001:2006/08/06(日) 14:15:42
>>140,>>141
火力の強さ、温度、効率、拡張機能、廃棄物、大気汚染、
技術の進んだ今となっては、どれをとっても
「現行、最もメジャーな発電施設」と言えるな。

少なくとも、石油発電にはどの要素を取っても勝ってるもんな。
ウラン発電は「テロリズム」認定が降りちゃったようだし・・・。

なんかこう   ザマミロ


143 :名無電力14001:2006/08/14(月) 01:49:49
バイオ燃料で、火力が弱くて車のエンジンには使えない場合も、
石炭発電所でリサイクルすればいいんだ。
温度は十分確保できる。最低でも噴霧式とか使えば良いわけだし。
逆に高温・高熱になりすぎるキライを指摘されるんじゃないかな。

つまり惨めながら、ウラン発電は120%終了してしまったさ。
当初のシナリオ通りの結末なんだろうが「はじめから要らなかったね」
と言われて終わり。


144 :名無電力14001:2006/08/19(土) 03:20:40
都は二十日(2005/09/20)、下水汚泥からつくる炭化物を石炭火力発電所の燃料として再利用する
という、国内で初めての事業を、二〇〇七年度から始めると発表した。

施設は江東区にある下水汚泥焼却施設の敷地内に建設。
汚泥を蒸し焼き状態にして炭化させ、福島県内の東京電力関連の発電所で代替燃料に使う。
燃料開発のバイオ燃料(本社江東区)と東京電力に炭化施設の設計、建設、運営を委託する。

下水処理の過程で出る汚泥は都内で年間百二万トン。
54%をセメント材料などに再利用しているが、残りの46%は焼却して埋め立て処分している。
今回の事業で、年間発生汚泥の9%にあたる九万九千トンを資源化できる。
引用元:東京新聞 2005/09/29


145 :名無電力14001:2006/08/19(土) 05:31:51
水分80%の汚泥を乾かすには、乾燥汚泥の発熱量の数倍の熱量がいるのだ。
資源化なんてチャンチャラおかしい。

146 :名無電力14001:2006/08/20(日) 13:37:56
>>145
意味不明。文章成り立っていない。
別に熱を当てなくても、汚泥は乾燥する。


147 :名無電力14001:2006/08/20(日) 13:54:50
>>146
発電用燃料ともなれば、燃料は安定的に調達できなければ
意味が無い。自然乾燥させる為に、どれだけの敷地と時間が
必要なんだ?臭いもきっとすごいぞ。どこの自治体がそんなの
受け入れるんだよ。

148 :名無電力14001:2006/08/20(日) 14:02:44
バイオ燃料のが石油燃料より供給安定している。
業界癒着問題で足をひっぱるんじゃない。
石油利権をはびこらせる為に、バイオ燃料のが役に立たないと偽情報流す計画だったろ?
自分だけって気持ちが全面にでてますよ。

自然感乾燥でなくとも、方法はいくらでもある。
土地から有機栽培されたのだから、「自然乾燥の土地が足りない」なんて詭弁は通用しない。
臭いのもとは農薬等であって、バイオ燃料自体の乾燥には、「(重)臭素」の類はごくまれにしか発生しない。

現実、日本中すべての自治体が受け入れ体制を進めている。
ジャマしてるのはカルト宗教と老人。






149 :名無電力14001:2006/08/20(日) 15:23:32
すみません。質問。
乾燥させないと燃料にはならないのですか?

どうせ燃やすんだったらうんこのまま突っ込んでもよさそうに思うのですが。
乾燥の過程で変質するんですか??


150 :名無電力14001:2006/08/20(日) 19:20:17
>>140>>141
石炭発電所って他の燃料と併用が利くワケね。

て、ことは>>1の、天然ガスとの併用も簡単そうだし。
余剰バイオマスや、火力の弱いバイオマスとの併用も十分可能である、と。

石油発電所(2chとはいえウラン発電はすでに論外)を閉鎖に追い込むほどの、
潜在的能力を持っている。

あとは環境面など、技術的加速度をつければ、石油発電はゴミ発電所に切り替え可能になるので、
結果「新設してる」ワケだね。

ちょっと大学院生アタマ良かったかな、スカしてごめんね。



151 :名無電力14001:2006/08/21(月) 08:53:38
>>149
キミのウンコは燃えますか?

152 :名無電力14001:2006/08/21(月) 08:54:59
>>148
>自然感乾燥でなくとも、方法はいくらでもある。

10通りほど列挙してもらえますか


153 :名無電力14001:2006/08/21(月) 16:10:12
>>150
いくら今どの院生がバカでもこれほどレベルは低くないだろう。

154 :名無電力14001:2006/08/23(水) 00:40:21
>>152>>153
・・・・・
君のパソコンって画面暗いよね



155 :名無電力14001:2006/08/23(水) 07:22:27
下水汚泥は水分が80%以上で発熱量はマイナスです。
乾燥すれば低品位炭程度にはなりますが、
乾燥に要するエネルギーはそれ以上です。

したがって、下水汚泥が燃料になるなどという話は
インチキです。

156 :名無電力14001:2006/08/24(木) 15:01:09
>>155
知能工作員か、向こうのスレッドから来たんだね。
専門に戻れよ。お前にはスリム型の液晶パソコンが似合ってるよ。

「乾燥に要するエネルギー」は人の手がほぼかからない形にできるだろ。
つまり「自然乾燥」なんだからさ。

したがって、155の話は 全般にわたって、インチキです。


157 :名無電力14001:2006/08/25(金) 12:42:54
これからは石油高騰によるリスクを回避するための政策が重要になる。
技術面でリードする日本は立派な外交カードとして使えるのに、いとも簡単に技術を中国に上げちゃう所がバカ。
将来、仮にこの事業が成功したとしても、アジアの中での日本の影は薄いままなんだろうな・・・。orz


石炭→ガソリン 液化燃料技術、アジアで育成 経産省
2006年 8月22日 (火) 09:04
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20060822/K2006082104090.html

 経済産業省は、原油高の一因となっているアジア諸国の石油需要急増を抑えようと、
石炭を加工してガソリンなど液体燃料に変える「石炭液化」の技術協力に乗り出す。
来年度から、インドネシアで実験用製造設備の建設を始め、中国では日本の技術で商業
用製造設備の設計に入る見通しだ。こうした施設に他のアジア諸国からも技術者を
受け入れ、アジア全体での普及を目指す考えだ。

 石炭液化は、石炭に水素を混ぜ、高温・高圧にすることでガソリンや灯油に加工する仕組み。

 原油輸出国だったインドネシアは、国内需要の急増で04年から輸入国に転じた。ただ、
石炭の埋蔵量は豊富で、来年度は経産省所管の独立行政法人、新エネルギー・産業技術
総合開発機構(NEDO)と神戸製鋼所が共同で同国内に実験設備を建設し、現地の運転
技術者を育成。12年までに商用設備を建て、原油換算で年間50万トンの液化燃料を
製造する計画だ。経産省は来年度予算の概算要求に設備建設費など6億円を盛り込む。

 中国では現地の電力会社と石炭会社がNEDOの設備ですでに実験中で、
来年度にも商用設備の設計を始める。

 石炭液化は、日本が石油危機後の80年代に代替燃料として開発したが、コストが
原油換算で1バレル25〜30ドルと当時は採算が合わず実用化されなかった。だが、
1バレル=70ドル超の原油高騰で、豊富な石炭を抱えるアジア諸国では有力な
代替燃料として期待が高まっている。

158 :名無電力14001:2006/08/27(日) 07:32:02
>>156
>「自然乾燥」
ってて具体的にどうやるんだよ。
膨大な面積がいる天日乾燥なんていうなよ。



159 :名無電力14001:2006/08/27(日) 13:21:56
石炭使えばいいじゃん。
京都議定書なんて売国条約はさっさと破棄してさ。

160 :名無電力14001:2006/08/30(水) 11:38:04
下水汚泥は水分が80%以上で発熱量はマイナスです。
乾燥すれば低品位炭程度にはなりますが、
乾燥に要するエネルギーはそれ以上です。

したがって、下水汚泥が燃料になるなどという話は
インチキです。

161 :名無電力14001:2006/08/30(水) 13:35:29
ふむ

162 :名無電力14001:2006/08/30(水) 19:29:23
>>160
知能工作員か、向こうのスレッドから来たんだね。
専門に戻れよ。お前にはスリム型の液晶パソコンが似合ってるよ。

「乾燥に要するエネルギー」は人の手がほぼかからない形にできるだろ。
つまり「自然乾燥」なんだからさ。

したがって、155の話は 全般にわたって、インチキです。


163 :名無電力14001:2006/08/30(水) 19:38:32
>>162
>「自然乾燥」
ってて具体的にどうやるんだよ。
膨大な面積がいる天日乾燥なんていうなよ。


164 :名無電力14001:2006/08/31(木) 22:56:24
石炭燃やさず、ごみを燃したので発電せよ

165 :名無電力14001:2006/08/31(木) 23:03:01
日本の技術力は凄い、廃熱でゴミは乾燥できる
汚泥は、発酵させメタンガスを採取 その後肥料へ

166 :名無電力14001:2006/09/03(日) 20:41:13
石炭は応用力があっていい。
バイオガスとも併行できそうだね。


167 :名無電力14001:2006/09/04(月) 05:55:09
>汚泥は、発酵させメタンガスを採取

消化ガスって知ってる?
下水処理場じゃ何十年も前からやってるよ。
日本の技術じゃないけど。

168 :名無電力14001:2006/09/04(月) 11:43:40
スウェーデンには下水からメタンガスを取り出して都市ガスにして再配布している街がある。

169 :名無電力14001:2006/09/07(木) 13:40:26
スウェーデンでは下水からメタンガスを取り出してバイオガス燃料にして、
再配布しているスタンドが増えている。


170 :名無電力14001:2006/09/07(木) 13:41:22
スウェーデンには風力発電だけで走ってる電車がある。

171 :名無電力14001:2006/09/10(日) 07:05:32
スウェーデンには毎晩自家発電している人がいる。

172 :名無電力14001:2006/09/30(土) 15:28:19
車の燃料として、「液化石炭」と「石炭から石油精製」はどう違うの?


173 :名無電力14001:2007/04/16(月) 10:23:38
>>171
お前も毎晩エロ妄想しながら自家発電してるだろwww

174 :名無電力14001:2007/04/16(月) 17:41:11
>>173
というか全世界だろw

175 :名無電力14001:2007/05/11(金) 11:44:27
北朝鮮には電気もガスも使わずにエコ生活している人達が大勢いる

176 :名無電力14001:2007/06/30(土) 21:14:16
ベトナム住宅はスウェーデン住宅を超えている。


177 :名無電力14001:2007/06/30(土) 21:21:33
        ゴミ発電所         


石炭やバイオエネルギーとの融合が見られる火力発電。


やはり原油だけでは温度が低い。
その為、不完全燃焼しやすく、煤塵が出やすい。
発電所から排出される煤塵が適切に処分されなかったら戦争を誘発してしまう。

火力発電所も見直す時期が来ているのではないか?

ゴミ発電との融合をも果たす時期だ。

特に炉心部の構造。
粉塵化した石炭や、メタンガス・バイオエタノールなどを使えば、
充分な温度が確保できるが、ゴミを燃えやすく加工する一次処理(または二次処理)プラントも併設すべきだ。

また「熱源の分散」を抑える為、コ・ジェネレーションシステム、つまり冷暖房や他の産業にも、
「熱を分配」し、発電所の外への「熱の排出」や「エネルギーの無駄」を省く。

日本で消費するすべての電力は、現行の火力発電設備でまかなうことが可能。
これに、バイオマス発電が加われば、ゴミの処理に困らなくて済むようになる。

岩石から「地球温暖化」を取り出す「原発」
地球温暖化に関し、主犯と言える「ウラン反応発電」の回避には、
火力発電所の見直しから始める必要がある。


178 :つづき:2007/06/30(土) 21:29:52
>>177
煤塵(灰)・排気ガス さらに 排熱 それら排出物を一切ゼロにする技術、
「完全燃焼」技術が要求されている。

それが出来なければ「ゴミ発電」やっても意味はない。
問題は大気汚染だからだ。

また、要求される建設技術としては、「海中へのプラント設置」も含まれる。


179 :名無電力14001:2007/07/01(日) 05:33:44
久しぶりにバカを見た

180 :名無電力14001:2007/07/09(月) 20:58:26
環境省からしてみれば、これの建設に適当な言い掛かりをつけて「待った」をかければ難なくと自分等の株が上がるという・・・ww
哀れ東芝、宇部興産

181 :名無電力14001:2007/07/26(木) 21:09:28
これの建設?

「言い掛かり」ってたとえば?


182 :名無電力14001:2007/07/28(土) 00:51:54
127 :名無電力14001:2006/01/11(水) 00:16:27
石炭火力発電の新設に難色 共同通信社 1月10日 18時9分
電力の自由化を受け、東芝とオリックスが共同出資して設立した特定規模電気事業者(PPS)が
山口県宇部市で進めている大型の石炭火力発電所建設計画に、環境省が、二酸化炭素(CO2)
の排出が多く地球温暖化対策に反すると難色を示している。環境影響評価(アセスメント)の手続き
の一環で、12 日に開かれる経済産業省の環境審査顧問会の審議次第では環境省が計画見直し
を求める可能性もある。

183 :名無電力14001:2007/07/28(土) 00:59:48
>1 高卒は原子力を運転出来ないからだろ

184 :名無電力14001:2007/07/28(土) 09:06:13
温暖化に有効なのは原発停止
ベース電源を無くせばそういう暮らしに戻る

185 :名無電力14001:2007/07/31(火) 23:11:21
>>182
まあ、排出される「煤塵」などに関して、原発・火力発電とは違った規定が必要だろうな石炭発電所。

ただ「二酸化炭素」を「建設禁止」の理由にするのは・・・確かにおかしい。

総合的には、原発や火力発電の方が、はるかに二酸化炭素の排出量が多いからね。

または「総合的な環境への配慮の欠如」を「CO2」という表現で指摘したか・・・?
それは「利益優先型で支配意識のある、炉・プラント・発電所使用」を意味するからね。

さらに言うと、石炭・バイオ発電所は、原発・火力発電所よりも高温になるから、
「地球温暖化」という視点から見れば、たしかに「建設禁止」にも一理ある。
「熱源の増殖を防ぐ義務」のある環境省からすれば、「基本的に新発電所は禁止」の意向だろうね。



186 :名無電力14001:2007/09/13(木) 12:31:25
原油先物一時80ドル 石炭が熱い

187 :名無電力14001:2007/09/13(木) 23:02:59
何が怖いって、中国産の石炭が一番怖いです。

掘削した時の(露天掘り?)不発のダイナマイトを石炭に混ぜるのは勘弁して下さい。
前に炉内で爆発したそうです。
不燃物除去の装置内でも(金属とか石を取り除いてる)発見され大騒ぎになりました。

まあ運んで来たタンカーから降ろしたら「石ばっかり」だったってことも日常茶飯事だけどw

188 :名無電力14001:2007/09/13(木) 23:27:47
三菱重、シェル・エクソンと石炭液化設備開発

 三菱重工業は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、米エクソンモービルの石油大手2社それ
ぞれと、石炭からガソリンなどを生産する石炭液化設備を共同開発する。2010年以降の
実用化をめざす。歴史的な原油高を背景に埋蔵量の豊富な石炭を利用する同設備の導入が
中国、米国などで今後始まる見通し。神戸製鋼所と双日もインドネシアに実証プラントを
建設することを決めており、「脱石油」をにらんだ企業の開発競争が加速する。
 石炭からガソリンや石油化学原料をつくる石炭液化技術は原油が1バレル40ドル以下の
水準では価格競争力がなく実用化は進まなかったが、ここへきて原油価格が70ドル台に上
昇。米国やアジアに豊富な埋蔵量がある石炭の活用を拡大、エネルギーの中東依存を緩和
できる技術として中国や米国などで導入機運が高まっている。20年までの設備需要は10兆
円規模になるとの見方もある。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070913AT1D1206T12092007.html

189 :名無電力14001:2007/10/31(水) 11:30:20
石炭の火力発電所で仕事してる人は塵肺になるの?

190 :名無電力14001:2007/11/06(火) 13:20:14
2007年10月15日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市上空は、うっすらとした霧のようなものに覆われた。

 今月1日から15日までウルムチ市の大気状況は極めて良好だった。しかし15日より大気中に二酸化硫
黄が観測され、都市は霧のようなものにすっぽり覆われてしまった。

 二酸化硫黄発生の原因は暖房に使われた石炭。暖房期間が始まり、各地で一斉に石炭が燃やされた
ため、大気中の二酸化硫黄濃度が一気に上昇した。今後、汚染はますます深刻化すると見られており、
鼻炎・気管支炎など人体への悪影響が不安視されている。(

191 :名無電力14001:2007/11/07(水) 08:57:17
>>1が安い電気料金で2ちゃん遊びできる為に石炭火力はあるのさ。

192 :名無電力14001:2007/11/22(木) 22:48:47
http://upup.s13.dxbeat.com/up/up2544.jpg

193 :名無電力14001:2008/01/22(火) 00:00:35
石炭は余ってるんだよ

194 :名無電力14001:2008/02/16(土) 16:54:56
四月の夕張市長選で藤倉肇市長に敗れた青森県の実業家羽柴秀吉氏(58)が、同市内に
「夕張再建炭鉱建設」を設立。石炭の露天掘りを行って利益全額を財政再建中の市に寄付
する構想をぶち上げた。年明けに市や道に採掘許可を申請するとし、「二、三年で五十億円
の寄付を目指す」と怪気炎を上げている。

同社は羽柴氏の長男が社長を務め、同市内に残る後援会事務所の住所で十三日に登記ずみ。
既にショベルカーなど重機合計十四台を調達したという。

旧北炭などから市内四十八鉱区の採掘権を継承した夕張市の許可が得られれば、一月中
にも露頭炭の埋蔵量を調べるボーリングを始め、なるべく早く採掘に着手したいという。

羽柴氏は「夕張の赤字解消を早め、次の市長選にも出たい」と意気盛ん。二十日には、美唄市
の石炭露天掘り現場も見学した。

これに対し、藤倉市長は「何も聞いておらず、コメントできない」。市関係者は「露天掘りは周辺環境
への影響など制約が大きく、ハードルは大変高い」と話し、羽柴氏の計画を慎重に見極める構えだ。

195 :名無電力14001:2008/05/07(水) 09:27:11
あげ

196 :名無電力14001:2008/07/06(日) 00:46:31
    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 薪でいい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J
    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 石炭でいい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

197 :名無電力14001:2008/09/04(木) 12:43:38
木製品製造のイワクラ(苫小牧、後藤英夫社長)は間伐材など木質バイオマスと、石炭を原料とする新燃料の開発に取り組んでいる。通常の石炭ボイラーで利用でき、木質ペレットより量産に向く。二〇一一年にも事業化する方針だ。
 「コール・コンバインド・バイオマス(CCB)」と呼ばれる新燃料は、木質バイオマスと石炭を粉砕して混ぜ合わせ、高温高圧で板状に成型したもの。従来の石炭ボイラー設備をそのまま使え、木質ペレットよりも成型が容易で量産に向くほか、燃焼効率も高い。
 〇六年から基礎研究を続けてきたが、本年度から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として補助を受けられることになり、一千万円を投じ、樹種や石炭の種類の最適な組み合わせなどを研究する。
来年度から二年間は、約一億円かけて小型製造プラントを製作し、実証実験を行う。
 同社は開発と並行して、間伐材を確保するほか、石炭ボイラーを使用する電力会社、製紙会社などへの販路を開拓。一一年をめどに別会社を設立し、年産二万トン規模で事業化に踏み切る方針。価格は「石炭価格より数割上乗せした程度」(同社)になる見込みだ。

198 :名無電力14001:2009/01/10(土) 08:26:32
a

199 :名無電力14001:2009/01/10(土) 08:34:35
>価格は「石炭価格より数割上乗せした程度」

売れるわけないだろうがw


200 :名無電力14001:2009/03/20(金) 14:48:17
さあ

201 :名無電力14001:2009/08/11(火) 20:35:13
http://www.c-et.net/

202 :名無電力14001:2009/09/16(水) 05:26:05
結局政府はCO2の事なんてな〜〜〜んも考えてなかったんだね、
で結局海外排出枠購入ですか、もうがっくし。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)