5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【稲作】米農家総合スレpart5【田んぼ】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 17:23:12
稲作農家の総合スレです。
兼業・専業の別なくまったりいきましょう。

<前スレ>
【稲作】米農家総合スレpart1【田んぼ】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1226077441/
【稲作】米農家総合スレpart2【田んぼ】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1242807641/
【稲作】米農家総合スレpart3【田んぼ】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1249773441/
【稲作】米農家総合スレpart4【田んぼ】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1255513310/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 17:30:10
農林水産省のホームです、統計や政策のあたりは参考になります。
http://www.maff.go.jp/index.html


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 18:23:08
おっさんではありません。変人です。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 19:30:11
稲作楽しいよね。
米作りしたいから、転作や、畑作や、アルバイトして作付面積増やしてる。
作ることが楽しいんだよね。
作り続ける為にどうしたらいいかだけ考えています。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 20:30:30
戸別所得補償制度の予習をするスレ2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/agri/1262234045

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 21:03:05
補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。
転作5割なら5割は米を作れる。米つくりは楽しい。
5割転作すると2倍の面積を請け負える。(麦豆受託だけなら3倍できる)
もっと作りたい。もっと作りたい。受託増やしたい。

7 :兼業農家のおっさん:2010/01/03(日) 21:52:51
 短期的には、いろんな補助金等の活用で経営を拡大するのはよいことだ。
 だが忘れてはならないことは、経営能力を早く身につける努力と
 補助金等に依存しない経営を確立することだ。
 借金はほどほどがだいじ。
 面積拡大ばかりやってると対応機械の関係で借金地獄がやってくる。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 22:04:32
おっさんだれか止めて!
おっさんだれか止めて!
おっさんだれか止めて!
おっさんだれか止めて!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 22:33:00
>>7 借金=補助金か?
補助金なんてあるのか?

貴方はどんな経営確立してるんだ?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 22:35:59
遊びでやってる兼業親父に説教される専業農家の親父に南無阿弥陀仏。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 22:58:02
所詮、兼業の親父は兼業なんだよね。本気で百姓する気は無いからね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 23:09:48
生活かかってないし

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 23:24:19
借金=補助金なんてあるはずないだろうが。
補助金等をあてに経営をしてる過剰投資などで借金しやすいとの意味だ。
そんな事わかんないで経営してるの、そんなことないだろうに。
兼業だが、今年は、38haの作付けとなるよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 23:28:00
コテハンなくなりましたね〜
自作自演をしてましたと言わんばかり。
コテハンなくなりましたね〜
自作自演をしてましたと言わんばかり。
コテハンなくなりましたね〜
自作自演をしてましたと言わんばかり。
コテハンなくなりましたね〜
自作自演をしてましたと言わんばかり。



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 23:29:33
相手しなきゃ良いだけの話

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/03(日) 23:32:00
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 00:22:06
28haの水稲を作付けしましたが、
28haの水稲を作付けしましたが、
28haの水稲を作付けしましたが、
28haの水稲を作付けしましたが、

18 :兼業農家のおっさん:2010/01/04(月) 07:59:59
兼業(北陸)農家のおっさん(おじさん)、今年も宜しく。
補助金等の依存型農業経営は借金経営に陥りやすいことは確かだ。
経営規模を急激に拡大すると、耕種農家ならわかるとおもうが、
どうしても農業機械の大型化になる、その時に借入金等がふえる。
昨年のリース事業、緊急***事業でも、当社周辺で何社か応募し承認されてるが、
今後の利***事業がどのようになるか内容に注目している、もちろん転作関連で
規模拡大をおこなってるので、その収入予測を心配してのことだ。
委託者は、もちろん無料で委託しないし、今後は委託、受託者の協調関係も
微妙に影響しそうだ。
皆さんのほうはどのような転作(生産調整)方法を取り入れてるか知りませんが、
当社をふくめ、ブロック集団でおこなっていますので、水稲、大豆等の
作付け面積が毎年かわりますし、他の受託分もです。
米粉、飼料用米のダイズ等からの作付け移行が制度設計上のことにより、補償金等が不認される
ことにより、これ以上の作付け調整や収穫の関係でできず、規模拡大は
様子見に自分は決めました。
皆さんはどのようにおこなわれるのですか。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 11:17:27
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?
「補助金、奨励金、金利助成、何でもいいから利用して稲作を続けたい。 」
の何処をどう読めば、「補助金等に依存してる経営」になるんだい?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 17:10:16
>>19
お前面白いけどさ、同じことをリピートするな。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 17:36:42
>>13 投資額を抑える為に補助や利子補給を利用するんだよね。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 17:53:15
わり〜わり〜

いやね、おやじがあまりにも、トンチンカンな事
言うから、揚げ足取ってみたのよ。
うちの地元にも、屁理屈、ゴタク並べて、人の話
聞かなく、争点が、必ず
あさっての方に話が行き、
かまってちゃんかまってちゃんで、
自慢話がしつこく、
それが自慢話になってなくてね
















嫌われてるの気づいて
ないんだよな〜

23 :兼業農家のおっさん:2010/01/04(月) 19:05:24
 借金=補助金なんて言ってない。
 もちろん、補助金を利用し、経営を拡大安定化することは可能で、よくあることだ。
 ただ、依存型の農業経営は決して安定しないと言う事を肝に銘じてほしい。
 農業法人で、銀行取引から融資を受ける時、その経営体が本当に力があるか
 判断材料を見るとき、経営が補助金、補填金等なんて政策変更で変るため、
 それを差っ引いた損益重視する、要はその収支内容の農業そのものを見る。
 理屈でなく、現実的の実態の経営体を見る。
 また、借り入れ状況を注視し、その実態を調査する。
 今後、農協金融の融資も借金だらだらでは、融資審査を厳しくする。
 その審査項目に過剰投資も含まれ、経営能力、借金の主たる要因(過剰投資機械代)をはかられる。
 だから、身の丈にあった借金が重要だといったまでだ。
 基金協会保証、連帯保証人を立てる前に、融資、リース不可なんてこれから起こるのですよ。


 
 


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 19:11:04
そんな事言うと桃子が出てくるぞ

25 :兼業農家のおっさん:2010/01/04(月) 19:20:54
 桃子って? 牛または女性?
 農林板だから、牛が何ゆえ出てくるの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 20:11:14
>>23 よくあるじゃなくて当たり前の事だろ。
利用出来るものは利用する。無理はしない。
貴方は一切の財政支出助成措置を拒否して、自主独立を貫いてといるんたね。

俺は貰えるものは貰うよ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 20:51:49
貰えるものは貰う。
当たり前の事だろ。
拒否する必要があるのかな。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 20:58:27
貰ったものはまるきりタダというわけではない
黒字経営なら(それと気付かないうちに)法人税を払わなくてはならない

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 21:03:38
>>28 貴方は経営者?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 21:05:05
>>29
いちおう社長

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 21:14:30
手段とるなら良いだろうけど目的になったらダメでしょうね

32 :兼業農家のおっさん:2010/01/04(月) 21:25:00

補助金を拒否するのでなく、依存しない経営になれと言うことだよ。
 補助金等を利用し経営規模を拡大し、安定的経営を目指すことを否定はしていないが、
 補助金等がなくても自立できる経営を確立せよとの意味だ。
 もうすぐ、申告の時期がくるが、財務諸表を当然作るから
 そこから、補助金等を試しにすべて除きどうなってるか見ればよい。
 そこが、実質的な君の経営の実態になる。
 それと、バランスシートの減価償却費の今までの償却総額を
 逆に積立金として貯金してるかい、それと借入金総額との差を収入と比較を
 すればよい、その数値の意味することを考えたらよい、君の本当の経営の姿が見えるかも。
、、理屈でないんだよ。
 

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/04(月) 22:27:22
どうしてコメの値段が下がっているのか考えれば経営の答えが出てくる…
と聞いたような。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 00:42:40
無洗米ってタピオカで磨いているのか

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 06:39:30
>>30 土建屋?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 07:47:31
>>32 転作は?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 18:57:00
>依存しない経営
をしている近所のひとは、補助金に依存していないので、転作には未参加。
近所で10町超えているところは原則として転作に参加していない。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 19:02:36
上から発言 乙
上から発言 乙
上から発言 乙
上から発言 乙

補助金(補填金)が先に出ての経営じゃなく、
経営してたら、補助金(補填金)が「出た」だろ
アホか?
じゃオヤジは民主等の15000円補助は拒否するんだね。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 19:05:53
そうそう
子ども店長も拘束1000円も拒否

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 19:29:19
補助金もらってやっとこさ黒字だとゆくゆくはJALみたいになる ←JAL農家

41 :兼業農家のおっさん:2010/01/05(火) 20:27:10
今年から、25ha分は、すべて農協以外で精米出荷。
 後は、注文分でもう予約まんたん、補助はどうでもよいの。
 転作大豆は今年から、味噌加工会社出資で経営参加で、全量味噌加工原料。
残念ながら、補助を拒否ではないが、依存しないよ。
経営に、固定観念、思い込みを持ち込まないのがよい。
信用調査も専門会社2社に委託し調査し資本出資を決定したよ。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:14:57
北陸で水稲と転作大豆経営ですか。
麦を作らないのは補填金無しでは赤字だからかな。
転作大豆も補填金貰って加工に回すなんて無理なのかな。



43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:40:58
これ迄は水稲に補助無かったからね。声高に補助を当てにするなと騒ぐ必要は無いからね。
1000俵の低温倉庫と、1000俵の倉庫を持ってるんだね。
品種はコシヒカリ専門?
早稲や晩稲も精米直販ですか。

会社の一部門として農産部門を持ってるのは、兼業農家とは言わないだろうね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:50:04
転作大豆は今年から有利販売ですか。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 22:37:59
サラリーマン兼業12町農家です。
兼業の限界感じてましたが、俺の数倍を兼業でこなしてる北陸の兼業農家おやじさんの経営に、滅茶興味有りです。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 22:49:31
誰が見てるかわからない掲示板で、良くそこまで個人情報言えるな〜
そこまで自分を明かしたら、ちょっと調べればすぐに誰かわかるじゃん。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 22:52:06
北陸のおっさんのところは扇状地だといってた
コメにこだわらず、畑にしやすい土地柄をいかして積極的に転作を奨めたのがよかったのかな
酒には目がないようだが、経営のほうは目の付け所がいいな

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 22:56:48
つまらない板になったな〜

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:06:50
>>48
ある大新聞の記者がいってた
大衆にうける記事を書きたいなら

うらみ、つらみ、ねたみ、ひがみ、・・・を書けだとさ、おまいも書いてみろや、うけるぞ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:11:59
>>48
そう思う、春までの辛抱じゃ・・・

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:15:51
兼業で28とか12とか・・糞餓鬼の暇つぶしスレじゃな。
オヤジが泣いてるわ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:19:37
親父とお袋が専従者だからサラリーマンの俺でも12町出来る。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:29:01
兼業農家のおっさんてさ公務員あがりの集落営農の・・
まあいいけどさ。
みんなが知ってることをグダグダ・・・・・



54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:31:17
所得補償だけで180万か
ねたまれるぞー
ひがまれるぞー

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 23:43:49
>>54
そうだろうよ。
オイラモ新年会で妬まれたわ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 00:08:32
>>53 おっさんは会社社長で兼業39町の稲作農家らしいよ。プロックローテーションで転作もしてるらしいから、推定70町前後の兼業農家みたいだよ。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 00:12:07
>>56
意味がわからんわ。
社長であって農家じゃないだろ?
悪い言い方だとお代官様じゃん

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 00:16:11
会社の一部門か、会社とは別に個人的に別組織を作っているか。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 08:59:25
お代官様は、現在で言うと高級公務員にあたるかな

そうではなくて
民間の一般人が資本を出し合って株式会社をつくるのとおなじように
農家が田んぼと資金を持ち寄って「農業会社」をつくり、その農家仲間で社長や専務をえらんでるってことだ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 10:30:28
  今は、室内温度調整を行う倉庫会社が安価で米貯蔵を受け付けるからね。
 別に低温倉庫を持つ必要もないかも、玄米フレコン仕様も。
 農業法人役員要件規定も少し緩やかになってるしね。
 福井県で100ha以上のお米を精米出荷してる農場があるそうですよ。
 全国を見渡せば結構、自分達で販売する大型農家があるんだろうな。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 10:57:43
25町全量精米出荷
で、10町は大豆作って味噌
北陸のおっさんのところは扇状地
沿岸から6〜7分って言ってたな?
味噌加工会社出資で経営参加
すぐに誰かわかるじゃん。
>>60
ねオヤジ〜、、、コテハンはずしてもわかるぜ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 11:17:11
新潟県・富山県・石川県・福井県
ブロックローテーションが機能していて
水稲はコシヒカリ、直播経験あり。
扇状地では、福井あたりが少し有名だから、福井の
振興課にでも聞いてみるよ。

63 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/06(水) 18:12:58
ちょっとお尋ね、水路の当番(樋守り)の件についてです。

ある人がこぼしてんですが、過去は米を作る農家は面積に関係なく
一年づつ当番をしてたんですが、小作に出して4軒ほど抜けたわけ
残った11軒で廻していたけどここに来て地主の当番の年は小作がやれと
言う話になった。この人が5軒分(自分を入れて)いわゆる15年に5年は当番に
なるわけで、この5軒分を足しても2町無い(水系全体では15町)のいにと言ってた。

いちばん多い人は2町8反あるのに1年、2町無いのに5年とかorz
どうしたら公平感のある当番制になるのでしょう。
いちばん少ない人は1反2畝です。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 18:36:59
特定の生産者にペナルテイーを科すと集落ごと戸別所得補償から外します ・・・赤松

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 18:59:25
>>63
この話は関心があります。
でも、ちょっと発言を控えて流れを見守りますね。

水路だけに。

66 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/06(水) 19:05:40
>>65
そのうちよろしくお願いします。
相当に負荷のかかる、すぐ水が枯れる水系のようです。
堤が3個あって腰くらいまで浸からないと栓も抜けないラシイ。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 19:24:05
>>66
用水管理は共通の利益(水田涵養)のためにあるから、これは地主、小作の
別なく直接・関節を問わず利益を得ている者(家)が輪番制で平等に見る、
といってみては如何でしょうか。

経営形態や経営面積の大小で尺度を測る問題ではないとも。地主であって
実際の経営は小作人がしている場合も、地主は収穫・賃貸料により利益を
得るので、水路を管理する義務はあるでしょう、とも。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 19:35:40
中山間地
以前は水管理が当番制で全圃場の入排水まですべて当番が管理してた
今は稲作農家が数人になったので各自水管理
定期的な水路の泥上げは全戸出てるけど

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 19:56:05
賃貸料は水利費とか圃場整備の返済金で消える・・、それどころか足が出る

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 20:26:55
営農組織わかった。兼業って言えば兼業だし、
ま〜言ってる事は嘘じゃないが、話大きくはなってるわな〜


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/06(水) 21:58:21
営農組織か、自己責任薄まるよね

72 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/06(水) 23:43:30
いろんな意見募集します。
おいら的は面積配分&・・・な感じですけどね。

73 :自然狂:2010/01/07(木) 00:02:36
>>63
自分の意見を書いて下さい。
叩いてあげるよ。

74 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/07(木) 00:14:50
過去の習慣と、現状の公平性が分からなくなってきたよ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 01:19:43
平等にやると不公平になる
公平にやると不平等になる

76 :自然狂:2010/01/07(木) 01:21:48
禅問答じゃん

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 01:50:42
>>67
一般論ではそうなんだろうが高齢で管理が出来ないから
小作に出してる。
15対5と15対1のほうをレノンおじさんはききたいのでは?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 05:41:55
一万円/月だったか2万円/月だったか。
1年1軒で、四月から8月までの6ヶ月間の水門番の賃金は。
小作は、土地改良の金が払えなくなって現在は不在。小作権を放棄して1年単位の作業受けに。
ただし、隣地区に何軒かいるのですが、こちらは不明。
給与制にして、労働者として管理することにしました。50軒近くいるので、うちが再度当番になるのは20年以上先です。

各自の水田については作付け者が管理。
ただし、2軒は夜11時と3時に上流の水門を閉じに来る。
1軒は7時から6時まで水糞を閉じで水を入れて、その後ふさぐ。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 05:44:53
>>77
農地として登録し廃業しないメリットを維持するなら、用水管理については
相応の負担をする必要はあると思う。

高齢でそれができないという場合は、小作人に管理を頼む代わりに賃貸料
で若干優遇するとか。

小作人への安い賃貸料で租税公課をまかなえなくとも、それにより地主は
用水管理という負担を間接的に支払うことになる。ゆえに農地の維持に伴う
メリットの対価を安価な小作料設定で払う、ということで説得できない
でしょうか。

80 :兼業農家のおっさん:2010/01/07(木) 07:51:45
>>67
 基本的に67さんに同意です。
 用排水管理は、やはり土地改良との連携が欠かせません。
 田、畑の維持管理は、そのものと用排水管理とセットのもの。
 
 地域によっては、水系の水管理当番もあり、当地も用排水管理とセットです。
 地主、受託者、その用排水関係者で維持管理にあたります。
 問題は、水系流水量が少ない場合の取り水の問題ですが、以前からの
 取り決めを守るしか改善策はありません。
 まず水問題で周辺田の所有者等とトラブル
 になります。
 水管理等費用は本来は地主、受託者など直接間接問わず利益を受ける者が支払うべきですが、
 折半が当地の決まりです。





81 :65:2010/01/07(木) 11:35:58
私の所でも問題になっているので少しばかり吐露させて下さい。
思い返せば、ダムから水を引いて基盤整備をした40数年前、輪番制で水系の管理人を務める取り決めは
あったものの、離農や小作に出した場合はその順番をどうするのか、といった取り決めがありませんでした。
ですから、今まさにレノンおじさんの言われるような事態になっています。

幸い、泥上げ、草刈り等の全員が出役する作業では、面積で賦課し出役日当で相殺して差額を現金で精算する
仕組みがありますので、まだなんとかなっています。

しかし管理人の順番となりますと、ズルイ小作人は「水が来なけりゃ耕作できないんだから水利費も管理
出役も地主がやるべき」として輪番の順番を飛ばしたことがあったのですが、当の地主は健在ですが既に
老人ホームの住人で後継者もありません。当然、輪番が早く回ってきた受益者から不満が出ました。
最悪、輪番制からの脱退を宣言されそうな勢いです。

ですから、春までには水系での話し合いの場を持たなければ、と思っていたところでした。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 11:48:23
過去の農村慣習は、縄文時代以降、農業人口(農家戸数)の増加を暗黙の前提にして形づくられてきたもの
農業人口が減る時代に入ったのに、昔からこうだったといっても解決にはならない
これからは農業人口・戸数減に対応できる新しい仕組みが必要

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/07(木) 12:12:28
>82 の修正
これからは農業人口・戸数減にも対応できる新しい仕組みが・・・

84 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/07(木) 13:17:27
皆さんありがとうございます。ここらあたりは金銭をやり取りするのを
嫌う地域なので金では解決できないかもです。

水路の掃除は地主さんも含めて全員でやっています。
まあ年に2回ですから高齢者のかたも出来る範囲で参加。

問題は>2町8反あるのに1年、2町無いのに5年の部分です。
     >いちばん少ない人は1反2畝です
  
たとえば1町有れば4月〜8月まで1シーズン5ヶ月やるとする
6反の人は3ヶ月、2.8町の人は2シーズンと4ヶ月
1反2畝の人は1ヶ月すると、2町のその方は2シーズンを
本来の地主さんを含めた順番でその面積分の期間をやる。
小作者が変わってもこれなら分かりやすいかなとも思うし
一応公平な気がするのですが

無理ですかね。通帳管理などは今までどおりの
順番で1年づつ交替する。


85 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/08(金) 01:09:12
状況判断がむつかしいのかなぁ
ぜんぜんレスつかない・・

米百姓スレなのに残念な気分だよ。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 05:23:27
地主としては、自分が耕作できなければ廃業しなければならないところを
小作人にしてもらっている、ということを理解してもらう必要がある。

米農家に対する戸別所得補償制度の問題点のひとつは、本来なら廃業される
べきこうした耕作地について、延命措置の機能を持たせてしまう点。
耕作地の自然減による需給ギャップの改善が進まなくなるからね。

地主は所有関係で小作人に用水管理を求めているけど、現今の米需給の実態
からみれば、地主が廃業しないのなら、頭を下げてでも(つまり用水管理に
ついては負担さえしても)管理業務をお願いすべき立場。
場合によっては地主は持ち出しさえあり得ることになろう。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 05:57:28
>>85
耕作地の維持が前提となっているから地主、小作とも無理が生じることになる。
耕作できない地主は廃業するか、経営意欲のある小作人に土地を安く譲渡するか、
その選択をしなければならない。
経営意欲のある者なら、水利管理は彼らが自ら行うことになるでしょう。
それをしないまま、所有関係から小作人を抑圧したりはできない。
米が余っているという現実、高齢化している現実を知らなければならない。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 07:37:15
場所によっては地主の持ち出しのところももうあるだろうしね。
「小作料」ならぬ「耕作料」を小作人に払う地域は条件不利地では有り得る話。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 07:48:08
>一応公平な気がするのですが
おじさんが最初から最後まで公平にこだわると、どうにもあとが続きませんわ

どうすべきかではなくて、(ほっておけば)どうなるかを考えよ・・、という格言があります

そもそも田んぼはご先祖様が石の鋤、木の鍬で原野・湿地を開墾したもの
仮に雑木だらけになっても元の山河へ還るだけ、
お互い遠からずお浄土へ還るのと同じで、まことに尊い自然のかたちですな

人口は減り、貧乏人さえコメを食わない時代なんですから、ああすべきこうすべきといっても先は見えません
食糧危機が来てたいへんとなれば、かって毛利藩が山口で実行したように
国が自衛隊から〜お年寄りまで動員して開墾するでしょうから・・

90 :兼業農家のおっさん:2010/01/08(金) 08:05:02
地主から借り、利用権設定は田の栽培、使用権であり旧法の小作権とはややことなる。
使用権(利用権)は、利用期間のその田の維持管理も当然おうものです。
ですが、、取り水権利は田に付随した固有の権利ですが、用水管理はその地域、
或は、その用水から得るであろう権利者全体の共同管理だけでなく、その地域土地改良区の管理下に
あります、ですから用排水の改修において土改が中心になります。

権利者共同管理(土地改良構成者)である以上、土地所有者が管理上の負担をおう者です、
ですが、使用者との契約時に、その使用者が負担をおうとの項目を含む利用権設定であるなら
利用権権利者が当然、出役、管理負担が伴なうものと思います。

ですが、通常のその地域での小作料負担であるならは、理屈はどうであれ
用水管理上の人的負担、金銭的負担は小作料とは別で、ある程度は地主の
負担分の一部を担うべきと思いますよ、ですが小作料の25%位と思いますよ。

特にその水系のため池等の施設等管理組合的な組織がある場合はその組合員、又は
受益者との取り決めがあるならば分担金は当然、受託者も負担対象となります。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 09:40:17
たとえば水利組合や土地改良組合の構成員であるかどうかなどの建前は別にして
実際に水利費や出役や土地改良維持費や水田の維持管理費などをだれがどの割合で負担するかは
おおむねおっさんが言うように、
利用権設定のときに当事者同士が自由に交渉して(声の大きさで)決める事項のようだ

とはいえ、数年前までは標準小作料が2万円とか高かったのであいまいでもよかった
数千円に下がってくると地主と利用者の分担がきびしい問題になるなあ・・

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 09:57:35
>>85
利用権設定は農地法でなく「農業経営基盤強化促進法」が根拠らしいから
小作とか小作料というと田舎では偉大なる誤解を招くわ

利用者、利用料といって区別するほうがスーといくと思う

93 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/08(金) 11:53:24
>>81
どういう方向をめざせば良いのでしょう。
よく分からなくなりました。

この水系は水利費は地主さんからも面積配分で徴収します。
上記>>63は当番の時間的な不公平さをどう解決するのかと言うことです。



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 13:01:28
>>93
一応、当地では集落ビジョンの取り決めで、認定農家や営農組織に農地を集約して行こうという
大義名分、方向性が示されています。ところが、その中でも水利に関しては決められていません。
あくまでも地主と小作人の話し合いで…、と。

私が漠然と考えているところとしては、輪番の分母はこれから毎年変わるということを話し合いで
再確認した上で、一年ごとでの輪番の交代を目指す感じです。あくまでも「当番」は耕作に関わる
人のアタマ数で回して行こうということです。地主の軒数ではなく。
ですから、前は15年で「当番」が回ってきたものが、高齢化が進むにつれ7年、5年と早いサイクル
で回ってくるのは致し方ない事、という意識を皆で共有しなければいけないと思ってまます。
文章で書いてみると至極当然のことではありますが、人と人との関わりですから、そうそう上手くは
行かないのですけどね。

レノンおじさんが言われるような月割りは、「当番」の引き継ぎという観点から困難ではないかと
思えます。今の世の中ですから、小作される面積は毎年変動して行きますし。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 13:12:39
>>94
マンションを建てるのは大家だが、共同水道の水栓の開け閉めは入居者の頭数で輪番、みたいな理屈かな?
そういえば入居者の頭数とか同居人の数はしょっちゅうかわるな

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 13:26:15
水利の場合、
土地利用権(小作権や永小作権や一次的使用権等を一切合財含めて)と一体となる
と考えないと、ややこしいことになる。
というのは、もし、水利権が別物とした場合に、「水田を借りました。水利権は別物です。ですから水が入りません。」なんてことになりかねない。

土地改良の場合には、土地改良にかかわる経費は小作が負担する(農地法の小作契約書の見本として農業委員会においてある紙)。
すると、全部小作が負担するのが(土地改良を行って、水利権を整理して、(慣習法を廃して)すべて民法の規定に統合した場合は)妥当ではないですか。
ただ、面積にかかわる労働配分よりも、水利権だから、
水口・水出の大きさか、個数で割り振るとか、
どの土地の使用者が関守をする(うちの改良区の場合は、堰に近い順)とか、
になるのでは。
もっとも、関守をしたくないから「土地を返す(関守代を地主が小作に払え)」ということもおこりうるので、公平さが確保できるかどうかです。



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 13:41:52
想像で書くよりも、自分の住む集落や地域の管理方法を書いて上げれば参考にして貰えるかも

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 13:48:06
以前、事件があって気づいたのですが
根っからの農村育ちのひとは関係農家の戸数が変わると言うことが理解しがたいようですね
昔からの集落が15戸だとすると、関係者が10戸に減っても5戸に減っても15年に1回の当番が絶対正しい、と思いこんだまま一生を送る

変動の時代はその時々の関係者で順番割り、誰かが抜けたら後ろの人が前へつめるのがいちばん無難

99 :レノンおじさん ◆EAqI80lGG2 :2010/01/08(金) 13:57:05
人数が減ればつめていくという方法でこれまではやってきてましたが
そうですね。その考えのままのほうが良いのかもですね。
面積配分か、耕作者の人数割りかか・・・

ということは地主割りしてたとえば1人が5軒分をするとか言うのは
あまりないと言うことですか?





100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/08(金) 14:07:11
コメを作らない地主に水はいらない
>>96氏の指摘のように、水をつかう権利は利用者に付けておく必要がある
よって利用者の頭数で順番が正解でしょう

270 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)